JP3704925B2 - Mobile terminal apparatus and a medium recording the speech output program - Google Patents

Mobile terminal apparatus and a medium recording the speech output program Download PDF

Info

Publication number
JP3704925B2
JP3704925B2 JP33283897A JP33283897A JP3704925B2 JP 3704925 B2 JP3704925 B2 JP 3704925B2 JP 33283897 A JP33283897 A JP 33283897A JP 33283897 A JP33283897 A JP 33283897A JP 3704925 B2 JP3704925 B2 JP 3704925B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
data
audio
voice
audio output
mobile terminal
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP33283897A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH116743A (en
Inventor
雅信 山下
崇 柳澤
Original Assignee
トヨタ自動車株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP9-104850 priority Critical
Priority to JP10485097 priority
Application filed by トヨタ自動車株式会社 filed Critical トヨタ自動車株式会社
Priority to JP33283897A priority patent/JP3704925B2/en
Publication of JPH116743A publication Critical patent/JPH116743A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3704925B2 publication Critical patent/JP3704925B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、ナビゲーション装置や電子メールの読み上げなどの音声出力を行う移動端末装置、その動作プログラムを記録した媒体に関する。 The present invention relates to a mobile terminal device which performs audio output such as readers of the navigation device and an e-mail, about the media body which records the operating program.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
従来より、経路案内用ナビゲーション装置が知られており、この装置は車両の現在地を検出するGPS装置等の現在地検出装置と、検出した車両の現在地を地図上の位置として認識する地図データベースと、を有している。 Conventionally, it is known route guidance navigation system, a current position detection device of the GPS device, etc. The device that detects the current position of the vehicle, recognizing map database the current position of the detected vehicle as a position on the map, the It has. そして、これらを利用して、ディスプレイに地図及び現在地を表示して運転者の走行を案内する。 Then, using these, to guide the travel of the driver to display the map and the current position on the display. また、ナビゲーション装置では、目的地を入力することで、目的地までの最適経路を探索する機能を有している。 Further, the navigation apparatus, by inputting a destination, and has a function of searching the optimum route to the destination. そして、目的地までの経路を設定した走行においては、右左折する交差点等の案内が必要な交差点(案内交差点)に接近した場合には、右左折についての案内を行う。 Then, in the traveling you set the route to the destination, if it is close to the guide is required to intersections, such as intersection to turn right or left (the guidance intersection) performs a guide for the right or left turn. ここで、この案内は、ディスプレイ上に交差点の拡大図を表示し、この拡大図において進行方向を示すことで行われると共に、音声による案内も行われる。 Here, the guide displays an enlarged view of the intersection on the display, together takes place by indicating the direction of travel in this enlarged view, guidance by voice is also performed. 運転者は、車両走行中は前方を注視しているため、音声による案内の方がわかりやすい。 The driver, because the vehicle is traveling gazing at the front, is easy to understand more of the guidance by voice. このため、音声による案内が普及してきている。 For this reason, the guide has been spread by the voice. このように、ナビゲーション装置などの移動端末において、音声出力が行われている。 Thus, in a mobile terminal such as a navigation device, an audio output is performed.
【0003】 [0003]
なお、音声により進行方向についての案内を行うナビゲーション装置としては、例えば特開平2−249100号公報に記載されたものがある。 As the navigation apparatus provides guidance on the traveling direction by the voice, it is disclosed in Japanese Unexamined Patent Publication No. 2-249100.
【0004】 [0004]
このようなナビゲーション装置においては、音声案内をわかりやすく行うために交差点名称等を読み上げることが好ましい。 In such a navigation device, it is preferable to read the intersection name, etc. in order to perform clearly voice guidance. 例えば、案内交差点であるA交差点の500m手前において、「500m先で、A交差点を左方向です。」等の音声案内が行われる。 For example, in the 500m in front of the A intersection is a guidance intersection, "in the 500m away and left the A intersection." Voice guidance or the like is performed.
【0005】 [0005]
この音声読み上げを行うためには、各交差点に関する音声データが必要となる。 In order to perform reading this voice, audio data related to intersections is required. 通常の地図データベースでは、全国の地図を記憶すると共に、案内に利用されるような交差点名称は全てテキストデータとして記憶されている。 In a typical map database, it stores the nationwide map, intersection names, such as are used in the guide are all stored as text data. このため、このテキストデータから音声合成を行うことにより、交差点名称の音声データを作成し、音声案内を出力することが行われている。 Therefore, by performing voice synthesis from the text data, to create a voice data intersection names, and it is it is executed to output the voice guidance.
【0006】 [0006]
しかし、このような音声合成は予め装置内に持っている50音等の単位音声の組み合わせで読み上げ用の音声データを作成する。 However, such voice synthesis to create a voice data for reading by a combination of a unit voice, such as 50 sounds have in the apparatus in advance. このため、交差点名称を普通に読み上げた場合と、そのイントネーション、アクセント、発音等が異なり、聞き取りにくいものとなってしまう。 For this reason, and if you read the intersection name in common, their intonation, accent, different pronunciation, etc., becomes that difficult to hear. 特に、運転中の運転者に対する案内では、上記の音声合成による案内では聞き取りやすさという点で十分でなく、わかりやすい案内音声が望まれる。 In particular, the guidance to the driver while driving, not sufficient in terms of speech intelligibility is guided by the above-described speech synthesis, intuitive guidance voice is desired.
【0007】 [0007]
そこで、各交差点名称についての音声データを全て記憶しておくことが行われている。 Therefore, it has been conducted for storing all audio data for each intersection name. 即ち、各交差点名称等について、実際に読み上げたデータを所定の符号化処理等を行い音声データとして地図データベースに記憶しておく。 That is, for each intersection name, etc., stored in the map database as the audio data is performed actually reading the predetermined encoding process such data. これにより、自然でわかりやすい音声案内を行うことができる。 As a result, it is possible to carry out a meaningful voice guidance natural. なお、音声データは、例えばPCM(パルス・コード・モジュレーション)などの符号化処理されたデータである。 Incidentally, voice data, for example PCM (Pulse Code Modulation) is a coded data, such as.
【0008】 [0008]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
しかしながら、従来の音声案内ナビゲーション装置には、以下に示す問題点がある。 However, the conventional voice guidance navigation system, have the following problems. 全ての音声データを記憶すると、そのデータ量が膨大なものになり、記憶媒体の容量が大きくなる。 When storing all audio data, the data amount becomes enormous, the capacity of the storage medium increases. 通常、地図データベースには、CD−ROMが利用されるが、通常の地図データの数倍の容量が音声データの記憶のために必要となる。 Usually, the map database, although CD-ROM is used, several times the capacity of a normal map data is required for the storage of audio data.
【0009】 [0009]
従って、音声の読み上げを自然でわかりやすく行えると共に、記憶媒体等の記憶容量を小さく抑えることができるナビゲーション装置及びそのシステムが要望されていた。 Thus, reading along with the enable straightforward natural speech, the navigation device and the system can be reduced storage capacity such as a storage medium has been desired.
【0010】 [0010]
また、車載の端末装置により、電子メール等のやりとりを行ったり、センターから各種のデータの提供を受けたりするサービスも開始されている。 Further, the vehicle-mounted terminal device, or perform exchanges such as electronic mail, are also initiated service or receiving a supply of various types of data from the center. このようなサービスにより得た情報も、音声で読み上げた方がよい場合も多い。 Information obtained by such services, even often better to read aloud by voice. このような場合の読み上げ音声についても自然でわかりやすい音声出力が望まれる。 Intuitive audio output natural is desired also speech reading such cases.
【0011】 [0011]
本発明は上記問題点を解決することを課題としてなされたものであり、自然でわかりやすい音声出力が行えると共に、そのための記憶容量を小さく抑えることができる移動端末装置などを提供することを目的とする。 The present invention has been made as a problem to solve the above problems, and an object thereof is to provide a conjunction can be performed intuitive audio output natural, such as a mobile terminal that can minimize the storage capacity for the .
【0012】 [0012]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
本発明は、音声出力のための音声データを外部データベースからネットワークを介して取得するデータ取得手段と、前記音声データに対応する言葉を含めて音声出力を行う音声出力手段と、テキストデータにより表現された単語について、 テキストデータから音声合成して音声出力する音声合成手段と、 を有し、前記音声合成手段により音声合成して出力した単語の使用頻度が所定以上になったときに、前記データ取得手段によりその単語について音声データを外部から取得することを特徴とする。 The present invention includes a sound output unit for performing audio output, including a data acquisition means for acquiring via a network audio data for audio output from an external database, a word corresponding to the voice data, is represented by the text data for words and, when anda speech synthesizing means for voice output and speech synthesis from text data, the frequency of use of words and outputs the speech synthesized by the speech synthesizing means it is equal to or higher than a predetermined, the data acquisition by the means for the word of resources and obtains the voice data from the outside. このように、本発明では、外部から取得した音声データにより、各種音声を出力することができる。 Thus, in the present invention, it is possible by the voice data acquired from the outside, and outputs various audio. 従って、移動端末装置において、大容量の音声データ記憶用のメモリを用意する必要がなくなる。 Accordingly, the mobile terminal device, is necessary to prepare a memory for audio data storage of large eliminated. また、音声合成により音声出力を行うのに比べ、自然な発声による音声出力が行える。 Also, compared to perform speech output by the speech synthesis, it allows the audio output by natural utterance. そして、よく使用する単語についての音声データを移動端末内に補充することができる。 Then, it is possible to supplement the audio data for the words commonly used in the mobile terminal.
【0013】 [0013]
また、音声出力のための処理対象となる言葉のうち、よく使用される言葉についての音声データを蓄積した蓄積手段と、テキストデータで表現された単語について、テキスト合成で音声出力するテキスト合成手段と、を有し、蓄積手段からの音声データと、テキスト合成手段からの音声データとを合成して音声出力を行うことが好適である。 Also, of the words to be processed for voice output, a storage means that accumulates the audio data for the words commonly used for word expressed in text data, text synthesizing means for voice output in text synthesis If, anda voice data from the storage means, it is preferable to perform the voice output by synthesizing the audio data from the text synthesizing means. これによれば、よく使用される単語についての音声データを取得して、この単語についてはテキスト合成でなく自然な発音で出力でき、全体としてわかりやすい音声出力ができる。 According to this, by obtaining the speech data for words that are commonly used for this word can be output in a natural sound not text synthesis, it is easy to understand the voice output as a whole. また、音声データの記憶容量を十分少ないものにできる。 Also, the storage capacity of the audio data can be made sufficiently small.
【0015】 [0015]
また、取得した音声データのうち、使用頻度が低いものについて、データ消去処理を行うことが好適である Also, among the audio data acquisition, for those less frequently used, it is preferable to perform the data erasing process. このようにして、必要な音声データのみの記憶とすることができ、メモリの記憶容量を有効に使用することができる。 In this way it is possible to store only audio data required, it is possible to effectively use the storage capacity of the memory.
【0016】 [0016]
また、表示用のテキストデータの読み上げ音声を出力することが好適である Further, it is preferable to output the text-to-speech text data display by entering. 表示用のテキストデータを音声出力することで、観光案内や、電子メールなどの読み上げ出力を聞き易いものにできる。 The text data for display by voice output, can be tourist information and, to those likely to listen to the speech output, such as e-mail.
【0017】 [0017]
また、ナビゲーション装置の案内音声を出力することが好適である Further, it is preferable to output a guidance voice for navigation devices. 案内音声には、地名などたくさんの単語があり、これについて外部から提供を受けることによって、移動端末装置において必要なメモリ容量を減少することができる。 The guidance voice, there are many words such as place names, by receiving from an external about this, it is possible to reduce the memory capacity required in the mobile terminal device. そして、自然な発音を維持することができる。 Then, it is possible to maintain the natural pronunciation.
【0018】 [0018]
また、地理的名称に関する音声データを外部から取得し、前記音声出力手段は、取得した音声データに基づき、前記地理的名称の読み上げ音声を含む音声案内を行うことが好適である Also, to get the speech data related to geographic names from the outside, the sound output unit, based on the acquired speech data, it is preferable to perform the voice guidance including speech reading of the geographic names. 従って、経路案内において必要な地理的名称についてのを音声データを予め記憶しておくことが不要であり、データを記憶する記憶媒体等の容量を必要最小限に低減することができる。 Therefore, it is unnecessary to be stored in advance audio data from the geographic name required in route guidance, it is possible to reduce the capacity of such storage medium for storing data to a minimum. また、車両外部から受信した音声データに基づいて音声出力を得るので、読み上げ音声は自然なものとなる。 Further, since obtaining a sound output based on audio data received from the outside of the vehicle, reading voice it becomes natural. このため、運転者にとって、自然で且つわかりやすい音声経路案内を行うことができる。 For this reason, for the driver, it is possible to perform and easy-to-understand voice route guidance is natural.
【0019】 [0019]
また、取得した地理的名称を、音声案内の進行方向案内文に加えて読み上げることが好適である Further, the acquisition geographical names, it is preferable to read aloud in addition to the driving direction guiding sentence voice guidance. 運転者は、進行方向案内について、地理的名称を含むメッセージで聞くことができ、進行方向を容易に認識することができる。 Driver, the driving direction guiding, can hear the message including geographic names, it is possible to easily recognize the traveling direction.
【0020】 [0020]
また、目的地に関するデータを車両外部に送信する送信手段を有し、前記データ取得手段は、現在地と前記目的地との間の経路に関する情報を音声データを車両外部から取得することが好適である Also has a transmission means for transmitting data relating to their destinations outside of the vehicle, the data acquisition unit, the information relating to the route between the current position and the destination is preferable to obtain the audio data from the outside of the vehicle a. この場合においては、目的地に関するデータを車両外部に送信するので、現在地と目的地との間の地理的名称についての音声データを受信することができる。 In this case, since the transmitted data related to destinations outside of the vehicle, it is possible to receive voice data for location and geographic names between the destination. 従って、受信する音声データについて、無駄な部分をなくすことができる。 Thus, the received audio data can eliminate the waste portion.
【0021】 [0021]
また、取得する音声データは現在地及び進行方向に基づいて決定される所定範囲内にある情報であり、前記所定範囲は変更可能であることが好適である Also, the audio retrieve data is information within a predetermined range determined based on the current position and the traveling direction, the predetermined range is suitably a changeable. 例えば、送受信される音声データの容量に対応して前記所定範囲を決定することができる。 For example, it is possible to determine the predetermined range in response to the capacity of the voice data transmitted and received.
【0022】 [0022]
また、音声データを取得する範囲である所定範囲は、自車の走行履歴または過去の交通流を考慮して決められることを特徴とする。 The predetermined range is a range for acquiring voice data, characterized in that it is determined in consideration of the host vehicle travel history or past traffic flow. これらの場合には、目的地までの距離だけでなく、過去の交通状況や過去の自車の走行履歴を考慮して、走行経路を予測して必要な地理的名称を決定できる。 In these cases, not only the distance to the destination, taking into account the travel history of past traffic situation and the past of the vehicle, can determine the geographical name required to predict the travel route. そこで、必要な音声データを確実に得ることができる。 Therefore, it is possible to reliably obtain the necessary audio data.
【0023】 [0023]
また、外部情報を受信する外部情報受信手段と、前記受信した外部情報中に含まれているコード化された音声データをデコードするデコード手段と、を有し、前記音声出力手段は、デコード手段で得られた音声データを用いて音声読み上げすることが好適である Also has an external information receiving means for receiving external information, decoding means for decoding the audio data coded included in the external information to the received and the audio output means, decoding means it is preferable to reading voice by using the voice data obtained by. このようにして、受信したデータの中の音声データをデコードしてそのまますぐに音声出力することができる。 In this manner, audio data in the received data can be voice output as soon decodes.
【0024】 [0024]
また、前記音声データ受信手段と前記音声案内手段とは、携帯端末装置に搭載されていることが好適である Moreover, the the previous SL audio data receiving means and said voice guidance means, it is preferred that it is mounted on a portable terminal device. このように、携帯端末装置に搭載されていると、この携帯端末を使用して任意の場所で経路の設定等が行える。 Thus, when mounted on the portable terminal device, setting of the path anywhere can be performed using the portable terminal. そして、音声データの記憶が不要であるので、携帯端末装置を小型、軽量化できる。 Since storage of the audio data is not required, the mobile terminal apparatus compact, it lighter. さらに例えば、センターから地図データをもらう構成にすれば、地図データベース自体が不要になり、装置の小型化を一層図ることができる。 Furthermore, for example, from the center to the configuration get map data, the map database itself becomes unnecessary, it is possible to reduce the size of the apparatus more.
【0025】 [0025]
また、外部から取得される音声データは、サンプリング音声データであることが好適である The audio data obtained from the external, it is preferable that a sampled voice data. 人の発声から得たサンプリング音声データを取得することで、人間の生の発声と同様の自然な音声を再生できる。 By acquiring the sampled voice data obtained from the human utterance, it can reproduce natural speech similar to the human life utterance.
【0026】 [0026]
本発明は、移動体端末の動作を達成するためのプログラムを記憶した媒体に関する。 The present invention relates to a medium storing a program for achieving the operation of the moving body terminal. なお、動作プログラムは、移動端末装置内のROM、CD−ROMやハードディスクなどに記憶しておくことが好適である。 The operation program, ROM in the mobile terminal apparatus, it is preferable to store such as a CD-ROM or a hard disk. また、ユーザはCD−ROMを購入することで、新たなプログラムをナビECUにロードすることもできる。 In addition, the user is able to purchase the CD-ROM, it is also possible to load a new program to the navigation ECU. さらに、媒体は、CD−ROMに限らず、DVDやFDなど音声出力プログラムを記憶できるものであればどのような形式のものでもよく、通信で提供することも好適である。 Furthermore, the medium is not limited to CD-ROM, may be of any type as long as it can store the audio output program such as a DVD or FD, it is also preferable to provide a communication. 特に、センターが動作プログラムを移動端末装置に通信で提供することが好ましい。 In particular, it is preferable that the center provides a communication operation programs to the mobile terminal device.
【0027】 [0027]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下、本発明に好適な実施形態について、図面に基づいて説明する。 Preferred embodiments of the present invention will be described with reference to the drawings.
【0028】 [0028]
基本形態1」 "The basic form 1"
図1は、本発明に係るナビゲーション装置(移動端末)の基本的な形態を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing a basic form of the navigation device according to the present invention (the mobile terminal). ナビゲーション装置2においては、ナビゲーションECU(以下、ナビECUという)4に、モデム6、音声信号出力装置8、地図データベース10、GPS装置12、音声データ記憶部14、操作部16及び表示部18が接続されている。 In the navigation device 2, the navigation ECU (hereinafter, navigation referred ECU) 4, a modem 6, the audio signal output device 8, the map database 10, GPS device 12, sound data storage unit 14, connected to the operation unit 16 and the display unit 18 It is.
【0029】 [0029]
モデム6は、自動車電話等の無線通信機20に接続されており、車両外部から送られてくる音声データの受信や車両外部への情報の送信等に必要な変復調処理を行う。 The modem 6 is connected to the wireless communication device 20 of the automobile telephone or the like, and modulation and demodulation processing required for transmission of information to the receiving or outside the vehicle audio data transmitted from the outside of the vehicle. 音声信号出力装置8には、スピーカ22が接続されており、ナビECU4からの信号に従い音声をスピーカ22から出力して、運転者に対して経路案内を行う。 The audio signal output unit 8, a speaker 22 are connected, and outputs a sound from the speaker 22 in accordance with signals from the navigation ECU 4, the route guidance to the driver. なお、ナビECU4は、その内部のROMに所定のプログラムを記憶しており、このプログラムを実行することによって、各種動作を達成する。 Incidentally, the navigation ECU4 stores a predetermined program therein a ROM, by executing this program, to achieve a variety of operations. このROMは、マスクROMでもよいが、EEPROM等書き替え可能なものとすることが好ましい。 This ROM is may be a mask ROM, it is preferable that the capable EEPROM etc. rewrite. この場合、地図データベース10として利用されるCD−ROMに動作プログラム(音声出力プログラム)を記憶しておき、このプログラムをナビECU4内のEEPROM等にロードすることも好適である。 In this case, stores the operating program into the CD-ROM to be used as a map database 10 (sound output program), it is preferable to load the program in the EEPROM or the like in the navigation ECU 4. これによって、ユーザはCD−ROMを購入することで、新たなプログラムをナビECU4にロードすることができ、ナビECU4を新しいプログラムに基づいて動作させることができる。 Thus, the user is able to purchase the CD-ROM, it is possible to load a new program to the navigation ECU4, it is possible to operate on the basis of the navigation ECU4 to the new program. なお、媒体は、CD−ROMに限らず、DVDやFDなど音声出力プログラムを記憶できるものであればどのような形式のものでもよい。 Incidentally, the medium is not limited to a CD-ROM, or may be those of a DVD or any form as long as it can store the audio output program such as FD.
【0030】 [0030]
GPS装置12は、複数の人工衛星からの電波を受信することで、現在地(緯度及び経度等)を検出する。 GPS device 12, by receiving radio waves from a plurality of artificial satellites, detects the current position (latitude and longitude, etc.). そして、地図データベース10を利用して、GPS装置12により検出された現在地が地図上の位置として認識される。 Then, using the map database 10, the current position detected by the GPS device 12 is recognized as a position on the map. 音声データ記憶部14では、車両外部から送られてくる音声データがナビECU4を介して記憶される。 The speech data storage unit 14, the audio data sent from the outside of the vehicle is stored via the navigation ECU 4. なお、この音声データ記憶部14としては、通常RAMが利用されるが、EEPROM等でもよい。 As the sound data storage unit 14, usually RAM is used, it may be an EEPROM or the like. 操作部16は、ナビECU4に対して各種データの入力処理等を行うために使用される。 Operation unit 16 is used to perform input processing of various data to the navigation ECU 4. 表示部18は、操作部16による各種データ入力のための表示、地図データベース10及びGPS装置12とによる地図上の現在位置情報の表示、メッセージの表示等を行う。 The display unit 18 performs display for by the operation unit 16 of various types of data input, display of the current position information on the map by the map database 10 and the GPS device 12, the display of the message.
【0031】 [0031]
図2は、このナビゲーション装置2を利用したナビゲーションシステムを示す模式的概念図である。 Figure 2 is a schematic conceptual diagram showing a navigation system using this navigation device 2. ナビゲーション装置2より経路データをセンター30に送信すると、センター30がこの経路を走行する際の経路案内に必要な音声データを作成し、ナビゲーション装置2に提供する。 When transmitted from the navigation apparatus 2 to route data to the center 30, the center 30 creates the voice data necessary for route guidance in traveling this path is provided in the navigation device 2. 従って、ナビゲーション装置2において、音声データに基づく経路案内が行える。 Accordingly, in the navigation apparatus 2, perform route guidance based on the audio data.
【0032】 [0032]
上記のナビゲーション装置2及びそのシステムを使用して、音声データによる経路案内方法を以下に説明する。 Using the above navigation apparatus 2 and system will be described route guidance method according to the audio data below. 図4は、ナビゲーションシステムにおける動作を示すフローチャートであり、図3は経路案内の一例を説明するための図である。 Figure 4 is a flowchart showing the operation of the navigation system, Fig. 3 is a diagram for explaining an example of a route guidance. なお、このような処理は、ナビECU4がその内部に記憶されているプログラムを実行することによって達成される。 Such a process is achieved by executing a program navigation ECU4 is stored therein.
【0033】 [0033]
図3において、最初に車両は位置Xにいる。 3, initially the vehicle is in a position X. この場合、図4のフローチャートで示すように、先ずGPS装置12により位置Xを絶対位置(緯度及び経度)として検出すると共に、地域毎に設置されているセンター30のうち、自車位置に最も近いセンター30を地図データベース10により探索する(S102)。 In this case, as shown in the flowchart of FIG. 4, first, detects the position X by the GPS device 12 as an absolute position (latitude and longitude), among the center 30 installed in each area, closest to the vehicle position the center 30 searches the map database 10 (S102). また、地図データベース10により地図上には、自車位置Xが地図上の位置として認識される。 Further, on the map by the map database 10, the vehicle position X is recognized as a position on the map. なお、現在地をセンター30に送信し、現在地周辺の地図データを受け取り、地図上の自車位置Xを認識してもよい。 Incidentally, it transmits the current location to the center 30 receives the map data around the current position, may recognize the vehicle position X on the map.
【0034】 [0034]
次に、操作部16により目的地のデータを入力する。 Then, enter the data of the destination by the operation unit 16. すると、ナビECU4が地図データベース10を利用して、現在地から目的地までの経路を探索し、経路データが作成される(S104)。 Then, the navigation ECU4 is using the map database 10, and searches for a route from the current location to the destination, route data is created (S104). そして、現在地から目的地までの経路上のこれから走行する予定の距離a(km)分のリンク及びノードからなる経路データを無線通信機20等を介してセンター30に送信する(S106)。 Then, the route data comprising a distance a (miles) worth of links and the node to be now traveling on the path from the current position to the destination via the wireless communications devices 20, etc. to transmit to the center 30 (S106).
【0035】 [0035]
なお、リンクとは、交差点毎に区切られた道路の1単位をいい、これらのリンク間の区切りである交差点をノードという。 Note that the link refers to a unit of the divided every intersection road, that node intersection is delimited between these links. また、距離a(km)は、センター30側の処理速度、音声データ記憶部14の容量、受信する音声データの容量等を考慮して決定される。 The distance a (miles), the processing speed of the center 30 side, the capacity of the sound data storage unit 14, is determined in consideration of the capacity of the audio data received. 例えば、10km等の固定距離でもよいが条件に応じて変更することが好適である。 For example, it may be a fixed distance 10km etc. Although it is preferable to change according to conditions.
【0036】 [0036]
続いて、センター30において、経路上の走行予定距離a(km)分のリンク及びノードからなる経路データを受信すると、この経路データに対応する交差点名称群を探索し、車両へ送信する(S108)。 Subsequently, in the center 30, upon receiving the path data consisting of the planned travel distance a (miles) worth of links and nodes on the route, searching the intersection name group corresponding to this path data, and transmits to the vehicle (S108) .
【0037】 [0037]
この交差点名称群の探索について以下に詳細に説明する。 The search for the intersection name group are described in detail below. 交差点名称群D(U)はこの先、走行予定距離a(km)にあるリンク及びノードについての経路データUにより定められる抽出関数f(U)により決定される。 Intersection name group D (U) is determined by the previously planned travel distance a is defined by the path data U for links and nodes in (km) extraction function f (U). 図5(a),(b)は、それぞれ、各ノードに対して抽出関数f(U)により決められた交差点名称を抽出する範囲を示す図である。 Figure 5 (a), (b) are diagrams illustrating a range for extracting the intersection name which is determined by the extraction function f (U) for each node. 例えば、図5(a)に示すように経路52上の各ノード50から半径b(km)以内の範囲にある交差点54を全て抽出して、これらの交差点名称の集合を交差点名称群D(U)とする。 For example, Figure 5 from each node 50 on the path 52 as shown in (a) to extract all the intersections 54 in the range within a radius b (miles), the set intersection name group D of these intersection name (U ) to. また、他の例として、図5(b)に示すように、経路56上の各ノード50から距離b(km)以内の交差点54を全て抽出して、これらの交差点名称を交差点名称群D(U)とすることもできる。 As another example, as shown in FIG. 5 (b), extracts all the distance b (miles) within the intersection 54 from the node 50 on the path 56, these intersection names intersection name group D ( It can also be a U). なお、上記距離b(km)は、センター30側の処理速度、音声データ記憶部14の容量、受信する音声データの容量等により変更可能である。 Note that the distance b (miles) is variable processing speed of the center 30 side, the capacity of the sound data storage unit 14, the capacity of the audio data received.
【0038】 [0038]
このように経路上の交差点名称だけでなく、ある範囲の交差点を取得することで、経路はずれの際の案内や方面案内等が可能になる。 Thus not only the intersection name on the route, by obtaining an intersection of a range, it becomes possible to guide and direction guidance and the like at the time of the path out.
【0039】 [0039]
そして、センター30は、交差点名称の探索後、これらの交差点名称群D(U)をセンター30から音声データとしてナビゲーション装置2へ送信する。 Then, the center 30, after searching for intersection name, and transmits to the navigation apparatus 2 as the audio data of these intersection name group D a (U) from the center 30.
【0040】 [0040]
このように、音声データを受信した場合には、車両の音声データ記憶部14において、受信した交差点名称群D(U)の音声データを記憶する(S110)。 Thus, when receiving the audio data, the sound data storage unit 14 of the vehicle, and stores the audio data of the intersection name group D (U) received (S110). その後、経路案内が開始される(S112)。 After that, the route guidance is started (S112). ここで、図3に示すように、車両は現在地Xから経路案内に基づき、走行を行う。 Here, as shown in FIG. 3, the vehicle based on the route guidance from the current position X, performing driving. そして、A交差点に接近したとき、例えば、「300m先、A交差点を左方向です。」等の音声が読み上げられて、経路案内が行われる。 Then, when it is close to the A intersection, for example, "300m away, the A intersection is the left direction." And voice are read aloud such as, route guidance is performed. そして、B交差点に接近したときは、「300m先、B交差点を右方向です。」等の音声が読み上げられる。 Then, when it is close to the B intersection, "300m destination, B intersection is the right direction." Audio such as read aloud.
【0041】 [0041]
ここで、車両が距離a(km)だけ走行する間の案内に必要な交差点名称などの音声データは、車両において、センター30から受信している。 Here, the audio data such as intersection names needed to guide between which the vehicle travels a distance a (miles), in the vehicle, is received from the center 30. そこで、上述のような案内における交差点名A、Bの音声データが、音声データ記憶部14に記憶されている。 Therefore, an intersection name A in the above-described guidance, audio data B is stored in the voice data storage unit 14. そこで、案内における交差点名称を自然な発音で出力することができる。 Therefore, it is possible to output the intersection name of the guide in a natural pronunciation. なお、その他の定型の案内音声は、地図データベース10に、音声データが記憶されており、これを読み出して使用する。 The guide voice and other fixed form, the map database 10, the audio data is stored, is used in reading this.
【0042】 [0042]
そして、所定設定距離の走行毎に、自車が距離a(km)から1km手前の地点に達したか否かをステップS114にて判断する。 Each time travel the predetermined setting distance, it is determined whether the vehicle has reached the distance a (miles) to a point 1km before step S114. ステップS114にて自車位置が所定距離a−1(km)の地点に達しない場合には、ステップS112に戻り、音声案内を継続する。 At step S114 if the vehicle position does not reach the point of a predetermined distance a-1 (km), the process returns to step S112, and continues voice guidance. なお、この1kmについては、この距離に限定せず、センター30側の処理速度等により変更可能である。 Note that this 1km is not limited to this distance can be changed by the processing speed of the center 30 side or the like. そして、距離a(km)から1km手前の地点に達した場合は、ステップS116にて、自車位置から目的地まで、1km以内であるか否かを判定する。 Then, when the distance a (miles) reaches a point 1km before, at step S116, from the vehicle position to the destination, it determines whether within 1km. このステップS116にて、自車位置が目的地まで1km以内に達していない場合には、ステップS102に戻り、上述の工程を繰り返し、現在地から目的地までの経路データを送信し、必要な音声データを受信して経路案内を行う。 At this step S116, if the vehicle position is not reached within 1km to the destination, the process returns to step S102, repeating the above steps, and transmits the route data from the current position to the destination, necessary audio data It receives perform the route guidance. 一方、目的地まで1km以内である場合には、音声経路案内は終了し、車両はそのまま目的地まで走行する。 On the other hand, in the case it is within 1km to the destination, the voice route guidance is terminated, the vehicle is traveling directly to the destination.
【0043】 [0043]
なお、センター30から取得する音声データは、交差点名称の代わりに例えば、F市12番地等の地理的名称や施設名称でもよく、この地理的名称と交差点名称とを合わせて音声データとしてもよい。 Incidentally, the audio data obtained from the center 30, for example, in place of intersection name may be a geographic name and facility name such as F City number 12, may be audio data together with the geographical name and intersection name. 更に、音声データは各自車状況を考慮して、経路案内に必要でない交差点名称群を含んでもよい。 Furthermore, the audio data in consideration of their car status may include an intersection name group are not required for route guidance.
【0044】 [0044]
このように、本実施の形態においては、交差点名称等に関する音声データをセンター30から取得することができる。 Thus, in the present embodiment, it is possible to acquire the voice data about intersection names, etc. from the center 30. このため、音声データを予め記憶しておくことが不要である。 Therefore, it is unnecessary to previously store the audio data. そして、走行中の経路案内に必要な分に関する音声データだけを音声データ記憶部14に記憶する。 Then, only stored in the voice data storage unit 14 the audio data regarding required amount to the route guidance while driving. このため、音声データ記憶部14の容量は小さなものでよい。 Therefore, the capacity of the audio data storage unit 14 may a small one. また、センター30から受信音声データを読み上げるので、音声データは自然なものとなる。 Further, since read aloud the received voice data from the center 30, the audio data becomes natural. このため、運転者にとって、自然で且つわかりやすい音声経路案内を行うことができる。 For this reason, for the driver, it is possible to perform and easy-to-understand voice route guidance is natural.
【0045】 [0045]
なお、本実施の形態においては、目的地の設定とこの目的地に関する経路の探索を車両側のナビゲーション装置2で行っていたが、本実施の形態においては、これに限定されない。 In this embodiment, it had conducted a search for routes for this destination and destination settings on the vehicle side of the navigation device 2, in the present embodiment is not limited thereto. 即ち、車両側で、目的地を設定した後、この目的地に関するデータをセンター30に送信し、センター30側で現在地から目的地までの経路を探索して経路データを作成し、この経路データに基づいて交差点名称等の音声データを用意しても良い。 That is, in the vehicle side, after setting the destination, data relating to the destination and transmitted to the center 30, a path motion data by searching for a route from the current position to the destination at the center 30 side, this path data it may be prepared voice data such as intersection names based.
【0046】 [0046]
また、センター30側が有する過去の交通状況データベースを使用して、経路案内に必要な交差点名称等を決定することもできる。 Further, by using the past traffic condition database having the center 30 side, it is also possible to determine the intersection name necessary for route guidance. 通常、走行曜日、走行時間、天気等に応じて、道路上を走行する車両数は変化する。 Normally, the traveling day, running time, depending on the weather or the like, the number of vehicles traveling on the road is changed. このため、これらの走行時間等による車両数の情報を経路毎に交通状況データベースに保存しておく。 Therefore, keep the traffic database vehicle number information from these travel time and the like for each path.
そして、走行時間等の過去の交通状況データベースに基づいて、例えば経路案内時での走行時間において経路として選択する車両が多いと判定される経路についても、交差点名称等の音声データを用意する。 Then, based on past traffic conditions databases such as travel time, for example for the even path vehicle to be selected as the route at the running time at the time of route guidance is determined to large, providing a sound data such as intersection names. 過去の交通状況を考慮した経路の例を図6に示す。 Examples of past traffic conditions in consideration path shown in FIG. この図に示すように、経路XXは最初に決定された経路であるが、この経路上のノードG,H等だけでなく、上記の過去の交通量等を考慮して考えられる経路YY上の交差点M,N等に関する交差点名称群等の音声データもセンター30が送信対象とする。 As shown in this figure, the path XX is initially determined route, as well as nodes G, H, etc. on this path, on the path YY considered in view of the past traffic amount and the like of the intersection M, audio data is also the center 30 of the intersection name group concerning N or the like is to be transmitted. このため、走行状況に応じて、経路YYを選択して走行した場合、この経路に関する音声案内を行うことも可能である。 Therefore, depending on the driving situation, when traveling by selecting a path YY, it is also possible to perform the voice guidance about the route.
【0047】 [0047]
さらに、自車の走行履歴、例えば、所定区間における異なる経路毎の自車の走行回数等を走行履歴データベースに記憶しておき、この走行履歴データベースに基づいて、対象とする交差点名称を決定することも可能である。 Furthermore, the travel history of the vehicle, for example, is stored in the travel history database vehicle running count, etc. for different paths at predetermined intervals, based on the travel history database, determining the intersection name of interest it is also possible. この場合においては、車両側で、目的地までの経路を設定した後、過去の走行履歴を参考にして、走行頻度の高い経路も経路データに加える。 In this case, the vehicle side, after setting a route to a destination, and a past traveling history reference, high traffic volume routes is also added to the route data. 従って、これらの複数の経路に基づく交差点名称についての音声データを得ることができる。 Therefore, it is possible to obtain the audio data for the intersection name based on the plurality of paths.
【0048】 [0048]
このようにして、過去の交通状況や過去の自車の走行履歴を考慮して音声データを入手することで、走行経路の変更に対応して、音声案内を行うことができる。 In this way, it can be to get the voice data in consideration of the travel history of past traffic situation and the past of the vehicle, which corresponds to the change of the travel route, do the voice guidance.
【0049】 [0049]
また、ナビゲーション装置2を、携帯端末装置に搭載することも好適である。 Further, the navigation device 2, it is preferable to be mounted on the portable terminal device.
この場合、携帯端末装置を利用して経路の設定を行い、上述の場合と同様に、携帯電話やPHSなどの電話を利用して経路及び最小限の音声データを得ておく。 In this case, to configure the path by using the portable terminal device, as in the case described above, previously obtained the path and minimal audio data by using a telephone such as a cellular phone and PHS. そして、走行中は、適宜詳細なデータをもらい、これを利用して、経路案内を行うことができる。 Then, while the vehicle is running, as appropriate received a detailed data, by using this, it is possible to perform the route guidance. 図7は携帯端末装置を利用した音声案内を示す模式図である。 Figure 7 is a schematic diagram showing a voice guidance using the portable terminal device. 車両の走行前に、例えば自宅において、目的地を入力する。 Before traveling of the vehicle, for example in the home, to enter a destination. そして、現在地をGPS装置12により検出し、目的地及び現在地をセンター30へ送信する。 Then, to detect the current position by GPS device 12, and transmits the destination and current position to the center 30. すると、センター30では、送信された現在地及び目的地に基づき、最適経路の探索を行い、最適経路データ並びにこの経路上のノード及びリンクに対応する交差点名称群等の音声データ及び地図データを携帯情報端末に送信する。 Then, the center 30, based on the transmitted current position and the destination, performs a search for the optimum route, the optimum route data and audio data, and the portable information map data of the intersection name group and the like corresponding to the nodes and links on this route and transmits it to the terminal. この際の音声データは最小限のものにしておくとよい。 Audio data at this time is a good idea to minimize things. なお、現在地(走行開始位置)を入力するようにすれば、GPS装置はなくても良い。 Incidentally, if to enter the current position (traveling start position), it may be omitted GPS device. また、上述の操作は、車両走行開始時に行ってもよい。 Further, the above-described operation may be performed while the vehicle is running start. 特に、経路中に都市部等のDSRC、PHS等のアンテナが整備されている地域がある場合、この地域のデータは最小限に抑えるとよい。 In particular, DSRC in urban areas, such as in the path, if there is a region in which the antenna of PHS and the like have been developed, the data in this area may minimize. なお、DSRC(Dedicated Short Range Communication)では、光ビーコン等を利用する場合が多い。 In DSRC (Dedicated Short Range Communication), often using light beacons and the like.
【0050】 [0050]
そして、経路設定の終わった携帯端末装置を車両へ持ち込み、この携帯端末装置からの経路案内を受けながら、目的地に向けての走行が行われる。 Then, bring a portable terminal device that was over the route set to the vehicle, while receiving the route guidance from the mobile terminal device, traveling towards the destination is performed. 図7に示すように、都市部等のDSRC、PHS等のアンテナが整備されている地域を走行する場合には、ノード50に接近する毎に、適時PHS等によりセンター30に電話をして、交差点から所定範囲内(例えば、円70の範囲内)の交差点名称群D(U)を受信して、音声による経路案内を行う。 As shown in FIG. 7, urban, etc. DSRC, when traveling area antenna such as a PHS is in place, each time approaching the node 50, and a call center 30 by timely PHS or the like, within a predetermined range from the intersection (e.g., within a circle 70) receives the intersection name group D (U) of the route guidance by voice. なお、センター30に電話をして、同時に詳細な地図データを随時もらうことで、予め記憶しておくデータ量を非常に少なくして、所望の経路案内を行うことができる。 Incidentally, in the call center 30, at the same time by get detailed map data at any time, very small amount of data to be stored in advance, it is possible to perform the desired route guidance. また、地図データを随時もらえるので、携帯端末装置に予め必要な地図データ量はさらに少なくてもよい。 Further, since get needed map data, previously required map data amount to the mobile terminal device may further reduced.
【0051】 [0051]
このように、音声データを記憶する必要がなく、センター30から地図データをもらう構成にすれば、地図データベース自体が不要になる。 Thus, there is no need to store the audio data, from the center 30 to the configuration get map data, the map database itself becomes unnecessary. 従って、装置の小型化を図ることができ、携帯端末装置をまとめることが容易である。 Therefore, it is possible to reduce the size of the apparatus, it is easy to put together a mobile terminal device. さらに、携帯端末装置を利用すれば、任意の場所において、経路設定が行えるため、友人などとドライブの計画を話しながら、経路の設定などを行うこともできる。 Furthermore, by utilizing a portable terminal device, in any location, since that allows the routing, while talking plans, such as a drive friends, it can also be performed such as setting of the route.
【0052】 [0052]
さらに、携帯端末装置と車載のナビゲーション装置を組み合わせることも好適である。 Furthermore, it is also preferable to combine the in-vehicle navigation device and the mobile terminal device. 特に、車載のナビゲーション装置において、道路側のビーコンとの通信機器を設けておけば、走行中において必要なデータをこの通信機器により入手することもできる。 In particular, in-vehicle navigation device, if provided with a communication device with the road-side beacon, it is also possible to obtain the necessary data by the communication device during traveling.
【0053】 [0053]
「実施形態」 "Implementation-shaped state."
図8に実施形態の構成を示す。 Figure 8 shows the construction of exemplary shaped state. この実施形態では、音声合成装置40を有している。 In this embodiment, it has a speech synthesizer 40. この音声合成装置40は、ナビECU4から供給されるテキストデータから音声合成し、スピーカ22から合成音声を出力させる。 The speech synthesizing apparatus 40 speech synthesis from text data supplied from the navigation ECU 4, to output the synthesized speech from the speaker 22. 従って、ナビECU4は、音声データを出力する場合には、これに基づき音声信号出力装置8を介し、スピーカ22から音声出力し、テキストデータを出力する場合には、音声合成装置40を介し、スピーカ22から音声出力する。 Thus, navigation ECU4, when outputting the audio data through an audio signal output device 8 on the basis of this, the sound output from the speaker 22, when outputting the text data via the voice synthesizer 40, loudspeaker audio output from 22. また、固定メモリ42は、音声データ記憶部14に代えて設けられたものであり、EEPROM等で構成されよく使用する単語(主要キーワード)についての音声データの供給を受け、これを固定的に記憶する。 The fixed memory 42, which is provided in place of the audio data storage unit 14 receives supply of audio data for the word (main keyword) to be used may be composed of EEPROM or the like, fixedly stores this to. すなわち、通常の単語は音声合成によって出力するが、よく使う単語については、その音声データの提供を受けこれを固定メモリ42に記憶しておく。 That is, the normal word will be output by the speech synthesis, for the words frequently used, and stores them receiving a supply of the audio data in the permanent memory 42. 従って、音声出力の際によく使われる単語については、供給を受けた音声データを利用して音声出力が行われるため、全体として理解しやすい音声出力が行える。 Thus, for a word commonly used in the audio output, because the voice output is performed using the audio data supplied, can be performed easily audio output understood as a whole. なお、従来の地図データベース10と同様に、経路案内において、通常使用する単語について、その音声データが記憶しておくことも好適である。 Similarly to the conventional map database 10, the route guidance, for the word normally used, it is also preferable that the audio data is stored. これによって、これら単語については取得の必要がなくなる。 As a result, the need for acquisition is no longer about these words.
【0054】 [0054]
このように、本実施形態においては、よく使用する単語やフレーズについて音声データを取得し、これを固定メモリ42に記憶する。 Thus, in this embodiment, it obtains the voice data for words and phrases frequently used and stores it in fixed memory 42. この動作について、図9に基づいて説明する。 This operation will be described with reference to FIG.
【0055】 [0055]
まず、テキストデータを受信したら、そのテキストデータの読み上げ処理を実行する(S202)。 First, upon receiving the text data, it executes the reading processing of the text data (S202). すなわち、受信したテキストデータについて、 固定メモリ42に記憶されている単語については、ここから読み出した音声データにより音声を出力し、 固定メモリ42に記憶されていない単語については、音声合成装置40により音声合成を行う。 That is, the sound for the received text data, for the words stored in the fixed memory 42, and outputs the audio by the audio data read out from here, for the word that is not stored in the fixed memory 42, the voice synthesizer 40 carry out the synthesis. 次に、固定メモリ42に記憶されていなかった単語があるかを判定する(S204)。 Next, it is determined whether there is a word that has not been stored in permanent memory 42 (S204). この判定において、YES、すなわち記憶されていない単語があった場合には、該当する単語をテキストデータで記憶する(S206)。 In this determination, YES, i.e. when there is a word to be stored, it stores the words relevant text data (S206). ここで、当該単語が、すでに記憶されていた場合には、その単語についてのカウント値を1インクリメントする。 Here, the word, if the already stored increments the count value for that word. また、初めての単語については、カウント値1とともに、その単語を記憶する。 Also, for the first time of a word, along with the count value 1, and stores the word. なお、このデータは、ナビECU4内のRAMに記憶すればよい。 This data may be stored in the RAM in the navigation ECU 4.
【0056】 [0056]
次に、記憶された単語について、そのカウント値が所定値(例えば、5回)を超えたものがあるかを判定する(S208)。 Next, a word stored, determines the whether or not the count value is what exceeds a predetermined value (e.g., 5 times) (S208). そして、該当する単語については、センター30に音声データの提供を要求し(S210)、センター30から音声データの提供を受け、これを固定メモリ42に記憶する(S212)。 And, for the words relevant requests to provide audio data to the center 30 (S210), receiving a supply of audio data from the center 30, and stores it in fixed memory 42 (S212). 次に、固定メモリ42の中で、過去所定期間(例えば、1年間)使用していない単語があるかを判定する(S214)。 Next, in a fixed memory 42, determines whether a predetermined past period (e.g., 1 year) a word not used (S214). これは、単語毎に適当なタイムスタンプ(例えば、年、月を示すデータ)を記憶しておき、これをチェックすることで達成できる。 This is appropriate timestamp for each word (e.g., year, data representing the month) is stored and can be achieved by checking this. そして、この判定でYESの場合には、当該単語を固定メモリ42から削除することをアドバイスする(S216)。 In the case of a YES determination, it advises that deletes the word from a fixed memory 42 (S216). S216の処理を終了した場合、及びS204、S208、S214でNOであった場合には、処理を終了する。 If the process has been completed in S216, and S204, S208, if is NO in S214, the process ends.
【0057】 [0057]
なお、S214の単語削除のアドバイスの際には、「単語○○は、1年間使用されていません。削除をしますか」という表示を表示部18に行い、「はい」または「いいえ」の入力を待ち、削除を行うか否かを決定するなどの方法が採用される。 It should be noted that, at the time of the word deletion of the advice of the S214 is, "word ○○ has not been used for one year. Would you like to delete" an indication that performed on the display unit 18, of the "yes" or "no" It waits for input, a method such as determining whether to delete is employed. また、S210の音声データの要求の際にも、「単語○○について音声データを要求しますか」等という問い合わせをすることも好適である。 In addition, even when the request of the voice data of S210, it is also suitable for the query "Do you want to request the voice data for the word ○○" and the like.
【0058】 [0058]
このようにして、テキストデータを記憶することで、使用頻度を検出し、使用頻度の高い単語について、自動的に固定メモリ42に音声データを記憶し、使用頻度の低い単語については音声データを削除することができる。 In this way, by storing the text data, detects the frequency of use, remove the frequently used words, automatically stores the audio data into fixed memory 42, the audio data for the less frequently used words can do. そこで、不要な音声データにより、固定メモリ42が占められてしまうことを防止することができる。 Therefore, it is possible to prevent the unnecessary audio data, the fixed memory 42 will be occupied.
【0059】 [0059]
なお、 基本形態と同様にして、センター30から所定の音声データの提供を常に受けておき、使用頻度の高いものについて、その音声データを固定メモリ42に記憶することも好適である。 Incidentally, similarly to the basic mode, keep constantly receiving a supply of a predetermined audio data from the center 30, the most frequently used, it is also preferable to store the audio data in the permanent memory 42. この場合、出力する内容によっては、地図データベース10、固定メモリ42、及び音声データ記憶部14からの音声データと、音声合成装置40からの出力に基づいて音声出力が行われることになる。 In this case, depending on the contents to be output, so that the audio output is performed based and audio data from the map database 10, the fixed memory 42 and the audio data storage unit 14, the output from the speech synthesizer 40.
【0060】 [0060]
さらに、上述のようなシステムにおいて、センター30において、ユーザからの各単語についての音声データ要求回数をカウントしておき、所定回数に達した場合に、各ユーザに自動配信することもできる。 Further, the system as described above, in the center 30, may be counted beforehand voice data request count for each word from the user, when it reaches a predetermined number of times, automatically delivered to each user. すなわち、図10に示すように、センター30において情報を配信する際に、各単語Tiについてユーザからの音声データ要求が50回に達したかを判定する(S302)。 That is, as shown in FIG. 10 determines, when distributing information in a center 30, whether the voice data request from the user has reached 50 times for each word Ti (S302). そして、この判定において、YESであれば、その単語について、ユーザ端末(移動端末)に自動配信する(S304)。 Then, in this determination, if YES, the for that word is automatically delivered to the user terminal (mobile terminal) (S304). このような処理は、所定地域に限定して行うことも好適である。 Such a process, it is preferable to carry out is limited to a predetermined area. すなわち、ある地域に存在する移動端末からの要求をカウントして、その地域に存在する移動端末に当該単語の音声データを自動配信することができる。 That is, it is possible by counting the request from the mobile terminal existing in an area, and automatically send the audio data of the word to the mobile terminal existing in the area.
【0061】 [0061]
「音声読み上げデータの例」 "Examples of text-to-speech data."
次に、センター30が交通情報を提供する際に、音声データを添付して、車両(移動端末)に付与する例について説明する。 Next, the center 30 is in providing traffic information, and attach the audio data, an example applied to the vehicle (mobile terminal). この場合、音声データは、符号化されて添付される。 In this case, the voice data is appended is encoded. そこで、移動端末装置においては、受信した音声データをデコードすることで、音声出力を得ることができる。 Therefore, in the mobile terminal device, by decoding the received audio data, it is possible to obtain a voice output.
【0062】 [0062]
所定の地域の道路や設定された経路について渋滞情報を提供する際に、センター30は表1に示すようなデータを提供する。 In providing congestion information on roads and set route of a given area, the center 30 provides data as shown in Table 1. すなわち、各リンクに対応した渋滞レベルデータに追加して、渋滞情報読み上げデータ、道路名称の読み上げデータを移動端末に提供する。 That is, in addition to congestion level data corresponding to each link, congestion information reading data, the road name of the speech data to provide to the mobile terminal. 例えば、リンク1〜7について、渋滞情報読み上げデータとして、「渋滞はありません」「少し渋滞」「2キロ渋滞」「かなり渋滞」「車線減少」「工事箇所」「通行止め」などを提供し、また道路名称の読み上げデータとして、「国道1号線」「丸山公園通り北行き」「西大津バイパス堅田方面」「高雄パークウェイ嵐山方面」などを提供する。 For example, the link 1 to 7, as congestion information read-out data, to provide, such as "congestion there is no", "a little congestion," "2 km traffic jam," "quite a traffic jam," "lane reduction," "work place", "closed to traffic", also road as the name of the read-out data, to provide, such as "Route 1", "northbound Koen-dori Maruyama," "Nishiotsu bypass Katata direction", "Kaohsiung Parkway Arashiyama direction".
【0063】 [0063]
【表1】 [Table 1]
そこで、移動端末は経路に応じて、提供された音声データを利用して案内を行う。 Therefore, the mobile terminal in accordance with the route, the guidance using sound data provided. 例えば、自宅出発時において経路が定まっており、その経路についての渋滞情報を取得していた場合、「国道1号線から西大津バイパスを通るルートです。国道1号線は*少し渋滞*しています。西大津バイパス堅田方面は*車線減少*箇所があるので注意して走行して下さい。」、また走行中の交差点手前では、「500m先、丸山公園前を左方向です。その先丸山公園通り北行きは*2キロの渋滞*です。」等という音声案内を提供された音声データ(読み上げデータ)を利用して行うことができる。 For example, if definite route at the time of home departure, if you have to get the congestion information about the route, is the root through the "Nishiotsu bypass from Route 1. Route 1 is * You have a little traffic jam * and. Nishiotsu bypass Katata direction should be traveling in mind that there is a * lane reduction * place. "in addition the intersection in front of the running," 500m away and left the Koenmae Maruyama. beyond Maruyama Koen-dori north-bound * 2 kilometer traffic jam is *. "it can be performed by using the supplied voice data (reading data) the voice guidance of the like.
【0064】 [0064]
なお、経路を車両側で計算する場合には、所定範囲の交通データを移動端末に提供するが、センター30側で経路を計算する場合には、センター30において、経路がわかっている。 Incidentally, when calculating a route in the vehicle, which provides traffic data in a predetermined range to the mobile terminal, when calculating a route in the center 30 side, in the center 30, has been found path. 従って、移動端末に提供するデータは、案内に必要な最小限のデータにすることができる。 Accordingly, the data to be provided to the mobile terminal may be the minimum data required for guidance.
【0065】 [0065]
また、駐車場の利用状況についての情報(満室情報)をセンター30が提供する場合には、表2に示すような音声データを提供する。 Further, the parking lot information about the usage of the (full occupancy information) center 30 when providing provides audio data as shown in Table 2.
【0066】 [0066]
【表2】 [Table 2]
このように、駐車場を特定するNo. In this way, to identify the parking lot No. に対応して、駐車場名称のテキストデータ、駐車場名称の読み上げデータ、満室レベルデータ、満室状況の読み上げデータが送信される。 In response to, text data of the parking lot name, parking name of reading data, full occupancy level data, reading data of fully booked situation is sent. 従って、移動端末装置において、案内を行うときに、駐車場名称や、満室レベルを受け取った読み上げデータを利用して行うことができる。 Accordingly, the mobile terminal apparatus, when the guidance, and parking name, can be performed using the reading data received a full occupancy level.
【0067】 [0067]
さらに、経路案内においては、特徴的な建物など目印となるもの(POI:Point of Intent)を知らせることが好適である。 Furthermore, in the route guidance, which serves as a mark such as a distinctive building: it is preferable to inform the (POI Point of Intent). そこで、これらPOIについての音声データを移動端末装置に提供することが好適である。 Therefore, it is preferable to provide voice data for these POI to the mobile terminal device. 表3は、このようなPOI及びその属性データの音声読み上げデータの提供例を示すものである。 Table 3 shows the examples provided in the text-to-speech data for such POI and their attribute data.
【0068】 [0068]
【表3】 [Table 3]
この例では、例えば、ノードNo. In this example, for example, node No. 171について、POIとして「TV塔」、その音声読み上げデータとして「テレビトウ」というデータが提供され、またPOIの属性データとして「赤く、一番高い」というデータと共に、その音声読み上げデータとして「アカク、イチバンタカイ」というデータが提供される。 About 171, "TV tower" as a POI, "red the text-to-speech data of" TV tow "as the data is provided, also" red, the highest "as the attribute data of the POI with the data that, as the text-to-speech data, data that the highest "is provided.
【0069】 [0069]
従って、音声案内において、「*赤く一番高いテレビ塔*前を右折すると、県庁前通りです。」等という音声案内をすることができる。 Therefore, in the audio guide, "and turn right in front * red tallest TV tower *, the prefectural government is before street." Can be the voice guidance of the like. また、「*いちょう並木*に沿って、*茶色い34階建て*の*県庁ビル*を通り過ぎたら、500mで左方向です。」「左折後、右前方に*富士山が見え*てきます。」「300m先、*市営地下駐車場*です。左折で進入できます。」等という音声案内も行うことができる。 In addition, "along the * ginkgo tree-lined *, Once past the * * brown 34-storey * Bruno * prefectural office building, is a left direction in the 500m." "Turn left, you have the right front * Mount Fuji is visible * to." " 300m destination, * Municipal underground parking is *. you can enter in a left turn. "voice guidance that the like can also be carried out.
【0070】 [0070]
また、図11に、移動端末装置を車両に実際に搭載したイメージを示す。 Further, FIG. 11 shows actually equipped with image of the mobile terminal device in a vehicle. このように、GPS装置12を構成するGPSアンテナ12aは、車室内のインパネの上方に設けられ、ナビゲーションのためのECU4a(ナビECU4の一部)及び地図データベース10を構成するCD−ROM10aは、後部トランク内に設けられている。 Thus, GPS antenna 12a constituting the GPS device 12 is provided above the vehicle interior instrument panel, CD-ROM 10a that constitute the ECU 4a (part of the navigation ECU 4) and the map database 10 for navigation, rear It is provided in the trunk. また、表示部18及び情報制御のためのECU(ナビECU4の一部)は、一体的に形成され、ワイドマルチステーション60として、ドライバ席と助手席に間のスペースに配置されている。 Further, ECU for display unit 18, and information control (part of the navigation ECU 4) is integrally formed, as a wide multi-station 60, is disposed in the space between the driver seat and a passenger's seat. そして、このワイドマルチステーション60には、ケーブル62を介し、無線通信機20を構成する移動体電話をハンズフリー電話機として動作させるクレードル80が接続されている。 Then, this wide multistation 60, via the cable 62, the cradle 80 to operate the mobile phone in the wireless communication device 20 as a hands-free phone is connected.
【0071】 [0071]
すなわち、この例では、図12に示すように、移動体電話32を構成する携帯電話機82は、クレードル80に載置される。 That is, in this example, as shown in FIG. 12, the cellular phone 82 constituting the mobile telephone 32 is placed on the cradle 80. そして、携帯電話機82のコネクタ接続用ターミナル82aに、クレードル80のコネクタ80aを接続することで、携帯電話機82とクレードル80が接続される。 Then, the connector connection terminals 82a of the portable telephone 82, by connecting the connector 80a of the cradle 80, the cellular phone 82 and the cradle 80 are connected. このクレードル80には、ハンズフリーで通話をするためのマイクロフォン、スピーカ、ワンタッチダイヤルボタンなどの各種の機器が接続されており、携帯電話機82をこのクレードル80にセットすることによって、携帯電話機82を利用してハンズフリー電話機として使用することになる。 The cradle 80, a microphone for a call hands-free, speaker, and various devices, such as one-touch dial button is connected, by setting the mobile phone 82 to the cradle 80, using a mobile phone 82 and it will be used as a hands-free phone.
【0072】 [0072]
また、各種操作は、ワイドマルチステーション60の入力操作部を利用して行われる。 Further, various operations are performed by using the input operation section of the wide multi-station 60. なお、無線通信機20は、この構成に限らず、専用の車載電話システムを設けることも好適である。 The wireless communication device 20 is not limited to this configuration, it is also preferable to provide a dedicated vehicle telephone system.
【0073】 [0073]
「その他の構成」 "Other configuration"
無線通信機20において、センター30との間で、電子メールなどのやりとりも行うことが好適である。 In wireless communication device 20, with the center 30, it is also preferably performed exchanged, such as e-mail. この場合取得された電子メールは、通常テキストデータであり、これがナビECU4内のRAMに記憶される。 In this case the acquired e-mail is a normal text data, which is stored in the RAM in the navigation ECU4. そして、表示部18に表示されるが、運転中などは音声出力される。 Then, although displayed on the display unit 18, such as during operation is an audio output. すなわち、ナビECU4が、受信した電子メールについてのテキストデータを音声合成装置40に供給し、電子メールの読み上げ音声がスピーカ22から出力される。 That is, the navigation ECU4 is, the text data of the received e-mail is supplied to the speech synthesizer 40, speech reading e-mail is output from the speaker 22. この場合においても、必要な言葉やフレーズについて、適宜音声データを取得することが好適である。 In this case, the necessary words and phrases, it is preferable to obtain the appropriate audio data. また、流行語なども所定回数以上の使用に対し、その音声データを取得しておくことができる。 Further, with respect to the use of a predetermined number of times or more, such as buzzword it may have been acquired the voice data.
【0074】 [0074]
さらに、各種の音声データについて、ID番号などのコードを予め決定しておき、音声データをこのID番号に対応させて移動端末装置に記憶させておけば、通信するデータは、このID番号のみでよくなる。 Moreover, various sound data, previously determined code such as ID numbers, be stored in a mobile terminal device in correspondence to audio data to the ID number, data to be communicated only with the ID number Get better. 従って、通信データ量を大幅に削減することができる。 Therefore, it is possible to greatly reduce the amount of communication data.
【0075】 [0075]
さらに、移動端末装置と、センターの間の通信は、通常の携帯電話回線や、PHS、FM多重放送、TV多重放送、地上波デジタル通信、光ビーコン、電波ビーコン等を利用したものが利用可能である。 Furthermore, a mobile terminal device, the communication between the center and normal mobile telephone, PHS, FM multiplex broadcasting, TV multiplex broadcasting, terrestrial digital communications, optical beacons, available those using radio beacons, etc. is there.
【0076】 [0076]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上説明したように、本発明によれば、音声データを記憶するのに必要な記憶媒体等の容量を必要最小限に低減することができる。 As described above, according to the present invention, it is possible to reduce to a minimum the capacity of such storage medium required to store the audio data. また、車両外部から受信した音声データを読み上げるので、読み上げ音声は明瞭なものとなる。 Further, since it reads aloud the voice data received from the outside of the vehicle, reading voice becomes clear. このため、運転者にとって、自然で且つわかりやすい音声経路案内などの音声出力を行うことができる。 For this reason, for the driver, it is possible to perform the audio output of such and easy-to-understand voice route guidance is natural.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】 本発明の基本形態の移動端末装置の構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing a configuration of a mobile terminal device of the basic embodiment of the present invention.
【図2】 基本形態を示す模式的概念図である。 2 is a schematic conceptual diagram showing a basic form.
【図3】 基本形態における音声案内を示す経路図である。 Figure 3 is a flowsheet illustrating a voice guidance in the basic mode.
【図4】 基本形態における音声案内を行うことを示すフローチャートである。 4 is a flowchart showing that performs voice guidance in the basic mode.
【図5】 基本形態における経路及びその交差点名称群の範囲を示す図である。 5 is a diagram showing the path and extent of the intersection name group in the basic mode.
【図6】 交通状況データベースも考慮して、決定された経路及びその交差点名称群の範囲を示す図である。 [6] traffic situation database even considering a diagram showing the determined path and the scope of the intersection name group.
【図7】 携帯端末装置を使用した時の音声案内における経路及びその交差点名称群の範囲を示す図である。 7 is a diagram showing the path and extent of the intersection name group in voice guidance when using a mobile terminal device.
【図8】 実施形態における移動端末装置の構成を示すブロック図である。 8 is a block diagram showing a configuration of a mobile terminal apparatus definitive in practice shaped state.
【図9】 実施形態における音声データ取得の動作を示すフローチャートである。 9 is a flowchart showing an operation of the audio data acquisition definitive in practice shaped state.
【図10】 実施形態における単語削除の動作を示すフローチャートである。 10 is a flowchart showing the operation of the definitive word deleted exemplary form state.
【図11】 移動端末装置を車両に実際に搭載したイメージを示す図である。 11 is a diagram showing an actually mounted image the mobile terminal device in a vehicle.
【図12】 無線通信機の構成を示す図である。 12 is a diagram showing a configuration of a wireless communication device.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
2 ナビゲーション装置、4 ナビECU、6 モデム、8 音声信号出力装置、10 地図データベース、12 GPS装置、14 音声データ記憶部、16操作部、18 表示部、20 無線通信機、22 スピーカー、30 センター、50 ノード、52 経路、54 交差点、70 交差点名称抽出範囲。 2 navigation device, 4 navigation ECU, 6 modems, 8 audio signal output device, 10 map database, 12 GPS device, 14 audio data storage unit, 16 operation unit, 18 display unit, 20 wireless communication device, 22 speaker, 30 centers, 50 nodes, 52 paths, 54 intersection, 70 intersection name extraction range.

Claims (8)

  1. 音声出力のための音声データを外部データベースからネットワークを介して取得するデータ取得手段と、 A data acquisition means for acquiring via a network audio data for audio output from an external database,
    前記音声データに対応する言葉を含めて音声出力を行う音声出力手段と、 A voice output unit for performing audio output, including words corresponding to the audio data,
    テキストデータにより表現された単語について、 テキストデータから音声合成して音声出力する音声合成手段と、 For the word which is represented by text data, and voice synthesizing means for voice output and speech synthesis from text data,
    を有し、 Have,
    前記音声合成手段により音声合成して出力した単語の使用頻度が所定以上になったときに、前記データ取得手段によりその単語について音声データを外部から取得することを特徴とする移動端末装置。 When frequency of use of words and outputs the speech synthesized by said speech synthesis means exceeds a predetermined, mobile terminal device and acquires the audio data from the outside for the word resources by the said data acquisition means .
  2. 請求項1に記載の装置において、 The apparatus according to claim 1,
    音声出力のための処理対象となる言葉のうち、よく使用される言葉についての音声データを蓄積する蓄積手段有することを特徴とする移動端末装置。 Of the words to be processed for voice output, the mobile terminal apparatus characterized by comprising a storage means for storing audio data for words that are commonly used.
  3. 請求項2に記載の装置において、 The apparatus according to claim 2,
    前記蓄積手段は、使用頻度が所定以上になったときに、前記データ取得手段により取得した単語について音声データを記憶することを特徴とする移動端末装置。 It said storage means, when the frequency of use exceeds a predetermined, mobile terminal device and to store the audio data for the word acquired by the data acquisition means.
  4. 請求項3に記載の装置において、 The apparatus according to claim 3,
    音声出力のための処理対象となる言葉のうち、対応する音声データが前記蓄積手段に蓄積されている場合にこの言葉について蓄積されている音声データを用いて音声出力手段から音声出力し、対応する音声データが蓄積されていない場合にこの言葉について音声合成手段からテキストデータを音声合成して音声出力することを特徴とする移動端末装置 Of the words to be processed for voice output, and audio output from the audio output means by using the voice data corresponding to voice data is stored for this word if it is stored in the storage means, corresponding mobile terminal apparatus, characterized in that the audio output by voice synthesizing text data for the word from the voice synthesizing means when the audio data is not stored.
  5. 移動端末装置が音声出力を行うための音声出力プログラムを記録した媒体であって、 Mobile terminal device is a medium recording an audio output program for audio output,
    前記音声出力プログラムは、前記移動端末装置に、 The audio output program, to the mobile terminal device,
    音声出力のための音声データを外部データベースからネットワークを介して取得させ、 Is obtained via a network from an external database audio data for audio output,
    前記音声データに対応する言葉を含めて音声出力を行わせ、 To perform the audio output, including words corresponding to the audio data,
    テキストデータにより表現された単語について、テキストデータから音声合成して音声出力させ、 For words that have been expressed by text data, then the audio output and speech synthesis from text data,
    前記テキストデータから音声合成して出力した単語の使用頻度が所定以上になったときに、その単語について音声データを外部から取得させることを特徴とする音声出力プログラムを記録した媒体 The text data when the frequency of use of words and outputs the voice synthesis exceeds a predetermined from a medium recording a sound output program, characterized in that to obtain the audio data from the outside for the word.
  6. 請求項に記載の媒体において、 In medium of claim 5,
    前記音声出力プログラムは、移動端末装置に、 The audio output program, a mobile terminal device,
    音声出力のための処理対象となる言葉のうち、よく使用される言葉についての音声データについて蓄積させることを特徴とする音声出力プログラムを記録した媒体 Processed subject to out of words, well medium recording an audio output program for causing accumulate the audio data for the words to be used for audio output.
  7. 請求項6に記載の媒体において、 In medium of claim 6,
    前記音声出力プログラムは、移動端末装置に、 The audio output program, a mobile terminal device,
    使用頻度が所定以上になったときに、取得した単語についての音声データを蓄積させることを特徴とする音声出力プログラムを記録した媒体 When the frequency of use exceeds a predetermined, medium recording an audio output program for causing accumulate audio data for the obtained word.
  8. 請求項7に記載の媒体において、 In medium according to claim 7,
    前記音声出力プログラムは、移動端末装置に、 The audio output program, a mobile terminal device,
    音声出力のための処理対象となる言葉のうち、対応する音声データが蓄積されている場合にこの言葉について蓄積されている音声データから音声出力させ、 Of the words to be processed for audio output, is the audio output from the audio data corresponding to audio data have been accumulated for this word if it is accumulated,
    対応する音声データが蓄積されていない場合にこの言葉についてテキストデータから音声合成して音声出力させることを特徴とする音声出力プログラムを記録した媒体 Medium recording an audio output program for causing the audio output by voice synthesized from the text data for this word if the corresponding audio data is not stored.
JP33283897A 1997-04-22 1997-12-03 Mobile terminal apparatus and a medium recording the speech output program Expired - Lifetime JP3704925B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9-104850 1997-04-22
JP10485097 1997-04-22
JP33283897A JP3704925B2 (en) 1997-04-22 1997-12-03 Mobile terminal apparatus and a medium recording the speech output program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP33283897A JP3704925B2 (en) 1997-04-22 1997-12-03 Mobile terminal apparatus and a medium recording the speech output program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH116743A JPH116743A (en) 1999-01-12
JP3704925B2 true JP3704925B2 (en) 2005-10-12

Family

ID=26445226

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP33283897A Expired - Lifetime JP3704925B2 (en) 1997-04-22 1997-12-03 Mobile terminal apparatus and a medium recording the speech output program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3704925B2 (en)

Families Citing this family (93)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8645137B2 (en) 2000-03-16 2014-02-04 Apple Inc. Fast, language-independent method for user authentication by voice
DE10061696A1 (en) * 2000-12-12 2002-06-27 Bernhard Lehmeier Vehicle navigation system for provision of spoken instructions to a driver has a version selector that allows a dialect of a language to be chosen that most suits the driver, so that driver tiredness is reduced
JP4671535B2 (en) * 2001-05-23 2011-04-20 富士通テン株式会社 Communication type navigation system, navigation center and navigation terminal
JP2003075178A (en) * 2001-09-03 2003-03-12 Inkurimento P Kk Communication navigation system and method, map- information providing communication center device, communication navigation terminal, and computer program
JP4860847B2 (en) * 2001-09-03 2012-01-25 パイオニア株式会社 Communication navigation system and method, and computer program
US7013282B2 (en) * 2003-04-18 2006-03-14 At&T Corp. System and method for text-to-speech processing in a portable device
JP4556477B2 (en) * 2004-04-19 2010-10-06 株式会社デンソー Voice guidance system
US8677377B2 (en) 2005-09-08 2014-03-18 Apple Inc. Method and apparatus for building an intelligent automated assistant
JP4682835B2 (en) * 2005-12-09 2011-05-11 株式会社デンソー Information deletion support device, information backup device, and mobile device
US9330720B2 (en) 2008-01-03 2016-05-03 Apple Inc. Methods and apparatus for altering audio output signals
US8996376B2 (en) 2008-04-05 2015-03-31 Apple Inc. Intelligent text-to-speech conversion
US20100030549A1 (en) 2008-07-31 2010-02-04 Lee Michael M Mobile device having human language translation capability with positional feedback
JP2010048959A (en) * 2008-08-20 2010-03-04 Denso Corp Speech output system and onboard device
US8898568B2 (en) * 2008-09-09 2014-11-25 Apple Inc. Audio user interface
WO2010067118A1 (en) 2008-12-11 2010-06-17 Novauris Technologies Limited Speech recognition involving a mobile device
JP5395464B2 (en) * 2009-03-04 2014-01-22 株式会社ゼンリン Route guidance system
US10241752B2 (en) 2011-09-30 2019-03-26 Apple Inc. Interface for a virtual digital assistant
US9858925B2 (en) 2009-06-05 2018-01-02 Apple Inc. Using context information to facilitate processing of commands in a virtual assistant
US9431006B2 (en) 2009-07-02 2016-08-30 Apple Inc. Methods and apparatuses for automatic speech recognition
US10276170B2 (en) 2010-01-18 2019-04-30 Apple Inc. Intelligent automated assistant
US9318108B2 (en) 2010-01-18 2016-04-19 Apple Inc. Intelligent automated assistant
JP5303485B2 (en) * 2010-01-27 2013-10-02 株式会社ナビタイムジャパン Route guidance system, terminal device, route search server, route guidance method, and program
US8682667B2 (en) 2010-02-25 2014-03-25 Apple Inc. User profiling for selecting user specific voice input processing information
US9262612B2 (en) 2011-03-21 2016-02-16 Apple Inc. Device access using voice authentication
US10241644B2 (en) 2011-06-03 2019-03-26 Apple Inc. Actionable reminder entries
US10057736B2 (en) 2011-06-03 2018-08-21 Apple Inc. Active transport based notifications
US8994660B2 (en) 2011-08-29 2015-03-31 Apple Inc. Text correction processing
US10134385B2 (en) 2012-03-02 2018-11-20 Apple Inc. Systems and methods for name pronunciation
US9483461B2 (en) 2012-03-06 2016-11-01 Apple Inc. Handling speech synthesis of content for multiple languages
US9280610B2 (en) 2012-05-14 2016-03-08 Apple Inc. Crowd sourcing information to fulfill user requests
US9721563B2 (en) 2012-06-08 2017-08-01 Apple Inc. Name recognition system
US9495129B2 (en) 2012-06-29 2016-11-15 Apple Inc. Device, method, and user interface for voice-activated navigation and browsing of a document
US9576574B2 (en) 2012-09-10 2017-02-21 Apple Inc. Context-sensitive handling of interruptions by intelligent digital assistant
US9547647B2 (en) 2012-09-19 2017-01-17 Apple Inc. Voice-based media searching
AU2014214676A1 (en) 2013-02-07 2015-08-27 Apple Inc. Voice trigger for a digital assistant
US9368114B2 (en) 2013-03-14 2016-06-14 Apple Inc. Context-sensitive handling of interruptions
AU2014233517B2 (en) 2013-03-15 2017-05-25 Apple Inc. Training an at least partial voice command system
WO2014144579A1 (en) 2013-03-15 2014-09-18 Apple Inc. System and method for updating an adaptive speech recognition model
WO2014197336A1 (en) 2013-06-07 2014-12-11 Apple Inc. System and method for detecting errors in interactions with a voice-based digital assistant
WO2014197334A2 (en) 2013-06-07 2014-12-11 Apple Inc. System and method for user-specified pronunciation of words for speech synthesis and recognition
US9582608B2 (en) 2013-06-07 2017-02-28 Apple Inc. Unified ranking with entropy-weighted information for phrase-based semantic auto-completion
WO2014197335A1 (en) 2013-06-08 2014-12-11 Apple Inc. Interpreting and acting upon commands that involve sharing information with remote devices
JP6259911B2 (en) 2013-06-09 2018-01-10 アップル インコーポレイテッド Apparatus, method, and graphical user interface for enabling conversation persistence across two or more instances of a digital assistant
US10176167B2 (en) 2013-06-09 2019-01-08 Apple Inc. System and method for inferring user intent from speech inputs
WO2014200731A1 (en) 2013-06-13 2014-12-18 Apple Inc. System and method for emergency calls initiated by voice command
WO2015059812A1 (en) 2013-10-25 2015-04-30 三菱電機株式会社 Movement support device and movement support method
US9620105B2 (en) 2014-05-15 2017-04-11 Apple Inc. Analyzing audio input for efficient speech and music recognition
US9502031B2 (en) 2014-05-27 2016-11-22 Apple Inc. Method for supporting dynamic grammars in WFST-based ASR
US9785630B2 (en) 2014-05-30 2017-10-10 Apple Inc. Text prediction using combined word N-gram and unigram language models
US9760559B2 (en) 2014-05-30 2017-09-12 Apple Inc. Predictive text input
US9715875B2 (en) 2014-05-30 2017-07-25 Apple Inc. Reducing the need for manual start/end-pointing and trigger phrases
US9633004B2 (en) 2014-05-30 2017-04-25 Apple Inc. Better resolution when referencing to concepts
US9842101B2 (en) 2014-05-30 2017-12-12 Apple Inc. Predictive conversion of language input
US9430463B2 (en) 2014-05-30 2016-08-30 Apple Inc. Exemplar-based natural language processing
US10289433B2 (en) 2014-05-30 2019-05-14 Apple Inc. Domain specific language for encoding assistant dialog
US10170123B2 (en) 2014-05-30 2019-01-01 Apple Inc. Intelligent assistant for home automation
US9734193B2 (en) 2014-05-30 2017-08-15 Apple Inc. Determining domain salience ranking from ambiguous words in natural speech
US10078631B2 (en) 2014-05-30 2018-09-18 Apple Inc. Entropy-guided text prediction using combined word and character n-gram language models
EP3480811A1 (en) 2014-05-30 2019-05-08 Apple Inc. Multi-command single utterance input method
US9338493B2 (en) 2014-06-30 2016-05-10 Apple Inc. Intelligent automated assistant for TV user interactions
US10446141B2 (en) 2014-08-28 2019-10-15 Apple Inc. Automatic speech recognition based on user feedback
US9818400B2 (en) 2014-09-11 2017-11-14 Apple Inc. Method and apparatus for discovering trending terms in speech requests
US9886432B2 (en) 2014-09-30 2018-02-06 Apple Inc. Parsimonious handling of word inflection via categorical stem + suffix N-gram language models
US9646609B2 (en) 2014-09-30 2017-05-09 Apple Inc. Caching apparatus for serving phonetic pronunciations
US10127911B2 (en) 2014-09-30 2018-11-13 Apple Inc. Speaker identification and unsupervised speaker adaptation techniques
US10074360B2 (en) 2014-09-30 2018-09-11 Apple Inc. Providing an indication of the suitability of speech recognition
US9668121B2 (en) 2014-09-30 2017-05-30 Apple Inc. Social reminders
US9711141B2 (en) 2014-12-09 2017-07-18 Apple Inc. Disambiguating heteronyms in speech synthesis
US9865280B2 (en) 2015-03-06 2018-01-09 Apple Inc. Structured dictation using intelligent automated assistants
US9886953B2 (en) 2015-03-08 2018-02-06 Apple Inc. Virtual assistant activation
US9721566B2 (en) 2015-03-08 2017-08-01 Apple Inc. Competing devices responding to voice triggers
US9899019B2 (en) 2015-03-18 2018-02-20 Apple Inc. Systems and methods for structured stem and suffix language models
US9842105B2 (en) 2015-04-16 2017-12-12 Apple Inc. Parsimonious continuous-space phrase representations for natural language processing
US10083688B2 (en) 2015-05-27 2018-09-25 Apple Inc. Device voice control for selecting a displayed affordance
US10127220B2 (en) 2015-06-04 2018-11-13 Apple Inc. Language identification from short strings
US10101822B2 (en) 2015-06-05 2018-10-16 Apple Inc. Language input correction
US10255907B2 (en) 2015-06-07 2019-04-09 Apple Inc. Automatic accent detection using acoustic models
US10186254B2 (en) 2015-06-07 2019-01-22 Apple Inc. Context-based endpoint detection
US9697820B2 (en) 2015-09-24 2017-07-04 Apple Inc. Unit-selection text-to-speech synthesis using concatenation-sensitive neural networks
US10366158B2 (en) 2015-09-29 2019-07-30 Apple Inc. Efficient word encoding for recurrent neural network language models
US10049668B2 (en) 2015-12-02 2018-08-14 Apple Inc. Applying neural network language models to weighted finite state transducers for automatic speech recognition
US10223066B2 (en) 2015-12-23 2019-03-05 Apple Inc. Proactive assistance based on dialog communication between devices
US10446143B2 (en) 2016-03-14 2019-10-15 Apple Inc. Identification of voice inputs providing credentials
US9934775B2 (en) 2016-05-26 2018-04-03 Apple Inc. Unit-selection text-to-speech synthesis based on predicted concatenation parameters
US9972304B2 (en) 2016-06-03 2018-05-15 Apple Inc. Privacy preserving distributed evaluation framework for embedded personalized systems
US10249300B2 (en) 2016-06-06 2019-04-02 Apple Inc. Intelligent list reading
US10049663B2 (en) 2016-06-08 2018-08-14 Apple, Inc. Intelligent automated assistant for media exploration
DK201670578A1 (en) 2016-06-09 2018-02-26 Apple Inc Intelligent automated assistant in a home environment
US10192552B2 (en) 2016-06-10 2019-01-29 Apple Inc. Digital assistant providing whispered speech
US10067938B2 (en) 2016-06-10 2018-09-04 Apple Inc. Multilingual word prediction
DK179415B1 (en) 2016-06-11 2018-06-14 Apple Inc Intelligent device arbitration and control
DK179343B1 (en) 2016-06-11 2018-05-14 Apple Inc Intelligent task discovery
DK201670540A1 (en) 2016-06-11 2018-01-08 Apple Inc Application integration with a digital assistant

Also Published As

Publication number Publication date
JPH116743A (en) 1999-01-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6868331B2 (en) Method for outputting traffic information in a motor vehicle
US6253151B1 (en) Navigation system with feature for reporting errors
JP4793703B2 (en) Center device for route guidance system
EP1146316B1 (en) Navigation system
TWI276014B (en) A driver assist information transmitter, a driver assist information receiver, and a driver assist information providing system
CN1149892C (en) Downloading geographical data to mobile station and method and device for displaying map
CA2703515C (en) A method of creating map data
US9418550B2 (en) Navigation apparatus, server apparatus and method of collecting parking location information
US9361800B2 (en) System and method for processing, receiving, and displaying traffic information
US6381537B1 (en) Method and system for obtaining geographic data using navigation systems
US7432829B2 (en) Apparatus and method for providing travel information
JP3537285B2 (en) Navigation device
US7469184B2 (en) Maintenance assistance for a vehicle
AU2005292243B2 (en) Off board navigation solution
US6950743B2 (en) Navigation system and program for navigation system setup
US7487038B2 (en) Navigation device
US6594576B2 (en) Using location data to determine traffic information
EP1004852B1 (en) Method and system for using real-time traffic broadcasts with navigation systems
US6922629B2 (en) Traffic information retrieval method, traffic information retrieval system, mobile communication device, and network navigation center
JP4528528B2 (en) Navigation server, navigation display method
US7916852B2 (en) Method and system for providing quick directions
JP3496464B2 (en) Map acquisition system, the map acquiring device, and a navigation apparatus having a map acquisition device
JP3372021B2 (en) Map information providing system
US20010001847A1 (en) Vehicle routing and guidance system
US7433889B1 (en) Method and system for obtaining traffic sign data using navigation systems

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20050325

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050329

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050530

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20050530

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20050705

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20050718

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080805

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090805

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100805

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110805

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110805

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120805

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130805

Year of fee payment: 8

EXPY Cancellation because of completion of term