JP3595579B2 - Image processing apparatus and image processing method - Google Patents

Image processing apparatus and image processing method Download PDF

Info

Publication number
JP3595579B2
JP3595579B2 JP22582194A JP22582194A JP3595579B2 JP 3595579 B2 JP3595579 B2 JP 3595579B2 JP 22582194 A JP22582194 A JP 22582194A JP 22582194 A JP22582194 A JP 22582194A JP 3595579 B2 JP3595579 B2 JP 3595579B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
color
marker
data
image processing
step
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP22582194A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH0870382A (en
Inventor
文夫 三上
健二 原
茂雄 山形
正幸 広瀬
康治 新井
栄一 本山
喜代久 杉島
俊男 林
隆 野中
Original Assignee
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by キヤノン株式会社 filed Critical キヤノン株式会社
Priority to JP22582194A priority Critical patent/JP3595579B2/en
Publication of JPH0870382A publication Critical patent/JPH0870382A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3595579B2 publication Critical patent/JP3595579B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06KRECOGNITION OF DATA; PRESENTATION OF DATA; RECORD CARRIERS; HANDLING RECORD CARRIERS
    • G06K19/00Record carriers for use with machines and with at least a part designed to carry digital markings
    • G06K19/06Record carriers for use with machines and with at least a part designed to carry digital markings characterised by the kind of the digital marking, e.g. shape, nature, code
    • G06K19/06009Record carriers for use with machines and with at least a part designed to carry digital markings characterised by the kind of the digital marking, e.g. shape, nature, code with optically detectable marking
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06KRECOGNITION OF DATA; PRESENTATION OF DATA; RECORD CARRIERS; HANDLING RECORD CARRIERS
    • G06K19/00Record carriers for use with machines and with at least a part designed to carry digital markings
    • G06K19/06Record carriers for use with machines and with at least a part designed to carry digital markings characterised by the kind of the digital marking, e.g. shape, nature, code
    • G06K2019/06215Aspects not covered by other subgroups
    • G06K2019/06225Aspects not covered by other subgroups using wavelength selection, e.g. colour code

Description

【0001】 [0001]
【産業上の利用分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、複写機等の画像処理装置及び画像処理方法に関し、特に原稿上に所定の色マーカでマーキングされた色の情報に基づいて所定のマーカ編集を施すものに関する。 The present invention relates to an image processing apparatus and an image processing method such as a copying machine, concerning performs predetermined marker edited based on the particular marking color information in a predetermined color marker on the document.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
従来より、カラー複写機において、白黒の原稿上に市販のマーカペンにより所望範囲を囲んだり、なぞったりしてその範囲の色付けを行うマーカ編集機能が提案されている。 Conventionally, in a color copier, Dari enclose the desired range by a commercially available marker pen on a black and white document, tracing or to marker editing function for coloring the range is proposed. このようなマーカ編集機能は、例えば図37(a)に示すように下地が白色の原稿上において、黒線で決定されている所望の閉区間1000の内側を青の色マーカ1001で着色することにより、同図(b)に示すように閉区間全体を青に着色してプリントアウトするペイントモードや、図38(a)に示すように下地が白色の原稿上において、所望の黒線1002を赤の色マーカ1003で線の周囲を着色することにより、同図(b)に示すように黒線を赤線に変換着色してプリントアウトするラインモードなど複数のモードを具備しているものが一般的である。 Such is a marker editing function, for example in underlying on white original as shown in FIG. 37 (a), coloring the interior of the desired closing section 1000 that is determined by the black line in the color marker 1001 Blue Accordingly, and paint mode to print out by coloring the entire closed interval blue as shown in FIG. (b), the base is on a white document, as shown in FIG. 38 (a), the desired black lines 1002 by coloring the surrounding lines in red color marker 1003, it is one that comprises a plurality of modes such as a line mode for printing out by converting colored black line red line as shown in FIG. (b) it is common.
【0003】 [0003]
先ず、図37に示したペイントモードの判定について説明する。 Will be described first determination of paint mode shown in FIG. 37. 同図(a)の画像の読み取り動作中、あるタイミングで読み取りラインがラインAであるとすると、画素データの出力順が矢印方向の場合、…、白、黒、青、白、……、白、青、黒、白、…の順で色データが出力される。 During a read operation of the image in FIG. (A), when the reading line at a certain timing is assumed to be line A, if the output order of the pixel data is the direction of the arrow, ..., white, black, blue, white, ..., white , blue, black, white, ... order color data in is being output. よって、最初に現れた青の直前に黒があることを検出することで、最初の青の画素からペイントモードが開始されたことが判定される。 Therefore, by detecting that there is a black just before the blue the first occurrence, paint mode from the pixels of the first blue that has been started is determined. また、最後の青の直後が黒であることを検出することで、最後の青の画素でペイントモードが終了したことが判定される。 Further, immediately after the last blue by detecting that it is a black paint mode with the pixels in the last blue it is determined that ended. 従って、ペイントモード間の画素(青、白、……、白、青)をすべて青データとして出力することでペイントモードが実現される。 Thus, pixels between paint mode (blue, white, ..., white, blue) paint mode by outputting the all blue data is realized.
【0004】 [0004]
次に、図38に示したラインモードの判定について説明する。 Next, a description will determine the line mode shown in Figure 38. 同図(a)の画像読み取り動作中、あるタイミングでの読み取りラインがラインBであるとすると、画素データの出力順が矢印方向の場合、…、白、赤、黒、……、黒、赤、白、…の順で色データが出力される。 During image reading operation in FIG. (A), when the reading line at a certain timing is assumed to be line B, and the output order of the pixel data is the direction of the arrow, ..., white, red, black, ..., black, red , white, ... order color data in is being output. よって、最初に現れた赤の直前に白があることを検出することで、最初の赤の画素からラインモードが開始されたことが判定される。 Therefore, by detecting that there is a white just before the red first appeared, line mode from the first red pixel that has been started it is determined. また、最後の赤の直後に白であることを検出することで、最後の赤の画素でラインモードが終了したことが判定される。 Moreover, by detecting that the white immediately after the last red, line mode at the end of the red pixel is determined that the completion. 従って、ラインモード間の画素(赤、黒、……、黒、赤)のうち、赤の画素を白データに、また黒の画素を赤データとして出力することでラインモードが実現される。 Accordingly, the pixel between lines mode (red, black, ..., black, red) of the red pixel to white data, and the line mode by outputting a black pixel as the red data is realized.
【0005】 [0005]
以上のように、最初にマーカの色が検出された画素の直前の画素が白色であるか黒色であるかで開始モードを決定し、開始モードがペイントモードの場合は最後にマーカの色が検出された画素の直後の画素が黒色のときモードを終了し、開始モードがラインモードの場合は最後にマーカの色が検出された画素の直後の画素が白色のときモードを終了するように制御される。 As described above, the first pixel of the immediately preceding pixel color is detected in the marker to determine the starting mode or a black or a white, and finally the color of the marker detection in the case of start mode is the paint mode pixel immediately following the pixel has finished mode when a black start mode is controlled so that the pixel immediately after the last pixel color is detected markers for line mode is ended white mode when that.
【0006】 [0006]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
しかしながら、色変換モードはユーザによるマーカ着色の状態で決定されるものであり、例えば図39(a)に示すように、ユーザが原稿画像1004に対してラインモードマーカ処理を所望し、マーカ着色したとき重ね塗りによる塗りむらのために色1005が生じることがあり、以下のような不具合があった。 However, the color conversion mode is to be determined by the state of the marker coloring by the user, for example, as shown in FIG. 39 (a), the user desires line mode marker processing on the original image 1004, and markers colored There is the color 1005 may occur because of the coating unevenness due to recoating time, there is a problem such as the following. 即ち、色1005は、通常の塗り状態の色1006に比べてマーカ色が濃いので、色1005と色1006が個別の色であると誤判定されて、同図(b)に示すような出力結果となることがあった。 That is, the color 1005, since marker color compared to the color 1006 of the normal coating condition dark, color 1005 color 1006 is erroneously determined to be the individual colors, the output result as shown in FIG. (B) there was to be a.
【0007】 [0007]
また、原稿に使用される用紙の色は、白が主であるが再生紙のように少し色が付いたものや、光沢のあるものが存在すること、マーカペンの色にばらつきがあること、原稿を読み取るセンサのカラーフィルタの特性にもばらつきがあること等の要因で読み取った色の誤判定が発生し、ユーザの意図しない出力結果をとなる場合もあった。 The color of the paper used in the document is white is the main or those with little color as recycled paper, that there are some shiny, that there is a variation in the color of the marker pen, document an erroneous determination of the color read by factors such that there is a variation in the characteristics of the color filter of the sensor is generated to read, there may be unintended output result of the user.
【0008】 [0008]
また、マーカペンの色は、同じ名称(例えば「赤」)であっても国によって異なっている。 In addition, the color of the marker pen is different from country to country with the same name (for example, "red"). さらに、販売されている(市場に出回っている)マーカペンの色は5色の国もあれば、8色の国もあり統一されていない。 In addition, if there is also sold (on the market) to have a marker pen colors 5 colors country, not unified There are also 8 colors country. このため、全世界で使用されているカラーマーキング用のマーカペンの色をすべて正しく認識することは困難であり、色の誤判定が発生していた。 For this reason, all the world all the color of the marker pen for the color marking that is used by correctly recognize is difficult, color erroneous determination has occurred.
【0009】 [0009]
本発明は上述した点に着目してなされたものであり、読み取った色の誤判定を防止し、正確なマーカ編集を行うことができる画像処理装置及び画像処理方法を提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of the above described problems, preventing erroneous determination of the read color, and an object thereof is to provide an image processing apparatus and image processing method capable of performing an accurate marker editing .
【0010】 [0010]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
上記目的を達成するため本発明は、原稿を読み取る原稿読み取り手段と、読み取った画像データに基づいて所定の色マーカで原稿上にマーキングされた色を判定するマーカ色判定手段とを有し、マーキングされた色の情報に基づいて所定のマーカ編集を施す画像処理装置において、前記所定の色マーカによってマーキングされた色データを予め読み取って登録するためのマーカ色登録手段を設け、 前記マーカ色登録手段は、同一の色マーカで複数回重ね塗りされた領域における色データを読み取ってマーカ色登録し、前記マーカ色判定手段は、原稿の読み取り時に前記登録された色データと読み取った色データとを比較して、何度塗りかに関係なく同じ色のマーカとして色判定するようにしたものである。 The present invention for achieving the above object includes a document reading means for reading an original, and a marker color determining means for determining the color marked on a document in a predetermined color marker based on the image data read, marking an image processing apparatus for performing predetermined marker edited based on the color information, the marker color registration means for registering by reading the color data marked by the predetermined color marker previously provided, the marker color registration means registers marker color by reading the color data in a plurality of times recoating areas with the same color marker, the marker color determining means compares the color data read from the color data the registration when reading the document to, is that so as to color judgment as the same color of the marker no matter what coats.
【0013】 [0013]
さらに同じ目的を達成するため本発明は、原稿を読み取る原稿読み取り手段と、読み取った画像データに基づいて所定の色マーカで原稿上にマーキングされた色を判定するマーカ色判定手段とを有し、マーキングされた色の情報に基づいて所定のマーカ編集を施す画像処理装置において、当該装置が販売される地域を判定する地域判定手段を設け、前記マーカ色判定手段は、当該装置が販売される地域に応じて色判定用のパラメータを変更するようにしたものである。 The present invention for achieving the same purpose, has a document reading means for reading an original, and a marker color determining means for determining the color marked on a document in a predetermined color marker based on the image data read, an image processing apparatus for performing predetermined marker edited based on the marked color information, the local determination means for determining an area in which the device is sold provided, the marker color determining means, the region in which the device is sold it is obtained so as to change the parameters for color determination in accordance with the.
【0014】 [0014]
また、前記地域判定手段は、当該装置の変倍設定に基づいて販売地域を判定したり、当該装置の印字ヘッドに付加された地域情報に基づいて販売地域を判定したり、当該装置に供給される交流電源の特性に基づいて販売地域を判定したりすることが望ましい。 Also, the area determination means, or to determine the sales region based on the magnification setting of the apparatus, or to determine the sales region based on the added area information to the print head of the apparatus, it is supplied to the apparatus it is desirable to or determine the sales region based on the characteristics of the AC power supply that.
【0015】 [0015]
また、当該装置の印字ヘッドに色判定用パラメータを記憶するパラメータ記憶手段を設け、前記マーカ色判定手段は、前記パラメータ記憶手段に記憶された色判定用パラメータを使用して色判定を行うことが望ましい。 Further, a parameter storage means for storing the color determination parameter to the print head of the apparatus provided, the marker color determining means that performs color determination using the color determining parameters stored in said parameter storage means desirable.
【0016】 [0016]
また、前記印字ヘッド内に格納されているインクの色と、前記色判定用パラメータの主色の色とが同一であることが望ましい。 Further, the color of ink stored in the print head, it is desirable and the main color of the color of the color determination parameter are the same.
さらに同じ目的を達成するため本発明は、原稿を読み取る原稿読み取りステップと、読み取った画像データに基づいて所定の色マーカで原稿上にマーキングされた色を判定するマーカ色判定ステップとを有し、マーキングされた色の情報に基づいて所定のマーカ編集を施す画像処理方法において、前記所定の色マーカによってマーキングされた色データを予め読み取って登録するマーカ色登録ステップを設け、前記マーカ色登録ステップにおいて、同一の色マーカで複数回重ね塗りされた領域における色データを読み取ってマーカ色登録し、前記マーカ色判定ステップにおいて、原稿の読み取り時に前記登録された色データと読み取った色データとを比較して、何度塗りかに関係なく同じ色のマーカとして色判定するようにしたものである。 The present invention for achieving the same purpose, has a document reading step of reading an original, and a marker color determination step of determining the color marked on a document in a predetermined color marker based on the image data read, an image processing method for performing predetermined marker edited based on the marked color information, the marker color registration step of registering read color data marked by the predetermined color markers previously provided in the marker color registration step , registered marker color by reading the color data in a plurality of times recoating areas with the same color marker in the marker color determining step compares the color data read with the registered color data when reading a document Te, in which so as to color judgment as the same color of the marker no matter what coats.
さらに同じ目的を達成するため本発明は、原稿を読み取る原稿読み取りステップと、読み取った画像データに基づいて所定の色マーカで原稿上にマーキングされた色を判定するマーカ色判定ステップとを有し、マーキングされた色の情報に基づいて所定のマーカ編集を施す画像処理方法において、当該画像処理方法を実施する画像処理装置が販売される地域を判定する地域判定ステップを設け、前記マーカ色判定ステップは、当該画像処理方法を実施する画像処理装置が販売される地域に応じて色判定用のパラメータを変更するようにしたものである。 The present invention for achieving the same purpose, has a document reading step of reading an original, and a marker color determination step of determining the color marked on a document in a predetermined color marker based on the image data read, an image processing method for performing predetermined marker edited based on the marked color information, the local determination step of determining an area of an image processing apparatus for implementing the image processing method is sold provided, the marker color determining step , in which so as to change the parameters for color determination in accordance with the area where the image processing apparatus for implementing the image processing method is sold.
【0017】 [0017]
【作用】 [Action]
請求項1の画像処理装置及び請求項8の画像処理方法によれば、所定の色マーカによってマーキングされた色データが予め登録され、 同一の色マーカで複数回重ね塗りされた領域における色データを読み取ってマーカ色登録し、原稿の読み取り時に前記登録された色データと読み取った色データとを比較することにより何度塗りかに関係なく同じ色のマーカとして色判定される。 According to the image processing method of the image processing apparatus and claim 8 according to claim 1, color data marked by predetermined color marker previously registered, the color data in a plurality of times recoating areas with the same color marker read registers marker colors are color judgment as the same color of the marker, regardless of what coats by comparing the color data read with the registered color data when reading the document.
【0022】 [0022]
請求項の画像処理装置及び請求項9の画像処理方法によれば、当該装置が販売される地域が判定され、その販売地域に応じて色判定用のパラメータが変更される。 According to the image processing method of the image processing apparatus and claim 9 according to claim 2, it is determined areas in which the device is sold, the parameters for color determination in accordance with the sales region is changed.
【0023】 [0023]
請求項乃至の画像処理装置によれば、当該装置の販売地域は、当該装置の変倍設定、当該装置の印字ヘッドに付加された地域情報、又は当該装置に供給される交流電源の特性に基づいて判定される。 According to the image processing apparatus according to claim 3 to 5, sales region of the device, scaling setting of the apparatus, the added area information to the print head of the apparatus, or characteristic of the AC power supplied to the apparatus It is determined based on.
【0024】 [0024]
請求項の画像処理装置によれば、当該装置の印字ヘッドに設けられたパラメータ記憶手段に色判定用パラメータが記憶され、該記憶された色判定用パラメータを使用して色判定が行われる。 According to the image processing apparatus according to claim 6, the color determination parameter in the parameter storage means provided in the print head of the apparatus is stored, the color determined using the color determining parameters the storage is performed.
【0025】 [0025]
【実施例】 【Example】
以下図面を用いて、本発明の実施例について説明を行う。 With the following drawings, a description is given of embodiments of the present invention.
【0026】 [0026]
図1は、本発明の第1の実施例にかかるマーカ編集回路の構成を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing a configuration of a marker editing circuit according to a first embodiment of the present invention. 同図において、51はカラ−CCDセンサであり、原稿の読み取り画像信号をRGBの信号に色分解して信号をアナログアンプ52に出力する。 In the figure, 51 is a color -CCD sensor, and outputs the read image signal of the original signal to color separation to the analog amplifier 52 to the RGB signal. アナログアンプ52は、入力信号に対して所定のゲイン(増幅率)で増幅を行なう。 Analog amplifier 52 performs amplification at a predetermined gain (amplification factor) for the input signal. この増幅信号はA/Dコンバータ53に入力され、アナログ信号が8ビットのデジタル信号に変換される。 The amplified signal is input to the A / D converter 53, the analog signal is converted into 8-bit digital signal. A/Dコンバータ53のデジタル信号出力は、色コード判定回路54及びマーカ色登録回路55に入力される。 Digital signal output of the A / D converter 53 is inputted to the color code determination circuit 54 and the marker color registration circuit 55. 色コード判定回路54は、A/Dコンバータ53からの入力信号と、マーカ色登録回路55の出力信号とを比較し、入力信号を判定されたマーカ色に対応した6ビットのコード信号に変換する。 Color code determination circuit 54, an input signal from the A / D converter 53, compares the output signal of the marker color registration circuit 55, and converts the 6-bit code signal corresponding to a marker color which are determined input signal . 即ち、入力される256×256×256=16777216色の色信号をあらかじめ決められた64色の色コードに変換する。 That is, to convert the 256 × 256 × 256 = 16777216 color signals inputted to the predetermined 64-color color code was.
【0027】 [0027]
これは、マーカ原稿上に存在する色が白色と黒色と市場で販売されているマーカ色に限られるということを前提としたものであり、以降のデータ処理回路の規模を小さくするための回路である。 This is what colors present on the marker original is assumed that limited the marker color sold in white and black and market, a circuit for reducing the scale of the data processing circuits subsequent is there. 色コード判定回路54とマーカ色登録回路55の詳細な動作については後述する。 It will be described later in detail operation of the color code determination circuit 54 and the marker color registration circuit 55.
【0028】 [0028]
色コード判定回路54の出力信号は、領域判定回路56に入力され、読み取っている領域がノーマル領域、ライン領域又はペイント領域のいずれの領域に属しているかを判定する(それぞれの領域についての説明は後述する)。 The output signal of the color code determination circuit 54 is input to the area judging circuit 56, the region read by the normal area, determines whether they belong to any region of the line region or paint area (for a description of each area which will be described later). 領域判定回路56の出力信号は、出力色判定回路57に入力され、出力色判定回路57は、色コードと領域モードに従って出力する色を決定し、決定した色に応じた8ビットの画像データに変換して次段の画像処理回路にデータを送出する。 The output signal of the area decision circuit 56 is input to the output color determination circuit 57, the output color determination circuit 57 determines the color to be output according to the color code and the area mode, the 8-bit image data corresponding to the determined color It converted and sends the data to the next stage of the image processing circuit.
【0029】 [0029]
領域判定回路56における、ペイントモード及びラインモードの2つの処理モードの決定は以下の条件による。 In the region determining circuit 56, the determination of the two processing modes of the paint mode and the line mode according to the following conditions.
【0030】 [0030]
(1)ペイントモード:ノーマル領域内にあって、読み取り色が「黒」→「色」に遷移したとき最初の「色」が読み取られた画素からペイントモードに切り替え、「色」→「黒」の遷移が検出されるまでペイントモードは継続する。 (1) paint mode: In the normal area, switching from the first "color" has been read pixel when reading color transitions to the "black" → "color" in the paint mode, "color" → "black" paint mode is continued until the transition is detected. 「色」→「黒」の遷移が検出されたとき、ノーマルモードに戻る。 When the transition of "color" → "black" is detected, it returns to the normal mode.
【0031】 [0031]
(2)ラインモード:ノーマル領域内にあって、読み取り色が「白」→「色」に遷移したとき最初の「色」が読み取られた画素からラインモードに切り替え、「色」→「白」の遷移が検出されるまでラインモードは継続する。 (2) Line Mode: In the normal area, switching from the first "color" is the read pixel in the line mode when the read color is shifted from the "white" → "color", "color" → "white" line mode continues until the transition is detected. 「色」→「白」の遷移が検出されたとき、ノーマルモードに戻る。 When the transition of "color" → "white" is detected, it returns to the normal mode.
【0032】 [0032]
上記のルールに従い、原稿上の画像を読み取りながらマーカ処理が施された画像信号がマーカ編集回路より出力される。 Following the above rules, the image signal marker processing while reading an image on a document has been performed is outputted from the marker editing circuit.
【0033】 [0033]
次にマーカ色登録回路55について説明する。 It will now be described marker color registration circuit 55. マーカ色登録回路55は図2に示すように、原稿用紙の所定の位置に登録したいマーカによる色パッジシート60をユーザが作成し、これを読み取り、データ処理することにより使用するマーカの色登録を行う。 Marker color registration circuit 55, as shown in FIG. 2, the user creates the color Pajjishito 60 using marker to be registered in a predetermined position of the original sheet, reading it, performs color registration markers used by data processing . 即ち、図2においては、領域61a〜61cを緑マーカの着色領域、62a〜62cをピンクマーカの着色領域と定め、ユーザは領域61aを使用したい緑マーカにより2度塗りすることなく1度塗りで着色し、同様に領域61bを緑マーカの2度塗りにより着色、領域61cを緑マーカの3度塗りにより着色する。 That is, in FIG. 2, the region 61a~61c colored region of green marker, defined as the colored region of pink marker a 62 a - 62 c, the user is 1-coat without two coats by green marker you want to use space 61a colored, similarly colored regions 61b by two coats of green marker, coloring the area 61c by three coats of green marker. 同様に、領域62a〜62cを使用したいピンクマーカによりそれぞれ1度塗り、2度塗り、3度塗りする。 Similarly, each 1-coat by pink marker you want to use space 62 a - 62 c, 2 coats, three coats. このようにして作成した色パッジシート60を不図示のスキャナ原稿台の所定位置にセットし、カラーCCD51による読み取りを開始する。 Thus setting the color Pajjishito 60 created in the scanner platen at a predetermined position (not shown) and to start reading by the color CCD 51. A/Dコンバータ53により、8ビットのデジタル信号に変換されたパッジの画像信号は、マーカ色登録回路55に入力される。 The A / D converter 53, image signal Pajji converted into 8-bit digital signal is input to the marker color registration circuit 55.
【0034】 [0034]
マーカ色登録回路55の構成を図3に示す。 The configuration of the marker color registration circuit 55 shown in FIG. 図中10は、平均化回路であり、入力される色情報をRGB毎に例えば64画素分サンプルし、平均値を算出する。 Figure 10 is a averaging circuit, the color information inputted by 64 pixels sample, for example, every RGB, to calculate an average value. 11はRmax検出回路であり、平均化回路10の出力のうちR信号がFFh(8ビット全て1、即ちR成分が最大値)のとき、信号1を出力し、そうでないとき(00h〜FEh)は信号0を出力する。 11 is Rmax detection circuit, R signal is FFh (8 bits all 1, i.e., the R component is the maximum value) of the output from the averaging circuit 10 when the outputs a signal 1, otherwise (00H to FEH) It outputs a signal 0. 12及び13もRmax検出回路11と同様の機能を持つGmax検出回路及びBmax検出回路であり、それぞれG信号、B信号の最大値か否かを検出する。 12 and 13 is also a Gmax detection circuit and Bmax detection circuit having the same function as the Rmax detection circuit 11, G signals, respectively, to detect whether or not the maximum value of the B signal. 14は比率演算回路であり、平均化回路10、Rmax検出回路11、Gmax検出回路12及びBmax検出回路13の出力信号が入力される。 14 is a ratio calculation circuit, the output signal of the averaging circuit 10, Rmax detection circuit 11, Gmax detection circuit 12 and the Bmax detection circuit 13 is input. 比率演算回路14は、入力されるR,G,B信号の比率を演算し、各色6ビットの比率データとして出力する。 Ratio calculation circuit 14 calculates the ratio of an inputted R, G, B signals, and outputs a 6 bits per color ratio data. 16はバックアップ用のバッテリであり、装置の電源が落されたときも、メモリ15に所定の電圧を与え保存したデータが消去されないように具備されたものである。 16 is a battery for backup, even when the power of the device is dropped, in which stored data give a predetermined voltage to the memory 15 is provided so as not to be erased.
【0035】 [0035]
図4は、比率データの算出ルールの表を示す。 Figure 4 shows a table of calculation rules ratio data. この図4からわかるように、比率算出の際、基準となる色をRGBのいずれにするかを決定する決定要因はRmax検出回路11〜Bmax検出回路13の出力による。 As can be seen from Figure 4, when the ratio calculation, determinant color as a reference to determine whether to one of RGB is by the output of the Rmax detection circuit 11~Bmax detection circuit 13.
【0036】 [0036]
図4においてType1は、Rmax検出回路11〜Bmax検出回路13がすべて0を出力する場合である。 In FIG. 4 Type1 is a case where Rmax detection circuit 11~Bmax detection circuit 13 outputs all zeros. このときは、2番目にデータが大きい色を基準にして、残りの2色を基準に対してどのくらい大きいかを表す。 In this case, based on the color data is the second largest, representing how much larger the reference remaining two colors. 例えば入力するRGBデータがそれぞれ43,A8,67であったときは、Bデータ(67)を基準にするということになる。 For example RGB data inputted when were respectively 43, A8,67, it comes to be B data (67) to the reference. 比率演算回路14の比率データは前述のとおり6ビットであるから、基準データを中間の値である20hと定める。 Since the ratio data of the ratio calculating circuit 14 is a 6-bit as described above, defining the reference data and 20h which is an intermediate value. その他の色(ここではRとG)に関しては基準に対して×1/4〜×4までの比を6ビットで表現することを考え、×1/4を00h、×4をFFhにあてると、データの1ステップの差が基準値に対する0.0625倍の差となる。 Other colors considered to express the ratio of up to × 1 /. 4 to × 4 with 6 bits with respect to the reference with respect to (where R and G), the × 1/4 00h, the shed × 4 to FFh , the difference between the 1 step data is the difference of 0.0625 times the reference value. つまり、(R,G,B)=(43,A8,67)ならば比率演算回路14から出力するRGBの各比率データは、 That, (R, G, B) = (43, A8,67) RGB each ratio data to be output from the if the ratio calculation circuit 14,
R:G:B=0.6505:1.6311:1であるので、近似して(R,G,B)=(1Ah,2Ah,20h)となる。 R: G: B = 0.6505: 1.6311: 1, so that the approximated (R, G, B) = a (1Ah, 2Ah, 20h).
【0037】 [0037]
Type2〜4は、Rmax検出回路11〜Bmax検出回路13のうちいずれか1回路のみ1を出力する場合である。 Type2~4 is a case of outputting 1 only any one circuit of the Rmax detection circuit 11~Bmax detection circuit 13. このときは、最大値を示す色(1を出力する回路に対する色)を基準値20hとして、残りの2色を基準に対してどのくらい大きいかを示す。 In this case, as a reference value 20h color (color for the circuit which outputs a 1) indicating a maximum value, indicating how much larger than the reference remaining two colors.
【0038】 [0038]
Type5〜7は、Rmax検出回路11〜Bmax検出回路部13のうちいずれか2回路が1を出力する場合である。 Type5~7 is a case where any two circuits of the Rmax detection circuit 11~Bmax detecting circuit 13 outputs a 1. このときは、大きさが1番目と2番目のデータはともにFFhなので、これを基準値20hとする。 At this time, the first and second data sizes both because FFh, this is a reference value 20h. 当然、最小値を示す色は20hより小さい値が算出される。 Of course, the color indicating the minimum value 20h smaller value is calculated. このようなマーカ色は後段の色コード判定回路54により判定される色コードが、最小値を示す色の大きさの情報のみで判定されることになるが、例えば、Type7に相当する色は、極端にマゼンタ成分が多い色であり、このような色特性を有する市場で販売されているマーカの種類は、せいぜい1〜2種類であるので判別は容易である。 Such marker color is a color code is determined by the subsequent color code determination circuit 54, but will be determined only by the information of the size of the color indicating the minimum value, for example, a color corresponding to Type7 is extremely a color magenta component is large, the type of marker, which is sold in the market having such a color characteristic is the determination because at most one to two types easily.
【0039】 [0039]
Type8は、Rmax検出回路11〜Bmax検出回路13が全て1を出力する場合である。 Type8 is a case where Rmax detection circuit 11~Bmax detection circuit 13 outputs all 1. このようなデータは、純白のデータであるため、所定のパッジ位置にマーカが塗られていないことを示す。 Such data are the pure white data, indicating that no marker is painted in a predetermined Pajji position. もしも、Type8に相当するデータが入力した場合は、オペレータに対してブザーによる警告を出すように不図示の制御回路で制御を行う。 If, when the data corresponding to Type8 inputs, performs control in the control circuit (not shown) so as to issue a warning by a buzzer to an operator.
【0040】 [0040]
平均化回路10は、図2に示した色パッジを61a,61b,61c,62a,62b,62c…の順に入力してゆく。 Averaging circuit 10, slide into the input color Pajji shown in FIG. 2 61a, 61b, 61c, 62a, 62b, 62c ... in the order of. 緑マーカのRGBの比率は61a,61b,61cによって決定されるが、図5(A)に示すようにどの信号もFFhより小さく、またパッジの差による比率の変化はほどんどない。 Green marker RGB ratios 61a, 61b, is determined by 61c, FIG. 5 which signal as shown in (A) is small than FFh, also change in the ratio due to the difference in Pajji no Hodondo. よって、3つのパッジの比率の平均値として、比率演算回路14より(R,G,B)=(1Ah,2Ah,20h)を出力してメモリ15にデータを書き込む。 Thus, writing an average value of the ratio of the three Pajji, than the ratio calculation circuit 14 (R, G, B) = (1Ah, 2Ah, 20h) data to the memory 15 and outputs a.
【0041】 [0041]
これに対して、図2の色パッジ62a〜62cのピンクマーカによる色パッジの読み取りデータは、図5(B)のようになっており、R信号が1度塗りと2度塗りのときFFh,B信号が1度塗りのときFFhとなっている。 In contrast, the read data of the color Pajji by pink marker color Pajji 62a~62c in Figure 2 is adapted in FIG. 5 (B), when R signal is 1-coat and 2-coat FFh, B signal has become FFh when the once painted. 従ってパッジの差による比率が62a〜62cでそれぞれ異なっている。 Thus the ratio due to the difference in Pajji are different respectively at 62 a - 62 c. これは、ピンクマーカがR(赤)の補色であるC(シアン)成分及びG(緑)の補色であるY(イエロー)をほとんど含んでいないために起こる現象である。 This is a phenomenon that occurs because the pink marker does not contain little R and the complementary color (red) C (cyan) component and G is a complementary color (green) Y (yellow). このように、Rmax検出回路11〜Bmax検出回路13の出力のうち、ひとつでも1が出力されれば、0が出力されたパッジのデータは無視することにして、1の数が多いパッジのデータを処理して比率計算を行う。 Thus, among the outputs of the Rmax detection circuit 11~Bmax detection circuit 13, if even one 1 output, 0 is to be data for Pajji outputted to ignore data in the number of 1 is large Pajji processing the performing ratio calculation.
【0042】 [0042]
図6は、比率演算回路14においてどのデータを使用して計算を行うかを決定する処理のフローチャートである。 Figure 6 is a flowchart of a process for determining whether to perform calculations using which data the ratio calculation circuit 14.
【0043】 [0043]
Step1ではまず、3種のパッジを読み込んだときのRmax検出回路11〜Bmax検出回路13の出力に1が現れたものがあるかどうかを検出する。 In Step1 first detects whether there is a 1 is present at the output of the Rmax detection circuit 11~Bmax detection circuit 13 when reading the three Pajji. 1が現れていなければ、Noに進み図4の表に従い、Type1の条件に従って平均比率を算出する(Step1a)。 Unless 1 appears, in accordance with the table proceeds Figure 4 to No, it calculates an average ratio in accordance with Type1 conditions (Step1A). 図2中の緑のパッジ61a〜61cはこの条件に相当する。 Green Pajji 61a~61c in FIG. 2 corresponds to this condition. Step1でひとつでも1が現れていればStep2に進む。 Even one in Step1 1 proceeds to Step2 if appear.
【0044】 [0044]
Step2ではRmax検出回路11〜Bmax検出回路13の出力に現れた「1」の数が3つのパッジとも等しいかどうかを検知する。 The number of the Step2 appeared at the output of the Rmax detection circuit 11~Bmax detection circuit 13 "1" detects equality with three Pajji. Yesであれば、図4の表に従い、比率の平均を算出する(Step2a)。 If Yes, in accordance with the table of FIG. 4, it calculates the average of the ratio (Step2a). Noであれば、Step3に進む。 If No, proceed to Step3. Step3ではユーザが所定位置にマーカ着色しているかどうかを検出する。 In Step3 user to detect whether the marker colored in a predetermined position. 即ち、Rmax検出回路11〜Bmax検出回路13の出力に現れた「1」の数が3のパッジがあればYesに進み、ブザーによる警告を発生する(Step3a)。 That is, if there is Pajji number of 3 appeared at the output of the Rmax detection circuit 11~Bmax detection circuit 13 "1", the flow proceeds to Yes, generates a warning by buzzer (Step3a). これは、図4のType8に相当する。 This corresponds to Type8 in FIG. Noであれば、Step4に進む。 If No, proceed to Step4.
【0045】 [0045]
Step1で、FFhとなる色の個数が最低1個は存在することが検出され、Step2で、FFhとなる色の個数が3つのパッジで同一でないことが検出され、Step3で、FFhとなる色の個数が3であるパッジが3つのパッジに存在しないことが検出されているので、Step4ではRmax検出回路11〜Bmax検出回路13の出力に現れた「1」の数の組み合せは、2個−*個−*個(順不同)または2個−2個−*個(順不同)の二通りしか存在しない。 In step1, color one minimum number of the FFh is detected to be present, in Step2, it is detected that the number of colors to be FFh are not identical in the three Pajji, in Step3, the FFh color since the number is 3 Pajji is detected that does not exist in the three Pajji, combinations of the number of "1" appearing at the output of Step4 in Rmax detection circuit 11~Bmax detection circuit 13, two - * number - * number (in no particular order) or 2 - the two - * number exist only two ways (in no particular order). ここで*個とは1個または0個を意味している。 Which means one or zero is the * number here. Step4では、2個−*個−*個の組み合せのときには2個があらわれたパッジのデータのみを使用し、図4の表に従って比率を計算する(Step4a)。 In step4, two - * number - * when number of combinations using only data of Pajji the two appeared, calculating the ratio according to the table in FIG. 4 (STEP 4a). また、2個−2個−*個の組み合せのときには2個があらわれたパッジの2データを使用し、それぞれ図4の表に従って比率を計算し、両者の平均比率データを算出する(Step4b)。 Further, two - The two - when * number of combinations using two data Pajji the two appeared, the ratio in accordance with the table in FIG. 4 respectively calculated, to calculate an average ratio data of both (STEP 4b).
【0046】 [0046]
例えば、図5(B)で示したピンクマーカによるパッジ62aの入力データが(R,G,B)=(FFh,8Ch,FFh)、パッジ62bの入力データが(R,G,B)=(FFh,4Ah,D5h)、パッジ62cの入力データが(R,G,B)=(FFh,2Eh,8Eh)であったとすると、図6におけるStep4aの2個−*個−*個の処理が行われる。 For example, the input data is Pajji 62a by pink marker shown in FIG. 5 (B) (R, G, B) = (FFh, 8Ch, FFh), the input data Pajji 62b is (R, G, B) = ( FFh, 4Ah, D5h), input data Pajji 62c is (R, G, B) = (FFh, 2Eh, assuming that a 8Eh), 2 pieces of Step4a in FIG 6 - * number - * number of processing lines divide. 即ち、図4のType6に対応し、パッジ62aの入力データ(R,G,B)=(FFh,8Ch,FFh)のみにより導かれる比率データ(R,G,B)=(20h,11h,20h)が算出される。 That corresponds to Type6 in FIG 4, the input data of Pajji 62a (R, G, B) = (FFh, 8Ch, FFh) ratio data derived only by (R, G, B) = (20h, 11h, 20h ) is calculated.
【0047】 [0047]
このようにして算出された比率データは、図3のメモリ15に保存される。 Ratio data calculated in this manner is stored in the memory 15 of FIG. メモリ15は、例えばRAMで構成し、このRAMのアドレスは登録を行うマーカの数だけ用意されていれば良い。 Memory 15, for example constituted by RAM, the address of the RAM is only to be provided in the number of markers to be registered. メモリ15は不図示のCPUの制御を受け、必要に応じてデータが読み出され、そのデータがCPUを経由して色コード判定回路54に送出される。 Memory 15 under the control of the CPU (not shown), if necessary data is read, the data is sent to the color code determination circuit 54 via the CPU. 続いて、色コード判定回路54の動作を説明する。 Next, the operation of the color code determination circuit 54.
【0048】 [0048]
図7は、色コード判定回路54の構成を示す図である。 Figure 7 is a diagram showing the configuration of a color code determination circuit 54. 同図において116〜119はそれぞれRmax検出回路、Gmax検出回路、Bmax検出回路及び比率演算回路であり、図3で示したRmax検出回路11、Gmax検出回路12、Bmax検出回路13及び比率検出回路14と同一機能を有する。 Each 116 to 119 Rmax detection circuit in FIG, Gmax detection circuit, a Bmax detection circuit and ratio arithmetic circuit, Rmax detection circuit 11 shown in FIG. 3, Gmax detection circuit 12, Bmax detection circuit 13 and ratio detection circuit 14 having the same function as. 111aは、入力される比率演算回路119の出力データが緑マーカの比率かどうかを判定するコンパレータである。 111a, the output data of the ratio calculation circuit 119 to be input is a comparator determining whether the ratio of the green marker. 同様に、111b,111c,…も、それぞれ入力するデータが、単一のマーカ色に対応した比率であるかどうかを判定するコンパレータであり、登録/判定を行うマーカの数だけ具備している。 Similarly, 111b, 111c, ... are also data to be inputted is a comparator determines whether the ratio corresponding to a single marker color, and includes only the number of markers to be registered / determined. 各コンパレータのB入力には図3中のメモリ15から読み出されたマーカ毎の比率データが書き込まれたレジスタ112a,112b,112c,…が接続されている。 Register 112a the ratio data is written for each marker to the B input of the comparators read from the memory 15 in FIG. 3, 112b, 112c, ... are connected.
【0049】 [0049]
例えば、レジスタ112aには緑マーカの比率データが書き込まれており、レジスタ112bにはピンクマーカの比率データが書き込まれている。 For example, in the register 112a and the ratio data of green marker is written, the ratio data of pink marker is written in the register 112b. コンパレータ111a,111b,111c…は、A端子に入力されるデータとB端子に入力されるデータが近似しているときは、信号「1」を出力する。 Comparator 111a, 111b, 111c ..., when data inputted to the data and the B terminal to be input to the A terminal is approximated outputs a signal "1". 例えば、RGBの各々の比率データが±2の範囲内の差であれば、信号「1」を出力するように不図示のCPUより制御を受ける。 For example, if the difference between the RGB of each ratio data in the range of ± 2, subjected to control from the CPU (not shown) outputs a signal "1".
【0050】 [0050]
しかし、マーカ色を登録する際に、図3に示したマーカ色登録回路中の比率演算回路14にRmax検出回路11〜Bmax検出回路13のいずれかひとつでも「1」が出力されていたならば、「1」の個数により近似範囲を調整する。 However, when registering the marker color, if the ratio calculation circuit 14 in the marker color registration circuit shown in FIG. 3, even any one of Rmax detection circuit 11~Bmax detecting circuit 13 is "1" has been output , to adjust the approximate range by the number of "1". 即ち、「1」の個数が1個ならば、RGBの各々の比率データが±4の範囲内の差であれば各々のコンパレータが1を出力するように制御し、「1」の個数が2個ならば、RGBの各々の比率データが±8の範囲内の差であれば各々のコンパレータが1を出力するように制御する。 That is, the number of if the number is one "1", controls so that each of the comparator outputs a 1 if the difference in the range ratio data of ± 4 for each RGB, "1" is 2 if pieces, each comparator is controlled to output a 1 if the difference between the RGB of each ratio data in the range of ± 8.
【0051】 [0051]
このように「1」の個数によりコンパレータの制御範囲を換えることにより、前述のピンクマーカ等の重ね塗りの状態によりRGBの比率が異なるマーカ色についても色の判定が正しく行われる。 By changing the control range of the comparator by the number of the thus "1", the determination of color is performed correctly for the ratio of RGB is different marker colors by state recoating of such aforementioned pink marker. ピンクマーカの例を挙げれば、RGBの各々の比率データが±8の範囲内の差でコンパレータが「1」を出力するように設定すれば、図5(B)の62b及び62cの比率データが入力されても、コンパレータ111bは「1」を出力する。 By way of example of a pink marker, is set as the comparator in the difference in the range of RGB of each ratio data is ± 8 outputs "1", the ratio data 62b and 62c shown in FIG. 5 (B) be input, the comparator 111b outputs "1".
【0052】 [0052]
コンパレータ111a,111b,111c…の出力は、それぞれANDゲート113a,113b,113c…に入力する。 Comparator 111a, 111b, 111c ... output of, respectively input AND gate 113a, 113b, to 113c .... ANDゲート113a,113b,113c…のもう一方の入力にはあらかじめ決められた色コードデータが設定されたレジスタ114a,114b,114c,…が接続されている。 AND gates 113a, 113b, 113c ... of the other register 114a to the color code data predetermined is set to the input, 114b, 114c, ... are connected. 例えば、レジスタ114aには緑色のマーカの色コードデータ(仮に001とする)が設定されており、レジスタ114bにはピンク色のマーカの色コードデータ(仮に002とする)が設定されている。 For example, in the register 114a (and tentatively 001) color code data of the green marker is set, (a tentatively 002) color code data of pink marker in the register 114b is set.
【0053】 [0053]
115は、ORゲートであり、ANDゲート113a,113b,113c…の出力がすべて入力されている。 115 is an OR gate, the AND gate 113a, 113b, 113c ... outputs are all inputted. 即ち、比率演算回路119から出力する比率データにより信号「1」を出力するコンパレータは、111a,111b,111c…のうち1個だけであるから、ORゲート115から出力するデータは、読み取りを行っているマーカの色に対応したデータが出力される。 That is, the comparator outputs a signal "1" by the ratio data to be output from the ratio calculation circuit 119, 111a, 111b, because 111c ... is only one among the data output from the OR gate 115 performs read data corresponding to the color of the marker there are outputted.
【0054】 [0054]
そして、OR回路115の出力は、色コード判定回路54の出力として、前述したように領域判定回路56に入力され、読み取っている領域がノーマル、ライン又はペイント領域のいずれの領域に属しているかが判定される。 The output of the OR circuit 115 as the output of the color code determination circuit 54 is input to the area judging circuit 56 as described above, or areas that are reading belongs to any area of ​​the normal, line or paint area It is determined. 領域判定回路56の出力は、出力色判定回路57に入力され、色コードと領域モードに従って出力する色を決定し、決定した色に応じた8ビットの画像データに変換して次段の画像処理回路にデータを送出する。 The output of the region judging circuit 56 is input to the output color determination circuit 57 determines the color to be output according to the color code and the area mode, determined by converting the 8-bit image data corresponding to the color next image processing It sends data to the circuit.
【0055】 [0055]
上述した実施例においては、色パッジシートを図2のフォーマットで色塗りするようにしたが、例えば図8のフォーマットを用いるようにしてもよい。 In the embodiment described above, the color Pajjishito was such that coloring in the format of FIG. 2, for example may be used the format of FIG. これにより色塗りムラが少なくなり、色塗り領域も少なくて済むので、都合が良い。 This coloring non-uniformity is reduced, since only a small color painted area, convenient. 図8において、121〜123は黒枠であり、所定の線幅を有している。 8, 121-123 is black frame has a predetermined line width. オペレータは、まずマーカペンにより、黒枠121の内側を塗りつぶす。 The operator, by first marker pen, fill the interior of the black frame 121. 次に、黒枠122の内側を塗りつぶし、最後に黒枠123の内側を塗りつぶす。 Next, fill the inside of the black frame 122, finally filling the inside of the black frame 123.
【0056】 [0056]
このようなフォーマットの色パッジシートを読み取って、マーカ色登録を行うときの読み取りシーケンスについて説明する。 Reading the color Pajjishito such format is described read sequence when performing the marker color registration. 読み取られた画像データに黒が検出されたら、色パッジの領域に入ることを示している。 When black is detected in the image data read indicates that enters an area of ​​the color Pajji. 検出された黒は、黒枠121であるから黒の次に現れる色データは、1度塗りされたマーカ色である。 The detected black color data appearing on the black next because it is a black frame 121 is a 1-coat has been marker color. その次に黒が検出されれば、その黒は黒枠122であるから黒の次に現れる色データは、2度塗りされたマーカ色である。 If black is detected the next color data appearing black follows because the black is black frame 122 is a two coats have been marker color. さらに、その後に黒が検出されれば、その黒は黒枠123であるから黒の次に現れる色データは、3度塗りされたマーカ色である。 Moreover, if subsequently the black is detected, the color data appearing black follows because the black is black frame 123 is a 3-coat has been marker color. このようにして、1度塗り〜3度塗りのマーカ色の色データを読み取り、マーカ色登録を行えば、色登録の際の読み取り領域が狭いので、高速に色登録を行うことができる。 In this way, it reads the marker color color data of one-coat to 3 coats, by performing the marker color registration, since the reading area when the color registration is narrow, it is possible to perform color registration at a high speed. また、黒枠の検出後の色データをマーカ色と認識するので、色パッジシートを原稿台にセットする際、多少位置がずれても正しく色登録を行うことができる。 Further, since the color data after detection of the black frame is recognized as a marker color, when setting the color Pajjishito on the document table, it is possible to perform correct color registration even deviated slightly position.
【0057】 [0057]
そして、登録された1〜3度塗りの色データに従って、何度塗りかは関係なく同じ色のマーカとして色判定することができる。 Then, according to the color data of the 1-3 coats registered What coats or may be color determination as a marker of the same color regardless.
【0058】 [0058]
(第2実施例) (Second Embodiment)
次に本発明の第2実施例を図9〜図30を参照して説明する。 Next will be described a second embodiment of the present invention with reference to FIGS. 9 30.
【0059】 [0059]
まず、本実施例におけるマーカ編集の内容を説明する。 First, the contents of the marker editing in this embodiment. モノクロ原稿に色マーカで色付けしてマーカ編集を行うと、図9に示すような出力が得られる。 When colored with a color marker on a monochrome original perform marker editing, an output as shown in FIG. 9 is obtained.
【0060】 [0060]
即ち、▲1▼同図上段に示すように黒線で仕切られた閉領域の内側をマーキングする(但し、黒線から1mm以内に隣接してマーキングする必要がある)と、閉領域内がマーカの色で塗りつぶされる。 That, ▲ 1 ▼ and marking the inside of the closed region partitioned by the black line as shown in FIG upper (however, it is necessary to mark adjacent within 1mm from black line), the closed region is marker It is filled with color. ▲2▼また、同図中段に示すように黒線を包含する形でマーキングする(但し、黒線の周りは1mm以上の幅で塗りつぶす必要がある)と、黒線がマーカの色で置き換えられる。 ▲ 2 ▼ Further, the marking in form including black line as shown in FIG middle (where around the black line is required to fill the above width 1 mm), the black line is replaced by the color of the marker . ▲3▼さらに、同図下段に示すように上記▲1▼と▲2▼の複合型で、外側の黒線で仕切られた閉領域の内側を第1の色でマーキングするとともに内側の黒線を包含する形で第2の色でマーキングすると、外側の黒線の内部は第1の色で塗りつぶされ、内側の黒線は第2の色に置換される。 ▲ 3 ▼ Further, a composite type as shown in FIG lower the ▲ 1 ▼ and ▲ 2 ▼, black lines inside the well as marking inside of the closed region partitioned by the outside of the black line in the first color When marking second color form including, inside the outer black line is filled with a first color, inner black line is replaced with the second color.
【0061】 [0061]
これらの処理を実現するために本実施例で用いたフルカラー複写機の画像処理部の構成を図10に示す。 An image processing section of the structure of the full-color copying machine used in this embodiment in order to realize these processing shown in FIG. 10. 221は原稿画像を読み取り、RGBデータを出力するCCDラインセンサ、222はRGBデータを増幅するアンプ回路、223はRGBデータを8ビットのディジタル値に量子化するAD変換器、224は画像データをシェーディング補正するシェーディング補正回路、225は読み取られたRGBデータの位置ずれを補正する色ずれ補正回路、226は黒文字を検出して、黒文字信号を生成する黒文字検出回路、227はマーカ編集回路、228は拡大縮小の変倍を行う変倍回路、229は空間フィルタ233や二値化回路235で用いられる信号を生成する制御信号生成回路、230はLOGテーブルに従ってLOG変換を行うLOG変換回路、231はLOG変換後のCMY(Cyan,Magenta,Yellow)データの 221 reads a document image, CCD line sensor for outputting RGB data, an amplifier circuit for amplifying the RGB data 222, 223 AD converter for quantizing the RGB data into 8-bit digital value, shading the image data 224 correction to shading correction circuit, the color shift correction circuit 225 to correct the positional deviation of the RGB data read, 226 detects the black, black character detecting circuit for generating a black character signal, 227 a marker editing circuit, 228 is an enlarged scaling circuit for performing zooming reduction, 229 control signal generation circuit for generating a signal used in the spatial filter 233 and binarizing circuit 235, 230 LOG conversion circuit for performing LOG conversion in accordance LOG table, 231 LOG conversion CMY after (Cyan, Magenta, Yellow) of data から最小値を抽出する最小値抽出回路、232は行列演算によりマスキングとUCRを行うマスキング・UCR回路、233はエッジ強調またはスムージング処理を行う空間フィルタ回路、234は入力信号をガンマ(γ)変換するガンマ変換回路、235はディザ法などで8ビットの多値データを二値化する二値化回路、236はCMYK(シアン、マゼンタ、イエロー、黒)各ヘッド間の調整をするヘッドタイミング調整回路、237は調整されたヘッドを駆動するヘッドドライバ回路、238はCMYK4色のBJインクヘッドである。 Minimum value extracting circuit for extracting the minimum value, 232 masking · UCR circuit for performing masking and UCR by matrix calculation, 233 a spatial filter circuit which performs edge emphasis or smoothing processing, 234 gamma input signal (gamma) conversion gamma conversion circuit, binarizing circuit 235 for binarizing 8-bit multivalued data by the dither method, the head timing adjustment circuit for CMYK (cyan, magenta, yellow, black) coordination between the heads 236, 237 a head driver circuit for driving the adjusted head, 238 is a CMYK4 color BJ ink head. ただし、マーカ編集処理を行う場合、LOG変換回路230、マスキング・UCR回路232は何も処理をしない(スルー)ように設定される。 However, when performing marker editing processing, LOG conversion circuit 230, the masking · UCR circuit 232 is set anything to not the process (through).
【0062】 [0062]
次に、マーカ編集回路227の詳細を図11の全体ブロック図を用いて説明する。 Next, details of the marker editing circuit 227 will be described with reference to the overall block diagram of FIG. 11. R,G,Bの8ビットより構成されている画像データは、LOG変換回路240によりC,M,Yの8ビット画像データに変換され、白黒判別回路241に入る。 R, the image data is composed of 8-bit G, B is the LOG conversion circuit 240 C, M, is converted into 8-bit image data of Y, into the monochrome judgment circuit 241. ここでは、白黒、各しきい値を持っており、CMYの各データ値が全て白のしきい値以下ならばその画素は白と判断される。 Here, black and white, has a respective threshold, the pixel is determined to be white if the data values ​​of the CMY threshold of all white following. また、各データ値全てが黒のしきい値以上なら黒と判断される。 Also, all the data values ​​are determined as black if more black threshold. これらにより、白あるいは黒と判断された画素については判定色コード化回路244でコード化される。 These are coded in determining color coding circuit 244 for a pixel is determined that white or black.
【0063】 [0063]
白黒以外の色と判断された画素は、主色抽出回路242へ入力される。 Pixel determined as a color other than black and white, is input to the main color extracting circuit 242. この回路ではCMY成分中、どの成分が最大であるかを出力する。 During CMY components in this circuit, which component is output if the maximum. 次に色判定回路243で色判別が行われる。 Then the color determination is made by the color judging circuit 243. 判別方法は、図12に示すように主色抽出回路242で得られた主色(シアン、マゼンタ、イエロー)毎に、残りの2成分との比を求め、CMY各成分の比で色を決定する。 Determination method, determining the resulting primary color in the main color extracting circuit 242 as shown in FIG. 12 (cyan, magenta, yellow) for each, determine the ratio of the remaining two components, a color ratio of CMY components to. 例えば、主色がM(マゼンタ)でC(シアン)がその3/8以下、かつY(イエロー)がその5/8以下ならばその画素をP(ピンク)と判定する。 For example, C in the main color is M (magenta) (cyan) whose 3/8 or less, and Y (yellow) is equal to the pixel if that 5/8 or less P and (pink). CMYがほぼ1:1:1の比である部分は黒と判断するが、これは黒のしきい値レベルに達していない薄い黒(グレー)も黒と判断するためである。 CMY approximately 1: 1: part 1 ratio will be determined that black, which is for determining that a thin black (gray) is also black does not reach the black threshold level. つまり、黒については2段階で判断していることになる。 In other words, it will have been determined in two stages for black. 図12の色判別に示している主色と主色に対する残りの2成分の比により色を判別する表において、読みとった画像を何色に判別するかは可変できるようになっている。 In the table to determine the color by the ratio of the remaining two components to the main color and the main color shows the color discrimination of 12, or to determine what color the image read is adapted to be variable. 色を判別する詳細については後で述べる。 Described later on details to determine the color.
【0064】 [0064]
判定にCMYの成分比を用いたのは、各色毎に特定のCMY成分比を持っており、かつその値が、色の濃淡に対してほぼ一定であるからである。 The components were used ratio of CMY are the determination has a specific CMY component ratio for each color, and its value, because it is almost constant with respect to color density.
【0065】 [0065]
色判定回路243の出力は判定色コード化回路244により図13に示すように4ビットの色コードに変換され、該変換された色コードはマーカ色判別回路251から孤立色除去回路252に入力される。 The output of the color determination circuit 243 by determining color coding circuit 244 is converted into a color code of 4 bits as shown in FIG. 13, the converted color code is inputted from the marker color discriminating circuit 251 to the isolated color eliminating circuit 252 that.
【0066】 [0066]
孤立色除去回路252では、図14に示すようにまわりの3×3のマトリクス上の画素を見て中央の注目画素*が決定され、以下の1)〜4)の処理が順次実行される。 In isolated color eliminating circuit 252, it determines the center pixel of interest * look at pixels on a 3 × 3 matrix around as shown in FIG. 14, are sequentially executed the following processes 1) to 4).
【0067】 [0067]
1)*≠Aかつ*≠Hのときは、*=Aとする2)*≠Cかつ*≠Fのときは、*=Cとする3)*≠Dかつ*≠Eのときは、*=Dとする4)*≠Bかつ*≠Gのときは、*=Bとする即ち、1)2)3)4)の順番で実行され、条件にあえば注目画素が変更される。 1) * For ≠ A and * ≠ H, * = and A 2) * ≠ C and * For ≠ F, * = 3 and C) * ≠ When D and * ≠ E, * is = 4 and D) * ≠ B and * ≠ when G, * = i.e. a B, 1) 2) 3) is executed in the order of 4), the pixel of interest is changed if met the condition. ここで、245は、注目画素の周囲8画素を記憶しておく遅延回路であり、246は上記の画素間の比較を行う比較回路である。 Here, 245 is a delay circuit for storing the eight pixels surrounding the pixel of interest, 246 is a comparator circuit for comparing between the pixels. 注目画素が左あるいは上の画素に変更する理由は、主走査方向が左→右、副走査方向が上→下であるために、注目画素が決定される時点で、それより左、あるいは上の画素は孤立色除去処理が終了しているからである。 Why the pixel of interest to change the pixels in the upper or left in the main scanning direction left → right, since the sub-scanning direction is below top →, when the pixel of interest is determined, from the left or above, it pixel is because the isolated color removal process has ended.
【0068】 [0068]
この処理により、ノイズの多い画像に対してはノイズを除去することができる。 This treatment can remove the noise for noisy images. しかし、この処理を加えると1画素単位の細線が除去される可能性があり、細い黒文字の再現性が問題となるので、黒画素に対しては孤立色除去処理を適用する場合と適用しない場合の2つのモードを設けている。 However, there is a possibility that fine line of one pixel is removed the addition of this process, a thin since reproducibility of black characters is a problem, for a black pixel if not applicable to a case of applying the isolated color removal process It is provided with two modes. 孤立色除去回路の出力は、4ビットの色コードとして領域判定部253に入力される。 The output of the isolated color eliminating circuit is input to the area judging unit 253 as the color codes 4 bits.
【0069】 [0069]
領域判定部253の領域判定回路247は、画像の各画素が以下の4つの領域のどの領域であるかを決定するものである。 Area determination circuit area determination unit 253 247, each pixel of the image is to determine whether any areas of the following four areas.
【0070】 [0070]
1)ノーマル領域2)ペイント領域3)ライン領域4)ペイント内ライン領域ノーマル領域は、何もしない領域であり、初期値はこの領域に設定されている。 1) Normal region 2) Paint region 3) line region 4) Paint the line area normal region, nothing is an area which does not, the initial value is set in this area. ペイント領域は閉区間内を塗りつぶす領域である。 Paint area is an area to fill the inside of the closed interval. 但し、境界の黒線上ではノーマル領域とする。 However, the normal region in the black line of the boundary. ライン領域は、黒色をマーカ色に置き換える領域である。 Line area is an area to replace the black marker color. ペイント内ライン領域は、ペイント領域とライン領域の複合型であり、ペイント領域内のライン領域である。 Paint in line region is a composite paint region and line region is a line area of ​​the painting area.
【0071】 [0071]
この領域判定回路253は、図15に示すように、副走査方向に128個の画素のセンサを有し、各画素について読み取ったデータと主走査方向の一つ前の画素の遅延データをメモリに記憶している。 The area determination circuit 253, as shown in FIG. 15, includes a sensor 128 pixels in the sub-scanning direction, the delay data of the previous pixel of the read data and the main scanning direction for each pixel in the memory It is stored. 遅延データには、ペイント領域時の色を決定するペイント決定色、ラインあるいは入れ子ライン領域時の色を決定するライン決定色、領域、センサ移動方向の黒画素からの距離を記憶しておく横黒カウンタ、色画素からの距離を記憶しておく横色カウンタ、一ライン前に読み込んだ画素の色である前色がある。 The delayed data, stores a paint determination color for determining the color of the time of the paint area, line determination color for determining the color of the time line or nested line area, region, the distance from the black pixels in the sensor moving direction Yokokuro counter, horizontal color counter for storing a distance from a color pixel, there is a color before the color of the pixel of the previously one line. これらのデータと読み込まれたデータの論理合成により、印字色が決定される。 The logic synthesis of these data and the read data, the print color is determined. その詳細は図16〜19に示す。 The details of which are shown in Figure 16-19.
【0072】 [0072]
例えば、図17に示すように、前色が白でペイント領域にあり、今色がマーカ色の場合、縦横の黒距離カウンタを見て、黒から近いと判断されるとペイント領域であると判定して、今色を印字し、ペイント決定色に今色をセットするといった手順で処理を進める。 For example, as shown in FIG. 17, there is before the paint area color white, now if the color is a marker color, a look at the black distance counter aspect, when it is determined that close to black as the paint area determination to, now printing the color, proceeding in the process, such as to set the now color to paint determination color. 図16〜19で注目すべき点は、カウンタを用いている点で、これによりマーキングを厳密に黒に隣接しなくてもある条件以内であれば黒に隣接しているものとみなして処理を行うことができる。 The point to be noted in FIG. 16 to 19, in that using a counter, thereby the processing is regarded as being adjacent to black if it is within certain condition without adjacent to black strictly marking It can be carried out. マーキングの条件として、はみ出しでなく隙間を許すことを採用した理由として、はみ出しは円グラフのようなものに対しての色付けができないことや、隙間は修正が可能であることなどが挙げられる。 As a condition of the marking, as the reason for employing a forgive gap not protrude, protrusion is and can not coloring against things like pie, gap and the like that modifications are possible.
【0073】 [0073]
また、カウンタは縦横しか見ていないため、仮に斜め方向にマーカ色か黒色が隣接していても縦横カウンタでは検知できない。 Further, the counter because it is not only seen aspect, can not be detected in the vertical and horizontal counters also be temporarily adjacent marker color or black in an oblique direction. この場合誤動作するため、領域判定部では図20に示すような処理を追加して回避している。 To malfunction this case, the area determination unit is avoided by adding a processing as shown in FIG. 20. その方法は、注目画素が白で、前色がマーカ色でかつペイント領域で、縦横いずれかが黒から近ければ注目画素を前色で置き換えるものである。 The method in the pixel of interest is white, in front color and paint region a marker color, in which the aspect one can replace the previous color pixel of interest the closer from black. これにより、黒色とマーカ色の間の白い隙間はあたかもマーカ色であるかのように処理され、斜め方向の隙間にも対処できる。 Thus, the white gap between the black and the marker color is treated as if it were a marker color, also can be addressed in an oblique direction of the gap.
【0074】 [0074]
また、記憶データに縦方向の距離カウンタが含まれていないのは、現在読み取っているセンサ内で計算可能であるために、記憶しておく必要がないからである。 Moreover, not contain vertical distance counter to the stored data, because in order to be calculated in the sensor currently reading, it is not necessary to store.
【0075】 [0075]
以上に述べた処理後の色コードは出力変換回路254に入力される。 Color codes after processing as described above is inputted to the output conversion circuit 254. このデータはセレクタ248により、領域判定する前の色コードと切り替えられて、濃度生成・印字色判定回路249に入力される。 The data by the selector 248, is switched to the color code before determining region, it is inputted to the density generation and print color determining circuit 249. セレクタ248は、色判定のみを行ったデータを出力できるようにするために設けられている。 The selector 248 is provided to allow output data where only the color determination.
【0076】 [0076]
濃度生成・印字色判定回路249は4ビットの色コードをあらかじめ設定された出力色テーブルを用いてCMYKのデータに変換する回路である。 Concentration generation and print color determining circuit 249 is a circuit for converting into CMYK data using a preset output color table the color code of 4 bits. また黒に関しては、ハーフトーンを実現するために、マーカ編集回路227に入力されるM(マゼンタ)の濃度データを用いる。 Also with respect to black, in order to realize the half-tone, using density data of M (magenta) input to the marker editing circuit 227.
【0077】 [0077]
ここで、出力変換モードには次の3モードがある。 Here, there are the following three modes in the output conversion mode.
【0078】 [0078]
1)標準バックモード2)標準ブルーバックモード3)特別ブルーバックモード標準バックモードは領域判定回路252で生成された色コードを図21に示すCMYKの出力色テーブルで変換して出力するモードである。 1) is the standard back mode 2) standard blueback mode 3) Special Blue back mode standard back mode is mode for converting the CMYK output color table indicating the color code generated by the area determination circuit 252 in FIG. 21 . 標準ブルーバックモードは標準バックモードの白と出力決定された画素をブルーに、また黒と出力決定された画素を白にそれぞれ変換して出力するもので、OHP原稿で用いるブルーバック原稿を作成できる。 Standard blue back mode white output determined pixel of the standard back mode in blue, also intended for converting each white pixel output determined black, can create blue back document used in OHP original . 特別ブルーバックモードは標準ブルーバックモードとほぼ同じであるが、ペイント領域内の黒だけはそのまま出力するモードである。 Special blue back mode is substantially the same as the standard blue back mode, but only the black paint in the region is a mode in which the output as it is.
【0079】 [0079]
以上の処理を終えたCMYKデータは、図10に示した各回路ブロックにおいて変倍、マスキング、二値化などの処理が行われ、プリンタ部で印字される。 CMYK data having been subjected to the above processing, magnification in each of the circuit blocks shown in FIG. 10, the masking, the processing such as binarization are performed, is printed by the printer unit.
【0080】 [0080]
次に、出力変換回路254におけるブルーバック処理を具体的に説明する。 Next, specifically described blue back process in the output conversion circuit 254.
【0081】 [0081]
ここでは図22(a)のような原稿を考える。 Here we consider the document as shown in FIG. 22 (a). これは画像を横から見たもので縦軸は濃度を表す。 This vertical axis as viewed image from the side represents the concentration. 左側の黒線は閉区間の黒線であり、その横がマーカで色付けされている。 Left black line is the black line in the closed interval, beside are colored with a marker. また、右側の黒はペイント領域内にある黒文字である。 Also, the right side of black is black character in the painting area. 黒の濃度が山型をしているのは、白と黒の境界付近では黒の濃度が低いことを示している。 The black density is the mountain shape is in the vicinity of white and black border indicates that low black density. このような画像にマーカ編集処理を施すと、同図(b)のような出力結果が得られる。 When subjected to marker editing process to such an image, the output result as shown in FIG. (B) is obtained.
【0082】 [0082]
まず、閉区間を表す黒線の左側は、ノーマル領域であるのでバックグランド色であるブルーとなる。 First, the left side of the black line representing the closed interval, and a background color blue since the normal region. 次に黒線は反転濃度を用いて白を表現するために黒線のエッジ部分が黒くなる。 Then black line is the edge portion of the black line in order to express the white becomes black with inverted concentration. 次にペイント領域内の白は塗られたマーカ色となる。 Then the white paint in the area will be painted marker color. 黒文字は黒線と同様、反転濃度を用いてエッジの部分が黒くなった白文字となる。 Black as well as a black line, a white character portion of the edges blackened with inversion density. 仮にマーカ色がピンクのような明るい色の場合、ピンク色と白文字の間に発生する黒が目立ってしまう。 If the case marker color is a bright color such as pink, conspicuous black generated between the pink and white character.
【0083】 [0083]
この問題を解決するために、先ほど述べた記憶データの領域情報とペイント決定色を用いて処理を行うと同図(c)のようになる。 To solve this problem, so to perform the process by using the area information and paint determination color of the stored data just described in FIG. (C). 黒線は領域情報としてノーマル領域を持ち、ペイント決定色は持っていないのでバックグランド色であるブルーで反転濃度を生成する。 Black line has a normal area as the area information, the paint determination color produces a reversed concentration is the background color blue because it does not have. 黒文字は、領域情報としペイント領域、ペイント決定色としてマーカ色を持っているので、マーカ決定色と白の間でハーフトーン濃度を生成するので文字のエッジはペイント決定色の濃いレベルで埋められることになり、ゴミが発生しない(エッジに黒が発生することを防止できる)。 Black character, it paints the area and the area information, because it has a marker color as the paint determination color, character edges so generating a half-tone density between the marker determined color and white to be filled with dark levels of paint determination color to become, dust is not generated (is possible to prevent the black edge occurs).
【0084】 [0084]
この動作を表にしたものを図23に示す。 This operation is shown in Figure 23 that a table. 上記で説明した部分印字決定色が黒でペイント領域でブルーバックの時に対応する。 Partial print determination color described above corresponds to the case of blue back a paint area in black. この時黒の濃度情報から反転濃度を生成し、ペイント決定色であるところのペイントテーブルに反転濃度を係数として掛けることにより文字のエッジを周囲の色に合わせてハーフトーン処理することができる。 Generating an inverted concentration from this time black density information can be processed halftone combined character edges by multiplying the coefficient inversion density paint table where a paint determination color around the color. なお、この図においてA,B,Cは濃度を調整するために設定される定数である。 Incidentally, A in this figure, B, C are constants to be set in order to adjust the concentration.
【0085】 [0085]
次に、原稿の端に塗られたマーカを読み取り、色判定用パラメータを設定する方法について以下に述べる。 Next, read the marker painted on the edge of the document, it will be described below how to set the color determination parameter. 本実施例において、判別するマーカ色は、シアン、グリーン、ブルー、レッド、ピンク、バイオレット、オレンジ、イエローの8色に定義し、図24に示すように原稿の先端においてマーカで塗る位置も指定されている。 In this embodiment, the marker color discriminating the cyan, green, blue, red, pink, violet, orange, defined eight colors yellow, are specified position to paint a marker at the distal end of the document as shown in FIG. 24 ing. マーカ編集モードが選択されコピー動作を開始するためのコピーボタンが押されると、画像読み取りセンサ221の各画素のムラを取るためのシェーディング補正が実施される。 When the copy button is pressed for the marker editing mode starts the selected copy operation, the shading correction for taking unevenness of each pixel of the image reading sensor 221 is performed. シェーディング補正が終了後、画像読み取りセンサ221を図24に示すシアンのマーカが塗られている原稿が置かれている位置に移動させ図25に示すヒストグラムを作成する。 After the shading correction is completed, to create a histogram shown in the allowed Figure 25 moves the image reading sensor 221 to the position where the document is cyan marker shown in FIG. 24 is painted is located. ヒストグラムは、主色抽出回路242で得られた図12に示す主色毎に、残り2成分との比を求めそれぞれの度数分布を示したものである。 Histogram for each primary color as shown in FIG. 12 obtained in the main color extracting circuit 242, and shows the respective frequency distribution calculated the ratio of the remaining two components.
【0086】 [0086]
度数分布の作成方法について図26を参照して説明する。 Referring to FIG. 26 will be described creation method of the frequency distribution. 図26は、色判定回路243の構成を示すブロック図であり、シアンのマーカで塗られている原稿を読み取って主色抽出回路242で主色がシアンであると判定されている場合を示す。 Figure 26 is a block diagram showing the configuration of a color determination circuit 243 shows a case where the main color in the main color extracting circuit 242 reads a document which is painted with the marker of cyan is determined as cyan.
【0087】 [0087]
261は、主色であるシアンの画像データを記憶している8ビットのレジスタであり、262は、マゼンタの画像データを記憶している8ビットのレジスタであり、263は、イエローの画像データを記憶している8ビットのレジスタである。 261 is a register of 8 bits for storing the image data of cyan which is a main color, 262 is a 8-bit register which stores the image data of the magenta, 263, the image data of yellow it is an 8-bit register that stores. 各8ビットレジスタ261、262、263の入力は、白黒判別回路241の出力に接続されている。 Input of each 8-bit registers 261, 262, 263 is connected to the output of the monochrome judgment circuit 241.
【0088】 [0088]
264は、レジスタ261および262に記憶されているシアンとマゼンタの画像データをもとにマゼンタとシアンの比を求め、3ビットの信号を出力する除算ブロックであり、265は、レジスタ261および263に記憶されているシアンとイエローの画像データをもとにイエローとシアンの比を求め3ビットの信号を出力する除算ブロックである。 264, obtains the ratio of the magenta and cyan on the basis of the image data of cyan and magenta are stored in the registers 261 and 262, a divider block that outputs a 3-bit signal, 265, to the register 261 and 263 the cyan and yellow image data stored is a division block which outputs a 3-bit signal to determine the specific yellow and cyan to the original. 266は、除算ブロック264および265によって得られた主色のシアンに対するマゼンタおよびイエローの比をアドレスバスに入力し度数分布を記憶して置くためのSRAMである。 266 is a SRAM for placing enter the ratio of magenta and yellow for the primary colors of cyan obtained by dividing the block 264 and 265 to the address bus and stores a frequency distribution. 267は、入力端子AがH(高)レベルの場合データバス上のデータを読み込み、読み込んだデータに1を加算して記憶し、入力端子AがL(低)レベルの場合記憶しているデータをデータバス上に出力する機能を有する演算部である。 267 reads the data on when the data bus input terminal A is H (high) level, and stores by adding 1 to the read data, the input terminal A is stored when the L (low) level data which is a calculation unit which has a function of outputting to the data bus. 268は読み書き制御部であり、SRAM266の読み書きを制御する機能を有する。 268 is a write control unit has a function of controlling reading and writing of SRAM266.
【0089】 [0089]
すなわち、主色がシアンであり、原稿の1画素に対応するシアン、マゼンタ、イエロー3色がレジスタ261、262及び263に記憶され、読み書き制御部268は、除算ブロック264と265で演算が終了したタイミングで出力端子RをLレベルにする。 That is mainly color is cyan, cyan corresponding to one pixel of the original, magenta, yellow three colors stored in the register 261, 262 and 263, the reading and writing control unit 268, operation in divide block 264 and 265 has been completed the output terminal R to L level at timing. 読み書き制御部268の出力端子RがLレベルになることにより、SRAM266は、リード状態になり、アドレスバスで設定されている番地のデータをデータバスに出力し、演算部267においてデータバスのデータに1加算が行われる。 When the output terminal R of the reading and writing control unit 268 becomes the L level, SRAM266 is ready to read, and outputs the data at the address that is set in the address bus to the data bus, the data of the data bus in the arithmetic unit 267 1 addition is performed. 次に、演算部267における加算処理が終了したタイミングで読み書き制御部268の出力端子RをHレベル、出力端子WをLレベルにする。 Next, the output terminal R of the H level of addition processing reading and writing control unit 268 at the timing of completion of the operation unit 267, an output terminal W to the L level. 読み書き制御部268の出力端子WがLレベルになることにより、SRAM266のデータバスが入力状態になるとともに、演算部267に記憶されているデータがデータバスに出力される。 When the output terminal W of the reading and writing control unit 268 becomes the L level, the data bus SRAM266 is the input state, the data stored in the calculation unit 267 is output to the data bus. 次に、読み書き制御部268は、出力端子WをHレベルにする。 Next, reading and writing control unit 268, the output terminal W to the H level. 読み書き制御部268の出力端子WがLレベルからHレベルに変化することにより、データバス上のデータがSRAM266に記憶される。 When the output terminal W of the reading and writing control unit 268 is changed from L level to H level, data on the data bus is stored in SRAM266. 同様に主色がマゼンタ、主色がイエローについても度数分布表が作成される。 Similarly the main color magenta, the main color is the frequency distribution table is created also yellow.
【0090】 [0090]
以上原稿に塗られているシアンの1画素に対する度数分布表作成処理について説明したが本実施例では前記度数分布を求める処理を100回繰り返し原稿に塗られているシアンの100点をサンプルして度数分布表を作成している。 Frequency by sampling at 100 points of the cyan are painted repeatedly document 100 times the processing for obtaining the frequency distribution in but this embodiment has been described frequency distribution table creation processing for one pixel of cyan are painted over the original We are creating a distribution table.
【0091】 [0091]
次に、画像読み取りセンサ221を図24に示すグリーンのマーカが塗られている原稿が置かれている位置に移動させ、原稿にグリーンが塗られている場合の主色シアン、マゼンタ、イエローそれぞれに対する度数分布表を作成する。 Next, the image reading sensor 221 is moved to the position where the document is green marker shown in FIG. 24 is painted is placed, primary colors cyan when green document are painted, magenta, for each yellow to create a frequency distribution table. 以後同様にブルー、レッド、ピンク、バイオレット、オレンジ、イエローのマーカで塗られている位置の画像データを読み取り、度数分布表を作成する。 Thereafter Similarly, blue, reading red, pink, violet, orange, the image data of the position that has been painted in yellow marker, to create a frequency distribution table. 度数分布表を作成するに当たり、もし、目的とする位置にマーカが塗られていない場合は、塗られていない色に対する標準の度数分布を代用する。 In creating the frequency distribution table, if, if not painted a marker at the position of interest, to substitute a standard frequency distribution for the color that is not painted. 最後に、主色シアン、マゼンタ、イエローそれぞれの度数分布において共通に度数が0で、かつ、前もって決められている範囲(シアン、マゼンタ、イエローが共に濃い範囲で薄い黒に対応する領域)の領域を黒となるように度数分布表を修正する。 Finally, the main color cyan, magenta, frequency in common yellow respective frequency distributions 0, and the area of ​​the range are determined in advance (cyan, region corresponding to the thin black in both dark range magenta, yellow) the modifying the frequency distribution table so as to black.
【0092】 [0092]
次に、度数分布表よりマーカの読み取り色判定用パラメータを作成する方法について図28の概念図と図27のフローを用いて述べる。 Next, a method for creating a read color determination parameter markers from frequency distribution table will be described with reference to flow of the conceptual view and Figure 27 of FIG. 28. 図28(A)は、主色Cについて得られた度数分布表(原稿に塗られたシアン、グリーン、ブルー、レッド、ピンク、バイオレット、オレンジ、イエロー、黒を読み取りそれぞれの色に対し作成したものを合成しもの)である。 Figure 28 (A) is the frequency distribution table obtained for the main color C (cyan painted on the document, green, was developed blue, red, pink, violet, orange, yellow, for each color read black it is the servant synthesis). 度数分布表は、SRAM266にそれぞれの色毎に記憶されており、図示しないCPUによって読み出され、図27に示すフローに従って処理される。 Frequency distribution table is stored for each color in SRAM266, read by a not-shown CPU, it is processed according to the flow shown in FIG. 27.
【0093】 [0093]
ステップS1においては、黒とブルーの領域が隣接しているかを判定する。 In step S1, a determination is made as to whether black and blue region are adjacent. 領域が隣接している場合は、ステップS2へ進み、領域が隣接していない場合は、ステップS11へ進む。 If the area is adjacent, the process proceeds to step S2, if the area is not adjacent, the process proceeds to step S11.
【0094】 [0094]
ステップS2においては、黒とブルーの領域の隣接状態を判断する。 In step S2, it is determined neighboring states of black and blue regions. もし、黒とブルーの領域が重なり合っている場合は、ステップS4へ進み、黒とブルーの領域間に隙間(度数0)がある場合(図28(A)は隙間がある状態を示す)は、ステップS3へ進む。 If, when the overlap is black and blue regions, the process proceeds to step S4, if there is a gap (frequency 0) between black and blue region (Fig. 28 (A) shows a state in which a gap) is the process proceeds to step S3.
【0095】 [0095]
ステップS3においては、黒とブルーの領域間の中心を出し、領域間の中心を黒とブルーの境界としては、ステップS5へ進む。 In step S3, it issues a center between the black and blue regions, as the center of the black and blue boundary between the regions, the process proceeds to step S5.
【0096】 [0096]
ステップS4においては、黒とブルーの領域が重なり合っている間の中心を出し、重なり合っている間の中心を黒とブルーの境界として、ステップS5へ進む。 In step S4, it issues a center while overlapping the black and blue regions, as black and blue boundary center during overlap, the process proceeds to step S5.
【0097】 [0097]
ステップS5においては、黒とブルーの領域が隣接している部分に対して境界を決定する処理がすべて終了したかを判断する。 In step S5, the process of determining the boundaries for the portion of black and blue region are adjacent to determine whether it has finished all. 境界を決定する処理がすべて終了している場合は、ステップS11へ進み、境界を決定する処理が残っている場合は、ステップS2に戻る。 If the process of determining the boundaries are completed, the process proceeds to step S11, if there are remaining processing for determining the boundary, the flow returns to step S2. 図28(B)は、ステップS5が終了した時の度数分布表を示す。 FIG. 28 (B) shows the frequency distribution table when the step S5 is completed.
【0098】 [0098]
ステップS11においては、黒とグリーンの領域が隣接しているかを判定する。 In step S11, it determines whether black and green areas are adjacent. 領域が隣接している場合は、ステップS12へ進み、領域が隣接していない場合は、ステップS21へ進む。 If the area is adjacent, the process proceeds to step S12, if the area is not adjacent, the process proceeds to step S21.
【0099】 [0099]
ステップS12においては、黒とグリーンの領域の隣接状態を判断する。 In step S12, it is determined neighboring states of black and green areas. もし、黒とグリーンの領域が重なり合っている場合は、ステップS14へ進み、黒とグリーンの領域間に隙間(度数0)がある場合は、ステップS13へ進む。 If, when the overlap is black and green areas, the process proceeds to step S14, if there is a gap (frequency 0) between the black and green areas, the process proceeds to step S13.
【0100】 [0100]
ステップS13においては、黒とグリーンの領域間の中心を出し、領域間の中心を黒とグリーンの境界として、ステップS15へ進む。 In step S13, it issues a center between the black and green areas, around the black and green border between the regions, the process proceeds to step S15.
【0101】 [0101]
ステップS14においては、黒とグリーンの領域が重なり合っている間の中心を出し、重なり合っている間の中心を黒とグリーンの境界として、ステップS15へ進む。 In step S14, it issues a center while overlapping the black and green areas, as black and green boundary centered between the overlap, the process proceeds to step S15.
【0102】 [0102]
ステップS15においては、黒とグリーンの領域が隣接している部分に対して境界を決定する処理がすべて終了したかを判断する。 In step S15, the process of determining the boundaries for the portion of black and green areas adjacent to determine whether it has finished all. 境界を決定する処理がすべて終了している場合は、ステップS21へ進み、境界を決定する処理が残っている場合は、ステップS12にもどる。 If the process of determining the boundaries are completed, the process proceeds to step S21, if there are remaining processing for determining the boundary, the flow returns to step S12. 図28(C)は、ステップS15が終了した時の度数分布表を示す。 Figure 28 (C) shows the frequency distribution table when the step S15 is completed.
【0103】 [0103]
ステップS21においては、ブルーとグリーンの領域が隣接しているかを判定する。 In step S21, it determines whether the blue and green regions are adjacent. 領域が隣接している場合は、ステップS22へ進み、領域が隣接していない場合は、ステップS31へ進む。 If the area is adjacent, the process proceeds to step S22, if the area is not adjacent, the process proceeds to step S31.
【0104】 [0104]
ステップS22においては、ブルーとグリーンの領域の隣接状態を判断する。 In step S22, it is determined neighboring state of blue and green region. もし、ブルーとグリーンの領域が重なり合っている場合は、ステップS24へ進み、ブルーとグリーンの領域間に隙間(度数0)がある場合は、ステップS23へ進む。 If, when the overlap is blue and green regions, the process proceeds to step S24, if there is a gap (frequency 0) between the blue and green regions, the process proceeds to step S23.
【0105】 [0105]
ステップS23においては、ブルーとグリーンの領域間の中心を出し、領域間の中心をブルーとグリーンの境界とし、ステップS25へ進む。 In step S23, issues a center between the blue and green regions, the center of the region between the blue and green of the boundary, the process proceeds to step S25.
【0106】 [0106]
ステップS24においては、ブルーとグリーンの領域が重なり合っている間の中心を出し、重なり合っている間の中心をブルーとグリーンの境界として、ステップS25へ進む。 In step S24, it issues a center while overlapping blue and green areas, as a boundary around the blue and green during the overlap, the process proceeds to step S25.
【0107】 [0107]
ステップS25においては、ブルーとグリーンの領域が隣接している部分に対して境界を決定する処理がすべて終了したかを判断する。 In step S25, the process of determining the boundaries for the portion of blue and green areas are adjacent to determine whether it has finished all. 境界を決定する処理がすべて終了している場合は、ステップS31へ進み、境界を決定する処理が残っている場合は、ステップS22に戻る。 If the process of determining the boundaries are completed, the process proceeds to step S31, if there are remaining processing for determining the boundary, the flow returns to step S22. 図28(D)は、ステップS25が終了した時の度数分布表を示す。 Figure 28 (D) shows the frequency distribution table when the step S25 is completed.
【0108】 [0108]
ステップS31においては、ブルーとシアンの領域が隣接しているかを判定する。 In step S31, it determines whether the area of ​​the blue and cyan are adjacent. 領域が隣接している場合は、ステップS32へ進み、領域が隣接していない場合は、ステップS41へ進む。 If the area is adjacent, the process proceeds to step S32, if the area is not adjacent, the process proceeds to step S41.
【0109】 [0109]
ステップS32においては、ブルーとシアンの領域の隣接状態を判断する。 In step S32, it is determined neighboring state region of blue and cyan. もし、ブルーとシアンの領域が重なり合っている場合は、ステップS34へ進み、ブルーとシアンの領域間に隙間(度数0)がある場合は、ステップS33へ進む。 If, when the overlap is the region of blue and cyan, the process proceeds to step S34, if there is a gap (frequency 0) between the regions of blue and cyan, the process proceeds to step S33.
【0110】 [0110]
ステップS33においては、ブルーとシアンの領域間の中心を出し、領域間の中心をブルーとシアンの境界として、ステップS35へ進む。 In step S33, issues a center between regions of blue and cyan, around the blue and boundary cyan between regions, the process proceeds to step S35.
【0111】 [0111]
ステップS34においては、ブルーとシアンの領域が重なり合っている間の中心を出し、重なり合っている間の中心をブルーとシアンの境界として、ステップS35へ進む。 In step S34, issues a center while overlapping region of blue and cyan, around the boundary between the blue and cyan during overlap, the process proceeds to step S35.
【0112】 [0112]
ステップS35においては、ブルーとシアンの領域が隣接している部分に対して境界を決定する処理がすべて終了したかを判断する。 In step S35, the process of determining the boundary with respect to a portion area of ​​the blue and cyan are adjacent to determine whether it has finished all. 境界を決定する処理がすべて終了している場合は、ステップS41へ進み、境界を決定する処理が残っている場合は、ステップS32に戻る。 If the process of determining the boundaries are completed, the process proceeds to step S41, if there are remaining processing for determining the boundary, the flow returns to step S32. 図28(E)は、ステップS35が終了した時の度数分布表を示す。 Figure 28 (E) shows the frequency distribution table when the step S35 is completed.
【0113】 [0113]
ステップS41においては、グリーンとシアンの領域が隣接しているかを判定する。 In step S41, it determines whether the area of ​​the green and cyan are adjacent. 領域が隣接している場合は、ステップS42へ進み、領域が隣接していない場合は、ステップS51へ進む。 If the area is adjacent, the process proceeds to step S42, if the area is not adjacent, the process proceeds to step S51.
【0114】 [0114]
ステップS42においては、グリーンとシアンの領域の隣接状態を判断する。 In step S42, it is determined neighboring state region of the green and cyan. もし、グリーンとシアンの領域が重なり合っている場合は、ステップS44へ進み、グリーンとシアンの領域間に隙間(度数0)がある場合は、ステップS43へ進む。 If, when the overlap is the area of ​​the green and cyan, the process proceeds to step S44, if there is a gap (frequency 0) between the regions of the green and cyan, the process proceeds to step S43.
【0115】 [0115]
ステップS43においては、グリーンとシアンの領域間の中心を出し、領域間の中心をグリーンとシアンの境界として、ステップS45へ進む。 In step S43, it issues a center between regions of the green and cyan, around the green and boundary cyan between regions, the process proceeds to step S45.
【0116】 [0116]
ステップS44においては、グリーンとシアンの領域が重なり合っている間の中心を出し、重なり合っている間の中心をグリーンとシアンの境界としステップS45へ進む。 In step S44, it issues a center while overlapping region of the green and cyan, the process proceeds to step S45 around the green and cyan boundary between the overlapping.
【0117】 [0117]
ステップS45においては、グリーンとシアンの領域が隣接している部分に対して境界を決定する処理がすべて終了したかを判断する。 In step S45, the process of determining the boundary with respect to a portion area of ​​the green and cyan are adjacent to determine whether it has finished all. 境界を決定する処理がすべて終了している場合は、ステップS51へ進み、境界を決定する処理が残っている場合は、ステップS42に戻る。 If the process of determining the boundaries are completed, the process proceeds to step S51, if there are remaining processing for determining the boundary, the flow returns to step S42. 図28(F)は、ステップS45が終了した時の度数分布表を示す。 Figure 28 (F) shows the frequency distribution table when the step S45 is completed.
【0118】 [0118]
ステップS51においては、グリーンとブルーの領域が隣接しているかを判定する。 In step S51, it determines whether the green and blue regions are adjacent. 領域が隣接している場合は、ステップS52へ進み、領域が隣接していない場合は、ステップS61へ進む。 If the area is adjacent, the process proceeds to step S52, if the area is not adjacent, the process proceeds to step S61.
【0119】 [0119]
ステップS52においては、グリーンとブルーの領域の隣接状態を判断する。 In step S52, it is determined neighboring state of green and blue regions. もし、グリーンとブルーの領域が重なり合っている場合は、ステップS54へ進み、グリーンとシアンの領域間に隙間(度数0)がある場合は、ステップS53へ進む。 If, when the overlap is green and blue regions, the process proceeds to step S54, if there is a gap (frequency 0) between the regions of the green and cyan, the process proceeds to step S53.
【0120】 [0120]
ステップS53においては、グリーンとブルーの領域間の中心を出し、領域間の中心をグリーンとブルーの境界として、ステップS55へ進む。 In step S53, it issues a center between the green and blue regions, around the green and blue boundary between the regions, the process proceeds to step S55.
【0121】 [0121]
ステップS54においては、グリーンとブルーの領域が重なり合っている間の中心を出し、重なり合っている間の中心をグリーンとブルーの境界として、ステップS55へ進む。 In step S54, issues a center while overlapping green and blue regions, around the green and blue boundary during overlap, the process proceeds to step S55.
【0122】 [0122]
ステップS55においては、グリーンとブルーの領域が隣接している部分に対して境界を決定する処理がすべて終了したかを判断する。 In step S55, the process of determining the boundaries for the portion of the green and blue regions is adjacent to determine whether it has finished all. 境界を決定する処理がすべて終了している場合は、ステップS61へ進み、境界を決定する処理が残っている場合は、ステップS52に戻る。 If the process of determining the boundaries are completed, the process proceeds to step S61, if there are remaining processing for determining the boundary, the flow returns to step S52. 図28(G)は、ステップS55が終了した時の度数分布表を示す。 Figure 28 (G) shows the frequency distribution table when the step S55 is completed.
【0123】 [0123]
ステップS61においては、主色がシアンについての境界を決定する処理を終了する。 In step S61, the main color has finished processing for determining the boundaries for cyan. 同様に主色がマゼンタ、主色がイエローについても境界を決定する処理を実施する。 Similarly the main color is carried magenta, a process of primary colors to determine the boundaries also yellow.
【0124】 [0124]
以上原稿の端に塗られたマーカを読み取り色判定用パラメータを設定する処理で得られた結果は、実際のコピー動作において色判定回路243で用いられる。 Above results the marker painted on the edge obtained in the process of setting the read color determination parameter of the document is used in the color determination circuit 243 in the actual copying operation. また、原稿の先端にマーカだけが塗られている(黒が無い)場合、前記マーカ処理のルールに従い、原稿の先端のマーカは印字用紙に印字されない。 Further, only (no black) are painted marker leading edge of the original case, in accordance with the marker processing rules, the tip of the marker of the document is not printed on printing paper.
【0125】 [0125]
このように実際に原稿上に塗られたマーカを読み取った結果に基づいて設定された色判定パラメータ(例えば図28(G))を用いることにより、用紙の色やマーカの色のばらつきあるいは読み取りセンサの特性のばらつき等の影響を排除して、正確な色判別が可能となる。 The use of such in practice color is set based on the result of reading the marker painted on the document determination parameters (e.g., FIG. 28 (G)), the variation of the color of the paper color and the marker or reading sensor effect by eliminating such variations in characteristics of, it is possible to accurate color discrimination.
【0126】 [0126]
次に図29及び図30を用いて第2実施例の変形例について説明する。 Next, a modification of the second embodiment will be described with reference to FIGS. 29 and 30. 本実施例は、原稿の端に塗られたマーカを読み取り、色判定用パラメータを設定する方法として、色判定用パラメータの基本型を前もって決めておき、原稿の端に塗られたマーカを読み取った結果に応じて、色判定用パラメータの基本型に補正を加える方法採用したものである。 This embodiment reads the marker painted on the edge of the document, as a method of setting the color determination parameter, advance pre-determined basic types of color determination parameter were read markers painted on the edge of the document depending on the result, it is obtained by the method employed adding the correction to the basic types of color determination parameter.
【0127】 [0127]
図29(A)は、色判定用パラメータの基本型のなかでシアンを主色にしものである。 Figure 29 (A) are those to the cyan primary color among basic types of color determination parameter. 色を判定するパラメータ(以下「領域」とする)の基本型は通常の使用状態においてマーカを塗られた原稿を読み取った場合に分布する範囲となっている。 It has a range of distribution when scanning a document painted a marker in the basic type normal use parameters determining the color (hereinafter referred to as "area").
【0128】 [0128]
図29(B)は、図29(A)よりシアンとグリーンの領域を抜き出したものである。 Figure 29 (B) is obtained by extracting a region of cyan and green from FIG 29 (A). 図29(B)のaは、イエローとマゼンタが零の点を基準として、イエロー方向における標準のシアン領域端までの距離、bはイエローとマゼンタが零の点を基準として、イエロー方向における標準のグリーン領域端までの距離、Zは、色判定パラメータを補正後のシアンとグリーンの境界までの距離である。 a in FIG. 29 (B), based on the point of the yellow and magenta is zero, the distance to the standard cyan region edge in the yellow direction, b is yellow and with reference to the point of magenta is zero, the standard in the yellow direction the distance to the green area end, Z is the distance of the color determination parameters to cyan and green boundary after the correction.
【0129】 [0129]
図29(C)は、原稿の端に塗られたマーカを読み取り、度数分布を作成したものであり、シアン及びグリーンの分布が、標準のシアン領域及び標準のグリーン領域の範囲内に入っている場合を示したものである。 Figure 29 (C) reads the marker painted on the edge of the document, which has created a frequency distribution, the distribution of cyan and green, is within the range of the standard cyan region and standard green area If it shows the. cは、イエローとマゼンタが零の点を基準として、イエロー方向におけるシアンの分布端までの距離、dは、イエローとマゼンタが零の点を基準として、イエロー方向におけるグリーンの端までの距離である。 c as yellow and reference points magenta zero, the distance to the distribution end of cyan in the yellow direction, d is the yellow and magenta as the reference point of zero, is the distance to the green edge in yellow direction . 図29(D)は、図29(C)におけるシアンの領域とグリーンの領域を補正し、シアンとグリーンの境界Zを示した図であり、 Figure 29 (D) corrects the region and green region of cyan in FIG. 29 (C), a view showing the boundaries Z of cyan and green,
Z=a+(b−a)×(d−b)÷{(a−c)+(d−b)} Z = a + (b-a) × (d-b) ÷ {(a-c) + (d-b)}
の関係が成り立っている。 It is made up of the relationship.
【0130】 [0130]
すなわち、標準のシアン領域端と標準のグリーン領域端の距離(b−a)を求め、求めた距離を標準のシアン領域端とシアン分布端間の距離(a−c)と標準のグリーン領域端とグリーン分布端間(d−b)の距離で分割し、シアンとグリーンの境界Zとしている。 That is, determine the distance of the standard cyan region edge and the standard green area end (b-a), the distance between the calculated distance standard cyan region end and the cyan distribution end (a-c) with a standard green area end and divided by the distance between the green distribution end (d-b), it is the boundary Z of cyan and green. また、補正後のシアン領域は、同一の記号で示しているが、標準のシアン領域と補正により追加されたシアン領域の区別をつけるため境界に実線を入れてある。 Further, the cyan region after correction is shown in the same reference symbols, it is put solid line boundary for to distinguish the added cyan region by correcting the standard cyan area. 同様に補正後のグリーン領域及び図29の以後の図面にも境界を示す実線を入れてある。 Similarly, the subsequent drawing of the corrected green region and 29 are put solid line indicating the boundary.
【0131】 [0131]
図29(E)は、シアンの分布が標準のシアン領域をはみ出しグリーンの分布が標準のグリーン領域の範囲内に入っている場合を示したものである。 Figure 29 (E) is a diagram showing a case where the distribution of cyan green protrusion standard cyan area distribution is within the range of the standard green area. 図29(F)は、図29(E)におけるシアンの領域とグリーンの領域を補正し、シアンとグリーンの境界Zを示した図でありZ=c+(b−c)÷2 Figure 29 (F) is corrected region and green region of cyan in FIG. 29 (E), a view showing the boundaries Z of the cyan and green Z = c + (b-c) ÷ 2
の関係が成り立っている。 It is made up of the relationship. すなわち、シアン分布端と標準のグリーン領域端の中心をシアンとグリーンの境界Zとしている。 That is, the center of the cyan distribution end and the standard of the green area edge boundary Z of cyan and green.
【0132】 [0132]
図29(G)は、グリーンの分布が標準のグリーン領域をはみ出しシアンの分布が標準のシアン領域の範囲内に入っている場合を示しものである。 Figure 29 (G) are those show the case where green distribution the distribution of cyan protrusion standard green area is within the range of the standard cyan area. 図29(H)は、図29(G)におけるシアンの領域とグリーンの領域を補正し、シアンとグリーンの境界Zを示した図でありZ=a+(d−a)÷2 Figure 29 (H) corrects the region and green region of cyan in FIG. 29 (G), a view showing the boundaries Z of the cyan and green Z = a + (d-a) ÷ 2
の関係が成り立ている。 The relationship is Naritate. すなわち、グリーン分布端と標準のシアン領域端の中心をシアンとグリーンの境界Zとしている。 That is, the boundary Z of the cyan and green center of the green distribution end and the standard cyan area end.
【0133】 [0133]
図30(A)は、グリーンの分布及びシアンの分布が標準のグリーン領域及び標準のシアン領域をともにはみ出している場合を示したものである。 Figure 30 (A) is a diagram illustrating a case where green distribution and the distribution of cyan are both protruding standard green area and standard cyan region. 図30(B)は、図30(A)におけるシアンの領域とグリーンの領域を補正し、シアンとグリーンの境界Zを示した図でありZ=c+(d−c)÷2 Figure 30 (B) corrects the region and green region of cyan in FIG. 30 (A), a view showing the boundaries Z of the cyan and green Z = c + (d-c) ÷ 2
の関係が成り立っている。 It is made up of the relationship. すなわち、グリーン分布端とシアン分布端の中心をシアンとグリーンの境界Zとしている。 That is, the boundary Z of the cyan and green center of the green distribution end and cyan distribution end.
【0134】 [0134]
図30(C)は、シアンの分布が標準のシアン領域をはみだし、標準のグリーン領域に入り、グリーンの分布が標準のグリーン領域範囲内に入っている場合を示したものである。 Figure 30 (C), the distribution of the cyan protruding standard cyan area, enters the standard green area shows the case where the green distribution is within a standard green region range. 図30(D)は、図30(C)におけるシアンの領域とグリーンの領域を補正し、シアンとグリーンの境界Zを示した図でありZ=b Figure 30 (D) corrects the region and green region of cyan in FIG. 30 (C), a view showing the boundaries Z of the cyan and green Z = b
の関係が成り立っている。 It is made up of the relationship. すなわち、標準のグリーン領域端を境界Zとしている。 That is, the standard green area edge boundary Z.
【0135】 [0135]
図30(E)は、グリーンの分布が標準のグリーン領域をはみだし、標準のシアン領域に入り、シアンの分布が標準のシアン範囲内に入っている場合を示したものである。 Figure 30 (E), the green distribution protrude standard green area, enters the standard cyan area shows the case where the distribution of cyan is within the standard cyan range. 図30(F)は、図30(E)におけるシアンの領域とグリーンの領域を補正し、シアンとグリーンの境界Zを示した図でありZ=a Figure 30 (F) is corrected region and green region of cyan in FIG. 30 (E), a view showing the boundaries Z of the cyan and green Z = a
の関係が成り立っている。 It is made up of the relationship. 即ち、標準のシアン領域端を境界Zとしている。 That is, the standard cyan area end boundary Z.
【0136】 [0136]
図30(G)は、グリーンの分布が標準のグリーン領域をはみ出し、標準のシアン領域に入り、シアンの分布が標準のシアン領域をはみ出し、標準のグリーン領域に入っている場合を示したものである。 Figure 30 (G), the green distribution protrusion standard green area, enters the standard cyan area, the distribution of the cyan protrusion standard cyan region, shows a case that contains the standard green area is there. 図30(H)は、図30(G)におけるシアンの領域とグリーンの領域を補正し、シアンとグリーンの境界Zを示した図でありZ=a+(b−a)÷2 Figure 30 (H) corrects the region and green region of cyan in FIG. 30 (G), a view showing the boundaries Z of the cyan and green Z = a + (b-a) ÷ 2
に関係が成り立っている。 Is made up is a relationship. すなわち、標準のシアン領域端と標準のマゼンタ領域端の中心を境界Zとしている。 That is, the center of the standard cyan region edge and the standard magenta area edge and boundary Z.
【0137】 [0137]
図30(C)、図30(E)、図30(G)、の場合は、標準のシアン領域にグリーン、または、標準のグリーン領域にシアンというように異なる色のマーカが入る可能性があるため、上述したように境界を決定するとともに例えば操作部(図示せず)の液晶にシアンのマーカがグリーンとして検知される可能性があることを表示し、使用者に注意を促す処置を実施する。 Figure 30 (C), FIG. 30 (E), FIG. 30 (G), in the case of standard cyan area green, or there is a possibility that the standard green area different color marker so that cyan enters Therefore, to display that there is a possibility that the liquid crystal cyan marker is detected as a green example operating unit and determines the boundary as described above (not shown), implementing the attention treatment to the user . また、図29、30においては、主色Cのシアンとグリーンの境界を決定する例について述べてあるが主色Cの他の色、主色M、主色Yに対しても同様の処理を施し境界を決定することは言うまでもない。 Further, in FIG. 29 and 30, are described examples of determining the cyan and green boundary of the main color C although other color primary color C, primary colors M, similar processing to the main color Y it goes without saying that determines the applied boundary.
【0138】 [0138]
次に上述した第2実施例において、カラ−マ−キングに用いられているマ−カペンの色を判定するための色判定パラメ−タを当該複写機が出荷される国や地域に応じて最適化する第1の手法を図31及び図32を用いて説明する。 Then in the second embodiment described above, color - Ma - Ma used King - color determination for determining the color of Kapen parameters - the data in accordance with the country or region in which the copier is shipped optimum the first method will be described with reference to FIGS. 31 and 32 of.
【0139】 [0139]
図31は、複写機の操作部の変倍設定の例を示したものである。 Figure 31 is a diagram showing an example of the variable power setting of the operation unit of the copying machine. 日本の場合、用紙としてA、B系列が用いられているため、変倍組み合せとしてA4とB4、A4とA3、B4とA3の3種類が考えられる。 In Japan, A as the paper, because it is used is B-series, three as a combination zooming A4 and B4, A4 and A3, B4 and A3 are contemplated. アメリカの場合、用紙としてインチ系が用いられているため、変倍の組み合せとしてLTRとLGLが考えられる。 In the United States, for inch system is used as the paper, LTR and LGL can be considered as a combination of the variable power. ヨ−ロッパの場合、用紙としてA系列が用いられているため、変倍の組み合わせとしてA4とA3が考えられる。 Yo - For European, since A-series is used as the paper, A4 and A3 can be considered as a combination of zooming. すなわち、変倍設定だけを考えてみても、地域により、変倍の組み合せの数や、縮小率、拡大率が異なっていることがわかる。 In other words, even if consider only the scaling setting, by region, and the number of combinations of the variable magnification, reduction ratio, it can be seen that the expansion rate is different. 現在、複写機の変倍に対する制御方法は、地域毎に独立したソフトを作成するのではなく、全世界共通でソフトを作成し、地域向けのコードを登録しておき、地域向けのコードを基にして変倍の組み合せ数や、縮小率、拡大率を対応させている。 Currently, the control method for the variable power of the copying machine, rather than creating a separate software for each region, to create a software worldwide common, may be registered the code for the region, based on the code for the region and combinations and the number of zooming in, the reduction ratio, are made to correspond to magnification. すなわち、現在販売されている複写機の制御部には、地域向けのコードが使用されている。 That is, the control unit of the copying machine on the market, the code for the region is used.
【0140】 [0140]
図32は、地域に対応して色判定用パラメータを設定するフローを示しものであり、複写機の使用者がマーカ編集を選択し、複写ボタンを押してからの処理について記述したものである。 Figure 32 is intended shows the flow of setting the parameters for color determination in response to local, in which the user of the copying machine selects the marker editing, describing the processing from pressing the copy button.
【0141】 [0141]
ステップS101では、複写機内に記憶されている地域向けコードがヨーロッパになっているかを判断する。 In step S101, for the region code stored in the copying machine determines whether the turned Europe. 地域向けコードがヨーロッパになっている場合は、色判定パラメータをヨーロッパ向け仕様とする(ステップS108)。 If for the region code is in Europe, the color determination parameters and Europe for specification (step S108). 具体的には、原稿に塗られているマーカの色を判定するためのパラメータ(前もって用意されている)の中からヨーロッパ向けのものを読み出す。 Specifically, it reads those for Europe from the parameters for determining the color of the marker is painted on the document (which is prepared in advance).
【0142】 [0142]
ステップS101で、地域向けコードがヨーロッパになっていない場合は、さらに地域向けコードがアメリカになっているか否かを判断する(ステップS102)。 In step S101, for the region code If it is not Europe, further areas for code determines whether or not it is the United States (step S102). なお本実施例においては、地域向けコードは、変倍回路228とマーカ編集回路227で共通に使用しているが、マーカ編集回路227として独自に地域向けコードを使用してもよい。 In the present embodiment, for the region code it is being used for common zoom circuit 228 and the marker editing circuit 227, may be used independently for the region code as the marker editing circuit 227.
【0143】 [0143]
ステップS102で、地域向けコードがアメリカになっている場合は、色判定パラメータをアメリカ向け仕様とし(ステップS107)、地域向けコードがアメリカになっていない場合は、色判定コードを日本向け仕様とする(ステップS103)。 In step S102, if the region for the code is in the United States, the color determination parameter and the United States for the specification (step S107), if for the region code is not in the United States, the color determination code for a Japanese market (step S103).
【0144】 [0144]
ステップS103,S107又はS108を実行した後はステップS104に進み、色判定パラメータの設定、すなわち、図12に示す色判定の領域の設定を行う。 Step S103, S107 or S108 after the execution proceeds to step S104, setting of the color determination parameters, i.e., to set the region of color determination shown in FIG. 12. 続くステップS105では、マーカ編集による複写動作を実施する。 In step S105, performing the copying operation by the marker editing. 詳細なマーカ編集の複写動作は、前述した通りである。 Copying operation of the detailed marker editing, are as described above. マーカ編集の複写動作が終了すると、複写動作を終了する。 When the copying operation of the marker editing is completed, the completion of the copying operation.
【0145】 [0145]
次に色判定パラメ−タを当該複写機が出荷される国や地域に応じて最適化する第2の手法を、図33(A)を用いて説明する。 Then the color determination parameters - a second method for optimized according to data on the country or region in which the copier is shipped, will be described with reference to FIG. 33 (A). この手法は、印字ヘッドに地域をあらわす情報を付加するようにしたものである。 This approach is that so as to add information representing the area to the print head.
【0146】 [0146]
図33(A)は、印字ヘッドK(301)の構成を示す。 Figure 33 (A) shows a structure of a print head K (301). 印字ヘッドKの左端部に仕向地を示す突起を形成する部分を設け、スイッチSW1及びSW2により突起の有無を検知することで仕向地を判断できるようにしたものである。 A portion forming a projection indicating the destination to the left end of the print head K provided, is obtained by allowing determine destination by detecting the presence or absence of the projections by the switch SW1 and SW2. 例えば、スイッチSW1及びSW2が共にOFFの場合は日本、スイッチSW1がONでスイッチSW2がOFFの場合はアメリカ、スイッチSW1がOFFでスイッチSW2がONの場合はヨーロッパ、スイッチSW1及びSW2が共にONの場合はその他の地域というように色判定のパラメータを設定する。 For example, in the case of OFF both the switches SW1 and SW2 is Japan, if the switch SW2 switch SW1 is ON is OFF the United States, the switch SW1 is If the switch SW2 is OFF is ON Europe, the switches SW1 and SW2 are both ON If you set the parameters of the color determined as of other regions.
【0147】 [0147]
このように、印字ヘッドに仕向地を示す情報を付加する構成とすることにより、マーカの処理に関して複写機本体を全世界共通にすることが可能になる。 Thus, with the configuration that adds information indicating a destination to the print head, it is possible to worldwide common copier main body with respect to the processing of the marker.
【0148】 [0148]
次に色判定パラメ−タを当該複写機が出荷される国や地域に応じて最適化する第3の手法を、図33(B)と図34を用いて説明する。 Then the color determination parameters - the third method for optimizing according to data on the country or region in which the copier is shipped, will be explained with reference to FIG. 33 (B) and FIG. 34. この手法は、第2の手法と同様に印字ヘッドに地域をあらわす情報を付加するようにしたものである。 This approach is that so as to add information representing the area to a second approach as well as the print head.
【0149】 [0149]
図33(B)は、印字ヘッドY(302)の構成を示す。 Figure 33 (B) shows the structure of a print head Y (302). 印字ヘッドYの左端部にマーカの色がY主色の場合の色判定パラメータを示す突起を形成する部分をもうけ、スイッチSW−Y1からSW−Y320により突起の有無を検知することで地域に対応した色判定パラメータを設定できるようにしたものである。 A localized in the color of the marker at the left end of the print head Y is providing an portion forming a projection indicating the color determination parameters for the Y main color, for detecting the presence or absence of the projections by SW-Y320 from the switch SW-Y1 it is obtained to be set the color determination parameters. 図34(A)にYが主色の場合の標準のパラメータを示す。 Y in FIG. 34 (A) shows the standard parameters for the predominant color. Yが主色の場合、標準状態においは、イエロー、オレンジ、レッド、グリーン、黒の5色の可能性がある。 If Y is a primary color, standard state smell, some yellow, orange, red, green, five colors possibility of black. Yが主色の場合、ある一つのエリア(同図中の1つの升)を考えた時、前記5色の内どれか一つが選択される。 If Y is a primary color, when considering a certain one area (one squares in the figure), one or which of the five colors is selected.
【0150】 [0150]
よって、スイッチSW−Y1からSW−Y5を一つのエリアに割り当て、そのエリアの判定色をスイッチSW−Y1からSW−Y5のいずれがONしているか判定し、ONしているSWの番号に対応した色を判定色として設定するように構成する。 Therefore, assign the SW-Y5 in one area from the switch SW-Y1, corresponding to the number of the SW of the determining color of that area any of the switch SW-Y1 of SW-Y5 determines whether you are ON, are ON configured to set the the color as determining color. 本実施例においては、一つの主色に対して64(8×8)のエリアがあるため320個(64×5)のSWと、判定色を指定する突起が64個必要になる。 In the present embodiment, the SW of 320 because of the area 64 for one of the main color (8 × 8) (64 × 5), projections for specifying the determination color is 64 required. また、地域ごとに突起の位置を調整する必要がある。 Further, it is necessary to adjust the position of the projections for each region. そこで、実際の複写機においては、ヘッドに不揮発性メモリを搭載し、その不揮発性メモリに色判定パラメータを記憶し、複写機の電源をONしたときにヘッドの不揮発性メモリより色判定パラメータを読み出して色判定パラメータを設定するように構成する。 Therefore, in an actual copying machine, a nonvolatile memory mounted on the head, and stores the color determination parameters in the nonvolatile memory, reads out the color determination parameters from the non-volatile memory of the head when turning ON the power source of the copier Te configured to set the color determination parameters.
【0151】 [0151]
図34(B)は、第3の手法により設定されたある地域向けの色判定パラメータの例を示す図である。 Figure 34 (B) is a diagram showing an example of a color determination parameters of some friendly areas set by the third method. 本地域においては、オレンジ色のマーカペンは使用していないが、オレンジに近いレッド(この地域では、レッドとして認識されている)が多く用いられており、レッドをオレンジに誤判定されることを防ぐため、オレンジ色の判定領域をレッド色に定義した例を示している。 In this region, although marker pen orange not used, red close to orange (in the region has been recognized as red) are often used, prevented from being erroneously determined red orange Therefore, an example that defines a determination area of ​​orange red color.
【0152】 [0152]
この結果、標準設定では、8色のマーカ色を判定できるところを7色に制限することによりマーカ色の誤判定を少なくすることが可能となる。 As a result, the standard settings, it is possible to reduce erroneous determinations of the marker colors by limiting the place that can determine the marker color of eight colors in seven colors.
【0153】 [0153]
また、Y主色について説明をしたが、C主色、M主色についても同様の処理が可能なことは言うまでもない。 Further, although the described Y main color, C main color, it is needless to say capable of same processing for M main color.
【0154】 [0154]
なお、上述した第3の手法を採用する場合は、印字ヘッドに格納されているインクの色と、色判定パラメータの主色の色とを同一とすることが望ましい。 In the case of employing the third method described above, the color of the ink contained in the printhead, it is desirable that the color of the main color color determination parameters to be the same.
【0155】 [0155]
次に色判定パラメ−タを当該複写機が出荷される国や地域に応じて最適化する第4の手法を、図35及び図36を用いて説明する。 Then the color determination parameters - the fourth technique of optimizing in accordance with data on the country or region in which the copier is shipped, will be described with reference to FIGS. 35 and 36. この手法は、AC電源ラインの特性をもとに地域を判定し、得られた地域情報をもとにして、色判定パラメータを設定するものである。 This approach, the characteristics of the AC power line to determine the area based, based on the obtained area information, and sets the color determination parameters.
【0156】 [0156]
図35は、AC電源の特性を調べるための構成を示すブロック図である。 Figure 35 is a block diagram showing a configuration for examining the characteristics of the AC power supply. AC電源としては、電圧100Vから240V、周波数50HZ、60HZが対象となる。 The AC power supply, 240V, frequency 50HZ, 60HZ is subject from the voltage 100 V. 同図において、AC電源は、減衰器311に加えられ、減衰器311により電圧が1000分の1に減衰され、CPU312のAD変換器に入力される。 In FIG limitation, AC power, applied to the attenuator 311, the voltage is attenuated to 1/1000 by the attenuator 311 is input to the AD converter CPU 312. AD変換器に入力された信号は、図36に示すフローにもとづいて処理される。 The signal input to the AD converter is processed based on the flow shown in FIG. 36. 図36は、AC電源の特性より複写機が使用されている地域を判定するフローを示す。 Figure 36 shows a flow determining regions copier is being used from the characteristics of the AC power supply.
【0157】 [0157]
ステップS111では、電圧の最大値から最小値を減算し、次いで、電圧の最大値から最小値までの時間を計測する(ステップS112)。 In step S111, it subtracts the minimum value from the maximum value of the voltage, then measures the time from the maximum value of the voltage to a minimum value (step S112). 続くステップS113では、AC電源の電圧が200V系か否かを判定する。 In step S113, the voltage of the AC power supply is determined whether 200V system. すなわち、ステップS111で得られた電圧のピーク値に減衰器311の減衰率の逆数を掛け、得られた値が、500V以上だったら電源電圧が200V系であると判断し、ステップS118に進む。 In other words, multiplied by the reciprocal of the attenuation factor of the attenuator 311 to the peak value of the obtained voltage at step S111, the obtained value, the power supply voltage When was 500V or higher is determined to be 200V system, the process proceeds to step S118. 得られた値が500V以下だったら電源電圧が200V系ではないと判断し、ステップS114に進む。 When the obtained value was less 500V power supply voltage is determined not to be 200V system, the process proceeds to step S114.
【0158】 [0158]
ステップS114では、AC電源の電圧が115V系かを判定する。 In step S114, the voltage of the AC power determines 115V system. すなわち、ステップS111で得られた電圧のピーク値に減衰器311の減衰率の逆数を掛け、得られた値が、300V以上だったら電源電圧が115V系であると判断し、色判定パラメータをアメリカ向け仕様とする(ステップS117)。 In other words, multiplied by the reciprocal of the attenuation factor of the attenuator 311 to the peak value of the obtained voltage at step S111, the obtained value, the power supply voltage Once was more 300V is judged to be 115V system, the color determination parameter USA toward the specification (step S117). 一方、得られた値が300V以下だったら電源電圧が200V系ではないと判断し、色判定パラメータを日本向け仕様とする(ステップS115)。 On the other hand, the resulting value is the supply voltage Once was less 300V is determined not to be 200V system, the color determination parameters a Japanese market (step S115). 具体的には、原稿に塗られているマーカの色を判定するためのパラメータ(前もって用意されている)の中から日本向けのものを読み出す。 Specifically, it reads those Japan among the parameters for determining the color of the marker is painted on the document (which is prepared in advance).
【0159】 [0159]
ステップS118では、AC電源の周波数が50HZか60HZかを判定する。 At step S118, the frequency of the AC power determines 50HZ or 60HZ. すなわち、ステップS112で得られた電圧の最大値から最小値までの時間を2倍して、1周期の時間を求め、1周期の時間の逆数を取り、AC電源の周波数を得る。 That is, twice the time to the minimum value from the maximum value of the resulting voltage at step S112, obtaining the 1 period of time, taking the inverse of time of one period, obtain a frequency of the AC power supply. そして、AC電源の周波数が55HZ以下の場合は、50HZ系と判断し、色判定パラメータを韓国向け仕様とする(ステップS119)。 The frequency of the AC power if the following 55HZ, determines that 50HZ system, the color determination parameters and South Korea specification (step S119). また、AC電源の周波数が55HZ以上の場合は、60HZ系と判断し、色判定パラメータをヨーロッパ向け仕様とする(ステップS119)。 The frequency of the AC power supply is equal to or larger than 55HZ, determines that 60HZ system, the color determination parameters and Europe for specification (step S119).
【0160】 [0160]
ステップS115,S117,S119又はS120を実行した後は、ステップS121及びS122で図32のステップS104及びS105と同様の処理を行い本処理を終了する。 Step S115, S117, S119 or S120 after the execution, the process is terminated performs the same processing as steps S104 and S105 in FIG. 32 at step S121 and S122.
【0161】 [0161]
第4の手法によれば、仕向け地情報が付加されていない場合であっても、使用地域を判定し、正確な色判定パラメータの設定が可能となる。 According to a fourth technique, even when the destination information is not added, to determine the area of ​​use, it is possible to set the accurate color determination parameter.
【0162】 [0162]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上詳述したように請求項1の画像処理装置及び請求項8の画像処理方法によれば、所定の色マーカによってマーキングされた色データが予め登録され、 同一の色マーカで複数回重ね塗りされた領域における色データを読み取ってマーカ色登録し、原稿の読み取り時に前記登録された色データと読み取った色データとを比較することにより、 何度塗りかに関係なく同じ色のマーカとして色判定されるので、ユーザのマーカ塗りむら、画像読み取りセンサの特性ばらつき等に起因するマーカ色の誤判別を防止することができ、所望のマーカ編集結果を得ることができる。 According to the image processing method of the image processing apparatus and claim 8 according to claim 1 as described in detail above, color data is marked by the predetermined color marker previously registered it is recoated multiple times with the same color marker registered marker color by reading the color data in the area, by comparing the color data read with the registered color data when reading the document, is color determined as the same color of the marker, regardless of what coats Runode marker coating unevenness of the user, the marker color due to characteristic variation of the image reading sensor can be prevented indetermination, it is possible to obtain a desired marker editing result.
【0164】 [0164]
請求項の画像処理装置及び請求項9の画像処理方法によれば、当該装置が販売される地域が判定され、その販売地域に応じて色判定用のパラメータが変更されるので、販売地域に拘わらず正確なマーカ色の判別を行うことがきる。 According to the image processing method of the image processing apparatus and claim 9 according to claim 2, it is determined areas in which the device is sold, the parameters for color determination is changed in accordance with the sales region, sales region it is as possible out to discriminate the exact marker colors regardless.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明の第1実施例にかかる画像処理回路の構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing a configuration of an image processing circuit according to a first embodiment of the present invention.
【図2】色パッジシートの例を示す図である。 2 is a diagram showing an example of a color Pajjishito.
【図3】図1のマーカ色登録回路の構成を示すブロック図である。 3 is a block diagram showing a configuration of a marker color registration circuit of FIG.
【図4】図3の比率演算回路における処理の内容を説明するための図である。 4 is a diagram for explaining the contents of processing in the ratio calculation circuit of FIG.
【図5】マーカの色分布を示す図である。 FIG. 5 is a diagram showing the color distribution of the marker.
【図6】図3の比率演算回路における処理のフローチャートである。 6 is a flow chart for explaining the operation of the ratio calculation circuit of FIG.
【図7】図1の色コード判定回路の構成を示すブロック図である。 7 is a block diagram showing the configuration of a color code determination circuit of FIG.
【図8】色パッジシートの他の例を示す図である。 8 is a diagram showing another example of the color Pajjishito.
【図9】本発明の第2実施例におけるマーカ編集の内容を説明するための図である。 Is a diagram for describing the contents of the marker editing in the second embodiment of the present invention; FIG.
【図10】本発明の第2実施例にかかるカラー複写機の画像処理回路の構成を示すブロック図である。 10 is a block diagram showing a configuration of an image processing circuit according color copying machine to the second embodiment of the present invention.
【図11】図10のマーカ編集回路の構成を示すブロック図である。 11 is a block diagram showing a configuration of a marker editing circuit of Figure 10.
【図12】色判別の方法を説明するための図である。 12 is a diagram for explaining a method of color discrimination.
【図13】色コードテーブルを示す図である。 13 is a diagram showing a color code table.
【図14】孤立点除去の手法を説明するための図である。 14 is a diagram for explaining a method of isolated point removal.
【図15】領域判定時の記憶データを説明するための図である。 15 is a diagram for explaining the data stored at the time of the determination area.
【図16】領域判定の手法を説明するためのテーブルを示す図である。 16 is a diagram showing a table for explaining a method of area determination.
【図17】領域判定の手法を説明するためのテーブルを示す図である。 17 is a diagram showing a table for explaining a method of area determination.
【図18】領域判定の手法を説明するためのテーブルを示す図である。 18 is a diagram showing a table for explaining a method of area determination.
【図19】領域判定の手法を説明するためのテーブルを示す図である。 19 is a diagram showing a table for explaining a method of area determination.
【図20】尾引き処理を説明するための図である。 FIG. 20 is a diagram for explaining the tailing processing.
【図21】出力色テーブルを示す図である。 21 is a diagram showing an output color table.
【図22】ブルーバック処理を説明するための図である。 FIG. 22 is a diagram for explaining a blue background processing.
【図23】色濃度判定条件を説明するためのテーブルを示す図である。 23 is a diagram showing a table for explaining the color density determination condition.
【図24】原稿の先端に塗るマーカの位置を例示した図である。 24 is a diagram illustrating the position of the marker paint to the leading edge of the document.
【図25】シアンのマーカを読み取ったときの度数分布の例を示す図である。 25 is a diagram showing an example of a frequency distribution obtained upon reading the cyan marker.
【図26】色判定回路の構成を示すブロック図である。 FIG. 26 is a block diagram showing the configuration of a color determination circuit.
【図27】色判定用パラメータを作成する処理のフローチャートである。 27 is a flowchart of a process for creating a color determination parameter.
【図28】色判定用パラメータの作成処理を説明するための図である。 28 is a diagram for illustrating the production process of the color determination parameter.
【図29】色判定用パラメータの補正処理を説明するための図である。 29 is a diagram for explaining the correction processing of the color determination parameter.
【図30】色判定用パラメータの補正処理を説明するための図である。 FIG. 30 is a diagram for explaining the correction processing of the color determination parameter.
【図31】変倍の設定例を示す図である。 31 is a diagram showing a setting example of the variable power.
【図32】色判定用パラメータの設定処理のフローチャートである。 FIG. 32 is a flowchart of a setting process of the color determination parameter.
【図33】地域情報が付加された印字ヘッドを示す図である。 33 is a diagram showing a print head region information is added.
【図34】地域情報に応じた色判定用パラメータの変更例を説明するための図である。 34 is a diagram for explaining a modification of the color determination parameter corresponding to the area information.
【図35】AC電源と特性を測定するための構成を示す図である。 35 is a diagram showing a configuration for measuring the AC power and characteristics.
【図36】AC電源の特性に基づいて販売地域を判定する処理のフローチャートである。 36 is a flowchart of a process for determining sales regions based on the characteristics of the AC power supply.
【図37】マーカ編集を説明するための図である。 FIG. 37 is a diagram for explaining a marker editing.
【図38】マーカ編集を説明するための図である。 FIG. 38 is a diagram for explaining a marker editing.
【図39】従来のマーカ編集の問題点を説明するための図である。 FIG. 39 is a diagram for explaining the problems of the conventional marker editing.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
14 比率演算回路54 色コード判定回路55 マーカ色登録回路227 マーカ編集回路251 マーカ色判別回路 14 ratio calculation circuit 54 color code determination circuit 55 marker color registration circuit 227 marker editing circuit 251 marker color discriminating circuit

Claims (9)

  1. 原稿を読み取る原稿読み取り手段と、読み取った画像データに基づいて所定の色マーカで原稿上にマーキングされた色を判定するマーカ色判定手段とを有し、マーキングされた色の情報に基づいて所定のマーカ編集を施す画像処理装置において、 A document reading means for reading an original, read on the basis of the image data and a marker color determining means for determining the color marked on a document in a predetermined color marker, the predetermined based on the marked color information an image processing apparatus for performing a marker editing,
    前記所定の色マーカによってマーキングされた色データを予め読み取って登録するためのマーカ色登録手段を設け、 The marker color registration means for registering by reading the color data marked by the predetermined color marker previously provided,
    前記マーカ色登録手段は、同一の色マーカで複数回重ね塗りされた領域における色データを読み取ってマーカ色登録し、 The marker color registration unit registers marker color by reading the color data in a plurality of times recoating areas with the same color marker,
    前記マーカ色判定手段は、原稿の読み取り時に前記登録された色データと読み取った色データとを比較して、何度塗りかに関係なく同じ色のマーカとして色判定することを特徴とする画像処理装置。 The marker color determining means compares the color data read with the registered color data when reading a document, image processing, characterized in that the color determined as the same color of the marker, regardless of what coats apparatus.
  2. 原稿を読み取る原稿読み取り手段と、読み取った画像データに基づいて所定の色マーカで原稿上にマーキングされた色を判定するマーカ色判定手段とを有し、マーキングされた色の情報に基づいて所定のマーカ編集を施す画像処理装置において、 A document reading means for reading an original, read on the basis of the image data and a marker color determining means for determining the color marked on a document in a predetermined color marker, the predetermined based on the marked color information an image processing apparatus for performing a marker editing,
    当該装置が販売される地域を判定する地域判定手段を設け、 The provided area determination means for determining a region where the device is sold,
    前記マーカ色判定手段は、当該装置が販売される地域に応じて色判定用のパラメータを変更することを特徴とする画像処理装置。 The marker color determining means, the image processing apparatus characterized by changing the parameters for color determination in accordance with the region where the device is sold.
  3. 前記地域判定手段は、当該装置の変倍設定に基づいて販売地域を判定することを特徴とする請求項記載の画像処理装置。 Said local determination unit, an image processing apparatus according to claim 2, wherein determining the sales region based on the magnification setting of the device.
  4. 前記地域判定手段は、当該装置の印字ヘッドに付加された地域情報に基づいて販売地域を判定することを特徴とする請求項記載の画像処理装置。 Said local determination unit, an image processing apparatus according to claim 2, wherein determining the sales region based on the added area information to the print head of the apparatus.
  5. 前記地域判定手段は、当該装置に供給される交流電源の特性に基づいて販売地域を判定することを特徴とする請求項記載の画像処理装置。 Said local determination unit, an image processing apparatus according to claim 2, wherein determining the sales region based on the characteristics of the AC power supplied to the device.
  6. 当該装置の印字ヘッドに色判定用パラメータを記憶するパラメータ記憶手段を設け、前記マーカ色判定手段は、前記パラメータ記憶手段に記憶された色判定用パラメータを使用して色判定を行うことを特徴とする請求項記載の画像処理装置。 A parameter storage means for storing the color determination parameter to the print head of the apparatus provided, the marker color determining means, and characterized by performing the color determined using the color determining parameters stored in said parameter storage means the image processing apparatus according to claim 2 wherein.
  7. 前記印字ヘッド内に格納されているインクの色と、前記色判定用パラメータの主色の色とが同一であることを特徴とする請求項記載の画像処理装置。 The image processing apparatus according to claim 6, wherein the color of ink stored in the print head, and the main color of the color of the color determination parameter is the same.
  8. 原稿を読み取る原稿読み取りステップと、読み取った画像データに基づいて所定の色マーカで原稿上にマーキングされた色を判定するマーカ色判定ステップとを有し、マーキングされた色の情報に基づいて所定のマーカ編集を施す画像処理方法において、 A document reading step of reading an original, read on the basis of the image data and a predetermined marked marker color determination step of determining color on a document with a color marker, the predetermined based on the marked color information in the image processing method for performing a marker editing,
    前記所定の色マーカによってマーキングされた色データを予め読み取って登録するマーカ色登録ステップを設け、 It provided the marker color registration step of registering in advance read color data marked by the predetermined color marker,
    前記マーカ色登録ステップにおいて、同一の色マーカで複数回重ね塗りされた領域における色データを読み取ってマーカ色登録し、 In the marker color registration step registers marker color by reading the color data in a plurality of times recoating areas with the same color marker,
    前記マーカ色判定ステップにおいて、原稿の読み取り時に前記登録された色データと読み取った色データとを比較して、何度塗りかに関係なく同じ色のマーカとして色判定することを特徴とする画像処理方法。 In the marker color determining step, by comparing the color data read with the registered color data when reading a document, image processing, characterized in that the color determined as the same color of the marker, regardless of what coats Method.
  9. 原稿を読み取る原稿読み取りステップと、読み取った画像データに基づいて所定の色マーカで原稿上にマーキングされた色を判定するマーカ色判定ステップとを有し、マーキングされた色の情報に基づいて所定のマーカ編集を施す画像処理方法において、 A document reading step of reading an original, read on the basis of the image data and a predetermined marked marker color determination step of determining color on a document with a color marker, the predetermined based on the marked color information in the image processing method for performing a marker editing,
    当該画像処理方法を実施する画像処理装置が販売される地域を判定する地域判定ステップを設け、 Regional determination step of determining an area of an image processing apparatus for implementing the image processing method is sold provided,
    前記マーカ色判定ステップは、当該画像処理方法を実施する画像処理装置が販売される地域に応じて色判定用のパラメータを変更することを特徴とする画像処理方法。 The marker color determining step, an image processing method characterized by changing the parameters for color determination in accordance with the area where the image processing apparatus for implementing the image processing method is sold.
JP22582194A 1994-08-26 1994-08-26 Image processing apparatus and image processing method Expired - Fee Related JP3595579B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22582194A JP3595579B2 (en) 1994-08-26 1994-08-26 Image processing apparatus and image processing method

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP22582194A JP3595579B2 (en) 1994-08-26 1994-08-26 Image processing apparatus and image processing method
US08/517,824 US5974171A (en) 1994-08-26 1995-08-22 Image processing apparatus and method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0870382A JPH0870382A (en) 1996-03-12
JP3595579B2 true JP3595579B2 (en) 2004-12-02

Family

ID=16835333

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP22582194A Expired - Fee Related JP3595579B2 (en) 1994-08-26 1994-08-26 Image processing apparatus and image processing method

Country Status (2)

Country Link
US (1) US5974171A (en)
JP (1) JP3595579B2 (en)

Families Citing this family (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11112791A (en) * 1997-04-10 1999-04-23 Ricoh Co Ltd Image forming device
NL1010238C2 (en) * 1998-10-02 2000-04-04 Oce Tech Bv The image forming apparatus of separately energisable image forming elements.
AUPP702498A0 (en) * 1998-11-09 1998-12-03 Silverbrook Research Pty Ltd Image creation method and apparatus (ART77)
JP3748172B2 (en) * 1998-12-09 2006-02-22 富士通株式会社 Image processing apparatus
JP4416285B2 (en) * 1999-07-30 2010-02-17 キヤノン株式会社 Patch image creation method and apparatus
US7218420B1 (en) 2000-08-01 2007-05-15 Eastman Kodak Company Gray level halftone processing
JP2002057913A (en) * 2000-08-01 2002-02-22 Nexpress Solutions Llc Image recording device and image recording method for bringing about color emphasis in response to personal preference
US7079287B1 (en) 2000-08-01 2006-07-18 Eastman Kodak Company Edge enhancement of gray level images
US7079281B1 (en) * 2000-08-01 2006-07-18 Eastman Kodak Company Edge enhancement processor and method with adjustable threshold setting
US6535706B1 (en) * 2000-10-23 2003-03-18 Toshiba Tec Kabushiki Kaisha Image editing system and image forming system
US6964640B2 (en) * 2002-01-22 2005-11-15 P M G Medica L I D System and method for detection of motion
JP4579528B2 (en) * 2003-07-28 2010-11-10 キヤノン株式会社 Image forming apparatus
US7373013B2 (en) * 2003-12-23 2008-05-13 General Instrument Corporation Directional video filters for locally adaptive spatial noise reduction
US7570835B2 (en) * 2004-02-17 2009-08-04 International Business Machines Corporation Edge smoothing filter for character recognition
JP4423076B2 (en) * 2004-03-22 2010-03-03 キヤノン株式会社 The recognition target cut apparatus and method
JP4537104B2 (en) * 2004-03-31 2010-09-01 キヤノン株式会社 Marker detection method, the marker detection apparatus, position and orientation estimation method, and the MR space presentation method
JP4448051B2 (en) * 2005-04-19 2010-04-07 キヤノン株式会社 An image reading apparatus and method
US20070119950A1 (en) * 2005-11-30 2007-05-31 Auslander Judith D Document edge encoding using multi-spectral encoding tags
US7926730B2 (en) * 2005-11-30 2011-04-19 Pitney Bowes Inc. Combined multi-spectral document markings
JP5084167B2 (en) * 2006-03-31 2012-11-28 キヤノン株式会社 Position and orientation measurement method and apparatus
JP4697035B2 (en) * 2006-04-28 2011-06-08 富士ゼロックス株式会社 Information processing apparatus, information processing method, and computer program
US9794738B2 (en) 2014-12-22 2017-10-17 Google Inc. Systems and methods for enforcing wireless regulatory compliance
WO2017150084A1 (en) * 2016-02-29 2017-09-08 京セラドキュメントソリューションズ株式会社 Electronic device and mark processing method

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4956676A (en) * 1987-04-16 1990-09-11 Kentek Information Systems, Inc. Electrographic color printer/copier
JP3169234B2 (en) * 1990-10-25 2001-05-21 株式会社リコー Image forming apparatus
JP2600515B2 (en) * 1991-05-14 1997-04-16 富士ゼロックス株式会社 Image processing method
JP3229370B2 (en) * 1991-06-07 2001-11-19 キヤノン株式会社 Image forming apparatus and image processing method
JPH06191120A (en) * 1992-10-16 1994-07-12 Xerox Corp Digital copying machine
JPH06284270A (en) * 1993-03-29 1994-10-07 Toshiba Corp Image forming device
US5414974A (en) * 1993-08-17 1995-05-16 Moore Business Forms, Inc. Automated document handling system

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0870382A (en) 1996-03-12
US5974171A (en) 1999-10-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5557412A (en) Image forming method and apparatus for counterfeit protection using image synthesis accounting for forming conditions
US6927877B2 (en) Image processing method and apparatus for converting colors in a color image
US6345117B2 (en) Method for automatic trap selection for correcting for separation misregistration in color printing
US6393148B1 (en) Contrast enhancement of an image using luminance and RGB statistical metrics
US7139098B2 (en) System and method of trapping for correcting for separation misregistration in color printing
US5459586A (en) Image processing system provided with image enchasing and synthesizing function
EP0357407A2 (en) Image signal processing apparatus for use in color image reproduction system
EP1427184A2 (en) Color gamut mapping using a cost function
US5402245A (en) Bi-level digital color printer system exhibiting improved undercolor removal and error diffusion procedures
US5497180A (en) Image recording apparatus for representing a halftone by use of a plurality of recorded dots
EP0371389B1 (en) Color image processing apparatus
JP3184512B2 (en) Image processing apparatus, and image processing method
US7057775B2 (en) Image processing apparatus and method using image information and additional informational or an additional pattern added thereto or superposed thereon
US7079287B1 (en) Edge enhancement of gray level images
US7327492B2 (en) Image processing device and image processing method
JP4548733B2 (en) An image processing apparatus, method, program and recording medium
JP3772368B2 (en) Image processing apparatus
JP4143359B2 (en) Method for correcting method and the input image to calculate the pigment amount
KR100405226B1 (en) Halftone dither cell with integrated preferred color matching
JP4615776B2 (en) Edge enhancement by an adjustable threshold setting processing processor and method
US5289296A (en) Color image processing apparatus and method
US7450269B2 (en) Gray level halftone processing
US8477324B2 (en) Image processor and image processing method that uses s-shaped gamma curve
JP3787534B2 (en) Image processing apparatus, image processing method and image processing program
JPH06197216A (en) Texture soil eliminating method

Legal Events

Date Code Title Description
TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20040824

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20040906

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees