JP3554257B2 - Display control apparatus and method - Google Patents

Display control apparatus and method Download PDF

Info

Publication number
JP3554257B2
JP3554257B2 JP2000231913A JP2000231913A JP3554257B2 JP 3554257 B2 JP3554257 B2 JP 3554257B2 JP 2000231913 A JP2000231913 A JP 2000231913A JP 2000231913 A JP2000231913 A JP 2000231913A JP 3554257 B2 JP3554257 B2 JP 3554257B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
display
dimensional
viewpoint
position
display control
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2000231913A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2002049004A (en
Inventor
勉 尾坂
裕 西原
Original Assignee
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by キヤノン株式会社 filed Critical キヤノン株式会社
Priority to JP2000231913A priority Critical patent/JP3554257B2/en
Publication of JP2002049004A publication Critical patent/JP2002049004A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3554257B2 publication Critical patent/JP3554257B2/en
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、右眼と左眼の視差を利用してユーザに立体像を観察させる表示装置の表示制御装置及びその方法に関する。 The present invention relates to a display control apparatus and method of a display device for viewing a stereoscopic image to a user by utilizing the parallax of the right and left eyes. 特に、通常の2次元画像と3次元画像とを切換えて表示することができる、或いは2次元画像と3次元画像とを混在させて表示することができる表示装置の表示制御装置と方法に関する。 In particular, it is possible to display switching between normal two-dimensional image and a three-dimensional image, or a display control apparatus and method for a display device capable of displaying a mix of the two-dimensional image and a three-dimensional image.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
従来より、2次元表示と3次元表示の切り換えや混在表示を行うことが可能な3次元表示装置が提案されている。 Conventionally, two-dimensional display and three-dimensional display device capable of performing a three-dimensional display switching and mixed display has been proposed. ディスプレイ上に立体視表示を行う方式としては、パララックス・バリヤを用いた立体画像表示方式(以下、パララックス・バリヤ方式と呼ぶ)やレンチキュラ方式が広く知られている。 As a method of performing stereoscopic display on a display, the stereoscopic image display system using a parallax barrier (hereinafter referred to as parallax barrier method) and the lenticular method is widely known.
【0003】 [0003]
パララックス・バリヤ方式については、S. For the parallax barrier method, S. H. H. Kaplan,“Theory of Parallax Barriers”,J. Kaplan, "Theory of Parallax Barriers", J. SMPTE,Vol. SMPTE, Vol. 59,No. 59, No. 7,pp. 7, pp. 11−21(1952)に開示されており、この方式によれば、複数視点からの複数の視差画像のうちの、少なくとも左右視差画像を交互に配列されたストライプ画像を、この画像から所定の距離だけ離れた位置に設けられた所定の開口部を有するスリット(パララックス・バリヤと呼ばれる)を介して、左右それぞれの眼でそれぞれの眼に対応した視差画像を観察することにより立体視を行うことができる。 11-21 is disclosed in (1952), according to this method, among the plurality of parallax images from a plurality of viewpoints, the stripe image are alternately arranged at least right and left parallax images, the distance from the image of a predetermined through a slit having a predetermined opening portion provided in a position separated by (called parallax barrier), to perform the stereoscopic viewing by observing the parallax images corresponding to each eye in each eye left can.
【0004】 [0004]
一方、レンチキュラ方式も右眼と左眼の両眼視差を用いて立体画像を表示するものであり、ディスプレイの前面にかまぼこ状のレンズを多数ならべたレンチキュラを設け、空間的に左右の眼に入る画像を分離して、ユーザに立体像を観察させるものである。 On the other hand, which displays a stereoscopic image using binocular parallax of the lenticular method also right and left eyes, a lenticular array of a number of semi-cylindrical lens in front of the display provided, enter the eye of the spatially lateral separating the image, but to observe a stereoscopic image to a user.
【0005】 [0005]
しかしながら、これらの方式では、観察者が立体視できる範囲が両眼中心距離約65mmの幅でしかない。 However, in these methods, the range of the observer can stereoscopically is only the width of each eye center distance of about 65 mm. そのため、観察者は頭の位置を固定するようにして観察する必要があり、非常に使いづらいという問題があった。 Therefore, the observer must be observed so as to fix the position of the head, there is a problem that difficult very easy to use.
【0006】 [0006]
このような問題に対処すべく、特開平2−44995号では、観察者の両眼の位置を検出して、レンチキュラレンズを水平方向に可動に支持して表示素子との左右方向の相対位置を移動制御することで、立体視領域を広げる方式が提案されている。 To cope with such problems, in JP-A-2-44995 detects the positions of both eyes of the observer, the left-right direction of the relative positions of the display element to support the movable lenticular lens in the horizontal direction by moving control, it has been proposed scheme to widen the stereo area. また、特開平2−50145号では、観察者の両眼位置を検出して画像の表示を観察者位置に応じて入れ換えて、立体視領域を広くする方式が提案されている。 Further, in JP-A-2-50145, interchanged depending on the observer position detection to image display binocular position of the observer, it is proposed scheme to widen the stereo area. 更に特開平10−232367号では、観察者と立体画像表示装置との距離の変化によるクロストークの発生を防止する立体画像表示装置が提案されている。 In yet JP 10-232367, the stereoscopic image display device for preventing the occurrence of crosstalk has been proposed due to the change in distance between the viewer and stereoscopic image display apparatus.
【0007】 [0007]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
しかしながら、上述の視点追従を行ういずれの方式においても、視点の移動量は常に表示画面に固定された座標系によって算出され、表示画面全体に3次元画像が表示されている場合しか考慮されていない。 However, in any method in which the above-mentioned viewpoint follow the moving amount of the viewpoint it is calculated by always coordinate system fixed to the display screen is not taken into consideration only if the 3-dimensional image is displayed on the entire display screen . 例えば、表示画面中を任意に移動可能なウインドウ内に3次元が像を表示し、このウインドウを移動すると、相対的に視点が移動することになるものの、そのような場合についての考慮はなされていない。 For example, 3-dimensional display an image on the possible arbitrarily move the display screen window, moving the window, but will be relatively viewpoint is moved, in such cases considered have been made for Absent.
【0008】 [0008]
すなわち、表示画面中の任意の位置に開かれたウインドウの中に3次元画像が表示されている場合の視点追従については何等考慮されていない。 That is, no consideration about the viewpoint follow when 3-dimensional image is displayed in the window opened at any position in the display screen. また、一画面中に一つまたは複数のウインドウが表示され、この一つ又は複数のウインドウの夫々に3次元表示がなされているような場合に、どのように視点追従を制御するかについての考慮はなされていない。 Another aspect of one or more windows are displayed on the screen, considering as to whether the case that each the three-dimensional display of the one or more windows have been made, how to control the viewpoint follow spoken that is not.
【0009】 [0009]
本発明は上記の問題に鑑みてなされたものであり、表示画面中の任意の位置に任意のサイズで表示することが可能なウインドウ内に3次元画像を表示する場合に、適切に視点追従制御を行うことを可能とすることを目的とする。 The present invention has been made in view of the above problems, in the case of displaying an arbitrary three-dimensional image within the available window to be displayed at any size at a position on the display screen, appropriately viewpoint tracking control It aims to make it possible to perform.
【0010】 [0010]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
上記の目的を達成するための本発明による表示制御装置は例えば以下の構成を備える。 The display control device according to the present invention for achieving the above object comprises the following arrangement example. すなわち、 That is,
視差画像を左右の夫々の眼によって観察させるための光指向性を生成して3次元画像を観察可能とする表示制御装置であって、 A display control device capable of observing a three-dimensional image to generate a light directivity for the observed parallax images by the left and right respectively of the eye,
観察者の視点位置を検出する検出手段と、 Detecting means for detecting the observer's viewpoint position,
表示中の3次元表示ウインドウの位置に基づいて視点追従のための基準位置を取得する取得手段と、 An acquisition unit configured to acquire a reference position for the viewpoint follow based on the position of the three-dimensional display windows in the display,
前記検出手段で検出された視点位置と前記取得手段で取得した基準位置とに基づいて、視点追従を行うべく前記光指向性の生成状態を制御する制御手段とを備える。 Based on the reference position acquired by the acquisition unit and the detected viewpoint position by the detecting means, and control means for controlling the generation state of said optical directional to perform the viewpoint follow.
【0011】 [0011]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下、添付の図面を参照して本発明の好適な実施形態を説明する。 Hereinafter, with reference to the accompanying drawings illustrating the preferred embodiments of the present invention.
【0012】 [0012]
<第1の実施形態> <First embodiment>
図1は、第1の実施形態による立体画像表示装置の概略構成を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing a schematic configuration of a stereoscopic image display apparatus according to the first embodiment. 図1において、101はCRT等の自発光型表示素子であり、その表面には発光部102と非発光部103を有する市松状の発光パターン104が表示される。 In Figure 1, 101 is a self-luminous display device such as a CRT, on the surface checkerboard pattern of a light emitting pattern 104 having a light emitting portion 102 non-light emitting portion 103 is displayed. 105はレンチキュラレンズであり、発光部102よりの射出光に指向性を与える。 105 is a lenticular lens, it gives directivity to the light emitted from the light emitting portion 102. レンチキュラレンズ105は透明樹脂又はガラス製のシリンドリカルレンズアレイであり、垂直方向に長い縦シリンドリカルレンズを左右方向に並べて構成されている。 The lenticular lens 105 is a cylindrical lens array made of a transparent resin or glass, and is configured long vertical cylindrical lenses in the vertical direction are arranged in the lateral direction. 106はディスプレイデバイスであり、本例では2枚のガラス基板の間に表示画素部(表示面)を形成した透過型の液晶素子を用いる。 106 is a display device, uses a transmission-type liquid crystal device forming the display pixel portion (display screen) between two glass substrates in this example.
【0013】 [0013]
なお、自発光型表示素子101とディスプレイデバイス106とは1画素毎又は1走査線毎に同期して発光パターン及びストライプ画像を表示することが望ましい。 Incidentally, it is desirable that the self-luminous type display device 101 and display device 106 in synchronization with each respective pixel or one scan line for displaying an illumination pattern and a stripe image.
【0014】 [0014]
110はディスプレイ駆動回路、112は観察者113の位置を検知する位置センサ、111は制御ユニットである。 110 display driving circuit, 112 is a position sensor for detecting the position of the observer 113, the 111 is a control unit. 位置センサ112は、観察者の水平方向の位置と光軸方向(前後方向)の位置を検知する。 Position sensor 112 detects the position of the observer's horizontal position and the optical axis direction (longitudinal direction). また、制御ユニット111は自発光型表示素子101の発光パターンの制御も行う。 The control unit 111 also controls the light emission pattern of the self-luminous type display device 101. なお、位置センサ112が観察者113の光軸方向の位置を検知する方法としては、周知の、銀塩カメラやビデオカメラ等で用いられているオートフォーカスの手法を適用することができる。 As a method of position sensor 112 detects the position of the optical axis of the viewer 113 is able to apply the method of auto focusing that is used in the well-known, a silver halide camera, a video camera, and the like.
【0015】 [0015]
図2は第1の実施形態による立体画像表示装置の立体観察を説明する図である。 Figure 2 is a diagram for explaining the three-dimensional observation of a stereoscopic image display apparatus according to the first embodiment. 図は水平の断面図であり、図1中の線A−Aを含む水平面に沿った断面図が(A)に、図1中の線B−Bを含む水平面に沿った断面図が(B)にそれぞれ示されている。 Figure is a cross-sectional view of a horizontal, cross-sectional view taken along a horizontal plane including the line A-A in FIG. 1 (A), cross-sectional view taken along a horizontal plane including the line B-B in FIG. 1 (B They are respectively shown in).
【0016】 [0016]
制御ユニット111は右目用の視差画像と左目用の視差画像を入力し、入力された2つの視差画像をそれぞれ多数の横ストライプ状のストライプ画像R とL に分割し、図1に示すように画面上端から1走査線毎にR …と交互に並べて1枚の横ストライプ画像を合成する。 The control unit 111 inputs the parallax image for parallax image and the left eye for the right eye, divided input two parallax images respectively into a number of horizontal stripes of the stripe image R i and L i, as shown in FIG. 1 synthesizing R 1 L 2 R 3 L 4 R 5 L 6 ... 1 sheets arranged alternately with the horizontal stripe image from the screen upper end for each scan line. このように合成された横ストライプ画像はディスプレイ駆動回路110に入力され、図1に示す如く表示される。 Thus synthesized horizontal stripe image is input to the display driver circuit 110, is displayed as shown in FIG.
【0017】 [0017]
このとき、R 、R …に表示された右視差画像のストライプ(R )は、本立体画像表示装置の光指向性により図2の(A)に示すごとく観察者の右眼に到達する。 At this time, the stripe (R i) of R 1, R 3 ... on the displayed right parallax image reaches the observer's right eye as shown in shown in FIG. 2 (A) by the light directivity of the stereoscopic image display device to. すなわち、市松パターン104の発光部102から射出された光は、レンチキュラレンズ105のシリンドリカルレンズにより観察者の右眼E に向かうように指向性が与えられる。 That is, the light emitted from the light emitting portion 102 of the checkerboard pattern 104, directivity is given to face the right eye E R of the observer by the cylindrical lens of the lenticular lens 105. この右眼E に向かう光束は、レンチキュラレンズ3と観察者との間に設けられたディスプレイデバイス106に表示された横長のストライプ画像(ここでは画像R )で変調されて右眼E に入射する。 The light beam directed to the right eye E R is modulated by the lenticular lens 3 and the observer horizontally displayed on the display device 106 provided between the stripe image (where the image is R i) in the right eye E R incident.
【0018】 [0018]
同様に、L 、L …に表示された左視差画像のストライプ(L )は、本立体画像表示装置の光指向性により図2の(B)に示すごとく観察者の左眼E に到達する。 Similarly, the stripe (L i) of L 2, L 4 ... on the displayed left parallax images, the stereoscopic image display apparatus of the left eye E of the observer as shown in FIG. 2 (B) by light-directed L to reach.
【0019】 [0019]
こうして観察者は、左右の眼のそれぞれで対応する視差画像を観察することになり、立体視が可能となる。 Thus observer, will be observed corresponding parallax images in the respective left and right eyes, thereby enabling stereoscopic viewing.
【0020】 [0020]
図3は第1の実施形態による立体表示システムの構成を示すブロック図である。 Figure 3 is a block diagram showing a configuration of a stereoscopic display system according to the first embodiment. 図3において300はホストコンピュータであり、2次元画像と3次元画像の取り扱いが可能である。 300 in FIG. 3 denotes a host computer, it is possible to handle 2D images and 3D images. ホストコンピュータ300において、301はCPUでありメモリ302に格納された制御プログラムに従って各種処理を実行する。 In the host computer 300, 301 performs various processes in accordance with a control program stored in it memory 302 and CPU. ホストコンピュータ300は、描画用のデータがアップデートされる毎にデバイスドライバ310への信号を更新する。 The host computer 300 updates the signal to the device driver 310 each time the data for drawing is updated. なおメモリ302は、ROMやRAM、あるいは磁気ディスクドライバを含む。 Incidentally memory 302 includes a ROM and a RAM or a magnetic disk driver.
【0021】 [0021]
310は本実施形態の立体ディスプレイの描画全体を制御するディスプレイドライバであり、図1の制御ユニット111に相当する。 310 is a display driver for controlling the entire drawing of the three-dimensional display of the present embodiment corresponds to the control unit 111 of FIG. 311はオブジェクト解析部であり、描画用のデータの種類を判別・解析する。 311 is an object analyzer to determine and analyze the type of data for drawing. 312はシステムコントローラであり、各種制御の中枢を担う。 312 denotes a system controller, responsible for the core of various types of control. システムコントローラ312は、CPUやメモリを備え、以下に説明する視点追従制御等の各種処理を実行する。 The system controller 312 includes a CPU and a memory, and executes various kinds of processing of the viewpoint tracking control or the like to be described below. 313は2D3D描画部であり、立体ディスプレイ上に実際に描画されるデータ、即ち従来より取り扱われてきた2次元画像やストライプ合成された3次元画像を描画制御する。 313 is a 2D3D drawing unit, actually data drawn, that is, the drawing control the 3-dimensional image that handled the two-dimensional image or stripe synthesis has been conventionally on the stereoscopic display.
【0022】 [0022]
314は切換駆動部であり、3次元表示と2次元表示を切換えるために上述の自発光型表示素子101を制御する。 314 is a switching drive unit, controlling the self-luminous display element 101 described above in order to switch the three-dimensional display and two-dimensional display. すなわち、図1に示すように市松状のパターン104を表示すれば3次元表示が可能となり、全面を発光状態とすれば通常のバックライトとなり、2次元表示が可能となる。 That is, it is possible to three-dimensional display by displaying the checkered pattern of the pattern 104 as shown in FIG. 1, if the entire surface in a light emitting state becomes normal backlight, 2-dimensional display are made possible. 315は追従制御部であり、視点検出部320から入力される視点位置に基づいて市松状パターン104を変更し、検出された視点位置で正しく立体視が行えるようにする。 315 is a follow-up control unit changes the checkerboard pattern 104 based on the viewpoint position input from the viewpoint detecting unit 320, to allow the correct stereoscopic vision at the detected viewpoint position. この視点追従制御については、詳細を後述する。 This point of view follow-up control will be described in detail later.
【0023】 [0023]
視点検出部320は、位置センサ112を含み、観察者113の視点位置を検出して、その情報をデバイスドライバ310に出力する。 Viewpoint detection unit 320 includes a position sensor 112 detects the viewpoint position of the observer 113, and outputs the information to the device driver 310.
【0024】 [0024]
立体ディスプレイ330は、2D3D描画部313より出力された描画データに従って、2次元画像や3次元画像をディスプレイデバイス106上に表示する。 Stereoscopic display 330, according to the drawing data output from the 2D3D drawing unit 313 displays a two-dimensional image or a three-dimensional image on the display device 106. なお、本例では、表示部330が、ディスプレイ駆動回路110とディスプレイデバイス106を含むものとする。 In this example, the display unit 330 is assumed to include a display driving circuit 110 and the display device 106.
【0025】 [0025]
2D3D切換部332は切換駆動部314からの信号に応じて自発光型表示素子101の市松状パターン104の表示のオンオフを行う。 2D3D switching unit 332 performs display on-off of the checkerboard pattern 104 of the self-luminous display device 101 in response to signals from the switching drive unit 314. また、視点追従部333は、追従制御部315の信号に応じて、市松状パターン104の表示位置制御や、発光部及び非発光部の表示ピッチの制御を行う。 Further, the viewpoint tracking unit 333 in response to the signal of the follow-up control unit 315 performs the display position control or a checkered pattern 104, the control of the display pitch of the light emitting portion and a non-light emitting portion.
【0026】 [0026]
なお、デバイスドライバ310は、ホストコンピュータ300の外部装置として接続されてもよいし、ホストコンピュータ300内のスロットルに実装されてもよい。 Note that the device driver 310 may be connected as an external device of the host computer 300 may be implemented in a throttle in the host computer 300. また、ホストコンピュータの一つのソフトウェア或いはソフトウェアと電子回路が混在する構成として実装されてもよい。 Also, one of the software, or software and electronic circuitry of the host computer may be implemented as a structure coexist. 即ち、ホストコンピュータ300はCPU301と、添付のフローチャートを参照して説明する処理手順を実現する制御プログラムを格納したメモリ302を備え、ディスプレイドライバ310が実現する各種機能をホストコンピュータ300のCPU301が実現するようにしてもよい。 That is, the host computer 300 to the CPU 301, includes a memory 302 the control program stored to implement the processing steps described with reference to a flowchart of attachment, to implement various functions of the display driver 310 is realized CPU 301 of the host computer 300 it may be so.
【0027】 [0027]
以上の様な構造による立体画像表示装置における、本実施形態の視点追従制御について、以下に説明する。 In the stereoscopic image display device according to above such a structure, the viewpoint follow-up control of the present embodiment will be described below. 本実施形態によれば、観察者の水平方向の位置ずれに起因するクロストークの補正は、自発光型表示素子101の表示面上に形成される市松状パターン104の移動によりなされる。 According to this embodiment, correction of crosstalk due to the horizontal positional deviation of the observer is made by movement of the checkerboard pattern 104 formed on the display surface of the self-luminous display element 101. また、観察者とディスプレイデバイスの距離が変化することにより発生するクロストークは、自発光型表示素子101乗の市松状パターン104における発光部と非発光部のピッチを変更することによりなされる。 Further, crosstalk generated by the distance of the viewer and the display device changes are made by changing the pitch of the light-emitting portion and the light non-emitting portion of the checkerboard pattern 104 of 101 square self-luminous type display device.
【0028】 [0028]
図4は本実施形態による光学系の諸元を説明する図である。 Figure 4 is a diagram for explaining the specifications of the optical system according to the present embodiment. 図4においては、ディスプレイデバイス106の右ストライプ画素を表示する水平方向の1ラインと、レンチキュラレンズ105と、市松状パターン104を表示する自発光型表示素子101の画面が簡略的に示されている。 In FIG. 4, the horizontal direction of one line to display the right stripe pixels of the display device 106, a lenticular lens 105, the screen of the self-luminous display element 101 for displaying a checkered pattern 104 is schematically shown .
【0029】 [0029]
市松状パターン104の表示画面とレンチキュラレンズ105との換算距離(ガラスなどの部材の厚みを空気換算して求めた距離)をt 、レンチキュラレンズ105とディスプレイデバイス106との換算距離をt 、ディスプレイデバイス106と観察者との換算距離をL とし、レンチキュラレンズ105のピッチをP 、市松状パターンの発光部・非発光部のピッチをP とすると、三角形の相似条件より本実施形態の光学系は以下の式を満足する。 Display screen and the lenticular lens 105 t 1 converted distance (the distance determined the thickness of the member such as glass and air conversion) between the lenticular lens 105 and the converted distance t 2 of the display device 106 of the checkerboard pattern 104, the converted distance between the display device 106 and an observer and L 0, P 1 the pitch of the lenticular lenses 105, when the pitch of the light-emitting portion and non-light emitting portion of the checkerboard pattern to P m, the present embodiment than similar conditions triangle the optical system satisfies the following expression.
【0030】 [0030]
【数1】 [Number 1]
【0031】 [0031]
更に、観察者の右眼がディスプレイデバイス106の中心C から水平方向にxずれた位置にある場合、画像表示面中央のレンチキュラレンズの光軸に対して市松状パターン104の対応する発光部102の中心Dがその基準位置D から水平方向に以下のd だけずらすことにより、適切な立体視が行える。 Further, when the right eye of the observer from the center C 0 of the display device 106 at a position offset x in the horizontal direction, corresponding light emitting portion of the checkerboard pattern 104 with respect to the optical axis of the image display surface middle of the lenticular lens 102 from the center D is the reference position D 0 of the by shifting only the following d 0 in the horizontal direction, can perform an appropriate stereoscopic.
【0032】 [0032]
【数2】 [Number 2]
【0033】 [0033]
なお、本実施形態では、以上の様な視点位置に対応した光指向性の制御を視点追従制御と称する。 In the present embodiment, it referred to as a viewpoint tracking control light directivity control corresponding to such viewing position above.
【0034】 [0034]
図5は、本実施形態による視点追従制御を説明するフローチャートである。 Figure 5 is a flowchart for explaining the viewpoint follow-up control according to this embodiment. 本処理は、デバイスドライバ310内のシステムコントローラ312に実装された不図示のCPUが、不図示のメモリに格納された制御プログラムを実行することにより実現されるものとする。 This process, CPU (not shown) mounted on the system controller 312 in the device driver 310 is assumed to be implemented by executing a control program stored in a memory (not shown).
【0035】 [0035]
まずステップS101において、基準位置X を決定する。 First, in step S101, it determines the reference position X 0. この基準位置X とは、視点検出部320によって検出された視点位置とのずれ量xを求めるための基準となる位置である。 The reference position X 0, a reference position for determining the deviation amount x between the viewpoint position detected by the viewpoint detector 320. 以下、ステップS101による処理について図6を参照して説明する。 Will be described below with reference to FIG. 6 the processing in step S101.
【0036】 [0036]
図6は、本実施形態による基準位置X の決定処理を説明するフローチャートである。 Figure 6 is a flowchart illustrating processing for determining a reference position X 0 of the present embodiment. ステップS201では、3次元画像表示を行うウインドウ(以下、3次元表示ウインドウ)を抽出する。 In step S201, it extracts the window is used to 3D image display (hereinafter, three-dimensional display window). 図7は本実施形態による3次元表示ウインドウの表示状態を説明する図である。 Figure 7 is a diagram illustrating a display state of the three-dimensional display window according to the present embodiment. 図7において、ウインドウ33a、33b、33cはそれぞれ3次元画像を表示するウインドウである。 7, the window 33a, 33b, 33c is a window for displaying a three-dimensional image, respectively. なお、各ウインドウが3次元表示を行うか否かは、ウインドウ内に表示される画像ファイルを調べることにより(例えば拡張子等を参照する)判断することができる。 Incidentally, whether the window is the three-dimensional display, (refer to for example, extension, etc.) by examining the image files displayed in the window can be determined. ステップS201では、これらウインドウ33a、33b、33cが抽出されることになる。 At step S201, so that these windows 33a, 33b, 33c are extracted.
【0037】 [0037]
ステップS202では、ステップS201で抽出されたウインドウに関して重心位置を算出する。 In step S202, it calculates the barycentric position with respect to the window that has been extracted in step S201. そして、算出された重心位置に対して視点検出部320で検出された視点位置が追従範囲にあるか否かを判断し、追従範囲内にあればステップS208へ進み、その重心位置を基準位置X に決定する。 Then, the detected viewpoint position the viewpoint detection unit 320 with respect to the calculated center of gravity is determined whether the follow-up range, if within the tracing range proceeds to step S208, the reference position X of the center of gravity position It is determined to be 0.
【0038】 [0038]
以上の処理により、複数の3次元表示ウインドウが表示されている場合には、それらの重心位置が基準位置X に設定されることになる。 By the above processing, when a plurality of three-dimensional display window is displayed, so that their center of gravity is set at the reference position X 0. なお、図8に示すように、3次元表示用ウインドウが1つだけ表示されているような場合は、ステップS202で算出される重心位置がその3次元表示用ウインドウの中心と一致することになる。 As shown in FIG. 8, when the three-dimensional display window as displayed only one, so that the center of gravity position calculated in step S202 coincides with the center of the three dimensional display window . また、アクティブな3次元表示用ウインドウにおいてのみ3次元表示を行い、非アクティブな3次元表示用ウインドウにおいては2次元表示が行われるような場合は、アクティブな3次元表示用ウインドウの中心を基準位置X とするようにしてもよい(この場合、ステップS201で3次元表示を実行している3次元表示ウインドウを抽出するようにすればよい)。 Further, performs only the three-dimensional display in the active three-dimensional display window, when such two-dimensional display is performed in the inactive 3-dimensional display window, the reference position the center of the active three-dimensional display window it may be used as the X 0 (in this case, it suffices to extract the three-dimensional display window running a 3D display in step S201).
【0039】 [0039]
一方、ステップS203において、算出された重心位置と検出された視点位置との関係により、視点位置が追従範囲にないと判定された場合は、ステップS204へ進み、3次元表示ウインドウの表示内容を2次元表示とする。 On the other hand, in step S203, the relationship between the detected viewpoint position and the calculated centroid position, if the viewpoint position is determined not to follow-up range, the process proceeds to step S204, the display content of the 3-dimensional display window 2 the dimension display. このとき、2次元表示が行われている旨を明示するように、ウインドウ枠等を変化させてもよい。 In this case, as clearly the fact that two-dimensional display is being performed, may be changed the window frame or the like. なお、このとき、自発光型表示素子101の表示を市松パターンから全面発光状態に切換て、2次元表示装置として動作するようにしてもよい。 At this time, the display of the self-luminous display element 101 Te switching from a checkered pattern on the entire surface light emission state, may be operated as a two-dimensional display device. そして、ステップS205、S206において、視点位置が追従範囲内に戻るのを監視する。 Then, in step S205, S206, the viewpoint position is monitored from returning to the follow-up range. 視点位置が追従範囲内に戻った場合は、ステップS207において、ステップS204で2次元表示に変更したウインドウを3次元表示に戻す。 If the viewpoint position is returned to the follow-up range, in step S207, it returns the window changing to the two-dimensional display in step S204 in the three-dimensional display. その後、ステップS201へ戻り、上述のようにして基準位置X を決定する。 Thereafter, the process returns to step S201, it determines the reference position X 0 as described above.
【0040】 [0040]
なお、ステップS205における視点位置が追従範囲には行ったか否かの判定は例えば次のように行える。 The determination of whether the viewpoint position is done in follow-up range in the step S205 is performed as follows, for example. すなわち、ステップS204で2次元表示に変更したウインドウによる重心位置と視点位置の相対位置関係を監視する。 That is, to monitor the relative positional relationship between the center-of-gravity position and the viewpoint position of the window is changed to the two-dimensional display in step S204. ここで、ウインドウの重心位置は、ドラッグ操作によるウインドウの移動により変化する可能性があるので、少なくとも該当するウインドウに対するドラッグ操作が行われた場合には重心位置を計算しなおす。 Here, the center of gravity of the window, there is a possibility of change by the movement of the window by the drag operation, if the drag operation on at least the corresponding window is performed again to calculate the gravity center position. このようにして、視点位置の移動及び/或いはウインドウの移動によって視点位置が追従範囲に入ったならば、ステップS206からステップS207へ処理を進めることになる。 Thus, if the viewpoint position enters the tracing range by the movement of the moving and / or windows of the viewpoint position, so that the process proceeds from step S206 to step S207.
【0041】 [0041]
再び図5に戻り、ステップS102において観察者の視点位置とディスプレイとの距離L を取得する。 Returning to FIG. 5 again to obtain the distance L 0 between the observer's viewing position and the display in step S102. また、ステップS103では、ステップS101で決定された基準位置X からの視点位置の水平方向のずれ量xを算出する。 In step S103, it calculates the horizontal shift amount x of the viewpoint position from the reference position X 0 determined in step S101.
【0042】 [0042]
ステップS104では、観察者の光軸方向の移動により生じるクロストークの補正を行う。 In step S104, the correction of the crosstalk caused by the movement of the viewer in the optical axis direction. すなわち、ステップS102で得られた距離L を用いて自発光型表示素子101上の市松状パターン104の水平方向のピッチP を上述の式(1)によって計算しなおし、そのピッチP によって自発光型表示素子101上の市松上パターン表示を行う。 In other words, re-calculated by the horizontal pitch P m of the above equation in a checkered pattern 104 of the self-luminous display device on 101 using the distance L 0 obtained in step S102 (1), by their pitch P m performing self-luminous display element 101 Ueno, Mie Matsugami pattern display.
【0043】 [0043]
続いて、ステップS105以降において、ステップS103で算出されたずれ量xを用いて水平方向の位置ずれに起因するクロストークの補正を行う。 Subsequently, in step S105 subsequent to correct the cross-talk due to the horizontal positional deviation by using the shift amount x calculated in step S103.
【0044】 [0044]
まず、ステップS105において、水平方向のずれ量xを予め設定されている基準の眼間距離E(たとえば65mm)で除算し、整数である商Nと、その絶対値がE以下である余りsを得る。 First, in step S105, divided by the horizontal shift amount x in advance have been set reference interocular distance E (for example 65 mm), and the quotient N is an integer, the remainder absolute value is less than or equal to E s obtain. すなわち、x、E、N、sは、 In other words, x, E, N, s is,
x=N・E+s (ただし、Nは整数、|s|<E) x = N · E + s (where, N is an integer, | s | <E)
なる関係を有する。 Having the relationship.
【0045】 [0045]
ステップS106では、ステップS105で得られたNが奇数か偶数かを判断し、偶数ならばステップS107へ、奇数ならばステップS108へそれぞれ進む。 In step S106, the resulting N is determined whether odd or even in step S105, if an even number to step S107, the process proceeds respectively if odd to step S108. ステップS107において、デバイスドライバ310は、第1の横ストライプ画像をディスプレイデバイス106に表示し、ステップS108においてデバイスドライバ310は第2の横ストライプ画像をディスプレイデバイス106に表示する。 In step S107, the device driver 310 displays a first horizontal stripe image on the display device 106, device driver 310 displays the second horizontal stripe image on the display device 106 in step S108. 第1と第2の横ストライプ画像の関係は、図1において左目用のストライプ画像と右目用ストライプ画像の表示位置を入れ換えた関係にあり、左右の眼の夫々に左右の視差画像が正しく観察されるようにする。 Relationship between the first and second horizontal stripe images are in relation interchanged display position of the stripe image and the right-eye stripe image for the left eye in Figure 1, left and right parallax images to each of the left and right eyes are properly observed to so that.
【0046】 [0046]
ステップS109では、sの絶対値が予め定められた値、例えばE/10より大きいか小さいかを判別する。 In step S109, the value which the absolute value is predetermined in s, it is determined for example E / 10 or larger or smaller than. もし、小さければステップS110へ進み、発光パターンを基準位置に戻す。 If smaller proceeds to step S110, it returns the light emission pattern to the reference position. また、sがE/10よりも大きければ、ステップS111へ進み、発光パターンを基準位置より、数式(2)で与えられる分移動する。 Further, if s is greater than E / 10, the process proceeds to step S111, the reference position of the emission pattern, to correspondingly move given by Equation (2). すなわち、 That is,
s・t /(L +t s · t 1 / (L 0 + t 2)
だけ移動する。 Only to move. なお、本実施形態はE/10をしきい値としたが、このしきい値は左右像の光学的分離状況等を加味して決定される。 Incidentally, the present embodiment was the E / 10 and the threshold, the threshold is determined in consideration of optical isolation status of handedness.
【0047】 [0047]
以上のように第1の実施形態によれば、任意の位置に表示された3次元表示ウインドウに関して、適切な視点追従制御を行うことが可能となる。 According to the first embodiment as described above, with respect to three-dimensional display window that is displayed at an arbitrary position, it is possible to perform proper perspective follow-up control. また、複数の3次元表示ウインドウが表示されていても、それらのウインドウに関して適切な視点追従制御を行うことが可能となる。 Moreover, even if they are displayed a plurality of three-dimensional display window, it is possible to perform proper perspective follow-up control with respect to their windows.
【0048】 [0048]
なお、上記実施形態では、3次元表示ウインドウについて算出された重心位置に対して視点位置が視点追従範囲外となった場合に、3次元表示ウインドウを2次元表示として、視点位置が追従範囲に戻るの待つが、これに限らない。 In the above embodiment, when the viewpoint position becomes viewpoint follow outside against calculated centroid position for three-dimensional display window, as a two-dimensional display a three-dimensional display window, viewpoint position is returned to the tracing range wait of, but not limited to this. 例えば複数の3次元表示ウインドウのうち、検出された視点位置から遠いものから順に一つずつ2次元表示し、重心計算の対象から外すようにしてもよい。 For example among the plurality of three-dimensional display window, and displays one by one two-dimensional in order from furthest from the detected viewpoint position may be excluded from the subject of the center of gravity calculation. このようにすれば、例えば図7のような表示において、ウインドウ33a、33b、33cの重心位置を用いると視点位置が追従範囲を越える場合に、例えばウインドウ33cを2次元表示として、ウインドウ33aと33bの重心位置と視点位置の関係を調べ、視点位置が追従範囲に入った場合は、その重心位置を基準位置とするようにしてもよい。 Thus, for example, in display as shown in FIG. 7, the window 33a, 33b, when used centroid position of 33c when the viewpoint position exceeds the follow-up range, for example, a window 33c as a two-dimensional display, windows 33a and 33b We examined the relationship between the gravity center position and the viewpoint position, when the viewpoint position has entered the follow-up range, may be the position of the center of gravity as a reference position.
【0049】 [0049]
なお、本実施形態では、視点追従制御において光指向性の制御を行うが、これに加えて運動視差制御を行うようにしてもよい。 In the present embodiment, it performs the light directivity control in perspective the following control may be performed motion parallax control in addition to this. 運動視差とは、検出された視点位置に応じて、徐々に物体の側面が見えてくるといったように、物体の表示状態を変えていくものである。 And motion parallax, in accordance with the detected viewing position, gradually as such aspects of the object comes into view, in which will change the display state of the object. この場合、検出された視点位置のずれ量に応じて立体像を更新していくので、図5、図6のフローチャートで説明した手法によって検出された視点位置のずれ量xに基づいて立体像の更新、描画を行う。 In this case, since going to update the three-dimensional image in accordance with the shift amount of the detected viewpoint position, FIG. 5, the three-dimensional image on the basis of the shift amount x of the viewpoint position detected by the procedure described in the flow chart of FIG. 6 update, do the drawing.
【0050】 [0050]
この結果、以下の運動視差制御を実現できる。 As a result, it is possible to realize the following motion parallax control.
(1)観察者の移動にともなってウインドウの立体像が更新、描画される。 (1) a stereoscopic image of the observer windows with the movement of the update, is drawn.
(2)ウインドウの移動(ドラッグ)に伴って、ウインドウの立体像が更新、描画される。 (2) with the movement of the window (drag), the three-dimensional image of the window updates, is drawn.
【0051】 [0051]
なお、例えばウインドウの移動中には2次元の運動視差画像を表示するようにしてもよい。 Incidentally, for example, during the movement of the window may be displayed a two-dimensional motion parallax images. この場合、ウインドウの移動終了後には、3次元表示に戻すことになる。 In this case, after the movement end of the window, it will return to the three-dimensional display.
【0052】 [0052]
また、上記実施形態の光学系は、図13に示すように、特開平10−78563号等に開示されているような、シリンドリカルレンズを水平方向に並べたレンチキュラ1301を用いた構成でもよい。 Further, the optical system of the above embodiment, as shown in FIG. 13, as disclosed in JP-A 10-78563 Patent etc., lenticular 1301 may be configured using the obtained by arranging cylindrical lenses in the horizontal direction.
【0053】 [0053]
<第2の実施形態> <Second Embodiment>
上記第1の実施形態では、自発光型表示素子101に市松状パターン104を表示して立体視を可能とした。 In the first embodiment, and it enables stereoscopic display a checkerboard pattern 104 to the self-luminous display device 101. 本実施形態では、市松状に光透過部と非透過部を設けたマスクパターンを用いる場合を説明する。 In the present embodiment, a case of using the mask pattern having a light transmitting portion and a non-transmissive portion in a checkered pattern.
【0054】 [0054]
図9は第2の実施形態による立体表示装置の構成を示す図である。 Figure 9 is a diagram showing a configuration of a stereoscopic display apparatus according to a second embodiment. 同図において、第1の実施形態(図1)と同様の構成には同一の参照番号を付してある。 In the figure, the same components as the first embodiment (FIG. 1) are denoted by the same reference numbers.
【0055】 [0055]
図9において、901はバックライト光源(面光源)であり、902は市松状の開口部903と遮光部904を有するマスク基板である。 9, 901 is a back light source (surface light source) 902 is a mask substrate having a checkered pattern of openings 903 and the light shielding portion 904. 第2の実施形態では、第1の実施形態における市松状パターン104を表示した自発光型表示素子101とを、バックライト光源901とマスク基板902で置き換えた構成となっている。 In the second embodiment, a self-luminous display element 101 displaying the checkered pattern 104 in the first embodiment has a configuration obtained by replacing the backlight source 901 and the mask substrate 902. また、910は、アクチュエータであり、マスク基板902を水平方向に移動する。 Further, 910 is an actuator, for moving the mask substrate 902 in the horizontal direction. 第1の実施形態では、マスクパターン104の表示を移動することにより水平方向の補正を行ったが、第2の実施形態では、マスク基板902をアクチュエータ910によって移動することにより水平方向の視点追従を行う。 In the first embodiment has been horizontal correction by moving the display of the mask pattern 104, in the second embodiment, the horizontal direction of the viewpoint tracking by moving the mask substrate 902 by an actuator 910 do.
【0056】 [0056]
以上のように、第2の実施形態では、視点追従制御を行うに際して、マスク基板902の移動という機械的な動作が必要となる。 As described above, in the second embodiment, when performing perspective up control, the mechanical operation of moving the mask substrate 902 is required. このような移動を視点追従のための動作を行っている最中は、光指向性が刻々と変化し、観察者にとって見苦しいものとなってしまう。 Such movement while performing the operation for the viewpoint follow the cases, light directivity is constantly changing, becomes as unsightly to the observer. 第2の実施形態では、このような問題に対処する。 In the second embodiment, to cope with such problems.
【0057】 [0057]
図10は第2の実施形態による視点追従制御を説明するフローチャートである。 Figure 10 is a flowchart for explaining the viewpoint follow-up control according to the second embodiment. 図10において、ステップS101、S103、S105〜S109は上述の第1の実施形態(図5)と同様の処理である。 10, step S101, S103, S105 to S109 is the same processing as the first embodiment described above (FIG. 5). ただし、マスク基板902では、開口部と遮光部のピッチP を変更することが容易ではないので、第2の実施形態では光軸方向の観察者の移動に対するクロストークの補正は実行しないものとする(すなわち、ステップS102とS104は省略される)。 However, the mask substrate 902, since it is not easy to change the pitch P m of the light-shielding opening, which does not perform correction of crosstalk with respect to the movement in the optical axis direction of the observer in the second embodiment and to (i.e., steps S102 and S104 are omitted).
【0058】 [0058]
ステップS109において、s≦E/10の場合は、ステップS301へ進み、マスク基板902を基準位置へ移動する。 In step S109, in the case of s ≦ E / 10, the process proceeds to step S301, moving the mask substrate 902 to the reference position. また、s>E/10となった場合はステップS302へ進み、数式(2)で与えられる分移動する。 Also, if a s> E / 10 proceeds to step S302, the minute movement is given by Equation (2). すなわち、 That is,
s・t /(L +t s · t 1 / (L 0 + t 2)
だけ移動する。 Only to move.
【0059】 [0059]
その後、ステップS303へ進み、マスク基板902が上記ステップS301及びS302によって移動中か否かを判断し、移動中であればステップS304で遅延処理を行う。 Thereafter, the process proceeds to step S303, the mask substrate 902, it is determined whether or not moved by the steps S301 and S302, performs delay processing in step S304 if it is moving. 遅延処理としては、 The delay processing,
(1)マスク基板902の移動中はディスプレイデバイス106上に何も表示しない。 (1) during the movement of the mask substrate 902 does not display anything on display device 106.
(2)マスク基板902の移動中は、3次元ウインドウ内の表示を禁止する。 (2) during the movement of the mask substrate 902 prohibits the display of the three-dimensional window.
(3)マスク基板902の移動中は、ディスプレイデバイス106上の表示を全て2次元表示とすること等が挙げられる。 (3) during the movement of the mask substrate 902, it like to all two-dimensional display of the display on the display device 106 and the like.
【0060】 [0060]
また、図6のフローチャートで説明した処理により、観察者が追従範囲外に出てしまった場合は、 Further, by the process described in the flowchart of FIG. 6, when the observer had go out follow-up range,
(1)3次元表示ウインドウの表示を2次元表示とし、2次元表示であることを明示するウインドウ枠に変更する。 (1) the display of the three-dimensional display window and the two-dimensional display is changed to manifest the window frame to be a two-dimensional display.
(2)視点位置が追従範囲に戻るまで視点追従制御を中止する。 (2) the viewpoint position to stop the viewpoint follow-up control to return to the follow-up range.
という処理が行われることになる。 So that the processing that is performed.
【0061】 [0061]
また、第2の実施形態において、ウインドウのドラッグ操作による移動速度が、視点追従制御の追従速度を越えた場合に、すべての3次元表示ウインドウを2次元表示とするように制御してもよい。 In the second embodiment, the moving speed of the drag operation of the window, when exceeding the tracking speed of the viewpoint tracking control, all of the three-dimensional display windows may be controlled to a two-dimensional display.
【0062】 [0062]
なお、図9に示した構成において、光の拡散状態と透過状態の2状態の制御ができる、高分子分散型液晶で構成された光指向制御素子(PDLC)等をディスプレイデバイス106とレンチキュラレンズ105の間、或いはレンチキュラレンズ105とマスク基板902の間に設けて、2次元表示と3次元表示の切り換えを行えるようにしてもよい。 Incidentally, in the configuration shown in FIG. 9, it is controlled two-state diffusion state and transmission state of light, the light directivity control element which is formed of a polymer dispersed liquid crystal (PDLC) or the like display device 106 and the lenticular lens 105 during, or provided between the lenticular lens 105 and the mask substrate 902, it can be offered by the switching of the two-dimensional display and three-dimensional display. すなわち、PDLCを拡散状態として光指向性を打ち消すことにより2次元表示装置となり、透過状態とすることにより3次元表示装置となる。 In other words, it becomes possible by a two-dimensional display apparatus for canceling the light directivity of the PDLC as a diffusion condition, the three-dimensional display device by a transmission state. なお、PDLCの代わりに拡散シートの挿入状態と非挿入状態を切換えるようにしてもよい。 Incidentally, it is also possible to switch the inserted state and a non-insertion state of the diffusion sheet instead of PDLC.
【0063】 [0063]
また、上記のように2次元表示と3次元表示の切換を行える装置において、2次元表示状態となっている場合、マスク基板902の移動は表示状態に影響を及ぼさない。 Further, the apparatus can perform switching of two-dimensional display and three-dimensional display as described above, if a two-dimensional display mode, movement of the mask substrate 902 does not affect the display state. 従って、2次元表示となっている間は、3次元表示状態に切り換わったときにマスク基板の追従遅れが少なくなるような位置にマスク基板902を移動しておく(以下、マスク基板のバックグランド処理という)ようにしてもよい。 Thus, while a two-dimensional display, keep moving the mask substrate 902 in a position such as follow-up delay of the mask substrate is reduced when the cut place of the 3-dimensional display mode (hereinafter, the mask substrate background it may be in the process of) like. 以下、この処理を説明する。 Below, to illustrate this process.
【0064】 [0064]
図11は第2の実施形態によるマスク基板902のバックグランド処理について説明するフローチャートである。 Figure 11 is a flowchart illustrating the background processing of the mask substrate 902 according to the second embodiment. 図11に示されるフローチャートは、図10のステップS103とステップS105の間に挿入される。 Flowchart shown in FIG. 11 is inserted between the step S103 and step S105 in FIG. 10.
【0065】 [0065]
まず、ステップS401において、当該表示装置が3次元表示状態にあるかどうかを判断する。 First, in step S401, it is determined whether the display device is in the 3-dimensional display state. すなわち、PDLCが透過状態にある場合、或いは拡散シートが挿入されていない場合は3次元表示状態であり、この場合はそのままステップS105へ進み、上述した視点追従制御を実行する。 That is, when the PDLC is in a transparent state, or if the diffusion sheet is not inserted is 3-dimensional display mode, in this case as it proceeds to step S105, executes the viewpoint follow control described above.
【0066】 [0066]
一方、PDLCが拡散状態にある場合、或いは拡散シートが挿入された状態にある場合は、2次元表示状態であり、処理はステップS402へ進む。 On the other hand, if the PDLC is in a diffused state, or when in the state in which the diffusion sheet is inserted is a two-dimensional display mode, the process proceeds to step S402. ステップS402では、3次元表示ウインドウ(3次元表示される可能性のあるウインドウ)を抽出する。 In step S402, it extracts a three-dimensional display window (window that may be three-dimensional display). そして、ステップS403において、ステップS402で抽出されたウインドウの重心位置を求め、この重心位置と視点位置とに基づいてマスク基板を最適な位置に移動する。 Then, in step S403, it obtains the center of gravity of the extracted window in step S402, moving the mask substrate at an optimum position on the basis of the barycentric position and the viewpoint position.
【0067】 [0067]
以上のように処理することにより、2次元表示状態から3次元表示状態に切り換わった際に、マスク基板902が既に適切な位置に移動しているので、スムースな表示切換が可能となる。 By processing as described above, when switched from 2D display state in the three-dimensional display state, since the mask substrate 902 is moving already proper position, it is possible to smoothly display switching.
【0068】 [0068]
なお、上記実施形態ではマスク基板902を移動したが、例えばレンチキュラレンズのような他の光学部材を移動するようにしてもよい。 Although moving the mask substrate 902 in the above embodiment, for example, other optical members may be moved, such as a lenticular lens.
【0069】 [0069]
<第3の実施形態> <Third Embodiment>
上述した第1の実施形態では、光軸方向の観察者の移動に対して、市松パターンのピッチP を制御することで対応した。 In the first embodiment described above, with respect to movement in the direction of the optical axis of the observer, corresponding by controlling the pitch P m of the checkerboard pattern. しかしながら、第2の実施形態のようなマスク基板を用いた場合は、市松パターンのピッチを変更することは困難であり、このため第2の実施形態では光軸方向の補正を行っていない。 However, in the case of using the mask substrate, such as in the second embodiment, changing the pitch of the checkerboard pattern it is difficult, not been corrected in the optical axis direction in this order a second embodiment. 第3の実施形態では、市松パターンのピッチを制御せずに、3次元表示ウインドウの表示サイズを制御することにより、観察者の光軸方向の移動に対する画質の維持を行う。 In the third embodiment, without controlling the pitch of the checkerboard pattern by controlling the display size of the three-dimensional display window, perform maintenance of the image quality with respect to the movement of the viewer in the optical axis direction.
【0070】 [0070]
図12は第3の実施形態による3次元表示ウインドウのサイズ決定処理を説明するフローチャートである。 Figure 12 is a flowchart for explaining the sizing process of the three-dimensional display window according to the third embodiment. なお、図12に示されるフローチャートは、図10に示されるフローチャートのステップS101とステップS103の間に挿入されるものとする。 The flowchart shown in FIG. 12 shall be inserted between step S101 and step S103 of the flowchart shown in FIG. 10.
【0071】 [0071]
まず、ステップS501において、ディスプレイデバイス106と視点位置との距離L を取得する。 First, at step S501, acquires the distance L 0 between the display device 106 and the viewpoint position. 次に、ステップS502では、3次元表示ウインドウの幅に基づいて、立体視可能な距離範囲を算出する。 Next, in step S502, based on the width of the three-dimensional display window, to calculate a stereoscopic view possible range of distance. ウインドウの幅と、立体視可能な距離範囲は、例えば文献「3D映像 Vol.7 No.2, 1993/March、4〜7ページ」に記載されている立体視領域に基づいて算出される。 Range and stereoscopically visible distance range of the window is, for example, the document "3D video Vol.7 No.2, 1993 / March, 4~7 page" is calculated based on stereoscopic regions described in. 上述の文献では、レンチキュラ方式について言及しているが、他の直視型立体ディスプレイにも適用できる。 In the above literature, although mention lenticular method, it can be applied to other direct-view stereoscopic display. 設計上の立体視最適距離をD0、立体視できる最近距離をDF、立体視できる最遠距離をDS、ウインドウの横幅をA(mm)、眼間距離をK(通常65mm)、nを画像数とした場合に以下のように表わされる。 The stereoscopic optimal distance on design D0, the shortest distance which can stereoscopically DF, the farthest distance that can be stereoscopically DS, the width of the window A (mm), the distance between the eyes K (typically 65 mm), n number of images to It is expressed as follows when the.
【0072】 [0072]
【数3】 [Number 3]
【0073】 [0073]
ステップS503では、上記の式のAに処理対象の3次元表示ウインドウの幅を代入し、当該ウインドウの立体視可能範囲を求める。 At step S503, by substituting the width of the three-dimensional display window to be processed to the A of the above formula, obtaining the stereoscopic view possible range of the window. そして、この求まった立体視可能範囲に、ステップS501で得られた距離L が入っているかを判断する。 Then, the Motoma' stereoscopic view possible range, it is determined whether the entered distance L 0 obtained in step S501. 距離L が立体視可能範囲に入らない場合は、この距離L が立体視可能範囲に収まるように当該ウインドウの幅を変更する。 If the distance L 0 from entering the stereoscopic view possible range, the distance L 0 to change the width of the window to fit the stereoscopic view possible range. 以上の処理をすべての3次元表示ウインドウに対して行う(ステップS505)。 Performing the above processing for all the three-dimensional display window (step S505).
【0074】 [0074]
以上のように、第3の実施形態によれば、ディスプレイデバイス106と視点位置との距離が、立体視可能となるように3次元表示ウインドウ幅が調整されるので、観察者は多様な視点位置で、高品位な立体視を行うことができる。 As described above, according to the third embodiment, the distance between the display device 106 and the viewpoint position, so three-dimensional display window width is adjusted so as to allow stereoscopic vision, the viewer diverse viewpoint position in, it is possible to perform a high-quality stereoscopic.
【0075】 [0075]
なお、本実施形態の目的は、前述した実施形態の機能を実現するソフトウェアのプログラムコードを記録した記憶媒体を、システムあるいは装置に供給し、そのシステムあるいは装置のコンピュータ(またはCPUやMPU)が記憶媒体に格納されたプログラムコードを読出し実行することによっても、達成されることは言うまでもない。 The object of the present embodiment, a storage medium storing software program codes for realizing the functions of the above embodiments is supplied to a system or an apparatus and a computer (or CPU or MPU) stores may read and execute the program codes stored in the medium, it is needless to say that is achieved.
【0076】 [0076]
この場合、記憶媒体から読出されたプログラムコード自体が前述した実施形態の機能を実現することになり、そのプログラムコードを記憶した記憶媒体は本実施形態を構成することになる。 In this case, the program codes read from the storage medium realizes the functions of the embodiments and the storage medium storing the program codes constitutes the present embodiment.
【0077】 [0077]
プログラムコードを供給するための記憶媒体としては、例えば、フロッピディスク,ハードディスク,光ディスク,光磁気ディスク,CD−ROM,CD−R,磁気テープ,不揮発性のメモリカード,ROMなどを用いることができる。 As the storage medium for supplying the program code, for example, it can be used a floppy disk, a hard disk, an optical disk, CD-ROM, CD-R, magnetic tape, nonvolatile memory card, ROM, and the like.
【0078】 [0078]
また、コンピュータが読出したプログラムコードを実行することにより、前述した実施形態の機能が実現されるだけでなく、そのプログラムコードの指示に基づき、コンピュータ上で稼働しているOS(オペレーティングシステム)などが実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。 Further, by the computer executes the readout program codes, besides the functions of the above-described embodiments are realized, based on an instruction of the program code, an OS running on the computer (the operating system) It performs a part or entire process but also to a case where the functions of the above-described embodiments are realized by those processes.
【0079】 [0079]
さらに、記憶媒体から読出されたプログラムコードが、コンピュータに挿入された機能拡張ボードやコンピュータに接続された機能拡張ユニットに備わるメモリに書込まれた後、そのプログラムコードの指示に基づき、その機能拡張ボードや機能拡張ユニットに備わるCPUなどが実際の処理の一部または全部を行い、その処理によって前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。 Furthermore, the program code read from the storage medium are written in a memory of a function expansion unit connected to a function expansion board inserted into the computer or on the basis of the instructions of the program code, the function expansion a CPU or the like provided in the board or function expansion unit performs part or all of the actual processing so that the program codes and the functions of the above-described embodiments are realized by those processes.
【0080】 [0080]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上説明したように、本発明によれば、表示画面中の任意の位置に任意のサイズで表示することが可能なウインドウ内に3次元画像を表示する場合に、適切な視点追従制御を行うことが可能となる。 As described above, according to the present invention, when displaying a three-dimensional image within the available window to be displayed at any size at any position in the display screen, by performing proper perspective following control it is possible.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】第1の実施形態による立体画像表示装置の概略構成を示す図である。 1 is a diagram showing a schematic configuration of a stereoscopic image display apparatus according to the first embodiment.
【図2】第1の実施形態による立体画像表示装置の立体観察を説明する図である。 2 is a diagram for explaining the three-dimensional observation of a stereoscopic image display apparatus according to the first embodiment.
【図3】第1の実施形態による立体表示システムの構成を示すブロック図である。 3 is a block diagram showing a configuration of a stereoscopic display system according to the first embodiment.
【図4】本実施形態による光学系の諸元を説明する図である。 Is a diagram illustrating the specifications of the optical system according to FIG. 4 embodiment.
【図5】本実施形態による視点追従制御を説明するフローチャートである。 5 is a flowchart for explaining the viewpoint follow-up control according to this embodiment.
【図6】本実施形態による基準位置X の決定処理を説明するフローチャートである。 6 is a flowchart illustrating processing for determining a reference position X 0 of the present embodiment.
【図7】本実施形態による3次元表示ウインドウの表示状態を説明する図である。 7 is a diagram illustrating a display state of the three-dimensional display window according to the present embodiment.
【図8】本実施形態による3次元表示ウインドウの表示状態を説明する図である。 8 is a diagram illustrating a display state of the three-dimensional display window according to the present embodiment.
【図9】第2の実施形態による立体表示装置の構成を示す図である。 9 is a diagram showing a configuration of a stereoscopic display apparatus according to a second embodiment.
【図10】第2の実施形態による視点追従制御を説明するフローチャートである。 10 is a flowchart illustrating the viewpoint follow-up control according to the second embodiment.
【図11】第2の実施形態によるマスク基板902のバックグランド処理について説明するフローチャートである。 11 is a flowchart illustrating a background processing mask substrate 902 according to the second embodiment.
【図12】第3の実施形態による3次元表示ウインドウのサイズ決定処理を説明するフローチャートである。 12 is a flowchart illustrating a sizing process of the three-dimensional display window according to the third embodiment.
【図13】水平方向にシリンドリカルレンズを配置したレンチキュラを用いた光学系を示す図である。 13 is a diagram showing an optical system using a lenticular arranged cylindrical lenses horizontally.

Claims (35)

  1. 視差画像を左右の夫々の眼によって観察させるための光指向性を生成して3次元画像を観察可能とする表示制御装置であって、 A display control device capable of observing a three-dimensional image to generate a light directivity for the observed parallax images by the left and right respectively of the eye,
    観察者の視点位置を検出する検出手段と、 Detecting means for detecting the observer's viewpoint position,
    表示中の3次元表示ウインドウの位置に基づいて視点追従のための基準位置を取得する取得手段と、 An acquisition unit configured to acquire a reference position for the viewpoint follow based on the position of the three-dimensional display windows in the display,
    前記検出手段で検出された視点位置と前記取得手段で取得した基準位置とに基づいて、視点追従を行うべく前記光指向性の生成状態を制御する制御手段とを備えることを特徴とする表示制御装置。 Based on the reference position acquired by the acquisition unit and the detected viewpoint position by the detecting means, display control, characterized in that it comprises control means for controlling the generation state of said optical directional in order to perform the viewpoint follow apparatus.
  2. 前記取得手段は、アクティブな3次元表示ウインドウの中心位置を基準位置として取得することを特徴とする請求項1に記載の表示制御装置。 It said acquisition means, the display control device according to claim 1, characterized in that to obtain the center position of the active three-dimensional display window as a reference position.
  3. 前記取得手段は、表示中の3次元表示ウインドウの重心位置を算出し、これを基準位置とすることを特徴とする請求項1に記載の表示制御装置。 The acquisition means calculates a center of gravity position of the three-dimensional display windows in the display, the display control device according to claim 1, characterized in that it as the reference position.
  4. 前記基準位置に対する前記視点位置が追従範囲を出た場合に、表示内容を全て2次元表示とする表示変更手段を更に備えることを特徴とする請求項1に記載の表示制御装置。 When said viewpoint position out of the tracking range, the display control device according to claim 1, further comprising a display change means for all two-dimensional display of the display content with respect to the reference position.
  5. 前記表示変更手段によって2次元表示がなされている状態で、視点位置が追従範囲に入った場合に、3次元表示ウインドウを2次元表示から3次元表示へ戻すことを特徴とする請求項4に記載の表示制御装置。 Wherein in a state where two-dimensional display by display changing means have been made, if the viewpoint position has entered the follow-up range, according to claim 4, characterized in that to return the three-dimensional display window from the two-dimensional display to three-dimensional display of the display control device.
  6. 前記取得手段で取得された基準位置と前記検出手段で検出された視点位置とに基づいて運動視差表示を実行する手段を更に備えることを特徴とする請求項1に記載の表示制御装置。 The display control device according to claim 1, characterized in that it comprises further means for performing a motion parallax display based on the detected viewpoint position by the detecting means and the reference position acquired by the acquisition unit.
  7. 前記制御手段は、前記基準位置に対する前記視点位置が追従範囲を出た場合に、重心位置の計算対象とする3次元表示ウインドウの組み合わせを変更して視点追従を試みることを特徴とする請求項3に記載の表示制御装置。 Wherein, when the viewpoint position relative to the reference position is out of the tracking range, claim 3, characterized in that attempt viewpoint tracking by changing the combination of the three-dimensional display window for a calculation target center of gravity the display control device according to.
  8. 前記検出手段は、更に視点位置と画像表示面との距離を検出し、 It said detecting means further detects a distance between a viewpoint position and the image display surface,
    前記距離に基づいて光指向性を制御する第2制御手段を更に備えることを特徴とする請求項1に記載の表示制御装置。 The display control device according to claim 1, further comprising a second control means for controlling the light directivity based on said distance.
  9. 前記制御手段は、光学部材を移動制御することにより視点追従を行うことを特徴とする請求項1に記載の表示制御装置。 The control means, the display control device according to claim 1, characterized in that the viewpoint tracking by moving control of the optical member.
  10. 前記視点追従のために前記光学部材を移動している間は3次元の表示を禁止することを特徴とする請求項9に記載の表示制御装置。 The display control device according to claim 9 during the to and inhibits the display of three-dimensional moving the optical member for said viewpoint follow.
  11. 前記視点追従のために前記光学部材を移動している間は、表示画面における画像表示を禁止することを特徴とする請求項9に記載の表示制御装置。 While moving the optical member for said viewpoint follow, the display control device according to claim 9, characterized in that prohibiting image display on the display screen.
  12. 前記光指向性を除去して2次元画像表示装置として機能させる切換手段と、 A switching means to function as a two-dimensional image display apparatus by removing the light directivity,
    前記切換手段によって2次元画像表示装置として機能している場合に、前記光学部材を待機位置へ移動する移動手段を更に備えることを特徴とする請求項9に記載の表示制御装置。 Wherein when functioning as a two-dimensional image display device by the switching means, the display control device according to claim 9, further comprising a moving means for moving the optical member to the standby position.
  13. 前記移動手段は、3次元表示が可能なウインドウを抽出し、それらの重心位置に基づいて前記待機位置を決定することを特徴とする請求項12に記載の表示制御装置。 It said moving means extracts a window capable of three-dimensional display, the display control apparatus according to claim 12, wherein determining said waiting position on the basis of their center of gravity.
  14. 前記制御手段は、前記3次元ウインドウの移動速度を検出し、該移動速度が前記制御手段による視点追従の速度を越えた場合には、該3次元ウインドウを2次元表示に切換えることを特徴とする請求項9に記載の表示制御装置。 It said control means detects a movement speed of the three-dimensional window, when the moving speed exceeds the speed of the viewpoint tracking by the control means is characterized to switch the three-dimensional window in the two-dimensional display the display control device according to claim 9.
  15. 前記検出手段は、更に視点位置と画像表示面との距離を検出し、 It said detecting means further detects a distance between a viewpoint position and the image display surface,
    前記距離に基づいて3次元ウインドウの表示幅を制限することを特徴とする請求項9に記載の表示制御装置。 The display control device according to claim 9, characterized in that to limit the display width of a three-dimensional window on the basis of said distance.
  16. 前記3次元ウインドウの表示幅の制限は、前記距離と観察者の眼間距離とに基づいてなされることを特徴とする請求項15に記載の表示制御装置。 The display width of the three-dimensional window limits, the display control device according to claim 15, characterized in that it is made based on the distance between eyes of the distance between the observer.
  17. グラフィカルユーザインタフェースとして、前記3次元表示ウインドウを含むオブジェクトを表示する手段を更に備えることを特徴とする請求項1に記載の表示制御装置。 As a graphical user interface, the display control device according to claim 1, characterized by further comprising means for displaying an object that contains the three-dimensional display window.
  18. 視差画像を左右の夫々の眼によって観察させるための光指向性を生成して3次元画像を観察可能とする表示制御装置の制御方法であって、 A method of controlling an observable to the display control unit a three-dimensional image to generate a light directivity for the observed parallax images by the left and right respectively of the eye,
    観察者の視点位置を検出する検出工程と、 A detection step of detecting the observer's viewpoint position,
    表示中の3次元表示ウインドウの位置に基づいて視点追従のための基準位置を取得する取得工程と、 An acquisition step of acquiring reference position for the viewpoint follow based on the position of the three-dimensional display windows in the display,
    前記検出工程で検出された視点位置と前記取得工程で取得した基準位置とに基づいて、視点追従を行うべく前記光指向性の生成状態を制御する制御工程とを備えることを特徴とする表示制御方法。 The detection step based on the reference position acquired by the acquisition step and the detected viewpoint position, the display control, characterized in that it comprises a control step of controlling the generation state of said optical directional in order to perform the viewpoint follow Method.
  19. 前記取得工程は、アクティブな3次元表示ウインドウの中心位置を基準位置として取得することを特徴とする請求項18に記載の表示制御方法。 The acquisition step, the display control method according to claim 18, characterized in that to obtain the center position of the active three-dimensional display window as a reference position.
  20. 前記取得工程は、表示中の3次元表示ウインドウの重心位置を算出し、これを基準位置とすることを特徴とする請求項18に記載の表示制御方法。 The obtaining step may calculate the gravity center position of the three-dimensional display windows in the display, the display control method according to claim 18, characterized in that it as the reference position.
  21. 前記基準位置に対する前記視点位置が追従範囲を出た場合に、表示内容を全て2次元表示とする表示変更工程を更に備えることを特徴とする請求項18に記載の表示制御方法。 When said viewpoint position out of the tracking range, the display control method according to claim 18, further comprising a display change step of all two-dimensional display of the display content with respect to the reference position.
  22. 前記表示変更工程によって2次元表示がなされている状態で、視点位置が追従範囲に入った場合に、3次元表示ウインドウを2次元表示から3次元表示へ戻すことを特徴とする請求項21に記載の表示制御方法。 In a state in which the display 2-dimensional display by changing step has been made, if the viewpoint position has entered the follow-up range, according to claim 21, characterized in that to return the three-dimensional display window from the two-dimensional display to three-dimensional display display control method.
  23. 前記取得工程で取得された基準位置と前記検出工程で検出された視点位置とに基づいて運動視差表示を実行する工程を更に備えることを特徴とする請求項18に記載の表示制御方法。 The display control method according to claim 18, further comprising a step of performing a motion parallax display based on the detected viewpoint position in the detection step and the reference position acquired by the acquisition step.
  24. 前記制御工程は、前記基準位置に対する前記視点位置が追従範囲を出た場合に、重心位置の計算対象とする3次元表示ウインドウの組み合わせを変更して視点追従を試みることを特徴とする請求項20に記載の表示制御方法。 Said control step, when the viewpoint position relative to the reference position is out of the tracking range, claims, characterized in that attempt viewpoint tracking by changing the combination of the three-dimensional display window for a calculation target center of gravity 20 display control method according to.
  25. 前記検出工程は、更に視点位置と画像表示面との距離を検出し、 The detecting step further detects the distance between the viewpoint position and the image display surface,
    前記距離に基づいて光指向性を制御する第2制御工程を更に備えることを特徴とする請求項18に記載の表示制御方法。 The display control method according to claim 18, further comprising a second control step of controlling the light directivity based on said distance.
  26. 前記制御工程は、光学部材を移動制御することにより視点追従を行うことを特徴とする請求項18に記載の表示制御方法。 Wherein the control step, the display control method according to claim 18, characterized in that the viewpoint tracking by moving control of the optical member.
  27. 前記視点追従のために前記光学部材を移動している間は3次元の表示を禁止することを特徴とする請求項26に記載の表示制御方法。 The display control method according to claim 26 during the to and inhibits the display of three-dimensional moving the optical member for said viewpoint follow.
  28. 前記視点追従のために前記光学部材を移動している間は、表示画面における画像表示を禁止することを特徴とする請求項26に記載の表示制御方法。 While moving the optical member for said viewpoint follow, the display control method according to claim 26, characterized in that prohibiting image display on the display screen.
  29. 前記光指向性を除去して2次元画像表示装置として機能させる切換手段によって2次元画像表示装置として機能させている間に、前記光学部材を待機位置へ移動する移動工程を更に備えることを特徴とする請求項26に記載の表示制御方法。 And characterized in that while made to function as a two-dimensional image display device by the switching means to function as a two-dimensional image display apparatus by removing the light directivity, further comprising a moving step of moving the optical member to the standby position the display control method according to claim 26.
  30. 前記移動工程は、3次元表示が可能なウインドウを抽出し、それらの重心位置に基づいて前記待機位置を決定することを特徴とする請求項29に記載の表示制御方法。 The moving step extracts a window capable of three-dimensional display, the display control method according to claim 29, wherein determining said waiting position on the basis of their center of gravity.
  31. 前記制御工程は、前記3次元ウインドウの移動速度を検出し、該移動速度が前記制御工程による視点追従の速度を越えた場合には、該3次元ウインドウを2次元表示に切換えることを特徴とする請求項26に記載の表示制御方法。 Wherein the control step includes detecting a moving speed of the three-dimensional window, when the moving speed exceeds the speed of the viewpoint tracking by the control step is characterized by switching the three-dimensional window in the two-dimensional display the display control method according to claim 26.
  32. 前記検出工程は、更に視点位置と画像表示面との距離を検出し、 The detecting step further detects the distance between the viewpoint position and the image display surface,
    前記距離に基づいて3次元ウインドウの表示幅を制限することを特徴とする請求項26に記載の表示制御方法。 The display control method according to claim 26, characterized in that to limit the display width of a three-dimensional window on the basis of said distance.
  33. 前記3次元ウインドウの表示幅の制限は、前記距離と観察者の眼間距離とに基づいてなされることを特徴とする請求項32に記載の表示制御方法。 Limiting the display width of the three-dimensional window, the display control method according to claim 32, characterized in that made on the basis of the interocular distance of the distance between the observer.
  34. グラフィカルユーザインタフェースとして、前記3次元表示ウインドウを含むオブジェクトを表示する工程を更に備えることを特徴とする請求項18に記載の表示制御方法。 As a graphical user interface, the display control method according to claim 18, further comprising a step of displaying an object that contains the three-dimensional display window.
  35. 請求項18乃至34のいずれかに記載の表示制御方法をコンピュータによって実現するための制御プログラムを格納する記憶媒体。 Storage medium for storing a control program for realizing the display control method according computer to any one of claims 18 to 34.
JP2000231913A 2000-07-31 2000-07-31 Display control apparatus and method Expired - Fee Related JP3554257B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000231913A JP3554257B2 (en) 2000-07-31 2000-07-31 Display control apparatus and method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000231913A JP3554257B2 (en) 2000-07-31 2000-07-31 Display control apparatus and method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2002049004A JP2002049004A (en) 2002-02-15
JP3554257B2 true JP3554257B2 (en) 2004-08-18

Family

ID=18724673

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000231913A Expired - Fee Related JP3554257B2 (en) 2000-07-31 2000-07-31 Display control apparatus and method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3554257B2 (en)

Families Citing this family (49)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100554991B1 (en) 2002-09-17 2006-02-24 샤프 가부시키가이샤 Electronics with two and three dimensional display functions
CN101006733B (en) 2004-08-18 2010-05-05 夏普株式会社 Image data display apparatus
DE102005040597A1 (en) * 2005-02-25 2007-02-22 Seereal Technologies Gmbh Method and device for tracking sweet spots
JP5663854B2 (en) * 2009-09-15 2015-02-04 株式会社ニコン Display device, display method, and program
JP2013080987A (en) * 2010-02-15 2013-05-02 Panasonic Corp Stereoscopic image display device
KR101640404B1 (en) * 2010-09-20 2016-07-18 엘지전자 주식회사 Mobile terminal and operation control method thereof
JP5360166B2 (en) * 2010-09-22 2013-12-04 株式会社ニコン Image display device
US20140041205A1 (en) 2010-11-19 2014-02-13 Reald Inc. Method of manufacturing directional backlight apparatus and directional structured optical film
CA2817044C (en) 2010-11-19 2017-10-17 Reald Inc. Directional flat illuminators
US8651726B2 (en) 2010-11-19 2014-02-18 Reald Inc. Efficient polarized directional backlight
US9250448B2 (en) 2010-11-19 2016-02-02 Reald Inc. Segmented directional backlight and related methods of backlight illumination
JP5161999B2 (en) * 2011-04-19 2013-03-13 株式会社東芝 Electronic device, display control method, and display control program
WO2012165515A1 (en) * 2011-06-02 2012-12-06 シャープ株式会社 Video processing device, video processing device control method, control program, and computer-readable recording medium which records said control program
JP5306422B2 (en) 2011-07-19 2013-10-02 株式会社東芝 Image display system, apparatus, method, and medical image diagnostic apparatus
WO2013028944A1 (en) 2011-08-24 2013-02-28 Reald Inc. Autostereoscopic display with a passive cycloidal diffractive waveplate
JP5100875B1 (en) 2011-08-31 2012-12-19 株式会社東芝 Viewing area adjustment apparatus, image processing apparatus and viewing area adjustment method
JP5319796B2 (en) 2012-01-12 2013-10-16 株式会社東芝 Information processing apparatus and display control method
JP2013174665A (en) * 2012-02-23 2013-09-05 Toshiba Corp Information processor, control method of image quality correction, and program
US9350980B2 (en) 2012-05-18 2016-05-24 Reald Inc. Crosstalk suppression in a directional backlight
US9709723B2 (en) 2012-05-18 2017-07-18 Reald Spark, Llc Directional backlight
JP6308630B2 (en) 2012-05-18 2018-04-11 リアルディー スパーク エルエルシー Directional illumination waveguide arrangement
CN104380176B (en) * 2012-05-18 2018-06-22 瑞尔D斯帕克有限责任公司 The control system of directional light sources
US9235057B2 (en) 2012-05-18 2016-01-12 Reald Inc. Polarization recovery in a directional display device
US9188731B2 (en) 2012-05-18 2015-11-17 Reald Inc. Directional backlight
US9678267B2 (en) 2012-05-18 2017-06-13 Reald Spark, Llc Wide angle imaging directional backlights
JP6508832B2 (en) 2012-05-18 2019-05-08 リアルディー スパーク エルエルシー Control of multiple light sources in directional backlights
JP5526196B2 (en) * 2012-07-18 2014-06-18 株式会社東芝 Electronic device and video display method
WO2014018269A1 (en) 2012-07-23 2014-01-30 Reald Inc. Observer tracking autostereoscopic display
WO2014055689A1 (en) 2012-10-02 2014-04-10 Reald Inc. Stepped waveguide autostereoscopic display apparatus with a reflective directional element
JP5433774B2 (en) * 2012-12-05 2014-03-05 株式会社東芝 Electronic device, display control method, and display control program
WO2014100753A1 (en) 2012-12-21 2014-06-26 Reald Inc. Superlens component for directional display
EA031850B1 (en) 2013-02-22 2019-03-29 РеалД Спарк, ЛЛК Directional backlight
WO2014204950A1 (en) 2013-06-17 2014-12-24 Reald Inc. Controlling light sources of a directional backlight
WO2015057588A1 (en) 2013-10-14 2015-04-23 Reald Inc. Light input for directional backlight
EP3058562A4 (en) 2013-10-14 2017-07-26 RealD Spark, LLC Control of directional display
CN103581657B (en) * 2013-11-01 2017-01-04 深圳超多维光电子有限公司 The method and apparatus that a kind of 2D/3D shows
WO2015073438A1 (en) 2013-11-15 2015-05-21 Reald Inc. Directional backlights with light emitting element packages
JP2014123130A (en) * 2013-12-27 2014-07-03 Japan Display Inc Display device and electronic apparatus
CN107003563A (en) 2014-10-08 2017-08-01 瑞尔D股份有限公司 Directional backlight
US10356383B2 (en) 2014-12-24 2019-07-16 Reald Spark, Llc Adjustment of perceived roundness in stereoscopic image of a head
EP3283906A4 (en) 2015-04-13 2018-11-21 RealD Spark, LLC Wide angle imaging directional backlights
WO2016191598A1 (en) 2015-05-27 2016-12-01 Reald Inc. Wide angle imaging directional backlights
US10475418B2 (en) 2015-10-26 2019-11-12 Reald Spark, Llc Intelligent privacy system, apparatus, and method thereof
US10459321B2 (en) 2015-11-10 2019-10-29 Reald Inc. Distortion matching polarization conversion systems and methods thereof
US10330843B2 (en) 2015-11-13 2019-06-25 Reald Spark, Llc Wide angle imaging directional backlights
CN108431670A (en) 2015-11-13 2018-08-21 瑞尔D斯帕克有限责任公司 Surface features for being imaged directional backlight
CN108463787A (en) 2016-01-05 2018-08-28 瑞尔D斯帕克有限责任公司 Multi-view image watches correction attentively
US10126575B1 (en) 2017-05-08 2018-11-13 Reald Spark, Llc Optical stack for privacy display
US10303030B2 (en) 2017-05-08 2019-05-28 Reald Spark, Llc Reflective optical stack for privacy display

Also Published As

Publication number Publication date
JP2002049004A (en) 2002-02-15

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5576762B2 (en) Display control device
US7375885B2 (en) Autostereoscopic display
US7321682B2 (en) Image generation system, image generation method, program, and information storage medium
JP3441911B2 (en) Information processing apparatus and method
US6816158B1 (en) Three-dimensional display system
JP4125252B2 (en) Image generation apparatus, image generation method, and image generation program
TWI380052B (en)
JP3955002B2 (en) Video display device
US6929369B2 (en) Autostereoscopic display
JP4002875B2 (en) Stereoscopic image display device
JP3565400B2 (en) Auto-stereoscopic display device
US9958694B2 (en) Minimized-thickness angular scanner of electromagnetic radiation
EP0744872B1 (en) Stereoscopic image display method and apparatus
US7506984B2 (en) Stereoscopic display device and method
EP1703743A1 (en) Time-sequential autostereoscopic display
JP3703225B2 (en) Stereoscopic image display method and a stereoscopic image display apparatus using the same
JP2009528587A (en) Rendering the output image
US20040100464A1 (en) 3D image synthesis from depth encoded source view
JP2006212056A (en) Imaging apparatus and three-dimensional image formation apparatus
US7643552B2 (en) Method for displaying three-dimensional image, method for capturing three-dimensional image, and three-dimensional display apparatus
EP1909255B1 (en) Image display device
KR20110049039A (en) High density multi-view display system and method based on the active sub-pixel rendering
US20060012675A1 (en) Three dimensional interaction with autostereoscopic displays
EP1143747A2 (en) Processing of images for autostereoscopic display
JP3642736B2 (en) Directional display

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040401

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20040416

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20040506

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090514

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100514

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100514

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110514

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120514

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120514

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130514

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140514

Year of fee payment: 10

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees