JP3504901B2 - Fume combustion system - Google Patents

Fume combustion system

Info

Publication number
JP3504901B2
JP3504901B2 JP2000007025A JP2000007025A JP3504901B2 JP 3504901 B2 JP3504901 B2 JP 3504901B2 JP 2000007025 A JP2000007025 A JP 2000007025A JP 2000007025 A JP2000007025 A JP 2000007025A JP 3504901 B2 JP3504901 B2 JP 3504901B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
reburn
tunnel
combustion
gas
air
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2000007025A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2000154914A (en
Inventor
ジョン・エヌ・ベイシック・シニア
Original Assignee
ワールドワイド・パテント・ライセンシング・カンパニー・エル・エル・シー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority claimed from US07/060,761 external-priority patent/US5007353A/en
Application filed by ワールドワイド・パテント・ライセンシング・カンパニー・エル・エル・シー filed Critical ワールドワイド・パテント・ライセンシング・カンパニー・エル・エル・シー
Priority to JP2000007025A priority Critical patent/JP3504901B2/en
Publication of JP2000154914A publication Critical patent/JP2000154914A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3504901B2 publication Critical patent/JP3504901B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Landscapes

  • Incineration Of Waste (AREA)

Description

【発明の詳細な説明】Detailed Description of the Invention

【0001】[0001]

【発明の属する技術分野】本出願は1984年10月9
日出願の米国特許出願第659, 849号の一部継続出
願であって、前記出願はさらに1982年3月29日付
米国特許出願第362, 853号で、現在米国特許第
4, 475, 469号の継続出願であり、その出願は順
次1981年3月27日付の米国特許出願第248, 0
54号で、現在米国特許第4, 438, 705号の一部
継続出願である。
TECHNICAL FIELD This application was filed on October 9, 1984.
Japanese Patent Application No. 659,849, which is a continuation-in-part of the present application, which was further filed on March 29, 1982, in U.S. Patent Application No. 362,853, now U.S. Patent No. 4,475,469. Which is a continuation application of U.S. Patent Application No. 248,0 dated March 27, 1981.
No. 54, which is currently a continuation-in-part application of U.S. Pat. No. 4,438,705.

【0002】ジョンN.ベーシック・シニア氏は、両特
許とも「2個の再燃ステージを有し、選択的には、熱回
収をも行う焼却装置」という名称の、1984年3月2
7日付の米国特許第4, 438, 705号と、1985
年5月14日付の同第4, 516, 510号の両方にお
いて、ごみの焼却法を著しく進歩させた焼却システム及
び方法を示した。これらの特許は、種類、熱含有量、湿
潤度が非常に異なる種々のごみを収容し、1つの型の装
置内でそれらのごみを環境的に容認できる方法で焼却す
る装置と方法を開示している。これらの開示は本件の理
解を助けるので本文に引用する。
John N. Basic Senior said in both patents, "Incinerator with two reburn stages, optionally also with heat recovery," March 2, 1984.
U.S. Pat. Nos. 4,438,705 dated 7 and 1985
No. 4,516,510, May 14, 2014, both show incineration systems and methods that have made significant advances in refuse incineration. These patents disclose devices and methods for containing a wide variety of refuse of very different types, heat contents and wettability and incinerating them in an environmentally acceptable manner within a single type of equipment. ing. These disclosures are cited in the text as they assist in the understanding of this subject.

【0003】このベーシック氏の2つの特許は、ごみを
ばらで、或いは炭化水素液の状態で燃焼する完成した焼
却システムを提供する。それらの特許はまた、その発生
源から出る炭化水素含有煙霧を焼却する装置と方法を提
供し、さらに又、環境に対して実質的な悪影響を与える
ことなしにこの結果を達成する。
The two Basic patents provide a complete incineration system for burning refuse in bulk or in the form of a hydrocarbon liquid. The patents also provide an apparatus and method for incinerating hydrocarbon-containing fumes emanating from its source and also achieve this result without substantially detrimental environmental impact.

【0004】[0004]

【従来の技術】自づと、この2つの特許においてベーシ
ック氏が示したものと同じ位複雑なシステムにおいて、
種々の構成部材が創造性を生かして考慮され、それがシ
ステムの効率を改善した改良と更なる開発につながっ
た。かくして、例えば1984年10月9日付のベーシ
ックの米国特許第4, 475, 469号は前述の2特許
に関連してインパルスの影響により主室の入口から灰の
出口まで燃焼廃物を押しやるように移動させる改良型炉
床を開示した。ベーシックが開発したこの脈動炉床は前
述の2つの焼却装置の特許に示した主な効果に関する改
良である。
2. Description of the Prior Art In a system as complex as Basic showed in these two patents,
Various components were creatively considered, which led to improvements and further developments that improved the efficiency of the system. Thus, for example, the basic U.S. Pat. No. 4,475,469, issued Oct. 9, 1984, in the context of the two patents referred to above, moved by the influence of impulses from the inlet of the main chamber to the outlet of the ash to push the combustion waste. An improved hearth is disclosed. This pulsating hearth developed by Basic is an improvement on the main effects shown in the two incinerator patents mentioned above.

【0005】1974年8月26日付のベントフォアホ
ルトのオーストラリア特許第317, 401号は、トン
ネルそれ自体の中央部にある管を通って再燃トンネルへ
空気を導くようになっている。しかしながら、フォアホ
ルトはトンネルへ空気を導入する以外、管の使用を暗示
していない。さらに管の孔を通って空気を導入すると、
ガスの速度成分が“T”字形となる。これでは再燃トン
ネルを通るガス流に対して空気が抵抗となってしまう。
Bentforholt's Australian Patent No. 317,401, dated August 26, 1974, is designed to direct air to a reburn tunnel through a tube in the center of the tunnel itself. However, Vorholt does not imply the use of tubes other than introducing air into the tunnel. When air is introduced through the tube hole,
The velocity component of the gas becomes a "T" shape. This causes the air to resist the gas flow through the reburn tunnel.

【0006】[0006]

【発明が解決しようとする課題】従って、本発明はごみ
焼却炉に代表される焼却炉主燃焼室等のソースのアウト
プットから発する可燃性炭化水素を含むガス流体の環境
特性を改善するための再燃ユニットを備えた煙霧燃焼シ
ステムを提供するもので、例えば、ごみを主燃焼室に導
入する前に再燃ユニットを最低限の補助燃料量で操作温
度にまで加熱することが可能な極めて経済的なものであ
る。本発明の目的は、より具体的には、再燃ユニットが
各々バーナー及び励燃手段を備えた2個の再燃トンネル
を有しているか否かに拘らず、ソースのアウトプットか
らのガス流体の入力が低い場合、或いはガスの産出量も
低い時にも燃焼効率を一段とよくする再燃ユニットを備
えた煙霧燃焼システムを提供することにある。
Therefore, the present invention is intended to improve the environmental characteristics of a gas fluid containing combustible hydrocarbons emitted from the output of a source such as a main combustion chamber of an incinerator typified by a refuse incinerator. It provides a fumes combustion system with a reburn unit, for example a very economical system that allows the reburn unit to be heated to operating temperature with a minimum amount of auxiliary fuel before introducing waste into the main combustion chamber. It is a thing. The object of the invention is more particularly the input of gas fluid from the output of the source, whether or not the reburn unit has two reburn tunnels, each with a burner and an exciter means. It is an object of the present invention to provide a fume combustion system equipped with a reburning unit that improves the combustion efficiency even when the gas production rate is low or the gas production rate is also low.

【0007】[0007]

【課題を解決するための手段】上記した目的を達成する
ために、本発明によれば、前記再燃ユニットが、 (1)前記アウトプットに接続し、それと流体を介して
連通する前記再燃トンネルの入口開口と、 (2)前記再燃トンネルからの気体状燃焼生成物を排出
する該再燃トンネルの出口開口と、 (3)前記再燃トンネルに接続し、その中の燃料を燃焼
させるバーナー手段と、 (4)前記再燃トンネルに接続しかつその中へ酸素含有
ガスを導入する酸素補給手段とで構成され、更に、 (a)前記再燃トンネルの出口開口に接続しかつ、一方が
前記出口開口に閉鎖体を配置し他方が該閉鎖体を前記出
口開口から除かれる少なくとも2つの形態との間で作動
するチョークダンパーと、 (b)前記チョークダンパーに取付けられて前記再燃トン
ネル内の温度センサーに応じて前記チョークダンパーを
前記2つの形態の間で作動させるための手段、とから成
ることを特徴とする煙霧燃焼システムが提供される。
In order to achieve the above-mentioned object , according to the present invention, the reburning unit includes: (1) a reburning tunnel connected to the output and in fluid communication therewith . an inlet opening, and (2) and the outlet opening of the relapse tunnel for discharging the gaseous products of combustion from the relapse tunnel (3) connected to the relapse tunnel, burner means for burning a fuel therein, ( 4) An oxygen supply means connected to the reburn tunnel and introducing an oxygen-containing gas into the reburn tunnel , and (a) connected to an outlet opening of the reburn tunnel , and one of which is a closure body at the outlet opening. A choke damper, the other of which operates between at least two configurations in which the closure is removed from the outlet opening, and (b) the reburn ton attached to the choke damper.
Means for actuating said choke dampers in accordance with the temperature sensor in the channel between the two forms, the fume combustion system characterized in that it consists of capital is provided.

【0008】かかる構成により、チョークダンパーを再
トンネルの出口開口に閉鎖体を配置する形態を採らせ
ることで、再燃トンネル内のガスはたとえその入力が最
少であっても完全な燃焼を行わせるのに十分な時間だけ
保持される。この事はまた、再燃トンネルが冷えてしま
った状態において、例えば、主燃焼室でごみ焼却作業を
一旦中断し再開する場合、ごみ燃焼により生ずる有害成
分を含んだ煙霧が流入するのに先立って、チョークダン
パーの閉鎖体を配置する形態を採らせて出口開口を部分
的に塞ぐことにより、再燃トンネルは容易に加熱された
予熱状態とされる。この操作により、その再燃トンネル
は煙霧が流入する以前に、既に素早く操作温度に達して
いるので、未燃焼による有害物質の大気中への放散は避
けられ、従って環境汚染が生じない。勿論、操作手順を
逆にしたり、戻りトンネルの出口開口を本来の完全な大
きさに戻すことにより、このシステムは正常な操作が可
能となる。その結果、燃焼主室から出る可燃性炭化水素
を含むガス流体は完全燃焼に必要な高い温度に保たれた
再燃トンネル内での完全燃焼が達成される。
[0008] With this configuration, by taken the form of placing the closure choke dampers at the exit opening of relapse tunnel, the gas in relapse tunnel if its input cause perform even complete combustion a minimum Will be held only for a sufficient time. This also means that when the reburn tunnel has cooled, for example, if the waste incineration work is once interrupted and restarted in the main combustion chamber, before the inflow of fumes containing harmful components generated by the waste combustion, The reburn tunnel is easily preheated by taking the form of the choke damper closure and partially closing the outlet opening. Due to this operation, the reburning tunnel has already reached the operating temperature quickly before the inflow of fumes, thus avoiding the emission of harmful substances into the atmosphere due to unburned and thus no environmental pollution. . Of course, reversing the operating procedure or returning the exit opening of the return tunnel to its original full size allows the system to operate normally. As a result, the combustible hydrocarbon-containing gas fluid exiting the main combustion chamber is completely combusted in the reburn tunnel , which is maintained at the high temperature required for complete combustion.

【0009】この種の煙霧バーナーの1つの改良体は再
トンネルそれ自体を第1再燃部分と第2再燃部分とに
分ける。基本的には、これらの各部分は互いに他方と対
をなし、片方が操作を行わない時にも他方がその機能を
行う。2つの別個の燃料部分を使用することができるよ
うに、再燃トンネルへの入口開口は第1及び第2入口通
口を有し、これらの通口は炭化水素ソースのアウトプッ
トに接続し、それと流体で連通する。それらの第1及び
第2入口通口はそれぞれ、第1及び第2再燃部分へ開
く。
One improvement of this type of fume burner divides the reburn tunnel itself into a first reburn section and a second reburn section. Basically, each of these parts is paired with the other so that the other performs its function when one does not operate. In order to be able to use two separate fuel parts, the inlet opening to the reburn tunnel has first and second inlet passages which connect to the output of the hydrocarbon source and Communicate with fluid. The first and second inlet passages open to the first and second reburn portions, respectively.

【0010】同様に、出口開口も、第1及び第2出口通
口を有する。これらはそれぞれ、第1及び第2再燃トン
ネルに対する出口となる。さらに、バーナーと酸素補給
手段は各々、第1第2部分を有する。これら2つの構成
要素の第1部分は、第1再燃トンネルに接続し、これら
の構成要素の第2部分は第2再燃トンネルに接続する。
2つの再燃トンネルの各々において、バーナー部分と酸
素補給手段は燃料を燃焼させ、酸素含有ガスを導入する
という働きを行う。
Similarly, the outlet opening also has first and second outlet openings. These are the first and second tonnes of reburn, respectively.
It is the exit to Nell . Further, the burner and the oxygen supplementing means each have first and second portions. The first part of these two components connects to the first reburn tunnel and the second part of these components connects to the second reburn tunnel .
In each of the two reburn tunnels , the burner section and the oxygen supplement means serve to burn the fuel and introduce the oxygen-containing gas.

【0011】これとは全く別の改良として、再燃ユニッ
トが2部分で構成された再燃トンネルであろうとあるま
いとに拘らず、励燃手段を有し、これは再燃トンネル
にあって、そのトンネルにより包囲され、それに接続す
る。この励燃手段は最低目的として事実、酸素含有ガス
が可燃性炭化水素に到達するために通らなければならな
いところの横断面積を小さくする。さらに、それは反射
面となり、再燃トンネルに流入又はそこで発生した熱が
ガス分子に到達することにより更に完全燃焼を行わせる
ようにする。
A completely different improvement is that the reburn unit is a reburn tunnel consisting of two parts.
Regardless intended, have励燃means, which be in the relapse tunnel is surrounded by the tunnel, to connect to it. As a minimum purpose, the exciter means, in fact, reduces the cross-sectional area through which the oxygen-containing gas must pass to reach the combustible hydrocarbons. In addition, it becomes a reflective surface, allowing the heat entering or being generated in the reburn tunnels to reach the gas molecules for further complete combustion.

【0012】再燃トンネル内では励燃手段の長さの大部
分は再燃トンネルの入口からその出口までにわたって、
再燃トンネルの壁に接触しない。励燃手段は再燃トンネ
の入口開口から出口開口までの通路に対して横断面で
横断面積を小さくする目的を有する。
In the reburn tunnel , most of the length of the exciter means extends from the entrance of the reburn tunnel to its exit.
Do not touch the walls of the reburn tunnel . Excitation means re-burning tunnel
The purpose is to reduce the cross-sectional area in cross section with respect to the passage from the inlet opening to the outlet opening.

【0013】励燃手段は、この構成では、酸素含有ガス
を再燃トンネルへ導入するように機能する。従って、そ
の励燃手段は酸化機構に流体で連通したノズルを有し、
これは励燃手段の表面に配設される。このノズルは再燃
トンネルの内面と励燃手段との間のスペースへ空気を送
るが、その方向は、励燃手段の入口から出口までの通路
の方向に対して非垂直角をなす。このように“T”字形
を避けることにより、ノズルを通って再燃トンネルへ流
入する空気はガスの乱流の生成を助けるが、そのガスの
流れを遅らせたり、遮断することはない。
The exciter means, in this configuration, serve to introduce the oxygen-containing gas into the reburn tunnel . Therefore, the exciter means has a nozzle in fluid communication with the oxidation mechanism,
This is arranged on the surface of the excitation means. This nozzle is reburning
Air is delivered to the space between the inner surface of the tunnel and the exciter, the direction of which is non-perpendicular to the direction of the passage from the inlet to the exit of the exciter. By avoiding the "T" shape in this manner, the air flowing through the nozzle into the reburn tunnel assists in creating turbulent gas flow , but does not slow or block the gas flow.

【0014】しかしながら、この励燃手段は、重要かつ
有用な機能をもつために空気又は他の酸素含有ガスを再
トンネルへ導入する必要はない。それはその中で発生
した熱、又はそこへ流入した熱を反射するために再燃
ンネル内に受動的に配設されているだけでよい。これ
は、ガスを高温に保持し、それによって有効かつ完全な
燃焼が生じることになる。これを達成するために、再燃
トンネルの内部に面する励燃手段の表面は耐熱耐腐食材
料の成分を有する。これによって、励燃手段が温度によ
り損傷したり、再燃手段が作動するガス環境で破壊した
りするのを防止する。
However, the exciter means does not need to introduce air or other oxygen-containing gas into the reburn tunnel to have an important and useful function. It reburns to reflect the heat generated in it or the heat that flows into it .
It need only be passively disposed within the channel . This keeps the gas at a high temperature, which results in efficient and complete combustion. To achieve this, rekindle
The surface of the exciter means facing the interior of the tunnel has a component of heat and corrosion resistant material. This prevents the exciter means from being damaged by temperature or breaking in the gas environment in which the reburner means operates.

【0015】また、励燃手段は再燃手段から熱を吸収し
たり、それを内部へ移動させるものであってはならな
い。むしろ、励燃手段は熱伝導度が比較的低くて、その
表面から熱を反射して燃焼ガスへ移動させるものでなけ
ればならない。通常の制限として、再燃トンネルの内部
に面する励燃ユニットの表面は、熱伝導定数kが、60
Btu.in/hr.ft.2°Fより小さい材料で構成され、k
は、k=ql/ATで定義され、qはBtu/hr. 単位での熱伝
導度であり、その場合、インチ単位の表面厚み l、平
方フィート単位の面積A、華氏(F°)の温度Tであ
る。
Further, the exciting means should not absorb heat from the reburning means or move it inside. Rather, the exciter must have a relatively low thermal conductivity to reflect heat from its surface and transfer it to the combustion gases. As a usual limitation, the surface of the exciter unit facing the interior of the reburn tunnel has a heat transfer constant k of 60
Btu.in/hr.ft. Composed of materials smaller than 2 ° F, k
Is defined as k = ql / AT, where q is the thermal conductivity in Btu / hr., Where surface thickness in inches, area l, area A in square feet, temperature in degrees Fahrenheit (F °). T.

【0016】前述の本発明による煙霧燃焼システムの構
成部材は、単に煙霧バーナーとして作動するというよ
り、統合焼却システムの一部を構成する。この場合、前
述の改良を加えた再燃ユニットの他に、その焼却システ
ムはまた、固形ばらごみを導入する入口を有する主燃焼
室をも有する。
The aforementioned components of the fume combustion system according to the invention form part of an integrated incineration system rather than merely acting as a fume burner. In this case, in addition to the above-mentioned improved reburn unit, the incineration system also has a main combustion chamber with an inlet for introducing solid waste.

【0017】即ち、本発明の好ましい1つの実施の形態
によれば、前記ソースが主燃焼室であって、該主燃焼室
が、 (a)固形ばらごみを入れるための入口開口と、 (b)ガス状燃焼生成物を排出するために前記再燃トン
ネルの前記入口開口に流体で連通する前記アウトプット
を形成する出口開口とを有することを特徴としている。
かかる構成により、主燃焼室からの燃焼生成ガスは出口
開口から排出され、主燃焼室からの出口開口を通っては
排出された燃焼生成ガスは再燃トンネルの入口開口に接
続し、そこで再燃トンネルと流体で連通する。このよう
な煙霧燃焼システムにばらごみ焼却用の主燃焼室を適合
させることにより、より使用勝手の良い煙霧燃焼システ
ムが得られる。
That is, according to a preferred embodiment of the present invention, the source is a main combustion chamber, and the main combustion chamber comprises: (a) an inlet opening for containing solid waste; ) Said reburning tongue for discharging gaseous combustion products
And an outlet opening forming the output in fluid communication with the inlet opening of the flannel .
With this configuration, the combustion product gas from the main combustion chamber is discharged from the outlet opening, the combustion product gas passes through the outlet opening is discharged from the main combustion chamber is connected to the inlet opening of relapse tunnel, where relapse tunnels and Communicate with fluid. By adapting the main combustion chamber for incinerating solid waste to such a smoke combustion system, a more convenient smoke combustion system can be obtained.

【0018】2本の再燃トンネルを利用した煙霧燃焼法
では煙霧はソースのアウトプットから第1及び第2再燃
部分の入口開口へ直接送られる。所望の温度を保持する
ために、この方法では一般にこれらの2つの再燃部分で
燃料を燃焼させねばならない。ガスの燃焼を促進させる
ために、再燃部分へ酸素含有ガスを導入しなければなら
ない。最後に、再燃部分内の燃焼生成ガスは出口開口か
ら送り出される。
In the fume combustion process utilizing two reburn tunnels, the fume is delivered directly from the source output to the inlet openings of the first and second reburn sections. In order to maintain the desired temperature, this method generally requires burning the fuel in these two reburn sections. An oxygen-containing gas must be introduced into the reburning portion to promote combustion of the gas. Finally, the combustion products gas in the reburning section is delivered through the outlet opening.

【0019】励燃手段による燃焼を行わせるには、勿
論、2つの再燃部分は必要でない。むしろ、ソースのア
ウトプットから出る煙霧は再燃トンネルの入口開口へ送
られる。その場合、それらの煙霧は再燃トンネル内にあ
る励燃手段のまわりをまわって流動する。その励燃手段
は再燃トンネルにより支持され、それに接続している。
再燃トンネルの入口からその出口までにわたって、励燃
手段の長さの大部分は再燃トンネルの壁に接触していな
い。
The two reburn sections are, of course, not necessary for the combustion by the exciter to take place. Rather, the fumes from the source output are sent to the entrance opening of the reburn tunnel . In that case, the fumes flow around the exciter means in the reburn tunnel . The exciter is supported by and connected to the reburn tunnel .
From the entrance of the reburn tunnel to its exit most of the length of the exciter does not touch the wall of the reburn tunnel .

【0020】適切な温度を維持するために、典型的には
燃料は再燃トンネル内で燃焼する。そこで前述のよう
に、炭化水素を燃焼させるために、酸素含有ガスを再燃
トンネルへ流入させなければならない。酸素含有ガスは
再燃トンネルの内面と励燃手段との間のスペースへ、そ
のスペースのガス流の方向に対して非垂直角で流入す
る。最後に燃焼生成ガスは再燃トンネルから流出する。
To maintain the proper temperature, the fuel typically burns in a reburn tunnel . Therefore, as described above, the oxygen-containing gas must be introduced into the reburn tunnel in order to burn the hydrocarbon. The oxygen-containing gas enters the space between the inner surface of the reburn tunnel and the exciter at a non-perpendicular angle to the direction of gas flow in that space. Finally, the combustion products gas exits the reburn tunnel .

【0021】もうひとつの側面として、煙霧の燃焼は前
述の再燃トンネル内で進行する。そのトンネル内で生じ
る燃料の燃焼によりその中の温度は所望のレベルに維持
される。酸素含有ガスを導入すると、必要に応じて煙霧
が燃焼する。再燃トンネルから燃焼生成ガスが流出する
ところの出口開口の面積を選択的に減小させることによ
り、燃料の少量の追加により、或いは全く燃料を補給し
ないでトンネル内の温度を所望のレベルに保持すること
ができる。
[0021] In another aspect, combustion of fumes proceeds in the reburn tunnel described above. Combustion of the fuel that occurs within the tunnel maintains the temperature therein at the desired level. When the oxygen-containing gas is introduced, fumes are burned if necessary. Maintaining the temperature in the tunnel at the desired level by selectively reducing the area of the exit opening where the combustion products exit the reburn tunnel, either by adding a small amount of fuel or without refueling at all. be able to.

【0022】前述のこれらの開発に従ってごみを燃焼す
るには、前述の煙霧の燃焼の他に、ごみを入口開口から
主焼却室へ入れなければならない。そこで、ばらのごみ
が燃焼して燃焼生成ガスを発生する。これらの燃焼生成
ガスは主燃焼室から出口開口を通って直接、再燃トンネ
の入口開口へ送られる。
In order to burn the refuse according to these developments mentioned above, in addition to the burning of the fumes mentioned above, it must be admitted into the main incinerator through the inlet opening. There, the loose dust is burned to generate combustion product gas. These combustion products gases directly through the outlet opening from the main combustion chamber, relapse tunnel
Sent to the entrance opening of Le .

【0023】主焼却室の床の上方で、入口開口のすぐ近
くに火格子装置を備えている場合、特定の種類のごみに
とって燃焼が特にうまくいく。この火格子装置はごみが
入口開口を通って導入された後、或る制限時間だけごみ
を保持する。その結果、火格子装置は燃焼継続中、ごみ
を主室の床へ落下させる。
Combustion is particularly successful for certain types of refuse if a grate device is provided above the floor of the main incinerator and in the immediate vicinity of the inlet opening. This grate device holds the refuse for a limited time after it is introduced through the inlet opening. As a result, the grate device causes the refuse to fall to the floor of the main chamber during continued combustion.

【0024】このような方法で補助火格子を使用する事
は湿気の多い材料や高Btu 可燃物を多量に含む材料で成
る種々の種類のごみにとって特に好都合である。前者の
場合、ごみが短時間だけ火格子上に保持されることによ
り、それは乾燥され、それから主室の床へ落下する。さ
もないと、燃焼を所望の状態に保持することが一層困難
となる。
The use of an auxiliary grate in such a manner is particularly advantageous for various types of refuse made of damp materials or materials rich in high Btu combustibles. In the former case, the debris is held on the grate for only a short time so that it dries and then falls onto the floor of the main room. Otherwise, it will be more difficult to keep the combustion in the desired state.

【0025】高Btu ごみの場合、それを火格子上に保持
すると、そのごみの一部が揮発し、比較的高温で燃え始
める。その残りが火格子から落下する時、温度が下がる
ので、室の床が溶滓化する傾向を減らすことができる。
この効果を得るようにごみを燃やす方法はまず、ごみを
入口開口を通って焼却システムの包囲された主室へ、詳
しく言えば主室内の火格子上に供給する。この火格子の
下に耐火性床がある。この方法では、火格子上にある状
態でごみが一部燃焼し続ける。
In the case of high Btu trash, holding it on the grate volatilizes some of the trash and begins to burn at relatively high temperatures. As the rest falls from the grate, the temperature drops, reducing the tendency of the chamber floor to melt.
To obtain this effect, the method of burning the refuse first feeds it through the inlet opening to the enclosed main chamber of the incineration system, in particular on the grate in the main chamber. Below this grate is a refractory floor. In this method, some dust continues to burn while on the grate.

【0026】ごみは燃え続けながら、一般には落下によ
り主室の床の上にのる。最後に、ごみは床の上で燃え続
ける。焼却システム内でごみが燃えると灰ができること
が多く、これは水をためたピットへ放出される。事実、
この水は焼却炉の内部環境とその外部にある部屋の環境
とを仕切る。これらの灰と時々、取り除くことにより、
ピットが灰でいっぱいにならないようにする。
While the dust continues to burn, it generally falls and falls on the floor of the main room. Finally, the refuse continues to burn on the floor. When refuse burns in an incinerator system, ash often forms, which is released into a pool of water. fact,
This water separates the internal environment of the incinerator from the external environment of the room. By removing these ash from time to time,
Do not fill the pits with ashes.

【0027】ピットから灰を除去する改良装置は、第1
にピットの近くにその第1端を有する伸長型軌道を有す
る。第2端は第1端から上方に離れて位置する。軌道に
沿って掬い上げ装置が移動し、その装置は第1及び第2
形態を示す。第1形態では、それは灰を掬いこみ、第2
形態では、掬いこんだ灰を放出する。
An improved device for removing ash from pits is the first
Near the pit has an extendable track with its first end. The second end is located above and away from the first end. The scooping device moves along the orbit, and the device is the first and second
The morphology is shown. In the first form it scoops ash, the second
In the form, it releases scooped ash.

【0028】掬い上げ装置がピット内の第1端近くの第
1位置に達するまで、その掬い上げ装置はエレベータに
より軌道に沿って動かされる。この位置で、掬い部材そ
れ自体はピットの水の中にある。
The scooping device is moved along the track by the elevator until the scooping device reaches a first position in the pit near the first end. In this position, the scooping member itself is in the water of the pit.

【0029】それからエレベータにより掬い部材は軌道
の他端近くの第2位置へ動かされる。この位置で救い部
材はピットの水から完全に出る。最後に、掬い部材には
制御装置が接続する。コントローラーはスクープを、ピ
ット内部の第1位置にある時、第1形態から第2形態へ
移動させる。これにより、掬い部材は実際にピット内の
灰やその他の廃物をつかむ。
The elevator then moves the scooping member to a second position near the other end of the track. In this position the rescue member is completely out of the water in the pit. Finally, a control device is connected to the scooping member. The controller moves the scoop from the first configuration to the second configuration when in the first position inside the pit. As a result, the scooping member actually catches ash and other waste materials in the pit.

【0030】第2位置、即ち上昇位置にある時、コント
ローラは掬い部材を第1形態から第2形態へ移動させ
る。その結果、掬い部材は掬い上げた灰を放出する。典
型的には灰はそれから容器体、又はトラック内へ落下す
る。
When in the second or raised position, the controller moves the scooping member from the first configuration to the second configuration. As a result, the scooping member releases the scooped ash. The ash typically then falls into the container body, or truck.

【0031】灰やその他の廃物をピットから除去する作
業は、ピットの近くの第1端に達するまで掬い部材を軌
道に沿って下降させることで始まる。そして掬い部材の
下降がとまる。掬い部材はピット内の廃物を掬い上げる
ように形態を変える。廃物を保持できる形態のままで掬
い部材は軌道に沿ってピットから上昇する。掬い部材は
ピットから出ると、第1形態から第2形態へ変化し、適
切な位置で灰をこぼす。
The process of removing ash and other debris from the pit begins by lowering the scooping member along the track until it reaches a first end near the pit. And the descent of the scooping member stops. The scooping member changes its form so as to scoop up the waste in the pit. The scooping member ascends from the pit along the track while maintaining the form that can hold the waste. When the scooping member exits the pit, it changes from the first form to the second form and spills ash at the proper location.

【0032】[0032]

【発明の実施の形態】図1は全体を符号30で示す焼却
システムを示す。ばらのごみ、又は炭化水素含有液体は
ローダー31を通って焼却システム30へ導入し、さら
に主室32へ導入する。固形ごみは焼却システム30内
にとどまっている間、その大部分の時間にわたって、振
動する炉床33,34上にある。燃床が完了する時、残
留灰はピット35へ落ち、そこで除去機構36がその灰
を持ち上げ、それをトラック37へ移す。ドア38によ
り主室32の内部へ入って通常の保守ができるようにす
る。
DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION FIG. 1 shows an incineration system generally designated by the numeral 30. Bulk refuse or hydrocarbon-containing liquid is introduced into the incineration system 30 through the loader 31 and further into the main chamber 32. The solid waste remains on the vibrating hearth 33, 34 for most of the time it remains in the incineration system 30. When the fuel bed is complete, the residual ash falls into the pit 35 where the removal mechanism 36 lifts the ash and transfers it to the truck 37. The door 38 allows entry into the main chamber 32 for normal maintenance.

【0033】主室内の燃焼によって発生する燃焼ガスは
2本の再燃トンネル41,42を通り、次の処理再循
環、熱除去工程43を通って送られる。それらのガスは
最後に煙突44から放出される。焼却システム30から
回収した熱は管45へ送られる。
The combustion gas generated by the combustion in the main chamber passes through the two reburning tunnels 41 and 42 and is sent through the next process recirculation and heat removal step 43. Those gases are finally discharged from the chimney 44. The heat recovered from the incineration system 30 is sent to the pipe 45.

【0034】第2,3図において、再燃トンネル41,
42はそれぞれの第1再燃工程51,52と、それぞれ
の第2再燃工程53,54を有する。第1工程51,5
2の開始部にあるバーナー55,56はトンネル41,
42の温度を操作に適した所望のレベルに保持する。そ
れらのバーナーはまた、再燃温度を操作の開始時に適切
なレベルにする。事実、焼却システムは停止後はじめて
ごみをとりこむ前にその操作温度に到達する必要があ
る。この目的でバーナー55,56が役立つ。
In FIGS. 2 and 3, the reburn tunnel 41,
42 has respective first reburning steps 51, 52 and respective second reburning steps 53, 54. First step 51,5
The burners 55 and 56 at the start of 2 are tunnel 41,
Hold the temperature at 42 at the desired level for operation. The burners also bring the reburn temperature to the proper level at the beginning of operation. In fact, the incineration system must reach its operating temperature only after being shut down and before taking in the trash. Burners 55, 56 are useful for this purpose.

【0035】ブロワー57,58は第1燃焼工程へ空気
を送りブロワー59,60は第2燃焼工程へ空気を送
る。第2工程53,54からのガスは出口63,64を
通って送られる。第2再燃工程53,54の横断面積
は、それぞれ、トンネル41,42の第1再燃工程5
1,52の横断面積より大きい。このために、第2再燃
工程53,54は、空気の取り込みと、トンネル41,
42内での蒸発した炭化水素の燃焼とから生じる多量の
ガスを受入れることができる。これは再燃トンネルの入
口から出口までの容積を増す1つの方法である。この同
一目的を達成するその他の方法は、第11〜15図に関
連して後述する説明をも含む。
The blowers 57 and 58 send air to the first combustion process and the blowers 59 and 60 send air to the second combustion process. Gas from the second stage 53, 54 is sent through outlets 63, 64. The cross-sectional areas of the second reburning steps 53 and 54 are the first reburning step 5 of the tunnels 41 and 42, respectively.
It is larger than the cross-sectional area of 1,52. For this reason, the second reburning step 53, 54 involves the intake of air and the tunnel 41,
A large amount of gas resulting from combustion of vaporized hydrocarbons within 42 can be received. This is one way to increase the volume from the entrance to the exit of the reburn tunnel. Other ways to achieve this same objective include the discussion below with respect to FIGS.

【0036】ガスは、第2工程53,54を通過したの
ち、次の処理部分43へ送られる。 第4,5図に示す
ように、主室32からのガスは出口開口67,68を通
って送られ、これらの開口はまた、それぞれ、再燃トン
ネル41,42への入口開口となる。ダンパー69,7
0は第3〜5図に示す位置にある時、それぞれ、開口6
7,68をカバーし、それらを閉鎖する。操作時、勿
論、ダンパー69,70の少くとも片方は開いている。
主室32の内部に燃焼材料が十分にある時、ダンパーは
両方とも開き、ガスを再燃トンネル41,42を通って
送る。
After passing through the second steps 53 and 54, the gas is sent to the next processing section 43. As shown in FIGS. 4 and 5, gas from the main chamber 32 is routed through outlet openings 67 and 68 which also respectively reburn the ton.
It becomes an entrance opening to the channels 41 and 42. Damper 69,7
When 0 is in the position shown in FIGS.
Cover 7,68 and close them. In operation, of course, at least one of the dampers 69, 70 is open.
When there is sufficient combustion material inside the main chamber 32, both dampers open and send gas through the reburn tunnels 41, 42.

【0037】ダンパー69,70はそれを動かすために
軸方向の伸長部分71,72を有する。伸長部分71,
72には、レバー腕75,76がしっかりと接続する。
レバー腕75,76は杆77,78によりピストン7
9,80に接続し、これらのピストンはその他端がブラ
ケット81, 82にしっかりと固定される。第3,5図
のピストン79,80が伸長すると、レバー腕76とそ
の対をなす腕(図示せず)とがその軸線72のまわりで
回転し、ダンパー69,70を開放する。
The dampers 69, 70 have axial extensions 71, 72 for moving them. Extension 71,
Lever arms 75 and 76 are firmly connected to 72.
The lever arms 75 and 76 are connected to the piston 7 by the rods 77 and 78.
9 and 80, the pistons are fixed at their other ends to brackets 81 and 82. When the pistons 79, 80 of FIGS. 3 and 5 extend, the lever arm 76 and its companion arm (not shown) rotate about its axis 72, opening the dampers 69, 70.

【0038】レバー腕75,76の他端には釣り合い重
り83, 84が回転自在に連結する。それらの釣り合い
重りはダンパー69, 70の重量を釣り合わせ、それら
の制御された動きを容易にする。ダンパー69, 70の
重量の大部分は図5に示すように耐火材86のカバーを
有することによる。これは勿論、そのまわりをまわって
流れるガスの高温と腐食を防止する。
Balance weights 83 and 84 are rotatably connected to the other ends of the lever arms 75 and 76, respectively. Their counterweight balances the weight of the dampers 69, 70 and facilitates their controlled movement. Most of the weight of the dampers 69, 70 is due to having a cover of refractory material 86 as shown in FIG. This, of course, prevents the high temperature and corrosion of the gas flowing around it.

【0039】ダンパー69, 70をさらに保護するため
に、それらのダンパーは図7に関して後述するようなエ
アチャンネルを有する。ダンパー69,70を通ってエ
アが流れることにより、それらのダンパーはそれが破壊
されないような温度に保持される。
To further protect the dampers 69, 70, they have air channels as described below with respect to FIG. The flow of air through the dampers 69, 70 keeps the dampers at a temperature that does not destroy them.

【0040】同様に、チョークダンパー91, 92はそ
れぞれ再燃トンネル41, 42の出口開口63, 64を
カバーする。しかしながら、図6に示すように、チョー
クダンパー91, 92はそこに示すように閉鎖位置にあ
る時でさえ、出口開口63, 64の最高約60%までカ
バーする。閉鎖時、それらのチョークダンパーは燃焼を
より完全にするために一層長時間、再燃トンネル41,
42内にガスを保持する。典型的には、そのように保持
することは、トンネル41,42が頻繁には主室32が
このシステムの最大ごみ処理量、又は最大燃焼ガス処理
量より事実上少い量を処理する時に望ましい。
Similarly, the choke dampers 91, 92 cover the outlet openings 63, 64 of the reburn tunnels 41, 42, respectively. However, as shown in FIG. 6, the choke dampers 91, 92 cover up to about 60% of the outlet openings 63, 64 even when in the closed position as shown therein. When closed, those choke dampers will reburn tunnels 41, for a longer time to complete the combustion.
Hold the gas in 42. Typically, such retention is desirable when the tunnels 41, 42 are frequently used by the main chamber 32 to handle the maximum refuse throughput of the system, or substantially less than the maximum combustion gas throughput. .

【0041】チョークダンパー91, 92はそれぞれの
再燃トンネル41,42内の条件次第で、互いに独立し
て作動する。それらのダンパーは例えば、それぞれのト
ンネル内にある温度センサーによりコントロールされ
る。温度が低温の場合、それぞれのトンネル内に熱を保
持するのに適切なチョークダンパーを閉鎖する必要性を
示す。また、焼却システムがスチームを発生する時、ダ
ンパーコントロールにより、システムによって生じるス
チーム圧が測定される。スチーム圧が低下することは、
システム内の熱量が少いことを示す。これはチョークダ
ンパー91, 92の片方、又は両方が少くとも或る程度
閉鎖する必要があるということの指示である。
The choke dampers 91 and 92 operate independently of each other depending on the conditions in the respective reburn tunnels 41 and 42. The dampers are controlled, for example, by temperature sensors in the respective tunnels. The lower temperatures indicate the need to close the appropriate choke dampers to keep the heat in each tunnel. Also, when the incinerator system produces steam, the damper control measures the steam pressure produced by the system. The decrease in steam pressure means
Indicates that the amount of heat in the system is low. This is an indication that one or both choke dampers 91, 92 need to be closed at least to some extent.

【0042】図6のチョークダンパー91, 92は完全
な開放位置又は完全な閉鎖位置を有するばかりではな
く、それらの最大閉鎖量より少しだけ、出口63,64
を有効に閉鎖するような中間位置を占めることができ
る。チョークダンパー91の動きは、図6に示すように
開閉間で所望の動きを行わせるピストン94に接続した
レバー腕93の作用により生じる。ダンパー91にはケ
ーブル95が取付られ、そのケーブルはプーリ97をま
わり、ダンパー91の重量を釣り合わせる重り99に接
続する。図6には、トンネル42用のケーブル96、プ
ーリ98及び釣り合い重り100が示されている。
The choke dampers 91, 92 of FIG. 6 not only have a fully open or a fully closed position, but also a little less than their maximum closed amount, the outlets 63, 64.
Can occupy an intermediate position that effectively closes. The movement of the choke damper 91 is caused by the action of the lever arm 93 connected to the piston 94 for performing a desired movement between opening and closing as shown in FIG. A cable 95 is attached to the damper 91, and the cable goes around a pulley 97 and is connected to a weight 99 for balancing the weight of the damper 91. In FIG. 6, a cable 96, a pulley 98 and a counterweight 100 for the tunnel 42 are shown.

【0043】チョークダンパー91, 92は再燃トンネ
ル41, 42内のガスの滞留時間を長くするように働
く。言い換えれば、これらの室を通るガスの流れを遅速
させるように働く。燃焼を望ましくするためには、ガス
速度は典型的には、毎秒約55フィートをこえてはなら
ない。適切な燃焼を保証するためにガスは毎秒約46フ
ィート以下で流れるようにする。
The choke dampers 91 and 92 work to prolong the residence time of the gas in the reburn tunnels 41 and 42. In other words, it acts to slow the flow of gas through these chambers. To make combustion desirable, the gas velocity typically should not exceed about 55 feet per second. The gas should flow at less than about 46 feet per second to ensure proper combustion.

【0044】チョークダンパー91, 92は図示のよう
に、矩形ブロックの形をしていて、ピボット動きするこ
とにより開閉する。また、四角形ブロックにして、それ
らのダンパーが出口開口63, 64を一部閉鎖するよう
な位置へ横方向へ摺動できるようにすることもでき、反
対方向へ横へ摺動させることによりそれらを開くことも
できる。事実、ダンパーはこの目的で焼却システムの外
壁にある開口を通って摺動することさえできる。
The choke dampers 91 and 92 are in the shape of a rectangular block as shown in the figure, and they open and close by pivoting. It can also be a square block so that the dampers can slide laterally into a position that partially closes the outlet openings 63, 64, and sliding them in the opposite direction causes them to slide. You can also open it. In fact, the damper can even slide through an opening in the outer wall of the incineration system for this purpose.

【0045】もうひとつの方法として、再燃トンネル4
1, 42の端部にあるチョークダンパーを蝶形弁の形に
することもできる。この形にするとそれらは再燃トンネ
の出口内に丸形又は矩形の形で位置することになる。
それらの蝶形弁はそこで再燃トンネルの出口を部分的に
開閉するようにその中心のまわりでピボット動きする。
この場合、弁は開口内に存在するが、ガス流を事実上妨
げないように、その辺縁の占める面積を最少限にする。
As another method, the reburn tunnel 4
The choke dampers at the ends of 1, 42 can also be in the form of butterfly valves. With this shape, they are re- burning
It will be positioned in round or rectangular shape in the outlet Le.
The butterfly valves then pivot about their center to partially open and close the exit of the reburn tunnel.
In this case, the valve lies within the opening but minimizes the area occupied by its edges so that it does not substantially obstruct the gas flow.

【0046】図7は典型的なダンパー、例えば、図5に
示す第2再燃トンネル42への出口開口68に対する閉
鎖体70を示す。図7において、ダンパー70がそこを
取巻く加熱環境により重大な損傷を受けるほどのレベル
までその温度が上昇しないように、ダンパー70を通し
て空気を供給する。図5から判るように、軸方向の伸長
部72の端部はトンネル42の外側に位置する。
FIG. 7 shows a typical damper, for example a closure 70 for an outlet opening 68 to the second reburn tunnel 42 shown in FIG. In FIG. 7, air is supplied through the damper 70 so that its temperature does not rise to a level where it is seriously damaged by the surrounding heating environment. As can be seen in FIG. 5, the end of the axial extension 72 is located outside the tunnel 42.

【0047】伸長部72は内部が中空であるのでガスが
通り抜けることができる。冷却ガスを与えるために、可
撓管104がより接近した軸方向の伸長部74に接続
し、冷却ガス源を提供する。冷却ガスは伸長部72の内
部を通って軸部106へ送られ、開口108から室11
0へ送られる。冷却ガスはそれから、隔壁112により
形成され矢印114で示す通路を通って流れる。結局、
冷却ガスは軸部106の開口116に到達し、そこで他
方の軸方向の伸長部72を通り、その中を通って可撓管
118へ送られる。
Since the inside of the extension portion 72 is hollow, gas can pass through. A flexible tube 104 connects to the closer axial extension 74 to provide cooling gas and provides a source of cooling gas. The cooling gas is sent to the shaft portion 106 through the inside of the extension portion 72, and is supplied from the opening 108 to the chamber 11
Sent to 0. The cooling gas then flows through the passage formed by the partition 112 and indicated by arrow 114. After all,
The cooling gas reaches the opening 116 of the shaft 106, where it passes through the other axial extension 72, through which it is delivered to the flexible tube 118.

【0048】図8は符号123で示す再燃トンネルを示
し、この再燃トンネルは再燃トンネル41の部分51、
又は53として、又は、再燃トンネル42の部分52,
54として機能する。トンネル123は全体として支持
体124, 125上に位置する。トンネル123は外皮
126によって包囲され、その外皮と壁128との間に
空気圧室127が形成される。この空気圧室127には
ブロワ129により加圧空気が送られる。そこから空気
はノズル130を通って送られ、そこから再燃トンネル
123の内部131へ送られる。内壁128とノズル1
30は耐火材132でカバーされ、それによってトンネ
ル123の内部131の熱と腐食性環境から保護され
る。さらに、空気圧室127内の空気は支持体133を
通り、トンネルの内部131に位置する励燃部材134
内へ送られる。そこからノズル135を通り、内部13
1へ送られ、そこで燃焼を助ける。
FIG. 8 shows a reburn tunnel designated by reference numeral 123, which is a portion 51 of the reburn tunnel 41,
Or 53, or a portion 52 of the reburn tunnel 42,
Function as 54. The tunnel 123 is generally located on the supports 124, 125. The tunnel 123 is surrounded by an outer skin 126, and a pneumatic chamber 127 is formed between the outer skin and the wall 128. Pressurized air is sent to the air pressure chamber 127 by a blower 129. From there the air is sent through the nozzle 130 and from there to the interior 131 of the reburn tunnel 123. Inner wall 128 and nozzle 1
The 30 is covered with a refractory material 132, which protects the interior 131 of the tunnel 123 from the heat and corrosive environment. Further, the air in the air pressure chamber 127 passes through the support 133, and the exciter member 134 located inside the tunnel 131.
Sent in. From there, pass through the nozzle 135 and the interior 13
1 is sent to help burning.

【0049】支持体133それ自体は一般に金属成分の
内壁138を有する。耐火材139で壁138を包囲
し、その壁をトンネル環境から保護する。又、支持体1
33はトンネルが着座する表面に平行な面でみた時、矩
形横断面を有する。こうすることにより、トンネル内の
ガス流の干渉のために支持体は最大の横断面積を備える
ことになる。
The support 133 itself generally has an inner wall 138 of metallic component. A refractory material 139 surrounds the wall 138 to protect it from the tunnel environment. Also, the support 1
33 has a rectangular cross section when viewed in a plane parallel to the surface on which the tunnel sits. This will result in the support having the largest cross-sectional area due to the interference of gas flow in the tunnel.

【0050】同様に、励燃部材134はその金属内壁1
42が腐食や熱により損傷しないように耐火性カバー1
43で保護される。耐火性カバー143をノズル135
が貫通する。図8に示すように、ノズル135から出る
空気は接線方向の速度成分をもって流れる。言い換えれ
ば、ノズル135は励燃部材134の中心から半径に対
して或る角度を形成する。好ましい角度は45°であ
る。
Similarly, the combustor member 134 has a metal inner wall 1
Fireproof cover 1 to prevent 42 from being damaged by corrosion or heat
Protected by 43. Nozzle 135 with fireproof cover 143
Penetrates. As shown in FIG. 8, the air emitted from the nozzle 135 flows with a tangential velocity component. In other words, the nozzle 135 forms an angle with the radius from the center of the exciter member 134. The preferred angle is 45 °.

【0051】接線方向の速度成分をもってノズル135
から出る空気は、矢印144で示す通路に沿って送り出
される。空気のこの接線方向流動によりトンネル内部1
31に含まれる可燃ガスと効率的かつ有効に混合する。
さらに、ノズル135は外側ノズル130と同様に、送
出される空気に軸方向の速度成分を持たせてある。即
ち、ノズルを下流に向けて配置している。ノズルから出
る空気は、実際に軸方向、即ち、下流方向に対して45
°をなす。
The nozzle 135 having a tangential velocity component
The air exiting from is discharged along the passage indicated by arrow 144. This tangential flow of air causes tunnel interior 1
It mixes with the combustible gas contained in 31 efficiently and effectively.
In addition, the nozzle 135, like the outer nozzle 130, imparts an axial velocity component to the delivered air. That is, the nozzle is arranged downstream. The air exiting the nozzle is actually axial, i.e. 45 ° to the downstream direction.
Make a °.

【0052】さらに、ノズル135は入口から出口まで
列をなして励燃部材134に形成される。トンネルの内
部131内で所望の乱流が発生するように助力するため
に、ノズルはより多く空気を供給し、多く乱流を生じさ
せるために互い違いの列の形を有する。
Further, the nozzles 135 are formed on the combustor member 134 in rows from the inlet to the outlet. To help create the desired turbulence in the interior 131 of the tunnel, the nozzles have more staggered rows to provide more air and more turbulence.

【0053】図8の構造は異なる目的で種々変形が可能
である。かくして、ノズル130を閉じると空気圧室1
27からの空気は全部、壁128の外周をまわり、支持
体133を通って励燃部材134の内部に流入し、ノズ
ル135から流出し、トンネルの内部131へ流入す
る。これは燃焼に必要な乱流を生じさせるのに効果的で
ある。
The structure of FIG. 8 can be variously modified for different purposes. Thus, when the nozzle 130 is closed, the pneumatic chamber 1
All of the air from 27 goes around the perimeter of wall 128, through support 133 into the exciter member 134, out of the nozzle 135 and into the tunnel interior 131. This is effective in producing the turbulence required for combustion.

【0054】さらに、外壁126と空気圧室の内壁12
8との間に位置バリヤ145を配置することにより、ブ
ロワ129からの空気を空気圧室127の事実上全部を
まわって流動させ、その後、支持体133への入口14
6に到達するようにする。これによって、内部131へ
空気を流入させる前に内壁128が空気で冷やされる効
果がある。さらに、空気が湿ることにより、トンネル1
23内の温度が燃焼に必要なレベルに保持される。
Further, the outer wall 126 and the inner wall 12 of the air pressure chamber.
The position barrier 145 between the two allows air from the blower 129 to flow around virtually all of the pneumatic chamber 127 and then to the inlet 14 to the support 133.
Try to reach 6. This has the effect of cooling the inner wall 128 with air before allowing air to flow into the interior 131. Furthermore, as the air gets wet, tunnel 1
The temperature in 23 is maintained at the level required for combustion.

【0055】又、励燃部材134にノズルの設置を不要
にすることもできる。この場合、トンネルの内部131
へ流入する空気は全部再燃ユニット123それ自体にあ
るノズル130を通って送られる。それでも励燃部材は
1個の支持体から他方の支持体へそこを通って尚、空気
がいくらか流れるようにしなければならない。これは、
再燃トンネル123内の熱が励燃部材134を破壊する
ことがないように、冷却効果を与えるためである。
Further, it is possible to eliminate the need to install a nozzle on the exciting member 134. In this case, inside the tunnel 131
All air entering into is sent through the nozzle 130 in the reburn unit 123 itself. Still, the exciter member must still allow some air flow therethrough from one support to the other. this is,
This is to provide a cooling effect so that the heat inside the reburn tunnel 123 does not destroy the exciter member 134.

【0056】ノズル135があってもなくても、励燃部
材134は他の更なる目的を果す。トンネル123の内
部131に生じる熱は、内部のガスの燃焼を助ける。内
部131の中央近くの熱は励燃部材134の耐火性カバ
ー143へ伝播される。そこから、内部131へ蓄積さ
れた熱が放射されて一層燃焼を促がす。
The exciter member 134, with or without the nozzle 135, serves another additional purpose. The heat generated in the inside 131 of the tunnel 123 helps burn the gas inside. Heat near the center of the interior 131 is transferred to the fire resistant cover 143 of the combustor member 134. From there, the heat accumulated in the interior 131 is radiated to further promote combustion.

【0057】吸収熱を再反射するために、励燃部材13
4の壁を通って熱が殆んど流れないようにする。かくし
て、それは一般に約60以下の低い熱伝導定数kを有し
ていなければならない。さらに、内部131へ流入する
空気は燃焼のために乱流を生じなければならない。励燃
部材134は、トンネル123の内部のスペースの最大
有効半径を減小させる。かくして、内部131へ流入す
る空気は、燃焼ガスへ到達する距離を短縮する。従って
励燃部材134のために必要な乱流がさらに有効に発生
する。
In order to re-reflect the absorbed heat, the exciter member 13
Almost no heat flows through the wall of 4. Thus, it should generally have a low thermal conductivity constant k of about 60 or less. Furthermore, the air entering the interior 131 must create turbulence due to combustion. The exciter member 134 reduces the maximum effective radius of the space inside the tunnel 123. Thus, the air flowing into the interior 131 shortens the distance it reaches the combustion gases. Therefore, the turbulent flow necessary for the combustor member 134 is generated more effectively.

【0058】好ましくは、励燃部材134の耐火性カバ
ー143の外表面と、内壁128でカバーされる耐火材
132の内面との間のスペースは励燃部材134のまわ
りで全て一定の距離に保持される。このために、トンネ
ルの内部131へ流入する酸素は最も有効に混合し、か
つ乱流を生じる。図8に示すように円筒形再燃トンネル
の場合、内部131が円環状の形を呈する。
Preferably, the space between the outer surface of the fire resistant cover 143 of the combustor member 134 and the inner surface of the refractory material 132 covered by the inner wall 128 is all maintained at a constant distance around the combustor member 134. To be done. Because of this, the oxygen flowing into the tunnel interior 131 mixes most effectively and produces turbulence. In the case of a cylindrical reburn tunnel as shown in FIG. 8, the inside 131 has an annular shape.

【0059】1本の再燃トンネルを有する燃焼システム
の場合、励燃部材は明らかに1個で十分である。第1〜
6図に示すように再燃トンネルを2本有するシステムの
場合、トンネルの片方又は両方が励燃部材を有する。勿
論、その励燃部材は上記した如き最も望ましい形を有す
るものである。
In the case of a combustion system with a single reburn tunnel, a single exciter is clearly sufficient. First to
In the case of a system with two reburn tunnels as shown in FIG. 6, one or both of the tunnels has an exciter. Of course, the exciter member has the most desirable shape as described above.

【0060】図9は、再燃トンネル153の一部を示
し、これは実質的に、図1に示した再燃トンネル41又
は42のいずれかの一方を表わす。内壁154は耐火性
カバー155を有するが、そこを貫通するノズルがな
い。トンネル153の内部156へ流入する空気は全
て、励燃部材158のノズル157を通過する。その空
気は前述のようにその第1及び第2の支持体159, 1
60を通って励燃部材158へ流入し、結局、空気圧室
161から流出する。図10に示すようにブロワ162
は加圧空気を送り、これは結局、ノズル157を通って
内部156へ流入する。
FIG. 9 shows a portion of reburn tunnel 153, which is substantially representative of either reburn tunnel 41 or 42 shown in FIG. Inner wall 154 has a refractory cover 155 but no nozzles therethrough. All the air flowing into the inside 156 of the tunnel 153 passes through the nozzle 157 of the combustor 158. The air is supplied to the first and second supports 159, 1 as described above.
After passing through 60, it flows into the combustor 158 and eventually flows out of the pneumatic chamber 161. Blower 162 as shown in FIG.
Delivers pressurized air which eventually flows through nozzle 157 into interior 156.

【0061】前述のように、ノズル157は軸方向の速
度成分をもつ空気を導入する。言い換えれば、空気は少
くとも一部が再燃トンネル153の入口から出口へ向う
方向へ、或いは第1支持体159から第2支持体160
へ向う方向へ導入される。
As described above, the nozzle 157 introduces air having a velocity component in the axial direction. In other words, at least part of the air is directed from the inlet to the outlet of the reburn tunnel 153, or from the first support 159 to the second support 160.
Is introduced in the direction toward.

【0062】さらに、第9,10図に示すように、ノズ
ルはそこを通る空気に対して、放射方向の速度成分と共
に、接線方向速度成分を伝達する。再度このノズルは放
射方向に対して約45°の角度で空気を導入する。かく
して、ガスの非軸方向の速度の半分がそれらのガスを外
方へ移動させ、他の半分は内部156をまわって移動さ
せる。その結果が図10に示されており、矢印165は
空気の移動方向に対する一般的な渦巻運動を示す。
Further, as shown in FIGS. 9 and 10, the nozzle transmits a velocity component in the radial direction and a tangential velocity component to the air passing therethrough. Again, this nozzle introduces air at an angle of about 45 ° to the radial direction. Thus, one-half of the non-axial velocities of the gases move them outwards, and the other half move around the interior 156. The results are shown in FIG. 10, where the arrow 165 indicates the general spiral motion with respect to the direction of air movement.

【0063】空気圧室161は再燃トンネル153の全
周にわたって伸長することはない。むしろ、それはブロ
ワー162から第1の支持体159まで伸長するだけで
良い。耐火部材155に取付られた外壁154の軸方向
に沿って窪んだ周方向部分と共に、外壁167は空気圧
室161を形成する。図11 は外壁180と、耐火部材
181と、2個の励燃部材182, 183を有する再燃
トンネルの概略断面図である。矢印は第12〜15図に
示すように、ガスの流動方向を示す。図11 において、
励燃部材182, 183は同じ一定の横断面積を有す
る。しかしながら、内部184の横断面積は、耐火部材
181の断面が外方へ向けて傾斜するので、ガスの流動
方向へ向って増大する。これは再燃部分に壁181又は
励燃部材182, 183を通って導入される空気量をよ
り多くする。励燃部材184の横断面積は耐火部材の内
面傾斜が漸進的に形成されるので、同じく漸進的に増大
する。
The pneumatic chamber 161 does not extend over the entire circumference of the reburn tunnel 153. Rather, it need only extend from the blower 162 to the first support 159. The outer wall 167 forms a pneumatic chamber 161 together with the circumferentially recessed portion of the outer wall 154 attached to the fireproof member 155 along the axial direction. FIG. 11 is a schematic sectional view of a reburn tunnel having an outer wall 180, a refractory member 181, and two exciter members 182 and 183. The arrows indicate the direction of gas flow, as shown in FIGS. In Figure 11,
Excitation members 182, 183 have the same constant cross-sectional area. However, the cross-sectional area of the interior 184 increases in the direction of gas flow because the cross-section of the refractory member 181 slopes outward. This allows more air to be introduced into the reburn portion through wall 181 or combustor members 182,183. The cross-sectional area of the combustor 184 also increases progressively as the internal slope of the refractory member is progressively formed.

【0064】図12には、もうひとつの形式の再燃トン
ネルが示されている。それは又、外壁190, 191、
耐火部材192, 193、励燃部分194, 195を有
する。ここに示すように、内部196は接合部197の
所が不連続状態で階段状に急激に増大する。これは例え
ば、第2,3図に示す2つの別々の再燃工程間の接合部
を示す。
In FIG. 12, another type of reburn tunnel is shown. It also has outer walls 190, 191,
It has refractory members 192 and 193 and combustible portions 194 and 195. As shown here, the interior 196 increases sharply in a staircase fashion with the joint 197 discontinuous. This shows, for example, the junction between two separate reburn steps shown in FIGS.

【0065】図13は外壁200, 201と、耐火部材
202, 203と、励燃部分204, 205とを有する
再燃部分を示す。そこで、内部206は2つの部分間の
接合部207の所で次第に増大する。しかしながら、接
合部207の所の傾斜壁は図12の非常に急激な不連続
部197の場合より、もうひとつの好ましくない付加的
乱流の発生が少くて済む。
FIG. 13 shows a reburning portion having outer walls 200 and 201, refractory members 202 and 203, and exciting portions 204 and 205. There, the interior 206 gradually increases at the junction 207 between the two parts. However, the sloping wall at the junction 207 produces less of another undesirable additional turbulence than the very sharp discontinuity 197 of FIG.

【0066】もうひとつの再燃部分が図14に示されて
おり、これは外壁210、耐火部材211及び励燃部材
212, 213を有する。励燃部材212に比べて励燃
部材213の横断面積が小さいので、ガスが励燃部分2
12から励燃部分213へ流れる時、内部214の横断
面積214が増大する。
Another reburning portion is shown in FIG. 14, which has an outer wall 210, a refractory member 211 and exciter members 212, 213. Since the cross-sectional area of the exciter member 213 is smaller than that of the exciter member 212, the gas is excited by the excited portion 2
When flowing from 12 to the combustor portion 213, the cross-sectional area 214 of the interior 214 increases.

【0067】最後に、図15は外壁220及び内壁22
1と励燃部材222, 223を備えた再燃部分を示す。
励燃部材222, 223が円錐形に形成されると、ガス
が内部224の励燃部分を横切って流れる時、ガス量が
次第に増大する。
Finally, FIG. 15 shows the outer wall 220 and the inner wall 22.
1 shows the reburning part with 1 and the exciter members 222, 223.
When the exciter members 222, 223 are conically shaped, the amount of gas gradually increases as the gas flows across the combustor portion of the interior 224.

【0068】勿論、ごみの最初の燃焼は第16, 17図
に示すように主室32で生じる。螺旋式フィーダー23
0は例えば米殻のような特定のごみを導入させる。もっ
と典型的なものでは、ばらごみが前壁232の開口23
1を通って流入する。いずれの場合にも、焼却システム
32へ流入されるばらごみは、全体を234で示す火格
子上に落ちる。そこですぐに燃焼し始める。
Of course, the first combustion of refuse occurs in the main chamber 32, as shown in FIGS. Spiral feeder 23
0 allows the introduction of specific waste such as rice husks. In a more typical case, the debris is the opening 23 in the front wall 232.
Inflow through 1. In either case, the debris that flows into the incineration system 32 falls onto a grate, generally designated 234. There it immediately begins to burn.

【0069】ごみが高度の湿気を帯びている場合、火格
子234の上にのせて乾燥させ、そして次の燃焼へ移り
易くする。ばらごみが流入して直ちに、炉床33上に落
ちると、次の燃焼を行わせるための乾燥が一層難しくな
る。
If the litter is highly moist, it is placed on top of the grate 234 to dry and ready for subsequent combustion. If the dust flows into the hearth 33 immediately after the dust flows in, it becomes more difficult to dry the dust for the next combustion.

【0070】また、プラスチックのような非常に高熱量
(Btu-英国熱量単位)発生材は非常な高温で燃焼する。
これが床33上で生じる場合、不均等な加熱により、そ
れ自体に炉床に付着してしまう。かくして、ごみは制限
された時間だけ、火格子234上に落ちる。しかしなが
ら、その材料に含まれる凝固した炭化水素の大部分は、
ごみが火格子234を通って炉床33上にすべり落ちる
時、未だ燃焼していない。揮発性炭化水素の含有物はこ
の時点までに、すでにガス流に変化している。
Further, a material having a very high calorific value (Btu-British calorie unit) such as plastic burns at a very high temperature.
If this occurs on the floor 33, the uneven heating will attach itself to the hearth. Thus, the debris falls on the grate 234 for a limited time. However, most of the solidified hydrocarbons contained in the material are
When the refuse slips through the grate 234 and onto the hearth 33, it is not yet burning. By this time the content of volatile hydrocarbons has already been transformed into a gas stream.

【0071】第16, 17図に示すように、火格子23
4はごみを炉床33上に落下させるための貫通孔235
を有する。貫通孔235の開口の大きさは12〜18イ
ンチである。凝固した炭化水素の大部分が燃焼する前
に、従ってほとんどの種類のごみは炉床上へ落下する。
As shown in FIGS. 16 and 17, the grate 23
4 is a through hole 235 for dropping dust on the hearth 33.
Have. The size of the opening of the through hole 235 is 12 to 18 inches. Before most of the solidified hydrocarbons are burned, therefore most types of debris fall onto the hearth.

【0072】火格子234は勿論、主室32の熱侵食性
環境にあるので、その熱侵食による破壊を防止するため
にそれを冷却する何らかのメカニズムを有していなけれ
ばならない。そのために、火格子234は中空横管23
6, 237と、縦管238とを有する。横管236はカ
ップリング239, 240を有し、横管237はカプリ
ング241, 242を有する。これにより火格子234
を冷却する流体を貫流させることができる。このように
して導入される流体は空気でも、水でも、スチームでも
オイルでもよい。
Since the grate 234 is, of course, in the thermally erosive environment of the main chamber 32, it must have some mechanism to cool it in order to prevent its destruction. Therefore, the grate 234 is formed by the hollow horizontal pipe 23.
6, 237 and a vertical tube 238. The lateral tube 236 has couplings 239 and 240, and the lateral tube 237 has couplings 241 and 242. This allows the grate 234
A fluid for cooling can be flowed through. The fluid introduced in this way may be air, water, steam or oil.

【0073】さらに、火格子234の横及び縦管236
〜238は、さらに熱から保護するために耐火性コーテ
ィングが表面に施されている。最後に、典型的には、硬
質耐火材で形成される耐摩耗表面は、そこにごみが落下
することによる摩耗から火格子234を保護する。炉床
33は種々の形にすることができる。前述のベーシック
氏の米国特許第4, 475, 469号明細書に示した脈
動型炉床が特に推奨できる。その他の炉床も可能であ
り、それぞれに種々の効果を有する。
Further, the horizontal and vertical tubes 236 of the grate 234.
~ 238 has a refractory coating on its surface for additional heat protection. Finally, a wear resistant surface, typically formed of hard refractory material, protects the grate 234 from wear due to debris falling there. The hearth 33 can have various shapes. The pulsating hearth shown in the aforementioned US Pat. No. 4,475,469 to Basic is particularly recommended. Other hearths are possible, each with different effects.

【0074】かくして、例えば炉床33は簡単に固定炉
床とする。典型的なものでは、ごみが燃焼して灰とな
り、適切な収集手段へ落下するまで、或る形のラムやそ
の他の押出し機がごみを移動させる。しかしながら、床
は或る種の運動を伴って燃焼したごみが主室の入口から
出口までの移動を助けるようにしたものも多い。
Thus, for example, the hearth 33 is simply a fixed hearth. Typically, some form of ram or other extruder moves the refuse until it burns to ash and falls into a suitable collection means. However, many floors are designed to assist the movement of debris burned with some kind of movement from the inlet to the outlet of the main chamber.

【0075】炉床33は移動型或いは固定型で構成され
る。しかしながら、移動型の方が好ましいことが経験上
判っている。なかんずくベーシック氏の上記した米国特
許に示す構成であれ、その他のものであれ、脈動型炉床
が最も効率的である。ベーシック氏の特許では、炉床は
入口231から出口へ向う方向へ周期的に往復円弧運動
を行う。ごみを雪かき用シャベルで雪を掬って放り投げ
る要領で、入り口でごみを積み上げられた炉床を素早く
円弧状に出口に向けて移動しかつ急速に停止させて、ご
みを炉床前方に放り上げるような動作を繰り返す。
The hearth 33 is of a movable type or a fixed type. However, experience has shown that the mobile type is preferred. Above all, the pulsating hearth is most efficient, whether it is the configuration shown in the above-referenced U.S. patents, or otherwise. In the Basic patent, the hearth moves periodically in a reciprocating circular arc in a direction from the inlet 231 to the outlet. Just like throwing snow with a shovel for shoveling and throwing it away, the hearth piled with garbage at the entrance quickly moves in an arc shape toward the exit and is quickly stopped, and the garbage is thrown up in front of the hearth. The same operation is repeated.

【0076】図16に示す炉床33は、種々の種類のご
みを燃やすために有効とされる形を有する。この場合、
炉床33は入口のある前壁232から出口の灰ピット2
44まで傾斜配置されている。上部炉床33と下部炉床
34をわずかに傾斜させることにより、ごみは炉床のい
かなる動きにも応じて移動し易くなる。
The hearth 33 shown in FIG. 16 has a shape that is effective for burning various types of refuse. in this case,
The hearth 33 has a front wall 232 with an inlet and an ash pit 2 at the outlet.
It is inclined up to 44. By slightly inclining the upper hearth 33 and the lower hearth 34, debris is more likely to move with any movement of the hearth.

【0077】さらに、炉床33, 34はその上面にそれ
ぞれ畝246, 247が形成されている。これらはチャ
ンネルを形成し、その上のごみを混合させて燃焼を助け
る。上部炉床33の細孔であるノズル248と、下部炉
床34のノズル249は燃焼不足を補うために空気を噴
射し、ごみの燃焼を促進する。
Further, the hearth 33, 34 has ridges 246, 247 formed on the upper surface thereof, respectively. These form channels in which the debris is mixed to aid combustion. The nozzles 248, which are the pores of the upper hearth 33, and the nozzles 249 of the lower hearth 34 inject air to make up for the lack of combustion, and promote the combustion of dust.

【0078】図17に示すように、下部炉床34のノズ
ル249は、上部炉床33のノズル248と同様に、そ
れらが空気を主室32へ噴射する時、下方へ傾く。ノズ
ル249, 248のこの下方への角度により、ごみがそ
のノズルへ入りこんで詰まることがないようにしてい
る。
As shown in FIG. 17, the nozzles 249 of the lower hearth 34, like the nozzles 248 of the upper hearth 33, tilt downward as they inject air into the main chamber 32. This downward angle of the nozzles 249, 248 prevents debris from entering the nozzle and becoming clogged.

【0079】ノズル248, 249を通って導入される
空気量は、特に、主室32の状況次第で変わる。かくし
て、前述のように、この焼却システムは、その容量、又
はそれに近い容量で操作するにはごみ量が少い場合があ
る。この場合、これらのジェットを通って放出される空
気が少量でも、その焼却システム全体がその適切な操作
温度に達する。
The amount of air introduced through the nozzles 248, 249 will depend on the particular conditions of the main chamber 32. Thus, as mentioned above, this incineration system may have less waste to operate at or near its capacity. In this case, the entire incineration system reaches its proper operating temperature, even with a small amount of air released through these jets.

【0080】炉床33, 34の代わりに、主室32は火
格子234の下に火格子床をおくこともできる。その場
合、ごみは上部火格子から下部火格子へ落ち、それから
その完全な燃焼が行われようにする。この下部火格子は
固定型の場合もあれば、燃焼ごみを灰ピット244の方
向へ移送させるために或る型の動きを行わせることもで
きる。
Instead of the hearths 33, 34, the main chamber 32 may have a grate bed below the grate 234. In that case, the refuse will fall from the upper grate to the lower grate and then allow its complete combustion to take place. The lower grate may be stationary, or it may have some type of movement to move the combustion debris toward the ash pit 244.

【0081】これはチョークダンパー91, 92の使用
に関連して作動することができる。主室の空気量を減ら
す1つの方法は、第2の即ち下部炉床34へ導入される
空気を止めるだけでよい。主室32は、第16,17図
に概略的に示す薄膜側壁253, 254を有する。これ
らの壁では下部入口管255, 256を通って水が流れ
る。そこから水は薄膜壁253, 254の管257, 2
58を通って頂部管259へ流れる。加熱された水はそ
こから他の部分へ流れ、発電のため、暖房のため、或い
ははその他の目的でスチームの形で有用なエネルギー源
となる。
This can operate in connection with the use of choke dampers 91, 92. One way to reduce the amount of air in the main chamber is to simply turn off the air introduced into the second or lower hearth 34. The main chamber 32 has thin film side walls 253 and 254, which are schematically shown in FIGS. Water flows through these walls through the lower inlet tubes 255, 256. From there, the water flows through the thin film walls 253, 254 tubes 257, 2
Through 58 to the top tube 259. Heated water flows from there to other parts and is a useful source of energy in the form of steam for power generation, heating, or for other purposes.

【0082】前述のように、主室は焼却システムを通し
て熱を全体に供給するためにごみをいっぱいにしないよ
うにする。この場合、頂部管259から取出される熱の
量は少くし、主室と再燃トンネル内に十分に熱を残して
きれいに有効な燃焼が行われるのに必要な温度を保持す
る。
As mentioned above, the main chamber does not fill the trash in order to supply heat through the incineration system. In this case, the amount of heat extracted from the top tube 259 is small, leaving sufficient heat in the main chamber and in the reburn tunnel to maintain the temperature required for clean and effective combustion.

【0083】主室32の灰ピット244は螺旋形コンベ
ヤ263, 264を有する。これにより、ピット244
から灰が除去される。しかしながら、例えばチェンによ
る引っぱりシステムのような其の他の灰除去システムの
場合のように、螺旋形コンベヤ263, 264の可動部
材は水中や灰ピットの中にあって、この場合、修理が困
難である。従って、それを改良した灰除去システムが第
18〜25図に示されている。
The ash pit 244 of the main chamber 32 has spiral conveyors 263 and 264. This makes the pit 244
Ash is removed from the. However, as with other ash removal systems, such as chain pulling systems, the moving members of the spiral conveyors 263, 264 are in water or in the ash pit and are difficult to repair in this case. is there. Accordingly, an improved ash removal system is shown in Figures 18-25.

【0084】灰ピット35は図18に概略的に示されて
いる。典型的なものでは、底部に水271と灰272を
含む。水271は勿論、主燃焼室の内部と大気との間を
シールしている。自づと、灰272は時々、ピット35
から除去されねばならない。この目的を達成するため
に、全体を273で示す掬い上げ機構が軌道277に沿
って下降し、そのトラフ278が図18の実線で示す形
では水271に入り、灰のかたまり272を掬う。それ
からそのトラフは、ピット272の底部にある時、図1
8の点線で示す運搬の形に戻る。これによりトラフ27
8は灰272の一部を掬い上げることができる。
The ash pit 35 is shown schematically in FIG. Typically, the bottom contains water 271 and ash 272. Of course, the water 271 seals between the inside of the main combustion chamber and the atmosphere. As it turns out, the ash 272 is sometimes in the pit 35.
Must be removed from the. To this end, a scooping mechanism, generally indicated at 273, descends along track 277 and its trough 278 enters water 271 in the form shown by the solid line in FIG. 18 to scoop ash mass 272. Then, when the trough is at the bottom of pit 272,
Return to the form of transportation indicated by the dotted line of 8. This makes the trough 27
8 can pick up a part of the ash 272.

【0085】しかる後、掬い上げ機構273は2本の互
いに平行に敷設されたU字形断面のレールを備えた軌道
277に沿って上昇する。掬い上げ機構は水271から
トラフ278を持ち上げた直後に一旦停止することが好
ましい。その時、トラフ278の底部に設けられた多数
の開口281から灰272に含まれる水が落下する。軌
道277の背後部には樋構造体が設けられており、これ
がトラフ278から移動中に滴り落ちる水をピット35
へ導く。
Thereafter, the scooping mechanism 273 ascends along a track 277 having two U-shaped rails laid in parallel with each other. It is preferable that the scooping mechanism temporarily stop immediately after lifting the trough 278 from the water 271. At that time, the water contained in the ash 272 drops from the numerous openings 281 provided at the bottom of the trough 278. A trough structure is provided at the back of the track 277, which allows the water dripping from the trough 278 to move into the pit 35.
Lead to.

【0086】掬い上げ機構273が図18に示す高い位
置に戻る時、トラフ278はその点線で示す保持位置か
ら実線で示す放出位置へ移動する。灰はそれから軌道2
73の間282を通ってトラフ278から落下し、トラ
ック37の荷台或いはその他の搬送用容器へ入れられ
る。軌道273の両側々部に垂下するガード板283に
より、トラック37の荷台の外側へ灰が飛散するのを防
ぐ。
When the scooping mechanism 273 returns to the high position shown in FIG. 18, the trough 278 moves from its holding position shown by the dotted line to the discharging position shown by the solid line. Ash then orbit 2
It falls from trough 278 through 73 during 282 and is placed in the bed of truck 37 or other shipping container. The guard plates 283 hanging on both sides of the track 273 prevent the ash from scattering to the outside of the bed of the truck 37.

【0087】掬い上げ機構273はケーブル284によ
って軌道277上を上下へ移動することが可能である。
ケーブル284の一端は典型的なウインチ(不図示)に
取付られ、このウインチを制御することでケーブル28
4は巻き揚げられたり、解きほぐされたりされる。次い
で、ケーブル284は軌道277の上端に固定されたプ
ーリ285に巻回されており、掬い上げ機構273にそ
の端部が取着されている。ウインチがケーブル284を
解きほぐす時、ケーブルはプーリ285をまわって、掬
い上げ機構273をピット35へ下降させる。ウインチ
がケーブル284を巻き上げると、掬い上げ機構273
は水から持ち上げられ、軌道277に沿って上昇する。
The scooping mechanism 273 can be moved up and down on the track 277 by the cable 284.
One end of the cable 284 is attached to a typical winch (not shown), and the cable 28 is controlled by controlling the winch.
No. 4 is rolled or unraveled. Next, the cable 284 is wound around a pulley 285 fixed to the upper end of the track 277, and its end is attached to the scooping mechanism 273. When the winch unwinds the cable 284, the cable turns around the pulley 285 and lowers the scooping mechanism 273 to the pit 35. When the winch winds up the cable 284, the scooping mechanism 273
Is lifted from the water and rises along track 277.

【0088】掬い上げ機構273の主要部分を構成する
トロリーについては、第19, 20図に詳細に示されて
いる。掬い上げ機構273は、第1にランナーバー28
8, 289と、そのランナーバー288, 289にしっ
かりと取付られた前部クロスバー290、後部クロスバ
ー291とからなる剛性フレームで構成されている。前
輪292, 293と後輪294, 295は図21に示す
ように、U形断面の軌道277の内側に乗る。さらに、
水平案内輪296, 297は後輪294, 295のそれ
ぞれ外側から軌道277に当接する。これは掬い上げ機
構273が軌道277上に適切に直線配列されることを
確実にする。
The trolley constituting the main part of the scooping mechanism 273 is shown in detail in FIGS. The scooping mechanism 273 is, firstly, the runner bar 28.
8, 289, and a rigid frame composed of a front crossbar 290 and a rear crossbar 291 which are firmly attached to the runner bars 288, 289. The front wheels 292, 293 and the rear wheels 294, 295 ride on the inside of a track 277 having a U-shaped cross section, as shown in FIG. further,
The horizontal guide wheels 296 and 297 contact the track 277 from the outside of the rear wheels 294 and 295, respectively. This ensures that the scooping mechanism 273 is properly aligned on the track 277.

【0089】案内輪296, 297の配置はさらにピッ
ト35から灰を取り出す位置において、掬い上げ機構2
73がそのまま軌道上に保持されたままで使用可能であ
るという効果もある。特に、軌道277のレール側部に
当接する案内輪296, 297と、軌道部材277の内
側に乗る後輪294, 295は軌道277に掬い上げ機
構273を大よそ方向付ける。ケーブル284がトラフ
278をピット35内へ降下する時、トロリーの前端だ
けが実際に水271に入る。車輪294〜297を含む
トロリー273の後部は常時、水271の外にある。
The guide wheels 296 and 297 are further arranged at the scooping mechanism 2 at a position where ash is taken out from the pit 35.
There is also an effect that 73 can be used while being held on the track as it is. In particular, the guide wheels 296 and 297 that come into contact with the rail side portions of the track 277 and the rear wheels 294 and 295 that ride on the inside of the track member 277 direct the scooping mechanism 273 to the track 277. When the cable 284 descends the trough 278 into the pit 35, only the front end of the trolley actually enters the water 271. The rear of the trolley 273, including wheels 294-297, is always outside the water 271.

【0090】かくして、掬い上げ機構273のトロリー
を適切に方向付けるために軌道277のレールと密着接
触状態を常時維持しなければならない車輪は水の外にあ
るので、水で腐食したり、水中の廃材で損傷したりする
ことはない。
Thus, the wheels, which must be kept in close contact with the rails of the track 277 at all times in order to properly orient the trolley of the scooping mechanism 273, are outside the water and therefore corroded by water or submerged in water. It is not damaged by scrap wood.

【0091】トロリーの後部が水の外にあるということ
は、トラフ278の構成を制御することに関して更に効
果を有する。トラフ278はしっかりと固着されたフラ
ンジ301を有し、そのフランジ301にはロッド30
2の一端が接合部303の所でピボット状に接続する。
ロッド302の他端はシリンダ306内に往復動可能に
配設されたピストンに接続する。シリンダ306は順
次、後部クロスバー291上でフランジ307, 308
間においてピボット状に接続する。
The fact that the back of the trolley is out of the water has a further effect on controlling the configuration of the trough 278. The trough 278 has a flange 301 firmly fixed thereto, and the flange 301 has a rod 30
One end of 2 is pivotally connected at the junction 303.
The other end of the rod 302 is connected to a piston that is reciprocally arranged in a cylinder 306. The cylinder 306 is mounted on the rear crossbar 291 in sequence on the flanges 307, 308.
Pivot connection between them.

【0092】シリンダ306内の圧力がそのピストンを
外方へ押し出す時、それはロッド302を第19, 20
図で見て右へ伸長する。これは順次、フランジ301を
下方へ移動させることになる。その結果、トラフ278
はその回転カップリング309, 310のまわりをサイ
ドバー288, 289へ移動する。これはトラフ278
を第18, 19図に実線で示す位置から点線で示す位置
へ枢動させる。
When the pressure in cylinder 306 pushes its piston outward, it causes rod 302 to move to the 19th, 20th and 20th positions.
Extend to the right as seen in the figure. This in turn causes the flange 301 to move downward. As a result, the trough 278
Moves around its rotational coupling 309, 310 to the sidebars 288, 289. This is a trough 278
Is pivoted from the position shown by the solid line in FIGS. 18 and 19 to the position shown by the dotted line.

【0093】その結果、シリンダ内の圧力がピストンを
引っこめる時、ロッド302は第19, 20図で見て左
へ移動し、フランジ301との接続部303を同じ方向
へ引っぱる。これは順次、フランジ301とトラフ27
8を図19の点線で示す位置から実線で示す位置まで時
計方向へ枢動させる。これによってトラフは放出位置か
らそれが灰を入れた保持位置へ移動する。この動きは勿
論、ピット35内でも同様に生じるので、トラフ278
は灰272の一部を掬い込む。
As a result, when the pressure in the cylinder retracts the piston, the rod 302 moves to the left as seen in FIGS. 19 and 20, pulling the connecting portion 303 with the flange 301 in the same direction. This is the flange 301 and the trough 27 in sequence.
8 is pivoted clockwise from the position shown by the dotted line in FIG. 19 to the position shown by the solid line. This moves the trough from the discharge position to the holding position where it contained ash. This movement naturally occurs in the pit 35 as well, so the trough 278
Scoops up part of the ash 272.

【0094】そのような掬い込み操作の間、トラフ27
8はピット35内の固形物体に接触する。これは、焼却
システム30が前もって分類しないでばらごみを受入れ
るので生じる。そのようにしてピット35内にある固形
物体の共通のものとしては、自動車用マフラーや分別さ
れずに捨てられたその他の金属製部品類である。好まし
くは、シリンダ306はトラフ278を固形物体に当た
った際に、それ以上動かしてはならない。かくして、こ
の中間位置でトラフ278は固形物体を接触したままと
なる。
During such a scooping operation, the trough 27
8 contacts the solid object in the pit 35. This occurs because incineration system 30 accepts trash without prior classification. In this way, common solid objects in the pit 35 are a muffler for automobiles and other metal parts that are discarded without being sorted. Preferably, the cylinder 306 should not move further when striking the trough 278 against a solid object. Thus, in this intermediate position, the trough 278 remains in contact with the solid object.

【0095】掬い上げ機構273がしかる後、軌道27
7を移動する時、その軌道と共に固形物を引っぱり上げ
る。トラフ278はその頂部位置にくると、再び、その
放出位置へ移動し、マフラーやその他の固形物をトラッ
37へ落す。シリンダ306を空気制御形式のものにす
ると、それ自体クッション性を持つこととなり、軌道2
77を損傷を与えずに前記固形物を除去することができ
るような付加的利便性を与える。
After the scooping mechanism 273 is struck, the track 27
When moving 7, pull the solid material along with its orbit. When the trough 278 reaches its top position, it again moves to its discharge position and drops muffler and other solids onto the truck 37. If the cylinder 306 is of the air control type, it will have cushioning properties, and the track 2
It provides the added convenience that the solids can be removed without damaging 77.

【0096】シリンダ306を制御する流体はホース3
15, 316を通って流れ、これらのホースは順次リー
ル317のまわりに巻回される。掬い上げ機構273が
軌道277を上下動する時、リール317はホースの中
間部分319, 320を放したり、つかんだりすること
によりトロリーの通路からホースを逸脱させる。
The fluid that controls the cylinder 306 is the hose 3
Flowing through 15, 316, these hoses are sequentially wound around reel 317. As the scooping mechanism 273 moves up and down the track 277, the reel 317 releases or grabs the middle portion 319, 320 of the hose, causing it to deviate from the passage of the trolley.

【0097】再度、掬い上げ機構273がその最下位置
にあって、トラフ278がピット35内に入る際、シリ
ンダ306とリール317は水から出ている。かくして
それらは水や灰、またはそれらの両者に含まれる化学物
質の悪影響を受けないですむ。さらに、ケーブル284
を操作するウインチは、図18から判るように、常に水
の外にある。図22は、全体を325で示す軌道機構を
示すが、灰をトラック37へ放出するシュート機構が図
18の場合とは僅かに異る。軌道277と掬い上げ機構
273のトロリーは前述の例と事実上同じである。
Again, with the scooping mechanism 273 in its lowest position, the cylinder 306 and reel 317 are out of the water when the trough 278 enters the pit 35. Thus, they are immune to the adverse effects of chemicals contained in water, ash, or both. In addition, the cable 284
The winch that operates is always outside the water, as can be seen in FIG. FIG. 22 shows a track mechanism indicated generally by 325, but the chute mechanism for discharging ash to the track 37 is slightly different from the case of FIG. The track 277 and the trolley of the scooping mechanism 273 are virtually the same as the above-mentioned example.

【0098】しかしながら、軌道機構325は回転式の
シュートガイド326を有し、これは図22に示すよう
に軌道の頂部近くに掬い上げ機構273が位置してい
る。そこでトラフ278はその保持位置から放出位置へ
移動する。ピット35からの灰の掬い上げが行われ、灰
がトラフ278から落下する時、シュートガイド326
は灰をトラック37の荷台へ向ける。灰がトラック37
の荷台に積載された後、シュートガイド326は図22
に示すように反時計方向へ回転するので、そのショベル
327が傾斜樋の一部を構成する。
However, the track mechanism 325 has a rotary chute guide 326, which has a scooping mechanism 273 located near the top of the track, as shown in FIG. The trough 278 then moves from its holding position to its discharge position. When the ash is picked up from the pit 35 and the ash falls from the trough 278, the shoot guide 326
Directs the ashes to the bed of truck 37. Ash is the truck 37
After being loaded on the loading platform of FIG.
Since it rotates in the counterclockwise direction, the shovel 327 constitutes a part of the inclined gutter.

【0099】回転可能なシュートガイド326を制御す
る機構は図23により明確に且つ詳細に示されており、
これは図22とは軌道325を挟んでシューガイド32
6を反対側から見た状態を示す。ここに示すように、シ
ュートガイド326の回転可能なショベル327の操作
は、シリンダ330の動作から生じる。シリンダ330
がその中に往復移動可能に配設されたピストンを押圧す
ると、ピストンはショベル327にしっかりと固定され
たレバー腕331に接続する。その場合、レバー腕33
1は点線で示す位置をとり、ショベル327はシュート
326の残り部分と接続する。
The mechanism for controlling the rotatable chute guide 326 is shown more clearly and in greater detail in FIG.
This is different from the shoe guide 32 shown in FIG.
6 shows the state of 6 viewed from the opposite side. As shown here, the operation of the rotatable shovel 327 of the chute guide 326 results from the movement of the cylinder 330. Cylinder 330
When pushes a piston reciprocally disposed therein, the piston connects to a lever arm 331 that is firmly secured to the shovel 327. In that case, the lever arm 33
1 has a position shown by a dotted line, and the shovel 327 is connected to the rest of the chute 326.

【0100】ピストン330が引っこむ時、レバー腕3
31は図23に実線で示す位置へと右へ引っぱられ、シ
ョベル327は時計方向へ回転する。このためにトラフ
278からの廃物はトラック37の荷台へ落下する。
When the piston 330 retracts, the lever arm 3
23 is pulled to the right to the position shown by the solid line in FIG. 23, and the shovel 327 rotates clockwise. This causes waste from trough 278 to drop onto the bed of truck 37.

【0101】もうひとつの型の掬い上げ機構が図24の
符号337で示されている。それは第19, 20図と同
じトロリーを利用する。かくして、それはクロスバー2
90, 291と共に同じランナーバー288, 289を
有する。それはまた、車輪292〜297を利用した前
述と同じ方法で軌道に沿って移動する。
Another type of scooping mechanism is shown at 337 in FIG. It utilizes the same trolley as in FIGS. Thus, it's a crossbar 2
90 and 291 have the same runner bars 288 and 289. It also moves along the track in the same manner as described above utilizing wheels 292-297.

【0102】このトレラーはその前の図面に示すトラフ
278の代わりに、バケット338を使用しており、こ
れは水を流す貫通孔339を有する。このバケット33
8は接合部292に回転カプリングを有し、その位置を
制御するフランジ340を有する。ラフンジ340は普
通のロッド302に取付られたレバー腕341に接続す
る。順次、ロッド302は油圧シリンダ344内でピス
トンに接続する。バケット338は、第19,20図の
場合と同様に、ピボットカプリングを介してトロリーに
枢着されなければならないフランジ340を有する。
This trailer uses a bucket 338 instead of the trough 278 shown in the previous figure, which has a through hole 339 for water flow. This bucket 33
8 has a rotary coupling at the joint 292 and has a flange 340 for controlling its position. The rough lunge 340 connects to a lever arm 341 attached to a conventional rod 302. In turn, rod 302 connects to a piston within hydraulic cylinder 344. The bucket 338 has a flange 340 that must be pivotally attached to the trolley via a pivot coupling, as in FIGS.

【0103】ロッド302とレバー腕341の適切な動
きを保証するために、ロッド302はその接合部303
で、もう1つのレバー腕346に接続する。レバー腕3
46は支え348によりクロスバー290(図20参
照)に取付られたフランジ347にピボット状に連結す
る。レバー腕341はかくして、接合部303の正しい
回転運動を保証し、それに伴ってバケット338の掬い
上げ運動をも確実にする。
To ensure proper movement of the rod 302 and the lever arm 341, the rod 302 has its joint 303.
Then, connect to the other lever arm 346. Lever arm 3
46 is pivotally connected by a support 348 to a flange 347 attached to the crossbar 290 (see FIG. 20). The lever arm 341 thus ensures a correct rotational movement of the joint 303 and thus also a scooping movement of the bucket 338.

【0104】操作時、シリンダ344によりロッド30
2が伸長すると、バケット338は図24でみて時計方
向へ回転する。この位置では、廃物は保持されない。そ
れから掬い上げ機構337が軌道277に沿って下降
し、バケット338が水中に没入する。バケットは軌道
277とその下側において軌道と平行に一体的に形成さ
れた樋328との間を移動する。
During operation, the rod 30 is moved by the cylinder 344.
When 2 is extended, the bucket 338 rotates clockwise as seen in FIG. No waste is retained in this position. Then, the scooping mechanism 337 descends along the track 277, and the bucket 338 is immersed in the water. The bucket moves between a track 277 and a gutter 328 that is integrally formed below the track 277 in parallel with the track.

【0105】バケット338がピット35の底部に達す
ると、シリンダ344はロッド302を引っこめる。レ
バー腕341, 346の作用でバケット338は図24
でみて反時計方向へ回転する。事実、これによってバケ
ットはピット内にある時、前方へ移動して灰を掬い上げ
る。
When the bucket 338 reaches the bottom of the pit 35, the cylinder 344 retracts the rod 302. The action of the lever arms 341 and 346 causes the bucket 338 to move to the position shown in FIG.
See and rotate counterclockwise. In fact, this causes the bucket to move forward and scoop up ash when in the pit.

【0106】しかる後、掬い上げ機構337のトロリー
は軌道277上を上昇移動させられる。そして、シリン
ダがロッド302を伸長させ、バケット338は図24
でみて、時計方向へ回転し、その中味を放出する。
After that, the trolley of the scooping mechanism 337 is moved up on the track 277. The cylinder then extends rod 302 and bucket 338 is shown in FIG.
When viewed, it rotates clockwise and releases its contents.

【0107】バケット338は重い灰や例えば砂利のよ
うな廃物を生じるような環境でも使用でき、その焼却シ
ステムをきれいにする。強固な油圧シリンダ344のお
かげで、バケット338はピット35内の灰を掬うのみ
でなく堀り起す力をさらに与えることが可能である。
The bucket 338 can also be used in an environment that produces heavy ash and debris, such as gravel, to clean its incineration system. Thanks to the rigid hydraulic cylinder 344, the bucket 338 is not only able to scoop the ash in the pit 35, but also to give it a force to dig up.

【0108】第19, 20図に示す後くわ型トラフ27
8は、とりわけ通常の都市から出る雑多な種類の粗大ご
みを焼却処理するのに適している。そこで、トラフ27
8は自動車用マフラーや自転車のような固形物に接触す
る時、前進移動を一旦停止しなければならない。空気シ
リンダ306はクッション作用が強いので、トラフ先端
が固形物に接触する時、その動きを止め、シリンダ30
6又はトラフ278のいずれをも破壊しないようにす
る。さらに、シリンダ306の弁装置は、トラフ278
がそのような固形物と接触する場合、圧力を減衰させ
る。これによってトロリー273又は軌道277の構成
要素の多くが破壊しないように保護する。
Rear harrow trough 27 shown in FIGS.
8 is particularly suitable for incineration of various types of bulky refuse from ordinary cities. So the trough 27
When the vehicle 8 comes into contact with solid matter such as an automobile muffler or a bicycle, the forward movement must be temporarily stopped. Since the air cylinder 306 has a strong cushioning effect, when the tip of the trough comes into contact with a solid matter, the movement of the air cylinder 306 is stopped and the cylinder 30
Do not destroy either 6 or trough 278. Further, the valve device of the cylinder 306 is a trough 278.
When it contacts such solids, it damps the pressure. This protects many of the components of trolley 273 or track 277 from destruction.

【0109】トラフ278とバケット338との交換は
最低限の労力ですむ。自づと、バケットを支持するため
に、掬い上げ機構337のトロリーはブラケット345
及びフランジ347を備えている。また、それら2つの
機構の切り換えは単に、シリンダ306, 344とトラ
フ278とをバケット338に交換することで済まされ
る。さらにバケット338はレバー腕341, 346を
必要とし、トラフ278はそのようなレバー腕を使用し
ない。かくして灰除去システムは焼却システムに投入さ
れたごみの種類によって、どの型の掬い上げ機構を使用
するかが決定される。
Replacing the trough 278 with the bucket 338 requires minimal effort. To support the bucket by itself, the trolley of the scooping mechanism 337 is mounted on the bracket 345.
And a flange 347. Also, switching between the two mechanisms is simply accomplished by replacing the cylinders 306, 344 and the trough 278 with a bucket 338. Further, bucket 338 requires lever arms 341, 346 and trough 278 does not use such lever arms. Thus, the ash removal system determines which type of scooping mechanism is used, depending on the type of waste input to the incineration system.

【図面の簡単な説明】[Brief description of drawings]

【図1】焼却システム装置の斜視図である。FIG. 1 is a perspective view of an incineration system device.

【図2】2つの別個の再燃トンネルを有する再燃ユニッ
トの平面図であり、各トンネルは2つの別々の再燃工程
を有する。
FIG. 2 is a plan view of a reburn unit with two separate reburn tunnels, each tunnel having two separate reburn steps.

【図3】図2の再燃ユニットの側面図であり、また、排
気ガスを処理するもうひとつの工程を示す。
3 is a side view of the reburn unit of FIG. 2 and also shows another step of treating exhaust gas.

【図4】図3の4−4線に沿ってとった2本の再燃トン
ネルの横断面図であり、
4 is a cross-sectional view of two reburn tunnels taken along line 4-4 of FIG.

【図5】第1〜4図の2本の再燃トンネルの片方、又は
両方を閉鎖するダンパーの拡大図であって、一部断面で
示す。
5 is an enlarged view of a damper that closes one or both of the two reburn tunnels of FIGS. 1-4 and is shown in partial cross section.

【図6】2本の再燃トンネルの出口開口と、各出口開口
を一部閉鎖するチョークダンパーとを示す。
FIG. 6 shows two reburn tunnel exit openings and a choke damper that partially closes each exit opening.

【図7】2本の再燃トンネルのいずれかへの入口開口を
閉鎖するか、又、出口開口を一部閉鎖するダンパーを示
す。
FIG. 7 shows a damper that closes the entrance opening to either of the two reburn tunnels or partially closes the exit opening.

【図8】再燃トンネルの壁と励流壁との両方を通って空
気が流れるようにした励燃部材を内部に有する再燃トン
ネルの横断面図である。
FIG. 8 is a cross-sectional view of a reburn tunnel having an exciter member therein for allowing air to flow through both the reburn tunnel wall and the exciter wall.

【図9】励燃部材にのみ形成されたノズルを通って空気
が再燃トンネルに流入するようにした励燃部材を内部に
有する再燃トンネルの一部の側部横断面図である。
FIG. 9 is a side cross-sectional view of a portion of a reburn tunnel having therein an exciter member that allows air to enter the reburn tunnel through a nozzle formed in the exciter member only.

【図10】図9に示す再燃トンネルの10−10線に沿
ってとった横断面図である。
10 is a cross-sectional view taken along line 10-10 of the reburn tunnel shown in FIG.

【図11〜図15】入口開口から出口開口までにわたる
再燃トンネルの横断面積を増大させる種々の方法を示す
励燃部材を備えた再燃トンネルの概略横断面図である。
11-15 are schematic cross-sectional views of a reburn tunnel with exciter members showing various ways of increasing the cross-sectional area of the reburn tunnel from the inlet opening to the outlet opening.

【図16】室への入口開口の近くではあるが、室の炉床
の上に位置する火格子を有する焼却システムの主室の一
部断面で示す等大図である。
FIG. 16 is a partial isometric view of a main chamber of an incinerator system having a grate located near the entrance opening to the chamber but above the hearth of the chamber.

【図17】図16の焼却室の端部から見た横断面図であ
る。
FIG. 17 is a cross-sectional view as seen from the end of the incinerator of FIG.

【図18】焼却システムの出口ピットから灰を除去する
すくい上げ機構の側面図である。
FIG. 18 is a side view of a scooping mechanism for removing ash from the exit pit of an incineration system.

【図19】図18の機構に使用される灰すくいの側面図
である。
19 is a side view of the ash rake used in the mechanism of FIG.

【図20】図19のすくいの平面図である。20 is a plan view of the scoop of FIG. 19. FIG.

【図21】図20のすくいの軌道案内の第21−21線
に沿ってとった端面図である。
21 is an end view of the scoop orbit guide of FIG. 20 taken along line 21-21. FIG.

【図22】さらにもうひとつの灰除去機構の側面図であ
る。
FIG. 22 is a side view of yet another ash removing mechanism.

【図23】図22に示すシュート機構の拡大図であり、23 is an enlarged view of the chute mechanism shown in FIG. 22,

【図24】第18,22,23図に示す機構に使用する
もうひとつの灰除去すくいの側面図である。
24 is a side view of another ash removal scoop used in the mechanism shown in FIGS. 18, 22, and 23. FIG.

【符号の説明】[Explanation of symbols]

30 焼却システム 31 ローダー 32 主室 33,34 炉床 35 ピット 36 除去機構 37 トラック 38 ドア 41,42, 123, 153 再燃トンネル 43 熱除去ステージ 51, 52 第1再燃ステージ 53,54 第2再燃ステージ 55,56 バーナー 57,58,59,60, 129, 162 ブロワー 63,64…出口 67,68 出口開口 69,70 ダンパー 71, 72 ダンパーの伸長部 75, 76, 93 レバー腕 77, 78 ロッド 79, 80, 94 ピストン 81, 82 ブラケット 91, 92 チョークダンパー 97, 98 プーリ 99, 100 釣り合い重り 96 ケーブル 104,118 可撓管 108 開口 110 室 112 隔壁 124,125 支持体 126 外皮 127,161 空気圧室 130,135, 157 ノズル 131,184, 196 再燃トンネルの内部 132, 139, 155, 192, 193 耐火部材 133 支持体 134, 158, 182, 183, 194, 195 励
燃部材 204, 205, 212, 213 励燃部材 142 内壁 143 耐火性カバー 159,160 支持体 180, 190, 191, 200, 201 外壁 197 接合部 234 火格子 236,237 縦管 238 横管 244 灰ピット 246,247 畝 248,249 ジェットノズル 253,254 薄膜側壁 271 水 272 灰 273 トロリー 284 ケーブル 277 軌道 278 トラフ 315,316 孔 325 軌道機構 344 油圧シリンダ
30 incineration system 31 loader 32 main chamber 33, 34 hearth 35 pit 36 removal mechanism 37 truck 38 doors 41, 42, 123, 153 reburn tunnel 43 heat removal stage 51, 52 first reburn stage 53, 54 second reburn stage 55 , 56 burners 57, 58, 59, 60, 129, 162 blowers 63, 64 ... Outlets 67, 68 Outlet openings 69, 70 Dampers 71, 72 Damper extensions 75, 76, 93 Lever arms 77, 78 Rods 79, 80 , 94 Piston 81, 82 Bracket 91, 92 Choke damper 97, 98 Pulley 99, 100 Counterweight 96 Cable 104, 118 Flexible tube 108 Opening 110 Chamber 112 Partition wall 124, 125 Support 126 Outer skin 127, 161 Air pressure chamber 130, 135 , 157 nozzles 131, 184, 196 Inside of the fuel tunnel 132, 139, 155, 192, 193 Fireproof member 133 Supports 134, 158, 182, 183, 194, 195 Exciting member 204, 205, 212, 213 Exciting member 142 Inner wall 143 Fireproof cover 159, 160 support 180, 190, 191, 200, 201 outer wall 197 joint 234 grate 236, 237 vertical tube 238 horizontal tube 244 ash pit 246, 247 ridges 248, 249 jet nozzle 253, 254 thin film side wall 271 water 272 ash 273 trolley 284 cable 277 track 278 trough 315, 316 hole 325 track mechanism 344 hydraulic cylinder

フロントページの続き (72)発明者 ジョン・エヌ・ベイシック・シニア アメリカ合衆国、イリノイ、セント・チ ャールズ、ウイットニー・ロード 41 ダヴリュ 202 (56)参考文献 特開 昭50−25067(JP,A) 特開 平4−278112(JP,A) 特開 昭61−246514(JP,A) 米国特許4438705(US,A) 米国特許4475469(US,A) (58)調査した分野(Int.Cl.7,DB名) F23G 7/06 ZAB F23G 5/16 ZAB Front Page Continuation (72) Inventor John N. Basic Senior United States, Illinois, St. Charles, Whitney Road 41 W 202 (56) Reference JP-A-50-25067 (JP, A) JP Heihei 4-278112 (JP, A) JP-A-61-246514 (JP, A) US Patent 4438705 (US, A) US Patent 4475469 (US, A) (58) Fields investigated (Int. Cl. 7 , DB name) ) F23G 7/06 ZAB F23G 5/16 ZAB

Claims (2)

(57)【特許請求の範囲】(57) [Claims] 【請求項1】 ソースのアウトプットから発する可燃性
炭化水素を含むガス流体の環境特性を改善するための
なくとも1つの再燃トンネルを含む再燃ユニットを備え
た煙霧燃焼システムにおいて、前記再燃ユニットが、 (1)前記アウトプットに接続し、それと流体を介して
連通する前記再燃トンネルの入口開口と、 (2)前記再燃トンネルからの気体状燃焼生成物を排出
する該再燃トンネルの出口開口と、 (3)前記再燃トンネルに接続し、その中の燃料を燃焼
させるバーナー手段と、 (4)前記再燃トンネルに接続しかつその中へ酸素含有
ガスを導入する酸素補給手段とで構成され、更に、 (a)前記再燃トンネルの出口開口に接続しかつ、一方が
前記出口開口に閉鎖体を配置し他方が該閉鎖体を前記出
口開口から除かれる少なくとも2つの形態との間で作動
するチョークダンパーと、 (b)前記チョークダンパーに取付けられて前記再燃トン
ネル内の温度センサーに応じて前記チョークダンパーを
前記2つの形態の間で作動させるための手段、とから成
ることを特徴とする煙霧燃焼システム。
1. A for improving the environmental characteristics of the gas fluid containing combustible hydrocarbons emanating from the source of the output low
A fumes combustion system comprising a reburn unit comprising at least one reburn tunnel , wherein the reburn unit comprises: (1) an inlet opening of the reburn tunnel connected to the output and in fluid communication therewith; ) An outlet opening of the reburn tunnel for discharging gaseous combustion products from the reburn tunnel , (3) burner means connected to the reburn tunnel and burning fuel therein, (4) in the reburn tunnel is composed of a supplemental oxygen means for introducing connecting vital oxygen-containing gas into the further, (a) vital connected to the outlet opening of the relapse tunnel, is one of placing a closure on the outlet opening while the A choke damper that operates between at least two configurations in which a closure is removed from the outlet opening; and (b) the reburn ton attached to the choke damper.
Fume burning system means, characterized in that it consists of capital for operating the choke dampers between the two forms, depending on the temperature sensor in the channel.
【請求項2】 前記ソースが主燃焼室であって、該主燃
焼室が、 (a)固形ばらごみを入れるための入口開口と、 (b)ガス状燃焼生成物を排出するために前記再燃トン
ネルの前記入口開口に流体で連通する前記アウトプット
を形成する出口開口とを有することを特徴とする請求項
1に記載の煙霧燃焼システム。
2. The source is a main combustion chamber, the main combustion chamber comprising: (a) an inlet opening for receiving solid debris; and (b) the reburning for discharging gaseous combustion products. 2. A fumes combustion system according to claim 1 having an outlet opening forming said output in fluid communication with said inlet opening of the tunnel.
JP2000007025A 1987-06-01 2000-01-14 Fume combustion system Expired - Fee Related JP3504901B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000007025A JP3504901B2 (en) 1987-06-01 2000-01-14 Fume combustion system

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US07/060,761 US5007353A (en) 1981-03-27 1987-06-01 Incinerator improvements
JP2000007025A JP3504901B2 (en) 1987-06-01 2000-01-14 Fume combustion system

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP02415907A Division JP3133769B2 (en) 1990-12-28 1990-12-28 Improvement of incineration system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2000154914A JP2000154914A (en) 2000-06-06
JP3504901B2 true JP3504901B2 (en) 2004-03-08

Family

ID=32044552

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000007025A Expired - Fee Related JP3504901B2 (en) 1987-06-01 2000-01-14 Fume combustion system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3504901B2 (en)

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4438705A (en) 1981-03-27 1984-03-27 Basic J N Sen Incinerator with two reburn stages, and, optionally, heat recovery
US4475469A (en) 1981-03-27 1984-10-09 Basic J N Sen Pulsating incinerator hearth

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4438705A (en) 1981-03-27 1984-03-27 Basic J N Sen Incinerator with two reburn stages, and, optionally, heat recovery
US4475469A (en) 1981-03-27 1984-10-09 Basic J N Sen Pulsating incinerator hearth

Also Published As

Publication number Publication date
JP2000154914A (en) 2000-06-06

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0482251A1 (en) Incinerator improvements
US5209169A (en) Incinerator improvements
JP3504901B2 (en) Fume combustion system
JP3365985B2 (en) Apparatus and method for removing ash containing water from a pit
JP3133769B2 (en) Improvement of incineration system
JP3476452B2 (en) Apparatus for removing moisture-containing ash from pit and method for removing moisture-containing waste from pit
EP0913636B1 (en) Incinerator system and method for bulk refuse
US5413715A (en) Incinerator improvements
AU649933B2 (en) Incinerator improvements
US5007353A (en) Incinerator improvements
JP2000154909A (en) Method and system for incinerating bulk refuse and liquid containing hydrocarbon
AU661232B2 (en) Incinerator improvements
AU667625B2 (en) Incinerator improvements
KR0173305B1 (en) Enhanced trash burner system
AU677376B2 (en) Incinerator improvements
AU677809B2 (en) Incinerator improvements
IE20000400A1 (en) Incinerator System and Method for Bulk Refuse
NZ314563A (en) Removing ashes from pit beneath furnace, scoop moves on track between pit and raised discharge position
IE20000399A1 (en) Device and Method for removing Debris
IE20000398A1 (en) Fume Burning System and Method
IE903646A1 (en) Incinerator improvements
NZ209200A (en) Swinging incinerator hearth jerked to convey charge
JPH0816528B2 (en) Hearth for incinerator

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20031203

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20031211

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees