JP3484390B2 - Wireless packet priority control method - Google Patents

Wireless packet priority control method

Info

Publication number
JP3484390B2
JP3484390B2 JP2000043098A JP2000043098A JP3484390B2 JP 3484390 B2 JP3484390 B2 JP 3484390B2 JP 2000043098 A JP2000043098 A JP 2000043098A JP 2000043098 A JP2000043098 A JP 2000043098A JP 3484390 B2 JP3484390 B2 JP 3484390B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
priority
packet
time
data
radio
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2000043098A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2001237839A (en )
Inventor
保彦 井上
正博 守倉
正孝 飯塚
一賢 齋藤
Original Assignee
日本電信電話株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、無線LANに係り、特にベストエフォート型の範囲内でのパケットを区別した優先制御を可能とする無線パケット優先制御方法に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] [Technical Field of the Invention The present invention relates to a wireless LAN, particularly a wireless packet priority control method that allows to distinguish the priority control packets within the best-effort on. 【0002】 【従来の技術】一般に、無線アクセス方式としては、IE [0002] In general, as a wireless access system, IE
EE802委員会で規定されている無線LANシステムにおけるアクセス方式が代表的である。 Access method in a wireless LAN system defined in EE802 committee is a representative. 【0003】この規定は、”IEEE802.11,Draft Standar [0003] This provision, "IEEE802.11, Draft Standar
d for Wireless LAN Medium AccessControl(MAC)and Ph d for Wireless LAN Medium AccessControl (MAC) and Ph
ysical Layer(PHY)Specification,P802.11D8.0,1 May 1 ysical Layer (PHY) Specification, P802.11D8.0,1 May 1
998”に詳細に記述されている。以下、この規定を「IEE 998 "to have been described in detail. Below, this provision" IEE
E802.11規格」として称して説明する。 E802.11 will be referred to as a standard. " 【0004】MACレイヤのアクセス方式については、 [0004] For the access method of the MAC layer,
「IEEE802.11規格」において記述されている。 It is described in the "IEEE802.11 standard". 【0005】ここで、競合アクセス制御については、無線基地局(AP)ならびに配下の複数のSTA(無線局)がパケットの衝突が生じないようにキャリアセンスしながらデータを送信するCSMA/CA(Carrier Se [0005] Here, the contention access control, the wireless base station (AP) and a plurality of STA transmitting the data while the carrier sense as (radio station) does not occur a collision of packets CSMA / CA (Carrier under Se
nse Multiple Access Collision Avoidance)方式を用いたDCF(Distributed Coordination Function分散制御手順)が用いられている。 nse Multiple Access Collision Avoidance) DCF with scheme (Distributed Coordination Function distributed control procedure) are used. 【0006】図5は、「IEEE802.11規格」に提示されているDCFにおける時間に対する通信動作を示している。 [0006] FIG. 5 shows a communication operation for the time in the DCF, which is presented to the "IEEE802.11 standard". この図において、横軸を時間の経過として、例えば、2つの無線パケット通信する無線局(以下、STA In this figure, a lapse of the horizontal axis represents time, for example, two wireless packet communication radio station (hereinafter, STA
と称する)を示し、STA1のデータ送信が終了した後の動作を示している。 Referred to as) it indicates, shows the operation after the data transmission has ended the STA1. 【0007】ここで、「IEEE802.11規格」において、I [0007] Here, in the "IEEE802.11 standard", I
FS(Inter Frame Space)は、APおよびSTAが無線媒体の状態を知るためのキャリアセンスの時間であり、時間の短い順、つまりアクセスの優先権の高い順に、SIFS(Short IFS)、PIFS(PCF(Poi FS (Inter Frame Space) is the time of carrier sensing for AP and STA to know the state of the wireless medium, the time of ascending order, i.e. the higher priority order of access, SIFS (Short IFS), PIFS (PCF (Poi
nt Coordination Function)IFS)、DIFS(Distr nt Coordination Function) IFS), DIFS (Distr
ibutedIFS)、EIFS(ExtendedIFS)との4種類が規定されている。 ibutedIFS), 4 types of EIFS (ExtendedIFS) is defined. 尚、本発明に関連するのは、データパケット信号を送信する場合のキャリアセンス時間となるDIFSである。 Incidentally, in connection with the present invention is the DIFS as a carrier sense time of sending a data packet signal. 【0008】ここで、時刻TでSTA1からAPへデータ送信を行い、AP及びSTA2が送信待機状態にあったと仮定する。 [0008] Here, it is assumed that performs data transmission from STA1 at the time T to the AP, AP and STA2 was in a transmission standby state. 【0009】まず、STA1がデータP1をAPへ送信し、それの受信に応答するACKパケット(Pa)をA [0009] First, STA1 transmits data P1 to AP, an ACK packet (Pa) which responds to the received A
Pから受信した後、AP及びSTA2は、DIFS間(TD)経過するまで待機する。 After receiving from the P, AP and STA2 waits until between DIFS (TD) has elapsed. 【0010】そして、ランダムな時間となる衝突回避期間(Contention Window:Tcw)がAP及びSTA2のそれぞれに付与される。 [0010] Then, the collision avoidance period during which a random time (Contention Window: Tcw) is applied to each of the AP and STA2. この衝突回避期間は、後述するように、基本単位時間と乱数との乗算により求められる。 The collision avoidance period, as described later, is determined by multiplying the basic unit of time and the random number. 【0011】この衝突回避期間の決定にあたり、APを含む全てのSTAの中での全体のルールとして、送信するべきデータパケットを持っているAP及びSTAは、 [0011] Upon determination of the collision avoidance time, the overall rules of all STA including AP, AP and STA has data packets to be transmitted,
ある範囲の整数が一様分布する乱数を引く。 Draw a random number integer in the range is uniformly distributed. そして得られた乱数値に衝突回避期間の基本単位時間(スロット時間)を掛けて、衝突回避期間Tcwとなる。 And the resulting random number to the basic unit of the collision avoidance period time (slot time) is multiplied, the collision avoidance period Tcw. 【0012】この期間経過後に、無線媒体がビジーにならなければ送信を開始する。 [0012] After this period of time has elapsed, the radio medium begins to transmit if not busy. 図6においては、1スロット時間(1スロット数)を1コマで図示しており、この例では、APに4コマ×スロット時間の衝突回避期間が付与され、STA2には7コマ×スロット時間の衝突回避期間が付与される。 In Figure 6, one slot is shown time (number 1 slot) in one frame, in this example, it is assigned the collision avoidance period of four frames × slot time to AP, the 7 frames × slot time to STA2 collision avoidance period is granted. 以降で説明する本発明の図面においても同様である。 The same applies to the drawings of the present invention described later. 与えられたAPの衝突回避期間Tcw Collision avoidance period of a given AP Tcw
がSTA2に比べて短いために、APが優先的になり、 But for shorter than the STA2, AP has become a priority,
この衝突回避期間(4スロット時間)経過後に、APからSTA1にデータを送信する。 After the collision avoidance period (4 slot time) has elapsed, it sends the data to the STA1 from AP. この時のSTA2の送信は延期される。 The STA2 of the transmission of time is postponed. 【0013】さらに、APへのACK(Pa)送信を終了し、さらにDIFS(TD)期間経過後、今度はST [0013] In addition, to exit the ACK (Pa) transmission to the AP, after further DIFS (TD) period, it is now ST
A2のバックオフにおけるTcwが最も短くなるため、S Since Tcw in A2 backoff is shortest, S
TA2がデータ送信可能になる。 TA2 is possible data transmission. 以上のようなシーケンスにより競合状態下において衝突が少ない、パケット送信を確実に行っている。 Less collision under competitive conditions by a sequence as described above, is performed packet transmission to ensure. 【0014】前述したDIFS経過後の待ち時間となるランデムなバックオフは、同時に送信を行おうとするS [0014] The waiting time to become Randemu back off after DIFS elapsed described above, the attempts to transmit at the same time S
TA間の衝突を確率的に低減させるための操作であり、 Collisions between TA is an operation for causing the stochastically reduced,
このバックオフにおける待ち時間が衝突回避期間にあたる。 Latency in this back-off falls on a collision avoidance period. 【0015】送信すべきデータを有している複数のST [0015] a plurality of have the data to be transmitted ST
Aは、データ送信前に、それぞれ乱数によって得られた異なる衝突回避期間の待機をさせられることにより、同時に送信することを防ぐため、データパケットの衝突を防ぐことが可能となる。 A before the data transmission, by being allowed to stand for different collision avoidance period obtained by the respective random number, in order to prevent simultaneous transmission, it is possible to prevent collisions of data packets. 【0016】図6は、別の従来方法を説明するための図である。 [0016] Figure 6 is a diagram for explaining another conventional method. 【0017】前述した従来技術では、データの重要性に関わりなく、ランダムに衝突回避期間Tcwを付与していたが、この従来例では、送信するデータパケットを持っているSTAが引く乱数が一様分布ではなく、送信すべきパケットの優先順位に応じてその範囲を変えることで、衝突回避期間Tcwの長さに優先順位付けを行い、データパケットの優先順位に応じた優先制御を行うものである。 [0017] In the prior art described above, regardless of the importance of data, it had been granted collision avoidance period Tcw randomly in this prior art example, uniform random number to the STA draw that has data packets to be transmitted rather than distribution, by changing the range in accordance with the priority of the packet to be transmitted, to prioritize the length of the collision avoidance period Tcw, and performs priority control in accordance with the priority of the data packets . 【0018】この例では、APと2局の無線局(STA [0018] In this example, AP and two stations radio stations (STA
1、STA2)が同一の周波数を共用して通信を行い、 1, STA2) performs a communication share the same frequency,
STA1のパケット送信終了後、APが送信が優先されるパケットデータP1を、STA2がAPに比べて非優先されるデータパケットP2を有しており、これらの送信要求があるものを示している。 After packet transmission end of the STA1, the packet data P1 the AP transmission is prioritized, STA2 has a data packet P2 to be non-priority than the AP, show what these transmission requests. このデータパケットP This data packet P
1には、スロット時間が0〜5が割り当てられ、データパケットP2には、スロット時間が5(固定値)+0〜 The 1, slot time is 0-5 is assigned to the data packet P2 is slot time is 5 (fixed value) + 0
5、即ち、5〜10のスロット時間が割与えられる。 5, i.e., given split 5-10 slot time. この場合にはデータパケットP2は、優先順位がP1より低いため、5スロット時間は必ず待ち時間となる。 Data packet P2 in this case, because the priority is lower than P1, 5 slot time is always waiting. 【0019】STA1が自身のデータ送信に対するAC [0019] STA1 is AC for its own data transmission
Kパケットを受信した後、AP、STA1及びSTA2 After receiving the K packets, AP, STA1 and STA2
は、共にDIFS(TD)間経過した後、バックオフに手順が移る。 After a lapse between both DIFS (TD), the procedure moves to back-off. この際、バックオフの期間である衝突回避期間Tcwを決定するにあたり、STA及びAPのそれぞれが乱数を引くが、この乱数の分布する整数範囲は、送信すべきデータのパケットの優先順位に応じて重み付けがなされる。 At this time, when determining the collision avoidance period Tcw is the period of back-off, but the respective STA and AP pulls a random number, an integer range of distribution of the random number, depending on the priority of the packet of data to be transmitted weighting is made. 【0020】具体的には、では、データパケットP2 [0020] To be more specific in, and the data packet P2
がデータパケットP1より優先順位が低いため、パケット送信待ち時間として、例えば5〜10の間から”6” Because but a lower priority than the data packets P1, as the packet transmission waiting time, from for example between 5 to 10 "6"
スロット時間が付与される。 Slot time is given. では、前回のバックオフ制御での待ちスロット時間は”4”であり、これは必ず待ち時間としなければならないスロット時間の”5”より小さい。 In, waiting slot time in the previous back-off control is a "4", which is always must be a waiting time of the slot time "5" less than. このため、今回のバックオフでの待ちスロット時間は再び”6”となる。 For this reason, wait slot time at this time of the back-off will be again "6". においては、前回のバックオフ制御での待ちスロット時間は”3”であり、これは必ず待ち時間としなければならないスロット時間の” In, waits slot time in the previous back-off control is "3", this is the slot time must always be a waiting time "
5”より小さい。このため、今回のバックオフでの待ちスロット時間は再び”6”となる。では、データパケットP1の送信から0〜5の間から”4”を得ている。 5 "smaller. Thus, waiting slot time in this back-off again" becomes ". In, the transmission of the data packet P1 from between 0-5" 6 Newsletter 4 ".
では、データパケットP1の送信待ちスロット時間として0〜5の間から値”3”を得ている。 In obtaining a value "3" from between 0-5 as transmission waiting slot time of a data packet P1. 【0021】このような図6の場合では、送信すべきデータの先頭にあるヘッダー情報等を参照して送信の優先順位を決定する。 [0021] In such the case of FIG. 6 determines the priority of reference to transmit the header information and the like at the beginning of the data to be transmitted. そして、APが優先順位の高いパケットを送信しようとしているため、乱数の分布範囲は0〜 Since the AP is attempting to send a high priority packet, the distribution range of the random number is 0
5、STA2は優先順位の低いパケットを送信しようとしているため、乱数の分布範囲は5〜10と設定される。 5, STA2 is because it attempts to send a low priority packet, the distribution range of the random number is set as 5 to 10. このようにして、優先順位の低いデータパケットを送信しようとしているSTA2は、最小限でも5スロット時間だけ毎バックオフ制御において必ず待たなければいけないため、APのデータパケットは、必ずSTA2 In this way, STA2 trying to send a low data packet priority, because that must be always wait only in each back-off control five slot time with minimal, the data packet AP, always STA2
に先だって送信されることになる。 It will be sent prior to. 【0022】以上、乱数の分布範囲をデータパケットの優先順位に応じて変えることにより、競合アクセス制御DCF期間内での優先制御が可能となる。 The above, by changing in accordance with the distribution range of the random number on the priority of the data packets, it is possible to priority control in a contention access control DCF periods. 【0023】 【発明が解決しようとする課題】本発明の対象となる優先制御は、IEEE802委員会で規定されている優先クラスを用いる方式が代表的である。 [0023] subject to priority control of the present invention 0005], a method using a priority class specified in IEEE802 Committee are typical. 本規定は”IEEE P802.1D This provision "IEEE P802.1D
Annex H,Design Consideration for Traffic Class Ex Annex H, Design Consideration for Traffic Class Ex
pediting and Dynamic Multicast Filtering,P802.1D,2 pediting and Dynamic Multicast Filtering, P802.1D, 2
5 May 1998”に詳細に記述されている。以下、この規定を「IEEE P802.1D規格」と称する。 5 May 1998 "to have been described in detail. Below, this provision is referred to as" IEEE P802.1D standard ". 【0024】ここで、「IEEE P802.1D 規格」における優先クラスは、最大遅延時間の保証、または帯域幅の保証といったサービス品質の「確実な保証」を求めるクラスと、保証は必要としないがベストエフォート型よりは優先順位の高い「優先的なベストエート型」クラス(エクセレント・エフォート型)に大別される。 [0024] In this case, priority class in the "IEEE P802.1D standard" is, and the class to seek a "reliable guarantee" quality of service such as the guarantee of the guarantee, or the bandwidth of the maximum delay time, guarantee does not require the best more effort is roughly divided into high-priority "preferential best benzoate-type" class (Excellent effort). 本発明での優先制御は、ベストエフォート型の中での優先順位に従った制御を行う後者のタイプである。 Priority control in the present invention is the latter type which performs control in accordance with the priorities in the best effort. 【0025】ここで、「IEEE 802.11 規格」におけるD [0025] In this case, D in the "IEEE 802.11 Standard"
CFでは、固定長の基準時間であるスロット数に、発生させた乱数によって与えられた整数をかけることで、衝突のない競合アクセス制御を可能とするために必要な期間「Contention Window」を設定している。 In CF, the number of which is the reference time of the fixed-length slot, by applying an integer given by random numbers generated by setting the time "Contention Window" necessary to allow contention access control collision free ing. 【0026】ところで、優先順位をもつデータパケットに対し、その優先順位に従った優先制御を行うためには、データの送信間隔に意味を持たせた無線アクセス方式において、Tcwの設定に対して優先順位付けが必要となるが、CSMA/CAに基づく分散制御DCFでは「公平なアクセス機会」を与えることを主な目的としているために、この優先順位付けが行われていない。 By the way, for the data packet with a priority, in order to perform priority control in accordance with the priority, the radio access scheme which gave meaning to the transmission interval of the data, the priority for the setting of Tcw While ranking is required, the distributed control DCF based on CSMA / CA to give "fair access opportunities" to have a primary purpose, this prioritization is not performed. 【0027】つまり、バックオフの基準時間であるスロット時間を固定時間とすることで一様分布する整数より発生させた乱数のランダム性を生かして、衝突回避期間Tcwの長さを設定しているため、このままではパケットの優先順位に対する制御を行うことができない。 [0027] That is, taking advantage of the randomness of the random number generated from the integers uniformly distributed by a fixed time slot time is the reference time of the back-off, and set the length of the collision avoidance period Tcw Therefore, it is impossible to perform control for priority packets in this state. 【0028】また、前述したような従来の提案されているDCFに基づく優先制御方法として、衝突回避期間T Further, as a priority control method based on DCF proposed conventional as described above, the collision avoidance time period T
cw設定の際に引く乱数に対して、その分布する整数範囲をデータパケットの優先順位に応じて変える方法がある。 Against random draw during cw setting, there is a method of changing in accordance with an integer range of its distribution on the priority of the data packets. 【0029】ところが、この方法では優先順位の低いデータパケットは、優先順位の高いデータパケットが存在しない場合でも、DIFS終了後に優先順位の高いデータパケット用に用意されている範囲、例えば図6における衝突回避期間の5スロット時間は、必ず待たなければならない。 [0029] However, in the low data packet priority this method, even if the high priority data packets are not present, the range after the DIFS completion is provided for high-priority data packets, for example, a collision in FIG. 6 5 slot time of avoidance period, must wait always. これにより、不必要な待ち時間が存在することになり、周波数利用効率の低下を招くといった問題がある。 This makes it unnecessary waiting time is present, there is a problem lowering the frequency utilization efficiency. 【0030】さらに、APの集中制御による非競合アクセス期間の設定においては、優先制御及び通信の品質保証が可能となるのに対し、分散協調制御による競合アクセス期間の提供を行うDCFでは、完全な優先制御を行えても通信品質の保証まで行うことは難しく、このためPCF及び、DCFの各制御方法の特長を生かし切れていないといった問題点がある。 Furthermore, in the setting of non-contention access period according to the centralized control of the AP, while the priority control and the communication quality assurance is possible, the DCF performs providing contention access period with distributed cooperative control, complete also be performed by performing the priority control to the communication quality assurance it is difficult, Therefore PCF and, there is a problem that has not expired utilizing the features of the control method of the DCF. 【0031】そこで本発明は、衝突回避期間Tcwの設定がランダムな乱数に基づき行われていることにより、データの優先順位に従った優先制御ができないといった問題点を解決し、且つ従来提案されているDCF期間内での優先制御にはない、競合アクセス制御がもつ「アクセスの公平性」という特長をより反映させた無線パケット優先制御方法を提供することを目的とする。 [0031] The present invention, by setting the collision avoidance period Tcw is being performed on the basis of the random numbers, to solve the problem that can not priority control in accordance with the priority of the data, have been proposed and conventional not in the priority control in the DCF periods are intended to provide more wireless packet priority control method that reflects the features of "fairness access" with contention access control. 【0032】 【課題を解決するための手段】本発明は上記目的を達成するために、有線ネットワークに接続される無線基地局と、該無線基地局と従属関係にあり、無線パケット通信を行う複数の無線局とで構成され、前記無線基地局及び前記多数の無線局は共通の無線チャネルを使用し、通信時に、互いに自立的に送信の可否を判断して、パケットの衝突を回避して無線パケットを送信するCSMA/C [0032] According to an aspect of the present invention in order to achieve the above object, a radio base station connected to a wired network, a dependency on a radio base station, a plurality of performing radio packet communication is composed of a radio station, the radio base station and the multiple radio stations using a common radio channel, when communicating, to determine whether autonomously send each other, the radio to avoid packet collision CSMA / C to send a packet
A(Carrier Sense Multiple Access Collision Avoida A (Carrier Sense Multiple Access Collision Avoida
nce)に基づく競合アクセス制御を行う無線パケット通信における無線パケット優先制御方法において、前記無線基地局及び前記無線局は、競合アクセス制御区間内で送信処理を行うべきベストエフォート型の中での優先順位の高低を示す優先順位情報を含むデータパケットを受信すると、該優先順位情報を取得すると共に記憶し、前記競合アクセス制御によるデータ送信前に、基本単位時間(スロット時間)の倍数からなる衝突回避期間(Cont In the wireless packet priority control method in a radio packet communication for performing contention-based access control nce), the radio base station and the radio station, precedence among best effort to perform the transmission processing in the contention access controller in the interval Upon receiving the data packet containing the priority information indicating the high and low stored acquires the said priority order information, before data transmission by the contention access control, the collision avoidance time period consisting of multiple of the basic unit of time (slot time) (Cont
ention Window)の設定に当たり、前記記憶したデータパケットの優先順位情報が高いデータパケット程、前記スロット時間を短く設定する無線パケット優先制御方法を提供する。 Per set of ention Window), priority information of the data packet wherein the storage is higher data packets, providing wireless packet priority control method of setting shorter the slot time. 【0033】このような無線パケット優先制御方法により、スロット時間をデータの優先順位が高い方を短い時間に設定することにより、データパケットの優先順位が高い方に大きい乱数が与えられても、ランダムな衝突回避期間(Contention Window:Tcw)の長さは短くなる確率が高くなり、結果として優先順位が高いデータパケットが先に送信される。 [0033] Such a wireless packet priority control method, by setting the slot time the higher priority data in a short time, be given a large random number the higher the priority of the data packet, the random Do collision avoidance duration: length of (Contention Window Tcw) is more likely to be shorter, the priority as a result high data packets are transmitted earlier. 【0034】 【発明の実施の形態】以下、図面を参照して本発明の実施形態について詳細に説明する。 [0034] PREFERRED EMBODIMENTS Hereinafter, with reference to the accompanying drawings, embodiments of the present invention will be described in detail. まず、図2に示すフローチャートを参照して、本発明による無線パケット優先制御方法の概念について説明する。 First, with reference to the flowchart shown in FIG. 2, illustrating the concept of the radio packet priority control method according to the present invention. 本発明の通信は、有線ネットワークに接続される無線基地局(AP)と、このAPと従属関係にあり、無線パケット通信する無線局(STA)とで構成され、APおよび全てのSTAは、 Communication of the present invention, a radio base station connected to a wired network and (AP), a dependency on this AP, configured out with a radio station that communicates wirelessly packet (STA), the AP and all STA,
共通の無線チャネルを使用している。 We are using a common radio channel. 【0035】この際、互いに自律的に送信の可否を判断しパケットの衝突を許容して無線パケットを送信する、 [0035] At this time, it transmits a radio packet to allow the packet collision is judged whether or not autonomously send each other,
といったCSMA/CA(Carrier Sense Multiple Acc Such as CSMA / CA (Carrier Sense Multiple Acc
essCollision Avoidance)方式に基づく競合アクセス制御と、APがポーリングを行うことによる非競合アクセス制御を行う期間とを一定周期で繰り返し、この期間および周期をAPが報知する制御情報によって指示することによって、無線パケット通信を行う。 A contention-based access control essCollision Avoidance) scheme, by the AP repeating the period for non-contention access control by polling at a predetermined period, instructs the period and the period by the control information AP is notified, the radio It performs packet communication. 【0036】まず、APは有線ネットワーク側から到着したデータの優先順位情報を含んだデータパケットを受信すると(ステップS1)、データパケットの優先順位を確認する(ステップS2)。 Firstly, AP, upon receiving the data packet including the priority information of the data that has arrived from the wired network side (step S1), and check the priority of the data packet (step S2). ここで確認された優先順位に対応したキューにデータパケットを挿入する(ステップS3)。 Here insert the data packet to the queue corresponding to the order of priority confirmed (step S3). ここで、品質保証を求めるデータパケットであるか否かを判断し(ステップS4)、この判断で品質保証を求めるデータパケットであれば(Yes)、品質保証型(帯域保証・遅延時間保証)であるものとし(ステップS5)、集中制御PCFにより無線端末ST Here, in determining whether the data packet to determine the quality assurance (step S4), and if the data packet to determine the quality assurance in the judgment (Yes), quality assurance (bandwidth guarantee-delay guarantee) suppose that (step S5), and the wireless terminal ST by centralized control PCF
Aへ送信する(ステップS6)。 And it transmits to A (step S6). 【0037】一方、品質保証を求めるデータパケットでない場合には(No)、ベストエフォート型よりも優先的に送信するべきパケット(エクセレント・エフォート型)か否かを判断する(ステップS7)。 On the other hand, if not the data packet to determine the quality assurance (No), it is determined whether the packet should be transmitted preferentially than best-effort (Excellent Effort) (step S7). 【0038】この判断で、ベストエフォート型よりも優先的に送信するべきパケットでなければ(No)、ベストエフォート型であるものと認識し(ステップS8)、 [0038] In this determination, if the packet should be transmitted preferentially than best effort (No), recognizes that a best effort (step S8), and
従来と同様、ランダムな衝突回避期間(Contention Win As is conventional, random collision avoidance period (Contention Win
dow:Tcw)がAP及びSTA2のそれぞれに付与される。 dow: Tcw) is applied to each of the AP and STA2. この衝突回避期間は、ある範囲から引かれた乱数値と衝突回避期間における基本単位時間(スロット時間) The collision avoidance period, the basic unit time in the random number and the collision avoidance time drawn from a range (slot time)
を掛けて、衝突回避期間Tcwとする。 The over, and collision avoidance period Tcw. 【0039】そして、DIFS(TD)期間の経過後に、無線周波数が未使用であるか否かを判断し(ステップS9)、無線周波数が未使用であれば(Yes)、付与された衝突回避期間がゼロになり次第(ステップS1 [0039] Then, after the elapse of the DIFS (TD) period, the radio frequency it is determined whether the unused (step S9), and if the unused radio frequency (Yes), granted collision avoidance period but as soon as zero (step S1
0)、送信を行う(ステップS11)。 0), performs transmission (step S11). また、前記ステップS7の判断において、ベストエフォート型よりも優先的に送信するべきパケットであった場合には(Ye When it is determined at the step S7, in the case was packets to be transmitted preferentially than best effort (Ye
s)、即ちエクセレント・エフォート型と認識する(ステップS12)。 s), that is recognized as Excellent effort (step S12). 【0040】このエクセレント・エフォート型においては、後述する実施形態で説明するようなTcw の長さを短く設定することで、後述するバックオフ制御期間での優先順位づけを行う方法により、ランダムな衝突回避時間が短くなる確率が高くなるように設定する(ステップS13)。 [0040] In this Excellent effort, setting a shorter length of Tcw as described in the embodiments to be described below, by way of performing prioritization of back-off control period, which will be described later, random collisions probability of avoidance time is shortened set to become higher (step S13). 【0041】そして、DIFS(TD)期間の経過後に、無線周波数が未使用であるか否かを判断し(ステップS14)、無線周波数が未使用であれば(Yes)、 [0041] Then, after the elapse of the DIFS (TD) period, the radio frequency it is determined whether the unused (step S14), and a radio frequency if unused (Yes),
付与された衝突回避期間がゼロになり次第(ステップS Upon granted collision avoidance period is zero (step S
15)、送信を行う(ステップS16)。 15), performs transmission (step S16). 具体的には、 In particular,
APは有線ネットワーク側から到着したデータの許容転送遅延時間および必要最小限の帯域幅を示す優先順位情報を含んだデータパケットを受信すると、これらの優先順位をもつデータパケットを非競合アクセス制御期間であるPCF期間で目的端末へ送信し、それ以外の優先順位情報を含んだデータパケットを受信した場合、競合アクセス制御期間で目的端末へ送信する。 When the AP receives a data packet including priority information indicating the allowable transfer delay and minimum bandwidth of the data arriving from the wired network side, data packets with these priorities in the non-contention access control period It is transmitted in the PCF period to the destination terminal, when receiving a data packet including the other priority information, and transmits to the destination terminal in the contention access control period. ここで、APは競合アクセス制御区間内で送信処理を行うべきベストエフォート型内での優先順位の高低を示す優先順位情報を含むデータパケットを受信すると、前記優先順位情報を取得するとともに記憶する。 Here, AP, upon receiving the data packet containing the priority information indicating the level of priority contention access control section in a transmission processing best effort should be made, to store obtains the priority information. 【0042】さらに、競合アクセス制御による、データを送信する前に無線回線が空いていれば乱数を引いて、 [0042] In addition, by competitive access control, pulling a random number if the vacant radio channel before sending the data,
その値だけを待機するといった衝突回避期間Tcwの設定にあたり、優先順位の高いクラスから順にそのスロット時間の長さを短くすることで、優先順位の高いパケットが先に送信できる確率を高くする。 Upon setting of the collision avoidance period Tcw such waits its value, by sequentially shortening the length of the slot time from the highest priority class, high priority packets to increase the probability of transmitted earlier. 【0043】さらに、DCF制御の衝突回避期間Tcwの設定に優先順位づけを行う第2の方法として、競合アクセス制御の衝突回避期間Tcw設定において、優先順位の低いデータパケットを送信しようとしている端末は、バックオフ制御におけるスロット時間単位のキャリアセンスを行う際、本来、割り振られたスロット時間の他に、 [0043] Further, as a second method of performing prioritization on the setting of the collision avoidance period Tcw of DCF controls, in the collision avoidance period Tcw setting contention access control, terminals attempting to transmit a low priority data packets when carrier sensing slot time units in the back-off control, in addition to the originally allocated slot time,
さらに数スロット毎にN回余分なスロット時間単位の待ち時間(待ちスロット)を挿入する。 To insert a N times extra slot time unit latency (waiting slots) in addition every several slots. 【0044】これにより、優先順位の低いデータを送信しようとしている端末の衝突回避期間Tcwがゼロとなる時間を遅め、その結果優先順位の高いパケットを先に送信できる確率を高くする。 [0044] Thus, the collision avoidance period Tcw of terminals attempting to transmit a low priority data is relatively slow time becomes zero, to increase the probability of transmitting a high packet of result priority first. 【0045】またDCF制御の衝突回避期間Tcwの設定にあたり、優先順位づけをおこなう方法として、競合アクセス制御による衝突回避期間設定の際に各STAが引く乱数の発生範囲を、データパケットの優先順位によりお互い範囲の重複する部分を残して決定し、それぞれの整数範囲から割り振る乱数を決定する。 Further Upon setting the collision avoidance period Tcw of DCF controls, as a method of performing prioritization, the occurrence range of the STA draws a random number when the collision avoidance time period set by the contention access controller, the priority of the data packets determined to leave overlapping portions of another range, determines a random number to allocate from each integer ranging. 【0046】さらに、その引いた乱数に優先順位に関わらず一定の値をもつスロット時間を掛け合わせることで衝突回避期間とする。 [0046] Further, the collision avoidance period by multiplying a slot time with a constant value irrespective of the priority to the minus random number. そして、優先順位の低いデータパケットを送信しようとしている端末は、引いた乱数の分布範囲中の最小値にスロット時間を掛けた値の時間を毎バックオフ制御において必ず待ち、衝突回避期間中に他のSTAがデータを送信することにより自端末からのデータ送信を中断し、次回の競合アクセス制御期間の衝突回避期間を、毎バックオフ制御において必ず待たなければいけない時間を超えて待った場合、その超えて待った数のスロット時間の分だけ減らしていくことにより、優先順位の高いパケットを先に送信できる確率を高くする。 Then, terminals attempting to transmit the lower data packet priority is always waiting in each back-off control the minimum value of the value obtained by multiplying a slot time period during distribution range of the random number drawn, other during collision avoidance period If the STA is to interrupt the transmission of data from its own terminal by sending the data, the collision avoidance period of the next contention access control period, was waiting beyond the time that must be sure to wait in every back-off control of, beyond the by only going to reduce minute number of slot time waiting Te, to increase the probability of transmitting a high priority packet first. 【0047】また、STAからAPへの上り方向のデータパケット送信要求がある場合には、優先データパケットの送信に先立ち、STAは送信するパケットの優先順位をAPへ連絡パケットとして送信する。 Further, when there is uplink data packet transmission request from the STA to the AP, prior to transmission of the priority data packet, STA transmits a communication packet priority of a packet to be transmitted to the AP. そしてその連絡パケットを受け取ったAPは、該STAに対して許可する衝突回避期間の基本時間単位時間の長さを決定し、 The AP having received the communication packet, determines the length of the basic time unit time of the collision avoidance time period allowed for the STA,
その基本単位時間を折り返しSTAに対して連結パケットを送信する。 Transmitting a connection packet to STA folding the basic unit time. 【0048】また、STAからAPへの上り方向のデータパケット送信要求がある場合には、優先データパケットの送信に先立ち、STAは送信するパケットの優先順位をAPへ連絡パケットとして送信する。 [0048] Further, when there is uplink data packet transmission request from the STA to the AP, prior to transmission of the priority data packet, STA transmits a communication packet priority of a packet to be transmitted to the AP. そして該連絡パケットを受け取ったAPは、該STAに対してパケットの優先順位に対応して許可するTcwにおける待ちスロット時間の挿入間隔を、あるいは乱数の発生範囲を決定し、Tcwの設定情報を折り返し、STAに対して連絡パケットで送信する。 The AP having received the communication packet, the insertion interval of the waiting slot time in Tcw permitting in response to the priority of the packet to the STA, or to determine the occurrence range of random numbers, folded configuration information Tcw , and it transmits the contact packet to the STA. 【0049】以上のように、送信されてくるデータの種類に応じて衝突回避期間Tcwにおけるスロット時間の長さおよび乱数が分布する整数範囲を設定することにより、「ベストエフォート型」のデータパケットに対して、「エクセレント・エフォート型」のデータパケットの優先制御を実現できる。 [0049] As described above, by setting the integer range length and random slot time is distributed in collision avoidance period Tcw according to the type of data transmitted, the data packets of "best effort" in contrast, it is possible to realize the priority control of the data packet of "Excellent effort". 【0050】図1により、本発明による無線パケット優先制御方法の第1の実施形態について説明する。 [0050] The Figure 1, a description will be given of a first embodiment of a wireless packet priority control method according to the present invention. 【0051】この第1の実施形態は、APとSTA間の無線媒体におけるDCFを基本とするアクセス制御方式であり、バックオフ制御におけるTcw の長さをデータの優先順位に応じて、予めAPやSTAの1スロットの単位時間に差を付けて設定することで、ベストエフォート型の範囲内での優先制御を、競合アクセス制御の公平性重視の特長を生かして行う方式である。 [0051] The first embodiment is an access control method which is based on DCF in the wireless medium between the AP and STA, in accordance with the length of Tcw in the back-off control on the priority of data, Ya advance AP by setting with a difference in the unit time 1 slot STA, the priority control within the best-effort, is a method carried out utilizing the features of fairness oriented contention access control. 【0052】前述した図2のフローチャートのステップS7において、エクセレント・エフォート型と認識された場合に、Tcwの優先順位付けを行う。 [0052] In step S7 of the flow chart of FIG. 2 described above, when it is recognized Excellent Effort, prioritizing Tcw. ここでは、乱数の分布範囲を変えずに基本単位時間に差を付けてスロット時間を変える。 Here, changing the slot time with a difference in the basic unit time without changing the distribution range of the random number. 【0053】図1に示すように、優先順位の高いパケット送信(例えば、AP側)には短い期間のスロット時間TAを付与し、優先順位が低いパケット送信(例えば、 [0053] As shown in FIG. 1, a higher priority packet transmission (e.g., AP side) to grant slot time TA of short duration, a low priority packet transmission (e.g.,
STA側)には、長い期間のスロット時間(TB×n: The STA side) of the long period slot time (TB × n:
n=0〜10)を付与することで優先順位をつけ、優先順位の高いパケットを送信しようとしている端末の衝突回避期間を短くして、先に送信できる確率を高くするものである。 n = 0) prioritizes by imparting, to shorten the collision avoidance period terminals attempting to transmit a higher priority packet is intended to increase the probability of transmitted earlier. 【0054】なお、優先順位の低いデータパケットに対して優先順位の高いデータパケットをどの程度の優先性をもって送信するかといった重み付けの方法をスロット時間の幅で行うため、両スロット時間の関係は、整数倍である必要はない。 [0054] Incidentally, for carrying out the method of the weighted such to send with a degree of priority higher priority data packet to the lower priority data packets in the width of the slot time, the relationship between the two slot time, need not be an integer multiples. よって優先順位に応じた送信確率の優先性の設定を自由度をもって行うことができる。 Thus it is possible to perform with a degree of freedom a preference setting of the transmission probability in accordance with the priorities. 【0055】第1の実施形態における優先制御を行った場合の動作例について説明する。 [0055] Operation example will be described in the case of performing the priority control in the first embodiment. 図1は、横軸に時間軸を取り縦軸に各端末における通信の動作を示し、STA 1, the vertical axis represents the horizontal axis the time axis show the operation of the communication in each terminal, STA
1からAPへのデータパケット送信およびACK受信が終了し、優先順位を含んだパケットが有線ネットワーク側からAPに到着し、さらにSTA2に送信待ちの優先順位の低いデータパケットが存在している際の制御に関する例である。 Data packet transmission and ACK reception from 1 to AP is completed, packets containing priority arrives from the wired network to the AP, when the lower data packet priority of transmission wait is present further STA2 it is an example of control. 【0056】この実施形態で特徴となる、優先順位が高いとされるAPに対する1スロット時間をTAとし、優先順位が低いとされるSTA2側に対する1スロット時間をTBとする。 [0056] the characteristic of the present embodiment, one slot time for the AP that is a higher priority and TA, one slot time for STA2 side priority is low and TB. 【0057】まず、STA1がAPへの送信に対する確認であるACKパケットを受け取った後、送信待ちのパケットがあるAP及びSTA2は、予め定めた期間DI [0057] First, after STA1 it has received the ACK packet is a confirmation for transmission to the AP, AP and STA2 which there is a packet awaiting transmission, the predetermined period DI
FS(TD)のキャリアセンスに入る。 Enter the carrier sense of FS (TD). 【0058】このDIFS期間(TD)は、無線媒体が無通信状態であることを確認した後、APとSTA2 [0058] The DIFS period (TD), after it was confirmed that the radio medium is a non-communication state, AP and STA2
は、それぞれデータパケット送信の衝突回避のために用いるバックオフ制御に入る。 Enters the respective back-off control to be used for collision avoidance data packet transmission. この際、APが送信しようとしているデータパケットの優先順位が高いものとすると、APに与えられるスロット時間の長さTAと、ST In this case, assuming that a higher priority data packets AP is going to transmit, the length TA of the slot time given to the AP, ST
A2に与えられるスロット時間の長さTBの関係は、 TA<TB …(1) (TB=k×TA k:優先順位の異なるデータパケット送信の優先性の割合)となる。 Relationship slot time length TB given to A2 is, TA <TB ... (1) (TB = k × TA k: the ratio of preference of the different data packet transmission priority) to become. なお、図1に示す例では、k=1.5 …(2)としている。 In the example shown in FIG. 1, it is set to k = 1.5 ... (2). この関係上で、等しい整数範囲(図1における例では、0〜10としている)を持つ一様分布の中から乱数を引き、引いた乱数値にそれぞれのスロット時間をかける。 On this relationship, (in the example in FIG. 1, in which a 0) is equal integer ranging draw a random number from a uniform distribution with each slot taking the time subtracted random number. 【0059】図1に示す例では、APには”7”、 [0059] In the example shown in FIG. 1, the AP "7",
STA2には”6”が割り振られる。 The STA2 are allocated is "6". しかし、APとS However, AP and S
TA2のパケット優先順位の比率が前述した(2)式より1.5倍であるため、APの衝突回避期間は7スロット時間であり、STA2の衝突回避期間は6スロット時間であるが時間長からみた両者のTcwの関係は、 7×TA<6×TB=6×1.5×TA …(3) となる。 Since the ratio of the packet priority TA2 is 1.5 times than the aforementioned (2), the collision avoidance period AP is 7 slot times, collision avoidance period STA2 from length is a 6-slot Time Time relationship Tcw have seen both, the 7 × TA <6 × TB = 6 × 1.5 × TA ... (3). これにより、優先順位の高いAPがSTA2より先にデータ送信(P1)を行う。 Thus, higher priority AP performs data transmission to (P1) before the STA2. その通信後、APが自身の送信に対するACK(Pa)をSTA1から受け取った後、さらにDIFS期間(TD)のキャリアセンスを実施する。 After the communication, after the AP has received ACK (Pa) for the transmission of its own from the STA1, further implementing the carrier sense DIFS period (TD). 【0060】ここで、無通信状態であったならば、再び送信待ちのパケットが存在しているAPとSTA2がバックオフ制御に入る。 [0060] Here, if was no communication, AP and STA2 packets awaiting transmission exists to enter the back-off control again. この時、STA2の衝突回避期間は、6スロット時間から経過した3スロット時間を差し引いた3スロット時間となる。 At this time, the collision avoidance period of the STA2, a 3 slot time minus the 3 slot time elapsed from 6 slot times. また、APのデータパケットの優先順位が高いことから、スロット時間の長さがTAとされ、新たに乱数を引き、例えば、”4”が割りふられ、衝突回避期間が4スロット時間になったものとする。 Further, since the higher priority of the data packet AP, the length of the slot time is the TA, newly drawn a random number, for example, "4" is allocated, the collision avoidance period becomes 4 slot time and things. この結果、AP、STA2両者のTcwの関係は、(1)、(2)式より、 4×TA<3×TB=3×1.5×TA …(4) という関係となり、再度、APの衝突回避期間がSTA As a result, the relationship Tcw of AP, STA2 both, (1) and (2) becomes a relationship of 4 × TA <3 × TB = 3 × 1.5 × TA ... (4), again, the AP collision avoidance period STA
2より短くなり、APが先にデータ送信(P1)を行う。 Shorter than 2, AP performs earlier data transmission (P1). 【0061】そして、DIFS期間(TD)のキャリアセンスを実施した後、次のバックオフ制御において、 [0061] Then, after performing the carrier sense of the DIFS period (TD), in the next back-off control,
APには3度目の優先順位の高いパケットの送信要求が起こりスロット時間長がTAとなる。 Slot time length occur transmission request having a high third time priority of the packet to the AP is TA. このバックオフ制御におけるAPが引いた乱数が「5」であれば、APとSTA2のTcwの関係は、(1)、(2)式より5×TA>2×TB=2×1.5×TA …(5) となり、STA2の衝突回避期間がAPよりも短くなり、データパケットP2の送信が可能となる。 If a random number AP is drawn in the back-off control is "5", the relationship between the AP and STA2 of Tcw is, (1), (2) 5 × TA> 2 × TB = 2 × 1.5 × from the equation TA ... (5) becomes shorter than the collision avoidance period STA2 is AP, the transmission of the data packet P2 is made possible. 【0062】以上のように本実施形態による優先制御方法は、データパケットの優先順位が高い方から、衝突回避期間におけるスロット時間が短く設定されるため、データパケットの優先順位が高い方に大きい乱数が与えられても、ランダムな衝突回避期間(Contention Windo [0062] The above priority control method according to the present embodiment as described, since the the higher priority of the data packets, the slot time is set shorter in the collision avoidance period, large random number towards the priority of the data packets is high even if given, random collision avoidance period (Contention Windo
w:Tcw)が短くなる確率が高くなり、結果として優先順位が高いデータパケットを先に送信することができる。 w: Tcw) probability is shorter becomes higher, it is possible to transmit priority high data packets earlier as a result. これにより、競合アクセス制御の特長を失わないまま優先制御を行うことが可能となる。 Thus, it is possible to perform priority control without losing the features of contention access control. 【0063】次に図3により、本発明による無線パケット優先制御方法の第2の実施形態について説明する。 [0063] Next the 3, a description will be given of a second embodiment of a wireless packet priority control method according to the present invention. 【0064】前述した第1の実施形態では、乱数の分布範囲を変えずに1スロット時間を変えて、衝突回避期間Tcwを変化させて、パケットに優先順位付けを行う方法であったが、本実施形態では、乱数の分布範囲及び1スロット時間を変えずに、付与された衝突回避期間Tcwの消化方法を変えるものである。 [0064] In the first embodiment described above, by changing the one slot time without changing the distribution range of the random number, by changing the collision avoidance period Tcw, although a method of prioritization to the packet, the in the embodiment, without changing the distribution range and one slot time of the random number is to vary the granted collision avoidance period Tcw method of digestion. 【0065】本実施形態は、衝突回避期間Tcw設定において、優先順位の低いデータパケットを送信しようとしている端末は、バックオフ制御において、無線媒体が使用されていないことを確認していく際に、本来割り振られたスロット時間に加え、数スロット時間毎に1回余分に待機する待ちスロット時間を挿入する制御方法である。 [0065] The present embodiment, in the collision avoidance period Tcw setting, terminals attempting to transmit a low priority data packets, the back-off control, when sure the wireless medium is not used, in addition to the originally allocated slot time, a control method of inserting a waiting slot time for one extra wait every few slot time. この結果として、優先順位の高いデータパケットを先に送信できる確率を高くする。 As a result, to increase the probability of transmitting a high priority data packets first. 【0066】従って、乱数を引く段階では、優先順位の高低に関わらずランダムに衝突回避期間Tcwが設定されるが、優先順位が高いパケットを送信しようとしている端末は、衝突回避期間Tcwの消化速度が優先順位の低いものに比べて早くなるため、送信までの待ち時間が少なくなり、その結果優先順位の高いパケットを送信しようとしている端末が先に送信できる確率が高くなる。 [0066] Accordingly, at the stage of catching the random number, but regardless of the level of priority randomly collision avoidance period Tcw is set, the terminal priority is going to transmit a high packet rate of digestion of the collision avoidance period Tcw There it becomes faster than that lower priority, waiting time until transmission is reduced, terminals attempting to transmit a higher result priority packets increases the probability that can be sent first. 【0067】この方法では、優先順位の異なるデータパケット送信確率の優先性の設定をバックオフ制御における衝突回避期間の消化の方法で行い、スロット時間の幅、および乱数の発生範囲を変えることなく行えること、また高優先順位パケット不在時の低優先順位パケット送信のときに生じる余分な必須待ち時間を一定範囲の間にまとめて取るのではなく、数スロット時間にN回とすることで、その影響を少なくできることが特長である。 [0067] In this way, performs priority setting for different data packet transmission probability of priority backoff collision avoidance period digestion in the control method, performed without changing the source range of slot time width, and a random number it also high priority packets collectively rather than take between a range of extra essential latency that occurs when a low priority packet transmission unanswered by the N times of the number slot time, the influence is a feature you can afford less. 【0068】図3は、横軸に時間軸を取り縦軸に各端末における通信の動作を示している。 [0068] Figure 3 shows the operation of the communication in each terminal on the vertical axis represents the horizontal axis represents time axis. まず、STA1からAPへデータパケットを送信し、その送信に対するAC First, it sends a data packet from STA1 to the AP, AC for its transmission
K(Pa)の受信が終了する。 Reception of K (Pa) is completed. そして、優先順位を含んだパケットが有線ネットワーク側からAPに到着し、さらにSTA2に送信すべき優先順位の低いデータパケットが存在している状態である。 Then, a state in which a packet containing the priority arrives from the wired network to the AP, there exists a lower data packet priority to be transmitted further to the STA2. 【0069】まず、STA1からAPへの一連のデータ送信手順が終了し、DIFS(TD)の経過後、APとSTA2がそれぞれバックオフ制御に入るまでは前述した図1と同様に動作する。 [0069] First, STA1 series of data transmission procedure is completed to the AP from, after a DIFS (TD), AP and STA2 are up respectively into the back-off control to operate in the same manner as in FIG. 1 described above. 【0070】そして、優先順位の高いデータを送信しようとしているAP及び優先順位の低いデータを送信しようとしているSTA2は、共に整数0〜10までの乱数から1つの値が付与される。 [0070] Then, STA2 trying to send a low AP and priority is attempting to transmit a high priority data Data, one value from the random number to the integer 0 is applied together. 【0071】例えば、1つの基準スロット時間は、優先順位によらず同一の時間からなり、また図3の場合、 [0071] For example, one criterion slot time is made the same time regardless of the priority, In the case of FIG. 3,
APが乱数”3”による3スロット時間、STA2が乱数”7”による7スロット時間であるものとする。 AP is 3 slot time depends on the random number "3", it is assumed that 7 slot times by the STA2 random number "7". この時、STA2に付与された7スロット時間においては、さらに2スロット時間おきに1回待ちスロット時間が1つはいるように設定される。 At this time, in the 7-slot time given to the STA2, is once more waiting slot time to 2 slot time intervals are set such that one is located. 従って実際には、衝突回避期間Tcwは、11スロット時間と同等な時間となる。 In practice, therefore, the collision avoidance period Tcw is a 11-slot time equal to time. 【0072】そして、AP及びSTA2は、バックオフ制御期間中、両者ともに衝突回避期間Tcwを減らしていくが、APおよびSTA2両者に存在するデータパケットの優先順位の比率を1.5と設定しているため、優先順位の高いデータパケットを有しているAPは、STA [0072] Then, AP and STA2 during back-off control period, the Reduce the collision avoidance period Tcw Both, the ratio of the priority of the data packet present in the AP and STA2 both set to 1.5 because there, the AP has a higher priority data packet, STA
2に比べ1.5倍早く衝突回避期間Tcwの消化を行っていく。 It will perform the digestion of 1.5 times faster collision avoidance period Tcw compared to 2. 【0073】このため、APがデータを送信して3スロット時間分を消化している時、STA2では2スロット時間に1スロット時間付加されるため、実際には、乱数で設定された衝突回避時間のうち、2スロット時間分しか消化されず、残りの分は、次回のバックオフ制御にまわり、衝突回避期間Tcwは5スロット時間分(実際には、3つの待ちスロット時間が入るため、8スロット時間に相当する)となる。 [0073] Therefore, when the AP is digested 3 slot time duration to transmit the data, to be added one slot time 2 slot time at STA2, in fact, the collision avoidance time set by the random number among, not only two slots time duration digestion, because the remaining amount, around the next back-off control, the collision avoidance period Tcw is 5 slots time duration (in fact, entering three waiting slot time, 8 slots corresponding to the time) and a. 【0074】次に、APが1つ目のデータパケットを送信し、DIFS(TD)の経過後、APに優先順位の高いデータパケットが有線ネットワーク側から到着した場合に、APは、再度、乱数範囲0〜10の中から1つの値を引き、”6”が与えられ、次の衝突回避時間Tcw [0074] Next, AP transmits a first data packet, after a DIFS (TD), when a high data packet priority arrives from the wired network to the AP, AP again, a random number pull one value from a range 0 to 10, "6" is given, following the collision avoidance time Tcw
は6スロット時間となる。 Is six slot time. 1回目の送信が延期されたS S the first transmission has been postponed
TA2のTcwは、5スロット時間であり、これとAPの6スロット時間を比較した結果、 (6×スロット時間/1.5)<(5×スロット時間)…(6) となり、2回目のバックオフ制御においてもAPの衝突回避期間の方が短くなり、先んじて送信することとなる。 Tcw of TA2 is 5 slot time, the result of comparison 6 slot times for this and AP, (6 × slot time /1.5)<(5× slot time) ... (6) and the second back becomes shorter in the collision avoidance period AP in off control, so that the transmitting ahead. 【0075】そして、APが2つ目のデータパケットを送信した時、STA2の5スロット時間は、APで6スロット時間が消化されるため、STA2では、4スロット時間が消化され、1スロット時間(実際には、1回の待ちスロット時間が入っているため、2スロット時間に相当する)が残る。 [0075] When the AP sends a second data packet, 5 slot time of STA2, since the 6-slot time AP is digested, the STA2, 4 slot time is digested, 1 slot time ( in practice, that contains one waiting slot time, corresponding to 2 slot time) remains. 【0076】次に、DIFS(TD)の経過後、APにSTAよりも、さらに優先順位の高いデータパケットが有線ネットワーク側から到着した場合、APは、乱数範囲0〜10の中から乱数を引き、乱数値”3”を得る。 Next, after a DIFS (TD), than the STA AP, if higher data packet priority arrives from the wired network side, AP is to draw a random number from among the random range 0 , get a random number "3".
これにより、APのTcwは、3スロット時間となる。 As a result, Tcw of the AP, the 3 slot time. 【0077】ところで3回目の送信においては、優先順位の低いSTA2のTcwの値は、1スロット時間(実際には、1つの待ちスロット時間が入った2スロット時間である)であり、APとSTA2とのTcwは (3×スロット時間/1.5)>(1×スロット時間)…(7) となり、この3回目でようやくSTA2のデータパケットが送信される。 [0077] Meanwhile in the third transmission, the value of Tcw lower priority STA2 is (in fact, a is 2 slot times that contains one waiting slot time) 1 slot time is, AP and STA2 Tcw is (3 × slot time /1.5)>(1× slot time) ... (7) and, finally STA2 data packets in the third is transmitted with. この送信において、2スロット時間が消化され、APの衝突回避期間は1スロット時間となる。 In this transmission, 2 slot times is digested, the collision avoidance period AP is 1 slot time. 【0078】さらに、4回目の送信において、STA2 [0078] In addition, in the transmission of the fourth, STA2
に送信すべきデータパケットが発生した場合に、STA If the data packet to be transmitted to occur, STA
2は、乱数範囲0〜10の中から乱数を引き、乱数値” 2, draw a random number from the random number range 0 to 10, the random number value "
4”を得る。これにより、STA2のTcwは、4スロット時間(実際は、2つの待ちスロット時間が入るため、6スロット時間に相当する)となる。 【0079】以上のような本実施形態によれば、データパケットの優先順位の低い方の衝突回避期間に待ちスロット時間が2スロットに対して、1回与えられているため、優先順位が高いデータパケットに比べて、優先順位の低いデータパケットは、同じ乱数値が与えられて見かけ上のTcwとしてのスロット時間が同じであっても、実際に消化される時間は1.5倍長くなり、結果として優先順位が高いデータパケットを先に送信する確率が高くなる。 【0080】次に図4により、本発明による無線パケット優先制御方法の第3の実施形態について説明する。 【0081】この実施形態は、 4 to obtain a ". Thus, the Tcw the STA2, 4 slot time (actually, since the time two waiting slot enters, six slots corresponding to a time) according to become. [0079] above-described embodiment if, with respect to wait lower collision avoidance period priority of the data packet slot time is 2 slots, because it is given once, priority than the high data packet, a low data packet priority is even slot time as Tcw apparent the same random number is given the same, actually digested by time becomes 1.5 times longer, and transmits priority high data packets previously as a result the probability is high. [0080] then 4, a third embodiment of a radio packet priority control method according to the present invention will be described. [0081] this embodiment, 前述した第1、第2の実施形態のようにスロット時間の変更や衝突回避期間の消化方法を変えずに、乱数の分布範囲に重み付けを行う方法であり、乱数の発生範囲を変えることでデータパケットの送信確率に優先性を持たせつつ、衝突回避して送信する。 【0082】この実施形態では、データの優先順位に応じて完全な乱数範囲の区分けをするのではなく、お互いの範囲が重なり合う部分を作ることにより、最初に引く乱数値からすでに優先順位の低いパケットを送信しようとしている端末に短い衝突回避期間が割り当てられる可能性がある。 【0083】その代わり、従来の方法では、送信を待機した分だけ、衝突回避期間Tcwが短縮されていくのに対して、本実施形態では、優先順位の低いデータパケットを送信しようとしている端末 The first mentioned above, without changing the method of digestion slot time change or collision avoidance period as in the second embodiment, a method for weighting the distribution range of the random number, the data by changing the occurrence range of the random number while no preference for transmission probability of a packet, and transmits the collision avoidance. [0082] in this embodiment, instead of the division of the full range of random numbers in accordance with the priority of the data, the range of each other by making the overlapping portions, there is a possibility that a short collision avoidance period terminals attempting to already send the low priority packets from the first subtracting random values ​​are assigned. [0083] Alternatively, in the conventional method, transmission by the amount of waiting for, while the collision avoidance period Tcw is gradually shortened, in the present embodiment, trying to send the low priority data packets terminal に対して、衝突回避期間は、いつでも乱数の分布範囲中の最小値にスロット時間を掛けた値以下にはならないように、固定的に2回目以降の衝突回避期間において、乱数値の最小値に相当するスロット時間を加える方法とした。 【0084】具体的に、この乱数の範囲分布は、例えば図4に示すように、衝突回避期間Tcw設定において、優先順位の低いデータパケットを送信しようとする端末(例えば、STA2)は、3スロット時間を固定的時間とする場合、与えられる乱数の範囲を3〜10とし、優先順位の高いデータパケットを送信しようとする端末(例えば、AP)は、与えられる乱数範囲を0〜7と設定する。この設定により、優先順位の高いデータパケットを送信しようとしている端末が先に送信できる確率が高くなる。 Respect, the collision avoidance period at any time so as not fall below a value obtained by multiplying a slot time to the minimum value in the distribution range of the random number, the fixedly collision avoidance period the second and subsequent, to the minimum value of the random number It was how to make the corresponding slot time. [0084] Specifically, range distribution of this random number, for example, as shown in FIG. 4, the collision avoidance period Tcw set, attempts to send the low priority data packets terminal (e.g., STA2), when the fixed time 3 slot time, the range of the given random number 3-10, the terminal which intends to send high priority data packets (e.g., AP) gives a random number range that is set with 0-7. this setting probability of terminals attempting to transmit a high priority data packets can be transmitted earlier is increased. 【0085】この図4において、STA1がデータの送信を終了し、APに優先順位の高いデータパケット、S [0085] In FIG. 4, STA1 has finished sending data, high data packet priority to AP, S
TA2に優先順位の低いデータパケットが存在している状態までの動作は、前述した図1、図3と同様である。 Operation up to the state lower data packet priority exists in TA2 is similar to FIG. 1, FIG. 3 described above. 【0086】本実施形態の優先制御を行う動作は、優先順位の高いデータパケットを送信しようとしているAP [0086] Operation of performing priority control of the present embodiment, AP trying to send a high-priority data packets
の乱数範囲を0〜7と設定し、その中から乱数を引く。 Random number range of the set to 0-7, draw a random number from among them.
また、優先順位の低いデータパケットを送信しようとしているSTA2の乱数範囲が3〜10までの整数とし、 Further, the random number range STA2 trying to send a low priority data packet is an integer of up to 3 to 10,
乱数を引く。 Draw a random number. このような設定により、STA2が最小の値を与えられても3スロット時間となり、実質的には、 Such setting, STA2 also becomes 3 slot time given a minimum value, substantially,
衝突回避期間の先頭側の3スロット時間が常に固定されているものと同じである。 Is the same as 3 slot time of the leading side of the collision avoidance time period is always fixed. 【0087】このように、優先順位の低いデータパケット側では、必ず固定の一定の値をとることとなる。 [0087] Thus, at lower data packet side priority becomes taking always constant fixed value. 図4 Figure 4
において、APに乱数範囲から”4”が与えられ、ST In, given a "4" from the random number range to the AP, ST
A2には乱数範囲から”7”が与えられると、AP Given the "7" from the random number range to the A2, AP
は、4スロット時間となり、STA2は、7スロット時間となる。 Becomes a 4-slot time, STA2 is a 7 slot times. 【0088】そして、APが1つ目のデータを送信し再び、APに優先順位の高いデータパケットが有線ネットワーク側から到着した場合に、APの衝突回避期間には、再度、乱数範囲0〜7の中から乱数を引き、例えば、”3”が与えられる。 [0088] Then, if the AP again sends a first data, the high data packet priority to the AP arriving from the wired network side, the collision avoidance period AP, again, a random number range 0-7 pull the random number from among, for example, it is given a "3". 【0089】また、1回目の送信において延期されたS [0089] In addition, S which has been postponed in the first transmission
TA2は、衝突回避期間Tcwにおいて、4スロット時間だけ消化して、残り3スロット時間となる。 TA2 is the collision avoidance period Tcw, digested by 4 slot time, the remaining three slot time. しかし、この4スロット時間のうち、3スロット時間分は、バックオフ制御において、待たねばならない期間であるため、 However, because of the 4 slot time, 3 slot time content, in the back-off control, a period not to wait,
消化したスロット時間としてカウントされない。 Not counted as digested slot time. このため、前回のバックオフ制御での消化したスロット数は、 Therefore, the number of slots digested in the previous back-off control,
1スロット時間分となり、残りの3スロット時間分は、 It becomes one slot time period, the rest of the 3 slot time period,
必ず待たなければならない時間として持ち越される。 Always carried over as the time you do not have to wait. 【0090】2回目の送信において、STA2における衝突回避期間Tcwは、1回目の送信時に消化されなかった3スロット時間に、必ず待たなければならない3スロット時間が加算された6スロット時間となる。 [0090] In the second transmission, the collision avoidance period Tcw in STA2, the 3 slot time that has not been digested at the time of the first transmission, and be sure to 6 slot time of 3 slot time that must have been added to wait. また、 Also,
APでは乱数範囲0〜7の中から乱数を引き、例えば、”3”が与えられる。 Pull the random number from among the random the AP range 0-7, e.g., it is given "3". これにより、2つ目のデータパケットの送信においても、APの衝突回避期間TcwがSTA2における衝突回避期間Tcwよりも短くなり、A Thus, even in the transmission of the second data packet, the collision avoidance period AP Tcw is shorter than the collision avoidance period Tcw in STA2, A
Pの送信が優先的に行なわれる。 P transmission is performed preferentially. 【0091】そして、2つ目のデータパケットを送信し、DIFS(TD)の経過後、再度APに優先順位の高いデータパケットが有線ネットワークから到着した場合、APは乱数範囲0〜7の中から乱数を引き、”7” [0091] Then, transmit the second data packet, if after a DIFS (TD), a high data packet priority again AP arriving from the wired network, AP from among the random range 0-7 pull the random number, "7"
が与えられ、APの衝突回避期間Tcwは、7スロット時間となる。 Is given, the collision avoidance period Tcw of AP is a 7 slot times. 【0092】また、STA2の衝突回避期間Tcwは、 [0092] In addition, the collision avoidance period Tcw of the STA2,
2回目のバックオフ制御において、3スロット時間が消化されており、3スロット時間が残り時間となるが、今回のSTA2の衝突回避期間Tcwは、必ず待ち時間となる3スロット時間に前記残り時間となる3スロット時間を加えた6スロット時間となる。 In the second back-off control, 3 and slot time is digested, but the remaining three slot time period, STA2 collision avoidance period Tcw of this time, with the remaining time to 3 slot time to be sure latency 3 slot time consisting of 6 slot time plus. 【0093】従って、APの衝突回避期間Tcwが7スロット時間でSTA2の衝突回避期間Tcwが6スロット時間となるため、STA2の方が時間が短く、データが送信できる。 [0093] Therefore, since the collision avoidance period of STA2 in collision avoidance period Tcw is 7 slot times of AP Tcw is six slots period, shorter in the STA2 time, data can be transmitted. 【0094】以上説明したように、この第3の実施形態の優先制御方法は、データパケットの優先順位の低いデータパケットを送信しようとする端末に付与される衝突回避期間Tcwには、予め先頭側に必ず待ち時間となる待ちスロット時間を固定的に設けて、待ちスロット時間を除く前回で消化されなかったスロット時間を付け加えることにより、優先順位が高いデータパケットが先に送信される確率が高くなるようにする方法である。 [0094] As described above, the third priority control method of the embodiment of, the collision avoidance period Tcw which is assigned to the terminal to be transmitted with low data packet priority of the data packets, previously the top side waiting slot time that serves as a waiting time is provided in a fixed manner, by adding a slot time that were not digested in the previous excluding waiting slot time, the probability of higher priority data packets are transmitted earlier increases as a method to. 【0095】以上の説明では、第1乃至第3の実施形態では、主にAPからSTAへ優先順位の高いデータパケットが送信される場合について述べた。 [0095] In the above description, in the first to third embodiments have dealt with the case of mainly high data packet priority from the AP to the STA is sent. APからSTA STA from the AP
へのデータの優先順位の設定については、APで一元的に管理できる。 The prioritization of data to may be centrally managed by AP. 各STAで発生したデータの優先順位の設定は、次に示す手順で実施することで、システムとしての制御が可能となる。 Prioritizing the data generated by each STA, by implementing the procedure shown below, it is possible to control as a system. 【0096】先ず、図1、図3、図4において説明した各優先制御方法を実施するために、全てのSTAはAP [0096] First, in order to carry out the priority control method described 1, 3, 4, all of the STA AP
に対して、データパケットを送信する前に、そのデータパケットの優先順位を通知し、さらにAPからその優先順位でデータパケット送信を行うことに対する許可を得る必要がある。 Respect, before transmitting the data packet, notifies the priority of the data packet, it is necessary to obtain permission for performing data packet transmission in its priority from further AP. 【0097】図1、図3、図4におけるSTA1及びS [0097] FIGS. 1, 3, STA1 and S in FIG. 4
TA2は、データパケット送信に先立ち、そのデータパケット送信にあたり必要と考える優先順位情報を連絡パケットとしてAPに送信する。 TA2, prior to transmission data packet, and transmits the AP priority information considered necessary Upon the data packets transmitted as a communication packet. 【0098】まず、STA1及びSTA2から優先順位情報を含んだ連絡パケットを受け取ったAPは、全体のトラフィックやSTAから要求された優先順位レベル等を考慮して、STA1及びSTA2に許可する優先順位を決定し、これを各STAに対して折り返し連絡パケットとして送信する。 [0098] First, the AP having received the communication packet including a priority information from STA1 and STA2, the priority in consideration of the requested from the overall traffic and STA priority level, etc., to allow the STA1 and STA2 determined, transmits as a folded contact packet this for each STA. 【0099】そして、STA1及びSTA2は、このA [0099] Then, STA1 and STA2, this A
Pからの連絡パケットの優先順位情報に応じて、図1に示す第1の実施形態の優先制御方法では、スロット時間の長さを、図3に示す第2の実施形態の優先制御方法では、スロット時間の消化方法を、図4に示す第3の実施形態の優先制御方法では、乱数の発生範囲に重み付けを行うことで優先制御を実行する。 Depending on the priority information of the communication packet from P, the priority control method of the first embodiment shown in FIG. 1, the length of the slot time, in the priority control method of the second embodiment shown in FIG. 3, the method of digestion slot time, the priority control method of the third embodiment shown in FIG. 4, to perform the priority control by performing weighting the occurrence range of random numbers. 【0100】このようなAP−STA間の連絡パケットによる優先順位の設定を、優先制御の実行に先だって行うことにより、各STAが勝手に高い優先順位を得てデータ送信を行うことがないようにシステム制御することができる。 [0100] The setting of priority by contact packets between such AP-STA, by performing prior to the execution of the priority control, so as not to each STA performs data transmission with a freely priority it is possible to system control. 【0101】このように本発明の優先制御方法は、データパケットの優先順位が高い方が、Tcwの長さが短くなる確率が高くなり、結果として優先順位が高いデータパケットを先に送信する確率が高くなることを利用するものである。 [0102] priority control method according to the present invention in this way, the probability that the higher priority data packets, the probability that the length of Tcw is shortened becomes high, priority as a result transmits the high data packets previously advantage of the fact that the increases. これにより、競合アクセス制御の特長を失わないまま優先制御を行うことが可能となる。 Thus, it is possible to perform priority control without losing the features of contention access control. 【0102】 【発明の効果】以上詳述したように本発明によれば、全てのデータパケットをベストエフォート型として同様に扱うのではなく、優先順位付けを行うことによる優先制御により、「ベストエフォート型より」優先的なパケット送信ができるようになる。 [0102] According to the present invention as described in detail above, instead of treating the same manner all data packets as best effort, by the priority control by prioritization, "best effort type from "so that it is preferential packet transmission. このため、品質保証までの要求はしないが、ベストエフォート型よりはサービスの優遇を受けたいというユーザーへの柔軟な対応が可能となる無線パケット優先制御方法を提供することができる。 Thus, although not required to quality assurance, it is possible to provide a wireless packet priority control method flexibility to the user since than best-effort should receive preferential service becomes possible.

【図面の簡単な説明】 【図1】本発明の無線パケット優先制御方法に係る第1 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS [Figure 1] first of the radio packet priority control method of the present invention
の実施形態について説明するための図である。 It is a view for explaining the embodiment. 【図2】本発明の無線パケット優先制御方法の概念について説明するためのフローチャートである。 Is a flow chart for explaining a concept of a wireless packet priority control method of the present invention; FIG. 【図3】本発明の無線パケット優先制御方法に係る第2 [Figure 3] a second of the radio packet priority control method of the present invention
の実施形態について説明するための図である。 It is a view for explaining the embodiment. 【図4】本発明の無線パケット優先制御方法に係る第3 [4] Third of the radio packet priority control method of the present invention
の実施形態について説明するための図である。 It is a view for explaining the embodiment. 【図5】従来の競合アクセス制御DCFについて説明するための図である。 5 is a diagram for explaining a conventional contention access control DCF. 【図6】従来提案されているDCF制御を利用した優先制御を説明するための図である。 6 is a diagram illustrating a conventional proposed priority control using the DCF control. 【符号の説明】 Ts…SIFS TD…DIFS Tcw…衝突回避期間(Contention Window:Tcw) P1…優先データパケットP2…非優先データパケットAP…基地局STA1,STA2…無線端末TA…スロット時間(優先パケット送信端末に対するスロット時間) TB…スロット時間(非優先パケット送信端末に対するスロット時間) [Reference Numerals] Ts ... SIFS TD ... DIFS Tcw ... collision avoidance period (Contention Window: Tcw) P1 ... priority data packet P2 ... non-priority data packets AP ... base station STA1, STA2 ... wireless terminal TA ... slot time (priority packet slot time) TB ... slot time for transmitting terminal (slot time for the non-priority packet transmitting terminal)

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 守倉 正博 東京都千代田区大手町二丁目3番1号 日本電信電話株式会社内 (56)参考文献 特開 平11−55266(JP,A) 特開 平10−84307(JP,A) 特開 平10−98474(JP,A) 特開2000−253017(JP,A) 特開2000−244523(JP,A) 特開2001−53745(JP,A) 特開 平7−336365(JP,A) 特開 平11−239140(JP,A) 特開 平10−84343(JP,A) 特開 平9−135254(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl. 7 ,DB名) H04L 12/28 H04L 29/08 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Morikura Masahiro Otemachi, Chiyoda-ku, tokyo chome No. 3 No. 1, Nippon Telegraph and Telephone Corporation within (56) reference Patent flat 11-55266 (JP, a) JP open flat 10-84307 (JP, A) Patent Rights 10-98474 (JP, A) JP 2000-253017 (JP, A) JP 2000-244523 (JP, A) JP 2001-53745 (JP, A ) Patent flat 7-336365 (JP, a) JP flat 11-239140 (JP, a) JP flat 10-84343 (JP, a) JP flat 9-135254 (JP, a) (58) were investigated field (Int.Cl. 7, DB name) H04L 12/28 H04L 29/08

Claims (1)

  1. (57)【特許請求の範囲】 【請求項1】 有線ネットワークに接続される無線基地局と、該無線基地局と従属関係にあり、無線パケット通信を行う複数の無線局とで構成され、前記無線基地局及び前記多数の無線局は共通の無線チャネルを使用し、通信時に、互いに自立的に送信の可否を判断して、パケットの衝突を回避して無線パケットを送信するCSMA/ (57) and [Claims 1. A radio base station connected to a wired network, a dependency on a radio base station, is composed of a plurality of radio stations performing radio packet communication, the the radio base station and the multiple radio stations using a common radio channel, when communicating, to determine whether autonomously send each other, transmits a radio packet to avoid packet collision CSMA /
    CA(Carrier Sense Multiple Access Collision Avoi CA (Carrier Sense Multiple Access Collision Avoi
    dance)に基づく競合アクセス制御を行う無線パケット通信における無線パケット優先制御方法において、 前記無線基地局及び前記無線局は、競合アクセス制御区間内で送信処理を行うべきベストエフォート型の中での優先順位の高低を示す優先順位情報を含むデータパケットを受信すると、該優先順位情報を取得すると共に記憶し、 前記競合アクセス制御によるデータ送信前に、基本単位時間(スロット時間)の倍数からなる衝突回避期間(Co In the wireless packet priority control method in a radio packet communication for performing contention-based access control dance), the radio base station and the radio station, precedence among best effort to perform the transmission processing in the contention access controller in the interval Upon receiving the data packet containing the priority information indicating the high and low stored acquires the said priority order information, before data transmission by the contention access control, the collision avoidance time period consisting of multiple of the basic unit of time (slot time) (Co
    ntention Window)の設定に当たり、前記記憶したデータパケットの優先順位情報が高いデータパケット程、前記スロット時間を短く設定することを特徴とする無線パケット優先制御方法。 Per set of ntention Window), the higher the priority information higher data packets of the stored data packet, the wireless packet priority control method characterized by setting shorter the slot time. 【請求項2】 前記請求項1に記載の無線パケット優先制御方法であって、 前記記憶したデータパケットの優先順位情報の優先順位の高いデータパケット程、前記衝突回避期間を短く設定する場合に、 前記優先順位の高いデータパケットに対するスロット時間を優先順位の低いデータパケットに対するスロット時間よりも短く設定し、前記それぞれ乱数を用いて得られた乱数値を乗じた時間を衝突回避期間として設定することを特徴とする無線パケット優先制御方法。 2. A wireless packet priority control method according to claim 1, the higher the data packet priority priority information of the data packets the storage, in the case of setting shorter the collision avoidance time period, said priority set shorter than the slot time for lower data packet priority slot time for high data packet, is set as the collision avoidance period of time obtained by multiplying the random number value obtained with the respective random numbers wireless packet priority control method according to claim. 【請求項3】 請求項1に記載の無線パケット優先制御方法であって、 前記記憶したデータパケットの優先順位情報の優先順位の高いデータパケット程、前記衝突回避期間を短く設定する場合に、 一番高い優先順位のデータパケットに対する衝突回避期間を予め定めるスロット時間に乱数を用いて得られた値を乗じた時間とし、 その他の優先順位のデータパケットに対しては、予め定めるスロット時間に乱数を用いて得られた乱数値を乗じた時間に、N(N:整数)スロット時間毎に1スロット時間を加えた時間を衝突回避期間として設定し、 且つ、そのデータパケットの優先順位が高いほど、Nの値を大きくすることを特徴とする無線パケット優先制御方法。 3. A wireless packet priority control method according to claim 1, the higher the data packet priority priority information of the data packets the storage, in the case of setting shorter the collision avoidance time period, one turn the high priority time obtained by multiplying a value obtained by using pre-determined random numbers slot time collision avoidance period for data packets, for the other priority data packets, a random number to the slot time the predetermined the time obtained by multiplying the random number value obtained with, N (N: an integer) is set as a slot time collision avoidance period of time plus one slot time for each, and, the higher the priority of the data packet, wireless packet priority control method characterized by increasing the value of N. 【請求項4】 請求項1に記載の無線パケット優先制御方法であって、 前記記憶したデータパケットの優先順位情報の優先順位の高いデータパケット程、前記衝突回避期間を短く設定する場合に、 乱数値を発生させる乱数の取り得る値の最小値と最大値が、優先順位の高いデータパケットに対するものほど小さく設定し、 データパケットに対する衝突回避期間を予め定めるスロット時間に前記乱数を用いて得られた値を乗じた時間とし、 且つ、一番高い優先順位以外のデータパケットの第1回目のバックオフ制御時の衝突回避時間から、一番高い優先順位のデータパケットが費やした衝突回避期間を引いた時間に、前記乱数の量小値に予め定めるスロット時間を乗じた時間を加えた時間を次のバックオフ制御時の衝突回避時間として設定し 4. A wireless packet priority control method according to claim 1, wherein the higher data packet priority priority information of the stored data packet, to set shorter the collision avoidance period, turbulent minimum and maximum possible values ​​of the random number to generate a numerical value, set as small as for the high-priority data packets, obtained by using the random number to the slot time to determine the collision avoidance time for the data packets in advance and time obtained by multiplying the value, and, from the first collision avoidance time when the back-off control of the data packets other than the highest priority, the data packets of the highest priority by subtracting the collision avoidance time spent time, to set the predetermined interval of time plus the time obtained by multiplying a slot time on the amount minimum value of the random number as a collision avoidance time for the next back-off control これをデータパケットを送信するまで繰り返すことを特徴とする無線パケット優先制御方法。 Wireless packet priority control method characterized by repeating this until transmitting the data packets. 【請求項5】 請求項2に記載の無線パケット優先制御方法であって、 前記無線局から前記無線基地局ヘデータパケットを送信する場合、前記無線局は、前記競合アクセス制御によるデータ送信前に、送信するデータパケットの優先順位情報を前記無線基地局へ連絡パケットにより送信し、 該連絡パケットを受信した無線基地局は、該データパケットの優先順位情報に基づいて、対応するスロット時間を前記無線局に連絡パケットで通知することを特徴とする無線パケット優先制御方法。 5. A wireless packet priority control method according to claim 2, when transmitting the radio base station F data packet from the radio station, the radio station, before data transmission by the contention access controller , the priority information of the data packet to be transmitted and sends the contact packet to the radio base station, a radio base station having received the communication packet based on the priority information of the data packet, wherein the corresponding slot time radio wireless packet priority control method characterized by notifying in contact packet to the station. 【請求項6】 請求項3に記載の無線パケット優先制御方法であって、 前記無線局から前記無線基地局ヘデータパケットを送信する場合、前記無線局は、前記競合アクセス制御によるデータ送信前に、送信するデータパケットの優先順位情報を前記無線基地局へ連絡パケットにより送信し、 該連絡パケットを受信した無線基地局は、該データパケットの優先順位情報に基づいて、前記Nの値を前記無線局に連絡パケットで通知することを特徴とする無線パケット優先制御方法。 6. A wireless packet priority control method according to claim 3, when transmitting the radio base station F data packet from the radio station, the radio station, before data transmission by the contention access controller , the priority information of the data packet to be transmitted and sends the contact packet to the radio base station, a radio base station having received the communication packet based on the priority information of the data packet, wherein the value of said N radio wireless packet priority control method characterized by notifying in contact packet to the station. 【請求項7】 請求項4に記載の無線パケット優先制御方法であって、 前記無線局から前記無線基地局ヘデータパケットを送信する場合、前記無線局は、前記競合アクセス制御によるデータ送信前に、送信するデータパケットの優先順位情報を前記無線基地局へ連絡パケットにより送信し、 該連絡パケットを受信した無線基地局は、該データパケットの優先順位情報に基づいて、前記乱数値の最小値と最大値を前記無線局に連絡パケットで通知することを特徴とする無線パケット優先制御方法。 7. A wireless packet priority control method according to claim 4, when transmitting the radio base station F data packet from the radio station, the radio station, before data transmission by the contention access controller , the priority information of the data packet to be transmitted and sends the contact packet to the radio base station, a radio base station having received the communication packet based on the priority information of the data packet, the minimum value of the random number values ​​and wireless packet priority control method characterized by notifying in contact packets the maximum value to the radio station.
JP2000043098A 2000-02-21 2000-02-21 Wireless packet priority control method Active JP3484390B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000043098A JP3484390B2 (en) 2000-02-21 2000-02-21 Wireless packet priority control method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000043098A JP3484390B2 (en) 2000-02-21 2000-02-21 Wireless packet priority control method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2001237839A true JP2001237839A (en) 2001-08-31
JP3484390B2 true JP3484390B2 (en) 2004-01-06

Family

ID=18566071

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000043098A Active JP3484390B2 (en) 2000-02-21 2000-02-21 Wireless packet priority control method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3484390B2 (en)

Families Citing this family (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3968514B2 (en) 2002-07-05 2007-08-29 ソニー株式会社 Wireless communication system, wireless communication apparatus and wireless communication method, and computer program
EP1599962A4 (en) * 2003-02-28 2011-02-09 Thomson Licensing Method for wlan exclusive downlink channel
US7349422B2 (en) * 2003-06-03 2008-03-25 Microsoft Corporation Providing contention free quality of service to time constrained data
JP4108006B2 (en) * 2003-06-23 2008-06-25 東京電力株式会社 Wireless lan communication system
US7756089B2 (en) * 2003-09-03 2010-07-13 Koninklijke Philips Electronics N.V. Fair rate allocation on an IEEE 802.11e communication medium
KR101082922B1 (en) 2003-12-31 2011-11-11 삼성전자주식회사 Wireless communication method adapting priority for transmitting packet in WPAN
KR20060006725A (en) 2004-07-16 2006-01-19 삼성전자주식회사 Method and apparatus for determining autonomous transmission parameters in mobile telecommunication system for enhanced uplink dedicated channel
JP4421459B2 (en) 2004-11-30 2010-02-24 株式会社東芝 The wireless communication device and wireless communication method
US7729696B2 (en) * 2005-05-26 2010-06-01 Motorola, Inc. Method and apparatus for accessing a wireless communication network
WO2007057961A1 (en) * 2005-11-17 2007-05-24 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Wireless terminal apparatus
JP4793198B2 (en) * 2006-09-22 2011-10-12 パナソニック電工株式会社 Multiple access communication method
KR100813884B1 (en) 2006-10-10 2008-03-18 전자부품연구원 Method of accessing media based on probability supporting priority and computer-readable medium having thereon program performing function embodying the same
JP2009005074A (en) * 2007-06-21 2009-01-08 Oki Electric Ind Co Ltd Wireless communication network
EP2051559A3 (en) * 2007-10-17 2013-05-15 Avaya Inc. Method and apparatus imposing random delays for avoiding hidden terminal collisions in wireless Mesh networks
JP5504603B2 (en) * 2008-10-16 2014-05-28 富士通株式会社 Program used in the wireless device and the wireless device
JP5469539B2 (en) * 2010-06-04 2014-04-16 株式会社日立情報通信エンジニアリング Wireless communication terminal, transmission control method, and program
KR101288252B1 (en) 2010-10-11 2013-07-26 삼성전기주식회사 Channel access method in wireless network
WO2014141908A1 (en) * 2013-03-12 2014-09-18 シャープ株式会社 Wireless terminal station and base station

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2001237839A (en) 2001-08-31 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Bianchi et al. Performance evaluation and enhancement of the CSMA/CA MAC protocol for 802.11 wireless LANs
US6990116B1 (en) Method and system for improving throughput over wireless local area networks with mode switching
Sheu et al. A bandwidth allocation/sharing/extension protocol for multimedia over IEEE 802.11 ad hoc wireless LANs
US7164671B2 (en) Overlapping network allocation vector (ONAV) for avoiding collision in the IEEE 802.11 WLAN operating under HCF
US7684333B1 (en) Reliable quality of service (QoS) provisioning using adaptive class-based contention periods
US7095732B1 (en) Quality of service based media access control for mobile ad hoc networks
Gu et al. QoS enhancement in IEEE 802.11 wireless local area networks
US20070019665A1 (en) Tiered contention multiple access(TCMA): a method for priority-based shared channel access
US7664132B2 (en) Random medium access methods with backoff adaptation to traffic
US20060009229A1 (en) Sequential coordinated channel access in wireless networks
US20060034219A1 (en) Signaling in a wireless network with sequential coordinated channel access
US20050099979A1 (en) Access points with selective communication rate and scheduling control and related methods for wireless local area networks (WLANs)
US7251232B1 (en) Point-controlled contention arbitration in multiple access wireless LANs
US7187691B2 (en) Securing the channel for a QoS manager in a CSMA/CA ad hoc network
US6721331B1 (en) Method and apparatus for decentralized prioritized scheduling in a CSMA/CA wireless system
US20040013135A1 (en) System and method for scheduling traffic in wireless networks
US20080240049A1 (en) System and method for controlling throughput of access classes in a wlan
US20050089045A1 (en) Method of providing priority-based discriminated services in wireless LAN environment
US20020110085A1 (en) Adaptive algorithms for optimal control of contention access
US7477621B1 (en) System and method for estimating bandwidth requirements of and allocating bandwidth to communication devices operating in a network
US20070019591A1 (en) Fair rate allocation on an ieee 802.11e communication medium
Xiao Enhanced DCF of IEEE 802.11 e to support QoS
US20050025176A1 (en) Medium access control in wireless local area network
US20050100045A1 (en) Access points with selective communication rate and scheduling control and related methods for wireless local area networks (WLANs)
US20060120339A1 (en) Method of controlling quality of service for a wireless LAN base station apparatus

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071017

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081017

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091017

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101017

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101017

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111017

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111017

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121017

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121017

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131017

Year of fee payment: 10

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350