JP3440191B2 - Client-server system - Google Patents

Client-server system

Info

Publication number
JP3440191B2
JP3440191B2 JP14127997A JP14127997A JP3440191B2 JP 3440191 B2 JP3440191 B2 JP 3440191B2 JP 14127997 A JP14127997 A JP 14127997A JP 14127997 A JP14127997 A JP 14127997A JP 3440191 B2 JP3440191 B2 JP 3440191B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
time
server
client
circuit
client terminal
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP14127997A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH10334027A (en )
Inventor
浩一 千田
Original Assignee
沖電気工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、クライアント・サーバシステムに関し、より具体的にはさらに、クライアント装置、サーバ装置、伝送遅延保証制御プログラムを記録した記録媒体、時刻修正制御プログラムを記録した記録媒体およびクライアント・サーバシステムの通信方法に関し、たとえば、サーバ・クライアント型のコンピュータネットワークにおいて、地理的に離れた端末間のサーバへのアクセス権や、システム内の時刻の管理に関するものである。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] [Technical Field of the Invention The present invention relates to client-server systems, and more specifically to further client device, a server device, a recording medium recording a transmission delay guarantee control program relates to a communication method of a recording medium and a client-server system recording the time correction control program, for example, in a server-client type computer networks, and access to the server between geographically distant terminal, the time in the system it relates to management of. 【0002】 【従来の技術】従来のコンピュータネットワークにおいては、専用線や、回線交換や、パケット交換などの手段によって、クライアント・サーバ間を接続し、サーバ側がクライアント側に特定のサービスを提供している。 [0002] In conventional computer networks, dedicated lines or, or circuit switching, by means such as packet switching, a connection between the client and the server, and provides a specific service server side to the client side there. 【0003】クライアント・サーバモデルについての解説は、たとえば、タンネンバウム著「コンピュータネットワーク」、原書2版、日本語訳初版、第 530頁〜第 5 [0003] The discussion of the client-server model, for example, Tan'nenbaumu al., "Computer network", the original book 2 edition, Japanese translation of the first edition, the first 530 pages to fifth
32頁、丸善株式会社発行などの文献になされている。 32 pp., Have been made in the literature, such as published by Maruzen Co., Ltd.. 【0004】サーバ側では、着信順且つ時分割での処理が一般的である。 [0004] In the server side, the processing of the incoming order and time division are common. この際、クライアント・サーバ間での時刻の一致は一般的になされていない。 At this time, matching the time between the client and the server is not generally done. ただし、家庭用電気製品全般にわたって標準時計を基準として無線で自動的に時刻を修正する、ドイツで用いられている技術を適用しようという提案もある。 However, automatically corrects the time the standard clock in radio as a reference for household electrical products in general, there is also a proposal to apply the technology that is used in Germany. 【0005】 【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来のコンピュータネットワークシステムにおいては、基本的にサーバによるデータの処理は、早い者勝ちであり、サーバに近いクライアントと、サーバとから遠いクライアントとでは、伝送遅延による距離間格差が生じてしまう。 [0005] The present invention is, however, in the conventional computer network system, processing of data by basically server, a first-come first-served, and the client near the server and far client and a server in the distance disparity occurs due to transmission delay. 【0006】たとえば、図2は、クライアント・サーバシステムの一例の構成図である。 [0006] For example, FIG. 2 is a configuration diagram of an example of a client-server system. この図2において、たとえば、サーバS1に対して、クライアント端末C1は、近い距離であるのでクライアント端末C1からサーバS1へのコマンドの伝搬時間は短いが、サーバS1に対してクライアント端末C10 は距離が遠いため、クライアント端末C1 In FIG. 2, for example, the server S1, the client terminal C1 is short propagation time command from the client terminal C1 to the server S1 because at close range, the client terminal C10 to the server S1 is distance far for, client terminal C1
0 からサーバS1へのコマンドの伝搬時間が長くなる。 0 is the propagation time of the command to the server S1 becomes longer from. このような状況で、たとえば、サーバS1をホストとしてクライアント端末C1とクライアント端末C10 との間で対戦型テレビゲームを行う場合に、クライアント端末C1からのコマンドは、クライアント端末C10 からのコマンドよりも早くサーバS1に対して受け付けられ易くなるため、 In this situation, for example, when performing a competitive video game between the client terminal C1 and the client terminal C10 of the server S1 as the host, the command from the client terminal C1, faster than the command from the client terminal C10 since easily accepted to the server S1,
クライアント端末C1がゲームを有利に進めることができるようになる。 The client terminal C1 will be able to proceed advantageously in the game. クライアント端末C10 は、サーバS1に対するアクセスがクライアント端末C1に比べて不利になる。 The client terminal C10, the access to the server S1 is a disadvantage in comparison to the client terminal C1. 【0007】また、たとえば、クライアント端末C1、C1 [0007] Also, for example, the client terminal C1, C1
0 からチケット予約をサーバS1に対して行う場合、クライアント端末C1とサーバS1との間の伝搬時間は、クライアント端末C10 とサーバS1との間の伝搬時間よりも短いため、クライアント端末C1はクライアント端末C10 よりも早くチケット予約を行うことができ不平等になる。 When performing the 0 book tickets to the server S1, the propagation time between the client terminal C1 and the server S1, shorter than the propagation time between the client terminal C10 and the server S1, the client terminal C1 client terminal C10 become inequality can be carried out early ticket reservation than. 【0008】以上のような問題は、クライアント・サーバシステムのネットワーク構成が地球的規模で構成されるにつれて顕著な問題として無視できないこととなる。 [0008] The above-described problems, a network configuration of a client-server system is can not be ignored as serious problem as they are configured on a global scale. 【0009】また、現状のコンピュータネットワークでは、ネットワーク内の各端末は個別にタイマーを有しており、各ユーザが意識的に手動入力で修正しない限り、 [0009] In the current state of the computer network, each terminal in the network has a timer separately, as long as the user is not fixed in consciously manual input,
時刻表示を修正できないという問題点がある。 There is a problem that can not correct the time display. 【0010】このようなことから、地理的に離れた複数のクライアント端末からサーバへのアクセス権の平等化を簡単な構成で実現することができ、システム内で共通のタイムベースに基づき容易に時刻統一を図ることができるシステムや装置の実現が要請されている。 [0010] For this reason, it is possible to achieve equality of access from a plurality of client terminals geographically separated to a server with a simple structure, easily time based on a common time base in the system realization of a system and apparatus capable of achieving a unified has been demanded. 【0011】 【課題を解決するための手段】そこで、本発明のクライアント・サーバシステムは、クライアント用時刻回路(たとえば、時計回路)を有するクライアント装置を少なくとも二つ含み、サーバ用時刻回路を有するサーバ装置を含むクライアント・サーバシステムにおいて、以下の特徴的な構成で上述の課題を解決する。 [0011] Means for Solving the Problems] Therefore, client-server system of the present invention, a client for the time circuit (e.g., clock circuit) includes at least two client devices having the server with a time circuit for the server in a client-server system including a device to solve the above problems in a characteristic configuration described below. 【0012】すなわち本発明は、各クライアント装置はそれぞれ、(1) サーバ装置との間の伝送遅延時間を測定するために送信時刻を含む伝送遅延時間測定用信号を生成して送信する伝送遅延時間測定用信号送信手段と、 [0012] The present invention, transmission delay time generating and transmitting a transmission delay time measuring signal including a transmission time in order to measure the transmission delay time between each client device, respectively, is (1) server a measurement signal transmitting means,
(2) サーバ装置からの応答信号を受信し、サーバ用時刻回路の時刻に対する各クライアント用時刻回路の時刻誤差(たとえば、クライアント端末の端末誤差として求める。)を求め、これらの時刻誤差の信号をサーバ装置に送信する時刻誤差送信手段とを備える。 (2) receives the response signal from the server device, the time error of each client for the time circuit for the time of the server for the time circuit (e.g., determined as a terminal error of the client terminals.) Is obtained, the signals of these time error and a time error transmission means for transmitting to the server device. 【0013】さらに、サーバ装置は、(3) 各クライアント装置からの伝送遅延時間測定用信号を受信し、各クライアント装置とサーバ装置との間の仮の伝送遅延時間を求めると共に伝送遅延時間測定用信号の受信時刻および応答送信時刻を含む応答信号を生成し、各クライアント装置に送信する応答信号送信手段と、(4) 各クライアント装置から各時刻誤差信号を受信し、各クライアント装置とサーバ装置との間の真の伝送遅延時間をそれぞれ求め、これらの真の伝送遅延時間を比較し、真の伝送遅延時間が小さいクライアント装置に対しては、大きい遅延時間後に応答処理を行い、真の伝送遅延時間が大きいクライアント装置に対しては、小さい遅延時間後に応答処理を行う、または遅延なしで応答処理を行う伝送遅延保証手段とを備える。 Furthermore, the server device (3) for transmission delay receives the time measurement signal, transmission delay time measurement with obtaining the transmission delay time of the temporary between each client device and the server device from the client device It generates a response signal including the reception time and response time of transmission of signals, and the response signal transmission means for transmitting to each client device, (4) receives each time error signals from the respective client devices, each client device and the server device calculated true transmission delay time between each of these compare the true transmission delay time for the true transmission delay time is small client device performs a response process after large delay time, the true transmission delay for time is greater client device, and a transmission delay assurance means for performing the response process without performing the response process after a small delay, or delay. 【0014】このような構成で、伝送遅延時間測定用信号の送信は、クライアント装置からサーバ装置への回線接続のときに送信するとよい。 [0014] In such a configuration, the transmission of the transmission delay time measuring signal may be transmitted when the client device of the line connection to the server device. これは、情報の伝送(コマンドの伝送)を始める前に伝送遅延時間の格差による応答処理の保証を行うようにさせることができるからである。 This is because it is possible to to perform warranty response process by disparities in the transmission delay time before starting the transmission of information (transmission command). そして、クライアント装置で、サーバ装置の時刻に対する時刻誤差を求めさせ、この時刻誤差と、クライアント装置とサーバ装置との間の仮の伝送遅延時間を補正して真の伝送遅延時間を求める。 Then, in the client device, let seek time error with respect to time of the server device obtains the this time error, the true transmission delay time the transmission delay time of the temporary a corrected between a client device and a server device. これは、最初の仮の伝送遅延時間を求めた時点においては、クライアント装置の時刻がサーバ装置の時刻に対してずれている状態で仮の伝送遅延時間が求められているので、クライアント装置とサーバ装置の時刻の誤差を求め、この時刻誤差分を仮の伝送遅延時間から補正して真の伝送遅延時間を決定することが好ましい。 This, in the time of obtaining the transmission delay time of the first temporary, since the transmission delay time time is provisionally in the state in which the deviation with respect to time of the server device of the client device has been demanded, a client device and a server obtains the error of time of the apparatus, it is preferable to determine the true transmission delay time by correcting the time error amount from the transmission delay time of the temporary. 【0015】そして、クライアント装置ごとにサーバ装置との間の真の伝送遅延時間が求められると、真の伝送遅延時間が小さい(伝送距離が短い)クライアント装置には、真の伝送遅延時間が大きい(伝送距離が長い)クライアント装置よりも、アクセス権のハンディキャップを大きくさせるため、大きい遅延時間後に応答処理を行う。 [0015] Then, when the true transmission delay time between the server device for each client device is determined, the true transmission delay time is small (transmission distance is short) client device, a large true transmission delay time (transmission distance is long) than the client device, in order to increase the handicap access rights, a response process after large delay time. 一方、真の伝送遅延時間が大きいクライアント装置には、真の伝送遅延時間が小さいクライアント装置よりもアクセス権のハンディキャップを小さくさせるため、 On the other hand, the true transmission delay time is larger client device, in order to reduce the handicap access than the true transmission delay time is small client device,
小さい遅延時間後(小さい待ち受け時間後)に応答処理を行う、または遅延なし(待ち受けなし)で応答処理を行う。 A response process after a small delay time (after a small standby time), or a response processed without delay (no wait). このようにすることで、クライアント装置間で、 In this way, between the client device,
伝送時間に格差があっても、アクセス権の平等化を図ることができるようになる。 Even if there is difference in the transmission time, it is possible to achieve equality of access rights. 【0016】また、本発明のクライアント・サーバシステムは、クライアント用時刻回路を有するクライアント装置と、サーバ用時刻回路を有するサーバ装置とを含むクライアント・サーバシステムにおいて、以下の特徴的な構成で上述の課題を解決する。 [0016] The client-server system of the present invention, a client device having a time circuit for the client, the client-server system including a server apparatus having a time circuit for the server, the above characteristic structure of the following to solve the problems. 【0017】すなわち、本発明によれば、クライアント装置は、(1) 送信時刻を含む時刻修正要求信号を生成しサーバ装置に送信する時刻修正要求送信手段と、(2) サーバ装置から時刻修正応答信号を受信すると、この受信時刻と送信時刻とサーバ装置での時刻修正要求信号の受信時刻とからクライアント用時刻回路の時刻をサーバ用時刻回路の時刻と一致させるように修正する時刻修正手段とを備える。 [0017] That is, according to the present invention, the client device (1) and the time correction request transmitting means for generating a time correction request signal including the transmission time to the server device, (2) time correction response from the server device Upon receiving the signal, and a time instant correction means correcting the time of the client for the time circuit and a reception time of the time correction request signal on the transmission time and the server apparatus and the reception time so as to coincide with the time server for time circuit provided. 【0018】さらに、サーバ装置は、時刻修正要求信号を受信すると、受信時刻を含む時刻修正応答信号を生成しクライアント装置に送信する時刻修正応答送信手段を備える。 Furthermore, the server device receives the time correction request signal includes a time adjustment response transmitting means for transmitting generated in the client device time correction response signal including the reception time. 【0019】このように構成することで、クライアント装置の時刻回路の時刻がサーバ装置の時刻に対してずれていても、サーバ装置の時刻回路の時刻に同期した時刻に修正することができるようになる。 [0019] With this configuration, as can be time of the time circuit client devices be offset with respect to time of the server apparatus, it corrects the time synchronized with the time of the time circuit of the server device Become. このようにして、 In this way,
クライアント装置の時刻とサーバ装置の時刻とを一致させておくことで、上述の第1の発明における伝送遅延保証処理のための時刻誤差も0になり、伝送遅延保証処理を行い易くすることができる。 By keeping to match the time of the time and the server device of the client device, the time error for the transmission delay assurance process in the above-described first invention also becomes 0, it is possible to facilitate the transmission delay assurance processing . 【0020】また、時刻修正要求送信手段は、クライアント装置とサーバ装置との間の伝送遅延時間が所定の時間よりも大きくなったときに、自動的に上記時刻修正要求信号を送信して時刻修正処理を行うようにすることもよい。 Further, the time correction request transmitting unit, when the transmission delay time between the client device and the server device is greater than a predetermined time, automatically time correction transmitting the time correction request signal treatment may be to perform. 【0021】 【発明の実施の形態】次に本発明の好適な実施例を図面を用いて説明する。 [0021] will be described with reference to the accompanying drawings a preferred embodiment of the embodiment of the invention will now present invention. 【0022】そこで、本実施例では、ネットワーク上で通信経路が一意的に決まっているサーバ・クライアント方式の情報処理システムにおいて、時刻記録によって得られる伝送遅延分、サーバ側で処理・送信を待ち受けることによって、距離的・時間的なクライアント間の不平等を解消し得るように構成する。 [0022] Therefore, in this embodiment, in the information processing system of the server-client system communicating path on the network is uniquely determined, the transmission delay amount obtained by time recording, it waits for processing and transmitting the server side by configuring so as to eliminate the inequality of the distance and temporal client. 【0023】また、クライアント・サーバ間での時刻記録およびその時刻記録のための演算によって、サーバ側のタイマを基準として自動的にクライアント側のタイマを修正するように構成する。 Further, the calculation for the time recording and time recording in between the client and the server is configured to automatically correct client-side timer server-side timer as a reference. 【0024】本実施例では、IP(Internet Protocol ) [0024] In this example, IP (Internet Protocol)
などのルーティングプロトコルよりも上位のプロトコルによって実現される。 It is realized by a higher protocol than routing protocols such as. サーバとクライアントとの間の物理的な接続に関しては、専用線による直接接続または回線交換であることを前提とする。 For the physical connection between the server and the client, it is assumed that a direct connection or circuit-switched by a dedicated line. 【0025】この実施例によって実現される機能は、サーバに対する各クライアントのアクセス権の平等化およびサーバのタイマを基準とした各クライアントのタイマの時刻修正である。 The functions implemented by this embodiment is a time correction for each client of the timer on the basis of the timer of equality and server access rights for each client to the server. 各クライアントは、必ずしも常にサーバに接続し続ける必要はない。 Each client, it is not always necessary to always continue to connect to the server. サービスを享受したいときやサービスの利用を中断したいときは、いつでも接続要求や切断要求を送出することによって、サーバにその旨を伝えることができる。 If you want to interrupt the use of the time and services you want to enjoy the service, by sending a connection request or disconnection request at any time, it is possible to tell that to the server. 【0026】これによって、各クライアントは、特定のサーバだけでなく、異なるサーバにもアクセスすることができる。 [0026] Thus, each client is not only a specific server and can be accessed in different servers. 時差も考慮して修正範囲は、たとえば、±30 Even taking into account correction range time difference, for example, ± 30
分以内となるようにする。 Minute to be within. 「ARPAインタネットテキストメッセージのフォーマット基準」RFC#822 に定める時刻表現を用いれば、修正範囲の制限はなくなる。 By using the time representation as defined in RFC # 822 "format standard of ARPA Internet text messages", the correction range limit is not. 【0027】クライアント側の端末は、通常の機能構成の他に、以下のような特徴的な構成でなる。 The client side of the terminal, in addition to the usual function configuration, a characteristic configuration described below. 【0028】図11は、クライアント端末Cの回路構成図である。 [0028] FIG. 11 is a circuit configuration diagram of a client terminal C. この図11において、クライアント端末は、主に、パケット送信時刻を記録する打刻回路1001と、クライアント端末CとサーバSとの間の時刻誤差を求める端末誤差算出回路1002と、サーバに対する接続要求信号などを送出する要求・申告生成回路1003と、パケットの種別を識別する内容識別回路1004と、自端末に割り当てられた識別子IDを記憶するID(Identification:識別子) In FIG. 11, the client terminal mainly includes a punch circuit 1001 for recording the packet transmission time, the terminal error calculation circuit 1002 for obtaining the time error between the client terminal C and the server S, the connection to the server request signal a request-declaration generation circuit 1003 for delivering such a content identification circuit 1004 for identifying the type of the packet, ID to store an identifier ID assigned to its own terminal (for the identification: identifier)
記憶回路1005と、パケット送信時刻などを記憶する時刻記憶回路1006と、自タイマの時刻に端末誤差Aを加算し修正するタイマ修正回路1007と、自端末時刻を管理するタイマ回路1008と、時刻や種別などを与えられ送信パケットを生成し出力するデータ処理・入力回路1009とから構成されている。 A memory circuit 1005, a time storage circuit 1006 stores a packet transmission time, a timer correction circuit 1007 for correcting adds the terminal error A to the time of the own timer, the timer circuit 1008 for managing the own terminal time, time Ya and a given type and generates a transmission packet output data processing and input circuit 1009 Metropolitan. 【0029】クライアント端末CからサーバSに対して送信されるパケットの種別として、接続要求パケットと、誤差申告パケットと、一般データパケットと、時刻修正要求パケットと、切断要求パケットとがある。 [0029] As the type of the packets transmitted from the client terminal C to the server S, the connection request packet, and error reporting packet, the general data packet, and the time correction request packet, there is a disconnection request packet. これらのパケット種別は、パケットに付与されるヘッダによってコーディングされる。 These packet type is coded by the header that is attached to the packet. 【0030】図10は、サーバSの回路構成図である。 FIG. 10 is a circuit configuration diagram of the server S. この図10において、サーバは、主に、送信時刻などを打刻する打刻回路901 と、クライアント端末Cとの間の伝送遅延時間を算出する伝送遅延算出回路902 と、受信したパケットに対する応答パケットなどを生成する応答生成回路903 と、受信パケットの種別を識別する内容識別回路904 と、クライアント端末Cに対するIDの登録や抹消の処理を行うID制御回路905 と、クライアント端末Cに対するIDとこのIDに対する仮伝送遅延時間や真の伝送遅延時間などを管理するID管理テーブル回路906 と、クライアント端末Cからのパケットの受信時刻に待ち受け時間Eを加算して伝送遅延補正を行うための優先時刻Fを求める優先時刻算出回路907 と、未割り当て中のIDを管理している未割り当てID管理テーブル回路908 と、クライアント端末Cから受信したパケ In FIG. 10, the server is mainly the embossing circuit 901 for embossing and transmission time, a transmission delay calculation circuit 902 for calculating a transmission delay time between the client terminal C, the response packet to the received packet a response generating circuit 903 for generating the like, a content identification circuit 904 identifies the type of the received packet, the ID control circuit 905 for processing the ID registration and deletion with respect to the client terminal C, the ID of the ID Toko to the client terminal C for the ID management table circuit 906 for managing the temporary transmission delay time and the true transmission delay time, the priority time F for adding the standby time E to the reception time of the packet from the client terminal C performs transmission delay correction a priority time calculation circuit 907, the unallocated ID management table circuit 908 that manages the ID in unallocated, received from the client terminal C packetized to obtain トに対する応答を出力するまでの待ち受け時間Eを求める待ち受け時間算出回路909 と、複数のクライアント端末CとサーバSとの間の伝送遅延時間の内の最大伝送遅延時間と各伝送遅延時間とを比較する最大伝送遅延比較回路910 と、パケットを送信するデータ処理回路911 とから構成されている。 A waiting time calculating circuit 909 obtains the standby time E until the output response to bets, compared with the maximum transmission delay time and the transmission delay time of the transmission delay time between the plurality of client terminals C and a server S a maximum transmission delay compare circuit 910, and a data processing circuit 911 Metropolitan transmitting packets. 【0031】サーバSからクライアント端末Cに対して送信されるパケットの種別として、接続応答パケットと、完了通知パケットと、一般データパケットと、時刻修正応答パケットと、切断応答パケットとがある。 [0031] type of the packet sent from the server S to the client terminal C, is a connection response packet, the completion notification packet, and general data packets, and time correction response packet, the disconnection response packet. これらのパケット種別も、パケットに付与されるヘッダによってコーディングされる。 These packet type are also coded by the header that is attached to the packet. 【0032】図1は、本実施例のクライアント端末とサーバとの間の伝送制御手順の概略を示すためのタイムチャートである。 [0032] Figure 1 is a time chart for showing the outline of a transmission control procedure between the client terminal and the server of the present embodiment. この図1において、先ず、クライアント端末Cが時刻T1に接続要求信号をサーバSへ送信する(ステップS10 )。 In FIG. 1, first, the client terminal C transmits a connection request signal to the time T1 to the server S (step S10). この接続要求信号がサーバSで時刻 Time the connection request signal at the server S
T2に受信されると、クライアント端末CからサーバSまでの仮伝送遅延時間を算出する。 Once received in T2, it calculates a provisional transmission delay time from the client terminal C until the server S. 次に、サーバSは、時刻T3に接続応答信号をクライアント端末Cに応答する(ステップS20 )。 Next, the server S responds the connection response signal to the client terminal C at time T3 (step S20). 【0033】この接続応答信号がクライアント端末Cで時刻T4に受信されるとクライアント端末CとサーバSとの間の時刻の誤差(=端末誤差A)を求める。 [0033] obtaining an error of time between when the connection response signal is received at time T4 in the client terminal C and the client terminal C and a server S (= terminal error A). 次に、クライアント端末Cは、端末IDおよび端末誤差Aを含む遅延申告パケットをサーバSへ送信する(ステップS30 Next, the client terminal C transmits a delay return packet including the terminal ID and terminal error A to the server S (step S30
)。 ). この遅延申告パケットを受信したサーバSは、この遅延申告パケットに含まれる端末誤差Aからクライアント端末CとサーバSとの間の真の伝送遅延時間を求め、クライアント端末Cに対する応答の待ち受け時間E Server S which receives this delayed return packet, obtains the true transmission delay time from the terminal error A included in the delay return packet with the client terminal C and the server S, waiting time E of the response to the client terminal C
を設定し、登録を行った後、登録完了通知信号を生成しクライアント端末Cに送信する(ステップS40 )。 Set, after registration, generating and transmitting a registration completion notification signal to the client terminal C (step S40). 【0034】クライアント端末Cがこの登録完了通知パケットを受信すると、サーバSとの間でデータ転送を行うことができるようになる(ステップS50 )。 [0034] When the client terminal C receives the registration completion notification packet, it is possible to transfer data between the server S (step S50). ステップ Step
S30の遅延申告パケットによって、サーバSは、クライアントCとの間の伝送遅延時間に対応した遅延補正を行い、他のクライアント端末Cとの伝送遅延時間による伝送遅延の平等性を改善することができる。 The delay filing packet S30, the server S can perform a delay correction corresponding to the transmission delay time between the client C, to improve the equality of transmission delay due to the transmission delay time with another client terminal C . 【0035】次に、サーバSの時刻に対してクライアント端末Cの時刻がずれている場合、クライアント端末C [0035] Then, when the time of the client terminal C is shifted with respect to the time of the server S, the client terminal C
は、時刻修正要求パケットをサーバSに対して送信する(ステップS60 )。 Transmits the time correction request packet to the server S (step S60). サーバSは、この時刻修正要求パケットを受信すると、時刻修正応答パケットをクライアント端末Cに送信する(ステップS70 )。 Server S transmits When receiving the time correction request packet, a time correction response packet to the client terminal C (step S70). このようにして時刻修正されると、この修正された時刻をベースにして、クライアント端末CとサーバSとの間でデータ転送を行うことができるようになる(ステップS80 )。 Thus it is to time correction to, and the corrected time base, it is possible to transfer data between the client terminal C and the server S (step S80). 【0036】次に、クライアント端末CからサーバSに対してコネクションの切断を行う場合は、切断要求パケットをサーバSに対して送信する(ステップS90 )。 Next, the case where the disconnection from the client terminal C to the server S, sends a disconnection request packet to the server S (step S90). これによって、サーバSは、切断応答パケットを生成しクライアント端末Cに送信する(ステップS100)。 Thus, the server S generates a disconnection response packet to the client terminal C (step S100). 【0037】なお、以上の処理においては、一つのクライアント端末CとサーバSとの構成で説明したが、対戦型ゲームシステムやチケット予約システムにおいては、 [0037] It should be noted that, in the processing of the above, has been described in the configuration of one of the client terminal C and the server S, in a competitive game system and ticket booking system,
一つのサーバSに複数のクライアント端末Cが接続されて使用される構成になるので、このようなシステムの場合には、端末誤差Aや真の伝送遅延時間や待ち受け時間Eなどはクライアント端末Cごとに求められる。 Because one server S to a plurality of client terminals C is configured to be used by connecting, in the case of such a system, such as a terminal error A and the true transmission delay time and the standby time E is each client terminal C They are required to. 【0038】以上のような方法によって、サーバSにおいて、各クライアント端末に対してそれぞれの伝送遅延時間に応じて待ち受けることで、クライアント端末間の距離的および時間的な不平等を解消することができるようになる。 [0038] by the method described above, in the server S, by listening in accordance with each transmission delay time for each client terminal, it is possible to eliminate the distance and temporal inequality between the client terminal so as to. 【0039】次に、クライアント端末CとサーバSとのコネクション接続時の処理(1) 、データ転送時の処理 Next, processing at the time of connection connection with the client terminal C and the server S (1), the processing of the data transfer
(2) 、クライアント端末Cの時刻修正時の処理(3) 、コネクション切断時の処理(4) などについて説明する。 (2), the processing at the time of the time correction of the client terminal C (3), processing at the time of disconnection (4) such as will be described. 【0040】(1) クライアント端末CとサーバSとの接続時の処理:図3および図4のフローチャートの各工程(ステップ)を参照しながら説明する。 [0040] (1) connection processing when the client terminal C and the server S: is described with reference to FIGS. 3 and each step in the flowchart of FIG. 4 (step). この図3は、接続時のクライアント端末Cの動作フローチャートである。 FIG 3 is a flowchart showing the operation of the client terminal C at the time of connection. 図4は、接続時のサーバSの動作フローチャートである。 Figure 4 is an operation flowchart of the server S at the time of connection. 【0041】回線接続後、クライアント端末Cは、打刻回路1001によって打刻(ステップS201)された時刻T1を含む接続要求パケットを要求申告生成回路1003で生成しサーバSに対して送信する(ステップS202)。 [0041] After the line connection, the client terminal C, and sends to the generated server S a connection request packet containing a time T1 which is embossing (step S201) in the requested declaration generation circuit 1003 by embossing circuit 1001 (step S202). 同時にクライアント端末Cは、時刻記憶回路1006に送信時刻T1を記憶しておく。 At the same time the client terminal C stores the transmission time T1 to the time storage circuit 1006. 【0042】サーバSは、接続要求パケットを受信(ステップS301)すると、打刻回路901によって受信打刻時刻T2を記録する(ステップS302)。 The server S receives the connection request packet (Step S301) Then, records the received embossing time T2 by embossing circuit 901 (step S302). クライアント端末C Client terminal C
からの接続要求パケットの種別識別は、内容識別回路90 Type identification of the connection request packet from the content identification circuit 90
4 によって行われる。 It is carried out by 4. 次に、サーバSは、クライアント端末Cに対して、未割り当てID管理テーブル回路908内で、未割り当てIDの有無を確認し、ID(当該クライアント端末Cに対する符号・番号などのID)をランダムに付与する(ステップS303)。 Next, the server S to the client terminal C, and the unallocated ID within management table circuit 908, to check for unallocated ID, ID a (ID, such as a code-number for the client terminal C) randomly grant to (step S303). 【0043】この確認でIDがすべて使用されている場合は、サーバSは、接続拒否応答パケットをクライアント端末Cに送信する(ステップS312)。 [0043] If the ID in this confirmation is used all the server S transmits a connection rejection response packet to the client terminal C (step S312). また、いずれかの In addition, any
IDが割り振られた場合は、サーバSが、上記受信打刻時刻T2−上記送信打刻時刻T1(=仮伝送遅延時間)を算出し(ステップS304)、この時間の値をクライアント端末CからサーバSまでの仮伝送遅延時間としてID管理テーブル回路906 に当該クライアント端末CのIDに対応して仮に登録する(ステップS305)。 If ID is allocated, the server S calculates the reception embossing time T2- the transmission embossing time T1 (= the provisional transmission delay time) (step S304), the server the value of this time from the client terminal C in response to the temporary transmission delay time as the ID management table circuit 906 to the ID of the client terminal C until S provisionally registered (step S305). なお、仮伝送遅延時間とするのは、サーバSの時刻に対してクライアント端末Cの時刻がずれていると、受信打刻時刻T2−上記送信打刻時刻T1が表す時間が、クライアント端末CとサーバS Incidentally, as the temporary transmission delay time, the time of the client terminal C is shifted relative to the time of the server S, the time indicated by the received embossing time T2- the transmission embossing time T1, and the client terminal C server S
との間の真の伝送遅延時間を表さないので仮の時間としている。 Does not represent the true transmission delay time between the have a temporary time. 【0044】IDの登録や抹消の処理は、すべてID制御回路905 によって行われる。 The registration and cancellation of the processing of ID are all performed by the ID controller 905. 上記ステップS304で求められた仮伝送遅延時間は、必要に応じて1時間単位での加算または減算を行うことで、たとえば、±30分以内に納まる値になるようにする。 Provisional transmission delay time obtained in step S304, if necessary by performing addition or subtraction of the hour, for example, set to be a value that falls within 30 minutes ±. これは、時差(標準時と非標準時との差)の相違を補うためである。 This is to compensate for the difference in the time difference (the difference between the standard and non-standard time). 【0045】上記ステップS305の登録処理の後、サーバSの打刻回路901 によって再び送信打刻時刻T3を打刻し記録して(ステップS306)、上記受信打刻時刻T2と、送信打刻時刻T3と、クライアント端末CのIDとを接続許可応答パケットとして応答生成回路903 で生成し、クライアント端末Cに送信する(ステップS307)。 [0045] After the registration process in step S305, and then embossing the transmission embossing time T3 again recorded by embossing circuit 901 of the server S (step S306), and the reception embossing time T2, transmission embossing time and T3, generated by the response generating circuit 903 and the ID of the client terminal C as a connection acceptance response packet, to the client terminal C (step S307). 【0046】次に、クライアント端末Cは、サーバSからの受信パケット内容を内容識別回路1004で識別する(ステップS203)。 Next, the client terminal C identifies the received packet contents from the server S with the contents identification circuit 1004 (step S203). この識別で、受信パケットの内容が、接続拒否応答であれば処理を終了する。 In this identification, the contents of the received packet, the process ends if the connection rejection response. しかしながら、受信パケット内容が接続許可応答であれば、打刻回路1001によって受信時刻T4を記録する(ステップS20 However, if the received packet contents connection permit response, records the reception time T4 by embossing circuit 1001 (step S20
4)。 Four). ここで、クライアント端末Cは、端末誤差算出回路1002で、 端末誤差A={(T2-T1 )−(T4−T3)}/2 を求める(ステップS205)。 Here, the client terminal C, and terminal error calculating circuit 1002, and terminal error A = {(T2-T1) - (T4-T3)} / 2 The determined (step S205). この端末誤差Aは、クライアント端末CからサーバSへの伝送遅延時間と、サーバSからクライアント端末Cへの伝送遅延時間との差を1/ The terminal error A includes a transmission delay time from the client terminal C to the server S, the difference between the transmission delay time from the server S to the client terminal C 1 /
2 することで、サーバSとクライアント端末Cとの間の時刻誤差を求めている。 By 2, seeking time error between the server S and the client terminal C. なお、送信時刻T3、受信時刻T4 It should be noted that the transmission time T3, the reception time T4
が、日付の変更によって、クライアント端末Cからの送信時刻T1およびサーバSでの受信時刻T2よりも時刻が小さくなった場合は、それぞれ24時間加算することで対応することができる。 But by changing the date, if the time than the reception time T2 in the transmitting time T1 and the server S from the client terminal C is reduced, it can be coped with by adding each 24 hours. 【0047】また、上記端末誤差Aの値は、時差の相違を補うため、たとえば、1時間単位の加算または減算を行うことで、たとえば、±30分以内に納まるようにするとよい。 Further, the value of the terminal error A is to compensate for the difference in the time difference, for example, by performing addition or subtraction of the hour, for example, may be to fit within 30 minutes ±. 続いて、クライアント端末Cは、端末誤差Aの値をタイマ修正回路1007へ与え、自端末が管理するタイマ回路1008の時刻に上記端末誤差Aを加算して修正する(ステップS206)。 Subsequently, the client terminal C, giving a value of the terminal error A to timer correction circuit 1007 corrects by adding time to the terminal error A of the timer circuit 1008 to which the own terminal is managed (step S206). そして、ID記憶回路1005は、サーバSによって自クライアント端末Cに割り当てられたIDを記憶する(ステップS207)。 Then, ID storage circuit 1005 stores the ID assigned to its own client terminal C by the server S (step S207). 次に、要求・申告生成回路 Next, the request-report generation circuit
1003は、自クライアント端末CのIDと上記端末誤差Aとを含む誤差申告パケットを生成し、サーバSへ送信する(ステップS208)。 1003, generates an error reporting packet containing the ID and the terminal error A of the self client terminal C, and transmitted to the server S (step S208). 【0048】次に、サーバSは、上記誤差申告パケットの受信の有無を確認する(ステップS308)。 Next, the server S checks the presence or absence of the reception of the error reporting packet (step S308). この確認によって、もしも誤差申告パケットが、一定時間内に受信確認されない場合は、当該クライアント端末CのIDの登録を抹消する(ステップS313)。 This check, if an error return packet, if not received confirmation within a predetermined time period, deletes the registration of the ID of the client terminal C (step S313). また、上記ステップS3 Further, step S3
08において、誤差申告パケットの受信が確認された場合は、次に、これによってサーバSは、当該クライアント端末CのIDで予め登録されている伝送遅延時間から、上記端末誤差Aを減算する演算を伝送遅延算出回路902 で行う。 In 08, if the received error reporting packet was confirmed, then, whereby the server S, the transmission delay time which is previously registered in the ID of the client terminal C, and calculation for subtracting the terminal error A performed in transmission delay calculating circuit 902. この減算によって得られる時間を、クライアント端末CとサーバSとの間の真の伝送遅延時間Dとする(ステップS309)。 The time obtained by the subtraction, and the true transmission delay time D between the client terminal C and the server S (step S309). 【0049】このようにして求められた真の伝送遅延時間DにID管理テーブル回路906 の伝送遅延時間を書き換えて更新する。 [0049] this way the true transmission delay time D obtained by rewriting the transmission delay time of the ID management table circuit 906 updates. そして、当該クライアント端末CのIDに対する真の伝送遅延時間Dと、最大伝送遅延比較回路91 Then, the true transmission delay time D for the ID of the client terminal C, the maximum transmission delay comparison circuit 91
0 ですでに登録されている他のクライアント端末の内の最大伝送遅延時間DXと比較する(ステップS310a )。 Already compared with the maximum transmission delay time DX of the other client terminals registered in 0 (step S310a). この比較によって、 最大伝送遅延時間DX≧真の伝送遅延時間D の関係を満足する場合は、当該クライアント端末Cの登録IDだけの待ち受け時間Eを、待ち受け時間算出回路90 This comparison is satisfied a relationship of maximum transmission delay time DX ≧ true transmission delay time D is, only the standby time E registration ID of the client terminal C, waiting time calculating circuit 90
9 で算出する(ステップS310b )。 Calculated at 9 (step S310b). すなわち、 最大伝送遅延時間DX−真の伝送遅延時間D=待ち受け時間E とする。 That is, the maximum transmission delay time DX- true transmission delay time D = standby time E. この待ち受け時間EをID管理テーブル回路906 ID The waiting time E management table circuit 906
に登録する。 To register to. 【0050】一方、上記ステップS310a において、最大伝送遅延時間DXと真の伝送遅延時間Dとの間の関係が、 最大伝送遅延時間DX<真の伝送遅延時間D の関係を満足する場合は、全IDに対して待ち受け時間E On the other hand, in step S310a, when the relationship between the maximum transmission delay time DX and the true transmission delay time D is, to satisfy the relationship of the maximum transmission delay time DX <true transmission delay time D is the total time E stand-by mode in the ID
を算出し直す(ステップS310c )。 Re-calculated (step S310c). このようにして、ID In this way, ID
管理テーブル回路906 内のパラメータ(待ち受け時間E)がすべて登録されると、サーバSは応答生成回路90 If the parameter in the management table circuit 906 (standby time E) is registered all the server S response generating circuit 90
3 で登録完了通知パケットを生成してクライアント端末Cに送信する(ステップS311)。 3 generates a registration completion notification packet is transmitted to the client terminal C (step S311). 【0051】以上のようにして、ID管理テーブル回路90 [0051] As described above, ID management table circuit 90
6 には、クライアント端末Cごとに最適な待ち受け時間Eが設定されるわけであるが、サーバSから伝送遅延時間が短いクライアント端末Cには、長い待ち受け時間E The 6, but not the client terminal C optimum waiting time for each E is set, the transmission delay time is short client terminal C from the server S, a long waiting time E
が設定され、サーバSから伝送遅延時間が長いクライアント端末Cには、短い待ち受け時間Eが設定される。 There is set, the transmission delay time from the server S to the long client terminal C, a short waiting time E is set. したがって、サーバSに対して伝送遅延時間が短いクライアント端末Cと、伝送遅延時間が長いクライアント端末Cとの距離間格差を少なくし、クライアント端末CからサーバSに対するコマンドに対する応答処理を、サーバSで平等に行うことができるようになる。 Therefore, the client terminal C transmission delay time is short to the server S, to reduce the gap distance between the long client terminal C is the transmission delay time, the response processing to the command to the server S from the client terminal C, the server S it is possible to perform equally. 【0052】このような待ち受け時間Eの設定が完了すると、データ転送モード(ステップS314)に入る。 [0052] When the setting of such a waiting time E completed, enters the data transfer mode (step S314). クライアント端末Cは、登録完了通知パケットを受信すると同様にデータ転送モードに入り、一定時間以内に登録完了通知パケットが受信されなければIDを消去して処理を中断する(ステップS209, 209a)。 The client terminal C is likewise enters the data transfer mode receives the registration completion notification packet, and the process is suspended erase the ID to be received registration completion notification packet within a predetermined time (step S209, 209a). 以上のようにして、 As described above,
サーバSとクライアント端末Cとの間のコネクションを確立することができる。 It is possible to establish a connection between the server S and the client terminal C. 【0053】上述の図3で示したコネクション接続時のクライアント端末Cの動作を行うための伝送遅延保証制御プログラムをクライアント端末CのディスクやプログラムROMなどの記録媒体に記録して使用することが、 [0053] be used in recording on a recording medium such as a disk or a program ROM of the client terminal C transmission delay assurance control program for performing the operation of the client terminal C during a connection shown in FIG. 3 above connection,
たとえば、動作内容を変更したりするときに都合がよい。 For example, it is convenient at the time or to change the behavior contents. 図4のコネクション接続時のサーバSの動作を行うための伝送遅延保証制御プログラムもサーバSのディスクやプログラムROMなどの記録媒体に記録して使用することが好ましい。 It is preferred to also use a recording medium such as a disk or a program ROM of the server S transmission delay assurance control program for performing the operation of the server S at connection connection of FIG. 【0054】(2) データ転送時の処理:図5は、サーバSとクライアント端末Cとの間のデータ転送時のサーバSの動作を説明するためのフローチャートである。 [0054] (2) Data transfer processing at the time of FIG. 5 is a flowchart for explaining the operation of the server S at the time of data transfer between the server S and the client terminal C. この図5を参照しながらサーバSとクライアント端末Cとの間のデータ転送時の動作を説明する。 With reference to FIG. 5 for explaining the operation of the data transfer between the server S and the client terminal C. サーバSからクライアント端末Cへのデータ転送時、サーバSは、各クライアント端末CのIDに対して登録されている待ち受け時間Eに従い、先ず、最遠端端末へ送信し(ステップS40 When data is transferred from the server S to the client terminal C, the server S, in accordance standby time E registered for the ID of each client terminal C, first transmits to farthest end terminal (step S40
1)、設定にしたがって待ち受けを行って(ステップS40 1), and an idle mode according to the setting (step S40
2)、各クライアント端末Cへ送信する(ステップS40 2) to the respective client terminal C (step S40
3)。 3). 【0055】また、サーバSは、クライアント端末Cのデータ処理入力回路1009で生成されたデータを受信すると(ステップS404)、打刻回路901 で受信時刻Tを記録し(ステップS405)、この受信時刻Tに待ち受け時間E [0055] The server S receives the data generated by the data processing input circuit 1009 of the client terminal C (step S404), and records the reception time T at the embossing circuit 901 (step S405), the reception time time E waiting to T
を加算した値を優先時刻Fとするように優先時刻算出回路907 で算出する(ステップS406)。 A value obtained by adding the calculated with priority time calculation circuit 907 so as to preferentially time F (step S406). その後サーバS After that, the servers S
は、優先時刻Fの小さい時刻のクライアント端末Cに対する応答から順にデータ処理回路911 で処理して送信する(ステップS407)。 Transmits the response to the client terminal C of the small time priority time F is treated by the data processing circuit 911 sequentially (step S407). 【0056】このように送信することで、伝送遅延時間の長いクライアント端末Cに対するパケット送信から優先的に送信を開始し、伝送遅延時間が小さいクライアント端末Cに対するパケット送信を非優先的に送信することができ、サーバSとクライアント端末Cとの間の距離格差および伝送遅延の格差による不平等を平等になるように改善することができるようになる。 [0056] By transmitting in this way, to start the preferentially transmitted from the packet transmission for a long client terminal C of the transmission delay time, sending a packet transmission non preferential for smaller client terminal C transmission delay time it can be, it is possible to improve so as to equal the inequality by differences in the distance difference and the transmission delay between the server S and the client terminal C. 【0057】上述の図5で示したデータ転送時のサーバSの動作を行うための伝送遅延保証制御プログラムをサーバSのディスクやプログラムROMなどの記録媒体に記録して使用することが、たとえば、動作内容を変更したり、保守するときに都合がよい。 [0057] be used in recording on a recording medium such as a disk or a program ROM of the transmission delay assurance control program server S to perform the operation of the server S at the time of data transfer shown in FIG. 5 described above, for example, you can change the behavior content, it is convenient at the time of maintenance. 【0058】(3) クライアント端末Cの時刻修正時の処理:図6は、クライアント端末Cの時刻がサーバSの時刻に対してずれている場合に時刻を修正するためにクライアント端末Cが行う動作をフローチャートに表したものである。 [0058] (3) processing during time correction of the client terminal C: 6, operation time of the client terminal C is performed by the client terminal C in order to correct time if you are offset with respect to time of the server S the is a representation in flow chart. 図7は、クライアント端末Cの時刻がサーバSの時刻に対してずれている場合に時刻を修正するためにサーバSが行う動作をフローチャートに表したものである。 Figure 7 is a time of the client terminal C is illustrated in the flow chart the operation of the server S is performed to correct the time if you are offset with respect to time of the server S. 次に、図6、図7を用いて、クライアント端末C Next, FIG. 6, with reference to FIG. 7, the client terminal C
の時刻がサーバSの時刻に対してずれている場合に時刻を修正するための動作を説明する。 Time of describing the operation for correcting the time when deviates from the time of the server S. 【0059】クライアント端末Cの時刻がサーバSの時刻に対してずれている場合、先ず、クライアント端末C [0059] If the time of the client terminal C is shifted with respect to the time of the server S, first of all, the client terminal C
は、サーバSに対して、打刻回路1001によって送信時刻 Transmission time, the server S, the embossing circuit 1001
T5を打刻し(ステップS501)、この送信時刻T5を含む時刻修正要求パケットを要求申告生成回路1003で生成し送信する(ステップS502)。 And embossing the T5 (step S501), it generates and transmits the time correction request packet including the transmission time T5 in the requested return generating circuit 1003 (step S502). 【0060】クライアント端末Cは、送信時刻T5を時刻記憶回路1006で記憶しておく。 [0060] The client terminal C stores the transmission time T5 at time storage circuit 1006. そして、サーバSは、時刻修正要求パケットを受信すると(ステップS601)、打刻回路901 によって受信時刻T6を記録する(ステップS6 The server S receives the time correction request packet (step S601), and records the reception time T6 by embossing circuit 901 (step S6
02)。 02). そして、サーバSの応答生成回路903 で、受信時刻T6および応答先のクライアント端末CのIDとを含む時刻修正応答パケットを生成し、応答先のクライアント端末Cに送信する(ステップS603)。 Then, the response generator 903 of the server S, to generate a time adjustment response packet including the ID of the reception time T6 and the response destination of the client terminal C, and sends the response destination of the client terminal C (step S603). 【0061】次に、応答先のクライアント端末Cは、上記時刻修正応答パケットを受信すると(ステップS50 Next, the client terminal C of the response destination, upon receiving the time correction response packet (step S50
3)、打刻回路1001によって受信時刻T7を記録する(ステップS504)。 3) records the reception time T7 by embossing circuit 1001 (step S504). そして、端末誤差算出回路1002で、端末誤差Aを端末誤差A=T6−{T5+(T7−T5)/2} によって求める(ステップS505)。 Then, the terminal error calculating circuit 1002, a terminal error A and terminal error A = T6-determined by {T5 + (T7-T5) / 2} (step S505). 【0062】上記受信時刻T7が、日付の変更によって、 [0062] The reception time T7 is, by changing the date,
送信時刻T5よりも値が小さくなった場合は、受信時刻T7 If a value than the transmission time T5 becomes smaller, the reception time T7
に24時間加算することによって対応することができる。 It can be accommodated by adding 24 hours.
また、端末誤差Aの値は、時差の相違を補うため、1時間単位の加減を行うことで、たとえば、±30分以内に納まるようにする。 The value of the terminal error A is to compensate for the difference in the time difference, by performing the subtraction of the hour, for example, so that fall within 30 minutes ±. 前掲のフォーマット基準RFC#822 に従った時刻表現を用いれば、この必要はない。 By using the time representation in accordance supra format standard RFC # 822, this need not be. 続いて、タイマ修正回路1007に上記端末誤差Aを伝え、現在の時刻に上記端末誤差Aを加算することでタイマ回路1008の時刻を適正に修正し、サーバSの時刻と同一にする(ステップS506)。 Subsequently, the timer correction circuit 1007 tells the terminal error A, properly correct the time of the timer circuit 1008 by adding the terminal error A to the current time is the same as the time of the server S (Step S506 ). 【0063】以上のようにして、時刻修正時にサーバS [0063] As described above, the server at the time of the S-time correction
のタイマを基準としてクライアント端末Cのタイマを数値入力なしで修正することができる。 It is possible to modify the timer based on the client terminal C of the timer without numeric input. したがって、サーバSのタイマだけを正確に管理しておけば、システム全体の時刻管理を行うことができる。 Therefore, if only manages exactly timer of the server S, it is possible to perform time management of the entire system. 【0064】上述の図6で示した時刻修正時のクライアント端末Cの動作を行うための時刻修正制御プログラムをクライアント端末CのディスクやプログラムROM などの記録媒体に記録して使用することが、たとえば、動作内容を変更したり、保守するときに都合がよい。 [0064] be used in recording on a recording medium such as a disk or a program ROM of time correction control program the client terminal C to perform the operation of the client terminal C during time correction shown in FIG. 6 described above, for example, , or change the behavior content, it is convenient at the time of maintenance. また、 Also,
上述の図7で示した時刻修正時のサーバSの動作を行うための時刻修正制御プログラムもサーバSのディスクやプログラムROM などの記録媒体に記録して使用することが好ましい。 Time correction control program for performing the operation of the server S at time correction shown in FIG. 7 described above is also preferably used in recording on a recording medium such as a disk or a program ROM of the server S. 【0065】(4) コネクション切断時の処理:次に、クライアント端末CとサーバSとの間のコネクションを切断するための動作を説明する。 [0065] (4) disconnection during processing: Next, the operation for cutting the connection between the client terminal C and the server S. 図8は、コネクション切断時のクライアント端末Cの動作を説明するためのフローチャートである。 Figure 8 is a flowchart for explaining the operation of the client terminal C during disconnection. 図9は、コネクション切断時のサーバSの動作を説明するためのフローチャートである。 Figure 9 is a flow chart for explaining the operation of the server S at the time of disconnection. 【0066】クライアントサーバシステムによるサービス(たとえば、対戦型ゲームサービスやチケット予約サービスなど)の利用を中断したいとき、クライアント端末Cは、自端末に付与されているIDを含む切断要求パケットを要求申告生成回路1003で生成し、サーバSに対して送信する(ステップS701)。 [0066] service by the client server system (e.g., competitive game service and ticket reservation services, etc.) when you want to interrupt the use of the client terminal C, requests return generates a disconnection request packet containing the ID assigned to its own terminal generated by circuit 1003, and transmitted to the server S (step S701). 次に、サーバSは、上記切断要求パケットを受信すると(ステップS801)、ID管理テーブル回路906 から当該クライアント端末CのIDの設定情報を削除し( ステップS802) 、ID制御回路905 によってそのIDを未割り当てID管理テーブル回路908 に登録する(ステップS803)。 Next, the server S receives the disconnection request packet (step S801), deletes the setting information of the ID of the client terminal C from the ID management table circuit 906 (step S802), the ID by the ID controller 905 registered in the unallocated ID management table circuit 908 (step S803). その後、応答生成回路903 で切断応答パケットを生成し、クライアント端末Cに対して送信する(ステップS804)。 Thereafter, to generate a disconnection response packet in response generating circuit 903, and transmits to the client terminal C (step S804). 次に、クライアント端末Cは、上記切断応答パケットを受信すると(ステップS7 Next, the client terminal C receives the disconnection response packet (step S7
02)、ID記憶回路1005に登録していた自端末のIDを消去する(ステップS703)。 02), it erases the ID of the terminal which has been registered in the ID storage circuit 1005 (step S703). このようにして、サーバSとクライアント端末Cとの間のコネクションが切断されて解放される。 In this way, the connection between the server S and the client terminal C is released is disconnected. 【0067】以上のような構成と動作とによって、リアルタイムでの処理を必要とするクライアント端末同士の対戦型ゲームや、専用ネットワークや平等性を重視したチケット予約などのシステムに適用して、平等性を改善することができる。 [0067] By the above-described configuration and operation, competitive games and between the client terminal that requires processing in real time, be applied to a system, such as a ticket reservation with an emphasis on private networks and equality, equality it is possible to improve. 【0068】また、サーバSからの送信時、常に打刻するようにし、クライアント端末側では、伝送遅延時間を記憶しておくことで、ある一定の時間よりサーバSとクライアント端末Cのタイマ間の誤差が大きくなったときに自動的に時刻を修正するようにシステムを構成してもよい。 [0068] Also, during transmission from the server S, so and embossing, in the client terminal, by storing the transmission delay time, between certain than a certain time of the server S and the client terminal C Timer the system may be configured to automatically correct the time when the error is large. 【0069】 【発明の効果】以上述べたように本発明は、各クライアント装置がそれぞれ、サーバ装置との間の伝送遅延時間を測定するために送信時刻を含む伝送遅延時間測定用信号を送信し、サーバ装置が、各クライアント装置とサーバ装置との間の仮の伝送遅延時間を求めると共に応答信号を生成し各クライアント装置に送信し、クライアント装置が、応答信号を受信しサーバ用時刻回路の時刻に対する各クライアント用時刻回路の時刻誤差を求め、これらの時刻誤差の信号をサーバ装置に送信し、サーバ装置が、時刻誤差信号をもとに、各クライアント装置とサーバ装置との間の真の伝送遅延時間をそれぞれ求め、これらの真の伝送遅延時間の比較結果から、真の伝送遅延時間が小さいクライアント装置に対しては、大きい遅延時間後 [0069] The present invention as described above, according to the present invention, each client device, respectively, sends a transmission delay time measuring signal including a transmission time in order to measure the transmission delay time between the server device , the server device transmits the generated each client apparatus a response signal with obtaining the transmission delay time of the temporary between each client device and the server device, the client device receives the response signal at time circuit for server time seek time error of the time circuit for each client with respect to the signals of the time error is transmitted to the server apparatus, the server apparatus, based on the time error signal, the true transmission between each client device and the server device calculated delay time, respectively, from the comparison results of these true transmission delay time for the true transmission delay time is less client devices, large delay time after に応答処理を行い、真の伝送遅延時間が大きいクライアント装置に対しては、小さい遅延時間後に応答処理を行うか、または遅延なしで応答処理を行うことで、地理的に離れた複数のクライアント装置からサーバへのアクセス権の平等化を簡単な構成で実現することができるようになる。 To perform response processing for the true transmission delay time is larger client device, or a response process after a small delay time, or by performing a response process without delay, a plurality of client devices geographically it is possible to realize a simple configuration equality of access to the server from. 【0070】また、本発明は、クライアント装置が、送信時刻を含む時刻修正要求信号を生成しサーバ装置に送信し、サーバ装置が時刻修正要求信号を受信すると時刻修正応答信号を生成しクライアント装置に送信し、クライアント装置が、サーバ装置から時刻修正応答信号を受信すると、この受信時刻と送信時刻とサーバ装置での時刻修正要求信号の受信時刻とからクライアント用時刻回路の時刻をサーバ用時刻回路の時刻と一致させるように修正することで、サーバ装置とクライアント装置からなるシステム内で共通のタイムベースに基づき容易に時刻統一を図ることができるようになる。 [0070] Further, the present invention is the client apparatus generates the time correction request signal including the transmission time is transmitted to the server apparatus, the generated client device time correction response signal when the server device receives a time correction request signal transmitted, the client device receives the time correction response signal from the server apparatus, the server for the time circuit time client for the time circuit and a reception time of the time correction request signal at the reception time and the transmission time and the server device by modified to match the time, so it is possible to easily time unified based on a common time base in the system consisting of a server device and a client device.

【図面の簡単な説明】 【図1】本発明の実施例のクライアント・サーバシステムにおけるクライアント端末とサーバとの間の伝送制御手順の概略を示すためのタイムチャートである。 Is a time chart for showing the outline of a transmission control procedure between the client terminal and a server in a client-server system of an embodiment of the BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS [Figure 1] present invention. 【図2】従来例のクライアント・サーバシステムのネットワーク構成図である。 2 is a network configuration diagram of a client-server system of the prior art. 【図3】本実施例のクライアント・サーバシステムにおいてコネクション接続時のクライアント端末の動作フローチャートである。 3 is a flowchart of a client terminal during the connection the connection at the client server system of this embodiment. 【図4】本実施例のクライアント・サーバシステムにおいてコネクション接続時のサーバの動作フローチャートである。 An operation flowchart of the server when a connection connecting in [4] The client-server system of this embodiment. 【図5】本実施例のクライアント・サーバシステムにおけるデータ転送時のサーバの動作を説明するための動作フローチャートである。 Is an operation flowchart for explaining the behavior of the server at the time of data transfer in Fig. 5 client-server system of this embodiment. 【図6】本実施例のクライアント・サーバシステムにおけるクライアント端末の時刻修正時の動作を説明するためのフローチャートである。 6 is a flowchart for explaining the operation in time correction of the client terminal in a client-server system of this embodiment. 【図7】本実施例のクライアント・サーバシステムにおけるクライアント端末の時刻修正時のサーバの動作を説明するためのフローチャートである。 7 is a flowchart for explaining the behavior of the server when the time correction of the client terminal in a client-server system of this embodiment. 【図8】本実施例のクライアント・サーバシステムにおけるコネクション切断時のクライアント端末の動作を説明するためのフローチャートである。 8 is a flowchart for explaining the operation of the client terminal upon disconnection of the client server system of this embodiment. 【図9】本実施例のクライアント・サーバシステムにおけるコネクション切断時のサーバの動作を説明するためのフローチャートである。 9 is a flowchart for explaining the behavior of the server when the connection cut in a client-server system of this embodiment. 【図10】本実施例のサーバの回路構成図である。 10 is a circuit configuration diagram of a server of the present embodiment. 【図11】本実施例のクライアント端末の回路構成図である。 11 is a circuit configuration diagram of a client terminal according to the present embodiment. 【符号の説明】 901,1001 打刻回路902 伝送遅延算出回路909 待ち受け時間算出回路910 最大伝送遅延比較回路1002 端末誤差算出回路1007 タイマ修正回路 [EXPLANATION OF SYMBOLS] 901, 1001 strokes time circuit 902 transmission delay calculating circuit 909 waiting time calculating circuit 910 maximum transmission delay comparator circuit 1002 and terminal error calculating circuit 1007 timer correction circuit

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 7識別記号 FI H04L 29/14 H04L 13/00 315Z (58)調査した分野(Int.Cl. 7 ,DB名) G06F 13/00 357 G06F 13/00 351 H04L 12/44 H04L 12/56 H04L 29/08 H04L 29/14 EUROPAT(QUESTEL) JICSTファイル(JOIS) WPI(DIALOG) ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (51) Int.Cl. 7 identification mark FI H04L 29/14 H04L 13/00 315Z (58 ) investigated the field (Int.Cl. 7, DB name) G06F 13/00 357 G06F 13 / 00 351 H04L 12/44 H04L 12/56 H04L 29/08 H04L 29/14 EUROPAT (QUESTEL) JICST file (JOIS) WPI (DIALOG)

Claims (1)

  1. (57)【特許請求の範囲】 【請求項1】 クライアント用時刻回路を有するクライアント装置を少なくとも二つ含み、サーバ用時刻回路を有するサーバ装置を含むクライアント・サーバシステムにおいて、 前記クライアント装置はそれぞれ、 前記サーバ装置との間の伝送遅延時間を測定するため (57) comprises at least two client devices with Patent Claims 1. A time circuit for a client, the client-server system including a server apparatus having a time circuit for the server, each said client device, for measuring the transmission delay time between the server device
    送信時刻を含む伝送遅延時間測定用信号を生成して送信する伝送遅延時間測定用信号送信手段と、 前記サーバ装置からの応答信号を受信し、 該応答信号の A transmission delay time measuring signal transmitting means for generating and transmitting a transmission delay time measuring signal including a transmission time, receiving a response signal from the server device, of the response signal
    受信時の応答受信時刻を生成し、かつ該生成した応答受 Generates a response reception time at the time of reception, and to the generation response received
    信時刻と該受信した応答信号の中に含まれる受信時刻お Contact reception time included in the signal time and the response signal thus received
    よび応答送信時刻と該伝送遅延時間測定用信号送信手段 Preliminary response transmission time and said transmission delay time measurement signal transmitting means
    が生成した送信時刻とをもとに前記サーバ用時刻回路の時刻に対する前記各クライアント用時刻回路の時刻誤差を求め、これらの時刻誤差の信号を前記サーバ装置に送信する時刻誤差送信手段とを含み、 前記サーバ装置は、 前記各クライアント装置からの前記伝送遅延時間測定用信号を受信し、 該伝送遅延時間測定用信号の受信時の受 Seek time error of the time circuit for each client but for the time of the server for the time circuit generated a transmission time based, and a time error transmission means for transmitting the signals of these time error to the server device , the server apparatus, the receiving of the transmission delay time by receiving the measurement signal, upon reception of said transmission delay time measurement signal from each client device
    信時刻を生成し、かつ該生成した受信時刻と該受信した It generates a signal time, and the received time and the received thus generated
    伝送遅延時間測定用信号の中に含まれる送信時刻とをも Also the transmission time included in the transmission delay time measuring signal
    とに前記各クライアント装置と前記サーバ装置との間の仮の伝送遅延時間を求めると共に該生成した受信時刻 Reception time and thus generated with finding the door to the temporary transmission delay time between each client device and the server device
    応答用の応答送信時刻を含む前記応答信号を生成し、 Generates the response signal including a response transmission time for response,
    前記各クライアント装置に送信する応答信号送信手段と、 前記各クライアント装置から前記各時刻誤差信号を受信し、 該受信した各時刻誤差信号と該応答信号送信手段が A response signal transmission means for transmitting said each client device, wherein receiving the respective time error signals from each client device, each time the error signal and the response signal transmitting means thus received
    求めた仮の伝送遅延時間とをもとに前記各クライアント装置と前記サーバ装置との間の真の伝送遅延時間をそれぞれ求め、これらの真の伝送遅延時間を比較し、真の伝送遅延時間が小さいクライアント装置に対しては、大きい遅延時間後に応答処理を行い、真の伝送遅延時間が大きいクライアント装置に対しては、小さい遅延時間後に応答処理を行う、または遅延なしで応答処理を行う伝送遅延保証手段とを含むことを特徴とするクライアント・ Respectively obtained the true transmission delay time between said on the basis of the transmission delay time of the temporary determined with each client device and the server device, these compare the true transmission delay time, the true transmission delay time for small client device performs a response process after large delay time, with respect to the true transmission delay time is larger client device makes a response process after a small delay time, or transmission delay for performing the response process without delay client, characterized in that it comprises a guarantee means -
    サーバシステム。 Server system. 【請求項2】 クライアント用時刻回路を有するクライアント装置と、サーバ用時刻回路を有するサーバ装置とを含むクライアント・サーバシステムにおいて、 前記クライアント装置は、 送信時刻を含む時刻修正要求信号を生成し前記サーバ装置に送信する時刻修正要求送信手段と、 前記サーバ装置から時刻修正応答信号を受信し、 該時刻 Wherein the client device with a time circuit for the client, the client-server system including a server apparatus having a time circuit for the server, the client device, the server generates time correction request signal including the transmission time and time correction request transmitting means for transmitting device receives the time correction response signal from the server device, the time
    修正応答信号の受信時の応答受信時刻を生成し、かつ該 It generates a response reception time at the time of reception of the modified response signal, and wherein
    生成した応答受信時刻と該時刻修正要求送信手段が生成 Generation generated response reception time and the time adjustment request transmission means
    した送信時刻と該受信した時刻修正応答信号の中に含ま Included in the transmission time and the time correction response signal thus received
    れる受信時刻とから該クライアント用時刻回路の時刻をサーバ用時刻回路の時刻と一致させるように修正する時刻修正手段とを含み、 前記サーバ装置は、前記時刻修正要求信号を受信し、該 Includes and a reception time and a time instant correction means correcting so as to coincide with the time server for time circuit time of the time circuit the clients, the server apparatus receives the time correction request signal, said
    時刻修正要求信号の受信時の受信時刻を生成し、かつ該 Generates a reception time when reception of the time correction request signal, and wherein
    生成した受信時刻を含む時刻修正応答信号を生成し前記クライアント装置に送信する時刻修正応答送信手段を含むことを特徴とするクライアント・サーバシステム。 The client-server system, characterized in that it comprises a time adjustment response transmitting means for transmitting to said client device generates a time correction response signal including the generated reception time. 【請求項3】 時刻回路を有し、 少なくとも二つのクラ 3. has a time circuit, at least two classes
    イアント装置と通信を行うためのサーバ装置において、 In the server device for communicating with Ianto device,
    該サーバ装置は、 前記各クライアント装置からの該サーバ装置との間の伝 The server device, heat transfer between the said server device from the client device
    送遅延時間を測定するための送信時刻を含む伝送遅延時 When the transmission delay including the transmission time for measuring the transmission delay time
    間測定用信号を受信し、該伝送遅延時間測定用信号の受 Receiving between measurement signal, receiving the said transmission delay time measuring signal
    信時の受信時刻を生成し、かつ該生成した受信時刻と該 Generates a reception time when signal, and the reception time and the thus generated
    受信した伝送遅延時間測定用信号の中に含まれる送信時 Time of transmission contained in the received transmission delay time measuring signal
    刻とをもとに前記各クライアント装置と該サーバ装置と Wherein the time based on the respective client device and the server device
    の間の仮の伝送遅延時間を求めると共に該生成した受信 Received thus generated with obtaining the temporary transmission delay time between the
    時刻と応答用の応答送信時刻とを含む前記応答信号を生 Raw said response signal including a time and the response transmission time for response
    成し、前記各クライアント装置に送信する応答信号送信 Form, the response signal transmission to be transmitted to the each client device
    手段と、 And means, 前記各クライアント装置が前記送信時刻と前記受信時刻 Wherein said reception time each client apparatus and the transmission time
    と前記応答送信時刻と前記応答信号の受信時の応答受信 The response transmission time and response reception upon reception of the response signal and
    時刻とをもとに求めた時刻誤差信号を前記各クライアン Said the time the error signal obtained on the basis of the time each client
    ト装置から受信し、該受信した各時刻誤差信号と該応答 Received from the winding device, the time error signal and the response thus received
    信号送信手段が求めた仮の伝送遅延時間とをもとに前記 Wherein the signal transmitting means temporary transmission delay time determined based on
    各クライアント装置と該サーバ装置との間の真の伝送遅 True transmission slow between each client device and the server device
    延時間をそれぞれ求め、これらの真の伝送遅延時間を比 Seek length of time respectively, the ratio of these true transmission delay time
    較し、真の伝送遅延時間が小さいクライアント装置に対 And compare, against the true transmission delay time is less client devices
    しては、大きい遅延時間後に応答 処理を行い、真の伝送 To performs the response process after large delay time, the true transmission
    遅延時間が大きいクライアント装置に対しては、小さい For large delay time client devices, small
    遅延時間後に応答処理を行う、または遅延なしで応答処 A response processing after the delay time, or the response processing without delay
    理を行う伝送遅延保証手段 とを含むことを特徴とする Sa, characterized in that it comprises a transmission delay assurance means for performing physical
    ーバ装置。 Over server apparatus.
JP14127997A 1997-05-30 1997-05-30 Client-server system Expired - Fee Related JP3440191B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14127997A JP3440191B2 (en) 1997-05-30 1997-05-30 Client-server system

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14127997A JP3440191B2 (en) 1997-05-30 1997-05-30 Client-server system
CN 98109353 CN1128527C (en) 1997-05-30 1998-05-28 Client-server system compensating for data transmission delay

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH10334027A true JPH10334027A (en) 1998-12-18
JP3440191B2 true JP3440191B2 (en) 2003-08-25

Family

ID=15288204

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14127997A Expired - Fee Related JP3440191B2 (en) 1997-05-30 1997-05-30 Client-server system

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP3440191B2 (en)
CN (1) CN1128527C (en)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6941109B2 (en) 2002-02-19 2005-09-06 Seiko Epson Corporation Computing network path delays so accurate absolute time can be forwarded from a server to a client
GB2394628B (en) 2002-10-25 2005-10-19 Siemens Plc A method of determining a timing offset between a first clock and a second clock in a communications network
JP3970235B2 (en) 2003-01-10 2007-09-05 キヤノン株式会社 Monitoring device, method of managing counter information in the apparatus, storage medium and program
US7400578B2 (en) 2004-12-16 2008-07-15 International Business Machines Corporation Method and system for throttling network transmissions using per-receiver bandwidth control at the application layer of the transmitting server
CN102075372B (en) * 2009-11-23 2014-08-27 财团法人工业技术研究院 Time reducing method and network stimulating system applying same
CN103380595B (en) 2011-02-21 2016-09-07 三菱电机株式会社 A communication apparatus and communication method

Also Published As

Publication number Publication date Type
CN1128527C (en) 2003-11-19 grant
JPH10334027A (en) 1998-12-18 application
CN1204194A (en) 1999-01-06 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20020041605A1 (en) Communication initiation method employing an authorisation server
US6859527B1 (en) Communications arrangement and method using service system to facilitate the establishment of end-to-end communication over a network
US20030147392A1 (en) Multicast communication system
US5920701A (en) Scheduling data transmission
US5968133A (en) Enhanced security network time synchronization device and method
JP2004013283A (en) Method and apparatus for distributing content
JP2005253033A (en) Network synchronization device, clock transmission method, and clock transmission packet network
CN101009670A (en) A method and system for implementing the group communication based on the instant communication
US20060069836A1 (en) Communication system and method for upgrade of user terminal software and user terminal upgraded by the same
CN101841577A (en) Method and device for implementing domain name resolution agent function
CN101651540A (en) Method, device and system for updating digital certificate
CN1712983A (en) Time synchronization in positioning system
JP2003244191A (en) Call control method by call control server
JPH09331325A (en) Network management system
CN101123548A (en) An information service method and system in instant communication
JP2006108823A (en) Network system, gateway, and wireless terminal
JP2001216282A (en) Server, client, client-server system, load distribution method, and recording medium
JP2003186778A (en) Contents delivery system, delivery method and program of the same
CN102413203A (en) IP (Internet Protocol) address allocation method and device
WO1999037073A1 (en) Method for allocating ip addresses to host destination terminals on the internet on request by a source terminal
JP2008219461A (en) Communicating history information managing system, sip client terminal, history server, and communicating history information managing method
JP2003264577A (en) Multi-cast communication system, routing device and authenticating server device to be used for the same system, program for routing device, program for, and multi-cast communication method
CN102577450A (en) Method, apparatus and system for determining policy and charging rule function entity
JP2001036581A (en) Communication band setting system and its method
JP2004080187A (en) Managing server and program

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20030513

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090613

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090613

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100613

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100613

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110613

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110613

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120613

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130613

Year of fee payment: 10

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees