New! View global litigation for patent families

JP3248338B2 - Copiers - Google Patents

Copiers

Info

Publication number
JP3248338B2
JP3248338B2 JP5522594A JP5522594A JP3248338B2 JP 3248338 B2 JP3248338 B2 JP 3248338B2 JP 5522594 A JP5522594 A JP 5522594A JP 5522594 A JP5522594 A JP 5522594A JP 3248338 B2 JP3248338 B2 JP 3248338B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP5522594A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH07239579A (en )
Inventor
和弘 上田
昭 大畑
Original Assignee
ミノルタ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、自動原稿給送装置を備えた複写機に関する。 The present invention relates to a copying machine having an automatic document feeder. 特に、自動原稿給送装置に設けた原稿搬送用モータの負荷を低減し、安定した原稿搬送を得るようにしたものである。 In particular, to reduce the load of the document feed motor provided in the automatic document feeder, in which to obtain a stable document conveying.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、自動原稿給送装置を備えた複写機が知られている。 Conventionally, copying machines are known provided with an automatic document feeder. この自動原稿給送装置は、一般に、原稿トレイ上に置かれた原稿を一枚づつ給紙する原稿給紙部と、給紙された原稿を原稿台ガラスの上面に沿って搬送するとともに、原稿台ガラス上の所定の位置に原稿を停止させる原稿搬送部と、露光後に原稿台ガラス上から送り出された原稿を原稿排紙トレイに排出する原稿排紙部で構成されている。 The automatic document feeder generally includes a document feeding unit for one by one and fed a document placed on the document tray, conveys along the upper surface of the platen glass document fed, the document a document conveying unit stopping the document at a predetermined position on the table glass, and is configured the document fed from the platen on the glass after exposure at document discharging portion for discharging the document ejection tray. また、上記自動原稿給送装置は、 Also, the automatic original feeding apparatus,
原稿トレイから送り出された原稿をこれがループを形成した状態で一時停止し、複写機本体の作像処理終了と同期をとって原稿台ガラス上に送り出すようにしている。 This document fed from the document tray is to pause while forming a loop, feeding on the platen on the glass taking an imaging processing ends and synchronization of the copier body.
また、両面原稿をコピーするため原稿反転部、例えば環状の原稿反転路を設け、原稿台ガラス上から送り出された原稿を原稿反転路へ搬送することによって上下反転して再び原稿台ガラス上に送り戻すようにしたものがある。 The document reversing section for copying double-sided originals, for example, an annular document reversing path, sends a document fed from the platen on the glass on the platen glass again upside down by conveying the document reversing passage there are those in the back.

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】このような構成を有する自動原稿給送装置では、原稿給紙部でループを形成して一時停止している原稿を原稿台ガラス上に搬送するためにモータを駆動すると、ループ解消時には負荷はかからないが、ループを解消したとたんにモータに大きな負荷がかかる。 BRIEF Problems to be Solved by the automatic document feeding apparatus having such a configuration, the motor for conveying a document that is paused to form a loop in the document feeding unit on the platen on the glass When driven, the time loop eliminated but not applied load, a large load on the motor is applied as soon as eliminates the loop. 特に、駆動源にステッピングモータを使用すると、脱調して原稿搬送距離に狂いを生じる。 In particular, the use of stepping motors to the drive source, resulting in deviation in the document transport distance steps out. さらに、原稿台ガラスから送り出された原稿が原稿反転部を通り再び原稿台ガラスに送り戻されるまでの原稿反転経路長が、原稿の搬送方向長さよりも短いと、原稿台ガラスの端部又は原稿台ガラスの端部に沿って配置されている原稿位置規制用スケールと原稿搬送部との間に原稿の先端と後端が挟まれ、これらは互いに逆方向の搬送力を受けるために、モータに過大な負荷がかかる。 Furthermore, document reversing path length to the original fed from the document glass is sent back as the platen glass again document reversing section is shorter than the conveying direction length of the document, the end portion or the original of the document glass base leading and trailing ends of the document between the original position regulating scale and document feeder disposed along the edge of the glass is sandwiched, in order to receive a conveying force, these opposite directions, the motor consuming an excessive load. 特に、原稿が2つに折られたような原稿の場合には、折り部とスケール先端との干渉により特に大きな負荷がかかってしまうという課題があった。 In particular, the document is in the case of a document, such as folded into two, there problem that especially heavily loaded by the interference between the folded portion and the scale tip.

【0004】そこで、本発明は、自動原稿給送装置における原稿搬送用モータにかかる負荷を低減することを目的とするものである。 [0004] Therefore, the present invention is intended to reduce the load on the original transporting motor in the automatic document feeder.

【0005】 [0005]

【課題を解決するための手段】本発明は上記目的に応じてなされたもので、原稿台ガラスの原稿搬送方向上流側又は下流側に原稿位置決め用スケールを設けた複写機本体と、上記原稿台ガラスを覆い、原稿給紙部に置かれた原稿を原稿台ガラス上に送り出し、原稿一端を上記スケールに当接して停止させ、露光後に上記原稿を原稿台ガラス上から原稿排紙部に送り出す自動原稿給送装置とを備えた複写機において、上記原稿台ガラスから送り出された原稿を上下反転して再び原稿台ガラスに送り戻す原稿反転部と、原稿の原稿搬送方向長さが、スケールを通過した原稿が原稿反転部を通り再びスケール上に搬送されるまでの距離よりも長い場合、原稿反転部を通った原稿の先端がスケールに到達する直前に、上記スケールを原稿台ガラス上面 SUMMARY OF THE INVENTION The present invention has been made in accordance with the above object, the copying machine main body provided with a scale for the original positioning the document conveying direction upstream side or downstream side of the platen glass, the platen covering the glass, feeding the document placed on the document feeding unit on the platen on the glass, the original end in contact with the scale is stopped, sends the document ejection section the document after exposure from platen on the glass automatically passing in the copying machine provided with a document feeder, and the document reversing section sends back a document fed from the document table glass upside down platen glass again, the document conveying direction length of the document, the scale If the original is longer than the distance to be conveyed to the document reversing section again on the scale as, just before the leading end of the document passing through the document reversing portion reaches the scale, the platen glass top of the scale りも下方に一時的に退避させた状態とする一方、原稿の原稿搬送方向長さが上記距離よりも短い場合、上記スケールを原稿台ガラスよりも上方に上昇させた状態とする制御手段と、を設けたことを特徴とするものである。 While the state of remote and downward is temporarily saved, if a document length in the conveyance direction of the document is less than the distance, and control means for the state of upwardly raised than the glass platen of the scale, the is characterized in that provided.

【0006】 [0006]

【0007】 [0007]

【0008】 [0008]

【発明の効果】上記発明では、原稿の原稿搬送方向長さが、スケールを通過した原稿が原稿反転部を通り再びスケール上に搬送されるまでの距離よりも長い場合、原稿反転時には上記スケールを原稿台ガラス上面よりも下方に一時的に退避する。 In the above aspect, according to the present invention, the document conveying direction length of the document, when the document having passed through the scale is longer than the distance to be conveyed to the document reversing section as again on the scale, the scale at the time of document reversing temporarily retracted below the platen glass top. したがって、この発明によれば、 Therefore, according to the present invention,
反転中の原稿の先端と後端がスケールと原稿搬送部との間に挟まれ、これらが互いに逆方向に搬送されても、モータにかかる負荷が極端に大きくなることがない為、モータの小型化や、消費電力の低減が可能で、更に原稿のこすれによる汚れや通紙音も低減することができ、安定した原稿搬送状態が得られる。 Leading and trailing ends of the document in the inversion is sandwiched between the scale and the document feeder, even if these are conveyed in opposite directions, because there is no load applied to the motor becomes extremely large, small motor reduction and reduction of power consumption can further be able to reduce dirt and paper feeding sounds due to rubbing of the document, stable document conveying state can be obtained. 特に2つ折り原稿の場合は、折り目に先端が引っ掛かりにくく、ジャムを抑える効果がある。 Especially for folded document, the tip is hardly caught by the fold, the effect of suppressing the jam.

【0009】 [0009]

【実施例】 【Example】

《複写機全体の構成及び動作》図1は複写機の全体構成を示し、全体を符号で示した複写機本体1の略中央部には、外周部に感光体層を有する感光体ドラム10が矢印a方向に一定の周速度vで回転駆動可能に設置されている。 "Construction and operation of the whole copying machine" Figure 1 shows the overall construction of a copying machine, a substantially central portion of the copying machine main body 1, indicated generally by reference numeral, the photosensitive drum 10 having a photosensitive layer on an outer peripheral portion and it can be rotationally driven installation at a constant peripheral velocity v in the direction of arrow a. 感光体ドラム10の周囲には、その回転方向に沿って、メインイレーサ11、帯電チャージャ12、サブイレーサ13、磁気ブラシ方式による現像器14、転写チャージャ15、用紙分離チャージャ16、ブレード方式のクリーナ17が配置されている。 Around the photosensitive drum 10, along the direction of rotation, the main eraser 11, a charger 12, sub-eraser 13, a developing unit 14 by a magnetic brush method, a transfer charger 15, a paper separating charger 16, a cleaner 17 of the blade type is It is located. また、感光体ドラム10の上方には光学系20が配置されている。 Further, the optical system 20 is disposed above the photosensitive drum 10.

【0010】感光体ドラム10は、矢印a方向への回転し、メインイレーサ11、帯電チャージャ12、サブイレーサ13によって、それぞれ除電、帯電、像間除電/ [0010] photosensitive drum 10 is rotated in the arrow a direction, the main eraser 11, the main charger 12, sub-eraser 13, respectively neutralization, charging, image between neutralization /
像端除電が行われ、原稿台ガラス29上にセットされた原稿の画像が光学系20によって露光される。 Image end neutralization is performed, an image of the document set on the platen glass 29 is exposed by the optical system 20. 露光によって感光体ドラム10上に形成された静電潜像は現像器14によってトナー像として可視像化される。 The electrostatic latent image formed on the photosensitive drum 10 by the exposure is visualized as a toner image by the developing device 14.

【0011】光学系20は、原稿台ガラス29の直下に配置されており、一端を露光基準すなわち基準位置SP [0011] The optical system 20 is disposed directly below the platen glass 29, exposing the end reference or reference position SP
に合わせてセットされた原稿の画像をスキャンしながら照明し、その反射光を感光体ドラム10上に露光する。 Illuminated while scanning the image of the document set, keeping in exposing the reflected light on the photosensitive drum 10.
この画像スキャン時、露光ランプ21と第1ミラー22 During the imaging scan, the exposure lamp 21 and first mirror 22
とが、感光体ドラム10の周速度v(等倍、変倍に拘らず一定)に対してv/m(m:コピー倍率)の速度で矢印b方向に移動する。 DOO is, the circumferential velocity v of the photosensitive drum 10 (magnification, constant regardless magnification) relative to v / m: moves in the arrow b direction at a speed of (m copy magnification). 同時に、第2ミラー23と第3ミラー24とがv/2mの速度で矢印b方向に移動する。 At the same time, a second mirror 23 and third mirror 24 is moved in the direction of arrow b at a velocity of v / 2m.
また、コピー倍率の変更に際しては、投影レンズ25が光軸上で移動すると共に、第4ミラー26が揺動又は回転し、光路長を補正する。 Further, when changing the copying magnification, the projection lens 25 while moving on the optical axis, a fourth mirror 26 swings or rotates and corrects the optical path length.

【0012】複写シートすなわち複写用紙は上段のエレベータ方式の給紙部31と下段のトレイ方式の給紙部3 [0012] paper feeding section 3 of the sheet feeding unit 31 and the lower tray system of the copying sheet or copy sheet upper elevator system
4に収容されており、オペレータの選択に基づいていずれか一方から1枚ずつ給紙される。 4 is housed in, and fed one by one from either one based on the selection of the operator. 各給紙部31,34 Each sheet feeding section 31, 34
には給紙ローラ32,35、正転ローラと逆転ローラとからなる捌きローラ33,36が設置されている。 Separating roller 33, 36 is provided consisting of sheet feeding rollers 32 and 35, the forward roller and the reverse roller to. 上段給紙部31から給紙された用紙は搬送ローラ37b,3 The paper fed from the upper sheet portion 31 transport rollers 37b, 3
7cを通じて画像転写部の直前に設置されたタイミングローラ38まで送り出される。 It is fed to the timing roller 38 disposed just before the image transfer unit through 7c. 下段給紙部34から給紙された用紙は搬送ローラ37a,37b,37cを通じてタイミングローラ38まで送り出される。 The sheet fed from the lower sheet 34 conveying rollers 37a, 37b, are sent to the timing roller 38 through 37c.

【0013】本複写機では手差し給紙が可能で、手差し給紙口40から挿入されるコピー用紙は給紙ローラ41 [0013] possible manual feed in the copying machine, the copying paper sheet to be inserted from the manual feed port 40 paper feed roller 41
からタイミングローラ38へ送り出される。 It is sent to the timing roller 38 from. タイミングローラ38まで送り出された用紙は、ここで一旦待機し、感光体ドラム10上に形成された画像と同期をとってタイミングローラ38がオンされることにより、転写部へ送り出される。 Sheet fed to the timing roller 38 is now temporarily wait, by the timing roller 38 is turned in synchronization with the image formed on the photosensitive drum 10, is fed to the transfer section. 用紙は転写部において感光体ドラム10に密着し、転写チャージャ15からのコロナ放電によってトナー画像が転写され、分離チャージャ16からの交流コロナ放電と用紙自身の腰の強さにより感光体ドラム10から分離される。 Sheet in close contact with the photosensitive drum 10 in the transfer portion, the toner image is transferred by corona discharge from the transfer charger 15, separated from the photosensitive drum 10 by the stiffness of the AC corona discharge and paper itself from the separation charger 16 It is. その後、用紙は搬送ベルト4 After that, the paper transport belt 4
2を通じて定着器43へ送り込まれ、トナーが定着され、搬送ローラ44、排出ローラ45を通じて排紙トレイ46上へ排出される。 Sent to a fixing device 43 through 2, the toner is fixed, the transport roller 44, and is discharged to the paper discharge tray 46 above through the discharge rollers 45. 一方、感光体ドラム10は転写後も矢印a方向に回転を続け、クリーナ17で残留トナーを除去され、メインイレーサ11で残留電荷を消去され、次のコピー処理に備える。 On the other hand, the photosensitive drum 10 is continued to rotate in the direction of arrow a after the transfer are removed residual toner by the cleaner 17, it is erased residual charge in the main eraser 11, ready for the next copying process.

【0014】複写機本体1内には、両面/合成コピーを処理するために再給紙ユニット50と通紙経路切換え爪47,48が設置されている。 [0014] The copying machine main body 1, re-feed unit 50 and the sheet passing path switching member 47, 48 to handle the double-sided / composite copy is installed. 切換え爪47は通常は実線位置にセットされ、用紙を排紙トレイ46へガイドする。 Switching claw 47 is normally set to the solid line position, to guide the sheet to the discharge tray 46. 両面コピー又は合成コピー時において、第1面(表面)に奇数枚目の原稿の画像を転写された用紙は、切換え爪47が反時計回り方向に若干回動した位置にセットされることにより、搬送ローラ51a,51b,51 In the duplex copy or composite copy paper having the transferred image of the odd-numbered document in the first surface (front surface), by diverter 47 is set in a position slightly rotated in the counterclockwise direction, conveying rollers 51a, 51b, 51
c,51dを通じて中間トレイ52へ排出され、画像面を上方に向けて収容される。 c, is discharged to the intermediate tray 52 through 51d, it is accommodated towards the image plane upwards. 所定枚数の用紙が中間トレイ52上に収容された後、再給紙信号が発生されると、 After a predetermined number of sheets of paper is accommodated in the intermediate tray 52, the sheet re-feeding signal is generated,
該用紙は再給紙ベルト53及び捌きローラ54の回転により最下層のものから1枚ずつ搬送ローラ37cへ給紙される。 The paper is fed to the conveying roller 37c one by one from that of the lowermost layer by the rotation of the re-feed belt 53 and the separating roller 54.

【0015】両面コピーモードにあっては、再給紙された用紙は、実線位置にセットされている切換え爪48によって上方にガイドされながらタイミングローラ38へと送り出され、第2面(裏面)に画像が転写、定着され、排紙トレイ46へ排出される。 [0015] In the duplex copy mode, the sheet that is fed again is by the switching claw 48 is set to the solid line position is fed to the timing roller 38 while being guided upward, the second surface (back surface) image transfer, is fixed, is discharged onto the discharge tray 46. 一方、合成コピーモードにあっては、再給紙された用紙は、切換え爪48が時計回り方向に若干回動した位置にセットされることにより、搬送ローラ37dによって矢印c方向に搬送される。 On the other hand, in the composite copy mode, sheets are fed again, the switching member 48 by being set in a position slightly rotated clockwise, it is conveyed in the arrow c direction by the transport rollers 37d. 用紙の後端が搬送ローラ37dのニップ部を抜ける直前に搬送ローラ37dが逆転に切り換えられ、これにて用紙は表裏及び前後を反転された状態でタイミングローラ38へと送り出される。 Rear end of the sheet is switched to the conveyance roller 37d is reversed immediately before exiting the nip of the conveying roller 37d, which at the sheet is fed to the timing roller 38 while being turned upside down and back and forth. その後、第1面(表面)に画像が重ねて転写、定着され、排紙トレイ46上へ排出される。 Then, transfer the image is overlapped on the first surface (surface), is fixed, it is discharged onto the discharge tray 46.

【0016】ところで、複写機本体1においては、コピー処理が開始され、1枚目の用紙がタイミングローラ3 By the way, in the copying machine main body 1, the copying process is started, first sheet timing roller 3
8の直前で待機しているとき、2枚目以降の用紙をも予め給紙通路へ給紙しておく先出し給紙処理を行う。 When waiting at 8 immediately before, it performs also the paper second and subsequent sheets by the sheet feeding to advance sheet feeding passage should first-out feeding process. 例えば、下段給紙部34からの給紙にあっては、1枚目の用紙に続いて2枚目の用紙が給紙通路へ給紙され、さらに3枚目の用紙も搬送ローラ37aの直前まで給紙される。 For example, in the paper feeding from the lower sheet 34, second sheet following the first sheet is fed to the feeding path, further immediately before the third sheet is also conveying rollers 37a until it is fed. このような先出し給紙処理はマルチコピーモードのみならず、ADF60を使用したシングルコピーモードにおいても行われ、コピースピードの向上を図っている。 Such first-out feeding process not multi-copy mode only, also performed in the single copy mode using the ADF 60, thereby improving the copying speed.

【0017】《ADFの構成と動作》ADF60の構成と動作について詳述する。 [0017] will be described in detail the structure and operation of the "ADF of the structure and operation" ADF60. まず、図2を参照してADF First, ADF with reference to FIG. 2
60の概略的な構成と動作を詳述する。 Schematic configuration of 60 and details the operation. ADF60は、 ADF60 is,
概略、原稿給紙部601、原稿搬送部602、及び原稿排出部603で構成されている。 Schematic, document feed unit 601, and a document conveying unit 602 and the document discharge section 603,. 原稿給紙部601は、 Document feed unit 601,
原稿トレイ61、先端規制板63、ピックアップローラ65、原稿押圧板70、捌きローラ75、捌きパッド8 Document tray 61, leading edge regulating plate 63, a pickup roller 65, the document pressing plate 70, separating roller 75, separation pad 8
0、及びレジストローラ90を備えており、原稿トレイ61を除いた部品は開閉自在なカバー604で覆われている。 0, and provided with a resist roller 90, parts excluding the document tray 61 is covered with an openable cover 604. 原稿搬送部602は、原稿給紙部601の近傍に配置された駆動ローラ96、原稿排出部603の近傍に配置された従動ローラ97、及び搬送ベルト95を備えており、これらは原稿トレイ61を構成しているカバー605で覆われている。 Document conveying unit 602, the driving roller 96 is arranged in the vicinity of the document feeding unit 601, a driven roller 97 disposed near the document discharge section 603, and includes a conveyor belt 95, document tray 61 It is covered with a cover 605 that make up. 原稿排出部603は、反転ローラ100、排出ローラ110、及び排紙トレイ115を備えており、排紙トレイ115を除いた部品は開閉自在なカバー606で覆われている。 Document discharge section 603, reversing roller 100, and a discharge roller 110 and the paper discharge tray 115, the parts excluding the discharge tray 115 is covered with an openable cover 606.

【0018】このADF60は搬送ベルト95が原稿台ガラス29上に位置するように複写機本体1の上面に設置され、奥側すなわち操作側と反対側に設けた図示しないヒンジ金具により原稿台ガラス29の上面に対してを開放可能としてある。 [0018] The ADF60 is placed on the upper surface of the main body of the copying machine 1 as the conveyor belt 95 is positioned on the platen glass 29, the document glass 29 by a hinge fitting (not shown) provided on the opposite side to the far side or operating side there the openable against the top surface.

【0019】オペレータが手動によって原稿を原稿台ガラス29上にセットする際は、ADF60を上方に持ち上げて原稿台ガラス29の上面を開放する。 [0019] When a document is placed on a document glass 29 operator manually opens the upper surface of the platen glass 29 to lift the ADF60 upward. ADF60 ADF60
の開閉は図1に示すマグネットセンサSE100で検出され、このセンサSE100によってADF60が正しく閉じられていることが検出されて始めてADF60の動作が可能となる。 Closing of is detected by the magnetic sensor SE100 shown in FIG. 1, that this sensor SE100 is ADF60 closed correctly is can operate ADF60 beginning to be detected.

【0020】給紙される原稿は1頁目を上方へ向けた状態で原稿トレイ61上に積載される。 The document to be fed is stacked on the original tray 61 in a state with its first page upward. このとき、原稿は側部規制板62によって幅方向に位置規制され、先端規制板63によって先端が位置規制される。 In this case, the document is regulated in position in the width direction by the side regulating plate 62, the tip is positioned regulated by the front-end restricting plate 63. 先端規制板6 Leading edge regulating plate 6
3及び押圧板70はそれぞれ支軸64,71を支点として回動可能とされている。 3 and the pressing plate 70 is rotatable support shaft 64,71 as a fulcrum, respectively. 先端規制板63は、給紙時において、1枚目の原稿給紙時から最終原稿の給紙が完了するまで下方に退避している。 End restricting plate 63, at the time of sheet feeding, it is retracted downwardly from the time the first document feeding until the sheet feeding of the last original is finished. 押圧板70は1枚目の原稿が給紙されるとき、図2に示す退避位置から下方に移動し、原稿の先端部をピックアップローラ65に押さえ付け、給紙圧を付与する。 When the pressing plate 70 first document is fed, to move downwardly from the retracted position shown in FIG. 2, pressed the tip end of the document to the pick-up roller 65, to impart sheet feeding pressure.

【0021】ピックアップローラ65,捌きローラ75 [0021] The pick-up roller 65, the separating roller 75
は給紙時にそれぞれ時計回り方向に回転駆動する。 It is driven to rotate in respectively clockwise direction during paper feeding. 原稿は最下層のものから1枚ずつ捌きローラ75と捌きパッド80との間をくぐり抜け、レジストローラ90へ送り出される。 Document went through between the pad 80 separating the separating roller 75 one by one from that of the lowermost layer is fed to a registration roller 90. レジストローラ90は給紙された原稿をそのニップ部で一旦待機させ、一定時間後回転駆動されることにより原稿を原稿台ガラス29の入口部まで搬送する。 Registration rollers 90 to the fed document once allowed to stand at the nip portion, conveys the document to the inlet portion of the platen glass 29 by being driven to rotate after a predetermined time.

【0022】搬送ベルト95は、原稿台ガラス29の全面を覆うように、駆動ローラ96と従動ローラ97との間に無端状に張り渡されている。 The conveyor belt 95 so as to cover the entire surface of the platen glass 29, and is stretched endlessly between a drive roller 96 and the driven roller 97. 搬送ベルト95の内側には、ベルト95を原稿台ガラス29に圧接させるため、多数のバックアップローラ98が回転自在に設置されている。 Inside the conveyor belt 95, for pressing the belt 95 on the platen glass 29, a number of the backup roller 98 is rotatably provided. 搬送ベルト95は矢印d方向に回転駆動され、原稿をスケール120と原稿台ガラス29との境目である露光を開始するための基準位置(露光基準)SP The conveyor belt 95 is rotated in the arrow d direction, the reference position (exposure standard) for starting exposure is boundary document the scale 120 and the platen glass 29 SP
に原稿の先端を合わせてセットする。 It is set to match the leading edge of the document to.

【0023】反転ローラ100の近傍には、ピンチローラ101,102と、両面原稿モード時に原稿を反転させるために通紙経路を切り換える目的で切換え爪103 The inversion in the vicinity of the roller 100, the pinch rollers 101, diverter 103 for the purpose of switching the sheet passing path for reversing the original duplex document mode
が設けてある。 It is provided. 通常、切換え爪103は実線位置にセットされ、露光終了後、原稿は搬送ベルト95の矢印d方向への回転及び反転ローラ100の時計回り方向の回転に基づいて原稿台ガラス29上から排出され、ガイド板104と切換え爪103とで上方にガイドされ、排出ローラ110により排紙トレイ115上へ排出される。 Usually, the switching claw 103 is set to the solid line position, after the exposure, the original is discharged from the top platen glass 29 based on clockwise rotation of the rotation and the reverse roller 100 in the arrow d direction of the conveyor belt 95, the guide plate 104 and the switching is guided upward by the pawl 103, is discharged to the paper discharge tray 115 above the discharge roller 110. 両面原稿にあっては、第2面(裏面)を先にコピー処理するため、両面原稿を原稿台ガラス29上に送り込む際、 In the two-sided document, for copying the second surface (the rear surface) above, when feeding the two-sided document on platen glass 29,
切換え爪103は図示する状態から所定角度時計回り方向に回転させておき、まず両面原稿を反転ローラ100 Diverter 103 is allowed to rotate from the state shown in prescribed angular clockwise direction, first inverts the two-sided document roller 100
の周囲で反転搬送し、第2面を下に向けて原稿台ガラス29上に戻す。 The reversed transporting around back onto the document glass 29 toward the second side below. このとき、搬送ベルト95は矢印dとは逆方向に回転駆動される。 At this time, the conveyor belt 95 is driven to rotate in the direction opposite to the arrow d. さらに、両面原稿は第2面の露光終了後、第1面(表面)のコピー処理のために再度反転ローラ100の周囲で反転搬送される。 Moreover, two-sided document is reversed conveyed again around the reversing roller 100 for the copy process after completion exposure of the second surface, the first surface (surface).

【0024】前記反転ローラ100及び排出ローラ11 [0024] The reversing roller 100 and the discharge roller 11
0は排出モータM4(図65参照)によって回転駆動される。 0 is rotated by a discharge motor M4 (see FIG. 65). ADF60には原稿を検出する各種センサSE Various sensors SE for detecting an original document is to ADF60
1,SE2,SE3,SE10が設けてある。 1, SE2, SE3, SE10 is provided. センサS Sensor S
E1はトレイ61上での原稿の有無を検出する。 E1 is to detect the presence or absence of a document on the tray 61. センサSE2はレジストローラ90の直前に設置され、原稿の到達、通過を検出すると共に、原稿がレジストローラ9 Sensor SE2 is placed immediately before the register roller 90, the arrival of the document, detects the passage, the document registration rollers 9
0から送り出されていくとき、タイマと共働して原稿の長さを検出する。 When going fed from 0, then the timer cooperates detecting the length of the document. センサSE10はセンサSE2と並べて設置され、原稿の幅方向のサイズを検出する。 Sensor SE10 is disposed side by side with the sensor SE2, to detect the width direction size of the document. センサSE2,SE10での原稿検出信号に基づいて、原稿のサイズが、縦送り(原稿の長辺が搬送方向と平行)か、 Based on the document detection signal of the sensor SE2, SE10, the size of the document, longitudinal feed (the original length parallel with the transport direction) or,
横送り(短辺が搬送方向と平行)かを含めて判断される。 Crossfeed (short side parallel to the conveying direction) is determined, including whether. また、センサSE3は反転ローラ100の入口部に設置され、ここを通過する原稿を検出する。 The sensor SE3 is disposed in the inlet portion of the reversing roller 100, detects a document passing therethrough.

【0025】《スケール120等の説明》スケール12 [0025] "Description of the scale 120, and the like" scale 12
0は、ADF60を持ち上げて原稿を原稿台ガラス29 0, the platen glass 29 a document to lift the ADF60
上に手置きする場合に、原稿の一端をそのサイズに合わせて載置するための目盛を付されたもので、マニュアルでの原稿交換時の原稿位置指示機能と共に、ADF60 When manually placed above those attached graduated for placing together one end of the document in its size, the document position instruction function when a document exchange in manual, ADF 60
の動作時に搬送ベルト95によって原稿台ガラス29上を搬送されてきた原稿を露光基準位置SPに強制的に停止させる機能を有している。 And a forcing function of stopping the document conveyed on the platen glass 29 to the exposure standard position SP by the conveyor belt 95 during the operation.

【0026】スケール120は、原稿台ガラス29の原稿搬送方向下流側端部に対向配置され、図3〜6に示すように、複写機本体1の上面フレーム2上の奥側と手前側に設けたホルダ121にピン122を支点として回動自在にかつバネ123で先端すなわち原稿台ガラス29 The scale 120 is disposed opposite to the original conveying direction downstream side end of the platen glass 29, as shown in FIGS. 3-6, provided on the back side and the front side of the upper surface frame 2 of the copying machine main body 1 tip That document glass 29 pins 122 to the holder 121 by rotatably and spring 123 as a fulcrum and
側が上方に付勢された状態で取り付けられている。 Side is attached with being biased upward.

【0027】このスケール120は、底部には、上面フレーム2に対向する突起120aと、原稿台ガラス29 [0027] The scale 120, the bottom portion, and a protrusion 120a which faces the upper surface frame 2, the glass platen 29
の下部空間に突出する突起120bを備えており、先端面120cの下部には原稿台ガラス29の端面に向けて突出するき込み防止部120f、奥側上部にはレバー当接部120d、さらに先端側上端角部には、所定長さの切欠部120eが複数設けてある。 Lower has a projection 120b which projects into the space, the distal end surface 120c of the write prevention portion Ki projecting toward the end face of the platen glass 29 at the bottom 120f, lever contact portion 120d in the back side top, still the tip of the on the side upper corner portion, notch 120e of a predetermined length are plurality.

【0028】これにより、図3に示すように、ADF6 [0028] Thus, as shown in FIG. 3, ADF 6
0を複写機本体1に対して開いた状態では、スケール1 In an open state 0 the copying machine main body 1, the scale 1
20はスプリング123の付勢力に基づいて、突起12 20 based on the urging force of the spring 123, the protrusion 12
0bが原稿台ガラス29の下面と係合し、先端が原稿台ガラス29から所定高さ突出した状態で位置規制される。 0b engage the lower surface of the platen glass 29, the tip is positioned regulated so as to protrude a predetermined height from the platen glass 29. この状態で、スケール先端の巻き込み防止部120 In this state, preventing section 120 winding the scale tip
fは原稿台ガラス29の上面よりも下に保持されている。 f is held below the upper surface of the platen glass 29. したがって、原稿台ガラス29上に原稿を載置した原稿は、その一端部をスケール先端面120cに当てて正確に位置決めされる。 Thus, the document placing the document on the platen glass 29 is accurately positioned against the one end the scale tip surface 120c.

【0029】ADF60を複写機本体1に対して閉じた状態では、ローラ96,97と搬送ベルト95を支持するフレーム99の突起部99aがスケール120に当接しており、スケール120はその先端部が搬送ベルト9 [0029] In the closed state the ADF60 the copying machine main body 1, the protruding portion 99a of the frame 99 for supporting the conveyor belt 95 and rollers 96, 97 is in contact with the scale 120, the scale 120 has its distal end the conveyor belt 9
5と接触し、かつ原稿台ガラス29の上面から所定高さ突出した状態に保たれる。 5 and in contact, and is kept in a state of protruding a predetermined height from the upper surface of the platen glass 29. この時スケール120は図3 This time scale 120 Figure 3
の状態より若干降下するように設定されている。 It is set so as to slightly drops from the state. このフレーム99は、図示しない位置決め部材により原稿台ガラス29と平行に保たれる。 The frame 99 is kept parallel to the platen glass 29 by a positioning member (not shown). したがって、複写機本体1 Thus, the copying machine main body 1
にADF60を取り付けたときに、スケール120の先端と、フレーム99に支持された搬送ベルト95の位置関係、及び両者の接触状態を容易に、かつ確実に適正状態に保つことができる。 To when fitted with ADF 60, and the distal end of the scale 120, it is possible to maintain the positional relationship between the conveyor belt 95 which is supported on the frame 99, and easily both contact and to ensure a proper state. その結果、スケール120の回動調整が不要になるとともに、圧接力や圧接量の不足に基づいて原稿がスケール120に規制されずに通過することがなく、確実にスケール120で原稿を規制できる。 As a result, the rotation adjustment of the scale 120 is not required, original based on the lack of contact pressure and pressing weight without having to pass through without being restricted to the scale 120 can be reliably restricted the original scale 120. さらに、原稿先端をスケール120に突き当てたときの原稿停止精度もよくなり、スキュー(斜め送り)が確実に補正できる。 Furthermore, the document stopping accuracy when abutted against the leading edge of the original to the scale 120 is also better, skew (oblique feeding) it can be reliably corrected.

【0030】スケール120を回動させるレバー124 The lever causes the scale 120 is rotated 124
は、ADF60の内部フレーム(図示せず)に設けた支軸125を介して回動自在に支持されており、一端部がソレノイドSL1のプランジャSL1aに回動自在に連結されている。 Is rotatably supported via a support shaft 125 provided on the inner frame of the ADF 60 (not shown), one end portion is rotatably connected to the plunger SL1a of the solenoid SL1. そして、ソレノイドSL1をオフ状態からオン状態に切り替えると、図5,6に示すように、レバー124がレバー当接部120dに当接し、スケール120が時計回り方向に回転してその先端が原稿台ガラス29の下に押し下げられる。 When switching the solenoid SL1 from the OFF state to the ON state, as shown in FIGS. 5 and 6, the lever 124 abuts on the lever contact portion 120d, the tip of the document glass scale 120 is rotated in the clockwise direction It is pushed down to the bottom of the glass 29.

【0031】以上の構成を採用したことにより、搬送ベルト95の矢印d方向の移動に基づいて、原稿台ガラス29上を図面上右側から左側に搬送されてきた原稿は、 [0031] By adopting the above configuration, based on the movement of the arrow d direction of the conveyor belt 95, the document which has been conveyed on the platen glass 29 from the drawing on the right side to the left side,
その移動方向下流側の端部がスケール120の先端面1 The distal end surface 1 of the end portion of the downstream side in the movement direction is the scale 120
20cに突き当てられて停止する。 It abutted to 20c to stop. その後、複写機本体1では、露光動作を開始する。 Thereafter, the copying machine main body 1 starts an exposure operation. 露光動作が終了すると、 When the exposure operation is completed,
ソレノイドSL1がオフ状態からオン状態に切り替えられ、レバー124が支軸125を支点として図中時計回り方向に回動し、レバー当接部120dを押圧する。 Solenoid SL1 is switched from the OFF state to the ON state, the lever 124 is rotated in the clockwise direction the supporting shaft 125 as a fulcrum, it presses the lever contact portion 120d. これにより、スケール120は支軸122を中心に図中時計回り方向に回動してスケール先端部が原稿台ガラス2 Thus, the scale 120 is scaled tip platen glass 2 rotates in the clockwise direction in the figure about the support shaft 122
9の上面より下に下がり、原稿は搬送ベルト95の移動とともに排紙側(左側)に搬送される。 Falls below the upper surface 9, the document is conveyed to the paper discharge side (left side) with the movement of the conveyor belt 95.

【0032】なお、スケール120の回動支軸122を原稿台ガラス29の上面よりも下に配置すると、スケール先端面120cと原稿台ガラス29の隙間m(図6参照)は、スケール120の下降にしたがって小さくなる。 [0032] Incidentally, when placed under the pivoting axles 122 of the scale 120 than the upper surface of the platen glass 29, a gap m scale front end surface 120c and the platen glass 29 (see FIG. 6) of the scale 120 downward It decreases with. また、スケール先端面120cと原稿台ガラス29 In addition, the scale tip surface 120c and the platen glass 29
上面との為す角θ(図5参照)は、スケール120が原稿台ガラスの上面より突出している場合でも降下している場合でも、原稿の通紙方向に関して直角以上に設定されている。 Angle formed for the upper surface theta (see FIG. 5), even if the scale 120 is lowered even when projecting from the upper surface of the platen glass, is set to more than a right angle with respect to the feed direction of the document. その結果、スケール120が原稿台ガラス2 As a result, the scale 120 is the platen glass 2
9の下に位置しているとき、原稿の先端がスケール先端面120cに引っ掛かっても、原稿はそれ自身の腰の強さと角θのガイド機能によりその先端を上昇させ、スケール先端部を容易に通過する。 When located under the 9, also the front end of the document is caught by the scale tip surface 120c, the document raises the tip thereby the strength of its waist and angle θ of the guide function, the scale tip easily pass. そのため、スケール12 Therefore, the scale 12
0と原稿台ガラス29との隙間に原稿が巻き込まれることがなく、また、ジャムや原稿先端の損傷も無い。 0 without a gap that document is involved in the platen glass 29, and there is no damage to the jam or document tip.

【0033】《スケール押圧機構の第2実施例》図7から図12はスケール120を押圧する機構の他の実施例を示し、この押圧機構では、レバー124は2つのレバー部材124a,124bで構成されており、これらレバー部材124a,124bの連結部がADF60の内部フレーム2aに固定したピン125に回動自在に支持されている。 [0033] FIGS. 7 to 12 "second embodiment of the scale pressing mechanism" shows another embodiment of a mechanism for pressing the scale 120, in this pressing mechanism, the lever 124 is comprised of two lever members 124a, 124b are, these lever members 124a, connecting portions of 124b are rotatably supported by a pin 125 fixed to the inner frame 2a of the ADF 60. レバー部材124a,124bのピン連結部には、図9,10に示すように、固定ピン125を中心とする断面扇状部124a',124b'が形成され、これらを固定ピン125を挟んで対向させ、固定ピン125を中心として、一方のレバー部材124a(1 Lever member 124a, the pin connection portion of the 124b, as shown in FIGS. 9 and 10, sectional fan-shaped portion 124a around fixing pin 125 ', 124b' are formed, so these are opposite sides of the fixing pin 125 , about a fixed pin 125, one lever member 124a (1
24b)が他方のレバー部材124b(124a)に対して相対的に所定角度(β)回転できるようにしてある。 24b) is are also available relatively predetermined angle (beta) rotates relative to the other of the lever member 124b (124a). 断面扇状部124a',124b'の周囲にはストローク吸収スプリング127が巻回され、その両端部がそれぞれレバー部材124a,124bに係合しており、一方のレバー部材124aが他方のレバー部材12 Sectional fan-shaped portion 124a ', 124b' around the wound stroke absorbing spring 127 is wound, both ends thereof respectively the lever member 124a, it is engaged with the 124b, one lever member 124a and the other lever member 12
4bに対して相対的に時計回り方向に付勢され、図9の状態に規制され、通常の状態では、レバー部材124 Is biased relatively clockwise direction relative 4b, is regulated in the state of FIG. 9, in the normal state, the lever member 124
a,124bはそれらの上面交角が角度φ(図6参照) a, 124b and their upper surface intersecting angle is the angle phi (see FIG. 6)
を為すようにしてある。 It is to form an. また、レバー部材124bに設けた長孔124cがピンSL1bを介して、上方に設けたソレノイドSL1のプランジャSL1aに連結されている。 Also, the long hole 124c formed in the lever member 124b via the pins SL1b, is coupled to a plunger SL1a the solenoid SL1 provided above. プランジャSL1aは、ADF60の内部フレーム2aに設けたスプリング126により上方に付勢されている。 Plunger SL1a is biased upwardly by a spring 126 provided inside the frame 2a of the ADF 60. このスプリング126の付勢力は、ソレノイドSL1がオフ状態のとき、レバー部材124aをスケール120に当接するが、このスケール120を押し下げないように調節されている。 Biasing force of the spring 126, the solenoid SL1 is off state, the contact lever member 124a to the scale 120, is adjusted so as not to press down the scale 120. すなわち、スプリング12 In other words, spring 12
6,123,127の付勢力をそれぞれN1,N2,N N1 a biasing force of 6,123,127, respectively, N2, N
3とすると、N3>N2>N1の関係を満足するようにそれぞれの付勢力が調節されている。 3 If, N3> N2> Each biasing force so as to satisfy the relationship of N1 is adjusted. そのため、複写機本体1に対するADF60の取付誤差があっても、レバー124を確実にスケール120に当接することができるため、ソレノイドSL1をオン状態に切り替え、レバー124でスケール120を押し下げる場合でも、レバー124とスケール120の衝突音はなく、またソレノイドSL1をオフ状態に切換え、スケール120が上昇規制部材(ベルト95や突起部99a)に衝突する音も吸収できる。 Therefore, even if an installation error of ADF60 against copying machine body 1, it is possible to contact the lever 124 to ensure that the scale 120, switches the solenoid SL1 to the ON state, even when pushing down the scale 120 in the lever 124, the lever no 124 and collision noise of the scale 120, also switching the solenoid SL1 off state, the sound scale 120 collides with the elevation regulating member (belt 95 and the protrusion 99a) may be absorbed.

【0034】上記構成を有するスケール押圧機構では、 [0034] In scale pressing mechanism having the above structure,
ソレノイドSL1がオン状態に切り替えられると、レバー124は時計回り方向に回転し、図11に示すように、レバー部材124aの先端がスケール120を押圧する。 When the solenoid SL1 is switched on, the lever 124 is rotated in the clockwise direction, as shown in FIG. 11, the distal end of the lever member 124a presses the scale 120. スケール120は支軸122を支点として回動し、スケール下降位置決め用突起120aが複写機本体上面フレーム2に当接し、スケール120の先端部は原稿ガラス29から僅かに下がった位置で停止する。 Scale 120 rotates the shaft 122 as a fulcrum, the scale down positioning projection 120a comes into contact with the copying machine body upper surface frame 2, the distal end portion of the scale 120 is stopped at a position lowered slightly from the original glass 29. この時、ソレノイドSL1の駆動ストロークは余っている− At this time, the drive stroke of the solenoid SL1 is left over -
すなわちプランジャSL1aが完全に吸収されていない。 That plunger SL1a has not been completely absorbed. このストローク余り量δは、複写機本体1とADF The stroke remainder amount δ a copying machine main body 1 and the ADF
60との組み合わせ精度等を考慮して決定され、必ずゼロよりも大きくする。 60 is determined in consideration of the combination accuracy of the, always greater than zero. また、この時点まではスプリング123の付勢力N2よりスプリング127の付勢力が大きいためレバー124aと124bの上面交角はφを維持したままである。 Also, up to this point the upper surface intersecting angle of the lever 124a and 124b is large biasing force of the spring 127 than the biasing force N2 of the spring 123 remains maintaining phi.

【0035】この状態からプランジャSL1aがさらに吸引されると、ソレノイドSL1のこの時点の吸引力N [0035] When the plunger SL1a is further sucked from this state, the suction force at this point of the solenoid SL1 N
4がスプリング127の付勢力より大きいため、図12 4 is large than the biasing force of the spring 127, FIG. 12
に示すように、スケール120に当接して位置規制されたレバー部材124aに対して他方のレバー部材124 As shown in, the other lever member 124 relative to the position regulated lever member 124a in contact with the scale 120
bが時計回り方向に回転し、プランジャSL1aのストローク余り量δを吸収し、プランジャSL1aの最終吸引状態でレバー部材124aと124bとの上面交角はφ−α(α<β)、レバー124aとレバー124bの相対角度は図10の状態となる。 b rotates clockwise, to absorb the stroke remainder amount δ of the plunger SL1a, the upper surface angle of intersection between the lever member 124a and 124b at the final suction state of the plunger SL1a is φ-α (α <β), the lever 124a and the lever relative angle 124b is in the state of FIG. 10. したがって、プランジャSL1aはオン状態で完全に吸引され−すなわち、プランジャSL1aが不完全吸引状態で保持されることがないので、オン状態での負荷が低く、消費電流が最小限に抑えられる。 Thus, the plunger SL1a is completely sucked in on state - that is, since no plunger SL1a is held incomplete attraction state, low load in the on-state, the current consumption is minimized.

【0036】《スケール押圧機構の第3実施例》図13 The "third embodiment of the scale pressing mechanism" 13
はスケール120を押圧する機構の別の実施例を示し、 Shows an alternative embodiment of a mechanism for pressing the scale 120,
この実施例では、スケール120は、スプリング123 In this embodiment, the scale 120, the spring 123
で上方に付勢され、ベルト95に当接し、先端面が原稿台ガラス29の上面から突出した状態で位置規制されている。 In is biased upward, it abuts the belt 95, the distal end surface is restricted in position so as to protrude from the upper surface of the platen glass 29. レバー124はADF60の内部に配置され、支軸125を支点として回動自在に保持され、略中央部がストローク吸収用スプリング127を介してソレノイドSL1のプランジャSL1aに連結されている。 Lever 124 is disposed within the ADF 60, it is rotatably holds the shaft 125 as a fulcrum, and is connected to the plunger SL1a the solenoid SL1 substantially central portion through the stroke absorbing spring 127. ソレノイドSL1のオフ状態で、レバー124とプランジャS In the off state of the solenoid SL1, the lever 124 and the plunger S
L1aの自重によるモーメントにより、レバー124の先端がスケール120に当接するが、スケール120を押し下げないように調節されている。 The moment due to the own weight of L1a, but the tip of the lever 124 is brought into contact with the scale 120, it is adjusted so as not to press down the scale 120. この機構では、ソレノイドSL1がオン状態に切り替えられると、プランジャSL1aが下降してレバー124が支軸125を中心に時計回り方向に回転し、スケール下降位置決め突起120aが上面フレーム2に当接し、スケール先端部が原稿台ガラス29よりも僅かに下がったとことで位置決めされる。 In this mechanism, when the solenoid SL1 is switched on, the lever 124 plunger SL1a is lowered to rotate in the clockwise direction about the support shaft 125, the scale down positioning projection 120a abuts on the upper surface frame 2, scale tip is positioned by a dropped to slightly above the glass platen 29. この時点でプランジャSL1aは完全に吸引されていない。 Plunger SL1a is not completely sucked at this time. しかし、その後のプランジャSL1aの移動量はストローク吸収用スプリング127の伸長・変形に吸収される。 However, the amount of movement of the subsequent plunger SL1a is absorbed in the expansion-deformation of the stroke absorbing spring 127.

【0037】《スケール押圧機構の第4実施例》図14 The "fourth embodiment of the scale pressing mechanism" 14
はスケール押圧機構のその他の実施例を示し、この実施例では、スケール120は、スプリング123で上方に付勢され、ベルト95に当接し、先端面が原稿台ガラス29の上面から突出した状態で位置規制されている。 Shows the other embodiment of the scale pressing mechanism, in this embodiment, the scale 120 is urged upward by the spring 123, abuts the belt 95, in a state where the top surface is projected from the upper surface of the platen glass 29 It is located regulations. レバー124は一端部に支軸125を備えており、これがADF60の内部フレーム610に固定したリブ611 Lever 124 has a pivot 125 at one end, the rib 611 which is fixed to the inner frame 610 of ADF60
の上下に伸びる長孔612に係合してある。 It is engaged with the long hole 612 extending in the up and down. また、レバー124は、内部フレーム610に一端を固定したスプリング127に連結されて上方に付勢されている。 Further, the lever 124 is urged upward is connected to a spring 127 fixed at one end to the inner frame 610. レバー124の略中央部はソレノイドSL1のプランジャS Substantially central portion of the lever 124 plunger S of the solenoid SL1
L1aが連結され、ソレノイドSL1のオフ状態で、レバー124の自由端部がスケール120に当接するが、 L1a is connected, in the off state of the solenoid SL1, but the free end of the lever 124 is brought into contact with the scale 120,
このスケール120を押し下げないようにしてある。 Are so as not to push down the scale 120. この機構では、ソレノイドSL1をオン状態に切り替えると、プランジャSL1aの下降にしたがってレバー12 In this mechanism, when switching the solenoid SL1 to the ON state, the lever 12 according to downward movement of the plunger SL1a
4が時計回り方向に回動してスケール120を押し下げる。 4 pushes down the scale 120 rotates in the clockwise direction. スケール120は、スケール下降位置決め突起12 Scale 120 is scaled down positioning projections 12
0aが上面フレーム2に当接した状態で停止する。 0a is stopped in a state of contact with the upper surface frame 2. この時点では、ソレノイドSL1のストロークは余っており、その後のプランジャSL1aの動きはスプリング1 At this point, the stroke of the solenoid SL1 is surplus, the movement of the subsequent plunger SL1a Spring 1
27の伸びと支軸125の長孔612の下方移動に吸収される。 27 elongation and the support shaft 125 is absorbed by the downward movement of the slot 612. また、以上に述べた実施例に拘わらず駆動源はロータリーソレノイドやモータとしてもよく、駆動力伝達手段はそれ自身が屈曲性を持った材料、形状で構成したり、摩擦力や磁力を使ったトルクリミッタ式の吸収機構としてもよい。 The driving source regardless of the embodiment described above may be a rotary solenoid or a motor, driving force transmitting means using material itself having flexibility, or configured in the shape, the frictional force and magnetic force it may be absorbing mechanism of the torque limiter type.

【0038】スケール120の先端部に設けた切欠部1 The scale 120 notch 1 provided at the tip portion of the
20eの作用について説明する。 The operation of the 20e will be explained. ADF60では、上述のように、ピックアップローラ65の給紙作用に基づいて捌きローラ75と捌きパッド80との間に搬送された複数枚の原稿は、これら捌きローラ75と捌きパッド8 In ADF 60, as described above, a plurality of the document conveyed between the pads 80 separating the separating roller 75 based on the paper feed action of the pick-up roller 65, the pad 8 separating these separating rollers 75
0の捌き作用により一枚づつ捌かれる。 It is judged one by one by the separating action of 0. このとき、捌かれて原稿台ガラス29に向けて搬送される原稿と捌きパッド80との間にスリップが生じ、しかも捌きパッド8 At this time, slip occurs between the document and the separating pad 80 is conveyed toward the platen glass 29 is loosened, moreover separation pad 8
0は比較的摩擦係数の高い材料で形成されているので、 Since 0 is formed of a relatively high coefficient of friction material,
捌きパッド80と接触する原稿部分に紙粉や原稿画像(特に複写原稿や鉛筆書きの原稿のように、印字又は画像の定着性が悪い画像)の削れ粉が発生し、これが原稿に付着したり、又は一旦捌きパッド80に付着した後、 (As in the particular original document and pencil document, fixing is poor image of the print or image) paper dust and the document image on a document portion in contact with the separating pad 80 shavings of occurs, which may adhere to the document or once adhered to separating pad 80,
後続の原稿に付着する。 Adhere to the subsequent manuscript. 同様に、レジストローラ90の駆動に基づいて、捌かれた原稿が捌きパッド80を通過するときにも紙粉が付着する。 Similarly, based on the driving of the registration rollers 90, paper dust adheres as it passes through the pad 80 separating originals loosened is. 原稿に付着した紙粉等は、原稿が樹脂フィルム133(図2参照)やスケール120の先端部のように原稿に対する接触圧が高い部分や接触角の大きい部分に接触すると、原稿上に付着した紙粉が掻き落とされ、原稿台ガラス29を汚したり、原稿台ガラス29と本体上面フレーム2との隙間から複写機本体1の内部に落下して光学系やチャージャ類を汚して画質の劣化を招来する。 Paper dust adhering to the original, the original is in contact with a large portion of the resin film 133 (see FIG. 2) and the scale 120 the contact pressure for the original high part and the contact angle as the tip of was deposited on the original paper dust scraped off, or soil the platen glass 29, a fall in the interior of the copying machine main body 1 through a gap deterioration of image quality soil the optical system and the charger such in the platen glass 29 and the top surface of the main body frame 2 to Shorai. そこで、本実施例の複写機では、図15に示すように、スケール120と樹脂フィルム133の先端部には、原稿搬送方向に関して、捌きローラ75の延長上に位置する部分に、それぞれ切欠部1 Therefore, in the copying machine of the present embodiment, as shown in FIG. 15, the scale 120 and the distal end portion of the resin film 133, with respect to the document conveying direction, the portion located on the extension of the separating roller 75, respectively notch 1
20e,133aを形成している。 20e, to form a 133a. したがって、捌きパッド80との接触部に付着している原稿上の紙粉が樹脂フィルム133やスケール120で掻き取られることがなく、上述の問題が解消される。 Therefore, there is no paper dust on the document attached to the contact portion between the separating pad 80 is scraped off by the resin film 133 and the scale 120, the above-mentioned problems are eliminated. なお、本実施例のAD Incidentally, AD of this example
Fでは可動式のスケールとしたが固定式のスケールとしても同様である。 And the scale of F in movable but is the same as the scale of the fixed type. また、捌き方式は捌きパッドを用いたものとしたが逆転ローラ式等種々のものでも同様である。 Moreover, separation scheme has been assumed that using the separating pad The same ones such various reverse roller. 更にレジストローラや反転ローラ部で紙粉等が発生するようであればその位置に対応した部分に切欠きを設けてもよい。 A resist roller or by reverse roller portion may be provided a notch in it a portion corresponding to the position far as paper dust is generated. 一方、ADFの構成は原稿台ガラスの搬送部がベルト以外、例えばローラ等によるものでもよく、 On the other hand, except for the transport unit is belt configuration platen glass ADF, may be by for example roller or the like,
また固定の画像読取部上を一定速度で通過させながら複写する構成においても同様の効果が得られる。 The same effect can be obtained even in the structure of copying while passing the fixed image reading portion above at a constant speed.

【0039】《原稿給紙部》原稿給紙部601について説明する。 The "document feeding unit" for document feed unit 601 will be described. 図16において、原稿ガイド板131はトレイ61の先端からピックアップローラ65、捌きローラ75の上部より若干低い位置に設置され、その先端はレジストローラ90まで延長されている。 16, a document guide plate 131 is a pickup roller 65 from the front end of the tray 61 is installed in the position slightly lower than the top of the separating roller 75, the tip thereof is extended to the registration roller 90. また、いまひとつの原稿ガイド板132は捌きローラ75の上方からレジストローラ90の下流側まで設置されている。 Also, good enough document guide plate 132 is installed from the upper side of the separating roller 75 to the downstream side of the registration rollers 90. 先端規制板63は、支軸64に固定された状態でガイド板13 End restricting plate 63, the guide plate 13 while being fixed to the support shaft 64
1の下側に設置され、先端がガイド板131から突出した規制位置(図示する位置)と、ガイド板131の下方に退避した退避位置との間で移動可能である。 Disposed on the lower side of the 1, tip restricting position projecting from the guide plate 131 (the illustrated position), it is movable between a retracted position retracted below the guide plate 131. 通常、先端規制板63は規制位置にセットされ、トレイ61にセットされる原稿の先端を受け止めてオペレータにセット感覚を与えると共に原稿の先端を揃える機能を有する。 Normally, the front-end restricting plate 63 is set in the restricting position, and has a function to align the leading edge of the document along with providing a set sensation to the operator receiving the leading edge of the original to be set on a tray 61.
この先端規制板63は原稿給紙開始信号が発せられると、ガイド板131の下方に退避し、最終原稿が給紙されるまで、この退避位置に保持される。 When the leading end regulating plate 63 is emitted a document feeding start signal, retracted below the guide plates 131, until the last original is fed and held in the retracted position.

【0040】原稿押圧板70はピックアップローラ65 The document pressing plate 70 is the pick-up roller 65
の上方に配置されており、図17に示すように、この原稿押圧板70に設けた複数のガイドスリーブ70bに、 Of being disposed above, as shown in FIG. 17, a plurality of guide sleeves 70b provided in the document pressing plate 70,
ガイド板134に固定されたガイドピン74に挿入して上下動可能にかつピックアップローラ65に接離可能としてあり、原稿押圧板70はその両端部に一端を連結した引張コイルスプリング73の他端をそれぞれガイド板134に連結して上方に常時付勢されている。 Insert the guide plate 134 to the guide pins 74 fixed there as separably in a vertically movable manner and the pickup roller 65, the document pressing plate 70 and the other end of the tension coil spring 73 coupled at one end to the opposite end portions It is always biased upward each connected to the guide plate 134. レバー7 Lever 7
2は、図18に示すように、支軸71に固定されており、この支軸71を支点として回動可能としてある。 2, as shown in FIG. 18, is fixed to the support shaft 71, there is a pivotable support shaft 71 as a fulcrum. 支軸71は図18に示す回転駆動手段により往復回動可能になっており、常時は実線位置にレバー72を位置ずけているが、給紙動作時には反時計回り方向に回動付勢され、原稿押圧板70をピックアップローラ65に向けて付勢し、給紙される原稿を所定の圧力でピックアップローラ65に押圧する。 Shaft 71 is turned reciprocally rotated by a rotation driving means shown in FIG. 18, normally although located tame the lever 72 to the solid line position, is rotationally biased in the counterclockwise direction during the feeding operation the document pressing plate 70 urges the pickup roller 65 is pressed against the pickup roller 65 a document to be fed at a predetermined pressure. 原稿押圧板70は、原稿の枚数、 Document pressing plate 70, the number of documents,
厚さに拘わらず前捌き板85および捌きローラ75に対する原稿突入角度を一定にして確実な捌き作用を達成するために、ピックアップローラ65と平行にかつこれに対して垂直に移動させている。 For separation plate 85 and separating roller 75 before irrespective of the thickness in order to achieve reliable separation effect to the original rush angle constant, it is moved vertically parallel to and contrast with the pick-up roller 65. また、原稿押圧板70 In addition, the document pressing plate 70
は、図17に示すように、ガイドスリーブ70bとガイドピン74が隙間をもって嵌合されていることと、レバー72の押圧面72aが球面で構成され、この球面が原稿押圧板70の裏面に接触していることにより、2つの給紙ローラ65に対して平行に接触し、かつ均等に圧力を加えることができ、これにより原稿のスキューが防止される。 As shown in FIG. 17, and the guide sleeve 70b and the guide pin 74 is fitted with a gap, the pressing surface 72a of the lever 72 is composed of spherical, contacts the spherical surface on the back surface of the document pressing plate 70 by being, parallel to contact with two paper feed roller 65, and equally can apply pressure, thereby skew of the document is prevented.

【0041】ところで、捌きローラ75と原稿との摩擦力μ1、捌きパッド80と原稿との摩擦力μ2、原稿相互の摩擦力μ3とは、μ1>μ2>μ3となるように設定されている。 By the way, the separating roller 75 and the frictional force .mu.1 of the document, the frictional force .mu.2 the separating pad 80 and the document, and the document mutual friction .mu.3, are set so that μ1> μ2> μ3. これにて、ピックアップローラ65にて“つれ送り”された2,3枚の原稿のうち、最下層の1 At this, among the two or three of the document "brought feeding" by the pickup roller 65, the bottom layer 1
枚が捌きローラ75と捌きパッド80との間を通り抜けていくようにしてある。 Sheets are so going through between the separating roller 75 and separating pad 80.

【0042】さらに、捌き性能向上のため、図16に示すように、捌きパッド80の直前に、前捌き板85とそれに貼り付けられた弾性シート86とが設置されている。 [0042] Further, since the separating performance improvement, as shown in FIG. 16, immediately before the separating pad 80, a pre-separating plate 85 and the elastic sheet 86 stuck thereto is disposed. 前捌き板85は先端規制板63の上方から給紙方向に下り勾配に設けられ、下端は捌きパッド80の直前で捌きローラ75の表面に僅かな隙間を有して近接している。 Pre-separating plate 85 is provided on the downward slope in the sheet feeding direction from above the leading edge regulating plate 63, the lower end is adjacent a slight gap to the surface of the separating roller 75 just before the separating pad 80. 弾性シート86の下端は捌きローラ75の表面に更に僅かな隙間を有して近接している。 The lower end of the elastic sheet 86 is adjacent a further slight clearance to the surface of the separating roller 75. ピックアップローラ65によってつれ送りされた複数枚の原稿は、先端が前捌き板85に当接し、ここで下層の原稿ほど先行し、 Plurality of documents brought feeding by the pickup roller 65, the tip comes into contact with the pre-separating plate 85, preceded here as the lower layer of the document,
1枚ないし2枚の原稿のみが前捌き板85の下端を通過していく。 Only one or two documents goes through the lower end of the pre-separating plate 85. 弾性シート86は前捌き板85の前捌き作用を補助する。 Elastic sheet 86 assists pre-separating effect of the pre-separating plate 85. なお、図16において、132aは、ガイド板131,132の間を搬送される原稿をセンサSE Incidentally, in FIG. 16, 132a is a document that is conveyed between the guide plates 131 and 132 sensors SE
2,SE10で検出するための検出孔である。 2, a detection hole for detecting at SE10.

【0043】《先端規制板63と押圧板70の駆動機構》先端規制板63と押圧板70の駆動機構について説明する。 The driving mechanism of the "leading edge regulating plate 63 and the drive mechanism of the pressing plate 70" end restricting plate 63 and the pressing plate 70 will be described. 図18において先端規制板63が固着されている支軸64は、端部にレバー140が一体的に固定され、トーションばね141によって常時反時計回り方向に付勢されている。 Shaft 64 the tip restricting plate 63 is fixed in 18, the lever 140 is integrally fixed to an end, and is always urged in the counterclockwise direction by a torsion spring 141. この付勢力によって先端規制板63 The front-end restricting plate 63 by the biasing force
はガイド板131から突出した規制位置にセットされる。 It is set to the regulating position protruding from the guide plate 131. 押圧板70のホルダ72が固着されている支軸71 Shaft holder 72 of the pressing plate 70 is fixed 71
は、端部にレバー142が一体的に固定され、トーションばね143によって常時反時計回り方向に付勢されている。 , The lever 142 is fixed integrally to the end, and is always urged in the counterclockwise direction by a torsion spring 143. この付勢力によって押圧板70はピックアップローラ65上に原稿を弾性的に押圧する。 The pressing plate 70 by the urging force presses the document elastically on the pickup roller 65.

【0044】レバー140,142の間には扇形状のカム板145,146が設置され、このカム板145,1 [0044] Between the levers 140, 142 is installed fan-shaped cam plate 145, the cam plate 145,1
46の支軸147は正逆回転可能なピックアップモータM1に連結されている。 Support shaft 147 of 46 is connected to the forward and reverse rotatable pick-up motor M1. レバー140はカム板145の外周面に対向し、レバー142はカム板146の外周面に対向している。 Lever 140 is opposed to the outer peripheral surface of the cam plate 145, the lever 142 is opposed to the outer peripheral surface of the cam plate 146. カム板145,146の正転/逆転に基づいてレバー140,142が回動し、先端規制板6 Lever 140 is rotated on the basis of the forward / reverse rotation of the cam plate 145, 146, leading edge regulating plate 6
3及び押圧板70の位置が設定される。 Position of the 3 and the pressing plate 70 is set. カム軸147には円板148,149が固定され、これらの円板14 Disc 148 and 149 is fixed to the cam shaft 147, these disc 14
8,149の切欠きのエッジ148a,148b,14 8,149 of notches edges 148a, 148b, 14
9a,149bが透過型のフォトセンサSE11,SE 9a, 149 b is transmissive photosensor SE11, SE
12(発光素子x、受光素子y)の光軸を通過する。 12 (the light emitting element x, the light receiving element y) passes through the optical axis of the. これによるフォトセンサSE11,SE12のオン、オフ動作によりカム板145,146の回転が制御される。 This by the photo sensor SE11, SE12 on, rotation of the cam plate 145, 146 is controlled by the OFF operation.

【0045】詳しくは、ADF60が待機状態において、レバー140,142、カム板145,146は図19に示す位置(ホームポジション)にあり、先端規制板63は規制位置にセットされ、押圧板70は退避位置にセットされている。 [0045] Specifically, in ADF60 standby state, the lever 140, the cam plate 145, 146 is in the position (home position) shown in FIG. 19, the leading end regulating plate 63 is set in the restricting position, the pressing plate 70 It is set at the retracted position. 電源投入後、ピックアップモータM1が逆転駆動され、カム軸147と共にカム板14 After power-on, the pickup motor M1 is driven in the reverse direction, the cam plate 14 with cam shaft 147
5,146及び円板148,149が時計回り方向に逆転する。 5,146 and disc 148, 149 is reversed in the clockwise direction. 逆転直後にセンサSE11が円板148のエッジ148aを検出してオフし、これによりカム145, Sensor SE11 is turned off by detecting the edge 148a of the disc 148 immediately after reversal, thereby the cam 145,
146のホームポジションが確認され、ピックアップモータM1が一旦オフされる。 146 home position of is confirmed, the pick-up motor M1 is turned off once. その後原稿交換信号が発せされると、ピックアップモータM1が逆転駆動され、カム板145,146が時計回り方向に逆転し、センサS When subsequently the original replacement signal is generated, the pickup motor M1 is driven in the reverse direction, the cam plate 145, 146 is reversed in the clockwise direction, the sensor S
E12が円板149のエッジ149bを検出してオフし、これにてピックアップモータM1がオフされるが、 E12 is turned off by detecting the edge 149b of the disc 149, which at although the pickup motor M1 is turned off,
多少のオーバーランを伴って図21に示す位置に停止する。 With a slight overrun and stops at the position shown in FIG. 21. このとき、レバー142はカム板146の大径部から離れ、トーションばね143のばね力で下方に回動すると共に、レバー72が回動することにより押圧板70 At this time, the lever 142 away from the large diameter portion of the cam plate 146, as well as rotated downward by the spring force of the torsion spring 143, the pressing plate 70 by the lever 72 is pivoted
が下方に垂直移動し、原稿の先端部をピックアップローラ65に押さえ付け、給紙圧を付与する。 There vertically moved downward, pressing the tip of the document pickup roller 65, to impart sheet feeding pressure. また、レバー140はカム板145の大経部と接触し、先端規制板6 Further, the lever 140 is in contact with the large through part of the cam plate 145, leading edge regulating plate 6
3が下方に回動してガイド板131下方に退避する。 3 is retracted to a guide plate 131 downwardly to pivot downward.

【0046】この状態でピックアップローラ65、捌きローラ75が回転駆動され、一枚目の原稿が給紙される。 The pickup roller 65 in this state, the separating roller 75 is rotated, one of the document is fed. 給紙された原稿の先端がレジストローラ90へ到達すると、ピックアップモータM1が逆転駆動され、カム板145,146が時計回り方向に逆転し、センサSE When the leading edge of the document fed to reach the register roller 90, the pickup motor M1 is driven in the reverse direction, the cam plate 145, 146 is reversed in the clockwise direction, the sensor SE
12が円板149のエッジ149aによりオンし、これにてピックアップモータM1がオフされる。 12 is turned on by the edge 149a of the disc 149, the pickup motor M1 is turned off by this. このとき、 At this time,
レバー140,142は図20に示すように、先端規制板63は待機状態に保持されると共に、押圧板70が上方に退避し、原稿に対する押圧を解除する。 Lever 140, 142 as shown in FIG. 20, the leading end regulating plate 63 is held in the standby state, the pressing plate 70 is retracted upwardly, to release the pressing against the original.

【0047】2枚目以降の原稿は、ピックアップモータM1が正転駆動され、カム板145,146が反時計回り方向に正転し、センサSE11が円板148のエッジ148bを検出してオフし、これにてピックアップモータM1がオフされるが、多少のオーバーランを伴って図21に示す位置に停止する。 [0047] The second or subsequent document, the pickup motor M1 is rotated forward, the forward direction the cam plate 145, 146 in the counterclockwise direction, and off sensors SE11 detects the edge 148b of the disc 148 Although the pickup motor M1 is turned off by this, it stops at the position shown in FIG. 21 with a slight overrun. その後、上記同様、ピックアップローラ65、捌きローラ75が回転駆動され、2 Then, the same, the pickup roller 65, separation roller 75 is rotated, 2
枚目以降の原稿が給紙される。 And subsequent sheets of the original document is fed. 給紙された原稿の先端がレジストローラ90へ到達すると、ピックアップモータM1が逆転駆動され、図20に示す押圧解除位置に戻る。 When the leading edge of the document fed to reach the register roller 90, the pickup motor M1 is driven in the reverse direction, it returns to the press releasing position shown in FIG. 20.

【0048】上記のように、ピックアップモータM1を動作させることにより、ホームポジションから押圧する場合(図19〜21)も、押圧解除位置から押圧する場合(図21、22)も、回転角度を最小にすることができる。 [0048] As described above, by operating the pickup motor M1, if pressed from the home position (FIG. 19-21) is also the case for pressing the press releasing position (FIG. 21) is also a minimum rotation angle it can be. また、回転方向の違いから、ピックアップモータM1のオーバーランによってカム板145,146の位置がずれることがないように、ピックアップモータM1 Also, the difference in the rotational direction, so that never deviated position of the cam plate 145, 146 by the overrun of the pickup motor M1, the pickup motor M1
が逆転駆動された時のセンサSE12による円板149 Disc 149 by the sensor SE12 when There has been driven in the reverse direction
のエッジ149bの検出は、センサSE11による円板148のエッジ148bの検出よりも若干早くなるように、逆に正転駆動された時のセンサSE11による円板148のエッジ148bの検出は、センサSE12による円板149のエッジ149bの検出よりも若干早くなるように、センサ位置、円板が設計されている。 Detection of edges 149b, as slightly earlier than the detection of the edge 148b of the disc 148 by the sensor SE11, the detection of edge 148b of the disc 148 by the sensor SE11 when it is driven forward to reverse, the sensor SE12 to be slightly faster than the detection of the edge 149b of the disc 149 by the sensor position, the disc is designed.

【0049】即ち、本実施例では、先端規制板63と押圧板70の駆動機構が単一の系統で簡略化され、しかもカム板145,146により駆動するため駆動時に騒音が発生することもない。 [0049] That is, in this embodiment, the drive mechanism of the leading edge regulating plate 63 and the pressing plate 70 is simplified with a single system, yet the noise is not generated at the time of driving for driving the cam plate 145, 146 . また、先端規制板63は給紙動作の開始から終了まで退避位置に保持されるため、原稿の先端部を損傷したり、原稿のスキューが生じることもない。 Further, since the front-end restricting plate 63 is held in the retracted position from the start to the end of the paper feed operation, or damage the tip end of the document, nor skew of the document is generated. さらに、押圧板70は原稿の先端部が捌きローラ75を通過中のみ原稿を押圧し、その後は上方へ退避するため、原稿のつれ送り等の給紙ミスが発生するおそれがなくなる。 Furthermore, the pressing plate 70 presses the document only passing through the roller 75 tip of the document separating thereafter for saving upward, there is no danger misfeeds entangled feeding such document is generated.

【0050】《レジストローラ》レジストローラ90について説明する。 [0050] will be described "registration roller" resist roller 90. 図16において、レジストローラ90 16, registration rollers 90
はピックアップローラ65、捌きローラ75の回転によって給紙された原稿の先端をそのニップ部で一旦受け止めることにより、ニップ部で原稿の先端を整合させて原稿のスキューを矯正する。 The pickup roller 65, by catch once at the nip the distal end of the document fed by the rotation of the separating roller 75, to correct the skew of the document to match the leading edge of the document at the nip portion. 給紙された原稿の先端がセンサSE2で検出されてから所定時間後に給紙モータM2 Feeding motor M2 from the tip of the document fed is detected by the sensor SE2 after a predetermined time
がオフされ、ピックアップローラ65、捌きローラ75 There is off, the pickup roller 65, the separating roller 75
の回転が停止される。 Rotation of is stopped. このとき、原稿の先端部はレジストローラ90のニップ部に当接し、若干のループを形成する。 At this time, the leading end portion of the document abuts against the nip portion of the registration rollers 90 and forms a slight loop.

【0051】その後、レジストローラ90は、複写機本体1でのコピー動作とタイミングを合わせてメインモータM3がオンされることにより回転駆動され、原稿を原稿台ガラス29の入口部へと送り出す。 [0051] Thereafter, the resist roller 90 is driven to rotate by the main motor M3 is turned together copying operation and timing of the copying machine main body 1, sends the document to the inlet portion of the platen glass 29. このように、本実施例ではピックアップローラ65と捌きローラ75とは給紙モータM2で、レジストローラ90は搬送ベルト95と共にメインモータM3で別々に駆動する。 Thus, in at the feed motor M2 is a roller 75 separating the pickup roller 65 in this embodiment, the register roller 90 is driven separately in the main motor M3 together with the conveying belt 95. また、 Also,
ピックアップローラ65とその駆動軸66及び捌きローラ75とその駆動軸76との間にはそれぞれ一方向クラッチ67,77を設け、給紙モータM2がオフ状態であっても原稿がレジストローラ90で送り出されていくとき、ピックアップローラ65及び捌きローラ75が時計回り方向へ空回転可能とされている。 Each Between the pickup roller 65 and a driving shaft 66 and the separating roller 75 and a driving shaft 76 provided a one-way clutch 67, 77, the document also feed motor M2 is off state sent by the registration rollers 90 when we are, the pickup roller 65 and the separating roller 75 is capable idling clockwise.

【0052】レジストローラ90と搬送ベルト95の駆動機構について説明する。 The drive mechanism of the registration roller 90 and the conveyor belt 95 will be described. 図22に示すように、メインモータM3の出力軸に設けた出力プーリ150と、図示しないフレームに固定した支軸に回動可能に支持されたプーリ153との間にはタイミングベルト155が架けられている。 As shown in FIG. 22, an output pulley 150 provided on the output shaft of the main motor M3, a timing belt 155 hung between the pulleys 153 rotatably supported on a support shaft fixed to a frame (not shown) ing. プーリ153に一体的に構成されたプーリ154と、レジストローラ90の支軸91に固定されたプーリ156との間には、タイミングベルト157が架けられている。 A pulley 154 which is configured integrally with the pulley 153, between the pulley 156 fixed to the shaft 91 of the register roller 90, a timing belt 157 is hung. レジストローラ90の支軸91の他端にはギヤ158が固定され、これが図示しないフレームに固定された支軸160に回転可能に支持されたギヤ15 The other end of the support shaft 91 of the register roller 90 gear 158 is fixed, the gear 15 which is rotatably supported on a support shaft 160 fixed to a frame (not shown)
9と係合し、さらにギヤ159は駆動ローラ96の支軸162に固定されたギヤ161と係合している。 9 and engage, further gear 159 engages a gear 161 fixed to the shaft 162 of the drive roller 96. これにより、メインモータM3が矢印方向に回転すると、レジストローラ90と駆動ローラ96は同一方向に回転し、 Thus, the main motor M3 is rotated in the arrow direction, the registration roller 90 and the driving roller 96 rotates in the same direction,
搬送ベルト95が矢印d方向に移動する。 The conveyor belt 95 moves in the arrow d direction. また、メインモータM3は正逆回転可能で、2イン1モードや両面モードのときには、一時的に矢印d方向とは逆の方向に原稿を搬送可能である。 Further, the main motor M3 is possible forward and reverse rotation, when the two-in-one mode or duplex mode is possible convey the document in the opposite direction to the temporarily arrow d.

【0053】《レジストローラ90、給紙ローラ65、 [0053] "resist roller 90, the paper feed roller 65,
及び捌きローラ75の配置》レジストローラ90、給紙ローラ65、及び捌きローラ75の配置関係について図23を参照して説明する。 And separating roller 75 arranged for "registration roller 90, with reference to FIG. 23 illustrating the arrangement relationship between the paper feed roller 65 and the separating roller 75,. 本実施例のADF60は、複写機の奥側、すなわち操作側と反対側に通紙基準PSを設けている。 ADF60 of this embodiment is the back side of the copying machine, i.e. the fed reference PS on the side opposite to the operating side thereof. レジストローラ90と捌きローラ75は、 Rollers 75 separating the resist roller 90,
ローラ配置基準RSを中心として対称に配置されている。 They are arranged symmetrically about the roller arrangement reference RS. これは、捌きローラ75と捌きパッド80の間に挾持された原稿をレジストローラ90によって引き抜く際にモーメントが働き、スキューするのを防止するためである。 This serves moment when pulled by the registration rollers 90 and clamped by the document between the separating roller 75 and separating pad 80, in order to prevent skew. また、レジストローラ90の搬送力は、捌きローラ75の搬送力よりも相当大きく設定されており、レジストローラ90による搬送時の原稿のスリップを防止している。 Further, the conveying force of the register roller 90 is set to be considerably larger than the conveying force of the separating roller 75, thereby preventing slippage of the document during transportation by the registration rollers 90. さらに、原稿搬送方向と直交する方向に関して、中央のレジストローラ90と捌きローラ75は距離D1、両側のレジストローラ90,90と捌きローラ7 Further, with respect to the direction orthogonal to the document conveying direction, the roller 75 is the distance D1 separating the center of the resist roller 90, the roller 7 separating the two sides of the register rollers 90 and 90
5は距離D2を隔てて配置されている。 5 is disposed at a distance D2. そのため、ピックアップ部、捌き部で発生した紙粉等の汚れがレジストローラ90に転写することがないのでレジストローラ9 Therefore, the registration rollers 9 since no pickup section, dirt such as paper dust generated by the handling unit is transferred to the resist roller 90
0の搬送力は一定に保たれるし、レジストローラ90に汚れが付着しないので、レジストローラ90から原稿に汚れを転写することもない。 Conveying force 0 to be kept constant, since dirt registration roller 90 does not adhere, nor to transfer the dirt on the document from the resist rollers 90.

【0054】《原稿給紙部の原稿給紙路を開閉する機構》図24において、レジストローラ90を構成している一方のレジスト駆動ローラ90aは支軸91aに固定されている。 [0054] In FIG. 24 "mechanism for opening and closing the document feed path of the document feeding unit", one of the registration drive roller 90a constituting the resist roller 90 is fixed to the support shaft 91a. 支軸91aは、ADF60のメインフレーム173に設けた軸受孔173a,173aに軸受17 Shaft 91a is a bearing hole 173a provided in the main frame 173 of the ADF 60, bearings 173a 17
4a,174aを介して回動自在に支持され、メインモータM3に駆動連結されている。 4a, it is rotatably supported via 174a, is drivingly connected to the main motor M3. また、支軸91aにはカム171a,172aが設けてある。 Further, the support shaft 91a cam 171a, 172a are provided. レジストローラ90を構成している他方のレジスト従動ローラ90bは支軸91bに固定されている。 The other registration driven roller 90b constituting resist roller 90 is fixed to the support shaft 91b. 支軸91bは、支軸91 The support shaft 91b is, the support shaft 91
aと平行に配置され、メインフレーム173に設けた長孔状の軸受孔173b,173bに軸受174b,17 Arranged in parallel with a, long hole-like bearing hole 173b provided in the main frame 173, bearing 173b 174b, 17
4bを介して回動自在にかつ支軸91aに進退可能に支持されてる。 Through 4b are movably supported rotatably and a support shaft 91a. 支軸91bには偏心カム171b,172 The support shaft 91b eccentric cam 171b, 172
bが回動自在に設けてあり、原稿給紙部601の開閉カバー604を保持するフレーム174が偏心カム171 b is is provided with rotatably, frame 174 is an eccentric cam 171 to hold the cover 604 of the document feeding unit 601
bに固定され、レジストローラ90を通過した原稿を原稿台ガラス29上に案内するガイド板135が偏心カム172bに固定されている。 Is fixed to b, the guide plate 135 for guiding the document which has passed through the registration roller 90 onto the document glass 29 is fixed to the eccentric cam 172 b. そして、支軸91bは、スプリング174c,174c等の付勢手段によって支軸91aに向けて付勢されている。 The support shaft 91b is biased toward the support shaft 91a spring 174c, by a biasing means such as 174c.

【0055】このような構成を有する原稿給紙部601 [0055] document feed unit 601 having such a configuration
では、カバー604、ガイド板135がADF60に対して閉じられた通常の状態では、図25に示すように、 In the cover 604, in the normal guide plate 135 is closed against ADF60 state, as shown in FIG. 25,
レジスト駆動ローラ90aとレジスト従動ローラ90b Registration drive roller 90a and the registration driven roller 90b
が圧接している。 There has been pressed. このとき、カム171a,172aはそれぞれ偏心カム171b,172bと離間しており、 At this time, the cam 171a, respectively 172a eccentric cam 171b, spaced apart and 172 b,
両者の中心間隔はM1に設定されている。 Center distance therebetween is set to M1. この状態から、例えば捌き部からレジスト部までの通紙経路にジャムした原稿を取り出すためにカバー604を矢印f方向に回転すると、偏心カム171bが回転してその外周部がカム171aに接触する。 From this state, when rotating the cover 604 to retrieve a document jammed in the sheet path from the separating section to the resist section in the direction of arrow f, the eccentric cam 171b is an outer peripheral portion rotates and contacts the cam 171a. また、この接触状態からスプリング174cの付勢力に抗して更にカバー604を回転すると、図26に示すように、支軸91aと91b Also, further rotating the cover 604 against this contact with the biasing force of the spring 174c, as shown in FIG. 26, the support shaft 91a and 91b
との中心間隔がM2(>M1)に広がりレジスト従動ローラ90bがレジスト駆動ローラ90aから離間する。 Registration driven roller 90b center spacing spreads M2 (> M1) and is separated from the registration drive roller 90a.
一方、図27に示すように、レジスト部の下流側にジャムした原稿を取り出すためにガイド板135を矢印g方向に回転すると、偏心カム172bが回転してその外周部がカム172aに接触して支軸91aと91bとの中心間隔がM3(>M1)に広がりレジスト従動ローラ9 On the other hand, as shown in FIG. 27, when rotating the guide plate 135 in the direction of arrow g to retrieve a document jammed on the downstream side of the registration unit, its outer periphery the eccentric cam 172b rotates and contacts the cam 172a registration driven roller 9 center distance between the shaft 91a and 91b spreads M3 (> M1)
0bがレジスト駆動ローラ90aから離間する。 0b is separated from the registration drive roller 90a. なお、 It should be noted that,
ローラ90a,90bはその外周部がゴムやスポンジ等の弾性部材で作られていることが多く、このようなローラを用いたものでは、ローラ90a,90bが完全に離間する必要はなく、これらの間に挾持された原稿を損傷することなく引き抜くことができる程度に両者の圧接力を弱めることができれば十分である。 Rollers 90a, 90b is often the outer peripheral portion is made of elastic material such as rubber or sponge, but using such a roller, the roller 90a, 90b are not required to be separated completely, these it is sufficient if it can weaken the pressing force of both the extent that can be extracted without damaging the clamped by the document between. このように、原稿給紙部601では、スプリング174c,174cでレジスト従動ローラ90bをレジスト駆動ローラ90aに付勢するとともに、カバー904、ガイド板135を開放動作に基づいて、支軸91aに設けたカム171a, Thus, the document feed unit 601, the spring 174c, urges the registration driven roller 90b to the registration drive roller 90a at 174c, based cover 904, the guide plate 135 to the opening movement, provided on a support shaft 91a cam 171a,
172aと支軸91bに固定した偏心カム171b,1 Eccentric cams 171b fixed to 172a and the support shaft 91b, 1
72bとをそれぞれ係合させてレジストローラ90の圧接を解除するようにしている。 And 72b respectively engaged engaged so that to release the pressure contact of the registration roller 90. そのため、ローラ90a For this reason, the roller 90a
と90bの圧接力を軸方向に亘り均一に精度良く設定できるとともに、カバー904等の取付精度、ロック力に拘わらず適正に保つことができる。 And with the pressing force of 90b can be uniformly accurately set over the axial direction, the mounting accuracy of such cover 904, can be kept properly regardless of the locking force. なお、本実施例ではレジスト従動ローラが退避する構成としたがレジスト駆動ローラが退避する構成としてもよい。 Incidentally, a configuration in which registration driven roller is retracted resist driving roller may be configured to be saved in the present embodiment. また、駆動と従動の関係が逆のものでも適用可能である。 The relationship between the driving and driven is also applicable that of the reverse.

【0056】《カバーの支持機構》カバー604は、図28に示すように、フレーム174に軸175を介して回動可能に支持されている。 [0056] Cover 604 "support mechanism of the cover", as shown in FIG. 28, and is rotatably supported through a shaft 175 to the frame 174. また、フレーム174にはガイド板132が固定されており、このガイド板132 The frame 174 has guide plates 132 is fixed, the guide plate 132
に設けたスプリング176又はスポンジ等の弾性部材により、カバー604は反時計回り方向に付勢されている。 An elastic member of the spring 176 or sponge or the like provided in the cover 604 is urged in the counterclockwise direction. これにより、カバー604を閉じた状態では、カバー604はスプリング174に付勢され、原稿搬送部6 Thus, in the closed state of the cover 604, the cover 604 is urged by the spring 174, the document conveying section 6
05に当接して位置決めされる。 It is positioned in contact with 05. したがって、カバー6 Therefore, cover 6
04に原稿等が載せられて外力が作用しても、捌きローラ75と捌きパッド80の捌き圧が影響を受けることはない。 Even 04 acts external force is placed on the document or the like, separating pressure of the separating roller 75 and separating pad 80 is not affected. また、カバー604に側方から力が作用した場合でも、カバー604の動きはスプリング176に吸収され、捌き圧に影響を与えることはない。 Further, even if a force from the side is applied to the cover 604, the movement of the cover 604 is absorbed by the spring 176, it does not affect the separation pressure. そのため、安定した捌き圧が常に確保できる。 Therefore, a stable separating pressure can always ensured. また、捌きローラ75の駆動モータに過大な負荷がかかることもない。 Moreover, nor excessive load on the drive motor for the separating roller 75 is applied.

【0057】《ADFの原稿搬送モード》ADF60の原稿搬送モードについて説明する。 [0057] For ADF60 document conveying mode of "ADF document conveying mode" it will be explained. 本実施例において、 In this embodiment,
原稿搬送モードは、従来から行われている両面モードの他に、プレステップモード、2イン1モード、カウントモードの4種類があり、さらにADF60で搬送される原稿を露光基準位置SPで正確に停止させるために、通常の用紙に適したスケールモードと薄紙に適したパルス制御モードがあり、スケールモードとパルス制御モードの選択は、操作パネルに設けた原稿選択キー105で行われる(図126参照)。 Document conveying mode, in addition to the duplex mode is conventional, the pre-step mode, 2 in 1 mode, there are four kinds of count mode, more accurately stop the document conveyed by the exposure standard position SP in ADF60 to, there are a normal scale mode and pulse control mode suitable for thin paper suitable for paper, the selection of the scale mode and the pulse control mode is performed by the document selection key 105 provided on the operation panel (see FIG. 126) . 原稿の搬送において、原稿が先端を露光基準位置SPに合わせてセットされているときを露光位置、中間位置IPに合わせてセットされているときをプレステップ位置、レジストローラ90のニップ部にセットされているときを先出し位置という。 In conveyance of the original, the exposure position when the document is set to fit the tip to the exposure standard position SP, the prestep position when set in accordance with the intermediate position IP, is set in the nip portion of the registration rollers 90 when is that first-out position. また、原稿のサイズに関して、具体的にサイズを記載しないとき、小サイズとはA4横送り、大サイズとはA3縦送りを想定している。 Further, with respect to the size of the document, when not describe specific size, the small size A4 lateral feeding, the large size is assumed A3 longitudinal feed.

【0058】スケールモードとは、搬送ベルト95で搬送されてきた原稿の先端をスケール120に当接させて強制的に停止させるモードである。 [0058] the scale mode is a mode for stopping the leading end of the document conveyed by the conveyor belt 95 to force it into contact with the scale 120. この場合は、図4に示すように、ソレノイドSL1をオフする。 In this case, as shown in FIG. 4, it turns off the solenoid SL1. これによって、スケール120の先端が原稿台ガラス29上に突出する。 Thus, the tip of the scale 120 projects onto the document glass 29. 搬送ベルト95によって矢印d方向に搬送されてきた原稿Dは先端がスケール120に当接し、搬送ベルト95の搬送力が原稿の座屈耐力より弱く設定されていることにより、原稿とベルトの間でスリップが生じ、基準位置SPに正確に停止されることになる。 By the arrow d document D conveyed in the direction in which the tip is brought into contact with the scale 120, the conveying force of the conveyor belt 95 is set weaker than the buckling strength of the document by the conveyor belt 95, between the document and the belt slip occurs will be stopped accurately at the reference position SP.

【0059】パルス制御モードとは、以下に説明するように、レジストローラ90と搬送ベルト95を単一のメインモータ(ステッピングモータ)M3によって両者の搬送速度が同一となるように駆動し、原稿の搬送長さL [0059] The pulse control mode, as described below, to drive as the conveying speed of the two are the same of the resist rollers 90 and the conveyor belt 95 by a single main motor (stepping motor) M3, the document transport length L
(図30参照)を正確に制御するモードである。 Is a mode to accurately control (see Figure 30). メインモータM3の駆動パルス数に対する原稿搬送量は予め判明している。 Document conveyance amount for the number of drive pulses of the main motor M3 is known in advance. 従って、レジストローラ90の直前で待機している原稿が基準位置SPまで搬送される長さLに相当するパルス数でメインモータM3を駆動することにより、原稿の停止位置を決める。 Therefore, by original waiting immediately before the registration roller 90 drives the main motor M3 in the number of pulses corresponding to the length L to be conveyed to the reference position SP, determines the stop position of the document. このパルス制御モード実行時には、ソレノイドSL1はオン状態を維持し、スケール120は原稿台ガラス29の上面から下方に退避した位置を保持する。 During this pulse control mode execution, the solenoid SL1 is kept on, the scale 120 holds the position retracted from the upper surface of the platen glass 29 downward.

【0060】これらスケールモードとパルス制御モードを比較すると、スケールモードは原稿をスケール120 [0060] Comparing these scale mode and the pulse control mode, the scale mode scale document 120
に当てて停止させるために、停止位置精度が高い利点を有する。 To rely by stopping the, it has a high advantage stop position accuracy. しかし、原稿が薄い場合、原稿の座屈耐力が小さく、先端の折れや紙詰まりが発生しやすいという問題がある。 However, if the document is thin, buckling strength of the original document is small, broken or paper clogging of the tip there is a problem that tends to occur. パルス制御モードは薄い原稿であっても停止時のトラブルが発生しない利点を有するが、原稿の滑りや駆動機構の応答ずれによって停止位置精度が必ずしもスケールモード程高くないという問題点がある。 Even pulse control mode thin document has the advantage of trouble at stop does not occur, there is a problem that the response displacement of the original slip and drive mechanism stop position accuracy is not necessarily high enough scale mode.

【0061】プレステップモードとは原稿サイズが露光基準位置SPから原稿の先出し位置(原稿先端がレジストローラ90に当接した位置)までの半分以下のサイズであるとき、図29に示すように、先の原稿D1をその先端部を露光基準位置SPに一致させて停止させると共に、次の原稿D2はその先端部が中間位置IPに一致した位置まで搬送しておき、さらに次の原稿(3枚目)を先端がレジストローラ90に当接するまで先出し給紙しておくモードをいう。 [0061] When the document size from the pre-step mode is less than half the size up to the first-out position of the original from the exposure reference position SP (contact position the leading edge of the document is the registration roller 90), as shown in FIG. 29, the previous document D1 stops the the tip to match the exposure standard position SP, the next document D2 leave conveyed to a position where its distal end matches the intermediate position IP, the following additional document (three tip eyes) refers to a mode to keep first-out and fed until it abuts against the registration roller 90. このプレステップモードではパルス制御モードと組み合わされたとき、原稿交換時において、メインモータM3はレジストローラ90から基準位置SPまでの距離Lの1/2に相当する距離だけ原稿を搬送するようにパルスP02だけ正転駆動される。 When combined with the pulse control mode in this pre-step mode, during document exchange, pulses to convey the original distance main motor M3 is equivalent to half the distance L from the resist roller 90 to the reference position SP P02 is only forward drive. 即ち、露光基準位置SPにセットされた1枚目の原稿D1 That is, it sets in the exposure standard position SP 1 sheet of the document D1
の露光が終了するごとに、メインモータM3がパルスP Each time the exposure is finished, the main motor M3 is pulse P
02だけ正転駆動され、2枚目の原稿D2が露光基準位置SPへ搬送され、レジストローラ90で待機していた3枚目の原稿が中間位置IPへ搬送される。 02 only is driven to rotate forward, second original document D2 is transported to the exposure reference position SP, 3-sheet document which has been waiting at the registration roller 90 is conveyed to an intermediate position IP.

【0062】一方、プレステップモードがスケールモードと組み合わされたとき、原稿交換時において、図30 [0062] On the other hand, when the pre-step mode is combined with the scale mode, during document exchange, Figure 30
に示すように、メインモータM3は(L/2)+(α/ As shown, the main motor M3 is (L / 2) + (α /
2)に相当する距離だけ原稿を搬送するようにパルスP Pulse P so as to feed the document by a distance corresponding to 2)
02'だけ正転駆動される。 02 'is only forward drive. αとは原稿の先端をスケール120に確実に当接させるためのオーバーラン量である。 The α is overrun for reliably abut the leading end of the original to the scale 120. 従って、2枚目の原稿D2はレジストローラ90から(L/2)+(α/2)だけ搬送された中間位置I Therefore, document D2 of the second sheet from the registration roller 90 (L / 2) + (α / 2) by the transported intermediate position I
P'で待機する。 It waits at P '. この2枚目の原稿D2は中間位置I Document D2 of the second piece is an intermediate position I
P'から搬送ベルト95によって(L/2)+(α/ By the conveyor belt 95 from P '(L / 2) + (α /
2)移動する搬送量を付与されるが(L/2)−(α/ 2) is given a conveyance amount of movement (L / 2) - (α /
2)だけ搬送された時点で先端がスケール120に当接して露光基準位置SPで停止し、距離α分だけ搬送ベルト95が原稿に対してスリップすることとなる。 2) the tip when it is conveyed only stops at the exposure standard position SP in contact with the scale 120, the distance α content by the conveyor belt 95 is able to slip relative to the document.

【0063】ところで、このようなスケールモードでは、通常、ソレノイドSL1はオフされ、スケール12 [0063] By the way, in such a scale mode, usually, the solenoid SL1 is turned off, the scale 12
0は原稿台ガラス29の上面から上方に突出している。 0 protrudes from the upper surface of the platen glass 29 upward.
また、ソレノイドSL1は原稿が露光基準位置SPを通過する直前にオンされ、スケール120をプラテンガラス29下に退避する。 Further, the solenoid SL1 is turned on just before the document passes the exposure standard position SP, saves the scale 120 on the lower platen glass 29.

【0064】《プレステップモード》図31〜39はプレステップモードでの原稿搬送状態を示す。 [0064] "Pre-step mode" FIG 31 to 39 show a document conveying state in the pre-step mode. 図31は原稿がトレイ61にセットされた状態を示し、ここでは3 Figure 31 shows a state where the document is set on a tray 61, wherein the 3
枚の小サイズ原稿D1,D2,D3がセットされたとする。 Like the small-size document D1, D2, D3 is set. まず、先端規制板63が下方に退避し、押圧板70 First, the front-end restricting plate 63 is retracted downward, the pressing plate 70
が下方移動し、ピックアップローラ65、捌きローラ7 There was a downward movement, the pickup roller 65, separation roller 7
5が回転駆動され、1枚目の原稿D1が給紙され、先端がレジストローラ90に当接した状態で待機する(図3 5 is rotated, the first document D1 is fed, and waits in a state where the top is in contact with the registration rollers 90 (FIG. 3
2参照)。 See 2). 次に、メインモータM3がパルスP02だけ正転駆動され、原稿D1は中間位置IPまで搬送される(図33参照)。 Next, the main motor M3 is rotated forward by pulse P02, it is transported original document D1 to the intermediate position IP (see FIG. 33). 次に、ピックアップローラ65、捌きローラ75が回転駆動され、2枚目の原稿D2がレジストローラ90で待機する(図34参照)。 Then, the pickup roller 65, separation roller 75 is rotated, the second document D2 waits at the registration roller 90 (see FIG. 34). さらに、メインモータM3がパルスP02だけ正転駆動され、原稿D Further, the forward driving the main motor M3 only pulse P02, the document D
1が露光基準位置SPへ、原稿D2が中間位置IPへ搬送される(図35参照)。 1 to the exposure standard position SP, is conveyed document D2 is the intermediate position IP (see FIG. 35). ここで、複写機本体1においてコピー用紙の給紙、光学系20による露光がコピー部数に応じた回数だけ行われる。 Here, the copy paper sheet feeding, exposure by the optical system 20 is performed a number of times corresponding to the number of copies in the copying machine body 1. 露光中に3枚目の原稿D The document D of the third sheet during the exposure
3がレジストローラ90まで先出し給紙される(図36 3 is first-out feeding to the registration roller 90 (FIG. 36
参照)。 reference).

【0065】原稿D1の露光が終了すると、メインモータM3がパルスP02だけ正転駆動されると共に、排出モータM4が駆動されて反転ローラ100及び排出ローラ110が回転する。 [0065] When the exposure of the document D1 is completed, the main motor M3 while being rotated forward only pulses P02, is driven discharge motor M4 reversing roller 100 and the discharge roller 110 is rotated. これにて、原稿D1がトレイ11 At this, the document D1 is tray 11
5上へ排出されると共に、原稿D2が露光基準位置SP 5 while being discharged onto the document D2 is the exposure standard position SP
へ、原稿D3が中間位置IPへ搬送される(図37参照)。 To be conveyed document D3 to the intermediate position IP (see FIG. 37). ここで、原稿D2の露光が行われ、終了するとメインモータM3がパルスP02だけ正転駆動され、排出モータM4も駆動される。 Here, the exposure of the document D2 is performed, the main motor M3 when finished is rotated forward by pulse P02, the discharge motor M4 is also driven. 従って、原稿D2がトレイ1 Therefore, document D2 is tray 1
15へ送り出され、原稿D3が露光基準位置SPへ搬送される(図38参照)。 Fed to 15, document D3 is conveyed to the exposure reference position SP (see FIG. 38). 原稿D3の露光終了後、メインモータM3、排出モータM4が駆動され、原稿D3がトレイ115上へ排出される(図39参照)。 After the exposure of the document D3, the main motor M3, the discharge motor M4 is driven, document D3 is discharged onto the tray 115 (see FIG. 39).

【0066】ところで、本実施例では、先出し給紙された原稿がレジストローラ90によってプラテンガラス2 [0066] In the present embodiment, the platen glass 2 document is first-out feeding is by the registration rollers 90
9上に送り込まれ、その原稿の後端がレジストセンサS Sent on 9, the rear end of the document registration sensor S
E2によって検出されると、エンプティセンサSE1をチェックし、原稿がトレイ61上に残っていれば、先出し給紙を行い、原稿が無ければ、先端規制板63を上方の規制位置へ復帰させる。 When detected by the E2, to check the empty sensor SE1, any remaining original is on the tray 61, performs first-out feeding, if there is no document to return the leading edge regulating plate 63 to the upper regulation position.

【0067】ここで、図29を参照して、レジストローラ90、樹脂フィルム133、プレステップ位置IPの位置関係について説明する。 [0067] Here, with reference to FIG. 29, resist rollers 90, the resin film 133, the positional relationship of the pre-step position IP is described. 搬送ベルト95は駆動ローラ96によって駆動されているが、この駆動ローラ96 The conveyor belt 95 is driven by the drive roller 96, but the driving roller 96
に対する駆動を停止してブレーキによって固定しても、 It is fixed by the brake to stop the drive to the,
従動ローラ97はその慣性やベルト95の駆動力伝達の遅れにより更に進んだ後、駆動中に生じていた張り側と緩み側の関係が元のバランスのとれた位置に戻ろうとするため、原稿台ガラス29上の原稿を微少量移動させる。 After the driven roller 97 that further advances due to the delay of the transmission of the driving force of inertia and the belt 95, because the tight side and slack side relationship that occurs in the drive attempts to return to the balanced position of the original balance, platen the original on the glass 29 is moved a small amount. 本実施例の複写機では、原稿は原稿台ガラス29上を原稿搬送方向に関して上流側に移動する。 In the copying machine of the present embodiment, the document moves on the platen glass 29 on the upstream side with respect to the document conveying direction.

【0068】そのため、本実施例のADF60ではベルト搬送部に樹脂フィルム133を設けているので、原稿長さをdp、レジストローラ90のニップから樹脂フィルム138の先端までの距離をd1とすると、L/2− [0068] Therefore, since the resin film 133 to the belt conveyance unit in ADF60 of this embodiment is provided, the document length dp, and the distance from the nip of the registration roller 90 to the tip of the resin film 138 and d1, L / 2-
d1≒dpとした場合には、このプレステップ位置IP When the d1 ≒ dp, the pre-step position IP
で停止させるべき原稿が後端が樹脂フィルム133と干渉する。 In document trailing edge should be stopped interferes with the resin film 133. また、レジスト搬送中に微小なスキューが発生すると、原稿後端の一部分だけが樹脂フィルム133と干渉し、更にスキュー状態を悪化させる。 Further, when the fine skew in the resist conveyance occurs, only a portion of the rear end of the document interfere with the resin film 133, thereby further deteriorating the skew condition. このため、本実施例のADF60では、L/2−d1<dpの関係に設定されており、樹脂フィルム133との干渉による原稿停止状態の乱れを解消している。 Therefore, the ADF60 of this embodiment, L / 2-d1 <is set to relations of dp, it is to eliminate the disturbance of the original stop state due to interference between the resin film 133. また、搬送ベルト9 In addition, the conveyor belt 9
5の戻り量をβとすると、L/2−d1−β>dpとしても同様の作用効果が得られる。 When 5 the return amount is beta, same effects can be obtained as L / 2-d1-β> dp. さらに、スケールモードの時は、L/2−α/2−d1<dp、L/2−α/ In addition, when the scale mode, L / 2-α / 2-d1 <dp, L / 2-α /
2−d1−β>dpの関係を満足するようにそれぞれの長さを設定すればよい。 Each may be set long so as to satisfy the relation of 2-d1-β> dp. なお、本実施例ではレジストローラ90のニップ位置を先だし位置としたが、センサ等で位置決めしたり、ストッパゲートで規制するようにしてもよい。 Incidentally, the nip position of the registration rollers 90 in this embodiment has been a tipped position, or positioning a sensor or the like, it may be regulated by a stopper gate.

【0069】以上の如く、プレステップモードにあっては、原稿は(L/2)の単位でステップ送りされるために、原稿交換時間が短くて済み、露光終了後光学系20 [0069] As mentioned above, in the pre-step mode, to document the fed stepwise in units of (L / 2), requires the original exchange time is short, the exposure after the completion optical system 20
がホームポジションへリターンする時間内に原稿を交換でき、コピー生産性が向上する。 There can exchange a document in time to return to the home position, copy productivity is improved. しかも、後続の原稿(3枚目の原稿)はその先端がレジストローラ90に当接するまで先出し給紙される。 Moreover, the subsequent document (third original) are first-out feeding until its tip comes into contact with the registration rollers 90. この先出し給紙は先の原稿の露光中に行われ、コピー生産性の向上に寄与する。 This first-out feeding takes place during exposure of the preceding document, it contributes to the improvement of the copy productivity.

【0070】また、図22に示したように、レジストローラ90と搬送ベルト95とを単一のメインモータM3 [0070] Further, as shown in FIG. 22, a registration roller 90 and the conveyor belt 95 of a single main motor M3
でクラッチを介在させることなく駆動し、かつ、メインモータM3をステッピングモータとしてパルス駆動するようにしたため、モータM3へ供給するパルス数を制御することにより、レジストローラ90から送り出される原稿を正確に基準位置SPへ搬送/停止させることができる。 Driving without interposing the clutch in, and, since so as to pulse drive the main motor M3 as a stepping motor, by controlling the number of pulses supplied to the motor M3, accurately relative to the document to be fed from the registration rollers 90 can be transported / stop to the position SP. なお、モータM3はステッピングモータでなくとも、回転軸にエンコーダを取り付け、回転数をパルス数に換算してモータM3のオン、オフを制御することにより、同様の効果を得ることもできる。 The motor M3 is not be a stepping motor, mounted an encoder to the rotating shaft, on the motor M3 by converting the rotation speed to the number of pulses, by controlling the off, it is also possible to obtain the same effect.

【0071】《2イン1モード》2イン1モードについて説明する。 [0071] For the "two-in-one mode" two-in-one mode will be described. 2イン1モードとは2枚の原稿を1組としてプラテンガラス29上に並べ1枚のコピー用紙に画像を形成するモードである。 The two-in-one mode is a mode for forming an image on a sheet of copy paper arranged on the platen glass 29 two originals as one set. 図40〜51は2イン1モードでの原稿搬送状態を示す。 Figure 40 to 51 show a document conveying state in the two-in-one mode. 図40は原稿がトレイ61 FIG. 40 is the document tray 61
にセットされた状態を示し、ここでは4枚の小サイズ原稿D1,D2,D3,D4がセットされたとする。 To indicate the set state, here, the four small-size document D1, D2, D3, D4 is set. まず、1枚目の原稿D1が給紙され、先端がレジストローラ90に当接した状態で待機する(図41参照)。 First, the first document D1 is fed, and waits in a state where the top is in contact with the registration rollers 90 (see FIG. 41). 次に、メインモータM3を正転させ、原稿D1をプラテンガラス29上に送り込む。 Then, to forward the main motor M3, feeding the document D1 on the platen glass 29. 原稿D1の後端がプラテンガラス29上に到達すると(図42参照)、メインモータM3を逆転に切り換え、原稿D1を矢印dとは逆方向にスイッチバックさせる。 When the trailing edge of the document D1 reaches the platen glass 29 (see FIG. 42), it switched to reverse the main motor M3, the document D1 is switched back in a direction opposite to the arrow d. これによって原稿D1の後端部はガイド板132、フィルム133の下方に入り込む(図43参照)。 This rear end of the document D1 guide plate 132 enters the lower film 133 (see FIG. 43). スイッチバック量は原稿の後端がレジストローラ90のニップ部に到達するのと同じ長さに相当する。 Switchback amount corresponds to the same length as the trailing edge of the document reaches the nip portion of the registration rollers 90. なお、スイッチバック時、原稿の後端部がレジストローラ90側へ戻らないように、樹脂フィルム13 Incidentally, when the switch-back, as the rear end of the document does not return to the registration roller 90 side, the resin film 13
3でガイドされる。 It is guided by three. 2枚目の原稿D2の給紙は、1枚目の原稿D1の後端がレジストセンサSE2で検出されてから所定の時間後に開始され、原稿D1のスイッチバックが終了した直後に原稿D2の先端がレジストローラ9 Feeding of the second original document D2 is started from the rear end of the first document D1 is detected by the resist sensor SE2 after a predetermined time, the leading end of the original D2 immediately after the switchback of the document D1 has been completed There registration rollers 9
0に当接して停止する(図43参照)。 Contact with stops 0 (see Figure 43).

【0072】次に、メインモータM3を正転駆動し、原稿D1,D2をプラテンガラス29上で搬送し、原稿D Next, the normal rotation of the main motor M3, and conveys the document D1, D2 on the platen glass 29, the document D
1の先端が露光基準位置SPへ到達した時点でメインモータM3をオフする。 1 the tip of the main motor M3 is turned off when it reaches the exposure standard position SP. これにて、原稿D1,D2がプラテンガラス29上に並置されたことになる(図44参照)。 This in, so that the document D1, D2 are juxtaposed on the platen glass 29 (see FIG. 44). メインモータM3の回転は、原稿D1が露光基準位置SPへ到達する直前に減速される。 Rotation of the main motor M3 is document D1 is decelerated immediately before reaching the exposure standard position SP. この減速のタイミングと同期して3枚目の原稿D3の給紙が開始される。 The paper feed timing of the deceleration and synchronously third original document D3 is started. そして、原稿D1,D2に対する露光が終了するまでに原稿D3の先端がレジストローラ90に当接して先出し給紙が完了する(図45参照)。 Then, the leading end of the document D3 until the exposure for the original D1, D2 is completed in contact with the resist roller 90 first-out feeding is completed (see FIG. 45).

【0073】原稿D1,D2の露光が終了すると、メインモータM3を正転駆動すると共に排出モータM4を駆動する。 [0073] When the exposure of the document D1, D2 is completed, driving the discharge motor M4 with a normal direction driving the main motor M3. 原稿D1が反転ローラ100及び排出ローラ1 Document D1 reversing roller 100 and the discharging roller 1
10によってトレイ115へ送られ、原稿D2が原稿D Sent to the tray 115 by 10, the document D2 is the document D
1の後に続き、3枚目の原稿D3がプラテンガラス29 Follows the 1, third original document D3 is the platen glass 29
上に送り込まれる(図46参照)。 Is fed into the upper (see Figure 46). 原稿D3の後端がプラテンガラス29上に到達すると、メインモータM3が逆転に切り換えられ、原稿D3が前記原稿D1と同様にスイッチバックされる。 When the trailing edge of the document D3 reaches the platen glass 29, the main motor M3 is switched to the reverse rotation, document D3 is switched back in the same manner as the document D1. このとき、原稿D1は反転ローラ100によって搬送力を付与されており、そのままトレイ115上へ排出される。 At this time, the document D1 is granted a conveying force by the reversing roller 100, and is discharged onto it tray 115. 原稿D2はスイッチバック開始時にその先端が未だ反転ローラ100へ到達していないため、原稿D3と共にスイッチバックする(図47 Document D2 is because the tip at the start switchback not yet reached to the reversing roller 100, is switched back with the original D3 (FIG. 47
参照)。 reference). 4枚目の原稿D4はこのスイッチバックが終了した直後にレジストローラ90まで先出し給紙される。 4-sheet document D4 is first-out fed to to the registration rollers 90 immediately after the switch-back is completed.

【0074】排出モータM4はそのまま駆動されており、次にメインモータM3が正転駆動される。 [0074] discharge motor M4 is driven as it is, then the main motor M3 is rotated forward. メインモータM3は原稿D3の先端が露光基準位置SPへ到達するまで正転駆動され、これで原稿D3,D4がプラテンガラス29上に並置され原稿D2がトレイ115上へ排出される(図48参照)。 The main motor M3 is rotated forward until the front end of the document D3 reaches the exposure standard position SP, which the document D3, D4 the document D2 is juxtaposed on the platen glass 29 is discharged onto the tray 115 (Figure 48 reference ). 排出モータM4は原稿D2が排出されるとオフされる。 Discharge motor M4 is turned off when the document D2 is discharged. このように、原稿D1,D2 In this way, the document D1, D2
は排出途中で後続の原稿D3が一旦スイッチバックされることで、その間隔が開けられる。 It is that the subsequent document D3 is once switched back halfway discharged, the interval is opened. 2枚の原稿が隙間なくトレイ115上に押し出されると、後続の原稿が先行する原稿を突き出してトレイ115上での整列が乱れたり、後続の原稿が先行する原稿の下に潜り込んでページ順が乱れる。 When two document sheets is pushed out onto the gap without tray 115, or disturbed alignment on the tray 115 projects an original succeeding document is preceded, page order sunk below the original succeeding document is preceded disturbed. しかし、本実施例の如く排出時に2枚の原稿D1,D2の間隔を開けることにより、トレイ115 However, by spacing the two documents D1, D2 during the discharge as in the present embodiment, the tray 115
上での原稿の乱れを解消することができる。 It is possible to eliminate the disturbance of the manuscript of the above.

【0075】原稿D3,D4の露光が終了すると、メインモータM3を正転駆動すると共に排出モータM4を駆動する。 [0075] When the exposure of the document D3, D4 is completed, driving the discharge motor M4 with a normal direction driving the main motor M3. そして、原稿D3の後端が搬送ベルト95から離れた時点でメインモータM3を一旦オフされる(図4 Then, once the main motor M3 is turned off at the time when the rear end of the document D3 is separated from the conveyor belt 95 (FIG. 4
9参照)。 9 reference). メインモータM3がオフされている時間は、 Time the main motor M3 is turned off,
原稿D3,D4の間隔が、トレイ115での乱れを生じない程度に開けられる時間に相当する(図50参照)。 Spacing of document D3, D4 is disturbed corresponds to the time to be opened to a degree that does not cause in the tray 115 (see FIG. 50).
ここでメインモータM3が正転駆動され、原稿D4がトレイ115上に排出されることとなる(図51参照)。 Here the main motor M3 is rotated forward, so that the document D4 is discharged onto the tray 115 (see FIG. 51).

【0076】露光を終了した原稿の排出と、後続の原稿の露光位置SPへのセットは、上述の通り行われる。 [0076] and discharge of a document exit exposure, set to the exposure position SP of the subsequent original is performed as described above. 反転ローラ100と排出ローラ110は、メインモータM Reversing roller 100 and the discharge roller 110, the main motor M
3とは別の独立した排出モータM4で駆動される点と、 3 and that is driven by a separate independent discharge motor M4 and,
反転ローラ100及びピンチローラ101による搬送力が搬送ベルト95による搬送力よりも大きく設定してあることにより、排出部に導入された原稿は搬送ベルト9 By conveying force by the reverse roller 100 and the pinch roller 101 is set larger than the conveying force by the conveyor belt 95, it is introduced to the discharge unit document conveying belt 9
5の動作状態に拘わらず排出トレイ115上に排出可能である。 Regardless of the fifth operating state can be discharged onto the discharge tray 115. スイッチバックポイントBP(図30参照)は原稿の長さに拘わらず一定である。 Switchback point BP (see FIG. 30) is constant regardless of the length of the document.

【0077】但し、原稿サイズdpとした場合、レジストローラ90のニップ部からフィルム133の先端部までの距離をd1、フィルム133の先端部からスイッチバックポイントBPまでの距離をd2、ピンチローラ1 [0077] However, when the document size dp, the distance from the nip portion of the registration roller 90 to the distal end of the film 133 d1, the distance from the tip portion of the film 133 to the switchback point BP d2, the pinch roller 1
01から露光基準SPまでの距離をd3とすると、d3 And the distance from the 01 to the exposure standard SP and d3, d3
>d1+d2(=d4)(図30参照)が成立する位置関係でなければ、後続の原稿の後端がスイッチバックポイントBPに到達した時点で先行の原稿の2枚目が反転ローラ100とピンチローラ101に到達し、この先行の2枚の原稿が隙間なく連続して排出される。 > D1 + d2 (= d4) if a positional relationship (see FIG. 30) is satisfied, the second sheet of the preceding document at a time point when the rear end of the succeeding document reaches the switchback point BP is the reverse roller 100 and the pinch roller reached 101, two originals of this prior are discharged continuously without gaps. この排出過程において、2枚の原稿の先端と後端が重なった場合、排出トレイ115上で先に排出される原稿の下に2 In the discharge process, if the leading and trailing ends of the two documents overlap, under the document to be discharged earlier on the discharge tray 115 2
枚目の原稿が潜り込んだり、先行の原稿を押し出して原稿の整合状態を乱す。 Guests slipped a sheet of the document, disturbing the alignment state of the document by extruding the preceding document. また、先行の原稿(特に、一枚目)が短いサイズであり、後続(3枚目)の原稿が長い場合も同様の問題があるが、このときの原稿の長さの差Δdp(複写機で2イン1モードが実行可能な最大長さの原稿の原稿搬送方向長さをdpmax、最小長さの原稿の原稿搬送方向長さをdpminとして、Δdp=d Further, the preceding document (in particular, the first sheet) in size is short, a subsequent (third sheet), but the document of a similar problem is longer, the difference between the length of the document at this time Derutadp (copier in the document conveying direction length of the two-in-one mode executable maximum length of the document DPMAX, as dpmin the minimum length of the document conveying direction length of the document, Δdp = d
pmax−dpmin)とした場合、d3>d4+Δd If pmax-dpmin) and, d3> d4 + Δd
p:(d4=d1+d2)を満足する位置関係に設定する。 p: (d4 = d1 + d2) is set in a positional relationship that satisfies. これにより、同時に露光される2枚の原稿は、それらの間に十分な間隔を置いて原稿台ガラス29の上から排出され、これら2枚の原稿の配列順序が乱れることはない。 Thus, the two originals to be exposed simultaneously, is discharged from the top of the platen glass 29 at a sufficient distance between them, it will not be disturbed sequence order of these two documents.

【0078】《両面モード》両面モードの基本動作について説明する。 [0078] a description will be given of the basic operation of the "two-sided mode" two-sided mode. 図52に示すように、原稿トレイ61に原稿D1,D2をセットして複写機本体1のコピースタートボタンをオンすると、ADF60では原稿給紙動作を開始する。 As shown in FIG. 52, is turned on a copy start button of the document D1, sets D2 and the copier main body 1 on the document tray 61, starts the document feeding operation in ADF 60. 原稿給送時、押圧板70が原稿D1の先端部を押圧する。 Document feed Okutoki, the pressing plate 70 presses the tip portion of the document D1. そして、ピックアップローラ65、給紙ローラ75の回転に基づいて原稿D1はレジストローラ90の位置に搬送され、原稿先端がレジストローラ90 Then, the pickup roller 65, the document D1 on the basis of the rotation of the feed roller 75 is conveyed to the position of the registration rollers 90, the leading edge of the document registration rollers 90
に当接してループを形成した時点でピックアップローラ65、給紙ローラ75は回転を停止する(図53参照)。 Pickup roller 65 at the time of forming the loop in contact with the feed roller 75 stops rotating (see Fig. 53). また、押圧板70による原稿D1の押圧状態が解除され、一枚目の原稿給紙動作が完了する。 Further, the release pressing state of the document D1 by the pressing plate 70, the first-sheet document feeding operation is completed.

【0079】次に、レジストローラ90、搬送ベルト9 [0079] Next, a resist roller 90, the conveyor belt 9
5、及び反転ローラ100が回転し、原稿D1は原稿台ガラス29上に搬送される。 5, and the reverse roller 100 is rotated, the document D1 is conveyed onto the platen glass 29. また、スケールソレノイドSL1がオンしてスケール120の先端部を原稿台ガラス29の下に退避させ、切替爪103が動作して原稿排出部の通紙経路が反転経路に切り替えられる。 Also, the scale solenoid SL1 is turned on retracts the distal end portion of the scale 120 under the platen glass 29, the sheet passing path of the original discharge portion is switched to the inversion path switching claw 103 operates. 露光が終了すると、原稿D1は排出部の反転経路に送られ、先端が2つ目の従動ローラ102に保持された状態で、レジストローラ90、搬送ベルト95、及び反転ローラ10 When the exposure is finished, the document D1 is fed to the inverting path of the discharge portion, in a state in which the leading end is held in the second driven roller 102, a registration roller 90, conveyor belt 95 and the reverse roller 10,
0が一時停止する(図54参照)。 0 is paused (see FIG. 54).

【0080】所定時間後、反転ローラ100が再び回転し、搬送ベルト95が逆転して原稿D1の搬送が再開される。 [0080] After a predetermined time, again rotates the reversing roller 100, the conveyance of the document D1 is resumed conveyor belt 95 is reversed. これにより、原稿D1は反転経路を通過して再び原稿台ガラス29上に送られ、露光位置SPにセットされて原稿裏面が複写される(図55参照)。 Accordingly, the document D1 passes through the reverse path is sent onto the document glass 29 again, the original back side is copied is set in the exposure position SP (see FIG. 55). 原稿裏面の複写が終了すると、原稿D1は再び反転経路に搬送され、今度は原稿表面が複写される(図56,57参照)。 When the document back surface of the copying is completed, the document D1 is conveyed to the reversing path again, this time the document surface is copied (see Fig. 56, 57). 原稿表面の露光動作が終了すると、レジストローラ90、搬送ベルト95、及び反転ローラ100が回転し、切替爪103が逆方向に動作し、一枚目の原稿は排紙トレイ115上に排出される(図58参照)。 When the exposure operation of the document surface is finished, the resist roller 90, the conveyor belt 95, and the reversing roller 100 rotates, it operates the switching claw 103 is reverse, the first sheet of the document is discharged onto the paper discharge tray 115 (see Figure 58). 一枚目の原稿が排出されると切替爪103が再び動作して、2 If one of the document is discharged switching claw 103 operates again, 2
枚目の原稿を反転するために原稿搬送経路を反転経路に切り替える(図59参照)。 Switching the reversing path the document conveying path for reversing a sheet of the document (see Figure 59). 2枚目の原稿は、一枚目の原稿の表面の露光中にレジストローラ90の位置に搬送され(図57参照)、一枚目の原稿が原稿台ガラス29 The second document is conveyed during the exposure of the first sheet of the surface of the original to the position of the registration rollers 90 (see FIG. 57), single-sheet document is the document glass 29
から排出された直後に、原稿台ガラス29上の露光位置SPに供給され、一枚目の原稿と同様に処理される(図60〜63参照)。 Immediately after being discharged from and supplied to the exposure position SP on the platen glass 29, it is processed in the same manner as the first sheet of the document (see Figure 60-63).

【0081】《カウントモード》カウントモードについて説明する。 [0081] For the "Count mode" count mode will be described. カウントモードとは、ADF60を使用してコピー処理を開始する前に、予め原稿をコピー動作を伴うことなくADF60で一巡させ、原稿の枚数をカウントするモードをいう。 Count mode before starting the copying process using the ADF 60, is round at the ADF 60 without previously copying operation of the document refers to a mode for counting the number of originals. 2イン1モードにおいて原稿が奇数枚であると、最終ページから給紙を開始するADF When a document is odd number in 2-one mode, ADF starting the paper feed from the last page
60では、1頁目の画像が1枚のコピー用紙の半分に形成される不具合、即ち、コピーの表紙の半分が白紙になる不具合が生じる。 In 60, a problem that the first page of image is formed on one half of one copy paper, i.e., occurs problem that half of the front page of the copy is blank. 従って、予めADF60が原稿枚数をカウントし、奇数枚であれば最初に給紙される最終ページ原稿に関しては1枚のみプラテンガラス29上に搬送し、その後の原稿は前述の2イン1モードで搬送することとする。 Thus, pre ADF60 counts the number of documents, if an odd number is first conveyed onto the platen glass 29 only one respect last page document is fed, the subsequent document transport in the foregoing 2-one mode of I decided to. また、両面コピー、合成コピーでも類似の不具合が生じるため、カウントモードで予め原稿枚数をカウントすることが必要となる。 Further, duplex copying, since the defect also similar synthetic copy occurs, it is necessary to count the advance number of document sheets in the count mode.

【0082】カウントモードではコピー動作を伴わないため、できるだけ高速(短時間)で処理することが好ましい。 [0082] Since the count mode without copying operation, it is preferred to treat with as fast as possible (short). しかし、本ADF60では原稿の先端をプラテンガラス29の搬送方向下流側の基準位置SPで停止させる方式を採用しているため、カウントモードにおいてもこの基準位置SPで停止させると、原稿と原稿の間隔が大きくなってしまい、空送りしている時間が多くなる。 However, since the leading end of the document in this ADF60 employs a method to stop at the reference position SP of the downstream side of the platen glass 29, when also stopped at the reference position SP in the count mode, the original and the original spacing will be increases, the greater the time that the sky feed.

【0083】そこで、カウントモードにあっては、原稿の後端がプラテンガラス29上の停止基準位置X(図2 [0083] Therefore, in the count mode, the stopping criteria on trailing edge of the document platen glass 29 position X (FIG. 2
9参照)に到達した時点を基準として原稿を一旦停止させることとした。 It was decided to temporarily stop the document on the basis of the time of reaching the 9 reference). これによって、カウントモード実行中における原稿の間隔が停止基準位置Xからレジストローラ90のニップ部までの長さとなり、処理時間が大きく短縮される。 Thus, the spacing of the document during the count mode execution is the length of the nip portion of the registration roller 90 from the stop reference position X, the processing time is reduced significantly. 原稿の後端が基準位置Xに到達したことは、レジストセンサSE2で原稿の後端を検出してからメインモータM3を駆動するパルス数をカウントすることによって検出することができる。 The rear end of the document has reached the reference position X can be detected by counting the number of pulses for driving the main motor M3 from the detection of the trailing edge of the document by the registration sensor SE2.

【0084】なお、ここでの基準位置Xは図29に示した位置のみならず、任意に設定でき、コピー動作時の停止基準位置SPよりも上流側であれば、カウントモード時の処理時間の短縮に寄与する。 [0084] Here, the reference position X in not only the position shown in FIG. 29, can be arbitrarily set as long as the upstream side of the stop criterion position SP during copying operation, the count mode of the processing time It contributes to the shortening. また、基準位置Xは原稿台ガラス29上に設定する必要はなく、レジストローラ90のニップ部より下流側であればよい。 The reference position X need not be set on the platen glass 29, it may be a downstream side of the nip portion of the registration rollers 90. 基準位置X A reference position X
がレジストローラ90のニップ部に近付く程処理時間が短縮されることとなる。 There so that the processing time enough to approach the nip portion of the registration roller 90 is shortened.

【0085】さらに、カウントモードではADF60がコピー処理時に原稿を搬送する基準スピードより速いスピードで原稿を搬送することが好ましい。 [0085] Furthermore, the count mode is preferably conveys the document at a faster speed than the reference speed for conveying the document at ADF60 copy process. さらにまた、 Furthermore,
カウントモードのみならず、コピー動作を遅延させることとなるADF60の動作、即ち、前述したコピー生産性100%を低下させる原因となる動作を実行する際には、原稿搬送スピードを基準スピードより速めることが好ましい。 Not counting mode only, operation of ADF60 as a delaying copying operation, i.e., when performing an operation causes a reduction in the copy productivity of 100% as described above may be accelerated from the reference speed of the document transport speed It is preferred. コピー動作を遅延させる動作とは、両面原稿を反転ローラ100で反転させるとき、最初に給紙される原稿を露光基準位置SPまで搬送するとき、最後に給紙される原稿を原稿台ガラス29からトレイ115へ排出するときである。 The operation of delaying the copying operation, when reversing the duplex document with the reverse roller 100, when conveying a document which is first feeding to the exposure reference position SP, the original to be finally feeding the platen glass 29 it is time to discharge to the tray 115.

【0086】《ADF60の制御回路及び制御手順》A [0086] "ADF60 of the control circuit and control procedures" A
DF60の制御回路と制御手順について説明する。 It described control circuit and the control procedure of the DF60. 図6 Figure 6
4は複写機の制御回路を示し、この制御回路は複写機本体1を制御するCPU1、ADF60を制御するためのCPU2(図65参照)を備えており、CPU1,CP 4 shows a control circuit of the copying machine, the control circuit includes a CPU 2 (see FIG. 65) for controlling the CPU 1, ADF 60 for controlling the copying machine body 1, CPU 1, CP
U2は必要なタイミングでそれぞれ情報を交換する。 U2 will exchange each information in a necessary timing.

【0087】以下、複写機の制御についてフローチャートを参照して具体的に説明する。 [0087] will be specifically described with reference to the flowchart for control of the copying machine. ところで、以下の制御において、オンエッジとはスイッチ、センサ、信号等がオフ状態からオン状態に切り換わることを意味し、オフエッジとはスイッチ、センサ、信号等がオン状態からオフ状態に切り換わることを意味する。 Incidentally, in the following control, switch the on-edge, sensors, signals, and the like means that switches from the OFF state to the ON state, the switch from the off-edge sensors, that switches signals, and the like from the ON state to the OFF state means. また、センサSE Further, the sensor SE
1,SE2,SE3,SE10,SE11,SE12は光軸が遮蔽されたときオンし、開放されるとオフするものとする。 1, SE2, SE3, SE10, SE11, SE12 is turned on when the optical axis is shielded and when opened shall be off. フラグの場合は「1」がオン、「0」がオフとする。 In the case of the flag "1" is on, "0" is turned off.

【0088】《メインルーチン》図66は複写機本体1 [0088] "main routine" Figure 66 is a copying machine main body 1
を制御するCPU1のメインルーチンを示す。 To control the show the CPU1 of the main routine. 電源が投入されてCPU1にリセットが掛かり、プログラムがスタートすると、S1でRAMのクリア、各種レジスタのリセット及び各種機器を初期モードに設定するための初期設定を行う。 Power is reset to the CPU1 is turned on and the program starts, initialization is performed for setting RAM clearing, resetting and various devices various registers to the initial mode in S1. 続いて、S2で内部タイマをスタートさせる。 Then, an internal timer is started in S2. 内部タイマはこのメインルーチンの1ルーチンの所要時間を定めるもので、その値はS1でセットされる。 The internal timer which defines a time for one cycle of the main routine, its value is set at S1. また、この内部タイマは各サブルーチンで登場する各種タイマのカウントの基準となる。 Further, the internal timer is the reference count of the various timers are set in the respective subroutines.

【0089】次に、S3〜S10の各サブルーチンを順次コールして必要な処理を行い、S11で内部タイマの終了を待ってS2へリターンする。 Next, make the necessary processing sequentially call each subroutine of S3~S10, returns to the S2 waiting for the completion of the internal timer in S11. S3は操作パネル等から入力された情報を処理する入力処理サブルーチン、 Input processing subroutine S3, for processing the information inputted from the operation panel or the like,
S4は操作パネルに配置されている各種表示部の表示を処理する表示処理サブルーチン、S5はコピー用紙をタイミングローラ38まで給紙するサブルーチン、S6は感光体ドラム10の表面電荷をイレースするサブルーチン、S7は光学系20をスキャンさせて感光体ドラム1 S4 are in display processing subroutine to handle the display of display units disposed on the operation panel, the subroutine S5, to-feed the copy paper to the timing roller 38, the subroutine for erasing the surface electric charge of the photosensitive drum 10 S6, S7 and it causes the scanning optical system 20 the photosensitive drum 1
0上に静電潜像を形成するサブルーチン、S8は原稿サイズと複写倍率から適当なサイズのシートを自動的に選択するAPS(シート自動選択)処理サブルーチン、S 0 subroutine for forming an electrostatic latent image on, S8 is APS (sheet automatic selection) for automatically selecting the appropriate size of the sheet from the copy magnification and the original size processing subroutine, S
9は原稿台ガラス29上における原稿停止位置を調整する停止位置調整処理サブルーチン、S10はその他の処理、即ち、感光体ドラム10やその周囲のエレメントの駆動、コピー用紙の搬送、定着、紙詰まり検出等の処理や、停止位置調整モードに入った時に、原稿台ガラス2 9 stop position adjustment subroutine for adjusting the document stop position on the platen glass 29, S10 other processes, i.e., driving of the photosensitive drum 10 and the element surrounding the conveyance of copy paper, a fixing, a paper jam detection processing and the like, when entering the stop position adjustment mode, the platen glass 2
9上における原稿停止位置を調整するための処理を行うサブルーチンである。 A subroutine performs a process for adjusting the document stop position on 9. なお、CPU1はCPU2とシリアル通信ラインを介して接続されており、その送受信は割込み処理にてS12で行われる。 Incidentally, CPU 1 is connected via the CPU2 and serial communication line, the transmission and reception is performed in S12 in the interrupt processing.

【0090】《APS処理ルーチン》APS制御ルーチンでは、図67に示すように、S8−1でAPSモードが選択されているか否かを判定する。 [0090] In the "APS routine" APS control routine, as shown in FIG. 67, it is determined whether APS mode S8-1 is selected. このAPSモードは、複写機本体1の操作パネルに設けたAPSモード選択キー(図示せず)によって設定及び設定/解除される。 The APS mode is set and set / canceled by APS mode selection key provided on the operation panel of the copying machine main body 1 (not shown). そして、APSモードが選択されていれば、S8− And, if the APS mode is selected, S8-
2でAPS処理、すなわち原稿サイズと複写倍率から最適サイズのシートが給紙部から供給される。 2 in APS process, that is supplied from the sheet feeding part from optimal size from the copy magnification and the original size. ここで、適合サイズのシートが給紙部に収容されていればリターンし(S8−3)、適合サイズのシートが給紙部に収容されていなければS8−4でスイッチSW2がオンされているか否かを判定する。 Here, if sheet size fit is returned if it is accommodated in the paper feed section (S8-3), sheet size fit switch SW2 at S8-4 if not accommodated in the sheet feeding unit is turned on and determines whether or not. このスイッチSW2は、インチ系のサイズをメトリック系のサイズ(Aサイズ又はBサイズ)に変換する否かを指示するスイッチで、例えば、 The switch SW2 is a switch for instructing whether or not to convert the size of the inch system to the metric system size (A size or B-size), for example,
メトリック系のサイズを基準サイズとしている複写機では、スイッチSW2がオンされると、S8−5でAPS In the copying machine the size of the metric system is a standard size, the switch SW2 is turned on, APS at S8-5
モードで読み取ったインチ系のサイズを以下の表1のように変換し、S8−6で変換後のサイズシートが収容されている給紙部から給紙する。 The imperial size read in mode conversion as shown in Table 1 below, and feeds the paper from the paper feed portion size sheet after conversion are accommodated in S8-6. 逆に、スイッチSW2がオフされると、表1の右側のメトリック系サイズは左側のインチ系サイズに変換される。 Conversely, the switch SW2 is once turned off, the right side of the metric system the size of the table 1 is converted into left Inch size. なお、この表において、Lは縦方向(長手方向)、Tは横方向(短辺方向) Note that in this table, L is the vertical direction (longitudinal direction), T is transverse (short side direction)
を意味する。 It means.

【0091】 [0091]

【表1】 読取サイズ 変換後のサイズ レター(L/T) →A4(L/T) リーガル →B4(L) FLS →B4(L) 11×15(L) →A3(L) 11×17(L) →A3(L) [Table 1] size after reading size conversion letter (L / T) → A4 (L / T) Legal → B4 (L) FLS → B4 (L) 11 × 15 (L) → A3 (L) 11 × 17 ( L) → A3 (L)

【0092】《原稿停止位置処理》原稿停止位置処理(S9)では、図64に示すように、S9−1で原稿停止位置調整スイッチSW1がオンされているか否か判定する。 [0092] In "document stop position processing" document stop position processing (S9), as shown in FIG. 64, it is determined whether the document stop position adjustment switch SW1 is turned on at S9-1. この原稿停止位置調整スイッチSW1は例えば複写機本体1の背後に設け、通常の状態ではユーザの見えない所に配置するのが好ましい。 This provided the original stop position adjustment switch SW1 behind example of the copying machine main body 1, preferably located out of sight of the user under normal conditions. そして、原稿停止位置調整スイッチSW1がオフされていればリターンし、オンされていればS9−2で原稿モードを判定し、片面モード、両面モード2イン1モードのいずれかに応じてそれぞれS9−3,S9−4,S9−5に分岐し、10キーから入力された原稿停止位置の調整量ADJ1,AD Then, the process returns if the original stop position adjusting switch SW1 long been turned off, to determine the original mode in S9-2 if it is turned on, simplex mode, respectively according to any one of the duplex mode 2-one mode S9- 3, S9-4, branches to S9-5, the input original stop position from the 10 key adjustment amounts ADJ1, AD
J2,ADJ3を複写機本体1のRAMにメモリしてリターンする。 J2, ADJ3 memory to return to the copying machine of the body 1 RAM a.

【0093】ここで、調整量ADJ1は、片面モードと2イン1モードにおける原稿停止位置調整用データで、 [0093] Here, the adjustment amount ADJ1 is in simplex mode for data and document stop position adjustment in the two-in-one mode,
原稿搬送方向に関して上流側に原稿停止位置を移動させる場合はプラス数値が入力され、逆に、下流側に原稿停止位置を移動させる場合はマイナス数値が入力される。 When moving the original stop position on the upstream side with respect to the document conveying direction plus numerical value is input, conversely, the case of moving the document stop position on the downstream side negative number is entered.
調整量ADJ2は両面モードにおける原稿停止位置調整用データで、移動方向に応じてプラス数値又はマイナス数値が入力される。 Adjustment amount ADJ2 the data document stop position adjustment in the duplex mode, plus value or minus numerical value according to the moving direction is inputted. ADJ3は2イン1モードにおいて、原稿台ガラス29上に配置される2枚の原稿の間隔調整量を意味し、プラス数値は原稿間隔を広げ、マイナス数値は原稿間隔を縮めることを意味する。 ADJ3 in 2 in 1 mode, means spacing adjustment amount of the two documents placed on the platen glass 29, positive numbers spread manuscript interval, negative numbers means that reducing the original spacing. 複写機本体1のRAMに格納されたこれらの調整量ADJ1〜3 These stored in the copying machine main body 1 RAM adjustment amount ADJ1~3
は、複写機本体のCPU1からADF60のCPU2に送信され、そのデータに基づいて駆動系が制御される。 Is sent from the copying machine main body of CPU1 to CPU2 of ADF 60, the drive system is controlled based on the data.
これにより、10キーから調整量ADJ1,ADJ2, As a result, the adjustment amount ADJ1, ADJ2 from 10 key,
ADJ3を入力することにより、各種モードにおける原稿停止位置や2インモード時に同時に露光される2枚の原稿の間隔を適正な値に調節できる。 By inputting ADJ3, the distance between the two documents to be simultaneously exposed to the original stop position and 2-in mode in various modes can be adjusted to a proper value.

【0094】《イレース》図69はS6で実行されるイレースのサブルーチンを示す。 [0094] "erase" Figure 69 shows a subroutine for erase executed in S6. 本サブルーチンでは、まずS6−1で前半イレースフラグが「1」か否かを判定する。 In this subroutine, first half erase flag S6-1 is determined whether "1". そして、前半イレースフラグが「1」ならば、S And, if the first half erase flag is "1", S
6−2で、原稿台ガラス上に置かれている原稿に対応した感光体上の領域の前半部分の電荷をイレーサ13で除去する。 6-2, to remove the charge of the first-half portion of the area on the photosensitive member corresponding to the document is placed on the platen onto glass eraser 13. 例えば、原稿台ガラス上に置かれている原稿サイズ又は原稿の配置位置からすれば、本来感光体上にはA3サイズに対応した領域を帯電すべきような場合、この前半イレーサフラグが「1」に設定されていれば、上記A3サイズに対応した感光体上の帯電領域における前半部分を照明して電荷を除去する。 For example, if the arrangement position of the original size or original is placed on the platen on the glass, originally case on the photoreceptor such as to be charged area corresponding to the A3 size, the first half eraser flag is "1" if it is set to, to remove the charges by illuminating the first half in the charging area on the A3 photosensitive member corresponding to the size. 一方、前半イレーサフラグが「0」の場合、S6−3で後半イレースフラグが「1」か否か判定し、後半イレースフラグが「1」ならば、S6−4で原稿台ガラス29上に置かれている原稿に対応した感光体上の領域の後半部分の領域の電荷をイレーサ13で除去する。 On the other hand, the first half when the eraser flag is "0", erase flag it is determined whether or not "1" late in the S6-3, if the second half erase flag is "1", location on the platen glass 29 at S6-4 the charge of the second half of the area of ​​the region on the photosensitive member corresponding to that he document is removed by the eraser 13. しかし、後半イレースフラグも「0」ならば、S6−5で像間部をイレースする。 However, the second half erase flag if also "0", to erase the image between the portion at S6-5.

【0095】具体的に、最終原稿から給紙する形式のA [0095] Specifically, the format-feed from the final document A
DFを採用する場合、2イン1モードが設定され、原稿トレイ61に奇数枚の原稿がセットされると、最終頁の原稿に対する複写処理において上記前半イレースフラグが「1」に設定されてCPU1に送信され、これにより最終頁の原稿はその先端をIPに一致させて原稿台ガラス29上にセットされ、スケール120から原稿までの領域に対応した感光体上の領域の帯電電荷が除去される。 When employing DF, is set 2-in-1 mode, the document odd number on the document tray 61 is set, the copy processing for the last page of the document the first half erase flag in the CPU1 is set to "1" transmitted, thereby document the last page is set on the platen glass 29 to match the tip IP, charge area on the corresponding photoreceptor to the region from the scale 120 to the document is removed. 後半イレースフラグは、2イン1モードが設定され、原稿台ガラス上にセットされる一対の原稿のうち2 Late erase flag is 2-one mode is set, a pair of original to be set on the platen on the glass 2
枚目の原稿が大サイズの場合に「1」にセットされてC Is set to "1" in the case sheet of the document is of large size C
PU1に送信され、これにより2枚目の原稿に対応した感光体上の領域の帯電電荷が除去される。 It is sent to the PU1, thereby charging the charge area on the photosensitive member corresponding to the second document is removed. なお、2枚目の原稿は、その次に単独で一枚のシートにその全面が複写される。 Incidentally, the second document, the entire surface is copied on a single sheet alone next.

【0096】《スキャン》図70はS7で実行される光学系20によるスキャンのサブルーチンを示す。 [0096] "scan" Figure 70 shows a subroutine for scanning by the optical system 20 to be executed in S7. まず、 First of all,
S7−1でプレステップモードか否かを判定し、S7− Determining whether the pre-step mode in S7-1, S7-
2でフラグLSIZEが「1」か否かを判定し、S7− 2 a flag LSIZE it is determined whether "1", S7-
3で既に小サイズ用紙が給紙されたか否かを判定する。 3 already determined whether small-sized paper is fed.
フラグLSIZEは大サイズの原稿が露光位置にセットされた場合に「1」にセットされ、CPU1に送信される。 Flag LSIZE the original large size is set to "1" when it is set in the exposure position, it is transmitted to the CPU 1. S7−1、S7−2,S7−3で全てYESと判定されると、S7−4でブックスキャンを処理する。 S7-1, S7-2, it is determined that all YES at S7-3, processing the workbook scan at S7-4. ブックスキャンとは前述のプレステップモードでの原稿搬送で説明したブック分割コピー処理における光学系20のスキャン形態をいう。 The book scanning refers to a scanning form of the optical system 20 in the book division copy processing described in the document conveying in the aforementioned pre-step mode. そして、S7−5でブックスキャンの後半スキャン時に画像を転写するための用紙を先出し給紙する。 Then, first-out and fed to the paper for transferring an image in the second half when scanning a book scanned at S7-5.

【0097】《パルス、タイマの説明》ADF60を制御するCPU2の制御手順を説明する前に、制御で使用されるカウンタ、メインモータM3を制御するパルス、 [0097] Before describing the CPU2 control procedure for controlling the "pulse, the description of the timer" ADF 60, the counter used in the control, a pulse for controlling the main motor M3,
タイマについて説明する。 The timer will now be described.

【0098】カウンタDCNT1:複写機本体1にコピー用紙を給紙させるために使用され、その値はCPU1 [0098] Counter DCNT1: is used to feed the copying paper to the copying machine main body 1, the value CPU1
へ割込み処理で送信される。 It is transmitted in the interrupt processing to. 原稿がトレイ61にセットされると(エンプティセンサSE1がオンされると) When a document is set on a tray 61 (the empty sensor SE1 is on)
「1」にセットされ、レジストセンサSE2のオフエッジでセンサSE1がオンであればインクリメントされ、 Is set to "1", the sensor SE1 in off-edge of the registration sensor SE2 is incremented if ON,
原稿の交換を要求するフラグDCHGのオンエッジでデクリメントされる。 Is decremented by on-edge of the flag DCHG requesting replacement of the original. 複写機本体1ではDCNT1の値にコピー部数を乗じた枚数の用紙を給紙するように制御する。 The value of the copying machine in the main body 1 DCNT1 number of sheets multiplied by the number of copies is controlled so as to feed.

【0099】カウンタDCNT2:カウントモードにおいてADF60の搬送路内にある原稿の枚数をカウントする。 [0099] Counter DCNT2: In count mode for counting the number of documents in the transport path of the ADF 60. レジストセンサSE2のオンエッジでインクリメントされ、原稿の排出が完了するとデクリメントされる。 It is incremented by on-edge of the registration sensor SE2, and decremented when the discharge of the document is completed.

【0100】カウンタDCNT3:プレステップモード及び2イン1モードにおいて、原稿交換処理時に排出される枚数をカウントするために使用される。 [0100] Counter DCNT3: in the pre-step mode and the two-in-one mode, is used to count the number of emitted during the document exchange. 原稿交換処理で原稿台ガラス29上にセットされた原稿の枚数をセットされ、原稿の排出が完了するとデクリメントされる。 Set the number of original set on the platen glass 29 by the document exchange process, is decremented when the discharge of the document is completed.

【0101】カウンタGCNT:コピー処理中に原稿枚数をカウントするために使用される。 [0102] Counter GCNT: is used to count the number of documents during the copy process. レジストセンサS Registration sensor S
E2のオフエッジでインクリメントされ、コピー処理の終了時にリセットされる。 Is incremented by off-edge of E2, it is reset when the copying process is completed.

【0102】カウンタPLSCNT1:メインモータM [0102] counter PLSCNT1: the main motor M
3がオンされてからのパルス数をカウントする。 3 counts the number of pulses from being turned on. 正転時はインクリメントされ、逆転時はデクリメントされる。 Forward rotation is incremented, when the reverse is decremented.

【0103】カウンタPLSCNT2:レジストセンサSE2がオフされてからのメインモータM3のパルス数をカウントする。 [0103] Counter PLSCNT2: registration sensor SE2 counts the number of pulses of the main motor M3 from being turned off. 正転時にインクリメントされ、逆転時にデクリメントされる。 Is incremented at the time of the normal rotation, it is decremented at the time of reversal.

【0104】カウンタSIZCNT1:原稿のサイズを検出するために使用される。 [0104] counter SIZCNT1: is used to detect the size of the document. レジストセンサSE2がオフしたときPLSCNT1の値がストアされる。 The value of PLSCNT1 when the register sensor SE2 is turned off is stored.

【0105】パルスP01:プレステップモードで小サイズ原稿が搬送されるとき、メインモータM3が正転駆動されてから減速されるまでのパルス数。 [0105] Pulse P01: When the small-size document in the pre-step mode is transported, the number of pulses until the main motor M3 is decelerated after being driven forward. また、このパルス数の終了時点で次の原稿の先出し給紙が開始される。 Also, first-out feeding of the next document is started at the end of the pulse number.

【0106】パルスP02:プレステップモードで小サイズ原稿が搬送されるとき、メインモータM3が正転駆動されてからオフされるまでのパルス数であり、L/2 [0106] Pulse P02: When the small-size document in the pre-step mode is transported, a number of pulses until the main motor M3 is turned off after being driven forward, L / 2
に相当する。 It corresponds to.

【0107】パルスP03:プレステップモードで小サイズ原稿以外のとき、メインモータM3が正転駆動されてから減速されるまでのパルス数。 [0107] Pulse P03: When in the pre-step mode other than small-size document, the number of pulses until the main motor M3 is decelerated after being driven forward. また、このパルス数の終了時点で次の原稿の先出し給紙が開始される。 Also, first-out feeding of the next document is started at the end of the pulse number.

【0108】パルスP04(Lに相当):プレステップモードで小サイズ原稿が搬送されるとき以外に、メインモータM3が正転駆動されてからオフされるまでのパルス数。 [0108] Pulse P04 (corresponding to L): except when small-size document in the pre-step mode is transported, the number of pulses until the main motor M3 is turned off after being driven forward.

【0109】パルスP05:2イン1モードでプラテンガラス29上に小サイズ原稿が2枚セットされており、 [0109] pulse P05: are small-sized document is two set on the platen glass 29 in the two-in-one mode,
次に大サイズ原稿が搬送されるとき、メインモータM3 The next time the large-size original is conveyed, a main motor M3
が正転駆動されてから減速されるまでのパルス数。 There number of pulses until the decelerated after being driven forward.

【0110】パルスP06(A4横送り+α、又はL/ [0110] pulse P06 (A4 transverse feed + α, or L /
2に相当):2イン1モードでプラテンガラス29上の小サイズ原稿2枚に続いて大サイズ原稿が搬送されるとき、メインモータM3が正転駆動されてからオフされるまでのパルス数(前原稿排出のために一旦停止させる)。 Corresponds to 2): 2 when the in-1 mode Following two small-size document on the platen glass 29 and the large-size document is conveyed, the number of pulses until the main motor M3 is turned off after being driven forward ( once stopped for before the original discharge).

【0111】パルスP07:2イン1モードで小サイズ原稿が搬送されるとき、レジストセンサSE2がオフされてからメインモータM3が逆転駆動されるまでのパルス数。 [0111] Pulse P07: 2 When in the small-sized document in 1 mode is transported, the number of pulses of the registration sensor SE2 from being turned off until the main motor M3 is driven in the reverse direction.

【0112】パルスP08:2イン1モードで小サイズ原稿がスイッチバックされるときのパルス数。 [0112] pulse P08: the number of pulses when the small size document is switched back in the two-in-one mode.

【0113】パルスP09:カウントモードでレジストセンサSE2がオフされてからメインモータM3をオフするまでのパルス数。 [0113] Pulse P09: number of pulses from the register sensor SE2 in count mode is turned off until the turn off the main motor M3.

【0114】タイマT101:ピックアップモータM1 [0114] timer T101: pickup motor M1
がオフされてから給紙モータM2をオンするタイミングをとる。 There timed to turn on the feed motor M2 from being turned off.

【0115】タイマT102:レジストセンサSE2がオンされてから給紙モータM2をオフするタイミングをとる。 [0115] Timer T102: registration sensor SE2 takes the timing of turning off the feed motor M2 from being turned on.

【0116】タイマT201:メインモータM3がオフされてからストッパソレノイドSL1をオフするタイミングをとる。 [0116] timer T201: the main motor M3 to take the timing of turning off the stopper solenoid SL1 from being turned off.

【0117】タイマT202:2イン1モードでレジストセンサSE2がオフされてからピックアップモータM [0117] timer T202: 2-in-1 mode resist pickup motor from the sensor SE2 is turned off by M
1をオンするタイミングをとる。 Take the timing to turn on 1.

【0118】タイマT301:排出センサSE3がオフされてから排出モータM4をオフするタイミングをとる。 [0118] Timer T301: discharge sensor SE3 takes the timing of turning off the discharge motor M4 from being turned off.

【0119】タイマT401:第2実施例において、2 [0119] Timer T401: In the second embodiment, 2
イン1モードでラスト2枚の原稿を排出する際、メインモータM3がオンされてからオフするタイミングをとる。 When discharging the document two last in-1 mode, it takes the timing of turning off the main motor M3 is turned on.

【0120】タイマT501:第2実施例において、2 [0120] timer T501: In the second embodiment, 2
イン1モードで原稿をスイッチバックさせる際、メインモータM3を逆転駆動してからオフするタイミングをとる。 When to switch back to the original in-1 mode, it takes the timing of turning off after reversely rotate the main motor M3.

【0121】図71はADF60を制御するCPU2のメインルーチンを示す。 [0121] Figure 71 shows the CPU2 of a main routine for controlling the ADF 60. 電源が投入されてCPU2にリセットが掛かり、プログラムがスタートすると、SS1 Power is reset to the CPU2 is turned on and the program starts, SS1
でRAMのクリア、各種レジスタのリセット及び各種機器を初期モードに設定するための初期設定を行う。 In the initial setting for setting RAM clearing, resetting and various devices various registers to the initial mode. 続いて、SS2で内部タイマをスタートさせる。 Then, an internal timer is started in SS2. 内部タイマはこのメインルーチンの1ルーチンの所要時間を定めるもので、その値はSS1でセットされる。 The internal timer which defines a time for one cycle of the main routine, its value is set by SS1. また、この内部タイマは以下に説明するサブルーチンで登場する各種タイマのカウントの基準ともなる。 Further, the internal timer is also a variety of timer counts the reference appearing in the subroutine to be described below.

【0122】次に、SS3〜SS7の各サブルーチンを順次コールし、必要な処理を行い、SS8で内部タイマの終了を待ってSS2へリターンする。 [0122] Next, in order to call each subroutine of SS3~SS7, make the necessary processing, to return to the SS2 waiting for the completion of the internal timer in SS8. SS3は、AD SS3 is, AD
Fの原稿台ガラスに対する開閉処理及びADFのジャム処理のための各開閉機構の開閉をチェックして、各部が開いているか閉じているかを判断するサブルーチンである。 Check the opening and closing of the opening and closing mechanism for opening and closing process and ADF jam processing on the document glass of the F, is a subroutine to determine or closed each section is open. SS4はADF60の原稿搬送速度を設定するサブルーチンである。 SS4 is a subroutine to set the document conveying speed of ADF60. SS5はプラテンガラス29上で原稿を交換するサブルーチンである。 SS5 is a subroutine to replace an original document on the platen glass 29. SS6は各種タイマのカウントを行うサブルーチンである。 SS6 is a subroutine to perform a count of the various timers. SS7はその他の処理、即ち、A/D変換、入力処理、出力処理、紙詰まり検出等を処理する。 SS7 other processes, i.e., A / D conversion, input processing, output processing, processes the paper jam detection, and the like.

【0123】CPU2に対する割込み処理は、図72に示すように、SS9でメインモータM3を制御する等の各種割込み処理、SS10,SS11でCPU1とのデータ送信処理、データ受信処理が、CPU2のメインルーチンでの処理と関係なく適宜行われる。 [0123] The interrupt processing for the CPU2, as shown in FIG. 72, various interrupt processes for controlling the main motor M3 in SS9, the data transmission process between the CPU1 in SS10, SS11, the data receiving process, CPU2 main routine performed properly regardless of the treatment with.

【0124】《初期設定》図73はS101で実行される初期設定(SS1)のサブルーチンを示す。 [0124] "initialization" Figure 73 shows a subroutine for initialization executed in S101 (SS1). SS1− SS1-
1ではRAM内の各データ、各カウンタをクリアする。 Each data of 1, in the RAM, and clear each counter.
SS1−2ではタイマT101,T102,T202, In SS1-2 timer T101, T102, T202,
T301をリセットする。 To reset the T301. SS1−3では各フラグをリセットする。 In SS1-3 reset each flag. SS1−4では各モータM1,M2,M In SS1-4 motors M1, M2, M
3,M4、スケールソレノイドSL1をオフにする。 3, M4, to turn off the scale solenoid SL1. S
S1−5では内部タイマを所定の値にセットする。 In S1-5 sets an internal timer to a predetermined value. SS SS
1−6では先端規制板及び押圧板が初期のホームポジションにあるか否かをチェックする。 1-6 The leading edge regulating plate and the pressing plate is checked whether the initial home position. SS1−7ではその他の初期設定を処理する。 In SS1-7 to process the other initial settings.

【0125】《ホームチェック》図74に示すホームチェックのサブルーチンは、先端規制板63及び押圧板7 [0125] "home check" Home check subroutine shown in FIG. 74, the distal end regulating plate 63 and the pressing plate 7
0(これらを総称して「ピックアップ部」という。)が所定のホームポジションにあるべきか否かをチェックする。 0 (collectively referred to as "pickup".) It is checked whether or not should be in the predetermined home position. まずSS1−6−1では、センサSE1がオフしているか否かを判定し、SS1−6−2でセンサSE2がオフしているか否かを判定する。 First, in SS1-6-1, sensor SE1 is determined whether or not the OFF, it is judged whether the sensor SE2 is off SS1-6-2. そして、センサSE The sensor SE
1,SE2が共にオフしている場合、すなわち原稿トレイ61に原稿がなく、かつ先出し位置にも原稿がない場合には、SS1−6−3で原稿給紙ステータスKを「1」にセットし、ピックアップ部をホームポジションに復帰させる処理を実行する。 If 1, SE2 are both turned off, i.e., no document on the document tray 61, and when there is no document in the first-out position, sets an original feeding status K to "1" in SS1-6-3 , it executes a process of returning the pick-up unit to the home position. 原稿トレイ61又は先出し位置のいずれか一方に原稿があり、センサSE1又はSE2のいずれか一方がオンしている場合、SS1−6 There is a document in one of the document tray 61 or the first-out position, when one of the sensors SE1 or SE2 is turned on, SS1-6
−4で給紙ステータスKを「2」にセットし、ホームポジションへの復帰処理は実行されず現状を維持する。 Set the feed status K "2" -4, the return process to the home position to maintain the current state not executed.

【0126】《開閉チェック》図75はSS3の開閉チェックサブルーチンの詳細を示す。 [0126] "open check" Figure 75 shows the details of the opening and closing check subroutine of SS3. このサブルーチンでは、SS3−1でADF60が原稿台ガラス29に対して閉じられているか否かを判定する。 In this subroutine determines whether SS3-1 in ADF60 is closed against the platen glass 29. そして、ADF6 Then, ADF6
0が閉じられていれば、SS3−2,SS3−3でそれぞれ給紙側のカバー604、排紙側のカバー606が閉じられているか否か判定し、両カバー604,606が閉じられていればSS3−4で給紙ステータスKが「2」でないか否か判定し、K≠2、すなわちホームポジションにないならば上述のホームチェック処理を実行し(SS3−5)、K=2ならばホームチェック処理を実行することなく、SS3−12でコピー中か否か判定し、コピー中であればSS3−6を実行せず、コピー中でなければ、SS3−6で例えばジャム処理後のADF If 0 is closed, SS3-2, respectively sheet feed side of the cover 604 in SS3-3, whether determined sheet discharge side of the cover 606 is closed, only to the covers 604 and 606 is closed if feed status K is determined whether or not "2" in SS3-4, K ≠ 2, i.e., executes the above-described home checking process if not at the home position (SS3-5), if K = 2 Home without executing the check processing determines whether or not the copy SS3-12, without running the SS3-6 if copying, if not being copied, after a SS3-6 example jam ADF
60内に取り忘れ原稿が有るか否かチェックする。 Take forget the original is to check whether or not in the 60. 一方、SS3−1でADF60が原稿台ガラス29に対して開いていると判定された場合、SS3−7では、AD On the other hand, if the ADF60 is determined to be open to the platen glass 29 at SS3-1, the SS3-7, AD
F60の給紙部又は排紙部に原稿がジャムしていると否とに拘わらず、ジャム状態をリセットする。 Document in the paper feed section or discharge section of the F60 regardless of whether the has jammed, resets the jam. これにより、たとえADF60の内部で原稿がジャムしていても、ADF60を開放すれば原稿台ガラス29上に原稿を載置して複写を行うことができる。 Accordingly, even if the jammed original document even inside the ADF 60, it is possible to perform copying by placing the original on the platen glass 29 when opened ADF 60. したがって、AD Therefore, AD
F60を使用することなく原稿台ガラス29上に原稿を載置して複写しようとするユーザは、ADF60のジャム処理に優先して必要な複写を行うことができる。 User to be copied by placing the original on the platen glass 29 without the use of F60 can perform the necessary replication in preference to jam the ADF 60. 次にジャム状態がリセットされると、若しくは給紙部又は排紙部のカバー604,606が開いている場合には、S Next, when a jam condition is reset, or when the cover 604, 606 of the paper feeding unit or the discharge unit is open, S
S3−8でRAM内の各データ、各カウンタをクリアし、SS3−9でタイマT101,T102,T20 Each data in the RAM, and each counter is cleared at S3-8, timer T101, T102, T20 at SS3-9
2,T301をリセットし、SS3−10で各フラグをリセットし、SS3−11で各モータM1,M2,M 2, T301 and resetting, resetting all flag SS3-10, the motors M1 in SS3-11, M2, M
3,M4、スケールソレノイドSL1をオフする。 3, M4, to turn off the scale solenoid SL1.

【0127】《取り忘れチェック》図76は、SS3− [0127] "takes forget check" FIG. 76, SS3-
6の取り忘れチェックサブルーチンの詳細を示す。 6 takes forget showing the details of the check subroutine. このサブルーチンでは、まずSS3−6−1でセンサSE1 In this subroutine, first, in SS3-6-1 sensor SE1
がオンしているか否か、すなわち原稿トレイ61上に原稿が有るか否か判定する。 There turned on and whether or not it, that determines whether the document is present on the document tray 61. そして、センサSE1がオフ(原稿無し)していれば、SS3−6−10で取り忘れフラグ1、取り忘れフラグ2を「0」にリセットする。 The sensor SE1 is if turned off (no original), is reset takes forget flag 1 in SS3-6-10, it takes forget the flag 2 to "0".
一方、センサSE1がオン(原稿有り)と判定されると、SS3−6−2でセンサSE2がオフか否かすなわちレジストローラの先出し位置に原稿が有るか否か判定し、センサSE2がオフ(原稿無し)していればSS3 On the other hand, when the sensor SE1 is determined on (there document), the sensor SE2 is determined whether there is a document in first-out the off position whether i.e. registration rollers in SS3-6-2, sensor SE2 is off ( as long as no manuscript) SS3
−6−3で取り忘れフラグ1を「0」にリセットし、センサSE2がオン(原稿有り)していればSS3−6− Reset the forgotten flag 1 taken to "0" at -6-3, if the sensor SE2 is turned on (with the document) SS3-6-
4で取り忘れフラグ1を「1」にセットする。 It is set to "1" forget flag 1 taken at 4. 次に、S Then, S
S3−6−5でセンサSE3がオフか否か、すなわち反転部に原稿が無しか否かを判定し、センサSE3がオフ(原稿無し)ならばSS3−6−6で取り忘れフラグ2 S3-6-5 sensor SE3 whether off, that is, whether or not none is document reversing section, forgetting to take sensor SE3 is turned off (no document), then in SS3-6-6 flag 2
を「0」にリセットし、センサSE3がオン(原稿有り)ならばSS3−6−7で取り忘れフラグ2を「1」 The reset to "0", the sensor SE3 is turned on (with the document), then "1" takes forget the flag 2 in SS3-6-7
にセットする。 It is set to. 以上の処理により取り忘れフラグ1、取り忘れフラグ2がセットされると、SS3−6−8で取り忘れフラグ1、取り忘れフラグ2が「0」か否か、つまり取り忘れ原稿が無いと判定されるとリターンし、取り忘れフラグ1,2のいずれかが「1」にセットされていればコピー処理を禁止してリターンする。 Flag 1 left behind by the above process, the forgetting removal flag 2 is set, the flag 1 left behind in SS3-6-8, whether forgetting removal flag 2 is "0", that takes forget that there is no original determination It is is when you return, one of the take forgotten flag 1 and 2 to return banned if the copy process has been set to "1". これにより、SS2−6−9で、原稿が原稿台トレイ61にセットされた時点でADF60内に取り忘れ原稿の有無がチェックされてコピー処理が禁止されるので、ユーザは迅速に対応できる。 Thus, in SS2-6-9, since the document is checked whether the forgetting removal document in ADF60 when it is set on a platen tray 61 the copy process is prohibited, the user is rapid response. また、操作パネル等に取り忘れ原稿の存在位置を表示するものを設ければ、即座に取り忘れ原稿の位置が分かり、迅速な対応が可能となる。 Further, by providing the one that displays the location of forgetting removal document on the operation panel or the like, immediately forgetting removal understand the position of the document, quick response is possible.

【0128】《速度設定》図77はSS4で実行される速度設定のサブルーチンを示す。 [0128] "Speed ​​Setting" Figure 77 shows a subroutine for the speed setting to be executed by SS4. ここでは、搬送ベルト95による原稿搬送速度(ベルトスピード)をV0,V Here, the document conveying speed by the conveyor belt 95 (belt speed) V0, V
1,V2,V3の4種に設定する。 1, V2, set to four V3. ベルトスピードV1,V Belt speed V1, V
2,V3は複写機本体の機種の相違によるコピースピードを3種として、それぞれのコピースピードに対応した値である。 2, V3 as three copies speed due to a difference in the model of the copier body is a value corresponding to each copy speed.

【0129】ベルトスピードV1は、A4横送りでコピースピードが60cpmの機種との組み合わせでコピー生産性100%を維持するスピードである。 [0129] belt speed V1 is a speed copy speed in A4 transverse feed to maintain a 100% copy productivity in combination with the model of 60cpm. つまり、光学系20のリターン時間内に原稿を交換可能となるスピードを意味する。 That means a speed that enables exchange document within the return time of the optical system 20. 具体的には、複写機本体のシステムスピードが300mm/secとすると、A4横送りでのスキャン長さは210mmである。 Specifically, the system speed of the copying machine main body to 300 mm / sec, the scanning length of an A4 lateral feeding is 210 mm. 光学系20のリターン時間は(60sec/60cpm)−(210mm/300mm Return time of the optical system 20 (60sec / 60cpm) - (210mm / 300mm
/sec)=0.3secとなる(cpm:cycle perminitut The /sec)=0.3sec (cpm: cycle perminitut
e)。 e). 図28に示したようにレジストローラ90のニップ部から露光基準位置SPまでの距離をLとすると、プレステップモードでの原稿交換時の搬送距離はL/2であり、原稿交換時間は(L/2V1)となる。 When the distance from the nip portion of the registration rollers 90 to the exposure standard position SP and L as shown in FIG. 28, the transport distance when the document exchange in pre-step mode is L / 2, the document exchange time (L / 2V1) to become. そこで L So L
/2V1≦0.3、V1≧L/2×0.3となる。 The /2V1≦0.3,V1≧L/2×0.3.

【0130】ベルトスピードV2はコピースピードが4 [0130] belt speed V2 is copy speed is 4
5cpmの複写機本体、ベルトスピードV3はコピースピードが30cpmの複写機本体に対応する。 Copier body 5Cpm, belt speed V3 copy speed corresponding to the copying machine main body of 30 cpm. ここではV1>V2>V3となる。 Here is the V1> V2> V3.

【0131】ベルトスピードV0は1枚目の原稿を露光基準位置SPへ搬送するときのスピードであり、コピー生産性を低下させないため、前記ベルトスピードV1よりも大きな値に設定される。 [0131] Belt speed V0 is speed when conveying the first original to the exposure reference position SP, so as not to lower the copy productivity, is set to a value greater than the belt speed V1. また、ベルトスピードは、 In addition, the belt speed,
プレステップモード以外の場合、即ち、両面原稿搬送モードや原稿枚数のカウントモード等の場合にも、V0に設定される。 Otherwise the pre-step mode, i.e., in the case of the count mode or the like of the two-sided document conveyance mode and the number of documents are set to V0.

【0132】このサブルーチンでは、まず、SS4−1 [0132] In this subroutine, first, SS4-1
で1枚目の原稿を露光位置SPにセットする処理が完了する前か否かを判定する。 In determining whether prior treatment to set the first original at the exposure position SP is completed. 完了前であれば、SS4−2 If before completion, SS4-2
でベルトスピードをV0に設定する。 In to set the belt speed to V0. 完了していれば、 If completed,
SS4−3でプレステップモードか否かを判定し、プレステップモードでなければ前記SS4−2へ移行する。 Determining whether the pre-step mode SS4-3, the process proceeds to the SS4-2 if not pre-step mode.
プレステップモードであればSS4−4でコピースピードをチェックする。 To check the copy speed at SS4-4 if the pre-step mode. コピースピードはCPU1から送信された複写機本体1のコピースピードデータに基づいてチェックする。 Copying speed is checked based on the copy speed data of the copying machine main body 1 transmitted from the CPU 1. コピースピードが60cpmであれば、 If the copy speed is a 60cpm,
SS4−5でベルトスピードをV1に設定し、45cp The belt speed is set to V1 at SS4-5, 45cp
mであればSS4−6でベルトスピードをV2に設定する。 If m in SS4-6 to set the belt speed to V2. また、30cpmであればSS4−7でベルトスピードをV3に設定する。 In addition, to set the belt speed to V3 at SS4-7 if 30cpm. また、ベルトスピードがV0にセットされている場合には、SS4−8でCPU2から出力される電流制御値をI0Aにセットする。 Also, if the belt speed is set to V0 sets the current control value output from the CPU2 in SS4-8 to I0a. 同様に、ベルトスピードがV1,V2,V3にセットされている場合には、それぞれSS4−9,SS4−10,SS4−1 Similarly, if the belt speed is set to V1, V2, V3, respectively SS4-9, SS4-10, SS4-1
1で電流制御値をI1A,I2A,I3Aにセットする。 It sets the current control value by 1 I1A, I2A, the I3A.

【0133】次に、図78に示すように、SS4−12 [0133] Next, as shown in FIG. 78, SS4-12
で最終原稿の排出状態か否か、SS4−15で両面モードで原稿の裏面から表面に反転する為にメインモータM In whether the discharge state of the final document, the main motor M in order to reverse the back side of the document to the surface in duplex mode with SS4-15
3を正転させている最中か否か判定する。 3 determines whether midst of rotated forward to. そして、AD Then, AD
F60がこれらのいずれかの状態にセットされている場合、そのとき搬送ベルト95にかかる負荷が小さいので、SS4−13でメインモータM3を通常の台形制御する(図79(a)参照)。 If F60 is set into one of these conditions, since the load on the conveyor belt 95 at that time is small, normally the trapezoid control the main motor M3 in SS4-13 (see FIG. 79 (a)). また、この状態では原稿を捌き部から引き抜くことも不要で、メインモータM3に過大な負荷がかからないので、SS4−14で電流制御値をI4Aほど下げる。 It is also not necessary to pull out the document from the separating section in this state, since not impose an excessive load on main motor M3, lowering the current control value as I4A in SS4-14. 一方、最終原稿の排出状態でなく、又は両面モードで原稿表面のセット動作中でない場合には、SS4−16でメインモータM3が減速中か否か判定し、減速中(図79(a)参照)であればメインモータM3の必要トルクは小さく、又、捌き部には原稿がかんでいないので負荷の小さいので、SS4−14で電流制御値をI4Aほど下げる。 On the other hand, instead of the discharge state of the final document, or if not in the set operation of the document surface in duplex mode, the main motor M3 is determined whether or not the deceleration in SS4-16, during deceleration (Fig. 79 (a) see ) is required torque of the main motor M3 if small, also because small load because no biting document in the separating portion, lowering the current control value as I4A in SS4-14. しかし、SS4−1 However, SS4-1
2,SS4−15,SS4−16で、最終原稿の排出中でない、又は両面モードで原稿表面のセット動作中でない、若しくはメインモータモータM3が減速中でないと判定された場合−すなわちレジスト部又は捌き部に原稿が存在する場合、先出し位置で停止している原稿のループが解消されたとき、このときはメインモータM3にかかる負荷変動が大きいので、ループ解消までは一定の低速度でステッピングモータM3を駆動し、ループ解消時に加速する制御を行う(SS4−17)(図79 2, SS4-15, in SS4-16, not being the final document discharge or not in the set operation of the document surface in duplex mode, or when the main motor the motor M3 is determined not decelerating - i.e. resist section or loosening when the document is present in the section, when the loop of the document is stopped at the first-out position is eliminated, since this time load change according to the main motor M3 is large, the stepping motor M3 to loop resolved at a constant low speed drives, control is performed to accelerate the time loop eliminated (SS4-17) (FIG. 79
(b),(c)参照)。 (B), (c) refer). 原稿を捌き部から引き抜く場合にはステッピングモータM3には過大な負荷がかかるので、このときは電流値を通常の状態に保持する。 Since an excessive load to the stepping motor M3 is applied in the case of pulling the document from the separating unit, this time to hold the current value in the normal state. つまり、本サブルーチンでは、メインモータM3にかかる負荷に応じて電流値を制御しているので、消費電力の削減につながる。 That is, in this subroutine, since the control current value according to load on the main motor M3, leading to reduction in power consumption.

【0134】なお、ベルトスピードV1,V2,V3はC [0134] In addition, the belt speed V1, V2, V3 is C
PU1からの送信されたデータに基づいて設定する方法以外に、ADF60に内蔵されたディップスイッチによって設定可能としてもよい。 In addition to the method of setting on the basis of the transmitted data from PU1, it may be set by DIP switches incorporated in the ADF 60. あるいは、ADF60の複写機本体1とのコンタクト部にこの種のデータ検出手段を設けてもよい。 Alternatively, there may be provided a data detection means of this type in the contact portion between the copying machine main body 1 of the ADF 60. 具体的には、複写機本体1の上面フレームにコピースピードを示すマグネットを設置し、AD Specifically, installing the magnet showing a copying speed to the upper surface frame of the copying machine main body 1, AD
F60にはそのマグネットを検出するセンサを設置する。 The F60 to install a sensor for detecting the magnet. CPU2はこのセンサからのマグネットが示す信号に基づいて、複写機本体1のコピースピードを読み取り、ベルトスピードを設定する。 CPU2 is based on the signal indicating the magnet from the sensor reads the copying speed of the copying machine main body 1 to set the belt speed.

【0135】《原稿交換》図80はSS5で実行される原稿交換のサブルーチンを示す。 [0135] "document exchange" Figure 80 shows a subroutine for document exchange executed in SS5. このサブルーチンではSS5−2でMODEをチェックし、その値に基づいて以下の処理を行う。 This subroutine checks the MODE in SS5-2, the following process is carried out based on that value. MODEはオペレータによって選択された原稿の搬送形態によって所定の値に設定される。 MODE is set to a predetermined value by conveying the form of a document selected by the operator.

【0136】まず、SS5−1で給紙処理を実行した後、SS5−2でMODEを判定する。 [0136] First, after performing a feed process in SS5-1, it determines MODE in SS5-2. MODEが「0」のときはSS5−3でスタートチェックを処理する。 MODE handles start check in SS5-3 when the "0". 「1」のときはSS5−4でプレステップセット、 Pre-step set in SS5-4 when the "1",
SS5−5で排紙を処理する。 To process the waste paper at SS5-5. 「2」のときはSS5− When "2" SS5-
6で2イン1セット、SS5−7で排紙を処理する。 2-in-1 set at 6, to process the discharged in SS5-7.
「3」のときはSS5−8で原稿枚数のカウント、SS Count of the number of documents in SS5-8 when "3", SS
5−9でカウント排紙を処理する。 5-9 to process count discharged in. 「4」のときはSS SS is the time of "4"
5−10で両面モードに対する給紙処理を実行し、SS Run the feed process for the double-sided mode in 5-10, SS
5−11で排紙処理する。 Processing discharged in 5-11. MODEが前記以外の値のときは、SS5−12でその他の動作、例えば両面モード等を処理する。 When MODE is a value other than said other operation in SS5-12, for example, to process the duplex mode and the like.

【0137】《スタートチェック》図81はSS5−3 [0137] "start check" FIG. 81 SS5-3
で実行されるスタートチェックのサブルーチンを示す。 In showing a subroutine of a start checks that are performed.
このサブルーチンは、MODEが「0」のとき、即ち、 This subroutine, when MODE is "0", that is,
ADF60が待機中の場合に処理される。 ADF60 is processed in the case of waiting. まず、SS5 First of all, SS5
−3−1でエンプティセンサSE1がオンか否かを判定する。 Determining empty sensor SE1 is on or not at -3-1. オンされていなければ、未だ原稿がトレイ61へセットされていない状態であり、SS5−3−2でDC If it is not turned on, a state that has not yet been set document to the tray 61, DC in SS5-3-2
NT1を「0」にリセットする。 To reset the NT1 to "0". センサSE1がオンされると(原稿がトレイ61へセットされると)、SS5 When the sensor SE1 is on (the document is set to the tray 61), SS5
−3−3でDCNT1を「1」にセットし、SS5−3 Set the DCNT1 to "1" at -3-3, SS5-3
−4でフラグDCHGが「1」か否かを判定する。 -4 flag DCHG determines whether "1". フラグDCHGは、「1」のときに原稿の交換を要求するコマンドであり、CPU1から送信される。 Flag DCHG is a command for requesting the replacement of the original when "1" is sent from the CPU 1. このフラグD This flag D
CHGはプリントキーのオン及びコピー部数分のスキャン終了時点で「1」にセットされる。 CHG is set to "1" at the end of the scan time of one and the copy number of copies of the print key. 従って、フラグD Therefore, the flag D
CHGが「0」であれば直ちにリターンし、「1」であればSS5−3−5でこのフラグDCHGを「0」にリセットし、SS5−3−6でステータスKを「3」にセットする。 CHG is immediately return if it is "0", reset this flag DCHG in SS5-3-5 if it is "1" to "0", the status K is set to "3" in SS5-3-6 . ステータスKは給紙のサブルーチンで使用され、「3」にセットされることで原稿を1枚ずつ給紙する。 Status K is used in the subroutine of the sheet feed to feed documents one by one by being set to "3".

【0138】次に、SS5−3−7で原稿モードをチェックする。 [0138] Next, check the original mode in SS5-3-7. プレステップモードであればSS5−3−8 If the pre-step mode SS5-3-8
でMODEを「1」にセットし、2イン1モードであればSS5−3−9でMODEを「2」にセットし、両面モードであればSS5−3−10でMODEを「4」にセットし、カウントモードであれば、SS5−3−11 In and set the MODE to "1", set the MODE in SS5-3-9 if the two-in-one mode is set to "2", the MODE in SS5-3-10 sides in the case of a dual mode to "4" and, if the count mode, SS5-3-11
でMODEを「3」にセットする。 In to set the MODE to "3". なお、それ以外の原稿モードの場合は省略する。 It should be noted, omitted in the case of the other document mode of. カウントモードの場合はこのサブルーチンを終了し、プレステップモードと2イン1モードの場合は、SS5−3−12でDCNT1をデクリメントし、SS5−3−13で送り量セットの処理を実行する。 If the count mode terminates this subroutine, in the case of pre-step mode and the two-in-one mode, decrements the DCNT1 in SS5-3-12, executes the process of feeding amount set by SS5-3-13.

【0139】《送り量セット》図82はSS5−3−1 [0139] "feed amount set" FIG. 82 SS5-3-1
3の2イン1モード時の送り量セットサブルーチンの処理内容を示し、SS5−3−101では、操作パネルの薄紙モード設定スイッチ105aがオフされているか否か、つまり当て込みモード、薄紙モードのいずれに設定されているのかを判定する。 3 of 2-in-1 mode of showing the contents of the feed amount set subroutine, in SS5-3-101, any thin paper mode setting switch 105a of the operation panel is whether it is turned off, i.e. Atekomi mode, the thin paper mode and it determines whether the is set to. この薄紙モード設定スイッチ105aは、ユーザが自由に操作でき、原稿が薄い紙のときに押される。 The thin paper mode setting switch 105a, the user can freely operate, pushed when the document is of thin paper. また、SS5−3−102で停止位置調整モードがセットされているか否か判定し、SS5 Further, it is determined whether or not the stop position adjustment mode is set in SS5-3-102, SS5
−3−103で一枚セットフラグが「0」にセットされているか否か判定する。 -3-103 In determining whether one set flag is set to "0". この一枚セットフラグとは、2 And this one set flag, 2
イン1モード状態で、原稿枚数が奇数枚のときに最終頁原稿(本実施例の複写機では最初に給紙される)が原稿台ガラス29上にセットされたときに「1」に設定される。 In-1 mode, is set to "1" when the final page document when the odd number is the number of documents (in the copying machine of the present embodiment is first feeding) is set on the platen glass 29 that. これらの処理の結果、薄紙モード設定スイッチがオフされ(当て込みモードがセットされ)、停止位置調整モードがセットされず、かつ一枚セットフラグが「0」 The result of these processes, (a Atekomi mode set) thin paper mode setting switch is turned off, not set the stop position adjustment mode, and one set flag is "0"
にセットされているときは、SSS5−3−105からSSS5−3−107の処理が実行され、それ以外のときはSS5−3−108からSS5−3−111の処理が実行される。 When set is executed the processing of SSS5-3-107 from SSS5-3-105, at other times processing SS5-3-111 from SS5-3-108 it is executed.

【0140】上記SS5−3−104では薄紙フラグを「0」にリセットし、SS5−3−105、SS5−3 [0140] to reset the thin paper flag in the above SS5-3-104 to "0", SS5-3-105, SS5-3
−106、SS5−3−107ではそれぞれ原稿送り量を規定するカウンタPO2,PO4,PO8をそれぞれ(L/2+α/2)、(L+α)、(SB−α/2)にセットする。 -106, counter for defining each at SS5-3-107 document feed amount PO2, PO4, PO8 respectively (L / 2 + α / 2), is set to (L + α), (SB-α / 2). 一方、SS5−3−108では薄紙フラグを「1」にセットし、SS5−3−109、SS5−3 On the other hand, it is set to "1" thin paper flag in SS5-3-108, SS5-3-109, SS5-3
−110、SS5−3−111でそれぞれ原稿送り量カウンタPO2,PO4,PO8をそれぞれL/2、L、 -110, respectively document feed amount counter in SS5-3-111 PO2, PO4, PO8 each L / 2, L,
SBにセットする。 It is set to SB. ここで、SBは2イン1モード時に1枚目の原稿を一旦スイッチバックさせるのに要するステッピングモータのパルス数で、SBを増やすと1枚目の原稿の後端と2枚目の原稿の先端との間隔が縮まり、 Here, SB is the number of pulses of the stepping motor required to be once switched back to the first document in the two-in-one mode, the rear end and the second document of the first original Increasing SB tip to shrink the distance between,
逆にSBを減らすと上記間隔が長くなる。 The interval becomes longer reducing the SB reversed. つまり、当て込みモードのときは薄紙モードに比べて1枚目原稿後端と2枚目原稿先端の間隔が広げて原稿台ガラス上を搬送される。 That is, the spacing of the first sheet trailing edge of the document and second sheet original tip than the thin paper mode when the Atekomi mode is conveyed platen top glass spread.

【0141】以上のようにして原稿送り量を規定するメインモータM3のパルス数が設定されると、SS5−3 [0141] As described above the number of pulses of the main motor M3 for defining a document feed amount is set, SS5-3
−112で各カウンタPO2等を個々のADFに応じて補正する。 It is corrected in accordance with each counter PO2 such individual ADF at -112. すなわち、片面モード時の原稿送り量カウンタPO2、片面大サイズ原稿送り量カウンタPO4、両面モード時に原稿を逆転させるための原稿送り量カウンタPO14、スイッチバックに要する原稿送り量PO8 In other words, simplex mode document feed amount counter of PO2, simplex large size document feed amount counter PO4, document feed amount counter PO14 for reversing the original document on both sides mode, the document feed amount PO8 required for switchback
をそれぞれ(PO2+ADJ1/2)、(PO4+AD Each (PO2 + ADJ1 / 2), (PO4 + AD
J1)、(PO14−ADJ2)、(PO8−ADJ J1), (PO14-ADJ2), (PO8-ADJ
3)に更新する。 To update to 3). なお、カウンタ補正量ADJ1、AD The counter correction amount ADJ1, AD
J2、ADJ3は複写機本体1から入力される(図68 J2, ADJ3 is inputted from the copying machine main body 1 (FIG. 68
参照)。 reference). このように、通常モード(当て込みモード)であっても、原稿枚数が奇数枚で、最終頁原稿が一枚だけで原稿台ガラス上にセットされるときには、パルス制御に基づく原稿搬送制御に入るので、スケールの無い位置に正確に原稿を停止させることができる。 Thus, even in the normal mode (Atekomi mode), with an odd number of the document sheets, when the last page document is set on a document table onto the glass only one will enter the document transport control based on the pulse control since, it is possible to stop accurately document the free position scales.

【0142】《給紙》図83〜87はSS5−1で実行される給紙のサブルーチンを示す。 [0142] "paper feed" Figure 83-87 shows a subroutine of the sheet feed executed by SS5-1. このサブルーチンではSS5−1で給紙ステータスKをチェックし、その値「0」〜「8」に基づいて以下の処理を行う。 This subroutine checks the feed status K at SS5-1, performs the following processing based on the value "0" to "8". ステータスKが「1」のときは、先端規制板63と押圧板70をホームポジションに移動させる。 If the status K is "1", to move the distal end restricting plate 63 and the pressing plate 70 to the home position. 即ち、図84に示すように、SS5−1−2でピックアップモータM1を逆転させ、SS5−1−3でカムセンサSE11がオフエッジか否かを判定する。 That is, as shown in FIG. 84, to reverse the pickup motor M1 in SS5-1-2, determines cam sensor SE11 whether off edge at SS5-1-3. 先端規制板63のホームポジションは原稿に対する規制位置(上動)であり、押圧板70 Home position of the leading edge regulating plate 63 is a regulating position for the original (upward movement), the pressing plate 70
のホームポジションは原稿に対する押圧解除位置(上動)である。 The home position is a pressing release position for the original (upward). カム軸147に連結したピックアップモータM1を逆転させ、カムセンサSE11が円板148のエッジ部148aで遮光されてオフすると両者がホームポジション(図19の位置)にセットされたこととなる。 It reversed the pickup motor M1 which is connected to the cam shaft 147, so that the both the cam sensor SE11 is turned off is blocked by the edge portion 148a of the disc 148 is set to the home position (position of FIG. 19). 従って、SS5−1−3でカムセンサSE11のオフエッジが確認されるとSS5−1−4でピックアップモータM1をオフし、SS5−1−5でステータスKを「2」にセットする。 Thus, to clear the pickup motor M1 in SS5-1-4 off-edge of the cam sensor SE11 is confirmed by SS5-1-3, the status K is set to "2" in SS5-1-5.

【0143】ステータスKが「2」のときは、何も処理しない。 [0143] If the status K is "2", nothing is processed. ステータスKが「3」のときは、先端規制板6 If the status K is "3", the front-end restricting plate 6
3を退避位置へ移動させると共に、押圧板70を下動させて原稿に給紙圧を付与する。 3 is moved to the retracted position, to impart sheet feeding pressure of the pressing plate 70 is moved downward to the original. 即ち、SS5−1−6で第1枚目の原稿か否かを判定し、1枚目でなければ、先端規制板63は退避位置にあり、押圧板70は解除位置にあるので(センサSE12でエッジ部149aを検出し、図20の位置)、SS5−1−7でピックアップモータM1を正転させ、SS5−1−8でカムセンサSE That is, to determine whether a first sheet of the document in SS5-1-6, if not the first sheet, leading edge regulating plate 63 is in the retracted position, since the pressing plate 70 is in the release position (sensor SE12 in detecting the edge portion 149a, the position of FIG. 20), is rotated forward the pickup motor M1 in SS5-1-7, cam sensor SE in SS5-1-8
11がオフエッジか否かを判定する。 11 determines whether off edge. ピックアップモータM1の正転によってカム145、146は図20の位置から反時計回り方向に回転し、カムセンサSE11が円板148のエッジ部148bで遮光されてオフする。 Cam 145, 146 by the forward rotation of the pickup motor M1 is rotated in the counterclockwise direction from the position of FIG. 20, the cam sensor SE11 is blocked by the edge portion 148b of the disc 148 is turned off.
このとき、図21に示したように、先端規制板63は退避位置を維持し、押圧板70は原稿の先端部をピックアップローラ65に押圧する。 At this time, as shown in FIG. 21, the leading end regulating plate 63 is maintained at the retracted position, the pressing plate 70 presses the tip portion of the document pickup roller 65. 従って、SS5−1−8でカムセンサSE11のオンエッジが確認されると、SS Therefore, when the on-edge of the cam sensor SE11 is confirmed in SS5-1-8, SS
5−1−9でピックアップモータM1をオフし、SS5 The pickup motor M1 is turned off at 5-1-9, SS5
−1−10でモータM2をオンする。 To turn on the motor M2 in -1-10. さらに、SS5− In addition, SS5-
1−11でタイマT104をセットし、SS5−1−1 The timer T104 is set at 1-11, SS5-1-1
2でステータスKを「5」にセットする。 2 in the status K is set to "5". 一方、SS5 On the other hand, SS5
−1−6で1枚目の原稿であると判定されると、SS5 If it is determined to be the first document in the -1-6, SS5
−1−13でメインモータM3をオンし、SS5−1− The main motor M3 is turned on in the -1-13, SS5-1-
14でステータスKを「4」にセットする。 The status K is set to "4" in 14.

【0144】図85に示すように、ステータスKが「4」のときは、1枚目なので、メインモータM3の位相合わせとピックアップモータM1をホームポジションから押圧位置へ逆転させるSS5−1−15で、メインモータ(ステッピングモータ)M3を所定時間回転させて、メインモータM3の位相合わせ、駆動系のバックラッシを解消する処理が終了したか否かを判定する。 [0144] As shown in FIG. 85, If the status K is "4", since the first sheet, in SS5-1-15 reversing the pressing position to phasing and the pickup motor M1 of the main motor M3 from the home position determines the main motor (stepping motor) M3 is rotated a predetermined time, a phase alignment of the main motor M3, whether the process for eliminating the backlash of the driving system is completed. ここで、メインモータM3の回路を図86に示す。 Here, a circuit of the main motor M3 in Figure 86. この回路では、ステッピングモータM3は、A相→A'相→B相→B'相の順に駆動信号を与えられることによって回転するようになっており、電流制御用出力及びメインモータM3のA相駆動信号はCPU2によって与えられる。 In this circuit, the stepping motor M3 is A phase → A 'phase → B phase → B' is made to rotate by being given a drive signal in the order of phase, A-phase current control output and a main motor M3 drive signal is given by CPU 2.
電流制御用出力の電流値は、比較器1000に入力され、ここで抵抗3000によって設定された所定の電流値と比較され、電流制御用出力の値が大きい(+)になった時には比較器1000から“H”信号が出力される。 The current value of the current control output is input to a comparator 1000, where it is compared with a predetermined current value set by the resistor 3000, comparator 1000 when it becomes a large value of the output current control (+) "H" signal is output from. 次に、ANDゲート2000でメインモータ(ステッピングモータ)M3のA相駆動信号とのANDをとり、ここで駆動信号もオン、すなわち“H”の状態になっていればトランジスタ4000によってA相に駆動電流を流す。 Then, taking the AND between the A phase driving signal of the main motor (stepping motor) M3 in AND gate 2000, driving where the driving signal is also asserted, or if the state of "H" by the transistor 4000 to the A-phase a current flows. この図では、一例としてA相にオン信号を与えるための回路図のみを示したが、A'相、B相、B' In this figure, it shows only the circuit diagram for providing an ON signal to the A phase as an example, A 'phase, B-phase, B'
相でも同様で、A相→A'相→B相→B'相に順に駆動信号が流れることによってメインモータM3が回転駆動する。 The same applies to the phase, A-phase → A 'phase → B phase → B' the main motor M3 by a drive signal from flowing in sequence phase is driven to rotate. しかし、ジャム処理等によってメインモータM3 However, the main motor M3 by the jam treatment or the like
の回転軸が強制的に回転され、例えばA'相、B'相から始動すると、モータ回転軸がいったん逆回転してA The rotation shaft is forcibly rotated, for example, A 'phase, B' when starting from phase, the motor shaft is reversely rotated once A
相、B相に戻り、そこから正転動作が開始し、メインモータM3に送られるパルス数とその送り量が不一致となる。 Phase, returns to the B-phase, forward operation starts from there, the number of pulses and its feeding amount to be sent to the main motor M3 is mismatched. また、駆動系は多数の歯車や歯付ベルト等を備えており、始動時には各歯車等のバックラッシが解消された状態から正常な回転動作に移る。 The drive system comprises a number of gears and toothed belt or the like, moves to a normal rotation during start from a state in which backlash is eliminated, such as the gears. そこで、SS5−1− So, SS5-1-
15では、まず原稿給紙動作の開始前にステッピングモータM3を駆動し、パルスカウンタPLSCNT1のカウント値が、メインモータM3の逆転と駆動系のバックラッシに起因する送り量のばらつきを解消するに必要な値(P00)に達したか否かを判定し、PLSCNT1 In 15, drives the stepping motor M3 before the start of the document feed operation First, the count value of the pulse counter PLSCNT1 is necessary to eliminate the variation in the feeding amount due to the reverse rotation and backlash of the driving system of the main motor M3 It determines whether it has reached the value (P00), PLSCNT1
がP00になるとメインモータM3を停止する(SS5 But to stop the main motor M3 comes to P00 (SS5
−1−16)。 -1-16). したがって、カウント値P00は、メインモータM3の位相合わせと駆動系のバックラッシ解消に必要な値でなければならず、例えば図87に示すように、複写機のスタートスイッチがオンされると、本メインモータM3は2相励磁の為、少なくとも4パルス、回転をメインモータM3に与えることが望ましい。 Accordingly, the count value P00 must be a value required for the backlash eliminating phase matching between the drive system of the main motor M3, for example, as shown in FIG. 87, the start switch of the copying machine is turned on, the main motor M3 is for 2-phase excitation, it is desirable to provide at least four pulses, the rotation to the main motor M3. 仮に、 what if,
1−2相励磁であれば8パルス以上必要である。 If the 1-2 phase excitation necessary and is 8 or more pulses.

【0145】次に、SS5−1−17でモータM1を逆転して先端規制板63を退避位置に下動し、押圧板70 [0145] Next, reverse the motor M1 moves downward the front end regulating plate 63 to the retracted position SS5-1-17, the pressing plate 70
を押圧位置に下動させる。 A is moved downward to the pressing position. SS5−1−18でセンサS Sensor S in SS5-1-18
E12のオフエッジにより円板149のエッジ部分14 Edge of the disc 149 by the off-edge of E12 portion 14
9bが検出されると、SS5−1−19でモータM1を停止する。 When 9b is detected, stops the motor M1 in SS5-1-19. これにより、図19の位置から図21の位置となる。 Thereby, the position of FIG. 21 from the position of FIG. 19. そして、SS5−1−20でモータM2を駆動して原稿を前方に搬送し、SS5−1−21でタイマT Then, it conveys the document forward by driving the motor M2 in SS5-1-20, the timer T at SS5-1-21
103をセットし、SS5−1−22でステータスKを「5」にセットしてリターンする。 103 to set the, to return to the status K is set to "5" in SS5-1-22. タイマT103は、 Timer T103 is,
原稿トレイ61から給紙された原稿が所定時間内に所定の位置に到達したか否かを検出することによって原稿がジャムしたか否かを検出するものである。 The document fed from the document tray 61 in which the document by detecting whether the host vehicle has reached the predetermined position within a predetermined time to detect whether or not jammed. SS5−1− SS5-1-
11でセットしているタイマT104も同様のジャム検出タイマであるがタイマ値はT104<T103の関係となっており、1枚目は、少し長めになっている。 11 is a set to have a timer T104 also similar jam detection timer in the timer value has become a relationship of T104 <T103, 1 sheet has become a little longer. これは1枚目の原稿先端は先端規制板63の位置にあるが2 This document leading end of the first sheet is in the position of the leading edge regulating plate 63 is 2
枚目以降は多少つれ送りされ、サバキローラ75とサバキパッド80のニップ部付近まで来ていることをふまえて設定されている。 And subsequent sheets are more or less brought the feed, it is set in light that has come to the vicinity of the nip portion of the separation roller 75 and the Sabakipaddo 80. これにより1枚目のタイマ値が短かすぎて、ジャムを多発したり、2枚目以降のタイマ値が短すぎて原稿にダメージを与えてしまうことを未然に防いでいる。 Too As a result if the timer value of the first sheet is short, which prevents or frequently jam, in advance that the timer value of the second and subsequent sheets resulting in damage to the document too short.

【0146】ステータスKが「5」の場合、SS5−1 [0146] If the status K is "5", SS5-1
−23では、センサSE2のオンエッジ(原稿有り)を検出することにより原稿がレジストローラ90の位置まで搬送されたか否かを判定し、オンエッジが検出されるSS5−1−24で別のタイマT102をセットし、S In -23, document by detecting the on-edge of the sensor SE2 (there document), it is determined whether or not transported to the position of the registration rollers 90, a separate timer T102 in SS5-1-24 the-edge is detected set, S
S5−1−25でタイマT103,T104をリセットし、ドキュメントカウンタDCNT2をインクリメントし、SS5−1−27でステータスKを「6」に変更する。 Resets the timer T103, T104 in S5-1-25, increments the document counter DCNT2, to change the status K to "6" in SS5-1-27. 一方、SS5−1−23で原稿が未検出の場合、S On the other hand, if the document is SS5-1-23 is undetected, S
S5−1−28,SS5−1−29でそれぞれタイマT S5-1-28, respectively SS5-1-29 timer T
103,T104が終了したか否かを判定し、終了していればSS5−1−30で給紙ジャムとする。 103, T104, it is determined whether or not it is completed, the paper feed jam SS5-1-30 if finished.

【0147】ステータスKが「6」のときは、図88に示すように、SS5−1−31で前記タイマT102のカウント終了を確認する。 [0147] If the status K is "6", as shown in FIG. 88, to confirm the count end of the timer T102 in SS5-1-31. このタイマT102が終了した時点では、原稿はその先端がレジストローラのニップ部に当たってループを形成している。 At the time this timer T102 has ended, the document forms a loop when the nip portion of the front end registration rollers. そして、タイマT Then, the timer T
102の終了が確認されると、SS5−1−32で幅センサSE10のオン、オフを判定する。 When 102 of the termination is confirmed, on the width sensor SE10 in SS5-1-32, it determines off. 幅センサSE1 Width sensor SE1
0は給紙された原稿の幅寸法を検出するためのもので、 0 is for detecting the width of the fed document,
オンであればSS5−1−33で幅フラグを「1」にセットし、オフであればSS5−1−34で幅フラグを「0」にリセットする。 If on the width flag in SS5-1-33 set to "1", to reset the width flag in SS5-1-34 if it is off to "0". 続いて、SS5−1−35で給紙モータM2をオフし、SS5−1−36でピックアップモータM1を逆転する。 Then, turn off the feed motor M2 in SS5-1-35, reversing the pickup motor M1 in SS5-1-36. これにて、押圧板70のみが押圧解除位置に上動開始する。 This in only the pressing plate 70 starts upward the press releasing position. この時、先端規制板63 At this time, the front-end restricting plate 63
は退避位置を保持したままである。 Remains holding the retracted position. さらに、SS5−1 In addition, SS5-1
−37でステータスKを「7」にセットする。 The status K is set to "7" in -37.

【0148】ステータスKが「7」のときは、押圧板7 [0148] If the status K is "7", the press plate 7
0を上方の押圧解除位置へ移動させる。 0 to the movement upward to the press releasing position of. カム板145, Cam plate 145,
146が時計回り方向に160°逆転すると(図20参照)、先端規制板63は下方での退避位置を維持する一方、押圧板70が上方へ退避する。 When 146 160 ° reversed in the clockwise direction (see FIG. 20), the distal end restricting plate 63 while maintaining a retracted position in the lower pressing plate 70 is retracted upward. このとき、カムセンサSE12が円板149のエッジ部149aで遮光されてオンする。 At this time, the cam sensor SE12 is turned on is blocked by the edge portion 149a of the disc 149. 従って、SS5−1−38でカムセンサS Thus, the cam sensor S in SS5-1-38
E12のオンエッジが確認されると、SS5−1−39 When the E12 of on-edge is confirmed, SS5-1-39
でピックアップモータM1をオフする。 In to turn off the pickup motor M1. 続いて、SS5 Then, SS5
−1−40でフラグDSETが「0」か否かを判定する。 -1-40 flag DSET is determined whether or not "0". このフラグDSETは原稿が露光位置にセットされると、「1」にセットされる。 This flag DSET the document is set in the exposure position, is set to "1". フラグDSETが「0」 Flag DSET is "0"
のときのみSS5−1−41でセットステータスSをインクリメントする。 Incrementing the set status S in SS5-1-41 only when. さらに、SS5−1−42でステータスKを「8」にセットする。 In addition, the status K is set to "8" in SS5-1-42.

【0149】これにて、原稿の給紙処理が終了する。 [0149] This in, the paper feed processing of the document is completed. ステータスKが「8」のときは、何も処理しない。 If the status K is "8", nothing is processed. 以上説明したように、1枚目とそれ以外ではピックアップモータの回転方向を変えている(図87参照)。 As described above, in the other first sheet is changed the direction of rotation of the pick-up motor (see Figure 87). 1枚目(K 1 sheet (K
=4の時)は、モータM1を逆転し、1枚目以外(K= = Time) is 4, and reversing the motor M1, except the first sheet (K =
3の時)はモータM1を正転させている。 Time of 3) is rotated in the forward direction of the motor M1. これは1枚目はホームポジション(図19の位置)から押圧位置(図21の位置)へ回転させ、1枚目以外は押圧解除位置(図20の位置)から押圧位置(図21)へ回転させるのにその回転角度を少なくして、動作時間を短縮させる為である。 It rotates from the first one is the home position (position of FIG. 19) to the pressing position (the position in FIG. 21), the rotation from the press releasing position except the first sheet (position of FIG. 20) to the pressing position (Fig. 21) by reducing the angle of rotation to cause, it is order to shorten the operating time. またこの時、同じセンサーで同じエッジ部を検出したのではモータのオーバーランにより最終的に停止する位置は図21の位置からそれぞれ違う方向にずれることになる。 Further, at this time, than was detected the same edge at the same sensor position finally stopped by overrun of the motor will be shifted in a direction different from each position of FIG. その場合そのオーバーランによりずれの分を考慮して、カムの形状を設計せねばならず、押圧解除位置を保持する角度を広めにとらなければならず、これも動作時間を遅くする要因をなってしまう。 In this case taking into account the amount of deviation by the overrun must take into designing the shape of the cam must take to spread the angle which holds the press releasing position, which also is a factor that slows down the operation time and will. よって、 Thus,
本発明では、1枚目(M1逆転時)はSE12のオフエッジによりエッジ部149bを検出し、1枚目以外(M In the present invention, the first sheet (M1 reverse rotation) detects an edge portion 149b by off-edge of SE12, except the first sheet (M
1正転時)はSE11のオフエッジによりエッジ部14 1 normal rotation) is an edge portion by off edge of SE11 14
8bを検出してモータM1をOFFするようにしており、これらの位置関係は、それぞれオーバーランを伴ってカムが停止した位置が、図21の位置をなるように設計されている。 8b and so as to turn OFF the motor M1 by detecting, these positional relationships, the position of the cam is stopped with the overrun respectively, it is designed to be the position of Figure 21. よって、回転方向の違いからモータのオーバーランにより停止する位置がズレたりすることがないようになっている。 Therefore, so as not to be or shift position to stop the motor overrun the difference in the rotational direction. 図89〜96はSS5−4で実行されるプレステップセットのサブルーチンを示す。 Figure 89-96 shows a subroutine for the pre-step set being executed at SS5-4. このサブルーチンでは、図89に示すように、SS5−4− In this subroutine, as shown in FIG. 89, SS5-4-
1でセットステータスSをチェックし、その値を「0」 Check the set status S 1, the value "0"
〜「9」に基づいて以下の処理を行う。 - performs the following process based on the "9".

【0150】図90に示すように、ステータスSが「0」のときは、何も処理しない。 [0150] As shown in FIG. 90, when the status S is "0", nothing is processed. ステータスSが「1」のときは、SS5−4−2でメインモータM3を高速正転させる。 If the status S is "1", the main motor M3 is rotated forward at high speed at SS5-4-2. これにて原稿がレジストローラ90からプラテンガラス29上へ送り込まれる。 This by the document is fed from the register roller 90 onto the platen glass 29. そして、SS Then, SS
5−4−3でPLSCNT1がパルスP01をカウントしたか否かを判定する。 5-4-3 In PLSCNT1 it is determined whether a count of the pulse P01. PLSCNT1がパルスP01 PLSCNT1 pulse P01
をカウントすると、SS5−4−4でレジストセンサS When the count, a registration sensor S in SS5-4-4
E2がオフか否かを判定し、SS5−4−5でエンプティセンサSE1がオンか否かを判定する。 E2 it is determined whether off, determines whether the empty sensor SE1 is on or in SS5-4-5. パルスP01 Pulse P01
は小サイズ原稿に対応するパルス数であり、レジストセンサSE2がオフでエンプティセンサSE1がオンであれば、即ち、給紙された原稿が小サイズで次の原稿がトレイ61上に残っていれば、SS5−4−6でステータスKを「3」にセットし、SS5−4−7でメインモータM3を減速し、SS5−4−8でステータスSを「2」にセットする。 Is the number of pulses corresponding to the small size document, if the resist sensor SE2 is an empty sensor SE1 is on off, i.e., subsequent original document fed is small size if they remain on the tray 61 , the status K is set to "3" in SS5-4-6, decelerates the main motor M3 in SS5-4-7, the status S is set to "2" in SS5-4-8.

【0151】一方、レジストセンサSE2がオンしていれば、原稿は大サイズであるため、SS5−4−10でフラグLSIZEを「1」にセットし、SS5−4−1 [0151] On the other hand, when the register sensor SE2 is long on, because the document is large size, then sets the flag LSIZE to "1" in SS5-4-10, SS5-4-1
1でステータスSを「7」にセットする。 And the status S is set to "7" in 1. また、エンプティセンサSE1がオフであれば、次の原稿はないのでSS5−4−9でステータスKを「1」にセットし、S In addition, if the empty sensor SE1 is off, then the status K is set in SS5-4-9 because there is no next document to "1", S
S5−4−11でステータスSを「7」にセットする。 And the status S is set to "7" in S5-4-11.

【0152】PLSCNT1がパルスP01をカウント中のときは(前記SS5−4−3でNO)、図91に示すように、SS5−4−12でレジストセンサSE2のオフエッジが確認されると、SS5−4−13で原稿のサイズを検出する。 The [0152] When PLSCNT1 is counting pulses P01 (NO at the SS5-4-3), as shown in FIG. 91, off-edge of the registration sensor SE2 is confirmed by SS5-4-12, SS5- to detect the size of the document at 4-13. さらに、SS5−4−14でエンプティセンサSE1がオンか否かを判定し、オンしていれば(次の原稿があれば)、SS5−4−15でDCNT Furthermore, the empty sensor SE1 is determined on or not at SS5-4-14, if turned on (If the next original), DCNT in SS5-4-15
1をインクリメントする。 1 is incremented.

【0153】ステータスSが「2」のときは、図91に示すように、SS5−4−16でPLSCNT1がパルスP02をカウントしたか否かを判定する。 [0153] If the status S is "2", as shown in FIG. 91, it is determined whether PLSCNT1 has counted pulses P02 in SS5-4-16. パルスP0 Pulse P0
2は原稿を距離L/2(図28参照)搬送するのに要するパルス数である。 2 is a pulse number required for conveyance distance L / 2 (see FIG. 28) the document. 従って、PLSCNT1がパルスP Therefore, PLSCNT1 pulse P
02をカウントすると(原稿の先端が中間位置IPに到達すると)、SS5−4−17でメインモータM3をオフし、SS5−4−18でステータスSを「3」にセットする。 When 02 counts (the leading edge of the document reaches the intermediate position IP), it turns off the main motor M3 in SS5-4-17, the status S is set to "3" in SS5-4-18. PLSCNT1がパルスP02をカウント中のときは、前述したSS5−4−12〜SS5−4−15 PLSCNT1 is when the counting pulses P02, described above SS5-4-12~SS5-4-15
を処理する。 To process.

【0154】ステータスSが「3」のときは、図90に示すように、何も処理しない。 [0154] If the status S is "3", as shown in FIG. 90, nothing is processed. 図92に示すように、ステータスSが「4」のときは(次の原稿の先出し給紙の完了)SS5−4−19でメインモータM3を高速正転させる。 As shown in FIG. 92, when the status S is "4" at high speed forward rotation of the main motor M3 in SS5-4-19 (completion of first-out feeding of the next document). これにて先の原稿が露光位置へ、後の原稿がプレステップ位置へ搬送されることとなる。 This at the previous document is the exposure position, the document after is to be transported to a pre-step position. そして、SS Then, SS
5−4−20でPLSCNT1がパルスP01をカウントしたと判定すると、SS5−4−21でレジストセンサSE2がオフか否かを判定し、SS5−4−22でエンプティセンサSE1がオンか否かを判定する。 When 5-4-20 In PLSCNT1 is determined by counting the pulse P01, the register sensor SE2 is determined whether off SS5-4-21, whether empty sensor SE1 is on or in SS5-4-22 judge. センサSE2がオフでセンサSE1がオンであれば、即ち、後続の原稿が小サイズで次の原稿がトレイ61上に残っていれば、SS5−4−23で給紙ステータスKを「3」 If the sensor SE1 is on the sensor SE2 is turned off, i.e., if a subsequent document if left on the next document tray 61 in small size, "3" feed status K in SS5-4-23
にセットし、SS5−4−26でメインモータM3を減速し、SS5−4−27でスケール120を突出させ(スケールモードの場合)、SS5−4−28でステータスSを「5」にセットする。 Set to, decelerates the main motor M3 in SS5-4-26, (if the scale mode) is projected to the scale 120 in SS5-4-27, the status S is set to "5" in SS5-4-28 .

【0155】一方、レジストセンサSE2がオンしていれば、後続の原稿は大サイズであるため、SS5−4− [0155] On the other hand, when the register sensor SE2 is long on, for subsequent document is large size, SS5-4-
25で先出し禁止フラグを「1」にセットし、前述のS To set the first-out prohibition flag is set to "1" at 25, of the above-mentioned S
S5−4−26〜28を処理する。 S5-4-26~28 to process. また、エンプティセンサSE1がオフであれば、次の原稿はないのでSS5 In addition, the empty sensor SE1 is off, because there is no next document SS5
−4−24で給紙ステータスKを「1」にセットし、前述のSS5−4−26〜28を処理する。 It is set to "1" and feed status K at -4-24, processes the SS5-4-26~28 described above. PLSCNT PLSCNT
1がパルスP01をカウント中のときは(前記SS5− When 1 is counting the pulse P01 (the SS5-
4−20でNO)、SS5−4−12〜15を処理し、 NO 4-20), to process the SS5-4-12~15,
後続の原稿のサイズを検出する。 Detecting the size of the subsequent document.

【0156】ステータスSが「5」のときは、図92に示すように、SS5−4−29でPLSCNT1がパルスP02をカウントしたか否かを判定する。 [0156] If the status S is "5", as shown in FIG. 92, it is determined whether PLSCNT1 has counted pulses P02 in SS5-4-29. YESであれば、即ち、先の原稿の先端が露光基準位置SPへ到達すると共に後続原稿の先端が中間位置IPへ到達すると、SS5−4−30でメインモータM3をオフする。 If YES, that is, when the leading edge of the succeeding document original with the tip of the previous document reaches the exposure standard position SP reaches the intermediate position IP, the main motor M3 is turned off at SS5-4-30.
続いて、SS5−4−31でソレノイドSL1でスケール120を上昇し、SS5−4−32でフラグDSET Subsequently, the scale 120 increases by the solenoid SL1 at SS5-4-31, flag SS5-4-32 DSET
を「1」にセットし、SS5−4−33でステータスS It was set to "1", the status in SS5-4-33 S
を「6」にセットする。 A is set to "6". フラグDSETは「1」のとき原稿が露光位置にセットされたことを示し、CPU1へ送信される。 Flag DSET indicates that the document when it is "1" is set in the exposure position, is transmitted to the CPU 1. 複写機本体1ではこのフラグDSETが「1」のとき、光学系20のスキャン動作が可能となる。 When the copying machine main body 1 This flag DSET is "1", thereby enabling the scanning operation of the optical system 20. PLSCNT1がパルスP02をカウント中のときは、前述したSS5−4−12〜15を処理する。 PLSCNT1 is when the counting pulses P02, processes the SS5-4-12~15 described above.

【0157】ステータスSが「6」のときは、図94に示すように、SS5−4−34でフラグDCHGが「1」か否かを判定し、「1」のときのみ以下の処理を行う。 [0157] If the status S is "6", as shown in FIG. 94, the flag DCHG in SS5-4-34 it is determined whether "1", only the following processing when the "1" . フラグDCHGはADF60に対して原稿交換を要求するために複写機本体1のCPU1から送信される。 Flag DCHG is transmitted from the copying machine main body 1 of the CPU1 to request a document exchange against ADF 60.

【0158】フラグDCHGが「1」であれば、SS5 [0158] If the flag DCHG is "1", SS5
−4−35で給紙ステータスKの値をチェックする。 To check the value of the feed status K in -4-35. ここではステータスKが「2」と「8」のときのみ以下の処理を行う。 Here the status K is performed only following processing when the "2" and "8". ステータスKが「8」のときは(次の原稿が先出し給紙済みのとき)、SS5−4−36でステータスKを「2」にセットし、SS5−4−37でフラグLSIZEが「1」か否かを判定する。 If the status K is "8" (when the next document is first-out feeding already), the status K is set to "2" in SS5-4-36, flag LSIZE in SS5-4-37 is "1" determines whether or not the. フラグLSIZ Flag LSIZ
Eが「1」であれば(大サイズ原稿が給紙されたのであれば)、SS5−4−38でステータスSを「1」にセットし、SS5−4−39でDCNT1をデクリメントし、SS5−4−40で排出すべき原稿の枚数をカウントするためのDCNT3を「1」にセットする。 If E is "1" (if a large-size document has been fed), the status S is set to "1" in SS5-4-38, decrements the DCNT1 in SS5-4-39, SS5 It is set to "1" DCNT3 for counting the number of the document to be discharged at -4-40. フラグLSIZEが「0」であれば(小サイズ原稿が給紙されたのであれば)、SS5−4−41でステータスSを「4」にセットし、前述のSS5−4−39〜40を処理する。 If the flag LSIZE is "0" (if the small-size document is fed), the status S is set to "4" in SS5-4-41, processes SS5-4-39~40 described above to.

【0159】SS5−4−35でステータスKが「2」 [0159] status K in SS5-4-35 is "2"
と判定されると(次の原稿が給紙されていない状態、つまり次の原稿がないか、先出し状態のとき)、SS5− If it is determined (state next document is not fed, i.e. there are no next document, when the first-out state), SS5-
4−42でDCNT1が「0」か否かを判定する。 4-42 in DCNT1 it is determined whether or not "0".
「0」であればSS5−4−43で先出し禁止フラグが「1」か否かを判定する。 First-out inhibit flag in SS5-4-43 if "0" is determined whether "1". 先出し禁止フラグが「1」であれば、SS5−4−44でフラグLSIZEを「1」 If the first-out inhibit flag is "1", "1", the flag LSIZE in SS5-4-44
にセットし、SS5−4−45でステータスSを「7」 Set to, "7" the status S in SS5-4-45
にセットし、前述のSS5−4−39〜40を処理する。 It is set to, to process SS5-4-39~40 described above. 先出し禁止フラグが「0」であれば、前述のSS5 If the first-out inhibit flag is "0", the above-mentioned SS5
−4−41,SS5−4−39〜40を処理する。 -4-41, to process the SS5-4-39~40. DC DC
NTが「0」でなければ、SS5−4−46でステータスSを「9」にセットし、SS5−4−40を処理する。 NT else is "0", the status S is set to "9" in SS5-4-46, to process the SS5-4-40.

【0160】ステータスSが「7」のときは、図95に示すように、SS5−4−47でメインモータM3を高速正転させる。 [0160] If the status S is "7", as shown in FIG. 95, the main motor M3 is rotated forward at high speed at SS5-4-47. これにて、大サイズ原稿が中間位置IP At this, a large-size document is an intermediate position IP
から搬送される。 It is transported from. そして、SS5−4−48でPLSC Then, PLSC in SS5-4-48
NT1がパルスP03をカウントしたか否かを判定する。 NT1 is determined whether the counted pulse P03. PLSCNT1がパルスP03をカウントすると、 When PLSCNT1 counts the pulse P03,
SS5−4−49でレジストセンサSE2がオフか否かを判定し、SS5−4−50でエンプティセンサSE1 Registration sensor SE2 is determined whether off SS5-4-49, empty sensor SE1 in SS5-4-50
がオンか否かを判定する。 There is determined on or not. レジストセンサSE2がオフでエンプティセンサSE1がオンであれば、次の原稿の給紙のためにSS5−4−51でステータスKを「3」 If the register sensor SE2 is an empty sensor SE1 is on off, the status K in SS5-4-51 for feeding of the next document "3"
にセットする。 It is set to. さらに、SS5−4−53でメインモータM3を減速し、SS5−4−54でスケール120を突出させ(スケールモードの場合)、SS5−4−55 Furthermore, decelerates the main motor M3 in SS5-4-53, is projected to the scale 120 in SS5-4-54 (if the scale mode), SS5-4-55
でステータスSを「8」にセットする。 In the status S is set to "8".

【0161】レジストセンサSE2がオンしておれば、 [0161] If I resist sensor SE2 is turned on,
このとき、大サイズ原稿の後端が未だレジストローラ9 At this time, the rear end of the large-size document is still registration rollers 9
0を通過していないため、SS5−4−56で紙詰まりを処理する。 Because it does not pass through the 0, treating a paper jam in SS5-4-56. また、エンプティセンサSE1がオフであれば、次の原稿はないのでSS5−4−52でステータスKを「1」にセットし、前述のSS5−4−53〜5 In addition, if the empty sensor SE1 is off, then the status K is set in SS5-4-52 because there is no next document to "1", the above-mentioned SS5-4-53~5
5を処理する。 5 to process. PLSCNT1がパルスP03をカウント中のときは(前記SS5−4−48でNO)、前述のSS5−4−12〜15を処理し、原稿のサイズを検出する。 When PLSCNT1 is counting pulses P03 (NO at the SS5-4-48), handles SS5-4-12~15 described above, to detect the size of the document.

【0162】ステータスSが「8」のときは、図96に示すように、SS5−4−57でPLSCNT1がパルスP04をカウントしたか否かを判定する。 [0162] If the status S is "8", as shown in FIG. 96, it is determined whether PLSCNT1 has counted pulses P04 in SS5-4-57. YESであれば、即ち、大サイズ原稿の先端が露光基準位置SPへ到達すると、SS5−4−58でメインモータM3をオフする。 If YES, that is, when the leading end of the large-size document reaches the exposure standard position SP, the main motor M3 is turned off at SS5-4-58. 続いて、SS5−4−59でソレノイドSL1 Then, the solenoid SL1 at SS5-4-59
をオンしてスケール120を原稿台ガラス29の上面から上方に突出させ、SS5−4−60でフラグDSET The ON protruded upward the scale 120 from the upper surface of the platen glass 29, flag SS5-4-60 DSET
を「1」にセットし、SS5−4−61でステータスS It was set to "1", the status in SS5-4-61 S
を「6」にセットする。 A is set to "6". PLSCNT1がパルスP04 PLSCNT1 pulse P04
をカウント中のときは、前述したSS5−4−53〜5 When the counting, the aforementioned SS5-4-53~5
5を処理する。 5 to process.

【0163】ステータスSが「9」のときは、SS5− [0163] If the status S is "9", SS5-
4−62でメインモータM3を高速正転させる。 The main motor M3 is rotated forward at high speed at 4-62. これにて、原稿が露光位置から排出される。 This in, the document is discharged from the exposure position. そして、SS5− Then, SS5-
4−63で排出センサSE3のオフエッジが確認されると、即ち、原稿の後端が搬送ベルト95から離れると、 Off-edge of the discharge sensor SE3 is confirmed by 4-63, i.e., the trailing edge of the document leaves the conveyor belt 95,
SS5−4−64でメインモータM3をオフし、SS5 The main motor M3 is turned off at SS5-4-64, SS5
−4−65でソレノイドSL1をオフしてスケール12 Scale 12 turns off the solenoid SL1 at -4-65
0を上昇させる。 0 increase the. 続いて、SS5−4−66でMODE Then, MODE in SS5-4-66
を「0」にリセットし、SS5−4−67でステータスSを「0」にリセットする。 Reset to "0", the status S is reset to "0" in SS5-4-67.

【0164】ここで、プレステップモードでの紙詰まり検出について説明する。 [0164] Here will be described a paper jam detection in the pre-step mode. ステータスSが「1」のときは、レジストセンサSE2がオンであっても(SS5− If the status S is "1", also register sensor SE2 is an ON (SS5-
4−4でNOであっても)紙詰まりを処理しない。 Even NO 4-4) does not process the paper jam. しかし、ステータスSが「7」のときは、原稿をパルスP0 However, If the status S is "7", an original pulse P0
3分搬送した後、レジストセンサSE2がオンしていれば(SS5−4−49でNO)、紙詰まりを処理する。 After conveying 3 minutes, the resist sensor SE2 is if turned on (NO in SS5-4-49), processes the paper jam.
即ち、パルスP03は距離L(図28参照)より若干短く設定されており、SS5−4−49でNOと判定されることは、原稿がL(500mm)以上の長さか、搬送不良でレジストローラ90の付近に滞留している場合である。 That is, the pulse P03 is the distance L (see FIG. 28) is set slightly shorter than, be determined as NO in SS5-4-49 the original is L (500 mm) or more or length, the registration roller and conveyance failure a case where remaining in the 90 vicinity of. このような場合、紙詰まりであると検出する。 In this case, to detect that the paper jam. また、ステータスSが「4」のとき、レジストセンサSE In addition, when the status S is "4", the registration sensor SE
2がオンであっても(SS5−4−21でNO)、先出し禁止フラグを「1」にセットするが、紙詰まりは処理しない。 Even 2 be on (NO in SS5-4-21), and sets the first-out inhibit flag to "1" but the paper jam does not process. 以上の処理によって、プレステップモードにおいて、大サイズ原稿が混在してトレイ61上にセットされても、支障なく原稿の搬送が可能となる。 Through the above processing, in the pre-step mode, even if large size original is set on the tray 61 mixed, it is possible to transport the trouble without the document.

【0165】《スケール》図97はスケール(SS5− [0165] "scale" FIG. 97 scale (SS5-
4−27,SS5−4−54,SS5−6−33)のサブルーチンを示す。 4-27, SS5-4-54, showing a subroutine of SS5-6-33). ここでは、SS5−4−101で薄紙フラグが「0」か否かを判定し、「0」であれば(スケールモードが選択されていれば)、SS5−4−10 Here, thin paper flag determines whether the "0" in SS5-4-101, if it is "0" (if the scale mode is selected), SS5-4-10
2でソレノイドSL1をオンし、スケール120をプラテンガラス29上に若干突出させ、原稿を露光基準位置SPで強制的に停止させる。 Turns on the solenoid SL1 at 2, the scale 120 is slightly protruded on the platen glass 29 to forcibly stop the original at the exposure standard position SP.

【0166】《メインモータ高速回転》図94はメインモータ高速回転(SS5−4−2,SS5−4−19, [0166] "the main motor high speed rotation" FIG. 94 is the main motor high-speed rotation (SS5-4-2, SS5-4-19,
SS5−4−62)で実行されるメインモータM3の高速正転のサブルーチンを示す。 Showing a subroutine of a high-speed forward rotation of the main motor M3 executed by SS5-4-62). ここでは、SS5−4− Here, SS5-4-
201,SS5−4−211でメインモータM3がオフされているか否かを判定し、既にオンされていれば直ちにこのサブルーチンを終了する。 201, the main motor M3 is determined whether or not it is turned off by SS5-4-211, immediately terminates the subroutine if it is already on. SS5−4−201でオフさけていると判定すると、即ち、セットステータスSが「1」,「4」,「9」のときは、SS5−4−2 If it is determined that the salmon off SS5-4-201, i.e., the set status S is "1", "4", when the "9", SS5-4-2
02でフラグLSIZEを「0」にリセットし、SS5 It resets the flag LSIZE to "0" at 02, SS5
−4−203でPLSCNT1を「0」にリセットし、 Reset the PLSCNT1 to "0" in -4-203,
SS5−4−204で前半及び後半イレースフラグを「0」にリセットする。 To reset the first half and the second half erase flag is set to "0" in SS5-4-204. 続いて、SS5−4−205で先出し禁止フラグを「0」にリセットし、SS5−4− Then, reset the first-out prohibition flag is set to "0" in SS5-4-205, SS5-4-
206でフラグDCHGを「0」にリセットし、SS5 It resets the flag DCHG to "0" at 206, SS5
−4−207でフラグDSETを「0」にリセットする。 To reset the flag DSET to "0" in -4-207. さらに、SS5−4−208で排紙ステータスHを「1」にセットし、SS5−4−209でソレノイドS In addition, set to "1", the paper discharge status H in SS5-4-208, solenoid S in SS5-4-209
L1をオンしてスケール120を下降し、SS5−4− The L1 is turned on to lower the scale 120, SS5-4-
210でメインモータM3を高速正転に設定し、割込みを許可する。 The main motor M3 is set to fast forward at 210, to allow the interrupt. この割込みごとにメインモータM3が駆動され、PLSCNT1,PLSCNT2でのカウントが行われる。 The main motor M3 is driven for each interrupt, it is performed count at PLSCNT1, PLSCNT2. 一方、SS5−4−211でメインモータM On the other hand, the main motor M in SS5-4-211
3がオフされていると判定すると、即ち、セットステータスSが「7」のときは、前述のSS5−4−205〜 When 3 is determined to be turned off, i.e., when the set status S is "7", SS5-4-205~ described above
210を処理する。 To process 210.

【0167】《2イン1モード》図99〜108はSS [0167] "two-in-one mode" Figure 99-108 is SS
5−6で実行される2イン1セットのサブルーチンを示す。 It shows a two-in-one set of subroutines that are executed by 5-6. このサブルーチンでは、図99に示すように、SS In this subroutine, as shown in FIG. 99, SS
5−6−1でステータスSをチェックし、その値「0」 Check the status S in 5-6-1, the value "0"
〜「13」に基づいて以下の処理を行う。 - performs the following process based on the "13". ステータスS Status S
が「0」のときは、何も処理しない。 There is the case of "0", nothing is processed. 図100に示すように、ステータスSが「1」のときは(給紙完了)、S As shown in FIG. 100, If the status S is "1" (paper feeding completion), S
SS5−6−2でメインモータM3を高速正転させる。 The main motor M3 is rotated forward at high speed at SS5-6-2.
これにて原稿がレジストローラ90からプラテンガラス29上へ送り込まれる。 This by the document is fed from the register roller 90 onto the platen glass 29. そして、SS5−6−3でレジストセンサSE2がオフエッジか否かを判定する。 Then, it is determined the registration sensor SE2 whether off edge at SS5-6-3. オフエッジであれば(原稿の後端がセンサSE2の検出点を通過すれば)、SS5−6−4で原稿のサイズを検出する。 If off edge (if it passes the trailing edge of the document is the detection point of the sensor SE2), for detecting the size of the document in SS5-6-4. 次に、SS5−6−5で1枚セットフラグを判断し、1枚セットフラグが「0」ならば、SS5−6−6 Next, a determination is made as to one set flag in SS5-6-5, if one set flag is "0", SS5-6-6
でエンプティセンサSE1がオンか否かを判定する。 In the empty sensor SE1 is determined on or not. レジストセンサSE2がオフエッジでエンプティセンサS Empty sensor S resist sensor SE2 is in the off-edge
E1がオンであれば、即ち、給紙された原稿が小サイズで次の原稿がトレイ61に残っていれば、SS5−6− If E1 is on, i.e., the next original document fed is small size if they remain in the tray 61, SS5-6-
7で次原稿を給紙させる為のタイマT202をセットし、SS5−6−8でメインモータM3を減速し、SS The next document sets the timer T202 for that fed at 7, decelerates the main motor M3 in SS5-6-8, SS
5−6−9でステータスSを「2」にセットする。 And the status S is set to "2" in 5-6-9.

【0168】一方、SS5−6−6でエンプティセンサSE1がオフと判断されると、つまり、通紙した結果、 [0168] On the other hand, when the empty sensor SE1 is determined that off SS5-6-6, that is, a result of the fed,
奇数枚だったので最終原稿が1枚だった場合は次の原稿はないので、SS5−6−10で後半イレースフラグを「1」にセットする。 Since there is no next document when the final document was the one because it was an odd number, to set the erase flag to "1" second half SS5-6-10. 後半イレースフラグは2イン1モードでの光学系20の後半のスキャン領域の感光体ドラム10上の電荷を消去することを指示する。 Late erase flag for instructing to erase the charges on the photosensitive drum 10 of the second half of the scanning area of ​​the optical system 20 in the two-in-one mode. 続いて、S Then, S
S5−6−11でDCNT3が「2」か否かを判定し、 S5-6-11 in DCNT3 it is determined whether or not the "2",
「2」であれば、即ち、このとき排出すべき原稿が2枚プラテンガラス29上にあれば、SS5−6−12でメインモータM3を減速し、SS5−6−13でステータスSを「8」にセットする。 If "2", i.e., if the document to be discharged at this time is on a two platen glass 29, decelerates the main motor M3 in SS5-6-12, the status S in SS5-6-13 "8 It is set to ". DCNT3が「2」でなければ、SS5−6−14でステータスSを「5」にセットする。 DCNT3 is not "2", the status S is set to "5" in SS5-6-14.

【0169】前記SS5−6−3でレジストセンサSE [0169] registration sensor SE in the SS5-6-3
2がオフエッジでないと判定すると、SS5−6−15 When 2 is determined not to be off-edge, SS5-6-15
でPLSCNT1がパルスP05をカウントしたか否かを判定する。 In PLSCNT1 determines whether or not to count the pulse P05. パルスP05は小サイズ原稿がレシスシセンサSE2を抜けるまでのパルス数よりも大きいパルス数であり、レシスシセンサSE2がオフする前にそこまでカウントすると、大サイズ原稿なので、SS5−6− Pulse P05 is a pulse number greater than the number of pulses to a small size document passes through the Reshisushisensa SE2, when you count up there before Reshisushisensa SE2 is turned off, because the large size document, SS5-6-
15でフラグLSIZEを「1」にセットし、前述したSS5−6−11〜13、又はSS5−6−14を処理する。 15 flag LSIZE set to "1", to process the SS5-6-11~13, or SS5-6-14 described above. SS5−6−5で1枚セットフラグが「1」と判断されると、つまり、原稿カウントの結果等で予め奇数枚と判っていて、その原稿が小サイズの場合は、SS5 When SS5-6-5 1 sheet set flag is determined as "1", i.e., have found that odd number in advance by results of the original count, if the document is of small size, SS5
−6−17でステータスSを「12」にセットする。 And the status S is set to "12" in -6-17.

【0170】ステータスSが「2」のときは、SS5− [0170] If the status S is "2", SS5-
6−18で前記タイマT202のカウントが終了したか否かを判定する。 It determines whether the count of the timer T202 has ended 6-18. カウントを終了した後、SS5−6− After completion of the count, SS5-6-
19で給紙ステータスKが「2」であると判定すると、 When feed status K is determined to be "2" in 19,
SS5−6−20でステータスKを「3」にセットし、 The status K is set to "3" in SS5-6-20,
次の原稿の先出し給紙を開始させる。 To start the first-out feeding of the next document. タイマT202のカウントが終了していないか、終了してもステータスK Whether or not the count of the timer T202 has not been completed, the status K be terminated
が「2」でなければ、SS5−6−21でPLSCNT Otherwise but "2", PLSCNT in SS5-6-21
2がパルスP07をカウントしたか否かを判定する。 2 determines whether the counted pulse P07. P
LSCNT2がパルスP07をカウントすると、SS5 When LSCNT2 counts the pulse P07, SS5
−6−22でメインモータM3を低速逆転に切り換える。 Switching the main motor M3 in the low-speed reverse rotation in -6-22. ここで、原稿はスイッチバックを開始する。 Here, the document starts to switch back. そして、SS5−6−23でステータスSを「3」にセットする。 Then, the status S is set to "3" in SS5-6-23.

【0171】SS5−6−21でPLSCNT2がパルスP07をカウント中と判定されると、図102に示すように、SS5−6−27でレジストセンサSE2のオフエッジが確認されると、SS5−6−28でそのときプラテンガラス29上へ送り込まれる原稿のサイズを検出する。 [0171] When SS5-6-21 in PLSCNT2 is determined that the counting pulses P07, as shown in FIG. 102, off-edge of the registration sensor SE2 is confirmed by SS5-6-27, SS5-6- Then detecting the size of the document fed onto the platen glass 29 at 28. 続いて、SS5−6−29でエンプティセンサSE1がオンであると判定すると(原稿がトレイ61上に残っていれば)、SS5−6−30でDCNT1をインクリメントする。 Subsequently, (if they remain in the document on the tray 61) empty sensor SE1 is If it is determined that the on by SS5-6-29, increments the DCNT1 in SS5-6-30.

【0172】ステータスSが「3」のときは、図101 [0172] If the status S is "3", as shown in FIG. 101
に示すように、SS5−6−24でPLSCNT2がパルスP08をカウントしたか否かを判定する。 As shown in, it determines whether PLSCNT2 has counted pulses P08 in SS5-6-24. カウントを終了すれば、SS5−6−25でメインモータM3をオフする。 By the end of the count, the main motor M3 is turned off at SS5-6-25. これにて、原稿のスイッチバックが終了する。 This in, switch back of the document is completed. そして、SS5−6−26でステータスSを「4」 And "4" the status S in SS5-6-26
にセットする。 It is set to. ステータスSが「4」のときは、何も処理しない。 If the status S is "4", nothing is processed.

【0173】ステータスSが「5」のときは(次の原稿のレジストローラ90からの送出し)、図103に示すように、SS5−6−31でメインモータM3を高速正転させる。 [0173] If the status S is "5" (sent from the resist roller 90 of the next document), as shown in FIG. 103, the main motor M3 is rotated forward at high speed at SS5-6-31. これにてスイッチバックされた先の原稿及び後続の原稿が露光位置へ搬送されることとなる。 This in switch back the previous document and the succeeding document is to be conveyed to the exposure position. そして、SS5−6−32でPLSCNT1がパルスP03 Then, SS5-6-32 in PLSCNT1 pulse P03
をカウントしたと判定すると、SS5−6−33でメインモータM3を減速し、SS5−6−34でスケール1 If it is determined that the counted, decelerates the main motor M3 in SS5-6-33, scale 1 SS5-6-34
20を突出させる(スケールモードの場合)。 Projecting the 20 (in scale mode).

【0174】次に、SS5−6−35でレジストセンサSE2がオフか否かを判定し、SS5−6−36でエンプティセンサSE1がオンか否かを判定する。 [0174] Next, a resist sensor SE2 is determined whether off SS5-6-35, determines whether the empty sensor SE1 is on or in SS5-6-36. センサS Sensor S
E2がオフでセンサSE1がオンであれば、即ち、後続の原稿が小サイズで次の原稿がトレイ61上に残っていれば、SS5−6−37で給紙ステータスKを「3」にセットし、SS5−6−38でステータスSを「6」にセットする。 If E2 is sensor SE1 is on off, i.e., set if a subsequent document is any remain next document on the tray 61 in a small size, the feed status K in SS5-6-37 to "3" and, the status S is set to "6" in SS5-6-38. SS5−6−36でエンプティセンサSE Empty sensor SE in SS5-6-36
1がオフと判定されると、次の原稿はないのでSS5− When one is determined to be off, because there is no next document SS5-
6−39で給紙ステータスKを「1」にセットし、前述のSS5−6−38を処理する。 It is set to "1" and feed status K in 6-39 processes the SS5-6-38 described above.

【0175】SS5−6−35でレジストセンサSE2 [0175] resist sensor SE2 in SS5-6-35
がオンと判定されると、SS5−6−40でフラグLS When There is judged turned on, flag SS5-6-40 LS
IZEが「0」か否かを判定し、YESであれば、小サイズ原稿に続いて大サイズ原稿が2イン1セットされることとなるため、SS5−6−41で先の小サイズ原稿のみをコピーするために後半イレースフラグを「1」にセットする。 IZE it is determined whether "0", if YES, the order so that the large-size document Following small size original is two-in-one set, only a small size document earlier in SS5-6-41 the to set the erase flag late in order to copy to "1". さらに、SS5−6−42で先出し禁止フラグを「1」にセットし、SS5−6−43でDCNT In addition, to set the first-out prohibition flag is set to "1" in SS5-6-42, DCNT in SS5-6-43
1をインクリメントし、前述のSS5−6−38を処理する。 1 is incremented to process the SS5-6-38 described above. 前記SS5−6−40でフラグLSIZEが「1」であると判定すると、大サイズ原稿を単独でスケール120の位置まで送ったが、未だレジストローラ9 When the SS5-6-40 flag LSIZE is determined to be "1", but a large-size document sent alone to the position of the scale 120, yet resist rollers 9
0の付近に滞留していることとなるので、SS5−6− Since the that you are staying in the 0 vicinity of, SS5-6-
44で紙詰まりとして処理する。 It is treated as a paper jam at 44. PLSCNT1がパルスP03をカウント中と判定されると(SS5−6−3 When PLSCNT1 is determined that the counting pulses P03 (SS5-6-3
2でNO)、前述したSS5−6−27〜SS5−6− NO 2), the aforementioned SS5-6-27~SS5-6-
30(図102参照)を処理し、後続の原稿のサイズを検出する。 Handles 30 (see FIG. 102), for detecting the size of the subsequent document.

【0176】ステータスSが「6」のときは、図104 [0176] If the status S is "6", as shown in FIG. 104
に示すように、SS5−6−45でPLSCNT1がパルスP04をカウントしたか否かを判定する。 As shown in, it determines whether PLSCNT1 has counted pulses P04 in SS5-6-45. YESであれば、即ち、原稿の先端が露光基準位置SPへ到達すると、SS5−6−46でメインモータM3をオフする。 If YES, that is, when the leading edge of the document reaches the exposure standard position SP, the main motor M3 is turned off at SS5-6-46. このとき、後続する原稿が大サイズであれば、原稿の後半は給紙部に留まっている。 In this case, subsequent document if large size, the second half of the document remains in the paper feed unit. 続いて、SS5−6− Then, SS5-6-
47でソレノイドSL1をオフしてスケール120を上昇させ、SS5−6−48でフラグDSETを「1」にセットし、SS5−6−49でステータスSを「7」にセットする。 47 raises the scale 120 turns off the solenoid SL1, the set flag DSET to "1" in SS5-6-48, the status S is set to "7" in SS5-6-49.

【0177】ステータスSが「8」のときは(大サイズ原稿の給紙)、図105に示すように、SS5−6−5 [0177] If the status S is "8" (large-size document paper feed), as shown in FIG. 105, SS5-6-5
0でPLSCNT1がパルスP06のカウント終了を確認すると、SS5−6−51でメインモータM3をオフする。 When 0 PLSCNT1 to confirm the end of the counting pulse P06, the main motor M3 is turned off at SS5-6-51. さらに、SS5−6−52でステータスSを「9」にセットする。 In addition, the status S is set to "9" in SS5-6-52.

【0178】ステータスSが「9」のときは、SS5− [0178] If the status S is "9", SS5-
6−53でDCNT3が「1」であると判定したときのみ(1枚の原稿が排出されると)、SS5−6−54でステータスSを「5」にセットする。 (When one document is discharged) 6-53 in DCNT3 is "1" is a case where it is determined only at, the status S is set to "5" in SS5-6-54.

【0179】ステータスSが「10」のときには、図1 [0179] When the status S is "10", as shown in FIG. 1
06に示すように、SS5−6−55でメインモータM As shown in 06, the main motor M in SS5-6-55
3を高速回転させる。 3 is rotated at high speed. これにて原稿が露光位置から排出される。 This by the document is discharged from the exposure position. そして、SS5−6−56で排出センサSE3 Then, the discharge sensor SE3 in SS5-6-56
にて排出させる原稿の後端が検出されると、即ち、原稿の後端が搬送ベルト95から離れると、SS5−6−5 When the trailing edge of the document to be discharged is detected by, i.e., the trailing edge of the document leaves the conveyor belt 95, SS5-6-5
7でメインモータM3をオフする。 The main motor M3 is turned off at 7. これにより、原稿が2枚同時に排出されるとき、ここで原稿の間隔があけられる。 Accordingly, when the document is discharged two simultaneously, wherein spacing of the document is opened. 次に、SS5−6−58でソレノイドSL1をオフしてスケール120を上昇する。 Then, increasing the scale 120 turns off the solenoid SL1 at SS5-6-58. また、SS5−6− In addition, SS5-6-
59でDCNT3が「2」か否かを判定し、「2」であればSS5−6−60でステータスSを「11」にセットし、「2」でなければ(排出される原稿は1枚のみ)、SS5−6−61でステータスSを「0」にリセットする。 59 DCNT3 it is determined whether "2", the status S in SS5-6-60 if "2" is set to "11", the document being not "2" (discharged one only), the status S is reset to "0" in SS5-6-61.

【0180】ステータスSが「11」のときは、SS5 [0180] If the status S is "11", SS5
−6−62でDCNT3が「1」か否かを判定し、 -6-62 in DCNT3 it is determined whether or not "1",
「1」であればSS5−6−63でステータスSを「1 "1" status S in SS5-6-63 if "1
0」にセットする。 It is set to 0 ". これにて後続の原稿が排出される。 This for a succeeding document is discharged.
DCNT3が「1」でなければ、即ち、DCNT3が「2」のときは先の原稿排出時であるため、何も処理しない。 DCNT3 is not "1", that is, because when DCNT3 is "2", which is the time of the previous document discharge, nothing is processed.

【0181】ステータスSが「12」の場合、図107 [0181] If the status S is "12", as shown in FIG. 107
に示す処理が実行される。 The process shown in runs. ステータスSが「12」にセットされるのは、1枚セットフラグが「1」、つまり原稿枚数が奇数枚のときで、最初にセットする最終頁原稿を1枚だけで原稿台ガラス29上にセットするときである。 The status S is set to "12", one set flag is "1", i.e. when the number of originals is odd sheets, the final page document set initially on the document glass 29 with only one it is time to set. この処理では、SS5−6−64でパルスカウンタPLSCNT1が(P04−サイズP)に到達したか否か判定する。 In this process, it determines whether the host vehicle has reached the pulse counter PLSCNT1 is (P04- size P) in SS5-6-64. ここで、P04は、原稿をレジストローラ90からスケール120まで搬送するのに必要なメインモータM3のパルス数である。 Here, P04 is the number of pulses of the main motor M3 required for conveying the original from the registration roller 90 to the scale 120. SS−5−3−13により当て込み量αを含まないL+ADJ1が設定されている。 L + ADJ1 is set free of Atekomi amount α by SS-5-3-13. サイズPは、原稿サイズ検出で求められた原稿サイズに対応するパルス数である。 Size P is the number of pulses corresponding to the document size determined by the document size detection. したがって、パルスカウンタPLSCNT1が(P04−サイズP)とは、2枚目の原稿が、スケール120から原稿サイズ分だけ離れて原稿台ガラス29上にセットされることを意味する。 Thus, the pulse counter PLSCNT1 is a (P04- size P) is the second document is, away from the scale 120 by the original size of means that are set on the platen glass 29.
そして、PLSCN1が(P04−サイズP)なると、 Then, when PLSCN1 is (P04- size P),
原稿は原稿台ガラス29上で、スケール120から原稿サイズ分だけ離れてセットされているので、SS5−6 Document on the platen glass 29, because it is set apart from the scale 120 only document size fraction, SS5-6
−65でメインモータM3をオフする。 The main motor M3 is turned off at -65. 次に、SS5− Then, SS5-
6−66でソレノイドSL1をオフしてスケール120 Scale 120 by turning off the solenoid SL1 at 6-66
を上昇し、SS5−6−67ではフラグDSETを「1」にセットし、SS5−6−68で前半イレースフラグを「1」にセットし、原稿台ガラス29上に原稿の無い領域に対応した感光体上の静電潜像を除去したのち、SS5−6−69で1枚セットフラグを「0」にリセットする。 To rise, and is set to "1" in SS5-6-67 flag DSET, to set the first half erase flag is set to "1" in SS5-6-68, corresponding to the area without a manuscript on the platen glass 29 After removing the electrostatic latent image on the photosensitive member, to reset the one set flag to "0" in SS5-6-69. 続いて、SS5−6−70でセンサSE1 Then, the sensor SE1 in SS5-6-70
がオンして原稿トレイ61上に原稿が残っていることが確認されると、SS5−6−71でDCNT1を「+ But if it is confirmed that the remaining document on the document tray 61 on, the DCNT1 in SS5-6-71 "+
1」インクリメントし、SS5−6−72でステータスKを「3」にセットし、SS5−6−73でステータスSを「13」にセットする。 1 "increments, the status K is set to" 3 "in SS5-6-72, the status S is set to" 13 "in SS5-6-73. SS5−6−70で原稿トレイ61上に原稿が無いことが確認されると、SS5− If it is confirmed that there is no document on the document tray 61 in SS5-6-70, SS5-
6−74でステータスKを「1」にセットする。 The status K is set to "1" in 6-74. このように、原稿枚数が奇数のときは、最終原稿は原稿台ガラス29上の露光基準SPから原稿サイズ分だけスケール120から離れた位置−すなわち中間位置IPにセットされる。 Thus, the number of documents when the odd, the final document is located away from the document size of only the scale 120 from the exposure reference SP on the platen glass 29 - is set to or intermediate position IP. ここでは、1枚の小サイズ原稿を後半部分にセットした為、前半部分をハーフイレースさせる為に前半イレースフラグを立てている。 In this case, because you set a single small-size document in the second half, and set up the first half erase flag in order to half erase the first half. 仮に奇数枚とカウントされ、1枚セットフラグが立っていても、実際コピーする時にその原稿が大サイズであれば、SS5−6−15からSS5−6−16へと進む為、スケール120に合わせて単独でセットされ、イレースも行なわれない。 If the odd number and the count, even though one set flag is set, if the original is a large size when you actually copy, since the proceeds from SS5-6-15 to SS5-6-16, according to the scale 120 Te is set alone, not even done erase. 最後まで通紙した結果、ラスト原稿が1枚しかなかった場合には、スケール側にセットする為、後半イレースフラグを立てている(SS−5−6−10)。 To the last paper passing as a result, when the last document was only one, in order to set the scale side, and make a second half erase flag (SS-5-6-10). 小サイズ原稿と大サイズ原稿が2イン1された場合にもスケール側にある小サイズ原稿のみコピーし、大サイズ原稿側はイレースする為に後半イレースフラグを立てている。 Small size original and large-size document is copied only small-size document on the scale side if it is two-in-one, large-size original side earns the second half erase flag in order to erase. そして、 And,
その大サイズ原稿は、次にコピー処理が行われ、全面コピーがされるようになっており、余分なコピーや、余白部分にベルトの影や汚れが写り込んだり、画像欠損することのないコピーが得られる。 Its large size document, then copy processing is performed, and so the entire surface copy is, extra copy or Dari crowded-through shadows and dirt of the belt in the margin, the copy not to image loss It is obtained.

【0182】図108はステータスSが「7」又は「1 [0182] FIG. 108 is the status S is "7" or "1
3」のときの処理を示す。 3 "showing the processing at the time of. ここでは、SS5−6−75 Here, SS5-6-75
でフラグDCHGが「1」か否かを判定し、「1」のときのみ以下の処理を行う。 In the flag DCHG it is determined whether "1", only the following processing when the "1". フラグDCHGが「1」であれば、SS5−6−76で給紙ステータスKの値をチェックする。 If the flag DCHG is "1", to check the value of the feed status K in SS5-6-76. ここでは、ステータスKが「2」と「8」のときのみ以下の処理を行う。 Here, the status K is performed only following processing when the "2" and "8".

【0183】ステータスKが「8」のときは(次の原稿が先出し給紙済みのとき)、SS5−6−77でステータスKを「2」にセットし、SS5−6−78でステータスSを「1」にセットする。 [0183] (when the next document of first-out feeding already) status K is when the "8", the status K is set to "2" in SS5-6-77, the status S in SS5-6-78 It is set to "1". さらに、SS5−6−7 In addition, SS5-6-7
9でDCNT1をデクリメントし、SS5−6−80でフラグLSIZEが「1」か否かを判定する。 9 decrements the DCNT1, determines whether the flag LSIZE Do "1" in SS5-6-80. フラグL Flag L
SIZEが「1」であれば(大サイズ原稿が給紙されたのであれば)、SS5−6−81で排出すべき原稿の枚数をカウントするためのDCNT3をインクリメントする。 If SIZE is "1" (if a large size original is fed), it increments the DCNT3 for counting the number of documents to be discharged in SS5-6-81. フラグLSIZEが「0」であれば(大サイズ原稿が給紙されたのであれば)、SS5−6−82で後半イレースフラグが「1」か否かを判定する。 (If a large size original is fed) if the flag LSIZE is "0", it is determined whether the second half erase flag is "1" in SS5-6-82. 後半イレースフラグが「1」であれば(小サイズ原稿1枚がセット中又は小サイズ原稿1枚と大サイズ原稿1枚がセット中であれば)、前述のSS5−6−81を処理し、「0」であればSS56−83で前半イレースフラグが「1」か否かを判定し、前半イレースフラグが「0」ならばSS If the second half erase flag is "1" (if small size in a single document is set or small-size document one and the large size in a single document is set), to process the SS5-6-81 of the above-mentioned, first half erase flag is determined whether or not "1" in SS56-83 if it is "0", "0" first half erase flag is if SS
5−6−84でDCNT3をインクリメントした後、S After incrementing the DCNT3 at 5-6-84, S
S5−6−81を処理する。 S5-6-81 to process.

【0184】SS5−6−76でステータスKが「2」 [0184] status K in SS5-6-76 is "2"
(次の原稿が先出し給紙されていないとき)と判定されると、SS5−6−85で先出し禁止フラグが「1」か否かを判定する。 Determines if it is determined that (next document when not first-out feeding), the first-out whether inhibition flag or "1" in SS5-6-85. 先出し禁止フラグが「1」であれば、 If the first-out inhibit flag is "1",
SS5−6−86でフラグLSIZEを「1」にセットし、SS5−6−87でステータスSを「5」にセットし、SS5−6−79〜84を処理する。 And the flag LSIZE is set to "1" in SS5-6-86, the status S is set to "5" in SS5-6-87, to process the SS5-6-79~84. 先出し禁止フラグが「0」であれば、SS5−6−88でステータスSを「10」にセットし、SS5−6−80〜84を処理する。 If the first-out inhibit flag is "0", the status S is set to "10" in SS5-6-88, to process the SS5-6-80~84.

【0185】《排紙》図109〜111はSS5−5, [0185] "paper output" Figure 109-111 SS5-5,
5−7,5−11で実行されるカウント排紙のサブルーチンを示す。 It shows a subroutine count sheet discharge to be executed in 5-7,5-11. ここでの排紙はプレステップモード及び2 Wherein the sheet discharging the pre-step mode and 2
イン1モードでの排紙である。 A paper ejection in-1 mode. このサブルーチンでは、 In this subroutine,
図109に示すように、SS5−5−1で排紙ステータスHをチェックし、その値「0」,「1」,「2」に基づいて以下の処理を行う。 As shown in FIG. 109, check the paper discharge status H at SS5-5-1, the value "0", "1", the following process is performed on the basis of "2".

【0186】図106に示すように、ステータスHが「0」のときは、何も処理しない。 [0186] As shown in FIG. 106, when the status H is "0", nothing is processed. ステータスHが「1」のときは、SS5−5−2で排出モータM4を高速駆動し、SS5−5−3でメインモータM3がオフか否かを判定し、SS5−5−4でDCNT3が「0」か否かを判定する。 If the status H is "1", the discharge motor M4 driven at a high speed in SS5-5-2, the main motor M3 it is determined whether the off SS5-5-3, is DCNT3 in SS5-5-4 determines whether or not "0". メインモータM3がオフされており、 The main motor M3 has been turned off,
DCNT3が「0」であれば、排出すべき原稿はなく、 If the DCNT3 is "0", not original to be discharged,
SS5−5−5で排出モータM4をオフし、SS5−5 It turns off the discharge motor M4 in SS5-5-5, SS5-5
−6でステータスHを「0」にリセットする。 The status H is reset to "0" in -6.

【0187】メインモータM3がオンされているか、オフであってもDCNT3が「0」でなければ(原稿排出中)、SS5−5−7で排出センサSE3がオフエッジか否かを判定する。 [0187] or the main motor M3 is turned off at a even DCNT3 is not "0" (in the document discharge), the discharge sensor SE3 in SS5-5-7 determines whether off edge. センサSE3がオフエッジであれば、即ち、原稿の後端がセンサSE3の検出点を通過すれば、SS5−5−8で排出モータM4を低速駆動に切り換え、SS5−5−9でタイマT301をセットする。 If the sensor SE3 is a off edge, i.e., if it passes the trailing edge of the document is the detection point of the sensor SE3, it switches the discharge motor M4 to the low-speed driving in SS5-5-8, sets the timer T301 in SS5-5-9 to. さらに、SS5−5−10でステータスHを「2」 In addition, "2", the status H in SS5-5-10
にセットする。 It is set to.

【0188】ステータスHが「2」のときは、図111 [0188] If the status H is "2", as shown in FIG. 111
に示すように、SS5−5−11で前記タイマT301 As shown in the in SS5-5-11 timer T301
のカウント終了が確認されると、SS5−5−12でD When the end-of-count is confirmed of, D in SS5-5-12
CNT2をデクリメントし、SS5−5−13でDCN Decrements the CNT2, DCN in SS5-5-13
T3をデクリメントする。 It decrements the T3. 続いて、SS5−5−14でDCNT3が「0」か否かを判定する。 Subsequently, it is determined whether or not in SS5-5-14 DCNT3 is "0". DCNT3が「0」であれば、即ち、排出される原稿が1枚の場合は、SS5−5−15で排出モータM4をオフし、SS If the DCNT3 is "0", that is, if the document to be discharged is one turns off the discharge motor M4 in SS5-5-15, SS
5−5−16でステータスHを「0」にリセットする。 The status H is reset to "0" in 5-5-16.
DCNT3が「0」でなければ、即ち、排出する原稿が2枚の場合は、SS5−5−17でステータスHを「1」にセットし、排出動作を継続させる。 DCNT3 if not "0", that is, the case of the original two to emissions, the status H is set to "1" in SS5-5-17, to continue the discharge operation.

【0189】《カウント》図112〜114はSS5− [0189] "count" Figure 112 to 114 SS5-
8で実行されるカウントのサブルーチンを示す。 Showing a subroutine of counting executed by 8. ここでは次に説明するカウント排紙のサブルーチンとで原稿を一巡させてその枚数を自動的にカウントする。 Here is round the document in a subroutine count sheet discharge described below to automatically count the number of sheets. このサブルーチンでは、図112に示すように、SS5−8−1 In this subroutine, as shown in FIG. 112, SS5-8-1
でステータスSをチェックし、その値「0」〜「4」に基づいて以下の処理を行う。 In to check the status S, the following process is performed on the basis of the value "0" to "4".

【0190】図113に示すように、ステータスSが「0」のときは、何も処理しない。 [0190] As shown in FIG. 113, when the status S is "0", nothing is processed. ステータスSが「1」のときは(給紙完了)、SS5−8−2で排紙ステータスHが「2」でないことを確認のうえ、即ち、排出モータM4が減速されていなければ、SS5−8−3 If the status S is "1" (paper feeding completion), after the paper discharge status H is confirmed to be not "2" in SS5-8-2, i.e., if the discharge motor M4 is being decelerated, SS5- 8-3
でソレノイドSL1をオンしてスケール120を下降し、SS5−8−4でメインモータM3を高速正転させる。 In the scale 120 lowered by turning on the solenoid SL1, the main motor M3 is rotated forward at high speed at SS5-8-4. これにて原稿がレジストローラ90からプラテンガラス29上に送り出される。 This by the document is fed from the register roller 90 onto the platen glass 29. さらに、SS5−8−5でPLSCNT1を「0」にリセットし、SS5−8−6 In addition, to reset the PLSCNT1 to "0" in SS5-8-5, SS5-8-6
でステータスSを「2」にセットし、SS5−8−7でステータスHを「1」にセットする。 In the status S is set to "2", the status H is set to "1" in SS5-8-7.

【0191】ステータスSが「2」のときは、SS5− [0191] If the status S is "2", SS5-
8−8でレジストセンサSE2のオフエッジが確認されると(原稿の後端がセンサSE2の検出点を通過すると)、SS5−8−9で原稿のサイズを検出する。 8-8 off-edge of the registration sensor SE2 is confirmed (the rear end of the document passes through the detection point of the sensor SE2), for detecting the size of the document in SS5-8-9. 続いて、SS5−8−10でメインモータM3を減速し、S Then, to slow down the main motor M3 in SS5-8-10, S
S5−8−11で原稿枚数をカウントするGCNTをインクリメントし、SS5−8−12でPLSCNT2を「0」にリセットする。 It increments the GCNT to count the number of originals in S5-8-11, to reset the PLSCNT2 to "0" in SS5-8-12. さらに、SS5−8−13でエンプティセンサSE1がオンか否かを判定する。 Further, it is determined whether the empty sensor SE1 is on or in SS5-8-13. センサSE1がオンであれば、次の原稿を給紙するため、SS If the sensor SE1 is on, in order to feed the next document, SS
5−8−14でDCNT1をインクリメントし、SS5 Increments the DCNT1 at 5-8-14, SS5
−8−15で給紙ステータスKを「3」にセットし、S It is set to "3" feed status K in -8-15, S
S5−8−16でステータスSを「3」にセットする。 And the status S is set to "3" in S5-8-16.
センサSE1がオフしていれば、トレイ61上に次の原稿がないのでSS5−8−17で給紙ステータスKを「1」にセットし、SS5−8−16でステータスSを「3」にセットする。 If the sensor SE1 is off, since there is no next document on the tray 61 set the feed status K to "1" in SS5-8-17, the "3" status S in SS5-8-16 set.

【0192】ステータスSが「3」のときは、図114 [0192] If the status S is "3", as shown in FIG. 114
に示すように、SS5−8−17でPLSCNT2がパルスP09のカウントを終了したことを確認すると、S As shown in, it confirms that the SS5-8-17 in PLSCNT2 has finished counting the pulse P09, S
S5−8−18でメインモータM3をオフする。 The main motor M3 is turned off at S5-8-18. パルスP09は原稿を一旦プラテンガラス29上で停止させるためのもので、原稿の後端がレジストセンサSE2で検出されてから少なくともレジストローラ90のニップ部を抜けるまでのメインモータ駆動パルス数に相当する。 Pulse P09 is for stopping the document once on the platen glass 29, corresponding to the main motor the number of drive pulses from the trailing edge of the document is detected by the resist sensor SE2 until leaves the nip of at least the registration roller 90 .
このような制御によってカウントモードでの処理時間が短縮される。 The processing time in the count mode can be reduced by such control.

【0193】次に、SS5−8−19でソレノイドSL [0193] Next, the solenoid SL in SS5-8-19
1をオフしてスケール120を上昇させた後、SS5− After raising the scale 120 to turn off the 1, SS5-
8−20で排出センサSE3がオフか否かを判定し、S Discharge sensor SE3 is determined whether off 8-20, S
S5−8−21で排紙ステータスHが「2」でないか否かを判定する。 Sheet discharge status H in S5-8-21 determines whether not "2". センサSE3がオフでステータスHが「2」でなければ(原稿が排出されていなければ)、S Status H sensor SE3 is off unless the "2" (if the document has not been discharged), S
S5−8−22で排出モータM4をオフし、SS5−8 It turns off the discharge motor M4 in S5-8-22, SS5-8
−23でステータスHを「0」にリセットする。 The status H is reset to "0" at -23. そして、SS5−8−24でエンプティセンサSE1のオン、オフを判定する。 It is determined on the empty sensor SE1, the off SS5-8-24. センサSE1がオンであれば、次の原稿の給紙の完了を待つために、SS5−8−25でステータスSを「0」にリセットし、センサSE1がオフであればSS5−8−26でステータスSを「4」にセットする。 If the sensor SE1 is on, in order to wait for the completion of the feeding of the next document, to reset the status S is "0" in SS5-8-25, sensor SE1 is in SS5-8-26 if off and the status S is set to "4". また、排出センサSE3がオンしているか、オフしていてもステータスHが「2」であれば、S In addition, whether the discharge sensor SE3 is turned on, if it is turned off and the status H even though "2", S
S5−8−24〜26を処理する。 S5-8-24~26 to process.

【0194】ステータスSが「4」のときは、全ての原稿をプラテンガラス29上に送り出した後であり、SS [0194] If the status S is "4", and after that we send out all of the original document on the platen glass 29, SS
5−8−27でメインモータM3を低速駆動する。 The main motor M3 driving at a low speed at 5-8-27. そして、SS5−8−28でDCNT2が「0」であることを確認すると、即ち、プラテンガラス29上に原稿が存在しなくなれば、SS5−8−29でメインモータM3 Then, when confirming that at SS5-8-28 DCNT2 is "0", that is, if not the document is present on the platen glass 29, the main motor M3 in SS5-8-29
をオフし、SS5−8−30でソレノイドSL1をオフしてスケール120を上昇し、SS5−8−31でステータスSを「0」にリセットする。 It turned off, and the scale 120 to rise to turn off the solenoid SL1 at SS5-8-30, the status S is reset to "0" in SS5-8-31. 次に、SS5−8− Then, SS5-8-
32でGCOUNT、すなわち原稿枚数が奇数か否かを判定し、奇数ならばSS5−8−33で1枚セットフラグを「1」にセットする。 32 gcount, i.e. the number of documents to determine odd or not, to set a single set of flag SS5-8-33 if odd "1".

【0195】《カウント排紙》図115はSS5−9で実行されるカウント排紙のサブルーチンを示す。 [0195] "Count discharge" Figure 115 shows a subroutine count sheet discharge to be executed in SS5-9. このサブルーチンではSS5−9−1で排紙ステータスHをチェックし、その値「0」,「1」,「2」に基づいて以下の処理を行う。 This subroutine checks the paper discharge status H at SS5-9-1, the value "0", "1", the following process is performed on the basis of "2". ステータスHが「0」のときは、何も処理しない。 If the status H is "0", nothing is processed. ステータスHが「1」のときは(メインモータM3の正転による原稿の搬送が開始されると)、S If the status H is "1" (when the conveyance of the document by the normal rotation of the main motor M3 is started), S
S5−9−2で排出モータM4を高速駆動する。 The discharge motor M4 driven at high speed in S5-9-2. これにより、反転ローラ100及び排出ローラ110が回転し、原稿がトレイ115へ送られる。 Thus, to rotate the reverse roller 100 and the discharge roller 110, the document is sent to the tray 115. 次に、SS5−9 Then, SS5-9
−3で排出センサSE3のオフエッジが確認されると(原稿の後端がセンサSE3の検出点を通過すると)、 Off-edge of the discharge sensor SE3 is confirmed by -3 (the trailing edge of the document passes the detection point of the sensor SE3),
SS5−9−4で排出モータM4を減速する。 To decelerate the discharge motor M4 in SS5-9-4. さらに、 further,
SS5−9−5でタイマT301をセットし、SS5− The timer T301 set in SS5-9-5, SS5-
9−6でステータスHを「2」にセットし、SS5−9 The status H is set to "2" in 9-6, SS5-9
−7でDCNT2をデクリメントする。 -7 in decrements the DCNT2.

【0196】ステータスHが「2」のときは、SS5− [0196] If the status H is "2", SS5-
9−8でタイマT301のカウント終了が確認されると、SS5−9−9で排出モータM4をオフし、SS5 When the count of the timer T301 termination is confirmed by 9-8, and turns off the discharge motor M4 in SS5-9-9, SS5
−9−10でDCNT2が「0」か否かを判定する。 -9-10 in DCNT2 it is determined whether or not "0". D
CNT2が「0」であれば(プラテンガラス29上に原稿がなければ)、SS5−9−11でステータスHを「0」にリセットする。 If the CNT2 is "0" (if there is no original on the platen glass 29), the status H is reset to "0" in SS5-9-11. DCNT2が「0」でなければ(プラテンガラス29上に原稿があれば)、SS5−9 DCNT2 else is "0" (if there is a document on the platen glass 29), SS5-9
−12でステータスHを「1」にセットする。 -12 in the status H is set to "1".

【0197】《サイズ検出》図112はサイズ検出のサブルーチンを示す。 [0197] "Size Detection" Figure 112 shows a subroutine of detection size. ここでは、SS5−4−201でサイズ検出用カウンタSIZCNT1へPLSCNT1のパルスカウント値をストアする。 Here, it stores the pulse count value of PLSCNT1 the size counter for detecting SIZCNT1 in SS5-4-201. PLSCNT1はメインモータM3の正転駆動パルス数をカウントし、その値は原稿の長さに対応する。 PLSCNT1 counts the forward rotation number of drive pulses of the main motor M3, the value of which corresponds to the length of the document. 次に、SS5−4−202で幅フラグが「1」か否かを判定する。 Next, it is determined whether the width flag SS5-4-202 Do "1". 幅フラグは幅センサSE10のオン、オフによって設定され、幅センサS Width flag on the width sensor SE10, set by the off, width sensor S
E10は、B5横送り以上の幅寸法の原稿によってオンされ、幅フラグが「1」にセットされる。 E10 is turned on by a document of B5 transverse feed or width dimension, the width flag is set to "1". 原稿のサイズはSIZCNT1の値と幅フラグとの組み合わせによって設定される。 Size of the document is set by combination of the values ​​and the width flag of SIZCNT1. 図において、Tは横送り、Lは縦送りを意味する。 In Figure, T is transverse feed, L is meant longitudinal feed.

【0198】即ち、幅フラグが「1」のときは、SS5 [0198] In other words, when the width flag is "1", SS5
−4−203でSIZCNT1の値をチェックし、その値が182mmに相当すればSS5−4−204でSI Check the value of SIZCNT1 at -4-203, SI in SS5-4-204 if corresponding value within 182mm
ZEをB5横送りに設定する。 Setting the ZE to B5 transverse feed. 以下、同様にSIZCN Thereafter, in the same manner SIZCN
T1の値に従ってSS5−4−205からSS5−4− From SS5-4-205 according to the value of T1 SS5-4-
207でSIZEに所定の原稿サイズを設定する。 Setting a predetermined document size SIZE 207. また、420mmよりも長ければ、SS5−4−208で不明とする。 In addition, the longer than 420mm, and unknown in SS5-4-208. その後、SS5−4−209で幅フラグを「0」にリセットする。 Then, to reset the width flag is set to "0" in SS5-4-209.

【0199】一方、幅フラグが「0」のときは、図11 [0199] On the other hand, when the width flag is "0", as shown in FIG. 11
7に示すように、SS5−4−210でSIZCNT1 As shown in 7, in SS5-4-210 SIZCNT1
の値をチェックし、その値に従ってSS5−4−211 Value check of, SS5-4-211 according to its value
〜SS5−4−217でSIZEに所定の原稿サイズを設定する。 Setting a predetermined document size to SIZE in ~SS5-4-217. なお、297mmよりも短ければSS5−4 It should be noted, it is shorter than 297mm SS5-4
−213でスイッチSW2がオンされているか否かを判定し、オンされていればSS5−4−214でサイズを「A4L」にセットし、オンされていなければSS5− It is determined whether or not the switch SW2 is turned on at -213, and set the size to "A4L" in SS5-4-214 if it is turned on, if it is not turned on SS5-
4−215でサイズを「レターL」にセットする。 To set the size to "letter L" in 4-215. なお、2イン1モードにあっては、検出されたサイズをそれぞれ2倍のサイズとして設定する。 Incidentally, in the two-in-one mode, it sets the detected size as the size of the 2-fold, respectively. ここで、SS5− Here, SS5-
4−213及び214は、図67のS8−4以降の処理の別実施例である。 4-213 and 214 is another embodiment of the S8-4 and subsequent steps in FIG. 67.

【0200】《両面セット》図118から124は両面モード時の原稿搬送を処理するサブルーチンで、まずS [0200] From "duplex set" Figure 118 124 is a subroutine that handles the document conveyance of the duplex mode, first S
S5−10−1でステータス「S」を判定し、その値に応じて「0」〜「6」の処理に分岐する。 Determines the status "S" in S5-10-1, branches according to the value to the processing of "0" to "6".

【0201】ステータスSが「0」の場合、何もしない。 [0201] If the status S is "0", do not do anything. ステータスSが「1」の場合、図119に示すように、SS5−10−2でソレノイドSL1をオンしてスケール120を下降し、SS5−10−3でメインモータM3を正転して原稿台ガラス29に沿って原稿を搬送し、SS5−10−4で排紙モータM4を駆動する。 If the status S is "1", as shown in FIG. 119, the scale 120 lowered by turning on the solenoid SL1 at SS5-10-2, platen and forward the main motor M3 in SS5-10-3 conveying the document along the glass 29, for driving the discharge motor M4 in SS5-10-4. 次に、SS5−10−5でレジストセンサSE2のオフエッジを検出し、オフエッジすなわち原稿の後端が検出されると、SS5−10−6でセンサSE2とSE10の信号から原稿サイズを検出する。 Next, to detect the off-edge of the registration sensor SE2 in SS5-10-5, the rear end of the off-edge That document is detected, to detect a document size from the signals of the sensors SE2 and SE10 in SS5-10-6. 続いて、SS5−10 Then, SS5-10
−7で原稿枚数カウンタDCNT3が「0」か否か判定する。 -7 determines whether the number of documents counter DCNT3 is "0" in. この原稿枚数カウンタは排出すべき枚数を係数するカウンタで、1枚目裏面セット時及び表面セット時は「0」にセットされる。 The original number counter is a counter that factor the number to be discharged, and during the surface set first sheet back surface set is set to "0". また、2枚目以降の裏面セット時は、前の原稿が排出されると「1」から「0」に変わる。 In addition, during the second and subsequent sheets of the back set, change and before the document is discharged from "1" to "0". そして、原稿枚数カウンタDCNT3が「0」と判定されると、SS5−10−8で排出センサSE3のオンエッジを検出し、このオンエッジが検出されると、S When the document number counter DCNT3 is determined as "0", and detects the on-edge of the discharge sensor SE3 in SS5-10-8, this on-edge is detected, S
S5−10−9でソレノイドSL2をオンして切替爪1 Switching claw 1 by turning on the solenoid SL2 in S5-10-9
03を動作して反転経路を作り、原稿を再び原稿台ガラス29に向けて搬送する。 03 operates the create a reverse path, is conveyed toward the platen glass 29 a document again. また、SS5−10−10でPLSCNT2を「0」にリセットし、そこからカウントをスタートする。 In addition, to reset the PLSCNT2 to "0" in SS5-10-10, to start counting from there. SS5−10−11でステータスS Status S in SS5-10-11
を「2」にセットする。 A is set to "2".

【0202】ステータスSが「2」の場合、図120に示すように、SS5−10−12でPLSCNT2がP [0202] If the status S is "2", as shown in FIG. 120, in SS5-10-12 PLSCNT2 is P
12になったか否か、つまりセンサSE3を通過した原稿の先端が反転経路を通り搬送ベルト95の直前に到達したか否か判定する。 Whether it is 12, i.e. it determines whether the front end of the document which has passed the sensor SE3 reaches immediately before the street conveyor belt 95 the reverse path. そして、原稿の先端が搬送ベルト95に到達する直前に、SS5−10−13でメインモータM3を逆転する。 Then, immediately before the leading edge of the document reaches the conveyor belt 95, reversing the main motor M3 in SS5-10-13. また、SS5−10−14で原稿が大サイズか否か判定し、大サイズ原稿ならばモータM The document is determined whether a large size SS5-10-14, the motor M if large size document
3とM4を減速する。 3 to slow down the M4. これは、大サイズ原稿の場合、原稿の先端と後端が共に搬送ベルト95と原稿台ガラス2 This is because, in the case of large-size document, conveying the leading end and the trailing end of the document both belt 95 and the platen glass 2
9の間に挾持されることがあり、負荷が大きくなる。 9 may be held between the load increases. このような場合はモータM3,M4を低速に切り替えてステッピングモータの脱調を防ぐと共に通紙音の低減を計る。 In such cases measure the reduction of the sheet passing sound prevents the loss of synchronism of the stepping motor by switching the motor M3, M4 slow. なお、このときスケール120を原稿台ガラス29 In addition, the platen glass 29 at this time scale 120
の上面から下げたままにしても同様の作用効果が得られる。 Same effect also remain down from the top surface is obtained. 一方、原稿が大サイズ原稿でない場合、SS5−1 On the other hand, if the document is not a large size document, SS5-1
0−20でソレノイドSL1をオフしてスケール120 0-20 scale 120 by turning off the solenoid SL1 in
を上昇し、原稿先端がガラス端面と干渉して、ジャムしないようにすると共に原稿先端規制に備える。 It rises to and original tip interferes with the glass edge comprises a leading end of the original regulation as well as to avoid jams. 次に、S Then, S
S5−10−16ではセンサSE3びオフエッジを検出し、原稿後端が切替爪103を通過したことが確認されると、SS5−10−17でソレノイドSL2をオフして切替爪103を動作して原稿搬送経路を原稿排紙トレイ115に向かう経路に切り替え、SS5−10−18 Detecting a sensor SE3 beauty off edge in S5-10-16, when the rear end of the document has passed the switching claw 103 is confirmed, by operating the switching claw 103 turns off the solenoid SL2 at SS5-10-17 switching to a path toward the document conveying path to the document discharge tray 115, SS5-10-18
でPLSCNT2を「0」にリセットし、SS5−10 In to reset the PLSCNT2 to "0", SS5-10
−19でステータスSを「3」にセットする。 And the status S is set to "3" at -19.

【0203】ステータスSが「3」の場合、図121に示すように、PLSCNT2がP14になったか否か、 [0203] If the status S is "3", as shown in FIG. 121, whether PLSCNT2 becomes P14,
つまり原稿の後端がスケール120から20〜30mm That 20~30mm trailing edge of the document from the scale 120
離れた位置まで移動し、完全に原稿が原稿台ガラス29 Moved to a position away, completely original is the platen glass 29
上に移動したか否か確認する。 Whether or not to confirm and move on. そして、PLSCNT2 Then, PLSCNT2
がP14になるとSS5−10−22でメインモータM The main motor M in but SS5-10-22 and become P14
3を正転状態に切り替える。 3 switched to the normal rotation state. これにより、原稿は原稿台ガラス29上をスケール120に向かって搬送される。 Thus, the document is conveyed on the platen glass 29 toward the scale 120.
また、SS5−10−23で排紙モータM4をオフする。 Also, it turns off the discharge motor M4 in SS5-10-23. 次に、SS5−10−24でPLSCNT2を「0」にリセットし、SS5−10−25でソレノイドSL1をオフしてスケール120を上昇し、原稿の先端規制に備える。 Then, reset the PLSCNT2 to "0" in SS5-10-24, the scale 120 to rise off the solenoid SL1 at SS5-10-25, provided at the tip regulations document. 最後に、SS5−10−26でステータスSを「4」にセットする。 Finally, the status S is set to "4" in SS5-10-26.

【0204】ステータスSが「4」の場合、図122に示すように、SS5−10−27でPLSCNT2がP [0204] If the status S is "4", as shown in FIG. 122, in SS5-10-27 PLSCNT2 is P
16か否か、つまり原稿のスケール120端部がスケール120に規制されるまで搬送されたか否か判定する。 16 whether determines whether it is conveyed that is, until the scale 120 the end of the document is restricted to the scale 120.
そして、PLSCNT2がP16に達していれば、SS Then, if PLSCNT2 has reached P16, SS
5−10−28でメインモータM3をオフし、SS5− The main motor M3 is turned off at 5-10-28, SS5-
10−29でDSETを「1」にセットしてピックアップローラをホームポジションに戻し、SS5−10−3 Return the pickup roller to the home position to set the DSET to "1" at 10-29, SS5-10-3
0で原稿表面が複写状態にセットされているか原稿裏面が複写状態にセットされているか否か判定する。 0 determines whether or original back side surface of the original is set to the copying state is set to the copying state. ここで、原稿表面の複写状態にセットされていれば、SS5 Here, if it is set to the copying state of the document surface, SS5
−10−31で原稿トレイ61に次の原稿があるか否かを検出し、有ればSS5−10−32で原稿カウンタD Detecting whether the next document on the document tray 61 at -10-31, document counter SS5-10-32 if there D
CNT1を「1」にセットした後、SS5−10−33 After you set the CNT1 to "1", SS5-10-33
でステータスKを「3」にセットして次原稿の給紙を行い、無ければSS5−10−34でステータスKを「1」にセットし、SS5−10−35でステータスS In performs a feeding of the next document the status K is set to "3", is set to "1", the status K in SS5-10-34 If no, status in SS5-10-35 S
を「5」にセットする。 A is set to "5". なお、SS5−10−30で原稿裏面が複写状態にセットされていると判定されると、 Incidentally, when the document backside in SS5-10-30 is determined to be set in the copying state,
SS5−10−31〜34の処理を実行することなく、 Without executing the processing of SS5-10-31~34,
SS5−10−35でステータスSを「5」にセットする。 And the status S is set to "5" in SS5-10-35.

【0205】ステータスSが「5」の場合、図123に示すように、SS5−10−36で複写機本体1で原稿交換要求信号DCHGが「1」に設定されているか否か判定する。 [0205] If the status S is "5", as shown in FIG. 123, it determines whether the document exchange request signal DCHG the copying machine body 1 in SS5-10-36 is set to "1". また、SS5−10−37で原稿が表面複写状態に設定完了しているか否か判定する。 Further, it is determined whether the document in SS5-10-37 is completed set to the surface copying state. そして、DC Then, DC
HGが「1」に設定されて原稿の交換が要求され、かつ原稿が表面複写状態にセットされていれば、SS5−1 HG is exchanges are set to "1" document request, and if a document is set on a surface copying state, SS5-1
0−38で排紙制御カウンタHを「1」にセットし、S Is set to "1", the paper ejection control counter H at 0-38, S
S5−10−39で排出する原稿枚数カウンタDCNT The number of document sheets counter DCNT to be discharged in S5-10-39
3を「1」にセットし、SS5−10−40でステータスKが「8」にセットされているか否か、すなわち次の原稿が先出し状態にセットされているか否か判定し、次の原稿が先出し状態になっていれば、SS5−10−4 3 is set to "1", whether the status K in SS5-10-40 is set to "8", i.e. to determine whether the next document is set in the first-out state, the next document if it becomes a first-out state, SS5-10-4
2でステータスKを「2」に変更し、SS5−10−4 Change the status K to "2" in 2, SS5-10-4
2でDCNT1をデクリメントする。 2 decrements the DCNT1. また、SS5−1 In addition, SS5-1
0−43でステータスSを「1」にセットし、SS5− The status S is set to "1" at 0-43, SS5-
10−44でDCHGを「0」、SS5−10−45でDSETを「0」にセットする。 "0" DCHG at 10-44, is set to "0" DSET in SS5-10-45. 一方、SS5−10− On the other hand, SS5-10-
40でステータスKが「8」でないと判定されると、ソレノイドSL1をオンしてスケール120を下降し、S If the status K is determined not "8" at 40, the scale 120 lowered by turning on the solenoid SL1, S
S5−10−47でメインモータM3を駆動して原稿台ガラス29上の原稿を排紙部に排出し、SS5−10− It drives the main motor M3 and discharges the original on the platen glass 29 to the sheet discharge unit in S5-10-47, SS5-10-
48でステータスSを「6」にセットして最終原稿の排出処理に入り、SS5−10−44でDCHGを「0」、SS5−10−45でDSETを「0」にセットする。 48 enters the discharge process of the final document to the status S is set to "6", "0" DCHG in SS5-10-44, is set to "0" DSET in SS5-10-45. SS5−10−37で原稿が裏面複写状態にセットされていると判断されると、SS5−10−43〜 When a document is determined to be set on the back surface copying state SS5-10-37, SS5-10-43~
45が実行される。 45 is executed.

【0206】ステータスSが「6」の場合、図124に示すように、SS5−10−49で排紙センサSE3のオフエッジ、すなわち原稿後端検出信号を検出し、オフエッジが検出されて原稿後端部がセンサSE3を通過したことが確認されると、SS5−10−50でメインモータM3をオフし、SS5−10−51でソレノイドS [0206] If the status S is "6", as shown in FIG. 124, off-edge of the sheet discharge sensor SE3 in SS5-10-49, i.e. detects the document trailing edge detection signal, the trailing edge of the document is detected off-edge When part that has passed the sensor SE3 is checked, off the main motor M3 in SS5-10-50, solenoid S in SS5-10-51
L1をオフしてスケール120を上昇する。 L1 and off to increase the scale 120. 次に、SS Next, SS
5−10−52に排紙制御カウンタHが「0」か否か、 5-10-52 to the discharge control counter H is whether or not "0",
つまり原稿の排紙が完了したか否か判定し、排紙が完了するとSS10−53でMODEを「0」にセットし、 In other words it is determined whether the document of the discharge has been completed, set the MODE to "0" in SS10-53 and the paper discharge is completed,
SS5−10−54でステータスSを「0」にセットして待機状態に設定する。 And the status S is set to "0" is set in a standby state in SS5-10-54.

【0207】《入力処理》図125はCPU1の入力処理S3の制御を示す。 [0207] "input process" FIG 125 shows a control of the input processing S3 of the CPU 1. この入力処理S3では、図126 In the input process S3, FIG. 126
に示す複写機操作部からの入力を処理する。 It processes inputs from the copier operation unit shown in. 上記複写機操作部において、100はコピースタートキー、101 In the copying machine operating section, 100 a copy start key, 101
は10キー、102はクリア/ストップキー、103はリセットキー、104は表示部である。 10 key 102 is a clear / stop key 103 is a reset key 104 is a display unit. 105は原稿選択キー、105aは薄紙モード表示LEDで、原稿選択キー105で薄紙モードが選択されたときに薄紙モード表示部が点灯する。 105 original selection key, 105a in the thin paper mode display LED, thin paper mode indicator is lit when the thin paper mode is selected by the document selection key 105. 106はモード選択キー、106a 106 mode selection key, 106a
は両面モード表示LED、107bは2イン1モード表示LED、106cはカウントモード表示LEDで、モード選択キー106で選択されたモードがそれぞれ表示LED106a,106b,106cで表示される。 Duplex mode indicator LED, 107 b is 2-one mode display LED, 106c in the count mode display LED, mode selected by the mode selection key 106 is displayed respectively LED106a, 106b, is displayed by 106c.

【0208】上記入力処理では、S3−1で原稿選択キー105のオンエッジが検出されると、S3−2で薄紙モード表示LED105aがオン状態か否か判定し、L [0208] In the input process, on-edge of the original selection key 105 is detected at S3-1, the thin paper mode display LED105a is determined whether the ON state at S3-2, L
ED105aがオン状態ならばS3−3でLED105 ED105a is if the on-state at S3-3 LED105
aをオフして通常原稿の複写状態にセットし、オフ状態ならばS3−4でLED105aをオンして薄紙原稿の複写状態にセットする。 Turns off the a is set to the copying state of the normal document, it sets the copy state of the thin paper document to select the LED105a at S3-4 if the off state.

【0209】S3−1で原稿選択キー105のオンエッジが検出されなければ、S3−5でモード選択キー10 [0209] to be detected on-edge of the manuscript selection key 105 in the S3-1, the mode selection key 10 in S3-5
6のオンエッジを検出する。 To detect a 6-edge of the. ここで、オンエッジが検出されなければ、S3−8でその他のキー入力処理を実行する。 Here, to be detected on edge, perform other key input processing in S3-8. 一方、S3−5でオンエッジが検出されると、S On the other hand, on-edge is detected at S3-5, S
3−6、S3−9、S3−11でそれぞれLED106 3-6, S3-9, respectively S3-11 LED106
a,LED106b、LED106cがオン状態か否か判定し、LED106aがオン状態ならばS3−7でL a, LED106b, determines whether LED106c is turned on, at S3-7 if LED106a is turned on L
ED106aをオフ、LED106bをオンして2イン1モードに設定し、LED106bがオン状態ならばS Off the ED106a, turned on the LED106b set to 2-in-1 mode, if LED106b is in the ON state S
3−10でLED106bをオフ、LED106cをオンしてカウントモードに設定し、LED106cがオン状態ならばS3−12でLED106cをオフし、オフ状態ならばS3−13でLED106cをオンして両面モードに設定する。 Off LED106b 3-10, set the count mode by turning on LED106c, turns off the LED106c in S3-12 if LED106c is turned on, turns on the LED106c in S3-13 if OFF state to the duplex mode set to.

【0210】《表示処理》図127は、複写機操作部における表示部104の表示を制御するサブルーチンで、 [0210] "display process" FIG. 127 is a subroutine for controlling the display of the display unit 104 in the copying machine operating unit,
S4−1で取り忘れフラグ1が「1」にセットされているか否か判定し、取り忘れフラグ1がセットされていれば、S4−2で表示部104に給紙部ジャム表示104 Forgetting removal flag 1 at S4-1 determines whether it is set to "1", if it is taken forget flag 1 is set, the paper feeding unit jam displayed on the display unit 104 at S4-2 104
aを表示する。 To display a. 次に、S4−3では取り忘れフラグ2が「1」にセットされているか否か判定し、取り忘れフラグ2が「1」にセットされていれば、表示部104に排紙部ジャム表示104bを表示する。 Next, it is determined whether or not forgetting removal flag 2 is set to "1" in S4-3, forgetting removal if the flag 2 has been set to "1", the paper discharge unit jam display 104b on the display unit 104 to display. また、取り忘れフラグ1又は2が「1」にセットされていると、表示部1 In addition, if taken forget flag 1 or 2 has been set to "1", the display unit 1
04には図示するようにジャム紙の除去を報知する。 The 04 reports the removal of jammed paper as shown. さらに、S4−5では、その他の必要な表示を処理する。 In addition, in S4-5, to handle other necessary display.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 本発明に係る自動給紙装置を備えた自動原稿搬送装置(ADF)と複写機本体の概略構成図。 Schematic block diagram of an automatic document feeder and (ADF) the copying machine provided with an automatic sheet feeder according to the invention; FIG.

【図2】 ADFの内部構成を示す断面図。 2 is a cross-sectional view showing the internal structure of the ADF.

【図3】 スケール押圧機構の第1実施例の断面図で、 [Figure 3] a sectional view of a first embodiment of a scale pressing mechanism,
搬送ベルトが原稿台ガラスから離間したときのスケールの位置を示す。 Indicating the position of the scale at which the conveyor belt is separated from the platen glass.

【図4】 スケール押圧機構の第1実施例を示す断面図で、スケールが上昇した状態を示す。 [Figure 4] a cross sectional view illustrating a first embodiment of a scale pressing mechanism, showing a state in which the scale is increased.

【図5】 第1実施例にかかるスケール押圧機構の断面図で、スケールが下降しつつある状態を示す。 [5] a sectional view of the scale pressing mechanism according to the first embodiment, showing a state in which the scale is being lowered.

【図6】 第1実施例にかかるスケール押圧機構の断面図で、スケールが下降した状態を示す。 [6] a sectional view of the scale pressing mechanism according to the first embodiment, showing a state in which the scale is lowered.

【図7】 スケール押圧機構の第2実施例を示す側面図で、スケールが上昇した状態を示す。 [7] a side view showing a second embodiment of the scale pressing mechanism, showing a state in which the scale is increased.

【図8】 第2実施例にかかるスケール押圧機構の部分平面図。 Figure 8 is a partial plan view of the scale pressing mechanism according to the second embodiment.

【図9】 第2実施例にかかるスケール押圧機構のレバー部材の断面図。 FIG. 9 is a cross-sectional view of the lever member of the scale pressing mechanism according to the second embodiment.

【図10】 第2実施例にかかるスケール押圧機構のレバー部材の断面図。 FIG. 10 is a cross-sectional view of the lever member of the scale pressing mechanism according to the second embodiment.

【図11】 第2実施例にかかるスケール押圧機構の側面図で、動作中のソレノイドがスケールを押圧している状態を示す。 [11] a side view of a scale pressing mechanism according to the second embodiment, showing a state where the solenoid during operation presses the scale.

【図12】 第2実施例にかかるスケール押圧機構の側面図で、ソレノイドのプランジャが完全に引き込まれた状態を示す。 [12] a side view of a scale pressing mechanism according to the second embodiment, showing a state where the plunger is fully retracted solenoid.

【図13】 スケール押圧機構の第3実施例を示す側面図。 Figure 13 is a side view showing a third embodiment of the scale pressing mechanism.

【図14】 スケール押圧機構の第4実施例を示す側面図。 Figure 14 is a side view showing a fourth embodiment of the scale pressing mechanism.

【図15】 スケール先端部、フィルムの切欠と捌きローラの平面位置関係の説明図。 [15] the scale tip explanatory view of a planar positional relationship between the notch and the separation roller of the film.

【図16】 ADFにおける原稿給紙部の断面図。 Figure 16 is a cross-sectional view of the document feeding unit in the ADF.

【図17】 原稿給紙部における押圧板の支持状態を示す正面図。 Figure 17 is a front view showing a supporting state of the pressing plate in the document feeding unit.

【図18】 原稿給紙部における先端規制板と押圧板の駆動機構を示す斜視図。 Figure 18 is a perspective view showing a driving mechanism of the leading edge regulating plate and the pressing plate in the document feeding unit.

【図19】 図18に示す先端規制板が規制位置、押圧板が非押圧位置にある状態の説明図。 [19] leading edge regulating plate shown in FIG. 18 is the restricting position, illustrating a state in which the pressing plate is in a non-pressing position.

【図20】 図18に示す先端規制板が非規制位置、押圧板が非押圧位置にある状態の説明図である。 [Figure 20] leading edge regulating plate shown in FIG. 18 is a non-restricting position, is an explanatory view showing a state in which the pressing plate is in a non-pressing position.

【図21】 図18に示す先端規制板が非規制位置、押圧板が押圧位置にある状態の説明図である。 [21] Figure 18 the non-restricting position leading edge regulating plate shown is an explanatory view showing a state in which the pressing plate is in the pressing position.

【図22】 レジストローラと搬送ベルトの駆動機構を示す斜視図。 [Figure 22] registration rollers and perspective view showing a driving mechanism of the conveyor belt.

【図23】 レジストローラと捌きローラの平面位置関係の説明図。 Figure 23 is an illustration of a planar positional relation between the registration rollers and separation roller.

【図24】 レジストローラの支持機構及び通紙経路開閉機構の斜視図。 Figure 24 is a perspective view of a support mechanism and fed path opening and closing mechanism of the registration roller.

【図25】 図24の通紙路開閉機構におけるレジストローラとカムとの関係の説明図。 Figure 25 is an explanatory view of a relationship between the registration roller and the cam and the sheet passing path opening and closing mechanism of Figure 24.

【図26】 図24の通紙路開閉機構の動作説明図。 [Figure 26] diagram for describing operation of the sheet passing path opening and closing mechanism of Figure 24.

【図27】 図24の通紙路開閉機構の動作説明図。 [Figure 27] diagram for describing operation of the sheet passing path opening and closing mechanism of Figure 24.

【図28】 原稿給紙部のカバーを支持する機構の概略説明図。 Figure 28 is a schematic illustration of a mechanism for supporting the cover of the document feeding unit.

【図29】 ステッピングモータによる原稿搬送の説明図、パルス制御モードで原稿を停止させる場合を示す。 Figure 29 is an illustration of a document conveying by the stepping motor, showing the case of stopping the document at the pulse control mode.

【図30】 ステッピングモータによる原稿搬送の説明図、スケールモードで原稿を停止させる場合を示す。 Figure 30 is an illustration of a document conveying by the stepping motor, showing the case of stopping the document scale mode.

【図31】 プレステップモードでの原稿搬送の説明図。 Figure 31 is an illustration of the document feeding in the pre-step mode.

【図32】 図31に続くプレステップモードでの原稿搬送の説明図。 Figure 32 is an illustration of the document feeding in the pre-step mode subsequent to FIG 31.

【図33】 図32に続くプレステップモードでの原稿搬送の説明図。 Figure 33 is an illustration of the document feeding in the pre-step mode subsequent to FIG 32.

【図34】 図33に続くプレステップモードでの原稿搬送の説明図。 Figure 34 is an illustration of the document feeding in the pre-step mode following FIG 33.

【図35】 図34に続くプレステップモードでの原稿搬送の説明図。 Figure 35 is an illustration of the document feeding in the pre-step mode subsequent to FIG 34.

【図36】 図35に続くプレステップモードでの原稿搬送の説明図。 Figure 36 is an illustration of the document feeding in the pre-step mode following FIG 35.

【図37】 図36に続くプレステップモードでの原稿搬送の説明図。 Figure 37 is an illustration of the document feeding in the pre-step mode subsequent to FIG 36.

【図38】 図37に続くプレステップモードでの原稿搬送の説明図。 Figure 38 is an illustration of the document feeding in the pre-step mode following FIG 37.

【図39】 図38に続くプレステップモードでの原稿搬送の説明図。 Figure 39 is an illustration of the document feeding in the pre-step mode subsequent to FIG 38.

【図40】 2イン1モードでの原稿搬送の説明図。 FIG. 40 is an explanatory diagram of a document conveying in the two-in-one mode.

【図41】 図40に続く2イン1モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 41 is an illustration of the document feeding in 2-one mode subsequent to FIG. 40.

【図42】 図41に続く2イン1モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 42 is an illustration of the document feeding in 2-one mode subsequent to FIG. 41.

【図43】 図42に続く2イン1モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 43 is an illustration of the document feeding in 2-one mode subsequent to FIG. 42.

【図44】 図43に続く2イン1モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 44 is an illustration of the document feeding in 2-one mode subsequent to FIG. 43.

【図45】 図44に続く2イン1モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 45 is an illustration of the document feeding in 2-one mode subsequent to FIG. 44.

【図46】 図45に続く2イン1モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 46 is an illustration of the document feeding in 2-one mode subsequent to FIG. 45.

【図47】 図46に続く2イン1モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 47 is an illustration of the document feeding in 2-one mode subsequent to FIG. 46.

【図48】 図47に続く2イン1モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 48 is an illustration of the document feeding in 2-one mode subsequent to FIG. 47.

【図49】 図48に続く2イン1モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 49 is an illustration of the document feeding in 2-one mode subsequent to FIG. 48.

【図50】 図49に続く2イン1モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 50 is an illustration of the document feeding in 2-one mode subsequent to FIG. 49.

【図51】 図50に続く2イン1モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 51 is an illustration of the document feeding in 2-one mode subsequent to FIG. 50.

【図52】 両面モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 52 is an illustration of the document feeding in duplex mode.

【図53】 図52に続く両面モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 53 is an illustration of the document feeding in duplex mode subsequent to FIG. 52.

【図54】 図53に続く両面モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 54 is an illustration of the document feeding in duplex mode subsequent to FIG. 53.

【図55】 図54に続く両面モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 55 is an illustration of the document feeding in duplex mode subsequent to FIG. 54.

【図56】 図55に続く両面モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 56 is an illustration of the document feeding in duplex mode subsequent to FIG. 55.

【図57】 図56に続く両面モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 57 is an illustration of the document feeding in duplex mode subsequent to FIG. 56.

【図58】 図57に続く両面モードでの原稿搬送の説明図。 FIG. 58 is an explanatory diagram of a document conveyance of a double-sided mode, which is subsequent to FIG. 57.

【図59】 図58に続く両面モードでの原稿搬送の説明図。 FIG. 59 is an explanatory diagram of a document conveyance of a double-sided mode, which is subsequent to FIG. 58.

【図60】 図59に続く両面モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 60 is an illustration of the document feeding in duplex mode subsequent to FIG. 59.

【図61】 図60に続く両面モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 61 is an illustration of the document feeding in duplex mode subsequent to FIG. 60.

【図62】 図61に続く両面モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 62 is an illustration of the document feeding in duplex mode subsequent to FIG. 61.

【図63】 図62に続く両面モードでの原稿搬送の説明図。 Figure 63 is an illustration of the document feeding in duplex mode subsequent to FIG. 62.

【図64】 複写機本体の制御部を示すブロック図。 Figure 64 is a block diagram showing a control unit of the copying machine main body.

【図65】 ADFの制御部を示すブロック図。 Figure 65 is a block diagram showing a control unit of the ADF.

【図66】 複写機本体を制御するCPU1のメインルーチンを示すフローチャート図。 Figure 66 is a flowchart showing the CPU1 main routine for controlling the copying machine main body.

【図67】 CPU1におけるAPS制御のサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 67 is a flowchart showing a subroutine of APS control in CPU 1.

【図68】 CPU1における原稿停止位置処理サブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 68 is a flowchart showing a document stop position processing subroutine in the CPU 1.

【図69】 CPU1におけるイレースのサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 69 is a flowchart showing a subroutine of erase in CPU 1.

【図70】 CPU1におけるスキャンのサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 70 is a flowchart showing a subroutine of a scan in CPU 1.

【図71】 ADFを制御するCPU2のメインルーチンを示すフローチャート図。 Figure 71 is a flowchart showing the CPU2 of a main routine for controlling the ADF.

【図72】 CPU2における割込み処理のサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 72 is a flowchart showing a subroutine of interrupt processing in the CPU 2.

【図73】 CPU2における初期設定のサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 73 is a flowchart showing a subroutine of an initial setting in CPU 2.

【図74】 CPU2におけるホームチェックのサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 74 is a flowchart showing a subroutine of a home check in CPU 2.

【図75】 CPU2における開閉チェックのサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 75 is a flowchart showing a subroutine of the opening and closing checks in CPU 2.

【図76】 CPU2における取り忘れチェックのサブルーチンを示すフローチャート図。 FIG. 76 is a flowchart illustrating a subroutine of forget check to take in the CPU2.

【図77】 CPU2における速度設定のサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 77 is a flowchart showing a subroutine of the speed setting in the CPU 2.

【図78】 図76に続くCPU2における速度設定のサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 78 is a flowchart showing a subroutine of the speed setting in the CPU2 subsequent to FIG. 76.

【図79】 メインモータのパルス制御を示す時間とパルススピードの関係図。 [Figure 79] relationship diagram of the time and the pulse speed that indicates the pulse control of the main motor.

【図80】 CPU2における原稿交換のサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 80 is a flowchart showing a subroutine of a document exchange in CPU 2.

【図81】 CPU2におけるスタートチェックのサブルーチンを示すフローチャート図。 FIG. 81 is a flowchart illustrating a subroutine of the start check in CPU2.

【図82】 CPU2における送り量セットのサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 82 is a flowchart showing a subroutine of feeding amount set in CPU 2.

【図83】 CPU2における給紙のサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 83 is a flowchart showing a subroutine of the sheet feed in CPU 2.

【図84】 図83に続く給紙のサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 84 is a flowchart showing a subroutine of subsequent paper feed in Figure 83.

【図85】 図84に続く給紙のサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 85 is a flowchart showing a subroutine of subsequent paper feed in Figure 84.

【図86】 メインモータ(ステッピングモータ)の回路図。 FIG. 86 is a circuit diagram of the main motor (stepping motor).

【図87】 メインモータ(ステッピングモータ)の制御を示すタイムチャート。 Figure 87 is a time chart showing the control of the main motor (stepping motor).

【図88】 図87に続く給紙のサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 88 is a flowchart showing a subroutine of subsequent paper feed in Figure 87.

【図89】 CPU2におけるプレステップセットのサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 89 is a flowchart showing a sub-routine of the pre-step set in CPU 2.

【図90】 図89に続くCPU2におけるプレステップセットのサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 90 is a flowchart showing a sub-routine of the pre-step set of CPU2 subsequent to FIG. 89.

【図91】 図90に続くCPU2におけるプレステップセットのサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 91 is a flowchart showing a sub-routine of the pre-step set of CPU2 subsequent to FIG. 90.

【図92】 図91に続くCPU2におけるプレステップセットのサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 92 is a flowchart showing a sub-routine of the pre-step set of CPU2 subsequent to FIG. 91.

【図93】 図92に続くCPU2におけるプレステップセットのサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 93 is a flowchart showing a sub-routine of the pre-step set of CPU2 subsequent to FIG. 92.

【図94】 図93に続くCPU2におけるプレステップセットのサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 94 is a flowchart showing a sub-routine of the pre-step set of CPU2 subsequent to FIG. 93.

【図95】 図94に続くCPU2におけるプレステップセットのサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 95 is a flowchart showing a sub-routine of the pre-step set of CPU2 subsequent to FIG. 94.

【図96】 図95に続くCPU2におけるプレステップセットのサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 96 is a flowchart showing a sub-routine of the pre-step set of CPU2 subsequent to FIG 95.

【図97】 CPU2におけるスケールのサブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 97 is a flowchart showing the scale subroutine in CPU 2.

【図98】 CPU2におけるメインモータの制御サブルーチンを示すフローチャート図。 Figure 98 is a flowchart showing a control subroutine of the main motor in the CPU 2.

【図99】 CPU2における2イン1セットのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 99 is a flowchart showing a two-in-one set of subroutines in CPU 2.

【図100】 図99に続くCPU2における2イン1 [Figure 100] 2 in the CPU2, which is subsequent to FIG. 99-in-1
セットのサブルーチンを示すフローチャート。 Flowchart showing a subroutine of the set.

【図101】 図100に続くCPU2における2イン1セットのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 101 is a flowchart showing a two-in-one set subroutine in CPU2 subsequent to FIG. 100.

【図102】 図101に続くCPU2における2イン1セットのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 102 is a flowchart showing a two-in-one set of subroutines in CPU2 subsequent to FIG. 101.

【図103】 図102に続くCPU2における2イン1セットのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 103 is a flowchart showing a two-in-one set of subroutines in CPU2 subsequent to FIG. 102.

【図104】 図103に続くCPU2における2イン1セットのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 104 is a flowchart showing a two-in-one set of subroutines in CPU2 subsequent to FIG 103.

【図105】 図104に続くCPU2における2イン1セットのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 105 is a flowchart showing a two-in-one set of subroutines in CPU2 subsequent to FIG. 104.

【図106】 図105に続くCPU2における2イン1セットのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 106 is a flowchart showing CPU2 a two-in-one set of subroutines in following FIG 105.

【図107】 図106に続くCPU2における2イン1セットのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 107 is a flowchart showing a two-in-one set of subroutines in CPU2 subsequent to FIG. 106.

【図108】 図107に続くCPU2における2イン1セットのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 108 is a flowchart showing a two-in-one set of subroutines in CPU2 subsequent to FIG. 107.

【図109】 CPU2における排紙のサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 109 is a flowchart illustrating the subroutine of the discharge in the CPU 2.

【図110】 図108に続くCPU2における排紙のサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 110 is a flowchart illustrating the subroutine of the sheet discharge in the CPU2 subsequent to FIG. 108.

【図111】 図109に続くCPU2における排紙のサブルーチンを示すフローチャート。 Flowchart showing a subroutine of the sheet discharge in the CPU2 subsequent to FIG. 111] Figure 109.

【図112】 CPU2におけるカウントのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 112 is a flowchart illustrating the subroutine of the counts in CPU 2.

【図113】 図112に続くCPU2におけるカウントのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 113 is a flowchart showing a counting subroutine in CPU2 subsequent to FIG. 112.

【図114】 図113に続くCPU2におけるカウントのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 114 is a flowchart showing a counting subroutine in CPU2 subsequent to FIG. 113.

【図115】 CPU2におけるカウント排紙のサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 115 is a flowchart illustrating the subroutine of the count sheet discharge in CPU 2.

【図116】 CPU2におけるサイズ検出のサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 116 is a flowchart showing a subroutine of size detection in CPU 2.

【図117】 図115に続くCPU2におけるサイズ検出のサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 117 is a flowchart showing a subroutine of size detection in CPU2 subsequent to FIG 115.

【図118】 CPU2における両面セットのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 118 is a flowchart showing a subroutine of a duplex set in CPU 2.

【図119】 図118に続くCPU2における両面セットのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 119 is a flowchart showing a subroutine of a duplex set in CPU2 subsequent to FIG 118.

【図120】 図119に続くCPU2における両面セットのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 120 is a flowchart showing a subroutine of a duplex set in the subsequent CPU2 in Figure 119.

【図121】 図120に続くCPU2における両面セットのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 121 is a flowchart showing a subroutine of a duplex set in CPU2 subsequent to FIG 120.

【図122】 図121に続くCPU2における両面セットのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 122 is a flowchart showing a subroutine of a duplex set in the subsequent CPU2 in Figure 121.

【図123】 図122に続くCPU2における両面セットのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 123 is a flowchart showing a subroutine of a duplex set in the subsequent CPU2 in Figure 122.

【図124】 図123に続くCPU2における両面セットのサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 124 is a flowchart showing a subroutine of a duplex set in CPU2 subsequent to FIG 123.

【図125】 CPU1における入力処理のサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 125 is a flowchart illustrating the subroutine of the input processing in the CPU 1.

【図126】 複写機操作部のキー配置等を示す平面図である。 Figure 126 is a plan view showing a key arrangement of a copying machine operating unit.

【図127】 CPU1における表示処理のサブルーチンを示すフローチャート。 Figure 127 is a flowchart illustrating the subroutine of the display processing in CPU 1.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1…複写機、60…自動原稿給送装置(ADF)、29 1 ... copier, 60 ... automatic document feeder (ADF), 29
…原稿台ガラス、120…スケール。 ... the platen glass, 120 ... scale.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 平1−187142(JP,A) 特開 昭62−244032(JP,A) 特開 平2−93446(JP,A) 特開 昭62−126056(JP,A) 特開 昭63−41336(JP,A) 実開 昭63−200546(JP,U) 実開 昭63−11438(JP,U) (58)調査した分野(Int.Cl. 7 ,DB名) G03G 15/00 107 G03B 27/58 - 27/64 B65H 9/00 - 9/20 B65H 5/06 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (56) reference Patent flat 1-187142 (JP, a) JP Akira 62-244032 (JP, a) JP flat 2-93446 (JP, a) JP Akira 62- 126056 (JP, a) JP Akira 63-41336 (JP, a) JitsuHiraku Akira 63-200546 (JP, U) JitsuHiraku Akira 63-11438 (JP, U) (58) investigated the field (Int.Cl. 7, DB name) G03G 15/00 107 G03B 27/58 - 27/64 B65H 9/00 - 9/20 B65H 5/06

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 原稿台ガラスの原稿搬送方向上流側又は下流側に原稿位置決め用スケールを設けた複写機本体と、上記原稿台ガラスを覆い、原稿給紙部に置かれた原稿を原稿台ガラス上に送り出し、原稿一端を上記スケールに当接して停止させ、露光後に上記原稿を原稿台ガラス上から原稿排紙部に送り出す自動原稿給送装置とを備えた複写機において、 上記原稿台ガラスから送り出された原稿を上下反転して再び原稿台ガラスに送り戻す原稿反転部と、 原稿の原稿搬送方向長さが、スケールを通過した原稿が原稿反転部を通り再びスケール上に搬送されるまでの距離よりも長い場合、原稿反転部を通った原稿の先端がスケールに到達する直前に、上記スケールを原稿台ガラス上面よりも下方に一時的に退避させた状態とする一方、 1. A and the copying machine provided with a document positioning scale the document conveying direction upstream side or downstream side of the platen glass, covers the platen glass, the platen glass and a document placed on a document feeding unit feeding on a document end in contact with the scale is stopped, in the copying machine provided with an automatic document feeder for feeding a document discharging section the document after exposure from platen on the glass, from the glass platen a document reversing section send back the sent document upside down platen glass again, until the document conveying direction length of the document, the document having passed through the scale is conveyed through the document reversing section again on the scale as If longer than the distance, just before the leading end of the document passing through the document reversing portion reaches the scale, while a state of temporarily retracted below the platen glass top of the scale,
    原稿の原稿搬送方向長さが上記距離よりも短い場合、上記スケールを原稿台ガラスよりも上方に上昇させた状態とする制御手段と、を設けたことを特徴とする複写機。 If the document length in the conveyance direction of the document is less than the distance, copier, characterized in that a, and control means so as to be brought into increased above the glass platen the scale.
JP5522594A 1994-02-28 1994-02-28 Copiers Expired - Fee Related JP3248338B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5522594A JP3248338B2 (en) 1994-02-28 1994-02-28 Copiers

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5522594A JP3248338B2 (en) 1994-02-28 1994-02-28 Copiers

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH07239579A true JPH07239579A (en) 1995-09-12
JP3248338B2 true JP3248338B2 (en) 2002-01-21

Family

ID=12992671

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5522594A Expired - Fee Related JP3248338B2 (en) 1994-02-28 1994-02-28 Copiers

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3248338B2 (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6268034B1 (en) 1998-08-05 2001-07-31 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical information recording medium and method for producing the same, method for recording and reproducing information thereon and recording/reproducing apparatus
US6343062B1 (en) 1997-09-26 2002-01-29 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd Optical disk device and optical disk for recording and reproducing high-density signals
US6388984B2 (en) 1997-08-28 2002-05-14 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical information recording medium and its recording and reproducing method

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6388984B2 (en) 1997-08-28 2002-05-14 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical information recording medium and its recording and reproducing method
US6343062B1 (en) 1997-09-26 2002-01-29 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd Optical disk device and optical disk for recording and reproducing high-density signals
US6268034B1 (en) 1998-08-05 2001-07-31 Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. Optical information recording medium and method for producing the same, method for recording and reproducing information thereon and recording/reproducing apparatus

Also Published As

Publication number Publication date Type
JPH07239579A (en) 1995-09-12 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4487506A (en) Reversing roll inverter with bypass capability
US6533263B2 (en) Sheet conveying apparatus, and image forming apparatus and image reading apparatus having same
US5351112A (en) Original feeding apparatus and image forming system with it
US6669189B2 (en) Image forming apparatus
US5289251A (en) Trail edge buckling sheet buffering system
US4979727A (en) Automatic document feeder provided with three movable claws for directing the paper through different paths
US4553831A (en) Copiers
US4627718A (en) Sheet curl control apparatus for a copier
US3942785A (en) Self-actuating sheet inverter reverser
US5057874A (en) Paper conveying apparatus
US3944212A (en) Sheet reversing mechanism
US4135804A (en) Registration system for a reproducing machine
US4166614A (en) Jogging and normal force for sheet feeding
US4996556A (en) Large document copying system
US4538906A (en) Copiers for simplex and duplex copying
US5257064A (en) Copying machine provided with a recirculating document feeder apparatus
US4954849A (en) Copying apparatus operable in a two-side copy mode
US5833227A (en) Automatic document feeder
US4508444A (en) Multimode document handling apparatus and reproducing apparatus containing same
US4849788A (en) Automatic dual mode document registration and edge guide
US4881729A (en) Recirculating document handler with integral SADH
JP2004168435A (en) Sheet post-processing device
US6027108A (en) Sheet conveying apparatus
US20130215481A1 (en) Sheet conveying device, image reading device, and image forming device
US4886259A (en) Sorter-finisher system

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20071109

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081109

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20081109

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20091109

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20101109

Year of fee payment: 9

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees