JP3227219B2 - Information processing method and apparatus - Google Patents

Information processing method and apparatus

Info

Publication number
JP3227219B2
JP3227219B2 JP24649592A JP24649592A JP3227219B2 JP 3227219 B2 JP3227219 B2 JP 3227219B2 JP 24649592 A JP24649592 A JP 24649592A JP 24649592 A JP24649592 A JP 24649592A JP 3227219 B2 JP3227219 B2 JP 3227219B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
user
character
dictionary
user dictionary
registration
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP24649592A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH0696284A (en
Inventor
隆史 原田
裕人 吉井
常一 新井
一弘 松林
重樹 森
克彦 阪口
英司 高須
Original Assignee
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by キヤノン株式会社 filed Critical キヤノン株式会社
Priority to JP24649592A priority Critical patent/JP3227219B2/en
Priority claimed from EP93114158A external-priority patent/EP0585944B1/en
Publication of JPH0696284A publication Critical patent/JPH0696284A/en
Priority claimed from US09/597,822 external-priority patent/US6697524B1/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3227219B2 publication Critical patent/JP3227219B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、情報処理方法及び装置、特に手書き認識辞書にユーザ独自の筆跡の登録を行なうことの出来るものに関するものである。 The present invention relates to an information processing method and apparatus, and a thing that can in particular to register the own handwriting to the handwriting recognition dictionary.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、本来の認識手段においては目的の認識結果とならないユーザが入力するユーザ独自の筆跡を、前記認識手段に反映させたい場合、前述のユーザ独自の筆跡の特徴をユーザ辞書に記憶、格納することで登録を行ない、該ユーザ辞書を用いることで文字認識処理を行ない目的の認識結果を得ていた。 Conventionally, the own handwriting input by the user that do not recognize the desired result in the original recognition means, when it is desired to reflect the recognition unit, the user dictionary features of your own handwriting above storing performs registration by storing, had gained recognition result object performs character recognition processing by using the user dictionary. したがって、同じ筆跡であってもユーザが異なるユーザである場合には目的とする認識結果が異なる場合が存在し、結果として複数のユーザには対応する複数のユーザ辞書が必要であった。 Thus, the same in the case of a user that the user is different A handwriting there are cases where a recognition result of interest is different, the results plurality of user dictionaries corresponding to a plurality of users as was required. また、その為、図25に示すように、ある特定のユーザが文字認識を行なう際には、予めユーザ辞書切り替え手段を実行するための操作画面において、一覧表示されているユーザ辞書保有者リストの中から使用しようとするユーザを選択することでユーザ辞書を選択し、前記特定のユーザのユーザ辞書を設定する方法が取られていた。 Further, Therefore, as shown in FIG. 25, there is a particular user in performing the character recognition, the operation screen for executing a user dictionary switching means, the user dictionary owner list listed select the user dictionary by selecting a user to be used from within a method for setting the specific user of the user dictionary has been taken.

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記のような構成においてはユーザ辞書を登録している複数のユーザが同じ文字認識装置を交互に使用する場合においては、例え各ユーザがなんらかの他のアプリケーションにおいて操作を行なっている最中においても、いちいちユーザ辞書切り替え手段を実行するための操作画面を呼び出し、ユーザ辞書を切り替える必要があり、ユーザ辞書保有者が多数の場合にはユーザ辞書の選択が大変手間の懸かる作業であった。 [0007] However, when a plurality of users that have registered user dictionary in the above configuration is used alternately the same character recognition apparatus, for example some other applications the user in the midst of performing an operation also, each time calling an operation screen for executing the user dictionary switching means, it is necessary to switch the user dictionary, hard to choose a user dictionary, if the user dictionary holders many It was the work time-consuming. さらには、前述の複数のユーザが同時に使用する際には大変不自由であった。 Furthermore, a plurality of users of the foregoing was very handicapped in when used simultaneously.

【0004】 [0004]

【課題を解決するための手段】上記課題を解決するために、本発明は、記憶手段に記憶されているオンライン文字認識用の複数のユーザ辞書についての優先順位を設定し、手書き入力を行う表示画面の表示方向が切り替えられたことを検知することにより使用者の変更を検知し、 In order to solve the above problems SUMMARY OF THE INVENTION The present invention relates to a display that sets the priority for a plurality of user dictionary for online character recognition stored in the storage means, performs handwriting input It detects the change of the user by detecting that the display direction of the screen is switched,
前記使用者の変更の検知に応じて、前記設定されたオンライン文字認識用の複数のユーザ辞書についての優先順位を更新することを特徴とする情報処理方法及び装置を提供する。 In accordance with the detection of change of the user, an information processing method and apparatus and updates the priority of the plurality of user dictionary of the set for online character recognition. 好適には、更に、手書き入力された文字を前記オンライン文字認識用の複数のユーザ辞書を用いて文字認識すると、前記設定されたオンライン文字認識用の複数のユーザ辞書についての優先順位に応じた順番で候補を出力する。 Order Suitably, further, when character recognition with handwritten input characters more user dictionary for recognition the line character, in accordance with the priorities for a plurality of user dictionary for online character recognition the set in and outputs a candidate.

【0005】 [0005]

【実施例】以下添付図面を参照して、本発明に係る好適な実施例を詳細に説明する。 EXAMPLES Referring to the accompanying drawings, illustrating preferred embodiments of the present invention in detail.

【0006】図30は本発明の一実施例による情報処理装置の構成を示す概略構成図である。 [0006] Figure 30 is a schematic configuration diagram showing the configuration of an information processing apparatus according to an embodiment of the present invention. 図において、1は装置全体の制御を行うCPUであり、ROM2に格納されるプログラムに従って各種処理を行う。 In the figure, 1 denotes a CPU for controlling the entire apparatus and performs various processes in accordance with programs stored in the ROM 2. 2は制御プログラム、エラー処理プログラム、後述するフローチャートに従って動作させるプログラム等を格納したROMである。 2 the control program, an error processing program, a ROM which stores programs for operating in accordance with the flowchart to be described later. 3は各種プログラムのワークエリア及びエラー処理時の一時退避エリアとして用いるRAMである。 3 is a RAM used as a temporary save area at the work area and the error processing of various programs. このRAMには後述する認識に用いる為の辞書、ユーザ辞書106、ユーザ名インデックスファイル107、文字種ファイル108、文字標準画数データベース109、といった各種データベースが格納される。 Dictionary for use in recognizing described later in this RAM, the user dictionary 106, the user name index file 107, a character type file 108, a character standard number of strokes database 109, various databases are stored such. 4は不図示の透明な座標入力板とこの座標入力板に対して座標点の位置を指示する不図示のペンとを備えた座標入力部であり、 4 is a coordinate input unit having a pen (not shown) for indicating the position of the coordinate points for the coordinate input plate and a transparent coordinate input board (not shown)
座標点の位置の検出においては電磁誘導或いは超音波振動を利用した方式を用いるものとする。 In the detection of the position of the coordinate point it is assumed to use a method using electromagnetic induction or ultrasonic vibration. 5は不図示の座標入力板の座標点に1対1に対応したメモリを有し、座標入力板の入力した座標点のビット情報或は後述する座標点に基づいて算定されるドットのビット情報を格納するVIDEO RAM(以下、「VRAM」という)である。 5 has a memory corresponding to the one-to-one to the coordinate point of the coordinate input board (not shown), the bit information of dots is calculated based on the bit information or coordinate points to be described later of an input coordinate point of the coordinate input plate VIDEO RAM (hereinafter referred to as "VRAM") that stores are. 6はVRAM5に格納されているビット情報に基づいてビットイメージを表示する表示部であり、この表示部6にはLCDが用いられており、例えばEL素子やCRT等による表示方式を用いても良い。 6 is a display unit for displaying a bit image on the basis of bit information stored in the VRAM 5, in the display unit 6 and the LCD is used, for example, may be used display method based EL element or a CRT . この表示部6 The display unit 6
に、後述する各種ウィンドウが表示される。 To, various windows, which will be described later, is displayed.

【0007】図1は本発明を実現するためのユーザ登録アプリケーション構成ブロック図である。 [0007] Figure 1 is a user registration application configuration block diagram for implementing the present invention. 101〜10 101-10
7の各部はそれぞれオンライン文字認識におけるユーザ登録の機能要素を担当する部分で、GUI(グラフィカル・ユーザ・インターフェース)によるウィンドウアプリケーション実行部と辞書部からなる。 7 part responsible for the functional elements of user registration respectively each part of the online character recognition, consists of a window application execution unit and the dictionary unit by GUI (graphical user interface). 101の初期画面部では登録されているユーザの一覧表示を行い、現在設定されているユーザ辞書のオーナーが確認できる。 Performs a list of users that are registered in the initial screen of the 101, the owner of the user dictionary that is currently set can be confirmed. そのほかの機能として新たにユーザを登録する、ユーザ辞書内の登録文字を編集するための両指示機能を含んでいる。 To newly registered users as its other features, it includes both instruction function for editing the registered character in the user dictionary. 102の新規ユーザ登録部では上記新規ユーザの登録を実施する場所である。 The new user registration section 102 is the place to carry out the registration of the new user. 103のユーザ辞書編集部ではユーザ辞書内の文字を一覧表示させ、個々の文字に対して削除、手書きの再現を指示することができる。 In the user dictionary editing section 103 to list the characters in the user dictionary, deleting for each character, it is possible to instruct to reproduce the handwriting. また、新たにユーザの筆跡による文字を登録するための指示機能も含んでいる。 Also it includes newly also instructing function for registering a character by a user of the handwriting. 104の新規文字登録部では前1 Before the new character registration section 104 1
03で指示された文字登録を実施する場所である。 03 is the place to perform the character registration, which is indicated by. 10 10
5の手書き文字再現部では前103で指示された登録文字を筆跡順に再現描画する場所である。 5 The handwriting reproduction section is the place to reproduce draw registered character instructed in the previous 103 to handwriting order. 106のユーザ辞書部はこれらの機能を実現するために、登録されている文字情報を格納している場所である。 User dictionary section 106 in order to realize these functions, the place that stores the character information registered. ここでは複数のユーザがそれぞれ異なるユーザ辞書を所有することになる。 Here it will be owned by a plurality of users of different user dictionary. 107のユーザ辞書切り替え部ではユーザアプリケーションによって処理されたペン入力部及び画面出力部からの情報を基に101において設定されているユーザ辞書を切り換える作業を行なう。 In the user dictionary switching unit 107 performs an operation to switch the user dictionary is set in 101 based on the information from the pen input and screen output unit processed by the user application.

【0008】図2はユーザ登録アプリケーションのウィンドウ状態遷移図である。 [0008] Figure 2 is a window condition transition chart of user registration application. 201〜205の各部は上記述の機能を実行するウィンドウを表し、206のシステムはこのユーザ登録アプリケーションを終了したときに制御が返される場所である。 201-205 of each part represents a window for executing the above functions description, 206 system is where the control is returned at the completion of the user registration application. 図中の矢印は各ウィンドウでのボタンコントロールによる制御コマンドの流れを示している。 Arrows in the figure indicate the flow of control commands by button control on each window. 以下、その流れとウィンドウの移り変わりを説明する。 It will be described below transition of the flow and the window.

【0009】初期画面部201で「新規ユーザ登録」コマンドが指示されると新規ユーザ登録画面部202がポップアップウィンドウの形式で新たに現れる。 [0009] in the initial screen section 201 is "new user registration" command is instructed new user registration screen section 202 appears in the new in the pop-up window of the form. 新規ユーザ登録画面部202で「登録&終了」コマンドが指示されると、このポップアップウィンドウは消去され、再び新規画面部201に制御が戻る。 When the "registration & Exit" command is indicated by the new user registration screen section 202, this pop-up window is erased, control is returned again to the new screen section 201. 初期画面部201で「ユーザ辞書編集」コマンドが指示されると新規画面部201が消去され、新たにユーザ辞書編集部203が現れる。 If the initial screen section 201 is "user dictionary edit" command is instructed erases the new screen section 201, newly appears a user dictionary editing section 203. ここで「新規文字登録」コマンドが指示されると新規文字登録画面部204がポップアップウィンドウの形式で現れる。 Here, if the "new character registration" command is designated a new character registration screen section 204 appears in a pop-up window of the form. このウィンドウでの文字登録操作は「終了」コマンドが指示されない限り、繰り返して実行することができる。 As long as this character registration operation of the window directed to do so by the "end" command, it is possible to repeatedly run. 文字を登録した後、「終了」が指示されると新規文字登録画面部204は消去され、ユーザ辞書編集画面部203に制御が移る。 After registering a character, the "end" is designated the new character registration screen section 204 is erased, the control to the user dictionary editing screen section 203 moves. このユーザ辞書編集画面部203での「文字削除」コマンドも複数回実行が可能である。 "Character deletion" command in the user dictionary editing screen section 203 is also capable of multiple times execution. さらに「手書き再現」コマンドが指示されると手書き文字再現部205がポップアップウィンドウの形式で現れる。 Furthermore, the "handwritten reproduction" command is instructed handwritten character reproduction section 205 appears in a pop-up window format. ウィンドウが表示されると同時に再現が始まり、「再表示」コマンドにより繰り返し表示することが可能である。 Begins to reproduce at the same time when a window is displayed, it is possible to repeatedly displayed by the "re-display" command. 「終了」コマンドにより手書き文字再現部ウィンドウを消去し、制御をユーザ辞書編集画面部に戻す。 To erase the handwritten character reproduction section window by the "Exit" command and returns control to the user dictionary editing screen section. ユーザ辞書編集画面部203で「終了」コマンドが指示されると自分自身のウィンドウを消去し、初期画面201を再度表示する。 When the "Exit" command in the user dictionary editing screen section 203 is instructed to clear himself of the window to display the initial screen 201 again. 従ってユーザ登録アプリケーションを終了することができるのは初期画面部201 Thus the user registration initial screen 201 of the application may terminate the
において「終了」コマンドが指示されたときのみである。 It is only when the "end" command has been instructed in.

【0010】なお、上述した様に、本ユーザ登録アプリケーション関係のウィンドウ枚数は画面部202・20 [0010] It should be noted that, as described above, the window number of the user registration application related screen section 202, 20
4・205のポップアップウィンドウがそれぞれ表示されているときは2枚、201あるいは203のウィンドウが表示されているときは1枚となっている。 Two when the pop-up window of the 4-205 are displayed respectively, when the window 201 or 203 is displayed has become one.

【0011】図26はユーザ登録アプリケーションのユーザ辞書切り換え部の働きを示すブロック図である。 [0011] Figure 26 is a block diagram showing the function of a user dictionary switching unit of user registration application. 2
601〜2604の各部はユーザ辞書切り換え部260 601-2604 of each part user dictionary switching unit 260
1と、関連する各部との情報の流れを表している。 1 and represents the flow of information between relevant units. ここで初期画面部2603からユーザ辞書切り換え部260 Here the user dictionary from the initial screen section 2603 switching unit 260
1へは、現在選択されているユーザ辞書のオーナー及びメインユーザ情報が、また、ユーザ辞書切り換え部26 To 1, the owner and main user information of a user dictionary that is currently selected, and the user dictionary switching section 26
01から初期画面部2603へは更新されたメインユーザ情報が送られる。 01 main user the updated information to the initial screen section 2603 is sent from. また、ユーザ辞書切り換え部260 In addition, a user dictionary switching section 260
1が呼び出される相手であるシステム2604からは表示部状態情報が送られている。 1 display status information is sent from the system 2604 is a counterpart to be called. 2602はユーザが実行している認識操作を伴う任意のアプリケーションであり、このアプリケーション2602からシステム260 2602 is any application involving recognition operation the user is running, the system 260 from the application 2602
4へはアプリケーションの表示情報、またはシステム2 Display information applications to 4 or the system 2,
604からアプリケーション2602へは表示状態情報が送られる。 604 display status information is sent to the application 2602 from.

【0012】次に各画面部における機能の詳細と処理の流れを添付の図3以降を用いて説明する。 [0012] will be described with reference to FIG. 3 and subsequent accompanying the flow of detailed processing of functions in each screen section.

【0013】まず初期画面部における処理の流れを図1 [0013] First, FIG. 1 the flow of processing in the initial screen section
7と図3のフローチャートを用いて説明する。 It is described with reference to the flowchart of 7 and FIG. 図17中の1701はメッセージ表示エリア、1702はユーザ名一覧表示及びユーザ辞書オーナー表示エリア、170 1701 message display area in FIG. 17, 1702 is a user name list display and user dictionary owner display area, 170
3は登録されているユーザが一画面に収まり切らないときのためのスクロールバー、1704から1707はペンタップによって機能を呼び出すことができるボタンである。 3 scroll bar for when users registered does Kira fit on one screen, 1704 from 1707 is a button that can call functions by pen tapping.

【0014】ユーザ登録アプリケーションが起動されると301でウィンドウを作成するが、このとき309のユーザ名インデックスファイル107から登録されているユーザ名を読み込む。 [0014] To create a window in the user registration application is started 301, but read the user name that is registered from the user name index file 107 at this time 309. このユーザ名インデックスファイル107は図23に示される構造を持つディスクファイルであり、読み書き可能なファイルである。 This user name index file 107 is a disk file having a structure shown in FIG. 23 is a readable and writable file. 作成されたウィンドウは図17のようになる。 Was created window is as shown in FIG. 17. 302においてシステムに設定されているユーザ辞書のオーナーを判断する。 Determining the owner of the user dictionary are set to the system at 302. オーナーが判別されると303において判別された選択されているオーナーの辞書に対して1701ユーザ名表示エリアにユーザ辞書のオーナーであるユーザに登録マークが付く。 User registration mark, the owner of the user dictionary 1701 user name display area with respect to the owner dictionary owner is selected is determined in 303 when it is determined stick. またこの際、特にメインの使用者であるユーザとして登録されている特定の1ユーザに対してはメインユーザであることを示すメインユーザマークも付く。 At this time, the main user marks also attached indicating that the main user for a specific one user which is registered as a user in particular primary user. 例えば図17ではユーザ名が“arai”であるユーザとユーザユーザ名が“uzuki”であるユーザの2名がユーザとして登録されており、そのうちユーザ名“arai”であるユーザに対してはメインのユーザであることを示すメインユーザマークも付いている。 For example, two users users and user name is "uzuki" In Figure 17 the user name is "arai" is registered as a user, the main of the user of which from the user name "arai" it is also equipped with main user mark indicating that it is a user. ここまでの処理が終わると、ユーザによるコマンド指示を待つ状態(304)になる。 When the processing up to here is finished, a state (304) to wait for a command instruction by the user.

【0015】ペンなどのポインティングデバイスで直接ユーザ名を選択すると、システムに対して308でユーザ辞書のオーナー追加を要求し、設定を変更する。 [0015] When you select a direct user name with a pointing device such as a pen, to request the owner additional user dictionary in the 308 to the system, to change the setting. 同様にペンなどのポインティングデバイスで直接メインユーザであることを示すチェックボタン部分を選択すると、 Select the check button portion indicating likewise be direct main user with a pointing device such as a pen,
システムに対して309でユーザ辞書107のメインユーザ登録を要求し設定を変更する。 Requesting main user registration of the user dictionary 107 to change the setting 309 for the system. そのほかのボタンコマンドによる動作については1704の「ユーザ辞書編集」ボタンを指示すれば(306)ユーザ辞書編集ルーチンへ制御が移り、1705の「新規ユーザ登録」ボタンを指示すれば(307)新規ユーザ登録ルーチンへ制御が移り、1706の「取消」ボタンを指示すればこれまでに行われているユーザ名選択によるユーザ辞書の設定変更を無効にし、ユーザ辞書設定をこのアプリケーション起動前の状態に戻す。 The operation by the addition of button commands if instructed to "user dictionary edit" button of 1704 (306) transfers control to the user dictionary editing routine, if instructed to "new user registration" button of 1705 (307) new user registration control to the routine is shifted, to disable the setting change of the user dictionary by the user name selection that has been done so far if instructed to "cancel" button of 1706, it returns the user dictionary set in the state before the application start-up. 1707の「終了」ボタンを指示すれば(305)このユーザ登録アプリケーションを終了し、システムに制御を戻す。 If instructed 1707 "end" button (305) to exit this user registration application and returns control to the system.

【0016】次に新規ユーザ登録画面部における処理の流れを図18と図4のフローチャートを用いて説明する。 [0016] Then the process flow in the new user registration screen section will be described with reference to the flowchart of FIG. 18 and FIG. 図18中の1801はユーザ名を入力するユーザ名入力エリア、1802はユーザ名の入力を取り消す機能ボタン、1803は入力されたユーザ名を登録し、このウィンドウを終了する機能ボタンである。 User name input area, for inputting a user name 1801 in FIG. 18 1802 function button to cancel the input of the user name, 1803 registers the user name entered, a function button to end the window.

【0017】前初期画面部で1704の「新規ユーザ登録」コマンドを指示すると図18に示すポップアップウィンドウが表示される(401)。 [0017] indicating "new user registration" command 1704 before the initial screen section popup window shown in Figure 18 is displayed (401). その後ユーザによるコマンド指示を待つ状態に入る。 Then enter the state of waiting for a command instruction by the user. 1801のユーザ名入力エリアにペンダウンによるイベント信号が検知されると(404)既存の認識ルーチンを呼び出す。 1801 user name input area of ​​the event signal by the pen-down is detected (404) calls the existing recognition routine. これを用いてユーザ名入力エリアに描かれる文字筆跡をオンライン文字認識処理し、文字データを文字コードに変換する(407)。 This online character recognition processing character handwriting drawn in the user name input area is used to convert the character data to the character code (407). 1803の「登録&終了」ボタンコマンドの指示があるとユーザ名入力エリアに変換入力されたユーザ名を新規ユーザ名と判断し、409のユーザ名インデックスファイル107に追加登録する(406)。 If there is an indication of the "registration and end" button command of 1803 a user name that has been converted input to the user name input area is determined that the new user name, and additionally registered in the user name index file 107 of 409 (406). その後、自分自身のウィンドウを消去し、再び、制御を初期画面部に戻す。 Then, to erase its own window, again, to return the control to the initial screen section. 一方、1802の「取消」ボタンコマンドの指示があるとユーザ名入力エリアに入力されている文字をすべて消去し(408)、再びユーザ名入力コマンド指示を待つ状態に入る。 On the other hand, to erase all of the characters that are input to the user name input area and are instructed to "cancel" button command of 1802 (408), it enters a state of waiting for a user name input command prompt again.

【0018】次にユーザ辞書編集部における処理の流れを図21と図5のフローチャートを用いて説明する。 [0018] Then the process flow in the user dictionary editing section will be described with reference to the flowchart of FIG. 21 and FIG. 図21中の2101はメッセージ表示エリア、2102は登録文字一覧表示エリア、2103は多数の登録文字を表示することが可能なスクロールバー、2104から2 2101 message display area in FIG. 21, 2102 registered character list display area, 2103 is available scrollbars to display the number of registered character, from 2104 2
108はペンタップによる機能呼び出しボタンである。 108 is a function call button by pen tapping.

【0019】前初期画面部において1705の「ユーザ辞書編集」が指示されると、まず、指定されたユーザ辞書を複写コピーし、別途格納しておく(512)。 [0019] "user dictionary edit" 1705 before the initial screen section is instructed, first, copying copy designated user dictionary, be separately stored (512). これは辞書編集作業を取り消すことができるようにするためである。 This is because to be able to cancel the dictionary editing work. 次にユーザ辞書106をオープンし、ユーザ辞書内の文字コードをバッファ領域に読み込む(50 Then open the user dictionary 106, reads the character codes in the user dictionary in the buffer area (50
2)。 2). ここで、ユーザ辞書106内の文字と表示する文字を1対1に対応させるため、文字コード対応テーブルを作成する(図6の601)。 Here, in order to correspond to characters to be displayed with characters in the user dictionary 106 to 1: 1, to create a character code correspondence table (601 in FIG. 6). 例えば登録されている文字が6文字の場合、図24に示すようになる。 For example, when characters registered is six characters, as shown in FIG. 24. この文字コード対応テーブルを作成する意味は、もし仮に同一文字コードの辞書文字データが複数存在した場合、「削除」「再現」コマンドによる文字の編集に対し、文字コードのみの情報では辞書内データの検索を一意的に行うことができないためである。 Meaning you create this character code correspondence table is, if if if the dictionary character data of the same character code there are a plurality, "Delete" to the editing of the letter by the "reproduction" command, the dictionary data in the information of only the character code it is because you can not be carried out search uniquely. この文字コード対応テーブルをもとに図21に示すユーザ辞書編集画面を表示する(503)。 The character code correspondence table displaying the user dictionary editing screen shown in Figure 21 to the original (503). このとき読み込まれた文字コードが210 Character code that has been read at this time is 210
1の登録文字一覧表示エリアに表示されている(50 It is displayed in one of the registered character list display area (50
4)。 4). その後、ユーザによるコマンド指示待ち状態に入る(505)。 Then, enter the command instruction waiting state by the user (505). 登録文字一覧表示エリアにペンダウンなどによる信号を検知すると、ペンダウンされた場所の文字が選択される(506)。 When detecting the signal due to the pen-down in the registered character list display area, the character of pen-down location is selected (506). その選択された文字の位置情報から文字コードテーブル上の表示番号を得る。 Obtain a display number on the character code table from the position information of the selected character. その表示番号から実際にユーザ辞書に格納されている辞書文字データの格納場所を決定し、編集される辞書文字データ情報を得る。 Actually determine the location of the dictionary character data stored in the user dictionary from the display number, obtaining dictionary character data information to be edited. 2104の「文字登録」ボタンコマンドが指定される(507)と新規文字登録ルーチンへ制御が移る(図7の701)。 2104 "character registration" button command is designated as (507) control is transferred to a new character registration routine (701 in Figure 7). 2105の「文字削除」ボタンコマンドが指示される(509)と、登録文字一覧表示エリアの文字が選択されているかどうかが判断され(図8の801)、選択されていなければ505のコマンド指示待ち状態に戻る。 And "character delete" button command is instructed of 2105 (509), (801 of FIG. 8) whether it is determined the character of the registered character list display area has been selected, the command instruction waiting of 505 if it is not selected It returns to the state. すでに選択されていれば前述の文字コード対応テーブルを用いて削除すべき文字の辞書データ格納場所を捜し出す。 Already locate character dictionary data storage location to be deleted with the above-described character code correspondence table if it is selected. 見つかった時点で実際のユーザ辞書106に格納されている辞書文字データを削除する(802)。 Remove dictionary character data stored in the actual user dictionary 106 at the time found (802).

【0020】ユーザ辞書の内容が変更されると同時に文字コード対応テーブルも変更され、登録文字一覧表示エリアの文字表示を更新する(504)。 [0020] When the contents of the user dictionary is changed at the same time the character code correspondence table also been changed, to update the character display of the registered character list display area (504). 2106の「手書き再現」ボタンが指示されると(509)、文字が選択されていれば手書き再現ルーチンへ制御が移り、選択されていなければ再び文字が選択されるのを待つ状態に入る(901)。 When 2106 "handwritten reproduction" button is instructed (509), the character is the flow advances to handwriting reproduction routine if it is selected, enters a state of waiting for re-character if it is not selected is selected (901 ). 2107の「取消」ボタンコマンドが指示される(510)と登録文字一覧表示エリア内の文字が選択されているかどうかが判断され(図10の10 2107 whether or not the character of the registered character list display area the "cancel" button command is instructed (510) has been selected is the judgment of (10 in FIG. 10
01)、選択されていればその文字を無効にし、表示の上でも文字が何も選択されていない状態にしてから(1 01), to disable the character if it is selected, from in a state that character, even on top of the display is not selected anything (1
002)登録辞書の内容を辞書編集ウィンドウ起動前の状態に戻す(1003)。 002) to return the contents of the registration dictionary in the dictionary editing window before startup of the state (1003). この操作によって再び編集作業が再開できる様にする。 Editing work is to like can be resumed again by this operation. 2108の「終了」ボタンコマンドはこのユーザ辞書編集ウィンドウを消去し、前初期画面部に制御を戻す動作を行う。 2108 is the "end" button command of erasing the user dictionary editing window, perform the operation before returning control to the initial screen section.

【0021】次に新規文字登録部における処理の流れを図19、図20と図11のフローチャートを用いて説明する。 [0021] Figure 19 then process flow in the new character registration section will be described with reference to the flowchart of FIG. 20 and FIG. 11. 図19中の1901はメッセージ表示エリア、1 1901 message display area in FIG. 19, 1
902は手書き文字入力エリア、1903は活字文字入力エリア、1904は入力コード一覧表エリア、190 902 handwritten character input area, 1903 printed characters input area, 1904 denotes an input code list area, 190
5は複数の文字コードが表示可能となるスクロールバー、1906から1908はペンタップによる機能呼び出しボタンである。 5 is a scroll bar in which a plurality of character codes can be displayed, is 1908 1906 is a function call button by pen tapping.

【0022】前ユーザ辞書編集部において2104の「文字登録」が指示されると、図19に見られる画面の骨格を作成しポップアップウィンドの形式で表示する(1101)。 [0022] to display in front and 2104 in the user dictionary editing section is "character registration" is instructed, create pop-up window of form the backbone of the screen that can be seen in FIG. 19 (1101). ここでいう文字登録とは、ユーザ独自の筆跡による文字データを該当する文字コードに割り当てる作業のことである。 The character registration here is that the work to be assigned to a character code corresponding to the character data by your own handwriting. よって、ユーザの筆跡データを取得するデータ入力部と対応する文字コード入力部が必要になるわけだが図19における1902の『手書き』欄が筆跡データ入力部、1903の『活字』欄が文字コード入力部となっている。 Thus, "handwriting" column handwriting data input unit 1902 in the character code input unit but it always is required Figure 19 corresponding to a data input unit that acquires handwriting data of the user, "print" column character code input 1903 It has become a part. 図19中央下の1904はこの文字コードを入力するための入力コード一覧表であり、 1904 of Figure 19 the bottom center is the input code list for inputting the character code,
この中から文字を選択することによって入力する方式を採っている。 It adopts a method of inputting by selecting a character from this. 従って、入力コード一覧表には登録可能な文字種を表示しなくてはならないが、これはあらかじめ登録可能な文字種が格納されている文字種ファイル10 Thus, although the input code list must display the registrable character types, character types file 10 which are stored in advance can be registered character types
8を作成しておけばよい(1109)。 8 it is sufficient to create a (1109). このファイルを読み込むことによって登録可能な文字種を表示する(1 To view the available registration character types by reading this file (1
102)。 102). この表示が終了するとユーザからのコマンド指示を待つ(1103)。 When the display is completed wait for the command instruction from the user (1103). 『手書き』欄にユーザのペンダウン入力信号を検知すると、その筆跡データは2次元の座標点の集合としてバッファ領域に格納され(図12 When detecting the pen-down input signal of the user to the "handwritten" column, the handwriting data is stored in the buffer area as a set of two-dimensional coordinate point (FIG. 12
の1201)、同時に『手書き』欄に描画する。 Of 1201), it is drawn to the "handwritten" column at the same time. 図19 Figure 19
はユーザが1902のように“職”に対応する手書きパターンを記入し終った状態である。 Is a state in which the user has finished to fill in the handwritten pattern corresponding to the "positions" as 1902. 対応する文字コードの入力は、前述したように入力コード一覧表より文字を選択することによって、その文字コードが一度バッファ領域に格納され、その文字コードを獲得することによって行われる(図13の1301)。 Input of the corresponding character codes, by selecting the character from the input code list as described above, the character code is stored in the time buffer area is performed by acquiring the character code (in FIG. 13 1301 ). 選択された文字はその都度『活字』欄に拡大して表示される(1302)。 Selected characters are displayed enlarged in each case "print" column (1302).
1906の「登録」ボタンコマンドが指示されると『手書き』欄の手書き文字と『活字』欄の文字が共に入力されているかを確認し(1401)、入力されていればその文字に対する認識辞書の作成を開始する(140 Check the "registration" button command 1906 is designated character handwriting and "print" column in the "handwriting" field is input together (1401), the recognition dictionary for the character if the input start creating (140
3)。 3). 認識辞書の作成方法は文字データから標準パターンを作成することによって行われるが、これは公知の技術を利用する。 How to create the recognition dictionary is done by creating a standard pattern from the character data, which makes use of known techniques. 結果としてこの標準パターンをユーザ辞書106に新規作成あるいは追加する(1404)。 As a result newly created or added this standard pattern in the user dictionary 106 (1404). もし、筆跡データ、文字コードの入力が不十分であれば警告を発し(1402)、登録しようとする文字の手書き文字データと文字コードが共に入力されるように処理は繰り返される。 If, handwriting data, input character code is a warning if insufficient (1402), treated as handwriting data and character code of the character to be registered is input together is repeated. 1907の「取消」ボタンコマンドが指示されると『手書き』『活字』欄に入力されている文字データ、文字コードを無効にし(図15の1501)、 When the "cancel" button command 1907 is designated "handwritten" character data entered in the "print" column, to disable the character code (1501 in FIG. 15),
再度入力を可能にする。 To enable an input again. 図20は『職』の文字を文字コード一覧表から選んで入力したところである。 Figure 20 is where you enter choose from the character code list the character of the "job". 1908 1908
の「終了」ボタンコマンドはこの新規文字登録ウィンドウを消去し、制御をユーザ辞書編集部に戻す動作を行う。 The "end" button command of erasing this new character registration window, performs an operation to return the control to the user dictionary editing section.

【0023】次に手書き文字再現部における処理の流れを図22と図16のフローチャートを用いて説明する。 [0023] will be described with reference to flowcharts of FIGS. 22 and 16 the process flow in the handwritten character reproduction section.
図22中の2201は手書き文字再現エリア、2202 2201 handwritten character reproduction area in FIG. 22, 2202
は手書き文字の対象となる活字表示エリア、2203は手書き文字の筆跡画数表示エリア、2204は対象活字の標準画数表示エリア、2205、2206はペタップによる機能呼び出しボタンである。 The print display area to be handwritten character, 2203 handwriting strokes display area of ​​handwriting, 2204 standard strokes display area of ​​the target print and the 2205 and 2206 is a function call button by Petappu.

【0024】前ユーザ辞書編集部において2106の「手書き再現」が指示されると、図22に見られる画面の骨格を作成しポップアップウィンドウの形式で表示する(1602)。 [0024] "handwritten reproduction" of 2106 in the previous user dictionary editing section is instructed, to create the skeleton of the screen that can be seen in FIG. 22 is displayed in a pop-up window of the form (1602). ユーザ辞書編集部で文字コードが選択されていることは確認されているので、まずその文字を活字エリアに拡大フォントを表示する(1603)。 Since it has been confirmed that the character code is selected in the user dictionary editing section, first displays the enlarged font the character in print area (1603). フォント表示と共に文字の画数を表示する(1603) To display the character of strokes along with the font display (1603)
が、これは文字別に標準画数の記述された文字標準画数データベース109(1607)を用意し、該当する文字を検索することで行う。 But this is prepared character standard number of strokes database 109 described in the standard number of strokes for each character (1607), performed by searching the appropriate characters. ユーザ辞書106内の文字データを再現するにはまず、選択された文字に対応する辞書内データの一意的な摘出を行わなければならないが、 First To reproduce character data in the user dictionary 106, must be made a unique extraction of dictionary data corresponding to the selected character,
前述の文字コード対応テーブルを利用すれば可能である。 It is possible by utilizing the above-described character code correspondence table. 該当する文字の辞書データは座標点を含んでおり、 Dictionary data of the corresponding character includes coordinate points,
また、ペンダウン、ペンアップの情報がこれに付加されているので、座標点がどの画数の筆跡(ストロークと呼ぶ)に属するかが判断できる。 Further, pen-down, since the information of the pen-up is added thereto, it belongs to the handwriting coordinate points which strokes (referred to as stroke) can be determined. これを用いて同一ストローク内の座標点を順次直線で連結させることにより筆跡を描画する(1604)。 Drawing the handwriting by linking sequentially linear coordinate points in the same stroke with the same (1604). またペンダウンの回数をカウントして筆跡データの画数とし、これを表示する(16 Also the number of strokes of the handwriting data by counting the number of pen-down, and displays it (16
05)。 05). ボタンコマンドの動作(1606)は2205 Button command of the operation (1606) is 2205
の「再表示」であれば再現された描画データを消去し、 To erase the drawing data that has been reproduced as long as a "re-display",
再び辞書内データを利用して筆跡再現を始める。 Start the handwriting reproduced by using a dictionary in the data again. 220 220
6の「終了」が指示されればこの手書き文字再現ウィンドウを消去し、制御を登録文字編集部に戻す。 If it is the "end" is an instruction to 6 to erase the handwritten character reproduction window, and returns control to the registered character editing unit. 図22は文字『あ』が選択されその文字筆跡を途中まで再現しているところの図である。 FIG. 22 is a diagram of a place which is reproduced until the middle of the character handwriting character "A" is selected.

【0025】最後に、ユーザ辞書切り換え部における処理の流れを図26と図27のフローチャートを用いて説明する。 [0025] Finally, the flow of processing in the user dictionary switching unit will be described with reference to the flowchart of FIG. 26 and FIG. 27. 図26中のアプリケーション2602は任意のアプリケーションであり、ここでは図28及び図29に示す手書き入力による「ローン計算アプリケーション」 Application 2602 in FIG. 26 is any application, "Loan calculation application" by handwriting input as shown in FIGS. 28 and 29 here
であるとする。 And it is. システム2604は本発明によるユーザ辞書登録アプリケーションおよび前述のアプリケーション2602を司るシステムである。 System 2604 is a system that controls the user dictionary registration application and the aforementioned application 2602 according to the present invention. 当該システムには図28中の画面反転ボタン2803の押下により表示画面部2802の上下が180度反転し図29に示すような反転表示仮面2901に切り替わる仕様が存在している。 In the system are present specification switched to highlight mask 2901 as shown in inverted Figure 29 vertically 180 degrees of the display screen unit 2802 by pressing the flip screen button 2803 in FIG. 28. この機能は図28および図29に示されているような手書き入力項目が多いプレゼンテーションを前提としたアプリケーションにおいて向い合った複数のユーザが交互に入力を行なう場合に大変便利な機能であり、旧来から多くの機械に採用されているものである。 This feature is very useful when the plurality of users face to face in the application the handwriting input items on the premise of many presentations as shown in FIGS. 28 and 29 to input alternately from traditional it is one that has been adopted by many of the machine. いま、図28中のアプリケーション画面において、ユーザ登録アプリケーションの登録内容が図17に示すような内容であったとする。 Now, the application screen in FIG. 28, the registered contents of the user registration application is a content as shown in FIG. 17. つまり、登録されているユーザ辞書の内、ユーザ名“arai”なるユーザとユーザ名“uz In other words, out of a user dictionary that is registered, the user name "arai" consisting of user and the user name "uz
uki”なるユーザのユーザ辞書が選択されており、そのうちユーザ名“arai”なるユーザはメインユーザとして選択されている。したがって、図28の初期使用状態においてはユーザ名“arai”なるユーザのユーザ辞書が優先して使用されていることとなり、その結果極めて似たようなストローク情報がユーザ登録アプリケーションにおいてユーザ名“arai”および“uzu uki "becomes the user of the user dictionary has been selected, of which the user name" arai "user made is selected as the main user. Therefore, the user name is in the initial state of use of Fig. 28" the user of the user dictionary of arai " There preferentially will be used, as a result very similar such stroke information username "arai" and the user registration application "uzu
ki”の2つのユーザ辞書に異なる活字データとして登録されている場合においてもメインユーザである“ar "It is a main user even when the two user dictionary is registered as different print data" ki ar
ai”の登録した登録内容が早い候補として出現させることが出来快適な操作が期待できる。またこの時点で表示画面部2802の記述が進み、対面に位置したユーザ、ここではユーザ名“uzuki”なるユーザの記述する場面となった場合、いずれかのユーザが画面反転ボタン2803を押下することで反転表示画面2901にシステム2604が表示画面の切り替えを行なったとする。その結果システム2604は図27にしめす処理を起動することになる。先ず2701ではシステム260 ai "registration and comfortable operation to it can to appear registered contents as early candidates can be expected. The proceeds description of the display screen unit 2802 at this point, a user located in a face-to-face, the user name here" becomes uzuki " If a user describing a scene, either a user system 2604 highlighted screen 2901 by pressing the flip screen button 2803 makes a switch of the display screen. as a result the system 2604 shown in the FIG. 27 It will start the process. in the first 2701 system 260
4より送られた表示状態情報が読み込まれ、続いて初期画面部2603より選択されているユーザ辞書のオーナー情報およびメインユーザ情報が呼び込まれる(270 Display state information sent from the 4 is read, followed by the owner information and the main user information of the user dictionary is selected from the initial screen section 2603 is invoked (270
2及び2703)。 2 and 2703). 次に2702および2703で得られたユーザ辞書情報を基にメインユーザ情報の入れ換えが行なわれる。 Then replacement of the main user information is performed based on the user dictionary information obtained in 2702 and 2703. 最後に2706において初期画面部26 The initial screen section 26 in the last in 2706
03に更新されたメインユーザ辞書情報が送出されユーザ辞書切り換え部の処理が終了する。 Main user dictionary information updated to 03 processing it is sent the user dictionary switching unit is completed. この結果、図29 As a result, as shown in FIG. 29
の状態においてはユーザ名“uzuki”なるユーザがメインユーザとユーザ登録アプリケーションにおいて登録される。 In the state of a user name "uzuki" consisting of a user is registered in the main user and the user registration application.

【0026】以上説明したように本実施例によれば、表示画面反転という、明らかな手書き認識を行なうユーザの変更を、システムから通知されることにより、予め優先順位が付けられている登録された複数のユーザのうちのメインユーザのユーザ辞書が自動的に切り替わり、引き続き快適な手書き入力環境が提供されることとなる。 According to this embodiment as described above, that the display screen inversion, the changes of the user performing clear handwriting recognition, by being notified from the system, has been registered in advance priorities are assigned It toggles automatically main user of the user dictionaries of a plurality of users, and to continue comfortable handwriting input environment is provided.

【0027】なお、本文中に記載しているウィンドウの作成方法、信号検知方法、表示画面反転方法は既存の公知の技術を用いて再現される。 [0027] Note that a method of creating windows that are described herein, signal detection method, screen inversion method is reproduced using an existing known technology. また、ポインティングデバイスとしてペンを取り上げたが、マウスによる操作でも選択、記入が行えることは明らかである。 Although took up pen as a pointing device, also selected in operation with a mouse, it is clear that allows filling out.

【0028】尚、選択されたユーザ辞書を2個とし、メインユーザの登録を表示画面の正転表示および反転表示の2パターンに対応させて変更を行なうことでユーザ辞書の自動切り替えを行う例について述べたが、さらに多くのユーザ辞書を同時に登録し、これと対応するより多くの画面表示方向を内部記憶テーブルにおいて対応させ、該画面表示方向の切り替えにより同時に対応するユーザ辞書をメインユーザの辞書として再設定することにより、より複雑なユーザ間の入れ替わりにも対応するユーザ登録の認識辞書の使用を可能とすることもできる。 [0028] Incidentally, an example of the two selected user dictionary for automatic switching of the user dictionary by making changes in correspondence with the two patterns of forward display and reverse display of the display screen registration main user has been described, registered more user dictionaries at the same time, as many of the screen display direction is associated in the internal storage table, the main user dictionary a user dictionary corresponding at the same time by switching the said screen display direction than corresponding thereto by resetting, it is also possible to allow the use of the recognition dictionary of the user registration corresponding to turnover between more complex user.

【0029】尚、画面の表示方向の変更により認識を行なうべきユーザの入れ替わりをする例について述べたが、前記表示方向の変更ではなく、他のユーザの入れ替わりを検出する手段、例えば複数のスタイラスペン装置に識別可能な個別IDを持たせ、これを複数のユーザに対応させることで検出する手段等の、ペン装置を使用して検出する手段を用いることで、さらに多くのユーザの入れ替わりの検出を可能とすることもできる。 It should be noted, has been described an example of the interchange of the user to be subjected to recognition by changing the display direction of the screen, rather than the display direction of change, it means for detecting the turnover of other users, for example, a plurality of stylus pens device to have a separate ID can be identified, such as means for detecting by adapt it to the plurality of users, by using a means for detecting by using the pen device, the more users the turnover detecting It can also be possible.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】ユーザ登録アプリケーション構成ブロック図 [Figure 1] user registration application configuration block diagram

【図2】ユーザ登録アプリケーションウィンドウ状態遷移図 FIG. 2 is a user registration application window state transition diagram

【図3】初期画面部の処理のフローチャート FIG. 3 is a flowchart of processing of initial screen portion

【図4】新規ユーザ登録画面部の処理のフローチャート FIG. 4 is a flowchart of a process of a new user registration screen section

【図5】ユーザ辞書編集部の処理のフローチャート(1) FIG. 5 is a flowchart of the processing of the user dictionary editing section (1)

【図6】ユーザ辞書編集部の処理のフローチャート(2) FIG. 6 is a flowchart of the processing of the user dictionary editing section (2)

【図7】ユーザ辞書編集部の処理のフローチャート(3) FIG. 7 is a flowchart of the processing of the user dictionary editing section (3)

【図8】ユーザ辞書編集部の処理のフローチャート(4) FIG. 8 is a flowchart of a process of the user dictionary editing section (4)

【図9】ユーザ辞書編集部の処理のフローチャート(5) FIG. 9 is a flowchart of the processing of the user dictionary editing section (5)

【図10】ユーザ辞書編集部の処理のフローチャート(6) 10 is a flowchart of the processing of the user dictionary editing section (6)

【図11】新規文字登録部の処理のフローチャート(1) FIG. 11 is a flowchart of a process of a new character registration section (1)

【図12】新規文字登録部の処理のフローチャート(2) FIG. 12 is a flowchart of a process of a new character registration section (2)

【図13】新規文字登録部の処理のフローチャート(3) FIG. 13 is a flowchart of a process of a new character registration section (3)

【図14】新規文字登録部の処理のフローチャート(4) Figure 14 is a flowchart of a process of a new character registration section (4)

【図15】新規文字登録部の処理のフローチャート(5) Figure 15 is a flowchart of a process of a new character registration section (5)

【図16】手書き文字再現部の処理のフローチャート Figure 16 is a flowchart of processing handwritten character reproduction section

【図17】初期画面ウィンドウ [17] initial screen window

【図18】新規ユーザ登録画面ウィンドウ [18] new user registration screen window

【図19】新規文字登録画面ウィンドウ(1) [19] a new character registration screen window (1)

【図20】新規文字登録画面ウィンドウ(2) FIG. 20 is a new character registration screen window (2)

【図21】ユーザ辞書編集画面ウィンドウ FIG. 21 is a user dictionary editing screen window

【図22】手書き文字再現画面ウィンドウ FIG. 22 is a handwritten character reproduction screen window

【図23】ユーザ名インデックスファイル [23] user name index file

【図24】文字コード対応テーブル [Figure 24] character code correspondence table

【図25】従来技術 FIG. 25 is a prior art

【図26】ユーザ辞書切り換え部のブロック図 Figure 26 is a block diagram of a user dictionary switching unit

【図27】ユーザ辞書切り換え部の処理のフローチャート Figure 27 is a flowchart of the processing of the user dictionary switching unit

【図28】ユーザ辞書切り換え部のウィンドウ(1) FIG. 28 is a user dictionary switching section of the window (1)

【図29】ユーザ辞書切り換え部のウィンドウ(2) [29] user dictionary switching section of the window (2)

【図30】本実施例の情報処理装置の構成ブロック図 [Figure 30] a block diagram of an information processing apparatus of this embodiment

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 原田 隆史 東京都大田区下丸子3丁目30番2号キヤ ノン株式会社内 (72)発明者 松林 一弘 東京都大田区下丸子3丁目30番2号キヤ ノン株式会社内 (72)発明者 阪口 克彦 東京都大田区下丸子3丁目30番2号キヤ ノン株式会社内 (72)発明者 吉井 裕人 東京都大田区下丸子3丁目30番2号キヤ ノン株式会社内 (56)参考文献 特開 昭62−196774(JP,A) 特開 平1−145789(JP,A) 特開 平2−89112(JP,A) 特開 昭59−165182(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl. 7 ,DB名) G06K 9/62 - 9/68 G06F 3/03 380 G06F 17/22 506 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Takashi Harada Ota-ku, Tokyo Shimomaruko 3-chome No. 30 No. 2 Canon within Co., Ltd. (72) inventor pine forest Kazuhiro Ota-ku, Tokyo Shimomaruko 3-chome No. 30 No. 2 Canon within Co., Ltd. (72) inventor Katsuhiko Sakaguchi Ota-ku, Tokyo Shimomaruko 3-chome No. 30 No. 2 Canon within Co., Ltd. (72) inventor Hiroto Yoshii Ota-ku, Tokyo Shimomaruko 3-chome No. 30 No. 2 Canon within Co., Ltd. ( 56) references Patent Sho 62-196774 (JP, A) Patent Rights 1-145789 (JP, A) Patent Rights 2-89112 (JP, A) JP Akira 59-165182 (JP, A) (58 ) investigated the field (Int.Cl. 7, DB name) G06K 9/62 - 9/68 G06F 3/03 380 G06F 17/22 506

Claims (4)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 記憶手段に記憶されているオンライン文字認識用の複数のユーザ辞書についての優先順位を設定し、 手書き入力を行う表示画面の表示方向が切り替えられたことを検知することにより、使用者の変更を検知し、 前記使用者の変更の検知に応じて、前記設定されたオンライン文字認識用の複数のユーザ辞書についての優先順位を更新することを特徴とする情報処理方法。 1. A set priorities for a plurality of user dictionary for online character recognition stored in the storage means, by detecting that the display direction of the display screen for handwritten input is switched, using an information processing method's senses changes, in accordance with the detection of change of the user, and updates the priority of the plurality of user dictionary of the set for online character recognition.
  2. 【請求項2】 更に、手書き入力された文字を前記オンライン文字認識用の複数のユーザ辞書を用いて文字認識すると、前記設定されたオンライン文字認識用の複数のユーザ辞書についての優先順位に応じた順番で候補を出力することを特徴とする請求項1に記載の情報処理方法。 2. Further, when the handwriting input character to character recognition using a plurality of user dictionary for recognition the line character, in accordance with the priorities for a plurality of user dictionary for online character recognition the set the information processing method according to claim 1, characterized in that for outputting a candidate in the order.
  3. 【請求項3】 記憶手段に記憶されているオンライン文字認識用の複数のユーザ辞書についての優先順位を設定する設定手段と、 手書き入力を行う表示画面の表示方向が切り替えられたことを検知することにより、使用者の変更を検知する検知手段と、 前記使用者の変更の検知に応じて、前記設定されたオンライン文字認識用の複数のユーザ辞書についての優先順位を更新することを特徴とする情報処理装置。 Wherein setting means for setting priorities for a plurality of user dictionary for online character recognition stored in the storage means, it detects that the display direction of the display screen for handwritten input is switched the information detecting means for detecting a change of the user, in accordance with the detection of change of the user, and updates the priority of the plurality of user dictionary of the set for online character recognition processing apparatus.
  4. 【請求項4】 更に、手書き入力された文字を前記オンライン文字認識用の複数のユーザ辞書を用いて文字認識すると、前記設定されたオンライン文字認識用の複数のユーザ辞書についての優先順位に応じた順番で候補を出力する文字認識手段を有することを特徴とする請求項3 4. Furthermore, if the handwriting input character to character recognition using a plurality of user dictionary for recognition the line character, in accordance with the priorities for a plurality of user dictionary for online character recognition the set claim characterized in that it has a character recognition means for outputting the candidate in the order 3
    に記載の情報処理装置。 The information processing apparatus according to.
JP24649592A 1992-09-16 1992-09-16 Information processing method and apparatus Expired - Fee Related JP3227219B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP24649592A JP3227219B2 (en) 1992-09-16 1992-09-16 Information processing method and apparatus

Applications Claiming Priority (8)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP24649592A JP3227219B2 (en) 1992-09-16 1992-09-16 Information processing method and apparatus
EP93114158A EP0585944B1 (en) 1992-09-04 1993-09-03 Method and apparatus for displaying characters
DE69332555A DE69332555D1 (en) 1992-09-04 1993-09-03 Method and apparatus for displaying characters
US08/454,815 US5699455A (en) 1992-09-04 1995-05-31 Information processing method and apparatus
US08/627,229 US6396950B1 (en) 1992-09-04 1996-03-18 Information processing method and apparatus
US08/847,498 US6185333B1 (en) 1992-09-04 1997-04-25 Information processing method and apparatus
HK98112743A HK1011781A1 (en) 1992-09-04 1998-12-03 Method and apparatus for displaying characters
US09/597,822 US6697524B1 (en) 1992-09-04 2000-06-19 Information processing method and apparatus

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0696284A JPH0696284A (en) 1994-04-08
JP3227219B2 true JP3227219B2 (en) 2001-11-12

Family

ID=17149251

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP24649592A Expired - Fee Related JP3227219B2 (en) 1992-09-16 1992-09-16 Information processing method and apparatus

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3227219B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6549935B1 (en) * 1999-05-25 2003-04-15 Silverbrook Research Pty Ltd Method of distributing documents having common components to a plurality of destinations

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0696284A (en) 1994-04-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR101187475B1 (en) Input methods for device having multi-language environment
JP3886976B2 (en) The method for using a graphical keyboard to create a method and character to use the graphical keyboard with menu
US4451895A (en) Interactive computer aided design system
JP3486459B2 (en) An electronic information device and control method thereof
US6282315B1 (en) System for entering handwritten data into computer generated forms
JP3640986B2 (en) Processor control system
US5539427A (en) Graphic indexing system
US5231698A (en) Script/binary-encoded-character processing method and system
US5276794A (en) Pop-up keyboard system for entering handwritten data into computer generated forms
JP2669575B2 (en) Data input method and apparatus
JP3267047B2 (en) An information processing apparatus according to voice
US5235679A (en) Guidance method and apparatus upon a computer system
US7036077B2 (en) Method for gestural interpretation in a system for selecting and arranging visible material in document images
US6438523B1 (en) Processing handwritten and hand-drawn input and speech input
EP0597379B1 (en) Pen input processing apparatus
CN1317626C (en) Hand writing input device and hand-writing input method system
US5613019A (en) System and methods for spacing, storing and recognizing electronic representations of handwriting, printing and drawings
US20080240568A1 (en) Handwriting determination apparatus and method and program
EP0594129B1 (en) Display system capable of accepting user commands by use of voice and gesture inputs
US5732227A (en) Interactive information processing system responsive to user manipulation of physical objects and displayed images
EP0243925A2 (en) Instruction input system for electronic processor
US8423916B2 (en) Information processing apparatus, processing method thereof, and computer-readable storage medium
US6184860B1 (en) Image editing apparatus
US5953735A (en) Script character processing method and system with bit-mapped document editing
RU2412470C2 (en) Autocomplete and handwritten input lists

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20010821

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070831

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080831

Year of fee payment: 7

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees