JP3046620B2 - Devices and catheters for dissolving gallstones - Google Patents

Devices and catheters for dissolving gallstones

Info

Publication number
JP3046620B2
JP3046620B2 JP50510991A JP50510991A JP3046620B2 JP 3046620 B2 JP3046620 B2 JP 3046620B2 JP 50510991 A JP50510991 A JP 50510991A JP 50510991 A JP50510991 A JP 50510991A JP 3046620 B2 JP3046620 B2 JP 3046620B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
pressure
gallbladder
lumen
catheter
suction
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP50510991A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH06504451A (en )
Inventor
サラム エフ ザッコ
Original Assignee
ザ リージェンツ オブ ザ ユニバーシティ オブ カリフォルニア
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M1/00Suction or pumping devices for medical purposes; Devices for carrying-off, for treatment of, or for carrying-over, body-liquids; Drainage systems
    • A61M1/0058Suction-irrigation systems
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M1/00Suction or pumping devices for medical purposes; Devices for carrying-off, for treatment of, or for carrying-over, body-liquids; Drainage systems
    • A61M1/008Drainage tubes; Aspiration tips
    • A61M1/0084With gas or fluid supply means, e.g. for supplying rinsing fluids, anticoagulants
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/22Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for
    • A61B2017/22082Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for after introduction of a substance
    • A61B2017/22084Implements for squeezing-off ulcers or the like on the inside of inner organs of the body; Implements for scraping-out cavities of body organs, e.g. bones; Calculus removers; Calculus smashing apparatus; Apparatus for removing obstructions in blood vessels, not otherwise provided for after introduction of a substance stone- or thrombus-dissolving
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M1/00Suction or pumping devices for medical purposes; Devices for carrying-off, for treatment of, or for carrying-over, body-liquids; Drainage systems
    • A61M1/0058Suction-irrigation systems
    • A61M1/0062Suction-irrigation systems operating alternately
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M25/00Catheters; Hollow probes
    • A61M2025/0001Catheters; Hollow probes for pressure measurement
    • A61M2025/0003Catheters; Hollow probes for pressure measurement having an additional lumen transmitting fluid pressure to the outside for measurement
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M2205/00General characteristics of the apparatus
    • A61M2205/33Controlling, regulating or measuring
    • A61M2205/3331Pressure; Flow
    • A61M2205/3344Measuring or controlling pressure at the body treatment site
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M2205/00General characteristics of the apparatus
    • A61M2205/33Controlling, regulating or measuring
    • A61M2205/3331Pressure; Flow
    • A61M2205/3351Controlling upstream pump pressure
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M2205/00General characteristics of the apparatus
    • A61M2205/33Controlling, regulating or measuring
    • A61M2205/3331Pressure; Flow
    • A61M2205/3355Controlling downstream pump pressure

Description

【発明の詳細な説明】 本発明は1986年6月9日のシリアル番号06/871,775と Description of the Invention The present invention includes a serial number 06 / 871,775 on June 9, 1986
1988年4月11日のシリアル番号07/180,099としてファイルされている一連の発明の一部である。 It is part of a series of the invention, which is the file as a serial number 07 / 180,099 of April 11, 1988.

発明の背景 胆石の病気にかかっている大部分の人々にとって、治療の方法は胆嚢切除術、すなち外科手術による胆石の除去であった。 For people most afflicted with disease Background gallstones of the present invention, the method of treatment cholecystectomy was the removal of gallstones by sand surgery. アメリカ合衆国だけでこのような手術は毎年500,000例ほど行われている。 Such a surgery in the United States alone have been made about 500,000 cases every year. 最近、コストが高いこと、回復までの時間が長いこと、手術による副作用の可能性があることなどの理由で、胆石をインシトゥ(in s Recently, the high cost, longer time to recovery, for reasons such as that there is a possibility of side effects due to surgery, gallstones and in situ (in s
itu)で化学的に除去する方法が開発されてきた。 Chemical methods of removal have been developed in itu). 一般にこの方法はカテーテルを胆嚢に挿入し、胆石を溶解する化学溶媒を注入する操作を含む。 Generally, the method includes the operations of injecting a chemical solvent to insert a catheter into the gallbladder to dissolve the gallstones. 従って、この方法は外科手術とそれに付随する危険を避けることができる。 Therefore, this method can avoid the risk of surgery and attendant.
種々の化学溶媒が試され、胆石の化学的性質に依存して様々な溶解の効果をしめすことが知られてきている。 Various chemical solvents tested, have been known to show the effect of different dissolution depending on the chemical nature of the gallstone. 胆石は一般にコレステロールまたはカルシウム塩、特にビリルビン酸カルシウムまたは炭酸カルシウムから成っている。 Gallstones are generally cholesterol or calcium salts, in particular consist bilirubin calcium or calcium carbonate. 脂質溶媒類はコレステロール胆石の溶解には効果的であるが、これらはカルシウム塩から成る胆石については少し溶解するのみであるか、または全く溶解することができない。 Lipid solvents are effective in dissolving cholesterol gallstones, which are not able to or is only slightly soluble in the gallstones composed of calcium salts, or dissolved at all. 従って、ジエチルエーテルはコレステロール胆石を速やかに溶解するが、その他の溶媒、例えばモノオクタノイン(mono−octanoin)やオクタジオール(グリセロール−1−オクチルエーテル)(octadiol Thus, although diethyl ether are quickly dissolve cholesterol gallstones, and other solvents, for example monooctanoin (mono-octanoin) and octa-diol (glycerol-1-octyl ether) (Octadiol
(glyceryl−1−octyl ether))もまた良好な溶解性を持つ。 (Glyceryl-1-octyl ether)) also have good solubility. 不幸なことに、カルシウム胆石を充分に溶解する溶媒はあったとしても少ない。 Unfortunately, the solvent to adequately dissolve the calcium gallstones even less if there. そこで本発明はコレステロール胆石の除去に基本的な有用性がある。 The present invention is basic utility in the removal of cholesterol gallstones. エーテル化合物、たとえばジエチルエーテルは非常に優れたコレステロール溶解の性質をもつ、すなわち低粘度であり、 Ether compounds such as diethyl ether in nature very good cholesterol dissolution, i.e. a low viscosity,
迅速に溶かすことができるが、ジエチルエーテルは体温以下で沸騰するため危険であるということが分かってきている。 Although it is possible to quickly dissolve, it has been found that diethyl ether is dangerous for boiling at below body temperature. 従来、主にガソリン添加剤やクロマトグラフィー用の溶媒として用いられてきたメチルターシャリーブチルエーテル(MTBE)が、エーテル類の全ての性質を示すことから、最近胆石の溶解に使われるようになった。 Conventionally, mainly gasoline additives and methyl tertiary butyl ether which has been used as a solvent for the chromatography (MTBE) is because they exhibit all properties of ethers, became recently used to dissolve the gallstones.
そのうえ、MTBEは体温以上で沸騰し、胆嚢の粘膜を傷つけることなく速やかに胆石を溶解する。 Moreover, MTBE boils above body temperature, rapidly dissolving gallstones without damaging the gallbladder mucosa.

このような新しい溶媒の有効性のため、胆石に苦しむ患者の体内に溶媒を入れることによる副作用を起こさず、最も迅速かつ効果的に胆石を溶解するための、MTEB Because of the efficacy of such new solvent, without causing side effects due to put the solvent into the patient suffering from gallstones, to dissolve gallstones most quickly and effectively, MTEB
および類似の溶媒を注入する装置と方法の開発にかなりの力が注がれるようになった。 And considerable force in the development of apparatus and methods for injecting a similar solvent began to be poured. (簡単のため、ここでは溶媒としてMTBEの使用に関して述べる。しかし本発明は多数の他の溶媒についても利用可能である。) 医者たちは現在、経皮的に装着したカテーテルを使って、ガラス製の注射器で手動でMTEBを胆嚢に注入することでコレステロール胆石を治療している。 (For simplicity, here described for the use of MTBE as solvent. However, the present invention can be utilized for a number of other solvents.) Doctors currently use a catheter percutaneously attached, made of glass is treating cholesterol gallstones by in the syringe infusion manually MTEB the gallbladder. [ウオーカー、ショートスリーブ、テプリック(Walker,Lancet, [Walker, short sleeve, Tepurikku (Walker, Lancet,
,874(1891);Shortsleeve,Radiologyd 153 ,547(198 1, 874 (1891); Shortsleeve , Radiologyd 153, 547 (198
4);Teplick,Radiology, 153 ,379(1984)]。 4); Teplick, Radiology, 153 , 379 (1984)]. これに加えて医者たちは、例えばスィストゥルらの特許に(US In addition to doctors and are, for example, to Suisuturu et al. Patent this (US
Petent No.4,655,744 toThistls et al.)記述されているような、MTBEを注入および吸引するための固定容量の注射ポンプを利用できる。 Petent No.4,655,744 toThistls et al.), Such as described, you can use an injection pump of a fixed capacity for injecting and sucking the MTBE. 手動注入やポンプを利用した注入過程に伴ういくつかの副作用がある。 There are several side effects associated with implantation process using manual injection or pump. MTBEがガラス注射器を使って手動で、または固定容量循環ポンプで注入される場合、自然に起こる胆嚢の収縮や、胆嚢への過剰注入は検出も調節もできない。 MTBE is manually using a glass syringe or injected in a fixed volume circulating pump, shrinkage and gallbladder naturally occurring, excessive injection into the gallbladder can not be adjusted also detected. 結果として、MTBEはときどき十二指腸に入り、十二指腸粘膜を傷つける。 As a result, MTBE sometimes enters the duodenum, hurt the duodenal mucosa. そしてそれは、吐き気、嘔吐、十二指腸のただれ、それに伴う、鎮痛剤を頻繁に投与することが必要なほどのかなり強い苦痛を引き起こす。 And it nausea, vomiting, sores of the duodenum, concomitant causes rather strong painful enough that need to be frequently administered analgesics. それに加えて、十二指腸内では、MTBEは血液中に吸収され、傾眠(somnolence)や溶血現象(hemolysis)を起こす可能性があり、それに付随して極度の刺激性のMTBE臭が患者の息に出てくる。 In addition to that, in the duodenum, MTBE is absorbed into the blood, there is a possibility that cause drowsiness (somnolence) and hemolysis (hemolysis), in association with it out to the extreme irritation MTBE odor of a patient's breath come.

手動のまたはポンプを利用した注射器による方法に伴うその他の問題は、様々な割合でコレステロール胆石を構成する、不溶性の胆石粒を除去する効率が悪いことである。 Other problems with the process according to the syringe using a manual or pump constitutes a cholesterol gallstones in various proportions, it is inefficient to remove the gallstones particle insoluble. このような粒は、注射器や注入ポンプを用いて方法では、MTBEがコレステロール部分を溶解した後もしばしば胆嚢の中に残される。 Such particles, in a method using a syringe or infusion pump, MTBE is left in the well often gallbladder after dissolving the cholesterol moiety. これらの粒は、しばしば新しい胆石の形成の病巣として働く。 These grains, often serves as the focus of the formation of new gallstones. さらに、これら両方の方法は、時間と手間がかかり、しかも高度な技術が必要とされる。 Furthermore, both of these methods are time consuming and labor, yet sophisticated techniques are required. 結果として、これらの方法は、高度な技術を持つ専門スタッフに、しばしば12時間以上もの長時間作業をさせることによる人件費のため、高額の費用がかかる。 As a result, these methods, the professionals with advanced techniques, often because of labor costs by which even long work more than 12 hours, it takes high costs. また、固定容量注入ポンプは、胆汁が肝臓から分泌される過程で胆嚢へ入るのを防ぐことができない。 The fixed volume infusion pump can not prevent bile from entering the gallbladder in the process of being secreted from the liver. 胆嚢に入った胆汁は、溶媒が胆石と接触するのを妨げ、溶解を遅らせる。 Bile enters the gallbladder, the solvent is prevented from contacting with gallstones, retard dissolution.

MTBEの患者への注入には、溶媒が患者の体液や患部の外の部分へ入るのを避けるための最大限の注意が要求されることは明かである。 The injection of MTBE into the patient, it is clear that full attention to avoid entering the outer portion of the solvent of the patient fluids and the affected area is required. 従って、胆石溶解の化学療法に使う装置を開発する際の鍵となる考えは、胆石を溶解する溶媒の運搬の調節と除去を確実にすることである。 Therefore, thought to be a key in the development of devices to use for chemotherapy of gallstones dissolution is ensuring regulation and removal of delivery of the solvent to dissolve the gallstones. MT MT
BEなどの溶媒が、それが吸収される腸に入ると有害であるということが研究によって示されていることを考慮すると、胆石除去の化学治療の間、このような薬品が外に出ないことを確実にする装置が決定的に必要とされる。 Solvents such as BE is, if the fact that it is harmful enters the intestine to be absorbed Considering that studies have shown that, during the chemical treatment of gallstones removal, that such chemicals not go out a device for ensuring are critically needed.
同時にこのような装置は、溶解を促進するため、また不溶性の残留物の排出するために必要な撹拌を起こすため、胆嚢への溶媒の循環速度を速く保つことができなければならない。 At the same time such a device, for promoting dissolution, also to cause agitation required to discharge the insoluble residues must be able to maintain higher circulation rate of the solvent into the gallbladder.

また、溶媒の封じ込めを確実にする必要があるため、 Moreover, since it is necessary to ensure containment of the solvent,
上記の安全性の特徴に加えて、装置は使いやすく(“us In addition to the features of the safety device is easy to use ( "us
er friendly")、高度の技術を持つ技術者を必要としないものでなければならない。さらに、同じ理由から、保守管理も簡単でなければならない。 er friendly "), it must be one that does not require a technician with a high degree of technology. In addition, for the same reason, maintenance and management must also be simple.

少し考えると、上記のような特徴を持った装置を開発する際に克服しなければならない障害がかなりあることが分かる。 Given a little, it is found that obstacles that must be overcome when developing a device having the characteristics as described above is considerable. 例えば、それは高性能(“intelligent") For example, it is high-performance ( "intelligent")
で、胆嚢の収縮や溶媒の注入による、胆嚢の圧力の瞬間的な変化を検出できること、そしてフィードバック回路を調節するために迅速にその情報を伝達できなければならない。 In accordance with contraction and injection of solvents gallbladder, it can detect the instantaneous change in pressure gallbladder, and must be able to quickly transmit the information to adjust the feedback circuit. これはこのような装置については重大な特徴である。 This is a critical feature for such a device. もし胆石が何らかの方法で胆嚢を通る溶媒の循環を妨げると、臨界圧力が上がり、臓器が破裂させたり、 If hinder the circulation of the solvent through the gallbladder gallstones in some way, it increases the critical pressure, or to organ rupture,
胆嚢から嚢胞性の管から一般の管や腸への溶媒の漏れがおこる可能性がある。 There is a possibility that leakage occurs of the solvent from the cystic tube to the general tube and intestines from the gallbladder. 従って、装置はあらかじめ定義した範囲にわたって胆嚢の圧力の変化を検知し、その範囲での圧力を保つのに充分な速度で作用し、もし圧力が範囲外で持続すると、遮断するかまたは適切に作用するという意味で高性能(“intelligent")でなければならない。 Thus, the device detects a change in pressure in the gallbladder over the range defined in advance, and act at a rate sufficient to maintain the pressure in that range, if the pressure is sustained out of range, or suitably act to block It must be a high-performance ( "intelligent") in the sense that it. そのうえ、遮断するだけではなく、実際に妨害の原因となる破片を流し出すことができ、破片が除かれた状態で通常の働きを回復することができる装置が望ましい。 Moreover, not only blocked, actually can flush out debris that cause interference, debris can restore normal workings in a state of being removed device is desirable. このような装置は胆嚢内の(intra−gallbladder) Such devices in the gallbladder (intra-gallbladder)
圧力が漏れが起こる限界まで上昇すること、また、胆汁が管を通って胆嚢に入る圧力よりも下がることを防ぐべきである。 It the pressure increases to a limit leakage occurs, also should prevent bile drops below the pressure entering the gallbladder through the tube.

発明の要約 本発明は、生体の臓器内の障害物、特に胆嚢や胆汁管の結石を、高速の溶媒循環によって治療するための装置と方法より成る。 SUMMARY OF THE INVENTION The present invention, obstacles in an organ of a living body, in particular stones gallbladder or bile tract, consisting of an apparatus and method for treating by high solvent circulation. この装置は、治療中に生体の臓器からの溶媒の漏れを防ぎながら連続的な高速の注入と吸入を行うのに望ましい特徴を備えている。 The apparatus comprises a desirable feature to perform the suction and continuous fast injection while preventing leakage of the solvent from the living body organ during treatment. この装置は、圧力変換機でフィードバック調整回路に接続した、正方向および逆方向に働く溶媒運搬装置から成る。 The device was connected to the feedback adjustment circuit with a pressure transducer, consisting of a solvent conveying device acting in the forward and reverse directions.

装置は、設定した圧力範囲内で灌流させるように、あらかじめ調節できる。 Apparatus, as is perfused in a pressure range set can advance adjusted. 実際のイントラルミナル(intral Actual intra-luminal (intral
uminal)臓器の圧力の、変換機を介した調節回路への連続的なフィードバックが、溶媒運搬の速度と正味の方向をこの装置により調節する。 Uminal) of the pressure organs, continuous feedback to regulate the circuit via a converter is, the speed and the net direction of the solvent carrying adjusted by this device. このフィードバックによって、装置が正方向と逆方向のどちらかに働くかを決定する。 This feedback, to determine whether device works in either forward and reverse direction. この範囲にわたって、溶媒は貯蔵器から胆嚢に定常的に送られ、胆嚢から適当な容器に吸引される。 Over this range, the solvent is sent to the stationary gallbladder from the reservoir is sucked into a suitable container from the gallbladder. 溶媒の運搬と除去は、胆石の溶解、粉砕および破片の撹拌と吸引に充分有効な速度である。 Transport and removal of the solvent, the dissolution of gallstones is stirred sufficiently effective rate aspiration of grinding and debris. もしも圧力が増加すると、 And if the pressure increases,
フィードバック回路が装置を高圧モードに切り換え、これによって溶媒を胆嚢から逸す。 Feedback circuit switches the device to a high pressure mode, thereby Issu the solvent from the gallbladder. もしも、あらかじめ設定した時間の後で、胆嚢の圧力検知変換器が通常作動の圧力範囲に戻すことを示すと、装置は自動的に通常の注入と吸引(灌流)モードを再開する。 If, after a preset time, indicating that the gallbladder pressure sensing transducer back to a pressure range of normal operation, the device automatically resumes normal injection and aspiration (perfusion) mode.

本発明のもう一の特徴は、自動浄化メカニズムである。 Another feature of the present invention is an automatic cleaning mechanism. あらかじめ設定した間隔で、もし圧力が減少しないときは、装置はカテーテルの吸引口を浄化するため、逆方向のモードに入る。 In preset interval, if when the pressure is not reduced, the device for purifying the suction port of the catheter, into the reverse mode. これによって液体は注入口を通って後方に吸引され、浄化のために吸引口から不連続の短い間隔で注入される。 This liquid is sucked backward through the inlet, it is injected at discrete short intervals from the suction port for cleaning. この間、臓器の圧力は連続的にモニターされている。 During this time, the pressure of the internal organs are continuously monitored. この「自己浄化」作用によって障害物が取り除かれると、圧力変換器は再び通常動作の圧力を示し、装置は通常の圧力での作用を回復する。 When the obstacle is removed by this "self-cleaning" effect, the pressure transducer once again indicates the pressure of the normal operation, the device recovers its activity in normal pressure. しかし、もし障害物が設定された浄化サイクル数の後になっても除去できない時には、アラーム回路が働き使用者に知らせる。 However, if when the obstacle can not be removed even if after a number of set purified cycles, inform the user works an alarm circuit. 本発明のさらに進んだ特徴は以下の通りである。 More advanced features of the present invention is as follows. 胆嚢の中でおこる、胆嚢の内容物を十二指腸へあふれさせる治療上重要な圧力変化と、咳ばらい、笑いや類似したふるまいの結果として起こる、重要でない変化とを区別できることである。 Occurs in the gall bladder is that the gallbladder contents therapeutic and critical pressure change to flood into the duodenum, occurs throat clearing, as a result of laughing and similar behavior can distinguish changes and insignificant. この特徴は不必要な作動モードの変化を防いでいる。 This feature is to prevent change in the unnecessary operation mode.

本発明のさらに優れた特徴は、並んだ形の溶媒注入管腔と溶媒吸引管腔を持った、胆石への接触溶解用のカテーテルである。 Further advantageous features of the present invention, with a solvent inlet lumen and the solvent aspiration lumen forms aligned, a catheter for contacting dissolution in gallstones. カテーテルは、その末端の部分を体外から胆嚢へ導入できる大きさになっている。 The catheter is adapted portions of its ends to a size that can be introduced from the outside into the gallbladder. 各々の管腔は、胆嚢と遠くに置いたポンプとのコミュニケーションのために、末端部分に少なくとも一つの開口部がある。 Each lumen for communication between the gallbladder and the pump put away, there is at least one opening in the distal portion.
3番目の管腔は、管腔を通しての溶媒の注入と吸引の調節のために、胆嚢内の液の圧力を連続的に検知し、調節器に指示を送る手段を提供する。 The third lumen in order to adjust the suction and injection of solvents through the lumen, the pressure of the liquid in the gallbladder is detected continuously, to provide a means for sending an instruction to the control. 本発明の一つの特徴は、吸引管腔の断面積が注入管腔の断面積よりも大きいことである。 One feature of the present invention is that the cross-sectional area of ​​the aspiration lumen is larger than the cross-sectional area of ​​the infusion lumen. 液はカテーテルの壁にある一連の開口部から各々の管腔に注入、排出される。 Liquor injected into each lumen from a series of openings in the wall of the catheter, it is discharged. 各々の開口部の断面積は、コミュニケーションのときの開口部の断面積よりも小さい。 Cross-sectional area of ​​each opening is smaller than the cross-sectional area of ​​the opening when the communication. カテーテルは、さらに、胆嚢から外れるのを防ぐ保持装置を備えている。 The catheter further includes a retaining device to prevent the out of the gallbladder. 保持装置は末端部の湾曲した形状である。 Holding device is a curved shape of the distal end. 圧力検知装置は、胆嚢の粘膜による妨害を避けるため、湾曲した形状の内側に取り付けられている。 The pressure sensing device, to avoid interference by the mucosa of the gallbladder is attached to the inside of the curved shape. 保持装置は、その代わりとして、末端部の隣につける膨張性の風船でも良い。 Holding device, alternatively, it may be inflatable balloon attached next to the distal end.

湾曲した構造にするためにカテーテルの末端部を押さえる引っ張り糸が含まれる。 Yarn tension pressing the distal end of the catheter is included to curved structures. カテーテルには、糸を通すための糸通し管腔もある。 The catheter is also threading lumen for threading. その代わりに、糸を吸引管腔、注入管腔または圧力検知管腔のどれかに通すこともできる。 Alternatively, the thread aspiration lumen may be passed through one of the infusion lumen or pressure sensing lumen. カテーテルの末端の開口部は吸引管腔とコミュニケーションしている。 Opening of the distal end of the catheter is in communication with the suction lumen. カテーテルは少なくとも一つの吸引開口部を持ち、それは全ての注入開口部の近くに置かれている。 The catheter has at least one suction opening, which is placed close to all of the injection openings. 近くに置かれた吸引開口部は、カテーテル使用時の位置に置いたときの、カテーテルの胆嚢への入口の点の隣に位置している。 Suction opening placed near the when placed in the use position the catheter, is positioned next to the point of entrance to the gallbladder catheter. 管腔と管腔末端の吸引開口部は、カテーテルがガイドワイヤーを通ることができるように組み立てられ、配置されている。 Suction opening of the lumen and the tube 腔末 end, the catheter is assembled such that it can pass through the guide wire is disposed. カテーテルは、 Catheter,
例えばポリウレタンのような、胆嚢に注入される溶媒に耐性を持つ材料でできている。 For example, such as polyurethane, it is made of a material resistant to the solvent to be injected into the gallbladder.

胆嚢の中で液の圧力を検知する装置は、注入および吸引管腔と並んで延びており、カテーテル末端部に末端開口部を持つ、3つ目の流体圧力伝達管腔を含んでいる。 Device for detecting the pressure of the liquid in the gallbladder extends alongside infusion and aspiration lumen has a distal opening in the catheter distal portion includes a third fluid pressure delivery lumen.
その管腔は、胆嚢内の圧力を、流体静力学的流体カラム(hydrostatic fluid column)を通して、遠く離れた圧力変換器へ伝えるように作られている。 Its lumen the pressure in the gallbladder through hydrostatic fluid column (hydrostatic fluid column), are designed to convey to the remote pressure transducer. 3つ目の管腔内の、流体圧力の検知装置は、カテーテルの近くの部分にある圧力変換器から成る。 The third lumen, sensing device in fluid pressure is made from the pressure transducer near the portion of the catheter. その代わりに、圧力変化器をカテーテルの末端に置いて、インシトゥ(in situ)での胆嚢圧力測定に使ってもよい。 Instead, at a pressure changer at the end of the catheter, it may be used in gallbladder pressure measurements in situ (in situ). このようなインシトゥ(in situ)での使用のための変換器には、圧電性または光を通すガラスやプラスチックの繊維を使い、カテーテルの管腔の中に取り外しができるように挿入する。 Such situ transducer for use in (in situ), you use the fibers of glass or plastic through which piezoelectric or light, is inserted so as to be removably into the lumen of the catheter. カテーテル末端部につけるインシトゥ(in situ)変換器のワイヤーまたは繊維は、圧力管腔、注入管腔または吸引管腔を通すことができ、あるいはカテーテルの壁の中に埋め込んでもよい。 Situ to give the catheter distal end (in situ) converter wire or fiber, the pressure lumen, the injection lumen or aspiration lumen can be passed, or may be embedded in the wall of the catheter. カテーテルは、その基部の末端に、適合しないシステムとの不注意な使用を防ぐため、 Catheter, the end of the base, to prevent inadvertent use of the incompatible system,
前もって決めた対になる構造を持つ溶媒運搬システムとだけ使用できるような構造を持っている。 It has the structure as much as possible using a solvent delivery system having a structure comprising at predefined pairs. また、その代わりに、所定の電気的または光学繊維の端子を持つ溶媒運搬システムとだけと共に使えるようにした、電気的または光学繊維の端子を基部の末端に持つ。 Also, instead, it has been able to use with only a solvent delivery system with a terminal of a predetermined electrical or optical fibers, a terminal of an electrical or optical fiber to the end of the base.

本発明の一つの特徴は、ポンプコントロールモジュール、すなわち溶媒を注入管腔を通して患者の胆嚢に送る注入ポンプと、溶媒を患者の胆嚢から吸引管腔を通して送る吸引ポンプの速度と方向を調節するモジュール、および圧力測定モジュールの圧力測定に応じてポンプコントロルモジュールの機能を調節する、応答決定モジュールを通して伝わってきた入力圧力シグナルに反応してアルゴリズムを実行するようにプラグラムされたマイクロプロセッサーである。 One feature of the present invention modulate the pump control module, i.e. the infusion pump sends the patient's gallbladder solvent through the injection lumen, the speed and direction of the suction pump to send through the suction lumen solvent from the patient's gallbladder module, and modulating the function of the pump control Le module in accordance with the pressure measurement of the pressure measuring module, a Puraguramu micro processor to execute an algorithm in response to the input pressure signal which has transmitted through the response determination module. 反応決定モジュールは、いくつかの胆嚢内の圧力条件(所定の時間の間、に所定の強度の圧力変化が検出されないとき、所定の時間の間、または所定の容量が吸引管腔の浄化に使われた後で異常な圧力が検出されたとき、所定以上の浄化サイクルが所定の時間の間に起こったとき、検出された圧力が所定の時間の間所定の低限よりも低いままでいるとき、またはシステムが圧力を通常の範囲に所定時間の間保つことができないとき)に応答してアラームを発生させ、そして最大連続吸引を、注入および吸引ポンプの両者を使って開始する。 The reaction determination module, some of the pressure conditions within the gallbladder (for a predetermined time, when the pressure change of a predetermined strength is not detected for a predetermined time or a predetermined capacity is used for purification of the aspiration lumen, when an abnormal pressure after cracking is detected, when a predetermined or more purification cycle has occurred during a predetermined time, when the detected pressure remain lower than a predetermined lower limit for a predetermined time , or system to generate an alarm in response to the time) can not be maintained for a predetermined time the pressure in the normal range, and the maximum continuous suction, starts with both infusion and aspiration pumps.

応答決定モジュールは、上限を越えた胆嚢内の圧力に応じて注入を止めて吸引を調節し、注入管腔を通して圧力が許容範囲に下がるまで吸引を続ける。 Response determination module is stopping the infusion to adjust the suction in accordance with the pressure in the gallbladder beyond the upper limit, the pressure through the injection lumen continues to suction down to the acceptable range. 応答決定モジュールは、次に吸引管腔を浄化するために流れを逆転させる。 Response determination module causes then reversing the flow to purify aspiration lumen. このモジュールはまた、圧力が設定低限以下に下がった条件に応答して吸引を止める。 This module also stop the suction in response to the condition in which the pressure drops below the set lower limit.

本発明の他の局面においては、患者の胆嚢内の圧力を連続的に測定する手段と、前記圧力測定に応答して前記胆嚢内への溶剤の注入と吸引を制御して前記胆嚢内の圧力を所定の範囲内に維持する手段が提供される。 In another aspect of the present invention, a means for measuring the pressure in the gallbladder of a patient continuously, the pressure in the gallbladder to control to suction and injection of the solvent into said gallbladder response to said pressure measurement means for maintaining a within a predetermined range is provided.

さらに、本発明の他の特徴は患者の胆嚢内の圧力を連続的に測定して、この測定に応答して胆嚢内への溶剤の注入と吸引を制御するようにした胆石の溶解方法であって、この溶解方法はさらに溶剤中のコレステロールの量を周期的に測定して、溶剤中のコレステロール濃度が所定の限界濃度に達すると溶剤を取り替える処置を採用している。 Furthermore, another feature of the present invention measures the pressure in the gallbladder of a patient continuously, there lysis method gallstones which is adapted to control the suction and injection of the solvent into the response within the gallbladder in this measurement Te, the dissolution method is further measuring the amount of cholesterol in the solvent periodically cholesterol concentration in the solvent is employed to treat replacing the solvent reaches a predetermined limit concentration.

さらに、この溶解方法は胆嚢内への溶剤の導入に先立って胆嚢内の流体が身体の隣接部位に流出する臨界漏洩圧力を測定して、測定した圧力値を溶剤の注入と吸引を制御するのに用いている。 Further, this dissolution method prior to introduction of the solvent into the gallbladder fluid in the gallbladder by measuring the critical leakage pressure flows out to the adjacent parts of the body, of the measured pressure value for controlling the suction and injection of the solvent They are used to. また、前記臨界漏洩圧力の測定は不透明な染料の胆嚢内への注入を同染料の流出がレントゲン写真で観察されるまで増大圧力の下にてもたらすことにより行われる。 The measurement of the critical leakage pressure injected outflow of the dye into the gallbladder of an opaque dye is effected by providing at under increased pressure to be observed in radiographs. この場合、染料の漏洩を生じさせるのに要した圧力値が臨界漏洩圧力として記録され、 In this case, the pressure value required to cause dye leakage is recorded as the critical leakage pressure,
胆嚢を満たすのに要した流体量が許容量である。 Is the amount of fluid allowance required to fill the gallbladder. 胆嚢内へ溶剤を注入する行程は胆石の近傍に溶剤の乱流を生じさせるに充分な割合でもたらされる。 Stroke to inject the solvent into the gallbladder is effected at a rate sufficient to cause the solvent turbulence in the vicinity of gallstones.

さらに、本発明の他の局面においては、システム母線、同システム母線に接続したマイクロプロセッサ、前記母線に接続されて演算式を保持するメモリ、胆嚢の内部圧力を表すアナログ信号を受信する入力端子と前記内部圧力を表すデジタル信号を前記母線に付与する出力端子を有するアナログ−デジタルコンバータ、および圧力センサと前記コンバータの入力端子に接続した出力端子を有する圧力変換器を備えたシステムが提供される。 Further, in another aspect of the present invention, an input terminal for receiving an analog signal representative of the system bus, the microprocessor connected to the system bus, a memory for holding the arithmetic expression is connected to the bus, the internal pressure of the gallbladder analog having an output terminal for applying a digital signal representative of the internal pressure in the generatrix - system with a pressure transducer having an output terminal connected to the digital converter, and the pressure sensor and the input terminal of the converter is provided. この場合、上記圧力変換器は胆嚢内の溶剤圧力に関連した圧力信号を発生する。 In this case, the pressure transducer generates a pressure signal related to the solvent pressure in the gallbladder.

また、上記のシステムは、胆石溶解溶剤を貯えるリザーバ、同リザーバから胆嚢内に前記溶剤を汲み上げるために導管によって接続した注入ポンプおよび胆嚢から前記溶剤を引き出して同溶剤を前記リザーバに流出させるために導管によって接続した吸引ポンプを備えている。 Further, the above system, a reservoir to store a gallstone dissolution solvent, in order to flow out of the same solvent from the infusion pump and gallbladder were connected by a conduit Pull out the solvent to pump the solvent into the gallbladder from the reservoir to the reservoir and a suction pump connected by a conduit.
さらに、このシステムは上記母線に接続した入力端子と複数の出力端子を有するポンプコントローラを備えており、前記複数の出力端子の一つは上記吸引ポンプに接続され他の出力端子は上記注入ポンプに接続されていて、 Further, the system includes a pump controller having an input and a plurality of output terminals connected to the bus, the other output terminal one is connected to the suction pump of said plurality of output terminals to the injection pump have been connected,
上記のマイクロプロセッサが前記ポンプコントローラを制御し、同ポンプコントローラが前記圧力変換器から付与される信号に応答して前記吸引ポンプと注入ポンプを制御する。 It said microprocessor controls said pump controller controls the infusion pump and the suction pump in response to signals the pump controller is applied from the pressure transducer. なお、上記マイクロプロセッサは胆嚢内の過剰圧力を表す信号に応答して溶剤の注入を停止させ吸引を開始させるように機能する。 Incidentally, the microprocessor functions to initiate was the injection of the solvent was stopped by aspiration response to a signal representative of the excess pressure in the gallbladder.

さらに、上記システムは複数の管腔を有するカテーテルを備えていて、第1の管腔はその端末にて前記注入ポンプに接続され第2の管腔はその端末にて前記吸引ポンプに接続され、同システムは前記カテーテルの端末部に付与される胆嚢内の流体圧力を検出して同流体圧力の徴候を前記圧力変換器に連続的に付与する。 Furthermore, the system may comprise a catheter having multiple lumens, a first lumen and the second lumen is connected to the infusion pump in the terminal is connected to said suction pump at its terminal, the system continuously imparting signs of detection to the fluid pressure of fluid pressure in the gallbladder which is assigned to the terminal portion of the catheter to the pressure transducer.

本発明のさらに他の局面においては、胆嚢の許容量以下の溶剤を間欠的に注入吸引することにより圧力測定が不確定である時、胆石を安全に溶解させる能力が提供される。 In yet another aspect of the present invention, when the pressure measurement is uncertain by intermittently injecting aspirated tolerance following solvents gallbladder, ability to safely dissolve gallstones is provided.

図面の簡単な説明 第1図は胆嚢に溶媒を運搬し、溶解した胆石の、またはその破片を含んだ溶媒を除去する装置の模式図である。 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS FIG. 1 the solvent was transported to the gallbladder, dissolved gallstone, or is a schematic diagram of a device for removing the solvent containing the broken pieces.

第2図は第1図に示した装置の他の特色とポンプユニットを調整する制御回路の模式図である。 Figure 2 is a schematic diagram of a control circuit for adjusting the other features and pump unit of the apparatus shown in Figure 1.

第3、第4および第5図は3つの管腔カテーテルの特徴を示しており、第3図は第4図の線分3−3での断面図を示している。 Third, fourth and fifth drawing shows the characteristics of the three lumens catheter, FIG. 3 shows a cross-sectional view taken along line 3-3 of Figure 4.

第6図は装置の別な具体的表現の概略図である。 Figure 6 is a schematic diagram of another concrete representation of the device.

第7、第8図は別な適当な3つの管腔カテーテルの特徴を示しており、第8図は第7図の線分8−8での断面図である。 7, FIG. 8 shows another suitable three features lumen catheter, FIG. 8 is a cross sectional view taken along line 8-8 of Figure 7.

第9図はピッグテイルカテーテルをもとに考案された具体的なカテーテルの一部の模式図である。 Figure 9 is a schematic view of a portion of a specific catheter is devised on the basis of the pigtail catheter. 第9A図は第9図の線分9A−9Aでのカテーテルの断面図である。 Figure 9A is a cross-sectional view of the catheter of a line segment 9A-9A of Figure 9.

第10図は装置のマイクロプロセッサーコントロール部を含んだ装置を組み入れたブロックダイアグラムである。 FIG. 10 is a block diagram incorporating the apparatus including a microprocessor control unit of the device.

第11図は患者の胆嚢中に位置する本発明のカテーテルの模式図である。 FIG. 11 is a schematic view of the catheter of the present invention positioned in the patient's gallbladder.

第12図は第10図に描写した本発明を体系化したアルゴリズムを示すフローダイアグラムである。 FIG. 12 is a flow diagram illustrating the algorithm organizes the invention as depicted in Figure 10. 第12A図は第1 FIG. 12A is a first
2図のアルゴリズムのポンプ始動サブルーチンのフローダイアグラムである。 It is a flow diagram of the pump start-up subroutine of Figure 2 algorithm. 第12B図は第12図の浄化サブルーチンのフローダイアグラムである。 FIG. 12B is a flow diagram of purification subroutine Figure 12. 第12C図は第12図のアラームサブルーチンのフローダイアグラムである。 The 12C Figure is a flow diagram of the alarm subroutine Figure 12. The
12D図は第12図の圧力限界チェックサブルーチンのフローダイアグラムである。 12D Figure is a flow diagram of the pressure limit check subroutine of Figure 12. 第12E図は第12図のポンプ制御サブルーチンである。 The 12E figure is a pump control subroutine of Figure 12.

発明の詳細な説明 ここに述べる本発明は、流体(溶媒)を器官に運搬し、そこにある障害物を除去するために用いるのに適している。 DETAILED DESCRIPTION The present invention described herein the invention, fluid (solvent) was transported to the organ, is suitable for use in order to remove any obstructions therein. 先ず、以下に述べる本発明は胆嚢からの胆石の除去に関する発明について詳述しているが、本発明は種々の障害物を胆嚢以外の体内腔または器官から除くとこに使用でき、従って胆石の処理に狭く限定されるものと解釈されるべきでないことは理解されるであろう。 First, although the present invention described below are described in detail invention relates to the removal of gallstones from the gallbladder, the present invention can use a variety of obstacles Toko excluding from the body cavity or organ other than the gallbladder, thus the process of gallstones it should not be construed as limited narrowly to will be appreciated. さらに、本発明は器官や体内腔から障害物を除去することに実に適しているということはただちに明らかになるであろう。 Furthermore, that the present invention is quite suitable for removing obstructions from organs and body lumen it will be immediately apparent.

ここに述べた本発明は、制御回路と常に連絡された溶媒供給手段を有する、器官内の圧力をモニターする1つあるいはそれ以上の圧力変換器を介して器官の圧力を検出する装置である。 The present invention described herein have a constant contact to the solvent supply means and the control circuit, a device for detecting the pressure of the organ via one or more pressure transducers to monitor the pressure within the organ.

圧力変換器は、胆嚢それ自身の中か、あるいは患者の外側で、末端が胆嚢中に位置している流体で満たされたカラムの、基部末端に設置されるだろう。 Pressure transducer, or in the gallbladder itself, or outside of the patient, the column end is filled with a fluid which is located in the gallbladder will be installed at the base end. これは流体で満たされたカラムとして、あるいはまた圧力検出変換器それ自身のインシトゥー位として圧力検出管腔を用いることによって成し遂げることができる。 This can be accomplished by using a pressure sensing lumen as a column filled with a fluid, or alternatively a pressure detector transducer itself situ position. 種々な種々な圧力変換器は、インシトゥーや流体カラムの使用の双方に利用できる。 Various different pressure transducers can be utilized for both the use of in situ and the fluid column. インシトゥー変換器は小さく、溶媒の抵抗の影響に耐え得るものである必要がある。 Situ transducer is small, it is necessary it is capable of withstanding the effects of solvent resistance. 適当な変換器は、限定されないけれどもファイバー光学圧力センサー、圧電圧センサーあるいは容量性センサーを含む。 Suitable transducers include a fiber optic pressure sensor, a voltage sensor or a capacitive sensor but not limited. インシトゥー変換器のワイヤーあるいはファイバーは、分離した圧力検出管腔または溶媒流動管腔を突き通すか、 Wire or fiber situ transducer or penetrate separate pressure sensing lumens or solvent fluid flow lumen,
あるいはまたカテーテル壁に固定されるだろう。 Alternatively, it will be fixed to the catheter wall. 流体カラムの基部末端に使用するための適当な変換器はステイザムゴールド圧力変換器P23IDである。 Suitable transducers for use at the base end of the fluid column is stay Zam gold pressure transducer P23ID. インシトゥー変換器を使用するとき、カテーテルが胆嚢内の正しい位置にあるなら、変換器をカテーテルから取り外したりカテーテルに挿入したりすることが可能である。 When using the in situ transducer, if the catheter is in the correct position within the gallbladder, as well as allows inserting the catheter or remove the transducer from the catheter. このようにして、変換器は位置の間置き換えることが可能である。 In this manner, the transducer can be replaced between positions.
その上、そのような挿入可能な変換器は流動管腔のひつに位置することができるので、同じ量の液体流動に対して、より小さいカテーテルの使用が可能になるだろう。 Moreover, since such insertable transducer may be located chests of fluid flow lumen, for the same amount of fluid flow, would allow use of a smaller catheter.
胆嚢へ液体を輸送する圧力範囲のプレセットに関する装置の機能は、流体の胆石への接触や溶解を引き起こし、 Function of the device relating to the pre-set pressure range for transporting liquid into the gallbladder causes contact and dissolution in the fluid gallstones,
胆嚢から流体を回収することによって胆石の溶液や破片を除去する。 Removing the solution and debris gallstones by recovering the fluid from the gallbladder. 胆石の溶液あるいは破片による必然的な乱流の発生に対して、溶媒の運搬と除去の速度を調整できる。 The occurrence of inevitable turbulence with a solution or debris gallstones can adjust the speed of delivery and removal of the solvent. 仮に圧力が正常な作動範囲の限度を越えた場合、その装置は溶媒を器官からそらし、それによって治療部位からの溶媒の漏出を防ぐ。 If when the pressure exceeds a limit of the normal operating range, the apparatus diverts solvent from organs, thereby preventing leakage of the solvent from the treatment site. さらに、正常な作動圧力範囲以上では、「自己浄化」するようにプログラムすることができる。 Furthermore, in the normal operating pressure range or it can be programmed to "self-cleansing". 障害物が部分的に溶解しただけで、溶媒の除去あるいは吸引に障害が生じた時は、この場合望ましいだろう。 In obstacle only partially dissolved, when a failure occurs in the removal or suction of the solvent will be desirable in this case. 正常な作動圧力範囲以下においては、注入を続ける一方で吸引速度が減少し、それによって正常な作動圧力を回復する。 In the following normal operating pressure range, aspiration rate while continuing the injection is reduced, thereby restoring the normal operating pressure.

溶解時間は、高いソルベント流速での操作により最少にされる。 Dissolution time is minimized by operating at higher solvent flow rates. 最大の流量は瞬間的注入量が瞬間的吸引量とマッチした場合に得られる。 Maximum flow rate is obtained when the instantaneous injection volume matches the instantaneous suction amount. このようなゼロ点では、ポンプは圧力を決定するアルゴリズムにより遅くもならなければ遮断もされない。 In such zero point, the pump will not be blocked if not also slowed by the algorithm to determine the pressure. 本発明の特徴は注入及び吸引の両方におけるポンプカテーテルシステムのキャリブレーション、従って両ポンプの流量対制御電圧関係を発生することである。 Feature of the present invention is the calibration of the pump catheter system in both injection and aspiration, thus is to generate a flow versus control voltage relationship between the two pumps. 入力パラメータは所望の流量である。 Input parameters are desired flow rate. マイクロプロセッサは両ポンプにより達成されない値は受け入れないで、両ポンプを圧力が圧力設定点の近傍にあるときの所望の流量で作動させる。 Is not accept not achieved value by the microprocessor both pumps, pressure both pumps be operated at the desired flow rate when in the vicinity of the pressure set point. 圧力が設定点より上昇するにつれて吸引ポンプ速度は増加し、圧力が設定点より下降するにつれて吸引ポンプっ速度は減少し、従ってシステムを設定点に駆動する能力を有している。 Suction pump speed increases as the pressure rises above the set point, the speed Tsu suction pump as the pressure drops below the set point is reduced, thus it has the ability to drive the system to the set point. 処置の間に流量は吸引、または注入管腔、または患者の胆嚢のサイズ及びコンプライアンス及び/または付随した経験された圧力逸脱により、制限された値に増加される。 Flow rate during treatment aspiration, or by infusion lumen or experience pressure deviations and size and compliance and / or accompanying the patient's gallbladder, it is increased to a limited value.

システムの器官圧力に感応する状況に関するキーとなる考慮は、胆嚢からのソルベントの漏洩は管腔内圧力は胆嚢管、総胆管または膨大部(個々の患者における処置のために選択されたものは何でも)内のそれを越えたときに生じるということ、及び胆嚢の容積それ自体またはソルベントノ流量それ自体は何れも密接に関連していないということである。 Considering that the key on the situation that is sensitive to the organ system pressure, solvent leakage intraluminal pressure cystic duct of the gall bladder, bile duct or ampulla (selected for treatment in individual patients whatever ) that occurs when it exceeds it in, and the volume of the gallbladder itself or solvent Roh flow itself is that not both closely related. このことは一方、胆嚢からのクリティカルな漏洩圧力は患者毎に異なり、またソルベントの供給だけでなく自然な胆嚢の収縮または胆嚢に対する外部圧力の関数であるという認識に導く。 This is the other hand, the critical leakage pressure from the gallbladder vary from patient to patient, also leads to recognition that is a function of the external pressure on the contraction or gallbladder natural gallbladder well supplied solvent. 本発明は、ソルベントの漏洩に影響を与えるのに充分な期間及び強度を有する、これらの圧力変化を考慮に入れている。 The present invention has a sufficient duration and intensity to affect the solvent leakage into account these pressure changes.

胆嚢からのクリティカルな漏洩圧力は患者毎に異なるので、個々の患者のクリティカルな漏洩圧力を決定することは重要である。 Since critical leakage pressure from the gallbladder varies from patient, it is important to determine the critical leakage pressure of the individual patient. この圧力を決定するために、カテーテルが胆嚢に導入されて、透視診断法のもとで、造影剤が高い圧力で胆嚢内に注射される。 In order to determine this pressure, the catheter is introduced into the gallbladder, under fluoroscopy techniques, is injected into the gallbladder with contrast medium is high pressure. 造影剤が腸に入るか経皮導入点で漏洩する圧力がクリティカルな漏洩圧力である。 Pressure the contrast agent is leaked on whether percutaneous entry point into the intestine is a critical leakage pressure. 胆嚢が満たされるにつれて、造影剤が堪能管を通って総胆管流れまたは経皮導入部位で漏洩することがX As gallbladder is satisfied, leaking contrast agent through the fluent tube in the common bile duct flow or transdermal introduction site X
線写真で認められるまで、その圧力は上昇するであろう。 To be recognized by a line photo, will the pressure is increased. この圧力で胆嚢内に存在する染液の容積が利用可能な容積である。 Volume of liquor present in the gallbladder at this pressure is the volume available. このクリティカルな漏洩圧力、またはクリティカルな漏洩圧力未満の安全圧力、及びもし所望ならば利用可能な容積がパラメータとしてコントローラに入れられる。 The critical leak pressure or safety pressure below critical leakage pressure, and if available, if desired volume, placed in the controller as a parameter. クリティカルな漏洩圧力値から、高い圧力または最大作動点または上側設定リミットが決定される。 From critical leakage pressure value, high pressure or maximum operating point or the upper setting limit is determined.

代表的には、最大作動圧力は測定されたクリティカルな漏洩圧力の75%から90%設定され、また最大圧力アラームは代表的にはクリティカルな漏洩圧力の85%〜90% Typically, the maximum operating pressure is 75% to 90% setting of the measured critical leakage pressure and the maximum pressure alarm is typically 85% to 90% of the critical leakage pressure
である。 It is.

最小作動圧力または下側設定リミットを決定するために、造影剤が胆嚢から吸引される。 To determine the minimum operating pressure or lower set limit, the contrast agent is aspirated from the gallbladder. 胆嚢内の圧力が低下するにつれて、胆汁はそのうち総胆管から胆嚢内に吸引され始めるであろう。 As the pressure in the gallbladder is reduced, bile will begin to be sucked them from the common bile duct into the gallbladder. これが生じる圧力が胆汁吸引圧力である。 Pressure which this occurs is a bile suction pressure. 最小作動圧力または下側設定リミットは、代表的には胆汁でのソルベントの希釈を最小にするために胆汁吸引圧力より水柱で2から10cm上にに設定される。 Minimum operating pressure or lower set limit is typically set from 2 water column from the bile suction pressure in order to minimize the dilution of solvent in the bile to 10cm on. 最小アラーム圧力は胆汁吸引圧力よりわずかに下方に設定される。 Minimum alarm pressure is set slightly lower than bile suction pressure.

胆嚢へのまたはそれからの流量の正確な測定は、患者に保有された正味の流体の計算を可能とする。 Accurate measurement of the flow rate of the gallbladder or therefrom, to allow calculation of the fluid net which is held to the patient. 保有された流体の正味の容積の信号は、圧力測定がポンプを制御しているときに、またはプライマリー制御モードとして圧力測定が可能でない、例えばハイステル氏弁がない迷走性の胆嚢管、の場合に、バックアップ安全チェックとして使用できる。 The net volume signal of the fluid that is held, when the pressure measurement is controlling the pump, or not possible pressure measurement as the primary control mode, for example, erratic cystic duct is not Mr. valves Haisuteru, in the case of , it can be used as a backup safety check. 流量測定からの利益を得るために、ポンピングは胆嚢が空になったときに開始されるべきである。 In order to benefit from the flow measurement, pumping should be started when the gallbladder is empty. 正味の保有された流れが予め決定された胆嚢の容積に接近したときに、アラームがなされるべきであり、または正味の吸引が増加されるべきである。 When the net held by flow approaches the volume of the gallbladder which is previously determined, should an alarm is issued, or the suction net should be increased.

図1に胆石を取り除くための例証的な装置を示す。 It illustrates an exemplary apparatus for removing gallstones in FIG. 貯蔵器10は胆石を溶解するために化学的に適当な溶媒を含んでいる。 Reservoir 10 includes a chemically suitable solvent to dissolve the gallstones. 胆石はコレステロールで構成されており、多種多様な溶媒が効き目をもつ。 Gallstones are composed of cholesterol, a wide variety of solvents have the effect. 特に効果的なものはメチルターシャリーブチルエーテル(MTBE)である。 Particularly effective as methyl tertiary butyl ether (MTBE). 後者はインビトロ及びインビボの両方に対して簡単にコレステロール石をすぐに溶解することが示されている。 The latter has been shown to easily dissolve cholesterol stones immediately for both in vitro and in vivo. 正常な圧力の操作下で、溶媒は最初のポンプの助成によって貯蔵器10から導管12を経由して動く。 In operation under normal pressure, the solvent moves via a conduit 12 from a reservoir 10 by grants first pump. 流体はバルブ16を通って、そのバルブからカテーテル19内の注入口17を通り胆嚢内に入る。 Fluid through the valve 16, enters the inlet 17 in the catheter 19 from the valve into the street gallbladder. この作動の間、バルブは溶媒が貯蔵器に戻るのを防ぐために閉じられる。 During this operation, the valve is closed to prevent the solvent is returned to the reservoir. 溶媒は胆石溶解に対して効果的になるように前もって決まられた割合で噴出され、その結果溶媒の乱流が生じ、効果的な胆石溶解や胆石破砕及び破砕除去に対して十分な時間で胆石に接触する。 The solvent is ejected in advance Kimara the proportion to be effective against gallstones dissolve, gallstones for a sufficient time for the resulting turbulence occurs solvents, effective gallstone dissolution and gallstones crushing and fracturing removed in contact with.

胆嚢へのMTBEの噴出と同時に、二番目のポンプ18は溶解した胆石やその破片を含んでいる流体を胆嚢から吸引する。 Simultaneously with ejection of MTBE to the gallbladder, the second pump 18 sucks the fluid containing the gallstones or their fragments dissolved from the gallbladder. この物質はカテーテルの吸引口20を経由して胆嚢から通ってくる。 This material come through from the gallbladder through the suction port 20 of the catheter. 流体はポンプ18によって胆嚢からポンプされ、バルブ23を通って、そこから受取貯蔵器に置かれる。 Fluid is pumped from the gallbladder by the pump 18, through valve 23, is placed from which to receive the reservoir. 溶媒の供給源として使われる貯蔵器10及び分離型の貯蔵器のどちらでもこの目的に合う。 Either reservoir 10 and separation type reservoirs are used as a source of solvent fits this purpose. 図1には、胆嚢へ流れる流体の供給源として利用されるものとそこで吸引された流体の受取物として利用されるものの両方として同じ貯蔵器10が使用されることを示す。 FIG. 1 shows that the same reservoir 10 as both those utilized as interest of the fluid sucked therein and those used as a source of a fluid flowing into the gallbladder is used. もし同じ貯臓器が使われたとすると、胆嚢から除去された胆石破片や胆汁や粘液、及びその類似物は溶媒やMTBEより重いので、貯蔵器の底に置かれ、胆石溶解をより効果的にするために、貯蔵器から本質的に純粋な流体の連続的な回収を妨げない、ということに注意することは益がある。 If the same 貯臓 device was used, gallstones debris and bile and mucus were removed from the gall bladder, and so the like is heavier than the solvent or MTBE, positioned on the bottom of the reservoir, is more effective gallstone dissolution to not interfere with the continuous recovery of substantially pure fluid from the reservoir, it may benefit to note that.

単一の貯蔵器が溶媒を供給したり吸引された流体の受け取りに使われるような場合には、流体は周期的にサンプルを取り、MTBE中のコレステロール濃度を測定するべきである。 If a single reservoir is such as those used in the receipt of aspirated fluid and supplies the solvent, the fluid periodically taken samples should be measured cholesterol concentration in MTBE. 重い破片は貯蔵器の底に落ちるので,流体のサンプルは貯蔵器の上の部分から取らなければならない。 Heavier debris falls to the bottom of the reservoir, the sample fluid must taken from the upper part of the reservoir. サンプルはコレステロール濃度レベルを決まるために、例えば分光測定法などによって調べることができる。 Samples can be examined to determined the cholesterol concentration level, for example, by spectrophotometry. コレステロール濃度が前もって決まられているレベル(例えば約30%)に達すると、流体を除去したり置換したりする。 It reaches the level at which the cholesterol levels are Kimara beforehand (e.g., about 30%), or substituted or removing fluid. 溶媒内のコレステロールの高い濃度や低い濃度レベルは溶解の効率だけに影響するということに注意されたい。 Cholesterol high density and low concentration levels in the solvent should be noted that only affects the efficiency of dissolution.

さらに、単一貯蔵器システムでは、吸引率と注入率が一般に等しくないので、貯蔵器にはけ口を設ける必要がある。 Furthermore, in a single reservoir systems, since the suction rate and injection rate are not generally equal, it is necessary to provide a vent to the reservoir. このはけ口を設ける方法では可燃性の高い溶媒の蒸発気が逃げることを許してはいけない。 Do not allow to escape the fumes of highly flammable solvent is a method of providing this vent. また、率の違いを埋め合せする代わりの方法は貯蔵器に対して溶媒耐性嚢(solvent resistant bladder)を使用することである。 Also, alternative method for make up the difference in rates is to use a solvent-resistant capsule (solvent resistant bladder) relative to the reservoir. そのような嚢は、それが変化するうちに含まれている流体の体積として拡張したり、縮小したりする。 Such sac or extend as the volume of fluid it is included within that changes to or reduced. この閉じた貯蔵器形式は蒸発気が逃げるのを防ぐ。 The closed reservoir form prevents the escape of evaporated gas.

ポンプ14及びポンプ18は制御回路22によって制御されている。 Pump 14 and the pump 18 is controlled by the control circuit 22. 制御回路22は順番に変換器24から圧力読み取りを受取り、それによって制御回路22が流量弁16、23、及び26を開けたり閉じたりすることをさせている。 The control circuit 22 has been brought that receive pressure readings from the transducer 24 in turn, whereby the control circuit 22 to open or close the flow valve 16, 23, and 26. その結果、変換器24が胆嚢内の圧力が正常な圧力範囲内にあるか、越えているか、それ以下であるかを示すかどうかに依存して、器官圧力を制御する必要性として注入や吸引を抑制できる。 As a result, if the transducer 24 is the pressure in the gallbladder is within the normal pressure range, or exceeds, depending on whether the indicating is less injection or aspiration, as the need to control organ pressure It can be suppressed. 変換器は順番にカテーテル19の出入口28 Converter doorway 28 of the catheter 19 in order
を通る伝達によって、胆嚢流体圧力を感受する。 By transfer through, it senses the gallbladder fluid pressure.

正常な圧力操作では、最初のポンプ14は管12とバルブ In normal pressure operation, the first pump 14 the tube 12 and the valve
16を通して貯蔵器10から胆嚢へ流体を運搬する。 16 carries the fluid from the reservoir 10 into the gallbladder through. 同時に、少し遅い割合で、二番目のポンプ18はカテーテル吸引口20を通して胆嚢から流体を吸引する。 At the same time, a little slower rate, the second pump 18 sucks fluid from the gallbladder through the catheter aspiration port 20. 流体はバルブ Fluid valve
23を通り、そこから導管25を通じて貯蔵器10へいく。 Through 23, go from there to the reservoir 10 through a conduit 25.

導管12とカテーテル19及び導管25は、供給源貯蔵器10 Conduit 12 and the catheter 19 and conduit 25, the source reservoir 10
と身体の器官、もしくはカテーテルが挿入されている腔がつながっていて、さらに、受取り貯蔵器(ここでは貯蔵器10ともされている)につながっている流体循環路を形成している。 Body organs or catheters have led the lumen is inserted, further, to form a hydrodynamic circuit which is connected to receive the reservoir (are lit reservoir 10 in this case) and. ポンプ14、18は回路内にあり、それぞれ、導管12、25にある。 Pump 14 and 18 is in circuit, respectively, in the conduit 12, 25. (ここで記述のために、“前向き”の流体流の方向は図1及び図6での矢印の方向の流れとして定義され、“戻り”の流れは反対の矢印の方向の流れとされるであろう。) 制御ユニット22は、正常に操作された圧力範囲を越えたり、少なくなったりする圧力に応答するようにプログラムされている。 (For this case description, the direction of fluid flow "forward" is defined as the direction of the flow arrows in FIGS. 1 and 6, the flow of "return" is the direction of flow opposite the arrows it allo.) control unit 22 is programmed to respond or beyond the normal operating pressure range, the pressure or low. 正常に操作された圧力範囲を越えた(“高圧力モード”)では、バルブ16を閉じ、同時にバルブ26を開く。 In exceeds the normal operating pressure range ( "high pressure mode"), closing the valve 16, simultaneously opening the valve 26. これによって、胆嚢から離れたところへ、入ってくる流体を運搬する経路ができる。 This, to a place away from the gall bladder, it is the route to transport the incoming fluid.

このとき、バルブ23は、圧力が正常な作動範囲に戻るために、胆嚢を空にし続けるために開いておく。 At this time, the valve 23, to the pressure returns to normal operating range, remain open to continue the gallbladder emptying. もし、 if,
胆嚢内の圧力が前もってセットされた時間内に正常に操作された圧力に設定されなければ、例えば数秒以内に、 If the pressure in the gallbladder is not set to a pressure which is operated successfully within the preset time, for example within a few seconds,
そのときは、制御ユニット22はポンプを流体の動きの方向を反対にするようにプログラムされており、同時に、 At that time, the control unit 22 is programmed to the opposite direction of movement of the fluid pump, at the same time,
バルブ23及び26が閉められる。 Valves 23 and 26 is closed. この制御ユニットは、流体の少量、約1ml、がバルブが閉じる前にバルブを通るようにわずかな遅れの後、バルブ23を閉めるようにプログラムされている。 The control unit, a small amount of fluid, about 1 ml, but after a slight delay so as to pass through the valve before closing the valve is programmed to close the valve 23. バルブ16は、この“自己除去”モードにおいて胆嚢から逆吸引する流体に対しての経路を与えるために開いておく。 Valve 16 is kept open to provide a path to the fluid to be reverse aspirated from the gallbladder in this "self-removal" mode. このモードは、本質的に、バルブ16を通して吸引がポンプ14によって影響されている間は、障害物を取り除くためにカテーテル19の吸引口20を通して、少量の流体をポンプする。 This mode is essentially while the suction through the valve 16 is influenced by the pump 14 through the suction port 20 of the catheter 19 to remove the obstacle, to pump small amounts of fluid. バルブ23が胆嚢内の高圧力に応答して閉じる前に、胆嚢内にポンプされていた流体は貯蔵器10からバルブ23を通る。 Before closing in response to the high pressure valve 23 is in the gallbladder, the fluid which has been pumped into the gallbladder through the valve 23 from the reservoir 10. 一般的にこれはバルブが閉じる前にバルブ23を通る約1mlの流体から成る。 In general it consists of a fluid of about 1ml through the valve 23 before the valve closes. この作動モードは短時間続き、制御ユニット22は機械が正常な作動を再開するように指示を与え、障害物が除去され、圧力変換器24は正常な作動圧力範囲の再設定を示す。 This mode of operation continues short, the control unit 22 machine gives an instruction to resume normal operation, obstacles are removed, the pressure transducer 24 indicates the resetting of the normal operating pressure range. もし、変換器が胆嚢内の圧力が正常な作動圧力を越えていると示し続けたら、制御ユニット22は再びポンピング装置にシステムを除去するように指示を与える。 If transducer After continued to show the pressure in the gallbladder exceeds the normal operating pressure, the control unit 22 gives an instruction to remove the system again pumping device. もし、数回の“自己除去”サイクルの後、まだ障害物が取り除かれなかったら、制御ユニット22はシステムを封鎖し、使用者に危険な状態の可能性を通報する警告回路34を作動させる。 If, after several "self removal" cycle, if not yet removed obstacles, the control unit 22 to seal the system activates an alarm circuit 34 to report the possibility of a dangerous condition to the user.

図2には典型的な制御ユニット22が説明してある。 In Figure 2 a typical control unit 22 are described. この制御回路22はポンプ14、18に胆嚢から流体を運搬したり吸引したりする指示を与える。 The control circuit 22 gives an instruction or suction or delivery of fluid from the gallbladder into the pump 14, 18. このように回路は典型的に、前出のステイザム ゴールド 圧力変換器P23ID Thus the circuit is typically Suteizamu supra gold pressure transducer P23ID
(Statham Gould pressure transducer P23ID)のような圧力変換器30を持つであろう。 It would have a (Statham Gould pressure transducer P23ID) pressure transducer 30, such as. この圧力変換器30は情報を増幅装置32にリレーする。 The pressure transducer 30 relays information to the amplifier 32. この増幅装置32は変換器 The amplifying device 32 converter
30からの信号を増幅し、信号を高・低圧力警告回路34に伝達し、それから、直接か、あるいは平均化回路36を通して前もってセットされた高・低圧力値を読む圧力感応回路38に伝達する。 Amplifies the signal from 30, to transmit a signal to the high-low pressure warning circuit 34, then, transmits either directly, or pressure sensitive circuit 38 to read the high and low pressure values ​​advance set before through the averaging circuit 36 . この回路38はバルブ16、23、及び26 The circuit 38 valves 16, 23, and 26
に結合している。 It is bound to. 後者のバルブは典型的にソレノイド流量バルブがチューブ圧縮バルブ(tube compression val The latter valves are typically solenoid flow valves tube compression valve (Tube compression val
ves)である。 A ves). 平均化回路36は望むなら連結する。 Averaging circuit 36 ​​is connected if desired. こうすると、胆嚢での圧力の変化が障害物によって起こった流体によって引き起こされたものか、過換気によるものなのか、笑いによるものなのか、あるいは、何かの活動によって引き起こされたどうかが識別できる。 In this way, whether those changes in pressure in the gallbladder was caused by the fluid occurred by the obstacle, seemingly due to hyperventilation, seemingly due to laughing, or it can be identified whether caused by something activity . このように平均化回路は、実際に胆嚢を空に導かない人工的な高圧力や低圧力を本質的にふるいにかける。 The averaging circuit as actually applied artificial high pressure and low pressure does not lead to gallbladder emptying essentially sieves.

圧力感応回路38はカスケードタイマー40につながっていて、これは順番にポンプ逆リレー回路42につながっている。 The pressure-sensitive circuit 38 is leading to a cascade timer 40, which is connected to the pump reverse relay circuit 42 in order. こうして、胆嚢の圧力が正常な作動圧力範囲を越えて障害物が規定の期間内に除去されないとき、カスケードタイマー40がポンプ逆リレー42を作動する。 Thus, when the obstacle pressure gallbladder beyond the normal operating pressure range is not removed within a defined time period, the cascade timer 40 activates the pump reverse relay 42. 後者の回路は“自己除去”システムに対して応答する。 The latter circuit is responsive to "self-removal" system. 数回の短い“自己除去”サイクルの後、高い圧力が持続した場合、 警告回路34が作動され、逆モードでの初期の吸引期間が起き(バルブ16と23が開いてバルブ26が閉じる)、電源供給を切ったり、可視や可聴の引金や他の使用者に通報する警告などによってポンピングシステムを停止する。 After several short "self removal" cycle, when a high pressure is sustained, is actuated warning circuit 34, it occurs initially absorbed period in the reverse mode (valve 16 and 23 the valve 26 is closed to open), turn off the power supply, to stop the pumping system, such as by a warning to report to the visual and audible trigger and other user.
ポンプ逆転サイクル間に圧力が正常な圧力範囲内に戻ったら、装置は正常運転を再開することに注意しなさい。 When the pressure returns to within the normal pressure range between the pump reverse cycle, the device careful to resume normal operation.

図2に示すように、ポンプ電源リレー回路44及びポンプスピード制御回路46 もまた全体のシステムに相互作用することに注意されたい。 As shown in FIG. 2, the pump power relay circuit 44 and the pump speed control circuit 46 also should be noted that the interaction on the overall system. ポンプスピード制御回路46はポンプ電源リレー変換器44を通して電力を運搬し、警告回路34によって制御されている。 Pump speed control circuit 46 to carry power through pump power relay converter 44 are controlled by the warning circuit 34. ポンプモーターはポンプ電源リレー44からその電源供給を運搬している。 Pump motor is transported to the power supply from the pump power relay 44. 警告状態になったときは、 When it is warning state,
このリレーはポンプへの電源を切り、ポンピングからそれを停止する。 The relay will turn off the power to the pump, to stop it from pumping. ポンプスピード制御回路46は、操作者が特定の状況に対して望む散水割合を設定できる手動の調整能力を持つ。 Pump speed control circuit 46 has a manual adjustment capability to set a watering rate at which the operator desires for a particular situation. アナログの圧力入出力48は効果的な作動を割り当てたり、口径測定の間に言及したりする操作を与える。 Analog pressure output 48 provides to assign effective operation, an operation or to refer to during calibration. 代わりに、あるいは付加的に、出力は適当なソフトウエアーによって運転されるビデオディスプレイ端末118(図10のもの)に送ることができる。 Alternatively or additionally, the output can be sent to the video display terminal 118 which is operated by a suitable softwares (that of FIG. 10). これによって作動モードや圧力などのシステムの間欠的、あるいは連続的なディスプレイを持つ操作が供給され、また、警告回路34の指示や警告を統括できる。 This intermittent systems such as operating mode, pressure, or the operation with a continuous display is supplied, also can oversee the instructions and warnings alert circuit 34.

もし望むなら、ひとつ、あるいは複数のマイクロプロセッサーがシステムの多数の部分と置換できる。 If desired, one or more microprocessors, can be replaced with a number of parts of the system. 図10に示すように、マイクロプロセッサー100で制御されるシステムでは、マイクロプロセッサー100はシステム母線1 As shown in FIG. 10, in a system controlled by microprocessor 100, microprocessor 100 is a system bus 1
22につながっているアナログディジタルコンバーター(A/D)116によって圧力変換器24がつながっている。 Pressure transducer 24 is connected by an analog-to-digital converter (A / D) 116 which is connected to 22. A/ A /
Dコンバーター116は圧力変換器24のアナログ信号を処理してディジタル信号に変える。 D converter 116 is converted into a digital signal by processing the analog signal of the pressure transducer 24. ポンプの制御は、もしポンプ制御装置(PC)124がアナログの信号を要求するならディジタルアナログコンバーター(D/A)112を通して、もし、ポンプ制御装置124がディジタル信号に応答するならばディジタルパラレルかシリアルインターフェイス(P/SI)114を通してマイクロプロセッサー100によって成し遂げられる。 Control of the pump, if through a digital-to-analog converter (D / A) 112 If pump controller (PC) 124 requests the analog signal, if the digital parallel or serial If pump controller 124 is responsive to a digital signal It is accomplished by the microprocessor 100 through the interface (P / SI) 114. D/A 112かP/SI 114はまたソレノイドバルブ16を制御するためにも使用される。 D / A 112 or P / SI 114 is also used to control the solenoid valve 16. (説明のために一つだけ示してある) ディジタルデータはマイクロプロセッサー100によって処理され、このプロセッサーは図2に示すように一方の圧力感応回路のコンポーネントで行われた機能を実行するために、メモリー110に置かれたアルゴリズムを実行する。 (Only one shown are for explanation) the digital data is processed by the microprocessor 100, for the processor to perform the functions performed by the components of one of the pressure-sensitive circuit as shown in FIG. 2, memory executing an algorithm placed in 110. 特に、マイクロプロセッサー100はそれ自体高・低圧力検出器34や信号平均器36やカスケードタイマー In particular, the microprocessor 100 itself high and low pressure detector 34 and signal averager 36 and a cascade timer
40と置換できる。 40 and can be replaced. A/Dコンバーター116と連結しているマイクロプロセッサー100は圧力感応やソレノイド制御インターフェイス38の圧力感応部位と置換できる。 Microprocessor 100 is connected to the A / D converter 116 can be replaced with a pressure sensitive portion of the pressure-sensitive and solenoid control interface 38. 一方、 on the other hand,
D/A 112やP/SI 114と連結しているマイクロプロセッサー100は圧力感応とソレノイド制御インターフェイス3 Microprocessor 100 is connected to the D / A 112 and P / SI 114 is pressure-sensitive and solenoid control interface 3
8のソレノイド部位と置換できる。 Solenoid site of 8 and can be substituted. さらに、実際にポンプ14、18を制御している制御装置124の形式に依って、 Furthermore, depending on the actual form of the controller 124 that controls the pump 14, 18,
マイクロプロセッサー100やA/D 116やP/SI 114は、また、ポンプ電源リレー44、スピード制御回路46、及びポンプ逆転リレー42と置換できる。 Microprocessor 100 and A / D 116 and P / SI 114 can also pump power relay 44, the speed control circuit 46, and can be replaced with a pump reverse relay 42.

図6に2つのポンプ14と18を別々に制御するバルブを取り除いた別の代わりの装置体系を説明する。 Another alternative of the apparatus system removing a valve for controlling separately the two pumps 14 and 18 will be described in FIG. それぞれのポンプモーターはそれぞれ、自身のDCドライブ47と45 Each Each of the pump motor, DC drive 47 of its own and 45
をもつ。 The with. 両方のドライブとも制御装置22′で制御され、 Both drives are controlled by the control unit 22 ',
これは、変換器24からの圧力の信号に応答して、おのおののモーターのスピード(つまり、おのおののポンプの流れの割合)を制御するための適当なマイクロプロセッサーをもつ。 It is responsive to the pressure signal from the transducer 24, with appropriate microprocessor for controlling the speed of each motor (i.e., the ratio of each of the pump flow). このように、適切な注入や吸引、パーギングに影響を与えるバルブの開閉をしなくても制御装置2 Thus, suitable infusion or aspiration, the control without the opening and closing of valves affecting Pagingu apparatus 2
2′はポンプの流量率や流れの方向を規定する。 2 'defines the direction of the flow rate and flow of the pump.

この体系システムは全ての流体導管(管、カテーテル、貯蔵器)が簡単な置換可能な物質から成っているという利点を持つ。 This scheme system has all of the fluid conduit (tube, catheter, reservoir) the advantage is made of simple replaceable substance. このように、おのおののパテントは、 In this way, each of the patent,
すべての濡れやすい表面が一つのパテントと一つの処理期に単独での使用に限られるシステムを使用し、処理される。 Using the system that all wettable surfaces are limited to use solely in one processing stage and one patent, it is processed. また、この体系のコンポーネントの多くはマイクロプロセッサーシステムと置換できる。 Also, many of the components of this system can be replaced with the microprocessor system.

装置の性能を高めるいくつかの特徴がある。 There are several features that enhance the performance of the device. 本発明に登用されているポンプはぜん動ポンプである。 Pump is elevated to the present invention is a peristaltic pump. このポンプの型は上述の置換可能な濡れやすい表面のようないくつかの利点を持つ。 The type of this pump has several advantages substitutable wettable surface above. 個々の弱点に加えて、障害物を溶解するのに使われる溶媒はすべて腐食剤にあるこのような例において特に利点がある。 In addition to individual weaknesses, the solvent used to dissolve the obstruction is particularly advantageous in such a case that the all corrosive agents. さらに、ぜん動ポンプは標準的な手動式ポンプ(syringe type pumps)と対照的に詰まりを防ぐ。 Moreover, peristaltic pumps are opposed to prevent clogging with standard manual pumps (syringe type pumps). しかしながら、障害物を溶解したり除去するために使用される流体が溶媒であるこの例では、手動式ポンプも同じように本発明で採用できることは注意すべきで、また、それは、手動式ポンプがポリテトラフルオロエチレン(PTFE)やガラスのような好ましい適当な材料から成ることを与える。 However, in this example the fluid is a solvent used to remove or dissolve the obstruction, manual pump also should be noted that that can be employed in the present invention in the same way, also, it is a manual pump providing that polytetrafluoroethylene (PTFE) and preferably suitable material such as glass. プラスティックから成る手動式ポンプは使用溶媒が注射器のプラスティックの組成と互換性がない例では好ましくない。 Manual pump consisting of plastic are not preferred in the example the solvent used there is no composition compatible with syringe plastics. ぜん動ポンプに表れない手動式ポンプの使用に関連する付加的な不利な点は、溶媒が利用されているこのような例では、プランジャー(plunger)と身体間からの溶媒の蒸発が注射器のボディーに堆積物を起こし、それを“凍らせ”、処理される器官への流体の運搬を妨害することである。 The additional disadvantages associated with the use of a manual pump that do not appear in the peristaltic pump, in such instances where the solvent is utilized, the solvent from between the body and the plunger (Plunger) evaporation syringe body sediment wake, it "freeze" and interfere with delivery of fluid to the organ to be treated.

最後に、ぜん動ポンプは手動式のものより多量の流体循環能力がある。 Finally, peristaltic pump is a large amount of fluid circulation capability than that of the manual. これは、胆石のような障害物が、溶解過程を加速するために胆石の表面を横切る管流の割合を要求するある種の例において利点を持つ。 This is an obstacle such as gallstones, has the advantage in certain instances that require a fraction of the tube flow across the surface of the gallstone to accelerate the dissolution process.

予め設定された正常操作圧力範囲がコントローラ回路 Preset normal operating pressure range controller circuit
22にプログラムされる。 22 is programmed to. 胆嚢内の圧力は正常操作圧力を越えるべきであり、コントロール回路22の動作は、カテーテルの侵入位置と同様に、総胆管内の胆嚢管を通して胆嚢からのソルベントの漏洩を防ぐ。 The pressure in the gallbladder should exceed normal operating pressure, the behavior of the control circuit 22, similarly to the penetration position of the catheter, preventing solvent from leaking from the gallbladder through the cystic duct of the common bile duct. コントローラ回路は真の胆嚢圧力を検知するので、胆嚢へのソルベントの真の吐出率を調整することにより圧力を増大すると同様に減少することは容易に調整する。 Since the controller circuit detects the true gallbladder pressure, reducing as well as to increase the pressure by adjusting the true discharge rate of solvent to the gallbladder is easily adjusted. 例えば、圧力が正常な操作圧力範囲より低くなった場合には、コントローラ回路22はソルベントの吸引を中断し、またはその吸引率を低下し、同時に正常な操作圧力を再度確立するためにソルベントの注入を続行する。 For example, when the pressure falls below the normal operating pressure range, the controller circuit 22 interrupts the suction of the solvent, or lowering the suction rate, solvent injection to establish simultaneously the normal operating pressure again to continue. 圧力感知警告回路34は常時システム操作圧力と胆嚢圧力とを比較する。 Pressure sensing warning circuit 34 compares the constant system operating pressure and gallbladder pressure. 胆嚢の圧力が所定の時間内にコントローラ回路22の動作により正常な操作圧力範囲内に到達しなければ、それは最大吸引の期間に復帰し、その後ホンピングシステムを閉じるとともに、オペレータの注意を引く警告を鳴らす。 If the pressure in the gallbladder is reached within the normal operating pressure range by the operation of the controller circuit 22 within a predetermined time, it returns to the period of maximum suction, then closes the phone ping system, attention of the operator warning the sound. オペレータは問題を正した後、リセットボタン49を動作することにより正常な操作を再開することができる。 After the operator that correct the problem, you can resume normal operation by operating the reset button 49.

第10図及び第12図を参照するに、マイクロプロセッサシステムの場合には、マイクロプロセッサ100はトランスデューサ24により形成された圧力値をモニターし、システムメモリー110に収納されたアルゴリズムによりこれらの圧力値に応じてポンプ14,18及びバルブ16を制御する。 Referring to FIG. 10 and FIG. 12, in the case of microprocessor systems, microprocessor 100 monitors the pressure value which is formed by the transducer 24, these pressure values ​​by an algorithm stored in the system memory 110 depending controls the pump 14, 18 and the valve 16. アルゴリズムは一般に定期的に圧力測定を行うモジュール、ポンプの回転速度及び回転方向を制御するためのモジュール、及び種々の圧力測定に対する正しい応答を決定するためのモジュールに区画される。 The algorithm is generally divided into modules for determining the correct response to the regular module for controlling module, the rotational speed and rotational direction of the pump for pressure measurement, and various pressure measurements.

種々の圧力測定に対する正しい応答を決定するためのモジュールは多くの状態をチェックする。 Module for determining the correct response to a variety of pressure measurement checks the number of conditions. 予め設定された時間に測定された圧力に予め設定された幅の変化がない場合には、モジュールは圧力内腔がブロックされるか、または圧力測定のサブシステムが無能になり警告状態をセットするかを仮定する。 If there is no change in the preset width on the measured pressure to a pre-set time, the module sets the alarm condition becomes incompetent subsystem or pressure lumen is blocked, or pressure measurement assume what. 警告状態のセッティングは、両ポンプによる最高の連続的吸引をセットし、かつ警告を発するポンプ制御モジュールによる。 Setting warning state, by pump control module that sets a maximum continuous suction by both pumps, and a warning.

測定された圧力が上限より大きい場合には、圧力測定モジュールはポンプ制御モジュールに注入ポンプを停止するべく命令し、吸引を得るべく吸引ポンプをなさしめる。 If the measured pressure is larger than the upper limit, the pressure measuring module instructs to stop the infusion pump to the pump control module occupies made a suction pump in order to obtain a suction. 圧力が予め設定された時間より以上に上限以上の残存を維持している場合には、モジュールは吸引開口部または内腔に妨害物があるものと仮定する。 If you are keeping the remaining above the upper limit in the above time the pressure is set in advance, the module is assumed that there is obstruction in the suction opening or lumen. この条件に応じて、ポンプ制御モジュールは通常注入のために使用されたポンプに吸引すべく命令する。 In response to this condition, the pump control module instructs so as to suction the pump used for normal injection. 圧力が下限に陥った場合には、ポンプ制御モジュールは通常吸引のために使用されたポンプに命令して注入すべく切換え、通常注入のために使用されたポンプをサイドホール及び内腔をパージするために吸引すべく切換える。 When the pressure falls to the lower limit, the pump control module purge-used switching in order to inject commands the pump, the pump side holes and a lumen which is usually used for injection for normal suction It switched in order to suction in order. 操作圧力が予め設定された時間内に正常に復帰しない場合、またはその後予め設定されたボリュームが吸引開口部及び内腔をパージするたに使用される場合には、警告状態が応答決定モジュールによりセットされる。 If the operating pressure is not normally restored within a preset time or after when preset volume is used in addition to purging the suction opening and the lumen is set alarm condition the response determination module, It is. さらに、予め設定された時間内に予め設定された数のパージサイクルより多い場合には、応答決定モジュールは警告状態をセットする。 Furthermore, if more than a preset number of purge cycles within a preset time, the response determination module sets the alarm condition.

測定された圧力が下限より低い場合には吸引が停止され、また圧力が予め設定された時間の間下限より低く維持される場合には警告状態がセットされる。 Measured pressure suction is stopped if it is lower than the lower limit, also a warning state is set when the pressure is kept lower than the minimum for a predetermined time. 最後にシステムが予め設定された時間の間その正常範囲内で操作することができない場合にもまた、警告状態がセットされる。 Finally while the system is in preset time even when it is impossible to operate within its normal range also alert condition is set.

第12図は種々の圧力測定に対する正しい応答を決定するために使用されるアルゴリズムの実施態様のメインプログラムループのフローダイアグラムである。 FIG. 12 is a flow diagram of the main program loop of the embodiment of the algorithm used to determine the correct response to a variety of pressure measurement. 第12A図−第12E図はメインプログラムループの間に実行されるサブルーチンのフローダイアグラムである。 FIG. 12A - Part 12E Figure is a flow diagram of a subroutine executed during the main program loop. メインプログラムは圧力−リミット−チェック(CHECK−PRESSURE The main program pressure - limit - check (CHECK-PRESSURE
−LIMITS)サブルーチン150を呼び出し、圧力及び時間遅れが好ましい範囲を外れるとき、圧力が上限以上または下限以下のとき、特別な機能を形成すべく他のサブルーチンのシリーズを呼び出す。 -LIMITS) calls a subroutine 150, when the outside pressure and time delay is preferably in the range, when the pressure of the upper more or below the lower limit, calls other subroutines series to form a special function. 好ましい圧力の範囲内では、コントロールポンプサブルーチン152は圧力限界内に保持すべくポンプを比例方式で操作する。 Within the scope of a preferred pressure, the control pump subroutine 152 operating in proportional manner the pump to hold the internal pressure limit. メインプログラムは、オペレータがオペレーティングパラメータ(操作圧力、警告圧力等)をシステムにシステムキーボードにより入れることによって開始され、その後ポンプスタート(START−PUMPS)サブルーチン149を呼び出す。 The main program, the operator is started by placing the system keyboard operating parameters (operating pressure warning pressure, etc.) to the system, then calls the pump start (START-PUMPS) subroutine 149.

メインプログラムが進行のために最初に実行され、またはポンプが停止されていて再始動されなければならない場合には、サブルーチン ポンプスタートが呼び出される。 The main program is executed first for progression, or pumps when that must be restarted is stopped, the subroutine pump start is called. 第12A図を参照するに、ポンプスタート サブルーチンの目的は、現在の圧力測定からポンプが始動されるべきことを決定することにある。 Referring to FIG. 12A, the purpose of the pump start subroutine is to determine that it should pump from the current pressure measurement is started. すなわち、圧力が最初に高かければ切換誘引のみが生じ、一方圧力が低ければ注入のみが生じる。 That is, only switching attraction occurs by multiplying the first high pressure, injection only occurs whereas the lower the pressure. さらに、システムが設定時間内に正しい圧力操作範囲に達することはく、警告状態が存在し、オペレータは通告される。 Furthermore, it is Ku the system reaches the correct pressure operating range within the set time, alarm condition exists, the operator is notified. これを遂行するために、 In order to accomplish this,
胆嚢内の圧力が低い操作圧力限界160より大きく、かつ圧力が大きくない場合に決定することによりサブルーチンが始まり、その後注入ポンプが回転されかつ吸引ポンプが停止状態を維持166する。 Greater than the pressure lower operating pressure limit 160 in the gallbladder, and starts a subroutine by determining if the pressure not greater, then the infusion pump is rotated and the suction pump is 166 maintains the stopped state. 圧力が大きい場合には、 If the pressure is large,
注入ポンプは停止状態を維持し、吸引ポンプ回転162 Infusion pump remains stopped, the suction pump rotation 162
し、吸引タイマがスタートし、かつ圧力が低い操作圧力限界と再度比較163される。 And suction timer is started, and the pressure is compared 163 again with low operating pressure limit. 圧力がなお低い操作限界163 Still lower operating limit pressure 163
以上である場合には、吸引タイマより指示された吸引開始からの経過時間がパラメータで許容された最大吸引時間と比較164される。 The case where more than the elapsed time from the indicated start of suction from the suction timer is the maximum suction time and compared 164 allowed by parameters. 経過時間が許容された最大吸引時間より少ない場合には、圧力が低い操作圧力限界163と再度比較される。 If the elapsed time is less than the maximum suction time that is allowed, the pressure is again compared with the lower operating pressure limit 163. 経過時間が許容された最大時間より大きい場合には、吸引が圧力を減少するために機能を失い、警告サブルーチンが警告(0)状態165で呼び出される。 If the elapsed time is greater than the maximum time allowed, the suction loses function to reduce the pressure, warning subroutine is called in the warning (0) state 165.

圧力が低い操作圧力限界163より低い場合には、注入ポンプが回転し、吸引ポンプが停止し、吸引タイマがクリアーされ、注入タイマがスタートされ、かつ圧力が高い操作圧力限界168と比較される。 If the pressure is lower than the lower operating pressure limit 163, infusion pump is rotated, the suction pump is stopped, the suction timer is cleared, the injection timer is started, and the pressure is compared to the high operating pressure limit 168. 圧力が高い操作圧力よりも低い場合には、注入の経過時間が最大注入時間パラメータ176と比較される。 If is lower than the high operating pressures pressures, the elapsed time of injection is compared with the maximum injection time parameter 176. 経過時間が許容時間176より大きい場合には、胆嚢の外へのソルベントの漏洩を指摘し、警告サブルーチンは警告(0)状態178で呼び出される。 If the elapsed time is greater than the allowed time 176, noting the solvent leakage to the outside gallbladder, warning subroutine called in warning (0) state 178.

圧力が高い操作圧力限界より高い場合には、注入ポンプは停止され、吸引ポンプは回転され、注入タイマはクリアーされ、かつ吸引タイマは再スタートされる。 If the pressure is higher than the high operating pressure limits, infusion pump is stopped, the suction pump is rotated, the injection timer is cleared, and the suction timer is restarted. 圧力は低い操作圧力限界184と比較され、低い操作圧力限界より低い場合には、吸引タイマはクリアーされ、注入ポンプは回転され、かつ吸入ポンプは停止187される。 The pressure is compared to a lower operating pressure limit 184, is lower than the lower operating pressure limits, the suction timer is cleared, the infusion pump is rotated, and the suction pump is stopped 187.

圧力が低い操作圧力限界184を越えている場合には、 If the pressure exceeds the lower operating pressure limit 184,
吸引タイマは最大吸引タイムパラメータ186と比較され、経過時間が許容される最大時間を越える場合には、 Suction timer is compared with the maximum suction time parameter 186, when exceeding the maximum time that elapsed time is acceptable,
吸引が圧力を減少することを不能であると指摘し、警告サブルーチンが警告(0)状態で呼び出される。 Suction pointed out that it is impossible to reduce the pressure, warning subroutine is called in the warning (0) state. 経過時間が最大吸引時間より小さい場合には、圧力比較サイクルが繰り返し184される。 If the elapsed time is less than the maximum suction time, the pressure comparison cycle is repeated 184.

一度注入ポンプがオンされかつ吸引ポンプがオフ187 Once the infusion pump is turned on and the suction pump is turned off 187
されると、圧力が操作セット圧力189と比較され、それが低い場合には圧力比較ループが繰り返される。 Once, is compared pressure and operation set pressure 189, it is the pressure comparison loop is repeated if it is lower. 圧力が操作点を越える場合には、サブルーチンは簡単にメインルーチンに戻る。 If the pressure exceeds the operating point, the subroutine simply returns to the main routine.

吸引ポンプが高い圧力限界より低い必須範囲内に圧力を得るに十分に吸引することができないことが決定されると、圧力チェックサブルーチンは両ポンプを最大に吸引すべく機能させ、低い圧力限界が達成でき、かつ許容回数のパージが第12D図の314,326,328,322,及び330を越えない場合には、吸引ポートが妨害されかつパージが試みられているものと仮定される。 If it in the lower essential scope than the suction pump high pressure limit can not be sufficiently attracted to obtain pressure is determined, the pressure check subroutine to function so as to suction both pump up, low pressure limit is achieved can, and when the purge allowable number of times does not exceed the first of 12D Figure 314,326,328,322, and 330, suction port is assumed to have been attempted hindered and purged. パージサブルーチンは吸引及び注入内腔を通してフローを逆転して、吸引内腔をクリアーするために呼び出される。 Purge subroutine by reversing the flow through the suction and infusion lumen is called to clear the suction lumen. 第12B図を参照するのに、パージサブルーチンは先づパージタイマ196をスタートし、注入及び吸引ポンプの両者を吸引内腔をクリアーにするためにセットフローレイトで逆転192,194 To refer to FIG. 12B, the purge subroutine started ahead Dzu purge timer 196, injection and reversing both of the suction pump in the set flow rate to the aspiration lumen to clear 192
にセットする。 It is set to. パージタイマからの経過時間はパージサイクル周期と比較され196、パージタイマにより指摘された経過時間がパージサイクル周期より小さい場合には、パージサイクル続行することを許容され、胆嚢での流体の圧力は高い操作圧力限界パラメータ198より低い。 Elapsed time from the purge timer is compared to a purge cycle period 196, when the elapsed time is indicated by the purge timer is less than the purge cycle period is allowed to continue purge cycle, the pressure of the fluid at the gallbladder high operating pressures lower than the limit parameter 198. 圧力が高い操作圧力限界より低い場合には、パージは続行し、経過時間が再度比較196される。 If the pressure is lower than the high operating pressure limits, purge continues, the elapsed time is compared 196 again. 圧力が高い操作圧力限界198を越える場合には、プログラムは決定ポイント200を通して進行し、パージサイクル回数が越えない場合には、最大吸引パージサイクルをもたらす圧力チェックサブルーチン及び他のパージサイクルが再度なされる。 If the pressure exceeds the high operating pressure limit 198, the program proceeds through decision point 200, if the purge cycle count does not exceed the pressure check subroutines and other purge cycle results in maximum suction purge cycle is performed again .

パージサイクルタイムが高い圧力限界を越えることなく越える場合には、圧力が操作セットポイント200と比較される。 When exceeding without purging cycle time exceeds the high pressure limit, the pressure is compared with the operation set point 200. 圧力がセットポイントより低い場合には、吸引ポンプが停止202され、かつ注入ポンプが正転方向にセットポイントで操作される。 If the pressure is lower than the set point, the suction pump is stopped 202, and infusion pump is operated in the set point in the forward direction. 圧力が最大注入時間内に操作セットポイント206に到達しない場合には、システムは警告サブルーチン212を警告(1)状態で呼び出す。 If the pressure does not reach the operation set point 206 within the maximum injection time, the system calls in the warning subroutine 212 Warning (1) state. 操作セットポイントがタイムパラメータ210内に到達した場合には、システムは224,226を通して操作サイクルに戻る。 When the operation set point is reached the time parameter 210, the system returns to operation cycles through 224,226.

時間196の達成で、圧力がセットポイント以上である場合には、注入ポンプ及び吸引ポンプは正転方向224,22 In achieving time 196, when the pressure is set over point, the injection pump and the suction pump forward direction 224,22
6に回転し、プログラムは操作サイクルに戻る。 Rotate to 6, the program returns to the operation cycle.

異常な圧力状態が回復可能かどうか(警報(1)状態)、またはその状態が非常に危険であって通常の手術を再開すべきではないかどうか(警報(0)状態)によって、2つの警報状態がある。 Depending on whether an abnormal pressure condition is recoverable (alarm (1) state), or whether the state should not be resumed normal operation a very dangerous (Alarm (0) state), the two alarm there is a state. いずれの場合にも、第一に先行すべきことは、両ルーメンから吸引して圧力を低下させることである。 In any case, it should precede the first is to reduce the pressure and suction from both lumens. もし下方圧力限が警報吸引時間内に到達できれば、警報(1)の状態が生じて、通常の手術が再開される。 If if reaches the lower pressure limit is within the warning suction time, alarm (1) state occurs, the normal operation is resumed. 状態が警報(0)であれば、警告が与えられて、オペレータは介入して吸引を停止しなければならない。 If state alarm (0), a warning is given, the operator must stop the suction intervention. 図12Cについて、アラーム サブルーチンは、警報(0)252、または警報(1)250の2つの状態の1つから入る。 For Figure 12C, the alarm subroutine alarm (0) 252 or entering from one of the two states of the alarm (1) 250,. いずれの状態でも、注入ポンプは最大逆転方向にセットされ254,256、他方吸引ポンプは最大正転方向にセットされて258,260、最大の吸引を生じさせる。 In either state, the infusion pump 254, 256 is set to the maximum reverse direction, the other suction pump 258 is set to the maximum forward direction, causing the maximum suction. もし警報(0)の状態252に入ると、トーンがセットされ266、吸引はポンプがオペレータの介入270によって停止するまで続けられる。 When If enters state 252 of the alarm (0), the tone is set 266, the suction pump continues until stopped by the intervention 270 operator. ポンピングは、ポンプが手動で再びスタートするまで起こらない274。 Pumping, does not occur until the pump is manually started again 274.

もし警報(1)の状態250に入ると、タイマがスタートし、圧力は下方オペレーティング圧力と比較されて、 If enters state 250 of the alarm (1), the timer is started, the pressure is compared with the lower operating pressure,
これが下方オペレーティング圧力より小さいと、ポンプは正常に作動するようにセットされて、注入ルーメンを通して流体を注入し268、吸引ルーメンを通して流体を吸引する272。 If this is less than the lower operating pressure, the pump is set for proper operation, and injecting fluid through the injection lumen 268, to suck the fluid through the suction lumen 272. もし圧力が下方オペレーティング圧力以上であれば、最大吸引の経過時間を最大吸引に許容される最大時間を決定するパラメータと比較して、この時間に到達していないと、圧力は再び比較される262。 If if pressure is below the operating pressure or higher, as compared with the parameters that determine the maximum time allowed to elapse time of maximum suction to maximum suction, has not been reached in this time, the pressure is again compared 262 . 経過時間が許容される最大時間を越えると、トーンがセットされ266、ポンプは手動介入によって停止されるまで270 It exceeds the maximum time that elapsed time is allowed, the tone is set 266, to the pump is stopped by manual intervention 270
最大速度で吸引を継続する。 To continue the suction at maximum speed. ポンピングは、ポンプが手動によって再びスタートするまで274開始されない。 Pumping, the pump is not 274 start until the start again by manually.

チェック−プレッシャー−リミット サブルーチンは、現在の圧力に対して適当な応答を決定するようにメインルーチンによって命令される。 Check - Pressure - limit subroutine is commanded by the main routine to determine the appropriate response to the current pressure. 図12Dにおいて、チェック−プレッシャー−リミット サブルーチンは、経過時間を測定するためにタイマをスタートさせ、最後の3秒間における圧力変化を計算することによって開始される。 In Figure 12D, the check - Pressure - limit subroutine starts a timer for measuring the elapsed time is started by calculating the pressure change in the last three seconds. もしこの圧力変化が1トル以下であれば、圧力変化器が正常に作動していないと推定され、アラーム サブルーチンに警報(0)の状態が命令される。 If When this pressure change is 1 Torr or less, the estimated pressure change device is not operating normally, the state of the alarm to the alarm subroutine (0) is commanded. もし圧力変化が1トル以上であれば、圧力が最小警報圧力と比較され304、もし圧力が最小警報圧力以下であれば、タイマによって示された時間が最小警報圧力トリガータイムパラメータと比較される306。 If if the pressure change is 1 Torr or more, 304 is compared pressure minimum alarm pressure, if any pressure is below the minimum alarm pressure, time indicated by the timer is compared with the minimum alarm pressure trigger time parameter 306 . もしこの時間が、最小警報圧力トリガータイムより大きければ、圧力が最小許容圧力以下に過剰に長時間保たれたことになって、アラーム サブルーチンに警報(0)の状態が命令される。 If this time is greater than the minimum alarm pressure trigger time, so that the pressure is maintained over a long period of time below the minimum allowable pressure, the state of the alarm to the alarm subroutine (0) is commanded. もしこの時間が、最小警報圧力トリガータイムより小さければ、圧力が最大警報圧力と比較され310、これが最大警報圧力より小さければ、上方圧力限と比較される31 31 If this time is smaller than the minimum alarm pressure trigger time, 310 pressure is compared with the maximum alarm pressure, which is less than the maximum alarm pressure, which is compared with the upper pressure limit
8。 8.

いずれの場合においても、経過時間が上方圧力警報トリガータイム312、または上方圧力ディレイタイムと比較されて320、上方圧力警報トリガータイムを越えていれば、パージの数が許容数と比較され314、余りに多くのパージが起こっていれば、アラーム サブルーチンに警報(0)の状態が命令される316。 In either case, the elapsed time is above pressure alarm trigger time 312 or upward pressure delay time is compared with the 320, if beyond the upper pressure alarm trigger time, the number of purging is compared with the allowable number 314, too if going on a lot of the purge, the state of alarm to the alarm subroutine (0) is the instruction 316.

もしパージの数が越えていなければ、吸引ポンプは最大流量にセットされる326。 If it is not the number of purge exceeds, the suction pump is set to maximum flow rate 326. 注入ポンプは逆転にして最大流量にセットされ328、パージ数のカウンタがインクレメントされる。 Infusion pump is set to the maximum flow rate in the reverse 328, purge the number of the counter is incremented. ついで、圧力が下方圧力限と比較される322。 Then, 322 the pressure is compared to the lower pressure limit. もし圧力が警報吸引時間内において下方限以下であれば、パージサイクルが行われ330、もしそうでなければアラーム サブルーチンに警報(0)の状態が命令される332。 If if less lower limit in the pressure alarm suction time, 332 purge cycle is performed 330, the state of the alarm to the alarm subroutine (0) if it is not commanded.

もし圧力が警報圧力以下310、上方圧力限以下318であれば、圧力は所望の限度以内にあり、システムはオペレートサイクルに帰る。 If pressure alarm pressure below 310, if the upper pressure limit below 318, the pressure is within the desired limits, the system return to Operate cycle.

圧力が上方限以下で下方限以上であれば、コントロールポンプ サブルーチンがポンプ制御する。 If more than the lower limit pressure is less upper limit, the control pump subroutine pump control. 図12Eにおいて、注入ポンプは上方限に到達するまで作動する340, In Figure 12E, the infusion pump operates until it reaches the upper limit 340,
342。 342. 吸引ポンプは下方限に到達すると停止される346,3 Suction pump is stopped when it reaches the lower limit 346,3
52。 52. 下方限とセットポイント圧力の85%の間の圧力においては、吸引ポンプはセット流量の80%で作動する348, In a pressure of between 85% lower limit and the set point pressure, the suction pump is operated at 80% of the set flow rate 348,
354。 354. セット圧力の115%と下方圧力限の間の圧力においては、吸引ポンプはセット流量の200%、または最大流量のうちの低い方で作動する350,356。 In a pressure between 115% and the lower pressure limit of the set pressure, the suction pump operates at the lower of the set 200% of the flow rate, or maximum flow rate 350,356. 圧力がセット圧力の±15%の場合には、両方のポンプともセット流量で作動する358,344。 If the pressure of ± 15% of the set pressure, operates both the pump at a set flow rate 358,344.

この装置は、完全に自動化されており、臨界圧力と使用できるボリゥムのほかにはオペレータの重要なインプットなしで操作できる。 This device completely is automated, in addition to Boriumu usable and critical pressure may be operated without significant inputs of the operator. さらに、治療流体が可燃性の場合には、完全に密閉したシステムに容易に変換される。 Furthermore, treatment fluid in the case of flammable, are readily converted into completely sealed system.
この特徴は、特に可燃性溶媒に対して要求される。 This feature is especially required for flammable solvents.

多くの管のタイプのいずれもが主題装置のポンプに対して好適に使用される。 Any type of a number of tubes are preferably used for the pumping of the subject device. しかしながら、われわれは“タイゴン スペシャル フォーミュレーション(Tygon Sp However, we "Tigon special formulation (Tygon Sp
ecial Formulation)F−4040A"(ビニル材料)、または“ナルジーン(Nalgene)”(ポリウレタン)が、溶剤例えばメチル タートブチル エーテルに特に適合することを見出した。さらに、大きな内径を有する管が蠕動ポンプの使用に対して好ましく、回転に対する大きな容積比の取得を可能にし、このため分ごとの低回転比の使用を許し、高圧モードへの切り換えがポンプモータの逆転を招く場合に、トルクのビルドアップを最小にする。 ecial Formulation) F-4040A "(vinyl material), or" Nalgene (Nalgene) "(polyurethane) were found to particularly conform to the solvent such as methyl Tatobuchiru ether. Furthermore, the use of a tube having an inner diameter larger peristaltic pump preferably respect, to allow acquisition of a large volume ratio with respect to the rotation, the order allows the use of low rotation ratio per minute, when the switching to the high pressure mode leads to reversal of pump motor, minimizing the build-up of torque to.

上述のとおり、主題の装置は、種々の器官の閉鎖を取り除くために使用できる。 As described above, the subject apparatus could be used to remove the closure of various organs. しかしながら、胆嚢から胆石を取り除くために用いる場合には、約50ml/minから300m However, when used to remove gallstones from gallbladder, 300 meters from about 50 ml / min
l/minの潅流速度が一般的により効果的である。 Perfusion rate of l / min is effective in general. これは、図2のポンプ速度制御サーキットを手動で調整することによって容易に達成される。 This is readily accomplished by adjusting the pump speed control circuit of Figure 2 manually. 流速が胆嚢内に乱流を引き起こすのに十分であることが重要である。 It is important that the flow rate is sufficient to cause turbulence in the gallbladder. 乱流が胆石の分解速度を増加して、非溶融性断片の除去を助けることが見出された。 Turbulent flow increases the rate of degradation of gallstones were found to aid in the removal of non-melting fragments.

流体を配達し吸引することができる種々のカテーテルが好適に使用できる。 Various catheter that can deliver the fluid suction can be suitably used. カテーテルは、注入される溶媒に不溶でなければならない。 Catheter, the solvent to be injected must be insoluble. 例えば、ポリウレタンカテーテル、MTBEへの使用に対して好適である。 For example, it is preferred the polyurethane catheters, used to MTBE. 図3−5および7−8に示す3−ルーメン カテーテルは、圧力測定および潅流と吸引の全てを同時に行うことができるので好ましい。 3-lumen catheter shown in Figure 3-5 and 7-8 are preferred because it is possible to perform all of the pressure measurements and irrigation and aspiration at the same time. 好適な3−ルーメン カテーテルは、カテーテルの胆嚢への外科的挿入にすぐに使用できるものよりも大きくない外径を有するべきであり、また吸引ルーメン50、圧力検知ルーメン52および注入ルーメン54を有するべきである。 Suitable 3-lumen catheter should have an outside diameter no greater than can be immediately used for surgical insertion into the gallbladder of the catheter, also should have a suction lumen 50, the pressure sensing lumen 52 and the infusion lumen 54 it is. 吸引ルーメンは、好ましくは他の2つのルーメンよりも断面を大きくすべきである。 Suction lumen should preferably be larger cross-section than the other two lumens. 安全の目的のため、またシステム中の効果的な流量を得るために、 For safety purposes and to obtain effective flow rate in the system,
吸引断面積は注入断面積の約2.5倍にしなければならない。 Suction cross-sectional area must be approximately 2.5 times the injection cross-sectional area. このようにすれば、吸引によって除去される容積は、緊急状態のもとで注入によって置換される容積よりも大きくすることができ、他方では注入ルーメンを通して実質的な流量を維持することが可能となる。 Thus, the volume to be removed by suction can be larger than the volume that is replaced by the injection under emergency conditions, on the other hand can maintain a substantial flow rate through the injection lumen and Become.

各ルーメンは、ルーメンの外壁にある多数の開口を介して胆嚢と連通している。 Each lumen is in communication with the gallbladder through a number of openings in the outer wall of the lumen. 1つのルーメンに対する開口の断面積の合計は、流れのインピーダンスを最小にするために、そのルーメンの断面積よりも大きくすべきである。 The total cross-sectional area of ​​the opening for one lumen, to the flow impedance to the minimum, should be greater than the cross-sectional area of ​​the lumen. 各開口の断面積は、残屑がルーメンを塞ぐのを防止するために、そのルーメンの断面積よりも小さくすべきである。 Cross-sectional area of ​​each opening, in order to prevent the debris blocking the lumen, it should be smaller than the cross-sectional area of ​​the lumen. 吸引および注入開口は、カテーテルの端末の長手方向に沿って分布している。 Aspiration and injection openings are distributed along the longitudinal direction of the terminal of the catheter. 少なくとも1つの吸引開口が全ての注入開口の最も近くに位置し、カテーテルが手術位置にあるときに、好ましくはカテーテルの胆嚢への入り口点にあることである。 At least one suction opening is located nearest of all injection opening, when the catheter is in the operative position, is that preferably in the entry point into the gallbladder catheter. このような形態をとれば、吸引はカテーテルの胆嚢への挿入点に最も近接して行われる。 Taking such form, the suction is carried out closest to the insertion point to the gallbladder catheter. これによって、胆嚢からカテーテルの入り口を通しての溶媒のいかなる漏洩も直ちに吸引され、周囲の組織を損傷することはない。 Thus, any leakage of the solvent through the inlet of the catheter from the gall bladder is also aspirated immediately, does not damage the surrounding tissue.

吸引ルーメンは、カテーテルの端末まで延び、端末の開口で終わっている。 Aspiration lumen extends to the terminal of the catheter and terminates at the opening of the terminal. 図11において、カテーテルの端末のこの開口は、ガイドワイヤを通す通路としての役も果たす。 11, the opening of the terminal of the catheter also plays role as a passage through which the guide wire. 開口の数は不変ではなく、胆嚢に存在する胆石の数および迅速に処置をするために所望される治療上の要求に依存する。 The number of openings is not invariant, depending on the requirements of the desired treatment to the number and quickly treating gallstones present in the gallbladder.

カテーテルの端末は好ましくは図7に示すように豚の尾の形に湾曲させ、器官中の保持、位置決めの助けとする。 Terminal of the catheter preferably is curved in the form of pig tails as shown in FIG. 7, the holding of the organs, to aid in positioning. 図9および9Aにおいて、このように豚の尾の形をしたカテーテルは、紐74を含むこともでき、患者が運動、 9 and 9A, the catheter in the form of pig tails as may also include a strap 74, patient movement,
咳、またはくしゃみをするなかでカテーテルを通して送られる流体がカテーテルを伸ばす傾向があるので、この紐はカテーテルが豚の尾の形を保つのを助ける。 Cough, or the fluid delivered through a catheter among sneezing tend to stretch the catheter, the cord catheter help keep the shape of the pig tails. 単条繊維またはワイヤを紐の代わりに使用することができる。 The birthday fibers or wires can be used instead of the cord.
この保持用の紐は、自身のルーメン70の開口72を通すことも、吸引ルーメン50“または注入ルーメン54"を通すこともできる。 This string for holding also passing the opening 72 of its lumen 70, may be passed through the aspiration lumen 50 "or infusion lumen 54". カテーテルを胆嚢中に保持するその他の手段も可能である。 Other means for holding the catheter in the gallbladder is also possible. 例えば、バルーン カテーテルはカテーテルを保持するのに役に立つ。 For example, a balloon catheter is useful to maintain the catheter.

紐74は、自身のルーメン52を通し、またバルーン カテーテルも一般的に自身のルーメンを必要とするので、 String 74, through its lumen 52, and since the balloon catheter is also generally require its own lumen,
このシステムは3−ルーメンカテーテルに限定されると解すべきではない。 The system should not be construed as limited to the 3-lumen catheter. 異なったルーメンからなる種々のカテーテルも、もしそのようなカテーテルを使用できるようにシステムを変形すれば、満足に働くであろうし、またこのような変形は当業者にはよく知られている。 Also various catheters made of different lumen, if if modified the system to use such a catheter, to would serve satisfactorily, and such modifications are well known to those skilled in the art.

豚の尾の形をしたカテーテルを使用する場合には、圧力ルーメンへの開口は、曲線の内側の半径上に位置させるべきである。 When using a catheter in the form of pig tails, the opening to the pressure lumen, it should be positioned on the inside of the curve radius. この位置は、正確な圧力検知に対して確かな開口を提供し、また胆嚢の粘膜が圧力測定を妨害するのを防止する。 This position provides a reliable open to accurate pressure sensing, also mucosal gallbladder is prevented from interfering with the pressure measurement.

この手法は、有毒で可燃性の溶媒を使用するために元来危険性があるので、カテーテルは適当なポンピングシステムとともにだけ使用するのが望ましい。 This approach, because toxic is inherently risk for using flammable solvents, the catheter is desirable to use only with appropriate pumping systems. このことを確実にするために、カテーテルはその最も近い端末において、構造的、電気的、またはファイバロプティック(fiberoptic)接続を有することができ、この端末はシステムの残部の類似の構造と接続可能である。 To ensure this, the catheter is in its nearest terminal, structural, electrical, or fiber LOP ticks (FiberOptic) may have a connection, the terminal can be connected to the similar structure of the remainder of the system it is. したがって、このシステムは、不適当なカテーテルと共に機能することを防ぐことができる。 Therefore, this system can prevent the work with inappropriate catheter.

電気回路には数多くの変形が可能であり、また特定の器官の閉鎖症の効果的除去を達成するという全体的に相互に関連した本発明の特徴が存在するということは、当業者には認識されるであろう。 Are possible many variations on the electrical circuit, also the fact that the characteristics of the overall invention with respect to one another that achieve effective removal of atresia specific organs exist, recognized by those skilled in the art It will be. 例えば、装置の自動的“セルフ パージング”という特徴は望ましいが、この特徴のない装置は適当に働かない。 For example, although characterized automatically "self purging" of the device desired, this featureless device does not work appropriately. さらに、本発明は胆嚢からの胆石の除去に適用できるとして記載したが、この使用はそれほど狭く解されるべきではないということに注意すべきである。 Furthermore, the present invention has been described as applicable to the removal of gallstones from the gallbladder, this use should be noted that should not be taken too narrowly. かくして、ここで意図したのは、 Thus, the intended here,
溶媒を使用して閉鎖を溶解、駆遂することによる種々の器官からの閉鎖の除去に対して一般的に適用できる発明を提供することである。 The solvent dissolves the closed using, it is to provide the inventions generally applicable to removal of the closure from various organs due to Ka遂.

クレームは次の通りである。 The claim is as follows.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 平3−82460(JP,A) 特表 平4−500525(JP,A) 特公 平7−108296(JP,B2) (58)調査した分野(Int.Cl. 7 ,DB名) A61M 1/00 A61M 25/00 A61M 31/00 A61B 17/22 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (56) reference Patent flat 3-82460 (JP, a) JP-T flat 4-500525 (JP, a) Tokuoyake flat 7-108296 (JP, B2) (58) were investigated field (Int.Cl. 7, DB name) A61M 1/00 A61M 25/00 A61M 31/00 A61B 17/22

Claims (26)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】胆石の接触溶解用のカテーテルであって、 それぞれ末端部分及び手前端部分を有する第一及び第二の管腔と、 前記末端部分を胆嚢内に保持するための引っ張り糸とを備えてなり、 第一の管腔は溶媒の注入用であり、第二の管腔は使用済み溶媒及び溶解胆石の吸引用であり、各管腔はその前記末端部分に胆嚢と管腔の間で流体を流通させる少なくとも一つの開口部を有し、前記吸引管腔は前記注入管腔より大きな流通横断面積を有している ことを特徴とするカテーテル。 1. A catheter for contacting dissolution of gallstones, and first and second lumen, each having a distal portion and a proximal end portion and a pulling thread for retaining said distal portion within the gallbladder with it, the first lumen is for injection of the solvent, the second lumen is for suction of used solvent and dissolving gallstones, each lumen between the gallbladder and the lumen that said distal portion the catheter has at least one opening circulating the fluid, the suction lumen, characterized in that it has a large flow cross-sectional area than said injection lumen in.
  2. 【請求項2】前記吸引管腔の横断面積の前記注入管腔の横断面積に対する比率は、少なくとも1.5であることを特徴とする請求の範囲第1項記載のカテーテル。 Wherein said ratio of the cross-sectional area of ​​the infusion lumen cross-sectional area of ​​the aspiration lumen in the range catheter of the first claim of claim, characterized in that at least 1.5.
  3. 【請求項3】前記それぞれの開口部の面積は、その開口部に連通する管腔の横断面積より小さいことを特徴とする請求の範囲第1項記載のカテーテル。 Area wherein the respective openings in the range catheter of the first claim of claim, characterized in that less than the cross-sectional area of ​​the lumen communicating with the opening.
  4. 【請求項4】前記糸が設けられている糸通過管腔を更に含むことを特徴とする請求の範囲第1項記載のカテーテル。 4. A range catheters first claim of claim, characterized in that it comprises further a yarn passage lumen the yarn is provided.
  5. 【請求項5】前記糸が、前記吸引管腔あるいは前記注入管腔の一つに設けられていることを特徴とする請求の範囲第1項記載のカテーテル。 Wherein said yarn is in the range catheters first claim of claim, characterized in that provided on one of said suction lumen or the injection lumen.
  6. 【請求項6】前記吸引管腔を有する伝達系におけるカテーテルの末端端部に吸引開口部を更に含むことを特徴とする請求の範囲第1項記載のカテーテル。 Wherein said range catheter of the first claim of claim, characterized in that the distal end of the catheter in the transmission system further comprising a suction opening having a suction lumen.
  7. 【請求項7】全ての注入開口部の近くに設けられた前記吸引管腔を有する伝達系におけるカテーテルの壁に、少なくとも一個の吸引開口部が穿孔されていることを特徴とする請求の範囲第1項あるいは第6項記載のカテーテル。 7. A wall of the catheter in the transmission system having a suction lumen which is provided in the vicinity of all the injection openings, the scope of the claims, characterized in that at least one suction opening is perforated 1 Section or catheter paragraph 6, wherein.
  8. 【請求項8】前記近接して設けられた吸引開口部は、そのカテーテルが作用部位に位置している場合の胆嚢へのカテーテルの挿入点に近い部分に設けられていることを特徴とする請求の範囲第7項記載のカテーテル。 8. suction opening provided in the proximity, claims, characterized in that the catheter is provided in a portion near the insertion point of the catheter into the gallbladder when located site of action catheter ranges paragraph 7, wherein.
  9. 【請求項9】前記管腔の前記末端端部に設けた前記吸引管腔及び吸引開口部は、カテーテルが導入線上を通ることができるように構成され、かつ配置されていることを特徴とする請求の範囲第6項記載のカテーテル。 Wherein said tube said suction lumen and the suction opening provided in the distal end of the lumen, the catheter is configured to be able to pass through the introduction line, and characterized in that it is located catheter ranges sixth claim of claim.
  10. 【請求項10】前記カテーテルは、前記胆嚢に注入する溶媒に対して抵抗性のある物質で構成されていることを特徴とする請求の範囲第1項記載のカテーテル。 Wherein said catheter is in the range catheter of the first claim of claim, characterized in that it is constituted by a resistant substances to the solvent to be injected into the gallbladder.
  11. 【請求項11】前記物質がポリウレタンであることを特徴とする請求の範囲第10項記載のカテーテル。 11. The catheter ranging tenth claim of claim wherein said material is a polyurethane.
  12. 【請求項12】胆嚢内の流体圧力を検出するための前記手段は、前記注入管腔及び吸引管腔に並列に延びる第3 12. The method of claim 11, wherein the means for detecting the fluid pressure in the gallbladder, the third extending in parallel to the infusion lumen and aspiration lumen
    の液圧伝達管腔を有し、この管腔は前記カテーテルの末端部に開口する末端を有し、この管腔は胆嚢の内部圧力を遠隔に配置した圧力変換器に付与するように構成されていることを特徴とする請求の範囲1記載のカテーテル。 Has a liquid pressure transmission lumens, the lumen has a distal opening to the distal end of the catheter, the lumen is configured to impart the internal pressure of the gallbladder to a pressure transducer that is remotely located and catheter according to claim 1, wherein, characterized in that are.
  13. 【請求項13】前記胆嚢内の流体圧力を検出するための手段が前記カテーテルの前記末端部分に設けられた圧力変換器からなることを特徴とする請求の範囲第1項記載のカテーテル。 13. means range catheters first claim of claim, characterized in that it consists of a pressure transducer provided in the distal portion of the catheter for detecting the fluid pressure in said gallbladder.
  14. 【請求項14】前記変換器が、圧電性の変換器であることを特徴とする請求の範囲第13項記載のカテーテル。 14. The transducer catheter range 13 claim of claim, which is a piezoelectric transducer.
  15. 【請求項15】前記変換器が、ファイバーオプテイックス性の(fiberoptic)変換器であることを特徴とする請求の範囲第13項記載のカテーテル。 15. The transducer catheter range 13 claim of claim, which is a fiber optimizer cum box of (FiberOptic) converter.
  16. 【請求項16】前記変換器が、カテーテルの管腔内に取り外し可能に挿入されていることを特徴とする請求の範囲第13項記載のカテーテル。 16. The transducer catheter range 13 claim of claim, characterized in that it is removably inserted into the lumen of the catheter.
  17. 【請求項17】胆石を溶解するのに用いる装置が、アルゴリズムを実行するのに適するマイクロプロセッサーを含み、そのマイクロプロセッサーは以下の要件、即ち: 胆嚢からでているインプットされた圧力信号に応じて患者の胆嚢における圧力を決定するための胆嚢圧力決定モジュール; 患者の胆嚢に注入管腔を経て溶媒を送り出す注入ポンプ、及び患者の胆嚢から吸引管腔を経て溶媒を送り出す吸引ポンプの速さと方向をコントロールするためのポンプコントロールモジュール;及び 圧力決定モジュールの圧力決定に応じてポンプコントロールモジュールの機能をコントロールするための応答決定モジュール とを含むことを特徴とする胆石を溶解するのに用いる装置。 17. used to dissolve gallstones device comprises a microprocessor suitable for executing an algorithm, the microprocessor following requirements, namely: in response to the input pressure signal is out of the gallbladder gallbladder pressure determination module for determining the pressure in the gallbladder of a patient; infusion pump through the infusion lumen into the gallbladder of a patient feeding the solvent, and the speed and direction of the suction pump for feeding the solvent through the suction lumen from the patient's gallbladder apparatus for use in dissolving gallstones, which comprises a response determination module for controlling the function of the pump control module according to the pressure determination of and pressure determination module; pump control module to control.
  18. 【請求項18】前記胆嚢圧力決定モジュールは、警告を発生し、かつ以下に記載する設定条件、即ち: あらかじめ決められた時間内に所定の増幅度の圧力変化がない場合; 圧力が所定の時間内、または所定量が前記吸引管腔をパージさせるのに用いられた場合、正常の範囲に復帰しない場合; 所定回数の放出サイクル以上のサイクルが所定時間内に生じる場合; 所定時間の間、低い設定限界以下に圧力が持続している場合; 所定時間内に圧力を正常範囲に維持しえない場合 の条件の一つに応じて注入ポンプ及び吸引ポンプの両者によって最大の連続吸引を開始し、 注入を停止し、上方設定限界を越える圧力条件に応答して最大吸引を維持し、 圧力が下方設定限界に低下するまで注入管腔を通して吸引し、所定時間以上上方設定限界以上 18. The gallbladder pressure determination module generates a warning, and setting conditions described below, i.e.: if there is no pressure change of a predetermined amplification degree in the predetermined time; pressure a predetermined time among them, or when a predetermined amount is used to cause purging the aspiration lumen, if not return to the normal range; if cycles or more release cycle a predetermined number of times occur within a predetermined time; predetermined period of time, low If the pressure below the preset limit persists; it starts up the continuous suction by both of the infusion pump and the suction pump according to one of the conditions when incapable of maintaining the pressure in the normal range within a predetermined time, injection was stopped, to maintain the maximum suction in response to the pressure condition exceeding the upper set limit, sucked through the injection lumen until the pressure drops below set limits, upper set above the limit for a predetermined time or more 圧力が維持されていることに応答して吸引管腔を通して1−2mlを注入し;及び 圧力が下方設定限界以下である状態に応答して吸引を停止するような胆嚢圧力決定モジュールであることを特徴とする請求の範囲第17項記載の胆石を溶解するのに用いる装置。 That and the pressure is gallbladder pressure determination module so as to stop the suction in response to the state is below the lower set limit; injected 1-2ml through the suction lumen in response to being maintained pressure apparatus for use in dissolving gallstones in the range 17 claim of claim, wherein.
  19. 【請求項19】以下の手段、即ち: 患者の胆嚢内の圧力を連続的に測定する手段;及び これらの測定値に応じて胆嚢への溶媒の注入及び胆嚢からの溶媒の吸引をコントロールする手段 を含むことを特徴とする胆石の溶解装置。 19. The following means, namely: means for continuously measuring the pressure in the gallbladder of a patient; and means for controlling the suction of the solvent from the injection and gallbladder solvent into the gallbladder according to these measurements dissolution apparatus gallstones which comprises a.
  20. 【請求項20】溶媒中のコレステロールの量を周期的に測定する手段を更に含むことを特徴とする請求の範囲第 20. The claims, characterized in that it further comprises means for measuring periodically the amount of cholesterol in a solvent
    19項記載の胆石の溶解装置。 Gallstones dissolving apparatus 19 Claims.
  21. 【請求項21】溶媒中のコレステロール濃度が、あらかじめ決められた制限濃度に達した時、その溶媒が取り替えられる手段を更に含むことを特徴とする請求の範囲第 Cholesterol concentration 21. solvent is, when it reaches the limit concentration previously determined, the claims, characterized in that it further comprises means for the solvent is replaced
    20項記載の胆石の溶解装置。 Gallstones dissolution apparatus according Section 20.
  22. 【請求項22】その制限濃度が約30%に設定されていることを特徴とする請求の範囲第21項記載の胆石の溶解装置。 22. The limitation concentration gallstones dissolution apparatus described range 21 of claims, characterized in that is set to approximately 30%.
  23. 【請求項23】胆嚢への溶媒の導入の前に、胆嚢内の流体が身体の隣接部分に放出する時の臨界圧力を測定する手段、及び前記注入及び吸引をコントロールするためにその圧力値を利用する手段を更に含むことを特徴とする請求の範囲第19項記載の胆石の溶解装置。 To 23. Before the introduction of the solvent into the gallbladder, means for measuring the critical pressure of the fluid in the gallbladder is released into adjacent parts of the body, and the pressure value in order to control the injection and suction gallstones melter ranging paragraph 19, wherein claims, characterized in that it further comprises a means for utilizing.
  24. 【請求項24】前記臨界圧力を測定する手段が、放射線不透過性の染料を、その染料の放出がX線撮影法にて認められるまで胆嚢内へ注入する手段を更に含むことを特徴とする請求の範囲第23項記載の胆石の溶解装置。 24. means for measuring the critical pressure, a radiopaque dye, the release of the dye is characterized in that it further comprises a means for injecting into the gallbladder to be observed by X-ray radiography gallstones melter range 23 claim of claim.
  25. 【請求項25】以下の構成要件、即ち: システムバス; 前記システムバスと連結するマイクロプロセッサー; 前記システムバスと連結しており、アルゴリズムを記憶するメモリー; 胆嚢内部の圧力を表すアナログ信号を受け取るためのインプット端子と、前記システムバスに前記圧力を表すディジタル信号を供給するためのアウトプット端子とを有するアナログからディジタルへの変換器; 圧力センサーとアウトプット端子を備えた圧力変換器であって、その圧力変換器のアウトプット端子は前記アナログからディジタルへの変化器のインプット端子に連結しており、かつこの圧力変換器は胆嚢内の溶媒の圧力に関連して圧力信号を発生する圧力変換器; 溶媒に溶解している胆石で満たされているリザーバー; 前記リザーバーから前記胆 25. The following configuration requirements, namely: a system bus; are connected to the system bus, memory stores an algorithm; microprocessor for coupling to the system bus for receiving an analog signal representative of the pressure within the gallbladder a pressure transducer with a pressure sensor and the output terminal; of the input terminals, the converter from analog having a output terminal for supplying the digital signal representative of said pressure to said system bus to a digital its output terminals of the pressure transducer is connected to the input terminal of the changer to digital from the analog, and a pressure transducer for generating a pressure signal the pressure transducer in connection with the pressure of the solvent in the gallbladder ; reservoir is filled with gallstones dissolved in the solvent; the bile from the reservoir 嚢で溶媒を送り出す導管によって接続されている注入ポンプ; その胆嚢から溶媒を回収し、前記リザーバーに溶媒を放出する導管によって接続されている吸引ポンプ; 前記システムバスに連結するインプット端子と複数のアウトプット端子を有するポンプ制御装置であって、前記アウトプット端子のうちの一つは前記吸引ポンプに連結しており、また前記アウトプット端子の一つは前記注入ポンプに連結しているポンプ制御装置; 前記圧力変換器から受け取った信号に応答して前記吸引ポンプ及び注入ポンプを順番にコントロールする前記制御装置をコントロールする前記マイクロプロセッサーであって、その胆嚢内の圧力が過剰であることを示す信号に応答して注入を止め、かつ吸引を開始する前記マイクロプロセッサー;及び 複数の管 Infusion pumps are connected by a conduit for feeding the solvent sac; The solvent was recovered from the gall bladder, the suction pump is connected by a conduit to release the solvent into the reservoir; input terminals and a plurality of Output coupling to said system bus a pump control system with bets terminal, one the is connected to a suction pump and said output pump control device one which connects to the infusion pump of terminals of said output terminals ; a said microprocessor to control the control device for controlling sequentially said suction pump and infusion pump in response to signals received from the pressure transducer, a signal indicating that the pressure in the gallbladder is excessive and a plurality of tubes; the microprocessor stopping the infusion in response, and starts suction to the 腔を有するカテーテルであって、 前記注入ポンプに最も近い端部で連結された前記管腔のうちの第1番目の管腔; 前記吸引ポンプに最も近い端部で連結された前記管腔のうちの第2番目の管腔; 前記圧力変換器に流体圧力の兆候を連続して提供するために、そのカテーテルの前記末端部分が結合している胆嚢内部の流体圧力を検出するための手段; を備えたカテーテル; 患者の胆嚢内に入れるための前記カテーテルの末端端部 とからなることを特徴とする胆石を溶解するための装置。 A catheter having a lumen, the first lumen of said lumen is connected with the end closest to the infusion pump; of the lumen which is connected at the end closest to the suction pump to provide continuous signs of fluid pressure to the pressure transducer, means for detecting the fluid pressure within the gallbladder to the distal portion of the catheter is attached; a second lumen of the apparatus for dissolving gallstones, characterized in that it consists of said distal end of the catheter for placement into the gallbladder of a patient; catheter with.
  26. 【請求項26】前記リザーバーは、折り畳み可能な嚢(bladder)であることを特徴とする請求の範囲第25項記載の胆石を溶解するための装置。 26. The reservoir is collapsible sac apparatus for dissolving gallstones in the range 25 claim of claim, which is a (bladder).
JP50510991A 1990-02-20 1991-02-15 Devices and catheters for dissolving gallstones Expired - Lifetime JP3046620B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US48219490 true 1990-02-20 1990-02-20
US482194 1990-02-20
PCT/US1991/001037 WO1991012830A1 (en) 1990-02-20 1991-02-15 Apparatus, catheter and method for chemical contact dissolution of gallstones

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06504451A true JPH06504451A (en) 1994-05-26
JP3046620B2 true JP3046620B2 (en) 2000-05-29

Family

ID=23915095

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP50510991A Expired - Lifetime JP3046620B2 (en) 1990-02-20 1991-02-15 Devices and catheters for dissolving gallstones

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP0516726A4 (en)
JP (1) JP3046620B2 (en)
CA (1) CA2085986A1 (en)
WO (1) WO1991012830A1 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6325788B1 (en) * 1998-09-16 2001-12-04 Mckay Douglas William Treatment of wound or joint for relief of pain and promotion of healing

Family Cites Families (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3920014A (en) * 1971-12-15 1975-11-18 Anton Banko Surgical system for controlling the infusion of fluid to and the evacuation of fluid and material from an operating field
US3860000A (en) * 1973-07-12 1975-01-14 Lear Siegler Inc Medical apparatus and method for feeding and aspirating
US4180074A (en) * 1977-03-15 1979-12-25 Fibra-Sonics, Inc. Device and method for applying precise irrigation, aspiration, medication, ultrasonic power and dwell time to biotissue for surgery and treatment
US4329994A (en) * 1980-06-18 1982-05-18 American Hospital Supply Corporation Multilumen catheter
US4364394A (en) * 1980-11-24 1982-12-21 Wilkinson Lawrence H Combined sump drainage and irrigation device
DE3235974A1 (en) * 1981-11-24 1983-06-01 Weikl Andreas An apparatus for removing or for expanding constrictions in blood vessels leading body fluid
US4642092A (en) * 1984-12-10 1987-02-10 Gerald Moss Gastrointestinal aspirating device with suction breakers
US4781677A (en) * 1985-07-17 1988-11-01 Wilcox Gilbert M Method of treatment utilizing a double balloon nasobiliary occlusion catheter
US4655744A (en) * 1985-09-06 1987-04-07 Research Corporation Method for dissolving a solidified mass in vivo, and apparatus for use in said method
US4723556A (en) * 1986-04-14 1988-02-09 Cordis Corporation Intracranial ventricular catheter assembly
US4902276A (en) * 1986-06-09 1990-02-20 The Regents Of The University Of California Apparatus and method for removing obstructions in bodily organs or cavities
US4777951A (en) * 1986-09-19 1988-10-18 Mansfield Scientific, Inc. Procedure and catheter instrument for treating patients for aortic stenosis
DE3850492D1 (en) * 1987-10-14 1994-08-04 Nestle Sa Irrigation surgical and extraction system.
DK344189D0 (en) * 1988-07-12 1989-07-11 Cook Inc central venous catheter

Also Published As

Publication number Publication date Type
CA2085986A1 (en) 1991-08-21 application
WO1991012830A1 (en) 1991-09-05 application
EP0516726A4 (en) 1993-04-28 application
EP0516726A1 (en) 1992-12-09 application
JPH06504451A (en) 1994-05-26 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US3496878A (en) System and apparatus for transfer of human fluids
US4261360A (en) Transurethral irrigation pressure controller
US4832685A (en) Fluid flow control system and connecting fitting therefor
US5882589A (en) Sealed endoscope decontamination, disinfection and drying device
US5902336A (en) Implantable device and method for removing fluids from the blood of a patient method for implanting such a device and method for treating a patient experiencing renal failure
US7351218B2 (en) Device and process for extracorporeal treatment by citrate anticoagulant
US20030229302A1 (en) Blood processing system
US20070021713A1 (en) System for distending body tissue cavities by continuous flow irrigation
US6033561A (en) Apheresis system incorporating alternative site for anticoagulant addition
US4496342A (en) Surge prevention system for an ophthalmic instrument
US20060167400A1 (en) Blood perfusion system
US6622542B2 (en) Bubble detector and method of use thereof
US20020138034A1 (en) System for enriching a bodily fluid with a gas
US4923462A (en) Catheter system having a small diameter rotatable drive member
US4957482A (en) Atherectomy device with a positive pump means
US20060009727A1 (en) Method and apparatus for an extracorporeal control of blood glucose
US20020136662A1 (en) Disposable cartridge for producing gas-enriched fluids
US20040167415A1 (en) Method and system for prevention of radiocontrast nephropathy
US20030212363A1 (en) Surgical irrigation apparatus and methods for use
US5273027A (en) Method for dissolving a thickened mass within a living body and dissolving therapeutic apparatus for same
US20100280430A1 (en) Infusion apparatus
US6808508B1 (en) Method and system for closed chest blood flow support
US20080103445A1 (en) Method and Apparatus for Detecting Air Bubbles
US20040030277A1 (en) Method and apparatus for blood withdrawal and infusion using a pressure controller
US6149621A (en) Irrigation-aspiration apparatus