JP2956934B2 - Rolling control method in hot strip finishing mill - Google Patents

Rolling control method in hot strip finishing mill

Info

Publication number
JP2956934B2
JP2956934B2 JP8335508A JP33550896A JP2956934B2 JP 2956934 B2 JP2956934 B2 JP 2956934B2 JP 8335508 A JP8335508 A JP 8335508A JP 33550896 A JP33550896 A JP 33550896A JP 2956934 B2 JP2956934 B2 JP 2956934B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
stand
plate profile
plate
rolling
thickness
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP8335508A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH09174129A (en
Inventor
義人 後藤
欣亮 金田
秀行 湯沢
信彰 野村
英幸 二階堂
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
JFE Steel Corp
Original Assignee
Kawasaki Steel Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Kawasaki Steel Corp filed Critical Kawasaki Steel Corp
Priority to JP8335508A priority Critical patent/JP2956934B2/en
Publication of JPH09174129A publication Critical patent/JPH09174129A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP2956934B2 publication Critical patent/JP2956934B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Expired - Fee Related legal-status Critical Current

Links

Description

【発明の詳細な説明】DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】[0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、ホットストリップ
仕上圧延機における圧延制御方法、特に最終スタンド出
側におけるストリップの板プロフィールと幅方向板厚と
を目標値に高精度に的中させることができるホットスト
リップ仕上圧延機における圧延制御方法に関する。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention relates to a method for controlling rolling in a hot strip finishing mill, and more particularly, to a method in which a strip profile and a thickness in the width direction at the exit side of a final stand can be accurately hit a target value. The present invention relates to a rolling control method in a hot strip finishing mill.

【0002】[0002]

【従来の技術】ホットストリップ仕上圧延機では、板厚
と共に幅方向の板厚分布(板プロフィール)や板の平坦
度等を調整する制御が行われている。
2. Description of the Related Art In a hot strip finishing mill, a control for adjusting a thickness distribution (plate profile) in a width direction and a flatness of a plate together with a plate thickness is performed.

【0003】板プロフィール(板クラウン)の制御で
は、最終スタンド出側における板プロフィールを目標値
に一致させるべく、仕上圧延機を構成する各圧延スタン
ドに設置されているクラウン制御装置を制御している。
[0003] In controlling the plate profile (plate crown), a crown control device installed in each rolling stand constituting the finishing mill is controlled so that the plate profile on the exit side of the final stand matches the target value. .

【0004】そのため、通常、板プロフィールを実測す
るための板プロフィールメータを仕上圧延機の最終スタ
ンド出側に設置し、該板プロフィールメータによる測定
結果を用いて、最終スタンドで圧延された製品の板プロ
フィールの管理を行ったり、又、板プロフィール制御用
モデルの学習を行うことにより、次回の圧延材に対する
制御偏差を減少させることが行われている。
[0004] Therefore, usually, a plate profile meter for actually measuring the plate profile is installed on the exit side of the final stand of the finishing mill, and the result of measurement by the plate profile meter is used to obtain a plate of the product rolled at the final stand. The control deviation for the next rolled material is reduced by managing the profile and learning the model for controlling the plate profile.

【0005】上記板プロフィール制御では、例えば、次
の(1)式で表わされる制御モデル式を用いることがで
き、スタンド数がNのタンデム圧延機の場合は、各スタ
ンドについて(1)式に相当する式を立て、合計N本の
式を連立させることにより、最終スタンド出側の板プロ
フィールを求めることができる。
In the above-mentioned plate profile control, for example, a control model formula represented by the following formula (1) can be used. In the case of a tandem rolling mill having N stands, each stand corresponds to formula (1). By formulating the following formulas and combining a total of N formulas, the plate profile on the exit side of the final stand can be obtained.

【0006】 Cri=αi ・Crmi +βi ・Cri-1 …(1)C ri = α i · C rmi + β i · C ri-1 (1)

【0007】上記(1)式において、Criは上流側から
数えてi 番目の圧延スタンド出側の板プロフィール、C
rmi は同スタンドの、いわゆるメカニカルクラウン、C
ri-1はi −1番目、即ち前段スタンド出側における板プ
ロフィール、αi は上記メカニカルクラウンの転写率、
βi は上記前段スタンドの板プロフィールについての遺
伝係数である。以下、これらについて順に説明する。
In the above formula (1), C ri is a plate profile on the exit side of the ith rolling stand counted from the upstream side,
rmi is the so-called mechanical crown of the stand, C
ri-1 is the i -1st, that is, the plate profile on the exit side of the former stand, α i is the transfer rate of the mechanical crown,
β i is a genetic coefficient for the plate profile of the preceding stand. Hereinafter, these will be described in order.

【0008】前記(1)式のメカニカルクラウンCrmi
は、圧延荷重によるロールの撓み、ロール熱膨脹又はロ
ール摩耗によって生じるロール間隔の幅方向分布の機械
的な変化量である。今、圧延荷重によるロールの撓みに
起因するクラウンをCmpi 、ロールの熱膨脹によるクラ
ウンをCmRhi、ロール摩耗によるクラウンをCmRwiとお
くと、上記メカニカルクラウンCrmi は次の(2)式で
表わされる。
The mechanical crown C rmi of the above formula (1)
Is the mechanical change in the widthwise distribution of roll spacing caused by roll deflection, roll thermal expansion or roll wear due to rolling load. Assuming that the crown caused by the roll deflection due to the rolling load is C mpi , the crown caused by the thermal expansion of the roll is C mRhi, and the crown caused by the roll wear is C mRwi , the mechanical crown C rmi is expressed by the following equation (2). It is.

【0009】 Crmi =Cmpi +CmRhi+CmRwi …(2)C rmi = C mpi + C mRhi + C mRwi (2)

【0010】上記(2)式においてロールの撓みによる
クラウンCmpi は、幅方向荷重分布に基づき、(i )ワ
ークロール、バックアップロールの撓み(クラウン制御
装置出力による変化を含む)と、(ii)ロールのイニシ
ャルクラウン等を考慮した、次の(3)式で表わされる
関数 f1 で与えられる。但し、この計算式で、Pは圧延
荷重、b は材料幅、x はクラウン制御装置出力である。
In the above equation (2), the crown C mpi caused by the roll deflection is determined based on the load distribution in the width direction, based on (i) the deflection of the work roll and the backup roll (including the change due to the output of the crown control device), and (ii). considering initial crown like rolls, it is given by the function f 1 represented by the following equation (3). Here, in this equation, P is the rolling load, b is the material width, and x is the output of the crown control device.

【0011】 Cmpi = f1 (P,b ,x ) …(3)C mpi = f 1 (P, b, x) (3)

【0012】又、前記ロールの熱膨脹によるクラウン
(ヒートクラウン)CmRhiは、圧延の進行や圧延後の冷
却に伴うロールクラウンの変化を一次応答遅れ近似等の
方法で数式化し、各時定数、比例定数等を実験データか
ら回帰により求めることにより決定できる。
The crown (heat crown) CmRhi due to the thermal expansion of the roll is obtained by formulating the change of the roll crown accompanying the progress of rolling and cooling after rolling by a method such as approximation of a first-order response, and calculating each time constant and proportionality. Constants and the like can be determined by regression from experimental data.

【0013】上記ヒートクラウンを決定する際、ロール
の表面状態が、例えばホットストリップ仕上圧延機で圧
延の進行に伴って黒皮が生成したり脱落したりして変化
し、摩擦係数及び熱伝達係数が変化することにより、ス
トリップからロールへの入熱が変化すると、これがヒー
トクラウン推定誤差の要因となるが、この入熱の変化を
測定することはできない。
When the above-mentioned heat crown is determined, the surface condition of the roll changes as black scale is formed or falls off as the rolling progresses in, for example, a hot strip finishing mill, and the friction coefficient and the heat transfer coefficient are changed. When the heat input from the strip to the roll changes due to the change in the heat input, this causes a heat crown estimation error, but this change in the heat input cannot be measured.

【0014】又、前記ロール摩耗によるクラウンCmRwi
は、関数 f2 を含む次の(4)式で表わされる。但し、
Cf は摩耗係数、Lは圧延長さ、Dはロール径である。
Further, the crown C mRwi caused by the roll wear is used.
Is expressed by the following equation (4) including the function f 2 . However,
Cf is the wear coefficient, L is the pressure extension, and D is the roll diameter.

【0015】 CmRwi=Cf ・ f2 (P,L,b ,D) …(4)C mRwi = Cf · f 2 (P, L, b, D) (4)

【0016】上記(4)式においてCf は、圧延結果の
回帰により決定されるが、ロールの摩耗程度が材料特性
やロールの表面状態により変化するため、これが上記ロ
ール摩耗によるクラウンCmRwiを推定する際の誤差要因
となる。
In the above equation (4), Cf is determined by regression of the rolling result. Since the degree of wear of the roll changes depending on the material characteristics and the surface condition of the roll, this estimates the crown CmRwi due to the roll wear. Error factors.

【0017】又、前記(1)式において、転写率αi
次の(5)式で表わされる関数 f3で与えられる。
In the above equation (1), the transfer rate α i is given by a function f 3 represented by the following equation (5).

【0018】 αi = f3 (h ,Ld ,Kch,ξ) …(5)Α i = f 3 (h, Ld, Kch, ξ) (5)

【0019】ここで、h は出側板厚、Ld は接触弧長、
Kchは、板幅、接触弧長、変形抵抗等により変化する回
帰係数、ξは、次の(6)式で表わされる関数 f4 で与
えられる形状変化係数である。
Here, h is the exit side plate thickness, Ld is the contact arc length,
Kch is the plate width, the contact arc length, the regression coefficient changes by deformation resistance, etc., xi] is the shape change factor given by the function f 4 that is expressed by the following equation (6).

【0020】 ξ= f4 (D,h ,b ) …(6)Ξ = f 4 (D, h, b) (6)

【0021】又、前記遺伝係数βi は次の(7)式で表
わされる関数 f5 で与えられる。なお、Hは入側板厚で
ある。
The genetic coefficient β i is given by a function f 5 expressed by the following equation (7). H is the thickness of the entry side plate.

【0022】 βi = f5 (Kch,Ld ,ξ,h ,H) …(7)Β i = f 5 (Kch, Ld, ξ, h, H) (7)

【0023】上記(5)式の転写率αi 及び上記(7)
式の遺伝係数βi は、いずれも回帰係数Kchと、同じく
回帰的に求められる形状変化係数ξを変数としているこ
とから、αi 、βi はそれぞれ実験結果に基づいて回帰
的に決定される。
The transfer rate α i of the above formula (5) and the above (7)
Since the genetic coefficient β i in the equation uses the regression coefficient Kch and the shape change coefficient 同 じ く similarly obtained regressively as variables, α i and β i are each determined recursively based on the experimental results. .

【0024】以下、前記(1)式を用いる場合の従来の
一般的な板プロフィール制御方法について、第1スタン
ドF1〜第7スタンドF7からなる全7スタンドのホッ
トストリップ仕上圧延機の場合を具体例として説明す
る。
Hereinafter, a conventional general plate profile control method using the above-described formula (1) will be described with reference to a specific example of a hot strip finishing mill of seven stands including a first stand F1 to a seventh stand F7. It will be described as.

【0025】まず、仕上圧延を行う際のパス(通板)ス
ケジュールを想定し、各スタンドに対する圧延荷重を予
測計算し、且つ仕上圧延機の出側板厚、即ち第7スタン
ドの出側板厚 h7 と該第7スタンドの目標板クラウンC
r7 Aim により最終的な目標比率クラウンRc7 Aim (=C
r7 Aim / h7 )を求めると共に、これを用いて上記パス
スケジュールより各スタンド出側の目標クラウンCri
Aim (=Rc7 Aim × hi)を決定する。
First, assuming a pass (threading) schedule for performing finish rolling, the rolling load on each stand is predicted and calculated, and the exit plate thickness of the finishing mill, ie, the exit plate thickness h 7 of the seventh stand. And the target plate crown C of the seventh stand
r7 Aim Final target ratio crown R c7 Aim (= C
r7 Aim / h 7 ), and using this, the target crown C ri on the exit side of each stand from the above pass schedule.
To determine the Aim (= R c7 Aim × h i).

【0026】次いで、前記(1)式に基づいて、各スタ
ンドについて目標板クラウンCri Aim を達成するための
目標メカニカルクラウンCrmi Aim を決めると共に、該
目標メカニカルクラウンを達成するためのクラウン制御
装置の出力を決定する。
Next, based on the above equation (1), a target mechanical crown C rmi Aim for achieving the target plate crown C ri Aim for each stand is determined, and a crown control device for achieving the target mechanical crown is obtained. Determine the output of

【0027】その後、実際の板圧延を行い、最終スタン
ドF7の出側板クラウンCr7を同スタンド出側に設置さ
れている板プロフィールメータで測定し、その実測出側
板クラウンCr7から実績比率クラウンRc7(=Cr7/ h
7 )を求める。
[0027] Thereafter, the actual plate rolling, the plate crown C r7 out of the final stand F7 measured by a plate profile meter is installed in the outlet side the stand, the actual delivery side crown C results from r7 ratio crown R c7 (= Cr7 / h
7 ) Ask for.

【0028】次いで、各スタンド出側の比率クラウンが
第7スタンドF7出側の前記実績比率クラウンRc7に等
しかったものと仮定し、各スタンドにおける圧延荷重実
績と実績比率クラウンRc7より、各スタンドにおける前
記(1)式からの誤差Si を求める。即ち、第i スタン
ドの出側板クラウンCriをRc7× hi として求め、次の
(8)式を成立させる誤差Si を求める。なお、メカニ
カルクラウンCrmi は圧延荷重実績を用いて算出する。
Next, assuming that the ratio crown on the exit side of each stand is equal to the actual ratio crown Rc7 on the exit side of the seventh stand F7, the actual rolling load on each stand and the actual ratio crown Rc7 are used to determine each stand. obtaining an error S i from the equation (1) in the. That is, the output side crown C ri of the ith stand is calculated as R c7 × h i , and the error S i that satisfies the following equation (8) is determined. The mechanical crown Crmi is calculated using the actual rolling load.

【0029】 Cri=αi ・Crmi +βi ・Cri-1+Si …(8)C ri = α i · C rmi + β i · C ri-1 + S i (8)

【0030】上述の如くして各スタンドについて(8)
式を求めたら、該(8)式を次材のクラウン設定に用い
るための学習を行う。又、上記誤差Si を用いて各スタ
ンドの出側板クラウンを目標値に一致させるための適切
なメカニカルクラウンCmriを求め、該メカニカルクラ
ウンに一致するように各スタンドに対するクラウン制御
装置出力を変更し、フィードバック制御を行う。
As described above, for each stand (8)
After obtaining the equation, learning for using the equation (8) for setting the crown of the next material is performed. Also, determine the appropriate mechanical crown C mri for matching the side plate crown out of each stand using the error S i to the target value, to change the crown control unit output for each stand to match the mechanical crown And perform feedback control.

【0031】以上、一例を挙げて具体的に説明した如
く、従来のホットストリップ仕上圧延機では、最終スタ
ンドの出側に設置した板プロフィールメータによる測定
結果に基づいて各スタンドの板プロフィール制御装置を
制御する方法がとられていた。
As described above in detail with reference to an example, in the conventional hot strip finishing mill, the plate profile control device of each stand is controlled based on the measurement result by the plate profile meter installed on the exit side of the final stand. A way to control was taken.

【0032】これと実質的に同一の技術としては、例え
ば、特開昭60−223605に、板クラウンと板形状
を同時に所望の値に制御するために、仕上ミル最終スタ
ンドと最終スタンドより1つ上流スタンドの2スタンド
の板プロフィール制御装置を使って最終スタンドの板プ
ロフィールと板形状を制御することで板クラウンと板形
状の両方を目標通りに圧延する方法が開示さている。し
かし、この方法では最終スタンドと最終スタンドより1
つ上流のスタンド間での形状が乱れ、操業に支障をきた
すという恐れがあった。
As a technique substantially the same as that described above, for example, Japanese Patent Application Laid-Open No. Sho 60-223605 discloses that in order to simultaneously control a sheet crown and a sheet shape to desired values, one of a finishing stand and a final stand is used. A method is disclosed in which both a plate crown and a plate shape are rolled as desired by controlling a plate profile and a plate shape of a final stand using a plate profile control device of two stands of an upstream stand. However, in this method, the last stand and one more than the last stand
There was a risk that the shape between the stands upstream and downstream would be disturbed, which would hinder operation.

【0033】そこで、途中スタンドで形状を乱さないよ
うにするために、より上流側のスタンドから制御する方
法が特開昭60−127013、特開昭63−1990
99、特開平1−266909に開示されている。一般
に、熱間圧延では、後段スタンドでは板厚かが薄くクラ
ウン制御能力が小さいため、仕上ミル中段以前での制御
が有効である。従って、この点に関してはこれら各公報
に開示されている方法は、上流スタンドまで溯って制御
していることから有効な制御方法である。
Therefore, in order to prevent the shape from being disturbed by the stand on the way, a method of controlling the stand from a more upstream stand is disclosed in Japanese Patent Application Laid-Open Nos. 60-127003 and 63-1990.
99, Japanese Patent Application Laid-Open No. 1-266909. In general, in the hot rolling, since the thickness of the plate is small and the crown control ability is small in the subsequent stand, control before the middle stage of the finishing mill is effective. Accordingly, in this regard, the methods disclosed in these publications are effective control methods since control is performed retroactively to the upstream stand.

【0034】又、特開昭62−168608、特開平2
−37908には、タンデム圧延機の入側に板プロフィ
ールメータを設置して制御する方法も開示されている。
Further, Japanese Patent Application Laid-Open Nos. 62-168608 and
No. 37908 discloses a method of installing and controlling a plate profile meter on the entrance side of a tandem rolling mill.

【0035】更に、特開昭59−39410には、前段
スタンドで板プロフィールを計測し、その計測値をもと
に前段スタンドで板プロフィールを制御するとと共に、
後段スタンドで形状を粗制御し、最終スタンド出側で平
坦度を計測し、その計測値を基に後段スタンドで平坦度
を精密制御する方法が開示されている。
Further, Japanese Patent Laid-Open No. 59-39410 discloses that a plate profile is measured by a front stand, and the plate profile is controlled by a front stand based on the measured value.
A method is disclosed in which the shape is roughly controlled by a rear stand, the flatness is measured on the exit side of the final stand, and the flatness is precisely controlled by the rear stand based on the measured value.

【0036】[0036]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、前記特
開昭60−127013等に開示されている方法では、
各スタンド間の移送時間が長いので無駄時間の大きい制
御系となり、応答の悪い制御しかできないという問題が
ある。
However, according to the method disclosed in the above-mentioned Japanese Patent Application Laid-Open No. 60-127003,
Since the transfer time between the stands is long, the control system has a large dead time, and there is a problem that only control with poor response can be performed.

【0037】又、前記特開昭62−168608等に開
示されてれいる方法では、熱間圧延においては前段スタ
ンドで板幅方向のメタルフローが大きく、タンデム圧延
機の入側の板プロフィール変動の影響は小さいため、板
プロフィール制御効果は殆どないという問題がある。
According to the method disclosed in the above-mentioned Japanese Patent Application Laid-Open No. Sho 62-168608, in the hot rolling, the metal flow in the plate width direction is large in the former stand, and the variation of the plate profile on the entry side of the tandem rolling mill is reduced. Since the influence is small, there is a problem that there is almost no effect of controlling the plate profile.

【0038】更に、前記特開昭59−39410に開示
されている方法では、板プロフィールの制御は、先端部
が前段スタンド通過後に前段スタンドでのフィードバッ
ク制御を行っているため、先端部の板プロフィール制御
には効果がないという問題がある。
Further, in the method disclosed in Japanese Patent Application Laid-Open No. Sho 59-39410, the plate profile is controlled by feedback control in the front stand after the front end passes through the front stand. There is a problem that control is not effective.

【0039】その上、前記いずれの公報に開示されてい
る方法でも、幅方向板厚を同時に制御することは行われ
ていない。
In addition, none of the methods disclosed in the above publications simultaneously control the thickness in the width direction.

【0040】本発明は、前記従来の問題点を解決するべ
く成されたもので、ストリップに形状不良を発生させる
ことなく、最終スタンド出側の板プロフィールと共に同
スタンド出側の幅方向板厚を先端部から高精度で目標値
に的中させることができる、応答性の高いホットストリ
ップ仕上圧延機における圧延制御方法を提供することを
課題とする。
The present invention has been made in order to solve the above-mentioned conventional problems, and it is possible to reduce the width-direction plate thickness of the final stand exit side together with the plate profile of the final stand exit side without causing a shape defect in the strip. An object of the present invention is to provide a rolling control method in a hot-strip finishing mill with high responsiveness, which can accurately hit a target value from a tip end.

【0041】[0041]

【0042】[0042]

【課題を解決するための手段】本発明は、複数の圧延ス
タンドが連設されてなるホットストリップ仕上圧延機に
おける圧延制御方法において、スタンド間に設置した板
プロフィールメータで該スタンド間を通過するストリッ
プの板プロフィールを実測し、ストリップ先端が最終ス
タンドを通過する以前は、前記板プロフィールメータに
よる実測板プロフィールと、同実測位置における目標板
プロフィールとの偏差に基づいて、最終スタンド出側に
おける板プロフィールの目標値との誤差を減少させるよ
うに前記板プロフィールメータ設置スタンド間より下流
側の圧延スタンドに対して板プロフィール制御を行い、
前記板プロフィールメータで実測した実測幅方向板厚
と、同実測位置における目標幅方向板厚との偏差に基づ
いて、最終スタンド出側における幅方向板厚の目標値と
の誤差を減少させるように上記下流側の圧延スタンドの
圧下位置を修正し、ストリップ先端が最終スタンドを通
過した後は、前記実測板プロフィールに基づいて最終ス
タンド出側における板プロフィールを予測し、その予測
板プロフィールと最終スタンド出側における目標板プロ
フィールとの誤差を減少させるように前記板プロフィー
ルメータ設置スタンド間より下流側の圧延スタンドに対
して板プロフィール制御を行い、前記板プロフィールメ
ータで実測した実測幅方向板厚に基づいて最終スタンド
出側における幅方向板厚を予測し、その予測幅方向板厚
と最終スタンド出側における目標幅方向板厚との誤差を
減少させるように上記下流側の圧延スタンドの圧下位置
を修正することにより、前記課題を達成したものであ
る。
The present invention SUMMARY OF THE INVENTION The rolling stand several are in rolling control method in hot strip finish rolling mill formed by continuously provided, passing between the stand plate profile meter installed between stands Before the strip tip passes through the final stand, the strip profile at the exit of the final stand is measured based on the deviation between the actual plate profile measured by the plate profile meter and the target plate profile at the same actual measurement position. Perform plate profile control on the rolling stand on the downstream side between the plate profile meter installation stand to reduce the error with the target value of,
Based on the deviation between the measured width direction thickness measured by the plate profile meter and the target width direction thickness at the same measurement position, an error between the target value of the width direction thickness on the exit side of the final stand is reduced. After the rolling position of the rolling stand on the downstream side is corrected, the strip profile at the exit side of the final stand is predicted based on the measured plate profile after the end of the strip has passed through the final stand, and the predicted plate profile and the final stand exit are estimated. The plate profile control is performed on the rolling stand on the downstream side between the plate profile meter installation stands so as to reduce the error with the target plate profile on the side, and based on the measured width direction thickness measured by the plate profile meter. Predict the width in the width direction at the exit side of the final stand, and calculate the estimated thickness in the width direction and the exit side of the final stand. By modifying the pressing position of the rolling stands of the downstream so as to reduce the error in the target width direction thickness Prefecture of definitive, is obtained by achieving a pre-Symbol challenges.

【0043】なお、便宜上ここに、参考のために、複数
の圧延スタンドが連設されてなるホットストリップ仕上
圧延機における圧延制御方法において、スタンド間に設
置した板プロフィールメータで該スタンド間を通過する
ストリップの板プロフィールを実測し、前記実測板プロ
フィールに基づいて、板プロフィールメータ設置スタン
ド間より上流側と下流側の圧延スタンドに対して板プロ
フィール制御を行い、板プロフィールメータで実測した
前記実測幅方向板厚に基づいて、同板プロフィールメー
タ設置スタンド間より上流側と下流側の圧延スタンドの
圧下位置を修正することにより、同様に前記課題を解決
できる発明(以下、参考発明という)を紹介しておく
ができる。
For convenience, here, for reference, in a rolling control method in a hot strip finishing mill in which a plurality of rolling stands are connected in series, a plate profile meter installed between the stands passes between the stands. The plate profile of the strip is measured, and based on the measured plate profile, the plate profile control is performed on the rolling stands on the upstream and downstream sides between the plate profile meter installation stands, and the measured width direction measured by the plate profile meter is performed. The above-mentioned problem is also solved by correcting the rolling positions of the rolling stands on the upstream and downstream sides between the stand for installing the same profile meter based on the sheet thickness.
Possible inventions (hereinafter referred to as reference inventions) will be introduced .
Can be.

【0044】初めに、本発明においてスタンド間に設置
する板プロフィールメータの好ましい設置位置について
説明する。但し、本発明は、この位置に板プロフィール
メータを設置するものに限定されものではない。
First, a preferred installation position of a plate profile meter installed between stands in the present invention will be described. However, the present invention is not limited to the installation of the plate profile meter at this position.

【0045】前述の如く、ホットストリップ仕上圧延機
の後段においては、板プロフィールを大幅に変更するこ
とは製品に板形状不良を生じさせることから極めて困難
である。
As described above, in the subsequent stage of the hot strip finishing mill, it is extremely difficult to significantly change the plate profile because a plate shape defect occurs in the product.

【0046】一般に、板形状を乱すことなく圧延するた
めには、板の比率クラウンを常に一定にした状態で圧延
する必要がある。
In general, in order to perform rolling without disturbing the shape of the plate, it is necessary to perform the rolling while keeping the ratio crown of the plate constant.

【0047】本発明者は、圧延現象を種々検討した結
果、ある程度の板厚があれば、比率クラウン一定の状態
から外れることに起因して幅方向に分布する残留応力が
生じても、板形状に乱れを生じさせることなく圧延でき
ることを知見した。
As a result of various studies on the rolling phenomenon, the present inventors have found that if a certain thickness is present, even if residual stress distributed in the width direction occurs due to deviation from the state where the ratio crown is constant, the shape of the plate can be reduced. It has been found that rolling can be performed without causing turbulence.

【0048】図1は、上記知見の根拠となった板形状を
乱すことのない板厚と比率クラウン変更限界の関係の一
例を具体的に示した線図であり、この図1より比率クラ
ウン変更限界は板厚が2mm以上となると大きくなり、4
mmを超えると次第に飽和することが分かる。
FIG. 1 is a diagram specifically showing an example of the relationship between the sheet thickness and the ratio crown change limit without disturbing the plate shape, which is the basis of the above knowledge. The limit increases when the plate thickness is 2 mm or more.
It can be seen that the saturation gradually increases when the distance exceeds mm.

【0049】ここで、比率クラウン変更限界とは、第i
スタンドの入側の比率クラウン(クラウンを中央部の板
厚で割った値)Rci-1と、同スタンドの出側の比率クラ
ウンRciとの差である比率クラウン変化率ΔRci(=R
ci-1−Rci)に許容される最大値である。
Here, the ratio crown change limit is defined as i-th
The ratio crown change rate ΔR ci (= R) which is the difference between the ratio crown R ci -1 ( value obtained by dividing the crown by the thickness of the central portion) on the entrance side of the stand and the ratio crown R ci on the exit side of the stand.
ci-1 −R ci ).

【0050】上記図1は実験結果であるが、上記のよう
に板厚4mmを超えると比率クラウン変更限界が飽和する
理由は、以下のように推定される。板厚の厚い領域では
比率クラウンを変えても内部応力によるバックリングは
生じにくいが、逆に内部応力の存在が比率クラウンを変
化させにくくしていると考えられる。
FIG. 1 shows the experimental results. The reason why the ratio crown change limit is saturated when the plate thickness exceeds 4 mm as described above is presumed as follows. In a region where the plate thickness is large, buckling due to internal stress is unlikely to occur even when the ratio crown is changed, but it is considered that the presence of the internal stress makes it difficult to change the ratio crown.

【0051】例えば、比率クラウンが小さくなる方向で
比率クラウンを変更させた場合、幅方向中央部に圧縮
が、幅方向端部に引張りが作用する。その結果、幅方向
中央部は圧延荷重が増加し、逆にエッジ部では圧延荷重
が減少する。この傾向は板厚が大きいほど強いため、比
率クラウンを変えようとしても結果的に圧延荷重の幅方
向分布が変わってしまい、これが比率クラウンの変化代
を制限することになっていると考えられる。
For example, when the ratio crown is changed in the direction in which the ratio crown decreases, compression acts on the center in the width direction and tension acts on the end in the width direction. As a result, the rolling load increases at the center in the width direction, and conversely, the rolling load decreases at the edge. Since this tendency becomes stronger as the sheet thickness increases, it is considered that an attempt to change the ratio crown results in a change in the distribution of the rolling load in the width direction, which limits the margin of change in the ratio crown.

【0052】又、当然、クラウン制御装置のクラウン変
更可能量の制限もある。これも板厚の厚い側で比率クラ
ウン変更量を制限する要因になっていると考えられる。
Also, there is, of course, a limitation on the crown changeable amount of the crown control device. This is also considered to be a factor limiting the amount of change in the ratio crown on the thicker side.

【0053】又、図2に示す前記(1)式の遺伝係数β
i と板厚の関係の一例から、板厚が大きいとβi が小さ
いが、以降の圧延による外乱が大きくなるために最終ス
タンド出側までの圧延で板プロフィールが変化してしま
い、結果として最終製品の板プロフィール制御能力が低
下してしまうことからも、余り板厚が大きい段階の板プ
ロフィールを実測しても、その実測値を有効に制御に活
用できない。
Further, the genetic coefficient β in the equation (1) shown in FIG.
From an example of the relationship between i and the plate thickness, if the plate thickness is large, β i is small, but since the disturbance due to subsequent rolling is large, the plate profile changes in rolling to the final stand exit side, and as a result, the final Because the ability to control the plate profile of the product is reduced, even if the plate profile is measured at a stage where the thickness is excessively large, the measured value cannot be effectively used for control.

【0054】従って、板プロフィールメータを設置する
スタンド間としては、比率クラウンをある程度変化させ
ても板形状の乱れが発生しない、通過するストリップの
板厚が2mm以上となるスタンド間が好ましく、2mm以
上、4mm以下となるスタンド間が特に好ましい。
Therefore, the stand between the stands where the plate profile meter is installed is preferably a stand where the plate thickness of the passing strip is 2 mm or more and the plate shape is not disturbed even if the ratio crown is changed to some extent, preferably 2 mm or more. It is particularly preferable that the distance between stands is 4 mm or less.

【0055】ここで、前記板プロフィールメータ設置ス
タンド間で得られた実測板プロフィールと、同実測位置
における目標板プロフィールとの偏差に基づいて、最終
スタンド出側における板プロフィールとその目標値との
誤差を減少させるように板プロフィールメータ設置スタ
ンド間より下流側の圧延スタンドに対して板プロフィー
ル制御を行い、実測幅方向板厚と、同実測位置における
目標幅方向板厚との偏差に基づいて、最終スタンド出側
における幅方向板厚とその目標値との誤差を減少させる
ように、同じく下流側の圧延スタンドの圧下位置を修正
する、板プロフィールと幅方向板厚のフィードフォワー
ド制御を行う場合を考えると、板プロフィールメータ設
置スタンド間において、例えばストリップの先端部に板
プロフィール及び幅方向板厚にそれぞれ目標値との間で
偏差が生じていても、最終スタンド出側で上記先端部か
ら板プロフィール及び幅方向板厚を製品目標値に的中さ
せることができる。
Here, based on the deviation between the measured plate profile obtained between the plate profile meter installation stands and the target plate profile at the same measured position, the error between the plate profile at the exit of the final stand and its target value is determined. The plate profile control is performed on the rolling stand on the downstream side between the plate profile meter installation stands so as to reduce the plate width, and based on the deviation between the measured width direction plate thickness and the target width direction plate thickness at the actual measurement position, the final Consider a case in which feed-forward control of a sheet profile and a sheet thickness in the width direction is performed, in which the rolling position of the rolling stand on the downstream side is similarly corrected so as to reduce an error between the sheet thickness in the stand side and the target value in the width direction. Between the plate profile meter installation stand, for example, the plate profile and the tip of the strip Even if deviation occurs between the respective target values in the direction thickness, the plate profile and the width direction thickness from said distal portion at the final stand delivery side can be hit in the product target value.

【0056】上記板プロフィールのフィードフォワード
制御では、実測板プロフィールと、予め求めてある目標
板プロフィールとの偏差に基づいて前記下流側の圧延ス
タンドを制御するが、この場合には、実測板プロフィー
ルから実績比率クラウンを求め、これと目標比率クラウ
ンとの間の偏差に応じて、例えば前記図1に示した許容
範囲内で比率クラウンを変更することができるので、板
プロフィールメータ設置スタンド間より下流側の圧延ス
タンドに対して上記許容範囲内で比率クラウンを変更す
ることにより、板形状に乱れを生じさせることなく、最
終スタンド出側の板プロフィールを目標値に的中させる
ことが可能となる。その際の下流側スタンドに対して与
える比率クラウンの変更量は次のようにして求めること
ができる。
In the feed forward control of the plate profile, the downstream rolling stand is controlled based on the deviation between the measured plate profile and a previously determined target plate profile. The actual ratio crown is obtained, and the ratio crown can be changed, for example, within the allowable range shown in FIG. 1 according to the deviation between the actual ratio crown and the target ratio crown. By changing the ratio crown within the above-mentioned allowable range for the rolling stand, it is possible to hit the plate profile on the exit side of the final stand to the target value without causing the plate shape to be disturbed. The amount of change of the ratio crown given to the downstream stand at that time can be obtained as follows.

【0057】例えば、第4スタンドF4出側の板クラウ
ンを測定し、この実測板クラウンCr4と同スタンドF4
出側の目標板クラウンCr4 Aim との偏差分ΔCr4を第5
スタンドF5で修正する場合について説明すると、該第
5スタンドF5出側の板クラウン変更量ΔCr5は、次の
(9)式で求めることができる。
For example, the plate crown on the exit side of the fourth stand F4 is measured, and the measured plate crown Cr4 and the same stand F4 are measured.
The deviation ΔC r4 from the exit-side target plate crown C r4 Aim is set to the fifth
The case where the correction is performed by the stand F5 will be described. The sheet crown change amount ΔC r5 on the exit side of the fifth stand F5 can be obtained by the following equation (9).

【0058】 ΔCr5=β5 ΔCr4 …(9) 但し;ΔCr4=Cr4−Cr4 Aim ΔC r5 = β 5 ΔC r4 (9) where ΔC r4 = C r4 −C r4 Aim

【0059】なお、このように第5スタンドF5だけで
板クラウンを変更して制御すると形状が乱れるような場
合には、第5スタンドF5と第6スタンドF6又は第5
〜第7スタンドF5〜F7の複数スタンドのそれぞれに
板クラウン変更量を分担させて制御することもできる。
又、第6スタンドF6だけ、第7スタンドF7だけで制
御することもできる。
If the shape is disturbed when the plate crown is changed and controlled only by the fifth stand F5, the fifth stand F5 and the sixth stand F6 or the fifth
It is also possible to control the plurality of stands from the seventh stand F5 to the seventh stand F7 by sharing the plate crown change amount.
Further, the control can be performed only by the sixth stand F6 and only by the seventh stand F7.

【0060】前記幅方向板厚のフィードフォワード制御
では、最終スタンド出側における実測幅方向板厚と目標
幅方向板厚との間の誤差を減少させるように下流側スタ
ンドの圧下位置を修正するが、この圧下位置修正量ΔS
は次の(10)式を用いて求めることができる。
In the feedforward control of the width in the width direction, the rolling position of the downstream stand is corrected so as to reduce the error between the measured width in the width direction at the end of the final stand and the target width in the width direction. , The amount of reduction ΔS
Can be obtained using the following equation (10).

【0061】 ΔS=(G/M)・(∂P/∂H)・ΔH …(10)ΔS = (G / M) · (∂P / ∂H) · ΔH (10)

【0062】ここで、Gは制御ゲイン、Mはミル定数、
Pは圧延荷重、Hは入側板厚、ΔHは入側板厚偏差(実
測値−目標値)である。
Where G is the control gain, M is the mill constant,
P is the rolling load, H is the entry side plate thickness, and ΔH is the entry side plate thickness deviation (actual measurement value−target value).

【0063】上記(10)式で求められる修正量は、測
定直後の1スタンドで修正する場合であるが、修正量が
大きい時はマスフローバランスや形状を考慮して複数ス
タンドに修正量を分担させて制御してもよい。
The correction amount obtained by the above equation (10) is a case where correction is performed in one stand immediately after the measurement. When the correction amount is large, the correction amount is shared among a plurality of stands in consideration of mass flow balance and shape. May be controlled.

【0064】しかしながら、上述した板プロフィールと
幅方向板厚の制御方法においては、第4スタンドF4ま
で生じる外乱を打ち消すだけの効果はあるが、第5スタ
ンドF5以降で生じる外乱については全く考慮されてい
ない。
However, in the above-described method for controlling the plate profile and the plate thickness in the width direction, there is an effect of only canceling the disturbance generated up to the fourth stand F4, but the disturbance generated after the fifth stand F5 is completely considered. Absent.

【0065】便宜上、ここで参考例について説明する
、ストリップ先端が最終スタンドを通過した後に、前
記板プロフィールメータ設置スタンド間で前記板プロフ
ィールメータにより実測して得られた実測板プロフィー
ルに基づいて最終スタンド出側における板プロフィール
を予測し、その予測板プロフィールと最終スタンド出側
における目標板プロフィールとの誤差を減少させるよう
に前記板プロフィールメータ設置スタンド間より下流側
の圧延スタンドに対して板プロフィール制御を行い、且
つ、同板プロフィールメータにより実測して得られた実
測幅方向板厚に基づいて最終スタンド出側における幅方
向板厚を予測し、その予測幅方板厚と最終スタンド出側
における目標幅方向板厚との誤差を減少させるように上
記下流側の圧延スタンドの圧下位置を修正する場合に
、最終スタンド出側において板プロフィールと共に幅
方向板厚をも目標値に的中させることができる。
For convenience, a reference example will be described here.
After the end of the strip passes through the final stand, predict the plate profile at the final stand exit side based on the actually measured plate profile obtained by actually measuring with the plate profile meter between the plate profile meter installation stands, and predicting the same. In order to reduce the error between the plate profile and the target plate profile on the exit side of the final stand, the plate profile control is performed on the rolling stand on the downstream side between the stand where the plate profile meter is installed, and the sheet profile is measured by the plate profile meter. Predict the width in the width direction on the exit side of the final stand based on the actually measured width in the width direction, and reduce the error between the predicted width thickness and the target width in the final stand exit side. when correcting the pressing position of the rolling stands of the downstream
In the first stand, the sheet thickness in the width direction together with the sheet profile can be hit to the target value on the exit side of the final stand.

【0066】この参考例のように、最終スタンド出側で
はなく、スタンド間に設置した板プロフィールメータに
よる実測板プロフィールに基づいて最終スタンド出側に
おける板プロフィールを目標値に一致させると共に、同
板プロフィールメータによる実測幅方向板厚に基づいて
同じく最終スタンド出側における幅方向板厚を目標値に
一致させるフィードフォワード制御をする場合には、上
記板プロフィールメータの設置スタンド間を適切に選択
することにより、板形状に乱れを生じさせることなく、
最終スタンド出側で板プロフィールと共に幅方向板厚を
高精度で目標値に的中させることができ、しかも、板プ
ロフィールと幅方向板厚の制御を高応答で行うことがで
きる。
[0066] As in this reference example, rather than the final stand delivery side, causes the plate profile in the final stand outlet side based on the measured sheet profile of the leaf profile meter installed between the stand coincide with a target value, the plate If feedforward control is performed to match the width in the width direction on the exit side of the final stand to the target value based on the actual thickness in the width direction measured by the profile meter, appropriate selection should be made between the stands where the above-mentioned profile meters are installed. By this, without causing disturbance in the plate shape,
On the exit side of the final stand, the thickness in the width direction and the thickness in the width direction can be hit with the target value with high accuracy, and the control of the thickness and the thickness in the width direction can be controlled with high response.

【0067】この場合の板プロフィールのフィードフォ
ワード制御で、実測板プロフィールに基づいて最終スタ
ンド出側における予測板プロフィールを求めるには、前
記(1)〜(7)式を用いることができる。
In the feed forward control of the plate profile in this case, the equations (1) to (7) can be used to obtain the predicted plate profile on the exit side of the final stand based on the actually measured plate profile.

【0068】又、求めた上記予測板プロフィールと目標
板プロフィールとの誤差を減少させるために、上記下流
側の圧延スタンドに対して与える板クラウンの変更量
は、次ようにして求めることができる。
Further, in order to reduce the error between the obtained predicted plate profile and the target plate profile, the amount of change of the plate crown applied to the downstream rolling stand can be obtained as follows.

【0069】同様に第4スタンドF4出側の板クラウン
を測定する場合について説明すると、同第4スタンドF
4出側の実測板クラウンCr4から第7スタンドF7出側
の板クラウンを予測計算するには、前記(1)〜(7)
式を用いる。
Similarly, the case of measuring the sheet crown on the exit side of the fourth stand F4 will be described.
In order to predict and calculate the plate crown on the exit side of the seventh stand F7 from the actually measured plate crown Cr4 on the fourth exit side, the above-described (1) to (7)
Use the formula.

【0070】予測した第7スタンドF7出側の板クラウ
ンCr7が同スタンド出側の目標板クラウンCr7 Aim にな
るように、例えば第5スタンドF5出側の板クラウンを
次の(11)式で求められる変更量ΔCr5だけ変更す
る。
[0070] As a seventh stand F7 delivery side of the strip crown C r7 predicted becomes the target strip crown C r7 Aim of the stand delivery side, for example of the fifth stand F5 delivery side strip crown of the following formula (11) Is changed by the change amount ΔC r5 determined by

【0071】 ΔCr5=(1/β6 β7 )ΔCr7 …(11) 但し;ΔCr7=Cr7−Cr7 Aim ΔC r5 = (1 / β 6 β 7 ) ΔC r7 (11) where ΔC r7 = C r7 −C r7 Aim

【0072】なお、このように第5スタンドF5だけで
制御すると形状が乱れるような場合には、第4スタンド
F4の実測板クラウンと目標板クラウンとの偏差を用い
て下流側スタンドを変更する場合と同様に複数スタンド
に分担させて制御してもよい。
In the case where the shape is disturbed by controlling only the fifth stand F5 as described above, when the downstream stand is changed using the deviation between the measured plate crown of the fourth stand F4 and the target plate crown. In the same manner as described above, control may be performed by assigning to a plurality of stands.

【0073】前記請求項1の発明においては、ストリッ
プ先端が最終スタンドを通過する以前は、前記板プロフ
ィールメータによる実測板プロフィールと、同実測位置
における目標板プロフィールとの偏差に基づいて、最終
スタンド出側における板プロフィールの目標値との誤差
を減少させるように前記板プロフィールメータ設置スタ
ンド間より下流側の圧延スタンドに対して板プロフィー
ル制御を行い、前記板プロフィールメータで実測した実
測幅方向板厚と、同実測位置における目標幅方向板厚と
の偏差に基づいて、最終スタンド出側における幅方向板
厚の目標値との誤差を減少させるように上記下流側の圧
延スタンドの圧下位置を修正し、ストリップ先端が最終
スタンドを通過した後は、前記実測板プロフィールに基
づいて最終スタンド出側における板プロフィールを予測
し、その予測板プロフィールと最終スタンド出側におけ
る目標板プロフィールとの誤差を減少させるように前記
板プロフィールメータ設置スタンド間より下流側の圧延
スタンドに対して板プロフィール制御を行い、前記板プ
ロフィールメータで実測した実測幅方向板厚に基づいて
最終スタンド出側における幅方向板厚を予測し、その予
測幅方向板厚と最終スタンド出側における目標幅方向板
厚との誤差を減少させるように上記下流側の圧延スタン
ドの圧下位置を修正するようにしたので、板プロフィー
ルのフィードフォワード制御については、ストリップ先
端が最終スタンドを通過する以前は、前記(9)式に基
づく制御方法を行い、ストリップ先端が最終スタンドを
通過後は、前記(11)式に基づく制御方法を行う。
According to the first aspect of the present invention, before the leading end of the strip passes through the final stand, the final stand exit is determined based on the deviation between the measured plate profile measured by the plate profile meter and the target plate profile at the same measured position. The plate profile control is performed on the rolling stand on the downstream side between the plate profile meter installation stands so as to reduce the error with the target value of the plate profile on the side, and the measured thickness in the width direction measured by the plate profile meter. Based on the deviation from the target width direction plate thickness at the same measurement position, the rolling position of the downstream rolling stand is corrected so as to reduce the error with the target value of the width direction plate thickness at the final stand exit side, After the end of the strip passes through the final stand, the final stand is A plate profile control is performed on a rolling stand on the downstream side between the plate profile meter installation stands so as to predict a plate profile at the outlet side and reduce an error between the predicted plate profile and a target plate profile at the final stand outlet side. Then, the width direction thickness at the exit side of the final stand is predicted based on the measured width direction thickness measured by the plate profile meter, and an error between the predicted width direction thickness and the target width direction thickness at the final stand exit side. Since the rolling position of the downstream rolling stand is corrected so as to reduce the pressure, the feed forward control of the plate profile is performed based on the above-mentioned equation (9) before the leading end of the strip passes through the final stand. The method is performed, and after the end of the strip has passed through the final stand, based on the above equation (11). His method is carried out.

【0074】ここで、前記(9)式に基づく制御方法と
前記(11)式に基づく制御方法との違いについて説明
する。
Here, the difference between the control method based on equation (9) and the control method based on equation (11) will be described.

【0075】(9)式による方法は、第4スタンドF4
出側で検出した誤差(偏差)ΔCr4=Cr4−Cr4 Aim
起因して第5スタンドF5以降で生じる誤差をなくす方
法である。ストリップ先端部の板プロフィール制御の際
は、第5スタンドF5以降の実績データがないので(ス
トリップを噛み込んでいないため)、第7スタンドF7
までの板クラウンを予測することは意味がないためこの
方法がとられる。
The method according to the equation (9) uses the fourth stand F4
This is a method for eliminating an error that occurs after the fifth stand F5 due to an error (deviation) ΔC r4 = C r4 −C r4 Aim detected on the exit side. At the time of controlling the plate profile at the leading end of the strip, since there is no actual data after the fifth stand F5 (because the strip is not engaged), the seventh stand F7 is not used.
This method is used because it is not meaningful to predict the sheet crown up to.

【0076】一方、(11)式による方法は、実測した
第4スタンド出側の板クラウンCr4を基に第7スタンド
出側の板クラウンCr7を予測する。この予測において
は、設定計算時の予測とは異なり、圧延中の実績値を用
いてCr7を予測する。即ち、(9)式による方法では、
第4スタンドF4までで生じる外乱を打ち消すだけの制
御であるのに対し、(11)式による方法は、圧延実績
を使ってCr7を予測することで、第5スタンドF5以降
で生じる外乱の影響も考慮していることになる。
On the other hand, the method based on the equation (11) predicts the strip crown C r7 on the exit side of the seventh stand based on the actually measured strip crown C r4 on the exit side of the fourth stand. In this prediction, unlike the prediction at the time of setting calculation, Cr7 is predicted using the actual value during rolling. That is, in the method according to the equation (9),
In contrast to the control that only cancels the disturbance that occurs up to the fourth stand F4, the method based on the equation (11) predicts Cr7 using the actual rolling performance, and thus the influence of the disturbance that occurs after the fifth stand F5. Is also considered.

【0077】即ち、前記請求項1の発明において、板
プロフィールメータ設置スタンド間(以下特定スタンド
間ともいう)で発生した目標板クラウンとの偏差、及
び、特定スタンド間以降で発生する外乱の両者に起因し
た最終スタンド出側での目標位置クラウンとの偏差を予
測し、該最終スタンド出側での目標板クラウンとの偏差
を減少させるように、特定スタンド間よりも下流側のス
タンドを制御する。
[0077] That is, in the above invention of claim 1, the deviation between the target strip crown that occurs between the plate profile meter position stand (hereinafter referred to also as between certain stand), and, both disturbances that occur after between specific stand The deviation from the target position crown on the exit side of the final stand caused by the above is predicted, and the stand on the downstream side between the specific stands is controlled so as to reduce the deviation from the target plate crown on the exit side of the final stand. .

【0078】ここで言う外乱としては、圧延荷重、変形
抵抗等が挙げられるが、本願発明においては、特定スタ
ンド以降の外乱は、ストリップ先端が最終スタンドを通
過した後は、圧延実績より求める。ところがストリップ
先端が最終スタンドを通過以前については、前記外乱を
予測し得る手段は有しないので、特定スタンド間より下
流側スタンドのクラウン変更量を(9)式により求めて
も(11)式により求めても、クラウン変更量は同一と
なる。そのため、請求項2の発明では、ストリップが最
終スタンドを通過する以前は(9)式によりクラウン変
更量を求める方法を採用している。
The disturbance mentioned here includes rolling load, deformation resistance and the like. In the present invention, the disturbance after the specific stand is obtained from the actual rolling results after the end of the strip passes through the final stand. However, since there is no means for predicting the disturbance before the end of the strip passes through the final stand, even if the crown change amount of the stand on the downstream side between the specific stands is obtained by the equation (9), it is obtained by the equation (11) However, the crown change amounts are the same. Therefore, the invention of claim 2 employs a method of calculating the crown change amount by the equation (9) before the strip passes the final stand.

【0079】又、この場合の幅方向板厚のフィードフォ
ワード制御で、実測幅方向板厚に基づいて最終スタンド
出側における予測幅方向板厚を求める。
Further, in the feed-forward control of the width in the width direction in this case, the estimated width in the width direction on the exit side of the final stand is obtained based on the actually measured width in the width direction.

【0080】又、求めた上記予測幅方向板厚と目標幅方
向板厚との誤差を減少させるために、上記下流側の圧延
スタンドに対して与える圧下位置修正量は、一例として
次の(12)式のように表わすことができる。
In order to reduce the error between the obtained predicted width direction thickness and the target width direction thickness, the rolling position correction amount given to the downstream rolling stand is, for example, the following (12) ) Can be expressed as

【0081】今、第7スタンドF7出側の板厚予測値を
h7 、同スタンドF7出側の板厚目標値を h7 Aim とす
れば、第5スタンドF5での圧下修正量ΔS5 は、次の
(12)式で表わすことができる。なお、Δ h7 = h7
− h7 Aim である。
Now, the predicted thickness of the exit of the seventh stand F7 is
h 7, if the target thickness value of the same stand F7 delivery side and h 7 Aim, the reduction correction amount [Delta] S 5 of the fifth stand F5, can be expressed by the following equation (12). Note that Δh 7 = h 7
− H 7 Aim .

【0082】 ΔS5 ={(M5 +Q5 )/M5 }・{(M6 +Q6 )/(∂P6 /∂H)} ×{(M7 +Q7 )/(∂P7 /∂H)}・Δ h7 …(12)ΔS 5 = {(M 5 + Q 5 ) / M 5 } · {(M 6 + Q 6 ) / (∂P 6 / ∂H)} × {(M 7 + Q 7 ) / (∂P 7 / ∂ H)} · Δ h 7 ... (12)

【0083】又、前記参考発明においては、実測板プロ
フィールに基づいて、板プロフィールメータ設置スタン
ド間より上流側と下流側の圧延スタンドに対して板プロ
フィール制御を行い、実測幅方向板厚に基づいて、同じ
く上流側と下流側の圧延スタンドの圧下位置を修正する
場合には、前述した板プロフィール及び幅方向板厚のフ
ィードバック制御とフィードフォワード制御とを同時に
行うことになるので、実測スタンド間で、板プロフィー
ル及び幅方向板厚に実測値と目標値との間の偏差が生じ
た場合でも、最終スタンド出側ではこれら両者をストリ
ップの先端部から常に目標値に的中させることができ
る。
In the reference invention, the plate profile control is performed on the rolling stands on the upstream and downstream sides between the stand for setting the plate profile meter based on the measured plate profile, and based on the measured thickness in the width direction. Similarly, when correcting the rolling position of the upstream and downstream rolling stands, the above-described feedback control and feedforward control of the plate profile and the width direction plate thickness are performed at the same time. Even if there is a deviation between the measured value and the target value in the plate profile and the width direction thickness, both of them can always hit the target value from the leading end of the strip on the exit side of the final stand.

【0084】このフィードバック制御を具体的に説明す
ると、前記板プロフィールメータ設置スタンド間で得ら
れた実測板プロフィールと、該スタンド間について予め
求めてある目標板プロフィールとの偏差を求め、該偏差
を減少させるように該スタンド間より上流側の圧延スタ
ンドに対する板プロフィール制御を行い、且つ、実測幅
方向板厚と目標幅方向板厚との偏差を減少させるために
同じく上流側の圧延スタンドに対して圧下位置を修正す
るようにしたので、板プロフィールメータ設置スタンド
間より上流側のスタンドに対してフィードバック制御を
行うことにより、該板プロフィールメータ設置スタンド
間において板プロフィールと幅方向板厚とを共に目標値
に一致させることができる。
More specifically, the feedback control will be described. The deviation between the actually measured plate profile obtained between the stands on which the plate profile meter is installed and the target plate profile obtained in advance between the stands is determined, and the deviation is reduced. In order to reduce the deviation between the measured width direction thickness and the target width direction thickness, rolling profile control is performed on the rolling stand on the upstream side of the stand between the stands. Since the position is corrected, feedback control is performed on the stand on the upstream side of the stand between the plate profile meter installation stands, so that the plate profile and the width direction plate thickness are both set to the target values between the plate profile meter installation stands. Can be matched.

【0085】前記板プロフィールのフィードバック制御
は、通板時に上記板プロフィールメータでスタンド間を
通過するストリップの板プロフィールを測定すると共
に、製品の目標板プロフィールから目標比率クラウンを
決定し、この目標比率クラウンに上記スタンド間におけ
るプロフィール測定結果から求めた実績比率クラウンが
一致するように、例えば制御変更量を各スタンドに対し
一定比率で分配して上記板プロフィールメータ設置位置
より上流側の圧延スタンドのプロフィール制御装置(ロ
ールベンダ又はロール交差角調整装置)を動作させるこ
とで行うことができる。
In the feedback control of the plate profile, the plate profile meter measures the plate profile of the strip passing between stands at the time of passing, determines the target ratio crown from the target plate profile of the product, and determines the target ratio crown. In order to match the actual ratio crown obtained from the profile measurement results between the stands, for example, the control change amount is distributed to each stand at a fixed ratio to control the profile of the rolling stand upstream from the plate profile meter installation position. This can be performed by operating a device (a roll bender or a roll crossing angle adjusting device).

【0086】このフィードバック制御を行うことによ
り、例えばストリップの先端部を上記板プロフィールメ
ータで測定した結果、実測板プロフィールとその位置の
目標板プロフィールとの間に偏差が存在している場合で
あっても、その時点より後は板プロフィール測定位置の
スタンド間では常にストリップを目標板プロフィールに
制御することが可能となり、従ってその後は比率クラウ
ン一定の条件で圧延することにより、仕上圧延機出側に
おける製品の板プロフィールを目標値に精度良く的中さ
せることが可能となる。
By performing this feedback control, for example, as a result of measuring the leading end of the strip with the above-mentioned plate profile meter, there is a case where a deviation exists between the actually measured plate profile and the target plate profile at that position. After that point, the strip can always be controlled to the target plate profile between the stands at the plate profile measurement position, and thereafter, by rolling at a constant ratio crown, the product on the exit side of the finishing mill can be obtained. Can accurately hit the plate profile with the target value.

【0087】前記幅方向板厚のフィードバック制御は、
例えば、前記板プロフィールメータで実測した幅方向の
特定位置の板厚に基づいて、板プロフィールメータ設置
スタンド間における幅方向の特定位置の板厚とその目標
値との偏差を減少させるように上流側のスタンドに対す
る圧下位置を修正することで行うことができる。
The feedback control of the thickness in the width direction is performed as follows.
For example, based on the plate thickness at a specific position in the width direction actually measured by the plate profile meter, the upstream side to reduce the deviation between the plate thickness at the specific position in the width direction between the plate profile meter installation stands and its target value. This can be done by correcting the rolling position of the stand against the stand.

【0088】この圧下位置の修正方法としては、例え
ば、幅方向特定位置の板厚の実測値と目標値の差を逐次
積分し、前段スタンドのAGCの目標値に加えていく方
法(モニタ方式)を採用することができる。
As a method of correcting the rolling position, for example, a method of sequentially integrating the difference between the measured value and the target value of the sheet thickness at the specific position in the width direction and adding the result to the target value of the AGC of the preceding stand (monitor method). Can be adopted.

【0089】[0089]

【発明の実施の形態】以下、図面を参照して、本発明の
実施の形態を詳細に説明する。
Embodiments of the present invention will be described below in detail with reference to the drawings.

【0090】図3は、本発明に係る一実施形態の圧延制
御方法に適用されるホットストリップ仕上圧延機の一部
を示した概略構成図である。
FIG. 3 is a schematic diagram showing a part of a hot strip finishing mill applied to a rolling control method according to an embodiment of the present invention.

【0091】本実施形態に用いられる上記仕上圧延機
は、第1スタンドF1〜第7スタンドF7の全7スタン
ドからなる連続圧延機であり、図3には第4スタンドF
4〜第7スタンドF7までが示してある。
The finishing mill used in the present embodiment is a continuous rolling mill consisting of a first stand F1 to a seventh stand F7, all of which are shown in FIG.
The fourth to seventh stands F7 are shown.

【0092】上記連続圧延機では、各スタンドが板プロ
フィール制御装置10と、荷重計12と、板厚制御装置
14とを備えている。なお、これらについては、第4ス
タンドF4〜第7スタンドF7について、上記符号にそ
れぞれA〜Dの添字を付して図示してあるが、省略され
ている第1スタンドF1〜第3スタンドF3も同一の構
成を有している。
In the above continuous rolling mill, each stand is provided with a plate profile control device 10, a load cell 12, and a plate thickness control device 14. In addition, as for these, the fourth stand F4 to the seventh stand F7 are illustrated by adding the suffixes A to D to the above reference numerals, respectively, but the first stand F1 to the third stand F3 which are omitted are also shown. It has the same configuration.

【0093】上記第4スタンドF4〜第7スタンドF7
の板プロフィール制御装置10A〜10Dには、板プロ
フィール制御演算装置16が接続され、該演算装置16
からこれら板プロフィール制御装置10A〜10Dそれ
ぞれに板プロフィールを制御するための制御信号が入力
されるようになっている。
The fourth stand F4 to the seventh stand F7
The plate profile control arithmetic device 16 is connected to the plate profile control devices 10A to 10D, and the arithmetic device 16
Thus, a control signal for controlling the plate profile is input to each of these plate profile control devices 10A to 10D.

【0094】又、上記板厚制御装置14A〜14Dに
は、板厚制御演算装置18が接続され、該演算装置18
からこれら板厚制御装置14A〜14Dのそれぞれに対
して板厚を制御するための制御信号が入力されるように
なっている。
A thickness control arithmetic unit 18 is connected to the thickness control units 14A to 14D.
Thus, a control signal for controlling the thickness is input to each of the thickness control devices 14A to 14D.

【0095】又、第4スタンドF4と第5スタンドF5
の間である第4スタンド間、第5スタンドF5と第6ス
タンドF6の間である第5スタンド間、及び最終の第7
スタンドF7の出側には、第1板プロフィールメータ2
0A、第2板プロフィールメータ20B及び第3板プロ
フィールメータ20Cがそれぞれ配設され、これら第1
〜第3板プロフィールメータ20A〜20Cにより測定
された実測板プロフィールが、前記板プロフィール制御
演算装置16に入力されるようになっている。又、第5
スタンドF5のワークロールには、ロールプロフィール
メータ22が設置され、該ロールプロフィールメータ2
2により測定された実測ロールプロフィールが、同様に
上記板プロフィール制御演算装置16に入力されるよう
になっている。
A fourth stand F4 and a fifth stand F5
Between the fourth stands, between the fifth stands F5 and the sixth stand F6, between the fifth stands, and the final seventh.
On the exit side of the stand F7, there is a first plate profile meter 2
0A, a second plate profile meter 20B, and a third plate profile meter 20C.
The actually measured plate profile measured by the third to third plate profile meters 20A to 20C is input to the plate profile control arithmetic unit 16. Also, the fifth
A roll profile meter 22 is installed on the work roll of the stand F5.
The measured roll profile measured in 2 is similarly input to the plate profile control arithmetic unit 16.

【0096】又、第6スタンドF6と第7スタンドF7
の間である第6スタンド間、及び第7スタンドF7の出
側に、第1板厚計24A及び第2板厚計24Bがそれぞ
れ設置され、これら板厚計24A、24Bにより測定さ
れる実測板厚が前記板厚制御演算装置18に入力される
ようになっている。
The sixth stand F6 and the seventh stand F7
The first thickness gauge 24A and the second thickness gauge 24B are respectively installed between the sixth stand and the exit side of the seventh stand F7, and the actual measurement plate measured by the thickness gauges 24A and 24B is provided. The thickness is input to the thickness control arithmetic unit 18.

【0097】更に、上記第4、第5及び第6の各スタン
ド間にはそれぞれ平坦度計26が設置され、これらスタ
ンド間を通過するストリップの平坦度を測定することが
できるようになっている。
Further, a flatness meter 26 is provided between each of the fourth, fifth and sixth stands so that the flatness of the strip passing between these stands can be measured. .

【0098】次に本実施形態の作用を、板プロフィール
制御式として前記(1)を用いる場合について説明す
る。
Next, the operation of the present embodiment will be described for the case where the above (1) is used as a plate profile control type.

【0099】本実施形態においては、第4スタンドF4
と第5スタンドF5との間(第4スタンド間)を通過す
るストリップ、即ち第4スタンドF4で圧延されるスト
リップの板厚は4mm以下、2mm以上となるようにパスス
ケジュールが設定されている。
In this embodiment, the fourth stand F4
The pass schedule is set so that the strip passing between the first and fifth stands F5 (between the fourth stands), that is, the strip rolled in the fourth stand F4 has a thickness of 4 mm or less and 2 mm or more.

【0100】本実施形態では、前記板プロフィールメー
タ20Aが設置されている第4スタンド間より上流側の
第1スタンド〜第4スタンドF1〜F4で圧延されたス
トリップ(被圧延材)Sは、その先端が上記板プロフィ
ールメータ20Aに到達すると、その先端の板プロフィ
ールが測定される。
In the present embodiment, the strip (rolled material) S rolled at the first to fourth stands F1 to F4 upstream of the fourth stand where the plate profile meter 20A is installed is the When the tip reaches the plate profile meter 20A, the plate profile at the tip is measured.

【0101】上記第4スタンド間の第1プロフィールメ
ータ20Aで第4スタンドF4の出側に到達したストリ
ップSについて、板プロフィールCr4とその中央部板厚
h4とを測定すると、これら実測値は板プロフィール制
御演算装置16に入力され、該演算装置16において比
率クラウンRc4に変換される。この実測値に基づく第4
スタンドF4出側の比率クラウンが予め求めてある目標
比率クラウンRc4 Aimに一致するように、第4スタンド
以前の板プロフィール制御装置10A及び図示しない第
1〜第3スタンドの板プロフィール制御装置に板プロフ
ィール制御演算装置16から制御変更量を出力し、フィ
ードバック制御を行う。
For the strip S that has reached the exit side of the fourth stand F4 with the first profile meter 20A between the fourth stands, the plate profile Cr4 and the plate thickness at the center thereof are obtained.
After measuring h 4 , these measured values are input to the plate profile control arithmetic unit 16, where they are converted into the ratio crown R c4 . The fourth based on this measured value
The plate profile control devices 10A and 10A before the fourth stand and the plate profile control devices of the first to third stands (not shown) are arranged so that the ratio crown on the exit side of the stand F4 matches the target ratio crown Rc4 Aim obtained in advance. The control change amount is output from the profile control calculation device 16 to perform feedback control.

【0102】上記フィードバック制御により、前記第4
スタンド間でストリップの先端の板プロフィールを測定
した以降は、第4スタンドF4出側の板プロフィール
を、同スタンドF4出側の目標比率クラウンに一致させ
ることが可能となる。従って、これ以降は、比率クラウ
ン一定の条件で下流側スタンドF5〜F7による圧延を
進めることが可能となり、第7スタンドF7により圧延
される製品ストリップを、平坦度の乱れを生じさせるこ
となく目標板プロフィールに的中させることが可能とな
る。
By the above feedback control, the fourth
After measuring the plate profile at the tip of the strip between the stands, the plate profile on the exit side of the fourth stand F4 can be matched with the target ratio crown on the exit side of the stand F4. Therefore, thereafter, it is possible to advance the rolling by the downstream stands F5 to F7 under the condition of the fixed ratio crown, and the product strip rolled by the seventh stand F7 can be moved to the target plate without causing disorder of flatness. You can hit your profile.

【0103】このように、本実施形態においては、第4
スタンドF4と第5スタンドF5の間に板プロフィール
メータ12Aを設置しているので、該第4スタンド出側
の板クラウンCr4を、従来のような仮定値ではなく実績
値として求めることができるため、大幅に板プロフィー
ルの制御精度を向上させることが可能となる。
As described above, in the present embodiment, the fourth
Since the plate profile meter 12A is provided between the stand F4 and the fifth stand F5, the plate crown Cr4 on the exit side of the fourth stand can be obtained as an actual value instead of an assumed value as in the related art. Thus, the control accuracy of the plate profile can be greatly improved.

【0104】又、上記板プロフィールメータ20Aが設
置されている第4スタンド間を通過するストリップの板
厚が4mm以下、2mm以上になるように設定されているた
め、上流側スタンドF1〜F4では板形状に乱れを生じ
させることなくクラウンを変更する自由度が高い。従っ
て、前記(8)式を用いて前述したと同様の方法により
第4スタンドF4における誤差S4 を直接算出し、該誤
差S4 を減少させ、該スタンドにおける実測比率クラウ
ンRc4を同スタンドにおける目標比率クラウンRc4 Aim
に一致させるように、圧延荷重によるロールの撓みC
mp4 を修正するべくクラウン制御量を変更することによ
り、応答性の高いフィードバック制御を実行することが
可能となる。
Further, since the thickness of the strip passing between the fourth stands on which the plate profile meter 20A is installed is set to 4 mm or less and 2 mm or more, the upstream stands F1 to F4 have the plate thickness. There is a high degree of freedom to change the crown without disturbing the shape. Therefore, the error S 4 in the fourth stand F4 is directly calculated by the same method as described above using the equation (8), the error S 4 is reduced, and the measured ratio crown R c4 in the stand is calculated. Target ratio crown R c4 Aim
The roll deflection C due to the rolling load is adjusted to match
By changing the crown control amount to correct mp4 , it is possible to execute highly responsive feedback control.

【0105】上記フィードバック制御を行うと共に、第
4スタンド間において、実測に基づく比率クラウンと目
標値との間に偏差が生じている場合には、最終製品板プ
ロフィールと第7スタンド出側における目標板プロフィ
ールとの偏差を減少させるように、板プロフィール制御
演算装置16から第4スタンドF4より下流側のスタン
ド、即ち第5スタンドF5、第6スタンドF6及び第7
スタンドF7に付設されている荷重計12B、12C及
び12Dに制御変更量を出力し、フィードフォワード制
御を行う。
In addition to performing the above-described feedback control, if there is a deviation between the ratio crown based on the actual measurement and the target value between the fourth stands, the final product plate profile and the target plate on the exit side of the seventh stand. In order to reduce the deviation from the profile, the stands on the downstream side of the fourth stand F4 from the plate profile control calculation device 16, that is, the fifth stand F5, the sixth stand F6, and the seventh stand
The control change amount is output to the load cells 12B, 12C, and 12D attached to the stand F7 to perform feedforward control.

【0106】即ち、ストリップ先端部の実測に基づく比
率クラウンと目標比率クラウンの偏差に応じて、第1板
プロフィールメータ20Aの下流側に位置する圧延スタ
ンドF5〜F7にそれぞれ配設されている板プロフィー
ル制御装置10B〜10Dに対してもストリップ先端の
板プロフィールを修正するべく、前記板プロフィール制
御演算装置16で算出した必要制御量をそれぞれ出力す
る。但し、これら下流側圧延スタンド10B〜10Dで
は、前述した如く板プロフィールの制御可能量は小さい
ため、上記板プロフィール制御装置10B〜10Dに対
する出力については、平坦度の許容範囲内になるように
前記制御演算装置16で演算による制限を加える必要が
ある。
That is, according to the deviation between the ratio crown and the target ratio crown based on the actual measurement of the strip leading end, the plate profiles respectively disposed on the rolling stands F5 to F7 located downstream of the first plate profile meter 20A. The required control amounts calculated by the plate profile control arithmetic unit 16 are also output to the control devices 10B to 10D in order to correct the plate profile at the tip of the strip. However, in these downstream rolling stands 10B to 10D, since the controllable amount of the plate profile is small as described above, the output to the plate profile control devices 10B to 10D is controlled so as to be within the allowable range of flatness. It is necessary to add a restriction by calculation in the calculation device 16.

【0107】しかし、本実施形態では、前記板プロフィ
ールメータ12Aで板プロフィールを測定するストリッ
プは、その板厚が4mm、2mm以上なるようにしてあるた
め、前記図1に例示した比率クラウン変更限界から上記
平坦度の許容範囲を比較的大きく確保することができる
ため、板形状(平坦度)不良を生じさせることなく確実
に板プロフィール制御を行うことができる。
However, in the present embodiment, the strip whose plate profile is measured by the plate profile meter 12A has a plate thickness of 4 mm or 2 mm or more. Since a relatively large allowable range of the flatness can be ensured, the plate profile control can be reliably performed without causing a plate shape (flatness) defect.

【0108】上述した第4スタンド出側の実測比率クラ
ウンRc4に基づいて、上記下流側スタンドF5〜F7に
対して最終比率クラウンを目標値に近付ける制御を行う
方法としては、次の2つの方法を挙げることができる。
The following two methods are used to control the downstream stands F5 to F7 to bring the final ratio crown closer to the target value on the basis of the measured ratio crown Rc4 on the exit side of the fourth stand. Can be mentioned.

【0109】第1の方法は、実測板プロフィールから求
まる上記比率クラウンRc4に基づいて予め設定してある
パススケジュールに従って最終スタンドまで圧延を進め
た場合の該最終スタンド出側の板プロフィールを予測
し、予測したこの出側板プロフィールを目標値に近付け
るために下流側スタンドF5〜F7を制御する方法であ
る。この場合の最終スタンド出側における予測板プロフ
ィールは、前記(1)〜(7)式で求めることができ、
又、各スタンドF5〜F7に対する比率クラウン変更量
は前記(11)式で求めることができる。
The first method predicts a plate profile on the exit side of the final stand when the rolling is advanced to the final stand in accordance with a preset pass schedule based on the ratio crown R c4 obtained from the measured plate profile. This is a method of controlling the downstream stands F5 to F7 to bring the predicted delivery plate profile closer to the target value. In this case, the predicted plate profile on the exit side of the final stand can be obtained by the above equations (1) to (7).
Further, the ratio crown change amount for each of the stands F5 to F7 can be obtained by the above equation (11).

【0110】第2の方法は、ストリップ先端が最終の第
7スタンドF7を通過する以前は、第4スタンドF4出
側における実測板プロフィール(板クラウン)Cr4から
求まる比率クラウンRc4と、同スタンド出側における目
標比率クラウンRc4 Aim との偏差に基づく比例積分制御
を、単純に後段スタンドF5〜F7に適用して制御し、
ストリップ先端が第7スタンドF7を追加した後は、上
記第1の方法で制御する方法である。この場合の下流側
スタンドF5〜F7それぞれに対するクラウン比率の変
更量は前記(9)式で求めることができる。
The second method is that, before the leading end of the strip passes through the final seventh stand F7, the ratio crown Rc4 obtained from the measured plate profile (plate crown) Cr4 at the exit side of the fourth stand F4, The proportional integral control based on the deviation from the target ratio crown R c4 Aim on the exit side is simply applied to the subsequent stands F5 to F7 to perform control.
After the end of the strip has added the seventh stand F7, the control is performed by the first method. In this case, the amount of change of the crown ratio with respect to each of the downstream stands F5 to F7 can be obtained by the above equation (9).

【0111】ストリップの板厚が薄くなる後段スタンド
では、前述の通り形状が乱れ易いため、後段の第i スタ
ンドにおける比率クラウンRciの変更可能量は制限を受
ける。従って、下記(13)式により求められる上記比
率クラウンの変更可能量ΔRciで決まる制限の中で、い
かに目標に近付けるかを考慮することが通板性を確保す
る上で重要である。
In the latter stand where the strip thickness becomes thinner, the shape is easily disturbed as described above, so that the changeable amount of the ratio crown Rci in the subsequent i-th stand is limited. Therefore, it is important to consider how to approach the target in the limit determined by the changeable amount ΔR ci of the ratio crown determined by the following equation (13), in order to secure the passability.

【0112】 ΔRci= f6 (h ,b ,D) …(13)ΔR ci = f 6 (h, b, D) (13)

【0113】前述の(9)式に基づく制御方法では、上
記下流側スタンドにおける比率クラウンの変更可能量を
考慮することができないが、前記(11)に基づく方法
では、これを考慮することができるので、該(11)式
に基づく制御方法の方が(9)式に基づく制御方法に比
べて有利である。ここで、前述のように、ストリップ先
端部の板プロフィール制御の際は、第5スタンドF5以
降の実績データがないので、第7スタンドF7までの板
クラウンを予測することは意味がないので(9)式に基
づく制御方法でもよい。
In the control method based on the above equation (9), the changeable amount of the ratio crown in the downstream stand cannot be taken into account. However, in the method based on the above (11), this can be taken into account. Therefore, the control method based on the expression (11) is more advantageous than the control method based on the expression (9). Here, as described above, at the time of controlling the plate profile at the leading end of the strip, since there is no actual data after the fifth stand F5, it is meaningless to predict the plate crown up to the seventh stand F7 (9). A control method based on the expression (3) may be used.

【0114】又、本実施形態では、ストリップの先端が
前記第4スタンド間を通過した後も、板プロフィールメ
ータ20Aで計測を継続することにより、該スタンド間
を通過するストリップの板プロフィールがロールの熱膨
脹や摩耗進行等によって変化し、実測板プロフィールと
目標値との間に偏差が生じる場合でも、該偏差を補正す
ることが可能となるため、製品の板プロフィールを常に
目標値に一致させることが可能となる。
In this embodiment, even after the leading end of the strip has passed between the fourth stands, the plate profile of the strip passing between the stands can be changed by continuing the measurement with the plate profile meter 20A. Even if there is a deviation between the measured plate profile and the target value due to changes due to thermal expansion or progress of wear, etc., it is possible to correct the deviation, so that the plate profile of the product always matches the target value. It becomes possible.

【0115】次に、前記第1板プロフィールメータ20
Aによる実測板プロフィールを用いる制御方法の効果を
明らかにするために実際に板プロフィール制御を行った
結果について説明する。
Next, the first plate profile meter 20
A description will be given of the result of actually performing the plate profile control in order to clarify the effect of the control method using the actually measured plate profile by A.

【0116】板厚30mmのシートバーを、次の表1及び
表2に示したパススケジュールに従ってそれぞれ圧延す
る際に、板プロフィールメータを設置するスタンド間を
変更し、板厚が異なる位置でその板プロフィールを測定
すると共に、その実測板プロフィールに基づいて板プロ
フィールメータ設置位置より上流側のスタンドについて
フィードバック制御を行い、板プロフィールメータ設置
位置より下流側のスタンドについては比率クラウン一定
の条件の下でフィードフォワード制御を行う、板プロフ
ィール制御を行った。
When rolling a sheet bar having a thickness of 30 mm in accordance with the pass schedules shown in Tables 1 and 2 below, the distance between the stands where the plate profile meters are installed is changed, and the plate is placed at a position where the thickness is different. In addition to measuring the profile, feedback control is performed for the stand on the upstream side of the plate profile meter installation position based on the measured plate profile. Plate profile control was performed, which performed forward control.

【0117】[0117]

【表1】 [Table 1]

【0118】[0118]

【表2】 [Table 2]

【0119】図4は、上記板プロフィール制御を行った
際に得られた最終スタンド出側における実測板プロフィ
ールと目標値との誤差を板プロフィール制御精度(μm
)とし、これと板プロフィールメータを設置したスタ
ンド間における通過板厚(mm)との相関を表わした図で
ある。
FIG. 4 shows the difference between the measured plate profile on the exit side of the final stand and the target value obtained when the above-mentioned plate profile control was performed and the plate profile control accuracy (μm
) And the correlation between this and the passing plate thickness (mm) between stands on which the plate profile meter is installed.

【0120】上記図4より明らかなように、上記通過板
厚が2mm以上となると制御精度が向上し、4mmを超える
と制御精度が低下していき、最終的には制御効果が無く
なる。
As is clear from FIG. 4, the control accuracy is improved when the passing plate thickness is 2 mm or more, and the control accuracy is reduced when the passing plate thickness exceeds 4 mm, and the control effect is finally lost.

【0121】このように制御精度が板厚2mm以上で向上
することは、前記図1に示したように、形状限界から決
まる比率クラウン変更限界が急速に高まることによる
と、又、板厚4mmを超えると低下することは、前記図2
に示したように遺伝係数βi が小さくなると共に、最終
製品に到達するまでの圧延回数が増加することによる
と、理解される。
The improvement of the control accuracy at a plate thickness of 2 mm or more is based on the fact that the ratio crown change limit determined by the shape limit rapidly increases as shown in FIG. It is shown in FIG.
It is understood that the genetic coefficient β i decreases and the number of times of rolling until reaching the final product increases as shown in FIG.

【0122】以上の説明より、フィードバック制御、フ
ィードフォワード制御に用いる板プロフィールを測定す
るための板プロフィールメータの設置位置は、通過する
ストリップの板厚が4mm以下、2mm以上となるスタンド
間が好適であることが判る。
From the above description, it is preferable that the position of the plate profile meter for measuring the plate profile used for the feedback control and the feedforward control be between stands where the thickness of the passing strip is 4 mm or less and 2 mm or more. It turns out there is.

【0123】本実施形態においては、第4スタンド間に
前記第1板プロフィールメータ20Aを設置すると共
に、該第4スタンド間に連続する第5スタンド間に第2
板プロフィールメータ20Bを設置してあるので、第1
板プロフィールメータ20Aで得られる実測板プロフィ
ールに基づいて前述した板プロフィール制御を行う際
に、第2板プロフィールメータ20Bで得られる第5ス
タンドF5出側の実測板クラウンCr5を用いて該第5ス
タンドに対する制御を行うことが可能となる。
In the present embodiment, the first plate profile meter 20A is provided between the fourth stands, and the second plate profile meter 20A is provided between the fifth stands continuous between the fourth stands.
Since the plate profile meter 20B is installed, the first
When performing the above-described plate profile control based on the actually measured plate profile obtained by the plate profile meter 20A, the fifth plate F5 using the actually measured plate crown Cr5 on the exit side of the fifth stand F5 obtained by the second plate profile meter 20B is used. It is possible to control the stand.

【0124】従って、上記第5スタンドF5でも、仮定
値ではなく実測値に基づいて板プロフィール制御を行う
ことが可能となるため制御精度を更に向上することが可
能となる。
Therefore, even in the fifth stand F5, it is possible to perform the plate profile control based on the actual measured value instead of the assumed value, so that the control accuracy can be further improved.

【0125】又、本実施形態では、前述した如く、第1
板プロフィール計20Aで第4スタンドF4出側の板ク
ラウンCr4を測定すると共に、第2板プロフィールメー
タ20Bで第5スタンドF5出側の板クラウンCr5を、
又、ロールプロフィールメータ22で同スタンドF5の
ワークロールのロールプロフィールCmr5 を、更に荷重
計12Bで同スタンドF5の圧延荷重P5 をそれぞれ測
定し、これら実測値を板プロフィール制御演算装置16
に入力する。
In this embodiment, as described above, the first
With measuring a fourth stand F4 delivery side of the strip crown C r4 in the plate profile meter 20A, the fifth stand F5 delivery side by the second plate profile meter 20B strip crown C r5,
Further, the roll profile C MR5 work rolls of the same stand F5 roll profile meter 22, the rolling load P 5 of the stand F5 were measured by further load meter 12B, the plate profile processing device these measured values 16
To enter.

【0126】この演算装置16において、第5スタンド
F5の上記圧延荷重P5 から前記(6)式により同スタ
ンドF5のロール撓みによるクラウンCmp5 を計算によ
り求め、これを上記実測値と共に前記(1)式のモデル
式に適用することにより、回帰的手法により前記(5)
式のメカニカルクラウン転写率αi 、前記(7)式の遺
伝係数βi を求め、これら計算モデル式の中の学習修正
係数(回帰係数Kch、形状変化係数ξ)を変更すること
により、次の圧延材の初期設定の精度を上げることが可
能となる。
[0126] In this arithmetic unit 16, determined by calculating the crown C mp5 due to deflection rolls of the same stand F5 by the expression (6) from the rolling load P 5 of the fifth stand F5, wherein it together with the measured value (1 ) Is applied to the model formula to obtain the above (5)
The mechanical crown transfer rate α i of the equation and the genetic coefficient β i of the equation (7) are obtained, and the learning correction coefficients (regression coefficient K ch and shape change coefficient の 中) in these calculation model equations are changed to obtain the following. , The accuracy of the initial setting of the rolled material can be improved.

【0127】これを更に詳細に説明すると、本実施形態
のように、ロールプロフィールメータを備えた1台の圧
延スタンドを挾む2つのスタンド間に板プロフィールメ
ータ20A、20Bを設置する配列にすることにより、
前記(1)式によるクラウン計算に必要な、対象スタン
ドFi (i =4)出側の板クラウンCri、その前段スタ
ンド出側の板クラウンCri-1、同対象スタンドFi のロ
ールの熱膨脹によるクラウンとロール摩耗によるクラウ
ンとの和(CmRhi+CmRwi)等を全て実測できるため、
結果的に誤差要素は転写率αi と遺伝係数βi のみとな
る。従って、回帰的手法等により容易にこれら転写率α
i 、遺伝係数βi を最適化することが可能となる。な
お、上記転写率αi 及び遺伝係数βi は材料の幅方向温
度分布、材料特性等により変化するものであり、スタン
ドの違いによる変化は小さいため、特定スタンドでこれ
を求めておくことにより、他のスタンドにこれを適用し
ても特別に大きな問題は生じない。
This will be described in more detail. As in the present embodiment, an arrangement is adopted in which plate profile meters 20A and 20B are provided between two stands sandwiching one rolling stand provided with a roll profile meter. By
Necessary stand F i (i = 4) for the crown calculation by the above equation (1), the sheet crown C ri on the exit side, the sheet crown C ri-1 on the exit side of the preceding stand, and the roll of the object stand F i . Since the sum (C mRhi + C mRwi ) of the crown due to thermal expansion and the crown due to roll wear can all be measured,
Consequently error component is only genetic factors beta i and the transfer rate alpha i. Therefore, the transfer rate α can be easily determined by a recursive method or the like.
i and the genetic coefficient β i can be optimized. Note that the transfer rate α i and the genetic coefficient β i vary depending on the temperature distribution in the width direction of the material, the material characteristics, and the like, and the change due to the difference between stands is small. Applying this to other stands does not cause any major problems.

【0128】本実施形態においては、以上詳述した板プ
ロフィール制御と共に、以下に詳述する幅方向板厚制御
をも行っている。
In the present embodiment, in addition to the above-described plate profile control, the width-direction plate thickness control described below is also performed.

【0129】前記第1板プロフィールメータ20Aによ
り、第4スタンド間を通過するストリップの幅方向特定
位置における板厚を実測し、その実測幅方向板厚と同ス
タンド間の予め求めてある目標幅方向板厚との間に偏差
が生じている場合には、該偏差を減少させるために前記
上流側スタンドに対して圧下位置を修正する幅方向板厚
のフィードバック制御を実行する。ここで、ストリップ
の幅方向特定位置とは、板プロフィールメータ20Aが
備えているセンサ位置に対応する幅方向の測定位置を意
味する。
The thickness of the strip passing between the fourth stands at a specific position in the width direction is actually measured by the first plate profile meter 20A, and the measured thickness in the width direction and the predetermined target width direction between the stands are determined. If there is a deviation from the sheet thickness, feedback control of the width direction sheet thickness for correcting the rolling position with respect to the upstream side stand is performed to reduce the deviation. Here, the specific position in the width direction of the strip means a measurement position in the width direction corresponding to the sensor position of the plate profile meter 20A.

【0130】この幅方向板厚のフィードバック制御は、
例えば、幅方向特定位置の板厚の実測値と目標値との差
を逐次積分し、前段スタンドのAGCの目標値に加えて
圧下位置を修正することにより行うことができる。
The feedback control of the thickness in the width direction is as follows.
For example, it can be performed by sequentially integrating the difference between the measured value of the sheet thickness at the specific position in the width direction and the target value, and correcting the rolling position in addition to the target value of the AGC of the preceding stand.

【0131】又、本実施形態では、前記第1板プロフィ
ールメータ20Aによる実測幅方向板厚に基づいて、下
流側スタンドF5〜F7の圧下位置を修正し、最終スタ
ンドF7出側において幅方向特定位置の板厚を目標値に
一致させるためのフィードフォワード制御も行ってい
る。
In this embodiment, the rolling positions of the downstream stands F5 to F7 are corrected on the basis of the thickness measured in the width direction by the first plate profile meter 20A, and the specific width direction positions on the exit side of the final stand F7. Feed-forward control is also performed to make the thickness of the steel sheet equal to the target value.

【0132】この幅方向板厚のフィードフォワード制御
の第1の方法は、幅方向板厚を実測し、そのまま圧延し
た場合の最終スタンドF7の出側における予測幅方向板
厚を算出し、該予測幅方向板厚と同スタンドF7出側と
その目標幅方向板厚との誤差を減少させるために、前記
(12)式により圧下位置修正量を求め、それを同様に
板厚制御装置14B〜14Dに出力する方法である。
The first method of feed-forward control of the width-direction sheet thickness is to measure the width-direction sheet thickness, calculate the predicted width-direction sheet thickness at the exit side of the final stand F7 when the rolling is performed as it is, and calculate the predicted width-direction sheet thickness. In order to reduce the error between the width direction plate thickness and the stand F7 exit side and the target width direction plate thickness, the amount of correction of the rolling-down position is obtained by the above equation (12), and the amount of correction is similarly calculated by the plate thickness control devices 14B to 14D. Output to the

【0133】このフィードフォワード制御の第2の方法
は、幅方向板厚の実測値と目標値との偏差に基づいて、
最終スタンドF7出側における幅方向板厚と目標値との
誤差を減少させるために、前記(10)式により圧下位
置修正量を求め、その修正量を下流側スタンドの板厚制
御装置14B〜14Dに出力することにより制御する方
法である。
The second method of the feedforward control is based on the deviation between the measured value of the thickness in the width direction and the target value.
In order to reduce the error between the thickness in the width direction on the exit side of the final stand F7 and the target value, the amount of correction of the rolling-down position is obtained by the above equation (10), and the amount of correction is determined by the thickness control devices 14B to 14D of the downstream stand. This is a method of controlling by outputting to

【0134】又、本実施形態では、前記第1板プロフィ
ール計20A及び第2板プロフィール計20Bで、第4
スタンドF4出側における中央部板厚 h4 及び第5スタ
ンドF5出側における中央部板厚 h5 を測定すると共
に、板厚計24により第6スタンドF6出側における中
央部板厚 h6 を測定することができるので、これら各実
測板厚を上記板厚制御演算装置18に入力し、該演算装
置18でこれら実測値と予め設定してあるスタンド間目
標板厚と比較し、その偏差が減少するように板厚制御装
置14に対する制御量を変更することにより、中央部板
厚の制御をも高精度で行うことが可能となる。
In the present embodiment, the first plate profile meter 20A and the second plate profile meter 20B use the fourth plate profile meter 20A.
With measuring a central portion thickness h 5 at the central portion thickness h 4 and the fifth stand F5 exit side of the stand F4 outlet side, measuring a central portion thickness h 6 of the sixth stand F6 delivery side by thickness gauge 24 The measured thicknesses are input to the thickness control arithmetic unit 18, and the arithmetic unit 18 compares the measured values with a preset target stand-to-stand thickness to reduce the deviation. By changing the control amount for the plate thickness control device 14 in such a manner, it is possible to control the central plate thickness with high accuracy.

【0135】又、前述の如く、下流側から数えて3つ目
の第4スタンド間に第1プロフィールメータ20Aを設
置することにより、その測定位置を通過するストリップ
について幅方向の板厚の差をも検出できる。この第4ス
タンド間は、未だ板プロフィールを修正できる位置であ
るため、幅方向に板厚の差が生じている場合には、その
下流側に位置する第5スタンドF5、第6スタンドF6
及び第7スタンドF7について、幅方向に生じている板
厚の偏差を解消するようにフィードフォワード制御する
ことにより、ストリップSの最終製品に蛇行が生じるこ
とを防止することができる。このようにストリップSの
蛇行を改善することにより、先端及び後端が通板する際
の絞り込み等の通板トラブルを減少することが可能とな
る。
Further, as described above, by installing the first profile meter 20A between the third fourth stand counted from the downstream side, the difference in the thickness of the strip passing through the measurement position in the width direction can be reduced. Can also be detected. Since the position between the fourth stands is a position where the plate profile can still be corrected, if there is a difference in plate thickness in the width direction, the fifth stand F5 and the sixth stand F6 located on the downstream side thereof.
By performing feedforward control on the seventh stand F7 so as to eliminate the deviation of the plate thickness occurring in the width direction, it is possible to prevent meandering from occurring in the final product of the strip S. By improving the meandering of the strip S in this manner, it is possible to reduce a passing trouble such as narrowing when the leading end and the trailing end pass.

【0136】更に、本実施形態においては、スタンド間
に平坦度計26をそれぞれ配設してあるので、これら平
坦度計26でスタンド間を通過するストリップSの板形
状を測定し、その実測板形状を前記板プロフィール制御
演算装置16に入力し、これら検出値から制御修正量の
補正を行うことにより、板プロフィール過制御による板
形状の乱れが発生することを適切に防止することができ
る。
Further, in this embodiment, since the flatness gauges 26 are provided between the stands, respectively, the shape of the strip S passing between the stands is measured by the flatness gauges 26, and the actual measurement plate is measured. By inputting the shape to the plate profile control arithmetic unit 16 and correcting the control correction amount from the detected values, it is possible to appropriately prevent the plate shape from being disturbed due to the plate profile overcontrol.

【0137】以上詳述した如く、本実施形態によれば、
通過するストリップの板厚が4mm以下、2mm以上となる
スタンド間に板プロフィールメータ20Aを設置したの
で、該板プロフィールメータ20Aによる測定結果に基
づいて、該板プロフィールメータ20Aの設置位置より
上流側の圧延スタンドに対してフィードバック制御を行
うことにより、上記スタンド間を通過するストリップを
その位置における目標板プロフィールに一致させること
ができると共に、下流側スタンドにフィードフォワード
制御を行うことにより、上記板プロフィールメータ20
Aによる測定結果と目標値との間に偏差が生じている場
合でも、最終スタンド出側における製品板プロフィール
を目標値に的中させることができる。実際に、従来方法
では板プロフィール制御精度の誤差が30μm あったも
のを10μm 以下にすることができた。
As described in detail above, according to the present embodiment,
Since the plate profile meter 20A is installed between the stands where the thickness of the strip passing therethrough is 4 mm or less and 2 mm or more, the upstream of the installation position of the plate profile meter 20A is determined based on the measurement result by the plate profile meter 20A. By performing feedback control on the rolling stands, the strip passing between the stands can be matched with the target plate profile at that position, and by performing feedforward control on the downstream stand, the plate profile meter is controlled. 20
Even if there is a deviation between the measurement result by A and the target value, the product plate profile on the exit side of the final stand can be hit to the target value. Actually, in the conventional method, the error of the plate profile control accuracy was 30 μm, but could be reduced to 10 μm or less.

【0138】又、上記フィードバック制御によれば、従
来のようにタンデム圧延機の出側又はその近傍に板プロ
フィールメータを設置していた場合に比べ、フィードバ
ック制御をかけるまでに必要とされる材料の長さを大幅
に短縮することができる。因に、第4スタンド出側から
第7スタンド出側までをストリップ長さに換算すると、
例えば約20m になる。
Further, according to the above-mentioned feedback control, compared to the conventional case where a sheet profile meter is installed on the outlet side of the tandem rolling mill or in the vicinity thereof, the material required before the feedback control is applied is reduced. The length can be greatly reduced. By the way, when converting from the fourth stand exit side to the seventh stand exit side into the strip length,
For example, it is about 20 m.

【0139】又、上記フィードフォワード制御によれ
ば、板プロフィールメータ20Aで測定した実測値に基
づいて板プロフィール制御を行うことが可能となるた
め、従来のような予測制御に比較して大幅に制御精度を
向上させることが可能となる。
Further, according to the feedforward control, since the plate profile control can be performed based on the actually measured value measured by the plate profile meter 20A, the control can be largely performed as compared with the conventional predictive control. Accuracy can be improved.

【0140】又、本実施形態によれば、従来は不明であ
ったスタンド間の板プロフィールが判明すると共に、板
プロフィールメータを設置した連続する2つのスタンド
間に挟まれている圧延スタンドに設置したロールプロフ
ィールメータにより該圧延スタンドについてのロールプ
ロフィールを実測値として求めることができることか
ら、同圧延スタンドの入側と出側の板プロフィール、及
びロールプロフィールの状況を直接測定できるようにな
る。
Further, according to the present embodiment, the plate profile between the stands, which was conventionally unknown, can be found, and the plate profile meter is installed on a rolling stand sandwiched between two consecutive stands. Since the roll profile for the rolling stand can be obtained as an actual measurement value by the roll profile meter, the plate profile on the entrance side and the exit side of the rolling stand and the state of the roll profile can be directly measured.

【0141】従って、メカニカルクラウンの転写率
αi 、遺伝係数βi のモデル式との乖離を定量的且つ直
接的に把握する可能となるため、制御モデル式の精度を
大幅に向上することが可能となり、次材圧延時の各制御
機器に対する初期設定精度を大幅に向上することが可能
となる。
Therefore, the deviation of the mechanical crown transcription rate α i and genetic coefficient β i from the model formula can be quantitatively and directly grasped, so that the accuracy of the control model formula can be greatly improved. Thus, the initial setting accuracy for each control device at the time of rolling the next material can be greatly improved.

【0142】更に、本実施形態によれば、実測幅方向板
厚に基づいて幅方向板厚のフィードバック制御及びフィ
ードフォワード制御を行うことにより、最終スタンド出
側において、板プロフィールと共に幅方向板厚をも高精
度で目標値に的中させることが可能となる。
Further, according to the present embodiment, the width-direction thickness is controlled together with the thickness at the final stand exit side by performing feedback control and feed-forward control of the width-direction thickness based on the measured width-direction thickness. Can also hit the target value with high accuracy.

【0143】以上、本発明について具体的に説明した
が、本発明は、前記実施形態に示したものに限られるも
のでなく、その要旨を逸脱しない範囲で種々変更可能で
ある。
As described above, the present invention has been specifically described. However, the present invention is not limited to the above-described embodiment, and can be variously modified without departing from the gist thereof.

【0144】例えば、前記実施形態では、仕上圧延機が
7スタンドからなるものについて説明したが、これに限
定されない。
For example, in the above-described embodiment, the case where the finishing mill has seven stands has been described.

【0145】又、前記7スタンドからなる仕上圧延機で
は、第1板プロフィールメータ20Aを、通過板厚が4
mm以下、2mm以上となる第4スタンド間に設置したが、
これに限定されない。
Further, in the finishing mill comprising the seven stands, the first plate profile meter 20A is passed through a plate having a thickness of 4 mm.
mm or less, it was installed between the 4th stand that was 2 mm or more,
It is not limited to this.

【0146】又、板プロフィールメータ、ロールプロフ
ィールメータ及び平坦温度計の設置位置及びその数は、
前記実施形態に示したものに限られるものでなく、任意
に変更可能であり、板プロフィールメータを設置するス
タンド間も連続している場合に限定されない。
The installation positions and the numbers of the plate profile meter, the roll profile meter, and the flat thermometer are as follows.
The present invention is not limited to the embodiment described above, but can be arbitrarily changed, and is not limited to the case where the stands where the plate profile meters are installed are continuous.

【0147】又、前記実施形態では、最終の第7スタン
ド前の第6スタンド間に板厚計を設置した場合を示した
が、この板厚計に変えて板プロフィールメータを設置し
てもよい。但し、このスタンド間では通常板厚が薄くな
りすぎているため、板プロフィール制御の自由度は極め
て低い。従って、最終スタンド間には、前記実施形態の
ように板厚計を設置することが経済的な面からも有利で
ある。
Further, in the above embodiment, the case where the thickness gauge is installed between the sixth stand before the final seventh stand is shown, but a plate profile meter may be installed instead of the thickness gauge. . However, since the plate thickness is usually too thin between the stands, the degree of freedom in controlling the plate profile is extremely low. Therefore, it is advantageous from the economical point of view to install a thickness gauge as in the above embodiment between the final stands.

【0148】[0148]

【発明の効果】以上説明した通り、本発明によれば、ス
トリップに形状不良を発生させることなく、最終スタン
ド出側の板プロフィールと共に幅方向板厚を先端部から
高精度で目標値に的中させることができる、応答性の高
い圧延制御を行うことができる。
As described above, according to the present invention, the thickness of the strip in the width direction and the thickness of the strip in the width direction together with the strip profile on the exit side of the final stand can be accurately set to the target value from the front end without causing a shape defect in the strip. Highly responsive rolling control can be performed.

【図面の簡単な説明】[Brief description of the drawings]

【図1】スタンド間を通過する板の厚さと比率クラウン
変更限界の関係を示す線図
FIG. 1 is a diagram showing the relationship between the thickness of a plate passing between stands and the ratio crown change limit.

【図2】遺伝係数と板厚の関係を示す線図FIG. 2 is a diagram showing the relationship between genetic coefficient and plate thickness.

【図3】本発明に係る一実施形態のホットストリップ仕
上圧延機の設備配列の一部を示す概略構成図
FIG. 3 is a schematic configuration diagram showing a part of an equipment arrangement of a hot strip finishing mill according to an embodiment of the present invention.

【図4】スタンド間板プロフィールメータ設置位置の板
厚と制御精度の関係を示す線図
FIG. 4 is a diagram showing a relationship between a plate thickness at a stand-to-plate profile meter installation position and control accuracy.

【符号の説明】[Explanation of symbols]

10…板プロフィール制御装置 12…荷重計 14…板厚制御装置 16…板プロフィール制御演算装置 18…板厚制御演算装置 20…板プロフィールメータ 22…ロールプロフィールメータ 24…板厚計 26…平坦度計 DESCRIPTION OF SYMBOLS 10 ... Sheet profile control device 12 ... Load meter 14 ... Sheet thickness control device 16 ... Sheet profile control arithmetic device 18 ... Sheet thickness control arithmetic device 20 ... Sheet profile meter 22 ... Roll profile meter 24 ... Sheet thickness meter 26 ... Smoothness meter

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 野村 信彰 千葉県千葉市中央区川崎町1番地 川崎 製鉄株式会社 千葉製鉄所内 (72)発明者 二階堂 英幸 千葉県千葉市中央区川崎町1番地 川崎 製鉄株式会社 千葉製鉄所内 (56)参考文献 特開 昭59−197309(JP,A) 特開 平5−111712(JP,A) 特公 昭54−8464(JP,B2) (58)調査した分野(Int.Cl.6,DB名) B21B 37/28 - 37/44 ──────────────────────────────────────────────────続 き Continuing from the front page (72) Nobuaki Nomura, Inventor No. 1, Kawasaki-cho, Chuo-ku, Chiba-shi, Chiba Kawasaki Steel Corporation Chiba Works (72) Inventor Hideyuki Nikaido 1 Kawasaki-cho, Chuo-ku, Chiba-shi, Chiba (56) References JP-A-59-197309 (JP, A) JP-A-5-111712 (JP, A) JP-B-54-8644 (JP, B2) (58) Fields investigated ( Int.Cl. 6 , DB name) B21B 37/28-37/44

Claims (1)

(57)【特許請求の範囲】(57) [Claims] 【請求項1】複数の圧延スタンドが連設されてなるホッ
トストリップ仕上圧延機における圧延制御方法におい
て、 スタンド間に設置した板プロフィールメータで該スタン
ド間を通過するストリップの板プロフィールを実測し、 ストリップ先端が最終スタンドを通過する以前は、 前記板プロフィールメータによる実測板プロフィール
と、同実測位置における目標板プロフィールとの偏差に
基づいて、最終スタンド出側における板プロフィールの
目標値との誤差を減少させるように前記板プロフィール
メータ設置スタンド間より下流側の圧延スタンドに対し
て板プロフィール制御を行い、 前記板プロフィールメータで実測した実測幅方向板厚
と、同実測位置における目標幅方向板厚との偏差に基づ
いて、最終スタンド出側における幅方向板厚の目標値と
の誤差を減少させるように上記下流側の圧延スタンドの
圧下位置を修正し、 ストリップ先端が最終スタンドを通過した後は、 前記実測板プロフィールに基づいて最終スタンド出側に
おける板プロフィールを予測し、その予測板プロフィー
ルと最終スタンド出側における目標板プロフィールとの
誤差を減少させるように前記板プロフィールメータ設置
スタンド間より下流側の圧延スタンドに対して板プロフ
ィール制御を行い、 前記板プロフィールメータで実測した実測幅方向板厚に
基づいて最終スタンド出側における幅方向板厚を予測
し、その予測幅方向板厚と最終スタンド出側における目
標幅方向板厚との誤差を減少させるように上記下流側の
圧延スタンドの圧下位置を修正することを特徴とするホ
ットストリップ仕上圧延機における圧延制御方法。
1. A method for controlling rolling in a hot strip finishing mill in which a plurality of rolling stands are connected in series, wherein a plate profile of a strip passing between the stands is measured by a plate profile meter installed between the stands. Before the tip passes through the final stand, the error between the target plate profile at the exit of the final stand and the target value of the plate profile on the exit side of the final stand is reduced based on the deviation between the actual plate profile measured by the plate profile meter and the target plate profile at the actual measurement position. The plate profile control is performed on the rolling stand on the downstream side between the plate profile meter installation stands as described above, and the deviation between the measured width direction thickness measured by the plate profile meter and the target width direction thickness at the same measurement position. Based on the width of the plate thickness in the final stand exit side Correct the rolling position of the downstream rolling stand so as to reduce the error from the target value, and after the strip tip passes through the final stand, predict the plate profile at the exit of the final stand based on the measured plate profile. The plate profile control is performed on a rolling stand downstream from the plate profile meter installation stand so as to reduce an error between the predicted plate profile and the target plate profile on the final stand exit side. The width in the width direction on the exit side of the final stand is predicted based on the actually measured width in the width direction, and the downstream is set so as to reduce the error between the predicted width direction thickness and the target width direction thickness on the exit side of the final stand. The hot strip finishing mill is characterized in that the rolling position of the rolling stand on the side is corrected. Rolling control how.
JP8335508A 1996-12-16 1996-12-16 Rolling control method in hot strip finishing mill Expired - Fee Related JP2956934B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8335508A JP2956934B2 (en) 1996-12-16 1996-12-16 Rolling control method in hot strip finishing mill

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8335508A JP2956934B2 (en) 1996-12-16 1996-12-16 Rolling control method in hot strip finishing mill

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4285940A Division JP2628966B2 (en) 1992-10-23 1992-10-23 Rolling control method in hot strip finishing mill

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09174129A JPH09174129A (en) 1997-07-08
JP2956934B2 true JP2956934B2 (en) 1999-10-04

Family

ID=18289366

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8335508A Expired - Fee Related JP2956934B2 (en) 1996-12-16 1996-12-16 Rolling control method in hot strip finishing mill

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2956934B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7849722B2 (en) 2006-03-08 2010-12-14 Nucor Corporation Method and plant for integrated monitoring and control of strip flatness and strip profile
US8205474B2 (en) * 2006-03-08 2012-06-26 Nucor Corporation Method and plant for integrated monitoring and control of strip flatness and strip profile

Also Published As

Publication number Publication date
JPH09174129A (en) 1997-07-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP0671225B1 (en) Method for controlling rolling process in hot strip finish rolling mill
JP2956934B2 (en) Rolling control method in hot strip finishing mill
JP2956933B2 (en) Rolling control method in hot strip finishing mill
JP2587173B2 (en) Rolling control method in hot strip finishing mill
JP2628966B2 (en) Rolling control method in hot strip finishing mill
JP2628965B2 (en) Rolling control method in hot strip finishing mill
JP2587172B2 (en) Equipment arrangement of hot strip finishing mill
JP2628963B2 (en) Equipment arrangement of hot strip finishing mill
JP2628964B2 (en) Equipment arrangement of hot strip finishing mill
JP2587171B2 (en) Equipment arrangement of hot strip finishing mill
JP2587174B2 (en) Rolling control method in hot strip finishing mill
JP3767832B2 (en) Thickness control method in hot rolling
JP3205175B2 (en) Strip width control method in hot rolling
JP3205130B2 (en) Strip width control method in hot rolling
JP2968637B2 (en) Strip width control method in hot rolling
KR100207139B1 (en) Hot-strip finishing roll and control method therefor
JPH0636929B2 (en) Method for controlling strip width of rolled material
JP2002336906A (en) Method and apparatus for controlling rolling mill
JP2661515B2 (en) Strip crown control method in hot rolling
JP2587173C (en)
JP2950182B2 (en) Manufacturing method of tapered steel plate
JP2628965C (en)
JP2628963C (en)
JP2587172C (en)
JP3467559B2 (en) Strip width control method in hot continuous rolling

Legal Events

Date Code Title Description
S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313531

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees