JP2021157255A - IT system verification method and system - Google Patents

IT system verification method and system Download PDF

Info

Publication number
JP2021157255A
JP2021157255A JP2020054223A JP2020054223A JP2021157255A JP 2021157255 A JP2021157255 A JP 2021157255A JP 2020054223 A JP2020054223 A JP 2020054223A JP 2020054223 A JP2020054223 A JP 2020054223A JP 2021157255 A JP2021157255 A JP 2021157255A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
verification
transaction
data
transaction message
response data
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2020054223A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP7069500B2 (en
Inventor
シク キム、ヨン
Yong Sik Kim
シク キム、ヨン
ファン キム、ジュン
Jung Hwan Kim
ファン キム、ジュン
ホ キム、ジン
Jin Ho Kim
ホ キム、ジン
ソン シン、ミン
Min Sung Shin
ソン シン、ミン
ホイル イ
Hoil Lee
ホイル イ
オク チャン、クァン
Kwang Ok Jang
オク チャン、クァン
チャン チョン、キ
Kichang Jung
チャン チョン、キ
ヒ ハン、カン
Kang Hee Han
ヒ ハン、カン
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
LG CNS Co Ltd
Original Assignee
LG CNS Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by LG CNS Co Ltd filed Critical LG CNS Co Ltd
Priority to JP2020054223A priority Critical patent/JP7069500B2/en
Publication of JP2021157255A publication Critical patent/JP2021157255A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP7069500B2 publication Critical patent/JP7069500B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

To provide an IT system verification method and a system that can solve a problem of mobilizing personnel required for verification and reduce the required time.SOLUTION: An IT system verification method of an actual transaction data infrastructure in a verification system 300 includes: a step S303 of capturing network packets sent and received between a transaction system 100 and a business system 200 to obtain a transaction message; a step S305 of transmitting request data included in the transaction message to a verification target system; a step S306 of receiving response data from the verification target system; and a step S308 of subjecting the response data received from the verification target system and the response data included in the transaction message to comparison determination.SELECTED DRAWING: Figure 3

Description

本発明はITシステム検証方法およびシステムに関し、さらに詳細には、開発システムに対する検証において、事前に定義されたシナリオまたはケースではなく、実環境で実際に発生するシナリオまたはケースを活用して検証を実施することによって、次世代システムの構築、高度化および機能改善システム、老朽化が進んだ装備の取り換えシステム、運営およびメンテナンスシステムの検証ソリューションとして活用され得るようにする方法およびシステムに関する。 The present invention relates to an IT system verification method and system, and more specifically, in verification of a development system, verification is performed by utilizing a scenario or case that actually occurs in a real environment, not a predefined scenario or case. By doing so, it relates to methods and systems that can be used as verification solutions for next-generation system construction, advanced and functional improvement systems, aging equipment replacement systems, operation and maintenance systems.

一般的に、特定システムを開発する場合、開発したシステムに対して欠陥または障害があるかどうかを確認するために、別途の検証手続きを遂行する。 Generally, when developing a specific system, a separate verification procedure is performed to confirm whether the developed system has defects or failures.

しかし、従来の開発システム検証技術では、開発者または設計者が任意の仮想データまたは少量の実データを使用して手作業で検証ケースを生成することにより、制限された検証を遂行するか、大量の実データを使用する場合にも、追加的な業務別切り換えプログラムの開発が要求されるという短所がある。 However, traditional development system verification techniques allow developers or designers to manually generate validation cases using arbitrary virtual data or small amounts of real data to perform limited validation or large quantities. Even when using the actual data of, there is a disadvantage that the development of an additional business-specific switching program is required.

また、従来技術の場合、統合検証の遂行時、相互間の検証のために多数の管理者が集まって手作業で検証を遂行するところ、検証を通じて開発システムの品質を確保するためには相対的に多くの時間と費用を必要とせざるを得ず、これと同時に検証を遂行できる人員も制限的であるという短所がある。 In addition, in the case of the conventional technology, when performing integrated verification, a large number of managers gather to perform verification manually for mutual verification, but it is relative to ensure the quality of the development system through verification. It has the disadvantage that it requires a lot of time and money, and at the same time, the number of people who can carry out the verification is limited.

したがって、実使用者の取引データを検証データとして活用する一方、大規模の実使用者を開発システムのテスターとして活用することによって、実環境で発生可能な膨大なケースに対する事前対応を可能にする開発システム検証技術の開発に対する要求が次第に増大しており、前述した問題点を解決するための解決策が急を要しているのが実情である。 Therefore, while utilizing the transaction data of actual users as verification data, by utilizing large-scale actual users as testers of the development system, development that enables advance response to a huge number of cases that can occur in the actual environment. The demand for the development of system verification technology is gradually increasing, and the reality is that there is an urgent need for solutions to solve the above-mentioned problems.

本発明は前述した従来技術の問題点を解決するためのものであって、開発システムに対する検証時、実環境で実際に発生するシナリオまたはケースを活用して、一定期間の間大量の自動化された検証が実施されるようにすることによって、検証のために要求される人員動員問題の解決および所要時間の短縮を可能とすることをその目的とする。 The present invention is for solving the above-mentioned problems of the prior art, and when the development system is verified, a large amount of automation is performed for a certain period of time by utilizing a scenario or a case that actually occurs in a real environment. The purpose is to enable the verification to be carried out so that the personnel mobilization problem required for the verification can be solved and the required time can be shortened.

本発明の目的は以上で言及した目的に制限されず、言及されていないさらに他の目的は下記の記載から明確に理解されるであろう。 The object of the present invention is not limited to the object mentioned above, and other purposes not mentioned above will be clearly understood from the description below.

前述した目的を達成するための本発明の一実施例によると、検証システムが、検証対象システムを自動で検証(Testing)する方法において、(a)取引(Transaction)システムと業務(Processing)システム間に送受信されるネットワークパケットをキャプチャーして取引メッセージを得る段階;(b)前記取引メッセージに含まれた要請データを検証対象システムに伝送する段階;(c)前記検証対象システムから応答データを受信する段階;および(d)前記検証対象システムから受信された応答データと前記取引メッセージに含まれた応答データを対比判定する段階を含む、実取引データ基盤のITシステム検証方法が提供される。 According to an embodiment of the present invention for achieving the above-mentioned object, in a method in which a verification system automatically verifies (Testing) a system to be verified, (a) between a Transaction system and a Processing system. The stage of capturing the network packets sent and received in the above to obtain a transaction message; (b) the stage of transmitting the request data contained in the transaction message to the verification target system; (c) receiving the response data from the verification target system. A step; and (d) an IT system verification method based on an actual transaction data including a step of comparing and determining the response data received from the verification target system and the response data included in the transaction message are provided.

前記(a)段階は、前記ネットワークパケットが暗号化されている場合、復号化するための情報を可変データとして含んで前記取引メッセージを得る段階を含むことができる。 The step (a) can include a step of obtaining the transaction message by including information for decryption as variable data when the network packet is encrypted.

前記取引メッセージは、要請データと前記要請データに対応する応答データで構成され、フロー(Flow)単位で生成されたものであることを特徴とすることができる。 The transaction message is composed of request data and response data corresponding to the request data, and can be characterized in that it is generated in flow units.

前記(a)段階は、追跡の便宜性が確保されるようにするために、前記取引メッセージに固有識別子であるUUIDを付与する段階を含むことができる。 The step (a) may include a step of assigning a UUID, which is a unique identifier, to the transaction message in order to ensure the convenience of tracking.

前記(b)段階は、前記取引メッセージに含まれた要請データを前記検証システムの変換規則に沿って、前記検証対象システムに定義された構造または形式に変換して前記検証対象システムに伝送する段階を含むことができる。 The step (b) is a step of converting the request data included in the transaction message into a structure or format defined in the verification target system according to the conversion rules of the verification system and transmitting the request data to the verification target system. Can be included.

前記(d)段階は、対比判定結果および前記検証対象システムから受信された応答データを前記取引メッセージとマッピングして保存する段階を含むことができる。 The step (d) can include a step of mapping and storing the contrast determination result and the response data received from the verification target system with the transaction message.

前記(d)段階は、前記対比判定した結果、失敗結果のものと判定された場合、エラーの原因分析を実施して、分析されたエラー情報を前記取引メッセージと追加でマッピングして保存する段階を含むことができる。 In step (d), when it is determined that the result of the comparison is a failure result, the cause of the error is analyzed, and the analyzed error information is additionally mapped and saved with the transaction message. Can be included.

前記(d)段階は、前記検証システムにあらかじめ定義されている所定のマッピング規則に基づいてマッピング保存を実施することを特徴とすることができる。 The step (d) can be characterized in that mapping storage is performed based on a predetermined mapping rule defined in advance in the verification system.

前記(d)段階は、事前に定義された規則に沿って、前記検証対象システムから受信された応答データからセッションIDおよび業務IDの情報を抽出して登録を遂行することによって、以降の取引メッセージにおいてマッピング情報として使用されるようにする段階をさらに含むことができる。 In step (d), subsequent transaction messages are performed by extracting session ID and business ID information from the response data received from the verification target system and performing registration in accordance with a predefined rule. It can further include a step of making it used as mapping information in.

一方、本発明の他の実施例によると、取引(Transaction)システムと業務(Processing)システム間に送受信されるネットワークパケットをキャプチャーして取引メッセージを得るキャプチャー遂行部;前記取引メッセージに含まれた要請データを検証対象システムに伝送する変換部;前記検証対象システムから受信された応答データと前記取引メッセージに含まれた応答データを対比判定する結果処理部を含む、検証システムが提供される。 On the other hand, according to another embodiment of the present invention, a capture execution unit that captures network packets transmitted and received between a Transmission system and a Processing system to obtain a transaction message; a request included in the transaction message. A conversion unit that transmits data to the verification target system; a verification system including a result processing unit that compares and determines the response data received from the verification target system and the response data included in the transaction message is provided.

前記キャプチャー遂行部は、前記ネットワークパケットが暗号化されている場合、復号化するための情報を可変データとして含んで前記取引メッセージを得ることができる。 When the network packet is encrypted, the capture execution unit can obtain the transaction message by including information for decryption as variable data.

前記取引メッセージは、要請データと前記要請データに対応する応答データで構成され、フロー(Flow)単位で生成されたものであることを特徴とすることができる。 The transaction message is composed of request data and response data corresponding to the request data, and can be characterized in that it is generated in flow units.

前記キャプチャー遂行部は、追跡の便宜性が確保されるようにするために、前記取引メッセージに固有識別子であるUUIDを付与することができる。 The capture execution unit can assign a UUID, which is a unique identifier, to the transaction message in order to ensure the convenience of tracking.

前記変換部は、前記取引メッセージに含まれた要請データを前記検証システムの変換規則に沿って、前記検証対象システムに定義された構造または形式に変換して前記検証対象システムに伝送することを特徴とすることができる。 The conversion unit is characterized in that the request data included in the transaction message is converted into a structure or format defined in the verification target system according to the conversion rules of the verification system and transmitted to the verification target system. Can be.

前記結果処理部は、対比判定結果および前記検証対象システムから受信された応答データを前記取引メッセージとマッピングして保存することができる。 The result processing unit can map the contrast determination result and the response data received from the verification target system with the transaction message and save the result.

前記結果処理部は、前記対比判定した結果、失敗結果のものと判定された場合、エラーの原因分析を実施して、分析されたエラー情報を前記取引メッセージと追加でマッピングして保存することができる。 When the result processing unit determines that the result of the comparison is a failure result, the result processing unit may perform cause analysis of the error and additionally map and save the analyzed error information with the transaction message. can.

前記結果処理部は、前記検証システムにあらかじめ定義されている所定のマッピング規則に基づいてマッピング保存を実施することを特徴とすることができる。 The result processing unit may be characterized in that mapping storage is performed based on a predetermined mapping rule defined in advance in the verification system.

前記結果処理部は、事前に定義された規則に沿って、前記検証対象システムから受信された応答データからセッションIDおよび業務IDの情報を抽出して登録を遂行することによって、以降の取引メッセージにおいてマッピング情報として使用されるようにすることができる。 The result processing unit extracts the information of the session ID and the business ID from the response data received from the verification target system and executes the registration according to the predetermined rule, in the subsequent transaction message. It can be used as mapping information.

前記取引メッセージを保存する保存部;前記保存部に保存された取引メッセージをエンコーディングして変換部に伝送する再現部;および前記キャプチャー遂行部、保存部、再現部、変換部および結果処理部の動作状態を管理する管理部をさらに含むことができる。 A storage unit that stores the transaction message; a reproduction unit that encodes the transaction message stored in the storage unit and transmits it to the conversion unit; and an operation of the capture execution unit, the storage unit, the reproduction unit, the conversion unit, and the result processing unit. It can further include a management unit that manages the state.

本発明の一実施例によると、開発者によって定義された制限的検証ではなく、実際の運営環境の取引データを通じて、持続的かつ繰り返して回帰検証を遂行することにより、実際の使用者は認識していない状態で開発システムをあらかじめ開通する効果を得ることができ、これを通じて実際の開通時点の開発システムの品質を向上させることができる効果がある。 According to one embodiment of the present invention, the actual user recognizes by performing the regression verification continuously and repeatedly through the transaction data of the actual operating environment, instead of the restrictive verification defined by the developer. It is possible to obtain the effect of opening the development system in advance in a state where it is not open, and through this, there is an effect that the quality of the development system at the time of actual opening can be improved.

本発明の他の実施例によると、実環境で発生する多様なケースの大量の取引データを利用して自動化された検証を遂行するところ、システム開発後に相互間に検証を遂行する従来技術に比べて、検証時に要求される時間、費用および人員を減縮させることができる。 According to another embodiment of the present invention, when automated verification is performed using a large amount of transaction data of various cases generated in a real environment, compared with the conventional technique of performing mutual verification after system development. Therefore, the time, cost and personnel required at the time of verification can be reduced.

本発明の効果は前記した効果に限定されず、本発明の詳細な説明または特許請求の範囲に記載された発明の構成から推論可能なすべての効果を含むものと理解されるべきである。 The effects of the present invention are not limited to those described above, and should be understood to include all effects that can be inferred from the detailed description of the invention or the constitution of the invention described in the claims.

本発明の一実施例に係る実取引データ基盤のITシステム自動検証システムの構成を概略的に図示した図面。The drawing which roughly illustrated the structure of the IT system automatic verification system of the actual transaction data infrastructure which concerns on one Example of this invention. 本発明の一実施例に係る検証システムの構成を図示したブロック図。The block diagram which illustrated the structure of the verification system which concerns on one Example of this invention. 本発明の一実施例により実取り引きデータに基づいてITシステムに対する検証自動化が遂行される過程を図示したフローチャート。A flowchart illustrating a process in which verification automation for an IT system is performed based on actual transaction data according to an embodiment of the present invention. 本発明の他の実施例に係る実取引データ基盤のITシステム自動検証システムの構成を概略的に図示した図面。The drawing which schematically illustrated the structure of the IT system automatic verification system of the actual transaction data infrastructure which concerns on other Examples of this invention.

以下では、添付した図面を参照して本発明を説明する。しかし、本発明は多様な異なる形態で具現され得、したがってここで説明する実施例に限定されるものではない。そして、図面で本発明を明確に説明するために、説明と関係のない部分は省略したし、明細書全体を通じて類似する部分については類似する図面符号を付した。 Hereinafter, the present invention will be described with reference to the accompanying drawings. However, the present invention can be embodied in a variety of different forms and is therefore not limited to the examples described herein. Then, in order to clearly explain the present invention in the drawings, parts unrelated to the description are omitted, and similar parts are designated by similar drawing reference numerals throughout the specification.

明細書全体で、ある部分が他の部分と「連結」されているとする時、これは「直接的に連結」されている場合だけでなく、その中間に他の部材を挟んで「間接的に連結」されている場合も含む。また、ある部分がある構成要素を「含む」とする時、これは特に反対の記載がない限り、他の構成要素を除外するものではなく他の構成要素をさらに具備できることを意味する。 When one part is "connected" to another part in the entire specification, this is not only when it is "directly connected", but also "indirectly" with another member in between. Including the case of being "concatenated to". Also, when a part "contains" a component, this does not exclude other components unless otherwise stated, and means that other components can be further included.

以下、添付された図面を参照して本発明の実施例を詳細に説明する。 Hereinafter, embodiments of the present invention will be described in detail with reference to the accompanying drawings.

図1は、本発明の一実施例に係る実取引データ基盤のITシステム自動検証システムの構成を概略的に図示した図面である。 FIG. 1 is a drawing schematically illustrating the configuration of an IT system automatic verification system based on an actual transaction data infrastructure according to an embodiment of the present invention.

図1を参照すると、本発明の一実施例に係る実取引データ基盤のITシステム自動検証システムは、取引システム100、業務システム200、検証システム300および検証対象システム400で構成され得る。 Referring to FIG. 1, the IT system automatic verification system of the actual transaction data infrastructure according to the embodiment of the present invention may be composed of the transaction system 100, the business system 200, the verification system 300, and the verification target system 400.

取引システム100、業務システム200、検証システム300および検証対象システム400のそれぞれは通信網を通じて連結されていてもよい。ここで、通信網は有線および無線などのようなその通信様態にかかわらず構成され得、近距離通信網(LAN:Local Area Network)、都市圏通信網(MAN:Metropolitan Area Network)、広域通信網(WAN:Wide Area Network)等の多様な通信網で構成され得る。 Each of the transaction system 100, the business system 200, the verification system 300, and the verification target system 400 may be connected through a communication network. Here, the communication network can be configured regardless of the communication mode such as wired and wireless, short-range communication network (LAN: Local Area Network), metropolitan area communication network (MAN: Metropolitan Area Network), wide area communication network. It may be composed of various communication networks such as (WAN: Wide Area Network).

取引システム100は使用者によって特定業務に対する処理が要請されると、該当業務処理に対応する業務システム200に第1要請データを伝送することができる。第1要請データは、URLまたは電文の形態で伝送されるものであり得る。 When the transaction system 100 is requested by the user to process a specific business, the transaction system 100 can transmit the first request data to the business system 200 corresponding to the business processing. The first request data may be transmitted in the form of a URL or a telegram.

業務システム200は前記受信された第1要請データに対する第1応答データを取引システム100に伝送することができ、これにより、第1要請データおよび第1応答データをシステム内に保存することができる。 The business system 200 can transmit the first response data to the received first request data to the transaction system 100, whereby the first request data and the first response data can be stored in the system.

検証システム300は、前記取引システム100と業務システム200間に送受信されるネットワークパケットをキャプチャーして取引メッセージを得ることができる。 The verification system 300 can capture network packets transmitted and received between the transaction system 100 and the business system 200 to obtain a transaction message.

具体的には、検証システム300は、前記取引システム100と業務システム200間に送受信される第1要請データおよび第1応答データを含むネットワークパケットをキャプチャーして取引データを取得することができる。 Specifically, the verification system 300 can capture network packets including first request data and first response data transmitted and received between the transaction system 100 and the business system 200 to acquire transaction data.

検証システム300は、前記受信されたネットワークパケットに含まれた第1要請データおよび第1応答データを一つのメッセージに併合して取引メッセージを生成することができ、生成した取引メッセージには今後追跡の便宜性確保のために固有識別子であるUUID(Universally Unique Identifier、汎用固有識別子)を付与することができる。 The verification system 300 can generate a transaction message by merging the first request data and the first response data contained in the received network packet into one message, and the generated transaction message will be tracked in the future. A UUID (Universally Unique Identifier, a general-purpose unique identifier), which is a unique identifier, can be assigned to ensure convenience.

すなわち、取引メッセージは、基本的に第1要請データと第1要請データに対応する第1応答データで構成され得、フロー(Flow)単位で生成されるものであり得る。本発明の一実施例によると、取引メッセージには、前記第1要請データおよび第1応答データだけでなく、発信/着信IPアドレス、TCPポート、メッセージプロトコル、データの長さなどの共通ヘッダ情報をさらに含むことができる。また、取引メッセージ内で、データの長さにより要請データと応答データが区分され得る。 That is, the transaction message can basically be composed of the first request data and the first response data corresponding to the first request data, and can be generated in flow units. According to one embodiment of the present invention, the transaction message includes not only the first request data and the first response data, but also common header information such as outgoing / incoming IP address, TCP port, message protocol, and data length. Further can be included. Further, in the transaction message, the request data and the response data can be classified according to the length of the data.

本発明の一実施例によると、前記ネットワークパケットが暗号化された情報を含む場合、検証システム300は該当情報を復号化するための情報を可変データとしてさらに含んで取引メッセージを生成することができる。 According to one embodiment of the present invention, when the network packet contains encrypted information, the verification system 300 can further include information for decrypting the information as variable data to generate a transaction message. ..

検証システム300は生成した取引メッセージを取引単位でデコーディングしてシステム内に保存することができる。 The verification system 300 can decode the generated transaction message for each transaction and store it in the system.

検証システム300は、前記取引メッセージに基づいてあらかじめ定義された規則に沿って、第1要請データに対する変換を実施することができる。ここで、あらかじめ定義された規則は、業務システム200と検証対象システム400間の呼び出し方式差による変換方法を定義した規則であり得る。 The verification system 300 can carry out the conversion for the first request data according to the rules defined in advance based on the transaction message. Here, the pre-defined rule may be a rule that defines a conversion method due to a difference in calling method between the business system 200 and the verification target system 400.

具体的には、検証システム300は、前記取引メッセージから第1要請データを抽出して、第1要請データに対するデコーディングを遂行した後、前記あらかじめ定義された規則に沿って、第1要請データを第2要請データに変換することができる。変換が完了すると、検証システム300は変換された第2要請データをエンコーディング処理して検証対象システム400に伝送することができ、該当第2要請データに対して検証対象システム400から受信される第2応答データを前記取引メッセージに含まれた第1応答データとマッピングしてその結果を保存することができる。 Specifically, the verification system 300 extracts the first request data from the transaction message, performs decoding for the first request data, and then performs the first request data according to the predetermined rule. It can be converted into the second request data. When the conversion is completed, the verification system 300 can encode the converted second request data and transmit it to the verification target system 400, and the second request data is received from the verification target system 400 for the second request data. The response data can be mapped to the first response data included in the transaction message and the result can be saved.

すなわち、第2要請データは、検証システム300の変換規則に沿って、第1要請データが変換されたものとし、検証対象システム400に定義された構造または形式に変換されたものであり得る。第2要請データは、第1要請データと同様にURLまたは電文の形態で伝送されるものであり得る。 That is, the second request data may be the one in which the first request data is converted in accordance with the conversion rules of the verification system 300, and is converted into the structure or format defined in the verification target system 400. The second request data may be transmitted in the form of a URL or a message like the first request data.

また、前記マッピング保存は、検証システム300にあらかじめ定義されている規則に基づいて実施されるものであり得る。 Further, the mapping storage may be performed based on the rules defined in advance in the verification system 300.

検証システム300は検証対象システム400から受信される第2要請データに対する第2応答データを分析し、前記あらかじめ受信された第1応答データとの比較を遂行することによって、対比判定を通じて検証の成功または失敗の有無を判定することができる。 The verification system 300 analyzes the second response data for the second request data received from the verification target system 400, and performs comparison with the first response data received in advance, so that the verification is successful or the verification is successful through the comparison determination. It is possible to determine whether or not there is a failure.

本発明の一実施例によると、検証システム300は第2応答データを分析して第1応答データと比較した結果、失敗であると判定した場合、エラー情報を保存することができる。この時、検証システム300は失敗結果とエラー情報を前記取引メッセージとマッピングして保存することができ、あらかじめ定義されている所定の対比判定規則に基づいてマッピング保存することができる。 According to one embodiment of the present invention, when the verification system 300 analyzes the second response data and compares it with the first response data and determines that the result is a failure, the verification system 300 can save the error information. At this time, the verification system 300 can map and save the failure result and the error information with the transaction message, and can save the mapping based on a predetermined contrast determination rule defined in advance.

また、検証システム300は事前に定義された規則に沿って、前記第2応答データからセッションID、業務IDなどの特定情報を抽出して登録を遂行することによって、以降の取引メッセージで該当情報がマッピング情報として使用されるようにすることができる。 Further, the verification system 300 extracts specific information such as a session ID and a business ID from the second response data according to a predetermined rule and executes registration, so that the relevant information is displayed in subsequent transaction messages. It can be used as mapping information.

検証対象システム400は検証システム300から前記あらかじめ定義された規則に沿って、変換された第2要請データを受信することができ、受信された第2要請データに対する第2応答データを伝送することができる。 The verification target system 400 can receive the converted second request data from the verification system 300 according to the predetermined rule, and can transmit the second response data to the received second request data. can.

図2は、本発明の一実施例に係る検証システム300の構成を図示したブロック図である。 FIG. 2 is a block diagram illustrating the configuration of the verification system 300 according to an embodiment of the present invention.

図2を参照すると、本発明の一実施例に係る検証システム300は、キャプチャー遂行部310、保存部320、再現部330、変換部340、結果処理部350および管理部360を含むことができる。 Referring to FIG. 2, the verification system 300 according to an embodiment of the present invention can include a capture execution unit 310, a storage unit 320, a reproduction unit 330, a conversion unit 340, a result processing unit 350, and a management unit 360.

キャプチャー遂行部310は取引システム100と業務システム200間に送受信されるネットワークパケットをキャプチャーして取引メッセージを得ることができる。ここで、取引メッセージは第1要請データと第1要請データに対応する第1応答データで構成され、フロー(Flow)単位で生成されたものであり得る。 The capture execution unit 310 can capture network packets transmitted and received between the transaction system 100 and the business system 200 to obtain a transaction message. Here, the transaction message is composed of the first request data and the first response data corresponding to the first request data, and may be generated in a flow unit.

具体的には、キャプチャー遂行部310は取引システム100と業務システム200間に送受信される第1要請データおよび第1応答データを含むネットワークパケットをキャプチャーして取引データを取得することができる。したがって、取引データには第1要請データおよび第1応答データが含まれていてもよい。 Specifically, the capture execution unit 310 can capture the network packet including the first request data and the first response data transmitted and received between the transaction system 100 and the business system 200 to acquire the transaction data. Therefore, the transaction data may include the first request data and the first response data.

キャプチャー遂行部310は前記取引データに含まれた第1要請データおよび第1応答データを併合して一つの取引メッセージとして生成することができ、生成された取引メッセージには固有識別子であるUUIDを付与することができる。 The capture execution unit 310 can combine the first request data and the first response data included in the transaction data to generate one transaction message, and assigns a unique identifier UUID to the generated transaction message. can do.

本発明の一実施例によると、キャプチャーしたネットワークパケットが暗号化されている場合、キャプチャー遂行部310は該当情報を復号化するための情報を可変データとしてさらに含んで取引メッセージを生成することができる。 According to one embodiment of the present invention, when the captured network packet is encrypted, the capture execution unit 310 can further include the information for decrypting the relevant information as variable data to generate a transaction message. ..

換言すると、キャプチャー遂行部310は、取引システム100と業務システム200間に送受信される第1要請データおよび第1応答データをネットワークパケットのキャプチャーを通じて取得することができ、取得した第1要請データと第1応答データを併合して一つの取引メッセージとして生成することができるが、この時、取引メッセージには前記第1要請データおよび第1応答データだけでなく、発信/着信IPアドレス、TCPポート、メッセージプロトコル、メッセージの長さなどが含まれた共通ヘッダ情報と復号化のための情報が含まれた可変データをさらに含んで取引メッセージとして生成することができる In other words, the capture execution unit 310 can acquire the first request data and the first response data transmitted and received between the transaction system 100 and the business system 200 through the capture of the network packet, and the acquired first request data and the first request data. One response data can be merged and generated as one transaction message. At this time, the transaction message includes not only the first request data and the first response data but also the outgoing / incoming IP address, TCP port, and message. It can be generated as a transaction message by further including common header information including protocol, message length, etc. and variable data including information for decoding.

保存部320はキャプチャー遂行部310で生成された取引メッセージを取引単位でデコーディングして保存することができ、保存された取引メッセージのそれぞれの位置情報をインデックス情報として別途に保存することができる。 The storage unit 320 can decode and store the transaction message generated by the capture execution unit 310 for each transaction, and can separately store the position information of each of the stored transaction messages as index information.

前記取引メッセージの保存時、保存部320は一時的な保存ではなく永久的な保存を遂行することによって、今後保存された取引メッセージに基づいてリアルタイム方式またはバッチ方式で取り引きが再現されるようにすることができる。 When saving the transaction message, the storage unit 320 performs permanent storage instead of temporary storage so that the transaction can be reproduced in real time or batch method based on the transaction message stored in the future. be able to.

再現部330は前記保存部320に保存された取引メッセージをエンコーディングして変換部340に伝送することができ、伝送された取引メッセージの位置情報を別途に保存することができる。 The reproduction unit 330 can encode the transaction message stored in the storage unit 320 and transmit it to the conversion unit 340, and can separately store the position information of the transmitted transaction message.

本発明の一実施例によると、変換部340に伝送する取引メッセージに対応する開始インデックス情報と終了インデックス情報が存在する場合、再現部330は取引メッセージの一部に対してのみエンコーディングして変換部340に伝送することができ、前記取引メッセージの一部は、全体の取引メッセージのうち前記取引メッセージに含まれた開始インデックス情報と終了インデックス情報内の区間に該当する取引メッセージを意味するものであり得る。 According to one embodiment of the present invention, when the start index information and the end index information corresponding to the transaction message transmitted to the conversion unit 340 exist, the reproduction unit 330 encodes only a part of the transaction message and the conversion unit. A part of the transaction message that can be transmitted to 340 means a transaction message corresponding to a section in the start index information and the end index information included in the transaction message in the whole transaction message. obtain.

変換部340は取引メッセージに含まれた第1要請データを第2要請データに変換して検証対象システム400に伝送することができ、第2要請データは検証システム300の変換規則に沿って、検証対象システム400に定義された構造または形式に変換されて検証対象システム400に伝送されるものであり得る。 The conversion unit 340 can convert the first request data included in the transaction message into the second request data and transmit it to the verification target system 400, and the second request data is verified according to the conversion rules of the verification system 300. It may be converted to the structure or format defined in the target system 400 and transmitted to the verification target system 400.

具体的に説明すると、変換部340は業務システム200と検証対象システム400が使用するプロトコル(例えば、HTML、XML、JSON、TCP電文など)に応じて変換処理をするための前処理作業を遂行することができるが、前処理作業は圧縮解除、キャラクターセットの変換および前記取引メッセージの第1応答データからセッション情報およびクッキー情報などを抽出することを含むことができる。 Specifically, the conversion unit 340 carries out preprocessing work for performing conversion processing according to the protocols (for example, HTML, XML, JSON, TCP message, etc.) used by the business system 200 and the verification target system 400. However, the pre-processing operation can include decompression, character set conversion, and extraction of session information, cookie information, and the like from the first response data of the transaction message.

本発明の一実施例によると、前記第1要請データが暗号化されている場合、変換部340は暗号化方式による復号化処理をさらに遂行できる。 According to one embodiment of the present invention, when the first request data is encrypted, the conversion unit 340 can further perform the decryption process by the encryption method.

前記第1要請データに対する前処理作業が完了すると、変換部340はあらかじめ定義された規則に沿って、第1要請データを第2要請データに変換することができる。 When the preprocessing work for the first request data is completed, the conversion unit 340 can convert the first request data into the second request data according to a predetermined rule.

前記あらかじめ定義された規則は、管理部360を通じて業務システム200と検証対象システム400間の呼び出し規則が定義されたものであって、これにより、前記変換された第2要請データは検証対象システム400のプロトコルに相応するように変換されたデータであり得る。 The predefined rule defines a call rule between the business system 200 and the verification target system 400 through the management unit 360, whereby the converted second request data is the verification target system 400. The data can be converted to correspond to the protocol.

また、変換部340は変換された第2要請データの一部をマスキングまたはエンコーディング処理して検証対象システム400に伝送することができる。 Further, the conversion unit 340 can mask or encode a part of the converted second request data and transmit it to the verification target system 400.

結果処理部350は検証対象システム400から前記第2要請データに対する第2応答データを受信することができ、受信された第2応答データを分析することができる。 The result processing unit 350 can receive the second response data for the second request data from the verification target system 400, and can analyze the received second response data.

結果処理部350は前記分析を通じて、第2応答データとあらかじめ受信されて保存された第1応答データを比較して対比判定することができ、これにより、検証に対する成功または失敗を判定することができる。 Through the analysis, the result processing unit 350 can compare the second response data with the first response data received and stored in advance to make a contrast determination, thereby determining success or failure of the verification. ..

また、結果処理部350は対比判定結果および前記第2応答データをあらかじめ受信されている取引メッセージとマッピングして保存することができ、対比判定結果、検証失敗と判定された場合、失敗に対するエラー情報を追加分析して該当エラー情報と取引メッセージを追加でマッピングして保存することができる。 Further, the result processing unit 350 can map and save the comparison determination result and the second response data with the transaction message received in advance, and when the comparison determination result and the verification failure are determined, the error information for the failure Can be additionally analyzed and the corresponding error information and transaction message can be additionally mapped and saved.

ここで、前記マッピング保存は、あらかじめ定義されている所定のマッピング規則に基づいて実施され得る。 Here, the mapping storage can be performed based on a predetermined mapping rule defined in advance.

また、結果処理部350は事前に定義された規則に沿って、前記第2応答データを分析してセッションIDおよび業務IDなどの特定情報を抽出して保存することによって、以降の取引メッセージにおいてマッピング情報として使用されるようにすることができる。 In addition, the result processing unit 350 analyzes the second response data and extracts and stores specific information such as session ID and business ID according to a predetermined rule, thereby mapping in subsequent transaction messages. It can be used as information.

本発明の一実施例によると、結果処理部350は業務システム200および検証対象システム400のセッションが維持されるように、各システムのセッション情報をマッピングして保存し、これに基づいてアップデートを遂行できる。換言すると、結果処理部350は業務システム200で遂行された第1要請データを含む取引メッセージのセッション情報と検証対象システム400で第2要請データに基づいて遂行された取り引きのセッション情報をマッピングして保存することができる。ちなみに、セッション情報マッピング保存過程も管理部360を通じてあらかじめ定義されているマッピング規則に沿ってマッピングされて保存されるものであり得る。 According to one embodiment of the present invention, the result processing unit 350 maps and saves the session information of each system so that the sessions of the business system 200 and the verification target system 400 are maintained, and executes the update based on the mapping and storage. can. In other words, the result processing unit 350 maps the session information of the transaction message including the first request data executed in the business system 200 and the session information of the transaction executed based on the second request data in the verification target system 400. Can be saved. Incidentally, the session information mapping saving process may also be mapped and saved according to the mapping rule defined in advance through the management unit 360.

また、本発明の一実施例によると、結果処理部350は検証対象システム400から受信される前記第2応答データを分析して、新規に生成された業務のキー値が存在する場合、該当キー値を前記取引メッセージに含まれて保存された業務システム200の取引データに対するキー値、すなわち、可変データとマッピングして保存することができる。換言すると、結果処理部350は業務システム200から受信された第1要請データを含む取引データに対するキー値と検証対象システム400から受信された第2要請データを含む取引データに対するキー値をマッピングして保存することができる。同様に、可変データマッピング保存過程も管理部360を通じてあらかじめ定義されているマッピング規則に沿ってマッピングされて保存されるものであり得る。 Further, according to one embodiment of the present invention, the result processing unit 350 analyzes the second response data received from the verification target system 400, and if there is a newly generated business key value, the corresponding key. The value can be mapped and saved as a key value for the transaction data of the business system 200 stored included in the transaction message, that is, variable data. In other words, the result processing unit 350 maps the key value for the transaction data including the first request data received from the business system 200 and the key value for the transaction data including the second request data received from the verification target system 400. Can be saved. Similarly, the variable data mapping storage process may also be mapped and stored according to a mapping rule defined in advance through the management unit 360.

この時、結果処理部350は前記キー値マッピングのために、検証対象システム400から受信される第2応答データからキー値を探すための多様な検索方法(例えば、LEFT BOUND/RIGHT BOUND、JSON PATH、XPATHなど)を提供することができる。 At this time, the result processing unit 350 searches for the key value from the second response data received from the verification target system 400 for the key value mapping (for example, LEFT BOUND / RIGHT BOUND, JSON PATT). , XPATH, etc.) can be provided.

また、結果処理部350は検証対象システム400のログ情報およびローデータ情報を別途に保存することができる。 In addition, the result processing unit 350 can separately store the log information and raw data information of the verification target system 400.

その結果、結果処理部350は総合的な遂行結果および統計と個別取引メッセージに対する詳細情報およびエラー情報を保存して管理することができ、管理者によって該当情報の提供が要請されると、該当情報を提供することができる。 As a result, the result processing unit 350 can save and manage the comprehensive execution result and statistics, detailed information and error information for the individual transaction message, and when the administrator requests the provision of the relevant information, the relevant information. Can be provided.

管理部360は所定のマッピング規則または変換規則を定義することができ、前記キャプチャー遂行部310、保存部320、再現部330、変換部340および結果処理部350に対する動作状態の管理、制御および環境構成の変更などを遂行できる。 The management unit 360 can define a predetermined mapping rule or conversion rule, and manages, controls, and configures the operating state of the capture execution unit 310, the storage unit 320, the reproduction unit 330, the conversion unit 340, and the result processing unit 350. Can carry out changes such as.

図3は、本発明の一実施例により実取り引きデータに基づいてITシステムに対する検証自動化が遂行される過程を図示したフローチャートである。 FIG. 3 is a flowchart illustrating a process in which verification automation for an IT system is performed based on actual transaction data according to an embodiment of the present invention.

まず、業務システム200は取引システム100から第1業務に対する第1要請データが受信されると(S301)、第1要請データに対する第1応答データを取引システム100に伝送することができる(S302)。このような第1要請データおよび第1応答データの送受信は一つの取り引きを意味し得る。 First, when the business system 200 receives the first request data for the first business from the transaction system 100 (S301), the business system 200 can transmit the first response data for the first request data to the transaction system 100 (S302). Sending and receiving such first request data and first response data can mean one transaction.

検証システム300は取り引きが発生することによって、取引システム100と業務システム200間に送受信される取引データである前記第1要請データと第1応答データのネットワークパケットをキャプチャーして保存することによって、取引メッセージを得ることができる(S303)。すなわち、取引メッセージは、第1要請データと第1要請データに対応する第1応答データで構成され、フロー(Flow)単位で生成されたものを意味し得る。 The verification system 300 captures and stores network packets of the first request data and the first response data, which are transaction data transmitted and received between the transaction system 100 and the business system 200 when a transaction occurs. A message can be obtained (S303). That is, the transaction message is composed of the first request data and the first response data corresponding to the first request data, and may mean a message generated in a flow unit.

具体的には、検証システム300は、前記第1要請データと第1応答データを併合して一つの取引メッセージとして生成することによって取引単位で保存を遂行することができるが、該当取引メッセージに固有識別子であるUUIDを付与することによって、今後UUIDを通じてのデータの追跡を可能にして追跡に対する便宜性を提供することができる。 Specifically, the verification system 300 can perform storage in transaction units by merging the first request data and the first response data and generating them as one transaction message, but it is unique to the relevant transaction message. By assigning the UUID, which is an identifier, it is possible to trace the data through the UUID in the future and provide convenience for the tracking.

本発明の一実施例によると、前記キャプチャーしたネットワークパケットが暗号化されている場合、検証システム300は該当ネットワークパケット復号化のためにキー値を可変データとして含んで取引メッセージを生成することができる。 According to one embodiment of the present invention, when the captured network packet is encrypted, the verification system 300 can generate a transaction message including the key value as variable data for decrypting the network packet. ..

また、検証システム300は、前記生成した取引メッセージに対してシステム内に永久的に保存することができる。 In addition, the verification system 300 can permanently store the generated transaction message in the system.

検証システム300は、前記生成した取引メッセージの第1要請データをデコーディングしてあらかじめ定義されている変換規則に沿って、第2要請データへの変換を遂行できる(S304)。 The verification system 300 can decode the first request data of the generated transaction message and perform the conversion to the second request data according to the conversion rule defined in advance (S304).

換言すると、前記変換は、前記あらかじめ定義されている変換規則が業務システム200と検証対象システム400間の呼び出し規則を定義した規則であることにより、業務システム200で使用するプロトコルに対する第1要請データを検証対象システム400で使用するプロトコルに合わせて第2要請データとして変換することを意味し、これにより、第2要請データは検証対象システム400に定義された構造または形式に変換されることを意味し得る。 In other words, the conversion is the first request data for the protocol used in the business system 200 because the predefined conversion rule is a rule that defines a calling rule between the business system 200 and the verification target system 400. It means that it is converted as the second request data according to the protocol used in the verification target system 400, which means that the second request data is converted into the structure or format defined in the verification target system 400. obtain.

本発明の一実施例によると、前記取引メッセージの第1要請データが暗号化されている場合、検証システム300は暗号化方式による復号化処理を遂行した後、前記あらかじめ定義されている規則に沿って変換を遂行できる。 According to one embodiment of the present invention, when the first request data of the transaction message is encrypted, the verification system 300 performs the decryption process by the encryption method and then follows the predetermined rule. Can carry out the conversion.

検証システム300は変換が完了すると、変換された第2要請データを検証対象システム400に伝送することができ(S305)、第2要請データに対する第2応答データを検証対象システム400から受信することができる(S306)。 When the conversion is completed, the verification system 300 can transmit the converted second request data to the verification target system 400 (S305), and can receive the second response data for the second request data from the verification target system 400. Yes (S306).

この後、検証システム300は受信された第2応答データを保存および分析することができる(S307)。 After this, the verification system 300 can store and analyze the received second response data (S307).

具体的には、検証システム300は検証対象システム400から第2応答データが受信されると、第2応答データを前記業務システム200から受信した取引メッセージに含まれた第1応答データとマッピングして保存するが、この時、あらかじめ定義されたマッピング規則に基づいてマッピングを実施することができる。 Specifically, when the verification system 300 receives the second response data from the verification target system 400, the verification system 300 maps the second response data with the first response data included in the transaction message received from the business system 200. It is saved, but at this time, mapping can be performed based on a predefined mapping rule.

また、検証システム300は、前記第2応答データに対するマッピング保存時に分析結果に対する情報もマッピングして保存することができる。 Further, the verification system 300 can also map and save the information for the analysis result at the time of saving the mapping for the second response data.

検証システム300は、前記第2応答データに対する分析結果に基づいてマッピング保存された第1応答データと対比判定して検証成功または失敗の結果を判定することができる(S308)。 The verification system 300 can determine the result of verification success or failure by comparing with the first response data mapped and stored based on the analysis result for the second response data (S308).

前記結果判定を通じて検証失敗と判定された場合、検証システム300は失敗の原因情報に該当するエラー情報を追加分析して保存することができ、エラー情報もあらかじめ定義されている所定のマッピング規則に基づいて取引メッセージとマッピングされて保存され得る。 When it is determined that the verification has failed through the result determination, the verification system 300 can additionally analyze and save the error information corresponding to the cause information of the failure, and the error information is also based on a predetermined mapping rule defined in advance. Can be mapped and saved with transaction messages.

検証システム300は事前に定義された規則に沿って、前記第2応答データからセッションID、業務IDなどの特定情報を抽出して、該当特定情報が以降の取引メッセージにおいてマッピング情報として使用されるようにする過程をさらに遂行できる。 The verification system 300 extracts specific information such as session ID and business ID from the second response data according to a predetermined rule so that the specific information is used as mapping information in subsequent transaction messages. Can further carry out the process of making.

また、前記のすべてのマッピングされた情報が検証システム300にUUIDに区分されて保存されることにより、今後データの追跡または照会が容易であり、検証済みのデータに対する管理が可能となる。 Further, since all the mapped information described above is divided into UUIDs and stored in the verification system 300, it is easy to track or inquire the data in the future, and the verified data can be managed.

図4は、本発明の他の実施例に係る実取引データ基盤のITシステム自動検証システムの構成を概略的に図示した図面である。 FIG. 4 is a drawing schematically illustrating the configuration of an IT system automatic verification system based on an actual transaction data infrastructure according to another embodiment of the present invention.

図4を参照すると、本発明の他の実施例に係る実取引データ基盤のITシステム自動検証システムは、取引システム100、業務システム200、第1検証システム301、第2検証システム302、検証対象システム400および機関システム500で構成され得る。 Referring to FIG. 4, the IT system automatic verification system of the actual transaction data infrastructure according to another embodiment of the present invention includes the transaction system 100, the business system 200, the first verification system 301, the second verification system 302, and the verification target system. It may consist of 400 and an engine system 500.

取引システム100、業務システム200、第1検証システム301、第2検証システム302、検証対象システム400および機関システム500のそれぞれは通信網を通じて連結されていてもよい。ここで、通信網は有線および無線などのようなその通信様態にかかわらず構成され得、近距離通信網(LAN:Local Area Network)、都市圏通信網(MAN:Metropolitan Area Network)、広域通信網(WAN:Wide Area Network)等の多様な通信網で構成され得る。 Each of the transaction system 100, the business system 200, the first verification system 301, the second verification system 302, the verification target system 400, and the institutional system 500 may be connected through a communication network. Here, the communication network can be configured regardless of the communication mode such as wired and wireless, short-range communication network (LAN: Local Area Network), metropolitan area communication network (MAN: Metropolitan Area Network), wide area communication network. It may be composed of various communication networks such as (WAN: Wide Area Network).

具体的には、図4は図1の実施例で業務システム200が機関システム500との連動が必要な場合の実施例を示した図面であって、取引システム100の要請によって取引システム100と業務システム200間の第1要請データおよび第1応答データの送受信で取り引きが遂行され、第1検証システム301がこのような第1要請データおよび第1応答データを含んだネットワークパケットをキャプチャーして取引メッセージを生成することにより、生成した取引メッセージに基づいてあらかじめ定義されている規則で第1要請データに対する変換を実施して、変換された第2要請データを検証対象システム400に伝送して該当要請データに対する第2応答データを受信し、第1応答データと第2応答データを比較することによって検証成功または失敗の有無を判定する図1に図示されたシステム構成は同じである。 Specifically, FIG. 4 is a drawing showing an embodiment in which the business system 200 needs to be linked with the institutional system 500 in the embodiment of FIG. 1, and the transaction system 100 and the business are performed at the request of the transaction system 100. The transaction is executed by sending and receiving the first request data and the first response data between the systems 200, and the first verification system 301 captures the network packet containing such the first request data and the first response data and makes a transaction message. Is generated, conversion is performed for the first request data according to the rules defined in advance based on the generated transaction message, and the converted second request data is transmitted to the verification target system 400 to correspond to the request data. The system configuration shown in FIG. 1 is the same, in which the second response data is received and the presence or absence of verification success or failure is determined by comparing the first response data with the second response data.

ただし、業務システム200が機関システム500と連動されている場合、複数の検証システム301、302が存在して、取引システム100と業務システム200間の取引に対するネットワークパケットは第1検証システム301によりキャプチャーされ、業務システム200と機関システム500間の取り引きに対するネットワークパケットは第2検証システム302によりキャプチャーされ得る。 However, when the business system 200 is linked with the institutional system 500, there are a plurality of verification systems 301 and 302, and the network packet for the transaction between the transaction system 100 and the business system 200 is captured by the first verification system 301. The network packet for the transaction between the business system 200 and the institutional system 500 can be captured by the second verification system 302.

これにより、第2検証システム302は第1検証システム301と同様に業務システム200と機関システム500間に送受信される要請データおよび応答データを含むネットワークパケットをキャプチャーして取引メッセージを生成することができ、生成した取引メッセージに基づいて、あらかじめ定義されている変換規則に基づいて要請データの変換を遂行できる。 As a result, the second verification system 302 can generate a transaction message by capturing network packets including request data and response data transmitted and received between the business system 200 and the institutional system 500, similarly to the first verification system 301. , Based on the generated transaction message, the conversion of the request data can be performed based on the predefined conversion rules.

また、前記変換された要請データは、検証対象システム400に伝送され、これにより、第2検証システム302は検証対象システム400から受信される応答データに基づいてあらかじめ保存された応答データを比較して、その結果により検証成功または失敗の有無が判定され得る。 Further, the converted request data is transmitted to the verification target system 400, whereby the second verification system 302 compares the response data stored in advance based on the response data received from the verification target system 400. , The result can be used to determine whether the verification was successful or unsuccessful.

また、検証対象システム400が機関システム500と直接的に連動できない場合には、機関システム500の代わりに第2検証システム302と連動して第2検証システム302に保存された実連動データを取得してもよい。 If the verification target system 400 cannot be directly linked with the engine system 500, the actual interlocking data stored in the second verification system 302 is acquired by linking with the second verification system 302 instead of the engine system 500. You may.

このように、本発明の一実施例によると、開発者によって定義された制限的検証ではなく、実際の運営環境の取引データを通じて、持続的かつ繰り返して回帰検証を遂行することによって、実際の使用者は認識していない状態で開発システムをあらかじめ開通する効果を得ることができ、これを通じて実際の開通時点の開発システムの品質を向上させることができる効果がある。 Thus, according to one embodiment of the invention, actual use by performing persistent and repetitive regression verification through transaction data in the actual operating environment rather than the restrictive validation defined by the developer. The person can obtain the effect of opening the development system in advance without being aware of it, and through this, there is an effect that the quality of the development system at the time of actual opening can be improved.

また、本発明の一実施例によると、実環境で発生する多様なケースの大量の取引データを利用して開発システムの自動化された検証を遂行するところ、システム開発後に手作業で相互間に検証を遂行する従来技術に比べて、検証時に要求される時間、費用および人員を減縮させることができる。 In addition, according to one embodiment of the present invention, when an automated verification of a development system is performed using a large amount of transaction data of various cases generated in a real environment, mutual verification is manually performed after the system is developed. Compared with the conventional technique for performing the above, the time, cost and personnel required at the time of verification can be reduced.

本発明の効果は前記した効果に限定されず、本発明の詳細な説明または特許請求の範囲に記載された発明の構成から推論可能なすべての効果を含むものと理解されるべきである。 The effects of the present invention are not limited to those described above, and should be understood to include all effects that can be inferred from the detailed description of the invention or the constitution of the invention described in the claims.

前述した本発明の説明は例示のためのものであって、本発明が属する技術分野の通常の知識を有する者は、本発明の技術的思想や必須の特徴を変更することなく他の具体的な形態に容易に変形可能であることが理解できるであろう。したがって、前述した実施例はすべての面で例示的なものであり限定的ではないものと理解されるべきである。例えば、単一形で説明されている各構成要素は分散して実施されてもよく、同様に分散されたものとして説明されている構成要素も結合された形態で実施され得る。 The above description of the present invention is for illustration purposes only, and a person having ordinary knowledge in the technical field to which the present invention belongs can use other concrete elements without changing the technical idea or essential features of the present invention. It can be seen that it can be easily transformed into various forms. Therefore, it should be understood that the examples described above are exemplary in all respects and are not limiting. For example, each component described in a single form may be implemented in a distributed manner, and components described as similarly distributed may also be implemented in a combined form.

本発明の範囲は後述する特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲の意味および範囲、そしてその均等概念から導き出されるすべての変更または変形された形態も本発明の範囲に含まれるものと解釈されるべきである。 The scope of the present invention is indicated by the scope of claims described later, and it is interpreted that the meaning and scope of the claims and all modified or modified forms derived from the concept of equality thereof are also included in the scope of the present invention. It should be.

100:取引システム
200:業務システム
300:検証システム
310:キャプチャー遂行部
320:保存部
330:再現部
340:変換部
350:結果処理部
360:管理部
400:検証対象システム
500:機関システム
100: Transaction system 200: Business system 300: Verification system 310: Capture execution unit 320: Storage unit 330: Reproduction unit 340: Conversion unit 350: Result processing unit 360: Management unit 400: Verification target system 500: Institutional system

Claims (19)

検証システムが、検証対象システムを自動で検証(Testing)する方法において、
(a)取引(Transaction)システムと業務(Processing)システム間に送受信されるネットワークパケットをキャプチャーして取引メッセージを得る段階;
(b)前記取引メッセージに含まれた要請データを検証対象システムに伝送する段階;
(c)前記検証対象システムから応答データを受信する段階;および
(d)前記検証対象システムから受信された応答データと前記取引メッセージに含まれた応答データを対比判定する段階を含む、実取引データ基盤のITシステム検証方法。
In the method in which the verification system automatically tests the verification target system,
(A) A stage of capturing a network packet sent and received between a Transaction system and a Processing system to obtain a transaction message;
(B) The stage of transmitting the request data included in the transaction message to the verification target system;
Actual transaction data including (c) a step of receiving response data from the verification target system; and (d) a step of comparing the response data received from the verification target system with the response data included in the transaction message. Basic IT system verification method.
前記(a)段階は、
前記ネットワークパケットが暗号化されている場合、復号化するための情報を可変データとして含んで前記取引メッセージを得る段階を含む、実取引データ基盤ITシステム検証方法。
The step (a) is
An actual transaction data infrastructure IT system verification method including a step of obtaining the transaction message by including information for decryption as variable data when the network packet is encrypted.
前記取引メッセージは、
要請データと前記要請データに対応する応答データで構成され、フロー(Flow)単位で生成されたことを特徴とする、請求項1または請求項2に記載の実取引データ基盤のITシステム検証方法。
The transaction message is
The IT system verification method of the actual transaction data infrastructure according to claim 1 or 2, wherein the request data and the response data corresponding to the request data are composed and generated in flow units.
前記(a)段階は、
追跡の便宜性が確保されるようにするために、前記取引メッセージに固有識別子であるUUIDを付与する段階を含む、請求項1または請求項2に記載の実取引データ基盤のITシステム検証方法。
The step (a) is
The IT system verification method of the actual transaction data infrastructure according to claim 1 or 2, which comprises a step of assigning a UUID which is a unique identifier to the transaction message in order to ensure the convenience of tracking.
前記(b)段階は、
前記取引メッセージに含まれた要請データを前記検証システムの変換規則に沿って、前記検証対象システムに定義された構造または形式に変換して前記検証対象システムに伝送する段階を含む、請求項1または請求項2に記載の実取引データ基盤のITシステム検証方法。
The step (b) is
1. The IT system verification method for the actual transaction data infrastructure according to claim 2.
前記(d)段階は、
対比判定結果および前記検証対象システムから受信された応答データを前記取引メッセージとマッピングして保存する段階を含む、請求項1または請求項2に記載の実取引データ基盤のITシステム検証方法。
The step (d) is
The IT system verification method of the actual transaction data infrastructure according to claim 1 or 2, which includes a step of mapping and storing the comparison determination result and the response data received from the verification target system with the transaction message.
前記(d)段階は、
前記対比判定した結果、失敗結果のものと判定された場合、エラーの原因分析を実施して、分析されたエラー情報を前記取引メッセージとマッピングして保存する段階を含む、請求項6に記載の実取引データ基盤のITシステム検証方法。
The step (d) is
The sixth aspect of claim 6, further comprising a step of performing an error cause analysis and mapping and storing the analyzed error information with the transaction message when the result of the comparison determination is determined to be a failure result. IT system verification method for actual transaction data infrastructure.
前記(d)段階は、
前記検証システムにあらかじめ定義されている所定のマッピング規則に基づいてマッピング保存を実施することを特徴とする、請求項6に記載の実取引データ基盤のITシステム検証方法。
The step (d) is
The IT system verification method of an actual transaction data infrastructure according to claim 6, wherein mapping storage is performed based on a predetermined mapping rule defined in advance in the verification system.
前記(d)段階は、
事前に定義された規則に沿って、前記検証対象システムから受信された応答データからセッションIDおよび業務IDの情報を抽出して登録を遂行することによって、以降の取引メッセージにおいてマッピング情報として使用されるようにする段階を含む、請求項1または請求項2に記載の実取引データ基盤ITシステム検証方法。
The step (d) is
By extracting the session ID and business ID information from the response data received from the verification target system and performing registration according to the predefined rules, it will be used as mapping information in subsequent transaction messages. The actual transaction data infrastructure IT system verification method according to claim 1 or 2, which includes a step of making the above.
取引(Transaction)システムと業務(Processing)システム間に送受信されるネットワークパケットをキャプチャーして取引メッセージを得るキャプチャー遂行部;
前記取引メッセージに含まれた要請データを検証対象システムに伝送する変換部;
前記検証対象システムから受信された応答データと前記取引メッセージに含まれた応答データを対比判定する結果処理部を含む、検証システム。
A capture execution department that captures network packets sent and received between a transaction system and a processing system to obtain a transaction message;
A conversion unit that transmits the request data included in the transaction message to the verification target system;
A verification system including a result processing unit for comparing and determining response data received from the verification target system and response data included in the transaction message.
前記キャプチャー遂行部は、
前記ネットワークパケットが暗号化されている場合、復号化するための情報を可変データとして含んで前記取引メッセージを得る、請求項10に記載の検証システム。
The capture execution unit
The verification system according to claim 10, wherein when the network packet is encrypted, the transaction message is obtained by including information for decryption as variable data.
前記取引メッセージは、
要請データと前記要請データに対応する応答データで構成され、フロー(Flow)単位で生成されたことを特徴とする、請求項10または請求項11に記載の検証システム。
The transaction message is
The verification system according to claim 10 or 11, wherein the verification system is composed of request data and response data corresponding to the request data, and is generated in flow units.
前記キャプチャー遂行部は、
追跡の便宜性が確保されるようにするために、前記取引メッセージに固有識別子であるUUIDを付与する、請求項10または請求項11に記載の検証システム。
The capture execution unit
The verification system according to claim 10 or 11, wherein a UUID, which is a unique identifier, is assigned to the transaction message to ensure the convenience of tracking.
前記変換部は、
前記取引メッセージに含まれた要請データを前記検証システムの変換規則に沿って、前記検証対象システムに定義された構造または形式に変換して前記検証対象システムに伝送することを特徴とする、請求項10または請求項11に記載の検証システム。
The conversion unit
The claim is characterized in that the request data included in the transaction message is converted into a structure or format defined in the verification target system and transmitted to the verification target system in accordance with the conversion rules of the verification system. 10 or the verification system according to claim 11.
前記結果処理部は、
対比判定結果および前記検証対象システムから受信された応答データを前記取引メッセージとマッピングして保存する、請求項10または請求項11に記載の検証システム。
The result processing unit
The verification system according to claim 10 or 11, wherein the comparison determination result and the response data received from the verification target system are mapped and stored with the transaction message.
前記結果処理部は、
前記対比判定した結果、失敗結果のものと判定された場合、エラーの原因分析を実施して、分析されたエラー情報を前記取引メッセージとマッピングして保存する、請求項15に記載の検証システム.
The result processing unit
The verification system according to claim 15, wherein if the result of the comparison determination is determined to be a failure result, the cause of the error is analyzed, and the analyzed error information is mapped and stored with the transaction message.
前記結果処理部は、
前記検証システムにあらかじめ定義されている所定のマッピング規則に基づいてマッピング保存を実施することを特徴とする、請求項15に記載の検証システム。
The result processing unit
The verification system according to claim 15, wherein mapping storage is performed based on a predetermined mapping rule defined in advance in the verification system.
前記結果処理部は、
事前に定義された規則に沿って、前記検証対象システムから受信された応答データからセッションIDおよび業務IDの情報を抽出して登録を遂行することによって、以降の取引メッセージにおいてマッピング情報として使用されるようにする、請求項10または請求項11に記載の検証システム。
The result processing unit
By extracting the session ID and business ID information from the response data received from the verification target system and performing registration according to the predefined rules, it will be used as mapping information in subsequent transaction messages. The verification system according to claim 10 or 11.
前記取引メッセージを保存する保存部;
前記保存部に保存された取引メッセージをエンコーディングして変換部に伝送する再現部;および
前記キャプチャー遂行部、保存部、再現部、変換部および結果処理部の動作状態を管理する管理部をさらに含む、請求項10または請求項11に記載の検証システム。
Storage unit for storing the transaction message;
It further includes a reproduction unit that encodes a transaction message stored in the storage unit and transmits it to a conversion unit; and a management unit that manages the operating states of the capture execution unit, the storage unit, the reproduction unit, the conversion unit, and the result processing unit. The verification system according to claim 10 or 11.
JP2020054223A 2020-03-25 2020-03-25 IT system verification method and system Active JP7069500B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2020054223A JP7069500B2 (en) 2020-03-25 2020-03-25 IT system verification method and system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2020054223A JP7069500B2 (en) 2020-03-25 2020-03-25 IT system verification method and system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2021157255A true JP2021157255A (en) 2021-10-07
JP7069500B2 JP7069500B2 (en) 2022-05-18

Family

ID=77918361

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2020054223A Active JP7069500B2 (en) 2020-03-25 2020-03-25 IT system verification method and system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP7069500B2 (en)

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006115317A (en) * 2004-10-15 2006-04-27 Toshiba Corp Information processor and information processing method
JP2012088883A (en) * 2010-10-19 2012-05-10 Hitachi Ltd Test method, test management server, and test management program
JP2014026480A (en) * 2012-07-27 2014-02-06 Hitachi Ltd Output comparison method for plural information systems
JP2014038578A (en) * 2012-08-16 2014-02-27 Fujitsu Ltd Program, analytical method, and information processor
JP2014167720A (en) * 2013-02-28 2014-09-11 Kyocera Document Solutions Inc Remote debug system
JP2014523671A (en) * 2011-06-14 2014-09-11 ヘッドロング オサケユキチュア Assessing the overall performance of interactive application services
JP2015102951A (en) * 2013-11-22 2015-06-04 株式会社日立製作所 Processing request reading/transferring device and processing request transferring method

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5737166B2 (en) 2011-12-15 2015-06-17 富士通株式会社 Relay device, relay program, and relay method
JP2014115898A (en) 2012-12-11 2014-06-26 Exa Corp WEB data verification support device and WEB data verification support program
JP2015072531A (en) 2013-10-02 2015-04-16 株式会社日立製作所 Test support method, test support device, and program

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006115317A (en) * 2004-10-15 2006-04-27 Toshiba Corp Information processor and information processing method
JP2012088883A (en) * 2010-10-19 2012-05-10 Hitachi Ltd Test method, test management server, and test management program
JP2014523671A (en) * 2011-06-14 2014-09-11 ヘッドロング オサケユキチュア Assessing the overall performance of interactive application services
JP2014026480A (en) * 2012-07-27 2014-02-06 Hitachi Ltd Output comparison method for plural information systems
JP2014038578A (en) * 2012-08-16 2014-02-27 Fujitsu Ltd Program, analytical method, and information processor
JP2014167720A (en) * 2013-02-28 2014-09-11 Kyocera Document Solutions Inc Remote debug system
JP2015102951A (en) * 2013-11-22 2015-06-04 株式会社日立製作所 Processing request reading/transferring device and processing request transferring method

Also Published As

Publication number Publication date
JP7069500B2 (en) 2022-05-18

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6665674B1 (en) Framework for open directory operation extensibility
US20170286279A1 (en) Game Stream Fuzz Testing and Automation
Garcia et al. WebRTC testing: challenges and practical solutions
US20100287270A1 (en) Control proxy apparatus and control proxy method
CN106911648B (en) Environment isolation method and equipment
US20200274812A1 (en) Traffic analysis method, common service traffic attribution method, and corresponding computer system
WO2020258967A1 (en) Industrial application service processing method and system
CN105915396A (en) Home network traffic recognition system and method
CN112055422B (en) Method and device for associating 5G signaling with user plane data
CN109039959B (en) SDN rule consistency judgment method and related device
JP5043953B2 (en) Resource transmission method and information providing method
JP7069500B2 (en) IT system verification method and system
CN105323128B (en) method, device and system for accessing front-end equipment to server
CN104717127B (en) Method, terminal and the system of contact person's triggering are realized based on image recognition
KR101395830B1 (en) Session checking system via proxy and checkhing method thereof
KR102180592B1 (en) Method and system for testing it system
CN109194729B (en) Information communication system and method
CN107864058B (en) Fault judgment method and device
JP2006025096A (en) Network system
CN108768969A (en) A kind of network penetrating system and penetrating method
Zhang et al. Applying Software Transformation Techniques to Security Testing
CN110138779B (en) Hadoop platform safety management and control method based on multi-protocol reverse proxy
CN112738281B (en) Service calling system
CN111464558B (en) Data acquisition and transmission method for traffic safety comprehensive service management platform
CN111614518B (en) Automatic safety testing method based on OSPF protocol

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20200325

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20210525

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20210820

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20211214

A521 Request for written amendment filed

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20220314

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20220405

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20220414

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 7069500

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150