JP2019148167A - Temporary handrail - Google Patents

Temporary handrail Download PDF

Info

Publication number
JP2019148167A
JP2019148167A JP2019112471A JP2019112471A JP2019148167A JP 2019148167 A JP2019148167 A JP 2019148167A JP 2019112471 A JP2019112471 A JP 2019112471A JP 2019112471 A JP2019112471 A JP 2019112471A JP 2019148167 A JP2019148167 A JP 2019148167A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
base plate
handrail
support column
attached
plate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2019112471A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
裕貴 山本
Yuki Yamamoto
裕貴 山本
Original Assignee
アロン化成株式会社
Aron Kasei Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by アロン化成株式会社, Aron Kasei Co Ltd filed Critical アロン化成株式会社
Priority to JP2019112471A priority Critical patent/JP2019148167A/en
Publication of JP2019148167A publication Critical patent/JP2019148167A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

To improve versatility and convenience of a temporary handrail installed outdoor.SOLUTION: A temporary handrail 100 comprises a first pillar 111 mounted to a first base plate 101, a second pillar 112 mounted to a second base plate 102 and a handrail 131 mounted to the first pillar 111 and the second pillar 112. In a central part of the first base plate 101, a first passage A is set. In a central part of the second base plate 102, a second passage A is set.SELECTED DRAWING: Figure 1

Description

本発明は仮設手すりに関する。   The present invention relates to a temporary handrail.
仮設手すりとしては、例えば、特開2010−220851号公報と、特開2013−92034号公報とが提案されている。   As temporary handrails, for example, Japanese Patent Application Laid-Open Nos. 2010-220851 and 2013-92034 have been proposed.
特開2010−220851号公報には、特に、立ち上がり動作補助具と横移動用手すりの連結方法が提案されている。また、同公報では、ベースにほぼ垂直に支持された支柱に、複数本の横桟が連結されている。   Japanese Patent Application Laid-Open No. 2010-220851 proposes a method of connecting a standing motion assisting tool and a handrail for lateral movement. Further, in this publication, a plurality of horizontal rails are connected to a column that is supported substantially perpendicularly to the base.
特開2013−92034号公報では、上端を天井に当接させた状態で、支柱がベースに立てられている。当該支柱から離して手すりを取り付ける柱が立てられ、支柱と、手すり取り付け用の柱の上端との間に、手すりが架け渡されている。   In JP2013-92034A, the support is erected on the base with the upper end in contact with the ceiling. A pillar to which a handrail is attached is set apart from the pillar, and the handrail is bridged between the pillar and the upper end of the handrail attaching pillar.
特開2010−220851号公報JP 2010-220851 A 特開2013−92034号公報JP 2013-92034 A
特開2010−220851号公報に提案される構造は、玄関ポーチなど段差がある場所での設置は難しい。特開2013−92034号公報に提案される構造は、支柱上端を天井に当接させているが、屋外のように天井がないような場所や、高い吹き抜けがある場所では、設置できない場合がある。また、玄関ポーチの段差や玄関への道筋は、住宅個々に違っている。このため、段差や道筋が異なる場合でも設置が可能な汎用性がある構造が望ましい。また、使用者個々に体格差があるため、使用者個々に合わせて手すりの高さや角度が変更できることが望ましい。   The structure proposed in Japanese Patent Application Laid-Open No. 2010-220851 is difficult to install in a place with a step such as an entrance porch. The structure proposed in Japanese Patent Application Laid-Open No. 2013-92034 has the upper end of the support in contact with the ceiling, but it may not be installed in places where there is no ceiling, such as outdoors, or where there is a high atrium. . In addition, the steps of the entrance porch and the route to the entrance are different for each house. For this reason, the structure which has the versatility which can be installed even if a level | step difference and a route differ is desirable. Moreover, since there is a physique difference for each user, it is desirable that the height and angle of the handrail can be changed according to each user.
ここで提案される仮設手すりは、第1ベースプレートと、第2ベースプレートと、前記第1ベースプレートに取り付けられた第1支柱と、前記第2ベースプレートに取り付けられた第2支柱と、前記第1支柱と前記第2支柱とに取り付けられた手すりと、を備える。前記第1ベースプレートの中央部に、第1通路が設定され、前記第2ベースプレートの中央部に、第2通路が設定されている。   The temporary handrail proposed here includes a first base plate, a second base plate, a first support post attached to the first base plate, a second support post attached to the second base plate, and the first support post. A handrail attached to the second support column. A first passage is set in the central portion of the first base plate, and a second passage is set in the central portion of the second base plate.
図1は、ここで提案される仮設手すり100を示す図である。FIG. 1 is a diagram showing a temporary handrail 100 proposed here. 図2は、第1ベースプレート101の平面図である。FIG. 2 is a plan view of the first base plate 101. 図3は、第1ベースプレート101の底面図である。FIG. 3 is a bottom view of the first base plate 101. 図4は、第2ベースプレート102の平面図である。FIG. 4 is a plan view of the second base plate 102. 図5は、第2ベースプレート102の底面図である。FIG. 5 is a bottom view of the second base plate 102. 図6は、第1支柱111の上端を示す側面図である。FIG. 6 is a side view showing the upper end of the first support column 111. 図7は、第1支柱111の上端を示す側面図である。FIG. 7 is a side view showing the upper end of the first support column 111. 図8は、第1支柱111の上端を示す正面図である。FIG. 8 is a front view showing the upper end of the first support column 111. 図9は、第2支柱112の上端を示す側面図である。FIG. 9 is a side view showing the upper end of the second support column 112.
以下、ここで提案される仮設手すりを図面に基づいて説明する。各図において同じ作用を奏する部材や部位には、同じ符号を付し、適宜に重複する説明を省略している。ここでは、説明の便宜上、仮設手すりに対して適宜に、前後左右の方向を設定する。図面上、前をF、後をRe、左をL、右をRと表す。   Hereinafter, the temporary handrail proposed here is demonstrated based on drawing. In each figure, the same reference numerals are given to members and parts that exhibit the same action, and repeated descriptions are appropriately omitted. Here, for convenience of explanation, the front-rear and left-right directions are set as appropriate for the temporary handrail. In the drawing, F represents the front, Re represents the rear, L represents the left, and R represents the right.
〈仮設手すり100〉
図1は、ここで提案される仮設手すり100を示す図である。仮設手すり100は、図1に示すように、第1ベースプレート101と、第2ベースプレート102と、第1支柱111と、第2支柱112と、第3支柱113と、第4支柱114と、第5支柱115と、第6支柱116と、第1ヒンジ121と、第2ヒンジ122と、第3ヒンジ123と、第4ヒンジ124と、第5ヒンジ125と、第6ヒンジ126と、第1手すり131と、第2手すり132と、第3手すり133と、第4手すり134とを備えている。図1において、仮設手すり100は、玄関アプローチのような小さい段差がある場所に設置された状態を示している。ここでは、段差の下側に第1ベースプレート101が設置され、段差の上側に第2ベースプレート102が配置されている。また、ここでは、第1ベースプレート101が設置される側を前(F)とし、第2ベースプレート102が設置される側を後(Re)としている。
<Temporary handrail 100>
FIG. 1 is a diagram showing a temporary handrail 100 proposed here. As shown in FIG. 1, the temporary handrail 100 includes a first base plate 101, a second base plate 102, a first column 111, a second column 112, a third column 113, a fourth column 114, and a fifth column. The column 115, the sixth column 116, the first hinge 121, the second hinge 122, the third hinge 123, the fourth hinge 124, the fifth hinge 125, the sixth hinge 126, and the first handrail 131. A second handrail 132, a third handrail 133, and a fourth handrail 134. In FIG. 1, a temporary handrail 100 is shown in a state where it is installed at a place with a small step, such as a front door approach. Here, the first base plate 101 is disposed below the step, and the second base plate 102 is disposed above the step. Here, the side on which the first base plate 101 is installed is referred to as front (F), and the side on which the second base plate 102 is installed is referred to as rear (Re).
この実施形態では、図1に示すように、第1ベースプレート101の上面左部には、後側に第1支柱111が設置され、前側に第3支柱113が設置されている。第1支柱111の上端には、第1ヒンジ121を介して第1手すり取付部191が取り付けられている。また、第1支柱111の上端には、第3ヒンジ123を介して第3手すり取付部193が取り付けられている。第3支柱113の上端には、第1保持部材201が取り付けられている。第3手すり取付部193と第1保持部材201とには、第2手すり132が架け渡されている。   In this embodiment, as shown in FIG. 1, the first support column 111 is installed on the left side of the upper surface of the first base plate 101, and the third support column 113 is installed on the front side. A first handrail attachment portion 191 is attached to the upper end of the first support post 111 via a first hinge 121. In addition, a third handrail attachment portion 193 is attached to the upper end of the first support column 111 via a third hinge 123. A first holding member 201 is attached to the upper end of the third support column 113. A second handrail 132 is bridged between the third handrail attachment portion 193 and the first holding member 201.
第1ベースプレート101の上面右部には、後側に第4支柱114が設置され、前側に第6支柱116が設置されている。第4支柱114の上端には、第4ヒンジ124を介して第4手すり取付部194が取り付けられている。また、第4支柱114の上端には、第6ヒンジ126を介して第6手すり取付部196が取り付けられている。第6支柱116の上端には、第2保持部材202が取り付けられている。第6手すり取付部196と第2保持部材202とには、第4手すり134が架け渡されている。   A fourth support column 114 is installed on the rear side and a sixth support column 116 is installed on the front side of the upper right portion of the first base plate 101. A fourth handrail attachment portion 194 is attached to the upper end of the fourth support column 114 via a fourth hinge 124. In addition, a sixth handrail attachment portion 196 is attached to the upper end of the fourth support column 114 via a sixth hinge 126. A second holding member 202 is attached to the upper end of the sixth support column 116. A fourth handrail 134 is bridged between the sixth handrail attaching portion 196 and the second holding member 202.
第2ベースプレート102の上面左部に第2支柱112が設置されており、上面右部に第5支柱115が設置されている。第2支柱112の上端には、第2ヒンジ122を介して第2手すり取付部192が取り付けられている。第5支柱115の上端には、第5ヒンジ125を介して第5手すり取付部195が取り付けられている。そして、第2ベースプレート102は、第2支柱112と第5支柱115が、第1ベースプレート101の第1支柱111と第4支柱114に対向するように、第1ベースプレート101の後方に離して配置されている。   The second support column 112 is installed on the upper left portion of the second base plate 102, and the fifth support column 115 is installed on the upper right portion. A second handrail attachment portion 192 is attached to the upper end of the second support column 112 via the second hinge 122. A fifth handrail attaching portion 195 is attached to the upper end of the fifth support column 115 via a fifth hinge 125. The second base plate 102 is disposed behind the first base plate 101 so that the second support column 112 and the fifth support column 115 are opposed to the first support column 111 and the fourth support column 114 of the first base plate 101. ing.
そして、第1ベースプレート101と第2ベースプレート102との間では、第1手すり131と、第3手すり133とが、架け渡されている。この実施形態では、第1手すり131は、第1ヒンジ121と第2ヒンジ122とを介在させて、第1手すり取付部191と第2手すり取付部192とに装着されている。第3手すり133は、第4ヒンジ124と第5ヒンジ125とを介在させて、第3手すり取付部193と第5手すり取付部195とに装着されている。   And between the 1st base plate 101 and the 2nd base plate 102, the 1st handrail 131 and the 3rd handrail 133 are spanned. In this embodiment, the first handrail 131 is attached to the first handrail attachment portion 191 and the second handrail attachment portion 192 with the first hinge 121 and the second hinge 122 interposed therebetween. The third handrail 133 is attached to the third handrail attachment portion 193 and the fifth handrail attachment portion 195 with the fourth hinge 124 and the fifth hinge 125 interposed therebetween.
〈通路A〉
第1ベースプレート101の中央部と、第2ベースプレート102の中央部とには、それぞれ通路Aが設定されている。第1支柱111と第2支柱112と第3支柱113と第1手すり131と第2手すり132とは、第1ベースプレート101と第2ベースプレート102とに対して、それぞれ通路Aの片側(ここでは、左側)に偏って配置されている。また、この実施形態では、第4支柱114と第5支柱115と第6支柱116と第3手すり133と第4手すり134とが、通路Aの反対側(右側)に配置されている。
<Passage A>
A passage A is set in each of the central portion of the first base plate 101 and the central portion of the second base plate 102. The first support column 111, the second support column 112, the third support column 113, the first handrail 131, and the second handrail 132 are respectively provided on one side of the passage A with respect to the first base plate 101 and the second base plate 102 (here, Left side). In this embodiment, the fourth support column 114, the fifth support column 115, the sixth support column 116, the third handrail 133, and the fourth handrail 134 are arranged on the opposite side (right side) of the passage A.
第1支柱111に対する第1手すり131の角度は、第1ヒンジ121によって変えられる。第2支柱112に対する第1手すり131の角度は、第2ヒンジ122によって変えられる。第4支柱114に対する第3手すり133の角度は、第4ヒンジ124によって変えられる。第5支柱115に対する第3手すり133の角度は、第5ヒンジ125によって変えられる。   The angle of the first handrail 131 with respect to the first column 111 is changed by the first hinge 121. The angle of the first handrail 131 with respect to the second support column 112 is changed by the second hinge 122. The angle of the third handrail 133 with respect to the fourth column 114 is changed by the fourth hinge 124. The angle of the third handrail 133 with respect to the fifth support column 115 is changed by the fifth hinge 125.
以下、仮設手すり100の各部材をより詳しく説明する。   Hereinafter, each member of the temporary handrail 100 will be described in more detail.
〈第1ベースプレート101〉
図2は、第1ベースプレート101の平面図である。図3は、第1ベースプレート101の底面図である。第1ベースプレート101は、図2に示すように、略長方形の板状の部材である。この実施形態では、第1ベースプレート101は、図2および図3に示すように、表面プレート101aと、補強プレート101bと、エッジカバー101cと、アジャスタ171とを備えている。表面プレート101aは、第1ベースプレート101の上面に配置される矩形のプレートである。表面プレート101aは、金属製のプレートである。表面プレート101aの中央部には、平坦な矩形の領域が形成されている。表面プレート101aの周辺部は、縁から中央部に向けて盛り上がっている。なお、表面プレート101aには、錆難い材料が用いられている。例えば、表面プレート101aは、ステンレス製としたり、所要の表面処理が施されていたりしているとよい。
<First base plate 101>
FIG. 2 is a plan view of the first base plate 101. FIG. 3 is a bottom view of the first base plate 101. As shown in FIG. 2, the first base plate 101 is a substantially rectangular plate-like member. In this embodiment, the first base plate 101 includes a surface plate 101a, a reinforcing plate 101b, an edge cover 101c, and an adjuster 171 as shown in FIGS. The surface plate 101 a is a rectangular plate disposed on the upper surface of the first base plate 101. The surface plate 101a is a metal plate. A flat rectangular region is formed at the center of the surface plate 101a. The peripheral portion of the surface plate 101a is raised from the edge toward the central portion. The surface plate 101a is made of a material that does not easily rust. For example, the surface plate 101a may be made of stainless steel or subjected to a required surface treatment.
補強プレート101bは、図3に示すように、表面プレート101aの裏面に取り付けられている。この実施形態では、補強プレート101bは、表面プレート101aの中央部の平坦な矩形の領域に対して、前後方向に少し短いものの、左右方向に凡そ同じ幅である。補強プレート101bは、表面プレート101aよりも厚く、また剛性の高い素材で構成されている。補強プレート101bは、第1ベースプレート101が仮設手すり100のベースとして安定するように、所要の重量を有している。エッジカバー101cは、表面プレート101aの周縁部を覆う部材で有り、例えば、樹脂性あるいはゴム製の部材である。   As shown in FIG. 3, the reinforcing plate 101b is attached to the back surface of the front plate 101a. In this embodiment, the reinforcing plate 101b is slightly shorter in the front-rear direction than the flat rectangular region at the center of the surface plate 101a, but has approximately the same width in the left-right direction. The reinforcing plate 101b is made of a material that is thicker and more rigid than the surface plate 101a. The reinforcing plate 101b has a required weight so that the first base plate 101 is stabilized as the base of the temporary handrail 100. The edge cover 101c is a member that covers the peripheral edge of the surface plate 101a, and is, for example, a resin or rubber member.
第1ベースプレート101の中央部には、通路Aが設定されている。設定された通路Aとしての領域には、滑り止め機能を有するシート141が張られていると良い。滑り止め機能を有するシートとしては、当該機能を奏する種々の市販のシートが用いられ、例えば、ポリ塩化ビニール製のシートを用いることができる。   A passage A is set in the central portion of the first base plate 101. A sheet 141 having a non-slip function is preferably stretched in the set area as the passage A. As a sheet | seat which has a non-slip function, the various commercially available sheet | seat which has the said function is used, For example, the sheet | seat made from a polyvinyl chloride can be used.
この実施形態では、図1に示すように、第1ベースプレート101の長辺が対向する方向に沿って人が通るように通路Aが設定されている。当該通路Aが設定された方向に直交する方向(通路Aに直交する方向)では、第1ベースプレート101の両側に支柱が配置され、手すりが取り付けられている。この実施形態では、第1ベースプレート101の短辺が対向する方向における両側部(通路Aの左右両部)に支柱が配置されている。この実施形態では、第1ベースプレート101の通路Aの左右両側部には、それぞれ前後2箇所に支柱が取り付けられている。   In this embodiment, as shown in FIG. 1, the passage A is set so that a person passes along the direction in which the long sides of the first base plate 101 face each other. In a direction perpendicular to the direction in which the passage A is set (a direction perpendicular to the passage A), columns are arranged on both sides of the first base plate 101, and handrails are attached. In this embodiment, struts are arranged on both side portions (both left and right portions of the passage A) in the direction in which the short sides of the first base plate 101 face each other. In this embodiment, struts are attached to the left and right side portions of the passage A of the first base plate 101 at two locations on the front and rear sides, respectively.
ここでは、図2および図3に示すように、第1ベースプレート101の通路Aの左右両側において、支柱111,113,114,116の基端を取り付ける取付穴150が形成されている。第1ベースプレート101の通路Aの左右には、前後の支柱(111,113),(114,116)の間隔が変えられるように、複数の取付位置が設けられている。ここで取付穴150は、第1ベースプレート101の表面プレート101aと補強プレート101bとが重ねられた箇所において、表面プレート101aと補強プレート101bにそれぞれを貫通している。補強プレート101b側の取付穴150には、ねじ溝が形成されている。   Here, as shown in FIGS. 2 and 3, attachment holes 150 for attaching the base ends of the columns 111, 113, 114, 116 are formed on the left and right sides of the passage A of the first base plate 101. A plurality of mounting positions are provided on the left and right sides of the passage A of the first base plate 101 so that the distance between the front and rear columns (111, 113) and (114, 116) can be changed. Here, the mounting hole 150 penetrates the surface plate 101a and the reinforcing plate 101b at the place where the surface plate 101a and the reinforcing plate 101b of the first base plate 101 are overlapped. A screw groove is formed in the mounting hole 150 on the reinforcing plate 101b side.
支柱111〜116の基端には、図1に示すように、それぞれカバー161が装着されている。なお、図1では、支柱111〜113の基端のカバー161は外れている。この実施形態では、支柱111,113,114,116の基端には、径方向に延びたフランジ162を備えている。フランジ162には、取付穴150に合わせて挿通穴が形成されている。そして、支柱111,113,114,116のフランジ162の挿通穴を、第1ベースプレート101の取付穴150に合わせて、ねじ163を上方から装着する。ねじ163は、フランジ162と表面プレート101aを貫通し、補強プレート101bにねじ止めされている。補強プレート101bから露出するねじ163の下端には、キャップが装着されているとよい。なお、第1ベースプレート101に対する支柱111,113,114,116の取付構造は、このようなねじ止めに限定されず種々の構造を採用できる。   As shown in FIG. 1, covers 161 are attached to the base ends of the columns 111 to 116. In addition, in FIG. 1, the cover 161 of the base end of the support | pillars 111-113 is removed. In this embodiment, flanges 162 extending in the radial direction are provided at the base ends of the columns 111, 113, 114, and 116. An insertion hole is formed in the flange 162 in accordance with the mounting hole 150. Then, the insertion holes of the flange 162 of the columns 111, 113, 114, 116 are aligned with the mounting holes 150 of the first base plate 101, and the screws 163 are mounted from above. The screw 163 passes through the flange 162 and the surface plate 101a and is screwed to the reinforcing plate 101b. A cap may be attached to the lower end of the screw 163 exposed from the reinforcing plate 101b. In addition, the attachment structure of the support | pillar 111,113,114,116 with respect to the 1st baseplate 101 is not limited to such screwing, A various structure is employable.
また、この実施形態では、第1ベースプレート101に取り付けられる4つの支柱111,113,114,116のうち、前側(第2ベースプレート102から離れた側)の支柱113,116が取り付けられる取付部153,156は、予め定められた位置に設けられている。これに対して、後ろ側(第2ベースプレート102に近い側)の支柱111,114が取り付けられる取付部151,154は、前後に複数設けられている。これにより後ろ側の支柱111,114の取付位置は、前後に変更できるようになっている。支柱111,113,114,116の基端は、それぞれ第1ベースプレート101に取り付けられた後で、カバー161が被せられる。   In this embodiment, of the four support posts 111, 113, 114, and 116 attached to the first base plate 101, the attachment portion 153 to which the front support columns 113 and 116 (side away from the second base plate 102) are attached. 156 is provided at a predetermined position. On the other hand, a plurality of attachment portions 151 and 154 to which the support columns 111 and 114 on the rear side (side close to the second base plate 102) are attached are provided in the front and rear. As a result, the mounting positions of the rear columns 111 and 114 can be changed back and forth. The base ends of the columns 111, 113, 114, and 116 are attached to the first base plate 101 and then covered with a cover 161.
〈アジャスタ〉
仮設手すり100は、屋外の玄関ポーチのような場所に設置されうる。玄関ポーチは、屋外に設置されるため、雨水が溜まらないように、適宜、傾斜が付けられている。傾斜は、玄関側から外側に向けて低くなり、雨水が流れるようになっていたり、ポーチの通路などでは、通路の中央部が通路の縁よりも高くなっていたりする。このような微妙な傾斜に対して、第1ベースプレート101は、安定して設置できることが望ましい。
<Adjuster>
The temporary handrail 100 can be installed in a place such as an outdoor entrance porch. Since the entrance porch is installed outdoors, the entrance porch is appropriately inclined so that rainwater does not collect. The slope becomes lower from the entrance side toward the outside, so that rainwater can flow, or the center of the passage is higher than the edge of the passage in the passage of the pouch. It is desirable that the first base plate 101 can be stably installed against such a delicate inclination.
第1ベースプレート101には、アジャスタ171が取り付けられている。アジャスタ171は、第1ベースプレート101の底面に突出し、突出量が調整できる部材である。この実施形態では、アジャスタ171は、外周面にねじ溝が形成されたねじ軸である。第1ベースプレート101には、アジャスタ171が装着されるねじ穴172が設けられている。アジャスタ171は、ねじ穴172に装着され、第1ベースプレート101から突出する量が調整される。この実施形態では、アジャスタ171は、第1ベースプレート101の四隅に近い位置に取り付けられる。アジャスタ171が取り付けられる位置は、例えば、支柱111,113,114,116の近くや、支柱111,113,114,116の真下に取り付けられているとよい。   An adjuster 171 is attached to the first base plate 101. The adjuster 171 protrudes from the bottom surface of the first base plate 101 and is a member that can adjust the protruding amount. In this embodiment, the adjuster 171 is a screw shaft having a thread groove formed on the outer peripheral surface. The first base plate 101 is provided with a screw hole 172 in which the adjuster 171 is mounted. The adjuster 171 is mounted in the screw hole 172, and the amount protruding from the first base plate 101 is adjusted. In this embodiment, the adjusters 171 are attached at positions close to the four corners of the first base plate 101. The position at which the adjuster 171 is attached may be, for example, attached near the supports 111, 113, 114, 116 or directly below the supports 111, 113, 114, 116.
この実施形態では、図3に示すように、第1ベースプレート101の後ろ側に取り付けられるアジャスタ171は、支柱111,114の基端の真下に設けられたねじ穴172に取り付けられている。なお、ねじ穴172は、第1ベースプレート101の補強プレート101bに形成された穴にねじ溝が形成されている。また、第1ベースプレート101の前側では、アジャスタ171が取り付けられる部位に、補強プレート101bが延びていない。この実施形態では、第1ベースプレート101の前側のアジャスタ171が取り付けられる部位には、表面プレート101aに貫通孔が形成されており、表面プレート101aの裏面にナット173が溶接されている。前側のアジャスタ171は、当該ナット173に取り付けられている。   In this embodiment, as shown in FIG. 3, the adjuster 171 attached to the rear side of the first base plate 101 is attached to a screw hole 172 provided immediately below the base ends of the columns 111 and 114. The screw hole 172 has a screw groove formed in a hole formed in the reinforcing plate 101 b of the first base plate 101. Further, on the front side of the first base plate 101, the reinforcing plate 101b does not extend to a portion where the adjuster 171 is attached. In this embodiment, a through hole is formed in the surface plate 101a at a portion where the front adjuster 171 of the first base plate 101 is attached, and a nut 173 is welded to the back surface of the surface plate 101a. The front adjuster 171 is attached to the nut 173.
第1ベースプレート101は、前後左右の4箇所にアジャスタ171が取り付けられている。そして、各アジャスタ171の突出量を調整することによって、安定して設置することができる。   The first base plate 101 has adjusters 171 attached at four locations, front, rear, left and right. And it can install stably by adjusting the protrusion amount of each adjuster 171. FIG.
この実施形態では、第1ベースプレート101は、左右に横長であり、通路Aは、第1ベースプレート101の長辺が対向する方向を前後方向に設定されている。第1ベースプレート101は、かかる形態に限定されず、通路Aに沿って前後に縦長のプレートとしてもよい。第1ベースプレート101が前後に縦長のプレートである場合、通路Aは、第1ベースプレート101の短辺が対向する方向(前後方向)に沿って設定される。   In this embodiment, the first base plate 101 is horizontally long and the passage A is set in the front-rear direction so that the long sides of the first base plate 101 face each other. The first base plate 101 is not limited to this form, and may be a vertically long plate along the path A. When the first base plate 101 is a longitudinally long plate, the passage A is set along a direction (front-rear direction) in which the short sides of the first base plate 101 face each other.
〈第2ベースプレート102〉
第2ベースプレート102は、図1に示すように、略長方形の板状の部材である。この実施形態では、第2ベースプレート102の長辺は、第1ベースプレート101と同じ幅であり、第2ベースプレート102の短辺は、第1ベースプレート101よりも短い。図4は、第2ベースプレート102の平面図であり、図5は、第2ベースプレート102の底面図である。
<Second base plate 102>
As shown in FIG. 1, the second base plate 102 is a substantially rectangular plate-like member. In this embodiment, the long side of the second base plate 102 has the same width as the first base plate 101, and the short side of the second base plate 102 is shorter than the first base plate 101. 4 is a plan view of the second base plate 102, and FIG. 5 is a bottom view of the second base plate 102.
第2ベースプレート102は、表面プレート102aと、補強プレート102bと、エッジカバー102cと、アジャスタ176とを備えている。第2ベースプレート102の表面プレート102aと、補強プレート102bと、エッジカバー102cと、アジャスタ176とは、第1ベースプレート101の表面プレート101aと、補強プレート101bと、エッジカバー101cと、アジャスタ171と、それぞれ凡そ同じ構成である。ここでは、第2ベースプレート102が、第1ベースプレート101と異なる点を重点的に説明する。   The second base plate 102 includes a surface plate 102a, a reinforcing plate 102b, an edge cover 102c, and an adjuster 176. The surface plate 102a, the reinforcing plate 102b, the edge cover 102c, and the adjuster 176 of the second base plate 102 are the surface plate 101a, the reinforcing plate 101b, the edge cover 101c, and the adjuster 171 of the first base plate 101, respectively. The configuration is almost the same. Here, the difference between the second base plate 102 and the first base plate 101 will be mainly described.
第2ベースプレート102では、図1に示すように、横長の部材である。補強プレート102bは、表面プレート102aの裏面に取り付けられている。エッジカバー102cは、表面プレート102aの周縁部を覆うように取り付けられている。第2ベースプレート102には、左右両側に、支柱(第2支柱112と第5支柱115)が取り付けられる。また、第2支柱112と第5支柱115との間において、第2ベースプレート102の中央部には、通路Aが設定されている。通路Aとしての領域には、滑り止め機能を有するシート142が取り付けられている。ここでは、第2ベースプレート102に第2支柱112と第5支柱115を取り付ける構造は、凡そ同じである。   As shown in FIG. 1, the second base plate 102 is a horizontally long member. The reinforcing plate 102b is attached to the back surface of the front plate 102a. The edge cover 102c is attached so as to cover the peripheral edge portion of the surface plate 102a. Columns (second column 112 and fifth column 115) are attached to the second base plate 102 on both the left and right sides. Further, a passage A is set in the central portion of the second base plate 102 between the second support column 112 and the fifth support column 115. In the region as the passage A, a seat 142 having an anti-slip function is attached. Here, the structure of attaching the second support column 112 and the fifth support column 115 to the second base plate 102 is substantially the same.
第2ベースプレート102には、左側に第2支柱112が取り付けられる取付部152(図4および図5参照)が設けられ、右側に第5支柱115が取り付けられている取付部155が設けられている。第2ベースプレート102には、第2支柱112と第5支柱115を取り付ける位置に、取付穴150が形成されている。取付穴150は、表面プレート102aと補強プレート102bを貫通しており、補強プレート102bにねじ穴が形成されている。第2支柱112と第5支柱115の基端には、それぞれフランジ162が設けられる。フランジ162には、第2ベースプレート102の取付穴150に合わせて挿通穴(図示省略)が形成されている。フランジ162の挿通穴を、それぞれ第2ベースプレート102の取付穴150に合わせ、フランジ162の上方からねじ163で止めることによって、第2ベースプレート102に、第2支柱112と第5支柱115が取り付けられている。第2支柱112と第5支柱115との基端には、それぞれカバー161が取り付けられている。   The second base plate 102 is provided with an attachment portion 152 (see FIGS. 4 and 5) to which the second support column 112 is attached on the left side, and an attachment portion 155 to which the fifth support column 115 is attached on the right side. . An attachment hole 150 is formed in the second base plate 102 at a position where the second support column 112 and the fifth support column 115 are attached. The mounting hole 150 passes through the surface plate 102a and the reinforcing plate 102b, and a screw hole is formed in the reinforcing plate 102b. A flange 162 is provided at each of the base ends of the second support column 112 and the fifth support column 115. An insertion hole (not shown) is formed in the flange 162 in accordance with the mounting hole 150 of the second base plate 102. The second support column 112 and the fifth support column 115 are attached to the second base plate 102 by aligning the insertion holes of the flange 162 with the mounting holes 150 of the second base plate 102 and fastening them with screws 163 from above the flange 162. Yes. Covers 161 are attached to the base ends of the second support column 112 and the fifth support column 115, respectively.
〈支柱111〜116〉
この実施形態では、支柱111〜116は、それぞれ高さ調整が可能である。なお、支柱111〜116の高さを調整する機構は、種々の機構を採用することができる。支柱111〜116は、上述のようにそれぞれ基端にフランジ162(図1参照)を有しており、第1ベースプレート101または第2ベースプレート102の取付部151〜156(図2および図4参照)にそれぞれ取り付けられる。支柱111〜114の上端には、それぞれヒンジ121〜124が取り付けられている。
<Posts 111-116>
In this embodiment, the struts 111 to 116 can be adjusted in height. Note that various mechanisms can be adopted as the mechanism for adjusting the heights of the columns 111 to 116. As described above, each of the columns 111 to 116 has the flange 162 (see FIG. 1) at the base end, and the mounting portions 151 to 156 of the first base plate 101 or the second base plate 102 (see FIGS. 2 and 4). Attached to each. Hinges 121 to 124 are attached to the upper ends of the columns 111 to 114, respectively.
〈ヒンジ121〜126〉
この実施形態では、第1ベースプレート101に取り付けられた第1支柱111には、第1ヒンジ121と第3ヒンジ123が取り付けられている。また、第2ベースプレート102に取り付けられた第2支柱112には、第2ヒンジ122が取り付けられている。第1ベースプレート101に取り付けられた第4支柱114には、第4ヒンジ124と第6ヒンジ126が取り付けられている。また、第2ベースプレート102に取り付けられた第5支柱115には、第5ヒンジ125が取り付けられている。
<Hinges 121-126>
In this embodiment, a first hinge 121 and a third hinge 123 are attached to the first support column 111 attached to the first base plate 101. A second hinge 122 is attached to the second support column 112 attached to the second base plate 102. A fourth hinge 124 and a sixth hinge 126 are attached to the fourth column 114 attached to the first base plate 101. A fifth hinge 125 is attached to the fifth support column 115 attached to the second base plate 102.
〈第1ヒンジ121、第3ヒンジ123〉
図6と図7は、第1ヒンジ121および第3ヒンジ123が設けられた第1支柱111の上端を示す側面図である。第1支柱111の上端には、図6および図7に示すように、支柱側ブラケット181と、揺動ブラケット182と、第1回転ブラケット183と、第2回転ブラケット184と、揺動支持軸185と、回転支持軸186と、キャップ187と、第1手すり取付部191と、第3手すり取付部193とが取り付けられている。図7では、第1支柱111の上端から第1手すり取付部191と、第3手すり取付部193とが取り外された状態を示す図である。また、図8は、図7の状態からさらに、第1回転ブラケット183と第2回転ブラケット184とが取り外された状態を示す図であり、前側から見た側面図(正面図)である。
<First hinge 121, third hinge 123>
6 and 7 are side views showing the upper end of the first support column 111 on which the first hinge 121 and the third hinge 123 are provided. As shown in FIGS. 6 and 7, at the upper end of the first support column 111, a support-side bracket 181, a swing bracket 182, a first rotation bracket 183, a second rotation bracket 184, and a swing support shaft 185. And the rotation support shaft 186, the cap 187, the 1st handrail attachment part 191 and the 3rd handrail attachment part 193 are attached. In FIG. 7, it is a figure which shows the state from which the 1st handrail attachment part 191 and the 3rd handrail attachment part 193 were removed from the upper end of the 1st support | pillar 111. In FIG. 8 is a view showing a state in which the first rotating bracket 183 and the second rotating bracket 184 are further removed from the state of FIG. 7, and is a side view (front view) seen from the front side.
〈支柱側ブラケット181〉
支柱側ブラケット181は、第1支柱111の上端に取り付けられる部材である。支柱側ブラケット181の上部には、揺動ブラケット182が揺動可能に接続されている。ここで、支柱側ブラケット181の上部には、円板状の取付片181aが設けられている。支柱側ブラケット181の上部は、取付片181aの円弧の下部に沿って揺動ブラケット182が装着されるべく段差181bが設けられている。この実施形態では、円板状の取付片181aの法線方向が、左右方向に向けて配置されている。円板状の取付片181aの中心には、取付片181aの法線方向に沿って揺動支持軸185が装着される。
<Stand side bracket 181>
The column-side bracket 181 is a member attached to the upper end of the first column 111. A swing bracket 182 is swingably connected to an upper portion of the support side bracket 181. Here, a disk-shaped mounting piece 181 a is provided on the upper part of the support-side bracket 181. A step 181b is provided on the upper side of the support-side bracket 181 so that the swing bracket 182 can be mounted along the lower part of the arc of the mounting piece 181a. In this embodiment, the normal line direction of the disc-shaped attachment piece 181a is arranged in the left-right direction. A swing support shaft 185 is attached to the center of the disc-shaped mounting piece 181a along the normal direction of the mounting piece 181a.
〈揺動ブラケット182〉
揺動ブラケット182は、台座部182aと、取付片182bとを備えている。台座部182aは、円板状の部位であり、支柱側ブラケット181の上方に配置されている。取付片182bは、台座部182aから下方に延びており、支柱側ブラケット181の取付片181aに重ねられている。揺動支持軸185は、支柱側ブラケット181の取付片181aと、揺動ブラケット182の取付片182bとを水平方向に貫通している。これにより、揺動ブラケット182は、揺動支持軸185を揺動中心軸として、支柱側ブラケット181に対して揺動する。揺動ブラケット182の台座部182aの中心には、回転支持軸186を取り付けるためのねじ穴が形成されている。揺動ブラケット182の台座部182aの上には、第1回転ブラケット183と、第2回転ブラケット184とが順に重ねられる。
<Oscillating bracket 182>
The swing bracket 182 includes a pedestal 182a and a mounting piece 182b. The pedestal portion 182a is a disk-shaped part and is disposed above the support-side bracket 181. The attachment piece 182b extends downward from the pedestal portion 182a, and is overlapped with the attachment piece 181a of the column side bracket 181. The swing support shaft 185 passes through the mounting piece 181a of the support bracket 181 and the mounting piece 182b of the swing bracket 182 in the horizontal direction. Thereby, the swing bracket 182 swings with respect to the support side bracket 181 with the swing support shaft 185 as the swing center axis. A screw hole for attaching the rotation support shaft 186 is formed at the center of the base portion 182a of the swing bracket 182. A first rotating bracket 183 and a second rotating bracket 184 are sequentially stacked on the base portion 182a of the swing bracket 182.
〈第1回転ブラケット183、第2回転ブラケット184〉
第1回転ブラケット183は、基部183a(第1回転部)と、取付片183b(第1突出部)とを備えている。基部183aは、円板状の部材であり、中心に回転支持軸186が挿通される挿通穴が形成されている。取付片183bは、基部183aから径方向に延びた、略円板状の部位である。取付片183bの中心には、揺動中心軸183cが装着されている。第2回転ブラケット184は、基部184aと、取付片184bとを備えている。基部184aは、円板状の部材であり、中心に回転支持軸186が挿通される挿通穴が形成されている。基部184aは、第1回転ブラケット183の基部183aの上に挿通穴を合わせて重ねられている。取付片184bは、基部184aから径方向に延びた、略円板状の部位である。取付片184bの中心には、揺動中心軸184cが装着されている。
<First rotating bracket 183, second rotating bracket 184>
The first rotating bracket 183 includes a base 183a (first rotating portion) and an attachment piece 183b (first projecting portion). The base 183a is a disk-shaped member, and an insertion hole through which the rotation support shaft 186 is inserted is formed at the center. The attachment piece 183b is a substantially disk-shaped portion extending in the radial direction from the base portion 183a. A swing center shaft 183c is attached to the center of the mounting piece 183b. The second rotating bracket 184 includes a base 184a and a mounting piece 184b. The base 184a is a disk-shaped member, and an insertion hole through which the rotation support shaft 186 is inserted is formed at the center. The base 184 a is overlapped with the insertion hole on the base 183 a of the first rotating bracket 183. The attachment piece 184b is a substantially disk-shaped portion extending in the radial direction from the base portion 184a. A swinging center shaft 184c is attached to the center of the mounting piece 184b.
〈回転支持軸186〉
上述したように、第1回転ブラケット183の基部183aと第2回転ブラケット184の基部184aとには、それぞれ中心に挿通穴が形成されている。揺動ブラケット182の台座部182aの中心には、回転支持軸186を取り付けるためのねじ穴が形成されている。これに対して、回転支持軸186は、基部183aと基部184aの挿通穴に挿通されうる太さの軸部材で有り、回転支持軸186の下端部には、台座部182aのねじ穴に装着されるねじ部が設けられている。回転支持軸186は、図7および図8に示すように、上下に重ねられた第1回転ブラケット183の基部183aと第2回転ブラケット184の基部184aとの、それぞれ中心に形成された挿通穴に、上方から挿通される。回転支持軸186の下端は、揺動ブラケット182の台座部182aにねじ止めされる。回転支持軸186の上端には、キャップ187が取り付けられる。これにより、第1回転ブラケット183と第2回転ブラケット184は、それぞれ回転支持軸186の周方向(第1支柱111の周方向)に回転する。
<Rotation support shaft 186>
As described above, an insertion hole is formed at the center of each of the base portion 183a of the first rotating bracket 183 and the base portion 184a of the second rotating bracket 184. A screw hole for attaching the rotation support shaft 186 is formed at the center of the base portion 182a of the swing bracket 182. On the other hand, the rotation support shaft 186 is a shaft member having a thickness that can be inserted into the insertion holes of the base portion 183a and the base portion 184a. The rotation support shaft 186 is attached to the screw hole of the base portion 182a at the lower end portion. A thread portion is provided. As shown in FIGS. 7 and 8, the rotation support shaft 186 is inserted into insertion holes formed at the centers of the base portion 183 a of the first rotation bracket 183 and the base portion 184 a of the second rotation bracket 184 that are vertically stacked. , Inserted from above. The lower end of the rotation support shaft 186 is screwed to the base portion 182 a of the swing bracket 182. A cap 187 is attached to the upper end of the rotation support shaft 186. Thereby, the 1st rotation bracket 183 and the 2nd rotation bracket 184 rotate in the peripheral direction (circumferential direction of the 1st support | pillar 111) of the rotation support shaft 186, respectively.
このように、揺動ブラケット182の台座部182aと、第1回転ブラケット183の基部183aと、第2回転ブラケット184の基部184aとは、それぞれ上下方向に重ねられている。この実施形態では、揺動ブラケット182の台座部182aの上面は、回転支持軸186の周りにおいて、突出したリング状の突起182c(図8参照)や、リング状の溝(図示省略)を有している。また、詳しい図示は省略するが、第1回転ブラケット183の基部183aの下面は、揺動ブラケット182の台座部182aのリング状の突起が嵌まる溝や、揺動ブラケット182の台座部182aのリング状の溝に嵌まる突起を有している。また、第1回転ブラケット183の基部183aの上面は、回転支持軸186の周りにおいて、突出したリング状の突起や、リング状の溝を有している。第2回転ブラケット184の基部184aの下面は、第1回転ブラケット183の基部184aの上面に設けられたリング状の突起が嵌まる溝や、リング状の溝に嵌まる突起を有している。このように、揺動ブラケット182と、第1回転ブラケット183と、第2回転ブラケット184は、重なり合う部分に、回転支持軸186の周りにおいて、互いに嵌まり合うリング状の突起やリング状の溝を備えている。かかるリング状の突起やリング状の溝が互いに嵌まり合うことによって、第1回転ブラケット183と、第2回転ブラケット184とが、揺動ブラケット182に対して、がたつかず安定してスムーズに回動する。   As described above, the base portion 182a of the swinging bracket 182, the base portion 183a of the first rotating bracket 183, and the base portion 184a of the second rotating bracket 184 are overlapped in the vertical direction. In this embodiment, the upper surface of the pedestal portion 182a of the swing bracket 182 has a protruding ring-shaped protrusion 182c (see FIG. 8) and a ring-shaped groove (not shown) around the rotation support shaft 186. ing. Although not shown in detail, the bottom surface of the base portion 183a of the first rotating bracket 183 has a groove in which a ring-shaped protrusion of the pedestal portion 182a of the swing bracket 182 fits or a ring of the pedestal portion 182a of the swing bracket 182. It has a projection that fits into the groove. Further, the upper surface of the base portion 183 a of the first rotating bracket 183 has a protruding ring-shaped protrusion and a ring-shaped groove around the rotation support shaft 186. The lower surface of the base 184a of the second rotating bracket 184 has a groove into which a ring-shaped protrusion provided on the upper surface of the base 184a of the first rotating bracket 183 fits, or a protrusion that fits into the ring-shaped groove. In this manner, the swing bracket 182, the first rotary bracket 183, and the second rotary bracket 184 have ring-shaped protrusions and ring-shaped grooves that fit each other around the rotation support shaft 186 in the overlapping portion. I have. By fitting the ring-shaped protrusion and the ring-shaped groove to each other, the first rotating bracket 183 and the second rotating bracket 184 do not rattle with respect to the swinging bracket 182 and rotate stably and smoothly. Move.
〈第1手すり取付部191〉
第1手すり取付部191は、図6に示すように、第2回転ブラケット184の取付片184bに装着された揺動中心軸184cに揺動可能に取り付けられている。第1手すり取付部191は、図1に示すように、第2ベースプレート102に配置された第2支柱112に向けられている。第1手すり取付部191は、第1手すり131の一端が挿入される挿入部を有している。この実施形態では、第1手すり取付部191は、第1支柱111の上端部に、第1ヒンジ121を介して角度が変更可能に取り付けられている。つまり、第1ヒンジ121は、第1支柱111に対して周方向に回転可能な基部184a(第1回転部)と、基部184aから外径方向に突出した取付片184b(第1突出部)とを備えている。そして、第1手すり取付部191は、取付片184bに対して上下方向に揺動可能に取り付けられている。
<First railing attachment portion 191>
As shown in FIG. 6, the first handrail attaching portion 191 is swingably attached to a swing center shaft 184c mounted on the mounting piece 184b of the second rotating bracket 184. As shown in FIG. 1, the first handrail attaching portion 191 is directed to the second support column 112 disposed on the second base plate 102. The first handrail attachment portion 191 has an insertion portion into which one end of the first handrail 131 is inserted. In this embodiment, the first handrail attachment portion 191 is attached to the upper end portion of the first support column 111 via the first hinge 121 so that the angle can be changed. That is, the first hinge 121 includes a base portion 184a (first rotating portion) that can rotate in the circumferential direction with respect to the first support column 111, and an attachment piece 184b (first protruding portion) that protrudes from the base portion 184a in the outer diameter direction. It has. And the 1st handrail attachment part 191 is attached so that rocking | fluctuation to an up-down direction is possible with respect to the attachment piece 184b.
〈第3手すり取付部193〉
第3手すり取付部193は、図6に示すように、第1回転ブラケット183の取付片183bに装着された揺動中心軸183cに揺動可能に取り付けられている。第3手すり取付部193は、図1に示すように、同じ第1ベースプレート101において、第1支柱111の前側に配置された第3支柱113に向けられている。第3手すり取付部193は、第2手すり132の一端が挿入される挿入部を有している。この実施形態では、第1回転ブラケット183は、第1支柱111と第3手すり取付部193との間に介在した第3ヒンジ123として機能する。つまり、第3手すり取付部193は、第1支柱111の上端部に、第3ヒンジ123を介して取り付けられている。つまり、第3ヒンジ123は、第1支柱111に対して周方向に回転可能な基部183aと、基部183aから外径方向に突出した取付片183bとを備えている。そして、第3手すり取付部193は、取付片183bに対して上下方向に揺動可能に取り付けられている。
<Third handrail mounting portion 193>
As shown in FIG. 6, the third handrail attachment portion 193 is swingably attached to a swing center shaft 183 c attached to the attachment piece 183 b of the first rotating bracket 183. As shown in FIG. 1, the third handrail attachment portion 193 is directed to the third support column 113 disposed on the front side of the first support column 111 in the same first base plate 101. The third handrail attachment portion 193 has an insertion portion into which one end of the second handrail 132 is inserted. In this embodiment, the first rotating bracket 183 functions as a third hinge 123 interposed between the first support column 111 and the third handrail attaching portion 193. That is, the third handrail attachment portion 193 is attached to the upper end portion of the first support column 111 via the third hinge 123. That is, the third hinge 123 includes a base portion 183a that can rotate in the circumferential direction with respect to the first support column 111, and a mounting piece 183b that protrudes from the base portion 183a in the outer diameter direction. And the 3rd handrail attachment part 193 is attached with respect to the attachment piece 183b so that rocking | fluctuation to an up-down direction is possible.
次に、図9は、第2支柱112の上端に取り付けられた第2ヒンジ122を示す側面図である。第2ヒンジ122は、第1ヒンジ121と凡そ同じ構造を備えている。ここでは、第1回転ブラケット183に換えて、回転支持軸186にスペーサ188が装着されている。第2ヒンジ122では、第2回転ブラケット184に第2手すり取付部192が取り付けられている。第2手すり取付部192は、第1支柱111に向けられている。   Next, FIG. 9 is a side view showing the second hinge 122 attached to the upper end of the second support column 112. The second hinge 122 has approximately the same structure as the first hinge 121. Here, instead of the first rotation bracket 183, a spacer 188 is attached to the rotation support shaft 186. In the second hinge 122, the second handrail attaching portion 192 is attached to the second rotating bracket 184. The second handrail attachment portion 192 is directed to the first support column 111.
第4支柱114の上端に取り付けられた第4ヒンジ124は、第1ヒンジ121(図1および図6参照)と同様の構造であり、第5ヒンジ125は、第3ヒンジ123(図1および図6参照)と同様の構造である。ここでは、第5ヒンジ125を構成する第1回転ブラケット183に、第6手すり取付部196が取り付けられている。第6手すり取付部196は、第6支柱116の方に向けられている。また、第4ヒンジ124を構成する第2回転ブラケット184に、第4手すり取付部194が取り付けられている。第4手すり取付部194は第5支柱115の方に向けられている。   The 4th hinge 124 attached to the upper end of the 4th support | pillar 114 is the structure similar to the 1st hinge 121 (refer FIG. 1 and FIG. 6), and the 5th hinge 125 is the 3rd hinge 123 (FIG. 1 and FIG. 6). Here, the sixth handrail attaching portion 196 is attached to the first rotating bracket 183 constituting the fifth hinge 125. The sixth handrail attaching portion 196 is directed toward the sixth support column 116. In addition, a fourth handrail attaching portion 194 is attached to the second rotating bracket 184 constituting the fourth hinge 124. The fourth handrail attaching portion 194 is directed toward the fifth support column 115.
第5支柱115の上端に取り付けられた第5ヒンジ125は、第2ヒンジ122と同様の構成である(図1および図9参照)。第5ヒンジ125では、第2回転ブラケット184に第5手すり取付部195が取り付けられている。第5手すり取付部195は、第4支柱114の方に向けられている。   The 5th hinge 125 attached to the upper end of the 5th support | pillar 115 is the structure similar to the 2nd hinge 122 (refer FIG. 1 and FIG. 9). In the fifth hinge 125, a fifth handrail attaching portion 195 is attached to the second rotating bracket 184. The fifth handrail attaching portion 195 is directed toward the fourth support column 114.
〈第1保持部材201、第2保持部材202〉
この実施形態では、第1ベースプレート101の左前部に設置された第3支柱113の上端には、第1保持部材201が取り付けられている。第1保持部材201は、第2手すり132の端部が挿入される挿入部を備えている。第1保持部材201の挿入部は、第1支柱111の方に向けられている。また、第1ベースプレート101の右前部に設置された第6支柱116の上端には、第2保持部材202が取り付けられている。第2保持部材202は、第4手すり134の端部が挿入される挿入部を備えている。第2保持部材202の挿入部は、第4支柱114の方に向けられている。
<First holding member 201, second holding member 202>
In this embodiment, the first holding member 201 is attached to the upper end of the third support column 113 installed at the left front portion of the first base plate 101. The 1st holding member 201 is provided with the insertion part in which the edge part of the 2nd handrail 132 is inserted. The insertion portion of the first holding member 201 is directed toward the first support column 111. A second holding member 202 is attached to the upper end of the sixth support column 116 installed at the right front portion of the first base plate 101. The second holding member 202 includes an insertion portion into which the end portion of the fourth handrail 134 is inserted. The insertion portion of the second holding member 202 is directed toward the fourth support column 114.
〈手すり131〜手すり134〉
第1手すり131は、図1に示すように、第1支柱111に設けられた第1手すり取付部191と、第2支柱112に設けられた第2手すり取付部192とに装着されている。
第2手すり132は、第1支柱111に設けられた第3手すり取付部193と、第3支柱113に設けられた第1保持部材201とに装着されている。
第3手すり133は、第4支柱114に設けられた第4手すり取付部194と、第5支柱115に設けられた第5手すり取付部195とに装着されている。
第4手すり134は、第4支柱114に設けられた第6手すり取付部196と、第6支柱116に設けられた第2保持部材202とに装着されている。
<Handrail 131 to Handrail 134>
As shown in FIG. 1, the first handrail 131 is attached to a first handrail attachment portion 191 provided on the first support 111 and a second handrail attachment portion 192 provided on the second support 112.
The second handrail 132 is attached to a third handrail attachment portion 193 provided on the first support column 111 and a first holding member 201 provided on the third support column 113.
The third handrail 133 is attached to a fourth handrail attachment portion 194 provided on the fourth support 114 and a fifth handrail attachment portion 195 provided on the fifth support 115.
The fourth handrail 134 is attached to a sixth handrail mounting portion 196 provided on the fourth support column 114 and a second holding member 202 provided on the sixth support column 116.
この仮設手すり100は、図1に示すように、玄関ポーチのような段差に設置することができる。図1では、第1ベースプレート101が段差の下側に置かれ、第2ベースプレート102が段差の上側に置かれている。仮設手すり100は、置くだけで設置できる。   As shown in FIG. 1, the temporary handrail 100 can be installed at a step such as an entrance porch. In FIG. 1, the first base plate 101 is placed below the step, and the second base plate 102 is placed above the step. The temporary handrail 100 can be installed simply by placing it.
また、玄関ポーチの段差や玄関への道筋は、住宅個々に違っている。
この仮設手すり100は、図1に示すように、第1ベースプレート101と、第1支柱111と、第1ヒンジ121と、第1手すり取付部191と、第2ベースプレート102と、第2支柱112と、第2ヒンジ122と、第2手すり取付部192と、第1手すり131とを備えている。第1支柱111は、第1ベースプレート101に取り付けられている。第1ヒンジ121は、第1支柱111の上端部に取り付けられている。第1手すり取付部191は、第1ヒンジ121を介して、第1支柱111に対して角度が変更可能に取り付けられている。第2支柱112は、第2ベースプレート102に取り付けられている。第2ヒンジ122は、第2支柱112の上端部に取り付けられている。第2手すり取付部192は、第2ヒンジ122を介して、第1支柱111に対して角度が変更可能に取り付けられている。第1手すり131は、第1手すり取付部191と第2手すり取付部192とに架け渡されている。そして、第1支柱111と第2支柱112は、第1ベースプレート101と第2ベースプレート102とにおいて、それぞれ片側に偏って配置されている。
In addition, the steps of the entrance porch and the route to the entrance are different for each house.
As shown in FIG. 1, the temporary handrail 100 includes a first base plate 101, a first support column 111, a first hinge 121, a first handrail attachment portion 191, a second base plate 102, and a second support column 112. , A second hinge 122, a second handrail attachment 192, and a first handrail 131. The first support column 111 is attached to the first base plate 101. The first hinge 121 is attached to the upper end portion of the first support column 111. The first handrail attaching portion 191 is attached to the first support column 111 via the first hinge 121 such that the angle can be changed. The second support column 112 is attached to the second base plate 102. The second hinge 122 is attached to the upper end portion of the second support column 112. The second handrail attachment portion 192 is attached to the first support column 111 via the second hinge 122 so that the angle can be changed. The first handrail 131 is spanned between the first handrail attachment portion 191 and the second handrail attachment portion 192. The first support column 111 and the second support column 112 are arranged so as to be biased toward one side in the first base plate 101 and the second base plate 102, respectively.
かかる仮設手すり100は、図1に示すように、第1支柱111に設けられた第1手すり取付部191は、第1ヒンジ121によって、第1支柱111に対して周方向および上下方向において、任意の向きに向けられる。また、第2支柱112に設けられた第2手すり取付部192は、第2ヒンジ122によって、第2支柱112に対して周方向および上下方向において任意の向きに向けられる。また、この実施形態では、第4支柱114に第4ヒンジ124を介して第4手すり取付部194が取り付けられている。第5支柱115に第5ヒンジ125を介して第5手すり取付部195が取り付けられている。第4支柱114に設けられた第4手すり取付部194は、第4ヒンジ124によって、第4支柱114に対して周方向および上下方向において、任意の向きに向けられる。また、第5支柱115に設けられた第5手すり取付部195は、第5ヒンジ125によって、第5支柱115に対して周方向および上下方向において任意の向きに向けられる。   As shown in FIG. 1, the temporary handrail 100 includes a first handrail mounting portion 191 provided on the first support column 111. The first handrail attachment unit 191 can be arbitrarily connected to the first support column 111 in the circumferential direction and the vertical direction by the first hinge 121. Directed in the direction of Further, the second handrail attaching portion 192 provided on the second support column 112 is directed to an arbitrary direction in the circumferential direction and the vertical direction with respect to the second support column 112 by the second hinge 122. In this embodiment, the fourth handrail mounting portion 194 is attached to the fourth support column 114 via the fourth hinge 124. A fifth handrail attaching portion 195 is attached to the fifth support column 115 via a fifth hinge 125. The fourth handrail attaching portion 194 provided on the fourth support column 114 is directed to an arbitrary direction in the circumferential direction and the vertical direction with respect to the fourth support column 114 by the fourth hinge 124. Further, the fifth handrail attaching portion 195 provided on the fifth support column 115 is directed to an arbitrary direction in the circumferential direction and the vertical direction with respect to the fifth support column 115 by the fifth hinge 125.
このため、仮設手すり100は、第1ベースプレート101に対して、第2ベースプレート102を上下方向および周方向に位置を変えて設置できる。このため、段差や道筋が異なる玄関ポーチにも設置が可能であり、汎用性が高い。また、支柱111〜116の高さが変更できるので、手すり131〜134の高さを適宜に変えることができるので、使用者個々に合わせて手すり131〜134の高さや角度が変更できる。   For this reason, the temporary handrail 100 can be installed in the first base plate 101 by changing the position of the second base plate 102 in the vertical direction and the circumferential direction. For this reason, it can be installed in a front porch with different steps and paths, and is highly versatile. Moreover, since the height of the support | pillars 111-116 can be changed, since the height of the handrail 131-134 can be changed suitably, the height and angle of the handrail 131-134 can be changed according to each user.
また、この仮設手すり100は、図1に示すように、第1支柱111と第2支柱112は、第1ベースプレート101と第2ベースプレート102とにおいて、それぞれ片側に偏って配置されている。そして、第1ベースプレート101と第2ベースプレート102の中央部に通路Aを設定することができる。この場合、第1ベースプレート101と第2ベースプレート102の上に、十分な通路用のスペースが確保できる。また、第1手すり131を支える第1支柱111、第2支柱112に対して、第1ベースプレート101と第2ベースプレート102の重心が離れている。このため、第1手すり131に荷重が掛かっても、仮設手すり100が倒れにくい。   In the temporary handrail 100, as shown in FIG. 1, the first support column 111 and the second support column 112 are arranged so as to be biased toward one side in the first base plate 101 and the second base plate 102, respectively. A passage A can be set at the center of the first base plate 101 and the second base plate 102. In this case, a sufficient space for the passage can be secured on the first base plate 101 and the second base plate 102. Further, the center of gravity of the first base plate 101 and the second base plate 102 is separated from the first support column 111 and the second support column 112 that support the first handrail 131. For this reason, even if a load is applied to the first handrail 131, the temporary handrail 100 is unlikely to fall down.
なお、上述した実施形態では、図1に示すように、第4支柱114と第5支柱115とが、第1ベースプレート101と第2ベースプレート102とにおいて、第1支柱111と第2支柱112とは反対側に偏って配置されている。仮設手すり100は、このようにベースプレート101、102の左右両側に、それぞれ支柱と手すりが配置されていてもよい。ベースプレート101、102の左右両側に、それぞれ支柱と手すりが配置されている場合には、使用者の両側に手すりがあるので、使用者の安心感や利便性が増す。なお、かかる形態に限らず、仮設手すり100は、ベースプレート101、102の左右のうち片側のみに、支柱と手すりが配置されていてもよい。   In the above-described embodiment, as shown in FIG. 1, the fourth column 114 and the fifth column 115 are the same as the first column 111 and the second column 112 in the first base plate 101 and the second base plate 102. It is biased to the opposite side. As for the temporary handrail 100, the support | pillar and the handrail may be arrange | positioned at the right-and-left both sides of the base plates 101 and 102 in this way, respectively. When support columns and handrails are arranged on both the left and right sides of the base plates 101 and 102, since there are handrails on both sides of the user, the user's sense of security and convenience are increased. In addition, not only in this form, the temporary handrail 100 may be provided with a column and a handrail on only one side of the left and right sides of the base plates 101 and 102.
この実施形態では、第1ヒンジ121は、第1支柱111に対して周方向に回転可能な第1回転部(基部184a)と、当該第1回転部184aから外径方向に突出した第1突出部(取付片184b)とを備えている。第1手すり取付部191は、第1突出部184bに対して上下方向に揺動可能に取り付けられている。このような構成によって、第1支柱111に対して第1手すり131の向きを調整できる第1ヒンジ121をコンパクトに構成できる(図1および図6参照)。また、実施例で挙げたヒンジ121〜126は、何れも上述の第1回転部と第1突出部のような回転部と突出部を備えている。このような構成によって、ヒンジ121〜126は、何れもコンパクトに構成されている。なお、ヒンジ121〜126の構造は、実施例で挙げた構造に限定されるものではない。   In this embodiment, the first hinge 121 includes a first rotation portion (base portion 184a) that can rotate in the circumferential direction with respect to the first support column 111, and a first protrusion that protrudes from the first rotation portion 184a in the outer diameter direction. Part (mounting piece 184b). The first handrail attaching part 191 is attached to the first projecting part 184b so as to be swingable in the vertical direction. With such a configuration, the first hinge 121 that can adjust the orientation of the first handrail 131 relative to the first support column 111 can be configured in a compact manner (see FIGS. 1 and 6). In addition, each of the hinges 121 to 126 described in the embodiment includes a rotating portion and a protruding portion such as the first rotating portion and the first protruding portion described above. With such a configuration, all of the hinges 121 to 126 are configured to be compact. The structure of the hinges 121 to 126 is not limited to the structure described in the embodiment.
また、第1支柱111と第2支柱112とは、それぞれ高さが調整できるとよい。これにより、仮設手すり100の汎用性が増し、例えば、使用者の体格に合わせて手すり131の高さを調整できる。   Further, it is preferable that the heights of the first column 111 and the second column 112 can be adjusted. Thereby, the versatility of the temporary handrail 100 increases and, for example, the height of the handrail 131 can be adjusted according to the user's physique.
また、第3支柱113は、第1支柱111から離れた位置において第1ベースプレート101に取り付けられている。第3支柱113の上端部には、第1保持部材201が取り付けられている。第1支柱111の上端部には、第3手すり取付部193が設けられている。第2手すり132は、第1保持部材201と第3手すり取付部193とに架け渡されている。このように、第1ベースプレート101には、前後に複数の第1支柱111、113が配置され、その上端部に手すり132が架け渡されていてもよい。使用者の使い易さが向上する。例えば、第3支柱113は、第1ベースプレート101において、第1支柱111と同じ側に偏って配置されているとよい。   The third support column 113 is attached to the first base plate 101 at a position away from the first support column 111. A first holding member 201 is attached to the upper end portion of the third support column 113. A third handrail attaching portion 193 is provided at the upper end portion of the first support column 111. The second handrail 132 is spanned between the first holding member 201 and the third handrail attachment portion 193. As described above, the first base plate 101 may be provided with the plurality of first support columns 111 and 113 on the front and rear sides, and the handrail 132 may be bridged on the upper end portion thereof. The ease of use for the user is improved. For example, the third support column 113 may be disposed on the same side as the first support column 111 in the first base plate 101.
また、第1支柱111の上端部に、第3ヒンジ123が設けられていてもよい。この場合、第3手すり取付部193は、第3ヒンジ123を介して、第1支柱111に取り付けられ、第1支柱111に対して周方向に向きが変えられるとよい。これにより、例えば、第1支柱111と第3支柱113の高さが違うような場合において、第2手すり132の角度を変えて設置することができる。上述した実施形態では、第1ベースプレート101は、第1支柱111の取付位置が変更可能なように、複数の取付部を備えている。このように、第1支柱111または第3支柱113を取り付け位置が変更可能な取り付け構造を有していることによって、第1支柱111または第3支柱113の配置を換えることができる。これにより、仮設手すりの汎用性を向上し、より多様な設置場所に設置でき、また、使用者のニーズに応じて使用状態を変えることができる。   A third hinge 123 may be provided at the upper end of the first support column 111. In this case, the third handrail attaching portion 193 may be attached to the first support column 111 via the third hinge 123, and the direction thereof may be changed in the circumferential direction with respect to the first support column 111. Thereby, for example, when the heights of the first support column 111 and the third support column 113 are different, the angle of the second handrail 132 can be changed and installed. In the embodiment described above, the first base plate 101 includes a plurality of attachment portions so that the attachment position of the first support column 111 can be changed. As described above, the arrangement of the first support column 111 or the third support column 113 can be changed by having the mounting structure in which the mounting position of the first support column 111 or the third support column 113 can be changed. Thereby, the versatility of a temporary handrail can be improved, it can install in more various installation places, and a use condition can be changed according to a user's needs.
また、上述した実施形態のように、第1ベースプレート101は、第6支柱116と第4手すり134を配置して、第1ベースプレート101の両側に、支柱と手すりを配置してもよい。第1ベースプレート101の両側に、支柱と手すりを配置することによって、使用者の安心感や利便性が増す。   Further, as in the above-described embodiment, the first base plate 101 may include the sixth support column 116 and the fourth handrail 134, and the support column and the handrail may be disposed on both sides of the first base plate 101. By disposing the columns and handrails on both sides of the first base plate 101, the user's sense of security and convenience are increased.
また、上述した実施形態では、第1ベースプレート101と第2ベースプレート102とは、矩形のプレートであり、第1ベースプレート101と、第2ベースプレート102とは、大きさが異なる。具体的には、第1ベースプレート101は、前後方向において、第2ベースプレート102よりも長い。例えば、玄関ポーチなどで、玄関の扉の前のスペースが限られている場合には、第1ベースプレート101と第2ベースプレート102の一方を小さいプレートとしておくことで、汎用性が増す。この場合、第1ベースプレート101と第2ベースプレート102は、必ずしも矩形のプレートでなくてもよい。   In the above-described embodiment, the first base plate 101 and the second base plate 102 are rectangular plates, and the first base plate 101 and the second base plate 102 have different sizes. Specifically, the first base plate 101 is longer than the second base plate 102 in the front-rear direction. For example, when the space in front of the entrance door is limited by an entrance porch or the like, versatility is increased by setting one of the first base plate 101 and the second base plate 102 as a small plate. In this case, the first base plate 101 and the second base plate 102 are not necessarily rectangular plates.
また、第1ベースプレート101と第2ベースプレート102は、同じ構造の部材としてもよい。これにより部品を共通させることができ、コストを低く抑えることができる。また、支柱111〜116や、ヒンジ121〜126、手すり取付部191〜196なども、部品を共通化させることによって、仮設手すり100のコストを低く抑えることができる。   Further, the first base plate 101 and the second base plate 102 may be members having the same structure. Thereby, parts can be made common and cost can be suppressed low. Also, the cost of the temporary handrail 100 can be kept low by making the pillars 111 to 116, the hinges 121 to 126, the handrail attaching portions 191 to 196, etc. common.
以上、本発明の一実施形態に係る仮設手すり100について、種々説明をしたが、本発明の仮設手すり100は、ここで言及される形態に限定されない。   As described above, the temporary handrail 100 according to the embodiment of the present invention has been variously described, but the temporary handrail 100 of the present invention is not limited to the form mentioned here.
ここで、仮設手すり100は、最小単位となる構成を、第1ベースプレート101と第2ベースプレート102を例示して説明している。仮設手すり100は、例えば、第1ベースプレート101や第2ベースプレート102と同様に、支柱や手すりを設けた複数のベースプレートをさらに備えていてもよい。   Here, the temporary handrail 100 is described with reference to the first base plate 101 and the second base plate 102 as a minimum unit. The temporary handrail 100 may further include, for example, a plurality of base plates provided with columns and handrails, like the first base plate 101 and the second base plate 102.
また、仮設手すり100の各構成部材は、特に言及されない限りにおいて、上述した実施形態に限定されず、種々の変更が可能である。   Further, each component of the temporary handrail 100 is not limited to the above-described embodiment, and various modifications can be made unless otherwise specified.
(他の発明)
ここで提案される仮設手すりは、第1ベースプレートと、第2ベースプレートと、第1支柱と、第2支柱と、第1ヒンジと、第1手すり取付部と、第2ヒンジと、第2手すり取付部と、第1手すりとを備えている。第1支柱は、第1ベースプレートに取り付けられており、第1ヒンジは、第1支柱の上端部に取り付けられている。第1手すり取付部は、第1ヒンジを介して、第1支柱に対して角度が変更可能に取り付けられている。また、第2支柱は、第2ベースプレートに取り付けられており、第2支柱の上端部に第2ヒンジが取り付けられている。第2手すり取付部は、第2ヒンジを介して、第2支柱に対して角度が変更可能に取り付けられている。第1手すりは、第1手すり取付部と第2手すり取付部とに架け渡されている。ここで、第1支柱と第2支柱とは、第1ベースプレートと第2ベースプレートとにおいて、それぞれ片側に偏って配置されている。
(Other inventions)
The temporary handrail proposed here includes a first base plate, a second base plate, a first strut, a second strut, a first hinge, a first handrail attachment portion, a second hinge, and a second handrail attachment. And a first handrail. The 1st support | pillar is attached to the 1st baseplate, and the 1st hinge is attached to the upper end part of the 1st support | pillar. The first handrail attaching portion is attached to the first support column via the first hinge so that the angle can be changed. The second support column is attached to the second base plate, and the second hinge is attached to the upper end portion of the second support column. The second handrail attaching portion is attached to the second support column via the second hinge so that the angle can be changed. The first handrail is spanned between the first handrail attachment portion and the second handrail attachment portion. Here, the 1st support | pillar and the 2nd support | pillar are each biased and arranged in one side in the 1st base plate and the 2nd base plate.
第1支柱と第2支柱とは、第1ベースプレートと第2ベースプレートとにおいて、それぞれ片側に偏って配置されているので、ベースプレート上に十分な通路用のスペースを確保できる。ここで、「手すり取付部」は、「手すりが取り付けられる部位」であり、その形状や構造は、特に言及されない限りにおいて限定されない。   Since the first support column and the second support column are arranged so as to be biased to one side in the first base plate and the second base plate, a sufficient space for the passage can be secured on the base plate. Here, the “handrail attachment portion” is a “part to which the handrail is attached”, and its shape and structure are not limited unless specifically mentioned.
また、第1ヒンジは、第1支柱に対して周方向に回転可能な第1回転部と、第1回転部から外径方向に突出した第1突出部とを備えていてもよい。この場合、第1手すり取付部は、第1突出部に対して上下方向に揺動可能に取り付けられているとよい。また、第2ヒンジは、第2支柱に対して周方向に回転可能な第2回転部と、第2回転部から外径方向に突出した第2突出部とを備えていてもよい。この場合、第2手すり取付部は、第2突出部に対して上下方向に揺動可能に取り付けられているとよい。これによりヒンジがコンパクトな構成となるとともに、仮設手すりの汎用性が増す。   In addition, the first hinge may include a first rotating portion that is rotatable in the circumferential direction with respect to the first support column, and a first protruding portion that protrudes from the first rotating portion in the outer diameter direction. In this case, the first handrail attachment portion may be attached to be swingable in the vertical direction with respect to the first protrusion. The second hinge may include a second rotating portion that is rotatable in the circumferential direction with respect to the second support column, and a second protruding portion that protrudes from the second rotating portion in the outer diameter direction. In this case, the second handrail attachment portion may be attached to be swingable in the vertical direction with respect to the second protrusion. As a result, the hinge has a compact configuration and the versatility of the temporary handrail increases.
また、第1支柱と第2支柱とは、それぞれ高さが調整できるとよい。これにより、仮設手すりの汎用性がさらに増す。   Further, it is preferable that the heights of the first column and the second column can be adjusted. This further increases the versatility of the temporary handrail.
また、第1支柱から離れた位置において第1ベースプレートに取り付けられた、第3支柱と、第3支柱の上端部に取り付けられた第1保持部材と、第1支柱の上端部に設けられた第3手すり取付部と、第1保持部材と第3手すり取付部とに架け渡された第2手すりとを備えていてもよい。また、第1支柱の上端部に、第3ヒンジが設けられていてもよい。この場合、第3手すり取付部は、第3ヒンジを介して、第1支柱に取り付けられており、第1支柱に対して周方向に向きが変えられてもよい。これにより、仮設手すりの汎用性が増すとともに、使用者の利便性が増す。   In addition, the third support column attached to the first base plate at a position away from the first support column, the first holding member attached to the upper end portion of the third support column, and the first support member provided to the upper end portion of the first support column. You may provide the 3 handrail attachment part and the 2nd handrail spanned over the 1st holding member and the 3rd handrail attachment part. Moreover, the 3rd hinge may be provided in the upper end part of the 1st support | pillar. In this case, the third handrail attaching portion may be attached to the first support post via the third hinge, and the direction thereof may be changed in the circumferential direction with respect to the first support post. This increases the versatility of the temporary handrail and increases the convenience for the user.
第1ベースプレートは、第1支柱または第3支柱を取り付け位置が変更可能な取り付け構造を有していてもよい。この場合、第3支柱は、第1ベースプレートにおいて、第1支柱と同じ側に偏って配置されていてもよい。   The first base plate may have a mounting structure in which the mounting position of the first column or the third column can be changed. In this case, the third support column may be arranged on the same side as the first support column in the first base plate.
また、第1ベースプレートに取り付けられた第4支柱と、第2ベースプレートに取り付けられた第5支柱と、第4支柱の上端部に取り付けられた第4ヒンジと、第4ヒンジを介して、第4支柱に対して角度が変更可能に取り付けられた第4手すり取付部と、第5支柱の上端部に取り付けられた第5ヒンジと、第5ヒンジを介して、第5支柱に対して角度が変更可能に取り付けられた第5手すり取付部と、第4手すり取付部と第5手すり取付部とに架け渡された第3手すりとを備え、第4支柱と第5支柱とは、第1ベースプレートと第2ベースプレートとにおいて、第1支柱と第2支柱とは反対側に偏って配置されていてもよい。このように、第1ベースプレート101と第2ベースプレート102の両側に手すりを備えていることによって、仮設手すりの利便性が増す。また、使用者に与える安心感が向上する。   In addition, the fourth column attached to the first base plate, the fifth column attached to the second base plate, the fourth hinge attached to the upper end of the fourth column, and the fourth hinge via the fourth hinge The angle is changed with respect to the 5th support via the 4th handrail attaching part attached to the support so that the angle can be changed, the 5th hinge attached to the upper end of the 5th support, and the 5th hinge. A fifth handrail mounting portion that is detachably mounted, and a third handrail spanned between the fourth handrail mounting portion and the fifth handrail mounting portion, and the fourth support column and the fifth support column are the first base plate, In the second base plate, the first support column and the second support column may be arranged to be biased to the opposite side. Thus, by providing handrails on both sides of the first base plate 101 and the second base plate 102, the convenience of temporary handrails is increased. In addition, the feeling of security given to the user is improved.
この場合、第4支柱から離れた位置において第1ベースプレートに取り付けられた、第6支柱と、第6支柱の上端部に取り付けられた第2保持部材と、第4支柱の上端部に設けられた第6手すり取付部と、第2保持部材と第6手すり取付部とに架け渡された第4手すりとを備えていてもよい。また、第4支柱の上端部に、第6ヒンジが設けられており、第6手すり取付部は、第6ヒンジを介して、第4支柱に取り付けられており、第4支柱に対して周方向に向きが変えられるとよい。   In this case, the sixth support, attached to the first base plate at a position away from the fourth support, the second holding member attached to the upper end of the sixth support, and the upper end of the fourth support. You may provide the 6th handrail attachment part and the 4th handrail spanned over the 2nd holding member and the 6th handrail attachment part. A sixth hinge is provided at the upper end portion of the fourth support column, and the sixth handrail mounting portion is attached to the fourth support column via the sixth hinge, and is circumferential with respect to the fourth support column. The direction should be changed.
また、第1ベースプレートと第2ベースプレートとは、同じ構造の部材であってもよい。この場合、部品を共通化させることができ、仮設手すりの製造コストを低く抑えることができる。また、第1ベースプレートと、第2ベースプレートとは、大きさが異なっていてもよい。第1ベースプレートと第2ベースプレートの大きさを異ならせておくことによって、仮設手すりの汎用性が増す。   Further, the first base plate and the second base plate may be members having the same structure. In this case, parts can be made common, and the manufacturing cost of the temporary handrail can be kept low. The first base plate and the second base plate may be different in size. By making the sizes of the first base plate and the second base plate different, the versatility of the temporary handrail increases.
本発明は、上述したように仮設手すりを提供するものであり、産業上利用可能である。   As described above, the present invention provides a temporary handrail and can be used industrially.
101 第1ベースプレート
101a 表面プレート
101b 補強プレート
101c エッジカバー
102 第2ベースプレート
102a 表面プレート
102b 補強プレート
102c エッジカバー
111−116 支柱
121−126 ヒンジ
131−134 手すり
151−156 取付部
171、176 アジャスタ
181 支柱側ブラケット
182 揺動ブラケット
183 第1回転ブラケット
183a 基部(回転部)
183b 取付片(突出部)
183c 揺動中心軸
184 第2回転ブラケット
184a 基部(回転部)
184b 取付片(突出部)
184c 揺動中心軸
185 揺動支持軸
186 回転支持軸
187 キャップ
188 スペーサ
191−196 手すり取付部
201、202 保持部材
101 First base plate 101a Surface plate 101b Reinforcement plate 101c Edge cover 102 Second base plate 102a Surface plate 102b Reinforcement plate 102c Edge cover 111-116 Post 121-126 Hinge 131-134 Handrail 151-156 Mounting portion 171, 176 Adjuster 181 Post side Bracket 182 Oscillating bracket 183 First rotating bracket 183a Base (rotating part)
183b Mounting piece (protruding part)
183c Oscillating center shaft 184 Second rotating bracket 184a Base (rotating part)
184b Mounting piece (protruding part)
184c Oscillation center shaft 185 Oscillation support shaft 186 Rotation support shaft 187 Cap 188 Spacer 191-196 Handrail attachment portion 201, 202 Holding member

Claims (18)

  1. 第1ベースプレートと、
    第2ベースプレートと、
    前記第1ベースプレートに取り付けられた第1支柱と、
    前記第2ベースプレートに取り付けられた第2支柱と、
    前記第1支柱と前記第2支柱とに取り付けられた手すりと、
    を備え、
    前記第1ベースプレートの中央部に、第1通路が設定され、
    前記第2ベースプレートの中央部に、第2通路が設定されている、仮設手すり。
    A first base plate;
    A second base plate;
    A first support post attached to the first base plate;
    A second support post attached to the second base plate;
    A handrail attached to the first support column and the second support column;
    With
    A first passage is set at a central portion of the first base plate;
    A temporary handrail in which a second passage is set in a central portion of the second base plate.
  2. 前記手すりは、前記第1支柱と前記第2支柱とに角度が変更可能に取り付けられている、請求項1に記載された仮設手すり。   The temporary handrail according to claim 1, wherein the handrail is attached to the first support column and the second support column so that the angle can be changed.
  3. 前記第1支柱と前記第2支柱とは、それぞれ高さが調整できるように構成されている、請求項1または2に記載された仮設手すり。   The temporary handrail according to claim 1 or 2, wherein each of the first support column and the second support column is configured to be adjustable in height.
  4. 前記第1支柱は、前記第1ベースプレートの長辺方向の一方側に配置され、
    前記第1ベースプレートの長辺方向の他方側に、他の支柱を取り付けるための第1取付部が形成されている、請求項1から3までの何れか一項に記載された仮設手すり。
    The first support column is disposed on one side in the long side direction of the first base plate,
    The temporary handrail according to any one of claims 1 to 3, wherein a first attachment portion for attaching another support column is formed on the other side in the long side direction of the first base plate.
  5. 前記第1ベースプレートは、表面プレートと、前記表面プレートの裏面に取り付けられた補強プレートとを有している、請求項1から4までの何れか一項に記載された仮設手すり。   The temporary handrail according to any one of claims 1 to 4, wherein the first base plate includes a surface plate and a reinforcing plate attached to a back surface of the surface plate.
  6. 前記第1ベースプレートは、表面プレートと、前記表面プレートの裏面に取り付けられた補強プレートとを有し、
    前記補強プレートは、前記第1通路、前記第1支柱、および前記第1取付部の下方領域に取り付けられている、請求項4に記載された仮設手すり。
    The first base plate has a surface plate and a reinforcing plate attached to the back surface of the surface plate,
    The temporary handrail according to claim 4, wherein the reinforcing plate is attached to a lower region of the first passage, the first support column, and the first attachment portion.
  7. 前記第1ベースプレートは、前記表面プレートの周縁部を覆うエッジカバーを有している、請求項5または6に記載された仮設手すり。   The temporary handrail according to claim 5 or 6, wherein the first base plate has an edge cover that covers a peripheral portion of the surface plate.
  8. 前記第2支柱は、前記第2ベースプレートの長辺方向の一方側に配置され、
    前記第2ベースプレートの長辺方向の他方側に、他の支柱を取り付けるための第2取付部が形成されている、請求項1から7までの何れか一項に記載された仮設手すり。
    The second support column is disposed on one side in the long side direction of the second base plate,
    The temporary handrail according to any one of claims 1 to 7, wherein a second attachment portion for attaching another support column is formed on the other side in the long side direction of the second base plate.
  9. 前記第2ベースプレートは、表面プレートと、前記表面プレートの裏面に取り付けられた補強プレートとを有している、請求項1から8までの何れか一項に記載された仮設手すり。   The temporary handrail according to any one of claims 1 to 8, wherein the second base plate includes a surface plate and a reinforcing plate attached to a back surface of the surface plate.
  10. 前記第2ベースプレートは、表面プレートと、前記表面プレートの裏面に取り付けられた補強プレートとを有し、
    前記補強プレートは、前記第2通路、前記第2支柱、および前記第2取付部の下方領域に取り付けられている、請求項8に記載された仮設手すり。
    The second base plate has a surface plate and a reinforcing plate attached to the back surface of the surface plate,
    The temporary handrail according to claim 8, wherein the reinforcing plate is attached to a lower region of the second passage, the second support column, and the second attachment portion.
  11. 前記第2ベースプレートは、前記表面プレートの周縁部を覆うエッジカバーを有している、請求項9または10に記載された仮設手すり。   The temporary handrail according to claim 9 or 10, wherein the second base plate has an edge cover that covers a peripheral portion of the surface plate.
  12. 前記補強プレートは、前記表面プレートよりも厚く構成されている、請求項5、6、7、9、10、および11の何れか一項に記載された仮設手すり。   The temporary handrail according to any one of claims 5, 6, 7, 9, 10, and 11, wherein the reinforcing plate is configured to be thicker than the surface plate.
  13. 前記補強プレートは、前記表面プレートよりも剛性の高い素材で構成されている、請求項5、6、7、9、10、11、および12の何れか一項に記載された仮設手すり。   The temporary handrail according to any one of claims 5, 6, 7, 9, 10, 11, and 12, wherein the reinforcing plate is made of a material having higher rigidity than the surface plate.
  14. 前記表面プレートの周辺部は、縁から中央部に向けて盛り上がっている、請求項5、6、7、9、10、11、12、および13の何れか一項に記載された仮設手すり。   The temporary handrail according to any one of claims 5, 6, 7, 9, 10, 11, 12, and 13, wherein a peripheral portion of the surface plate is raised from an edge toward a central portion.
  15. 前記第1通路および前記第2通路の少なくとも一方に、滑り止め機能を有するシートが張られている、請求項1から14までの何れか一項に記載された仮設手すり。   The temporary handrail according to any one of claims 1 to 14, wherein a sheet having an anti-slip function is stretched in at least one of the first passage and the second passage.
  16. 前記第1ベースプレートの短辺方向に関する前記第1通路の長さは、前記第1ベースプレートの長辺方向に関する前記第1通路の長さよりも長い、請求項1から15までの何れか一項に記載された仮設手すり。   The length of the first passage in the short side direction of the first base plate is longer than the length of the first passage in the long side direction of the first base plate, according to any one of claims 1 to 15. Temporary railings.
  17. 前記第2ベースプレートの長辺方向に関する前記第2通路の長さは、前記第2ベースプレートの短辺方向に関する前記第2通路の長さよりも長い、請求項1から16までの何れか一項に記載された仮設手すり。   The length of the second passage in the long side direction of the second base plate is longer than the length of the second passage in the short side direction of the second base plate. Temporary railings.
  18. 前記第1ベースプレートは段差の下側に設置され、前記第2ベースプレートは段差の上側に設置される、請求項1から17までの何れか一項に記載された仮設手すり。   The temporary handrail according to any one of claims 1 to 17, wherein the first base plate is installed below the step, and the second base plate is installed above the step.
JP2019112471A 2019-06-18 2019-06-18 Temporary handrail Pending JP2019148167A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2019112471A JP2019148167A (en) 2019-06-18 2019-06-18 Temporary handrail

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2019112471A JP2019148167A (en) 2019-06-18 2019-06-18 Temporary handrail

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2018209482A Division JP6853229B2 (en) 2018-11-07 2018-11-07 Temporary railing

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2019148167A true JP2019148167A (en) 2019-09-05

Family

ID=67850381

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2019112471A Pending JP2019148167A (en) 2019-06-18 2019-06-18 Temporary handrail

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2019148167A (en)

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006346239A (en) * 2005-06-17 2006-12-28 Yazaki Ind Chem Co Ltd Rehabilitation device for going up and down
JP2009155951A (en) * 2007-12-27 2009-07-16 Tokuyama Kogyosha:Kk Handrail for going up and down level difference
JP2011010853A (en) * 2009-07-02 2011-01-20 Daiwa Kogyosho:Kk Handrail device for care
JP2011135931A (en) * 2009-12-25 2011-07-14 Maruzen Kogyo Kk Parallel bar for walking training
JP2014111863A (en) * 2012-12-05 2014-06-19 Daiwa Kogyosho:Kk Handrail for care
JP2015175108A (en) * 2014-03-13 2015-10-05 パナソニックIpマネジメント株式会社 Assistance tool and hand rail for assistance tool

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006346239A (en) * 2005-06-17 2006-12-28 Yazaki Ind Chem Co Ltd Rehabilitation device for going up and down
JP2009155951A (en) * 2007-12-27 2009-07-16 Tokuyama Kogyosha:Kk Handrail for going up and down level difference
JP2011010853A (en) * 2009-07-02 2011-01-20 Daiwa Kogyosho:Kk Handrail device for care
JP2011135931A (en) * 2009-12-25 2011-07-14 Maruzen Kogyo Kk Parallel bar for walking training
JP2014111863A (en) * 2012-12-05 2014-06-19 Daiwa Kogyosho:Kk Handrail for care
JP2015175108A (en) * 2014-03-13 2015-10-05 パナソニックIpマネジメント株式会社 Assistance tool and hand rail for assistance tool

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6466163B2 (en) Temporary handrail
JP6537753B2 (en) Temporary handrail
JP2019148167A (en) Temporary handrail
JP2019173555A (en) Temporary handrail
JP6499743B2 (en) Temporary handrail
JP2019019668A (en) Temporary handrail
JP2019138144A (en) Temporary handrail
JP2019132127A (en) Temporary handrail
JP6591510B2 (en) Temporary handrail
JP3214674U (en) Temporary handrail
JP2018053711A (en) Temporary handrail
JP6466164B2 (en) Temporary handrail
JP2005076245A (en) Connection structure of strut and lateral frame of installed structure on the ground
KR101857077B1 (en) Fixing unit for holding installation of arch type building and fixing method of holding installation using the fixing uni
JP2004257085A (en) Mounting structure of handrail
JP4721913B2 (en) Anchor pack for wooden building and wooden building structure using the same
JPH09268730A (en) Bracket with freely adjustable angle for handrail post
KR102219814B1 (en) Smart Gondola Device
JP4311975B2 (en) Auxiliary handrails for sitting assistance devices
JPH0810635Y2 (en) Bathroom wall panel installation structure
JPH0714503Y2 (en) Curtain wall mounting structure
JP2007315085A (en) Panel supporting device
JPH06248832A (en) Safety fence
JP2523869Y2 (en) Stair lumbar wall mounting device
JP4590903B2 (en) Support unit for bathroom unit and reinforcing material used therefor

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20190618

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20200624

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20200825

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20201013

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20210209

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20210331

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20210604