JP2017227052A - Mold hanger - Google Patents

Mold hanger Download PDF

Info

Publication number
JP2017227052A
JP2017227052A JP2016124427A JP2016124427A JP2017227052A JP 2017227052 A JP2017227052 A JP 2017227052A JP 2016124427 A JP2016124427 A JP 2016124427A JP 2016124427 A JP2016124427 A JP 2016124427A JP 2017227052 A JP2017227052 A JP 2017227052A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
formwork
mold
hanger
concrete
hold rail
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2016124427A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
幸生 上杉
Yukio Uesugi
幸生 上杉
Original Assignee
幸生 上杉
Yukio Uesugi
幸生 上杉
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 幸生 上杉, Yukio Uesugi, 幸生 上杉 filed Critical 幸生 上杉
Priority to JP2016124427A priority Critical patent/JP2017227052A/en
Publication of JP2017227052A publication Critical patent/JP2017227052A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a mold hanger capable of stably connecting a mold for placing concrete in a rising part.SOLUTION: A mold hanger 20 comprises a first hold rail 22 to be inserted between end surfaces of a first mold adjacently arranged in the horizontal direction, a second mold hold rail 24 to be inserted between end surfaces of a second mold adjacently arranged in the horizontal direction, a first angle 26 for connecting an upper part of the first mold hold rail 22 and the second mold hole rail 24 and height adjustment means 32 provided on the second mold hold rail 24. The first mold hold rail 22 and the second mold hold rail 24 respectively comprise joint holes 22a-22g and 24a-24d for fixing the first mold and the second mold. The height adjustment means 32 is also provided on the outside of a placing space.SELECTED DRAWING: Figure 2

Description

本発明は、型枠ハンガーに関し、さらに詳しくは、基礎の立ち上がり部にコンクリートを打設するための型枠を連結する際に用いられる型枠ハンガーに関する。   The present invention relates to a formwork hanger, and more particularly to a formwork hanger used when connecting a formwork for placing concrete on a rising portion of a foundation.
建物を建設する際には、まず地盤に基礎が形成される。建物の基礎は、
(A)逆T字型の断面形状を有する鉄筋コンクリートからなる「布基礎」と、
(B)基礎の立ち上り部だけでなく、ベース部一面が鉄筋コンクリートからなる「ベタ基礎」と
に大別される。ベタ基礎は、布基礎に比べて鉄筋及びコンクリートの使用量が多くなるという欠点はあるが、工程が簡略化されるという利点がある。布基礎を用いるか、あるいは、ベタ基礎を用いるかは、地耐力に合わせて選択されている。
When building a building, the foundation is first formed on the ground. The foundation of the building is
(A) “Fabric foundation” made of reinforced concrete having an inverted T-shaped cross-sectional shape;
(B) Not only the rising part of the foundation, but also the entire surface of the base part is broadly divided into “solid foundations” made of reinforced concrete. The solid foundation has the disadvantage that the amount of reinforcing bars and concrete used is larger than that of the cloth foundation, but has the advantage that the process is simplified. Whether to use a fabric foundation or a solid foundation is selected in accordance with the ground strength.
また、ベタ基礎の立ち上がり部の形成方法としては、
(A)先にベース部にコンクリートを打設し、次いで立ち上がり部にコンクリートを打設する「打継ぎ」と、
(B)ベース部と立ち上がり部に、同時にコンクリートを打設する「一体打ち」と
がある。一体打ちは、ベース部と立ち上がり部の境界線に継ぎ目がないため、
(a)基礎の強度が高い、
(b)境界線から基礎の内部へのシロアリの侵入を防ぐことができる、
(c)境界線の止水効果が高い、
(d)基礎工事の簡素化や工期の短縮が可能となる、
(e)高精度の基礎が得られる、
等の利点がある。そのため、木造家屋の基礎工事には、ベタ基礎の一体打ちが用いられることが多くなっている。
In addition, as a method of forming the rising portion of the solid foundation,
(A) “Concrete” in which concrete is first placed in the base portion and then concrete is placed in the rising portion;
(B) There is “one-piece casting” in which concrete is simultaneously placed on the base portion and the rising portion. Since the single strike is seamless at the boundary between the base and the rising part,
(A) The strength of the foundation is high,
(B) Termite can be prevented from entering the inside of the foundation from the boundary line,
(C) High water blocking effect at the boundary line,
(D) Simplification of foundation work and shortening of construction period will be possible.
(E) A high precision foundation is obtained,
There are advantages such as. For this reason, solid foundations are often used for the foundation work of wooden houses.
ベタ基礎の一体打ちを行う場合において、基礎の外周部にある立ち上がり部を形成するためには、鉛直方向の高さが異なる2枚の型枠を対向させ、断面L字型の打設空間を形成する必要がある。また、基礎の内部にある立ち上がり部を形成するためには、鉛直方向の長さが同一である2枚の型枠を対向させ、型枠を地盤表面から所定の高さの位置で宙吊り状態にしておく必要がある。しかしながら、一般に、型枠を設置してからコンクリートを打設するまでの間、鉛直方向の高さが異なる2枚の型枠を安定して支持し、あるいは、型枠を宙吊り状態で支持するのは難しい。   In the case of performing a solid foundation integrally, in order to form a rising portion on the outer periphery of the foundation, two molds having different vertical heights are opposed to each other, and an L-shaped placement space is formed. Need to form. In addition, in order to form the rising portion inside the foundation, two molds having the same vertical length are made to face each other, and the mold is suspended from the ground surface at a predetermined height. It is necessary to keep. However, in general, two molds with different vertical heights are stably supported, or the mold is supported in a suspended state from when the mold is installed to when concrete is placed. Is difficult.
そこでこの問題を解決するために、従来から種々の提案がなされている。
例えば、特許文献1には、
(a)立ち上がり部のコンクリート打設用の空間を形成するための硬質発泡樹脂成形体からなる二枚の型枠(板状部材)を互いに所定間隔をもって対向して配設し、
(b)その二枚の型枠(板状部材)の対向面をセパレータによって連結するとともに、その型枠を支持金具によってベースコンクリート高さに調節した状態とすることにより、
(c)ベースコンクリート打設空間とその立ち上がり部のコンクリート打設空間とに一体的にコンクリートを打設する技術が開示されている。
In order to solve this problem, various proposals have heretofore been made.
For example, Patent Document 1 discloses that
(A) Two molds (plate-like members) made of a rigid foamed resin molded body for forming a space for placing concrete at the rising portion are arranged facing each other at a predetermined interval,
(B) By connecting the opposing surfaces of the two molds (plate-like members) with a separator, and adjusting the mold to the height of the base concrete with the support bracket,
(C) A technique for placing concrete integrally in a base concrete placing space and a concrete placing space at a rising portion thereof is disclosed.
また、特許文献2には、コンクリート基礎型枠を支持する型枠支持部を備えた支持具をコンクリート基礎底面から所定の高さ位置に設置するスペーサーであって、前記支持具が載置される載置部と、前記載置部から下方に延び、前記載置部を支持する脚部とを備えたスペーサーが開示されている。   Further, Patent Document 2 is a spacer for installing a support tool provided with a formwork support portion for supporting a concrete foundation formwork at a predetermined height position from the bottom surface of the concrete foundation, and the support tool is placed thereon. A spacer including a placement portion and a leg portion that extends downward from the placement portion and supports the placement portion is disclosed.
特許文献1、2に開示されているように、型枠の真下に「支持金具」、あるいは「スペーサー」と呼ばれる、型枠を支持するための部材(以下、これらを総称して「スペーサー」という)を設置すると、鉛直方向の高さが異なる2枚の型枠を安定して支持すること、あるいは、型枠を宙吊り状態で支持することができる。
しかしながら、このようなスペーサーは、コンクリートの内部に埋め込まれ、基礎の一部となる。そのため、施工の都度、新たに多数のスペーサーが必要となり、施工費用が高コスト化する。さらに、コンクリートの内部に埋め込まれたスペーサーは、コンクリートの強度を低下させる原因ともなりうる。
As disclosed in Patent Documents 1 and 2, a member for supporting the formwork, referred to as a “support metal fitting” or “spacer” just below the formwork (hereinafter collectively referred to as “spacer”) ) Can stably support two molds with different vertical heights, or support the molds in a suspended state.
However, such spacers are embedded in the concrete and become part of the foundation. For this reason, a large number of new spacers are required each time construction is performed, and the construction cost increases. Furthermore, the spacer embedded in the concrete can cause a decrease in the strength of the concrete.
さらに、型枠を設置した後、打設空間にコンクリートを流し込むと、型枠が流動するコンクリートで押圧され、型枠がゆがむことがある。これを防ぐために、従来から、型枠の外面側の縦方向及び横方向に、それぞれ「バタパイプ」と呼ばれる多数の補強材を設置することが行われている。しかしながら、バタパイプの設置作業は、一般に繁雑な作業である。   Furthermore, if concrete is poured into the placement space after the mold is installed, the mold may be pressed by the flowing concrete, and the mold may be distorted. In order to prevent this, conventionally, a large number of reinforcing materials called “butter pipes” are installed in the vertical direction and the horizontal direction on the outer surface side of the formwork. However, the butterpipe installation work is generally a complicated work.
特開2000−336659号公報JP 2000-336659 A 特開2016−075124号公報Japanese Patent Laid-Open No. 2006-075124
本発明が解決しようとする課題は、立ち上がり部にコンクリートを打設するための型枠を安定して連結することができ、低コストであり、しかも、コンクリートの強度を低下させるおそれの少ない型枠ハンガーを提供することにある。
また、本発明が解決しようとする他の課題は、型枠のゆがみを防止するためのバタパイプの設置作業を簡略化することにある。
The problem to be solved by the present invention is that a formwork for placing concrete on a rising portion can be stably connected, is low cost, and is less likely to reduce the strength of concrete. To provide a hanger.
Further, another problem to be solved by the present invention is to simplify the installation work of the butter pipe for preventing the distortion of the formwork.
上記課題を解決するために本発明に係る型枠ハンガーは、以下の構成を備えていることを要旨とする。
(1)前記型枠ハンガーは、
(a)コンクリートを打設して立ち上がり部を形成するための打設空間の一方の面に沿って水平方向に配置された隣接する第1型枠間、及び
(b)前記打設空間の他方の面に沿って水平方向に配置された隣接する第2型枠間
を連結するために用いられる。
(2)前記型枠ハンガーは、
隣接する前記第1型枠の端面間に挿入するための第1型枠ホールドレールと、
隣接する前記第2型枠の端面間に挿入するための第2型枠ホールドレールと、
前記第1型枠ホールドレール及び前記第2型枠ホールドレールの上部を連結する第1アングルと、
前記第1型枠ホールドレール及び前記第2型枠ホールドレールの一方又は双方に設けられた、前記第1型枠の上端の高さ及び前記第2型枠の上端の高さを一定の高さに維持するための高さ調節手段とを備えている。
(3)前記第1型枠ホールドレール及び前記第2型枠ホールドレールは、それぞれ、前記第1型枠及び前記第2型枠を固定するための型枠固定手段を備えている。
(4)前記高さ調節手段は、前記打設空間の外側に設けられている。
In order to solve the above problems, a form hanger according to the present invention has the following configuration.
(1) The mold hanger is
(A) Between adjacent first molds arranged horizontally along one surface of a placement space for placing concrete to form a rising portion; and (b) The other of the placement spaces. It is used for connecting between adjacent second molds arranged in the horizontal direction along the surface of.
(2) The formwork hanger is
A first formwork hold rail for insertion between the end faces of the adjacent first formwork,
A second formwork hold rail for insertion between the end faces of the adjacent second formwork,
A first angle connecting the upper part of the first formwork hold rail and the second formwork hold rail;
The height of the upper end of the first formwork and the height of the upper end of the second formwork provided at one or both of the first formwork holdrail and the second formwork holdrail are constant heights. And a height adjusting means for maintaining the height.
(3) The first formwork hold rail and the second formwork hold rail include formwork fixing means for fixing the first formwork and the second formwork, respectively.
(4) The height adjusting means is provided outside the placement space.
本発明に係る型枠ハンガーは、水平方向に隣接して配置された型枠の端面間に挿入され、型枠固定手段を介して型枠が安定に連結される。その際、型枠の真下に、使い捨てのスペーサーを設置する必要がない。そのため、基礎の施工費用を低コスト化することができ、コンクリートの強度を低下させるおそれも少ない。
さらに、本発明に係る型枠ハンガーは、型枠の補強材としても機能する。そのため、従来に比べてバタパイプの設置数が少ない場合であっても、コンクリート打設時における型枠のゆがみを抑制することができる。
The formwork hanger according to the present invention is inserted between the end faces of the formwork arranged adjacent to each other in the horizontal direction, and the formwork is stably connected through the formwork fixing means. In that case, it is not necessary to install a disposable spacer directly under the formwork. Therefore, the construction cost of the foundation can be reduced, and there is little risk of reducing the strength of the concrete.
Furthermore, the mold hanger according to the present invention also functions as a reinforcement for the mold. For this reason, even when the number of butter pipes is less than that in the prior art, it is possible to suppress the distortion of the mold at the time of placing the concrete.
本発明に係る型枠ハンガーを用いて組み立てられた型枠の一例を示す図である。It is a figure which shows an example of the mold assembled using the mold hanger which concerns on this invention. 外周用の型枠ハンガーの正面図、平面図、及び左側面図である。It is the front view of the formwork hanger for outer periphery, a top view, and a left view. 内部用の型枠ハンガーの正面図、平面図、及び左側面図である。It is the front view, top view, and left view of a formwork hanger for inside. 内部用の型枠ハンガーを用いて組み立てられた型枠の平面図である。It is a top view of the formwork assembled using the formwork hanger for inside.
以下、本発明の一実施の形態について詳細に説明する。
[1. 型枠ハンガー]
[1.1. 用途]
本発明に係る型枠ハンガーは、
(a)コンクリートを打設して立ち上がり部を形成するための打設空間の一方の面に沿って水平方向に配置された隣接する第1型枠間、及び
(b)前記打設空間の他方の面に沿って水平方向に配置された隣接する第2型枠間
を連結するために用いられる。
Hereinafter, an embodiment of the present invention will be described in detail.
[1. Formwork hanger]
[1.1. Application]
The formwork hanger according to the present invention is
(A) Between adjacent first molds arranged horizontally along one surface of a placement space for placing concrete to form a rising portion; and (b) The other of the placement spaces. It is used for connecting between adjacent second molds arranged in the horizontal direction along the surface of.
図1に、本発明に係る型枠ハンガーを用いて組み立てられた型枠の一例を示す。図1は、いわゆる「ベタ基礎の一体打ち」行うための型枠の配置例である。
第1型枠(A)12a、12b、12cは、それぞれ、基礎の外周部に形成される立ち上がり部の外面側に設置される型枠である。第2型枠(A)14a、14bは、それぞれ、基礎の外周部に形成される立ち上がり部の内面側に設置される型枠である。さらに、第2型枠(A)14cは、基礎の外周部に形成される立ち上がり部と、基礎の内部に形成される立ち上がり部の接続点に設置される型枠である。
第1型枠(B)16、16…、及び第2型枠(B)18、18…は、それぞれ、基礎の内部に形成される立ち上がり部の一方の面側、及びこれに対向する他方の面側に設置される型枠である。
FIG. 1 shows an example of a mold assembled using the mold hanger according to the present invention. FIG. 1 shows an example of the layout of the molds for so-called “solid foundation integral strike”.
The first molds (A) 12a, 12b, and 12c are molds that are installed on the outer surface side of the rising portion formed on the outer peripheral part of the foundation. The 2nd formwork (A) 14a and 14b is a formwork installed in the inner surface side of the standup part formed in the perimeter part of a foundation, respectively. Furthermore, the 2nd formwork (A) 14c is a formwork installed in the connection point of the standup part formed in the outer peripheral part of a foundation, and the standup part formed in the inside of a foundation.
The first mold frame (B) 16, 16... And the second mold frame (B) 18, 18... Are respectively formed on one surface side of the rising portion formed inside the foundation and on the other side facing this. It is a formwork installed on the surface side.
基礎の外周部に設置される第1型枠(A)12a〜12cの鉛直方向(z方向)の長さは、それぞれ、第2型枠(A)14a〜14cのそれより長くなっている。また、基礎の内部に設置される第1型枠(B)16及び第2型枠(B)18の鉛直方向の長さは、それぞれ、第2型枠(A)14a〜14cのそれと同一になっている。   The lengths in the vertical direction (z direction) of the first molds (A) 12a to 12c installed on the outer periphery of the foundation are longer than those of the second molds (A) 14a to 14c, respectively. The vertical lengths of the first mold (B) 16 and the second mold (B) 18 installed inside the foundation are the same as those of the second molds (A) 14a to 14c, respectively. It has become.
基礎の外周部に形成される立ち上がり部の打設空間を挟んで対向する第1型枠(A)12a及び第2型枠(A)14aは、平板状であり、互いに水平方向(x方向、又はy方向)の長さが同一になっている。同様に、基礎の内部に形成される立ち上がり部の打設空間を挟んで対向する第1型枠(B)16及び第2型枠(B)18は、平板状であり、互いに水平方向の長さが同一になっている。
一方、第1型枠(A)12c、及び、第2型枠(A)14b、14cは、立ち上がり部の角部又は接続点に設置される型枠であり、いずれも鉛直方向(z方向)から見た断面がL字型になっている。さらに、第1型枠(A)12c、及びこれに隣接して配置される第1型枠(A)12b、並びに、第2型枠(A)14b、14cの水平方向(x方向、又はy方向)の長さは、それぞれ、型枠を組み立てた時に、打設空間を挟んで対向する型枠の端面が一致するように、その長さが定められている。
The first mold frame (A) 12a and the second mold frame (A) 14a that are opposed to each other across the placement space of the rising portion formed on the outer peripheral portion of the foundation have a flat plate shape, and are in a horizontal direction (x direction, Or the length in the y direction) is the same. Similarly, the first mold frame (B) 16 and the second mold frame (B) 18 that are opposed to each other across the space for placing the rising portion formed inside the foundation have a flat plate shape and are long in the horizontal direction. Are the same.
On the other hand, the first mold (A) 12c and the second molds (A) 14b and 14c are molds installed at the corners or connection points of the rising parts, both of which are in the vertical direction (z direction). The cross section seen from is L-shaped. Further, the first mold (A) 12c, the first mold (A) 12b disposed adjacent to the first mold (A) 12c, and the horizontal direction (x direction or y) of the second molds (A) 14b and 14c. The length of each direction is determined so that when the mold is assembled, the end faces of the molds facing each other across the placement space coincide with each other.
型枠を設置する時は、まず、基礎の外周部にある打設空間の外面側のコーナー部に断面L字型の第1型枠(A)12cを設置する。次いで、第1型枠(A)12cのx方向及びy方向に、それぞれ、第1型枠(A)12b、12bを設置し、第1型枠(A)12cの端面と第1型枠(A)12bの一方の端面との間を連結する。
次に、第1型枠(A)12bの他方の端面に第1型枠(A)12aを設置し、型枠の端面間を連結する。以下、同様にして、所定個数の第1型枠(A)12aを水平方向(x方向及びy方向)に設置し、隣接する第1型枠(A)12aの端面間を連結する。
When installing the formwork, first, the first formwork (A) 12c having an L-shaped cross section is installed at the corner on the outer surface side of the placement space in the outer periphery of the foundation. Next, first molds (A) 12b and 12b are installed in the x and y directions of the first mold (A) 12c, respectively, and the end face of the first mold (A) 12c and the first mold ( A) It connects between one end surface of 12b.
Next, the first mold (A) 12a is installed on the other end face of the first mold (A) 12b, and the end faces of the mold are connected. Hereinafter, similarly, a predetermined number of first molds (A) 12a are installed in the horizontal direction (x direction and y direction), and the end surfaces of the adjacent first molds (A) 12a are connected.
基礎の内側に型枠を設置する場合も同様である。すなわち、まず、基礎の外周部にある打設空間の内面側のコーナー部に断面L字型の第2型枠(A)14bを設置する。次いで、x方向及びy方向に、それぞれ、第2型枠(A)14aを設置し、第2型枠(A)14bの端面と第2型枠(A)14aの端面との間を連結する。以下、同様にして、所定個数の第2型枠(A)14aを水平方向に設置し、隣接する型枠の端面間を連結する。
基礎の内部にある立ち上がり部を形成する場合には、y方向に設置された第2型枠(A)14aの端面と、断面L字型の第2型枠(A)14cの一方の端面とを連結する。次いで、x方向に伸びる第2型枠(A)14cの他方の端面と、第1型枠(B)16の端面とを連結する。第2型枠(B)18の設置方法も同様である。
The same applies when the formwork is installed inside the foundation. That is, first, the second mold (A) 14b having an L-shaped cross section is installed at the corner portion on the inner surface side of the placement space in the outer peripheral portion of the foundation. Next, the second mold frame (A) 14a is installed in the x direction and the y direction, respectively, and the end surface of the second mold frame (A) 14b and the end surface of the second mold frame (A) 14a are connected. . Thereafter, similarly, a predetermined number of second molds (A) 14a are installed in the horizontal direction, and the end faces of adjacent molds are connected.
When forming the rising portion inside the foundation, the end surface of the second formwork (A) 14a installed in the y direction and one end face of the second formwork (A) 14c having an L-shaped cross section Are connected. Next, the other end surface of the second mold (A) 14c extending in the x direction and the end surface of the first mold (B) 16 are connected. The installation method of the second mold (B) 18 is the same.
本発明に係る型枠ハンガー20、40は、x方向又はy方向に沿って隣接して配置される型枠の端面間に挿入される。
型枠ハンガー20は、基礎の外周部に立ち上がり部を形成するための型枠を連結する際に用いられるもの(外周用の型枠ハンガー)である。具体的には、型枠ハンガー20は、打設空間に沿って水平方向に配置され、かつ、打設空間を挟んで対向する
(a)第1型枠(A)12a−12a間、及び第2型枠(A)14a−14a間、
(b)第1型枠(A)12b−12a間、及び第2型枠(A)14b−14a間、又は、
(c)第1型枠(A)12a−12a間、及び第2型枠(A)14a−14c間
を連結するために用いられる。
The formwork hangers 20 and 40 according to the present invention are inserted between the end faces of the formwork arranged adjacently along the x direction or the y direction.
The formwork hanger 20 is used when a formwork for forming a rising portion is connected to the outer peripheral part of the foundation (formwork hanger for the outer periphery). Specifically, the formwork hanger 20 is disposed in the horizontal direction along the placement space and is opposed to the placement space (a) between the first formwork (A) 12a-12a and the first. 2 formwork (A) 14a-14a,
(B) between the first formwork (A) 12b-12a and between the second formwork (A) 14b-14a, or
(C) Used to connect the first formwork (A) 12a-12a and the second formwork (A) 14a-14c.
また、型枠ハンガー40は、基礎の内部に立ち上がり部を形成するための型枠を連結する際に用いられるもの(内部用の型枠ハンガー)である。具体的には、型枠ハンガー40は、打設空間に沿って水平方向に配置され、かつ、打設空間を挟んで対向する
(a)第1型枠(B)16−16間、及び第2型枠(B)18−18間、又は、
(b)第1型枠(A)14c−第1型枠(B)16間、及び第1型枠(A)14c−第2型枠(B)18間
を連結するために用いられる。
Moreover, the mold hanger 40 is used when connecting a mold for forming a rising portion in the inside of the foundation (an internal mold hanger). Specifically, the formwork hanger 40 is disposed in the horizontal direction along the placement space and is opposed to the placement space (a) between the first formwork (B) 16-16 and the first. 2 formwork (B) 18-18, or
(B) Used to connect between the first mold (A) 14c and the first mold (B) 16, and between the first mold (A) 14c and the second mold (B) 18.
本発明に係る型枠ハンガー20、40は、ベタ基礎の一体打ちに用いられる型枠の連結用治具として特に好適である。しかしながら、本発明に係る型枠ハンガー20、40は、布基礎を形成する際の型枠の連結用治具、打継ぎにより立ち上がり部を形成する際の型枠の連結用治具、店舗外周の基礎や境界擁壁を形成する際の型枠の連結治具等にも用いることができ、極めて汎用性が高い。   The formwork hangers 20 and 40 according to the present invention are particularly suitable as a joining tool for formwork used for integrally punching a solid foundation. However, the mold hangers 20 and 40 according to the present invention are a jig for connecting a mold when forming a fabric foundation, a jig for connecting a mold when forming a rising portion by splicing, It can also be used for formwork connecting jigs when forming foundations and boundary retaining walls, and is extremely versatile.
[1.2. 外周用の型枠ハンガーの構成]
図2に、外周用の型枠ハンガーの正面図、平面図、及び左側面図を示す。図2において、型枠ハンガー20は、第1型枠ホールドレール22と、第2型枠ホールドレール24と、第1アングル26、26と、コンクリート天端調整手段28と、第2アングル30と、高さ調節手段32とを備えている。
[1.2. Configuration of mold hanger for outer periphery]
FIG. 2 shows a front view, a plan view, and a left side view of the outer formwork hanger. In FIG. 2, the formwork hanger 20 includes a first formwork hold rail 22, a second formwork hold rail 24, first angles 26 and 26, concrete top end adjusting means 28, a second angle 30, Height adjustment means 32.
[1.2.1. 第1型枠ホールドレール]
第1型枠ホールドレール22は、隣接する第1型枠(打設空間を挟んで対向する一方の型枠)の端面間に挿入するためのものである。型枠を安定して連結することが可能な限りにおいて、第1型枠ホールドレール22の形状や材料は特に限定されない。
図2において、第1型枠ホールドレール22には、断面がコの字型の鋼材が用いられている。第1型枠ホールドレール22の鉛直方向の長さは、第1型枠(基礎の最外周に設置される型枠)12aの鉛直方向の長さよりやや短くなっている。この場合、第1型枠12aの下端に隙間ができるが、隙間の厚さは第1型枠ホールドレール22の厚さにほぼ等しいため、コンクリート打設時に隙間からコンクリートがはみ出したとしても、その量はごく僅かである。また、コの字型の第1型枠ホールドレール22の溝(チャンネル)の幅は、第1型枠12aの端部を容易に挿入することができ、かつ、第1型枠を安定して支持することが可能な幅とするのが好ましい。
[1.2.1. First formwork hold rail]
The 1st formwork hold rail 22 is for inserting between the end surfaces of the adjacent first formwork (one formwork that is opposed to the placement space). As long as it is possible to stably connect the molds, the shape and material of the first mold hold rail 22 are not particularly limited.
In FIG. 2, a steel material having a U-shaped cross section is used for the first formwork hold rail 22. The length in the vertical direction of the first mold holding rail 22 is slightly shorter than the length in the vertical direction of the first mold (the mold installed on the outermost periphery of the foundation) 12a. In this case, a gap is formed at the lower end of the first formwork 12a. However, since the thickness of the gap is substantially equal to the thickness of the first formwork hold rail 22, even if the concrete protrudes from the gap when the concrete is placed, The amount is negligible. The width of the groove (channel) of the U-shaped first mold hold rail 22 is such that the end of the first mold 12a can be easily inserted, and the first mold can be stably formed. The width is preferably a width that can be supported.
第1型枠ホールドレール22は、型枠ハンガー20の両端(図2においては、紙面の表側と裏側)に設置された2つの第1型枠12a、12aを固定するための型枠固定手段を備えている。隣接する2つの第1型枠12a、12aを確実に連結することが可能な限りにおいて、型枠固定手段の構造は特に限定されない。
図2において、型枠固定手段は、第1型枠ホールドレール22の複数箇所に設けられたジョイント穴22a〜22gからなる。隣接する型枠は、通常、型枠の端面を重ね合わせ、一方の型枠の端面から他方の型枠の端面に向かって複数個(通常、2個)の連結ピンを貫通させることによって連結・固定される。ジョイント穴22a〜22gは、この連結ピンを挿入するための貫通穴である。なお、図2において、合計7個のジョイント穴22a〜22gが設けられ、その形状は小判型になっているが、ジョイント穴22a〜22gの数及び形状は、これに限定されるものではない。しかし、型枠毎に連結ピンの位置や個数が異なるため、小判型のジョイント穴22a〜22gを3個以上形成しておくと、規格の異なる型枠であっても、確実に連結することが可能となる。
The first formwork hold rail 22 is a formwork fixing means for fixing the two first formwork 12a, 12a installed at both ends of the formwork hanger 20 (the front side and the back side in FIG. 2). I have. The structure of the mold fixing means is not particularly limited as long as the adjacent two first molds 12a and 12a can be reliably connected.
In FIG. 2, the formwork fixing means includes joint holes 22 a to 22 g provided at a plurality of locations on the first formwork hold rail 22. Adjacent molds are usually connected by overlapping the end faces of the molds and penetrating a plurality of (usually two) connecting pins from the end face of one form to the end face of the other form. Fixed. The joint holes 22a to 22g are through holes for inserting the connecting pins. In FIG. 2, a total of seven joint holes 22a to 22g are provided and the shape thereof is an oval shape, but the number and shape of the joint holes 22a to 22g are not limited to this. However, since the position and the number of connecting pins are different for each mold, if three or more oval joint holes 22a to 22g are formed, it is possible to reliably connect even molds with different standards. It becomes possible.
[1.2.2. 第2型枠ホールドレール]
第2型枠ホールドレール24は、隣接する第2型枠(打設空間を挟んで対向する他方の型枠)14aの端面間に挿入するためのものである。図2において、第2型枠ホールドレール24の鉛直方向長さは、第1型枠ホールドレール22の鉛直方向長さよりも短く、かつ、第2型14aの枠鉛直方向の長さよりもやや短くなっている。また、第2型枠ホールドレール24には、第2型枠14a、14aの連結ピンを挿入するためのジョイント穴(型枠固定手段)24a〜24dが設けられている。
さらに、第2型枠ホールドレール24には、高さ調節手段32が設けられている。高さ調節手段32の詳細については後述する。その他の点については、第1型枠ホールドレール22と同様であるので、説明を省略する。
[1.2.2. Second formwork hold rail]
The 2nd formwork hold rail 24 is for inserting between the end surfaces of the adjacent 2nd formwork (the other formwork which is opposed across the placement space) 14a. In FIG. 2, the vertical length of the second mold holding rail 24 is shorter than the vertical length of the first mold holding rail 22 and slightly shorter than the vertical length of the second mold 14 a. ing. In addition, the second formwork hold rail 24 is provided with joint holes (formwork fixing means) 24a to 24d for inserting the connecting pins of the second formwork 14a and 14a.
Further, the second formwork hold rail 24 is provided with height adjusting means 32. Details of the height adjusting means 32 will be described later. Since the other points are the same as those of the first formwork hold rail 22, the description thereof is omitted.
[1.2.3. 第1アングル]
第1アングル26、26は、第1型枠ホールドレール22及び第2型枠ホールドレール24の上部を連結するためのものである。第1型枠ホールドレール22及び第2型枠ホールドレール24を確実に固定できる限りにおいて、第1アングル26、26の形状や材料は特に限定されない。図2において、第1アングル26、26には、断面がL字型の鋼材が用いられ、第1型枠ホールドレール22及び第2型枠ホールドレール24の正面及び裏面に、それぞれ、第1アングル26、26が固定されている。また、第1アングル26、26は、打設空間よりも上の位置に固定されている。
[1.2.3. First angle]
The first angles 26, 26 are for connecting the upper portions of the first mold holding rail 22 and the second mold holding rail 24. As long as the first mold holding rail 22 and the second mold holding rail 24 can be securely fixed, the shape and material of the first angles 26 and 26 are not particularly limited. In FIG. 2, the first angles 26, 26 are made of steel material having an L-shaped cross section, and the first angle is formed on the front and back surfaces of the first mold holding rail 22 and the second mold holding rail 24, respectively. 26 and 26 are fixed. The first angles 26, 26 are fixed at a position above the placement space.
[1.2.4. コンクリート天端調整手段]
第1アングル26、26には、コンクリート天端調整手段28が設けられている。一般に、立ち上がり部にコンクリート76を打設した後、立ち上がり部の天端を水平に仕上げるために、立ち上がり部の天端にレベリング用のモルタル78が流し込まれる。従来、天端レベルの調整は、例えば、基礎の内部に設置される縦鉄筋に使い捨てのレベルマーカを取り付けてコンクリート76を打設し、次いで、レベルマーカの先端近傍がほぼ完全に埋まるまでモルタル78を流し込む方法が用いられている。そのため、コンクリート天端調整手段28は、必ずしも必要ではない。
しかし、第1アングル26、26にコンクリート天端調整手段28を設置すると、第1アングル26、26を基準としてレベル調整が行われるため、不安定な縦鉄筋にレベルマーカーを取り付ける方法に比べて正確に天端のレベル調整を行うことができる。しかも、コンクリート天端調整手段28は繰り返し使用ができるため、使い捨てのレベルマーカーを用いる方法に比べて低コストである。
[1.2.4. Concrete top edge adjustment means]
Concrete top edge adjusting means 28 is provided at the first angles 26, 26. In general, after placing concrete 76 at the rising portion, leveling mortar 78 is poured into the top end of the rising portion in order to finish the top end of the rising portion horizontally. Conventionally, the top level is adjusted by, for example, attaching a disposable level marker to a vertical reinforcing bar installed inside the foundation and placing concrete 76, and then mortar 78 until the vicinity of the tip of the level marker is almost completely buried. The method of pouring is used. Therefore, the concrete top end adjusting means 28 is not always necessary.
However, when the concrete top end adjusting means 28 is installed at the first angles 26, 26, the level is adjusted based on the first angles 26, 26. Therefore, it is more accurate than the method of attaching level markers to unstable vertical bars. You can adjust the top level. Moreover, since the concrete top end adjusting means 28 can be used repeatedly, the cost is lower than the method using a disposable level marker.
天端のレベル調整が可能な限りにおいて、コンクリート天端調整手段28の構造は特に限定されない。図2において、コンクリート天端調整手段28は、
(a)対向する第1アングル26、26の間に接合された固定用ナット28aと、
(b)固定用ナット28aに螺合された長尺のボルト28bと、
(c)ボルト28bの先端に取り付けられた先端部28cと
を備えている。
レベリング用のモルタル78を流し込む際には、先端部28cの先端面が所定の位置に来るように、ボルト28bを回転させて位置調整を行う。また、天端にモルタル78を流し込む時には、先端部28cを基準としてモルタル78のレベル調整を行う。
As long as the level adjustment of the top end is possible, the structure of the concrete top end adjusting means 28 is not particularly limited. In FIG. 2, the concrete top end adjusting means 28 is
(A) a fixing nut 28a joined between the opposing first angles 26, 26;
(B) a long bolt 28b screwed into the fixing nut 28a;
(C) It has the front-end | tip part 28c attached to the front-end | tip of the volt | bolt 28b.
When pouring the leveling mortar 78, the bolt 28b is rotated to adjust the position so that the tip surface of the tip 28c is at a predetermined position. When the mortar 78 is poured into the top, the level of the mortar 78 is adjusted based on the tip 28c.
[1.2.5. 第2アングル]
図2において、第1型枠ホールドレール22及び第2型枠ホールドレール24は、第1アングル26の上方においてさらに第2アングル30で連結されている。また、第2アングル30は、脱枠解体時に、下から上に向かってハンマーでたたくための水平部30aが設けられている。第2アングル30は、必ずしも必要ではないが、第2アングル30を設けると、脱枠解体が容易になり、かつ、型枠ハンガー20がさらに補強されるという利点がある。
[1.2.5. Second angle]
In FIG. 2, the first formwork hold rail 22 and the second formwork hold rail 24 are further connected by a second angle 30 above the first angle 26. Further, the second angle 30 is provided with a horizontal portion 30a for hitting with a hammer from the bottom to the top when the frame is disassembled. Although the 2nd angle 30 is not necessarily required, when the 2nd angle 30 is provided, there exists an advantage that a frame demolition will become easy and the formwork hanger 20 will be further reinforced.
型枠を設置する際に障害とならず、かつ、脱枠解体が容易となる限りにおいて、第2アングル30の設置位置及び構造は特に限定されない。図2において、第2アングル30は、断面が逆L字型の鋼材からなり、逆L字の水平部30aが上端に来るように、第1型枠ホールドレール22及び第2型枠ホールドレール24の上端に固定されている。   The installation position and structure of the second angle 30 are not particularly limited as long as it does not become an obstacle when the mold is installed and the disassembly and disassembly is easy. In FIG. 2, the second angle 30 is made of a steel material having an inverted L-shaped cross section, and the first formwork hold rail 22 and the second formwork hold rail 24 so that the inverted L-shaped horizontal portion 30 a comes to the upper end. It is fixed at the top of the.
[1.2.6. 高さ調節手段]
高さ調節手段32は、第1型枠の上端の高さ及び第2型枠の上端の高さを一定の高さに維持するためのものである。そのため、高さ調節手段32は、第1型枠ホールドレール22及び第2型枠ホールドレール24の一方又は双方に設けられる。図2において、高さ調節手段32は、第2型枠ホールドレール24にのみ設けられている。高さ調節手段32は、立ち上がり部にコンクリート76を打設する際に障害とならないようにするために、立ち上がり部を形成するための打設空間の外側に設けられている必要がある。
[1.2.6. Height adjustment means]
The height adjusting means 32 is for maintaining the height of the upper end of the first mold and the height of the upper end of the second mold at a constant height. Therefore, the height adjusting means 32 is provided on one or both of the first formwork hold rail 22 and the second formwork hold rail 24. In FIG. 2, the height adjusting means 32 is provided only on the second formwork hold rail 24. The height adjusting means 32 needs to be provided outside the placement space for forming the rising portion so as not to become an obstacle when placing the concrete 76 on the rising portion.
第1型枠及び第2型枠の上端の高さを一定の高さに維持することが可能な限りにおいて、高さ調節手段32の構造は特に限定されない。図2において、高さ調節手段32は、
(a)一端が第2型枠ホールドレール24の側面に接合され、他端に雌ねじ部が形成された支持部材32aと、
(b)雌ねじ部に螺合する雄ねじ部を備えたシャフト32bと、
を備えている。
雄ねじ部は、シャフト32bの上端に形成されている。雄ねじ部の長さによりシャフト32bの可動範囲が決まるので、雄ねじ部の長さは目的に応じて最適な長さを選択する。型枠を設置する際には、第1型枠及び第2型枠の上端の高さが一致するように、シャフト32bを回転させ、シャフト32bの位置決めを行う。
The structure of the height adjusting means 32 is not particularly limited as long as the heights of the upper ends of the first mold frame and the second mold frame can be kept constant. In FIG. 2, the height adjusting means 32 is
(A) a support member 32a having one end joined to the side surface of the second formwork hold rail 24 and a female thread portion formed at the other end;
(B) a shaft 32b provided with a male screw part screwed into the female screw part;
It has.
The male thread portion is formed at the upper end of the shaft 32b. Since the movable range of the shaft 32b is determined by the length of the male screw portion, the optimum length of the male screw portion is selected according to the purpose. When installing the mold, the shaft 32b is rotated to position the shaft 32b so that the heights of the upper ends of the first mold and the second mold match.
なお、型枠ハンガー20は、ベタ基礎の一体打ちを行うための型枠の連結用治具として好適であるが、他の用途にも用いることができる。例えば、型枠ハンガー20は、住宅の基礎だけでなく、店舗外周の基礎や境界擁壁等を形成するための型枠の連結治具として用いることができる。また、型枠ハンガー20、あるいは後述する内部用の型枠ハンガー40は、例えば、布基礎を形成するための型枠を連結するためにも用いることができる。この場合、対向する型枠を地面に設置するだけで型枠の上端の高さが一定に維持されるので、高さ調節手段(シャフト32b、52b)を取り外した状態で使用すれば良い。   Note that the mold hanger 20 is suitable as a jig for connecting the molds for performing the solid foundation integrally, but it can also be used for other purposes. For example, the mold hanger 20 can be used not only as the foundation of a house but also as a jig for connecting a mold for forming a foundation around the store, a boundary retaining wall, and the like. Moreover, the form hanger 20 or the internal form hanger 40 mentioned later can be used also, for example, in order to connect the form for forming a fabric foundation. In this case, since the height of the upper end of the mold is maintained constant only by placing the opposing mold on the ground, the height adjustment means (the shafts 32b and 52b) may be used in a removed state.
[1.3. 内部用の型枠ハンガーの構成]
図3に、内部用の型枠ハンガーの正面図、平面図、及び左側面図を示す。図3において、型枠ハンガー40は、第1型枠ホールドレール42と、第2型枠ホールドレール44と、第1アングル46、46と、コンクリート天端調整手段48と、第2アングル50と、高さ調節手段52、52とを備えている。
[1.3. Configuration of internal formwork hanger]
FIG. 3 shows a front view, a plan view, and a left side view of an internal formwork hanger. In FIG. 3, the formwork hanger 40 includes a first formwork hold rail 42, a second formwork hold rail 44, first angles 46 and 46, concrete top end adjusting means 48, a second angle 50, Height adjusting means 52 and 52 are provided.
[1.3.1. 第1型枠ホールドレール]
第1型枠ホールドレール42は、隣接する第1型枠16、16の端面間に挿入するためのものである。第1型枠ホールドレール42の鉛直方向の長さは、第2型枠ホールドレール44のそれと同一であり、かつ、第1型枠16のそれよりやや短くなっている。また、第1型枠ホールドレール42には、複数個のジョイント穴(型枠固定手段)42a〜42dが設けられている。さらに、第1型枠ホールドレール42には、高さ調節手段52が設けられている。その他の点については、外周用の型枠ハンガー20と同様であるので、説明を省略する。
[1.3.1. First formwork hold rail]
The first formwork hold rail 42 is for insertion between the end faces of the adjacent first formwork 16 and 16. The length in the vertical direction of the first formwork hold rail 42 is the same as that of the second formwork holdrail 44 and is slightly shorter than that of the first formwork 16. The first formwork hold rail 42 is provided with a plurality of joint holes (formwork fixing means) 42a to 42d. Further, the first formwork hold rail 42 is provided with a height adjusting means 52. Since the other points are the same as those of the outer form hanger 20, description thereof will be omitted.
[1.3.2. 第2型枠ホールドレール]
第2型枠ホールドレール44は、隣接する第2型枠18、18の端面間に挿入するためのものである。第2型枠ホールドレール44には、複数個のジョイント穴(型枠固定手段)44a〜44dが設けられている。さらに、第2型枠ホールドレール44には、高さ調節手段52が設けられている。その他の点については、外周用の型枠ハンガー20と同様であるので、説明を省略する。
[1.3.2. Second formwork hold rail]
The second formwork hold rail 44 is for insertion between the end faces of the adjacent second formwork 18 and 18. The second formwork hold rail 44 is provided with a plurality of joint holes (formwork fixing means) 44a to 44d. Further, a height adjusting means 52 is provided on the second formwork hold rail 44. Since the other points are the same as those of the outer form hanger 20, description thereof will be omitted.
[1.3.3. 第1アングル]
第1アングル46、46は、第1型枠ホールドレール42及び第2型枠ホールドレール44の上部を連結するためのものである。第1アングル46、46に関するその他の点については、外周用の型枠ハンガー20と同様であるので、説明を省略する。
[1.3.3. First angle]
The first angles 46 and 46 are for connecting the upper portions of the first mold holding rail 42 and the second mold holding rail 44. Since the other points regarding the first angles 46 and 46 are the same as those of the outer shape mold hanger 20, the description thereof will be omitted.
[1.3.4. コンクリート天端調整手段]
第1アングル46、46には、コンクリート天端調整手段48が設けられている。コンクリート天端調整手段48に関するその他の点については、外周用の型枠ハンガー20と同様であるので、説明を省略する。
[1.3.4. Concrete top edge adjustment means]
Concrete top edge adjusting means 48 is provided at the first angles 46, 46. Since the other points regarding the concrete top end adjusting means 48 are the same as those of the mold hanger 20 for the outer periphery, the description thereof is omitted.
[1.3.5. 第2アングル]
図3において、第1型枠ホールドレール42及び第2型枠ホールドレール44は、第1アングル46の上方においてさらに第2アングル50で連結されている。また、第2アングル50は、脱枠解体時に、下から上に向かってハンマーでたたくための水平部50aが設けられている。第2アングル50に関するその他の点については、外周用の型枠ハンガー20と同様であるので、説明を省略する。
[1.3.5. Second angle]
In FIG. 3, the first mold holding rail 42 and the second mold holding rail 44 are further connected by a second angle 50 above the first angle 46. Further, the second angle 50 is provided with a horizontal portion 50a for hitting with a hammer from the bottom to the top when the frame is disassembled. The other points relating to the second angle 50 are the same as those of the outer form hanger 20, and thus the description thereof is omitted.
[1.3.6. 高さ調節手段]
高さ調節手段52、52は、第1型枠16の上端の高さ及び第2型枠18の上端の高さを一定の高さに維持するためのものである。図3に示す内部用の型枠ハンガー40において、高さ調節手段52、52は、第2型枠ホールドレール44の側面だけでなく、第1型枠ホールドレール42の側面にも設置されている。これは、鉛直方向長さの短い内部用の型枠の先端を、外周用の型枠の先端の高さに一致させるためである。高さ調節手段52、52は、それぞれ、支持部材52aと、シャフト52bとを備えている。その他の点については、外周用の型枠ハンガー20と同様であるので、説明を省略する。
[1.3.6. Height adjustment means]
The height adjusting means 52, 52 is for maintaining the height of the upper end of the first mold 16 and the height of the upper end of the second mold 18 at a constant height. In the internal formwork hanger 40 shown in FIG. 3, the height adjusting means 52 and 52 are installed not only on the side face of the second formwork hold rail 44 but also on the side face of the first formwork hold rail 42. . This is for making the front end of the inner mold frame having a short vertical length coincide with the height of the front end of the outer mold frame. Each of the height adjusting means 52 and 52 includes a support member 52a and a shaft 52b. Since the other points are the same as those of the outer form hanger 20, description thereof will be omitted.
図4に、内部用の型枠ハンガー40を用いて組み立てられた型枠の平面図を示す。図4に示すように、型枠ハンガー40は、隣接する第1型枠16、16の端面間に第1型枠ホールドレール42が挿入され、かつ、隣接する第2型枠18、18の端面間に第2型枠ホールドレール44が挿入されるように設置される。
また、高さ調節手段52のシャフト52bの先端は、捨てコンクリート表面に固定されたランナー72、72上に載置される。ランナー72、72は、断面がコの字型を呈する鋼材からなる。ランナー72は、コンクリートを打設する際に、流動するコンクリートによってシャフト52bが移動するのを防ぐために用いられる。
FIG. 4 shows a plan view of a mold assembled using the internal mold hanger 40. As shown in FIG. 4, the mold hanger 40 is configured such that the first mold hold rail 42 is inserted between the end surfaces of the adjacent first mold frames 16, 16 and the end surfaces of the adjacent second mold frames 18, 18. It is installed so that the second formwork hold rail 44 is inserted therebetween.
Further, the tip of the shaft 52b of the height adjusting means 52 is placed on runners 72, 72 fixed to the discarded concrete surface. The runners 72 and 72 are made of a steel material having a U-shaped cross section. The runner 72 is used to prevent the shaft 52b from moving due to flowing concrete when placing concrete.
[2. コンクリートの打設方法]
本発明に係る型枠ハンガーを用いたコンクリートの打設方法について、図2〜4を参照しながら説明する。
(1)まず、立ち上がり部を形成する部分の真下にある地盤を掘削して、根切り穴を形成し、根切り穴に砕石(図示せず)等を敷き詰めて地盤を補正する。
(2)次に、コンクリートを打設する領域の全面に、防水シート(図示せず)を被せた後、採石等を敷き詰めた領域の上に、捨てコンクリート70を打つ。
[2. Concrete placement method]
A concrete placing method using the form hanger according to the present invention will be described with reference to FIGS.
(1) First, excavate the ground directly below the portion that forms the rising portion to form a root cut hole, and lay crushed stone (not shown) or the like in the root cut hole to correct the ground.
(2) Next, after covering the entire surface of the area where the concrete is to be placed with a waterproof sheet (not shown), the discarded concrete 70 is placed on the area where the quarrying is spread.
(3)捨てコンクリート70の上に、高さ調節手段32、52のシャフト32b、52bの先端を受けるためのランナー72を設置し、コンクリート釘(図示せず)でランナー72を固定する。次いで、第1型枠及び第2型枠を順次設置する。その際、シャフト32b、52bの高さ調節を行った後、隣接する第1型枠の端面間及び第2型枠の端面間に型枠ハンガー20、40を挿入し、これらを連結・固定する。
(4)コンクリート76の打設空間に、補強用の鉄筋(図示せず)を設置する。型枠及び鉄筋の設置が完了した後、型枠の外周に、所定本数の縦バタパイプ(図示せず)及び横バタパイプ74を取り付け、型枠を補強する。
(3) A runner 72 for receiving the tips of the shafts 32b, 52b of the height adjusting means 32, 52 is installed on the discarded concrete 70, and the runner 72 is fixed with concrete nails (not shown). Next, the first mold frame and the second mold frame are sequentially installed. At that time, after adjusting the heights of the shafts 32b and 52b, the mold hangers 20 and 40 are inserted between the end faces of the adjacent first molds and between the end faces of the second molds, and these are connected and fixed. .
(4) Reinforcing bars (not shown) are installed in the concrete 76 placement space. After the installation of the mold and the reinforcing bar is completed, a predetermined number of vertical butter pipes (not shown) and horizontal butter pipes 74 are attached to the outer periphery of the mold to reinforce the mold.
なお、図2に示す例では、第1型枠ホールドレール22側にのみ横バタパイプ74が設置され、第2型枠ホールドレール24側には横バタパイプが設置されていない。また、図3に示す例では、第1型枠ホールドレール42側及び第2型枠ホールドレール44側のいずれも、横バタパイプの設置が省略されている。従来、バタパイプはすべての型枠の外表面に設置するのが一般的であるが、本発明に係る型枠ハンガー20、40は、型枠の補強材としても機能するため、バタパイプの一部を省略することができる。   In the example shown in FIG. 2, the horizontal butterfly pipe 74 is installed only on the first formwork hold rail 22 side, and the horizontal butterfly pipe is not installed on the second formwork hold rail 24 side. Further, in the example shown in FIG. 3, the installation of the horizontal butter pipe is omitted on both the first mold hold rail 42 side and the second mold hold rail 44 side. Conventionally, butterpipes are generally installed on the outer surface of all the molds, but the mold hangers 20 and 40 according to the present invention also function as a reinforcing material for the molds. Can be omitted.
(5)型枠及び鉄筋の設置、並びに、型枠の補強が完了した後、ベース部及び立ち上がり部にコンクリート76を打設する。コンクリート76の表面を平らにならし、コンクリート76が安定した後、コンクリート76が完全に固化する前に、シャフト32b、52bを引き抜く。
(6)コンクリート76が完全に固化した後、立ち上がり部の天端にレベル調整用のモルタル78を流し込む。この時、コンクリート天端調整手段28、48を用いて、モルタル78のレベル調整を行う。
(7)モルタル78が完全に固化した後、型枠及び型枠ハンガー20、40を順次取り外す。この時、必要に応じて、第2アングル30、50の水平部30a、50aをハンマーでたたくと、型枠ハンガー20、40がコンクリート76に密着している場合であっても、型枠ハンガー20、40を容易に取り外すことができる。
(5) After the installation of the formwork and the reinforcing bar and the reinforcement of the formwork are completed, the concrete 76 is placed on the base part and the rising part. After the surface of the concrete 76 is leveled and the concrete 76 is stabilized, the shafts 32b and 52b are pulled out before the concrete 76 is completely solidified.
(6) After the concrete 76 is completely solidified, a mortar 78 for level adjustment is poured into the top end of the rising portion. At this time, the level adjustment of the mortar 78 is performed using the concrete top edge adjusting means 28 and 48.
(7) After the mortar 78 is completely solidified, the mold and the mold hangers 20 and 40 are sequentially removed. At this time, if necessary, if the horizontal portions 30a and 50a of the second angles 30 and 50 are struck with a hammer, even if the mold hangers 20 and 40 are in close contact with the concrete 76, the mold hangers 20 , 40 can be easily removed.
[3. 作用]
本発明に係る型枠ハンガー20、40は、水平方向に隣接して配置された型枠の端面間に挿入され、型枠固定手段(ジョイント穴)を介して型枠が安定に連結される。その際、型枠の真下に、使い捨てのスペーサーを設置する必要がない。そのため、基礎の施工費用を低コスト化することができ、コンクリートの強度を低下させるおそれもない。
さらに、本発明に係る型枠ハンガー20、40は、型枠の補強材としても機能する。そのため、従来に比べてバタパイプの設置数が少ない場合であっても、コンクリート打設時における型枠のゆがみを抑制することができる。
[3. Action]
The mold hangers 20 and 40 according to the present invention are inserted between the end faces of the molds arranged adjacent to each other in the horizontal direction, and the molds are stably connected via the mold fixing means (joint holes). In that case, it is not necessary to install a disposable spacer directly under the formwork. Therefore, the construction cost of the foundation can be reduced, and there is no possibility of reducing the strength of the concrete.
Furthermore, the mold hangers 20 and 40 according to the present invention also function as a reinforcement for the mold. For this reason, even when the number of butter pipes is less than that in the prior art, it is possible to suppress the distortion of the mold at the time of placing the concrete.
以上、本発明の実施の形態について詳細に説明したが、本発明は上記実施の形態に何ら限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲内で種々の改変が可能である。   Although the embodiments of the present invention have been described in detail above, the present invention is not limited to the above embodiments, and various modifications can be made without departing from the scope of the present invention.
本発明に係る型枠ハンガーは、ベタ基礎の一体打ちを行う際の型枠の連結用治具として用いることができる。   The formwork hanger which concerns on this invention can be used as a jig | tool for a formwork connection at the time of carrying out integral strike of a solid foundation.
20、40 型枠ハンガー
22、42 第1型枠ホールドレール
22a〜22g、42a〜42d ジョイント穴(型枠固定手段)
24、44 第2型枠ホールドレール
24a〜24d、44a〜44d ジョイント穴(型枠固定手段)
26、46 第1アングル
32、52 高さ調節手段
20, 40 Formwork hangers 22, 42 First formwork hold rails 22a-22g, 42a-42d Joint holes (formwork fixing means)
24, 44 Second formwork hold rails 24a-24d, 44a-44d Joint holes (formwork fixing means)
26, 46 First angle 32, 52 Height adjustment means

Claims (6)

  1. 以下の構成を備えた型枠ハンガー。
    (1)前記型枠ハンガーは、
    (a)コンクリートを打設して立ち上がり部を形成するための打設空間の一方の面に沿って水平方向に配置された隣接する第1型枠間、及び
    (b)前記打設空間の他方の面に沿って水平方向に配置された隣接する第2型枠間
    を連結するために用いられる。
    (2)前記型枠ハンガーは、
    隣接する前記第1型枠の端面間に挿入するための第1型枠ホールドレールと、
    隣接する前記第2型枠の端面間に挿入するための第2型枠ホールドレールと、
    前記第1型枠ホールドレール及び前記第2型枠ホールドレールの上部を連結する第1アングルと、
    前記第1型枠ホールドレール及び前記第2型枠ホールドレールの一方又は双方に設けられた、前記第1型枠の上端の高さ及び前記第2型枠の上端の高さを一定の高さに維持するための高さ調節手段とを備えている。
    (3)前記第1型枠ホールドレール及び前記第2型枠ホールドレールは、それぞれ、前記第1型枠及び前記第2型枠を固定するための型枠固定手段を備えている。
    (4)前記高さ調節手段は、前記打設空間の外側に設けられている。
    Formwork hanger with the following configuration.
    (1) The mold hanger is
    (A) Between adjacent first molds arranged horizontally along one surface of a placement space for placing concrete to form a rising portion; and (b) The other of the placement spaces. It is used for connecting between adjacent second molds arranged in the horizontal direction along the surface of.
    (2) The formwork hanger is
    A first formwork hold rail for insertion between the end faces of the adjacent first formwork,
    A second formwork hold rail for insertion between the end faces of the adjacent second formwork,
    A first angle connecting the upper part of the first formwork hold rail and the second formwork hold rail;
    The height of the upper end of the first formwork and the height of the upper end of the second formwork provided at one or both of the first formwork holdrail and the second formwork holdrail are constant heights. And a height adjusting means for maintaining the height.
    (3) The first formwork hold rail and the second formwork hold rail include formwork fixing means for fixing the first formwork and the second formwork, respectively.
    (4) The height adjusting means is provided outside the placement space.
  2. 前記高さ調節手段は、
    一端が前記第1型枠ホールドレール又は前記第2型枠ホールドレールの側面に接合され、他端に雌ねじ部が形成された支持部材と、
    前記雌ねじ部に螺合する雄ねじ部を備えたシャフトと、
    を備えている請求項1に記載の型枠ハンガー。
    The height adjusting means includes
    A support member in which one end is joined to a side surface of the first formwork hold rail or the second formwork hold rail, and an internal thread portion is formed on the other end;
    A shaft provided with a male screw portion that is screwed into the female screw portion;
    The formwork hanger according to claim 1, comprising:
  3. 前記型枠固定手段は、隣接する前記第1型枠の端面間、又は隣接する前記第2型枠の端面間を貫通する連結ピンを挿入するためのジョイント穴である請求項1又は2に記載の型枠ハンガー。   The said formwork fixing means is a joint hole for inserting a connecting pin penetrating between end faces of the adjacent first formwork or between end faces of the adjacent second formwork. Formwork hanger.
  4. 前記第1アングルに設けられた、前記コンクリートの天端のレベリングに用いられるコンクリート天端調整手段をさらに備えた請求項1から3までのいずれか1項に記載の型枠ハンガー。   The formwork hanger according to any one of claims 1 to 3, further comprising a concrete top end adjusting means provided at the first angle and used for leveling the top end of the concrete.
  5. 前記第1アングルの上方において、前記第1型枠ホールドレール及び前記第2型枠ホールドレールを連結する第2アングルをさらに備え、
    前記第2アングルは、脱枠解体時に、下から上に向かってハンマーでたたくための水平部が設けられている請求項1から4までのいずれか1項に記載の型枠ハンガー。
    Above the first angle, further comprising a second angle connecting the first formwork hold rail and the second formwork hold rail,
    The form hanger according to any one of claims 1 to 4, wherein the second angle is provided with a horizontal portion for striking with a hammer from the bottom to the top when the frame is disassembled.
  6. ベタ基礎の一体打ちを行う際に、前記第1型枠及び前記第2型枠を連結するために用いられる請求項1から5までのいずれか1項に記載の型枠ハンガー。   The formwork hanger according to any one of claims 1 to 5, wherein the formwork hanger is used to connect the first formwork and the second formwork when the solid foundation is integrally punched.
JP2016124427A 2016-06-23 2016-06-23 Mold hanger Pending JP2017227052A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016124427A JP2017227052A (en) 2016-06-23 2016-06-23 Mold hanger

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2016124427A JP2017227052A (en) 2016-06-23 2016-06-23 Mold hanger

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2017227052A true JP2017227052A (en) 2017-12-28

Family

ID=60891065

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016124427A Pending JP2017227052A (en) 2016-06-23 2016-06-23 Mold hanger

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2017227052A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN109610810A (en) * 2018-11-27 2019-04-12 安徽中嘉环保建材科技有限公司 A kind of compound freeze proof building aluminum alloy pattern plate

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN109610810A (en) * 2018-11-27 2019-04-12 安徽中嘉环保建材科技有限公司 A kind of compound freeze proof building aluminum alloy pattern plate
CN109610810B (en) * 2018-11-27 2020-09-25 安徽中嘉环保建材科技有限公司 Composite anti-freezing building aluminum template

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR20180045140A (en) The structure of non-binding dismantling formwork beams and deck plates without the need to secure jobs
KR101606439B1 (en) Spacer for fixing between truss girder and deck plate combine
JP2017227052A (en) Mold hanger
DK2630306T3 (en) Assemblable disposable FOR CONSTRUCTION OF MODULAR formwork FOR PRODUCTION OF CONCRETE FOUNDATION
KR101990065B1 (en) Joint of PC column using steel block
KR101310844B1 (en) Concrete Mold assembly and Method of constructing Beam by using the same
JP2010070903A (en) Precast concrete foundation material and method for connecting the same
KR101429137B1 (en) PC Beam Unit Connection Structure For Expensive Space And Construction Method Thereof
KR101229093B1 (en) Exclusive mold of slab opening
KR100949785B1 (en) Mold for manufacturing PC beam
CN104878924A (en) Stair step concrete pouring-molded template and stair cast-in-situ construction method
KR20190018786A (en) the improved yoke truss and the wall form structure using the same
JP2006322154A (en) Foundation construction method of building
JP5620839B2 (en) Anchor frame and construction method of foundation structure using it
KR20120133871A (en) Support for a upper reinforcing bar of footings
KR20160120828A (en) A supporter fixing unit for waterprof sill
KR20090077325A (en) With a euro-form panel of reinforcing member walls, and installation methods reinforcing member
KR102034138B1 (en) beam form and construction method thereof
KR20110128396A (en) Pre-embedded anchor frame equipped with coupler and anchoring method of steel column thereof
KR20110070944A (en) Supporting apparatus for beam mold and supporting system using the same
JP3057777U (en) Plastic perforated formwork
JP5574338B2 (en) Site precast method for foundation beam
JP2020101045A (en) Construction method for base-isolated foundation structure, precast concrete foundation block, formwork for precast concrete, and manufacturing method for foundation block
JP2021071011A (en) Construction method of foundation, and foundation
JP2020002705A (en) Formwork unit