JP2014069045A - Solid golf ball - Google Patents

Solid golf ball Download PDF

Info

Publication number
JP2014069045A
JP2014069045A JP2012227146A JP2012227146A JP2014069045A JP 2014069045 A JP2014069045 A JP 2014069045A JP 2012227146 A JP2012227146 A JP 2012227146A JP 2012227146 A JP2012227146 A JP 2012227146A JP 2014069045 A JP2014069045 A JP 2014069045A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
preferably
less
dimples
core
golf ball
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2012227146A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hiroshi Higuchi
博士 樋口
Takashi Ohira
隆志 大平
Daisuke Arai
大助 新井
Yuichiro Ozawa
雄一郎 尾澤
Katsunori Sato
克典 佐藤
Original Assignee
Bridgestone Sports Co Ltd
ブリヂストンスポーツ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a golf ball having excellent crack durability, external appearance durability and abrasion resistance under low temperature as demand characteristics to be used for a long period of time, and capable of retaining stable shot feeling and flight performance for a long period of time.SOLUTION: The solid golf ball includes a core 1 and a cover 2. The core 1 is formed of a rubber composition containing a base rubber, a co-crosslinking agent, a crosslinking initiator and a metal oxide. The base rubber is a mixture of polybutadiene and a styrene-butadiene rubber, the styrene-butadiene rubber having a styrene bond content of not more than 35 mass%. The co-crosslinking agent is methacrylic acid. The core 1 has a deflection under specific loading of 2.5-7.0 mm. An occupancy ratio (VR) of a total volume of a dimple space formed downward a plane surrounded by edges of dimples D to a virtual ball volume assumed that there are no dimples D on the ball surface is 0.95-1.7.

Description

本発明は、長期間使用されるゴルフボールに関するものであり、割れ耐久性、外観耐久性に優れ、かつ長期間安定した打感、飛び性能を維持でき、飛距離がコントロールされたゴルフボールに関する。 The present invention relates to a golf ball used for a long time, durability against cracking, superior in appearance durability, and long term stable feel, flight performance can be maintained to a golf ball flight distance is controlled.

長期間の使用における耐久性を維持するためには、ゴルフボールの各々の部材の耐久性、外表面の磨耗性を向上させる必要がある。 To maintain durability in long-term use, it is necessary to improve the durability of each of the members of the golf ball, the wear resistance of the outer surface. また、季節によるゴルフボールの性能を維持する必要がある。 In addition, there is a need to maintain the performance of the golf ball by season.

ところで、ツーピースソリッドゴルフボールは、コアとカバーとからなり、コアは、シス−1,4−ポリブタジエンゴムを主材とした基材ゴムに共架橋剤、金属酸化物、有機過酸化物等の添加剤を使用することにより得られる所望のゴム架橋構造物であることが広く知られている。 Meanwhile, two-piece solid golf ball is composed of a core and a cover, the core is co-crosslinking agent cis-1,4-polybutadiene rubber with a base rubber which is composed primarily, metal oxides, the addition of an organic peroxide it has been widely known that agent is the desired rubber crosslinked structure obtained by using. 例えば、特開昭59−49779号公報には、ツーピースソリッドゴルフボールのコアのゴム組成物として、シス−1,4−ポリブタジエンゴムに、共架橋剤として、メタクリル酸亜鉛を所定量配合することが提案されている。 For example, JP-A-59-49779, as a rubber composition for the core of a two-piece solid golf ball, the cis-1,4-polybutadiene rubber, co-crosslinking agent, be predetermined amount of the zinc methacrylate Proposed. しかしながら、このようにメタクリル酸亜鉛をコア用ゴム組成物に使用すると、長期間使用においてボールの耐久性を確保することが困難になる。 However, using this way zinc methacrylate in the core rubber composition becomes difficult to secure the durability of the ball in the long-term use.

また、特開2003−70936号公報には、ツーピースソリッドゴルフボールのコアのゴム組成物として、シス−1,4−ポリブタジエンゴムにアクリル酸亜鉛を所定量配合することが提案されている。 Further, JP-A-2003-70936 discloses, as a rubber composition for the core of a two-piece solid golf balls, it is proposed that a predetermined amount of zinc acrylate cis-1,4-polybutadiene rubber. しかしながら、上記と同様に、アクリル酸亜鉛をコア用ゴム組成物に使用すると、長期間使用においてボールの耐久性を確保することが困難であった。 However, similarly to the above, the use of zinc acrylate in the core rubber composition, it is difficult to ensure the durability of the ball in the long-term use.

更には、特開2004−180793号公報及び特開2008−149190号公報には、コア配合にアクリル酸亜鉛を使用すると共に、カバー材として熱可塑性ポリウレタンを使用したゴルフボールが提案されているが、カバーが硬くなり、ボール表面が磨耗した後のボールの飛びが著しく低下してしまい、マーク耐久性が悪くなるという欠点があった。 Furthermore, JP 2008-149190 and JP 2004-180793 JP, with using zinc acrylate in the core formulation, but the golf ball using a thermoplastic polyurethane as a cover material has been proposed, cover becomes hard, ball flight after the ball surface is worn is will be significantly reduced, there has been a drawback that mark durability is poor.

特開昭59−49779号公報 JP-A-59-49779 JP 特開2003−70936号公報 JP 2003-70936 JP 特開2004−180793号公報 JP 2004-180793 JP 特開2008−149190号公報 JP 2008-149190 JP

本発明は、上記事情に鑑みなされたもので、長期間の使用において割れ耐久性、外観耐久性、ボール表面欠け耐久性に優れ、かつ長期間安定した打感、飛び性能を維持し、飛距離がコントロールされたソリッドゴルフボールを提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of the above circumstances, the durability cracking in long-term use, appearance durability, excellent in ball surface lacks durability, and maintaining long-term stable feel, the flight performance, distance There is an object of the present invention to provide a controlled solid golf ball.

本発明者らは、上記目的を達成するため鋭意検討を重ねた結果、コア及びカバーを有するソリッドゴルフボールを作成し、基材ゴムとして、ポリブタジエンと、スチレンブタジエンゴムとの混合物を用い、かつスチレンブタジエンゴムに占めるスチレン結合量を適正化すると共に、共架橋剤としてメタクリル酸を用い、基材ゴム100質量部に対して、架橋開始剤を所定量配合すると共に、コアの特定荷重時のたわみ量、ボール製品の初速度、及びディンプル空間占有率VRを適正化し、また、破断強度が20〜80MPa、伸度が150〜600%である樹脂材料をカバー材料として採用することにより、これらの構成の相乗効果により、ゴルフボール設計者の予測を超えて、割れ耐久性、欠け耐久性、磨耗耐久性に優れるため、長期間使 The present inventors have made extensive and intensive investigations to achieve the above objects, to create a solid golf ball having a core and a cover, as base rubber, using a polybutadiene, a mixture of styrene-butadiene rubber, and styrene together to optimize the bound styrene amount occupying the butadiene rubber, using methacrylic acid as a co-crosslinking agent, relative to 100 parts by weight of the base rubber, with a predetermined amount of the crosslinking initiator, amount of deflection at a specific load of the core , initial velocity of the ball product, and optimizing the dimple spatial occupancy VR, also breaking strength 20 to 80 MPa, by the elongation is employed as the covering material of the resin material is 150 to 600% of these configurations a synergistic effect, beyond the prediction of the golf ball designer, durability against cracking, lack durability, because of its excellent wear resistance, long-term use においても、良好な外観の維持、打感が良好であり、飛距離がコントロールされたゴルフボールが得られることを知見し、本発明をなし得たものである。 In also the maintenance of good appearance, good feel, the flight distance was found that controlled golf ball is obtained, those obtained without the present invention.

即ち、本発明では、コア用ゴム組成物の共架橋剤として、メタクリル酸を配合し、メタクリル酸の配合量及び架橋開始剤の配合量を適正化することにより、ゲームボールよりも割れ耐久性が非常に良好なものにすることができる。 That is, in the present invention, as a co-crosslinking agent in the core rubber composition, blended methacrylic acid, by optimizing the amount of the amount and crosslinking initiator methacrylate, durability cracking than the game ball it can be very good. また、カバー材としてポリウレタンを主材としたものを使用することが好適であり、割れ耐久性及び磨耗耐久性に優れたゴルフボールを得ることができる。 Further, it is preferred to use those composed primarily of polyurethane as the cover material, it is possible to obtain a golf ball having an excellent durability to cracking and abrasion resistance. また、コアの内部硬度分布を適正化することが好適であり、打感が良好なソリッドゴルフボールを得ることができる。 Further, it is preferred to optimize the internal hardness distribution of the core can feel get good solid golf ball.

従って、本発明は、下記のソリッドゴルフボールを提供する。 Accordingly, the present invention provides a solid golf ball of the following.
[1]コアとカバーとからなり、該コアが、基材ゴム、共架橋剤、架橋開始剤、及び金属酸化物を含有するゴム組成物にて形成されるゴルフボールであって、基材ゴムとして、ポリブタジエンとスチレンブタジエンゴムとの混合物を用い、スチレンブタジエンゴムに占めるスチレン結合量が35質量%以下であると共に、共架橋剤としてメタクリル酸を用い、コアを初期荷重98N(10kgf)から終荷重1,275N(130kgf)にそれぞれ負荷したときのたわみ量(CH)が2.5〜7.0mmであり、更に、ディンプルの縁に囲まれた平面から下方に形成されるディンプル空間体積の合計が、ボール表面にディンプルが存在しないと仮定した仮想球の体積に占める比率(VR)が0.95〜1.7であることを特徴とするソリッ [1] consists of a core and a cover, wherein the core is a base rubber, a co-crosslinking agent, crosslinking initiator, and a golf ball which is formed of a rubber composition containing a metal oxide, the base rubber as, with a mixture of polybutadiene and styrene-butadiene rubber, with a styrene bond quantity occupying the styrene-butadiene rubber is less than 35 mass%, using methacrylic acid as a co-crosslinking agent, final load the core from an initial load 98 N (10 kgf) a deflection amount when the load respectively 1,275N (130kgf) (CH) is 2.5~7.0Mm, further, the total dimple volume of space formed from the plane surrounded by the edge of the dimple downward , Sori' the percentage of the volume of a virtual sphere which is assumed to have no dimples on the ball surface (VR) is characterized in that it is a 0.95 to 1.7 ゴルフボール。 Golf ball.
[2]上記金属酸化物が酸化亜鉛である[1]記載のソリッドゴルフボール。 [2] The metal oxide is zinc oxide [1] solid golf ball as claimed.
[3]上記ゴム組成物の各成分の配合において、ポリブタジエンが基材ゴム中に占める割合が80質量%以下であり、スチレンブタジエンゴムが基材ゴム中に占める割合が20〜80質量%であり、イソプレンゴムが基材ゴム中に占める割合が60質量%以下であり、且つ、基材ゴム100質量部に対して、メタクリル酸を6〜40質量部、金属酸化物を6〜30質量部、架橋開始剤を0.3〜5.0質量部、老化防止剤0.1〜1.0質量部をそれぞれ配合してなる[1]又は[2]記載のソリッドゴルフボール。 [3] in the formulation of each component of the rubber composition, polybutadiene is at a percentage of base rubber is 80 mass% or less, the proportion of styrene-butadiene rubber occupies the base rubber is 20 to 80 wt% , proportion of isoprene rubber occupies the base rubber is not more than 60 wt%, and, with respect to 100 parts by weight of the base rubber, 6-30 parts by weight 6 to 40 parts by mass, the metal oxides methacrylic acid, 0.3 to 5.0 parts by weight of a crosslinking initiator, comprising antioxidant 0.1-1.0 parts by mass were blended, respectively [1] or [2] the solid golf ball according.
[4]上記コアの比重が1.05〜1.2である[1]、[2]又は[3]記載のソリッドゴルフボール。 [4] the specific gravity of the core is 1.05 to 1.2 [1], [2] or [3] The solid golf ball according.
[5]上記カバーの樹脂材料がポリウレタンを主材とするものである[1]〜[4]のいずれか1項記載のソリッドゴルフボール。 [5] The resin material of the cover is to mainly including polyurethane [1] solid golf ball according to any one of - [4].
[6]上記カバーの樹脂材料が熱可塑性ポリウレタンを主材とするものである[5]記載のソリッドゴルフボール。 [6] in which the resin material of the cover is composed primarily of a thermoplastic polyurethane [5] The solid golf ball according.
[7]上記カバーの材料硬度がショアD硬度で30〜57である[1]〜[6]のいずれか1項記載のソリッドゴルフボール。 [7] the material hardness of the cover is 30 to 57 in Shore D hardness [1] The solid golf ball of any one of claims to [6].
[8]上記カバーの樹脂材料の破断強度が20〜80MPaである[1]〜[7]のいずれか1項記載のソリッドゴルフボール。 [8] the breaking strength of the resin material of the cover is 20 to 80 MPa [1] The solid golf ball of any one of claims to [7].
[9]上記カバーの樹脂材料の伸度が150〜600%である[1]〜[8]のいずれか1項記載のソリッドゴルフボール。 [9] elongation of the resin material of the cover is from 150 to 600% [1] The solid golf ball of any one of claims to [8].
[10]上記カバーの厚さが0.3〜2.5mmである[1]〜[9]のいずれか1項記載のソリッドゴルフボール。 [10] The thickness of the cover is 0.3 to 2.5 mm [1] The solid golf ball of any one of claims to [9].
[11]ボールの初速度(BV)が72m/s以下である[1]〜[10]のいずれか1項記載のソリッドゴルフボール。 [11] initial velocity of the ball (BV) is less than or equal to 72m / s [1] solid golf ball according to any one of to [10].
[12]コアに初期荷重98N(10kgf)から終荷重1,275N(130kgf)を負荷したときまでのたわみ量をCH(mm)、ボールを最初に測定した時の、初期荷重98N(10kgf)から終荷重1,275N(130kgf)を負荷したときまでのボールのたわみ量をBH1(mm)、及び該ボ−ルの初速度をBV1(m/s)とすると共に、ボールを最初に測定してから350日放置した後、初期荷重98N(10kgf)から終荷重1,275N(130kgf)を負荷したときまでのボールのたわみ量をBH2(mm)、及び該ボ−ルの初速度をBV2(m/s)とするとき、 [12] core deflection amount from an initial load of 98 N (10 kgf) until a final load 1,275N (130kgf) CH (mm), when the first measured the ball, from an initial load 98 N (10 kgf) the deflection amount of the ball until a final load 1,275N (130kgf) BH1 (mm), and 該Bo - the initial velocity of Le with the BV1 (m / s), by measuring the ball first after being left to stand for 350 days, the amount of deflection of the ball from an initial load 98 N (10 kgf) until a final load 1,275N (130kgf) BH2 (mm), and 該Bo - the initial velocity of Le BV2 (m / s) and the time,
BH1が2.5〜7.0mm、 BH1 is 2.5~7.0mm,
CH/BH1の値が0.95〜1.1、 The value of CH / BH1 is from 0.95 to 1.1,
BH2−BH1の差が0.2mm以内、及びBV2−BV1の差が0.3m/s以内である[1]〜[11]のいずれか1項記載のソリッドゴルフボール。 Difference BH2-BH1 is within 0.2 mm, and the difference BV2-BV1 is not more than 0.3 m / s [1] The solid golf ball of any one of claims to [11].
[13]表面に下記要件(1)〜(6)を満足するディンプルが形成されている[1]〜[12]のいずれか1項記載のソリッドゴルフボール。 [13] The following requirements on the surface (1) dimples satisfying to (6) are formed [1] The solid golf ball of any one of claims to [12].
(1)周縁部に曲率半径(R)0.5〜2.5mmの丸みが設けられたディンプルを有する。 (1) having dimples roundness of curvature radius (R) 0.5 to 2.5 mm is provided on the peripheral portion.
(2)直径(D)に対する上記曲率半径(R)の比率(R/D比率)が20%以上となるディンプルの合計個数(RA)のディンプル総数(N)に対する比率(ER)が15〜95%。 (2) the diameter ratio of the curvature radius (R) with respect to (D) ratio of total number of dimples (N) of the total number of dimples (R / D ratio) of at least 20% (RA) (ER) is 15 to 95 %.
(3)直径(D)の異なる複数種のディンプルを有すると共に、自己の直径(D)よりも大きい直径(D)のディンプルの曲率半径(R)が自己の曲率半径(R)以下になるディンプルと、最大の直径(D)を有する最大径ディンプルとの合計個数(DE)のディンプル総数(N)に対する割合(DER)が80%以上。 (3) and having a plurality of kinds of dimples having different diameters (D), dimples curvature dimples larger diameter than its diameter (D) (D) the radius (R) is below its radius of curvature (R) When, the ratio total number of the dimples of the total number of the maximum diameter dimples having a maximum diameter (D) (DE) (N) (DER) of 80% or more.
(4)直径(D)の異なる3種類以上のディンプルを有する。 (4) having three or more kinds of dimples having different diameters (D).
(5)ディンプル総数(N)が380個以下。 (5) the total number of dimples (N) is 380 or less.
(6)ディンプルの縁に囲まれた平面で定義されるディンプル面積の合計が、ボール表面にディンプルが存在しないと仮定した仮想球の表面積に占める比率である表面占有率(SR)が60〜74%。 (6) Total dimple area defined by edges surrounded by plane dimples, surface coverage is a percentage of the surface area of ​​the virtual sphere were assumed to have no dimples on the ball surface (SR) is 60 to 74 %.

本発明のソリッドゴルフボールは、長期間使用される要求特性として、割れ耐久性、外観耐久性、更には低温時の耐擦過傷性に優れ、かつ長期間安定した打感、飛び性能を維持し得るものである。 The solid golf ball of the present invention, as required characteristics for a long time used, cracking resistance, appearance durability, more excellent scuff resistance at low temperatures, and long-term stable feel, may maintain flight performance it is intended.

本発明の一実施例を示したソリッドゴルフボールの概略断面図である。 It is a schematic cross-sectional view of a solid golf ball showing an embodiment of the present invention. コアの断面硬度の(A)〜(F)の部位を説明するためのコアの模式図である。 It is a schematic view of the core for explaining the site of the core cross-sectional hardness (A) ~ (F). ディンプルの断面の一例を示す概略図である。 Is a schematic diagram showing an example of a cross section of the dimple. ディンプル配列の一例を示すもので、(A)は平面図、(B)は正面図である。 Shows an example of a dimple, (A) is a plan view, (B) is a front view. 実施例及び比較例で作製したゴルフボールに付したマークを示す平面図である。 It is a plan view showing a mark subjected to golf balls prepared in Examples and Comparative Examples.

以下、本発明につき、更に詳しく説明する。 Hereinafter, the present invention will be described in more detail.
本発明のソリッドゴルフボールの構造は、例えば、図1に示されているように、コア1と、該コアを被覆するカバー2とからなるツーピースソリッドゴルフボールGである。 Structure of solid golf ball of the present invention, for example, as shown in Figure 1, the core 1, a two-piece solid golf ball G consisting of a cover 2 which covering said core. そして、上記カバー2の表面には、通常、ディンプルDが多数形成されている。 On the surface of the cover 2, typically, dimples D are formed a number. なお、この図においてコア1及びカバー2は、それぞれ単層に形成されているが、いずれも複数層とすることができる。 The core 1 and the cover 2 in this figure have been respectively formed on a single layer, it is possible both to multiple layers.

上記コアは、ゴム材を主材とするゴム組成物を加硫することにより得られる。 The core is obtained by vulcanizing a rubber composition composed primarily of a rubber material. このゴム組成物として具体的には、例えば、基材ゴム、共架橋剤、架橋開始剤、金属酸化物、老化防止剤、及び、必要に応じて不活性充填剤を含有するゴム組成物を用いて形成することができる。 Specific examples the rubber composition, using for example, a base rubber, co-crosslinking agent, crosslinking initiator, a metal oxide, an antioxidant, and a rubber composition containing an inert filler if desired it is possible to form Te. そして、本発明では、基材ゴムとして、ポリブタジエンとスチレンブタジエンゴムとの混合物を用いるものである。 In the present invention, as the base rubber, it is to use a mixture of polybutadiene and styrene-butadiene rubber. なお、本発明では、後述するように、コア表面から中心までのコア断面硬度に特定の変化があり、コア断面の硬度分布を所望の範囲となるように調整することが望ましい。 In the present invention, as described below, there are certain changes to the core cross-sectional hardness from the core surface to the center, it is preferable to adjust so that the hardness distribution of the core section to a desired range. このためには、コア配合において、後述する各種添加剤の配合量、加硫温度及び加硫時間等を適宜調整することが必要である。 For this purpose, in the core formulation, the amount of the various additives described below to, it is necessary to appropriately adjust the inter-vulcanization temperature and vulcanization time or the like.

上記ゴム成分のポリブタジエンは、シス−1,4−結合を60%(質量%、以下同じ)以上、好ましくは80%以上、更に好ましくは90%以上、最も好ましくは95%以上有するものであることが必要である。 Polybutadiene of the rubber component is a cis-1,4 bond of 60% (mass%, hereinafter the same) or more, preferably 80% or more, more preferably 90% or more, and most preferably at least 95% is necessary. シス−1,4−結合が少なすぎると反発性が低下する。 Cis-1,4-bond is too small and the resilience decreases. また、1,2−ビニル結合の含有量が2%以下、より好ましくは1.7%以下、更に好ましくは1.5%以下であることが好ましい。 Further, 1,2-vinyl bond content of 2%, 1.7% and more preferably less, further preferably 1.5% or less.

上記ポリブタジエンは、ムーニー粘度(ML 1+4 (100℃))が、好ましくは30以上、好ましくは35以上、更に好ましくは40以上、上限として好ましくは100以下、より好ましくは80以下、更に好ましくは70以下、最も好ましくは60以下である。 The polybutadiene has a Mooney viscosity (ML 1 + 4 (100 ℃ )) is preferably 30 or more, preferably 35 or more, more preferably 40 or more, upper limit is preferably 100 or less, more preferably 80 or less, more preferably 70 or less, and most preferably 60 or less.

なお、本発明でいうムーニー粘度とは、いずれも回転可塑度計の1種であるムーニー粘度計で測定される工業的な粘度の指標(JIS K 6300)であり、単位記号としてML 1+4 (100℃)を用いる。 Incidentally, the Mooney viscosity in the present invention, a both industrial indicator of viscosity as measured with a Mooney viscometer is a kind of rotary plastometer (JIS K 6300), ML 1 + 4 as unit symbol using (100 ℃). また、Mはムーニー粘度、Lは大ロータ(L型)、1+4は予備加熱時間1分間、ロータの回転時間は4分間を示し、100℃の条件下にて測定したことを示す。 Further, M Mooney viscosity, L is large rotor (L-type), 1 + 4 preheating time of 1 minute and a rotor rotation time of 4 minutes, indicating that the measurement was carried out at a temperature of 100 ° C..

上記ポリブタジエンとしては、良好な反発性を有するゴム組成物の加硫成形物を得る観点から、希土類元素系触媒又はVIII族金属化合物触媒で合成されたものであることが好ましい。 As the polybutadiene, it is preferable that in view of obtaining a vulcanized molded article of a rubber composition having good resilience, was synthesized with a rare-earth catalyst or a Group VIII metal compound catalyst.

上記の希土類元素系触媒としては、特に限定されるものではないが、ランタン系列希土類元素化合物を用いたものを好適に使用することができる。 Examples of the rare-earth catalyst is not particularly limited, it may be suitably used those using lanthanum series rare earth element compound. また、必要に応じて、ランタン系列希土類元素化合物に有機アルミニウム化合物、アルモキサン、ハロゲン含有化合物、及びルイス塩基を組み合わせて使用することができる。 If necessary, an organic aluminum compound to the lanthanide series rare earth element compound, an alumoxane, can be used in combination halogen-containing compound, and a Lewis base. 上記で例示した各種化合物は、特開平11−35633号公報、特開平11−164912号公報、特開2002−293996号公報に記載されているものを好適に採用することができる。 Various compounds exemplified above, JP-A 11-35633, JP-A No. 11-164912, JP-can be suitably used those described in JP-A-2002-293996.

上記の希土類元素系触媒の中でも、特にランタン系列希土類元素化合物であるネオジム化合物を用いたネオジム系触媒を使用することが推奨され、この場合、1,4−シス結合が高含量、1,2−ビニル結合が低含量のポリブタジエンゴムを優れた重合活性で得ることができる。 Among the above rare-earth catalyst it is recommended to particularly use a neodymium catalyst using neodymium compound which is a lanthanum series rare earth element compound, in this case, 1,4-cis bond high content 1,2 it can be a vinyl bond is obtained with excellent polymerization activity polybutadiene rubber low content.

上記ポリブタジエンとしては、分子量分布Mw/Mn(Mw:重量平均分子量、Mn:数平均分子量)が、好ましくは1.0以上、より好ましくは2.0以上、更に好ましくは2.2以上、最も好ましくは2.4以上であり、上限としては、好ましくは6.0以下、より好ましくは5.0以下、更に好ましくは4.5以下であることが好ましく、Mw/Mnが小さすぎると作業性が低下し、大きすぎると反発性が低下する場合がある。 As the polybutadiene, molecular weight distribution Mw / Mn (Mw: weight average molecular weight, Mn: number-average molecular weight) is preferably 1.0 or more, more preferably 2.0 or more, more preferably 2.2 or more, and most preferably is 2.4 or more, the upper limit is preferably 6.0 or less, more preferably 5.0 or less, preferably still more preferably 4.5 or less, the workability Mw / Mn is too small, reduced, too large and resilience may be lowered.

基材ゴムとして上記ポリブタジエンを用いるものであるが、この場合、上記ポリブタジエンの基材ゴム全体に占める割合は、特に制限されるものではないが、好ましくは80質量%以下、より好ましくは70質量%以下、更に好ましくは60質量%以下、最も好ましくは57質量%以下である。 Although the base rubber is to use the polybutadiene, in this case, percentage of total base rubber of the polybutadiene is not particularly limited, preferably 80 wt% or less, more preferably 70 wt% or less, more preferably 60 wt% or less, and most preferably not more than 57 wt%. 下限としては、好ましくは30質量%以上、より好ましくは35質量%以上、好ましくは38質量%以上である。 The lower limit is preferably 30 mass% or more, more preferably 35 mass% or more, preferably 38 mass% or more.

具体的には、シス−1,4−ポリブタジエンゴムとしては、日本合成ゴム社製(JSR社製)の高シスBR01、BR11、BR02、BR02L、BR02LL、BR730、BR51等を用いることができる。 Specifically, the cis-1,4-polybutadiene rubber, high cis Japan Synthetic Rubber Co. (JSR Corp.) BR01, BR11, BR02, BR02L, can be used BR02LL, BR730, BR51 and the like.

本発明では、基材ゴムとして、上記のポリブタジエン(BR)と共に、スチレンブタジエンゴム(SBR)を使用するものであり、これについて下記に説明する。 In the present invention, as the base rubber, with the above polybutadiene (BR), it is intended to use a styrene-butadiene rubber (SBR), which will be described below.

スチレンブタジエンゴム(SBR)としては、溶液重合スチレンブタジエンゴムや乳化重合スチレンブタジエンゴムを使用することができる。 The styrene-butadiene rubber (SBR), may be used a solution-polymerized styrene-butadiene rubber and emulsion polymerization styrene-butadiene rubber. 具体的には、溶液重合スチレンブタジエンゴムとして日本合成ゴム社製(JSR社製)の溶液重合SBR−SL552、SL555、SL563等、乳化重合スチレンブタジエンゴムとして日本合成ゴム社製(JSR社製)の乳化重合SBR1500、1502、1507、等を用いることができる。 Specifically, solution polymerization SBR-SL552 solution polymerization styrene-butadiene rubber as Japan Synthetic Rubber Co. (JSR Corp.), SL555, SL563, etc., manufactured by Japan Synthetic Rubber Co., Ltd. as an emulsion polymerized styrene butadiene rubber (JSR Corp.) emulsion polymerization SBR1500,1502,1507, or the like can be used.

スチレンブタジエンゴムに占めるスチレン結合量は、好ましくは5質量%以上、より好ましくは10質量%以上、更に好ましくは15質量%以上、最も好ましくは18質量%以上である。 Styrene bond content occupying the styrene-butadiene rubber is preferably 5 mass% or more, more preferably 10 mass% or more, more preferably 15 mass% or more, most preferably 18 mass% or more. また、その上限は、本発明では、35質量%以下であり、好ましくは30質量%以下、より好ましくは25質量%以下、更に好ましくは22質量%以下である。 The upper limit is, in the present invention, not more than 35 wt%, preferably 30 wt% or less, more preferably 25 wt% or less, still more preferably not more than 22 wt%. スチレン結合量が多すぎると、季節の違いによる温度変化によってコアが硬くなったり、反発性が大きく変化したりしてしまう。 When bound styrene content is too high, or the core is hardened by a temperature change due to the difference in season, resilience will be or vary greatly. 少なすぎるとコア研磨時の作業性が大きく低下してしまう。 Too little workability during core polishing greatly decreases. また、上記のスチレン結合量が多すぎると、低温における耐擦過傷性が悪くなってしまう。 Further, when the bound styrene content of the is too large, the abrasion resistance at low temperatures deteriorates.

基材ゴム全体に占めるスチレンブタジエンゴムの割合は、好ましくは20質量%以上、より好ましくは25質量%以上、更に好ましく30質量%以上、最も好ましくは35質量%以上である。 Ratio of styrene-butadiene rubber to the entire base rubber is preferably 20 mass% or more, more preferably 25 mass% or more, more preferably 30 mass% or more, and most preferably at least 35 mass%. また、上限の割合は、好ましくは80質量%以下、より好ましくは70質量%以下、更に好ましくは60質量%以下、最も好ましくは57質量%以下である。 The ratio of the upper limit is preferably 80 wt% or less, 70 wt% and more preferably less, more preferably 60 wt% or less, and most preferably not more than 57 wt%.

なお、上記基材ゴムには、上記ポリブタジエン、スチレンブタジエンゴム(SBR)以外にも他のゴム成分を本発明の効果を損なわない範囲で配合し得る。 Note that the base rubber, the polybutadiene, in addition to styrene-butadiene rubber (SBR) may contain other rubber components within a range not to impair the effects of the present invention. 上記ポリブタジエン、スチレンブタジエンゴム(SBR)以外のゴム成分としては、上記ポリブタジエン以外のポリブタジエン、その他のジエンゴム、例えば天然ゴム、イソプレンゴム(IR)、エチレンプロピレンジエンゴム等を挙げることができる。 The polybutadiene, as the rubber component other than the styrene-butadiene rubber (SBR), polybutadiene other than the polybutadiene, and other diene rubbers, may include, for example, natural rubber, isoprene rubber (IR), ethylene-propylene-diene rubber.

上記のイソプレンゴム(IR)としては、シス−1,4−結合を60%以上、好ましくは80%以上、更に好ましくは90%以上を含有し、ムーニー粘度(ML 1+4 (100℃))が60以上、好ましくは70以上、より好ましくは80以上で、上限として90以下、好ましくは85以下のものを使用することができる。 Additional isoprene rubber as the (IR), cis-1,4-bond of 60% or more, preferably 80% or more, more preferably contains more than 90%, a Mooney viscosity (ML 1 + 4 (100 ℃ )) but 60 or more, preferably 70 or more, more preferably 80 or more, 90, preferably up can be used those 85 or less. 具体的には日本合成ゴム社製(JSR社製)のIR2200等を用いることができる。 Specifically, it is possible to use a IR2200, etc. manufactured by Japan Synthetic Rubber Co., Ltd. (JSR Co., Ltd.). 基材ゴム全体に占めるポリブタジエン以外のゴム成分の割合は、好ましくは0超、より好ましくは2質量%以上、最も好ましくは5質量%以上である。 The proportion of the rubber component other than polybutadiene to the entire base rubber is preferably 0, more preferably above 2% by mass or more, and most preferably 5 wt% or more. また、上限として、60質量%以下、より好ましくは40質量%以下、更に好ましくは20質量%以下、最も好ましくは10質量%以下である。 Further, as the upper limit, 60 wt% or less, 40 wt% and more preferably less, more preferably 20 wt% or less, most preferably 10 wt% or less.

共架橋剤としては、本発明では、メタクリル酸を必須成分として採用するものである。 The co-crosslinking agent, in the present invention, is to employ methacrylic acid as an essential component. メタクリル酸は、上記基材ゴム100質量部に対し、好ましくは6質量部以上、より好ましくは8質量部以上、より好ましくは10質量部以上、さらに好ましくは11.5質量部以上、上限として、好ましくは40質量部以下、好ましくは35質量部以下、より好ましくは30質量部以下、さらに好ましくは25質量部以下配合する。 Methacrylic acid, compared 100 parts by weight of the base rubber, preferably 6 parts by mass or more, more preferably 8 parts by mass or more, more preferably 10 parts by mass or more, more preferably 11.5 parts by mass or more, the upper limit, preferably 40 parts by mass or less, preferably 35 parts by mass or less, more preferably 30 parts by mass or less, more preferably blended 25 parts by mass or less. 配合量が多すぎると、硬くなりすぎて耐え難い打感になる場合があり、配合量が少なすぎると、軟らかくなり過ぎて耐え難い打感となってしまう場合がある。 If the amount is too large, there is a case to become unbearable feel too hard, if the amount is too small, there is a case that becomes unbearable feel too soft.

架橋開始剤としては、有機過酸化物を使用することが好適であり、具体的には、パークミルD(日油(株)製)、パーヘキサC40(日油(株)製)、トリゴノックス29−40b(アクゾノーベル社製)等の市販品を好適に用いることができる。 As the crosslinking initiator, it is preferred to use organic peroxides, specifically, (manufactured by NOF Corporation) Percumyl D, (manufactured by NOF Corporation) Perhexa C40, Trigonox 29-40b it can be suitably used a commercially available product of (Akzo Nobel Co.) and the like. これらは1種を単独であるいは2種以上を併用してもよい。 These may be used singly, or two or more.

架橋開始剤は、上記基材ゴム100質量部に対し、0.3質量部以上、好ましくは0.5質量部以上、さらに好ましくは0.7質量部以上であり、上限として、5.0質量部以下、好ましくは4.0質量部以下、より好ましくは3.0質量部以下、最も好ましくは2.0質量部以下とする。 Crosslinking initiator to 100 parts by weight of the base rubber, 0.3 part by weight or more, preferably 0.5 parts by mass or more, more preferably 0.7 parts by mass or more, as the upper limit, 5.0 mass parts or less, preferably 4.0 parts by mass or less, more preferably 3.0 parts by mass or less, and most preferably not more than 2.0 parts by weight. 配合量が多過ぎると、硬くなり過ぎて耐え難い打感となると共に、割れ耐久性も大きく低下する。 If the amount is too large, it becomes unbearable feel too hard, also greatly reduced cracking resistance. 逆に、配合量が少な過ぎると、軟らかくなり過ぎて耐え難い打感となる共に、大きく生産性が低下する場合がある。 Conversely, if the amount is too small, both become unbearable feel too soft, there are cases where large productivity is lowered.

金属酸化物としては、特に制限はなく、本発明では、酸化亜鉛を用いることが好適であるが、酸化亜鉛以外の金属酸化物を本発明の効果を損なわない限り使用することも可能である。 The metal oxide is not particularly limited in the present invention, although it is preferable to use zinc oxide, can also be used as long as they do not impair the effects of the present invention the metal oxide other than zinc oxide. 金属酸化物の配合量については、上記基材ゴム100質量部に対し、好ましくは6質量部以上、より好ましくは8質量部以上、さらに好ましくは10質量部以上、特に好ましくは12質量以上であり、上限として、好ましくは30質量部以下、より好ましくは28質量部以下、さらに好ましくは26質量部以下、特に好ましくは24質量部以下とする。 The amount of metal oxide, relative to 100 parts by weight of the base rubber, preferably 6 parts by mass or more, more preferably 8 parts by mass or more, more preferably 10 parts by mass or more, particularly preferably be 12 mass or more , but preferably 30 parts by mass or less, more preferably 28 parts by mass or less, more preferably 26 parts by mass or less, particularly preferably less 24 weight parts. 配合量が多すぎたり、少なすぎたりすると適正な質量、及び好適な硬さ及び反発性を得ることができない場合がある。 Too much blending, it may be impossible to obtain a proper weight or too little, and a suitable hardness and resilience.

また、本発明では、老化防止剤をゴム組成物に配合することが好適であり、例えば、ノクラックNS−6、同NS−30、同200(大内新興化学工業(株)製)等の市販品を採用することができる。 In the present invention, an antioxidant is preferably be formulated into the rubber composition, for example, Nocrac NS-6, the NS-30, commercially available, such as the 200 (manufactured by Ouchi Shinko Chemical Industrial Co.) it is possible to adopt the goods. これらは1種を単独で用いてもよいし、2種以上を併用してもよい。 These may be used alone or in combination of two or more thereof.

老化防止剤の配合量については、特に制限はないが、基材ゴム100質量部に対し、好ましくは0.1質量部以上、より好ましくは0.15質量部以上、上限として好ましくは1.0質量部以下、より好ましくは0.7質量部以下、更に好ましくは0.4質量部以下である。 The amount of the anti-aging agent is not particularly limited, with respect to 100 parts by weight of the base rubber is preferably at least 0.1 part by weight, more preferably 0.15 parts by mass or more, preferably the upper limit 1.0 parts by mass or less, more preferably 0.7 parts by mass or less, even more preferably not more than 0.4 parts by mass. 配合量が多すぎたり、少なすぎたりすると、適正なコア硬度傾斜が得られずに好適な反発性、耐久性及びフルショット時の低スピン効果を得ることができない場合がある。 Or the blending amount is too large or too small, the proper core hardness gradient is good rebound not be obtained, it is impossible to obtain a low spin effect during durability and full shots.

不活性充填剤としては、例えば、硫酸バリウム、炭酸カルシウム、シリカ等を好適に用いることができる。 The inert filler can be used, for example, barium sulfate, calcium carbonate, silica, etc. suitably. これらは1種を単独で用いてもよいし、2種以上を併用してもよい。 These may be used alone or in combination of two or more thereof. 不活性充填剤の配合量は、特に制限は無いが、基材ゴム100質量部に対し、好ましくは0超、好ましくは1質量部以上、より好ましくは5質量部以上とすることができる。 The amount of inert filler is not particularly limited, with respect to 100 parts by weight of the base rubber, preferably 0, preferably more than 1 part by mass or more, more preferably, to 5 parts by mass or more. また、配合量の上限は、好ましくは50質量部以下、より好ましくは40質量部以下、更に好ましくは30質量部以下とすることができる。 The upper limit of the amount is preferably 50 parts by mass or less, more preferably 40 parts by mass or less, more preferably to less 30 parts by mass. 不活性充填剤の配合量が多すぎたり、少なすぎたりすると適正な重量、及び好適な、硬さ、反発性を得ることができない場合がある。 Too much blending of inert filler, appropriate weight or too little, and suitable, in some cases the hardness can not be obtained resilience.

なお、本発明では、資源リサイクルの観点から、上記コアのゴム成分に所定のゴム粉末(I−a),(I−b)及びポリウレタン樹脂粉末(II)から選択される粉末の1種又は2種以上を配合することができる。 In the present invention, from the viewpoint of resource recycling, predetermined rubber powder to the rubber component of the core (I-a), 1 kind of powder selected from (I-b) and the polyurethane resin powder (II) or 2 it can be blended or more species. この場合、粉砕粉及び研磨粉等を基材ゴム100質量部に対して、0超、好ましくは2質量%以上、最も好ましくは5質量%以上、また、上限としては40質量%以下、より好ましくは35質量%以下、更に好ましくは30質量%以下、最も好ましくは25質量%以下の少量の範囲で配合することができる。 In this case, the pulverized powder and abrasive powder or the like to the base rubber 100 parts by weight, 0, preferably more than 2 mass% or more, and most preferably 5 wt% or more, 40 mass% or less as an upper limit, and more preferably 35 wt% or less, more preferably 30 wt% or less, and most preferably be blended with a small amount in the range of 25 mass% or less. 本発明に使用されるゴム粉末(I)及びポリウレタン樹脂粉末(II)については以下の(i)又は(ii)の方法により得ることができる。 For rubber powder (I) and the polyurethane resin powder used in the present invention (II) can be obtained by the following methods (i) or (ii).

(i)の方法 The method of (i)
ゴルフボールのカバーをポリウレタン樹脂にて形成した場合、該ゴルフボールのカバーを成形する際に、不要物として排出されるランナー部分の樹脂や成形時に発生するバリ、成形不良となったコア、更には、ゴルフボール及びそのコアを研磨したときに得られる研磨粉等を微粉砕したものを、所定のゴム粉末(I−a),(I−b)、及びポリウレタン樹脂粉末(II)として好適に採用することができる。 If a cover of a golf ball was formed by polyurethane resin, in molding the cover of the golf ball, burrs generated during the resin and molding runner portion is discharged as unnecessary substances, core became molding defects, even suitably employed a material obtained by pulverizing polishing powder or the like obtained when polishing the golf ball and the core thereof, a predetermined rubber powder (I-a), as (I-b), and polyurethane resin powder (II) can do.

(ii)の方法 The method of (ii)
成形不良品や、使用され廃品となったゴルフボール自体を粉砕機により微粉砕し、更に、その微粉砕物を篩に掛けることにより、一定サイズ以下の粒径を有する所定のゴム粉末(I−a),(I−b)、及びポリウレタン樹脂粉末(II)を収集し、これを採用することができる。 Molding or defective, the golf ball itself has become used wastage milled by a pulverizer, and further, by applying the finely pulverized product in a sieve, predetermined rubber powder having a particle size of less than a certain size (I- a), (I-b), and collect the polyurethane resin powder (II), can be employed it. なお、ゴルフボールの粉砕に際して塗料やインク等の不純物が混入することがあるが、多量に配合されるものでなければ粉砕物をそのまま配合することができる。 Although impurities such as paint or ink during grinding of the golf ball may be mixed, it can be directly blended pulverized unless those large amount.

上記ゴム粉末(I−a),(I−b)及びポリウレタン樹脂粉末(II)の粒径は、篩の目の大きさとして3mm以下とすることが必要であり、好ましくは2mm以下、より好ましくは1.5mm以下、更に好ましくは1mm以下とすることができる。 The rubber powder (I-a), the particle size of (I-b) and the polyurethane resin powder (II), it is necessary to 3mm or less as the magnitude of the sieve, preferably 2mm or less, more preferably is 1.5mm or less, more preferably be a 1mm or less. ゴム粉末(I−a),(I−b)及びポリウレタン樹脂粉末(II)の粒径が上記のサイズを超えてしまう場合には、ゴルフボールの耐久性が損なわれてしまうことがあるほか、アンカー効果による密着性を十分に担保することができないことがある。 Rubber powder (I-a), (I-b) and in addition to the particle diameter of the polyurethane resin powder (II) is if exceed the size of the above, it is the durability of the golf ball is impaired, adhesion by the anchor effect may not be able to secure sufficient.

上記ポリウレタン樹脂粉末(II)については、熱可塑性のポリウレタンであっても、熱硬化性のポリウレタン樹脂であってもどちらでも良いが、より好適には熱可塑性ポリウレタンを採用することである。 For the polyurethane resin powder (II), be a thermoplastic polyurethane, but may be either be a thermosetting polyurethane resin, more preferably it is to employ a thermoplastic polyurethane.

本発明は、上記のとおり、コア材料に2種類の所定のゴム粉末(I−a),(I−b)、及びポリウレタン樹脂粉末(II)から選択される粉末の1種又は2種以上を配合することにより、コアに適切な表面粗さを付与し、隣接するカバーとの接着表面積を増大させ、アンカー効果による密着性を向上させることができる。 The present invention, as described above, two kinds of predetermined rubber powder in the core material (I-a), one or more powder selected from (I-b), and polyurethane resin powder (II) by compounding, impart appropriate surface roughness to the core, to increase the adhesion surface area between the adjacent cover, it is possible to improve the adhesion due to the anchor effect. 特に、カバー材に熱可塑性のポリウレタンを使用することにより、カバー材料成形時に、カバー材及びコア材に配合されるポリウレタン樹脂が溶融することにより、コアとカバーとの密着性をより一層高めることができる。 In particular, by using a thermoplastic polyurethane cover material, when the cover material forming, by a polyurethane resin to be blended in the cover material and the core material is melted, that further enhance the adhesion between the core and the cover it can.

ゴム粉末(I−a) Rubber powder (I-a)
本発明において、上記のゴム粉末(I−a)には、必須成分として、メタクリル酸又はその金属塩を含有することを要する。 In the present invention, the above rubber powder (I-a) as essential components, requiring that it contains methacrylic acid or a metal salt thereof. メタクリル酸(MAA)又はその金属塩を含有したゴム粉末(I−a)を使用することより、特にゴルフボールの耐久性を向上させることができる。 Than using methacrylic acid (MAA) or rubber powder containing the metal salt (I-a), it can be particularly improved the durability of the golf ball. 即ち、上記ゴム粉末(I−a)は上記に記載のコア材料を粉砕した材料を好適に使用することができるが、粉砕するゴム材料には、不飽和カルボン酸又はその金属塩として、メタクリル酸(MAA)又はその金属塩が含まれる。 That is, the rubber powder (I-a) can be suitably used a material obtained by pulverizing the core material described above, but the rubber material to be crushed, as the unsaturated carboxylic acid or a metal salt thereof, methacrylic acid (MAA) or include a metal salt thereof. 上記ゴム粉末(I−a)中に含まれる上記メタクリル酸又はその金属塩の含有量は、好ましくは5質量%以上、より好ましくは10質量%以上、更に好ましくは15質量%以上とすることができる。 The content of the methacrylic acid or a metal salt contained in the rubber powder (I-a) is preferably 5 mass% or more, more preferably 10 wt% or more, more preferably 15 mass% or more it can. 一方、その上限値は、好ましくは60質量%以下、より好ましくは50質量%以下、更に好ましくは40質量%以下、最も好ましくは30質量%以下とすることができる。 The upper limit is preferably 60 wt% or less, more preferably 50 wt% or less, more preferably 40 wt% or less, most preferably be 30 mass% or less. この含有量が小さいと、耐久性が劣り、多すぎると反発性が低下してしまうことがある。 If the content is small, poor durability, too large, the resilience may be lowered.

ゴム粉末(I−b) Rubber powder (I-b)
本発明において、上記のゴム粉末(I−b)には、必須成分として、アクリル酸(AA)又はアクリル酸の金属塩を含有することを要する。 In the present invention, the above rubber powder (I-b) as essential components, requires that contains a metal salt of acrylic acid (AA) or acrylic acid. アクリル酸(AA)又はアクリル酸の金属塩を含有したゴム粉末(I−b)を使用することより、ゴルフボールの耐久性を良好に維持させる共に、初速度を増加させ飛距離を向上させることができる。 Than the use of rubber powder containing a metal salt of acrylic acid (AA) or acrylic acid (I-b), both to satisfactorily maintain the durability of the golf ball, thereby improving the flight distance increases initial velocity can. 即ち、上記ゴム粉末(I−b)としては、上記に記載のコア材料を粉砕した材料を好適に使用することができるが、粉砕するゴム材料には、不飽和カルボン酸又はその金属塩として、アクリル酸(AA)又はその金属塩が含まれる。 That is, the above-mentioned rubber powder (I-b), can be suitably used a material obtained by pulverizing the core material described above, the rubber material to be crushed, as the unsaturated carboxylic acid or a metal salt thereof, acrylic acid (AA) or include a metal salt thereof. アクリル酸の金属塩としては、アクリル酸亜鉛(ZDA),アクリル酸マグネシウム、アクリル酸ナトリウム、アクリル酸カリウム、アクリル酸アルミニウム、アクリル酸カルシウム等が例示される。 The metal salt of acrylic acid, zinc acrylate (ZDA), magnesium acrylate, sodium acrylate, potassium acrylate, aluminum acrylate, calcium acrylate, and the like. 上記ゴム粉末(I−b)中に含まれる上記アクリル酸又はその金属塩の含有量は、好ましくは3質量%以上、より好ましくは10質量%以上、更に好ましくは15質量%以上とすることができる。 The content of the acrylic acid or a metal salt contained in the rubber powder (I-b) is preferably 3 mass% or more, more preferably 10 mass% or more, more preferably 15 mass% or more it can. 一方、その上限値は、好ましくは60質量%以下、より好ましくは50質量%以下、更に好ましくは40質量%以下、最も好ましくは30質量%以下とすることができる。 The upper limit is preferably 60 wt% or less, more preferably 50 wt% or less, more preferably 40 wt% or less, most preferably be 30 mass% or less. この含有量が小さいと、耐久性が劣り、多すぎると反発性が低下してしまうことがある。 If the content is small, poor durability, too large, the resilience may be lowered.

ポリウレタン樹脂粉末(II) Polyurethane resin powder (II)
上記の熱可塑性のポリウレタン粉末を用いる場合には、粉末の流動開始点が150℃以上のものを用いることが好適であり、より好ましくは160℃以上、更に好ましくは170℃以上とすることができる。 In the case of using a thermoplastic polyurethane powder described above, the flow starting point of the powder is preferable to use more than 0.99 ° C., more preferably 160 ° C. or higher, more preferably, to 170 ° C. or higher . また、その上限値は、好ましくは320℃以下、より好ましくは300℃以下、更に好ましくは280℃以下とすることができる。 The upper limit is preferably 320 ° C. or less, more preferably 300 ° C. or less, more preferably, to 280 ° C. or less. 粉末の流動開始点が低すぎる場合には、コアの加硫時点にて溶融してしまうため、コアの耐久性やシンメトリー性が落ちてしまうことがある。 If flow starting point of the powder is too low, since melts at vulcanization point of the core, may be durable and symmetry of the core falls. 逆に、粉末の流動開始点が高すぎる場合には、カバー成形時に表面のポリウレタンを溶融させることができないため、熱可塑性ポリウレタンを使用することによる更なる耐久性向上の効果を得ることができない場合がある。 Conversely, if the flow starting point of the powder is too high, it is not possible to melt the polyurethane surface during molding the cover, when it is not possible to obtain the effect of further improving the durability due to the use of thermoplastic polyurethanes there is.

上記コアは、上記各成分を含有するゴム組成物を公知の方法で加硫硬化させることにより製造することができる。 The core may be produced by vulcanize and cure the rubber composition containing the above ingredients in a known manner. 例えば、バンバリーミキサーやロール等の混練機を用いて混練し、コア用金型を用いて圧縮成形または射出成型し、有機過酸化物や共架橋剤が作用するのに十分な温度で加熱硬化し、所定の硬度分布を有するコアとする。 For example, by kneading using a kneading machine such as a Banbury mixer or a roll, compression molding or injection molding using a core mold, organic peroxides and co-crosslinking agent is cured by heating at a temperature sufficient to effect , the core having a predetermined hardness distribution. この場合、加硫条件は特に限定されるものではないが、加硫温度は、通常、約100〜200℃、下限値として、好ましくは150℃以上、より好ましくは155℃以上であり、上限値として、好ましくは180℃以下、更に好ましくは175℃以下、最も好ましくは170℃以下である。 In this case, vulcanization conditions but are not particularly limited, the vulcanization temperature is usually about 100 to 200 ° C., the lower limit, preferably 0.99 ° C. or higher, more preferably 155 ° C. or higher, the upper limit value as preferably 180 ° C. or less, more preferably 175 ° C. or less, most preferably 170 ° C. or less. また、加硫時間は、通常、約10〜40分、下限値として、好ましくは12分以上であり、上限値として、好ましくは30分以下、更に好ましくは25分以下、最も好ましくは20分以下である。 Further, the vulcanization time is usually about 10 to 40 minutes, as a lower limit, preferably not less than 12 minutes, as the upper limit, preferably 30 minutes or less, more preferably less than 25 minutes, most preferably 20 minutes or less it is. 本発明のコア硬度分布は、加硫条件とゴム配合の調製とを組み合わせにより実現可能なものである。 The core hardness profile of the present invention is feasible by a combination of a preparation of vulcanization conditions and rubber compounding.

コアの直径としては、特に制限はないが、38.0mm以上、好ましくは38.9mm以上、より好ましくは39.3mm以上であり、上限として、好ましくは42.1mm以下、より好ましくは41.1mm以下である。 The diameter of the core is not particularly limited, 38.0 mm or more, preferably 38.9mm, more preferably at least 39.3 mm, as, preferably not more than 42.1 mm, more preferably 41.1mm less. コアの直径がこの範囲を逸脱すると、ボールの割れ耐久性が著しく低下したり、ボールの初速が低くなったりする場合がある。 A core diameter outside of this range, significantly or decrease cracking durability of the ball, there is a case where the initial velocity of the ball may become lower.

コアの比重については、好ましくは1.05以上、より好ましくは1.08以上、更に好ましくは1.1以上、上限として、好ましくは1.2以下、より好ましくは1.15以下、更に好ましくは1.13以下であることが推奨される。 The specific gravity of the core, preferably 1.05 or more, more preferably 1.08 or more, more preferably 1.1 or more, but preferably 1.2 or less, more preferably 1.15 or less, more preferably 1.13 is recommended to be less than or equal to.

コアが荷重負荷された時のたわみ量、即ち、コアに対して、初期荷重98N(10kgf)から終荷重1,275N(130kgf)を負荷したときまでのたわみ量(mm)(CH)は、2.5mm以上であり、好ましくは2.6mm以上、より好ましくは2.7mm以上である。 Core amount of deflection when load-bearing, i.e., the core, the amount of deflection of the initial load 98 N (10 kgf) until a final load 1,275N (130kgf) (mm) (CH) is 2 and at .5mm or more, preferably 2.6mm or more, more preferably 2.7mm or more. また、上限値としては、上記のたわみ量は7.0mm以下であり、好ましくは6.0mm以下、より好ましくは5.5mm以下、更に好ましくは5.2mm以下である。 The upper limit value, the amount of deflection of the above are less 7.0 mm, preferably 6.0mm or less, more preferably 5.5mm or less, still more preferably not more than 5.2 mm. コアのたわみ量(CH)が小さ過ぎると、打感が硬くなり過ぎ使用に耐え難い打感となり、逆に大き過ぎると軟らかくなり過ぎて耐え難い打感となる共に、大きく生産性が低下する場合がある。 When the amount of deflection of the core (CH) is too small, it becomes unbearable feel in use becomes too hard and feel, both become unbearable feel too soft too large conversely, it may increase the productivity decreases .

コアの反発性(CV)は、60m/s以上、好ましくは63m/s以上、更に好ましくは66m/s以上、最も好ましくは67m/s以上、また、上限としては73m/s以下、より好ましくは72.5m/s以下、更に好ましくは72m/s以下である。 Core rebound (CV) is, 60 m / s or more, preferably 63m / s or more, more preferably 66m / s or more, and most preferably 67m / s or more, the upper limit 73m / s or less, more preferably 72.5m / s or less, even more preferably not more than 72m / s. この範囲を逸脱すると、極端に飛距離が低下し、或いは、飛距離が出すぎてしまい十分なコントロールができない場合がある。 If outside this range, extreme flight distance is lowered, or there may not be sufficient control excessively out distance. なお、コアの反発性はコアの初速度と同義である。 Incidentally, resilience of the core is synonymous with initial velocity of the core.

本発明では、図2のコアの模式図により説明されるように、コア表面のJIS−C硬度を(A)、コア表面から2mm内側の部位のJIS−C硬度を(B)、コア表面から5mm内側の部位のJIS−C硬度を(C)、コア表面から10mm内側の部位のJIS−C硬度を(D)、コア表面から15mm内側の部位のJIS−C硬度を(E)、及びコア中心のJIS−C硬度を(F)とするとき、特に制限されるものではないが、(A)〜(F)の各々が下記のように特定の範囲を有することが好ましい。 In the present invention, as illustrated by the schematic view of the core of Figure 2, a JIS-C hardness of the core surface (A), a JIS-C hardness at a position from the core surface 2mm inner (B), from the core surface the JIS-C hardness at a position of 5mm inner (C), a JIS-C hardness at a position of 10mm inward from the core surface (D), a JIS-C hardness at a position of 15mm inward from the core surface (E), and the core when the JIS-C hardness of the center and (F), is not particularly limited, preferably it has a specific range as each of the following (a) ~ (F). このように、コアの内部における硬度分布を所定範囲に設定することにより、ゲームボールに近い心地よい打感と、良好な割れ耐久性を得ることができる。 Thus, by setting the hardness distribution inside the core to a predetermined range, it is possible to obtain a comfortable feel closer to the game ball, a good cracking resistance.

コア表面のJIS−C硬度を(A)とするとき、(A)の値は、60以上であることが好適であり、より好ましくは63以上、さらに好ましくは65以上であり、上限としては、88以下であることが好適であり、より好ましくは86以下、さらに好ましくは84以下である。 When the JIS-C hardness of the core surface and the (A), the value of (A), is preferred to be 60 or more, more preferably 63 or more, more preferably 65 or more, the upper limit, it is preferred to be 88 or less, more preferably 86 or less, more preferably 84 or less.

コア表面から2mm内側の部位のJIS−C硬度を(B)とするとき、(B)の値は、54以上であることが好適であり、より好ましくは57以上、さらに好ましくは59以上であり、上限としては、83以下であることが好適であり、より好ましくは81以下、さらに好ましくは79以下である。 When the core surface JIS-C hardness at a position of 2mm inside the (B), the value of (B) is preferably not less 54 or more, more preferably 57 or more, more preferably be 59 or more the upper limit is preferably not less 83 or less, more preferably 81 or less, more preferably 79 or less.

コア表面から5mm内側の部位のJIS−C硬度を(C)とするとき、(C)の値は、56以上であることが好適であり、より好ましくは59以上、さらに好ましくは61以上であり、上限としては、85以下であることが好適であり、より好ましくは83以下、さらに好ましくは81以下である。 When the core surface JIS-C hardness at a position of 5mm inside and (C), the value of (C) is preferably made at least 56, more preferably 59 or more, more preferably be 61 or more the upper limit is preferably not more than 85, more preferably 83 or less, more preferably 81 or less.

コア表面から10mm内側の部位のJIS−C硬度を(D)とするとき、(D)の値は、54以上であることが好適であり、より好ましくは57以上、さらに好ましくは60以上であり、上限としては、80以下であることが好適であり、より好ましくは78以下、さらに好ましくは76以下である。 When the core surface JIS-C hardness at a position of 10mm inner and (D), the value of (D), it is preferable that at 54 or more, more preferably 57 or more, more preferably be 60 or more the upper limit is preferably not less 80 or less, more preferably 78 or less, more preferably 76 or less.

コア表面から15mm内側の部位のJIS−C硬度を(E)とするとき、(E)の値は51以上であることが好適であり、より好ましくは54以上、さらに好ましくは57以上であり、上限として、75以下であることが好適であり、より好ましくは73以下、さらに好ましくは71以下、最も好ましくは70以下である。 When the core surface JIS-C hardness at a position of 15mm inner and (E), the value of (E) is preferably not less 51 or more, more preferably 54 or more, more preferably 57 or more, the upper limit is preferably not more than 75, more preferably 73 or less, more preferably 71 or less, and most preferably 70 or less.

コア中心のJIS−C硬度を(F)とするとき、(F)の値は、48以上であることが好適であり、より好ましくは51以上、さらに好ましくは54以上であり、上限としては、72以下であることが好適であり、より好ましくは70以下、さらに好ましくは68以下である。 When the JIS-C hardness of the core center and (F), the value of (F), is preferably not less than 48, more preferably 51 or more, more preferably 54 or more, the upper limit, is preferred to be at 72 or less, more preferably 70 or less, more preferably 68 or less.

更に、上記のコアの硬度分布においては、(A)>(B)<(C)≧(D)>(E)>(F)の硬度関係を満たし、且つ(A)−(F)の値が19以下であり、(A)から(F)のうち(A)が最も硬く形成されるものであり、(A)−(C)の値が0〜8であることが好適である。 Furthermore, the hardness distribution of the core, (A)> (B) <(C) ≧ (D)> (E)> satisfy the hardness relationship of (F), and (A) - the value of (F) There are 19 or less, which is the hardest form of (a) to (F) (a), (a) - is suitably a 0-8 value of (C). 上記の諸条件を満たさなくなると、上記の諸条件を満たさなくなると、打感の低下や、割れ耐久性が低下することがある。 If not satisfied the conditions described above, when no longer satisfy the conditions of the reduction and the feel, there is a durability to cracking is reduced.

(A)−(C)の値については、0〜8であり、下限として、好ましくは0超、より好ましくは1以上、更に好ましくは2以上、上限として、好ましくは8以下、より好ましくは6以下、さらに好ましくは4以下である。 (A) - The value of (C), 0 to 8, as a lower limit, preferably 0, more preferably above 1 or more, more preferably 2 or more, but preferably 8 or less, more preferably 6 or less, more preferably 4 or less. (A)−(F)の値については、下限値として、好ましくは2以上であることが好適であり、より好ましくは4以上、さらに好ましくは6以上であり、上限値として、好ましくは19以下、より好ましくは18以下、更に好ましくは17以下である。 (A) - The value of (F), as the lower limit value, preferably is preferable that 2 or more, more preferably 4 or more, more preferably 6 or more, the upper limit value is preferably 19 or less , more preferably 18 or less, more preferably 17 or less.

本発明においては、上記コアはハロゲン化イソシアヌル酸及び/又はその金属塩を含む溶液にて表面処理を施すこともできる。 In the present invention, the core may be subjected to surface treatment with a solution containing a halogenated isocyanuric acid and / or a metal salt thereof.

また、上記コアに対して、以下に示すハロゲン化イソシアヌル酸及び/又はその金属塩を含む溶液にて表面処理を施す前に、該コア表面に研磨処理を施すことにより、コア表面と隣接するカバー材との接着性を更に向上させることもできる。 Further, with respect to the core, prior to the surface treatment with a solution containing a halogenated isocyanuric acid and / or a metal salt shown below, by performing a polishing treatment on the core surface, a cover adjacent to the core surface Furthermore it is also possible to improve the adhesion to the wood.

この際、上記研磨処理は、加硫後のコア表面からスキン層を取り除き、ハロゲン化イソシアヌル酸及び/又はその金属塩溶液のコア表面への浸透性を上げるとともに、隣接するカバー材との接触面積を増やすことが出来る。 The contact area of ​​this time, the polishing process removes the skin layer from the core surface after vulcanization, with increasing the permeability of the halogenated isocyanuric acid and / or the core surface of the metal salt solution, the adjacent cover material it can be increased. その具体的な方法としては、バフ研磨、バレル研磨、センタレス研磨等が挙げられる。 As the specific method, buffing, barrel polishing, centerless grinding, and the like.

上記のハロゲン化イソシアヌル酸及びその金属塩は、下記式(I)で表される化合物である。 Halogenated isocyanuric acid and metal salts of the above are compounds represented by the following formula (I).
(ここで、Xは、水素原子、ハロゲン原子又はアルカリ金属原子を表す。Xの少なくとも1個はハロゲン原子である。ハロゲン原子としては、F、Cl、Brが好ましく、特にClが好ましい。アルカリ金属原子としては、Li、Na、Kが好ましい。) (Wherein, X is at least one .X represents a hydrogen atom, a halogen atom or an alkali metal atom is a halogen atom. The halogen atom, F, Cl, Br are preferred, Cl is preferred. Alkali metal the atom, Li, Na, K are preferred.)

ハロゲン化イソシアヌル酸及び/又はその金属塩の具体例としては、クロロイソシアヌル酸、クロロイソシアヌル酸ナトリウム、クロロイソシアヌル酸カリウム、ジクロロイソシアヌル酸、ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム、ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム二水和物、ジクロロイソシアヌル酸カリウム、トリクロロイソシアヌル酸、三臭化イソシアヌル酸、二臭化イソシアヌル酸、臭化イソシアヌル酸、二臭化イソシアヌル酸ナトリウム等の塩、及びこれらの水和物、ジフルオロイソシアヌル酸等が例示される。 Specific examples of the halogenated isocyanuric acid and / or a metal salt thereof, chloro isocyanuric acid, sodium chloroacetate isocyanuric acid, potassium chloro isocyanurate, dichloro isocyanuric acid, sodium dichloroisocyanurate, sodium dichloroisocyanurate dihydrate, dichloroisocyanurate potassium, trichloroisocyanuric acid, tribromide isocyanuric acid dibromide isocyanuric acid, hydrobromic isocyanuric acid, salts such as sodium dibromide isocyanuric acid, and hydrates thereof, such as difluoro isocyanuric acid. これらの中でも、好ましくはクロロイソシアヌル酸、クロロイソシアヌル酸ナトリウム、クロロイソシアヌル酸カリウム、ジクロロイソシアヌル酸、ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム、ジクロロイソシアヌル酸カリウム、トリクロロイソシアヌル酸である。 Among these, preferably chloro isocyanuric acid, sodium chloroacetate isocyanuric acid, potassium chloro isocyanurate, dichloro isocyanuric acid, sodium dichloroisocyanurate, potassium dichloroisocyanurate, trichloroisocyanuric acid. これらは水分により容易に加水分解し、酸と塩素を生成し、ジエン系ゴム分子中の二重結合への付加反応の開始剤的な役割を果たすからである。 These readily hydrolyzed by water to produce an acid and chlorine is from initiators specific role of addition reaction to the double bonds in the diene rubber molecule. 特に、トリクロロイソシアヌル酸を用いると接着性改善効果が著しい。 In particular, significant adhesion improvement and use of trichloroisocyanuric acid.

上記ハロゲン化イソシアヌル酸及び/又はその金属塩は、水又は有機溶媒に溶解して溶液として用いることが好ましい。 It said halogenated isocyanuric acid and / or a metal salt thereof is preferably used as a solution dissolved in water or an organic solvent.

溶媒として水を用いる場合、上記処理液におけるハロゲン化イソシアヌル酸及び/又はその金属塩の含有量は、特に制限されるものではないが、水100質量部に対して好ましくは0.5質量部以上、より好ましくは1質量部以上、更に好ましくは3質量部以上とすることができる。 When water is used as the solvent, the content of the halogenated isocyanuric acid and / or its metal salt in the treatment solution is not particularly limited, preferably 0.5 part by mass or more with respect to 100 parts by mass of water , more preferably 1 part by weight, and even more preferably to 3 mass parts or more. ハロゲン化イソシアヌル酸及び/又はその金属塩の含有量が低すぎた場合、コア表面処理後に期待される接着性改善効果が得られず、打撃耐久性が劣る場合がある。 When halogenated isocyanuric acid and / or the content of the metal salt is too low, adhesion-improving effects expected after the core surface treatment can not be obtained in some cases poor durability to impact. また、その上限は飽和溶液濃度であるが、費用対効果を考慮すると、水100質量部に対して10質量部程度を上限とするのが好ましい。 Although the upper limit is a saturated solution concentration, from the standpoint of cost effectiveness, it is preferable to an upper limit of about 10 parts by weight with respect to 100 parts by mass of water. また、コアの上記処理液への浸漬時間は、特に制限されるものではないが、好ましくは0.3秒以上、より好ましくは3秒以上、更に好ましくは10秒以上とすることができる。 Moreover, time of immersion in the said treatment liquid core, but are not particularly limited, preferably 0.3 seconds or more, more preferably 3 seconds or more, more preferably be at least 10 seconds. また、その上限も特に制限されないが、好ましくは5分以内、より好ましくは4分以内である。 Although the upper limit is not particularly limited, preferably within 5 minutes, more preferably within 4 minutes. 短すぎると処理効果が得られない場合があり、長い場合は生産性が損なわれる場合がある。 May too short treatment effect can not be obtained, if long in some cases the productivity is impaired.

一方、有機溶媒を用いる場合、公知のものを用いることができ、特に水に可溶な有機溶媒を好適に使用することができる。 On the other hand, the case of using an organic solvent, can be a known, can be preferably used an organic solvent soluble particularly in water. その具体例としては、酢酸エチル、アセトン、メチルエチルケトン等が挙げられる。 Specific examples thereof include ethyl acetate, acetone and methyl ethyl ketone. 中でもコア表面への浸透性の観点からアセトンが特に好ましい。 Of these acetone from the viewpoint of permeability into the core surface it is particularly preferred. 水に可溶な溶媒は、溶媒中に水分を取り込みやすく、取り込まれた水分がコア表面に付着したハロゲン化イソシアヌル酸及び/又はその金属塩と加水分解反応し易くなること、あるいは次工程に水洗浄を用いる場合、コア表面への親和性が向上すると共に、水とハロゲン化イソシアヌル酸及び/又はその金属塩との加水分解反応が生起し易くなる等の理由で好ましく用いられる。 Soluble solvent in water, easily takes in moisture in the solvent, taken up moisture that is likely to be halogenated isocyanuric acid and / or hydrolysis reaction and a metal salt thereof attached to the core surface, or water in the next step when using a cleaning, with affinity for the core surface is improved, hydrolysis reaction of water with halogenated isocyanuric acid and / or a metal salt thereof is preferably used for reasons such as easily occur.

有機溶媒に溶解した場合、溶液中のハロゲン化イソシアヌル酸及び/又はその金属塩の含有量は、好ましくは0.3質量%以上、より好ましくは1質量%以上、更に好ましくは2.5質量%以上であり、0.3質量%未満では、コア表面処理後に期待される接着性改善効果が得られず、打撃耐久性が劣る場合がある。 When dissolved in an organic solvent, the content of the halogenated isocyanuric acid and / or a metal salt in the solution is preferably 0.3 mass% or more, more preferably 1 mass% or more, more preferably 2.5 wt% or more, it is less than 0.3 wt%, the adhesion improving effect expected after the core surface treatment can not be obtained in some cases poor durability to impact. 上限としては飽和溶液濃度までが可能である。 The upper limit is possible until saturated solution concentration. 但し、費用対効果を考慮すると、例えばアセトン溶液とした場合には、10質量%程度を上限とするのが好ましい。 However, from the standpoint of cost effectiveness, for example when the acetone solution is preferably an upper limit of about 10 wt%. また、コアの上記溶液への浸漬時間としては、特に制限されるものではないが、好ましくは0.3秒以上、より好ましくは3秒以上、更に好ましくは10秒以上とすることができる。 The immersion time in the above solution of the core, but are not particularly limited, preferably 0.3 seconds or more, more preferably 3 seconds or more, more preferably be at least 10 seconds. また、その上限も特に制限されないが、好ましくは5分以内、より好ましくは4分以内である。 Although the upper limit is not particularly limited, preferably within 5 minutes, more preferably within 4 minutes. 短すぎると処理効果が得られない場合があり、長い場合は生産性が損なわれる場合がある。 May too short treatment effect can not be obtained, if long in some cases the productivity is impaired.

ハロゲン化イソシアヌル酸及び/又はその金属塩によるコア表面の処理方法としては、ハロゲン化イソシアヌル酸及び/又はその金属塩溶液をコア表面に刷毛塗りや吹き付け等により塗布する方法、もしくはコアをハロゲン化イソシアヌル酸及び/又はその金属塩溶液へ浸漬する方法などが挙げられるが、生産性、コア表面への溶液の高浸透性という観点から、特に浸漬法が好適に用いられる。 The treatment method of the halogenated isocyanuric acid and / or the core surface with a metal salt thereof, a method is applied by brushing or spraying or the like halogenated isocyanuric acid and / or core surface thereof a metal salt solution or halide core, isocyanuric Although a method of immersing acid and / or to the metal salt solution and the like, productivity, from the viewpoint of high-penetration of the solution into the core surface, in particular immersion method is preferably used.

上記コアは、ハロゲン化イソシアヌル酸及び/又はその金属塩を含む溶液にて表面処理が施された後にコア表面を水洗浄することが好ましい。 The core is preferably a core surface water washing after the surface treatment has been performed in a solution containing a halogenated isocyanuric acid and / or a metal salt thereof. コア表面の水洗浄は、流水や吹付け、洗浄層を用いた漬け置きなどの方法により行うことができるが、単に洗浄するだけではなく、所望の処理反応を開始・促進する目的もあるため、余り急激な洗浄方法は適さない。 For water wash of the core surface, only flowing water or spraying can be carried out by a method such as soaking in a cleaning layer, there not only be cleaned, also the purpose to initiate and promote the desired process reactions, too rapid cleaning method is not suitable. よって、洗浄漕を設けた漬け置き洗いが好適に用いられる。 Thus, washing by soaking in a cleaning bath is preferably used. この場合、新鮮な水を入れた洗浄漕に1〜5回くらい入れることが好ましい。 In this case, it is preferable to add about 1-5 times washing bath containing fresh water.

コア表面をハロゲン化イソシアヌル酸及び/又はその金属塩により処理することによってカバーとの接着性が大きく向上する。 Greatly improves adhesion with the cover by the core surface is treated with halogenated isocyanuric acid and / or a metal salt thereof. その理由は明確ではないが、次のようなことが考えられる。 The reason for this is not clear, is thought to be as follows.

まず、ハロゲン化イソシアヌル酸及び/又はその金属塩は溶媒と共にコアを形成するジエン系ゴム内部へと浸み込み、主鎖の二重結合の周りへと近づく。 First, halogenated isocyanuric acid and / or a metal salt soak into diene rubber inside to form the core with the solvent, closer to about the double bond in the main chain. その後、コア表面に水が入り込み、ハロゲン化イソシアヌル酸及び/又はその金属塩は水により加水分解されてハロゲンを放出する。 Thereafter, the water enters the core surface, halogenated isocyanuric acid and / or a metal salt thereof, releasing the halogen is hydrolyzed by water. そして、ハロゲンは近くにあるジエン系ゴム主鎖の二重結合を攻撃し、付加反応が進んでいく。 The halogen attacks the double bonds of the diene rubber backbone is near, advances an addition reaction. その付加反応の過程で、遊離したイソシアヌル酸が環構造を保ったままジエン系ゴム主鎖にハロゲンとともに付加していく。 In the course of this addition reaction, the liberated isocyanuric acid is added together with the halogen to the diene rubber backbone while retaining the cyclic structure. なお、付加したイソシアヌル酸は分子内に−NHCO−の構造を3つ持つものである。 The added isocyanuric acid are those having three -NHCO- structures on the molecule.

従って、ハロゲン化イソシアヌル酸及び/又はその金属塩で処理されたコア表面は−NHCO−の構造が付与されるためカバー材との接着性がより向上し、そのためゴルフボールとしての打撃耐久性が改良されると考えられる。 Therefore, halogenated isocyanuric acid and / or treated core surface with a metal salt thereof is further improved adhesion between the cover material since the structure of -NHCO- is applied, hitting durability improvement thereof as for golf ball It is believed to be. 更に、カバー材としてそのポリマー分子中に同じ−NHCO−の構造を有するポリウレタンエラストマーやポリアミドエラストマーを用いるとより一層親和性が増すので打撃耐久性が高くなると考えられる。 Moreover, it considered hitting durability because more affinity increase the use of polyurethane elastomer or a polyamide elastomer having the same -NHCO- structures on the polymer molecule as a cover member is increased.

なお、表面処理後のソリッドコアの表面部分の材料は、示差走査熱量測定(DSC)により、室温から300℃までに発熱および吸熱のいずれのピークも確認されない。 The material of the surface portion of the solid core after the surface treatment, by differential scanning calorimetry (DSC), is also not confirmed any exothermic peak and endothermic until 300 ° C. from room temperature. これは、この温度範囲において、導入された官能基が安定した状態で維持されることを意味する。 This is because, in this temperature range, the functional group introduced is meant to be kept in a stable state. つまり、導入された官能基がカバー材の成形過程において、熱による分解などを起こさず、効力を持続すること、また、ホットメルト系樹脂のような溶融を起こさず、パーティングラインへの滲みだし等、耐久性や外観品質へ悪影響を及ぼすような心配がないことを意味している。 That is, in the molding process of the introduced functional group is a cover member, without causing decomposition due to heat, it is sustained efficacy, also without causing melting, such as a hot-melt resin, it seeped into the parting line etc., which means that there is no worry about, such as an adverse effect to the durability and appearance quality. なお、上記の通り表面処理後のソリッドコアの表面部分の材料が安定であることは、300℃以上の融点を持つイソシアヌル酸がその分子構造を維持した状態で付加したことを示す裏づけのひとつであるともいえる。 Note that the material of the surface portion of the solid core after the street surface treatment described above is stable, the isocyanuric acid with 300 ° C. or higher melting point in a single support which indicates that the addition while maintaining the molecular structure it can be said that there is.

また、有機溶媒を用いてジエン系ゴム表面へのイソシアヌル酸及び塩素の付加が起こった場合、付加前後の結合の状態変化は赤外吸収スペクトルにおいて、1725〜1705cm -1におけるC=O結合(伸縮)の吸収ピーク、3450〜3300cm -1におけるN−H結合(伸縮)のブロードな吸収ピーク、800〜600cm -1におけるC−Cl結合の吸収ピークの増加に現れる。 Also, if happened addition of isocyanuric acid and chlorine to the diene rubber surface with an organic solvent, the state change of the binding before and after addition is in the infrared absorption spectrum, C = O bonds in 1725~1705cm -1 (stretching absorption peak), broad absorption peak of N-H bond in 3450~3300cm -1 (stretching), it appears to increase the absorption peak of the C-Cl bond in 800~600cm -1. そのため、表面処理を施したコアについて赤外吸収スペクトルを計測し、これらの吸収ピークの増加を確認することにより、コア表面におけるジエン系ゴム分子内へのイソシアヌル酸及び塩素の付加が生じたことを定性的に裏づけることができる。 Therefore, for a surface-treated core was measured infrared absorption spectra, by confirming the increase of these absorption peaks, that addition of isocyanuric acid and chlorine to the diene rubber molecule in the core surface has occurred it is possible to qualitatively confirm.

次に、上記コアに直接被覆されるカバーの材料について下記に説明する。 Next, a description below for the material of the cover to be coated directly on the core.
本発明では、カバーの樹脂成分については、アイオノマー樹脂やポリウレタン等の熱可塑性樹脂を使用することができる。 In the present invention, for the resin component of the cover, it is possible to use a thermoplastic resin such as ionomer resin or polyurethane. 特には、ポリウレタンを主材とする樹脂材料が採用されることが好適である。 Particularly, it is preferable that the resin material for the polyurethane composed primarily is employed. 具体的には、熱可塑性ポリウレタンエラストマーや熱硬化性ポリウレタン樹脂を使用することができ、特には、熱可塑性ポリウレタンエラストマーを採用することが好適である。 Specifically, it is possible to use a thermoplastic polyurethane elastomer or thermosetting polyurethane resins, in particular, it is preferable to employ a thermoplastic polyurethane elastomer.

熱可塑性ポリウレタンエラストマーの構造は、高分子ポリオール(ポリメリックグリコール)からなるソフトセグメントと、ハードセグメントを構成する鎖延長剤およびジイソシアネートからなる。 Structure of the thermoplastic polyurethane elastomer is comprised of a soft segment made of a polymeric polyol (polymeric glycol), chain extender constituting the hard segment and a diisocyanate. ここで、原料となる高分子ポリオールとしては、従来から熱可塑性ポリウレタン材料に関する技術において使用されるものはいずれも使用でき、特に制限されるものではないが、ポリエステル系とポリエーテル系があり、反発弾性率が高く、低温特性に優れた熱可塑性ポリウレタン材料を合成できる点で、ポリエーテル系の方がポリエステル系に比べて好ましい。 Examples of the polymer polyol as a raw material, any one conventionally used in the art relating to thermoplastic polyurethane material available, but are not particularly limited, there are a polyester-based and polyether-based, repulsive high modulus of elasticity, in that it can synthesize excellent thermoplastic polyurethane material in low-temperature properties, polyether polyols are better than polyester polyols. ポリエーテルポリオールとしてはポリテトラメチレングリコール、ポリプロピレングリコール等が挙げられるが、反発弾性率と低温特性の点でポリテトラメチレングリコールが特に好ましい。 Polytetramethylene glycol as a polyether polyol, polypropylene glycol, and the like, polytetramethylene glycol is particularly preferred in view of impact resilience and low-temperature characteristics. また、高分子ポリオールの平均分子量は1000〜5000であることが好ましく、特に反発弾性の高い熱可塑性ポリウレタン材料を合成するためには2000〜4000であることが好ましい。 Further, it is preferable to synthesize the average molecular weight is preferably from 1,000 to 5,000, particularly high resilience thermoplastic polyurethane material of a polymer polyol is from 2,000 to 4,000.

鎖延長剤としては、従来の熱可塑性ポリウレタン材料に関する技術において使用されるものを好適に用いることができ、例えば1,4−ブチレングリコール、1,2−エチレングリコール、1,3−ブタンジオール、1,6−ヘキサンジオール、2,2−ジメチル−1,3−プロパンジオール等が挙げられるが、これらに限定されるものではない。 As the chain extender, those used in the prior art relating to thermoplastic polyurethane material can be suitably used, for example, 1,4-butylene glycol, 1,2-ethylene glycol, 1,3-butanediol, 1 , 6-hexanediol, although 2,2-dimethyl-1,3-propanediol, but the invention is not limited thereto. これら鎖延長剤の平均分子量は20〜15000であることが好ましい。 Average molecular weight of these chain extenders is preferably 20 to 15,000.

ジイソシアネートとしては、従来の熱可塑性ポリウレタン材料に関する技術において使用されるものを好適に用いることができ、例えば4,4'−ジフェニルメタンジイソシアネート、2,4−トルエンジイソシアネート、2,6−トルエンジイソシアネート等の芳香族ジイソシアネートや、ヘキサメチレンジイソシアネート等の脂肪族ジイソシアネートなどが挙げられるが、これらに限定されるものではない。 As the diisocyanate, those used in the prior art relating to thermoplastic polyurethane material can be suitably used, for example, 4,4'-diphenylmethane diisocyanate, 2,4-toluene diisocyanate, aromatic such as 2,6-toluene diisocyanate and family diisocyanate, although an aliphatic diisocyanate such as hexamethylene diisocyanate, but are not limited thereto. ただし、イソシアネート種によっては射出成形中の架橋反応をコントロールすることが困難なものがある。 However, there is a difficult to control the crosslinking reaction during injection molding by the isocyanate species. 本発明では、芳香族ジイソシアネートである4,4'−ジフェニルメタンジイソシアネートが最も好ましい。 In the present invention, an aromatic diisocyanate 4,4'-diphenylmethane diisocyanate are most preferred.

上述した材料からなる熱可塑性ポリウレタン材料としては、市販品を好適に用いることができ、例えばディーアイシーバイエルポリマー(株)製:パンデックスT8180、8195、T8290、T8295、T8260や、大日精化工業(株)製レザミン2593、2597等が挙げられる。 The thermoplastic polyurethane material made from the above materials, can be preferably used commercially available products, for example, DIC Bayer Polymer Ltd.: Pandex T8180,8195, T8290, T8295, T8260 and, Dainichiseika Color & Chemicals Mfg. ( Co., Ltd.) Rezamine 2593,2597, and the like.

上記のポリウレタンについては、特に制限されるものではないが、上記のポリウレタン樹脂粉末(II)と溶融結合することができるような材料であることが好ましく、ポリウレタン樹脂粉末(II)と同様に熱可塑性の樹脂である方が溶融結合することが期待できるために好ましい。 The above polyurethane, but are not particularly limited, it is preferably a material which can be melt bonded to the polyurethane resin powder (II), thermoplastic Like the polyurethane resin powder (II) preferred for better a resin can be expected to melt bonding. 特に、イソシアネート含量が多いものを好適に使用することができ、コア材料との密着性を改善することができる。 In particular, it is possible to suitably use a isocyanate content greater, it is possible to improve the adhesion between the core material.

カバーの厚さについては、好ましくは0.3mm以上、より好ましくは0.5mm以上、さらに好ましくは0.7mm以上であり、上限としては、好ましくは2.5mm以下、より好ましくは2.1mm以下、さらに好ましくは1.9mm以下、特に好ましくは1.7mm以下である。 The thickness of the cover, preferably 0.3mm or more, more preferably 0.5mm or more, more preferably 0.7mm or more, the upper limit is preferably 2.5mm or less, more preferably 2.1mm or less , more preferably 1.9mm or less, particularly preferably not more than 1.7 mm. カバーの厚さが上記範囲よりも多くなると、反発性が低下し、飛び性能が悪くなるおそれがある。 If the thickness of the cover is larger than the above range, the resilience is lowered, and flight performance deteriorates. カバーの厚さが上記範囲よりも小さくなると、割れ耐久性が低下してしまう。 If the thickness of the cover is smaller than the above range, cracking resistance deteriorates. 特に、トップした時にカバーが裂けてしまうことがある。 In particular, there is a possible torn the cover when the top.

カバーの比重については、好ましくは1.13以上、より好ましくは1.14以上、さらに好ましくは1.15以上であり、上限として、好ましくは1.30以下、より好ましくは1.20以下、さらに好ましくは1.17以下である。 The specific gravity of the cover, preferably 1.13 or more, more preferably 1.14 or more, more preferably 1.15 or more, but preferably 1.30 or less, more preferably 1.20 or less, further preferably 1.17 or less.

カバーの材料硬度については、ショアD硬度で、好ましくは30以上、より好ましくは35以上、さらに好ましくは38以上であり、上限としては、好ましくは57以下、より好ましくは54以下、さらに好ましくは51以下、特に好ましくは50以下である。 The material hardness of the cover, in Shore D hardness, preferably 30 or more, more preferably 35 or more, more preferably 38 or more, the upper limit is preferably 57 or less, more preferably 54 or less, more preferably 51 or less, and particularly preferably 50 or less. カバーのショアD硬度が上記範囲よりも硬くなると、長期使用時の外観性能(マーク耐久性)が低下し、更に飛び性能の低下も大きくなることがある。 When the Shore D hardness of the cover is harder than the above range, long-term use when the appearance performance (mark durability) decreases, there is also greater reduction in further flight performance. カバーのショアD硬度が、上記範囲よりも軟らかくなると、割れ耐久が大きく低下してしまい、特にトップした時にカバーが裂けてしまうことがある。 Shore D hardness of the cover, becomes softer than the above range, cracking durability is lowered significantly, sometimes torn cover particularly when top. また、スピンが非常に多くなってしまい、飛距離低下を招くことがある。 Further, spin becomes very large, which may lead to distance decreases.

なお、本発明においてショアD硬度とは、JIS K 7215に準拠したタイプDデュロメータによる測定硬度(デュロメータD型硬度)をいう。 Note that the Shore D hardness in the present invention refers to a measurement by the type D durometer conforming to JIS K 7215 hardness (Durometer D hardness).

上記カバー樹脂材料の破断強度は、好ましくは20MPa以上、より好ましくは25MPa以上、さらに好ましくは30MPa以上、最も好ましくは35MPa以上とすることができる。 Breaking strength of the cover resin material is preferably more than 20 MPa, more preferably above 25 MPa, more preferably 30MPa or more, and most preferably, to more than 35 MPa. また、その上限は、好ましくは80MPa以下、より好ましくは75MPa以下、さらに好ましくは70MPa以下、最も好ましくは65MPa以下とすることができる。 The upper limit is preferably 80MPa or less, more preferably 75MPa or less, more preferably 70MPa or less, most preferably not more than 65 MPa. カバー樹脂材料の伸度は、好ましくは150%以上、より好ましくは200%以上、さらに好ましくは250%以上、最も好ましくは300%以上とすることができる。 Elongation of the cover resin material is preferably 150% or more, more preferably 200% or more, more preferably 250% or more, most preferably to 300% or more. また、上限としては、好ましくは600%以下、より好ましくは550%以下、さらに好ましくは520%以下、最も好ましくは490%以下とすることができる。 The upper limit is preferably 600% or less, more preferably 550% is less, more preferably 520% ​​or less, and most preferably to less 490%. なお、上記の破断強度及び伸度(引張り試験)は、JIS K 7311−1995の規格に準拠して測定された値を意味する。 Incidentally, the breaking strength and elongation (tensile test) of the mean values ​​measured in conformity with the standard of JIS K 7311-1995. このように所定範囲の破断強度及び伸度を有するカバー樹脂材料を採用することにより、長期間の使用に求められる割れ耐久性、欠け耐久性、磨耗耐久性を改善することができる。 By adopting this manner the cover resin material having a breaking strength and elongation of the predetermined range, it is possible to improve cracking resistance required for long-term use, lack durability, wear durability.

本発明には、通常その表面に多数のディンプルが設けられる。 In the present invention is usually a large number of dimples are provided on the surface thereof. そして、本発明では、ディンプルの縁に囲まれた平面から下方に形成されるディンプル空間体積の合計が、ボール表面にディンプルが存在しないと仮定した仮想球の体積に占める比率(VR)が0.95〜1.7とするものであり、好ましい下限値は1.0以上、より好ましくは1.1以上、更に好ましくは1.2以上であり、好ましい上限値は1.6以下、より好ましくは1.5以下、更に好ましくは1.45以下である。 In the present invention, the ratio of the flat plane circumscribed by an edge of the dimple total dimple volume of space formed below occupies the volume of a virtual sphere which is assumed to have no dimples on the ball surface (VR) is 0. is intended to be from 95 to 1.7, preferable lower limit value is 1.0 or more, more preferably 1.1 or more, still more preferably 1.2 or more, upper limit is preferably 1.6 or less, more preferably 1.5 or less, more preferably 1.45 or less.

また、特に制限されるものではないが、本発明のソリッドゴルフボールに形成されるディンプルは、下記要件(1)及び(2)を満足するものとすることが好ましい。 Although not particularly limited, the dimples formed on the solid golf ball of the present invention preferably shall satisfy the following requirements (1) and (2). なお、下記要件(1)及び(2)は同時に満足することが好ましいが、勿論それぞれ単独に満足されることも好ましいものである。 Note that the following requirements (1) and (2) Although it is preferable to satisfy at the same time, it is also preferable to be satisfied course alone.

まず、要件(1)として、図3に示したように、周縁部に曲率半径(R)0.5〜2.5mmの丸みが設けられたディンプルを有することが好ましい。 First, as a requirement (1), as shown in FIG. 3, it is preferable to have a dimple roundness of curvature radius (R) 0.5 to 2.5 mm is provided on the peripheral portion. 上記曲率半径(R)のより好ましい下限値は0.55mm以上、更に好ましくは0.6mm以上であり、より好ましい上限値は1.8mm以下、更に好ましくは1.5mm以下である。 A more preferred lower limit value of the radius of curvature (R) 0.55mm or more, more preferably 0.6mm or more, and more preferably the upper limit is 1.8mm or less, more preferably 1.5mm or less.

次に要件(2)として、直径(D)に対する上記曲率半径(R)の比率(R/D比率)が20%以上となるディンプルの合計個数(RA)のディンプル総数(N)に対する比率(ER)が15〜95%であることが好ましい。 Then as a requirement (2), the ratio (ER to the dimple total number (N) of the diameter ratio of the curvature radius (R) with respect to (D) Total number of dimples (R / D ratio) of at least 20% (RA) ) is preferably from 15 to 95%. この場合、上記R/D比率は、(R/D)×100%で表され、この比率が大きいほどディンプルの大きさに対して丸み部分の占める割合が大きく、より滑らかな断面形状を有するディンプルであることを意味するものである。 In this case, the dimple the R / D ratio, with (R / D) is represented by × 100%, a large proportion of the rounded portion with respect to the size of the dimples as this ratio is large, a smoother cross-sectional shape it is intended to mean that it is. そして、上記ERはこの滑らかなディンプルが全ディンプルに占める割合を表すものであり、上記のように15〜95%とすることによってディンプルのエッジ部分における塗装膜の損傷を効果的に抑制することができるものである。 Then, the ER is intended to represent a percentage this smooth dimples all dimples is possible to effectively prevent damage to the paint film at the edge portion of the dimple by a 15 to 95% as described above it is those that can be. なお、上記R/D比率の上限値に特に制限は無いが、好ましくは60%以下、より好ましくは40%以下である。 Although not particularly limited to the upper limit value of the R / D ratio is preferably 60% or less, more preferably 40% or less. また、上記ERのより好ましい下限値は20%以上、更に好ましくは25%以上であり、より好ましい上限値は90%以下、更に好ましくは85%以下、最も好ましくは70%以下である。 Further, more preferable lower limit of the ER is 20% or more, more preferably 25% or more, and more preferably the upper limit is 90% or less, more preferably 85% or less, and most preferably 70% or less.

また、特に制限されるものではないが、下記要件(3)を満足することが好ましい。 Although not particularly limited, it is preferable to satisfy the following requirement (3). 即ち、要件(3)として、直径(D)の異なる複数種のディンプルを有する場合に、自己の直径(D)よりも大きい直径(D)のディンプルの曲率半径(R)が自己の曲率半径(R)以下になるディンプルと、最大の直径(D)を有する最大径ディンプルとの合計個数(DE)のディンプル総数(N)に対する割合(DER)が80%以上となるようにディンプルを形成することが好ましい。 That is, as a requirement (3), when having a plurality of kinds of dimples having different diameters (D), the curvature of the dimple diameter greater than its diameter (D) (D) the radius (R) is a self-radius of curvature ( dimples becomes R) below, to form the dimples so as percentage of total number of dimples in total number (DE) of the maximum diameter dimples having a maximum diameter (D) (N) (DER) is 80% or more It is preferred.

通常は、ディンプルの深さ(図3参照)が一定であれば、直径が小さくなるほど周縁部に設けられる丸みの曲率半径(R)は小さくなるが、上記要件(3)は、深さを調節するなどの手段によって直径が小さいディンプルでも周縁の丸みのRをできるだけ大きく設定して、滑らかな断面形状のディンプルとし、上記DERを80%以上とすることにより、このような滑らかなディンプルの割合を多くして、塗装膜の損傷をより効果的に抑制するものである。 Typically, if the depth of the dimple (see FIG. 3) is constant, the diameter is about the radius of curvature of the rounding provided on the periphery (R) becomes smaller smaller, the requirement (3), adjusting the depth means set as large as possible R of the rounded peripheral edge at dimples smaller diameter by such as, the dimples of smooth cross-sectional shape, by setting the above DER 80% or more, the proportion of such smooth dimples and many, is to more effectively suppress the damage to the paint film. なお、このDERのより好ましい値は85%以上、更に好ましくは90%以上、最も好ましくは93%以上である。 A more preferable value of the DER is 85% or more, more preferably 90% or more, most preferably 93% or more. なお、DERの上限値は100%である。 The upper limit of the DER is 100%.

更に、本発明のディンプルは、制限されるものではないが、下記要件(4)〜(6)を満足するものであることが好ましい。 Furthermore, the dimples of the present invention, but are not limited, it is preferable that satisfies the following requirements (4) to (6). なお、下記要件(4)〜(6)は全て同時に満足することが好ましいが、勿論それぞれ単独に満足されることも好ましいものである。 Although it is preferable to satisfy the following requirements (4) to (6) are all at the same time, it is also preferable to be satisfied course alone.

まず、要件(4)として、直径(D)の異なるディンプルを3種類以上設けることが好ましく、より好ましくは5種類以上のディンプルを形成することが好ましい。 First, as a requirement (4), preferably provided different dimples three or more diameters (D), more preferably to form a 5 or more dimples. この場合、ディンプルの直径(D)は、特に制限されるものはないが、1.5〜7mmとすることが好ましく、より好ましい下限値は1.8mm以上、より好ましい上限値は6.5mm以下である。 In this case, the dimple diameter (D) is not particularly limited, preferably to 1.5 to 7 mm, more preferable lower limit value is 1.8mm or more, and more preferably the upper limit is 6.5mm or less it is. また、ディンプルの深さも特に制限されるものではないが、0.05〜0.35mmとすることが好ましく、より好ましい下限値は0.1mm以上であり、更に好ましくは0.13mm以上であり、より好ましい上限値は0.32mm以下、さらに好ましくは0.29mm以下である。 Although not being the depth of the dimple is also particularly limited, preferably to 0.05~0.35Mm, more preferred lower limit value is at 0.1mm or more, more preferably 0.13mm or more, more preferable upper limit value is 0.32mm or less, more preferably not more than 0.29 mm.

また、要件(5)として、ディンプルの総数(N)を380個以下とすることが好ましく、より好ましくは350個以下、より具体的には220〜340個とすることが好ましい。 Further, as the requirement (5), it is preferable that the total number of dimples (N) 380 or less, more preferably 350 or less, more specifically preferably set to 220 to 340 pieces.

更に、要件(6)として、ディンプルの縁に囲まれた平面(図3中の一点鎖線)で定義されるディンプル面積の合計が、ボール表面にディンプルが存在しないと仮定した仮想球の表面積に占める比率である表面占有率(SR)が60〜74%となるように、ディンプルを形成することが好ましい。 Furthermore, as a requirement (6), the total dimple area defined by a flat plane circumscribed by an edge of the dimple (dashed line in FIG. 3), occupied in the surface area of ​​the virtual sphere were assumed to have no dimples on the ball surface as surface coverage is the ratio (SR) is 60 to 74%, it is preferable to form the dimples. SRが74%を超えると、隣接するディンプル間の間隔が狭くなりすぎて上記要件(1)の曲率半径の丸みをディンプル周縁部に設けることが困難になる場合があり、一方、SRが60%未満であると、空力性能が低下して飛距離が低下する場合がある。 When SR exceeds 74%, may be too narrow spacing between adjacent dimples provided on the dimple periphery roundness of curvature radius of the above requirements (1) becomes difficult, whereas, SR 60% by mass, there are cases where aerodynamic performance is lowered distance decreases. なお、より好ましいSRの下限値は65%以上、更に好ましくは68%以上であり、より好ましい上限値は73%以下である。 A more preferred lower limit of SR 65% or more, still more preferably 68% or more, and more preferably the upper limit is not more than 73%.

一般的に、ワンピースゴルフボールは、ゴムが若干黄色の色となっているため、1層目に白エナメル塗料を塗布し、その後、クリア塗装を塗布している。 In general, one-piece golf ball, because the rubber is slightly yellow color, a white enamel paint is applied to the first layer, then, are coated with a clear coating. 本発明のボール表面には、外観を確保する観点からも、クリア塗装を塗布することが好ましい。 On the surface of the ball of the present invention, from the viewpoint of ensuring the appearance, it is preferable to apply a clear coating. クリア塗装の膜厚は、ディンプル土手部(Y)が10μm以上、好ましくは12μm以上、最も好ましくは13μm以上、上限としては30μm以下、好ましくは25μm以下、最も好ましくは20μm以下、ディンプルエッジ部(Z)が8μm以上、好ましくは10μm以上、最も好ましくは11μm以上、上限としては28μm以下、好ましくは23μm以下、最も好ましくは18μm以下である。 The film thickness of the clear coating is dimple bank portion (Y) is 10μm or more, preferably 12μm or more, and most preferably 13μm or more, 30 [mu] m or less as the upper limit, preferably 25μm or less, and most preferably 20μm or less, the dimple edge portion (Z ) is 8μm or more, preferably 10μm or more, and most preferably 11μm or more, or less 28μm as the upper limit, preferably 23μm or less, and most preferably 18μm or less. また、土手部(Y)とエッジ部(Z)の比、Z/Y×100が60%以上、好ましくは70%以上、最も好ましくは80%以上、上限としては100%以下、好ましくは95%以下である。 The ratio of the bank portion (Y) and an edge portion (Z), Z / Y × 100 is 60% or more, preferably 70% or more, and most preferably 80% or more, 100% or less as the upper limit, preferably 95% less. 上記範囲を逸脱すると、長期使用における、ディンプルエッジ部のマーク耐久の低下が顕著になってくることがある。 When departing from the above range, the in long-term use, reduction in the mark durability of the dimple edge portion becomes prominent.

ボールの直径は、42mm以上、好ましくは42.3mm以上、より好ましくは42.67mm以上であり、上限としては、44mm以下、好ましくは43.8mm以下、より好ましくは43.5mm以下、さらに好ましくは43mm以下である。 The diameter of the ball, 42mm or more, preferably 42.3mm, more preferably at least 42.67 mm, and the upper limit, 44 mm or less, preferably 43.8mm or less, and more preferably 43.5mm or less, more preferably 43mm is less than or equal to.

ボールの重さは、44.5g以上であることが好適であり、より好ましくは44.7g以上、さらに好ましくは45.1g以上、最も好ましくは45.2g以上であり、上限としては、好ましくは47.0g以下、より好ましくは46.5g以下、さらに好ましくは46.0g以下である。 The weight of the ball is preferably not less than 44.5 g, more preferably 44.7g or more, more preferably 45.1g or more, and most preferably at least 45.2 g, and the upper limit, preferably 47.0g less, more preferably 46.5g, more preferably not more than 46.0 g.

ボールを最初に測定した時の初期荷重98N(10kgf)から終荷重1,275N(130kgf)に負荷したときのたわみ量(BH1)が、好ましくは2.5mm以上、より好ましくは2.6mm以上、さらに好ましくは2.65mm以上であり、上限として、好ましくは7.0mm以下、より好ましくは6.0mm以下、さらに好ましくは5.5mm以下、最も好ましくは5.0mm以下である。 Deflection amount when a final load 1,275N (130kgf) from an initial load of 98 N (10 kgf) when measuring ball first (BH1) is preferably 2.5mm or more, more preferably 2.6mm or more, more preferably at least 2.65 mm, but preferably not 7.0mm or less, more preferably 6.0mm or less, more preferably 5.5mm or less, most preferably 5.0mm or less. また、コア及びボールにおける初期荷重98N(10kgf)から終荷重1,275N(130kgf)に負荷したとき、それぞれのたわみ量を(CH)及び(BH1)とするとき、(CH)/(BH1)の値が、好ましくは0.95以上、より好ましくは0.96以上、さらに好ましくは0.97以上であり、上限値として、好ましくは1.1以下、より好ましくは1.09以下、さらに好ましくは1.08以下である。 Moreover, from an initial load 98 N (10 kgf) in the core and the ball when a final load 1,275N (130kgf), when each of the deflection amount of the (CH) and (BH1), the (CH) / (BH1) value is preferably 0.95 or more, more preferably 0.96 or more, more preferably 0.97 or more, the upper limit value is preferably 1.1 or less, more preferably 1.09 or less, more preferably it is 1.08 or less. (CH)/(BH1)の値が大き過ぎる場合、コアのたわみ量に対して、製品のたわみ量が非常に小さくなる。 If the value of (CH) / (BH1) is too large, relative to the amount of deflection of the core, deflection of the products is very small. 即ち、カバー硬度が硬くなるため、打感の低下や、長期使用における外観低下につながる場合がある。 That is, since the cover hardness is harder, can lead decrease in feel, appearance reduction in long-term use. 逆に、小さ過ぎる場合、カバーが非常に軟らかくなるため、割れ耐久が大きく低下してしまい、特にトップした時にカバーが割けてしまうことがある。 Conversely, if too small, since the cover is very soft, it will be greatly reduced cracking durable, especially that the cover is thus avoided when the top. また、スピンが非常に多くなってしまい、飛距離低下を招くことがある。 Further, spin becomes very large, which may lead to distance decreases. なお、上記の「ボールを最初に測定した時」とは、ボールが作製されてから概ね1ヶ月以内に測定されたことを意味する。 The above-described as "the first time of the measurement of the ball" means that the ball has been measured since it was made generally within one month.

また、本発明では、ボールの反発性(BV)の上限は、72m/s以下であることが好適であり、より好ましくは71.7m/s以下、更に好ましくは71.4m/s以下、最も好ましくは71.2m/s以下である。 In the present invention, the upper limit of the rebound of the ball (BV) is suitably not more than 72m / s, more preferably 71.7m / s or less, more preferably 71.4m / s or less, most preferably is equal to or less than 71.2m / s. また、その下限は、60m/s以上であることが好適であり、好ましくは63m/s以上、更に好ましくは66m/s以上、最も好ましくは67m/s以上である。 Further, the lower limit is preferably not less 60 m / s or more, preferably 63m / s or more, more preferably 66m / s or more, and most preferably 67m / s or more. なお、ボールの反発性はボールの初速度と同義である。 It should be noted that the resilience of the ball is synonymous with the initial velocity of the ball.

また、本発明では、長期間に亘る耐久性を確保する点から、ボールを最初に測定した時の、初期荷重98N(10kgf)から終荷重1,275N(130kgf)に負荷したときのボールのたわみ量をBH1(mm)、及び該ボ−ルの初速度をBV1(m/s)とすると共に、ボールを最初に測定してから350日放置した後、初期荷重98N(10kgf)から終荷重1,275N(130kgf)に負荷したときのボールのたわみ量をBH2(mm)、及び該ボ−ルの初速度をBV2(m/s)とするとき、BH2−BH1の差が0.2mm以内であることが好適であり、より好ましくは0.15mm以内、さらに好ましくは0.1mm以内である。 In the present invention, from the viewpoint of ensuring the durability for a long period of time, as measured the ball first deflection from an initial load of 98 N (10 kgf) of the ball when a final load 1,275N (130kgf) the amount of BH1 (mm), and 該Bo - with an initial velocity BV1 (m / s) Le, after being left to stand for 350 days to measure the ball first, final load from an initial load 98 N (10 kgf) 1 , 275 N and the deflection amount of the ball when the load (130kgf) BH2 (mm), and 該Bo - when the initial velocity of Le and BV2 (m / s), the difference BH2-BH1 is within 0.2mm it is preferable that, more preferably within 0.15 mm, more preferably within 0.1 mm. また、BV2−BV1の値は0.3m/s以内であることが好適であり、より好ましくは0.2m/s以内、さらに好ましくは0.1m/s以内である。 The value of BV2-BV1 is suitable to be within 0.3 m / s, more preferably within 0.2 m / s, more preferably within 0.1 m / s. これにより、長期間の使用においても、外観品質や飛び性能が維持される。 Accordingly, even in long-term use, appearance quality and flight performance can be maintained. なお、上記の「ボールを最初に測定した時」とは、ボールが作製されてから概ね1ヶ月以内に測定されたことを意味する。 The above-described as "the first time of the measurement of the ball" means that the ball has been measured since it was made generally within one month.

以下、実施例と比較例を示し、本発明を具体的に説明するが、本発明は下記の実施例に制限されるものではない。 Hereinafter, Examples and Comparative Examples, the present invention will be described in detail, the present invention is not intended to be limited to the following examples.

〔実施例1〜8、比較例1〜10〕 [Examples 1-8, Comparative Examples 1-10]
実施例及び比較例におけるソリッドゴルフボールを作成するに際し、下記表1に示す配合のゴム材料を用意する。 Upon creating a solid golf balls in Examples and Comparative Examples, to prepare a rubber material having the formulation shown in Table 1 below. このゴム組成物をニーダー又はロールにて適宜混練した後、表1中の温度及び時間の条件により加硫し、各例のソリッドコアを作成する。 After appropriate kneading the rubber composition using a kneader or roll, vulcanized by temperature and time conditions in Table 1, to create a solid core of each example. なお、下記表中の各材料の数字は質量部で表される。 The numbers of the respective materials in the table below is expressed in parts by weight.

上記表中のコア配合の材料は下記の内容である。 Material of the core formulation in the above table is the following contents.
・BR01:JSR製のNi触媒ブタジエンゴム:ムーニー粘度ML「46」 · BR01: JSR made of Ni catalyst butadiene rubber: Mooney viscosity ML "46"
・IR2200:JSR製のイソプレンゴム:ムーニー粘度ML「82」 · IR2200: JSR made of isoprene rubber: Mooney viscosity ML "82"
・BR730:JSR製のNd触媒ブタジエンゴム:ムーニー粘度ML「55」 · BR730: JSR manufactured Nd catalyst butadiene rubber: Mooney viscosity ML "55"
・SL563:JSR社製の溶液重合スチレンブタジエンゴム:スチレン結合量「20%」 · SL563: JSR Corporation solution polymerization styrene-butadiene rubber: styrene bond content "20%"
・SBR0202:JSR製の乳化重合スチレンブタジエンゴム:スチレン結合量「46%」 · SBR0202: JSR manufactured by emulsion-polymerized styrene-butadiene rubber: styrene bond content "46%"
・パーヘキサC−40:日本油脂製の有機過酸化物、1,1−ビス(t−ブチルパーオキシ)シクロヘキサン。 · Perhexa C-40: manufactured by NOF organic peroxide, 1,1-bis (t-butylperoxy) cyclohexane. なお、「パーヘキサC−40」は40%希釈品のため、実質添加量を上記表中に併記した。 Incidentally, "Perhexa C-40" because 40% dilution product, a substantial amount was also shown in the above table.
・パークミルD:日本油脂製の有機過酸化物、ジクミルパーオキサイド・酸化亜鉛:堺化学工業社製・老化防止剤:大内新興化学工業社製の「ノクラックNS−6」 · Percumyl D: NOF organic peroxide, dicumyl peroxide Zinc oxide: manufactured by Sakai Chemical Industry Co., Ltd. - Antioxidant: Ouchi Shinko Chemical Industrial Co., Ltd. "NOCRAC NS-6"
・メタクリル酸:クラレ製・メタクリル酸亜鉛:浅田化学工業社製・アクリル酸亜鉛:日本蒸溜工業社製・酸化チタン:石原産業社製 Methacrylate: manufactured by Kuraray Co., Ltd., zinc methacrylate: Asada Chemical Industry Co., Ltd., acrylic acid zinc: Japan distilled Kogyo Co., Ltd. Titanium oxide: manufactured by Ishihara Sangyo Kaisha Ltd.

上記表1の配合成分に従ってゴム組成物を加硫成型してコアを得た後、コア表面を研磨し、所望の外径とし、次いで、コア表面を、トリクロロイソシアヌル酸のアセトン溶液(濃度3重量%)に30秒間の条件で浸漬後、水で洗浄することによりコア表面処理を実施する。 After obtaining the core rubber composition by vulcanizing mold according to the formulation components of Table 1, by polishing the surface of the core, and a desired outer diameter and then, the core surface, acetone solution (concentration 3 wt trichloroisocyanuric acid after immersion in%) for 30 seconds conditions, implementing the core surface treatment by washing with water. 次に、このコアをカバー射出成型用金型にセットし、ソリッドコアの周囲に下記表2に示すカバー組成物の射出成形を行う。 Then, set the core on the cover injection mold, performing injection molding the cover composition shown in Table 2 around the solid core.

上記表中の説明は下記の通りである。 Description of in the table above are as follows.
商品名「ハイミラン」:三井・デュポンポリケミカル製、アイオノマー樹脂商品名「パンデックス」:DICバイエルポリマー社製、熱可塑性ポリウレタンエラストマー商品名「サーリン」:デュポン社製のアイオノマー樹脂ステアリン酸マグネシウム:日油社製二酸化チタン:商品名「タイペークR550」、石原産業社製ポリエチレンワックス:商品名「サンワックス161P」、三洋化成工業社製 Trade name "Himilan": DuPont-Mitsui Polychemicals Co., ionomer resin tradename "Pandex": DIC Bayer Polymer Ltd., the thermoplastic polyurethane elastomer trade name "Surlyn": DuPont ionomer resin Magnesium stearate NOF Company titanium dioxide: trade name "Tipaque R550", manufactured by Ishihara Sangyo Kaisha, Ltd. polyethylene wax: trade name "San wax 161P", manufactured by Sanyo Chemical Industries, Ltd.

なお、カバー表面には所定のディンプルパターンが形成されるように、金型キャビテイには、上記ディンプルパターンに相応した多数の凸状突起が形成されており、これにより、カバーの射出成型と同時にディンプルも型付けられる。 Note that, as a predetermined dimple pattern on the cover surface is formed, the mold cavity is formed a large number of convex protrusions commensurate with the dimple pattern is, thereby injection molding the cover and simultaneously dimples also attached type. ディンプルの詳細は下記表3に示した。 Details of dimples shown in Table 3 below. また、ボール表面に図5に示したマークを印刷し、更に、ボールを塗装コーティングするために、主剤:ポリエステル樹脂(酸価6、OH価168)(固形分)/酢酸ブチル/PMA(プロピレングリコールモノメチルエーテルアセテート)が70/15/15質量部とした、主剤100質量部に対して、硬化剤:無黄変ポリイソシアネートとしてヘキサメチレンジイソシアネートのアダクト体(武田薬品工業(株)製、タケネートD−160N、NCO含有量8.5質量%、固形分50質量%)が150質量部、酢酸ブチル150質量部、からなる、クリア塗装を実施する。 Further, by printing a mark shown in FIG. 5 on the surface of the ball, further, in order to paint coating the ball base compound: polyester resin (acid number 6, OH number 168) (solid content) / butyl acetate / PMA (propylene glycol monomethyl ether acetate) was a 70/15/15 weight parts, with respect to the main agent 100 parts by weight, curing agent: adduct of hexamethylene diisocyanate as a non-yellowing polyisocyanate (Takeda Chemical Industries, Ltd., Takenate D- 160 N, NCO content of 8.5 wt%, solid content 50 wt%) 150 parts by weight, butyl acetate 150 parts by mass, consisting of carrying out the clear coating. なお、比較例10については、クリア塗装の下塗りとして1層目に白エナメル塗料の塗装を実施する。 In Comparative Example 10, carrying out the coating of white enamel paint to the first layer as a primer for clear coating.

表3中の各項目の詳細は下記の通りである。 For more information in Table 3 of each item are as follows.
R:周縁部に設けられた丸みの曲率半径R/D比率:直径(D)に対する曲率半径(R)の比率N:ディンプル総数RA:(R/D比率)が20%以上となるディンプルの合計個数ER:(RA)のディンプル総数(N)に対する比率DE:自己の直径(D)よりも大きい直径(D)のディンプルの曲率半径(R)が自己の 曲率半径(R)以下になるディンプルと、最大の直径(D)を有する最大径ディン プルとの合計個数DER:(DE)のディンプル総数(N)に対する比率SR:ディンプルの縁に囲まれた平面で定義されるディンプル面積の合計が、ボール表面 にディンプルが存在しないと仮定した仮想球の表面積に占める比率である表面占有 率VR:ディンプルの縁に囲まれた平面から下方に形成されるディンプル空間体積の合計 R: curvature of the rounded peripheral edge provided with radial R / D ratio: ratio of the radius of curvature to the diameter (D) (R) N: total number of dimples RA: total dimples (R / D ratio) of at least 20% number ER: ratio dimples total (RA) (N) DE: dimples curvature dimples larger diameter than its diameter (D) (D) the radius (R) is below its radius of curvature (R) the total number of the maximum diameter Din pull with the largest diameter (D) DER: ratio dimples total (DE) (N) SR: total dimple area defined by a flat plane circumscribed by an edge of the dimple, surface coverage is a percentage of the surface area of ​​the virtual sphere were assumed to have no dimples on the ball surface VR: total dimple volume of space formed from the edge surrounded by plane dimples downward が 、ボール表面にディンプルが存在しないと仮定した仮想球の体積に占める比率 But a percentage of the volume of a virtual sphere which is assumed to have no dimples on the ball surface

このようにして得られた実施例及び比較例のコア、カバーの物性並びにソリッドゴルフボールの物性、飛距離、耐久性及び打感を下記の基準に従って評価する。 Physical properties of the thus obtained examples and comparative examples of the core, the physical properties and solid golf ball cover and evaluated according to distance, based on the durability and feel below. その結果を表4,5に記す。 The results are shown in Tables 4 and 5.

コア及びボール製品のたわみ量(mm) The amount of deflection of the core and ball product (mm)
対象球体物であるコア及びボール製品について、インストロン・コーポレーション製「4204型」を用いて、10mm/minの速度で圧縮し、初期荷重98N(10kgf)から終荷重1,275N(130kgf)を負荷したときまでのたわみ量の差(mm)を測定する。 For the core and ball product that is the subject spherical object, using an Instron Corporation, Ltd., "4204 Model", compressed at a rate of 10 mm / min, a final load 1,275N (130kgf) from an initial load of 98 N (10 kgf) deflection amount of the difference to when the (mm) is measured.

コアの断面硬度 The core of the cross-sectional hardness
コアをファインカッターにてカットし、下記の表中のB〜Fの部分をJIS−C(JIS K 6301−1975規格)に準じて、23℃±1℃に温調後、硬度測定実施(N=5の各2箇所)。 Cut the core at fine cutter, according to part of B~F in the table below to JIS-C (JIS K 6301-1975 standard), after it controlled to 23 ° C. ± 1 ° C., hardness measurements performed (N = each of the two locations of the 5).

コアの表面硬度 The surface hardness of the core
コア表面をJIS−C(JIS K 6301−1975規格)に準じて、23℃±1℃に温調後、硬度測定実施(N=5の各2箇所)。 The core surface JIS-C according to (JIS K 6301-1975 standard), after controlled to 23 ° C. ± 1 ° C., hardness measurements performed (each two positions of N = 5).

コア及びボール製品の反発性(初速度) Core and ball product of resilience (initial velocity)
初速は、R&Aの承認する装置であるUSGAのドラム回転式の初速計と同方式の初速測定器を用いて測定する。 Initial velocity is measured using an initial velocity measuring instrument initial velocity instrument the same type as the USGA drum rotation-type apparatus approved by the R & A. サンプルとしてのコア及びボールは23±1℃の温度で3時間以上温度調節し、室温23±2℃の部屋でテストされた。 Core and balls as samples for 3 hours or more temperature control at a temperature of 23 ± 1 ° C., was tested at room ambient temperature 23 ± 2 ° C.. 10個のサンプルを各々2回打撃して、6.28ft(1.91m)の間を通過する時間を計測し、初速を計算する。 Ten samples were striking each twice, measures the time that passes between the 6.28ft (1.91m), calculates the initial velocity.

カバー材料硬度 Cover material hardness
カバーシートを作製し、ショアD(ASTM D−2240)に準じて、23±1℃に温調後の硬度を測定する。 To prepare a cover sheet in accordance with Shore D (ASTM D-2240), to measure the hardness after the temperature control to 23 ± 1 ° C..

カバー材料の破断強度、伸度(引張り試験) Breaking strength of the cover material, elongation (tensile test)
材料を厚さ2mmのシート状に成形し、23±1℃の環境下で2週間保存した。 Shaping the material to the thickness of 2mm sheet were stored for two weeks under an environment of 23 ± 1 ° C.. この試料をJIS K 7311−1995に準拠したダンベル状試験片に加工し、23±2℃の環境下で、JIS K 7311−1995に準拠し、試験速度:5mm/sで測定し、測定個数5個の試料の平均値を求めた。 And processing the sample on dumbbell-shaped test piece conforming to JIS K 7311-1995, under an environment of 23 ± 2 ° C., conforming to JIS K 7311-1995, test speed: measured at 5 mm / s, measured number 5 to determine the average value of the number of samples.

膜厚計測 The film thickness measurement
土手部(Y):ディンプル間の中心位置の土手部分のクリア塗装の厚さを計測する。 Bank portion (Y): measuring the thickness of the clear coating of the bank portion of the center position between the dimples.
エッジ部分(Z):ディンプルエッジ部分のクリア塗装の厚さを計測する。 Edge portion (Z): measuring the thickness of the clear coating of the dimple edges.
ボール2個を各々3箇所ずつ計測し、その平均値を計算する。 Measured two balls one by each three places to calculate the average value.

飛距離 Flying distance
ドライバー(W#1)として、ブリヂストンスポーツ社製TourStage X−DRIVE 701(ロフト角:9°)を打撃ロボットに取り付け、ヘッドスピード(HS)45m/sにて、ボールを打撃した直後のボールのスピン量及びトータル飛距離を測定する。 As a driver (W # 1), Bridgestone Sports Co., Ltd. TourStage X-DRIVE 701 (loft angle: 9 °) and attached to the swing robot, at a head speed (HS) 45m / s, the spin of the ball immediately after hitting the ball measuring the amount and total distance.
また、上記のマーク耐久実施後のボールのトータル飛距離を測定する。 In addition, to measure the total distance of the ball after mark durability implementation of the above.

割れ耐久性 Durability to cracking
米国Automated Design Corporation製のADC Ball COR Durability Testerにより、ゴルフボールの割れ耐久性を評価した。 By the US Automated Design Corporation made of ADC Ball COR Durability Tester, it was to evaluate the cracking durability of the golf ball. この試験機は、ゴルフボールを空気圧で発射させた後、平行に設置した2枚の金属板に連続的に衝突させる機能を有する。 The tester so as to fire the golf ball pneumatically, has a function of repeatedly strike two metal plates arranged in parallel. 金属板への入射速度は43m/sとした。 Incidence rate of the metal plate was set to 43m / s. ゴルフボールが割れるまでに要した発射回数を測定し、測定個数5個のゴルフボールの平均値を求めた。 To measure the number of shots required until the golf ball is broken, it was to determine the average value of the measured number five of the golf ball.

低温耐擦過傷性 Low temperature abrasion resistance
ボールを0±1℃の温度で3時間以上で温度調節したものを準備した。 It was prepared as thermostatted at 0 ± 1 at ℃ temperature 3 hours or more balls. ブリヂストンスポーツ社製TourStage X−Wedge 52°、2008年TourStage VIQピッチングサンド50°チタンフェースの2種のクラブを用い、打撃ロボットに取り付け、ヘッドスピード(HS)33m/sにて、ボールを打撃し、打撃後のボールを目視により調べた。 Bridgestone Sports Co., Ltd. TourStage X-Wedge 52 °, in 2008 TourStage VIQ using two of the club's pitching sand 50 ° titanium face, attached to a swing robot, head speed (HS) 33m / s, was hit the ball, the ball after impact was examined by visual observation. ボール外観を、以下の基準で評価した(2種のクラブの平均値)。 The ball appearance, was evaluated according to the following criteria (the average value of the two clubs).
5点:ほとんど傷が無い。 5 points: almost no scratches.
4点:若干表面の傷があるが、気にならない。 4 points: there is a scratch of some surface, but do not mind.
3点:表面の傷が気になるが、繰り返し使用可能である。 3 points: The scratch of the surface is a concern, it can be used repeatedly.
2点:表面の傷が気になり、毛羽立っているが、何とか使用可能である。 2 points: scratches on the surface is worrisome, but are fuzzy, it is somehow available.
1点:表面が毛羽立ち、繰り返し使用不可である。 1 point: surface fuzz, is a non-repeatable use.

磨耗試験(マーク耐久性) Wear test (durability of markings)
内容量8リットルの磁性のボールミルにゴルフボールを10個とバンカー用の砂3リットルを入れ、144時間ミキシングし、砂磨耗による、マークの欠け具合、表面の傷付き度合い、光沢減少の度合い、及び砂の付着の度合いを目視により調べた。 Contents placed 8 sand 3 l liter ball mill magnetic golf ball 10 and bunkers, mixes 144 hours, by sand abrasion, mark missing condition, scratching degree of surface, the degree of gloss reduction, and the degree of adhesion of sand were investigated visually. ボール外観を良(○)、普通(△)、及び悪(×)の基準で評価した。 The ball appearance good (○), Normal (△), and was evaluated by the criteria of evil (×).

打感 Feel
ティーチングプロ10名がドライバー(W#1)で対象ボールを打撃し、そのときの打感を良好(○)、やや硬い(△)及び硬過ぎる(×)の基準で評価する。 Teaching professional 10 people hit the target ball with a driver (W # 1), the feel of that time good (○), evaluated by the criteria of semi-rigid (△) and too hard (×).

表4及び表5の結果から、下記の通り比較例は実施例よりも劣ることが確認できる。 From the results of Table 4 and Table 5, as comparative examples below can be confirmed to be inferior than Example.
比較例1のゴルフボールは、スチレン結合量の高いスチレンブタジエンゴム(商品名:SBR0202)を使用しているため、低温における耐擦過傷性が悪い。 The golf ball of Comparative Example 1, high bound styrene content styrene-butadiene rubber (trade name: SBR0202) Due to the use of, poor scuff resistance at low temperatures.
比較例2のゴルフボールは、スチレン結合量の高いスチレンブタジエンゴム(商品名:SBR0202)を使用しているため、低温における耐擦過傷性が悪い。 The golf ball of Comparative Example 2, high bound styrene content styrene-butadiene rubber (trade name: SBR0202) Due to the use of, poor scuff resistance at low temperatures.
比較例3のゴルフボールは、カバーの破断強度、伸度が小さいため、磨耗耐久性が悪く、飛び性能の低下も大きい。 The golf ball of Comparative Example 3, breaking strength of the cover, for elongation is small, the wear resistance is poor, greater lowering of flight performance. また、カバーが硬いため、ドライバーによる打感も悪い。 In addition, since the cover is hard, feel by the driver is also bad.
比較例4のゴルフボールは、カバーの破断強度、伸度が小さいため、磨耗耐久性が悪く、飛び性能の低下も大きい。 The golf ball of Comparative Example 4, the breaking strength of the cover, for elongation is small, the wear resistance is poor, greater lowering of flight performance.
比較例5のゴルフボールは、スチレン結合量の高いスチレンブタジエンゴム(商品名:SBR0202)を使用しているため、低温における耐擦過傷性が悪い。 The golf ball of Comparative Example 5, high bound styrene content styrene-butadiene rubber (trade name: SBR0202) Due to the use of, poor scuff resistance at low temperatures. また、ディンプルエッジのRが小さいため、磨耗耐久性悪く、飛び性能の低下も大きい。 Also, since R dimple edges is smaller, the wear resistance deteriorates, and lowering of flight performance large.
比較例6のゴルフボールは、スチレン結合量の高いスチレンブタジエンゴム(商品名:SBR0202)を使用しているため、低温における耐擦過傷性が悪い。 The golf ball of Comparative Example 6, high bound styrene content styrene-butadiene rubber (trade name: SBR0202) Due to the use of, poor scuff resistance at low temperatures. また、カバーが薄過ぎるため、割れ耐久性が低下する。 Further, since the cover is too thin, the durability to cracking is reduced.
比較例7のゴルフボールは、コアのたわみ量が非常に小さいため、ドライバーの打感が非常に悪い。 Golf ball of Comparative Example 7, since the amount of deflection of the core is very small, feel the driver is very bad.
比較例8のゴルフボールは、メタクリル酸亜鉛を配合したコアのため、ボールのたわみ量、反発性の経時変化が大きく、割れ耐久性も悪い。 The golf ball of Comparative Example 8, since the core formulated with zinc methacrylate, deflection amount of the ball, aging of resilience is large, cracking durability poor.
比較例9のゴルフボールは、アクリル酸亜鉛を配合したコアのため、ボールのたわみ量、反発性の経時変化が大きく、割れ耐久性も悪い。 The golf ball of Comparative Example 9, since the core formulated with zinc acrylate, the amount of deflection of the ball, aging of resilience is large, cracking durability poor.
比較例10のゴルフボールは、ワンピース構造であり、表面ゴム材の破断強度、伸度が小さいため、割れ耐久性が悪いと共に、磨耗耐久性悪く、飛び性能の低下も大きい(ゴム材の破断強度15MPa、伸度88%である)。 The golf ball of Comparative Example 10 is a one-piece structure, the breaking strength of the surface rubber material, since elongation is small, the durability to cracking was poor abrasion resistance poor, jump performance degradation is large (rubber strength at break 15MPa, which is 88% elongation).

1 コア2 カバーD ディンプルG ゴルフボール 1 core 2 cover D dimple G golf ball

Claims (13)

  1. コアとカバーとからなり、該コアが、基材ゴム、共架橋剤、架橋開始剤、及び金属酸化物を含有するゴム組成物にて形成されるゴルフボールであって、基材ゴムとして、ポリブタジエンとスチレンブタジエンゴムとの混合物を用い、スチレンブタジエンゴムに占めるスチレン結合量が35質量%以下であると共に、共架橋剤としてメタクリル酸を用い、コアを初期荷重98N(10kgf)から終荷重1,275N(130kgf)にそれぞれ負荷したときのたわみ量(CH)が2.5〜7.0mmであり、更に、ディンプルの縁に囲まれた平面から下方に形成されるディンプル空間体積の合計が、ボール表面にディンプルが存在しないと仮定した仮想球の体積に占める比率(VR)が0.95〜1.7であることを特徴とするソリッドゴル Consists of a core and a cover, wherein the core is a base rubber, a co-crosslinking agent, crosslinking initiator, and a golf ball which is formed of a rubber composition containing a metal oxide, as a base rubber, polybutadiene a mixture of styrene butadiene rubber and, together with the bound styrene amount occupying the styrene-butadiene rubber is less than 35 mass%, using methacrylic acid as a co-crosslinking agent, final load 1,275N the core from an initial load 98 N (10 kgf) a deflection amount when the load respectively (130kgf) (CH) is 2.5~7.0Mm, further, the total dimple volume of space formed from the plane surrounded by the edge of the dimple downward, ball surface solid Gol percentage of the volume of a phantom sphere assuming the dimple is not present (VR) is characterized by a 0.95 to 1.7 in ボール。 Ball.
  2. 上記金属酸化物が酸化亜鉛である請求項1記載のソリッドゴルフボール。 The solid golf ball of claim 1, wherein the metal oxide is zinc oxide.
  3. 上記ゴム組成物の各成分の配合において、ポリブタジエンが基材ゴム中に占める割合が80質量%以下であり、スチレンブタジエンゴムが基材ゴム中に占める割合が20〜80質量%であり、イソプレンゴムが基材ゴム中に占める割合が60質量%以下であり、且つ、基材ゴム100質量部に対して、メタクリル酸を6〜40質量部、金属酸化物を6〜30質量部、架橋開始剤を0.3〜5.0質量部、老化防止剤0.1〜1.0質量部をそれぞれ配合してなる請求項1又は2記載のソリッドゴルフボール。 In the formulation of each component of the rubber composition, polybutadiene is at a percentage of base rubber is 80 mass% or less, the proportion of styrene-butadiene rubber occupies the base rubber is 20 to 80 wt%, isoprene rubber There is the proportion of 60 mass% or less accounted for base rubber, and, with respect to 100 parts by weight of the base rubber, 6-40 parts by mass of methacrylic acid, 6 to 30 parts by weight of metal oxide, the crosslinking initiator the 0.3 to 5.0 parts by weight, according to claim 1 or 2 solid golf ball according to antioxidant 0.1-1.0 parts by weight by blending, respectively.
  4. 上記コアの比重が1.05〜1.2である請求項1、2又は3記載のソリッドゴルフボール。 The solid golf ball of claim 1, wherein the specific gravity of the core is 1.05 to 1.2.
  5. 上記カバーの樹脂材料がポリウレタンを主材とするものである請求項1〜4のいずれか1項記載のソリッドゴルフボール。 The solid golf ball of any one of claims 1 to 4 resin material of the cover is to mainly including polyurethane.
  6. 上記カバーの樹脂材料が熱可塑性ポリウレタンを主材とするものである請求項5記載のソリッドゴルフボール。 The solid golf ball of claim 5, wherein the resin material of the cover is to mainly including thermoplastic polyurethanes.
  7. 上記カバーの材料硬度がショアD硬度で30〜57である請求項1〜6のいずれか1項記載のソリッドゴルフボール。 The solid golf ball of any one of claims 1 to 6, wherein the material hardness of the cover is 30 to 57 in Shore D hardness.
  8. 上記カバーの樹脂材料の破断強度が20〜80MPaである請求項1〜7のいずれか1項記載のソリッドゴルフボール。 The solid golf ball of any one of claims 1 to 7 breaking strength of the resin material of the cover is 20 to 80 MPa.
  9. 上記カバーの樹脂材料の伸度が150〜600%である請求項1〜8のいずれか1項記載のソリッドゴルフボール。 The solid golf ball of any one of claims 1-8 elongation of the resin material of the cover is 150 to 600%.
  10. 上記カバーの厚さが0.3〜2.5mmである請求項1〜9のいずれか1項記載のソリッドゴルフボール。 The solid golf ball of any one of claims 1 to 9 the thickness of the cover is 0.3 to 2.5 mm.
  11. ボールの初速度(BV)が72m/s以下である請求項1〜10のいずれか1項記載のソリッドゴルフボール。 The solid golf ball of any one of claims 1 to 10 initial velocity (BV) is not more than 72m / s of the ball.
  12. コアに初期荷重98N(10kgf)から終荷重1,275N(130kgf)を負荷したときまでのたわみ量をCH(mm)、ボールを最初に測定した時の、初期荷重98N(10kgf)から終荷重1,275N(130kgf)を負荷したときまでのボールのたわみ量をBH1(mm)、及び該ボ−ルの初速度をBV1(m/s)とすると共に、ボールを最初に測定してから350日放置した後、初期荷重98N(10kgf)から終荷重1,275N(130kgf)を負荷したときまでのボールのたわみ量をBH2(mm)、及び該ボ−ルの初速度をBV2(m/s)とするとき、 The amount of deflection of the core from an initial load 98 N (10 kgf) by the time a final load 1,275N (130kgf) CH (mm), when the first to measure the ball, final load 1 from an initial load 98 N (10 kgf) , 275N (130kgf) BH1 the deflection amount of the ball up when loaded with (mm), and 該Bo - with the BV1 the initial velocity of the Le (m / s), 350 days by measuring the ball first after standing, the deflection of the ball from an initial load 98 N (10 kgf) until a final load 1,275N (130kgf) BH2 (mm), and 該Bo - BV2 the initial velocity of the Le (m / s) when you and,
    BH1が2.5〜7.0mm、 BH1 is 2.5~7.0mm,
    CH/BH1の値が0.95〜1.1、 The value of CH / BH1 is from 0.95 to 1.1,
    BH2−BH1の差が0.2mm以内、及びBV2−BV1の差が0.3m/s以内である請求項1〜11のいずれか1項記載のソリッドゴルフボール。 Difference BH2-BH1 is within 0.2 mm, and solid golf ball of any one of claims 1 to 11 the difference BV2-BV1 is not more than 0.3 m / s.
  13. 表面に下記要件(1)〜(6)を満足するディンプルが形成されている請求項1〜12のいずれか1項記載のソリッドゴルフボール。 The solid golf ball of any one of claims 1 to 12 dimples satisfying the following requirements (1) to (6) on the surface is formed.
    (1)周縁部に曲率半径(R)0.5〜2.5mmの丸みが設けられたディンプルを有する。 (1) having dimples roundness of curvature radius (R) 0.5 to 2.5 mm is provided on the peripheral portion.
    (2)直径(D)に対する上記曲率半径(R)の比率(R/D比率)が20%以上となるディンプルの合計個数(RA)のディンプル総数(N)に対する比率(ER)が15〜95%。 (2) the diameter ratio of the curvature radius (R) with respect to (D) ratio of total number of dimples (N) of the total number of dimples (R / D ratio) of at least 20% (RA) (ER) is 15 to 95 %.
    (3)直径(D)の異なる複数種のディンプルを有すると共に、自己の直径(D)よりも大きい直径(D)のディンプルの曲率半径(R)が自己の曲率半径(R)以下になるディンプルと、最大の直径(D)を有する最大径ディンプルとの合計個数(DE)のディンプル総数(N)に対する割合(DER)が80%以上。 (3) and having a plurality of kinds of dimples having different diameters (D), dimples curvature dimples larger diameter than its diameter (D) (D) the radius (R) is below its radius of curvature (R) When, the ratio total number of the dimples of the total number of the maximum diameter dimples having a maximum diameter (D) (DE) (N) (DER) of 80% or more.
    (4)直径(D)の異なる3種類以上のディンプルを有する。 (4) having three or more kinds of dimples having different diameters (D).
    (5)ディンプル総数(N)が380個以下。 (5) the total number of dimples (N) is 380 or less.
    (6)ディンプルの縁に囲まれた平面で定義されるディンプル面積の合計が、ボール表面にディンプルが存在しないと仮定した仮想球の表面積に占める比率である表面占有率(SR)が60〜74%。 (6) Total dimple area defined by edges surrounded by plane dimples, surface coverage is a percentage of the surface area of ​​the virtual sphere were assumed to have no dimples on the ball surface (SR) is 60 to 74 %.
JP2012227146A 2011-04-27 2012-10-12 Solid golf ball Pending JP2014069045A (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US13632494 US20130095955A1 (en) 2011-04-27 2012-10-01 Solid golf ball
US13/632,494 2012-10-01

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2014069045A true true JP2014069045A (en) 2014-04-21

Family

ID=50744800

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012227146A Pending JP2014069045A (en) 2011-04-27 2012-10-12 Solid golf ball

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2014069045A (en)

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07275420A (en) * 1994-04-11 1995-10-24 Bridgestone Sports Co Ltd Golf ball for exercise
JP2002272877A (en) * 2001-03-15 2002-09-24 Bridgestone Sports Co Ltd Rubber composition for golf ball
JP2004290315A (en) * 2003-03-26 2004-10-21 Sumitomo Rubber Ind Ltd Method of manufacturing golf ball
JP2007301359A (en) * 2006-05-08 2007-11-22 Bridgestone Sports Co Ltd Golf ball
JP2007301357A (en) * 2006-05-08 2007-11-22 Bridgestone Sports Co Ltd Golf ball
JP2008194473A (en) * 2007-02-13 2008-08-28 Bridgestone Sports Co Ltd Solid golf ball
JP2009131631A (en) * 2007-11-29 2009-06-18 Bridgestone Sports Co Ltd Method for manufacturing golf ball and golf ball
JP2009201896A (en) * 2008-02-29 2009-09-10 Sri Sports Ltd Golf ball

Patent Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH07275420A (en) * 1994-04-11 1995-10-24 Bridgestone Sports Co Ltd Golf ball for exercise
JP2002272877A (en) * 2001-03-15 2002-09-24 Bridgestone Sports Co Ltd Rubber composition for golf ball
JP2004290315A (en) * 2003-03-26 2004-10-21 Sumitomo Rubber Ind Ltd Method of manufacturing golf ball
JP2007301359A (en) * 2006-05-08 2007-11-22 Bridgestone Sports Co Ltd Golf ball
JP2007301357A (en) * 2006-05-08 2007-11-22 Bridgestone Sports Co Ltd Golf ball
JP2008194473A (en) * 2007-02-13 2008-08-28 Bridgestone Sports Co Ltd Solid golf ball
JP2009131631A (en) * 2007-11-29 2009-06-18 Bridgestone Sports Co Ltd Method for manufacturing golf ball and golf ball
JP2009201896A (en) * 2008-02-29 2009-09-10 Sri Sports Ltd Golf ball

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6786836B2 (en) Golf ball
US6583229B2 (en) Solid golf ball
US6679791B2 (en) Golf ball
US20050075196A1 (en) Multi-piece solid golf ball
US6592470B2 (en) Solid multi-piece golf ball
US7344455B1 (en) Solid golf ball
US7329194B2 (en) Multi-piece solid golf ball
US6663507B1 (en) Multi-piece solid golf ball
US20100298067A1 (en) Golf ball
US20070129174A1 (en) Solid golf ball
US20060128900A1 (en) Solid golf ball
US20060270492A1 (en) Multi-piece solid golf ball
US6736737B2 (en) Multi-piece solid golf ball
US20080305890A1 (en) Multi-piece solid golf ball
US20030060307A1 (en) Multi-piece solid golf ball
US6702694B1 (en) Multi-piece solid golf ball
US20040106474A1 (en) Multi-piece solid golf ball
US20080214324A1 (en) Golf ball
US6887168B2 (en) Two-piece solid golf ball
US20050181891A1 (en) Three-piece solid golf ball
US6814676B2 (en) Multi-piece solid golf ball
US7090592B2 (en) Multi-piece solid golf ball
US7335115B1 (en) Multi-piece solid golf ball
US20090023515A1 (en) Golf ball
US20060128504A1 (en) Multi-piece solid golf ball

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20150629

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160705

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20170131