JP2013012036A - Image reproduction control device, image reproduction control method and image reproduction control program - Google Patents

Image reproduction control device, image reproduction control method and image reproduction control program Download PDF

Info

Publication number
JP2013012036A
JP2013012036A JP2011144272A JP2011144272A JP2013012036A JP 2013012036 A JP2013012036 A JP 2013012036A JP 2011144272 A JP2011144272 A JP 2011144272A JP 2011144272 A JP2011144272 A JP 2011144272A JP 2013012036 A JP2013012036 A JP 2013012036A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
image
seek
head position
cursor
method
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2011144272A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Mitsuhiro Goto
充裕 後藤
Takashi Sato
隆 佐藤
Akira Kojima
明 小島
Yoichi Kato
洋一 加藤
Original Assignee
Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
日本電信電話株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>, 日本電信電話株式会社 filed Critical Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
Priority to JP2011144272A priority Critical patent/JP2013012036A/en
Publication of JP2013012036A publication Critical patent/JP2013012036A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To reduce a load of operation for seeking multiple images.SOLUTION: An image reproduction control device comprises: a seeking object selection part 12 for selecting an image, which is a target of seeking operation, by selecting a thumb nail; a head position retrieval part 14 for retrieving a head position of the image to be operated; a locus acquisition part 15 for acquiring coordinates and time, with respect to start and ending of movement of a cursor in a display area of the image; an operation method selection part 19 for selecting a linear locus method or a circular locus method as an image operation method; and a seeking part 18 for using a seeking amount calculated on the basis of linear loci of the cursor to seek the image with coarse time granularity from the head position when the linear locus method is selected, or using the seeking amount calculated on the basis of circular loci of the cursor to seek the image with fine time granularity from the head position when the circular locus method is selected.

Description

本発明は、複数の映像を再生制御する映像再生制御装置、映像再生制御方法、及び映像再生制御プログラムに関する。 The present invention, video reproduction controller for reproducing controlling a plurality of video, image reproduction control method, and a video reproduction control program.

コンピュータ上で映像から必要な情報を探したり、目的の位置から再生したりするためには、映像をシークする必要がある。 Or to locate the desired information from the video on the computer, to or reproduced from the desired position, it is necessary to seek an image. シークとは、再生スピードの変更(フレーム単位→スローモーション→等速再生→2倍速再生→・・・)や、再生方向の変更(再生⇔逆再生)を行うことである。 Seek and is, change the playback speed (frame-by-frame basis → slow motion → constant speed playback → 2-speed playback → ···) and is to perform a change of playback direction (Play ⇔ reverse playback). 以下、映像に対して再生スピードの変更や再生方向の変更を行うことをシーク操作と記す。 Hereinafter referred to as a seek operation to make changes change or reproduction direction of the playback speed for the video. このような映像に対するシーク操作方法として、GUIを用いた方法がある。 As a seek operation method for such video, there is a method using a GUI. 従来の映像ソフトウェアでは、GUIによるシーク操作として、マウスを利用したものが多く存在する。 In conventional video software, as a seek operation by the GUI, there are many that use the mouse. 例えば、タイムスライダの再生ヘッドをドラッグする方法、早送りや巻き戻しなどあらかじめ用意された再生制御ボタンをクリックする方法、などである。 For example, a method of clicking method, the playback control buttons that are prepared in advance, such as fast-forward and rewind to drag the playhead time slider, and the like.

そして、ユーザが映像から目的位置を探すシーク操作には2つのプロセスが存在する。 When the user two processes are present in a seek operation to search the target position from the image. 1つは、目的位置周辺にヘッド位置を大きく移動するというプロセスであり、もう1つは、目的位置へ正確にヘッド位置を小さく移動するというプロセスである。 One is the process of moving large head located around the target position, and one is a process of moving small precise head position to the target position. このように、シーク操作では、ユーザが必要とする時間粒度に応じてヘッド位置を変更できる必要がある。 Thus, in the seek operation, it is necessary to change the head position in accordance with the time granularity required by the user. 従来は、このような操作プロセスそれぞれに別の操作方法を割り当てることでシーク操作を実現してきた。 Conventionally, it has been realized seek operation by assigning a different operating method, each such operation process. 例えば、ヘッド位置を大きく移動するプロセスにはタイムスライダを用い、ヘッド位置を小さく移動するプロセスには制御ボタンやキーボード入力を用いる方法が知られている。 For example, the process of moving the head position increases with time slider, a method of using the control buttons and keyboard input are known in the process of moving small head position.

また、特許文献1には、マウスの軌跡に着目したシーク操作が開示されている。 In Patent Document 1, a seek operation focusing on the trajectory of the mouse is disclosed. タイムスライダのドラックや制御ボタンを利用する代わりに、映像上でマウスを動かすと、そのマウスの軌跡に対応した再生ヘッド位置の変更が行われ、シーク操作を可能にしている。 Instead of using the drag and control buttons of time slider, move the mouse over the image, change is made of the reproducing head position corresponding to the locus of the mouse, allowing a seek operation. このように、ユーザが対話的かつ直感的に映像をシークできることは、映像の視聴において重要である。 Thus, the user can seek interactive and intuitive image is important in view of the image.

特開2000−231431号公報 JP 2000-231431 JP

ここで、特許文献1では、操作対象となる映像が単体の場合を想定している。 Here, Patent Document 1, the operation target image is assumed that the single. 図11に示すように、操作対象となる映像が単体ならば、その映像表示領域51とシーク操作領域52が近いため、シーク操作は煩雑ではない。 As shown in FIG. 11, the image to be operated is if alone, therefore the image display area 51 and the seek operation area 52 is close, seek operation is not complicated. しかし、操作対象となる映像やシーンが複数になると、複数の映像やシーンの中から操作対象となる映像やシーンを選択する操作が必要になる。 However, when the video or scene to be operated is more, it becomes necessary operation for selecting a plurality of images or scenes to be operated from within the video and scene. なお、以下では、1つの映像の複数のシーンも含めて「複数の映像」と記す。 In the following, including multiple scene of one of the video referred to as "a plurality of image".

特に、複数の映像が一覧で表示され、操作対象となる映像とシーク操作領域とが離れている場合は、シーク操作が煩雑になる。 In particular, a plurality of images are displayed in a list, if the video and seek operation area to be operated is away, the seek operation becomes complicated. すなわち、図12に示すように、操作対象となる映像の表示領域51とシーク操作領域52とが離れている場合は、映像を選択してからシーク操作領域へカーソルを大きく動かす必要がある。 That is, as shown in FIG. 12, when the display area 51 of the image subjected to the operation and seek operation area 52 are separated, it is necessary to move select the image increases the cursor to seek operation area.

このような操作の煩雑さを解決するためには、複数の映像が一覧で表示されている際に、操作対象となる映像の選択から連続的にシーク操作ができることが望ましい。 In order to solve the complexity of such operations, when a plurality of images are displayed in the list, that can continuously seek operations from the selection of the video to be operated desirable. また、映像選択からシーク操作に移る際に、複数の映像の関係性を視覚的に保ったままシーク操作が可能であることも重要な要件となる。 Also, when moving to seek operations from the video selection, it is also an important requirement that visually kept as-seek operation the relationship between the plurality of images are possible. つまり、映像選択からシーク操作が連続的であっても、選択された映像のみがフォーカスされると、他の映像との比較が困難になり、関係性が把握できなくなるという一覧性の制約が生じる。 That is, a seek operation from the video selection is a continuous, when only the image that is selected is focused, comparison with other image becomes difficult, resulting list of constraint that relationships can not be grasped .

この解決案の一つとして、映像が一覧で表示されている場合、図13に示すように、各映像に対してシーク操作領域52を配置することが考えられる。 One of the suggested solutions, when an image is displayed in a list, as shown in FIG. 13, it is conceivable to arrange the seek operation area 52 for each image. しかし、この方法によると、映像一つ一つのシーク操作領域52が小さくなってしまい、ヘッド位置の小さな変更が難しく、操作性の制約が生じる。 However, according to this method, will be the image one by one seek operation area 52 becomes small, it is difficult to small changes of the head position, the operation of the restriction occurs. また、一つ一つの映像にシーク操作領域52を設置することで、画面に一覧で表示できる映像数が減ってしまうという画面の制約が生じる。 Further, by installing a seek operation area 52 into one single image, restriction of the screen that the number of images will be decreased to show a list on the screen occurs.

本発明は、前記課題を解決するためになされたものであり、複数の映像をシーク操作する場合の負荷を軽減することができる映像再生制御装置、映像再生制御方法、及び映像再生制御プログラムを提供することを目的とする。 The present invention has been made to solve the above problems, image reproduction control apparatus which can reduce the load in the case of seek operations of the plurality of images, provides an image playback control method, and a video reproduction control program an object of the present invention is to.

前記目的を達成するため、第1の態様に係る発明は、複数の映像を再生制御する映像再生制御装置であって、サムネイルの選択により、シーク操作の対象となる映像を選択するシーク対象選択部と、操作対象となる映像のヘッド位置を読み出すヘッド位置読出部と、前記映像の表示領域におけるカーソルの移動開始と終了の座標と時間を取得する軌跡取得部と、前記映像の操作方式として線形軌跡方式または円形軌跡方式を選択する操作方式選択部と、前記線形軌跡方式が選択されている場合は前記カーソルの線形の軌跡に基づいて算出したシーク量で前記ヘッド位置から粗い時間粒度で前記映像をシークし、前記円形軌跡方式が選択されている場合は前記カーソルの円形の軌跡に基づいて算出したシーク量で前記ヘッド位置から細かい時間 To achieve the above object, the invention according to the first aspect is a video reproduction controller for reproducing controlling a plurality of video, the selection of a thumbnail, the seek target selection unit that selects an image to be seek operations When a head position reading section for reading the head position of the image to be operated on, the locus acquiring unit configured to acquire a moving start and end coordinates time of the cursor in the display area of ​​the image, the linear trajectory as the operation mode of the image an operation mode selecting unit for selecting a method or circular trajectory method, the image in the linear trajectory method coarse time granularity if selected from the head position in the seek amount calculated based on the locus of the linear of the cursor seek, the circular if the path type is selected fine time from the head position in the seek amount calculated based on the circular trajectory of the cursor 度で前記映像をシークするシーク部とを備えることを要旨とする。 And summarized in that and a seek unit seeking the image in degrees.

また、前記目的を達成するため、第2の態様に係る発明は、複数の映像を再生制御する映像再生制御方法であって、サムネイルの選択により、シーク操作の対象となる映像を選択するシーク対象選択ステップと、操作対象となる映像のヘッド位置を読み出すヘッド位置読出ステップと、前記映像の表示領域におけるカーソルの移動開始と終了の座標と時間を取得する軌跡取得ステップと、前記映像の操作方式として線形軌跡方式または円形軌跡方式を選択する操作方式選択ステップと、前記線形軌跡方式が選択されている場合は前記カーソルの線形の軌跡に基づいて算出したシーク量で前記ヘッド位置から粗い時間粒度で前記映像をシークし、前記円形軌跡方式が選択されている場合は前記カーソルの円形の軌跡に基づいて算出したシーク量 In order to achieve the above object, a seek target present invention according to the second embodiment is a video reproduction control method for reproducing controlling a plurality of video, the selection of a thumbnail, to select the video to be seek operations a selection step, and the head position reading step of reading the head position of the image to be operated on, the locus acquiring a movement start and end coordinates and time of the cursor in the display area of ​​the image, as an operation mode of the image an operation mode selection step of selecting a linear trajectory method or circular trajectory method, the linear trajectory scheme wherein if it is selected by the coarse time granularity from the head position in the seek amount calculated based on the locus of the linear of the cursor seek video, seek amount if the circular trajectory method is selected which is calculated based on the circular trajectory of the cursor 前記ヘッド位置から細かい時間粒度で前記映像をシークするシークステップとを備えることを要旨とする。 And summarized in that and a seek step of seeking the image in fine time granularity from the head position.

また、前記目的を達成するため、第3の態様に係る発明は、複数の映像を再生制御するための映像再生制御プログラムであって、サムネイルの選択により、シーク操作の対象となる映像を選択するシーク対象選択ステップと、操作対象となる映像のヘッド位置を読み出すヘッド位置読出ステップと、前記映像の表示領域におけるカーソルの移動開始と終了の座標と時間を取得する軌跡取得ステップと、前記映像の操作方式として線形軌跡方式または円形軌跡方式を選択する操作方式選択ステップと、前記線形軌跡方式が選択されている場合は前記カーソルの線形の軌跡に基づいて算出したシーク量で前記ヘッド位置から粗い時間粒度で前記映像をシークし、前記円形軌跡方式が選択されている場合は前記カーソルの円形の軌跡に基づいて算出 In order to achieve the above object, the invention according to a third aspect is the image reproduction control program for reproducing controlling a plurality of video, the selection of a thumbnail, to select the video to be seek operations and seek target selection step, and the head position reading step of reading the head position of the image to be operated on, the locus acquiring a movement start and end coordinates and time of the cursor in the display area of ​​the image, the operation of the video an operation mode selection step of selecting a linear trajectory method or circular trajectory method as a method, the linear trajectory method coarse time granularity from the head position in the seek amount calculated based on the linear locus of the cursor if is selected in seeking the image, if the circular trajectory method is selected calculated based on the circular trajectory of the cursor たシーク量で前記ヘッド位置から細かい時間粒度で前記映像をシークするシークステップとをコンピュータに実行させることを要旨とする。 Was the subject matter that a fine time granularity from the head position in the seek amount to execute a seek step of seeking the image to the computer.

本発明によれば、複数の映像をシーク操作する場合の負荷を軽減することができる映像再生制御装置、映像再生制御方法、及び映像再生制御プログラムを提供することが可能である。 According to the present invention, it is possible to provide video playback control apparatus which can reduce the load in the case of seek operations of the plurality of images, the video reproduction control method, and a video reproduction control program.

本発明の実施形態における映像再生制御装置の構成図である。 It is a block diagram of an image playback control apparatus according to an embodiment of the present invention. 本発明の実施形態における軌跡取得部の動作を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing the operation of the track acquiring unit according to an embodiment of the present invention. 本発明の実施形態におけるシーク対象選択部の動作を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing the operation of the seek target selecting unit according to an embodiment of the present invention. 本発明の実施形態における中心点座標とヘッド位置の説明図である。 It is an illustration of a center point coordinates and the head position in the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態におけるシーク部の動作を示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the operation of the seek unit according to an embodiment of the present invention. 本発明の実施形態におけるカーソル位置によるヘッド位置の変化量を示す図である。 It is a graph showing a change of the head position by the cursor position in the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態におけるカーソル座標の取得例を示す図である。 It is a diagram showing an example of obtaining cursor coordinates in an embodiment of the present invention. 本発明の実施形態におけるヘッド位置の変化量の計算例を示す図である。 It is a diagram showing a calculation example of a variation of the head position in the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態における線形軌跡方式を選択した場合の表示例を示す図である。 It is a diagram showing a display example when the user selects the linear trajectory method in an embodiment of the present invention. 本発明の実施形態における円形軌跡方式を選択した場合の表示例を示す図である。 In an embodiment of the present invention is a diagram showing a display example when the user selects the circular trajectory method. 操作対象となる映像が単体の場合の説明図である。 Be operated video is an explanatory view of a case alone. 操作対象となる映像が複数の場合の説明図である。 Be operated video is an explanatory view of a case of multiple. 各映像に対してシーク操作領域を配置した様子を示す図である。 It is a diagram showing a state of arranging the seek operation area for each image.

以下、本発明の実施の形態について図面を参照して詳細に説明する。 It will be described in detail with reference to the drawings, embodiments of the present invention.

図1は、本発明の実施形態における映像再生制御装置の構成図である。 Figure 1 is a block diagram of an image playback control apparatus according to an embodiment of the present invention. この映像再生制御装置は、サムネイル画像を表示し複数の映像を再生制御するPC等であって、図1に示すように、サムネイル情報記憶部11と、シーク対象選択部12と、ヘッド位置記憶部13と、ヘッド位置読出部14と、軌跡取得部15と、座標記憶部16と、シーク部18と、操作方式選択部19とを備えている。 The image reproduction control apparatus is a PC or the like for playback control a plurality of video displays a thumbnail image, as shown in FIG. 1, a thumbnail information storage unit 11, a seek target selecting unit 12, the head position storage unit 13, a head position reading section 14, the locus acquiring unit 15, a coordinate storing unit 16, and a seek unit 18, and an operation mode selection unit 19. 入力部20は、ユーザの操作を映像再生制御装置に入力する。 The input unit 20 inputs a user operation to the image playback control apparatus. 入力部20には、マウスやスタイラス、タブレットペン、タッチパネルなどを採用することができる。 The input unit 20 may employ a mouse or stylus, tablet pen, touch panel and the like. 軌跡取得部15は、入力部20からの情報に基づいてカーソルの座標等を取得し、座標記憶部16に記憶する。 Track acquiring unit 15 acquires the coordinates and the like of a cursor based on the information from the input unit 20 is stored in the coordinate storing unit 16. サムネイル情報記憶部11は、サムネイル番号とともにそのサムネイル領域の中心点座標をあらかじめ記憶している。 Thumbnail information storage unit 11 stores in advance the center point coordinates of the thumbnail area with thumbnail number. シーク対象選択部12は、サムネイル情報記憶部11に記憶された情報に基づいて、選択されたサムネイル領域を読み出し、そのサムネイル番号をヘッド位置読出部14に与える。 Seek target selecting unit 12, based on the information stored in the thumbnail data storage unit 11, reads the selected thumbnail area, gives the thumbnail number to the head position reading section 14. ヘッド位置記憶部13は、表示されているサムネイルの再生ヘッド位置(以下、単に「ヘッド位置」という。)、映像のID、サムネイルが担当する映像区間の開始時間と区間終了時間をサムネイル番号とともに記憶する。 Head position storage unit 13, reproduction head position of the thumbnails displayed (hereinafter, simply referred to as "head position".), The image of the ID, stored together with the thumbnail number start time and section end time of the video segment that thumbnail is responsible to. なお、複数の映像の再生ヘッド位置を記憶する場合には、映像のIDと各映像の先頭からの経過時間を記憶するか、複数の映像を1つにまとめその先頭からの経過時間を記憶することが考えられる。 In the case of storing the reproduction head position of the plurality of images, either stores the elapsed time from the start of ID and the image of the image, and stores the elapsed time from the head combine multiple images into one it is conceivable. ヘッド位置読出部14は、シーク対象選択部12からのサムネイル番号に対応するヘッド位置をヘッド位置記憶部13から読み込み、このヘッド位置をシーク部18に与える。 Head position reading section 14 reads the head position corresponding to the thumbnail number from the seek target selection unit 12 from the head position storage unit 13, giving the head position in the seek unit 18. 操作方式選択部19は、映像の操作方式として線形軌跡方式または円形軌跡方式を選択し、その選択結果をシーク部18に与える。 Operation mode selection unit 19 selects the linear trajectory method or circular trajectory method as an operation system of a video, and gives the selection result to the seek unit 18. シーク部18は、線形軌跡方式が選択されている場合は、カーソルの線形の軌跡に基づいて算出したシーク量でヘッド位置から粗い時間粒度で映像をシークする。 Seek unit 18, if a linear trajectory method is selected, to seek an image in a coarse time granularity from the head position in the seek amount calculated based on the locus of the linear cursor. 一方、円形軌跡方式が選択されている場合は、カーソルの円形の軌跡に基づいて算出したシーク量でヘッド位置から細かい時間粒度で映像をシークする。 On the other hand, if the circular trajectory method is selected, to seek an image with fine time granularity from the head position in the seek amount calculated based on the circular trajectory of the cursor. 表示部30は、シーク部18や操作方式選択部19からの情報を表示するディスプレイである。 Display unit 30 is a display for displaying information from the seek unit 18 and the operation mode selection unit 19.

図2は、軌跡取得部15の動作を示すフローチャートである。 Figure 2 is a flowchart showing the operation of the track acquiring unit 15. 以下、図2を用いて、軌跡取得部15の動作を詳細に説明する。 Hereinafter, with reference to FIG. 2, the operation of the track acquiring unit 15 in detail. まず、軌跡取得部15は、選択されたサムネイル領域内でカーソルが動いているかどうかを判断する(ステップS1→S2)。 First, the locus acquiring unit 15 determines whether the moving cursor within the selected thumbnail area (step S1 → S2). そして、カーソルが動き始めた座標を動作開始点として取得し、その動作開始点の座標と動作開始時刻を座標記憶部16に記憶する(ステップS3)。 Then, to get the coordinates cursor begins to move as an operation starting point, and stores the coordinates as the operation starting time of the operation start point coordinate storing section 16 (step S3). また、カーソルが止まると、その座標を動作終了点として取得し、その動作終了点の座標と動作終了時刻を座標記憶部16に記憶する(ステップS4→S6)。 Further, when the cursor stops, it acquires the coordinates as the operation end point, and stores the coordinates and the operation end time of the operation end point coordinate storing section 16 (Step S4 → S6). もし、選択されたサムネイル領域からカーソルが外れてしまった場合は、サムネイル領域から外れる直前の座標を動作終了点として取得する(ステップS5→S6)。 If, when come off the cursor from the selected thumbnail area, it acquires the coordinates immediately before departing from the thumbnail area as operation end point (step S5 → S6).

図3は、シーク対象選択部12の動作を示すフローチャートである。 Figure 3 is a flowchart showing the operation of the seek target selection unit 12. 以下、図3を用いて、シーク対象選択部12の動作を詳細に説明する。 Hereinafter, with reference to FIG. 3, the operation of the seek target selection unit 12 in detail. まず、シーク対象選択部12は、選択されたサムネイルの中心点座標をサムネイル情報記憶部11から読み込む(ステップS11→S12)。 First, the seek target selecting unit 12 reads the center point coordinates of the selected thumbnail from the thumbnail information storage unit 11 (step S11 → S12). そして、サムネイル領域の中心点座標とあらかじめ設定されたサムネイルの幅と高さから、サムネイル領域が画面上のどの位置に存在しているかを決定する(ステップS13)。 Then, the width and height of the thumbnail set in advance as the center point coordinates of the thumbnail area, to determine whether the thumbnail region is present at any position on the screen (step S13). 前述の軌跡取得部15は、このサムネイル領域の位置情報に基づいて、サムネイル領域内でカーソルが動いているかどうかを判定するようになっている。 Aforementioned track acquiring unit 15 based on the position information of the thumbnail area, so as to determine whether the moving cursor in the thumbnail area.

図4は、サムネイル領域の中心点座標とヘッド位置の説明図である。 Figure 4 is an illustration of a center point coordinates and the head position of the thumbnail area. すなわち、図4(a)に示すように、サムネイル領域の中心点座標は、表示部30の画面上におけるX座標及びY座標で表される。 That is, as shown in FIG. 4 (a), the center point coordinates of the thumbnail area is represented by X and Y coordinates on the screen of the display unit 30. このような中心点座標は、図4(b)に示すように、あらかじめサムネイル番号とともにサムネイル情報記憶部11が記憶している。 Such center point coordinates, as shown in FIG. 4 (b), the thumbnail information storage unit 11 together with the advance thumbnail number is stored. また、表示されているサムネイルのヘッド位置H1、H2、H3、・・・、サムネイルが生成された映像のID、サムネイルが担当する映像の区間開始時間St1、St2、St3、・・・、サムネイルが担当する映像の区間終了時間Et1、Et2、Et3、・・・は、図4(c)に示すように、サムネイル番号とともにヘッド位置記憶部13に記憶される。 The head position H1, H2, H3 of thumbnails displayed, · · ·, ID of the image thumbnail is generated, the section start time of the video thumbnail is responsible St1, St2, St3, · · ·, thumbnail section end time of the video to be responsible Et1, Et2, Et3, · · ·, as shown in FIG. 4 (c), is stored in the head position storage unit 13 together with the thumbnail number.

図5は、シーク部18の動作を示すフローチャートである。 Figure 5 is a flowchart showing the operation of the seek unit 18. 以下、図5を用いて、シーク部18の動作を詳細に説明する。 Hereinafter, with reference to FIG. 5, the operation of the seek unit 18 in detail. まず、シーク部18は、操作方式選択部19からの情報に基づいて、選択されている操作方式を判定する(ステップS21)。 First, the seek unit 18, based on information from the operation mode selecting section 19 determines the operation mode that has been selected (step S21). 次いで、ヘッド位置読出部14と座標記憶部16からの情報に基づいてヘッド位置の変化量を決定し、その変化量に基づいてヘッド位置を変更する(ステップS22→S24、ステップS23→S24)。 Then, to determine the variation of the head position based on the information from the head position reading section 14 and the coordinate storing unit 16, changes the head position based on the amount of change (step S22 → S24, step S23 → S24). 以下、ヘッド位置の変化量を決定する動作をさらに詳しく説明する。 Hereinafter will be described in more detail the operation of determining the amount of change in head position.

まず、線形軌跡方式が選択されている場合は、サムネイル領域上で基準となる軸(基準軸)にカーソルの軌跡を射影して変化量を決定する。 First, if a linear trajectory method is selected, it determines the amount of change by projecting the locus of the cursor to the axis (reference axis) as a reference on the thumbnail area. すなわち、基準軸に沿って直線的にカーソルの軌跡を描いた時の移動距離や移動速度、移動方向に対応してヘッド位置を変化させる。 That is, the moving distance and the moving speed when the locus of a linearly cursor along the reference axis, to change the head position in response to movement direction. 例えば、移動距離に対応してヘッド位置を変化させる場合、カーソルを基準軸に沿って直線的に大きく動かすと、大きくヘッド位置が変化する。 For example, when changing the head position in response to the moving distance and the cursor along the reference axis linearly increased movement, large head position changes. 逆に、カーソルを基準軸に対して斜めに動かすと、その移動距離に応じた変化量にはならず、基準軸方向の移動距離に応じた変化量となる。 Conversely, moving obliquely the cursor with respect to the reference axis, not the amount of change corresponding to the travel distance, the change amount corresponding to the movement distance of the reference axis direction. また、移動速度に対応してヘッド位置を変化させる場合、カーソルを素早く動かすとヘッド位置が大きく変化する。 Also, when changing the head position in response to the moving speed, the head position changes greatly when flicking the cursor. さらに、移動方向を考えた場合、カーソルを右に動かすと正再生方向にヘッド位置が変化し、カーソルを左に動かすと逆再生方向にヘッド位置が変化する。 Furthermore, when considering the direction of movement, the head position is changed when moving the cursor to the right in the positive direction of playback, the head position changes in the reverse playback direction Moving the cursor to the left.

一方、円形軌跡方式が選択されている場合は、サムネイル領域上で円形に動かされるカーソルの角速度、移動距離、回転数、回転方向に対応してヘッド位置を変化させる。 On the other hand, if the circular trajectory method is selected, the angular velocity of the cursor is moved in a circular on the thumbnail area, the moving distance, rotational speed, changing the head position in response to the direction of rotation. 例えば、角速度に対応してヘッド位置を変化させる場合、カーソルを素早く動かすとヘッド位置は大きく変化し、ゆっくり動かすとヘッド位置は小さく変化する。 For example, when changing the head position in response to the angular velocity, the head position is changed significantly when flicking the cursor slowly move the head position changes less. 移動距離に対応してヘッド位置を変化させる場合、弧の長さを元にしてヘッド位置を変化させる。 When changing the head position in response to movement distance, based on the length of the arc to change the head position. すなわち、同じ角度変化量ならば、カーソルで小さく円を描けばヘッド位置の変化は小さく、大きく円を描けばヘッド位置の変化は大きい。 That is, if the same angle variation, a change in head position if draw a small circle is small cursor, changes in head position be drawn greatly circle is large. 回転数に対応してヘッド位置を変化させる場合、回転数が多いほどヘッド位置の変化は大きく、回転数が少ないほどヘッド位置の変化は小さくなる。 When changing the head position in response to the rotational speed, increases the change in head position higher the rotational speed, the change in head position smaller the rotation speed becomes smaller. さらに、回転方向を考えた場合、カーソルを時計回りに動かすと正再生方向にヘッド位置が変化し、カーソルを反時計回りに動かすと逆再生方向にヘッド位置が変化する。 Furthermore, when considering the rotational direction, the head position is changed Moving the cursor clockwise in the positive direction of playback, the head position changes in the reverse playback direction moving the cursor counterclockwise.

図6は、カーソル位置によるヘッド位置の変化量を示す図である。 Figure 6 is a diagram showing a variation of the head position by the cursor position. (a)(b)は線形軌跡方式が選択されている場合、(c)(d)は円形軌跡方式が選択されている場合を示している。 (A) (b) If the linear trajectory method is selected, (c) (d) shows a case where a circular trajectory method is selected. (a)(c)では、カーソルの軌跡がサムネイル上で完結している。 In (a) (c), the locus of the cursor is completed on the thumbnail. 一方、(b)(d)では、カーソルの軌跡がサムネイル外に出てしまっている。 On the other hand, they've come out (b) in (d), the trajectory of the cursor is outside the thumbnail. カーソル軌跡がサムネイル外に出た時点で、カーソルの移動は終了と判定される。 When the cursor trajectory goes out of the thumbnail, movement of the cursor is determined as finished. そのため、カーソルの移動距離や移動速度が同じ場合でもヘッド位置の変化量に差が出ることを示している。 Therefore, the moving distance and the moving speed of the cursor indicates that the difference comes into the amount of change in head position even when the same.

図7は、カーソル座標の取得例を示す図である。 Figure 7 is a diagram showing an example of obtaining the cursor coordinates. ここでは、線形軌跡方式でカーソルがサムネイル上で動く場合とサムネイル外まで出てしまう場合を例示している。 Here, the cursor in a linear trajectory method is exemplified as otherwise out until when the thumbnail outer running on the thumbnail. 図7(a)では、カーソルの移動がサムネイル上で完結しているため、開始点座標には点pの座標(x1,y1)が記憶され、終了点座標には点qの座標(x2,y2)が記憶される。 In FIG. 7 (a), since the movement of the cursor is completed on the thumbnail, the starting point coordinates coordinates of the point p (x1, y1) is stored, the coordinates of the point q is the end point coordinates (x2, y2) is stored. また、同時にカーソルが点pにあった時間t1、点qにあった時間t2も記憶される。 Also, at the same time time t1 cursor was in the point p, and time was on the point q t2 storage. 一方、図7(b)では、カーソルの移動がサムネイル外に出ているため、開始点座標には点pの座標(x1,y1)が記憶されるが、終了点座標には点s(x4,y4)ではなく点rの座標(x3,y3)が記憶される。 On the other hand, in FIG. 7 (b), the the movement of the cursor is go out thumbnail, but the coordinates of the point p is the starting point coordinate (x1, y1) is stored, the point is the end point coordinates s (x4 , y4) rather than of the point r coordinates (x3, y3) are stored. また、同時にカーソルが点pにあった時間t1、点rにあった時間t3も記憶される。 Also, at the same time time t1 cursor was in the point p, even there the time t3 to the point r storage.

図8は、ヘッド位置の変化量の計算例を示す図である。 Figure 8 is a diagram showing a calculation example of a variation of the head position.

まず、線形軌跡方式の計算例を説明する。 First, the calculation example of the linear trajectory method. ここでは、ヘッド位置の変化量を左右方向の移動距離で決定するものとする。 Here, it is assumed to determine the variation of the head position movement distance in the lateral direction. すなわち、図8(a)に示すように、カーソルを直線的に動かした場合、カーソルの左右方向の移動距離lは、点p(x1,y1)と点q(x2,y2)のx座標を用いると次式のようになる。 That is, as shown in FIG. 8 (a), when linearly moving the cursor, the movement distance l in the lateral direction of the cursor, the x-coordinate of the point p (x1, y1) and point q (x2, y2) used becomes the following equation.

ヘッド位置の変化量Hは、H=αlとなる。 Variation H of the head position is a H = .alpha.l. αは、移動距離当たりのヘッド位置の変化量の比例係数である。 α is a proportionality coefficient of variation of the head position per travel distance. よって、変更されたヘッド位置H afterは、H after =H2+Hとなる。 Therefore, the head position H after that changed becomes H after = H2 + H.

次に、円形軌跡方式の計算例を説明する。 Next, a calculation example of a circular locus method. ここでは、ヘッド位置の変化量を角速度で決定するものとする。 Here, it is assumed to determine the variation of the head position at an angular velocity. すなわち、図8(b)に示すように、カーソルを円形に動かした場合の角速度ωを求めるには、中心点o(tx3,ty3)と点p(x1,y1)と点q(x2,y2)が作る角度θを求める必要があり、θは以下のように求められる。 That is, as shown in FIG. 8 (b), determine the angular velocity ω when you move the cursor to a circle, the center point o (tx3, ty3) and the point p (x1, y1) and point q (x2, y2 ) is it is necessary to obtain an angle theta to make, theta is determined as follows.

これにより、角速度ωは次のように求められる。 As a result, the angular velocity ω is determined in the following manner.

ヘッド位置の変化量Hは、H=βωとなる。 Variation H of the head position is a H = βω. βは、角速度当たりのヘッド位置の変化量の比例係数である。 β is a proportionality coefficient of variation of the head position per angular velocity. よって、変更されたヘッド位置H afterは、H after =H3+Hとなる。 Therefore, the head position H after that changed becomes H after = H3 + H.

次に、円形軌跡方式の別の計算例を説明する。 Next, another example of calculation of the circular trajectory method. ここでは、ヘッド位置の変化量を回転数で決定するものとする。 Here, it is assumed to determine the amount of change in the head position in the rotational speed. すなわち、図8(c)に示すように、点pを始点にして、カーソルが描く軌跡の回転数を計算する。 That is, as shown in FIG. 8 (c), and the point p to the start point, to calculate the rotational speed of the locus drawn by the cursor. カーソルが描く軌跡の回転数を計算するために、点pが始点となったときの基準の角度φを求める。 To calculate the rotational speed of the locus drawn by the cursor, determining the angle φ of the reference when the point p becomes the starting point. この基準角度から±2πとなる毎にヘッド位置を変更する。 To change the head position for each the ± 2 [pi from the reference angle. 中心点Oと点pによる角度φは次のように求められる。 The angle φ by the center point O and the point p is determined as follows.

そして、カーソルが動いている間の中心点Oと点qによる角度ψは次のように求められる。 Then, the angle ψ according to the center point O and the point q of while moving cursor is determined as follows.

ここから、φとψの差が2πの倍数のとき、カーソルの軌跡は回転していると言える。 Here, when the difference between φ and ψ is a multiple of 2 [pi, the trajectory of the cursor can be said to be rotating. そのため、回転数nは次のように計算することができる。 Therefore, the rotational speed n can be calculated as follows.

そして、nが0以外の整数であるとき、つまり時計回り、反時計回りのどちらかに一回転以上したときに、ヘッド位置変化量Hは、H=βωと求めることができる。 Then, when n is an integer other than 0, that is clockwise, when the one rotation or more in either counterclockwise, the head position change amount H can be calculated as H = βω. βは、角速度当たりのヘッド位置の変化量の比例係数である。 β is a proportionality coefficient of variation of the head position per angular velocity. よって、変更されたヘッド位置H afterは、H after =H4+Hとなる。 Therefore, the head position H after that changed becomes H after = H4 + H.

ここで、適切な比例係数α、βを設定することで、ユーザが求める時間粒度に応じてヘッド位置を変更することができる。 Here, an appropriate proportional coefficient alpha, by setting the beta, it is possible to change the head position in accordance with the time granularity desired by the user. 例えば、比例係数αを秒単位、比例係数βを2フレーム単位とする。 For example, the proportional coefficient α to seconds, the proportionality coefficient β to 2 frames. これにより、線形軌跡方式では、粗い時間粒度でシークを実現することができ、円形軌跡方式では、細かい時間粒度でシークを実現することができるため、直感的なシーク操作が可能となる。 Thus, in the linear trajectory method, it is possible to realize a seek coarse time granularity, the circular trajectory method, it is possible to realize a seek a fine time granularity, allows intuitive seek operation. すなわち、カーソルを移動させる領域が制限されている状況では、時間粒度が大きく求められる場合がある。 That is, in a situation where a region for moving the cursor is limited, there is a case where the time granularity is determined largely. この場合、短い距離のカーソル移動で大きくシーク可能であると、おおまかにヘッド位置を調整することができる。 In this case, it is large can seek a short distance of the cursor movement, it can be adjusted roughly head position. 逆に、カーソルの移動領域が制限されているため、時間粒度が小さく求められる場合もある。 Conversely, the movement area of ​​the cursor is limited, there is a case where the time granularity is determined small. この場合、長い距離のカーソル移動でも小さくシーク可能であると、細かくヘッド位置を調整することができる。 In this case, if it is smaller it can seek in a long distance of the cursor movement may be adjusted finely head position. このように、時間粒度に応じて適切な比例係数α、βを設定することで、ユーザの直感的なシーク操作を支援する。 Thus, an appropriate proportional coefficient in accordance with the time granularity alpha, by setting the beta, to support intuitive seek operation of the user.

また、サムネイルの担当する映像区間は区間開始時間Stと区間終了時間Etで計算が可能である。 The video section in charge of thumbnail is possible to calculate the interval start time St and section end time Et. そのため、映像中のサムネイルが切り替わる付近でのシーク操作時に、ヘッド位置を区間終了時間Etまでシークするか、次のサムネイルが担当する区間を考慮して求めたヘッド位置変化量Hの分だけシークすることも考えられる。 Therefore, when a seek operation in the vicinity of the thumbnail in the video is switched, or seek a head position to the section end time Et, for dividing only seek head position variation H determined in consideration of the section where the next thumbnail is responsible it is also conceivable. これにより,ユーザの求める挙動に応じて、切り替わり点付近でのシーク方法を変更できる。 Thus, according to the behavior desired by the user can modify the seek method in the vicinity of switching point.

また、マウスやタブレットペンなど、ボタン操作をしながら軌跡を描くことが可能な機器を入力部20として採用した場合は、移動終了をクリックボタンのon/offで判定する方法も考えられる。 In addition, such as a mouse or tablet pen, in the case of adopting an instrument that can draw a trajectory as the input unit 20 while the button operation, a method for determining in the on / off click buttons to move the end may be considered. つまり、サムネイル領域の外にカーソルが出てしまった場合でも、クリックボタンがonの間はシーク操作を続けるということである。 In other words, even if the cursor is shifted out of the thumbnail area, between click button is on is that continue to seek operation. これにより、さらに直感的なシーク操作が可能になる。 This enables more intuitive seek operation.

図9は、線形軌跡方式が選択されている場合の表示例であり、図10は、円形軌跡方式が選択されている場合の表示例である。 Figure 9 is a display example when the linear trajectory method is selected, FIG. 10 is a display example when the circular trajectory method is selected. これらの図に示すように、表示部30は、操作対象となるサムネイル31の一覧、タイムスライダ32、再生ヘッド33、カーソルの軌跡などを表示している。 As shown in these figures, the display unit 30, a list of thumbnails 31 to be operated, the time slider 32, the reproducing head 33, and displaying a trajectory of the cursor. ユーザは、ラジオボタン36を使うことで所望の操作方式を選択することができる。 The user can select a desired mode of operation by using the radio button 36. どちらの方式でも、カーソル操作の目安として、選択された操作方式のガイドラインがサムネイル上に表示される。 Both methods as a guide for a cursor operation, guidelines of the selected mode of operation is displayed on the thumbnail. すなわち、線形軌跡方式が選択されている場合は、図9に示すように、サムネイル上に直線のガイドライン35が表示される。 That is, when the linear trajectory method is selected, as shown in FIG. 9, is displayed linearly guidelines 35 on the thumbnail. 一方、円形軌跡方式が選択されている場合は、図10に示すように、サムネイル上に円形のガイドライン35が表示される。 On the other hand, if the circular trajectory method is selected, as shown in FIG. 10, a circular guideline 35 is displayed on the thumbnail. このガイドライン35上を沿わせるようにカーソルの軌跡を描くことで、サムネイル領域が狭い場合でも、直感的にスムーズな再生位置の変更を可能にする。 By the locus of the cursor so that along the guideline 35 on, even if the thumbnail area is narrow, intuitively to allow changes in smooth playback position. また、現在選択されている操作方式をユーザへ視覚的に提示することができるので、操作ミスを防ぐ効果もある。 Further, since the currently selected operation mode can be visually presented to the user, there is also an effect to prevent operation errors.

以上のように、本発明の実施形態における映像再生制御装置によれば、複数の映像をシーク操作する場合の負荷を軽減することが可能である。 As described above, according to the image reproduction control apparatus according to an embodiment of the present invention, it is possible to reduce the load in the case of seek operations of the plurality of images. すなわち、複数の映像の各表示領域上のカーソルの軌跡に基づいて、その表示領域に表示される映像を送る速度を変更するようにしている。 In other words, so that on the basis of the trajectory of the cursor on the display regions of a plurality of images, to change the speed for sending the image displayed on the display area. これにより、複数の映像を並行してシークする場合でも操作が煩雑になることを防止することができる。 This makes it possible to operate even when you are seeking in parallel a plurality of video is prevented from becoming complicated. また、早い速度で再生の制御を行う線形軌跡方式と遅い速度で再生の制御行う円形軌跡方式の両方を備えている。 Also it includes both circular trajectory system for performing control of reproduction in a linear trajectory method and the slow speed for controlling the reproduction at a high speed. これにより、2つの操作方式をユーザが切り替えることができるので、操作効率がよく、直感的なシーク操作が可能となる。 Thus, since the two modes of operation the user can switch the operation efficient, enabling intuitive seek operation.

11…サムネイル情報記憶部 12…シーク対象選択部 13…ヘッド位置記憶部 14…ヘッド位置読出部 15…軌跡取得部 16…座標記憶部 18…シーク部 19…操作方式選択部 20…入力部 30…表示部 11 ... thumbnail information storage unit 12 ... a seek target selecting unit 13 ... head position storage unit 14 ... head position reading section 15 ... track acquiring unit 16 ... coordinate storage unit 18 ... seek unit 19 ... operation mode selection unit 20 ... input section 30 ... display unit

Claims (3)

  1. 複数の映像を再生制御する映像再生制御装置であって、 A video reproduction controller for reproducing controlling a plurality of images,
    サムネイルの選択により、シーク操作の対象となる映像を選択するシーク対象選択部と、 The selection of a thumbnail, and the seek target selection unit that selects an image to be seek operation,
    操作対象となる映像のヘッド位置を読み出すヘッド位置読出部と、 A head position reading section for reading the head position of the image to be operated,
    前記映像の表示領域におけるカーソルの移動開始と終了の座標と時間を取得する軌跡取得部と、 A track acquiring unit that acquires movement start and end coordinates time of the cursor in the display area of ​​the image,
    前記映像の操作方式として線形軌跡方式または円形軌跡方式を選択する操作方式選択部と、 An operation mode selecting unit for selecting a linear trajectory method or circular trajectory method as the operation mode of the image,
    前記線形軌跡方式が選択されている場合は前記カーソルの線形の軌跡に基づいて算出したシーク量で前記ヘッド位置から粗い時間粒度で前記映像をシークし、前記円形軌跡方式が選択されている場合は前記カーソルの円形の軌跡に基づいて算出したシーク量で前記ヘッド位置から細かい時間粒度で前記映像をシークするシーク部と、 The linear if the trajectory method is selected seeks the image in a coarse time granularity from the head position in the seek amount calculated based on the locus of the linear of the cursor, if the circular trajectory method is selected a seek unit seeking the image in fine time granularity from the head position in the seek amount calculated based on the circular trajectory of the cursor,
    を備えることを特徴とする映像再生制御装置。 Image reproduction control apparatus comprising: a.
  2. 複数の映像を再生制御する映像再生制御方法であって、 A video reproduction control method for reproducing controlling a plurality of images,
    サムネイルの選択により、シーク操作の対象となる映像を選択するシーク対象選択ステップと、 The selection of a thumbnail, and seek target selection step of selecting an image to be seek operation,
    操作対象となる映像のヘッド位置を読み出すヘッド位置読出ステップと、 A head position reading step of reading the head position of the video to be operated,
    前記映像の表示領域におけるカーソルの移動開始と終了の座標と時間を取得する軌跡取得ステップと、 A track acquiring step of acquiring a movement start and end coordinates time of the cursor in the display area of ​​the image,
    前記映像の操作方式として線形軌跡方式または円形軌跡方式を選択する操作方式選択ステップと、 An operation mode selection step of selecting a linear trajectory method or circular trajectory method as the operation mode of the image,
    前記線形軌跡方式が選択されている場合は前記カーソルの線形の軌跡に基づいて算出したシーク量で前記ヘッド位置から粗い時間粒度で前記映像をシークし、前記円形軌跡方式が選択されている場合は前記カーソルの円形の軌跡に基づいて算出したシーク量で前記ヘッド位置から細かい時間粒度で前記映像をシークするシークステップと、 The linear if the trajectory method is selected seeks the image in a coarse time granularity from the head position in the seek amount calculated based on the locus of the linear of the cursor, if the circular trajectory method is selected a seek step of seeking the image in fine time granularity from the head position in the seek amount calculated based on the circular trajectory of the cursor,
    を備えることを特徴とする映像再生制御方法。 Image reproduction control method characterized by comprising a.
  3. 複数の映像を再生制御するための映像再生制御プログラムであって、 A video reproduction control program for reproducing controlling a plurality of images,
    サムネイルの選択により、シーク操作の対象となる映像を選択するシーク対象選択部ステップと、 The selection of a thumbnail, and the seek target selecting unit selecting an image to be seek operation,
    操作対象となる映像のヘッド位置を読み出すヘッド位置読出ステップと、 A head position reading step of reading the head position of the video to be operated,
    前記映像の表示領域におけるカーソルの移動開始と終了の座標と時間を取得する軌跡取得ステップと、 A track acquiring step of acquiring a movement start and end coordinates time of the cursor in the display area of ​​the image,
    前記映像の操作方式として線形軌跡方式または円形軌跡方式を選択する操作方式選択ステップと、 An operation mode selection step of selecting a linear trajectory method or circular trajectory method as the operation mode of the image,
    前記線形軌跡方式が選択されている場合は前記カーソルの線形の軌跡に基づいて算出したシーク量で前記ヘッド位置から粗い時間粒度で前記映像をシークし、前記円形軌跡方式が選択されている場合は前記カーソルの円形の軌跡に基づいて算出したシーク量で前記ヘッド位置から細かい時間粒度で前記映像をシークするシークステップと、 The linear if the trajectory method is selected seeks the image in a coarse time granularity from the head position in the seek amount calculated based on the locus of the linear of the cursor, if the circular trajectory method is selected a seek step of seeking the image in fine time granularity from the head position in the seek amount calculated based on the circular trajectory of the cursor,
    をコンピュータに実行させるための映像再生制御プログラム。 Image reproduction control program for causing a computer to execute the.
JP2011144272A 2011-06-29 2011-06-29 Image reproduction control device, image reproduction control method and image reproduction control program Withdrawn JP2013012036A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011144272A JP2013012036A (en) 2011-06-29 2011-06-29 Image reproduction control device, image reproduction control method and image reproduction control program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2011144272A JP2013012036A (en) 2011-06-29 2011-06-29 Image reproduction control device, image reproduction control method and image reproduction control program

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2013012036A true JP2013012036A (en) 2013-01-17

Family

ID=47685870

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011144272A Withdrawn JP2013012036A (en) 2011-06-29 2011-06-29 Image reproduction control device, image reproduction control method and image reproduction control program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2013012036A (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2016035369A1 (en) * 2014-09-05 2016-03-10 オリンパス株式会社 Data playback device, method for controlling data playback device and recording medium having control program recorded thereon
JP1568793S (en) * 2016-04-27 2017-02-06
JP2017130816A (en) * 2016-01-20 2017-07-27 ヤフー株式会社 Information display program, information display device, information display method, and distribution device
WO2018199052A1 (en) * 2017-04-25 2018-11-01 パナソニック インテレクチュアル プロパティ コーポレーション オブ アメリカ Image display method and image display device

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2016035369A1 (en) * 2014-09-05 2016-03-10 オリンパス株式会社 Data playback device, method for controlling data playback device and recording medium having control program recorded thereon
CN105917640A (en) * 2014-09-05 2016-08-31 奥林巴斯株式会社 Data playback device, method for controlling data playback device and recording medium having control program recorded thereon
JP6091662B2 (en) * 2014-09-05 2017-03-08 オリンパス株式会社 Data reproducing apparatus, a recording medium for recording a control method and a control program of the data reproducing apparatus
US10049703B2 (en) 2014-09-05 2018-08-14 Olympus Corporation Data reproduction apparatus, control method for data reproduction apparatus, and recording medium storing control program
JP2017130816A (en) * 2016-01-20 2017-07-27 ヤフー株式会社 Information display program, information display device, information display method, and distribution device
JP1568793S (en) * 2016-04-27 2017-02-06
WO2018199052A1 (en) * 2017-04-25 2018-11-01 パナソニック インテレクチュアル プロパティ コーポレーション オブ アメリカ Image display method and image display device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6077685B2 (en) Device to move the current position in the content at a variable scrub rate, methods, and graphical user interface
CN101341457B (en) Methods and systems for enhancing television applications using 3d pointing
JP5968788B2 (en) Method and apparatus for providing a plurality of application information
US7030872B2 (en) Image data editing
JP5982369B2 (en) Folder management method and apparatus in a touch-sensitive device
AU2010241911C1 (en) Directional touch remote
US7480864B2 (en) Zoom editor
US7853895B2 (en) Control of background media when foreground graphical user interface is invoked
CN101650634B (en) Display apparatus and display method
CN201181467Y (en) Hand-hold mobile communicating device
JP6046126B2 (en) Multi-application environment
US9158445B2 (en) Managing an immersive interface in a multi-application immersive environment
US20080066135A1 (en) Search user interface for media device
JP5968912B2 (en) Touch display apparatus and a display method thereof
US20090132921A1 (en) User interface for displaying and playing multimedia contents, apparatus comprising the same, and control method thereof
US9032299B2 (en) Tool for grouping media clips for a media editing application
EP2682853A2 (en) Mobile device and operation method control available for using touch and drag
CN101322112B (en) Icon bar display for video editing system
US8760418B2 (en) Display control apparatus, display control method and display control program
JP3812274B2 (en) Recording medium for recording a video access unit and the video access program
CN102934066B (en) The method of interacting with gestures
EP2530677A2 (en) Method and apparatus for controlling a display of multimedia content using a timeline-based interface
US8527879B2 (en) Digital media editing interface using a supercursor for selecting media clips for editing
US8341544B2 (en) Scroll bar with video region in a media system
JP4533791B2 (en) Information browsing device

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20140902