JP2012519031A - Spinal rod system and method of use - Google Patents

Spinal rod system and method of use Download PDF

Info

Publication number
JP2012519031A
JP2012519031A JP2011552155A JP2011552155A JP2012519031A JP 2012519031 A JP2012519031 A JP 2012519031A JP 2011552155 A JP2011552155 A JP 2011552155A JP 2011552155 A JP2011552155 A JP 2011552155A JP 2012519031 A JP2012519031 A JP 2012519031A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
spinal rod
section
compartment
thickness
intermediate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2011552155A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
トリュ,ハイ・エイチ
Original Assignee
ウォーソー・オーソペディック・インコーポレーテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US12/394,362 priority Critical
Priority to US12/394,362 priority patent/US20100222820A1/en
Application filed by ウォーソー・オーソペディック・インコーポレーテッド filed Critical ウォーソー・オーソペディック・インコーポレーテッド
Priority to PCT/US2010/025409 priority patent/WO2010099316A1/en
Publication of JP2012519031A publication Critical patent/JP2012519031A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/56Surgical instruments or methods for treatment of bones or joints; Devices specially adapted therefor
    • A61B17/58Surgical instruments or methods for treatment of bones or joints; Devices specially adapted therefor for osteosynthesis, e.g. bone plates, screws, setting implements or the like
    • A61B17/68Internal fixation devices, including fasteners and spinal fixators, even if a part thereof projects from the skin
    • A61B17/70Spinal positioners or stabilisers ; Bone stabilisers comprising fluid filler in an implant
    • A61B17/7001Screws or hooks combined with longitudinal elements which do not contact vertebrae
    • A61B17/7002Longitudinal elements, e.g. rods
    • A61B17/7019Longitudinal elements having flexible parts, or parts connected together, such that after implantation the elements can move relative to each other
    • A61B17/7026Longitudinal elements having flexible parts, or parts connected together, such that after implantation the elements can move relative to each other with a part that is flexible due to its form
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/56Surgical instruments or methods for treatment of bones or joints; Devices specially adapted therefor
    • A61B17/58Surgical instruments or methods for treatment of bones or joints; Devices specially adapted therefor for osteosynthesis, e.g. bone plates, screws, setting implements or the like
    • A61B17/68Internal fixation devices, including fasteners and spinal fixators, even if a part thereof projects from the skin
    • A61B17/70Spinal positioners or stabilisers ; Bone stabilisers comprising fluid filler in an implant
    • A61B17/7001Screws or hooks combined with longitudinal elements which do not contact vertebrae
    • A61B17/7002Longitudinal elements, e.g. rods
    • A61B17/7004Longitudinal elements, e.g. rods with a cross-section which varies along its length
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/56Surgical instruments or methods for treatment of bones or joints; Devices specially adapted therefor
    • A61B17/58Surgical instruments or methods for treatment of bones or joints; Devices specially adapted therefor for osteosynthesis, e.g. bone plates, screws, setting implements or the like
    • A61B17/68Internal fixation devices, including fasteners and spinal fixators, even if a part thereof projects from the skin
    • A61B17/70Spinal positioners or stabilisers ; Bone stabilisers comprising fluid filler in an implant
    • A61B17/7001Screws or hooks combined with longitudinal elements which do not contact vertebrae
    • A61B17/7002Longitudinal elements, e.g. rods
    • A61B17/7019Longitudinal elements having flexible parts, or parts connected together, such that after implantation the elements can move relative to each other
    • A61B17/7031Longitudinal elements having flexible parts, or parts connected together, such that after implantation the elements can move relative to each other made wholly or partly of flexible material
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B90/00Instruments, implements or accessories specially adapted for surgery or diagnosis and not covered by any of the groups A61B1/00 - A61B50/00, e.g. for luxation treatment or for protecting wound edges
    • A61B90/03Automatic limiting or abutting means, e.g. for safety
    • A61B2090/033Abutting means, stops, e.g. abutting on tissue or skin
    • A61B2090/034Abutting means, stops, e.g. abutting on tissue or skin abutting on parts of the device itself

Abstract

A vertebral rod includes a first elongated section defining a first thickness. A second elongated section defines a second thickness. An intermediate section is disposed between the first section and the second section and defines a third thickness. The third thickness has a dimension being less than a dimension of at least one of the first thickness and the second thickness. The intermediate section has an inner surface that defines an open end. A resistance member has an exterior surface configured for engaging at least a portion of the inner surface.

Description

変性椎間板疾患、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症、脊椎すべり症、狭窄、脊柱側弯症、および他の湾曲異常、脊柱後弯症、腫瘍ならびに骨折のような脊椎障害は、外傷、病気、および負傷や加齢に起因する体調の変性を含む要因によって生じうる。 Degenerative disc disease, disc herniation, osteoporosis, spondylolisthesis, stenosis, scoliosis and other curvature abnormalities, kyphosis, tumor and spinal disorders, such as fractures, trauma, disease, and due to injury or aging It can be caused by factors including the modification of the physical conditions to. 脊椎障害は典型的に、疼痛、神経損傷、および可動性の部分的または完全な喪失を含む症状をもたらす。 Spinal disorders typically result in pain, nerve damage, and symptoms including movable partial or complete loss of.

薬物治療、リハビリテーション、およびエクササイズのような非外科的な治療は有効でありうるが、これらの障害に関連する症状を取り除くことには失敗しうる。 Medication, rehabilitation, and non-surgical treatments, such as exercise can be effective, but may fail to remove the symptoms associated with these disorders. これらの脊椎障害の外科的な治療は、椎間板切除術、椎弓切除術、固定術、および埋め込み型人工装具を含む。 Surgical treatment of these spinal disorders include discectomy, laminectomy, fusion, and the implantable prosthesis. これらの外科的治療の一部として、治療部位に安定性を提供するために、脊椎ロッドのような接続要素がしばしば用いられる。 As part of these surgical treatments, in order to provide stability to the treatment site, connecting elements such as spinal rods are often used. 外科的治療の間、1つまたは複数のロッドが、二または複数の脊椎部分の外部に取り付けられうる。 During surgical treatment, one or more rods can be attached to the outside of the two or more vertebral portions.

ロッドは、適切なアライメントを回復するために治療が行われている間、損傷を受けたまたは欠陥のある部位から離れた方向に圧力を向け直し、かつ、一般的に脊椎部をサポートする。 Rod, while being conducted treatment in order to restore proper alignment, redirecting the pressure in a direction away from the site of the receiving or defective injury, and generally support the spine. いくつかの応用において、ロッドは、インプラントや脊椎固定術を使用することなく、脊椎部分に取り付けられる。 In some applications, the rods, without the use of implants or spinal fusion, attached to the spine portion. 脊椎動作部分の脊椎の動きを限定することが可能である柔軟性のある接続要素も知られている。 Connecting element with a flexible it is possible to limit the movement of the spine of the spinal motion part are also known. そうした柔軟性のある接続要素は、動的な脊椎のサポートを提供することが可能である。 Connecting elements that such flexibility is possible to provide support for dynamic spine. 従来の接続要素が効果的な脊椎の安定化を提供しようと試みてきた一方で、力に対して動的に安定化する抵抗を与え、脊柱部分および接続要素の構造統合性を効果的に安定化しながら、屈曲と伸張における脊柱部分の動きを可能にする、接続要素の必要が依然として存在する。 While conventional connecting elements have attempted to provide a stabilizing effective spine, giving the dynamically stabilized resistance to force, effectively stabilize the structure integrity of the spine portion and the connecting element turned into while, to allow movement of the spine in extension and flexion, it requires connecting element is still present.

それ故に、脊椎要素への圧力を減少させると同時に安定性を与える、屈曲および伸張の能力を持った動的な脊椎ロッドシステムを提供することが望ましい。 Therefore, providing at the same time stability decreasing the pressure to the spine element, it is desirable to provide a dynamic spinal rod systems with the ability of flexion and extension. 望ましくは、脊椎ロッドシステムは、脊椎ロッドにおける動きおよび圧力に対する抵抗を与える抵抗部材を含む。 Preferably, the spinal rod system includes a resistance member that provides resistance to movement and pressure in the spinal rod. 最も望ましくは、脊椎ロッドシステムは、動きおよび圧力に対して抵抗する、引張要素を含む。 Most desirably, the spinal rod system resistance to movement and pressure, including pulling element. 非常に望ましくは、ロッドの剛性、システムの可動域および疲労強度のような特性は、調整可能である。 Highly desirably, properties such as range of motion and fatigue strength of the stiffness of the system the rod is adjustable.

したがって、脊椎要素への圧力を減少させながら、安定性を提供する、屈曲および伸張の能力を有する動的な脊椎ロッドシステムが提供される。 Thus, while reducing the pressure to the spine element, to provide stability, dynamic spinal rod systems having a capability of bending and stretching is provided. 望ましくは、脊椎ロッドシステムは脊椎ロッドへの動きおよび圧力に対する抵抗を与える抵抗部材を含む。 Preferably, the spinal rod system includes a resistance member that provides resistance to movement and pressure to the spinal rod. 脊椎ロッドシステムは動きおよび圧力に抵抗する引張要素を含むことが意図されている。 Spinal rod system is intended to include a tensile element to resist motion and pressure. さらに、脊椎ロッドシステムのロッドの剛性、可動域、および疲労強度のような特性は調整可能であることも意図されている。 Furthermore, it is also contemplated that the rigidity of the rod of a spinal rod system, range of motion, and properties such as fatigue strength is adjustable. 開示されるシステムは、後方、前方および/または側方の動的な安定化デバイスとして利用できると想定される。 The disclosed system, rear, is envisaged to be available as a dynamic stabilization device of the front and / or side. 脊椎ロッドシステムの構成要素は、容易に製造され、組み立てられる。 Components of the vertebral rod system may be easily manufactured and assembled.

1つの実施形態において、脊椎ロッドシステムは、屈曲および伸張の能力を持った動的な脊椎ロッドおよび使用方法を含む。 In one embodiment, the spinal rod system includes a dynamic spinal rods and methods of use with the ability of flexion and extension. 脊椎ロッドは、比較的柔軟性を持った中間区画によって分離される、上部および下部区画を含む。 Spinal rod is separated by an intermediate partition having a relatively flexible, including upper and lower compartments. 中間区画は、1つ以上の部材を含み、上部および下部区画よりも大きな柔軟性を提供するための様々な構成を有しうる。 Intermediate section includes one or more members may have a variety of configurations to provide greater flexibility than the upper and lower compartments. 弾力的な抵抗部材は、中間区画内に置かれうる。 Resilient resistance member may be placed in the intermediate compartment. 中間区画および/または弾力的な抵抗部材は、上部および下部区画が運動する間、可変の抵抗を与える。 Intermediate section and / or resilient resistance member, while the upper and lower compartments to movement, providing a variable resistor.

代替の実施形態において、抵抗は、上部および下部区画が第1の配向から第2の配向へと動くにつれて増加し、当該区画に屈曲および/または伸張として加えられる負荷または力を含みうる。 In an alternative embodiment, the resistance increases as the upper and lower sections move to the second orientation from the first orientation, it may include load or force exerted as flexion and / or extension in the compartment. 別の実施形態において、上部および下部区画の運動の範囲は制限される。 In another embodiment, the range of motion of the upper and lower compartments is limited. ロッドは、金属、ポリマー、セラミックスおよび/またはそれらの複合材を含む様々な材料から作ることができる。 Rods may be made from a variety of materials, including metals, polymers, ceramics and / or composites thereof. 弾性的な抵抗部材は、シリコーン、ポリウレタン、シリコーンポリウレタン、高分子ゴムおよびハイドロゲルを含む、様々なポリマーから作ることができる。 Elastic resistance member comprises silicone, polyurethane, silicone polyurethane, a polymeric rubber and hydrogel can be made of various polymers.

別の実施形態において、ロッドは、ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)、PEK、カーボンPEEK複合材、PEEK−BaSO のような熱可塑性樹脂から形成され、ポリウレタンのバンパーを入れた、湾曲した柔軟性のある中間区画を有する。 In another embodiment, the rod, polyetheretherketone (PEEK), PEK, carbon PEEK composite is formed from a thermoplastic resin such as PEEK-BaSO 4, was placed bumper polyurethane, curved flexible having some intermediate compartment. PEEKロッドの上部および下部区画は、断面が楕円形または円形でありうる。 Upper and lower compartments of PEEK rod cross-section may be oval or circular. 中間区画はC字型で、中間区画の開口端の近くに接続された上部および下部区画を有するので、ロッド全体の長さは脊椎の屈曲時に増大し、脊椎の伸張時に減少する。 Middle section is C-shaped, because it has a connected upper and lower sections near the open end of the intermediate section, the overall length of the rod increases during flexion of the spine, decreased during elongation of the spine.

別の代替の実施形態において、ケーブル、テザー、スリーブおよび/またはジャケットのような引張バンドが、脊椎の伸張時の中間区画への動きおよび圧力を制限するよう、上部および下部区画を接続するために使用されうる。 In another alternative embodiment, the cable, tether, tensile bands like sleeves and / or jacket, so as to limit the movement and pressure to the intermediate compartment at the time of stretching of the spine, to connect the upper and lower compartments It can be used. ロッドの剛性、可動域および疲労強度は調整可能とすることができる。 Rigidity of the rod, range of motion and fatigue strength can be adjustable. ロッドの構成および材料における他の変形もまた、同様の屈曲伸張能力を達成するために意図されている。 Other variations in the configuration and material of the rods are also intended to achieve similar flexion extension capability.

1つの実施形態において、脊椎ロッドは、PEEK材料を用いる射出成形およびバンパーにポリウレタン材料を用いる射出成形を介して製造されることができる。 In one embodiment, the spinal rod can be manufactured through injection molding using the polyurethane material in the injection molding and bumpers using PEEK material. 組み立ては、ロッドへのバンパーの挿入を含む。 Assembly, including the insertion of the bumper to the rod.

代替の実施形態において、中間区画は、その剛性またはコンプライアンスを調節または変更するように修し、それによってロッドの同様の特性を変更してもよい。 In an alternative embodiment, the intermediate compartment is Master to modulate or change the stiffness or compliance, thereby may change the similar characteristics of the rod. そうした修正は、ロッドの断面の厚さを修正すること、ロッドの特定の断面の外形または輪郭を修正すること、ロッドの表面に、波型模様(または山/谷)、溝、隆起、うね、あぜのような特定のパターンを画定すること、ロッドに熱処理を加えること、引張バンド、テザーまたはケーブルによってロッドの抵抗の強化を増大させることを含むことができる。 Such modifications, modifying the thickness of the cross section of the rod, to modify the outer shape or contour of a particular cross-section of the rod, the surface of the rod, corrugated pattern (or peaks / valleys), grooves, ridges, ridges It may include define a specific pattern, such as a ridge, the heat treatment to the rod, tension bands, increasing the reinforcement rods of the resistance by the tether or cable. バンパーは、円筒形、球形、長方形もしくは他の規則的または不規則な形状といった、様々な寸法または形状であることが意図されている。 Bumpers, cylindrical, spherical, such as rectangular or other regular or irregular shapes, are intended to be a different size or shape. さらに、バンパーは、ポリマー、エラストマー、金属またはセラミックスもしくはそれらの組み合わせを含む材料から製造できることが意図されている。 Further, bumpers, polymers, elastomers, it is contemplated that can be produced from a material comprising a metal or ceramic or combinations thereof. あるいは、バンパーはソリッド、多孔質とすることができ、引張り応力、剛性またはコンプライアンスを修正するためのパターンを含むように設計できる。 Alternatively, bumper solid, can be a porous, it can be designed to include a pattern for correcting the tensile stress, the stiffness or compliance. 非固定ネジまたは他の機能のような、バンパーをロッドに固定するための様々な構造もまた意図されている。 Such as non-fixing screws or other functions, various structures for fixing the bumper to the rod are also contemplated.

あるいは、脊椎ロッドシステムは、非固定多軸ネジと、端部止め具の区画を有するロッドとを含むことができ、端部止め具は、ロッドの屈曲/曲折と協働して、屈曲−伸張の動きの下で脊椎ロッドがネジ内を滑動するのを可能にするる。 Alternatively, the spinal rod system includes a non-fixed polyaxial screws can include a rod having a section of end stop, the end stop is a rod bent / bent and cooperate flexion - extension spinal rod under the movement Ruru be enabled to slide in the screw. 非固定ネジは、係合不良の抑止すなわちロッドがネジから脱落するのを抑止する。 Non fixing screw is deter i.e. rod engagement failure to suppress falling off from the screw. 滑動を制限する、またはロッドがネジから滑り落ちるのを防ぐための、長尺エンドキャップ、端部バンパーまたはストッパーのような他の抗係合不良構成もまた想定されている。 Limit the sliding or rod to prevent from sliding off the screw, the long end caps, also are contemplated other Kokakarigo bad configuration of the end portions bumper or stop.

ロッドは、手術の間に、仕上げまたは整姿を提供するため、傾斜した配向または湾曲および複数/可変のロッド長を有しうる。 Rods, during surgery, to provide a finish or Seisugata may have a rod length of the inclined orientation or curved and a plurality / variable. ロッドの剛性のようなロッドシステムのパラメータは、材料、材料の引張り応力、厚さ、輪郭、構成要素の設計および間隙率等のロッドおよび/またはバンパーのパラメータを修正することによって変えることができることがと想定されている。 Parameters of the rod system, such as the stiffness of the rod material, the tensile stress of the material, thickness, contour, that can be varied by modifying the rod and / or parameters of the bumper, such as design and porosity components it is assumed that. 従って、脊椎ロッドシステムは、モジュラー式および/または、可変のロッド剛性および/またはバンパー剛性によって調整可能でありうる。 Accordingly, the spinal rod system, modular and / or may be adjustable by the rod stiffness and / or bumpers stiffness variable. ロッドは、ロッドに加えられる少なくとも100ニュートン(N)の、好ましくは少なくとも200Nの、そして最も好ましくは少なくとも400Nの力に耐える能力のある静的なせん断強度を有し、必ず少なくとも2ミリメートル(mm)の、好ましくは少なくとも5mmの、そして少なくとも10mmの撓みを伴うことが想定されている。 Rod is at least 100 Newtons is applied to the rod (N), preferably at least 200 N, and most preferably has a static shear strength capable of withstanding the force of at least 400 N, always at least two millimeters (mm) , preferably at least 5 mm, and be accompanied by at least 10mm deflection of is assumed.

1つの特定の実施形態において、本開示の原理に従って、脊椎ロッドが提供される。 In one particular embodiment, in accordance with the principles of the present disclosure, the spinal rod is provided. 脊椎ロッドは、第1の厚さを画定する第1の伸長区画を含む。 Spinal rod includes a first elongate section defining a first thickness. 第2の伸長区画は第2の厚さを画定する。 Second elongate compartment defining a second thickness. 中間区画は、第1の区画と第2の区画の間に配置され、第三の厚さを画定する。 Intermediate section is disposed between the first section and the second section defines a third thickness. 第三の厚さは、第1の区画と第2の区画の少なくとも一方の寸法よりも小さい寸法を有する。 The third thickness has a smaller dimension than at least one dimension of the first section and the second section. 中間区画は、開口端を画定する内部表面を有する。 Intermediate section has an interior surface defining an open end. 抵抗部材は、内部表面の少なくとも一部と係合するように構成された外部表面を有する。 Resistance member has a configured outer surface so as to engage at least a portion of the interior surface.

第1の厚さと第2の厚さの少なくとも一方は、直径であると想定される。 At least one of the first thickness and the second thickness is assumed to be the diameter. 中間区画は、第1の厚さと第2の厚さのそれぞれに対する幅を画定し、第三の厚さの寸法がその幅以下になるようにする。 Intermediate section defines a width for the first respective thickness and the second thickness, so that the dimensions of the third thickness is less than or equal to its width. 中間区画の断面積が、第1の区画と第2の区画の少なくとも一方の断面積の10%よりも大きいか、または等しくなるように、中間区画は第三の厚さの寸法に基づいて断面積を画定しうるものであり、第1の区画は第1の厚さの寸法に基づいて断面積を画定でき、第2の区画は第2の厚さの寸法に基づいて断面積を画定できる。 Sectional area of ​​the intermediate compartment, greater than 10% of the first compartment and at least one of the cross-sectional area of ​​the second compartment, or equal manner, the intermediate compartment on the basis of the dimensions of the third thickness sectional are those capable of defining the area, the first compartment may define a cross-sectional area based on the size of the first thickness, the second compartment may define a cross-sectional area based on the dimension of the second thickness .

幅の寸法は、第1の厚さと第2の厚さの少なくとも一方の寸法よりも大きいか、または等しくすることができる。 The width dimension can be greater or equal than at least one dimension of the first thickness and the second thickness. 開口端は、その高さの寸法が、第1の厚さと第2の厚さの少なくとも一方の寸法の25%よりも大きいか、または等しくなるように、第1の区画と第2の区画の間の開口部の高さを画定することができる。 Open end, the size of the height, or greater than 25% of the first thickness and at least one dimension of the second thickness, or equal manner, the first compartment and the second compartment It may define the height of the opening between. 中間区画は、対応する形状の内部表面および開口端を画定するU字型構成を有しうるものであり、それによって、抵抗部材が開口端の閉鎖を防ぐように構成される。 Intermediate compartment, which may have a U-shaped configuration defining an interior surface and an open end of a corresponding shape, whereby the resistance member is configured to prevent closure of the open end. 内部表面は、そのずらされた距離が第1の厚さと第2の厚さの少なくとも一方の寸法の50%以上になるように、開口端に隣接する第1の区画と第2の区画の縦軸からずらされた距離に配置された中央部分を画定することができる。 Inner surface, the vertical of the offset distance is such that more than 50% of the first thickness and at least one dimension of the second thickness, the first section and the second section adjacent the open end It may define a central portion disposed at a distance which is offset from the axis.

あるいは、中間区画は、対応する形状の内部表面および開口端を画定するV字型構成を有し、それによって、抵抗部材が開口端の閉鎖を防ぐように構成される。 Alternatively, the intermediate compartment has a V-shaped configuration defining an interior surface and an open end of a corresponding shape, whereby the resistance member is configured to prevent closure of the open end. 内部表面は、そのずらされた距離が第1の厚さと第2の厚さの少なくとも一方の寸法の50%以上になるように、開口端に隣接する第1の区画と第2の区画の縦軸からずらされた距離に配置された正中線を画定することができる。 Inner surface, the vertical of the offset distance is such that more than 50% of the first thickness and at least one dimension of the second thickness, the first section and the second section adjacent the open end It may define a midline, which is located at a distance that is offset from the axis.

代替の実施形態において、脊椎ロッドは、第1の区画と第2の区画の間に配置された柔軟性を持った中間区画を含む。 In an alternative embodiment, the spinal rod includes an intermediate section having arranged flexibility between the first section and the second section. 柔軟性を持った中間区画は、長円形状の空洞を画定し、かつ、固定部を含む、弓状の内部表面を有する。 Middle section with a flexible, defining a cavity of oblong shape and comprises a stationary part, having an arcuate inner surface. 第1の区画と第2の区画による第1の配向からの運動に対して抵抗を増大させる構成において、楕円形のバンパーが、固定部と共に搭載され、内部表面との係合のために、空洞内に配置される。 In the structure for increasing the resistance to movement from the first orientation of the first section and the second section, oval bumper is mounted with the fixed portion, for engagement with the inner surface, the cavity It is disposed within.

別の代替の実施形態において、脊椎ロッドは、第1の固定部および開口端を画定する内部表面を有する中間区画を含む。 In another alternative embodiment, the spinal rod includes an intermediate section having an inner surface defining a first fixed portion and the open end. 第1の区画は、第1の区画および中間区画が、第1の面を画定している第1のトランジションを画定するように、開口端と隣接して配置される。 First compartment, the first compartment and the intermediate compartment, so as to define the first transitions defining a first surface, is disposed adjacent to the open end. 第2の区画は、第2の区画および中間区画が、第2の面を画定している第2のトランジションを画定するように、開口端と隣接して配置され、第1の面は第2の面に対して角を形成して配置される。 Second compartment, the second compartment and the intermediate compartment, so as to define a second transition defining a second surface, disposed adjacent the open end, the first surface and the second They are arranged to form an angle relative to the surface. 抵抗部材は、第1の固定部と係合するように構成された第2の固定部を画定する外部表面を有し、それによって内部表面の少なくとも一部と固定および係合される。 Resistance member has an outer surface that defines a second fixing portion that is configured to engage the first fixed portion, thereby engaged fixed and engaged with at least a portion of the interior surface.

中間区画は、中間区画が第1の区画と第2の区画からずらされるように、第1のトランジションと第2のトランジションから延在することができる。 Intermediate compartment, so that the intermediate compartment is offset from the first section and the second section may extend from the first transition and the second transition. 中間区画は、対応する形状の内部表面および開口端を画定するC字型構成を有しうるものであり、それによって、抵抗部材は開口端の閉鎖を防ぐように構成される。 Intermediate compartment, which may have a C-shaped configuration defining an interior surface and an open end of a corresponding shape, whereby the resistance member is configured to prevent closure of the open end.

本開示の原理に従う脊椎ロッドシステムの1つの特定の実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of one particular embodiment of the spinal rod system according to the principles of the present disclosure. 図1に示される脊椎ロッドシステムの脊椎ロッドの斜視図である。 It is a perspective view of a spinal rod of a spinal rod system shown in FIG. 図2に示される脊椎ロッドの側面平面図である。 It is a side plan view of a spinal rod shown in FIG. 図1に示される脊椎ロッドシステムの抵抗部材の斜視図である。 It is a perspective view of a resistance member of spinal rod system shown in FIG. 図4における線5−5に沿った、抵抗部材の側面断面図である。 Taken along line 5-5 in FIG. 4 is a side sectional view of the resistance member. 脊椎骨に取り付けられた、本開示の脊椎ロッドシステムの斜視図である。 Attached to the vertebrae is a perspective view of a spinal rod system of the present disclosure. ロッドの運動を例証する、脊椎骨に取り付けられた本開示の脊椎ロッドシステムの側面断面図である。 To illustrate the movement of the rod is a side sectional view of a spinal rod system of the present disclosure attached to vertebrae. 図2に示される脊椎ロッドの代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of a spinal rod shown in FIG. 図2に示される脊椎ロッドの別の代替の実施形態の正面図である。 It is a front view of another alternative embodiment of a spinal rod shown in FIG. 図2に示される脊椎ロッドの別の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of another alternative embodiment of a spinal rod shown in FIG. 脊椎骨に取り付けられた、図10に示される脊椎ロッドを採用する脊椎ロッドシステムの代替の実施形態の側面断面図である。 Attached to the vertebrae is a side cross-sectional view of an alternate embodiment of the vertebral rod system employing the vertebral rod shown in FIG. 10. 図2に示される脊椎ロッドの別の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of another alternative embodiment of a spinal rod shown in FIG. 図11に示される脊椎ロッドの代替の実施形態の正面図である。 It is a front view of an alternative embodiment of a spinal rod shown in Figure 11. 図2に示される脊椎ロッドの別の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of another alternative embodiment of a spinal rod shown in FIG. 図2に示される脊椎ロッドの別の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of another alternative embodiment of a spinal rod shown in FIG. 図2に示される脊椎ロッドの別の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of another alternative embodiment of a spinal rod shown in FIG. 図2に示される脊椎ロッドの別の代替の実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of another alternate embodiment of vertebral rod shown in FIG. 図4に示される抵抗部材の代替の実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of an alternate embodiment of the resistance member shown in FIG. 図4に示される抵抗部材の別の代替の実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of another alternate embodiment of the resistance member shown in FIG. 図4に示される抵抗部材の別の代替の実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of another alternate embodiment of the resistance member shown in FIG. 図4に示される抵抗部材の別の代替の実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of another alternate embodiment of the resistance member shown in FIG. 脊椎骨に取り付けられた、脊椎ロッドシステムの代替の実施形態の側面断面図である。 Attached to the vertebrae is a side sectional view of an alternative embodiment of the spinal rod system. 図8に示される脊椎ロッドを採用する脊椎ロッドシステムの代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of the spinal rod system employing the vertebral rod shown in FIG. 図23に示される脊椎ロッドシステムの正面図である。 It is a front view of a spinal rod system shown in FIG. 23. 図8に示される脊椎ロッドを採用する脊椎ロッドシステムの代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of the spinal rod system employing the vertebral rod shown in FIG. 図25に示される脊椎ロッドシステムの正面図である。 It is a front view of a spinal rod system shown in FIG. 25. 図8に示される脊椎ロッドを採用する脊椎ロッドシステムの代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of the spinal rod system employing the vertebral rod shown in FIG. 図27に示される脊椎ロッドシステムの正面図である。 It is a front view of a spinal rod system shown in FIG. 27. 本開示の原理に従う脊椎ロッドの固定部の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of the fixed portion of the spinal rod in accordance with the principles of the present disclosure. 本開示の原理に従う脊椎ロッドの固定部の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of the fixed portion of the spinal rod in accordance with the principles of the present disclosure. 本開示の原理に従う脊椎ロッドの固定部の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of the fixed portion of the spinal rod in accordance with the principles of the present disclosure. 本開示の原理に従う脊椎ロッドの固定部の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of the fixed portion of the spinal rod in accordance with the principles of the present disclosure. 本開示の原理に従う脊椎ロッドの固定部の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of the fixed portion of the spinal rod in accordance with the principles of the present disclosure. 本開示の原理に従う脊椎ロッドの固定部の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of the fixed portion of the spinal rod in accordance with the principles of the present disclosure. 本開示の原理に従う脊椎ロッドの固定部の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of the fixed portion of the spinal rod in accordance with the principles of the present disclosure. 本開示の原理に従う脊椎ロッドの固定部の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of the fixed portion of the spinal rod in accordance with the principles of the present disclosure. 本開示の原理に従う脊椎ロッドの固定部の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of the fixed portion of the spinal rod in accordance with the principles of the present disclosure. 本開示の原理に従う脊椎ロッドの固定部の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of the fixed portion of the spinal rod in accordance with the principles of the present disclosure. 本開示の原理に従う脊椎ロッドの固定部の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of the fixed portion of the spinal rod in accordance with the principles of the present disclosure. 本開示の原理に従う脊椎ロッドの固定部の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of the fixed portion of the spinal rod in accordance with the principles of the present disclosure. 本開示の原理に従う脊椎ロッドの固定部の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of the fixed portion of the spinal rod in accordance with the principles of the present disclosure. 本開示の原理に従う脊椎ロッドの固定部の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of the fixed portion of the spinal rod in accordance with the principles of the present disclosure. 本開示の原理に従う脊椎ロッドの固定部の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of an alternative embodiment of the fixed portion of the spinal rod in accordance with the principles of the present disclosure. 図2に示される脊椎ロッドの別の代替の実施形態の側面斜視図である。 It is a side perspective view of another alternate embodiment of vertebral rod shown in FIG. 図44に示される線45−45に沿った、脊椎ロッドの側面断面図である。 Taken along line 45-45 shown in Figure 44 is a side sectional view of a spinal rod. 図44に示される線46−46に沿った、脊椎ロッドの正面断面図である。 Taken along line 46-46 shown in FIG. 44 is a front sectional view of a spinal rod. 図2に示される脊椎ロッドの別の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of another alternative embodiment of a spinal rod shown in FIG. 図2に示される脊椎ロッドの別の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of another alternative embodiment of a spinal rod shown in FIG. 図48に示される脊椎ロッドの正面図である。 It is a front view of a spinal rod shown in Figure 48. 図4に示される抵抗部材の代替の実施形態の断面図である。 It is a cross-sectional view of an alternate embodiment of the resistance member shown in FIG. 図2に示される脊椎ロッドの別の代替の実施形態の側面図である。 It is a side view of another alternative embodiment of a spinal rod shown in FIG. 図51に示される脊椎ロッドの正面図である。 It is a front view of a spinal rod shown in Figure 51. 図51に示される脊椎ロッドの側面拡大切欠図である。 It is a side enlarged cutaway view of a spinal rod shown in Figure 51. A〜Hは、本開示の原理に従う脊椎ロッドの固定部の代替の実施形態の断面図である。 A~H is a cross-sectional view of an alternative embodiment of the fixed portion of the spinal rod in accordance with the principles of the present disclosure.

本開示は、以下の図面を参照した詳細な説明によって、より容易に明瞭なものとなる。 The present disclosure, by reference to the detailed description to the drawings below, becomes more readily clear.
全図を通して、同じ参照番号は、同様の部分であることを示す。 Throughout the drawings, like reference numbers indicate that the same parts.
開示された脊椎ロッドシステムおよび使用方法の例示的な実施形態は、脊椎障害の治療のための医療器具の観点から検討され、より詳細には、屈曲および伸張の能力を持った、動的な脊椎ロッドシステムの観点から検討される。 Exemplary embodiments of the disclosed spinal rod system and methods of use are considered in terms of the medical device for the treatment of spinal disorders, and more particularly, has the ability of flexion and extension, dynamic spine It is considered from the point of view of the rod system. 開示された脊椎ロッドシステムおよび使用方法は、脊椎要素への圧力を減少させながら、安定性を提供し、構造統合性を維持することが想定されている。 Disclosed spinal rod system and methods of use, while reducing the pressure to the spine element, to provide stability, it is contemplated to maintain the structural integrity. 本開示は、たとえば、変性椎間板疾患、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症、脊椎すべり症、狭窄、脊柱側弯症、および他の湾曲異常、脊柱後弯症、腫瘍、ならびに骨折のような、脊椎障害を治療するために採用されうると想定される。 The present disclosure, for example, degenerative disc disease, disc herniation, osteoporosis, spondylolisthesis, stenosis, scoliosis and other curvature abnormalities, kyphosis, tumor, and fractures such as, for treating spinal disorders It is assumed to be employed. さらに、本開示は、たとえば、椎間板切除術、椎弓切除術、固定術、骨移植、埋め込み型人工装具のような、こうした障害のための切開手術および低侵襲処置を含む外科的治療に採用されうると想定される。 Furthermore, the present disclosure, for example, discectomy, laminectomy, fusion, bone graft, such as implantable prostheses are employed for surgical treatments including open surgery and minimally invasive treatment for such disorders It is assumed to sell. 本開示は、それらの関連する診断および治療学を含め、他の骨組織および骨に関する応用に採用されうることが想定されている。 The present disclosure, including diagnostic and therapeutics their associated, it is contemplated that may be employed in applications for other bone tissue and bone. さらに、開示された脊椎ロッドシステムは、後方からの、側方からの、または前方からのアプローチを採用して、患者の腹臥位または仰臥位における外科的治療に採用されうることが想定されている。 Furthermore, the disclosed spinal rod system, from the rear, from the side, or by adopting an approach from the front, it is contemplated that may be employed in the surgical treatment in a prone position or supine patient there. 本開示は、脊柱における腰椎、頚椎、胸椎および骨盤の部位の治療のための処置に採用されうる。 The present disclosure can be employed lumbar, cervical, in the treatment of for the treatment of sites of thoracic and pelvic in spine.

本発明は、本開示の一部をなす添付の図面と関連付けて以下の本発明の詳細な説明を参照することで、より容易に理解されうる。 The present invention, in conjunction with the accompanying drawings which form a part of this disclosure by reference to the following detailed description of the present invention may be more readily understood. 本発明は、本明細書内で説明および/または提示された特定の装置、方法、条件またはパラメータに限定されないこと、および本明細書で用いられる技術は、例示のみを目的とした特定の実施形態を説明するものであり、特許請求の範囲に記載した発明を限定するものではないことが理解されるであろう。 The present invention, particular devices described and / or presented in this specification, a method, is not limited to the conditions or parameters, and as used herein technology, specific embodiments for illustrative purposes only the are intended to illustrate, would be not intended to limit the invention described in the claims it is understood. また、本明細書で用いられる場合、および添付された特許請求の範囲を含め、単数形の「a」、「an」、「the」は複数形を含み、特定の数値への言及は、文脈が明確に異なるものを指示していない限り、少なくともその特定の値を含む。 Also, as used herein, and including the appended claims, the singular forms "a", "an", "the" include the plural, a reference to a particular numerical value, context unless not instruct the different clarity, it includes at least that particular value. 範囲は、「約」または「およそ」1つの特定の値から、および/ならびに「約」または「およそ」別の特定の値まで、を表すものとして本明細書中で表現されうる。 Range from "about" or "approximately" one particular value, and / well to "about" or "approximately" another particular value may be expressed herein in as representing. そうした範囲が表現される場合、別の実施形態は、その1つの特定値からおよび/または他の特定値までを含む。 If such a range is expressed, another embodiment includes from the one particular value and / or to the other particular value. 同様に、前述の「約」を用いて値が近似値として表現される場合、特定の値が別の実施形態を形成するということが理解されるであろう。 Similarly, when values ​​using "about" above are expressed as approximations, it will be said that the particular value forms another embodiment is understood.

以下の検討は、本開示の原理に従う脊椎ロッドシステム、関連する構成要素、および脊椎ロッドを採用する例示的な方法を含む。 The following discussion, spinal rod system in accordance with the principles of the present disclosure, related components, and an exemplary method of employing the spinal rod. 代替の実施形態もまた開示される。 Alternative embodiments are also disclosed. 以下では、添付の図面において例証される、本開示の例示的な実施形態について、詳細な言及がなされる。 In the following, exemplified in the accompanying drawings, exemplary embodiments of the present disclosure, detailed reference is made. ここで図1〜5に目を向けると、そこには本開示の原理に従う脊椎ロッドシステムの構成要素が例証されている。 Turning now to Figures 1-5, there is illustrated the components of the vertebral rod system in accordance with the principles of the present disclosure.

脊椎ロッドシステムの構成要素は、医療従事者の特定の要請および/または好みによって、金属、ポリマー、セラミックス、生体適合材料および/またはそれらの複合材を含む、医療への適用に適した材料から製造される。 Components of the vertebral rod system is prepared by the specific requirements and / or preferences of the medical personnel, metals, polymers, ceramics, including biocompatible materials and / or composites thereof, from a material suitable for medical applications It is. たとえば、以下に検討される脊椎ロッドシステムの脊椎ロッドの1つは、チタン、PEEK、PEKK、およびPEKを含むポリアリールエーテルケトン(PAEK)、カーボンPEEK複合材、PEEK−BaSO 高分子ゴムのような熱可塑性プラスチック、プラスチック、金属、セラミックスおよびそれらの複合材を含むポリマー、ポリフェニレン、ポリアミド、ポリイミド、ポリエーテルイミド、ポリエチレン、およびエポキシを含む剛直性高分子等の生体適合材料のような材料から製造することができ、ロッドの別の区画は、強度、剛性、弾性、コンプライアンス、生体機械的性能、耐久性、および放射線透過性または画像の優先設定のような様々な所望の特性を達成するため、代替の複合材料を有しうる。 For example, one of the spinal rods of a spinal rod system which is discussed below, titanium, PEEK, PEKK, and poly aryl ether ketone containing PEK (PAEK), carbon PEEK composites, PEEK-BaSO 4 as a polymeric rubber thermoplastic plastic, plastic, metal, ceramics and polymers containing composites thereof, polyphenylene, polyamide, polyimide, polyetherimide production, polyethylene, and a material such as biocompatible materials such as rigid polymers containing epoxy it can be another section of the rod, in order to achieve strength, rigidity, elasticity, compliance, biomechanical performance, durability, and various desirable properties such as radiolucent or image priority setting, It may have composite alternatives.

たとえば、脊椎ロッドは、2以上の材料によって形成することができる。 For example, the spinal rod can be formed by two or more materials. 1つの実施形態において、伸長ロッド区画はカーボン強化PEEKから製造でき、中間区画はPEEKから製造できる。 In one embodiment, elongated rod sections can be made from carbon reinforced PEEK, intermediate compartment may be prepared from PEEK. 別の実施形態において、伸長ロッド区画はPEEKから製造され、中間区画はカーボン強化PEEKから製造される。 In another embodiment, elongated rod compartment fabricated from PEEK, the intermediate compartment is made from carbon reinforced PEEK. 別の実施形態において、金属または他の複合材といった曲がりにくい材料がロッド区画の芯に用いられ、引張り応力の小さい高分子材料がロッド区画の半径外側部分に用いられる(あるいはその逆)というように、代替材料が脊椎ロッドの半径方向に採用されうる。 In another embodiment, a metal or other hard bend such composite materials are used in the core of the rod sections, and so small polymeric material tensile stress is used in the radial outer portion of the rod section (or vice versa) , alternative materials may be employed in the radial direction of the spinal rod. 上述の材料と類似の複合材料を採用する別の実施形態においては、、伸長ロッド区画は円筒形の形状を有することができ、中間区画は長方形または楕円形の形状を有することができる。 In another embodiment employing a similar composite material as the materials described above is ,, extension rod section may have a cylindrical shape, the intermediate section may have a rectangular or oval shape.

更なる例として、脊椎ロッドシステムの抵抗部材は、シリコーン、ポリウレタン、シリコーンポリウレタン共重合体、高分子ゴム、ポリオレフィンゴム、ハイドロゲル、半剛体および剛体材料、および、エストラマー、ゴム、熱可塑性エストラマー、熱硬化性エストラマー、エストラマ複合材およびプラスチックのような生体適合材料等の材料から製造されうる。 As a further example, the resistance member of spinal rod systems, silicones, polyurethanes, silicone polyurethane copolymer, a polymer rubber, polyolefin rubbers, hydrogels, semi-rigid and rigid materials, and elastomer, rubber, thermoplastic elastomer, thermal curable elastomers can be fabricated from a material biocompatible materials such as Esutorama composite and plastics. ロッド区画は、たとえば、固体貯蔵材料の機械加工およびフライス加工および/または射出成形によって製造できることが想定されている。 Rod compartment, for example, can be produced by machining and milling and / or injection molding of a solid storage material is assumed. 抵抗部材は、たとえば、機械加工、フライス加工、押出し加工およびダイカッティング、射出成形、トランスファー成形、および/または注型成型法によって製造できる。 Resistance member, for example, machining, can be prepared by milling, extrusion and die cutting, injection molding, transfer molding, and / or cast molding method. しかしながら当業者は、本開示に従う、組立ておよび製造に適した材料および製造方法が適切であろうことを理解するであろう。 However, those skilled in the art, according to the present disclosure, assembly and materials and fabrication methods suitable for manufacture will understand that would be appropriate.

脊椎ロッドシステムは、脊椎障害の外科的治療中に、脊椎骨への取付け(たとえば図6に示されるように)られるように構成され、その例が本明細書中で検討される。 Spinal rod system, during surgical treatment of spinal disorders, is configured to be so (as shown in example FIG. 6) attached to the vertebrae, examples of which are discussed herein. 脊椎ロッドシステムは、たとえば縦軸aを画定する上部区画32のような、第1の伸長区画を含む脊椎ロッド30を有する。 Spinal rod system includes a vertebral rod 30, including such as the upper section 32 defining a longitudinal axis a, the first elongate section. 下部区画34などの第2の伸長区画は、縦軸bを画定する。 Second elongate compartment, such as the lower section 34 defines a longitudinal axis b.

中間区画36は、区画32、34と接続され、脊椎ロッド30の構成要素の連結区画としてそれらの間に配置される。 Intermediate section 36 is connected to the compartments 32 and 34, they are disposed therebetween as connecting sections of the components of the spinal rod 30. 脊椎ロッド30の構成要素は、取付け要素と一体に接続または配列されることが想定されている。 Components of the spinal rod 30, it is connected or arranged integrally with the attachment element are envisioned. 中間区画36は区画32、34と比較して柔軟であり、区画32、34の運動に抵抗を与えるように構成される。 Middle section 36 is flexible compared with compartments 32 and 34, configured to provide resistance to movement of the compartment 32, 34. 中間区画36は、抵抗を増加、変化、一定化および/または減少させてもよいことが想定されている。 Intermediate section 36 increases the resistance change, it may be fixed and / or decrease is assumed. 区画32、34、36は、たとえば長さ、幅、直径および厚さに関して、様々な寸法とすることができると考えられる。 Compartments 32, 34, 36, for example length, width, with respect to the diameter and thickness is considered to be a variety of sizes. さらに、区画32、34、36のそれぞれの断面は、たとえば円形、楕円形、長方形、不規則、同形および不揃い等、様々な構成を有しうることが想定されている。 Furthermore, each of the cross-section of the compartments 32, 34, 36, for example circular, oval, rectangular, irregular, isomorphic and irregular, etc., it has been assumed that may have a variety of configurations. 区画32は、区画34とは異なる断面積、形状、材料、または、強度、引張り応力または柔軟性等の材料特性を有しうる。 Compartment 32, different cross-sectional area of ​​the compartment 34, the shape, material, or strength may have material properties such as tensile stress or flexibility.

中間区画36は、特定の応用の要求に従って、様々な厚さt(図3)を有しうる。 Intermediate section 36, according to the requirements of the particular application, can have a variety of thicknesses t (Figure 3). 中間区画36の厚さtは1〜10mmの範囲内でありえ、好ましくは2〜8mmの範囲内、最も好ましくは3〜5mmの範囲内でありうることが想定されている。 The thickness t of the intermediate compartment 36 is e in the range of 1 to 10 mm, preferably in the range of 2 to 8 mm, and most preferably it is envisioned that may range from 3 to 5 mm. さらに、区画36の断面形状または断面積は、同形、不揃い、不変または可変であってよいことが想定されている。 Furthermore, the cross-sectional shape or cross-sectional area of ​​the compartment 36, isomorphic, irregular, it may be unchanged or variable is assumed.

中間区画36は、幅の広い、幅の狭い、円形のまたは不規則な構成を有するフレキシブルジョイントとして構成されうることが想定されている。 Intermediate section 36 is wide, narrow, it is contemplated which may be configured as a flexible joint having a circular or irregular configuration. さらに、中間区画36は、大きさ、外形、厚さ、形状および材料に関して、様々な構成および寸法とすることができることが想定されている。 Furthermore, the intermediate section 36, the size, external shape, thickness, with respect to shape and material, it is assumed to be capable of a variety of configurations and dimensions. 中間区画36はまた、部位間の間隔が離れているもの、千鳥パターンのもの、およびメッシュ等、区画32、34を接続する1つまたは複数の要素を有しうる。 Intermediate compartment 36 also that the spacing between parts are separated, ones staggered pattern, and the mesh like may have one or more elements for connecting the compartments 32 and 34. 中間区画36は、区画32、34と同一の材料または代替の材料から製造されうる。 Intermediate section 36 may be made from the same material or alternative materials and compartments 32, 34. 中間区画36はまた、区画32、34とは異なる断面積、形状、または、強度、引張り応力および柔軟性等の材料特性を有しうる。 Intermediate compartment 36 also different cross-sectional area of ​​the compartments 32, 34, the shape or the intensity may have material properties such as tensile stress and flexibility. 中間区画36は、連続的な構成要素の鋳造、機械的な締結、接着結合およびそれらの組み合わせを含む様々な方法および構造を使用して、区画32、34と接続できる。 Intermediate section 36, the casting of a continuous component, mechanical fastening, using a variety of methods and structures, including adhesive bonding, and combinations thereof, can be connected to compartments 32 and 34. 中間区画36は、脊椎ロッドシステムの柔軟性または剛性を修正するため、ロッド30の中心軸から前方または後方にずれることのできる、柔軟性を持ったヒンジ構成を有することが想定されている。 Intermediate section 36, in order to modify the flexibility or rigidity of the spinal rod system, can be shifted forward or backward from the center axis of the rod 30, it is assumed to have a hinge structure having flexibility. さらに、中間区画36の断面積(または厚さ)、以下に記載のバンパー50の硬さに関連した材料の引張り応力、10ミクロン〜1mmの範囲の空隙容量の修正を含む0〜30パーセントの範囲の間隙率の修正、ならびにロッドの材料特性を含む特定のパラメータが、脊椎ロッドシステムの柔軟性または剛性を調節するために選択できることが想定されている。 Furthermore, the cross-sectional area of ​​the intermediate section 36 (or thickness), the tensile stress of the material in relation to the hardness of the bumper 50 described below, 0 to 30% of the range including the modification of the void volume in the range of 10 microns ~1mm specific parameters including modification of porosity, as well as the material properties of the rod of, it has been assumed can be selected to adjust the flexibility or stiffness of the vertebral rod system. これらのパラメータは、強度、耐久性、柔軟性(または剛性)、全体の輪郭および経皮的アプローチを採用する能力等の脊椎ロッドシステムの特性または性能を、特定の応用に合わせて調整するのを可能にする。 These parameters, strength, durability, flexibility (or rigidity), the characteristics or performance of the spinal rod system such as the ability to adopt the overall contour and percutaneous approach, to adjust to suit a particular application to enable.

中間区画36には、C字型構成を有し、対応する形状の弓状内部表面38および開口端40を画定する、柔軟性を持った接合部材37が含まれる。 The middle section 36 has a C-shaped configuration, defining an arcuate inner surface 38 and open end 40 of corresponding shape, includes joining member 37 with a flexibility. 接合部材37は、U字型、V字型またはW字型のような代替の構成を有しうることが想定されている。 Joining member 37, U-shaped, that can have alternative configurations, such as V-shaped or W-shaped are contemplated. さらに、脊椎ロッド30は、ロッド30の長さに沿って間隔を置いて配置された1つまたは複数の中間区画36を含みうると考えられる。 Further, the spinal rod 30 is considered may include one or more intermediate compartments 36 arranged at intervals along the length of the rod 30. 複数の区画36を含む実施形態において、当該複数の区画36は、同様の配向、または、整列して、整列せずに、片寄って、開口端に向かってまたは脊椎骨に向かないで、および代替の角度配向でというような、代替の配向で配置されうる。 In embodiments including a plurality of compartments 36, the plurality of compartments 36, the same orientation, or aligned, without alignment, offset and, not suited to or in vertebra toward the open end, and an alternative such that at angular orientation, can be arranged in alignment alternative.

上部区画32は、開口端40の上部42に隣接して配置され、そのトランジションが正面43を画定する。 Upper compartment 32 is disposed adjacent the top 42 of the open end 40, the transition defines a front 43. 下部区画34は下部44に隣接して配置され、そのトランジションが正面45を画定する。 The lower compartment 34 is positioned adjacent the bottom 44, the transition defines a front 45. 内部表面38は空洞46およびたとえば柱48のような第1の固定部を画定する。 Interior surface 38 defines a first stationary part, such as the cavity 46 and, for example, posts 48. 図3に示されるように、柱48は、円筒形の第1の部分49a、および面38へ柱48が移行するにしたがって直径が増加する第2の部分49bを有する。 As shown in FIG. 3, column 48 has a second portion 49b which increases in diameter in accordance with the first portion 49a of the cylindrical and the surface 38 pillar 48 moves.

図4および図5に示されるように、空洞46は、たとえばバンパー50のような抵抗部材を配置するように構成される。 As shown in FIGS. 4 and 5, the cavity 46 is formed of, for example, to position the resistive member such as a bumper 50. バンパー50は、たとえば開口部54のような第2の固定部を画定する外部表面52を有する。 Bumper 50 has an outer surface 52 which defines the example second fixing portions, such as the opening 54. 開口部54は、部分49aを受取るように構成された第1の部分55aと、増加する直径を有し、部分49bを受取るように構成されている第2の部分55bとを有する。 Opening 54 has a first portion 55a which is configured to receive a portion 49a, has a diameter that increases, and a second portion 55b that is configured to receive a portion 49b. 開口部54は、バンパー50を脊椎ロッド30と共に固定して搭載するために柱48を受け取り、脊椎ロッドのこれらの構成要素を適切な場所に固定する。 Opening 54, a bumper 50 receives the column 48 to be mounted and fixed with vertebral rod 30, to fix these components of the spinal rod to the right place. 部分49a、49bは、様々な構成および寸法が想定されており、部分55a、55bはその受取りのための対応する構成および寸法が想定されている。 Portions 49a, 49b are various configurations and dimensions are contemplated, part 55a, 55b has a corresponding configuration and dimensions for the receipt are contemplated. 部分49a、49bは、構成および寸法において一様でありうる。 Portions 49a, 49b may have uniform in configuration and dimensions. 第1の固定部は1つまたは複数の要素を含みうるものであり、中間区画36の周囲に様々に配置されうるものであり、または締結要素および接着剤を採用しうるものであり、同時に第2の固定部は第1の固定部との係合のために対応する構成とされることが想定されている。 The first fixing portion is intended, which may include one or more elements, which may be variously disposed about the intermediate section 36, or those which may employ fastening elements and adhesive, at the same time the 2 of the fixing portion is assumed to be a configuration corresponding to the engagement of the first fixed part.

バンパー50は弾性素材であり、区画32、34、および36の運動に対する可変の抵抗を与えるように構成される。 Bumper 50 is an elastic material configured to provide variable resistance to movement of sections 32, 34, and 36. バンパー50は抵抗を増加、変化、一定化、および/または減少させてもよいことが想定されている。 Bumper 50 increases the resistance changes, constant, and / or that may be reduced is assumed. バンパー50は空洞46内部に配置され、密接な係合で表面38と係合する。 Bumper 50 is disposed within cavity 46 and engages the surface 38 in close engagement. バンパー50は、たとえば、円形、楕円形、長方形、三角形、球形および不規則形状等、寸法、外形に関して様々に構成されうる。 Bumper 50 may, for example, round, oval, rectangular, triangular, spherical and irregular shape, dimensions, may be variously configured with respect to contour. バンパー50は、20ショアAから55ショアDの範囲の硬度を有し、好ましくは70から90ショアAの間の硬度を有すると想定される。 Bumper 50 has a range hardness of 20 Shore A to 55 Shore D, is assumed to preferably have a hardness of between 70 and 90 Shore A. バンパー50の材料は、ソリッドまたは多孔質、均質または不均質、単一高分子または1以上のポリマーの混合物/複合体とすることができる。 Material of the bumper 50 may be solid or porous, homogeneous or heterogeneous, and mixtures / complexes of single polymer or one or more polymers. バンパー50の弾性は、クリープを防ぎ、脊椎ロッドシステムの形状回復を向上させることができる。 Elastic bumper 50 prevents the creep, it is possible to improve the shape recovery of the spinal rod system. バンパー50は、開口端40の閉鎖を防ぐおよび/またはそれに抵抗するように構成されると想定されている。 Bumper 50 is assumed to be configured to resistance and / or it prevents the closure of the open end 40. さらに、バンパー50は適切な場所で中間区画36に固定され、望ましくは、そこから移動および排出させるための構成で中間区画36に機械的に固定される。 Further, the bumper 50 is fixed to the intermediate partition 36 at the appropriate place, preferably, it is mechanically fixed to the intermediate compartment 36 in a configuration for moving and discharged therefrom. 他の実施形態において、バンパー50は脊椎ロッド30に合わせて組織化、カプセル化、接着接合、成形することができる。 In other embodiments, bumper 50 is organized in accordance with the spinal rod 30, encapsulation, adhesive bonding, it can be molded. バンパー50は、空洞46に挿入して組み立てることができる。 Bumper 50 can be assembled by inserting into the cavity 46. または、たとえば、空洞46に挿入され硬化性材料を注入されるバンパー構成を持ったポーチ、バッグまたは風船によって、原位置で形成することができる。 Or, for example, can be a pouch with a bumper structure that is inserted into the cavity 46 is injected curable material, the bag or balloon is formed in situ.

図3に示されるように、脊椎ロッド30の第1の配向において、縦軸aは、縦軸bに関して角度xで接合部材37の周囲に配置される。 As shown in FIG. 3, in a first orientation of vertebral rod 30, the vertical axis a is arranged around the joint member 37 at an angle x with respect to the longitudinal axis b. 角度xは、望ましくは135°から180°未満の範囲内であり、最も望ましくは150°から160°の範囲内である。 Angle x is preferably in the range of less than 180 ° from the 135 °, and most preferably in the range of 160 ° from 150 °. 角度xは180°と等しくされうる。 Angle x may be equal to 180 °. 第1の配向において、脊椎ロッド30には屈曲または伸張の力は与えられていないと想定されている。 In the first orientation, the spinal rod 30 forces the flexion or extension is assumed not given. 区画32、34、36が第1の配向から第2の配向へと動くにつれて、脊椎ロッド30に屈曲および/または伸張の力が与えられる。 As compartments 32, 34, 36 is moved to the second orientation from the first orientation, are given the force of flexion and / or extension to the spinal rod 30. このようにして、区画32、34の第1の配向から第2の配向への運動に対して抵抗を増加させる構成において、バンパー50は中間区画36と係合して相互作用する。 In this way, in a configuration for increasing the resistance to movement from the first orientation of the compartments 32, 34 to the second orientation, the bumper 50 interacts engage the intermediate section 36. 1つまたは複数の配向間の脊椎ロッドシステムの構成要素の運動が意図されており、この中には、脊椎ロッドシステムの構成要素の抵抗に関する様々な増加および減少レベルが含まれる。 One or more are intended motion of the components of the spinal rod system between the orientation into which includes a variety of increases and decreases the level on the Resistance of the components of the spinal rod system.
アセンブリ、操作および使用に関して本発明に記載されているように、脊椎ロッドシステムは、患者の脊柱区画に影響を及ぼす脊柱障害の治療のための外科手術処置に採用されている。 Assembly, as described in the present invention with respect to the operation and use, the spinal rod system is employed in a surgical procedure for the treatment of affecting spinal disorders spine compartment of the patient. 脊椎ロッドシステムはまた、他の外科手術処置にも用いることができる。 Spinal rod system can also be used for other surgical procedures. 特に、脊椎ロッドシステムは、図6および図7に示されているように、脊椎Vを含む脊柱の病気に冒された区画の症状や傷を治療するための外科手術処置に採用されている。 In particular, the spinal rod system, as shown in FIGS. 6 and 7, is employed in a surgical procedure for treating the symptoms and scratches compartment the affected vertebral column including spinal V. 脊椎ロッドシステムは、屈曲と伸長の機能を維持したまま、癒しと治療を促進するために脊柱の病気に冒された区画の運動が安定して行われるように脊椎Vに接続されることが企図されている。 Spinal rod system, while maintaining the bending and extension of the function, exercise the compartments affected spine disease to promote healing and treatment to be connected to the vertebrae V as is done stably contemplated It is.

使用にあたり、医者は、脊柱の病気に冒された区画を治療するため、切開および組織の回収といった任意の適切な方法によって、脊柱Vを含む手術部位へのアクセスを得る。 In use, the physician, for treating compartments affected spinal diseases, by any suitable method, such as recovery of the incision and tissue to obtain access to the surgical site, including a spinal V. 脊椎ロッドシステムは、脊椎Vへ極めて小さな切開を行うことにより、またはその区画まで保護された通路を提供するスリーブ管を通じてアクセスすることにより行われる、切開手術、小さい切開手術、低侵襲手術、および経皮外科移植を含むあらゆる既存の手術方法または技法においても使用することができることが想定されている。 Spinal rod system, by performing a very small incision to the spine V, or is performed by accessing through sleeve that provides a protected passage to the partition, open surgery, a small incision surgery, minimally invasive surgery, and after that can also be used in any existing surgical method or technique including Kawageka transplantation is assumed. 一度手術部位へのアクセスを得ると、当該外科手術処置が、脊柱障害を治療するために施される。 Once gaining access to the surgical site, the surgical procedure is performed to treat spinal disorders. 脊椎ロッドシステムは、送達してもよいし、事前に組立られた装置として移植されてもよいし、原位置で組み立てられてもよい。 Spinal rod system may be delivered, it may be implanted in advance as assembled device may be assembled in situ. 脊椎ロッドシステムは、例えば正しい場所への締結要素を用いてバンパー50だけを取り替えたり、ロッド30とバンパー50を取り替えたりするように、完全にまたは部分的に改善したり、取り除いたり、または取り替えたりすることができる。 Spinal rod system, or replace only the bumper 50 with the fastening element, for example to the right place, to or replacing the rod 30 and the bumper 50, or completely or partially improved, removal or or or replacement can do.

第1の締結要素は、例えば、上部区画32を脊椎V へ取り付けるために、固定ネジアセンブリ70が形成されている。 The first fastening element, for example, to attach the upper section 32 to the spine V 1, the fixing screw assembly 70 is formed. 第2の締結要素は、例えば、下部区画34を脊椎V へ取り付けるために固定ネジアセンブリ71が形成されている。 The second fastening element, for example, a fixing screw assembly 71 is formed to attach the lower compartment 34 to the spine V 2. 固定ネジアセンブリ70、71を受け止めるための誘導穴が、脊椎V 、V に作られている。 Guide holes for receiving the fixing screw assembly 70, 71, are made in the spine V 1, V 2. 固定ネジアセンブリ70、71は、外科的治療の特定の要件に応じて、挿入または別の方法で脊椎V 、V へ接続するネジ山のある骨係合部72を含む。 Fixing screw assembly 70 and 71, depending on the specific requirements of the surgical treatment, including bone engaging portion 72 with a threaded connecting the spine V 1, V 2 Insert or otherwise. 固定ネジアセンブリ70、71はそれぞれ、穴または貫通口を具備する頭部74および一組のネジ76を有し、以下で説明するように、脊椎Vへロッド30を決まった場所へ取り付けるために、区画32、34へトルクされる。 Each fixing screw assembly 70, 71 has a head 74 and a set of screws 76 provided with a hole or a through hole, as described below, in order to attach the rod 30 to the spine V to fixed locations, is the torque to the compartment 32, 34.

図6に示されるように、脊椎ロッドシステムは、2つの軸に間隔を空けて整列させたロッド30を含み、区画32、34は頭部74の穴を貫通して伸びる。 As shown in FIG. 6, the spinal rod system includes a rod 30 that are aligned at intervals in two axes, compartments 32 and 34 extending through holes in the head 74. ロッド30を脊椎V 、V に確実に取り付けるために、各頭部74のネジ76のセットは、ロッド30の端部にトルクされる。 The rod 30 to attach securely to the spine V 1, V 2, set screws 76 of each head 74 is the torque on the end of the rod 30. 脊椎ロッドシステムを脊椎Vに固定する際に、脊椎ロッド30は、脊柱が屈曲と伸長する間、区画32、34の運動への抵抗力を増加するように形成されている。 When fixing a spinal rod system to the spine V, spinal rod 30 while the spine is extended and bent, it is formed so as to increase the resistance to motion of the compartments 32, 34. 例えば、脊椎ロッド30は、図7Aに示されている通り、無負荷状態になっており、上述の第1の方向に対応しており、脊椎V 、V 上での感知できるほどの引張または圧縮荷重が無い。 For example, the spinal rod 30, as shown in Figure 7A, has become a no load condition corresponds to a first direction described above, the tensile appreciable in on vertebrae V 1, V 2 or there is no compressive load. 患者の対応する動きによって引き起こされる脊椎Vの屈曲および/または伸長に伴い、ロッド30は、第2、第3またはそれ以上の方向へ動いている間、抵抗力の増加に反応する。 As the flexion and / or extension of the spine V caused by corresponding movements of the patient, the rod 30 is a second, during movement to the third or more directions, to react to an increase in resistance.

屈曲の際、図7Bに示されるように、矢印Fの方向へ、上部区画32は上部区画34に連動して動く。 During bending, as shown in FIG. 7B, the direction of the arrow F, the upper compartment 32 moves in conjunction with the upper compartment 34. 接合部材37は、中間区画36がバンパー50を圧縮するように、バンパー50の円周方向に柔軟に伸長する。 Joining member 37, so that the intermediate compartment 36 is to compress the bumper 50, flexibly extending in the circumferential direction of the bumper 50. この構成は、屈曲の間の抵抗力を増加させる。 This arrangement increases the resistance between the bending. 伸長の際、図7Cに示すように、矢印Eによって示される方向に、上部区画32は区画34に連動して動く。 During decompression, as shown in FIG. 7C, in the direction indicated by the arrow E, the upper section 32 moves in conjunction with the compartment 34. 接合部材37は、バンパー50の円周方向に柔軟に圧縮する。 Joining member 37, flexibly compressed in the circumferential direction of the bumper 50. 接合部材37が有意にバンパー50を圧縮しないように、バンパー50に隣接した内側38は緊張した状態にあり、接合部材37の反対側の端は、圧縮状態にある。 As the bonding member 37 does not compress significantly bumper 50, inner 38 adjacent to the bumper 50 is taut, the opposite end of the joint member 37 is in a compressed state. 伸長の間、抵抗力は増加する。 During the extension, the resistance increases. 屈曲および伸長の間の抵抗力の増加は、脊柱の治療区画の動的安定性のため、脊椎Vの動きを制限する。 Increase in the resistance between flexion and extension, because the dynamic stability of the spinal column treatment compartment, to limit movement of the spine V.

脊椎ロッドシステムは、脊髄手術に用いられる椎弓根ネジまたは多軸ネジ(MAS)のような、様々な骨ネジと共に使用することができる。 Spinal rod systems, such as pedicle screws or polyaxial screw used in spinal surgery (MAS), can be used with a variety of bone screws. 脊椎ロッドシステムは、ハイドロキシアパタイトおよび/または治療脊椎領域の運動を促進するために骨の固定を強化する、骨形態形成タンパク質といった骨伝導性剤のような骨伝導性材料でコーティングされた椎弓根ネジと一緒に使用される可能性があることが企図されている。 Spinal rod system, to enhance the fixation of the bone in order to promote the movement of hydroxyapatite and / or treatment spinal region, coated with osteoconductive materials such as bone conductive agent such as bone morphogenic proteins pedicle it is contemplated that may be used with the screw. ロッド30およびバンパー50は、重合体のような放射線透過性材料によって作られてもよい。 Rod 30 and bumper 50 may be made by a radiolucent material, such as polymers. ラジオマーカーを、X線、傾向透視検査、CTまたは他のイメージング技術下で、識別するために含むことができる。 The radio marker, X-rays, trend fluoroscopy, CT or other under imaging techniques, may be included to identify. タンタルビーズ、タンタルピン、チタンピン、チタンエンドキャップおよび白金線のような、金属または陶器のラジオマーカーを、ロッド30の端部および/または隣接する接合部材37の長手方向に沿って配置するか、バンパー50と一緒に配置することにより、使用することができる。 Tantalum beads, tantalum pins, titanium pins, such as titanium end caps and platinum wire, radio marker metal or porcelain, or arranged along the longitudinal edges and / or adjacent joining members 37 of the rod 30, bumper by arranging with 50, it may be used.

図8を参照すると、脊椎ロッド30の別の実施形態において、図1〜3について述べられたのと同様に、上部区画32および下部区画34は縦軸αが開口端40の周りに縦軸bに対して角度zの方向に配置される。 Referring to FIG. 8, in another embodiment of the spinal rod 30, in a manner similar to that described for FIGS. 1-3, the vertical axis b the upper compartment 32 and lower compartment 34 and the vertical axis α around the open end 40 It is arranged in the direction of an angle z relative. 角度zは、135度から180度未満であることが望ましく、最も望ましくは150度から160度である。 Angle z is desirably less than 180 degrees from 135 degrees, and most preferably 160 degrees to 150 degrees. 角度zは、180度に等しくてもよい。 Angle z may be equal to 180 degrees. 図9を参照すると、脊椎ロッド30の任意の別の実施形態では、上部区画32および下部区画34は、縦軸aが中間区画36の周りに縦軸bに対して、角度yに配置される。 Referring to FIG. 9, in any alternative embodiment of the spinal rod 30, upper section 32 and lower section 34, the vertical axis a is around the middle section 36 with respect to the vertical axis b, is arranged at an angle y . 横軸方向に斜めに配置される。 The horizontal axis is arranged obliquely. 角度yは望ましくは、135°から180°未満であり、最も望ましくは、150°から160°である。 Angle y is preferably less than 180 ° from the 135 °, and most preferably is 160 ° from 150 °. 角度yは、180°と等しくてもよい。 Angle y may be equal to 180 °. 脊椎ロッドシステムは、ロッド30が横軸方向と縦軸方向との両方に対して斜めになるように、特定の角度zおよび角度yを形成する方向に配置してもよいことが企図されている。 Spinal rod system, the rod 30 is so oblique to both the horizontal axis and the vertical axis direction, that may be arranged in a direction which forms a certain angle z and angle y are contemplated .

図10を参照すると、脊椎ロッドシステムの別の実施形態において、図1〜3について述べられた脊椎ロッド30と同様に、脊椎ロッド130を含む。 Referring to FIG. 10, in another embodiment of a spinal rod system, similar to the spinal rod 30 which is described for FIGS. 1-3, including the spinal rod 130. 脊椎ロッド130は、上述したのと同様に、上部区画132、中間区画136、および下部区画134を含む。 Spinal rod 130, in the same manner as described above, includes an upper compartment 132, intermediate section 136 and lower section 134,. 上部区画132は第1の長さを有し、下部区画134は、それよりも長い第2の長さを有する。 The upper section 132 has a first length, the lower section 134 has a second length longer than that. 脊椎ロッド130の第1の方向において、縦軸aは開口端140の周りに縦軸bに対して、180°の角度で配置される。 In a first direction of the spinal rod 130, the vertical axis a for the vertical axis b about the open end 140, it is disposed at an angle of 180 °. 縦軸aは縦軸bに対して、本発明において議論した角度を含む他の角度方向に配置されてもよいことが企図されている。 With respect to the longitudinal axis a and the vertical axis b, it may be located in another angular direction including an angle discussed are contemplated in the present invention.

下部区画134は、弓上の構成を有し、内側の脊椎要素よりも2倍以上に延びる能力を具備する増加した長さを有する。 Lower compartment 134 has a configuration on the bow, with increased length provided with a capability that extends to more than twice the inside of the spine element. 脊椎ロッドシステムの当該構成は、治療された、および治療されていない脊椎および脊椎間レベルを含む、複数の脊椎間レベルにわたって、動的で柔軟な安定性を提供できることが企図されている。 The structure of the spinal rod systems have been treated, and a treatment that is not the spine and intervertebral levels, over a plurality of intervertebral levels, it is contemplated that it is possible to provide a dynamic and flexible stability. またさらに、下部区画134は、上部区画132および中間区画136よりも柔軟性が低い、すなわちより硬く安定していることが企図されている。 Furthermore, lower compartment 134 is less flexible than the upper section 132 and intermediate section 136, i.e., that are harder stable are contemplated. 下部区画134は、平面L5−S1のような下部区画腰椎平面を横切って、脊椎に取り付けられることが想定されている。 Lower compartment 134, across the lower section lumbar plane as the plane L5-S1, it is attached to the spine are contemplated. 下部区画134は、例えば脊椎ロッド130のサイズを患者の要求または外科的治療や医療従事者の特定の要求に応じて変更できるように、外科手術処置中に切断またはトリミングしてもよい。 Lower compartment 134, for example, the size of the spinal rod 130 so as to be changed according to the patient's request or surgical treatment and particular needs of medical personnel, may be cut or trimmed in a surgical procedure.

下部区画134の弓状の構成は、曲率rrの半径を有する。 Arcuate configuration of the lower section 134 has a radius of curvature rr. 望ましくは、曲率rrの半径は、20〜400mmの範囲であり、さらに望ましくは50〜200mmの範囲であり、最も望ましくは、100〜150mmの範囲である。 Desirably, the radius of curvature rr, in the range of 20~400Mm, more desirably in the range of 50 to 200 mm, and most preferably in the range of 100 to 150 mm. 別の実施形態では、上部区画132は弓状の構成および/または上記記載のものと同様の増加した長さを有する。 In another embodiment, the upper section 132 has an arcuate configuration and / or analogous to those increased length of the description. 弓状に構成された上部区画132は、本発明において議論された範囲を含む曲率半径を有する。 Upper compartment 132 configured in arcuate has a radius of curvature including the ranges discussed in the present invention. 弓状に構成された区画132は、下部区画134と同等または非同等の半径および同じまたは異なる配向を有してもよいことが企図されている。 Compartment 132 configured in arcuate is contemplated that may have a radius and the same or different orientation of equivalent or non-equivalent and a lower compartment 134. 更に、上部区画132は、図9および16について議論したのと同様に、横軸方向に斜めに配置されてもよいことが企図されている。 Further, the upper compartment 132, similar to that discussed with respect to FIG. 9 and 16, that the horizontal axis may be arranged diagonally are contemplated.

図11を参照すると、脊柱障害の治療のための外科手術処置に脊椎ロッドシステムを使用する方法の別の実施形態は、図6および7について述べたのと同様に、上述の脊椎ロッド130を含む。 Referring to FIG. 11, another embodiment of a method of using the spinal rod system in a surgical procedure for the treatment of spinal disorders, similar to that described for FIGS. 6 and 7, including a spinal rod 130 described above . 脊椎ロッドシステムは、外科的治療の特定の要件に応じて、脊椎V 、V およびV に挿入、またはそうでない場合には結合される、ネジ山のある骨係合部172を有する固定ネジアセンブリ170、171および173を含む。 Spinal rod system, depending on the specific requirements of the surgical treatment, inserted into vertebrae V 1, V 2 and V 3, or otherwise coupled, fixed with bone engaging portion 172 with a threaded including a screw assembly 170, 171 and 173. 固定ネジアセンブリ170、171および173はそれぞれ、貫通した一組のネジ176を備えた頭部174を有し、当該ネジは、脊椎V内にロッド130を取り付けるため、脊椎ロッド130へトルクされる。 Each fixing screw assembly 170, 171 and 173 has a head 174 having a pair of screws 176 extending through, the screws for attaching the rod 130 into the vertebrae V, is the torque to the spinal rod 130.

上部区画132は、下部区画134と比較して、より短いロッドの長さを有する。 Upper compartment 132, as compared to the lower compartment 134, having a length shorter rods. 固定ネジアセンブリ170は、脊椎V に取り付けるために上部区画132へトルクされる。 Fixing screw assembly 170 is the torque to the upper section 132 for attachment to the vertebrae V 1. 下部区画134は、脊椎間ディスク要素I およびI を横切って伸びる、より長いロッド長を有する。 Lower compartment 134 extends across the intervertebral disc elements I 1 and I 2, have a longer rod length. 固定ネジアセンブリ171、173は、脊椎V 、V に取り付けるために下部区画134にトルクされる。 Fixing screw assembly 171, 173 is the torque in the lower compartment 134 for attachment to a spine V 2, V 3. 未治療の脊椎間レベルの安定性を提供しながら、動きは保持される。 While providing the stability of untreated intervertebral levels, motion is maintained.

上部区画132および中間区画136は、L4−L5のような腰椎レベルに使用されることが想定されている。 Upper section 132 and intermediate section 136, be used in the lumbar level, such as L4-L5 is assumed. 下部区画134はL5−S1のような下部腰椎レベルに使用されることが企図されている。 Lower compartment 134 is intended to be used in the lower lumbar levels such as L5-S1. 脊椎ロッド130は、下部区画134が外科手術処置の間に所望のように切断またはトリミングされるように構成されることが企図されている。 Spinal rod 130, it is contemplated that lower section 134 is configured to be cut or trimmed as desired during a surgical procedure. 脊椎ロッドは、患者にとって最適な曲率や形状を得るために、手術中に熱処理される可能性があることが想定されている。 Spinal rod, in order to obtain an optimum curvature or shape for the patient, it is subject to heat treatment during surgery is contemplated. 更に、脊椎ロッド130は、1つまたは複数の中間区画136を、ロッド130の全長に沿って間隔を空けて含む可能性があることが想定されている。 Further, the spinal rod 130, the one or more intermediate compartments 136, is supposed that may contain at intervals along the length of the rod 130. 例えば追加区画136を固定ネジア171および173の間に配置してもよい。 For example additional compartments 136 may be disposed between the fixed Nejia 171 and 173. 複数の区画136を含む実施形態において、複数の区画136は、整列、非整列、斜め、脊椎に対向した開口端、対向していない開口端、別の角度方向等、同様の方向または別の方向に配置される可能性がある。 In embodiments including a plurality of compartments 136, a plurality of compartments 136, aligned, non-aligned, oblique, open end facing the spine, open end not facing another angular direction such similar direction or another It could be disposed.

図12を参照すると、別の実施形態において、脊椎ロッド130は、直線的に構成された下部区画234を有する。 Referring to FIG. 12, in another embodiment, the spinal rod 130 has a lower section 234 which is linearly configured. 脊椎ロッド130の第1の方向において、上部区画132は、縦軸aを画定し、縦軸aは、中間区画136の開口端140の周りに下部区画234の縦軸bに対して角度xxで配置される。 In a first direction of the spinal rod 130, upper section 132 defines a longitudinal axis a, the vertical axis a at an angle xx about the open end 140 of the intermediate section 136 relative to longitudinal axis b of the lower compartment 234 It is placed. 角度xxは望ましくは135°から180°未満で、そして最も望ましくは150°から160°である。 Angle xx is desirably less than 180 ° from the 135 °, and most preferably 160 ° from 150 °. 角度xxは、180°と等しくてもよい。 Angle xx may be equal to 180 °.

図13を参照すると、脊椎ロッド130の任意の別の実施形態において、図12に関して説明したのと同様に、中間区画136の側面に関して、軸aが縦軸bに対して角度yyで配置されるように、上部区画132および下部区画234は、横軸方向に斜めに配置されている。 Referring to FIG. 13, in any alternative embodiment of the spinal rod 130, in the same manner as described with respect to FIG. 12, with respect to the side surface of the intermediate section 136 is disposed at an angle yy axis a is the longitudinal axis b as such, the top section 132 and bottom section 234 are arranged in the horizontal direction at an angle. 角度yyは望ましくは135°から180°未満の範囲であり、そして最も望ましくは150°〜160°の範囲である。 Angle yy is desirably in the range of less than 180 ° from the 135 °, and most preferably in the range of 0.99 ° to 160 °. 角度yyは180°と等しくてもよい。 Angle yy may be equal to 180 °. 脊椎ロッドシステムは、ロッド130が縦方向と横方向の両方に斜めになるように、特定の角度xyと角度yyに対応して角を形成するように配置してもよいことが意図されている。 Spinal rod system, the rod 130 so as to obliquely both in the vertical and horizontal directions, that may be arranged to form an angle corresponding to a particular angle xy and angle yy is intended .

図14を参照すると、脊椎ロッド130の別の実施形態において、図11について説明したのと同様に、下部区画334が曲率rに対応する半径である、弓状の形状を有している。 Referring to FIG. 14, in another embodiment of the spinal rod 130, similarly as described for FIG. 11, the radius of the lower section 334 corresponds to the curvature r, and has an arcuate shape. 望ましくは、曲率rの半径は20〜400mmの範囲であり、より望ましくは、50〜200mmの範囲であり、最も望ましくは100〜150mmの範囲である。 Desirably, the radius of curvature r is the range of 20~400Mm, more preferably, in the range of 50 to 200 mm, and most preferably in the range of 100 to 150 mm.

図15を参照すると、脊椎ロッド130の任意の別の実施形態において、上述したのと同様に、上部区画432は曲率r1に対応する半径の弓状の形状を有している、望ましくは、曲率r の半径は20〜400mmの範囲であり、より望ましくは、50〜200mmの範囲であり、最も望ましくは、100〜150mmの範囲である。 Referring to FIG. 15, in any alternative embodiment of the spinal rod 130, in the same manner as described above, the upper section 432 has a radius of arcuate shape corresponding to the curvature r1, desirably, the curvature radius of r 1 is in the range of 20~400Mm, more preferably, in the range of 50 to 200 mm, and most preferably in the range of 100 to 150 mm. 下部区画434は、曲率r 、r に対応する半径の、起伏のある構成を有している。 Lower compartment 434 has a radius corresponding to the curvature r 2, r 3, a configuration in which an undulating. 望ましくは曲率r 、r の半径は、20〜400mmであり、より望ましくは、50〜200mmであり、最も望ましくは、100〜150mmであり、そして等しい値、等しくない値、または零でもよい。 Preferably the radius of curvature r 2, r 3 is 20~400Mm, more preferably is 50 to 200 mm, and most preferably is 100 to 150 mm, and equal, not equal to the value or zero, .

図16を参照すると、図15で示されている脊椎130の任意の別の実施形態において、下部区画434が曲率r に対応する半径を備えた横方向に配向された曲率を含み、それは望ましくは20〜400mmの範囲であり、さらに望ましくは50〜200mmの範囲であり、最も望ましくは100〜150mmの範囲である。 Referring to FIG. 16, in any alternative embodiment of the spinal 130 shown in Figure 15, comprises a curvature oriented in the transverse direction with a radius lower section 434 corresponds to the curvature r 4, it is desirable is in the range of 20~400Mm, more desirably in the range of 50 to 200 mm, and most preferably in the range of 100 to 150 mm.

図17を参照すると、脊椎ロッド30の任意の別の実施形態において、図1〜3で説明したのと同様に、中間区画536は複数の溝580を含む内面538を有する。 Referring to FIG. 17, in any alternative embodiment of the spinal rod 30, in the same manner as described in FIGS. 1-3, the intermediate section 536 has an inner surface 538 that includes a plurality of grooves 580. 溝580は、内面538の円周の周囲に横方向に配置されている。 Groove 580 is disposed laterally around the circumference of the inner surface 538. 中間区画538は複数の溝584を含む外面582を有する。 Middle section 538 has an outer surface 582 that includes a plurality of grooves 584. 溝584は、横方向に接合部材537の周囲に配置されている。 Groove 584 is disposed around the joint member 537 in the lateral direction. 1つまたは複数の溝が表面538、582で画定されることも想定されている。 One or more grooves are also contemplated to be defined by surfaces 538,582. さらに、溝580、584が長手方向に配向されることも想定されている。 Furthermore, it is also envisioned that the grooves 580,584 are oriented in the longitudinal direction. 溝580、584は表面538または表面582のいずれか一方のみに配置してもよい。 Grooves 580,584 may be disposed on either one of the surface 538 or surface 582. 溝が互い違いまたは不連続になることが想定されている。 Grooves are envisioned to become staggered or discontinuous.

図18を参照すると、別の実施形態では、バンパー50は多孔性または発泡材料から製造される。 Referring to FIG. 18, in another embodiment, the bumper 50 is made from a porous or foam material. 任意の別の実施形態では、バンパー50は、図19に示されるように、歯660を含む歯車の面構成を有している。 In any alternative embodiment, the bumper 50, as shown in FIG. 19, has a surface configuration of gears include teeth 660. 任意の別の実施形態において、バンパー50は、図20に示されるように、楕円形の表面760を含むダンベル型の構成を有している。 In any alternative embodiment, the bumper 50, as shown in FIG. 20 has the configuration of a dumbbell including the surface 760 of the oval. 任意の別の実施形態において、バンパー50は、図21に示されるように、貫通穴360を有する。 In any alternative embodiment, the bumper 50, as shown in FIG. 21, has a through hole 360.

図22を参照すると、上述したものと同様の構成要素を採用している脊椎ロッドシステムの別の実施形態において、上述したアセンブリ70、71と同様の固定ネジアセンブリ970、971が、脊椎V 、V に上述した脊椎ロッド30と同様の脊椎ロッド930を取り付けるのに採用されている。 Referring to FIG. 22, in another embodiment of the spinal rod system employing the same components as those described above, similar to the assembly 70, 71 described above is fixed screw assembly 970, 971, spine V 1, It is employed to attach the same spinal rod 930 and spinal rod 30 described above in V 2. 固定ネジアセンブリ970、971は、ロッド930が相対運動するように構成された頭部974を含む。 Fixing screw assembly 970, 971 includes a head 974 that is configured to rod 930 relative motion. ロッド930は、上部区画932および下部区画934を含み、それらはそれぞれの頭部974の開口部を通じて内部で比較的移動可能である。 Rod 930 includes an upper section 932 and lower section 934, which are relatively movable within the through opening in each of the head 974. 上部区画932は、それ自身の端部を画定する停止部935を含む。 Upper compartment 932 includes a stop 935 that defines an end of its own. 下部区画934は、それ自身の端部を画定する停止部937を含む。 Lower compartment 934 includes a stop 937 that defines an end of its own. 停止部935、937は、脊椎V 、V が屈曲および伸長している間、脊椎ロッド930が固定ネジアセンブリ970、971から離脱するのを防ぐように構成されている。 Stop 935,937 while the vertebrae V 1, V 2 are bent and extended, the spinal rod 930 is configured to prevent the disengagement from the fixed screw assemblies 970, 971. 区画932および934が屈曲/伸長ロッド930に関連する引張圧縮荷重下で自由にスライドできるように、アセンブリ970、971は、非ロック多軸ネジを含むことが想定されている。 As compartments 932 and 934 are free to slide under tension and compression loads associated with the flexion / extension rod 930, the assembly 970, 971 may include a non-locking polyaxial screws are envisaged. ロッド930が固定ネジアセンブリ970、971の係合部からずれるのを制限または抜けるのを防止するため、区画932、934は細長い停止部またはエンドキャップを含んでもよい。 The rod 930 is prevented from restricted or exit of the shift from the engaging portion of the fixing screw assembly 970, 971, compartments 932, 934 may include an elongated stop or end caps. 区画932、934はまた、一式のネジや同様のものによって、固定のためにトルクされてもよい。 It compartments 932 and 934 also by a set of screws or the like, may be torque for fixation.

図23および図24を参照すると、脊椎ロッド30を含む脊椎ロッドシステムの任意の別の実施形態において、図8について述べたのと同様に、引張要素例えばバンド1090は、第1の方向から区画32、34が動くのを制限するような構成で、上部区画32、下部区画34および中間区画36の周りに配置されている。 Referring to FIGS. 23 and 24, in any alternative embodiment of the spinal rod system including a spinal rod 30, in a manner similar to that described for FIG. 8, the pulling element for example, a band 1090, partition the first direction 32 in that limit configure them 34 moves, the upper compartment 32 is disposed around the lower section 34 and intermediate section 36. バンド1090は、圧着、取り付けロックキャップ、ピンまたは結び目の周りのループによって、区画32、34の両端に固定することができる。 Band 1090, crimping, by mounting the locking cap, pin or loop around the knot, can be fixed at both ends of the compartments 32, 34. バンド1090は、テザーやケーブルを含んでもよく、また望ましくは弾性材料から製造されている。 Band 1090 may include a tether or cable, and desirably is manufactured from a resilient material. バンド1090は、上述したように、屈曲/伸長の際の区画32、34の運動に関して、ロッド30の抵抗力を増強している。 Band 1090, as described above, with respect to movement of the compartments 32 and 34 during flexion / extension, and increase the resistance of the rod 30.

図25および図26を参照すると、図23および24に示される脊椎ロッドシステムの別の実施例において、バンド1190は上部区画32の周りに配置されるループ1192および、下部区画34の周りに配置されるループ1194を含む。 Referring to FIGS. 25 and 26, in another embodiment of the spinal rod system shown in FIGS. 23 and 24, the band 1190 loop 1192 is disposed around the upper compartment 32 and is disposed around the lower compartment 34 that includes a loop 1194. バンド1190の中央部1196は、開口端40を横切るように配置される。 Central portion 1196 of the band 1190 is disposed across the open end 40. 図27および28を参照すると、図23および24に示された脊椎ロッドシステムの別の任意の実施形態において、バンドは、不織布メッシュ1290として構成される。 Referring to FIGS. 27 and 28, in another optional embodiment of the spinal rod system shown in FIGS. 23 and 24, the band is configured as a non-woven mesh 1290. メッシュ1290は、上部区画32の周りに配置されるループ1292よび下部区画34の周りに配置されるループ1294を含む。 Mesh 1290 includes a loop 1294 disposed around the loop 1292 preliminary lower compartment 34 which is disposed around the upper compartment 32. 中央部1296は、開口端40を横切って配置される。 Central 1296 is disposed across the open end 40. メッシュ1290は、弾性材料から製造されることが企図されている。 Mesh 1290 is contemplated to be manufactured from an elastic material.

図29〜43を参照すると、前記脊椎ロッドシステムは図1〜3について述べたのと同様に、中間区画36およびバンパー50の係止部の別の実施形態を含んでもよい。 Referring to FIG. 29 to 43, wherein the spinal rod system, like that described for FIGS. 1-3, may include another embodiment of the engaging portion of the intermediate section 36 and the bumper 50. 図29に示されているように、中間区画36は第1の係止部である円錐形のポスト1348を含み、バンパー50は第2の係止部、それを受け入れるように構成された開口部1354およびバンパー50と脊椎ロッド30とのロック係合を含む。 As shown in Figure 29, the middle section 36 includes a post 1348 of the conical is the first engaging portion, the bumper 50 and the second locking portion, configured openings to accept it 1354 and includes a locking engagement between the bumper 50 and the spinal rod 30. また、図30に示されているように、中間区画36は第1の係止部であるバルブ1449を有するポスト1448を含み、バンパー50は第2の係止部、それを受け入れる構成の開口部1454およびバンパー50と脊椎ロッド30とのロック係合を含む。 Further, as shown in Figure 30, the middle section 36 includes a post 1448 having a valve 1449 which is the first engaging portion, the bumper 50 and the second engagement portion, the opening of the structure to accept it 1454 and includes a locking engagement between the bumper 50 and the spinal rod 30. また、図31に示されているように、中間区画36は第1の係止部であるくさび型のポスト1548を含み、バンパーは、第2の係止部、それを受け入れる構成の開口部1554およびバンパー50と脊椎ロッド30とのロック係合を含む。 Further, as shown in Figure 31, the middle section 36 comprises a wedge-shaped post 1548 is a first locking portion, bumper, second holding portion, the opening portion 1554 of the structure to accept it and a locking engagement of bumper 50 with vertebral rod 30.

また、図32に示されているように、中間区画36は第1の係止部である、接合部材37と共に配置されている円錐型のポスト1648を含み、バンパー50は、第2の係止部、それを受け入れる構成の開口部1654およびバンパー50と脊椎ロッド30とのロック係合を含む。 Further, as shown in Figure 32, the middle section 36 is a first locking portion includes a post 1648 of conical disposed with joint member 37, the bumper 50 includes a second locking parts, includes a locking engagement with the openings 1654 and bumper 50 and spinal rod 30 of a configuration to accept it. また、図33に示されているように、中間区画36は第1の係止部である、二重フック1749を含み接合部材37と共に配置されるポスト1748を含み、またバンパー50は第2の係止部、それを受け入れる構成の開口部1754およびバンパー50と脊椎ロッド30とのロック係合を含む。 Further, as shown in Figure 33, the middle section 36 is a first locking portion includes a post 1748 disposed with joint member 37 comprises a double hook 1749, also bumper 50 of the second It includes a locking engagement with the locking portion, the opening portion 1754 and bumper 50 and spinal rod 30 of a configuration to accept it. また、図34に示されているように、中間区画36は第1の係止部であるピン型のポスト1848を含み、バンパー50は第2の係止部、それを受け入れる構成の開口部1854およびバンパー50と脊椎ロッド30とのロック係合を含む。 Further, as shown in Figure 34, the middle section 36 includes a pin-type post 1848 which is the first engaging portion, the bumper 50 and the second locking portion, the configuration of the opening 1854 to accept it and a locking engagement of bumper 50 with vertebral rod 30.

また、図35に示されているように、中間区画36は第1係止部である、内面38から開口端40を横切って延びるポスト1948を含む。 Further, as shown in Figure 35, the middle section 36 is a first engagement portion includes a post 1948 extending across the open end 40 from the inner surface 38. バンパー50は、第2の係止部、ポスト1948を受け入れるように構成された凹部1953を有する外側面1952、およびバンパー50と脊椎ロッド30とのロック係合を含む。 Bumper 50 includes a second locking portion, an outer surface 1952 having a recess 1953 configured to receive the post 1948, and a locking engagement of bumper 50 with vertebral rod 30. また、図36を参照すると、中間区画36は第1係止部である、隣接する面43、45に接続し開口端40を横切って延びるテザー2048を含む。 Also includes Referring to Figure 36, the middle section 36 is a first locking portion, the tether 2048 extending across the open end 40 connected to the adjacent surfaces 43 and 45. バンパー50は、バンパー50が脊椎ロッド30に固定されるように、テザー2048と係合するように構成されている外側表面2052を含む。 Bumper 50 includes a bumper 50 is secured to the spinal rod 30 includes an outer surface 2052 that is configured to engage the tether 2048. また、図37を参照すると、中間区画36は第1係止部である、隣接する側部と接続し空洞46の側開口部を横切って延びるテザー2148を含む。 Also includes Referring to Figure 37, the middle section 36 is a first locking portion, the tether 2148 extending across the side opening of the connection with the adjacent side cavities 46. バンパー50は、バンパー50が脊椎ロッド30に固定されるようにテザー2148に係合するように構成されている外側表面2152を含む。 Bumper 50 includes an outer surface 2152 bumper 50 is configured to engage the tether 2148 to be secured to the spinal rod 30.

また、図38に示されているように、中間区画36は第1係止部である、テ隣接する面43、45と接続し空洞46の外側開口部横切って延びるザー2248を含む。 Further, as shown in Figure 38, the middle section 36 is a first locking portion, including Heather 2248 extending across the outer opening of the cavity 46 is connected to the tape adjacent faces 43 and 45. バンパー50はバンパー50が脊椎ロッド30に固定されるようにテザー2248と係合するように構成されている外側表面2252を含む。 Bumper 50 includes an outer surface 2252 that is configured to bumper 50 engages the tether 2248 to be secured to the spinal rod 30. また、図39に示されているように、中間区画36は第1係止部である、下側部分に配置されているテザー接続2348を含む。 Further, as shown in Figure 39, the middle section 36 is a first engagement portion includes a tether connection 2348 disposed in the lower portion. バンパー50は、バンパー50と脊椎ロッド30をロック係合するための中間部36を備えたテザー構成において、第2の係止部であるテザー接続2354を含む。 Bumper 50 is in tethered configuration with intermediate section 36 for locking engagement with the bumper 50 and spinal rod 30, including the tether connection 2354 is a second locking portion. また、図40に示されているように、中間区画36は第1係止部である、その上側部分に配置されるテザー接合2448を含む。 Further, as shown in Figure 40, the middle section 36 is a first engagement portion includes a tether joining 2448 disposed on its upper part. バンパー50は、バンパー50と脊椎ロッド30をロック係合するための中間区画36を備えたテザー構成において、第2の係止部であるテザー接合2454を含む。 Bumper 50 is in tethered configuration with intermediate section 36 for locking engagement with the bumper 50 and spinal rod 30, including the tether joining 2454 is a second locking portion.

また、図41に示されているように、脊椎ロッドシステムは隣接する区画32、34の端部を接合し、空洞46の外側開口部横切って延びる、テザー2548を含む。 Further, as shown in Figure 41, the spinal rod system joining the ends of adjacent sections 32, 34, extending across the outer opening of the cavity 46, including the tether 2548. バンパー50は、バンパー50が脊椎ロッド30に固定されるようにテザー2548と係合する構成の外側表面2552を含む。 Bumper 50 includes an outer surface 2552 of the structure bumper 50 is engaged with the tether 2548 to be secured to the spinal rod 30. また、図42に示されているように、中間区画36は第1の係止部である、隣接する接合部材37の上部および下部を結合し空洞46の側開口部横切って延びるテザー2648を含む。 Further, as shown in Figure 42, the middle section 36 includes a tether 2648 extending across the side opening of the first is a locking unit, combines the upper and lower joint member 37 adjacent the cavity 46 . バンパー50は、バンパー50が脊椎ロッド30に固定されるようにテザー2648と係合するように構成されている外側表面2652を含む。 Bumper 50 includes an outer surface 2652 of the bumper 50 is configured to engage the tether 2648 to be secured to the spinal rod 30. また、図43に示されているように、中間区画36は第1の係止部である、バンパー50を拘束するために配置されたメッシュ2748を含む。 Further, as shown in Figure 43, the middle section 36 is a first locking portion includes a mesh 2748 which is positioned to restrain the bumper 50. バンパー50は、バンパー50を脊椎ロッド30に固定するように、メッシュ2748と係合するように構成された外側表面2752を含む。 Bumper 50 is a bumper 50 to secure the spinal rod 30 includes an outer surface 2752 that is configured to engage and mesh 2748.

図44〜46を参照すると、脊椎ロッド30、130について上述したのと同様な任意の別の実施形態において、脊椎ロッド2830は、縦軸aaを画定する上部区画2832および、縦軸bbを画定する下部区画2834を含む。 Referring to FIG. 44 to 46, in another embodiment any manner similar to that described above for the spinal rods 30, 130, the spinal rod 2830, upper section defines a vertical axis aa 2832 and defines a longitudinal axis bb It includes a lower section 2834. 第1の方向において、縦軸aaは、縦軸bbに対して、例えば本発明において議論されているように、様々な角度方向に配置される可能性があることが企図されている。 In a first direction, the vertical axis aa, to the longitudinal axis bb, for example as discussed in the present invention, it is contemplated that it may be positioned at various angular orientations. さらに、本発明において議論されているように、区画2832、2834が横軸方向に斜めの配向、弓状部分および様々な長さを含む可能性があることが企図されている。 Furthermore, as discussed in the present invention, the orientation of the oblique sections 2832,2834 is in the horizontal axis direction, that may contain an arcuate portion and various lengths are contemplated. 1つまたは複数の方向間の脊椎ロッド2830の動きが想定されており、それには抵抗の様々なレベルの増減が含まれる。 One or which movement of the spinal rod 2830 is assumed between a plurality of directions, and include increased or decreased in various levels of resistance.

中間区画2836は、区画2832、2834と結合しており、本発明において議論した中間区画と同様に、脊椎ロッド2830の構成要素の接合区画として、それらの間に配置されている。 Intermediate section 2836 is coupled with compartments 2832,2834, similarly to the middle section discussed in the present invention, as the joining section of the components of the spinal rod 2830 is disposed therebetween. 中間区画2836は、可動性継手部材2837を含み、それはU字型の構成を有し、対応する形状である弓状の内面2838および開口端2840を画定する。 Intermediate section 2836 includes a movable joint member 2837, which has the configuration of a U-shaped, defining an arcuate inner surface 2838 and an open end 2840 is a corresponding shape. 内面2838は、中間部2839を有し、これは内面および/または、可動性継手部材2837の深さを画定する。 Inner surface 2838, an intermediate portion 2839, which is the inner surface and / or to define the depth of the movable joint member 2837. 中心領域2839は、開口端2840に隣接する縦軸aaおよび/またはbbから中心領域2839まで測定したオフセット距離Doとして、可動性継手部材2837の深さを画定する。 Central region 2839, as the offset distance Do measured from the longitudinal axis aa and / or bb adjacent the open end 2840 to the center region 2839, defining the depth of the movable joint member 2837. オフセット距離Doは、2〜20mmの範囲であり、好ましくは2〜15mmの範囲であり、また最も好ましくは2〜10mmの範囲であることが想定されている、 Offset distance Do is in the range of 2 to 20 mm, preferably in the range of 2 to 15 mm, and most preferably it is assumed in the range of 2 to 10 mm,
開口端2840は、隙間の高さhやそれによって確定された開口部のような、離間寸法を定義する。 Open end 2840, such as a height h and opening thereby been established the gap defines a separation dimension. 高さhは、区画2832および2834の間に配置された中間区画2836の離間領域を画定する。 The height h defines the separation region of the intermediate section 2836 disposed between the compartments 2832 and 2834. 開口端2840の高さhは、3〜20mmの範囲であってよく、望ましくは3〜15mmの範囲、また最も望ましくは3〜10mmであることが想定されている。 The height h of the opening end 2840 may range from 3 to 20 mm, preferably it is assumed the range of 3 to 15 mm, and most desirably 3 to 10 mm.

区画2832、2834はそれぞれ、例えば直径dとそれに対応する断面積のArのような、厚さの次元を画定する。 Compartment 2832,2834, respectively, define for example a diameter d and Ar sectional area corresponding thereto, the dimension of thickness. 区画2832、2834の直径が、3〜11mmの範囲であり、望ましくは3〜9mmの範囲であり、最も望ましくは3〜7mmであることが想定されている。 The diameter of the compartment 2832,2834 is in the range of 3~11Mm, preferably in the range of 3~9Mm, and most preferably is it envisaged is 3 to 7 mm. さらに、断面積Arは、同一、非同一、定数、または変数でありうることが想定されている。 Further, the sectional area Ar is the same, that the non-identical may be a constant or variable, is assumed. 区画2832、2834は、例えば楕円、長方形、多角形、不規則な、均一の、および不均一の別の幾何学的な断面構成を有しており、特定の幾何学に基づいて対応する断面積Arを有している。 Sectional area sections 2832,2834, for example oval, rectangular, polygonal, irregular, uniform, and has a different geometric cross-sectional configuration of heterogeneous, corresponding on the basis of the particular geometric has the Ar.

可動性継手部材2837は、図46に示されるように、区画2832、2834よりも拡大されており、幅wを画定する。 Movable joint member 2837, as shown in FIG. 46, are enlarged than compartments 2832,2834, define a width w. 可動性継手部材2837の幅wは、3〜20mmの範囲であり、望ましくは3〜15mmの範囲であり、また最も望ましくは3〜10mmの範囲であることが想定されている。 The width w of the movable joint member 2837 is in the range of 3 to 20 mm, preferably in the range of 3 to 15 mm, also be most preferably in the range of 3~10mm are contemplated. 可動性継手部材2837はさらに、厚さtと対応する断面積Ajを画定している。 Movable joint member 2837 further defines a sectional area Aj corresponding to thickness t. 可動性継手部材2837の厚さtは1〜10mmの範囲であり、望ましくは2〜6mmの範囲であり、そして最も望ましくは2〜4mmの範囲であることを想定している。 The thickness t of the movable joint member 2837 is in the range of 1 to 10 mm, preferably in the range of 2 to 6 mm, and most preferably it is assumed that in the range of 2-4 mm. さらに、断面積Ajは、同一、非同一、定数、または変数であってもよいことが想定されている。 Furthermore, the cross-sectional area Aj are identical, non-identical, constant or it may be a variable, it is assumed. 可動性継手部材2837は、円形、楕円、長方形、多角形、均一の、および不均一の別の幾何学的断面構成を有し、特定の幾何学に基づいて対応する断面積Ajを有しうることが想定されている。 Movable joint member 2837 may have a circular, oval, rectangular, polygonal, uniform, and have another geometric cross-sectional configuration of heterogeneous, the cross-sectional area Aj corresponding based on the particular geometry it has been assumed.

1つの実施形態において、可動性継手部材2837の厚さtは、脊椎ロッド2830にさらに大きな柔軟性を提供するため、区画2832、2834の直径d以下である。 In one embodiment, the thickness t of the movable joint member 2837 in order to provide greater flexibility to the spinal rod 2830 is less in diameter d of the compartment 2832,2834. 別の実施形態において、可動性継手部材2837の厚さは、脊椎ロッド2830にさらに大きな柔軟性を提供するために、可動性継手部材2837の幅w以下である。 In another embodiment, the thickness of the movable joint member 2837 in order to provide greater flexibility to the spinal rod 2830 is less than the width w of the movable joint member 2837. 別の実施形態において、可動性継手部材2837の断面積Ajは、脊椎ロッド2830に大きな柔軟性を提供するために、区画2832、2834の断面積Arの10%以上である。 In another embodiment, the cross-sectional area Aj mobility joint member 2837 in order to provide greater flexibility to the spinal rod 2830, at least 10% of the cross-sectional area Ar of the compartments 2832,2834. 別の実施形態では、固定部材2837の幅wは、脊椎ロッド2830に更に大きな柔軟性を提供するために、区画2832、2834の直径d以上である。 In another embodiment, the width w of the fixing member 2837 in order to provide greater flexibility to the spinal rod 2830 is greater than or equal to the diameter d of the compartment 2832,2834. 別の実施形態では、オフセット距離Doは、脊椎ロッド2830に大きな柔軟性を提供するために、区画2832、2834の直径dの50%以上である。 In another embodiment, the offset distance Do in order to provide greater flexibility to the spinal rod 2830, is at least 50% of the diameter d of the compartment 2832,2834. 別の実施形態では、開口端2840の高さhは、脊椎ロッド2830により大きな柔軟性を提供するために、区画2832、2834の直径dの25%以上である。 In another embodiment, the height h of the opening end 2840, in order to provide greater flexibility spinal rod 2830 is more than 25% of the diameter d of the compartment 2832,2834.

内面2838は、例えば、本発明において議論したような抵抗部材(図示せず)を配置するように構成された空洞2846を画定する。 Inner surface 2838, for example, to define a cavity 2846 that is configured to place the resistance member as discussed in the present invention (not shown). 中間区画2836および抵抗部材は、所定の場所にこれらの構成要素を固定するために、本明細書記載の係止部と同様の係止部を含んでもよい。 Intermediate section 2836 and the resistance member, in order to fix these components in place, may comprise a locking portion of the same and the locking portion described herein. 脊椎ロッド2830は、上述したのと同様の脊柱障害の治療のために、外科手術処置に採用されてもよい。 Spinal rod 2830, for the treatment of similar spinal disorders as described above, may be employed in a surgical procedure.

また、図54A〜Hに示したように、脊椎ロッド2830の別の実施形態において示されるように、内面2838は、中間区画2836(図44)を抵抗部材2850に固定するため、本明細書記載の実施形態の脊椎ロッドの係止部および抵抗部材の構成要素と同様、抵抗部材2850の外側表面2852によって画定された第2の係止部と係合するように構成された第1の係止部を画定する。 Further, as shown in FIG. 54A~H, as shown in another embodiment of the spinal rod 2830, an inner surface 2838, for fixing the intermediate compartment 2836 (FIG. 44) to the resistance member 2850, described herein similar to the components of the locking part and the resistance member of spinal rod embodiments, the first engagement configured to engage the second engagement portion defined by the outer surface 2852 of the resistance member 2850 defining a part. 内面2838の第1の係止部は、可動性継手部材2837の断面積Aj(図44)によって定義されたように、ロック係合のため、対応して構成された外側表面2852の第2の係止部と篏合する。 The first locking portion of the inner surface 2838, as defined by the cross-sectional area of ​​the movable joint member 2837 Aj (Figure 44), for locking engagement, has been the outer surface 2852 second configuration corresponding the locking portion and 篏合. 係止部は、内面2838および/または外側表面2852のそれぞれの実質的に全て、ある部分のみ、または特定の場所として画定されてよいことが想定されている。 Locking portions are each substantially all of the inner surface 2838 and / or outer surface 2852, that may be defined as a moiety or only specific locations are contemplated. 1つの実施例において、第1の係止部は、開口端2840に対向した可動性継手部材2837の中央部に配置される(図44)。 In one embodiment, the first locking portion is disposed in a central portion of the movable joint member 2837 opposed to the open end 2840 (Figure 44).

例えば、図54Aに示したように、内面2838は、可動性継手部材2837内に断面積Ajによって示される凹部や空洞を形成する、凹面2861などの第1の係止部を画定する。 For example, as shown in FIG. 54A, the inner surface 2838 forms a recess or cavity, indicated by the cross-sectional area Aj to mobile joint member 2837, defines a first engagement portion such as a concave surface 2861. 凹面2861は、外面2852内で画定された凸面2862などの第2の係止部を受けとめる。 Concave 2861, receiving a second engagement portion, such as a convex surface 2862 defined in the outer surface 2852. 凸面2862は、弓状表面を有し、かつ、中間区画2836と抵抗部材2850を固定するための嵌合、接合嵌入のための抵抗部材2850から突出している。 Convex 2862 has an arcuate surface and the fitting for fixing the intermediate section 2836 resistance member 2850 protrudes from the resistance member 2850 for joining fitting. また、図54Bに示されているように、内面2838はそこから突出している凸面2863を画定し、上述したのと同様に、嵌合、接合嵌入のため、外側表面2852の凹面2864によって受け止められる。 Further, as shown in Figure 54B, the inner surface 2838 defines a convex surface 2863 projecting therefrom, in the same manner as described above, fitting, for joining fitting, is received by the concave 2864 of the outer surface 2852 .

別の実施例において、図54Cに示されているように、内面2838は凹所2865を画定し、それは嵌合、接合嵌入のために外側表面2852の突出2866によって受け止められる。 In another embodiment, as shown in Figure 54C, the inner surface 2838 defines a recess 2865, which is fitted, is received by the projection of the outer surface 2852 2866 for joining fitting. また、図54Dに示されるように、内面2838は突出2867を画定し、それは嵌合、接合嵌入のために外側表面2852の凹所2868によって受け止められる。 Further, as shown in FIG. 54D, the inner surface 2838 defines a protrusion 2867, which is fitted, it is received by the recess 2868 of the outer surface 2852 for joining fitting. 別の実施例では、図54Eに示されるように、内面2838は縦溝2869を画定し、それは嵌合、接合嵌入のために外側表面2852の畝2870によって受け止められる。 In another embodiment, as shown in FIG. 54E, the inner surface 2838 defines a vertical groove 2869, which is fitted, is received by the ridges 2870 of the outer surface 2852 for joining fitting. また、図54Fに示されているように、内面2838は畝2871を画定し、それは嵌合、接合嵌入のために外側表面2852の縦溝2872によって受け止められる。 Further, as shown in Figure 54F, the inner surface 2838 defines a ridge 2871, it is fitted, it is received by the longitudinal grooves 2872 of the outer surface 2852 for joining fitting. 別の実施例では、図54Gに示されているように、内面2838はチャンネル2873を画定し、それは嵌合、接合嵌入のために外側表面2852の蟻組み突起2874を受け止める。 In another embodiment, as shown in FIG. 54G, the inner surface 2838 defines a channel 2873, it is fitted, receiving the dovetail set protrusion 2874 of the outer surface 2852 for joining fitting. また、図54Hに示されているように、内面2838は蟻組み突起2875を画定し、それは嵌合、接合嵌入のために外側表面2852のチャンネル2876によって受け止められる。 Further, as shown in FIG. 54H, the inner surface 2838 defines a Arikumi protrusion 2875, it is fitted, it is received by the channel 2876 of the outer surface 2852 for joining fitting. 本明細書記載の脊椎ロッド30、130および930は、図54A〜Hについて述べられている係止部を同様に含むことが企図されている。 Spinal rods 30, 130 and 930 described herein, may include as well a locking portion that is described for FIG 54A~H are contemplated.

図47に示されているように、脊椎ロッド2830の別の実施例において、図44〜46について述べられているのと同様に、中間区画2936は区画2832、2834に接合されており、脊椎ロッド2830の構成要素の接合区画として、それらの間に設置されている。 As shown in Figure 47, in another embodiment of the spinal rod 2830, similar to those described for FIG. 44 to 46, the intermediate compartment 2936 is joined to the partition 2832,2834, spinal rod as a joining section of the components of the 2830, it is placed therebetween. 中間区画2936は、可動性継手部材2937を含み、それはV字型の構成を有し、それに応じた形の斜めの内面2938および開口端2940を画定する。 Intermediate section 2936 includes a movable joint member 2937, which has the configuration of a V-shaped, defining an oblique internal surface 2938 and an open end 2940 forms accordingly. 内面2938は、中央線2939を有し、それは可動性継手部材2937の最も内側の面および/または深さを画定する。 Inner surface 2938 has a center line 2939, which defines the innermost surface and / or depth of the movable joint member 2937. 内面2938は、例えば本発明に述べられているように、抵抗部材を配置するように構成された斜めの空洞2946を画定する。 Inner surface 2938, for example, as described in the present invention, defining a diagonal of the cavity 2946 configured to place the resistance member.

図48〜50を参照すると、脊椎ロッド30の別の実施例において、図1〜3について述べられたのと同様に、中間区画3036は、区画32、34と接合されており、脊椎ロッド3の構成要素の接合区画として、それらの間に配置される。 Referring to FIG. 48 to 50, in another embodiment of the spinal rod 30, in a manner similar to that described for FIGS. 1-3, the intermediate section 3036 is joined to the compartment 32 and 34, the spinal rod 3 as a joining section of the components, it is disposed therebetween. 中間区画3036は、可動性継手部材3037を含み、それは楕円形の構成を有し、内面3038および開口端3040を画定する。 Intermediate section 3036 includes a movable joint member 3037, which has a structure of oval, defining an inner surface 3038 and an open end 3040.

内面3038は、上述したポスト48と同様に、楕円形の空洞3046およびポスト3048を画定する。 Inner surface 3038, similar to the post 48 as described above, define a cavity 3046 and post 3048 elliptical. 空洞3046は、図50に示され、また上述したバンパー50と同様に、長方形のバンパー3050のような抵抗部材を配置するように構成されている。 Cavity 3046, shown in Figure 50, also similarly to the bumper 50 described above, is configured to place the resistance member, such as a rectangular bumper 3050. バンパー3050は、開口端3054を画定する外側表面3052を有する。 Bumper 3050 has an outer surface 3052 that defines an open end 3054. 開口端3054はバンパー3050を脊椎ロッド30に固定するためにポスト3048を受け入れ、それにより、脊椎ロッドシステムのかかる要素を所定の位置に固定する。 Open end 3054 accepts the post 3048 to secure the bumper 3050 to spinal rod 30, thereby securing such elements of vertebral rod system in place.

図51〜53を参照すると、脊椎ロッド30の別の実施形態において、図1〜3について述べたのと同様に、中間区画3136は区画32、34と接合しており、脊椎ロッド30の構成要素の接合区画として、それらの間に設置される。 Referring to FIG. 51 to 53, in another embodiment of the spinal rod 30, in a manner similar to that described for FIGS. 1-3, the intermediate section 3136 is bonded to the partition 32 and 34, the components of vertebral rod 30 as the joining section is disposed therebetween. 中間区画3136は後部がオフセット構成を有する可動性継手部材3137を含み、そのオフセット構成はC字型であり、内面3138および開口端3140を画定する。 Middle section 3136 includes a movable joint member 3137 that the rear part has an offset configuration, the offset configuration is C-shaped and defines an inner surface 3138 and an open end 3140.

上部区画32は、区画32および中間区画3136が上部トランシジョン3142を画定するように、開口端3140に隣接して配置されている。 Upper compartment 32, as compartments 32 and intermediate section 3136 defines a top Tran shea John 3142, it is located adjacent to the open end 3140. 上部トランシジョン3142は前面3143を画定する。 Upper Trang Shi John 3142 defines a front 3143. 下部区画34は、区画34および中間区画3136が下部トランシジョン3144を画定するように開口端3140に隣接して配置される。 Lower compartment 34, compartment 34 and intermediate compartment 3136 is positioned adjacent to the open end 3140 to define a lower trunk shea John 3144. 下部トランシジョン3144は前面3145を画定する。 Lower Trang Shi John 3144 defines a front 3145. 前面3143は、前面3145に対して角度zzで配置される。 Front 3143 is disposed at an angle zz to the front face 3145. 角度zzは望ましくは60〜179°の範囲であり、また最も望ましくは、90〜160°である。 Angle zz is the range of preferably 60-179 °, and most desirably from 90 to 160 °.

区画32の縦軸aが、区画34の縦軸bに対して非平行で配置されるように、区画32は、上部トランシジョン3142から延び、かつ区画34は下部トランシジョン3144から延びる。 Longitudinal axis a of the compartment 32 so as to be disposed in non-parallel to the longitudinal axis b of the compartment 34, compartment 32, extends from the upper Trang shea John 3142, and section 34 extends from the lower Trang shea John 3144. 中間区画3136は、後部がオフセットした構成のトランシジョン3142、3144から延びる。 Intermediate section 3136 extends from Trang sheet John 3142,3144 configurations rear is offset. 後部がオフセットした構成は、脊椎ロッド30の中央軸および可動性継手部材3137の間の距離によって画定される、より大きなモーメントを有する。 Configuration the rear is offset is defined by the distance between the central axis of the spinal rod 30 and movable joint member 3137, having a greater moment. この構成は、脊椎ロッド30の柔軟性を増加させ、その屈曲を容易にする。 This arrangement increases the flexibility of the spinal rod 30, to facilitate its bending.

内面3138は、脊椎ロッドシステムのこれらの構成要素を所定の場所に固定するため、例えば上述したように、抵抗部材(図示せず)を配置するように構成された空洞3146を画定する。 Inner surface 3138, for fixing these components of the spinal rod system in place, for example, as described above, define a cavity 3146 that is configured to arrange the resistive element (not shown).

種々の改変が、本発明において開示された実施の形態になされ得ることが理解されるであろう。 Various modifications, it will be understood that may be made to the disclosed embodiment in the present invention. 従って、上記の説明は、限定的に解釈されるべきではなく、単に様々な実施形態の例示として解釈されるべきである。 Therefore, the above description should not be interpreted as limiting, but merely be interpreted as illustrative of various embodiments. 当業者は、本明細書において記載されている特許請求の範囲および精神の範囲内で、他の変更が想定できるであろう。 Those skilled in the art within the scope and spirit of the claims as described herein, would other modifications can be envisaged.

Claims (10)

  1. 脊椎ロッドであって、 A spinal rod,
    第1の厚さを画定する第1の伸長区画と、 First and extension section defining a first thickness,
    第2の厚さを画定する第2の伸長区画と、 A second elongate section defining a second thickness,
    第1の区画と第2の区画の間に設置され第3の厚さを画定する中間区画であり、前記第3の厚さが前記第1の厚さおよび前記第2の厚さの少なくとも1つの寸法よりも小さい寸法を有し、前記中間区画が開口端を画定する内面を有する、中間区画と、 An intermediate section defining the installed third thickness between the first section and the second section, at least one of said third thickness is the first thickness and the second thickness One of a smaller dimension than the dimension, has an inner surface in which the intermediate compartment defining an open end, and an intermediate section,
    前記内面の少なくとも一部と係合するように構成された外面を有する抵抗部材と、 A resistance member having at least a portion outer surface constructed and arranged to engage the inner surface,
    を具備する、脊椎ロッド。 Comprising a spinal rod.
  2. 前記中間区画が前記第1の厚さおよび前記第2の厚さのそれぞれに対して幅を画定し、前記第3の厚さの前記寸法が前記幅の寸法以下である、請求項1に記載の脊椎ロッド。 The defining a width intermediate compartment for each of the first thickness and the second thickness, the dimension of the third thickness is less than the dimension of the width, according to claim 1 spinal rod.
  3. 前記幅の寸法が前記第1の厚さおよび前記第2の厚さの寸法の少なくとも一方以上である、請求項3に記載の脊椎ロッド。 At least one or more dimensions of the width of the first thickness and the second thickness dimension, spinal rod of claim 3.
  4. 前記中間区画が、対応する形状の内面および前記開口端を画定するU字型の構成を有し、前記抵抗部材が前記開口端の閉鎖を防ぐように設定されている。 The intermediate section has a configuration of a U-shaped defining an inner surface and said open end of the corresponding shape, the resistance member is configured to prevent closure of the open end. 請求項1に記載の脊椎ロッド。 Spinal rod of claim 1.
  5. 前記中間区画が、対応する形状の内面および前記開口端を画定するV字型の構成を有し、前記抵抗部材が前記開口端の閉鎖を防ぐように設定されている。 The intermediate section has a corresponding V-shaped defining an inner surface and said open end shaped configuration, the resistive member is configured to prevent closure of the open end. 請求項1に記載の脊椎ロッド。 Spinal rod of claim 1.
  6. 前記第3の厚さが2〜6mmの範囲である、請求項1に記載の脊椎ロッド。 It said third thickness is in the range of 2 to 6 mm, spinal rod of claim 1.
  7. 前記幅が3〜10mmの範囲である、請求項3に記載の脊椎ロッド。 It said width is in the range of 3 to 10 mm, the spinal rod of claim 3.
  8. 前記第1および第2の区画が第1の材料から製造され、前記中間区画が第2の材料から製造される、請求項1に記載の脊椎ロッド。 Wherein the first and second compartments are manufactured from a first material, said intermediate section is fabricated from a second material, the spinal rod of claim 1.
  9. 第1の伸長区画、第2の伸長区画、前記第1の区画と前記第2の区画の間に配置される中間区画を具備する脊椎ロッドであって、 First elongate section, a second extension section, a said spinal rod having a middle section disposed between the first compartment and the second compartment,
    前記中間区画が第1の係止部および開口端を画定する内面を有し、 Has an inner surface in which the intermediate section defining a first locking portion and the open end,
    前記第1の区画および前記中間区画が、第1の面を画定する第1のトランジションを画定するように、前記第1の区画が前記開口端に隣接して配置され、 The first compartment and the intermediate compartment, so as to define the first transitions defining a first surface, said first section is disposed adjacent to said open end,
    前記第2の区画および前記中間区画が、第2の面を画定する第2のトランジションを画定するように、前記第2の区画が前記開口端に隣接して配置され、 Said second compartment and said intermediate compartment so as to define the second transitions defining a second surface, said second compartment being positioned adjacent to said open end,
    前記第1の面が、前記第2の面に対して角度を形成して配置され、 The first surface is arranged to form an angle with respect to said second surface,
    抵抗部材が、前記内面の少なくとも一部に固定かつ結合されるように、前記第一係止部と係合するように構成された第2の係止部を画定する外面を有する、 Resistance member is to be secured and bonded to at least a portion of said inner surface has an outer surface that defines a second locking portion configured to engage the first locking portion,
    脊椎ロッド。 Spinal rod.
  10. 前記中間区画が、前記第1および第2の区画からオフセットされるように前記第1および第2のトランジションから延在する、請求項9に記載の脊椎ロッド。 It said intermediate compartment, said first and extending from said first and second transitions as offset from the second compartment, the spinal rod of claim 9.
JP2011552155A 2009-02-27 2010-02-25 Spinal rod system and method of use Pending JP2012519031A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US12/394,362 2009-02-27
US12/394,362 US20100222820A1 (en) 2009-02-27 2009-02-27 Vertebral rod system and methods of use
PCT/US2010/025409 WO2010099316A1 (en) 2009-02-27 2010-02-25 Vertebral rod system and methods of use

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2012519031A true JP2012519031A (en) 2012-08-23

Family

ID=42102583

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011552155A Pending JP2012519031A (en) 2009-02-27 2010-02-25 Spinal rod system and method of use

Country Status (7)

Country Link
US (1) US20100222820A1 (en)
EP (1) EP2400904B1 (en)
JP (1) JP2012519031A (en)
KR (1) KR20110132402A (en)
CN (1) CN102333492A (en)
AU (1) AU2010217952A1 (en)
WO (1) WO2010099316A1 (en)

Families Citing this family (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20090131984A1 (en) * 2007-11-19 2009-05-21 Linares Miguel A Spine support implant including inter vertebral insertable fluid ballastable insert and inter-vertebral web retaining harnesses
US8758439B2 (en) 2007-11-19 2014-06-24 Linares Medical Devices, Llc Spine support implant including inter vertebral insertable fluid ballastable insert and inter-vertebral web retaining harnesses
CH701107B1 (en) * 2009-05-18 2013-11-29 Biedermann Technologies Gmbh Apparatus for drilling an arcuate bore.
US9011494B2 (en) * 2009-09-24 2015-04-21 Warsaw Orthopedic, Inc. Composite vertebral rod system and methods of use
EP2488119B1 (en) * 2009-10-14 2014-09-17 Skeletal Dynamics, LLC Internal joint stabilizer for a multi-axis joint, such as a carpo-metacarpal joint or the like
DE102010060112A1 (en) * 2010-09-20 2012-03-22 Aesculap Ag Spinal stabilization system, a connecting element for a spinal stabilizing system and method for producing such a connecting element
US20130103090A1 (en) * 2011-10-25 2013-04-25 Warsaw Orthopedic, Inc. Vertebral rod system and methods of use
US20130110169A1 (en) * 2011-10-26 2013-05-02 Warsaw Orthopedic, Inc. Vertebral rod system and methods of use
US10064658B2 (en) 2014-06-04 2018-09-04 Roger P. Jackson Polyaxial bone anchor with insert guides
US9597119B2 (en) * 2014-06-04 2017-03-21 Roger P. Jackson Polyaxial bone anchor with polymer sleeve

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20070191832A1 (en) * 2006-01-27 2007-08-16 Sdgi Holdings, Inc. Vertebral rods and methods of use

Family Cites Families (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1328222B1 (en) * 2000-10-27 2005-03-30 SDGI Holdings, Inc. Annulus repair system
CN2498997Y (en) * 2001-09-26 2002-07-10 吴占勇 Tension type pedicle of vertebra arch fixer
US6966910B2 (en) * 2002-04-05 2005-11-22 Stephen Ritland Dynamic fixation device and method of use
US6786931B2 (en) * 2002-08-27 2004-09-07 Depuy Products, Inc. Device, system and method for separation of modular orthopaedic elements
US20070016200A1 (en) * 2003-04-09 2007-01-18 Jackson Roger P Dynamic stabilization medical implant assemblies and methods
CN2626446Y (en) * 2003-06-27 2004-07-21 丁亮华 Inner fixer for lumbar diaplasis
US7488330B2 (en) * 2005-01-27 2009-02-10 Depuy Spine, Inc. Modular static intervertebral trial
US7806913B2 (en) * 2006-08-16 2010-10-05 Depuy Spine, Inc. Modular multi-level spine stabilization system and method
KR100797755B1 (en) * 2006-11-28 2008-01-23 (주)메디쎄이 Rod connecting peidcle screws
KR100829338B1 (en) * 2006-12-07 2008-05-13 김수경 Spinal stabilization apparatus
WO2008073447A2 (en) * 2006-12-11 2008-06-19 Abdou M Samy Dynamic spinal stabilization systems and methods of use
US8568453B2 (en) * 2007-01-29 2013-10-29 Samy Abdou Spinal stabilization systems and methods of use
US8740944B2 (en) * 2007-02-28 2014-06-03 Warsaw Orthopedic, Inc. Vertebral stabilizer
US8202302B2 (en) * 2007-04-19 2012-06-19 Mi4Spine, Llc Pedicle screw and rod system
US20080281361A1 (en) * 2007-05-10 2008-11-13 Shannon Marlece Vittur Posterior stabilization and spinous process systems and methods
US9232968B2 (en) * 2007-12-19 2016-01-12 DePuy Synthes Products, Inc. Polymeric pedicle rods and methods of manufacturing

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20070191832A1 (en) * 2006-01-27 2007-08-16 Sdgi Holdings, Inc. Vertebral rods and methods of use

Also Published As

Publication number Publication date
WO2010099316A1 (en) 2010-09-02
US20100222820A1 (en) 2010-09-02
AU2010217952A1 (en) 2011-09-15
KR20110132402A (en) 2011-12-07
CN102333492A (en) 2012-01-25
EP2400904A1 (en) 2012-01-04
EP2400904B1 (en) 2014-05-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7942905B2 (en) Vertebral stabilizer
US7621940B2 (en) Rod-like element for application in spinal or trauma surgery, and stabilization device with such a rod-like element
KR100550263B1 (en) Spinal stabilization device
EP1898813B9 (en) Dynamic fixation device
US9999446B2 (en) System and method for replacement of spinal motion segment
US8157843B2 (en) Flexible stabilization device for dynamic stabilization of bones or vertebrae
JP5078355B2 (en) Spine stabilization system
AU2007211118B2 (en) Vertebral rods and methods of use
US8968365B2 (en) Interspinous spacer
US8100944B2 (en) Inter-cervical facet implant and method for preserving the tissues surrounding the facet joint
AU2004216131B2 (en) Adjustable rod and connector device and method of use
KR101332384B1 (en) Interspinous vertebral stabilization devices
JP5746031B2 (en) Multi-screw assembly
US8617215B2 (en) Connecting element and system for flexible spinal stabilization
US8419773B2 (en) Stabilization device for stabilizing bones of a vertebra and rod connector used therefor
US8043339B2 (en) Flexible member for use in a spinal column and method for making
US9017385B1 (en) Dynamic spinal stabilization system
CN101959468B (en) Facet interference screw
EP2278932B1 (en) Implants for inter-spinous process dynamic stabilization of a spinal motion segment
US20080161854A1 (en) Dynamic Stabilization Devices and Methods
US7985244B2 (en) Posterior dynamic stabilizer devices
US20050288672A1 (en) Devices to prevent spinal extension
US20080021459A1 (en) Dynamic constructs for spinal stabilization
US20050101954A1 (en) Artificial facet joint and method
EP2211737B1 (en) Spinal stabilization system with transition member

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130401

A524 Written submission of copy of amendment under section 19 (pct)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A524

Effective date: 20130701

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20131118