JP2012064066A - Portable terminal - Google Patents

Portable terminal Download PDF

Info

Publication number
JP2012064066A
JP2012064066A JP2010208698A JP2010208698A JP2012064066A JP 2012064066 A JP2012064066 A JP 2012064066A JP 2010208698 A JP2010208698 A JP 2010208698A JP 2010208698 A JP2010208698 A JP 2010208698A JP 2012064066 A JP2012064066 A JP 2012064066A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
braille
input
touch
touch panel
mobile terminal
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2010208698A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Tomio Koide
Seiji Miyaoka
Tatsuo Nishizawa
聖次 宮岡
富夫 小出
達夫 西澤
Original Assignee
Shinano Kenshi Co Ltd
シナノケンシ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a portable terminal with a touch panel which allows visually impaired persons to input braille characters.SOLUTION: A portable terminal 10 actuated by operation from a touch panel 14 whose surface is divided into multiple areas of a predetermined size includes an input detection part 30 capable of recognizing the presence/absence of touch for each area, a braille character storage part 32 for storing locations of dots composing one braille character for each braille character, a braille character selection part 34 for selecting the braille character input from the touch panel, based on the presence/absence of touch in each area detected by the input detection part 30 and the dot locations stored in the braille character storage part 32, and an input result storage part 36 for storing braille characters selected by the braille character selection part 34.

Description

本発明は、点字を入力可能とした携帯端末に関する。 The present invention relates to a portable terminal which enables input Braille.

点字による書面等を作成する場合、点字を入力できる装置が必要となる。 When creating a document or the like in Braille, the need for an apparatus capable of inputting braille. 点字入力可能な装置としては、点字タイプライターが従来より知られている(例えば、特許文献1参照)。 The braille input device capable, Braille typewriter has been known (e.g., see Patent Document 1).
ただ、点字タイプライターは、紙やラベルなどに点字を直接打刻するものであるので、点字をデータとして処理することができない。 However, Braille typewriter, since it is intended to directly embossing braille on paper or a label, it is impossible to process the braille as data.

また、パーソナルコンピュータ等の情報機器に直接点字によるデータ入力ができるように、点字キーボードも開発されている(例えば、特許文献2参照)。 Moreover, as can data input by directly braille information apparatus such as a personal computer, Braille keyboard has been developed (e.g., see Patent Document 2).
点字キーボードを用いれば、情報機器に対して点字をデータ入力することができる。 Using the Braille keyboard, it can be data input braille to the information equipment.

さらに、タッチパネルにおいて点字入力可能な装置も開発されている(例えば、特許文献3参照)。 Furthermore, Braille input capable devices have been developed in the touch panel (e.g., see Patent Document 3).
このタッチパネル式の入力装置によれば、点字を構成する複数のドットが突出して形成されたフィルム状のシートをタッチパネル表面に配置しており、視覚障害者であってもタッチパネルにて入力が可能とされている。 According to the input device of the touch panel, a plurality of dots like formed protruding film sheet constituting the braille have been placed on the touch panel surface, it can be input at even visually handicapped touch panel It is.

特開平11−268349号公報 JP 11-268349 discloses 特開2006−318211号公報 JP 2006-318211 JP 特開平9−120254号公報 JP-9-120254 discloses

上述してきた点字の入力装置によれば、視覚障害者であっても点字の入力は可能であるが、健常者が通常用いている機器を同様に使いこなすことはできない。 According to the input device of braille it has been described above, although it is possible input braille even visually handicapped, healthy person can not handle as well a device that is usually used.
例えば、携帯電話と携帯情報機器(PDA)の機能を併せ持つ携帯端末(スマートフォン)が各携帯電話会社から販売されており、携帯電話としての機能に加え種々の情報を手軽に取得しやすくなっている。 For example, mobile phone and a portable terminal having both the function (smartphone) is available from each of the mobile phone company of a personal digital assistant (PDA), which is easy to easy to get a variety of information in addition to the function as a mobile phone . ところが、このような携帯端末においては、タッチパネル方式を採用している機種も多くあり、視覚障害者にとっては利用しづらく、視覚障害者が携帯端末の利便性を享受することができないという課題がある。 However, in such a portable terminal, there are many models that employ touch panel, there is a problem that difficult to use, the visually impaired can not enjoy the convenience of the mobile terminal for the visually impaired .

また、上記の特許文献3のように携帯端末のタッチパネル表面に点字が刻字されたフィルムを配置しようとしても、そもそも携帯端末のタッチパネルは面積が狭い物であるから点字が刻字されたフィルムによって操作するのは困難である。 Furthermore, Braille on the touch panel surface of the mobile terminal as in Patent Document 3 described above even trying to place the inscribed by the film, the first place braille from the touch panel of the mobile terminal are the ones narrow area is operated by the inscription has been film it is difficult.

そこで、本発明は上記課題を解決すべくなされ、その目的とするところは、特にタッチパネルを採用している携帯端末において、視覚障害者が点字入力を可能とした携帯端末を提供することにある。 The present invention has been made to solve the above problems, it is an object of the portable terminal which is particularly adopted a touch panel, blind is to provide a portable terminal which enables Braille input.

本発明にかかる携帯端末によれば、タッチパネルを備え、タッチパネルからの操作によって動作する携帯端末において、タッチパネルの表面を所定の大きさの複数の領域に分け、各領域ごとにタッチの有無を認識可能な入力検出部と、点字1文字を構成するドットの位置を、点字毎に記憶している点字記憶部と、入力検出部によって検出された各領域におけるタッチの有無と点字記憶部に記憶されているドットの位置とに基づいて、タッチパネルから入力された点字を選択する点字選択部と、点字選択部によって選択された点字を 記憶する入力結果記憶部とを具備することを特徴としている。 According to the mobile terminal according to the present invention, a touch panel, the mobile terminal operated by the operation from the touch panel, divided surface of the touch panel into a plurality of regions of a predetermined size, can recognize the presence or absence of a touch for each of the areas and Do input detection unit, the position of the dots constituting the braille one character, and braille storage unit storing for each braille, stored in the presence and braille storage unit of the touch in the respective regions detected by the input detection unit based on the positions of dots are, and the braille selector for selecting braille input from the touch panel, characterized by comprising an input result storing unit for storing braille selected by Braille selector.
この構成を採用することによって、視覚障害のあるユーザが携帯端末を使用する場合においても、タッチパネルの決められた領域と点字のドットの位置とを予め対応付けしておくことにより、ユーザがタッチパネルをタッチすることで点字入力が可能となる。 With this structure, even if the user visually impaired to use the portable terminal, by previously associating the location of the dot-determined area and braille of the touch panel, the user is a touch panel Braille input is made possible by touch.

また、各点字に対応した発音を記憶した音声記憶部と、点字選択部によって選択された点字に対応する発音を音声記憶部から抽出して出力する音声出力部とを具備することを特徴としてもよい。 Also, a voice storage unit for storing a pronunciation corresponding to each braille, also pronunciation corresponding to braille selected by Braille selector as; and a sound output unit to output the extracted from the voice storage unit good.
この構成によれば、点字の入力に伴い、入力した点字の発音が音声出力される。 According to this configuration, with the input of the Braille, pronunciation braille input is an audio output. このため、タッチパネルでの入力で入力操作に確信が持てない場合であっても、音声出力を聞くことで入力が正しかったか否かを確認することができる。 Therefore, even when the belief in the input operation at the input of the touch panel can not have, it can be confirmed whether or not the input is correct by listening to audio output.

また、前記入力検出部は、タッチパネルのフリックを検出可能であって、所定方向へのフリックが、点字入力時の所定の動作と対応付けがされて記憶されているフリック動作記憶部と、入力検出部によって検出された所定方向のフリックに対応付けされた動作を実行するフリック実行手段とを具備することを特徴としてもよい。 Further, the input detection unit is a detectable flicks the touch panel, flick in a predetermined direction, and a flick operation storage unit in which a predetermined operation during Braille type association is in stored, input detection it may be characterized by comprising a flick execution means for executing an operation that is associated with the flick of the detected predetermined direction by parts.
この構成によれば、携帯端末に対して縦方向又は横方向など、種々の方向のフリックを点字入力における種々の動作に対応付けできる。 According to this configuration, it associates like vertical or horizontal direction, the various directions of the flick various operations in braille input to the portable terminal.

また、加速度センサと、該加速度センサによって所定の加速度が検出された場合には、ユーザによってシャッフルされたものとして、シャッフルに対応付けされた動作を実行するシャッフル実行手段とを具備することを特徴としてもよい。 Further, an acceleration sensor, when a predetermined acceleration is detected by the acceleration sensor, as being shuffled by the user, as characterized by including a shuffle execution means for executing an operation that is associated with the shuffled it may be.
この構成によれば、携帯端末がシャッフルされた場合に、シャッフルという動作を点字入力における所定の動作に対応付けできる。 According to this configuration, when the portable terminal is shuffled, it associates the operation of shuffling a predetermined operation in Braille input.

さらに、各領域においてタッチされる毎にタッチ位置を記憶し、各領域毎に、過去複数回記憶されたタッチ位置の分布に基づいてタッチ中心位置を算出し、算出されたタッチ中心位置に基づいて各領域の境界を変更するように制御する領域変更手段を具備することを特徴としてもよい。 Furthermore, storing the touch position each time it is touched in each region, for each of the regions, it calculates a touch center position based on the distribution of the stored touch position past a plurality of times, based on the calculated touch center position it may be characterized by comprising a control region changing means to change the boundary of each region.
この構成によれば、ユーザの指の配置位置に癖がある場合においては、その癖に合わせてタッチパネルの領域を変えることができる。 According to this structure, when there is a habit to the arrangement position of the user's finger, it can change the area of ​​the touch panel in accordance with the habit. このため、指の配置位置の癖によってタッチ位置が隣の領域と紛らわしい場合に、入力エラーが出てしまうようなことを防止することができる。 Therefore, it is possible to touch position by habit of the arrangement position of the finger when confusing the adjacent region, to prevent that would appear input errors.

さらに、各領域には、それぞれ異なる入力音が対応付けされて記憶している入力音記憶部と、前記入力検出部が各領域毎のタッチの有無を検出すると、該領域に対応付けされた入力音を入力音記憶部から読み出して出力する入力音出力部とを具備することを特徴としてもよい。 In addition, each region, an input sound storing unit which stores are associated respectively different input sound, when the input detection section detects presence or absence of a touch for each area, which is associated to the area input it may be characterized by comprising an input sound output unit for outputting read from the input sound storing unit sounds.
この構成によれば、視覚障害があって、正しい領域をタッチしているかどうかが不安なユーザであっても、音を聞けば正しい領域をタッチしていることがわかるので、安心して入力動作を続けることができる。 According to this configuration, there is a visual impairment, even whether the anxiety user is touching the correct area, because it can be seen that by touching the correct area To hear the sound, the input operations with peace of mind it is possible to continue.

さらに、点字選択部が、入力中の点字が6つのドットよりも多くのドットで構成されている点字であると判断した場合、6つのドット分の入力を検知した後、さらに入力を促す入力促進音が出力できるように、入力促進音を記憶している入力促進音記憶部を具備することを特徴としてもよい。 Furthermore, Braille selection unit, when it is determined that the braille in input is six braille that consists of a number of dots than dots, after detecting the six inputs dots, input prompting further prompting as sound can be output may be characterized by including the input prompting sound storage unit for storing input prompting sound.
この構成によれば、ユーザは6つのドットで構成される点字以外の点字であっても正確に入力できる。 According to this configuration, the user is a Braille except constituted Braille six dots can be entered even accurate.

なお、携帯端末に装着されるカバーであって、タッチパネル部分が開口し、且つ携帯端末の方向及びタッチパネルの位置が凹凸によって判別可能に形成されているものを具備することを特徴としてもよい。 Incidentally, a cover which is mounted on the mobile terminal may be characterized in that the touch panel portion is opened, and the position of the direction and the touch panel of the mobile terminal comprises a what is distinguishably formed by irregularities.
この構成によれば、視覚障害を有するユーザにとって、携帯端末の向きやタッチパネルの位置を正確に把握することができる。 According to this structure, for users having impaired vision, it is possible to accurately grasp the position of the orientation or the touch panel of the mobile terminal.

本発明の携帯端末によれば、視覚障害のあるユーザであっても携帯端末を容易に利用することができる。 According to the portable terminal of the present invention, even a user with visual impairments can easily use the portable terminal.

本発明の携帯端末の外観構成を示す説明図である。 Is an explanatory view showing an external configuration of a portable terminal of the present invention. タッチパネル部を3つの領域に分割して点字の左列のドットを入力するところを示す説明図である。 By dividing the touch panel into three regions is an explanatory diagram showing a place for inputting the dot in the left column of braille. タッチパネル部を3つの領域に分割して点字の右列のドットを入力するところを示す説明図である。 By dividing the touch panel into three regions is an explanatory diagram showing a place for inputting the dot in the right column of braille. 携帯端末の内部構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing the internal configuration of the portable terminal. 領域を変更する機能について説明する説明図である。 It is an explanatory view illustrating a function of changing the region. タッチパネル部を6つの領域に分割したところを示す説明図である。 It is an explanatory view showing a place obtained by dividing the touch panel portion into six areas. 図6の場合において、タッチパネルの向きを逆にしたところを示す説明図である。 In the case of FIG. 6 is an explanatory diagram showing the place where the orientation of the touch panel reversed.

以下、本発明の好適な実施の形態を添付図面に基づいて説明する。 It will be described below with reference to preferred embodiments of the present invention in the accompanying drawings.
本実施形態の携帯端末の構成について説明する。 Description will be given of a configuration of a portable terminal of the embodiment. ここでの携帯端末のユーザの操作スイッチとしては、表示部がタッチパネルとなっているものを対象としている。 The operation switch where the mobile terminal user are directed to that display unit is a touch panel.
図1に示すように、携帯端末10の外周にはカバー12を装着することが好ましい。 As shown in FIG. 1, it is preferable to install a cover 12 on the outer periphery of the portable terminal 10. カバー12は、ゴムなどの弾性部材で構成されており、脱着が容易となっている。 Cover 12 is formed of an elastic material such as rubber, desorption is facilitated. カバー12は表示部14(タッチパネル部14)が覆われないように開口部12aが形成されており、この開口部12aの周囲の所定位置(2箇所)に突起15a,15bが形成されている。 Cover 12 is a display unit 14 has an opening 12a as (touch panel 14) is not covered is formed, the projections 15a, 15b are formed at a predetermined position around the opening 12a (2 places).

2箇所の突起15a,15bは、タッチパネル部14の中央部分にある操作エリア14aの上下両端部に位置しており、この突起15a,15bの範囲内で操作が可能な操作エリア14aであることを識別できる。 Two places of the projections 15a, 15b are located on the upper and lower end portions of the operating area 14a in the center portion of the touch panel section 14, that the projections 15a, an operation area 14a can be operated within a range of 15b It can be identified.
なお、タッチパネル部14の上端部は、2箇所の突起のうち上部の突起15aよりも上方に位置している。 Incidentally, the upper end portion of the touch panel portion 14 is positioned above the top of the protrusion 15a of the two places projections. したがって、上部の突起15aとタッチパネル部14の上端部との間は、操作エリア14aとは違う操作が可能なエリアとして構成できる。 Therefore, between the upper end of the upper portion of the projection 15a and the touch panel unit 14 may be configured as a different operation is possible area and the operation area 14a.
本実施形態では、上部の突起15aとタッチパネル部14の上端部との間は情報エリア14bとして設けられており、この間において何らかの情報等が表示されるようになっている。 In the present embodiment, so that between the upper end of the upper portion of the projection 15a and the touch panel section 14 is provided as an information area 14b, some information such as during this period are displayed.

一方、タッチパネル部14の下端部は、2箇所の突起のうち下部の突起15bよりも下方に位置している。 On the other hand, the lower end portion of the touch panel portion 14 is positioned lower than the bottom of the projections 15b of the two places projections. したがって、下部の突起15bとタッチパネル部14の下端部との間は、操作エリア14aとは違う操作が可能なエリアとして構成できる。 Thus, between the lower end of the lower protrusion 15b and the touch panel unit 14 may be configured as a different operation is possible area and the operation area 14a.
本実施形態では、下部の突起15bとタッチパネル部14の下端部との間はショートカットエリア14cとして設けられており、この間を操作することで、他のアプリケーションの立ち上げ等を実行できる。 In the present embodiment, between the lower end of the lower protrusion 15b and the touch panel section 14 is provided as a shortcut area 14c, by operating between this, you can execute start-up or the like of the other applications.

なお、本実施形態における携帯端末10は、下部表面にホームボタンが設けられている。 The mobile terminal 10 in the present embodiment, the home button is provided on the lower surface. そして、カバー12には、ホームボタンの表面を覆うとともにホームボタンであることを触覚で認識可能となるように何らかの突起が形成されたホームボタン部16が形成されている。 Then, the cover 12 has a home button 16 for some projections are formed so as to be recognized by the tactile is formed to be a home button covers the surface of the home button. ホームボタン部16の表面には、例えば×の形状の突起を形成しておけばよい。 On the surface of the home button 16, for example by forming a projection in the shape of ×.
また、カバー12を滑りにくい特性の材料で構成することで、直接携帯端末10の表面を持つ場合よりも、手から滑らずに確実な保持ができるようにすることができる。 Further, by constituting a material hard characteristic sliding the cover 12, than with a surface of the direct mobile terminal 10, it is possible to allow a reliable hold without slipping from the hand.

次に、本実施形態における、点字入力における基本的な方法について図2〜図3に基づいて説明する。 Then, in the present embodiment will be described with reference to FIGS. 2-3 basic methods in Braille input.
本実施形態では、タッチパネル部14の操作エリア14aを横方向に3つの領域エリア1、エリア2、エリア3に分けて設定している。 In this embodiment, three areas area 1 laterally manipulation area 14a of the touch panel 14, the area 2, are set separately in area 3. そして、3つの領域それぞれは、点字を構成する6つのドットのうち、左側の列の3つのドット及び右側の列の3つのドットを各エリアに対応させておく。 Then, each of the three areas, out of the six dots constituting the braille, the three dots of the three dots and the right column of the left column allowed to correspond to each area.

ユーザは、入力したい点字の3行2列のドットを左列、右列の順で、タッチパネル部14の操作エリア14aにおける3つの領域に、ドットがあればタッチ、ドットがなければタッチしないようにして入力する。 The user, three rows and two columns dots left column of braille to be entered, in the order of the right column, the three regions in the operation area 14a of the touch panel 14, touch, do not touch unless dots if dots enter Te.

なお、点字を構成する6つのドットのうち、一般的な読み取り方としては、左列上から下に順番に読み取り、次に右列上から下に順番に読み取ることが一般的である。 Of the six dots constituting the braille, as the generic read side, reading in order from top to bottom left column, then be read sequentially from top to bottom right column it is common. したがって、図2に示すように、まず左列のドットを上から順に1,2,3と番号を付けるとする。 Accordingly, as shown in FIG. 2, first, the left column dot from top attaching 1,2,3 numbered sequentially. そして、ドット1をエリア1に、ドット2をエリア2に、ドット3をエリア3に対応させている。 Then, the area 1 dot 1, dot 2 in area 2, are made to correspond to dot 3 in the area 3.
左列の3つのドットにおける入力が完了すると、次に右列の3つのドットの入力を行う。 When the input of the three dots in the left column is completed, then to input the three dots in the right column.
図3に示すように、右列の3つのドットを上から順に4,5,6と番号を付けるとする。 As shown in FIG. 3, and put 4,5,6 numbered from top to bottom the three dots in the right column. そして、ドット4をエリア1に、ドット5をエリア2に、ドット6をエリア3に対応させている。 Then, the area 1 dot 4, dot 5 in the area 2, are made to correspond to the dots 6 in the area 3.

なお、本実施形態における各領域へタッチする指は、右手で入力する場合、右手人差し指をエリア1、右手中指をエリア2、右手薬指をエリア3に対応させるとよい。 Incidentally, the finger touching the respective areas in this embodiment, when inputting with his right hand, the right index finger area 1, area 2 to the right hand middle finger, may be associated with the right hand ring finger area 3.
また、各列ごとにおける、各領域へのタッチは同時に行うものとする。 Further, in each column, touch to each region will be made at the same time. たとえば、左列においてドット1が有り、ドット2が無し、ドット3が有りの場合には、右手の人差し指がエリア1を、薬指がエリア3を同時にタッチするようにする。 For example, there is a dot 1 in the left column, no dot 2, the case with the dot 3, right index finger is an area 1, ring finger so as to touch the area 3 at the same time.

携帯端末10は、このような1列毎の入力を検知し、2列分の入力を検知したところで入力された点字を判別する。 The mobile terminal 10 detects an input of such each column, to determine the input braille Now that detects the input of the two columns.
なお、判別された点字の音は、携帯端末のスピーカ(図示せず)から出力されるとよい。 Incidentally, the sound of discriminated Braille, may be output from the mobile terminal speaker (not shown). 例えば、判別された点字が「ア」であれば「ア」の音が出力されることになる。 For example, discriminated Braille is the sound of the "A" if "A" is output. 音が出力されない限り、視覚障害者にとっては正しく入力できたか否かが確認できないためである。 As long as the sound is not output, is because whether or not entered correctly can not be confirmed for the visually impaired.

さらに携帯端末10は、1列目の入力が完了したときに出力する1列目完了音と、2列目の入力が完了し、点字入力が完了したときに出力する入力完了音を出力するとよい。 Further, with the portable terminal 10, a first column complete sound output when the input of the first column is completed, the input of the second row is completed, it is preferable to output the input completion sound output when the braille input is completed .

なお、点字の種類によっては、6つのドットだけでは構成されないものもある。 Depending on the type of braille, only six dots and some not configured. 例えば、濁音、半濁音、促音、拗音などは12のドットで構成されている。 For example, it voiced, semi-voiced sound, double consonant and diphthong is composed of 12 dots.
したがって、携帯端末10では、2列目の入力が終了したときにまだ点字入力が完了していないと判断した場合には、2列目の入力が完了しただけであって、まだ入力が必要である旨をユーザに知らせるため、さらに入力を促す音を出力するとよい。 Accordingly, the mobile terminal 10, when the still braille input when the input of the second row is finished is determined not to be completed, there is only the input of the second row is completed, a still requires input to inform is that the user, may outputs sound further prompting.

次に、図4に基づいて本実施形態の携帯端末の内部構成について説明する。 The following describes the internal structure of the mobile terminal of the present embodiment with reference to FIG. なお、以下の内部構成については、携帯端末内に設けられている演算処理装置及びメモリが、予め設定されたプログラムに従ってその機能を実現している。 Note that the internal configuration of the following arithmetic processing unit and a memory is provided in the portable terminal, thereby realizing the functions according to a preset program.
携帯端末10は、タッチパネル部14でタッチされたことを各領域(本実施形態では、エリア1〜エリア3の3つの領域)ごとに判定する入力検出部30と、各点字のドット配置を記憶している点字記憶部32と、入力検出部30で検出された入力信号に基づいて点字記憶部32から、いずれの点字が入力されたかを選択する点字選択部34とを具備している。 Portable terminal 10 (in this embodiment, three areas of area 1 Area 3) each area that has been touched by the touch panel unit 14 and the input detection unit 30 determines for each, and stores the dot arrangement of each braille and a braille storage unit 32, and a braille selection unit 34 for selecting one of braille storage unit 32, either braille is input based on the detected input detection unit 30 the input signal.
入力検出部30には、各領域の範囲を示すデータが記憶されており、タッチパネル部14の何れの場所がタッチされたかを判断することができる。 The input detection unit 30, and data indicating a range of each area is stored, can be anywhere in the touch panel 14 determines whether the touched.

さらに、携帯端末10は、点字選択部34によって選択された点字を記憶しておく入力結果記憶部36を備えており、ユーザが入力した点字は1文字ずつ記憶される。 Further, the portable terminal 10, and an input result storage unit 36 ​​for storing braille selected by Braille selector 34, braille entered by the user is stored one character.
また、携帯端末10には、入力された点字を音声出力する機能が設けられている。 Further, the mobile terminal 10 has a function of voice outputs the input braille is provided. 具体的には、点字と、この点字に該当する発音とが音声記憶部38に記憶されており、点字選択部34によって選択された点字の発音が音声記憶部38から音声出力部(具体的にはスピーカ)40から音声となって出力される。 Specifically, Braille and this pronunciation and corresponding to braille are stored in the voice storage unit 38, audio output unit from the sound of Braille selected by braille selection unit 34 voice storage unit 38 (specifically is output as voice from the speaker) 40. このため、視覚障害があるユーザであっても入力した点字が正しかったかどうかを確認できる。 For this reason, it can be confirmed whether or not the Braille input even a user that there is a visual impairment was right.

また、携帯端末10には、各領域ごとに割り当てられた入力音を予め記憶しておく入力音記憶部49を設けておくとよい。 Further, the portable terminal 10 may previously input sound storing section 49 stores in advance the input sound assigned to each area is provided. 入力音記憶部49から抽出された入力音は音声出力部40から出力される。 Input sound extracted from the input sound storing section 49 is outputted from the audio output unit 40.
また各領域には異なる音を割り当てておくことにより、視覚障害のあるユーザはタッチパネル部14にタッチした時点で、自分の思ったところに正確にタッチしたか否かを判断することができる。 By keeping assigned different sounds in each region and the user with visual impairment at the time of touching the touch panel 14, it can be determined whether the touched exactly at the thought of his.
また、各領域でそれぞれ異なる音として、和音となるように設定しておくとよい。 Moreover, as different sounds in each area, may want to set such that the chord. これによれば、各領域を全てタッチした場合には非常に響きが良い入力音とすることができる。 According to this, when it is touched all the areas can be very sound good input sound.

加えて、点字の1列目と2列目では各領域に設定する音を異なるようにすると、より入力の助けになる。 In addition, when the first and second rows of Braille to be different sounds to be set to each area, to help more inputs. 例えば、1列目の各領域に設定される音と、2列目の各領域に設定される音とを半音異なるようにすること等が考えられる。 For example, like to the sound that is set in each area of ​​the first column, and a sound that is set to each area of ​​the second row semitones differently it is conceivable.
さらに、後述するような12個のドットで構成される点字の場合には、最初に入力した6つのドットに続く次の6つのドットを3列目及び4列目と考え、上記の1列目と2列目との関係と同様に、3列目及び4列目の各領域にさらに異なる音を設定するように設定するようにするとよりよい。 Furthermore, in the case of braille consists of 12 dots, as described later, the first following six dots inputted thought the next six dots third and fourth columns, the first column of the When like the relationship between the second column, the better when to set so as to set a further different sounds to each of the third and fourth columns region.
具体的には、1列目に対応するエリア1、エリア2、エリア3にそれぞれ「ド」、「ミ」、「ソ」の音をそれぞれ設定し、2列目に対応するエリア1、エリア2、エリア3にそれぞれ「ド#」、「ファ」、「ソ#」の音をそれぞれ設定し、3列目に対応するエリア1、エリア2、エリア3にそれぞれ「レ」、「ファ#」、「ラ」の音をそれぞれ設定し、4列目に対応するエリア1、エリア2、エリア3にそれぞれ「レ#」、「ソ」、「ラ#」の音をそれぞれ設定するなどが例として挙げられる。 Specifically, the area 1 corresponding to the first column, area 2, area 1 respectively in the area 3 "do", "mi", respectively set the sound of "Soviet", corresponding to the second row, area 2 , respectively, in the area 3 "do #", "file", and set "the Soviet Union #" the sound of each, area 1 corresponding to the third row, area 2, respectively, in the area 3 "re", "file #", set tone of "la", respectively, the area 1 corresponding to the fourth column, the area 2, respectively in the area 3 "Les #", mentioned as examples such as setting each of the sound of "Soviet", "La #" It is. このような設定によれば、入力が進むにつれて入力音が半音ずつ高くなるので、入力の進行が聴覚上実感しやすく視覚障害者にとって入力がよりスムーズに行えると考えられる。 According to this setting, the input sound as input progresses because higher semitone steps, the progress of the input is considered to enable more smoothly input for acoustically realized easily visually impaired.

また、点字は基本的には3行2列に配列された6つのドットで構成されている6点式であるが、濁音、半濁音、拗音は12のドットで構成される。 Also, Braille is basically the 6-point is configured with six dots arranged in three rows and two columns, voiced, semi voiced, contracted sound is composed of 12 dots. このとき、濁音符、半濁音符、拗音符が、通常の点字よりも前に付されることで、濁音等であることが判別できる。 In this case, it notes turbid, semi turbid notes, notes screws, that are attached before the usual braille can be determined to be a voiced sound or the like. 入力検出部30は、入力された点字が濁音、半濁音又は拗音であることは、濁音符、半濁音符又は拗音符が入力されることで判断できる。 Input detection unit 30, it is input Braille dullness, semi-dull sound or contracted sound is turbid notes, can be determined by semi cloudy note or contracted sound marks are inputted. したがって、これらの文字の場合、6つのドットの入力が終わったあと、さらに6ドット分を入力しなければ点字1文字が完成しない。 Thus, in the case of these characters, after the end of the input of the six dots, Braille one character is not complete unless further input the 6 dots.
そこで、入力検出部30が、入力中の点字が6つのドットよりも多くのドットで構成されている点字であると判断した場合、6つのドット分の入力を検知した後、さらに入力を促す入力促進音が出力されるとよい。 Therefore, the input detection unit 30 is, when it is determined that the braille in input is six braille that consists of a number of dots than dots, after detecting the six inputs dots, further prompting input may promote sound is output.

入力促進音は、入力音とは異なる音としておき、予め入力音記憶部49に記憶されている。 Input prompting tone is stored in advance as different sounds, previously input sound storing section 49 and the input sound.
入力検出部30が、6つのドットで構成されていない点字が入力されていることを検出すると、点字選択部34は、入力促進音を入力音記憶部49から抽出して、音声出力部40から出力させるように制御する。 Input detection unit 30, the braille not configured with six dots is detected that the inputted braille selecting section 34 extracts the input prompting tone from the input sound storing section 49, the voice output unit 40 performs control so as to output.
このようにすれば、ユーザは、濁音、半濁音又は拗音などの12個のドットで構成される点字であっても正確に入力できる。 In this way, the user, dullness, even Braille composed of 12 dots, such as semi-voiced sound or diphthong can enter correctly.

また、入力検出部30は、ユーザがタッチパネルをフリックした場合には、フリックを検出することができる。 The input detection unit 30, when the user flicks the touch panel can detect the flick. フリックはタッチパネル部14に指をおいたままで、所定方向にずらす動作のことをいい、単なるタッチとは異なる。 Flick remains placed a finger on the touch panel unit 14, refers to the operation shifting in a predetermined direction different from the mere touch.
本実施形態では、フリックの方向として縦方向または横方向の2方向のフリックに対して、その動作内容が予め設定されているものとする。 In the present embodiment, the longitudinal direction or transverse direction of the two directions of the flick as a direction of the flick, it is assumed that the operation content is preset. フリックに対応する動作は、フリック動作記憶部42に記憶されている。 Operation corresponding to the flick is stored in the flick operation storage unit 42. そして、フリック動作実行部44が、検出したフリックに対応する動作を実行するように設けられている。 The flick operation execution unit 44 is provided so as to perform an operation corresponding to the detected flick.

なお、本発明として、フリックの方向を2方向のみ検出することに限定するものではない。 As the present invention is not limited to detecting the direction of the flick only two directions. 例えば、入力検出部30は、判別できる範囲で多方向へのフリックを認識可能であって、これら各方向に対して直感的に相応しい動作をフリック動作実行部44が実行可能となるように、対応する動作をフリック動作記憶部42に記憶して設定しておくと良い。 For example, the input detection unit 30 is a recognizable flick to multidirectional within the range that can be determined, so that a flick operation execution unit 44 intuitively suitable operation on each of these directions becomes executable, the corresponding operating a good idea to set and stored in the flick operation storage unit 42.
また、入力検出部30は、フリックだけでなくドラッグ(他のボタン等を押しながらタッチパネル部14においた指を所定方向にずらす動作)や、フリック又はドラックを複数方向に折り返す操作も検出可能とし、これらの操作に対して直感的に相応しい動作をフリック動作実行部44が実行可能となるように、対応する動作をフリック動作記憶部42に記憶して設定しておくこともできる。 The input detection unit 30, (operation of shifting the finger placed on the touch panel section 14 while pressing the other button or the like in a predetermined direction) just not drag flick and also operation of folding the flick or drag in multiple directions to allow detection, intuitively suitable operation for these operations so that a flick operation execution unit 44 becomes executable, it is also possible to set and stores the corresponding operation to flick operation storage unit 42.

フリックの動作例としては、入力取り消し、または対応する列にドットが存在しない場合などが挙げられる。 The operation example of the flick input cancellation or a case where a dot is not present and the like in the corresponding column.
例えば、左フリック又は上フリックが入力取り消しの意味であるとフリック動作記憶部42に記憶されている場合には、入力検出部30が左フリック又は上フリックを検出すると、先に入力された1列分のドットの位置を削除し、再度1列分の入力が可能となるように、点字選択部34が動作する。 For example, if stored in the flick operation storage unit 42 when the left flick or above flick is the meaning of input cancellation, the input detection unit 30 detects a leftward flick or upper flick, one column previously entered remove the position of the minute dots, so as to allow re-input for one column, Braille selector 34 is operated.
また、右フリック又は下フリックがその列にドットが存在しない意味であるとフリック動作記憶部42に記憶されている場合には、入力検出部30が右フリック又は下フリックを検出すると、点字選択部34は、当該列にはドットが存在しないものとして次の列の入力を待つか、又は点字記憶部32から該当する点字を選択して出力する。 Also, when the right-flick or lower flick is stored in the flick operation storage unit 42 when there in the sense that no dot is to the column, when the input detection unit 30 detects the rightward flick or down flick, Braille selector 34, is to the column or wait for the input of the next row as missing dots or selects and outputs the corresponding braille braille storage unit 32.

さらに、携帯端末10には、シャッフル検出センサ(具体的には加速度センサ)46が設けられている。 Further, the mobile terminal 10, 46 is provided (the acceleration sensor specifically) shuffled detection sensor. シャッフル検出センサ46によって携帯端末10がシャッフルされたことを検出することができる。 The mobile terminal 10 can detect that it has been shuffled by the shuffling detection sensor 46. なおシャッフルとは、携帯端末10全体が振り動かされることを指す。 Note shuffle and refers to the entire mobile terminal 10 is shaken.
携帯端末10では、シャッフルに対応する動作が予め設定されているものとする。 In the mobile terminal 10, it is assumed that the operation corresponding to the shuffle is preset. シャッフルに対応する動作はシャッフル動作記憶部48に記憶され、シャッフル動作実行部50が予め設定された動作を実行する。 Operation corresponding to shuffle stored in shuffle operation storage unit 48, executes the operation shuffling operation execution unit 50 is set in advance. 例えば、シャッフルにより、点字入力モードを終了させるなどの動作を行わせることができる。 For example, the shuffling, it is possible to perform the operation, such as to terminate the braille input mode.

次に、予め設定した領域の境界を自動変更できる機能について説明する。 Next, a description will be given of the function can be automatically changed boundary preset region.
例えば、ユーザが携帯端末10を持つ手の位置は、人それぞれ異なっているのが通常であり、このためタッチパネル部14の操作エリア14aのどの場所に指を置くかについても人それぞれで異なってくる。 For example, the position of the hand which the user has the mobile terminal 10 is usually that are different people, varies with each person also place the finger on the location of the operation area 14a throat Therefore touch panel 14 .
したがって、予め操作エリア14aを所定の大きさの領域に設定していても、指の位置がその領域を若干はみ出す可能性があるユーザもあるし、そうでないユーザもある。 Therefore, even if you set the advance operation area 14a into a predetermined size of the area, to some users who may position the finger protrudes slightly that region, there is also a user not.

そこで、携帯端末10は、タッチ位置に基づいて各領域の境界の位置を変更できる領域変更部54を備えている。 Therefore, the portable terminal 10 includes a region changing part 54 which can change the position of the boundary of each region based on the touch position.
領域変更部54は、各領域においてタッチされるごとにタッチ位置を記憶するタッチ位置記憶部55と、複数個のタッチ位置の分布に基づいてタッチ位置の中心位置を決定する中心位置算出手段56とを備えており、中心位置と各領域の境界との距離が予め設定された閾値よりも小さくなった場合には、この距離が少なくとも閾値以上となるように各領域の境界を変更するように制御している。 Area changing unit 54, a touch position storage unit 55 for storing a touch position each time it is touched in each region, the center position calculation means 56 for determining the center position of the touch position based on the distribution of the plurality of touch position has a, when the distance between the center position and the boundary of each region is smaller than a preset threshold, control so the distance is to change the boundary of each region to be at least equal to or higher than the threshold value are doing.
また、タッチ位置の分布に基づく中心は、2次元の度数分布に基づいて決定される。 The center based on the distribution of the touch position is determined based on the frequency distribution of the 2-dimensional.

領域変更部54の動作を図5に基づいて具体的に説明する。 Specifically described with reference to FIG operation region changing section 54.
図5では、左右方向をx軸、上下方向をy軸とし、タッチパネル部14における右側の領域(エリア3)での領域の境界について検討する場合を示している。 In Figure 5, x-axis the horizontal direction, the vertical direction is y-axis shows the case to consider the boundary of the area in the right area of ​​the touch panel section 14 (area 3).
領域変更部54による領域の変更は、各領域毎に実行される。 Change area by area changing unit 54 is executed for each region. まず、領域変更部54は、該当する領域におけるタッチ位置記憶部55に記憶されている複数のタッチ位置のデータから、平均値または中央値によって中心位置を算出する。 First, the region changing unit 54 from the data of a plurality of touch position stored in the touch position storage unit 55 in the corresponding area, calculates the center position by the mean or median. ここで中心位置の座標を(X1,Y1)とする。 Here the coordinates of the center position as (X1, Y1).
また、エリア3とエリア2の境界の座標を(a,y)とする。 Also, the boundary coordinates of the area 3 and the area 2 (a, y). 境界は、y軸に平行な直線であるのでx座標のaは定数である。 Boundary, a x coordinate because it is a straight line parallel to the y-axis is constant.

領域変更部54は、算出された中心位置(X1,Y1)が、入力検出部30に記憶されている各領域の境界(a,y)に対してどの程度接近しているかを検出する。 Area changing unit 54, the calculated center position (X1, Y1) is the boundary of each region stored in the input detection unit 30 (a, y) to detect how much closer to. 本実施形態では、X1−aが中心位置と境界との距離である。 In the present embodiment, X1-a is the distance between the center position and the boundary. そして、領域変更部54は、予め設定されている閾値(T)と算出された距離とを比較する。 The region changing unit 54 compares the distance calculated with the threshold value (T) which is set in advance.
ここで、領域変更部54が比較した結果、T<X1−aであれば、タッチの中心位置が充分に境界から離れているということで領域の境界変更はない。 Here, results of area changing unit 54 is compared, if T <X1-a, there is no boundary area change in that the center position of the touch are sufficiently separated from the boundary.
一方、領域変更部54が比較した結果、T≧X1−aであれば、タッチの中心位置が境界に近いと判断できる。 Meanwhile, as a result of the area changing part 54 is compared, if T ≧ X1-a, the center position of the touch can be determined that the closer to the boundary. そこで、このような場合には、領域変更部54は、入力検出部に予め記憶されている境界を、中心位置から離れる方向に移動させるように制御する。 In such a case, the region changing section 54, a boundary which is previously stored in the input detection unit, performs control so as to move away from the center position. なお、境界を移動させる場合、その移動距離は少なくとも閾値(T)と同じだけ移動させればよい。 In the case of moving the boundary, the movement distance may be moved as much as the at least a threshold (T).

なお、例えば上記のようにエリア3の境界をエリア2方向に移動させてしまうと、エリア2の面積が狭くなってしまう。 Incidentally, for example, the boundary of the area 3 as described above will be moved to the area two directions, the area of ​​the area 2 is narrowed. しかしながら、エリア2もエリア3と同様に左側にタッチの中心位置が偏っている可能性が高いので、エリア2のエリア1側の境界もエリア1側に移動すれば問題はない。 However, the area 2 also there is a high possibility that biased the center position of the touch on the left side as well as the area 3, there is no problem if the moving boundary area 1 side of the area 2 to area 1 side. また、エリア1の左側には移動させるべき境界はなく、単に面積が狭くなるだけであるが、エリア1の左側にタッチの中心位置が左側に偏っていたとしても、他のエリアとの境界をまたぐことはなく、特に問題はない。 Also, rather than a boundary to be moved to the left side of the area 1, simply but only area becomes narrower, as the center position of the touch on the left side of the area 1 is biased towards the left, the boundary between the other areas never across, there is no particular problem.

次に、点字入力時における他の実施形態について説明する。 Next, another embodiment will be described during Braille input.
上述してきた実施形態では、タッチパネル部14の操作エリア14aを3つの領域に分け、基本的には2回の入力で点字1文字を構成させるようにしたものであった。 In embodiments described above, divided operation area 14a of the touch panel 14 into three regions, was basically obtained by so as to constitute a Braille one character at two inputs.
しかし、操作エリアの領域の分割数は、3つに限定されることはなく、他の数であってもよい。 However, the division number of the area of ​​the operation area, it is not limited to three, but may be another number.

タッチパネル部14の操作エリア14aの領域を6つにした場合の例を図6に示す。 An example of a case was a 6 Tsunishi area of ​​the operation area 14a of the touch panel 14 shown in FIG.
このような場合には、両手の人差し指、中指、薬指をタッチパネル部14に配置し、それぞれの親指及び小指をタッチパネル部14が形成されていない裏側又は側面に配置する。 In such a case, the index finger of each hand, the middle finger, placing the ring finger on the touch panel unit 14, placing each of the thumb and little finger on the back or side not formed panel portion 14.
このようにすることで、点字を構成する6つのドットを一回で入力することができる。 In this way, it is possible to input the six dots constituting the braille at once.
さらに、点字入力に用いられる人差し指、中指、薬指以外の指や、手の指以外の箇所の配置を、端末の予め設定された位置に配置できるよう、指や手の形状に合わせた突起や凹みを携帯端末10の本体又はカバー12に形成するとよい。 Moreover, the index finger used for Braille input, and middle finger, other than the ring finger finger, the arrangement of the portion other than the fingers, to be placed at a preset position of the terminal, the combined projections and indentations in the shape of fingers and hands the may be formed on the body or cover 12 of the mobile terminal 10. このようにすることで、ユーザに対して携帯端末10を所持する際の基準位置を示唆することができ、打点位置のバラツキを有効に抑制することができる。 In this way, it is possible to suggest a reference position when carrying the portable terminal 10 to the user, it is possible to effectively suppress variations in strike position.

また、図7に示すように操作エリア14aの領域を6つにした場合であって、点字の一文字を構成する6つのドットの位置と、操作エリア14aの各領域の配置を図5の場合とは表裏逆になるようにしてもよい。 Further, in the case area of ​​the operation area 14a and was 6 Tsunishi 7, the position of the six dots constituting one character Braille, in the case of FIG. 5 the arrangement of each area of ​​the operation area 14a may be is upside down. すなわち、この構成では、ユーザは、タッチパネル部14を自分の反対側に向け、裏側で点字を入力するようにしてもよい。 That is, in this configuration, the user directs the touch panel 14 on their opposite side, it may be inputted braille behind.
これは、点字を読むときのように、ドットが自分の方向(手前方向)に突出している物を読むことに慣れているユーザに対して有効である。 This, as when reading the Braille is effective to users dots are accustomed to reading things that protrudes their direction (forward direction).

さらに、操作エリアの領域は、これらの数に限定されることなく、例えば2つの領域で、1つの点字を3回に分けて入力するようにしてもよい。 Furthermore, the area of ​​the operation area is not limited to these numbers, for example, two regions, it may be input three times the one braille.
また操作エリアを4つの領域にわけ、最初は4つのドットの入力、次に2つのドットの入力を行うようにしてもよい。 The divided the operating area into four areas, first four dots input, then it may be performed to enter two dots.

また、ユーザの設定により、点字選択部34の機能を変更できるようにしてもよい。 Moreover, the user setting may be able to change the function of the braille selector 34.
例えば、図2、図3、図6、図7に示すように、点字を構成する6つのドットを1列目上からドット1〜ドット3、2列目上からドット4〜ドット6と定義した場合、日本語の母音に相当する箇所はドット1、ドット2、ドット4によって表現され、日本語の子音に相当する箇所はドット3、ドット5、ドット6によって表現されている。 For example, FIGS. 2, 3, 6, 7, was defined as dots 4 dots 6 six dots constituting the braille one column superior dot 1 dot 3,2 rows superiors If, portions corresponding to Japanese vowels dot 1, dot 2, is represented by the dot 4, portions corresponding to Japanese consonants are represented by dots 3, dots 5, a dot 6.
一方、中途失明者のように比較的成長してから点字を覚える場合には、日本語の五十音表の母音を1列目のドット1〜ドット3、子音をドット4〜ドット6となるようにドット3とドット4を入れ換えた変形点字にすると覚えが早いという事情がある。 On the other hand, if the learn braille relatively grown to Blind person, vowels first column dot 1 dot 3 of the Japanese syllabary table Japanese become consonant with dots 4 dots 6 there are circumstances that remember when the deformation Braille, which replaced the dot 3 and the dot 4 is fast so.
このような要求に応えるため、ユーザの設定により点字選択部34の機能を変更し、入力検出部30が認識した各領域のタッチの有無に基づいて点字選択部34が点字記憶部32から点字を選択する際、ドット3とドット4とを入れ換えたうえで点字選択が可能となるようにすればより好適である。 To meet such requirements, to change the function of the Braille selector 34 by the user's setting, the braille braille selection unit 34 from the Braille storage unit 32 based on the presence or absence of touch of each area input detection unit 30 recognizes when selecting, it is more preferred to as braille selection is possible after having replaced the dot 3 and dot 4.

以上本発明につき好適な実施例を挙げて種々説明したが、本発明はこの実施例に限定されるものではなく、発明の精神を逸脱しない範囲内で多くの改変を施し得るのはもちろんである。 Has been variously described as a preferred embodiment per the present invention above, the present invention is not limited to this embodiment, it is of course may subjected to many modifications without departing from the scope and spirit of the invention .

10 携帯端末12 カバー12a 開口部14 タッチパネル部14a 操作エリア14b 情報エリア14c ショートカットエリア15a,15b 突起16 ホームボタン部30 入力検出部32 点字記憶部34 点字選択部36 入力結果記憶部38 音声記憶部40 音声出力部42 フリック動作記憶部44 フリック動作実行部46 シャッフル検出センサ(加速度センサ) 10 the mobile terminal 12 cover 12a opening 14 touch panel section 14a operating area 14b data area 14c shortcut area 15a, 15b projections 16 home button unit 30 input detection unit 32 Roll storage unit 34 Braille selector 36 input result storing unit 38-voice-data storage 40 The audio output unit 42 flick operation storage unit 44 flick operation performing unit 46 shuffle detecting sensor (acceleration sensor)
48 シャッフル動作記憶部49 入力音記憶部50 シャッフル動作実行部54 領域変更部55 タッチ位置記憶部56 中心位置算出部 48 shuffling operation storage unit 49 input sound storing unit 50 shuffling operation execution unit 54 region changing part 55 touch position storage unit 56 the center position calculation unit

Claims (8)

  1. タッチパネルを備え、タッチパネルからの操作によって動作する携帯端末において、 A touch panel, the mobile terminal operated by the operation from the touch panel,
    タッチパネルの表面を所定の大きさの複数の領域に分け、各領域ごとにタッチの有無を認識可能な入力検出部と、 Divided surface of the touch panel into a plurality of regions of a predetermined size, and recognizable input detection unit whether the touch for each region,
    点字1文字を構成するドットの位置を、点字毎に記憶している点字記憶部と、 The position of the dots constituting the braille one character, and braille storage unit storing for each Braille,
    入力検出部によって検出された各領域におけるタッチの有無と点字記憶部に記憶されているドットの位置とに基づいて、タッチパネルから入力された点字を選択する点字選択部と、 Based on the positions of dots stored in the presence and braille storage unit of the touch in the respective regions detected by the input detection section, and braille selector for selecting braille input from the touch panel,
    点字選択部によって選択された点字を記憶する入力結果記憶部とを具備することを特徴とする携帯端末。 Mobile terminal characterized by comprising an input result storage unit for storing braille selected by Braille selector.
  2. 各点字に対応した発音を記憶した音声記憶部と、 A voice storage unit for storing a pronunciation corresponding to each braille,
    点字選択部によって選択された点字に対応する発音を音声記憶部から抽出して出力する音声出力部とを具備することを特徴とする請求項1記載の携帯端末。 Mobile terminal according to claim 1, characterized by comprising an audio output unit for outputting sound corresponding to the braille selected by braille selection unit extracts from the voice storage unit.
  3. 前記入力検出部は、タッチパネルのフリックを検出可能であって、 The input detection unit may be capable of detecting a flick of the touch panel,
    所定方向へのフリックが、点字入力時の所定の動作と対応付けがされて記憶されているフリック動作記憶部と、 Flick in a predetermined direction, and a flick operation storage unit in which a predetermined operation during Braille type association is in stored,
    入力検出部によって検出された所定方向のフリックに対応付けされた動作を実行するフリック実行手段とを具備することを特徴とする請求項1または請求項2記載の携帯端末。 Claim 1 or claim 2 mobile terminal according to; and a flick execution means for executing an operation that is associated with the flick of the detected predetermined direction by the input detection unit.
  4. 加速度センサと、 And the acceleration sensor,
    該加速度センサによって所定の加速度が検出された場合には、ユーザによってシャッフルされたものとして、シャッフルに対応付けされた動作を実行するシャッフル実行手段とを具備することを特徴とする請求項1〜請求項3のうち何れか1項記載の携帯端末。 When a predetermined acceleration is detected by the acceleration sensor, as being shuffled by the user, claims 1, characterized in that it comprises a shuffle execution means for executing an operation that is associated with the shuffled mobile terminal according to any one of claim 3.
  5. 各領域においてタッチされる毎にタッチ位置を記憶し、 Storing the touch position each time it is touched in each region,
    各領域毎に、過去複数回記憶されたタッチ位置の分布に基づいてタッチ中心位置を算出し、 For each of the regions, it calculates a touch center position based on the distribution of the stored touch position past a plurality of times,
    算出されたタッチ中心位置に基づいて各領域の境界を変更するように制御する領域変更手段を具備することを特徴とする請求項1〜請求項4のうちの何れか1項記載の携帯端末。 Mobile terminal according to any one of claims 1 to 4, characterized in that it comprises a control region changing means to change the boundary of each region based on the calculated touch center position.
  6. 各領域には、それぞれ異なる入力音が対応付けされて記憶している入力音記憶部と、 Each region, an input sound storing unit which stores are associated respectively different input sound,
    前記入力検出部が各領域毎のタッチの有無を検出すると、該領域に対応付けされた入力音を入力音記憶部から読み出して出力する入力音出力部とを具備することを特徴とする請求項1〜請求項5のうちの何れか1項記載の携帯端末。 When the input detection section detects presence or absence of touch of each region, claims, characterized in that it comprises an input sound output unit for reading from the input sound storing unit outputs the input sound is associated with the region mobile terminal according to any one of 1 to claim 5.
  7. 点字選択部が、入力中の点字が6つのドットよりも多くのドットで構成されている点字であると判断した場合、6つのドット分の入力を検知した後、さらに入力を促す入力促進音が出力できるように、入力促進音を記憶している入力促進音記憶部を具備することを特徴とする請求項1〜請求項6のうちの何れか1項記載の携帯端末。 Braille selection unit, when it is determined that the braille typing than six dots Braille that consists of a number of dots, after detecting the six inputs dots, input prompting sound further prompting input as can be output, the mobile terminal according to any one of claims 1 to 6, characterized in that it comprises an input prompting sound storage unit for storing input prompting sound.
  8. 携帯端末に装着されるカバーであって、タッチパネル部分が開口し、且つ携帯端末の方向及びタッチパネルの位置が凹凸によって判別可能に形成されているものを具備することを特徴とする請求項1〜請求項7のうちの何れか1項記載の携帯端末。 A cover which is mounted on the mobile terminal, the touch panel portion is opened, and claims 1 to position in the direction and the touch panel of the mobile terminal characterized by including what is distinguishably formed by irregularities mobile terminal according to any one of claim 7.
JP2010208698A 2010-09-17 2010-09-17 Portable terminal Pending JP2012064066A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010208698A JP2012064066A (en) 2010-09-17 2010-09-17 Portable terminal

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010208698A JP2012064066A (en) 2010-09-17 2010-09-17 Portable terminal

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2012064066A true true JP2012064066A (en) 2012-03-29

Family

ID=46059696

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010208698A Pending JP2012064066A (en) 2010-09-17 2010-09-17 Portable terminal

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2012064066A (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012118643A (en) * 2010-11-30 2012-06-21 Institute Of National Colleges Of Technology Japan Braille type ink character input method, braille type ink character input program and braille type ink character input device
JP2014013518A (en) * 2012-07-05 2014-01-23 Kyocera Corp Portable terminal, braille input method, and braille input program
JP2014123949A (en) * 2012-12-21 2014-07-03 Samsung Electronics Co Ltd Input method, terminal apparatus applying input method, and computer-readable storage medium storing program performing the same
KR20160030816A (en) * 2014-09-11 2016-03-21 최한솔 A touch screen device with braille providing function an mehod of controlling the same
WO2016039538A3 (en) * 2014-09-11 2016-05-06 최한솔 Touch screen device having braille support function and control method therefor
KR101898194B1 (en) * 2017-03-23 2018-09-12 최한솔 Method for operating touch screen apparatus for incoming braille

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007025105A (en) * 2005-07-14 2007-02-01 Sharp Corp Braille translation device, braille translation method, braille translation program, and computer readable recording medium with the program recorded thereon

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007025105A (en) * 2005-07-14 2007-02-01 Sharp Corp Braille translation device, braille translation method, braille translation program, and computer readable recording medium with the program recorded thereon

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012118643A (en) * 2010-11-30 2012-06-21 Institute Of National Colleges Of Technology Japan Braille type ink character input method, braille type ink character input program and braille type ink character input device
JP2014013518A (en) * 2012-07-05 2014-01-23 Kyocera Corp Portable terminal, braille input method, and braille input program
JP2014123949A (en) * 2012-12-21 2014-07-03 Samsung Electronics Co Ltd Input method, terminal apparatus applying input method, and computer-readable storage medium storing program performing the same
US9851890B2 (en) 2012-12-21 2017-12-26 Samsung Electronics Co., Ltd. Touchscreen keyboard configuration method, apparatus, and computer-readable medium storing program
KR20160030816A (en) * 2014-09-11 2016-03-21 최한솔 A touch screen device with braille providing function an mehod of controlling the same
WO2016039538A3 (en) * 2014-09-11 2016-05-06 최한솔 Touch screen device having braille support function and control method therefor
KR101646742B1 (en) * 2014-09-11 2016-08-08 최한솔 A touch screen device with braille providing function an mehod of controlling the same
KR101898194B1 (en) * 2017-03-23 2018-09-12 최한솔 Method for operating touch screen apparatus for incoming braille

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Hoggan et al. Investigating the effectiveness of tactile feedback for mobile touchscreens
US7012595B2 (en) Handheld electronic device with touch pad
US20090146957A1 (en) Apparatus and method for providing adaptive on-screen keyboard
Azenkot et al. Input finger detection for nonvisual touch screen text entry in Perkinput
US20030048260A1 (en) System and method for selecting actions based on the identification of user&#39;s fingers
US20120075194A1 (en) Adaptive virtual keyboard for handheld device
US20110141027A1 (en) Data entry system
US20030038735A1 (en) Speed typing apparatus and method
US20130212515A1 (en) User interface for text input
US20080150899A1 (en) Virtual workstation
US20090066656A1 (en) Method and apparatus for inputting korean characters by using touch screen
US20120326984A1 (en) Features of a data entry system
US7624355B2 (en) System and method for controlling a user interface
Brodwin et al. Computer assistive technology for people who have disabilities: Computer adaptations and modifications
US20040066422A1 (en) User friendly selection apparatus based on touch screens for visually impaired people
JP2004355606A (en) Information processor, information processing method, and program
WO2010018579A2 (en) Improved data entry system
US20090262090A1 (en) Input device
US20110209087A1 (en) Method and device for controlling an inputting data
US20120123784A1 (en) Sequenced multi-meaning tactile symbols useable to produce synthetic plural word messages including words, phrases and sentences
US8125440B2 (en) Method and device for controlling and inputting data
US20140101545A1 (en) Provision of haptic feedback for localization and data input
JP2010086064A (en) Information processor, character input method, and program
EP1160651A1 (en) Wireless cursor control
US7506252B2 (en) Speed typing apparatus for entering letters of alphabet with at least thirteen-letter input elements

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20130726

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20140130

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140218

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20140624