JP2011217713A - カセット式ミツバチ養蜂箱 - Google Patents

カセット式ミツバチ養蜂箱 Download PDF

Info

Publication number
JP2011217713A
JP2011217713A JP2010099248A JP2010099248A JP2011217713A JP 2011217713 A JP2011217713 A JP 2011217713A JP 2010099248 A JP2010099248 A JP 2010099248A JP 2010099248 A JP2010099248 A JP 2010099248A JP 2011217713 A JP2011217713 A JP 2011217713A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
cassette
nest
box
cassette type
honey
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2010099248A
Other languages
English (en)
Inventor
Takashi Komada
隆 駒田
Original Assignee
Takashi Komada
隆 駒田
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Takashi Komada, 隆 駒田 filed Critical Takashi Komada
Priority to JP2010099248A priority Critical patent/JP2011217713A/ja
Publication of JP2011217713A publication Critical patent/JP2011217713A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

【課題】高度な養蜂技術がなくても安全に低コストで、ミツバチが飼える養蜂箱を提供する。
【解決手段】巣箱本体1の一側面をガラス窓付き扉2にすることで、内部を観察することが出来、採蜜用カセット5を差し替えることで、巣盤の貯蜜部分のみを切り出すことを可能にした。
【選択図】図1

Description

この発明は主にニホンミツバチの養蜂、採蜜をより簡易に安全に行なわれるようにした、カセット式ミツバチ養蜂箱に関するものである。
従来は筒型の木枠やセイロ状の枠を複数積み上げ、上下を板で挟んでいた。
これは次のような欠点があった。
(イ)巣箱内のハチ、巣盤の様子を見ることができない。
(ロ)採蜜時には巣盤を大きく壊すことになり、ハチに多大なダメージを与える。
(ハ)採蜜者は技術と体力が要求され危険も多い。
(二)巣箱の移設、運搬が困難。
本発明は、以上のような欠点をなくすためになされたものである。
(イ)巣箱本体(1)の側面にガラスをはめ込んだ横開きの扉(2)を設ける。
(ロ)巣箱本体(1)内の上部に巣盤の貯蜜部分を取り出すカセット(5)を設置する。
本発明は、以上の構成よりなるカセット式ミツバチ養蜂箱である。
(イ)巣箱の一体化〔コンパクト〕で、移設、運搬が容易になる。
(ロ)巣箱内の状況が随時、観察可能になり、正確な情報が得られる。
(ハ)採蜜はカセット内の貯蜜部分だけを取り出すことが出来るので、幼虫の育児、及び巣盤の温存がなされ、巣盤の修復が早い。
(二)採蜜はカセット交換で行なわれるため、ハチも人もストレスやダメージが少なくて済む。
(ホ)構造が単純なため、素人でも安全に低コストで養蜂を楽しめる。
本発明の斜視図である。
以下、本発明を実施するための形態について説明する。
縦置きにした直方体の巣箱本体(1)の一面にガラス窓付き扉(2)を開閉できるようにちょう番(4)で取り付ける。
内部の底から約3分の2の高さの位置にすのこ(3)を釘止めする。
すのこ上部の空間に納まる採蜜用カセット(5)(箱升の一辺を欠いたもの)を欠いた面を手前にし、伏せて差し込む。
本発明は、以上のような構造である。
1 巣箱本体
2 ガラス窓付き扉
3 すのこ
4 ちょう番
5 採蜜用カセット

Claims (1)

  1. 巣箱本体(1)の一側面をガラス窓付き扉(2)とし、上部に出し入れ可能な採蜜用カセット(5)を設置することにより、巣箱内の観察と採蜜を容易にした養蜂箱。
JP2010099248A 2010-04-06 2010-04-06 カセット式ミツバチ養蜂箱 Pending JP2011217713A (ja)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010099248A JP2011217713A (ja) 2010-04-06 2010-04-06 カセット式ミツバチ養蜂箱

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010099248A JP2011217713A (ja) 2010-04-06 2010-04-06 カセット式ミツバチ養蜂箱

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2011217713A true JP2011217713A (ja) 2011-11-04

Family

ID=45035480

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010099248A Pending JP2011217713A (ja) 2010-04-06 2010-04-06 カセット式ミツバチ養蜂箱

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2011217713A (ja)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103250658A (zh) * 2013-04-18 2013-08-21 陈盛禄 转动换面多脾透视蜂箱
RU189537U1 (ru) * 2018-12-07 2019-05-27 Федеральное государственное бюджетное образовательное учреждение высшего образования "Российский государственный аграрный университет - МСХА имени К.А. Тимирязева" (ФГБОУ ВО РГАУ - МСХА имени К.А. Тимирязева) Улей для содержания пчел в кассетных павильонах

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN103250658A (zh) * 2013-04-18 2013-08-21 陈盛禄 转动换面多脾透视蜂箱
RU189537U1 (ru) * 2018-12-07 2019-05-27 Федеральное государственное бюджетное образовательное учреждение высшего образования "Российский государственный аграрный университет - МСХА имени К.А. Тимирязева" (ФГБОУ ВО РГАУ - МСХА имени К.А. Тимирязева) Улей для содержания пчел в кассетных павильонах

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4991570B2 (ja) ミツバチ巣箱の蓋
US20160227745A1 (en) Beehive system
CN212035459U (zh) 使用环保材料的功能性蜂箱
JP2011217713A (ja) カセット式ミツバチ養蜂箱
WO2016087883A1 (en) Multihive
KR200287083Y1 (ko) 계상형 벌통
RU159830U1 (ru) Улей-универсал
AU2013101747A4 (en) Storage Devices for Bees
KR101174425B1 (ko) 사봉 수집 장치
CN202941267U (zh) 分合式弧形底蜜蜂巢箱
RU2395200C1 (ru) Клеточка для пчелиной матки
KR20110015488A (ko) 이중바닥 벌통
CN105360017A (zh) 子蜜分离式蜂箱
RU2311762C2 (ru) Улей
CN214709625U (en) Novel beehive
CN102805042A (zh) 圆柱形半球底中蜂蜂箱
WO2012011881A2 (en) A beehive base and roof for standard beehive body
CN211558459U (zh) 一种改良的蜂箱
RO128080A2 (ro) Stup multifuncţional cu protecţie împotriva varozei
FR2943500A1 (fr) Dispositif polyvalent pour nourrir abondamment les abeilles en toutes circonstances,verifier rapidement,sans manipulation leur consommation les proteger des conditions climatique.
CN209861964U (zh) 保暖组合养蜂箱
KR20210080809A (ko) 회전소문을 갖는 기능성 벌통
US20210037795A1 (en) Modular Beehive Apparatus
JP3192877U (ja) 蜜蜂巣門構造
KR20100006992U (ko) 서랍식 계상 벌통