JP2011011407A - Tape cassette - Google Patents

Tape cassette Download PDF

Info

Publication number
JP2011011407A
JP2011011407A JP2009156398A JP2009156398A JP2011011407A JP 2011011407 A JP2011011407 A JP 2011011407A JP 2009156398 A JP2009156398 A JP 2009156398A JP 2009156398 A JP2009156398 A JP 2009156398A JP 2011011407 A JP2011011407 A JP 2011011407A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
tape
vertical information
cassette
portion
information section
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2009156398A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5326874B2 (en )
Inventor
Terushiro Yamaguchi
晃志郎 山口
Original Assignee
Brother Industries Ltd
ブラザー工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a tape cassette in which a tape type can be recognized by visually checking the appearance of the tape cassette.SOLUTION: The tape cassette 30 has a printing tape housed inside a cassette case 31. The cassette case 31 has an arm 34 which guides the travel of the printing tape to discharge the tape from an aperture 34A. An arm identification portion 800 is provided on a feed direction upstream side of the printing tape adjacently to the aperture 34A on an arm front surface 35 of the arm 34. The arm identification portion 800 has a plurality of vertical information sections along a direction orthogonal to a feed direction of the printing tape, and has an aperture formed in at least one of the plurality of vertical information sections. A combination of whether or not the aperture is formed in each vertical information section of the arm identification portion 800 specifies the tape type.

Description

本発明は、テープ印字装置に着脱自在なテープカセットに関する。 The present invention relates to a freely tape cassette attachment to a tape printer.

従来、印字装置のカセット装着部に装着された場合に、カセット装着部に設けられた複数の検出スイッチを選択的に押圧することによって、カセットケース内に収納されたテープの種類(テープ幅や印字態様など)を印字装置に検出させるテープカセットが知られている(例えば、特許文献1および2参照)。 Conventionally, when it is installed in the cassette housing portion of the printer, by selectively pressing the plurality of detection switches provided in the cassette housing portion, the type of tape accommodated in the cassette case (the tape width and the print tape cassette for detecting the mode, etc.) in the printing device is known (e.g., see Patent documents 1 and 2). 詳細には、テープカセットの下面の一部には、テープ種類に対応するパターンで貫通孔が形成されたカセット検出部が設けられている。 In particular, the part of the lower surface of the tape cassette, a cassette detector which a through hole is formed in a pattern corresponding to the tape type is provided. カセット装着部にテープカセットが装着されると、常には上方に付勢される複数の検出スイッチが、カセット検出部に形成された貫通孔のパターンに応じて選択的に押圧される。 When the tape cassette is installed in the cassette housing portion, always plurality of detecting switches that are biased upwardly, it is selectively pressed in accordance with the pattern of the through holes formed in the cassette detection portion. 印字装置では、複数の検出スイッチにおける押圧または非押圧の組み合わせに応じて、カセット装着部に装着されたテープカセットのテープ種類が検出される。 In printing apparatus, according to the combination of the pressing or non-pressing in a plurality of detecting switches, tape type of the mounted tape cassette is detected in the cassette housing portion.

特開平4−133756号公報 JP-4-133756 discloses 特許第3543659号公報 Patent No. 3543659 Publication

しかしながら、カセット検出部に形成される貫通孔のパターンは、あくまで印字装置がテープ種類を検出することができればよいため、テープ種類に応じて異なるようにランダムなパターンが割り振られている。 However, the pattern of the through-holes formed in the cassette detection portion, since it is sufficient that only printing device detects the tape type, is allocated a random pattern differently depending on the tape type. 言い換えると、これらの貫通孔のパターンには、外観上認識可能な規則性を有していないため、人間が目視してもテープ種類を判別困難であった。 In other words, the pattern of the through holes, because it does not have the appearance recognizable regularity, humans is difficult determine the tape type be visually. そのため、例えばテープカセットの製造工程において、作業者がテープカセットの外観を目視して、そのカセットケース内に収納させるべきテープ種類を確認すること等が困難であった。 Therefore, in the manufacturing process, for example a tape cassette, the operator views the appearance of the tape cassette, etc. has been difficult to confirm the tape type to be housed within the cassette case.

本発明は、上記課題を解決するためになされたものであり、テープカセットの外観を目視することでテープ種類を認識することができるテープカセットを提供することを目的とする。 The present invention has been made to solve the above problems, and an object thereof is to provide a tape cassette which can recognize the tape type by visually the appearance of the tape cassette.

上記目的を達成するために、請求項1に係る発明のテープカセットは、上面、底面、前面、および一対の側面を備えたカセットケースと、前記カセットケース内に収納される、印字媒体であるテープと、少なくとも一部が前記前面と平行に延びる所定の搬送経路に沿って前記カセットケース内を案内された前記テープを前記カセットケースから排出するテープ排出部と、前記テープ排出部に隣接し、前記テープの搬送方向上流側の前記前面の特定の領域に設けられ、前記テープの種類を特定する種類特定部とを備え、前記種類特定部は、前記搬送方向に直交する方向に沿った複数の帯状の縦情報区域を含み、前記複数の縦情報区域のうち、少なくとも1つの縦情報区域内に孔部が形成されていることを特徴とする。 To achieve the above object, a tape cassette of the invention according to claim 1, top, bottom, front, and a cassette case having a pair of side surfaces, is housed in the cassette case, a printing medium tape When the tape discharge portion for discharging the tape at least part of which is guided in the front and the cassette case along a predetermined transport path extending parallel from said cassette case, adjacent to the tape discharge portion, said provided to a specific area of ​​the front surface of the tape conveying direction upstream side of, and a type specifying unit for specifying the type of the tape, the type specifying unit includes a plurality of band-like along the direction perpendicular to the transport direction include vertical information sections of the plurality of vertical information sections, characterized in that holes in at least one vertical information zone is formed.

請求項2に係る発明のテープカセットは、請求項1に記載の発明の構成に加え、前記テープの種類にかかわらず、前記前面の前記特定の領域内に設けられた孔部である基準孔部をさらに備え、前記種類特定部は、前記複数の縦情報区域のうち前記搬送方向において最も下流側に位置する第1縦情報区域を含み、前記基準孔部のテープ搬送方向上流側における端は、前記第1情報区域よりも上流側に位置することを特徴とする。 The tape cassette of the invention according to claim 2, in addition to the configuration of the invention according to claim 1, regardless of the type of the tape, reference hole is a hole portion provided in the specific area of ​​the front further wherein the type identifying unit, most include a first vertical information section located downstream, end in the tape conveying direction upstream side of the reference hole in the conveying direction of the plurality of vertical information sections may characterized in that located upstream of the first information section.

請求項3に係る発明のテープカセットは、請求項2に記載の発明の構成に加え、前記第1縦情報区域は、前記テープ排出部から前記搬送方向上流側に向かって間隔を開けて配置されていることを特徴とする。 The tape cassette of the invention according to claim 3, in addition to the configuration of the invention according to claim 2, wherein the first vertical information section is spaced from the tape discharge portion toward the upstream side and wherein the are.

請求項4に係る発明のテープカセットは、請求項3に記載の発明の構成に加え、前記種類特定部は、前記テープのテープ幅を特定するテープ幅特定部を少なくとも含むことを特徴とする。 The tape cassette of the invention according to claim 4, in addition to the configuration of the invention according to claim 3, wherein the type specifying unit is characterized in that it comprises at least a tape width specifying portion for specifying a tape width of the tape.

請求項5に係る発明のテープカセットは、請求項4に記載の発明の構成に加え、前記テープ幅特定部は、前記複数の縦情報区域のうち、前記第1縦情報区域、および前記テープ排出部から前記搬送方向上流側に向かって2番目に近い位置にある縦情報区域である第2縦情報区域を含み、前記第1縦情報区域、および前記第2縦情報区域の少なくとも一方に、前記孔部が形成されており、前記第1縦情報区域および前記第2縦情報区域の各々に前記孔部が形成されているか否かの組合せが、前記テープ幅を特定することを特徴とする。 The tape cassette of the invention according to claim 5, in addition to the configuration of the invention according to claim 4, wherein the tape width specifying unit, among the plurality of vertical information sections, the first vertical information section, and the tape discharge from parts toward the upstream side includes a second vertical information section is vertical information section located closer to the second, the first vertical information section, and at least one of the second vertical information section, the holes are formed, the first vertical information section and the second vertical information section whether a combination wherein a hole is formed on each, and identifies the tape width.

請求項6に係る発明のテープカセットは、請求項4に記載の発明の構成に加え、前記複数の縦情報区域は、少なくとも3列の縦情報区域を含み、前記テープ幅特定部は、前記複数の縦情報区域のうち、前記第1縦情報区域、前記テープ排出部から前記搬送方向上流側に向かって2番目に近い位置にある縦情報区域である第2縦情報区域、および前記テープ排出部から前記搬送方向上流側に向かって最も離れた位置にある縦情報区域である最上流縦情報区域を含み、前記第1縦情報区域、前記第2縦情報区域、および前記最上流縦情報区域のうち少なくとも1つに、前記孔部が形成されており、前記第1縦情報区域、前記第2縦情報区域、および前記最上流縦情報区域の各々に前記孔部が形成されているか否かの組合せが、前記テープ幅を特定 The tape cassette of the invention according to claim 6, in addition to the configuration of the invention according to claim 4, wherein the plurality of vertical information sections may include vertical information sections of at least three rows, the tape width specifying portion, said plurality vertical of information sections, the first vertical information section, the second vertical information section is vertical information section that is from the tape discharge portion at a position closer to the second toward the upstream side, and the tape discharge portion of from comprises the most upstream vertical information section that is a vertical information section located farthest toward the upstream side, the first vertical information section, the second vertical information section, and the most upstream vertical information section out at least one, the provided hole is formed, the first vertical information section, the second vertical information section, and the whether the hole in each of the most upstream vertical information section is formed combination, identifying the tape width ることを特徴とする。 And wherein the Rukoto.

請求項7に係る発明のテープカセットは、請求項4に記載の発明の構成に加え、前記種類特定部は、印字態様が正像および鏡像のいずれであるかを特定する印字態様特定部を含むことを特徴とする。 The tape cassette of the invention according to claim 7, in addition to the configuration of the invention according to claim 4, wherein the type specifying unit includes a print mode specification unit print mode is to identify which one of the positive image and mirror image it is characterized in.

請求項8に係る発明のテープカセットは、請求項7に記載の発明の構成に加え、前記複数の縦情報区域は、少なくとも3列の縦情報区域を含み、前記印字態様特定部は、前記複数の縦情報区域のうち、前記テープ排出部から前記搬送方向上流側に向かって3番目に近い位置にある縦情報区域である第3縦情報区域を含み、前記第3縦情報区域が前記孔部を含むか否かが、前記印字態様が正像および鏡像のいずれであるかを特定することを特徴とする。 Tape cassette according to the invention of claim 8, in addition to the configuration of the invention according to claim 7, wherein the plurality of vertical information sections may include vertical information sections of at least three rows, the print mode specification unit, the plurality vertical of information sections, the includes a third vertical information section is vertical information section that is from the tape discharge portion at a position closer to the third toward the upstream side, the third vertical information section is the hole of the whether containing, characterized in that said print mode to identify which one of the positive image and mirror image.

請求項9に係る発明のテープカセットは、請求項8に記載の発明の構成に加え、前記テープ幅特定部は、前記複数の縦情報区域のうち、前記第1縦情報区域および前記テープ排出部から前記搬送方向上流側に向かって2番目に近い位置にある縦情報区域である第2縦情報区域を含み、前記第1縦情報区域、および前記第2縦情報区域の少なくとも一方に、前記孔部が形成されており、前記第1縦情報区域および前記第2縦情報区域の各々が前記孔部を含むか否かの組合せが、前記テープ幅を特定することを特徴とする。 The tape cassette of the invention according to claim 9, in addition to the configuration of the invention according to claim 8, wherein the tape width specifying unit, among the plurality of vertical information sections, the first vertical information section and the tape discharge portion includes a second vertical information section is vertical information section located closer to the second toward the upstream side from the first vertical information section, and at least one of the second vertical information section, the hole parts are formed, the whether combination each of the first vertical information section and the second vertical information section comprises said hole, characterized in that identifying the tape width.

請求項10に係る発明のテープカセットは、請求項8に記載の発明の構成に加え、前記複数の縦情報区域は、5列の縦情報区域を含み、前記テープ幅特定部は、前記複数の縦情報区域のうち、前記第1縦情報区域、前記テープ排出部から前記搬送方向上流側に向かって2番目に近い位置にある縦情報区域である第2縦情報区域、および前記テープ排出部から前記搬送方向上流側に向かって最も離れた位置にある縦情報区域である最上流縦情報区域を含み、前記第1縦情報区域、前記第2縦情報区域、および前記最上流縦情報区域のうち少なくとも1つに、前記孔部が形成されており、前記第1縦情報区域、前記第2縦情報区域、および前記最上流縦情報区域の各々に前記孔部が形成されているか否かの組合せが、前記テープ幅を特定すること The tape cassette of the invention according to claim 10, in addition to the configuration of the invention according to claim 8, wherein the plurality of vertical information sections may include vertical information sections of five rows, the tape width specifying portion, said plurality of among the vertical information sections, the first vertical information section, the second vertical information section is vertical information section that is from the tape discharge portion at a position closer to the second toward the upstream side in the conveying direction, and the tape discharge portion It includes a most upstream vertical information section that is a vertical information section located farthest toward the upstream side, the first vertical information section, the second vertical information section, and said one of the most upstream vertical information section at least one, the provided hole is formed, the first vertical information section, the second vertical information section, and the whether combination the hole in each of the most upstream vertical information section is formed but to identify the tape width 特徴とする。 And features.

請求項11に係る発明のテープカセットは、請求項6、8乃至10のいずれかに記載の発明の構成に加え、前記複数の縦情報区域は、隣接する前記縦情報区域同士が等間隔で配置されていることを特徴とする。 The tape cassette of the invention according to claim 11, in addition to the configuration of the invention according to any one of claims 6, 8 or 10, wherein the plurality of vertical information sections, the arrangement wherein the vertical information sections with adjacent at equal intervals characterized in that it is.

請求項12に係る発明のテープカセットは、請求項1乃至11のいずれかに記載の発明の構成に加え、前記種類特定部は、前記テープの搬送方向と平行に延びる複数の帯状の区域であって、前記搬送方向と直交する方向に並べられた複数の横情報区域を含み、前記基準孔部の上端は、前記複数の横情報区域に対して上方に位置し、前記複数の縦情報区域と前記複数の横情報区域とが交差して重なり合う領域である複数の重なり領域のうち、前記複数の縦情報区域毎に少なくとも1つの重なり領域が前記孔部を含むか否かの組み合わせが、前記テープの種類を特定することを特徴とする。 Tape cassette according to the invention of claim 12, in addition to the configuration of the invention according to any one of claims 1 to 11, wherein the type identifying unit, there a plurality of strip-shaped sections extending parallel to the conveying direction of the tape Te, wherein it includes a conveying direction and a plurality of lateral information sections arranged in a direction perpendicular to, the upper end of the reference aperture is located above with respect to the plurality of lateral information sections, and the plurality of vertical information sections wherein the plurality of the plurality of overlapping regions is an area where the lateral information section overlap intersect, whether a combination it contains at least one overlap region is the hole for each of the plurality of vertical information sections is, the tape and identifies the type.

請求項13に係る発明のテープカセットは、請求項1乃至12のいずれかに記載の発明の構成に加え、前記孔部は、前記前面を貫通する貫通孔または前記前面から前記カセットケース内側に凹んだ凹部であることを特徴とする。 The tape cassette of the invention according to claim 13, in addition to the configuration of the invention according to any one of claims 1 to 12, wherein the hole is recessed from the through-hole or the front through the front inside the cassette case characterized in that it is a recess it.

請求項14に係る発明のテープカセットは、請求項2乃至11のいずれかに記載の発明の構成に加え、前記複数の縦情報区域はすべて、前記基準孔部の前記搬送方向上流側の端よりも前記搬送方向下流側に位置することを特徴とする。 The tape cassette of the invention according to claim 14, than either in addition to the structure of the invention according to either the upstream side of the end of all, the plurality of vertical information sections is the standard hole of the claims 2 to 11 also characterized in that positioned in the downstream side.

請求項15に係る発明のテープカセットは、請求項1乃至12のいずれかに記載の発明の構成に加え、前記種類特定部が、前記複数の縦情報区域のうち少なくとも2列の縦情報区域に形成された前記孔部を含む場合、前記孔部は、前記少なくとも2列の縦情報区域の各々に、互いに独立した孔部として形成されていることを特徴とする。 The tape cassette of the invention according to claim 15, in addition to the configuration of the invention according to any one of claims 1 to 12, wherein the type specific section, the vertical information sections of the at least two rows of the plurality of vertical information sections when it is formed including the hole, the hole is, in each of the vertical information sections of the at least two rows, characterized in that it is formed as mutually separate holes.

請求項16に係る発明のテープカセットは、請求項1乃至12のいずれかに記載の発明の構成に加え、前記種類特定部が、前記複数の縦情報区域のうち少なくとも2列の縦情報区域に形成された前記孔部を含む場合、前記孔部は、前記少なくとも2列の縦情報区域にまたがって形成された孔部を少なくとも1つ含むことを特徴とする。 The tape cassette of the invention according to claim 16, in addition to the configuration of the invention according to any one of claims 1 to 12, wherein the type specific section, the vertical information sections of the at least two rows of the plurality of vertical information sections when it is formed including the hole, the hole is characterized in that it comprises at least one said hole formed across the vertical information sections of the at least two rows.

請求項17に係る発明のテープカセットは、請求項2乃至11のいずれかに記載の発明の構成に加え、前記テープ排出部からみて前記搬送経路の下流側に設けられ、前記テープ排出部から排出されて露出された前記テープを案内するテープ案内部をさらに備え、前記種類特定部が設けられる前記前面の前記特定の領域の前記搬送方向の長さは、前記テープ排出部と前記テープ案内部との距離であって、前記テープが露出される長さであるテープ露出長以下であり、前記カセットケースの前記上面と前記底面とは、左右方向に長い矩形状であり、前記カセットケースの左右方向の中心線であるカセット中心線と、前記テープの搬送方向に直交する方向に沿った仮想的な直線であって前記基準孔部が設けられる位置を特定する基準線との距離は、 The tape cassette of the invention according to claim 17, in addition to the configuration of the invention according to any one of claims 2 to 11, provided downstream of the transport path when viewed from the tape discharge portion, the discharge from the tape discharge portion further comprising a tape guide portion for guiding the tape which is exposed by the length in the transport direction of the specific area of ​​the front surface the type specifying unit is provided, and the tape discharge portion and the tape guide portion a distance of the tape is less than the tape exposure length is the length that is exposed to the top surface and the bottom surface of the cassette case is long rectangular shape in the lateral direction, the lateral direction of the cassette case of the cassette center line is the center line, the distance between the reference line to the reference hole and a virtual straight line along the direction orthogonal to the conveying direction of the tape to identify the position is provided, 記テープ露出長の18〜24%の範囲内にあり、前記第1縦情報区域の少なくとも一部は、前記カセット中心線よりもテープ搬送方向下流側にあって前記カセット中心線との距離が前記テープ露出長の14〜20%の範囲内にあることを特徴とする。 Located serial tape exposure length from 18 to 24% in the range of, at least a portion of the first vertical information section, the distance between the cassette center line In the tape feeding direction downstream side of the cassette center line the characterized in that in the range 14 to 20% of the tape exposure length.

請求項18に係る発明のテープカセットは、請求項2乃至11のいずれかに記載の発明の構成に加え、前記テープ排出部からみて前記搬送経路の下流側に設けられ、前記テープ排出部から排出されて露出された前記テープを案内するテープ案内部をさらに備え、前記種類特定部が設けられる前記前面の前記特定の領域の前記搬送方向の長さは、前記テープ排出部と前記テープ案内部との距離であって、前記テープが露出される長さであるテープ露出長以下であり、前記第1縦情報区域の少なくとも一部は、前記テープ排出部との距離が前記テープ露出長の30〜36%の範囲内にあることを特徴とする。 The tape cassette of the invention according to claim 18, in addition to the configuration of the invention according to any one of claims 2 to 11, provided downstream of the transport path when viewed from the tape discharge portion, the discharge from the tape discharge portion further comprising a tape guide portion for guiding the tape which is exposed by the length in the transport direction of the specific area of ​​the front surface the type specifying unit is provided, and the tape discharge portion and the tape guide portion a distance of the tape is less than the tape exposure length is the length which is exposed, at least a portion of the first vertical information section, the 30 distance between the tape discharge portion of the tape exposure length characterized in that in the range of 36%.

請求項19に係る発明のテープカセットは、請求項17または18に記載の発明の構成に加え、隣接する前記縦情報区域の左右方向の中心線同士の間隔は、前記テープ露出長の7〜10%の範囲内にあることを特徴とする。 The tape cassette of the invention according to claim 19, in addition to the configuration of the invention according to claim 17 or 18, the distance between the center lines of the right and left direction of the vertical information section adjacent, 7-10 of the tape exposure length characterized in that in the range% of.

請求項1に係る発明のテープカセットでは、カセットケースの前面の特定の領域内にテープの種類を特定する種類特定部を備え、種類特定部に含まれる複数の縦情報区域のうち、少なくとも1つに孔部が形成されている。 The tape cassette according to the invention of claim 1, comprising a type specifying unit for specifying the type of tape within a particular region of the front surface of the cassette case, among the plurality of vertical information sections contained in the type identification unit, at least one a hole is formed on. したがって、人間は、テープカセットの種類特定部を目視し、複数の縦情報区域のうち、どの縦情報区域に孔部が形成されているかを確認するだけで、テープの種類を特定することができる。 Thus, humans can visually the type specifying portion of the tape cassette, among the plurality of vertical information sections, simply check hole in which the vertical information section is formed, to identify the type of the tape . 種類特定部は、テープ排出部に隣接し、テープ搬送方向上流側に位置する特定の領域内にあるので、テープ排出部から排出されて露出されたテープと合わせて目視することができるため、確認が容易となる。 Type specifying unit is adjacent to the tape discharge portion, since within a certain region located in the tape transport direction upstream side, it is possible to visually together with tape exposed is discharged from the tape discharge portion, confirmed it becomes easy.

請求項2に係る発明のテープカセットでは、特定の領域内に基準孔部が設けられており、基準孔部のテープ搬送方向上流側における端は、複数の縦情報区域のうち最もテープ搬送方向下流側にある第1縦情報区域よりも上流側にある。 The tape cassette according to the invention of claim 2, and the reference aperture is provided in a particular area, the end of the tape conveying direction upstream side of the reference hole portion, most tape feeding direction downstream of the plurality of vertical information sections upstream side of the first vertical information section on the side. したがって、請求項1に記載の発明の効果に加え、人間は、基準孔部のテープ搬送方向上流側における端を指標として、第1縦情報区域の位置を絞り込むことができるので、複数の縦情報区域に形成された孔部の有無を確認することがより容易となる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to claim 1, humans, as an index end in the tape conveying direction upstream side of the reference hole, it is possible to narrow down the position of the first vertical information section, the plurality of vertical information confirming the presence or absence of holes formed in the area becomes easier.

請求項3に係る発明のテープカセットでは、第1縦情報区域は、テープ排出部からテープ搬送方向の上流側に向かって間隔を開けて配置されている。 The tape cassette according to the invention of claim 3, the first vertical information section is spaced toward the tape discharge portion on the upstream side of the tape transport direction. したがって、請求項2に記載の発明の効果に加え、人間は、テープ排出部という、目視で容易に把握できる部位を基準として、第1縦情報区域の位置を特定することができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to claim 2, humans, as the tape discharge portion, relative to the site can be easily grasped visually, it is possible to specify the position of the first vertical information section.

請求項4に係る発明のテープカセットでは、種類特定部は、テープのテープ幅を特定するテープ幅特定部を少なくとも含む。 The tape cassette according to the invention of claim 4, the type identifying unit includes at least a tape width specifying portion for specifying a tape width of the tape. したがって、請求項3に記載の発明の効果に加え、人間は、テープ幅特定部のみを目視するだけで、テープの種類に含まれる各種要素のうち、最も重要な要素の1つであるテープ幅を容易に特定することができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to claim 3, human, simply visually only the tape width specifying portion, among various elements included in the kind of the tape, the tape width is one of the most important factors it can be easily identified.

請求項5に係る発明のテープカセットでは、テープ幅特定部は、複数の縦情報区域のうち、それぞれテープ排出部から1番目と2番目に近い位置にある第1縦情報区域および第2縦情報区域に孔部が形成されているか否かの組み合わせによってテープ幅を特定する。 In the tape cassette of the invention according to claim 5, the tape width specifying portion among the plurality of vertical information sections, the first vertical information section and the second vertical information located closer to the first and second from the tape discharge portion respectively identifying the tape width depending on whether or not a combination hole is formed in the area. また、これらの縦情報区域の少なくとも1つには孔部が形成されている。 Also, the hole portion is formed in at least one of these vertical information section. したがって、請求項4に記載の発明の効果に加え、人間は、テープ排出部を基準として位置が特定しやすい第1縦情報区域および第2縦情報区域のみを目視し、孔部の有無の組合せを確認するだけで、テープ幅を容易に特定することができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to claim 4, humans visually only the first vertical information section and the second vertical information section easily identified position relative to the tape discharge portion, the combination of the presence or absence of the hole just to make sure, it is possible to easily identify the tape width.

請求項6に係る発明のテープカセットでは、少なくとも3列の縦情報区域が設けられており、テープ幅特定部は、第1縦情報区域、第2縦情報区域、およびテープ搬送方向において最も上流側に位置する最上流縦情報区域の各々に孔部が形成されているか否かの組み合わせがテープ幅を特定する。 In the tape cassette of the invention according to claim 6, and the vertical information sections of at least three rows are provided, the tape width specifying portion, the first vertical information section, the second vertical information section, and the most upstream side in the tape feeding direction the combination of whether the hole in each of the most upstream vertical information section is formed which is located to identify the tape width. また、これらの縦情報区域の少なくとも1つには孔部が形成されている。 Also, the hole portion is formed in at least one of these vertical information section. したがって、請求項4に記載の発明の効果に加え、人間は、第1縦情報区域、第2縦情報区域および最上流縦情報区域のみを目視し、孔部の有無の組合せを確認するだけで、多数のテープ幅を容易に特定することができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to claim 4, human, only the first vertical information section, visually only the second vertical information section and the most upstream vertical information section, confirms the combination of the presence or absence of the hole , it is possible to easily specify the number of tape width.

請求項7に係る発明のテープカセットでは、種類特定部は、テープ幅特定部に加え、印字態様特定部を含む。 In the tape cassette of the invention according to claim 7, the type identifying unit, in addition to the tape width specifying portion includes a print mode specification unit. したがって、請求項4に記載の発明の効果に加え、人間は、印字態様特定部を目視することにより、テープの種類の示す各種要素のうち、テープ幅とともに重要な要素の1つである印字態様を特定することができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to claim 4, humans, by viewing the print mode specification unit, among the various elements indicated by the type of the tape, the print mode which is one of the key elements along with the tape width it is possible to identify.

請求項8に係る発明のテープカセットでは、少なくとも3列の縦情報区域が設けられており、印字態様特定部は、テープ排出部から3番目に近い位置にある第3縦情報区域に孔部が形成されているか否かによって印字態様を特定する。 The tape cassette according to the invention of claim 8, and vertical information sections of at least three rows are provided, print mode specifying unit, the hole in the third vertical information section located closer to the third from the tape discharge portion depending whether it is formed to identify the print mode. したがって、請求項7に記載の発明の効果に加え、人間は、第3縦情報区域のみを目視し、孔部の有無の組合せを確認するだけで、印字態様を容易に特定することができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to claim 7, humans can only third vertical information section visually, only confirms the combination of the presence or absence of the hole, to easily identify the print mode.

請求項9に係る発明のテープカセットでは、それぞれテープ排出部から1番目と2番目に近い位置にある第1縦情報区域および第2縦情報区域によってテープ幅を特定する。 In the tape cassette of the invention according to claim 9, specifying the tape width by the first vertical information section and the second vertical information section located closer to the first and second from the tape discharge portion, respectively. したがって、請求項8に記載の発明の効果に加え、人間は、テープ排出部を基準として位置が特定できる第1縦情報区域から第3縦情報区域までを目視し、孔部の有無の組合せを確認するだけで、テープ幅と印字態様の両方を容易に特定することができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to claim 8, humans, and visually from the first vertical information section that can be specified position relative to the tape discharge portion to the third vertical information section, the combination of the presence or absence of the hole just check, it is possible to easily identify both the tape width and the print mode.

請求項10に係る発明のテープカセットでは、少なくとも5列の縦情報区域が設けられており、それぞれテープ排出部から1番目と2番目に近い位置にある第1縦情報区域および第2縦情報区域、ならびにテープ搬送方向最上流側にある最上流縦情報区域によってテープ幅を特定する。 In the tape cassette of the invention according to claim 10, and vertical information sections of at least five rows are provided, the first vertical information section and the second vertical information section located closer to the first and second from the tape discharge portion respectively , and to identify the tape width by the most upstream vertical information section in the tape feeding direction most upstream side. したがって、請求項8に記載の発明の効果に加え、人間は、第1縦情報区域から第3縦情報区域までと、最上流縦情報区域のみを目視し、孔部の有無の組合せを確認するだけで、より多数のテープ幅と印字態様の両方を容易に特定することができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to claim 8, humans, and the first vertical information section up to the third vertical information section, visually only the most upstream vertical information section, confirms the combination of the presence or absence of the hole alone, it is possible to easily identify both the larger number of tape width and the print mode.

請求項11に係る発明のテープカセットでは、隣接する縦情報区域同士は等間隔で配置されている。 In the tape cassette of the invention according to claim 11, the vertical information section and adjacent are arranged at equal intervals. したがって、請求項6、8乃至10のいずれかに記載の発明の効果に加え、各縦情報区域の配置位置をより容易に把握することができる。 Therefore, in addition to the advantages of the invention according to any of claims 6, 8 to 10, to grasp the position of the vertical information sections more easily.

請求項12に係る発明のテープカセットでは、種類特定部は、テープの搬送方向と平行に、すなわち縦情報区域とは直交する方向に延びる複数の横情報区域を含み、縦情報区域と横情報区域が重なる複数の重なり領域のうち、各縦情報区域に少なくとも1つの重なり領域が孔部を含むか否かの組合せによってテープ種類を特定する。 The tape cassette according to the invention of claim 12, the type identifying unit, parallel to the conveying direction of the tape, i.e., comprises a plurality of lateral information section extending in a direction perpendicular to the vertical information section, the vertical information section and the lateral information section among a plurality of overlapping regions overlap, at least one overlapping area in each of the vertical information section to identify the tape type by whether a combination comprising a hole. そして、基準孔部の上端は、複数の横情報区域に対して上方に位置している。 An upper end of the reference hole is located upward with respect to a plurality of lateral information section. したがって、請求項1乃至11のいずれかに記載の発明の効果に加え、人間は、基準孔部の上端を指標として重なり領域の位置を絞り込み、重なり領域を目視して孔部の有無の組合せを確認するだけで、テープの種類を容易に特定することができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to any one of claims 1 to 11, human overlaps the upper end of the reference aperture as an index refine the location of the region, the combination of the presence or absence of the hole to visually overlap region just check, it is possible to easily identify the type of tape.

請求項13に係る発明のテープカセットでは、孔部は、前面を貫通する貫通孔または前面からカセットケース内側に凹んだ凹部である。 In the tape cassette of the invention according to claim 13, the hole is a recess that is recessed from the through hole or the front through the front inside the cassette case. したがって、請求項1乃至12のいずれかに記載の発明の効果に加え、孔部を簡易に形成することができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to any one of claims 1 to 12, it is possible to form the hole easily.

請求項14に係る発明のテープカセットでは、複数の縦情報区域はすべて、基準孔部の搬送方向上流側の端よりも搬送方向下流側に位置する。 In the tape cassette of the invention according to claim 14, all of the plurality of vertical information sections, rather than the end of the upstream side of the reference hole is located on the downstream side in the transport direction. したがって、請求項2乃至11のいずれかに記載の発明の効果に加え、人間は、基準孔部のテープ搬送方向上流側における端を指標として、複数の縦情報区域の位置を絞り込むことができるので、複数の縦情報区域の位置を特定することがさらに容易となる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to any one of claims 2 to 11, humans, as an index end in the tape conveying direction upstream side of the reference hole, it is possible to narrow down the positions of a plurality of vertical information sections it is further facilitated locating the plurality of vertical information sections.

請求項15に係る発明のテープカセットでは、少なくとも2列の縦情報区域に形成された孔部は、互いに独立した孔部として形成されている。 The tape cassette according to the invention of claim 15, the hole portion formed in the vertical information sections of the at least two rows are formed as mutually independent holes. したがって、請求項1乃至12のいずれかに記載の発明の効果に加え、人間が各縦情報区域の孔部を区別して認識することが容易となる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to any one of claims 1 to 12, it becomes easy to humans to recognize and distinguish the hole of the vertical information section.

請求項16に係る発明のテープカセットでは、種類特定部が少なくとも2列の縦情報区域に形成された孔部を含む場合、少なくとも2列の縦情報区域にまたがって形成されている孔部を少なくとも1つ含む。 In the tape cassette of the invention according to claim 16, when the type identification unit comprises a hole formed in the vertical information sections of the at least two rows, at least a hole which is formed across the vertical information sections of the at least two rows including one. したがって、請求項1乃至12のいずれかに記載の発明の効果に加え、テープカセットを製造する際、例えば隣接した縦情報区域の孔部を連続して形成することができるため、孔部を構成する金型強度を確保することができ、製造が容易である。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to any one of claims 1 to 12, when manufacturing the tape cassette, for example, for a hole of the adjacent vertical information section may be formed in succession, constituting the hole mold intensity can be secured, it is easy to manufacture. また、少なくとも2列の縦情報区域にまたがって形成されている孔部は独立した孔部とは形状が異なるため、その形状の違いを認識することでテープの種類を容易に特定することができる。 Further, the hole portions formed across the vertical information sections of the at least two rows because the shape differs from independent holes can easily identify the type of the tape by recognizing the difference in shape .

請求項17に係る発明のテープカセットは、テープ排出部のテープ搬送方向下流側にテープ案内部を備えており、種類特定部を有する特定の領域の左右方向長さは、テープ排出部とテープ案内部の間のテープ露出長以下である。 The tape cassette of the invention according to claim 17, left-right length of the specific region having equipped with a tape guide portion in the tape feeding direction downstream side of the tape discharge portion, the type identifying unit, a tape discharge portion and the tape guide or less tape exposure length between the parts. そして、カセットケースの左右方向中心線と基準孔部の基準線との距離は、テープ露出長の18〜24%の範囲内にあり、第1縦情報区域の少なくとも一部は、カセットケースの左右方向中心線から搬送方向下流側のテープ露出長の14〜20%の範囲内にある。 The distance between the reference line of the left-right direction center line and the reference holes of the cassette case is in the range 18 to 24% of the tape exposure length, at least a portion of the first vertical information section, the right and left of the cassette case in the range 14 to 20% of the tape exposure length in the transport direction downstream side from the direction centerline. したがって、請求項2乃至11のいずれかに記載の発明の効果に加え、人間は、基準孔部の位置および第1縦情報区域の位置を、目視で把握するのが容易なカセットケースの中心線の位置を基準として特定することができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to any one of claims 2 to 11, humans, the position of the position and the first vertical information section of the reference hole, the center line of easy cassette case to grasp visually position can be specified as a reference for.

請求項18に係る発明のテープカセットは、テープ排出部のテープ搬送方向下流側にテープ案内部を備えており、種類特定部を有する特定の領域の左右方向長さは、テープ排出部とテープ案内部の間のテープ露出長以下である。 The tape cassette of the invention according to claim 18, left-right length of the specific region having equipped with a tape guide portion in the tape feeding direction downstream side of the tape discharge portion, the type identifying unit, a tape discharge portion and the tape guide or less tape exposure length between the parts. そして、第1縦情報区域の少なくとも一部は、テープ排出部から搬送方向上流側のテープ露出長の30〜36%の範囲内にある。 Then, at least a portion of the first vertical information section is from the tape discharge portion in the range of 30 to 36 percent of the tape exposure length in the conveying direction upstream side. したがって、請求項2乃至11のいずれかに記載の発明の効果に加え、人間は、第1縦情報区域の位置を、目視で把握するのが容易なテープ排出部の位置を基準として特定することができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to any one of claims 2 to 11, human, that the position of the first vertical information section is specified as a reference a position easy tape discharge portion to grasp visually can.

請求項19に係る発明のテープカセットは、隣接する縦情報区域の左右方向の中心線同士の間隔は、テープ露出長の7〜10%の範囲内にある。 The tape cassette of the invention according to claim 19, the space between the center lines of the left-right direction of the vertical information section adjacent is in the range from 7 to 10 percent of the tape exposure length. したがって、請求項17または18に記載の発明の効果に加え、人間は、第1縦情報区域の位置を特定し、そこから他の縦情報区域の位置も特定することができる。 Therefore, in addition to the effect of the invention according to claim 17 or 18, humans can identify the position of the first vertical information section, also to identify the position of the other vertical information sections therefrom.

カセットカバー6が閉じられた状態にあるテープ印字装置1の斜視図である。 It is a perspective view of a tape printer 1 when a cassette cover 6 is closed. テープカセット30およびカセット装着部8を説明するための斜視図である。 Is a perspective view for illustrating a tape cassette 30 and a cassette housing portion 8. プラテンホルダ12が待機位置にある場合の、ラミネートタイプのテープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 , When the platen holder 12 is at the standby position, the laminated type tape cassette 30 is a plan view of the cassette housing portion 8 attached. プラテンホルダ12が印字位置にある場合の、ラミネートタイプのテープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 When the platen holder 12 is in the printing position, the laminated type tape cassette 30 is a plan view of the cassette housing portion 8 attached. プラテンホルダ12が印字位置にある場合の、レセプタータイプのテープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 When the platen holder 12 is in the printing position, it is a plan view of the cassette housing portion 8 in which the tape cassette 30 of the receptor type is mounted. プラテンホルダ12が印字位置にある場合の、サーマルタイプのテープカセット30が装着されたカセット装着部8の平面図である。 When the platen holder 12 is in the printing position, the thermal type tape cassette 30 is a plan view of the cassette housing portion 8 attached. アーム検出部200が設けられたカセット対向面12Bの部分拡大図である。 Arm detection portion 200 is a partial enlarged view of the cassette-facing surface 12B that is provided. 図7のI−I線における矢視方向断面図である。 It is a sectional view taken along line I-I in FIG. テープ印字装置1の電気的構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing an electrical configuration of the tape printer 1. 幅広カセット30を上面30A側から見た外観斜視図である。 The wide cassette 30 is an external perspective view from the upper surface 30A side. テープカセット30を底面30B側から見た外観斜視図である。 It is an external perspective view of the tape cassette 30 from the bottom surface 30B side. 幅広カセット30のアーム部34を拡大した分解斜視図である。 Is an exploded perspective view enlarging an arm portion 34 of the wide cassette 30. 幅広カセット30の正面図であって、アーム前面35に設けられる各種構成要素の位置関係を示す説明図である。 A front view of the wide cassette 30 is an explanatory view showing the positional relationship between the various components provided in the arm front surface 35. 幅広カセット30における特定領域R0の説明図である。 It is an explanatory view of a specified area R0 in the wide cassette 30. 幅広カセット30の一部を拡大した正面図である。 Is a front view showing an enlarged portion of the wide cassette 30. 幅狭カセット30を上面30A側から見た外観斜視図である。 Narrow cassette 30 is an external perspective view from the upper surface 30A side. 幅狭カセット30のアーム部34を拡大した外観斜視図である。 Width is an external perspective view in which an arm portion 34 of the narrow cassette 30. 幅狭カセット30の一部を拡大した正面図である。 Width is a front view of a partially enlarged narrow cassette 30. 図15に示す幅広カセット30に図8に示すプラテンホルダ12が対向した場合の、図15におけるII−II線矢視方向断面図である。 , When the platen holder 12 shown in FIG. 8 the wide cassette 30 shown in FIG. 15 is opposed, is taken along the line II-II cross section view in FIG. 15. 図18に示す幅狭カセット30に図8に示すプラテンホルダ12が対向した場合の、図18におけるIII−III線矢視方向断面図である。 , When the platen holder 12 shown in FIG. 8 the narrow cassette 30 shown in FIG. 18 is opposed, is a III-III direction indicated by the arrow sectional view in FIG. 18. テープ印字装置1の印字に係る処理を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a processing according to the print of the tape printer 1. テープ種類テーブル510のデータ構成を示す図である。 It is a diagram illustrating a data structure of a tape type table 510. テープ印字装置1にてエラーが検出される第1の態様を示す、テープカセット30とプラテンホルダ12とが対向した状態を示す説明図である。 Shows a first embodiment of an error is detected by the tape printer 1, and the tape cassette 30 and the platen holder 12 is an explanatory view showing a state of facing. テープ印字装置1にてエラーが検出される第2の態様を示す、テープカセット30とプラテンホルダ12とが対向した状態を示す説明図である。 Shows a second embodiment in which an error is detected by the tape printer 1, and the tape cassette 30 and the platen holder 12 is an explanatory view showing a state of facing. テープ印字装置1にてエラーが検出される第3の態様を示す、テープカセット30とプラテンホルダ12とが対向した状態を示す説明図である。 Shows a third embodiment in which an error is detected by the tape printer 1, and the tape cassette 30 and the platen holder 12 is an explanatory view showing a state of facing. 別の幅広カセット30のアーム前面35を拡大した外観斜視図である。 Appearance enlarged arm front surface 35 of another wide cassette 30 is a perspective view. 図26に示す幅広カセット30における識別部800A〜800Eの構成の説明図である。 It is an illustration of a structure of the identification unit 800A~800E of the wide cassette 30 shown in FIG. 26. さらに別の幅広カセット30における識別部800A〜800Eの構成の説明図である。 Furthermore is an illustration of a structure of the identification unit 800A~800E in another wide cassette 30. 別の幅狭カセット30における識別部800A〜800Eの構成の説明図である。 It is an illustration of a structure of the identification unit 800A~800E in another narrow-width cassette 30. さらに別の幅狭カセット30における識別部800A〜800Eの構成の説明図である。 Furthermore is an illustration of a structure of the identification unit 800A~800E in another narrow-width cassette 30. 変形例のテープカセット30を示す、図15におけるII−II線矢視方向断面図である。 Shows the tape cassette 30 of the modified example, it is taken along the line II-II cross section view in FIG. 15.

以下、本発明を具体化した実施の形態について、図面を参照して説明する。 Hereinafter, embodiments embodying the present invention will be described with reference to the drawings. なお、参照する図面は、本発明が採用しうる技術的特徴を説明するために用いられるものであり、記載されている装置の構成などは、それのみに限定する趣旨ではなく、単なる説明例である。 The drawings to be referred to are those used to explain technological features that the present invention may employ, in such construction of the device described is not intended to be limited thereto, a mere illustrative example is there.

本実施形態に係るテープ印字装置1およびテープカセット30について、図1〜図30を参照して以下に詳述する。 Tape printer 1 and a tape cassette 30 according to the present embodiment will be described in detail below with reference to FIGS 30. 本実施形態の説明では、図1の左下側をテープ印字装置1の前側とし、図1の右上側をテープ印字装置1の後側とし、図1の右下側をテープ印字装置1の右側とし、図1の左上側をテープ印字装置1の左側とする。 In the description of this embodiment, the lower left side of FIG. 1 as a front side of the tape printer 1, the upper right side of FIG. 1 and the rear side of the tape printer 1, the lower right side of FIG. 1 and the right side of the tape printer 1 , the upper left side of FIG. 1 with the left side of the tape printer 1. また、図2の右下側をテープカセット30の前側とし、図2の左上側をテープカセット30の後側とし、図2の右上側をテープカセット30の右側とし、図2の左下側をテープカセット30の左側とする。 In addition, the lower right side of FIG. 2 and the front side of the tape cassette 30, the upper-left side of Figure 2 and the rear side of the tape cassette 30, the upper right side of FIG. 2 to the right side of the tape cassette 30, tape the lower left side of FIG. 2 and the left side of the cassette 30.

なお、実際には、図2に図示されているギヤ91、93、94、97、98、101を含むギヤ群は、キャビティ8Aの底面により覆い隠されているが、これらのギヤ群を説明する必要上、図2にはキャビティ8Aの底面は図示されていない。 In practice, gears comprising gear 91,93,94,97,98,101 depicted in FIG. 2 are covered by the bottom surface of the cavity 8A, explain these gears required on the bottom surface of the cavity 8A is not shown in FIG. また、図2〜図6では、カセット装着部8の周囲を形成する側壁を模式的に図示しているが、これはあくまでも模式図であって例えば図2中に示す側壁は実際よりも厚く描かれている。 Further, in FIGS. 2-6, but the side walls forming the periphery of the cassette housing portion 8 are shown schematically, which is merely side wall showing a schematic view in FIG. 2, for example is drawn thicker than an actual It has been. また、図3〜図6では、理解を容易にするために、カセット装着部8に各種テープカセット30が装着された状態を、上ケース31Aを取り除いて示している。 Further, in FIGS. 3 to 6, for ease of understanding, the state in which various tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8 is shown to remove the top case 31A.

はじめに、本実施形態に係るテープ印字装置1の概略構成について説明する。 First, the outline configuration of the tape printer 1 according to this embodiment. 以下では、感熱紙テープのみが収納されたサーマルタイプのテープカセット30、印字テープとインクリボンとが収納されたレセプタータイプのテープカセット30、両面粘着テープとフィルムテープとインクリボンとが収納されたラミネートタイプのテープカセット30等、テープ種類が異なる複数のテープカセット30を共通して使用可能な汎用機として構成されたテープ印字装置1を例示する。 Hereinafter, a thermal type tape cassette 30 that only heat-sensitive paper tape is accommodated, the printing tape and the ink ribbon and the tape cassette 30 housed receptor type, double-sided adhesive tape and film tape and the ink ribbon and is housed laminate type the tape cassette 30, etc., the tape type is illustrated tape printer 1 configured as a general-purpose machine that can be used in common a plurality of tape cassettes 30 different.

図1に示すように、テープ印字装置1は、平面視長方形状の本体カバー2を備えている。 As shown in FIG. 1, the tape printer 1 is provided with a rectangular shape in a planar view body cover 2. 本体カバー2の前側には、文字、記号及び数字等の文字キーや、種々の機能キー等を含むキーボード3が配設されている。 The front side of the body cover 2, characters, and character keys, such as symbols and numerals, are arranged a keyboard 3 including various function keys, and the like. キーボード3の後側には、入力した文字や記号を表示可能なディスプレイ5が設けられている。 The rear side of the keyboard 3. The display 5 capable of displaying provided input characters. ディスプレイ5の後側には、テープカセット30の交換時に開閉されるカセットカバー6が設けられている。 On the rear side of the display 5, the cassette cover 6 is opened and closed when replacing the tape cassette 30 is provided. また、図示は省略するが、本体カバー2の左側面後方には、印字済みのテープを外部に排出するための排出スリットが設けられており、カセットカバー6の左側面には、カセットカバー6を閉じた状態で排出スリットを外部に露出させる排出窓が形成されている。 Although not shown, the rear left side of the body cover 2, the discharge slit for discharging the printed tape to the outside is provided with, on the left side surface of the cassette cover 6, the cassette cover 6 discharging window for exposing the discharge slit to the outside in the closed state is formed.

次に、図2〜図8を参照して、カセットカバー6に対応する本体カバー2の内部構造について説明する。 Next, with reference to FIGS. 2-8, describes the internal structure of the main unit cover 2 below the cassette cover 6. 図2に示すように、カセットカバー6に対応する本体カバー2の内部には、テープカセット30が着脱自在な領域であるカセット装着部8が設けられている。 As shown in FIG. 2, inside the main unit cover 2 below the cassette cover 6, the cassette housing portion 8 is provided the tape cassette 30 can be freely region detachable. カセット装着部8は、テープカセット30が装着された場合に後述するカセットケース31の底面30Bの形状と略対応するように凹設され、平面である底面を有するキャビティ8Aと、キャビティ8Aの外縁から水平に延びる平面部であるカセット支持部8Bとを有する。 Cassette housing portion 8 is recessed so as substantially corresponding to the shape of the bottom surface 30B of the cassette case 31 to be described later when the tape cassette 30 is installed, the cavity 8A having a bottom surface is a plane, from the outer edge of the cavity 8A and a cassette support portion 8B is a flat portion extending horizontally.

図2に示すように、カセット支持部8Bの2箇所に、2つの位置決めピン102、103が設けられている。 As shown in FIG. 2, at two positions of the cassette support portion 8B, 2 two positioning pins 102 and 103 are provided. より具体的には、キャビティ8Aの左側に位置決めピン102が、キャビティ8Aの右側に位置決めピン103が、それぞれ設けられている。 More specifically, the positioning pin 102 provided on the left side of the cavity 8A is the positioning pins 103 on the right side of the cavity 8A are respectively provided. 位置決めピン102および103は、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合に、テープカセット30の共通部32の下面に形成された2つの凹部であるピン孔62および63(図11参照)がそれぞれ対応する位置に設けられている。 Positioning pins 102 and 103, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the pin holes 62 and 63 are two recesses formed on the lower surface of the common portion 32 of the tape cassette 30 (see FIG. 11) There are provided at corresponding positions, respectively. 各位置決めピン102、103は、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合にピン孔62、63に挿入され、テープカセット30の周縁部の左右位置でテープカセット30を下方から支持する。 Each positioning pin 102 and 103, the pin holes 62 and 63 are inserted when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, to support the tape cassette 30 from the lower left and right positions of the peripheral portion of the tape cassette 30.

カセット装着部8には、テープカセット30からテープを引き出して搬送する搬送機構や、テープの表面に文字等を印字する印字機構等が設けられている。 The cassette housing portion 8, and the conveying mechanism for conveying from the tape cassette 30 is pulled out of the tape, printing mechanism, etc. are provided for printing characters and the like on the surface of the tape. 図2に示すように、カセット装着部8の前側には、発熱体(図示せず)を備えるサーマルヘッド10を搭載したヘッドホルダ74が固設されている。 As shown in FIG. 2, on the front side of the cassette housing portion 8, the head holder 74 is fixed mounted thermal head 10 having a heating element (not shown). また、図3〜図6に示すように、ヘッドホルダ74の左右両端には、テープ印字装置1に装着された場合にテープカセット30を下方から支持する上流側支持部74Aおよび下流側支持部74B(以下、総称してヘッド支持部74A、74Bという)が設けられている。 Further, as shown in FIGS. 3 to 6, the left and right ends of the head holder 74, the upstream support portion 74A and the downstream support portion 74B for supporting the tape cassette 30 from below when it is mounted in the tape printer 1 (hereinafter, the head support portion 74A, that 74B collectively) are provided. なお、ヘッドホルダ74の後ろ側には、カセット装着部8に装着された場合にテープカセット30を係止するカセットフック75が設けられている。 Note that the rear side of the head holder 74, the cassette hook 75 for locking the tape cassette 30 is provided when it is installed in the cassette housing portion 8.

カセット装着部8の外側(図2では右上側)には、ステッピングモータであるテープ送りモータ23が配設されている。 On the outside of the cassette housing portion 8 (in FIG. 2 upper right side), the tape feed motor 23 is disposed a stepping motor. テープ送りモータ23の駆動軸の下端には駆動ギヤ91が固着されており、駆動ギヤ91は開口を介してギヤ93に噛合され、ギヤ93はギヤ94に噛合されている。 The lower end of the drive shaft of the tape feed motor 23 is secured drive gear 91 is drive gear 91 is meshed with the gear 93 through the opening, the gear 93 is meshed with the gear 94. ギヤ94の上面には、後述するリボン巻取スプール44の回転駆動を行うリボン巻取軸95が立設されている。 On the upper surface of the gear 94, the ribbon take-up shaft 95 for rotating drive of the ribbon take-up spool 44 to be described later is erected. さらに、ギヤ94にはギヤ97が噛合され、ギヤ97にはギヤ98が噛合され、ギヤ98にはギヤ101が噛合されている。 Furthermore, the gear 97 is meshed with the gear 94, the gear 98 is meshed with the gear 97, the gear 101 is meshed with the gear 98. ギヤ101の上面には、後述するテープ駆動ローラ46の回転駆動を行うテープ駆動軸100が立設されている。 On the upper surface of the gear 101, the tape drive shaft 100 for rotating drive of the tape drive roller 46 to be described later is erected.

テープカセット30がカセット装着部8に装着された状態でテープ送りモータ23が反時計回り方向に回転駆動されると、駆動ギヤ91、ギヤ93、ギヤ94を介して、リボン巻取軸95が反時計回り方向に回転駆動される。 When the tape feed motor 23 in a state where the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8 is rotated in the counterclockwise direction, the driving gear 91, the gear 93, via the gear 94, the ribbon take-up shaft 95 is counterclockwise It is driven to rotate in the clockwise direction. リボン巻取軸95は、リボン巻取軸95が嵌挿されたリボン巻取スプール44を回転駆動させる。 Ribbon take-up shaft 95, the ribbon take-up spool 44 to the ribbon take-up shaft 95 is fitted to rotate. さらに、ギヤ94の回転は、ギヤ97、ギヤ98、ギヤ101を介してテープ駆動軸100に伝達されて、テープ駆動軸100が時計回り方向に回転駆動される。 Furthermore, the rotation of the gear 94, gear 97, gear 98, is transmitted to the tape drive shaft 100 via the gear 101, the tape drive shaft 100 is rotated in the clockwise direction. テープ駆動軸100は、テープ駆動軸100が嵌挿されたテープ駆動ローラ46を回転駆動させる。 Tape drive shaft 100, rotates the tape drive roller 46 where the tape drive shaft 100 is inserted.

図3〜図6に示すように、ヘッドホルダ74の前側には、アーム状のプラテンホルダ12が軸支部12Aを中心に揺動可能に軸支されている。 As shown in FIGS. 3 to 6, on the front side of the head holder 74, an arm shaped platen holder 12 is pivotably journalled about a shaft support 12A. プラテンホルダ12の先端側には、サーマルヘッド10に相対して接離可能に設けられたプラテンローラ15と、テープ駆動軸100が嵌挿されるテープ駆動ローラ46に相対して接離可能に設けられた可動搬送ローラ14とが共に回転可能に軸支されている。 The distal end side of the platen holder 12, a platen roller 15 provided to be separable relative to the thermal head 10, provided to be separable relative to the tape drive roller 46 where the tape drive shaft 100 is fitted a movable conveying roller 14 are both rotatably journalled was.

プラテンホルダ12には、カセットカバー6の開閉に連動して左右方向に移動する図示しないリリースレバーが連結されている。 The platen holder 12, the release lever is connected (not shown) moves in the lateral direction in conjunction with opening and closing of the cassette cover 6. カセットカバー6が開放されると、リリースレバーが右方向に移動して、プラテンホルダ12が図3に示す待機位置に向けて移動する。 When the cassette cover 6 is opened, the release lever moves in the right direction, the platen holder 12 moves toward the standby position shown in FIG. 図3に示す待機位置では、プラテンホルダ12がカセット装着部8から離間する方向に移動しているので、テープカセット30をカセット装着部8に着脱することができる。 In the standby position shown in FIG. 3, the platen holder 12 is moving in a direction away from the cassette housing portion 8, it is possible to attach and detach the tape cassette 30 in the cassette housing portion 8. なお、プラテンホルダ12は、図示しない巻きバネにより常に待機位置に弾性付勢されている。 The platen holder 12 is constantly elastically urged to the waiting position by a spiral spring that is not shown.

一方、カセットカバー6が閉鎖されると、リリースレバーが左方向に移動して、プラテンホルダ12が図4〜図6に示す印字位置に向けて移動する。 On the other hand, when the cassette cover 6 is closed, the release lever moves in the left direction and the platen holder 12 moves toward the print position shown in FIGS. 4 to 6. 図4〜図6に示す印字位置では、プラテンホルダ12がカセット装着部8に近接する方向に移動している。 In the printing position shown in FIGS. 4 to 6, the platen holder 12 is moving in a direction toward the cassette housing portion 8. そして、図3および図4に示すように、カセット装着部8にラミネートタイプのテープカセット30が装着されている場合には、プラテンローラ15がフィルムテープ59とインクリボン60とを介してサーマルヘッド10を押圧するとともに、可動搬送ローラ14が両面粘着テープ58とフィルムテープ59とを介してテープ駆動ローラ46を押圧する。 Then, as shown in FIGS. 3 and 4, when the laminated type tape cassette 30 in the cassette housing portion 8 is mounted, the thermal head 10 platen roller 15 via the film tape 59 and the ink ribbon 60 with pressing the movable conveying roller 14 presses the tape drive roller 46 via the double-sided adhesive tape 58 and the film tape 59.

同様にして、図5に示すように、レセプタータイプのテープカセット30が装着されている場合には、プラテンローラ15が印字テープ57とインクリボン60とを介してサーマルヘッド10を押圧するとともに、可動搬送ローラ14が印字テープ57を介してテープ駆動ローラ46を押圧する。 Similarly, as shown in FIG. 5, when the tape cassette 30 of the receptor type is mounted, the platen roller 15 presses the thermal head 10 via a print tape 57 and the ink ribbon 60, the movable conveying roller 14 presses the tape drive roller 46 via the print tape 57. また、図6に示すように、サーマルタイプのテープカセット30が装着されている場合には、プラテンローラ15が感熱紙テープ55を介してサーマルヘッド10を押圧するとともに、可動搬送ローラ14が感熱紙テープ55を介してテープ駆動ローラ46を押圧する。 Further, as shown in FIG. 6, when the thermal type tape cassette 30 is mounted, the platen roller 15 presses the thermal head 10 via a heat-sensitive paper tape 55, the movable feed roller 14 is heat-sensitive paper tape 55 It presses the tape drive roller 46 via the. これにより、図4〜図6に示す印字位置では、カセット装着部8に装着されたテープカセット30を使用して印字を行うことが可能となる。 Thus, in the printing position shown in FIGS. 4 to 6, it is possible to perform printing using the tape cassette 30 installed in the cassette housing portion 8. なお、感熱紙テープ55、印字テープ57、両面粘着テープ58、フィルムテープ59およびインクリボン60の詳細は、後述する。 Incidentally, heat-sensitive paper tape 55, the print tape 57, double-sided adhesive tape 58, the details of the film tape 59 and the ink ribbon 60 will be described later.

また、図3に示すように、テープカセット30のテープ排出部49からテープ印字装置1の排出スリット(図示せず)までの間には、印字済テープ50が搬送される搬送経路が設けられている。 Further, as shown in FIG. 3, between the tape discharge portion 49 of the tape cassette 30 to the discharge slit of the tape printer 1 (not shown), the conveying path is provided for the printed tape 50 is conveyed there. この搬送経路には、印字済テープ50を所定位置で切断するカット機構17が設けられている。 The transport path, cutting mechanism 17 that cuts the printed tape 50 at a predetermined position is provided. カット機構17は、固定刃18と、固定刃18に対向して前後方向(図3〜図6に示す上下方向)に移動可能に支持された移動刃19とを備えている。 Cutting mechanism 17 includes a fixed blade 18 and a movable blade 19 which is movable in the back and forth opposite to the fixed blade 18 direction (vertical direction shown in FIGS. 3 to 6). なお、移動刃19は、カッターモータ24(図9参照)によって前後方向に移動される。 The movable blade 19 is moved in the longitudinal direction by a cutter motor 24 (see FIG. 9).

図3〜図6に示すように、プラテンホルダ12の後側面、つまり、サーマルヘッド10と対向する側の面(以下、カセット対向面という)12Bには、その長手方向の中間位置からやや右側に、アーム検出部200が設けられている。 As shown in FIGS. 3 to 6, the rear side surface of the platen holder 12, i.e., the thermal head 10 and the opposite side face (hereinafter, the cassette that faces surface) is 12B, slightly right from the longitudinal direction of the intermediate position , the arm detection portion 200 is provided. アーム検出部200は、複数のアーム検出スイッチ210を含み、各アーム検出スイッチ210のスイッチ端子222(図8参照)が、カセット対向面12Bからカセット装着部8に向けて略水平に突出している。 Arm detection portion 200 includes a plurality of arms the detection switch 210, the switch terminals 222 of each arm detecting switches 210 (refer to FIG. 8) are projected substantially horizontally toward the cassette-facing surface 12B in the cassette housing portion 8. 言い換えると、各アーム検出スイッチ210は、カセット装着部8に対するテープカセット30の着脱方向(図2の上下方向)と略直交する方向に、カセット装着部8内に存在するテープカセット30の前面(より詳細には、後述するアーム前面35)と対向するように突出する。 In other words, each arm detecting switches 210 in a direction substantially perpendicular to the detaching direction of the tape cassette 30 (vertical direction in FIG. 2) with respect to the cassette housing portion 8, the front surface of the tape cassette 30 that is present in the cassette housing portion 8 (more in particular, it projects so as to face the arm front surface 35) to be described later. 各アーム検出スイッチ210は、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に装着された状態で、後述するアーム識別部800と相対する高さ位置に設けられている。 Each arm detecting switches 210 are in a state where the tape cassette 30 is installed in proper position in the cassette housing portion 8 is provided on the opposite height positions with the arm indicator portion 800, which will be described later.

ここで、図7および図8を参照して、プラテンホルダ12におけるアーム検出スイッチ210の詳細な配置および構造について説明する。 Here, with reference to FIGS. 7 and 8, the detailed arrangement and structure of the arm detecting switches 210 in the platen holder 12. 図7に示すように、プラテンホルダ12のカセット対向面12Bには、5つの貫通孔12Cが上下方向に3列に並べて設けられている。 As shown in FIG. 7, in the cassette-facing surface 12B of the platen holder 12, five through-holes 12C are provided side by side in three rows in the vertical direction. より具体的には、上列に2つ、中列に2つ、下列に1つの配置である。 More specifically, two in the top row, two in the middle column, is one arranged under columns. そして、各貫通孔12Cの左右方向の位置は、それぞれ異なっている。 Then, the position in the lateral direction of the through holes 12C are different from each other. 詳細には、カセット対向面12Bの左側(図7では右側)から、中列の左側、上列の左側、中列の右側、上列の右側、そして下列の順に、5つの貫通孔12Cがジグザグに配置されている。 In particular, from the left side of the cassette-facing surface 12B (the right side of FIG. 7), the middle row left, left upper column, the middle column right, upper row right and in the order of the lower row, five through-holes 12C are zigzag It is located in. これら5つの貫通孔12Cに対応してカセット対向面12Bの左側から順に、5つのアーム検出スイッチ210A、210B、210C、210D、210Eがそれぞれ設けられている。 These in order from the left side of the cassette-facing surface 12B corresponding to the five through-holes 12C, five arms detecting switches 210A, 210B, 210C, 210D, 210E, respectively.

図8に示すように、アーム検出スイッチ210は、プラテンホルダ12の内部に設置された略円筒状の本体部221と、本体部221の一端側から軸線方向に進退可能な棒状のスイッチ端子222とを備えている。 As shown in FIG. 8, the arm detecting switches 210 includes a generally cylindrical body portion 221 which is disposed inside the platen holder 12, the switch terminal 222 from one end of the retractable rod shape in the axial direction of the main body portion 221 It is equipped with a. 各アーム検出スイッチ210の本体部221は、その他端側がスイッチ支持板220に取り付けられてプラテンホルダ12の内部に設置されている。 The body portion 221 of each arm detecting switches 210 are installed inside the platen holder 12 and the other end side is attached to the switch support plate 220. また、各本体部221の一端側では、プラテンホルダ12のカセット対向面12Bに形成された複数の貫通孔12Cを介して、スイッチ端子222が進退可能である。 Further, at one end side of each main body portion 221 via a plurality of through holes 12C formed in the cassette-facing surface 12B of the platen holder 12, the switch terminal 222 is retractable. 各スイッチ端子222は、常には本体部221の内部に設けられたバネ部材(図示せず)によって、本体部221から伸出した状態に保持される。 Each switch terminal 222 is always held by a spring member provided inside the main body portion 221 (not shown), in a state that issued Shin from the body portion 221. スイッチ端子222は、押圧されていないときは本体部221から伸出した状態(オフ状態)とされ、押圧されているときに本体部221内に押し込まれた状態(オン状態)となる。 Switch terminal 222, when not pressed is in a state of out extension from the main body portion 221 (OFF state), a state of being pushed into the body portion 221 (ON state) when being pressed.

カセット装着部8にテープカセット30が装着されている場合、プラテンホルダ12が待機位置に向けて移動すると(図3参照)、各アーム検出スイッチ210はテープカセット30から離間するため、全てのアーム検出スイッチ210がオフ状態となる。 If the tape cassette 30 in the cassette housing portion 8 is mounted, the platen holder 12 moves toward the standby position (see FIG. 3), each arm detecting switches 210 for separating from the tape cassette 30, all arms Detection switch 210 is turned off. 一方、プラテンホルダ12が印字位置に向けて移動すると(図4〜図6参照)、アーム検出スイッチ210は、テープカセット30の前面(より詳細には、後述するアーム前面35)と対向し、後述するアーム識別部800によってアーム検出スイッチ210が選択的に押圧される。 On the other hand, when the platen holder 12 moves toward the print position (see FIGS. 4 to 6), the arm detecting switches 210 includes a front (more specifically, the arm front surface 35 that will be described later) of the tape cassette 30 is opposed to the, later arm detecting switches 210 are selectively pressed by the arm indicator portion 800. このときのアーム検出スイッチ210のオン・オフの組合せに基づいてテープ種類が検出されるが、詳細は後述する。 Although the tape type is detected based on a combination of the on and off states of the arm detecting switches 210 in this case it will be described in detail later.

また、図3〜図6に示すように、プラテンホルダ12のカセット対向面12Bには、左右方向に伸びる板状の突起部である係止片225が設けられている。 Further, as shown in FIGS. 3 to 6, the cassette-facing surface 12B of the platen holder 12, the locking piece 225 is provided as a plate-like projection extending in the lateral direction. 係止片225は、アーム検出スイッチ210のスイッチ端子222と同様、カセット対向面12Bからカセット装着部8に向けて略水平に突出している。 Latching piece 225 is similar to the switch terminals 222 of the arm detecting switches 210 protrude substantially horizontally toward the cassette-facing surface 12B in the cassette housing portion 8. つまり、カセット装着部8内に存在するテープカセット30の前面(より詳細には、後述するアーム前面35)と対向するように突出している。 That is, the front surface of the tape cassette 30 (more specifically, the arm front surface 35 that will be described later) present in the cassette housing portion 8 protrudes to face with. 係止片225は、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に装着された状態で、後述するテープカセット30のアーム前面35に設けられた係止孔820(図2参照)と相対する高さ位置に設けられている。 Latching piece 225 in a state where the tape cassette 30 is installed in the proper position in the cassette housing portion 8, opposed high and the locking holes 820 provided on the arm front surface 35 of the tape cassette 30 described later (see FIG. 2) It is provided at the position.

より詳細には、図7に示すように、係止片225は、プラテンホルダ12のカセット対向面12Bにおいて、上列のアーム検出スイッチ210B、210Dより上方に設けられ、アーム検出スイッチ210Dとアーム検出スイッチ210Eとの間の左右方向位置から右側(図7では左側)に延びている。 More specifically, as shown in FIG. 7, the engaging piece 225 in the cassette facing surface 12B of the platen holder 12, the arm detecting switches 210B of the upper row, provided above the 210D, the arm detecting switch 210D and the arm detecting and it extends to the right (in Fig. 7 left) from the position in the lateral direction between the switch 210E. また、図8に示すように、係止片225は、プラテンホルダ12のカセット対向面12Bから後方側(図8では左側)に突出するように、プラテンホルダ12と一体成型されている。 Further, as shown in FIG. 8, the locking piece 225 so as to protrude from the cassette-facing surface 12B of the platen holder 12 to the rear side (in Fig. 8 left), it is integrally molded with the platen holder 12. 係止片225のカセット対向面12Bを基準とした突出高さは、各アーム検出スイッチ210のスイッチ端子222のカセット対向面12Bを基準とした突出高さと比較して略同一か、若干大きくなっている。 Cassette-facing surface 12B protruding height from the engaging pieces 225 is substantially or equal compared with the projecting height from the cassette-facing surface 12B of the switch terminals 222 of each arm detecting switches 210, slightly larger there. また、係止片225には、その先端側(図8では左側)に向けて厚みが漸減するように、下面の一部が水平方向に対して傾斜した傾斜部226が形成されている。 Further, the engaging piece 225 has its distal end side so that the thickness gradually decreases toward the (left side in FIG. 8), the lower surface of the portion of the inclined portion 226 which is inclined is formed with respect to the horizontal direction.

次に、図9を参照して、テープ印字装置1の電気的構成について説明する。 Next, with reference to FIG. 9, illustrating the electrical configuration of the tape printer 1. 図9に示すように、テープ印字装置1は、制御基板上に形成される制御回路部400を備えている。 As shown in FIG. 9, the tape printer 1 includes a control circuit 400 formed on a control board. 制御回路部400は、各機器を制御するCPU401、CPU401にデータバス410を介して接続されたROM402、CGROM403、RAM404、および入出力インターフェース411等から構成されている。 The control circuit unit 400 is constituted by each device for controlling the CPU 401, CPU 401 is connected via a data bus 410 to the ROM402, CGROM403, RAM404, and input-output interface 411 and the like.

ROM402には、キーボード3から入力された文字や数字等のキャラクタのコードデータに対応させて液晶駆動回路(LCDC)405を制御する表示駆動制御プログラム、サーマルヘッド10やテープ送りモータ23を駆動する印字駆動制御プログラム、各印字ドットの形成エネルギー量に対応する印加パルス数を決定するパルス数決定プログラム、カッターモータ24を駆動して印字済テープ50を所定の切断位置で切断する切断駆動制御プログラム、その他のテープ印字装置1の制御上必要な各種のプログラム等が各々記憶されている。 The ROM 402, driven in correspondence with code data of characters such as letters and numerals entered through the keyboard 3 display drive control program for controlling the liquid crystal drive circuit (LCDC) 405, the thermal head 10 and tape feed motor 23 printing drive control program, a pulse number determining program for determining the number of applied pulses corresponding to the formation energy amount of each print dot, the cutting drive control program drives the cutter motor 24 to cut the printed tape 50 at a predetermined cutting position, other various programs necessary for control, such as the tape printer 1 are respectively stored in. つまり、CPU401は、これら各種プログラムに基づいて各種演算を行う。 That, CPU 401 performs various calculations on the basis of these various programs. なお、ROM402には、テープ印字装置1に装着されたテープカセット30のテープ種類を特定するための各種テーブルも記憶されているが、詳細は後述する。 Note that the ROM 402, but also various tables for identifying the tape type of the tape cassette 30 installed in the tape printer 1 are stored, the details will be described later.

CGROM403には、アルファベット文字や記号等のキャラクタを印字するための多数のキャラクタの各々に関して、印字用ドットパターンデータが、書体(ゴシック系書体、明朝体書体等)毎に分類され、各書体毎に6種類(例えば、16、24、32、48、64、96のドットサイズ)の印字文字サイズ分、コードデータに対応させて記憶されている。 The CGROM403, for each of a large number of characters for printing characters such as alphabetic characters and symbols, print dot pattern data, font (Gothic typeface, Mincho typeface, etc.) are classified according to, for each typeface six (e.g., the dot size of 16,24,32,48,64,96) to print character size of the are stored in correspondence with code data.

RAM404には、テキストメモリ、印字バッファ等、複数の記憶エリアが設けられている。 The RAM 404, a text memory, a print buffer or the like, a plurality of storage areas is provided. テキストメモリには、キーボード3から入力された文書データが格納される。 The text memory, document data input from the keyboard 3 is stored. 印字バッファには、複数の文字や記号等の印字用ドットパターンや各ドットの形成エネルギー量である印加パルス数等がドットパターンデータとして格納される。 The print buffer, the applied pulse number, which is a forming energy amount of the print dot pattern and each dot such as a plurality of characters and symbols are stored as dot pattern data. つまり、サーマルヘッド10はこの印字バッファに記憶されているドットパターンデータに従ってドット印字を行う。 In other words, the thermal head 10 performs dot printing according to the dot pattern data stored in the print buffer. その他記憶エリアには、各種演算データ等が記憶される。 Other storage areas, various calculation data and the like are stored.

入出力インターフェース411には、アーム検出スイッチ210A〜210E、キーボード3、ディスプレイ(LCD)5に表示データを出力するためのビデオRAM(図示外)を有する液晶駆動回路(LCDC)405、サーマルヘッド10を駆動するための駆動回路406、テープ送りモータ23を駆動するための駆動回路407、カッターモータ24を駆動するための駆動回路408等が各々接続されている。 Output interface 411, the arm detecting switches 210a-210e, the keyboard 3, the liquid crystal drive circuit (LCDC) 405 having a display video RAM for outputting display data to the (LCD) 5 (not shown), the thermal head 10 driving circuit 406 for driving the drive circuit 407 for driving the tape feed motor 23, such as a driving circuit 408 for driving the cutter motor 24 are respectively connected.

次に、図2〜図6、図10〜図18を参照して、本実施形態に係るテープカセット30の構成について説明する。 Next, FIGS. 2-6, with reference to FIGS. 10 to 18, the configuration of the tape cassette 30 according to the present embodiment. 以下では、その内部に収納されるテープの種類、および、インクリボンの有無などを適宜変更することによって、先述のサーマルタイプ、レセプタータイプ、ラミネートタイプ等、各種のテープ種類を実装可能な汎用カセットとして構成されたテープカセット30を例示する。 In the following, the kind of the tape housed therein, and, by appropriately changing the presence or absence of the ink ribbon, a thermal type described above, receptor type, laminated type and the like, as various tape type to be implemented universal cassette illustrate the tape cassette 30 configured.

なお、図2、図10〜図15は、テープ幅が所定幅(例えば、18mm)以上となるテープカセット30(以下、幅広カセット30という)に関する図である。 Incidentally, FIG. 2, FIGS. 10 to 15, the tape width of a predetermined width (e.g., 18 mm) tape cassette 30 to be more (hereinafter referred to as wide cassette 30) is a diagram related. より詳細には、図2、図10〜図15に例示する幅広カセット30は、インク色が黒以外の色(例えば、赤)のインクリボン60が収納されたラミネートタイプ(図3および図4参照)として実装されており、そのテープ幅は「36mm」である。 More particularly, FIG. 2, the wide cassette 30 illustrated in FIG. 10 to FIG. 15, the color ink colors other than black (e.g., red) laminated type in which the ink ribbon 60 is accommodated (see FIG. 3 and FIG. 4 ) are implemented as, the tape width is "36mm". 一方、図16〜図18は、テープ幅が所定幅未満となるテープカセット30(以下、幅狭カセット30という)に関する図である。 On the other hand, 16 to 18, the tape cassette 30 in which the tape width is less than the predetermined width (hereinafter, referred to as narrow cassette 30) is a diagram related. より詳細には、図16〜図18に例示する幅狭カセット30は、黒のインクリボン60が収納されたレセプタータイプ(図5参照)として実装されており、そのテープ幅は「12mm」である。 More specifically, narrow cassette 30 illustrated in FIGS. 16 to 18 is implemented as a black ink receptor type ribbon 60 is accommodated (see FIG. 5), the tape width is "12mm" . 以下では、テープカセット30の構成について、幅広カセット30(図2、図10〜図15参照)を主に例示して説明するが、幅狭カセット30(図16〜図18参照)も基本的に同様である。 In the following, the configuration of the tape cassette 30, the wide cassette 30 (see FIGS. 2 and 10 to FIG. 15) will be described mainly illustrated, narrow cassette 30 (see FIGS. 16 to 18) also basically it is the same.

図2および図10に示すように、テープカセット30は、全体としては平面視で丸みを帯びた角部を有する略直方体状(箱型)の筐体であるカセットケース31を有している。 As shown in FIGS. 2 and 10, the tape cassette 30 as a whole has a cassette case 31 is a housing of substantially rectangular parallelepiped (box-type) having a corner portion rounded in plan view. カセットケース31は、カセットケース31の底面30Bを含む下ケース31Bと、カセットケース31の上面30Aを含み、下ケース31Bの上部に固定される上ケース31Aとで構成される。 Cassette case 31 is composed of a bottom case 31B that includes the bottom surface 30B of the cassette case 31 includes a top surface 30A of the cassette case 31, an upper case 31A is fixed to the upper portion of the lower case 31B. 上ケース31Aおよび下ケース31Bが互いに固定されると、上面30Aおよび底面30Bの外縁に亘って所定高さの側面30Cが形成される。 When the upper case 31A and the bottom case 31B are fixed to each other, over the outer edge of the top surface 30A and the bottom surface 30B side 30C of a predetermined height is formed. つまり、カセットケース31は、その上下方向で対向配置された矩形状の平面をなす一対の上面30Aおよび底面30Bと、上面30Aおよび底面30Bの外縁に亘って所定高さで形成された側面30C(ここでは、前面、背面、左側面、右側面からなる四側面)とを有する箱状のケース体である。 In other words, the cassette case 31, a pair of top 30A and bottom 30B forming the oppositely disposed rectangular planar in its vertical direction, the top surface 30A and the bottom surface 30B side 30C that over an outer edge formed at a predetermined height ( here, the front, rear, left side, a box-shaped case body having four sides) and made from the right side.

なお、カセットケース31は、上面30Aおよび底面30Bの周縁部全体が側面30Cによって囲われている必要はなく、側面30Cの一部(例えば背面)にカセットケース31内を露出させるような開口部が設けられていたり、その開口部を臨む位置に上面30Aおよび底面30Bを接続するボスが設けられたりしてもよい。 Incidentally, the cassette case 31 is not required to periphery entire top 30A and bottom 30B are surrounded by the side 30C, openings that expose a portion (e.g., rear) in the cassette case 31 of the side surface 30C is or provided, it may be or boss provided to connect the upper surface 30A and the bottom surface 30B to the position facing the opening. 以下では、底面30Bから上面30Aまでの距離(上下方向の長さ)を、テープカセット30またはカセットケース31の高さ寸法という。 Hereinafter, the distance from the bottom surface 30B to the top surface 30A (the length in the vertical direction), that the height of the tape cassette 30 or the cassette case 31. なお、本実施形態では、カセットケース31の上下方向(つまり、上面30Aおよび底面30Bが対向する方向)は、テープカセット30の着脱方向と略一致している。 In the present embodiment, the vertical direction of the cassette case 31 (i.e., the direction in which the top surface 30A and the bottom surface 30B faces) is substantially coincident with the detachment direction of the tape cassette 30.

カセットケース31は、テープカセット30の種類にかかわらず、同一の幅(上下方向の長さが同一)に形成された角部32Aを有する。 Cassette case 31, regardless of the type of the tape cassette 30, has a corner portion 32A formed in the same width (the same length in the vertical direction). 角部32Aは、平面視で直角をなすように外側方向に突出している。 Corners 32A protrudes outward so as to form a right angle in plan view. ただし、平面視で左下の角部32Aは、テープ排出部49が角に設けられているために、直角はなしていない。 However, the lower left corner portion 32A in a plan view, to a tape discharge portion 49 is provided in the corner, not talking right angle. 角部32Aの下面は、テープカセット30がカセット装着部8に装着されたときに、カセット装着部8内において前述したカセット支持部8Bに対向する部位である。 The lower surface of the corner portion 32A, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8 is a portion opposing the cassette support portion 8B described above in the cassette housing portion 8. カセットケース31の上下(高さ)方向において角部32Aと同一の位置、且つ、同一の幅でカセットケース31の側面を全周に亘って取り巻く部位(角部32Aを含む)を、共通部32という。 Corner 32A at the same position in the vertical (height) direction of the cassette case 31, and a portion surrounding over the side surface of the cassette case 31 in the entire circumference (including the corner portions 32A) in the same width, the common portion 32 that. より詳細には、共通部32は、カセットケース31の上下(高さ)方向における中心線に関して、上下方向に対称に形成された部位である。 More specifically, the common portion 32, with respect to the center line in the vertical (height) direction of the cassette case 31 is a portion that is formed symmetrically in the vertical direction.

なお、テープカセット30の高さ寸法は、カセットケース31内に収納される各種テープ(感熱紙テープ55、印字テープ57、両面粘着テープ58、フィルムテープ59など)のテープ幅に応じて異なっている。 The height dimension of the tape cassette 30 differs depending on the tape width of various tapes accommodated in the cassette case 31 (heat-sensitive paper tape 55, the print tape 57, the double-sided adhesive tape 58, such as the film tape 59). しかし、図15に示すように、共通部32の高さ寸法(幅T)は、テープカセット30のテープ幅にかかわらず、同一寸法に設定されている。 However, as shown in FIG. 15, the height of the common portion 32 (a width T), regardless of the tape width of the tape cassette 30 is set to be the same size. 例えば、共通部32の幅Tが12mmである場合、テープカセット30のテープ幅が大きくなると(例えば、18mm、24mm、36mm)、それに応じてカセットケース31の高さ寸法も大きくなるが、共通部32の幅Tは一定である。 For example, when the width T of the common portion 32 is 12 mm, the tape width of the tape cassette 30 is larger (e.g., 18 mm, 24 mm, 36 mm), the height dimension of the cassette case 31 also increases accordingly, the common portion 32 width T of is constant. なお、テープカセット30のテープ幅が共通部32の幅T以下である場合は(例えば、6mm、12mm)、カセットケース31の高さ寸法は、共通部32の幅T(12mm)+所定幅である。 In the case the tape width of the tape cassette 30 is equal to or less than the width T of the common portion 32 (e.g., 6 mm, 12 mm), the height of the cassette case 31 is the width T (12 mm) + a predetermined width of the common portion 32 is there. この場合、カセットケース31の高さは最も小さくなる。 In this case, the height of the cassette case 31 is smallest.

図2、図10および図11に示すように、上ケース31Aおよび下ケース31Bには、それぞれ、後述する第1テープスプール40、第2テープスプール41およびリボン巻取スプール44を回転可能に支持する支持孔65A、66A、67A、および支持孔65B、66B、67Bが設けられている。 As shown in FIGS. 2, 10 and 11, the top case 31A and the bottom case 31B, respectively, for rotatably supporting the first tape spool 40, a second tape spool 41 and the ribbon take-up spool 44 to be described later support holes 65A, 66A, 67A, and support holes 65B, 66B, 67B are provided.

図3および図4に示すラミネートタイプのテープカセット30では、第1テープスプール40に巻回された両面粘着テープ58、第2テープスプール41に巻回されたフィルムテープ59、およびリボンスプール42に巻回されたインクリボン60の3種類のテープロールが、カセットケース31内に収納されている。 In the laminated type tape cassette 30 shown in FIGS. 3 and 4, winding the first tape spool 40 wound on the double-sided adhesive tape 58, the second tape spool 41 wound on the film tape 59, and the ribbon spool 42 3 kinds of the tape roll of wound ink ribbon 60 is accommodated in the cassette case 31. そして、両面粘着テープ58の剥離紙を外側に向けて巻回した第1テープスプール40は、支持孔65A、65Bを介して回転可能に配置されている。 The first tape spool 40 wound towards the release paper of double-sided adhesive tape 58 to the outside, the support hole 65A, is rotatably disposed through a 65B. フィルムテープ59が巻回された第2テープスプール41は、支持孔66A、66Bを介して回転可能に配置されている。 The second tape spool 41 where the film tape 59 is wound, the supporting hole 66A, is rotatably disposed through a 66B. さらに、リボンスプール42に巻回されたインクリボン60は、カセットケース31内に回転可能に配置されている。 Further, the ink ribbon 60 which is wound the ribbon spool 42 wound is rotatably disposed in the cassette case 31.

カセットケース31内における第1テープスプール40とリボンスプール42との間には、リボンスプール42からインクリボン60を引き出すとともに、文字等の印字にて使用されたインクリボン60を巻き取るリボン巻取スプール44が、支持孔67A、67Bを介して回転可能に配置されている。 Between the first tape spool 40 and the ribbon spool 42 in the cassette case 31, the ribbon take-up spool with pulling out the ink ribbon 60 from the ribbon spool 42 and takes up the ink ribbon 60 used in printing characters and the like 44, the supporting hole 67A, is rotatably disposed through a 67B. なお、リボン巻取スプール44の下部には、リボン巻取スプール44が逆転することで巻き取ったインクリボン60が緩んでしまうのを防止するためのクラッチバネ(図示せず)が取り付けられている。 Note that the lower portion of the ribbon take-up spool 44, (not shown) clutch spring to prevent the loose ink ribbon 60 wound up by the ribbon take-up spool 44 is reversed are attached .

図5に示すレセプタータイプのテープカセット30では、第1テープスプール40に巻回された印字テープ57およびリボンスプール42に巻回されたインクリボン60の2種類のテープロールが、カセットケース31内に収納されている。 In the tape cassette 30 of the receptor type shown in FIG. 5, two types of tape roll of the first tape spool 40 wound on the print tape 57 and the ribbon spool 42 wound on the ink ribbon 60, in the cassette case 31 It is housed. なお、このレセプタータイプのテープカセット30は、第2テープスプール41を備えていない。 Incidentally, the tape cassette 30 of this receptor type does not include the second tape spool 41.

図6に示すサーマルタイプのテープカセット30では、第1テープスプール40に巻回された感熱紙テープ55の1種類のテープロールが、カセットケース31内に収納されている。 In the thermal type tape cassette 30 shown in FIG. 6, one tape roll of the first tape spool 40 wound on the heat-sensitive paper tape 55 is accommodated in the cassette case 31. なお、このサーマルタイプのテープカセット30は、第2テープスプール41およびリボンスプール42を備えていない。 Incidentally, the tape cassette 30 of the thermal type, does not include the second tape spool 41 and the ribbon spool 42.

図2に示すように、カセットケース31の前面には、平面視で略半円状をなす溝部である半円溝34Kが、カセットケース31の高さ方向(つまり、上面30Aから底面30B)に亘って設けられている。 As shown in FIG. 2, on the front surface of the cassette case 31, semi-circular groove 34K is a groove having a substantially semi-circular shape in plan view, the height direction of the cassette case 31 (i.e., bottom surface 30B from the top surface 30A) to over and are provided. 半円溝34Kは、テープカセット30がカセット装着部8に装着されたときに、プラテンホルダ12の回転中心である軸支部12Aがカセットケース31と干渉しないように設けられた逃がし部である。 Semicircular grooves 34K, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, shaft support 12A is the center of rotation of the platen holder 12 is relief portion which is provided so as not to interfere with the cassette case 31. カセットケース31の前面のうち、半円溝34Kから左に延びる部分(詳細には、後述の外壁34B)を、アーム前面35という。 Of the front surface of the cassette case 31, the portion extending to the left from the semi-circular groove 34K (specifically, the outer wall 34B to be described later), and that the arm front surface 35. アーム前面35と、アーム前面35から後方へ離間した位置に高さ方向に亘って設けられたアーム背面37とで規定される、テープカセット30の右前部から左方に延びる部位をアーム部34という。 The arm front surface 35 is defined by the arm front surface 35 and the arm rear wall 37 provided over the height direction at a position spaced rearward of the arm portion 34 a portion extending leftward from the right front portion of the tape cassette 30 .

ここで、図12を参照して、アーム部34において、印字媒体であるテープ(例えば、感熱紙テープ55、印字テープ57、フィルムテープ59)およびインクリボン60を案内する構成について説明する。 Referring now to FIG. 12, the arm portion 34, a print medium tape (e.g., heat-sensitive paper tape 55, the print tape 57, the film tape 59) to describe the configuration for guiding the and the ink ribbon 60. 下ケース31Bのアーム部34は、外壁34B、内壁34C、および分離壁34Dを含む。 Arm portion 34 of the lower case 31B are external wall 34B, an inner wall 34C, and a separating wall 34D. 外壁34Bは、アーム前面35の下ケース31B部分を構成する。 The outer wall 34B constitutes the bottom case 31B portion of the arm front surface 35. 内壁34Cは、外壁34Bよりも高く、インクリボン60のリボン幅とほぼ同一の高さ寸法を有し、アーム背面37の下ケース31B部分を構成する。 Inner wall 34C is higher than the outer wall 34B, has substantially the same height as the ribbon width of the ink ribbon 60, constituting the bottom case 31B portion of the arm rear wall 37. 分離壁34Dは、外壁34Bと内壁34Cとの間に設けられており、内壁34Cと同一の高さ寸法を有する。 Separating wall 34D is provided between the outer wall 34B and the internal wall 34C, having the same height and the inner wall 34C.

分離壁34Dの両側下端には、一対の案内規制片34Eが形成されている。 On both sides the lower end of the separating wall 34D, a pair of guide regulating pieces 34E are formed. 下ケース31Bのアーム部34における分離壁34Dの上流側(図12では右側)位置には、下端に案内規制片34Fが形成されたガイドピン34Gが設けられている。 Upstream (in FIG. 12 right) position of the separating wall 34D in the arm portion 34 of the lower case 31B, the guide pin 34G is provided with guide regulating piece 34F is formed at the lower end. 上ケース31Aにてアーム部34を構成する部分には、分離壁34Dの両側下端に設けられた各案内規制片34Eに対応して一対の案内規制片34Hが形成されている。 The portion constituting the arm portion 34 in the upper case 31A, a pair of guide regulating pieces 34H in correspondence with each of the guide regulating piece 34E provided on both sides the lower end of the separating wall 34D is formed. アーム前面35の先端部は後方へ向かって屈曲しており、アーム前面35およびアーム背面37の左端に、上下方向に延びる開口34Aが形成されている。 The distal end of the arm front surface 35 is bent toward the rear, the left end of the arm front surface 35 and the arm rear wall 37, an opening 34A extending in the vertical direction is formed.

上ケース31Aと下ケース31Bとを接合してカセットケース31を構成した場合、アーム部34内には、外壁34B、分離壁34Dおよびガイドピン34Gによって、印字媒体であるテープ(図12の例では、フィルムテープ59)の走行をガイドするテープ走行経路と、内壁34Cと分離壁34Dとによってインクリボン60の走行をガイドするリボン走行経路とが形成される。 Case where the cassette case 31 by joining together an upper case 31A and the bottom case 31B, the inside arm portion 34, the outer wall 34B, the separating wall 34D and the guide pin 34G, in the example of the tape (Fig. 12 is a printing medium a tape running path for guiding the running of the film tape 59), the ribbon traveling path for guiding the travel of the ink ribbon 60 by an inner wall 34C and the separating wall 34D is formed.

フィルムテープ59は、その下端が案内規制片34Fにて規制されつつガイドピン34Gで方向変換され、分離壁34Dの下端における各案内規制片34Eと上ケース31Aの各案内規制片34Hとの協働によって、テープ幅方向に案内規制される。 The film tape 59 is diverted by the guide pin 34G its lower end while being restricted by the guide regulating piece 34F, each of the guide regulating pieces 34H Collaboration with the respective guide regulating piece 34E and the upper case 31A at the lower end of the separating wall 34D by, it is guiding and regulating the tape width direction. これにより、フィルムテープ59は、アーム部34内で外壁34Bと分離壁34Dとの間で走行案内される。 Thus, the film tape 59 is traveling guidance between the outer wall 34B and the separating wall 34D inside the arm portion 34. また、インクリボン60は、そのリボン幅とほぼ同一の高さ寸法を有する内壁34Cと分離壁34Dとによってガイドされつつ、アーム部34内で内壁34Cと分離壁34Dとの間で走行案内される。 The ink ribbon 60, while being guided by the inner wall 34C and the separating wall 34D having approximately the same height and its ribbon width is traveling guidance between the inner wall 34C and the separating wall 34D inside the arm portion 34 . このとき、インクリボン60は上ケース31Aの下面と下ケース31Bの上面とによりその幅方向に規制を受ける。 At this time, the ink ribbon 60 is regulated in its width direction by the upper surface of the lower surface and the lower case 31B of the upper case 31A. フィルムテープ59およびインクリボン60は、アーム部34内で各走行経路を走行案内されたのちに開口34Aで重合されてヘッド挿入部39(詳細には、後述の開口部77)へ排出される。 The film tape 59 and the ink ribbon 60, the arm portion in the 34 is polymerized in the opening 34A in after being travel guidance each travel route head insertion portion 39 (specifically, below the opening 77 of) is discharged to.

上記のような構成により、テープ走行経路とリボン走行経路は、アーム部34内で分離壁34Dを介して相互に分離した異なる経路として形成される。 With the configuration described above, the tape running path and the ribbon running path is formed as different paths separated from each other through the separating wall 34D inside the arm portion 34. 従って、フィルムテープ59およびインクリボン60は、それぞれのテープ幅およびリボン幅に応じて各走行経路内で独立して確実に走行案内される。 Therefore, the film tape 59 and the ink ribbon 60 is reliably travel guidance independently in each travel route in accordance with the respective tape width and ribbon width. なお、図12ではラミネートタイプのテープカセット30(図3および図4参照)を例示しているが、他種のテープカセット30のアーム部34も同様である。 Note that although the FIG. 12, the laminated type tape cassette 30 (see FIGS. 3 and 4), the arm portions 34 of the other types of tape cassettes 30 is similar. レセプタータイプのテープカセット30(図5参照)では、印字テープ57がテープ走行経路にて走行案内され、インクリボン60がリボン走行経路にて走行案内される。 In receptor type tape cassette 30 (see FIG. 5), the print tape 57 is traveling guidance by the tape running path, the ink ribbon 60 is run guided by the ribbon traveling path. サーマルタイプのテープカセット30(図6参照)では、感熱紙テープ55がテープ走行経路にて走行案内され、リボン走行経路は使用されない。 In the thermal type tape cassette 30 (see FIG. 6), heat-sensitive paper tape 55 is traveling guidance by the tape running path, the ribbon running path is not used.

また、図12に示すように、アーム前面35には、アーム識別部800と、係止孔820とが設けられている。 Further, as shown in FIG. 12, the arm front surface 35, an arm indicator portion 800 is provided with the locking hole 820. アーム識別部800は、人間がテープカセット30に収納されたテープの種類を特定可能とする部位であるとともに、テープ印字装置1のプラテンホルダ12に設けられたアーム検出スイッチ210(図3〜図5参照)を選択的に押圧することにより、テープ印字装置1にテープ種類を検出させる部位である。 Arm indicator portion 800, human as well as a site that allows identifying the type of tape accommodated in the tape cassette 30, the arm detecting switches 210 provided on the platen holder 12 of the tape printer 1 (FIGS. 3 to 5 by selectively pressing the reference) is a portion for detecting the tape type in the tape printing apparatus 1. また、係止孔820は、アーム識別部800を用いた目視でのテープ種類の特定の際に、位置特定の指標とされる部位であるとともに、プラテンホルダ12に設けられた係止片225が挿入される孔部である。 Further, locking holes 820, upon identification of the tape type of visually with arm indicator portion 800, as well as a portion to be a position location indicator, the engaging piece 225 provided on the platen holder 12 is it is to be inserted hole. アーム識別部800および係止孔820を含むアーム前面35の詳細については、後述する。 For more information about the arm front surface 35 that includes an arm indicator portion 800 and the locking hole 820, described below.

なお、図2および図12に示すように、アーム前面35において、下ケース31Bのアーム識別部800の左側には、正面視で縦長長方形状の貫通孔850が設けられている。 As shown in FIG. 2 and FIG. 12, the arm front surface 35, on the left side of the arm indicator portion 800 of the lower case 31B, elongated rectangular through hole 850 is provided in a front view. 貫通孔850は、カセットケース31の成型時における金型逃がし用に設けられたものであり、特定の機能は有しない。 Through holes 850, which provided for relief mold during molding of the cassette case 31, the particular function without.

図3〜図6に示すように、アーム背面37と、アーム背面37から連続して設けられた周壁面とにより囲まれた、テープカセット30を上下方向に貫通する平面視略長方形状の空間は、ヘッド挿入部39である。 As shown in FIGS. 3 to 6, and the arm rear wall 37, surrounded by a peripheral wall surface which is provided continuously from the arm rear wall 37, a planar view substantially rectangular space through the tape cassette 30 in the vertical direction a head insertion portion 39. ヘッド挿入部39は、カセットケース31の前方に設けられている。 Head insertion portion 39 is provided in front of the cassette case 31. ヘッド挿入部39は、テープカセット30の前面に設けられた開口部77によってテープカセット30の前面でも外部とつながっている。 Head insertion portion 39 is connected to the outside even in front of the tape cassette 30 by the opening 77 provided on the front surface of the tape cassette 30. ヘッド挿入部39には、テープ印字装置1のサーマルヘッド10を支持するヘッドホルダ74が挿入され、アーム部34の開口34Aから排出されたテープ(感熱紙テープ55、印字テープ57、フィルムテープ59のいずれか)は、開口部77にてカセットケース31の外部に露出されてサーマルヘッド10による印字が行われる。 The head insertion portion 39, the head holder 74 that supports the thermal head 10 of the tape printer 1 is inserted, the tape that is discharged from the opening 34A of the arm portion 34 (heat-sensitive paper tape 55, the print tape 57, any of the film tape 59 or) is exposed at the opening 77 to the outside of the cassette case 31 is printed by the thermal head 10 is performed.

カセットケース31のヘッド挿入部39を臨む位置には、テープカセット30がテープ印字装置1に装着される際の上下方向の位置決めに使用される支持受け部が設けられている。 At a position facing the head insertion portion 39 of the cassette case 31, the support receiving portions tape cassette 30 is used to position the vertical direction when mounted in the tape printer 1 is provided. 本実施形態では、印字媒体であるテープ(感熱紙テープ55、印字テープ57、フィルムテープ59)の搬送方向においてサーマルヘッド10の挿入位置(より詳細には印字位置)の上流側には上流側受け部39Aが設けられ、下流側には下流側受け部39B(以下、総称してヘッド受け部39A、39Bという)が設けられている。 In the present embodiment, the tape is a print medium (heat-sensitive paper tape 55, the print tape 57, the film tape 59) upstream reception portion on the upstream side of the insertion position of the thermal head 10 (more specifically the print position) in the conveying direction of the 39A is provided downstream receiving portion 39B on the downstream side (hereinafter, head receiving portion 39A are collectively referred to as 39B) is provided.

ヘッド受け部39A、39Bは、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合、それぞれ、ヘッドホルダ74に設けられたヘッド支持部74A、74B(図2参照)に当接し、ヘッド支持部74A、74Bによって下方から支持される部位である。 The head receiving portion 39A, 39B, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, respectively, the head support portions 74A provided on the head holder 74, contacts the 74B (see FIG. 2), the head support portion 74A a portion to be supported from below by 74B. また、下ケース31Bにおいてヘッド挿入部39を臨む位置であって、且つ、上流側受け部39Aと下流側受け部39Bの間には、平面視略長方形状の凹部である係止部38が設けられている(図11参照)。 Further, a position facing the head insertion portion 39 in the bottom case 31B, and, between the upstream reception portion 39A and the downstream-side receiving portion 39B, the engaging portion 38 is provided as a recess in a plan view a substantially rectangular shape are (see Figure 11). 係止部38は、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合に、カセットフック75が係止される部位である。 The locking portion 38 when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8 is a portion cassette hook 75 is engaged.

ユーザがテープカセット30をカセット装着部8に装着し、テープカセット30を下方向に押し込むと、テープカセット30の上流側受け部39Aは、ヘッドホルダ74に設けられた上流側支持部74Aに当接し、上流側受け部39Aの下方向へのそれ以上の移動が規制される。 User wears the tape cassette 30 in the cassette housing portion 8, when pushing the tape cassette 30 downwards, the upstream reception portion 39A of the tape cassette 30 comes into contact with the upstream support portion 74A provided on the head holder 74 , further downward movement of the upstream reception portion 39A is restricted. また、テープカセット30の下流側受け部39Bは、ヘッドホルダ74に設けられた下流側支持部74Bに当接し、下流側支持部74Bの下方向へのそれ以上の移動が規制される。 The downstream-side receiving portion 39B of the tape cassette 30 is brought into contact with the downstream support portion 74B provided on the head holder 74, further downward movement of the downstream support portion 74B is restricted. そして、テープカセット30は、ヘッド支持部74A、74Bによってヘッド受け部39A、39Bが下方から支持された状態で維持される。 Then, the tape cassette 30, the head supporting portion 74A, the head receiving portion 39A by 74B, 39B are maintained in a state of being supported from below.

よって、印字媒体であるテープ(ここでは、感熱紙テープ55、印字テープ57、フィルムテープ59)に印字を行うサーマルヘッド10に近接した位置で、上下方向の位置決めを正確に行うことができる。 Therefore, a print medium tape (here, heat-sensitive paper tape 55, the print tape 57, the film tape 59) at a position close to the thermal head 10 for printing, it is possible to accurately position the vertical direction. そして、サーマルヘッド10による上下方向の印字中心位置とフィルムテープ59のテープ幅方向中心位置を精度よく維持することができる。 Then, it is possible to maintain the tape width direction center position in the vertical direction of the print center position and the film tape 59 by the thermal head 10 accurately. 特に、テープカセット30は、印字媒体であるテープの搬送方向において、サーマルヘッド10の挿入位置、より詳細には印字位置に対して上流側と下流側の両側で支持される。 In particular, the tape cassette 30, in the tape feeding direction of a print medium, the insertion position of the thermal head 10 is supported on both sides of the upstream side and the downstream side with respect to the print position more. よって、上下方向の位置決めを特に正確に行うことができ、また、サーマルヘッド10による上下方向の印字中心位置とテープ幅方向の中心位置とを特に精度よく維持することができる。 Thus, vertical positioning particularly accurately can be carried out of, and may be particularly maintained accurately with the center position in the vertical direction of the printing center position and the tape width direction by the thermal head 10.

また、本実施形態のテープカセット30の上流側受け部39Aと下流側受け部39Bとは、互いに直交する方向からヘッド挿入部39を臨んでいる。 Further, the upstream reception portion 39A and the downstream-side receiving portion 39B of the tape cassette 30 of the present embodiment, faces the head insertion portion 39 from a direction perpendicular to each other. いずれも凹部であるヘッド受け部39A、39Bに、互いに直交する方向に延びるヘッド支持部74A、74Bが挿入されて支持されるので、テープカセット30は、上下方向のみならず、前後方向および左右方向の移動も規制される。 Both the head reception portions 39A as a recess, in 39B, since the head support portion 74A extending in mutually orthogonal directions, 74B are supported by being inserted, the tape cassette 30 is not vertically only, longitudinal and lateral directions movement also is restricted. これにより、サーマルヘッド10とヘッド挿入部39との適正な位置関係を保持することができる。 This makes it possible to retain an appropriate positional relationship between the thermal head 10 and the head insertion portion 39.

さらに、図3〜図6に示すように、テープカセット30がカセット装着部8に嵌め込まれると、カセットフック75が係止部38に係止される。 Furthermore, as shown in FIGS. 3 to 6, when the tape cassette 30 is fitted in the cassette housing portion 8, the cassette hook 75 is engaged with the engaging portion 38. これにより、テープ印字装置1に装着された後、テープカセット30が浮き上がる方向、つまり上方への移動を規制することができ、テープの搬送および印字を安定して行うことが可能となる。 Accordingly, after being mounted in the tape printer 1, the direction in which the tape cassette 30 from floating, i.e. it is possible to restrict the upward movement of, it is possible to perform conveyance and printing of the tape stably.

図11に示すように、角部32Aの下面の2箇所に、前述したテープ印字装置1の位置決めピン102、103に対応するピン孔62、63が設けられている。 As shown in FIG. 11, at two positions of the lower surface of the corner portion 32A, the pin holes 62 and 63 are provided corresponding to the positioning pins 102 and 103 of the tape printer 1 described above. 具体的には、カセットケース31の左前部(図11では右下側)に設けられた後述する支持孔64の後方(図11では上方)において、角部32Aの下面に設けられた凹部が、位置決めピン102が挿入されるピン孔62である。 Specifically, the left front portion of the cassette case 31 at the rear of the support hole 64 to be described later provided (in FIG. 11 bottom right) (in FIG. 11 above), the recess provided in the lower surface of the corner portion 32A, a pin hole 62 positioning pin 102 is inserted. また、カセットケース31の右端部(図11では左側)の中央部近傍において、角部32Aの下面に設けられた凹部が、位置決めピン103が挿入されるピン孔63である。 Further, in the vicinity of the central portion of the right end portion of the cassette case 31 (in FIG. 11 left), the recess provided in the lower surface of the corner portion 32A, a pin hole 63 of the positioning pin 103 is inserted. なお、図11では、テープ駆動ローラ46等を省略して図示している。 In FIG. 11, it is omitted tape drive roller 46 or the like.

テープカセット30の上下方向(高さ方向)におけるピン孔62、63の位置と、カセットケース31に収納される印字媒体であるフィルムテープ59の上下方向中心位置との距離は、テープカセット30のテープ種類(例えば、テープ幅)にかかわらず、つまりテープカセット30の高さ寸法が異なっていても一定である。 Distance and position of the pin holes 62 and 63 in the vertical direction of the tape cassette 30 (the height direction), the vertical direction center position of the film tape 59 is a print medium housed in the cassette case 31, the tape of the tape cassette 30 type (e.g., tape width) regardless, that is constant or different height of the tape cassette 30 is.

また、図2〜図6に示すように、テープの搬送方向において、ヘッド挿入部39の下流側には、上下一対の規制部材36が設けられている。 Further, as shown in FIGS. 2-6, in the transport direction of the tape, on the downstream side of the head insertion portion 39, a pair of upper and lower regulating members 36 are provided. 規制部材36の基部は、サーマルヘッド10の下流側にて、印字後のフィルムテープ59を上下方向(テープ幅方向)に規制してテープ排出部49に向かって案内するとともに、フィルムテープ59と両面粘着テープ58との間に位置ズレを生じることなく適正に接着させる。 The base of the regulating member 36 at the downstream side of the thermal head 10, while guided toward the tape discharge portion 49 to regulate the film tape 59 after printing in the vertical direction (the tape width direction), the film tape 59 and the double-sided to properly bonded without causing a positional shift between the adhesive tape 58. 規制部材36の近傍には、ヘッド挿入部39を経由して搬送された使用済みのインクリボン60をフィルムテープ59から離間させ、リボン巻取スプール44に向かって案内するための案内壁47が立設されている。 In the vicinity of the regulating member 36, the head insertion portion 39 the ink ribbon 60 already used, which is conveyed via is separated from the film tape 59, the guide wall 47 for guiding toward the ribbon take-up spool 44 is standing It has been set. 案内壁47とリボン巻取スプール44との間には、案内壁47に沿って案内される使用済みのインクリボン60と、第1テープスプール40に巻回して支持された両面粘着テープ58とが互いに接触するのを防止するための分離壁48が立設されている。 Between the guide wall 47 and the ribbon take-up spool 44, the ink ribbon 60 spent guided along the guide wall 47, and the double-sided adhesive tape 58 which is supported by turning the first tape spool 40 wound is separation wall 48 for preventing the contact is erected together.

テープの搬送方向において、規制部材36の下流側には、支持孔64(図11参照)が設けられ、この支持孔64の内側にテープ駆動ローラ46が回動可能に軸支されている。 In the transport direction of the tape, on the downstream side of the regulating member 36, the support hole 64 (see FIG. 11) is provided, the tape drive roller 46 is rotatably supported inside the support hole 64. 図3および図4に示すラミネートタイプのテープカセット30がカセット装着部8に装着されている場合は、テープ駆動ローラ46が、対向する可動搬送ローラ14との協働により、第2テープスプール41からフィルムテープ59を引き出すとともに、第1テープスプール40から両面粘着テープ58を引き出し、フィルムテープ59の印字面にガイドして接着させ、印字済テープ50としてテープ排出部49に向かって搬送する。 If the laminated type tape cassette 30 shown in FIGS. 3 and 4 are installed in the cassette housing portion 8, the tape drive roller 46, the movable feed roller 14 in cooperation with the opposing, from the second tape spool 41 with pulling out the film tape 59, pulled out a double-sided adhesive tape 58 from the first tape spool 40, is adhered to guide the printed surface of the film tape 59 is conveyed toward the tape discharge portion 49 as the printed tape 50.

図5に示すレセプタータイプのテープカセット30がカセット装着部8に装着されている場合は、テープ駆動ローラ46と可動搬送ローラ14との協働により、第1テープスプール40から印字テープ57が引き出される。 If the tape cassette 30 of the receptor type shown in FIG. 5 is installed in the cassette housing portion 8, the tape drive roller 46 and the movable feed roller 14 in cooperation with, the print tape 57 is pulled out from the first tape spool 40 . サーマルヘッド10の下流側では、印字後の印字テープ57、すなわち印字済テープ50が、規制部材36の基部にて上下方向(テープ幅方向)に規制されつつ、テープ排出部49に向かって案内される。 Downstream of the thermal head 10, the print tape 57 after printing, i.e. the printed tape 50 is, while being restricted in the vertical direction (the tape width direction) at the base of the regulating member 36, is guided toward the tape discharge portion 49 that. また、ヘッド挿入部39を経由して搬送された使用済みのインクリボン60が、案内壁47にて印字テープ57から離間されてリボン巻取スプール44に向かって案内される。 The head insertion portion 39 the ink ribbon 60 already used, which is conveyed via is guided toward the ribbon take-up spool 44 is spaced from the print tape 57 at the guide wall 47.

図6に示すサーマルタイプのテープカセット30が装着されている場合は、テープ駆動ローラ46と可動搬送ローラ14との協働により、第1テープスプール40から感熱紙テープ55が引き出される。 If the thermal type tape cassette 30 shown in FIG. 6 is mounted, the tape drive roller 46 and the movable feed roller 14 in cooperation with, the heat-sensitive paper tape 55 is pulled out from the first tape spool 40. サーマルヘッド10の下流側では、印字後の感熱紙テープ55、すなわち印字済テープ50が、規制部材36の基部にて上下方向(テープ幅方向)に規制されつつ、テープ排出部49に向かって案内される。 Downstream of the thermal head 10, heat-sensitive paper tape 55 after printing, i.e. the printed tape 50 is, while being restricted in the vertical direction (the tape width direction) at the base of the regulating member 36, is guided toward the tape discharge portion 49 that.

テープ排出部49は、カセットケース31の左側面の前端部から僅かに前方に離間して設けられた、上面31Aと下面31Bに亘る板状部材である。 Tape discharge portion 49, is spaced apart from the front end of the left side surface of the cassette case 31 slightly forward, a plate-shaped member over the upper surface 31A and lower surface 31B. テープ排出部49は、規制部材36およびテープ駆動ローラ46を経て搬送されてきた印字済テープ50を、下ケース31Bの左側面の前端部との間に形成される通路内に案内して、通路の終端にあるテープ排出口から排出する。 Tape discharge portion 49, the printed tape 50, which has been conveyed through the regulating member 36 and the tape drive roller 46, is guided into the passage formed between the front end portion of the left side surface of the lower case 31B, passage It is discharged from the tape discharge port at the end of the.

以下に、図12〜図18を参照して、アーム識別部800および係止孔820を含むアーム前面35の詳細な構成および機能について説明する。 Hereinafter, with reference to FIGS. 12 to 18, the detailed configuration and function of the arm front surface 35 that includes an arm indicator portion 800 and the locking hole 820.

先述したように、本実施形態のテープカセット30は、人間がテープ印字装置1に装着されていない状態のテープカセット30を単体で見た場合に、アーム識別部800を目視することでテープカセット30に収納されたテープの種類を特定できるように構成されている。 As previously described, the tape cassette 30 of the present embodiment, the tape cassette 30 by human when viewed tape cassette 30 in the state not attached to the tape printer 1 alone, viewing the arm indicator portion 800 It is configured to be able identify the type of storage tape on. 加えて、テープカセット30がテープ印字装置1のカセット装着部8に装着された場合には、アーム検出部200によってアーム識別部800が示す情報を検出することで、テープ印字装置1がテープ種類を特定できるように構成されている。 In addition, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8 of the tape printer 1, by detecting the information indicated by the arm indicator portion 800 by the arm detection portion 200, the tape printer 1 is a tape type It is configured to be identified. まず、アーム前面35が有する領域と、その領域内の構成を説明する。 First, a description and a region having the arm front surface 35, the structure of the region.

図13に示すように、アーム前面35は、アーム部34から印字媒体であるテープ(感熱紙テープ55、印字テープ57、フィルムテープ59のいずれか)を排出する開口34Aに隣接し、開口34Aに対してテープ搬送方向上流側に位置する特定領域R0を含む。 As shown in FIG. 13, the arm front surface 35, the tape is a printing medium from the arm portion 34 adjacent the opening 34A for discharging (heat-sensitive paper tape 55, the print tape 57, or the film tape 59) with respect to the opening 34A including the specific area R0 located in the tape transport direction upstream side Te. 特定領域R0の左右方向長さは、アーム部34の開口34Aとテープ排出部49との距離L0以下となるように規定されている。 Left-right length of the specified area R0 is defined as the distance becomes L0 following the opening 34A and the tape discharge portion 49 of the arm portion 34. なお、開口34Aとテープ排出部49との間では、開口34Aから排出されたテープがその一面を前方に露出しつつテープ排出部49に向けて搬送されるから、距離L0はテープが露出される長さであるテープ露出長と同義である。 In addition, between the opening 34A and the tape discharge portion 49, because the tape that has been discharged from the opening 34A is conveyed toward the tape discharge portion 49 while exposing the one side thereof to the front, the distance L0 is exposed tape it is synonymous with the tape exposure length long. 本実施形態では、開口34Aから半円溝34Kの左端までの間のアーム前面35全体が、特定領域R0である。 In this embodiment, the arm front surface 35 across between the opening 34A to the left edge of the semi-circular groove 34K is the specified area R0.

特定領域R0は、係止孔820が形成される第1領域R1と、第1領域R1以外の、アーム識別部800を含む第2領域R2とを有する。 Specified area R0 includes a first area R1 in which locking hole 820 is formed, other than the first region R1, the second region R2 including the arm indicator portion 800. 以下に、第2領域R2、第1領域R1の順で、各領域について説明する。 Hereinafter, the second region R2, in the order of the first region R1, which describes the areas.

図14に示すように、第2領域R2は、テープの搬送方向と直交する方向(図14では上下方向)に沿って延びる複数の帯状区域である縦情報区域Xと、テープの搬送方向と平行(図14では左右方向)に延びる複数の帯状区域である横情報区域Yとを含む。 As shown in FIG. 14, the second region R2 is parallel to the vertical information sections X is a plurality of strip-shaped sections extending along a direction (in FIG. 14 vertical direction) perpendicular to the conveying direction of the tape, the transport direction of the tape and a lateral information sections Y is a plurality of strip-shaped sections extending (Figure 14 in the left-right direction).

図14に例示する本実施形態の縦情報区域Xは、5つの縦情報区域X1〜X5を含む。 Vertical information sections X according to the embodiment illustrated in Figure 14 includes five vertical information sections X1 to X5. 縦情報区域X1〜X5は、アーム部34の開口34Aから間隔をおいて配置されるともに、正面視で左側から右側に向けて等間隔で配置される。 Vertical information section X1~X5 are both spaced apart from the opening 34A of the arm portion 34 are arranged at equal intervals from the left side to the right side in a front view. 縦情報区域X1は、縦情報区域X1〜X5のうちでテープ搬送方向の最下流側(つまり、最も左側)に位置している。 The vertical information section X1 is positioned on the most downstream side in the tape feeding direction (i.e., leftmost) among the vertical information sections X1 to X5. 縦情報区域X1からテープ搬送方向の上流側(つまり、右側)に向けて、縦情報区域X2、X3、X4、X5が順に設けられる。 Upstream side of the tape transport direction from the vertical information section X1 (i.e., the right side) toward the vertical information sections X2, X3, X4, X5 are provided in this order. 縦情報区域X1〜X5の幅長(つまり、左右方向長さ)は略等しく、縦情報区域X1〜X5のうちで隣り合う縦情報区域同士は等間隔で隣接している。 Width length of the vertical information sections X1 to X5 (i.e., a left-right length) is substantially equal, the vertical information sections adjacent among the vertical information sections X1 to X5 are adjacent at equal intervals.

図14に例示する本実施形態の横情報区域Yは、3つの横情報区域Y1〜Y3を含む。 Horizontal information sections Y according to the embodiment illustrated in FIG. 14 includes three transverse information section Y1 to Y3. 横情報区域Y1〜Y3は、正面視で上側から下側に向かって並んで配置される。 Horizontal information section Y1~Y3 are arranged side by side from the upper side toward the lower side in front view. 横情報区域Y1〜Y3のうちで最も上方に位置する横情報区域Y1は、その上下方向中心がアーム前面35の高さ寸法の略中心となる位置に設けられている。 Horizontal information section Y1 that is positioned uppermost among the lateral information section Y1~Y3 has its vertical center is provided substantially at the center and a position of the height of the arm front surface 35. 横情報区域Y1から下側に向かって、横情報区域Y2、Y3が順に設けられる。 Toward the lateral information section Y1 in the lower, lateral information sections Y2, Y3 are provided in this order. 横情報区域Y1〜Y3の幅長(つまり、上下方向長さ)はそれぞれ略等しく、横情報区域Y1〜Y3のうちで隣り合う横情報区域同士はほぼ等間隔で隣接している。 Width length of the lateral information section Y1 to Y3 (i.e., vertical direction length) substantially equal to each other, the lateral information sections adjacent among the lateral information section Y1 to Y3 are adjacent at approximately equal intervals.

また、図15および図18に示すように、本実施形態の横情報区域Y1〜Y3のうち、上方の横情報区域Y1およびY2は、アーム前面35において所定の高さ寸法(以下、所定高さ)T1の範囲内に設けられる。 Further, as shown in FIGS. 15 and 18, among the lateral information sections Y1~Y3 of this embodiment, the lateral information sections Y1 and Y2 of the upper a predetermined height in the arm front surface 35 (hereinafter, a predetermined height ) it is provided in the range of T1. 以下では、アーム前面35における所定高さT1の範囲内にある領域を、共通識別部831という。 Hereinafter, a region which is within the range of the predetermined height T1 of the arm front surface 35, as the common identification unit 831. より好適には、共通識別部831は、カセットケース31の上下(高さ)方向における中心線Nを中心とした上下方向に対称な領域である。 More preferably, the common identification portion 831 is a symmetrical area in the vertical direction around the center line N vertically in (height) direction of the cassette case 31. 一方、アーム前面35の所定高さT2(T2>T1)の範囲内で共通識別部831以外の領域を、拡張部832という。 On the other hand, the region other than the common identification unit 831 within a predetermined height T2 (T2> T1) of the arm front surface 35, as extension 832.

共通識別部831の所定高さT1は、テープ幅が異なる複数のテープカセット30のうちで、カセットケース31の高さ寸法が最も小さくなるテープカセット30の高さ寸法である。 Predetermined height T1 of the common identification unit 831, among the plurality of the tape cassette 30 in which the tape width differs, the height dimension of the tape cassette 30 that the height of the cassette case 31 is smallest.

一方、横情報区域Y1〜Y3のうち最も下方に位置する横情報区域Y3は、図15に示す幅広カセット30では、共通識別部831と共通識別部831の下方の拡張部832にまたがって配置される。 On the other hand, the lateral information section Y3 that is positioned lowermost among the lateral information section Y1~Y3 is the wide cassette 30 shown in FIG. 15, are arranged across the extension portion 832 below the common identification unit 831 and the common identification portion 831 that. 図18に示す幅狭カセット30では、テープカセット30の高さ寸法は共通識別部831の所定高さT1と等しいので、拡張部832は存在しない。 In the narrow cassette 30 shown in FIG. 18, since the height of the tape cassette 30 is equal to the predetermined height T1 of the common identification portion 831, extension portions 832 do not exist. よって、幅狭カセット30では、横情報区域Y3は、共通識別部831、すなわちアーム前面35の下端部に沿って配置され、横情報区域Y1およびY2の1/3程度の幅長を有する。 Accordingly, in the narrow cassette 30, the lateral information section Y3, the common identification portion 831, i.e. is arranged along the lower end portion of the arm front surface 35 has a width dimension of about 1/3 of the lateral information sections Y1 and Y2.

第2領域R2は、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合に、テープ印字装置1のアーム検出スイッチ210に対向する領域であって、テープ種類を特定するアーム識別部800を含む。 The second region R2, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8 is an area that opposes the arm detecting switches 210 of the tape printer 1, including the arm indicator portion 800 for identifying the tape type. 縦情報区域X1〜X5のうち少なくとも1つの区域内には孔部が形成されるが、縦情報区域X1〜X5のいずれに孔部が形成されるか否かは、テープ種類に応じて予め定められている。 While at least one zone of the vertical information sections X1~X5 hole portion is formed, it is whether one in the hole of the vertical information section X1~X5 is formed, predetermined according to the tape type It is. アーム識別部800は、縦情報区域X1〜X5を含み、縦情報区域X1〜X5の各々に孔部が形成されているか否かの組合せによってテープ種類を特定する部位である。 Arm indicator portion 800 includes a vertical information sections X1 to X5, depending on whether the combination hole in each of the vertical information sections X1 to X5 are formed a portion for identifying the tape type. そして、人間は、アーム識別部800の縦情報区域X1〜X5に形成された孔部の組合せを目視することで、テープ種類を認識することができる。 The human can visually observe the combination of the hole formed in the vertical information sections X1~X5 the arm indicator portion 800 can recognize the tape type.

縦情報区域X1〜X5の上下方向において孔部が形成される位置は、縦情報区域X1〜X5の各々について定められていてもよい。 Position the hole in the vertical direction of the vertical information section X1 to X5 are formed, it may be determined for each of the vertical information sections X1 to X5. 例えば、縦情報区域X1〜X5と横情報区域Y1〜Y3とが交差して重なり合う複数の領域(以下、重なり領域という)のうち、縦情報区域X1〜X5の各々に1つずつの重なり領域を識別部として定め、識別部に孔部が形成されているか否かの組合せによってテープ種類を特定する構成としてもよい。 For example, a plurality of regions and the vertical information section X1~X5 and the lateral information section Y1~Y3 overlap intersect (hereinafter, overlapping referred region) of the overlap region, one for each of the vertical information sections X1~X5 defined as the identification unit may be configured to identify the tape type by whether the combination hole in the identification portion. この場合、テープ印字装置1のアーム検出スイッチ210(図7参照)に対応する位置を識別部として定めれば、人間の目視だけでなく、テープ印字装置1によるテープ種類の特定が可能である。 In this case, be determined a position corresponding to the arm detecting switches 210 of the tape printer 1 (see FIG. 7) as an identification section, not only the human eye, it can be identified tape type by the tape printer 1.

そこで、本実施形態では、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合に、図7に示す5つのアーム検出スイッチ210A〜210Eのそれぞれに対向する5つの重なり領域が、識別部800A〜800Eとされる。 Therefore, in this embodiment, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, five overlapping areas that face each of the five arms detection switch 210A~210E shown in FIG. 7, the identification unit 800A~800E It is. 詳細には、図14に示すように、縦情報区域X1と横情報区域Y2とが交差して重なり合う領域が、アーム検出スイッチ210Aに対向する識別部800Aとして機能する。 Specifically, as shown in FIG. 14, the region where the vertical information section X1 and the lateral information section Y2 overlap intersect functions as identification section 800A that opposes the arm detecting switch 210A. 縦情報区域X2と横情報区域Y1とが交差して重なり合う領域が、アーム検出スイッチ210Bに対向する識別部800Bとして機能する。 Area in which the vertical information section X2 and the lateral information section Y1 overlap intersect functions as identification section 800B that opposes the arm detecting switch 210B. 縦情報区域X3と横情報区域Y2とが交差して重なり合う領域が、アーム検出スイッチ210Cに対向する識別部800Cとして機能する。 Area in which the vertical information section X3 and the lateral information section Y2 overlap intersect functions as identification section 800C that opposes the arm detecting switch 210C. 縦情報区域X4と横情報区域Y1とが交差して重なり合う領域が、アーム検出スイッチ210Dに対向する識別部800Dとして機能する。 Area in which the vertical information section X4 and the lateral information section Y1 overlap intersect functions as the identification unit 800D that opposes the arm detecting switch 210D. 縦情報区域X5と横情報区域Y3とが交差して重なり合う領域が、アーム検出スイッチ210Eに対向する識別部800Eとして機能する。 Area in which the vertical information section X5 and the lateral information section Y3 is crosses over functions as the identification unit 800E that opposes the arm detecting switch 210E.

このように、本実施形態では、縦情報区域X1〜X5には識別部が1つずつ配置される。 Thus, in the present embodiment, the identification unit in the vertical information section X1~X5 are arranged one by one. さらに、隣り合う縦情報区域の識別部同士は、左右方向に並ぶこともない。 Further, the identification portions of the vertical information sections Adjacent not be arranged in the lateral direction. つまり、識別部800A〜800Eは、ジグザグに配置されている。 That is, the identification unit 800A~800E are arranged in a zigzag. このような配置を採用した場合には、隣り合う縦情報区域間の識別部がいずれも孔部で構成される場合であっても、ある縦情報区域の識別部と隣り合う縦情報区域の識別部との区別をより容易にすることができる。 In the case of employing such an arrangement, even discrimination portion between the vertical information sections neighboring in a case constituted by both holes, the identification of the vertical information sections adjacent to the identification of certain vertical information section it can be easier to distinguish between the parts.

図14に示す例では、識別部800A、800Cおよび800Dには、孔部が形成されている。 In the example shown in FIG. 14, the identification unit 800A, the 800C and 800D, a hole is formed. 一方、識別部800Bおよび800Eは、孔部が形成されていない、アーム前面35と同一面である面部である。 On the other hand, the identification unit 800B and 800E are not holes are formed, a surface which is flush with the arm front surface 35. このように、識別部800A〜800Eは、各々が、孔部または面部で構成される。 Thus, the identification unit 800A~800E are each constituted by holes or surface. この孔部または面部は、人間の目視による識別が可能であるとともに、アーム検出スイッチ210と対向した場合に、アーム検出スイッチ210を押圧しない非押圧部801、または押圧する押圧部802(図12参照)として機能し、テープ印字装置1にテープ種類を特定させる。 The hole or surface portion, along with it can be identified by human visual when opposed to the arm detecting switches 210, the pressing portion 802 to the non-pressing portion 801 or the pressing, does not press the arm detecting switch 210 (see FIG. 12 ) as function, to identify the tape type in the tape printing apparatus 1. 識別部800A〜800Eとアーム検出スイッチ210との関係については、後で詳述する。 The relationship between the identification portion 800A~800E and the arm detecting switches 210 will be described later in detail.

第1領域R1は、テープカセット30がカセット装着部8に装着され、図4〜6に示すように、プラテンホルダ12が印字位置に移動した場合に、プラテンホルダ12に設けられた係止片225(図7参照)に対向する領域であり、図15および図18に示すように、アーム前面35において共通識別部831内に設けられる。 The first region R1, the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, as shown in FIG. 4-6, when the platen holder 12 moves to the printing position, the locking piece provided on the platen holder 12 225 a region facing the (see FIG. 7), as shown in FIGS. 15 and 18, are provided in a common identification unit 831 in the arm front surface 35. 第1領域R1を含む領域には、係止片225が挿入される孔部である係止孔820が形成される。 The region including the first region R1, the locking hole 820 is a hole portion engaging piece 225 is inserted is formed. よって、第1領域R1は、少なくとも係止片225の背面視形状に対応する領域よりも大きい。 Therefore, the first region R1 is larger than the area corresponding to the rear-view shape of at least the engaging piece 225.

第1領域R1は、アーム部34の開口34Aから間隔をおいて配置されるとともに、その右端部が少なくとも縦情報区域X1よりもテープ搬送方向の上流側(つまり、右側)に位置している。 The first region R1, while being spaced from the opening 34A of the arm portion 34, the right end portion is located at least the vertical information section upstream side of the tape transport direction than X1 (i.e., right). 図14の例では、縦情報区域X1〜X5のうちでテープ搬送方向の最上流側に位置する縦情報区域X5の右端部は、第1領域R1の左右方向の中心線上に略位置する。 In the example of FIG. 14, the right end portion of the vertical information section X5, located on the most upstream side in the tape feed direction among the vertical information sections X1~X5 is substantially located on the left-right direction of the center line of the first region R1. よって、係止孔820の右端部は、縦情報区域X1〜X5の全てよりもテープ搬送方向の上流側(つまり、右側)に位置している。 Therefore, the right end portion of the locking hole 820, the upstream side of the tape feeding direction than all of the vertical information sections X1 to X5 (i.e., right) are located. また、第1領域R1は、横情報区域Y1〜Y3のうちで最も上方に位置する横情報区域Y1に隣接して上方に設けられている。 The first region R1 is provided above and adjacent to the lateral information section Y1 that is positioned uppermost among the lateral information section Y1 to Y3. つまり、係止孔820の上端部は、横情報区域Y1〜Y3の全てよりも上方に位置している。 That is, the upper end portion of the locking hole 820 is positioned above the all lateral information section Y1 to Y3.

図14の例では、第1領域R1の上下方向長さは、横情報区域Y1〜Y3の幅長の2/3程度である。 In the example of FIG. 14, the vertical length of the first region R1 is the width length about 2/3 of the lateral information section Y1 to Y3. 第1領域R1の左右方向長さは、縦情報区域X1〜X5の幅長のほぼ2倍であり、上下方向長さは、横情報区域Y1〜Y3の幅長の2/3程度である。 Left-right length of the first region R1 is approximately twice the width length of the vertical information sections X1 to X5, the vertical direction length is about 2/3 of the width length of the lateral information section Y1 to Y3.

係止孔820は、左右方向に延びるスリット状の貫通孔として形成することができる。 Locking hole 820 may be formed as a slit-like through hole extending in the lateral direction. 係止孔820には、テープカセット30がカセット装着部8に装着され、プラテンホルダ12が待機位置(図3参照)と印字位置(図4〜図6参照)との間で移動するのに伴って、係止片225が挿脱される。 The locking hole 820, the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, with for the platen holder 12 moves between a standby position (see FIG. 3) and the printing position (see FIGS. 4 to 6) Te, the engaging piece 225 is inserted and removed. 係止孔820は、図15および図18に示す例のように、第1領域R1と同一形状であってもよいし、第1領域R1を含む第1領域R1よりも大きい領域であってもよい。 Locking hole 820, as in the example shown in FIGS. 15 and 18, may be the same shape as the first region R1, even larger area than the first region R1 including the first region R1 good. なお、係止孔820の上下方向の開口幅は、アーム前面35の開口幅が最も大きく、内部に向かって漸減するように、係止孔820の下壁の一部が水平方向に対して傾斜する傾斜部821とされている(図19および図20参照)。 Incidentally, the vertical direction of the opening width of the locking hole 820, the opening width of the arm front surface 35 is the largest, so as to gradually decrease towards the interior, inclined with respect to a portion in the horizontal direction of the lower wall of the locking hole 820 and an inclined portion 821 (see FIG. 19 and FIG. 20). なお、係止孔820は、貫通孔ではなく、凹部として形成されてもよい。 Incidentally, the locking hole 820, not the through hole, may be formed as a recess.

次に、アーム前面35における各種構成要素の位置関係について説明する。 Next, a description will be given positional relationship between the various elements in the arm front surface 35. 図13に示すように、本実施形態のテープカセット30を正面視した場合、特定領域R0の左右方向長さは、アーム部34の開口34Aとテープ排出部49との距離(テープ露出長)L0以下となるように規定されている。 As shown in FIG. 13, when the tape cassette 30 of the present embodiment is viewed from the front, a left-right length of the specified area R0, the distance between the opening 34A and the tape discharge portion 49 of the arm portion 34 (the tape exposure length) L0 It is defined to be equal to or less than. また、カセットケース31の左右方向の中心線Cから、係止孔820が設けられる左右方向の位置を特定する仮想的な線である左右基準線C1までの距離L1は、テープ搬送方向上流側である向かって右方向にテープ露出長L0の18〜24%の範囲内にあるように規定されている。 Further, from the center line C of the left and right direction of the cassette case 31, the distance L1 to the left and right reference line C1 is a virtual line that specifies the position in the lateral direction of the locking hole 820 is provided in the tape conveying direction upstream side It is defined to be within the scope 18-24% of the tape exposure length L0 in a certain right direction. 左右基準線C1としては、その線上に必ず係止孔820が位置する線を用いればよく、例えば、第1領域R1の左右方向の中心線を用いることができる。 The left and right reference line C1, may be used a line always locking hole 820 on the line is located, for example, it can be used centerline in the lateral direction of the first region R1. また、係止孔820が設けられる上下方向の位置を特定する仮想的な線である上下基準線C2は、共通識別部831内にある。 Further, the vertical reference line C2 is a virtual line that specifies the position in the vertical direction locking hole 820 is provided, in a common identification unit 831. 上下基準線C2として、例えば、第1領域R1の上下方向の中心線を用いることができる。 As a vertical reference line C2, for example, it can be used in the vertical direction of the center line of the first region R1.

縦情報区域X1の配置は、カセットケース31の中心線Cを基準とした場合、縦情報区域X1の少なくとも一部が、カセットケース31の左右方向の中心線Cからテープ搬送方向下流側に向かってテープ露出長L0の14〜20%の範囲W1内にあるように規定されている。 Arrangement of the vertical information section X1 in the case with respect to the center line C of the cassette case 31, at least a part of the vertical information section X1 is, toward the center line C of the left and right direction of the cassette case 31 in the tape feeding direction downstream side It is defined as in 14 to 20% of the range W1 of the tape exposure length L0. また、開口34Aの位置を基準とした場合、縦情報区域X1の少なくとも一部が、アーム部34の開口34Aからテープ搬送方向上流側に向かってテープ露出長L0の30〜36%の範囲W2内にあるように規定されている。 Also, if on the basis of the position of the opening 34A, at least a part of the vertical information section X1 is, from the opening 34A of the arm portion 34 toward the tape feeding direction upstream side in the 30-36% range W2 of the tape exposure length L0 It is defined to be in.

さらに、隣り合う縦情報区域の左右方向の中心線同士の間隔がテープ露出長L0の7〜10%の範囲内となるように、縦情報区域X1〜X5の左右方向位置が規定されている。 Furthermore, the space between the center lines of the horizontal direction of vertical information sections the adjacent to fall within the range from 7 to 10 percent of the tape exposure length L0, the position in the lateral direction of the vertical information section X1~X5 is defined.

上記のように、アーム前面35における各種構成要素の位置関係が規定されているのは、以下の理由によるものである。 As described above, the positional relationship of the various components in the arm front surface 35 is defined, for the following reason.

第一に、カセットケース31の左右方向の中心線Cから係止孔820が設けられる左右方向の位置を特定する仮想的な線である左右基準線C1までの距離L1は、テープ搬送方向上流側である向かって右方向にアーム部34の開口34Aとテープ排出口49との距離(テープ露出長)L0の18〜24%の範囲内にあることが望ましい。 First, the distance L1 from the center line C in the horizontal direction to the right and left reference line C1 is a virtual line that specifies the position in the lateral direction of the locking hole 820 is provided in the cassette case 31, the tape conveying direction upstream side in a distance (the tape exposure length) between the opening 34A and the tape discharge port 49 of the arm portion 34 in the right direction it is desired to be in the 18-24% range of L0. 例えば、下ケース31B単体で、カセットケース31に収納されるべき印字媒体を特定したい場合を想定する。 For example, in the bottom case 31B alone, it is assumed that you want to identify the print medium to be accommodated in the cassette case 31. アーム部34の開口34Aとテープ排出部49との距離L0は、たとえテープが装着されていなくても目視によって容易に長さを確認できる。 The distance between the opening 34A and the tape discharge portion 49 of the arm portion 34 L0, even if the tape can be confirmed easily length visually even if they are not attached. また、テープカセットの左右方向の中心線の位置は下ケース31Bを目視することで特定することができる。 The position in the lateral direction of the center line of the tape cassette can be identified by viewing the bottom case 31B. また、特定領域R0の左右方向長さはアーム部34の開口34Aとテープ排出部49との距離以下にすることで、特定領域R0の範囲を容易に特定できる。 Also, left-right length of the specified area R0 is by the following distance between the opening 34A and the tape discharge portion 49 of the arm portion 34 can easily specify the range of the specific area R0.

ここで、係止孔820を上記範囲内にある特定領域R0のテープ搬送方向上流側に寄せて配置しようとした場合、カセットケース31の左右方向の中心線Cとの距離L1が、テープ露出長L0の18〜24%という範囲を逸して、中心線Cから遠い位置に位置しようとすると、係止孔820が特定領域R0の範囲外となってしまう恐れがある。 Here, if the locking hole 820 tried arranged close to the tape conveying direction upstream side of the specified area R0 within the above range, distance L1 between the center line C of the left and right direction of the cassette case 31, the tape exposure length missed the range of 18 to 24% of L0, when you try to position farther from the center line C, there is a risk that the locking hole 820 becomes outside the range of the specific area R0. また、逆に係止孔820がカセットの左右方向中心線Cに近づくと、特定領域R0の左右方向の範囲が短くなり、例えば5列からなる縦情報区域を構成することができなくなる。 Further, locking holes 820 in the opposite approaches the lateral direction center line C of the cassette, the left-right direction in the range of the specific area R0 is shortened, it becomes impossible to configure the vertical information sections made of, for example, 5 columns.

第二に、縦情報区域X1の少なくとも一部が、カセットケース31の左右方向の中心線Cからテープ搬送方向下流側に向かってテープ露出長L0の14〜20%の範囲W1内にあるように配置することが望ましい。 Second, at least a part of the vertical information section X1 is, as in the 14-20% range W1 of the tape exposure length L0 from the center line C of the left and right direction of the cassette case 31 toward the tape feeding direction downstream side arrangement it is desirable to. これは、縦情報区域X1がアーム部34の開口34Aと近接しすぎると、開口34Aと縦情報区域X1とがつながってしまったり、たとえつながっていなくても、その間の距離が短いと、下ケース31Bを成形する際にショートショット等の不具合が生じたりするからである。 This, if the vertical information section X1 is too close to the opening 34A of the arm portion 34, or worse related by the opening 34A and the vertical information section X1, even if not even connected for a short distance therebetween, the lower case 31B and because problems such as short shot or occur at the time of molding. また、特定領域R0の最もテープ搬送方向下流側(つまり左側の端)を構成する縦情報区域X1の位置を特定することで、テープ種類を特定するときに一定の限られた範囲のみ目視すればよいという効果がある。 In addition, by specifying the position of the vertical information section X1 which constitute the most tape feeding direction downstream side of the specific region R0 (i.e. left end), if viewing only a limited range of constant when identifying the tape type there is an effect that good.

第三に、開口34Aの位置を基準とした場合、縦情報区域X1の少なくとも一部が、アーム部34の開口34Aからテープ搬送方向上流側に向かってテープ露出長L0の30〜36%の範囲W2内にあることが好ましい。 Thirdly, if on the basis of the position of the opening 34A, at least a part of the vertical information section X1 is, a range of 30 to 36 percent of the tape exposure length L0 from the opening 34A of the arm portion 34 toward the tape feeding direction upstream side it is preferably within W2. これは、上記の範囲W1と同様、特定領域R0の中での縦情報区域X1の位置を規定するものであるが、アーム部34の開口34Aは目視で明らかに特定でき、開口34Aとの距離がテープ露出長の30〜36%という目視によって容易に判断できる位置に規定することで、より縦情報区域X1の位置を容易に特定できる効果がある。 This is similar to the above-mentioned range W1, but is intended to define the position of the vertical information section X1 in in a particular region R0, the opening 34A of the arm portion 34 can be clearly identified visually, the distance between the opening 34A there by defining the position where it can easily be determined by visual observation that 30 to 36 percent of the tape exposure length, the effect of more positions of the vertical information section X1 can be easily identified.

第四に、隣り合う縦情報区域の左右方向の中心線同士の間隔がテープ露出長L0の7〜10%の範囲内となるように、縦情報区域X1〜X5が左右方向に位置することが望ましい。 Fourth, as the space between the center lines of the right and left direction of the vertical information sections adjacent is in the range from 7 to 10 percent of the tape exposure length L0, that the vertical information section X1~X5 is located in the left-right direction desirable. これは、隣り合う縦情報区域の左右方向の中心線同士の間隔がこれ以上短いと境界を設けることが難しくなるか、あるいは、ある縦情報区域内に孔部が設けられる場合、孔部の左右方向の大きさが小さくなって、目視で特定しにくくなるからである。 This is because when the space between the center lines of the right and left direction of the vertical information sections adjacent to each other or it is difficult to provide a more short boundary, or the hole portion is provided in a certain vertical information zone, the left and right of the hole direction of magnitude smaller, because it is difficult to identify visually. 逆に、隣り合う縦情報区域の左右方向の中心線同士の間隔がこれ以上長いと、特定領域R0の範囲内で例えば5列からなる縦情報区域を構成できなくなり、必要なテープ種類の特定ができなくなる場合が生じうるからである。 Conversely, if the interval between the center lines in the lateral direction of the vertical information sections neighboring longer than this, it can not be configured vertical information sections consisting in, for example, 5 columns range of the specific area R0, the particular tape type required If it can not is because can occur.

以上に説明したようにアーム前面35の各種位置関係を規定することによって、人間が目視によって縦情報区域X1〜X5や各識別部800A〜800Eの位置を容易に認識することが可能となる。 By defining various positional relationship between the arm front surface 35 as described above, a human is able to easily recognize the position of the vertical information section X1~X5 or each identification unit 800A~800E visually. 以下にその理由を説明する。 The reason for this will be described below.

アーム前面35において縦情報区域X1〜X5が配置される左右方向位置をすべて把握していれば、人間は、各縦情報区域X1〜X5に孔部が形成されているか否かを確認するだけで、テープ種類を特定することができる。 If grasp all the lateral direction position of the vertical information section X1~X5 is arranged in the arm front surface 35, human, simply checks whether the hole in each vertical information section X1~X5 is formed You can identify the tape type. すべての位置を把握していない場合には、以下のような方法で位置を特定することができる。 If you do not know all the positions, it is possible to specify the way position as follows.

まず、係止孔820を指標として、縦情報区域X1〜X5の配置位置を絞り込むことができる。 First, the locking hole 820 as an index, it is possible to narrow down the positions of the vertical information sections X1 to X5. 先述したように、係止孔820の右端部は、少なくとも縦情報区域X1よりもテープ搬送方向の上流側(つまり、右側)に位置している。 As described earlier, the right end portion of the locking hole 820 is positioned at least the vertical information section upstream side of the tape transport direction than X1 (i.e., right). そのため、アーム前面35のうちで縦情報区域X1が配置される可能性がある範囲を、係止孔820の右端部よりもテープ搬送方向の下流側(つまり、左側)に絞り込むことができる。 Therefore, the range in which the vertical information section X1 is likely to be placed within the arm front surface 35, the tape feeding direction downstream of the right end portion of the engaging hole 820 (i.e., left side) can be narrowed down to. さらに、係止孔820の右端部は、縦情報区域X1〜X5の全てよりもテープ搬送方向の上流側に位置している。 Further, the right end portion of the locking hole 820 is positioned on the upstream side of the tape transport direction than all of the vertical information sections X1 to X5. そのため、縦情報区域X1〜X5が配置される可能性がある範囲を、係止孔820の右端部よりも左側に絞り込むことができる。 Therefore, the range that could vertical information section X1~X5 is arranged, of the right end portion of the locking hole 820 can be narrowed down to the left.

縦情報区域X1の位置は、以下のように特定することができる。 Position of the vertical information section X1 may be identified as follows. 第一に、縦情報区域X1〜X5は、アーム部34の開口34Aから間隔をおいて配置される。 First, the vertical information sections X1~X5 is spaced from the opening 34A of the arm portion 34. そのため、開口34Aから縦情報区域X1までの離間距離をあらかじめ把握していれば、開口34Aを基準として、人間が目視で縦情報区域X1の左右方向位置を特定することができる。 Therefore, if the previously grasped the distance from the opening 34A to the vertical information sections X1, relative to the opening 34A, humans can identify the position in the lateral direction of the vertical information section X1 visually. 第二に、縦情報区域X1の少なくとも一部は、カセットケース31の左右方向の中心線Cからテープ搬送方向下流側に向かってテープ露出長L0の14〜20%の範囲W1内にある。 Second, at least a part of the vertical information section X1 is within the range W1 14 to 20 percent of the tape exposure length L0 toward the center line C of the left and right direction of the cassette case 31 in the tape feeding direction downstream side. 第三に、アーム部34の開口34Aからテープ搬送方向上流側に向かってテープ露出長L0の30〜36%の範囲W2内にある。 Third, the 30-36% range in W2 of the tape exposure length L0 from the opening 34A of the arm portion 34 toward the tape conveying direction upstream side. このように、アーム部34の開口34Aまたはカセットケース31の中心線Cという目視で容易に把握できる部位を基準として、縦情報区域X1の左右方向位置を特定することができる。 Thus, based on the site it can be easily grasped visually that the center line C of the opening 34A or the cassette case 31 of the arm portion 34, the position in the lateral direction of the vertical information section X1 may be identified.

縦情報区域X1〜X5は、アーム前面35において正面視で左側から右側に向けて等間隔で配置される。 Vertical information section X1~X5 are arranged from the left side in a front view in the arm front surface 35 at equal intervals toward the right side. そのため、縦情報区域X1〜X5のうちで隣り合う縦情報区域の配置間隔、または隣り合う縦情報区域の左右方向の中心線同士の間隔がテープ露出長L0の7〜10%の範囲内にあることをあらかじめ把握していれば、縦情報区域X1を基準として、他の縦情報区域X2〜X4の左右方向位置を特定することができる。 Therefore, the vertical information section of the arrangement interval adjacent among the vertical information sections X1~X5 or the space between the center lines of the right and left direction of the vertical information sections adjacent, is in the range from 7 to 10 percent of the tape exposure length L0 if advance know that, based on the vertical information section X1, it is possible to specify the position in the lateral direction of the other vertical information sections X2~X4.

さらに、図14の例のように、縦情報区域X1〜X5と横情報区域Y1〜Y3とで形成される複数の重なり領域のうち、縦情報区域X1〜X5の各々に1つずつの重なり領域が識別部800A〜800Eとして機能し、識別部800A〜800Eに孔部が形成されているか否かでテープ種類が特定される場合には、識別部800A〜800Eの位置の特定も必要となる。 Furthermore, as in the example of FIG. 14, among the plurality of overlapping areas formed by the vertical information section X1~X5 and the lateral information sections Y1 to Y3, one for each of the vertical information sections X1~X5 overlap region There functions as an identification unit 800A~800E, if the tape type is identified based on whether the hole to the recognition unit 800A~800E is formed, certain also required the position of the identification unit 800A~800E. アーム前面35において横情報区域Y1〜Y3が配置される上下方向位置をすべて把握していれば、縦情報区域X1〜X5内の識別部800A〜800Eの上下方向位置を、横情報区域Y1〜Y3を基準として特定することができる。 If grasp all the vertical positions of the lateral information section Y1~Y3 is arranged in the arm front surface 35, the vertical position of the identification unit 800A~800E in the vertical information sections X1 to X5, the lateral information section Y1~Y3 it can be specified as a reference. つまり、各縦情報区域X1〜X5と横情報区域Y1〜Y3との重なり領域に設けられる識別部800A〜800Eの規定位置(左右方向位置および上下方向位置)を、人間が目視で特定することができる。 That is, predetermined position identification section 800A~800E provided in the overlap region between the vertical information section X1~X5 and the lateral information section Y1~Y3 the (left-right direction position and the vertical position), that person is identified visually it can.

横情報区域Y1〜Y3が配置される上下方向位置を把握していない場合であっても、係止孔820の上端部は、アーム前面35の高さ寸法の範囲内で、横情報区域Y1〜Y3のいずれよりも上方に位置する。 Even if the lateral information section Y1~Y3 does not know the vertical position are arranged, the upper end portion of the locking hole 820, within the height of the arm front surface 35, the lateral information section Y1~ than either Y3 located above. そのため、横情報区域Y1〜Y3が配置される可能性がある範囲を係止孔820の上端部の下側に絞り込むことができる。 Therefore, it is possible to narrow the scope that might lateral information section Y1~Y3 is disposed below the upper end of the locking hole 820.

また、横情報区域Y1およびY2は、カセットケース31の上下方向中心線Nを中心とする所定高さT1の共通識別部831内にあると規定されており、所定高さT1は、共通部32の幅Tをわずかに大きくした値である。 The horizontal information sections Y1 and Y2 are shared identification unit is within 831 and are defined, predetermined height T1 of the predetermined height T1 around the vertical center line N of the cassette case 31, the common portion 32 the width T, which is slightly larger value. また、横情報区域Y3は、幅広カセット30(図15参照)では共通識別部831と共通識別部831の下方の拡張部832にまたがって左右方向に延び、幅狭カセット30(図18参照)ではアーム前面35の下端部に沿って、横情報区域Y1およびY2よりも小さい幅長で延びている。 The horizontal information section Y3 is wide cassette 30 across the extension portion 832 of lower (see FIG. 15) and the common identification unit 831 shared identification section 831 extending in the lateral direction, the narrow cassette 30 (see FIG. 18) along the lower end portion of the arm front surface 35, and extends in the width smaller length than the transverse information sections Y1 and Y2. よって、横情報区域Y3の位置は容易に特定することができる。 Therefore, the position of the lateral information section Y3 can be easily identified.

さらに、横情報区域Y1〜Y3は、第2領域R2において上下方向にほぼ等間隔で並んでいる。 Further, the lateral information section Y1~Y3 are arranged at approximately equal intervals in the vertical direction in the second region R2. よって、横情報区域Y1〜Y3のすべての上下方向位置を把握していない場合でも、カセットケース31の上下方向中心線Nや共通部32という目視で容易に把握できる部位を基準として、横情報区域Y1およびY2の位置を特定することができる。 Therefore, even if you do not know all of the vertical position of the lateral information sections Y1 to Y3, based on the site can be easily grasped in the vertical direction center line N and visually that the common portion 32 of the cassette case 31, the lateral information section position of Y1 and Y2 can be identified.

このように、本実施形態のテープカセット30は、人間がアーム前面35を目視することによって、アーム識別部800の縦情報区域X1〜X5、および識別部800A〜800Eの規定位置を特定可能に構成されている。 Thus, the tape cassette 30 of the present embodiment, by a person viewing the arm front surface 35, identifiable configured vertical information sections X1~X5 the arm indicator portion 800, and the defined position of the identification unit 800A~800E It is.

次に、アーム識別部800の縦情報区域X1〜X5の各々、または識別部800A〜800Eの各々に孔部が形成されているか否かの組合せによるテープ種類の特定について説明する。 Next, each of the vertical information sections X1~X5 the arm indicator portion 800, or the identification unit to each of the 800A~800E by whether a combination hole is formed for a particular tape type is described. テープ種類には様々な要素があるが、本実施形態では、これらの要素のうち、テープ幅、印字態様、および文字色の3要素を特定する例を挙げて説明する。 The tape type there are various factors, but in the present embodiment, among these elements, the tape width, the print mode, and an example of identifying the three elements of the character color is described.

縦情報区域X1〜X5がそれぞれに特定するテープ種類の要素は、予め定められている。 Tape type element that the vertical information section X1~X5 identifies each are predetermined. 本実施形態では、縦情報区域X1,X2およびX5は、テープ幅を特定する情報を示す区域として定められ、縦情報区域X3は、印字態様を特定する情報を示す区域として定められ、縦情報区域X4は、文字色を特定する情報を示す区域として定められている。 In the present embodiment, the vertical information sections X1, X2 and X5 are defined as areas showing the information for identifying the tape width, the vertical information section X3 is defined as the area indicating information for identifying the print mode, the vertical information sections X4 is defined as the area indicating information for identifying the character color. このように、テープカセット30は、他の特定部の構成にかかわらず、各特定部のみで対応するテープ種類の要素を特定可能に構成されている。 Thus, the tape cassette 30, regardless of the configuration of other specific portion, are identifiable configure corresponding tape type element only each particular section.

さらに、図14に示すように、縦情報区域X1〜X5内において、特定の重なり領域が識別部800A〜800Eとして機能する場合には、識別部800A〜800Eが設けられた縦情報区域X1〜X5に応じて、識別部800A〜800Eがそれぞれに特定するテープ種類の要素が決まる。 Furthermore, as shown in FIG. 14, in the vertical information sections X1 to X5, if a particular overlap region serves as an identification unit 800A~800E the vertical information section identifying unit 800A~800E is provided X1 to X5 depending on the tape type element identifying portion 800A~800E identifies each is determined. つまり、識別部800A、800Bおよび800Eは、テープ幅を特定する識別部であり、識別部800Cは、印字態様を特定する識別部であり、識別部800Dは、文字色を特定する識別部である。 That is, the identification unit 800A, 800B and 800E is an identification unit for identifying the tape width, the identification unit 800C is an identification unit for identifying the print mode, the identification unit 800D is a discrimination unit for identifying the character color . 以下では、識別部800A、800Bおよび800Eをテープ幅特定部、識別部800Cを印字態様特定部、識別部800Dを文字色特定部とそれぞれ呼び、識別部800A〜800Eによるテープ種類の特定方法を例にして説明する。 In the following, examples tape width specifying portion identifying unit 800A, 800B and 800E, print mode specification unit identification unit 800C, is referred respectively text color identification portion identifying unit 800D, the tape type of the specific process by the recognition unit 800A~800E to be described.

表1〜表3を参照して、各特定部によって特定されるテープ幅、印字態様、および文字色について説明する。 Referring to Table 1 to Table 3, the tape width specified, print mode, and the character color is described by the identifying unit. 便宜上、表中では、識別部800A〜800Eに孔部が形成されている場合が「0」、識別部800A〜800Eに孔部は形成されておらず面部である場合が「1」で示されている。 For convenience, in the tables, if the aperture to the recognition unit 800A~800E is formed is "0", the hole in the identification unit 800A~800E If a face is not formed is indicated by "1" ing. なお、縦情報区域X1〜X5の各々に孔部が形成されているか否かでテープ種類が特定される場合には、表1〜表3の識別部800A〜800Eをそれぞれ縦情報区域X1〜X5に置き換えて、以下に説明する同様のテープ種類特定方法を適用可能なことはもちろんである。 The vertical information when the tape type is identified based on whether each hole area X1~X5 is formed, Tables 1-3, respectively vertical information section identification unit 800A~800E of X1~X5 replaced with, it can be applied the same tape type identification method described below, of course.

表1に示すように、テープ特定部を構成する識別部800A、800Bおよび800Eにそれぞれ孔部で形成されているか、または孔部がない面部であるかの組合せに対応して、その組合せが示す3.5mm〜36mmまでの7種類のテープ幅が定められている。 As shown in Table 1, corresponding to the number of combinations is the identification section 800A, or are formed in the respective holes to 800B and 800E or no holes, surface constituting the tape identification part, indicated by the combination seven types of tape width of up to 3.5mm~36mm have been established. そのため、人間は、アーム識別部800のうちで、縦情報区域X1,X2およびX5内にそれぞれ存在する識別部800A、800Bおよび800Eを目視するだけで、テープカセット30のテープ幅を認識することができる。 Therefore, human, among the arm indicator portion 800, the vertical information sections X1, X2 and are present respectively in the X5 identification unit 800A, only visually 800B and 800E, to recognize the tape width of the tape cassette 30 it can. なお、3つの識別部800A、800Bおよび800Eの孔部または面部の組合せ数は8つであるが、本実施形態では、テープ特定部には少なくとも1つの孔部が含まれるので、すべてが面部の組合せ(「1、1、1」の組み合わせ)に対応するテープ幅は定められていない。 Incidentally, three identification section 800A, the number of combinations of 800B and 800E of the hole or the surface portion is at eight, in the present embodiment, because it contains at least one aperture in the tape identification part, all of the surface portion tape width corresponding to the combination (the combination of "1, 1, 1") is not defined.

テープ幅特定部のうち、識別部800Eは、表1に示すように、テープ幅が所定幅(18mm)以上の場合には孔部が存在しない面部であり、所定幅未満の場合には孔部であると定められている。 Of the tape width specifying portion, the identification unit 800E, as shown in Table 1, when the tape width is less than a predetermined width (18 mm) and a surface portion having no holes, in the case of less than the predetermined width hole portion It has been determined to be. したがって、先述したようにアーム前面35における識別部800Eの位置を目視で特定し、そこに孔部が設けられているか否かを確認するだけで、テープ幅が所定幅(18mm)以上であるか否を人間が認識できる。 Therefore, to identify visually the position of the identification unit 800E in the arm front surface 35 as previously described, simply confirms there whether holes are provided, or the tape width is a predetermined width (18 mm) or higher whether the person can be recognized.

また、識別部800A、800Bにおける孔部の有無の組合せによって、テープ幅の大小関係を、テープ幅が所定幅(18mm)以上または所定値未満の各範囲内で特定できる。 The identification unit 800A, by a combination of the presence or absence of holes in 800B, the size relationship of the tape width, the tape width can be identified within each range of less than the predetermined width (18 mm) or more or a predetermined value. 詳細には、識別部800A、800Bがそれぞれ孔部、面部(表1では「0、1」の組合せ)の場合は、テープ幅が所定幅以上の範囲内または所定値未満の範囲内で最大のテープ幅(表1では36mmまたは12mm)を示す。 Specifically, the identification unit 800A, hole 800B, respectively, when surface portion (Table 1 combination of "0, 1"), the tape width is greatest in the range of less than the predetermined within the width or range or a predetermined value indicating the tape width (Table 1 36 mm or 12 mm). 識別部800A、800Bがそれぞれ面部、孔部(表1では「1、0」の組合せ)の場合は、テープ幅が所定幅以上または所定値未満の各範囲内で2番目に大きいテープ幅(表1では24mmまたは9mm)を示す。 Identification unit 800A, when 800B is respectively face, holes (the combination of Table 1 "1,0"), tape width (Table larger tape width the second within each range of less than the predetermined width or more or a predetermined value In 1 shows a 24mm or 9 mm). 識別部800A、800Bの両方が孔部(表中では「0、0」の組合せ)の場合は、テープ幅が所定幅以上または所定値未満の各範囲内で、3番目に大きいテープ幅(表1では6mmまたは18mm)を示す。 Identification unit 800A, when both 800B is the hole (combinations in the table "0,0"), the tape width is within each range of less than the predetermined width or predetermined value, the third largest tape width (Table In 1 shows a 6mm or 18 mm). なお、識別部800A、800Bが共に孔部ではなく面部(表中では「1、1」の組合せ)の場合は、全てのテープ幅のうちで最も小さなテープ幅(表1では3.5mm)を示す。 The identification section 800A, the 800B is surface portion rather than both holes if (in the table the combination of "1, 1"), the smallest tape width of all the tape width (Table 1 3.5 mm) show.

よって、先述したようにアーム前面35における識別部800A、800Bおよび800Eの位置を目視で特定し、識別部800Eに孔部が形成されているか否かを確認して、テープ幅が所定幅以上および所定幅未満のいずれであるかを判別した後、さらに識別部800Aおよび800Bの各々に孔部が形成されているか否かを確認するだけで、より詳細なテープ幅を人間が容易に特定できる。 Therefore, the identification unit 800A in the arm front surface 35 as previously described, to identify visually the position of 800B and 800E, to confirm whether the hole in the identification portion 800E is formed, the tape width is equal to or higher than a predetermined width and after determining which one of less than a predetermined width, further identify portions in each of 800A and 800B only to confirm whether the hole is formed, the more detailed the tape width human can easily identify. 例えば、図15に示す幅広カセット30は、識別部800Eが面部であり、識別部800Aが孔部、識別部800Bが面部であるから、テープ幅は所定幅の18mm以上で最大幅である「36mm」であると特定できる。 For example, the wide cassette 30 shown in FIG. 15 is an identification portion 800E is surface hole portion identification section 800A, because the identification section 800B is surface portion, the tape width is the maximum width at least 18mm of predetermined width "36mm It can be identified as ". 図18に示す幅狭カセット30は、識別部800Eが孔部であり、識別部800Aが孔部、識別部800Bが面部であるから、テープ幅は所定幅の18mm未満で最大幅である「12mm」であると特定できる。 Narrow cassette 30 shown in FIG. 18, the identification unit 800E is the hole, the hole portion identification section 800A, because the identification section 800B is surface portion, the tape width is the maximum width of less than 18mm with a predetermined width "12mm It can be identified as ".

ところで、所定幅の数値を認識していれば、人間は、テープカセット30全体を目視するだけでも、テープカセット30のテープ幅が所定幅未満であるか否かの判別をすることができる。 However, if recognizing the value of the predetermined width, humans, alone viewing the entire tape cassette 30 can be tape width of the tape cassette 30 is a determination of whether or not less than a predetermined width. したがって、テープ幅が所定幅以上か否かを特定する識別部800Eは、必ずしもテープ幅特定部に含めなくてよい。 Therefore, the identification unit 800E tape width specifying whether more than a predetermined width, need not necessarily be included in the tape width specifying portion. つまり、アーム識別部800において、縦情報区域X5が規定されなくてもよい。 That is, in the arm indicator portion 800, the vertical information section X5 may not be defined. 言い換えると、アーム識別部800には縦情報区域X1およびX2が少なくとも規定され、テープ幅特定部として、少なくとも識別部800Aおよび800Bの2つが存在すればよい。 In other words, the arm indicator portion 800 is defined vertical information sections X1 and X2 are at least as the tape width specifying portion may be but two presence of at least the identification portion 800A and 800B. テープが排出されるアーム部34の開口34Aに最も近い識別部800Aおよび800Bをテープ幅特定部とすることで、人間は排出後の露出されたテープとともに識別部800Aおよび800Bを目視することができ、テープ幅をより容易に特定することができる。 Tape closest identifying unit 800A and 800B to the opening 34A of the arm portion 34 to be discharged by the tape width specifying portion, humans can visually identify portions 800A and 800B along with the tape which is exposed after discharge , it is possible to more easily identify the tape width.

表2に示すように、印字態様特定部を構成する識別部800Cが孔部であるか否かに対応して、印字態様が鏡像印字(ラミネート)であるか正像印字(レセプター)であるかが定められている。 As shown in Table 2, the identification unit 800C that constitute the print mode specification unit corresponds to whether the aperture, or print mode is a normal image print or the mirror image printing (laminate) (receptor) It has been established. より詳細には、識別部800Cが孔部の場合(表中では「0」)には鏡像印字が行われることを示し、面部(表中では「1」)の場合には正像印字が行われることを示すと定められている。 More specifically, when the identification unit 800C is the hole indicates that mirror image printing is performed on the (in the table "0"), surface normal image printing in the case of a row ( "1" in the table) It is defined to indicate that cracking. したがって、先述したように、アーム前面35における識別部800Cの位置を目視で特定し、そこに孔部が形成されているか否かを確認するだけで、印字態様がラミネート(鏡像印字)およびレセプター(正像印字)のいずれであるかを、人間が容易に判別できる。 Therefore, as described above, to identify visually the position of the identification unit 800C in the arm front surface 35, only confirms there whether a hole is formed, print mode is laminated (mirror image printing) and receptor ( which of the normal image printing), human can easily determine. 例えば、図15に示す幅広カセット30は、識別部800Cが孔部であるから、印字態様は「鏡像印字(ラミネート)」であると特定できる。 For example, the wide cassette 30 shown in FIG. 15, because the identification section 800C is holes, print mode can be specified as "mirror image printing (laminated)". 図18に示す幅狭カセット30は、識別部800Cが面部であるから、印字態様は「正像印字(レセプター)」であると特定できる。 Narrow cassette 30 shown in FIG. 18, because the identification section 800C is surface printing mode can be identified as "normal image printing (receptor)".

なお、先述したように、印字態様としての「レセプター(正像印字)」には、印字媒体であるテープにインクリボンのインクを転写する印字タイプと、インクリボンを用いずに感熱テープで発色する印字タイプの他、ラミネート(鏡像印字)を行わないタイプの全ての印字タイプを含む。 Incidentally, as described above, the "receptor (normal image printing)" as the print mode is a print type for transferring the ink of the ink ribbon to the tape is a print medium, is developed with thermal tape without using an ink ribbon other printing types, including all printing types type in which laminating is not performed (mirror image printing). したがって、印字態様を特定することにより、ラミネートタイプの印字媒体が収納されたテープカセット30(或いは製造工程において、ラミネートタイプ用として用意されたカセットケース31)であるか、或いはレセプタータイプの印字媒体が収納されたテープカセット30(或いは製造工程において、レセプタータイプ用として用意されたカセットケース31)のいずれであるかを特定することができる。 Therefore, by specifying the print mode, the tape cassette 30 laminated type print medium is accommodated or is (in or manufacturing process, the cassette case 31 is prepared for the laminated type), or receptor type print medium (in or manufacturing process, the cassette case 31, which is provided for the receptor type) housed tape cassette 30 can identify which of.

表3に示すように、文字色特定部を構成する識別部800Dが孔部であるか否かに対応して、文字色が黒であるか、それ以外の色であるかが定められている。 As shown in Table 3, the identification unit 800D constituting the text color identification portion corresponds to whether the hole, or the character color is black, is defined whether the other colors . より詳細には、識別部800Dが面部(表中では「1」)の場合には文字色が黒であることを示し、孔部(表中では「0」)の場合にはその他の色であることを示すと定められている。 More specifically, when the identification unit 800D is surface portion ( "1" in the table) indicates that the character color is black, holes (in the table "0") with the other colors in the case of It is defined to indicate that there is. したがって、先述したように、アーム前面35における識別部800Dの位置を目視で特定し、そこに孔部が形成されているか否かを確認するだけで、文字色が黒であるかそれ以外の色であるかを、人間が容易に判別できる。 Therefore, as described above, to identify visually the position of the identification unit 800D in the arm front surface 35, only confirms there whether a hole is formed, other colors or character color is black or is a human can easily determine. 例えば、図15に示す幅広カセット30は、識別部800Dが孔部であるから、文字色は「黒以外」であると特定できる。 For example, the wide cassette 30 shown in FIG. 15, since the identification unit 800D is the hole, the character color can be specified as "other than black." 図18に示す幅狭カセット30は、識別部800Dが面部であるから、文字色は「黒」であると特定できる。 Narrow cassette 30 shown in FIG. 18, since the identification unit 800D is surface portion, text color can be identified as "black".

なお、テープ幅および印字態様は、テープ印字装置1で適正な印字を実行するのに必須の情報である一方、文字色は、テープ印字装置1で適正な印字を実行するのに必須というわけではない。 Incidentally, the tape width and the print mode, while essential information to perform proper printing at the tape printer 1, the text color, mean that essential to perform proper printing at the tape printer 1 Absent. したがって、文字色特定部を構成する識別部800Dは、必ずしも必要ではない。 Therefore, the identification unit 800D constituting the character color specification unit is not always necessary. つまり、アーム識別部800において、縦情報区域X4は、規定されなくてもよい。 That is, in the arm indicator portion 800, the vertical information section X4 may not be defined. また、識別部800Dを、文字色ではなく、テープの基材色等、テープ種類のその他の要素の特定に使用してもよい。 Further, the identification unit 800D, not the character color, tape base color, etc., may be used for certain other elements of the tape type.

また、各特定部によって特定されるテープ幅、印字態様、および文字色の内容は、表1〜表3に限定されるものではなく、適宜変更が可能である。 Also, the tape width identified by the identifying unit, print mode, and the contents of the character color is not limited to Table 1 to Table 3, it can be appropriately changed. なお、表1〜表3に規定されるテープ幅、印字態様および文字色の総組合せ数は28個になるが、すべてが使用される必要はない。 Incidentally, the tape width defined in Table 1 to Table 3, the total number of combinations of print mode and the character color is made into 28 need not all be used. 例えば、後述するテープ印字装置1による不適正な装着状態の検出を可能とする場合には、テープ印字装置1で検出される不適正な装着状態に対応する組合せは使用されない。 For example, in the case that allows the detection of improper installed state by the tape printer 1 will be described later, a combination corresponding to the improper installed state detected by the tape printer 1 is not used.

ここまで、アーム識別部800がテープ種類を特定するための構成と、人間がアーム識別部800の目視によってテープ種類を特定する方法について説明した。 So far, the configuration of the arm indicator portion 800 to identify the tape type, human-described method for identifying the tape type by visually arm indicator portion 800. 以下では、図12〜図25を参照して、テープ印字装置1のアーム検出スイッチ210との関係で見たアーム識別部800の構成と、アーム検出スイッチ210によるテープ種類の特定態様とについて説明する。 In the following, with reference to FIGS. 12 to 25, the configuration of the arm indicator portion 800, as viewed in relation to the arm detecting switches 210 of the tape printer 1, for a particular embodiment of the tape type by the arm detecting switches 210 will be described .

まず、テープ印字装置1のアーム検出スイッチ210との関係で見たアーム識別部800の構成について説明する。 First, the configuration of the arm indicator portion 800, as viewed in relation to the arm detecting switches 210 of the tape printer 1. 先述したように、本実施形態のテープ印字装置1では、プラテンホルダ12のカセット対向面12Bに、5つのアーム検出スイッチ210A〜210Eが設けられている(図7参照)。 As mentioned earlier, in the tape printing apparatus 1 of this embodiment, the cassette-facing surface 12B of the platen holder 12, five arms detection switch 210A~210E provided (see FIG. 7). テープカセット30では、図14に示すように、テープカセット30がカセット装着部8に装着された場合に、アーム検出スイッチ210A〜210Eのそれぞれに対向する重なり領域が、識別部800A〜800Eとされている。 In the tape cassette 30, as shown in FIG. 14, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8, the overlap area facing the respective arm detecting switches 210A~210E is, is the identification unit 800A~800E there. 図14の例では、識別部800A、800Cおよび800Dは孔部であり、識別部800Bおよび800Eは面部である。 In the example of FIG. 14, the identification unit 800A, 800C and 800D are holes, the identification unit 800B and 800E are surface portions.

孔部は、アーム検出スイッチ210と対向した場合に、アーム検出スイッチ210のスイッチ端子222が挿脱可能な、スイッチ端子222を押圧しない非押圧部801として機能する。 Hole, when facing the arm detecting switch 210, the switch terminals 222 of the arm detecting switches 210 is removably inserted, to function as the non-pressing portion 801 that does not press the switch terminal 222. 非押圧部801は、識別部(重なり領域)の形状に対応する正面視縦長形状の孔部として形成される。 Non-pressing portion 801 is formed as a hole in the front view elongated shape corresponding to the shape of the identification portion (overlap region). 孔部は、例えば、図12に示すように、アーム前面35に対して略垂直に(つまり、上面30Aおよび底面30Bと平行に)アーム部34の外壁34Bを貫通する貫通孔である。 Holes, for example, as shown in FIG. 12, substantially perpendicular to the arm front surface 35 (i.e., upper surface 30A and the bottom surface 30B parallel to) a through hole penetrating an outer wall 34B of the arm portion 34. そのため、非押圧部801の形成方向は、アーム部34内のテープ走行経路とほぼ直交している。 Therefore, the forming direction of the non-pressing portion 801 is substantially perpendicular to the tape running path within the arm portion 34. 非押圧部801に対向するアーム検出スイッチ210は、スイッチ端子222が非押圧部801に挿入されてオフ状態となる。 Arm detecting switch 210 opposing the non-pressing portion 801 are turned off switch terminal 222 is inserted into the non-pressing portion 801.

面部は、アーム検出スイッチ210と対向した場合に、スイッチ端子222を押圧する押圧部802として機能する。 Surface, when facing the arm detecting switch 210, which functions as a pressing portion 802 that presses the switch terminal 222. 押圧部802に対向するアーム検出スイッチ210は、スイッチ端子222が押圧部802に接触してオン状態となる。 Arm detecting switch 210 opposing the pressing portion 802, the switch terminal 222 is turned on in contact with the pressing portion 802. 図15に示す幅広カセット30の例では、識別部800A、800Cおよび800Dは非押圧部801であり、識別部800Bおよび800Eは押圧部802である。 In the example of the wide cassette 30 shown in FIG. 15, the identification unit 800A, 800C and 800D are the non-pressing portion 801, the identification unit 800B and 800E are the pressing portions 802.

ところで、アーム前面35の上下方向において、識別部800Eが設けられる位置は、横情報区域Y1〜Y3のうち最も下方に位置する横情報区域Y3内である。 Meanwhile, in the vertical direction of the arm front surface 35, a position identifying section 800E is provided is a lateral information section within Y3 located lowermost among the lateral information section Y1 to Y3. 先述したように、横情報区域Y3は、図15に示すテープ幅が所定幅(18mm)以上の幅広カセット30では、共通識別部831と共通識別部831の下方の拡張部832にまたがって存在するが、図18に示すテープ幅が所定幅未満の幅狭カセット30の場合には、アーム前面35の下端部に沿って、横情報区域Y1およびY2の1/3程度の幅長となる。 As previously described, the lateral information section Y3 is the wide cassette 30 tape width is equal to or greater than a predetermined width (18 mm) shown in FIG. 15, extending over the extended portion 832 of the lower common identification unit 831 and the common identification portion 831 but if the tape width as shown in FIG. 18 is a narrow cassette 30 is less than the predetermined width, along the lower end portion of the arm front surface 35, the width dimension of about 1/3 of the lateral information sections Y1 and Y2. したがって、図18に示す幅狭カセット30では、識別部800Eの上下方向の大きさは、図15に示す幅広カセット30の識別部800Eに比べ、1/3程度となる。 Therefore, in the narrow-width cassette 30 shown in FIG. 18, the vertical size of the identifying portion 800E is compared to the identification portion 800E of the wide cassette 30 shown in FIG. 15, is about 1/3.

先述したように、本実施形態では、テープ幅が所定幅(18mm)以上の幅広カセット30(図15参照)の場合には、識別部800Eは面部、すなわち押圧部802であり、所定幅未満の幅狭カセット30(図18参照)の場合には、識別部800Eは孔部、すなわち非押圧部801であると規定されている。 As previously described, in the present embodiment, when the tape width is a predetermined width (18 mm) or more wide cassette 30 (see FIG. 15), the identification unit 800E may face, that is, the pressing portion 802, is less than the predetermined width If the narrow cassette 30 (see FIG. 18), the identification portion 800E is defined to be the hole, that is, the non-pressing portion 801. これは、次の理由によるものである。 This is due to the following reasons. テープ印字装置1が幅狭カセット30のみが使用される専用機であれば、識別部800Eに対向する位置にアーム検出スイッチ210Eは設けられていない可能性がある。 If only machine tape printer 1 only narrow cassette 30 is used, the arm detecting switch 210E in a position opposed to the identification unit 800E may not be provided. 一方、テープ印字装置1が幅狭カセット30および幅広カセット30を共用可能な汎用機として構成されている場合には、識別部800Eと対向すべきアーム検出スイッチ210Eが存在する。 On the other hand, when the tape printing apparatus 1 is configured to narrow cassette 30 and the wide cassette 30 as a shared general purpose machine, the arm detecting switch 210E to be opposed to the identification portion 800E is present. したがって、幅狭カセット30における孔部で構成された識別部800Eは、アーム検出スイッチ210Eに対応する逃がし孔として機能する。 Therefore, the identification unit 800E constituted by holes in the narrow cassette 30 functions as escape hole corresponding to the arm detecting switch 210E.

表1〜3を参照して先述したように、アーム識別部800の識別部800A〜800Eには、それぞれが特定するテープ種類の要素が対応づけられており、テープ種類に応じた規定のパターンで、各識別部800A〜800Eに孔部(非押圧部801)および面部(押圧部802)のいずれかが形成される。 Table 1-3 reference to as previously described, and the identifying unit 800A~800E of the arm indicator portion 800, the tape type element that each particular has associated, in a prescribed pattern in accordance with the tape type , one of the holes in each identification section 800A~800E (the non-pressing portion 801) and the surface (the pressing portion 802) is formed. したがって、テープ印字装置1は、アーム識別部800によって選択的に押圧されるアーム検出スイッチ210のオン・オフ状態の組合せに基づいて、テープ種類を特定することができる。 Accordingly, the tape printer 1 can be based on a combination of on and off states of the arm detecting switches 210 are selectively pressed by the arm indicator portion 800, to identify the tape type. より詳細には、先述のように識別部800A〜800Eについて予め定められた規定のパターン(孔部および面部の組合せ)を、対応するアーム検出スイッチ210A〜210Eの検出パターン(オン状態およびオフ状態の組合せ)に置き換え、それぞれをテープ種類と対応付けたテーブルを参照して、テープ種類を特定することができる。 More specifically, a predetermined specified pattern for identification unit 800A~800E as described previously (holes and the surface portion combinations), the corresponding arm detecting switches 210A~210E detection pattern (on-state and an off state replaced by a combination), respectively with reference to the table that associates the tape type, it is possible to identify the tape type.

図22に示すテープ種類テーブル510は、テープ印字装置1によるテープ種類の特定に用いられるテーブルの一例であり、テープ印字装置1のROM402に記憶されている。 Tape type table 510 shown in FIG. 22 is an example of a table used in the tape type identification by the tape printer 1 is stored in the ROM402 of the tape printer 1. テープ種類テーブル510には、5つのアーム検出スイッチ210A〜210Eのオン・オフの組合せに応じて、テープカセット30のテープ種類が定義されている。 The tape type table 510, depending on the combination of the five arms detection switch 210A~210E on and off, the tape type of the tape cassette 30 is defined. なお、図22に示すテープ種類テーブル510では、アーム検出スイッチ210A〜210Eがそれぞれスイッチ「SW1」〜「SW5」に対応しており、各アーム検出スイッチ210のオフ状態(OFF)およびオン状態(ON)がそれぞれ「0」および「1」に対応している。 In the tape type table 510 shown in FIG. 22, the arm detecting switches 210A~210E must support the switch "SW1" - "SW5", respectively, the off state of each of the arm detecting switches 210 (OFF) and the on state (ON ) it corresponds to "0" and "1".

本来、計5つのアーム検出スイッチ210A〜210Eを使用する場合、オン・オフ状態の総組合せ数である最大32個の検出パターンに対応して、最大32個のテープ種類を特定可能である。 Originally, when using a total of five arms detection switch 210a-210e, corresponding to the maximum of 32 detection patterns is the total number of combinations of the on and off states, it is possible to specify up to 32 tape type. しかし、図22に示すテープ種類テーブル510では、最大32個の検出パターンのうち、24個の検出パターンに対応するテープ種類が設定されている。 However, in the tape type table 510 shown in FIG. 22, of up to 32 detection patterns are set tape type corresponding to the 24 detection patterns. 残り8個の検出パターンのうち、カセット装着部8の適正位置に装着されていない状態をテープ印字装置1で検出できる3個のパターンには「エラー」が、その他の5個には空欄を示す「予備」が設定されている。 Of the remaining eight detection patterns, the three patterns that can detect a state not mounted in the proper position in the cassette housing portion 8. In the tape printer 1, "error" indicates a blank other five "spare" is set. エラーが検出される場合のテープカセット30の装着状態については後述する。 It will be described later installed state of the tape cassette 30 when an error is detected.

なお、テープ印字装置1で使用されるテーブルは、テープ種類テーブル510に限らない。 Note that the table used in the tape printer 1 is not limited to the tape type table 510. 例えば、テープ種類テーブル510において「予備」に対応する検出パターンに、他の任意のテープ種類を追加したテーブルを使用することができる。 For example, it is possible to detect a pattern corresponding to the "spare" in the tape type table 510, using a table that add other optional tape type. また、テープ種類テーブル510に登録済みのテープ種類を削除したり、各検出パターンとテープ種類との対応を変更したり、各検出パターンに対応するテープ種類の内容を変更したテーブルを使用してもよい。 Also, delete the tape type registered in the tape type table 510, change the correspondence between each detection pattern and the tape type, the use of table changing the tape type of the content corresponding to each detection pattern good. この場合、先述した目視によるテープ種類特定のために定められる規定のパターンも適宜変更されることになる。 In this case, will be changed prescribed pattern determined for the tape type specified by the foregoing was visually as appropriate.

また、先述したように、テープ幅特定部のうちの識別部800E、および文字色特定部である識別部800Dは、必ずしも設ける必要はない。 Further, as described above, the identification unit 800E, and the identification unit 800D is a text color identification portion of the tape width specifying portion is not necessarily provided. よって、識別部800E、800Dを設けない場合には、対応するアーム検出スイッチ210E(SW5)および210D(SW4)は使用されないので、アーム検出スイッチ210A〜210C(SW1〜SW3)に対応するテープ種類のみが定義されたテーブルを使用すればよい。 Therefore, the case of not providing identification unit 800E, the 800D, because the corresponding arm detecting switches 210E (SW5) and 210D (SW4) are not used, the tape type corresponding to the arm detecting switches 210A-210C (SW1 to SW3) only There may be used a defined table.

次に、図3〜図6、図19および図20を参照して、テープ印字装置1がテープカセット30のテープ種類を検出する態様について説明する。 Next, with reference to FIGS. 3-6, 19 and 20, the tape printer 1 will be described embodiments of detecting the tape type of the tape cassette 30. なお、図19は、図2、図10〜図15に示すテープ幅「36mm」の幅広カセット30のテープ種類を検出する態様を示している。 Incidentally, FIG. 19, FIG. 2 shows a manner of detecting the tape type of the wide cassette 30 in the tape width "36mm" as shown in FIGS. 10 to 15. 図20は、図16〜図18に示すテープ幅「12mm」の幅狭カセット30のテープ種類を検出する態様を示している。 Figure 20 illustrates an embodiment of detecting the tape type of the narrow cassette 30 in the tape width "12mm" as shown in FIGS. 16 to 18.

図3〜図6、図19および図20を参照して、アーム検出部200によるアーム識別部800の検出態様について説明する。 3 to 6, with reference to FIGS. 19 and 20, will be described detection mode of the arm indicator portion 800 by the arm detection portion 200. ユーザによってテープカセット30がカセット装着部8の適正な位置に装着され、カセットカバー6が閉じられると、プラテンホルダ12が待機位置(図3)から印字位置(図4〜図6)に向けて移動する。 The tape cassette 30 is mounted at the proper position in the cassette housing portion 8 by the user, when the cassette cover 6 is closed, the platen holder 12 toward the print position from the standby position (FIG. 3) (FIGS. 4 to 6) moving to. すると、プラテンホルダ12のカセット対向面12Bに設けられたアーム検出部200および係止片225が、テープカセット30のアーム前面35に設けられたアーム識別部800および係止孔820にそれぞれ対向する位置に移動する。 Then, the arm detection portion 200 and the latching piece 225 provided on the cassette-facing surface 12B of the platen holder 12, respectively facing the arm indicator portion 800 and the locking hole 820 provided on the arm front surface 35 of the tape cassette 30 position to move to.

テープカセット30がカセット装着部8の適正な位置に装着されていれば、係止片225は係止孔820に挿入される。 If the tape cassette 30 is mounted at the proper position in the cassette housing portion 8, the locking piece 225 is inserted into the locking hole 820. そのため、カセット対向面12Bから突出するアーム検出スイッチ210のスイッチ端子222(図8参照)は、係止片225によって干渉されることなく、アーム識別部800の対応する位置に設けられた識別部800A〜800E(非押圧部801または押圧部802)に対向して選択的に押圧される。 Therefore, (see FIG. 8) switch terminals 222 of the arm detecting switches 210 that protrude from the cassette-facing surface 12B without being interfered by the locking piece 225, the identification unit 800A provided at corresponding positions in the arm indicator portion 800 It is selectively pressed to face the ~800E (the non-pressing portion 801 or the pressing portion 802). つまり、非押圧部801に対向するアーム検出スイッチ210は、非押圧部801であるスイッチ孔に挿入されてオフ状態とされる。 That is, the arm detecting switch 210 opposing the non-pressing portion 801 is inserted into the switch hole is a non-pressing portion 801 are turned off. 押圧部802に対向するアーム検出スイッチ210は、押圧部802であるアーム前面35の面部によって押圧されてオン状態とされる。 Arm detecting switch 210 opposing the pressing portion 802 is a pressing has been turned on by surface of the arm front surface 35 is the push portion 802.

また、前述したように、係止片225は下面に形成された傾斜部226によって先端の厚みが漸減し、係止孔820はアーム前面35に向かうほど、下壁部に形成された傾斜部821によって上下方向の開口幅が漸増する。 Further, as described above, the engaging piece 225 is the thickness of the tip gradually decreases by the inclined portion 226 formed on the lower surface, the locking hole 820 increases toward the arm front surface 35, the inclined portion 821 formed in the lower wall portion opening width in the vertical direction gradually increases by. そのため、係止片225が係止孔820に対して僅かに下方向にずれた位置(カセットケース31がカセット装着部8の適正位置から僅かに浮いた状態)にある場合、プラテンホルダ12が印字位置に向けて移動すると、傾斜部226および傾斜部821の相互作用によって係止片225が係止孔820の内部に案内される。 Therefore, when in the position in which the locking piece 225 is shifted slightly downward with respect to the locking hole 820 (a state where the cassette case 31 is lifted slightly from the proper position in the cassette housing portion 8), the platen holder 12 is printed When moving towards the position, locking piece 225 is guided in the interior of the locking hole 820 by the interaction of the inclined portion 226 and the inclined portion 821. これにより、カセットケース31がカセット装着部8の適正位置から僅かに浮いた程度であれば、係止片225を係止孔820内に適切に挿入させて、アーム検出部200をアーム識別部800に正確に対向させることができる。 Thus, as long as the cassette case 31 is slightly floated from the proper position in the cassette housing portion 8, the latching piece 225 properly is inserted into the locking hole 820, the arm indicator portion 800 of the arm detection portion 200 it can be accurately opposed to.

なお、本実施形態の係止片225は、アーム検出部200からみてテープカセット30の装着方向における上流側(つまり、アーム検出部200の上方側)に設けられている。 Incidentally, the engaging piece 225 of the present embodiment is provided the arm detecting unit 200 viewed from Te on the upstream side in the mounting direction of the tape cassette 30 (i.e., the upper side of the arm detection portion 200). そのため、テープカセット30の装着時には、係止片225がアーム検出スイッチ210よりも先にアーム前面35に対向する。 Therefore, when mounting the tape cassette 30, the engaging piece 225 opposes the arm front surface 35 before the arm detecting switches 210. 言い換えると、係止片225が係止孔820に挿入されない限り、アーム検出スイッチ210がアーム前面35に接触しない。 In other words, as long as the latching piece 225 is not inserted into the locking hole 820, the arm detecting switches 210 do not contact the arm front surface 35. これにより、テープカセット30が適正位置に装着されない限り、全てのアーム検出スイッチ210が押圧されない(つまり、オフ状態に保持される)ようにして、テープ種類の誤検出がより確実に防止される。 Thus, as long as the tape cassette 30 is not mounted in the proper position, all arms detection switch 210 is not pressed (i.e., is held in the off state) manner, the tape type of false detection can be more reliably prevented.

図10〜図15に示す幅広カセット30がカセット装着部8の適正位置に装着されている場合、図19に示すように、アーム検出スイッチ210A、210C、210Dは、非押圧部801である識別部800A、800Cおよび800Dに対向するので、オフ状態となる。 If the wide cassette 30 shown in FIGS. 10 to 15 is attached to the proper position in the cassette housing portion 8, as shown in FIG. 19, the arm detecting switches 210A, 210C, 210D, the identification unit is a non-pressing portion 801 800A, since the opposed to 800C and 800D, the oFF state. 一方、アーム検出スイッチ210B、210Eは、押圧部802である識別部800Bおよび800Eに対向するのでオン状態となる。 On the other hand, the arm detecting switches 210B, 210E are turned on so opposed to the recognition unit 800B and 800E are the pressing portions 802. つまり、アーム検出スイッチ210A〜210Eにそれぞれ対応するスイッチ「SW1」〜「SW5」のオン・オフ状態は、それぞれ「0」、「1」、「0」、「0」、「1」として特定される。 In other words, the on-off state of the corresponding switch respectively to the arm detecting switches 210A~210E "SW1" - "SW5" are respectively "0", "1", "0", "0" is identified as "1" that. よって、テープ種類は、テープ種類テーブル510を参照して、先述した目視での特定結果と同様、「テープ幅36mmの鏡像印字(ラミネート)で文字色は黒以外」であると特定される。 Therefore, the tape type refers to the tape type table 510, as well as specific results described above were visually "character color mirror images printed in the tape width 36 mm (laminate) is other than black" is specified as the.

また、図16〜図18に示す幅狭カセット30がカセット装着部8の適正位置に装着されている場合、図20に示すように、アーム検出スイッチ210Aおよび210Eは、非押圧部801である識別部800A、および800Eに対向するので、オフ状態となる。 Further, if the narrow cassette 30 shown in FIGS. 16 to 18 is attached to the proper position in the cassette housing portion 8, as shown in FIG. 20, the arm detecting switches 210A and 210E are identified are the non-pressing portion 801 parts 800A, and therefore opposed to 800E, turned off. 一方、アーム検出スイッチ210B、210Cおよび210Dは、押圧部802である識別部800B、800Cおよび800Dに対向するのでオン状態となる。 On the other hand, the arm detecting switches 210B, 210C and 210D are the pressing portion 802 identifying unit 800B, the ON state so opposed to 800C and 800D. つまり、アーム検出スイッチ210A〜210Eにそれぞれ対応するスイッチ「SW1」〜「SW5」のオン・オフ状態は、それぞれ「0」、「1」、「1」、「1」、「0」として特定される。 In other words, the on-off state of the corresponding switch respectively to the arm detecting switches 210A~210E "SW1" - "SW5" are respectively "0", "1", "1", "1" is identified as "0" that. よって、テープ種類は、テープ種類テーブル510を参照して、先述した目視での特定結果と同様、「テープ幅12mmの正像印字(レセプター)で文字色は黒」であると特定される。 Therefore, the tape type refers to the tape type table 510, as well as specific results described above were visually "character color at normal image printing tape width 12 mm (receptor) is black" is specified as the.

一方、図23に示すように、例えばテープカセット30の下方向への押し込みが足りない場合などには、係止片225が係止孔820に挿入されることなくアーム前面35の面部に接触する。 On the other hand, as shown in FIG. 23, for example, in a case where the pushing downward of the tape cassette 30 is insufficient, the engaging piece 225 is in contact with the surface of the arm front surface 35 without being inserted into the locking hole 820 . 前述したように、係止片225は、各スイッチ端子222と比較した突出高さが略同一または大きい。 As described above, the engaging piece 225 is substantially the same or greater protruding height compared to the switch terminal 222. そのため、係止片225がアーム前面35の面部に接触している場合には、スイッチ端子222はいずれもアーム前面35(アーム識別部800を含む。)に接触しない。 Therefore, if the engaging piece 225 is in contact with the surface of the arm front surface 35, the switch terminal 222 is not in contact with either arm front surface 35 (including the arm indicator portion 800.). つまり、係止片225が各スイッチ端子222とアーム前面35との接触を妨げるため、アーム検出スイッチ210A〜210Eはすべてオフ状態となる。 That is, since the engaging piece 225 prevents contact between the switch terminals 222 and the arm front surface 35, the arm detecting switches 210A~210E all turned off. そして、アーム検出スイッチ210A〜210Eにそれぞれ対応するスイッチ「SW1」〜「SW5」は、それぞれ「0」、「0」、「0」、「0」、「0」として特定される。 The corresponding switch respectively to the arm detecting switches 210A~210E "SW1" - "SW5" are respectively "0", "0", "0", "0" is specified as "0". よって、この装着状態の場合、テープ印字装置1では、テープ種類テーブル510を参照して、「エラー1」が特定される。 Therefore, in the case of this installed state, the tape printer 1, with reference to the tape type table 510, "ERROR 1" is identified.

また、図24および図25に示すように、例えばテープカセット30で係止片225が欠損している場合(図24および図25では係止片225を仮想線で図示)などには、テープカセット30が適正位置に装着されていなくても、アーム検出スイッチ210がアーム前面35の面部に対向していればスイッチ端子222は押圧される(つまり、オン状態となる)。 Further, as shown in FIGS. 24 and 25, for example if the engaging piece 225 in the tape cassette 30 is deficient (shown engaging piece 225 in FIG. 24 and FIG. 25 in phantom) such as a tape cassette even 30 is not mounted in the proper position, the arm detecting switch 210 is a switch terminal 222 if facing the surface of the arm front surface 35 is pressed (i.e., turned on). ここで、前述したように、アーム識別部800に設けられた識別部800A〜800Eはジグザグに配置されており、上下方向で同一線上に並ぶ識別部800A〜800Eはない。 Here, as described above, the identification unit 800A~800E provided in the arm indicator portion 800 are arranged in zigzag, not identifying unit 800A~800E aligned on the same line in the vertical direction. そのため、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置から上下方向にズレている場合は、次のような態様でエラーが検出される。 Therefore, when the tape cassette 30 is displaced in the vertical direction from the proper position in the cassette housing portion 8, an error is detected in the following manner.

例えば、図24に示すように、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置から若干上方にズレているために、アーム前面35の下端部における高さ位置が下列のアーム検出スイッチ210Eよりも下方にある場合は、全てのアーム検出スイッチ210A〜210Eがアーム前面35の面部に対向するために全てオン状態とされる。 For example, as shown in FIG. 24, downwardly to the tape cassette 30 is displaced upward slightly from the proper position in the cassette housing portion 8, than the height position of the arm detecting switch 210E of the lower row at the lower end of the arm front surface 35 when in all of the arm detecting switches 210A~210E it is all turned on in order to face the surface portion of the arm front surface 35. そして、アーム検出スイッチ210A〜210Eにそれぞれ対応するスイッチ「SW1」〜「SW5」は、それぞれ「1」、「1」、「1」、「1」、「1」として特定される。 The corresponding switch respectively to the arm detecting switches 210A~210E "SW1" - "SW5" are respectively "1", "1", "1", "1" is identified as "1". よって、この装着状態の場合、テープ印字装置1では、テープ種類テーブル510を参照して、「エラー3」が特定される。 Therefore, in the case of this installed state, the tape printer 1, with reference to the tape type table 510, "ERROR 3" is identified.

また、図25に示すように、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置から大きく上方にズレているために、アーム前面35の下端部における高さ位置が中列のアーム検出スイッチ210A、210Cと下列のアーム検出スイッチ210Eとの間にある場合は、アーム検出スイッチ210A〜210Dがアーム前面35の面部に対向してオン状態とされる一方、アーム検出スイッチ210Eがアーム前面35の面部に対向せずにオフ状態とされる。 Further, as shown in FIG. 25, a tape for cassette 30 is displaced upward greatly from a proper position in the cassette housing portion 8, the height position of the lower end portion of the arm front surface 35 is middle row arm detecting switches 210A, 210C opposed to the case where there is provided between the arm detecting switch 210E of the lower row, while the arm detecting switch 210A~210D is turned on so as to face the surface of the arm front surface 35, the arm detecting switch 210E is the surface portion of the arm front surface 35 It is turned off without. すると、アーム検出スイッチ210A〜210Eにそれぞれ対応するスイッチ「SW1」〜「SW5」は、それぞれ「1」、「1」、「1」、「1」、「0」として特定される。 Then, the corresponding switch respectively to the arm detecting switches 210A~210E "SW1" - "SW5" are respectively "1", "1", "1", "1" is identified as "0". よって、この装着状態の場合、テープ印字装置1では、テープ種類テーブル510を参照して、「エラー2」が特定される。 Therefore, in the case of this installed state, the tape printer 1, with reference to the tape type table 510, "ERROR 2" is identified.

先述したように、本実施形態のアーム識別部800は、「エラー1」〜「エラー3」のいずれかに対応する押圧部802(面部)と非押圧部801(孔部)の組合せパターンは採用されていない。 As mentioned previously, the arm indicator portion 800 of the present embodiment, combination patterns of "Error 1" to the pressing portion 802 (surface portion) and the non-pressing portion 801 corresponding to either "Error 3" (hole portion) is employed It has not been. すなわち、全ての識別部800A〜800Eが非押圧部801(孔部)となるパターン、全ての識別部800A〜800Eが押圧部802(面部)となるパターン、および共通識別部831の範囲内(横情報区域Y1およびY2)に設けられた識別部800A〜800Dが全て押圧部802(面部)となるパターンはいずれも採用されていない。 In other words, the pattern in which all the identifying unit 800A~800E the non-pressing portion 801 (aperture), the pattern in which all the identifying unit 800A~800E the pressing portions 802 (surface portions), and the range of the common identification portion 831 (transverse pattern identification section 800A~800D provided are all pressing portions 802 (surface portions) of the information sections Y1 and Y2) have not been adopted either. これにより、テープカセット30は、人間の目視およびテープ印字装置1のアーム検出スイッチ210によるテープ種類の特定を可能とするのみならず、テープ印字装置1によるテープカセット30の装着状態も検出可能としている。 Thus, the tape cassette 30 not only enables the tape type identification by the human visual and arm detecting switches 210 of the tape printer 1, the mounted state of the tape cassette 30 by the tape printer 1 is also possible to detect .

ところで、アーム部34は、先述したように、第2テープスプール41から引き出されたフィルムテープ59とリボンスプール42から引き出されたインクリボン60とを走行案内したのち、開口34Aで重合してヘッド挿入部39(詳細には、後述の開口部77)へ排出する部位である。 Incidentally, the arm portion 34, as described above, after the ink ribbon 60 pulled out from the second film tape 59 pulled out from the tape spool 41 and the ribbon spool 42 and travel guidance, the head insertion and polymerization by opening 34A part 39 (specifically, below the opening 77) of a portion for discharging the. そのため、ヘッド挿入部39に装着されたサーマルヘッド10と、フィルムテープ59およびインクリボン60との高さ方向の位置関係が、このアーム部34によって決定される。 Therefore, a thermal head 10 mounted on the head insertion portion 39, the positional relationship in the height direction of the film tape 59 and the ink ribbon 60 is determined by the arm portion 34. 従って、テープカセット30がカセット装着部8に正しく装着されていないと、サーマルヘッド10との位置関係に誤差が生じてフィルムテープ59の幅方向(高さ方向)に対してずれた位置に印字が行われるおそれがある(印字テープ57や感熱紙テープ55も同様)。 Therefore, when the tape cassette 30 is not properly installed in the cassette housing portion 8, the print at a position deviated with respect to an error occurs in the positional relationship between the thermal head 10 widthwise direction of the film tape 59 (the height direction) it may be done (print tape 57 and heat-sensitive paper tape 55 also). そこで、本実施形態では、サーマルヘッド10が装着されるヘッド挿入部39の近傍に位置するアーム部34の側面(つまり、アーム前面35)にアーム識別部800を設けている。 Therefore, in this embodiment, the side surface of the arm portion 34 located in the vicinity of the head insertion portion 39 where the thermal head 10 is attached (i.e., the arm front surface 35) is provided with arm indicator portion 800. これにより、サーマルヘッド10との位置関係の誤差が検出しやすいアーム部34(詳細には、アーム前面35)を基準として、テープカセット30がカセット装着部8の適正位置に装着されているか否かを判断することで印字精度の向上を実現できる。 Thus, the position error is detected easily the arm portion 34 of the relationship between the thermal head 10 (more specifically, the arm front surface 35) as a reference, whether the tape cassette 30 is installed in the proper position in the cassette housing portion 8 It can be realized to improve the printing accuracy by determining the.

次に、本実施形態に係るテープ印字装置1の印字に係る処理について、図21を参照して説明する。 Next, processing relating to printing of the tape printer 1 according to this embodiment will be described with reference to FIG. 21. なお、図21に示す印字に係る処理は、テープ印字装置1が電源オンされると、CPU401がROM402に記憶されているプログラムに基づいて実行する。 The process according to printing shown in FIG. 21, when the tape printer 1 is powered on, executed based on a program CPU401 is stored in the ROM 402. より詳細には、テープ印字装置1では、キーボード3等から印字実行が指示される毎に、CPU401が印字に係る処理を実行する。 More specifically, in the tape printer 1, every time the printing execution is instructed from the keyboard 3 etc., it performs processing CPU401 is related to printing. つまり、以下の印字に係る処理は、テープ印字装置1で実行される1回の印字に係る処理の流れを示している。 In other words, the process according to the following printing shows the flow of processing relating to printing of one executed by the tape printer 1.

図21に示すように、印字に係る処理では、最初にテープ印字装置1のシステム初期化が実行される(ステップS1)。 As shown in FIG. 21, in the process according to the printing, first system initialization of the tape printer 1 is performed (step S1). 例えば、ステップS1のシステム初期化では、RAM404のテキストメモリをクリアしたり、カウンタを初期化して既定値に戻したりする。 For example, in the system initialization in step S1, or clear text memory RAM 404, a counter is initialized or reset to default values.

次に、アーム検出部200の検出パターン(つまり、アーム検出スイッチ210A〜210Eのオン・オフの組合せ)に基づいて、テープカセット30のテープ種類が特定される(ステップS3)。 Then, the detection pattern of the arm detection portion 200 (i.e., the combination of the on and off states of the arm detecting switches 210a-210e) based on the tape type of the tape cassette 30 is identified (step S3). ステップS3では、先述したように、ROM402に記憶されているテープ種類テーブル510を参照して、アーム検出スイッチ210A〜210Eのオン・オフの組合せに対応するテープ種類が特定される。 In step S3, as described previously, with reference to the tape type table 510 stored in the ROM 402, the tape type corresponding to the combination of the on and off states of the arm detecting switches 210A~210E is identified.

続いて、ステップS3で特定されたテープ種類が「エラー」であるか否かが判断される(ステップS5)。 Subsequently, the tape type identified at step S3 whether a "Error" is judged (step S5). 特定されたのが「エラー」である場合(ステップS5:YES)、図23〜図25を参照して先述したように、テープカセット30がカセット装着部8に適正に装着されていない状態である。 If specified the is "Error" (step S5: YES), as previously described with reference to FIGS. 23 to 25, is in a state where the tape cassette 30 is not properly installed in the cassette housing portion 8 . そこで、ディスプレイ5に印字を開始可能な状態ではない旨の表示が行われる(ステップS7)。 Therefore, indication not state capable of starting printing on the display 5 is performed (step S7). 例えばステップS7では、ディスプレイ5に「テープカセットが適正に装着されていません。」といったテキスト表示が行われる。 For example, in step S7, the "tape cassette is not properly installed." On the display 5 text display, such as is carried out. ステップS7が実行されたのちは、処理はステップS3に戻る。 After the step S7 is executed, the process returns to step S3. なお、カセット装着部8にテープカセット30が適正に装着されていても、カセットカバー6が開放されているときはプラテンホルダ12が待機位置(図3参照)にあるため、ディスプレイ5に印字を開始可能な状態ではない旨が表示される(ステップS7)。 Incidentally, be mounted properly tape cassette 30 in the cassette housing portion 8, since when the cassette cover 6 is open to the platen holder 12 is at the standby position (see FIG. 3), start printing on the display 5 that is not a possible state is displayed (step S7).

特定されたテープ種類が「エラー」でない場合(ステップS5:NO)、ステップS3にて特定されたテープ種類の内容が、ディスプレイ5にテキスト情報として表示される(ステップS9)。 If the tape type is identified not "error" (step S5: NO), the tape type of the content identified at step S3, is displayed as text information on the display 5 (step S9). 例えば、先述の幅広カセット30(図15参照)が適正に装着された場合には、ディスプレイ5には、「36mmラミネートタイプのテープカセットが装着されました。文字色は黒以外です。」という表示が行われる。 For example, displayed when the aforementioned wide cassette 30 (see FIG. 15) has been properly installed, the display 5, "36mm laminate type of tape cassette has been installed. Character color is other than black." That It is carried out. また、先述の幅狭カセット30(図18参照)が適正に装着された場合には、ディスプレイ5には、「12mmレセプタータイプのテープカセットが装着されました。文字色は黒です。」という表示が行われる。 In addition, the display in the case where the width of the aforementioned narrow cassette 30 (see FIG. 18) has been properly installed, the display 5, "12mm receptor type of tape cassette has been installed. Character color is black." That It is carried out.

次に、キーボード3からの入力があったか否かが判断される(ステップS11)。 Next, whether or not there is an input from the keyboard 3 is judged (step S11). キーボード3からの入力がある場合(ステップS11:YES)、CPU401は、キーボード3から入力された文字等を印字データとして受け付けて、その印字データ(文書データ)をRAM404のテキストメモリに記憶させる(ステップS13)。 If there is an input from the keyboard 3 (step S11: YES), CPU 401 accepts a character or the like input from the keyboard 3 as print data, and stores the print data (document data) in the text memory of the RAM 404 (step S13). なお、キーボード3からの入力がない場合(ステップS11:NO)、処理はステップS11に戻り、CPU402はキーボード3からの入力を待ち受ける。 If there is no input from the keyboard 3 (step S11: NO), the process returns to step S11, CPU 402 waits for input from the keyboard 3.

その後、例えばキーボード3から印字開始が指示されると、ステップS3で特定されたテープ種類に応じて、テキストメモリに記憶された印字データが加工される(ステップS15)。 Then, for example, when a print start is instructed from the keyboard 3, in accordance with the tape type identified at step S3, print data is processed which is stored in the text memory (step S15). 例えば、ステップS15では、ステップS3で特定されたテープ幅に対応した印字範囲および印字サイズや、ステップS3で特定された印字態様(鏡像印字または正像印字)に対応した印字位置などが反映されるように、印字データが加工される。 For example, in step S15, the print range and a print size and corresponding to the tape width identified at step S3, and a print position corresponding to the specified print mode (the mirror image printing or normal image printing) is reflected in step S3 as the print data is processed. ステップS15で加工された印字データに基づいて、印字媒体であるテープへの印字処理が実行される(ステップS17)。 Based on the processed print data in step S15, the printing process to the tape is performed a printing medium (step S17). 印字処理が実行されたのち、印字に係る処理(図21)が終了する。 After the printing process is executed, the process (FIG. 21) is terminated according to the printing.

上記の印字処理(ステップS17)を具体的に説明すると、図3および図4に示すラミネートタイプのテープカセット30が装着されている場合、テープ駆動軸100を介して回転駆動されるテープ駆動ローラ46が、可動搬送ローラ14との協働によって、第2テープスプール41からフィルムテープ59を引き出す。 The above print processing when a (step S17) More specifically, when the laminated type tape cassette 30 shown in FIGS. 3 and 4 are mounted, a tape drive roller 46 which is driven to rotate via the tape drive shaft 100 but the movable feed roller 14 in cooperation with, pull out the film tape 59 from the second tape spool 41. また、リボン巻取軸95を介して回転駆動されるリボン巻取スプール44が、印字スピードと同期してリボンスプール42から未使用のインクリボン60を引き出す。 Further, the ribbon take-up spool 44 which is driven to rotate via the ribbon take-up shaft 95, pulls out the unused ink ribbon 60 from the ribbon spool 42 in synchronization with the print speed. 第2テープスプール41から引き出されたフィルムテープ59は、リボンスプール42の外側を通過しながらアーム部34内の搬送経路に沿って搬送される。 Film tape 59 pulled out from the second tape spool 41 is conveyed along the feed path within the arm portion 34 while passing through the outside of the ribbon spool 42.

さらに、フィルムテープ59はその表面にインクリボン60が重合された状態で開口34Aからヘッド挿入部39に供給され、テープ印字装置1のサーマルヘッド10とプラテンローラ15との間に搬送される。 Further, the film tape 59 is fed to the head insertion portion 39 from the opening 34A in a state where the ink ribbon 60 is polymerized on the surface, it is conveyed between the thermal head 10 and the platen roller 15 of the tape printer 1. そして、サーマルヘッド10によってフィルムテープ59の印字面に対して文字、図形、記号等が印字される。 Then, characters, figures, symbols, etc. are printed by the thermal head 10 with respect to the print surface of the film tape 59. その後、使用済みのインクリボン60は案内壁47にて印字済みのフィルムテープ59から剥がされ、リボン巻取スプール44に巻き取られる。 Thereafter, the used ink ribbon 60 is separated from the printed film tape 59 at the guide wall 47 and wound onto the ribbon take-up spool 44.

一方、テープ駆動ローラ46と可動搬送ローラ14との協働によって、第1テープスプール40から両面粘着テープ58が引き出される。 On the other hand, the tape drive roller 46 and the movable feed roller 14 in cooperation with double-sided adhesive tape 58 is pulled out from the first tape spool 40. この両面粘着テープ58は、テープ駆動ローラ46と可動搬送ローラ14との間にガイドされて巻き込まれながら、印字済みのフィルムテープ59の印字面に重ねられて貼着される。 The double-sided adhesive tape 58, while being caught by being guided between the tape drive roller 46 and the movable feed roller 14, is stuck in superimposed with the printed surface of the printed film tape 59. 両面粘着テープ58が貼着された印字済みのフィルムテープ59(つまり、印字済テープ50)は、さらにテープ排出部49に向かって搬送され、排出口から排出された後、カット機構17によって切断される。 Double-sided adhesive tape 58 already print that was adhered film tape 59 (i.e., the printed tape 50) is conveyed further toward the tape discharge portion 49, after being discharged from the discharge port, is cut by the cutting mechanism 17 that.

図5に示すレセプタータイプのテープカセット30が装着されている場合、テープ駆動軸100を介して回転駆動されるテープ駆動ローラ46が、可動搬送ローラ14との協働によって第1テープスプール40から印字テープ57を引き出す。 If the tape cassette 30 of the receptor type shown in FIG. 5 is installed, the tape drive roller 46 which is driven to rotate via the tape drive shaft 100, the print from the first tape spool 40 by the movable feed roller 14 in cooperation with pull out the tape 57. また、リボン巻取軸95を介して回転駆動されるリボン巻取スプール44が、印字スピードと同期してリボンスプール42から未使用のインクリボン60を引き出す。 Further, the ribbon take-up spool 44 which is driven to rotate via the ribbon take-up shaft 95, pulls out the unused ink ribbon 60 from the ribbon spool 42 in synchronization with the print speed. 第1テープスプール40から引き出された印字テープ57は、平面視でカセットケース31の右下部で左方へ折り返され、アーム部34内の搬送経路に沿って搬送される。 Print tape 57 pulled out from the first tape spool 40 is folded to the left in the right portion of the cassette case 31 in a plan view, it is transported along the feed path within the arm portion 34.

さらに、印字テープ57はその表面にインクリボン60が重合された状態で開口34Aからヘッド挿入部39に供給され、テープ印字装置1のサーマルヘッド10とプラテンローラ15との間に搬送される。 Further, the print tape 57 is fed to the head insertion portion 39 from the opening 34A in a state where the ink ribbon 60 is polymerized on the surface, it is conveyed between the thermal head 10 and the platen roller 15 of the tape printer 1. そして、サーマルヘッド10によって印字テープ57の印字面に対して文字、図形、記号等が印字される。 Then, characters, figures, symbols, etc. are printed with respect to the print surface of the print tape 57 by the thermal head 10. その後、使用済みのインクリボン60は案内壁47にて印字済みの印字テープ57から剥がされ、リボン巻取スプール44に巻き取られる。 Thereafter, the used ink ribbon 60 is separated from the printed print tape 57 at the guide wall 47 and wound onto the ribbon take-up spool 44. 一方、印字済みの印字テープ57(つまり、印字済テープ50)はさらにテープ排出部49に向かって搬送され、排出口から排出された後、カット機構17によって切断される。 On the other hand, the printed print tape 57 (i.e., the printed tape 50) is conveyed further toward the tape discharge portion 49, after being discharged from the discharge port, is cut by cutting mechanism 17.

図6に示すサーマルタイプのテープカセット30が装着されている場合、印字が行われる場合には、テープ駆動軸100を介して回転駆動されるテープ駆動ローラ46が、可動搬送ローラ14との協働によって第1テープスプール40から感熱紙テープ55を引き出す。 If the thermal type tape cassette 30 shown in FIG. 6 is mounted, when the printing is performed, the tape drive roller 46 which is driven to rotate via the tape drive shaft 100, the movable feed roller 14 Collaboration with drawing out the heat-sensitive paper tape 55 from the first tape spool 40 by. 第1テープスプール40から引き出された感熱紙テープ55は、平面視でカセットケース31の右下部で左方へ折り返され、アーム部34内の搬送経路に沿って搬送される。 Heat-sensitive paper tape 55 that has been pulled out from the first tape spool 40 is folded to the left in the right portion of the cassette case 31 in a plan view, it is transported along the feed path within the arm portion 34.

さらに、感熱紙テープ55はアーム部34の開口34Aから開口部77に供給されて、サーマルヘッド10とプラテンローラ15との間に搬送される。 Furthermore, heat-sensitive paper tape 55 is supplied to the opening 77 from the opening 34A of the arm portion 34, it is conveyed between the thermal head 10 and the platen roller 15. そして、サーマルヘッド10によって感熱紙テープ55の印字面に対して文字、図形、記号等が印字される。 The character with respect to the print surface of the heat-sensitive paper tape 55 by the thermal head 10, figures, symbols, etc. are printed. その後、テープ駆動ローラ46と可動搬送ローラ14との協働によって、印字済みの感熱紙テープ55(つまり、印字済テープ50)はさらにテープ排出口49に向かって搬送され、排出口から排出された後、カット機構17によって切断される。 Thereafter, the tape drive roller 46 and the movable feed roller 14 in cooperation with, the printed heat-sensitive paper tape 55 (i.e., the printed tape 50) is conveyed further toward the tape discharge port 49, after being discharged from the discharge port It is cleaved by cutting mechanism 17.

なお、サーマルタイプの印字実行時には、リボン巻取軸95を介してリボン巻取スプール44も回転駆動される。 At the time of thermal type print run, the ribbon take-up spool 44 via the ribbon take-up shaft 95 is also rotated. しかしながら、サーマルタイプのテープカセット30にはリボンスプールが収納されていない。 However, the ribbon spool is not housed in the thermal type tape cassette 30. そのため、リボン巻取スプール44による未使用のインクリボンの引き出しや使用済みのインクリボンの巻き取りは行われない。 Therefore, winding of the drawers and the used ink ribbon unused ink ribbon by the ribbon take-up spool 44 is not performed. 言い換えると、リボン巻取軸95を備えたテープ印字装置1にサーマルタイプのテープカセット30が使用された場合でも、リボン巻取軸95の回転駆動が感熱紙テープ55への印字動作に影響を与えることなく適正に印字を行うことができる。 In other words, even when the thermal type tape cassette 30 is used in the tape printer 1 having the ribbon take-up shaft 95, the rotation drive of the ribbon take-up shaft 95 affects the printing operation of the heat-sensitive paper tape 55 without it is possible to perform proper printing. なお、上記のテープカセット30において、リボン巻取スプール44を設けることなく、支持孔67A、67B内でリボン巻取軸95を同様に空転させてもよい。 Incidentally, in the tape cassette 30 described above, without providing a ribbon take-up spool 44, the support holes 67A, may be idle similarly ribbon take-up shaft 95 in 67B.

ところで、上記の印字処理(ステップS17)では、ラミネートタイプのテープカセット30が装着されている場合、フィルムテープ59にインクリボン60のインクが、文字等を鏡像で表示させるように転写される鏡像印字が行われる。 Incidentally, the above-described print processing (step S17), if the laminated type tape cassette 30 is installed, mirror image printing ink of the ink ribbon 60 to the film tape 59 is transferred so as to display characters such as a mirror image It is carried out. 一方、レセプタータイプのテープカセット30が装着されている場合、印字テープ57にインクリボン60のインクが、文字等を正像で表示させるように転写される正像印字が行われる。 On the other hand, when the tape cassette 30 of the receptor type is mounted, the ink of the ink ribbon 60 to the print tape 57, normal image printing is performed to be transferred so as to display characters or the like in normal image. また、サーマルタイプのテープカセット30が装着されている場合も、感熱紙テープ55に文字等を正像で表示させるようにサーマル方式の正像印刷が行われる。 Also, when the thermal type tape cassette 30 is mounted, the normal image printing thermal system so as to display the character or the like in normal image on heat-sensitive paper tape 55 is carried out.

本実施形態では、印字態様としての「ラミネート」は鏡像印字が行われるテープカセット30を意味し、印字態様としての「レセプター」は正像印字が行われるテープカセット30を意味する。 In the present embodiment, "laminate" as the print mode refers to the tape cassette 30 which mirror image printing is performed, "receptor" as print mode refers to the tape cassette 30 which normal image printing is performed. そのため、印字態様としての「レセプター」は、図5に示すレセプタータイプのテープカセット30のみならず、図6に示すサーマルタイプのテープカセット30なども含む。 Therefore, "receptor" as the print mode is not only the tape cassette 30 of the receptor type shown in FIG. 5, including such the thermal type tape cassette 30 shown in FIG.

上記の印字に係る処理(図21)によって、テープ印字装置1では、アーム検出部200の検出パターンによって、カセット装着部8に装着されるテープカセット30のテープ種類が特定される。 By treatment (Figure 21) according to the above printing, the tape printer 1, the detection pattern of the arm detection portion 200, the tape type of the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8 is identified. すなわち、テープカセット30の側面(詳細には、アーム前面35)に設けられたアーム識別部800によって、アーム検出部200のアーム検出スイッチ210A〜210Eが選択的に押圧されて、テープカセット30のテープ種類が特定される。 That is, (in particular, the arm front surface 35) side of the tape cassette 30 by the arm indicator portion 800 provided in, and the arm detecting switches 210A~210E arm detection portion 200 are selectively pressed, the tape of the tape cassette 30 type is identified.

以上に説明したように、本実施形態のテープカセット30は、人間がテープカセット30を単体で見た場合に、アーム前面35を目視することでテープカセット30に収納されたテープの種類を特定できるように構成されている。 As described above, the tape cassette 30 of the present embodiment, when a person views the tape cassette 30 alone, can identify the type of tape accommodated in the tape cassette 30 by visually arm front surface 35 It is configured to. 加えて、テープカセット30がテープ印字装置1のカセット装着部8に装着された場合には、アーム検出部200によってアーム識別部800が示す情報を検出することで、テープ印字装置1がテープ種類を特定できるように構成されている。 In addition, when the tape cassette 30 is installed in the cassette housing portion 8 of the tape printer 1, by detecting the information indicated by the arm indicator portion 800 by the arm detection portion 200, the tape printer 1 is a tape type It is configured to be identified. このうち、人間がアーム識別部800の目視によってテープカセット30のテープ種類を認識できるように構成したことで、特に次のような効果を奏する。 Among humans that is configured to recognize the tape type of the tape cassette 30 by visually arm indicator portion 800, in particular exhibits the following effects.

従来のテープカセットの製造方法では、印字テープをそのテープ幅に対応した高さ寸法(所謂、ケースサイズ)のカセットケースに収納させるのが一般的である。 In the manufacturing method of the conventional tape cassette, cause stored in the cassette case in the height dimension corresponding print tape in the tape width (so-called case size) are common. これに対し、高さ寸法(ケースサイズ)が同一のカセットケースに、テープ幅が異なる印字テープを収納させるテープカセットの製造方法が提案されている。 In contrast, the height (case size) the same cassette case, a manufacturing method of a tape cassette for housing a print tape in which the tape width is different has been proposed. このようにケースサイズを共通化したテープカセットの製造方法によれば、以下の効果が期待できる。 Thus, according to the case size to the production method of common the tape cassette, the following effects can be expected.

1つ目には、従来では各種テープ幅に対応した異なるケースサイズのカセットケースを部品製造工場から組立工場へ搬送する際に、ケースサイズごとに異なる輸送コンテナ等を使用してカセットケースを搬送していた。 The first, in transporting the cassette case of different case sizes corresponding to various tape width is conventionally parts manufacturing plant to an assembly plant, to convey the cassette case using different transport containers or the like for each case size which was. その点、ケースサイズを共通化することで、カセットケースを部品製造工場から組立工場へ搬送する際に使用する輸送コンテナ等も共通化でき、カセットケースの輸送コストの削減につながる。 That respect, by utilizing a common case size, shipping containers and the like used in transporting the cassette case from the parts manufacturing plant to the assembly plant can also be shared, leading to reduce transportation costs of the cassette case.

2つ目には、テープ幅ごとにケースサイズが異なると、組立工場から製品出荷する際にもケースサイズごとに異なる梱包箱等を使用する必要がある。 The two eyes, and case size for each tape width is different, it is necessary to use a different packing box or the like to be on a case-by-case basis size when to ship products from the assembly plant. その点、ケースサイズを共通化することで製品出荷用の梱包箱等を共通化することができ、製品出荷時の梱包形態も共通にすることができるので費用削減を図ることができる。 In that respect, the case size can be shared the packing box or the like for the product is shipped by common, because the packaging form at the time of product shipment can also be in common it is possible to achieve a cost reduction.

3つ目には、テープ幅が小さい印字テープに対して同一幅のインクリボンを使用すると、インクリボン自体の幅(リボン幅)が狭いために印字動作中にインクリボンが切断されてしまうおそれがある。 The third, using the ink ribbon of the same width with respect to the print tape tape width is small, the possibility that the ink ribbon itself width (ribbon width) ink ribbon during the printing operation due to a narrow would be disconnected is there. その点、十分な強度を有する程度のリボン幅を確保できるケースサイズに共通化することで、印字テープのテープ幅が小さくても印字動作中にインクリボンが切断されないようにすることができる。 That respect, by common case size that can ensure the degree of ribbon width having sufficient strength, it is possible to make the ink ribbon is not disconnected even during printing operation small tape width of the print tape.

ところが、テープカセットの製造時において、テープ幅が異なる印字テープを共通サイズのカセットケースに収納させる場合には、カセットケースに誤ったテープ幅の印字テープが収納されるおそれがある。 However, at the time of manufacture of the tape cassette, the case of housing a print tape in which the tape width is different in the cassette case of the common size, there is a possibility that the print tape in the tape width that incorrect cassette case is accommodated. 例えば、12mmの印字テープを収納させる予定であったカセットケースに、作業者が6mm或いは9mmの印字テープを誤って収納してしまう場合である。 For example, the cassette case and which was planned for housing the 12mm print tape is when the operator would then stored incorrectly printed tape 6mm or 9 mm. 12mmの印字テープを収納可能にケースサイズが共通化されたカセットケースは、少なくとも12mmの印字テープを収納できるようにリブ高さが設定されている以上、12mm未満の印字テープも収納可能だからである。 12mm cassette case capable of accommodating the case size is common printing tape is more than what is set rib height to be housed at least 12mm print tape, also because can store print tape of less than 12mm .

また、テープカセットの印字態様には、先述したように、印字テープに直接正像で印字を行ういわゆるレセプタータイプと、透明テープに鏡像印字を行ったのちにその印字面に両面粘着テープを貼り付けるラミネートタイプとが存在する。 In addition, the print mode of the tape cassette, as described above, is pasted so-called receptor type of printing directly on a positive image on the print tape, a double-sided adhesive tape on the printed surface after performing the mirror image printed on the transparent tape and a laminate type exist. ケースサイズを共通化するとカセットケースの外観形状が同様となってしまうため、カセットケースが誤った印字態様に組み付けられるおそれがある。 Because when common case size exterior shape of the cassette case becomes the same, there is a possibility to be assembled to the print mode in which the cassette case is wrong. 例えば、ラミネートタイプで組み付ける予定のカセットケースに、作業者が誤ってレセプタータイプで組み付けてしまう場合である。 For example, the cassette case scheduled assembling a laminate type, it is a case where thus assembled in receptor type incorrectly operator.

本実施形態のテープカセット30によれば、人間がアーム識別部800を目視するだけで、テープカセット30のテープ種類を認識することができる。 According to the tape cassette 30 of the present embodiment, human simply viewing the arm indicator portion 800 can recognize the tape type of the tape cassette 30. すなわち、カセットケース31に収納すべきテープ幅や、カセットケース31に組み付けるべき印字態様を把握できる。 That is, the tape width and to be accommodated in the cassette case 31, can grasp the print mode to be assembled in the cassette case 31. 従って、テープカセット30の製造工程において、作業者はカセットケース31に実装すべき内容を確認しながら作業できるため、テープカセット30の製造ミスを低減することができる。 Accordingly, in the manufacturing process of the tape cassette 30, the worker because you can work while confirming the contents to be mounted in the cassette case 31, thereby reducing the manufacturing errors of the tape cassette 30.

また、テープカセット30の製品出荷時においても、カセットケース31に実装された内容が正しいか否かをアーム識別部800を目視して確認することで、テープカセット30の製品検査を行うことができる。 Also in product shipment of the tape cassette 30, whether the content that is mounted on the cassette case 31 are correct by checking views the arm indicator portion 800, it is possible to perform product inspection of the tape cassette 30 . 具体的には、製造済みのテープカセット30の開口部77から露出する印字テープ等が、アーム識別部800から読み取れるテープ種類と一致しているか否かを検査することができる。 Specifically, it is possible to print tape or the like exposed from the opening 77 of the manufactured tape cassette 30, checks if it matches the tape type that can be read from the arm indicator portion 800.

特に、本実施形態のアーム識別部800は、印字テープ等が露出する開口部77に隣接したアーム前面35に設けられている。 In particular, the arm indicator portion 800 of the present embodiment is provided on the arm front surface 35 adjacent the opening 77 of the printing tape or the like is exposed. しかも、アーム前面35は、開口部77から露出する印字テープ等を同一方向(具体的には、テープカセット30の前方)から目視可能な部位である。 Moreover, the arm front surface 35 (specifically, the front of the tape cassette 30) the print tape or the like exposed from the opening 77 the same direction is visible site from. つまり、アーム識別部800および印字テープ等が隣接した位置で同一方向から目視可能に構成されているため、アーム識別部800を確認しながら印字テープ等を検査することができ、テープカセット30の製品検査の作業性を向上させることができる。 In other words, because it is visibly configured in the same direction at the position where the arm indicator portion 800 and the print tape or the like is adjacent, it is possible to inspect the print tape or the like while checking the arm indicator portion 800, the tape cassette 30 product it is possible to improve the workability of inspection.

また、アーム識別部800は縦情報区域X1〜X5(識別部800A〜800E)の各々における孔部の有無の組み合わせ(つまり、非押圧部801と押圧部802との組み合わせ)という簡易な構成でテープ種類を特定するため、カセットケース31に予め形成しておくことが容易である。 The tape in the arm indicator portion 800 is a combination of the presence or absence of holes in each of the vertical information sections X1 to X5 (identification unit 800A~800E) (i.e., the combination of the non-pressing portion 801 and the pressing portion 802) simple that the construction to identify the type, it is easy to previously formed on the cassette case 31. そのため、カセットケース31の製造時などに、各カセットケース31に実装される内容を示す印刷を施したり、その実装内容を示すラベルを貼着したりする必要がなく、テープカセット30の製造ミスを低コストで抑制することができる。 Therefore, for example, when the production of the cassette case 31, or by printing indicating the contents to be mounted on the cassette case 31, there is no need to stuck a label indicating its implementation details, the manufacturing errors of the tape cassette 30 it can be suppressed at low cost.

さらに、上記実施形態では、汎用カセットをラミネートタイプに構成したテープカセット30を、汎用機であるテープ印字装置1にて使用している。 Furthermore, in the above embodiment, the tape cassette 30 configured general purpose cassette laminated type, are used in the tape printer 1 is a general-purpose machine. それにより、テープ印字装置1は1台でサーマルタイプ、レセプタータイプ、ラミネートタイプ等、各種のテープカセット30に対応させることが可能であり、1台毎に異なるテープ印字装置1を用いる必要がない。 Thereby, the tape printing apparatus 1 is a thermal type in one, receptor type, laminated type etc., it is possible to correspond to various tape cassette 30, it is not necessary to use the tape printer 1 that is different for each one. また、テープカセット30はその製造に際して通常複数の金型を組み合わせたうえで樹脂を流し込んで形成するが、同じテープ幅に対応したテープカセット30であれば、アーム識別部800を形成する部分を含む金型を除いて共通の金型を使用可能なため、大変なコスト削減になる。 Further, the tape cassette 30 is formed by pouring a resin in terms of a combination of a normal multiple molds during their manufacture, if the tape cassette 30 that corresponds to the same tape width, including the portion that forms the arm indicator portion 800 since the available common mold with the exception of the mold, the great cost savings.

ところで、アーム前面35の特定領域R0では、第1領域R1に係止孔820として機能する孔部が設けられ、第2領域R2のうちで識別部800A〜800Eとして機能する重なり領域に、テープ種類に対応した孔部(つまり、非押圧部801)および面部(つまり、押圧部802)のいずれかが設けられる例について先述した。 Incidentally, in the specified area R0 of the arm front surface 35, the hole portion is provided to function as a locking hole 820 in the first region R1, the overlapping areas functioning as an identification section 800A~800E among the second region R2, the tape type holes (i.e., the non-pressing portion 801) corresponding to and face (i.e., the pressing portion 802) described previously for example either is provided. この場合、特定領域R0には、係止孔820および識別部800A〜800Eとしての機能が確保される範囲内で、孔部および面部を自由に形成することができる。 In this case, the specified area R0, to the extent that functions as a locking hole 820 and the identification unit 800A~800E is secured, the hole and the surface portion can be freely formed.

具体的には、先述の幅広カセット30(図2、図10〜図15参照)では、特定領域R0のうちで係止孔820および識別部800A〜800Eとして機能しない領域の全てを、押圧部802と同一面をなす面部としている。 Specifically, in the aforementioned wide cassette 30 (see FIG. 2, FIGS. 10 to 15), all areas that do not function as a locking hole 820 and the identification unit 800A~800E among the specified area R0, the pressing portion 802 and a surface portion coplanar with. そのため、特定領域R0に設けられた孔部(非押圧部801および係止孔820)が全て独立しているが、これに限定されない。 Therefore, although the hole portion provided in the specified area R0 (the non-pressing portion 801 and the locking hole 820) are all independent, but are not limited thereto. 例えば、特定領域R0において、複数の非押圧部801の少なくとも2つを含むような大きさおよび形状を有する1つの孔部(溝部)を形成してもよいし、係止孔820と非押圧部801と含む一の溝部を形成してもよい。 For example, in certain regions R0, may form a single aperture having a size and shape that includes at least two of the plurality of non-pressing portion 801 (groove), the locking hole 820 and the non-pressing portion 801 may be formed one groove comprising a. もちろん、複数の非押圧部801の少なくとも2つと、係止孔820とを含む一の溝部を形成してもよい。 Of course, at least two and a plurality of non-pressing portion 801 may be formed one groove and a locking hole 820. ただし、一の溝部を形成する場合は、押圧部802として機能する部位を含まないように形成することを要する。 However, when forming the one groove, it requires the formation so as not to include a portion which functions as the pressing portion 802.

図26および図27に示す幅広カセット30は、識別部800A、800C、800Dに設けられた各非押圧部801を連続させて一の溝部804としたものを例示している。 Wide cassette 30 shown in FIGS. 26 and 27, the identification unit 800A, 800C, illustrate that as one of the grooves 804 is sequencing the non-pressing portions 801 provided on the 800D. また、図28に示す幅広カセット30は、係止孔820と識別部800Dに設けられた非押圧部801を連続させて一の溝部804としたものを例示している。 Also, the wide cassette 30 shown in FIG. 28 illustrates what was one groove 804 is continuously non-pressing portion 801 provided in the locking hole 820 the identification unit 800D. 図26〜図28に示す幅広カセット30であっても、識別部800A〜800Eの組合せ態様は、先述の幅広カセット30(図2、図10〜図15参照)と同様である。 Even wider cassette 30 shown in FIGS. 26 28, the combination aspect of the identification unit 800A~800E is similar to the aforementioned wide cassette 30 (see FIG. 2, FIGS. 10 to 15). そのため、アーム検出スイッチ210の検出および人間の目視のいずれによっても、先述の幅広カセット30(図2、図10〜図15参照)と同じテープ種類が特定される。 Therefore, by any of the detection and human visual arm detecting switches 210 are also wide cassette 30 (see FIGS. 2 and 10 to 15) of the aforementioned same tape type is identified as.

また、先述の幅狭カセット30(図16〜図18参照)では、特定領域R0のうちで係止孔820および識別部800A〜800Eとして機能しない領域の全てを、押圧部802と同一面をなす面部としている。 Also, the width of the aforementioned narrow cassette 30 (see FIGS. 16 to 18), all areas that do not function as a locking hole 820 and the identification unit 800A~800E among the specified area R0, coplanar and the pressing portion 802 It is set to face. そのため、特定領域R0に設けられた孔部(非押圧部801(逃がし孔として機能する識別部800Eの非押圧部801を含む)、係止孔820)が全て独立しているが、これに限定されない。 Therefore, the hole portion provided in a specific region R0 (including the non-pressing portion 801 of the identification unit 800E functioning as a non-pressing portion 801 (relief hole), the locking hole 820), but is independent of all, limited to not. 例えば、特定領域R0において、複数の非押圧部801の少なくとも2つを含むような一の溝部を形成してもよい。 For example, in certain regions R0, one may form a groove that includes at least two of the plurality of the non-pressing portion 801. また、係止孔820と非押圧部801とを含む一の溝部を形成してもよい。 It is also possible to form one of the grooves including the locking hole 820 and the non-pressing portion 801. ただし、一の溝部を形成する場合は、押圧部802として機能する部位を含まないように形成することを要する。 However, when forming the one groove, it requires the formation so as not to include a portion which functions as the pressing portion 802.

図29に示す幅狭カセット30は、係止孔820と識別部800Eに設けられた逃がし孔である非押圧部801とを連続させて一の溝部804としたものを例示している。 Narrow cassette 30 shown in FIG. 29 illustrates what was one groove 804 and a non-pressing portion 801 which is a relief hole provided in the locking hole 820 and the identification portion 800E is continuously. また、図30に示す幅狭カセット30は、係止孔820、識別部800Aに設けられた非押圧部801、識別部800Eに設けられた逃がし孔である非押圧部801を含む一の溝部804としたものを例示している。 Further, the narrow cassette 30 shown in FIG. 30, the locking hole 820, the identification unit the non-pressing portion 801 provided in 800A, the groove one containing non-pressing portion 801 is that escape hole provided in the identification portion 800E 804 It illustrates what was. 図29および図30に示す幅狭カセット30であっても、識別部800A〜800Eの組合せ態様は、先述の幅狭カセット30(図16〜図18参照)と同様である。 Even narrow cassette 30 shown in FIGS. 29 and 30, the combination aspect of the identification unit 800A~800E is the same as the width of the aforementioned narrow cassette 30 (see FIGS. 16 to 18). そのため、アーム検出スイッチ210の検出および人間の目視のいずれによっても、先述の幅狭カセット30(図16〜図18参照)と同じテープ種類が特定される。 Therefore, by any of the detection and human visual arm detecting switches 210 are also the same tape type is identified as the width of the aforementioned narrow cassette 30 (see FIGS. 16 to 18).

上記実施形態において、テープカセット30のカセットケース31内に収納された感熱紙テープ55、印字テープ57、両面粘着テープ58、フィルムテープ59が、本発明の「テープ」にそれぞれ相当する。 In the above embodiments, heat-sensitive paper tape 55 housed in the cassette case 31 of the tape cassette 30, the print tape 57, double-sided adhesive tape 58, the film tape 59, which correspond to the "tape" of the present invention. アーム部34の開口34Aが、「テープ排出部」に相当し、テープ排出部49が、「テープ案内部」に相当する。 Opening 34A of the arm portion 34 corresponds to the "tape discharge portion", the tape discharge portion 49 corresponds to a "tape guide portion". 特定領域R0が、「特定の領域」に相当し、第2領域R2に設けられるアーム識別部800が、「種類特定部」に相当する。 The specific area R0, corresponds to a "specific region", the arm indicator portion 800 provided in the second region R2 corresponds to the "type specifying portion". 非押圧部801および後述の凹部810が、本発明の「孔部」にそれぞれ相当する。 Non-pressing portion 801 and below the recess 810 correspond respectively to the "hole" in the present invention. 係止孔820が本発明の「基準孔部」に相当する。 Locking hole 820 corresponds to the "reference hole" of the present invention. 縦情報区域X1〜X5が「複数の縦情報区域」に相当し、横情報区域Y1〜Y3が「複数の横情報区域」に相当する。 Vertical information section X1~X5 correspond to the "plurality of vertical information section" lateral information section Y1~Y3 correspond to the "plurality of transverse information section". 縦情報区域X1〜X3が、それぞれ「第1縦情報区域」、「第2縦情報区域」および「第3縦情報区域」に相当し、縦情報区域X5が、「最上流縦情報区域」に相当する。 Vertical information section X1~X3 are respectively "first vertical information section", it corresponds to the "second vertical information section" and the "third vertical information section", the vertical information section X5 is, the "most upstream vertical information section" Equivalent to. 縦情報区域X1,X2、およびX5、または識別部800A、800B、および800Eが、「テープ幅特定部」に相当する。 The vertical information sections X1, X2, and X5 or identification section 800A,, 800B, and 800E correspond to a "tape width specifying portion". 縦情報区域X3または識別部800Cが、「印字態様特定部」に相当する。 The vertical information section X3 or the identification unit 800C corresponds to the "print mode specification unit."

なお、本発明のテープカセット30およびテープ印字装置1は、上記実施形態に限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲内において種々変更を加え得ることは勿論である。 Incidentally, the tape cassette 30 and the tape printer 1 of the present invention is not limited to the above embodiments, it is of course that various changes and modifications may be made without departing from the scope and spirit of the present invention.

アーム識別部800における非押圧部801および押圧部802の形状、サイズ、数、および配置パターンは、上記実施形態で例示されたものに限らず、適宜変更が可能である。 The shape of the non-pressing portions 801 and the pressing portion 802 of the arm indicator portion 800, the size, number, and arrangement patterns are not limited to those exemplified in the above embodiment can be appropriately changed. 例えば、上記実施形態では、アーム識別部800の非押圧部801(孔部)は、識別部800A〜800Eとして機能する重なり領域と同一形状の正面視で縦長長方形状の貫通孔であるが、識別部800A〜800Eとして機能する重なり領域をほぼ完全に含む大きさおよび形状の範囲で変形が可能である。 For example, in the above embodiment, the non-pressing portion 801 (aperture) of the arm indicator portion 800 is a front view of the same shape as the overlapping area functioning as an identifying unit 800A~800E a vertically long rectangular through-hole, identification the overlap region serves as part 800A~800E are capable of modifications in size and scope of the shape almost completely contain. 例えば、重なり領域を含む平面視円形状の貫通孔にしてもよいし、他の異なる形状としてもよい。 For example, it may be in a round shape in plan view of the through-holes including the overlap area may be other different shapes. また、図31に示すように、アーム識別部800に設けられる非押圧部を、貫通孔ではなくアーム前面35に形成された凹部810としてもよい。 Further, as shown in FIG. 31, the non-pressing portion provided on the arm indicator portion 800 may be recess 810 formed in the arm front surface 35 rather than through holes. また、上記実施形態では、半円溝34Kが設けられたテープカセット30を例示したが、半円溝34Kを設けない構成としてもよい。 Further, in the above embodiment, the semi-circular groove 34K is exemplified tape cassette 30 provided may not be provided a semi-circular groove 34K.

1 テープ印字装置8 カセット装着部10 サーマルヘッド12 プラテンホルダ23 テープ送りモータ30 テープカセット31 カセットケース34 アーム部34A 開口35 アーム前面49 テープ排出部55 感熱紙テープ57 印字テープ58 両面粘着テープ59 フィルムテープ100 テープ駆動軸210 アーム検出スイッチ225 係止片401 CPU 1 tape printing apparatus 8 cassette mount 10 thermal head 12 platen holder 23 tape feed motor 30 the tape cassette 31 cassette case 34 arm portion 34A opening 35 the arm front surface 49 tape discharge portion 55 heat-sensitive paper tape 57 print tape 58 double-sided adhesive tape 59 film tape 100 tape drive shaft 210 arm detecting switches 225 engaging piece 401 CPU
402 ROM 402 ROM
510 テープ種類テーブル800 アーム識別部801 非押圧部802 押圧部804 溝部810 凹部820 係止孔X 縦情報区域Y 横情報区域R0 特定領域R1 第1領域R2 第2領域 510 tape type table 800 arm indicator portion 801 the non-pressing portion 802 pressing portion 804 groove 810 the recess 820 locking hole X vertical information section Y lateral information section R0 specific area R1 first region R2 second region

Claims (19)

  1. 上面、底面、前面、および一対の側面を備えたカセットケースと、 A cassette case having top, bottom, front, and a pair of side surfaces,
    前記カセットケース内に収納される、印字媒体であるテープと、 Is housed in the cassette case, a tape is printed medium,
    少なくとも一部が前記前面と平行に延びる所定の搬送経路に沿って前記カセットケース内を案内された前記テープを前記カセットケースから排出するテープ排出部と、 A tape discharge portion at least partially discharging the tape that has been guided in the cassette case along a predetermined transport path extending parallel to the front from the cassette case,
    前記テープ排出部に隣接し、前記テープの搬送方向上流側の前記前面の特定の領域に設けられ、前記テープの種類を特定する種類特定部とを備え、 Wherein adjacent the tape discharge portion provided in a specific region of the front surface of the upstream side of the tape, and a type specifying unit for specifying the type of the tape,
    前記種類特定部は、前記搬送方向に直交する方向に沿った複数の帯状の縦情報区域を含み、 The type specifying unit includes a vertical information sections of the plurality of strips along a direction perpendicular to the conveying direction,
    前記複数の縦情報区域のうち、少なくとも1つの縦情報区域内に孔部が形成されていることを特徴とするテープカセット。 Wherein the plurality of vertical information sections, the tape cassette, characterized in that holes in at least one vertical information zone is formed.
  2. 前記テープの種類にかかわらず、前記前面の前記特定の領域内に設けられた孔部である基準孔部をさらに備え、 Regardless of the type of the tape, further comprising the reference hole is a hole portion provided in a specific area of ​​the front,
    前記種類特定部は、前記複数の縦情報区域のうち前記搬送方向において最も下流側に位置する第1縦情報区域を含み、 The type specifying unit includes a first vertical information section located on the most downstream side in the transport direction of the plurality of vertical information sections,
    前記基準孔部のテープ搬送方向上流側における端は、前記第1情報区域よりも上流側に位置することを特徴とする請求項1に記載のテープカセット。 The end of the tape conveying direction upstream side of the reference hole, the tape cassette according to claim 1, characterized in that located upstream of the first information section.
  3. 前記第1縦情報区域は、前記テープ排出部から前記搬送方向上流側に向かって間隔を開けて配置されていることを特徴とする請求項2に記載のテープカセット。 The first vertical information section, the tape cassette according to claim 2, characterized in that it is spaced toward the upstream side from the tape discharge portion.
  4. 前記種類特定部は、前記テープのテープ幅を特定するテープ幅特定部を少なくとも含むことを特徴とする請求項3に記載のテープカセット。 The type specifying unit, a tape cassette according to claim 3, characterized in that it comprises at least a tape width specifying portion for specifying a tape width of the tape.
  5. 前記テープ幅特定部は、前記複数の縦情報区域のうち、前記第1縦情報区域、および前記テープ排出部から前記搬送方向上流側に向かって2番目に近い位置にある縦情報区域である第2縦情報区域を含み、 The tape width specifying unit, among the plurality of vertical information sections, a vertical information section located the first vertical information section, and from the tape discharge portion at a position closer to the second toward the upstream side first It includes 2 vertical information section,
    前記第1縦情報区域、および前記第2縦情報区域の少なくとも一方に、前記孔部が形成されており、 The first vertical information section, and at least one of the second vertical information section, the hole is formed,
    前記第1縦情報区域および前記第2縦情報区域の各々に前記孔部が形成されているか否かの組合せが、前記テープ幅を特定することを特徴とする請求項4に記載のテープカセット。 The first vertical information section and the second vertical information section whether combination the hole in each of which is formed, the tape cassette according to claim 4, wherein the identifying the tape width.
  6. 前記複数の縦情報区域は、少なくとも3列の縦情報区域を含み、 Wherein the plurality of vertical information sections may include vertical information sections of at least three rows,
    前記テープ幅特定部は、前記複数の縦情報区域のうち、前記第1縦情報区域、前記テープ排出部から前記搬送方向上流側に向かって2番目に近い位置にある縦情報区域である第2縦情報区域、および前記テープ排出部から前記搬送方向上流側に向かって最も離れた位置にある縦情報区域である最上流縦情報区域を含み、 The tape width specifying unit, among the plurality of vertical information sections, the first vertical information section, the second from the tape discharge portion is vertical information section located closer to the second toward the upstream side It includes vertical information sections, and the most upstream vertical information section that is a vertical information section located from the tape discharge portion farthest toward the upstream side,
    前記第1縦情報区域、前記第2縦情報区域、および前記最上流縦情報区域のうち少なくとも1つに、前記孔部が形成されており、 The first vertical information section, the second vertical information section, and said at least one of the most upstream vertical information sections, the hole is formed,
    前記第1縦情報区域、前記第2縦情報区域、および前記最上流縦情報区域の各々に前記孔部が形成されているか否かの組合せが、前記テープ幅を特定することを特徴とする請求項4に記載のテープカセット。 Claims wherein the first vertical information section, the second vertical information section, and the whether the hole in each of the most upstream vertical information section is formed combination, and identifies the tape width tape cassette according to claim 4.
  7. 前記種類特定部は、印字態様が正像および鏡像のいずれであるかを特定する印字態様特定部を含むことを特徴とする請求項4に記載のテープカセット。 The type specifying unit, a tape cassette according to claim 4, characterized in that it comprises a print mode specification unit print mode is to identify which one of the positive image and mirror image.
  8. 前記複数の縦情報区域は、少なくとも3列の縦情報区域を含み、 Wherein the plurality of vertical information sections may include vertical information sections of at least three rows,
    前記印字態様特定部は、前記複数の縦情報区域のうち、前記テープ排出部から前記搬送方向上流側に向かって3番目に近い位置にある縦情報区域である第3縦情報区域を含み、 The print mode specifying unit, among the plurality of vertical information sections includes the third vertical information section is vertical information section located closer to the third toward the upstream side from the tape discharge portion,
    前記第3縦情報区域が前記孔部を含むか否かが、前記印字態様が正像および鏡像のいずれであるかを特定することを特徴とする請求項7に記載のテープカセット。 The third whether the vertical information section comprises said hole portion, the tape cassette according to claim 7, wherein the print mode to identify which one of the positive image and mirror image.
  9. 前記テープ幅特定部は、前記複数の縦情報区域のうち、前記第1縦情報区域および前記テープ排出部から前記搬送方向上流側に向かって2番目に近い位置にある縦情報区域である第2縦情報区域を含み、 The tape width specifying unit, among the plurality of vertical information sections, the second is a vertical information section located closer to the second toward the upstream side from the first vertical information section and the tape discharge portion include vertical information section,
    前記第1縦情報区域、および前記第2縦情報区域の少なくとも一方に、前記孔部が形成されており、 The first vertical information section, and at least one of the second vertical information section, the hole is formed,
    前記第1縦情報区域および前記第2縦情報区域の各々が前記孔部を含むか否かの組合せが、前記テープ幅を特定することを特徴とする請求項8に記載のテープカセット。 Tape cassette according to claim 8, wherein each of the first vertical information section and the second vertical information section whether a combination including the hole, characterized in that identifying the tape width.
  10. 前記複数の縦情報区域は、5列の縦情報区域を含み、 Wherein the plurality of vertical information sections may include vertical information sections of the five columns,
    前記テープ幅特定部は、前記複数の縦情報区域のうち、前記第1縦情報区域、前記テープ排出部から前記搬送方向上流側に向かって2番目に近い位置にある縦情報区域である第2縦情報区域、および前記テープ排出部から前記搬送方向上流側に向かって最も離れた位置にある縦情報区域である最上流縦情報区域を含み、 The tape width specifying unit, among the plurality of vertical information sections, the first vertical information section, the second from the tape discharge portion is vertical information section located closer to the second toward the upstream side It includes vertical information sections, and the most upstream vertical information section that is a vertical information section located from the tape discharge portion farthest toward the upstream side,
    前記第1縦情報区域、前記第2縦情報区域、および前記最上流縦情報区域のうち少なくとも1つに、前記孔部が形成されており、 The first vertical information section, the second vertical information section, and said at least one of the most upstream vertical information sections, the hole is formed,
    前記第1縦情報区域、前記第2縦情報区域、および前記最上流縦情報区域の各々に前記孔部が形成されているか否かの組合せが、前記テープ幅を特定することを特徴とする請求項8に記載のテープカセット。 Claims wherein the first vertical information section, the second vertical information section, and the whether the hole in each of the most upstream vertical information section is formed combination, and identifies the tape width tape cassette according to claim 8.
  11. 前記複数の縦情報区域は、隣接する前記縦情報区域同士が等間隔で配置されていることを特徴とする請求項6、8乃至10のいずれかに記載のテープカセット。 Wherein the plurality of vertical information sections, the tape cassette according to any one of claims 6, 8 to 10, characterized in that the vertical information sections adjacent to each other are arranged at equal intervals.
  12. 前記種類特定部は、 The type specifying unit,
    前記テープの搬送方向と平行に延びる複数の帯状の区域であって、前記搬送方向と直交する方向に並べられた複数の横情報区域を含み、 Wherein a plurality of strip-shaped sections extending parallel to the conveying direction of the tape, comprising a plurality of lateral information sections arranged in a direction perpendicular to the conveying direction,
    前記基準孔部の上端は、前記複数の横情報区域に対して上方に位置し、 The upper end of the reference aperture is located above with respect to the plurality of lateral information sections,
    前記複数の縦情報区域と前記複数の横情報区域とが交差して重なり合う領域である複数の重なり領域のうち、前記複数の縦情報区域毎に少なくとも1つの重なり領域が前記孔部を含むか否かの組み合わせが、前記テープの種類を特定することを特徴とする請求項1乃至11のいずれかに記載のテープカセット。 Wherein the plurality of vertical information sections and said plurality of transverse information zone of the plurality of overlapping regions is a region crosses over, whether at least one overlap region for each of the plurality of vertical information sections includes the aperture Kano combination, a tape cassette according to any one of claims 1 to 11, wherein identifying a type of the tape.
  13. 前記孔部は、前記前面を貫通する貫通孔または前記前面から前記カセットケース内側に凹んだ凹部であることを特徴とする請求項1乃至12のいずれかに記載のテープカセット。 The hole, the tape cassette according to any one of claims 1 to 12, characterized in that the through-hole or the front through the front a recess which is recessed inwardly the cassette case.
  14. 前記複数の縦情報区域はすべて、前記基準孔部の前記搬送方向上流側の端よりも前記搬送方向下流側に位置することを特徴とする請求項2乃至11のいずれかに記載のテープカセット。 Wherein the plurality of all the vertical information section, the tape cassette according to any one of claims 2 to 11, characterized in that positioned in the downstream side than the upstream side end of the reference aperture.
  15. 前記種類特定部が、前記複数の縦情報区域のうち少なくとも2列の縦情報区域に形成された前記孔部を含む場合、前記孔部は、前記少なくとも2列の縦情報区域の各々に、互いに独立した孔部として形成されていることを特徴とする請求項1乃至12のいずれかに記載のテープカセット。 The type specifying unit, if it contains the hole formed in the vertical information sections of the at least two rows of the plurality of vertical information sections, the hole is, in each of the vertical information sections of the at least two rows, with each other tape cassette according to any one of claims 1 to 12, characterized in that it is formed as a separate hole.
  16. 前記種類特定部が、前記複数の縦情報区域のうち少なくとも2列の縦情報区域に形成された前記孔部を含む場合、前記孔部は、前記少なくとも2列の縦情報区域にまたがって形成された孔部を少なくとも1つ含むことを特徴とする請求項1乃至12のいずれかに記載のテープカセット。 The type specifying unit, if it contains the hole formed in the vertical information sections of the at least two rows of the plurality of vertical information sections, the hole is formed across the vertical information sections of the at least two rows tape cassette according to any one of claims 1 to 12 a hole, characterized in that it comprises at least one was.
  17. 前記テープ排出部からみて前記搬送経路の下流側に設けられ、前記テープ排出部から排出されて露出された前記テープを案内するテープ案内部をさらに備え、 The leno tape discharge portion provided on the downstream side of the transport path, further comprising a tape guide portion for guiding the tape which is exposed is discharged from the tape discharge portion,
    前記種類特定部が設けられる前記前面の前記特定の領域の前記搬送方向の長さは、前記テープ排出部と前記テープ案内部との距離であって、前記テープが露出される長さであるテープ露出長以下であり、 The length in the transport direction of the specific area of ​​the front surface the type specifying unit is provided, wherein a distance of the tape discharge portion and the tape guide portion, a length of said tape is exposed tape is less than or equal exposure length,
    前記カセットケースの前記上面と前記底面とは、左右方向に長い矩形状であり、 The said top surface and said bottom surface of said cassette case, a long rectangular shape in the lateral direction,
    前記カセットケースの左右方向の中心線であるカセット中心線と、前記テープの搬送方向に直交する方向に沿った仮想的な直線であって前記基準孔部が設けられる位置を特定する基準線との距離は、前記テープ露出長の18〜24%の範囲内にあり、 A cassette center line is the center line in the lateral direction of the cassette case, a virtual straight line along the direction orthogonal to the conveying direction of the tape with the reference line for specifying the position where the reference aperture is provided the distance is in the range 18 to 24 percent of the tape exposure length,
    前記第1縦情報区域の少なくとも一部は、前記カセット中心線よりもテープ搬送方向下流側にあって前記カセット中心線との距離が前記テープ露出長の14〜20%の範囲内にあることを特徴とする請求項2乃至11のいずれかに記載のテープカセット。 Said at least a portion of the first vertical information section, the distance between the cassette center line In the tape feeding direction downstream side of the cassette center line is within the range 14 to 20 percent of the tape exposure length tape cassette according to any one of claims 2 to 11, wherein.
  18. 前記テープ排出部からみて前記搬送経路の下流側に設けられ、前記テープ排出部から排出されて露出された前記テープを案内するテープ案内部をさらに備え、 The leno tape discharge portion provided on the downstream side of the transport path, further comprising a tape guide portion for guiding the tape which is exposed is discharged from the tape discharge portion,
    前記種類特定部が設けられる前記前面の前記特定の領域の前記搬送方向の長さは、前記テープ排出部と前記テープ案内部との距離であって、前記テープが露出される長さであるテープ露出長以下であり、 The length in the transport direction of the specific area of ​​the front surface the type specifying unit is provided, wherein a distance of the tape discharge portion and the tape guide portion, a length of said tape is exposed tape is less than or equal exposure length,
    前記第1縦情報区域の少なくとも一部は、前記テープ排出部との距離が前記テープ露出長の30〜36%の範囲内にあることを特徴とする請求項2乃至11のいずれかに記載のテープカセット。 Wherein at least a portion of the first vertical information section may according to any one of claims 2 to 11 the distance between the tape discharge portion, characterized in that the in the range of 30 to 36 percent of the tape exposure length tape cassette.
  19. 隣接する前記縦情報区域の左右方向の中心線同士の間隔は、前記テープ露出長の7〜10%の範囲内にあることを特徴とする請求項17または18に記載のテープカセット。 The distance between the center lines in the lateral direction of the vertical information section, the tape cassette according to claim 17 or 18, characterized in that in the range from 7 to 10 percent of the tape exposure length adjacent.
JP2009156398A 2009-06-30 2009-06-30 Tape cassette Active JP5326874B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009156398A JP5326874B2 (en) 2009-06-30 2009-06-30 Tape cassette

Applications Claiming Priority (72)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009156398A JP5326874B2 (en) 2009-06-30 2009-06-30 Tape cassette
KR20167020378A KR101725746B1 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cassette
US12644373 US20100166477A1 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape printer
AU2009332345A AU2009332345B2 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cassette and tape printer
MY156926A MY156926A (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cassette
PL09180354T PL2202080T3 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape printer
SG10201704331PA SG10201704331PA (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cassette and tape printer
ES09180354T ES2379753T3 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape printer
PT09799744T PT2370264E (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cassette and tape printer
AT09180354T AT545510T (en) 2008-12-25 2009-12-22 tape printer
US12644555 US8382389B2 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cassette
EP20140161711 EP2752301A3 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cassette and tape printer
DE200910059956 DE102009059956A1 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cartridge and tape printer
EP20090799744 EP2370264B1 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cassette and tape printer
DK09180354T DK2202080T3 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Ribbon Printer
KR20117017238A KR101629049B1 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cassette and tape printer
PCT/JP2009/007087 WO2010073601A1 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cassette and tape printer
ES09799744T ES2521677T3 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cartridge and printer ribbon
EP20140161706 EP2752300A3 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cassette and tape printer
KR20157006347A KR20150038644A (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cassette
EP20140161676 EP2752298A3 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cassette and tape printer
BRPI0923680A2 BRPI0923680A2 (en) 2008-12-25 2009-12-22 "Cassette and tape printer"
DK09799744T DK2370264T3 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cassette and tape printer
SG2011046281A SG172356A1 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cassette and tape printer
EP20140161683 EP2752299B1 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cassette and tape printer
RU2011130886A RU2507074C2 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cassette and tape printer
CA 2748177 CA2748177C (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape cassette and tape printer
PT09180354T PT2202080E (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape printer
EP20090180354 EP2202080B1 (en) 2008-12-25 2009-12-22 Tape printer
CN 201410046812 CN103862894B (en) 2008-12-25 2009-12-25 Cassette
CN 200910262676 CN101758672B (en) 2008-12-25 2009-12-25 The tape printer
CN 200910262677 CN101758673B (en) 2008-12-25 2009-12-25 Tape printer
CN 201310717842 CN103753979B (en) 2008-12-25 2009-12-25 Cassette
CN 201310717871 CN103753980B (en) 2008-12-25 2009-12-25 Cassette
CN 201310718014 CN103753972B (en) 2008-12-25 2009-12-25 Cassette
CN 201310717389 CN103753978B (en) 2008-12-25 2009-12-25 Cassette
CN 201510088755 CN104691118B (en) 2009-03-31 2010-03-26 Cassette
CN 201510714069 CN105398240B (en) 2009-03-31 2010-03-26 Cassette
PCT/JP2010/055324 WO2010113780A1 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
CN 201510711758 CN105398230B (en) 2009-03-31 2010-03-26 Cassette
PCT/JP2010/055326 WO2010113782A1 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
JP2011507143A JP5445582B2 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
DE201011001461 DE112010001461T5 (en) 2009-03-31 2010-03-26 tape cartridge
CN 201080013339 CN102361758B (en) 2009-03-31 2010-03-26 Cassette
CN 201510088644 CN104691113B (en) 2009-03-31 2010-03-26 Cassette
CN 201711461753 CN108312723A (en) 2009-03-31 2010-03-26 Cassette
EP20100758552 EP2415610A4 (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
NZ59606110A NZ596061A (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
NZ61660210A NZ616602A (en) 2009-03-31 2010-03-26 Tape cassette
ZA201104990A ZA201104990B (en) 2008-12-25 2011-07-07 Tape cassette and tape printer
US13240322 US9566808B2 (en) 2009-03-31 2011-09-22 Tape cassette
US13755174 US8651756B2 (en) 2008-12-25 2013-01-31 Tape cassette
US13848750 US9498997B2 (en) 2008-12-25 2013-03-22 Tape cassette
US14141568 US9616690B2 (en) 2009-03-31 2013-12-27 Tape cassette
PH12014500125A PH12014500125A1 (en) 2009-03-31 2014-01-13 Tape cassette
US14226256 US9511609B2 (en) 2008-12-25 2014-03-26 Tape cassette
US14226424 US20140320581A1 (en) 2008-12-25 2014-03-26 Tape Cassette
US14226411 US9498998B2 (en) 2008-12-25 2014-03-26 Tape cassette
US14226417 US9522556B2 (en) 2008-12-25 2014-03-26 Tape cassette
US14226402 US9511610B2 (en) 2008-12-25 2014-03-26 Tape cassette
US14226289 US20140205346A1 (en) 2008-12-25 2014-03-26 Tape Cassette
US14226325 US9566812B2 (en) 2008-12-25 2014-03-26 Tape cassette
US14226367 US9539838B2 (en) 2008-12-25 2014-03-26 Tape Cassette
US14226428 US9511611B2 (en) 2008-12-25 2014-03-26 Tape cassette
US14226201 US9656496B2 (en) 2008-12-25 2014-03-26 Tape cassette
US14226165 US9751349B2 (en) 2008-12-25 2014-03-26 Tape cassette
US14226373 US9855779B2 (en) 2008-12-25 2014-03-26 Tape cassette
US14226259 US9656497B2 (en) 2008-12-25 2014-03-26 Tape cassette
US14226262 US9682584B2 (en) 2008-12-25 2014-03-26 Tape cassette
PH12015501641A PH12015501641A1 (en) 2009-03-31 2015-07-23 Tape casette
US15389497 US20170100948A1 (en) 2009-03-31 2016-12-23 Tape cassette
US15832531 US20180099517A1 (en) 2008-12-25 2017-12-05 Tape cassette

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011011407A true true JP2011011407A (en) 2011-01-20
JP5326874B2 JP5326874B2 (en) 2013-10-30

Family

ID=43590747

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009156398A Active JP5326874B2 (en) 2009-06-30 2009-06-30 Tape cassette

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5326874B2 (en)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013248890A (en) * 2013-07-24 2013-12-12 Brother Industries Ltd Tape cassette
JP2013248891A (en) * 2013-07-24 2013-12-12 Brother Industries Ltd Tape cassette
US9011028B2 (en) 2009-03-31 2015-04-21 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9352600B2 (en) 2009-12-16 2016-05-31 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9409425B2 (en) 2009-03-31 2016-08-09 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9427988B2 (en) 2009-03-31 2016-08-30 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9498997B2 (en) 2008-12-25 2016-11-22 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9533522B2 (en) 2008-12-25 2017-01-03 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9566808B2 (en) 2009-03-31 2017-02-14 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9573401B2 (en) 2009-06-30 2017-02-21 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9656495B2 (en) 2009-12-28 2017-05-23 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008094103A (en) * 2007-10-26 2008-04-24 Brother Ind Ltd Tape for label writer, and tape cassette in which tape is housed
JP2008265278A (en) * 2007-03-22 2008-11-06 Brother Ind Ltd Label tape, label tape cartridge, and label forming device

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008265278A (en) * 2007-03-22 2008-11-06 Brother Ind Ltd Label tape, label tape cartridge, and label forming device
JP2008094103A (en) * 2007-10-26 2008-04-24 Brother Ind Ltd Tape for label writer, and tape cassette in which tape is housed

Cited By (36)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9511611B2 (en) 2008-12-25 2016-12-06 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9751349B2 (en) 2008-12-25 2017-09-05 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9682584B2 (en) 2008-12-25 2017-06-20 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9656496B2 (en) 2008-12-25 2017-05-23 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9656497B2 (en) 2008-12-25 2017-05-23 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9649861B2 (en) 2008-12-25 2017-05-16 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9566812B2 (en) 2008-12-25 2017-02-14 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9539838B2 (en) 2008-12-25 2017-01-10 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape Cassette
US9533522B2 (en) 2008-12-25 2017-01-03 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9522556B2 (en) 2008-12-25 2016-12-20 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9511610B2 (en) 2008-12-25 2016-12-06 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9498997B2 (en) 2008-12-25 2016-11-22 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9498998B2 (en) 2008-12-25 2016-11-22 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9511609B2 (en) 2008-12-25 2016-12-06 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9855779B2 (en) 2008-12-25 2018-01-02 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9346296B2 (en) 2009-03-31 2016-05-24 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9498987B2 (en) 2009-03-31 2016-11-22 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9427988B2 (en) 2009-03-31 2016-08-30 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9409425B2 (en) 2009-03-31 2016-08-09 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9011028B2 (en) 2009-03-31 2015-04-21 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9403389B2 (en) 2009-03-31 2016-08-02 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9566808B2 (en) 2009-03-31 2017-02-14 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9381756B2 (en) 2009-03-31 2016-07-05 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9656488B2 (en) 2009-03-31 2017-05-23 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9592692B2 (en) 2009-03-31 2017-03-14 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9616690B2 (en) 2009-03-31 2017-04-11 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9370949B2 (en) 2009-03-31 2016-06-21 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9498988B2 (en) 2009-03-31 2016-11-22 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9802432B2 (en) 2009-06-30 2017-10-31 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9573401B2 (en) 2009-06-30 2017-02-21 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9676217B2 (en) 2009-06-30 2017-06-13 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9539837B2 (en) 2009-12-16 2017-01-10 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9352600B2 (en) 2009-12-16 2016-05-31 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9656495B2 (en) 2009-12-28 2017-05-23 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
JP2013248891A (en) * 2013-07-24 2013-12-12 Brother Industries Ltd Tape cassette
JP2013248890A (en) * 2013-07-24 2013-12-12 Brother Industries Ltd Tape cassette

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP5326874B2 (en) 2013-10-30 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8740482B2 (en) Tape printer
US20120201588A1 (en) Tape cassette
US7121751B2 (en) Placing printing elements and mark sensor at proper positions with respect to the cutter member
US8562228B2 (en) Tape printer
US20120080550A1 (en) Tape cassette
JP2006021432A (en) Printing tape, tape cartridge, and tape printer
JP2011110848A (en) Tape cassette
JP2011110843A (en) Tape cassette
JP2011110845A (en) Ribbon cassette
JP2011011401A (en) Tape cassette
JP2004255656A (en) Tape cartridge and tape printer
JP2010234697A (en) Tape cassette
US8764326B2 (en) Tape cassette
JP2013141749A (en) Tape cassette and printed label making system
US8382389B2 (en) Tape cassette
US8641304B2 (en) Tape cassette
US5918992A (en) Tape cartridges
JP2012126141A (en) Tape cassette
JP2011011407A (en) Tape cassette
JP2010234694A (en) Tape cassette
CN102481794A (en) Tape cassette
JPH08267848A (en) Tapelike label manufacturing apparatus
JP2006272716A (en) Sheet material processor, sheet material and sheet cassette
JP2011206910A (en) Tape cassette
JP2010125791A (en) Printer and tape cassette

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120220

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130402

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130531

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130625

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130708

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150