JP2010256989A - Communication device and remote operation system - Google Patents

Communication device and remote operation system Download PDF

Info

Publication number
JP2010256989A
JP2010256989A JP2009103223A JP2009103223A JP2010256989A JP 2010256989 A JP2010256989 A JP 2010256989A JP 2009103223 A JP2009103223 A JP 2009103223A JP 2009103223 A JP2009103223 A JP 2009103223A JP 2010256989 A JP2010256989 A JP 2010256989A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
information
client terminal
resource
communication device
operation
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2009103223A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yoshifumi Tanimoto
好史 谷本
Original Assignee
Murata Machinery Ltd
村田機械株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Murata Machinery Ltd, 村田機械株式会社 filed Critical Murata Machinery Ltd
Priority to JP2009103223A priority Critical patent/JP2010256989A/en
Publication of JP2010256989A publication Critical patent/JP2010256989A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technology allowing efficient operation of a shared resource.
SOLUTION: A user of a client terminal 11 instructs remote operation of a shared file 33 stored by a client terminal 21. A session for remote operation corresponding one to one to the shared file 33 is established between the client terminals 11, 12. The client terminal 21 transmits screen data corresponding to an operation screen of the shared file 33 by use of the session for remote operation. The client terminal 11 displays the operation screen of the shared file 33 based on the received screen data. Processing of transmitting event information corresponding to the instruction of the user of the client terminal 11 to the client terminal 21 through the session for remote operation, and processing of transmitting the screen data reflected with processing based on the event information to the client terminal 11 through the session for remote operation are repeated.
COPYRIGHT: (C)2011,JPO&INPIT

Description

本発明は、複数のクライアント端末の間で仮想的に共有されるリソースを操作する技術に関する。 The present invention relates to a technique for operating the resources that are virtually shared among multiple client terminals.

異なる二つのLAN(Local Area Network)にそれぞれ接続する複数のクライアント端末が、ファイルなどのリソースを共有することができる中継通信ステムが存在する。 A plurality of client terminals respectively connected to two different LAN (Local Area Network) is a relay communication system exists that can share resources such as files.

下記特許文献1に係る中継通信システムは、各LANに接続された複数のクライアント端末と、各LANに一つずつ設置され、クライアント端末間の通信を中継する中継サーバとで構成される。 Relay communication system according to Patent Document 1 is composed of a plurality of client terminals connected to each LAN, one by one installed in each LAN, and the relay server for relaying communication between the client terminals. 各クライアント端末および各中継サーバは、共有リソースに関する情報が登録された共有リソース情報を保持している。 Each client terminal and the relay server holds a shared resource information in which information about the shared resource has been registered.

クライアント端末は、共有リソース情報に基づいて操作対象の共有リソースを指定し、指定した共有リソースの実体にアクセスできるクライアント端末に、共有リソースの操作を指示する。 The client terminal specifies the shared resource to be operated on the basis of the shared resource information, the client terminal can access the entity specified shared resource, indicating the operation of the shared resource. クライアント端末は、他のクライアント端末が実体を格納している共有リソースを、自装置が保有しているかのように操作することができる。 Client terminal, the shared resource that another client terminal has stored the entity, can be manipulated as if the device itself holds.

特開2008−129991号公報 JP 2008-129991 JP

上記特許文献1に係る中継通信システムにおいて、クライアント端末は、他のクライアント端末に実体が格納されている共有リソースを直接操作する場合、共有リソースをダウンロードする必要がある。 In the relay communication system according to Patent Document 1, the client terminal, when operating the shared resource entities to another client terminal is stored directly, it is necessary to download the shared resources.

しかしながら、共有リソースをダウンロードすることが困難な場合がある。 However, it may be difficult to download the shared resources. たとえば、クライアント端末に接続されている回線の通信速度が遅い場合、操作対象の共有リソースのサイズが非常に大きい場合などである。 For example, if the communication speed of the line connected to the client terminal is slow, when the size of the shared resources of the operation target is extremely large, and the like. これらのケースでは、共有リソースのダウンロードに多くの時間がかかることになり、共有リソースの操作の効率が低下するという問題があった。 In these cases, would take a lot of time to download the shared resources, the efficiency of the operation of the shared resource is lowered.

そこで、本発明は前記問題点に鑑み、共有リソースを効率よく操作することができる技術を提供することを目的とする。 The present invention has been made in consideration of the above problems, and an object thereof is to provide a technique capable of operating efficiently shared resources.

上記課題を解決するため、請求項1記載の発明は、通信装置であって、遠隔操作の対象となる対象リソースを指定する指定部と、前記対象リソースに一対一で対応する遠隔操作用セッションを前記対象リソースの実体にアクセス可能なオーナ通信装置との間に確立する通信部と、前記遠隔操作用セッションを介して、前記対象リソースの操作情報を前記オーナ通信装置に送信し、前記オーナ通信装置が前記操作情報に応じて作成した前記対象リソースの画面情報を受信する遠隔操作部と、前記対象リソースの操作画面を前記画面情報に基づいて表示する表示部と、を備えることを特徴とする。 To solve the above problems, an invention according to claim 1, a communication device, a specifying unit that specifies the resource to be remotely operated, the corresponding remote operation session in a one-to-one to said target resource a communication unit for establishing between the entities accessible owner communication device of said target resource, via the remote control session, and transmits the operation information of the target resource to the owner communication device, the owner communication device There characterized in that it comprises a display unit for displaying on the basis of a remote control unit for receiving the screen information of the target resource created, the operation screen of the target resource to the screen information in response to the operation information.

請求項2記載の発明は、請求項1に記載の通信装置において、さらに、前記対象リソースを遠隔操作するか、ダウンロードした対象リソースを操作するかを選択する選択部と、ダウンロードした対象リソースの操作が選択された場合、前記対象リソースを前記オーナ通信装置からダウンロードし、ダウンロードした対象リソースを操作する直接操作部と、を備えることを特徴とする。 According to a second aspect of the invention, in the communication apparatus according to claim 1, further or remotely controlling the target resources, a selection unit for selecting whether to operate the downloaded resource, the operation of the downloaded resource If is selected, downloads the target resource from the owner communication device, characterized in that it comprises a direct operation section for operating the downloaded resources.

請求項3記載の発明は、請求項2に記載の通信装置において、さらに、自装置が操作することができるリソースに関する情報と、前記リソースの実体にアクセスできる装置を示す情報とが登録された共有リソース情報を保持する共有リソース情報管理部、を備え、前記指定部は、前記共有リソース情報を用いて前記対象リソースを指定し、前記通信部は、前記共有リソース情報を用いて前記オーナ通信装置を特定する通信先特定部、を含むことを特徴とする。 Sharing invention of claim 3, wherein, in the communication apparatus according to claim 2, further to the information on the resource that can be self-device is operated, information indicating the device that has access to the entity of the resource is registered shared resource information management unit for holding resource information, wherein the designation unit uses the shared resource information designating the target resource, the communication unit, the owner communication device by using the shared resource information characterized in that it comprises a communication destination identification unit, for identifying.

請求項4記載の発明は、請求項3に記載の通信装置において、前記共有リソース情報は、前記リソースの操作方法を指定した指定情報、を含み、前記選択部は、前記指定情報に基づいて、前記対象リソースを遠隔操作するか、ダウンロードした対象リソースを操作するかを選択することを特徴とする。 Invention of claim 4, wherein, in the communication apparatus according to claim 3, wherein the shared resource information includes specification information, which specifies the operation method of the resource, the selection unit, based on the designation information, or remotely controlling the target resources, and selects whether to operate the downloaded resources.

請求項5記載の発明は、第1通信装置と、第2通信装置と、を含む遠隔操作システムであって、前記第1通信装置は、遠隔操作の対象となる対象リソースとして、前記第2通信装置が実体にアクセスすることができるリソースを指定する指定部と、前記対象リソースの操作情報を前記第2通信装置に送信し、前記操作情報に応じて前記第2通信装置が作成した前記対象リソースの画面情報を受信する遠隔操作部と、前記対象リソースの操作画面を前記画面情報に基づいて表示する表示部と、を備え、前記第2通信装置は、受信した前記操作情報に基づいて前記対象リソースを操作し、前記対象リソースの操作結果に対応するイメージ情報を前記画面情報として前記第1通信装置に送信するリソース操作部、備え、前記第1通信装置および前記 The invention according to claim 5, wherein a first communication device, a second communication device, a remote control system including a first communication device, a resource to be remotely operated, the second communication a designation unit which designates a resource that the device can access the entity, the resource that sends said operation information of the target resource to the second communication device, said second communication device created in accordance with the operation information a remote control unit for receiving screen information, and a display unit for displaying, based on the target screen information the operation screen of the resource, the second communication device, said subject based on the received operation information operating the resource, the resource operation unit to transmit the image information to the first communication device as the screen information corresponding to the target resource of the operation result, wherein said first communication device and the 2通信装置は、前記対象リソースに一対一で対応する遠隔操作用セッションを前記第1通信装置と前記第2通信装置との間に確立し、前記遠隔操作用セッションを用いて前記操作情報および前記画面情報を転送する通信部、を備えることを特徴とする。 2 communication device establishes a remote control session corresponding one-to-one to the resource between said second communication apparatus and the first communication device, the operation information and the using the remote operation session communication unit for transferring screen information, characterized in that it comprises a.

本発明に係る通信装置は、操作対象の対象リソースにアクセス可能なオーナ通信装置との間に、対象リソースと一対一で対応する通信用セッションを確立し、通信用セッションを用いて対象リソースの遠隔操作に必要な情報を送受信する。 Communication device according to the present invention, between the subject resource operation target accessible owner communication device to establish a communication session for a one-to-one correspondence with the target resource, the remote resource using the communication session to send and receive the information necessary for the operation. 本発明に係る通信装置は、対象リソースをダウンロードする必要がないため、対象リソースの操作開始までの時間を短くすることができる。 Communication device according to the present invention, there is no need to download the resource, it is possible to shorten the time until the operation start of the target resource.

また、本発明に係る通信装置は、対象リソースの操作方法として、ダウンロードした対象リソースを操作するか、対象リソースを遠隔操作するかを選択する。 The communication apparatus according to the present invention, as the operation method of the target resource, or to operate the downloaded resource, choose to remotely control the resources. したがって、本発明に係る通信装置は、対象リソースのサイズ、通信回線の状況などに応じて、最適な操作方法を選択することができる。 Therefore, the communication apparatus according to the present invention, the size of the resource, depending on the communication line condition, it is possible to choose the best method of operation.

本実施の形態に係る中継通信システムの全体構成を示す図である。 Is a diagram illustrating an overall configuration of a relay communication system according to this embodiment. 中継サーバの構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of a relay server. クライアント端末の構成と、リソースなどの格納状況とを示す図である。 The configuration of the client terminal is a diagram showing a storage status of such resources. 共有リソース管理情報を示す図である。 It is a diagram illustrating the shared resource management information. 中継グループ情報を示す図である。 It is a diagram showing a relay group information. 中継サーバ情報を示す図である。 It is a diagram showing a relay server information. 本発明の第1の実施の形態に係る中継通信システムの処理の流れを示す図である。 The processing flow of the relay communication system according to a first embodiment of the present invention. FIG. クライアント端末情報を示す図である。 It is a diagram illustrating a client terminal information. クライアント端末情報を示す図である。 It is a diagram illustrating a client terminal information. 本発明の第1の実施の形態に係る中継通信システムの処理の流れを示す図である。 The processing flow of the relay communication system according to a first embodiment of the present invention. FIG. 本発明の第2の実施の形態に係る中継通信システムの処理の流れを示す図である。 The processing flow of the relay communication system according to a second embodiment of the present invention. FIG. 共有リソース管理情報の変形例を示す図である。 It is a diagram showing a modified example of shared resource management information.

{第1の実施の形態} {First Embodiment}
<1. <1. 中継通信システムの全体構成> The entire configuration of a relay communication system>
以下、図面を参照しつつ本発明の実施の形態について説明する。 Hereinafter, with reference to the drawings, embodiments of the present invention will be described. 図1は、中継通信システムの全体構成を示す図である。 Figure 1 is a diagram illustrating an overall configuration of a relay communication system. 中継通信システムは、LAN1、2、WAN(Wide Area Network)3から構成される。 Relay communication system, LANs 1 and 2, composed of WAN (Wide Area Network) 3. LAN1、2は、小規模なネットワークであり、物理的に離れた場所に構築されている。 LAN1,2 is a small network, it has been built to a physically separate location. WAN3は、インターネットなどの広域ネットワークである。 WAN3 is, the Internet is a wide area network, such as.

LAN1には、クライアント端末11、中継サーバ12が接続されている。 The LAN1, client terminals 11, the relay server 12 is connected. LAN2には、クライアント端末21、22、中継サーバ23が接続されている。 The LAN2, client terminals 21 and 22, the relay server 23 is connected. WAN3には、SIP(Session Initiation Protocol)サーバ30が接続されている。 The WAN3, SIP (Session Initiation Protocol) server 30 is connected.

クライアント端末11、21、22は、パーソナルコンピュータなどである。 The client terminal 11, 21, and 22 may be a personal computer or the like. 中継サーバ12、23は、クライアント端末11と、クライアント端末21、22との相互間の通信を中継する。 Relay servers 12 and 23, the client terminal 11, and relays communications between each other with the client terminal 21, 22. SIPサーバ30は、中継サーバ12、23の相互間の通信を中継する。 SIP server 30 relays communication between the relay servers 12 and 23. 本実施の形態においては、中継サーバ12、23の相互間の通信プロトコルにはSIPを利用するが、SIP以外のプロトコルを利用してもよい。 In the present embodiment, the communication protocol between the relay servers 12 and 23 utilizes a SIP, it may be used other than the SIP protocol.

<2. <2. 中継サーバの構成> Configuration of the relay server>
図2は、中継サーバ12、23の構成を示すブロック図である。 Figure 2 is a block diagram showing the configuration of the relay server 12 and 23. 中継サーバ12(23)は、インタフェース部121(231)、制御部122(232)、データベース格納部123(233)から構成される。 The relay server 12 (23), the interface unit 121 (231), a control unit 122 (232), a database storage unit 123 (233). 括弧が付されていない符号は、中継サーバ12に関する符号である。 Codes not attached parentheses is a code related to the relay server 12. 括弧が付されている符号は、中継サーバ23に関する符号である。 Code are assigned parentheses is a code related to the relay server 23.

インタフェース部121(231)は、プライベートIP(Internet Protocol)アドレスを利用して、LAN1(2)に接続されるクライアント端末11(21、22)との通信を行う。 Interface unit 121 (231) uses the private IP (Internet Protocol) address for communicating with the client terminal 11 connected to the LAN1 (2) (21, 22). インタフェース部121(231)は、グローバルIPアドレスを利用して、WAN3に接続されるSIPサーバ30と通信を行う。 Interface unit 121 (231), using the global IP address, and communicates with the SIP server 30 connected to the WAN 3.

制御部122(232)は、データベース格納部123(233)に格納される各種データベースを管理する。 Control unit 122 (232) manages various databases stored in the database storage unit 123 (233). データベース格納部123(233)は、中継グループ情報格納部124(234)、中継サーバ情報格納部125(235)、クライアント端末情報格納部126(236)、共有リソース情報格納部127(237)から構成される。 Database storage unit 123 (233) is composed of a relay group information storage unit 124 (234), the relay server information storage unit 125 (235), the client terminal information storage unit 126 (236), the shared resource information storage unit 127 (237) It is.

<3. <3. クライアント端末の構成> Configuration of the client terminal>
図3は、クライアント端末11の構成と、リソースなどの各種情報の格納状況とを示す図である。 Figure 3 is a diagram showing the configuration of the client terminal 11, and a storage status of the various kinds of information such as resource. クライアント端末11は、制御部111と、操作部112と、モニタ113と、記憶部114と、データベース格納部115と、LANインタフェース116とを備える。 The client terminal 11 includes a control unit 111, an operation unit 112, a monitor 113, a storage unit 114, a database storage unit 115, and a LAN interface 116.

制御部111は、CPU(Central Processing Unit)などを有し、クライアント端末11の全体制御を行う。 Control unit 111 has a like CPU (Central Processing Unit), controls the whole of the client terminal 11. 操作部112は、キーボード、マウスなどで構成されており、クライアント端末11に対する各種の指示を受け付ける。 Operation unit 112 includes a keyboard, a mouse, etc., and is formed over the accepts various instructions to the client terminal 11. モニタ113は、液晶ディスプレイなどである。 Monitor 113 is a liquid crystal display or the like.

記憶部114は、フォルダ、ファイルなどのリソースを格納する。 Storage unit 114 stores a folder, the resources, such as files. 具体的には、記憶部114には、共有フォルダ31が作成されている。 Specifically, the storage unit 114, the shared folder 31 is created. 共有フォルダ31には、共有ファイル32が格納されている。 In the shared folder 31, shared file 32 are stored.

データベース格納部115は、中継グループ情報格納部117、中継サーバ情報格納部118、共有リソース情報格納部119から構成される。 Database storage unit 115, the relay group information storage unit 117, the relay server information storage unit 118, and a shared resource information storage section 119.

LANインタフェース116は、TCP(Transmission Control Protocol)/IPなどのプロトコルを用いて、中継サーバ12との通信を制御する。 LAN interface 116 uses a protocol such as TCP (Transmission Control Protocol) / IP, and controls communication with the relay server 12.

クライアント端末21、22の構成は、記憶部を除いて、クライアント端末11の構成と同様である。 Configuration of the client terminal 21 and 22, with the exception of the storage unit is the same as the configuration of the client terminal 11. クライアント端末21の記憶部214には、共有ファイル33と、共有ファイル33を操作することができるアプリケーションプログラム34とが格納される。 The storage unit 214 of the client terminal 21, the shared file 33, an application program 34 which can manipulate the shared file 33 is stored. クライアント端末22の記憶部の説明は、省略する。 Description of the storage unit of the client terminal 22 will be omitted.

共有フォルダ31、共有ファイル32、33は、クライアント端末11、21、22の間で共有される共有リソースである。 Shared folder 31, shared files 32 and 33, it is a shared resource that is shared between the client terminal 11, 21, and 22. 図3に示すように、共有リソースの実体は、各クライアント端末に分散して格納される。 As shown in FIG. 3, the entity of the shared resource is stored dispersed in the respective client terminals. 各クライアント端末に実体が格納されているリソースは、これらのリソースの属性情報が共有リソース管理情報80に登録されることにより、クライアント端末11、21、22の間で仮想的に共有される共有リソースとなる。 Resource entities to each client terminal is stored, the shared resource attribute information of these resources by being registered in the shared resource management information 80, which is virtually shared between the client terminal 11, 21, and 22 to become.

共有リソースの実体にアクセスできるクライアント端末を、オーナクライアント端末と呼ぶ。 The client terminal can access the entity of the shared resource, it referred to as the owner client terminal. たとえば、クライアント端末11は、共有フォルダ31、共有ファイル32のオーナクライアント端末である。 For example, the client terminal 11, the shared folder 31, is the owner client terminal of the shared file 32. なお、各クライアント端末が共有リソースの実体にアクセスできるのであれば、各クライアント端末に接続されているファイルサーバなどに共有リソースの実体が格納されていてもよい。 Incidentally, if the client terminal can access the entity of the shared resource may be stored entities shared resource such as a file server connected to each client terminal.

<4. <4. リソースの操作の流れ> Flow of resources of the operation>
以下、クライアント端末11が、クライアント端末12が実体を格納する共有ファイル33を遠隔操作する処理について詳しく説明する。 Hereinafter, the client terminal 11 will be described in detail the process for remotely operating the shared file 33 by the client terminal 12 stores the entity. 本実施の形態における「遠隔操作」とは、クライアント端末11がオーナクライアント端末にインストールされているアプリケーションを利用して共有リソースの各種操作を行うことをいう。 The "remote operation" in the present embodiment, by utilizing the application client terminal 11 is installed on the owner client terminal refers to perform various operations of the shared resource. 共有リソースの操作としては、たとえば、編集、あるいは閲覧などが挙げられる。 The operation of the shared resources, e.g., editing, or browsing the like.

<4.1. <4.1. 操作対象の指定> Designation of the operation target>
まず、クライアント端末11のユーザは、操作部112を操作して、共有リソース情報格納部119に格納されている共有リソース管理情報80をモニタ113に表示させる。 First, the user of the client terminal 11, by operating the operation unit 112 to display the shared resource management information 80 stored in the shared resource information storage section 119 to the monitor 113. クライアント端末11のユーザは、モニタ113に表示された共有リソース管理情報80を参照して、操作対象の共有リソースを指定する。 The user of the client terminal 11 refers to the shared resource management information 80 displayed on the monitor 113, to specify the shared resources of the operation target.

図4は、共有リソース管理情報80を示す図である。 Figure 4 is a diagram illustrating the shared resource management information 80. 共有リソース管理情報80は、本体情報81、共有端末情報82、共有リソース個別情報831、832、833・・・から構成される。 Shared resource management information 80, the body information 81, the shared terminal information 82, and a shared resource individual information 831, 832, 833,. 共有リソース個別情報831、832、833・・・の総称を、共有リソース個別情報83とする。 The generic name of the shared resource individual information 831, 832, 833..., A shared resource individual information 83.

本体情報81は、共有リソース管理情報80の属性情報である。 Body information 81 is an attribute information of the shared resource management information 80. 本体情報81において、「id」は、共有リソース管理情報80の識別番号である。 In body information 81, "id" is the identification number of the shared resource management information 80. 「owner」には、共有リソース管理情報80を作成したクライアント端末の識別情報が登録される。 The "owner" is the identification information of the client terminal that created the shared resource management information 80 is registered. 「name」には、共有リソース管理情報80の名前が設定される。 To "name" is set to the name of the shared resource management information 80.

共有端末情報82には、共有リソースを共有するグループを構成するクライアント端末の識別情報が設定される。 The shared terminal information 82, the identification information of the client terminals constituting the group to share the shared resource is set. 共有端末情報82には、クライアント端末11の識別情報「client−1@relay−server−1.abc.net」が登録されている。 The shared terminal information 82, identification information "client-1@relay-server-1.abc.net" is registered in the client terminal 11. また、共有端末情報82には、クライアント端末21、22の識別情報として、「client−2@relay−server−2.abc.net」、「client−3@relay−server−2.abc.net」がそれぞれ登録されている。 Further, the shared terminal information 82, as the identification information of the client terminal 21 and 22, "client-2@relay-server-2.abc.net", "client-3@relay-server-2.abc.net" There are registered, respectively.

共有リソース個別情報83は、共有リソースごとに作成され、各共有リソースの属性情報が記載される。 Shared resource individual information 83 is created for each shared resource, attribute information of the shared resource is described. 共有リソース個別情報831は、共有フォルダ31に対応し、共有リソース個別情報832、833は、共有ファイル32、33にそれぞれ対応する。 Shared resource individual information 831 corresponds to the shared folder 31, the shared resource individual information 832 and 833 respectively correspond to the shared file 32, 33.

共有リソース個別情報831〜833がそれぞれ設定されるresourceタグにおいて、「id」は、各共有リソース個別情報の識別情報である。 In resource tag shared resource individual information 831 to 833 are respectively set, "id" is identification information for each shared resource individual information. 「name」には、共有リソースの名前が設定される。 To "name" is set to the name of the shared resource. 「owner」には、オーナクライアント端末の識別情報が登録される。 The "owner", the identification information of the owner client terminal is registered. 「type」は、共有リソースがファイルであるかフォルダであるかを示す情報である。 "Type" is information shared resource indicate whether a folder or a file. 「value」は、オーナクライアント端末における共有リソースの実体の格納場所を示している。 "Value" indicates the location of the entity of the shared resources in the owner client terminal.

共有リソース個別情報83は、仮想的なツリー構成で記述される。 Shared resource individual information 83 is described in a virtual tree structure. たとえば、共有リソース個別情報832、833は、共有リソース個別情報831のresourceタグの中に組み込まれている。 For example, shared resource individual information 832 and 833 are incorporated into the resource tag of the shared resource individual information 831. 共有リソース個別情報831に対応する共有フォルダ31は、クライアント端末11に作成されている(図2参照)。 Shared folder 31 corresponding to the shared resource separate information 831 is created on the client terminal 11 (see FIG. 2). 共有リソース個別情報833に対応する共有ファイル33は、クライアント端末21に格納されている。 Shared file 33 corresponding to the shared resource separate information 833 is stored in the client terminal 21.

これらのことから、共有リソース個別情報83において、共有ファイル33が共有フォルダ31に仮想的に格納されていることがわかる。 From these, the shared resource the individual information 83, it can be seen that the shared file 33 are stored virtually in the shared folder 31. 共有リソース個別情報83の仮想的なツリー構成と、共有リソースの実体の格納場所とは、直接的な関係はない。 And virtual tree structure of the shared resource individual information 83, the storage location of the entity of the shared resource, there is no direct relationship. たとえば、共有リソース個別情報83の仮想的なツリー構成の変化に連動して、共有リソースの実体の格納場所が変更されることはない。 For example, in conjunction with the change in the virtual tree structure of the shared resource individual information 83, there is no possibility that the storage location of the entity of the shared resource is changed.

共有リソース管理情報80は、共有端末情報82に登録されたクライアント端末と、これらのクライアント端末が直接通信することができる中継サーバにより共有される。 Shared resource management information 80 is shared by the relay server that can be a client terminal which is registered in the shared terminal information 82, these client terminals communicate directly. つまり、共有リソース管理情報80は、各クライアント端末の共有リソース情報格納部、中継サーバ12、23の共有リソース情報格納部127、237に格納される。 In other words, the shared resource management information 80, the shared resource information storage unit of each client terminal is stored in the shared resource information storage section 127,237 of the relay servers 12 and 23.

クライアント端末11のユーザは、モニタ113に表示された共有リソース管理情報80に基づいて、共有ファイル33を遠隔操作の対象に指定する。 The user of the client terminal 11, based on the shared resource management information 80 displayed on the monitor 113, to specify the shared file 33 to the target remote control. 共有リソース個別情報833には、共有ファイル33のファイル名として、「data.ppt」が設定されている。 The shared resource individual information 833, as the file name of the shared file 33, "data.ppt" is set. クライアント端末11のユーザは、共有ファイル33のオーナクライアント端末21がクライアント端末21であることを確認する。 The user of the client terminal 11 confirms that the owner client terminal 21 of the shared file 33 is a client terminal 21.

<4.2. <4.2. 通信状態の確認> Confirmation of the communication state>
クライアント端末11のユーザは、共有ファイル33を指定した後に、通信先となるクライアント端末21にアクセスできるかどうかを確認する。 The user of the client terminal 11, after specifying the shared file 33, to determine whether access to the client terminal 21 as a communication destination. 具体的には、クライアント端末11のユーザは、中継グループ情報40および中継サーバ情報50をモニタ113に表示させ、クライアント端末11が所属する中継グループを確認する。 Specifically, the user of the client terminal 11 to display the relay group information 40 and the relay server information 50 to the monitor 113, confirming the relay group to which the client terminal 11 belongs.

図5は、中継グループ情報40を示す図である。 Figure 5 is a diagram showing a relay group information 40. 中継グループ情報40は、中継通信システムを構成する中継サーバに関する情報である。 Relay group information 40 is information regarding the relay servers that constitute the relay communication system. 中継グループ情報40は、各クライアント端末の中継グループ情報格納部、中継サーバ12、23の中継グループ情報格納部124、234に格納される。 Relay group information 40, the relay group information storage unit of each client terminal is stored in the relay group information storage unit 124,234 the relay servers 12 and 23. つまり、中継グループ情報40は、中継通信システムを構成する中継サーバ、クライアント端末により共有される。 In other words, the relay group information 40, the relay servers that constitute the relay communication system, is shared by the client terminal.

図5に示すように、中継グループ情報40は、上位情報401、下位情報402から構成される。 As shown in FIG. 5, the relay group information 40 is composed of upper information 401, lower information 402. 上位情報401は、上位にある中継グループについての情報である。 Higher-level information 401 is information regarding the relay group that is higher. 「id」は、中継グループの識別情報であり、「20070402133100@relay−server−1.abc.net」が設定されている。 "Id" is the identification information of the relay group, "20070402133100@relay-server-1.abc.net" is set. 「name」は、中継グループの名称であり、「GROUP 1」が設定されている。 "Name" is the name of the relay group, "GROUP 1" is set.

下位情報402は、下位にある中継サーバについての情報である。 Lower information 402 is information regarding the relay server that is subordinate. 「id」は、中継グループを構成する中継サーバの識別情報を示す。 "Id" indicates identification information of the relay servers that constitute the relay group. 「id」には、中継サーバ12、23の識別情報「relay−server−1@abc.net」、「relay−server−2@abc.net」が設定されている。 To the "id", the identification information of the relay server 12 and 23 "relay-server-1@abc.net", "relay-server-2@abc.net" is set.

図6は、中継サーバ情報50を示す図である。 Figure 6 is a diagram showing a relay server information 50. 中継サーバ情報50は、各クライアント端末の中継サーバ情報格納部、中継サーバ12、23の中継サーバ情報格納部125、235に格納される。 The relay server information 50, the relay server information storage unit of each client terminal is stored in the relay server information storage unit 125,235 the relay servers 12 and 23. つまり、中継サーバ情報50は、図1に示す中継通信システムを構成する中継サーバ、クライアント端末により共有される。 That is, the relay server information 50, the relay servers that constitute the relay communication system shown in FIG. 1, is shared by the client terminal.

図6に示すように、中継サーバ情報50は、上位情報501−1、501−2、下位情報502−1、502−2から構成される。 As shown in FIG. 6, the relay server information 50, the upper information 501-1 and 501-2, and a lower information 502-1 and 502-2. 上位情報501−1、501−2は、上位にある中継サーバ12、23についての情報である。 Upper information 501-1 and 501-2 is the information regarding the relay server 12 and 23 that are higher. 「id」、「name」は、中継サーバの識別情報、名称を示す。 "Id", "name" indicates identification information of the relay server, the name. 中継サーバ起動情報503−1、503−2は、中継サーバ12、23の起動状態を示す情報であり、起動中であることを示す「active」が設定されている。 The relay server activation information 503-1 and 503-2 is information indicating an activation state of the relay servers 12 and 23, is set with "active" indicating that it is activated.

下位情報502−1、502−2は、下位にあるクライアント端末についての情報である。 Lower information 502-1 and 502-2, is the information about the client terminal that is subordinate. 下位情報502−1のnodeタグは、クライアント端末11に対応する。 node tag of the lower information 502-1, corresponding to the client terminal 11. 下位情報502−2の上側のnodeタグは、クライアント端末21に対応し、下側のnodeタグは、クライアント端末22に対応する。 Upper node tag of the lower information 502-2 corresponds to the client terminal 21, the lower node tag, corresponding to the client terminal 22.

各nodeタグにおいて、「div」、「id」、「name」は、クライアント端末の部署名、識別情報、名称を示す。 In each node tag, "div", "id", "name" indicates the department name of the client terminal, identification information, the name. 「group」は、クライアント端末が所属する中継グループの識別情報を示す。 "Group" indicates identification information of the relay group to which the client terminal belongs. クライアント端末サイト情報504−1、504−2は、クライアント端末11、21、22のログオン先の中継サーバの識別情報を示す。 The client terminal site information 504-1 and 504-2 indicates the identification information of the relay server is logged on to the client terminal 11, 21, and 22.

図5に示す中継グループ情報40と、図6に示す中継サーバ情報50とを参照することにより、クライアント端末11のユーザは、クライアント端末11、21が中継サーバ12、23により構成される中継グループに所属していることを確認する。 A relay group information 40 shown in FIG. 5, by referring to the relay server information 50 shown in FIG. 6, the user of the client terminal 11, the client terminal 11 and 21 relay group formed by the relay servers 12 and 23 make sure that you are a member of.

次に、クライアント端末11のユーザは、中継サーバ情報50を参照して、クライアント端末21と通信できるかどうかを確認する。 Next, the user of the client terminal 11 refers to the relay server information 50, and confirms whether it can communicate with the client terminal 21. クライアント端末サイト情報504−2に中継サーバ23の識別情報「relay−server−2@abc.net」が設定されているため、クライアント端末21は、中継サーバ23にログオン中である。 Since the identification information of the relay server 23 to the client terminal site information 504-2 "relay-server-2@abc.net" is set, the client terminal 21 is logged in the relay server 23. なお、クライアント端末21がログオフしている場合、クライアント端末サイト情報504−2は空欄となる。 In the case where the client terminal 21 is logged off, the client terminal site information 504-2 is blank. 中継サーバ起動情報503−2に「active」が設定されているため、中継サーバ23は起動中である。 For "active" to the relay server activation information 503-2 is set, the relay server 23 is running. これらのことから、クライアント端末11のユーザは、クライアント端末21と通信できることを確認する。 From these, the user of the client terminal 11 confirms that it can communicate with the client terminal 21.

<4.3. <4.3. 遠隔操作の要求> Request of the remote control>
図7は、共有リソースの遠隔操作に用いられるメディアセッションが確立されるまでの処理の流れを示す図である。 Figure 7 is a diagram showing the flow of processing up to the media session is established for use in remote control of the shared resource. クライアント端末11のユーザは、クライアント端末21との通信が可能なことを確認した上で、共有ファイル33の遠隔操作を指示する。 The user of the client terminal 11, after confirming that it is possible to communicate with the client terminal 21, and instructs the remote operation of the shared file 33.

クライアント端末11は、宛先がクライアント端末21に指定された共有ファイル33の遠隔操作要求を中継サーバ12に送信する(ステップS1:openfile(data.ppt,remote))。 The client terminal 11 transmits a remote operation request of the shared file 33 the destination specified in the client terminal 21 to the relay server 12 (Step S1: openfile (data.ppt, remote)). 遠隔操作要求には、宛先としてクライアント端末21の識別情報「client−2@relay−server−2.abc.net」が設定されている。 The remote operation request, the identification information of the client terminal 21 "client-2@relay-server-2.abc.net" is set as the destination. また、送信元としてクライアント端末11の識別情報「client−1@relay−server−1.abc.net」が設定されている。 The identification information of the client terminal 11 "client-1@relay-server-1.abc.net" is set as the source. 中継サーバ12は、受信した遠隔操作要求の送信元がクライアント端末11であることを、中継サーバ情報50およびクライアント端末情報60に基づいて確認する。 The relay server 12, the transmission source of the received remote control request is the client terminal 11 checks based on the relay server information 50 and the client terminal information 60.

図8は、クライアント端末11の詳細を示すクライアント端末情報60を示す図である。 Figure 8 is a diagram illustrating a client terminal information 60 showing details of the client terminal 11. クライアント端末情報60は、クライアント端末情報格納部126に格納される。 The client terminal information 60 is stored in the client terminal information storage unit 126.

「div」、「id」、「pass」は、クライアント端末11の部署名、識別情報、パスワードを示す。 "Div", "id", "pass" indicates the department name of the client terminal 11, identification information, a password. 「group」は、クライアント端末11が所属する中継グループの識別情報を示す。 "Group" indicates identification information of the relay group to which the client terminal 11 belongs. クライアント端末アドレス情報601には、クライアント端末11のIPアドレス「192.168.10.2」が設定される。 The client terminal address information 601, IP address "192.168.10.2" of the client terminal 11 is set. クライアント端末有効期限情報602には、クライアント端末11のレジスト有効期限として「1213935960484」が設定される。 The client terminal expiration period information 602, "1213935960484" is set as the registration expiration time of the client terminal 11. クライアント端末ポート情報603には、クライアント端末11のポート番号「5070」が設定される。 The client terminal port information 603, the port number "5070" of the client terminal 11 is set.

中継サーバ12は、遠隔操作要求の宛先(クライアント端末21)と、中継サーバ情報50とに基づいて、遠隔操作要求の転送先を中継サーバ23に決定する。 The relay server 12, the remote operation request destination (client terminal 21), based on the relay server information 50, determines a destination of the remote operation request to the relay server 23. 遠隔操作要求が、中継サーバ12から中継サーバ23に転送される(ステップS1.1:openfile(data.ppt,remote))。 Remote operation request is transferred from the relay server 12 in the relay server 23 (Step S1.1: openfile (data.ppt, remote)).

中継サーバ23は、中継サーバ12と同様に、遠隔操作要求をクライアント端末21に転送する(ステップS1.1.1:openfile(data.ppt))。 The relay server 23, like the relay server 12, and transfers the remote control request to the client terminal 21 (step S1.1.1: openfile (data.ppt)). 中継サーバ23は、遠隔操作要求を転送する際に、クライアント端末21に対応するクライアント端末情報70を参照する。 The relay server 23, when transferring the remote operation request, refers to the client terminal information 70 corresponding to the client terminal 21.

図9は、クライアント端末情報70を示す図である。 Figure 9 is a diagram illustrating a client terminal information 70. クライアント端末情報70は、クライアント端末情報格納部236に格納されている。 The client terminal information 70 is stored in the client terminal information storage unit 236. クライアント端末情報70は、図8に示すクライアント端末情報60と同様であるので、その詳細な説明を省略する。 The client terminal information 70 is the same as the client terminal information 60 shown in FIG. 8, a detailed description thereof is omitted. クライアント端末23の識別情報、クライアント端末アドレス情報701「192.168.1.10」、およびクライアント端末ポート情報703「5070」などに基づいて、遠隔操作要求が、中継サーバ23からクライアント端末21に転送される。 Identification information of the client terminal 23, client terminal address information 701 "192.168.1.10", and the client terminal port information 703 "5070" based on such, the remote operation request, transmitted from the relay server 23 to the client terminal 21 It is.

クライアント端末21は、受信した遠隔操作要求の応答として、共有ファイル33の遠隔操作を許可するOKレスポンスをクライアント端末11に送信する。 The client terminal 21 as a response of the received remote control request, transmits an OK response to allow remote control of the shared file 33 to the client terminal 11. クライアント端末21からクライアント端末11へのOKレスポンスの転送は、上記と同様であるため省略する。 OK transfers the response from the client terminal 21 to the client terminal 11 will be omitted because it is similar to the above.

<4.4. <4.4. 遠隔操作用セッションの確立> Establishment of a remote control for the session>
クライアント端末11が遠隔操作要求のOKレスポンスを受信することにより、共有ファイル33の遠隔操作に用いられるメディアセッション(以下、「遠隔操作用セッション」という)が、クライアント端末11、21の間に確立される。 By the client terminal 11 receives the OK response of the remote operation request, the media session used for the remote control of the shared file 33 (hereinafter, referred to as "remote operation session") is established between the client terminals 11 and 21 that.

具体的には、クライアント端末11が、遠隔操作要求に基づく遠隔操作用セッションの確立を中継サーバ12に要求する(ステップS2:INVITE())。 Specifically, the client terminal 11 requests the establishment of a remote control session based on remote operation request to the relay server 12 (Step S2: INVITE ()). 中継サーバ12は、INVITEリクエストの応答をクライアント端末11に送信する。 The relay server 12 transmits a response to the INVITE request to the client terminal 11. クライアント端末11は、ACKリクエストを中継サーバ12に送信する(ステップS3:ACK())。 The client terminal 11 transmits an ACK request to the relay server 12 (Step S3: ACK ()). 中継サーバ12は、ACKリクエストを受信することにより、クライアント端末11と中継サーバ12との間にメディアセッションを確立する(ステップS3.2:MediaSession())。 The relay server 12, by receiving an ACK request to establish a media session between the client terminal 11 and the relay server 12 (Step S3.2: MediaSession ()).

また、中継サーバ12がACKリクエストを受信する(ステップS3)ことにより、中継サーバ12と中継サーバ23との間にメディアセッションが確立される(ステップS3.1、ステップS3.3、ステップS3.3.2)。 The relay server 12 receives the ACK request (step S3) by the media session is established between the relay server 12 and the relay server 23 (step S3.1, step S3.3, step S3.3 .2). これらの処理は、ステップS2、ステップS3、ステップS3.2に示す処理と同様である。 These processes, step S2, step S3, is the same as the process shown in step S3.2.

中継サーバ23がACKリクエストを受信する(ステップS3.3)ことにより、中継サーバ23とクライアント端末21との間にメディアセッションが確立される(ステップS3.3.1、ステップS3.3.3、ステップS3.3.3.1)。 The relay server 23 receives the ACK request (step S3.3) by the media session is established between the relay server 23 and the client terminal 21 (step S3.3.1, step S3.3.3, step S3.3.3.1). これらの処理は、ステップS2、ステップS3、ステップS3.2に示す処理と同様である。 These processes, step S2, step S3, is the same as the process shown in step S3.2.

このようにして、遠隔操作用セッションが、共有ファイル33の遠隔操作要求に基づいて確立される。 In this way, a remote operation session is established on the basis of the remote operation request of the shared file 33. 遠隔操作用セッションは、共有ファイル33の遠隔操作に必要な各種情報の転送に用いられ、他の共有リソースの遠隔操作などのために用いられることはない。 Remote operation session, shared remote control file 33 used for transferring various information necessary for, will not be used for such remote control of other shared resources.

<4.5. <4.5. 遠隔操作用画面の表示> Display of remote operation screen>
図10は、遠隔操作用セッションの確立後における中継通信システムの処理の流れを示す図である。 Figure 10 is a diagram showing the flow of processing in the relay communication system after establishing the remote control session. 遠隔操作用セッションの確立後、クライアント端末11は、遠隔操作に関する設定情報を作成する。 After establishing a remote control session, the client terminal 11 creates the setting information about the remote control. 設定情報には、クライアント端末11のモニタ113の解像度情報および色調情報、クライアント端末21からクライアント端末11に送信される画面データのエンコード方法を指定する情報などが含まれる。 The setting information includes the information specifying the encoding method for image data transmitted resolution information and color information of the monitor 113 of the client terminal 11, the client terminal 21 to the client terminal 11.

設定情報は、遠隔操作用セッションを介してクライアント端末21に送信される。 Setting information is transmitted through the session for remote operation to the client terminal 21. 具体的には、クライアント端末11は、クライアント端末11と中継サーバ12との間に確立された遠隔操作用セッションを利用して、設定情報を中継サーバ12に送信する(ステップS4:HandshakingMessage())。 Specifically, the client terminal 11 uses the remote control session established between the client terminal 11 and the relay server 12 transmits the setting information to the relay server 12 (Step S4: HandshakingMessage ()) . 中継サーバ12は、中継サーバ12、23の間に確立された遠隔操作用セッションを利用して、設定情報を中継サーバ23に送信する(ステップS4.1:HandshakingMessage())。 The relay server 12 uses the remote control session established between the relay servers 12 and 23, transmits the setting information to the relay server 23 (Step S4.1: HandshakingMessage ()). そして、設定情報が、中継サーバ23からクライアント端末21に、クライアント端末21と中継サーバ23との間に確立された遠隔操作用セッションを利用して、送信される(ステップS4.1.1:HandshakingMessage())。 Then, setting information, to the client terminal 21 from the relay server 23, by using a remote control session established between the client terminal 21 and the relay server 23, is transmitted (step S4.1.1: HandshakingMessage ()).

クライアント端末21は、受信した設定情報に対する応答を、遠隔操作用セッションを利用してクライアント端末11に送信する。 The client terminal 21 transmits a response to the received setting information, the client terminal 11 by using the session for remote operation. 設定情報に対応する応答を受信したクライアント端末11は、共有ファイル33の遠隔操作に用いる画面データの送信を、遠隔操作用セッションを利用してクライアント端末21に要求する。 The client terminal 11 which has received the response corresponding to the setting information, transmission of screen data to be used for remote control of the shared file 33, and requests the client terminal 21 by using the session for remote operation.

クライアント端末11が、画面データの送信要求を中継サーバ12に送信する(ステップS5:requestframe(data.ppt))。 The client terminal 11 transmits a transmission request for the screen data to the relay server 12 (Step S5: requestframe (data.ppt)). 中継サーバ12は、画面データの送信要求を中継サーバ23に転送する(ステップS5.1:requestframe(data.ppt))。 The relay server 12 transfers the transmission request for the screen data to the relay server 23 (Step S5.1: requestframe (data.ppt)). 中継サーバ23は、クライアント端末21に画面データの送信要求を送信する(ステップS5.1.1:requestframe(data.ppt))。 The relay server 23 transmits a transmission request for the screen data to the client terminal 21 (step S5.1.1: requestframe (data.ppt)). 画面データの送信要求は、設定情報と同様に、遠隔操作用セッションを介してクライアント端末11からクライアント端末21に送信される。 Transmission request for the screen data, as well as the setting information, is transmitted from the client terminal 11 via the session for remote operation to the client terminal 21.

クライアント端末21は、画面データの送信要求を受信することにより、アプリケーションプログラム34を起動させる。 The client terminal 21, by receiving a request for transmission of screen data, to start the application program 34. アプリケーションプログラム34は、共有ファイル33を開いたウィンドウフレームを作成し、クライアント端末21のモニタに表示させる。 Application program 34 creates a window frame opening a shared file 33, is displayed on the monitor of the client terminal 21. ウィンドウフレームを含む画面データが、受信した設定情報に基づいて作成される。 Screen data including the window frame is created based on the received setting information. 画面データは、ウィンドウフレームのみに対応するデータでもよい。 Screen data may be a data corresponding only to the window frame. あるいは、画面データは、クライアント端末21のモニタ全体に対応するデータでもよい。 Alternatively, the screen data may be data corresponding to the entire monitor of the client terminal 21. クライアント端末21は、遠隔操作用セッションを用いて、画面データをクライアント端末11に送信する。 The client terminal 21, using the session for remote operation, and transmits the screen data to the client terminal 11.

クライアント端末11は、受信した画面データに基づいて、共有ファイル33の操作画面をモニタ113に表示する。 The client terminal 11, based on the received screen data, displays an operation screen of the shared file 33 on the monitor 113. これにより、クライアント端末11のユーザは、操作画面を参照しながら、共有ファイル33に対する指示を操作部112に入力することができる。 Thus, the user of the client terminal 11, with reference to the operation screen, can be input to the operation unit 112 an instruction to the shared file 33. つまり、クライアント端末11のユーザは、表示ページの変更、共有ファイル33の編集、あるいは共有ファイル33の保存などのアプリケーションプログラム34に応じた操作を、モニタ113に表示された操作画面に基づいて指示する。 In other words, the user of the client terminal 11 instructs the basis change display page, editing of the shared file 33, or operating in accordance with the application program 34 and saving the shared file 33, the operation screen displayed on the monitor 113 . クライアント端末11は、ユーザが操作部112を操作して入力したイベント情報のうち、操作画面に対応するウィンドウフレーム内で発生したイベント情報を、遠隔操作用セッションを介してクライアント端末21に送信する。 The client terminal 11, among the event information input by the user by operating the operation unit 112, the event information generated in a window frame corresponding to the operation screen, and transmits to the client terminal 21 via the session for remote operation.

具体的には、イベント情報が、クライアント端末11から中継サーバ12に送信される(ステップS6:notify(event))。 Specifically, the event information is sent from the client terminal 11 to the relay server 12 (Step S6: notify (event)). 中継サーバ12は、イベント情報を中継サーバ23に送信する(ステップS6.1:notify(event))。 The relay server 12 transmits the event information to the relay server 23 (Step S6.1: notify (event)). 中継サーバ23は、イベント情報をクライアント端末21に送信する(ステップS6.1.1:notify(event))。 The relay server 23 sends the event information to the client terminal 21 (step S6.1.1: notify (event)). イベント情報は、設定情報と同様に、遠隔操作用セッションを介してクライアント端末11からクライアント端末21に送信される。 Event information, like the setting information is transmitted from the client terminal 11 via the session for remote operation to the client terminal 21.

クライアント端末21において、受信されたイベント情報がアプリケーションプログラム34に通知される。 In the client terminal 21, the event information received is notified to the application program 34. そして、アプリケーションプログラム34は、通知されたイベント情報に基づく処理を共有ファイル33に対して行い、処理結果を反映した新たな画面データを作成する。 The application program 34 performs processing based on the notified event information to the shared file 33, to create a new screen data that reflects the processing result. 新たな画面データは、遠隔操作用セッションを介してクライアント端末11に送信される。 New screen data is transmitted to the client terminal 11 via the session for remote operation. クライアント端末11は、受信した新たな画面データに基づいて、共有ファイル33の操作画面を更新する。 The client terminal 11 is based on the new screen data received, and updates the operation screen of the shared file 33. クライアント端末11のユーザは、更新された操作画面に基づいて、共有ファイル33に対する指示を新たに入力する。 The user of the client terminal 11, based on the updated operation screen is newly input instructions to the shared file 33.

以下、クライアント端末11は、操作部112からイベント情報が出力されるたびに、イベント情報を遠隔操作用セッションを介してクライアント端末21に送信する。 Hereinafter, the client terminal 11 each time the event information is output from the operation unit 112, and transmits to the client terminal 21 via the session for remote operation event information. クライアント端末11は、遠隔操作用セッションを介して受信した画面データに基づいて、操作画面を更新する。 The client terminal 11, based on the screen data received via the session for remote operation, and updates the operation screen. これらの処理が繰り返されることにより、クライアント端末11のユーザは、共有ファイル33をダウンロードすることなく、共有ファイル33の編集作業を行うことができる。 By these processes are repeated, the user of the client terminal 11, without having to download the shared file 33, it is possible to perform editing of the shared file 33. このため、クライアント端末11に接続する通信回線の速度が遅い場合、あるいは共有ファイル33のサイズが非常に大きい場合などに、共有ファイル33のダウンロードが完了するのを待つことなく、共有ファイル33に関する操作を実行することができる。 Therefore, if the speed of the communication line connected to the client terminal 11 is low, or in a case the size of the shared file 33 is very large, without waiting for the completion of the download of the shared file 33, the operation relating to the shared file 33 it is possible to run. たとえば、共有ファイル33の一部のページのみを閲覧、あるいは編集するときなどに、効率良く共有ファイル33に関する操作を実行できる。 For example, the operation can be performed on such as to efficiently share files 33 when only browsing, or to edit some of the pages of the shared file 33.

<4.6. <4.6. 遠隔操作の終了> The end of the remote control>
クライアント端末11のユーザは、共有ファイル33の遠隔操作を終了させる場合、遠隔操作用セッションの切断を指示する。 The user of the client terminal 11, when to terminate the remote operation of the shared file 33, directs cleavage of the remote control for the session.

遠隔操作用セッションの切断要求が、遠隔操作用セッションを介して、クライアント端末11からクライアント端末21に送信される。 Disconnection request of the remote operation session, through the session for the remote operation is transmitted from the client terminal 11 to the client terminal 21. 具体的には、切断要求が、クライアント端末11から中継サーバ12に送信される(ステップS7:BYE())。 Specifically, disconnection request is transmitted from the client terminal 11 to the relay server 12 (Step S7: BYE ()). 中継サーバ12は、切断要求を中継サーバ23に送信する(ステップS7.1:BYE())。 The relay server 12 transmits the disconnection request to the relay server 23 (Step S7.1: BYE ()). 中継サーバ23は、切断要求をクライアント端末21に送信する(ステップS7.1.1:BYE())。 The relay server 23 transmits the disconnection request to the client terminal 21 (step S7.1.1: BYE ()).

切断要求に対するOKレスポンスが、クライアント端末21から中継サーバ23、12を介してクライアント端末11に送信される。 OK response to the disconnection request is sent from the client terminal 21 to the client terminal 11 via the relay server 23,12. クライアント端末11がOKレスポンスを受信した後で、遠隔操作用セッションが切断される。 After the client terminal 11 has received the OK response, for remote operation session is disconnected. これにより、共有ファイル33の遠隔操作処理が終了する。 As a result, the remote control processing of the shared file 33 is completed. また、クライアント端末21は、アプリケーションプログラム34を終了させる。 The client terminal 21 terminates the application program 34.

なお、クライアント端末21は、クライアント端末11から受信したイベント情報に基づいて共有ファイル33を上書きしたときに、共有リソース管理情報80を更新する。 Incidentally, the client terminal 21, when overwriting a shared file 33 based on the event information received from the client terminal 11 updates the shared resource management information 80. 具体的には、共有リソース個別情報833のサイズを示す「len」、更新日時を示す「lastmod」が変更される。 Specifically, indicates the size of the shared resource individual information 833 "len", indicating modification date and time "lastmod" is changed. 共有リソース管理情報80の更新情報は、中継サーバ23、12を介してクライアント端末11に通知される。 It updates the shared resource management information 80 is notified to the client terminal 11 via the relay server 23,12. クライアント端末11、中継サーバ12、23は、更新情報に基づいて共有リソース管理情報80を更新する。 The client terminal 11, the relay server 12 and 23, and updates the shared resource management information 80 based on the updated information.

以上説明したように、クライアント端末11が共有ファイル33の遠隔操作を指示した場合、クライアント端末11とクライアント端末21との間に、共有ファイル33を遠隔操作するための遠隔操作用セッションが確立される。 As described above, when the client terminal 11 instructs the remote control of the shared file 33, between the client terminal 11 and the client terminal 21, the remote operation session is established for remotely controlling a shared file 33 . 遠隔操作用セッションは、共有ファイル33の遠隔操作に関する情報の転送以外の目的で利用されることはない。 Remote operation session is not to be utilized for purposes other than the transfer of information related to remote control of the shared file 33.

また、共有ファイル33の遠隔操作に、従来のVNC(Virtual Network Computing)を用いることが考えられる。 Further, the remote operation of the shared file 33, it is considered to use a conventional VNC (Virtual Network Computing). しかし、従来のVNCでは、クライアント端末11、21の間に確立される通信セッションは、共有ファイル33の遠隔操作に関する情報の転送だけでなく、他の情報の転送にも用いられるケースがある。 However, in the conventional VNC, the communication session is established between the client terminals 11 and 21, there is a shared file 33 not only transfers information about the remote operation of the case that is also used to transfer other information. つまり、従来のVNCでは、通信セッションの用途を限定することができないケースがある。 In other words, in the conventional VNC, it is not possible to limit the communication session application case.

たとえば、クライアント端末11が、共有ファイル33の遠隔操作と、他の共有ファイルのダウンロードとを、通信セッションの用途を限定できない従来のVNCを用いて並行して実行する場合を考える。 For example, the client terminal 11, consider the case of executing sharing and remote control file 33, the downloading of other shared files, parallel with the conventional VNC can not be limited to the communication session applications. この場合、VNCのために確立された通信セッションを介して、共有ファイル33の遠隔操作に関する情報と、他の共有ファイルとが並行して転送される。 In this case, via the communication session established for VNC, information about the remote operation of the shared file 33, and other shared files are transferred in parallel. この結果、共有ファイル33の遠隔操作に影響を及ぼすおそれがある。 As a result, there may affect the remote control of the shared file 33. これに対して、本実施の形態に係る中継通信システムでは、遠隔操作用セッションとは別に、他の共有ファイルをダウンロードするためのダウンロード用セッションが確立される。 In contrast, in the relay communication system according to this embodiment, the remote operation session separately, for downloading to download other shared files session is established. このため、クライアント端末11は、共有ファイル33の遠隔操作と並行して他の共有ファイルをクライアント端末21からダウンロードする際に、共有ファイル33の遠隔操作が影響を受けることがない。 Therefore, the client terminal 11, when downloading in parallel with the remote control of the shared file 33 and another shared files from the client terminal 21, not subject to remote control the influence of the shared file 33.

また、従来のVNCを利用して共有ファイル33を遠隔操作する場合、クライアント端末21に接続して従来のVNCの設定をした上で、ファイル管理用のアプリケーションプログラムを用いて所望のファイルを探す必要がある。 In the case of remotely operating the shared file 33 using conventional VNC, on which a set of conventional VNC connected to the client terminal 21, need to find a desired file by using an application program for a file management there is. さらに、共有ファイル33がクライアント端末21で見つからなかった場合、ユーザは、VNCを用いて他のコンピュータを遠隔操作し、共有ファイル33を探す必要がある。 Moreover, if the shared file 33 is not found in the client terminal 21, the user, the other computer remotely operated using VNC, it is necessary to look for a shared file 33. これに対して、本実施の形態に係る中継通信システムでは、共有リソース管理情報80に基づいて共有ファイル33の遠隔操作を指示するだけで、共有ファイル33の遠隔操作を開始することできる。 In contrast, in the relay communication system according to this embodiment, only instructs the remote operation of the shared file 33 based on the shared resource management information 80 may be to start remote control of the shared file 33. このように、本実施の形態に係る中継通信システムは、VNCの設定および共有ファイルを探す操作を行うことなく、共有ファイルを容易に遠隔操作することができる。 Thus, the relay communication system according to the present embodiment, without performing an operation to search for configuration and shared files VNC, can easily be remotely shared files.

{第2の実施の形態} Second Preferred Embodiment
<1. <1. 概要> Overview>
本発明の第2の実施の形態に係る中継通信システム、中継サーバ、クライアント端末の構成は、第1の実施の形態と基本的に同じである。 Relay communication system according to a second embodiment of the present invention, the relay server, the configuration of the client terminal is the same the first embodiment and basically. 本実施の形態では、上記第1の実施の形態と同様の部分については説明を省略し、異なる部分を中心に説明する。 In this embodiment, the same parts as the first embodiment will be omitted, will be described mainly different portions.

第2の実施の形態が第1の実施の形態と大きく異なる点は、以下の二点である。 The second embodiment is greatly different from the first embodiment in the following two points. 一点目は、本実施の形態に係るクライアント端末11に、共有ファイル33を編集するためのアプリケーションプログラム34がインストールされている点である。 The first point is the client terminal 11 according to the present embodiment is that the application program 34 for editing the shared file 33 are installed. 二点目は、クライアント端末11が共有ファイル33を編集する場合、共有ファイル33をダウンロードして編集するか、上記第1の実施の形態のように共有ファイル33を遠隔操作するかを選択することができる点である。 Secondly, when the client terminal 11 to edit the shared file 33, to choose whether to edit download shared file 33, to remotely control the shared file 33 as in the first embodiment it is that it is.

<2. <2. 操作方法の選択> Selection of Operation>
以下、本実施の形態に係る中継通信システムの処理の流れについて説明する。 Hereinafter, a description is given of the flow of processing in the relay communication system according to this embodiment.

まず、クライアント端末11のユーザは、モニタ113に表示された共有リソース情報管理情報80を参照して、操作対象として共有ファイル33を指定し、共有ファイル33のオーナクライアント端末がクライアント端末21であることを確認する。 First, that the user of the client terminal 11, by referring to the shared resource information management information 80 displayed on the monitor 113, to specify the shared file 33 as the operation target, the owner client terminal of the shared file 33 is the client terminal 21 to make sure. クライアント端末11のユーザは、クライアント端末21と通信可能であることを、中継グループ情報40、中継サーバ情報50を用いて確認する。 The user of the client terminal 11 that can communicate with the client terminal 21, the relay group information 40 is checked using the relay server information 50.

その後、クライアント端末11のユーザは、ダウンロードした共有ファイル33を編集するか、共有ファイル33を遠隔操作するかを選択する。 Thereafter, the user of the client terminal 11, or to edit a shared file 33 that you downloaded, choose whether to remotely control the shared file 33.

共有ファイル33の遠隔操作が指定された場合、中継通信システムは、上記第1の実施の形態において説明した処理を実行する。 If the remote operation of the shared file 33 is specified, the relay communication system performs the processing described in the foregoing first embodiment. 遠隔操作を選択するケースとしては、共有ファイル33のサイズが非常に大きいケースが考えられる。 The case of selecting the remote control, can be considered cases very large size of the shared file 33. これにより、共有ファイル33のダウンロードに伴って中継通信システムの負荷が大きくなることを防止し、他のクライアント端末のユーザに対する影響を小さくすることができる。 This makes it possible to share with the download of the file 33 to prevent the load of the relay communication system is increased, to reduce the impact on the user of the other client terminals.

また、共有ファイル33に対する修正が軽微なものであり、共有ファイル33をわざわざダウンロードして修正する必要がない場合などにも、遠隔操作を選択することができる。 It is intended minor corrections to the shared file 33, even in a case there is no need to modify bother downloading shared files 33 can be selected remotely. また、リソースの遠隔操作は、一般的には通信回線に大きな負荷がかからない。 Also, remote control of resources are generally not applied heavy load on the communication line. このため、LAN2とWAN3との間の通信回線が狭帯域の回線である場合などにも、遠隔操作を選択することができる。 Therefore, even in a case a communication line narrowband line between the LAN2 and WAN 3, it is possible to select the remote control.

<3. <3. 共有ファイルのダウンロード> Download shared files>
ダウンロードした共有ファイル33の編集を選択した場合、クライアント端末11は、共有ファイル33のダウンロードを開始する。 If you choose to edit the shared file 33 that you downloaded, the client terminal 11, to start the download of the shared file 33. 共有ファイル33のダウンロードを選択するケースとしては、共有ファイル33を大幅に変更する必要があり、クライアント端末11のユーザが共有ファイル33を効率よく編集したい場合などが考えられる。 As a case to select a download of the shared file 33, it is necessary to significantly change the shared file 33, such as when the user of the client terminal 11 is you want to edit efficiently shared file 33 can be considered.

図11は、共有ファイル33をダウンロードして編集する際の中継通信システムの処理の流れを示す図である。 Figure 11 is a diagram showing a process flow of the relay communication system at the time of editing download shared files 33. クライアント端末11は、宛先がクライアント端末21に指定された共有ファイル33のダウンロード要求を、中継サーバ12に送信する(ステップS11:openfile(data.ppt))。 The client terminal 11, a download request of the shared file 33 the destination specified in the client terminal 21, to the relay server 12 (Step S11: openfile (data.ppt)). 中継サーバ12は、ダウンロード要求を中継サーバ23に転送する(ステップS11.1:openfile(data.ppt))。 The relay server 12 transfers the download request to the relay server 23 (Step S11.1: openfile (data.ppt)). 中継サーバ23は、ダウンロード要求をクライアント端末21に送信する(ステップS11.1.1:openfile(data.ppt))。 The relay server 23 transmits a download request to the client terminal 21 (Step S11.1.1: openfile (data.ppt)).

クライアント端末21は、ダウンロード要求に対応するOKレスポンスをクライアント端末11に送信する。 The client terminal 21 transmits an OK response corresponding to the download request to the client terminal 11. クライアント端末11がOKレスポンスを受信することにより、クライアント端末11とクライアント端末12との間に、共有ファイル33のダウンロードに用いられるメディアセッション(ダウンロード用セッション)が確立される。 By the client terminal 11 receives the OK response, between the client terminal 11 and the client terminal 12, the media session used for downloading shared files 33 (session for downloading) is established.

上記第1の実施の形態と同様に、クライアント端末11と中継サーバ12との間にメディアセッションが確立される(ステップS12:INVITE()、ステップ13:ACK()、ステップS13.2:MediaSession())。 Similar to the first embodiment, the media session is established between the client terminal 11 and the relay server 12 (Step S12: INVITE (), Step 13: ACK (), Step S13.2: MediaSession ( )). 続いて、中継サーバ12と中継サーバ23との間にメディアセッションが確立される(ステップS13.1.INVITE()、ステップ13.3:ACK()、ステップS13.3.2:MediaSession())。 Subsequently, the media session is established between the relay server 12 and the relay server 23 (Step S13.1.INVITE (), Step 13.3: ACK (), Step S13.3.2: MediaSession ()) . 中継サーバ23とクライアント端末21との間にメディアセッションが確立される(ステップS13.3.1:INVITE()、ステップ13.3.3:ACK()、ステップS13.3.3.1:MediaSession())。 The relay server 23 (step media session is established between the client terminal 21 S13.3.1: INVITE (), step 13.3.3: ACK (), step S13.3.3.1: MediaSession ()). これにより、クライアント端末11、12の間にダウンロード用セッションが確立される。 Accordingly, the download session is established between the client terminals 11 and 12.

ダウンロード用セッションの確立後、クライアント端末21は、ダウンロード用セッションを用いて共有ファイル33をクライアント端末11に転送する。 After establishment of the download session, the client terminal 21 transfers the shared file 33 to the client terminal 11 by using the session for downloading. 具体的には、共有ファイル33は、中継サーバ23に送信される(ステップ13.3.3.2:dataStream(data.ppt))。 Specifically, the shared file 33 is transmitted to the relay server 23 (Step 13.3.3.2:dataStream(data.ppt)). 中継サーバ23は、共有ファイル33を中継サーバ12に送信する(ステップS13.3.4:dataStream(data.ppt))。 The relay server 23 transmits the shared file 33 to the relay server 12 (Step S13.3.4: dataStream (data.ppt)). 中継サーバ12は、共有ファイル33をクライアント端末11に送信する(ステップS13.4:dataStream(data.ppt))。 The relay server 12 transmits the shared file 33 to the client terminal 11 (Step S13.4: dataStream (data.ppt)). ダウンロード用セッションは、共有ファイル33の転送が終了しても維持される。 Download for the session is maintained even if you exit the transfer of shared files 33.

このように、本実施の形態では、クライアント端末11が共有ファイル33をダウンロードする際に、ダウンロード用のメディアセッションが確立される。 Thus, in this embodiment, when the client terminal 11 to download the shared file 33, the media session for downloading is established. つまり、第1の実施の形態と同様に、第2の実施の形態においても、ダウンロード用セッションの他に、クライアント端末11、21の間に他の通信セッションを確立することができる。 That is, as in the first embodiment, also in the second embodiment, in addition to the download session can be established with other communication session between the client terminals 11 and 21.

共有ファイル33を受信したクライアント端末11は、インストールされているアプリケーションプログラム34を起動する。 The client terminal 11 which has received the shared file 33 activates the application program 34 that is installed. アプリケーションプログラム34は、ダウンロードした共有ファイル33を開く。 Application program 34, open a shared file 33 that you downloaded. これにより、クライアント端末11のユーザは、ダウンロードした共有ファイル33を編集することができる。 As a result, the user of the client terminal 11, it is possible to edit a shared file 33 that you downloaded.

クライアント端末11のユーザは、編集中の共有ファイル33の保存、およびアップロードを指示する。 A user of the client terminal 11 instructs save, and upload shared files 33 being edited. 編集済みの共有ファイル33は、アプリケーションプログラム34により保存された上で閉じられる。 Edited shared file 33 is closed after having been saved by the application program 34. クライアント端末11は、保存した共有ファイル33を、ダウンロード用セッションを用いてクライアント端末21に送信する。 The client terminal 11 transmits a shared file 33 stored in the client terminal 21 by using the session for downloading.

具体的には、クライアント端末11は、保存した共有ファイル33を、中継サーバ12に送信する(ステップS14:send(data.ppt))。 Specifically, the client terminal 11, the shared file 33 stored, to the relay server 12 (Step S14: send (data.ppt)). このとき、保存した共有ファイル33の宛先がクライアント端末21に指定されるとともに、保存した共有ファイル33の格納先が、共有リソース個別情報833に基づいて指定される。 At this time, the destination of the shared file 33 stored is specified in the client terminal 21, the storage destination of the shared file 33 stored is specified on the basis of the shared resource individual information 833. 中継サーバ12は、保存した共有ファイル33を中継サーバ23に送信する(ステップS14.1:send(data.ppt))。 The relay server 12 transmits the shared file 33 stored in the relay server 23 (Step S14.1: send (data.ppt)). 中継サーバ23は、保存した共有ファイル33をクライアント端末21に送信する(ステップS14.1.1:send(data.ppt))。 The relay server 23 transmits the shared file 33 stored in the client terminal 21 (Step S14.1.1: send (data.ppt)). クライアント端末21は、記憶部124に格納されている共有ファイル33を、受信した共有ファイル33で上書きする。 The client terminal 21, the shared file 33 stored in the storage unit 124, overwrites the shared file 33 received. ダウンロード用セッションは、クライアント端末21が共有ファイル33を受信した後で切断される。 Download session is cut after the client terminal 21 receives the shared file 33.

なお、共有ファイル33のダウンロードが終了した(ステップS13.4)後に、中継通信ステムは、ダウンロード用セッションを切断してもよい。 Incidentally, after the download of the shared file 33 has been completed (step S13.4), the relay communication system may disconnect the session for downloading. この場合、クライアント端末11が操作した共有ファイル33をアップロードするために、新たなメディアセッションがクライアント端末11とクライアント端末21との間に確立される。 In this case, in order to upload a shared file 33 by the client terminal 11 is operated, the new media session is established between the client terminal 11 and the client terminal 21.

上記の第1の実施の形態と同様に、クライアント端末21は、共有ファイル33を上書きした後に、共有リソース管理情報80を更新する。 Like the first embodiment described above, the client terminal 21, after overwriting the shared file 33, and updates the shared resource management information 80. クライアント端末11、中継サーバ12、23は、更新情報に基づいて共有リソース管理情報80を更新する。 The client terminal 11, the relay server 12 and 23, and updates the shared resource management information 80 based on the updated information. これにより、ダウンロードした共有ファイル33の編集を選択した場合における、中継通信システムの処理が終了する。 Thus, when you choose to edit the shared file 33 downloaded, the process of the relay communication system is completed.

以上説明したように、本実施の形態において、クライアント端末11のユーザは、共有ファイル33を操作する場合、共有ファイルをダウンロードして操作するか、共有ファイル33を遠隔操作するかを選択することができる。 As described above, in the present embodiment, the user of the client terminal 11, when operating the shared file 33, or operating to download the shared files, is possible to choose to remotely control the shared files 33 it can. この結果、クライアント端末11のユーザは、共有ファイル33のサイズ、クライアント端末21までの通信状況などに応じて、共有ファイル33の操作方法を柔軟に変更することが可能となり、共有ファイル33を効率よく操作することができる。 As a result, the user of the client terminal 11, the size of the shared file 33, depending on the communication status to the client terminal 21, it is possible to flexibly change the method of operation of the shared file 33, efficiently sharing files 33 it can be manipulated.

なお、第2の実施の形態において、共有リソース個別情報83に各共有リソースの操作方法を指定した情報を登録してもよい。 In the second embodiment, it may be registered information specifying the operations for each shared resource to the shared resource separate information 83. 図12は、操作方法を指定する情報が追加された共有リソース管理情報80を示す図である。 Figure 12 is a diagram showing a shared resource management information 80 in which information for designating an operation method has been added.

図11に示すように、共有ファイル32、33に対応する共有リソース個別情報832、833に、指定情報832−1、833−1がそれぞれ追加されている。 As shown in FIG. 11, the shared resource individual information 832 and 833 corresponding to the shared file 32, 33, designation information 832-1,833-1 are added respectively. 指定情報832−1では、「opentype=“copy”」と設定されている。 Specifying information 832-1, it has been set as "opentype =" copy "". これは、ダウンロードした共有ファイルの編集が選択されることを示している。 This indicates that the editing of shared files that you downloaded is selected. 一方、指定情報833−1では、「opentype=“remote”」と設定されている。 On the other hand, the designation information 833-1, has been set as "opentype =" remote "". これは、遠隔操作が選択されることを示している。 This indicates that the remote operation is selected.

クライアント端末11は、操作対象の共有ファイルが共有リソース管理情報80に基づいて指定された場合、指定された共有リソースの操作方法を、指定情報に基づいて決定する。 The client terminal 11, when the shared file of the operation target is specified based on the shared resource management information 80, the operation method of the specified shared resource is determined based on the specified information. これにより、クライアント端末11のユーザが共有リソースの操作を指示する際に、操作方法を選択する手間を省くことができる。 Thus, when the user of the client terminal 11 instructs an operation of the shared resources, it is possible to save labor for selecting control method.

なお、上記第1および第2の実施の形態では、異なる二つのLANにそれぞれ接続するクライアント端末11、21の動作を例にして説明したが、これに限られない。 In the above-described first and second embodiments, the operation of the client terminals 11 and 21 that connect respectively to the two different LAN has been described as an example, not limited thereto. たとえば、クライアント端末11、21が同一のLANに接続されていても、上記説明を適用することができる。 For example, the client terminal 11 and 21 have been connected to the same LAN, it is possible to apply the above description. また、クライアント端末11、21が同一のLANに接続されている場合、クライアント端末11は、中継サーバを介さなくても、上述した共有リソースの操作を実行することができる。 Also, if the client terminals 11 and 21 are connected to the same LAN, the client terminal 11, without using a relay server, it is possible to perform an operation of the shared resources described above.

1、2 LAN 1,2 LAN
3 WAN 3 WAN
11、21、22 クライアント端末12、23 中継サーバ32、33 共有ファイル34 アプリケーションプログラム80 共有リソース管理情報111、122、232 制御部112 操作部113 モニタ114 記憶部831、832、833 共有リソース個別情報 11, 21, and 22 the client terminal 12 and 23 relay server 32 share files 34 application program 80 shared resource management information 111,122,232 controller 112 operation unit 113 monitor 114 storage unit 831, 832, 833 shared resource individual information

Claims (5)

  1. 遠隔操作の対象となる対象リソースを指定する指定部と、 A designation unit which designates a resource to be remotely operated,
    前記対象リソースに一対一で対応する遠隔操作用セッションを前記対象リソースの実体にアクセス可能なオーナ通信装置との間に確立する通信部と、 A communication unit for establishing between the accessible owner communication device to remote control session corresponding one-to-one to said target resource entity of the resource,
    前記遠隔操作用セッションを介して、前記対象リソースの操作情報を前記オーナ通信装置に送信し、前記オーナ通信装置が前記操作情報に応じて作成した前記対象リソースの画面情報を受信する遠隔操作部と、 Via the remote control session, and sends said operation information of the target resource to the owner communications device, a remote operation unit for the owner communication device receives the screen information of the target resources created in response to the operation information ,
    前記対象リソースの操作画面を前記画面情報に基づいて表示する表示部と、 A display unit for displaying on the basis of an operation screen of the target resource to the screen information,
    を備えることを特徴とする通信装置。 Communication device comprising: a.
  2. 請求項1に記載の通信装置において、さらに、 The communication device according to claim 1, further
    前記対象リソースを遠隔操作するか、ダウンロードした対象リソースを操作するかを選択する選択部と、 Or remotely controlling the target resources, a selection unit for selecting whether to operate the downloaded resource,
    ダウンロードした対象リソースの操作が選択された場合、前記対象リソースを前記オーナ通信装置からダウンロードし、ダウンロードした対象リソースを操作する直接操作部と、 If the operation of the downloaded resource is selected, it downloads the target resource from the owner communication device, and a direct manipulation unit for operating the downloaded resource,
    を備えることを特徴とする通信装置。 Communication device comprising: a.
  3. 請求項2に記載の通信装置において、さらに、 The communication device according to claim 2, further
    自装置が操作することができるリソースに関する情報と、前記リソースの実体にアクセスできる装置を示す情報とが登録された共有リソース情報を保持する共有リソース情報管理部、 Shared resource information management unit for holding information about the resources that can be self-device operates, the shared resource information and information indicating a device that can access the entity of the resource is registered,
    を備え、 Equipped with a,
    前記指定部は、前記共有リソース情報を用いて前記対象リソースを指定し、 The specifying unit specifies the target resource by using the shared resource information,
    前記通信部は、前記共有リソース情報を用いて前記オーナ通信装置を特定する通信先特定部、 The communication unit includes a communication destination identifying unit for identifying the owner communication device by using the shared resource information,
    を含むことを特徴とする通信装置。 Communication device comprising a.
  4. 請求項3に記載の通信装置において、 The communication device according to claim 3,
    前記共有リソース情報は、 The shared resource information,
    前記リソースの操作方法を指定した指定情報、 Designation information designating an operation method of the resource,
    を含み、 It includes,
    前記選択部は、前記指定情報に基づいて、前記対象リソースを遠隔操作するか、ダウンロードした対象リソースを操作するかを選択することを特徴とする通信装置。 The selection unit, based on the designation information, or to remotely control the target resource, a communication device and selects whether to operate the downloaded resources.
  5. 第1通信装置と、第2通信装置と、を含む遠隔操作システムであって、 A first communication device, a remote control system including a second communication device, a
    前記第1通信装置は、 The first communication device,
    遠隔操作の対象となる対象リソースとして、前記第2通信装置が実体にアクセスすることができるリソースを指定する指定部と、 A specifying unit as the target resource to be remotely operated, the second communication device to specify the resources that can be accessed entity,
    前記対象リソースの操作情報を前記第2通信装置に送信し、前記操作情報に応じて前記第2通信装置が作成した前記対象リソースの画面情報を受信する遠隔操作部と、 A remote control unit which sends said operation information of the target resource to the second communication device, the second communication device receives the screen information of the target resources created in response to the operation information,
    前記対象リソースの操作画面を前記画面情報に基づいて表示する表示部と、 A display unit for displaying on the basis of an operation screen of the target resource to the screen information,
    を備え、 Equipped with a,
    前記第2通信装置は、 The second communication device,
    受信した前記操作情報に基づいて前記対象リソースを操作し、前記対象リソースの操作結果に対応するイメージ情報を前記画面情報として前記第1通信装置に送信するリソース操作部、 Wherein operating the resource, the resource operation unit to transmit the image information corresponding to the operation result of the target resource to the first communication device as the screen information based on the received operation information,
    備え、 Provided,
    前記第1通信装置および前記第2通信装置は、 The first communication device and the second communication device,
    前記対象リソースに一対一で対応する遠隔操作用セッションを前記第1通信装置と前記第2通信装置との間に確立し、前記遠隔操作用セッションを用いて前記操作情報および前記画面情報を転送する通信部、 Establishing a remote control session corresponding one-to-one to the resource between said second communication apparatus and the first communication device, for transferring the operation information and the screen information by using the remote operation session communication unit,
    を備えることを特徴とする遠隔操作システム。 Remote control system comprising: a.
JP2009103223A 2009-04-21 2009-04-21 Communication device and remote operation system Pending JP2010256989A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009103223A JP2010256989A (en) 2009-04-21 2009-04-21 Communication device and remote operation system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009103223A JP2010256989A (en) 2009-04-21 2009-04-21 Communication device and remote operation system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2010256989A true JP2010256989A (en) 2010-11-11

Family

ID=43317867

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009103223A Pending JP2010256989A (en) 2009-04-21 2009-04-21 Communication device and remote operation system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2010256989A (en)

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2013047505A1 (en) * 2011-09-26 2013-04-04 村田機械株式会社 Relay communication system and relay server
JP2013069207A (en) * 2011-09-26 2013-04-18 Murata Mach Ltd Relay communication system and client terminal
JP2013069209A (en) * 2011-09-26 2013-04-18 Murata Mach Ltd Relay communication system and relay server
JP2013070316A (en) * 2011-09-26 2013-04-18 Murata Mach Ltd Relay communication system and relay server
US8443088B2 (en) 2006-10-11 2013-05-14 Murata Machinery, Ltd. File transfer server
US8472454B2 (en) 2006-09-12 2013-06-25 Murata Machinery, Ltd. Relay-server arranged to carry out communications between communication terminals on different LANS
US8533330B2 (en) 2006-12-11 2013-09-10 Murata Machinery, Ltd. Relay server and relay communication system arranged to share resources between networks
WO2013137367A1 (en) * 2012-03-16 2013-09-19 Ricoh Company, Ltd. Communication control system and control device
US8554935B2 (en) 2009-09-30 2013-10-08 Murata Machinery, Ltd. Relay server and relay communication system
US8606941B2 (en) 2007-05-02 2013-12-10 Murata Machinery, Ltd. Relay server and relay communication system
US8738788B2 (en) 2009-03-13 2014-05-27 Murata Machinery, Ltd. First relay server and second relay server
US8798082B2 (en) 2009-05-15 2014-08-05 Murata Machinery, Ltd. Relay communication system and first relay server
US8799488B2 (en) 2008-09-05 2014-08-05 Murata Machinery, Ltd. Relay server, relay communication system, and communication apparatus
US8949419B2 (en) 2007-12-25 2015-02-03 Murata Machinery, Ltd. Synchronizing sharing servers
US9130783B2 (en) 2009-08-20 2015-09-08 Murata Machinery, Ltd. Relay communication system and access management apparatus
US9294519B2 (en) 2006-10-11 2016-03-22 Murata Machinery, Ltd. File server device

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003509785A (en) * 1999-09-14 2003-03-11 ドロップレット、インコーポレイテッド How to deliver applications and information stored in the remote and the system
JP2004213533A (en) * 2003-01-08 2004-07-29 Seiko Epson Corp Screen reception device, screen delivery device, screen information transmission/reception system, screen reception method, screen delivery method and program therefor
JP2007102793A (en) * 2005-10-04 2007-04-19 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Data processing system, method, and computer program product (user interface widget unit sharing for application user interface distribution)
JP2007310508A (en) * 2006-05-16 2007-11-29 Nippon Telegraph & Telephone East Corp Thin client system and program for thin client terminal
JP2008209982A (en) * 2007-02-23 2008-09-11 Casio Comput Co Ltd Server device, client device, remote connection system and program
JP2009032073A (en) * 2007-07-27 2009-02-12 Casio Comput Co Ltd Client device, server device, remote connection system, and program

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003509785A (en) * 1999-09-14 2003-03-11 ドロップレット、インコーポレイテッド How to deliver applications and information stored in the remote and the system
JP2004213533A (en) * 2003-01-08 2004-07-29 Seiko Epson Corp Screen reception device, screen delivery device, screen information transmission/reception system, screen reception method, screen delivery method and program therefor
JP2007102793A (en) * 2005-10-04 2007-04-19 Internatl Business Mach Corp <Ibm> Data processing system, method, and computer program product (user interface widget unit sharing for application user interface distribution)
JP2007310508A (en) * 2006-05-16 2007-11-29 Nippon Telegraph & Telephone East Corp Thin client system and program for thin client terminal
JP2008209982A (en) * 2007-02-23 2008-09-11 Casio Comput Co Ltd Server device, client device, remote connection system and program
JP2009032073A (en) * 2007-07-27 2009-02-12 Casio Comput Co Ltd Client device, server device, remote connection system, and program

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8472454B2 (en) 2006-09-12 2013-06-25 Murata Machinery, Ltd. Relay-server arranged to carry out communications between communication terminals on different LANS
US9294519B2 (en) 2006-10-11 2016-03-22 Murata Machinery, Ltd. File server device
US8443088B2 (en) 2006-10-11 2013-05-14 Murata Machinery, Ltd. File transfer server
US8533330B2 (en) 2006-12-11 2013-09-10 Murata Machinery, Ltd. Relay server and relay communication system arranged to share resources between networks
US8606941B2 (en) 2007-05-02 2013-12-10 Murata Machinery, Ltd. Relay server and relay communication system
US8949419B2 (en) 2007-12-25 2015-02-03 Murata Machinery, Ltd. Synchronizing sharing servers
US8799488B2 (en) 2008-09-05 2014-08-05 Murata Machinery, Ltd. Relay server, relay communication system, and communication apparatus
US8738788B2 (en) 2009-03-13 2014-05-27 Murata Machinery, Ltd. First relay server and second relay server
US8798082B2 (en) 2009-05-15 2014-08-05 Murata Machinery, Ltd. Relay communication system and first relay server
US9130783B2 (en) 2009-08-20 2015-09-08 Murata Machinery, Ltd. Relay communication system and access management apparatus
US8554935B2 (en) 2009-09-30 2013-10-08 Murata Machinery, Ltd. Relay server and relay communication system
CN103843305A (en) * 2011-09-26 2014-06-04 村田机械株式会社 Relay communication system and relay server
JP2013070316A (en) * 2011-09-26 2013-04-18 Murata Mach Ltd Relay communication system and relay server
JP2013069209A (en) * 2011-09-26 2013-04-18 Murata Mach Ltd Relay communication system and relay server
JP2013069207A (en) * 2011-09-26 2013-04-18 Murata Mach Ltd Relay communication system and client terminal
WO2013047505A1 (en) * 2011-09-26 2013-04-04 村田機械株式会社 Relay communication system and relay server
JP2013196217A (en) * 2012-03-16 2013-09-30 Ricoh Co Ltd Communication control system, control device and program
WO2013137367A1 (en) * 2012-03-16 2013-09-19 Ricoh Company, Ltd. Communication control system and control device
US9288438B2 (en) 2012-03-16 2016-03-15 Ricoh Company, Ltd. Communication control system and control device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6918088B2 (en) Service portal with application framework for facilitating application and feature development
JP4809968B2 (en) Information processing apparatus, information processing method, and computer-readable recording medium
KR100440583B1 (en) A Method and Apparatus of Management and Control of UPnP Device in Home Network from the Internet
EP1274002A2 (en) Method of printing over a network
US20050228847A1 (en) Method, system and program product for using open mobile alliance (OMA) alerts to send client commands/requests to an OMA DM server
CN100403712C (en) Apparatus, method and program for setting controlling system
US20030023879A1 (en) Method of establishing a secure data connection
JP4387964B2 (en) Printing system, the print job management method, program, and storage medium
CN101207549B (en) Relay Server
CN102099828B (en) Client device and associated methodology of accessing networked services
CZ146698A3 (en) Process and apparatus for generating interactive hypermedium
JP2006023830A (en) Output completion notification system, output controller, control program and storage medium
JP2004005606A (en) Generation of printer instance to workstation using web
JP4006807B2 (en) Network system, and the terminal device
JP2005020738A (en) Method and apparatus for providing machine area network selectively separated for machine element which performs data-communication between mutual machine elements and with remote site
US5887139A (en) Configurable graphical user interface useful in managing devices connected to a network
JP2004030576A (en) Method for generating instance to be managed by local of network printer
CN1638338A (en) Method and system for session sharing
US8010647B2 (en) Relay server and relay communication system arranged to share resources between networks
CN1543120A (en) Method and apparatus for presence indication
JP2004102374A (en) Information processing system having data transition device
JP2007317187A (en) Device and method for setting user interface according to user&#39;s preference
CN1581187A (en) Server device, subscriber machine for corporation system and said corporation system
CN103782294A (en) Remote browsing session management
JP2008269658A (en) Server system

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20120229

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130219

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130220

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130418

A02 Decision of refusal

Effective date: 20131112

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02