New! Search for patents from more than 100 countries including Australia, Brazil, Sweden and more

JP2009225091A - Exciter and speaker - Google Patents

Exciter and speaker Download PDF

Info

Publication number
JP2009225091A
JP2009225091A JP2008067181A JP2008067181A JP2009225091A JP 2009225091 A JP2009225091 A JP 2009225091A JP 2008067181 A JP2008067181 A JP 2008067181A JP 2008067181 A JP2008067181 A JP 2008067181A JP 2009225091 A JP2009225091 A JP 2009225091A
Authority
JP
JAPAN
Prior art keywords
exciter
arm
magnet
speaker
diaphragm
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2008067181A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Kiyohisa Nara
精久 奈良
Original Assignee
Minebea Co Ltd
ミネベア株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Minebea Co Ltd, ミネベア株式会社 filed Critical Minebea Co Ltd
Priority to JP2008067181A priority Critical patent/JP2009225091A/en
Publication of JP2009225091A publication Critical patent/JP2009225091A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an exciter which is compact and simple in structure and is capable of extending a range of amplitude, and also to provide a speaker having a superior reproduction characteristic by using this exciter.
SOLUTION: The speaker S1 comprises a rectangular plate-like diaphragm 20 and the exciter E2 connected to the diaphragm 20 via a driving arm 24. The exciter E2 is equipped with a strut 2, an excitation arm 13 pivotably attached to the strut 2, a planar movable coil 4 retained in a through-hole 13b formed in the excitation arm 13, tabular magnets 5 which are disposed to hold the movable coil 4 from top and bottom directions and apply a magnetic field to the movable coil 4, and a yoke 8 for holding the magnets 5. When current based on a sound signal is applied to the movable coil 4, the excitation arm 13 swings around the strut 3. The swinging motion of the excitation arm 13 is transmitted to the diaphragm via the driving arm 24 and is converted into a sound signal.
COPYRIGHT: (C)2010,JPO&INPIT

Description

本発明は、平面状のコイルと平板状のマグネットとからなるエキサイタと、そのエキサイタを用いたスピーカに関する。 The present invention includes a exciter composed of a flat coil and the plate-like magnets, relates to a speaker using the exciter.

近年、ノート型パソコンや携帯電話などの電子装置の省スペース化にともない、スピーカやバイブレータなどの、エキサイタ(励振器)を振動源として有する装置にも小型・薄型化が要求されている。 In recent years, with the space saving of electronic devices such as laptop computers and mobile phones, such as speakers and a vibrator, smaller and thinner is required to apparatus having a vibration source to exciter (exciter). この要求に対応して、例えばスピーカでは、平板状の振動板にエキサイタを固定した平面型スピーカが広い分野で使用され始めている。 In response to this request, for example in a speaker, flat speaker with a fixed exciter on a flat diaphragm is beginning to be used in various fields.

この平面型スピーカとして、例えば、図6に示すパネルスピーカAが知られている。 As the flat type speaker, for example, it is known panel speaker A shown in FIG. スピーカAは、平板状の振動板100と、振動板100の一部に固定される駆動ユニット101とから構成されている。 Speaker A is a flat diaphragm 100, and a drive unit 101 Metropolitan to be secured to a portion of the diaphragm 100. 駆動ユニット101は、エキサイター102と、エキサイター102を収容し、かつ振動板100に連結される箱状のハウジング103とから構成されている。 The drive unit 101 includes a exciter 102, and a box-like housing 103 that is coupled to the housing the exciter 102, and the vibrating plate 100. エキサイター102は、円筒状のボビン部120と、ボビン部120に巻装され、ボビン部120を介してピストンモーションで振動板100に振動を付与するボイスコイル121と、ボイスコイル121が挿入される磁気ギャップ122aを有する磁気回路部122とを備えている。 Exciter 102 includes a cylindrical bobbin portion 120, is wound around the bobbin 120, a voice coil 121 for applying vibration to the vibration plate 100 by the piston motion through the bobbin 120, a magnetic voice coil 121 is inserted and a magnetic circuit 122 having a gap 122a. 磁気回路部122は、ボイスコイル121が巻装されたボビン部120を軸方向(図示上下方向)に案内する鉄製のポールピース123と、その周囲に磁気ギャップ122aを介して周設された永久磁石(マグネット)124とから構成されている。 The magnetic circuit unit 122, a permanent magnet voice coil 121 is the iron pole piece 123 for guiding the bobbin 120 wound around the axial direction (vertical direction), which is circumferentially provided via a magnetic gap 122a therearound and a (magnet) 124.. そして、ボビン部120は、断面が蛇腹形状のダンパー125を介して永久磁石124に弾性支持されている(特許文献1参照)。 The bobbin portion 120 in cross section is elastically supported on the permanent magnet 124 via a damper 125 of bellows (see Patent Document 1).

特開2001−359188号公報 JP 2001-359188 JP

平板状の振動板100を採用することにより、薄型のスピーカAを構成することができるが、更なるスピーカの薄型化を図るには、エキサイター102を薄く構成する必要がある。 By employing the plate-shaped diaphragm 100, it is possible to configure the thin speaker A, the thinner the further loudspeaker, it is necessary to configure thin exciter 102. この点、従来のエキサイター102は、円筒状のボビン部120と、磁気回路部122を構成する円柱状のポールピース123とを必要とすることから、薄型化には必ずしも適していない。 In this respect, conventional exciter 102 includes a cylindrical bobbin portion 120, since the need for a cylindrical pole piece 123 constituting the magnetic circuit unit 122, not necessarily suitable for thinning.
また、ノート型パソコン等の側面に取り付けるタイプのスピーカにおいては、幅の狭い長方形状(短冊状)をした振動板を使用することが想定されるが、短冊状の振動板に対して円筒状のエキサイタを適用することは困難である。 In the type of speaker attached to the side surface such as a notebook personal computer, it is envisioned to use a vibrating plate having a narrow rectangular shape (the strip) width, cylindrical respect strip diaphragm it is difficult to apply the exciter.

また、従来のエキサイター102には、組み付ける際に、ボビン部120の軸中心と、磁気回路部122を構成するポールピース123および永久磁石124の軸中心とを、互いに正確に一致させなければならないという製造上の制約がある。 Further, the conventional exciter 102, when assembling, the axial center of the bobbin portion 120 and the axial center of the pole piece 123 and the permanent magnet 124 constituting the magnetic circuit unit 122, that it must exactly match one another there is a restriction on production. 特に、スピーカの大出力化に対応するために振動板100の振幅範囲を大きく確保する必要がある場合には、狭小で高さ寸法が大きい円筒状(3次元状)の磁気ギャップ122aに、円筒状のボビン部120を高精度に可動させなければならず、より高度な作製精度が要求されるという問題がある。 In particular, when it is necessary to secure a large amplitude range of the vibration plate 100 to accommodate the large output of the speaker, the magnetic gap 122a of the narrow in height is large cylindrical (3-dimensional shape), a cylindrical the Jo bobbin section 120 must then movable with high precision, there is a problem that higher fabrication accuracy is required.
さらに、振動板100を円筒状のボビン部120を介して振動させることから、振幅を大きくした場合に、振動板100にたわみ等が生じ、再生特性が低下するという問題がある。 Further, since the vibrating diaphragm 100 via the cylindrical bobbin portion 120, when a large amplitude, deflection or the like occurs in the vibration plate 100, there is a problem that the reproduction characteristics are lowered.

また、磁気回路部122の磁気ギャップ122a内の所定の位置にボイスコイル121を維持するために、円周方向に蛇腹形状に折り曲げ加工された上面視リング形状のダンパー124が必要になるという問題がある。 Further, in order to maintain the voice coil 121 at a predetermined position within the magnetic gap 122a of the magnetic circuit unit 122, a problem that the damper 124 of the processed top view ring-shaped bending in the circumferential direction in an accordion shape is required is there. 特に、開口形状が円形ではなく楕円形や長方形などの直交する2軸方向の長さが異なる振動板を使用する場合には、ダンパーの設計と作製が困難になるという問題がある。 In particular, if the opening shape is to use a diaphragm the length of the two orthogonal axes directions are different, such as oval or rectangular rather than circular, there is a problem that the manufacturing and damper design becomes difficult.
また、コーン型やホーン型の振動板を使用する場合には、スピーカの厚み寸法が大きくならざるを得ないという問題がある。 In the case of using a diaphragm of a cone type or horn type has a problem in that the thickness dimension of the speaker inevitably large.

本発明は、このような問題点に鑑みてなされたものであり、その目的は、小型で簡易的な構成でありながら振幅範囲を大きくすることが可能なエキサイタと、このエキサイタを用いることにより、作製が容易で小型でありながら再生性能に優れたスピーカを提供することにある。 The present invention has been made in view of such problems, and an object, the exciter capable of increasing the amplitude range yet simple structure in small size, by using this exciter Preparation is to provide a speaker with excellent reproduction performance while being easy and compact.

そこで、上記課題を解決するために、本発明の請求項1に記載のエキサイタは、回動中心となる支柱と、前記支柱に回動自在に取り付けられる励振アームと、前記励振アームの一端側に保持され、平面状に巻回された可動コイルと、前記可動コイルの巻回軸方向の少なくとも一方に設けられ、前記可動コイルに磁場を印加する平板状のマグネットと、前記マグネットを保持するヨークと、を備えることを特徴とするものである。 Therefore, in order to solve the above problems, exciter according to claim 1 of the present invention, a post serving as a rotation center, and the excitation arm rotatably mounted to said strut, one end of the excitation arm retained, and a movable coil wound in a planar shape, provided on at least one of the winding axis direction of the movable coil, a flat magnet for applying a magnetic field to the moving coil, and a yoke that holds the magnet and it is characterized in that it comprises.

かかる発明によれば、エキサイタの駆動力源となる磁気回路部を、平面状に巻回された可動コイルと、平板状のマグネットとを対向配置させて構成している。 According to the invention, the magnetic circuit as a drive power source of the exciter, and constitutes a movable coil wound in a planar shape, and a plate-shaped magnets are opposed arrangement. これにより、可動コイルが移動する磁気ギャップが平面状(2次元状)に構成される。 Thus, configured in the magnetic gap is planar (two-dimensional shape) of the movable coil moves. すなわち、従来のエキサイタのように複数の構成要素を同心円上に配置させる必要がなく、また、円筒状の磁気ギャップ内に円筒状のコイルを配置する必要がない。 That is, the conventional need not be arranged concentrically a plurality of components as exciter, also not necessary to arrange a cylindrical coil in a cylindrical magnetic gap. この結果、小型(薄型)であるとともに、簡易的な構成で作製が容易なエキサイタを実現することができる。 As a result, as well as a small (thin), it is possible to realize is easy exciter manufactured by a simple configuration. また、可動コイルを保持した励振アームを、回転軸となる支柱を中心に回動させる構成としたことから、励振アームの長さと支柱の位置に応じて、励振アームの可動コイルを保持する側とは反対側の先端部の振幅を容易に拡大することができる。 Further, the excitation arm holding the moving coil, since it has a structure to be rotated about the post as a rotation axis, a side depending on the position of the length and the support of the excitation arm, holds the moving coil of the excitation arm it can easily enlarge the amplitude of the tip portion of the opposite side. これにより、小型でありながらも、振幅範囲の大きいエキサイタを構成することができる。 Thus, while a small size, it is possible to configure a large exciter amplitude range.

また、請求項2に記載のエキサイタは、請求項1に記載のエキサイタであって、前記可動コイルは、略楕円形または略円形に巻回されていることを特徴とするものである。 Further, the exciter according to claim 2 is the exciter of claim 1, wherein the moving coil is characterized in that it is wound substantially elliptical or substantially around a circle.
かかる発明によれば、可動コイルの平面形状を略楕円形または略円形にしたことから、可動コイルの作製が容易になり、製造コストを低減できる。 According to the invention, since it has a planar shape of the movable coil in a substantially elliptical or substantially circular, facilitates the production of the moving coil, the manufacturing cost can be reduced.

また、請求項3に記載のエキサイタは、請求項1または2に記載のエキサイタであって、前記可動コイルは、前記励振アームに形成された貫通孔に配置されていることを特徴とするものである。 Further, exciter according to claim 3 is the exciter of claim 1 or 2, wherein the moving coil, characterized in that it is arranged in a through hole formed in the excitation arm is there.
かかる発明によれば、励振アームに形成された貫通孔に可動コイルを配置したことから、エキサイタをより薄く構成することができる。 According to the invention, since arranging the movable coil in a through hole formed in the excitation arm, it can be constructed thinner exciter. また、可動コイルとマグネットとの間隔が小さくなり、電磁変換効率が向上する。 The distance between the movable coil and the magnet is reduced, thereby improving the electromagnetic conversion efficiency. 電磁変換効率が向上することにより、エキサイタの小型化がより促進される。 By electromagnetic conversion efficiency is improved, the miniaturization of the exciter is further promoted.

また、請求項4に記載のエキサイタは、請求項1ないし3に記載のエキサイタであって、前記マグネットは、前記可動コイルの巻回軸方向の両側に互いに対向してそれぞれ配置される第1のマグネットおよび第2のマグネットからなり、前記第1のマグネットおよび第2のマグネットは、互いに磁化方向が異なる一対のマグネット片を前記励振アームの回動方向に並列配置してそれぞれ構成されるとともに、前記第1のマグネットと前記第2のマグネットの対向する各マグネット片の極性が、互いに異なるように配置されていることを特徴とするものである。 Further, exciter according to claim 4 is the exciter of claim 1, wherein the magnets are first arranged respectively facing each other on opposite sides of the winding axis direction of the moving coil made from the magnet and the second magnet, the first magnet and the second magnet, while being constituted respectively arranged in parallel in the rotational direction of the excitation arm a pair of magnets pieces magnetization directions are different from each other, wherein polarity of each magnet pieces facing the first magnet and the second magnet, and is characterized in that it is arranged differently from each other.
かかる発明によれば、回動方向に対して可動コイルの両側部分に、回動方向に対して同一方向の力をそれぞれ発生させることができる。 According to the invention, on both side portions of the moving coil relative to the rotational direction, it can be generated respectively in the same direction of the force to the rotating direction. これにより、電磁変換効率をより向上させることができる。 Thus, it is possible to further improve the electromagnetic conversion efficiency.

また、請求項5に記載のスピーカは、請求項1ないし3に記載のエキサイタと、前記励振アームの、前記可動コイルが保持される一端側とは反対側の端部に連結される振動板と、前記振動板を保持するフレームと、を備えることを特徴とするものである。 The speaker of claim 5, the exciter according to claims 1 to 3, of the excitation arm, the one end of the moving coil is held and the vibration plate connected to the opposite end and it is characterized in that it comprises a frame for holding the diaphragm.
かかる発明によれば、振動板を振動させるエキサイタが、上述のように小型で簡易的な構成であることから、スピーカとしても小型で簡易的な構成とすることができる。 According to the invention, the exciter to vibrate the vibration plate, because it is simple construction compact as described above, can be simplified structure compact as a speaker. また、エキサイタを平面状で小型に構成できることから、短冊状の振動板を用いたスピーカの構成が容易となる。 Moreover, because it can configure the size of the exciter in flat, which facilitates the configuration of a speaker with a strip-shaped diaphragm. また、励振アームの先端の振幅を大きくすることができることから、振動板の振幅の大きいスピーカを構成することができる。 Further, since it is possible to increase the amplitude of the tip of the excitation arm, it is possible to construct a large speaker of the amplitude of the vibration plate. 振動板の振幅を大きくできることにより、低音再生能が向上し、再生周波数帯域を拡大させることができる。 The ability to increase the amplitude of the vibration plate, improved bass reproduction capability, it is possible to expand the reproduced frequency band.

また、請求項6に記載のスピーカは、請求項5に記載のスピーカであって、前記フレームは、前記振動板の外縁を保持するフレーム本体と、該クレーム本体の一部から延出するフレーム脚部とから構成され、該フレーム脚部が前記支柱に固定されていることを特徴とするものである。 The speaker according to claim 6 is the speaker according to claim 5, wherein the frame includes a frame body for holding the outer edge of the diaphragm, the frame legs extending from a portion of the complaint body it is composed of a part, in which the frame leg, characterized in that it is fixed to the strut.
かかる発明によれば、振動板の外縁を保持するフレーム本体の一部から延出するフレーム脚部を介して、振動板とエキサイタとが一体化されている。 According to the invention, through the frame legs extending from a portion of the frame body for holding the outer edge of the diaphragm, the diaphragm and the exciter are integrated. 従来のような箱状のフレームを要することなく振動板とエキサイタとを一体化できることから、スピーカの更なる小型軽量化を図ることができる。 Because it can integrate the diaphragm and exciter without requiring conventional such box-shaped frame, it is possible to further size and weight of the speaker.

また、請求項7に記載のスピーカは、請求項5または6に記載のスピーカであって、前記励振アームの、前記可動コイルが保持される一端側とは反対側の端部に、前記励振アームと前記振動板とを連結する連結手段の一端が取り付けられ、該連結手段の他端が前記振動板の略中央部に固定されていることを特徴とするものである。 The speaker of claim 7, a speaker according to claim 5 or 6, of the excitation arm, the end opposite to the one end of the movable coil is held, the excitation arm one end of the connecting means for connecting the diaphragm is mounted and, in which the other end of the connecting means, characterized in that it is fixed to the substantially central portion of the diaphragm.
かかる発明によれば、振動板と励振アームとを連結する連結手段の一端(他端)が振動板の略中央部に固定されている。 According to the invention, one end of a connecting means for connecting the diaphragm and the excitation arm (the other end) is fixed to the substantially central portion of the diaphragm. これにより、円筒状のボビンを介して振動板を振動させる場合と比較して、振幅を大きくしても振動板にたわみなどが発生することなく、円滑に振動板を振動させることができる。 Thus, as compared with the case where the vibrating plate is vibrated through the cylindrical bobbin, without also increasing the amplitude flexure in the diaphragm occurs, it can be vibrated smoothly diaphragm. この結果、スピーカの再生性能が向上する。 As a result, improved loudspeaker playback performance.

また、請求項8に記載のスピーカは、請求項7に記載のスピーカであって、前記連結手段は、一方の端部が前記振動板に固定される棒状の駆動アーム本体と、該駆動アーム本体の他方の端部に形成され、前記励振アームに回動自在に連結される駆動アーム連結部とから構成されていることを特徴とするものであり、励振アームと振動板とを連結する連結手段の好適な一態様を提供するものである。 The speaker according to claim 8, a speaker according to claim 7, wherein the coupling means includes a rod-shaped drive arm body having one end fixed to the diaphragm, the drive arm body It is the formed on the other end, and characterized in that it is composed of a drive arm connecting portion being pivotally connected to the excitation arm, connecting means for connecting the excitation arm diaphragm there is provided a preferred aspect of.

また、請求項9に記載のスピーカは、請求項7に記載のスピーカであって、前記連結手段は、前記励振アームに回動自在に連結される駆動連結部のみから構成されていることを特徴とするものである。 Further, characterized in that the speaker according to claim 9, a speaker according to claim 7, wherein the connecting means, which is composed of only the drive connecting portion is rotatably coupled to the excitation arm it is an.
かかる発明によれば、励振アームと振動板とを連結する連結手段を、棒状の駆動アーム本体を有さず駆動連結部のみから構成したことから、より薄型のスピーカを構成することができる。 According to the invention, the connecting means for connecting the excitation arm vibration plate, since it was composed of only the drive connecting portion without a rod-shaped drive arm body, it is possible to construct a thinner loudspeaker.

以下、本発明のエキサイタの一実施の形態、および、このエキサイタを振動源に用いた装置の一例としてスピーカの一実施の形態について、図面を参照しながら説明する。 Hereinafter, an embodiment of the exciter of the present invention, and, for an embodiment of a speaker as an example of a device using the exciter to the vibration source will be described with reference to the drawings.

(エキサイタの構成) (The configuration of the exciter)
図1は本発明に係るエキサイタE1の概略構成を示す斜視図であり、図2はエキサイタE1の概略構成を示す分解斜視図である。 Figure 1 is a perspective view showing a schematic configuration of an exciter E1 according to the present invention, FIG 2 is an exploded perspective view showing a schematic configuration of the exciter E1. エキサイタE1は、いわゆる可動コイル型のエキサイタであり、支柱2と、支柱2に対して回動自在(時計方向および反時計方向に回転可能)に取り付けられる励振アーム3と、励振アーム3に保持される可動コイル4と、可動コイル4に対向して配置され、可動コイル4に磁場を印加するマグネット5と、マグネットを保持するヨーク8とを備えている。 Exciter E1 is the exciter of the so-called moving-coil, a tower 2, an excitation arm 3 which is attached to the rotatable with respect to the column 2 (rotatable in clockwise and counterclockwise directions), it is held to the excitation arm 3 that the moving coil 4, is arranged opposite to the moving coil 4, a magnet 5 for applying a magnetic field to the moving coil 4, and a yoke 8 which holds the magnet. また、本実施形態では、支柱2に対して励振アーム3を回動自在に取り付けるためのボールベアリング11と固定リング12とを備えている。 Further, in the present embodiment, a ball bearing 11 for mounting the excitation arm 3 rotatably with respect to the column 2 and the securing ring 12.

支柱2は、例えばジュラルミンを用いて形成され、円板状をなすフランジ部2aと、フランジ部2aの略中央部から一連に延び、フランジ部2aよりも小径の円柱状の円柱部2bとから構成されている。 Support 2 is formed by, for example, duralumin, composed of a flange portion 2a that forms a disk shape, a series to extend from a substantially central portion of the flange portion 2a, a small-diameter cylindrical column portion 2b of the flange portion 2a It is.

励振アーム3は、例えばアルミニウムや真鍮などの非磁性材を用いて構成され、広がり角の小さい扇形の平板状に形成されている。 Excitation arm 3 is configured, for example, using a non-magnetic material such as aluminum or brass, and is formed into a small fan-shaped flat plate of divergence angle. 励振アーム3の長手方向の略中央部には、開口が円形の貫通孔3aが設けられている。 A substantially central portion in the longitudinal direction of the excitation arm 3, an opening is provided a circular through hole 3a. 貫通孔3aには、ボールベアリング11が嵌入され、例えば接着剤で固定されている。 The through hole 3a, the ball bearing 11 is fitted, for example, is fixed by the adhesive. ボールベアリング11の内周側には、支柱2の円柱部2bが嵌め込まれている。 The inner peripheral side of the ball bearing 11, the cylindrical portion 2b of the support column 2 is fitted. これにより、励振アーム3は回動自在に支柱2に保持される。 Thus, the excitation arm 3 is held freely to the support 2 rotates. また、励振アーム3の幅の広い一端側には、開口が楕円形の貫通孔3bが設けられている。 Also, a wide one end width of the excitation arm 3, an opening is provided through hole 3b of the oval. 貫通孔3bは、可動コイル4を配置するためのものである。 Through holes 3b are for arranging the moving coil 4. なお、円形の貫通孔3aおよび楕円形の貫通孔3bの中心は、いずれも励振アーム3を幅方向に2分する線(以下、励振アーム3の中心線C、または単に中心線Cという)上に位置している。 The center of the through hole 3b of the circular through-holes 3a and oval are both line that bisects the excitation arm 3 in the width direction (hereinafter, the center line C of the excitation arm 103 or simply as the center line C,) above It is located in.

可動コイル4は、銅などの導電性を有する材料からなる線材を、平面状に巻回して構成された空芯コイルである。 Moving coil 4, a wire made of a conductive material such as copper, is air-core coil configured by winding a plane. 可動コイル4の平面視形状は、外周縁および内周縁ともに略楕円である。 Planar shape of the moving coil 4 is substantially elliptical in both the outer peripheral edge and inner peripheral edge. 可動コイル4は、励振アーム3に設けられた貫通孔3bに配置され、厚み方向の中心位置を励振アーム3の厚み方向の中心位置に略一致させるようにして、例えば接着剤を用いて固定されている。 Moving coil 4 is disposed in the through hole 3b provided in the excitation arm 3, so as to substantially coincide with the center position in the thickness direction at the center position in the thickness direction of the excitation arm 3, for example, it is fixed with an adhesive ing. また、可動コイル4は、楕円の長軸が励振アーム3の中心線Cと直交する方向(以下、回動方向ともいう)と一致するように配置されている(図3(a)参照)。 The movable coil 4, the direction in which the long axis of the ellipse is perpendicular to the center line C of the excitation arm 3 (hereinafter also referred to as rotation direction) are arranged so as to coincide with (see Figure 3 (a)). なお、可動コイル4は、後述する磁場との相互作用の観点からは略台形状に巻回するのが好ましいが、可動コイル4の作製の容易さという観点からは、略楕円形または略円形に巻回するのが好ましい。 The movable coil 4 is preferably wound in a substantially trapezoidal shape in terms of interaction with the later-described magnetic field, from the viewpoint of ease of preparation of the moving coil 4, substantially elliptical or substantially circular it is preferable to wound. 本実施形態においては、可動コイル4は、作製の容易さと、マグネット5の形状および可動範囲を広くすることを考慮して略楕円形に形成されている。 In the present embodiment, the moving coil 4 is formed in a substantially elliptical shape in consideration of the fact that widely and ease of fabrication, shape, and the movable range of the magnet 5.

マグネット5は、例えばフェライト磁石であり、可動コイル4の平面に対して垂直な方向(以下、巻回軸方向という)から可動コイル4の全面を一定の間隔を設けて挟むように配置された一対(2組)のマグネット6,7から構成されている。 Pair magnet 5 is, for example, ferrite magnets, the directions perpendicular to the plane of the moving coil 4 (hereinafter, referred to as the winding axis direction) are arranged from to the entire surface of the moving coil 4 sandwich provides certain intervals and a magnet 6 and 7 (two pairs). ここで、可動コイル4の図示上側に配置されているマグネットを第1のマグネット6と称し、可動コイル4の図示下側に配置されているマグネットを第2のマグネット7と称する。 Here, it referred to magnet arranged on the upper side in the figure of the moving coil 4 and the first magnet 6, referred magnets arranged on lower side of the figure of the moving coil 4 and the second magnet 7.

第1のマグネット6は、可動コイル4の平面と平行に配置された一対(2つ)の第1のマグネット片6a,6bから構成されている。 First magnet 6, a first magnet piece 6a of the pair arranged parallel to the plane of the moving coil 4 (2), and a 6b. 第1のマグネット片6a,6bは、それぞれ上面視矩形の平板状に形成され、回動方向に並列配置されている。 First magnet pieces 6a, 6b are respectively formed on the top view a rectangular flat plate shape, are arranged in parallel in the rotational direction. また、第1のマグネット片6a,6bは、厚み方向に磁化(厚み方向の両端面に磁極面が形成)され、第1のマグネット片6aと第1のマグネット片6bとは、互いに磁化方向が異なるように配置されている。 Further, the first magnet piece 6a, 6b are magnetized in the thickness direction (formed pole faces on both end surfaces in the thickness direction), the first magnet piece 6a and the first magnet piece 6b, the magnetization directions They are arranged differently. なお、図2に示す第1のマグネット片6a,6bの極性は、第2のマグネット7と対向する側の面の極性を示している(図3(b)参照)。 The polarity of the first magnet piece 6a, 6b shown in FIG. 2 shows the polarity of the surface facing the second magnet 7 (see Figure 3 (b)).

一方、第2のマグネット7は、可動コイル4の平面と平行で、かつ回動方向に並列配置された一対の第2のマグネット片7a,7bから構成されている。 On the other hand, the second magnet 7 is constructed parallel to the plane of the moving coil 4, and a second magnet piece 7a of a pair arranged in parallel in the rotational direction, from 7b. 第2のマグネット片7aは、第1のマグネット片6aと対向し、第2のマグネット片7bは、第1のマグネット片6bと対向するように配置されている。 The second magnet piece 7a is opposed to the first magnet piece 6a, the second magnet piece 7b is disposed so as to face the first magnet piece 6b. 第2のマグネット片7a,7bも、上面視矩形の平板状に形成されており、厚み方向に磁化されている。 Second magnet pieces 7a, 7b is also formed in top view a rectangular flat plate shape and is magnetized in the thickness direction. また、第2のマグネット片7aと第2のマグネット片7bとは、磁化方向が互いに異なるように配置されている。 Further, the second magnet piece 7a and the second magnet piece 7b, the magnetization direction is arranged so as to be different from each other. そして、第2のマグネット片7a,7bは、対向する第1のマグネット片6a,6bと磁化方向がそれぞれ互いに異なるように配置されている。 The second magnet pieces 7a, 7b, the first magnet piece 6a facing, 6b and the magnetization direction is arranged to be different from each other. 具体的には、第1のマグネット片6aがN極、第1のマグネット片6bがS極、第2のマグネット片7aがS極、第2のマグネット片7aがN極となるように配置されている。 Specifically, the first magnet piece 6a is N pole, the first magnet piece 6b is S pole, the second magnet piece 7a is arranged so as S pole, the second magnet piece 7a becomes N pole ing. このようにマグネット5を構成することにより、第1のマグネット6と第2のマグネット7との間に、平面に対して垂直な方向の磁界が発生する。 By thus constructing the magnet 5, between the first magnet 6 and the second magnet 7, magnetic field is generated in the direction perpendicular to the plane. ただし、第1のマグネット片6aと第2のマグネット片7aの間と、第1のマグネット片6bと第2のマグネット片7bの間とでは、磁界の向きが互いに異なっている。 However, as between the first magnet piece 6a and second magnet pieces 7a, in the between the first magnet piece 6b and a second magnet piece 7b, the orientation of the magnetic field are different from each other.

ヨーク8は、鉄やパーメンジュールなどの磁束を通し易い材料を用いて形成され、断面コ字状のヨーク本体9と、クランク状に形成されたヨーク脚部10とから構成されている。 Yoke 8 is formed using a material easily passed through a flux, such as iron or permendur, and a U-shaped yoke body 9, and a yoke legs 10 for formed in a crank shape. ヨーク本体9は、長方形状をした上側ヨーク部9aと、上側ヨーク部9aに平行に配置された下側ヨーク部9bと、上側ヨーク部9aと下側ヨーク部9bのそれぞれの端部を連結する連結ヨーク部9cとから構成されている。 Yoke body 9 connected to the upper yoke portion 9a in which the rectangular, the lower yoke portion 9b which is arranged parallel to the upper yoke portion 9a, the respective ends of the upper yoke portion 9a and a lower yoke portion 9b It is composed of a connecting yoke portion 9c. そして、上側ヨーク部9aの内面と下側ヨーク部6bの内面(互いに対向する面)に、第1のマグネット片6a,6bおよび第2のマグネット片7a,7bがそれぞれ長手方向に沿って例えば接着剤で固定されている。 Then, the inner surfaces of the lower yoke portion 6b of the upper yoke portion 9a (the surface facing each other), the first magnet piece 6a, 6b and the second magnet piece 7a, and 7b are longitudinal direction respectively, for example adhesive It is fixed by agents. なお、本実施形態では、上側ヨーク部9aおよび下側ヨーク部9bの短手方向の長さ寸法は、マグネット5の幅寸法と略一致させている。 In the present embodiment, the length dimension in the lateral direction of the upper yoke portion 9a and a lower yoke portion 9b is substantially aligned with the width of the magnet 5.

ヨーク脚部10は、上側ヨーク部6aの一側端面の略中央(マグネット5の中心位置)から延設されて一連に設けられている。 Yoke leg 10 is extended from substantially the center of one edge of the upper yoke portion 6a (the central position of the magnet 5) are provided in series. ヨーク脚部10の先端側の平坦部10aには、開口が円形の貫通孔10bが形成されている。 The flat portion 10a of the front end side of the yoke leg 10, the opening is formed circular through holes 10b. ヨーク脚部10は、貫通孔10bに支柱2を挿通した状態で、リング形状の固定リング12と接着剤とを用いて支柱2に固定されている。 Yoke leg 10, while inserting the post 2 into the through hole 10b, and is fixed to the support 2 by using an adhesive and the fixing ring 12 of the ring-shaped.

(エキサイタの作動・効果) (The operation and effect of the exciter)
次に、エキサイタE1の作動について、図3(a),(b),(c)を参照して説明する。 Next, the operation of the exciter E1, FIG 3 (a), (b), will be described with reference to (c). 図3(a)はエキサイタE1の要部を示す平面図、図3(b)は図3(a)のA−A線に沿って切断された垂直断面図、図3(c)は図3(a)のB−B線に沿って切断された部分垂直断面図である。 3 (a) is a plan view showing a main part of the exciter E1, 3 (b) is a vertical sectional view taken along line A-A of FIG. 3 (a), FIG. 3 (c) 3 it is a partial vertical cross-sectional view taken along the line B-B of (a). なお、A−A線は、可動コイル4の楕円長軸の位置と一致するが、B−B線は、励振アーム3の中心線Cよりも図示右側に位置している。 Incidentally, A-A line is consistent with the position of the ellipse major axis of the moving coil 4, B-B line is positioned the right side of the center line C of the excitation arm 3.

初期状態(可動コイル4に電流を印加しない状態)では、可動コイル4は、その楕円短軸(励振アーム3の中心線C)が一対のマグネット9a,9b(10a,10b)の中心位置に静止している。 In the initial state (state without applying a current to the moving coil 4), the moving coil 4 is still the ellipse minor axis (the center line C of the excitation arm 3) a pair of magnets 9a, the center position of 9b (10a, 10b) doing. また、可動コイル4には、第1のマグネット6と第2のマグネット7とにより、巻回軸方向(図3(b),(c)の上下方向)に磁界が常時印加されている。 Further, the moving coil 4, the first magnet 6 and the second magnet 7, the winding axis direction (FIG. 3 (b), the vertical direction (c)) is applied to the magnetic field at all times. ただし、中心線Cを境にして左右で磁界の方向が互いに異なっている。 However, is different direction of the magnetic field with each other left and right to the center line C as a boundary.

次に、可動コイル4に対して外部に配置されている駆動回路部(図示せず)から電気信号を印加すると、可動コイル4に流れる電流と、可動コイル4に印加される磁場との相互作用により、フレミングの左手法則に基づき、電流の大きさと流れる向きに応じた力F1またはF2が可動コイル4に作用する。 Next, the interaction of the applied electrical signals from a driver circuit portion is disposed outside the movable coil 4 (not shown), the current flowing in the movable coil 4, a magnetic field applied to the moving coil 4 Accordingly, based on Fleming's left-hand rule, force F1 or F2 depending on the direction of flow and magnitude of the current acting on the moving coil 4. 具体的には、可動コイル4に上面視で反時計方向の電流が流れた場合に力F1が可動コイル4に作用し、可動コイル4に時計方向の電流が流れた場合に力F2が可動コイル4に作用する。 Specifically, acts force F1 is the moving coil 4 when the current in the counterclockwise direction when viewed in the moving coil 4 flows, the force F2 is the moving coil when the moving coil 4 current clockwise flows acting on the 4. 可動コイル4に力F1が作用した場合には、可動コイル4を保持する励振アーム3は、支柱2を中心に力F1に応じてR1方向にスムーズに回転移動する。 When a force F1 is applied to the moving coil 4 is excited arm 3 holding the moving coil 4 is smoothly rotated and moved in the R1 direction in response to forces F1 around the post 2. 一方、可動コイル4に力F2が作用した場合には、励振アーム3は力F2に応じてR2方向に回転移動する。 On the other hand, when a force F2 is applied to the moving coil 4 is excited arm 3 rotates to move in the direction R2 in response to a force F2. すなわち、励振アーム3は、駆動回路部からの電気信号に応じて支柱2を中心として回動する。 That is, the excitation arm 3 is rotated around the strut 2 in accordance with an electric signal from the driving circuit unit. したがって、励振アーム3の、支柱2を挟んで可動コイル4を保持する側とは反対側の端部(以下、作用部ともいう)に、直接または間接的に被振動体(空気を含む)を連結することにより、可動コイル4に通電する電気信号に応じて被振動体を振動させることができる。 Accordingly, the excitation arm 3, an end portion opposite to the side for holding the moving coil 4 across the tower 2 (hereinafter, also referred to as action part) to directly or indirectly driven member (including air) by linking, it is possible to vibrate the driven member in response to an electrical signal to energize the moving coil 4.

以上のように作動するエキサイタE1は、平面状の可動コイル4と、平板状のマグネット5と、平板状のヨーク8を互いに平行配置して、平面状の磁気ギャップを構成していることから、構成が簡易で作製が容易である。 The exciter E1 which operates as described above, the moving coil 4 planar, since a flat plate-shaped magnet 5, and arranged parallel to one another a flat yoke 8 constitute a magnetic gap of the flat, configuration is easily manufactured in a simple manner. また、厚み寸法(支柱2の軸方向の寸法)を小さく構成することができる。 Further, it is possible to configure a small thickness dimension (axial dimension of the tower 2). さらに、支柱2と可動コイル4間の距離と、支柱2と作用部間の距離の比を調整することにより、作用部での振幅を拡大することができる。 Furthermore, the distance between the pillars 2 and the movable coil 4, by adjusting the ratio of the distance between the posts 2 and the action portion, it is possible to enlarge the amplitude of the action part. したがって、回動方向の寸法(支柱2の中心軸方向と直交する方向の寸法)も小さく構成することができる。 Thus, (the dimension in the direction orthogonal to the central axis of the strut 2) dimension in the rotational direction can also be made smaller.

また、本実施形態では、可動コイル4を、励振アーム3の厚み方向に形成した貫通孔3bに配置する構成としている。 Further, in the present embodiment, the moving coil 4, the construction of arranging the through hole 3b formed in the thickness direction of the excitation arm 3. これにより、エキサイタE1をより小型(薄型)に構成することができる。 Thus, it is possible to configure the exciter E1 to smaller (thinner). また、可動コイル4とマグネットとの距離を可及的に小さくすることができるため、電磁変換効率が向上して、励振アーム3の駆動効率をより高くすることができる。 Further, it is possible to reduce the distance between the movable coil 4 and the magnet as much as possible, it is possible to electromagnetic conversion efficiency is improved, a higher driving efficiency of the excitation arm 3.

また、本実施形態によるエキサイタE1においては、第1のマグネット6および第2のマグネット7が、可動コイル4の表面部の全面を覆うように配置されている。 In the exciter E1 according to the present embodiment, the first magnet 6 and a second magnet 7 is arranged to cover the entire surface of the moving coil 4. これにより、可動コイル4に印加される有効磁束が多くなり、この点からも電磁変換効率が向上して、励振アーム3の駆動効率をより高くすることができる。 Thus, it increases the effective magnetic flux is applied to the moving coil 4, and improved electromagnetic conversion efficiency also from this point, it is possible to increase the driving efficiency of the excitation arm 3.

(エキサイタの変形例) (Modification of the exciter)
以上、本発明のエキサイタの一実施形態について説明したが、本発明の趣旨の範囲内で種々の変形や応用が可能であり、これらの変形や応用を本発明の範囲から排除するものではない。 Having described an embodiment of the exciter of the present invention, within the spirit of the present invention can be variously modified or applied, it does not exclude these modifications and applications from the scope of the present invention.
たとえば、図3(a),(b)に示す例では、励振アーム3の厚さと可動コイル4の厚さを一致させているが、これに限定されるものではなく、両者の厚み寸法が互いに異なっていてもよい。 For example, FIG. 3 (a), in the example shown in (b), although to match the thickness and the thickness of the moving coil 4 of the excitation arm 3 is not limited to this, both the thickness of one another it may be different. また、貫通孔3bに代えて有底凹部を励振アーム3に設け、同有底凹部に可動コイル4を載置する構成としてもよい。 Further, instead of the through holes 3b provided with a bottom recess to the excitation arm 3 may be configured for placing the moving coil 4 in the bottomed recess. また、励振アーム3に貫通孔3bや有底凹部を設けることなく、振動アーム3の表面に可動コイル4を載置する構成としてもよい。 Moreover, without providing the through-hole 3b and a bottom recess to the excitation arm 3 may be configured for placing the moving coil 4 on the surface of the oscillating arm 3.

また、本実施形態では、マグネット5を、第1のマグネット6と第2のマグネット7とから構成しているが、小型化を促進するために、いずれか一方だけを備えた構成としてもよい。 Further, in the present embodiment, the magnet 5, although the configuration of a first magnet 6 second magnet 7 for, in order to facilitate the size reduction, may be configured to include only one of. また、どちらか一方を磁性体(磁束を通し易い材料)により構成してもよい。 Also, either one may be formed of a magnetic material (material easily passed through a magnetic flux). さらに、マグネット5は、平面視の形状が矩形である必要はなく、回動の軌跡に沿った円弧形状であってもよい。 Furthermore, the magnet 5 is not required shape in plan view is rectangular, it may be a circular arc shape along the locus of rotation.

また、本実施形態では、ボールベアリング11を介して励振アーム3を支柱2に回動自在に取り付けているが、これに限定されるものではない。 Further, in the present embodiment, it is attached rotatably to the excitation arm 3 to the support 2 via a ball bearing 11, but is not limited thereto. 例えば、ボールベアリング11に代えてスリーブベアリングを用いてもよい。 For example, it may be used sleeve bearings instead of ball bearings 11. また、固定リング12を介してヨーク8(ヨーク脚部10)を支柱2に固定しているが、これに限定されるものではない。 Although through the fixing ring 12 secures the yoke 8 (yoke leg 10) to the post 2, but is not limited thereto. 例えば、支柱2にヨーク脚部8cを圧入することにより、ヨーク脚部10を支柱2に固定してもよい。 For example, by press-fitting the yoke legs 8c to the support 2, it may be fixed to the yoke leg 10 to the column 2.

(スピーカの構成) (Configuration of the speaker)
次に、本発明に係るエキサイタを振動源に適用した装置の一例として、スピーカの一実施の形態の構成を図面を参照して説明する。 Next, as an example of the applied device exciter according to the present invention the vibration source will be described with reference to the drawings the configuration of an embodiment of a speaker. 図4は、エキサイタE2を組み込んだスピーカS1の概略構成を示す斜視図(一点鎖線で囲んだ部分の拡大図を含む)である。 Figure 4 is a perspective view showing a schematic configuration of a speaker S1 incorporating exciter E2 (including an enlarged view of a portion surrounded by a dashed line). なお、エキサイタE1と共通する構成要素には同一符号を付し、その説明は適宜省略する。 The same reference numerals are assigned to the components common with exciter E1, a description thereof will be omitted.

スピーカS1は、図4に示すように、エキサイタE2と、振動板20と、振動板20を保持するフレーム21と、エキサイタE2および振動板20を連結する手段(連結手段)としての駆動アーム24とを備えている。 Speaker S1 is, as shown in FIG. 4, the exciter E2, a diaphragm 20, a frame 21 for holding the vibrating plate 20, the drive arm 24 as a means (connection means) for connecting the exciter E2 and the diaphragm 20 It is equipped with a.

エキサイタE2は、エキサイタE1と同様に、支柱2と、支柱2に対して回動自在に取り付けられる励振アーム13と、この励振アーム13に保持される可動コイル4と、可動コイル4に対向して配置されるマグネット5と、マグネット5を保持するヨーク8とを備えている。 Exciter E2, like the exciter E1, a tower 2, the excitation arm 13 mounted rotatably with respect to the column 2, the moving coil 4 is held by the excitation arm 13, opposite to the moving coil 4 a magnet 5 disposed, and a yoke 8 which holds the magnet 5. また、支柱2に対して励振アーム13を回動自在に取り付けるためのボールベアリング11(図示せず)と固定リング12とを有している。 Also has a ball bearing 11 for mounting the excitation arm 13 rotatably with respect to the column 2 (not shown) and the fixing ring 12.

エキサイタE2において、上述のエキサイタE1と相違する構成要素は励振アーム13である。 In exciter E2, components different from the exciter E1 described above is excited arm 13. 励振アーム13は、可動コイル4が配置される側とは反対側の端部(作用部)に、駆動アーム24を取り付ける切欠部13cが形成されている。 Excitation arm 13, the side on which the moving coil 4 is disposed at the opposite end (action part), the notch portion 13c for attaching the drive arm 24 is formed. 切欠部13cは、横断面形状が円の一部を弓形に切り欠いた形状(中心角度が180°よりも大きい円弧と、この円弧の両端を直線で結んだ形状)をした略半円筒状の凹部である。 Notch 13c is (an arc greater than 180 ° center angle, shape connecting both ends of the arc by a straight line) cross-sectional shape is partially cut out of the circular arcuate shape substantially semicylindrical in which the it is a recess.

振動板20は、例えばポリプロピレンやアクリルニトリルブタジエンスチレンなどのプラスチック素材を用いて形成され、横長の長方形状(短冊状)をした平板状に構成されている。 Diaphragm 20, for example polypropylene or formed using a plastic material such as acrylonitrile butadiene styrene, and is configured to the tabular horizontally long rectangular shape (strip shape). 振動板20は、その短軸方向がエキサイタE2の支柱2の軸方向と略平行となるように配置されている。 Diaphragm 20 has its minor axis direction is arranged parallel axial direction substantially struts 2 exciter E2. また、振動板20は、ヨーク本体9を構成するヨーク連結部9cと略平行かつ対向するように配置されている。 The vibration plate 20 is arranged to be substantially parallel to and facing the yoke connecting portion 9c constituting the yoke body 9.

フレーム21は、例えばアルミニウムや防錆処理が施された鉄などの金属を用いて形成され、振動板20の外周縁を保持する額縁状のフレーム本体22と、フレーム本体22の一部から枝状に延出してクランク状に形成されたフレーム脚部23とから構成されている。 Frame 21, for example, aluminum or rust is formed using a metal such as iron which has been subjected, a frame-shaped frame body 22 which holds the outer peripheral edge of the diaphragm 20, like branches from a portion of the frame body 22 and a frame leg section 23 formed in a crank shape extends. フレーム脚部23の先端側には、支柱2を通すための開口が円形の貫通孔23a(図示せず)が形成されている。 The distal end side of the frame leg 23 has an opening for passing the post 2 (not shown) circular through-hole 23a is formed. フレーム脚部23は、この貫通孔23aに支柱2を通した状態で、ヨーク脚部10aと固定リング12とでフレーム脚部23の先端側が挟持されるように配置されている。 Frame legs 23, in the state through the support 2 into the through hole 23a, the distal end side of the frame legs 23 are arranged so as to be held between the yoke legs 10a and retainer ring 12. そして、ヨーク脚部10a、フレーム脚部23、固定リング12、および支柱2が例えば接着剤を用いてそれぞれ一体化されている。 Then, they are integrated respectively yoke legs 10a, the frame legs 23, securing ring 12, and the strut 2, for example using an adhesive.

駆動アーム24は、例えばジュラルミンなどの振動を伝達しやすく軽くて剛性の大きい材料を用いて形成され、棒状の駆動アーム本体24aと、駆動アーム本体24aの一方の端部に例えば接着剤で固定された駆動アーム連結部24aとから構成されている。 Drive arm 24, for example a vibration, such as Duralumin lightly easily transmitted are formed using a material having high rigidity, the rod-shaped drive arm body 24a, is fixed to one end of the drive arm body 24a, for example, an adhesive and a drive arm connecting portion 24a has. 駆動アーム連結部24aの横断面形状は、励振アーム13に形成された切欠部13cの横断面形状に略一致している。 Cross-sectional shape of the drive arm connecting portion 24a is substantially coincident to the cross-sectional shape of the notch portion 13c formed to the excitation arm 13. すなわち、駆動アーム連結部24aと、励振アーム13に形成された切欠部13cとは、相補的な係合構造の関係にある。 That is, the drive arm connecting portions 24a, and the notch 13c formed in the excitation arm 13, are complementary engagement structure. したがって、駆動アーム連結部24aは、切欠部13に嵌め込んだ状態において、励振アーム13の厚み方向を回転軸としてすべり回転が可能に励振アーム13に枢支される。 Accordingly, the driving arm connecting portion 24a is in a state of being fitted into the notch 13, it is pivotally supported in sliding rotation can excite arm 13 in the thickness direction of the excitation arm 13 as the rotation axis. 一方、駆動アーム24aの他方の端部は、振動板15の略中央部に例えば接着剤で固定されている。 On the other hand, the other end of the drive arm 24a is fixed by an adhesive, for example a substantially central portion of the diaphragm 15. これにより、エキサイタE2と振動板20とが駆動アーム24を介して回動自在に連結される。 Accordingly, the vibration plate 20 and the exciter E2 is rotatably connected via the drive arm 24. なお、駆動アーム24の長さは、初期状態において、振動板20の長手方向と励振アーム13の中心線Cとが略平行となるように設定されている。 The length of the drive arm 24 is in the initial state, the longitudinal direction of the diaphragm 20 and the center line C of the excitation arm 13 is set to be substantially parallel.

(スピーカの作動・効果) (The operation and effects of the speaker)
スピーカS1は、エキサイタE2を振動源として振動板20を振動させることにより、電気信号を音響信号に変換するものである。 Speaker S1 is by vibrating the vibrating plate 20 and exciter E2 as a vibration source, and converts the electrical signal into an acoustic signal. 図示していない駆動回路部から音声信号に基づく電気信号が可動コイル4に印加されると、可動コイル4に流れる電流の大きさと向きに応じて、励振アーム13が支柱2を中心として矢印R1および矢印R2方向に回動する。 When the electrical signal based on the audio signal from the driving circuit unit (not shown) is applied to the moving coil 4, depending on the size and direction of the current flowing through the moving coil 4, the excitation arm 13 arrows R1 and around the post 2 It rotates in the direction of arrow R2. この回動によって励振アーム3aの一端に取り付けられた駆動アーム24がL1方向に対して振動する。 Drive arm 24 attached to one end of the excitation arm 3a by the rotation vibrates the L1 direction. そして、この駆動アーム24の振動が振動板20に伝わり、振動板20が大気を振動させることにより音が再生される。 The vibration of the drive arm 24 is transmitted to the diaphragm 20, the diaphragm 20 is the sound is reproduced by vibrating the air.

以上のように構成したスピーカS1は、次のような効果を奏するものである。 Speakers S1, constructed as described above are those which provides the following advantages. すなわち、振動板20を振動させるエキサイタE2を、簡易的な構成、すなわち従来のエキサイタように複数の構成部材を同軸上に配置する必要のない構成としたことから、スピーカS1全体としても簡易的な構成とすることができる。 In other words, the exciter E2 to vibrate the vibrating plate 20, a simple structure, namely the fact that the conventional exciter so there is no need to arrange a plurality of components coaxially to the configuration, simple as a whole speaker S1 it can be configured. また、エキサイタE2は、棒状の駆動アーム24を介して振動板20の略中央部に対して点状に接合されている。 Further, the exciter E2 is bonded in dots relative to a substantially central portion of the diaphragm 20 via the rod-shaped drive arm 24. したがって、従来構成のように円筒状に形成されたボビンを円周方向に対して均一に接着する必要がないことから、製造性が向上する。 Therefore, the bobbin is formed in a cylindrical shape as in the conventional configuration since it is not necessary to uniformly adhere the circumferential direction, manufacturability is improved. また、円筒状のボビンを用いた場合に発生し易いローリング現象が抑制される。 Also, easy rolling phenomenon occurs in the case of using a cylindrical bobbin can be suppressed. これにより、歪みの少ない音質に優れたスピーカを構成できる。 As a result, it constitutes an excellent speaker with less sound quality distortion.

また、支柱2の軸方向に対してエキサイタE2を薄く構成することができるため、例えばノート型パソコンの側面に取り付けるスピーカを対象として、短冊状の振動板20を有するスピーカS1を構成することができる。 Further, it is possible to configure thin exciter E2 with respect to the axial direction of the strut 2, for example, as a target speaker to be attached to the side surface of the notebook personal computer, it is possible to construct a speaker S1, which has a strip-shaped diaphragm 20 . また、支柱2と可動コイル4間の距離と、支柱2と切欠部13c(作用部)間の距離の比を調整することにより、可動コイル4の可動領域を大きくすることなく、振動板20の振幅を大きくすることができる。 Further, by adjusting the distance between the pillars 2 and the movable coil 4, the ratio of the distance between the tower 2 and the cutout portion 13c (action part), without increasing the movable range of the moving coil 4, the diaphragm 20 it is possible to increase the amplitude. すなわち、スピーカS1を支柱2と直交する方向(振動板20の法線方向)に対しても薄型に構成することができる。 That is, it is possible to configure a thin even to the direction perpendicular to the speaker S1 and post 2 (the normal direction of the diaphragm 20). また、振動板20の振幅を大きくできることにより、低音再生が容易になる。 Further, by making possible to increase the amplitude of the vibration plate 20 facilitates bass reproduction. 低音再生が容易になることにより、再生周波数帯域の広いスピーカを実現することが可能となる。 By bass reproduction is facilitated, it is possible to realize a wide speaker of reproduction frequency band.

そして、円周方向に対して均一に凹凸加工が施されたリング状のダンバーを必要としないことから、製造性が向上し、製造コストを低減できる。 Then, since it does not require a uniformly roughened is annular subjected Dunbar respect to the circumferential direction, improved productivity, the manufacturing cost can be reduced.

そしてまた、ヨーク本体9を構成する連結ヨーク部9cと対向するように振動板20を配置することにより、ヨーク9から振動板20側に漏洩する磁束を少なくすることができる。 And also, by disposing the diaphragm 20 so as to face the connecting yoke portion 9c constituting the yoke body 9, it is possible to reduce the magnetic flux leaking to the vibration plate 20 side from the yoke 9. これにより、磁性体の振動板20を用いることが可能となり、スピーカS1の適用範囲を広げることができる。 Thus, it is possible to use a vibrating plate 20 of magnetic material, it is possible to widen the application range of the speaker S1.

さらに、可動コイル4が励振アーム13に固定されているため、励振アーム3を熱伝導性に優れた材料(例えば、アルミニウムや真鍮)を用いて形成することにより、可動コイル4に発生した熱を空気を介さず励振アーム13に放熱することができる。 Furthermore, since the moving coil 4 is fixed to the excitation arm 13, the material of the excitation arm 3 having excellent thermal conductivity (e.g., aluminum or brass) by forming with the heat generated in the movable coil 4 it can be dissipated to the excitation arm 13 not through the air. これにより、耐熱性にも優れたスピーカS1を構成することができる。 Thus, it is possible to configure the speaker S1, which is excellent in heat resistance.

(スピーカの変形例) (Modification of the speaker)
以上、本発明に係るスピーカの一実施の形態について説明したが、本発明の趣旨の範囲内で種々の変形や応用が可能であり、これらの変形や応用を本発明の範囲から排除するものではない。 Having described an embodiment of a speaker according to the present invention, within the spirit of the present invention can be variously modified or applied, is intended to eliminate these modifications and applications from the scope of the present invention Absent.
例えば、平板状の振動板20に代えて、図5(a),(b)に示すように、コーン状の振動板30を用いてスピーカS2を構成してもよい。 For example, instead of the plate-shaped diaphragm 20, FIG. 5 (a), the (b), the may constitute a speaker S2, using the vibration plate 30 of the cone-shaped. また、エキサイタE2と振動板30との結合手段として、横断面形状が円の一部を弓形に切り欠いた形状をした略半円筒状の駆動アーム連結部(駆動連結部)34bのみから構成し、駆動アーム本体34aを用いない構成としてもよい。 Further, as the coupling means between the diaphragm 30 and the exciter E2, constitutes a part cross-sectional shape of a circle substantially semi-cylindrical shaped drive arm connecting portion in which the notched shape arch (drive connection) 34b only it may be configured without using the drive arm body 34a. また、振動板30の開口部の形状を楕円状としてもよい。 Further, the shape of the opening of the diaphragm 30 may be elliptical. そして、振動板30を保持するフレーム31(フレーム本体32)は、楕円状の内周縁から外側に広がる平坦部を設けることにより、外周縁の形状を長方形状としてもよい。 The frame 31 that holds the diaphragm 30 (frame body 32), by providing a flat portion extending outwardly from the oval-shaped inner peripheral edge, may be used as the rectangular shape of the outer peripheral edge.

エキサイタE2と振動板30との結合手段を、駆動連結部34bのみから構成した場合には、スピーカS2の軽量小型化を促進することができる。 The coupling means between the exciter E2 and the diaphragm 30, when composed of only the drive connection portion 34b may facilitate the weight and size of the speaker S2. 特に、同結合手段とコーン状の振動板30と組み合わせた場合には、振動板30の背部の空きスペースをエキサイタE2の配置スペースとして有効利用することができる。 In particular, when combined with the coupling means and the cone-shaped diaphragm 30, it is possible to effectively utilize the empty space on the back of the vibrating plate 30 as an arrangement space for the exciter E2. これにより、コーン状の振動板30を使用した場合であっても薄型のスピーカS2を構成することができる。 Accordingly, even when using a cone-shaped diaphragm 30 may constitute a thin speaker S2.
また、駆動アーム本体34aを用いない構成とすることにより、部品コストと組み立てコストを低減することができる。 Further, with the structure that does not use the drive arm body 34a, it is possible to reduce the component cost and assembly cost. さらに、励振アーム13の先端の揺動を振動板15aに効率よく伝達することができる。 Furthermore, the swing of the front end of the excitation arm 13 can be efficiently transmitted to the diaphragm 15a.

また、スピーカS1では、励振アーム13の、駆動アーム24と連結するための切欠部13cを、励振アーム13の厚み方向に貫通する略半円筒形状の凹部としたが、これに限定されない。 Further, the speaker S1, the excitation arm 13, a notch portion 13c for connecting the drive arm 24 has a recess of generally semi-cylindrical shape which penetrates in the thickness direction of the excitation arm 13 is not limited to this. 例えば、駆動アーム連結部24bの、励振アーム13の厚み方向に対する抜けを防止するために、厚み方向の両端部に側壁を有する構成としてもよい。 For example, the drive arm connecting portion 24b, in order to prevent the omission to the thickness direction of the excitation arm 13 may be configured to have a side wall at both ends in the thickness direction. また、略円筒形状の相補的な係合構造に代えて、2軸回りの回転の自由度を有するように略半球面形状の相補的な係合構造としてもよい。 Further, instead of the complementary engaging structure having a substantially cylindrical shape, it may be complementary engagement structure substantially hemispherical shape so as to have a degree of freedom of two axes rotation. また、回転軸となるシャフトを用いることにより、励振アーム3と駆動アーム24とを、1軸回りに回動可能に軸着した構成としてもよい。 Moreover, by using the shaft as a rotation axis, the excitation arm 3 and the drive arm 24 may be configured to pivotally attached rotatably to one axis. なお、励振アーム13と駆動アーム24とは、必ずしも回動自在に構成する必要はなく、例えば励振アーム3と駆動アーム24とを一体に構成してもよい。 Note that the excitation arm 13 and the drive arm 24, it is not always necessary to configure rotatably, for example, the excitation arm 3 and the drive arm 24 may be integrated.

また、駆動アーム本体24aと振動板20との接合、および駆動アーム本体24aと駆動アーム連結部24bとの接合には、接着剤に代えて溶接や機械的結合などの接合方法を適用してもよい。 The joining of the drive arm body 24a and the vibration plate 20, and the bonding of the drive arm body 24a and the drive arm connecting portion 24b, even when applying the joining method such as welding and mechanical coupling instead of the adhesive good. また、駆動アーム連結部24bは、駆動アーム本体24aの他方の端部を半円筒状等に加工することにより、駆動アーム本体24aと一連に設けてもよい。 The drive arm connecting unit 24b, the other end of the drive arm body 24a by processing the semi-cylindrical shape or the like may be provided on the drive arm body 24a and a set.

また、スピーカS1は、エキサイタE1を、支柱2の軸方向を振動板20の平面と平行となるように配置して構成されているが、これに限定されない。 The speaker S1 is the exciter E1, although the axial direction of the strut 2 is formed by arranging in parallel with the plane of the diaphragm 20 is not limited thereto. 支柱2の軸方向を振動板20の平面に対して傾けて配置してもよいし、直交するように配置してもよい。 It axial strut 2 may be arranged to be inclined relative to the plane of the diaphragm 20 may be arranged so as to be orthogonal. この場合、駆動アーム24を振動板20の法線方向に対して傾けて配置してもよい。 In this case, the drive arm 24 may be arranged to be inclined with respect to the normal direction of the diaphragm 20. また、一枚の振動板20に対して、2つ以上のエキサイタE1を配置してもよい。 Further, with respect to a single diaphragm 20 may be disposed two or more exciter E1. 複数のエキサイタE2を振動板20の法線に対して回転対称な位置に配置させることにより、駆動アーム24の振動成分のうち、法線と直交する成分を相殺することができる。 By arranging a plurality of exciter E2 rotationally symmetric positions with respect to the normal line of the vibrating plate 20, of the vibration components of the drive arm 24, it is possible to cancel out the component orthogonal to the normal line.

また、スピーカS1では、フレーム本体22とフレーム脚部23とは一体に形成されているが、別体に構成してもよい。 Further, in the speaker S1, it is formed integrally with the frame body 22 and the frame leg section 23 may be configured separately. また、フレーム21の形状も限定されるものではなく、箱状にフレーム21を構成し、フレーム21の開口に振動板20を固定するともに、フレーム21の側壁に支柱2を固定する構成としてもよい。 Further, the present invention is not limited the shape of the frame 21, and a frame 21 in a box shape, together to secure the diaphragm 20 to the opening of the frame 21 may be configured to secure the support post 2 in the side wall of the frame 21 .
さらに、上記の実施形態のスピーカにおいては、平板状またはコーン状の振動板20,30を用いる例を示したが、振動板の形状には特に制限はなく、例えばドーム状であってもよい。 Further, in the loudspeaker of the above embodiments, although an example of using flat or cone-shaped diaphragm 20 and 30, no particular restriction on the shape of the diaphragm, for example may be dome-shaped. また、フレームの外周縁の形状も長方形に限定されるものではなく、楕円形や円形であってもよい。 The shape of the outer peripheral edge of the frame is also not limited to a rectangle, but may be oval or circle.

以上、本発明のエキサイタを振動源に用いた装置の一例として、スピーカについて説明したが、本発明のエキサイタは、例えば携帯電話のバイブレータやマッサージ機など、エキサイタを要する他の装置にも適用することができる。 Above, as an example of the apparatus used in the vibrating source exciter of the present invention, it has been described speaker, the exciter of the present invention, for example, such as a mobile phone vibrator and massager, be applied to other devices that require exciter can.

本発明のエキサイタの一例を示す斜視図である。 Is a perspective view showing an example of the exciter of the present invention. 本発明のエキサイタの一例を示す分解斜視図である。 Is an exploded perspective view showing an example of the exciter of the present invention. (a)本発明のエキサイタの要部を示す平面図であり、(b)は(a)のA−A線に沿う縦断面図であり、(c)は(a)のB−B線に沿う縦断面図である。 (A) is a plan view showing a main part of the exciter of the present invention, (b) is a longitudinal sectional view taken along the line A-A of (a), line B-B in (c) is (a) is a longitudinal sectional view taken along. 本発明のスピーカの一例を示す斜視図である。 Is a perspective view showing an example of the speaker of the present invention. 本発明のスピーカの変形例を示す図であり、(a)は平面図であり、(b)は側面図である。 It is a diagram showing a modification of the loudspeaker of the present invention, (a) is a plan view, (b) a side view. 従来の平面型スピーカの要部を示す斜視図である。 It is a perspective view showing a main portion of a conventional flat speaker.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

E1,E2 エキサイタS1,S2 スピーカ2 支柱3,13 励振アーム3b 可動コイルを配置する貫通孔4 可動コイル5 マグネット6 第1のマグネット7 第2のマグネット8 ヨーク9 ヨーク本体10 ヨーク脚部20,30 振動板21,31 フレーム22,32 フレーム本体23,33 フレーム脚部24,34 駆動アーム(連結手段) E1, E2 exciter S1, S2 speaker 2 post 3,13 excitation arm 3b through hole 4 moving coil 5 magnet 6 to place the moving coil first magnet 7 second magnet 8 yoke 9 yoke body 10 yoke legs 20 and 30 diaphragm 21 and 31 frames 22, 32 the frame body 23, 33 the frame legs 24 and 34 drive arm (connecting means)
24a 駆動アーム本体24b 駆動アーム連結部34b 駆動連結部 24a drive arm body 24b drive arm connecting portion 34b drive connection

Claims (9)

  1. 回動中心となる支柱と、 A post serving as a rotation center,
    該支柱に回動自在に取り付けられる励振アームと、 An excitation arm mounted rotatably on the strut,
    該励振アームの一端側に保持され、平面状に巻回された可動コイルと、 Is held in one end of 該励 vibration arm, and a movable coil wound in a planar shape,
    該可動コイルの巻回軸方向の少なくとも一方に設けられ、前記可動コイルに磁場を印加する平板状のマグネットと、 Provided on at least one of the winding axis direction of the movable coil, a flat magnet for applying a magnetic field to the moving coil,
    前記マグネットを保持するヨークと、を備えることを特徴とするエキサイタ。 Exciter, characterized in that it comprises a yoke that holds the magnet.
  2. 請求項1に記載のエキサイタであって、 A exciter according to claim 1,
    前記可動コイルは、略楕円形または略円形に巻回されていることを特徴とするエキサイタ。 The moving coil, exciter, characterized in that are wound in a substantially elliptical or substantially circular.
  3. 請求項1または2に記載のエキサイタであって、 A exciter according to claim 1 or 2,
    前記可動コイルは、前記励振アームに形成された貫通孔に配置されていることを特徴とするエキサイタ。 The moving coil, exciter, characterized in that it is arranged in a through hole formed in the excitation arm.
  4. 請求項1ないし3に記載のエキサイタであって、 A exciter according to any one of claims 1 to 3,
    前記マグネットは、前記可動コイルの巻回軸方向の両側に互いに対向してそれぞれ配置される第1のマグネットおよび第2のマグネットからなり、 It said magnet comprises a first magnet and a second magnet disposed respectively opposite each other on opposite sides of the winding axis direction of the movable coil,
    前記第1のマグネットおよび第2のマグネットは、互いに磁化方向が異なる一対のマグネット片を前記励振アームの回動方向に並列配置してそれぞれ構成されるとともに、前記第1のマグネットと前記第2のマグネットの対向する各マグネット片の極性が、互いに異なるように配置されていることを特徴とするエキサイタ。 The first magnet and the second magnet, while being constituted respectively arranged in parallel in the rotational direction of the excitation arm a pair of magnets pieces magnetization directions are different from each other, the first magnet and the second exciter polarity of each magnet piece, characterized in that it is arranged to be different from each other opposite the magnet.
  5. 請求項1ないし4に記載のエキサイタと、 And exciter according to any one of claims 1 to 4,
    前記励振アームの、前記可動コイルが保持される一端側とは反対側の端部に連結される振動板と、 A diaphragm connected to an end opposite to the one end side of the excitation arm, the moving coil is held,
    前記振動板を保持するフレームと、を備えることを特徴とするスピーカ。 Speaker, characterized in that it comprises a frame for holding the diaphragm.
  6. 請求項5に記載のスピーカであって、 A speaker according to claim 5,
    前記フレームは、前記振動板の外縁を保持するフレーム本体と、該クレーム本体の一部から延出するフレーム脚部とから構成され、該フレーム脚部が前記支柱に固定されていることを特徴とするスピーカ。 The frame includes a frame body for holding the outer edge of the diaphragm is constituted by a frame legs extending from a portion of the claims body, and characterized in that the frame legs are secured to said strut speaker to be.
  7. 請求項5または6に記載のスピーカであって、 A speaker according to claim 5 or 6,
    前記励振アームの、前記可動コイルが保持される一端側とは反対側の端部に、前記励振アームと前記振動板とを連結する連結手段の一端が取り付けられ、該連結手段の他端が前記振動板の略中央部に固定されていることを特徴とするスピーカ。 The excitation arm, the end opposite to the one end of the movable coil is held, one end attached to connection means for connecting the diaphragm and the excitation arm, the other end of the connecting means the speaker, characterized in that it is fixed to the substantially central portion of the diaphragm.
  8. 請求項7に記載のスピーカであって、 A speaker according to claim 7,
    前記連結手段は、一方の端部が前記振動板に固定される棒状の駆動アーム本体と、該駆動アーム本体の他方の端部に形成され、前記励振アームに回動自在に連結される駆動アーム連結部とから構成されていることを特徴とするスピーカ。 Said coupling means, the driving arm having one end portion and a rod-shaped drive arm body is secured to the diaphragm, is formed at the other end of the drive arm body is rotatably connected to the excitation arm speaker, characterized in that it is composed of a connecting portion.
  9. 請求項7に記載のスピーカであって、 A speaker according to claim 7,
    前記連結手段は、前記励振アームに回動自在に連結される駆動連結部のみから構成されていることを特徴とするスピーカ。 It said connecting means, a speaker, characterized in that is composed of only the drive connecting portion is rotatably coupled to the excitation arm.
JP2008067181A 2008-03-17 2008-03-17 Exciter and speaker Pending JP2009225091A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008067181A JP2009225091A (en) 2008-03-17 2008-03-17 Exciter and speaker

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008067181A JP2009225091A (en) 2008-03-17 2008-03-17 Exciter and speaker

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2009225091A true JP2009225091A (en) 2009-10-01

Family

ID=41241427

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008067181A Pending JP2009225091A (en) 2008-03-17 2008-03-17 Exciter and speaker

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2009225091A (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2015134373A1 (en) * 2014-03-07 2015-09-11 Bose Corporation Levered loudspeakers
US9357279B2 (en) 2014-03-07 2016-05-31 Bose Corporation Elastomeric torsion bushings for levered loudspeakers
US9497549B2 (en) 2014-03-07 2016-11-15 Bose Corporation Levered loudspeakers
US9601969B2 (en) 2014-03-07 2017-03-21 Bose Corporation Inhibiting rocking of loads driven by plural levers
US9763013B2 (en) 2013-03-15 2017-09-12 Bose Corporation Moving magnet motors
US10154347B2 (en) 2015-10-23 2018-12-11 Bose Corporation Bushings constrained by compression in levered apparatus

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10028062B2 (en) 2013-03-15 2018-07-17 Bose Corporation Driving plural armatures with a common stator
US9763013B2 (en) 2013-03-15 2017-09-12 Bose Corporation Moving magnet motors
US9258648B2 (en) 2014-03-07 2016-02-09 Bose Corporation Levered loudspeakers
US9357279B2 (en) 2014-03-07 2016-05-31 Bose Corporation Elastomeric torsion bushings for levered loudspeakers
US9497549B2 (en) 2014-03-07 2016-11-15 Bose Corporation Levered loudspeakers
US9601969B2 (en) 2014-03-07 2017-03-21 Bose Corporation Inhibiting rocking of loads driven by plural levers
WO2015134373A1 (en) * 2014-03-07 2015-09-11 Bose Corporation Levered loudspeakers
US10154347B2 (en) 2015-10-23 2018-12-11 Bose Corporation Bushings constrained by compression in levered apparatus

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20070165902A1 (en) Electrodynamic electroacoustic transducer and electronic device
US20140056464A1 (en) Micro-Speaker
US20070147651A1 (en) Speaker device and mobile phone
JP2008141589A (en) Cellular phone mounted with bone conduction speaker
US20060093180A1 (en) Magnetic circuit having dual magnets, speaker and vibration generating apparatus using the same
JP2003032786A (en) Rectangular speaker
JP2007104626A (en) Electrokinetic electro-acoustic converter and electronic device
JP2006173997A (en) Speaker and method of manufacturing the same
JP2007306214A (en) Speaker magnetic circuit
EP1482762A2 (en) Speaker and method of manufacturing the same
JPH07131893A (en) Speaker unit
JP2004356868A (en) Speaker
US20080063234A1 (en) Electroacoustic transducer
JP2011019384A (en) Linear vibrator
US20100203918A1 (en) Speaker device
US20100014700A1 (en) Earpiece for communications
JP2005323054A (en) Bone conduction speaker
JP2003009283A (en) Flat speaker and electronic device with the flat speaker
JPH11187484A (en) Loudspeaker
US20090161906A1 (en) Transducer with variable compliance
US20090146509A1 (en) Vibration actuator
JP2014028349A (en) Vibration actuator
JPH08196053A (en) Vibration actuator
JP2000050384A (en) Speaker device
US20140146995A1 (en) Acoustic transducer