JP2008234072A - Screen sharing system, screen sharing program and program distribution method - Google Patents

Screen sharing system, screen sharing program and program distribution method Download PDF

Info

Publication number
JP2008234072A
JP2008234072A JP2007069599A JP2007069599A JP2008234072A JP 2008234072 A JP2008234072 A JP 2008234072A JP 2007069599 A JP2007069599 A JP 2007069599A JP 2007069599 A JP2007069599 A JP 2007069599A JP 2008234072 A JP2008234072 A JP 2008234072A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
screen
screen sharing
client
server
shared
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2007069599A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP4917930B2 (en )
Inventor
Taiga Asano
Akira Suzuki
大雅 浅野
明 鈴木
Original Assignee
Ricoh Co Ltd
株式会社リコー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a screen sharing system which displays a common screen on a plurality of terminals. <P>SOLUTION: After starting a morning meeting, when a leader shows a prepared material and starts screen sharing, members enters a sharing state and view the leader's desktop screen on his or her respective PCs in real time. When the leader talks without any material and searches a material or a mail to be shown next, the leader stops screen sharing if he or she performs an operation in secret on the desktop. When screen sharing is stopped, the members enters a non-sharing state, and only characters "Morning Meeting" are displayed on the desktop screen. <P>COPYRIGHT: (C)2009,JPO&INPIT

Description

本発明は画面共有システムに関し、特に、複数の端末上で共通の画面を表示する画面共有システムに関するものである。 The present invention relates to a screen sharing system, in particular, to a screen sharing system for displaying a common display on multiple terminals.

従来、会議や朝礼等でメンバ全員に情報を周知させるのに、1つのPCの画面を他のメンバのPC画面に共有表示する画面共有技術というものがある。 Conventionally, for making public information on all members in meetings and morning assembly or the like, those that screen sharing technology for sharing a screen of one PC to PC screen other members. 例えば、「NetMeeting」等の画面共有ソフトウェアがある。 For example, there is a screen sharing software such as "NetMeeting". この技術は、会議や、教育、PCによるサポート業務等に広く用いられている。 This technology, meetings and, education, are widely used to support operations such as by PC. このようなソフトウェアで同じ画面を共有表示出来るようにして、会議や教育を行うと、各メンバはPC操作が可能であるため、議題とは関係ない内職を行うことが多いということが問題になっている。 Such as can be shared display the same screen in the software, and a conference and education, since each member is capable of PC operation, the fact that it is often performed the sideline nothing to do with the agenda it becomes a problem ing. 例えば朝礼中に交通費精算を行ったり、会議中にメールやネットサーフィンを行ったり、授業中にゲームソフトで遊ぶなどということがよく行われている。 For example, and go travel expenses settlement during the morning meeting, and go the e-mail and surf the net during the meeting, has been carried out well is that such play in the game software in class.
特許文献1では、画面共有中の操作を禁止する技術について、特許文献2では、Webブラウザを使って同じWebページをメンバが同時に見ることができるシステムにおいて、ブラウザをロックしたり、ブラウザのアクセス可能なドメインを制限する技術が開示されている。 Patent Document 1, a technique for prohibiting an operation of the screen sharing, Patent Document 2, a member of the same Web page with a Web browser in a system that can be viewed at the same time, or lock the browser, can access browser techniques for limiting such domains is disclosed.

しかしこれらの発明では、画面共有の切り替え時に各メンバのデスクトップ画面やアプリケーション画面が表示されてしまうため、議題への集中を途切れさせてしまったり、ロックするのを忘れたのをいいことに内職を行ってしまうということがあり、メンバを強制的に議題に集中させるためには不十分である。 However, in these inventions, for the desktop screen and the application screen of each member at the time of switching the screen sharing from being displayed, or worse let me interrupting the concentration on the agenda, a sideline to a good thing that the forgot to lock performed may arises that is insufficient to focus the forced agenda members. よって、会議の間は(1)議長のPC画面を閲覧するか、または、(2)議題と関係ないことは出来ない状態にすることが望ましい。 Thus, either during the conference it is to view (1) Chair of the PC screen, or, it is desirable to state that it is not possible to do with (2) agenda. 但し、(2)については議題に関係のある操作だけは出来るようにするものとする。 However, it is assumed that that only can operations relevant to the agenda for (2).
これによって同時に、また、画面共有ソフトの一般的な問題として、PC上に表示されている画面が自分のPCの画面なのか、共有表示されている他のPCの画面なのかが分からなくなってしまうという問題がある。 This at the same time, also, as a general matter of screen sharing software, no longer know what screen that is displayed on the PC is whether the screen of your PC, the screen of other PC that is shared displays there is a problem in that.
また、画面共有技術としては、例えば、操作パネルに表示されているものと同一の画面を遠隔地で表示したり、タッチパネルを遠隔地から操作するために利用可能な技術として、PCの画面共有を行う技術が知られている。 As the screen sharing technology, for example, the same screen as that displayed on the operation panel and display in remote locations, as an available technique in order to operate the touch panel from a remote location, the screen sharing PC technology has been known to do. 代表的なものとして、VNC(Virtual Network Computing)が広く知られている。 Typical examples, VNC (Virtual Network Computing) is widely known.

図28を参照して、VNCの動作原理を簡単に説明する。 Referring to FIG. 28 will be described briefly the principle of operation of the VNC. 遠隔操作される側のサーバーPC600上では、画面共有サーバー610が起動している。 On the side of the server PC600 which is remotely operated, the screen sharing server 610 is started. 画面共有サーバー610の画面データ取得部611は、サーバーPC600のデスクトップ画面、あるいは、その一部の画面データを取得する。 Screen data acquisition unit of the display screen sharing server 610 611, a desktop screen of the server PC 600, or acquires a part of the screen data. 画面データ送信部612は、この画面データを、遠隔操作側のクライアントPC700上で起動している画面共有クライアント710にOS通信部613を介して送信する。 The screen data transmission unit 612, the screen data is transmitted via the OS communication unit 613 to the screen sharing client 710 running on a remote operation side of the client PC 700.
画面共有クライアント710の画面データ受信部714は、送信されてきた画面データをOS通信部713を介して受信する。 Screen data receiving unit 714 of the screen sharing client 710 receives the screen data transmitted via the OS communication unit 713. 画面データ表示部715は、受信した画面データを自身のデスクトップ画面上に表示する。 Screen data display unit 715 displays the received screen data to their desktop screen. これにより、画面共有サーバー610の起動しているサーバーPC600の画面を共有できるようになっている。 As a result, it has become to be able to share the screen of the server PC600 you are running of screen sharing server 610. 尚、画面データは一般に、任意の圧縮がなされていたり、前のデータとの差分データにすることにより、通信データ量を少なくして、動作を高速にする工夫がなされている。 The screen data is typically or have been made any compressing, by the differential data between the previous data, by reducing the amount of communication data, devised for the operation at high speed have been made.
一方、遠隔から操作する場合は、クライアントPC700側の画面共有クライアント710は、共有画面へのマウスやキーボード等の入力装置からの入力イベントを入力イベント取得部711で取得する。 On the other hand, when operating remotely, the screen sharing client 710 of the client PC700 side acquires an input event acquiring unit 711 input events from an input device such as a mouse or keyboard to the shared screen. 入力イベント送信部712は、画面共有サーバー610に取得した入力イベント情報を送信する。 Input event transmission unit 712 transmits the input event information acquired in the screen sharing server 610. 画面共有サーバー610の入力イベント受信部614は、入力イベントを受信する。 Input event reception unit 614 of the display screen sharing server 610 receives an input event. 入力イベント実行部615は受信した入力イベントと同一のイベントを発生させて、OSのメッセージループに送ることによって、画面共有クライアント710から画面共有サーバー610のサーバーPC600の遠隔操作を可能にしている。 Input event execution unit 615 to generate the same events and input events received, by sending the message loop of OS, is the screen sharing client 710 enables remote operation of the server PC600 screen sharing server 610.

また、特許文献1記載の発明では、共有画面の操作を禁止する技術について開示されている。 Further, in the invention of Patent Document 1 discloses a technique for prohibiting an operation of the shared screen. また、特許文献2記載の発明では、ブラウザベースで画面を共有し、ブラウザロックをしたり、ブラウザのアクセス可能なドメインを制限する技術について開示されている。 Further, in the invention of Patent Document 2, share the screen in the browser-based, or a browser lock discloses a technique that limits the accessible domains browser. また、特許文献2記載の発明では、共有画面に複数人がマウスによる描き込みを行う技術が開示されている。 Further, in the invention described in Patent Document 2, a technique for narrowing drawn by the mouse is disclosed several persons shared screen.
特開平11−331199号公報 JP 11-331199 discloses 特表2004−528606公報 JP-T 2004-528606 Publication

しかしながら、従来技術では、例えば、画面共有が可能な会議システム等において、会議の間中、自分の通常のデスクトップ画面が表示されることがなく、議長の画面を見るか、会議と関係のあることしかできないないという状況に切り替えることができなかった。 However, in the prior art, for example, in the screen sharing available conference system or the like, during the meeting, without their normal desktop screen is displayed, or see the screen of the chair, and conference that are relevant It was not able to switch to a situation that it is not only possible. また、このような切り替えによって、会議中および会議外でのPCの役割をはっきりさせるということもできなかった。 Further, such a switch, not also that clarify the PC role in and meeting outside the conference.
本発明はこのような状況に鑑みてなされたものであり、上記問題点を解決できる画面共有システムを提供するものである。 The present invention has been made in view of such circumstances, there is provided a screen sharing system that can solve the above problems.

請求項1に記載の画面共有システムは、自身の画面データを少なくとも1台以上の画面共有クライアントに送信する画面共有サーバーと、受信した前記画面共有サーバーからの前記画面データを表示する画面共有クライアントからなるクライアント/サーバー方式の画面共有システムであって、前記画面共有クライアントは、前記画面共有サーバーの画面を共有表示している共有状態と、共有表示していない非共有状態の2つの状態を有し、前記非共有状態では、前記画面共有サーバーに接続中の前記画面共有クライアントが起動しているクライアントPCにはその利用に対して制限を課し、所定の操作のみを許可する制限手段を備えることを特徴とする。 Screen sharing system according to claim 1 includes a screen sharing server sends its screen data to the at least one or more screen sharing client, the screen sharing client which displays the screen data from the screen sharing server receives becomes a client / server system screen sharing system, the screen sharing client, the shared state that shares a screen of the screen sharing server has two states in the non-shared state that is not shared display , in the non-shared state, the client PC the screen sharing client currently connected to the display screen sharing server is running impose restrictions on its use, it is provided with limiting means for permitting only predetermined operation the features.
請求項2に記載の画面共有システムは、請求項1に記載の発明において、前記非共有状態では、クライアントPC自身のデスクトップ画面が表示されないように任意の画面が表示されることを特徴とする。 Screen sharing system according to claim 2 is the invention according to claim 1, wherein in the non-shared state, characterized in that any screen as a desktop screen of the client PC itself does not appear is displayed.
請求項3に記載の画面共有システムは、請求項2に記載の発明において、前記非共有状態では、画面共有サーバーによって指定された画像、もしくは文字を表示した画面が表示されることを特徴とする。 Screen sharing system according to claim 3 is the invention according to claim 2, wherein in the non-shared state, characterized in that screen displaying the specified image or character, the display screen sharing server appears .

請求項4に記載の画面共有システムは、請求項1に記載の発明において、前記非共有状態では、前記クライアントPCの入力装置からの操作が制限されることを特徴とする。 Screen sharing system according to claim 4 is the invention according to claim 1, wherein the non-shared state is characterized by operation of the input device of the client PC is limited.
請求項5に記載の画面共有システムは、請求項1に記載の発明において、前記非共有状態では、前記クライアントPCにおいて、所定のアプリケーションの操作が許可されることを特徴とする。 Screen sharing system according to claim 5 is the invention according to claim 1, wherein the non-shared state, in the client PC, and wherein the operation of the predetermined application is permitted.
請求項6に記載の画面共有システムは、請求項1に記載の発明において、前記非共有状態では、前記クライアントPCにおいて指定された文書またはURLの閲覧が許可されていることを特徴とする。 Screen sharing system according to claim 6 is the invention according to claim 1, wherein the non-shared state is characterized in that the viewing of the document or URL specified in the client PC is allowed.
請求項7に記載の画面共有システムは、請求項1に記載の発明において、前記クライアントPCは、前記画面データを表示している共有画面のスナップショットを記録する機能を有し、前記非共有状態では、非共有時に記録された前記スナップショットを閲覧することが許可されていることを特徴とする。 Screen sharing system according to claim 7 is the invention according to claim 1, wherein the client PC has a function of recording snapshots of shared screen displaying the screen data, the non-shared state in, characterized in that to view the snapshot recorded during non sharing is allowed.

請求項8に記載の画面共有システムは、請求項1に記載の発明において、前記非共有状態では、前記入力装置から入力された内容が、前記画面共有サーバーまたは他の前記クライアントPCの少なくとも1つにも表示される機能を有するアプリケーションの利用が許可されていることを特徴とする。 Screen sharing system according to claim 8 is the invention according to claim 1, wherein the non-shared state, the content input from the input device, at least one of the screen sharing server or other of the client PC wherein the use of an application having a function also displayed is permitted.
請求項9に記載の画面共有システムは、請求項1に記載の発明において、前記非共有状態では、共有時の最終画面を背景として前記クライアントPCの入力装置から文字または図形を書き込むことができ、書き込まれた内容が画面共有サーバーまたは他の前記クライアントPCの少なくとも1つにも表示される機能を有するアプリケーションの利用が許可されていることを特徴とする。 Screen sharing system according to claim 9 is the invention according to claim 1, wherein in the non-shared state, it is possible to write characters or graphics from the input device of the client PC as a background the final screen at sharing, written content and wherein the allowed use of an application having a function is also displayed on the at least one screen sharing server or other of the client PC.
請求項10に記載の画面共有システムは、請求項1乃至9に記載の発明において、前記画面共有サーバーが起動しているサーバーPCは、前記クライアントPCの接続状態を監視する機能を有することを特徴とする。 Screen sharing system according to claim 10 is the invention according to claims 1 to 9, the server PC to the display screen sharing server is running, characterized in that it has a function of monitoring the connection status of the client PC to.
請求項11に記載の画面共有システムは、請求項1乃至9に記載の発明において、前記クライアントPCは、画面を共有表示しているか否かを監視する機能を有することを特徴とする。 Screen sharing system according to claim 11 is the invention according to claims 1 to 9, wherein the client PC is characterized by having a function of monitoring whether or not the shared display screen.

請求項12に記載の画面共有プログラムは、自身の画面データを少なくとも1台以上の画面共有クライアントに送信する画面共有サーバーからの前記画面データを表示する画面共有クライアントの画面共有プログラムであって、前記画面共有サーバーの画面を共有表示していない非共有状態では、前記画面共有サーバーに接続中の前記画面共有クライアントが起動しているクライアントPCにはその利用に対して制限を課し、所定の操作のみを許可する制限ステップを実行させることを特徴とする。 Screen sharing program according to claim 12 is the above Screen sharing client screen sharing program that display data from the screen sharing server sends its screen data to the at least one or more screen sharing client, the in a non-shared state that is not shared display the screen of the screen sharing server, the client PC the screen sharing client currently connected to the display screen sharing server is running impose restrictions on its use, a predetermined operation characterized in that to execute a restriction step to allow only.
請求項13に記載の画面共有プログラムは、請求項12に記載の発明において、前記非共有状態では、入力装置から入力された内容が、前記画面共有サーバーまたは他の前記クライアントPCの少なくとも1つにも表示される機能を有するアプリケーションの利用が許可されていることを特徴とする。 13. screen sharing program according to the present invention, in claim 12, wherein in the non-shared state, contents inputted from the input device, at least one of the screen sharing server or other of the client PC characterized in that it also the use of an application having a function displayed are permitted.

請求項14に記載の画面共有プログラムは、請求項12に記載の発明において、前記非共有状態では、共有時の任意の画面を背景として前記クライアントPCの入力装置から文字または図形を書き込むことができ、書き込まれた内容が前記画面共有サーバーまたは他の前記クライアントPCの少なくとも1つにも表示される機能を有するアプリケーションの利用が許可されていることを特徴とする。 Screen sharing program according to claim 14 is the invention according to claim 12, wherein in the non-shared state, it is possible to write characters or graphics from the input device of the client PC as a background of any screen at shared , written content, characterized in that the use of an application having a function is also displayed on at least one of the screen sharing server or other of the client PC is allowed.
請求項15に記載のプログラム配信方法は、自身の画面データを少なくとも1台以上の画面共有クライアントに送信する画面共有サーバーからの前記画面データを表示する画面共有クライアントのプログラム配信方法であって、前記画面共有サーバーへ接続するのに必要な接続情報を生成するステップと、前記接続情報をネットワーク経由で配布するステップと、前記画面共有サーバーへ接続するためのプログラムを、ネットワークを介して前記画面共有クライアントが起動するクライアントPCに配布するステップと、を含むことを特徴とする。 Program distribution method according to claim 15, a screen sharing client program distribution method for displaying the screen data from the screen sharing server sends its screen data to the at least one or more screen sharing client, the and generating the connection information required to connect to the display screen sharing server, a step of distributing the connection information via the network, a program for connecting to the display screen sharing server, the screen sharing client over the network There characterized in that it comprises the steps of: distributing a client PC to start.

本発明によれば、画面共有クライアントでの操作を制限することができ、クライアントPCの利用者を会議、朝礼、教育等に集中させることができる。 According to the present invention, it is possible to limit the operation of the screen sharing client, the user of the client PC meeting, morning assembly, can be concentrated in education.

以下、本発明が適用される朝礼システムの実施の形態について説明する。 The following describes embodiments of the morning assembly system to which the present invention is applied. 第1の実施の形態では、非共有時には画面に「朝礼」という文字と、議長の入力したメッセージが表示され、他のアプリが操作できないようになっている。 In the first embodiment, the characters "morning assembly" on the screen during non-covalent, chairman of the input message, so that other applications can not be operated. かつ、接続状態・共有状態が監視されるようになっている。 And the connection state, shared state is adapted to be monitored. 本実施の形態として、朝礼を行うためのアプリケーションソフトウェアの例について説明する。 As the present embodiment, an example of application software for morning assembly. 朝礼は、グループのリーダーが、そのグループのメンバに対して行うものとする。 Morning meeting, the leader of the group, shall be made against members of the group. リーダーは、自分のデスクトップ画面を各メンバに見せながら朝礼を行うものとする。 Leader, it is assumed that the morning assembly while showing your desktop screen to each member.

[第1の実施例] First Embodiment
図1は、画面共有クライアント200、画面共有サーバー100のプログラムの機能ブロック図を示している。 Figure 1 is a screen sharing client 200, shows a functional block diagram of a program display screen sharing server 100. 各ブロックは、プログラムモジュールの機能を示すもので、ハードウェア構成を示すものではない。 Each block indicates the functionality of the program modules, it does not indicate a hardware configuration. 画面共有クライアント200、画面共有サーバー100は、それぞれ一般的なPC(パーソナルコンピュータ)等によって構成され、以下では、適宜、クライアントPC、サーバーPCと記載する。 Screen sharing client 200, the screen sharing server 100 is constituted by each such general PC (personal computer), in the following, as appropriate to as a client PC, the server PC.
リーダーが利用する画面共有サーバー100の機能構成は以下の通りである。 The functional configuration of the screen sharing server 100 the reader to use is as follows. 接続監視部101は、メンバの画面共有クライアント200の接続の有無を監視し、切断を検出した場合にメイン処理部105に通知する。 Connection monitoring unit 101 monitors the presence or absence of the connection of the screen sharing client 200 members, and notifies the main processor 105 when it detects a disconnection. UI(ユーザーインターフェイス)処理部104は、メンバが画面共有しているかを監視し、意図せぬ共有の切断を検出した場合にメイン処理部105に通知する。 UI (User Interface) processing unit 104, members to monitor whether and screen sharing, notifies the main processor 105 when detecting the disconnection of a shared unintended.
メンバ管理部103は、自分のメンバの情報を管理する。 Member management unit 103 manages the information of their own members. プログラム起動時に図示しない記憶装置に記憶されているメンバ情報を読み込み、接続監視部101、UI処理部104からの情報とメンバの名前を関連付けて管理する。 Reads member information stored in the storage device (not shown) to the program start time, manages in association with the name of the information and member from the connection monitoring section 101, UI processing unit 104. また、UI処理部104は、リーダーがマウスまたはキーボードでプログラムに対して入力を行った時のイベント処理を行い、その内容をメイン処理部105に伝えたり、必要なユーザーインターフェイスを画面に表示したりする。 In addition, UI processing unit 104 performs event processing when the leader has made an input to the program with the mouse or keyboard, or convey its contents to the main processing unit 105, or display the required user interface on the screen to. メイン処理部105は、プログラムのメインループで他の機能ブロックからの命令を管理、処理する。 The main processing unit 105, the management instructions from other function blocks in the main loop of the program, processes. 共有制御部106は、リーダーのデスクトップ画面をメンバのPC(画面共有クライアント200)の図示しない表示装置の画面上に共有表示を行うか、停止するかの制御を行う。 Shared control unit 106, or to share displayed on the screen of the display device (not shown) of the desktop screen of the leader member of the PC (screen sharing client 200), and controls whether to stop. 画面データ取得部107は、図28を参照して説明した場合と同様に、デスクトップの画面データを取得する。 Screen data acquisition unit 107, as in the case described with reference to FIG. 28, to obtain the desktop screen data. 画面データ送信部108は、図28を参照して説明した場合と同様に、画面データを画面共有クライアント200に送信する。 The screen data transmission unit 108, as in the case described with reference to FIG. 28, and transmits the screen data to the screen sharing client 200.
通信部109は、画面共有サーバーを構成する一般的なPCが備える通信インタフェース(I/F)を介して、OS(Operating System)の機能を利用して画面共有クライアント200と通信を行う。 The communication unit 109 via a communication interface provided in the general PC constituting the screen sharing server (I / F), communicates with the screen sharing client 200 uses the function of the OS (Operating System). 例えば、TCP/IP(Transmission Control Protocol/Internet Protocol)通信で画面データの送信や、クライアント/サーバー間の様々な命令の受送信を行う。 For example, the transmission and screen data in TCP / IP (Transmission Control Protocol / Internet Protocol) communication, performs reception and transmission of various commands between the client / server.

メンバの利用するクライアントPCで起動する画面共有クライアント200の機能構成は以下の通りである。 The functional configuration of the screen sharing client 200 to start on the client PC to use of the members are as follows. 通信部201は、画面共有サーバー100と同様、PCの通信I/Fを介して、OSの機能を利用して画面共有サーバー100と通信を行う。 The communication unit 201 is similar to the screen sharing server 100 via the communication I / F of the PC, it communicates with the screen sharing server 100 by using the function of the OS. 例えば、TCP/IP通信で画面データの受信や、クライアント/サーバー間の様々な命令の受送信を行う。 For example, reception of the screen data in the TCP / IP communication, perform the reception and transmission of various instructions between the client / server. UI処理部202、メイン処理部203の機能は、それぞれ画面共有サーバー100の場合と同様である。 UI processing unit 202, the function of the main processing unit 203 are the same as those of the display screen sharing server 100, respectively. 画面データ受信部204は、図28を参照して説明した場合と同様に、画面データを画面共有サーバー100から受信する。 Screen data receiving unit 204, similarly to the case described with reference to FIG. 28, receives the screen data from the screen sharing server 100. 画面データ表示部205は、図28の説明と同様、受信した画面データをクライアントPCに接続された図示しない表示装置に表示する。 Screen data display unit 205, as described for FIG. 28 is displayed on the display device (not shown) connected the received screen data to the client PC.
図2にネットワーク構成図を示す。 It shows a network configuration diagram in FIG. リーダーのサーバーPC上では画面共有サーバー100が起動している。 Is on the leader of the server PC screen sharing server 100 is activated. 各メンバのクライアントPC上では画面共有クライアント200が起動している。 Is on each member of the client PC screen sharing client 200 is running. メンバのPCの画面共有クライアント200がリーダーのPCの画面共有サーバー100に接続する。 Screen sharing client 200 members of the PC to connect to the screen sharing server 100 of the leader of the PC. これらのPCの構成は、通信手段として例えばイーサネット(登録商標)で接続可能な、一般のPCと何ら変わることはなく、特殊なハードウェアの追加は行わなくても実現できる。 Configuration of PC, can be connected, for example, Ethernet as the communication means (R), never not differ from ordinary PC, additional specialized hardware can be realized even without.

図3、図4にクライアントPC(メンバのPC)の画面の状態遷移を示す。 Figure 3 shows the state transition of the screen of the client PC (a member of the PC) in FIG. 画面共有クライアント200を起動していないか、もしくは画面共有クライアント200を起動しているがリーダーが朝礼を行っていない場合は、図3の上図の様にクライアントPC上では特別な制限はなく、通常通り操作することができる。 Do not start a screen sharing client 200, or if it is running a screen sharing client 200 that has not been a morning assembly leader is, There is no particular restriction on the client PC as shown above in FIG. 3, it can be operated as usual.
画面共有クライアント200起動時、リーダーが朝礼を開始し、画面共有サーバー100に接続して朝礼に参加すると、図3の下の左右のいずれかの図に示したような状態になる。 Screen sharing client 200 at startup, the leader starts the morning assembly, and to participate in the morning meeting connected to the display screen sharing server 100, in a state such as that shown in any of the views of the left and right of the bottom of FIG. 3. 即ち、リーダーの画面を共有表示している場合(共有状態)は、図3の下の右図のように、リーダーの画面がクライアントPCのデスクトップ上に、全画面表示で最前面で表示され、原則として他の操作はできなくなる。 In other words, if you are sharing display the screen of the reader (shared state), as shown in the right view of the lower part of FIG. 3, the screen of the leader is on the desktop of the client PC, is displayed in the foreground in a full-screen display, principle other operation as can not. 一方、画面共有していない場合、図3の下の左図のように、「朝礼」画面が表示される。 On the other hand, if not screen sharing, as shown in the left view of the lower of FIG. 3, "morning assembly" screen is displayed.
これらの状態遷移は、図4のフローチャートに従って行われる。 These state transitions are performed according to the flowchart of FIG. 画面共有クライアント200起動直後は、通常のデスクトップ画面が表示される(ステップS1)が、朝礼が開始されていれば(ステップS2のYES)、画面共有中か否か(ステップS3)で共有状態(ステップS4)もしくは非共有状態(ステップS5)になる。 Screen sharing client 200 immediately after the start is displayed normal desktop screen (step S1) is, (YES in step S2) reveille is if it is started, the shared state whether the screen sharing (step S3) ( step S4) or in a non-shared state (step S5). 共有状態でも非共有状態でも朝礼が終了すれば、通常のデスクトップ画面が表示される。 If we also reveille is finished even in a non-shared state in a shared state, it is displayed normal desktop screen. 共有状態で画面共有が停止されれば非共有状態(ステップS5)に、非共有状態で画面共有が開始されれば共有状態(ステップS4)に遷移する。 If the screen sharing stopped shared state to a non-shared state (step S5), and transitions to if noncovalently status screen sharing starts shared state (step S4).

図5に画面共有クライアント200/画面共有サーバー100の各プログラムの動作フローを示す。 Figure 5 shows an operation flow of each program screen sharing client 200 / screen sharing server 100. リーダーのPC上では画面共有サーバー100が、メンバのPC上では画面共有クライアント200が起動しているものとする。 Screen sharing server 100 on the leader of the PC, on the members of the PC it is assumed that the screen sharing client 200 is running. リーダーが画面共有サーバー100を操作して朝礼を開始する(ステップS11)と、朝礼に参加するメンバの検索が行われる(ステップS12)。 Leader to start the morning assembly by operating the screen sharing server 100 (step S11), the search of members is carried out to participate in the morning meeting (step S12). 例えば、同一サブネットに朝礼開始情報をブロードキャストする。 For example, it broadcast the morning assembly start information on the same subnet.
画面共有クライアント200は、受信した朝礼開始情報から、それが自分の属するグループの朝礼であるか否かを調べ(ステップS21)、自グループの朝礼であれば送信元のリーダーに接続し(ステップS22)、他グループのものであれば何も行わない。 Screen sharing client 200, from the received reveille start information, it examines whether the morning assembly of groups they belongs (step S21), and connected to the source of the reader if the morning assembly of its own group (Step S22 ), nothing done so long as the other group. リーダーに接続すると、メンバのPC上には「朝礼」という文字のみが表示され(ステップS23)、デスクトップや他のアプリケーション画面が表示されなくなる。 When you connect to the leader, is on a member of the PC is displayed only the word "morning meeting" (step S23), will not be displayed desktop and other applications screen.
さらに、リーダーが画面の共有を開始する(ステップS13)と、リーダーのデスクトップ画面のデータが、画面共有クライアント200に送信される(ステップS14)。 Furthermore, the reader begins to share the screen (the step S13), and data of the desktop screen of the reader is sent to the screen sharing client 200 (step S14). 画面共有クライアント200が画面データの受信を開始すると、クライアントPCでは「朝礼」画面に代わり、議長(リーダー)のデスクトップ画面が共有画面として表示されるようになる(ステップS24)。 When the screen sharing client 200 starts receiving the screen data, the client PC instead "morning meeting" screen, so the desktop screen of the chair (leader) is displayed as a shared screen (step S24).
リーダーが画面の共有を停止すれば(ステップS15)、メンバのPC上に表示されていた共有画面は消え、代わりに「朝礼」画面が表示される状態に戻る(ステップS25)。 If the reader stop sharing the screen (step S15), and shared screen that has been displayed on a member of the PC will disappear and return to the state in which the "morning meeting" screen is displayed instead (step S25). リーダーは、朝礼中にもメンバを加える機能を有し、現在、他のメンバに画面を共有表示している時に、新規のメンバが追加された場合、新規メンバはリーダーへ接続すると同時に、画面の共有を開始するようにすることが望ましい。 Leader has a function of adding a member even during morning assemblies, now, when sharing display screens to the other members, when a new member is added, at the same time when a new member is connected to the reader, the screen it is desirable to initiate sharing.

図6に、非共有状態で、デスクトップや他のアプリケーション画面が表示されないようにする朝礼画面表示部206の動作を示すフローチャートを示す。 6, in a non-shared state, shows a flow chart showing the operation of morning assembly screen display unit 206 desktop or other application screen from being displayed. 「朝礼」画面表示中、デスクトップや他のアプリケーション画面が表示されないようにするためには、例えば、Microsoft(登録商標)社のOS、Windows(登録商標)では、共有画面にTOPMOST属性を与え、最前面に表示させるようにし、かつ、通常のデスクトップ画面が表示されないよう全画面表示を行うようにすることにより実現される。 During the "morning meeting" screen display, in order to desktop or other application screen to not be displayed, giving for example, Microsoft (registered trademark) of the OS, in Windows (registered trademark), the TOPMOST attribute to the shared screen, the most so as to be displayed on the front and normal desktop screen is realized by to perform full screen to not be displayed. さらに、例えば、3秒のタイマーを回し、3秒毎に共有画面を最前面かつ全画面に表示することにより、他の画面が表示されないようにすることができる。 Furthermore, for example, turning the 3-second timer, by displaying the shared screen in the foreground and the entire screen every 3 seconds, another screen can be prevented from being displayed. 朝礼が終了した場合や、画面の共有が開始された場合は、タイマーを停止して「朝礼」画面の表示を終える。 And if the morning meeting is finished, if the share of the screen is started, stop the timer finish the display of the "morning meeting" screen.
まず、タイマーを開始し(ステップS31)、朝礼開始中であるか否かを判定し(ステップS32)、朝礼開始中でない場合、ステップS37に進む。 First, to start the timer (step S31), it is determined whether or not in the morning meeting started (step S32), if not in the morning meeting start, the process proceeds to step S37. 一方、朝礼開始中の場合、画面共有開始中であるか否かを判定し(ステップS33)、画面共有開始中でない場合、ステップS37に進む。 On the other hand, if in the morning meeting start, it is determined whether the screen sharing starts in (step S33), if not screen sharing start in, the process proceeds to step S37. 一方、画面共有開始中である場合、ステップS34に進み、タイマー完了か否か(3秒計時したか否か)が判定され、タイマー完了していないと判定された場合、ステップS32に戻り、タイマー完了したと判定された場合、ステップS35に進む。 On the other hand, if a screen sharing start in, the process proceeds to step S34, it is determined whether the timer completes (3 seconds whether counted) is, if it is determined not to have a timer completes, the flow returns to step S32, the timer If it is determined to be complete, the process proceeds to step S35. ステップS35においては、「朝礼」画面を最前面かつ全画面に表示し、タイマーを再開する(ステップS36)。 In step S35, the display "morning assembly" window in the foreground and the entire screen, resumes the timer (step S36). ステップS37においては、タイマーを停止し、「朝礼」画面の表示を終了させる。 In the step S37, the timer is stopped, to end the display of the "morning meeting" screen.

非共有状態では、例えば「朝礼」という文字列の書かれたダイアログが、共有画面と同様の方法で、最前面かつ全画面に表示される。 In a non-shared state, a dialog written example of the character string "morning meeting", the shared screen the same method, are displayed in the foreground and the entire screen. また、共有状態でリーダーが画面共有を停止した場合、クライアントPCでは、先に「朝礼」画面を表示し、その後共有画面のウィンドウを閉じるようにする、あるいは、「朝礼」画面を表示したまま共有画面を最前面に表示してもよい。 In addition, sharing remains a leader in the shared state If you stop the screen sharing, the client PC, to display the "morning meeting" screen before, to close the window of then shared screen, or, displaying the "morning meeting" screen the screen may be displayed on the front.
例えば、リーダーが予め用意しておいた資料を見せるときには、画面の共有を開始する。 For example, when you show the documentation that leaders had been prepared in advance, to start sharing the screen. 画面の共有を開始すると、メンバは共有状態に遷移し、リーダーのデスクトップ画面を各自のPC上でリアルタイムに閲覧できるようになる。 When you start a screen sharing, members will transition to the shared state, so that can be viewed in real time on their PC desktop screen of the leader. リーダーが特に資料なしで話をする場合、次に見せる資料やメールを探す場合など、デスクトップ上でメンバに見せたくない操作をする場合は、画面共有を停止する。 If the leader is to talk, especially in the absence of documentation, such as when searching for the next show documents and e-mail, when the actions for which you do not wish to show to the members on the desktop, to stop the screen sharing. 画面共有を停止すると、メンバは非共有状態に遷移し、デスクトップ画面上には「朝礼」という文字だけが表示されるようになる。 If you stop the screen sharing, the member transitions to a non-shared state, the desktop screen so only the characters of "morning meeting" is displayed.
共有状態と非共有状態との間の状態遷移の過程では、クライアントPCのデスクトップ画面は表示されないよう、継ぎ目なく画面が切り替わるようにする。 Shared state and the process of state transitions between a non-shared state, a desktop screen of the client PC so that it is not displayed, so that seamless screen is switched. これはデスクトップ画面が例えば1秒間表示されてしまうと、そこで気が散ってしまうからである。 If this would be the desktop screen display, for example, one second, where is because the mind will be distracted.
このように、朝礼の間、クライアントPCでは、議長のデスクトップ画面が共有画面として表示されるか、もしくは「朝礼」画面が表示され、自身の通常のデスクトップ画面や他のアプリケーションの画面を表示することができなくなるので、メンバはPCでの内職が一切できなくなる。 In this way, during the morning assembly, the client PC, or chairman desktop screen is displayed as a shared screen, or the "morning meeting" screen is displayed, to display the screen of its own normal desktop screen or other applications since it becomes impossible, the member can not be all the sideline of the PC. このため、メンバは朝礼に集中せざるを得なくなる。 For this reason, members will be forced to concentrate on the morning assembly.

また、UI処理部104は、リーダーが画面の共有を行っている時に、メンバ全員が確実に画面を共有表示しているか監視する。 Also, UI processing unit 104, reader when performing a screen sharing, monitors whether all members share displayed reliably screen. 画面共有クライアント200のプログラムもしくは、PC上の何らかの不具合により、共有画面が表示されていない場合、UI処理部104はメイン処理部105に切断を通知する。 Program or screen sharing client 200 by some trouble of your PC, if it is not displayed shared screen, UI processing unit 104 notifies the disconnection to the central processor 105. これにより、リーダーは切断したメンバに対して共有の再開を指示することができ、これにより、メンバが共有画面を確実に見るようにすることができる。 Accordingly, the reader is able to instruct the shared restart for members cut, thereby allowing the member to make look reliably shared screen.
さらに、画面共有クライアント200の画面共有サーバー100への接続を監視する接続監視部101が、朝礼中に確実に全員が参加しているか否かを監視する。 Furthermore, the connection monitoring section 101 for monitoring a connection to a display screen sharing server 100 of the screen sharing client 200 ensures that all monitors whether participating in morning assembly. 画面共有サーバー100への切断を検出するので、例えば、PCで内職をしたいメンバが勝手に何らかの方法でプログラムを強制終了させたり、ネットワークケーブルを外してPCを再起動させたりして、朝礼から抜けようとすると、切断が検出され、画面表示によってリーダーに報告される。 Because to detect the cutting of the screen sharing server 100, for example, or forced to terminate the program you want to the sideline members in freely some way in the PC, and or to restart the PC and remove the network cable, missing from the morning meeting intoxicated to cutting is detected and reported to the leader by the screen display. これにより、リーダーメンバ全員が確実に朝礼に参加し、PCで内職できないようにすることができる。 As a result, the leader all members to participate to ensure the morning meeting, it is possible to prevent sideline on the PC.
本実施形態では、「朝礼」という文字を表示させる例を説明したが、それ以外の任意の文字を表示しても良いし、文字なしで単にメンバのデスクトップ画面に例えば真黒に塗り潰された画像を表示しても良い。 In the present embodiment, an example has been described to display the letters "morning assembly", may be displayed any character other than it, simply image filled the desktop screen member for example black without character it may be displayed.
また、朝礼の間中、メンバはPC操作を行わないため、スクリーンセイバーが起動してしまったり、モニタの電源がOFFになったり、PCのハードディスクが停止して休止状態に移行してしまうことが考えられるため、朝礼の間中、スクリーンセイバーの起動や、モニタの電源OFF制御を抑止する機能を設けることが望ましい。 In addition, during the morning meeting, members because it does not perform the PC operation, it considered that or screen saver is accidentally activated, the power supply of the monitor or become OFF, PC hard disk will migrate into hibernation to stop is therefore, during the morning assembly, activation and screen saver, it is desirable to provide a function of preventing the power OFF control of the monitor.
本実施形態では朝礼を行うアプリケーションの例について説明したが、これ以外にも例えば、図7に示したように、議長と参加者で構成される会議アプリケーションとしてもよいし、図8に示したように、先生と生徒で構成される教育アプリケーションとしてもよい。 As in the present embodiment has described an example of application for morning assembly, for example, other than this, as shown in FIG. 7, it may be a conferencing application consisting of Chairman participants, shown in FIG. 8 to, may be as an educational application consisting of teachers and students. 以下の実施例に関しても同様である。 The same applies to the following examples.

[第2の実施例] Second Embodiment
次に、非共有時は画面に議長の指定した画像が表示され、マウス/キーボード入力がロックされる第2の実施例として、朝礼を行うアプリケーションの例を示す。 Then, during the non-shared image is displayed specified by the chair on the screen, as a second embodiment in which the mouse / keyboard input is locked, an example of application for morning assembly. 図9に画面共有クライアント200、画面共有サーバー100の各プログラムの機能ブロック図を示す。 Screen sharing client 200 in FIG. 9 shows a functional block diagram of each program screen sharing server 100. 以下では、第1の実施例と異なる部分についてのみ説明する。 Hereinafter, only different parts will be described in the first embodiment.
画面共有サーバー100は画像登録部111と指定画像送信部112とをさらに備える。 Screen sharing server 100 further comprises an image registration section 111 and the specified image transmitting unit 112. 画像登録部111は、画面共有クライアント200が非共有状態の時に表示される画像を登録する。 Image registration unit 111 registers the image screen sharing client 200 is displayed when a non-shared state. 画像を登録するだけでなく、テキストデータも入力して同時に登録できるようにしても良い。 Not only to register the image, text data be input may be registered at the same time.
例えば、図10に示したように、売上のグラフを示す画像と、売上目標を表すテキストデータを登録して、メンバに見せるようにしてもよい。 For example, as shown in FIG. 10, an image showing a graph of sales, to register the text data representing the sales target, it may be shown to the members. この例では、売上のグラフと、テキスト「目標まで・・・%」が表示されている。 In this example, a graph of sales, are displayed the text "...% to the target."
指定画像送信部112は、メンバの画面共有クライアント200が画面共有サーバー100に接続してきた際に、登録された画像を画面共有クライアント200に送信する。 Specified image transmitting unit 112, a screen sharing client 200 of members upon which has been connected to the display screen sharing server 100 transmits the image registered in the screen sharing client 200.
画面共有クライアント200は、指定画像表示部211と入力ロック部212をさらに備える。 Screen sharing client 200 further includes a designated image display unit 211 the input locking unit 212. 指定画像表示部211は、リーダーが指定した画像を画面共有サーバー100から受信し、非共有状態の時に表示する。 Specified image display unit 211 receives an image reader specified from the screen sharing server 100 is displayed when a non-shared state. 第1の実施例で「朝礼」という画面が表示される代わりに、本実施例では図10に示したようなリーダーが登録した画面が表示される。 Instead of the screen called "morning meeting" is displayed in the first embodiment, in this embodiment the leader as shown in FIG. 10 is displayed a screen registered.
また、入力ロック部212は、朝礼中にクライアントPCがマウス・キーボード等による入力ができないようにするものである。 The input locking unit 212 is for the client PC from being able input with a mouse, keyboard or the like during morning assembly. 例えば、Microsoft(登録商標)のOS、Windows(登録商標)の場合、マウス・キーボードによる入力イベントをフックして、入力イベントが実際に実行される前に処理を破棄してしまうことができる。 For example, for Microsoft OS (registered trademark), Windows (registered trademark), it is possible to hook the input event with a mouse keyboard, will discard the processing before the input event is actually executed. これを利用することにより、クライアントPCからの入力操作を無効化することができる。 By utilizing this, it is possible to disable the input operation from the client PC.

[第3の実施例] Third Embodiment
次に、非共有時は特定の業務アプリのみが実行可能な実施例として、朝礼を行うアプリケーションの例を示す。 Next, as an embodiment executable when not share only a specific business application is an example of application for morning assembly. 図11に画面共有クライアント200、画面共有サーバー100の各プログラムの機能ブロック図を示す。 Screen sharing client 200 in FIG. 11 shows a functional block diagram of each program screen sharing server 100. 以下では第1の実施例と異なる部分のみについて説明する。 The following description only the differences from the first embodiment.
画面共有サーバー100は許可アプリ指定部121をさらに備え、画面共有クライアント200が朝礼中、非共有時に実行を許可するアプリケーションを指定する。 Screen sharing server 100 further includes a permission application specifying unit 121, a screen sharing client 200 during morning assembly, to specify which applications are allowed to run during non-covalent. 例えば、メモを取るためのテキストエディターアプリケーション「TextMemo.exe」と基幹業務アプリケーションである「KGyoumu.exe」を登録する。 For example, to register notes and text editor application "TextMemo.exe" to take the "KGyoumu.exe" which is a line-of-business applications.
画面共有クライアント200はアプリ監視部221をさらに備え、画面共有サーバー100接続時に、許可されているアプリケーションのリストを取得する。 Screen sharing client 200 further comprises an application monitoring unit 221, when screen sharing server 100 connected, to obtain a list of applications that are allowed. アプリ監視部221は、クライアントPC上でアプリケーションの実行を監視する。 Application monitoring unit 221 monitors the execution of applications on the client PC.

図12のフローチャートに示すように、アプリケーションの実行命令の監視を開始し(ステップS41)、サーバーと切断したか否かを検出し(ステップS42)、切断していると判定された場合、監視終了し、切断していないと判定された場合、ステップS43に進む。 As shown in the flowchart of FIG. 12, and begins monitoring the execution instruction of the application (step S41), detects whether or not cut with the server (step S42), if it is determined to be disconnected, monitoring end and, if it is determined not to be cut, the process proceeds to step S43. ステップs43においては、アプリ実行命令が検出されたか否かが判定され、アプリ実行命令が検出されていないと判定された場合、ステップS42に戻る。 In step s43, whether the application execution instruction is detected is determined, if the application execution instruction is determined not to be detected, the flow returns to step S42. 一方、アプリ実行命令が検出されたと判定された場合、ステップS44に進み、実行命令の出ているアプリケーションモジュールのファイル名が許可されているか否かをチェックし、許可されていないファイル名であれば、モジュールのロードを禁止する(実行禁止)(ステップS46)。 On the other hand, if the application execution instruction is determined to have been detected, the process proceeds to step S44, it is checked whether or not the file name of the application module that has come out of the instruction is permitted, if the file name that is not allowed , to prohibit the loading of the module (run off) (step S46). 許可されていれば、モジュールがロードされ、アプリケーションが起動する(ステップS45)。 If enabled, the module is loaded, the application is started (step S45). その際、許可されているアプリケーションが最前面表示されている「朝礼」画面に隠れないように、アプリケーションウィンドウが最前面に表示されるようにすることが好ましい。 At that time, as applications that are allowed is not hidden in the foreground appears to have "morning assembly" screen, it is preferable that the application window is to be displayed in the foreground.
アプリケーションの名前以外にも、アプリケーションのプロセス名をタイマー等で定期的に監視してもよい。 Application other than the name of, may be regularly monitored by the timer or the like the process name of the application. 図13のフローチャートに示すように、アプリケーションの実行命令の監視を開始し(ステップS51)、サーバーと切断したか否かを検出し(ステップS52)、切断していると判定された場合、監視終了し、切断していないと判定された場合、ステップS53に進む。 As shown in the flowchart of FIG. 13, and begins monitoring the execution instruction of the application (step S51), detects whether or not cut with the server (step S52), if it is determined to be disconnected, monitoring end and, if it is determined not to be cut, the process proceeds to step S53. ステップS53においては、新たにアプリケーションが実行されているか否かが判定され、新規アプリケーションの実行が検出されていないと判定された場合、ステップS52に戻る。 In step S53, it is determined whether a new application is running, if the execution of the new application has been determined not to be detected, the flow returns to step S52.

一方、新規アプリケーションの実行が検出されたと判定された場合、ステップS54に進み、実行が検出されたアプリケーションモジュールのファイル名が許可されているか否かをチェックし、許可されていないファイル名であれば、モジュールのロードを禁止する(実行禁止)(ステップS56)。 On the other hand, if the execution of the new application is determined to have been detected, the process proceeds to step S54, execution checks whether the file name of the detected application modules is permitted, as long as the file name that is not allowed , to prohibit the loading of the module (run off) (step S56). 許可されていれば、モジュールがロードされ、アプリケーションが起動する(ステップS55)。 If enabled, the module is loaded, the application is started (step S55). その際、許可されているアプリケーションが最前面表示されている「朝礼」画面に隠れないように、アプリケーションウィンドウが最前面に表示されるようにすることが好ましい。 At that time, as applications that are allowed is not hidden in the foreground appears to have "morning assembly" screen, it is preferable that the application window is to be displayed in the foreground.
また、アプリケーション実行後に実行ファイル名をチェックしても良い。 It is also possible to check the executable file name after the application is run. アプリケーションの実行ファイル名をチェックする場合、ファイル名を許可されたアプリケーションと同一のファイル名に変更するだけで実行が許可されてしまうため、アプリケーションの実行ファイルから算出されたハッシュ値を使っても良い。 If you want to check application of the executable file name, because only in would be allowed to run to change the file name the same file name and authorized applications, and may be using the hash value calculated from the application's executable file . 即ち、図12、図13において、許可アプリのチェック方法を、ファイル名からハッシュ値に変更して実現する。 In other words, 12 and 13, how to check the authorization application, to achieve by changing from the file name in the hash value. また、これら(ファイル名とハッシュ値等)を組み合わせてチェックするようにしても良い。 In addition, it is also possible to check a combination of these (file name and hash value, and the like).
また、画面共有サーバー100から許可アプリを問い合わせるのではなく、画面共有クライアント200が許可アプリのリストを保持するようにしてもよい。 Also, instead of querying the permit application from the screen sharing server 100, it may be screen sharing client 200 holds the list of allowed app. また、非共有状態に遷移すると同時に指定されたアプリケーションが起動するようにしても良いし、リーダーまたは各メンバが手動で起動するようにしても良い。 Further, to the application specified at the same time as a transition to a non-shared state may be activated, leader or each member may be activated manually.

[第4の実施例] Fourth Embodiment
次に、非共有時はWebブラウザで特定のドメインのみが閲覧可能な、第4の実施例として、朝礼を行うアプリケーションの例を示す。 Next, when not sharing a single domain in a Web browser is viewable, as a fourth embodiment, an example of application for morning assembly.
図14に画面共有クライアント200、画面共有サーバー100の各プログラムの機能ブロック図を示す。 Screen sharing client 200 in FIG. 14, a functional block diagram of each program screen sharing server 100. 以下では第3の実施例と異なる部分のみについて説明する。 The following description only the differences from the third embodiment. 許可アプリ指定部121は、例えば、Webブラウザアプリケーション「WebBrowse.exe」の実行を許可している。 Allow the application-specified unit 121, for example, it has allowed the execution of the Web browser application "WebBrowse.exe".
画面共有サーバー100はドメイン指定部131をさらに備え、画面共有クライアント200がWebブラウザでアクセスを許可するドメインを指定する。 Screen sharing server 100 further includes a domain specification section 131, screen sharing client 200 to specify domains that are permitted to access a Web browser. 例えば、社内の業務用のWebアプリケーションのサーバーが起動しているドメイン「http://shanaigyoumu.kaisha.com」、及び社外に公開しているWebサーバー「http://www.shagai.kaisha.com」へのアクセスのみを許可するよう指定する。 For example, Web server "http://www.shagai.kaisha.com Web application server for the company's operations that has been opened to the public in to have domain" http://shanaigyoumu.kaisha.com ", and outside the company start-up specify that only allows access to ".
画面共有クライアント200のアプリ監視部221は第3の実施例の場合と同様に、画面共有サーバー100の接続時は、許可されているアプリケーション、つまりこの例では「WebBrowse.exe」の実行のみが許可される。 As in the third embodiment the application monitoring unit 221 of the screen sharing client 200, when connecting the screen sharing server 100 includes an application that is permitted, that is allowed execution only "WebBrowse.exe" in this example It is.
画面共有クライアント200はさらにドメイン監視部231を備え、例えば、Webブラウザアプリケーション「WebBrowse.exe」がアクセスするドメインを監視している。 Screen sharing client 200 further comprises a domain monitoring unit 231, for example, Web browser application "WebBrowse.exe" is monitoring the domain to be accessed.

図15のフローチャートに示すように、ブラウザがHTTP接続を開始しようとすると、ドメイン監視部231による監視を受け(ステップS61)、ステップS62においてサーバーと切断したか否かが判定され、切断したと判定された場合、監視を終了する。 As shown in the flowchart of FIG. 15, when a browser attempts to initiate an HTTP connection, undergo monitoring by domain monitoring unit 231 (step S61), whether or not cut with the server is determined in step S62, the cut determined If it is, to end the monitoring. 一方、サーバーと切断していないと判定された場合、ステップS63において、ブラウザによる新規接続がされたか否かが判定され、新規接続されていないと判定された場合、ステップS62に戻り、新規接続されたと判定された場合、ステップS64に進む。 On the other hand, if it is determined not to be disconnected from the server, in step S63, whether or not a new connection by the browser is determined, if it is determined not to be newly connected, the flow returns to step S62, the newly connected If it is determined that, the process proceeds to step S64.
ステップS64においては、接続先が許可されている上記ドメインであるか否かが判定され、許可されている上記ドメインであれば、そのまま接続が許可され確立される(ステップS65)が、それ以外の許可されていないドメインに接続を試みた場合、HTTP接続はドメイン監視部231によって遮断され(ステップS66)、そのWebサイトにWebブラウザでアクセスすることはできなくなる。 In step S64, whether or not the domain to which the destination is permitted is determined, if the domain is allowed, the connection is allowed established directly (step S65), otherwise If you try to connect to a domain that is not allowed, HTTP connections are blocked by the domain monitoring unit 231 (step S66), it will not be able to access a Web browser to the Web site. これによって、朝礼中でもリーダーの画面を非共有の状態では、リーダーの指示した業務関係のあるWebサイトにアクセスして必要な情報を閲覧したり、業務を行うことができるが、それ以外の関係ないことはできなくなる。 As a result, in the state of non-shared the screen of the leader even during the morning meeting, or to view the information necessary to access the Web site that indicated the business relationship between the leader, but it is possible to perform the work, there is no other relationship it can not be.
なお、接続可能なWebサイトをIPアドレスで、指定しても良い。 In addition, the connection can be Web site in the IP address, it may be specified. 例えば、IPアドレスで、192.168.100.1から192.168.199.1のように範囲を指定しても良いし、192.168.123. For example, the IP address, may be designated a range as 192.168.199.1 from 192.168.100.1, 192.168.123. ***とワイルドカードで任意の上位ビットを指定しても良い。 *** and it may specify any of the high-order bit in the wild card. また、画面共有サーバー100から許可ドメインを問い合わせるのではなく、画面共有クライアント200が許可アプリのリストを保持するようにしてもよい。 Also, instead of querying the allowed domain from the screen sharing server 100, it may be screen sharing client 200 holds the list of allowed app.

[第5の実施例] Fifth Embodiment
次に、スナップショット記録・閲覧することができる、第5の実施例として、朝礼を行うアプリケーションの例を示す。 Then, it is possible to snapshot recording and browsing, as a fifth embodiment, an example of application for morning assembly.
図16に画面共有クライアント200、画面共有サーバー100の各プログラムの機能ブロック図を示す。 Screen sharing client 200 in FIG. 16, a functional block diagram of each program screen sharing server 100. 以下では第3の実施例と異なる部分のみについて説明する。 The following description only the differences from the third embodiment. 画面共有クライアント200はスナップショット記録部241とスナップショット閲覧部242をさらに備え、画面データ表示部205で表示される共有画面のデータをクライアントPCのハードディスク等のデータ記録部に保存する。 Screen sharing client 200 further comprises a snapshot recording unit 241 and the snapshot browsing unit 242, stores the data of the shared screen displayed in the screen data display unit 205 in the data recording unit such as a hard disk client PC. また、スナップショット閲覧部242は、スナップショット記録部241が記録した画面データを閲覧する。 In addition, the snapshot browsing unit 242, snapshot recording unit 241 to browse the recorded screen data.
図17に画面共有クライアント200の共有状態の画面の例を示す。 An example of a screen of a shared state of the screen sharing client 200 in FIG. 17. リーダーの画面を共有表示中は、クライアントPCのデスクトップ画面上には図17に示すように、共有画面のみが表示される。 In the shared display the screen of the reader, is on the desktop screen of the client PC, as shown in FIG. 17, only the shared screen is displayed. 画面にはリーダーのデスクトップ画面が共有表示されると共に、記録ボタン401が表示される。 Along with the desktop screen of the leader is shared displayed on the screen, record button 401 is displayed. この記録ボタン401はマウス操作等により押下可能で、押下することによってその時点での共有画面の画面データが例えばビットマップデータとして保存される。 The record button 401 can be pressed by a mouse operation or the like, is stored as the screen data, for example, bitmap data shared screen at the time by pressing.

図18に画面共有クライアント200の非共有状態の画面の例を示す。 Figure 18 shows an example of a non-shared status screen of the screen sharing client 200. 記録されたスナップショット画面が表示される。 Recorded snapshot screen is displayed. 前に戻るボタン402と、次に進むボタン403で、スナップショットの画面を時系列で切り替えて、順順に閲覧することが可能となる。 A button 402 to return to the previous, in the proceeding button 403, switch the screen snap shot in time series, it is possible to browse in the order order. この実施例により、メンバは、共有画面が表示されていない間にスナップショットを閲覧して、再度、振り返って内容を確認したり、リーダーに質問するのに役立てることができる。 With this embodiment, the member, can be useful to view the snapshot while you do not see the shared screen, again, look back or check the contents, to question the leader.
なお、ビットマップデータ以外にも、JPEG(Joint Photographic Experts Group)、GIF(Graphic Interchange Format)、PNG(Portable Network Graphics)等のフォーマットに画像圧縮を行って保存し、画像のデータ容量を削減しても良い。 Incidentally, in addition to the bit map data, JPEG (Joint Photographic Experts Group), GIF (Graphic Interchange Format), and stored by performing an image compression format such as PNG (Portable Network Graphics), to reduce the data capacity of the image it may be.
また、記録ボタン401を押下するのではなく、例えば、3秒間隔で自動的に画面データを記録しても良い。 Further, instead of pressing the record button 401, for example, it may be automatically recorded screen data at 3-second intervals. または、画面共有サーバー100は、画面共有サーバー100の起動するPCのデスクトップ画面の差分データを画面共有クライアント200に送信するものとし、画面共有クライアント200の画面データ受信部204は、受信バイト数をカウントし、例えば100バイトデータを受信する毎に自動的にその時点での共有画面の画面データを記録するようにしても良い。 Or, screen sharing server 100 is intended to transmit the differential data of the desktop screen of PC to start screen sharing server 100 to the screen sharing client 200, screen data receiving unit 204 of the display screen sharing client 200 counts the number of received bytes and, automatically screen data shared screen at that time may be recorded each time it receives, for example, 100-byte data.
また、非共有状態に遷移すると同時に、スナップショットを閲覧できる状態にしても良いし、リーダーまたは各メンバが手動で起動するようにしても良い。 At the same time when a transition to a non-shared state, may be ready for viewing a snapshot, leader or each member may be activated manually.
また、図19に示すように、画面共有サーバー100が、画面のスナップショットを記録するスナップショット記録部141をさらに備えるようにし、画面共有クライアント200のスナップショット閲覧部242が、画面共有サーバー100のスナップショット記録部141で記録された画面データをダウンロードして表示するようにしても良い。 Further, as shown in FIG. 19, the screen sharing server 100, further comprise a snapshot recording unit 141 that records a snapshot of the screen, the snapshot browsing unit 242 of the display screen sharing client 200, the screen sharing server 100 snapshot screen data recorded by the recording unit 141 may be downloaded to display a.

[第6の実施例] Sixth Embodiment
次に、最終画面にアノテーションを付加することができる、第6の実施例として、朝礼を行うアプリケーションの例を示す。 Then, it is possible to add an annotation to the last frame, as the sixth embodiment, an example of application for morning assembly.
図20に画面共有クライアント200、画面共有サーバー100の各プログラムの機能ブロック図を示す。 Screen sharing client 200 in FIG. 20, a functional block diagram of each program screen sharing server 100. 以下では第3の実施例と異なる部分のみについて説明する。 The following description only the differences from the third embodiment. 画面共有サーバー100は最終画面記録部151とアノテーション入出力部152をそれぞれ備える。 Screen sharing server 100 includes a final screen recording unit 151 and the annotation input unit 152, respectively. 画面共有クライアント200は最終画面記録部251とアノテーション入出力部252をそれぞれ備える。 Screen sharing client 200 includes a final screen recording unit 251 and the annotation input unit 252, respectively. 最終画面記録部151、251は、それぞれ共有状態から非共有状態に切り替わる時、共有画面の最後の画面を記録する。 Final screen recording unit 151, 251, when the respective switching from the shared state to the non-shared state, records the last screen of the shared screen. アノテーション入出力部152、252は、それぞれ最終画面のスナップショットを背景として、マウス等の入力装置で書き込みを行う機能を提供する。 Annotation input unit 152, 252, as a background a snapshot of each final screen, provides a function of writing an input device such as a mouse. 書き込まれたデータは、最終画面のスナップショットとともに記録される。 Written data is recorded along with the snapshot of the last frame.
図21に最終画面へ書き込みを行ったときの画面例を示す。 A screen example when the writing to the final screen was performed in FIG. 21. この例では、メンバAにより手書きで「○」が書き込まれ、メンバBにより手書きで「×」が書き込まれている。 In this example, "○" is written by hand by a member A, "×" is written by hand by a member B.
非共有画面状態に遷移後、画面共有クライアント200または画面共有サーバー100の要請により、画面共有クライアント200のPC画面および画面共有サーバー100のPC画面に最終画面のスナップショットが表示される。 After the transition to the non-covalent screen state, at the request of the screen sharing client 200 or screen sharing server 100, a snapshot of the last frame is displayed on the PC screen of the PC screen and the screen sharing server 100 of the screen sharing client 200.
アノテーション入出力部152、252は、最終画面のスナップショットに対して、画面共有クライアント200および画面共有サーバー100のマウス等の入力装置による書き込みデータを最終画面に重ね合わせて表示する。 Annotation input unit 152, 252, to the snapshot of the last frame is displayed by superposing write data by the input device such as a mouse on the screen sharing client 200 and display screen sharing server 100 in the final screen.

図22に画面共有クライアント200および画面共有サーバー100のアノテーション入出力部252、152の動作フローを示す。 Figure 22 shows an operation flow of the annotation input portion 252,152 of the screen sharing client 200 and display screen sharing server 100. これら画面共有クライアント200および画面共有サーバー100の画面への書き込みは図22のフローチャートに示す方法で実現される。 Writing to these screens sharing client 200 and screen sharing server 100 screen is realized by the method shown in the flow chart of FIG. 22.
リーダーのPC、すなわち画面共有サーバー100起動PCが書き込みデータを取りまとめて、画面共有クライアント200の起動する各メンバのPCへ配信する。 The leader of the PC, ie, screen sharing server 100 start-up PC is compiled the write data, to deliver to each member of the PC to start of screen sharing client 200. つまり、リーダーが最終画面のスナップショットに書き込みを行った場合(ステップS71)、その書き込みデータを全メンバに送信する(ステップS72)とともに、書き込んだ内容をスナップショットに重ね合わせて表示する(ステップS73)。 In other words, if the reader has been written to the snapshot of the final screen (step S71), and transmits the write data to all members (step S72), and displays by superimposing the written contents of the snapshot (step S73 ).
リーダーから書き込みデータを受信した各メンバの画面共有クライアント200は、受信した書き込みデータをスナップショットに重ね合わせて表示する(ステップS81、S91)。 Screen sharing client 200 of each member, which has received the write data from the reader, displays superimposed write data received snapshot (step S81, S91).

逆に、図22に示すように、例えばメンバの一人であるメンバAが書き込みを行った場合、メンバAが書き込みを行う(ステップS82)と、その書き込みデータがリーダーに送信される(ステップS83)とともに、書き込んだ内容をスナップショットに重ね合わせて表示する(ステップS84)。 Conversely, as shown in FIG. 22, if the member A has been written, for example one of the members, the members A writes (step S82), the write data is transmitted to the reader (step S83) with displays by superimposing the written contents of the snapshot (step S84).
リーダーはメンバAの画面共有クライアント200から受信した書き込みデータを、メンバA以外の他のメンバ全員に送信する(ステップS74)とともに、書き込んだ内容をスナップショットに重ね合わせて表示する(ステップS75)。 Leaders write data received from the screen sharing client 200 of the member A, and transmits to the other of all members other than the member A (step S74), and displays by superimposing the written contents of the snapshot (step S75).
リーダー画面共有サーバー100から書き込みデータを受信したメンバA以外の各メンバの画面共有クライアント200は、受信した書き込みデータをスナップショットに重ね合わせて表示する(ステップS92)。 Reader screen sharing server 100 screen sharing client 200 of each member other than the member A, which has received the write data from and displays superimposed write data received snapshot (step S92).
なお、同様の方法で、第6の実施例でスナップショットのどの画面に書き込むか指定して、スナップショット画面に対する書き込みを行うようにしても良い。 In a similar manner, by specifying whether writing to which screen snapshots in the sixth embodiment, may be performed to write to the snapshot screen.

[第7の実施例] [Seventh Embodiment]
次に、チャットが可能な第7の実施例として、朝礼を行うアプリケーションの例を示す。 Next, a seventh embodiment of possible chat shows an example of application for morning assembly.
図23に画面共有クライアント200、画面共有サーバー100の各プログラムの機能ブロック図を示す。 Screen sharing client 200 in FIG. 23, a functional block diagram of each program screen sharing server 100. 以下では第3の実施例と異なる部分のみについて説明する。 The following description only the differences from the third embodiment.
画面共有クライアント200はチャットクライアント261をさらに備え、画面共有サーバー100はチャットサーバー161をさらに備える。 Screen sharing client 200 further includes a chat client 261, the screen sharing server 100 further comprises a chat server 161. チャットクライアント261、およびチャットサーバー161のそれぞれの動作は通常のものとなんら変わりはないものとする。 Operation of each of the chat client 261, and the chat server 161 is assumed to normal there is no change to those.
即ち、あるメンバの画面共有クライアント200のチャットクライアント261から入力されたテキストデータがチャットサーバー161を備える画面共有サーバー100に入力されると、チャットサーバー161を有する画面共有サーバー100ではそのテキストデータがチャットデータに追加され、チャットクライアント261が最新のチャットデータをダウンロードすると、チャットクライアント261を有する画面共有クライアント200の図示しない表示装置の画面に最新のチャットデータが表示される。 That is, when the text data input from the chat client 261 of the screen sharing client 200 of one member is input to the display screen sharing server 100 with the chat server 161, the screen sharing server 100 in the chat the text data has a chat server 161 is added to the data, chat client 261 to download the latest chat data, the most recent chat data is displayed on the screen of the display device (not shown) of the screen sharing client 200 having a chat client 261.

本実施例のチャットサーバー(チャットサーバー161を有する画面共有サーバー)100自体が、チャットクライアント機能を備えていれば、リーダーもチャットに参加でき、そのように実装することが望ましい。 (Screen Sharing server having a chat server 161) 100 itself Chat server of this embodiment, if provided with a chat client function, the reader can also participate in the chat, it is desirable to implement as such.
共有状態から非共有状態に移行すると、すぐにチャットが行えるよう、画面共有クライアント200においてチャットクライアント261が起動されるようにしてもよいし、リーダーまたはメンバの一人がチャットを開始すると、全員がチャットできるようにするようにしてもよい。 When you migrate from a shared state to a non-shared state, so that can be carried out immediately chat, may be as chat client 261 is activated in the screen sharing client 200, and one of the leaders or members to start a chat, all chat it may be way possible.
このように、朝礼中は、書き込んだテキストデータが全員に表示されるアプリケーションのみが利用可能になっているため、私的な内職は一切できない。 In this way, during the morning assembly, since the only application that written text data is displayed to everyone is available, private side job can not be at all. 一方で、議題に関係のある情報をメンバ間で共有することができる。 On the other hand, it is possible to share the information that is relevant to the topic among the members. さらには、営業所などで、メンバ全員が各自の本日の目標をチャットに書き込んでメンバ全員に宣言することにより、目標通りの実績を上げるよう意欲を高めるような使い方も可能となる。 Furthermore, in such sales office, all members are by declaring to all members write their own today of the target in the chat, it becomes possible to use, such as to increase the willingness to raise the achievement of the target street.
なお、非共有状態に遷移すると同時にチャットが起動されるようにしても良いし、リーダーまたは各メンバが手動で起動するようにしても良い。 Incidentally, the chat at the same time as a transition to the non-shared state may be be activated, leader or each member may be activated manually. また、第6の実施例乃至8を組み合わせ、任意のスナップショット画面に書き込みを行いつつ、テキストチャットを行えるようにしても良い。 Also, combinations of embodiments or 8 sixth, while writes to any snapshot screen, may be performed text chat.

[第8の実施例] [Eighth Embodiment]
次に、プログラムのネットワーク経由での配布が可能な、第8の実施例として、朝礼を行うアプリケーションの例を示す。 Next, capable distribution over a network program, as the eighth embodiment, showing an example of application for morning assembly.
図24に画面共有サーバー100の各プログラムの機能ブロック図を示す。 Figure 24 shows a functional block diagram of each program screen sharing server 100. 以下では第1の実施例と異なる部分のみについて説明する。 The following description only the differences from the first embodiment. 画面共有サーバー100は、接続情報作成部161、クライアントプログラム管理部163、Webサーバー162をさらに備える。 Screen sharing server 100 further includes a connection information generation unit 161, the client program management unit 163, Web server 162.
接続情報作成部161は、画面共有サーバー100に画面共有クライアント200が接続できるよう、IPアドレス等の必要な情報を図示しない記憶装置に書き込む。 Connection information creation unit 161 to allow connection screen sharing client 200 to the screen sharing server 100, written into the storage device (not shown) the necessary information such as the IP address. 例えば、自身に接続するためのWebリンクを作るとする。 For example, to create a Web link to connect to itself. Webリンクは、起動することによりWebブラウザが、そこに記載されたURLに接続することができるURLが記載されたファイルであるとする。 Web links, Web browser by start, and there is a file URL have been described that can be connected to the listed URL to.
さらにWebサーバー162を備え、クライアントPCはWebブラウザで画面共有サーバー100に接続することにより、クライアントプログラム管理部163で管理されているプログラムをダウンロードし、実行することができる。 Further comprising a Web server 162, by the client PC connected to the display screen sharing server 100 in a Web browser, it is possible to download a program that is managed by the client program management unit 163, executes.

図25にリーダーが各メンバのクライアントPCに画面共有クライアントプログラムを配布するフローを示す。 Figure 25 shows a flow leader distributes screen sharing client program to each member of the client PC. リーダーは接続情報からなるWebリンクファイルを作成し(ステップS101)、作成されたWebリンクファイルを自分のグループのメンバに例えばメールで配信する(ステップS102)。 Leader is to create a Web link file consisting of the connection information (step S101), and distributed to the members of the group their own Web link file that was created, for example, by e-mail (step S102). その際、メールサーバーを経由する。 At that time, through the mail server. クライアントPCはメールサーバー経由でメールを受信して(ステップS111)、Webリンクファイルを開く。 Client PC receives the mail through the mail server (step S111), open a Web link file. クライアントPC上ではブラウザが起動して、接続情報からなるWebリンクファイルに記載されたURL、即ち画面共有サーバー100のWebサーバー162に接続する(ステップS112)。 On the client PC browser will start, URL, which is described in the Web link file consisting of connection information, that is to connect to the Web server 162 of the screen sharing server 100 (step S112). Webサーバー162に接続すると、画面共有クライアントプログラムをダウンロードして(プログラム配信を受けて)(ステップS103)、画面共有クライアントプログラムを起動する。 When you connect to a Web server 162, download a screen sharing client program (in response to the program delivery) (step S103), and start-up screen sharing client program. 画面共有クライアントプログラムが起動すると、画面共有クライアントプログラムと同時にダウンロードしたIPアドレス情報を元に、リーダーの画面共有サーバー100に接続する(ステップS114)。 When the screen sharing client program is started, based on IP address information downloaded at the same time as the screen sharing client program, to connect to the screen sharing server 100 of the leader (step S114).

朝礼の間は、画面共有クライアントプログラムによりクライアントPCには様々な利用制限が課されるが、朝礼が終了し、画面共有クライアントプログラムが終了すると、再び通常のPCとして利用できるようになる。 During the morning assembly is different usage restrictions on the client PC by the screen sharing client program is imposed, morning meeting is finished, the screen sharing client program ends, made available as a normal PC again.
なお、変形例として、接続情報作成時にさらに第3の第4の実施例のように許可するアプリケーションや許可するドメインのリストを作成し、クライアントPCが画面共有クライアントプログラムをWebブラウザでダウンロードする際に、このリストも同時に取得し、画面共有クライアント200はこのリストに従い、非共有時に利用可能なアプリケーションやアクセス可能なドメインを制限できるようにしても良い。 As a modification, creates a list of applications and permit domains to permit such further third fourth embodiment when creating the connection information, when downloading client PC screen sharing client program in the Web browser this list also acquired at the same time, screen sharing client 200 in accordance with this list, it may be able to limit the application and can be accessed domains available at the time of non-shared.
また、ダウンロードする画面共有クライアントプログラムは、上述した実施例に示したような共有画面のスナップショットを記録する機能や、最終画面に書き込みを行う機能や、チャットクライアント機能を含んでいても良い。 Also, the screen sharing client program to be downloaded has a function of recording snapshots of shared screen as shown in the embodiments described above, functions and for writing the final screen may contain a chat client function.
また、接続情報の配布方法は、メール配信に限らない。 In addition, the distribution method of connection information is not limited to mail delivery. ファイルサーバーにアップロードしてもよいし、インスタントメッセンジャーでファイル転送してもよい。 May be uploaded to the file server, it may be file transfer in the instant messenger.

[第9の実施例] [Ninth Embodiment]
次に、さらに別の例である、第9の実施例として、朝礼を行うアプリケーションの例を示す。 Next, a further example, as the ninth embodiment, an example of application for morning assembly.
図26に画面共有サーバー100とWebサーバーのプログラムの機能ブロックを示す。 It shows the functional blocks of the screen sharing server 100 and Web server program in Figure 26. 図27にリーダーがメンバのPCに画面共有クライアントプログラムを配布するフローを示す。 It shows a flow leader distributes screen sharing client program to members of PC in Figure 27. 以下では第8の実施例と異なる部分のみについて説明する。 The following description only the differences from the eighth embodiment.
本実施例では、Webサーバー500はリーダーのPCとは別のPC上で起動しているものとする。 In the present example, Web server 500 is assumed to be started on another PC is the leader of the PC. リーダーは接続情報を作成すると、画面共有クライアント200が起動しているクライアントPCがWebブラウザでアクセスするためのURLの登録、及びダウンロードされた画面共有クライアントプログラムが自身に接続するのに必要なIPアドレス情報をWebサーバー500に登録する。 When the leader to create a connection information, IP address required for registration client PC screen sharing client 200 is running is a URL for accessing a Web browser, and is downloaded screen sharing client program to connect to itself information is registered in the Web server 500.
メールで登録したWebリンクを送信した後のフローは、クライアントPCのアクセスする先がリーダーのPCとは別のPC上で起動しているWebサーバー500になること以外は、第8の実施例の場合と同様である。 Flow after sending a Web link that was registered by e-mail, except that to which you want to access the client PC is made to the Web server 500 running on a separate PC is the leader of the PC, of ​​the eighth embodiment when is the same as that. また、Webサーバー500の機能に関しては本発明に特徴的なもののみを示した。 Also showed only the characteristic ones in the present invention with respect to the function of the Web server 500. それ以外は通常のWebサーバーと何ら変わらない構成、機能であるとする。 Any unchanged configuration other than the normal Web server, and is a function.

以上説明したように、本実施の形態により以下のような効果を得ることができる。 As described above, it is possible to obtain the following effects by the present embodiment. 即ち、例えば、会議、朝礼、教育時にクライアントPCを議長、または先生の画面を共有表示するか、何もできないかの状態にすることができるので、利用者はPCで内職ができないため、議題に集中することができる。 That is, for example, meeting, morning meeting, chaired by the client PC at the time of education or to the shared display the screen of the teacher, because it can be in one of the state can not do anything, because the user can not sideline in the PC, on the agenda I can concentrate. もしくは、議長、または先生の画面を共有表示していない時は、議長または先生の決めた範囲にPCの利用が限定されるため、関係ないことができなくなり、利用者はPCで内職ができないため、議題に集中することができる。 Or, chairman, or when you do not have the shared display the screen of the teacher, is, for PC use is limited to the range you decide the chairman or teacher, will not be able does not matter, because the user can not sideline the PC , it is possible to focus on the agenda.
また、共有時は議長または先生の共有画面が表示され、共有が切断されてもクライアントPCのデスクトップ画面が表示できないような画面が表示されるので、クライアントPC利用者は内職することはできず、またデスクトップ画面が一切見えないので、集中力を途切れるのを防ぐことができる。 In addition, at the time shares are listed shared screen of the chairman or the teacher, because the screen such as a desktop screen can not be displayed on the client PC be shared cutting is displayed, the client PC user will not be able to sideline, Further, since the desktop screen can not be seen at all, it is possible to prevent the interruption concentration.
また、クライアントPC利用者は議長の画面を共有していない間は、議長が指示した画面しか見えないので、クライアントPC利用者を会議または教育に集中させることができる。 In addition, while the client PC users do not share the screen of the chairman, since only visible screen chairman has indicated, it is possible to concentrate the client PC user to the conference or education.
また、クライアントPCで内職ができないので、議長または先生はクライアントPCの利用者を会議、朝礼、教育に集中させることができる。 In addition, because it can not sideline on the client PC, chairman or teacher conference the user of the client PC, morning assembly, it is possible to concentrate on education.
また、議長が許可を与えているアプリケーションしか使えなくなるので、利用者を会議、朝礼、教育に集中させることができる。 In addition, since only unusable application that chairman has given permission, it is possible to concentrate the user conference, morning assembly, to education.
また、議長が許可を与えている文書、URLにしかアクセスできなくなるので、利用者を会議、朝礼、教育に集中させることができる。 In addition, the document that the Chair has given the permission, because only will not be able to access the URL, it is possible to concentrate the user conference, morning assembly, to education.
また、記録された共有画面のスナップショットを見て議題を振り返ることができるので、共有画面を表示していない間に、利用者は内容の理解を深めることができる。 In addition, since it is possible to look back on the agenda to see a snapshot of the recorded shared screen, while not displaying a shared screen, the user can contents understanding of.

また、マウス・キーボードを使って書き込んだ内容が、他のメンバにも表示されるアプリケーションで、メンバ間でコミュニケーションを行うことができる。 In addition, the contents written using the mouse-keyboard, an application that is also displayed on the other members, it is possible to perform communication among the members. また、私的な内職をできないようにすることができる。 In addition, it is possible to prevent a private sideline.
また、最終画面を背景とした、書き込みを他のメンバと共有できるようにすることにより、コミュニケーションを的確に行うことができる。 Also, the final screen was the background, by making it possible to share the writing with other members can be performed accurately communicate.
また、議長または先生は、接続状態を監視できるので、確実に全員が会議、朝礼、教育に参加していることを確認できる。 In addition, the chairman or the teacher, it is possible to monitor the connection status, ensure that everyone is meeting, morning assembly, can be sure that you are participating in education.
また、議長または先生は、画面の共有状態を監視できるので、確実に全員が会議、朝礼、教育に同じ画面を見ているか確認できる。 In addition, the chairman or the teacher, it is possible to monitor the shared state of the screen, ensure that everyone is meeting, morning assembly, it can be confirmed or are looking at the same screen to education.
また、特別なハードウェアを用意することなく、通常のPCを会議または教育の間だけその業務に特化した操作しかできないPCとして利用することができるようになる。 In addition, without having to provide any special hardware, consisting of a normal PC only for the duration of the conference or the education to the business to be able to use as a PC that can not only operate specialized. また、設定に必要な情報も同時にネットワークで配信することができるので、特別な準備、設定を利用者が行うことなく、議長または先生に接続できるようになる。 In addition, since it is possible to deliver at the same time the network is also information needed to set up, special preparation, without making the user settings, will be able to connect to the chairman or the teacher.
なお、画面共有サーバー100の画面を画面共有クライアント200上で表示する画面共有機能を用いて画面共有サーバー100が画面データを取得して送信する際には、逐一全画面のデータを送信するのではなく、画面の差分データのみを取得・送信することにより、送信データを削減し、画面共有クライアント200の処理負荷を削減して、動作の高速化を図ることができる。 Incidentally, when the display screen sharing server 100 transmits acquires the screen data by using the screen sharing function of displaying the screen of the screen sharing server 100 on the display screen sharing client 200, of sending data one by one full screen without by acquiring and transmitting only the difference data of the screen to reduce the transmission data, to reduce the processing load of the screen sharing client 200 can increase the speed of operation.
なお、上記実施の形態の構成及び動作は例であって、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で適宜変更することができることは言うまでもない。 Incidentally, configuration and operation of the above-mentioned embodiment are an example, it is needless to say that can be appropriately changed without departing from the spirit of the present invention.

本発明の第1の実施の形態の画面共有クライアント200/サーバープログラムの機能ブロック図。 Functional block diagram of a first embodiment screen sharing client 200 / server program of the present invention. 第1の実施例のネットワーク構成図。 Network configuration diagram of a first embodiment. 第1の実施例のクライアントPCの画面の状態遷移を示す図。 A state transition diagram of the screen of the client PC in the first embodiment. 第1の実施例のクライアントPCの画面の状態遷移を示す図。 A state transition diagram of the screen of the client PC in the first embodiment. 第1の実施例の画面共有クライアント200/サーバープログラムの動作フロー図。 Screen operational flowchart of sharing client 200 / server program of the first embodiment. 第1の実施例の朝礼画面表示部206の動作フロー図。 Operational flowchart of morning assembly screen display part 206 of the first embodiment. 第1の実施例のネットワーク構成図。 Network configuration diagram of a first embodiment. 第1の実施例の別の実施形態のネットワーク構成図。 Network configuration diagram of another embodiment of the first embodiment. 第2の実施例の画面共有クライアント200/サーバープログラムの機能ブロック図。 Screen functional block diagram of a sharing client 200 / server program of the second embodiment. 第2の実施例の非共有時に表示される画面を示す図。 Shows a screen displayed on unshared when the second embodiment. 第3の実施例の画面共有クライアント200/サーバープログラムの機能ブロック図。 Screen functional block diagram of a sharing client 200 / server program of the third embodiment. 第3の実施例のアプリ監視部221の動作説明図。 Operation explanatory diagram of the application monitoring unit 221 of the third embodiment. 第3の実施例の別の形態のアプリ監視部221の動作説明図。 Operation explanatory diagram of the application monitoring unit 221 of another embodiment of the third embodiment. 第4の実施例の画面共有クライアント200/サーバープログラムの機能ブロック図。 Screen functional block diagram of a sharing client 200 / server program of the fourth embodiment. 第4の実施例のドメイン監視部231の動作説明図。 Operation explanatory diagram of the domain monitoring unit 231 of the fourth embodiment. 第5の実施例の画面共有クライアント200/サーバープログラムの機能ブロック図。 Screen functional block diagram of a sharing client 200 / server program of the fifth embodiment. 第5の実施例の画面共有クライアント200の共有状態の画面を示す図。 It shows a screen of a shared state of the screen sharing client 200 of the fifth embodiment. 第5の実施例の画面共有クライアント200の非共有状態の画面を示す図。 Diagram showing a screen of a non-covalent state of the screen sharing client 200 of the fifth embodiment. 第5の実施例の別の実施形態の画面共有クライアント200/サーバープログラムの機能ブロック図。 Functional block diagram of another embodiment screen sharing client 200 / server program of the fifth embodiment. 第6の実施例の画面共有クライアント200/サーバープログラムの機能ブロック図。 Screen functional block diagram of a sharing client 200 / server program of the sixth embodiment. 第6の実施例の書き込み画面の例を示す図。 It shows an example of a write screen of a sixth embodiment. 第6の実施例のアノテーション入出力部の動作フロー図。 Operational flowchart of the annotation input-output unit of the sixth embodiment. 第7の実施例の画面共有クライアント200/サーバープログラムの機能ブロック図。 Screen functional block diagram of a sharing client 200 / server program of the seventh embodiment. 第8の実施例の機能ブロック図。 Functional block diagram of the eighth embodiment. 第8の実施例のプログラム配布フロー図。 Program distribution flow diagram of the eighth embodiment. 第9の実施例の機能ブロック図。 Functional block diagram of the ninth embodiment. 第9の実施例のプログラム配布フロー図。 Program distribution flow diagram of the ninth embodiment. 従来の一般的な画面共有ソフトの動作原理を示す図。 It illustrates the operating principle of a conventional general screen sharing software.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

100 画面共有サーバー、101 接続監視部、102 共有監視部、103 メンバ管理部、104 UI処理部、105 メイン処理部、106 共有制御部、107 画面データ取得部、108 画面データ送信部、 200 画面共有クライアント、201 通信部、202 UI処理部、203 メイン処理部、204 画面データ受信部、205 画面データ表示部、300 ネットワーク 100 screen sharing server 101 connection monitoring unit, 102 shared monitoring unit, 103 member management unit, 104 UI ​​processing unit, 105 the main processing unit, 106 shared control unit, 107 screen data acquisition unit, 108 screen data transmission unit, 200 screen sharing client 201 communication unit, 202 UI processing unit, 203 the main processing unit, 204 screen data receiving unit, 205 screen data display unit, 300 network

Claims (15)

  1. 自身の画面データを少なくとも1台以上の画面共有クライアントに送信する画面共有サーバーと、受信した前記画面共有サーバーからの前記画面データを表示する画面共有クライアントからなるクライアント/サーバー方式の画面共有システムであって、 A screen sharing server sends its screen data to the at least one or more screen sharing client, a screen sharing system of the screen data composed of screen sharing client that displays the client / server system from the screen sharing server receives Te,
    前記画面共有クライアントは、前記画面共有サーバーの画面を共有表示している共有状態と、共有表示していない非共有状態の2つの状態を有し、 The screen sharing client, the shared state that shares a screen of the screen sharing server has two states in the non-shared state that is not the shared display,
    前記非共有状態では、前記画面共有サーバーに接続中の前記画面共有クライアントが起動しているクライアントPCにはその利用に対して制限を課し、所定の操作のみを許可する制限手段を備えることを特徴とする画面共有システム。 Wherein in the non-shared state, the client PC the screen sharing client currently connected to the display screen sharing server is running impose restrictions on its use, in that it comprises limiting means for permitting only a predetermined operation screen sharing system which is characterized.
  2. 請求項1に記載の画面共有システムにおいて、前記非共有状態では、クライアントPC自身のデスクトップ画面が表示されないように任意の画面が表示されることを特徴とする画面共有システム。 In the screen sharing system according to claim 1, wherein in the non-shared state, the screen sharing system, wherein the arbitrary screen as a desktop screen of the client PC itself does not appear is displayed.
  3. 請求項2に記載の画面共有システムにおいて、前記非共有状態では、画面共有サーバーによって指定された画像、もしくは文字を表示した画面が表示されることを特徴とする画面共有システム。 In the screen sharing system according to claim 2, wherein in the non-shared state, the screen sharing system, characterized in that the image specified by the screen sharing server, or screen displaying characters are displayed.
  4. 請求項1に記載の画面共有システムにおいて、前記非共有状態では、前記クライアントPCの入力装置からの操作が制限されることを特徴とする画面共有システム。 In the screen sharing system according to claim 1, wherein in the non-shared state, the screen sharing system, wherein the operation of the input device of the client PC is limited.
  5. 請求項1に記載の画面共有システムにおいて、前記非共有状態では、前記クライアントPCにおいて、所定のアプリケーションの操作が許可されることを特徴とする画面共有システム。 In the screen sharing system according to claim 1, wherein in the non-shared state, at the client PC, the screen sharing system, wherein the operation of the predetermined application is permitted.
  6. 請求項1に記載の画面共有システムにおいて、前記非共有状態では、前記クライアントPCにおいて指定された文書またはURLの閲覧が許可されていることを特徴とする画面共有システム。 In the screen sharing system according to claim 1, wherein in the non-shared state, the screen sharing system, wherein a viewing of the document or URL specified in the client PC is allowed.
  7. 請求項1に記載の画面共有システムにおいて、前記クライアントPCは、前記画面データを表示している共有画面のスナップショットを記録する機能を有し、前記非共有状態では、非共有時に記録された前記スナップショットを閲覧することが許可されていることを特徴とする画面共有システム。 Wherein the screen sharing system according to claim 1, wherein the client PC has a function of recording snapshots of shared screen displaying the screen data, wherein in the non-shared state, which is recorded at the time of non-covalent screen sharing system, characterized in that to view a snapshot is permitted.
  8. 請求項1に記載の画面共有システムにおいて、前記非共有状態では、前記入力装置から入力された内容が、前記画面共有サーバーまたは他の前記クライアントPCの少なくとも1つにも表示される機能を有するアプリケーションの利用が許可されていることを特徴とする画面共有システム。 Application in the screen sharing system according to claim 1, wherein the non-shared state, the content input from the input device, having the features also appear in at least one of the screen sharing server or other of the client PC screen sharing system, wherein the use of is permitted.
  9. 請求項1に記載の画面共有システムにおいて、前記非共有状態では、共有時の最終画面を背景として前記クライアントPCの入力装置から文字または図形を書き込むことができ、書き込まれた内容が画面共有サーバーまたは他の前記クライアントPCの少なくとも1つにも表示される機能を有するアプリケーションの利用が許可されていることを特徴とする画面共有システム。 In the screen sharing system according to claim 1, wherein in the non-shared state, it is possible to write characters or graphics from the input device of the client PC as a background the final screen when shared, written contents screen sharing server or screen sharing system, wherein the use of an application having a function is also displayed on the at least one other of the client PC is allowed.
  10. 請求項1乃至9の何れか一項に記載の画面共有システムにおいて、前記画面共有サーバーが起動しているサーバーPCは、前記クライアントPCの接続状態を監視する機能を有することを特徴とする画面共有システム。 In the screen sharing system according to any one of claims 1 to 9, the server PC to the display screen sharing server is running, screen sharing, characterized by having a function of monitoring the connection status of the client PC system.
  11. 請求項1乃至9の何れか一項に記載の画面共有システムにおいて、前記クライアントPCは、画面を共有表示しているか否かを監視する機能を有することを特徴とする画面共有システム。 In the screen sharing system according to any one of claims 1 to 9, wherein the client PC, the screen sharing system characterized by having a function of monitoring whether or not the shared display screen.
  12. 自身の画面データを少なくとも1台以上の画面共有クライアントに送信する画面共有サーバーからの前記画面データを表示する画面共有クライアントの画面共有プログラムであって、 A the Screen sharing client screen sharing program to display the data of the own screen data from the screen sharing server sending at least one or more screen sharing client,
    前記画面共有サーバーの画面を共有表示していない非共有状態では、前記画面共有サーバーに接続中の前記画面共有クライアントが起動しているクライアントPCにはその利用に対して制限を課し、所定の操作のみを許可する制限ステップを実行させることを特徴とする画面共有プログラム。 In a non-shared state do not share a screen of the screen sharing server, the screen impose restrictions for the use on the client PC to the screen sharing client currently connected to a shared server is started, a predetermined screen sharing program characterized by executing the limiting step of permitting operation only.
  13. 請求項12に記載の画面共有プログラムにおいて、前記非共有状態では、入力装置から入力された内容が、前記画面共有サーバーまたは他の前記クライアントPCの少なくとも1つにも表示される機能を有するアプリケーションの利用が許可されていることを特徴とする画面共有プログラム。 In the screen sharing program according to claim 12, wherein in the non-shared state, contents inputted from the input device, the application having a function is also displayed on at least one of the screen sharing server or other of the client PC screen sharing program, characterized in that it is allowed to use it.
  14. 請求項12に記載の画面共有プログラムにおいて、前記非共有状態では、共有時の任意の画面を背景として前記クライアントPCの入力装置から文字または図形を書き込むことができ、書き込まれた内容が前記画面共有サーバーまたは他の前記クライアントPCの少なくとも1つにも表示される機能を有するアプリケーションの利用が許可されていることを特徴とする画面共有プログラム。 In the screen sharing program according to claim 12, wherein in the non-shared state, the client PC input device can write characters or graphics from the written contents the screen sharing as a background of any screen at shared screen sharing program characterized by the use of the application having a function is also displayed on the at least one server or other of the client PC is allowed.
  15. 自身の画面データを少なくとも1台以上の画面共有クライアントに送信する画面共有サーバーからの前記画面データを表示する画面共有クライアントのプログラム配信方法であって、 A the screen display screen sharing client program distribution method for displaying data of the own screen data from the screen sharing server sending at least one or more screen sharing client,
    前記画面共有サーバーへ接続するのに必要な接続情報を生成するステップと、 And generating the connection information required to connect to the display screen sharing server,
    前記接続情報をネットワーク経由で配布するステップと、 A step of distributing the connection information via the network,
    前記画面共有サーバーへ接続するためのプログラムを、ネットワークを介して前記画面共有クライアントが起動するクライアントPCに配布するステップと、 A step of distributing a program for connecting to the display screen sharing server, the client PC the screen sharing client over a network is started,
    を含むことを特徴とするプログラム配信方法。 Program distribution method characterized in that it comprises a.
JP2007069599A 2007-03-16 2007-03-16 Screen sharing system, screen-sharing program Active JP4917930B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007069599A JP4917930B2 (en) 2007-03-16 2007-03-16 Screen sharing system, screen-sharing program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007069599A JP4917930B2 (en) 2007-03-16 2007-03-16 Screen sharing system, screen-sharing program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008234072A true true JP2008234072A (en) 2008-10-02
JP4917930B2 JP4917930B2 (en) 2012-04-18

Family

ID=39906801

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007069599A Active JP4917930B2 (en) 2007-03-16 2007-03-16 Screen sharing system, screen-sharing program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4917930B2 (en)

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2012073768A1 (en) * 2010-11-30 2012-06-07 Ricoh Company, Ltd. External input apparatus, communication terminal, display data sharing system and computer readable information recording medium
JP2012178135A (en) * 2011-01-31 2012-09-13 Ricoh Co Ltd Screen sharing device, screen sharing method, program, program providing system, and maintenance system
JP2012182524A (en) * 2011-02-28 2012-09-20 Ricoh Co Ltd Communication apparatus
JP2014225065A (en) * 2013-05-15 2014-12-04 キヤノン株式会社 Cooperative display system, display method, program and terminal device configuring cooperative display system
JP2015019679A (en) * 2013-07-16 2015-02-02 セイコーエプソン株式会社 Information processing device, information processing method, and information processing system
US9086788B2 (en) 2011-12-12 2015-07-21 International Business Machines Corporation Context-sensitive collaboration channels
JP2015133652A (en) * 2014-01-15 2015-07-23 株式会社リコー Management system, management method, and program
US9124657B2 (en) 2011-12-14 2015-09-01 International Business Machines Corporation Dynamic screen sharing for optimal performance
JP2015158914A (en) * 2014-02-24 2015-09-03 Rsupport株式会社 Remote support method of mobile communication terminal employing screen shot
US9134889B2 (en) 2011-12-14 2015-09-15 International Business Machines Corporation Variable refresh rates for portions of shared screens
JP2016184925A (en) * 2010-11-30 2016-10-20 株式会社リコー Transmission system, program, program provision system, and transmission method
US9582808B2 (en) 2011-12-12 2017-02-28 International Business Machines Corporation Customizing a presentation based on preferences of an audience
US9588652B2 (en) 2011-12-12 2017-03-07 International Business Machines Corporation Providing feedback for screen sharing
US10042598B2 (en) 2013-07-16 2018-08-07 Seiko Epson Corporation Information processing apparatus, information processing method, and information processing system

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104954149A (en) * 2014-03-26 2015-09-30 华为技术有限公司 Method for sharing data in network conference, device and system thereof

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000092217A (en) * 1998-09-09 2000-03-31 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Picture display controlling method in electronic conference system, electronic conference system and recording medium recording picture display control program
JP2005332345A (en) * 2004-05-21 2005-12-02 Lightwell Co Ltd Behavioral management system, client terminal, behavioral management server, manager terminal, monitoring program, behavioral management program and restriction setting program
JP2007004611A (en) * 2005-06-24 2007-01-11 Canon Inc Image display control method, electronic conference system, program and storage medium
JP2007049424A (en) * 2005-08-10 2007-02-22 Sharp Corp Electronic conference system, communication terminal and method therefor

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000092217A (en) * 1998-09-09 2000-03-31 Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt> Picture display controlling method in electronic conference system, electronic conference system and recording medium recording picture display control program
JP2005332345A (en) * 2004-05-21 2005-12-02 Lightwell Co Ltd Behavioral management system, client terminal, behavioral management server, manager terminal, monitoring program, behavioral management program and restriction setting program
JP2007004611A (en) * 2005-06-24 2007-01-11 Canon Inc Image display control method, electronic conference system, program and storage medium
JP2007049424A (en) * 2005-08-10 2007-02-22 Sharp Corp Electronic conference system, communication terminal and method therefor

Cited By (20)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016184925A (en) * 2010-11-30 2016-10-20 株式会社リコー Transmission system, program, program provision system, and transmission method
JP2012134941A (en) * 2010-11-30 2012-07-12 Ricoh Co Ltd External input device, communication terminal, display data sharing system, and program
WO2012073768A1 (en) * 2010-11-30 2012-06-07 Ricoh Company, Ltd. External input apparatus, communication terminal, display data sharing system and computer readable information recording medium
US9319631B2 (en) 2010-11-30 2016-04-19 Ricoh Company, Ltd. External input apparatus, communication terminal, display data sharing system and computer readable information recording medium
JP2012178135A (en) * 2011-01-31 2012-09-13 Ricoh Co Ltd Screen sharing device, screen sharing method, program, program providing system, and maintenance system
JP2012182524A (en) * 2011-02-28 2012-09-20 Ricoh Co Ltd Communication apparatus
US9600152B2 (en) 2011-12-12 2017-03-21 International Business Machines Corporation Providing feedback for screen sharing
US9086788B2 (en) 2011-12-12 2015-07-21 International Business Machines Corporation Context-sensitive collaboration channels
US9582808B2 (en) 2011-12-12 2017-02-28 International Business Machines Corporation Customizing a presentation based on preferences of an audience
US9852432B2 (en) 2011-12-12 2017-12-26 International Business Machines Corporation Customizing a presentation based on preferences of an audience
US9588652B2 (en) 2011-12-12 2017-03-07 International Business Machines Corporation Providing feedback for screen sharing
US9124657B2 (en) 2011-12-14 2015-09-01 International Business Machines Corporation Dynamic screen sharing for optimal performance
US9134889B2 (en) 2011-12-14 2015-09-15 International Business Machines Corporation Variable refresh rates for portions of shared screens
US9141264B2 (en) 2011-12-14 2015-09-22 International Business Machines Corporation Variable refresh rates for portions of shared screens
US9131021B2 (en) 2011-12-14 2015-09-08 International Business Machines Corporation Dynamic screen sharing for optimal performance
JP2014225065A (en) * 2013-05-15 2014-12-04 キヤノン株式会社 Cooperative display system, display method, program and terminal device configuring cooperative display system
JP2015019679A (en) * 2013-07-16 2015-02-02 セイコーエプソン株式会社 Information processing device, information processing method, and information processing system
US10042598B2 (en) 2013-07-16 2018-08-07 Seiko Epson Corporation Information processing apparatus, information processing method, and information processing system
JP2015133652A (en) * 2014-01-15 2015-07-23 株式会社リコー Management system, management method, and program
JP2015158914A (en) * 2014-02-24 2015-09-03 Rsupport株式会社 Remote support method of mobile communication terminal employing screen shot

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP4917930B2 (en) 2012-04-18 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7043529B1 (en) Collaborative development network for widely dispersed users and methods therefor
US7640506B2 (en) Method and apparatus for viewing and managing collaboration data from within the context of a shared document
US7870493B2 (en) Distributed clipboard
US20080189365A1 (en) System and method for managing group interaction session states
US5861883A (en) Method and system for portably enabling awareness, touring, and conferencing over the world-wide web using proxies and shared-state servers
US20050102356A1 (en) One to many data projection system and method
US20050091359A1 (en) Systems and methods for projecting content from computing devices
US20050091302A1 (en) Systems and methods for projecting content from computing devices
US7567987B2 (en) File sharing in P2P group shared spaces
US20050102358A1 (en) Web page monitoring and collaboration system
US20070203984A2 (en) Sharing skins
US7130888B1 (en) Method and apparatus for controlling a computer over a TCP/IP protocol network
US20050010639A1 (en) Network meeting system
US20050234943A1 (en) Method, system, and apparatus for enabling near real time collaboration on an electronic document through a plurality of computer systems
US20050021624A1 (en) Networked chat and media sharing systems and methods
US20050160396A1 (en) Synchronous and asynchronous collaboration between heterogeneous applications
US20070168529A1 (en) Contact list display system and method
US7721303B2 (en) System for management of interactions between users and software applications in a web environment
US20120084672A1 (en) Methods and systems for sharing images synchronized across a distributed computing interface
US20100306642A1 (en) Co-browsing (java) scripted html documents
US7379704B2 (en) Providing collaborative services with content
US7519912B2 (en) Method and system for sensing and communicating the use of communication modes by remote users
US20120166516A1 (en) Systems and methods for establishing and maintaining virtual computing clouds
US20050223075A1 (en) Method and system for authorizing a restricted callable status in an instant messaging system
US7024456B1 (en) Method for facilitating collaborative development efforts between widely dispersed users

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20091215

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20111014

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20111108

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111228

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120124

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120127

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150203

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150