JP2008160479A - Image imaging apparatus and image imaging system - Google Patents

Image imaging apparatus and image imaging system Download PDF

Info

Publication number
JP2008160479A
JP2008160479A JP2006346681A JP2006346681A JP2008160479A JP 2008160479 A JP2008160479 A JP 2008160479A JP 2006346681 A JP2006346681 A JP 2006346681A JP 2006346681 A JP2006346681 A JP 2006346681A JP 2008160479 A JP2008160479 A JP 2008160479A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
file
image
pseudo
name
directory
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006346681A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Kazuyuki Shigeta
和之 繁田
Original Assignee
Canon Inc
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Canon Inc, キヤノン株式会社 filed Critical Canon Inc
Priority to JP2006346681A priority Critical patent/JP2008160479A/en
Publication of JP2008160479A publication Critical patent/JP2008160479A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an image imaging apparatus and image imaging system in which the retrieval property and classification easiness of image files are improved. <P>SOLUTION: A writing means 107 writes identification data for identifying an image file in the image file, a reading means 112 reads the identification data written in the image file, and further, a managing means 113 identifies the image file on the basis of the identification data read by the reading means 112 and stores the image file in the same identification data file. A display part 110 displays a same identification data file name and displays the entire same identification data file hierarchically. <P>COPYRIGHT: (C)2008,JPO&INPIT

Description

本発明は、画像撮像装置及び画像撮像システムに関し、特に画像ファイルの識別、分類に関する。 The present invention relates to an image capturing apparatus and an image capturing system, in particular the identification of the image file, for the classification.

近年の画像処理技術と、画像記録技術の進歩と、パーソナルコンピュータの一般消費者への普及により、デジタルカメラやデジタルビデオカメラのようなデジタル画像を記録する画像撮像装置もまた広く一般の家庭に行き渡りつつある。 And recent image processing technology, and advances in image recording technology, the spread of the consumer personal computer spreads to home imaging apparatus also widely to record digital images such as digital cameras and digital video cameras while there.

そして、こうした画像撮像装置の一例であるデジタルカメラにおいては、画像を保存する場合、まず撮像した画像データをカメラ内部のメモリやあるいは取り外し可能なメモリカードなどの媒体に一旦記録するようにしている。 Then, in the digital camera as an example of such image capturing apparatus, when storing image, so that once recorded first image data captured on a medium such as a camera internal memory and or a removable memory card. そして、この後、通信線やメモリカードリーダ等を介してパーソナルコンピュータ(PC)の転送し、パーソナルコンピュータのHDD(ハードディスク)やMOディスク、CD−Rディスクなどの記録媒体に保存するようにしている。 Then, after this, through the communication line and a memory card reader or the like to transfer the personal computer (PC), a personal computer HDD (hard disk), an MO disk, and so as to store a recording medium such as CD-R disc .

ところで、画像撮像装置を備えた画像撮像システムでは、パーソナルコンピュータやカメラ等が画像データを自動的に検索したり、機器間で円滑に画像データをやりとりできるよう記録媒体への画像ファイルの格納方法においていくつかの工夫がされてきた。 Incidentally, the imaging system including an imaging device, a personal computer, a camera or the like or automatically searches the image data, the method of storing the image file into the recording medium to be exchanged smoothly image data between devices some of the ideas have been.

例えば、デジタルカメラの規格「CIFF」(Camera Image File Format)や、「DCF」(Design rule for Camera File system)においては、ディレクトリ配置法を規定している。 For example, a digital camera of the standard "CIFF" (Camera Image File Format) or, in the "DCF" (Design rule for Camera File system) defines a directory placement method. また、ディレクトリ及びファイル命名ルール等を詳細に規定している。 In addition, it defines the directory and file naming rules, etc. in detail.

しかし、こうした規格などで定められたファイル名やファイルを格納するディレクトリ(フォルダ)名、これらを階層的に示したパス名は、画像を扱う機器間での取り扱いの利便性と引き換えに、規定された画一的なものや数字を羅列したものが主体となっている。 However, the directory (folder) name for storing the file name and file defined in such these standards, the path name shown them hierarchically in exchange and handling convenience between devices that handle images, defined those enumerated the uniform thing and numbers was has become a principal.

このため、ユーザーが任意にファイル名や、パス名をつける自由度がなくなり、この結果、ユーザーは、ディレクトリ(フォルダ)名やファイル名から、画像ファイルの内容を識別することができない。 For this reason, users or any file name, there is no degree of freedom to put a path name, and as a result, the user, from the directory (folder) or file names, it is not possible to identify the contents of the image file. また、画像を整理する上でも、サムネイル画像を見ないと内容が把握できないため、画像ファイルの検索性や、分類容易性が低かった。 Also, in order to organize the image, because the content and not look at the thumbnail image can not be grasped, searchability and of image files, classification ease was low.

そこで、このような問題を解決するため、従来、例えば画像の管理テーブルを作成すると共に、複数の画像ファイルから画像の付属情報(キーワード)を用いて画像を検索し、関連する画像を一覧表示するものがある(特許文献1参照)。 To solve such a problem, conventionally, for example as to create a management table of the image, to find an image using the additional information of the image from a plurality of image files (keyword), displaying a list of related images there is (see Patent Document 1).

また、例えば同じ機種で異なるシリアルナンバーのデジタルカメラの画像ファイルを同じ記録媒体やPCに転送した場合、画像ファイル名やディレクトリ(フォルダ)名が重複してしまう問題もあった。 In addition, for example, if you transfer a digital camera image files of different serial number in the same model in the same recording medium or a PC, image file name and directory (folder) name there is a problem that may overlap. そこで、このような問題を解決するため、保存しようとするファイルに、例えば既存のファイル名と異なるユーザーファイル名を与えるようにしたものがある(特許文献2参照)。 To solve such a problem, the file to be saved, for example, there is that to give an existing file name is different from the user file name (see Patent Document 2).

特開平9−050436号公報 JP-9-050436 discloses 特開平10−021130号公報 JP 10-021130 discloses

しかし、近年、記録メディアの記憶容量の増大に伴い、撮像した多量の記録物の管理はますます煩雑化してきている。 However, in recent years, with the increase of the storage capacity of the recording medium, management of a large amount of recorded matter captured it has become increasingly complicated. これに伴い、画像撮像システムにおいても、カメラで撮像した膨大な画像データの効率的な分類整理、再生、編集することが求められている。 Accordingly, even in the image capturing system, efficient pigeonhole huge image data captured by the camera, playback, it is required to edit.

そこで、本発明は、このような現状に鑑みてなされたものであり、画像ファイルの検索性及び分類容易性が向上した画像撮像装置及び画像撮像システムを提供することを目的とするものである。 The present invention has been made in view of such circumstances, it is an object to provide an image capturing apparatus and an image capturing system searchability and classification easiness with improved image file.

本発明は、画像を撮像する画像撮像装置において、撮像された画像ファイルに該画像ファイルを識別するための識別データを書き込む書き込み手段と、前記画像ファイルに書きこまれた識別データを読み出す読み出し手段と、前記読み出し手段により読み出された識別データに基づいて前記画像ファイルを識別し、該画像ファイルを同一識別データファイルに階層的に格納する管理手段と、前記同一識別データファイル名を表示すると共に前記同一識別データファイル全体を階層的に表示する表示部と、を備えたことを特徴とするものである。 The present invention, in the image capturing apparatus for capturing an image, and a reading means for reading and writing means for writing identification data for identifying the image file to the captured image files, the identification data written in the image file wherein said identifying said image file based on the identification data read by the reading means, management means for storing hierarchically the picture files in the same identifying data file, and displays the same identification data file name a display unit for hierarchically displaying the entire same identification data file, is characterized in that it comprises a.

本発明では、画像ファイルに書きこまれた識別データを用いて画像ファイルを識別して同一識別データファイルに格納すると共に、同一識別データファイル名を表示すると共に同一識別データファイル全体を階層的に表示することができる。 In the present invention, hierarchically display the entire same identification data file with stores the same identification data file to identify the image file, display the same identification data file name using the identification data written in the image file can do. これにより、画像ファイルの検索性や分類の容易性を向上させることができる。 Thus, it is possible to improve the ease of the image file search properties and classification.

以下、本発明を実施するための最良の形態を、図面を参照しながら詳細に説明する。 Hereinafter, the best mode for carrying out the present invention will be described in detail with reference to the drawings.

図1は、本発明の第1の実施の形態に係る画像撮像システムの模式図である。 Figure 1 is a schematic diagram of an image capturing system according to a first embodiment of the present invention.

図1において、101は画像撮像装置の一例であるデジタルカメラであり、102はデジタルカメラ101により撮像した画像ファイルを記録表示する記録表示装置の一例であるパーソナルコンピュータ(以下、PCという)である。 In Figure 1, 101 is a digital camera which is an example of imaging apparatus, 102 is a personal computer which is an example of a recording display device for recording and displaying the image file captured by the digital camera 101 (hereinafter, referred to as PC).

ここで、デジタルカメラ101は、撮像のための光学レンズ103、CCDやCMOS型のセンサ等を備えた撮像センサ部104、撮像センサ部104により撮像された画像の処理を行うDSP部105を備えている。 Here, the digital camera 101 includes an optical lens 103, CCD or image sensor unit 104 includes a CMOS sensor or the like, DSP unit 105 for processing the image taken by the image sensor unit 104 for imaging there.

また、DSP部105により処理された画像データを記憶するメモリカード、ハードディスク(HDD)、光ディスク等の記録媒体部106、操作キー、キーボードなどのユーザー入力のための操作部107を備えている。 Further, a memory card, a hard disk (HDD), a recording medium 106 such as an optical disk, an operation key, an operation unit 107 for user input such as a keyboard for storing image data processed by the DSP unit 105. なお、本実施の形態において、記録媒体部106はメモリカードを備えている。 In this embodiment, the recording medium unit 106 is provided with a memory card.

さらに、マイコン部108、USBやシリアル通信などの画像データ等を外部機器とやり取りする通信部109、液晶画面とその制御部を含めた画像表示部110、データバス及びアドレスバス等の制御線群111を備えている。 Further, the microcomputer unit 108, the communication unit 109 to interact with an external device image data and the like such as a USB or serial communication, the image display unit 110 including a liquid crystal screen and its control unit, a data bus and an address bus control line group, such as 111 It is equipped with a.

一方、PC102はCPU部115、バス制御を行うバスコントロール部116、メインメモリ部117、HDDや光ディスクなどの記録媒体部118、キーボードやマウスなどの操作部119、ディスプレイとその制御部を含めた画像表示部120を備えている。 On the other hand, the image PC102 a CPU 115, a bus control unit 116 performs bus control, the main memory unit 117, HDD or an optical disc recording medium 118 such as an operation unit 119 such as a keyboard or a mouse, including the display and control unit and a display unit 120. また、USBやシリアル通信などにより、外部機器と通信を行う通信部121、データバス及びアドレスバス等の制御線群122,123、通信用のライン125を有している。 Further, due to USB or serial communication, the communication unit 121 communicates with an external device, data bus and address bus control line group, such as 122 and 123, and a line 125 for communication. なお、本実施の形態では、有線の場合を示しているが、通信部121が無線用通信部であり、無線で両者の通信を行っても良い。 In the present embodiment, the case of a wired communication unit 121 is a wireless communication unit may perform both communicate wirelessly.

そして、このような構成のデジタルカメラ101及びPC102を備えた画像撮像システムにおいて、光学レンズ103を介して撮像センサ部104で撮像された画像データは、まずDSP部105で画像処理される。 In such a configuration of the digital camera 101 and the image capturing system comprising a PC 102, image data captured by the image sensor unit 104 through the optical lens 103 is first image processing by the DSP unit 105. この後、マイコン部108の不図示のファイル管理部により、記録媒体部106にDCF規格に従い格納される。 Thereafter, the file management unit (not shown) of the microcomputer unit 108, is stored in accordance with the DCF standard in the recording medium unit 106. この際、画像データと共に各種撮像データが画像ファイルのヘッダ部に書きこまれる。 At this time, various kinds of imaging data is written in the header part of the image file along with the image data.

図2は、デジタルカメラの規格「DCF」におけるディレクトリ(フォルダ)及びファイルの階層構造を模式的に示している。 Figure 2 is a hierarchical structure of directories (folders) and files shown schematically in the digital camera standard "DCF". 図2において、201はデジタルカメラ101の記録媒体部106におけるルートディレクトリ(ディレクトリ名:root)である。 2, reference numeral 201 denotes a root directory in the recording medium unit 106 of the digital camera 101 (directory name: root) it is. 202は、DCF規格のデータを格納する基本ディレクトリであるDCFイメージルートディレクトリ(ディレクトリ名:Dcim)である。 202, DCF image root directory, which is a basic directory in which to store the data of DCF standard (directory name: Dcim) is.

そして、このDCFイメージルートディレクトリ202の下に画像データを格納するためのDCFディレクトリ(ディレクトリ名:100ABCDE)203及びDCFディレクトリ(ディレクトリ名:101VWXYZ)204が有る。 Then, DCF directory (directory name: 100ABCDE) for storing image data under the DCF image root directory 202 203 and DCF directory (directory name: 101VWXYZ) 204 there. なお、このDCFイメージルートディレクトリ202の下には、DCFディレクトリ以外のディレクトリ(ディレクトリ名:TEMP1)205も存在可能である。 It is to be noted that under the DCF image root directory 202, a directory other than the DCF directory (directory name: TEMP1) 205 may also be present.

ここで、ディレクトリ203においては、file0001. Here, in the directory 203, file0001. jpg〜file005. jpg~file005. jpg、ディレクトリ204においては、file0006. jpg, in the directory 204, file0006. jpg〜file007. jpg~file007. jpgのDCF規格の画像ファイル(=DCFファイル)が存在している。 jpg of DCF standard image file of (= DCF file) exists.

なお、「DCF」規格においては、DCFディレクトリ名は、“100〜999”の3文字の数字+5文字の自由文字の8文字とする命名規則が規定されている。 It should be noted that, in the "DCF" standards, DCF directory name, the naming convention for the eight characters of the 3-digit number +5 free characters of "100 to 999" are defined. また、DCFファイル名は、4文字の自由文字+“0001〜9999”の4文字の数字とする命名規則が規定されている。 In addition, DCF file names, naming convention is defined to be the number four characters of the 4 free characters + "0001 to 9999".

ところで、デジタルカメラ101のマイコン部108は、図1に示すように付属情報読み書き部112、擬似ファイル管理部113、ファイル/パス名変換部114を備えている。 Meanwhile, the microcomputer unit 108 of the digital camera 101 is shipped as shown in FIG. 1 information reading section 112, the pseudo file management unit 113, and a file / path name conversion unit 114.

ここで、付属情報読み書き部112は、記録媒体部106に書き込まれる各種撮像データに加えて、書き込み手段である操作部107等で入力したコメント文を画像ファイルのヘッダ部に付属情報として書きこみを行うものである。 Here, accessory information reading section 112, in addition to various imaging data written in the recording medium unit 106, a write as additional information the comments entered by a writing means operating unit 107 or the like in a header portion of the image file is performed. また、読み出し手段として作用して、コメント文の読み出しを行うものである。 Also, acting as a reading means, and performs reading of the comment.

また、管理手段である擬似ファイル管理部113は、画像ファイルのヘッダ部に書きこまれた各種撮像データとコメント文等の付属情報を用いて実際のファイル名やディレクトリ名とは別の擬似ファイル名、擬似ディレクトリ名を各ファイルに設定するものである。 Further, the pseudo file management unit 113 is a management unit, another pseudo file names and the actual file names and directory names using additional information of various imaging data and comments or the like written in the header part of the image file , it is to set a pseudo-directory name for each file. また、この擬似ファイル管理部113は、擬似ファイル及び擬似ディレクトリ〈フォルダ〉からなる擬似ファイル階層の管理を行うものである。 In addition, this pseudo-file management unit 113 is configured to perform the management of the pseudo-file hierarchy consisting of a pseudo-file and the pseudo-directory <folder>.

さらに、ファイル/パス名変換部114は、画像ファイル(データ)を転送する際に、DCF規格にのっとった実際のファイル名やディレクトリ名を、擬似ファイル管理部113において管理されている擬似ファイル名や擬似ディレクトリ名に変換するものである。 Further, the file / path name conversion unit 114, when transferring the image file (data), the actual file names and directory names consistent with the DCF standard, Ya pseudo file name managed in the pseudo file management unit 113 and converts it into a pseudo-directory name.

そして、この変換手段であるファイル/パス名変換部114により変換された擬似ファイル名や擬似ディレクトリ名は、画像ファイルが通信線125を介してデジタルカメラ101からPC102に転送される際、画像ファイルと共にPC102に転送される。 Then, the pseudo file names and pseudo directory name that has been converted by the file / path name conversion unit 114 is the conversion means, when an image file is transferred from the digital camera 101 to the PC102 via the communication line 125, the image file PC102 is transferred to.

なお、このように転送された画像ファイルはPC102の記録媒体部118に記録され、擬似ファイル名や擬似ディレクトリ名はファイル管理部124で管理される。 The transfer image file thus is recorded in the recording medium unit 118 of the PC 102, the pseudo file names and pseudo directory names are managed by the file management unit 124. これにより、PC102のファイル管理部124で管理される画像ファイルのファイル名と格納されるディレクトリ名は、DCF規格に従ったファイル名/ディレクトリ名ではなく、カメラ側で設定した任意のファイル名/ディレクトリ名にすることが出来る。 Thus, the directory name stored with the file name of the image file managed by the file management unit 124 of the PC102 is not the file name / directory name in accordance with the DCF standard, any file name / directory set in the camera it can be in the name.

図3は、画像ファイルのデータ構造を模式的に示す図であり、図3において、301がSOI(Start of Image)と呼ばれる画像ファイルの始点である。 3, the data structure of the image file is a diagram schematically showing, in FIG. 3, 301 is a start point of an image file called SOI (Start of Image). 302がヘッダ部であり、このヘッダ部302に付属情報読み書き部112によって画像ファイルの付属情報が記録される。 302 is a header, additional information of an image file by an attached information reading section 112 in the header portion 302 is recorded.

303がサムネイル画像部であり、このサムネイル画像部303に画像を一覧するときに参照するための縮小画像が記録される。 303 is a thumbnail image section, a reduced image for reference when a list of images in the thumbnail image 303 is recorded. 304が主画像部であり、本来の画像部分のデータが記録されている部分である。 304 is the main image portion is a portion in which the data of the original image portion is recorded. 305がEOI(End of Image)と呼ばれる画像ファイルの終点である。 305 is the end point of an image file called EOI (End of Image).

なお、ヘッダ部302に格納されている識別データである付属情報としては、メーカー名、モデル名、シリアルNo等の機種情報がある。 As the auxiliary information is identification data stored in the header section 302, the manufacturer name, model name, a model information of the serial No, and the like. また、原画像生成日時、デジタルデータ作成日時、色空間、シャッタスピード、絞り値、EV値、コメント文などの撮影に関する各種付帯情報がある。 Further, the original image generation date and time, the digital data creation date and time, the color space, a shutter speed, aperture, EV value, there is a variety of supplementary information on imaging, such as comments.

そして、ヘッダ部302に格納されている付属情報として、例えば日時情報を用いることにより、擬似ファイル管理部113において日にち別に擬似ディレクトリ名と擬似ファイル名を設定することができる。 Then, as additional information stored in the header portion 302, for example by using the date and time information, it is possible to set a pseudo directory name and the pseudo file names by date in the pseudo file management unit 113. また、ファイル名も日にち情報により、月日+その日の通し番号を付加して設定しなおすようにすれば、機種によらず日にち毎にファイルが整理されるため、後日その日の出来事を追いやすくなる。 In addition, the file name is also date information, if so re-set by adding the serial number of the month and day + that day, because the file is organized every day regardless of the model, it becomes easy to follow the events of the day at a later date.

また、カメラに内蔵された不図示のGPSによる位置情報を用いて、位置別に擬似ディレクトリを分けることもできる。 Further, by using the position information by unillustrated GPS built into the camera, it is also possible to divide the position apart from the pseudo directory. 位置の名前は、予めGPSで得られる座標に対して、場所の名前をカメラ本体に登録しておいたり、登録がない場合は座標に対応する地名をカメラ内部で検索することにより得ることもできる。 The name of the location may against coordinates obtained in advance GPS, or allowed to register the name of the location on the camera body, also when there is no registration is obtained by searching the place name corresponding to the coordinates inside the camera . また、ファイル名は日にち情報により、月日+その日の通し番号を付加して設定しなおすようにすれば、機種によらず場所毎にファイルが整理されるため、位置別の出来事を追いやすくなる。 In addition, the file name is the date information, if so re-set by adding the serial number of the month and day + that day, because the file is organized in each location regardless of the model, it is easy to follow the position-specific events.

図4は、このような位置情報を用いた場合の擬似ディレクトリ、ファイルの階層構造を示す図である。 Figure 4 is a diagram illustrating pseudo directory in the case of using such position information, the hierarchical structure of the file. 図4において、401が擬似的なルートディレクトリであり、この直下に位置毎の擬似的なディレクトリが有る。 4, 401 is a pseudo-root directory, pseudo directory for each position in the immediately below there. 402が“○○幼稚園”、404が“○▽展示場”のディレクトリ名であり、これは座標が予め登録してあった場所名である。 402 "○○ kindergarten", 404 is a directory name of "○ ▽ Exhibition Center", this is a place name that coordinates had been previously registered.

403が“東京都大田区”のディレクトリ名であり、これは予め登録がないため、座標で検索した地名である。 403 is a directory name of "Ota-ku, Tokyo", which is in advance for registration there is no place name you search for coordinates. このように位置毎にファイル402,403,404が分類されて格納されている。 File 402, 403, and 404 are stored is classified according to the way location. またファイル名も日にち情報が付加されるため、例えば同じ位置座標で撮影されたファイルが、同じ擬似ディレクトリに格納されても、日時での区別をファイル名で追うことが可能になっている。 Further, since the file name is also date information is added, the file, for example, taken at the same position coordinates, be stored in the same pseudo-directory, it becomes possible to follow the distinction between date and time the file name.

次に、図5に示すフローチャートを用いて位置情報により擬似ディレクトリ及び擬似ファイル名を設定する処理について説明する。 Next, a process of setting a pseudo directory and pseudo file name is described by the position information with reference to the flowchart shown in FIG.

まず、位置情報による設定ルーチンに入ると、マイコン部108の付属情報読み書き部112により画像ファイルのヘッダ部から位置情報が読み出される(S502)。 First, when entering the setting routine by the position information, the position information from the header portion of the image file is read by the accessory information reading section 112 of the microcomputer 108 (S502). 次に、マイコン部108はGPSによる位置座標に対応した登録済みの場所名があるかを判別し(S503)、登録済みの場所名がある場合には(S503のY)、記録媒体部106(図1参照)に登録済みの場所名のディレクトリが有るかを判別する(S504)。 Next, the microcomputer 108 determines whether there is registered location name corresponding to the position coordinates by GPS (S503), if there is a registered name of place (in S503 Y), the recording medium 106 ( directory of the registered place name or to determine there to see Figure 1) (S504).

そして、記録媒体部に登録済みの場所名のディレクトリが有る場合には(S504のY)、擬似ディレクトリ内に該当ファイルを格納するように擬似ファイル管理部113(図1参照)を設定する(S506)。 Then, when there directory registered location name to the recording medium unit sets the (S504 of Y), the pseudo file management unit 113 to store the corresponding file in the pseudo directory (see Fig. 1) (S506 ). また、記録媒体部に登録済みの場所名のディレクトリが存在しない場合には(S504のN)、場所名ディレクトリを作成する(S505)。 In addition, if the directory of the registered location name to the recording medium part does not exist to create a (S504 of N), place name directory (S505).

そして、この後、擬似ディレクトリ内に該当ファイルを格納するように擬似ファイル管理部を設定し(S506)、該当する擬似ディレクトリにファイルが月日+その日の通し番号により格納する。 Then, after this, it sets the pseudo file management unit to store the relevant files in the pseudo directory (S506), the file to the appropriate pseudo-directory stores the serial number of the month + the day. この結果、格納ディレクトリ内で月日+その日の通し番号で擬似ファイル名が設定される(S511)。 As a result, the pseudo-file name is set in the serial number of the month and day + that day in the store directory (S511).

一方、登録済みの場所名がない場合には(S503のN)、座標に該当する地名の検索を行う(S507)。 On the other hand, if there is no registered location name to search for a place name corresponding to the (S503 of N), the coordinates (S507). 次に、記録媒体部に検索した地名のディレクトリが有るかどうかを調べ(S508)、ある場合には(S508のY)、擬似ディレクトリ内に該当ファイルを格納するように擬似ファイル管理部を設定する。 Next, determine whether a place name of the directory that is searched in the recording medium unit is present (S508), sets the pseudo file management unit to store the relevant files in (S508 of Y), the pseudo directory if there . これにより、該当する擬似ディレクトリにファイルが月日+その日の通し番号により格納される(S510)。 As a result, the file in the appropriate pseudo-directory is stored by the serial number of the month and day + the day (S510).

なお、記録媒体部に検索した地名のディレクトリがない場合には(S508のN)、地名ディレクトリを作成する(S509)。 When there is no place name of the directory that is searched in the recording medium portion is (S508 of N), the create place name directory (S509). そして、この後、擬似(地名)ディレクトリ内に該当ファイルを格納するように擬似ファイル管理部が設定され(S510)、該当する擬似ディレクトリにファイルが月日+その日の通し番号により格納される。 Then, after this, the pseudo pseudo file management unit to store the relevant files to (place name) in the directory is set (S510), the file to the appropriate pseudo-directory is stored by the serial number of the month + the day. この結果、格納ディレクトリ内で月日+その日の通し番号で擬似ファイル名が設定される(S511)。 As a result, the pseudo-file name is set in the serial number of the month and day + that day in the store directory (S511). このようにして、設定ルーチンが終了する。 In this way, the setting routine is finished.

また、ヘッダ部302(図3参照)に記録された2つのコメント文を用いて擬似ディレクトリと擬似ファイル名を設定することもできる。 It is also possible to set a pseudo directory and pseudo file names by using the two comments recorded in the header portion 302 (see FIG. 3). この場合、例えば擬似ディレクトリはコメント1の文字列を用いたディレクトリと、コメント2の文字列を用いたディレクトリの階層構造となる。 In this case, for example, pseudo-directory and directory using a string of comments 1, a hierarchical structure of directories using the string comment 2.

また、ファイル名は日にち情報により、月日+その日の通し番号を付加して設定しなおすようにすれば、ユーザーが自由にディレクトリ名、ファイル名を設定できるため,画像ファイルの整理の自由度が向上する。 In addition, the file name is the date information, if to re-set by adding the serial number of the month + the day, the user is free to the directory name, because you can set the file name, improve the degree of freedom of the arrangement of the image file to.

図6は、2つのコメント文を用いた場合の擬似ディレクトリ、ファイルの階層構造を示す図である。 Figure 6 is a diagram illustrating pseudo directory in the case of using two comment, the hierarchical structure of the file. 図6において、401が擬似的なルートディレクトリであり、この直下にコメント文による擬似的なディレクトリが有る。 6, 401 is a pseudo-root directory, pseudo directory by comment is in the this direct. 602が“運動会”、603が“仕事”のディレクトリ名である。 602 "athletic meet", 603 is a directory name of "work". 604が“玉入れ”、605が“リレー”、606が“セミナー”、607が“展示会”のサブディレクトリ名である。 604 "ball toss", 605 "relay", 606 "seminar", 607 is a sub-directory name of the "exhibition".

ここで、各ファイルはコメント文に従い分類されるが、ファイル名は日にち情報が付加されるため、例えば同じコメントを与えられたファイルが、同じ擬似ディレクトリに格納されても、日時での区別をファイル名で追うことが可能になっている。 Here, each file is classified according to comments, file name because the date information is added, for example, a file that has been given the same comment, be stored in the same pseudo-directory, file a distinction in the date and time it has been possible to follow under the name.

次に、図7に示すフローチャートを用いてコメント文により擬似ディレクトリ及び擬似ファイル名を設定する処理について説明する。 Next, a process of setting a pseudo directory and pseudo file name is described by a comment with reference to the flowchart shown in FIG.

まずコメントによる設定ルーチンに入ると、マイコン部108の付属情報読み書き部112により画像ファイルのヘッダ部からコメント1及びコメント2の文字列が読み出される(S702)。 First, entering the setting routine commented, comment 1 and the string comment 2 are read from the header portion of the image file with associated information reading section 112 of the microcomputer 108 (S702). 次に、マイコン部108は、コメント1のフィールドに文字列があるかを判別し(S703)、コメント1があれば(S703のY)、記録媒体部にコメント1の文字列名のディレクトリがあるか判別する(S704)。 Next, the microcomputer 108 determines whether there is a character string in a field Comment 1 (S703), if there is a comment 1 (S703 of Y), there are comments 1 string name directory in the recording medium unit or it is determined (S704).

そして、記録媒体部にコメント1の文字列名のディレクトリがあれば(S704のY)、コメント1の名の擬似ディレクトリ内に該当ファイルもしくは擬似サブディレクトリを格納するように擬似ファイル管理部を設定する(S706)。 Then, if the recording medium portion of the comment 1 string name directory (S704 of Y), the set of pseudo-file management unit to store the corresponding file or pseudo subdirectory in the pseudo directory comments 1 name (S706). また、記録媒体部にコメント1の文字列名のディレクトリがなければ(S704のN)、コメント1の名のディレクトリを作成する(S705)。 In addition, if there is no directory of the string name of the comment 1 in the recording medium part (S704 of N), to create a directory of the name of the comment 1 (S705). この後、擬似ディレクトリ内に該当ファイルもしくは擬似サブディレクトリを格納するように擬似ファイル管理部を設定する(S706)。 Thereafter, it sets the pseudo file management unit to store the corresponding file or pseudo subdirectory in the pseudo directory (S706).

次に、コメント2のフィールドに文字列があるかを判別し(S707)、あれば(S707のY)、記録媒体部にコメント2の文字列名のディレクトリが有るかを調べる(S708)。 Next, to determine whether there is a character string in a field comment 2 (S707), if any (S707 of Y), checks whether the directory string name comment 2 in the recording medium unit is present (S 708). そして、記録媒体部にコメント2の文字列名のディレクトリが存在すれば(S708のY)、コメント2の名の擬似ディレクトリ内に該当ファイルもしくは擬似サブディレクトリを格納するように擬似ファイル管理部を設定する(S710)。 Then, if there is a directory of the comment 2 string name in the recording medium unit (S 708 of Y), sets the pseudo file management unit to store the corresponding file or pseudo subdirectory in the pseudo directory comment 2 Name to (S710).

また、ない場合は(S708のN)、コメント2の名のディレクトリを作成し(S709)、この後、このコメント2の名の擬似ディレクトリ内に該当ファイルもしくは擬似サブディレクトリを格納するように擬似ファイル管理部を設定する(S710)。 In addition, if there is no (S708 of N), create a directory of Comments 2 name (S709), the pseudo-file like this after, to store the corresponding file or pseudo sub-directory in the pseudo-directory of this comment 2 name setting the management unit (S710). この結果、該当するディレクトリにファイルが月日+その日の通し番号により格納され、格納ディレクトリ内で月日+その日の通し番号で擬似ファイル名が設定される(S713)。 As a result, the file in the appropriate directory is stored by the serial number of the month + the day, pseudo file name is set in the serial number of the month + the day in the storage directory (S713).

一方、コメント1がなければ(S703のN)、次に、コメント2のフィールドに文字列があるかを判別し(S711)、あれば(S711のY)、既述したS708以下の処理を行う。 On the other hand, if there is no comment 1 (S703 in N), then, to determine whether there is a character string in a field comment 2 (S711), (Y of S711) If, perform above the S708 following processes .

コメント2がなければ(S711のN)、ファイルの格納ディレクトリを擬似rootディレクトリに設定し(S712)、この後、格納ディレクトリ内で月日+その日の通し番号で擬似ファイル名が設定される(S713)。 If there is no comment 2 (S711 of N), set the storage directory of the file to the pseudo root directory (S712), after this, the pseudo-file name is set in the serial number of the month and day + that day in the store directory (S713) . このようにして、設定ルーチンが終了する。 In this way, the setting routine is finished.

なお、コメント文は、図1に示すカメラ101の操作部107に設けられた不図示の操作キーやキーボードを用いて作成しても良いし、例えば携帯電話の文字入力手段で作成して、携帯電話の通信手段からデジタルカメラにコメント文を通信しても良い。 Note that comments may be prepared using the operation keys or keyboard (not shown) provided on the operation unit 107 of the camera 101 shown in FIG. 1, for example, created in the mobile phone character input means, the portable it may communicate the comments from the communication means of the telephone to a digital camera. また、予めPCなどで作成しておくのも良い。 It is also possible to previously created PC or the like.

また、コメント文の画像ファイルへの書きこみは、撮影前に書きこむコメント文を入力、あるいは予め用意されたコメント文の候補の中から選択するようにしていも良い。 Also, write to the image file of the comment may have to choose a comment to write before taking input, or from among the candidates of the pre-prepared comments. さらに、撮影後にコメント文を入力、あるいは予め用意されたコメント文の候補の中から選択して画像ファイルのヘッダ部に追記しても良い。 Further, the comment input, or it may be appended to the header portion of the image file selected from among previously prepared comment sentence candidates after shooting.

次に、図8を用いて図1に示す画像表示部110に表示されるディレクトリを含む擬似パス、ファイル名及び選択操作を説明する。 Next, the pseudo path containing the directory displayed on the image display unit 110 shown in FIG. 1, the file name and selecting operation will be described with reference to FIG. なお、図8の(a)は画像表示部110に表示されるディレクトリを含む擬似パス及びファイル名等を示す図であり、図8の(b)は操作部107の一部を示す図である。 Incidentally, (a) in FIG. 8 is a diagram showing a pseudo path and file name or the like including a directory displayed on the image display unit 110, (b) in FIG. 8 is a diagram showing a part of the operation unit 107 . また、図8において、801は画面、821は操作部107の一部を示している。 Further, in FIG. 8, 801 screen, 821 denotes a part of the operation unit 107.

ここで、画面801は、大きく分けて4つの表示領域802〜805に分割されている。 Here, screen 801 is divided into four display regions 802 to 805 roughly. 第1表示領域802は、“ディレクトリ選択”モード、“ファイル選択”モード、“擬似表示切り替え”モードのいずれのモードが現在選択されているかを表示する領域である。 The first display area 802, "directory selection" mode, "file selection" mode, either mode of "pseudo display switching" mode is a region for displaying whether the currently selected. また、この第1表示領域802は、現在選択中の擬似ファイル名と、そのファイルがどの階層にあるかを示すパス名を表示する領域である。 Further, the first display area 802 is an area that displays the current pseudo file name selected, a path name indicating the one file in which hierarchy.

なお、図8においては、“ディレクトリ選択”モードが選択され、現在は“root/運動会”というパスが選択されている。 In FIG. 8, "directory selection" mode is selected, are passed as current "root / athletic meet" is selected. また、この第1表示領域802には、操作キー821の操作を補助する表示808〜811も表示される。 Further, this first display area 802, display 808 to 811 to assist the operation of the operation key 821 is also displayed. 例えば、808に示す表示を、他の方向を示す809〜811に示す表示と異なる表示として、左側の選択項目は選択できないことを知らせたりする。 For example, the display shown in 808, as a display different from the display shown in 809 to 811 showing the other directions, the left selection item or inform can not be selected.

第2表示領域803は、図6で示したディレクトリの階層構造を表示している。 The second display area 803 is displaying the directory hierarchy shown in FIG. なお、図8においては、上下方向に擬似ルートディレクトリ812と、ディレクトリ813と、さらにその下の階層のディレクトリ815,816が階層表示されている。 In FIG. 8, a pseudo root directory 812 in the vertical direction, a directory 813, more directories 815 and 816 of the lower hierarchy are displayed hierarchically. また、横方向には、同じ階層のディレクトリ814及びその下の階層のディレクトリ817,818が階層表示されている。 Further, in the lateral direction, the directory 814 and the directory 817 and 818 of the lower level of the same hierarchy are displayed hierarchically.

そして、ディレクトリ813〜818には、コメント文に示された文字列を参照したディレクトリ名が表示されている。 Then, in the directory 813 to 818, the directory name is displayed with reference to the string that has been shown to comment. ここでは、root/運動会というパスが選択されているため、ディレクトリ813の表示が他のディレクトリ814〜818とは異なって表示されている。 In this case, because the path that the root / athletic meet is selected, the display of directory 813 is displayed different from the other directory 814-818.

第3表示領域804は、ディレクトリ813であるroot/運動会ディレクトリから下の階層にかけて含まれる擬似ファイル名を一覧表示する表示領域である。 The third display area 804 is a display area for displaying a list of pseudo file name to be included over the hierarchy of the lower from root / athletic meet directory is a directory 813. なお、819は現在選択されているファイルを示すマーカー表示であり、820は一覧表示されたファイル名である。 In addition, 819 is a marker display that shows the currently selected file, 820 is a file name that is displayed in a list.

従来、ディレクトリ下のファイル名を一覧すると、選択されたディレクトリ直下のファイル名は表示されたが、サブディレクトリの中のファイルは一覧できずサブディレクトリ名しか見れなかった。 Traditionally, when you list the file name under the directory, the file name directly below the selected directory is displayed, the file in the subdirectory did not look at only the sub-directory name can not be a list. しかし、本実施の形態のように、擬似ディレクトリ名で表される共通項目(ここでは運動会の画像)に関わる画像を同じ選択項目に入れることで、閲覧性を向上させることができる。 However, as in this embodiment (here athletic meet image) common items represented by the pseudo-directory name by putting images relating to the same selection, thereby improving the viewability. また、デジタルカメラ101の操作手順を減らす効果がある。 Moreover, the effect of reducing the operation procedure of the digital camera 101.

第4表示領域805は、現在選択しているパス名“root/運動会/6_4_0002.jpg”であらわされる擬似ファイル名の縮小画像を表示する領域である。 The fourth display area 805 is an area for displaying the reduced image of the pseudo file name represented by the currently selected path names "root / athletic meet /6_4_0002.jpg".

一方、操作キー821は、左右上下の選択ボタン822〜825、決定ボタン826、階層表示の中で所望のディレクトリを選択する“ディレクトリ選択”モードに移行するためのディレクトリ選択ボタン827を備えている。 On the other hand, operation keys 821, the left and right upper and lower selection buttons 822 to 825, decision button 826, selects a desired directory in the hierarchy view and a directory selection button 827 for moving to the "directory selection" mode. また、操作キー821は、擬似ファイル名をどの情報に基づき設定するかを切り替えるときの”擬似表示切り替え”モードに移行するための擬似表示切り替えボタン828である。 In addition, the operation key 821 is a pseudo display switching button 828 for moving to the "pseudo display switching" mode when switching whether to set based on the pseudo file name to any information.

なお、ディレクトリ選択ボタン827、擬似表示切り替えボタン828のいずれもが選択されていない場合がある。 In addition, there is a case in which directory selection button 827, none of the pseudo display switching button 828 is not selected. この場合は、第3表示領域804で一覧表示されたファイル名820のうちいずれのファイルを選択して第4表示領域805に表示するかを選択する“ファイル選択”モードになる。 In this case, the third display region 804 among the file names 820 are listed in selecting whether to display a fourth display region 805 by selecting one of the "file select" mode.

このように、第2表示領域803に擬似ディレクトリの階層構造を表示することにより、従来のディレクトリやファイル名ではできなかった、デジタルカメラ本体での効率的な画像分類が可能となる。 Thus, by the second display region 803 displaying a hierarchical structure of a pseudo directory was not possible with conventional directory or file name, it is possible to efficiently image classification of the digital camera body. これにより、撮影時や画像確認時に撮影した画像の確認がすばやく可能になると共に、今まで必要であった画像の整理やディレクトリ(フォルダ)名やファイル名の変更が不要になるなどユーザーの使い勝手が向上する。 As a result, along with the confirmation of the captured image at the time and the image confirmation shooting is possible quickly, the user experience, such as organizing and change the directory (folder) names or file name of the image was required until now is no longer needed improves.

また、階層表示と同時に、第3表示領域804においてディレクトリ内のファイル一覧を表示すると共に、第4表示領域805において選択画像の縮小表示を行うことにより、擬似ディレクトリ、擬似ファイル名表示機能の効率的な操作が可能となる。 Also, the hierarchical display at the same time, displays the list of files in the directory in the third display area 804, by performing the thumbnail of the selected image in the fourth display area 805, a pseudo directory, efficient pseudo file name display function Do operation becomes possible. さらに、階層構造のユーザーの理解のしやすさを補助することが出来る。 Furthermore, it is possible to assist the ease of user's understanding of the hierarchical structure.

次に、図9に示すフローチャートを用いて擬似表示切り替えボタン828により、擬似ファイル名を切り替えるときの処理について説明する。 Next, the pseudo display switching button 828 by using a flowchart shown in FIG. 9 describes the processing when switching the pseudo file name.

擬似表示切り替えボタン828を押し下げることにより擬似表示切り替えルーチンに入ると、まず、変数nが+1され、n=n+1となる(S902)。 Upon entering the pseudo display switching routine by depressing the pseudo display switching button 828, first, variable n is incremented by one, and n = n + 1 (S902). そして、このように+1された変数nが5より大きいかが判断され(S903)、5より小さい場合は(S903のN)、変数nの値にしたがって、擬似ファイル名を画像ファイルのヘッダ内のどの情報に基づき設定するかが切り替えられる。 Then, thus +1 variable n is greater than 5 or not is judged (S903), if 5 is smaller than (S903 of N), according to the value of the variable n, which in the header of the pseudo file name image files or it is switched to set based on the information.

これにより、擬似表示切り替えボタン828を押すたびに擬似表示は“日時情報”→“位置情報”→“コメント(1)”→“コメント(2)”→“擬似表示OFF”→再び“日時情報”→…・と順次切り替えられていく。 As a result, the pseudo display switching pseudo display Each time you press the button 828 "date and time information" → "location information" → "Comments (1)" → "Comments (2)" → "pseudo display OFF" → again "date and time information" → ... it is sequentially switched,. また、5より大きい場合は(S903のY)、変数nは1とされ(S904)、この後、変数1に対応して擬似ファイル名を日時情報に基づいて設定するように切り換えられる。 Also, if greater than 5 (S903 of Y), the variable n is set to 1 (S904), thereafter, it is switched to set based on pseudo file name on the date and time information corresponding to the variable 1. そして、この後、ルーチンが終了する。 Then, after this, the routine is finished.

このように、擬似表示は、擬似表示切り替えボタン828の操作だけで簡単に切り替えられるため、すばやく操作をしたい撮影時などに有効である。 In this way, the pseudo-display, in order to easily switch in only the operation of the pseudo display switching button 828, it is effective, such as during want to quickly operation shooting. なお、これまでは擬似表示の選択を、擬似表示切り替えボタンボタン828を押すたびに切り替えられる方法を説明したが、ボタン828を押すことで擬似表示の方法を選択するメニューを表示して選ぶタイプにしても操作性が良い。 Note that this until the selection of the pseudo display has been described how is switched each time you press a pseudo display switching button button 828, and the type chosen to display a menu for selecting the pseudo display method by pressing the button 828 operability even if the good.

次に、図10に示すフローチャートを用いてファイル名を擬似ディレクトリや擬似ファイル名に変換してPC102に画像データを転送する時のファイル転送処理について説明する。 Next, the file transfer process at the time of transferring the image data file name PC102 is converted to a pseudo directory or pseudo file names will be described with reference to a flowchart shown in FIG. 10.

ファイル転送ルーチンに入ると、擬似ファイル名で転送するかどうかをユーザーが選択する(S1002)。 When you enter the file transfer routine, whether you want to transfer in the pseudo-file name the user selects (S1002). そして、ユーザーが擬似ファイル名での転送を選択した場合(S1002のY)、マイコン部108の付属情報読み書き部112により転送する各画像ファイルのヘッダ部から現在選択されている擬似ファイル名への変換情報を読み出す(S1003)。 The converted user to pseudo file name pseudo if you choose to transfer the file name (S1002 of Y), the currently selected from the header of each image file to be transferred by the attached information reading section 112 of the microcomputer 108 read the information (S1003).

そして、この後、マイコン部108のファイル/パス名変換部114により各画像ファイルのファイル名を変換しながら、PCに画像ファイルを転送する(S1004)。 After this, while converting the file name of each image file by a file / path name conversion unit 114 of the microcomputer 108, it transfers the image file to the PC (S1004). なお、このとき、PC102の記録媒体部には擬似ディレクトリ名のディレクトリも同時に作成されて、転送した画像ファイルを格納する。 At this time, the recording medium of the PC102 is created simultaneously directory pseudo directory name, stores the image file transfer. 一方、擬似ファイル名での転送を選択しない場合は(S1002のN)、従来同様のDCFファイル名により画像転送を行う(S1005)。 On the other hand, if you do not choose to transfer a pseudo file name (S1002 of N), it performs the image transfer by the conventional same DCF file name (S1005). この後、ルーチンを終了する。 After this, the routine is finished.

このように、擬似ファイル名での画像転送を行うことにより、PC102は、画像ファイルをPC側から見るとあたかもデジタルカメラで擬似ファイル名により撮像された画像のように受け取ることができる。 Thus, by performing the image transfer in the pseudo file name, PC 102 is an image file can be received as captured image by the pseudo file name as if the digital camera when viewed from the PC side. しかも、従来のように画像整理をするため、ディレクトリを作成したりファイル名を変更する手間が省ける利点がある。 In addition, since the image organize as in the prior art, there is an advantage that the effort to change the file name to create a directory can be saved.

ここでは、擬似ファイル名の設定及び表示機能をデジタルカメラ側にもたせたが、擬似ファイル名での表示機能はPC側にもたせてもよい。 Here, remembering setting and display function of the pseudo file names in a digital camera, a display function in the pseudo file names may be imparted to the PC side. これにより、転送された画像を扱う画像撮像システム全体で画像の取り扱いの自由度が増加する利点がある。 This advantageously freedom of handling of the image is increased in the entire image capturing system that handles the transferred image.

また、本実施の形態では静止画を扱うデジタルカメラの例を示したが、デジタルビデオなどの動画ファイルを扱う撮像装置でももちろん良い。 Further, in the present embodiment has shown an example of a digital camera that handles a still image, of course good for an imaging apparatus that handles video files, such as digital video. また、本実施の形態では、記録部としてメモリカードを有した撮像装置を例示したが、画像ファイルの記録媒体はメモリカード以外にも、光ディスク、フロッピー(登録商標)ディスク、HDDなどでも良い。 Further, in the present embodiment has illustrated an imaging device having a memory card as a recording unit, the recording medium also in addition to the memory card of the image file, an optical disk, a floppy disk, or the like HDD. さらに、記録部は本体と一体でなくても、通信を介した先のサーバー等の機器にあっても良い。 Further, the recording unit may not be integral with the body, it may be the tip of a server or the like device through the communication.

このように、本実施の形態においては、デジタルカメラなどの撮像装置において、画像ファイルのヘッダ部情報から個別のファイルを認識して擬似的な階層構造を再構成することで、ユーザー操作性や画像の分類性を向上させることができる。 Thus, in the present embodiment, the imaging apparatus such as a digital camera, to reconstruct the pseudo-hierarchical structure from the header portion information of the image file to recognize the individual file, user operability and image it is possible to improve the classification of the.

つまり、画像ファイルに書きこまれた付属情報を用いて画像ファイルを識別して同一識別データファイルに格納すると共に、同一識別データファイル全体を階層的に表示することにより、画像ファイルの検索性や分類の容易性を向上させることができる。 In other words, it stores the same identification data file identifying the image file using the provided information written in the image file, by hierarchically displaying the entire same identification data files, image files searchability and classification it is possible to improve the ease of.

また、撮像時にユーザーに煩雑な操作を要求せずに、擬似的に目的に応じた階層表示を行い、擬似的に画像を整理した環境を提供することができる。 Also, without requiring a complicated operation on the user during image pickup, pseudo perform hierarchical display according to the purpose, it is possible to provide a pseudo-environment that organize images. さらに、転送時にはファイル名をディレクトリ構造と共に付け替えて転送を送るため、転送先では実際に所望の階層構造で整理された画像群が自動的に得られる。 Further, when forwarding the order to send the transfer replaces the file name with the directory structure, automatically obtained actually organized images at a desired hierarchical structure in the destination. これにより、画像撮像システムの操作性が大幅に向上する。 Thus, the operation of the image capturing system is greatly improved.

このように、擬似ファイル名やディレクトリ(フォルダ)名を含む擬似パス名を表示することにより、画像撮像システムの画像データの取り扱い性を向上し、高機能化する効果がある。 Thus, by displaying the pseudo path name including the pseudo file names and directory (folder) name, and improve handling of the image data of the imaging system, the effect of higher functionality.

なお、本実施の形態では、擬似パス名及びファイル名の設定は画像ファイル内の付属情報としてヘッダ部に書き込まれた撮像データやコメント文などの文字列を用いて行ったが、そのほかの構成を用いても良い。 In the present embodiment, setting of the pseudo path name and the file name, but was performed using a character string such as attached information imaging data and comments written in the header portion as in the image file, the other configuration it may also be used. 例えば、画像ファイルとは別に、実ファイル名、実パス名と擬似ファイル名、パス名の対応を記述したファイルを作成して参照することで擬似表示を実現するようにしても良い。 For example, the image file separately from the real file names, actual path name and the pseudo file names may be realized pseudo display by reference to create a file that describes the correspondence between the path name.

次に、このような画像ファイルとは別に、実ファイル名、実パス名と擬似ファイル名、パス名の対応を記述したファイルを作成して参照することで擬似表示を実現するようにした第2の実施の形態について説明する。 Then, apart from such an image file, the actual file name, actual path name and the pseudo file name, the second which is adapted to realize a pseudo display by reference to create a file that describes the correspondence between the path name It is described embodiment.

図11は、本実施の形態に係る画像撮像システムの模式図である。 Figure 11 is a schematic diagram of an image capturing system according to the present embodiment. なお、図11において、既述した図1と同一符号は、同一又は相当部分を示している。 In FIG. 11, the same reference numerals as Figure 1 already described shows the same or corresponding parts.

図11において、1102は対応ファイル作成・参照部、1103は管理手段である擬似ファイル管理部、1104が変換手段であるファイル/パス名変換部である。 11, 1102 corresponding file creation and the reference section, 1103 pseudo file management unit is a management unit, 1104 is a file / path name conversion unit is a conversion unit.

擬似ファイル管理部1103は、各種撮像データや操作部107で入力された文字列のなかから予め設定された情報を用いて、実際のファイル名やディレクトリ名とは別の擬似ファイル名、擬似ディレクトリ名を各ファイルに設定するものである。 Pseudo-file management unit 1103, using preset information from among character strings entered in various imaging data or the operation unit 107, the actual different pseudo file name from the file name or directory name, a pseudo directory name the are those that are to be set for each file.

つまり、擬似ファイル管理部1103は、各種撮像データや、操作部107などで入力した文字列のなかから予め設定された情報を用いて、擬似ファイル名、パス名と実ファイル名、実パス名との対応を記述したファイルを作成するようにしている。 In other words, the pseudo file management unit 1103, and various imaging data, using preset information from among character strings entered in an operation unit 107, pseudo file name, path name and the actual file name, and the actual path name so that to create a describing the correspondence file. そして、このように設定された擬似ファイル及び擬似ディレクトリ〈フォルダ〉からなる擬似ファイル階層の管理を行う。 Then, the management of such a set pseudo-file and pseudo-file hierarchy consisting of a pseudo-directory <folder>.

ファイル/パス名変換部1104は、デジタルカメラ101からPC102に画像データを転送する際、実際のファイル名やディレクトリ名を、擬似ファイル管理部1103において管理されている擬似ファイル名や擬似ディレクトリ名に変換するものである。 File / path name conversion unit 1104 converts, when transferring image data from the digital camera 101 to the PC 102, the actual file name or directory name, the pseudo file names and pseudo directory name that is managed in the pseudo file management section 1103 it is intended to.

そして、このファイル/パス名変換部1104により、PC102に画像ファイルを転送する際、実際のファイル名やディレクトリ名は、擬似ファイル管理部1103において管理されている擬似ファイル名や擬似ディレクトリ名に変換してから転送される。 Then, this file / path name conversion unit 1104, when transferring an image file to PC 102, the actual file name or directory name, converts the pseudo file names and pseudo directory name that is managed in the pseudo file management section 1103 It is transferred from.

これにより、PC102の記録媒体部118に記録されてファイル管理部124で管理される画像ファイルのファイル名と格納されるディレクトリ名は、カメラ側で設定した任意のファイル名/ディレクトリ名にすることが出来る。 Thus, the directory name stored with the file name of the image file managed in the recording on the recording medium unit 118 file management unit 124 of the PC102 is be any file name / directory name set in the camera can. つまり、DCF規格に従ったファイル名/ディレクトリ名ではなく、カメラ側で設定した任意のファイル名/ディレクトリ名にすることが出来る。 In other words, rather than the file name / directory name according to the DCF standard, of any set by the camera-side file name / It can be a directory name.

なお、この擬似ファイル管理部1103により作成した対応ファイルは、図2に示すTEMP1ディレクトリ205のような画像が保存されるDCFディレクトリとは別のディレクトリ内に保存される。 Incidentally, this correspondence file created by the pseudo file management unit 1103, the DCF directory in which the image, such as TEMP1 directory 205 shown in FIG. 2 is stored is stored in a separate directory. また、この対応ファイルは、既述した第1の実施の形態と同じ擬似ファイル名、パス名に対して作成可能であり、その擬似ディレクトリ、ファイルの階層構造も既述した図4と同様の階層構造である。 Also, this correspondence file, the same pseudo file name as that of the first embodiment already described, which can produce for a path name, a hierarchy similar to that of FIG. 4 in which the pseudo directory, even the hierarchical structure of the file already described it is a structure.

そして、この対応ファイルは、本実施の形態において、読み出し手段として機能する対応ファイル作成・参照部1102により読み出されるようになっている。 Then, the corresponding file, in this embodiment, are read out by the corresponding file creation and the reference section 1102 that functions as reading means.

次に、図12及び図13を用いて擬似ファイル名、擬似ディレクトリ名と実ファイル名、実ディレクトリ名との対応表を作成するために、予め設定しておく項目の設定ルーチンについて説明する。 Next, the pseudo file names with reference to FIGS. 12 and 13, the pseudo directory name and the actual file name in order to create a correspondence table between the real directory name, described routine for setting items set in advance.

ここで、図12は、設定時のデジタルカメラの表示部120の表示画面である。 Here, FIG. 12 is a display screen of the digital camera of the display unit 120 of the setting. 図12において、1201は表示画面全体であり、1202が現在の状態を表示する状態表示部である。 12, 1201 is the entire display screen, a status display unit 1202 displays the current status. なお、図12において、状態表示部1202に表示される現在の状態は“擬似フォルダ名選択メニュー”となっている。 In FIG. 12, the current state displayed in the status display portion 1202 has a "pseudo folder name selection menu".

1203は、具体的な項目一覧が表示される項目表示部であり、この項目表示部1203では、日時情報1204、位置情報1205以外に、予め設定されている小学校1206、運動会1207、玉入れ1208、リレー1209の項目が表示されている。 1203 is an item display area which specific item list is displayed in the item display area 1203, time information 1204, in addition to the position information 1205, Elementary School 1206 which is set in advance, athletic meet 1207, ball toss 1208, item of the relay 1209 is displayed. また、展示会1210、セミナー1211、情報1212、発表会1213の項目が表示されている。 In addition, exhibition 1210, seminars 1211, information 1212, item of recital 1213 is displayed. また、1214で示したように追加入力の項目も有り、ここを選択した場合は新規項目を追加作成できる。 Also, there is the item of additional input, as shown in 1214, it can be added to create a new item If you select here.

また、図13は具体的な擬似表示設定処理を示すフローチャートである。 Further, FIG. 13 is a flowchart showing a specific pseudo display setting process. 図13に示すように、操作部の擬似表示設定ボタンが押されて擬似表示設定ルーチンとなると、まず擬似フォルダの設定を行うかどうかをユーザーに確認する(S1302)。 As shown in FIG. 13, when the pseudo display setting button of the operation unit is pushed pseudo display setting routine, first, to determine whether to set the pseudo-folder to the user (S1302).

そして、擬似フォルダの設定を行う場合は(S1302のY)、擬似フォルダ選択メニューを表示する。 Then, (Y of S1302) when setting the pseudo folder, displaying the pseudo-folder selection menu. このとき、設定画面1201に一覧表が表示され、ユーザー入力により(S1303)、この一覧表の中からフォルダ名が選択される(S1304)。 In this case, to display the list to the setting screen 1201, the user input (S1303), the folder name is selected from this list (S1304). なお、このとき、例えば図12においては、1207の“運動会”が選択されている。 At this time, in FIG. 12, for example, 1207 for "athletic meet" is selected.

次に、このようにフォルダ名が選択されると、下の階層にさらに擬似フォルダのサブフォルダの設定を行うかどうかをユーザーに確認する(S1305)。 Next, when the folder name is selected so as to determine whether to set the subfolders further pseudo folders below the hierarchy to a user (S1305). そして、設定を行う場合は(S1305のY)、S1304にもどり、下の階層の擬似フォルダ名をさらに選択メニューから選択する。 Then, when setting is (S1305 of Y), returns to S1304, and further selected from the selection menu pseudo folder name under the hierarchy.

設定しない場合は(S1305のN)、擬似ファイル名を設定するかどうかをユーザーに確認する(S1306)。 If you do not want to set (S1305 of N), asking whether you want to set the pseudo file name to the user (S1306). そして、擬似ファイル名を設定する場合は(S1306のY)、ユーザー入力により(S1307)、一覧表の中からファイル名の作成方法が選択される(S1308)。 Then, to set the pseudo file names (S1306 of Y), the user inputs (S1307), creating a file name is selected from the list (S1308).

例えば、日時情報が選択された場合は、月日+その日の通し番号として作成されることが選択される。 For example, if the date and time information is selected, it is created as a serial number of the month + the day is selected. “玉入れ”が選択された場合は、“玉入れ”+通し番号として作成されることが選択される。 If the "ball toss" is selected, "ball toss" + be created as a serial number is selected.

そして、この後、擬似ディレクトリ名/ファイル名と実ディレクトリ/ファイル名との対応を記述したファイルの作成方法が記録され(S1309)、設定ルーチンが終了する。 And, after this, the pseudo-directory name / file name and how to create a file that describes the correspondence between the actual directory / file name is recorded (S1309), setting routine is finished.

実際の撮像時には、画像ファイルが生成されるときに、この記録された設定の基づき擬似ファイル名も合わせて生成され、擬似ディレクトリ名/ファイル名と実ディレクトリ/ファイル名との対応を記述した対応ファイルが更新、もしくは新規に作成される。 In fact at the time of imaging, when the image file is generated, the pseudo file names based the recorded set is also generated to match, pseudo-directory name / file name and the corresponding file that describes the correspondence between the actual directory / file name There is created update, or a new one.

次に、図14及び図15に、図1に示した画像表示部110に表示されるディレクトリを含む擬似パス及びファイル名の表示例を示す。 Next, FIG. 14 and FIG. 15 shows a display example of the pseudo path and file name that contains the directory displayed on the image display unit 110 shown in FIG.

ここで、画像表示部110の画面1401は、大きく分けて10の表示領域1402〜1411に分割されている。 Here, the screen 1401 of the image display unit 110 is divided into display areas 1402 to 1411 of roughly 10.

第1表示領域1402は、現在“ディレクトリ選択”モード、“ファイル選択”モード、“擬似表示切り替え”モードのいずれのモードが選択されているかと、現在選択中の擬似ファイル名とそのファイルがどの階層にあるかを示すパス名の表示領域である。 The first display area 1402, the current "directory selection" mode, "file selection" mode, with any of the mode of "pseudo display switching" mode has been selected, the pseudo-file name and the file is any hierarchy of the currently selected is a display area of ​​the path name that indicates whether there is in.

なお、図14においては、“ファイル選択”モードが選択され、現在は1406のファイルが選択されている。 In FIG. 14, "file selection" mode is selected, the current is 1406 files are selected.

第2〜第10表示領域1403〜1411が、ディレクトリroot/運動会ディレクトリから下の階層にかけて含まれる擬似ファイル名の画像データの縮小画像を一覧表示する表示領域である。 Second to 10 display region 1403 to 1411 is a display area for displaying a list of reduced images of the image data of the pseudo file names included over the hierarchy below the directory root / field day directory. ここでは、該当ファイルが5つのみのため、第2〜第6表示領域1403〜1407に表示がされている。 Here, the corresponding file for only five have been displayed on the second to sixth display region from 1,403 to 1,407. なお、9画像より多い場合は、上下左右にスクロール表示することで、該当するすべてのファイルの表示を行う。 In the case of more than 9 image by scrolling vertically and horizontally, it performs the appropriate display of all files.

一方、図15においては、“ディレクトリ選択”モードが選択され,“root/運動会”ディレクトリから現在は“root/運動会/リレー”ディレクトリに変更されている。 On the other hand, in FIG. 15, "directory selection" mode is selected, the current from the "root / athletic meeting" directory has been changed to "root / athletic meeting / relay" directory.

1503〜1511が、ディレクトリroot/運動会ディレクトリから下の階層にかけて含まれる擬似ファイル名の画像データの縮小画像を一覧表示する表示領域である。 1503-1511 is, a reduced image of the image data of the pseudo file name that is included over the hierarchy below the directory root / athletic meet directory is a display area for displaying a list. ここでは、該当ファイルが3つのみのため、1503〜1505に表示がされている。 Here, since the relevant file is only three, and is displayed on 1503-1505.

本実施の形態のようにすることで、その擬似ディレクトリ名で表される共通項目(ここでは運動会やリレーの画像)に関わる画像を同じ画面上にサムネイル表示することができる。 By as in the present embodiment, the common items represented by the pseudo directory name can be thumbnail display images relating to the same screen (where the image of an athletic meet or relay). これにより、従来のディレクトリやファイル名ではできなかった、デジタルカメラ本体での効率的な画像分類が実現される。 Thus, it was not in the traditional directory and file name, efficient image classification in the digital camera can be realized.

これにより、撮影時や画像確認時に撮影した画像の確認がすばやく可能になると共に、今まで必要であった画像の整理やディレクトリ(フォルダ)名やファイル名の変更が不要になるなどユーザーの使い勝手が向上される。 As a result, along with the confirmation of the captured image at the time and the image confirmation shooting is possible quickly, the user experience, such as organizing and change the directory (folder) names or file name of the image was required until now is no longer needed It is improved.

次に、図16に示すフローチャートを用いてファイル名を図11のカメラ本体で使用していた擬似ディレクトリや擬似ファイル名に変換してPC102に画像データを転送する時のファイル転送処理について説明する。 Next, the file transfer process at the time of transferring the image data file name PC102 is converted to a pseudo directory or pseudo file name used in the camera body 11 will be described with reference to a flowchart shown in FIG. 16.

ファイル転送ルーチンに入ると、擬似ファイル名で転送するかどうかをユーザーが選択する(S1602)。 When you enter the file transfer routine, whether you want to transfer in the pseudo-file name the user selects (S1602). そして、ユーザーが擬似ファイル名での転送を選択した場合(S1602のY)、実パス/ファイル名と擬似パス/ファイル名の対応関係を示したファイルよりファイル名の変換情報が読み出される(S1603)。 Then, the user may have selected to transfer a pseudo file name (S1602 of Y), the conversion information of the real path / file name and the pseudo path / filename correspondence file name from the file which indicates is read (S1603) .

そして、この後、各画像ファイルのファイル名をファイル/パス名変換部1104により変換しながらPCに画像ファイルを転送する(S1604)。 Then, after this, to transfer the image files to the PC while converting the file name of each image file by a file / path name conversion unit 1104 (S1604). また、このとき、PCの記録媒体部には擬似ディレクトリ名のディレクトリも同時に作成されて、転送した画像ファイルを格納する。 At this time, the recording medium of the PC are created simultaneously directory pseudo directory name, stores the image file transfer.

一方、擬似ファイル名での転送を選択しない場合は(S1602のN)、従来同様のDCFファイル名により画像転送を行う(S1605)。 On the other hand, if you do not choose to transfer a pseudo file name (S1602 of N), it performs the image transfer by the conventional same DCF file name (S1605). この後、ルーチンを終了する。 After this, the routine is finished.

このようにして、容易に擬似ファイル名での画像転送を行うことにより、PC102は、PC側から見るとあたかもデジタルカメラで擬似ファイル名により撮像された画像のように受け取ることができる。 In this way, by performing easy image transfer in the pseudo-filename, PC 102 can receive as captured image by the pseudo file name if it were a digital camera when viewed from the PC side. しかも、従来のように画像整理をするため、ディレクトリを作成したりファイル名を変更する手間が省ける利点がある。 In addition, since the image organize as in the prior art, there is an advantage that the effort to change the file name to create a directory can be saved.

ここでは、擬似ファイル名の設定及び表示機能をカメラ側にもたせたが、実パス/ファイル名と擬似パス/ファイル名の対応関係を示したファイルをPC側にも転送して,擬似ファイル名での表示機能をPC側にももたせてもよい。 Here, remembering setting and display function of the pseudo file name on the camera, the real path / file name and file showing the corresponding relationship of the pseudo path / file name to be transferred to the PC side, a pseudo file name the display function may be imparted to the PC side. これにより、転送された画像を扱う画像撮像システム全体で画像の取り扱いの自由度が増加する利点がある。 This advantageously freedom of handling of the image is increased in the entire image capturing system that handles the transferred image.

以上述べたように、本実施の形態においては、自動的に付与される自動識別データである画像ファイル以外のファイルに記録された実際のファイル名あるいはパス名と擬似的なファイル名あるいはパス名との対応関係を記述したファイルを作成及び参照している。 As described above, in this embodiment, the actual file name recorded in other than the image file file or pathname and pseudo file name or path name and be automatically automatic identification data to be applied a file that describes the correspondence have created and see. これにより、画像ファイルの検索性や分類の容易性が向上される。 Thus, ease of searchability and classification of the image files is improved.

また、PCに画像ファイルを転送後、新規ディレクトリ(フォルダ)作成やファイル名の変更などを改めて行う必要が無くなるため、画像データの取り扱いの容易性が向上する。 In addition, after the transfer of the image files on your PC, since it is not necessary to again carry out such as the change of a new directory (folder) to create and file name is lost, the ease of handling of image data can be improved. さらに、この操作も転送時の一連動作のなかで行うため、転送動作にかかるまでに要する時間はほとんどかからず、操作の煩雑さを感じさせないユーザーインターフェースが実現できる。 Furthermore, this operation also for performing among a series operation during transfer, the time required to take the transfer operation does not take little user interface does not feel the complexity of the operation can be realized.

本発明の第1の実施の形態に係る画像撮像システムの模式図。 Schematic view of an image capturing system according to a first embodiment of the present invention. 上記画像撮像システムを構成するデジタルカメラの一般的なディレクトリ/ファイルの階層構造の説明図。 Illustration of a typical hierarchical structure of directories / files of a digital camera constituting the imaging system. 上記デジタルカメラの画像ファイルのデータ構造を模式的に示す図。 Diagram schematically illustrating a data structure of an image file of the digital camera. 上記デジタルカメラの位置情報を用いた場合の擬似ディレクトリ、ファイルの階層構造を示す図。 It shows a pseudo directory hierarchy of the file in the case of using the location information of the digital camera. 上記位置情報により擬似ディレクトリ及び擬似ファイル名を設定する処理を示すフローチャート。 Flowchart illustrating a process of setting a pseudo directory and pseudo file names by the position information. 上記デジタルカメラの2つのコメント文を用いた場合の擬似ディレクトリ、ファイルの階層構造を示す図。 It shows a pseudo directory hierarchy of the file in the case of using the two comments in the digital camera. 上記コメント文により擬似ディレクトリ及び擬似ファイル名を設定する処理を示すフローチャート。 Flow chart showing the process for setting the pseudo-directory and pseudo file name by the above-mentioned comment. 上記デジタルカメラの、(a)は画像表示部に表示されるディレクトリを含む擬似パス及びファイル名等を示す図、(b)は操作部の一部を示す図。 The above digital camera, (a) shows a pseudo path and file name or the like including the directory displayed on the image display unit, (b) is a diagram showing a part of the operation unit. 上記擬似ファイル名を切り替えるとき処理を示すフローチャート。 Flowchart illustrating a process when switching the pseudo file name. 上記デジタルカメラの画像データを、ファイル名を擬似ディレクトリや擬似ファイル名に変換してPCに転送する時のファイル転送処理を示すフローチャート。 Flowchart illustrating a file transfer process at the time of transferring the image data of the digital camera, converts the file name to the pseudo directory or pseudo file name to the PC. 本発明の第2の実施の形態に係る画像撮像システムの模式図。 Schematic view of an image capturing system according to a second embodiment of the present invention. 上記画像撮像システムを構成するデジタルカメラの設定時における表示部の表示を示す図。 It shows the display of the display unit at the time of setting the digital camera constituting the imaging system. 上記デジタルカメラの擬似表示設定処理を示すフローチャート。 Flowchart illustrating a pseudo-display setting process of the digital camera. 上記デジタルカメラの画像表示部に表示されるディレクトリを含む擬似パス及びファイル名の表示例を示す第1の図。 First diagram illustrating a display example of the pseudo path and file name that contains the directory displayed on the image display unit of the digital camera. 上記デジタルカメラの画像表示部に表示されるディレクトリを含む擬似パス及びファイル名の表示例を示す第2の図。 Second diagram illustrating a display example of the pseudo path and file name that contains the directory displayed on the image display unit of the digital camera. 上記デジタルカメラの画像データを、ファイル名を擬似ディレクトリや擬似ファイル名に変換してPCに転送する時のファイル転送処理を示すフローチャート。 Flowchart illustrating a file transfer process at the time of transferring the image data of the digital camera, converts the file name to the pseudo directory or pseudo file name to the PC.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

101 デジタルカメラ102 パーソナルコンピュータ(PC) 101 digital camera 102 personal computer (PC)
107 操作部108 マイコン部110 画像表示部112 付属情報読み書き部113 擬似ファイル管理部114 ファイル/パス名変換部201 ルートディレクトリ302 ヘッダ部801 画面802,803,804,805 表示領域1102 対応ファイル作成・参照部1103 擬似ファイル管理部1104 ファイル/パス名変換部 107 operation unit 108 the microcomputer unit 110 image display unit 112 attached information reading section 113 pseudo-file management unit 114 file / path name conversion unit 201 root directory 302 header 801 screen 802, 803, 804, 805 display area 1102 corresponding file creation and reference part 1103 pseudo-file management unit 1104 file / path name conversion unit

Claims (7)

  1. 画像を撮像する画像撮像装置において、 In image pickup device for capturing an image,
    撮像された画像ファイルに該画像ファイルを識別するための識別データを書き込む書き込み手段と、 And writing means for writing identification data for identifying the image file to the captured image files,
    前記画像ファイルに書きこまれた識別データを読み出す読み出し手段と、 Reading means for reading the identification data written in the image file,
    前記読み出し手段により読み出された識別データに基づいて前記画像ファイルを識別し、該画像ファイルを同一識別データファイルに階層的に格納する管理手段と、 A management unit operable to identify the image files, hierarchically storing the image file in the same identifying data files based on the identification data read by said reading means,
    前記同一識別データファイル名を表示すると共に前記同一識別データファイル全体を階層的に表示する表示部と、を備えたことを特徴とする画像撮像装置。 Imaging apparatus characterized by comprising a display unit for hierarchically displaying the entire identification determination data file and displays the same identification data file name.
  2. 前記表示部に、前記同一識別データファイルに格納された画像ファイル名及び画像を表示することを特徴とする請求項1記載の画像撮像装置。 Wherein the display unit, the image capturing apparatus according to claim 1, wherein the displaying the same identification image file name and the image stored in the data file.
  3. 前記識別データは、前記画像ファイルのヘッダに書きこまれたコメント、日時情報、位置情報、機種情報のいずれか一つのデータであることを特徴とする請求項1又は2記載の画像撮像装置。 The identification data, the image file header write crowded comments, date and time information, position information, the image capturing apparatus according to claim 1 or 2, wherein it is one of the data model information.
  4. 前記画像ファイルに自動的に付与される自動識別データと、前記書き込み手段により書き込まれた識別データとの対応関係を参照するファイルを備えたことを特徴とする請求項1乃至3のいずれか1項に記載の画像撮像装置。 And automatic identification data automatically assigned to the image file, either one of claims 1 to 3, characterized in that with reference to file correspondence between identification data written by said writing means imaging apparatus according to.
  5. 前記画像ファイルを転送する際、前記自動識別データを前記識別データに変換する変換手段を備えたことを特徴とする請求項4記載の画像撮像装置。 When transferring the image files, the image capturing apparatus according to claim 4, further comprising a converting means for converting the automatic identification data to the identification data.
  6. 前記請求項1乃至5のいずれか1項に記載の画像撮像装置と、前記画像撮像装置により撮像した画像ファイルを記録表示する記録表示装置とを備えたことを特徴とする画像撮像システム。 Imaging system wherein the in which the imaging apparatus according to any one of claims 1 to 5, and a recording display device for recording and displaying the image file captured by the imaging apparatus.
  7. 前記記録表示装置に設けられた表示部に前記同一識別データファイル名を表示すると共に前記同一識別データファイル全体を階層的に表示させることを特徴とする請求項6記載の画像撮像システム。 Imaging system according to claim 6, characterized in that hierarchically displays the entire identification determination data file and displays the same identification data file name on the display unit provided in the recording display device.
JP2006346681A 2006-12-22 2006-12-22 Image imaging apparatus and image imaging system Pending JP2008160479A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006346681A JP2008160479A (en) 2006-12-22 2006-12-22 Image imaging apparatus and image imaging system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006346681A JP2008160479A (en) 2006-12-22 2006-12-22 Image imaging apparatus and image imaging system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2008160479A true JP2008160479A (en) 2008-07-10

Family

ID=39660890

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006346681A Pending JP2008160479A (en) 2006-12-22 2006-12-22 Image imaging apparatus and image imaging system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2008160479A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014506431A (en) * 2011-01-05 2014-03-13 ユナイテッド ビデオ プロパティーズ, インコーポレイテッド System and method for navigating through content in the interactive media guidance application

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2014506431A (en) * 2011-01-05 2014-03-13 ユナイテッド ビデオ プロパティーズ, インコーポレイテッド System and method for navigating through content in the interactive media guidance application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6229566B1 (en) Electronic photography system
US7154535B2 (en) Digital camera capable of directly accessing images recorded on another digital camera
JP4380494B2 (en) Content management system and content management method, and computer program
KR100856407B1 (en) Data recording and reproducing apparatus for generating metadata and method therefor
CN100365618C (en) Short film generation/reproduction apparatus and method thereof
US20070220431A1 (en) Data display apparatus, data display method, data display program and graphical user interface
JP4835135B2 (en) An image display device, image display method, and a program
US20020080252A1 (en) Electron camera and method of controlling the same
US6766332B2 (en) Electronic image display device and printing system therefor
CN1691015B (en) Information management apparatus and information management method
JP4143956B2 (en) Image display device and an image management program
EP2367353B1 (en) Image reproducing system
CN100334588C (en) Annotation information generation method and device thereof
CN100462960C (en) Authoring device and authoring method
KR100915854B1 (en) Automated grouping of image and other user data
JP4791288B2 (en) A method and system for linking a digital photo to an electronic document
EP1612680A1 (en) Image accumulation device and program
CN101165689B (en) File management apparatus and method for controlling file management apparatus,
JP3982605B2 (en) Shot image managing apparatus, the photographed image management method and photographed image management program
JPH09128408A (en) Media for interactive recording and reproducing and reproducing device
CN1641617A (en) Media diary application for use with digital device
JP2007181150A (en) Image recording apparatus, image recording method and program
CN1989501A (en) Automated prioritization of user data files
JP2003316524A (en) Recording medium and its program
CN1989480A (en) Content reproduction device and menu screen display method