JP2008080668A - Print tape, tape cassette and tape printer - Google Patents

Print tape, tape cassette and tape printer Download PDF

Info

Publication number
JP2008080668A
JP2008080668A JP2006263681A JP2006263681A JP2008080668A JP 2008080668 A JP2008080668 A JP 2008080668A JP 2006263681 A JP2006263681 A JP 2006263681A JP 2006263681 A JP2006263681 A JP 2006263681A JP 2008080668 A JP2008080668 A JP 2008080668A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
tape
print
printing
surface
substrate
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006263681A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Norie Miyaji
Koushirou Yamaguchi
記枝 宮地
晃志郎 山口
Original Assignee
Brother Ind Ltd
ブラザー工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a print tape which can make tag paper wherein the position of a pressure-sensitive adhesive coincides with the position of print starting, a tape cassette and a tape printer. <P>SOLUTION: The print tape 50 contained in the tape cassette 30 is provided with a pressure-sensitive adhesive part on the rear surface of a tape substrate for every predetermined space. On the other hand, a sensor mark 56 for detecting the position of the print tape 50 is printed on the rear surface of a release sheet for every predetermined space. Furthermore, the distance between the sensor mark 56 and the front end of the pressure-sensitive adhesive part is equal to the distance between a thermal head 10 of the tape printer 1 and a mark detection sensor 21. When the sensor mark 56 is detected by the mark detection sensor 21, the print starting position can be matched to the position of the printing surface corresponding to the front end of the pressure-sensitive adhesive part by starting the printing with the thermal head 10. <P>COPYRIGHT: (C)2008,JPO&INPIT

Description

本発明は、印字テープ、テープカセット及びテープ印字装置に関し、詳細には、付箋紙として利用できる印字テープ、テープカセット及びテープ印字装置に関する。 The present invention, print tape, relates the tape cassette and a tape printer, in particular, the print tape that can be used as a sticky note, relates to a tape cassette and a tape printer.

従来から、長尺状の印字媒体である印字テープの印字面に文字等のキャラクタを印字するテープ印字装置においては、印字テープと、該印字テープに印字を施すためのインクリボンとを、所定形状のカセットケースに収納したテープカセットを印字機構に装着し、テープカセットから供給される印字テープとインクリボンとを重ね合わせた状態でサーマルヘッドを介して文字等の印字を行って文字付テープを作成するように構成されている。 Conventionally, in the tape printing device for printing characters such as characters on the print surface of the print tape is elongated print medium includes a print tape and an ink ribbon for performing printing on the indicia shaped tape, predetermined shape the tape cassette housed in the cassette case is mounted to the printing mechanism, create a character with tape performs printing characters and the like through a thermal head in a state of superposing the print tape and an ink ribbon supplied from the tape cassette It is configured to. このようなテープカセットに収納される印字テープとしては、例えば、貼り付け時の表面に印字面を有するテープ基材を備え、そのテープ基材の裏面に接着剤を介して剥離紙が貼着されている。 Such print tape housed in a tape cassette, for example, comprise a tape substrate having a printing surface to surface during pasting, release paper is adhered via an adhesive to the back surface of the tape base material ing. このような印字テープは所望の長さで切断され、その後、剥離紙を剥がして取り除くことにより、印字されたテープ基材をファイルの背表紙や、その他所望の場所に貼り付けて用いることができる。 Such print tape is cut at the desired length, then, by removing by peeling the release paper, can be used printed tape base material and the back cover of the file, and paste it into other desired location .

ところが、このようなテープ印字装置によって作成される文字付きテープやラベル等は、強力な接着性を有する接着剤を使用しており、恒久的な接着を意図して作成されている。 However, a character with a tape or label or the like created by such tape printer is using an adhesive having a strong adhesive properties, have been created with the intention of permanent adhesive. つまり、付箋紙のように一時的に貼り付けたり、同一のラベルを貼付箇所から剥がして他の箇所に貼り付け直すというような使い方は意図されていない。 In other words, temporary or pasted to as sticky notes, use as that peel off the same label from sticking point again affixed elsewhere is not intended. そこで、任意の文字やマークを印刷して付箋紙を作成することができる印字装置及び印字用連続シート媒体が知られている(例えば、特許文献1参照)。 Therefore, it is known printing apparatus and printing continuous sheet medium can be created sticky note to print any character or mark (e.g., see Patent Document 1). この印字連続シート媒体である付箋紙テープは、基紙と剥離紙とからなり、基紙の裏面には所定間隔で感圧接着剤が予め塗布されている。 The print is a continuous sheet medium sticky tape is composed of a base paper and release paper, a pressure sensitive adhesive at predetermined intervals on the back surface of the base paper is previously applied. 一方、基紙の表面には、前記所定間隔の先端部の位置にマークが予め印刷されている。 On the other hand, the surface of the base paper, mark the position of the distal end portion of the predetermined interval is printed in advance. そして、このような付箋紙テープを収納するテープカセットを、印字装置であるテーププリンタに装着すると、マークのある表面に適宜印字が行われ、上記所定間隔で裁断されることによって剥離紙付きの付箋紙が作成されるようになっている。 Then, the tape cassette containing such a sticky note tape, and attached to the tape printer is printing apparatus, appropriate printing is performed on the surface with a mark, sticky note with release paper by being cut at the predetermined intervals There has been adapted to be created.
特開平10−244710号公報 JP 10-244710 discloses

しかしながら、特許文献1に記載の印字装置では、付箋紙テープにおける感圧接着剤の塗布位置と、印字ヘッドによる印字位置との相関をとる機構を備えていないため、感圧接着剤の塗布位置と、印字の開始位置とがズレてしまうという問題点があった。 However, in the printing apparatus described in Patent Document 1, a coating position of the pressure sensitive adhesive in sticky notes tape, because it does not include a mechanism for correlating the print position by the print head, a coating position of the pressure sensitive adhesive, there is a problem in that the starting position of the print deviate.

本発明は、上述の課題を解決するためになされたものであり、感圧接着剤の位置と、印字の開始位置とが一致した付箋紙を作成できる印字テープ、テープカセット及びテープ印字装置を提供することを目的とする。 The present invention has been made to solve the problems described above, the position of the pressure sensitive adhesive, the printing tape can create sticky note that the starting position of the print matches, provide a tape cassette and a tape printer an object of the present invention is to.

上記目的を達成するために、請求項1に係る発明の印字テープは、テープ印字装置の印字ヘッドによって印字される帯状の基材を備えた印字テープであって、前記基材の、前記印字テープの貼付時における貼付面となる背面側には、前記印字テープの長手方向に所定間隔を空けて設けられた粘着剤からなる部分粘着剤部と、当該部分粘着剤部を介して前記基材の背面側に剥離可能に接着された帯状の剥離紙とが設けられ、前記剥離紙の前記部分粘着剤部に接する面の反対面には、前記印字テープの位置を示すための位置検出用マークが設けられ、当該位置検出用マークは、前記印字テープの位置を検出する前記テープ印字装置の位置検出センサによって検出され、前記位置検出用マークは、前記剥離紙の長手方向に前記所定間隔と同一の間隔 To achieve the above object, a printing tape of the invention according to claim 1 is a printing tape having a strip of base material to be printed by the print head of the tape printer, of the base material, the printing tape of the rear side of the attachment surface at the time of sticking, the longitudinal to the partial adhesive part comprising the pressure-sensitive adhesive which is provided at a predetermined interval of the print tape, the base material via the partial adhesive portion belt-shaped release paper which is releasably adhered to the rear side is provided on the surface opposite to the surface in contact with the portion adhesive portion of the release paper, the position detection marks for indicating the position of the print tape provided, detection mark the position, the detected by the position detecting sensor of the tape printer to detect the position of the print tape, the position detection mark is identical to the predetermined intervals in the longitudinal direction of the release paper interval 設けられ、前記位置検出用マークと前記部分粘着剤部との、前記印字テープの長手方向の距離は、前記位置検出センサと前記印字ヘッドとの距離と同一であることを特徴とする。 Provided, between the position and the detection mark the partial adhesive portion, the longitudinal distance of the printing tape, characterized in that it is identical to the distance between the position detection sensor and the print head.

また、請求項2に係る発明の印字テープは、請求項1に記載の発明の構成に加え、前記基材は、前記印字ヘッドによって印字される印字面を有する透明基材であって、当該透明基材の前記印字面に接着され、前記透明基材の背景となる背景基材を備え、前記背景基材の、前記透明基材に接着される面の反対面に前記部分粘着剤部が設けられ、前記部分粘着剤部は、前記背景基材の長手方向に前記所定間隔を空けて設けられるとともに、前記背景基材の前記反対面には、前記部分粘着剤部を介して前記剥離紙が剥離可能に接着されていることを特徴とする。 Further, the print tape of the invention according to claim 2, in addition to the configuration of the invention according to claim 1, wherein the substrate is a transparent substrate and having a printing surface to be printed by the print head, the transparent is adhered to the printed surface of the substrate, includes a background substrate as a background of the transparent substrate, of the background substrate, the partial pressure-sensitive adhesive portion on the opposite surface of the surface to be bonded is provided on the transparent substrate is, the partial pressure-sensitive adhesive portion, together provided at a predetermined interval in the longitudinal direction of the background substrate, the opposite surface of the background substrate, the release paper via the partial adhesive portion characterized in that it is releasably adhered.

また、請求項3に係る発明の印字テープは、請求項1に記載の発明の構成に加え、前記基材の、前記印字テープの貼付時における表面には、前記印字ヘッドによって印字される印字面が設けられ、前記基材の前記反対面には、前記部分粘着剤部が前記基材の長手方向に前記所定間隔を空けて設けられると共に、前記部分粘着剤部を介して前記剥離紙が剥離可能に接着されていることを特徴とする。 Further, the print tape of the invention according to claim 3, in addition to the configuration of the invention according to claim 1, of the substrate, on the surface at the time of sticking of the printing tape, the printing surface to be printed by said print head is provided on the opposite surface of the substrate, with the partial adhesive portion is provided at a predetermined interval in the longitudinal direction of the base material, the release paper via the partial adhesive portion is peeled off It can be bonded to, wherein the are.

また、請求項4に係る発明の印字テープは、請求項1乃至3の何れかに記載の発明の構成に加え、前記部分粘着剤部は、感圧接着剤からなり、剥離接着が繰り返し可能である。 Further, the print tape of the invention according to claim 4, in addition to the configuration of the invention according to any one of claims 1 to 3, wherein the partial pressure-sensitive adhesive portion is made pressure sensitive adhesive, the peel adhesion is repeatable is there.

また、請求項5に係る発明のテープカセットは、請求項1乃至4の何れかに記載の印字テープを収容する。 The tape cassette of the invention according to claim 5, for accommodating the print tape according to any one of claims 1 to 4.

また、請求項6に係る発明のテープカセットは、請求項5に記載の発明の構成に加え、前記印字テープの前記基材の表面又は背面に当接すると共に、前記テープ印字装置の前記印字ヘッドに圧接されて前記基材に印字を施すインクリボンを備えている。 The tape cassette of the invention according to claim 6, in addition to the configuration of the invention according to claim 5, abuts against the surface or back surface of the base material of the print tape, the print head of the tape printing device It is pressed and a ink ribbon for performing printing to the substrate.

また、請求項7に係る発明のテープカセットは、請求項5又は6に記載の発明の構成に加え、前記背景基材の一面には粘着剤が設けられ、前記印字ヘッドによる印字処理がなされた前記透明基材の前記印字面に対して、前記背景基材の前記一面が前記粘着剤を介して接着されることによって、請求項2に記載の印字テープが形成される。 The tape cassette of the invention according to claim 7, in addition to the configuration of the invention according to claim 5 or 6, the pressure-sensitive adhesive is provided on one surface of the background substrate, printing processing by the printing head is made relative to the printing surface of the transparent substrate, the one surface of the background substrate by being adhered via the adhesive, the printing tape according to claim 2 is formed.

また、請求項8に係る発明のテープ印字装置は、前記印字ヘッドと、前記位置検出センサと、請求項5乃至7の何れかに記載のテープカセットを着脱可能に装着するカセット装着部と、当該カセット装着部に装着された前記テープカセットから供給された前記印字テープを外部に排出するテープ排出口と、前記テープカセットから前記テープ排出口に前記印字テープが搬送される搬送路に設けられ、前記印字テープを切断する切断手段とを備え、前記切断手段は、前記印字テープの搬送方向における前記部分粘着剤部の前端部を切断する。 Further, the tape printer of the invention according to claim 8, and the printing head, and the position detection sensor, a cassette mounting portion for detachably mounting a tape cassette according to any one of claims 5 to 7, the and a tape discharge port for discharging the printing tape fed from the mounted tape cassette in the cassette housing portion to the outside, the print tape to the tape exit from the tape cassette is provided in the transfer path to be conveyed, the and a cutting means for cutting the printing tape, the cutting means cuts the front end portion of the partial adhesive portion in the transport direction of the print tape.

また、請求項9に係る発明のテープ印字装置は、請求項8に記載の発明の構成に加え、前記搬送路に設けられ、前記印字テープの前記剥離紙のみを残しカットするハーフカット手段を備え、複数の前記印字テープを形成する場合、前記ハーフカット手段が、前記印字テープの搬送方向における前記部分粘着剤部の前端部をハーフカットする。 The tape printing device of the invention according to claim 9, in addition to the configuration of the invention according to claim 8, provided in the conveying path, provided with a half cut unit for cutting leaving only the release paper of the printing tape , when forming a plurality of said printing tape, the half-cut unit, is half-cut the front end portion of the partial adhesive portion in the transport direction of the print tape.

請求項1に係る発明の印字テープでは、印字テープの背面側には、所定間隔を空けて設けられた部分粘着剤部を介して剥離紙が接着されているので、その印字テープを所定間隔毎に切断することによって所定間隔の長さの付箋紙を作成できる。 The print tape according to the invention of claim 1, the back side of the printing tape, since the release paper via the partial adhesive portion provided at a predetermined interval are bonded, a predetermined interval the print tape You can create sticky note length of the predetermined interval by cutting. さらに、位置検出用マークと部分粘着剤部との距離が、位置検出センサと印字ヘッドとの距離と同一であるので、位置検出センサが位置検出用マークを検出したときに、部分粘着剤部の位置に相当する基材の表面の位置に印字ヘッドが相対する。 Furthermore, the distance between the position detecting mark and the partial adhesive portion, are the same as the distance between the print head and the position detection sensor, when the position detection sensor detects the mark for position detection portion adhesive portion of printhead relative to the position of the surface of the substrate corresponding to the position. これにより、部分粘着剤部の位置と、印字の開始位置とが一致した付箋紙を作成できる。 This allows creation and position of a partial adhesive portion, a sticky note that the starting position of the print is matched.

また、請求項2に係る発明の印字テープは、請求項1に記載の発明の効果に加え、透明基材の印字面に背景基材が接着されているので印字面が汚れない。 Further, the print tape of the invention according to claim 2, in addition to the effect of the invention according to claim 1, the printing surface is not dirty because the background substrate with the printed surface of the transparent substrate is bonded. さらに、背景基材における透明基材の印字面に接着される面の反対面には、所定間隔を空けて設けられた部分粘着剤部を介して剥離紙が剥離可能に接着されている。 Further, the surface opposite to the surface to be bonded to the printed surface of the transparent substrate in the background substrate, release paper is adhered peelably via a partial adhesive portion provided at predetermined intervals. これにより、その印字テープを所定間隔毎に切断することによって、所謂ラミネートタイプの付箋紙を作成できる。 Thus, by cutting the printed tape at predetermined intervals, it can create so-called laminate type sticky notes.

また、請求項3に係る発明の印字テープは、請求項1に記載の発明の効果に加え、基材の表面に印字面を備え、該印字面が印字ヘッドで印字される。 Further, the print tape of the invention according to claim 3, in addition to the effect of the invention according to claim 1, comprising a printed surface on a surface of the substrate, indicia typeface is printed by the print head. さらに、基材の反対面には、所定間隔を空けて設けられた部分粘着剤部を介して剥離紙が剥離可能に接着されている。 Furthermore, on the opposite side of the substrate, release paper through a partial adhesive portion provided at a predetermined interval is adhered peelably. これにより、その印字テープを所定間隔毎に切断することによって、所謂レセプタータイプの付箋紙を作成できる。 Thus, by cutting the printed tape at predetermined intervals, it can create sticky note so-called receptor type.

また、請求項4に係る発明の印字テープは、請求項1乃至3の何れかに記載の発明の効果に加え、部分粘着剤部は感圧接着剤からなるので、剥離接着が繰り返し可能である。 Further, the print tape of the invention according to claim 4, in addition to the effect of the invention according to any one of claims 1 to 3, partial adhesive portion since the pressure sensitive adhesive can be repeated peeling adhesive .

また、請求項5に係る発明のテープカセットは、請求項1乃至4の何れかに記載の印字テープを収容するので、位置検出用マークと粘着剤との距離が、位置検出センサと印字ヘッドとの距離と同一である印字テープをテープ印字装置に供給することができる。 The tape cassette of the invention according to claim 5, since the housing a print tape according to any one of claims 1 to 4, a position detection mark distance between the adhesive, the position detection sensor and the print head the print tape is the same as the distance can be supplied to the tape printing apparatus.

また、請求項6に係る発明のテープカセットは、請求項5に記載の発明の効果に加え、インクリボンを備えているので、該インクリボンが印字テープの基材の表面又は背面に当接すると共に、テープ印字装置の印字ヘッドに圧接されることによって、基材に印字を施すことができる。 The tape cassette of the invention according to claim 6, in addition to the effect of the invention of claim 5 is provided with the ink ribbon, together with the ink ribbon comes into contact with the surface or back of the print tape base material , by being pressed against the print head of the tape printer can be subjected to a printing to the substrate.

また、請求項7に係る発明のテープカセットは、請求項5又は6に記載の発明の効果に加え、印字ヘッドによる印字処理がなされた透明基材の印字面に対して、背景基材の一面が粘着剤を介して接着される。 The tape cassette of the invention according to claim 7, in addition to the effect of the invention according to claim 5 or 6, with respect to the print surface of the transparent substrate to print processing by the print head is made, one surface of the background substrate There is adhered through an adhesive. これにより、印字後の印字面が汚れないラミネートタイプの印字テープを形成することができる。 This makes it possible to form a laminate type print tape printed surface after printing is not dirty.

また、請求項8に係る発明のテープ印字装置は、カセット装着部に装着されたテープカセットから印字テープが供給され、印字後にテープ排出口から外部に排出される。 The tape printing device of the invention according to claim 8 is supplied with the print tape from a tape cassette loaded in the cassette housing portion, and is discharged to the outside from the tape discharge port after printing. そして、印字テープが搬送される搬送路に設けられた切断手段によって切断される。 Then, it is cut by cutting means printing tape is provided in the transport path to be transported. これにより、所望の付箋紙を作成することができる。 This makes it possible to create the desired sticky note. さらに、切断手段は、印字テープの搬送方向における部分粘着剤部の前端部を切断するので、部分粘着剤が常に先頭に位置する付箋紙を作成することができる。 Further, the cutting means, since cutting the front end portion adhesive portion in the transport direction of the print tape can be created sticky note that part adhesive is always located at the head.

また、請求項9に係る発明のテープ印字装置は、請求項8に記載の発明の効果に加え、印字テープは、ハーフカット手段によって剥離紙のみを残してカットされる。 The tape printing device of the invention according to claim 9, in addition to the effect of the invention according to claim 8, the print tape is cut, leaving only the separation sheet by the half-cut unit. さらに、ハーフカット手段は、印字テープの部分粘着剤部の前端部をハーフカットする。 Furthermore, the half-cut means half-cut the front end portion adhesive portion of the print tape. これにより、剥離紙上に複数の付箋紙が貼り付いた印字テープを作成できる。 This allows to create a print tape in which a plurality of sticky notes are stuck to the release paper.

以下、本発明の第1の実施形態であるテープ印字装置1について、図1乃至図13を参照して説明する。 Hereinafter, a tape printing apparatus 1 according to a first embodiment of the present invention will be described with reference to FIGS. 1 to 13. 図1は、テープ印字装置1の斜視図であり、図2は、テープカセット30をテープ印字装置1に装着した状態を示す平面図であり、図3は、テープ印字装置1の電気的構成を示すブロック図であり、図4は、テープカセット30の内部構造を示した平面図であり、図5は、印字テープ50の縦断面図であり、図6は、印字テープ50の剥離紙52側から見た平面図であり、図7は、サーマルヘッド10付近における印字テープ50及びインクリボン60の搬送状態を示す説明図であり、図8は、付箋紙55のテープ基材51側から見た平面図であり、図9は、CPU71による印字制御動作を示すフローチャート(1枚の付箋紙55を作成する場合)であり、図10は、CPU71による印字制御動作を示すフローチャート(複数枚の付箋紙 Figure 1 is a perspective view of the tape printer 1, FIG. 2 is a plan view showing a state of mounting the tape cassette 30 in the tape printer 1, FIG. 3, an electrical configuration of the tape printer 1 is a block diagram illustrating, FIG. 4 is a plan view showing an internal structure of the tape cassette 30, FIG. 5 is a longitudinal sectional view of the print tape 50, FIG. 6, the release paper 52 side of the print tape 50 is a plan view seen from FIG. 7 is an explanatory diagram showing a transfer state of the print tape 50 and the ink ribbon 60 in the thermal head 10 near and 8, viewed from the tape base material 51 side of the sticky note 55 is a plan view, FIG. 9 is a flowchart showing the print control operation by the CPU 71 (when creating a sheet of sticky notes 55), FIG. 10 is a flowchart showing a print control operation by the CPU 71 (a plurality of sticky notes 5を作成する場合)であり、図11は、図10の続きを示すフローチャートであり、図12は、複数の付箋紙55が剥離紙52に貼り付いた状態を示す平面図であり、図13は、複数の付箋紙55が剥離紙52に貼り付いた状態を示す縦断面図である。 5 is a case of creating), FIG. 11 is a flowchart showing the continuation of FIG. 10, FIG. 12 is a plan view showing a state in which a plurality of sticky notes 55 stuck to the release paper 52, 13 is a longitudinal sectional view showing a state in which a plurality of sticky notes 55 stuck to the release paper 52. また、図2の下側をテープ印字装置1の前側とし、上側をテープ印字装置1の後ろ側とし、右側をテープ印字装置1の右側とし、左側をテープ印字装置1の左側とする。 Further, the lower side in FIG. 2 and the front side of the tape printer 1, the upper and rear side of the tape printer 1, the right side and the right side of the tape printer 1, the left side and the left side of the tape printer 1. さらに、図4の下側をテープカセット30の前側とし、上側をテープカセット30の後ろ側とし、右側をテープカセット30の右側とし、左側をテープカセット30の左側とする。 Further, the lower side of FIG. 4 and the front of the tape cassette 30, the upper and rear side of the tape cassette 30, a right side and the right side of the tape cassette 30, the left side and the left side of the tape cassette 30.

なお、第1の実施形態であるテープ印字装置1は、非感熱式のレセプタータイプである印字テープ50を収納するテープカセット30を用いて、図8に示す印字済みの付箋紙55を作成できるものである。 Incidentally, the tape printing apparatus 1 according to the first embodiment, by using the tape cassette 30 for accommodating the print tape 50 is a receptor type of non-thermal, which can create the printed sticky note 55 illustrated in FIG. 8 it is.

はじめに、テープ印字装置1の概略構成について説明する。 First, the outline configuration of the tape printer 1. 図1に示すように、テープ印字装置1は、平面視長方形状の本体カバー2を備え、該本体カバー2の前側には、文字、記号及び数字等の文字キーや、種々の機能キー等を含むキーボード3が配設されている。 As shown in FIG. 1, the tape printer 1 is provided with a rectangular shape in a planar view body cover 2, the front side of the body cover 2, characters, and character keys, such as symbols and figures, various function keys, etc. keyboard 3 containing is disposed. そして、そのキーボード3の後ろ側には、入力した文字や記号を表示可能な液晶ディスプレイ5が設けられ、該液晶ディスプレイ5の後ろ側には、テープカセット30の交換時に開閉される蓋状のカセットカバー6が設けられている。 Then, on the rear side of the keyboard 3, the liquid crystal display 5 capable of displaying provided the input characters, the back side of the liquid crystal display 5, a lid-shaped cassette is opened and closed when replacing the tape cassette 30 cover 6 is provided. さらに、そのカセットカバー6に対応する本体カバー2の内部には、テープカセット30を着脱可能に装着するカセット装着部8(図2参照)が設けられている。 Furthermore, inside the body cover 2 corresponding to the cassette cover 6, the cassette housing portion 8 for detachably mounting the tape cassette 30 (see FIG. 2) is provided. そして、そのカセット装着部8には、テープカセット30から印字テープ50を引き出して搬送する搬送機構や、印字テープ50の表面に文字等を印字する印字機構等が設けられている。 And its cassette housing portion 8, and the conveying mechanism for conveying the pulled out print tape 50 from the tape cassette 30, the printing mechanism and the like are provided for printing characters and the like on the surface of the print tape 50. また、本体カバー2の左側面後方には、印字された印字テープ50を外部に排出するための排出スリット9が設けられている。 Also, the rear left side of the body cover 2, the discharge slit 9 for discharging the printing has been printed tape 50 to the outside.

次に、本体カバー2の内部構造について説明する。 Next will describe an internal structure of the body cover 2. 図2に示すように、カセット装着部8の前側には、発熱体10a(図7参照)を備えるサーマルヘッド10と、該サーマルヘッド10の左側に起立するテープ駆動ローラ軸(図示外)とが各々設けられている。 As shown in FIG. 2, on the front side of the cassette housing portion 8, a thermal head 10 having a heating element 10a (see FIG. 7), the tape drive roller shaft erected on the left side of the thermal head 10 (not shown) is each is provided. そして、このテープ駆動ローラ軸には、テープカセット30の後述するテープ駆動ローラ46が嵌挿する。 The interpolated this the tape drive roller shaft, the tape drive roller 46 to be described later of the tape cassette 30 is fitted. また、サーマルヘッド10の前側には、アーム状のプラテンホルダ12が軸支部12aを中心に揺動可能に軸支され、該プラテンホルダ12の先端側には、サーマルヘッド10に相対し、接離可能に設けられたプラテンローラ15と、テープ駆動ローラ軸に嵌挿するテープ駆動ローラ46に相対し、接離可能に設けられた可動搬送ローラ14とが共に回転可能に軸支されている。 Further, on the front side of the thermal head 10, the arm-shaped platen holder 12 is pivotably supported around a shaft supporting portion 12a, the distal end side of the platen holder 12, the phase against the thermal head 10, separable enabling the platen roller 15 provided, phase against the tape drive roller 46 to interpolate fitted to the tape drive roller shaft, the movable feed roller 14 which is provided separably are both rotatably supported.

また、カセット装着部8の略中央には、テープカセット30に収納されたインクリボン60を送るリボン巻取軸(図示外)が設けられている。 Further, in the approximate center of the cassette housing portion 8, the ribbon take-up shaft for sending the ink ribbon 60 accommodated in the tape cassette 30 (not shown) is provided. このリボン巻取軸は、ステッピングモータ(図示外)であるテープ送りモータ23(図3参照)から駆動機構を介して回転駆動される。 The ribbon take-up shaft is rotated via the drive mechanism from the tape feed motor 23 is a stepping motor (not shown) (see FIG. 3). さらに、このリボン巻取軸には、印字後のインクリボン60を巻き取るリボン巻取スプール44が嵌挿する。 Further, the ribbon take-up shaft, interpolating the ribbon take-up spool 44 for taking up the ink ribbon 60 after printing is fitted. よって、リボン巻取スプール44を印字スピードと同期して回転駆動することができる。 Therefore, it is possible to drive rotate synchronously the ribbon take-up spool 44 and the printing speed. また、テープ駆動ローラ軸は、テープ送りモータ23から駆動機構を介して回転駆動される。 The tape drive roller shaft is rotated via the drive mechanism from the tape feed motor 23. よって、テープ駆動ローラ軸に嵌挿するテープ駆動ローラ46を回転駆動することができる。 Therefore, it is possible to rotate the tape drive roller 46 to interpolate fitted to the tape drive roller shaft.

さらに、カセット装着部8の右側後方部には、データ読込書込装置16が設けられている。 Furthermore, on the right rear portion of the cassette housing portion 8, the data reading writing device 16 is provided. このデータ読込書込装置16は、テープカセット30に付設されたICタグ47の情報を読み込んでテープカセット30の種類を特定したり、各種情報をICタグ47に書き込むことができる。 The data reading writing device 16 may be written or identify the type of the tape cassette 30 reads the information of IC tag 47 is attached to the tape cassette 30, the various information in the IC tag 47.

また、カセット装着部8に装着されたテープカセット30のテープ排出口37から排出スリット9までの間には、印字済みの印字テープ50が搬送される搬送経路が設けられている。 In addition, during the period from the tape discharge port 37 of the tape cassette 30 installed in the cassette housing portion 8 to the discharge slit 9, the conveyance path is provided with the printed print tape 50 is transported. そして、その搬送経路には、印字テープ50を所定位置で切断するカット機構17が設けられている。 Then, its transport path, cutting mechanism 17 for cutting the print tape 50 at a predetermined position is provided. このカット機構17は、固定刃19と、該固定刃19に対向して、前後方向(図2に示す上下方向)に移動可能に支持された移動刃18とで構成されている。 The cutting mechanism 17 includes a fixed blade 19, opposite to the fixed blade 19, and a movable blade 18 which is movable in the longitudinal direction (vertical direction in FIG. 2). なお、移動刃18は、カッターモータ24(図3参照)によって駆動機構を介して前後方向に移動される。 The moving blade 18 is moved back and forth direction via the drive mechanism by a cutter motor 24 (see FIG. 3).

さらに、カット機構17の下流側には、印字テープ50を所定位置でハーフカットするハーフカット機構80が設けられている。 Further, on the downstream side of the cutting mechanism 17, the partial cutting mechanism 80 is provided to half-cut the print tape 50 at a predetermined position. ここで、「ハーフカット」とは、印字テープ50を剥離紙52のみを残すようにして切断することをいう。 Here, the "half-cut" means that the cutting by the print tape 50 so as to leave only the release paper 52. このハーフカット機構80は、搬送経路の後ろ側に配置された固定台81と、搬送経路の前側に配置され、固定台81に対向して前後方向(図2に示す上下方向)に移動可能に支持された移動刃82とで構成されている。 The partial cutting mechanism 80 includes a fixed base 81 disposed on the rear side of the conveying path, are arranged on the front side of the conveying path, movable in the longitudinal direction to face the fixing stand 81 (the vertical direction in FIG. 2) It is composed of a supported and movable blade 82. この移動刃82は、ハーフカッターモータ85(図3参照)によって駆動機構を介して前後方向に移動される。 The movable blade 82 is moved back and forth direction via the drive mechanism by half cutter motor 85 (see FIG. 3). そして、この移動刃82は、搬送経路に沿って搬送される印字テープ50のテープ基材51の表面に対向するように配置されている。 Then, the movable blade 82 is disposed so as to face the surface of the tape base 51 of the print tape 50 to be conveyed along the conveying path.

ところで、図2に示すように、排出スリット9の前側(図2の下側)には、印字テープ50の剥離紙52の裏面に印刷されたセンサマーク56を検出するマーク検出センサ21と、印字テープ50の剥離紙52(図5参照)に設けられたICタグ57にRAM75(図3参照)のデータを書き込むためのデータ書込装置20とが各々設けられている。 Meanwhile, as shown in FIG. 2, the front side of the discharge slit 9 (lower side in FIG. 2) includes a mark detection sensor 21 for detecting the sensor mark 56 printed on the back surface of the release paper 52 of the print tape 50, the print a data writing unit 20 for writing the data of the release paper 52 of the tape 50 RAM 75 in the IC tag 57 provided (see FIG. 5) (see FIG. 3) are provided, respectively. なお、後述するが、マーク検出センサ21とサーマルヘッド10との間の距離はL2となっており、後述する印字テープ50(図5参照)におけるセンサマーク56と感圧粘着剤部54の前端部(印字テープ50の搬送方向における前端部)との間の距離と同一の長さとなっている。 As will be described later, the front end of the mark detection sensor 21 and the distance between the thermal head 10 has a L2, the print tape 50 sensor mark 56 in (see FIG. 5) and the pressure-sensitive adhesive portion 54 to be described later and it has a length distance and the same between the (front end in the transport direction of the print tape 50).

ここで、マーク検出センサ21について説明する。 Here it will be described the mark detecting sensor 21. マーク検出センサ21は、発光素子及び受光素子(図示外)を備える反射型フォトセンサである。 Mark detection sensor 21 is a reflective photo sensor including a light emitting element and a light receiving element (not shown). このフォトセンサでは、発光素子から剥離紙52(図5,図6参照)の裏面に光が照射されると、その剥離紙52の裏面から照射される反射光が受光素子に受光される。 This photosensor, release paper 52 (see FIGS. 5 and 6) from the light emitting element when the light on the back surface of the irradiated reflection light irradiated from the back surface of the release paper 52 is received by the light receiving element. これにより、マーク検出センサ21に黒色のセンサマーク56が対向したか否かが検出され、そのオン・オフ信号によりセンサマーク56が検出される。 Thus, the black of the sensor marks 56 are detected whether opposed to the mark detection sensor 21, the sensor mark 56 is detected by the on-off signal. なお、センサマーク56は、後述するCPU71(図3参照)に印字テープ50の位置情報を出力すると共に、サーマルヘッド10による印字開始の指示を与えるためのマークでもある。 The sensor marks 56 outputs the position information of the print tape 50 to be described later CPU 71 (see FIG. 3), is also a mark for giving an instruction to start printing by the thermal head 10.

そして、以上構成からなるテープ印字装置1では、図2に示すように、マーク検出センサ21とサーマルヘッド10(詳しくは図7に示す発熱体10a)との間の距離がL2、サーマルヘッド10とカット機構17(詳しくは切断位置)との間の距離がL4、サーマルヘッド10とハーフカット機構80(詳しくは切断位置)との間の距離がL5となるように、マーク検出センサ21、サーマルヘッド10、カット機構17、ハーフカット機構80の相互間の位置が決められている。 Then, the tape printer 1 consists configured above, as shown in FIG. 2, the distance between the mark sensor 21 and the thermal head 10 (specifically, the heating element 10a shown in FIG. 7) is L2, the thermal head 10 cutting mechanism 17 the distance between the (details cutting position) is L4, so that the distance between the thermal head 10 and the half-cut mechanism 80 (details cutting position) is L5, mark sensor 21, a thermal head 10, cutting mechanism 17, the position of mutual half-cut mechanism 80 are determined.

次に、テープ印字装置1の電気的構成について説明する。 It will be described the electrical configuration of the tape printer 1. 図3に示すように、テープ印字装置1は、制御基板上に形成される制御回路部70を備えている。 As shown in FIG. 3, the tape printer 1 includes a control circuit 70 formed on a control board. この制御回路部70は、各機器を制御するCPU71、該CPU71にデータバス69を介して接続されたCG−ROM72、EEPROM73、ROM74、RAM75及び入出力インタフェイス77等から構成されている。 The control circuit 70 is constituted by each device for controlling the CPU 71, the CPU 71 CG-ROM 72 connected via a data bus 69 to, EEPROM 73, ROM 74, RAM 75 and an input-output interface 77 and the like.

CG−ROM72には、アルファベット文字や記号等のキャラクタを印字するための多数のキャラクタの各々に関して、印字用ドットパターンデータが、書体(ゴシック系書体、明朝体書体等)毎に分類され、各書体毎に6種類(例えば、16、24、32、48、64、96のドットサイズ)の印字文字サイズ分、コードデータに対応させて記憶されている。 The CG-ROM 72, for each of a large number of characters for printing characters such as alphabetic characters and symbols, print dot pattern data, font (Gothic typeface, Mincho typeface, etc.) are classified according to the respective six for each font (e.g., the dot size of 16,24,32,48,64,96) print character size of the are stored in correspondence with code data. EEPROM73には、DCモータの定速回転時の回転速度であるエンコーダパルス周期の検出値や、その際の速度設定値であるD/A出力値等が記憶されている。 The EEPROM 73, the detection value and the encoder pulse period is the rotational speed of the constant-speed rotation of the DC motor, D / A output value, etc. is a speed set value at that time is stored.

ROM74には、キーボード3から入力された文字や数字等のキャラクタのコードデータに対応させて液晶駆動回路25を制御する表示駆動制御プログラム、印字テープ50の剥離紙52の裏面に印刷されたセンサマーク56を検出したときに、印字バッファのデータを読み出して、サーマルヘッド10や、テープ送りモータ23を駆動する印字駆動制御プログラム、各印字ドットの形成エネルギー量に対応する印加パルス数を決定するパルス数決定プログラム、印字が終了した場合に該印字テープ50を所定の切断位置までテープ送りモータ23を駆動して搬送し、カッターモータ24を駆動して印字テープ50を所定の切断位置で切断する切断駆動制御プログラム、ハーフカッターモータ85を駆動して所定の切断位置でハーフカットす The ROM 74, display drive control program in correspondence with code data of characters such as letters and numerals input from the keyboard 3 controls the liquid crystal driving circuit 25, a sensor mark printed on the back surface of the release paper 52 of the print tape 50 56 when it detects, by reading the data in the print buffer, and the thermal head 10, the number of pulses to determine print drive control program for driving the tape feed motor 23, the number of applied pulses corresponding to the formation energy amount of each print dot determination program, printing is conveyed by driving the tape feed motor 23 to the indicia-shaped tape 50 when finished to a predetermined cutting position, the cutting drive to cut the print tape 50 by driving the cutter motor 24 at a predetermined cutting position control program drives the half cutter motor 85 to the half-cut at a predetermined cutting position ハーフカット駆動制御プログラム、その他のテープ印字装置1の制御上必要な各種のプログラム等が各々記憶されている。 Half cut drive control program, etc. and of the tape printer 1 of the various programs required for control are respectively stored. つまり、CPU21は、これら各種プログラムに基づいて各種演算を行う。 That, CPU 21 performs various calculations on the basis of these various programs.

RAM75には、テキストメモリ、印字バッファ、カウンタ、総印字ドット数カウンタ、パラメータ記憶エリア等が設けられている。 The RAM 75, a text memory, a print buffer, the counter, the total print dot number counter, the parameter storage area and the like. テキストメモリには、キーボード3から入力された文書データが格納されている。 The text memory, document data input from the keyboard 3 are stored. また、印字バッファには、複数の文字や記号等の印字用ドットパターンや各ドットの形成エネルギー量である印加パルス数等がドットパターンデータとして格納されている。 Further, the print buffer, the applied pulse number, which is a forming energy amount of the print dot pattern and each dot such as a plurality of characters and symbols are stored as dot pattern data. つまり、サーマルヘッド10はこの印字バッファに記憶されているドットパターンデータに従ってドット印字を行う。 In other words, the thermal head 10 performs dot printing according to the dot pattern data stored in the print buffer. また、カウンタには、サーマルヘッド10により印字される1ライン分の印字ドット数のカウント値Nが記憶されている。 Further, the counter, the count value N of the number of print dots of one line to be printed is stored by the thermal head 10. さらに、総印字ドット数カウンタには、サーマルヘッド10により印字される起動時からの総印字ドット数が記憶されている。 Furthermore, the total print dot number counter, the total number of print dots from startup to be printed by the thermal head 10 is stored. また、パラメータ記憶エリアには、各種演算データが記憶されている。 Further, in the parameter storage area, various calculation data is stored.

入出力インタフェイス77には、キーボード3と、ICタグ47へデータを読み書きできるデータ読込書込装置16と、RAM75のデータをICタグ47に書き込むことができるデータ書込装置20と、マーク検出センサ21と、液晶ディスプレイ(LCD)5に表示データを出力するためのビデオRAM(図示外)を有する液晶駆動回路25と、テープ送りモータ23を駆動するための駆動回路26と、サーマルヘッド10を駆動するための駆動回路27と、カッターモータ24を駆動するための駆動回路28と、ハーフカッターモータ85を駆動するための駆動回路86等が各々接続されている。 The output interface 77, a keyboard 3, a data reading writing device 16 that can read and write data to the IC tag 47, a data writing device 20 that can write data in RAM75 in the IC tag 47, the mark detection sensor drive 21, a liquid crystal drive circuit 25 having a video RAM (not shown) for outputting display data to the liquid crystal display (LCD) 5, a drive circuit 26 for driving the tape feed motor 23, the thermal head 10 a drive circuit 27 for a drive circuit 28 for driving the cutter motor 24, the drive circuit 86 or the like for driving the half cutter motor 85 are respectively connected.

以上構成からなるテープ印字装置1において、キーボード3を用いて文字等が入力された場合、そのテキスト(文書データ)はテキストメモリに記憶される。 In the tape printer 1 having the structure described above, when a character or the like is input by using the keyboard 3, the text (document data) is stored in the text memory. そして、ドットパターン発生制御プログラム及び表示駆動制御プログラムに基づき、その入力された文字等に対応するドットパターンが液晶ディスプレイ5上に表示される。 Then, based on the dot pattern generation control program and a display drive control program, dot patterns corresponding to the input character or the like is displayed on the liquid crystal display 5. さらに、サーマルヘッド10は駆動回路27を介して駆動され、印字バッファに記憶されたドットパターンデータの印字を行う。 Further, the thermal head 10 is driven via the drive circuit 27, to print the dot pattern data stored in the print buffer. そして、テープ送りモータ23は、サーマルヘッド10による印字動作に同期して駆動機構を介してテープの送り制御を行う。 Then, the tape feed motor 23 performs feed control of tape through the synchronization with the drive mechanism to the printing operation by the thermal head 10. このとき、サーマルヘッド10では、駆動回路27によって発熱体10a(図7参照)に設けられた各発熱素子R1〜Rnが1ライン分の印字ドットに対応して選択的に発熱駆動される。 At this time, in the thermal head 10, the heating element 10a (see FIG. 7) the heating elements R1~Rn provided is selectively heated and driven in correspondence with printing dots for one line by the drive circuit 27. これにより、キーボード3で入力された文字等が印字テープ50の表面の印字面(詳しくは、テープ基材51の表面の印字面)に印字される。 Thus, the printing surface of the surface of the character or the like print tape 50 that has been entered by the keyboard 3 (For more information, printed surface of the surface of the tape base 51) is printed on.

そして、図2に示すように、印字済みの印字テープ50は、テープ駆動ローラ46及び可動搬送ローラ14の回転駆動により、カット機構17の切断位置に、印字テープ50の所定位置(感圧粘着剤部54の前端部)が位置するまで搬送される。 Then, as shown in FIG. 2, the printed print tape 50, by the rotation of the tape drive roller 46 and the movable feed roller 14, the cutting position of the cutting mechanism 17, a predetermined position of the print tape 50 (pressure-sensitive adhesive the front end parts 54) is transported until the position. そして、カット機構17において移動刃18と固定刃19とが互いに協動することで印字テープ50がその所定位置で切断され、印字済みの付箋紙55(図8参照)を作成することができる。 Then, it is possible to print tape 50 by the moving blade 18 in cutting mechanism 17 and the fixed blade 19 cooperate with each other are cut at the predetermined position, to create a printed sticky note 55 (see FIG. 8). なお、この付箋紙55の作成工程については後で詳しく説明する。 It will be described later in detail making process of the sticky note 55.

次に、テープカセット30の構造について説明する。 Next, the structure of the tape cassette 30. 図4に示すように、テープカセット30は、非感熱式のレセプタータイプである印字テープ50を収納する。 As shown in FIG. 4, the tape cassette 30 houses a print tape 50 is a receptor type of non-thermal. このテープカセット30は、下ケース32と、該下ケース32の上部に固定される上ケース(図示外)とを筐体として備えている。 The tape cassette 30 includes a lower case 32, and a top and a case (not shown) fixed to the upper portion of the lower case 32 as the housing. そして、下ケース32内の後部左側には、印字テープ50を巻回して支持するテープスプール40が支持孔39を介して回転可能に配置されている。 And, in the rear left side of the lower case 32, a tape spool 40 which supports by turning the print tape 50 wound is rotatably arranged via a support hole 39. また、下ケース32の前部右側には、インクリボン60を巻回したリボンスプール42が回転可能に配置されている。 Further, in the upper right hand side of the lower case 32, the ribbon spool 42 wound with the ink ribbon 60 is rotatably disposed. さらに、テープスプール40とリボンスプール42との間には、リボンスプール42からインクリボン60を引き出すとともに、文字等の印字にて使用されたインクリボン60を巻き取るリボン巻取スプール44が、支持孔43を介して回転可能に配置されている。 Furthermore, between the tape spool 40 and the ribbon spool 42, with pull out ink ribbon 60 from the ribbon spool 42, ribbon take-up spool 44 for taking up the ink ribbon 60 used in printing characters and the like, the supporting hole It is rotatably disposed through 43. このリボン巻取スプール44の下部には、リボン巻取スプール44が逆転することで、巻き取ったインクリボン60が緩んでしまうのを防止するためのクラッチバネ(図示外)が取り付けられている。 This lower portion of the ribbon take-up spool 44, by the ribbon take-up spool 44 is reversed, the clutch spring in order to prevent the loose wound ink ribbon 60 (not shown) is attached.

一方、テープカセット30の前面右側には、テープカセット30の前方にやや延びるとともに中央に向かって直角に折り返されたアーム部34が設けられている。 On the other hand, the right front of the tape cassette 30, the arm portion 34 bent at right angles toward the center is provided with slightly extending forward of the tape cassette 30. そして、このアーム部34内には、テープスプール40から引き出された印字テープ50が、リボンスプール42から引き出されたインクリボン60と共に案内されている。 Then, this is the arm portion 34, the print tape 50 pulled out from the tape spool 40 is guided together with the ink ribbon 60 drawn out from the ribbon spool 42. そして、このアーム部34の内面とテープカセット30の前面とに囲まれる隙間が、テープ印字装置1のサーマルヘッド10が嵌るためのヘッド装着部35となっている。 The gap surrounded by the front surface of the inner surface and the tape cassette 30 of the arm portion 34, has a head mounting portion 35 for the thermal head 10 of the tape printer 1 is fitted. さらに、アーム部34の先端には、印字テープ50にインクリボン60を重合した状態でヘッド装着部35に供給する開口34aが設けられている。 Furthermore, the tip of the arm portion 34, the opening 34a is supplied to the head mounting portion 35 is provided in a state of being polymerized ink ribbon 60 to the print tape 50.

また、開口34aからテープ排出口37までの印字テープ50の搬送方向において、ヘッド装着部35の下流側には支持孔(図示外)が設けられ、該支持孔の内側に、テープ駆動ローラ46が回動可能に軸支されている。 Further, in the conveyance direction of the print tape 50 from the opening 34a to the tape discharge port 37, on the downstream side of the head mounting portion 35 supporting hole (not shown) is provided on the inside of the support hole, the tape drive roller 46 is It is rotatably supported. このテープ駆動ローラ46は、テープ駆動ローラ軸(図示外)に嵌挿され、テープ印字装置1の可動搬送ローラ14との協働により、テープスプール40から印字テープ50を引き出すことができる。 The tape drive roller 46 is inserted into the tape drive roller shaft (not shown), the movable feed roller 14 in cooperation with the tape printer 1, it is possible to pull out the print tape 50 from the tape spool 40. また、そのテープ駆動ローラ46の上流側には、印字された印字テープ50を幅方向に規制して、テープ排出口37に向かって案内する一対の規制部材36(下側のみ図示)が設けられている。 Further, on the upstream side of the tape drive roller 46, to regulate the print has been printed tape 50 in the width direction, a pair of regulating members 36 that guides toward the tape discharge port 37 (lower side in the drawing only) is provided ing. さらに、その規制部材36の近傍には、ヘッド装着部35を経由して搬送された使用済みのインクリボン60を印字テープ50から離間させ、リボン巻取スプール44に向かって案内するための案内壁38が立設されている。 Further, in the vicinity of the regulating member 36, the ink ribbon 60 spent which is transported via the head mounting portion 35 is separated from the print tape 50, the guide walls for guiding toward the ribbon take-up spool 44 38 is erected. そして、その案内壁38とリボン巻取スプール44との間には、案内壁38に沿って案内される使用済みのインクリボン60と、テープスプール40に巻回して支持された印字テープ50とが互いに接触するのを防止するための分離壁45が立設されている。 Further, between the the guide wall 38 and the ribbon take-up spool 44, the ink ribbon 60 spent guided along the guide wall 38, a print tape 50 supported by turning the tape spool 40 wound is separation wall 45 for preventing the contact is erected together.

次に、印字テープ50について説明する。 It will now be described print tape 50. この印字テープ50は、非感熱式のレセプタータイプであり、印字量に応じて切断することで所望の付箋紙55(図8参照)を作成することができる。 The print tape 50 is a receptor type of non-thermal, it is possible to create the desired sticky note 55 (see FIG. 8) by cutting in accordance with the printing quantity. 図5,図6に示すように、印字テープ50は、貼り付け時の表面が印字面となる帯状のテープ基材51と、該テープ基材51の裏面に印字方向に沿って所定間隔L1毎に設けられた感圧粘着剤部54と、該感圧粘着剤部54を介して前記テープ基材51の裏面に剥離可能に接着された帯状の剥離紙52とから構成されている。 As shown in FIGS. 5 and 6, the print tape 50 includes a strip-shaped tape base material 51 where the surface at the time of pasting the printing surface, a predetermined interval L1 along the backside printing direction of the tape base 51 to a pressure-sensitive adhesive portion 54 provided, and a strip of release paper 52 which is releasably adhered to the back surface of the tape base material 51 via the sensitive pressure-adhesive portion 54.

そして、感圧粘着剤部54は周知の感圧粘着剤で構成され、テープ基材51の裏面に塗布された平面視長方形状の感圧粘着剤の層である。 Then, the pressure-sensitive adhesive portion 54 is constituted by a known pressure-sensitive adhesive, a layer of back surface coated a rectangular shape in a planar view sensitive adhesive tape base material 51. これにより、テープ基材51を切断して付箋紙として所望の場所に剥離接着することができる。 This makes it possible to peel a desired location as a sticky note by cutting the tape substrate 51.

また、剥離紙52の裏面には、印字テープ50の位置検出のための黒色長方形状のセンサマーク56が、感圧粘着剤部54の前端部から印字方向にL3だけズレた状態で所定間隔L1毎に印刷されている。 Further, the back surface of the release paper 52, the black rectangular sensor mark 56 for position detection of the print tape 50, predetermined intervals in a state deviated by L3 in the printing direction from the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 54 L1 It is printed on each. これにより、感圧粘着剤部54とセンサマーク56とが互いに重ならないようになっている。 Accordingly, and the pressure sensitive adhesive 54 sensor mark 56 is made so as not to overlap each other. さらに、センサマーク56と、該センサマーク56の印字方向下流側に位置する感圧粘着剤部54の前端部(印字テープ50の搬送方向における前端部)との距離は、テープ印字装置1のマーク検出センサ21とサーマルヘッド10との間の距離であるL2に調整されている。 Further, the sensor mark 56, the distance between the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 54 located on the printing direction downstream of the sensor mark 56 (the front end in the transport direction of the print tape 50), the mark of the tape printer 1 it is adjusted to the distance between the sensor 21 and the thermal head 10 L2. そして、L1=L2+L3の関係になっている。 Then, we have a relationship of L1 = L2 + L3. また、剥離紙52の表面(テープ基材51に対向する面)におけるセンサマーク56の近傍には、各種情報を記憶するICタグ57が設けられている。 In the vicinity of the sensor mark 56 on the surface of the release paper 52 (the surface facing the tape base 51), IC tag 57 for storing various information are provided. このICタグ57に記憶される情報は、例えば、付箋紙55を貼り付ける対象である商品の「商品名」、「商品コード」、「生産日の日付」等である。 Information that is stored in the IC tag 57 is, for example, "product name" of the product that is the subject you want to paste the sticky note 55, "product code", is like "date of production date". なお、図6に示すセンサマーク56が、本発明の「位置検出用マーク」に相当し、感圧粘着剤部54が本発明の「部分粘着剤部」に相当する。 The sensor mark 56 shown in FIG. 6 corresponds to the "position detecting mark" of the present invention, the pressure sensitive adhesive 54 corresponds to the "part adhesive portion" of the present invention.

上記構成からなる印字テープ50は、図4に示すように、テープカセット30内のテープスプール40に対し、剥離紙52の裏面が外側になるように巻回されて支持される。 Print tape 50 having the above structure, as shown in FIG. 4, with respect to the tape spool 40 in the tape cassette 30, the rear surface of the release paper 52 is supported by winding such that the outer. なお、剥離紙52の材質は紙に限らず、樹脂フィルム等であってもよい。 The material of the release paper 52 is not limited to paper, it may be a resin film or the like. さらに、図示しないが、剥離紙52のテープ基材51側に接着される面には、剥離剤としてのシリコン膜が塗布されていてもよい。 Furthermore, although not shown, the surface to be adhered to the tape base material 51 side of the release paper 52, the silicon film as a release agent may be applied. これにより、剥離紙52をテープ基材51から容易に剥がすことができる。 This makes it possible to easily peel off the release paper 52 from the tape base material 51.

次に、テープ印字装置1における印字処理について説明する。 It will now be described print processing in the tape printer 1. 図2に示すように、印字テープ50は、テープ駆動ローラ46及び可動搬送ローラ14の協働により、テープスプール40から引き出される。 As shown in FIG. 2, the print tape 50, by cooperation of the tape drive roller 46 and the movable feed roller 14 is drawn from the tape spool 40. 次いで、テープスプール40から引き出された印字テープ50は、リボンスプール42の外側を通過しながらアーム部34内の搬送経路に沿って搬送される。 Then, the print tape 50 pulled out from the tape spool 40 is conveyed along the feed path within the arm portion 34 while passing through the outside of the ribbon spool 42. そして、印字テープ50は、テープ基材51の表面側をヘッド装着部35(図4参照)側に向けた状態で開口34aから送出される。 Then, the print tape 50 is delivered from the opening 34a in a state directed to the head attachment portion 35 (see FIG. 4) side surface of the tape base 51. さらに、開口34aでは、テープ基材51の表面に対して、リボンスプール42から引き出されたインクリボン60が重合される。 Furthermore, the openings 34a, to the surface of the tape base 51, the ink ribbon 60 drawn out from the ribbon spool 42 is polymerized.

そして、印字テープ50は、その表面にインクリボン60が重合された状態で、テープ印字装置1のサーマルヘッド10とプラテンローラ15との間に搬送される。 Then, the print tape 50 in a state where the ink ribbon 60 is polymerized on the surface, is conveyed between the thermal head 10 and the platen roller 15 of the tape printer 1. ここで、そのテープ基材51の表面の印字面に対して文字、図形、記号等が印字される。 Here, characters, figures, symbols, etc. are printed with respect to the print surface of the surface of the tape substrate 51. その後、使用済みのインクリボン60は印字テープ50から剥がされ、リボン巻取スプール44に巻き取られる。 Thereafter, the used ink ribbon 60 is separated from the printed tape 50, is wound onto the ribbon take-up spool 44. 一方、印字済みの印字テープ50は、一対の規制部材36によって幅方向の位置が規制され、テープ駆動ローラ46及び可動搬送ローラ14の協働によって、テープ排出口37から排出される。 On the other hand, the printed print tape 50, the position in the width direction by the pair of regulating members 36 is restricted, by the cooperation of the tape drive roller 46 and the movable feed roller 14, and is discharged from the tape discharge port 37.

次に、CPU71によるテープ印字装置1の制御動作について説明する。 Next, a description will be given of a control operation of the tape printer 1 according to CPU 71. はじめに、1枚の付箋紙55を作成する場合について、図9に示すフローチャートを参照して説明する。 First, a case of creating a single sticky notes 55 will be described with reference to the flowchart shown in FIG. まず、テープ印字装置1のキーボード3から印字データが入力される(S10)。 First, print data is input from the keyboard 3 of the tape printer 1 (S10). すると、その印字データ量に応じて印字長Tが演算され(S11)、RAM75に記憶される。 Then, the printing length T in accordance with the print data amount is calculated (S11), and stored in the RAM 75. ここで、テープ印字装置1が作成できる付箋紙55の長さは(L1−L2)以下である。 The length of the sticky note 55 where the tape printing apparatus 1 can create is less (L1-L2). つまり、印字テープ50はカット機構17によってセンサマーク56の手前で切断される。 In other words, the print tape 50 is cut in front of the sensor mark 56 by the cutting mechanism 17. これにより、カット機構17によって切断された印字テープ50の先端側にセンサマーク56を残すことができるので、次の感圧粘着剤部54の位置から印字を開始することができる。 Thus, it is possible to leave the sensor mark 56 on the distal end side of the print tape 50 is cut by the cutting mechanism 17, it is possible to start printing from the position of the next pressure sensitive adhesive 54. この場合、次の付箋紙55を作成するために少なくともL2分の長さが余白として切り落とされる。 In this case, the length of at least L2 minutes is cut off as a blank to create the next sticky note 55. これに対し、印字長Tが(L1−L2)を超えてしまうと、カット機構17によって切断された印字テープ50の先端側にセンサマーク56を残すことができないので、次の感圧粘着剤部54の位置から印字を開始できず、次のセンサマーク56がマーク検出センサ21に検出されるまで印字されない。 In contrast, when the printing length T exceeds the (L1-L2), it is impossible to leave the sensor mark 56 on the distal end side of the print tape 50 is cut by the cutting mechanism 17, the following pressure-sensitive adhesive portion You can not start the printing from the position of 54, not printed until the next sensor mark 56 is detected by the mark detection sensor 21. この場合、相当量の部分が余白として切り落とされてしまうので不都合となる。 In this case, a substantial amount of parts is disadvantageous since become cut off as a margin. 以上のことから、印字長Tは(L1−L2)以下にする必要がある。 From the above, the print length T should be less than or equal to (L1-L2).

したがって、S11で演算された印字長Tが(L1−L2)以下か否かが判断される(S12)。 Therefore, whether the calculated printing length T is (L1-L2) or less is determined in S11 (S12). そして、印字データ量が多く、演算された印字長Tが(L1−L2)を超えた場合(S12:NO)、上記説明した不都合を生じるので、液晶ディスプレイ5にエラーが表示される(S13)。 Then, the amount of print data is large and if the calculated printing length T exceeds the (L1-L2) (S12: NO), since they produce a disadvantage that the above-described, an error is displayed on the liquid crystal display 5 (S13) . 一方、演算された印字長Tが(L1−L2)以下の場合は(S12:YES)、続いて、キーボード3の印字開始ボタン(図示外)が押されて印字指示があったか否かが判断される(S14)。 On the other hand, if the calculated printing length T is (L1-L2) less (S12: YES), subsequently, whether there is print instruction is determined print start button on the keyboard 3 (not shown) is pressed that (S14). ここで、印字指示がない場合は(S14:NO)、S14の判断に戻り、印字指示があるまで処理が繰り返される。 Here, if there is no print instruction (S14: NO), returns to the judgment of S14, the process is repeated until the print instruction.

次いで、印字開始ボタンが押されて印字指示があった場合(S14:YES)、テープ駆動ローラ46が駆動され、印字テープ50が搬送される(S15)。 Then, if the print start button there is print instruction is pressed (S14: YES), the tape drive roller 46 is driven, the print tape 50 is transported (S15). 印字テープ50はテープ排出口37から排出され、テープ駆動ローラ46及び可動搬送ローラ14の協働によって、テープ印字装置1の排出スリット9に向かって搬送される。 The print tape 50 is discharged from the tape discharge port 37, by the cooperation of the tape drive roller 46 and the movable feed roller 14, it is conveyed toward the discharge slit 9 of the tape printer 1. 次に、マーク検出センサ21が印字テープ50のセンサマーク56を検出したか否かが判断される(S16)。 Next, whether the mark detecting sensor 21 detects the sensor mark 56 of the print tape 50 is determined (S16). ここで、センサマーク56が検出されていない場合(S16:NO)、センサマーク56はマーク検出センサ21に対向していない。 Here, when the sensor mark 56 is not detected (S16: NO), the sensor mark 56 is not opposed to the mark sensor 21. よって、S15に戻り、センサマーク56が検出されるまでテープ駆動ローラ46が駆動され、印字テープ50が引き続き搬送される。 Therefore, the process returns to S15, the tape drive roller 46 until the sensor mark 56 is detected is driven, the print tape 50 is subsequently transported.

そして、センサマーク56が検出された場合(S16:YES)、図7に示すように、センサマーク56がマーク検出センサ21に対向し、感圧粘着剤部54の前端部に相当する印字面の部分がサーマルヘッド10に対して対向する。 When the sensor mark 56 has been detected (S16: YES), as shown in FIG. 7, the sensor mark 56 is opposed to the mark sensor 21, the pressure-sensitive adhesive portion 54 of the printing surface corresponding to the front end portion is opposite to the thermal head 10. これは、センサマーク56と、該センサマーク56よりも印字方向下流側の感圧粘着剤部54の前端部との間の距離が、サーマルヘッド10とマーク検出センサ21との間の距離と同じL2だからである。 It includes a sensor mark 56, the distance between the front end of the printing direction downstream of the pressure-sensitive adhesive portion 54 than the sensor mark 56 is the same as the distance between the thermal head 10 and the mark detecting sensor 21 L2 is so. そこで、サーマルヘッド10を駆動させ、印字動作を開始させる(S17)。 Therefore, to drive the thermal head 10 to start the printing operation (S17). これにより、サーマルヘッド10による印字開始位置を、感圧粘着剤部54の前端部に相当する印字面の位置に合わせることができる。 Thus, it is possible to align the print start position by the thermal head 10, the position of the printing surface corresponding to the front end portion of the pressure sensitive adhesive 54.

次いで、その印字を開始した地点から印字テープ50をL4だけ搬送したか否かが判断される(S18)。 Then, whether or not to transport the print tape 50 L4 only from the starting position by the printing is determined (S18). そして、印字テープ50がL4だけ搬送されるまでは(S18:NO)、S17に戻って、サーマルヘッド10による印字動作と、印字テープ50の搬送動作とが引き続き行われる。 Then, to the print tape 50 is transported by L4 is (S18: NO), returns to S17, and printing operation by the thermal head 10, and the conveying operation of the print tape 50 is subsequently performed. その後、印字テープ50がL4だけ搬送された場合(S18:YES)、カット機構17の切断位置に感圧粘着剤部54の前端部が対向する。 Thereafter, when the printing tape 50 is conveyed by L4 (S18: YES), the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 54 is opposed to the cutting position of the cutting mechanism 17. ここで、テープ駆動ローラ46が停止され、サーマルヘッド10による印字動作が停止される(S19)。 Here, the tape drive roller 46 is stopped, the printing operation by the thermal head 10 is stopped (S19). 次いで、カット機構17によるフルカット処理が実行される(S20)。 Then, the full-cut processing is performed by the cutting mechanism 17 (S20). このカット機構17では、カッターモータ24が駆動されるので、移動刃18が固定刃19に向かって前方に移動する。 In the cutting mechanism 17, the cutter motor 24 is driven, moving blade 18 is moved forward toward the fixed blade 19. そして、印字テープ50はその感圧粘着剤部54の前端部にて切断されるので、後に作成される付箋紙55の先端部に感圧粘着剤部54を位置させることができる。 Then, the print tape 50 because it is cut at the front end of the pressure-sensitive adhesive portion 54, it is possible to position the pressure sensitive adhesive 54 to the distal end portion of the sticky note 55 created after.

その後、サーマルヘッド10による印字動作と、印字テープ50の搬送動作とが再開される(S21)。 Thereafter, a printing operation by the thermal head 10, and the conveying operation of the print tape 50 is restarted (S21). そして、入力された印字データが全て印字され、サーマルヘッド10による印字動作が終了したか否かが判断される(S22)。 Then, the input print data are all printed, whether the printing operation by the thermal head 10 is completed is determined (S22). ここで、まだサーマルヘッド10による印字動作が終了していない場合は(S22:NO)、S21に戻って引き続き処理が繰り返される。 Here, if still not completed the printing operation by the thermal head 10 (S22: NO), subsequently the process is repeated back to S21. 次いで、入力された印字データが全て印字され、サーマルヘッド10による印字動作が終了した場合は(S22:YES)、テープ駆動ローラ46が引き続き駆動され、印字動作が終了した地点から印字テープ50がL4だけ搬送された後に、テープ駆動ローラ46が停止される(S23)。 Then, all the entered print data is printed, if the printing operation by the thermal head 10 is finished (S22: YES), the drive tape drive roller 46 continues, the print tape 50 from the point where the printing operation is completed L4 after being conveyed by the tape drive roller 46 is stopped (S23). そして、カット機構17によるフルカット処理が実行される(S24)。 The full-cut processing is performed by the cutting mechanism 17 (S24). こうして、印字テープ50に印字された印字量に応じた付箋紙55(図8参照)を作成することができる。 Thus, it is possible to create a sticky note 55 corresponding to the printing amount printed on the print tape 50 (see FIG. 8).

次に、複数枚の付箋紙55(図12,図13参照)を作成する場合について、図10,図11に示す各フローチャートを参照して説明する。 Then, a plurality of sticky notes 55 (Fig. 12, see FIG. 13) for the case of creating, 10, it will be described with reference to the flowchart shown in FIG. 11. まず、テープ印字装置1のキーボード3から印字データと、印刷枚数Mとが入力される(S30)。 First, the print data from the keyboard 3 of the tape printer 1, and the number of printed sheets M is inputted (S30). すると、入力された印字データ量に応じて印字長Tが演算され(S31)、印刷枚数MとともにRAM75に記憶される。 Then, printing length T in accordance with the print data amount inputted is calculated (S31), and stored in the RAM75 together with the printed sheets M. そして、テープ印字装置1が作成できる付箋紙55(図12参照)の長さはL1であるので、印字長TがL1以下か否かが判断される(S32)。 Since the length of the sticky note 55 where the tape printing apparatus 1 can create (see FIG. 12) is the L1, whether printing length T is less than L1 or not (S32). そして、印字データ量が多く、演算された印字長TがL1を超えた場合(S32:NO)、1枚の付箋紙55に印字しきれなくなるので、液晶ディスプレイ5にエラーが表示される(S33)。 Then, the amount of print data is large and if the calculated printing length T exceeds L1 (S32: NO), since not completely printed on one sheet of sticky notes 55, an error is displayed on the liquid crystal display 5 (S33 ). 一方、演算された印字長TがL1以下の場合は(S32:YES)、1枚の付箋紙55に全て印字できるので、続いて、キーボード3の印字開始ボタンが押されて印字指示があったか否かが判断される(S34)。 On the other hand, if the calculated printing length T is less than L1 (S32: YES), it is possible to print all the single sticky notes 55, subsequently, there was a print instruction is pushed print start button on the keyboard 3 is not if it is determined (S34). ここで、印字指示がない場合は(S34:NO)、S34の判断に戻り、印字指示があるまで処理が繰り返される。 Here, if there is no print instruction (S34: NO), returns to the judgment of S34, the process is repeated until the print instruction.

次いで、印字開始ボタンが押されて印字指示があった場合(S34:YES)、テープ駆動ローラ46が駆動され、印字テープ50が搬送される(S35)。 Then, if the print start button there is print instruction is pressed (S34: YES), the tape drive roller 46 is driven, the print tape 50 is transported (S35). 印字テープ50はテープ排出口37から排出され、テープ駆動ローラ46及び可動搬送ローラ14の協働によって、テープ印字装置1の排出スリット9に向かって搬送される。 The print tape 50 is discharged from the tape discharge port 37, by the cooperation of the tape drive roller 46 and the movable feed roller 14, it is conveyed toward the discharge slit 9 of the tape printer 1. 次に、マーク検出センサ21が印字テープ50のセンサマーク56が検出されたか否かが判断される(S36)。 Next, the mark detecting sensor 21 whether the sensor mark 56 of the print tape 50 has been detected is determined (S36). ここで、まだ、センサマーク56が検出されていない場合は(S36:NO)、センサマーク56がマーク検出センサ21に対向していない。 Here, still, if the sensor marks 56 is not detected (S36: NO), the sensor mark 56 is not opposed to the mark sensor 21. よって、S35に戻り、センサマーク56が検出されるまでテープ駆動ローラ46が駆動され、印字テープ50が引き続き搬送される。 Therefore, the process returns to S35, the tape drive roller 46 until the sensor mark 56 is detected is driven, the print tape 50 is subsequently transported.

そして、センサマーク56が検出された場合(S36:YES)、図7に示すように、センサマーク56がマーク検出センサ21に対向し、感圧粘着剤部54の前端部に相当する印字面の部分がサーマルヘッド10に対して対向するので、サーマルヘッド10が駆動され、印字動作が開始される(S37)。 When the sensor mark 56 has been detected (S36: YES), as shown in FIG. 7, the sensor mark 56 is opposed to the mark sensor 21, the pressure-sensitive adhesive portion 54 of the printing surface corresponding to the front end the portion is opposite to the thermal head 10, the thermal head 10 is driven, the printing operation is started (S37). これにより、サーマルヘッド10による印字開始位置を、感圧粘着剤部54の前端部に相当する印字面の位置に合わせることができる。 Thus, it is possible to align the print start position by the thermal head 10, the position of the printing surface corresponding to the front end portion of the pressure sensitive adhesive 54.

次いで、その印字を開始した地点から印字テープ50をL4だけ搬送したか否かが判断される(S38)。 Then, whether or not to transport the print tape 50 L4 only from the starting position by the printing is determined (S38). そして、印字テープ50がL4だけ搬送されるまでは(S38:NO)、S37に戻って、サーマルヘッド10による印字動作と、印字テープ50の搬送動作とが引き続き行われる。 Then, to the print tape 50 is transported by L4 is (S38: NO), returns to S37, and printing operation by the thermal head 10, and the conveying operation of the print tape 50 is subsequently performed. その後、印字テープ50がL4だけ搬送された場合(S38:YES)、カット機構17の切断位置に感圧粘着剤部54の前端部が対向する。 Thereafter, when the printing tape 50 is conveyed by L4 (S38: YES), the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 54 is opposed to the cutting position of the cutting mechanism 17. ここで、テープ駆動ローラ46が停止され、サーマルヘッド10による印字動作が停止される(S39)。 Here, the tape drive roller 46 is stopped, the printing operation by the thermal head 10 is stopped (S39). 次いで、カット機構17によるフルカット処理が実行される(S40)。 Then, the full-cut processing is performed by the cutting mechanism 17 (S40).

その後、サーマルヘッド10による印字動作と、印字テープ50の搬送動作とが再開される(S41)。 Thereafter, a printing operation by the thermal head 10, and the conveying operation of the print tape 50 is restarted (S41). 次に、センサマーク56を検出してから、印字テープ50の搬送量がL1に到達したか否かが判断される(S42)。 Then, from the detection of the sensor mark 56, whether the carry amount of the print tape 50 has reached L1 is determined (S42). ここで、センサマーク56を検出してから、印字テープ50の搬送量がL1に到達していない場合は(S42:NO)、S41に戻って、サーマルヘッド10による印字動作と、印字テープ50の搬送動作とが引き続き行われる。 Here, from the detection of the sensor mark 56, if the conveyance amount of the print tape 50 has not reached the L1 is (S42: NO), returns to S41, and printing operation by the thermal head 10, the print tape 50 and the transport operation is subsequently performed. そして、印字テープ50の搬送量がL1に到達した場合は(S42:YES)、サーマルヘッド10による印字動作が既に終了しているので、テープ駆動ローラ46の駆動が停止され、印字テープ50の搬送動作が停止される(S43)。 When the conveyance amount of the print tape 50 has reached the L1 is (S42: YES), since the printing operation by the thermal head 10 has already completed, the drive of the tape drive roller 46 is stopped, the conveyance of the print tape 50 operation is stopped (S43). つまり、1枚目の付箋紙55の印字が終了している。 In other words, the printing of the first sheet of sticky notes 55 has been completed. そこで、RAM75に記憶された印刷枚数Mから1減算される(S44)。 Where it is 1 subtracted from the number of printed sheets M, which is stored in the RAM 75 (S44). さらに、その減算処理後の印刷枚数Mが0か否かが判断される(S45)。 Further, whether or not printed sheets M after the subtraction is 0 or not is judged (S45). なお、印刷枚数Mが0の場合は(S45:YES)、印字すべき付箋紙55がないので、その地点からL4だけ印字テープ50が搬送されて、テープ駆動ローラ46が停止される(S46)。 In the case the number of printed sheets M is 0 (S45: YES), since you do not have the sticky note 55 to print, only L4 from that point the print tape 50 is transported, the tape drive roller 46 is stopped (S46) . そして、カット機構17によるフルカット処理が実行される(S47)。 The full-cut processing is performed by the cutting mechanism 17 (S47).

一方、印刷枚数Mが0でない場合は(S45:NO)、テープ駆動ローラ46が駆動され、印字テープ50が再び搬送される(S48)。 On the other hand, if the number of printed sheets M is not 0 (S45: NO), the tape drive roller 46 is driven, the print tape 50 is transported again (S48). 次いで、マーク検出センサ21が印字テープ50のセンサマーク56を検出したか否かが判断される(S49)。 Then, whether the mark detecting sensor 21 detects the sensor mark 56 of the print tape 50 is determined (S49). ここで、まだ、センサマーク56が検出されていない場合は(S49:NO)、センサマーク56がマーク検出センサ21に対向していない。 Here, still, if the sensor marks 56 is not detected (S49: NO), the sensor mark 56 is not opposed to the mark sensor 21. よって、S48に戻り、センサマーク56が検出されるまでテープ駆動ローラ46が駆動され、印字テープ50が引き続き搬送される。 Therefore, the process returns to S48, the tape drive roller 46 until the sensor mark 56 is detected is driven, the print tape 50 is subsequently transported.

そして、マーク検出センサ21が印字テープ50のセンサマーク56を検出した場合は(S49:YES)、テープ駆動ローラ46が駆動され、サーマルヘッド10による印字動作が開始される(S50)。 Then, when the mark detection sensor 21 detects the sensor mark 56 of the print tape 50 (S49: YES), the tape drive roller 46 is driven, the printing operation by the thermal head 10 is started (S50). 次いで、その印字を開始した地点から印字テープ50をL5だけ搬送したか否かが判断される(S51)。 Then, whether or not to transport the print tape 50 L5 only from the starting position by the printing is determined (S51). そして、印字テープ50がL5だけ搬送されるまでは(S51:NO)、S50に戻って、サーマルヘッド10による印字動作と、印字テープ50の搬送動作とが引き続き行われる。 Then, to the print tape 50 is transported by L5 is (S51: NO), returns to S50, and printing operation by the thermal head 10, and the conveying operation of the print tape 50 is subsequently performed. その後、印字テープ50がL5だけ搬送された場合(S51:YES)、ハーフカット機構80の切断位置に感圧粘着剤部54の前端部が対向する。 Thereafter, when the printing tape 50 is conveyed by L5 (S51: YES), the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 54 is opposed to the cutting position of the half-cut mechanism 80. ここで、テープ駆動ローラ46が停止され、サーマルヘッド10による印字動作が停止される(S52)。 Here, the tape drive roller 46 is stopped, the printing operation by the thermal head 10 is stopped (S52). 次いで、ハーフカット機構80によるハーフカット処理が実行される(S53)。 Then, half-cut treatment by the partial cutting mechanism 80 is executed (S53). このハーフカット機構80では、ハーフカッターモータ85が駆動されるので、移動刃82が固定台81に向かって前方に移動する。 In the half-cut mechanism 80, since the half-cutter motor 85 is driven, moving blade 82 is moved forward toward the fixed base 81. そして、印字テープ50はその感圧粘着剤部54の前端部にてハーフカットされるので、後に作成される各付箋紙55の先端部に感圧粘着剤部54をそれぞれ位置させることができる。 Then, the print tape 50 is because it is half-cut at the front end of the pressure sensitive adhesive 54, after the tips of the sticky note 55 created the pressure sensitive adhesive 54 can be positioned respectively.

次に、サーマルヘッド10による印字動作と、印字テープ50の搬送動作とが再開される(S54)。 Next, a printing operation by the thermal head 10, and the conveying operation of the print tape 50 is restarted (S54). そして、センサマーク56を検出してから、印字テープ50の搬送量がL1に到達したか否かが判断される(S55)。 Then, from the detection of the sensor mark 56, whether the carry amount of the print tape 50 has reached L1 is determined (S55). ここで、センサマーク56を検出してから、印字テープ50の搬送量がL1に到達していない場合は(S55:NO)、S54に戻って、サーマルヘッド10による印字動作と、印字テープ50の搬送動作とが引き続き行われる。 Here, from the detection of the sensor mark 56, if the conveyance amount of the print tape 50 has not reached the L1 is (S55: NO), returns to S54, and printing operation by the thermal head 10, the print tape 50 and the transport operation is subsequently performed. そして、印字テープ50の搬送量がL1に到達した場合は(S55:YES)、テープ駆動ローラ46の駆動が停止され、印字テープ50の搬送動作が停止される(S56)。 Then, if the conveyance amount of the print tape 50 has reached the L1 (S55: YES), the drive of the tape drive roller 46 is stopped, the conveying operation of the print tape 50 is stopped (S56). つまり、1枚分の付箋紙55の印字が終了している。 In other words, the printing of one sheet of sticky notes 55 has been completed. そこで、RAM75に記憶された印刷枚数Mから1減算される(S57)。 Where it is 1 subtracted from the number of printed sheets M, which is stored in the RAM 75 (S57). さらに、その減算処理後の印刷枚数Mが0か否かが判断される(S58)。 Further, whether or not printed sheets M after the subtraction is 0 or not is judged (S58). ここで、印刷枚数Mが0の場合は(S58:YES)、全ての付箋紙55の印字が終了したので、その地点からL4だけ印字テープ50が搬送されて、テープ駆動ローラ46が停止される(S59)。 Here, when the number of printed sheets M is 0 (S58: YES), since the printing of all the sticky notes 55 has been completed, only L4 from that point the print tape 50 is transported, the tape drive roller 46 is stopped (S59). そして、カット機構17によるフルカット処理が実行される(S60)。 The full-cut processing is performed by the cutting mechanism 17 (S60). 一方、印刷枚数Mが0でない場合は(S58:NO)、S48に戻り、印刷枚数Mが0になるまで処理が繰り返される。 On the other hand, if the number of printed sheets M is not 0 (S58: NO), returns to S48, processing is repeated until the number of printed sheets M is zero.

このようにして、図12,図13に示すような一枚の剥離紙52に直列状に貼り付いた長さL1の複数の付箋紙55を作成することができる。 In this way, it is possible to create a 12, a plurality of sticky notes 55 of length L1 having stuck in series form on a single release paper 52 as shown in FIG. 13. この場合、各付箋紙55は、感圧粘着剤部54を介して剥離紙52に貼り付いた状態となっているので、感圧粘着剤部54側の一端部とは反対側の他端部が剥離紙52から浮いた状態となっている。 In this case, the sticky note 55, because in a state of sticking to the release paper 52 via a pressure sensitive adhesive 54, the other end portion opposite to the one end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 54 side There has been a state of being floated from the release paper 52. これにより、付箋紙55を剥離紙52上から容易に剥がすことができる。 Thus, it can be easily peeled away sticky notes 55 from the top release paper 52.

以上説明したように、第1の実施形態であるテープ印字装置1は、非感熱式のレセプタータイプである印字テープ50を収納するテープカセット30を用いて、印字済みの付箋紙55を作成することができる。 As described above, the tape printer 1 according to the first embodiment, by using the tape cassette 30 for accommodating the print tape 50 is a receptor type of non-thermal, creating a printed sticky notes 55 can. 印字テープ50のテープ基材51の裏面には、感圧粘着剤からなる感圧粘着剤部54が印字方向に沿って所定間隔L1毎に設けられている。 The back surface of the tape base 51 of the print tape 50, pressure sensitive adhesive portion 54 comprising a pressure sensitive adhesive is provided at predetermined intervals L1 along the printing direction. 一方、剥離紙52の裏面には、印字テープ50の位置検出のためのセンサマーク56が、感圧粘着剤部54から印字方向にL3だけズレて所定間隔L1毎に印刷されている。 On the other hand, the back surface of the release paper 52, the sensor mark 56 for position detection of the print tape 50 is printed from sensitive adhesive portion 54 shifted by L3 Te at predetermined intervals L1 in the printing direction. これにより、感圧粘着剤部54とセンサマーク56とは互いにズレた位置で重ならないようになっている。 Accordingly, so as not to overlap with each other offset was located to the pressure-sensitive adhesive portion 54 and the sensor mark 56.

また、センサマーク56と、該センサマーク56よりも印字方向下流側の感圧粘着剤部54の前端部(印字テープ50の搬送方向における前端部)との間の距離は、テープ印字装置1におけるサーマルヘッド10とマーク検出センサ21との間の距離と同じL2になっている。 Further, the sensor mark 56, the distance between the front end of the printing direction downstream of the pressure-sensitive adhesive portion 54 than the sensor mark 56 (the front end in the transport direction of the print tape 50), the tape printer 1 It is the same L2 and the distance between the thermal head 10 and the mark detecting sensor 21. つまり、センサマーク56がマーク検出センサ21に対向すると、サーマルヘッド10に対して感圧粘着剤部54の前端部に相当する印字面の部分が対向する。 That is, when the sensor mark 56 is opposed to the mark sensor 21, the printing surface portion corresponding to the front end portion of the pressure sensitive adhesive 54 to face the thermal head 10. そこで、マーク検出センサ21がセンサマーク56を検出したら、CPU71は、サーマルヘッド10を駆動させるように駆動回路27を制御する。 Therefore, the mark detecting sensor 21 upon detecting sensor marks 56, CPU 71 controls the driving circuit 27 to drive the thermal head 10. これにより、サーマルヘッド10に対して印字テープ50の感圧粘着剤部54の前端部に相当する印字面の部分が対向したときにサーマルヘッド10による印字動作が開始する。 Thus, the printing operation by the thermal head 10 is started when the printing surface portion corresponding to the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 54 of the print tape 50 are opposed with respect to the thermal head 10. よって、サーマルヘッド10による印字開始位置を、感圧粘着剤部54の前端部に相当する印字面の位置に常に合わせることができる。 Therefore, the print start position by the thermal head 10, can be adjusted at all times the position of the printing surface corresponding to the front end portion of the pressure sensitive adhesive 54.

さらに、印字テープ50は、カット機構17によって感圧粘着剤部54の前端部で切断されるので、付箋紙55の先端側に感圧粘着剤部54を位置させることができる。 Further, the print tape 50, because it is cut at the front end of the pressure-sensitive adhesive portion 54 by cutting mechanism 17, it is possible to position the pressure sensitive adhesive 54 on the distal end side of the sticky note 55. つまり、感圧粘着剤部54が付いていない付箋紙55が作成されてしまうのを防止できる。 In other words, it is possible to prevent the sticky note 55 does not have a pressure sensitive adhesive portion 54 from being created. また、複数の付箋紙55を作成したい場合は、ハーフカット機構80によって感圧粘着剤部54の前端部がハーフカットされる。 Also, if you want to create a plurality of sticky notes 55, the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 54 is half-cut by the half-cut mechanism 80. これにより、印字テープ50は、感圧粘着剤部54の前端部において、剥離紙52のみが残るようにして切断されるので、一枚の剥離紙52に直列状に貼り付いた複数の付箋紙55を作成することができる。 Accordingly, the print tape 50, the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 54, only the release paper 52 is to cut to remain, a plurality of sticky notes stuck in series form on a single release paper 52 it is possible to create a 55.

なお、第1の実施形態であるテープ印字装置1は種々の変形が可能である。 Incidentally, the tape printing apparatus 1 according to the first embodiment and various modifications are possible. 例えば、テープ印字装置1のカセット装着部8には、感熱式のレセプタータイプである印字テープを収納するテープカセットを装着することもできる。 For example, in the cassette housing portion 8 of the tape printer 1 can also be mounted to the tape cassette for accommodating the print tape is a receptor-type thermal.

そこで、第1の実施形態の変形例として、感熱式の印字テープ150を収納するテープカセット90を、テープ印字装置1のカセット装着部8に装着した場合について、図14及び図15を参照して説明する。 Therefore, as a modification of the first embodiment, the tape cassette 90 for accommodating the print tape 150 of thermal, case mounted in the cassette housing portion 8 of the tape printer 1, with reference to FIGS. 14 and 15 explain. 図14は、テープカセット90をテープ印字装置1に装着した状態を示す平面図であり、図15は、印字テープ150の縦断面図である。 Figure 14 is a plan view showing a state of mounting the tape cassette 90 in the tape printing apparatus 1, FIG. 15 is a longitudinal sectional view of the print tape 150. なお、テープカセット90の構造は、第1の実施形態のテープカセット30の構造とほぼ同じ構造であるので、同じ構造部分は第1の実施形態と同じ符号を付して説明を一部省略し、異なる構造部分を中心に説明する。 The structure of the tape cassette 90, because it is substantially the same structure as the structure of the tape cassette 30 of the first embodiment, the same structural parts are partly omitted are designated by the same reference numerals as in the first embodiment , it will be mainly described structure different.

図14に示すように、テープカセット90は、感熱式のレセプタータイプである印字テープ150を収納する。 As shown in FIG. 14, the tape cassette 90 houses a print tape 150 is a receptor-type thermal. この印字テープ150は、テープカセット90の下ケース32の後部左側に配置されたテープスプール40に巻回して支持されている。 The print tape 150 is supported by turning the tape spool 40 wound arranged at the rear left side of the lower case 32 of the tape cassette 90. さらに、下ケース32の前部右側には、印字テープ150をアーム部34に向かってガイドするガイドスプール49が回転可能に支持されている。 In addition, the front right side of the lower case 32, guide spool 49 for guiding the print tape 150 toward the arm portion 34 is rotatably supported. そして、テープカセット90には、図4に示すテープカセット30と同様に、ICタグ47、案内壁38、テープ駆動ローラ46等が設けられている。 Then, the tape cassette 90, like the tape cassette 30 shown in FIG. 4, IC tag 47, the guide wall 38, such as a tape drive roller 46 is provided. なお、印字テープ150は、感熱式のレセプタータイプであるので、テープカセット90にはインクリボンは収納されていない。 Incidentally, the print tape 150, since it is the receptor-type thermal, the tape cassette 90 the ink ribbon is not accommodated.

ここで、印字テープ150について説明する。 It will now be described print tape 150. 図15に示すように、印字テープ150は、貼り付け時の表面に印字面を有する感熱式のテープ基材151と、該テープ基材151の裏面に印字方向に沿って所定間隔L1毎に設けられた感圧粘着剤部154と、前記テープ基材151の裏面に、その感圧粘着剤部154を介して剥離可能に接着された帯状の剥離紙152とから構成されている。 As shown in FIG. 15, the print tape 150, the tape substrate 151 of thermal having printed surface to the surface at the time of paste, provided at predetermined intervals L1 along the printing direction on the back surface of the tape substrate 151 a pressure-sensitive adhesive 154 which is, on the back surface of the tape base 151, and a releasably adhered strip of release paper 152. through the pressure sensitive adhesive 154. そして、その剥離紙152の裏面には、印字テープ150の位置検出のためのセンサマーク156が、感圧粘着剤部154に相当する位置から印字方向にL3だけズレた状態で所定間隔L1毎に印刷されている。 Then, on the back surface of the release paper 152, the sensor mark 156 for detecting the position of the print tape 150, at predetermined intervals L1 in a state in which the position corresponding to the pressure-sensitive adhesive portion 154 deviated by L3 in the printing direction It is printed. これにより、感圧粘着剤部154とセンサマーク156とが互いに重ならないようになっている。 Thus, a pressure sensitive adhesive 154 and the sensor mark 156 is made so as not to overlap each other. また、剥離紙152の表面(テープ基材151に対向する面)におけるセンサマーク156の近傍には、各種情報を記憶するICタグ157が設けられている。 In the vicinity of the sensor mark 156 in the surface of the release paper 152 (the surface that faces the tape base 151), IC tag 157 that stores various kinds of information are provided.

さらに、センサマーク156と、該センサマーク156の印字方向下流側に位置する感圧粘着剤部154の前端部(印字テープ150の搬送方向における前端部)との距離は、テープ印字装置1のマーク検出センサ21とサーマルヘッド10との間の距離であるL2に調整されている。 Further, the sensor marks 156, the distance between the front end portion of the pressure-sensitive adhesive 154 which is positioned to the printing direction downstream of the sensor mark 156 (the front end in the transport direction of the print tape 150), the mark of the tape printer 1 it is adjusted to the distance between the sensor 21 and the thermal head 10 L2. そして、L1=L2+L3の関係になっている。 Then, we have a relationship of L1 = L2 + L3. このような構成からなる印字テープ150が、図14に示すように、テープカセット90のテープスプール40に、剥離紙152の裏面が外側になるように巻回されて支持されている。 The print tape 150 having such a configuration, as shown in FIG. 14, the tape spool 40 of the tape cassette 90, the rear surface of the release paper 152 is supported by winding such that the outer.

そして、図14に示すように、テープ印字装置1では、サーマルヘッド10とマーク検出センサ21との間の距離はL2になっているので、印字テープ150のセンサマーク156と、該センサマーク156よりも印字方向下流側の感圧粘着剤部154の前端部との間の距離と同じである。 Then, as shown in FIG. 14, in the tape printing apparatus 1, since the distance between the thermal head 10 and the mark detecting sensor 21 is in the L2, the sensor mark 156 in the print tape 150, from the sensor mark 156 is the same as the distance between the front end of the printing direction downstream side of the pressure sensitive adhesive 154. つまり、センサマーク156がマーク検出センサ21に対向すると、サーマルヘッド10に対して感圧粘着剤部154の前端部に相当する印字面の部分が対向する。 That is, when the sensor mark 156 is opposed to the mark detection sensor 21, the printing surface portion corresponding to the front end portion of the pressure sensitive adhesive 154 facing against the thermal head 10.

そこで、第1の実施形態と同様に、マーク検出センサ21がセンサマーク156を検出した場合に、サーマルヘッド10による印字動作を開始させることで、サーマルヘッド10による印字開始位置を、感圧粘着剤部154の前端部に相当する印字面の位置に常に合わせることができる。 Therefore, as in the first embodiment, when the mark detection sensor 21 has detected the sensor mark 156, by starting the printing operation by the thermal head 10, the print start position by the thermal head 10, pressure sensitive adhesive corresponding to the front end parts 154 can be adjusted at all times the position of the printed surface. なお、印字テープ150の切断処理及びハーフカット処理についても、第1の実施形態と同様の効果を得ることができる。 Here, also for the cutting process and the half-cutting processing of the print tape 150, it is possible to achieve the same effects as in the first embodiment. 以上のように、感熱式のレセプタータイプの印字テープ150を収納するテープカセット90を、テープ印字装置1のカセット装着部8に装着した場合においても、第1の実施形態と同様の効果を得ることができる。 As described above, the tape cassette 90 for accommodating a receptor type print tape 150 of thermal, when mounted in the cassette housing portion 8 of the tape printer 1 is also possible to obtain the same effect as in the first embodiment can.

次に、第2の実施形態であるテープ印字装置100について、図16乃至図18を参照して説明する。 Next, the tape printer 100 according to a second embodiment will be described with reference to FIGS. 16 to 18. 図16は、テープカセット130をテープ印字装置100に装着した状態を示す平面図であり、図17は、印字テープ170の縦断面図であり、図18は、サーマルヘッド10付近における印字テープ170及びインクリボン60の搬送状態を示す説明図である。 Figure 16 is a plan view showing a state of mounting the tape cassette 130 in the tape printing apparatus 100, FIG. 17 is a longitudinal sectional view of the print tape 170, FIG. 18, the print tape 170 and the thermal head 10 near it is an explanatory view showing a conveying state of the ink ribbon 60. 第2の実施形態であるテープ印字装置100は、第1の実施形態とほぼ同じ構成を備え、センサマーク176を検出するマーク検出センサ121を、サーマルヘッド10の下流側(印字テープ170の搬送方向下流側)ではなく、上流側に配置した点で第1の実施形態と異なる。 Tape printer 100 according to a second embodiment comprises substantially the same configuration as the first embodiment, the mark detection sensor 121 for detecting the sensor marks 176, the conveying direction of the downstream side (the print tape 170 of the thermal head 10 downstream) rather different from the first embodiment in that disposed upstream. そこで、以下の説明では、第1の実施形態であるテープ印字装置1と同じ構成部分については、第1の実施形態と同符号を付して説明を一部省略するとともに、構造の異なる部分を中心に説明する。 Therefore, in the following description, the same components as the tape printer 1 according to the first embodiment, while omitting a part the description given the same reference numerals as the first embodiment, the different parts of the structure It will be mainly described.

なお、第2の実施形態であるテープ印字装置100は、図3に示すテープ印字装置1の電気的構成と同じ構成を備えているものとする。 Incidentally, the tape printing apparatus 100 according to a second embodiment shall have the same configuration as the electrical configuration of the tape printer 1 shown in FIG. また、テープカセット130には、非感熱式のレセプタータイプである印字テープ170が収納されている。 Further, the tape cassette 130, the print tape 170 is housed is a receptor type of non-thermal.

図16に示すように、テープ印字装置100は、図2に示すテープ印字装置1とほぼ同じ構造を備え、カセット装着部8には、図5に示す印字テープ50を収納するテープカセット130が着脱可能に装着されている。 As shown in FIG. 16, the tape printing apparatus 100 has a substantially same structure as the tape printer 1 shown in FIG. 2, the cassette housing portion 8, the tape cassette 130 for accommodating the print tape 50 shown in FIG. 5 is detachable It is capable of being installed. そして、プラテンホルダ12において、カセット装着部8側に対向するアーム部分の側面には、印字テープ170の位置を検出するためのマーク検出センサ121が設けられている。 Then, the platen holder 12, the side surface of the arm portion opposed to the cassette housing portion 8 side, the mark detection sensor 121 for detecting the position of the print tape 170 is provided. つまり、マーク検出センサ121は、印字テープ170の搬送方向におけるサーマルヘッド10の上流側に設けられている。 In other words, the mark detecting sensor 121 is provided on the upstream side of the thermal head 10 in the transport direction of the print tape 170. これにより、第1の実施形態と比較して、排出スリット9の周囲をコンパクトに設計することができる。 Accordingly, in comparison with the first embodiment, to design around the discharge slit 9 in a compact. さらに、第2の実施形態では、このマーク検出センサ121とサーマルヘッド10と間の距離が、図17に示す後述する印字テープ170のL6の距離と同じになっているのが特徴である。 Furthermore, in the second embodiment, the distance between the mark detecting sensor 121 and the thermal head 10, is characterized has become equal to the distance L6 of the print tape 170 to be described later shown in FIG. 17. なお、L6は、印字テープ170における感圧粘着剤部174の前端部(印字テープ170の搬送方向における前端部)と、該前端部より印字方向下流側のセンサマーク176との間の距離である。 Incidentally, L6 is the distance between the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 174 of the print tape 170 (the front end in the transport direction of the print tape 170), the printing from the front end portion downstream side of the sensor mark 176 .

一方、テープカセット130は、図4に示すテープカセット30とほぼ同じ構成を備え、下ケースのプラテンホルダ12に対向して立設する前壁には、マーク検出センサ121に対向するとともに、矩形状に開口する窓部48が設けられている。 On the other hand, the tape cassette 130 is provided with substantially the same configuration as the tape cassette 30 shown in FIG. 4, the front wall erected opposite to the platen holder 12 of the lower case, as well as opposed to the mark sensor 121, a rectangular shape window 48 which opening is provided in. この窓部48は、マーク検出センサ121に印字テープ170のセンサマーク176を検出させるための開口である。 The window 48 is an opening for causing the detecting sensor mark 176 of the print tape 170 to the mark detection sensor 121. よって、マーク検出センサ121は、この窓部48を介して印字テープ170のセンサマーク176を検出することができる。 Therefore, the mark detection sensor 121 can detect the sensor mark 176 in the print tape 170 through the window portion 48.

次に、印字テープ170について説明する。 It will now be described print tape 170. 図17に示すように、印字テープ170は、貼り付け時の表面に印字面を有する非感熱式のテープ基材171と、該テープ基材171の裏面に印字方向に沿って所定間隔L1毎に設けられた感圧粘着剤部174と、該感圧粘着剤部174を介して前記テープ基材171の裏面に剥離可能に接着された剥離紙172とから構成されている。 As shown in FIG. 17, the print tape 170, the tape substrate 171 of the non-thermal with a printing surface to surface during pasting, at predetermined intervals L1 along the backside printing direction of the tape base 171 a pressure-sensitive adhesive portion 174 which is provided, and a releasably adhered to release paper 172 on the back surface of the tape base material 171 via a sensitive pressure-adhesive portion 174.

また、剥離紙172の裏面には、印字テープ170の位置検出のための黒色長方形状のセンサマーク176が、感圧粘着剤部174の前端部(印字テープ170の搬送方向の前端部)から印字方向にL6だけズレた状態で所定間隔L1毎に印刷されている。 Further, the back surface of the release paper 172, the black rectangular sensor mark 176 for detecting the position of the print tape 170, the print from the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 174 (front end in the conveying direction of the print tape 170) It is printed at predetermined intervals L1 in a state deviated by L6 direction. そして、センサマーク176と、該センサマーク176よりも印字方向上流側の感圧粘着剤部174の前端部との間の距離はL6となり、マーク検出センサ121とサーマルヘッド10と間の距離と同一になっている。 Then, same as the sensor marks 176, the distance between the distance L6, and the mark detection sensor 121 and the thermal head 10 between the front end of the printing direction upstream of the pressure-sensitive adhesive portion 174 than the sensor mark 176 It has become. また、剥離紙172の表面(テープ基材171に対向する面)におけるにおけるセンサマーク176の近傍には、各種情報を記憶するICタグ177が設けられている。 In the vicinity of the sensor mark 176 in the surface of the release paper 172 (the surface that faces the tape base 171), IC tag 177 that stores various kinds of information are provided.

次に、テープ印字装置200における印字位置のズレ防止機構について説明する。 Next, a description will be given displacement prevention mechanism of the printing position in the tape printer 200. 図16に示すように、テープカセット130のテープ排出口37から排出された印字テープ170は、テープ駆動ローラ46及び可動搬送ローラ14の協働によって、テープ印字装置100の排出スリット9に向かって搬送される。 As shown in FIG. 16, the print tape 170 discharged from the tape discharge port 37 of the tape cassette 130 by the cooperation of the tape drive roller 46 and the movable feed roller 14, toward the discharge slit 9 of the tape printing apparatus 100 conveying It is. ここで、図18に示すように、印字テープ170のセンサマーク176と、該センサマーク176よりも印字方向上流側の感圧粘着剤部174の前端部との間の距離は、サーマルヘッド10とマーク検出センサ121との間の距離と同じL6になっている。 Here, as shown in FIG. 18, the sensor mark 176 in the print tape 170, the distance between the front end of the printing direction upstream of the pressure-sensitive adhesive portion 174 than the sensor marks 176, the thermal head 10 It is the same L6 and the distance between the mark sensor 121. つまり、図16,図18に示すように、センサマーク176がマーク検出センサ121に対向すると、サーマルヘッド10に対して感圧粘着剤部174の前端部に相当する印字面の部分が対向する。 That is, FIG. 16, as shown in FIG. 18, when the sensor mark 176 is opposed to the mark detection sensor 121, the printing surface portion corresponding to the front end portion of the pressure sensitive adhesive 174 facing against the thermal head 10.

そこで、CPUは、マーク検出センサ121がセンサマーク176を検出した場合、サーマルヘッド10を駆動させるように駆動回路を制御する。 Therefore, CPU, when the mark detection sensor 121 detects the sensor marks 176, controls the driving circuit to drive the thermal head 10. これにより、サーマルヘッド10に対して印字テープ170の感圧粘着剤部174の前端部に相当する印字面の部分が対向したときにサーマルヘッド10による印字動作が開始する。 Thus, the printing operation by the thermal head 10 is started when the portion of the printing surface is opposed to corresponding to the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 174 of the print tape 170 against the thermal head 10. これにより、サーマルヘッド10による印字開始位置を、感圧粘着剤部174の前端部に相当する印字面の位置に常に合わせることができる。 Thus, the print start position by the thermal head 10, can be adjusted at all times the position of the printing surface corresponding to the front end portion of the pressure sensitive adhesive 174. そして、テープ印字装置200において、印字テープ170の切断処理及びハーフカット処理についても、第1の実施形態と同様の効果を得ることができる。 Then, the tape printing apparatus 200, for the cutting process and the half-cutting processing of the print tape 170, it is possible to achieve the same effects as in the first embodiment.

以上説明したように、第2の実施形態であるテープ印字装置100では、プラテンホルダ12のカセット装着部8側に対向する側面に、印字テープ170の位置を検出するためのマーク検出センサ121が設けられている。 As described, in the tape printing apparatus 100 according to a second embodiment, on the side facing the cassette housing portion 8 side of the platen holder 12, the mark detection sensor 121 for detecting the position of the print tape 170 is provided above It is. つまり、マーク検出センサ121は、印字テープ170の搬送方向において、サーマルヘッド10の上流側に設けられている。 In other words, the mark detecting sensor 121 in the conveyance direction of the print tape 170 is provided on the upstream side of the thermal head 10. これにより、第1の実施形態と比較して、排出スリット9の周囲をコンパクトに設計できる。 Thus, as compared with the first embodiment, it can be designed around the discharge slit 9 in a compact. そして、センサマーク176と、該センサマーク176よりも印字方向上流側の感圧粘着剤部174の前端部との間の距離は、サーマルヘッド10とマーク検出センサ121との間の距離と同じL6となっている。 Then, the sensor mark 176, the distance between the front end of the printing direction upstream of the pressure-sensitive adhesive portion 174 than the sensor mark 176 is the same as the distance between the thermal head 10 and the mark detecting sensor 121 L6 It has become. つまり、センサマーク176がマーク検出センサ121に対向すると、サーマルヘッド10に対して感圧粘着剤部174の前端部に相当する印字面の部分が対向する。 That is, when the sensor mark 176 is opposed to the mark detection sensor 121, the printing surface portion corresponding to the front end portion of the pressure sensitive adhesive 174 facing against the thermal head 10. そこで、マーク検出センサ121がセンサマーク176を検出した場合、サーマルヘッド10を駆動させて印字動作を開始させる。 Accordingly, if the mark detection sensor 121 detects the sensor mark 176 to start the printing operation by driving the thermal head 10. これにより、サーマルヘッド10による印字開始位置を、感圧粘着剤部174の前端部に相当する印字面の位置に常に合わせることができる。 Thus, the print start position by the thermal head 10, can be adjusted at all times the position of the printing surface corresponding to the front end portion of the pressure sensitive adhesive 174.

次に、第3の実施形態であるテープ印字装置200について、図19乃至図22を参照して説明する。 Next, the tape printing apparatus 200 according to a third embodiment will be described with reference to FIGS. 19 to 22. 図19は、テープカセット190をテープ印字装置200に装着した状態を示す平面図であり、図20は、テープカセット190の内部構成を示す平面図であり、図21は、印字テープ250の縦断面図であり、図22は、サーマルヘッド10付近における印字テープ250及びインクリボン160の搬送状態を示す説明図である。 Figure 19 is a plan view showing a state of mounting the tape cassette 190 in the tape printing apparatus 200, FIG. 20 is a plan view showing the internal configuration of the tape cassette 190, FIG. 21 is a longitudinal section of the print tape 250 a diagram, FIG. 22 is an explanatory diagram showing a transfer state of the print tape 250 and the ink ribbon 160 in the thermal head 10 around. 第3の実施形態であるテープ印字装置200は、第1の実施形態の変形例であり、非感熱式のラミネートタイプである印字テープ250を排出するテープカセット190を用いて、ラミネートタイプの付箋紙を作成できるものである。 The tape printer 200 according to a third embodiment is a modification of the first embodiment, by using the tape cassette 190 for discharging the print tape 250 is a laminate type of non-thermal laminate type sticky notes it is those that can be created.

なお、テープ印字装置200は、第1の実施形態であるテープ印字装置1とほぼ同じ構成を備えている。 Incidentally, the tape printing apparatus 200 has almost the same configuration as the tape printer 1 according to the first embodiment. よって、以下の説明では、第1の実施形態のテープ印字装置1と同じ構成部分については、第1の実施形態と同符号を付して説明を一部省略し、構造の異なる部分を中心に説明する。 Therefore, in the following description, the same components as the tape printer 1 of the first embodiment are denoted by the same reference numerals as in the first embodiment is partially omitted a description, mainly the different parts of the structure explain. なお、第3の実施形態のテープ印字装置200は、図3に示すテープ印字装置1の電気的構成と同様の構成を備えているものとする。 Incidentally, the tape printing device 200 of the third embodiment is assumed to include an electrical structure similar to the tape printer 1 shown in FIG.

まず、テープ印字装置200の構造について説明する。 First, the structure of the tape printer 200. 図19に示すように、テープ印字装置200は、図2に示すテープ印字装置1とほぼ同じ構造を備えている。 As shown in FIG. 19, the tape printer 200 has almost the same structure as the tape printer 1 shown in FIG. カセット装着部8には、ラミネートタイプの印字テープ250を排出するテープカセット190が着脱可能に装着されている。 The cassette housing portion 8, the tape cassette 190 for discharging the laminate type print tape 250 is attached detachably. そして、排出スリット9の後ろ側(図19の上側)には、図21に示す印字テープ250の剥離紙256の裏面に印刷されたセンサマーク356を検出するマーク検出センサ221と、印字テープ250に設けられたICタグ357に制御回路部のRAM(図示外)のデータを書き込むためのデータ書込装置220とが各々設けられている。 Then, the back side of the discharge slit 9 (upper side in FIG. 19) includes a mark detection sensor 221 for detecting the sensor marks 356 printed on the back surface of the release paper 256 of the print tape 250 shown in FIG. 21, the print tape 250 a data writing unit 220 for writing the data in the RAM of the control circuit section on the IC tag 357 that is provided (not shown) are provided respectively. つまり、マーク検出センサ221及びデータ書込装置220は、第1の実施形態とは反対側に設けられている。 In other words, the mark detection sensor 221 and the data writing unit 220 is provided on the opposite side to the first embodiment. この理由は、排出スリット9の内側において、図21に示す印字テープ250の剥離紙256の背面側が排出スリット9の後ろ側に向くからである。 This is because, in the inside of the discharge slit 9, the back side of the release paper 256 of the print tape 250 shown in FIG. 21 is because faces behind the discharge slit 9.

また、カット機構17の下流側には、印字テープ250を所定位置でハーフカットするハーフカット機構180が設けられている。 Further, on the downstream side of the cutting mechanism 17, the partial cutting mechanism 180 is provided to half-cut the print tape 250 at a predetermined position. このハーフカット機構180は、印字テープ250の搬送経路の前側に配置された固定台181と、搬送経路の後ろ側に配置され、固定台181に対向して前後方向(図2に示す上下方向)に移動可能に支持された移動刃182とで構成されている。 The half-cut mechanism 180 includes a fixed base 181 which is disposed on the front side of the transport path of the print tape 250 is disposed on the rear side of the conveying path, the front-rear direction and opposed to the fixed base 181 (the vertical direction in FIG. 2) It is composed of a movable blade 182 which is movably supported on. つまり、ラミネートタイプの印字テープ250の搬送経路において、印字テープ250は、フィルムテープ251側を搬送経路の前側(図19の下側)に向けた状態で搬送されるので、固定台と移動刃の位置が、第1の実施形態であるテープ印字装置1と反対になっている。 That is, in the transport path of the laminate type print tape 250, the print tape 250, the film tape 251 side of the transport path forward because it is conveyed in a state of facing (lower side in FIG. 19), the fixing stand and moving blade position, which is opposite to the tape printer 1 according to the first embodiment. これにより、移動刃182は、搬送経路に沿って搬送される印字テープ250のフィルムテープ251の表面に対向するように配置される。 Thus, the movable knife 182 is arranged to face the surface of the film tape 251 of the print tape 250 is conveyed along the conveying path.

次に、テープカセット190の内部構造について説明する。 Next will describe an internal configuration of the tape cassette 190. 図20に示すように、テープカセット190は、ラミネートタイプの印字テープ250を排出するものであり、図2に示すテープカセット30を基本構造に備えている。 As shown in FIG. 20, the tape cassette 190 is to discharge the laminated type print tape 250, and a tape cassette 30 shown in FIG. 2 to the basic structure. 下ケース132内の後部左側には、両面テープである粘着テープ252を巻回して支持する粘着テープスプール140が、支持孔139を介して回転可能に配置されている。 The rear left of the lower case 132, an adhesive tape spool 140 for supporting wound an adhesive tape 252 is a double-sided tape, it is rotatably disposed through a support hole 139. 一方、下ケース132内の後部右側には、透明なフィルムテープ251を巻回して支持するフィルムテープスプール149が、支持孔148を介して回転可能に配置されている。 On the other hand, in the rear right side of the lower case 132, a film tape spool 149 for supporting wound transparent film tape 251 is rotatably disposed through a support hole 148. さらに、下ケース132の前部右側には、インクリボン160を巻回したリボンスプール142が回転可能に配置されている。 In addition, the front right side of the lower case 132, a ribbon spool 142 wound with the ink ribbon 160 is arranged rotatably.

また、粘着テープスプール140とリボンスプール142との間には、リボンスプール142からインクリボン160を引き出すとともに、文字等の印字にて使用されたインクリボン160を巻き取るリボン巻取スプール144が、支持孔143を介して回転可能に配置されている。 Between the adhesive tape spool 140 and the ribbon spool 142, with pull out an ink ribbon 160 from the ribbon spool 142, the ribbon take-up spool 144 for taking up the ink ribbon 160 that is used in printing characters and the like, the support It is rotatably disposed through the hole 143. このリボン巻取スプール144の下部には、リボン巻取スプール144が逆転することで、巻き取ったインクリボン160が緩んでしまうのを防止するためのクラッチバネ(図示外)が取り付けられている。 This lower portion of the ribbon take-up spool 144, that the ribbon take-up spool 144 is reversed, the clutch spring to prevent the loose wound ink ribbon 160 (not shown) is attached.

そして、テープカセット190の前面右側に設けられたアーム部134内には、フィルムテープスプール149から引き出されたフィルムテープ251が搬送され、リボンスプール142から引き出されたインクリボン160とともに、開口134aからヘッド装着部135に排出されている。 The head Within arm 134 provided on the front right side of the tape cassette 190, the film tape 251 pulled out from the film tape spool 149 is conveyed, the ink ribbon 160 drawn out from the ribbon spool 142, the opening 134a It is discharged to the mounting portion 135. 一方、粘着テープスプール140から引き出された粘着テープ252は、フィルムテープ251の裏面側に重合された状態でテープ駆動ローラ146を介してテープ排出口137から排出されている。 On the other hand, the adhesive tape 252 drawn from the adhesive tape spool 140 is discharged from the tape discharging port 137 through the tape drive roller 146 in a state of being polymerized on the back side of the film tape 251. また、テープ駆動ローラ146の上流側には、印字されたフィルムテープ251を幅方向に規制して、テープ排出口137に向かって案内する一対の規制部材136(下側のみ図示)が設けられている。 Further, on the upstream side of the tape drive roller 146 regulates the printed film tape 251 in the width direction, a pair of regulating members 136 for guiding toward the tape discharge port 137 (shown bottom only) is provided there. また、下ケース132には、第1の実施形態と同様に、案内壁138、分離壁145等が設けられている。 Further, the lower case 132, similarly to the first embodiment, the guide wall 138, such as the separation wall 145 is provided.

次に、非感熱式のラミネートタイプの印字テープ250について説明する。 It will now be described laminate type print tape 250 non thermal. 図21に示すように、テープカセット190のテープ排出口137から排出される印字テープ250は、貼り付け時に裏面となる面に印字面を有する非感熱式の透明なフィルムテープ251と、該フィルムテープ251の裏面に積層されて接着される粘着テープ252とから構成されている。 As shown in FIG. 21, the print tape 250 discharged from the tape discharging port 137 of the tape cassette 190, the non-heat-sensitive transparent film tape 251 having a printed surface on a surface which becomes the back surface during pasting, the film tape laminated on the back surface of 251 and a pressure-sensitive adhesive tape 252 is adhered. 粘着テープ252は、透明なフィルムテープ251の背景となる背景基材254と、該背景基材254のフィルムテープ251側の面に塗布された粘着剤層253と、前記背景基材254の粘着剤層253が塗布された面の反対面に、背景基材254の長手方向に沿って所定間隔L1毎に設けられた感圧粘着剤部255と、該感圧粘着剤部255を挟んで、背景基材254の前記反対面に剥離可能に接着された剥離紙256とから構成されている。 Adhesive tape 252 includes a background substrate 254 as a background of the transparent film tape 251, the adhesive layer 253 of the film coated on the surface of the tape 251 side of the background substrate 254, the adhesive of the background substrate 254 on the opposite surface of the surface layer 253 is applied, the pressure sensitive adhesive 255 disposed at predetermined intervals L1 along the longitudinal direction of the background substrate 254, across the sensitive pressure-adhesive portion 255, a background and a releasably adhered to release paper 256 Metropolitan to the opposite surface of the substrate 254.

そして、感圧粘着剤部255は、周知の感圧粘着剤で構成され、背景基材254の裏面(剥離紙256が接着される面)に所定間隔L1毎に塗布された平面視長方形状の感圧粘着剤の層である。 The pressure-sensitive adhesive portion 255 is constituted by a known pressure-sensitive adhesive, the background substrate 254 back side coated at predetermined intervals L1 (the surface of the release paper 256 is bonded) a rectangular shape in a planar view it is a layer of pressure-sensitive adhesive. これにより、フィルムテープ251、粘着剤層253、背景基材254からなる積層状のテープを所定位置で切断し、そのテープを付箋紙として所望の場所に剥離接着することができる。 Thus, the film tape 251, adhesive layer 253, a laminated tape consisting of a background substrate 254 is cut at a predetermined position, it is possible to peel the desired location the tape as sticky note.

また、剥離紙256の裏面には、印字テープ250の位置検出のための黒色長方形状のセンサマーク356が、感圧粘着剤部255の前端部(印字テープ250の搬送方向における前端部)から印字方向にL3だけズレた状態で所定間隔L1毎に印刷されている。 Further, the back surface of the release paper 256, the black rectangular sensor mark 356 for detecting the position of the print tape 250, the print from the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 255 (front end portion in the transport direction of the print tape 250) It is printed at predetermined intervals L1 in a state deviated by L3 in the direction. これにより、感圧粘着剤部255とセンサマーク356とが互いに重ならないようになっている。 Thus, the sensor mark 356 pressure-sensitive adhesive portion 255 is made so as not to overlap each other. さらに、センサマーク356と、該センサマーク356の印字方向下流側に位置する感圧粘着剤部255の前端部との距離は、図19に示すテープ印字装置200のマーク検出センサ221とサーマルヘッド10との間の距離であるL2に調整されている。 Further, the sensor marks 356, the distance between the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 255 which is positioned to the printing direction downstream of the sensor marks 356, the mark detection sensor 221 and the thermal head 10 of the tape printer 200 shown in FIG. 19 is adjusted to L2 is the distance between the. そして、L1=L2+L3の関係になっている。 Then, we have a relationship of L1 = L2 + L3. また、剥離紙256の表面(背景基材254に対向する面)におけるセンサマーク356の近傍には、各種情報を記憶するICタグ357が設けられている。 In the vicinity of the sensor mark 356 in the surface of the release paper 256 (the surface facing the background substrate 254), IC tag 357 that stores various kinds of information are provided.

なお、剥離紙256の材質は紙に限らず、樹脂フィルム等でもよい。 The material of the release paper 256 is not limited to paper, or a resin film. また、図示しないが、剥離紙256の背景基材254に接着される面には、剥離剤としてのシリコン膜が塗布されているため、剥離紙256を背景基材254から容易に剥がすことができる。 Although not shown, the surface to be adhered to the background substrate 254 of the release paper 256, the silicon film as a release agent is applied, may be easily peeled off the release paper 256 from the background substrate 254 . こうして、得られるラミネートタイプの印字テープ250は、透明なフィルムテープ251を使用しているので摩擦等に強く、水等の濡れにも強い。 Thus, the print tape 250 of the resulting laminated type is resistant to friction or the like because it uses a transparent film tape 251, resistant to wetting, such as water.

次に、テープ印字装置200における印字処理、及び印字テープ250の作成工程について説明する。 Next, the print process in the tape printing apparatus 200, and creation process of the print tape 250 will be described. 図19に示すように、まず、テープ駆動ローラ146及び可動搬送ローラ14の協働により、フィルムテープスプール149からフィルムテープ251が引き出される。 As shown in FIG. 19, first, by the cooperation of the tape drive roller 146 and the movable feed roller 14, the film tape 251 is pulled out from the film tape spool 149. 次いで、フィルムテープ251は、リボンスプール142の外側を通過しながらアーム部134に沿って搬送される。 Then, the film tape 251 is conveyed along the arm portion 134 while passing through the outside of the ribbon spool 142. さらに、フィルムテープ251は、印字面が設けられた裏面側をヘッド装着部135側に向けて開口134aから送出される。 Further, the film tape 251 is sent from the opening 134a toward the back side of the printing surface is provided in the head mounting portion 135 side. さらに、この開口134aでは、フィルムテープ251の裏面に、リボンスプール242から引き出されたインクリボン160が重合される。 Furthermore, in the opening 134a, the back surface of the film tape 251, the ink ribbon 160 drawn out from the ribbon spool 242 is polymerized.

次いで、テープ印字装置200のサーマルヘッド10とプラテンローラ15との間に、フィルムテープ251とインクリボン160とが重合された状態で搬送される。 Then it is conveyed between the thermal head 10 and the platen roller 15 of the tape printer 200, in a state in which the film tape 251 and the ink ribbon 160 is polymerized. ここで、フィルムテープ251の印字面には、文字、図形、記号等が実際とは逆向きに印字される。 Here, the printed surface of the film tape 251, characters, figures, symbols, etc. are printed in the reverse direction from the actual. その後、使用済みのインクリボン160はフィルムテープ251から剥がされ、リボン巻取スプール144に巻き取られる。 Thereafter, the used ink ribbon 160 is peeled from the film tape 251 is wound onto the ribbon take-up spool 144. そして、印字済みのフィルムテープ251は、一対の規制部材136によって幅方向の位置が規制され、テープ駆動ローラ146及び可動搬送ローラ14の間に搬送される。 The printed film tape 251, the position in the width direction by the pair of regulating members 136 is regulated, it is transported between the tape drive roller 146 and the movable feed roller 14.

一方、粘着テープスプール140に巻回して支持された粘着テープ252は、テープ駆動ローラ146と可動搬送ローラ14との協働によって引き出される。 On the other hand, an adhesive tape 252 which is supported by turning the pressure-sensitive adhesive tape spool 140 wound is drawn by the tape drive roller 146 and the movable feed roller 14 in cooperation with. そして、粘着テープ252の粘着剤層253側の面(図21参照)が、フィルムテープ251の印字面である裏面に重合され、テープ駆動ローラ146と可動搬送ローラ14とによって圧接されて一本の印字テープ250が作成される。 Then, the adhesive tape 252 faces the adhesive layer 253 side (see FIG. 21) is polymerized on the back surface is a printed surface of the film tape 251, the tape drive roller 146 and the movable feed roller 14 and the one being pressed by the print tape 250 is created. こうして、テープ排出口137から印字済みのラミネートタイプの印字テープ250が排出される。 Thus, the print tape 250 of the printed laminated type from the tape discharging port 137 is discharged.

次に、テープ印字装置200における印字開始位置のズレ防止機構について説明する。 Next, a description will be given displacement prevention mechanism of the printing start position in the tape printer 200. 図19,図22に示すように、フィルムテープ251及び粘着テープ252は、テープ駆動ローラ146及び可動搬送ローラ14の間に搬送される。 19, as shown in FIG. 22, the film tape 251 and the adhesive tape 252 is transported between the tape drive roller 146 and the movable feed roller 14. ここで、図22に示すように、センサマーク356と、該センサマーク356よりも印字方向下流側の感圧粘着剤部255の前端部との間の距離は、サーマルヘッド10とマーク検出センサ221との間の距離と同じL2になっている(図21参照)。 Here, as shown in FIG. 22, the sensor marks 356, the distance between the front end of the printing direction downstream of the pressure-sensitive adhesive portion 255 than the sensor marks 356, the thermal head 10 and the mark detecting sensor 221 are the same L2 and the distance between the (see FIG. 21). さらに、センサマーク356がマーク検出センサ221に対向した時点において、サーマルヘッド10に対向するフィルムテープ251の印字面の部分は、後の粘着テープ252におけるセンサマーク356からL2だけ離間する感圧粘着剤部255の前端部に接着される部分に相当する。 Further, at the time when the sensor mark 356 is opposed to the mark sensor 221, the portion of the printed surface of the film tape 251 facing the thermal head 10 after the adhesive away from the sensor mark 356 only L2 of the tape 252 pressure-sensitive adhesive It corresponds to a portion to be bonded to the front end parts 255.

そこで、CPUは、マーク検出センサ221がセンサマーク356を検出した場合、サーマルヘッド10を駆動させるように駆動回路を制御し、フィルムテープ251の印字面に印字する。 Therefore, CPU, when the mark detection sensor 221 detects the sensor marks 356, and controls the driving circuit to drive the thermal head 10 prints on the print surface of the film tape 251. そして、テープ駆動ローラ146及び可動搬送ローラ14の間では、フィルムテープ251の印字面における印字開始位置に対して、粘着テープ252の裏面における感圧粘着剤部255の前端部が相対するように圧接されて接着される。 And, between the tape drive roller 146 and the movable feed roller 14, pressed against the print start position on the printed surface of the film tape 251, as the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 255 of the back surface of the adhesive tape 252 relative It is bonded been. これにより、感圧粘着剤部255の前端部にフィルムテープ251の印字開始位置が相当する印字済みのラミネートタイプの印字テープ250を作成することができる。 Thus, it is possible to create a print tape 250 of the printed laminate type print start position of the film tape 251 to the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 255 is equivalent to.

また、本実施形態のようにラミネートタイプの印字テープ250を用いた場合、感圧粘着剤部255は、印字面を有するフィルムテープ251ではなく、粘着テープ252の背景基材254の裏面に設けられているので、フィルムテープ251に感圧粘着剤部による段差ができない。 In the case of using a laminate type print tape 250 as in this embodiment, pressure sensitive adhesive 255, rather than the film tape 251 having a printing surface, provided on the back surface of the background substrate 254 of the adhesive tape 252 since it is, you can not step due sensitive adhesive portion on the film tape 251. これにより、その段差上をサーマルヘッド10が走査することがないので、フィルムテープ251の印字面になされる印字の品質を良好に保つことができる。 Thus, since there is no possible to scan over the stepped thermal head 10 can maintain the quality of printing to be done on the print surface of the film tape 251 satisfactorily.

次に、テープ印字装置200における切断処理について説明する。 Next, a description will cut processing in the tape printer 200. なお、ここでは、1枚の付箋紙を作成する場合について説明する。 Here, it will be described for creating a single sticky notes. 図19,図22に示すように、マーク検出センサ221がセンサマーク356を検出すると、CPUはサーマルヘッド10による印字動作を開始させるとともに、テープ駆動ローラ146を駆動させてフィルムテープ251をその地点からL4だけ搬送する。 19, as shown in FIG. 22, when the mark detection sensor 221 detects the sensor marks 356, CPU together with starting the printing operation by the thermal head 10, the film tape 251 by driving the tape drive roller 146 from the point L4 only to convey. そして、フィルムテープ251がその地点から搬送される間に、テープ駆動ローラ146及び可動搬送ローラ14の間を通過することによって、フィルムテープ251の裏面に粘着テープ252が接着されて印字テープ250が作成される。 Then, while the film tape 251 is transported from the point, by passing between the tape drive roller 146 and the movable feed roller 14, the print tape 250 adhesive tape 252 on the back surface of the film tape 251 is bonded to create It is.

次いで、印字テープ250を構成するフィルムテープ251が前記地点からL4だけ搬送されたら、テープ駆動ローラ146を一時停止させる。 Then, the film tape 251 constituting the print tape 250 if it is transported by L4 from the point to pause the tape drive roller 146. このとき、カット機構17の切断位置に印字テープ250の感圧粘着剤部255の前端部が対向する。 At this time, the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 255 of the print tape 250 to the cutting position of the cutting mechanism 17 is opposed. そして、CPUは、駆動回路を制御してカッターモータを駆動させる。 Then, CPU drives the cutter motor and controls the drive circuit. すると、カット機構17では、移動刃18が固定刃19に向かって前方に移動するので、印字テープ250はその感圧粘着剤部255の前端部にて切断される。 Then, the cutting mechanism 17, the moving blade 18 is moved forward toward the fixed blade 19, the print tape 250 is cut at the front end of the pressure sensitive adhesive 255.

その後、CPUは、サーマルヘッド10による残りの印字動作を再開させるとともにテープ駆動ローラ146を駆動させ、印字テープ250を排出スリット9に向かって再び搬送する。 Thereafter, CPU drives the tape drive roller 146 with resuming the rest of the printing operation by the thermal head 10 to be conveyed again toward the print tape 250 to the discharge slit 9. そして、印字動作が終了したら、CPUは、マーク検出センサ221が次のセンサマーク356を検出するまでテープ駆動ローラ146を駆動させる。 Then, when the printing operation is completed, CPU is the mark detection sensor 221 drives the tape drive roller 146 until detecting the next sensor mark 356. 次いで、マーク検出センサ221が次のセンサマーク356を検出した場合、テープ駆動ローラ146を駆動させて印字テープ250をその地点からさらにL4だけ排出スリット9側に搬送する。 Then, the mark detecting sensor 221 when detecting the next sensor mark 356, to transport the print tape 250 by driving the tape drive roller 146 further L4 only discharge slit 9 side from that point. すると、感圧粘着剤部255の前端部がカット機構17の切断位置に相対する。 Then, the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 255 is opposed to the cutting position of the cutting mechanism 17. そして、上記と同様にカット機構17により印字テープ250が切断されることで、長さL1の印字済みのラミネートタイプの付箋紙を得ることができる。 Then, by printing tape 250 by the same manner as described above cutting mechanism 17 is cut, it is possible to obtain a sticky note printed laminate type length L1. なお、本実施形態では、長さL1の付箋紙を作成する場合について説明したが、第1の実施形態で説明したように、付箋紙の長さを(L1−L2)以下にすることで、切り落とされる余白を少なくすることができる。 In the present embodiment has described the case to create a sticky note length L1, as described in the first embodiment, the sticky note lengths (L1-L2) by the following, it is possible to reduce the margin to be cut off.

次に、テープ印字装置200におけるハーフカット処理について説明する。 Next, a description will be given half-cut process in the tape printer 200. テープ印字装置200では、ユーザによるキーボードの操作によって付箋紙の作成数量が入力されると、一枚の剥離紙256に対して、フィルムテープ251、粘着剤層253、背景基材254が積層してなるテープが複数箇所で切断されて貼り付いた複数の付箋紙を作成することができる。 In the tape printing apparatus 200, the creation quantity of sticky notes by the operation of the keyboard by the user is input for a piece of release paper 256, the film tape 251, adhesive layer 253, and background substrate 254 is laminated tape can create multiple sticky notes that sticks are cut at a plurality of locations comprising. この場合、図19,図22に示すように、CPUは、ハーフカット機構180を動作させる。 In this case, FIG. 19, as shown in FIG. 22, CPU operates the partial cutting mechanism 180. まず、CPUは、上記と同様の印字動作をテープ印字装置200に行わせ、その印字動作が終了したら、マーク検出センサ221が次のセンサマーク356を検出するまでテープ駆動ローラ146を駆動させる。 First, CPU is the same printing operation as described above was performed on the tape printing apparatus 200, when the printing operation is completed, the mark detection sensor 221 drives the tape drive roller 146 until detecting the next sensor mark 356.

そして、マーク検出センサ221が次のセンサマーク356を検出した場合、CPUは、テープ駆動ローラ146を駆動させて印字テープ250をその地点からL5だけ排出スリット9側に搬送する。 Then, the mark detecting sensor 221 when detecting the next sensor mark 356, CPU conveys the print tape 250 by driving the tape drive roller 146 from the point L5 only the discharge slit 9 side. すると、感圧粘着剤部255の前端部がハーフカット機構180の切断位置に相対する。 Then, the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 255 is opposed to the cutting position of the half-cut mechanism 180. そこで、CPUは、駆動回路を制御してハーフカッターモータを駆動させる。 Therefore, CPU drives the half cutter motor and controls the drive circuit. すると、ハーフカット機構180では、移動刃182が固定台181に向かって移動するので、印字テープ250はその感圧粘着剤部255の前端部にて剥離紙256を残すようにしてハーフカットされる。 Then, the half-cut mechanism 180, the moving blade 182 is moved toward the fixed base 181, it is half-cut so as to leave the release paper 256 print tape 250 at the front end of the pressure-sensitive adhesive portion 255 . そして、この処理が繰り返されることによって、一枚の剥離紙256に貼り付いた複数の付箋紙を得ることができる。 Then, by this process is repeated, it is possible to obtain a plurality of sticky notes stuck on a sheet of release paper 256.

以上説明したように、第3の実施形態であるテープ印字装置200では、非感熱式のラミネートタイプである印字テープ250を排出するテープカセット190を用いて、ラミネートタイプの付箋紙を作成できるものである。 As described above, in the tape printing apparatus 200 according to a third embodiment, a tape cassette 190 for discharging the print tape 250 is a laminate type of non-thermal, as it can create a laminate type sticky notes is there. そして、第1の実施形態と同様の効果に加え、感圧粘着剤部255が、印字面を有するフィルムテープ251ではなく、粘着テープ252の背景基材254の裏面に設けられているので、フィルムテープ251には感圧粘着剤部による段差ができない。 Then, in addition to the same effects as the first embodiment, pressure sensitive adhesive portion 255, rather than the film tape 251 having a printing surface, so it is provided on the rear surface of the background substrate 254 of the adhesive tape 252, the film the tape 251 can not be stepped by pressure sensitive adhesive portion. これにより、フィルムテープ251の印字面になされる印字の品質を良好に保つことができる。 Thus, it is possible to maintain the quality of printing to be done on the print surface of the film tape 251 satisfactorily.

なお、第3の実施形態であるテープ印字装置200についても種々の変形が可能である。 Note that various modifications are possible also tape printer 200 according to a third embodiment. 例えば、テープ印字装置200のカセット装着部8には、感熱式のラミネートタイプである印字テープを排出するテープカセットを装着することもできる。 For example, in the cassette housing portion 8 of the tape printer 200 may be mounted to the tape cassette for discharging the print tape a laminate type thermal. そこで、第3の実施形態の変形例として、感熱式の印字テープ450を排出するテープカセット230をテープ印字装置200に装着した場合について、図23及び図24を参照して説明する。 Therefore, as a modification of the third embodiment, the tape cassette 230 for discharging the print tape 450 of thermal case mounted on the tape printing apparatus 200 will be described with reference to FIGS. 23 and 24. 図23は、テープカセット230をテープ印字装置200に装着した状態を示す平面図であり、図24は、印字テープ450の縦断面図である。 Figure 23 is a plan view showing a state of mounting the tape cassette 230 in the tape printing apparatus 200, FIG. 24 is a longitudinal sectional view of the print tape 450.

なお、テープカセット230の構造は、第3の実施形態のテープカセット130の構造とほぼ同じ構造である。 The structure of the tape cassette 230 is substantially the same structure as the structure of the tape cassette 130 of the third embodiment. よって、以下の説明では、同じ構造部分については第3の実施形態と同じ符号を付して説明を一部省略し、異なる構造部分を中心に説明する。 Therefore, in the following description, for the same structural parts are partly omitted are designated by the same reference numerals as the third embodiment will be described focusing on different structural parts.

図23に示すように、テープカセット230のカセット装着部8に装着されたテープカセット230は、感熱式のラミネートタイプである印字テープ450を排出するものである。 As shown in FIG. 23, the tape cassette 230 mounted in the cassette housing portion 8 of the tape cassette 230, and discharges the print tape 450 is a laminate type thermal. このテープカセット230の下ケース132内において、粘着テープスプール140には粘着テープ452が巻回して支持され、フィルムテープスプール149には、透明で感熱式のフィルムテープ451が巻回して支持されている。 In the lower case 132 of the tape cassette 230, the adhesive on the tape spool 140 is supported by turning the pressure-sensitive adhesive tape 452 is wound, the film tape spool 149, the film tape 451 of transparent thermal is supported by winding . なお、フィルムテープ451は感熱式であるので、このテープカセット230にはインクリボンは収納されていない。 Since the film tape 451 is a thermal ink ribbon is not accommodated in the tape cassette 230.

そして、テープカセット230の前面右側に設けられたアーム部134の内側には、フィルムテープスプール149から引き出されたフィルムテープ451が搬送され、開口134aからヘッド装着部(図示外)に排出されている。 Then, inside the arm portion 134 provided on the front right side of the tape cassette 230 is conveyed film tape 451 pulled out from the film tape spool 149 has been discharged from the opening 134a to the head mounting portion (not shown) . 一方、粘着テープスプール140から引き出された粘着テープ452は、テープ駆動ローラ146を介してフィルムテープ451の裏面側に重合され、テープ排出口137からラミネートタイプの印字テープ450として排出される。 On the other hand, the adhesive tape 452 drawn from the adhesive tape spool 140 is polymerized on the back side of the film tape 451 through the tape drive roller 146, it is discharged as the print tape 450 laminated type from the tape discharging port 137. なお、テープカセット230には、図20に示すテープカセット190と同様に、ICタグ147、案内壁138、テープ駆動ローラ146等が設けられている。 Note that the tape cassette 230, like the tape cassette 190 shown in FIG. 20, IC tag 147, the guide wall 138, such as a tape drive roller 146 is provided.

ここで、印字テープ450について説明する。 Here, a description will be given of the print tape 450. 図24に示すように、テープカセット230のテープ排出口137から排出される印字テープ450は、貼り付け時に裏面となる面に印字面を有する感熱式の透明なフィルムテープ451と、該フィルムテープ451の裏面に積層されて接着される粘着テープ452とから構成されている。 As shown in FIG. 24, the print tape 450 discharged from the tape discharging port 137 of the tape cassette 230 includes a transparent film tape 451 of the thermal type having a printing surface to surface to be the back side during pasting, the film tape 451 and a pressure-sensitive adhesive tape 452 Metropolitan glued is a laminated on back surface. 粘着テープ452は、透明なフィルムテープ451の背景となる背景基材454と、該背景基材454のフィルムテープ451側の面に塗布された粘着剤層453と、前記背景基材454の粘着剤層453が塗布された面の反対面に、背景基材454の長手方向に沿って所定間隔L1毎に設けられた感圧粘着剤部455と、該感圧粘着剤部455を挟んで、背景基材454の前記反対面に剥離可能に接着された剥離紙456とから構成されている。 Adhesive tape 452, the background substrate 454 as a background of the transparent film tape 451, the adhesive layer 453 of the film coated on the surface of the tape 451 side of the background substrate 454, the adhesive of the background substrate 454 on the opposite surface of the surface layer 453 is applied, the pressure sensitive adhesive 455 disposed at predetermined intervals L1 along the longitudinal direction of the background substrate 454, across the sensitive pressure-adhesive portion 455, a background and a releasably adhered to release paper 456 Metropolitan to the opposite surface of the substrate 454.

また、剥離紙456の裏面には、印字テープ450の位置検出のための黒色長方形状のセンサマーク556が、感圧粘着剤部455の前端部から印字方向にL3だけズレて所定間隔L1毎に印刷されている。 Further, the back surface of the release paper 456, the black rectangular sensor mark 556 for detecting the position of the print tape 450, from the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 455 to the printing direction Te shifted by L3 at predetermined intervals L1 It is printed. これにより、感圧粘着剤部455とセンサマーク556とが互いに重ならないようになっている。 Accordingly, and the pressure-sensitive adhesive portion 455 sensor mark 556 is made so as not to overlap each other. さらに、センサマーク356と、該センサマーク356の印字方向下流側に位置する感圧粘着剤部455の前端部との距離はL2に調整されている。 Further, the sensor marks 356, the distance between the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 455 which is positioned to the printing direction downstream of the sensor mark 356 is adjusted to L2. つまり、L1=L2+L3の関係になっている。 In other words, it has a relationship of L1 = L2 + L3. また、剥離紙456の表面(背景基材454に対向する面)におけるセンサマーク556の近傍には、各種情報を記憶するICタグ557が設けられている。 In the vicinity of the sensor mark 556 in the surface of the release paper 456 (the surface facing the background substrate 454), IC tag 557 that stores various kinds of information are provided.

そして、図23に示すように、テープ印字装置200では、サーマルヘッド10とマーク検出センサ221との間の距離がL2になっているので、図24に示すセンサマーク556と、該センサマーク556よりも印字方向下流側の感圧粘着剤部455の前端部との間の距離と同じになっている。 Then, as shown in FIG. 23, in the tape printing apparatus 200, the distance between the thermal head 10 and the mark detecting sensor 221 is turned L2, a sensor mark 556 shown in FIG. 24, from the sensor mark 556 also the same as the distance between the front end of the printing direction downstream side of the pressure sensitive adhesive 455. さらに、センサマーク556がマーク検出センサ221に対向した時に、サーマルヘッド10に対向するフィルムテープ451の印字面の部分は、粘着テープ452のセンサマーク556からL2だけ離間する感圧粘着剤部455の前端部が接着される部分に相当する。 Further, when the sensor mark 556 is opposed to the mark sensor 221, the printed surface of the film tape 451 facing the thermal head 10 portion, the sensor mark 556 of adhesive tape 452 of the pressure-sensitive adhesive portion 455 spaced L2 the front end portion corresponds to the portion to be bonded.

そこで、CPUは、マーク検出センサ221がセンサマーク556を検出した場合、サーマルヘッド10を駆動させるように駆動回路を制御し、フィルムテープ251の印字面に印字する。 Therefore, CPU, when the mark detection sensor 221 detects the sensor marks 556, and controls the driving circuit to drive the thermal head 10 prints on the print surface of the film tape 251. そして、テープ駆動ローラ146及び可動搬送ローラ14の間では、フィルムテープ451の印字面における印字開始位置に対して、粘着テープ452の裏面における感圧粘着剤部455の前端部が相対するように圧接される。 And, between the tape drive roller 146 and the movable feed roller 14, pressed against the print start position on the printed surface of the film tape 451, as the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 455 of the back surface of the adhesive tape 452 relative It is. これにより、感圧粘着剤部455の前端部にフィルムテープ451の印字開始位置が相当する印字済みの印字テープ450を作成することができる。 This makes it possible to create the printed print tape 450 which print start position of the film tape 451 to the front end portion of the pressure-sensitive adhesive portion 455 is equivalent to.

なお、印字テープ150の切断処理及びハーフカット処理においても、第1の実施形態と同様の効果を得ることができる。 Also in the cutting process and the half-cutting processing of the print tape 150, it is possible to achieve the same effects as in the first embodiment. 以上のように、感熱式のラミネートタイプの印字テープ450を排出するテープカセット230を、テープ印字装置200に装着した場合においても、第3の実施形態と同様の効果を得ることができる。 As described above, the tape cassette 230 for discharging the laminate type print tape 450 of thermal, when attached to the tape printer 200, it is possible to obtain the same effect as the third embodiment.

なお、本発明の印字テープ、テープカセット及びテープ印字装置は、上記実施形態に限らず、各種変形が可能なことはいうまでもない。 Incidentally, the print tape of the present invention, a tape cassette and a tape printing apparatus is not limited to the above embodiment, it various modifications are possible of course.

本発明の印字テープ、テープカセット及びテープ印字装置は、付箋紙を作成できる印字テープ、テープカセット及びテープ印字装置に適用可能である。 Print tape, the tape cassette and tape printer of the present invention, the print tape can create sticky note, it is applicable to a tape cassette and a tape printer.

テープ印字装置1の斜視図である。 It is a perspective view of the tape printer 1. テープカセット30をテープ印字装置1に装着した状態を示す平面図である。 The tape cassette 30 is a plan view showing a state of mounting in the tape printing apparatus 1. テープ印字装置1の電気的構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing an electrical configuration of the tape printer 1. テープカセット30の内部構造を示した平面図である。 Is a plan view showing an internal structure of the tape cassette 30. 印字テープ50の縦断面図である。 It is a longitudinal sectional view of the print tape 50. 印字テープ50の剥離紙52側から見た平面図である。 It is a plan view seen from the release paper 52 side of the print tape 50. サーマルヘッド10付近における印字テープ50及びインクリボン60の搬送状態を示す説明図である。 It is an explanatory view showing a transfer state of the print tape 50 and the ink ribbon 60 in the thermal head 10 around. 付箋紙55のテープ基材51側から見た平面図である。 It is a plan view seen from the tape base material 51 side of the sticky note 55. CPU71による印字制御動作を示すフローチャート(1枚の付箋紙55を作成する場合)である。 It is a flowchart showing a print control operation by the CPU 71 (when creating a sheet of sticky notes 55). CPU71による印字制御動作を示すフローチャート(複数枚の付箋紙55を作成する場合)である。 It is a flowchart showing a print control operation by the CPU 71 (when creating a plurality of sticky notes 55). 図10の続きを示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the continuation of FIG. 10. 複数の付箋紙55が剥離紙52に貼り付いた状態を示す平面図である。 A plurality of sticky notes 55 is a plan view showing a state in which stuck to the release paper 52. 複数の付箋紙55が剥離紙52に貼り付いた状態を示す縦断面図である。 A plurality of sticky notes 55 is a longitudinal sectional view showing a state in which stuck to the release paper 52. テープカセット90をテープ印字装置1に装着した状態を示す平面図である。 The tape cassette 90 is a plan view showing a state of mounting in the tape printing apparatus 1. 印字テープ150の断面図である。 It is a cross-sectional view of the print tape 150. テープカセット130をテープ印字装置100に装着した状態を示す平面図である。 The tape cassette 130 is a plan view showing a state of mounting the tape printer 100. 印字テープ170の断面図である。 It is a cross-sectional view of the print tape 170. サーマルヘッド10付近における印字テープ170及びインクリボン60の搬送状態を示す説明図である。 It is an explanatory view showing a transfer state of the print tape 170 and the ink ribbon 60 in the thermal head 10 around. テープカセット190をテープ印字装置200に装着した状態を示す平面図である。 The tape cassette 190 is a plan view showing a state of mounting the tape printer 200. テープカセット190の内部構成を示す平面図である。 Is a plan view showing the internal configuration of the tape cassette 190. 印字テープ250の縦断面図である。 It is a longitudinal sectional view of the print tape 250. サーマルヘッド10付近における印字テープ250及びインクリボン160の搬送状態を示す説明図である。 It is an explanatory view showing a transfer state of the print tape 250 and the ink ribbon 160 in the thermal head 10 around. テープカセット230をテープ印字装置200に装着した状態を示す平面図である。 The tape cassette 230 is a plan view showing a state of mounting the tape printer 200. 印字テープ450の縦断面図である。 It is a longitudinal sectional view of the print tape 450.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 テープ印字装置 8 カセット装着部 10 サーマルヘッド 17 カット機構 21 マーク検出センサ 37 テープ排出口 50 印字テープ 51 テープ基材 52 剥離紙 54 感圧粘着剤部 55 付箋紙 56 センサマーク 60 インクリボン 80 ハーフカット機構 190 テープカセット 200 テープ印字装置 250 印字テープ 251 フィルムテープ 252 粘着テープ 253 粘着剤層 254 背景基材 255 感圧粘着剤部 256 剥離紙 356 センサマーク 1 tape printing apparatus 8 cassette mount 10 thermal head 17 cutting mechanism 21 mark sensor 37 tape exit 50 print tape 51 sensitive tape substrate 52 release paper 54 pressure-adhesive portion 55 the sticky note 56 sensor mark 60 ink ribbon 80 half-cut mechanism 190 tape cassette 200 tape printer 250 print tape 251 film tape 252 adhesive tape 253 adhesive layer 254 background substrate 255 pressure-sensitive adhesive portion 256 release paper 356 sensor mark

Claims (9)

  1. テープ印字装置の印字ヘッドによって印字される帯状の基材を備えた印字テープであって、 A print tape comprising a strip-shaped substrate to be printed by the print head of the tape printer,
    前記基材の、前記印字テープの貼付時における貼付面となる背面側には、 Of the substrate, on the rear side of the attachment surface at the time of sticking of the printing tape,
    前記印字テープの長手方向に所定間隔を空けて設けられた粘着剤からなる部分粘着剤部と、 A partial adhesive part comprising the pressure-sensitive adhesive provided at predetermined intervals in the longitudinal direction of the printing tape,
    当該部分粘着剤部を介して前記基材の背面側に剥離可能に接着された帯状の剥離紙とが設けられ、 Releasably and adhered strip of release paper is provided via the partial adhesive portion on the back side of the substrate,
    前記剥離紙の前記部分粘着剤部に接する面の反対面には、前記印字テープの位置を示すための位置検出用マークが設けられ、 Wherein the surface opposite to the surface in contact with the portion adhesive portion of the release paper, the position detection marks for indicating the position of the printing tape is provided,
    当該位置検出用マークは、前記印字テープの位置を検出する前記テープ印字装置の位置検出センサによって検出され、 The position detection mark is detected by the position detecting sensor of the tape printer to detect the position of the printing tape,
    前記位置検出用マークは、前記剥離紙の長手方向に前記所定間隔と同一の間隔で設けられ、 Wherein the position detection mark, it said provided at predetermined intervals the same spacing and in the longitudinal direction of the release paper,
    前記位置検出用マークと前記部分粘着剤部との、前記印字テープの長手方向の距離は、前記位置検出センサと前記印字ヘッドとの距離と同一であることを特徴とする印字テープ。 The position detection mark and the partial pressure-sensitive adhesive portion, the longitudinal distance of the print tape, the print tape, characterized in that it is identical to the distance between the position detection sensor and the print head.
  2. 前記基材は、前記印字ヘッドによって印字される印字面を有する透明基材であって、 It said substrate is a transparent substrate having a printing surface to be printed by said print head,
    当該透明基材の前記印字面に接着され、前記透明基材の背景となる背景基材を備え、 Is adhered to the printing surface of the transparent substrate, comprising a background substrate as a background of the transparent substrate,
    前記背景基材の、前記透明基材に接着される面の反対面に前記部分粘着剤部が設けられ、 The background substrate, the partial pressure-sensitive adhesive portion is provided on the surface opposite to the surface to be bonded to the transparent substrate,
    前記部分粘着剤部は、前記背景基材の長手方向に前記所定間隔を空けて設けられるとともに、 The partial adhesive portion, together provided at a predetermined interval in the longitudinal direction of the background substrate,
    前記背景基材の前記反対面には、前記部分粘着剤部を介して前記剥離紙が剥離可能に接着されていることを特徴とする請求項1に記載の印字テープ。 Wherein the said opposite surface of the background substrate, the printing tape according to claim 1, wherein the release paper via the partial adhesive portion is characterized in that it is adhered peelably.
  3. 前記基材の、前記印字テープの貼付時における表面には、前記印字ヘッドによって印字される印字面が設けられ、 Wherein the substrate, the surface at the time of sticking of the printing tape, the printing surface to be printed by the print head is provided,
    前記基材の前記反対面には、前記部分粘着剤部が前記基材の長手方向に前記所定間隔を空けて設けられると共に、前記部分粘着剤部を介して前記剥離紙が剥離可能に接着されていることを特徴とする請求項1に記載の印字テープ。 The opposite surface of the substrate, with the partial adhesive portion is provided at a predetermined interval in the longitudinal direction of the base material, the release paper via the partial adhesive portion is adhered peelably printing tape according to claim 1, characterized in that it is.
  4. 前記部分粘着剤部は、感圧接着剤からなり、剥離接着が繰り返し可能であることを特徴とする請求項1乃至3の何れかに記載の印字テープ。 The partial adhesive portion is made pressure sensitive adhesive, the printing tape according to any one of claims 1 to 3, wherein the peel adhesion can be repeated.
  5. 請求項1乃至4の何れかに記載の印字テープを収容することを特徴とするテープカセット。 Tape cassette, characterized in that for accommodating the print tape according to any one of claims 1 to 4.
  6. 前記印字テープの前記基材の表面又は背面に当接すると共に、前記テープ印字装置の前記印字ヘッドに圧接されて前記基材に印字を施すインクリボンを備えたことを特徴とする請求項5に記載のテープカセット。 Abuts against the front surface or back surface of the base material of the printing tape, according to claim 5, characterized in that an ink ribbon to perform printing said are pressed against the print head of the tape printing apparatus to the substrate tape cassette.
  7. 前記背景基材の一面には粘着剤が設けられ、 Adhesive is provided on one surface of the background substrate,
    前記印字ヘッドによる印字処理がなされた前記透明基材の前記印字面に対して、前記背景基材の前記一面が前記粘着剤を介して接着されることによって、請求項2に記載の印字テープが形成されることを特徴とする請求項5又は6に記載のテープカセット。 Relative to the printing surface of the transparent substrate to print processing by the printing head is made by the one face of the background substrate is adhered through the adhesive, the printing tape according to claim 2 tape cassette according to claim 5 or 6, characterized in that it is formed.
  8. 前記印字ヘッドと、 And the print head,
    前記位置検出センサと、 And the position detection sensor,
    請求項5乃至7の何れかに記載のテープカセットを着脱可能に装着するカセット装着部と、 A cassette mounting portion for detachably mounting a tape cassette according to any one of claims 5 to 7,
    当該カセット装着部に装着された前記テープカセットから供給された前記印字テープを外部に排出するテープ排出口と、 And a tape discharge port for discharging the printing tape fed from the tape cassette loaded in the cassette mounting portion to the outside,
    前記テープカセットから前記テープ排出口に前記印字テープが搬送される搬送路に設けられ、前記印字テープを切断する切断手段とを備え、 Wherein the printing tape from the tape cassette in the tape discharging port is provided in the transport path to be conveyed, and a cutting means for cutting the print tape,
    前記切断手段は、前記印字テープの搬送方向における前記部分粘着剤部の前端部を切断することを特徴とするテープ印字装置。 Said cutting means, the tape printing apparatus characterized by cutting the front end of the partial adhesive portion in the transport direction of the print tape.
  9. 前記搬送路に設けられ、前記印字テープの前記剥離紙のみを残しカットするハーフカット手段を備え、 Provided in the conveying path, provided with a half cut unit for cutting leaving only the release paper of the printing tape,
    複数の前記印字テープを形成する場合、前記ハーフカット手段が、前記印字テープの搬送方向における前記部分粘着剤部の前端部をハーフカットすることを特徴とする請求項8に記載のテープ印字装置。 When forming a plurality of said printing tape, the half-cut unit, a tape printing apparatus according to claim 8, characterized in that the half-cut the front end portion of the partial adhesive portion in the transport direction of the print tape.
JP2006263681A 2006-09-28 2006-09-28 Print tape, tape cassette and tape printer Pending JP2008080668A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006263681A JP2008080668A (en) 2006-09-28 2006-09-28 Print tape, tape cassette and tape printer

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006263681A JP2008080668A (en) 2006-09-28 2006-09-28 Print tape, tape cassette and tape printer

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2008080668A true true JP2008080668A (en) 2008-04-10

Family

ID=39352002

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006263681A Pending JP2008080668A (en) 2006-09-28 2006-09-28 Print tape, tape cassette and tape printer

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2008080668A (en)

Cited By (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2011074086A1 (en) 2009-12-16 2011-06-23 ブラザー工業株式会社 Tape cassette
CN102259506A (en) * 2010-05-31 2011-11-30 兄弟工业株式会社 printer
US9011028B2 (en) 2009-03-31 2015-04-21 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9132682B2 (en) 2009-03-31 2015-09-15 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape unit and tape cassette
US9174476B2 (en) 2010-02-26 2015-11-03 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Ribbon guide in a tape cassette
JP2016047656A (en) * 2015-12-28 2016-04-07 ブラザー工業株式会社 Tape cassette
US9409425B2 (en) 2009-03-31 2016-08-09 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9427988B2 (en) 2009-03-31 2016-08-30 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9493016B2 (en) 2008-12-25 2016-11-15 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9498997B2 (en) 2008-12-25 2016-11-22 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9566808B2 (en) 2009-03-31 2017-02-14 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9573401B2 (en) 2009-06-30 2017-02-21 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9656495B2 (en) 2009-12-28 2017-05-23 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette

Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH072203Y2 (en) * 1989-11-07 1995-01-25 ブラザー工業株式会社 Tape cassette mounted in the tape printing apparatus and apparatus
JPH10244710A (en) * 1997-03-06 1998-09-14 Casio Comput Co Ltd Printing apparatus and continuous sheet medium for printing
JP2001180060A (en) * 1999-12-28 2001-07-03 Casio Comput Co Ltd Printing apparatus and recording paper
JP2001205873A (en) * 2000-01-31 2001-07-31 Sato Corp Detection mark for belt-shaped object and detecting mechanism therefor
JP2001277184A (en) * 2000-03-31 2001-10-09 Casio Comput Co Ltd Cutting device
JP2003285459A (en) * 2002-03-27 2003-10-07 Alps Electric Co Ltd Thermal transfer printer

Patent Citations (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH072203Y2 (en) * 1989-11-07 1995-01-25 ブラザー工業株式会社 Tape cassette mounted in the tape printing apparatus and apparatus
JPH10244710A (en) * 1997-03-06 1998-09-14 Casio Comput Co Ltd Printing apparatus and continuous sheet medium for printing
JP2001180060A (en) * 1999-12-28 2001-07-03 Casio Comput Co Ltd Printing apparatus and recording paper
JP2001205873A (en) * 2000-01-31 2001-07-31 Sato Corp Detection mark for belt-shaped object and detecting mechanism therefor
JP2001277184A (en) * 2000-03-31 2001-10-09 Casio Comput Co Ltd Cutting device
JP2003285459A (en) * 2002-03-27 2003-10-07 Alps Electric Co Ltd Thermal transfer printer

Cited By (41)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9498997B2 (en) 2008-12-25 2016-11-22 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9751349B2 (en) 2008-12-25 2017-09-05 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9682584B2 (en) 2008-12-25 2017-06-20 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9566812B2 (en) 2008-12-25 2017-02-14 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9649861B2 (en) 2008-12-25 2017-05-16 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9539838B2 (en) 2008-12-25 2017-01-10 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape Cassette
US9656496B2 (en) 2008-12-25 2017-05-23 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9533522B2 (en) 2008-12-25 2017-01-03 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9656497B2 (en) 2008-12-25 2017-05-23 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9522556B2 (en) 2008-12-25 2016-12-20 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9511609B2 (en) 2008-12-25 2016-12-06 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9855779B2 (en) 2008-12-25 2018-01-02 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9511610B2 (en) 2008-12-25 2016-12-06 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9498998B2 (en) 2008-12-25 2016-11-22 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9493016B2 (en) 2008-12-25 2016-11-15 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9511611B2 (en) 2008-12-25 2016-12-06 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9592692B2 (en) 2009-03-31 2017-03-14 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9498988B2 (en) 2009-03-31 2016-11-22 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9427988B2 (en) 2009-03-31 2016-08-30 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9409425B2 (en) 2009-03-31 2016-08-09 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9403389B2 (en) 2009-03-31 2016-08-02 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9656488B2 (en) 2009-03-31 2017-05-23 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9370949B2 (en) 2009-03-31 2016-06-21 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9346296B2 (en) 2009-03-31 2016-05-24 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9381756B2 (en) 2009-03-31 2016-07-05 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9132682B2 (en) 2009-03-31 2015-09-15 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape unit and tape cassette
US9011028B2 (en) 2009-03-31 2015-04-21 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9566808B2 (en) 2009-03-31 2017-02-14 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9616690B2 (en) 2009-03-31 2017-04-11 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9498987B2 (en) 2009-03-31 2016-11-22 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9573401B2 (en) 2009-06-30 2017-02-21 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9802432B2 (en) 2009-06-30 2017-10-31 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9676217B2 (en) 2009-06-30 2017-06-13 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9539837B2 (en) 2009-12-16 2017-01-10 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9352600B2 (en) 2009-12-16 2016-05-31 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
EP2845743A1 (en) 2009-12-16 2015-03-11 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
WO2011074086A1 (en) 2009-12-16 2011-06-23 ブラザー工業株式会社 Tape cassette
US9656495B2 (en) 2009-12-28 2017-05-23 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Tape cassette
US9174476B2 (en) 2010-02-26 2015-11-03 Brother Kogyo Kabushiki Kaisha Ribbon guide in a tape cassette
CN102259506A (en) * 2010-05-31 2011-11-30 兄弟工业株式会社 printer
JP2016047656A (en) * 2015-12-28 2016-04-07 ブラザー工業株式会社 Tape cassette

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6012860A (en) Tape printing device and tape cartridge used therein
US7296941B2 (en) Tape printer and tape creating method
US5232297A (en) Printing device with margin setting for cut tape
US5409317A (en) Tape printing device capable of setting appropriate margin
US6857801B2 (en) Label printer
US7121751B2 (en) Placing printing elements and mark sensor at proper positions with respect to the cutter member
JP2009214431A (en) Tape cassette
JP2001088359A (en) Tape printer
US20100232862A1 (en) Tape Printing Apparatus and Tape Cassette
WO2009107534A1 (en) Tape cassette, tape making apparatus and tape making system
JP2006240310A (en) Tape-like label generating apparatus and tape cassette
JPH07214876A (en) The tape printing apparatus
CN1744993A (en) Information on consumables
JP2004155150A (en) Thermosensitive recorder
JP2013141749A (en) Tape cassette and printed label making system
JP2006021432A (en) Printing tape, tape cartridge, and tape printer
JPH09141997A (en) Print face forming system for stamp and tape containing cassette for print face of stamp
EP0557137A2 (en) Method and device for printing on a tape-like medium
JP2000229750A (en) Paper cassette and recording paper
JPH09240158A (en) Tape and tape cassette storing the tape
CN101516628A (en) Tape printing apparatus and tape cassette
US5741082A (en) Tape printers having cutter control
US20040026024A1 (en) Label affixing method and apparatus
US20040184858A1 (en) Roll-like printing paper, video printer using such roll-like printing paper and method of detecting remaining quantity of printing paper
US20060165461A1 (en) Identifying compatible combination for a thermal printer

Legal Events

Date Code Title Description
RD04 Notification of resignation of power of attorney

Effective date: 20080223

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

A621 Written request for application examination

Effective date: 20090319

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20101118

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20101124

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A521 Written amendment

Effective date: 20110121

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A02 Decision of refusal

Effective date: 20110222

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02