JP2007208531A - Multicolor printing apparatus and method of controlling same - Google Patents

Multicolor printing apparatus and method of controlling same Download PDF

Info

Publication number
JP2007208531A
JP2007208531A JP2006023627A JP2006023627A JP2007208531A JP 2007208531 A JP2007208531 A JP 2007208531A JP 2006023627 A JP2006023627 A JP 2006023627A JP 2006023627 A JP2006023627 A JP 2006023627A JP 2007208531 A JP2007208531 A JP 2007208531A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
color
object
color space
processing
color conversion
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2006023627A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Naoyuki Nishikawa
尚之 西川
Original Assignee
Canon Inc
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To perform processing suitable to an object by setting different color conversion processing to a print job.
SOLUTION: An object of an input print job is determined, and the object of the print job is subjected to color conversion processing on the basis of a determination result and information designating color conversion processing set in each print job. When the object is a transparent object, color conversion processing is performed in a rendering color space, and when the object is gradation, color conversion processing is performed in a device color space.
COPYRIGHT: (C)2007,JPO&INPIT

Description

本発明は、文字や図形の展開、或いは写真などの自然画像の描画を行う多色印刷装置に関するものである。 The present invention is a development of the characters and graphics, or it relates to a multicolor printing device for drawing natural images such as photographs.

従来、図形やイメージデータを印刷するカラープリンタ等において扱われる色データは、図形の場合、カラーモードやコマンドにより指定されるRGB値で与えられ、イメージデータの場合、RGB点順次やRGB面順次の形式で与えられる。 Conventionally, the color data handled in a color printer or the like that prints graphic or image data in the case of graphics, is given by RGB values ​​designated by a color mode or command in the case of image data, sequentially or RGB surface-sequential RGB point It is given in the form. また、色データを扱う色空間はRGBとは限らず、カラープリンタ特有の(インク特性等による)YMC色空間やCIE等で定義されているXYZ色空間等もある。 Further, the color space to handle color data is not limited to RGB, some XYZ color space or the like defined in the color printer specific (due to ink characteristics) YMC color space or CIE like.

何れにしても、カラープリンタ内部で印刷が行われる際に、入力された色データに対してカラープリンタで定義されている色空間に対応する色再現処理が施され(例えばRGBからYMCKへの変換)、実際の印刷出力が行われる。 Anyway, the conversion of when the printing inside the color printer takes place, the color reproduction processing corresponding to the color space defined by the color printer is performed on the input color data from (e.g. RGB to YMCK ), the actual print output is performed.

一般に、カラープリンタにおいて、他のデバイスが扱う色データとのカラーマッチングを考慮した場合、基準となる色空間を一つ定義し、他のデバイスとでそれぞれの発光(色)特性にあった色補正を行っている。 Generally, in a color printer, when considering the color matching with color data other devices handled defines a single color space as a reference, the color correction suitable for each light emission (color) characteristics with the other device It is carried out. ここで、他のデバイスは、例えばカラースキャナやCRT等のカラーディスプレイである。 Here, other devices, for example, a color display of a color scanner or CRT.

この場合、カラープリンタ内部の色処理も、基準となる色空間に対応するものになり、例えばカラーディスプレイに表示されるイメージをカラープリンタで出力しても、忠実に再現することが可能となる。 In this case, the color processing is also inside the color printer, will correspond to the color space as a reference, for example be output image displayed on the color display by the color printer, it is possible to faithfully reproduce.

例えば、カラースキャナ、カラーディスプレイ、カラープリンタ等のデバイスで同一の色データを扱うために、基準となる色空間、即ちデバイス非依存色空間を定義し、各デバイスに対応する色空間変換処理を用いて各デバイス固有の色空間へ変換する。 For example, using a color scanner, color display, in order to deal with the same color data in a device such as a color printer, the color space as a reference, i.e. to define the device-independent color space, the color space conversion processing corresponding to each device converted into the device-specific color space Te. これにより、各デバイス間でカラーマッチングを実現することができる。 Thus, it is possible to realize a color matching between devices.

実際には、各デバイスが本質的に持つ物理的な特性により、各デバイスにおける色再現範囲が異なっているため、測色学的な一致を追求するのは難しい。 In fact, the physical properties which each device has essentially since the color reproduction range is different in each device, it is difficult to pursue colorimetrically specific match. しかしながら、一般的には、CIE1976 L*a*b*等に代表される色差式で色差を最小にするような色補正が提案されている。 However, in general, color correction has been proposed to the color difference to a minimum by the color difference formula represented by CIE1976 L * a * b * or the like.

カラーディスプレイではスクリーンに、カラープリンタでは記録紙に、というように、異なるメディア上に表現される2色が等しいか否かを評価する方法において多くの色差式が提案されている。 The screen is a color display, the recording paper is a color printer, and so on, many color difference formulas have been proposed in the method for evaluating whether two colors expressed on different media are equal. しかしながら、絶対的に確立されたものはなく、それらは多くの場合、利用する目的により使い分けられているのが実情である。 However, not the one established absolutely, they are often of used selectively by the purpose of use is in reality.

また、これと同時に、色再現にも幾つかの方法が存在し、やはりその目的により使い分けられている。 At the same time, several methods exist in the color reproduction, it is also used properly according to the purpose. 上述のカラーマッチングを考慮した場合、どのような色再現を目的とするかで評価する方法も必然的に異なってくる。 In consideration of color matching described above, any method of color reproduction is evaluated by whether an object also different necessarily. 特に、カラープリンタにおいて、その内部の色再現方法は出力される印刷物の画質に影響する重要な要素となる。 In particular, in a color printer, color reproduction method therein is an important factor affecting the quality of printed matter to be output.

一般には、上述したように、CIE1976 L*a*b*色差式等を用いて、その色差が最小となるような補正を行うことが試みられている。 In general, as described above, CIE1976 L * using the a * b * color difference formula or the like, it has been attempted to perform the correction as the color difference is minimum. この方法は、カラースキャナから読み取った色データをカラープリンタで色再現するような場合には有効である。 This method is effective when the color data read from the color scanner in a color printer, such as to reproduce the color. これは、元が反射原稿(紙上に再現されていた色)であり、それを印刷装置のインクで再現するのは比較的容易だからである。 This source is a reflective original (color which has been reproduced on paper), is because it is relatively easy to reproduce in the ink of the printing apparatus it. 基本的に、物理的発色の仕組が同一なので、インク特性の違いやその濃度(諧調性)の問題があるにしてもその他のメディアに比べれば色再現は容易である。 Basically, the mechanism of the physical color is the same, compared to other media even though there are differences and their concentration in the ink characteristic of (tone reproduction) issues color reproduction is easy.

ところが、カラーディスプレイのスクリーン上に発光されるような色は、物理的な特性自体も反射原稿と異なっており、一般的な色差式による色再現性の追求には限界がある。 However, the color, such as to emit light on the color display screen, the physical properties themselves are different from the reflective original, there is a limit to the pursuit of color reproduction according to a general color difference formula. このようなメディアにおいて出力される画像が自然画であった場合、一般にプリファードマッチングと呼ばれる色再現が利用されている場合が多い。 When images outputted in such media is a natural image, often generally color reproduction called Preferred matching is utilized. これは、再現画像が元画像と等色であるかどうかという観点から離れて、画像中で最も重要ないくつかの色(例えば、人の肌色等)についてより好ましい色再現を達成しようとするものである。 This what is reproduced image away from the point of view of whether the original image and the color matching, some of the most important colors in the image (e.g., skin color, etc. of a human) to be achieved more favorable color reproduction for it is.

しかし、自然画像のようなデータを扱う際には、このような色再現が有効であっても、コンピュータグラフィックス(CG)画像のようなデータを扱う場合は等色を考慮しないような色再現処理では不都合が生じる。 However, when dealing with data such as a natural image, even effective such color reproduction, color reproduction that does not consider the color matching when dealing with data such as computer graphics (CG) image inconvenience in the process occurs.

そこで、処理するデータに合わせてその色再現処理が変更可能であれば、上述の問題も解決可能である。 Therefore, the color reproduction processing changes possible, it is also possible solve above problems in accordance with the data to be processed. 従って、扱うデータに対応した色再現処理を選択することにより、より好ましい画質で印刷出力できる多色印刷装置を提供することができる。 Therefore, by selecting the color reproduction processing corresponding to data handled, it is possible to provide a multicolor printing apparatus capable of printing out a more preferred image quality.

図1は、従来のプリンタにおける色処理に関する主な処理を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing a main process related to color processing in a conventional printer. 図1に示すように、入力データは、まず入力部101で一時的に記憶された後、データ解析部102へ送られる。 As shown in FIG. 1, the input data, after being temporarily stored first in the input unit 101, it is sent to the data analysis unit 102. そして、データ解析部102で入力データがイメージデータかCGデータであるかが解析される。 Then, the input data in the data analysis unit 102 whether the image data or CG data is analyzed. 具体的には、入力データのデータ形式を認識し、ピクセルサイズと各ピクセルのRGB値が点順次形式で並んでいれば、イメージデータと解析する。 Specifically, to recognize the data format of the input data, RGB values ​​of each pixel and pixel size if lined with a dot sequential format, analyzing the image data. また、図形の種類を表すデータとその座標値や色指定値のRGBデータ等がその処理体系に合致する形式で並んでいれば、CGデータと解析する。 Also, if in line in a form RGB data of the data and the coordinate values ​​and color specification values ​​representing the type of figure matches to the processing system, for analyzing the CG data.

次に、データ解析部102で解析した結果に基づいて入力データをそのデータの処理に合う展開系へと分岐させる。 Next diverts to deploy systems that fit the input data based on a result of analysis by the data analyzer 102 to process the data. 即ち、データ解析部102で解析した結果がイメージデータであれば、入力データはデータ解析部102からイメージ展開系103へ送られる。 That is, the result of the analysis by the data analysis unit 102 if the image data, the input data is sent from the data analyzer 102 to the image development system 103. そしてイメージ展開系103で色変換処理部104を参照しながらYMCデータへ変換されて描画データに展開され、ページバッファ107に描画される。 And with reference to the color conversion processing unit 104 by the image development system 103 is converted into YMC data is expanded in the drawing data is drawn in the page buffer 107.

また、データ解析部102で解析した結果がCGデータであれば、入力データはデータ解析部102からCG展開系105へ送られる。 Further, if the result of the analysis by the data analysis unit 102 is a CG data, the input data is sent from the data analyzer 102 to the CG development system 105. そしてCG展開系105で色変換処理部106を参照しながらYMCデータへ変換されて描画データに展開され、ページバッファ107に描画される。 And with reference to the color conversion processing unit 106 CG deployment system 105 is converted into YMC data is expanded in the drawing data is drawn in the page buffer 107.

これに対して、モニタへのグラフィックデザインの表示を重視したSVG(Scaleable Vector Graphic)のオブジェクトには、透明な図形と、グラデーション図形が存在する。 In contrast, the object of SVG with an emphasis on the display of the graphic design of the monitor (Scaleable Vector Graphic), and the figure clear, there is a gradient figure. 以下、それぞれについて、図面を用いて詳細に説明する。 Hereinafter, each is described in detail with reference to the drawings. まず、透明な図形について説明する。 First, a description will be given transparent shapes.

図2は、2つの図形データを合成する合成処理を説明するための図である。 Figure 2 is a diagram for explaining a combining process for combining two graphic data. 一般的に、描画する画像の色の重なり部分は、任意の混色演算式に従って演算処理することができる。 Generally, the color overlapping portion of the image to be drawn may be processing in accordance with any color mixing calculation formula. この例では、画像として2つの図形210、220を入力し、1つの図形210が透過、合成属性値としてα_CG1を持ち、別の図形220が透過、合成属性値としてα_CG2を持つものとする。 In this example, enter two figures 210 and 220 as the image, a single figure 210 is transmitted has a α_CG1 as synthetic attribute value, another shape 220 transmitted, it shall have α_CG2 as synthetic attribute value. また、各図形の透過、合成属性値は画像を形成しているピクセル毎に設定されているため、合成の際には、ピクセル毎に合成ピクセルを計算することができるように構成されている。 Also, transmission of each figure, the synthetic attribute value for which is set for each pixel forming the image, at the time of synthesis is configured to be able to calculate the synthesized pixel per pixel.

この重なった部分242とそれ以外の部分241、243とでは、カラーマッチングの処理が異なるため、図2に示すように、適宜領域231〜233の分解処理が行われる。 In this overlapping part 242 other portions 241 and 243 and, since the processing of the color matching are different, as shown in FIG. 2, the decomposition treatment of the appropriate region 231 to 233 is performed. このような「透過、合成属性値」を使った合成処理は、「αブレンド」と呼ばれることがある。 Such "transparent, synthetic attribute value" synthesis processing using may be referred to as "α blending".

ここで、αブレンドが適用されるオブジェクト(図形)に対して、カラーマッチングを行う方法について説明する。 Here, the object (figure) which α blending is applied, a method of performing color matching is described. 一般的には、以下に挙げられるように、2つの方法が考えられる。 In general, as mentioned below, the two methods can be considered.

1つ目の方法は、図3に示すように、αブレンドの前の段階で、カラーマッチング処理(ガマット圧縮処理)が行われる場合である。 The first method, as shown in FIG. 3, at a stage before the α blending is when the color matching processing (gamut compression process) is performed. PDL(ページ記述言語)ジョブの中には、印刷ページを形成するために必要な各図形(オブジェクト)の情報が含まれる。 Some PDL (page description language) job includes information of respective graphics (objects) required to form a print page. 一般的に、各図形に対しては、任意の色空間を独立に指定することができる。 In general, for each shape can be specified independently of any color space. 例えば、図2に示す矩形オブジェクト210に対して、ある規格の色空間A(例えば、A−RGB色空間とする)が指定されており、また別の矩形オブジェクト220には、別の規格の色空間B(同様にB−RGB色空間)が指定されているとする。 For example, for a rectangular object 210 shown in FIG. 2, the color space A of a given specification (eg, the A-RGB color space) is specified, and the other rectangular object 220, the another standard color the space B (similarly B-RGB color space) is specified.

また、システムにおける印刷するデバイスはプリンタAであり、プリンタAへの入力色空間は、RGB色空間(即ち、デバイスRGB色空間)として定義されているとする。 The device for printing in the system is printer A, the input color space to printer A, the RGB color space (i.e., the device RGB color space) and is defined as.

ここでは、デバイス非依存の色空間、例えばXYZやLab等の色空間からデバイス色空間へ色変換する際に、プリンタAのICCプロファイル(例えば、XYZからデバイスRGBへの変換)を利用するように構成されている。 Here, the device-independent color space, for example when the color conversion into the device color space from the color space such as XYZ or Lab, ICC profile of the printer A (e.g., conversion to a device RGB from XYZ) to utilize the It is configured.

図2に示す2つの矩形オブジェクトにおける色空間の違いは、プリンタAのICCプロファイルを使うことにより、一つの色空間(ここでは、デバイス色空間)に揃えることができるようになる。 Differences in color space in two rectangular objects shown in FIG. 2, by using the ICC profile of printer A, (in this case, the device color space) one color space it is possible to align the.

具体的には、矩形オブジェクト210に対しては、A−RGB色空間からXYZ色空間へ変換し、このXYZ色空間からプリンタAのICCプロファイルを利用してプリンタAのデバイス色空間へ変換する。 Specifically, for the rectangular object 210, converted from A-RGB color space into XYZ color space is converted into the device color space of printer A using the ICC profile of printer A from the XYZ color space. このとき、プリンタデバイスのガマットに合わせた色空間圧縮が行われる(ガマットマップ+色変換)。 At this time, the color space compression to match the gamut of the printer device is performed (gamut map + color conversion). また、矩形オブジェクト210と同様に、矩形オブジェクト220に対しても同じ処理が適用され、デバイスRGB値を得ることができる。 Further, similarly to the rectangular object 210, is also the same processing is applied to the rectangular object 220, it is possible to obtain device RGB values.

これらの変換により、合成の対象となっている2つの矩形オブジェクトの色空間を一つに揃えることができ、各オブジェクトは、同一の色空間、即ち、デバイスRGB色空間内で合成処理が実行される。 These transformations, color space of two rectangular objects that is the synthesis of the target can be aligned into one, each object, the same color space, i.e., the synthetic processing is performed on the device RGB color space that. そして、プリンタ側では、各オブジェクトの合成後のデバイスRGB色空間値を受け取り、プリンタの内部で、このデバイスRGB色空間からプリンタ色空間CMYKへ変換が行われ、印刷出力が実行される。 Then, the printer side receives the device RGB color space values ​​after composition of the objects, in the inside of the printer, this device converts the RGB color space to printer color space CMYK is performed, the print output is performed.

次に、2つ目の方法として、αブレンドが適用されるオブジェクト(図形)を合成処理後に、デバイス色空間へのカラーマッチング処理(ガマット圧縮処理)が行われる場合について説明する。 Next, as a second method, object (figure) after synthesizing process α blending is applied will be described a case where a color matching process to the device color space (gamut compression process) is performed. ここでは、PDLスクリプト又はシステムの定義として、レンダリング色空間(ここでの定義は広義、例えば合成等のオペレーションを行う色空間もそれに同一とする)が定義されていることを前提とする。 Here, as the definition of PDL script or system, rendering color space (defined here broadly, for example, a color space for performing the operation of synthesis and the like are also the same thereto) it is assumed that is defined. また、レンダリング色空間としては、プリンタのガマットを定義した色空間ではなく、ディスプレイ等の規格から定義されて色空間が指定されているものとする(例えば、標準的な色空間sRGB等)。 As the rendering color space, rather than a color space that defines the gamut of the printer are defined by standards such as a display and it is assumed that the color space is specified (e.g., a standard color space sRGB or the like).

上述のように、PDL(ページ記述言語)ジョブの中には、印刷ページを形成するために必要な各図形(オブジェクト)の情報が含まれる。 As described above, in the PDL (page description language) job includes information of respective graphics (objects) required to form a print page. 一般的に、各図形に対しては、任意の色空間を独立に指定することができる。 In general, for each shape can be specified independently of any color space.

図2に示す矩形オブジェクト210に対して、ある規格の色空間A(例えば、A−RGB色空間とする)が指定されており、また別の矩形オブジェクト220には、別の規格の色空間B(同様にB−RGB色空間)が指定されているとする。 Against the rectangular object 210 shown in FIG. 2, there standard color space A (e.g., A-RGB to color space) is specified, and the other rectangular object 220, the color space of another standard B (Similarly B-RGB color space) and are specified.

図4に示すように、まず各色空間からレンダリング色空間へ色変換が行われる。 As shown in FIG. 4, the color conversion is performed to the rendering color space is first from the color space. ここで、レンダリング色空間として、sRGB色空間が指定されている場合、色空間圧縮を行う必要がないため、単に色空間変換(白色点、色度、又はγ等が影響を受ける線形な変換)が行われる。 Here, as the rendering color space, when the sRGB color space is designated, it is not necessary to perform the color space compression, simply (linear transformations white point, chromaticity, or γ and the like are affected) color space conversion It is carried out. 次に、2つの矩形オブジェクトは、同一の色空間(レンダリング色空間)に変換された後、合成処理が実行される。 Next, two rectangular objects are converted to the same color space (rendering color space), the synthesizing process is performed. その後、レンダリング色空間からデバイス色空間(デバイスRGB色空間)へ変換される。 Then converted from the rendering color space into the device color space (device RGB color space). このとき、デバイス色空間はプリンタのガマットを持つために色空間圧縮がなされる(ガマットマップ+色変換)。 In this case, the device color space is a color space compression to have a gamut of the printer is made (gamut map + color conversion).

プリンタ側では、各オブジェクトの合成後のデバイスRGB色空間値を受け取り、プリンタの内部で、このデバイスRGB色空間からプリンタ色空間CMYKへ変換が行われ、印刷出力が実行される。 In the printer receives the device RGB color space values ​​after composition of the objects, in the inside of the printer, this device converts the RGB color space to printer color space CMYK is performed, the print output is performed.

ここで、上述した2種類の方法(図3及び図4)を対比させ、どちらの方法を適用することが好ましいかについて考察する。 Here, by comparing the two methods described above (FIGS. 3 and 4), it is preferable either to consider the application of either method. まず、前提として合成の処理はPDLがその動作を規定していると考えられる。 First, the process of synthesis assumption is considered to PDL is defining its operation. この前提を踏まえた上で、PDLジョブのレンダリング結果を、ディスプレイやプリンタへ出力する場合を考察する。 On the basis of this premise, the rendering result of the PDL job, consider the case to be output to a display or a printer.

画像の処理としては、一つのレンダリング色空間上で合成処理がなされ、その合成結果が各デバイスへ流れる場合、各デバイスの色空間に変換されると考えるのが自然である。 As the process of the image synthesizing process in one rendering color space it is performed, when the combined resultant flow to each device, to think that is converted into the color space of each device is natural. 合成処理は一種の算術演算であり、適用する色空間が異なれば、結果も異なってしまい、各デバイスにおける色空間に変換した後、合成処理を行うと不都合が発生する。 Synthesis process is a kind of arithmetic operation, different color spaces to be applied, the result will be different, after conversion to the color space in each device, inconvenience occurs when synthesis processing is performed.

よって、一般的に考えると、2つ目の方法(図4)、即ち合成処理した後に、デバイス色空間へ色空間圧縮する方法が好ましいと言える。 Therefore, Generally considered, the second method (Fig. 4), i.e., after the composition processing, a method of color space compression to the device color space is said to be preferred.

次に、オブジェクトにグラデーションが存在し、そのグラデーションの処理を行う場合について説明する。 Next, there is a gradation object, a case of performing the processing of the gradation. ここで、グラデーションとは、図形であって、いくつかの点、例えば矩形のような領域が定義されており、複数の点で端点の色が定義されているものである。 Here, the gradient, a figure, a number of respects, for example, regions such as rectangles are defined, in which the color of the end points are defined at a plurality of points. そして、その中間の色の値は、端点から端点への変化により表現される図形である。 Then, the intermediate color value is a graphic represented by a change from the end point to end point.

図5は、グラデーションの処理を説明するための図である。 Figure 5 is a diagram for explaining the process of gradation. このグラデーションの図形に対して、カラーマッチング処理を行う場合、計算により発生する量子化誤差に起因して以下の問題が発生する場合がある。 Relative shapes of the gradient, when performing color matching processing, due to the quantization error produced by the calculation of the following problems may occur.

例えば、始点から終点にかけて赤から黒に変化するようなグラデーションオブジェクトを考える。 Consider, for example, from the red toward the end point from the starting point of the gradation object, such as changes to black. この色変換は図5に示すように、描画ライン上の位置Viに応じて行う必要がある。 The color conversion as shown in FIG. 5, it is necessary to perform in accordance with a position Vi on the drawing line. このとき、描画位置の変化(V1−V2)が移動距離(X2−X1)に対して緩い場合、即ち(V1−V2)の値が相対的に低い場合、計算による量子化誤差に起因して、色変換結果が、所望の値にならい場合がある。 At this time, when the change in the writing position (V1-V2) is loose with respect to the moving distance (X2-X1), i.e. when the value of (V1-V2) is relatively low, due to the quantization error by calculating , the color conversion result, there is a case follows the desired value.

この問題を、図6を用いて説明すると、グラデーションオブジェクトが、RGB色空間でピクセル展開された後、カラーマッチング処理で各RGBのピクセルが、CMYK値に変換される場合がこれに該当する。 This problem is explained with reference to FIG. 6, the gradation object, after being pixel expanding in the RGB color space, each RGB pixel in the color matching process, when it is converted into CMYK values ​​corresponding thereto. 各CMYKピクセルの値は、カラーマッチング処理による量子化誤差の影響を受けてしまう。 The value of each CMYK pixel, thereby the influence of quantization errors due to the color matching processing. つまり、例えばCMYK色空間側での変化が単調増加でなければいけない場合でも、図6に示す(A)のように量子化誤差の影響を受け、単調増加にならない場合が出てくる。 That is, for example, even when the change in the CMYK color space side must be the monotonically increasing, the influence of quantization errors, as shown in FIG. 6 (A), comes out may not be monotonically increasing.

これを解決するためには、例えばカラーマッチング処理と、グラデーションの制御点におけるカラーマッチング結果に基づき、グラデーションにおける色の変化値をデバイス色空間上で補間することが考えられる。 To solve this problem, for example, the color matching processing, based on the color matching results at control points of the gradation, it is conceivable to interpolate the color change values ​​in the gradation on the device color space.

即ち、図6に示す(B)を用いて説明すると、まずグラデーションオブジェクトの端点のみカラーマッチング処理を行い、その後、中間のピクセル描画をCMYKレンダリング処理の中で生成する場合がこれに該当する。 That, referring to (B) shown in FIG. 6, firstly it performs a color matching process only the end points of the gradation object, then, when generating an intermediate pixel draw in the CMYK rendering processing corresponds to this. CMYK色空間内で、グラデーションであることを前提に画像を形成すれば、単調増加という条件を満たしながら画像を形成することが可能となる。 In CMYK color space, by forming an image on the assumption that the gradation, it is possible to form an image while satisfying the condition that monotonically increasing.

よって、一般的に考えると、グラデーションの場合は、図6に示す(B)の方法、即ち端点のみデバイス色空間へ色空間圧縮した後、デバイス色空間で中間ピクセルを生成する方法が好ましいと言える。 Therefore, it can be said Generally considered, in the case of gradient method shown in FIG. 6 (B), i.e., after the color space compression to the device color space only end points, and method for generating an intermediate pixel in the device color space is preferable .
特開2001-218079号公報 JP 2001-218079 JP

このように、オブジェクトにαブレンドが存在する場合はRGB色空間(レンダリング色空間)、グラデーションが存在する場合はデバイスCMYK色空間(デバイス色空間)で処理を行うことが望ましい。 Thus, RGB color space (rendering color space) if there is α blend objects, if the gradient is present, it is desirable to perform the processing on the device CMYK color space (device color space). しかしながら、従来の印刷システムでは、それぞれ別々の色空間を適用することが難しいという課題があった。 However, in the conventional printing system has a problem that it is difficult to respectively apply different color space.

また、上述したように、単純に一つの方法だけを採用すれば、全ての印刷要求を満足できるというものでもない。 As described above, if simply employ only one method, nor that it can satisfy all of the print requests. 例えば、高速印刷を行いたい場合やジョブをマルチスレッドで処理し、かつレンダリング色空間としてRGB色空間のみを利用したい場合等を考慮すると、内部の構造が非常に複雑となり、実現が困難であった。 For example, a case or job to perform high-speed printing was treated in a multi-threaded, and in consideration of the case or the like want to use only the RGB color space as the rendering color space, the interior of the structure becomes very complicated, realized is difficult .

本発明は上記課題を解決するためになされたもので、印刷ジョブに対して異なる色変換処理を設定し、オブジェクトに適した処理を行うことを目的とする。 The present invention has been made to solve the above problems, set different color conversion processing for a print job, as intended for the processing suitable for the object.

本発明は、多色印刷装置であって、入力された印刷ジョブのオブジェクトを判別する判別手段と、前記判別手段での判別結果と前記印刷ジョブ毎に設定された色変換処理を指定する情報とに基づいて前記オブジェクトを色変換処理する色変換処理手段とを有し、前記色変換処理手段は、前記オブジェクトが透明オブジェクトの場合にはレンダリング色空間で色変換処理し、グラデーションの場合にはデバイス色空間で色変換処理することを特徴とする。 The present invention relates to a multicolor printing apparatus, the information specifying a discriminating means for discriminating an object of an input print job, the discrimination result and the setting for each print job color conversion processing by the determination unit and a color conversion processing means for performing color conversion processing to the object based on the color converting processing unit, wherein the object is a color conversion processing in the rendering color space in the case of transparent objects, in the case of gradient device wherein the color conversion process in the color space.

また、本発明は、多色印刷装置の制御方法であって、入力された印刷ジョブのオブジェクトを判別する判別工程と、前記判別工程での判別結果と前記印刷ジョブ毎に設定された色変換処理を指定する情報とに基づいて前記オブジェクトを色変換処理する色変換処理工程とを有し、前記色変換処理工程は、前記オブジェクトが透明オブジェクトの場合にはレンダリング色空間で色変換処理し、グラデーションの場合にはデバイス色空間で色変換処理することを特徴とする。 Further, the present invention is a control method for a multicolor printing apparatus, a determination step of determining an object of an input print job, the discrimination process in the discrimination result and the setting for each print job color conversion process based on the information specifying and a color conversion processing step of color conversion processing said object, said color conversion processing step, and the color conversion processing in the rendering color space when the object is a transparent object, gradients wherein the color conversion processing on a device color space in the case of.

本発明によれば、印刷ジョブに対して異なる色変換処理を設定し、オブジェクトに適した処理を行うことができる。 According to the present invention, to set a different color conversion processing for a print job, it is possible to perform processing suitable for the object.

以下、図面を参照しながら発明を実施するための最良の形態について詳細に説明する。 Hereinafter, the best mode for carrying out the invention will now be described with reference to the drawings.

[第1の実施形態] First Embodiment
図7は、第1の実施形態におけるプリンタで印刷ジョブを処理する方法を示す図である。 Figure 7 is a diagram illustrating a method of processing a print job in the printer according to the first embodiment. ここで、印刷ジョブは、ジョブスクリプト710としてプリンタ720に入力される。 Here, the print job is input as a job script 710 to the printer 720. また、1つのジョブスクリプト710に対して1つのカラーチケット731が発行され、それはPDLインタープリタ721、レンダー722、ポストレンダー色変換部723等の必要なモジュールに適宜渡されるように構成されている。 Moreover, it is issued one color ticket 731 for one job script 710, which PDL interpreter 721, render 722 is configured to be passed appropriately to the required modules such as post rendering color converter 723.

まず、透明オブジェクト(αブレンドオブジェクト)がPDLインタープリタ721に渡された場合、オブジェクトの色がレンダリング色空間に変換される(色空間圧縮は適用なし)。 First, when the transparent object (alpha blend objects) are passed to the PDL interpreter 721, the color of the object is converted into the rendering color space (without color space compression applied). 次に、レンダー722内部で合成処理が行われ、その後、ポストレンダー色変換部723によって色変換が行われる。 Then, render 722 internally synthesis processing is performed, then color conversion is performed by the post-rendering color converter 723. ここでは、レンダリング色空間からデバイス色空間へ変換が行われる(色空間圧縮はここで適用される)。 Here, the conversion into the device color space is performed from the rendering color space (the color space compression is applied here).

一方、グラデーションオブジェクトの場合は、PDLインタープリタ721で端点のみカラーマッチング処理が行われる。 On the other hand, in the case of gradation object, color matching processing is performed by the PDL interpreter 721 only endpoints. この段階で、端点のみプリンタの色空間への色空間圧縮が行われてCMYK値が得られ、これがレンダー722に渡される。 At this stage, CMYK values ​​are obtained taking place the color space compression into the color space of the end point only the printer, which is passed to render 722. レンダー722でグラデーションを描画する命令を実行する際に、端点のCMYK値に基づいて中間のピクセル値を生成していく。 When executing the instructions for drawing a gradation in the Render 722, will produce an intermediate pixel values ​​based on the CMYK values ​​of the end point. 例えば、線形補間等の計算を行いながら、その間のピクセル値を算出する。 For example, while the calculation such as linear interpolation to calculate the between pixel values. 尚、グラデーションオブジェクトに関しては、ポストレンダー色変換部723の処理は不要となる。 With respect to the gradation object, the processing of the post-rendering color converter 723 is unnecessary.

個々のオブジェクトは、それぞれ異なる処理がなされるが、それらの動作はUI設定部730からの情報に基づいて生成されるカラーチケット構造体731を参照しながら制御される。 Individual objects are different processes, respectively are made, their operations are controlled with reference to the color ticket structure 731 which is generated based on information from the UI setting unit 730. カラーチケット構造体731の情報は、各処理部(PDLインタープリタ721、レンダー722、ポストレンダー色変換部723)が適宜読み取り、各処理内の動作を制御するのに利用される情報である。 Information of the color ticket structure 731, each processing unit (PDL interpreter 721, render 722, post rendering color converter 723) reading as appropriate, is information that is used to control operation in each process.

次に、図8を用いて、第1の実施形態におけるプリンタで行われる具体的な印刷ジョブの処理について詳細に説明する。 Next, with reference to FIG. 8, it will be described in detail a processing of a specific print job performed by the printer according to the first embodiment.

図8は、第1の実施形態におけるプリンタの構成の一例を示すブロック図である。 Figure 8 is a block diagram showing an example of a printer configuration in the first embodiment. 図8において、アプリケーション810で生成された印刷ジョブは、不図示のネットワーク等を経由してプリンタ820へ転送されてくる。 8, the print job generated by the application 810 will come transferred to the printer 820 via a network (not shown) or the like. プリンタ820の内部には、PDLインタープリタ721、レンダー722、ポストレンダー色変換部723毎に、オブジェクトを判別するオブジェクト判別部824がある。 Inside the printer 820, PDL interpreter 721, render 722, each post rendering color converter 723, there is an object discrimination unit 824 for discriminating an object. そして、オブジェクト判別部824で、オブジェクトが透過オブジェクトかグラデーションオブジェクトかを判別する。 Then, an object determination unit 824, the object is to determine whether transmission object or gradation object. 各オブジェクトデータは、適宜処理部825へ転送される。 Each object data is transferred to the appropriate processing unit 825.

処理部825では、カラーマッチング処理のために、色変換処理部826を適宜、呼び出す構造となっている。 In the processing unit 825, for color matching process, the color conversion processing unit 826 as appropriate, has a structure that calls. 色変換処理部826は、プリンタ制御部823からの制御により適時変換処理内容を切り換えるように構成されている。 The color conversion processing unit 826 is configured to switch the timely conversion processing contents by control from the printer control unit 823.

例えば、透過オブジェクトを処理する場合や、合成色の計算が必要な場合は、変換処理827を呼び出す。 For example, when processing the transmission object, if the calculation of the composite color is required, it calls the conversion process 827. また、グラデーションオブジェクトの端点等、一つの色について色変換を行う場合は、変換処理828を呼び出すように構成されている。 Also, the end point or the like of the gradation object, when performing color conversion for one color, and is configured to invoke the conversion process 828. 変換処理827は、入力されたオブジェクトC1、C2を、LUTに基づいて透過、合成処理を行い、カラーマッチング処理して出力する。 Conversion process 827, the object C1, C2 that is input, transmission based on the LUT, perform a combination process, and outputs the color matching process. また、変換処理828は、入力されたオブジェクトCを、LUTに基づいてカラーマッチング処理して出力する。 The conversion process 828, the object C that is input, and outputs the color matching processing based on the LUT.

また、プリンタ制御823の制御は、カラーチケット構造体822の情報に従って決定される。 The control of the printer control 823 is determined according to the information of the color ticket structure 822. このカラーチケット構造体822は、プリンタ820のUI設定部821からの情報に基づいて設定され、色変換処理826の処理内容を切り換えるのに利用されるものである。 The color ticket structure 822 is set based on information from the UI setting unit 821 of the printer 820, it is intended to be used to switch the processing contents of the color conversion process 826.

次に、図9を用いて、第1の実施形態におけるプリンタ820のプリント処理ブロックの構成及びUI設定部821の設定画面について説明する。 Next, with reference to FIG. 9 will be described setting screen printing process block configuration and UI setting unit 821 of the printer 820 in the first embodiment.

図9は、第1の実施形態におけるプリント処理ブロックの構成及び設定画面の一例を示す図である。 Figure 9 is a diagram showing an example of a configuration and setting screen of the print processing block in the first embodiment. ここで、クライアントPC900からの印刷ジョブがプリント処理ブロック920へ出力され、プリント処理ブロック920内の処理によって不図示のエンジン部へデータ出力が行われるように構成されている。 Here, the output print job from the client PC900 is the print processing block 920, and is configured such that the data output is performed to the engine unit (not shown) by processing of the print processing block 920.

図9に示すように、プリント処理ブロック920は、いくつかの内部処理ブロックから構成されている。 As shown in FIG. 9, the print processing block 920 is composed of some internal processing blocks. まず、印刷応答処理ブロック921は、ネットワーク等から入力されるクライアントPC900からの印刷要求に対して応答を行い、クライアントPC900から送信されてくる印刷データの受信処理を行う。 First, the print response processing block 921 performs a response to the print request from the client PC 900 which is input from the network, and performs reception processing of print data sent from the client PC 900. 次に、スプーリング処理ブロック922は、印刷応答処理ブロック921が受け取った印刷データをスプーリング領域に、一時的に格納する。 Next, spooling processing block 922, the print data by the print response processing block 921 receives the spooling region, temporarily stored.

印刷処理ブロック923では、印刷データに対して解析処理を行った上で、印刷を行うための画像形成処理を担当する。 In the print processing block 923, after performing analysis processing on the print data, in charge of image formation processing for printing. 透過オブジェクト処理ブロック924、グラデーション処理ブロック925は、印刷データ内に含まれるαブレンド、グラデーションの計算処理を行う。 Transparent object processing block 924, gradation processing block 925 performs α blending contained in the print data, the calculation processing of the gradation. 制御ブロック926は、後述する印刷のモードに従って、透過オブジェクト処理ブロック924、グラデーション処理ブロック925の処理を制御する。 Control block 926 in accordance with the print mode to be described later, transmitted object processing block 924, which controls the processing of gradation processing block 925.

そして、910は印刷のモードをユーザが提供するためのユーザインタフェースであり、UI設定部821の設定画面に表示される。 Then, 910 is a user interface for providing a printing mode for a user is displayed on the setting screen of the UI setting unit 821. 図9に示す例では、「高画質印刷モード」911、「高速印刷モード」912、「デフォルト設定」913、「詳細設定」914、「OK」915、「適用」916、「キャンセル」917の各指示ボタンが表示されている。 In the example shown in FIG. 9, "high quality print mode" 911, "fast print mode" 912, "Default" 913, "Advanced" 914, "OK" 915, "application" 916, "cancel" 917 Each of the instruction button is displayed.

例えば、高画質印刷モード911が選択されると、αブレンドオブジェクトにはRGB色空間(レンダリング色空間)、グラデーションにはデバイスCMYK色空間(デバイス色空間)を適用する。 For example, if high-quality print mode 911 is selected, the α blend objects RGB color space (rendering color space), to apply the device CMYK color space (device color space) is the gradient. また、高速印刷モード912が選択されると、レンダリング色空間として、RGB色空間のみを適用する。 Further, when the high-speed print mode 912 is selected, as the rendering color space, it applies only the RGB color space.

第1の実施形態によれば、カラーチケット構造体を用いて、αブレンドオブジェクトにはRGB色空間(レンダリング色空間)を、グラデーションにはデバイスCMYK色空間(デバイス色空間)を適用するというように色空間を切り換えることができる。 According to the first embodiment, by using the color ticket structure, alpha RGB color space (rendering color space) in the blend object, so that applying the device CMYK color space (device color space) is the gradient it is possible to switch the color space.

また、高速印刷モードで、レンダリング色空間として、RGB色空間のみを利用したい場合、該当する印刷ジョブに対して異なる設定のカラーチケット構造体を発行することで問題なく処理することができる。 Further, in high-speed printing mode, as the rendering color space, if you want to use only the RGB color space it can be processed without problems by issuing a color ticket structure with different settings for the corresponding print job.

[第2の実施形態] Second Embodiment
次に、図面を参照しながら本発明に係る第2の実施形態について詳細に説明する。 Next, a second embodiment according to the present invention with reference to the accompanying drawings. 第1の実施形態では、グラデーションオブジェクトに対する処理として、まず端点のみカラーマッチングを行い、その後、中間ピクセルの描画をCMYKレンダリング処理で生成していた。 In the first embodiment, as the processing for the gradation object, it performs a color matching first endpoint only, then, was the drawing of the intermediate pixels generated by the CMYK rendering processing. このように、CMYK色空間内でグラデーションを形成すれば、例えば単調増加という条件を満たした画像を形成することが可能となる。 Thus, by forming the gradient in CMYK color space, it is possible to form an image satisfying the condition of, for example, monotonically increasing.

しかし、グラデーションの変化はPDLスクリプト内のカラー色空間で定義されているものなので、厳密にいえば、レンダリング色空間内の色の変化がデバイスの色空間で表現されなくてはいけない。 However, the change of gradation is because they are defined in the color-space in the PDL script, strictly speaking, a change in the color of the rendering color space should not not be represented in the color space of the device. その意味では、CMYKのようなデバイス色空間で、線形補間等を使って中間ピクセルを生成すると忠実な色再現ができなくなるという問題がある。 In this sense, in the device color space such as CMYK, there is a problem that when generating an intermediate pixel can not faithful color reproduction using linear interpolation or the like.

そこで、第2の実施形態では、これを回避するために、グラデーションオブジェクトを適宜分割し、分割したオブジェクト毎に、その端点に対してカラーマッチング処理を行うものである。 Therefore, in the second embodiment, in order to avoid this, divide the gradation object as appropriate, for each divided object and performs a color matching process for that endpoint.

図10は、グラデーションオブジェクトの分割処理を示すフローチャートである。 Figure 10 is a flowchart showing the division processing of the gradation object. まず、ステップS1001において、初期化処理を行い、ステップS1002では、GIRDの生成処理を行う。 First, in step S1001, the Performs initialization, in step S1002, performs generation processing of Gird. 例えば、グラデーションオブジェクトの分割分解能は、後述するUI設定部で設定できるが、ここでは分解能指定値と対象となるオブジェクトのレンダリング展開時の大きさからグリッド数を決定する。 For example, the division resolution of the gradation object, can be set by the UI setting unit (to be described later), here determines the number of grids from the size at the time of rendering deployment of objects as the resolution designated value and the target. 具体的には、分解能として縦横に10DPIが指定されている場合、グラデーションオブジェクトの展開後の大きさが600DPI、プリンタで3000ピクセルであれば、5インチの大きさで画像が形成される。 Specifically, if the 10DPI vertically and horizontally is designated as the resolution, the size of the post-expansion of gradation object is 600 DPI, if 3000 is the pixel in the printer, an image is formed by the size 5 inches. この場合、期待されるグラデーションの分解能は、10DPIとすると、その分割数は50が適切な値となる。 In this case, the resolution of the gradation to be expected, when a 10 dpi, the number of divisions is 50 becomes an appropriate value.

次に、ステップS1003において、グリッド毎に端点のカラーマッチング値として、デバイスCMYK値を求める。 Next, in step S1003, the color matching value of the end point for each grid, obtaining the device CMYK values. このとき、求めたグリッド点のCMYK値と、その縦横のグリッド点との差分値をDXi,DYiとして記録しておく。 In this case, the CMYK values ​​determined grid point, recording the difference value between the grid points of the vertical and horizontal DXi, as DYi. そして、DXi,DYiと差分値の最大値(DMX,DMY)とを比較し、DXi,DYiが差分値の最大値を超えた場合はDMX,DMYを適宜更新する。 Then, DXi, the maximum value of DYi difference value (DMX, DMY) and comparing, DXi, if DYi exceed the maximum value of the difference value is appropriately updated DMX, DMY a. 上述の処理を各グリッド全てに対して行う。 The above process is performed for all the grid.

次に、ステップS1004において、差分値の最大値(DMX,DMY)をDX,DYに代入する。 Next, in step S1004, the substituted maximum value of the difference value (DMX, DMY) DX, the DY. そして、ステップS1005で、後述するUI設定部で指定される閾値と、DX,DYとを比較し、DX,DYの何れかが閾値を超えた場合はステップS1006へ進み、グリッドを再分割する。 Then, in step S1005, a threshold specified by the UI setting unit (to be described later), compared DX, and DY, DX, if any of the DY exceeds the threshold value the process proceeds to step S1006, subdivision grid.

尚、閾値により再分割を行っているが、差分値、即ちグリッド間のCMYK値の変化が大きい場合、その領域の色の変化が線形性を保てていないことを意味し、現在のグリッド分割よりも微小な領域に分割する必要があるためである。 Although performing subdivided by a threshold, when the difference value, i.e. the change of the CMYK values ​​between the grids is large means that the change in color of the area is not maintained the linearity, current grid division This is because it is necessary to divide into small areas than.

このステップS1006では、グリッド数の増加を行う。 In step S1006, it performs an increase in the number of grids. 例えば、縦横のGRID数が50であった場合、グリッド数100をセットする。 For example, if the GRID number of vertical and horizontal were 50, it sets the number of grids 100. そして、ステップS1007では、設定されたグリッド数がシステムのグリッドリミット値を超えているか否かを判断する。 In step S1007, the number of grids which is set to determine whether it exceeds a grid limit value of the system. ここで、超えていなければステップS1003に戻り、上述の処理を繰り返す。 Here, the flow returns to step S1003 if not exceed, the above processing is repeated.

尚、グリッドリミットの値は、例えば600DPI程度のプリンタでは、300が妥当である。 The value of the grid limit, for example in 600DPI about printer 300 is valid. また、視覚特性上も200〜300程度で画質は満足されると推定されるため、通常はグリッドリミットの値として200が設定される。 Further, since the image quality is also about 200 to 300 on the visual characteristics is expected to be satisfied, usually 200 is set as the value of the grid limits.

次に、図11を用いて、第2の実施形態におけるプリンタで行われる印刷ジョブの処理について詳細に説明する。 Next, with reference to FIG. 11, it describes in detail a processing of the print job performed by the printer in the second embodiment.

図11は、第2の実施形態におけるプリンタで印刷ジョブを処理する方法を示す図である。 Figure 11 is a diagram illustrating a method of processing a print job in the printer according to the second embodiment. ここで、印刷ジョブは、ジョブスクリプト1110としてプリンタ1120に入力される。 Here, the print job is input as a job script 1110 to the printer 1120. 各ジョブには、それぞれカラーチケット1131が発行され、PDLインタープリタ1121、レンダー1122、ポストレンダー色変換1122等の必要なモジュールに適宜渡される。 Each job is respectively issued color ticket 1131, PDL interpreter 1121, render 1122, it passed appropriately to the required modules such as post render color converter 1122.

まず、透明オブジェクト(αブレンドオブジェクト)がPDLインタープリタ1121に渡された場合、オブジェクトの色がレンダリング色空間に変換される(色空間圧縮なし)。 First, when the transparent object (alpha blend objects) are passed to the PDL interpreter 1121, the color of the object is converted into the rendering color space (without color space compression). 次に、レンダー1122内部で合成処理が行われ、その後、ポストレンダー色変換部1123によって色変換が行われる。 Then, render 1122 internally synthesis processing is performed, then color conversion is performed by the post-rendering color converter 1123. ここでは、レンダリング色空間からデバイス色空間へ変換が行われる(色空間圧縮を適用する)。 Here, the conversion into the device color space (to apply a color space compression) carried out from the rendering color space.

一方で、グラデーションオブジェクトの場合は、PDLインタープリタ1121の段階で、再分割処理とカラーマッチング処理が行われる。 On the other hand, in the case of the gradation object, at the stage of the PDL interpreter 1121, the re-segmentation processor and color matching processing is performed. グラデーションオブジェクトに対する再分割処理は、図10を用いて説明したように、グラデーション解像度や差分値の閾値等の条件に基づいて分割される。 Subdivision processing for the gradation object, as described with reference to FIG. 10, is divided on the basis of the conditions such as a threshold value of the gradient resolution and difference value. 尚、このグラデーション解像度や差分値の閾値等の情報は、カラーチケット構造体1131の内部に情報が格納されている。 The information such as a threshold of the gradient resolution and difference value information within the color ticket structure 1131 is stored. ここで、分割された各グラデーションのオブジェクトには、各端点におけるデバイスCMYK値が求められるように構成されており、これらの情報は全てレンダー1122に渡される。 Here, the object for each gradient divided is configured such that the device CMYK values ​​are obtained at the end points, are all information passed to render 1122.

レンダー1122でグラデーションを描画する命令を実行する際に、端点のCMYK値に基づいて中間のピクセル値を生成していく。 When executing the instructions for drawing a gradation in the Render 1122, will produce an intermediate pixel values ​​based on the CMYK values ​​of the end point. 例えば、線形補間等の計算を行いながら、その間のピクセル値を算出する。 For example, while the calculation such as linear interpolation to calculate the between pixel values. このように、グラデーションオブジェクトに関しては、ポストレンダー色変換部1123の処理は不要である。 Thus, with respect to the gradation object, the processing of the post-rendering color converter 1123 is not required.

2つのオブジェクトは、それぞれ異なる処理がなされるが、それらの動作はカラーチケット構造体1131を参照しながら制御される。 Two objects are different processes, respectively are made, their operations are controlled with reference to the color ticket structure 1131. カラーチケット構造体1131の情報は、各処理ブロック(PDLインタープリタ1121、レンダー1122、ポストレンダー色変換1123)が適宜読み取り、各処理内の動作を制御するように構成されている。 Information of the color ticket structure 1131, each of the processing blocks (PDL interpreter 1121, render 1122, post-rendering color converter 1123) read as appropriate, it is configured to control the operation in each process.

また、カラーチケット構造体1131は第1の実施形態と同様に、UI指定部1130からの情報に基づいて生成されるものである。 The color ticket structure 1131 is similar to the first embodiment, and is generated based on information from the UI designation unit 1130.

次に、図12を用いて、第2の実施形態におけるプリンタ1120のプリント処理ブロックの構成及びUI設定部1130の設定画面について説明する。 Next, with reference to FIG. 12, described setting screen printing process block configuration and UI setting unit 1130 of the printer 1120 in the second embodiment.

図12は、第2の実施形態におけるプリント処理ブロックの構成及び設定画面の一例を示す図である。 Figure 12 is a diagram showing an example of a configuration and setting screen of the print processing block in the second embodiment. 図12に示すプリント処理ブロック1210の構成は、図9を用いて説明した第1の実施形態と同様であり、その説明は省略する。 Configuration of a print processing block 1210 shown in FIG. 12 is similar to the first embodiment described with reference to FIG. 9, a description thereof will be omitted. また、印刷のモードを設定する設定画面も第1の実施形態と同様であるが、第2の実施形態では、更に詳細な設定画面を表示し、設定をカスタマイズ可能に構成するものである。 Although the setting screen for setting a printing mode also the same as in the first embodiment, in the second embodiment, in which to display the more detailed setting screen customizable to configure the settings.

図12に示すように、詳細設定ボタンが押下されると、詳細設定項目を開く。 As shown in FIG. 12, when the detail setting button is depressed, opening the detail setting items. ここで、透過オブジェクト、グラデーションオブジェクトそれぞれに対して、カラーマッチングのモード(ここでは、Pre又はPost処理、或いは自動の何れか)を選択することができる。 Here, transparent object, for each gradation object (here, Pre or Post processing, or any automatic) color matching mode can be selected. 図11に示す例では、αブレンドオブジェクトにはPostCMSが選択され、グラデーションオブジェクトにはPostレンダー処理が選択された状態である。 In the example shown in FIG. 11, the α blend objects PostCMS is selected, the gradation object is a state Post render process is selected.

図12に示す例では、グラデーションオブジェクトに対して、Postレンダー処理を選択した場合に、自動設定又は手動設定が選択できることが示されている。 In the example shown in FIG. 12, with respect to gradation object, if you select the Post render process has been shown that the automatic setting or manual setting can be selected. ここで、更に手動設定を選択した場合には、図12に示すように、グラデーションを処理する際のグリッド解像度及び差分の閾値をそれぞれ設定できるように構成されている。 Here, when the user selects the further manual settings, as shown in FIG. 12, it is constituted grid resolution and the differential threshold value when processing a gradation to be set, respectively.

実施形態によれば、カラーチケット構造体を用いて、各オブジェクトに適用する色空間を切り換えることで、αブレンドオブジェクトにはRGB色空間(レンダリング色空間)を、グラデーションにはデバイスCMYK色空間(デバイス色空間)を適用できる。 According to the embodiment, by using the color ticket structure, each object by switching the color space to be applied to, alpha RGB color space (rendering color space) in the blend object, the gradient device CMYK color space (device It can be applied to color space). これにより、αブレンドオブジェクトを印刷した画像は、他のデイバス、例えばモニタディスプレイと一致したカラー再現を実現することができる。 Thus, images printed with α blend objects, other Deibasu, it is possible to realize a color reproduction that matches the example monitor display. また、グラデーション画像では、カラーマッチング処理時の量子化誤差の影響を受けない、滑らかな美しいグラデーション画像を得ることができる。 Further, in the gradation image, not affected by the quantization error in the color matching processing, it is possible to obtain a smooth beautiful gradation image.

また、印刷システムとしては、プリンタ内部でジョブをマルチスレッドで処理する構成となっていた場合でも、カラーチケット構造体を各ジョブスレッド毎に発行することで、お互いが干渉することなく動作が可能となる。 As the printing system, even if you have a configuration for processing a job in multi-threads inside the printer, color ticket structure by issuing for each job thread, and can operate without one another to interfere Become.

また、印刷のモードを切り換える場合、例えば高速印刷モードで、レンダリング色空間としてRGB色空間のみを利用する場合も、該当するジョブに対して異なる設定のカラーチケットを発行することで問題なく処理が行える。 Further, when switching the print mode, for example, in high-speed printing mode, even when using only the RGB color space as the rendering color space, perform processing without problem by issuing a different setting collar ticket for the appropriate job .

尚、本発明は複数の機器(例えば、ホストコンピュータ,インターフェース機器,リーダ,プリンタなど)から構成されるシステムに適用しても、1つの機器からなる装置(例えば、複写機,ファクシミリ装置など)に適用しても良い。 The present invention is a plurality of devices (e.g., host computer, interface, reader, printer) or to a system constituted by an apparatus comprising a single device (e.g., copying machine, facsimile machine) to it may be applied.

また、前述した実施形態の機能を実現するソフトウェアのプログラムコードを記録した記録媒体を、システム或いは装置に供給し、そのシステム或いは装置のコンピュータ(CPU若しくはMPU)が記録媒体に格納されたプログラムコードを読出し実行する。 Further, a recording medium which records a program code of software for realizing the functions of the above processes to a system or apparatus, the program codes with a computer (CPU or MPU) is stored in the recording medium of the system or apparatus to read and execute. これによっても、本発明の目的が達成されることは言うまでもない。 It is needless to say that the object of the present invention are achieved.

この場合、記録媒体から読出されたプログラムコード自体が前述した実施形態の機能を実現することになり、そのプログラムコードを記憶した記録媒体は本発明を構成することになる。 In this case, the program codes read from the recording medium realizes the functions of the embodiments and the recording medium storing the program code constitutes the present invention.

このプログラムコードを供給するための記録媒体としては、例えばフロッピー(登録商標)ディスク,ハードディスク,光ディスク,光磁気ディスク,CD−ROM,CD−R,磁気テープ,不揮発性のメモリカード,ROMなどを用いることができる。 As the recording medium for supplying the program code are a floppy disk, a hard disk, using a magneto-optical disk, CD-ROM, CD-R, magnetic tape, nonvolatile memory card, ROM, and the like be able to.

また、コンピュータが読出したプログラムコードを実行することにより、前述した実施形態の機能が実現されるだけでなく、次の場合も含まれることは言うまでもない。 Further, by a computer executing the read program code, as well as functions of the above-described embodiments are realized, of course, also includes the following cases. 即ち、プログラムコードの指示に基づき、コンピュータ上で稼働しているOS(オペレーティングシステム)などが実際の処理の一部又は全部を行い、その処理により前述した実施形態の機能が実現される場合。 That is, based on instructions of the program code, if the OS or the like running on the computer (the operating system) performs a part or the whole of the processing so that the functions of the embodiments mentioned above are realized by that processing.

更に、記録媒体から読出されたプログラムコードがコンピュータに挿入された機能拡張ボードやコンピュータに接続された機能拡張ユニットに備わるメモリに書込む。 Furthermore, it is written in the memory where the program code read from the recording medium provided in a function expansion unit connected to a function expansion board inserted into a computer or a computer. その後、そのプログラムコードの指示に基づき、その機能拡張ボードや機能拡張ユニットに備わるCPUなどが実際の処理の一部又は全部を行い、その処理により前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれることは言うまでもない。 Then, on the basis of the instructions of the program code, the function expansion board or function expansion unit performs part or all of actual processing CPU provided in, includes the case where the functions of the above embodiments by the processing is realized is it is needless to say.

従来のプリンタにおける色処理に関する主な処理を示す図である。 It shows main process related to color processing in a conventional printer. 2つの図形データを合成する合成処理を説明するための図である。 It is a diagram for explaining a combining process for combining two graphic data. 透明図形を合成する前にカラーマッチング処理(色空間圧縮)を行う例を示す図である。 It is a diagram illustrating an example of performing color matching processing (color space compression) before synthesizing the transparent graphics. 透明図形を合成した後にカラーマッチング処理(色空間圧縮)を行う例を示す図である。 It is a diagram illustrating an example of performing color matching processing (color space compression) after synthesizing the transparent graphics. グラデーションの処理を説明するための図である。 It is a diagram for explaining the process of gradation. グラデーション処理における量子化誤差とCMYKレンダリング処理を示す図である。 It is a diagram showing a quantization error and CMYK rendering processing in the gradation processing. 第1の実施形態におけるプリンタで印刷ジョブを処理する方法を示す図である。 It is a diagram illustrating a method of processing a print job in the printer according to the first embodiment. 第1の実施形態におけるプリンタの構成の一例を示すブロック図である。 Is a block diagram showing an example of a printer configuration in the first embodiment. 第1の実施形態におけるプリント処理ブロックの構成及び設定画面の一例を示す図である。 Is a diagram showing an example of a configuration and setting screen of the print processing block in the first embodiment. グラデーションオブジェクトの分割処理を示すフローチャートである。 Is a flowchart showing the division processing of the gradation object. 第2の実施形態におけるプリンタで印刷ジョブを処理する方法を示す図である。 It is a diagram illustrating a method of processing a print job in the printer according to the second embodiment. 第2の実施形態におけるプリント処理ブロックの構成及び設定画面の一例を示す図である。 Is a diagram showing an example of a configuration and setting screen of the print processing block in the second embodiment.

Claims (6)

  1. 多色印刷装置であって、 A multicolor printing apparatus,
    入力された印刷ジョブのオブジェクトを判別する判別手段と、 Discriminating means for discriminating an object of an input print job,
    前記判別手段での判別結果と前記印刷ジョブ毎に設定された色変換処理を指定する情報とに基づいて前記オブジェクトを色変換処理する色変換処理手段とを有し、 And a color conversion processing means for performing color conversion processing to the object based on the information specifying the determination result to the print job set color conversion processing for each of the above determination means,
    前記色変換処理手段は、前記オブジェクトが透明オブジェクトの場合にはレンダリング色空間で色変換処理し、グラデーションの場合にはデバイス色空間で色変換処理することを特徴とする多色印刷装置。 The color conversion processing means, wherein the object is a color conversion processing in the rendering color space in the case of transparent objects, in the case of gradient multicolor printing apparatus, characterized in that the color conversion processing on a device color space.
  2. 前記印刷ジョブをマルチスレッドで処理する処理手段を更に有し、 Further comprising a processing means for processing the print job in a multi-threaded,
    前記色変換処理を指定する情報はジョブスレッド毎に発行されることを特徴とする請求項1に記載の多色印刷装置。 Information specifying the color conversion process multicolor printing apparatus according to claim 1, characterized in that it is issued for each job thread.
  3. 前記オブジェクトがグラデーションの場合、デバイス色空間で中間ピクセルを形成する手段と、 Wherein when the object is a gradation, and means for forming an intermediate pixels on the device color space,
    前記オブジェクトの再分割を行う再分割手段とを更に有することを特徴とする請求項1に記載の多色印刷装置。 Multicolor printing apparatus according to claim 1, further comprising a re-dividing means for performing subdivision of the object.
  4. 多色印刷装置の制御方法であって、 A control method for a multicolor printing apparatus,
    入力された印刷ジョブのオブジェクトを判別する判別工程と、 A determination step of determining an object of an input print job,
    前記判別工程での判別結果と前記印刷ジョブ毎に設定された色変換処理を指定する情報とに基づいて前記オブジェクトを色変換処理する色変換処理工程とを有し、 And a color conversion processing step of color conversion processing said object based on the information specifying the determination step in the determination result and the setting for each print job color conversion process,
    前記色変換処理工程は、前記オブジェクトが透明オブジェクトの場合にはレンダリング色空間で色変換処理し、グラデーションの場合にはデバイス色空間で色変換処理することを特徴とする多色印刷装置の制御方法。 The color conversion process, the control method of the multicolor printing apparatus wherein the object to the color conversion processing in the rendering color space in the case of transparent objects, in the case of gradient characterized by the color conversion processing on a device color space .
  5. 請求項4に記載の多色印刷装置の制御方法の各手順をコンピュータに実行させるためのプログラム。 Program for executing the respective steps of the control method of multi-color printing apparatus according to a computer to claim 4.
  6. 請求項5に記載のプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体。 Computer readable recording medium recording a program of claim 5.
JP2006023627A 2006-01-31 2006-01-31 Multicolor printing apparatus and method of controlling same Withdrawn JP2007208531A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006023627A JP2007208531A (en) 2006-01-31 2006-01-31 Multicolor printing apparatus and method of controlling same

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006023627A JP2007208531A (en) 2006-01-31 2006-01-31 Multicolor printing apparatus and method of controlling same
US11623855 US7804630B2 (en) 2006-01-31 2007-01-17 Image processing apparatus and image processing method
EP20070100748 EP1814309B1 (en) 2006-01-31 2007-01-18 Information processing method, information processing apparatus
KR20070010060A KR100850057B1 (en) 2006-01-31 2007-01-31 Image processing apparatus and image processing method
CN 200710007393 CN101035189B (en) 2006-01-31 2007-01-31 Image processing device and image processing method
US12868348 US7957044B2 (en) 2006-01-31 2010-08-25 Image processing apparatus and image processing method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2007208531A true true JP2007208531A (en) 2007-08-16

Family

ID=38487608

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006023627A Withdrawn JP2007208531A (en) 2006-01-31 2006-01-31 Multicolor printing apparatus and method of controlling same

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP2007208531A (en)
CN (1) CN101035189B (en)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4939367B2 (en) 2007-10-23 2012-05-23 キヤノン株式会社 An image forming system and an image forming method
JP5773749B2 (en) * 2011-05-19 2015-09-02 キヤノン株式会社 Color gamut compression method and profile generation device using the same
US8982412B2 (en) * 2012-02-21 2015-03-17 X-Rite, Inc. Systems and methods for facilitating reproduction of arbitrary colors

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5321797A (en) 1990-06-11 1994-06-14 Eastman Kodak Company Apparatus and method for performing coordinate transformation employing stored values and interpolation
US5323249A (en) 1993-01-12 1994-06-21 E. I. Du Pont De Nemours And Company Method for reproducing color images having one color gamut with a device having a different color gamut

Also Published As

Publication number Publication date Type
CN101035189B (en) 2010-05-19 grant
CN101035189A (en) 2007-09-12 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6512595B1 (en) Data processing apparatus, data processing method, and medium
US5646752A (en) Color image processing apparatus which uses private tags to alter a predefined color transformation sequence of a device profile
US5949427A (en) Color image processing apparatus and method and color image output apparatus each using a color matching/processing method based on the color imput
US6266152B1 (en) Image processing method and apparatus
US6814420B2 (en) Image processing method and apparatus, storage medium and program
US20030002060A1 (en) Apparatus for generating two color printing data, a method for generating two color printing data and recording media
US5872895A (en) Method for object based color matching when printing a color document
US6778300B1 (en) Black generation for color management system
US20030128379A1 (en) Method of and apparatus for image processing, and computer product
EP1102478A2 (en) Color management and proofing architecture
US20050195415A1 (en) System and method for gamut mapping control
JP2001298631A (en) Recording medium with image processing control program recorded therein and method and device for image processing
JP2003087587A (en) Method and device for processing image data, storage medium and program
JP2003087591A (en) Picture processing method and picture processor
US20050122533A1 (en) Color adjustment apparatus, print control apparatus, color adjustment method, and color adjustment program product
JP2006068982A (en) Image processor, image processing method and printer driver
JP2008118447A (en) Image forming apparatus, image forming method, and its program
US6327052B1 (en) Color data inversion and reconversion
JP2002016818A (en) Color correction method and device, and recording medium
JP2001292331A (en) Image processing method and device, image processing system and recording medium
JP2003092690A (en) Image data processing method, apparatus, storage medium and program
JP2003338938A (en) Method, apparatus and program for image processing
US7164494B1 (en) Color separation of pattern color spaces and form XObjects
JP2002015314A (en) Image outputting method, device, and storage medium
US20090185205A1 (en) Image processing apparatus, image processing method, and computer program product

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20090407