JP2006185480A - Optical disk apparatus and its control method - Google Patents

Optical disk apparatus and its control method Download PDF

Info

Publication number
JP2006185480A
JP2006185480A JP2004376346A JP2004376346A JP2006185480A JP 2006185480 A JP2006185480 A JP 2006185480A JP 2004376346 A JP2004376346 A JP 2004376346A JP 2004376346 A JP2004376346 A JP 2004376346A JP 2006185480 A JP2006185480 A JP 2006185480A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
optical disc
type
content
optical disk
audio
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2004376346A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hisakatsu Kamano
久勝 釜野
Takeshi Kakuno
剛 覚野
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Panasonic Holdings Corp
Original Assignee
Matsushita Electric Industrial Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Matsushita Electric Industrial Co Ltd filed Critical Matsushita Electric Industrial Co Ltd
Priority to JP2004376346A priority Critical patent/JP2006185480A/en
Publication of JP2006185480A publication Critical patent/JP2006185480A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To realize an optical disk apparatus wherein a type of the content recorded in an optical disk can be distinguished regardless of the kinds of the optical disk. <P>SOLUTION: The optical disk apparatus (11) is provided with a system controller (12) distinguishing the type of the content recorded in the optical disk (16) based on an exchange between a host device (100) and the optical disk apparatus (11), a disk rotation controlling part (13) controlling rotational speed of the optical disk apparatus (11) and a communication rate controlling part (17) controlling data communication rate between the host device (100) and the optical disk apparatus (11). <P>COPYRIGHT: (C)2006,JPO&NCIPI

Description

本発明は、光ディスク装置に関し、特に、デジタルビデオデータやコンピュータ用データなど、さまざまな種類のデータを再生可能な光ディスク装置の技術に関する。   The present invention relates to an optical disc apparatus, and more particularly to a technique of an optical disc apparatus capable of reproducing various types of data such as digital video data and computer data.

近年のコンピュータなどの光ディスク制御機器、すなわち、ホスト装置の高性能化に伴い、光ディスク装置はデータをホスト装置へ高速で転送することが可能となっている。しかし、高速通信は、光ディスク装置におけるディスク回転速度や、ホスト装置と光ディスク装置との間のデータ通信速度を増大しなければならないため、光ディスク装置の騒音、振動、光ディスクの回転速度の高速化に伴う光ディスク再生装置の耐久性低下、データ通信の高速化に伴うノイズの発生、ノイズの発生によるデータ通信の信頼性低下、および装置全体の消費電力の増加などが問題となっている。   As optical disk control devices such as computers and the like, that is, host devices, have become more sophisticated, optical disk devices can transfer data to host devices at high speed. However, since high-speed communication has to increase the disk rotation speed in the optical disk apparatus and the data communication speed between the host apparatus and the optical disk apparatus, the noise and vibration of the optical disk apparatus, and the rotation speed of the optical disk increase. There are problems such as a decrease in durability of the optical disk reproducing device, generation of noise accompanying an increase in data communication speed, a decrease in reliability of data communication due to the generation of noise, and an increase in power consumption of the entire device.

上記問題を解決するため、光ディスク装置は、概して、光ディスクの種類ごとにあらかじめ決定された回転速度で再生する。たとえば、CD(Compact Disc)の場合、音楽コンテンツでは低回転速度で再生し、データコンテンツでは最大回転速度で再生動作が行われる。また、DVD(Degital Versatile Disc)の場合では2層ディスクは低回転速度で再生され、1層ディスクは高回転速度で再生される。しかし、DVDの場合、コンテンツはコンピュータ上で処理されるデータであるため、常に最大回転速度で再生され、オーディオビデオデータのような高速回転で再生する必要がないコンテンツまでもが最大回転速度で再生されてしまう。   In order to solve the above problem, the optical disc apparatus generally reproduces at a rotation speed determined in advance for each type of optical disc. For example, in the case of a CD (Compact Disc), music content is played at a low rotation speed, and data content is played at a maximum rotation speed. In the case of a DVD (Degital Versatile Disc), a dual-layer disc is reproduced at a low rotational speed, and a single-layer disc is reproduced at a high rotational speed. However, in the case of a DVD, since the content is data processed on a computer, the content is always played back at the maximum rotation speed, and even content that does not need to be played back at high speed, such as audio video data, is played at the maximum rotation speed. Will be.

そこで従来の技術では、DVDに記録されているVIDEO_TSディレクトリやコピーライトプロテクションシステムタイプ(Copyright Protection System Type)、リージョンマネジメントインフォメーション(Region Management Information)、または各セクタデータのヘッダのCPM(Copyright Material)ビットを参照することによって、DVDのコンテンツの種類がオーディオビデオデータであるか否かを判別し、オーディオビデオデータである場合は、低速回転で再生することを行っている(たとえば、特許文献1参照)。
特開2001−357601号公報(第4、5頁、第2図)
Therefore, in the conventional technology, the VIDEO_TS directory recorded on the DVD, the copyright protection system type (Copyright Protection System Type), the region management information (Region Management Information), or the CPM (Copyright Material) bit of the header of each sector data is set. By referencing, it is determined whether or not the content type of the DVD is audio-video data. If it is audio-video data, reproduction is performed at a low speed (for example, refer to Patent Document 1).
JP 2001-357601 A (4th, 5th page, FIG. 2)

上記のVIDEO_TSディレクトリやコピーライトプロテクションシステムタイプ、リージョンマネジメントインフォメーション、または各セクタデータのヘッダのCPMビットは、限られた種類のDVDに記録されている。このため、これらを参照できたとしても、限られた種類のDVDについてのみ判別可能である。したがって、従来技術では全種類のDVDについてコンテンツの種類を判別することは困難である。   The VIDEO_TS directory, the copyright protection system type, the region management information, or the CPM bit of the header of each sector data is recorded on a limited type of DVD. For this reason, even if these can be referred to, only a limited type of DVD can be discriminated. Therefore, it is difficult for conventional techniques to determine the type of content for all types of DVDs.

上記問題に鑑み、本発明は、光ディスクの種類に関係なく、コンテンツの種類の判別が可能な光ディスク装置の実現を課題とする。   In view of the above problems, an object of the present invention is to realize an optical disc apparatus that can determine the type of content regardless of the type of optical disc.

上記問題を解決するために本発明が講じた手段は、光ディスクに記録された情報を再生する光ディスク装置であって、ホスト装置と光ディスク装置との間のやりとりに基づいて、光ディスクに記録されているコンテンツの種類を判別するシステムコントローラと、判別されたコンテンツの種類に応じて、光ディスク装置の再生動作の制御を行う制御部とを備えたものとする。   Means taken by the present invention to solve the above problem is an optical disk device for reproducing information recorded on an optical disk, which is recorded on the optical disk based on the exchange between the host device and the optical disk device. It is assumed that a system controller that determines the type of content and a control unit that controls the reproduction operation of the optical disc apparatus according to the determined type of content.

この発明によると、システムコントローラによって、ホスト装置と光ディスク再生装置とのやりとりに基づいて、光ディスクに記録されたコンテンツの種類が判別され、制御部によって、判別されたコンテンツの種類に応じて、光ディスク装置の再生動作の制御が行われる。これにより、光ディスクの種類に関係なく、コンテンツの種類を判別することができ、判別されたコンテンツの種類に応じて、光ディスク装置の再生動作に適応した制御を行うことができる。   According to the present invention, the type of content recorded on the optical disc is determined by the system controller based on the exchange between the host device and the optical disc playback device, and the control unit determines the type of content according to the determined type of content. The playback operation is controlled. Accordingly, the type of content can be determined regardless of the type of optical disc, and control adapted to the reproduction operation of the optical disc apparatus can be performed according to the determined type of content.

具体的には、システムコントローラは、ホスト装置から光ディスク装置に送られたコマンドに含まれる情報から、コンテンツの種類を判別するものとする。   Specifically, the system controller determines the type of content from information included in a command sent from the host device to the optical disk device.

この発明によると、システムコントローラによって、ホスト装置から光ディスク装置に送られたコマンドに含まれる情報が参照されることで、光ディスクに記録されているコンテンツの種類が判別される。これにより、コンテンツの種類が容易に判別される。   According to the present invention, the type of content recorded on the optical disc is determined by referring to the information included in the command sent from the host device to the optical disc device by the system controller. Thereby, the type of content can be easily determined.

また、具体的には、システムコントローラは、ホスト装置と光ディスク装置との間の著作権保護技術に基づく手続きの成否結果から、コンテンツの種類を判別するものとする。   More specifically, the system controller determines the type of content from the success or failure result of the procedure based on the copyright protection technology between the host device and the optical disk device.

この発明によると、システムコントローラによって、ホスト装置と光ディスク装置との間で著作権保護技術に基づく手続きの成否結果が検出されることで、光ディスクに記録されているコンテンツの種類が判別される。これにより、コンテンツの種類が容易に判別される。   According to the present invention, the system controller detects the success / failure result of the procedure based on the copyright protection technology between the host device and the optical disc device, and thereby determines the type of content recorded on the optical disc. Thereby, the type of content can be easily determined.

また、上記問題を解決するために本発明が講じた手段は、光ディスクに記録された情報を再生する光ディスク装置であって、光ディスクに書き込まれているアプリケーション情報から、光ディスクに記録されているコンテンツの種類を判別するシステムコントローラと、判別されたコンテンツの種類に応じて、光ディスク装置の再生動作の制御を行う制御部とを備えたものとする。   Further, in order to solve the above problem, the present invention has taken measures to reproduce information recorded on the optical disc, and to record the content recorded on the optical disc from the application information written on the optical disc. It is assumed that a system controller for discriminating the type and a control unit for controlling the reproduction operation of the optical disc apparatus according to the discriminated content type are provided.

この発明によると、システムコントローラによって、光ディスクに書き込まれているアプリケーション情報を検出することで、コンテンツの種類が判別され、制御部によって、判別されたコンテンツの種類に応じて、光ディスク装置の再生動作の制御が行われる。アプリケーション情報は、光ディスクの種類に関係なく記録されているため、これにより、光ディスクの種類に関係なく、コンテンツの種類を判別することができ、判別されたコンテンツの種類に応じて、光ディスク装置の再生動作に適応した制御を行うことができる。   According to the present invention, the type of content is determined by detecting the application information written on the optical disc by the system controller, and the reproduction operation of the optical disc apparatus is determined according to the determined type of content by the control unit. Control is performed. Since the application information is recorded regardless of the type of the optical disc, it is possible to determine the type of content regardless of the type of the optical disc, and playback of the optical disc apparatus according to the determined type of content. Control adapted to the operation can be performed.

具体的には、前記システムコントローラは、アプリケーション情報としてビデオレコーダに係る情報を検出した場合、コンテンツの種類がオーディオビデオデータであると判断するものとする。   Specifically, the system controller determines that the content type is audio-video data when detecting information related to the video recorder as application information.

この発明によると、光ディスクにビデオレコーダに係る情報が記録されている場合、システムコントローラによって、当該光ディスクに記録されているコンテンツの種類がオーディオビデオデータであると判断される。これにより、コンテンツの種類が容易に判別される。   According to the present invention, when information related to a video recorder is recorded on an optical disc, the system controller determines that the type of content recorded on the optical disc is audio-video data. Thereby, the type of content can be easily determined.

また、具体的には、システムコントローラは、アプリケーション情報としてビデオ作成ソフトウェアに係る情報を検出した場合、コンテンツの種類がオーディオビデオデータであると判断するものとする。   Specifically, the system controller determines that the type of content is audio-video data when detecting information related to video creation software as application information.

この発明によると、光ディスクにビデオ作成ソフトウェアに関する情報が記録されている場合、システムコントローラによって、当該光ディスクに記録されているコンテンツの種類がオーディオビデオデータであると判断される。これにより、コンテンツの種類が容易に判別される。   According to the present invention, when information relating to video creation software is recorded on an optical disc, the system controller determines that the type of content recorded on the optical disc is audio-video data. Thereby, the type of content can be easily determined.

また、具体的には、システムコントローラは、アプリケーション情報としてオーディオ作成ソフトウェアに係る情報を検出した場合、コンテンツの種類がオーディオビデオデータであると判断するものとする。   Specifically, the system controller determines that the type of content is audio-video data when detecting information related to audio creation software as application information.

この発明によると、光ディスクにオーディオ作成ソフトウェアに関する情報が記録されている場合、システムコントローラによって、当該光ディスクに記録されているコンテンツの種類がオーディオビデオデータであると判断される。これにより、コンテンツの種類が容易に判別される。   According to the present invention, when information related to audio creation software is recorded on an optical disc, the system controller determines that the type of content recorded on the optical disc is audio-video data. Thereby, the type of content can be easily determined.

また、具体的には、システムコントローラは、コンテンツの種類の判別結果に応じて、光ディスクの回転速度を制御するための制御信号を出力するものであり、制御部は、制御信号に基づいて、光ディスクの回転速度を制御するディスク回転制御部を有するものとする。   Specifically, the system controller outputs a control signal for controlling the rotation speed of the optical disc according to the determination result of the type of content, and the control unit is configured to control the optical disc based on the control signal. It is assumed that a disk rotation control unit for controlling the rotation speed of the disk is provided.

この発明によると、判別されたコンテンツの種類に応じて、光ディスク装置の再生動作に適応した光ディスクの回転速度が設定される。   According to the present invention, the rotation speed of the optical disc adapted to the reproduction operation of the optical disc apparatus is set according to the determined content type.

さらに、具体的には、システムコントローラは、制御信号として、判別したコンテンツの種類がオーディオビデオデータである場合、回転速度を相対的に低く設定するための信号を出力し、判別したコンテンツの種類がオーディオビデオデータ以外のデータである場合、回転速度を相対的に高く設定するための信号を出力するものとする。   More specifically, when the determined content type is audio video data, the system controller outputs a signal for setting the rotation speed relatively low, and the determined content type is the control signal. In the case of data other than audio video data, a signal for setting the rotational speed to be relatively high is output.

この発明によると、オーディオビデオデータ以外のデータが記録された光ディスクの再生時には、回転速度は高速に設定されるが、オーディオビデオデータが記録された光ディスクの再生時には、回転速度は低速に設定されるため、光ディスク装置の騒音、振動および消費電力が低減される。   According to the present invention, at the time of reproducing an optical disc on which data other than audio video data is recorded, the rotational speed is set to a high speed, but at the time of reproducing an optical disc on which audio video data is recorded, the rotational speed is set to a low speed. Therefore, noise, vibration, and power consumption of the optical disk device are reduced.

また、具体的には、システムコントローラは、コンテンツの種類の判別結果に応じて、ホスト装置と光ディスク装置との間のデータ通信速度を制御するための制御信号を出力するものであり、制御部は、制御信号に基づいて、データ通信速度を制御する通信速度制御部を有するものとする。   More specifically, the system controller outputs a control signal for controlling the data communication speed between the host device and the optical disk device in accordance with the determination result of the content type. The communication speed control unit controls the data communication speed based on the control signal.

この発明によると、判別されたコンテンツの種類に応じて、光ディスク装置の再生動作に適応したホスト装置と光ディスク装置との間のデータ通信速度が設定される。   According to the present invention, the data communication speed between the host device and the optical disc apparatus adapted to the reproduction operation of the optical disc apparatus is set according to the determined content type.

さらに、具体的には、システムコントローラは、制御信号として、判別したコンテンツの種類がオーディオビデオデータである場合、データ通信速度を相対的に低く設定するための信号を出力し、判別したコンテンツの種類がオーディオビデオデータ以外のデータである場合、データ通信速度を相対的に高く設定するための信号を出力するものとする。   More specifically, when the determined content type is audio video data, the system controller outputs a signal for setting the data communication speed relatively low as the control signal, and the determined content type. Is data other than audio-video data, a signal for setting the data communication speed to be relatively high is output.

この発明によると、オーディオビデオデータ以外のデータが記録された光ディスクの再生時には、データ通信速度は高速に設定されるが、オーディオビデオデータが記録された光ディスクの再生時には、データ通信速度は低速に設定されるため、データ通信の高速化に伴うノイズの発生、ならびにホスト装置および光ディスク装置の消費電力が低減される。   According to the present invention, the data communication speed is set to a high speed when reproducing an optical disk on which data other than audio video data is recorded, but the data communication speed is set to a low speed when reproducing an optical disk on which audio video data is recorded. Therefore, the generation of noise accompanying the increase in data communication speed and the power consumption of the host device and the optical disk device are reduced.

一方、上記課題を解決するために本発明が講じた手段は、光ディスク装置の制御方法として、ホスト装置と光ディスク装置との間のやりとりに基づいて、光ディスク装置に装填された光ディスクに記録されているコンテンツの種類を判別する判別ステップと、判別されたコンテンツの種類に応じて、光ディスク装置の再生動作の制御を行う制御ステップとを備えたものとする。   On the other hand, the means taken by the present invention in order to solve the above problem is recorded on an optical disk loaded in the optical disk apparatus as a method of controlling the optical disk apparatus based on the exchange between the host apparatus and the optical disk apparatus. It is assumed that a determination step for determining the content type and a control step for controlling the reproduction operation of the optical disc apparatus according to the determined content type are provided.

この発明によると、ホスト装置と光ディスク装置との間のやりとりから、光ディスクに記録されているコンテンツの種類が判別され、判別されたコンテンツの種類に応じて、光ディスク装置の再生動作の制御が行われる。これにより、光ディスクの種類に関係なく、コンテンツの種類を判別することができ、判別されたコンテンツの種類に応じて、光ディスク装置の再生動作に適応した制御を行うことができる。   According to the present invention, the type of content recorded on the optical disc is discriminated from the exchange between the host device and the optical disc device, and the playback operation of the optical disc device is controlled according to the discriminated type of content. . Accordingly, the type of content can be determined regardless of the type of optical disc, and control adapted to the reproduction operation of the optical disc apparatus can be performed according to the determined type of content.

具体的には、判別ステップは、ホスト装置から光ディスク装置に送られたコマンドに含まれる情報から、コンテンツの種類を判別するものとする。   Specifically, the determination step determines the type of content from information included in a command sent from the host device to the optical disk device.

この発明によると、ホスト装置から光ディスク装置に送られたコマンドに含まれる情報から、光ディスクに記録されているコンテンツの種類が判別される。これにより、コンテンツの種類が容易に判別される。   According to the present invention, the type of content recorded on the optical disc is determined from information included in the command sent from the host device to the optical disc apparatus. Thereby, the type of content can be easily determined.

また、具体的には、判別ステップは、ホスト装置と光ディスク装置との間の著作権保護技術に基づく手続きの成否結果から、コンテンツの種類を判別するものとする。   Specifically, in the determination step, the type of content is determined from the success or failure result of the procedure based on the copyright protection technology between the host device and the optical disk device.

この発明によると、ホスト装置と光ディスク装置との間で著作権保護技術に基づく手続きの成否結果から、光ディスクに記録されているコンテンツの種類が判別される。これにより、コンテンツの種類が容易に判別される。   According to the present invention, the type of content recorded on the optical disc is determined from the result of success or failure of the procedure based on the copyright protection technology between the host device and the optical disc device. Thereby, the type of content can be easily determined.

また、上記問題を解決するために本発明が講じた手段は、光ディスク装置の制御方法として、光ディスク装置に装填された光ディスクに書き込まれているアプリケーション情報から、光ディスクに記録されているコンテンツの種類を判別する判別ステップと、判別されたコンテンツの種類に応じて、光ディスク装置の再生動作の制御を行う制御ステップとを備えたものとする。   Further, in order to solve the above problem, the means taken by the present invention is to control the type of content recorded on the optical disc from the application information written on the optical disc loaded in the optical disc device. It is assumed that a determination step for determining and a control step for controlling the reproduction operation of the optical disc apparatus according to the determined type of content are provided.

この発明によると、光ディスクに書き込まれているアプリケーション情報から、光ディスクに記録されているコンテンツの種類が判別され、判別されたコンテンツの種類に応じて、光ディスク装置の再生動作の制御が行われる。アプリケーション情報は、光ディスクの種類に関係なく記録されているため、これにより、光ディスクの種類に関係なく、コンテンツの種類を判別することができ、判別されたコンテンツの種類に応じて、光ディスク装置の再生動作に適応した制御を行うことができる。   According to the present invention, the type of content recorded on the optical disc is determined from the application information written on the optical disc, and the playback operation of the optical disc apparatus is controlled according to the determined type of content. Since the application information is recorded regardless of the type of the optical disc, it is possible to determine the type of content regardless of the type of the optical disc, and playback of the optical disc apparatus according to the determined type of content. Control adapted to the operation can be performed.

また、具体的には、制御ステップは、判別されたコンテンツの種類がオーディオビデオデータである場合、光ディスクの回転速度を相対的に低く設定し、判別されたコンテンツの種類がオーディオビデオデータ以外の場合、回転速度を相対的に高く設定するものとする。   Specifically, the control step sets the rotational speed of the optical disc to be relatively low when the determined content type is audio-video data, and the determined content type is other than audio-video data. The rotation speed is set relatively high.

この発明によると、オーディオビデオデータが記録された光ディスクの再生時は、光ディスクの回転速度が相対的に低く設定され、オーディオビデオデータ以外のデータが記録された光ディスクの再生時は、光ディスクの回転速度が相対的に高く設定される。これにより、光ディスク装置の騒音、振動および消費電力が低減される。   According to the present invention, the rotation speed of the optical disk is set to be relatively low when the optical disk on which the audio video data is recorded is set, and the rotation speed of the optical disk is set on the playback of the optical disk on which data other than the audio video data is recorded. Is set relatively high. Thereby, the noise, vibration and power consumption of the optical disc apparatus are reduced.

また、具体的には、制御ステップは、判別されたコンテンツの種類がオーディオビデオデータである場合、ホスト装置と光ディスク装置との間のデータ通信速度を相対的に低く設定し、判別されたコンテンツの種類がオーディオビデオデータ以外の場合、データ通信速度を相対的に高く設定するものとする。   More specifically, the control step sets the data communication speed between the host device and the optical disk device to be relatively low when the determined content type is audio-video data, and determines the determined content type. When the type is other than audio video data, the data communication speed is set relatively high.

この発明によると、オーディオビデオデータが記録された光ディスクの再生時は、データ通信速度が相対的に低く設定され、オーディオビデオデータ以外のデータが記録された光ディスクの再生時は、データ通信速度が相対的に高く設定される。これにより、データ通信の高速化に伴うノイズの発生、ならびにホスト装置および光ディスク装置の消費電力が低減される。   According to the present invention, the data communication speed is set relatively low during playback of an optical disc on which audio video data is recorded, and the data communication speed is set relatively low during playback of an optical disc on which data other than audio video data is recorded. Is set high. As a result, the generation of noise accompanying the increase in data communication speed and the power consumption of the host device and the optical disk device are reduced.

本発明によると、光ディスクの種類に関係なく、光ディスクに記録されているコンテンツの種類が判別され、判別されたコンテンツの種類に応じて、光ディスク装置の再生動作の制御が行われる。特に、高速制御の必要がないオーディオビデオデータの再生時には、低速で制御を行うことができるため、光ディスク装置の騒音、振動、およびデータ通信の高速化に伴うノイズの発生、ならびにホスト装置および光ディスク装置の消費電力を低減することが可能となる。   According to the present invention, regardless of the type of the optical disc, the type of content recorded on the optical disc is determined, and the reproduction operation of the optical disc apparatus is controlled according to the determined type of content. In particular, since audio / video data that does not require high-speed control can be controlled at a low speed, noise and vibration of the optical disk device and noise accompanying high-speed data communication, as well as the host device and the optical disk device It becomes possible to reduce the power consumption.

以下、本発明を実施するための最良の形態について、図面を参照しながら説明する。   The best mode for carrying out the present invention will be described below with reference to the drawings.

(第1の実施形態)
図1は、本発明の第1の実施形態に係る光ディスク装置の構成を示す。本発明に係る光ディスク装置11は、システムコントローラ12と、ディスク回転制御部13と、ドライバ14と、スピンドルモータ15と、通信速度制御部17とを備えている。システムコントローラ12は、光ディスク装置11に装填された光ディスク16に記録されているコンテンツの種類を判別し、判別したコンテンツの種類に応じて、スピンドルモータ15の回転速度を制御するための制御信号Sig1、および、ホスト装置100と光ディスク装置11との間のデータ通信速度を制御するための制御信号Sig2を出力する。ディスク回転制御部13は、システムコントローラ12から出力された制御信号Sig1を受信し、当該信号の内容に応じて、ドライバ14を介して、スピンドルモータ15の回転速度を設定する。通信速度制御部17は、システムコントローラ12から出力された制御信号Sig2を受信し、当該信号の内容に応じて、ホスト装置100と光ディスク再生装置11との間のデータ通信速度を設定する。
(First embodiment)
FIG. 1 shows a configuration of an optical disc apparatus according to the first embodiment of the present invention. The optical disk device 11 according to the present invention includes a system controller 12, a disk rotation control unit 13, a driver 14, a spindle motor 15, and a communication speed control unit 17. The system controller 12 discriminates the type of content recorded on the optical disc 16 loaded in the optical disc apparatus 11, and controls a control signal Sig1 for controlling the rotational speed of the spindle motor 15 according to the discriminated type of content. And the control signal Sig2 for controlling the data communication speed between the host apparatus 100 and the optical disk apparatus 11 is output. The disk rotation control unit 13 receives the control signal Sig1 output from the system controller 12, and sets the rotation speed of the spindle motor 15 via the driver 14 according to the content of the signal. The communication speed control unit 17 receives the control signal Sig2 output from the system controller 12, and sets the data communication speed between the host device 100 and the optical disk reproducing device 11 according to the content of the signal.

ところで、ホスト装置100と光ディスク装置11との間のデータ通信規格の一つとしてUltra DMAがある。この規格によると、ホスト装置100と光ディスク装置11とを起動したとき、これらの装置の間で上限の通信速度が決定される。決定後は、上限通信速度以下の通信速度であれば通信は可能であり、この速度はシステムコントローラ12が決定する。以下、本実施形態に係る光ディスク装置11について、Ultra DMA規格に準拠したものとして説明する。しかし、これは説明の便宜のためであり本発明をこの規格に限定するわけではない。   Incidentally, there is Ultra DMA as one of data communication standards between the host device 100 and the optical disk device 11. According to this standard, when the host device 100 and the optical disk device 11 are activated, the upper limit communication speed is determined between these devices. After the determination, communication is possible if the communication speed is equal to or lower than the upper limit communication speed, and the system controller 12 determines this speed. Hereinafter, the optical disk device 11 according to the present embodiment will be described as being compliant with the Ultra DMA standard. However, this is for convenience of explanation and the present invention is not limited to this standard.

以下、光ディスク装置11の再生動作の制御方法について説明する。   Hereinafter, a method for controlling the reproduction operation of the optical disc apparatus 11 will be described.

光ディスク16を再生する際、ホスト装置100からシステムコントローラ12に特有のコマンドが送られる。ここでは、具体例として、ホスト装置100からシステムコントローラ12に“Read(12)”コマンドが送られるものとして説明する。   When reproducing the optical disc 16, a command specific to the system controller 12 is sent from the host device 100. Here, as a specific example, it is assumed that a “Read (12)” command is sent from the host device 100 to the system controller 12.

図2は、“Read(12)”コマンドのフォーマットを示す。ホスト装置100が“Read(12)”コマンドのフォーマットに定義されている「Streamingビット」を“1”に設定し、システムコントローラ12に当該コマンドを送信した場合、これは、光ディスク装置11に対するオーディオビデオデータ再生命令を意味する。よって、この場合、光ディスク16に記録されているコンテンツの種類は、オーディオビデオデータであることが判断される。   FIG. 2 shows the format of the “Read (12)” command. When the host device 100 sets the “Streaming bit” defined in the format of the “Read (12)” command to “1” and transmits the command to the system controller 12, this is an audio video for the optical disc device 11. Means a data recovery command. Therefore, in this case, it is determined that the type of content recorded on the optical disc 16 is audio video data.

図3は、コマンド参照による光ディスク装置11の再生動作の制御方法についてのフローチャートを示す。光ディスク16装填後、システムコントローラ12は、ホスト装置100から送信された“Read(12)”コマンドを参照する(S31)。ステップS32で、システムコントローラ12が「Streamingビット」は“1”であると確認した場合、光ディスク16に記録されているコンテンツの種類は、オーディオビデオデータであることが判断される。オーディオビデオデータのビットレートは、光ディスク規格によりあらかじめ決められているため、当該データが記録されている光ディスク16を再生する場合は、光ディスク16の回転速度およびホスト装置100と光ディスク装置11との間の通信速度を、オーディオビデオデータ以外のデータ(たとえば、コンピュータのソフトウェアやデータ)再生時と同じ高速に設定する必要がない。したがって、システムコントローラ12は、オーディオビデオデータを再生するのに最低限必要な速度で、光ディスク16を回転させるような制御信号Sig1およびホスト装置100と光ディスク再生装置11との間でデータを通信させるような制御信号Sig2をそれぞれ、ディスク回転制御部13および通信速度制御部17に出力する。それぞれの制御信号を受信したディスク回転制御部13および通信速度制御部17は、ディスク回転速度およびデータ通信速度を低速に設定する(S33)。   FIG. 3 shows a flowchart of a method for controlling the reproduction operation of the optical disc apparatus 11 by command reference. After loading the optical disk 16, the system controller 12 refers to the “Read (12)” command transmitted from the host device 100 (S31). If the system controller 12 confirms that the “Streaming bit” is “1” in step S32, it is determined that the type of content recorded on the optical disc 16 is audio video data. Since the bit rate of the audio video data is determined in advance by the optical disc standard, when the optical disc 16 on which the data is recorded is reproduced, the rotation speed of the optical disc 16 and between the host device 100 and the optical disc device 11 are determined. It is not necessary to set the communication speed to the same high speed as that for reproducing data other than audio video data (for example, computer software or data). Accordingly, the system controller 12 causes the data to communicate between the control signal Sig1 that rotates the optical disc 16 and the host device 100 and the optical disc playback device 11 at a minimum speed necessary for reproducing the audio-video data. The control signal Sig2 is output to the disk rotation control unit 13 and the communication speed control unit 17, respectively. The disk rotation control unit 13 and the communication speed control unit 17 that have received the respective control signals set the disk rotation speed and the data communication speed to low speed (S33).

一方、ステップS32で、システムコントローラ12が「Streamingビット」は“0”であると確認した場合、光ディスク16に記録されているコンテンツの種類は、オーディオビデオデータ以外のデータであることが判断される。したがって、システムコントローラ12は、従来と同様に、光ディスク16を高速回転させるような制御信号Sig1およびホスト装置100と光ディスク装置11との間でデータを高速通信させるような制御信号Sig2をそれぞれ、ディスク回転制御部13および通信速度制御部17に出力する。それぞれの制御信号を受信したディスク回転制御部13および通信速度制御部17は、ディスク回転速度およびデータ通信速度を、高速に設定する(S34)。   On the other hand, if the system controller 12 confirms that the “Streaming bit” is “0” in step S32, it is determined that the type of content recorded on the optical disc 16 is data other than audio video data. . Therefore, the system controller 12 rotates the control signal Sig1 for rotating the optical disk 16 at a high speed and the control signal Sig2 for high-speed data communication between the host device 100 and the optical disk apparatus 11, respectively. The data is output to the control unit 13 and the communication speed control unit 17. The disk rotation control unit 13 and the communication speed control unit 17 that have received the respective control signals set the disk rotation speed and the data communication speed to high speed (S34).

以上、本実施形態によると、ホスト装置100から送られたコマンドを参照して、光ディスク16のコンテンツの種類が判別される。これにより、光ディスク16のコンテンツの種類がオーディオビデオデータであるならば、光ディスク装置11は、低速回転および低速通信でデータを再生するため、光ディスク装置11の騒音、振動、およびデータ通信の高速化に伴うノイズの発生、ならびにホスト装置および光ディスク装置の消費電力を低減することが可能となる。   As described above, according to the present embodiment, the type of content on the optical disc 16 is determined with reference to the command sent from the host device 100. As a result, if the content type of the optical disk 16 is audio-video data, the optical disk device 11 reproduces the data with low-speed rotation and low-speed communication, so that noise, vibration, and data communication of the optical disk device 11 are increased. It is possible to reduce the accompanying noise and the power consumption of the host device and the optical disk device.

なお、ここでは説明の便宜上、ホスト装置100からシステムコントローラ12に送られるコマンドを“Read(12)”コマンドのみとして、上記判別ステップを説明したが、本発明はこれに限定されない。このコマンド以外に、オーディオビデオデータを判別できる特有の情報をもったコマンドからコンテンツの種類を判別するようにしてもよい。   Here, for convenience of explanation, the above-described determination step has been described assuming that the command sent from the host device 100 to the system controller 12 is only the “Read (12)” command, but the present invention is not limited to this. In addition to this command, the type of content may be determined from a command having specific information that can determine audio-video data.

(第2の実施形態)
次に、本発明の第2の実施形態に係る光ディスク装置について説明する。本実施形態に係る光ディスク装置の構成は、図1に示した構成と同様であるため、ここでの説明は省略し、以下、システムコントローラ12が行う光ディスク装置11の再生動作の制御方法について説明する。
(Second Embodiment)
Next, an optical disc device according to a second embodiment of the present invention will be described. Since the configuration of the optical disc apparatus according to the present embodiment is the same as the configuration shown in FIG. .

光ディスク16を再生する際、ホスト装置100と光ディスク装置11との間で著作権保護技術に基づく手続きが行われる。たとえば、DVDの著作権保護技術には、CSS(Content Scramble System)、CPPM(Content Protection for Prerecorded Media)、CPRM(Content Protection for Recordable Media)の3種類がある。CSS、CPPM、およびCPRMは、それぞれDVD−Video、DVD−Audio、および記録型DVDのビデオ記録の著作権保護方式である。したがって、光ディスク16を再生する際、ホスト装置100と光ディスク装置11との間でCSS、CPPM、またはCPRMに基づく手続きが成立したとき、光ディスク16に記録されているコンテンツの種類は、オーディオビデオデータであることが分かる。   When the optical disc 16 is reproduced, a procedure based on the copyright protection technology is performed between the host device 100 and the optical disc device 11. For example, there are three types of DVD copyright protection technologies: CSS (Content Scramble System), CPPM (Content Protection for Prerecorded Media), and CPRM (Content Protection for Recordable Media). CSS, CPPM, and CPRM are copyright protection methods for video recording of DVD-Video, DVD-Audio, and recordable DVD, respectively. Therefore, when a procedure based on CSS, CPPM, or CPRM is established between the host apparatus 100 and the optical disk apparatus 11 when the optical disk 16 is reproduced, the type of content recorded on the optical disk 16 is audio video data. I understand that there is.

図4は、DVDの著作権保護技術に基づく手続きによる光ディスク装置11の再生動作の制御方法についてのフローチャートを示す。光ディスク16装填後、ホスト装置100と光ディスク装置11との間で著作権保護技術に基づく手続きが行われる(S41)。ステップS42で、ホスト装置100と光ディスク装置11との間でCSSに基づく手続きが成立した場合、光ディスク16に記録されているコンテンツの種類は、オーディオビデオデータであることが判断される。したがって、システムコントローラ12は、オーディオビデオデータを再生するのに最低限必要な速度で、光ディスク16を回転させるような制御信号Sig1およびホスト装置100と光ディスク装置11との間でデータを通信させるような制御信号Sig2をそれぞれ、ディスク回転制御部13および通信速度制御部17に出力する。それぞれの制御信号を受信したディスク回転制御部13および通信速度制御部17は、ディスク回転速度およびデータ通信速度を低速に設定する(S43)。   FIG. 4 is a flowchart showing a method for controlling the reproduction operation of the optical disc apparatus 11 according to a procedure based on the DVD copyright protection technology. After loading the optical disc 16, a procedure based on the copyright protection technology is performed between the host device 100 and the optical disc device 11 (S41). If a procedure based on CSS is established between the host device 100 and the optical disc device 11 in step S42, it is determined that the type of content recorded on the optical disc 16 is audio video data. Therefore, the system controller 12 communicates data between the control signal Sig1 for rotating the optical disc 16 and the host device 100 and the optical disc device 11 at a minimum speed necessary for reproducing the audio-video data. The control signal Sig2 is output to the disk rotation control unit 13 and the communication speed control unit 17, respectively. The disk rotation control unit 13 and the communication speed control unit 17 that have received the respective control signals set the disk rotation speed and the data communication speed to low speed (S43).

一方、ホスト装置100と光ディスク装置11との間でCSSに基づく手続きが成立しない場合は、ステップS44に移行する。ステップS44において、ホスト装置100と光ディスク装置11との間でCPPMに基づく手続きが成立した場合、光ディスク16に記録されているコンテンツの種類は、オーディオビデオデータであることが判断され、ステップS43に移行する。   On the other hand, when the procedure based on CSS is not established between the host device 100 and the optical disk device 11, the process proceeds to step S44. If a procedure based on CPPM is established between the host device 100 and the optical disc device 11 in step S44, it is determined that the content type recorded on the optical disc 16 is audio-video data, and the process proceeds to step S43. To do.

一方、ステップS44で、ホスト装置100と光ディスク装置11との間でCPPMに基づく手続きが成立しない場合は、ステップS45に移行する。ステップS45において、ホスト装置100と光ディスク装置11との間でCPRMに基づく手続きが成立する場合、光ディスク16に記録されているコンテンツの種類は、オーディオビデオデータであることが判断され、ステップS43に移行する。   On the other hand, if a procedure based on CPPM is not established between the host device 100 and the optical disk device 11 in step S44, the process proceeds to step S45. If a procedure based on CPRM is established between the host apparatus 100 and the optical disk apparatus 11 in step S45, it is determined that the type of content recorded on the optical disk 16 is audio video data, and the process proceeds to step S43. To do.

一方、ステップS45で、ホスト装置100と光ディスク装置11との間でCPRMに基づく手続きが成立しない場合は、光ディスク16に対して著作権保護されていないことが判断され、光ディスク16に記録されているコンテンツの種類は、オーディオビデオデータ以外のデータであることが判断される。したがって、システムコントローラ12は、従来と同様に、光ディスク16を高速回転させるような制御信号Sig1およびホスト装置100と光ディスク装置11との間でデータを高速通信させるような制御信号Sig2をそれぞれ、ディスク回転制御部13および通信速度制御部17に出力する。それぞれの制御信号を受信したディスク回転制御部13および通信速度制御部17は、ディスク回転速度およびデータ通信速度を、高速に設定する(S46)。   On the other hand, if the procedure based on CPRM is not established between the host apparatus 100 and the optical disk apparatus 11 in step S45, it is determined that the optical disk 16 is not copyright-protected and recorded on the optical disk 16. It is determined that the content type is data other than audio video data. Therefore, the system controller 12 rotates the control signal Sig1 for rotating the optical disk 16 at a high speed and the control signal Sig2 for high-speed data communication between the host device 100 and the optical disk apparatus 11, respectively. The data is output to the control unit 13 and the communication speed control unit 17. The disk rotation control unit 13 and the communication speed control unit 17 that have received the respective control signals set the disk rotation speed and the data communication speed to high speed (S46).

以上、本実施形態によると、ホスト装置100と光ディスク装置11との間で著作権保護技術に基づく手続きの成否を検出することで、光ディスク16に記録されているコンテンツの種類が容易に判別される。   As described above, according to the present embodiment, the type of content recorded on the optical disc 16 can be easily determined by detecting the success or failure of the procedure based on the copyright protection technology between the host device 100 and the optical disc device 11. .

なお、ここでは説明の便宜上、DVDについて、ホスト装置100と光ディスク装置11との間の著作権保護技術に基づく手続きによる判別ステップを説明したが、本発明はこれに限定されない。これら以外に他の光ディスクについての著作権保護技術に基づく手続きによって、光ディスク16に記録されているコンテンツの種類を判別してもよい。   For convenience of explanation, the discriminating step based on the procedure based on the copyright protection technology between the host device 100 and the optical disc device 11 is described for the DVD. However, the present invention is not limited to this. In addition to these, the type of content recorded on the optical disc 16 may be determined by a procedure based on copyright protection technology for other optical discs.

(第3の実施形態)
次に、本発明の第3の実施形態に係る光ディスク装置について説明する。本実施形態に係る光ディスク装置の構成は、図1に示した構成と同様であるため、ここでの説明は省略し、以下、システムコントローラ12が行う光ディスク装置11の再生動作の制御方法について説明する。
(Third embodiment)
Next, an optical disc device according to a third embodiment of the present invention will be described. Since the configuration of the optical disc apparatus according to the present embodiment is the same as the configuration shown in FIG. .

データが書き込まれた光ディスクには、当該データを書き込んだアプリケーション情報が記録されている。このアプリケーション情報は、光ディスクの種類に関係なく共通に書き込まれている。オーディオビデオデータに関するアプリケーション情報としては、光ディスクにデータを記録したビデオレコーダに関する情報、また、ホスト装置100を用いて光ディスクにデータを記録した場合は、ビデオ作成ソフトウェア、およびオーディオ作成ソフトウェアに関する情報などがある。   Application information on which the data is written is recorded on the optical disk on which the data is written. This application information is written in common regardless of the type of optical disc. Application information relating to audio video data includes information relating to a video recorder that records data on an optical disc, and information relating to video creation software and audio creation software when data is recorded on an optical disc using the host device 100. .

図5は、アプリケーション情報による光ディスク装置11の再生動作の制御方法のフローチャートを示す。システムコントローラ12が、光ディスク16が保持しているアプリケーション情報を検索し(S51)、ステップS52で、アプリケーション情報が、ビデオレコーダに関する情報であると確認された場合、光ディスク16に記録されているコンテンツの種類は、オーディオビデオデータであることが判断される。したがって、システムコントローラ12は、オーディオビデオデータを再生するのに最低限必要な速度で、光ディスク16を回転させるような制御信号Sig1およびホスト装置100と光ディスク装置11との間でデータを通信させるような制御信号Sig2をそれぞれ、ディスク回転制御部13および通信速度制御部17に出力する。それぞれの制御信号を受信したディスク回転制御部13および通信速度制御部17は、ディスク回転速度およびデータ通信速度を低速に設定する(S53)。   FIG. 5 shows a flowchart of a method for controlling the reproduction operation of the optical disc apparatus 11 based on the application information. The system controller 12 searches for application information held on the optical disc 16 (S51), and if it is confirmed in step S52 that the application information is information related to the video recorder, the content of the content recorded on the optical disc 16 is checked. It is determined that the type is audio video data. Therefore, the system controller 12 communicates data between the control signal Sig1 for rotating the optical disc 16 and the host device 100 and the optical disc device 11 at a minimum speed necessary for reproducing the audio-video data. The control signal Sig2 is output to the disk rotation control unit 13 and the communication speed control unit 17, respectively. The disk rotation control unit 13 and the communication speed control unit 17 that have received the respective control signals set the disk rotation speed and the data communication speed to low speed (S53).

一方、ステップS52で、アプリケーション情報が、ビデオレコーダに関する情報ではないと確認された場合は、ステップS54に移行する。ステップS54において、アプリケーション情報が、ビデオ作成ソフトウェアに関する情報であると確認された場合、光ディスク16に記録されているコンテンツの種類は、オーディオビデオデータであることが判断され、ステップS53に移行する。   On the other hand, if it is confirmed in step S52 that the application information is not information related to the video recorder, the process proceeds to step S54. If it is confirmed in step S54 that the application information is information relating to video creation software, it is determined that the type of content recorded on the optical disc 16 is audio video data, and the process proceeds to step S53.

一方、アプリケーション情報が、ビデオ作成ソフトウェアに関する情報ではないと確認された場合は、ステップS55に移行する。ステップS55において、アプリケーション情報が、オーディオ作成ソフトウェアに関する情報であると確認された場合、光ディスク16に記録されているコンテンツの種類は、オーディオビデオデータであることが判断され、ステップS53に移行する。   On the other hand, if it is confirmed that the application information is not information related to the video creation software, the process proceeds to step S55. If it is confirmed in step S55 that the application information is information related to the audio creation software, it is determined that the type of content recorded on the optical disc 16 is audio video data, and the process proceeds to step S53.

一方、ステップS55で、アプリケーション情報が、オーディオ作成ソフトウェアではないと確認された場合は、光ディスク16に記録されているコンテンツの種類は、オーディオビデオデータ以外のデータであることが判断される。したがって、システムコントローラ12は、従来と同様に、光ディスク16を高速回転させるような制御信号Sig1およびホスト装置100と光ディスク装置11との間でデータを高速通信させるような制御信号Sig2をそれぞれ、ディスク回転制御部13および通信速度制御部17に出力する。それぞれの制御信号を受信したディスク回転制御部13および通信速度制御部17は、ディスク回転速度およびデータ通信速度を、高速に設定する(S56)。   On the other hand, if it is confirmed in step S55 that the application information is not audio creation software, it is determined that the type of content recorded on the optical disc 16 is data other than audio video data. Therefore, the system controller 12 rotates the control signal Sig1 for rotating the optical disk 16 at a high speed and the control signal Sig2 for high-speed data communication between the host device 100 and the optical disk apparatus 11, respectively. The data is output to the control unit 13 and the communication speed control unit 17. The disk rotation control unit 13 and the communication speed control unit 17 that have received the respective control signals set the disk rotation speed and the data communication speed to high speed (S56).

以上、本実施形態によると、光ディスクの種類に関係なく共通に書き込まれているアプリケーション情報の有無を検出することで、光ディスク16に記録されているコンテンツの種類が容易に判別される。   As described above, according to the present embodiment, the type of content recorded on the optical disc 16 can be easily determined by detecting the presence / absence of application information written in common regardless of the type of the optical disc.

なお、ここでは説明の便宜上、アプリケーション情報の内容をビデオレコーダに関する情報、ビデオ作成ソフトウェアに関する情報、およびオーディオ作成ソフトウェアに関する情報のみとして判別ステップを説明したが、本発明はこれに限定されない。上記以外にも、オーディオビデオデータ特有のアプリケーション情報から光ディスク16のコンテンツの種類を判別してもよい。   Here, for the sake of convenience of explanation, the determination step has been described assuming that the content of the application information is only information relating to the video recorder, information relating to video creation software, and information relating to audio creation software, but the present invention is not limited to this. In addition to the above, the content type of the optical disc 16 may be determined from application information unique to audio video data.

また、上記の各実施形態では光ディスク装置11の再生動作の制御として、回転速度制御および通信速度制御の2つとしたが、これらの制御のうちどちらか一方の制御だけを行ってもよい。さらに、回転速度および通信速度以外の要素についても上記と同様な制御を行ってもよい。   In each of the above-described embodiments, the reproduction operation of the optical disc apparatus 11 is controlled in two ways, ie, the rotational speed control and the communication speed control. However, only one of these controls may be performed. Further, the same control as described above may be performed for elements other than the rotation speed and the communication speed.

また、光ディスク16に記録されているコンテンツの種類判別の精度を上げるために、第1から第3の実施形態に係る光ディスク装置11の再生動作の制御方法のうち、2つ以上の方法を組み合わせてコンテンツの種類判別を行ってもよい。   In addition, in order to increase the accuracy of determining the type of content recorded on the optical disc 16, a combination of two or more of the playback operation control methods of the optical disc apparatus 11 according to the first to third embodiments. Content type determination may be performed.

本発明に係る光ディスク装置は、オーディオビデオデータの再生に対して、光ディスク装置の騒音、振動、および消費電力を低減することが可能となるため、特に、携帯型のコンピュータ周辺機器としての利用に有用である。   The optical disc apparatus according to the present invention can reduce noise, vibration, and power consumption of the optical disc apparatus for reproduction of audio-video data, and is particularly useful for use as a portable computer peripheral device. It is.

本発明の第1の実施形態に係る光ディスク装置の構成図である。1 is a configuration diagram of an optical disc apparatus according to a first embodiment of the present invention. “Read(12)”コマンドのフォーマットを示す図である。It is a figure which shows the format of a "Read (12)" command. コマンド参照による光ディスク装置の再生動作の制御方法についてのフローチャートである。10 is a flowchart of a method for controlling the reproduction operation of the optical disc device by command reference. DVDの著作権保護技術に基づく手続きによる光ディスク装置の再生動作の制御方法についてのフローチャートである。10 is a flowchart of a method for controlling the reproduction operation of the optical disc apparatus according to a procedure based on a DVD copyright protection technique. アプリケーション情報による光ディスク装置の再生動作の制御方法についてのフローチャートである。10 is a flowchart of a method for controlling the reproduction operation of the optical disc apparatus based on application information.

符号の説明Explanation of symbols

11 光ディスク装置
12 システムコントローラ
13 ディスク回転制御部
17 通信速度制御部
100 ホスト装置
Sig1 制御信号
Sig2 制御信号
11 Optical disk device 12 System controller 13 Disk rotation control unit 17 Communication speed control unit 100 Host device
Sig1 control signal
Sig2 control signal

Claims (17)

光ディスクに記録された情報を再生する光ディスク装置であって、
ホスト装置と前記光ディスク装置との間のやりとりに基づいて、前記光ディスクに記録されているコンテンツの種類を判別するシステムコントローラと、
前記判別されたコンテンツの種類に応じて、前記光ディスク装置の再生動作の制御を行う制御部とを備えた
ことを特徴とする光ディスク装置。
An optical disk device for reproducing information recorded on an optical disk,
A system controller for determining the type of content recorded on the optical disc based on the exchange between the host device and the optical disc device;
An optical disc apparatus comprising: a control unit that controls a reproduction operation of the optical disc apparatus according to the determined type of content.
請求項1に記載の光ディスク装置において、
前記システムコントローラは、前記ホスト装置から前記光ディスク装置に送られたコマンドに含まれる情報から、前記コンテンツの種類を判別する
ことを特徴とする光ディスク装置。
The optical disc apparatus according to claim 1,
The optical disk apparatus, wherein the system controller determines the type of the content from information included in a command sent from the host apparatus to the optical disk apparatus.
請求項1に記載の光ディスク装置において、
前記システムコントローラは、前記ホスト装置と前記光ディスク装置との間の著作権保護技術に基づく手続きの成否結果から、前記コンテンツの種類を判別する
ことを特徴とする光ディスク装置。
The optical disc apparatus according to claim 1,
The optical disc apparatus, wherein the system controller discriminates a type of the content from a result of success or failure of a procedure based on a copyright protection technique between the host device and the optical disc apparatus.
光ディスクに記録された情報を再生する光ディスク装置であって、
前記光ディスクに書き込まれているアプリケーション情報から、前記光ディスクに記録されているコンテンツの種類を判別するシステムコントローラと、
前記判別されたコンテンツの種類に応じて、前記光ディスク装置の再生動作の制御を行う制御部とを備えた
ことを特徴とする光ディスク装置。
An optical disk device for reproducing information recorded on an optical disk,
A system controller for determining the type of content recorded on the optical disc from application information written on the optical disc;
An optical disc apparatus comprising: a control unit that controls a reproduction operation of the optical disc apparatus according to the determined type of content.
請求項4に記載の光ディスク装置において、
前記システムコントローラは、前記アプリケーション情報としてビデオレコーダに係る情報を検出した場合、前記コンテンツの種類がオーディオビデオデータであると判断する
ことを特徴とする光ディスク装置の制御方法。
The optical disk apparatus according to claim 4, wherein
The method of controlling an optical disc apparatus, wherein the system controller determines that the content type is audio video data when detecting information relating to a video recorder as the application information.
請求項4に記載の光ディスク装置において、
前記システムコントローラは、前記アプリケーション情報としてビデオ作成ソフトウェアに係る情報を検出した場合、前記コンテンツの種類がオーディオビデオデータであると判断する
ことを特徴とする光ディスク装置の制御方法。
The optical disk apparatus according to claim 4, wherein
The method of controlling an optical disc apparatus, wherein the system controller determines that the content type is audio video data when detecting information related to video creation software as the application information.
請求項4に記載の光ディスク装置において、
前記システムコントローラは、前記アプリケーション情報としてオーディオ作成ソフトウェアに係る情報を検出した場合、前記コンテンツの種類がオーディオビデオデータであると判断する
ことを特徴とする光ディスク装置の制御方法。
The optical disk apparatus according to claim 4, wherein
The method of controlling an optical disc apparatus, wherein the system controller determines that the type of content is audio video data when detecting information related to audio creation software as the application information.
請求項1および請求項4のいずれか一つに記載の光ディスク装置において、
前記システムコントローラは、
前記コンテンツの種類の判別結果に応じて、前記光ディスクの回転速度を制御するための制御信号を出力するものであり、
前記制御部は、
前記制御信号に基づいて、前記回転速度を制御するディスク回転制御部を有する
ことを特徴とする光ディスク装置。
The optical disc apparatus according to any one of claims 1 and 4,
The system controller is
According to the determination result of the content type, a control signal for controlling the rotation speed of the optical disc is output.
The controller is
An optical disk apparatus comprising: a disk rotation control unit that controls the rotation speed based on the control signal.
請求項8に記載の光ディスク装置において、
前記システムコントローラは、前記制御信号として、
前記判別したコンテンツの種類がオーディオビデオデータである場合、前記回転速度を相対的に低く設定するための信号を出力し、
前記判別したコンテンツの種類がオーディオビデオデータ以外のデータである場合、前記回転速度を相対的に高く設定するための信号を出力する
ことを特徴とする光ディスク装置。
The optical disc apparatus according to claim 8, wherein
The system controller, as the control signal,
When the determined content type is audio-video data, a signal for setting the rotation speed relatively low is output,
An optical disc apparatus characterized by outputting a signal for setting the rotational speed to be relatively high when the determined content type is data other than audio-video data.
請求項1および請求項4のいずれか一つに記載の光ディスク装置において、
前記システムコントローラは、
前記コンテンツの種類の判別結果に応じて、前記ホスト装置と前記光ディスク装置との間のデータ通信速度を制御するための制御信号を出力するものであり、
前記制御部は、
前記制御信号に基づいて、前記データ通信速度を制御する通信速度制御部を有する
ことを特徴とする光ディスク装置。
The optical disc apparatus according to any one of claims 1 and 4,
The system controller is
A control signal for controlling a data communication speed between the host device and the optical disc device is output according to the determination result of the content type.
The controller is
An optical disc apparatus comprising: a communication speed control unit that controls the data communication speed based on the control signal.
請求項10に記載の光ディスク装置において、
前記システムコントローラは、前記制御信号として、
前記判別したコンテンツの種類がオーディオビデオデータである場合、前記データ通信速度を相対的に低く設定するための信号を出力し、
前記判別したコンテンツの種類がオーディオビデオデータ以外のデータである場合、前記データ通信速度を相対的に高く設定するための信号を出力する
ことを特徴とする光ディスク装置。
The optical disk apparatus according to claim 10, wherein
The system controller, as the control signal,
When the determined content type is audio-video data, a signal for setting the data communication speed relatively low is output,
An optical disc apparatus characterized by outputting a signal for setting the data communication speed relatively high when the determined content type is data other than audio-video data.
ホスト装置と光ディスク装置との間のやりとりに基づいて、前記光ディスク装置に装填された光ディスクに記録されているコンテンツの種類を判別する判別ステップと、
前記判別されたコンテンツの種類に応じて、前記光ディスク装置の再生動作の制御を行う制御ステップとを備えた
ことを特徴とする光ディスク装置の制御方法。
A discriminating step for discriminating the type of content recorded on the optical disc loaded in the optical disc device based on the exchange between the host device and the optical disc device;
And a control step for controlling a reproduction operation of the optical disc apparatus in accordance with the determined type of content.
請求項12に記載の光ディスク装置の制御方法において、
前記判別ステップは、前記ホスト装置から前記光ディスク装置に送られたコマンドに含まれる情報から、前記コンテンツの種類を判別する
ことを特徴とする光ディスク装置の制御方法。
The method of controlling an optical disc device according to claim 12,
The discriminating step discriminates the type of the content from information included in a command sent from the host device to the optical disc device.
請求項12に記載の光ディスク装置の制御方法において、
前記判別ステップは、前記ホスト装置と前記光ディスク装置との間の著作権保護技術に基づく手続きの成否結果から、前記コンテンツの種類を判別する
ことを特徴とする光ディスク装置の制御方法。
The method of controlling an optical disc device according to claim 12,
The discriminating step discriminates the type of content from the result of success or failure of a procedure based on a copyright protection technology between the host device and the optical disc device.
光ディスク装置に装填された光ディスクに書き込まれているアプリケーション情報から、前記光ディスクに記録されているコンテンツの種類を判別する判別ステップと、
前記判別されたコンテンツの種類に応じて、前記光ディスク装置の再生動作の制御を行う制御ステップとを備えた
ことを特徴とする光ディスク装置の制御方法。
A discriminating step for discriminating the type of content recorded on the optical disc from application information written on the optical disc loaded in the optical disc apparatus;
And a control step for controlling a reproduction operation of the optical disc apparatus in accordance with the determined type of content.
請求項12および15のいずれか一つに記載の光ディスク装置の制御方法において、
前記制御ステップは、
前記判別されたコンテンツの種類がオーディオビデオデータである場合、前記光ディスクの回転速度を、相対的に低く設定し、
前記判別されたコンテンツの種類がオーディオビデオデータ以外の場合、前記回転速度を、相対的に高く設定する
ことを特徴とする光ディスク装置の制御方法。
The method of controlling an optical disc device according to any one of claims 12 and 15,
The control step includes
If the determined content type is audio video data, the rotational speed of the optical disc is set relatively low,
A control method for an optical disc apparatus, wherein when the determined content type is other than audio-video data, the rotation speed is set relatively high.
請求項12および15のいずれか一つに記載の光ディスク装置の制御方法において、
前記制御ステップは、
前記判別されたコンテンツの種類がオーディオビデオデータである場合、前記ホスト装置と前記光ディスク装置との間のデータ通信速度を、相対的に低く設定し、
前記判別されたコンテンツの種類がオーディオビデオデータ以外の場合、前記データ通信速度を、相対的に高く設定する
ことを特徴とする光ディスク装置の制御方法。
The method of controlling an optical disc device according to any one of claims 12 and 15,
The control step includes
If the determined content type is audio video data, the data communication speed between the host device and the optical disc device is set relatively low,
A control method for an optical disc apparatus, wherein when the determined content type is other than audio-video data, the data communication speed is set relatively high.
JP2004376346A 2004-12-27 2004-12-27 Optical disk apparatus and its control method Pending JP2006185480A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004376346A JP2006185480A (en) 2004-12-27 2004-12-27 Optical disk apparatus and its control method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004376346A JP2006185480A (en) 2004-12-27 2004-12-27 Optical disk apparatus and its control method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2006185480A true JP2006185480A (en) 2006-07-13

Family

ID=36738494

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004376346A Pending JP2006185480A (en) 2004-12-27 2004-12-27 Optical disk apparatus and its control method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2006185480A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010033629A (en) * 2008-07-25 2010-02-12 Toshiba Corp Recording/reproducing device and method
WO2017115464A1 (en) * 2015-12-28 2017-07-06 パナソニックIpマネジメント株式会社 Music server and music data processing method

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010033629A (en) * 2008-07-25 2010-02-12 Toshiba Corp Recording/reproducing device and method
WO2017115464A1 (en) * 2015-12-28 2017-07-06 パナソニックIpマネジメント株式会社 Music server and music data processing method
WO2017115463A1 (en) * 2015-12-28 2017-07-06 パナソニックIpマネジメント株式会社 Music server and music data processing method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2001229612A (en) Copy control method for digital data, and optical disk reproducing device
US7327934B2 (en) Data reproduction apparatus, data recording apparatus, circuit element, data reproduction method and data recording method
JP2005529441A (en) High density optical disc, encryption recording method on optical disc, and reproduction method from optical disc
JP2001243700A (en) Signal processing system
TW569208B (en) A reproducing apparatus of optical disk
JP3544504B2 (en) Data reproduction device, data reproduction method, and recording medium
JP2006185480A (en) Optical disk apparatus and its control method
JP4799475B2 (en) Information recording apparatus and information recording method
JP2002367276A (en) Information reproducing device
JP2002367276A5 (en) Information reproducing apparatus and information reproducing method
WO2015064306A1 (en) Recording medium, play device, and play method
JP3799265B2 (en) Digital signal recording apparatus, recording method, recording / reproducing apparatus, and recording / reproducing method
JP2006331565A (en) Information reproducing device, and reproducing method of information reproducing device
JP3933067B2 (en) Disc player
KR100309694B1 (en) Optical discs capable of authentic discrimination and methods for discriminating them
JP4476990B2 (en) Information recording / playback system
JP4476697B2 (en) Information recording / reproducing device
JPH10112124A (en) Disk reproducing device
JP2005050490A (en) Information recording/reproducing apparatus, information reproduction controller, and information recording/reproducing method
JP4039279B2 (en) Disc recording / playback device
JP2011222093A (en) Disk storage and data record regenerative method
JP2005190566A (en) Method and device for recording file, and reproducing device
JP2006127608A (en) Information recording and reproducing apparatus
JP2000040304A (en) Optical disk and optical disk recorder
KR20040096334A (en) Method for playback continuous of optical disc driver