JP2006105808A - Portable storage medium, rfid tag, measuring instrument, measuring instrument traceability management system, management method, management program, and management program storage medium - Google Patents

Portable storage medium, rfid tag, measuring instrument, measuring instrument traceability management system, management method, management program, and management program storage medium Download PDF

Info

Publication number
JP2006105808A
JP2006105808A JP2004293625A JP2004293625A JP2006105808A JP 2006105808 A JP2006105808 A JP 2006105808A JP 2004293625 A JP2004293625 A JP 2004293625A JP 2004293625 A JP2004293625 A JP 2004293625A JP 2006105808 A JP2006105808 A JP 2006105808A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
instrument
data
calibration
rfid tag
meter
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2004293625A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP4847694B2 (en )
Inventor
Hisayuki Ito
久幸 伊藤
Original Assignee
Hitachi Ltd
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To create a traceability system diagram of a measuring instrument easily and to simplify the acquisition of a calibration certificate. <P>SOLUTION: An RFID tag 2 attached to a measuring instrument stores the identification number, the date calibrated, the calibration expiration date, the calibration certificate number of the measuring instrument, and the identification number of a measuring which has been calibrated by the measuring instrument concerning measuring instruments leading to a national standard measuring instrument including the measuring instrument 1, a measuring instrument which was used for the calibration of the measuring instrument 1, and a measuring instrument which had been used for the calibration of the measuring instrument which was used for the calibration of the measuring instrument 1. A measuring instrument traceability management system 4 combines data of the calibration results of the measuring instrument 1 with data read from the RFID tag 2 of the measuring instrument used for the calibration and writes it into the RFID tag 2 of the measuring instrument 1 when the measuring instrument 1 is calibrated. <P>COPYRIGHT: (C)2006,JPO&NCIPI

Description

本発明は、計器のトレーサビリティを管理するための可搬記憶媒体、計器に付するRFID(Radio Frequency Identification)タグ、そのRFIDタグを付した計器、そのRFIDタグを付した計器のトレーサビリティを管理する計器トレーサビリティ管理装置、管理方法、管理プログラムおよび管理プログラム記憶媒体に関する。 The present invention is an instrument for managing portable storage medium for managing instrument traceability, RFID subjecting the instrument (Radio Frequency Identification) tag, instrument marked with the RFID tag, the traceability of the instrument marked the RFID tag traceability management apparatus, the management method, a management program and a management program storage medium.

近年、バーコードに代わるものとしてRFIDタグが注目を浴びている。 Recently, RFID tags are drawing attention as an alternative to the bar code. RFIDタグは、不揮発性メモリと無線通信回路とを搭載したIC(Integrated Circuits)チップに無線通信を行うためのアンテナが付された構成をしている。 RFID tags have an antenna is attached configuration for performing wireless communication equipped with IC (Integrated Circuits) chip and a nonvolatile memory and a wireless communication circuit. その不揮発性メモリに対しては、無線通信手段を備えたタグリーダ・ライタを用いることにより、そのデータを読み出すだけでなく、書き込むことができる。 For the non-volatile memory, by using a tag reader-writer with wireless communication means, not only reads the data may be written. すなわち、RFIDタグでは、印刷されたバーコードと異なり、いったん記録した内容を容易に変更することができる。 That is, in the RFID tag, different from the printed bar code, can be easily changed once recorded content. また、さらには、RFIDタグに記憶可能な情報量は、バーコードに比べ、飛躍的に大きい。 Also, further, the amount of information that can be stored in RFID tags, compared with the bar code, dramatically greater. そのため、RFIDタグ応用は、バーコードの応用範囲よりはるかに広範囲に拡大しつつある。 Therefore, RFID tag applications is growing far more extensively than the application range of the bar code.

ところで、工業製品の設計・開発や製造・出荷検査の現場においては、品質管理に関するISO(International Organization for Standardization)9000規格等の要求に基づき、計器の校正管理を厳しく実施することが求められるようになってきた。 By the way, in the field of design, development and manufacturing and shipment inspection of industrial products, based on the request of the ISO (International Organization for Standardization) 9000 standards concerning quality management, as it is required to implement strictly the calibration management of the instrument made to have. しかも、その校正管理においては、単なる計器の校正実施の記録だけでなく、その計器を校正するのに使用した計器の校正証明書やトレーサビリティ体系図等についても管理することが求められるようになった。 Moreover, in the calibration management, not only the recording calibration performed merely instruments, it has become required also manage the calibration certificate and traceability diagram like instrument used to calibrate the instrument .

ここで、トレーサビリティ体系図とは、ある計器を校正するのに使用された計器と、その校正に使用された計器を校正するのに使用された計器と、さらに遡って、校正に使用された計器を校正するのに使用された計器を国が定める標準計器に到達するまで、その系図を示した図である。 Here, the instrument and the traceability system diagram, the instrument was used to calibrate the certain instruments, the instruments that are used to calibrate the instrument used in the calibration, further back, which is used for calibration the instrument was used to calibrate the until it reaches the standard instrument national electrical diagrams showing the pedigree.

一般に、校正作業者にとって、ある計器を校正するのにどんな計器を使用したかについては容易に分かる。 In general, for the calibration the operator, it can be readily seen about what was use any instrument to be calibrated a certain instrument. しかしながら、その計器を校正するのに使用した計器を、それ以前にどんな計器で校正したかについては、すぐには、判明しない。 However, an instrument that was used to calibrate the instrument, for one was calibrated in any instrument in earlier, to immediately, not found. 多くの場合、計器を校正した計器の校正は、計器メーカ等の他社で行われることが多いからである。 In many cases, the calibration of the instrument was calibrated the instrument, because it is often carried out by other companies, such as instrument maker. 従って、トレーサビリティ体系図を作成しようとすると、校正するのに使用された計器を一つずつ遡って調査し、場合によっては、いくつもの計器メーカ等から校正の記録や校正証明書を取り寄せなければならない。 Therefore, when you try to create a traceability system chart, we investigated back one by one instrument that has been used to calibrate, in some cases, must be ordered to record or calibration certificate of calibration from a number of instrument manufacturers, etc. . これは、手間のかかる作業である。 This is a time-consuming work.

なお、通常、計器が複合したスペクトルアナライザのような装置は、計器と呼ばれず、計測器と呼ばれることが多い。 Normally, the device, such as a spectrum analyzer instrument complexed not called instrument, often referred to as the instrument. また、例えば、電源装置やパルスジェネレータのような装置は、計器とは呼ばれない。 Further, for example, devices such as power supplies and pulse generator are not referred to the instrument. しかしながら、電源装置やパルスジェネレータのような装置は、他の信号の基準となる信号であるので、ISO9000規格等では校正の対象となっていることが多い。 However, devices such as power supplies and pulse generator, since the signal as a reference of other signals, often has a calibration target in the ISO9000 standard or the like. そこで、本明細書では、計測器や、校正の対象となっている機器をすべて含めて計器と総称する。 Therefore, in this specification, instruments and including all the equipment that is the calibration object are collectively referred to as the instrument with.

特許文献1には、計器を含んだ各種機器にバーコードまたはRFIDタグを添付することによって、校正管理等の機器の管理を容易化する機器管理システムの例が開示されている。 Patent Document 1, by attaching a bar code or RFID tag to various devices including the instrument, examples of a device management system that facilitates the management of equipment, such as calibration management is disclosed. また、特許文献2には、インタネットを介して校正に使用した計器の校正証明書をその計器のメーカから取得するシステムの例が開示されている。 Further, Patent Document 2, an example of a system for acquiring the calibration certificate of the instrument used for calibration via the Internet from the manufacturer of the meter is disclosed.
特開2003−99662号公報(段落0026〜段落0028、図1〜図4) JP 2003-99662 JP (paragraphs 0026~ paragraph 0028, FIGS. 1 to 4) 特開2003−178390号公報(段落0010〜段落0024、図1、図4) JP 2003-178390 JP (paragraphs 0010~ paragraph 0024, FIG. 1, FIG. 4)

しかしながら、特許文献1に開示されている機器管理システムによれば、計器を含む機器に添付されているRFIDタグには、その機器の名称、識別番号、仕様に関するデータ等、いったん書き込めば、その後には変更する必要のないデータしか書き込まれない。 However, according to the equipment management system disclosed in Patent Document 1, the RFID tag attached to a device comprising an instrument, the name of the device, identification number, data concerning specifications, be written once, thereafter not only written data that does not need to be changed. 従って、この機器管理システムでは、例えば1年に1回のように定期的に行われる計器校正の結果を、RFIDタグに書き込んで管理するようなことはなされていない。 Thus, in this equipment management system, for example, once the results of regularly carried out instrument calibration as a year, there has been no such thing as managing written to the RFID tag. また、RFIDタグが添付された機器を管理する機器管理サーバにおいても、計器の校正証明書やトレーサビリティ体系図を容易に表示したり、その入手を容易にしたりする手段は、提供されていない。 Further, even in a device management server that manages the device which the RFID tag is attached, calibration certificate and or a traceability system diagram easily display instruments, means or to facilitate its availability has not been provided.

また、特許文献2によれば、計器の校正に使用した計器が分かれば、校正証明書の取得は容易化される。 Further, according to Patent Document 2, knowing the meter was used to calibrate the instrument, acquiring the calibration certificate is facilitated. しかしながら、トレーサビリティ体系図を表示する手段が提供されていないので、校正に使用された計器がどんな計器で校正されたかの情報は提供されない。 However, since the means for displaying a traceability system diagram is not provided, or information instruments used for calibration is calibrated with any meter is not provided. 従って、校正に使用された計器の校正に使用された計器を遡って調査し、トレースするには、従来同様の手間がかかる。 Therefore, to investigate back an instrument that is used to calibrate the instrument used for calibration, to trace the conventional similar time-consuming.

以上の従来技術の問題点に鑑み、本発明の目的は、計器のトレーサビリティ体系図を容易に表示することができる手段を提供するとともに、その計器を校正するのに使用した計器、および、その計器を校正するのに使用した計器を校正するのに使用したさらに上流の計器について、その校正証明書の入手を容易化する手段および方法を提供することにある。 In view of the above problems of the prior art, an object of the present invention is to provide a means capable of easily displaying a traceability system diagram of the instrument, the instrument was used to calibrate the instrument and its instrument for further upstream of the meter was used to calibrate the instrument used to calibrate the present invention is to provide means and methods to facilitate the availability of the calibration certificate.

前記の課題を解決するために、本発明の可搬記憶媒体またはRFIDタグは、計器に付され、前記計器、前記計器の校正に使用された計器、および、前記校正に使用された計器の校正に使用された計器であって、所定の標準計器に至るまでの計器のそれぞれについて、計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限、校正証明書番号、および、その計器が校正対象とした計器の識別番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、前記不揮発性メモリに記憶に記憶することを特徴とする。 In order to solve the above problems, portable storage medium or RFID tag of the present invention is subjected to the instrument, the instrument calibration instrument used in the meter, and calibration of the instrument used in the calibration a meter which is used for, for each of the instrument up to the predetermined standard instrument, the data of the identification number of the meter, calibration date of the instrument, the calibration expiration date, calibration certificate numbers, and, the meter There and to store the data including at least one data identification number of the instrument was calibrated, the storage in the nonvolatile memory. また、本発明の計器は、前記のRFIDタグを付したことを特徴とする。 Further, the instrument of the present invention is characterized in that given the aforementioned RFID tag.

これらのRFIDタグまたは計器においては、その計器のみならずその計器の校正に使用された計器、さらには、その校正に使用された計器の校正に使用された計器の校正に関するデータが記憶されているので、そのRFIDタグに記憶されているデータを読み出すことにより、容易にトレーサビリティ体系図を作成することができる。 In these RFID tags or instruments, instruments used for calibration of the meter not the instrument only, further data relating to the calibration of the instrument which is used to calibrate the instrument used in the calibration are stored since, by reading the data stored in the RFID tag can easily create a traceability system diagram. また、そのRFIDタグには、校正証明書番号等のデータも記憶されているので、その校正証明書の入手も容易にできるようになる。 Also, its RFID tag, since the data is also stored such as a calibration certificate number, it becomes possible to easily obtain the calibration certificate.

また、本発明の計器トレーサビリティ管理装置は、計器に付されているRFIDタグのデータを読み出しまたはそのRFIDタグへの書き込みを行うRFIDタグリーダ・ライタと、データを記憶するメモリとを備え、前記計器、前記計器の校正に使用された計器、および、前記校正に使用された計器の校正に使用された計器であって、所定の標準計器に至るまでの計器のそれぞれについて、その計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限、校正証明書番号、および、その計器が校正対象とした計器の識別番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、前記RFIDタグに書き込んで管理する計器トレーサビリティ管理装置である。 Moreover, instrument traceability management apparatus of the present invention includes an RFID tag reader-writer for writing the data of the RFID tag to read or RFID tag attached to the instrument, and a memory for storing data, said meter, instrument wherein is used for calibration of the instrument, and, said a meter is used to calibrate the instrument used in the calibration for each instrument up to the predetermined standard instrument, the data of the meter identification number If, calibration date of the instrument, the calibration expiration date, calibration certificate number, and the data and at least one data identification number of the instrument that the instrument has a calibration target, managed by writing to the RFID tag it is an instrument traceability management apparatus. そして、その計器トレーサビリティ管理装置は、計器が校正されたときに、入力装置から入力される、その計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限および校正証明書番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、第1のデータとしてメモリに記憶し、また、前記計器を校正するのに使用された計器に付されているRFIDタグに記憶されているデータを、RFIDタグリーダ・ライタによって読み出し、その読み出したデータを第2のデータとして前記メモリに記憶し、前記第1のデータと、前記第2のデータとを結合して、その結合したデータを、RFIDタグリーダ・ライタによって前記校正された計器に付されたRFIDタグに書き込むことを特徴とする。 Then, the meter traceability management apparatus, when the instrument is calibrated, is input from the input device, and data of identification number of the meter, calibration date of the instrument, at least the calibration expiration date and calibration certificate number the data including the one data, stored in the memory as the first data, and the data stored in the RFID tag affixed to the instrument that is used to calibrate the instrument, RFID tag reader - read the writer, the read data the stored in the memory as a second data, said first data, and coupling the second data, the combined data, said by the RFID tag reader-writer and writes the RFID tag attached to calibrated instrument.

校正に使用された計器に付されているRFIDタグには、その計器のみならずその計器の校正に使用された計器、さらには、その校正に使用された計器の校正に使用された計器の校正に関するデータが記憶されているので、本発明の計器トレーサビリティ管理装置によれば、新たに校正された計器に付されているRFIDタグには、その計器の校正に係る上流のすべての計器についての校正に関するデータが記録されることになる。 The RFID tag attached to the instrument used in the calibration, the instrument used for calibration of the meter not the instruments only, and further, the calibration of the instrument which is used to calibrate the instrument used in the calibration because data about the stored, according to the instrument traceability management apparatus of the present invention, the RFID tag attached to the newly calibrated instrument calibration for all instruments upstream of the calibration of the meter so that the data relating to is recorded. 従って、そのRFIDタグを読み出すことによって、容易にトレーサビリティ体系図を作成することができる。 Therefore, by reading the RFID tag can easily create a traceability system diagram. また、校正証明書番号等のデータも記憶されているので、その校正証明書の入手も容易にできるようになる。 Also, since data is also stored such as a calibration certificate number, it becomes possible to easily obtain the calibration certificate.

本発明によれば、容易に計器のトレーサビリティ体系図を作成することができるようになり、また、容易に校正証明書の入手することができるようになる。 According to the present invention, readily will be able to create a traceability system diagram of the instrument, also, it is possible to obtain easily calibration certificate.

以下、本発明の実施形態について図面を用いて詳しく説明する。 Hereinafter will be described in detail with reference to the accompanying drawings, embodiments of the present invention.

図1は、計器トレーサビリティ管理装置の構成の例を示した図である。 Figure 1 is a diagram showing an example of the configuration of the instrument traceability management apparatus. 図1において、計器トレーサビリティ管理装置4は、一般的な情報・演算処理装置であるCPU(Central Processing Unit)41と、CPU41が実行するプログラムが格納されるとともに、その実行に際して作業領域として用いられるメモリ42と、プログラムおよびデータの保存に用いられるハードディスク記憶装置43と、キーボードやマウス等によって構成される入力装置44と、LCD(Liquid Crystal Display)ディスプレイ等によって構成される表示装置45と、タグリーダ・ライタインターフェース46とを備える。 In Figure 1, the instrument traceability management apparatus 4 includes a CPU (Central Processing Unit) 41 is a general information-processing unit, with programs CPU41 executes is stored, used as a work area during the execution memory 42, a hard disk storage device 43 to be used for storing programs and data, an input device 44 constituted by a keyboard and a mouse, a display device 45 constituted by an LCD (Liquid Crystal display) or the like, a tag reader-writer and a interface 46.

また、計器1には、その筐体の表面にRFIDタグ2が貼付され、そのRFIDタグ2に記憶されているデータにより、計器1の校正に係る情報が管理される。 In addition, the instrument 1, the surface of the housing RFID tag 2 is attached to, the data stored in the RFID tag 2, information relating to calibration of the instrument 1 is managed. また、タグリーダ・ライタ3は、RFIDタグ2との間で非接触の通信を行い、RFIDタグ2に記憶されているデータを読み出すとともに、RFIDタグ2へデータを書き込む。 The tag reader-writer 3, performs contactless communication with the RFID tag 2, reads the data stored in the RFID tag 2, and writes the data to the RFID tag 2.

タグリーダ・ライタ3は、他方で、タグリーダ・ライタインターフェース46に接続されている。 Tag reader writer 3, on the other hand, is connected to the tag reader-writer interface 46. タグリーダ・ライタ3がRFIDタグ2からデータを読み出すと、CPU41は、そのデータをタグリーダ・ライタインターフェース46を介して読み取り、メモリ42へ格納する。 When tag reader writer 3 reads data from the RFID tag 2, CPU 41 reads through the reader-writer interface 46 the data is stored into the memory 42. また、CPU41がメモリ42に格納されているデータをタグリーダ・ライタインターフェース46へ出力すると、タグリーダ・ライタ3はそのデータを受け取り、そのデータをRFIDタグ2へ書き込む。 Further, when outputting data CPU41 is stored in the memory 42 to the reader-writer interface 46, a tag reader-writer 3 receives the data and writes the data to the RFID tag 2.

なお、図1においては、説明および作図の説明上、タグリーダ・ライタ3は、計器トレーサビリティ管理装置4から独立した装置としているが、請求項においては、タグリーダ・ライタ3は、計器トレーサビリティ管理装置4に含まれるとしている。 In FIG. 1, the description and drawing of description, a tag reader-writer 3, but as an independent device from the instrument traceability management apparatus 4, in the claims, tag reader-writer 3, the instrument traceability management apparatus 4 It is to be included. 実質は、どちらであっても構わない。 Parenchyma, may be either.

また、RFIDタグ2は、計器1の表面に貼付されるのではなく、タグリーダ・ライタ3との通信が可能な範囲で、筐体内部に収納されていても構わない。 Further, RFID tag 2, rather than being affixed to the surface of the instrument 1, the communication is possible range of the tag reader-writer 3, may be housed in the housing. さらには、RFIDタグ2が、例えば、プラスチックのカードに貼付または収納され、そのカードが計器1に添付される形態であってもよい。 Furthermore, RFID tag 2, for example, be affixed or stored in plastic card, the card may have a form that is attached to the instrument 1. この場合、そのカードは、計器1から離して、持ち運びすることができるので、計器とは離れた位置に収納されて管理されても構わない。 In this case, the card, apart from the instrument 1, it is possible to carry, but may be managed by being stored at a remote position from the instrument.

図2は、RFIDタグの構成を示した図である。 Figure 2 is a diagram showing the configuration of an RFID tag. 図2において、RFIDタグ2は、基体となるプラスチック等の薄板に、半導体集積回路からなるタグチップ21と通信電波を受信または発信するアンテナ22とが貼付されて構成される。 In FIG. 2, RFID tag 2, a thin plate of plastic as a substrate, a tag chip 21 and configured and the antenna 22 to receive or transmit the communication radio waves is attached consisting of a semiconductor integrated circuit. また、タグチップ21は、電源部211と、小型の演算処理装置であるCPU212と、不揮発性メモリからなるメモリ213と、アンテナ22の信号を変復調する通信部214とを含んで構成される。 Also, tag chip 21 includes a power supply unit 211, the CPU212 is a small processor, a memory 213 comprising a non-volatile memory, and a communication unit 214 for modulating and demodulating the signal of the antenna 22.

ここで、電源部211は、チャージポンプ等を含んだ安定化電源回路からなり、アンテナ22が受信した信号から内部の回路が必要とする所定の直流電圧を生成する。 Here, the power supply unit 211 is composed of a stabilized power supply circuit including a charge pump or the like, to generate a predetermined DC voltage circuit of the internal needs from the signals the antenna 22 has received. また、CPU212は、通信部214によってアンテナ22の信号から復調されたデータを受け取り、そのデータをメモリ213に格納する。 Further, CPU 212 receives data demodulated from the signal of the antenna 22 by the communication unit 214, stores the data in the memory 213. また、メモリ213に格納されているデータを読み出して、通信部214へ出力する。 Further, by reading the data stored in the memory 213, and outputs to the communication unit 214. 通信部214は、そのデータを変調して、搬送波の信号としてアンテナへ出力する。 The communication unit 214 modulates the data and outputs it to the antenna as a carrier wave signal.

なお、本実施形態において、メモリ213には、計器1の校正に係るデータが記憶されるが、その記憶されるデータを本明細書では、計器タグデータまたは単にタグデータと呼ぶ。 In the present embodiment, the memory 213, the data relating to the calibration of the instrument 1 are stored, in this specification the data thereof stored, referred to as the instrument tag data or simply tag data. また、RFIDタグ2にデータを記憶(または、格納、記録、書き込む、ともいう)するという場合には、RFIDタグ2のタグチップ21のメモリ213にデータを記憶することを意味する。 Also, storing data in the RFID tag 2 when that is (or, storing, recording, writing, and also referred to), it means to store data in the memory 213 of the tag chip 21 of the RFID tag 2. 同様に、RFIDタグ2からデータを読み出すと言う場合には、RFIDタグ2のタグチップ21のメモリ213からデータを読み出すことを意味する。 Similarly, if say reading data from the RFID tag 2 is meant to read data from the memory 213 of the tag chip 21 of the RFID tag 2.

図3は、RFIDタグに記憶される計器タグデータを構成するフィールドの例を示した図である。 Figure 3 is a diagram showing an example of fields constituting the instrument tag data stored in the RFID tag. 図3において、計器タグデータ580は、計器識別名称、校正実施日、校正期限、校正対象計器識別名称、校正証明書番号および構成実施者の各フィールドを含んで構成される。 3, the instrument tag data 580 is composed of the meter identification name, calibration date, calibration date, calibration target meter identification name, contains the fields of the calibration certificate number and configuration practitioner. そして、計器タグデータ580の最初の行には、当該RFIDタグ2が貼付されている計器1の校正に係るデータが記憶される。 Then, the first line of the instrument tag data 580, data relating to the calibration of the instrument 1 in which the RFID tag 2 is attached is stored. 図3の例の場合、当該計器の計器識別名称は“計器ABC”で、その校正実施日は“2004/08/25”で、校正期限は“2005/08/24”で、校正証明番号は“KU1770123”で、構成実施者は“甲社”であることを示している。 In the example of FIG. 3, in the instrument of the meter identification name "meter ABC", in the calibration date is "2004/08/25", calibration date is "2005/08/24", calibration certificate numbers in "KU1770123", it indicates that the configuration practitioner is "Kabutosha". また、校正対象計器識別名称は、計器識別名称の計器により校正された計器であることを示している。 Further, the calibration target meter identification name, indicating a meter that has been calibrated by the instrument of the instrument identification name. 図3の例においては、校正対象計器識別名称が“計器ABC”である場合の計器識別名称としては、“標準計器A”と“標準計器B”と“標準計器C”とあることが分かる。 In the example of FIG. 3, as the meter identification name when calibrated meter identification name is "instrument ABC", "standard meter A" and "standard meter B" and "standard meter C" phrase it can be seen. つまり、“計器ABC”は、“標準計器A”と“標準計器B”と“標準計器C”とにより校正されたことが分かる。 In other words, "the instrument ABC", it is understood that is calibrated by a "standard meter A" and "standard meter B" and "standard meter C".

なお、ここで、“計器識別名称”とは、単なる計器の名称や型式名を示すだけでなく、計器を個々に識別する識別番号を含むものとする。 Here, the "meter identification name" not only indicates the name or model name just instrument is intended to include an identification number that identifies each instrument. 一般に、トレーサビリティ体系図等において、校正に使用した計器を示す場合には、計器の名称と型式名を示せばよい場合が多い。 In general, the traceability system diagram or the like, to indicate an instrument used for calibration may in many cases be Shimese the name and model name of the instrument. しかしながら、校正に使用した計器を現実にトレースする場合には、同じ計器の名称、同じ型式名であっても、計器の個体が異なれば、校正の実態は異なるので、識別番号でそれを区別する必要がある。 However, in the case of tracing the instrument used for calibration in reality, the name of the same instrument, even for the same model name, different instruments individuals, since actual calibration is different, distinguish it by the identification number There is a need. ただし、図3においては、簡単のために計器識別名称は、計器名称だけで表している。 However, in FIG. 3, the meter identification name for simplicity is represented by only the instrument name.

図4は、計器のトレーサビリティ体系図の例を模式的に示した図である。 Figure 4 is a diagram schematically showing an example of a traceability system diagram of the instrument. 図4によれば、“計器ABC”は、“標準計器A”と“標準計器B”と“標準計器C”とにより校正されたことが示されている。 According to FIG. 4, "the instrument ABC" has been shown to have been calibrated by the "standard meter A" and "standard meter B" and "standard meter C". また、“標準計器A”は、“標準計器D”と“標準計器E”とにより校正されたことが示され、“標準計器E”は、“標準計器X”と“標準計器Y”とにより校正されたことが示されている。 Further, "standard meter A", due to "standard meter D" and to indicate that it is calibrated by the "standard meter E", "standard meter E" is "standard meter X" and "standard meter Y" it has been shown that calibrated. さらに、“標準計器X”および“標準計器Y”は、それぞれ、国家標準の計器で校正されていることが示されている。 Further, "standard meter X" and "standard meter Y", respectively, it is shown that has been calibrated by national standard instruments.

このようなトレーサビリティ体系図560は、図3に示した計器タグデータ580に基づき作成することができる。 Such traceability system diagram 560 may be created based on the instrument tag data 580 shown in FIG. すなわち、本実施形態においては、計器トレーサビリティ管理装置4が、タグリーダ・ライタ3を介して計器1に貼付されているRFIDタグ2に記憶されているデータを読み出し、その計器1のトレーサビリティ体系図560を作成し、図示しないプリンタ等に出力する。 That is, in this embodiment, the instrument traceability management apparatus 4 reads the data stored in the RFID tag 2 that is attached to the instrument 1 through the reader-writer 3, the traceability system diagram 560 of the meter 1 create, and outputs to a printer or the like (not shown).

図5は、計器トレーサビリティ管理装置におけるプログラムおよびデータベースの構成を示した図である。 Figure 5 is a diagram showing the configuration of programs and databases in the instrument traceability management apparatus. 図5において、計器トレーサビリティ管理装置4は、プログラムとして、タグデータ読み書き制御処理51、タグデータ表示処理52、タグデータ更新処理53、タグデータ保管処理54、計器校正証明書保管処理55、トレーサビリティ体系図表示処理56等を備える。 5, instrument traceability management apparatus 4, as a program, a tag data write control process 51, the tag data display processing 52, the tag data updating process 53, the tag data storage processing 54, instrument calibration certificate storage process 55, traceability system diagram comprising a display process 56 or the like. また、計器トレーサビリティ管理装置4は、データベース(以下、DBと略す)として、必要標準計器DB57、計器タグデータDB58、計器校正証明書DB59等を備える。 Moreover, instrument traceability management device 4 comprises a database (hereinafter abbreviated as DB) as, required standard meter DB 57, the instrument tag data DB 58, the instrument calibration certificate DB59 like. 以下、これらのプログラムおよびデータベースの機能および動作について説明する。 Hereinafter, a description will be given of the function and operation of these programs and databases.

必要標準計器DB57は、ある計器1を校正するのに必要な計器(標準計器)の計器名称を記憶するDBである。 Required standard instrument DB57 is a DB for storing the instrument name of the instrument (standard meter) necessary to calibrate some instruments 1. 例えば、“計器ABC”に対して、“標準計器A”、“標準計器B”、“標準計器C”のデータを対応させて記憶する。 For example, for the "meter ABC", "standard meter A", "standard meter B", made to correspond to data "standard meter C" stores. なお、この場合の計器名称は、計器の型式名を含む必要があるが、個別識別番号を含む必要はない。 Incidentally, the instrument name in this case, it is necessary to include a model name of the instrument need not include a separate identification number. また、必要標準計器DB57に記憶されるデータは、計器名称対ごとに作成され、通常、その計器名称の計器1が初めて校正される前に、キーボード等の入力装置44を介して入力される。 Further, data stored in the required standard instrument DB57 is created for each instrument name pair, usually, before the instrument 1 of the instrument name is first calibrated, it is input via the input device 44 such as a keyboard.

計器タグデータDB58は、RFIDタグ2に書き込んだデータをバックアップするためのDBである。 Instrument tag data DB58 is a DB for backing up data written to the RFID tag 2. 従って、計器タグデータDB58には、図3に示した計器タグデータ580と同じデータが記憶される。 Thus, the instrument tag data DB 58, the same data as the instrument tag data 580 shown in FIG. 3 is stored. 通常、計器1の校正が行われ、その校正に係る計器タグデータ580がRFIDタグ2に書き込まれるときに、同時に、その計器タグデータ580が計器タグデータDB58に追加される。 Normally, calibration of the instrument 1 is performed, and when the instrument tag data 580 relating to the calibration written to the RFID tag 2, at the same time, the meter tag data 580 is added to the instrument tag data DB 58.

計器校正証明書DB59は、作成または入手した計器校正証明書をイメージデータ等のファイルにして保管するDBである。 Instrument calibration certificate DB59 is a DB Keep the instrument calibration certificate created or obtained in the file such as an image data. 他社から入手する計器校正証明書は、通常、紙の上に記載された証明書であるので、それをイメージスキャナ等の入力装置44によって読み取り、イメージデータ等のファイルで保管する。 Instrument calibration certificate obtained from other companies, typically are the certificate described on paper, it reads the input device 44 such as an image scanner and stored in a file such as an image data. また、自社が発行する計器校正証明書は、一般の文書作成プログラムにより作成可能であり、その文書作成プログラムが定めるファイル形式に従って保存する。 Moreover, instrument calibration certificate house is issued, may be made from the general document creation program is stored according to a file format to which the document creation program stipulated.

なお、以上に説明したDB57,58,59は、通常、ハードディスク記憶装置43上に構成される。 Incidentally, DB57,58,59 described above is typically configured in the hard disk storage device 43.

図5において、タグデータ読み書き制御処理51は、タグリーダ・ライタインターフェース46およびタグリーダ・ライタ3を介して、RFIDタグ2からデータを読み取るとともに、RFIDタグ2に対してデータを書き込む制御を行うプログラムである。 5, tag data write control process 51, via a tag reader-writer interface 46 and a tag reader-writer 3, together with the read data from the RFID tag 2 is the program for controlling to write data to the RFID tag 2 .

タグデータ表示処理52は、RFIDタグ2から読み取った計器タグデータ580をLCDディスプレイ等の表示装置に表示するプログラムである。 Tag data display process 52 is a program that displays the instrument tag data 580 read from the RFID tag 2 on a display device such as an LCD display. タグデータ表示処理52は、また、その表示された内容に基づき、適宜、計器校正証明書を表示したり、トレーサビリティ体系図56を起動したりする処理を実行する。 Tag data display process 52 is also based on the displayed contents, appropriately, view instrument calibration certificate, it executes the process or to start a traceability system diagram 56. なお、これらの処理の詳細については、別途、図7を用いて説明する。 The details of these processes, separately, will be described with reference to FIG.

タグデータ更新処理53は、校正対象の計器1の校正作業をサポートするためのプログラムである。 Tag data updating process 53 is a program for supporting calibration operation of the instrument 1 to be calibrated. タグデータ更新処理53は、校正実施前には、その校正に使用される標準計器の一覧を表示し、その標準計器に貼付されているRFIDタグ2のデータを読み取り、校正期限が切れていないか等をチェックする。 Or tag data updating process 53, before the calibration implementation displays a list of standard instruments used in the calibration, read data of the RFID tag 2 that is attached to the standard meter, not expired calibration deadline checks and the like. また、校正後には、その校正結果に基づき、新たな計器タグデータ580を作成し、そのデータを計器1のRFIDタグ2へ書き込むとともに、タグデータ保管処理54を起動して、そのデータを計器タグデータDB58へ追加する等の処理を実行する。 Further, after calibration, based on the calibration results, creating a new instrument tag data 580, it writes the data of the meter 1 to the RFID tag 2, by starting tag data storage processing 54, the instrument tag the data to perform the processing such as to add to the data DB58. なお、これらの処理の詳細については、別途、図8を用いて説明する。 The details of these processes, separately, will be described with reference to FIG.

タグデータ保管処理54は、タグデータ更新処理53によって起動され、RFIDタグ2へ書き込む計器タグデータ580を計器タグデータDB58へ追加する処理プログラムである。 Tag data storage processing 54 is activated by the tag data updating process 53, a processing program to add the instrument tag data 580 to be written to the RFID tag 2 to the instrument tag data DB 58. また、タグデータ保管処理54は、入力装置44からのクリック入力によっても起動され、この場合には、計器タグデータDB58に保管されている計器1の計器タグデータ580を読み出し、それを計器1に貼付されているRFIDタグ2へ書き込む処理を実行する。 Further, the tag data storage processing 54 is also activated by a click input from the input device 44, in this case, reads out the instrument tag data 580 of the instrument 1 that are stored in the instrument tag data DB 58, it to the instrument 1 executing a process of writing to the RFID tag 2 being affixed. なお、これらの処理の詳細については、別途、図9を用いて説明する。 The details of these processes, separately, will be described with reference to FIG.

計器校正証明書保管処理55は、タグデータ更新処理53によって作成された計器校正証明書、または、入力装置44から入力された計器校正証明書を計器校正証明書DB59へ保管するプログラムである。 Instrument calibration certificate storage process 55, instrument calibration certificate created by the tag data updating process 53, or a program that stores instrument calibration certificate input from the input device 44 to the instrument calibration certificate DB 59. また、トレーサビリティ体系図表示処理56は、タグデータ表示処理52によって起動され、RFIDタグ2から読み出された計器タグデータ580をLCDディスプレイ等の表示装置45に表示するプログラムである。 Further, traceability system diagram display processing 56 is activated by the tag data display process 52 is a program that displays the instrument tag data 580 read out from the RFID tag 2 to the display device 45 such as an LCD display.

以上に説明したプログラム51〜56は、通常、ハードディスク記憶装置43(図1参照)に保管され、実行時にメモリ42にロードされ、CPU41により実行される。 Program 51 to 56 described above are normally stored in the hard disk storage 43 (see FIG. 1), it is loaded into the memory 42 during execution and executed by the CPU 41.

図6は、計器トレーサビリティ管理装置を起動したときに表示装置に表示される初期表示画面の例を示した図である。 Figure 6 is a diagram showing an example of an initial display screen displayed on the display device when you start the instrument traceability management apparatus. 計器トレーサビリティ管理装置4に、例えば、電源等が投入されると、まず、計器トレーサビリティ管理処理プログラムが起動される(図5に図示せず)。 The instrument traceability management apparatus 4, for example, when the power supply or the like is turned on, the (not shown in FIG. 5) instrument traceability management processing program is activated. 計器トレーサビリティ管理処理プログラムは、図6に示すように、タグデータ表示、タグデータ更新、タグデータ追加・修復、計器校正証明書入力、トレーサビリティ体系図表示および終了のボタンを表示装置45の表示画面に表示する。 Instrument traceability management processing program, as shown in FIG. 6, the tag data display, the tag data updating, the tag data added or repaired, the instrument calibration certificate input, the display screen of the display device 45 the button traceability system diagram display and ends indicate.

利用者は、この表示画面を見て、そのボタンをクリックすることにより、それぞれに対応付けられたプログラムを起動する。 The user, look at this display screen, by clicking the button, start the program associated with each. ここでは、タグデータ表示ボタンにはタグデータ表示処理52が、タグデータ更新ボタンにはタグデータ更新処理53が、タグデータ追加・修復ボタンにはタグデータ保管処理54が、計器校正証明書入力ボタンには計器校正証明書保管処理55が、トレーサビリティ体系図表示ボタンにはトレーサビリティ体系図表示処理56がそれぞれ対応付けられている。 Here, the tag data display processing 52 in the tag data display button, tag data updating process 53 to the tag data update button, tag data storage processing 54 to the tag data addition and repair buttons, instrument calibration certificate input button the instrument calibration certificate storage process 55, traceability system diagram display processing 56 in the traceability system diagram display button is respectively associated. また、終了ボタンには、この初期表示画面を消去して、計器トレーサビリティ管理処理を終了する処理(図5に図示せず)が対応付けられている。 Further, the end button erases the initial display screen, the processing to terminate the instrument traceability management process (not shown in FIG. 5) is associated.

図7は、タグデータ表示処理の処理の流れを示した図である。 Figure 7 is a diagram showing the flow of processing tag data display process. 図7において、計器トレーサビリティ管理装置4のCPU41は、まず、タグリーダ・ライタインターフェース46およびタグリーダ・ライタ3を介して、計器1に貼付されているRFIDタグ2のタグデータ(計器タグデータ580)を読み出し(ステップS01)、そのタグデータをメモリ42へ格納する。 In FIG. 7, CPU 41 of the instrument traceability management apparatus 4 first through the reader-writer interface 46 and a tag reader-writer 3 reads the tag data of the RFID tag 2 that is attached to the instrument 1 (instrument tag data 580) (step S01), and stores the tag data to the memory 42.

次に、CPU41は、メモリ42へ格納されたタグデータを表示装置45に表示する(ステップS02)。 Then, CPU 41 displays a tag data stored in the memory 42 to the display device 45 (step S02). その表示は、例えば、図3と同様に最上段の行にフィールド名を表示して、以下の行にタグデータをそのまま表示する。 The indication, for example, to display the field names in the top row as in FIG 3, it displays the tag data to the following line. ただし、例えば、その計器1の校正期限が切れていた場合には、そのデータについては、点滅表示や赤色表示するなどのアラーム表示を行う。 However, for example, if the calibration date of the instrument 1 has expired, for the data, an alarm display, such as a flashing display and red display. なお、この表示を行う画面には、その表示画面の隅にトレーサビリティ体系図ボタンと終了ボタンとが表示される(図示せず)。 Note that the screen for the display (not shown) corner traceability system diagram button and the end button is displayed in the display screen.

次に、図3のような計器タグデータ580が表示されている状態で、計器識別名称が選択されクリックされると(ステップS03でYes)、CPU41は、その計器識別名称の計器1の校正証明書を計器校正証明書DB59から読み出し、その校正証明書を表示装置45へ表示する(ステップS06)。 Then, with the instrument tag data 580 as shown in FIG. 3 is displayed, when the meter identification name is clicked the selected (Yes in step S03), CPU 41 may, calibration certificate of the instrument 1 of the meter identification name reads the written from the meter calibration certificate DB 59, and displays the calibration certificate to the display device 45 (step S06). なお、表示すべき校正証明書が計器校正証明書DB59になかった場合には、ないことを示すメッセージを表示する。 Note that when calibration certificate to be displayed is not in the instrument calibration certificate DB59 displays a message indicating that no.

また、ステップS03において、計器識別名称が選択もクリックもされず(ステップS03でNo)、トレーサビリティ体系図ボタンがクリックされた場合には(ステップS04でYes)、メモリ42へ格納されたタグデータに基づき、図4のようなトレーサビリティ体系図560を表示する(ステップS07)。 Further, in step S03, selection is the meter identification name also clicked also by not (in step S03 No), if the traceability system diagram button is clicked (Step S04 Yes), the tag data stored in the memory 42 based displays a traceability system diagram 560 shown in FIG. 4 (step S07).

また、ステップS04において、トレーサビリティ体系図ボタンがクリックされず(ステップS04でNo)、終了ボタンがクリックされた場合には(ステップS05でYes)、タグデータ表示処理52の処理を終了する。 Further, in step S04, traceability system diagram button not clicked (No in step S04), if the end button is clicked to end the (Yes in step S05), the processing of tag data display process 52. また、終了ボタンがクリックされない場合には(ステップS05でNo)、ステップS03へ戻って、新たなクリックの入力を待つ。 In addition, if the end button is not clicked (No in step S05), it returns to step S03, waits for the input of a new click.

なお、校正証明書表示処理(ステップS06)およびトレーサビリティ体系図表示処理(ステップS07)のそれぞれが表示する画面には、終了ボタンが表示される。 Incidentally, on the screen each calibration certificate display process (step S06) and traceability diagram displaying processing (step S07) is displayed, the end button are displayed. そして、その終了ボタンがクリックされると、それぞれの表示画面を閉じて、校正証明書表示処理(ステップS06)およびトレーサビリティ体系図表示処理(ステップS07)を終了し、 When the end button is clicked to close the respective display screen, and terminates the calibration certificate display process (step S06) and traceability diagram displaying processing (step S07),
ステップS02へ戻る。 Back to step S02.

以上のタグデータ表示処理52を実行することにより、利用者は、計器1のRFIDタグ2のタグデータを自由に閲覧することができ、その校正期限等をチェックすることができる。 By executing the tag data display process 52 described above, the user, the tag data of the RFID tag 2 of the instrument 1 can be free of cost, it is possible to check the calibration due date, and the like. また、その計器1のトレーサビリティ体系図560をすぐさま閲覧することができ、さらには、その計器1またはその計器1の校正に係る標準計器の校正証明書を閲覧することができる。 Also, the meter 1 of traceability system diagram 560 quickly can browse the news, it is possible to view the calibration certificate standard instrument according to calibration of the meter 1 or the instrument 1. また、標準計器の校正証明書が計器校正証明書DB59になかった場合には、その校正証明書番号および校正実施者のデータにより、その校正証明書を容易に取り寄せることができる。 Further, when the calibration certificate standard meter is not in the instrument calibration certificate DB59, with its calibration certificate numbers and calibration practitioner data, it is possible to request a the calibration certificate easily.

図8は、タグデータ更新処理の処理の流れを示した図である。 Figure 8 is a diagram showing the flow of processing tag data updating process. タグデータ更新処理53は、校正作業者が校正作業を実施するのをサポートするプログラムである。 Tag data updating process 53 is a program for calibration operator to support carrying out the calibration operation.

図8において、計器トレーサビリティ管理装置4のCPU41は、まず、タグリーダ・ライタインターフェース46およびタグリーダ・ライタ3を介して、校正対象の計器1に貼付されているRFIDタグ2のタグデータを読み出し(ステップS11)、そのタグデータをメモリ42へ格納する。 In FIG. 8, CPU 41 of the instrument traceability management apparatus 4 first through the reader-writer interface 46 and a tag reader-writer 3 reads the tag data of the RFID tag 2 that is attached to the instrument 1 to be calibrated (step S11 ), and stores the tag data to the memory 42. そして、CPU41は、必要標準計器DB57から校正対象の計器1の計器識別名称に対応する必要標準計器の一覧を読み出し、その必要標準計器の一覧を表示装置45に表示する(ステップS12)。 Then, CPU 41 reads out the list of required standard meter corresponding to the meter identification name of the instrument 1 to be calibrated from the required standard meter DB 57, and displays a list of the required standard meter on the display device 45 (step S12).

校正作業者は、表示された必要標準計器の一覧を見て、そのうちの標準計器を1台用意する(ステップS13)。 Calibration operator, look at the list of the displayed required standard instrument, the standard instrument of them to prepare one (step S13). そして、タグリーダ・ライタ3を用いて、その標準計器のRFIDタグ2のタグデータを読み出す操作をする。 Then, using a tag reader-writer 3, an operation of reading the tag data of the RFID tag 2 of the standard meter. すると、CPU41は、その用意された標準計器のRFIDタグ2のタグデータを、タグリーダ・ライタ3およびタグリーダ・ライタインターフェース46を介して読み出し(ステップS14)、読み出したタグデータをメモリ42へ格納する。 Then, CPU 41 has the tag data of the RFID tag 2 of the prepared the standard meter reads through the reader-writer 3 and the tag reader-writer interface 46 (step S14), and stores the read tag data to the memory 42.

次に、読み出したタグデータを参照して、用意された標準計器が当該計器1の校正に必要な計器であるか、校正期限が切れていないかを判定する(ステップS15,S16)。 Next, with reference to the read tag data, whether standard instrument that is prepared is a instrument required for calibration of the instrument 1, whether the calibration has not expired determines (step S15, S16). その結果、校正に必要な計器でない場合(ステップS15でNo)、または、校正期限が切れていた場合(ステップS16でNo)には、用意された標準計器が使用不可であることを示すアラームメッセージを表示装置45へ表示し(ステップS27)、ステップS13へ戻る。 As a result, if not the instrument required for calibration (No in step S15), and or, if the calibration date has expired (No in step S16), an alarm message indicating that the standard meter that is prepared is not available and displayed on the display device 45 (step S27), the flow returns to step S13. 一方、用意された標準計器が校正に必要な標準計器であり、校正期限も切れていなかった場合には(ステップS15でYes、かつ、ステップS16でYes)、用意された標準計器が使用可であることを示すメッセージを表示装置45へ表示する(ステップS17)。 On the other hand, a standard instrument required for calibration standards instrument that is prepared, if it not expired proofreading date (in step S15 Yes, and in step S16 Yes), a standard instrument that provides a Usable displaying on the display device 45 a message indicating that (step S17).

次に、校正作業者は、標準計器が使用可であることを示すメッセージを確認すると、校正作業を実施する(ステップS18)。 Next, the calibration operator has confirmed the message indicating that the standard meter is usable to perform the calibration operation (step S18). 校正作業が終了すると、校正作業者はその校正結果(パスまたはフェイルのデータ)を入力装置44から入力する。 The calibration operation is completed, the calibration operator input from input device 44 and the calibration result (pass or fail of the data). CPU41は、入力される校正結果のデータを読み込み(ステップS19)、そのデータを使用された標準計器の識別名称に対応させてメモリ42に記憶する。 CPU41 reads the data of the calibration results input (step S19), by the corresponding storage in the memory 42 to identify the name of the standard instrument used that data. そして、CPU41は、ステップS12において必要標準計器一覧に表示された必要標準計器をすべて用いて校正されたかを判定する(ステップS20)。 Then, CPU 41 determines whether or calibrated using all necessary standard instrument displayed on the required standard meter list in step S12 (step S20). その結果、校正に用いるべき標準計器が残っていた場合には(ステップS20でNo)、ステップS13へ戻って、作業者は、まだ、校正に使用していなかった標準計器を用意する(ステップS13)。 As a result, when there are still the standard instrument to be used for calibration (No in step S20), the flow returns to step S13, the operator still providing a standard instrument that was not used in the calibration (step S13 ). そして、CPU41は、ステップS14以下の処理を、再度、実行する。 Then, CPU 41 may step S14 the following process is executed again.

一方、ステップS20における判定で、必要標準計器をすべて用いて校正がされていた場合には(ステップS20でYes)、校正結果のデータを記憶したメモリを参照して、すべての標準計器に対する校正が正しく終了(パス)したか否かを判定する(ステップS21)。 On the other hand, in the judgment in the step S20, in the case had been calibrated using all necessary standard instrument (Yes in step S20), by referring to the memory storing the data of the calibration results, calibration for all standard instruments terminated properly it determines whether the (path) (step S21). その結果、いずれかの標準計器において校正が正しく終了(パス)していなかった場合には(ステップS21でNo)、校正失敗のアラームメッセージを表示装置45に表示して(ステップS28)、タグデータ更新処理53を終了する。 As a result, if the calibration in one of the standard meter was not properly completed (path) is displayed on (No at step S21), and displays the calibration failure alarm message device 45 (step S28), the tag data to end the update process 53.

また、ステップS21における判定で、すべての標準計器において校正が正しく終了(パス)していた場合には(ステップS21でYes)、CPU41は、校正対象の計器1についての校正証明書を作成する(ステップS22)。 Further, in the judgment in the step S21, if the calibration in all standard instrument were properly terminated (path) (Yes in step S21), CPU 41 creates a calibration certificate for the instrument 1 to be calibrated ( step S22). なお、この証明書作成にあたっては、CPU41は、ステップ14において標準計器に貼付されているRFIDタグ2から読み出されたタグデータが用いられる。 Incidentally, when the certificate creation, CPU 41 may tag data read from the RFID tag 2 that is attached to the standard meter in step 14 is used.

次に、CPU41は、校正対象の計器1に貼付されているRFIDタグ2へ書き込むべきタグデータを更新する(ステップS23)。 Then, CPU 41 updates the tag data to be written to the RFID tag 2 that is attached to the instrument 1 to be calibrated (step S23). その更新は、次のようにして行う。 The update is performed as follows. (1)ステップS14において校正に使用した標準計器のRFIDタグ2から読み出されたタグデータ(いずれのタグデータも、図3の計器タグデータ580のように構成されている)を、メモリ42上ですべて結合する。 (1) tag data read from the RFID tag 2 of the standard instrument used to calibrate at step S14 (all tag data is also constructed as the instrument tag data 580 in FIG. 3), the memory 42 on binding in all. (2)その結合されたタグデータにおいて、各標準計器のRFIDタグ2から読み出されたタグデータの最上位行のデータに対応するデータを取り出す。 (2) in its binding tag data, retrieve the data corresponding to the data of the top row of the tag data read from the RFID tag 2 of the standard instrument. (3)そして、その最上位行のデータに対応するデータのうち、校正対象の計器1の計器識別名称を格納する。 (3) Then, among the data corresponding to the data of the top row, and stores the meter identification name of the instrument 1 to be calibrated. ここで、校正対象の計器1の計器識別名称は、ステップS11で校正対象の計器1のRFIDタグ2から読み出されたタグデータの最上位行の計器識別名称フィールドから得られる。 Here, the meter identification name of the instrument 1 to be calibrated is obtained from the meter identification name field of the uppermost row of the tag data read from the RFID tag 2 of the instrument 1 to be calibrated at step S11. (4)以上のようにして得られたデータに最上位行を付け加える。 (4) By removing add the top row to the data obtained. 最上位行の計器識別名称フィールドは、校正対象の計器1の計器識別名称であり、校正実施日、校正期限、校正実施者の各フィールドのデータは、校正作業者が入力するデータに従って格納してもよく、また、計器トレーサビリティ管理装置4が装置内蔵のカレンダーデータなどに従って格納してもよい。 Meter identification name field of the uppermost row is a meter identification name of the instrument 1 to be calibrated, calibration date, calibration date, data for each field of the calibration practitioner stores according to data calibration operator inputs At best, also, instrument traceability management apparatus 4 may also be stored in accordance and calendar data device embedded. また、校正証明書番号は、ステップS22において作成された校正証明書の校正証明書番号を格納する。 Further, calibration certificate number, stores the calibration certificate number of the calibration certificate created in the step S22.

以上のようにして更新したタグデータを校正対象の計器1に貼付されたRFIDタグ2へ書き込む(ステップS24)。 Above manner, the write to the RFID tag 2 affixed tag data updated to the meter 1 to be calibrated (step S24). 同時に、更新したタグデータを計器タグデータDB58へ登録することによって、計器タグデータDB58を更新する(ステップS25)。 At the same time, by registering tag data updated to the instrument tag data DB 58, and updates the meter tag data DB 58 (step S25). そして、ステップS22で作成した計器校正証明書を計器校正証明書DB59へ登録することによって、計器校正証明書DB59を更新し(ステップS26)、タグデータ更新処理53を終了する。 Then, by registering the instrument calibration certificate created in the step S22 to the instrument calibration certificate DB 59, and updates the meter calibration certificate DB 59 (step S26), and finishes the tag data updating process 53.

なお、以上の処理においては、校正対象の計器1の校正結果のデータと校正に使用した標準計器のRFIDタグ2から読み出したタグデータとをすべて結合したデータを、校正対象の計器1に貼付されたRFIDタグ2へ書き込むものとしているが、変化のあったデータのみを書き込むようにしても構わない。 The above in process, the data bound all the read tag data from the RFID tag 2 of the standard instrument used for calibration and the calibration results of the instrument 1 of the calibration target data, is affixed to the instrument 1 to be calibrated and although it is assumed to be written in the RFID tag 2, it may be written only made the change data. その場合には、たとえば、ステップS11で校正対象計器のRFIDタグ2から読み出されたタグデータ(旧タグデータ)と、ステップ23でタグデータ更新のために作成する新しいデータ(つまり、校正対象の計器1の校正結果のデータと校正に使用した標準計器のRFIDタグ2から読み出したタグデータとをすべて結合したデータ)とを比較して、新しいデータのうち旧データにあるデータを削除して、これをこの場合の更新タグデータとする。 In that case, for example, the tag data (old tag data) read from the RFID tag 2 to be calibrated instrument at step S11, new data to be created for the tag data updated at step 23 (i.e., the calibration target by comparing the all combined data) and a tag data read from the RFID tag 2 of the standard instrument used for calibration and the calibration results of the instrument 1 data, delete the data in the old data in the new data, this is an update tag data in this case. そして、この更新タグデータを校正対象計器のRFIDタグ2へ追加書き込みをする。 Then, the additional write the update tag data to the RFID tag 2 to be calibrated instrument.

以上のタグデータ更新処理53を実行することにより、校正作業者は、校正に使用する標準計器の校正期限をチェックすることができ、また、校正した結果に基づき、校正対象の計器1に貼付されているRFIDタグ2にタグデータを容易に更新することができる。 By executing the tag data updating process 53 described above, the calibration operator can check the calibration date of a standard meter to be used in the calibration, also on the basis of the result of the calibration, is affixed to the instrument 1 to be calibrated the tag data to the RFID tag 2 is can be easily updated. さらには、校正した計器1についての校正証明書を作成することができる。 Furthermore, it is possible to create a calibration certificate for the instrument 1 in which calibrated.

図9は、タグデータ保管処理の処理の流れを示した図である。 Figure 9 is a diagram showing the flow of processing tag data storage processing. タグデータ保管処理54は、タグデータ更新処理53のステップS25(図8参照)で起動される場合と、図6の表示画面において、タグデータ追加・修復ボタンがクリックされたときに起動される。 Tag data storage processing 54, and if it is activated in step S25 in the tag data updating process 53 (see FIG. 8), the display screen of FIG. 6, is activated when the additional tag data restoration button is clicked. そこで、計器トレーサビリティ管理装置4のCPU41は、図9において、プログラムがどこから起動されたかを判定する。 Therefore, CPU 41 of the instrument traceability management apparatus 4, 9, it is determined whether the program is started from.

まず、タグデータ更新、つまり、タグデータ更新処理53のステップS25で起動された場合には(ステップS31でYes)、CPU41は、更新したタグデータをタグデータ更新処理53プログラムから受け取り(ステップS32)、受け取ったタグデータを計器タグデータDB58に登録することにより、計器タグデータDB58を更新した後(ステップS33)、タグデータ保管処理54を終了する。 First, the tag data updating, that is, if it is started in step S25 of the tag data updating process 53 (Yes in step S31), receiving CPU41 is the tag data updated from the tag data updating process 53 program (step S32) by registering the tag data received in the instrument tag data DB 58, after updating the instrument tag data DB 58 (step S33), and finishes the tag data storage processing 54. なお、ここでは、更新したタグデータに対応する古いタグデータは、削除するとするが、削除しなくても構わない。 Here, the old tag data corresponding to the updated tag data is to be deleted, it may be not be deleted.

また、タグデータ追加・修復ボタンがクリックされたときに、タグデータ保管処理54が起動された場合には、CPU41は、さらに、例えば、ポップアップウインドウを生成し、データ追加かデータ修復かを選択するメッセージを表示装置45に表示する(図示せず)。 Further, when the tag data addition and restoration button is clicked, if the tag data storage processing 54 is started, the CPU 41 further generates, for example, a pop-up window to choose data addition or data recovery It displays a message on the display device 45 (not shown). そこで、作業者が、タグデータ追加を選択する入力をした場合には(ステップS34でYes)、作業者は、さらに、図3の計器タグデータ580に相当するデータをキーボード等の入力装置44から入力する。 Therefore, the worker, in the case where the input selecting the tag data added (Yes in step S34), the operator further data corresponding to the instrument tag data 580 in FIG. 3 from an input device 44 such as a keyboard input. このようなタグデータの入力手段は、例えば、RFIDタグ2が貼付されていない標準計器を使用したとき等に、その標準計器が有するべきタグデータを入力するのに使用される。 The input means such tag data, for example, such as when using a standard instrument RFID tag 2 is not attached, is used to input tag data should have its standard instrument. 次に、CPU41は、入力装置44から入力される新規のタグデータをメモリ42へ読み込む(ステップS35)。 Next, CPU 41 reads the new tag data inputted from the input device 44 to the memory 42 (step S35). そして、その新規のタグデータを計器タグデータDB58に追加、登録し(ステップS36)、タグデータ保管処理54の実行を終了する。 Then, add the new tag data to the instrument tag data DB 58, registered (step S36), and ends the execution of the tag data storage processing 54.

また、タグデータ追加・修復ボタンがクリックされたときに、タグデータ保管処理54が起動された場合には、CPU41は、さらに、例えば、ポップアップウインドウを生成し、データ追加かデータ修復かを選択するメッセージを表示する(図示せず)。 Further, when the tag data addition and restoration button is clicked, if the tag data storage processing 54 is started, the CPU 41 further generates, for example, a pop-up window to choose data addition or data recovery message is displayed (not shown). そこで、作業者が、タグデータ修復を選択する入力をした場合には(ステップS37でYes)、 Therefore, if the operator was the input for selecting a tag data recovery (Yes in step S37),
CPU41は、さらに、修復しようとしているRFIDタグ2が貼付されている計器1の計器識別名称の入力を催促するメッセージを表示する(図示せず)。 CPU41 further displays a message prompting the input of the meter identification name of the instrument 1 RFID tag 2 is attached to trying to repair (not shown).

そこで、作業者がその計器識別名称を入力すると、CPU41は、その計器識別名称を入力し(ステップS38)、メモリ42に格納する。 Therefore, when the operator inputs the meter identification name, CPU 41 inputs the meter identification name (step S38), and stored in the memory 42. そして、その計器識別名称を検索キーとして、計器タグデータDB58を検索し、その計器識別名称のタグデータを抽出する(ステップS39)。 Then, the meter identification name as a search key, searches the instrument tag data DB 58, extracts the tag data of the meter identification name (step S39). さらに、CPU41は、タグリーダ・ライタ3およびタグリーダ・ライタインターフェース46を介して、その抽出したタグデータを修復しようとしているRFIDタグ2へ書き込み(ステップS40)、タグデータ保管処理54の実行を終了する。 Further, CPU 41 via the tag reader-writer 3 and the tag reader-writer interface 46, a write to the RFID tag 2 that is trying to repair the tag data that extracted (step S40), and ends the execution of the tag data storage processing 54.

このタグデータの修復処理は、計器に貼付しているRFIDタグ2が破損した場合、または、RFIDタグ2が記憶しているタグデータが消失または破壊した場合に備えるものである。 Repair process of the tag data, if the RFID tag 2 is broken that attached to the instrument, or are those provided when the tag data RFID tag 2 is stored is lost or destroyed. すなわち、RFIDタグ2が記憶しているタグデータが消失または破壊した場合には、計器タグデータDB58に記憶されている同じデータを読み出して、RFIDタグ2へ再度書き込むことができる。 That is, when the tag data RFID tag 2 is stored is lost or destroyed, it reads the same data stored in the instrument tag data DB 58, can be written again to the RFID tag 2. また、RFIDタグ2そのものが破損した場合には、新たなRFIDタグ2を貼付し、計器タグデータDB58に記憶されている同じデータを読み出して、RFIDタグ2へ書き込めばよい。 Further, when the RFID tag 2 itself is damaged, it attached a new RFID tag 2, reads the same data stored in the instrument tag data DB 58, may be written to the RFID tag 2.

本発明の実施形態に係る計器トレーサビリティ管理装置の構成の例を示した図である。 Is a diagram showing an example of the configuration of the instrument traceability management apparatus according to an embodiment of the present invention. 本発明の実施形態に係るRFIDタグの構成を示した図である。 It is a diagram showing a configuration of an RFID tag according to an embodiment of the present invention. 本発明の実施形態に係るRFIDタグに記憶される計器タグデータを構成するフィールドの例を示した図である。 Examples of fields constituting the instrument tag data stored in the RFID tag according to an embodiment of the present invention seen. 本発明の実施形態に係る計器のトレーサビリティ体系図の例を模式的に示した図である。 Examples of traceability system diagram of an instrument according to an embodiment of the present invention is a diagram schematically showing. 本発明の実施形態に係る計器トレーサビリティ管理装置におけるプログラムおよびデータベースの構成を示した図である。 It is a diagram showing the configuration of programs and databases in the instrument traceability management apparatus according to an embodiment of the present invention. 本発明の実施形態に係る計器トレーサビリティ管理装置を起動したときに表示装置に表示される初期表示画面の例を示した図である。 An example of an initial display screen displayed on the display device when you start the instrument traceability management apparatus according to an embodiment of the present invention seen. 本発明の実施形態に係るタグデータ表示処理の処理の流れを示した図である。 It is a diagram illustrating a flow of a process tag data display process according to an embodiment of the present invention. 本発明の実施形態に係るタグデータ更新処理の処理の流れを示した図である。 It is a diagram illustrating a flow of a process tag data update processing according to the embodiment of the present invention. 本発明の実施形態に係るタグデータ保管処理の処理の流れを示した図である。 It is a diagram illustrating a flow of a process tag data storage processing according to the embodiment of the present invention.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 計器 2 RFIDタグ 3 タグリーダ・ライタ 4 計器トレーサビリティ管理装置 21 タグチップ 22 アンテナ 41 CPU 1 meter 2 RFID tag 3 tag reader-writer 4 instrument traceability management apparatus 21 tag chip 22 Antenna 41 CPU
42 メモリ 43 ハードディスク記憶装置 44 入力装置 45 表示装置 46 タグリーダ・ライタインターフェース 51 タグデータ読み書き制御処理 52 タグデータ表示処理 53 タグデータ更新処理 54 タグデータ保管処理 55 計器校正証明書保管処理 56 トレーサビリティ体系図表示処理 57 必要標準計器DB 42 memory 43 hard disk storage 44 input device 45 display device 46 reader-writer interface 51 tag data write control process 52 tag data display process 53 tag data updating process 54 tag data storage processing 55 instrument calibration certificate storage processing 56 traceability diagram display processing 57 required standard instrument DB
58 計器タグデータDB 58 meter tag data DB
59 計器校正証明書DB 59 meter calibration certificate DB
211 電源部 212 CPU 211 power supply unit 212 CPU
213 メモリ 214 通信部 213 memory 214 communication unit

Claims (17)

  1. 計器に付して管理され、非接触手段により読み書き可能な不揮発性メモリを少なくとも備えた可搬記憶媒体であって、 Managed subjected to instrument, and at least comprises a portable storage medium reading and writing non-volatile memory by the non-contact means,
    前記計器、前記計器の校正に使用された計器、および、前記校正に使用された計器の校正に使用された計器であって、所定の標準計器に至るまでの計器のそれぞれについて、その計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限、校正証明書番号、および、その計器が校正対象とした計器の識別番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、前記不揮発性メモリに記憶すること を特徴とする可搬記憶媒体。 The meter instrument was used to calibrate the instrument, and, an instrument that is used to calibrate the instrument used in the calibration for each instrument up to the predetermined standard instrument, the identification of the meter and number of data, calibration date of the instrument, the calibration expiration date, calibration certificate number, and the data and at least one data identification number of the instrument that the instrument has a calibration target, in the non-volatile memory portable storage medium characterized by storing.
  2. 計器に付され、非接触手段により読み書き可能な不揮発性メモリを少なくとも備えたRFIDタグであって、 Attached to the instrument, and at least comprises an RFID tag and the writable non-volatile memory by the non-contact means,
    前記計器、前記計器の校正に使用された計器、および、前記校正に使用された計器の校正に使用された計器であって、所定の標準計器に至るまでの計器のそれぞれについて、計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限、校正証明書番号、および、その計器が校正対象とした計器の識別番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、前記不揮発性メモリに記憶すること を特徴とするRFIDタグ。 The meter instrument was used to calibrate the instrument, and, an instrument that is used to calibrate the instrument used in the calibration for each instrument up to the predetermined standard instrument, the identification number of the meter and data, calibration date of the instrument, the calibration expiration date, calibration certificate number, and the data and at least one data identification number of the instrument that the instrument is a calibrated, stored in the nonvolatile memory RFID tag which is characterized in that.
  3. 請求項2に記載のRFIDタグが付されたことを特徴とする計器。 Instrument, wherein the RFID tag according is attached to claim 2.
  4. 計器に付されているRFIDタグのデータを読み出しまたはそのRFIDタグへの書き込みを行うRFIDタグリーダ・ライタと、データを記憶するメモリとを備え、 Includes an RFID tag reader-writer for writing to reading or RFID tag data of the RFID tag attached to the instrument, and a memory for storing data,
    前記計器、前記計器の校正に使用された計器、および、前記校正に使用された計器の校正に使用された計器であって、所定の標準計器に至るまでの計器のそれぞれについて、その計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限、校正証明書番号、および、その計器が校正対象とした計器の識別番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、前記RFIDタグに書き込んで管理する計器トレーサビリティ管理装置であって、 The meter instrument was used to calibrate the instrument, and, an instrument that is used to calibrate the instrument used in the calibration for each instrument up to the predetermined standard instrument, the identification of the meter and number of data, calibration date of the instrument, the calibration expiration date, calibration certificate number, and the data and at least one data identification number of the instrument that the instrument has a calibration target, writes to the RFID tag in an instrument traceability management apparatus for managing,
    前記計器トレーサビリティ管理装置は、前記計器が校正されたときに、 The instrument traceability management apparatus, when the instrument is calibrated,
    入力装置から入力される、その計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限および校正証明書番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、第1のデータとして前記メモリに記憶し、 Inputted from the input device, and data of identification number of the meter, calibration date of the instrument, the data including at least one data of the calibration expiration date and calibration certificate number, the memory as the first data stored,
    前記計器を校正するのに使用された計器に付されているRFIDタグに記憶されているデータを、前記RFIDタグリーダ・ライタによって読み出し、その読み出したデータを第2のデータとして前記メモリに記憶し、 The data stored in the RFID tag affixed to the instrument that is used to calibrate the instrument, the reading by the RFID tag reader-writer, and stored in the memory and the read data as the second data,
    前記第1のデータと、前記第2のデータとを結合して、その結合したデータを、前記RFIDタグリーダ・ライタによって前記校正された計器に付されたRFIDタグに書き込むこと を特徴とする計器トレーサビリティ管理装置。 Said first data, said second data and combined with the, instrument traceability the combined data, and writes the RFID tag attached to the calibrated instrument by said RFID tag reader-writer management device.
  5. 計器に付されているRFIDタグのデータを読み出しまたはそのRFIDタグへの書き込みを行うRFIDタグリーダ・ライタと、データを記憶するメモリとを備え、 Includes an RFID tag reader-writer for writing to reading or RFID tag data of the RFID tag attached to the instrument, and a memory for storing data,
    前記計器、前記計器の校正に使用された計器、および、前記校正に使用された計器の校正に使用された計器であって、所定の標準計器に至るまでの計器のそれぞれについて、その計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限、校正証明書番号、および、その計器が校正対象とした計器の識別番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、前記RFIDタグに書き込んで管理する計器トレーサビリティ管理装置であって、 The meter instrument was used to calibrate the instrument, and, an instrument that is used to calibrate the instrument used in the calibration for each instrument up to the predetermined standard instrument, the identification of the meter and number of data, calibration date of the instrument, the calibration expiration date, calibration certificate number, and the data and at least one data identification number of the instrument that the instrument has a calibration target, writes to the RFID tag in an instrument traceability management apparatus for managing,
    前記計器トレーサビリティ管理装置は、前記計器が校正されたときに、 The instrument traceability management apparatus, when the instrument is calibrated,
    入力装置から入力される、その計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限および校正証明書番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、第1のデータとして前記メモリに記憶し、 Inputted from the input device, and data of identification number of the meter, calibration date of the instrument, the data including at least one data of the calibration expiration date and calibration certificate number, the memory as the first data stored,
    前記計器を校正するのに使用された計器に付されているRFIDタグに記憶されているデータを、前記RFIDタグリーダ・ライタによって読み出し、その読み出したデータを第2のデータとして前記メモリに記憶し、 The data stored in the RFID tag affixed to the instrument that is used to calibrate the instrument, the reading by the RFID tag reader-writer, and stored in the memory and the read data as the second data,
    前記第1のデータと前記第2のデータとを結合した情報に相当するデータが、前記RFIDタグのデータとなるように、前記RFIDタグリーダ・ライタによって前記校正された計器に付されたRFIDタグに書き込むこと を特徴とする計器トレーサビリティ管理装置。 Data corresponding to the first data and the second data and the bound information, the so that the RFID tag data, the RFID tag attached to the calibrated instrument by said RFID tag reader-writer instrument traceability management device and writes.
  6. データを記憶するメモリを備え、 A memory for storing data,
    前記計器、前記計器の校正に使用された計器、および、前記校正に使用された計器の校正に使用された計器であって、所定の標準計器に至るまでの計器のそれぞれについて、その計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限、校正証明書番号、および、その計器が校正対象とした計器の識別番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、計器に付されているRFIDに書き込む処理を行って管理する計器トレーサビリティ管理装置であって、 The meter instrument was used to calibrate the instrument, and, an instrument that is used to calibrate the instrument used in the calibration for each instrument up to the predetermined standard instrument, the identification of the meter and number of data, calibration date of the instrument, the calibration expiration date, calibration certificate number, and the data and at least one data identification number of the instrument that the instrument has a calibration target is attached to the instrument a meter traceability management apparatus for managing performing a process of writing the RFID you are,
    前記計器トレーサビリティ管理装置は、前記計器が校正されたときに、 The instrument traceability management apparatus, when the instrument is calibrated,
    入力装置から入力される、その計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限および校正証明書番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、第1のデータとして前記メモリに記憶し、 Inputted from the input device, and data of identification number of the meter, calibration date of the instrument, the data including at least one data of the calibration expiration date and calibration certificate number, the memory as the first data stored,
    前記計器を校正するのに使用された計器に付されているRFIDタグに記憶されているデータを読み出す処理を行い、その読み出したデータを第2のデータとして前記メモリに記憶し、 Wherein performs a process of reading the data stored in the RFID tag affixed to the instrument that is used to calibrate the instrument, and stored in the memory and the read data as the second data,
    前記第1のデータと前記第2のデータとを結合した情報に相当するデータが、前記RFIDタグのデータとなるように、前記校正された計器に付されたRFIDタグに書き込む処理を行うこと を特徴とする計器トレーサビリティ管理装置。 Data corresponding to the first data and the second data and the bound information, the so that the RFID tag data, to perform processing for writing the RFID tag attached to the calibrated instrument instrument traceability management apparatus according to claim.
  7. 計器に付されているRFIDタグのデータを読み出しまたはそのRFIDタグへの書き込みを行うRFIDタグリーダ・ライタと、データを記憶するメモリとを備え、 Includes an RFID tag reader-writer for writing to reading or RFID tag data of the RFID tag attached to the instrument, and a memory for storing data,
    前記計器、前記計器の校正に使用された計器、および、前記校正に使用された計器の校正に使用された計器であって、所定の標準計器に至るまでの計器のそれぞれについて、その計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限、校正証明書番号、および、その計器が校正対象とした計器の識別番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、前記RFIDタグに書き込んで管理する計器トレーサビリティ管理装置であって、 The meter instrument was used to calibrate the instrument, and, an instrument that is used to calibrate the instrument used in the calibration for each instrument up to the predetermined standard instrument, the identification of the meter and number of data, calibration date of the instrument, the calibration expiration date, calibration certificate number, and the data and at least one data identification number of the instrument that the instrument has a calibration target, writes to the RFID tag in an instrument traceability management apparatus for managing,
    前記計器トレーサビリティ管理装置は、前記計器が校正されたときに、 The instrument traceability management apparatus, when the instrument is calibrated,
    前記入力装置を介して入力される前記校正された計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限、および、校正証明書番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、第1のデータとして前記メモリに記憶し、 A data identification number of the calibrated instrument is input through the input device, calibration date of the instrument, the calibration expiration date, and the data and at least one data of the calibration certificate number, the as one of the data stored in said memory,
    前記校正された計器に付されているRFIDタグに記憶されているデータを、前記RFIDタグリーダ・ライタによって読み出し、その読み出したデータを第3のデータとして前記メモリに記憶し、 The data stored in the RFID tag affixed to the calibrated instrument, the read by the RFID tag reader-writer, and stored in the memory and the read data as the third data,
    前記計器を校正するのに使用された計器に付されているRFIDタグに記憶されているデータを、前記RFIDタグリーダ・ライタによって読み出し、その読み出したデータを第2のデータとして前記メモリに記憶し、 The data stored in the RFID tag affixed to the instrument that is used to calibrate the instrument, the reading by the RFID tag reader-writer, and stored in the memory and the read data as the second data,
    前記第3のデータと第2のデータとを比較して、同一識別番号の計器について同一のデータがあった場合には、前記第2のデータからその同一のデータを削除し、 By comparing the third data and the second data, when there is the same data for the instruments of the same identification number, it deletes the same data from said second data,
    前記第1のデータと、前記第2のデータのうち削除されなかったデータとを結合して、その結合したデータを、前記RFIDタグリーダ・ライタによって前記校正された計器に付されたRFIDタグに書き込むこと を特徴とする計器トレーサビリティ管理装置。 Said first data, and combines the data that were not removed out of the second data, the combined data is written to the RFID tag attached to the calibrated instrument by said RFID tag reader-writer instrument traceability management apparatus characterized by.
  8. 前記計器トレーサビリティ管理装置は、さらに、 The instrument traceability management apparatus further
    前記RFIDタグリーダ・ライタによって、前記計器に付されているRFIDタグに記憶されているデータを読み出し、その読み出したデータを前記メモリに記憶し、 By the RFID tag reader writer reads the data stored in the RFID tag attached to the meter, and stores the read data to said memory,
    そのメモリに記憶したデータに基づき、トレーサビリティ体系図のデータを作成し、その作成したトレーサビリティ体系図のデータを出力装置へ出力すること を特徴とする請求項4ないし請求項7のいずれか一項に記載の計器トレーサビリティ管理装置。 Based on the data stored in its memory, to create a data traceability system diagram, in any one of claims 4 to 7, characterized in that output data of the traceability system diagram that their creation to the output device instrument traceability management apparatus according.
  9. 前記計器トレーサビリティ管理装置は、さらに、 The instrument traceability management apparatus further
    前記RFIDタグに書き込むデータをバックアップするバックアップデータベースを備え、 Comprises a backup database to back up data to be written to the RFID tag,
    前記RFIDタグリーダ・ライタによって前記校正された計器に付されたRFIDタグに前記データを書き込むときに、前記書き込むデータと同じデータを前記バックアップデータベースに保存し、 When writing the data to the RFID tag attached to the calibrated instrument by said RFID tag reader-writer, to store the same data as the writing data to the backup database,
    前記計器に付されたRFIDタグに書き込んだデータが消失したときには、そのデータが消失したRFIDタグに書き込まれたデータと同じデータを前記バックアップデータベースから読み出し、その読み出したデータを前記RFIDタグリーダ・ライタによって前記計器に付されたRFIDタグに書き込むこと を特徴とする請求項4ないし請求項6のいずれか一項に記載の計器トレーサビリティ管理装置。 When data written to the RFID tag attached to the instrument is lost, it reads the same data as the data written in the RFID tag in which the data is lost from the backup database, by the read data the RFID tag reader-writer instrument traceability management apparatus according to any one of claims 4 to 6, characterized in that writing to the RFID tag attached to the meter.
  10. 校正対象の計器、前記計器の校正に使用された計器、および、前記校正に使用された計器の校正に使用された計器であって、所定の標準計器に至るまでの計器のそれぞれについて、その計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限、校正証明書番号、および、その計器が校正対象とした計器の識別番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、計器に付されたRFIDタグに書き込んで管理する計器トレーサビリティ管理装置による計器トレーサビリティ管理方法であって、 Calibrated instrument, calibration instrument used in the instrument, and, an instrument that is used to calibrate the instrument used in the calibration for each instrument up to the predetermined standard instrument, the meter and data of identification number, with calibration date of the instrument, the calibration expiration date, calibration certificate number, and the data and at least one data identification number of the instrument that the instrument has a calibration target, the instrument a meter traceability management method according to the instrument traceability management apparatus for managing writing on RFID tags,
    前記計器トレーサビリティ管理装置は、前記計器が校正されたときに、 The instrument traceability management apparatus, when the instrument is calibrated,
    入力装置によって入力される、その計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限および校正証明書番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、第1のデータとしてメモリに記憶し、 Is input by the input device, and data of identification number of the meter, calibration date of the instrument, the data including at least one data of the calibration expiration date and calibration certificate number, stored in memory as the first data and,
    前記計器を校正するのに使用された計器に付されているRFIDタグに記憶されているデータを、RFIDタグリーダ・ライタによって読み出し、その読み出したデータを第2のデータとしてメモリに記憶し、 The data stored in the RFID tag affixed to the instrument that is used to calibrate the instrument read by the RFID tag reader-writer, and stored in the memory and the read data as the second data,
    前記第1のデータと、前記第2のデータとを結合して、その結合したデータを、前記RFIDタグリーダ・ライタによって前記校正された計器に付されたRFIDタグに書き込むこと を特徴とする計器トレーサビリティ管理方法。 Said first data, said second data and combined with the, instrument traceability the combined data, and writes the RFID tag attached to the calibrated instrument by said RFID tag reader-writer Management method.
  11. 校正対象の計器、前記計器の校正に使用された計器、および、前記校正に使用された計器の校正に使用された計器であって、所定の標準計器に至るまでの計器のそれぞれについて、その計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限、校正証明書番号、および、その計器が校正対象とした計器の識別番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、計器に付されたRFIDタグに書き込んで管理する計器トレーサビリティ管理装置による計器トレーサビリティ管理方法であって、 Calibrated instrument, calibration instrument used in the instrument, and, an instrument that is used to calibrate the instrument used in the calibration for each instrument up to the predetermined standard instrument, the meter and data of identification number, with calibration date of the instrument, the calibration expiration date, calibration certificate number, and the data and at least one data identification number of the instrument that the instrument has a calibration target, the instrument a meter traceability management method according to the instrument traceability management apparatus for managing writing on RFID tags,
    前記計器トレーサビリティ管理装置は、前記計器が校正されたときに、 The instrument traceability management apparatus, when the instrument is calibrated,
    入力装置から入力される、その計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限および校正証明書番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、第1のデータとして前記メモリに記憶し、 Inputted from the input device, and data of identification number of the meter, calibration date of the instrument, the data including at least one data of the calibration expiration date and calibration certificate number, the memory as the first data stored,
    前記計器を校正するのに使用された計器に付されているRFIDタグに記憶されているデータを、前記RFIDタグリーダ・ライタによって読み出し、その読み出したデータを第2のデータとして前記メモリに記憶し、 The data stored in the RFID tag affixed to the instrument that is used to calibrate the instrument, the reading by the RFID tag reader-writer, and stored in the memory and the read data as the second data,
    前記第1のデータと前記第2のデータとを結合した情報に相当するデータが、前記RFIDタグのデータとなるように、前記RFIDタグリーダ・ライタによって前記校正された計器に付されたRFIDタグに書き込むこと を特徴とする計器トレーサビリティ管理方法。 Data corresponding to the first data and the second data and the bound information, the so that the RFID tag data, the RFID tag attached to the calibrated instrument by said RFID tag reader-writer instrument traceability management method and writes.
  12. 校正対象の計器、前記計器の校正に使用された計器、および、前記校正に使用された計器の校正に使用された計器であって、所定の標準計器に至るまでの計器のそれぞれについて、その計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限、校正証明書番号、および、その計器が校正対象とした計器の識別番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、計器に付されたRFIDタグに書き込んで管理する計器トレーサビリティ管理装置による計器トレーサビリティ管理方法であって、 Calibrated instrument, calibration instrument used in the instrument, and, an instrument that is used to calibrate the instrument used in the calibration for each instrument up to the predetermined standard instrument, the meter and data of identification number, with calibration date of the instrument, the calibration expiration date, calibration certificate number, and the data and at least one data identification number of the instrument that the instrument has a calibration target, the instrument a meter traceability management method according to the instrument traceability management apparatus for managing writing on RFID tags,
    前記計器トレーサビリティ管理装置は、前記計器が校正されたときに、 The instrument traceability management apparatus, when the instrument is calibrated,
    入力装置から入力される、その計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限および校正証明書番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、第1のデータとして前記メモリに記憶し、 Inputted from the input device, and data of identification number of the meter, calibration date of the instrument, the data including at least one data of the calibration expiration date and calibration certificate number, the memory as the first data stored,
    前記計器を校正するのに使用された計器に付されているRFIDタグに記憶されているデータを読み出す処理を行い、その読み出したデータを第2のデータとして前記メモリに記憶し、 Wherein performs a process of reading the data stored in the RFID tag affixed to the instrument that is used to calibrate the instrument, and stored in the memory and the read data as the second data,
    前記第1のデータと前記第2のデータとを結合した情報に相当するデータが、前記RFIDタグのデータとなるように、前記校正された計器に付されたRFIDタグに書き込む処理を行うこと を特徴とする計器トレーサビリティ管理方法。 Data corresponding to the first data and the second data and the bound information, the so that the RFID tag data, to perform processing for writing the RFID tag attached to the calibrated instrument instrument traceability management method characterized.
  13. 校正対象の計器、前記計器の校正に使用された計器、および、前記校正に使用された計器の校正に使用された計器であって、所定の標準計器に至るまでの計器のそれぞれについて、その計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限、校正証明書番号、および、その計器が校正対象とした計器の識別番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、計器に付されたRFIDタグに書き込んで管理する計器トレーサビリティ管理装置による計器トレーサビリティ管理方法であって、 Calibrated instrument, calibration instrument used in the instrument, and, an instrument that is used to calibrate the instrument used in the calibration for each instrument up to the predetermined standard instrument, the meter and data of identification number, with calibration date of the instrument, the calibration expiration date, calibration certificate number, and the data and at least one data identification number of the instrument that the instrument has a calibration target, the instrument a meter traceability management method according to the instrument traceability management apparatus for managing writing on RFID tags,
    前記計器トレーサビリティ管理装置は、前記計器が校正されたときに、 The instrument traceability management apparatus, when the instrument is calibrated,
    入力装置を介して入力される前記校正された計器の識別番号のデータと、その計器の校正実施日、校正有効期限、および、校正証明書番号の少なくとも一つのデータとを含むデータを、第1のデータとしてメモリに記憶し、 And data of the calibrated meter identification number is input through the input device, calibration date of the instrument, the calibration expiration date, and the data and at least one data of the calibration certificate number, first stored in the memory as the data,
    前記校正された計器に付されているRFIDタグに記憶されているデータを、RFIDタグリーダ・ライタによって読み出し、その読み出したデータを第3のデータとして前記メモリに記憶し、 The data stored in the RFID tag affixed to the calibrated instrument read by the RFID tag reader-writer, and stored in the memory and the read data as the third data,
    前記計器を校正するのに使用された計器に付されているRFIDタグに記憶されているデータを、前記RFIDタグリーダ・ライタによって読み出し、その読み出したデータを第2のデータとして前記メモリに記憶し、 The data stored in the RFID tag affixed to the instrument that is used to calibrate the instrument, the reading by the RFID tag reader-writer, and stored in the memory and the read data as the second data,
    前記第3のデータと第2のデータとを比較して、同一識別番号の計器について同一のデータがあった場合には、前記第2のデータからその同一のデータを削除し、 By comparing the third data and the second data, when there is the same data for the instruments of the same identification number, it deletes the same data from said second data,
    前記第1のデータと、前記第2のデータのうち削除されなかったデータとを結合して、その結合したデータを、前記RFIDタグリーダ・ライタによって前記校正された計器に付されたRFIDタグに書き込むこと を特徴とする計器トレーサビリティ管理方法。 Said first data, and combines the data that were not removed out of the second data, the combined data is written to the RFID tag attached to the calibrated instrument by said RFID tag reader-writer instrument traceability management method characterized by.
  14. 前記計器トレーサビリティ管理装置は、さらに、 The instrument traceability management apparatus further
    前記RFIDタグリーダ・ライタによって、前記計器に付されているRFIDタグに記憶されているデータを読み出し、その読み出したデータを前記メモリに記憶し、 By the RFID tag reader writer reads the data stored in the RFID tag attached to the meter, and stores the read data to said memory,
    そのメモリに記憶したデータに基づき、トレーサビリティ体系図のデータを作成し、その作成したトレーサビリティ体系図のデータを出力装置へ出力すること を特徴とする請求項10ないし請求項13のいずれか一項に記載の計器トレーサビリティ管理方法。 Based on the data stored in its memory, to create a data traceability system diagram, in any one of claims 10 to 13 and outputs the data of the traceability system diagram that their creation to the output device instrument traceability management method according.
  15. 前記計器トレーサビリティ管理装置は、さらに、 The instrument traceability management apparatus further
    前記RFIDタグに書き込むデータをバックアップするバックアップデータベースを備え、 Comprises a backup database to back up data to be written to the RFID tag,
    前記RFIDタグリーダ・ライタによって前記校正された計器に付されたRFIDタグに前記データを書き込むときに、前記書き込むデータと同じデータを前記バックアップデータベースに保存し、 When writing the data to the RFID tag attached to the calibrated instrument by said RFID tag reader-writer, to store the same data as the writing data to the backup database,
    前記計器に付されたRFIDタグに書き込んだデータが消失したときには、そのデータが消失したRFIDタグに書き込まれたデータと同じデータを前記バックアップデータベースから読み出し、その読み出したデータを前記RFIDタグリーダ・ライタによって前記計器に付されたRFIDタグに書き込むこと を特徴とする請求項10ないし請求項14のいずれか一項に記載の計器トレーサビリティ管理方法。 When data written to the RFID tag attached to the instrument is lost, it reads the same data as the data written in the RFID tag in which the data is lost from the backup database, by the read data the RFID tag reader-writer instrument traceability management method according to any one of claims 10 to 14, characterized in that writing to the RFID tag attached to the meter.
  16. 請求項10ないし請求項15に記載の計器トレーサビリティ管理方法をコンピュータに実行させるためのプログラムであること を特徴とする計器トレーサビリティ管理プログラム。 Instrument traceability management program which is a program for executing an instrument traceability management method according to the computer to claims 10 to 15.
  17. 請求項16に記載の計器トレーサビリティ管理プログラムをコンピュータ読み取り可能な記憶媒体に記憶したこと を特徴とする計器トレーサビリティ管理プログラム記憶媒体。 Instrument traceability management program storage medium characterized by storing a meter traceability management program according to a computer-readable storage medium in claim 16.
JP2004293625A 2004-10-06 2004-10-06 Rfid tag, instrument, instrument traceability management system, and how to manage Active JP4847694B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004293625A JP4847694B2 (en) 2004-10-06 2004-10-06 Rfid tag, instrument, instrument traceability management system, and how to manage

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004293625A JP4847694B2 (en) 2004-10-06 2004-10-06 Rfid tag, instrument, instrument traceability management system, and how to manage

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006105808A true true JP2006105808A (en) 2006-04-20
JP4847694B2 JP4847694B2 (en) 2011-12-28

Family

ID=36375721

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004293625A Active JP4847694B2 (en) 2004-10-06 2004-10-06 Rfid tag, instrument, instrument traceability management system, and how to manage

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4847694B2 (en)

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008232809A (en) * 2007-03-20 2008-10-02 Anritsu Corp Spectrum analyzer
JP2008275328A (en) * 2007-04-25 2008-11-13 National Institute Of Advanced Industrial & Technology Method and system for improving reliability of measurement result
JP2009192338A (en) * 2008-02-14 2009-08-27 National Institute Of Advanced Industrial & Technology Method and computer program for performing reliability certification of measurement result
WO2009116345A1 (en) * 2008-03-19 2009-09-24 独立行政法人産業技術総合研究所 Inspection measuring system and inspection measuring method
JP2010061262A (en) * 2008-09-02 2010-03-18 Japan Atomic Energy Agency Inspection method using rfid
JP2010532469A (en) * 2007-07-06 2010-10-07 メトラー−トレド アクチェンゲゼルシャフト Method and system to ensure the traceability of calibration weight
US8380454B2 (en) 2009-08-14 2013-02-19 General Electric Company Electrical equipment assembly and method of calibrating an electrical equipment assembly
JP2014026053A (en) * 2012-07-25 2014-02-06 Olympus Corp Measuring endoscope device and program
JP2015026211A (en) * 2013-07-25 2015-02-05 任天堂株式会社 Information processing device, information processing system, information processing method, and computer program
WO2015146416A1 (en) * 2014-03-28 2015-10-01 富士フイルム株式会社 Sensing system
WO2015174374A1 (en) * 2014-05-12 2015-11-19 株式会社木幡計器製作所 Ic tag unit for instrument, and instrument with ic tag

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11211515A (en) * 1998-01-22 1999-08-06 Matsushita Electron Corp Measuring instrument management support system
JP2002269266A (en) * 2001-03-14 2002-09-20 Yamaha Corp Renting system and renting method for standard, calibration system and calibration method of digital measuring device using the renting system, and server and client used in the renting system and calbration system
JP2003121213A (en) * 2001-10-12 2003-04-23 Hitachi Cable Ltd Electronic tag for recording device calibration
JP2003178390A (en) * 2001-12-11 2003-06-27 Toshiba Eng Co Ltd Measurement data determination system and measuring instrument calibration system

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11211515A (en) * 1998-01-22 1999-08-06 Matsushita Electron Corp Measuring instrument management support system
JP2002269266A (en) * 2001-03-14 2002-09-20 Yamaha Corp Renting system and renting method for standard, calibration system and calibration method of digital measuring device using the renting system, and server and client used in the renting system and calbration system
JP2003121213A (en) * 2001-10-12 2003-04-23 Hitachi Cable Ltd Electronic tag for recording device calibration
JP2003178390A (en) * 2001-12-11 2003-06-27 Toshiba Eng Co Ltd Measurement data determination system and measuring instrument calibration system

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008232809A (en) * 2007-03-20 2008-10-02 Anritsu Corp Spectrum analyzer
JP4704384B2 (en) * 2007-03-20 2011-06-15 アンリツ株式会社 Spectrum analyzer
JP2008275328A (en) * 2007-04-25 2008-11-13 National Institute Of Advanced Industrial & Technology Method and system for improving reliability of measurement result
JP2010532469A (en) * 2007-07-06 2010-10-07 メトラー−トレド アクチェンゲゼルシャフト Method and system to ensure the traceability of calibration weight
US20130025344A1 (en) * 2007-07-06 2013-01-31 Mettler-Toledo Ag Check weight, method and system to ensure traceability of same
JP2009192338A (en) * 2008-02-14 2009-08-27 National Institute Of Advanced Industrial & Technology Method and computer program for performing reliability certification of measurement result
JP2009230174A (en) * 2008-03-19 2009-10-08 National Institute Of Advanced Industrial & Technology Inspecting measurement system and method
WO2009116345A1 (en) * 2008-03-19 2009-09-24 独立行政法人産業技術総合研究所 Inspection measuring system and inspection measuring method
JP2010061262A (en) * 2008-09-02 2010-03-18 Japan Atomic Energy Agency Inspection method using rfid
US8380454B2 (en) 2009-08-14 2013-02-19 General Electric Company Electrical equipment assembly and method of calibrating an electrical equipment assembly
JP2014026053A (en) * 2012-07-25 2014-02-06 Olympus Corp Measuring endoscope device and program
JP2015026211A (en) * 2013-07-25 2015-02-05 任天堂株式会社 Information processing device, information processing system, information processing method, and computer program
US10052553B2 (en) 2013-07-25 2018-08-21 Nintendo Co., Ltd. Information processing apparatus, information processing system, information processing method, and recording medium
WO2015146416A1 (en) * 2014-03-28 2015-10-01 富士フイルム株式会社 Sensing system
JP2015190911A (en) * 2014-03-28 2015-11-02 富士フイルム株式会社 Sensing system
WO2015174374A1 (en) * 2014-05-12 2015-11-19 株式会社木幡計器製作所 Ic tag unit for instrument, and instrument with ic tag
JP5896502B1 (en) * 2014-05-12 2016-03-30 株式会社木幡計器製作所 ic tag unit and ic tagged instrument instrument

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP4847694B2 (en) 2011-12-28 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7183924B1 (en) Storing configuration information and a service record for an item in an RFID tag
US7797252B2 (en) Service plan product and associated system
US6389182B1 (en) Image processing apparatus, image processing method and storage medium
US20030222792A1 (en) Method, system and storage medium for monitoring parking meters
US20110254687A1 (en) Method and apparatus for activating a device
US20070240154A1 (en) System and method for software integration and factory deployment
US20020100037A1 (en) Device and method for downloading software via a network
US5964873A (en) Method for updating a ROM BIOS
US20050110638A1 (en) Electronic check out system
US7438216B2 (en) Medical information access and processing system
US20130299569A1 (en) Method and system for retrieving information using serialized scannable codes
US20020042722A1 (en) Settlement system, settlement program, settlement method, order placing device and information providing device
US8266615B2 (en) Method and apparatus for delivering percepta
US20090287498A2 (en) System and method for streamlined registration of electronic products over a communication network and for verification and management of information related thereto
US20070007336A1 (en) Associating resources with artefacts
US5870745A (en) Automated system and method for processing and tracking requests and responses required for repetitive tasks
US8094037B2 (en) Method and apparatus for identifying an electronic appliance
US6314474B1 (en) Efficient information exchange between an electronic book and a cartridge
JP2006285914A (en) Data retrieval processor and program
US20110246219A1 (en) System and Method of Integrated Logistics Management for Inventory
US8479190B2 (en) Management system, management method, terminal device, management server and program
US20090024984A1 (en) Method of managing application software
US20120037700A1 (en) Electronic device and method for image files with embedded inventory data
JP2003308363A (en) Product and related information management method
US20110239304A1 (en) Managing information relating to secure module applications

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070717

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20101210

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110215

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110818

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20111011

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20111014

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20141021

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150