JP2005135072A - Secure document exchange system, document approval method, document exchange management method and program therefor - Google Patents

Secure document exchange system, document approval method, document exchange management method and program therefor Download PDF

Info

Publication number
JP2005135072A
JP2005135072A JP2003368810A JP2003368810A JP2005135072A JP 2005135072 A JP2005135072 A JP 2005135072A JP 2003368810 A JP2003368810 A JP 2003368810A JP 2003368810 A JP2003368810 A JP 2003368810A JP 2005135072 A JP2005135072 A JP 2005135072A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
document
exchange
route
workflow
approval
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003368810A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Tomoaki Kisu
智章 木須
Original Assignee
Ricoh System Kaihatsu Co Ltd
リコーシステム開発株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ricoh System Kaihatsu Co Ltd, リコーシステム開発株式会社 filed Critical Ricoh System Kaihatsu Co Ltd
Priority to JP2003368810A priority Critical patent/JP2005135072A/en
Publication of JP2005135072A publication Critical patent/JP2005135072A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To greatly reduce mistakes and trouble in human's work by performing flexible flow control over a secret document equally to a document processing flow which is performed on a paper basis and automating automatic route control, signature verification, etc. <P>SOLUTION: A system is equipped with a user information database 30 which stores originals of documents exchanged between clients 21 and 22, property files 31 and 32 in which respective pieces of information including workflow IDs, access authority, and definitions of a route as a set of nodes performing approval/rejection processing etc., for the saved documents are registered by the clients 21 and 22, and a secure document exchange server 20 which holds the user information database 30 and property files 31 and 32, exchanges documents between the clients 21 and 22, and automatically executes settings of the workflow when a document is registered or referred to, or has its contents altered to ensure security concerned with access authority of the document, alteration detection, etc. <P>COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

Description

本発明は、クライアント端末およびサーバを使用したインターネットあるいはイントラネット上ではコンテンツセキュリティ技術、電子文書長期保存技術あるいは電子文書交換技術を用いたセキュア文書交換システム、文書承認方法、文書交換管理方法およびそのプログラムに関する。 The present invention relates to a content security technique on the Internet or an intranet using a client terminal and a server, the electronic document long term storage technology or electronic document exchange technology secure document exchange system using a document approval process relates to a document interchange management method and program .

従来、ワークフローの各段階で生成、変更された履歴情報を管理し、所定のクライアントに提供するワークフローシステム(例えば、特開2002−215856号公報(特許文献1参照))、複数のシステム間で文書情報を連携させ、ドキュメントとその属性をデータベースに登録する文書情報連携システム(例えば、特開平10−260962号公報(特許文献2参照))、あるいは、ワークフロー作業のタスクと作業対象物のドキュメントとの結び付きを管理操作するインターフェースを用いて、クライアント側でドキュメント管理操作を行えるワークフロー管理システム(例えば、特開平11−73459号公報(特許文献3参照))などがある。 Conventionally, it generated at each stage of the workflow, to manage the changed history information, the workflow system that provides a given client (for example, see JP-A-2002-215856 (Patent Document 1)), a document across multiple systems by linking information, documents and document information cooperation system to register the attribute database (e.g., JP-a-10-260962 Patent Publication (see Patent document 2)), or a task with workpiece workflow task documents and the with an interface to manage operation of the association, the document management workflow management system capable of performing operations (e.g., JP-a-11-73459 discloses (see Patent document 3)) on the client side, and the like.

しかしながら、これら従来のワークフロー管理システムでは、ノード毎にコンテンツが改竄されていないことが保証されていないワークフローシステムであった。 However, these conventional workflow management system, was workflow system that is not guaranteed that the content for each node is not tampered. また、これらは、主として1つの社内で作成されたドキュメントの管理であるため、文書交換されているコンテンツが原本として保管されていないため、最終的なコンテンツとしての信頼性が確保されていない文書管理システムであった。 These are the management of documents created primarily one house, since the content that is the document exchange not stored as original document management reliability as the final content is not secured It was a system.

特開2002−215856号公報 JP 2002-215856 JP 特開平10−260962号公報 JP 10-260962 discloses 特開平11−73459号公報 JP-11-73459 discloses

従来の電子文書交換・業務フロー方法としての問題点は下記の通りである。 The conventional problems as an electronic document exchange and business flow method is as follows.
1)ノード毎にコンテンツが『改ざんされていない』ということを保証していないものが多かった。 1) that each node in the content does not guarantee that "not been tampered with," there were many. すなわち、前のノードの担当者を『改ざんしないものである』と無条件に信頼して、ルートが成立されていることが多い。 In other words, the person in charge of the previous node to trust unconditionally and "those that do not tampered with", it is often the route has been established. これは、従来の電子文書交換システムが、社内だけで構築されるものが殆んどであるため、インターネット上に文書を送出したり、社外からアクセスされて読み込まれることもないため、上記のことが成り立っていた。 This is, conventional electronic document exchange system, for those that are built only in-house is almost, or sends out a document on the Internet, because it is not also to be read is accessed from outside the company, of the above It was made up.
2)通常、各ノードにおいては、変更がかかる(つまり、変更が追記される)のが普通であるので、各ノード毎にそれ以前のノードの結果が保証されていないならば、誰がどのルートで承認したのか判明できず、事故調査などを行う際には不都合が出ていた。 2) usually, at each node, change takes (i.e., since it is common changes are appended) to, if the result of the previous node for each node is not guaranteed, who in any route can not be found or was approved, was out it is inconvenient when performing such as accident investigation.
3)文書交換されているコンテンツが原本として保管されていないため、最終的なコンテンツとしての信頼性が確保されていないものが多かった。 3) Since the content being document exchange is not stored as original, the reliability of the final content were often not secured.

4)予めルートが定義されており、ドキュメントはそのルートに従って交換されているが、担当者の出欠、期限などの状況に応じてルートや処理を変更する必要が生じたときなど、対処できなかった。 4) and pre-route is defined, but the document has been exchanged in accordance with the route, such as when the attendance of the person in charge, is necessary to change the route or the processing depending on the situation, such as a time limit occurred, was not able to cope . また、ルートの変更ができるものもあるが、予め想定された状況に対してしか対応できないなどの不都合があった。 Although some of which can alter the route, there is an inconvenience such as only accommodate relative pre supposed situation.
5)予めアクセス権限が定義されており、ドキュメントはそのアクセス権限に従って管理されているが、担当者の出欠、期限などの状況に応じてアクセスや処理を変更する必要が生じたときなど対処できなかった。 5) are pre-access privileges definition, the document is not able to cope, such as the access has been managed in accordance with the authority, when the attendance of the person in charge, you need to change the access and processing depending on the situation, such as a time limit occurred It was. アクセス権限の変更ができるものもあるが、予め想定された状況に対してしか対応できないなどの不都合があった。 Some of which may change access rights, but there is an inconvenience such as can only cope with previously assumed set of circumstances.

(目的) (the purpose)
本発明の目的は、これら従来の問題を解消し、秘密性のある文書に対して、紙ベースで行われている文書処理フローと同等に柔軟なフロー制御が可能であり、自動でのルート制御や署名検証などを自動化することで、人手によるミスや手間を大幅に削減させることができ、ネットワークを使用して企業間で文書を電子化し、交換する際に、コンテンツの改ざん、盗聴、原本性の確保に対する蔽害をなくすことが可能なセキュア文書交換システム、文書承認方法、文書交換管理方法を提供することである。 An object of the present invention is to solve these conventional problems, with respect to documents of confidentiality, it is possible to equally flexible flow control and document processing flow is carried out in paper-based, root control in the automatic and signature verification by automating the like, mistakes and effort manual can be significantly reduced, when using the network electronic documents between enterprises, exchange, falsification of the contents, eavesdropping, originality secure document exchange system, document approval method capable of eliminating 蔽害 for securing is to provide a document exchange management method.

本発明のセキュア文書交換システムは、複数のクライアントをインターネットを介して接続するセキュア文書交換システムにおいて、上記クライアント間で取り交わされる文書の原本を保管するユーザ情報データベースと、各クライアントごとにワークフローID、アクセス権限、および保管された文書に対して承認や否決などの処理を行うノードの集合であるルートの定義を含む各情報を登録するプロパティファイルと、上記ユーザ情報データベースと上記プロパティファイルとを保持し、各クライアントとの間で文書の交換を行って、文書登録、該文書の参照、文書の内容変更時に自動的にワークフローの設定を実行し、文書のアクセス権限や改ざん検知などのセキュリティを確保するセキュア文書交換サーバとを有することを特徴とし Secure document exchange system of the present invention, in the secure document exchange system for connecting a plurality of clients through the Internet, and the user information database that stores the master copy of the document to be exchanged between the client, the workflow ID for each client, and properties file to register the information including access rights, and the definition of the stored a set of nodes for performing processing such as approval or rejection for the document root, holds and the user information database and the property file , carried out the exchange of documents between each client, document registration, reference of the document, automatically run the configuration of the workflow at the time of changing the contents of the document, to ensure the security of such access and tampering detection of the document It characterized by having a secure document exchange server いる。 There.
また、前記ワークフローは、電子ファイルであるコンテンツに対して承認や否決などの処理を行うノードの集合であるルートと、複数のコンテンツから構成されるドキュメントと、該コンテンツにアクセスできる権限とから構成されることも特徴としている。 Further, the workflow is constituted by a route which is a set of nodes for performing processing such as approval or rejection to the content is an electronic file, a document composed of a plurality of contents, the privileges to access the content Rukoto are also characterized.

本発明の文書承認方法は、コンテンツに対して承認や否決などの処理を行うノードの集合であるルートを形成する各ノード、複数のノードの集合およびルートの部分集合を形成する各ステージにおいて、電子署名の付与を行う承認行為を実施し、上記コンテンツの正しさ、上記ルート経過の正しさを、サーバ側で検証することを特徴としている。 Document acceptance process of the present invention, each node which forms a a set of nodes for performing processing such as approval or rejection for the content root, at each stage to form a set and route of subsets of the plurality of nodes, the electronic implement approval act of the application of the signature, the correctness of the content, the correctness of the route course, is characterized by verifying the server side.

本発明の文書交換管理方法は、上記ドキュメントを構成するコンテンツに対して承認や否決などの処理を行うノードの集合であるルートの各ノードおよび該ルートの部分集合を形成する各ステージにおいて、ドキュメント毎にルートの随時設定あるいは変更を可能とし、かつ、ドキュメント毎にアクセス権、承認行為の随時設定あるいは変更を可能とすることを特徴としている。 Document exchange management method of the present invention, in each stage to form a subset of the nodes and the root of the root is a set of nodes for performing processing such as approval or rejection to the content constituting the document, each document possible and then, and from time to time set or change the route, the access rights to each document, is characterized in that to allow at any time set or change the approval act.

また、前記ドキュメントに対するルート設定では、特に企業間のルート設定について送信側企業と受信側企業の異なるルートを相手側企業に知られることなく連結、かつ挿入が可能であり、該ドキュメントの属性情報および該ドキュメントを構成するコンテンツの内容によって、ドキュメント間のつながり、およびルートが自動設定されることも特徴としている。 Further, in the route setting for the document, in particular connection without revealing Routing different routes of recipient company and sender company for between enterprises other party companies, and it is capable of insertion, and attribute information of the document the contents of contents constituting the document, is also characterized that links between documents and that route is automatically set.
また、前記ルートが設定されている場合でも、将来、該当ノードに回って来るであろうドキュメントについて、後方のノードの担当者端末は状況によって前方のいくつかのノード、ステージを飛ばして先取りすることを可能とし、該ルートの各ノードにおいて、担当者端末のスケジュールと連動して設定されているルートが自動制御されることも特徴としている。 Further, even when the route is set, the future, for it will come around to the appropriate node document, to preempt skip several nodes, the stage of forward by personnel terminal status of the rear node and enabling, at each node of the route, the person in charge terminal schedule and routes configured in conjunction of is and also characterized in that the automatically controlled.

本発明によれば、秘密性のある文書について、紙ベースで行われている文書処理フローと同等に柔軟かつ電子化による制御が可能であり、特に企業間で文書を電子化して、それを交換する際の弊害(コンテンツの改ざん、盗聴、原本の確保の欠除)をなくし、自動化することで、ミスや手間を大幅に減少させることが可能となる。 According to the present invention, the documents of confidentiality, it is possible to control by equally flexible electronic and document processing flow is carried out on paper, especially in electronic documents between enterprises, replace it adverse effect upon (alteration of the content, eavesdropping, lack of securing of the original) eliminate, by automating, it becomes possible to reduce the mistakes and effort significantly.

以下、本発明の実施例を、図面により詳細に説明する。 Hereinafter, an embodiment of the present invention will be described in detail with reference to the accompanying drawings.
(システム構成) (System configuration)
図1は、本発明の一実施例に係るセキュア文書交換システムの構成を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing a configuration of a secure document exchange system according to an embodiment of the present invention.
ここでは、A社とB社の2つが連携する場合の説明を行うが、A,B,Cの3社であっても、4社以上の場合であっても適用が可能である。 Here, two of the A company and B company will be described in the case of cooperation but, A, B, even three companies and C, can be applied even when four or more companies.
図1に示すように、本実施例のセキュア文書交換システムは、A社側クライアント端末14,15が接続されているネットワーク(例えば、インターネット)11と、B社側クライアント端末16,17が接続されているネットワーク13と、セキュア文書交換サーバ19および原本保管サーバ18が接続されているネットワーク12と、全体のネットワーク11,12,13と接続しているネットワーク10とで構成されている。 As shown in FIG. 1, the secure document exchange system of this embodiment, the network (e.g., Internet) company A-side client terminal 14, 15 is connected to 11, B company side client terminal 16 and 17 are connected and a network to 13, a network 12 which secure document exchange server 19 and original document storage server 18 is connected, and a network 10 that connects the whole of the network 11, 12, 13.

(文書交換の流れ) (Flow of document exchange)
図2は、本発明の一実例に係る文書交換の流れを表す図である。 Figure 2 is a diagram illustrating a flow of document exchange according to an illustrative of the present invention.
A社側クライアント端末14とセキュア文書交換サーバ19との交換を(1)、A社側クライアント端末15とセキュア文書交換サーバ19との交換を(2)、B社側クライアント端末16とセキュア文書交換システム19との交換を(3)、B社側クライアント端末17とセキュア文書交換サーバ19との交換を(4)とすると、そのルートは、セキュア文書交換サーバ19にルート定義を行うことで、様々に設定することができる。 The exchange of A company side client terminal 14 and the secure document exchange server 19 (1), the exchange of A company side client terminal 15 and the secure document exchange server 19 (2), B company side client terminal 16 and the secure document exchange the exchange of system 19 (3), the exchange of Company B side client terminal 17 and the secure document exchange server 19 When (4), the route is, by performing the route definition in the secure document exchange server 19, various it can be set to. 例えば、(1)→(2)→(3)→(4)、(1)→(3)→(2)→(4)などのセキュア文書交換サーバ19を使用する業務により、どのようなルートの設定も可能となる。 For example, (1) → (2) → (3) → (4), (1) → (3) → (2) → (4) by operations using the secure document exchange server 19, such as, what route setting it is possible.

(セキュア文書交換システムのマスターデータ登録手順) (Master data registration procedure of secure document exchange system)
図3は、本発明の一実施例に係るA社、B社のマスターデータ登録手順を表す図である。 Figure 3 is a diagram representing the A company, B company master data registration procedure according to the embodiment of the present invention. 図3においては、セキュア文書交換サーバ20に対して、非同期にA社の管理端末21とB社の管理端末22から管理者が以下の順番で、セキュア文書交換サーバ20にマスターデータ(ワークフロー、およびそのワークフローに設定されるユーザのアクセス権限、ルート定義)を設定する手順が示される。 In Figure 3, the secure document exchange server 20, an administrator from Company A of the management terminal 21 and B's managed terminal 22 asynchronously in the following order, the master data (workflow secure document exchange server 20, and the access rights of the user are set in the workflow, route definition) to configure is shown. セキュア文書交換サーバ20には、ユーザ情報DB(データベース)30、ワークフローID、ユーザ権限、ルート定義などを登録したA社プロパティファイル31およびB社プロパティファイル32が配置される。 The secure document exchange server 20, the user information DB (database) 30, a workflow ID, user privileges, A Company property file 31 and B company property file 32 registered and route definition is disposed.
ステップ33の処理によりA社の管理端末からセキュア文書交換サーバ20のユーザ情報DB30に対して、セキュア文書交換サーバ20を使用するユーザの基本情報が登録される。 The process of step 33 to the user information DB30 secure document exchange server 20 from Company A management terminal, the basic information of a user who uses the secure document exchange server 20 is registered. その時、B社などの他社のユーザ情報は、参照することはできない。 At that time, other companies of user information, such as company B, it is not possible to see. 次に、ステップ34の処理により、A社のプロパティファイル31にワークフローを複数設定することができる。 Next, the process of step 34, it is possible to set a plurality of workflow properties file 31 of Company A. この時もまた、A社の管理端末からは、B社のプロパティファイル32にアクセスすることは不可能である。 In this case also, from the company A management terminal, it is impossible to access the properties file 32 of Company B. 次に、ステップ35の処理により、ワークフローに設定されるユーザのアクセス権限、ルート定義(順番)を設定する。 Next, the process of step 35, set access rights of the user are set in the workflow, root defines the (order).
全く同じようにして、B社の管理端末22により、ステップ36〜38の処理を行うことによって、様々なルートを定義するマスターデータ(ユーザ情報、ワークフロー、ユーザアクセス権、ルート定義)を登録することができる。 In exactly the same way, the management terminal 22 of the company B, by performing the processing of steps 36 to 38, to register the master data (user information, workflow, user access rights, the route definition) which defines the various routes can.

(セキュア文書交換システムの文書交換手順) (Document exchange procedure of secure document exchange system)
図4−A,B,Cは、A社とB社間の企業間におけるセキュア文書交換サーバの文書交換手順を表す図である。 Figure 4-A, B, C are views representing a document exchange procedure of the secure document exchange server between Companies A, B between the companies.
なお、ワークフローとは、ドキュメントのルート定義(移動の順序を定義したもの)であり、ドキュメントとは、ワークフローに1対1に対応している物(オブジェクト)であって、実ファイルに紐付けられているものである。 Incidentally, workflow is a route definition document (that defines the order of the movement), the document, a thing that is one-to-one correspondence with the workflow (the object), linked to the real file and those are. コンテンツとは、実ファイルのことで、コピーファイルと区別される。 The content, that of the actual file, is distinguished from the copy file. また、ノードとは、この場合A社,B社のことである。 The node A, in this case A's, is that the B company.
図4−Aにおいて、(1)A社担当者端末41で、ドキュメント(コンテンツ群とプロパティ情報)を作成する(ステップ110)。 In Figure 4-A, (1) by the A company representative terminal 41, to create a document (content group and property information) (step 110).
(2)A社任当者端末は、コンテンツに対して電子署名を付与し、作成者の正当性とコンテンツの改ざん検知の情報を施す(ステップ111)。 (2) A YashiroTsutomu those user equipment, an electronic signature is applied to the content, subjected to information tampering detecting validity and content creator (step 111).
(3)次に、そのドキュメントを、セキュア文書交換サーバ40に登録する。 (3) Next, the document is registered in the secure document exchange server 40. ドキュメントがセキュア文書交換サーバ40に登録された時、先に定義したワークフローの定義をプロパティファイル43から取得し、文書内容、プロパティ情報から自動的にA,B社間の企業間のワークフローとして連結し、登録したドキュメントとリンクさせる(ステップ112)。 When a document is registered in the secure document exchange server 40 obtains the definition of the workflow defined above from the properties file 43 automatically linked A, as a workflow between companies between company B from the document contents, property information , to link with the document that was registered (step 112).

(4)この時、アクセス権、ルート定義のカスタマイズが行われるので、ユーザは設定されたルート、ユーザアクセス権限を変更することができる(ステップ113)。 (4) At this time, the access rights, the customization of route definition is performed, the user set route, it is possible to change the user access rights (step 113).
(5)ドキュメントの電子署名検証から、ドキュメントの改ざん検知、作成者の正しさの確認が行われる(ステップ114)。 (5) from the electronic signature verification of documents, falsification detection of the document, a confirmation of the correctness of the author is performed (step 114).
(6)ドキュメントを検証した後、外部の原本保管サーバ44に電子原本として保管する(ステップ115)。 (6) After verifying the document, stored as an electronic original to the outside of the original document storage server 44 (step 115).
(7)以後、ワークフローに定義した通り、ドキュメントがネット(インターネット、イントラネット)上を流れて、ワークフローの次のノードに転送される。 (7) Thereafter, as defined in the workflow, the document flow over the Internet (Internet, Intranet), is forwarded to the next node in the workflow.
しかし、ドキュメントが次のノードの担当者端末に送られる訳ではない。 However, the document is not sent to the person in charge terminal of the next node. すなわち、ドキュメントは、常に文書交換サーバ40に保管・管理されているので、以下のような処理となる。 In other words, the document is always because they are stored and managed in the document exchange server 40, and the following processing.
まず、ドキュメントが来ているという通知メールが該当ノード(B社端末)に届く(ステップ116)。 First, the notification e-mail that the document has come to reach the corresponding node (B Company terminal) (step 116).

図4−B、図4−Cにおいて、ノードの担当者端末から読み出しの指示が送出されることにより、初めてドキュメントがセキュア文書交換サーバ40から該当端末にダウンロード可能となる(ステップ117,118,119)。 Figure 4-B, in Fig. 4-C, by reading instructions from representative terminal node is sent the first time the document is available for download to the corresponding terminal from the secure document exchange server 40 (step 117, 118 and 119 ).
(8)B社担当者端末42の該当ノードで、承認または承認拒否(電子署名の付与)の操作(ステップ120,121)をすれば、ドキュメントはセキュア文書交換サーバ40に戻る。 (8) in the corresponding node of the B Company personnel terminal 42, if the operation of approval or approval deny (the application of electronic signature) (step 120, 121), the document is returned to the secure document exchange server 40. 以下、A社が行ったステップ113〜116と同様の処理が繰り返される(ステップ122〜125)。 Hereinafter, the same processing as steps 113 to 116 of the company A has performed is repeated (step 122-125).

(文書承認方法) (Document approval method)
図5は、本発明の一実施例に係る文書署名方法の動作フローチャートである。 Figure 5 is an operational flowchart of the document signature method according to an embodiment of the present invention.
ここでは、本システムを使用して電子署名を施す方法として、端末側のファイルフォーマットにより署名方式を選択できるものとする。 Here, as a method of using the present system performs an electronic signature, and it can select a signature scheme by the file format of the terminal. 例えば、以下のような方法で、ファイルに署名を施すことが可能である。 For example, it is possible to apply the following method, the signature file.
(1)ドキュメントを開く(ステップ50)。 (1) Open the document (step 50).
(2)電子署名イメージ画像(サインなど、それに類するもの、電子押印したことを示す記号)を表示するエリア(領域)をドラッグして指定する(ステップ51)。 (2) electronic signature images to specify and drag an area (region) for displaying (such as signs, the like thereto, the symbol indicating that the electronic seal) (step 51).
(3)登録してある鍵(自己の秘密鍵)の名前を選択する(ステップ52)。 (3) Select the name of the registration to Aru key (self-secret key) (step 52).
(4)署名理由や署名者名や署名場所などの署名条件を入力する(ステップ53)。 (4) to enter the signature conditions such as the signature reasons and signer name and signature location (step 53).
(5)上記(2)で指定したエリア内に表示する署名イメージデータを選択する(ステップ54)。 (5) selecting a signature image data to be displayed in the specified area in the above (2) (step 54).
(6)署名OKを押下すると、上記(1)のドキュメントのハッシュ値(メッセージダイジェスト)が計算され、担当者の秘密鍵で暗号化され、電子署名の生成が行われる(ステップ55,56)。 (6) and presses the signature OK, the (1) of the document hash value is (message digest) is computed, is encrypted with the private key of the person in charge, generation of the digital signature is performed (step 55, 56).
(7)上記(1)で選択されたドキュメントのファイルフォーマット固有の方式で、上記(6)で作成して署名データを付与する(ステップ57)。 (7) in a file format unique method selected document above (1), confer signature data created in the above (6) (step 57).
(8)画面には、対応する電子署名イメージ画像が、上記(2)で指定したエリアに表示される(ステップ58)。 The (8) screen, the corresponding electronic signature images is displayed on the area designated by the above (2) (step 58).
(9)ファイルを保存する(ステップ59)。 (9) to save the file (step 59).

(端末側の署名検証方法) (Signature verification method of the terminal side)
図6は、本発明の一実施例に係る文書承認検証方法(端末署名検証)の動作フローチャートである。 Figure 6 is an operational flowchart of the document acceptance verification method according to an embodiment of the present invention (terminal signature verification).
ここでは、電子署名検証する方法として、端末側のファイルフォーマットによって署名方式を選択可能とする。 Here, as a method of digital signature verification, and can be selected signature scheme by the terminal side of the file format. 例えば、以下のような方法で、ファイルの署名検証が可能である。 For example, the following method, it is possible to signature verification file. (1)ドキュメントを開く(ステップ60)。 (1) Open the document (step 60).
(2)電子署名イメージ画像(サインなど、それに類するもの、電子押印したことを示す記号)が表示されているエリア(領域)をクリックして、メニューから署名検証を選択する(ステップ61)。 (2) Electronic signature images by clicking the area (region) (such as signs, the like thereto, the symbol indicating that the electronic seal) is displayed, selecting a signature verification from the menu (step 61).
(3)上記(1)で選択されたファイルフォーマット固有の方式で署名データをファイルから取得する(ステップ62)。 (3) to obtain the signature data in the selected file format-specific manner in the above (1) from the file (step 62).
(4)取得した署名データから証明書(相手の公開鍵証明書)の有効性を失効リストや信頼チェーンの検証によって確認する(ステップ63)。 (4) be confirmed by verification of the revocation list and the chain of trust the validity of the certificate from the acquired signature data (partner public key certificate) (step 63).
(5)有効性の確認できた証明書で、電子署名を復号化する(ハッシュ値の抽出)(ステップ64)。 (5) the effectiveness of the check can certificate, decrypts the digital signature (hash value extracted) (step 64).
(6)上記(1)でオープンしてファイルのハッシュ値(メッセージダイジェスト)を再度計算する(ステップ65)。 (6) the file hash value of open (1) to calculate the (message digest) again (step 65).
(7)上記(5)で取得したハッシュ値と上記(6)で取得したハッシュ値とを比較する(ステップ66)。 (7) compares the hash value acquired by the hash value acquired in the above-mentioned (5) and (6) above (step 66).
(8)上記(4)の証明書の有効性確認結果と、上記(7)の比較結果と、署名、証明書の情報を、プロパティ画面より表示する(ステップ67)。 (8) and validation result of the certificate of the (4), and the comparison result of the above (7), the signature, the certificate information is displayed from the property screen (step 67).

(サーバ側の署名検証方法) (Server-side signature verification method)
図7は、本発明の一実施例に係るサーバ側の署名検証方法の動作フローチャートである。 Figure 7 is an operational flowchart of the server side of the signature verification method according to an embodiment of the present invention. ここでは、システムを使って電子署名検証する方法として、サーバ側の署名検証方式を端末側の署名方式と合わせることにより、様々な署名フォーマットの検証に対応することができる。 Here, as a method of using the system for electronic signature verification by matching the signature verification scheme on the server side and the terminal side of the signature scheme may correspond to the verification of the different signature format. 例えば、以下のような方法で、ファイルの署名検証が可能である。 For example, the following method, it is possible to signature verification file.
(1)文書プロパティよりファイルフォーマットを自動判別する(ステップ70)。 (1) document properties to automatically determine the file format from (step 70).
(2)上記(1)で選択されたファイルフォーマット固有の方式で署名データをファイルから取得する(ステップ71)。 (2) to obtain the signature data in a file format unique scheme selected by (1) from the file (step 71).
(3)取得した署名データから証明書(相手の公開鍵証明書)の有効性を失効リストや信頼チェーンの検証によって確認する(ステップ72)。 (3) it is confirmed by verification of the revocation list and the chain of trust the validity of the certificate from the acquired signature data (partner public key certificate) (step 72).
(4)有効性の確認できた証明書で、電子署名を復号化する(ハッシュ値の抽出)(ステップ73)。 (4) efficacy of confirmation can certificate, decrypts the digital signature (hash value extracted) (step 73).
(5)ファイルのハッシュ値(メッセージダイジェスト)を再計算する(ステップ74)。 (5) to recalculate the hash value of the file (message digest) (step 74). (6)上記(4)で取得したハッシュ値と上記(5)で取得したハッシュ値とを比較する(ステップ75)。 (6) compares the hash value obtained in the above (4) acquired hash value and the (5) (step 75).
(7)上記(3)の証明書の有効性確認結果と、上記(6)の比較結果から、登録されたファイルの正当性を判断する(ステップ76)。 (7) above the validation result of the certificate (3), the comparison result of the above (6), to determine the validity of the file registered (step 76).

(文書交換管理方法) (Document exchange management method)
(ワークフロー自動設定方法) (Workflow automation setting method)
図8は、本発明の一実施例に係るワークフロー自動設定方法のシーケンスチャートである。 Figure 8 is a sequence chart of the workflow automatic setting method according to an embodiment of the present invention.
電子文書をセキュア文書交換サーバに登録する時に行われる自動ワークフロー設定機能は、以下のような方法がある。 Automated workflow setting function performed when registering the electronic document to the secure document exchange server, there is the following method.
(1)図8において、文書のプロパティ情報81(文書種別、作成者など)を参照し、予め決められた条件によりマスターテーブル80からワークフローを自動選択する。 (1) 8, with reference to the property information 81 of the document (document type, author, etc.), to automatically select a workflow from the master table 80 by a predetermined condition.
(2)図8の文書の内容82を参照し(例えば、金額など)、予め決められた条件によりマスターテーブル80からワークフローを自動選択する。 (2) refers to the contents 82 of the document in FIG. 8 (e.g., amounts, etc.), to automatically select a workflow from the master table 80 by a predetermined condition. 例えば、ドキュメントの種類が契約書であり、ドキュメントの内容82の金額が10万円以上の場合には、部長決済のルートを自動設定し、契約書で、金額が100万円以上の場合には、取締役決済のルートを自動設定する、などが可能である。 For example, a document of the types of contract, in case the amount of documents of the contents 82 is greater than or equal to 100,000 yen, the root of the Director settlement is automatically set, in the contract, if the amount is more than one million yen , to automatically set the route of the Board of directors settlement, and the like are possible.
(3)図8において、文書のプロパティ情報81(文書種別)を参照し、予め決められた条件によりマスターテーブル80から、次に回覧される文書種別を自動選択し、担当者に表示させる。 (3) FIG. 8, with reference to the property information 81 of the document (document type), from the master table 80 by a predetermined condition, the document type to be subsequently circulated automatically selected to be displayed on the personnel.

(ワークフロー制御方式) (Workflow control system)
図9は、本発明の一実施例に係るワークフロー制御方法の説明図である。 Figure 9 is an illustration of a workflow control method according to an embodiment of the present invention.
電子文書を交換する際のワークフローの情報には、次のものがあり、それにより以下のような制御方法がある。 The information of the workflow for exchanging electronic document, the following ones, whereby there is a control method as described below.
☆ワークフロー承認期限(全体期限と各ノード期限) ☆ workflow approval period (the entire period and each node deadline)
☆各ノード担当者のアクセス権(先取り権限) ☆ each node person in charge of access rights (preemption rights)
☆各ノードのルート定義(例えば、ルートが4人に回覧、6人に回覧など) ☆ route definition of each node (e.g., routes circulated to four and circulated to six)
(1)図9において、文書登録日91と次の担当者のスケジュールデータ90を参照し、ワークフローが期限通りに駆動するように、欠席承認者の飛越しなどのルートの制御(例えば、フロー(1))を行う。 (1) 9, with reference to the document registration date 91 and schedule data 90 for the next person, so workflow driven on time as the control of the root, such as interlaced absent approver (e.g., flow ( 1)) is performed. 例えば、図9に示すように、4人に回覧する場合に、12月5日に文書登録が行われ、その日に回覧したが、次の承認者のスケジュールデータが12月3日から12月12日まで欠席の場合には、3番目の承認者は、全体期限が7日であるならば、スケジュールを参照し、先取りすることができる。 For example, as shown in FIG. 9, in the case of circulated to 4 people, the document registration is carried out on December 5, was circulated to the day, 12 months from the schedule data of the next approver December 3 12 in the case of absence until the day, the third of the approver, if it is the entire period is 7 days, with reference to the schedule, it is possible to anticipate.
(2)図9において、期限の関係上、ワークフローの上位者が、自己が承認者に設定されているワークフローを承認順番より事前に参照でき(例えば、フロー(2))、文書を下位の承認者より早く承認することを可能とする。 (2) in FIG. 9, the time limit relationship, superiors workflow, self can be found in the pre-from approval order workflow that is set to the approver (e.g., flow (2)), approved the document lower It makes it possible to approve more quickly than the person. 例えば、図9に示すように、4人の最後の上位者が、社外秘の文書を2番目と3番目の承認者よりも先に参照することができる。 For example, as shown in FIG. 9, it is possible to four last upper user refers to the document confidential before the second and third approver.

なお、図4−A,B,Cのセキュア文書交換システムの文書交換手順をプログラムコード化し、CD−ROMなどの記録媒体に格納しておけば、本発明のプログラムの販売や貸付の際に便利であり、また、記録媒体をセキュア文書交換サーバに装着して、プログラムをサーバコンピュータにインストールして実行させることにより、本発明を容易に実現させることが可能である。 Incidentally, FIG. 4-A, B, and the program code of the document exchange procedure of the secure document exchange systems and C, be stored in the recording medium such as a CD-ROM, useful for sales and lending program of the present invention , and the addition, by mounting the recording medium to the secure document exchange server, by installing and running the program on a server computer, it is possible to easily implement the present invention.

これまで述べてきた各実施例を含む本発明は、例えば、企業間電子契約書締結業務、社内電子稟議書交換業務あるいは企業間電子技術文書交換業務に利用が可能である。 The present invention including the embodiments described so far, for example, may use business-to-agreement signed operations, in-house electronic approval documents exchange operations or business-to-art document exchange business.

本発明の一実施例に係るセキュア文書交換システムの構成図である。 It is a block diagram of a secure document exchange system according to an embodiment of the present invention. 図1におけるセキュア文書交換システムの文書交換の流れを示す図である。 It is a diagram showing a flow of document exchange of secure document exchange system in FIG. 本発明の一実施例に係るセキュア文書交換システムのマスターデータ登録手順を示すシーケンスチャートである。 Is a sequence chart showing the master data registration procedure of the secure document exchange system according to an embodiment of the present invention. 本発明の一実施例に係るセキュア文書交換システムの文書交換手順(その1)を示すフローチャートである。 Document exchange procedure of the secure document exchange system according to an embodiment of the present invention is a flow chart showing the (Part 1). 本発明の一実施例に係るセキュア文書交換システムの文書交換手順(その2)を示すフローチャートである。 Document exchange procedure of the secure document exchange system according to an embodiment of the present invention is a flow chart showing the (Part 2). 本発明の一実施例に係るセキュア文書交換システムの文書交換手順(その2)を示すフローチャートである。 Document exchange procedure of the secure document exchange system according to an embodiment of the present invention is a flow chart showing the (Part 2). 本発明の一実施例に係るセキュア文書交換システムの署名方法(端末署名)の動作フローチャートである。 An operation flowchart of the signature method of the secure document exchange system (terminal signature) in accordance with an embodiment of the present invention. 本発明の一実施例に係るセキュア文書交換システムの文書承認検証方法(端末署名検証)の動作フローチャートである。 An operation flowchart of the document acceptance verification method of the secure document exchange system (terminal signature verification) according to an embodiment of the present invention. 本発明の一実施例に係るセキュア文書交換システムの文書承認検証方法(サーバ署名検証)の動作フローチャートである。 An operation flowchart of the document acceptance verification method of the secure document exchange system (server signature verification) according to an embodiment of the present invention. 本発明の一実施例に係るワークフロー自動設定方法のシーケンスチャートである。 It is a sequence chart of the workflow automatic setting method according to an embodiment of the present invention. 本発明の一実施例に係るワークフロー制御方法のシーケンスチャートである。 Is a sequence chart of the workflow control method according to an embodiment of the present invention.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10,11,12,13…ネットワーク、14,15…A社クライアント端末、 10, 11, 12, 13 ... network, 14,15 ... A company client terminal,
16,17…B社クライアント端末、18…原本保管サーバ、 16,17 ... B company client terminal, 18 ... the original document storage server,
19…セキュア文書交換サーバ、20,30,40…セキュア文書交換サーバ、 19 ... secure document exchange server, 20, 30, 40 ... secure document exchange server,
21,41…A社クライアント端末、22,42…B社クライアント端末、 21,41 ... A company client terminal, 22,42 ... B company client terminal,
30…ユーザ情報DB、31…A社プロパティファイル、 30 ... user information DB, 31 ... A company property file,
32…B社プロパティファイル、43…プロパティファイル群、44…原本保管サーバ、 82…ドキュメント(コンテンツファイル)、81…ドキュメントプロパティ情報、 32 ... B Company property file, 43 ... properties files, 44 ... original document storage server, 82 ... document (content file), 81 ... document property information,
83…プロパティファイル群、80…マスターテーブル、91…文書登録、 83 ... property file group, 80 ... master table, 91 ... document registration,
90…スケジュールデータ、92…先取り権限あり。 90 ... schedule data, 92 ... there ahead of authority.

Claims (7)

  1. 複数のクライアントをインターネットを介して接続するセキュア文書交換システムにおいて、 In the secure document exchange system connecting a plurality of clients over the Internet,
    上記クライアント間で取り交わされる文書の原本を保管するユーザ情報データベースと、 各クライアントごとにワークフローID、アクセス権限、および保管された文書に対して承認や否決などの処理を行うノードの集合であるルートの定義を含む各情報を登録するプロパティファイルと、 A user information database that stores the master copy of the document to be exchanged between the client, a set of nodes for performing processing such as approval or rejection each client by the workflow ID, the access rights, and the stored document root and properties file to register the information, including the definition,
    上記ユーザ情報データベースと上記プロパティファイルとを保持し、各クライアントとの間で文書の交換を行って、文書登録、該文書の参照、文書の内容変更時に自動的にワークフローの設定を実行し、文書のアクセス権限や改ざん検知などのセキュリティを確保するセキュア文書交換サーバとを有することを特徴とするセキュア文書交換システム。 Holds and the user information database and the property file, by performing the exchange of documents between the client automatically executes the workflow settings during the document registration, see the document, changing the contents of the document, the document secure document exchange system and having a secure document exchange server to ensure the security, such as access rights and tampering detection.
  2. 請求項1に記載のセキュア文書交換システムにおいて、 In secure document exchange system according to claim 1,
    前記ワークフローは、電子ファイルであるコンテンツに対して承認や否決などの処理を行うノードの集合であるルートと、複数のコンテンツから構成されるドキュメントと、該コンテンツにアクセスできる権限とから構成されることを特徴とするセキュア文書交換システム。 The workflow can be constructed from the route is a set of nodes for performing processing such as approval or rejection to the content is an electronic file, a document composed of a plurality of contents, the privileges to access the content secure document exchange system according to claim.
  3. 登録文書の承認行為を実施する文書承認方法であって、 A document approved method of carrying out the approval act of the registration document,
    コンテンツに対して承認や否決などの処理を行うノードの集合であるルートを形成する各ノード、複数のノードの集合およびルートの部分集合を形成する各ステージにおいて、 電子署名の付与を行う承認行為を実施し、上記コンテンツの正しさ、上記ルート経過の正しさを、サーバ側で検証することを特徴とする文書承認方法。 Each node that form a set in which the root node which performs processes such as approval or rejection to the content, in each stage to form a subset of the set and the route of the plurality of nodes, the approval act of the application of the electronic signature implementation, and correctness of the content, the document approval process, characterized in that the correctness of the route course, be verified on the server side.
  4. 各クライアントとの間でドキュメントの交換を行う文書交換管理方法であって、 A document exchange management method for carrying out the exchange of documents between each client,
    上記ドキュメントを構成するコンテンツに対して承認や否決などの処理を行うノードの集合であるルートの各ノードおよび該ルートの部分集合を形成する各ステージにおいて、 At each stage of forming a subset of the nodes and the root of the root is a set of nodes for performing processing such as approval or rejection to the content constituting the document,
    ドキュメント毎にルートの随時設定あるいは変更を可能とし、かつ、 And it can at any time set or change the route for each document, and,
    ドキュメント毎にアクセス権、承認行為の随時設定あるいは変更を可能とすることを特徴とした文書交換管理方法。 Access rights to each document, document exchange management method is characterized in that to allow at any time set or change the approval act.
  5. 請求項4に記載の文書交換管理方法において、 In document exchange management method according to claim 4,
    前記ドキュメントに対するルート設定では、特に企業間のルート設定について送信側企業と受信側企業の異なるルートを相手側企業に知られることなく連結、かつ挿入が可能であり、 Route setting for the document, but may be particularly linked without revealing Routing different routes of recipient company and sender company for between enterprises other party companies, and insert,
    該ドキュメントの属性情報および該ドキュメントを構成するコンテンツの内容によって、ドキュメント間のつながり、およびルートが自動設定されることを特徴とする文書交換管理方法。 The contents of contents constituting the attribute information and the document of the document, document exchange management method, wherein the links between documents and that route is automatically set.
  6. 請求項4に記載の文書交換管理方法において、 In document exchange management method according to claim 4,
    前記ルートが設定されている場合でも、将来、該当ノードに回って来るであろうドキュメントについて、後方のノードの担当者端末は状況によって前方のいくつかのノード、ステージを飛ばして先取りすることを可能とし、 Even when the route is set, the future, for it will come around to the appropriate node document, the person in charge terminal behind the node possible to preempt skip several nodes, the stage of forward by the circumstances age,
    該ルートの各ノードにおいて、担当者端末のスケジュールと連動して設定されているルートが自動制御されることを特徴とする文書交換管理方法。 At each node of the route, document exchange management method characterized in that routes are set in conjunction with the schedule of the person terminal is automatically controlled.
  7. 複数の企業間におけるセキュア文書交換サーバの文書交換用プログラムであって、 A program for document exchange of secure document exchange server among multiple companies,
    該セキュア文書交換サーバのコンピュータに、1番目の企業の担当者端末によりドキュメントを作成し、該ドキュメントを構成する各コンテンツに対して電子署名を付与し、作成者の正当性と各コンテンツの改ざん検知の情報を施して、該ドキュメントを登録する手順、先に定義したワークフローの定義をプロパティファイルから取得し、文書内容、プロパティ情報から企業間のワークフロとして連結し、登録したドキュメントとリンクさせる手順、取得した該ドキュメントの電子署名検証から、該ドキュメントの改ざん検知、作成者の正しさの確認を行う手順、該ドキュメントを検証した後、原本保管データベースに電子原本として保管する手順、上記ワークフローに定義した通りに、該ドキュメントをインターネット上を流れて、2番目 To the secure document exchange server computer, create a document by first corporate personnel terminal, an electronic signature is given to each content constituting the document, falsification detecting validity and the content creator procedure is subjected to the information, and acquisition procedure for registering the document, the definition of the workflow defined above from the properties file, document content, and ligated as workflow between companies from the property information, is linked to the document registered, acquires from the electronic signature verification of the document, falsification detection of the document, the procedure to check the correctness of the author, after verifying the document, the procedure stored as an electronic original to the original document storage database, as defined in the workflow to, the document flow over the Internet, the second 企業に転送するとともに、該企業の担当者端末に通知メールを送る手順、該担当者端末から読み出しの指示があることで、ドキュメントを原本保管データベースから該担当者端末にダウンロードする手順、電子署名検証処理を行う手順、原本の更新または更新することなく該ドキュメントの電子原本を保管する手順を、それぞれ実施するための文書交換用プログラム。 As well as transfer to the company, the procedure to send a notification mail to the person in charge terminal of 該企 industry, that there is an instruction to read from the person in charge terminal, To download the document from the original document storage database to the person in charge terminal, electronic signature verification procedure for processing, the procedure stores the electronic original of the document without having to update or update the original, document exchange program for implementing each.

JP2003368810A 2003-10-29 2003-10-29 Secure document exchange system, document approval method, document exchange management method and program therefor Pending JP2005135072A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003368810A JP2005135072A (en) 2003-10-29 2003-10-29 Secure document exchange system, document approval method, document exchange management method and program therefor

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003368810A JP2005135072A (en) 2003-10-29 2003-10-29 Secure document exchange system, document approval method, document exchange management method and program therefor

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005135072A true JP2005135072A (en) 2005-05-26

Family

ID=34646363

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003368810A Pending JP2005135072A (en) 2003-10-29 2003-10-29 Secure document exchange system, document approval method, document exchange management method and program therefor

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005135072A (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009211176A (en) * 2008-02-29 2009-09-17 Canon Inc Information processor, information processing method, and information processing program
JP2010129065A (en) * 2008-12-01 2010-06-10 Ntt Data Corp Workflow management system, and method of the same
US7840487B2 (en) 2006-02-20 2010-11-23 Hitachi, Ltd. Digital content encryption and decryption method and workflow system using digital content
JP2015515677A (en) * 2012-03-22 2015-05-28 ドキュサイン,インク. System and method for controlling the proof storage of electronic signature transactions rulebase
WO2018214889A1 (en) * 2017-05-23 2018-11-29 成都牵牛草信息技术有限公司 Countersign-based method for setting up approval node in approval process

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7840487B2 (en) 2006-02-20 2010-11-23 Hitachi, Ltd. Digital content encryption and decryption method and workflow system using digital content
JP2009211176A (en) * 2008-02-29 2009-09-17 Canon Inc Information processor, information processing method, and information processing program
JP2010129065A (en) * 2008-12-01 2010-06-10 Ntt Data Corp Workflow management system, and method of the same
JP2015515677A (en) * 2012-03-22 2015-05-28 ドキュサイン,インク. System and method for controlling the proof storage of electronic signature transactions rulebase
US9893895B2 (en) 2012-03-22 2018-02-13 Docusign, Inc. System and method for rules-based control of custody of electronic signature transactions
WO2018214889A1 (en) * 2017-05-23 2018-11-29 成都牵牛草信息技术有限公司 Countersign-based method for setting up approval node in approval process

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6658403B1 (en) Apparatus and method for managing electronic original data
JP5060009B2 (en) Method and apparatus for self-authenticating a digital record
US7580988B2 (en) System and methods for managing the distribution of electronic content
CN102656589B (en) Verifiable synthesized by the wrapper for data trust
US6796489B2 (en) Processing electronic documents with embedded digital signatures
JP3629516B2 (en) Proxy server, an electronic signature system, electronic signature verification system, a network system, electronic signature method, an electronic signature verification method and a storage medium
US8700533B2 (en) Authenticating licenses for legally-protectable content based on license profiles and content identifiers
US20020077986A1 (en) Controlling and managing digital assets
US20040181665A1 (en) Trust governance framework
AU2002215782B2 (en) Web-based method and system for applying a legally enforceable signature on an electronic document
US9886428B2 (en) Collaborative email with hierarchical signature authority
EP1455479B1 (en) Enrolling/sub-enrolling a digital rights management (DRM) server into a DRM architecture
US20130218829A1 (en) Document management system and method
EP2051179A1 (en) Composite application using security annotations
US6678698B2 (en) Computerized method and system for communicating and managing information used in task-oriented projects
US20130179982A1 (en) Data Processing Engine System And Method
West-Brown et al. Handbook for computer security incident response teams (csirts)
US20010034835A1 (en) Applied digital and physical signatures over telecommunications media
US20050102520A1 (en) Method and apparatus for collecting electronic signatures
US20030078880A1 (en) Method and system for electronically signing and processing digital documents
US20150310188A1 (en) Systems and methods of secure data exchange
CA2384944C (en) Document management system
US20150163206A1 (en) Customizable secure data exchange environment
US8140440B1 (en) Paperless mortgage closings
JP5016749B2 (en) Electronic transmission of authenticated documents, storage and retrieval system and method

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20061027

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080228

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080318

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080519

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20080812