JP2004501418A - Autonomous method of insurance underwriting to use a comprehensive risk assessment system and the same system - Google Patents

Autonomous method of insurance underwriting to use a comprehensive risk assessment system and the same system Download PDF

Info

Publication number
JP2004501418A
JP2004501418A JP2001562339A JP2001562339A JP2004501418A JP 2004501418 A JP2004501418 A JP 2004501418A JP 2001562339 A JP2001562339 A JP 2001562339A JP 2001562339 A JP2001562339 A JP 2001562339A JP 2004501418 A JP2004501418 A JP 2004501418A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
insurance
data
engine
property
risk
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2001562339A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
カオ シン シー
チャン トム ケイ
マクレラン パトリック エイチ
ワッジェ ジェイムス アール
Original Assignee
イーキューイー インターナショナル インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US51053500A priority Critical
Application filed by イーキューイー インターナショナル インコーポレイテッド filed Critical イーキューイー インターナショナル インコーポレイテッド
Priority to PCT/US2001/040167 priority patent/WO2001063445A2/en
Publication of JP2004501418A publication Critical patent/JP2004501418A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06QDATA PROCESSING SYSTEMS OR METHODS, SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES; SYSTEMS OR METHODS SPECIALLY ADAPTED FOR ADMINISTRATIVE, COMMERCIAL, FINANCIAL, MANAGERIAL, SUPERVISORY OR FORECASTING PURPOSES, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
    • G06Q40/00Finance; Insurance; Tax strategies; Processing of corporate or income taxes
    • G06Q40/08Insurance, e.g. risk analysis or pensions

Abstract

開示されているシステムは、汎用コンピュータで実行可能であり、複数のリスクモデリング・ソフトウェアエンジンと、モデルデータ変換エンジンと、等級評価エンジンを含んでいる。 The disclosed system is capable of executing on a general purpose computer, and includes a plurality of risk modeling software engine, and model data transformation engine, the grading engine. リスクモデリング・ソフトウェアエンジンは、それぞれの財産損失リスク要因の評価を提供して、所定の財産の位置特異的記述に基づいてモデル結果データを作成する。 Risk modeling software engine, provides an assessment of each property loss risk factors, to create a model result data based on the position-specific description of a given property. モデルデータ変換エンジンは、所定の損失リスク要因ベース規準のそれぞれのセットを定義する、それぞれが保険ソースに対応する複数の保険適性プロフィールを記憶している。 Model data transformation engine, defines a predetermined respective set of loss risk factors based criteria, each stores a plurality of insurance suitability profile corresponding to the insurance source. モデルデータ変換エンジンは、モデル結果データを受信するために連結されており、モデル結果データを所定の損失リスク要因ベース規準のセットに対して適合変換し、比較して、所定の保険ソースを選択することによって適格性のある保険ソースを選択するように作動する。 Model data transformation engine, the model results are connected to receive the data, the model results data adapted conversion for a given set of loss risk factors based criteria, in comparison, selects a predetermined insurance sources operative to select the insurance source with competent by. 等級評価エンジンは、モデル結果データと所定の保険ソースを受信するために連結されており、モデル結果データに基づいて所定の財産に対する位置特異的保険適性等級を自律的に作成する。 Grading engine model results are coupled to receive data and a predetermined insurance sources, autonomously creates a position-specific insurance suitability grade for a given property on the basis of model results data.
【選択図】図2 .The

Description

【0001】 [0001]
(発明の属する技術分野) (Field of the Invention)
本発明は、一般的には、保険適性のあるロス・エクスポージャの評価に使用されるリスクアセスメントシステムに、特に、位置特異的なロス・エクスポージャベースの等級を自律的に作成することのできる包括的リスク分析システムに関する。 The present invention is generally in the risk assessment system used for evaluation of loss exposures with insurance aptitude, in particular, capable of creating a position-specific loss exposures based grades autonomously on a comprehensive risk analysis system.
【0002】 [0002]
(関連技術の説明) (Description of the Related Art)
個人の財産、特に不動産及びその上に建設されている建造物を含めて、個人の財産の保険は、代理店、財産検査人、仲介業者、保険業者、他の間の協力協定を通して広汎に組織化されている。 Private property, in particular, including the buildings that have been built in the real estate and on it, insurance of personal property, agency, property inspector, brokers, insurers, widely organization through a cooperation agreement between the other It is of. これらの当事者は、全ての特定の損失事象の事情によって極めて多様に変動することもある保険契約の保証及びそれに続く作業において多くの異なる基本的なサービス提供するが、保険契約の引き受けを決定し保証する全体的プロセスは比較的一定している。 These parties, although many different offers basic services in assurance and operations subsequent also insurance contract can vary quite variously by the circumstances of any particular loss event, determine the underwriting of insurance guarantees overall process of the relatively constant. 特定の保険引受人又は保険引受人のグループのための代理人は、保険引受人の設定した閾値規準に基づいて、保険適性に関し財産及び建造物を評価する。 Attorney for a group of specific insurance underwriter or insurance underwriter, based on the insurance underwriters of the set threshold criteria, to evaluate the property and buildings relates insurance suitability. これらの閾値規準は、一般的に、大きさ、地域区分、自然災害の危険性に曝されていることが既知の地域であるか等の基本的な識別要因、並びに建造物の経年、形式、及び価格査定の、どちらかといえば大雑把な評価を含んでいる。 These thresholds criteria, generally, the size, the basic identification factor of regionalization, and whether a region is known to have been exposed to the risk of natural disasters, as well as aging of the building, the form, and of the price assessment, and includes a rough evaluation if anything. 財産がこれらの保険適性に関する規準に合致或いは適合する場合は、選択された保険引受人が特定の財産に対して保険を引き受けることに関して、保険等級を決め、従って請求すべき保険料を求めるため、推定最大損失(PML)のある程度大がかりな評価が行われる。 If the property is a match or conform to the criteria for these insurance suitability in terms of insurance underwriter selected underwrite insurance for a particular property, determine the insurance rating, thus to determine the premium to be claimed, somewhat extensive evaluation of the estimated maximum loss (PML) is performed. 財産に対するPMLの決定は、通常、特定の損失事象に応じて被りそうなコストの評価として取り扱われる。 Determination of PML for property is usually treated as the evaluation of the cost likely suffer, depending on the particular loss event. 例えば、この評価値は、通常、洪水が起きた場合に財産を復旧するか、又は火事の後建造物を再建する取替原価として単純に求められる。 For example, the evaluation value is, usually, or to recover the property if the flood has occurred, or is simply determined as the replacement cost to rebuild the building after the fire. 次に、あらゆる個別の損失事象の尤度に関する保険統計分析に基づいて、保険等級が決められる。 Then, based on actuarial analysis of the likelihood of any individual loss events, insurance rating is determined.
【0003】 [0003]
保険引き受けプロセスの電算化は、様々な方法で行われてきている。 Computerization of the insurance underwriting process, has been carried out in a variety of ways. 適用プロセスを自動化するために、様々なプログラムが開発されている。 To automate the application process, various programs have been developed. 代理人は、外部的に入手可能な情報を審査して電子アプリケーションフォームにすることを通して、財産関係の情報を集めることができる状態にある。 Delegate, through to the electronic application form by review externally available information in a state that can collect information property relationships. この様に、保険引受人又は保険引受人のグループによって定められた閾値規準は、保険引き受けプロセスを開始する際に代理人が集めるべき情報を直接的に明らかにしている。 Thus, the threshold criteria defined by the insurance underwriter or insurance underwriter groups have directly reveal information to delegate collect when starting the underwriting process.
【0004】 [0004]
特定の財産が自然災害の危険性に曝されているか否かについて判断する際の助けとなるプログラムも、開発されている。 Program to assist in determining whether or not a particular property has been exposed to the risk of natural disasters, has been developed. 財産の住所を与えると、通常は一旦緯度と経度に変換した後、コンピュータシステムは、公の、又は商業的に入手可能な所有権のある地勢地図データベースを評価して、その財産が指定された自然危険リスク区域内にあるか否かを判定する。 Given a property address, after, possibly once converted into latitude and longitude, the computer system of the public, or to evaluate the terrain map database with a commercially available ownership, the property is specified determines whether naturally hazardous risk zone. 洪水、地震、竜巻、及びその他の自然災害のリスクに関し、一般的な地図データベースの在ることは知られている。 Floods, earthquakes, tornadoes, and to a risk of other natural disasters, that there is a general map database is known.
【0005】 [0005]
地域区画及びその他の建築関係情報を含むデータベースの在ることも知られている。 It is also known that there is a database that contains a local section and other building-related information. ある例では、これらのデータベースは、対応する情報を収集し普及させる役割を負う政府機関によって開発され、一般の人がアクセスできるようになっている。 In some instances, these databases are developed by a governmental agency responsible serves to collect the corresponding information dissemination, ordinary people are made accessible. 地域区画及び建築関係のデータのより広汎な情報を含む、所有権のあるデータベースの在ることも知られており、商業ベースでアクセスできるようになっている。 Include more extensive information data area compartments and architectural relationships is also known that there is a proprietary database, so that access on a commercial basis.
【0006】 [0006]
これら公共のデータベース及び所有権のあるデータベースに含まれている情報にアクセスしてそれを評価するのに使用される各種のプログラムは、通常、対応する形式の検索されたデータの分析専用となっている。 By accessing the information contained in the database with these public databases and ownership various programs that are used to evaluate it, usually it becomes analysis dedicated retrieved a corresponding format data there. 同様な情報を提供する異なるデータベース間であっても、それらのデータベースから作り出される情報の範囲と詳細は、通常、どちらかといえば特化した何らかの評価の形式を形成している。 Even between different databases to provide similar information, details and scope of the information produced from these databases, usually, to form some form of evaluation specialized if anything.
【0007】 [0007]
しかしながら逆に、様々な保険引受人がその基本的な保険適性規準を確立する際の洗練度は、1つ又は複数の異なるデータベースの詳細な分析から得られる情報のレベルに比べて、どちらかといえば低い。 However Conversely, the sophistication of when various insurance underwriters to establish its basic insurance suitability criteria, in comparison to the level of information obtained from a detailed analysis of one or several different databases, have either as low if example. これは、少なくとも部分的には、入手可能な地勢的データを十分に分析しようとしても、周知のように複雑で、特に、異なるデータベースからくる表現が本来的に複雑なためである。 This is at least partially, even if an attempt is sufficiently analyze the geographical data available, complicated as is well known, in particular, expression coming from different databases because inherently complex. もう1つの要因は、可能性のある将来の損失に対する保険は、本来的にリスク事象の統計的分析であるということである。 Another factor is insurance against possible future losses is that a statistical analysis of the inherently risk event.
【0008】 [0008]
何であれ特定のリスクを評価する重要性は、保険引受のプール制によって更に遠いものとなる。 Importance to assess the specific risk whatever is, becomes more distant by the pool system of insurance underwriting. 何であれ特定の損失の詳細は、大きな保険プールの、全体又は平均的リスク・エクスポージャと比較すると殆ど重要ではない。 A long details of specific loss what large insurance pool, of little importance when compared to the overall or average risk exposure. 実際、特定の損失事象に対する保険プールのポートフォリオ的リスク・エクスポージャを評価するために、複雑な分析システムが存在している。 In fact, in order to evaluate portfolio risk exposures of insurance pools for specific loss events, complex analysis systems exist. このレベルでのリスク・エクスポージャの管理は、十分な電算化と詳細な分析をしばしば利用しているにもかかわらず、特定の保険を掛けられた財産の場所とは無関係に生じる。 Management of risk exposures at this level, despite the fact that often use enough computerized and detailed analysis, regardless of resulting from the location of the property, which is multiplied by the particular insurance.
【0009】 [0009]
結局、特定の財産と付帯建造物に対する適性のある保険引受人を識別しその保険適性等級を作成するのに適した包括的リスク分析を効果的に提供することのできる、自律的オペレーション能力のあるシステムが必要とされている。 After all, capable of providing a comprehensive risk analysis that is suitable for producing such insurance suitability grades identify the underwriters with suitability for incidental buildings with a specific property effectively, with autonomous operation capability system is needed.
【0010】 [0010]
(発明の要約) (Summary of the Invention)
従って、本発明の一般的目的は、完全に自律的オペレーションを行う能力のある、特定の財産に対する識別、適格性及び等級付けをサポートする包括的リスクアセスメントシステムを提供することである。 Accordingly, the general object of the present invention, that is fully capable of performing the autonomous operation, the identification for a particular property, is to provide a comprehensive risk assessment system supporting eligibility and grading.
【0011】 [0011]
これは、本発明において、複数のリスクモデル化ソフトウェアエンジンと、モデルデータ変換エンジンと、等級評価エンジンを含んでいる汎用コンピュータで実行可能なシステムを提供することにより実現される。 This is because, in the present invention are realized by providing a plurality of risk modeling software engine, and model data transformation engine, the system executable on a general purpose computer that includes a grading engine. リスクモデル化ソフトウェアエンジンは、それぞれの財産損失リスク要因の評価を行って、所定の財産の位置特異的記述に基づいてモデルの結果データを生成する。 Risk modeling software engine, and evaluate each property loss risk factors, to produce a model of the result data based on the position-specific description of a given property. モデルデータ変換エンジンは、所定の損失リスク要因ベース規準の各セットを定義する、それぞれが1つの保険ソースに対応している複数の保険適性プロフィールを記憶している。 Model data transformation engine stores a plurality of insurance suitability profiles that define each predetermined set of loss risk factors based criteria, each corresponding to one insurance sources. モデルデータ変換エンジンは、モデル結果データを受信するために連結され、モデル結果データの適応変換及び比較を所定の損失リスク要因ベース規準のセットに対して提供することによって適性のある保険ソースを選択するように作動し、所定の保険ソースを選択する。 Model data transformation engine is coupled to receive the model results data, selects the insurance source with suitability by providing adaptation and comparison of model results data for a given set of loss risk factors based criteria operate to, selects a predetermined insurance sources. 等級評価エンジンは、モデル結果データと所定の保険ソースを受信するために連結され、次に、モデル結果データに基づいて所定の財産に対する位置特異的保険適性等級を自律的に生成する。 Grading engine is coupled to receive the model results data and a predetermined insurance source, then autonomously generates a position-specific insurance suitability grade for a given property on the basis of model results data.
【0012】 [0012]
本発明の利点は、財産が被る恐れのある損害の、包括的な位置特異的リスクアセスメントを自律的に製作できることである。 An advantage of the present invention, the damages that may property suffered is that it can autonomously produced a comprehensive regiospecific risk assessment. リスクアセスメントは、これらの可能性のある損害に対する保険保護をも自律的に保証する品質と特性を持っていることである。 Risk assessment is to have autonomously guarantee quality and characteristics of the insurance protection against damage that these possibilities.
【0013】 [0013]
本発明の別の利点は、保険引き受けプロフィールを管理して、リスクアセスメントデータのこれらの保険引き受けプロフィールに対する選択的マッピングを自律的に行い、特定の財産を特定の保険引受人による保険に関して識別し完全に適格とすることである。 Another advantage of the present invention is to manage the insurance underwriting profile, subjected to selective mapping for these insurance underwriting profile of risk assessment data autonomously, and identified for insurance a particular property by a particular insurance underwriters fully it is to qualify for.
【0014】 [0014]
本発明の又別の利点は、本発明が、固有でなければ何らかの特異な適格性要件を有する、特定の保険引き受けプロフィールの閾値受容規準に合格するか否かを判定するために、作成されたリスクアセスメントデータの自律的解釈を提供することである。 Another advantage of the present invention, the present invention has some unique eligibility requirements to be unique in order to determine whether to pass the threshold receiving criteria specific insurance underwriting profile, created it is to provide an autonomous interpretation of risk assessment data.
【0015】 [0015]
本発明の又別の利点は、リスクアセスメントデータの品質と特性が、受容規準に対する多様なレベルの精緻化をサポートし、保険引受人が、特定の財産に関係する可能性のある損失の異なる且つより良いリスクアセスメントに基づく保険引き受けサービスを提供できるようにすることである。 Another advantage of the present invention, the quality and characteristics of the risk assessment data, support elaboration of various levels for receiving criteria, insurance underwriter is different and loss that may relate to a specific property it is that to be able to provide insurance underwriting services based on better risk assessment.
【0016】 [0016]
本発明の又別の利点は、リスクアセスメントデータが位置特異的ベースで作られ、完全に有効なことである。 Another advantage of the present invention, the risk assessment data is made regiospecific base is that perfectly valid. 個々の危険性に対して作られたリスクアセスメントデータは、特定の財産と危険性の特性によって定義された統計的範囲内では、保険統計的に有効である。 Risk assessment data produced for individual risk, within statistical limits defined by the properties of the risks and particular property are actuarial effective. 従って、個々の危険性の間での、或いは個々の危険性のモデル化において共有された依存性が、作り出されたリスクアセスメントデータの有効性を変えることはない。 Thus, between the individual risk, or dependence that are shared in the modeling of the individual risk, it does not alter the effectiveness of risk assessment data were produced.
【0017】 [0017]
本発明の又別の利点は、多数の独立した危険性のモデルから作り出されたリスクアセスメントデータを集合的に処理して、特定の財産のエクスポージャを定義する、可能性のある損失と損害の組み合わせられた要因を反映する完全に統合されたリスクアセスメントデータを作り出すことのできることである。 Another advantage of the present invention, a number of independent risk assessment data produced from the danger of model and processed collectively, define the exposure for a particular property, possible loss of damage risk assessment data that is fully integrated to reflect combined factor is that can produce.
【0018】 [0018]
本発明の又別の利点は、本発明を実施するシステムを利用すれば、特定の財産に対する最もコスト効率に優れ保護の適正な保険担保範囲を識別し選択できることである。 Another advantage of the present invention, by using a system embodying the present invention is to most identify the proper insurance coverage range of cost-effective protection to be selected for a particular property. 保険引き受けプロフィールと何であれ保険引き受け等級における変化は、自律的に検出され、それを使って、特定の財産に対する保険引き受けプロフィールのランク付選択を開始又は再開することができる。 Changes in insurance underwriting grade if insurance underwriting profile and What autonomously detected, with it, it is possible to start or resume the selection with the rank of insurance underwriting profile for a particular property. 告知されると、財産の保険受益者は、新しい又は改訂された保険契約を、基本的に、もし現在そうでなければ、1度クリックするだけで受け入れ締結することができる。 Once notified, the insurance beneficiary of the property, the new or revised insurance contract, basically, if current otherwise, it is possible to accept fastened with a single click.
【0019】 [0019]
(発明の詳細な説明) (Detailed Description of the Invention)
本発明の上記及びその他の利点と特徴は、添付図面を参照しながら以下の詳細な説明を読めば、よく理解頂けるであろう。 These and other advantages and features of the present invention upon reading the following detailed description with reference to the accompanying drawings, it will enjoy better understood. なお、図面を通して、類似の部品には類似の参照番号を付している。 Incidentally, throughout the drawings are denoted by like reference numerals to like parts.
【0020】 [0020]
好適な実施例では、本発明は、限定された財産とそれに付帯する建造物に対する包括的なリスクのアセスメントを、前記限定された財産に対する保険引受人の選定及び保険の締結と共に提供する。 In a preferred embodiment, the present invention provides an assessment of the comprehensive risk, with fastening of insurance underwriters selection and insurance against the limited assets to the limited property building incidental thereto. 本発明の自律的オペレーションと包括的機能を使えば、普通の個々の顧客ユーザーは、実行中のコンピュータシステムにアクセスし、保険適性のある財産を識別し、財産の保険適性判定と保険等級に影響を及ぼすリスク要因の初期評価を得ることができる。 With the autonomous operation and comprehensive features of the present invention, an ordinary individual customer user accesses the computer system running, to identify the assets of insurance aptitude, affect the insurance suitability determination and the insurance rating of the property it is possible to obtain an initial assessment of the risk factors on the. 本発明は、更に、顧客ユーザーが考慮している財産に対して、1つ又は複数の適性のある保険業者を自動的に選択し、対応する保険等級を開発するための選定を可能とし、支持する。 The present invention further against property customer user into account, one or automatically selects a plurality of insurers with aptitude, to allow selection for developing corresponding insurance class, supported to. 最後に、本発明は、顧客ユーザーが、顧客ユーザーの選択したどのような保険引受人に対しても適性を付与し、保険契約を完全に締結できるようにする。 Finally, the present invention is, customer user, also giving an aptitude suitable for any insurance underwriter selected by the customer user, to be able to completely entered into the insurance contract.
【0021】 [0021]
図1に全体を示すように、一群のシステム10には、通信ネットワーク14を介して顧客ユーザーシステム12がアクセスする。 As shown the overall in Figure 1, the set of system 10, customer user system 12 to access via the communication network 14. このネットワーク14は、所有権のある広域又は点対点の接続であってもよいし、本発明の好適な実施例に関連して、インターネット14又は他の同様な公共の広域ネットワーク上で確立された確実なネットワーク接続であることが望ましい。 The network 14 may be a connection of wide-area or point-to-point proprietary, in connection with the preferred embodiment of the present invention, is established over the Internet 14 or other similar public wide area network and a reliable network connection is desirable.
【0022】 [0022]
所有権のある保険業者システム16の場合、顧客ユーザーは、代表的には代理店又は仲介業者である。 In the case of insurers system 16 with ownership, customer user, typically in the agency or brokers to. この顧客ユーザーは、直接又は間接的にコンピュータシステム18を操作して、所有権のあるソフトウェアアプリケーション20を実行し、特定の保険引受人の要求する特定の情報を収集する。 The customer user operates directly or indirectly computer system 18 executes software application 20 that a proprietary, to gather specific information requested by the particular insurance underwriters. 私設データベース22は、通常は、アプリケーション20と結び付けて、保険の申込みを受け付ける前に、所有権のあるリスク要因のセットに対して審査を行うために使われる。 Private database 22, usually, in conjunction with the application 20, before accepting the application of insurance, is used in order to carry out the examination on a set of risk factors that ownership. 代理店/仲介業者は、要求される特定の様式及び書式で申請に必要な特定の情報を提供しなければならないだけではないが、システム16は、通常、必要条件を満たした保険申請のプリントアウトを提供するのみである。 Agents / brokers, but not only must provide the specific information required for the application in a particular manner and format that is required, the system 16 is, usually, a print-out of the insurance application that meets the requirements it is only to provide. 保険引き受けプロセスを完了するためには、代理店/仲介業者のサービスが更に必要である。 In order to complete the insurance underwriting process, agency / broker service is further required.
【0023】 [0023]
コンピュータシステム24のような他の先行技術によるコンピュータシステムは、保険契約を実際に締結するプロセスを直接サポートする。 Other prior art computer system, such as computer system 24, to directly support the process of actually entered into the insurance contract. コンピュータシステム26は、これも私設データベース30を操作して保険に対する電子申請の準備をサポートする所有権のあるアプリケーション28を実行する。 Computer system 26 also executes the application 28 proprietary to support preparation of electronic application for insurance operates the private database 30. 前と同じく、アプリケーション28は、特定の財産に関係する情報を特定の様式及び書式で供給することを要求する。 As before, the application 28 requests to provide information relating to a specific property in a specific manner and format. 特定の保険引受人又は保険引受人のグループによって、又はそのために採用されている、条件を満たした処理システムとして、アプリケーション28の情報要件は予め定義されている。 By certain insurance underwriters or insurance underwriter group, or as a processing system filled is adopted, the conditions for the information requirements of the application 28 is defined in advance. 従って、アプリケーションは、アプリケーション28が定義したものと少しでも異なる様式又は書式の財産情報を受け付けることはできない。 Thus, the application can not accept the property information of a different style or format that the application 28 has been defined even a little. しかし、要求された情報を受け付け可能な様式で提供することができ、その情報が保険引受人の要件を満たす場合、その財産は保険適性があるわけで、アプリケーション28は、対応する保険等級を識別し、受け入れられれば保険契約34の締結をコミットすることにより、締結代理人として作動32することができる。 However, it is possible to provide in a possible mode accepts the requested information, if that information satisfies the insurance underwriters requirements, its property not have insurance aptitude, application 28 may identify the corresponding insurance rating and, by committing the conclusion of as long accepted insurance contract 34 it can be operated 32 as a fastening agent.
【0024】 [0024]
しかしながら、システム24は自律性ではない。 However, the system 24 is not autonomy. 顧客ユーザーは、システム24にインタフェースを取り又はこれを操作するため、一般的に代理店又は仲介業者であることが必要とされている。 Customer user to manipulate the take or this interface to the system 24, there is a need to be generally distributor or intermediary. この高レベルの複雑さは、アプリケーション28の厳格なデータ要件に合致する必要があるため、確実に、適切な情報が収集され提供されるようにするために必要とされるのである。 The complexity of this high level, it is necessary to conform to the rigid data requirements of the application 28 ensures that it is the appropriate information is required in order to be provided is collected.
【0025】 [0025]
本発明は、システム36に表されているように、コンピュータ38を含んでおり、これはウェブサーバーとして構成されているのが好ましく、識別された財産に関して可能性のある保険適性リスクを評価することのできる包括的リスクアセスメントシステムを実施するよう自律的に機能するアプリケーション40を実行する。 The present invention, as represented in the system 36 includes a computer 38, which is that preferably is configured as a web server, evaluate the insurance suitability risks that potential for the identified property It executes autonomously functioning application 40 to implement a comprehensive risk assessment system that can. アプリケーション40は、HTTPサーバーと、モデリングエンジンのセットと、支払いを保証50することのできる各種拘束オーソリティ48と通信するためにローカル及び外部データベース42、44、46へのアクセスを確立して、これらのプログラムをアプリケーション40に全体統合するように働くサーブレットとを含むプログラムの組合せであることが望ましい。 Application 40, and the HTTP server, a set of modeling engine, and establish access to local and external databases 42, 44, 46 to communicate with various restraining authority 48 that can guarantee payment 50, these it is desirable that the combination of a program and a servlet acting the program to the entire integrated into the application 40. アプリケーション40のオペレーションは、本発明により自律性となっているので、顧客ユーザーに相当な拘束又は要件を課することはない。 Operation of the application 40, since a autonomy by the present invention, does not impose a considerable constraint or requirements to the customer user. 従って、インターネット14経由でアクセスする従来型のウェブ使用可能な顧客のコンピュータシステムで、十分にシステム36を完全活用することができる。 Therefore, a conventional web-enabled customer's computer system to access via the Internet 14, it is possible to sufficiently complete utilize the system 36.
【0026】 [0026]
図2では、本発明の好適な実施プロセスが、識別された財産の、保険適性に関わる可能性のあるリスクの初期分析と適当な保険等級を提供する様子を示している。 In Figure 2, the preferred embodiment the process of the present invention shows how to provide the identified property, an initial analysis and appropriate insurance rating risk that may be involved in the insurance suitability. このプロセスは、コンピュータシステム38によってアプリケーション40を実行することを通して実施されるのが望ましい。 This process is being implemented through executing the application 40 by the computer system 38 is desirable. 初期の財産開示の対話62を通して、顧客ユーザー12は、完全に要件を満たした住所、家屋、コンドミニアム又はアパートメントのような保険を掛けたい建造物のタイプ、好ましくは平方フィート単位の建造物のサイズ、建造物の年齢、建造物の基礎の形式を入力して財産の身元確認情報を提供するのが望ましい。 Through dialogue 62 of the initial property disclosure, customer user 12, address filled with completely requirements, house, condo or apartment type of building, such want to make the insurance as of the size of preferably buildings square feet, age of the building, is to provide the identification information of the property by entering the format of the foundation of the building desirable. 顧客ユーザーのある種の固有身元確認情報も得られる。 Some of the unique identification information of the customer user is also obtained. この情報に基づいて、顧客ユーザー記録が作られ、システム38に所有権のあるユーザーデータベース64に記憶される。 Based on this information, the customer user record is created and stored in the user database 64 with a proprietary system 38. 集められた情報は、次に、危険性評価エンジン66に送られる。 Collected information is then sent to the risk evaluation engine 66.
【0027】 [0027]
本発明のある好適な実施例では、危険性評価エンジン66は、任意の数の異なる特化したリスクモデリングエンジン68−86を含んでいる。 In a preferred embodiment of the present invention, the risk assessment engine 66 includes a risk modeling engine 68-86 specializing any number of different. これら個々のエンジン68−86は、十分に定義されたデータ入力要件を備えているソフトウェア構成要素として実行され、等しく十分に定義されたリスクデータのセットを作成するのが望ましい。 These individual engines 68-86 are implemented as software components and a well-defined data input requirements, it is desirable to create a set of equally well-defined risk data. どれかの特定のエンジン68−86で作成されたリスクデータの特定の特徴及び内容は、特定のソフトウェアエンジンの特性とオペレーションに高度に依存している。 Specific features and contents of the risk data created in any of the particular engine 68-86 is highly dependent on the characteristics and operations of a particular software engine.
【0028】 [0028]
個々のエンジン68−86は、特定の損失事象に対するリスク・エクスポージャもモデル化するように作動するもの(損失事象)と、リスク特定モデルのオペレーションをサポートするもの(サポート)と、リスク特定モデルにより提供されるリスクアセスメントを認定するのに使用される付加的な情報を提供するもの(認定)等のように、一般的に分類することもできる。 Individual engines 68-86 are intended to operate to be modeled risk exposure to a particular loss event (the loss event), that supports the operation of risk identification model (support), the risk for certain models as such as those that provide additional information that is used to certify risk assessment provided (certified), can be generally classified. 表1に、ソフトウェアエンジン68−86の好適なセットを要約する。 Table 1 summarizes the preferred set of software engines 68-86.
【0029】 [0029]
【表1】 [Table 1]
表1:危険性エンジンの構成要素 Table 1: components of the risk engine
【0030】 [0030]
本発明のある好適な実施例では、初期財産開示情報は、財産を曖昧さのない座標システムで識別するため、地勢コーディングエンジンで処理される。 In a preferred embodiment of the present invention, the initial property disclosure information, for identifying the property unambiguous coordinate system, it is processed by the terrain coding engine. 次に、この位置付け情報は、現地にある建造物を記述する利用可能な情報と共に、損失事象エンジンに個別の入力データとして直接送られる。 Then, the positioning information, buildings with available information describing in local and sent directly as separate input data to the loss event engine. 即ち、位置付け情報は、特別に、値、地勢的等級地区、地域区画又はこの他の一般的認定要因によって集計されることはない。 That is, positioning information, specially, the value will not be aggregated by geographical grade district, regional compartment or the other common certification factors. この位置付け情報は、同様に、個別に認定エンジンにも送られる。 This positioning information is likewise also sent to the Certification engine individually. 従って、認定エンジンによって作成された情報は、分析されている特定の位置と建造物に基づいており、或いはそれに関して求められる。 Therefore, the information created by the certified engine specific location being analyzed and is based on the building, or are determined with respect to it.
【0031】 [0031]
損失事象エンジンは、位置付け及び建造物データを使って、そのソフトウェアモデルを初期化する。 Loss event engine uses the positioning and building data, and initializes the software model. 必要に応じて追加の入力データも、認定エンジンから入手される。 Additional input data as necessary, be obtained from authorized engine. モデリングオペレーションで使用される他のデータは、個々のエンジンに専用のデータベースに記憶される。 Other data used in the modeling operation is stored in a dedicated database for individual engine. 例えば、地震エンジン70は、その場所を既知の断層に関係して位置付け、特定の断層破壊の起こりそうな頻度と激烈さをモデル化するのが望ましい。 For example, seismic engine 70 is positioned in relation to the location to a known fault, it is desirable to model the probable frequency and violent of a particular rupture. この分析の一部として、地震エンジン70は、地図情報エンジン76から得られた情報に依って、目標の場所に関して既知の断層を物理的に位置付け、目標の場所と特定の断層との間の距離を求める。 As part of this analysis, seismic engine 70, depending on the information obtained from the map information engine 76, physically positioned a known fault with respect to the target location, the distance between the target location and the particular fault the seek. 例えば、地図情報エンジン76は、アルキスト−プリオロ断層危険地域を識別するデータを提供し、これを使って、目標の場所が既知の断層破壊地区の内側にあるかどうかを簡単に求めることができる。 For example, the map information engine 76, Arukisuto - Purioro provides fault hazard area data identifying, using this, it is possible to determine whether the target location is inside the known rupture area easily.
【0032】 [0032]
地震エンジン70が直接アクセスできるその他のデータには、土壌データと、目標の場所と近くの断層に在る地質学的構造を記述するデータが含まれる。 Seismic engine 70 is in the other data can be accessed directly, and soil data includes data describing the geological structures in the target location and near fault. このその他のデータは、その場所の地質学的な特性、例えば下層の土壌のタイプと地震の挙動に対する応答性、及び、何らかの特定の事象に応答して目標の場所に生じる揺れのレベルを増幅するかもしれない、目標の場所と別の選択された断層の間に拡がる大地の組成を求めるのに使用するのが望ましい。 The other data, amplifies geological characteristics of the place, for example, response to the behavior of the type and earthquake underlying soil, and the level of shake occurring target location in response to some specific event It might, for use to determine the composition of the earth that extends between the target location and another selected fault is desirable.
【0033】 [0033]
この様に、地震エンジンは、特に目標の場所に関して広範囲な詳細出力情報を提供することができる。 In this way, earthquake engine, it is possible to provide a wide range of detailed output information particularly with respect to the target location. この情報には、1)目標の場所の土壌のタイプ、2)その場所から直近の既知の断層までの距離、3)その直近の断層の名称、4)その場所から、目標の財産に対する最大の損害の恐れを供する直近の既知の制御断層までの距離、5)規定された期間内に制御断層で予想される最大の事象の強さ、6)制御断層での事象に応答して予想される目標の場所での平均の揺れレベル、7)制御断層上での事象に応答して目標の場所上の建造物が被る予想損害レベルに関する多くの統計値、8)全ての既知の断層上の全ての事象の結果として目標の場所上の建造物が被る、可能性のある損害レベルに関する多くの統計値、9)目標の場所からの距離、断層名、最大予想事象の大きさ、10個の直近の断層それぞれに関する、最大予想事象によるその場 This information, 1) type of soil target location, 2) the distance from that location to the nearest known fault, 3) its immediate fault name, 4) from that location, the maximum for the target property the distance to the nearest known control fault subjecting the risk of damage, 5) defined period in the strength of the biggest events expected in the control fault is expected in response to events in 6) control fault shaking level of the average at the target location, 7) controls a number of statistics for expected loss level buildings on the target location in response suffer the events on faults, 8) all all the known fault buildings on the target locations suffer as a result of events possible number of statistics regarding damage level, 9) the distance from the target location, fault name, the maximum expected event size, ten of the most recent the place of the fault for each, according to the maximum expected events における揺れのレベル、が含まれているのが望ましい。 Level of shaking, that contains preferably at. 同様にして、個々の危険性エンジン68−86はそれぞれに、特定の財産の特定の座標位置に基づいて作動する。 Similarly, the individual risk engine 68-86 respectively, operate on the basis of the specific coordinate position of a specific property. 全てのエンジン68−86で使用され、少なくとも損失事象エンジン68−74で最終的に作成された情報の位置特異的特性は、危険性エンジン66のオペレーションを通して維持される。 Is used for all engine 68-86, regiospecific characteristic information created finally at least loss event engine 68-74 is maintained throughout the operation of the risk engine 66.
【0034】 [0034]
本発明の危険性エンジン66で作成された詳細且つ位置特異的情報は、モデルデータ変換エンジン90を通して処理される。 Details and regiospecific information created by the risk engine 66 of the present invention is processed through the model data transformation engine 90. このエンジン90は、先ず、危険性エンジン66で作成されたデータを、保険引き受けエンジン94と等級エンジン96で評価できるコンパイルされたデータセット92に処理するように作動する。 The engine 90 is first operative to process the data generated by the risk engine 66, the compiled data set 92 can be evaluated by underwriting engine 94 and grade engine 96. このコンパイルされたデータセット92は、顧客ユーザーと結び付けて後に参照するのに備えてユーザーデータベース64に記憶されるのが望ましい。 The compiled data set 92 is provided for reference later in connection with the customer user being stored in the user database 64 desirably.
【0035】 [0035]
本発明のこの好適な実施例では、保険引き受けエンジン94は、特別な保険契約の発行に対して異なる保険引受人の基本的規準を確立する保険引き受けプロフィールのセットを記憶して、その上で作動する。 In the preferred embodiment of the present invention, underwriting engine 94, it stores a set of insurance underwriting profile to establish the basic criteria of different insurance underwriters for submitting special insurance, operating on it to. モデルデータ変換エンジン90は、保険引き受けエンジン94と協働作業して、危険性エンジン66で作成された詳細データを適合させ、フィルターを掛け、情報が特定の保険引き受けプロフィールの規準にマップされているデータセットを作成する。 Model data transformation engine 90, underwriting engine 94 in cooperation with the work, to adapt the detailed data created by the risk engine 66, multiplied by the filter, information is mapped to criteria specific insurance underwriting profile to create a data set. この様に、特定のプロフィール規準が、危険性エンジン66で作成された詳細情報を参照することで直接的に解明できない場合でも、本発明によれば、整合されフィルターの掛けられたデータセットが、プロファイル規準に対して直接的に評価できる様式の関連データを含有している。 Thus, particular profile criterion, even if you can not see directly clarified by the detailed information created by the risk engine 66, according to the present invention, a data set which is multiplied by the filter are matching, containing the relevant data formats that may directly evaluate the profile criteria. 例えば、特定の保険引受人の保険適性プロフィール規準は、目標の財産が、例えば修正メルカリ震度階(MMI)8.5のような、指定された地震震度の特定の値を超える揺れレベルに曝されないことを要求するかもしれない。 For example, insurance aptitude profile criteria of a particular insurance underwriter, property of the target, for example modification Merukari such as seismic intensity floor (MMI) 8.5, not exposed to sway level above a certain value of the specified earthquake seismic intensity it may require that. この規準は、更に、財産上のどの様な建造物も、保険引受人の定義した技術用語で、閾値揺れレベルで起こりそうな損害のレベルを反映した「グレードY」等級を有することを要求するかもしれない。 This criterion is, furthermore, what kind of buildings on the property as well, in the defined technical terms of insurance underwriters, to request that it has a "grade Y" grade that reflects the level of probable damage by the threshold shake level it may be.
【0036】 [0036]
本発明のある好適な実施例では、地震エンジン70は、保険適性プロフィールで指定されたのと同じ揺れの尺度を用いて揺れレベル値を直接的に作成することができる。 In a preferred embodiment of the present invention, seismic engine 70 can be created directly shaking level value using a measure of the same shaking as specified in the insurance suitability profile. 別の尺度での他の揺れレベル値も、他のプロフィールで使用できるように作成することができる。 Other shaking level value at another measure can also be made available to the other profile. 更に、地震エンジン70は、建造物に関するパーセンテージ様損害の1つ又は複数の異なる特性を作成することができる。 Furthermore, seismic engine 70 may create one or more different properties of percentages like damages related buildings.
【0037】 [0037]
保険プロフィールの揺れ規準と地震エンジン70により作成されたデータとの間の直接的対応は存在するが、建造物が「グレードY」等級プロフィール要件を満足するか否かを決めるための直接的データ対応は存在しない。 Direct correspondence between the data generated by the shaking criteria and earthquake engine 70 of the insurance profile exists, but direct data corresponding to determine whether or not the building is to satisfy the "grade Y" grade profile requirements It does not exist. 本発明によるモデルデータ変換エンジン90は、保険適性プロフィールに対して考慮すべき特定の揺れデータを識別するばかりでなく、地震エンジン70によって作成された適切な又は最も近く匹敵するパーセンテージ損害特性と保険引受人が特別に定義した損害等級尺度との間の受入可能な変換も提供する。 Model data transformation engine 90 according to the present invention, not only identifies a particular sway data to be considered for insurance suitability profile, the percentage loss characteristics and insurance underwriting comparable suitable or closest created by seismic engine 70 people also provides acceptable conversion between the specially defined damage rating scale. 変換の複雑さによっては、ある特定の保険引受人に関する変換の定義は、特定の保険引受人に関して定義された、変換ルール及びデータのデータベース98から作動する、単純なビジネスルール又は複雑なエキスパートシステムプロセスとして実行することができる。 Depending on the complexity of the conversion, there is a definition of a conversion for a specific insurance underwriters, defined for a specific insurance underwriters, operating from a database 98 of the conversion rules and data, simple business rules or complex expert system processes it is possible to run as.
【0038】 [0038]
モデルデータ変換エンジン90による整合されフィルターの掛けられたデータセットの産出物を使って、保険引き受けエンジン94は、一連の保険適性規準プロフィール比較を行って、適格性のある保険引受人を識別する。 Using the model data transformation engine 90 output of the data set which is multiplied with the filter matched by, underwriting engine 94 performs a series of insurance suitability criteria profile comparison, identifying the insurance underwriters with eligibility. 適格性のある保険引受人の識別とデータセットは、次に、等級エンジン96に送られる。 Insurance underwriters identification and data sets with eligibility, then sent to the grade engine 96. データセットに基づいて、異なる保険引受人に対して提案される保険プレミアムが作成される。 Based on the data set, insurance premium, which is proposed for different insurance underwriters is created. 本発明の好適な実施例のオペレーションにおけるこの時点でのこの作成は、初期財産開示62でユーザーの提供した情報が、保険に供される財産及び建造物を完全に記述するには一般的には不十分なので、見積プレミアムである。 This created at this point in the operation of the preferred embodiment of the present invention, the user of the information provided in the initial property disclosure 62 generally completely describe the property and buildings to be used for insurance so inadequate, it is the estimated premium.
【0039】 [0039]
適格性のある保険引受人と提案されたプレミアムとは、危険性エンジン66の実行を通して識別された危険性の要約説明と共に92コンパイルされる。 The proposed insurance underwriter with eligible premium is 92 compiled with a summary description of the identified through execution of risk engine 66 risks. このコンパイルされた情報は、次に、顧客ユーザーに予備的な結果表示100として提示されるのが望ましい。 The compiled information may then be desirable is presented as preliminary results display 100 to the customer user.
【0040】 [0040]
財産の可能性のある保険適性と等級の評価を含む、所与の財産のリスクアセスメントは、この点について説明したように、インターネット14経由で何れの顧客ユーザー12もアクセスできる自由公共サービスとして提示されるのが望ましい。 Including the evaluation of the insurance aptitude and grades that may property, the risk assessment of a given property, as described in this regard, is presented as a free public service that can either be accessed customer user 12 via the Internet 14 that is desirable. 図3に概括的に示すように、このプロセスを続けると、包括的リスクアセスメントの開発と保険に関する公式の見積の表示に対する料金の支払いを課されるようになっているのが望ましい。 As shown in general in Figure 3, and continue this process, that is adapted to be subject to payment of a fee for the display of the official estimate of the development and the insurance of a comprehensive risk assessment desirable. しかしながら、料金の要件は基本的なものではなく、むしろ、保険の申込みを完成させるために保険引受人が所望又は要求する第3者のサービスのコストをカバーする方法として単に好ましいだけである。 However, the fee requirement not fundamental, but rather merely preferred method of insurance underwriter to complete the application for insurance to cover the cost of the third party services desired or required. この料金は、要件を満たした保険の申込みが締結のための提出される場合は、差し控えるのが望ましい。 This fee, if the application for insurance that meets the requirements submitted are for fastening, it is desirable to withhold.
【0041】 [0041]
顧客ユーザーが、予備的結果表示100から、保険担保範囲に関する公式な見積を所望する旨表示した場合は、顧客ユーザーには詳細な財産開示画面112が提示される。 Customer user, from the preliminary results display 100, if you display the effect that is desired to official estimates for insurance collateral range, property disclosure screen 112 to customer user details are presented. 顧客ユーザーは、本発明の好適な実施例では、顧客ユーザーの完全な身元確認情報、少なくとも料金を支払うための電子資金転送を可能とするに足る情報、保険に供する財産の詳細な識別情報を入力するよう求められる。 Customer user in the preferred embodiment of the present invention, the input complete identification information of the customer user, information sufficient to permit electronic funds transfer to pay at least fee, the detailed identification of the property to be subjected to insurance You are asked to. この識別情報は、保険でカバーしたい財産と全ての建造物に関する個別の特性を確立するに十分なものであるのが望ましい。 This identification information is desirably sufficient to establish the individual characteristics relating to property and all buildings to be covered by insurance. 建造物の状態、環境、構造、並びに、過去の保険担保範囲及び行われた請求に関する追加の情報が、詳細な財産開示の一部として得られる。 State of the building, environmental, structure, as well as additional information about past insurance coverage range and made the claims is obtained as part of the detailed property disclosure. この様に、本発明の好適な実施例では、財産の識別は、表2に示すような一般化された一組の質問を通して入手するのが望ましい。 Thus, in a preferred embodiment of the present invention, the identification of the property, it is desirable to obtain through a set of questions that have been generalized as shown in Table 2.
【0042】 [0042]
【表2】 [Table 2]
表2:詳細な財産の記述 Table 2: Description of detailed property
【0043】 [0043]
詳細な財産の開示を通して集められた情報は、コンパイル114され、ユーザー記録と関連付けてユーザーデータベース64に記憶される。 Information gathered through disclosure of detailed asset is compiled 114, are stored in association with the user record in the user database 64. 本発明の好適な実施例では、この財産データのコンパイル114は、アクセスする公共のデータベース118によってチェックされ補足116される。 In a preferred embodiment of the present invention, compilation 114 of this property data is checked by the public database 118 to access the supplemental 116. しばしば電子的に利用可能な、公共の損害査定官によってコンパイルされた情報は、しばしば、特定の財産の土地境界線及び境、区画サイズ、地役権データを含む財産情報と、建造物の年齢、構造のタイプ、地域区画、使途データを含む建造物情報を保有している。 Often Electronically available, the information compiled by the public damage assessors often land borders and boundaries of a particular property, partition size, and property information including easement data, the age of the building, type of structure, regional section, owns the building information, including Shito data. 権利証書及び抵当権実行状態のようなこの他の情報は、特定の財産に関してコンパイル114された詳細な財産開示情報を補足するためにチェック116し使用することができる。 Other information, such as title deeds and mortgages execution state may be checked 116 Mr used to supplement the detailed property disclosure information compiled 114 with respect to a particular property.
【0044】 [0044]
商業的サービス120、122は、詳細な財産開示112を完成するため特定の情報をチェックするのに利用することができる。 Commercial services 120, 122 may be utilized to check certain information to complete the detailed property disclosure 112. これらのサービスには、請求履歴データベースサービス120が含まれており、特定の財産に関する保険と請求の履歴をチェックすることができる。 These services, includes a billing history database service 120 may check the insurance and billing history for a particular property. 他のサービス122にアクセスして、特定の保険に対する申請の信用度をチェックすることができる。 And access other services 122 may check the creditworthiness of the applicant for a specific insurance. これらの商業的なサービスを使用するための料金は、電子商取引の実行を通してクレジットカード決済サービスによって保険申請人に請求されるのが望ましい。 Fee for the use of these commercial services, it is desirable to be billed to the insurance applicant by credit card payment service through the execution of e-commerce. 先のように、これらのサービスを通して得られた情報は、クレジットカード取引の詳細と同様、ユーザー記録と関係付けてユーザーデータベース64に記憶される。 As before, the information obtained through these services, as well as the details of the credit card transaction, are stored in association with the user record in the user database 64.
【0045】 [0045]
本発明の詳細な財産開示プロセスを通してコンパイル114された情報は、極めて詳細で、実質的に多くの点で、保険契約の仮締結のために商業的保険業者が必要とする詳細さのレベルを超えている。 DETAILED property disclosure processes compiled 114 information throughout the present invention, a highly detailed, the substantial number of points, above the level of detail required by the commercial insurers for temporary fastening of an insurance contract ing. 一般的には、締結は、関係する財産記録の手作業の吟味を通して財産の精査を行うことで、そして多くの場合、実際の物理的財産を精査することによって決められている。 Typically, fastening, by performing the inspection of property through manual examination of the property concerned record, and in many cases, are determined by examination of the actual physical property. この精査は、保険業者に対する相当な、しかし恐らくは間接的なコストを表わしている。 This scrutiny is considerable for insurers, but are probably represent indirect costs. 本発明は、詳細な財産精査の必要性に関わる現在の保険引き受け手続を完全にサポートするものであるが、本発明は、更に、完全にでなければ実質的に、従来型の財産精査記録吟味部分を取り除くことのできる、より詳細な初期財産評価をサポートする。 The present invention is intended to fully support the current underwriting procedure involved the need for detailed property review, the present invention is further substantially unless completely conventional property examination record review of You can remove a part, to support a more detailed initial property evaluation.
【0046】 [0046]
このように、現在の保険引き受け手続をサポートするに際して、先に集めてモデルデータ変換された危険性データセットを含めて、特定の財産に関してコンパイルされたデータは、目標の財産と建造物を、保険引き受けエンジン126に既知の保険引受人の保険引き受け規準に対して正式に認定するために、保険引き受けエンジン126に提出される。 In this way, the time to support the current insurance underwriting procedures, including the risk of data set that has been converted model data collected earlier, compiled data with respect to a particular property, with the goal of property the buildings, insurance in order to qualify officially for the insurance underwriting criteria known insurance underwriter in underwriting engine 126, it will be submitted to the insurance underwriting engine 126. 適格性のある保険引受人の識別と目標の財産に対する保険引受人特定の保険等級を決めるのに関係するコンパイルされた財産情報は、次に、等級生成エンジン128に送られるのが望ましい。 Property information compiled relating to determine the insurance underwriters particular insurance class of a property identification and target insurance underwriter with eligibility, then, it is desirable sent to grade generation engine 128. 煙検知器とスプリンクラーの有無、建造物基礎のタイプ、建造物の年齢のような一般的な等級認定は、従来通りのやり方で評価され、識別された保険引受人それぞれに関して財産に対する保険等級が作成される。 Smoke detector and the presence or absence of a sprinkler, type of building foundation, the general grade certification, such as the age of the buildings, are evaluated in a manner of conventional, insurance grade is created for the identified property with respect to insurance underwriters, respectively It is. 出来上がった等級情報は、次に、再びコンパイル114された財産情報に追加される。 The resulting class information is then added again compiled 114 by the property information. 1つ又は複数の保険引受人からの公式見積は、ここで、顧客ユーザーに表示130されるのが望ましい。 Official estimates from one or more of insurance underwriting people, here, it is desirable to be customer user to display 130. 或いは、目標の財産が何故保険適性がないのかについての説明が、顧客ユーザーに表示132される。 Alternatively, a description of how the property of the target there is no why insurance aptitude is customer user to display 132.
【0047】 [0047]
本発明によりコンパイル可能な実質的に非常に詳細な情報を使用すると、手作業による財産記録の精査の必要性を低減又は排除できる可能性があり、又は恐らく非常に相当に、財産のリスクアセスメントの精度と包括性を増すことができ、従って、最終的な財産の保険等級の精度と信頼性が上がり、危険性の再評価124を、詳細な財産の開示プロセスを通して得られる財産情報の完全にコンパイルされたセットを使って行うことができる。 With compilable substantially very detailed information by the present invention, it may be able to reduce or eliminate the need for inspection of property records manually, or perhaps very substantial, risk assessment of the property can increase the accuracy and comprehensiveness, therefore, fully compiled final accuracy and reliability of the insurance rating rises property, the revaluation 124 danger, property information obtained through discovery process detailed property It has been set can be carried out using. 危険性再評価124は、危険性エンジン66に対する財産と建造物に関係するデータの再提出を伴うものであるのが望ましい。 Risk revaluation 124 is desirably accompanied resubmit the data relating to property and buildings against danger engine 66. この様に、初期に挙げた例に比較して、地震エンジン70には財産と建造物に関するより詳細な情報が備えられており、それによって、何らかの特定レベルの揺れによって起こりそうな損害のより詳細なモデリングが可能となる。 Thus, compared to the example mentioned initially, the seismic engine 70 is provided with more detailed information on the property and buildings, whereby more of the probable damages by shaking of any particular level such modeling is possible. 再評価の一部として提供される詳細な情報は、建造物が1階建てか多階建てか、基礎と構造剪断壁の改修年齢、選択又は建築コード要件によって再構築されたかもしれない建造物のパーセンテージ又は部分を含んでいるのが望ましい。 Detailed information provided as part of the re-evaluation, buildings one storey or multi-storey, refurbishment age of foundation and structural shear wall, may have been reconstructed by selecting or building code requirements Building desirably contains the percentage or portion of. この追加の詳細な情報を使えば、地震エンジン70は、地震の際に最大の起こりそうな損害の相当により正確な予測を作り出すことができる。 With the detailed information of this additional, earthquake engine 70, it is possible to produce an accurate prediction by the equivalent of the maximum of the likely damage during an earthquake. 同様に、コンパイルされた詳細な財産情報を使えば、風、火事、洪水モデルエンジン68、72、74は、損害を予測する際の精度を大幅に改善することができる。 Similarly, Using detailed property information is compiled, wind, fire, flood model engine 68,72,74 can greatly improve the accuracy in predicting the damage.
【0048】 [0048]
本発明の別の実施例によれば、包括的リスクアセスメントの精度は、個々の危険性エンジン68−74により作成されたリスクアセスメントを、サポート及び認定エンジン76−86により提供される情報と組み合わせて同時評価することによって著しく改善される。 According to another embodiment of the present invention, the accuracy of the comprehensive risk assessment, a risk assessment created by individual risk engine 68-74, in combination with information provided by the support and certification engines 76-86 It is significantly improved by simultaneous assessment. 即ち、何らかの特定の損失事象から生じる、可能性のある最大の損失は、一次的及び二次的危険事象から決定されるのが望ましい。 That results from any particular loss event, the largest loss that could, is desired to be determined from the primary and secondary risk events. 一次的危険事象は、損失事象の直接的原因であると考えられ、損失事象に対する可能性のある最大の損失の最大の構成要素の直接的ソースとなる場合が多い。 Primary hazardous event is considered to be a direct cause of loss events, often a direct source of the greatest component of the maximum loss possible to loss event. この実施例では、一次的危険によって引き起こされるか又は一次的危険に続いて生じるかの何れかである二次的危険も、損失事象による、可能性のある最大の損失に対する、対応する二次的な総計的寄与を定めるために評価される。 In this embodiment, for the maximum of the loss also or either caused or followed the primary risk is that secondary hazards caused, by loss event, that potential by the primary hazards, corresponding secondary It is evaluated to determine the Do total contribution.
【0049】 [0049]
この総計リスク分析は、従って、目標の財産及び建造物に対する保険を引き受ける際に、保険引受人に対してリスク・エクスポージャの非常に正確なアセスメントを提供する。 The total risk analysis, therefore, when to take insurance against target property and buildings, to provide a very accurate assessment of the risk exposure against insurance underwriters. 総計リスク分析の特異的性能は、個々の危険性エンジン68−86により製作された詳細な危険性アセスメントデータに高度に従属する。 Specific performance of total risk analysis, highly dependent on fabricated detailed risk assessment data on individual risk engine 68-86. ルールベースのモデリングシステム又は他のエキスパートシステムは、異なるリスクシナリオを検討して評価し、異なる損失の尤度を求めるために利用されるのが望ましい。 Rule-based modeling system or other expert systems, evaluated by considering different risk scenario, being utilized to determine the likelihood of different loss is desirable. 代表的シナリオとしては以下のようなことが挙げられる。 Representative scenarios include the following can be.
【0050】 [0050]
1. 1. 目標の財産に対する近接度と高度に基づいて、既知の環境的に危険な場所における異なる洪水レベル及び洪水環境の影響を評価することによって、環境危険性と結び付けた洪水危険性の、可能性のある損失効果を考慮して、洪水事象の間における目標の場所の毒性汚染の可能性と特性の識別とリスク分析を行う。 Based at altitude and proximity to the property of the target, by assessing the impact of different flood levels and flood the environment at known environmentally dangerous place, there flood risk coupled with environmental risks, potential taking into account the loss effect, performs identification and risk analysis possibilities and properties of toxic contamination of the target location during flood events.
2. 2. 目標の財産に対する地勢的高低、近接度、表面勾配、土壌タイプ、地質学的構成を、目標の財産上の井戸における地下水汚染に対するリスク・エクスポージャを定めるためのベースとして評価することによって、離れた環境危険による可能性のある損失効果を考慮する。 Geographical height, proximity to the property of the target, the surface gradient, by evaluating the type of soil, the geological structure, as a basis for determining the risk exposure for groundwater pollution in the well on the target property, apart consider the loss effects that might by environmental hazards.
【0051】 [0051]
3. 3. 断層破壊を、地滑り、液状化のような他の土地機能不全と結び付けて、更にできれば、目標の財産近傍の環境的に危険な場所の近接度及び特性と結び付けて、それによる可能性のある損失効果を考慮して、特定の地震事象による損失リスクの包括的分析を行う。 The rupture, landslides, in conjunction with other land dysfunctions such as liquefaction, if further, in conjunction with proximity and characteristics of the property near the target environmentally dangerous place, possibly due to its loss effect in mind, carry out a comprehensive analysis of the risk of loss by a particular seismic event.
4. 4. 目標の財産が、a)藪火事の危険性と土地機能不全の危険性の両方のような複数の危険性に曝されることによる可能性のある損失効果を考慮して、藪火事に続いて地滑りが生じる可能性をより正確に評価できるようになり、そしてb)建築物のタイプ、建造物の密度、藪地又は商業/工業建造物への近接度によって認定された断層破壊と火事の危険性のような複数の危険性に曝されることによる可能性のある損失効果を考慮して、郊外の原野又は工業地区に、ガス施設のパイプラインが破損したことによる地震に続いて大火の生じる可能性をより正確に評価できるようになる。 Property goals, taking into account the loss effects that might due to exposure to several hazards, such as both the risk of a) bush fire hazards and land dysfunction, following the fire bush will be able to more accurately assess the possibility of landslides occurs, and b) the type of buildings, the density of the building, the risk of fault rupture and fire certified by proximity to Yabuchi or commercial / industrial buildings taking into account the loss effects that may due to exposure to several hazards, such as sex, on the outskirts of wilderness or industrial area, it caused a fire Following earthquakes by the gas facility in the pipeline is damaged potential becomes more can be accurately evaluated.
【0052】 [0052]
本発明により提供される異なるレベルのリスクアセスメントの処理オペレーション140を、全体的に図4に示す。 Different levels of risk assessment processing operations 140 provided by the present invention, generally illustrated in FIG. ここではレベル1分析と呼称するが、現在の保険引き受け手順では、コンパイルされたデータ114が、先に作成された危険性エンジンモデルのデータ変換されたデータセットを含めて、保険引き受けエンジン126に直接供給される。 Although it referred to herein as Level 1 analysis, the current underwriting procedure, compiled data 114, including data conversion data set for danger engine model created previously, directly to the insurance underwriting engine 126 It is supplied. レベル2分析では、コンパイルされたデータ114は、再評価124のために危険性エンジン66に再供給される。 At the level 2 analysis, compiled data 114 is re-supplied to the risk engine 66 for re-evaluation 124. 結果として得られた詳細な危険性を記述した情報は、モデルデータ変換エンジン90に供給される。 Information describing the resulting detailed risk is supplied to the model data transformation engine 90. 記憶されているか又は保険引き受けエンジン126を通してアクセス可能な、異なる保険プロフィール規準に基づいて、モデルデータ変換エンジン90は、危険性エンジンの作成したモデルデータに基づきモデルデータ変換データセットを再度開発する。 The stored accessible through that or underwriting the engine 126, based on different insurance profile criteria, the model data transformation engine 90 may again develop a model data transform data sets based on the model data created risk engine. これらのデータセットは、先に作成されたデータセットとは、目標の財産の保険引き受けに関する受容度を決めるために、保険引き受けエンジン126のオペレーションにおいて少なくとも随意的に考慮される追加情報を含んでいるという点で異なっているのが望ましい。 These data sets, a data set created earlier, to determine the acceptance on insurance underwriting target property includes additional information which is at least optionally considered in operation underwriting engine 126 What is different in that it is desirable. この追加情報は、更に、等級生成エンジン128に送られ、そのオペレーションにおいて更に十分に考慮される。 This additional information is further transmitted to class generation engine 128 is more fully considered in its operation. 具体的には、等級生成エンジン128は、この追加情報を、特に所謂保険割増金を確認するプロセスで利用するが、この保険割増金は、保険対象の財産又は建造物の特異的特性に対する財産に関する基本プレミアムレート又は等級を調整するために使用される保険プレミアムの追加額として表現されている。 Specifically, grade generation engine 128, the additional information will be utilized in the process especially confirm a so-called insurance premium, the insurance premium is related assets to specific characteristics of the insured property or building It is expressed as an additional amount of the insurance premium, which is used to adjust the basic premium rate or grade.
【0053】 [0053]
レベル3分析では、再評価124を通して作成された危険性データ、他のコンパイルされたデータ、モデルデータ変換データセットを、総計危険性モデルエンジン142が利用できるようになっている。 In Level 3 analysis, risk data created through reevaluated 124, other compiled data, model data transform data sets, total risk model engine 142 is made available. このエンジン142は、本発明による総計的危険性分析を実行するルールベース又はエキスパートシステムのエンジンを実現する。 The engine 142 implements rule-based or engine expert systems to perform a total hazard analysis by the present invention. 総計的分析の結果は、再度、保険引き受けエンジン126に送られるが、保険引き受けエンジン126と等級生成エンジン128が使用できるモデルデータ変換データセットと拡張データの様式であるのが望ましい。 Results A total analysis again, but sent to the insurance underwriting engine 126, is preferably a mode of extension data underwriting engine 126 and grade generation engine 128 and model data transform data sets that can be used.
【0054】 [0054]
各レベルの分析と共に、等級生成エンジン128は、考慮されている各保険業者毎に公式の保険等級を作成するように作動する。 With analysis of each level, grade generation engine 128 operates to create an official insurance rating for each insurer being considered. 図5に全体的に示すように、等級情報を得るプロセスは、本発明の好適な実施例では、多数の可能性のあるソース全てからのアクセス情報をも含んでいる。 As generally shown in FIG. 5, the process to obtain class information, in the preferred embodiment of the present invention also includes the access information from all sources that numerous possibilities. 追加情報を所望するか否かの決定は、具体的に確認された保険業者と、等級生成エンジン128が利用できる異なる情報アクセスチャネルの知識によって決まる。 The determination of whether to desired additional information, the insurer confirmed specifically determined by the knowledge of the different information access channel grade generation engine 128 can be utilized. 一般的な保険標準等級スケジュール152は、等級生成エンジン128がローカルにアクセス可能である。 Overall insurance standard grade schedule 152, grade generation engine 128 is accessible locally. 等級生成エンジンには、異なる保険引受人か又は特定の保険引受人の活動をモニターしている公の代理人かの何れかにより提供されている、公に利用可能な等級スケジュールに対するアクセス154が設けられている。 The grade generation engine, access 154 for different underwriters or is provided by either public delegate that monitor specific insurance underwriters activities, publicly available grade schedule provided It is. 等級生成エンジンは更に、特定の保険引受人とその代理店及び仲介業者両方の会員制度を通して、これら特定の保険引受人に関する等級情報の詳細な要約を提供する第3者商業サービスにアクセスすることができる。 Furthermore grade generation engine, to access the third party commercial services that provide specific insurance underwriters and through its distributors and brokers both membership system, detailed summary of the class information on these specific insurance underwriters it can. 保険引受人の中には、特に等級情報を入手する目的での自身のコンピュータシステムへのアクセスを、信頼するミドルウェアシステム158をサポートして、又は所有権のあるインタフェース160経由で直接接続によって提供するものもある。 Some insurance underwriters, especially access to their computer systems for the purpose of obtaining the grade information, support middleware system 158 trusted, or provided by a direct connection via a proprietary interface 160 also some things. 最後に、現在利用できなければ、将来、保険引受人は、その等級スキーム又はスケジュールを、認可された代理店及び仲介業者に、XML流通のような上手く定義された標準様式で、その代理店及び仲介業者の使用に備えて提供することになるであろう。 Finally, if it can not currently available, future, insurance underwriter, the grade scheme or schedule, to authorized distributors and brokers, in a well-defined standard style, such as XML distribution, its agents and It would be to provide for future use intermediaries. これらの流通154は、収納場所を通して、又は異なる保険引受人が操作する場所から直接に、電子的に利用可能であることが望ましい。 These distribution 154, through repository, or directly from different locations insurance underwriter's operation, it is desirable that available electronically.
【0055】 [0055]
特定の保険引受人により提供される等級情報を入手するために使用される特定のチャネルに関わりなく、等級生成エンジン128は、財産識別、関係データセット、あらゆる提供される追加情報を、レベル2及びレベル3財産評価の場合のように利用して、目標の財産及び建造物に対する対応する保険等級を作成するのが望ましい。 Irrespective of the particular channel to be used to obtain the class information provided by certain insurance underwriters, grade generation engine 128, property identification, relationship data set, the additional information all provided, Level 2 and using as in level 3 property evaluation, it is desirable to create a corresponding insurance class of a target property and buildings. この情報は、保険引き受けエンジン126から作成された情報としてもコンパイル114され、ユーザー顧客記録と関連付けてユーザーデータベース64に記憶され、公式な見積表示130の一部として提示される。 This information is also compiled 114 as information created from underwriting engine 126, in association with the user customer record stored in the user database 64, it is presented as part of the formal estimates display 130.
【0056】 [0056]
本発明の好適な実施例に関して、目的の財産に対する最終の契約締結プロセス170を図6に示す。 With the preferred embodiment of the present invention, showing the final agreement process 170 for the property of interest in FIG. 公式の見積表示130から、顧客ユーザーは、購入172に向けて特定の保険契約を選択することができる。 From the official estimate display 130, customer user is able to select a specific insurance contract towards the purchase 172. 保険契約選択の確認と購入の決定に際しては、保険の締結を保証するのに必要な資金を得るために、従来型のオンラインクレジット取引が開始される。 In determining the purchase and confirmation of the insurance contract selection, in order to obtain the necessary funds to ensure the conclusion of insurance, online credit transactions of conventional type is started. 選択された保険引受人には契約締結が通知178され、対応する保険の申込みが提供される。 The insurance underwriters selected contract is notified 178, the application of the corresponding insurance is provided. 次に、クレジット取引、保険の申込み、及び少なくとも条件付の保険の申込みに対する受付の確認が、顧客ユーザーと保険引受人に、郵送か又は電子メールのようなもので送信176される。 Next, credit transaction, application for insurance, and confirmation of acceptance for at least the application of conditional of insurance, to customer users and insurance underwriters, are transmitted in such things as mailing or e-mail 176. 最後に、保険契約書のハードコピーも、通常、保険請負人から顧客ユーザーに提供180される。 Finally, the hard copy of the insurance contract as well, usually, is provided by the insurance contractor to the customer user 180.
【0057】 [0057]
以上、目標の財産に関するリスク・エクスポージャの包括的分析を提供するシステムと方法、並びにこれらのリスクに関する保険の引き受けに対する基礎として表現されたリスクを自律的に評価するシステムと方法について説明してきた。 The foregoing has described a system and method for providing a comprehensive analysis of the risk exposure related to the target property, as well as systems and methods for autonomously assess the risk expressed as a basis for underwriting of insurance for these risks for.
【0058】 [0058]
本発明の好適な実施例の上記記述の観点から、開示された実施例に関して数多くの変更及び派生を行い得ることは、当業者には容易に理解頂けるであろう。 In view of the above description of a preferred embodiment of the present invention, it is to be carried out numerous modifications and derived with respect to disclosed embodiments will able readily apparent to those skilled in the art. 従って、特許請求の範囲に述べる範囲内において、本発明は、上記特記以外にも実施できるものと理解されたい。 Thus, to the extent set forth in the appended claims, the present invention is to be understood also be implemented in addition to the above stated.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】 [Figure 1]
本発明の好適な実施例を実施するシステムを含む、財産リスク分析及び保険引き受けを実行するための多数の異なるシステムを示す。 It includes a system for implementing a preferred embodiment of the present invention, showing a number of different systems for performing assets risk analysis and insurance underwriting.
【図2】 [Figure 2]
本発明の好適な実施例に関する、最初の、位置特異的危険性リスク分析及び表現システムを示す。 Of the preferred embodiments of the present invention, showing the first, the position-specific risk risk analysis and representation system.
【図3】 [Figure 3]
本発明の好適な実施例に関する、詳細な、位置特異的危険性リスク分析、表現及び保険引き受けシステムを示す。 Of the preferred embodiments of the present invention, detailed, position-specific risk risk analysis shows a representation and underwriting system.
【図4】 [Figure 4]
保険業者の特定財産アセスメントプロフィールに変換可能な、詳細な、位置特異的危険性リスク分析を開発するシステムとプロセスの詳細図である。 Convertible to a specific property assessment profiles insurers, details, a detailed view of a system and process for developing the regiospecific risk risk analysis.
【図5】 [Figure 5]
位置特異的保険引き受けパラメータに基づく等級データを開発するシステムとプロセスの詳細図である。 Grade data based on position-specific underwriting parameter is a detailed diagram of the system and process of developing.
【図6】 [Figure 6]
財産危険性の位置特異的分析に基づく署名されたリスク保護保険契約を締結するプロセスを示す。 It shows a process for fastening the property based on the risk of regiospecific analysis signed risk protection insurance contract.

Claims (9)

  1. 所定の財産の仮定のロス・エクスポージャに基づき位置特異的な保険適性等級を自律的に作成する、汎用コンピュータで実行可能なシステムにおいて、 Autonomously create a regiospecific insurance suitability grade based on the assumption of Los exposure of a predetermined property, in executable system on a general purpose computer,
    a)所定の財産の位置特異的記述に基づいてモデル結果データを作成する、それぞれの財産損失リスク要因の評価を提供する複数のリスクモデリング・ソフトウェアエンジンと、 To create a model result data based on the position-specific description of a) a predetermined property, a plurality of risk modeling software engine that provides an assessment of each property loss risk factors,
    b)所定の損失リスク要因ベース規準のそれぞれのセットを定義する、それぞれが保険ソースに対応している複数の保険適合性プロフィールと、 b) defining a predetermined respective set of loss risk factors based criteria, and a plurality of insurance compatible profile, each correspond to insurance source,
    c)前記モデル結果データを受信するために連結されており、適格性のある保険ソースを選択するように作動するモデルデータ変換エンジンであって、前記モデルデータ変換エンジンは、前記モデル結果データの適合変換を前記所定の損失リスク要因ベース規準と比較するために提供し、前記モデル結果データが前記所定の損失リスク要因ベース規準の対応するセットの要件に合致するところで所定の保険ソースを選択するモデルデータ変換エンジンと、 c) being connected to receive said model result data, a model data transformation engine operable to select the insurance sources that eligibility, the model data transformation engine, adaptation of the model results data providing a transform for comparing said predetermined loss risk factors based criteria, the model data to which the model results data to select a predetermined insurance source where that matches the corresponding set requirements of said predetermined loss risk factors based criteria and conversion engine,
    d)前記モデル結果データと前記所定の保険ソースを受信するために連結されており、前記モデル結果データに基づいて前記所定の財産に対する位置特異的保険適性等級の自律的作成を提供する等級評価エンジンと、を備えていることを特徴とするシステム。 d) it is connected to receive the said model result data given insurance sources, grading engine that provides autonomous creation of position-specific insurance suitability grade for said predetermined property on the basis of the model results data system characterized in that it comprises, when.
  2. 位置特異的財産のリスクを、保険適性等級を確立するための基礎として可能性のある最大損失を求めることと関係付けて評価するための、汎用コンピュータで実行可能なデータ処理システムにおいて、 The risk of regiospecific property for evaluating in relation with obtaining the maximum loss that may as a basis for establishing an insurance suitability grade, in executable data processing system on a general purpose computer,
    a)複数のリスクアセスメントデータを作成するために複数のリスク評価モデルを実行する危険性アセスメントエンジンと、 And risks assessment engine to run multiple risk assessment model to create a) a plurality of risk assessment data,
    b)それぞれの保険引受人によって確立された、所定の受容性規準を定義する複数の保険適性プロフィールを含んでいる保険引き受け識別エンジンと、 b) established by the respective insurance underwriters, the underwriting recognition engine including a plurality of insurance suitability profile defining a predetermined acceptability criteria,
    c)前記危険性アセスメントエンジンと前記保険引き受け識別エンジンとの間に連結され、前記リスクアセスメントデータに自律的選択的にフィルターを掛けて、前記保険適性のプロフィールの事例を、前記リスクアセスメントデータが、前記保険適性プロフィールの前記事例のそれぞれの前記所定の受容性規準を満足するところで識別するモデルデータ変換エンジンと、を備えていることを特徴とするデータ処理システム。 c) coupled between the the risk assessment engine the underwriting identification engine, multiplied by autonomously selectively filter the risk assessment data, the case profile of the insurance suitability, the risk assessment data, data processing system, characterized in that it and a model data transformation engine that identifies where to satisfy each of the predetermined acceptability criteria of the case of the insurance suitability profile.
  3. 前記複数の保険適性プロフィールの所定の1つの前記所定の受容性規準は、前記所定の受容性規準を自律的に満足するのに必要な受容可能なリスクアセスメントの独特に制約された定義を表し、前記モデルデータ変換エンジンは、前記リスクアセスメントデータを自律的に解釈して、前記独特に制約された定義に対する最も近い適合を提供することを特徴とする、請求項2に記載のデータ処理システム。 One of the predetermined acceptability criteria given of the plurality of insurance suitability profile represents a unique constrained definition of acceptable risk assessment needed to autonomously satisfy the predetermined acceptability criteria, wherein the model data transformation engine, autonomously interpreting the risk assessment data, characterized in that said providing a closest fit to uniquely constrained defined, the data processing system of claim 2.
  4. 所定の財産に関する保険のリスクとコストの、自律的なコンピュータベースの評価を管理するための方法において、 Given insurance risk and costs relating to property, in the method for managing the autonomous computer-based evaluation,
    a)エンドユーザーから前記所定の財産の最初の識別情報を対話式に入手する段階と、 A step of obtaining from a) the end-user interactively the first identification information of said predetermined property,
    b)前記所定の財産に関する可能性のある危険性のセットと、前記所定の財産に関する可能性のある最大の損害等級を定める予備的なリスクアセスメントを、前記所定の財産に関して最初に確立する段階と、 b) a set of potential risk for said predetermined property, a preliminary risk assessment to determine the maximum damage grades that can related to the predetermined property, comprising the steps of establishing first with respect to the predetermined property ,
    c)前記可能性のある危険性のセットと前記可能性のある最大の損害等級を前記エンドユーザーに提示する段階と、 The method comprising presenting the greatest damage grade c) a set of the possible risk of the potential for the end user,
    d)前記所定の財産に関する補足的な情報を入手する段階と、 d) a step to obtain supplementary information regarding the predetermined property,
    e)対応する危険性モデルデータのセットを提供するために、前記所定の財産を複数の損失事象の全てに当てはめて自動的に評価することを通して、前記最初の識別情報と前記補足的な情報との組合せに基づいて、前記所定の財産に関する包括的リスクアセスメントを2番目に確立する段階と、 To provide a set of risk model data e) corresponding through evaluating automatically by applying the predetermined property for all of the plurality of loss events, the first identification information and the supplementary information a method based on the combination, to establish a comprehensive risk assessment of the predetermined property to the second,
    f)適格性のある保険引受人を識別するために、前記危険性モデルデータのセットを所定の保険引受人の所定の保険適性プロフィールに対して最初に自律的に処理する段階と、 To identify the insurance underwriters with f) eligibility, the steps of first treating autonomously set the risk model data for a given insurance underwriters given insurance suitability profile,
    g)前記所定の財産に特定の保険等級を決めるために、前記危険性モデルデータのセットを前記適格性のある保険引受人に対して2番目に自律的に処理する段階と、 To determine the specific insurance grades g) said predetermined property, comprising the steps of processing autonomously set the risk model data in the second relative insurance underwriter with the eligibility
    h)前記適格性のある保険引受人と前記保険等級とを、選択ため前記エンドユーザーに提示する段階と、からなることを特徴とする方法。 h) the insurance underwriter with the eligibility and said insurance class, wherein the steps of presenting to the end user for selecting, in that it consists of.
  5. 前記補足的な情報を入手する段階は、前記所定の財産に関して、財産データの外部データベースにアクセスして、所有権、価値及び構造に関わるあらゆる情報に関して前記所定の財産を特徴付けるデータを入手する段階を含んでいることを特徴とする、請求項4に記載の方法。 The step of obtaining the supplemental information with respect to said predetermined property, to access external database property data, ownership, for any information concerning the value and structure the step of obtaining data characterizing the predetermined property including wherein the are at the method of claim 4.
  6. 前記包括的リスクアセスメントを確立する段階は、前記財産識別情報と前記補足的な情報を、複数の危険性モデルエンジンを含む危険性アセスメントシステムに提出する段階を含んでおり、前記財産識別情報と前記補足的な情報は、前記所定の財産の場所を識別し、前記所定の財産を所定の危険性のセットに対し位置特異的に当てはめて評価するために利用されることを特徴とする請求項4又は5の何れかに記載の方法。 The step of establishing the comprehensive risk assessment, the supplementary information and the property identification information includes a step of submitting to the risk assessment system that includes a plurality of risk model engine, the said property identification information supplementary information, according to claim 4, wherein identifying the predetermined location of the property, characterized in that it is used to evaluate the predetermined property to for a given risk of sets by applying regiospecific or method according to any one of 5.
  7. 前記所定の危険性のセットは、風、地震、火事及び洪水を含んでいることを特徴とする請求項6に記載の方法。 Wherein the predetermined danger of the set A method according to claim 6, characterized in that it includes the wind, earthquakes, fires, and floods.
  8. 前記複数の危険性モデルエンジンは、損失事象モデリングエンジン、サポートデータエンジン及び認定データエンジンを含んでおり、前記サポート及び認定データエンジンは、前記財産識別情報と前記補足的な情報から導き出される位置特異的情報を前記損失事象モデリングエンジンに提供し、前記損失事象モデリングエンジンは、詳細な危険性モデルデータを提供することを特徴とする請求項6に記載の方法。 It said plurality of hazard model engine loss event modeling engine includes a support data engine and certification data engine, the support and certification data engine regiospecific derived from the supplementary information and the property identification information provides information on the loss event modeling engine, the loss event modeling engine a method according to claim 6, characterized in that to provide a detailed risk model data.
  9. 前記最初に自律的に処理する段階は、前記詳細な危険性モデルデータを前記保険プロフィールに匹敵するデータセットに変換する段階を含んでいることを特徴とする請求項8に記載の方法。 The first step of treating autonomously A method according to claim 8, characterized in that it includes the step of converting the detailed risk model data in the data set to be comparable to the insurance profile.
JP2001562339A 2000-02-22 2001-02-22 Autonomous method of insurance underwriting to use a comprehensive risk assessment system and the same system Pending JP2004501418A (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US51053500A true 2000-02-22 2000-02-22
PCT/US2001/040167 WO2001063445A2 (en) 2000-02-22 2001-02-22 Comprehensive risk assessment system and autonomous methods of insurance underwriting utilizing same

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004501418A true JP2004501418A (en) 2004-01-15

Family

ID=24031150

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2001562339A Pending JP2004501418A (en) 2000-02-22 2001-02-22 Autonomous method of insurance underwriting to use a comprehensive risk assessment system and the same system

Country Status (3)

Country Link
EP (1) EP1259898A2 (en)
JP (1) JP2004501418A (en)
WO (1) WO2001063445A2 (en)

Families Citing this family (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7899688B2 (en) * 2001-12-31 2011-03-01 Genworth Financial, Inc. Process for optimization of insurance underwriting suitable for use by an automated system
AU2003297295A1 (en) 2002-12-30 2004-07-29 Fannie Mae System and method of processing data pertaining to financial assets
AU2003295807A1 (en) 2002-12-30 2004-07-29 Fannie Mae System and method for verifying loan data at delivery
AU2003291140A1 (en) 2002-12-30 2004-07-29 Fannie Mae System and method for facilitating sale of a loan to a secondary market purchaser
US8046298B1 (en) 2003-07-21 2011-10-25 Fannie Mae Systems and methods for facilitating the flow of capital through the housing finance industry
US9311676B2 (en) 2003-09-04 2016-04-12 Hartford Fire Insurance Company Systems and methods for analyzing sensor data
US7711584B2 (en) 2003-09-04 2010-05-04 Hartford Fire Insurance Company System for reducing the risk associated with an insured building structure through the incorporation of selected technologies
US8090599B2 (en) 2003-12-30 2012-01-03 Hartford Fire Insurance Company Method and system for computerized insurance underwriting
US7783505B2 (en) 2003-12-30 2010-08-24 Hartford Fire Insurance Company System and method for computerized insurance rating
US7756779B1 (en) 2004-02-13 2010-07-13 Fannie Mae System and method for determining compliance with a delegated underwriting and servicing agreement
JP4607574B2 (en) * 2004-12-27 2011-01-05 新光企業株式会社 Insurance premium rate setting support system
EP1894159A1 (en) * 2005-06-10 2008-03-05 Swiss Reinsurance Company Computer system and method for determining an earthquake damage index
US9665910B2 (en) 2008-02-20 2017-05-30 Hartford Fire Insurance Company System and method for providing customized safety feedback
WO2011150132A1 (en) * 2010-05-25 2011-12-01 Underwriters Laboratories Inc. Insurance policy data analysis and decision support system and method
US9460471B2 (en) 2010-07-16 2016-10-04 Hartford Fire Insurance Company System and method for an automated validation system
US20130204773A1 (en) * 2012-01-19 2013-08-08 Steven Paul Wiese Risk assessment using maintenance affordability indicator

Also Published As

Publication number Publication date
WO2001063445A2 (en) 2001-08-30
WO2001063445A8 (en) 2002-03-07
EP1259898A2 (en) 2002-11-27

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Harris " Property values drop when blacks move in, because...": racial and socioeconomic determinants of neighborhood desirability
US6988082B1 (en) Computerized systems and methods for facilitating the flow of capital through the housing finance industry
US5966699A (en) System and method for conducting loan auction over computer network
AU2005319206B9 (en) Financial activity based on natural events
Hess et al. Weather-based insurance in Southern Africa: The case of Malawi
Zhi Risk management for overseas construction projects
JP4557933B2 (en) System and method for providing financial planning and advice
Ihlanfeldt et al. An empirical investigation of the effects of impact fees on housing and land markets
Kangari Business failure in construction industry
US7130810B2 (en) Method and system for property valuation in an on-line computing environment
Taubenböck et al. A conceptual vulnerability and risk framework as outline to identify capabilities of remote sensing
US20060178983A1 (en) Mortgage broker system allowing broker to match mortgagor with multiple lenders and method therefor
US7752124B2 (en) System and method for automated loan compliance assessment
US7277869B2 (en) Delinquency-moving matrices for visualizing loan collections
US7003491B2 (en) Methods and systems for a collections model for loans
US5361201A (en) Real estate appraisal using predictive modeling
US7346572B2 (en) Brownfields investing
Bramley Land-use planning and the housing market in Britain: the impact on housebuilding and house prices
US20110106693A1 (en) Automated Loan Risk Assessment System and Method
US20030149658A1 (en) System for providing a warranty for the automated valuation of property
Kleindorfer et al. The complementary roles of mitigation and insurance in managing catastrophic risks
Godschalk et al. Integrating hazard mitigation and local land use planning
US6236973B1 (en) Apparatus and method for providing collateral construction loan insurance coverage
US7698213B2 (en) Method of risk modeling by estimating frequencies of loss and loss distributions for individual risks in a portfolio
US20080201257A1 (en) Alternative method and system for leasing, financing and purchasing residential real estate