JP2004313777A - Iron golf club head and manufacturing method thereof - Google Patents

Iron golf club head and manufacturing method thereof Download PDF

Info

Publication number
JP2004313777A
JP2004313777A JP2004094697A JP2004094697A JP2004313777A JP 2004313777 A JP2004313777 A JP 2004313777A JP 2004094697 A JP2004094697 A JP 2004094697A JP 2004094697 A JP2004094697 A JP 2004094697A JP 2004313777 A JP2004313777 A JP 2004313777A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
portion
body
golf club
club head
iron golf
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2004094697A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Tetsuya Kanayama
Kenji Onoda
健次 小野田
哲也 金山
Original Assignee
Mizuno Corp
美津濃株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2003093387 priority Critical
Application filed by Mizuno Corp, 美津濃株式会社 filed Critical Mizuno Corp
Priority to JP2004094697A priority patent/JP2004313777A/en
Publication of JP2004313777A publication Critical patent/JP2004313777A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an iron golf club head with which the high tone of a metallic sound upon ball hitting is suppressed and a manufacturing method thereof. <P>SOLUTION: This iron golf club head is equipped with a face part 2 which has a ball hitting face 11 and a main body part 1 including a back part 9 and a sole part 10. A hollow part 3 is formed between the main body part 1 and the face part 2. An elastic body having a hardness not lower than 30 and not higher than 70 (JIS K 7312) and consisting of polyurethane foam resin is fully filled into the hollow part 3. <P>COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

Description

本発明は、アイアンゴルフクラブヘッドおよびその製造方法に関し、特に、フェイス部とバック部との間に弾性体を有するアイアンゴルフクラブヘッドおよびその製造方法に関する。 The present invention relates to an iron golf club head and a manufacturing method thereof, particularly, an iron golf club head and a manufacturing method thereof having an elastic body in between the face portion and the back portion.

ゴルフクラブヘッドにおいては、打球時にフェイス面を撓ませることで飛距離を伸ばすことを目的として、内部に空洞を設けた外殻を有する構造や、フェイス部背面部に凹部を有するキャビティバック構造が従来から採用されている。 In the golf club head, for the purpose of extending the distance by bending the face surface at the time of hitting, the structure and having an outer shell having a cavity therein, the cavity back structure is conventional having a recess in the face portion rear surface portion It has been adopted from.

これらの構造は、フェイス面をより撓みやすくさせるために、フェイス部の薄い領域を広げた設計とし、それを実現させるための製造方法として、バック部を含む本体部とフェイス部とを溶接や圧入などによって固着している。 These structures, in order to the face surface easier deflection, and designed to spread the thin region face portion, as a manufacturing method for realizing it, welding or press-fitting the main body portion includes a back portion and the face portion It is fixed, such as by.

しかしこれらは、複雑な形状や構造となるため、各々の部位においてそれぞれ異なる振動モードを生じ、高次の振動モードが生じた場合、高音の金属音が発生する。 However, these are to become a complicated shape and structure, cause different vibration modes in each of the sites, when the higher-order vibration mode occurs, high pitched metallic sound is generated. 高音は人間の耳に聞こえやすいという人間工学的な特徴から、結果として、ゴルファーは、自身の求める柔らかい打球感を得ることができないと判断してしまう。 Treble from the ergonomic features of easily heard by the human ear, as a result, the golfer, thus it is determined that it is not possible to obtain a soft feel at impact desired by the itself.

上記の高音の金属音の発生および伝播を抑制するための手段としては、たとえば空洞内部に何らかの部材を挿入することなどが挙げられる。 As means for suppressing the generation and propagation of the treble of metallic sound, and the like to insert some member for example in the inner cavity.

たとえばフェイス部とバック部との間に弾性体を有する従来のアイアンゴルフクラブヘッドとして、特開2000−79185号公報に示されたものなどが挙げられる。 For example a conventional iron golf club head having a resilient member between the face portion and the back portion, and the like that shown in JP-2000-79185.

特開2000−79185号公報においては、金属製のアイアンクラブヘッドにおいて、ヘッド本体の内部にヘッド本体を構成する金属よりも比重の小さい内挿ブレードを介在させている。 Patent In 2000-79185 discloses, in metallic iron club head, it is interposed a small interpolation blade specific gravity than the metal constituting the head body to the inside of the head body.

また、その他の従来例としては、メタルウッドヘッドの中空内部に硬質の発泡ポリウレタンなどを注入したものや、キャビティバック構造のアイアンヘッドにおいてアンダーカット部に軟質の弾性体を挿入したものなどある。 Further, as other conventional example, there etc. and those injected with such rigid foamed polyurethane of the hollow interior of the metal wood head, which was inserted an elastic body softer undercut portion in the iron head of cavity back construction.
特開2000−79185号公報 JP 2000-79185 JP

しかしながら、上記のようなアイアンゴルフクラブヘッドにおいては以下のような問題があった。 However, in the iron golf club head as described above has the following problems.

特開2000−79185号公報において開示されたアイアンクラブヘッドにおいては、広いスイートエリアを確保し、かつヘッドの重心を低くしてボールを上がりやすくする目的で、ヘッド本体の内部にチタン合金などの金属体からなる内挿ブレードが設置されているが、金属材料からなる内挿ブレードの硬度が大きいためにヘッド本体内部における高音の金属音の発生および外部への伝播を十分に抑制することができない。 Patent In iron club head disclosed in 2000-79185 discloses a wide sweet spot to ensure, and the center of gravity of the head is lowered for the purpose of easy to raise the ball metal such as titanium alloy inside the head body Although interpolation blade made from the body is provided, it is impossible to sufficiently suppress the generation and propagation to the outside of the high pitched metallic sound inside the head body to the hardness of the interpolation blade made of a metallic material is large.

また、メタルウッドヘッドの中空内部に注入された硬質の発泡材は、インパクト時の打撃によるフェイス部の撓みに伴って塑性変形する。 Further, foam rigid injected into the hollow interior of the metal wood head is plastically deformed with the bending of the face portion by striking at impact. この結果、ヘッド本体内部のフェイス近傍に空洞が生じ、その後の打球時において高音の金属音の発生を抑制することができない。 As a result, a cavity is produced on the face near the inner head body, it is impossible to suppress the occurrence of high-pitched metallic sound during subsequent hitting.

また、アンダーカット部に軟質の弾性体を挿入したキャビティ構造のアイアンヘッドにおいても、単に挿入しただけでは該弾性体がアンダーカット部全域またはフェイス上部の溶接付近にまでは達しないことが多いので、高音の金属音の発生および外部への伝播を十分に抑制することができない。 Also in iron head cavity structure of inserting an elastic body softer undercut portion, since merely by inserting often elastic body does not reach up to the vicinity of the welding of the undercut entire or face upper treble can not occur in the metallic noise and sufficiently suppress propagation to the outside.

本発明は、このような事情に鑑みてなされたものであり、本発明の目的は、打球時における高音の金属音を抑制することができるアイアンゴルフクラブヘッドおよびその製造方法を提供することにある。 The present invention has been made in view of such circumstances, an object of the present invention is to provide a iron golf club head and a manufacturing method thereof which can suppress the treble of metallic noise during hitting .

本発明に係るアイアンゴルフクラブヘッドは、1つの局面では、打球面を有するフェイス部分とシャフトに連結されるネック部とが一体になっているフェイス部材と、バック部およびソール部を含む本体部分とが接合されて一体化されるアイアンゴルフクラブヘッドであって、本体部分とフェイス部分との間に形成される中空部に、硬度(JIS K 7312に準拠する規格の硬度計により測定された硬度)が30以上70以下である弾性体が充填されている。 Iron golf club head according to the present invention, in one aspect, a face member and a neck portion connected to the face portion and a shaft having a striking surface are integral, a body portion including a back portion and the sole portion there a iron golf club head which is integrally joined to the hollow portion formed between the body portion and the face portion, the hardness (hardness as measured by hardness meter standards conforming to JIS K 7312) elastic body is filled but 30 or more 70 or less.

上記の変形例としては、打球面を有するフェイス部分と、シャフトに連結されるネック部とバック部およびソール部とが一体になっている本体部分とが接合されて一体化されるアイアンゴルフクラブヘッドにおいて、本体部分とフェイス部分との間に形成される中空部に、硬度が30以上70以下である弾性体が充填されているものであってもよい。 As a variation of the above, the face portion having a ball striking surface, an iron golf club head and the neck portion and the back portion and the sole portion coupled to the shaft is integrally joined and the body portion is integral in, the hollow portion formed between the body portion and the face portion, the elastic body has a hardness of 30 or more 70 or less may be one that is filled.

これにより、打球時における高音の金属音を抑えることができ、優れた打球感を得ることができる。 This can suppress the treble of metallic noise at the time of hitting the ball, it is possible to obtain an excellent feel at impact.

本体部分は、中空部に達する孔を有し、該孔を閉じる閉塞部材を取り付けることが好ましい。 The body portion has a hole reaching the hollow portion, it is preferable to attach the closure member to close the pores. これにより、製造工程において上記の孔から弾性体を注入することができ、また中空部から弾性体がはみ出すことを防止することができる。 Thus, in the manufacturing process can inject an elastic body from the above hole, also it is possible to prevent the elastic member protrudes from the hollow portion.

本発明に係るアイアンゴルフクラブヘッドは、他の局面では、打球面を有するフェイス部分とシャフトに連結されるネック部とが一体になっているフェイス部材と、バック部およびソール部を含む本体部分とが接合されて一体化されるアイアンゴルフクラブヘッドであって、フェイス部分の後方側に凹部を備え、凹部に、硬度(JIS K 7312に準拠する規格の硬度計により測定された硬度)が30以上70以下である弾性体が充填されている。 Iron golf club head according to the present invention, in another aspect, a face member and a neck portion connected to the face portion and a shaft having a striking surface are integral, a body portion including a back portion and the sole portion there a iron golf club head which is integrally joined, with a recess on the rear side of the face portion, the concave portion, the hardness (hardness as measured by hardness meter standards conforming to JIS K 7312) of 30 or more elastic body is filled is 70 or less.

上記の変形例としては、打球面を有するフェイス部分と、シャフトに連結されるネック部とバック部およびソール部とが一体になっている本体部分とが接合されて一体化されるアイアンゴルフクラブヘッドにおいて、フェイス部分の後方側に凹部を備え、凹部に、硬度が30以上70以下である弾性体が充填されているものであってもよい。 As a variation of the above, the face portion having a ball striking surface, an iron golf club head and the neck portion and the back portion and the sole portion coupled to the shaft is integrally joined and the body portion is integral in, with a recess on the rear side of the face portion, the concave portion, the elastic body has a hardness of 30 or more 70 or less may be one that is filled.

これにより、打球時における高音の金属音を抑えることができ、優れた打球感を得ることができる。 This can suppress the treble of metallic noise at the time of hitting the ball, it is possible to obtain an excellent feel at impact.

上記弾性体上にカバー部材を取り付けることが好ましい。 It is preferred to attach the cover member on the elastic body. これにより、凹部から弾性体がはみ出すことを防止することができる。 Thus, it is possible to prevent the elastic member from the recess protrudes.

弾性体の比重は、0.3以上1.0以下であることが好ましい。 The specific gravity of the elastic body is preferably 0.3 to 1.0. これにより、弾性体の耐久性を確保しながら、アイアンゴルフクラブヘッドの重心を低く抑えることができる。 As a result, while ensuring the durability of the elastic body, it is possible to reduce the center of gravity of the iron golf club head.

本発明に係るアイアンゴルフクラブヘッドは、さらに他の局面では、打球面を有するフェイス部分と、フェイス部分の後方側に位置するバック部と、フェイス部分とバック部との間に設置されフェイス部分に沿って設けられた第1弾性体と、フェイス部分とバック部との間であって第1弾性体よりも後方に設置された第2弾性体とを含む弾性体とを備える。 Iron golf club head according to the present invention, in yet another aspect, a face portion having a striking face, a back portion positioned on the rear side of the face portion, the installed face portion between the face portion and the back portion comprising a first elastic member disposed along, and an elastic member and a second elastic member disposed rearward than the first elastic member be between face portion and the back portion.

第1弾性体の硬度を、第2弾性体の硬度よりも低くすることが好ましい。 The hardness of the first elastic body, is preferably lower than the hardness of the second elastic member. 第1弾性体の硬度(JIS K 7312に準拠する規格の硬度計により測定された硬度)は、たとえば3以上50以下の範囲内の値から選択され、第2弾性体の硬度(JIS K 7312に準拠する規格の硬度計により測定された硬度)は、たとえば30以上70以下の範囲内の値から選択される。 The hardness of the first elastic body (hardness measured by hardness meter standards conforming to JIS K 7312) is, for example, be selected from within the range of 3 to 50., the hardness of the second elastic member (JIS K 7312 compliant hardness measured by hardness meter standard), for example is selected from a value in the range of 30 to 70 or less.

本局面のアイアンゴルフクラブヘッドは、好ましくは、第2弾性体の後方にカバー部材を備える。 Iron golf club head of the present aspect is preferably provided with a cover member in the rear of the second elastic member. この場合、カバー部材で上記弾性体をフェイス部分側に押圧することが好ましい。 In this case, it is preferable to press the elastic member to the face portion side cover member.

本発明に係るアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法は、1つの局面では、バック部およびソール部を含む本体部分とフェイス部分とを接合して、本体部分とフェイス部分との間に中空部を有するヘッド本体を作製する工程と、本体部分に設置され、中空部に達する孔から弾性体を注入する工程と、弾性体を硬化させる工程とを備える。 Method of manufacturing an iron golf club head according to the present invention, in one aspect, by joining a body portion and a face portion including a back portion and a sole portion, the head having a hollow portion between the body portion and the face portion and a step of producing a body, is installed in the main body portion, and a step of injecting an elastic body from the hole reaching the hollow portion, and curing the elastic body.

これにより、打球時における高音の金属音を抑えることができ、優れた打球感を得ることができる。 This can suppress the treble of metallic noise at the time of hitting the ball, it is possible to obtain an excellent feel at impact.

ここで、弾性体を発泡させて硬化させることが好ましい。 Here, it is preferably cured by foaming the elastic material. これにより、より確実に弾性体を中空部に充填することができる。 This makes it possible to more reliably filled with the elastic member in the hollow portion.

上記のアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法は、ヘッド本体に閉塞部材を取り付ける工程をさらに備えることが好ましい。 Method for producing the iron golf club head preferably further comprises the step of attaching the closure member to the head body. これにより、中空部から弾性体がはみ出すことを防止することができる。 Thus, it is possible to prevent the elastic member from the hollow portion protrudes.

本発明に係るアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法は、他の局面では、バック部およびソール部を含む本体部分と、フェイス部分とを接合して、フェイス部分の後方に凹部を有するヘッド本体を作製する工程と、凹部に弾性体を挿入する工程と、弾性体を押圧変形させながらヘッド本体にカバー部材を取り付ける工程とを備える。 Method of manufacturing an iron golf club head according to the present invention, in another aspect, to produce a body portion including a back portion and a sole portion, by joining a face portion, a head body having a recess in the rear face portion and a step, the step of inserting an elastic body in the recess, and a step of attaching the cover member to the head body while the elastic member is pressed and deformed.

本発明に係るアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法は、さらに他の局面では、凹部を有し、バック部およびソール部を含む本体部分を作製する工程と、凹部に弾性体を挿入する工程と、弾性体を押圧変形させながら本体部分にフェイス部分を接合する工程とを備える。 Method of manufacturing an iron golf club head according to the present invention, in yet another aspect, a recess, a process of forming a body portion including a back portion and a sole portion, and a step of inserting an elastic body in the recess, the elastic while the body is pressed and deformed and a step of bonding the face portion to the body portion.

これにより、打球時における高音の金属音を抑えることができ、優れた打球感を得ることができる。 This can suppress the treble of metallic noise at the time of hitting the ball, it is possible to obtain an excellent feel at impact.

本発明に係るアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法は、さらに他の局面では、フェイス部分とバック部との間に空間部を有するヘッド本体を作製する工程と、空間部に第1弾性体を設置する(たとえば挿入または注入する)工程と、空間部内であって第1弾性体の後方側に第2弾性体を設置する(たとえば挿入または注入する)工程と、第2弾性体を後方から押圧しながらカバー部材をヘッド本体に装着する工程とを備える。 Method of manufacturing an iron golf club head according to the present invention, in yet another aspect, placing the process for manufacturing the head main body having a space portion between the face portion and the back portion, the first elastic member in the space (eg, insertion or implantation) and step, placing the second elastic member to the rear side of the first elastic member a space portion (e.g., insertion or implantation) and step, while pressing the second elastic member from the rear and a step of mounting the cover member to the head body.

上記カバー部材の装着工程は、好ましくは、第2弾性体の後方側にカバー材料を設置する工程と、該カバー材料に熱と圧力とを加えてカバー材料を変形させるとともに硬化させることで上記カバー部材をヘッド本体に装着する工程とを含む。 Mounting step of the cover member preferably includes a step of installing the cover material to the rear side of the second elastic member, the cover by curing with deforming the cover material applies heat and pressure to the cover material and a step of mounting a member to the head body.

本発明によれば、フェイス部とバック部との間に位置する弾性体によって打球時の衝撃を吸収できるので、打球時に高音の金属音が抑えられ、優れた打球感のゴルフクラブヘッドを得ることができる。 According to the present invention, it is possible to absorb the impact at the time of hitting by an elastic body positioned between the face portion and the back portion, high pitched metallic sound is suppressed during hitting, to obtain a golf club head having excellent shot feel can.

以下に、本発明に基づくアイアンゴルフクラブヘッドおよびその製造方法の実施の形態について説明する。 The following describes embodiments of the iron golf club head and a manufacturing method thereof according to the present invention.

(実施の形態1) (Embodiment 1)
以下に、実施の形態1に係るアイアンゴルフクラブヘッドおよびその製造方法について説明する。 The following describes iron golf club head and a manufacturing method thereof according to the first embodiment.

本実施の形態に係るアイアンゴルフクラブヘッドは、打球面を有するフェイス部分と、バック部およびソール部を含む本体部分とを備え、本体部分とフェイス部分との間には、中空部が形成されている。 Iron golf club head according to the present embodiment includes a face portion having a striking face and a body portion including a back portion and a sole portion, between the body portion and the face portion, the hollow portion is formed there.

ここで、該ヘッドは、打球面を有するフェイス部分とシャフトに連結されるネック部とが一体になっているフェイス部材と、バック部およびソール部を含む本体部分とが接合されて一体化されたものであってもよいし、打球面を有するフェイス部分と、シャフトに連結されるネック部、バック部およびソール部とが一体になっている本体部分とが接合されて一体化されたものであってもよい。 Wherein the head includes a face member having a neck portion connected to the face portion and a shaft having a striking surface are integral, a body portion including a back portion and the sole portion are integrally joined it may be one, even those with a face portion having a ball striking face, neck portion connected to the shaft, and a back portion and the sole portion are integrally joined and the body portion is integral it may be.

本体部分およびフェイス部分の材質としては、チタン合金およびステンレスなどが使用可能である。 As the material of the body portion and face portion, such as titanium alloys and stainless can be used.

フェイス部分は1.0mm以上3.0mm以下程度(より好ましくは1.5mm以上2.8mm以下程度)の厚さを有し、前方に打球面を備える。 Face portion has a thickness on the order more than 3.0mm or less 1.0 mm (more preferably to or higher than 2.8mm or less 1.5 mm), provided with a ball striking face forward. フェイス部分の中央部において、フェイス部分の後方に形成される中空部は、1.0mm以上20mm以下程度(より好ましくは1.5mm以上5.0mm以下程度)の厚さを有し、中空部のさらに後方に位置する本体部分(背面部)は、1.0mm以上3.0mm以下程度(より好ましくは1.5mm以上3.0mm以下程度)の厚さを有する。 In the central portion of the face portion, the hollow portion formed in the rear face portion has a thickness on the order more than 20mm or less 1.0 mm (more preferably to or higher than 5.0mm or less 1.5 mm), the hollow portion further body portion located in the rear (rear portion) has a thickness on the order more than 3.0mm or less 1.0 mm (more preferably to or higher than 3.0mm or less 1.5 mm).

また、フェイス部分の下方領域において、上記の中空部および本体部分は後方に広がる。 Further, in the lower region of the face portion, the hollow portion and the body portion of the spread to the rear. この部分においては、中空部は、1.0mm以上50mm以下程度(より好ましくは5.0mm以上20mm以下程度)の厚さを有し、中空部のさらに後方に位置する本体部分は、1.0mm以上10mm以下程度(より好ましくは1.5mm以上3.0mm以下程度)の厚さを有する。 In this portion, the hollow portion, (more preferably less extent 20mm or 5.0 mm) or less extent at least 50mm 1.0mm have a thickness of a body portion located further rearward of the hollow portion, 1.0mm 10mm or more degrees or less (more preferably to or higher than 3.0mm or less 1.5 mm) having a thickness of.

中空部には、JIS K 7312に準拠する規格の硬度計により測定された硬度が30以上70以下程度(より好ましくは40以上60以下程度)である弾性体が実質的に隙間なく充填されている。 The hollow portion, the elastic body hardness measured by hardness meter standards that comply with JIS K 7312 is of the order 30 or more 70 or less (more preferably the degree 40 or higher than 60) is filled substantially without clearance .

弾性体がフェイス部や背面部の全体にわたって接することで、打球時における高音の金属音の発生を抑制することができる。 By the flexure is in contact over the entire face portion and the rear portion, it is possible to suppress the occurrence of high-pitched metallic sound during hitting. なお、弾性体を隙間なく充填すると述べているが、実際に弾性体を充填した際には、弾性体とヘッド本体との境界や弾性体内部において微細な空洞や若干の空隙が存在する場合があるものと考えられるが、この場合でも、上記と同様の効果を奏する限り、弾性体がヘッドの空間内に実質的に充填されているものと解釈されるべきである。 Incidentally, if it is stated that fills without gaps an elastic body, when filled actually an elastic body, there is a fine cavities and some voids in the boundaries and the elastic body portion of the elastic member and the head body it is considered that there shall, in this case, as long as the same effects as described above, should be interpreted as an elastic body is substantially filled in the space of the head.

硬度が極端に小さい場合には耐久性の面で問題があり、硬度が極端に大きい場合は、打球時に生じる高音の金属音を十分に抑制することができない。 If the hardness is extremely small, there is a problem in durability, if the hardness is extremely large, it is impossible to sufficiently suppress the treble of metallic sound generated at the time of hitting. したがって、弾性体の硬度を上記の範囲とすることで、打球音が抑えられ、優れた打球感を得ることができる。 Accordingly, the hardness of the elastic body in the above range, the hitting sound is suppressed, can be obtained excellent feel at impact.

弾性体の比重は、0.3以上1.0以下程度(より好ましくは0.3以上0.8以下程度)であることが好ましい。 The specific gravity of the elastic body is preferably about 0.3 to 1.0 (more preferably the degree 0.3 to 0.8). 比重が極端に小さい場合、弾性体の耐久性が低下し、使用に伴って打球音の抑制効果が低減する場合がある。 When the specific gravity is extremely small, and reduced durability of the elastic body, there are cases where the effect of suppressing with use hitting sound is reduced. また、比重が極端に大きい場合、中空部の上部にまで充填された弾性体の質量が増大することにより、アイアンゴルフクラブの重心が高くなることとなる。 Further, if the specific gravity is extremely large, by weight of filled elastic body to the upper portion of the hollow portion is increased, so that the center of gravity of the iron golf club increases. 弾性体の比重を上記の範囲とすることで、弾性体の耐久性を確保しながら、アイアンゴルフクラブヘッドの重心を低く抑えることができる。 The specific gravity of the elastic body in the above range, while securing the durability of the elastic body, it is possible to reduce the center of gravity of the iron golf club head.

弾性体の充填方法としては、たとえば発泡処理前の樹脂および発泡剤などをバック部などの本体部分の一部に設けられた開孔部から注入する方法(充填方法1)が挙げられる。 The filling method of the elastic body, for example, be mentioned a method of injecting the opening provided in a part of the body portion, such as the back portion and foaming the resin before and a blowing agent (filling method 1). この充填方法を含むアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法としては、たとえば、バック部およびソール部を含む本体部分とフェイス部分とを接合して、本体部分とフェイス部分との間に中空部を有するヘッド本体を作製する工程と、本体部分に設置され中空部に達する孔から弾性体を注入する工程と、弾性体を硬化させる工程とを備えるものなどが挙げられる。 As a method for producing an iron golf club head including the filling method, for example, by joining a body portion and a face portion including a back portion and a sole portion, a head body having a hollow portion between the body portion and the face portion a process of forming a implanting an elastic body from the hole reaching the hollow portion is provided in the body portion, and the like which comprises a step of curing the elastic body. その結果、中空部全体に弾性体としての発泡材が実質的に隙間なく充填される。 As a result, the foam material as an elastic body to the entire hollow section is filled substantially without gaps.

ここで、上記の硬化工程において、弾性体を発泡させて硬化させることが好ましい。 Here, in the curing step, it is preferably cured by foaming the elastic material. これにより、より確実に弾性体を中空部に充填することができる。 This makes it possible to more reliably filled with the elastic member in the hollow portion.

また、上記工程の実施後、ヘッド本体の上記の孔に閉塞部材を取り付けることが好ましい。 Further, after performing the above step, it is preferred to attach the closure member to the hole of the head body. これにより、中空部から弾性体がはみ出すことを防止することができる。 Thus, it is possible to prevent the elastic member from the hollow portion protrudes.

この閉塞部材はたとえばステンレスやチタンなどの金属や、樹脂や、ゴムなどで構成され、たとえば圧入によりヘッド本体に設置された孔に挿入され、溶接によりヘッド本体に固着される。 The closure member or a metal such as stainless steel or titanium, or a resin, is configured by a rubber, for example, it is inserted into the hole which is disposed in the head main body by press-fitting is fixed to the head body by welding. これにより、中空部から弾性体がはみ出すことを防止することができる。 Thus, it is possible to prevent the elastic member from the hollow portion protrudes. また、該閉塞部材は装飾体としての機能を有する。 Further, the closure member has a function as a decorative body. これにより、美観に優れたアイアンゴルフクラブヘッドを提供することができる。 As a result, it is possible to provide an excellent iron golf club head to the aesthetics.

上記の充填方法の変形例としては、高温で液化したシリコンなどを、上記の孔から注入し、常温で放置して硬化させる方法(充填方法2)が挙げられる。 As a variation of the method of filling, the silicon liquefied at a high temperature, poured from the hole, a method for curing it at room temperature (filling method 2).

また、さらに他の充填方法としては、弾性体を中空部の外であらかじめ成形した後、ヘッド本体に挿入する方法(充填方法3)が考えられる。 Further, as yet another filling method, after pre-shaped elastic body outside the hollow portion, the method of inserting the head main body (filling method 3) is considered. この充填方法によるアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法としては、たとえば、凹部(中空部)を有し、バック部およびソール部を含む本体部分を作製する工程と、中空部に上述の弾性体を挿入する工程と、弾性体を押圧変形させながら本体部分にフェイス部分を接合する工程とを備えるものなどが挙げられる。 As a method for producing the filling process iron golf club head according to, for example, has a recess (hollow part), inserting a step of preparing a body portion including a back portion and a sole portion, the elastic body described above in the hollow portion a step, like those and a step of bonding the face portion to the body portion while the elastic member is pressed and deformed.

上記の弾性体としての発泡材は、発泡ポリウレタン樹脂を含むことが好ましい。 Foam as an elastic body described above, preferably comprises a foamed polyurethane resin. 該材料により、弾性体に関する上記の硬度および比重を容易に確保することができる。 The material, the hardness and specific gravity about the elastic member can be easily secured.

本実施の形態に係るアイアンゴルフクラブヘッドにおいては、以上の構成により、打球時に高音の金属音が抑えられ、優れた打球感を得ることができる。 In iron golf club head according to the present embodiment, the above-described configuration, high pitched metallic sound is suppressed during hitting, it is possible to obtain an excellent feel at impact.

(実施の形態2) (Embodiment 2)
以下に、実施の形態2に係るアイアンゴルフクラブヘッドおよびその製造方法について説明する。 The following describes iron golf club head and a manufacturing method thereof according to the second embodiment.

本実施の形態に係るアイアンゴルフクラブヘッドは、打球面を有するフェイス部と、フェイス部の後方側に位置し、バック部とソール部とを含む本体部分と、フェイス部分の後方側に凹部(キャビティ)とを備える。 Iron golf club head according to the present embodiment includes a face portion having a ball striking face, the face portion of the located on the rear side, a body portion and a back portion and a sole portion, the rear side in a recess (cavity face portion ) and a.

ここで、該ヘッドは、打球面を有するフェイス部分とシャフトに連結されるネック部とが一体になっているフェイス部材と、バック部およびソール部を含む本体部分とが接合されて一体化されたものであってもよいし、打球面を有するフェイス部分と、シャフトに連結されるネック部、バック部およびソール部が一体になっている本体部分とが接合されて一体化されたものであってもよい。 Wherein the head includes a face member having a neck portion connected to the face portion and a shaft having a striking surface are integral, a body portion including a back portion and the sole portion are integrally joined may be one, and a face portion having a ball striking face, neck portion connected to the shaft, the back portion and the sole portion be one that is integrated is joined with the body portion is integral it may be.

キャビティには、実施の形態1と同様に、JIS K 7312に準拠する規格の硬度計により測定された硬度が30以上70以下程度(より好ましくは40以上60以下程度)である弾性体が充填されている。 The cavity, as in the first embodiment, the elastic body hardness measured by hardness meter standards that comply with JIS K 7312 is of the order 30 or more 70 or less (more preferably the degree 40 or higher than 60) is filled ing. なお、該キャビティ内に若干の凹凸があってもよい。 Incidentally, there may be some irregularities in the cavity.

本実施の形態に係るアイアンゴルフクラブヘッドは、実施の形態1に係るアイアンゴルフクラブヘッドの変形例であり、本体部分やフェイス部分に用いる材質、およびヘッド本体内部に挿入される弾性体は実施の形態1におけるものと同様であるので説明を省略する。 Iron golf club head according to the present embodiment is a modification of the iron golf club head according to the first embodiment, the elastic body to be inserted material used in the body portion and face portion, and inside the head main body of the embodiment omitted are the same as those in embodiment 1. また、本体内部に位置する中空部および弾性体の領域の大きさについても、実施の形態1と同様である。 As for the size of the area of ​​the hollow portion and the elastic body located inside the body, it is the same as in the first embodiment.

アイアンゴルフクラブヘッドには、好ましくは、上記の凹部上に延びるように弾性体上にカバー部材が取り付けられる。 The iron golf club head, preferably, the cover member on the elastic body so as to extend onto the recess is mounted. 該カバー部材としては、たとえばカーボン繊維強化樹脂などが用いられる。 As the cover member, such as a carbon fiber reinforced resin. カーボン繊維強化樹脂はマトリクスに樹脂を含むことにより、カバー部材をヘッド本体に固着する際に、熱成形による固着が可能となる。 By carbon fiber reinforced resin containing a resin matrix, when fixing the cover member to the head body, it is possible to fixation by thermoforming.

しかしながら、カバー部材は、上記のカーボン繊維強化樹脂に限定されるものではなく、キャビティから弾性体がはみ出すことを防止することができるものであればよい。 However, the cover member is not limited to the above carbon fiber reinforced resin, as long as it can prevent the elastic body from the cavity protrudes. 具体的には、たとえば硬質プラスチック材料や、軽金属材料を含むものなどが使用可能である。 Specifically, for example, a hard plastic material, such as those comprising a light metal material can be used.

本実施の形態における弾性体の充填方法としては、実施の形態1と同様に、本体部分の一部に設置された孔から注入する方法(充填方法1)や、高温のシリコンを注入させた後常温で放置して硬化させる方法(充填方法2)や、弾性体をキャビティの外であらかじめ成形した後、ヘッド本体に挿入する方法(充填方法3)が考えられる。 As the filling method of the elastic body in the present embodiment, as in the first embodiment, a method of injecting a hole which is disposed in a portion of the body portion (filling method 1) and, after injecting a hot silicon a method (charging method 2) cured by standing at room temperature, after the elastic body is preformed outside of the cavity, a method of inserting the head main body (filling method 3) is considered.

充填方法3によるアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法としては、たとえば、バック部およびソール部を含む本体部分と、フェイス部分とを接合して、フェイス部分の後方にキャビティを有するヘッド本体を作製する工程と、キャビティに上述の弾性体を挿入する工程と、弾性体を押圧変形させながらヘッド本体にカバー部材を取り付ける工程とを備えるものなどが挙げられる。 As a method for producing an iron golf club head according to the filling method 3, for example, a process of forming a body portion including a back portion and a sole portion, by joining a face portion, a head body having a cavity behind the face portion a step of inserting the elastic body described above in the cavity, and the like which comprises the step of attaching the cover member to the head body while the elastic member is pressed and deformed.

本実施の形態に係るアイアンゴルフクラブヘッドにおいては、以上の構成により、打球時に高音の金属音が抑えられ、優れた打球感を得ることができる。 In iron golf club head according to the present embodiment, the above-described configuration, high pitched metallic sound is suppressed during hitting, it is possible to obtain an excellent feel at impact.

(実施の形態3) (Embodiment 3)
以下に、実施の形態3に係るアイアンゴルフクラブヘッドおよびその製造方法について説明する。 The following describes iron golf club head and a manufacturing method thereof according to the third embodiment.

本実施の形態3に係るアイアンゴルフクラブヘッドでは、フェイス部分と、該フェイス部分の後方側に位置するバック部との間の空間部に複数の弾性体を設置している。 The iron golf club head according to the third embodiment, and the face portion, and installing a plurality of elastic bodies in the space portion between the back portion located on the rear side of the face portion. 空間部としては、典型的には、フェイス部分とバック部との間に位置する中空部やキャビティ部(凹部)を挙げることができる。 The space typically can include hollow portion or cavity portion located between the face portion and the back portion (recess).

弾性体としては、基本的に上述の各実施の形態に記載の弾性体を使用可能であるが、本実施の形態では、上述の各実施の形態の場合よりも硬度の低い弾性体を使用可能である。 The elastic member, but it can be used an elastic body according to the embodiments of essentially described above, in this embodiment, enables the low elastic hardness than the case of the above-described embodiments it is. 硬度を低くすることが可能な弾性体の具体例として、たとえばポリウレタン発泡体やオレフィン系発砲体を挙げることができる。 Specific examples of the elastic body can be lowered hardness, for example, mention may be made of polyurethane foam and olefinic foam.

なお、本願発明の弾性体として使用可能であると考えられるものとしては、たとえばゴム、樹脂、エラストマー、これらの混合物もしくはこれらの発泡体などがある。 As the what is believed to be usable as an elastic body of the present invention, there is for example, rubber, resin, elastomer, mixtures thereof or their foams. ゴムとしては、ブタジエンゴム、スチレン・ブタジエンゴム、クロロプレンゴム、イソプレンゴム、エチレン・プロピレンゴム、エチレン・プロピレン・ジエン三元共重合体ゴム、シリコーンゴム、ウレタンゴム、天然ゴムなどが考えられ、樹脂としては、ウレタン系樹脂、スチレン系樹脂、ポリエチレン、ポリプロピレン、エチレンビニル共重合体などを含むオレフィン系樹脂、ポリエステル系樹脂、ポリアミド系樹脂、塩化ビニル系樹脂、アイオノマー樹脂などが考えられ、エラストマーとしては、ウレタン系エラストマー、スチレン系エラストマー、オレフィン系エラストマー、ポリエステル系エラストマー、ポリアミド系エラストマー、塩素系エラストマー、フッ素系エラストマー、シリコーン系エラストマーなどが考えられる。 As the rubber, butadiene rubber, styrene-butadiene rubber, chloroprene rubber, isoprene rubber, ethylene-propylene rubber, ethylene-propylene-diene terpolymer rubber, silicone rubber, urethane rubber, natural rubber is considered, as the resin include urethane resins, styrene resins, polyethylene, polypropylene, olefin resin including ethylene copolymers, polyester resins, polyamide resins, vinyl chloride resin, and ionomer resin are considered, as the elastomer, urethane elastomers, styrene elastomers, olefin elastomers, polyester elastomers, polyamide elastomers, chlorinated elastomers, fluoroelastomers, silicone elastomers can be considered.

たとえばフェイス部分とバック部との間に第1弾性体と第2弾性体とを含む弾性体を設置する場合、第1弾性体をフェイス部分に沿って設け、フェイス部分とバック部との間であって第1弾性体よりも後方に第2弾性体を設置することが考えられる。 For example, when installing the elastic body includes a first elastic member and a second elastic member between the face portion and the back portion, is provided along the first elastic member to the face portion, between the face portion and the back portion be located a second elastic body is considered to the rear than the first elastic member there. この場合、フェイス部分側に位置する第1弾性体の硬度を、第2弾性体の硬度よりも高くすることが好ましい。 In this case, the hardness of the first elastic body located on the face portion side is preferably higher than the hardness of the second elastic member. 具体的には、第1弾性体の硬度(JIS K 7312に準拠する規格の硬度計により測定された硬度)を、たとえば3以上50以下の範囲から選択した値とし、第2弾性体の硬度(JIS K 7312に準拠する規格の硬度計により測定された硬度)を、たとえば30以上70以下の範囲から選択した値であって第1弾性体の硬度よりも高い値とする。 Specifically, the hardness of the first elastic body (hardness measured by hardness meter standards conforming to JIS K 7312), the selected value from a range of 3 to 50. For example, the second elastic member hardness ( the hardness) measured by hardness meter standards conforming to JIS K 7312, a value higher than the hardness of the first elastic member be a value selected from the range of, for example, 30 or more 70 or less.

上記のようにフェイス部分側に相対的に軟質な第1弾性体を配置することにより、打球時に高音の金属音を効果的に抑制することができ、より優れた打球感を得ることができる。 By placing a relatively soft first elastic body to the face portion side as described above, it is possible to effectively suppress the high pitched metallic sound during hitting, it is possible to obtain a better shot feeling. 第1弾性体は、フェイス部分の少なくとも打球部の背面に設置すればよいものと考えられるが、フェイス部分の背面全面に沿って第1弾性体を配置することで特に顕著な効果が得られるものと考えられる。 The first elastic body is considered to may be installed on the back of at least hitting portion of the face portion, which particularly remarkable effect is obtained by placing the first elastic member along the back entire surface of the face portion it is conceivable that.

なお、第1弾性体は、フェイス部分の背面と接して設けられることが好ましいが、フェイス部分との間に該第1弾性体よりも硬度の高い弾性体などの別部材を配置することも考えられる。 The first elastic member is preferably provided in contact with the rear face portion, also possible to arrange a separate member such as a high elastic hardness than the first elastic member between the face portion It is. この場合、該別部材の厚みを薄くすることが好ましい。 In this case, it is preferable to reduce the thickness of said another member. また、第1弾性体は、単層の弾性体で構成してもよいが、複数層の弾性体で構成してもよく、異素材との複合材料で構成してもよい。 The first elastic member may be an elastic material of a single layer but may be constituted by an elastic body of a plurality layers may be composed of a composite material with different materials.

他方、後方側に相対的に硬質な第2弾性体を配置することにより、該第2弾性体を後方から押圧してフェイス部分とバック部との間の空間部に弾性体を実質的に隙間なく充填することができる。 On the other hand, by arranging the relatively hard second elastic member to the rear side, substantially gap an elastic body into the space between the face portion and the back portion by pressing the second elastic member from the rear it can be filled without. なお、第2弾性体の場合も、単層の弾性体で構成してもよいが、複数層の弾性体で構成してもよく、異素材との複合材料で構成してもよい。 Also in the case of the second elastic member may be an elastic material of a single layer but may be constituted by an elastic body of a plurality layers may be composed of a composite material with different materials. また、発砲体のように気泡やボイドを内部に含む弾性体で第2弾性体を構成することが好ましい。 Further, it is preferable that the second elastic body of an elastic body containing air bubbles or voids in the interior like foam.

本実施の形態のアイアンゴルフクラブヘッドは、好ましくは、第2弾性体の後方にカバー部材を備える。 Iron golf club head of the present embodiment is preferably provided with a cover member in the rear of the second elastic member. この場合、カバー部材で上記弾性体をフェイス部分側に押圧することで弾性体をフェイス部分とバック部との間の空間部分に充填することができる。 In this case, it is possible to fill the elastic body by pressing the elastic member to the face portion side cover member in the space portion between the face portion and the back portion. また、第2弾性体の硬度を比較的高くすることにより、カバー部材の取付け時に第2弾性体によってカバー部材を有効に支持することができ、カバー部材を容易に設置することができる。 Also, by relatively high hardness of the second elastic member can effectively support the cover member by the second elastic body when mounting the cover member can be easily installed cover member. カバー部材としては、上述の各実施の形態の場合と同様に、カーボン繊維強化樹脂、硬質プラスチック材料、軽金属材料などを使用可能である。 The cover member, as in the case of the above-described embodiments can be used a carbon fiber reinforced resin, hard plastic material, such as a light metal material.

次に、本実施の形態に係るアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法について説明する。 Next, a method for manufacturing the iron golf club head according to the present embodiment.

まず、フェイス部分とバック部との間に中空部や凹部などの空間部を有するヘッド本体を作製する。 First, a head body having a space portion such as a hollow portion or recess between the face portion and the back portion. 該ヘッド本体は、鋳造などにより作製可能である。 The head body may be made by such casting. フェイス部分をヘッド本体と別パーツにした場合には、フェイス部分を含むパーツを鍛造により作製することもできる。 Face portion when the head body and the separate parts can also be manufactured by forging a part comprising a face portion. ヘッド本体の基本的な形状等については上述の各実施の形態の場合と同様であるので、上述の各実施の形態の場合も、同様の手法でヘッド本体および各パーツを作製可能である。 Since for such basic shape of the head body is similar to that of the above-described embodiments, the case of the above-described embodiments, it is possible to produce a head body and each part in the same manner.

次に、ヘッド本体の空間部に第1弾性体を挿入または注入する。 Next, inserting or injecting a first elastic body in the space portion of the head body. 第1弾性体をヘッド本体の空間部に挿入するには、該空間部の形状に対応した形状に成形された第1弾性体をたとえば手作業で空間部に挿入することができる。 To insert the first elastic member in the space portion of the head body may be inserted first elastic member which is formed in a shape corresponding to the shape of the space portion in the space manually for example. ヘッド本体の空間部への第1弾性体の注入方法は、上述の各実施の形態の場合と同様である。 Injection method of the first elastic body in the space portion of the head body is the same as that of each embodiment described above.

ヘッド本体の空間部への第1弾性体の挿入または注入後に、空間部内であって第1弾性体の後方側に第2弾性体を挿入または注入する。 After insertion or injection of the first elastic body in the space portion of the head body, inserting or injecting a second elastic member on the rear side of the first elastic member a space portion. 第2弾性体を挿入または注入手法は、第1弾性体の場合と同様である。 Insertion or infusion techniques the second elastic body is the same as that in the first elastic body.

その後、第2弾性体を後方から押圧しながらカバー部材をヘッド本体に装着する。 Then, attaching the cover member to the head body while pressing the second elastic member from the rear. 該カバー部材をヘッド本体に装着するには、たとえば、第2弾性体の後方側にカバー材料を設置し、該カバー材料に熱と圧力とを加えてカバー材料を変形および/または硬化させることで上記カバー部材をヘッド本体に装着すればよい。 To mount the cover member to the head body, for example, the cover material is placed on the rear side of the second elastic body, by deforming and / or cure the cover material applies heat and pressure to the cover material the cover member may be attached to the head body.

ここで、カバー材料とは、カバー部材を形成するための材料のことであり、典型的にはカーボン繊維強化樹脂を使用することができる。 Here, the cover material is that the material for forming the cover member, typically there can be used carbon fiber reinforced resin. また、カバー材料は第2弾性体よりも硬質であることが好ましい。 Further, it is preferred that the cover material is harder than the second resilient body. それにより、カバー材料を介して第2弾性体を押圧変形させなることができ、また第2弾性体を介して第1弾性体をも押圧変形させることができる。 Thereby, the second elastic member can be made by pressed and deformed through the cover material and can also be pressed and deformed the first elastic member through the second elastic member. その結果、より緻密にヘッド本体の空間部に弾性体を充填することができる。 As a result, it is possible to fill the elastic body in the space portion of the head main body denser. なお、カバー材料によって第2弾性体を直接変形させてもよいが、第2弾性体よりも後方側に何らかの部材を配置し、該部材を介して間接的に第2弾性体を押圧変形させてもよい。 Incidentally, the second elastic member may be deformed directly by the cover material, than the second elastic member is disposed some member rearward, indirectly by pressing deforming the second elastic member via the member it may be.

また、カバー材料としてカーボン繊維強化樹脂を使用することにより、カバー材料を所望形状に熱変形させることができ、該カバー材料を所望形状に変形させながら第2弾性体を押圧変形させることができる。 Further, by using a carbon fiber reinforced resin as the cover material, the cover material into a desired shape can be thermally deformed, the second elastic member can be pressed and deformed while deforming the cover material into a desired shape. さらに、第2弾性体として比較的硬質な弾性体を選択することにより、カバー材料の熱成形が容易となるので、所望形状のカバー部材を容易に成形することができる。 Further, by selecting a relatively hard elastic member as the second elastic member, the heat molding of the cover material is facilitated, it is possible to easily mold the cover member having a desired shape. さらに、発砲体のように気泡やボイドを内部に含む弾性体で第2弾性体を構成することにより、カバー部材の成形時における第2弾性体によるクッション機能と熱分散機能とを向上することができ、カバー部材を高精度に成形することができる。 Further, by configuring the second elastic body is an elastic body containing air bubbles or voids in the interior like foam, it is possible to improve the cushioning function by the second elastic body at the time of molding the cover member and the heat dissipation function can, it is possible to mold the cover member with high accuracy.

以下に、本発明に基づくアイアンゴルフクラブヘッドおよびその製造方法の実施例について説明する。 Hereinafter, a description will be given of an embodiment of an iron golf club head and a manufacturing method thereof according to the present invention.

以下に、実施例1に係るアイアンゴルフクラブヘッドについて、図1から図3を用いて説明する。 Hereinafter, the iron golf club head according to the first embodiment will be described with reference to FIGS.

図1は、本実施例に係るアイアンゴルフクラブヘッドの背面図である。 Figure 1 is a rear view of the iron golf club head according to the present embodiment. また、図2は該アイアンゴルフクラブヘッドの側面図(図1中のI−I)であり、図3は断面図(図1中のII−II)である。 Also, FIG. 2 is a side view of the iron golf club head (II in FIG. 1), FIG. 3 is a sectional view (II-II in FIG. 1).

本実施例に係るアイアンゴルフクラブヘッドは、図1から図3に示すように、打球面11を有するフェイス部分2と、バック部9およびソール部10を含む本体部分1とを備え、本体部分1とフェイス部分2との間には、中空部3が形成されている。 Iron golf club head according to the present embodiment, as shown in FIGS. 1 to 3, comprising a face portion 2 having a striking face 11, a body portion 1 including a back portion 9 and a sole portion 10, body portion 1 and between the face portion 2, a hollow portion 3 is formed.

該ヘッドは、シャフトに連結されるネック部12と打球面11を有するフェイス部分2とが一体に形成されたフェイス部材と、バック部9およびソール部10を含む本体部分1とが溶接部4によって接合される構造(フェイス・ネック一体構造)を有する。 The head includes a face member and the face part 2 is formed integrally with the neck portion 12 and the striking surface 11, which is coupled to the shaft, the body portion 1 and the weld 4, including a back portion 9 and the sole portion 10 having joined the structure (face-neck integral structure).

また、本体部分1のうちフェイス部2の中央部の後方に位置する部分(背面部)には、ABS(Acrylonitrile Butadiene Styrene)樹脂などによって形成される装飾体5が、両面テープまたはネジ止めまたは接着剤によって固着されている。 Further, in a portion (rear portion) located behind the central portion of the face portion 2 of the body portion 1, ABS (Acrylonitrile Butadiene Styrene) decorative member 5 formed by a resin, two-sided tape or screws or adhesive It is secured by the agent.

本体部分1およびフェイス部分2の材質としては、SUS630が使用されている。 The material of the body portion 1 and the face part 2, SUS630 is used.

フェイス部分2は約2.5mmの厚さを有し、前方に打球面11を備える。 Face portion 2 has a thickness of about 2.5 mm, provided with a striking surface 11 at the front. フェイス部分2の中央部において、フェイス部分2の後方に形成される中空部3は、約1.5mmの厚さを有する。 In the central portion of the face part 2, a hollow portion 3 formed in the rear face portion 2 has a thickness of about 1.5 mm. また、中空部3のさらに後方に位置する本体部分1(背面部)は、約1.5mmの厚さを有する。 The main body portion 1 (the rear portion) located further behind the hollow portion 3 has a thickness of about 1.5 mm.

また、フェイス部分2の下方領域において、フェイス部分2の後方に形成される中空部3は、約6.0mmの厚さを有する。 Further, in the lower region of the face part 2, a hollow portion 3 formed in the rear face portion 2 has a thickness of about 6.0 mm. また、中空部3のさらに後方に位置する本体部分1は、約10mmの厚さを有する。 The main body portion 1 located further to the rear of the hollow portion 3 has a thickness of about 10 mm.

中空部3には、発泡ポリウレタン樹脂からなる、硬度が約40の弾性体が隙間なく充填されている。 The hollow portion 3, made of foamed polyurethane resin, an elastic body having a hardness of about 40 is filled without gaps. ここで、上記の硬度はJIS K 7312に準拠する規格の硬度計により測定されたものである。 Here, the hardness are those measured by hardness meter standards conforming to JIS K 7312. また、弾性体の比重は約0.35である。 Further, the specific gravity of the elastic body is about 0.35.

弾性体は背面部に設けられた孔から中空部3内にポリウレタン樹脂および発泡剤を注入した後発泡処理することで成形される。 The elastic body is molded by foaming after injecting a polyurethane resin and a blowing agent into the hollow portion 3 through a hole provided on the back portion. ここで、弾性体注入後の背面部の孔は、装飾体5によって閉塞される。 Here, the rear portion of the hole after the elastic body implant is closed by decorative body 5.

なお、弾性体を隙間なく充填すると述べているが、実際に弾性体を充填した際には、弾性体とヘッド本体との境界や弾性体内部において微視的な空洞あるいはある程度の大きさの空洞が存在する場合があるものと考えられる。 Although described with filling without gaps an elastic body, when filled actually elastic body cavity of microscopic cavities or certain size at the border or elastic body portions of the elastic body and the head body but it is believed that there is a case that is present.

以下に、実施例2に係るアイアンゴルフクラブヘッドについて、図4から図6を用いて説明する。 Hereinafter, the iron golf club head according to the second embodiment will be described with reference to FIGS. 4 to 6.

図4は、本実施例に係るアイアンゴルフクラブヘッドの背面図である。 Figure 4 is a rear view of the iron golf club head according to the present embodiment. また、図5は該アイアンゴルフクラブヘッドの側面図(図4中のI−I)であり、図6は断面図(図4中のII−II)である。 Further, FIG. 5 is a side view of the iron golf club head (II in FIG. 4), FIG 6 is a sectional view (II-II in FIG. 4).

本実施例に係るアイアンゴルフクラブヘッドは、実施例1のアイアンゴルフクラブヘッドの変形例であり、図4から図6に示すように、実施例1と同様の本体部分1とフェイス部分2とを有し、本体部分1とフェイス部分2との間に中空部3を有する。 Iron golf club head according to the present embodiment is a modification of the iron golf club head of example 1, as shown in FIGS. 4-6, the same manner as in Example 1 of the body portion 1 and the face part 2 a has a hollow portion 3 between the body portion 1 and the face part 2. また、該ヘッドは、フェイス・ネック一体構造である点も実施例1と同様である。 Further, the head is that it is face-neck integral structure is also the same as the first embodiment. さらに、本体部分1とフェイス部分2とに使用する材質、および中空部3に挿入される弾性体の材質および大きさについても実施例1と同様であるので説明を省略する。 Moreover, the description thereof is omitted because it is similar to that of Example 1 also material, and the material and size of the inserted elastic body the hollow portion 3 to be used for the body portion 1 and the face part 2.

本実施例のアイアンゴルフクラブヘッドにおいては、本体部分1のバック部9の一部に、中空部3に達する孔が設置されている。 In iron golf club head of the present embodiment, a part of the back portion 9 of the body portion 1, the hole reaching the hollow portion 3 is provided.

上記の孔においては、該孔を閉じる閉塞部材として質量体6が取り付けられている。 In the above hole, the mass body 6 is attached as closure member for closing the pores. 質量体6はタングステン合金からなり、圧入により該ヘッド本体に固着される。 Mass 6 is made of tungsten alloy, it is fixed to the head body by a press fit. また、質量体6は美観に優れた装飾体としての機能を有する。 The mass body 6 has a function as an excellent ornamental body aesthetics.

フェイス部分2は約2.5mmの厚さを有し、前方に打球面11を備える。 Face portion 2 has a thickness of about 2.5 mm, provided with a striking surface 11 at the front. フェイス部分2の中央部において、フェイス部分2の後方に形成される中空部3は、約1.5mmの厚さを有する。 In the central portion of the face part 2, a hollow portion 3 formed in the rear face portion 2 has a thickness of about 1.5 mm. また、中空部3のさらに後方に位置する本体部分1(背面部)は、約1.5mmの厚さを有する。 The main body portion 1 (the rear portion) located further behind the hollow portion 3 has a thickness of about 1.5 mm.

また、フェイス部分2の下方領域において、フェイス部分2の後方に形成される中空部3は、約12mmの厚さを有する。 Further, in the lower region of the face part 2, a hollow portion 3 formed in the rear face portion 2 has a thickness of about 12 mm. また、中空部3のさらに後方に位置する本体部分1は、約7.0mmの厚さを有する。 The main body portion 1 located further to the rear of the hollow portion 3 has a thickness of about 7.0 mm.

中空部3には、実施例1と同様の弾性体が隙間なく充填されている。 The hollow portion 3, similar to the elastic member of Example 1 is filled without gaps. 弾性体はバック部9に設けられた質量体6を挿入する孔から中空部3内にポリウレタン樹脂および発泡剤を注入した後発泡処理することで成形される。 The elastic body is molded by foaming after injecting a polyurethane resin and a blowing agent from the holes for inserting the body mass 6 provided in the back portion 9 in the hollow portion 3.

なお、弾性体を隙間なく充填すると述べているが、実際に弾性体を充填した際には、弾性体とヘッド本体との境界や弾性体内部において微視的な空洞あるいはある程度の大きさの空洞が存在する場合があるものと考えられる。 Although described with filling without gaps an elastic body, when filled actually elastic body cavity of microscopic cavities or certain size at the border or elastic body portions of the elastic body and the head body but it is believed that there is a case that is present.

以下に、実施例3に係るアイアンゴルフクラブヘッドについて、図7から図9を用いて説明する。 Hereinafter, the iron golf club head according to the third embodiment will be described with reference to FIGS. 7-9.

図7は、本実施例に係るアイアンゴルフクラブヘッドの背面図である。 Figure 7 is a rear view of the iron golf club head according to the present embodiment. また、図8は該アイアンゴルフクラブヘッドの側面図(図7中のI−I)であり、図9は断面図(図7中のII−II)である。 Further, FIG. 8 is a side view of the iron golf club head (II in FIG. 7), FIG. 9 is a sectional view (II-II in FIG. 7).

本実施例に係るアイアンゴルフクラブヘッドは、実施例1および実施例2のアイアンゴルフクラブヘッドの変形例であり、図7から図9に示すように、シャフトに連結されるネック部12と、打球面11を有するフェイス部分2と、バック部9およびソール部10を含む本体部分1とが一体に形成される構造(フェイス・ネック・本体一体構造)を有する。 Iron golf club head according to the present embodiment is a modification of the iron golf club head of Example 1 and Example 2, as shown in FIGS. 7-9, a neck portion 12 connected to the shaft, hitting having a face portion 2 having a surface 11, the structure in which the body portion 1 including a back portion 9 and the sole portion 10 is formed integrally (Faith neck body integral structure).

フェイス部分2の後方には、カバー部材としての装飾体7が取り付けられている。 Behind the face portion 2, decorative body 7 as a cover member is attached. フェイス部分2と本体部分1および装飾体7との間には、キャビティ3aを含む中空部3が形成されている。 Between the face portion 2 and the body portion 1 and the decorative body 7, the hollow portion 3 is formed containing a cavity 3a. ここで、装飾体7としては、カーボン繊維強化樹脂が用いられる。 Here, as the decorative body 7, carbon fiber reinforced resin. 装飾体7は熱成形によってヘッド本体に固着される。 Decorative body 7 is fixed to the head body by thermoforming.

ここで、本体部分1やフェイス部分2に用いる材質、および中空部3に挿入される弾性体の材質および大きさは実施例1および実施例2と同様であるので説明を省略する。 Here, a description is omitted material and size of the elastic body to be inserted material, and a hollow portion 3 used in the body portion 1 and the face part 2 is the same as in Example 1 and Example 2.

フェイス部分2は約2.5mmの厚さを有し、前方に打球面11を備える。 Face portion 2 has a thickness of about 2.5 mm, provided with a striking surface 11 at the front. フェイス部分2の中央部において、フェイス部分2の後方に形成される中空部3は、約1.5mmの厚さを有する。 In the central portion of the face part 2, a hollow portion 3 formed in the rear face portion 2 has a thickness of about 1.5 mm. また、中空部3のさらに後方に位置する装飾体7は、約1.5mmの厚さを有する。 Further, the decorative body 7 located further to the rear of the hollow portion 3 has a thickness of about 1.5 mm.

また、フェイス部分2の下方領域において、フェイス部分2の後方に形成されるキャビティ3aは、約6.0mmの厚さを有する。 Further, in the lower region of the face portion 2, a cavity 3a which is formed in the rear face portion 2 has a thickness of about 6.0 mm. また、キャビティ3aのさらに後方に位置する本体部分1は、約10mmの厚さを有する。 The main body portion 1 which is located further rearward of the cavity 3a has a thickness of about 10 mm.

中空部3には、実施例1および実施例2と同様の弾性体が隙間なく充填されている。 The hollow portion 3, the elastic member as in Example 1 and Example 2 are filled without gaps. 弾性体は、装飾体7をヘッド本体に固着した後、該装飾体7に設けられた孔から中空部3にポリウレタン樹脂および発泡剤を注入した後発泡処理することで成形される。 Elastic body, after fixing the decorative body 7 to the head body, is formed by foaming after injecting a polyurethane resin and a blowing agent into the hollow portion 3 through a hole provided in the decorative body 7. ここで、中空部3にポリウレタン樹脂および発泡剤を注入した後、装飾体7をヘッド本体に固着してもよい。 Here, after injecting a polyurethane resin and a blowing agent into the hollow portion 3, a decorative body 7 may be fixed to the head body. 以上の注入工程に関する詳細については、後述する実施例5において説明する。 For more information on more injection steps will be described in Example 5 to be described later.

なお、弾性体を隙間なく充填すると述べているが、実際に弾性体を充填した際には、弾性体とヘッド本体との境界や弾性体内部において微視的な空洞あるいはある程度の大きさの空洞が存在する場合があるものと考えられる。 Although described with filling without gaps an elastic body, when filled actually elastic body cavity of microscopic cavities or certain size at the border or elastic body portions of the elastic body and the head body but it is believed that there is a case that is present.

以下に、実施例4に係るアイアンゴルフクラブヘッドについて、図10および図11を用いて説明する。 Hereinafter, the iron golf club head according to the fourth embodiment will be described with reference to FIGS. 10 and 11.

図10および図11は、本実施例に係るアイアンゴルフクラブヘッドの断面図である。 10 and FIG. 11 is a cross-sectional view of an iron golf club head according to the present embodiment.

本実施例に係るアイアンゴルフクラブヘッドは、実施例1および実施例2のアイアンゴルフクラブヘッドの変形例であり、図10および図11に示すように、シャフトに連結されるネック部12とバック部9およびソール部10を含む本体部分1とが一体に形成された本体部材と、打球面11を有するフェイス部分2とが溶接部4によって接合される構造(ネック・バック一体構造)を有する。 Iron golf club head according to the present embodiment is a modification of the iron golf club head of Example 1 and Example 2, as shown in FIGS. 10 and 11, neck portion 12 and a back portion coupled to the shaft 9 and has a body member and the main body portion 1 is integrally formed including a sole portion 10, the structure and the face portion 2 having a striking face 11 is joined by weld 4 (neck back integral structure). また、本体部分1とフェイス部分2との間には、中空部3が形成されている。 Between the body portion 1 and the face part 2, a hollow portion 3 is formed.

図10は、実施例1に係るアイアンゴルフクラブヘッドの変形例を示し、背面部には、装飾体5が固着されている。 Figure 10 shows a modification of the iron golf club head according to the first embodiment, the rear portion, the decorative body 5 is fixed.

図11は、実施例2に係るアイアンゴルフクラブヘッドの変形例を示し、バック部9に設置された孔を閉じる閉塞部材としての質量体6が取り付けられている。 Figure 11 shows a modification of the iron golf club head according to the second embodiment, the mass 6 as closing member for closing the installation pore back portion 9 is attached.

ここで、本体部分1やフェイス部分2に用いる材質、および中空部3に隙間なく充填される弾性体の材質、大きさ、およびその充填方法は、実施例1および実施例2と同様であるので説明を省略する。 Here, the material of the elastic body to be filled without a gap material used for the body portion 1 and the face part 2, and the hollow portion 3, the size, and its filling method is the same as in Example 1 and Example 2 description thereof will be omitted.

なお、弾性体を隙間なく充填すると述べているが、実際に弾性体を充填した際には、弾性体とヘッド本体との境界や弾性体内部において微視的な空洞あるいはある程度の大きさの空洞が存在する場合があるものと考えられる。 Although described with filling without gaps an elastic body, when filled actually elastic body cavity of microscopic cavities or certain size at the border or elastic body portions of the elastic body and the head body but it is believed that there is a case that is present.

以下に、実施例5に係るアイアンゴルフクラブヘッドについて、図12から図17を用いて説明する。 Hereinafter, the iron golf club head according to the fifth embodiment will be described with reference to FIG. 17. FIG 12.

図12および図13は、本実施例に係るアイアンゴルフクラブヘッドの断面図である。 12 and 13 are cross-sectional views of an iron golf club head according to the present embodiment.

本実施例に係るアイアンゴルフクラブヘッドは、実施例3において述べた、装飾体7を有するフェイス・ネック・本体一体構造のアイアンゴルフクラブヘッドの変形例であり、図12にはフェイス・ネック一体構造が示され、図13にはネック・バック一体構造が示されている。 Iron golf club head according to the present embodiment, the embodiment described in Example 3 is a modification of the iron golf club head face, neck body integral structure having a decorative body 7, face neck integral structure in FIG. 12 is shown, there is shown a neck-back integral structure in FIG.

フェイス部分2の後方には、実施例3と同様に、カバー部材としての装飾体7が取り付けられている。 Behind the face part 2, as in Example 3, the decorative body 7 as a cover member is attached. フェイス部分2と本体部分1および装飾体7との間には、キャビティ3aを含む中空部3が形成されている。 Between the face portion 2 and the body portion 1 and the decorative body 7, the hollow portion 3 is formed containing a cavity 3a.

ここで、本体部分1やフェイス部分2および装飾体7に用いる材質、およびキャビティ3aに隙間なく充填される弾性体の材質、大きさ、およびその充填方法は、実施例3と同様であるので説明を省略する。 Here, the material of the elastic body is filled without gaps in the material and the cavity 3a, used for the body portion 1 and the face part 2 and the decorative body 7, the size, and because the filling method is the same as in Example 3 described omitted.

図14から図17は、本実施例に係るアイアンゴルフクラブヘッドおよびその変形例において、弾性体を充填する工程を示した図であり、(a)は弾性体注入時の状態を示し、(b)は弾性体硬化後の状態を示す。 FIGS. 14 to 17, in an iron golf club head and its modifications of the present embodiment, a view showing the step of filling an elastic body, (a) shows the state at the time of the elastic body injection, (b ) shows the state after the elastic body cure.

図14には、フェイス・ネック一体構造が示されている。 FIG. 14 is shown face-neck integral structure. ここで、弾性体を充填する際は、図14(a)に示すようにフェイス部分2が水平となるように設置し、弾性体を注入する。 Here, when filling the elastic body is a face part 2, as shown in FIG. 14 (a) was placed so that the horizontal, injecting the elastic body. ここで、装飾体7を装着する前に弾性体を注入してもよいし、既に装着された装飾体7に開孔を設けて弾性体を注入してもよい。 Here, it may be injected elastic body prior to mounting the ornamental body 7, it may be injected elastic decorative body 7 already attached by providing an opening. その後、弾性体を硬化させることで、図14(b)に示すように、図12と同様の構造を有するアイアンゴルフクラブヘッドを得ることができる。 Thereafter, by curing the elastic body, as shown in FIG. 14 (b), it is possible to obtain the iron golf club head having the same structure as shown in FIG. 12.

図14の変形例としては、図15から図17に示すように、ネック・バック一体構造(図16,図17)や装飾体7が取り付けられていない構造(図15,図17)が考えられる。 The modification of FIG. 14, as shown in FIGS. 15 to 17, the neck back integral structure (16, 17) is or decorations 7 is not attached structure (15, 17) considered . ここで、ネック・バック一体構造においても、弾性体の充填方法はフェイス・ネック一体構造の場合と同様である。 Here, also in the neck-back integral structure, filling method of the elastic body are the same as in the case of face-neck integral structure.

なお、弾性体を隙間なく充填すると述べているが、実際に弾性体を充填した際には、弾性体とヘッド本体との境界や弾性体内部において微視的な空洞あるいはある程度の大きさの空洞が存在する場合があるものと考えられる。 Although described with filling without gaps an elastic body, when filled actually elastic body cavity of microscopic cavities or certain size at the border or elastic body portions of the elastic body and the head body but it is believed that there is a case that is present.

以下に、本発明の実施例1から実施例5に係るアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法における弾性体の充填方法の変形例について、図18および図19を用いて説明する。 Hereinafter, a modified example of a filling method of the elastic body in the manufacturing method of the iron golf club head according to the first to fifth embodiments of the present invention will be described with reference to FIGS. 18 and 19.

図18は、フェイス部分2の後方にキャビティ3aが形成される場合(実施例3および実施例5)の変形例を示し、図19は、本体部分1とフェイス部分2との間に中空部3が形成される場合(実施例1、実施例2および実施例4)の変形例を示す。 18, when the cavity 3a is formed in the rear face portion 2 shows a modification of the (Example 3 and Example 5), FIG. 19, the hollow portion 3 between the body portion 1 and the face part 2 shows a modified embodiment of (example 1, example 2 and example 4) There is formed.

図18に示す製造方法は、バック部9およびソール部10を含む本体部分1と、フェイス部分2とを接合して、フェイス部分2の後方にキャビティ3aを有するヘッド本体8を作製する工程と、キャビティ3aを含む中空部3に弾性体3cを挿入する工程と、弾性体3cを押圧変形させながらヘッド本体にカバー部材としての装飾体7を取り付ける工程とを備える。 The manufacturing method shown in FIG. 18, a process of forming a body portion 1 including a back portion 9 and a sole portion 10, by joining a face portion 2, the head main body 8 having a cavity 3a to the rear of the face part 2, and a step of inserting an elastic body 3c in the hollow portion 3 including a cavity 3a, and the step of attaching the decorative body 7 of an elastic body 3c as a cover member to the head body while pressed and deformed.

また、図19に示す製造方法は、中空部3に相当する凹部3bを有し、バック部9およびソール部10を含む本体部分1を作製する工程と、凹部3bに弾性体3cを挿入する工程と、弾性体3cを押圧変形させながら本体部分1にフェイス部分2を接合する工程とを備える。 The manufacturing method shown in FIG. 19 has a recess 3b corresponding to the hollow portion 3, a process of forming a body portion 1 including a back portion 9 and a sole portion 10, the step of inserting the elastic body 3c in the recess 3b When, and a step of bonding the face portion 2 of the elastic member 3c to the body portion 1 while pressed and deformed.

上記の工程の実施により、上述した実施例1から実施例5と同様のアイアンゴルフクラブヘッドを得ることができる。 The implementation of the above process, it is possible to obtain the same iron golf club head as in Example 5 from Example 1 described above.

なお、この場合においても、実際に弾性体を充填した際には、弾性体とヘッド本体との境界や弾性体内部において微視的な空洞あるいはある程度の大きさの空洞が存在する場合があるものと考えられる。 Also in this case, actually when filled with elastic bodies, which in some cases cavities of microscopic cavities or certain size at the border or elastic body portions of the elastic body and the head body there it is conceivable that.

以下に、実施例1から実施例5に係るアイアンゴルフクラブヘッドおよびその製造方法の効果について説明する。 The following describes the effect of an iron golf club head and a manufacturing method thereof according to the first to fifth embodiments.

フェイスネック一体構造の中空部が形成されたアイアンゴルフクラブヘッド(材質はSUS630)の中空部全域に軟質の弾性体を充填したもの(サンプル1:実施例1および実施例2のタイプに対応)と、ネックバック一体構造のキャビティ構造(フェイス部の材質は6Al−4Ti、フェイス部以外の材質はSUS630)のキャビティ凹部の全域に軟質の弾性体を充填したもの(サンプル2:実施例3のタイプに対応)と、サンプル2の背面部をCFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastics)で覆うことで中空部を形成し、該中空部に弾性体を充填したもの(サンプル3:実施例3のタイプに対応)とを用いて、従来のアイアンゴルフクラブヘッドとの打球音および打球感に関する比較試験を行なった Face neck thing (the material SUS630) iron golf club head hollow portion is formed integral structure filled with elastic material soft to the hollow portion throughout the: and (Sample 1 corresponds to the type of Example 1 and Example 2) neck back cavity structure monolithic (material of the face portion 6Al-4Ti, material other than the face portion is SUS630) which was filled with the soft elastic body of the entire cavities of (sample 2: the type of example 3 the corresponding), the back portion of the sample 2 to form a hollow portion by covering with CFRP (Carbon Fiber Reinforced Plastics), which was filled with the elastic member to the hollow portion (sample 3: the corresponding to the type of example 3) It was used to perform a comparative study on the impact sound and feel at impact of a conventional iron golf club head 比較対象である従来のアイアンゴルフクラブヘッドとしては、フェイスネック一体構造(材質はSUS630)であって中空部が形成されたもの(比較例1:ミズノ(株)製 E−10)と、ネックバック一体構造(フェイス部の材質はTi−15V−6Cr−4Al、フェイス部以外の材質はTi−6Al−4V)であって中空部が形成されたもの(比較例2:ミズノ(株)製 R−10)と、ネックバック一体構造のキャビティ構造(フェイス部の材質は6Al−4Ti、フェイス部以外の材質はSUS630)のもの(比較例3:ミズノ(株)製 INTAGE)と、比較例3の構造に対してキャビティ構造のポケット部(フェイス部背面下部の凹部)に軟質の弾性体であるエラストマーを挿入したもの(比較例4:ブリジストンスポーツ The conventional iron golf club head to be compared, which hollow portion is formed by a face-neck integral structure (made of SUS630) (Comparative Example 1: Mizuno Corp. E-10) and a neck back integral structure (the material of the face portion is Ti-15V-6Cr-4Al, the material other than the face portion Ti-6Al-4V) which hollow section a is formed (Comparative example 2: Mizuno Corp. R- 10) (those (Comparative example of the face portion of the material is 6Al-4Ti, the material other than the face portion SUS630) 3: Mizuno Corporation cavity structure of the neck back piece structure made of INTAGE) of Comparative example 3 structure that inserts the elastomer is an elastic body of soft pocket portion of the cavity structure (recess of the back bottom face portion) with respect to (Comparative example 4: Bridgestone Sports 株)製 TOURSTAGE V301)とを用いた。 Co., Ltd.) TOURSTAGE V301) and was used.

評価対象としての打球音は、高音の金属音がせず、低音で打球音が小さめのものを高得点とした。 Hitting sound as an evaluation target, without the high-pitched metallic sound, hitting sound in the bass was a high-scoring ones smaller. また、同じく打球感に関しては、軟らかい感触が得られるものを高得点とした。 In addition, with respect to the same shot feel, was a high-scoring ones that soft feeling is obtained.

上述したアイアンゴルフクラブヘッドに全て同一のシャフト(材質はカーボン)およびグリップを取り付けて実験を行なった。 All the same shaft in an iron golf club head described above (made of carbon) experiments were conducted by attaching a and grip. なお、サンプル1からサンプル3および比較例1から比較例4とも、番手はすべて5番アイアンヘッドを用い、ボールはブリジストンスポーツ(株)製のNEWINGを用いた。 Incidentally, 4 both Comparative Example samples 1 from the sample 3 and Comparative Example 1, count uses all fifth iron head, the ball was used NEWING made Bridgestone Sports Co.. 4人のテストゴルファーがそれぞれのヘッドを有するアイアンゴルフクラブで試打を行ない、打球音および打球感について5点満点で評価した。 4 people test a golfer performs the test hitting an iron golf club having a respective head, it was evaluated by the 5-point scale for hitting sound and feel at impact. この結果を表1に示す。 The results are shown in Table 1.

表1に示すように、サンプル1からサンプル3ともに、従来の構造のアイアンゴルフクラブヘッドである比較例1から比較例4よりも高い評価を得た。 As shown in Table 1, from Sample 1 Sample 3 were both from Comparative Example 1 is an iron golf club head having a conventional structure to obtain a higher evaluation than Comparative Example 4. これにより、実施例1から実施例5のアイアンゴルフクラブヘッドにおいては、従来よりも優れた打球音および打球感を得られることが分かる。 Thus, in the iron golf club head of the first to fifth embodiments, it can be seen that to obtain a good hitting sound and shot feel than conventional.

次に、本発明の実施例6に係るアイアンゴルフクラブヘッドおよびその製造方法について、図20を用いて説明する。 Next, the iron golf club head and a manufacturing method thereof according to Embodiment 6 of the present invention will be described with reference to FIG. 20.

本実施例6では、アイアンゴルフクラブヘッドは、単一部材で構成されるステンレス鋼製のヘッド本体8を備える。 In Example 6, iron golf club head comprises a head main body 8 made of composed of stainless steel of a single member. 該ヘッド本体8は、打球面11を有するフェイス部分2と、フェイス部分2よりも後方側に位置するバック部9と、ソール部10と、バック部9とフェイス部分2との間に中空部3と、中空部3内に第1と第2弾性体13,14と、カバー部材15と、バック部9にカバー載置部16とを有する。 The head body 8 includes a face portion 2 having a striking face 11, a back portion 9 than the face portion 2 located on the rear side, a sole portion 10, the hollow portion 3 between the back portion 9 and the face part 2 with the, the first and second elastic members 13, 14 into the hollow portion 3, a cover member 15, a cover mounting portion 16 to the back portion 9.

第1弾性体13は、たとえば1.5mmの厚みの軟質のポリウレタンシートで構成され、フェイス部分2の背面全面に沿って延在する。 The first elastic member 13, for example, a polyurethane sheet of soft 1.5mm thick, extending along the back entire surface of the face portion 2. 該第1弾性体13の硬度(JIS K 7312に準拠する規格の硬度計により測定された硬度)は10であり、第1弾性体13の比重は約0.3である。 The hardness of the first elastic body 13 (hardness measured by hardness meter standards conforming to JIS K 7312) is 10, the specific gravity of the first elastic body 13 is about 0.3. 第2弾性体14は、3mm〜8mm程度の厚みの発砲ポリウレタンで構成され、第1弾性体13よりもバック部9側に配置される。 The second elastic member 14 is composed of a foamed polyurethane having a thickness of about 3 mm to 8 mm, it is arranged in the back portion 9 side of the first elastic body 13. 該第2弾性体13の硬度(JIS K 7312に準拠する規格の硬度計により測定された硬度)は60であり、第2弾性体13の比重は約0.35である。 Hardness of the second elastic body 13 (hardness measured by hardness meter standards conforming to JIS K 7312) is 60, the specific gravity of the second elastic member 13 is about 0.35.

カバー部材15は、カーボン繊維強化樹脂製であり、バック部9に設けられたヘッド本体8の開口部を閉じるようにバック部9に取付けられる。 The cover member 15 is made of carbon fiber reinforced resin, it is attached to the back portion 9 so as to close the opening of the head body 8 provided on the back portion 9. 該カバー部材15は、中央部に凹部を有しており、該中央部が第2弾性体14に押し込まれている。 The cover member 15 has a recess in the central portion, the central portion is pushed into the second elastic body 14. 本実施例6ではカバー部材15は第2弾性体14と接しており、このカバー部材15により第2弾性体14は押圧変形されている。 The cover member 15 in this embodiment 6 is in contact with the second elastic body 14, the cover member 15 and the second elastic body 14 is pressed and deformed. カバー載置部16は、バック部9の開口部を規定するとともにカバー部材15の周縁を支持する。 Cover mounting portion 16 supports the peripheral edge of the cover member 15 as well as defining the opening of the back portion 9.

次に、実施例6に係るアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法について説明する。 Next, a method for manufacturing the iron golf club head according to the sixth embodiment.

まず、鋳造などにより上記のような構造のヘッド本体8を作製する。 First, due to casting to produce a head body 8 of the structure as described above. そして、該ヘッド本体8の中空部3内に上記の第1弾性体13を挿入する。 Then, inserting the first elastic body 13 in the inside hollow portion 3 of the head body 8.

次に、バック部9の開口部から中空部3における残余の空間部に発砲ポリウレタンの樹脂を注入し、該空間部を蓋で密閉する。 Then, resin is injected in the polyurethane foam from the opening of the back part 9 in the space portion of the remainder of the hollow portion 3, to seal the space portion in the lid. それにより、中空部3内で樹脂を発砲させることができ、中空部3における第1弾性体13の後方側の空間部に発砲ポリウレタンで構成される第2弾性体14を実質的に隙間なく充填することができる。 Thereby, it is possible to fire the resin in the hollow section 3, substantially no gap filled with the second elastic member 14 composed of foamed polyurethane in a space portion of the rear side of the first elastic member 13 in the hollow portion 3 can do.

その後、第2弾性体14と接するようにバック部9のカバー載置部16上に、カーボン繊維強化樹脂製のプリプレグシート(カバー材料)を配置し、フェイス部分2とバック部9とから熱と圧力とを付与する。 Then, on the cover mounting portion 16 of the back portion 9 in contact with the second elastic body 14, arranged carbon fiber reinforced resin prepreg sheet (cover material), and the heat from the face part 2 and the back part 9 Metropolitan to grant and pressure. より詳しくは、所定形状の型でプリプレグシート(カバー材料)を押圧しなから熱をかける。 More specifically, to apply heat from the pressing Shinano prepreg sheets (cover material) in the form of a predetermined shape. それにより、プリプレグシート(カバー材料)を所望の形状に変形させるとともに第2弾性体14をも変形させ、さらにはプリプレグシート(カバー材料)をヘッド本体8および/または第2弾性体14に固着することができる。 Thus, the prepreg sheets (cover material) is also to deform the second elastic member 14 causes deformation into the desired shape, further securing the prepreg sheet (cover material) to the head body 8 and / or the second elastic member 14 be able to. その結果、所望形状のカバー部材15を成形できるとともに、より緻密に第1と第2弾性体13,14を中空部3内に充填することができる。 As a result, it is possible to fill with it forming the cover member 15 of a desired shape, the first and second elastic members 13, 14 into the hollow portion 3 more dense.

次に、図21を用いて、本発明の実施例7に係るアイアンゴルフクラブヘッドおよびその製造方法について説明する。 Next, with reference to FIG. 21, a description will be given iron golf club head and a manufacturing method thereof according to Embodiment 7 of the present invention.

本実施例7では、上記の実施例6の思想をキャビティバックアイアンに適用している。 In Embodiment 7, by applying the concept of Example 6 above the cavity back iron. 図21に示すように、本実施例7に係るアイアンゴルフクラブヘッドは、キャビティ(凹部)3a内からフェイス部分2の背面全面に沿って第1弾性体13を設置し、該第1弾性体13の後方に第2弾性体14を配置している。 As shown in FIG. 21, an iron golf club head according to the present embodiment 7, the first elastic member 13 is placed along the cavity (recess) in 3a to the back the entire surface of the face portion 2, first elastic member 13 and a second elastic member 14 is disposed in the rear. そして、該第2弾性体14を覆うようにカバー部材15をヘッド本体8および/または第2弾性体14に固着している。 Then, it is fixed to the cover member 15 to cover the second elastic member 14 to the head body 8 and / or the second elastic member 14.

第1弾性体13はキャビティ3a内において厚みが大きくなっており、第2弾性体14およびカバー部材15は屈曲形状を有している。 The first elastic member 13 is larger in thickness in the cavity 3a, the second elastic body 14 and the cover member 15 has a bent shape. これ以外の構成については、実施例6の場合と基本的に同様である。 Other configurations are basically the same as in Example 6.

本実施例7のアイアンゴルフクラブヘッドを作製するには、まず、鋳造などによりキャビティ3aを除くヘッド本体8と同形状のベース部材を作製する。 To prepare the iron golf club head of the present embodiment 7, First, a base member of the head main body 8 the same shape except for the cavity 3a and the like casting. そして、該ベース部材においてソール部10となる部分の表面に切削加工などを施すことによりキャビティ3aを形成する。 Then, a cavity 3a by cutting or the like be applied to the surface of the portion to be the sole portion 10 in the base member. それにより、図21に示すヘッド本体8を作製することができる。 Thereby, it is possible to produce a head body 8 shown in FIG. 21.

その後、実施例6と同様の手法で、軟質のポリウレタンシートからなる第1弾性体13を挿入し、該第1弾性体13の後方側の空間部に発砲ポリウレタンで構成される第2弾性体14を充填し、第2弾性体14と接するようにカバー部材15を形成する。 Thereafter, in the same manner as in Example 6, to insert the first elastic body 13 made of polyurethane sheet of a soft, first elastic member 13 on the rear side of the space to the second elastic member consists of foamed polyurethane 14 packed with forming the cover member 15 so as to be in contact with the second elastic member 14. 以上の工程を経て図21に示すようなアイアンゴルフクラブヘッドを作製することができる。 It can be manufactured iron golf club head as shown in FIG. 21 through the above steps.

次に、図22〜図24を用いて、本発明の実施例8とその変形例について説明する。 Next, with reference to FIGS. 22 to 24, illustrating an eighth embodiment of the present invention and its modification. 本実施例の思想は、上述の装飾体やカバー部材を有するタイプのゴルフクラブヘッドに適用することができる。 Idea of ​​the present embodiment can be applied to the type of golf club head having a decorative member or a cover member as described above.

図22および図23に示すように、本実施例8では、ゴルフクラブヘッドの背面部17に孔18を形成し、該孔18から弾性体19を露出させている。 As shown in FIGS. 22 and 23, in Example 8, a hole 18 is formed in the rear portion 17 of the golf club head, and to expose the elastic member 19 from the hole 18. このように弾性体19を露出させることにより、孔18を塞ぐ閉塞部材を省略することができ、また該閉塞部材の装着工程をも省略することができる。 By thus expose the elastic member 19, it is possible to omit the closing member for closing the hole 18 and can be also omitted the mounting process of the closing member. さらに、孔18の形状を適切に選択したり、孔18から露出する弾性体19に着色や表面処理を施すことにより、ゴルフクラブヘッドの美観をも向上することができる。 Further, the selection or the shape of holes 18 suitably, by applying a colored or surface treatment to the elastic body 19 which is exposed from the hole 18, can be also improved the appearance of the golf club head. 図24の例では、カバー部材15の背面部に凸部20を設けている。 In the example of FIG. 24, a protrusion 20 provided on the rear surface of the cover member 15. この場合も、凸部20の形状を適切に選択することにより、ゴルフクラブヘッドの美観を向上することができる。 Again, by appropriately selecting the shape of the convex portion 20, it is possible to improve the aesthetic appearance of the golf club head.

本実施例8における背面部17は、ヘッド本体8自体の背面部分で構成してもよく、上述の装飾体やカバー部材で構成してもよい。 Rear portion 17 in this embodiment 8 may be constituted by a back portion of the head body 8 itself may be constituted by a decorative member or a cover member as described above.

なお、図22の例では、背面部17に露出した弾性体19の一部が背面部17の表面とほぼ面一あるいは背面部17の表面から若干隆起しているのに対し、図23の例では、背面部17に露出した弾性体19の表面が背面部17の表面よりも前方側(フェース部側)にある。 Note that while in the example of FIG. 22, a portion of the elastic body 19 which is exposed to the rear portion 17 is raised slightly from the surface of the surface substantially flush or back portion 17 of the rear portion 17, the example of FIG. 23 in the surface of the elastic body 19 which is exposed to the rear portion 17 is located on the front side (face side) than the surface of the rear portion 17.

上記以外の構成については、装飾体やカバー部材を有するタイプの前述の各実施例のゴルフクラブヘッドと基本的に同様である。 The configuration other than the above is basically the same as the golf club head of each embodiment of the aforementioned type having a decorative member or a cover member.

図22のタイプのゴルフクラブヘッドを作製するには、たとえば実施例1の場合と同様にフェイス・ネック一体形のフェイス部材を鍛造などにより作製し、背面部17に孔18を有するヘッド本体を鋳造などにより作製し、該フェイス部材とヘッド本体とを溶接などにより接合し、フェイス部材とヘッド本体との間の中空部に孔18から加熱されて液状化したシリコン(弾性体)を中空部の体積よりも多い量だけ注入し、該シリコンを常温で硬化させて背面部17から突出させ、この突出したシリコンを研磨するなどして背面部17の表面と、露出したシリコンの表面とをほぼ面一にすればよい。 To produce the type of golf club head of FIG. 22, for example produced by such a case and forging a face-neck one-piece face member in the same manner as in Example 1, the casting head body having a hole 18 in the rear portion 17 prepared by like, joined by welding or the like and the face member and the head body, the volume of the hollow portion of the hollow portion is heated from the hole 18 liquefied silicon (elastic body) between the face member and the head body injecting an amount greater than, curing the silicon at room temperature is protruded from the rear portion 17, and the surface of the rear portion 17, such as by grinding the protruding silicon, the exposed silicon surfaces almost flush it may be set to.

図23のタイプのゴルフクラブヘッドを作製するには、上記の場合と同様の工程を経てフェイス部材とヘッド本体とを溶接などにより接合した後、フェイス部材とヘッド本体との間の中空部に孔18から加熱されて液状化したシリコン(弾性体)を注入し、シリコンの硬化前に、孔18内に露出あるいは盛り上がった硬化前のシリコンを拭き取り、背面部17の表面と、露出した硬化前のシリコンの表面とをほぼ面一になるようにすればよい。 To produce a type golf club head of FIG. 23, after joining by welding a face member and the head body through the above-described case the same process, the hole in the hollow portion between the face member and the head body 18 is heated by injecting liquefied silicon (elastic body), prior to curing of the silicone, wiping the silicon before exposure or raised cured in the hole 18, and the surface of the rear portion 17, exposed before curing was the silicon surface may be such that substantially flush. それにより、シリコンの硬化時の熱収縮により孔18内のシリコン表面をフェース部側に後退させることができ、背面部17に凹状に弾性体19を露出させることができる。 Thereby, it is possible to retract the thermal shrinkage during curing of the silicon of the silicon surface within the bore 18 to the face side, it is possible to expose the elastic body 19 in a concave shape in the rear portion 17.

図24のタイプのゴルフクラブヘッドを作製するには、たとえば実施例6の場合と同様の工程を経てバック部にカーボン繊維強化樹脂製のプリプレグシートを配置し、表面に凸部20に対応する凹部を設けた型でプリプレグシートを押圧しなから熱をかければよい。 To produce a type golf club head of FIG. 24, for example a prepreg sheet made of carbon fiber reinforced resin and disposed on the back portion through the same steps as in Example 6, corresponding to the convex portion 20 on the surface recess the prepreg sheets may be multiplied by the heat from the pressing Shinano the type provided with. それにより、プリプレグシートを所望の形状に変形させるとともに表面に凸部20を形成し、かつ内部の弾性体をも変形させ、さらにはプリプレグシートをヘッド本体および/または内部の弾性体に固着することができ、図24に示すカバー部材15を有するゴルフクラブヘッドを作製することができる。 Thereby, it prepreg sheets to form the projections 20 on the surface causes deformation into the desired shape, and also to deform the internal elastic body, further securing the prepreg sheet to the head body and / or the interior of the elastic member can be, it can be produced a golf club head having a cover member 15 shown in FIG. 24.

以上のように本発明の実施の形態および実施例について説明を行なったが、各実施の形態および実施例の構成を互いに組み合わせることも当初から予定している。 Above as has been carried out described embodiments and examples of the present invention is also originally intended to combine the configuration of the embodiments and examples to each other. また、今回開示した実施の形態および実施例は全ての点で例示であって制限的なものではないと考えられるべきである。 Moreover, embodiments and examples disclosed this time are to be considered and not restrictive in all respects as illustrative. 本発明の範囲は特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の意味および範囲内での全ての変更が含まれる。 The scope of the invention is defined by the appended claims include all modifications within the meaning and range of equivalency of the claims.

本発明は、アイアンゴルフクラブヘッドおよびその製造方法に有効に利用され得る。 The present invention can be effectively utilized in the iron golf club head and a manufacturing method thereof.

本発明の実施例1に係るアイアンゴルフクラブヘッドの背面図である。 It is a rear view of the iron golf club head according to the first embodiment of the present invention. 本発明の実施例1に係るアイアンゴルフクラブヘッドの側面図(図1中のI−I)である。 It is a side view of the iron golf club head according to the first embodiment of the present invention (I-I in Figure 1). 本発明の実施例1に係るアイアンゴルフクラブヘッドの断面図(図1中のII−II)である。 It is a cross-sectional view of an iron golf club head according to the first embodiment of the present invention (II-II in FIG. 1). 本発明の実施例2に係るアイアンゴルフクラブヘッドの背面図である。 It is a rear view of the iron golf club head according to a second embodiment of the present invention. 本発明の実施例2に係るアイアンゴルフクラブヘッドの側面図(図4中のI−I)である。 It is a side view of the iron golf club head according to a second embodiment of the present invention (I-I in FIG. 4). 本発明の実施例2に係るアイアンゴルフクラブヘッドの断面図(図4中のII−II)である。 It is a cross-sectional view of an iron golf club head according to a second embodiment of the present invention (II-II in FIG. 4). 本発明の実施例3に係るアイアンゴルフクラブヘッドの背面図である。 It is a rear view of the iron golf club head according to a third embodiment of the present invention. 本発明の実施例3に係るアイアンゴルフクラブヘッドの側面図(図7中のI−I)である。 It is a side view of the iron golf club head according to a third embodiment of the present invention (I-I in Figure 7). 本発明の実施例3に係るアイアンゴルフクラブヘッドの断面図(図7中のII−II)である。 It is a cross-sectional view of an iron golf club head according to a third embodiment of the present invention (II-II in FIG. 7). 本発明の実施例4に係るアイアンゴルフクラブヘッドの断面図である。 It is a cross-sectional view of an iron golf club head according to a fourth embodiment of the present invention. 本発明の実施例4に係るアイアンゴルフクラブヘッドの変形例の断面図である。 It is a cross-sectional view of a modification of the iron golf club head according to a fourth embodiment of the present invention. 本発明の実施例5に係るアイアンゴルフクラブヘッドの断面図である。 It is a cross-sectional view of an iron golf club head according to a fifth embodiment of the present invention. 本発明の実施例5に係るアイアンゴルフクラブヘッドの変形例の断面図である。 It is a cross-sectional view of a modification of the iron golf club head according to a fifth embodiment of the present invention. 本発明の実施例5に係るアイアンゴルフクラブヘッドにおける弾性体の充填方法を示した図であり、(a)は弾性体注入時の状態を示し、(b)は弾性体硬化後の状態を示す。 Is a diagram illustrating the filling method of the elastic body in the iron golf club head according to a fifth embodiment of the invention, (a) shows a state when the elastic body injection, indicating the (b) the state after the elastic hardening . 本発明の実施例5に係るアイアンゴルフクラブヘッドの変形例における弾性体の充填方法を示した図であり、(a)は弾性体注入時の状態を示し、(b)は弾性体硬化後の状態を示す。 Is a diagram illustrating the filling method of the elastic body in a modification of the iron golf club head according to a fifth embodiment of the invention, (a) shows a state when the elastic body injection, (b) the post-elastic cured It shows the state. 本発明の実施例5に係るアイアンゴルフクラブヘッドのさらに他の変形例における弾性体の充填方法を示した図であり、(a)は弾性体注入時の状態を示し、(b)は弾性体硬化後の状態を示す。 A further diagram illustrating the filling method of the elastic body according to another modification of the iron golf club head according to a fifth embodiment of the invention, (a) shows a state when the elastic body injection, (b) the elastic body It shows the state after the curing. 本発明の実施例5に係るアイアンゴルフクラブヘッドのさらに他の変形例における弾性体の充填方法を示した図であり、(a)は弾性体注入時の状態を示し、(b)は弾性体硬化後の状態を示す。 A further diagram illustrating the filling method of the elastic body according to another modification of the iron golf club head according to a fifth embodiment of the invention, (a) shows a state when the elastic body injection, (b) the elastic body It shows the state after the curing. 本発明の実施例1から実施例5に係るアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法を説明する図である。 It is a diagram for explaining a manufacturing method of an iron golf club head according to the first to fifth embodiments of the present invention. 本発明の実施例1から実施例5に係るアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法の変形例を説明する図である。 It is a diagram illustrating a modification of the method of manufacturing the iron golf club head according to the first to fifth embodiments of the present invention. 本発明の実施例6に係るアイアンゴルフクラブヘッドの断面図である。 It is a cross-sectional view of an iron golf club head according to a sixth embodiment of the present invention. 本発明の実施例7に係るアイアンゴルフクラブヘッドの断面図である。 It is a cross-sectional view of an iron golf club head according to a seventh embodiment of the present invention. 本発明の実施例8に係るアイアンゴルフクラブヘッドの斜視図である。 It is a perspective view of an iron golf club head according to an eighth embodiment of the present invention. 本発明の実施例8の変形例に係るアイアンゴルフクラブヘッドの斜視図である。 It is a perspective view of an iron golf club head according to a modification of the eighth embodiment of the present invention. 本発明の実施例8の他の変形例に係るアイアンゴルフクラブヘッドの斜視図である。 It is a perspective view of an iron golf club head according to another modification of the eighth embodiment of the present invention.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 本体部分、2 フェイス部分、3 中空部、3a キャビティ、3b 凹部、3c,19 弾性体、4 溶接部、5 装飾体(樹脂タイプ)、6 質量体(金属タイプ)、7 装飾体(カーボン繊維強化樹脂タイプ)、8 ヘッド本体、9 バック部、10 ソール部、11 打球面、12 ネック部、13 第1弾性体、14 第2弾性体、15 カバー部材、16 カバー載置部、17 背面部、18 孔、20 凸部。 1 body portion 2 face portion, 3 a hollow portion, 3a cavity, 3b recess, 3c, 19 elastic body 4 welds, 5 decorative body (resin type), 6 mass (metal type), 7 decorative body (carbon fiber reinforced resin type), 8 head body, 9 back portion, 10 a sole portion, 11 striking face, 12 a neck, 13 first elastic member 14 second elastic member, 15 cover member, 16 a cover mounting portion, 17 rear portion , 18 holes, 20 protrusions.

Claims (18)

  1. 打球面(11)を有するフェイス部分(2)とシャフトに連結されるネック部(12)とが一体になっているフェイス部材と、 A face member having a neck portion connected with the shaft face portion (2) having a striking surface (11) (12) and are integral,
    バック部(9)およびソール部(10)を含む本体部分(1)とが接合されて一体化されるアイアンゴルフクラブヘッドにおいて、 In the back part (9) and a body portion (1) and is iron golf club head which is integrally joined, including sole portion (10),
    前記本体部分(1)と前記フェイス部分(2)との間に形成される中空部(3)に、硬度が30以上70以下である弾性体が充填されたアイアンゴルフクラブヘッド。 The body portion (1) and the hollow portion formed between the face portion (2) to (3), an iron golf club head elastic hardness of 30 or more 70 or less filled.
  2. 打球面(11)を有するフェイス部分(2)と、 Face portion having a striking surface (11) and (2),
    シャフトに連結されるネック部(12)とバック部(9)およびソール部(10)とが一体になっている本体部分(1)とが接合されて一体化されるアイアンゴルフクラブヘッドにおいて、 Neck portion connected to the shaft (12) and the back portion (9) and the sole portion (10) and is in the iron golf club head which is integrally joined and a body portion (1) which are integral,
    前記本体部分(1)と前記フェイス部分(2)との間に形成される中空部(3)に、硬度が30以上70以下である弾性体が充填されたアイアンゴルフクラブヘッド。 The body portion (1) and the hollow portion formed between the face portion (2) to (3), an iron golf club head elastic hardness of 30 or more 70 or less filled.
  3. 前記本体部分(1)は、前記中空部(3)に達する孔を有し、 The body portion (1) has a hole reaching the hollow portion (3),
    該孔を閉じる閉塞部材(6)を取り付けた、請求項1または請求項2に記載のアイアンゴルフクラブヘッド。 The hole was fitted with a closing closure member (6), an iron golf club head according to claim 1 or claim 2.
  4. 打球面(11)を有するフェイス部分(2)とシャフトに連結されるネック部(12)とが一体になっているフェイス部材と、 A face member having a neck portion connected with the shaft face portion (2) having a striking surface (11) (12) and are integral,
    バック部(9)およびソール部(10)を含む本体部分(1)とが接合されて一体化されるアイアンゴルフクラブヘッドにおいて、 In the back part (9) and a body portion (1) and is iron golf club head which is integrally joined, including sole portion (10),
    前記フェイス部分(2)の後方側に凹部(3a)を備え、 With a recess (3a) on the rear side of the face portion (2),
    前記凹部(3a)に、硬度が30以上70以下である弾性体が充填されたアイアンゴルフクラブヘッド。 Wherein the recess (3a), an iron golf club head elastic hardness of 30 or more 70 or less filled.
  5. 打球面(11)を有するフェイス部分(2)と、 Face portion having a striking surface (11) and (2),
    シャフトに連結されるネック部(12)とバック部(9)およびソール部(10)とが一体になっている本体部分(1)とが接合されて一体化されるアイアンゴルフクラブヘッドにおいて、 Neck portion connected to the shaft (12) and the back portion (9) and the sole portion (10) and is in the iron golf club head which is integrally joined and a body portion (1) which are integral,
    前記フェイス部分(2)の後方側に凹部(3a)を備え、 With a recess (3a) on the rear side of the face portion (2),
    前記凹部(3a)に、硬度が30以上70以下である弾性体が充填されたアイアンゴルフクラブヘッド。 Wherein the recess (3a), an iron golf club head elastic hardness of 30 or more 70 or less filled.
  6. 前記弾性体上にカバー部材(7)を取り付けた、請求項4または請求項5に記載のアイアンゴルフクラブヘッド。 Said mounting a cover member (7) to the elastic member, an iron golf club head according to claim 4 or claim 5.
  7. 前記弾性体の比重は、0.3以上1.0以下である、請求項1から請求項6のいずれかに記載のアイアンゴルフクラブヘッド。 Specific gravity of said elastic member is 0.3 to 1.0, iron golf club head according to any one of claims 1 to 6.
  8. 打球面(11)を有するフェイス部分(2)と、 Face portion having a striking surface (11) and (2),
    前記フェイス部分(2)の後方側に位置するバック部(9)と、 Back portion located on the rear side of the face portion (2) and (9),
    前記フェイス部分(2)と前記バック部(9)との間に設置され前記フェイス部分(2)に沿って設けられた第1弾性体(13)と、前記フェイス部分(2)と前記バック部(9)との間であって前記第1弾性体(13)よりも後方に設置された第2弾性体(14)とを含む弾性体と、 The face portion (2) and the back portion (9) and the first elastic member provided along the installed said face portion (2) between (13), said face portion (2) and the back portion an elastic body including the second elastic body (14) disposed rearward of the said first elastic member (13) be between (9),
    を備えた、アイアンゴルフクラブヘッド。 With an iron golf club head.
  9. 前記第1弾性体(13)の硬度を、前記第2弾性体(14)の硬度よりも低くした、請求項8に記載のアイアンゴルフクラブヘッド。 The first elastic member the hardness of (13), was lower than the hardness of the second elastic member (14), an iron golf club head according to claim 8.
  10. 前記第1弾性体(13)の硬度を3以上50以下の範囲内の値から選択し、 Select from a value in the range of 3 to 50. The hardness of the first elastic member (13),
    前記第2弾性体(14)の硬度を30以上70以下の範囲内の値から選択した、請求項9に記載のアイアンゴルフクラブヘッド。 The second elastic body hardness (14) selected from a value in the range of 30 to 70 or less, an iron golf club head according to claim 9.
  11. 前記弾性体の後方にカバー部材(15)をさらに備え、 Further comprising a cover member (15) to the rear of the elastic body,
    前記カバー部材(15)で前記弾性体を前記フェイス部分(2)側に押圧した、請求項8から請求項10のいずれかに記載のアイアンゴルフクラブヘッド。 Said cover member said elastic body (15) and pressed against the face portion (2) side, an iron golf club head according to claim 10 claim 8.
  12. バック部(9)およびソール部(10)を含む本体部分(1)とフェイス部分(2)とを接合して、前記本体部分(1)と前記フェイス部分(2)との間に中空部(3)を有するヘッド本体を作製する工程と、 Hollow portion between the back portion (9) and the sole body portion (1) containing (10) by joining a face portion (2), and said body portion (1) and said face portion (2) ( a step of fabricating the head body having a 3),
    前記本体部分(1)に設置され前記中空部(3)に達する孔から弾性体を注入する工程と、 Implanting an elastic body through a hole disposed reaching the hollow portion (3) to the body portion (1),
    前記弾性体を硬化させる工程とを備えたアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法。 Method of manufacturing an iron golf club head comprising a step of curing the elastic body.
  13. 前記弾性体を発泡させて硬化させる、請求項12に記載のアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法。 Cured by foaming the elastic body, the manufacturing method of the iron golf club head according to claim 12.
  14. 前記ヘッド本体に閉塞部材を取り付ける工程をさらに備えた、請求項12または請求項13に記載のアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法。 It said head body further comprising the step of attaching the closure member, the manufacturing method of the iron golf club head according to claim 12 or claim 13.
  15. バック部(9)およびソール部(10)を含む本体部分(1)と、フェイス部分(2)とを接合して、前記フェイス部分(2)の後方に凹部(3a)を有するヘッド本体(8)を作製する工程と、 Back portion (9) and a body portion (1) comprising a sole portion (10), by joining a face portion (2), the head main body (8 having a recess (3a) behind the face portion (2) ) a step of preparing a,
    前記凹部(3a)に弾性体(3c)を挿入する工程と、 A step of inserting an elastic body (3c) in the recess (3a),
    前記弾性体(3c)を押圧変形させながら前記ヘッド本体(8)にカバー部材(7)を取り付ける工程とを備えたアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法。 It said elastic body (3c) step in the method of manufacturing the iron golf club head with a mounting the cover member (7) to the head main body while pressing deformation (8).
  16. 凹部(3b)を有し、バック部(9)およびソール部(10)を含む本体部分(1)を作製する工程と、 Has a recess (3b), a step of preparing a body portion (1) including a back portion (9) and a sole portion (10),
    前記凹部(3b)に弾性体(3c)を挿入する工程と、 A step of inserting an elastic body (3c) in the recess (3b),
    前記弾性体(3c)を押圧変形させながら前記本体部分(1)にフェイス部分(2)を接合する工程とを備えたアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法。 Method of manufacturing an iron golf club head comprising a step of bonding said elastic member (3c) face portion (2) to the body portion (1) while pressing deformed.
  17. フェイス部分(2)とバック部(9)との間に空間部(3,3a)を有するヘッド本体(8)を作製する工程と、 A step of fabricating the head body (8) having a space portion (3, 3a) between the face portion and (2) a back portion (9),
    前記空間部(3,3a)に第1弾性体(13)を設置する工程と、 A step of installing the first elastic member (13) into the space portion (3, 3a),
    前記空間部(3,3a)内であって前記第1弾性体(13)の後方側に第2弾性体(14)を設置する工程と、 A step of placing the second resilient body (14) on the rear side of the space portion and the A in (3, 3a) first elastic body (13),
    前記第2弾性体(14)を後方から押圧しながらカバー部材(15)を前記ヘッド本体(8)に装着する工程と、 A step of mounting a cover member (15) to said head main body (8) while pressing the second elastic body (14) from behind,
    を備えた、アイアンゴルフクラブヘッドの製造方法。 With a method of manufacturing the iron golf club head.
  18. 前記カバー部材(15)の装着工程は、前記第2弾性体(14)の後方側にカバー材料を設置する工程と、 Mounting step of said cover member (15) includes the step of installing the cover material to the rear side of the second elastic member (14),
    前記カバー材料に熱と圧力とを加えて前記カバー材料を変形させるとともに硬化させることで前記カバー部材(15)を前記ヘッド本体(8)に装着する工程とを含む、請求項17に記載のアイアンゴルフクラブヘッドの製造方法。 And a step of mounting the cover member (15) by curing with deforming the cover material by applying heat and pressure to the cover material to the head main body (8), Iron according to claim 17 method of manufacturing a golf club head.
JP2004094697A 2003-03-31 2004-03-29 Iron golf club head and manufacturing method thereof Pending JP2004313777A (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003093387 2003-03-31
JP2004094697A JP2004313777A (en) 2003-03-31 2004-03-29 Iron golf club head and manufacturing method thereof

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004094697A JP2004313777A (en) 2003-03-31 2004-03-29 Iron golf club head and manufacturing method thereof

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2004313777A true JP2004313777A (en) 2004-11-11

Family

ID=33478583

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004094697A Pending JP2004313777A (en) 2003-03-31 2004-03-29 Iron golf club head and manufacturing method thereof

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2004313777A (en)

Cited By (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006181275A (en) * 2004-12-28 2006-07-13 Endo Mfg Co Ltd Golf club and manufacturing method therefor
JP2008149111A (en) * 2006-09-01 2008-07-03 Acushnet Co Iron golf club with improved mass properties and vibration damping
US7591735B2 (en) 2005-12-05 2009-09-22 Bridgestone Sports Co., Ltd. Golf club head
US7597633B2 (en) 2005-12-05 2009-10-06 Bridgestone Sports Co., Ltd. Golf club head
US7611423B2 (en) 2005-12-05 2009-11-03 Bridgestone Sports Co., Ltd. Golf club head
US7637823B2 (en) 2005-12-05 2009-12-29 Bridgestone Sports Co., Ltd Golf club head
US7686707B2 (en) 2005-12-05 2010-03-30 Bridgestone Sports Co., Ltd. Golf club head
US8126687B2 (en) 2005-12-26 2012-02-28 Bridgestone Sports Co., Ltd. Method of identifying an antinode of a primary vibration mode of a golf club head
JP2012125390A (en) * 2010-12-15 2012-07-05 Bridgestone Sports Co Ltd Wood type golf club head
US20120184390A1 (en) * 2011-01-19 2012-07-19 Bridgestone Sports Co., Ltd. Iron golf club head
US8951144B2 (en) 2006-09-01 2015-02-10 Cobra Golf Incorporated Colorized damping indicators for customized golf club heads
JP2015188615A (en) * 2014-03-28 2015-11-02 美津濃株式会社 golf club head and golf club
KR101659488B1 (en) * 2016-06-24 2016-09-23 안광재 Golf club having decoration
US20160317883A1 (en) * 2014-02-20 2016-11-03 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf club heads and methods to manufacture golf club heads
US20170252616A1 (en) * 2014-05-13 2017-09-07 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf club heads and methods to manufacture golf club heads
US20170368429A1 (en) * 2014-02-20 2017-12-28 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf club heads and methods to manufacture golf club heads
JP2018504194A (en) * 2015-02-19 2018-02-15 パーソンズ エクストリーム ゴルフ,エルエルシーParsons Xtreme Golf,Llc Golf club head and golf club head manufacturing method
US10130851B2 (en) 2015-09-22 2018-11-20 Karsten Manufacturing Corporation Club heads with varying impact responses and related methods
US10232235B2 (en) 2014-02-20 2019-03-19 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf club heads and methods to manufacture golf club heads
US10286267B2 (en) 2014-05-13 2019-05-14 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf club heads and methods to manufacture golf club heads
US10286268B2 (en) 2015-02-19 2019-05-14 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf clubs and methods to manufacture golf clubs
US10449428B2 (en) 2018-02-12 2019-10-22 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf club heads and methods to manufacture golf club heads
US10478684B2 (en) 2014-02-20 2019-11-19 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf club heads and methods to manufacture golf club heads

Cited By (31)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006181275A (en) * 2004-12-28 2006-07-13 Endo Mfg Co Ltd Golf club and manufacturing method therefor
US7591735B2 (en) 2005-12-05 2009-09-22 Bridgestone Sports Co., Ltd. Golf club head
US7597633B2 (en) 2005-12-05 2009-10-06 Bridgestone Sports Co., Ltd. Golf club head
US7611423B2 (en) 2005-12-05 2009-11-03 Bridgestone Sports Co., Ltd. Golf club head
US7637823B2 (en) 2005-12-05 2009-12-29 Bridgestone Sports Co., Ltd Golf club head
US7686707B2 (en) 2005-12-05 2010-03-30 Bridgestone Sports Co., Ltd. Golf club head
US8126687B2 (en) 2005-12-26 2012-02-28 Bridgestone Sports Co., Ltd. Method of identifying an antinode of a primary vibration mode of a golf club head
US7938738B2 (en) 2006-09-01 2011-05-10 Cobra Golf Incorporated Iron golf club with improved mass properties and vibration damping
JP2008149111A (en) * 2006-09-01 2008-07-03 Acushnet Co Iron golf club with improved mass properties and vibration damping
US8152651B2 (en) 2006-09-01 2012-04-10 Cobra Golf Incorporated Iron golf club with improved mass properties and vibration damping
US8951144B2 (en) 2006-09-01 2015-02-10 Cobra Golf Incorporated Colorized damping indicators for customized golf club heads
JP2012125390A (en) * 2010-12-15 2012-07-05 Bridgestone Sports Co Ltd Wood type golf club head
US20120184390A1 (en) * 2011-01-19 2012-07-19 Bridgestone Sports Co., Ltd. Iron golf club head
US8936518B2 (en) * 2011-01-19 2015-01-20 Bridgestone Sports Co., Ltd Iron golf club head
US10232235B2 (en) 2014-02-20 2019-03-19 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf club heads and methods to manufacture golf club heads
US10293229B2 (en) 2014-02-20 2019-05-21 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf club heads and methods to manufacture golf club heads
US20160317883A1 (en) * 2014-02-20 2016-11-03 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf club heads and methods to manufacture golf club heads
US10279233B2 (en) 2014-02-20 2019-05-07 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf club heads and methods to manufacture golf club heads
US20170368429A1 (en) * 2014-02-20 2017-12-28 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf club heads and methods to manufacture golf club heads
US10265590B2 (en) 2014-02-20 2019-04-23 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf club heads and methods to manufacture golf club heads
US10478684B2 (en) 2014-02-20 2019-11-19 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf club heads and methods to manufacture golf club heads
JP2015188615A (en) * 2014-03-28 2015-11-02 美津濃株式会社 golf club head and golf club
US20170252616A1 (en) * 2014-05-13 2017-09-07 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf club heads and methods to manufacture golf club heads
US10286267B2 (en) 2014-05-13 2019-05-14 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf club heads and methods to manufacture golf club heads
US10159876B2 (en) 2014-05-13 2018-12-25 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf club heads and methods to manufacture golf club heads
JP2018504194A (en) * 2015-02-19 2018-02-15 パーソンズ エクストリーム ゴルフ,エルエルシーParsons Xtreme Golf,Llc Golf club head and golf club head manufacturing method
US10286268B2 (en) 2015-02-19 2019-05-14 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf clubs and methods to manufacture golf clubs
US10130851B2 (en) 2015-09-22 2018-11-20 Karsten Manufacturing Corporation Club heads with varying impact responses and related methods
US10471312B2 (en) 2015-09-22 2019-11-12 Karsten Manufacturing Corporation Club heads with varying impact responses and related methods
KR101659488B1 (en) * 2016-06-24 2016-09-23 안광재 Golf club having decoration
US10449428B2 (en) 2018-02-12 2019-10-22 Parsons Xtreme Golf, LLC Golf club heads and methods to manufacture golf club heads

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8172700B2 (en) Golf club head having ribs
US10252122B2 (en) Golf club head having a composite crown
JP4205378B2 (en) Golf club
US7494425B2 (en) Golf club head
US7056228B2 (en) Golf club head providing enhanced acoustics
JP4639749B2 (en) Manufacturing method of golf club head
CA2626815C (en) Golf club head with non-metallic rear body
US4582321A (en) Golf club head
JP2008093010A (en) Iron golf club head
US5816936A (en) Golf club head and method of manufacturing the same
US5993331A (en) Structure of golf club head
JP3120579U (en) Golf club head having highly elastic deformation structure
US6955612B2 (en) Golf club head and manufacturing method therefor
US7591735B2 (en) Golf club head
US9320949B2 (en) Golf club head with flexure
JP3120579U6 (en) Golf club head having highly elastic deformation structure
JP2005342244A (en) Golf club head
JP2005021649A (en) Iron type golf club head
JP4256206B2 (en) Golf club head
US20180221723A1 (en) Golf club head with flexure
US7182698B2 (en) Shock-absorbing golf club head
US8366567B2 (en) Golf club head
JP5270541B2 (en) Golf club and golf club head having fluid filled bladder and / or internal chamber
US7258624B2 (en) Golf club and method for manufacturing the same
US7819757B2 (en) Multi-material golf club head

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070208

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090911

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20091006

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20100309