JP2004287457A - Music teaching system, music teaching method, and recording medium with program to realize the method recorded thereon - Google Patents

Music teaching system, music teaching method, and recording medium with program to realize the method recorded thereon Download PDF

Info

Publication number
JP2004287457A
JP2004287457A JP2004150198A JP2004150198A JP2004287457A JP 2004287457 A JP2004287457 A JP 2004287457A JP 2004150198 A JP2004150198 A JP 2004150198A JP 2004150198 A JP2004150198 A JP 2004150198A JP 2004287457 A JP2004287457 A JP 2004287457A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
practice
data
user
music
performance
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2004150198A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP3767612B2 (en
Inventor
Atsushi Tougi
温 東儀
Masaki Hara
正樹 原
Original Assignee
Yamaha Corp
ヤマハ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP27649696 priority Critical
Priority to JP28872596 priority
Application filed by Yamaha Corp, ヤマハ株式会社 filed Critical Yamaha Corp
Priority to JP2004150198A priority patent/JP3767612B2/en
Publication of JP2004287457A publication Critical patent/JP2004287457A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3767612B2 publication Critical patent/JP3767612B2/en
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To sufficiently exhibit effectiveness of performance training by realizing the performance training in accordance with the will of a user. <P>SOLUTION: A computer unit to which an electronic musical instrument 25 can be connected, is provided with a function that enables the user to select a teaching method. The computer unit enables the user to conduct the performance training of the musical instrument in accordance with the teaching method selected by the user. In the selection of the teaching method, the teaching method consists of various combinations of methods related to a plurality of elements, for example and one of the plurality of patterns representing different combinations of the methods related to the plurality of the elements is selected or the selection is made for the methods related to the plurality of the elements respectively. <P>COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

Description

本発明は、コンピュータ装置を用いて楽器の演奏練習を個人的に行うことができる音楽教習システム、音楽教習方法及び同教習方法を実現するためのコンピュータプログラムを記録した記録媒体に関する。   The present invention relates to a music training system, a music training method, and a recording medium on which a computer program for realizing the music training method can be practiced individually using a computer device.
従来、楽器演奏を練習する場合、学校、その他の機関に通って先生に楽器の演奏を教わったり、個人的なレッスンを受けて楽器演奏を修得するのが通常であった。また、押鍵指示装置、正押鍵判定装置などを内蔵させておき、楽器演奏の修得のために助けとなるようにした電子楽器も知られている。   Conventionally, when practicing musical instrument performance, it has been usual to attend a school or other institution to teach a teacher how to play musical instruments, or to take personal lessons to learn musical instrument performance. There is also known an electronic musical instrument in which a key press instructing device, a direct key press judging device, and the like are incorporated so as to assist in learning musical instrument performance.
しかし、前者の場合には、先生を必要とする他、レッスン時間の拘束を受けるので、簡単に楽器演奏を修得することができない。また、後者の場合には、単に練習曲を正しく演奏したか否かを判定するのみであって簡単な練習内容しか実現できず、練習者に対し練習課題が提示されたり、演奏練習に対する評価及びコメントが与えられたり、繰り返し練習が指示されたり、練習曲の演奏を修得するための特定練習曲が提示されたりするなどのきめ細かな教習が行われないので、練習の効果が充分ではなかった。   However, in the former case, a teacher is required and lesson time is restricted, so that it is not easy to learn musical instrument performance. In the latter case, it is only necessary to judge whether the practice music has been correctly performed or not, and only simple exercise contents can be realized. Detailed training was not performed, such as giving comments, instructing repetitive practice, and presenting a specific practice song to learn the performance of the practice song, so the effect of the practice was not sufficient.
本発明は、上記問題に対処するためになされたもので、その目的は、ユーザが予め用意された複数の教授方法のいずれかをユーザの意志により選択できるようにしたコンピュータ装置を用いた音楽教習システム、及び同教習方法を提供しようとするものである。また、このコンピュータ装置に前記音楽教習方法を実現させるためのプログラムを記録した記録媒体を提供するものである。   SUMMARY OF THE INVENTION The present invention has been made in order to address the above problems, and has as its object to provide a music training using a computer device that allows a user to select one of a plurality of teaching methods prepared in advance by the user's will. It is intended to provide a system and a training method. Another object of the present invention is to provide a recording medium in which a program for realizing the music training method is recorded in the computer device.
上記目的を達成するために、本発明の特徴は、教授方法をユーザに選択させ、ユーザにより選択された教授方法に従ってユーザに楽器の演奏練習を行わせるようにしたことにある。この場合、教授方法の選択においては、例えば、教授方法は複数の要素に関する各方法の組み合わせからなり、前記複数の要素に関する各方法の異なる組み合わせを表す複数のパターンの一つを選択させたり、複数の要素に関する各方法をそれぞれ選択させることにより行われる。この教授方法は実際の楽器演奏の練習における教師の個性に対応し、本発明によれば、ユーザは画一的でなくユーザの意志に応じた演奏練習を実現させることができるので、演奏練習の効果を充分に発揮させることができる。   In order to achieve the above object, a feature of the present invention is to allow a user to select a teaching method, and to allow the user to practice playing a musical instrument according to the teaching method selected by the user. In this case, in selecting the teaching method, for example, the teaching method includes a combination of methods for a plurality of elements, and allows the user to select one of a plurality of patterns representing different combinations of the methods for the plurality of elements, This is performed by selecting each of the methods for the elements of the above. This teaching method corresponds to the personality of the teacher in the practice of playing the actual musical instrument, and according to the present invention, the user can realize the performance practice according to the user's intention rather than uniformity. The effect can be fully exhibited.
また、本発明の他の特徴は、前述した音楽教習方法を実現するためのプログラムを記録した記録媒体にもある。これによれば、市販されている通常のコンピュータ装置を用いて前記音楽教習を行わせるようにすることができる。   Another feature of the present invention is also a recording medium on which a program for realizing the above-described music training method is recorded. According to this, the music training can be performed using a commercially available ordinary computer device.
A.第1実施形態
a.全体構成
本発明の第1実施形態を図面を用いて説明すると、図1はコンピュータ装置を含む音楽教習システムを概略的に示している。
A. First Embodiment a. Overall Configuration The first embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings. FIG. 1 schematically shows a music training system including a computer device.
コンピュータ装置は、バス10に接続されたCPU11、ROM12、RAM13、キーボード14及びディスプレイ15からなるコンピュータ本体部を備えている。キーボード14は、テンキー、文字キーなどの複数の入力操作子及び各入力操作子の操作をそれぞれ検出する複数の操作子スイッチからなり、各操作子スイッチはキーインターフェース14aを介してバス10に接続されている。ディスプレイ15は楽譜、文字などを表示するもので、表示インターフェース15aを介してバス10に接続されている。   The computer device includes a computer main unit including a CPU 11, a ROM 12, a RAM 13, a keyboard 14, and a display 15 connected to a bus 10. The keyboard 14 includes a plurality of input operators such as numeric keys and character keys and a plurality of operator switches for respectively detecting operations of the respective input operators. Each of the operator switches is connected to the bus 10 via a key interface 14a. ing. The display 15 displays musical scores, characters, and the like, and is connected to the bus 10 via a display interface 15a.
このコンピュータ装置は、大容量の内部記憶装置としてのハードディスク16も備えており、同ディスク16はプログラム記憶エリア、ユーザ情報記憶エリアなどを有している。プログラム記憶エリアには、図2,4〜14にフローチャート又は表形式で表したプログラムが記憶される。ユーザ情報記憶エリアには、図15に示すように、このコンピュータ装置を利用するユーザ(演奏練習者)の人数nを表すユーザ人数データ、及び各ユーザに関するユーザ情報i(i=1〜n)が記憶される。ユーザ情報iは、ユーザの名前を表すユーザ名データ、使用時間に応じてユーザに課される料金を表す課金データ、後述するユーザモデルデータ、ユーザが練習中の曲数を表す曲数データ、及び後述する練習曲データ1,2などからなる。   This computer device also includes a hard disk 16 as a large-capacity internal storage device, and the disk 16 has a program storage area, a user information storage area, and the like. The program storage area stores programs represented by flowcharts or tables in FIGS. As shown in FIG. 15, in the user information storage area, user number data indicating the number n of users (playing exercisers) using the computer device and user information i (i = 1 to n) relating to each user are stored. It is memorized. The user information i includes user name data representing the name of the user, billing data representing a fee charged to the user according to the usage time, user model data described later, song number data representing the number of songs the user is practicing, and It is composed of practice music data 1 and 2 to be described later.
ユーザモデルデータは、図16に示すように、読譜力及び演奏技能からなりユーザ(演奏練習者)の総合的な演奏能力を表す演奏能力データ、ユーザの性向を表す個人性向データとからなる。読譜力を表す演奏能力データとしては、単音旋律及び複音旋律における幹音及び派生音の認識の正確さ及び速さの能力を表すデータ、ト音記号、ヘ音記号、ハ音記号などの音部記号及びシャープ、フラットなどの調号の認識の正確さ及び速さの能力を表すデータなどが上げられる。演奏技能を表す演奏能力データとしては、右手及び左手による単音及び和音(複音)の打鍵の指力均等性、敏捷性、伸長性、方向順応性、黒鍵打鍵の正確性などの能力を表すデータ、リズム表現(テンポ維持)及び両手のコンビネーションの能力を表すデータなどが上げられる。なお、これらの演奏能力を表すデータは、満点を100点とした点数で表される。個人性向データは、ユーザの曲の好み、レッスンに関する希望、性格などを表す自由な書式(フォーマット)のデータで構成されている。   As shown in FIG. 16, the user model data includes performance reading data and performance skills, and includes performance ability data indicating the overall performance ability of the user (performance practicer) and personal tendency data indicating the user's tendency. The performance ability data representing the reading ability includes data representing the accuracy and speed of the recognition of stem and derived sounds in monophonic melody and polyphonic melody, and sound parts such as treble clef, f-clef, c-clef. Examples include data representing the accuracy and speed of recognition of symbols and key signatures such as sharp and flat. The performance ability data representing the performance skill includes data such as the finger power uniformity, agility, elongation, directional adaptability, and the accuracy of black key strokes of single and chord (double tone) tapping by right and left hands. And data representing the rhythm expression (tempo maintenance) and the ability of the combination of both hands. It should be noted that the data representing these performance abilities is represented by a score with a perfect score of 100 points. The personal tendency data is composed of data in a free format (format) representing a user's preference for a song, a desire for a lesson, a personality, and the like.
練習曲データ1,2は、図15に示すように、練習中の曲に関するデータであって、曲名データ、練習計画データ、楽譜データ、演奏データ、運指データ及び属性データからなる。なお、ユーザが1曲のみを練習中であれば練習曲データは1曲分のみであり、複数曲を同時に練習中であればその曲数分だけ用意される。図15は、2曲を練習中とした場合を例示している。   As shown in FIG. 15, the practice music data 1 and 2 are data relating to the music being practiced, and include music name data, practice plan data, musical score data, performance data, fingering data, and attribute data. If the user is practicing only one song, the practice song data is only for one song, and if the user is practicing a plurality of songs at the same time, the same number of songs are prepared. FIG. 15 illustrates a case where two songs are being practiced.
曲名データは楽曲名を表すものである。練習計画データは、図17に示すように、練習内容(音階練習、各種テンポの右手、左手、両手演奏練習など)、実施日、成功率、終了認定の有無、予定時間、消費時間など、練習内容の計画及び練習結果を表すデータからなる。楽譜データは、この楽曲に関する五線譜上の各音符、休符などをディスプレイ15に視覚表示するためのイメージデータである。演奏データは、この楽曲の演奏テンポを表すデータ、及び各音符の音高、符長、休符などを表す楽曲の進行に従ったデータからなる。運指データは、この楽曲の各音符を押鍵すべき手及び指を表すデータである。属性データは、図18に示すように、この楽曲を演奏するために必要な読譜力及び演奏技能を表す各要求レベルを表す点数(100点を満点とする)、及びこの楽曲の各練習内容(図17に示す練習内容)を修得するのに必要な標準時間を表すデータからなる。   The song name data indicates a song name. As shown in FIG. 17, the practice plan data includes practice contents (scale practice, right-hand, left-hand, two-handed performance practice at various tempos, etc.), implementation date, success rate, presence / absence of completion certification, scheduled time, consumption time, etc. Consists of data representing the content plan and practice results. The musical score data is image data for visually displaying each note, rest, and the like on the staff notation regarding the music on the display 15. The performance data is composed of data representing the performance tempo of the music and data according to the progress of the music representing the pitch, note length, rest, etc. of each note. The fingering data is data representing a hand and a finger to press each note of the music. As shown in FIG. 18, the attribute data includes scores (representing a perfect score of 100) representing each required level representing the reading skills and performance skills required to play the music, and the contents of each practice of the music ( (Practice content shown in FIG. 17).
バス10には、曲データインターフェース17aを介して非常に大容量のハードディスクで構成された内部データベース17が接続されている。内部データベース17には、多数の楽曲にそれぞれ対応した多数曲分の曲データが記憶されるようになっている。各曲データは、前述した曲名データ、楽譜データ、演奏データ、運指データ及び属性データ(図15参照)からなる。また、同バス10には、公共の電話回線、専用回線に接続される通信インターフェース18も接続されている。この通信インターフェース18は、外部に設けられて多数曲分の曲データを記憶した外部データベース21から前記回線を介して必要な曲データを入力できるようになっている。また、通信インターフェース18は、外部に設けたホストコンピュータ22などと交信可能となっている。   The bus 10 is connected to an internal database 17 composed of a very large-capacity hard disk via a music data interface 17a. The internal database 17 stores music data of a large number of music pieces corresponding to a large number of music pieces, respectively. Each piece of music data includes the above-mentioned music title data, musical score data, performance data, fingering data, and attribute data (see FIG. 15). The bus 10 is also connected to a communication interface 18 connected to a public telephone line and a dedicated line. The communication interface 18 is capable of inputting necessary music data from an external database 21 provided externally and storing music data of a large number of music, via the line. The communication interface 18 can communicate with a host computer 22 provided outside.
また、このコンピュータ装置には、バス10に接続されたディスクドライバ23a,24aも接続されており、各ドライバ23a,24aはフレキシブルディスク23及びコンパクトディスク24に対するデータ又はプログラムの書き込み及び読み出しを行う。フレキシブルディスク23及びコンパクトディスク24は外部記録装置として利用されるもので、前述した図2,4〜14のプログラムを予め記録しておき、ハードディスク16へ前記プログラムをインストールするために利用される。また、これらのディスク23,24は、予め記録しておいた曲データを内部データベース17に記憶させたり、予め記録しておいた各種データをハードディスク16へ記憶させたり、同ディスク16に記憶されている各種データの保存にも利用される。   The computer device is also connected to disk drivers 23a and 24a connected to the bus 10, and the drivers 23a and 24a write and read data or programs to and from the flexible disk 23 and the compact disk 24. The flexible disk 23 and the compact disk 24 are used as external recording devices. The programs shown in FIGS. 2 and 4 to 14 are recorded in advance and used to install the programs on the hard disk 16. The disks 23 and 24 store music data stored in advance in the internal database 17, store various data stored in the hard disk 16, and store the data in the disk 16. It is also used to store various data.
さらに、バス10には、楽器インターフェース25aを介して練習用の電子楽器25が接続されるようになっている。この場合、電子楽器25は、例えば鍵盤型電子楽器で構成され、音高を指定するための複数の鍵、各鍵の押離鍵を検出する複数の鍵スイッチ、各鍵の鍵タッチ(鍵押圧力)を検出する複数の鍵タッチ検出回路、楽音の音色及び音量などを指定するための楽音制御操作子、各楽音制御操作子の操作を検出するための複数の楽音制御操作子スイッチ、並びに楽音信号を形成する楽音信号形成回路を備え、鍵の押離鍵及び楽音制御操作子の操作に応じて楽音信号を出力するようになっている。   Further, an electronic musical instrument 25 for practice is connected to the bus 10 via a musical instrument interface 25a. In this case, the electronic musical instrument 25 is composed of, for example, a keyboard-type electronic musical instrument, and includes a plurality of keys for designating a pitch, a plurality of key switches for detecting the depressed and released keys of each key, and a key touch (key press) of each key. Pressure), a plurality of key touch detection circuits, a tone control operator for designating a tone color and a volume of a tone, a plurality of tone control operator switches for detecting operation of each tone control operator, and a tone. A tone signal forming circuit for forming a signal is provided, and a tone signal is output in response to a key press and release and an operation of a tone control operator.
このように構成した音楽教習システムは、CPU11がROM12に記憶されたプログラム(図示しない)及びハードディスク16などに記憶された前述したプログラムを実行することにより作動する。この作動前には、図示しないプログラムの実行により、フレキシブルディスク23又はコンパクトディスク24に予め記録又は記憶されている前記プログラムの一部又は全部をハードディスク16にインストールするとともに、外部データベース21、フレキシブルディスク23又はコンパクトディスク24内に記憶されている曲データを内部データベース17に転送するようにする。   The music training system configured as described above operates when the CPU 11 executes a program (not shown) stored in the ROM 12 and the above-described program stored in the hard disk 16 or the like. Before this operation, by executing a program (not shown), a part or all of the program previously recorded or stored on the flexible disk 23 or the compact disk 24 is installed on the hard disk 16, and the external database 21, the flexible disk 23 Alternatively, the music data stored in the compact disk 24 is transferred to the internal database 17.
b.全体作動
上記のように構成した音楽教習システムにおいては、ユーザが図2のメインプログラムを起動させると、CPU11は図2のステップ100にてメインプログラムの実行を開始し、ステップ102の初期設定処理を実行する。
b. Overall Operation In the music training system configured as described above, when the user activates the main program in FIG. 2, the CPU 11 starts executing the main program in step 100 in FIG. Execute.
そして、ステップ104にて、起動オブジェクトプログラム(図4)の実行により、演奏練習の準備を行う。この演奏準備においては、ユーザが登録済みのユーザであれば、登録ユーザ情報中のユーザ名データに基づいてディスプレイ15にユーザ名を表示し、その中からユーザにユーザ名を選択させておく。一方、ユーザが新規であれば、ユーザ名をキーボード14を用いて入力するとともに、ディスプレイ15を用いてユーザに対して演奏能力を表すユーザレベル(初級/中級/上級)を自己申告させる。この場合も、ユーザは、キーボード14を用いて、ユーザレベルを入力する。そして、前記起動オブジェクトプログラム(図4)の実行により診断オブジェクト(図7)が呼び出されて、診断オブジェクトプログラム(図7)の実行によりユーザレベルが診断される。   Then, in step 104, the execution object program (FIG. 4) is executed to prepare for performance practice. In this performance preparation, if the user is a registered user, the user name is displayed on the display 15 based on the user name data in the registered user information, and the user is allowed to select the user name from among them. On the other hand, if the user is new, the user inputs the user name using the keyboard 14 and uses the display 15 to make the user self-declare the user level (beginner / intermediate / advanced) indicating the performance ability. Also in this case, the user uses the keyboard 14 to input a user level. Then, the diagnostic object (FIG. 7) is called by executing the activation object program (FIG. 4), and the user level is diagnosed by executing the diagnostic object program (FIG. 7).
このユーザレベルの診断においては、前記申告ユーザレベルに応じた課題であって図16に示す種々の診断項目を診断するための複数種類の課題がディスプレイ15に順次表示される。ユーザはキーボード14又は電子楽器25を用いて前記課題に対して順次回答し、コンピュータ装置はこの回答に応答して種々の課題に対して診断する。こり診断結果は一次的にRAM13に記憶されるとともに、同診断結果と自己申告によるユーザレベルを判定して、両者が大きく違わなければ、ハードディスク16にユーザ情報の一部を構成するユーザモデルデータとしてユーザ名と共に書き込まれる。また、診断結果と自己申告とが大きくずれていれば、申告レベルを修正した上で前記診断が再度行われる。このように、ユーザの演奏能力に応じて各種項目について診断されるので、診断結果が的確なものになる。また、この診断中においては、タイマオブジェクトプログラム(図8)の実行により、診断時間が管理され途中結果の有無などによって診断時間が延長されたり、診断開始から所定時間が経過すれば診断結果の有無とは無関係に次の項目の診断に移る。これにより、診断が時間管理のためにむやみに途中で中断されることがなくなるとともに、一つの項目に留まることなく効率よくユーザの診断がなされる。   In this user-level diagnosis, a plurality of types of tasks for diagnosing various diagnostic items shown in FIG. The user uses the keyboard 14 or the electronic musical instrument 25 to sequentially answer the tasks, and the computer device diagnoses various tasks in response to the answers. The result of this diagnosis is temporarily stored in the RAM 13, and a user level determined by the self-report and the result of the diagnosis are determined. Written with the user name. If there is a large difference between the diagnosis result and the self-report, the above-described diagnosis is performed again after correcting the report level. As described above, since various items are diagnosed according to the performance ability of the user, the diagnosis result is accurate. During the diagnosis, the diagnosis object is managed by executing the timer object program (FIG. 8), and the diagnosis time is extended depending on the presence or absence of an in-progress result. Move on to the diagnosis of the next item regardless of this. Thereby, the diagnosis is not interrupted unnecessarily on the way for the time management, and the diagnosis of the user is efficiently performed without being limited to one item.
次に、以前からの練習曲を継続して練習する場合にはレッスン予定内容を決定するための後述するステップ106の処理にプログラムを進め、練習曲を新たに選択する場合には、前記起動オブジェクトプログラム(図4)の継続した実行により、ディスプレイ15を用いてユーザに練習曲に関する希望を問い合わせる。ユーザは、キーボード14を用いて希望を入力する。そして、候補曲選択ルーチン(図10)の実行により、ユーザが要望する練習内容をディスプレイ15を用いて問い合わせ、ユーザはキーボード14を用いて同問い合わせに対して答える。そして、前記診断結果を表すユーザモデルデータ及び前記ユーザの要望に応じた練習曲を内部データベース17より複数曲分選択して、ディスプレイ15に表示する。ユーザは、前記複数の練習曲の中からキーボード14を用いて一つの練習曲を選択する。その後、前記選択した練習曲に関する曲データ中の属性データとユーザモデルデータとの比較により、このユーザにとって難しい演奏箇所及び練習時間をディスプレイ15に表示して、ユーザに選択曲の決定を問い合わせる。ユーザがこの選択曲を否定すれば、前記複数の曲の表示ステップからの選択動作が繰り返される。なお、練習曲は通常一曲であるが、複数曲でもよい。このように、ユーザの要望も取り入れた上で、ユーザレベルに応じて練習曲が決定されるので、決定される練習曲がユーザにとって適切なものとなるとともにユーザも楽しみながら演奏練習を行うことができる。。   Next, if the user continues to practice the practice music from before, the program proceeds to the process of step 106 described below for determining the lesson schedule content. With the continuous execution of the program (FIG. 4), the display 15 is used to inquire the user of the request for the practice music. The user uses the keyboard 14 to input a request. Then, by executing the candidate music selection routine (FIG. 10), the user inquires about the contents of the exercise desired by the user using the display 15, and the user answers the inquiry using the keyboard 14. Then, the user model data representing the diagnosis result and a plurality of practice songs according to the user's request are selected from the internal database 17 and displayed on the display 15. The user selects one practice song from the plurality of practice songs using the keyboard 14. After that, by comparing the attribute data in the music data relating to the selected practice music with the user model data, the performance location and the practice time that are difficult for the user are displayed on the display 15, and the user is asked to determine the selected music. If the user denies the selected song, the selecting operation from the step of displaying the plurality of songs is repeated. The practice song is usually one song, but may be a plurality of songs. As described above, since the practice music is determined according to the user level after incorporating the user's request, the practice music to be determined is appropriate for the user, and the user can perform the performance practice while having fun. it can. .
この練習曲の決定後、ユーザモデルデータにより表された演奏能力に応じて練習曲に対する練習計画が作成され、ディスプレイ15に表示されるとともにユーザに同練習計画に対する要望が問い合わされる。ユーザはキーボード14を用いて要望を入力し、この要望に応じて練習計画が一部修正された後に最終的に練習計画データとしてハードディスク16にユーザ情報の一部として記憶される。このように、練習曲に対する練習計画が、ユーザの演奏能力及びユーザの要望に応じて決定されるので、ユーザは後述する演奏練習を無理なくかつ楽しみながら行うことができる。   After the practice song is determined, a practice plan for the practice song is created in accordance with the performance ability represented by the user model data, displayed on the display 15, and the user is inquired of a request for the practice plan. The user inputs a request using the keyboard 14, and the training plan is partially corrected in response to the request, and is finally stored as training plan data on the hard disk 16 as part of the user information. As described above, the practice plan for the practice music is determined according to the user's performance ability and the user's request, so that the user can perform the later-described performance practice with ease and enjoyment.
ふたたび、図2のメインプログラムの説明に戻ると、コンピュータ装置は、ステップ106にて、レッスン内容決定オブジェクトプログラム(図5)の実行により、ユーザの希望も考慮して、ウォーミングアップ、復習及び練習曲の演奏練習の有無及びこれらの各練習時間からなる今回のレッスン予定内容を決定する。これにより、ユーザの希望も考慮された演奏練習が行われるようになる。   Returning to the description of the main program in FIG. 2 again, the computer device executes the lesson content determination object program (FIG. 5) in step 106 to execute warm-up, review, and practice music in consideration of the user's wishes. Decide whether or not there is a performance practice and the contents of this lesson scheduled consisting of each practice time. As a result, the performance practice taking into account the user's wishes is performed.
そして、ステップ108にて前記決定したレッスン予定内容からウォーミングアップ、復習及び練習曲の演奏練習の各練習時間を順次取り出して、同予定内容に従ってステップ110にてレッスンオブジェクトプログラム(図6)を実行することにより、ウォーミングアップ、復習及び練習曲の演奏練習を順次行う。練習曲の演奏練習においては、読譜練習及びメトロノームステップ練習に対する時間配分をした後、練習曲を小節毎、フレーズ毎などに分割するとともに分割した複数の練習部分がディスプレイ15に順次表示されて、読譜練習及びメトロノームステップ練習が前記作成した練習計画に従って行われる。読譜練習は譜読みに重きが置かれて鍵盤にて正しい押鍵がなされることを期待するもので、メトロノームステップ練習は押鍵タイミングに重きが置かれて正しいタイミングで正しい鍵が押鍵されることを期待するものである。   Then, in step 108, the respective practice times of the warm-up, review, and practice of the practice music are sequentially extracted from the determined lesson schedule contents, and the lesson object program (FIG. 6) is executed in step 110 in accordance with the schedule contents. In this way, warm-up, review, and practice of performance music are performed sequentially. In the practice practice of the practice music, after allocating the time for the reading practice and the metronome step practice, the practice music is divided into measures, phrases, etc., and a plurality of divided practice parts are sequentially displayed on the display 15, and Practice and metronome step practice are performed according to the practice plan created above. The practice of reading music is expected to emphasize the key reading and make sure that the correct key is pressed on the keyboard, while the metronome step practice is weighted when pressing the key and the correct key is pressed at the correct timing That is what you expect.
そして、このような演奏練習の結果は所定の基準に従って評価されるとともに採点され、この評価及び採点は前記複数の練習部分毎及び練習曲全体の両者についてなされ、各採点結果が良好でなければ、前記複数の練習部分の順次表示及び前記練習計画にしたがった練習の進行が停止されるなど、採点結果に応じて練習の進度が制御される。これにより、ユーザによる演奏修得の度合いに応じて練習の進度が決定されるので、ユーザは確実かつ効率的に楽器演奏の練習を行うことができる。また、このような演奏練習中においては、タイマオブジェクトプログラム(図8)の実行により練習時間が管理され、途中結果の有無などによって練習時間が延長されたり、練習開始から所定時間が経過すれば、演奏練習の終了とは無関係に次の練習課題に移される。これにより、演奏練習が時間管理のためにむやみに途中で中断されることがなくなるとともに、一つの練習課題に留まることなく効率よく演奏練習がなされる。   The result of such performance practice is evaluated and scored according to a predetermined standard, and the evaluation and scoring are performed for each of the plurality of practice parts and for the entire practice song. If each score result is not good, The progress of the practice is controlled in accordance with the scoring result, such as displaying the plurality of practice parts sequentially and stopping the progress of the practice according to the practice plan. Accordingly, the progress of the practice is determined in accordance with the degree of performance learning by the user, so that the user can reliably and efficiently practice the musical instrument performance. During such performance practice, the practice time is managed by executing the timer object program (FIG. 8), and if the practice time is extended depending on the presence or absence of an in-progress result, or if a predetermined time has elapsed from the start of the practice, Regardless of the end of the performance practice, it is moved to the next exercise. Thereby, the performance practice is not interrupted unnecessarily on the way for the time management, and the performance practice is efficiently performed without remaining in one practice task.
前記のようなウォーミングアップ、復習及び練習曲の演奏練習の全てを終了すると、コンピュータ装置はステップ112にてレッスン終了と判定して、ステップ114にてレッスンオブジェクトプログラム(図6)の実行によりレッスンの終了処理を行う。この終了処理においては、前記評価及び採点結果、練習に要した時間などのデータが、練習計画データに書き加えられるとともに、ユーザレベルを表すユーザモデルが今回の練習結果に応じて修正される。これにより、ユーザの演奏の進度判定が的確になされるとともに、今後の練習のためにユーザレベルが適切に利用できるようになる。そして、ステップ116にてこのプログラムの実行を終了する。   When all of the warm-up, review, and practice of the practice music as described above have been completed, the computer determines in step 112 that the lesson has ended, and in step 114 executes the lesson object program (FIG. 6) to end the lesson. Perform processing. In this termination process, data such as the evaluation and scoring results, the time required for the practice, and the like are added to the practice plan data, and the user model representing the user level is modified according to the current practice result. As a result, the progress of the user's performance can be accurately determined, and the user level can be used appropriately for future practice. Then, in step 116, the execution of this program ends.
一方、前記のような診断及び練習中においては、タイマオブジェクトプログラム(図8)及び課金オブジェクトプログラム(図9)が並行して実行され、コンピュータ装置の使用時間に応じた料金がユーザに課金される。また、この料金は、診断及び練習の内容などによっても異なっている。これにより、この音楽教育システムの使用に対する適切な料金がユーザから徴収できるようになる。   On the other hand, during the diagnosis and practice as described above, the timer object program (FIG. 8) and the charging object program (FIG. 9) are executed in parallel, and the user is charged a fee according to the usage time of the computer device. . This fee also differs depending on the contents of the diagnosis and the practice. As a result, an appropriate fee for using the music education system can be collected from the user.
次に、本発明の第1実施形態をさらに詳細に説明するが、同詳細な説明の前に、本明細書におけるオブジェクトの概念及び各オブジェクトの連係について説明しておく。   Next, the first embodiment of the present invention will be described in more detail. Before the detailed description, the concept of objects and the linkage of each object in this specification will be described.
この第1実施形態においては、オブジェクト指向プログラムを採用している。オブジェクトとはオブジェクト指向型計算モデルの構成単位を意味しており、具体的には前記各構成単位毎のプログラム処理を示す。図3は、第1実施形態にて実行される各種オブジェクトの連係図であり、前記メインプログラムの実行により、起動オブジェクト200、レッスン内容決定オブジェクト300及びレッスンオブジェクト400がこの順に指定される(太矢印参照)。起動オブジェクト200は、診断オブジェクト500、タイマオブジェクト600及び課金オブジェクト700を指定するとともに各オブジェクト500〜700に対してメッセージを発行する(矢印参照)。レッスンオブジェクト400は、タイマオブジェクト600及び課金オブジェクト700を指定するとともに各オブジェクト600,700に対してメッセージを発行する(矢印参照)。診断オブジェクト500は、タイマオブジェクト600及び課金オブジェクト700を指定するとともに各オブジェクト600,700に対してメッセージを発行する。タイマオブジェクト600は、課金オブジェクト700を指定するとともに同オブジェクト700に対してメッセージを発行する。また、起動オブジェクト200、レッスンオブジェクト400及び診断オブジェクト500は、それぞれ自己に対してもメッセージを発行する(矢印参照)。なお、図3の起動オブジェクト200内の候補曲選択、並びにレッスンオブジェクト400内の読譜練習及びメトロノームステップ練習に関しては、具体的処理内容がフローチャートにより示されている。   In the first embodiment, an object-oriented program is adopted. The object means a constituent unit of the object-oriented calculation model, and specifically indicates a program process for each constituent unit. FIG. 3 is a linkage diagram of various objects executed in the first embodiment. By executing the main program, an activation object 200, a lesson content determination object 300, and a lesson object 400 are designated in this order (thick arrow). reference). The activation object 200 specifies the diagnosis object 500, the timer object 600, and the charging object 700, and issues a message to each of the objects 500 to 700 (see arrows). The lesson object 400 specifies the timer object 600 and the billing object 700 and issues a message to each of the objects 600 and 700 (see arrows). The diagnosis object 500 specifies the timer object 600 and the billing object 700 and issues a message to each of the objects 600 and 700. The timer object 600 specifies the charging object 700 and issues a message to the charging object 700. The activation object 200, the lesson object 400, and the diagnosis object 500 each issue a message to themselves (see arrows). It should be noted that the process of selecting candidate songs in the activation object 200 and reading practice and metronome step practice in the lesson object 400 shown in FIG.
次に、各オブジェクトにて実行される処理内容の記述方法について説明しておく。この第1実施形態においては、各オブジェクトにて実行されるプログラムの具体的処理内容を、通常のフローチャートを用いた記述による煩雑化を避けるために、表形式の処理工程図により記述してある。この処理工程図においては、図4〜図9に示すように、左欄には各オブジェクトに対して発行されるメッセージを記載し、右欄には前記メッセージ毎の具体的な処理内容(メッセージに対するアクション)を記載し、中央欄には前記処理内容を実行するための条件を記載してある。基本的には、メッセージ内容に該当しかつ条件に合致した処理が上から下に順次実行され、条件の記載されていない処理は常に実行される。なお、右欄内の「O」は指定するオブジェクト名を示し、「M」はメッセージ内容を示し、*印のついた候補曲選択(図4)、読譜練習及びメトロノームステップ練習(図6)に関しては、前述のように処理内容を表すフローチャートが別途用意されていることを示している。また、オブジェクト名の指定されないメッセージは、自己のオブジェクトを指定していることを意味している。   Next, a description will be given of a method of describing the content of processing executed by each object. In the first embodiment, the specific processing content of the program executed by each object is described in a tabular processing process diagram in order to avoid complication by description using a normal flowchart. In this processing process diagram, as shown in FIGS. 4 to 9, messages issued to each object are described in the left column, and specific processing contents (for each message) are described in the right column. Action), and the center column describes conditions for executing the processing contents. Basically, processes corresponding to the message contents and satisfying the conditions are sequentially executed from top to bottom, and processes in which no conditions are described are always executed. Note that “O” in the right column indicates the name of the object to be designated, “M” indicates the message content, and selection of candidate songs marked with * (FIG. 4), reading music practice, and metronome step practice (FIG. 6) Indicates that a flowchart representing the processing content is separately prepared as described above. A message without an object name indicates that the object is specified.
以下、起動オブジェクト200、診断オブジェクト500、レッスン内容決定オブジェクト300及びレッスンオブジェクト400についてこの順に詳しく説明するとともに、タイマオブジェクト600及び課金オブジェクト700に関しては、関連したオブジェクトの説明中にて説明する。   Hereinafter, the activation object 200, the diagnosis object 500, the lesson content determination object 300, and the lesson object 400 will be described in detail in this order, and the timer object 600 and the billing object 700 will be described in the description of the related objects.
c.起動オブジェクト
起動オブジェクト200は、図2のステップ104にて指定されるとともに練習開始メッセージを受けて処理を開始するもので、ステップ202にてタイマオブジェクト600を指定して初期化メッセージを発行し、ステップ204にて課金オブジェクト700を指定して初期化メッセージを発行し、ステップ206にて課金オブジェクト700を再度指定して実行プログラム通知メッセージを発行する。なお、この実行プログラム通知メッセージの発行の際には、起動オブジェクト200の練習開始メッセージに伴う処理であることも、課金オブジェクト700に対して通知される。
c. Activation Object The activation object 200 is designated at step 104 in FIG. 2 and starts processing upon receiving a practice start message. At step 202, the timer object 600 is designated and an initialization message is issued. At 204, the charging object 700 is designated and an initialization message is issued. At step 206, the charging object 700 is designated again and an execution program notification message is issued. When the execution program notification message is issued, the charging object 700 is also notified that the process is a process associated with the practice start message of the activation object 200.
タイマオブジェクト600は、図8に示すように、ステップ602にてCPU11に内蔵のタイマによる時間計測値を初期値「0」に設定し、これにより、タイマは時間計測を開始し始めて、ステップ604の処理により前記時間計測値に基づいて所定時間毎(例えば1分毎)に課金オブジェクト700を指定して割り込みメッセージを繰り返し発行し始める。   As shown in FIG. 8, the timer object 600 sets the time measurement value of the timer built in the CPU 11 to an initial value “0” in step 602, whereby the timer starts to measure time, and Through the processing, the charging object 700 is designated at predetermined time intervals (for example, every minute) based on the time measurement value, and the interrupt message is repeatedly issued.
一方、課金オブジェクト700は、図9に示すように、前記起動オブジェクト200による初期化メッセージに応答して、ステップ702にてRAM13内に設けた課金データを初期値「0」に設定する。また、課金オブジェクト700は、前記起動オブジェクト200による実行プログラム通知メッセージに応答して、ステップ704にてRAM内に設けた単位料金データを前記練習開始メッセージに伴う処理に対応して予め定められている金額に設定する。また、課金オブジェクト700は、前記タイマオブジェクト600による割り込みメッセージに応答して、ステップ706にてRAM内の課金データに前記設定した単位料金データを累算する。   On the other hand, as shown in FIG. 9, the charging object 700 sets the charging data provided in the RAM 13 to the initial value “0” in step 702 in response to the initialization message from the activation object 200. In addition, in response to the execution program notification message from the activation object 200, the billing object 700 determines the unit fee data provided in the RAM in step 704 in advance in correspondence with the processing accompanying the practice start message. Set to the amount. In response to the interrupt message from the timer object 600, the charging object 700 accumulates the unit charge data set in the charging data in the RAM in step 706.
ふたたび、起動オブジェクト200の説明に戻り、前記ステップ206の処理後、自己に対してユーザ問い合わせメッセージを発行する。起動オブジェクト200は、前記メッセージに応答して、ステップ214にてディスプレイ15にて既に登録済みユーザであるか、新規ユーザであるかを表示してユーザに問い合わせ、キーボード14からの入力を待つ。ユーザがキーボード14を用いて前記いずれかを選択すると、同選択が登録済みユーザであれば、起動オブジェクト200はステップ216にてハードディスク16内のユーザ情報記憶エリアの該当ユーザ情報をユーザに単に指定させる。   Again, returning to the description of the activation object 200, after the processing in step 206, a user inquiry message is issued to itself. In response to the message, the activation object 200 displays on the display 15 whether the user is a registered user or a new user on the display 15, inquires the user, and waits for an input from the keyboard 14. When the user selects one of the above using the keyboard 14, if the selection is a registered user, the activation object 200 causes the user to simply specify the corresponding user information in the user information storage area in the hard disk 16 in step 216. .
一方、ユーザが新規ユーザを選択すれば、起動オブジェクト200はステップ218にてハードディスク16にユーザ情報を格納する記憶エリアを確保するとともに、ディスプレイ15にてユーザ名の入力を指示し、ユーザによりキーボード14にて入力されたユーザ名を前記記憶エリアに記憶する。次に、ステップ220にて、ディスプレイ15にユーザのレベル(初級、中級、上級)を自己申告する旨の表示を行い、ユーザによりキーボード14にて入力されたレベルをRAM13に一時記憶しておく。次に、起動オブジェクト200は、ステップ222にて自己に対してユーザレベル診断メッセージを発行する。   On the other hand, if the user selects a new user, the activation object 200 secures a storage area for storing user information in the hard disk 16 in step 218, and instructs the user to input a user name on the display 15, and Is stored in the storage area. Next, at step 220, a display indicating that the user's level (beginner, intermediate, advanced) is self-reported is displayed on the display 15, and the level input by the user via the keyboard 14 is temporarily stored in the RAM 13. Next, the activation object 200 issues a user-level diagnosis message to itself in step 222.
このメッセージに応答して、起動オブジェクト200は、ステップ226にて診断オブジェクト500を指定して起動メッセージを発行する。このメッセージの発行と同時に、起動オブジェクト200は、診断オブジェクト500に対して、条件データとして診断を表すデータと共に、前記自己申告したユーザレベル及び予め決められた診断時間(例えば10分)を表すデータを与える。診断オブジェクト500は、詳しくは後述するように、前記申告ユーザレベルに応じた各種課題をユーザに与えることにより前記ユーザモデル(図16)に対応した各種の項目に関して読譜診断及び演奏診断をユーザレベルに応じて行い、各種項目毎の点数をRAM13内に一時記憶する。次に、起動オブジェクト200は、ステップ228にて前記各種項目毎の点数、各種項目の診断に要した時間及び申告ユーザレベルとに基づいてユーザレベル(初級、中級、上級)を計算し、ステップ230にて自己に対してユーザレベル決定メッセージを発行する。なお、前記ユーザレベルの計算に申告ユーザレベルを用いた理由は、診断のために利用される課題が申告ユーザレベルにより異なるためであり、ユーザレベルを申告させた理由はレベルに応じた課題をユーザに与えることによって診断の精度を高めるためである。   In response to this message, the activation object 200 issues a startup message specifying the diagnostic object 500 in step 226. Simultaneously with the issuance of this message, the activation object 200 transmits, to the diagnostic object 500, data representing the diagnosis as condition data and data representing the self-reported user level and a predetermined diagnostic time (for example, 10 minutes). give. As will be described in detail later, the diagnosis object 500 provides the user with various tasks corresponding to the declared user level, thereby performing reading score diagnosis and performance diagnosis on various items corresponding to the user model (FIG. 16) at the user level. The score for each item is temporarily stored in the RAM 13. Next, the activation object 200 calculates the user level (beginner, intermediate, advanced) based on the score for each of the various items, the time required for diagnosing the various items, and the declared user level in step 228, and step 230 Issues a user level decision message to itself. The reason for using the report user level in the calculation of the user level is that the task used for diagnosis differs depending on the report user level, and the reason for reporting the user level is that the task corresponding to the level is determined by the user. To improve the accuracy of diagnosis.
前記ユーザレベル決定メッセージに応答して、起動オブジェクト200はステップ232にて前記申告したユーザレベルと前記計算したユーザレベルとを比較し、両者の差が大きければ、ステップ234にて申告ユーザレベルを修正する。例えば、ユーザが初級と申告したにもかかわらず、診断に基づくユーザレベルが上級となった場合には、申告ユーザレベルを中級にする。また、ユーザが上級と申告したにもかかわらず、診断に基づくユーザレベルが初級となった場合には、申告ユーザレベルを中級にする。前記ステップ234の処理後、起動オブジェクト200は、前記同様に自己に対してユーザレベル診断メッセージを発行して、ユーザのレベルを再度診断する。これにより、ユーザの能力にあった診断を可能として、診断の正確さを向上させることができる。一方、前記一回の診断又は複数回の診断により申告したユーザレベルと計算したユーザレベルとがほぼ等しくなれば、ステップ238にて前記RAM13の各種項目毎の点数、各種項目の診断に要した時間及び申告ユーザレベルに基づいて図16の各項目に対応した診断結果を計算し、同診断結果を表すデータをハードディスク16のユーザ情報記憶エリアにユーザモデルとして書き込むとともに、ユーザ人数データを増加させておく。   In response to the user level determination message, the activation object 200 compares the declared user level with the calculated user level in step 232, and if the difference between the two is large, modifies the declared user level in step 234. I do. For example, if the user has declared the elementary level but the user level based on the diagnosis has become advanced, the reported user level is set to intermediate. In addition, if the user level based on the diagnosis becomes the beginner level even though the user has declared the user as advanced, the reporter user level is set to the intermediate level. After the process in step 234, the activation object 200 issues a user level diagnosis message to itself in the same manner as described above, and diagnoses the user level again. Thereby, it is possible to make a diagnosis suitable for the ability of the user, and it is possible to improve the accuracy of the diagnosis. On the other hand, if the user level declared by the single diagnosis or the multiple diagnoses is substantially equal to the calculated user level, the score of each item of the RAM 13 in step 238 and the time required for diagnosis of the various items are determined. The diagnostic result corresponding to each item in FIG. 16 is calculated based on the declared user level, data representing the diagnostic result is written as a user model in the user information storage area of the hard disk 16, and the number of user data is increased. .
次に、起動オブジェクト200は、ステップ224にて付属情報を取得する。この付属情報の取得においては、起動オブジェクト200はディスプレイ15に質問を表示しながらユーザの曲の好み、レッスンに関する希望、性格などをキーボード14を用いて入力させて、前記入力内容をハードディスク16にユーザモデルデータの付属情報として書き込む。   Next, the activation object 200 acquires the attached information in step 224. In the acquisition of the attached information, the activation object 200 allows the user to input the user's preference of the song, the desire for the lesson, the personality, and the like using the keyboard 14 while displaying the question on the display 15, and the input content is stored in the hard disk 16 by the user. Write as additional information of model data.
このステップ224の処理の終了により、起動オブジェクト200はユーザの問い合わせメッセージに関する処理を全て終了したことになるので、次にステップ210にて自己に対して練習曲選択メッセージを発行する。このメッセージの発行に応答して、起動オブジェクト200は、ステップ240にて、ディスプレイ15を用いてユーザに対して前回の練習曲と同一曲を練習したいか、新曲を練習したいかを問い合わせる。なお、始めて練習を開始する場合には、この問い合わせに対する回答は自動的に新曲側になる。   By ending the process of step 224, the activation object 200 has completed all the processes related to the user's inquiry message. In response to the issuance of this message, in step 240, the activation object 200 uses the display 15 to ask the user whether he / she wants to practice the same music as the previous practice music or to practice a new music. When the practice is started for the first time, the answer to this inquiry is automatically sent to the new song.
この問い合わせにより、ユーザが新曲を選択した場合、又は始めて練習を開始する場合、起動オブジェクト200は、ステップ242にて候補曲選択ルーチンを実行する。この候補曲選択ルーチンは図10に詳細に示されており、起動オブジェクト200は、ステップ260にて同ルーチンの実行を開始し、ステップ261にてユーザに練習内容を選択させる。この場合、起動オブジェクト200は、練習内容として、(イ)レパートリー拡張、(ロ)特定技術のレベルアップ、(ハ)全体的なレベルアップ、(ニ)特定曲に挑戦などをディスプレイ15に表示し、ユーザにより入力されたキーボード14からの選択情報を入力する。次に、起動オブジェクト200は、ステップ262にて、前記選択内容が(ロ)であれば、リズム練習、左手の練習などのユーザモデルに示した各項目の特定技術をディスプレイ15に表示して、ユーザに同表示の中から特定技術を選択させる。また、前記選択内容が(ロ)又は(ハ)であれば、ステップ263にて、ハードディスク16に記憶されているユーザモデルの各データ、特にユーザの性格に基づいて一曲の練習でレベルアップ可能なレベル幅を計算する。次に、ステップ264にて、前記レベル幅に基づいてユーザモデルデータの各項目毎に目標レベル値を計算してRAM13に一時記憶する。   In response to this inquiry, when the user selects a new song or starts practice for the first time, the activation object 200 executes a candidate song selection routine in step 242. This candidate song selection routine is shown in detail in FIG. 10, and the activation object 200 starts executing the routine in step 260, and prompts the user to select a practice content in step 261. In this case, the activation object 200 displays on the display 15 as (A) extension of the repertoire, (B) level-up of a specific technique, (C) overall level-up, (D) challenge of a specific song, etc. as practice contents. , The user inputs selection information from the keyboard 14. Next, in step 262, if the selected content is (b), the activation object 200 displays on the display 15 the specific technique of each item shown in the user model such as rhythm practice and left hand practice, The user is prompted to select a specific technology from the display. If the selected content is (b) or (c), in step 263, the level can be improved by practicing one song based on each data of the user model stored in the hard disk 16, in particular, the personality of the user. Calculate the appropriate level width. Next, in step 264, a target level value is calculated for each item of the user model data based on the level width and temporarily stored in the RAM 13.
そして、ステップ265にて、前記各項目毎の目標レベル値と、前記ステップ261,262にて選択された練習内容とに基づいて、内部データベース17内の曲データ中の属性データ(図18)を参考にして、前記目標レベル以上の演奏能力(読譜力及び演奏技能)を必要とするとともに前記練習内容のユーザの希望に適合した候補曲の曲データを前記データベース17から検索する。次に、ステップ266にて検索した候補曲の曲名をディスプレイ15に表示し、ステップ267にてユーザにキーボード14を用いて選択させる。そして、ステップ268にて前記選択した曲名に対応した曲データ中の属性データを内部データベース17から読み出して、ステップ269にて前記計算したユーザモデルの各項目の目標レベルと属性データ中の各項目の要求レベルとを比較して、レベル差の大きい項目を表示する。そして、ステップ270にて前記各項目毎のレベル差に応じて、目標レベルをクリアするのに必要な時間を予め決めた基準に従って計算し、ステップ271にて同時間を予想練習時間としてディスプレイ15に表示する。   In step 265, the attribute data (FIG. 18) in the music data in the internal database 17 is converted based on the target level value for each item and the training content selected in steps 261 and 262. For reference, the database 17 is searched for song data of candidate songs that require performance abilities (reading skills and performance skills) higher than the target level and that match the user's desire for the practice content. Next, at step 266, the titles of the candidate songs searched are displayed on the display 15, and at step 267, the user is made to select using the keyboard 14. Then, in step 268, the attribute data in the song data corresponding to the selected song title is read out from the internal database 17, and in step 269, the target level of each item of the calculated user model and the attribute level of each item in the attribute data are calculated. The items having a large level difference are displayed by comparing with the required level. Then, in step 270, the time required to clear the target level is calculated according to a predetermined reference in accordance with the level difference for each item, and in step 271 the same time is displayed on the display 15 as the estimated practice time. indicate.
そして、ステップ272にて、ディスプレイ15を用いて選択曲を承認するか否かをユーザに対して問い合わせる。この問い合わせに対して、ユーザがキーボード14を用いて承認する旨の入力をすれば、ステップ273にてこの候補曲選択ルーチンの実行を終了する。一方、前記問い合わせに対して、ユーザが承認しなければ、ステップ266にて複数の候補曲をディスプレイ15に表示し、ステップ267〜272の処理により、選択曲の決定をふたたび行う。   Then, in step 272, an inquiry is made to the user as to whether or not to approve the selected music using the display 15. In response to this inquiry, if the user inputs an approval using the keyboard 14, the execution of the candidate music selection routine is terminated in step 273. On the other hand, if the user does not approve the inquiry, a plurality of candidate songs are displayed on the display 15 in step 266, and the selected song is determined again by the processes in steps 267 to 272.
この候補曲選択ルーチンの実行後、起動オブジェクト200は、ステップ244にて前記選択曲に関する曲データの全てを内部データベース17から読み出して、RAM13及びハードディスク16に書き込む。そして、ステップ246にてRAM13上にて練習計画案を作成する。この練習計画案の作成においては、前記計算した各項目のレベル差に基づいて、図17に示すように、予め用意されている多数の練習項目の中からユーザが練習すべき項目が決定されるとともに、各項目毎の練習予定時間が計算される。ただし、図17の表中、実施日、成功率、終了の認定及び消費時間に関しては空欄のままに保たれる。   After the execution of the candidate music selection routine, the activation object 200 reads out all the music data related to the selected music from the internal database 17 and writes it in the RAM 13 and the hard disk 16 in step 244. Then, in step 246, a training plan is created on the RAM 13. In the preparation of the practice plan, an item to be practiced by the user is determined from a large number of practice items prepared in advance, as shown in FIG. 17, based on the calculated level differences of the items. At the same time, the scheduled practice time for each item is calculated. However, in the table of FIG. 17, the execution date, the success rate, the recognition of the termination, and the consumption time are left blank.
次に、ステップ248に前記作成した練習計画案をディスプレイ15に表示し、ステップ250にてディスプレイ15を用いて前記練習計画案に対するユーザの要望を問い合わせる。そして、ステップ252にて、要望があれば練習計画案を前記要望に応じて修正し、要望がなければプログラムをステップ254に進める。ステップ254においては、この練習計画案をハードディスク16内のユーザ情報記憶エリアのユーザ名に対応した箇所に練習計画データとして記憶させる。   Next, the prepared exercise plan is displayed on the display 15 in step 248, and the user's request for the exercise plan is inquired using the display 15 in step 250. Then, in step 252, if there is a request, the training plan is modified according to the request, and if not, the program proceeds to step 254. In step 254, the exercise plan is stored as exercise plan data in a location corresponding to the user name in the user information storage area on the hard disk 16.
一方、前記ステップ240にて練習中の曲が選択されれば、ステップ256の処理が実行される。ステップ256においては、前記ステップ218にて入力されたユーザ名に対応したユーザ情報の中の練習曲データがハードディスク16から読み出されて、RAM13に書き込まれる。なお、練習曲が複数存在する場合には、ディスプレイ15にその旨が表示され、キーボード14を用いてユーザが選択した練習曲データがRAM13に書き込まれる。   On the other hand, if the music being practiced is selected in step 240, the process of step 256 is executed. In step 256, the practice music data in the user information corresponding to the user name input in step 218 is read from the hard disk 16 and written into the RAM 13. When there are a plurality of practice songs, the fact is displayed on the display 15, and the practice song data selected by the user using the keyboard 14 is written in the RAM 13.
d.診断オブジェクト
次に、起動オブジェクト200のステップ226にて指定される診断オブジェクト500(図7)について説明する。この場合、前記ステップ226の処理により、起動メッセージが発行され、このメッセージと共に診断を表すデータが条件データとして診断オブジェクト500に送られ、また自己申告したユーザレベルを表すユーザレベルデータ及び診断時間を表す時間データも診断オブジェクト500に送られる。
d. Diagnostic Object Next, the diagnostic object 500 (FIG. 7) specified in step 226 of the activation object 200 will be described. In this case, an activation message is issued by the processing of the step 226, data representing a diagnosis is sent to the diagnosis object 500 as condition data together with this message, and user level data representing a self-declared user level and representing a diagnosis time. The time data is also sent to the diagnostic object 500.
診断オブジェクト500は、ステップ502〜506の処理後、前記条件データに基づいてステップ508〜512の処理を実行する。ステップ508の処理は、診断オブジェクトを自己指定するとともに楽譜力診断を表すデータを条件データとして起動メッセージを発行して、ステップ514〜532の処理を実行させることにより、単音読譜、複音読譜及び音部記号読譜の各診断を行うものである。ステップ510の処理も、診断オブジェクトを自己指定するとともに演奏技能診断を表すデータを条件データとして起動メッセージを発行して、ステップ534〜568の処理を実行させることにより、打鍵に関して右手及び左手毎に単音打鍵及び複音打鍵の各診断を行うものである。ステップ512の処理は、楽想記号の理解力(読譜力の一部を構成する)を診断するものである。そして、これらの各診断の終了毎に、診断オブジェクト500は、ステップ570,572の処理を実行する。また、前記ステップ502〜506の処理は、各診断のために自己指定される毎に実行される。   After the processing of steps 502 to 506, the diagnostic object 500 executes the processing of steps 508 to 512 based on the condition data. In the process of step 508, the self-designation of the diagnostic object and the issuing of an activation message using the data representing the musical score proficiency as condition data, and the execution of the processes of steps 514 to 532, the single-note reading, the double-note reading, and the sound section. Each diagnosis of symbol reading is performed. The process of step 510 also specifies the diagnosis object by itself and issues a start message using the data representing the performance skill diagnosis as condition data to execute the processes of steps 534 to 568. Each diagnosis is performed for a keystroke and a double tone keystroke. The process of step 512 is for diagnosing the comprehension of the ideographic symbol (which constitutes a part of the reading ability). Then, each time these diagnoses are completed, the diagnostic object 500 performs the processing of steps 570 and 572. Further, the processing of steps 502 to 506 is executed each time the self-designation is made for each diagnosis.
各診断内容については後述することにして、ステップ502〜504,570,572について先に説明しておく。ステップ502においては、起動メッセージと共に常に送られる時間データにより表されて上位の診断項目に与えられている時間を、下位の診断項目のそれぞれに配分する。例えば、起動オブジェクト200により診断オブジェクト500が指定された場合には、ユーザを診断するための合計時間(例えば10分)を読譜力、演奏技能、楽想記号理解力の各診断に所定時間(例えば4分、4分、2分)ずつ配分する。また、ステップ508の処理により、読譜力診断データを条件データとして起動メッセージが発行された場合には、前記読譜力診断に割り当てられた時間(例えば4分)を、単音読譜力、複音読譜力及び音部記号読譜力の各診断のために所定時間(例えば2分、1分、1分)ずつ配分する。   The details of each diagnosis will be described later, and steps 502 to 504, 570, and 572 will be described first. In step 502, the time given to the higher-level diagnosis item represented by the time data always sent together with the start message is allocated to each of the lower-level diagnosis items. For example, when the diagnosis object 500 is designated by the activation object 200, the total time (for example, 10 minutes) for diagnosing the user is determined by the predetermined time (for example, 4 minutes) for each diagnosis of the music reading ability, the performance skill, and the ideographic symbol understanding. Minutes, 4 minutes, 2 minutes). In addition, when the activation message is issued using the reading performance diagnosis data as the condition data in the process of step 508, the time (for example, 4 minutes) allocated to the reading performance diagnosis is changed to the single note reading ability, the double note reading ability, and A predetermined time (for example, 2 minutes, 1 minute, 1 minute) is allocated for each diagnosis of clef reading ability.
ステップ504においては、課金オブジェクト700に対して実行プログラム通知メッセージを発行する。このとき、診断項目を表すデータも課金オブジェクト700にも送られる。これにより、課金オブジェクト700は、前記と同様に、ステップ704にてRAM内の単位料金データを診断に対応して予め定められている金額に設定する。したがって、タイマによる所定時間の計測毎に診断に対応した単位料金が課金データに累算されていくことになる。   In step 504, an execution program notification message is issued to the charging object 700. At this time, data representing the diagnosis item is also sent to the charging object 700. As a result, the billing object 700 sets the unit fee data in the RAM to a predetermined amount corresponding to the diagnosis in step 704 as described above. Therefore, the unit charge corresponding to the diagnosis is accumulated in the billing data every time the timer measures the predetermined time.
ステップ506にてタイマオブジェクト600に対してセットメッセージを発行する。この時、次の診断処理に配分されている時間を表すデータも、タイマオブジェクト600に対して送られる。これに応答して、タイマオブジェクト600(図8)は、ステップ606にて前記配分された時間を表すデータを記憶し、同時間の経過後にメッセージの発行元のオブジェクトに対してプロセス終了要求メッセージを発行する。例えば、ステップ514にて単音読譜力診断データを条件データとして起動メッセージが発行された際には、単音読譜力診断に配分された時間が経過しても、単音読譜力診断が終了しない場合には、タイマオブジェクト600は、診断オブジェクト500に対してプロセス終了要求メッセージを発行する。   At step 506, a set message is issued to timer object 600. At this time, data indicating the time allocated to the next diagnostic processing is also sent to the timer object 600. In response, the timer object 600 (FIG. 8) stores the data representing the allocated time at step 606, and sends a process termination request message to the object that issued the message after the lapse of the same time. Issue. For example, when the start message is issued in step 514 using the single note reading skill diagnosis data as condition data, if the single note reading skill diagnosis does not end even after the time allocated to the single note reading skill diagnosis has elapsed. , The timer object 600 issues a process end request message to the diagnostic object 500.
いま、前記単音読譜力、複音読譜力、音部記号読譜力、右手及び左手の各単音打鍵及び複音打鍵、リズム表現、両手演奏及び楽想記号理解力の各診断が前記配分された時間内に終了されれば、診断オブジェクト500は、前記各診断後、ステップ570の処理を実行する。ステップ570においては、タイマオブジェクト600に対して開放メッセージを発行する。この開放メッセージの発行に応答して、タイマオブジェクト600(図8)は、ステップ608にてプロセス終了要求メッセージを発行するための前記セットを解除する。したがって、この場合には、プロセス終了要求メッセージは発行されない。一方、診断オブジェクト500は、ステップ572にて今回の診断項目のために発行された時間が残っていれば、今後行われる診断に対して前記残り時間を与える。この場合、次の診断のみに時間を与えてもよいし、今後行われる複数の診断に対して残り時間を適当に配分するようにしてもよい。   Now, the diagnosis of the single note reading ability, double note reading ability, clef reading skill, right and left hand single note and double note tapping, rhythm expression, two-handed performance and ideographic symbol understanding are completed within the allocated time. If so, the diagnostic object 500 executes the processing of step 570 after each of the above-mentioned diagnoses. In step 570, a release message is issued to timer object 600. In response to the issuance of the release message, the timer object 600 (FIG. 8) releases the set for issuing the process end request message in step 608. Therefore, in this case, no process end request message is issued. On the other hand, if the time issued for the current diagnosis item remains in step 572, the diagnosis object 500 gives the remaining time for a diagnosis to be performed in the future. In this case, the time may be given only to the next diagnosis, or the remaining time may be appropriately allocated to a plurality of diagnoses to be performed in the future.
一方、前記各診断が配分された時間以内に完了しない場合には、前記のように、ステップ606の処理によりタイマオブジェクト600が診断オブジェクト500に対してプロセス終了要求メッセージを発行する。このメッセージの発行に応答して、診断オブジェクト500は、現在診断中の診断項目に対する中間診断結果を表すデータがRAM13にあるか否かにより、ステップ574又はステップ578の処理を実行する。中間診断結果があれば、ステップ574にて同中間診断結果をそのままにして、ステップ576にて進行中の診断処理を強制的に終了させて次の処理に進める。また、中間診断結果がなければ、ステップ578にて延長時間を設定し、ステップ580にてタイマオブジェクト600に対して前記延長時間を表す時間データと共にセットメッセージを発行し、ステップ582にてRAM13に終了要求フラグをセットする。これにより、タイマオブジェクト600は、ステップ606の処理のために以前に指定された時間に対して前記延長時間をセットする。そして、延長時間内に前記処理中の診断結果がでれば、前述のように次の診断に移行する。   On the other hand, if the diagnosis is not completed within the allocated time, the timer object 600 issues a process end request message to the diagnosis object 500 by the processing of step 606 as described above. In response to the issuance of this message, the diagnosis object 500 executes the processing of step 574 or step 578 depending on whether or not the data indicating the intermediate diagnosis result for the diagnosis item currently being diagnosed exists in the RAM 13. If there is an intermediate diagnosis result, in step 574, the intermediate diagnosis result is left as it is, and in step 576, the ongoing diagnostic processing is forcibly terminated, and the process proceeds to the next processing. If there is no intermediate diagnosis result, an extension time is set in step 578, a set message is issued to the timer object 600 together with the time data indicating the extension time in step 580, and the process ends in the RAM 13 in step 582. Set the request flag. Accordingly, the timer object 600 sets the extension time with respect to the time previously specified for the processing of step 606. If the diagnosis result during the processing is obtained within the extended time, the process proceeds to the next diagnosis as described above.
また、前記時間延長によっても診断結果が得られない場合には、タイマオブジェクト600が再びプロセス終了要求メッセージを発行する。しかし、この場合には、前記ステップ582の処理により終了要求フラグがセットされているために、診断オブジェクト500は、ステップ584にて最低点(例えば0点)を診断結果としてRAM13に一時記憶する。そして、ステップ586にて、終了要求フラグをクリアしておく。   If the diagnosis result cannot be obtained even after the extension of the time, the timer object 600 issues a process end request message again. However, in this case, since the end request flag has been set by the processing of step 582, the diagnostic object 500 temporarily stores the lowest point (for example, 0 point) in the RAM 13 as the diagnostic result in step 584. Then, in step 586, the end request flag is cleared.
d−1.読譜力診断
次に、読譜力診断について説明する。起動オブジェクト200によって条件データとして診断を表すデータと共に起動メッセージが供給されて、診断オブジェクト500が、前述のステップ502〜506の処理の実行後、ステップ508にて自己のオブジェクト500に対して起動メッセージを発行する。この場合、前記メッセージと共に、読譜力診断を表すデータが条件データとして送られるとともに、ユーザレベル(初級、中級、上級)及び前記読譜力診断のために配分された時間を表す時間データも送られる。この起動メッセージの発行に応答して、診断オブジェクト500は、前述したステップ502〜504の処理の実行後、ステップ514にて自己のオブジェクト500に対して起動メッセージをふたたび発行する。この場合、前記メッセージと共に、単音読譜力診断を表すデータが条件データとして送られるとともに、ユーザレベル(初級、中級、上級)及び前記単音読譜力診断のために配分された時間を表す時間データも送られる。この起動メッセージの発行に応答して、診断オブジェクト500は、再び前述したステップ502〜506の処理の実行後、条件データである単音読譜力診断を表すデータに基づいてステップ520の処理を実行する。
d-1. Score Reading Diagnosis Next, the score reading diagnosis will be described. The start-up object 200 supplies a start-up message together with data representing a diagnosis as condition data, and the diagnostic object 500 issues a start-up message to its own object 500 in step 508 after executing the processing of the above-described steps 502 to 506. Issue. In this case, along with the message, data representing the reading skill diagnosis is sent as condition data, and time data representing the user level (beginner, intermediate, advanced) and the time allocated for the reading skill diagnosis are also sent. In response to the issuance of the activation message, the diagnostic object 500 issues the activation message again to its own object 500 in step 514 after performing the processing of steps 502 to 504 described above. In this case, along with the message, data representing the phonetic note reading diagnosis is sent as condition data, and time data representing the user level (beginner, intermediate, advanced) and the time allocated for the phonetic note reading diagnosis are also sent. Can be In response to the issuance of the activation message, the diagnosis object 500 executes the processing of steps 502 to 506 again, and then executes the processing of step 520 based on the data representing the single note reading skill diagnosis which is the condition data.
ステップ520においては、幹音のみで構成されていて予め用意された単音からなる音符列がディスプレイ15上に表示される。ユーザは、ディスプレイ15上の音符列を見ながら、電子楽器25にて前記音符列に応じた鍵を順次押していく。そして、診断オブジェクト500は、前記表示した音符列と押鍵された鍵とを比較して、その正確さを幹音読譜力の診断結果としてRAM13に一時記憶しておく。次に、診断オブジェクト500は、ステップ522にて、派生音を含む予め用意された単音からなる音符列をディスプレイ15上に表示して、前記と同様にして派生音に関する押鍵の正確さにより派生音読譜力の診断結果をRAM13に一時的に記憶しておく。次に、診断オブジェクト500は、ステップ524にて、4分音符、8分音符などの各種符長の音符と4分休符、8分休符などの各種符長の休符の混じった予め用意された単音からなる音符列をディスプレイ15上に表示して、ユーザによる押鍵タイミングと前記音符列の符長との比較によりリズム読譜力を診断してその結果をRAM13に記憶しておく。なお、診断の精度を上げるために、前記表示される各音符列は、供給されたユーザレベルデータが初級から上級を示すにしたがって難しいものになる。   In step 520, a note sequence composed of only a single tone and composed of a single tone is displayed on the display 15. The user sequentially presses a key corresponding to the note sequence on the electronic musical instrument 25 while watching the note sequence on the display 15. Then, the diagnostic object 500 compares the displayed note sequence with the depressed key, and temporarily stores the accuracy in the RAM 13 as a result of the diagnosis of the reading ability of the trunk sound. Next, in step 522, the diagnostic object 500 displays on the display 15 a note sequence consisting of a single tone prepared in advance including the derived sound, and derives the keystroke accuracy for the derived sound in the same manner as described above. The diagnosis result of the musical reading ability is temporarily stored in the RAM 13. Next, at step 524, the diagnostic object 500 is prepared in advance by mixing notes of various note lengths such as quarter notes and eighth notes and rests of various note lengths such as quarter rests and eighth rests. The resulting note sequence consisting of single notes is displayed on the display 15, and the rhythm reading ability is diagnosed by comparing the key depression timing of the user with the note length of the note sequence, and the result is stored in the RAM 13. In order to increase the accuracy of the diagnosis, the displayed note sequence becomes more difficult as the supplied user level data indicates from beginner to advanced.
前記ステップ524の処理後、診断オブジェクト500は、ステップ570,572の処理を経てステップ516の処理を実行する。ステップ516においては、自己のオブジェクト500に対して複音読譜力診断を表すデータを条件データとして起動メッセージを発行する。この場合も、ユーザレベルデータ(初級、中級、上級)及び前記複音読譜力診断のために配分された時間を表す時間データも前記メッセージと同時に送られる。このように、診断オブジェクト500の一つの処理により自己のオブジェクト500を指定して診断の項目を下層に下げていく場合には、ユーザレベルデータ及び時間データが必ず送られるので、説明の重複を避けるために、以下の説明ではこれらのデータの転送についての説明を省略する。また、後述する各診断処理においても、前記ユーザレベルデータに応じて異なる課題が与えられるが、この点についても説明を省略する。   After the processing of step 524, the diagnostic object 500 executes the processing of step 516 through the processing of steps 570 and 572. In step 516, a start message is issued to the object 500 of the subject using data representing a double-sound reading skill diagnosis as condition data. In this case as well, user level data (beginner, intermediate, advanced) and time data representing the time allocated for the double tone reading diagnosis are also sent at the same time as the message. As described above, in the case where the diagnosis object 500 is designated by one processing of the diagnosis object 500 and the items of the diagnosis are lowered to the lower layer, the user level data and the time data are always transmitted, so that the description is not duplicated. Therefore, in the following description, the description of the transfer of these data will be omitted. Also, in each of the diagnostic processes described later, different tasks are given according to the user level data, but the description of this point is also omitted.
前記複音読譜力診断を表すデータを条件データとした起動メッセージの発行に応答して、診断オブジェクト500は、前記ステップ502〜506の処理後、ステップ526の処理を実行する。このステップ526の処理は、複音の読譜力を診断するもので、前記単音読譜力の診断を複音を同時に押鍵する診断に換えただけであるので、詳しい説明を省略する。   In response to the issuance of the activation message using the data representing the double tone reading ability diagnosis as condition data, the diagnosis object 500 executes the processing of step 526 after the processing of steps 502 to 506. The process of step 526 is for diagnosing the reading spelling of multiple sounds, and simply replaces the diagnosis of single-note reading abilities with the diagnosis of depressing multiple sounds at the same time.
前記ステップ526の処理後、診断オブジェクト500は、ステップ570,572の処理を経て、ステップ518の処理を実行する。ステップ518においては、自己のオブジェクト500に対して音部記号読譜力を表すデータを条件データとして起動メッセージを発行する。この起動メッセージの発行に応答して、診断オブジェクト500は、前記ステップ502〜506の処理後、前記条件データである音部記号を表すデータに基づいてステップ528〜532の処理を実行する。   After the processing in step 526, the diagnostic object 500 executes the processing in step 518 through the processing in steps 570 and 572. In step 518, an activation message is issued to the object 500 using data representing clef reading ability as condition data. In response to the issuance of the activation message, the diagnostic object 500 executes the processing of steps 528 to 532 based on the data representing the clef, which is the condition data, after the processing of steps 502 to 506.
ステップ528の処理はト音記号の読譜力を診断するもので、跳躍を含む音符列により構成されていて予め用意されたト音記号で書かれた音符列がディスプレイ15上に表示される。ユーザは、ディスプレイ15上の音符列を見ながら、電子楽器25にて前記音符列に応じた鍵を順次押していく。そして、診断オブジェクト500は、前記表示した音符列と押鍵された鍵とを比較して、その正確度をト音記号読譜力の診断結果としてRAM13に一時記憶しておく。次に、ステップ530,532において、ヘ音記号及びハ音記号に対して前記同様な診断を行う。前記ステップ530,532の処理後、ステップ570,572の処理を経て読譜力の診断を終了する。   The process of step 528 is to diagnose the reading ability of the treble clef, and a note string composed of a note string including a jump and written in a prepared treble clef is displayed on the display 15. The user sequentially presses a key corresponding to the note sequence on the electronic musical instrument 25 while watching the note sequence on the display 15. The diagnostic object 500 compares the displayed note sequence with the depressed key, and temporarily stores the accuracy in the RAM 13 as a diagnosis result of the treble clef reading ability. Next, in steps 530 and 532, the same diagnosis as described above is performed for the F clef and the C clef. After the processing of the steps 530 and 532, the diagnosis of the music reading ability is completed through the processing of the steps 570 and 572.
d−2.演奏技能診断
次に、演奏技能診断について説明する。前記読譜力の診断の終了後、診断オブジェクト500は、ステップ510にて、自己のオブジェクト500に対して演奏技能診断を表すデータを条件データとして起動メッセージを発行する。この起動メッセージの発行に応答して、診断オブジェクト500は、前記ステップ502〜506の処理後、ステップ534の処理を実行する。ステップ534においては、診断オブジェクト500は、自己のオブジェクト500に対して打鍵診断を表すデータを条件データとして起動メッセージを発行する。これに応答して、診断オブジェクト500は、前記ステップ502〜506の処理後、ステップ540の処理を実行する。ステップ540においては、診断オブジェクト500は、自己のオブジェクト500に対して右手の打鍵診断を表すデータを条件データとして起動メッセージを発行する。これに応答して、診断オブジェクト500は、前記ステップ502〜506の処理後、ステップ544の処理を実行する。ステップ544においては、診断オブジェクト500は、自己のオブジェクト500に対して右手の単音打鍵診断を表すデータを条件データとして起動メッセージを発行する。これに応答して、診断オブジェクト500は、ステップ502〜506の処理後、ステップ548〜552の診断処理を実行する。
d-2. Performance Skill Diagnosis Next, the performance skill diagnosis will be described. After the completion of the diagnosis of the music reading ability, the diagnostic object 500 issues an activation message to its own object 500 at step 510 using data representing the performance skill diagnosis as condition data. In response to the issuance of the activation message, the diagnostic object 500 executes the processing of step 534 after the processing of steps 502 to 506. In step 534, the diagnosis object 500 issues an activation message to its own object 500 using data representing a keystroke diagnosis as condition data. In response to this, the diagnosis object 500 executes the processing of step 540 after the processing of steps 502 to 506. In step 540, the diagnostic object 500 issues an activation message to its own object 500 using, as condition data, data representing a right-hand keystroke diagnosis. In response to this, the diagnostic object 500 executes the processing of step 544 after the processing of steps 502 to 506. In step 544, the diagnostic object 500 issues an activation message to its own object 500 using data representing right-handed single-keystroke diagnosis as condition data. In response to this, the diagnostic object 500 executes the diagnostic processing of steps 548 to 552 after the processing of steps 502 to 506.
ステップ548の処理は、指力の均等性を診断するもので、ピアノp、メゾフォルテmf、フォルテfなどの強弱記号のついた音符列をディスプレイ15に表示するとともに、表示した音符列の強弱と電子楽器25における鍵タッチとを比較して均等性の診断を行い、診断結果をRAM13に一時記憶する。ステップ550の処理は、どの程度速いテンポまで演奏できるかの敏捷性を診断するもので、簡単な音符列のテンポ表示を異ならせてディスプレイ15に表示するとともに、表示された音符列と電子楽器25にて押鍵された鍵の比較による押鍵の正確さにより敏捷性の診断を行い、診断結果をRAM13に一時記憶する。ステップ552の処理は、上昇及び下降する音符に対する方向順応性を診断するもので、指くぐりを必要とするとともに上昇及び下降する音符列をディスプレイ15に表示し、表示した音符列と電子楽器25にて押鍵された鍵との比較による押鍵の正確さ、特に上昇及び下降への切り換え点の正確さにより方向順応性の診断を行い、診断結果をRAM13に一時記憶しておく。なお、これらの診断においては、表示される音符列は単音列で構成されている。   The processing of step 548 is for diagnosing the uniformity of the finger force. A note string with dynamic symbols such as piano p, mesoforte mf, and forte f is displayed on the display 15, and the strength of the displayed note string and the electronic The equality is diagnosed by comparing the key touch with the musical instrument 25, and the diagnosis result is temporarily stored in the RAM 13. The process of step 550 is to diagnose the agility of how fast the tempo can be played. The tempo display of the simple note sequence is displayed differently on the display 15, and the displayed note sequence and the electronic musical instrument 25 are displayed. The agility is diagnosed based on the accuracy of the key depression by comparing the keys depressed, and the diagnosis result is temporarily stored in the RAM 13. The process of step 552 is for diagnosing directional adaptability to ascending and descending notes. A finger string is required, and the ascending and descending note strings are displayed on the display 15. The displayed note strings and the electronic musical instrument 25 are displayed. Diagnosis of directional adaptability is performed based on the accuracy of key depression by comparison with a key depressed, and in particular, the accuracy of a switching point between ascending and descending, and the diagnosis result is temporarily stored in the RAM 13. Note that, in these diagnoses, the displayed note string is composed of a single note string.
これらのステップ548〜552の診断が終了すると、診断オブジェクト500は、ステップ570,572の処理を経てステップ546の処理を実行する。ステップ546においては、自己のオブジェクト500に対して右手の複音打鍵診断を表すデータを条件データとして起動メッセージが発行される。この起動メッセージに応答して、診断オブジェクト500は、ステップ502〜506の処理後、ステップ554,556の診断処理を実行する。ステップ554の処理は、複音の指力均等性を診断するもので、和音を構成する複数の音符と各音符に対応して指番号を順次ディスプレイ15に表示して、電子楽器25にて押鍵された各鍵(各指)の鍵タッチの相違をチェックして前記均等性の診断を行い、同診断結果をRAM13に一時記憶しておく。ステップ556の処理は、どの程度離れた音高の押鍵まで可能であるかの手の伸長性を診断するもので、音高の離れた複数の音符と各音符に対応して指番号を順次ディスプレイ15に順次表示して、電子楽器25にてユーザが押鍵可能であるかの診断を行い、同診断結果をRAM13に一時記憶しておく。   When the diagnosis in steps 548 to 552 ends, the diagnosis object 500 executes the processing in step 546 through the processing in steps 570 and 572. In step 546, a start message is issued to the object 500 of itself using data representing the right-handed double-keystroke diagnosis as condition data. In response to this start message, the diagnostic object 500 executes the diagnostic processing of steps 554 and 556 after the processing of steps 502 to 506. The processing of step 554 is for diagnosing the uniformity of finger powers of multiple sounds. A plurality of notes constituting a chord and finger numbers corresponding to the respective notes are sequentially displayed on the display 15, and the electronic musical instrument 25 presses keys. The difference in key touch of each key (each finger) is checked, and the equality is diagnosed, and the diagnosis result is temporarily stored in the RAM 13. The process of step 556 is to diagnose the elongation of the hand as to how far a pitch can be depressed, and sequentially assigns a plurality of notes having different pitches and a finger number corresponding to each note. The result is sequentially displayed on the display 15, a diagnosis is made as to whether or not the user can depress a key with the electronic musical instrument 25, and the result of the diagnosis is temporarily stored in the RAM 13.
これらのステップ554,556の終了後、診断オブジェクト500は、ステップ570,572の処理を経てステップ542の処理を実行する。ステップ542においては、自己のオブジェクト500に対して左手の打鍵診断を表すデータを条件データとして起動メッセージを発行する。この起動メッセージに応答して、診断オブジェクト500は、ステップ502〜506の処理後、ステップ558の診断処理を実行する。ステップ558の処理は、ステップ544〜556の全ての処理を左手に置き換えたものであるので、説明を省略する。これにより、左手に関しても、前記右手の場合と同様に打鍵診断結果がRAM13に一時記憶される。   After the completion of these steps 554 and 556, the diagnostic object 500 executes the processing of step 542 through the processing of steps 570 and 572. In step 542, an activation message is issued to the object 500 of itself using data representing a keystroke diagnosis of the left hand as condition data. In response to this start message, the diagnostic object 500 performs the diagnostic processing of step 558 after the processing of steps 502 to 506. The processing of step 558 is the same as the processing of steps 544 to 556 except that all of the processing is performed on the left hand side, and a description thereof is omitted. As a result, with respect to the left hand, the keystroke diagnosis result is temporarily stored in the RAM 13 as in the case of the right hand.
このステップ558の処理後、診断オブジェクト500は、ステップ570,572の処理を経てステップ536の処理を実行する。ステップ536においては、自己のオブジェクト500に対してリズム診断を表すデータを条件データとして起動メッセージを発行する。この起動メッセージに応答して、診断オブジェクト500は、ステップ502〜506の処理後、ステップ560〜564の診断処理を実行する。ステップ560の処理は、4連符系のリズム表現能力を診断するもので、4連符系の音符列を順次ディスプレイ15に表示して、電子楽器25にて押鍵されたタイミングの正確さの診断を行い、同診断結果をRAM13に一時記憶しておく。ステップ562の処理は、前記4連符系を3連符に換えたものである。ステップ564の処理は、シンコペーションなどの変拍子リズムの表現能力を診断するもので、前記変拍子のついた音符列をディスプレイ15に表示して、電子楽器25にて押鍵されたタイミングの正確さの診断を行い、同診断結果をRAM13に一時記憶しておく。   After the processing of step 558, the diagnostic object 500 executes the processing of step 536 via the processing of steps 570 and 572. In step 536, an activation message is issued to the object 500 using data representing rhythm diagnosis as condition data. In response to the start message, the diagnostic object 500 executes the diagnostic processing of steps 560 to 564 after the processing of steps 502 to 506. The process of step 560 is to diagnose the quadruplet-based rhythm expression ability. The note sequence of the quadruplet system is sequentially displayed on the display 15, and the accuracy of the timing at which the key is pressed by the electronic musical instrument 25 is checked. Diagnosis is performed, and the diagnosis result is temporarily stored in the RAM 13. The process of step 562 is a process in which the quadruple system is replaced with triplets. The processing of step 564 is for diagnosing the ability to express a time signature rhythm such as syncopation. The note sequence with the time signature is displayed on the display 15 and the accuracy of the timing at which the key is pressed by the electronic musical instrument 25 is determined. And the result of the diagnosis is temporarily stored in the RAM 13.
このステップ564の処理後、診断オブジェクト500は、ステップ570,572の処理を経て、ステップ538の処理を実行する。ステップ538においては、自己のオブジェクト500に対して両手演奏診断を表すデータを条件データとして起動メッセージを発行する。この起動メッセージに応答して、診断オブジェクト500は、ステップ502〜506の処理後、ステップ566,568の診断処理を実行する。ステップ566の処理は、どの程度両手を連携させて演奏できるかを診断するもので、両手演奏のための複数列の音符列をディスプレイ15に表示し、電子楽器25における押鍵の正確さを診断して、同診断結果をRAM13に一時記憶しておく。ステップ568の処理は、左手と右手で異なるリズムの演奏が可能かを診断するもので、異なるリズムの2つの音符列をディスプレイ15に表示し、電子楽器25にて押鍵の正確さを診断して、同診断結果をRAM13に一時記憶しておく。そして、診断オブジェクト500は、ステップ570,572の処理を経て、演奏診断を終了する。   After the processing in step 564, the diagnostic object 500 executes the processing in step 538 through the processing in steps 570 and 572. In step 538, an activation message is issued to the object 500 of itself using data representing a two-handed performance diagnosis as condition data. In response to the activation message, the diagnostic object 500 executes the diagnostic processing of steps 566 and 568 after the processing of steps 502 to 506. The process of step 566 is to diagnose how much both hands can be played together, and to display a plurality of note strings for playing both hands on the display 15 and to diagnose the accuracy of the key press on the electronic musical instrument 25. Then, the diagnostic result is temporarily stored in the RAM 13. The process of step 568 is to diagnose whether different rhythms can be performed with the left hand and the right hand. Two note strings having different rhythms are displayed on the display 15 and the electronic musical instrument 25 diagnoses the accuracy of key presses. Then, the diagnosis result is temporarily stored in the RAM 13. Then, the diagnosis object 500 ends the performance diagnosis through the processing of steps 570 and 572.
d−3.楽想記号理解力診断
次に、楽想記号理解力診断について説明する。前記演奏技能の診断の終了後、診断オブジェクト500は、ステップ512にて楽想記号理解力の診断処理を行う。この診断処理は、クレッシェンド、ディミニエンドなどの楽想記号及び同記号に対する複数種類の説明をディスプレイ15に表示して、ユーザにキーボード14を用いて正解を選択させる。そして、複数の出題の正解率を診断結果としてRAM13に一時記憶する。そして、診断オブジェクト500は、ステップ570,572の処理を経て、楽想記号理解力診断を終了する。
d-3. Diagnosis of Comprehension of Ideal Symbols Next, the diagnosis of ideographic symbols will be described. After the completion of the performance skill diagnosis, the diagnosis object 500 performs a diagnosis process of the ideographic symbol understanding ability in step 512. In this diagnostic processing, ideographic symbols such as crescendo and dimini-end and a plurality of types of explanations for the symbols are displayed on the display 15 and the user selects a correct answer using the keyboard 14. Then, the correct answer rates of a plurality of questions are temporarily stored in the RAM 13 as diagnosis results. Then, the diagnosis object 500 ends the diagnosing symbol understanding ability diagnosis through the processing of steps 570 and 572.
e.レッスン内容決定オブジェクト
次に、レッスン内容決定オブジェクト300(図5)について、詳細に説明する。このレッスン内容決定オブジェクト300は、図2のステップ106にて指定されるとともに作成開始メッセージを受けて処理を開始するもので、ステップ302,304にてウォーミングアップ及び復習の各要否の問い合わせをディスプレイ15に表示するとともに、ユーザによるキーボード14からの回答を入力する。次に、ステップ306にて、予め定められた基準により、ウォーミングアップ及び復習の各要否の問い合わせ結果と、ハードディスク16に記憶されている練習計画データの今回の練習時間とに基づいて今回の練習予定テーブルをRAM13上に作成する。この練習予定テーブルは、図19に示すように、練習計画の今回の練習時間をウォーミングアップ、復習及び練習曲の演奏練習にそれぞれ割り当てたものである。なお、ウォーミングアップ及び復習の各要否の問い合わせの結果、ウォーミングアップ又は復習が必要ないという回答であれば、その項目の数値が「0」に設定される。
e. Next, the lesson content determination object 300 (FIG. 5) will be described in detail. The lesson content determination object 300 is designated at step 106 of FIG. 2 and starts processing upon receipt of a creation start message. At steps 302 and 304, an inquiry about the necessity of warm-up and review is displayed on the display 15. At the same time, and input the answer from the keyboard 14 by the user. Next, in step 306, the current practice schedule is determined based on the result of the inquiry about the necessity of each of the warm-up and the review and the current practice time of the practice plan data stored in the hard disk 16 according to a predetermined standard. A table is created on the RAM 13. As shown in FIG. 19, the practice schedule table assigns the current practice time of the practice plan to warm-up, review, and practice of playing a practice song. As a result of the inquiry about the necessity of each of the warm-up and the review, if the answer is that the warm-up or the review is unnecessary, the numerical value of the item is set to “0”.
そして、レッスン内容決定オブジェクト300は、ステップ308,310にて、前記練習予定テーブルの内容をディスプレイ15に表示するとともに、同テーブルの練習内容に関するユーザの要望をディスプレイ15上にて問い合わせる。そして、キーボード14から入力されるユーザの要望に応じて、練習予定テーブルの内容を修正してレッスン内容オブジェクトの処理を終了する。また、ユーザがディスプレイ15に提示された練習予定に納得した場合には、練習予定テーブルの修正は行われない。   Then, the lesson content determination object 300 displays the contents of the practice schedule table on the display 15 in steps 308 and 310, and inquires on the display 15 about the user's request regarding the practice content of the table. Then, according to the user's request input from the keyboard 14, the contents of the practice schedule table are corrected, and the processing of the lesson content object is completed. If the user is satisfied with the practice schedule presented on the display 15, the practice schedule table is not modified.
f.レッスンオブジェクト(起動及びプロセス終了要求)
次に、メインプログラム(図2)のステップ110にて指定されるレッスンオブジェクト400(図6)について説明する。前記ステップ110の処理により、起動メッセージが発行されるとともに、ウォーミングアップ、復習及び練習曲を表すデータのいずれかが条件データとして送られると、レッスンオブジェクト400は、ステップ402にて課金オブジェクト700に対して実行プログラム通知メッセージを発行する。このとき、レッスンオブジェクト400はレッスンを行うことを表すデータも課金オブジェクト700に送る。これにより、課金オブジェクト700は、前記と同様に、ステップ704にてRAM内の単位料金データを診断に対応して予め定められている金額に設定する。したがって、課金オブジェクト700は、タイマオブジェクト600による所定時間の計測毎にレッスンに対応した単位料金を課金データに累算していくことになる。
f. Lesson object (start and process end request)
Next, the lesson object 400 (FIG. 6) specified in step 110 of the main program (FIG. 2) will be described. According to the processing in step 110, a start-up message is issued, and when any of data representing warm-up, review, and practice music is sent as condition data, the lesson object 400 Issues an executable program notification message. At this time, the lesson object 400 also sends data indicating that the lesson is performed to the billing object 700. As a result, the billing object 700 sets the unit fee data in the RAM to a predetermined amount corresponding to the diagnosis in step 704 as described above. Therefore, the billing object 700 accumulates the unit fee corresponding to the lesson in the billing data every time the timer object 600 measures the predetermined time.
次に、レッスンオブジェクト400は、ステップ404にてタイマオブジェクト600に対してセットメッセージを発行する。この時、条件データとして指定されているウォーミングアップ、復習又は練習曲を表すデータに応じて、前記練習予定テーブル(図19)内の練習時間を表すデータが時間データとして、タイマオブジェクト600に対して送られる。これに応答して、タイマオブジェクト600は、ステップ606にて前記送られた時間データを記憶し、同時間により表された時間の経過後に、メッセージの発行元のオブジェクト(レッスンオブジェクト400)に対してプロセス終了要求メッセージを発行する。   Next, the lesson object 400 issues a set message to the timer object 600 in step 404. At this time, data representing the practice time in the practice schedule table (FIG. 19) is transmitted to the timer object 600 as time data in accordance with the data representing the warm-up, review, or practice music designated as the condition data. Can be In response, the timer object 600 stores the time data sent in step 606 and, after the lapse of the time represented by the same time, transmits the message to the object that issued the message (the lesson object 400). Issues a process termination request message.
前記ステップ404の処理後に、条件データとしてウォーミングアップを表すデータが与えられていれば、ステップ406の処理を実行する。条件データとして復習を表すデータが与えられていれば、ステップ408の処理を実行する。また、条件データとして練習曲を表すデータが与えられていれば、ステップ410〜418からなる練習曲による練習処理を実行する。   After the process of step 404, if data indicating warm-up is given as the condition data, the process of step 406 is executed. If the data indicating the review is given as the condition data, the process of step 408 is executed. If data representing a practice song is given as the condition data, a practice process using the practice song consisting of steps 410 to 418 is executed.
ステップ406においては、ディスプレイ15に単純な音符列(例えば、単純に音高が上昇又は下降する複数の音符からなる音符列)が表示されるとともに同表示音符列に対応した演奏をすることが指示され、ユーザは電子楽器25を用いて前記表示音符列に応じた演奏をウォーミングアップに配分された時間だけ行う。また、ステップ408においては、練習計画データ(図17)より前回の練習内容の一部を抽出して、ディスプレイ15にその内容を表示し、ユーザは電子楽器25を用いて前記表示に応じた演奏練習を復習練習に配分された時間だけ行う。   In step 406, a simple note sequence (for example, a note sequence consisting of a plurality of notes whose pitch is simply raised or lowered) is displayed on the display 15, and an instruction to perform a performance corresponding to the displayed note sequence is given. Then, the user uses the electronic musical instrument 25 to perform a performance corresponding to the displayed note sequence for a time allocated to warm-up. In step 408, a part of the previous practice content is extracted from the practice plan data (FIG. 17), and the content is displayed on the display 15. The user can use the electronic musical instrument 25 to perform the performance according to the display. Exercise is performed for the time allotted for review exercises.
ステップ410においては、練習曲の練習のために配分された時間をさらに下位の読譜練習及びメトロノームステップ練習からなる各練習項目にそれぞれ配分する。次に、レッスンオブジェクト400はステップ412にて自己のオブジェクト400に対して読譜練習を表すデータを条件データとして起動メッセージを発行する。このメッセージの発行により、前述したステップ402,404の処理後、ステップ416にて図11,12のフローチャートに従ってユーザに読譜練習を行わせる。この読譜練習の処理後、後述するステップ420,422の処理を経て、ステップ414の処理を実行する。このステップ414においては、レッスンオブジェクト400は自己のオブジェクト400に対してメトロノームステップ練習を表すデータを条件データとして起動メッセージを発行する。このメッセージの発行により、前述したステップ402,404の処理後、ステップ418にて図13,14のフローチャートに従ってユーザにメトロノームステップ練習を行わせる。なお、前記読譜練習及びメロトノームステップ練習については詳しく後述する。   In step 410, the time allotted for practicing the practice music is further allocated to each practice item including lower-level reading practice and metronome step practice. Next, in step 412, the lesson object 400 issues an activation message to its own object 400, using data representing reading practice as condition data. By issuing this message, after the processing of steps 402 and 404 described above, the user is caused to practice reading music in accordance with the flowcharts of FIGS. After the music reading practice processing, the processing of step 414 is executed via the processing of steps 420 and 422 described later. In this step 414, the lesson object 400 issues an activation message to its own object 400 using data representing metronome step practice as condition data. By issuing this message, after the processing in steps 402 and 404 described above, in step 418, the user is caused to practice the metronome step according to the flowcharts in FIGS. The reading practice and the melotonome step training will be described later in detail.
前記ウォーミングアップ、復習又は練習曲(読譜及びメトロノームステップ)の各練習処理後、ステップ420にてタイマオブジェクト600に対して開放メッセージを発行し、ステップ422にてタイマスケジュール調整を行う。前記練習処理がウォーミングアップ又は復習であれば、これらの練習は配分された時間だけ行われるので、前記タイマオブジェクト600によるセット処理及び前記タイマスケジュール調整は実質的には意味がなくなる。一方、前記練習処理が練習曲に関するものであれば、前述した診断オブジェクト500の場合と同様な意味をもつ。すなわち、練習曲の各種練習が配分された時間以内に終了すれば、ステップ428にてタイマオブジェクト600のセット状態が解除され、またステップ430にて今後の練習に残りの時間が配分される。   After the warm-up, review, or practice of each practice song (music reading and metronome step), an open message is issued to the timer object 600 in step 420, and the timer schedule is adjusted in step 422. If the practice process is a warm-up or review, these exercises are performed for the allotted time, so that the setting process and the timer schedule adjustment by the timer object 600 are practically meaningless. On the other hand, if the practice process relates to a practice song, it has the same meaning as in the case of the diagnostic object 500 described above. That is, if the various exercises of the practice music are completed within the allocated time, the set state of the timer object 600 is canceled in step 428, and the remaining time is allocated to future practice in step 430.
しかし、前記配分された時間が経過しても、練習曲の各種練習が終了されない場合には、前記診断オブジェクト500の場合と同様に、タイマオブジェクト600がレッスンオブジェクト400を指定してプロセス終了要求メッセージを発行する。このメッセージの発行に応答して、レッスンオブジェクト400は、現在練習中の内容に対する中間評価結果(採点結果)を表すデータがRAM13にあるか否かにより、ステップ424又はステップ428の処理を実行する。中間診断結果があれば、ステップ424にて同中間評価結果をそのままにして、ステップ426にて練習中の内容を強制的に終了させて次の処理に進める。また、中間評価結果がなければ、ステップ428にて延長時間を設定し、ステップ430にてタイマオブジェクト600に対して前記延長時間を表す時間データと共にセットメッセージを再び発行し、ステップ432にて終了要求フラグをセットする。   However, if the practice of the practice music is not completed even after the allocated time elapses, the timer object 600 specifies the lesson object 400 and the process end request message as in the case of the diagnosis object 500. Is issued. In response to the issuance of this message, the lesson object 400 executes the processing of step 424 or step 428 depending on whether or not data indicating the intermediate evaluation result (scoring result) for the content currently being practiced is in the RAM 13. If there is an intermediate diagnosis result, the intermediate evaluation result is left as it is in step 424, and the content being practiced is forcibly terminated in step 426, and the process proceeds to the next process. If there is no intermediate evaluation result, an extension time is set in step 428, a set message is again issued to the timer object 600 together with time data indicating the extension time in step 430, and an end request is issued in step 432. Set a flag.
f−1.読譜練習
図11,12の読譜練習ルーチンについて説明する。このルーチンは、レッスンオブジェクト(図6)のステップ416にて実行されるものであり、ステップ800にて開始され、ステップ802にて練習範囲が指定される。この練習範囲の指定においては、まずハードディスク16内の練習計画データの該当箇所から今回の練習内容を読み出し、同内容に基づいてRAM13に記憶させた練習曲データの最初のフレーズ(図20のF1)を指定する。そして、このステップ802の処理が実行される毎に、練習曲データの次のフレーズ(図20F2,F3…)が順次指定される。なお、練習内容が特殊リズム部分であれば、特殊なリズム部分(例えば、図20の特殊リズムR1,R3)を順次指定する。
f-1. Reading practice The reading practice routine of FIGS. 11 and 12 will be described. This routine is executed in step 416 of the lesson object (FIG. 6), starts in step 800, and specifies a practice range in step 802. In specifying the practice range, first, the content of the current practice is read from the relevant portion of the practice plan data in the hard disk 16, and based on the content, the first phrase of the practice music data stored in the RAM 13 (F1 in FIG. 20). Is specified. Then, each time the process of step 802 is executed, the next phrase (FIG. 20F2, F3...) Of the practice music data is sequentially designated. If the practice content is a special rhythm part, special rhythm parts (for example, special rhythms R1 and R3 in FIG. 20) are sequentially designated.
次に、レッスンオブジェクト400は、ステップ804にて、前記練習内容を表すデータ、練習曲データ中の楽譜データ及び演奏データに基づいてディスプレイ15上に前記指定範囲の楽譜を表示する。この場合、例えば練習内容が音階練習(図17のSTEP1)であれば、練習曲データ中の演奏データに基づいて指定範囲に登場する音高の音符列を抽出した新たな演奏データを作成して、同演奏データに対応した音符列をディスプレイ15に表示する。また、練習内容が右手演奏、左手演奏又は両手演奏ならば、前記指定範囲であって右手演奏部分(メロディ部分)、左手演奏部分(伴奏部分)又は全ての演奏部分を練習曲データの楽譜データ中から抜き出してディスプレイ15上に表示する。さらに、練習内容が特殊リズム部分であれば、特殊なリズム部分(例えば、図20の特殊リズムR1,R2)が練習曲データの楽譜データ中から抜き出してディスプレイ15上に表示する。この場合、運指データに基づいて、運指も表示するとよい。   Next, in step 804, the lesson object 400 displays the music score in the specified range on the display 15 based on the data representing the exercise content, the music score data in the practice music data, and the performance data. In this case, for example, if the practice content is scale practice (STEP 1 in FIG. 17), new musical performance data is created by extracting a note sequence having a pitch appearing in a specified range based on the musical performance data in the practice music data. The note sequence corresponding to the performance data is displayed on the display 15. If the practice content is a right-hand performance, a left-hand performance, or a two-hand performance, the right-hand performance part (melody part), the left-hand performance part (accompaniment part) or all the performance parts within the specified range are included in the musical score data of the practice music data. And display it on the display 15. Furthermore, if the practice content is a special rhythm part, a special rhythm part (for example, the special rhythms R1 and R2 in FIG. 20) is extracted from the musical score data of the practice music data and displayed on the display 15. In this case, the fingering may be displayed based on the fingering data.
次に、レッスンオブジェクト400は、ステップ806にて、前記ディスプレイ15に表示されている音符列に対応した前記新たに作成された演奏データ又は前記ディスプレイ15にて表示されている楽譜に対応した前記練習曲データ中の演奏データを電子楽器25に供給する。電子楽器25は、前記供給された演奏データに基づいて楽音を発生して、ユーザに対して模範演奏音を聴かせる。コンピュータ装置内に楽音信号発生回路を内蔵しているものであれば、同楽音信号発生回路を用いて模範演奏音を発生させるようにしてもよい。次に、レッスンオブジェクト400は、ステップ808にてユーザに対して演奏練習開始の指示をディスプレイ15を介して行うとともに、CPU11に内蔵したタイマによる時間計測を開始させる。   Next, in step 806, the lesson object 400 determines the newly created performance data corresponding to the note sequence displayed on the display 15 or the practice data corresponding to the musical score displayed on the display 15. The performance data in the music data is supplied to the electronic musical instrument 25. The electronic musical instrument 25 generates a musical tone based on the supplied performance data, and makes the user listen to the model performance sound. As long as the computer includes a tone signal generation circuit, the tone signal generation circuit may be used to generate the model performance sound. Next, the lesson object 400 instructs the user to start playing practice via the display 15 in step 808, and starts time measurement by a timer built in the CPU 11.
そして、レッスンオブジェクト400は、ステップ810にてディスプレイ15に表示されている楽譜上にて次に演奏すべき音符を指示し、ステップ812にて電子楽器25における押鍵を待つ。ユーザが電子楽器のいずれかの鍵を押鍵すれば、ステップ812における「YES」との判定のもとに、ステップ814にてRAM13に押鍵された鍵に対応した音高データを押鍵列データに書き込む。次に、ステップ816にて終了要求フラグが”1”であるか否かを判定し、ステップ818にて押鍵された鍵が前記ステップ810により指示された音符に対応したものであるか否かを判定する。終了要求フラグは通常”0”に設定されているので、プログラムはステップ818に進められ、正しい押鍵であれば、ステップ820にてRAM13に押鍵された鍵に対応した音高データを正答押鍵列データに書き込む。そして、ステップ822にて指定範囲の練習を終了した否かを判定する。   Then, the lesson object 400 designates a note to be played next on the musical score displayed on the display 15 at step 810, and waits for a key press on the electronic musical instrument 25 at step 812. If the user presses any key of the electronic musical instrument, the pitch data corresponding to the key pressed in the RAM 13 in step 814 is determined based on the determination of “YES” in step 812, and Write to data. Next, at step 816, it is determined whether or not the end request flag is "1". At step 818, it is determined whether or not the key depressed corresponds to the note indicated at step 810. Is determined. Since the end request flag is normally set to "0", the program proceeds to step 818, and if it is a correct key press, the pitch data corresponding to the key pressed in the RAM 13 is correctly pressed in step 820. Write to key string data. Then, in step 822, it is determined whether or not the practice of the designated range has been completed.
指定範囲の練習を終了していなければ、ステップ822にて「NO」と判定して、前記ステップ810〜822からなる処理が前記指定範囲の練習終了まで続けられる。この繰り返し処理中、指定範囲の押鍵列データ及び正答押鍵列データが順次形成されていく。一方、前記ステップ810〜822の繰り返し処理中に、ユーザにより誤った鍵が押鍵されてステップ818にて「NO」と判定されると、レッスンオブジェクト400はステップ834以降の処理を実行する。   If the practice in the designated range has not been completed, "NO" is determined in step 822, and the processing of steps 810 to 822 is continued until the practice in the designated range is completed. During this repetition process, keystroke sequence data and correct answer keystroke sequence data in the designated range are sequentially formed. On the other hand, during the repetition of steps 810 to 822, if a wrong key is pressed by the user and “NO” is determined in step 818, the lesson object 400 executes the processing of step 834 and thereafter.
ステップ834においては、間違い総数を計測するために間違い総数データを「1」だけアップする。次に、ステップ836に前記間違いが連続したものであるか否かを判定し、連続したものでなければ、プログラムをステップ842に進める。一方、前記間違いが連続したものであれば、ステップ838にて押鍵された鍵と演奏すべき音符との比較により間違い内容が解析され、ステップ840にて間違い内容及び同間違い対する適当な指示がディスプレイ15に表示される。例えば、#,bの記号が付いた音符に対して、#,bの記号が付かない音高に対応した鍵を押鍵した場合に、#,bの記号付きの音符であること、同#,bの記号の意味などを説明する。これにより、ユーザは次の演奏で間違わないように対処できる。   In step 834, the total error data is incremented by "1" to measure the total error. Next, it is determined in step 836 whether or not the error is continuous, and if not, the program proceeds to step 842. On the other hand, if the mistakes are consecutive, the contents of the mistake are analyzed in step 838 by comparing the key pressed and the note to be played, and in step 840 the mistake content and an appropriate instruction for the mistake are given. It is displayed on the display 15. For example, when a key corresponding to a pitch without the symbol #, b is pressed for a note with the symbol #, b, the note with the symbol #, b is determined. , B will be explained. This allows the user to take care not to make a mistake in the next performance.
ステップ842においては、間違い総数データに基づいて間違い総数が予め決めた規定値を超過したか否かを判定する。間違い総数が規定値を超過していれば、プログラムを後述するステップ844以降へすすめる。間違い総数が規定値を超過していなければ、プログラムをステップ812に戻し、ステップ812にて新たな押鍵を待つ。このようなステップ810〜822,834〜842からなる処理により、間違い押鍵を含む押鍵列データ及び正答押鍵列データが順次形成され、指定範囲の全ての正答押鍵が終了すると、レッスンオブジェクト400はステップ822にて「YES」と判定して、ステップ824にて押鍵列データに対する正答押鍵列データのデータ数の比を正答率として計算し、ステップ826にてディスプレイ15の音符列又は楽譜に押鍵列データと正答押鍵列データとの比較によって間違い箇所を表示する。   In step 842, it is determined whether the total number of errors exceeds a predetermined value based on the total error data. If the total number of errors exceeds the specified value, the program proceeds to step 844 and later, which will be described later. If the total number of errors does not exceed the specified value, the program returns to step 812, and waits for a new key press at step 812. By the processing including the steps 810 to 822 and 834 to 842, the keystroke sequence data including the incorrect keystroke and the correct keystroke sequence data are sequentially formed. When all the correct keystroke operations in the designated range are completed, the lesson object 400 determines “YES” in step 822, calculates the ratio of the number of correct answer keystroke data to the number of keystroke data in step 824 as a correct answer ratio, and in step 826, calculates the note string on the display 15 or An error portion is displayed on the score by comparing the keystroke sequence data and the correct keystroke sequence data.
次に、ステップ828にて終了要求フラグが”1”であるか否かを判定するが、終了要求フラグは通常は”0”に設定されているので、プログラムはステップ830に進められる。ステップ830においては、前記計算した正答率が所定率(例えば80%)を越えているか否かを判定する。正答率が前記所定率を越えていなければ、プログラムをステップ806に戻し、前回と同一の指定範囲の押鍵練習を繰り返し行うことになる。一方、正答率が前記所定率以上であれば、プログラムをステップ832に進めて、同ステップ832にて練習曲の指定されるべき全範囲を終了したか否かを判定する。全範囲が終了していなければ、プログラムをステップ802に戻し、次の指定範囲を決定して、前記場合と同様にユーザに押鍵練習を行わせる。   Next, at step 828, it is determined whether or not the end request flag is "1". Since the end request flag is normally set to "0", the program proceeds to step 830. In step 830, it is determined whether the calculated correct answer rate exceeds a predetermined rate (for example, 80%). If the correct answer rate does not exceed the predetermined rate, the program returns to step 806, and the key pressing practice in the same designated range as the previous time is repeated. On the other hand, if the correct answer rate is equal to or higher than the predetermined rate, the program proceeds to step 832, and in step 832, it is determined whether or not the entire range of the practice music to be designated has been completed. If the entire range has not been completed, the program returns to step 802 to determine the next specified range, and prompts the user to perform key pressing as in the case described above.
また、全範囲が終了していれば、ステップ848にて各指定範囲の正答率、試行回数、所用時間などを曲データ中の演奏データと比較して練習結果を採点し、同採点結果をRAM13上に設けた達成度テーブル(図21)に書き込む。この読譜練習においては、読譜力に重点がおかれて採点されて、幹音及び派生音の正確さ、音部記号、複音記号、両手コンビネーションなどの欄に点数が記入される。   If the entire range has been completed, the practice result is scored by comparing the correct answer rate, the number of trials, the required time, etc. of each designated range with the performance data in the music data at step 848, and the scored result is stored in the RAM 13 It is written in the achievement table (FIG. 21) provided above. In this music reading practice, the score is given with emphasis on the music reading ability, and points are entered in columns such as accuracy of stem and derived sounds, clef, double tone, and two-handed combination.
次に、前記ステップ842にて間違い総数が規定値を超過していると判定された場合について説明する。この場合、レッスンオブジェクト400は、ステップ844にて再挑戦とレッスン中止とのいずれかを選択することをディスプレイ15に表示し、ユーザにいずれか一つを選択させる。ユーザが再挑戦を選択すれば、ステップ846の処理によりプログラムをステップ806に戻し、指定範囲の模範練習から再開される。一方、ユーザがレッスン中止を選択すれば、ステップ846の処理によりプログラムをステップ848に進める。   Next, a case where it is determined in step 842 that the total number of errors exceeds the specified value will be described. In this case, the lesson object 400 displays on the display 15 the selection of one of the re-challenge and the lesson stop in step 844, and prompts the user to select one. If the user selects the retry, the program returns to step 806 by the processing of step 846, and restarts from the model practice in the specified range. On the other hand, if the user selects lesson cancellation, the program proceeds to step 848 by the processing of step 846.
また、前記レッスンオブジェクト400による読譜練習中に、同オブジェクト400によりプロセス終了要求メッセージに応答して前記ステップ432にて終了要求フラグが”1”にセットされた場合について説明する。この場合、ステップ816,828にて共に「YES」と判定されるために、演奏練習が中断されてプログラムをステップ848に進める。これらの間違い総数の増大又はプロセス終了要求メッセージによる場合には、前記ステップ848の点数は悪い値に設定される。そして、ステップ850にて、この読譜練習ルーチンの実行を終了する。   Also, a case will be described in which the end request flag is set to "1" in step 432 in response to the process end request message by the object 400 during the music reading practice by the lesson object 400. In this case, since it is determined “YES” in both steps 816 and 828, the performance practice is interrupted and the program proceeds to step 848. If the error count is increased or the process end request message is issued, the score in step 848 is set to a bad value. Then, in step 850, the execution of the music reading practice routine ends.
f−2.メトロノームステップ練習
図13,14のメトロノームステップ練習ルーチンについて説明する。このルーチンは、レッスンオブジェクト(図6)のステップ418にて実行されるものである。このメトロノームステップ練習ルーチンは、前述した図11,12の読譜練習ルーチンにテンポを加味したもので、大半部分が読譜練習ルーチンと同じであるので、同一部分について同一符号を付して説明を省略し、異なる部分についてのみ説明する。
f-2. Metronome Step Practice The metronome step practice routine of FIGS. This routine is executed in step 418 of the lesson object (FIG. 6). This metronome step practice routine is the same as the above-described reading practice routine of FIGS. 11 and 12 with the addition of a tempo. Most of the routine is the same as the reading practice routine. Only different parts will be described.
メトロノームステップ練習ルーチンの実行はステップ860にて開始され、レッスンオブジェクト400はステップ862にて練習曲のテンポ(演奏データの一部として記憶)を練習計画データのうち今回の練習内容に応じて補正し、同補正したテンポで4分音符毎に基準テンポ音を発生し始める。したがって、練習者はこのテンポ音を聴きながら演奏練習することになる。その後のステップ802〜816については、読譜練習ルーチンと同じである。ステップ864においては、読譜練習ルーチンとは異なり、音高の一致ばかりではなく、押鍵のタイミングが演奏されるべきタイミングの許容範囲内であるか否かも考慮にいれて正答押鍵か否かが判定される。なお、このタイミングの判定は、ステップ808にて開始されたタイマによる計測時間と、曲データ中の演奏データを練習計画データのうちの今回の練習内容(テンポ)で補正した値とを比較することにより行われる。   The execution of the metronome step practice routine is started at step 860. At step 862, the lesson object 400 corrects the tempo of the practice music (stored as a part of the performance data) in the practice plan data according to the current practice content. Then, the reference tempo sound starts to be generated every quarter note at the corrected tempo. Therefore, the trainee practices the performance while listening to the tempo sound. Subsequent steps 802 to 816 are the same as the music reading practice routine. In step 864, unlike the music reading practice routine, it is determined whether or not the correct key is pressed, taking into account not only the matching of the pitch but also whether or not the key pressing timing is within the allowable range of the timing to be played. Is determined. This timing is determined by comparing the time measured by the timer started in step 808 with a value obtained by correcting the performance data in the music data with the current practice content (tempo) of the practice plan data. Is performed by
また、ステップ820以降の処理も読譜練習ルーチンの場合と同じであるが、同ルーチン836〜840の処理が省略されている。これは、間違った鍵が連続して押鍵されても演奏を中断しないようにしたものである。   The processing after step 820 is the same as that of the reading practice routine, but the processing of the routines 836 to 840 is omitted. This is so that the performance is not interrupted even if an incorrect key is continuously pressed.
また、ステップ848の達成度テーブルへの書き込みにおいては、リズムに重点が置かれ、速さ、リズム表現、両手コンビネーションなどの欄に採点が記入されるとともに、前記読譜練習とメトロノームステップ練習の合計の達成時間も記入される。   In writing to the achievement table in step 848, emphasis is placed on rhythm, and scores are entered in fields such as speed, rhythm expression, and two-handed combination. The achievement time is also entered.
g.レッスンオブジェクト(終了)
次に、メインプログラム(図2)のステップ114にて指定されるレッスンオブジェクト400(図6)について説明する。前記ステップ114の処理により、レッスンオブジェクト400が指定されるとともに終了メッセージが発行されると、同オブジェクト400はステップ434以降の処理を実行する。
g. Lesson object (end)
Next, the lesson object 400 (FIG. 6) specified in step 114 of the main program (FIG. 2) will be described. When the lesson object 400 is designated and the end message is issued by the processing of step 114, the object 400 executes the processing of step 434 and thereafter.
ステップ434においては、練習結果に基づいて、ハードディスク16の練習計画データに、実施日、成功率、成功率が所定点数以上であれば終了記号及び消費時間が書き加えられる。この場合、成功率は、達成度テーブル内容に基づいて、練習計画データの練習内容に関係した演奏練習に重きをおいて計算される。例えばテンポの遅い練習は、幹音及び派生音の正確さ、音部記号、調号、両手コンビネーションに重きがおかれる。また、通常テンポの演奏練習の場合には、幹音及び派生音の押鍵速さ、リズム表現、両手コンビネーションに重きがおかれる。消費時間は、達成度テーブルに記憶されている前記読譜練習及びメトロノームステップ練習との合計時間である。   In step 434, based on the practice result, the execution date, the success rate, and if the success rate is equal to or more than a predetermined score, the end symbol and the consumption time are added to the practice plan data on the hard disk 16. In this case, the success rate is calculated based on the contents of the achievement degree table, with emphasis on performance practice related to the practice contents of the practice plan data. For example, slow tempo practice emphasizes the accuracy of the stem and derived sounds, clef, key signature, and two-handed combination. In the case of performance practice at a normal tempo, emphasis is placed on the key press speed, rhythm expression, and two-handed combination of the stem and derived sounds. The consumption time is the total time of the reading practice and the metronome step practice stored in the achievement degree table.
次に、ステップ436にてハードディスク16内のユーザモデルデータが更新される。この場合、前記達成度テーブルを参照するとともに、曲データの属性データを参照して、達成度が属性データの要求レベルを越えている各項目について、属性データ内の標準時間と達成度テーブル内の達成時間とにより計算した値を前記各項目毎に変更する。この変更される値は、例えば(定数×(標準時間−達成時間)/標準時間)により計算された値に、ユーザモデルデータの各項目データを加算した値である。   Next, in step 436, the user model data in the hard disk 16 is updated. In this case, the standard time in the attribute data and the standard time in the achievement table for each item whose achievement exceeds the required level of the attribute data are referred to by referring to the attribute data of the song data while referring to the achievement table. The value calculated based on the achievement time is changed for each item. The value to be changed is, for example, a value obtained by adding each item data of the user model data to a value calculated by (constant × (standard time−achieved time) / standard time).
次に、レッスンオブジェクト400は、ステップ438にて練習成果をディスプレイ15上に表示する。この場合、読譜練習及びメトロノームステップ練習において、今回の練習で間違いの多い箇所及び評価をディスプレイ15に表示するとともに、同箇所の演奏に対するコメント及び評価の悪い点を克服するためのコメントなどをディスプレイ15に表示する。表示される評価及びコメントは、予め用意された多数の評価及びコメントの中から適当なものが選択される。そして、ステップ440にて宿題を表示する。この場合、前記間違いの多い箇所、前記コメントに対応した練習課題がディスプレイ15に表示される。   Next, the lesson object 400 displays the practice result on the display 15 in step 438. In this case, in the reading practice and the metronome step practice, a place and an evaluation with many mistakes in this practice are displayed on the display 15, and a comment on the performance at the same place and a comment for overcoming the bad evaluation are displayed on the display 15. To be displayed. Appropriate evaluations and comments to be displayed are selected from a large number of evaluations and comments prepared in advance. Then, at step 440, homework is displayed. In this case, a practice task corresponding to the erroneous portion and the comment is displayed on the display 15.
次に、レッスンオブジェクト400は、ステップ442にてRAM13上に記憶されている課金データにより表された金額をディスプレイ15に表示するとともに、同課金データをハードディスク16に該当するユーザ情報の課金データとして格納しておく。これらのハードディスク16上の課金データ、練習計画データ、ユーザモデルデータなどは、ホストコンピュータ22に通信回線を介して取り込まれて、同コンピュータ22によって課金の徴収及びコメントの発信に利用される。   Next, the lesson object 400 displays the amount represented by the billing data stored on the RAM 13 at step 442 on the display 15 and stores the billing data as billing data of the corresponding user information on the hard disk 16. Keep it. The charge data, practice plan data, user model data, and the like on the hard disk 16 are taken into the host computer 22 via a communication line, and are used by the computer 22 for collecting charges and transmitting comments.
B.第2実施形態
次に、本発明の第2実施形態について説明すると、同実施形態の構成も図1に示すように構成されている。
B. Second Embodiment Next, a second embodiment of the present invention will be described. The configuration of the second embodiment is also configured as shown in FIG.
ただし、この第2実施例においては、ハードディスク16のプログラム記憶エリアには、図22〜26に示すフローチャートに対応したプログラムが記憶される。ハードディスク16のユーザ情報記憶エリアには、図27に示すように、このコンピュータ装置を利用する各ユーザ(演奏練習者)に関するユーザ情報i(i=1〜n)が記憶される。   However, in the second embodiment, a program corresponding to the flowcharts shown in FIGS. As shown in FIG. 27, in the user information storage area of the hard disk 16, user information i (i = 1 to n) relating to each user (performance practice person) using this computer device is stored.
ユーザ情報iは、ユーザ名データ、教授方法データ、練習計画データ、ユーザモデルデータ及び練習曲データからなる。ユーザ名データは、ユーザの名前を表すデータである。教授方法データは、詳しくは後述するが、予め用意された複数の教授方法(教師)のうちユーザが選んだ一つの教授方法(教師)を表すデータである。練習計画データは、図28に示すように、テーブルの形で記憶されており、一つの練習曲の演奏を習得するために必要な複数の練習内容(各種テンポの右手、左手、両手演奏練習など)を時系列的に表すデータと、前記各練習内容の終了の有無を表すデータとからなる。ユーザモデルデータは、この第2実施形態に係る発明には直接関係しないので詳しい説明を省略するが、診断、練習結果などに基づいて形成されたユーザの演奏レベルを表すデータである。   The user information i includes user name data, teaching method data, practice plan data, user model data, and practice music data. The user name data is data representing the name of the user. As will be described in detail later, the teaching method data is data representing one teaching method (teacher) selected by the user from a plurality of teaching methods (teachers) prepared in advance. The practice plan data is stored in the form of a table as shown in FIG. 28, and a plurality of practice contents (right hand, left hand, two-handed practice, etc. of various tempos) necessary to learn the performance of one practice song ) In chronological order, and data indicating the end of each practice content. The user model data is not directly related to the invention according to the second embodiment, and will not be described in detail.
練習曲データは、練習中の曲に関するデータであって、曲名データ、楽譜データ、演奏データ、運指データ及び属性データからなる。曲名データは楽曲名を表すものである。楽譜データは、この楽曲に関する五線譜上の各音符、休符などをディスプレイ15に視覚表示するためのイメージデータである。演奏データは、この楽曲の演奏テンポを表すデータ、及び各音符の音高、符長、休符などを表す楽曲の進行に従ったデータからなる。運指データは、この楽曲の各音符を押鍵すべき手及び指を表すデータである。属性データは、この楽曲を演奏するために必要な演奏レベルを表すデータ、楽曲の種類及び特徴を表すデータなどからなる。   The practice music data is data related to the music being practiced, and includes music name data, musical score data, performance data, fingering data, and attribute data. The song name data indicates a song name. The musical score data is image data for visually displaying each note, rest, and the like on the staff notation regarding the music on the display 15. The performance data is composed of data representing the performance tempo of the music and data according to the progress of the music representing the pitch, note length, rest, etc. of each note. The fingering data is data representing a hand and a finger to press each note of the music. The attribute data includes data representing a performance level necessary for playing the music, data representing the type and characteristics of the music, and the like.
また、内部データベース17には、通常の練習曲(以下、一般練習曲という)として選択される多数の楽曲にそれぞれ対応した多数組の曲データ(以下、一般曲データという)と、特定の課題に対する練習曲(以下、特定練習曲という)として選択される多数の楽曲又は楽曲の一部にそれぞれ対応した多数組の曲データ(以下、特定曲データという)とに分けて記憶されるようになっている。特定練習曲は、4小節又は8小節程度の短いものであって一般練習曲の演奏練習における特定の課題を克服するために用意されたもので、特に特定曲データの付属データには前記特定の課題を表すデータが含まれている。ただし、特に区別することなく練習曲及び曲データという場合には、一般練習曲及び特定練習曲の両者を指すとともに、一般曲データ及び特定曲データの両者を指す。各曲データは、前述した曲名データ、楽譜データ、演奏データ、運指データ及び属性データ(図27参照)によりそれぞれ構成されている。   The internal database 17 also includes a large number of sets of music data (hereinafter, general music data) respectively corresponding to a large number of music pieces selected as normal practice music (hereinafter, general practice music), and a specific task. A large number of music pieces selected as practice music (hereinafter, referred to as specific practice music) or a large number of sets of music data (hereinafter, specific music data) respectively corresponding to a part of the music are stored separately. I have. The specific practice song is a short bar of about 4 bars or 8 bars and is provided to overcome a specific problem in the performance practice of the general practice song. Contains data representing the assignment. However, when referring to practice music and music data without distinction, it refers to both general practice music and specific practice music, as well as both general music data and specific music data. Each piece of music data is composed of the above-described music title data, musical score data, performance data, fingering data, and attribute data (see FIG. 27).
また、このコンピュータ装置においても、フレキシブルディスク23及びコンパクトディスク24は外部記録装置として利用されるもので、前述した図22〜26のプログラムを予め記録しておき、ハードディスク16へ前記プログラムをインストールするために利用される。   Also in this computer device, the flexible disk 23 and the compact disk 24 are used as external recording devices, and are used to record the above-described programs of FIGS. 22 to 26 in advance and install the programs on the hard disk 16. Used for
このように構成した音楽教習システムにおいても、CPU11がROM12に記憶されたプログラム(図示しない)及びハードディスク16などに記憶された前述したプログラムを実行することにより作動する。この作動前には、図示しないプログラムの実行により、フレキシブルディスク23又はコンパクトディスク24に予め記録又は記憶されている前記プログラムの一部又は全部をハードディスク16にインストールするとともに、外部データベース21、フレキシブルディスク23又はコンパクトディスク24内に記憶されている曲データを内部データベース17に転送するようにする。   The music training system thus configured also operates by the CPU 11 executing a program (not shown) stored in the ROM 12 and the above-described program stored in the hard disk 16 or the like. Before this operation, by executing a program (not shown), a part or all of the program previously recorded or stored on the flexible disk 23 or the compact disk 24 is installed on the hard disk 16, and the external database 21, the flexible disk 23 Alternatively, the music data stored in the compact disk 24 is transferred to the internal database 17.
そして、ユーザが図22のメインプログラムを起動させると、CPU11は図22のステップ1100にてメインプログラムの実行を開始する。   Then, when the user activates the main program of FIG. 22, the CPU 11 starts executing the main program in step 1100 of FIG.
前記メインプログラムの実行開始後、CPU11は、ステップ1102にてディスプレイ15にてユーザ名の問い合わせを表示して、ユーザによるユーザ名の入力を待つ。ユーザがキーボード14を用いてユーザ名を入力すると、CPU11はハードディスク16内のユーザ情報記憶エリアを検索して、新規なユーザであるか登録済みのユーザであるかを判定して、新規のユーザであれば前記ユーザ情報記憶エリアに一人分のユーザ情報の記憶エリアをそれぞれ確保するとともに、ユーザ名を同記憶エリアに書き込む。一方、登録済みのユーザであれば、ハードディスク16から該当するユーザ情報中の練習曲データのみをRAM13に転送しておく。   After starting the execution of the main program, the CPU 11 displays an inquiry about the user name on the display 15 in step 1102, and waits for the user to input the user name. When the user inputs a user name using the keyboard 14, the CPU 11 searches the user information storage area in the hard disk 16 to determine whether the user is a new user or a registered user. If so, a user information storage area for one user is secured in the user information storage area, and a user name is written in the same storage area. On the other hand, if the user is a registered user, only the practice music data in the corresponding user information is transferred from the hard disk 16 to the RAM 13.
次に、CPU11は、ステップ1104にて一般練習曲を選択し、ステップ1106にて教授方法を選択し、ステップ1108にて練習計画データを作成する。これらのステップ1104〜1108の処理においては、前記入力されたユーザ名が新規であったり、練習計画データが全ての練習内容の終了を表していたり、ユーザが特に一般練習曲の変更をキーボード14を用いて入力した場合に、CPU11は、前記一般練習曲の選択処理、教授方法の選択処理及び練習計画データの作成処理をそれぞれ行う。一方、ユーザ名が登録済みであって練習計画データが全ての練習内容の終了を表しておらず、かつユーザが特に一般練習曲の変更を要求していなければ、CPU11はそれぞれプログラムを次のステップに進める。   Next, the CPU 11 selects a general practice song in step 1104, selects a teaching method in step 1106, and creates training plan data in step 1108. In the processing of these steps 1104 to 1108, the input user name is new, the practice plan data indicates the end of all the practice contents, When the input is performed, the CPU 11 performs the process of selecting the general practice music, the process of selecting the teaching method, and the process of creating the practice plan data. On the other hand, if the user name is already registered, the practice plan data does not indicate the end of all the practice contents, and the user does not particularly request a change of the general practice music, the CPU 11 executes the program in the next step. Proceed to
一般練習曲の選択処理においては、内部データベース17内の多数組の一般曲データの中からユーザの意志を考慮して一組の一般曲データを取り出し、ハードディスク16及びRAM13の該当エリアにそれぞれ記憶する。前記内部データベース17からの一般曲データの取り出しにおいては、内部データベース17内に記憶されている多数組の曲データ中の各曲名データにより表された各曲名がディスプレイ15に順次表示されて、ユーザがキーボード14を用いて所望の曲名を選択することにより行われる。この場合、内部データベース17内に莫大な組数の一般曲データが記憶されている場合には、ユーザの好みが問い合わせられたり、ユーザモデルデータ(ユーザの演奏レベルを表す)が読み出されて、前記ユーザの好み又は演奏レベルと一般曲データ中の属性データにより表された必要演奏レベル及び楽曲の種類とが比較されて、少数組の一般曲データが候補として選択された後で、ユーザが前記少数組の一般曲データの中から選ぶようにする。また、ユーザが曲名を指定して、内部データベース17の一般曲データを指定するようにしてもよいし、CUP11がランダム性を加味して前記内部データベース17内の全ての一般曲データの中から、又は前記候補とした選択した少数の一般曲データの中から選択するようにしてもよい。   In the process of selecting a general practice song, one set of general song data is extracted from a large number of sets of general song data in the internal database 17 in consideration of the user's intention, and stored in the hard disk 16 and the corresponding area of the RAM 13, respectively. . In extracting general music data from the internal database 17, each music name represented by each music name data in a large number of sets of music data stored in the internal database 17 is sequentially displayed on the display 15, and the user This is performed by selecting a desired music title using the keyboard 14. In this case, if an enormous number of sets of general music data are stored in the internal database 17, the user's preference is queried or user model data (representing the user's performance level) is read out. The user's preference or performance level is compared with the required performance level and the type of music represented by the attribute data in the general music data, and after a small number of general music data are selected as candidates, the user Select from a small number of general song data. Further, the user may designate a song name and designate general music data in the internal database 17, or the CUP 11 may select random music data from all general music data in the internal database 17 in consideration of randomness. Alternatively, a selection may be made from a small number of selected general music data as the candidates.
教授方法の選択処理においては、CPU11が複数の教授方法(教師)をディスプレイ15に表示し、ユーザにキーボード14を用いて前記教授方法の一つを指定させる。この第2実施形態においては、下記表1に示すように、6パターンの教授方法が6タイプの教師1〜6として教授方法テーブル内に予め用意されている。このテーブルは、前記図22〜26のプログラムの付属データとして同プログラムの一部を成している。この6パターンの教授方法は、実際の教師の特徴を、例えば要求レベル、教習教材、教示方法及び時間管理の4つの要素に分解して、同4つの要素に関する各教授方法(下記(イ)(ロ)又は(イ)〜(ハ))の組み合わせにより分類されている。前記各要素に関する各方法はそれぞれ前記各要素の教師の対応方法を表しており、次のとおりである。   In the process of selecting a teaching method, the CPU 11 displays a plurality of teaching methods (teachers) on the display 15 and allows the user to designate one of the teaching methods using the keyboard 14. In the second embodiment, as shown in Table 1 below, six patterns of teaching methods are prepared in advance in the teaching method table as six types of teachers 1 to 6. This table forms a part of the program shown in FIGS. The teaching methods of these six patterns decompose the characteristics of the actual teacher into four elements, for example, requirement level, training materials, teaching method, and time management, and teach each of the teaching methods for the four elements ((a) ( (B) or (a) to (c)). The respective methods for the respective elements represent the corresponding methods of the teachers for the respective elements, and are as follows.
要求レベル要素に関しては、「(イ)練習曲の演奏がかなり高いレベルに達するまで、同一の練習を繰り返させる」と、「(ロ)練習曲の演奏があまり高いレベルに達しなくても、ある程度の演奏を行えば次の練習に進ませる」との2種類に分けられている。教習教材要素に関しては、「(イ)特定の課題が習得できない場合には、同課題に対応した特定練習曲を中心に演奏練習をさせる」と、「(ロ)特定の課題が習得できない場合でも、ユーザが選択した一般練習曲を中心に演奏練習をさせる」との2種類に分けられている。教示方法要素に関しては、「(イ)間違い箇所を指摘する」と、「(ロ)間違い箇所を模範演奏する」と、「(ハ)間違い内容を文章にて説明する」との3種類に分けられている。時間管理要素に関しては、「(イ)時間管理を行い、所定時間T1で演奏練習を終了させたり、さらに所定時間T2の延長を許容する」と、「(ロ)時間管理を行わないで、予定の演奏練習を終了するまで同練習を続けさせる」との2種類に分けられている。
Regarding the required level element, `` (b) Repeat the same practice until the performance of the practice music reaches a fairly high level '', and `` (b) Even if the performance of the practice music does not reach a very high level, If you perform this, you will move on to the next practice. " Regarding the teaching material elements, `` (b) If a specific task cannot be mastered, let them practice playing around a specific practice song corresponding to the task '' and `` (b) Even if a specific task cannot be mastered And practice the performance mainly on the general practice music selected by the user. " The teaching method elements are divided into three types: "(a) point out the wrong part", "(b) model play the wrong part", and "(c) explain the contents of the mistake in sentences". Have been. Regarding the time management element, "(b) Performing time management and ending the performance practice at the predetermined time T1 or further allowing the predetermined time T2 to be extended", "(b) Schedule without performing the time management "I will continue the practice until I finish my performance practice."
なお、前記表1中、(イ)+(ロ),(ロ)+(ハ)などは、(イ)及び(ロ)、(ロ)及び(ハ)などの2種類の教示方法を同時に採用することを意味する。ユーザにより指定された教授方法(教師1〜6)を表す教授方法データは、ハードディスク16の該当するユーザ情報中に書き込まれる。   In Table 1 above, (a) + (b), (b) + (c), etc., simultaneously employ two teaching methods such as (a) and (b), (b) and (c). Means to do. The teaching method data indicating the teaching method (teachers 1 to 6) specified by the user is written in the corresponding user information on the hard disk 16.
練習計画データの作成処理においては、前記選択された一般曲データ中の演奏データ及び属性データに基づいて、選択された一般曲を演奏できるようにするための練習計画が立てられ、同立てられた練習計画を表すデータが練習計画データとしてハードディスク16の該当するユーザ情報中に書き込まれる。例えば、テンポの速い曲であればテンポを遅くした練習が計画され、また右手と左手との同時演奏が難しければ左手及び右手演奏の独立練習の回数が多く計画される。なお、この練習計画データの作成にあたり、ユーザモデルデータ(ユーザの演奏レベル)と選択された一般曲データ中の属性データにより表された演奏レベルとを考慮したり、ユーザの要望を考慮して決定するようにしてもよい。なお、この練習計画データの作成時においては、終了の有無を表すデータを全て「無」すなわち”0”に設定しておく。   In the process of creating the practice plan data, a practice plan for enabling the selected general music to be played is established based on the performance data and the attribute data in the selected general music data. Data representing the exercise plan is written in the corresponding user information on the hard disk 16 as exercise plan data. For example, for a song with a high tempo, practice with a slow tempo is planned, and when simultaneous performance of the right hand and the left hand is difficult, the number of times of independent practice of left and right hand performances is planned. In creating the practice plan data, the user model data (user's performance level) and the performance level represented by the attribute data in the selected general music data are considered, or the user's request is considered. You may make it. Note that, at the time of creating the training plan data, all data indicating the presence or absence of the end is set to “absent”, that is, “0”.
前記ステップ1104〜1108の処理後、CPU11はステップ1110にて前記選択された教授方法データ中の時間管理要素が時間管理することを表しているか否か、すなわち時間管理要素が(イ)であるか(ロ)であるかを判定する。同時間管理要素が(イ)であれば、ステップ1110にて「YES」すなわち時間管理すると判定して、ステップ1112にてCPU11に内蔵のタイマを所定時間T1(例えば、30分)に設定するとともに、ステップ1114にてこのメインプログラムの実行中におけるタイマによる割り込みを許容状態に設定する。これにより、タイマは時間計測を開始し、前記設定時間T1の経過後にCPU11に対して割り込み命令を発する。一方、前記時間管理要素が(ロ)であれば、ステップ1110にて「NO」すなわち時間管理しないと判定して、ステップ1116にてこのメインプログラムの実行中におけるタイマによる割り込みを禁止状態に設定する。この場合には、タイマが割り込み命令を発することはない。   After the processing in steps 1104 to 1108, the CPU 11 determines in step 1110 whether or not the time management element in the selected teaching method data indicates time management, that is, whether the time management element is (a). (B) is determined. If the time management element is (a), "YES" is determined in step 1110, that is, it is determined that time management is to be performed, and in step 1112, a timer built in the CPU 11 is set to a predetermined time T1 (for example, 30 minutes). In step 1114, the interruption by the timer during execution of the main program is set to an allowable state. Thus, the timer starts time measurement, and issues an interrupt command to the CPU 11 after the lapse of the set time T1. On the other hand, if the time management element is (b), "NO" in step 1110, that is, it is determined that time management is not to be performed, and in step 1116, interruption by a timer during execution of the main program is set to a prohibited state. . In this case, the timer does not issue an interrupt instruction.
次に、CPU11は、ステップ1118にて練習計画データに基づいて、複数の練習内容のうちの最初の終了無しを表すデータに対応した練習内容を表すデータを読み出す。そして、ステップ1120にて、練習実行ルーチンを実行する。この練習実行ルーチンに関しては、詳しくは後述するが、簡単に説明しておく。まず、前記読み出した今回の練習内容にしたがって一般練習曲データ及び楽譜データの加工が必要な場合には同データを加工し、加工した一般練習曲データ及び楽譜データをフレーズ等の単位毎に切り出して楽譜データに基づいて前記切り出した部分の楽譜をディスプレイ15に表示する。ユーザは電子楽器25にて表示された楽譜に従った演奏をし、この演奏を表す押鍵列データをRAM13に記憶する。そして、同記憶した押鍵列データと前記切り出した演奏データとを比較することにより、ユーザによる演奏の間違い箇所を見つけて同演奏の正確さを評価し、また間違い内容を解析する。   Next, in step 1118, the CPU 11 reads out data representing the practice content corresponding to the data representing no first end of the plurality of practice content based on the practice plan data. Then, in step 1120, a practice execution routine is executed. The practice execution routine will be described later in detail, but will be briefly described. First, if it is necessary to process general practice music data and score data in accordance with the read content of the present practice, the data is processed, and the processed general practice music data and score data are cut out for each unit such as a phrase. The score of the cut out portion is displayed on the display 15 based on the score data. The user performs in accordance with the musical score displayed on the electronic musical instrument 25, and stores the key press string data representing the performance in the RAM 13. Then, by comparing the stored key-depression string data with the cut-out performance data, an error in the performance by the user is found, the accuracy of the performance is evaluated, and the content of the error is analyzed.
次に、前記間違った押鍵、評価、解析結果、コメントなどをディスプレイ15に表示するとともに、前記評価が悪い場合には前記切り出し部分の繰り返し練習をさせたり、解析結果に基づいて特定の課題を習得させるための特定練習曲の演奏練習を行わせる。例えば、特定のリズムの演奏ができない場合には、同リズムを多く含む特定練習曲を演奏させたりする。これらの評価、解析結果、コメントなどのディスプレイ15上の表示、繰り返し練習、特定練習曲の練習などは、全てのユーザに共通ではなく、ユーザにより選択された教授方法データ(教師1〜6)に依存する。   Next, the wrong key press, evaluation, analysis result, comment, etc. are displayed on the display 15, and when the evaluation is bad, the cutout portion is repeatedly practiced, or a specific task is performed based on the analysis result. Have the students practice practicing a specific practice song to help them learn. For example, when a specific rhythm cannot be performed, a specific practice song containing a large number of the same rhythm is played. The display of these evaluations, analysis results, comments, etc. on the display 15, repetitive practice, practice of a specific practice song, etc., are not common to all users, but are based on teaching method data (teachers 1 to 6) selected by the users. Dependent.
前記ステップ1120の練習実行ルーチンの処理が終了すると、CPU11は、ステップ1122にて、ハードディスク16内に記憶されている練習計画データのうちで今回の練習内容に対応した終了の有無を表すデータを”1”に設定するともに、総評をディスプレイ15に表示して、ステップ1124にてこのメインプログラムの実行を終了する。これにより、今回の演奏練習が終了したことになる。なお、前記練習の評価結果が悪い場合には、前記終了の有無を表すデータを”0”のままに残しておいてもよい。この場合には、ユーザは、次回の練習にて今回の練習内容と同じ内容の練習を行うことになる。   When the processing of the practice execution routine in step 1120 is completed, the CPU 11 determines in step 1122 data out of the exercise plan data stored in the hard disk 16 that indicates whether or not the exercise corresponding to the current exercise content has been completed. At the same time, the overall rating is displayed on the display 15, and the execution of the main program is terminated in step 1124. This means that this performance practice has been completed. If the evaluation result of the practice is poor, the data indicating the end of the practice may be left as “0”. In this case, the user will practice in the next practice the same content as the current practice content.
一方、前述のように、タイマ割り込みが許容された状態にあり、タイマが所定時間T1を計測した後にCPU11に対して割り込み命令を発すると、CPU11は、図23のタイマ割り込みプログラムをステップ1200にて開始する。そして、ステップ1202にて現在実行中の処理を一時停止させ、ステップ1204にてディスプレイ15に演奏練習を終了させるか続行させるかを表示して、ユーザに演奏練習の終了又は続行を問い合わせる。ユーザがキーボード14を用いて演奏練習の終了を選択すれば、ステップ1206にて「YES」と判定してプログラムを図22のステップ1122に進める。これにより、この場合には、前記ステップ1122の処理後、前述した場合と同様に、メインプログラムの実行を終了して演奏練習を終了する。   On the other hand, as described above, when the timer interrupt is permitted, and when the timer issues the interrupt instruction to the CPU 11 after measuring the predetermined time T1, the CPU 11 executes the timer interrupt program of FIG. Start. Then, in step 1202, the process currently being executed is temporarily stopped, and in step 1204, whether the performance practice is ended or continued is displayed on the display 15, and the user is inquired of the performance practice end or continue. If the user uses the keyboard 14 to select the end of the performance practice, "YES" is determined in the step 1206, and the program proceeds to the step 1122 in FIG. Thus, in this case, after the processing of step 1122, the execution of the main program is terminated and the performance practice is terminated as in the case described above.
また、前記終了の問い合わせ時に、ユーザが演奏練習の続行を選択すれば、CPU11はステップ1206にて「NO」と判定して、プログラムをステップ1208,1210に進める。ステップ1208においては前記タイマに所定の延長時間T2(例えば5分)を設定し、ステップ1210においてはこの割り込みプログラムの実行を終了して、前記一時停止させたメインプログラムの実行を前記停止位置から再び実行する。その結果、演奏練習時間が延長時間T2だけ延長されたことになる。   If the user selects continuation of performance practice when inquiring about the end, the CPU 11 determines “NO” in step 1206 and advances the program to steps 1208 and 1210. In step 1208, a predetermined extension time T2 (for example, 5 minutes) is set in the timer. In step 1210, the execution of the interrupt program is terminated, and the execution of the temporarily stopped main program is resumed from the stop position. Execute. As a result, the performance practice time is extended by the extension time T2.
一方、タイマは、前記ステップ1208の延長時間T2の設定により、時間計測をあらためて開始し、この設定から所定時間T2の経過後に再び割り込み命令を発する。割り込み命令がふたたび発生すれば、前述のステップ1200〜1210の処理により、演奏練習の終了がふたたび問い合わされ、再延長の有無が決定される。なお、前記ステップ1112,1208の処理によりタイマが所定時間T1,T2に設定されても、前記メインプログラムの実行がタイマによる所定時間T1,T2の計測前に終了した場合には、タイマは割り込み命令を発することなく図23のタイマ割り込みプログラムも実行されない。   On the other hand, the timer restarts time measurement by setting the extension time T2 in step 1208, and issues an interrupt command again after a lapse of a predetermined time T2 from this setting. If the interrupt command is generated again, the end of the performance practice is again inquired by the processing of steps 1200 to 1210, and the presence or absence of re-extension is determined. Even if the timer is set to the predetermined times T1 and T2 by the processing of the steps 1112 and 1208, if the execution of the main program ends before the measurement of the predetermined times T1 and T2 by the timer, the timer issues the interrupt command. Is not executed, the timer interrupt program of FIG. 23 is not executed.
このように、教授データにより表された教授方法のうちの時間管理要素が時間管理有りに選択されていれば、前記ステップ1112,1114,1200〜1210の処理により、演奏練習の時間がタイマによって管理される。また、時間管理要素が時間管理無しに選択されていれば、前記ステップ1116の処理によってタイマ割り込みが禁止されるので、演奏練習は全く時間管理されない。   As described above, if the time management element of the teaching method represented by the teaching data is selected to have time management, the time of performance practice is managed by the timer through the processing of steps 1112, 1114, 1200 to 1210. Is done. If the time management element is selected without time management, the timer interruption is prohibited by the processing in step 1116, so that the performance practice is not managed at all.
次に、前記図22のステップ1120の練習実行ルーチンの処理について詳しく説明する。この練習実行ルーチンの詳細は図24に示されており、その実行がステップ1300にて開始され、CPU11はステップ1302にて練習範囲を指定する。この練習範囲の指定においては、まず前記図22のステップ1118の処理により読み出された今回の練習内容に基づいてRAM13に記憶させた練習曲データの最初のフレーズ(図29のF1)を指定する。そして、このステップ1302の処理が実行される毎に、練習曲データの次のフレーズ(図29のF2,F3…)が順次指定される。   Next, the processing of the practice execution routine of step 1120 in FIG. 22 will be described in detail. The details of this practice execution routine are shown in FIG. 24. The execution is started in step 1300, and the CPU 11 specifies a practice range in step 1302. In the specification of the practice range, first, the first phrase (F1 in FIG. 29) of the practice music data stored in the RAM 13 based on the current practice content read out in the process of step 1118 in FIG. . Then, every time the processing of step 1302 is executed, the next phrase (F2, F3... In FIG. 29) of the practice music data is sequentially designated.
次に、CPU11は、ステップ1304にて練習曲データ中の楽譜データに基づいてディスプレイ15の楽譜欄A(図30)に前記指定範囲の楽譜を表示するとともに同表示楽譜に運指データに基づく運指表示も添え、ステップ1306にて練習曲データ中の演奏データであって前記指定範囲に属する演奏データを前記今回の練習内容に応じて補正してRAM13に記憶させる。この補正においては、例えば練習内容が遅いテンポの演奏を指示していれば、演奏データの符長データなどを変更する。そして、ステップ1308にて、前記補正した演奏データを電子楽器25に供給して、電子楽器25に模範演奏をさせる。この後、ステップ1310にて、ユーザに演奏開始を指示した後、ユーザによる電子楽器25の演奏を表す押鍵データを楽器インターフェース25aを介して入力し、RAM13に押鍵データ列として順次記憶し続ける。この場合、押鍵データ列には、押された鍵を表す鍵データ、押鍵時の鍵タッチを表す鍵タッチデータ、及びCPU11に内蔵のタイマにより測定された押鍵の時間間隔すなわち符長に対応した時間データが含まれている。そして、ユーザによる演奏が終了すると、CPU11は、プログラムをステップ1312に進め、同ステップ1312にて解析評価ルーチンを実行する。   Next, in step 1304, the CPU 11 displays the musical score in the specified range in the musical score column A (FIG. 30) of the display 15 based on the musical score data in the practice music data, and displays the musical score based on the fingering data in the displayed musical score. At step 1306, the performance data included in the practice music data and belonging to the specified range is corrected according to the content of the current practice and stored in the RAM 13 together with the finger display. In this correction, for example, if the practice content indicates a performance at a slow tempo, the note length data of the performance data is changed. Then, in step 1308, the corrected performance data is supplied to the electronic musical instrument 25, and the electronic musical instrument 25 performs the model performance. Thereafter, in step 1310, after instructing the user to start playing, key press data representing the user's performance of the electronic musical instrument 25 is input via the musical instrument interface 25a, and is sequentially stored in the RAM 13 as a key press data string. . In this case, the key press data string includes key data representing a pressed key, key touch data representing a key touch at the time of key press, and a key press time interval measured by a timer built in the CPU 11, that is, a note length. The corresponding time data is included. When the performance by the user ends, the CPU 11 advances the program to step 1312, and executes an analysis evaluation routine in step 1312.
この解析評価ルーチンは図25に詳細に示されており、その実行がステップ1330にて開始される。この開始後、CPU11は、ステップ1332にて前記補正した演奏データと押鍵データ列とを比較することによりユーザによる演奏間違いの箇所を抽出し、ステップ1332にて前記間違いの個数と間違い内容に応じてユーザによる演奏を評価して同評価結果を数値化する。例えば、100点を満点として、評価点を計算する。次に、ステップ1336にて、前記間違い箇所に基づいて、予めプログラムと共に用意されている複数の課題の中から前記間違いを克服するために適切な課題を抽出して、同課題を表すデータを特別課題データとしてRAM13に記憶しておく。   This analysis evaluation routine is shown in detail in FIG. After this start, the CPU 11 compares the corrected performance data with the key press data string in step 1332 to extract a portion where the user has made a mistake in the performance, and in step 1332, according to the number of mistakes and the content of the mistake, To evaluate the performance by the user and digitize the evaluation result. For example, an evaluation score is calculated with 100 points as a perfect score. Next, in step 1336, based on the erroneous part, an appropriate task for overcoming the error is extracted from among a plurality of tasks prepared in advance with the program, and data representing the task is specially extracted. It is stored in the RAM 13 as assignment data.
前記ステップ1336の処理後、ステップ1338にて、ステップ1340〜1350における教授方法データに基づく間違い箇所に対する教示処理に対して、教示内容の重複を避けたり、ランダム性を付加するための処理を行う。すなわち、この解析評価ルーチンの実行が何度も繰り返して行われるような場合には、前記教示処理としての間違い箇所の指摘(ステップ1340,1342)、間違い箇所の模範演奏(ステップ1344,1346)、及び間違い箇所に関する説明(ステップ1348,1350)を適当に間引きして、何度も何度も同一な教示がユーザに提示されることを避ける。具体的には、前記ステップ1338にて、この解析評価ルーチンの実行回数をカウントして同カウント値を教示処理の種類と共にRAM13に記憶しておき、前記記憶しておいたカウント値及び教示処理の種類に基づいて前記各教示方法の処理が実行されるべきか否かを表すフラグをランダム性を加味して設定する。   After the processing in step 1336, in step 1338, processing for avoiding duplication of the teaching contents or adding randomness is performed with respect to the teaching processing for the erroneous portion based on the teaching method data in steps 1340 to 1350. That is, when the execution of the analysis and evaluation routine is repeated many times, the erroneous part is pointed out as the teaching processing (steps 1340 and 1342), the model performance of the erroneous part (steps 1344 and 1346), In addition, the explanation (steps 1348 and 1350) regarding the mistaken part is appropriately thinned out to prevent the same instruction from being presented to the user over and over again. Specifically, in step 1338, the number of executions of the analysis evaluation routine is counted, and the count value is stored in the RAM 13 together with the type of the teaching process. A flag indicating whether or not the processing of each teaching method should be executed based on the type is set in consideration of randomness.
前記ステップ1338の処理後、ステップ1340〜1352の処理が実行されるが、まず前記フラグが各教示方法の処理を実行すべきことを表している場合について同ステップ1340〜1352の処理ついて説明する。教授方法データにより表された教示方法要素として間違い箇所指摘(前記教示方法(イ)に対応)が選択されていれば、ステップ1340にて「YES」と判定して、ステップ1342にてディスプレイ15の楽譜欄Aの楽譜上にて押鍵を間違えた音符を他のものとは区別して表示(異色表示、点滅表示など)する。教示方法要素として間違い箇所指摘が選択されていなければ、ステップ1340にて「NO」と判定して、前記間違い箇所の指摘をせずにプログラムをステップ1344に進める。   After the processing in step 1338, the processing in steps 1340 to 1352 is executed. First, the processing in steps 1340 to 1352 in the case where the flag indicates that the processing of each teaching method should be executed will be described. If an error point indication (corresponding to the teaching method (a)) is selected as the teaching method element represented by the teaching method data, “YES” is determined in the step 1340, and the display 15 of the display 15 is determined in the step 1342. On the musical score in the musical score column A, a note with the wrong key pressed is displayed separately (other colors, blinking display, etc.). If an error point indication is not selected as the teaching method element, “NO” is determined in step 1340, and the program proceeds to step 1344 without pointing out the error point.
教授方法データにより表された教示方法要素として模範演奏(前記教示方法(ロ)に対応)が選択されていれば、ステップ1344にて「YES」と判定して、ステップ1346にて前記間違い箇所を含む前後の演奏データを電子楽器25に転送して、同楽器25に模範演奏させる。教示方法要素として模範演奏が選択されていなければ、ステップ1344にて「NO」と判定して、前記間違い箇所の模範演奏をせずにプログラムをステップ1348に進める。   If the model performance (corresponding to the teaching method (b)) is selected as the teaching method element represented by the teaching method data, “YES” is determined in the step 1344, and the erroneous portion is determined in the step 1346. The performance data before and after that is transmitted to the electronic musical instrument 25, and the musical instrument 25 performs the model performance. If the model performance is not selected as the teaching method element, “NO” is determined in the step 1344, and the program proceeds to the step 1348 without performing the model performance of the erroneous portion.
教授方法データにより表された教示方法要素として間違った内容の説明を(前記教示方法(ハ)に対応)が選択されていれば、ステップ1348にて「YES」と判定して、ステップ1350にて前記間違った理由、同理由に対応した注釈等をディスプレイ15のコメント欄B(図30)にて表示するとともに音声でも説明する。例えば、#,bの記号が付いた音符に対して、#,bの記号が付かない音高に対応した鍵を押鍵しているような場合には、#,bの記号付きの音符であること、同#,bの記号の意味などを説明する。教示方法要素として間違った内容の説明が選択されていなければ、ステップ1348にて「NO」と判定して、前記間違った内容の説明がなされずにプログラムをステップ1352に進める。   If the description of the wrong content is selected as the teaching method element represented by the teaching method data (corresponding to the teaching method (c)), “YES” is determined in step 1348, and in step 1350, The wrong reason, the comment corresponding to the reason, and the like are displayed in the comment column B (FIG. 30) of the display 15 and also explained by voice. For example, in the case where a key corresponding to a pitch without the symbol #, b is pressed for a note with the symbol #, b, a note with the symbol #, b is used. There will be explained the meanings of the symbols # and b. If the description of the wrong content is not selected as the teaching method element, “NO” is determined in step 1348, and the program proceeds to step 1352 without the description of the wrong content.
このように、ユーザが選択した教授方法の一つである教示方法要素に応じて、演奏練習の間違いに対して種々の教示方法が採用される。   In this manner, various teaching methods are adopted for mistakes in performance practice according to the teaching method element that is one of the teaching methods selected by the user.
一方、前記ステップ1338の処理により、フラグがこれらの各教示方法の処理を採用しないことを表していれば、前記各教示方法がユーザによりそれぞれ選択されていても、前記フラグに基づいてステップ1340,1344,1348にて「NO」と判定されて、同種類に対応したステップ1342,1346,1350の処理が実行されない。前記ステップ1340〜1350の処理後、ステップ1352にてこの解析評価ルーチンの実行が終了する。   On the other hand, if the flag in step 1338 indicates that the processing of each of these teaching methods is not used, even if each of the teaching methods is selected by the user, step 1340 and step 1340 are performed based on the flag. In steps 1344 and 1348, “NO” is determined, and the processes of steps 1342, 1346, and 1350 corresponding to the same type are not executed. After the processing in steps 1340 to 1350, the execution of the analysis and evaluation routine ends in step 1352.
ふたたび、図24の練習実行ルーチンの説明に戻ると、前記ステップ1314にてディスプレイ15の表示欄C(図30)に前記評価結果に応じて教師の表情を表示する。例えば、前記図25のステップ1334による評価点が80点以上であれば図31の(A)に示すような教師の笑った表情が表示される。評価点が80点未満かつ50点以上であれば、図31の(B)に示すような教師の首をかしげた表情が表示される。評価点が50点未満30点以上であれば、図31の(C)に示すような教師の怒った表情が表示される。評価点が30点未満であれば、図31の(D)に示すような教師の泣いた表情が表示される。   Returning to the description of the practice execution routine in FIG. 24, the expression of the teacher is displayed in the display column C (FIG. 30) of the display 15 in step 1314 according to the evaluation result. For example, if the evaluation score in step 1334 in FIG. 25 is 80 or more, an expression in which the teacher laughs as shown in FIG. 31A is displayed. If the evaluation score is less than 80 points and 50 points or more, a teacher's bowed expression as shown in FIG. 31B is displayed. If the evaluation score is less than 50 and 30 or more, a teacher's angry expression as shown in FIG. 31C is displayed. If the evaluation score is less than 30, the teacher's crying expression as shown in (D) of FIG. 31 is displayed.
前記ステップ1314の処理後、ステップ1316にて前記評価点が第1基準値以上であるか否かが判定される。評価点が第1基準値以上であれば、ステップ1316にて「YES」と判定し、ステップ1322にて練習曲の全範囲の演奏練習が終了したか否かが判定される。全範囲の演奏練習が終了していなければ、ステップ1322にて「NO」と判定して、プログラムはステップ1302に戻されて、ステップ1302〜1320からなる次の指定範囲の演奏練習が行われる。また、一般練習曲の全範囲の演奏練習が終了すると、ステップ1322における「YES」との判定のもとに、ステップ1324にてこの練習実行ルーチンの処理を終了する。   After the processing in step 1314, it is determined in step 1316 whether or not the evaluation point is equal to or greater than a first reference value. If the evaluation score is equal to or greater than the first reference value, "YES" is determined in step 1316, and in step 1322, it is determined whether the performance practice of the entire range of the practice music is completed. If the practice of the entire range has not been completed, "NO" is determined in the step 1322, and the program is returned to the step 1302, and the performance practice of the next designated range consisting of the steps 1302 to 1320 is performed. When the performance practice for the entire range of the general practice music is completed, the process of the practice execution routine is terminated in step 1324 based on the determination of “YES” in step 1322.
一方、評価点が第1基準値未満であれば、前記ステップ1316にて「NO」と判定し、後述するステップ1318の判定のもとに、ステップ1308〜1316からなる前回と同一指定範囲の繰り返し練習か、ステップ1320の特別練習が行われる。このように練習方法の相違に使われた第1基準値は、教授データにより表された教授方法のうちの要求レベル要素により異なった値をとる。すなわち、要求レベル要素として前記「(イ)練習曲の演奏がかなり高いレベルに達するまで、同一の練習を繰り返させる」が選択されていれば、第1基準値としては標準的な点数(例えば80点)が採用される。逆に、要求レベル要素として前記「(ロ)練習曲の演奏があまり高いレベルに達しなくても、ある程度の演奏を行えば次の練習に進める」が選択されていれば、第1基準値としては比較的低い点数(例えば70点)が採用される。これにより、ユーザが選択した教授方法の一つである要求レベル要素に応じて、演奏練習の方法として異なった方法が採用される。   On the other hand, if the evaluation point is less than the first reference value, “NO” is determined in step 1316, and the same designated range consisting of steps 1308 to 1316 is repeated based on the determination in step 1318 described later. Practice or special practice of step 1320 is performed. As described above, the first reference value used for the difference between the training methods takes a different value depending on the required level element of the teaching method represented by the teaching data. That is, if "(a) repeat the same practice until the performance of the practice music reaches a considerably high level" is selected as the required level element, a standard score (for example, 80 points) is used as the first reference value. Point) is adopted. Conversely, if "(b) the performance of the practice music does not reach a very high level and proceed to the next practice if a certain performance is performed" is selected as the required level element, Employs a relatively low score (for example, 70 points). As a result, a different method of performance practice is adopted according to the required level element, which is one of the teaching methods selected by the user.
前記ステップ1318の判定処理について説明すると、同判定処理においては、前記評価点が第2基準値以上であるか否かが判定される。前記評価点が第2基準値以上であれば、ステップ1318における「YES」との判定のもとにプログラムはステップ1308に戻されてステップ1308〜1316からなる前記繰り返し練習が行われる。一方、前記評価点が第2基準値未満であれば、ステップ1318における「NO」との判定のもとに、ステップ1320にて特別練習ルーチンが実行される。この特別練習ルーチンは、練習中の一般曲とは若干離れて特定曲に関する演奏練習を行わせるものである。   The determination process in step 1318 will be described. In the determination process, it is determined whether the evaluation point is equal to or more than a second reference value. If the evaluation point is equal to or greater than the second reference value, the program returns to step 1308 based on the determination of “YES” in step 1318, and the repetitive training including steps 1308 to 1316 is performed. On the other hand, if the evaluation point is less than the second reference value, a special practice routine is executed in step 1320 based on the determination of “NO” in step 1318. In this special practice routine, a performance practice for a specific music is performed slightly apart from the general music being practiced.
この場合の第2基準値は前記第1基準値より低く設定されているとともに、教授方法データにより表された教授方法のうちの教習教材要素により異なる値をとる。すなわち、教習教材要素として「(イ)特定の課題が習得できない場合には、同課題に対応した特定練習曲を中心に演奏練習させる」が選択されていれば、前記第2基準値は比較的高い点数(例えば60点)が採用される。また、教習教材要素として「(ロ)特定の課題が習得できない場合でも、ユーザが選択した一般練習曲を中心に演奏練習させる」が選択されていれば、前記第2基準値は比較的低い点数(例えば50点)が採用される。これによっても、ユーザが選択した教授方法の一つである教習教材要素に応じて、演奏練習の方法として異なった方法が採用される。   In this case, the second reference value is set lower than the first reference value, and takes a different value depending on the teaching material element of the teaching method represented by the teaching method data. In other words, if "(a) if a specific task cannot be acquired, and the player practices and exercises around a specific practice song corresponding to the task" is selected as the learning teaching material element, the second reference value is relatively small. A high score (for example, 60 points) is adopted. Further, if "(b) the user practiced mainly on the general practice music selected by the user even when a specific task cannot be acquired" is selected as the training material, the second reference value will be relatively low. (For example, 50 points) is adopted. Also according to this, a different method is used as a performance practice method depending on a training material element which is one of the teaching methods selected by the user.
次に、前記ステップ1320の特別練習ルーチンについて説明すると、同ルーチンの実行は図26のステップ1360にて開始される。この開始後、CPU11は、ステップ1362にて前記ステップ1336(図25)の処理により設定された特定課題に対応した特定練習曲に対応した特定曲データを内部データベース17から読み出してRAM13に書き込む。この場合、前記特定課題と複数組の特定曲データ中の各付属データとの比較により特定曲が選択されるが、同選択された特定曲が複数存在する場合には、ディスプレイ15を用いてユーザに対する問い合わせを表示し、ユーザにキーボード14を用いて所望の特定曲を選択させるようにする。   Next, the special practice routine of step 1320 will be described. The execution of this routine is started in step 1360 of FIG. After this start, the CPU 11 reads from the internal database 17 specific music data corresponding to the specific practice music corresponding to the specific task set by the processing of the step 1336 (FIG. 25) from the internal database 17 and writes the specific music data to the RAM 13 at step 1362. In this case, the specific song is selected by comparing the specific task with each of the attached data in the plural sets of specific song data. If a plurality of the selected specific songs exist, the user can use the display 15 to display the specific song. Is displayed, and the user is caused to select a desired specific song using the keyboard 14.
次に、ステップ1364にて、前記RAM13に書き込んだ特定曲データの演奏データ及び楽譜データを前記練習中の一般練習曲及び練習内容に応じて補正して、同補正した演奏データをRAM13に書き込んでおく。この補正においては、テンポ、リズムタイプ、調、拍子などを練習中の一般練習曲に合わせるようにする。   Next, at step 1364, the performance data and the score data of the specific music data written in the RAM 13 are corrected according to the general practice music and the practice content during the practice, and the corrected performance data is written to the RAM 13. deep. In this correction, the tempo, rhythm type, key, time signature, and the like are made to match the general practice music being practiced.
前記ステップ1364の処理後、ステップ1366にて、前記補正した楽譜データに基づいて特定練習曲をディスプレイ15の楽譜欄Aに表示するとともに、前記特定課題を同ディスプレイ15のコメント欄Bに表示する。そして、ステップ1368〜1372にて、前記図24のステップ1308,1310,1312(図25のステップ1332,1334)の処理と同様に、模範演奏、ユーザによる演奏の入力、及び演奏の解析評価を行って評価点を計算する。次に、ステップ1374にて前記評価点と第3基準値とを比較し、前記評価点が第3基準値以上であれば、ステップ1378にてこの特別練習ルーチンの実行を終了する。一方、前記評価点が第3基準値未満であれば、ステップ1376にて前記解析結果に基づくを注意点をディスプレイ15のコメント欄Bに表示し、その後にプログラムをステップ1368に戻してステップ1368〜1374からなる繰り返し練習を行わせる。これにより、一般練習曲の演奏練習においてユーザが不得意とする箇所の特別練習が行われて、効率のよい演奏練習が行われる。   After the processing in step 1364, in step 1366, the specific practice music is displayed in the musical score column A of the display 15 based on the corrected musical score data, and the specific assignment is displayed in the comment column B of the display 15. Then, in steps 1368 to 1372, the model performance, the input of the performance by the user, and the analysis and evaluation of the performance are performed in the same manner as the processing in steps 1308, 1310, and 1312 in FIG. 24 (steps 1332 and 1334 in FIG. 25). To calculate the score. Next, in step 1374, the evaluation point is compared with a third reference value. If the evaluation point is equal to or larger than the third reference value, the execution of this special practice routine is terminated in step 1378. On the other hand, if the evaluation point is less than the third reference value, a cautionary note based on the analysis result is displayed in the comment column B of the display 15 in step 1376, and thereafter, the program is returned to step 1368 to return to step 1368 to Have the students repeatedly practice 1374. As a result, in the performance practice of the general practice music, a special practice is performed on a part that the user is not good at, and efficient performance practice is performed.
また、この場合も、第3基準値としては、教授方法データにより表された教授方法により異なる値が採用される。すなわち、教授方法の要求レベル及び教習教材の各要素がそれぞれ(イ)である場合には第3基準値は比較的高い点数に設定され、前記各要素がそれぞれ(ロ)である場合には第3基準値は比較的低い点数に設定される。これにより、この場合も、ユーザが選択した教授方法である要求レベル及び教習教材の各要素に応じて、演奏練習の方法として異なった方法が採用されることになる。   Also in this case, a different value depending on the teaching method represented by the teaching method data is adopted as the third reference value. That is, when the required level of the teaching method and each element of the training material are each (a), the third reference value is set to a relatively high score, and when each of the elements is (b), the third reference value is set. The three reference values are set to relatively low scores. Thus, in this case as well, a different method is used as a performance practice method according to the required level as the teaching method selected by the user and each element of the training material.
なお、上記第2実施形態においては、図22のステップ1106の処理により教授データを練習計画の作成毎すなわち一つの一般練習曲の変更毎に行うようにしたが、この教授方法の選択を毎回の練習において行うようにしてもよい。この場合、図22のメインプログラムが実行される毎に、ステップ1106にて前記練習計画の作成及び一般練習曲の変更とは無関係に常に行うようにすればよい。   In the second embodiment, the teaching data is performed each time a training plan is created, that is, each time one general practice song is changed by the processing of step 1106 in FIG. 22, but this teaching method is selected every time. It may be performed in practice. In this case, every time the main program of FIG. 22 is executed, it may be always performed in step 1106 irrespective of the preparation of the practice plan and the change of the general practice music.
また、上記第2実施形態においては、教授方法の各要素に係る対応種類をパターン化しておき、同パターン化した複数の教授方法の中からユーザが所望の教授方法を選択するようにした。しかし、教授方法の各要素に関する各方法をそれぞれ選択することにより教授方法を選択するようにしてもよい。この場合、図22のステップ106にて、前述した教授方法の要求レベル、教習教材、教示方法及び時間管理の各要素毎に、各要素に属する(イ)(ロ)(又は(イ)〜(ハ))の方法を選択して、同選択結果を教授方法データとして記憶しておくようにすればよい。   Further, in the second embodiment, the corresponding types of the respective elements of the teaching method are patterned, and the user selects a desired teaching method from a plurality of the teaching methods that have been patterned. However, the teaching method may be selected by selecting each method for each element of the teaching method. In this case, in step 106 of FIG. 22, for each element of the above-mentioned required level of the teaching method, the training material, the teaching method, and the time management, (a), (b) (or (a) to (b) belong to each element. The method c) may be selected, and the result of the selection may be stored as teaching method data.
C.第1及び第2実施形態に共通の変形例
上記第1及び第2実施形態においては、内部データベース17及び外部データベース21の両者を用いたが、内部データベース17を削除して外部データベース21からRAM13及び/又はハードディスク16に練習曲データを直接入力してもよい。また、外部データベース21に接続しなくても、内部データベース17内の曲データを随時更新して、多数のユーザが内部データベース17を共用するようにしてもよい。
C. Modified Example Common to First and Second Embodiments In the first and second embodiments, both the internal database 17 and the external database 21 are used. The practice music data may be directly input to the hard disk 16. Further, the music data in the internal database 17 may be updated as needed without connecting to the external database 21 so that many users can share the internal database 17.
また、上記第1及び第2実施形態においては、電子楽器25として鍵盤電子楽器を採用したが、演奏操作子の操作を検出するスイッチを有するとともに、同スイッチによる演奏操作子の検出に基づいて楽音信号を発生する電子楽器であれば、鍵盤電子楽器以外の電子管楽器、電子打楽器などを用いるようにしてもよい。また、ピアノなどの自然楽器においても、押鍵及びタッチなどを検出する電気回路を付属させれば、前記電子楽器25に代えて前記ピアノを用いることもできる。   In the first and second embodiments, the keyboard electronic musical instrument is adopted as the electronic musical instrument 25. However, the electronic musical instrument has a switch for detecting the operation of the performance operator, and the musical tone is generated based on the detection of the performance operator by the switch. An electronic wind instrument, an electronic percussion instrument, or the like other than the keyboard electronic musical instrument may be used as long as the electronic musical instrument generates a signal. Also, in a natural musical instrument such as a piano, if the electric circuit for detecting a key press and a touch is attached, the electronic musical instrument 25 can be used as the piano.
また、上記第1及び第2実施形態では、外部記録装置に記録させてあったプログラムをハードディスク16に記憶させた後に同プログラムを使用するようにしたが、ROM12及び/又はハードディスク16に前記プログラムを予め記憶させておいたり、ホスコンピュータ22から通信インターフェース18を介して前記プログラムを予め転送しておくようにしてもよい。   In the first and second embodiments, the program recorded in the external recording device is used after the program is stored in the hard disk 16. However, the program is stored in the ROM 12 and / or the hard disk 16. The program may be stored in advance, or the program may be transferred from the host computer 22 via the communication interface 18 in advance.
本発明の第1及び第2実施形態にかかる音楽教習システムの概略ブロック図である。FIG. 1 is a schematic block diagram of a music training system according to first and second embodiments of the present invention. 前記音楽教習システムで用いられるメインプログラムのフローチャートである。4 is a flowchart of a main program used in the music training system. 前記メインプログラムにより指定される各オブジェクト及び同各オブジェクトにより指定される各オブジェクトの連係図である。FIG. 3 is a diagram illustrating each object specified by the main program and an association diagram of each object specified by each object; 起動オブジェクトを詳細に示す表形式の処理チャートである。It is a processing chart of a tabular form which shows an activation object in detail. レッスン内容決定オブジェクトを詳細に示す表形式の処理チャートである。It is a processing chart of a tabular form which shows a lesson content determination object in detail. レッスンオブジェクトを詳細に示す表形式の処理チャートである。It is a processing chart of a tabular form which shows a lesson object in detail. 診断オブジェクトを詳細に示す表形式の処理チャートである。It is a processing chart of a tabular form which shows a diagnostic object in detail. タイマオブジェクトを詳細に示す表形式の処理チャートである。5 is a processing chart in a table format showing a timer object in detail. 課金オブジェクトを詳細に示す表形式の処理チャートである。It is a processing chart of a tabular form which shows a billing object in detail. 前記起動オブジェクトにて実行される候補曲選択ルーチンを詳細に示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the candidate music selection routine performed by the starting object in detail. 前記レッスンオブジェクトにて実行される読譜練習ルーチンの前半部分を詳細に示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the first half part of the music reading practice routine performed by the lesson object in detail. 同読譜練習ルーチンの後半部分を詳細に示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the latter half part of the music reading practice routine in detail. 前記レッスンオブジェクトにて実行されるメトロノームステップ練習ルーチンの前半部分を詳細に示すフローチャートである。It is a flowchart in detail which shows the first half part of the metronome step practice routine executed by the lesson object. 同メトロノームステップ練習ルーチンの後半部分を詳細に示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the latter half part of the metronome step training routine in detail. ハードディスク内のユーザ情報記憶エリアのメモリマップである。3 is a memory map of a user information storage area in a hard disk. ユーザモデルデータのフォーマット図である。It is a format diagram of user model data. 練習計画データのフォーマット図である。It is a format diagram of practice plan data. 曲の属性データのフォーマット図である。It is a format diagram of attribute data of a music. 練習予定テーブルのフォーマット図である。It is a format diagram of a training schedule table. 練習曲の楽譜例を示す図である。It is a figure showing the example of a musical score of a practice music. 達成度テーブルのフォーマット図である。It is a format diagram of an achievement degree table. 本発明の第2実施形態に係る音楽教習システムで用いられるメインプログラムのフローチャートである。It is a flowchart of the main program used in the music training system according to the second embodiment of the present invention. 前記音楽教習システムで用いられるタイマ割り込みプログラムのフローチャートである。4 is a flowchart of a timer interrupt program used in the music training system. 前記メインプログラムの練習実行ルーチンを詳細に示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the practice execution routine of the said main program in detail. 前記練習実行ルーチンの解析評価ルーチンを詳細に示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the analysis evaluation routine of the said practice execution routine in detail. 前記練習実行ルーチンの特別練習ルーチンを詳細に示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the special practice routine of the said practice execution routine in detail. ハードディスク内のユーザ情報記憶エリアのメモリマップである。3 is a memory map of a user information storage area in a hard disk. 練習計画データのフォーマット図である。It is a format diagram of practice plan data. 練習曲の楽譜例を示す図である。It is a figure showing the example of a musical score of a practice music. ディスプレイの一表示例を示す図である。It is a figure showing an example of 1 display of a display. (A)〜(D)は、それぞれ教師の表情の例を示す図である。(A)-(D) is a figure which shows the example of the expression of a teacher, respectively.
符号の説明Explanation of reference numerals
11…CPU、12…ROM、13…RAM、14…キーボード、15…ディスプレイ、16…ハードディスク、17…内部データベース、18…通信インターフェース、21…外部データベース、22…ホストコンピュータ、23…フレキシブルディスク、24…コンパクトディスク、25…電子楽器
11 CPU, 12 ROM, 13 RAM, 14 keyboard, 15 display, 16 hard disk, 17 internal database, 18 communication interface, 21 external database, 22 host computer, 23 flexible disk, 24 ... Compact disc, 25 ... Electronic musical instrument

Claims (5)

  1. 楽器を接続可能とするとともにディスプレイを有するコンピュータ装置を用いた音楽教習システムであって、前記コンピュータ装置内に、
    教授方法をユーザに選択させる教授方法選択手段と、
    ユーザにより選択された教授方法に従ってユーザに楽器の演奏練習を行わせる演奏練習手段とを備えた音楽教習システム。
    A music training system using a computer device capable of connecting musical instruments and having a display, wherein the computer device includes:
    Teaching method selecting means for allowing the user to select a teaching method;
    A music training system comprising: performance training means for causing a user to practice playing a musical instrument according to a teaching method selected by the user.
  2. 前記請求項1に記載の音楽教習システムにおいて、前記教授方法は複数の要素に関する各方法の組み合わせからなり、前記教授方法選択手段は前記複数の要素に関する各方法の異なる組み合わせを表す複数のパターンの一つを選択させるものである音楽教習システム。 2. The music training system according to claim 1, wherein the teaching method includes a combination of methods related to a plurality of elements, and the teaching method selecting unit includes one of a plurality of patterns representing different combinations of the methods related to the plurality of elements. A music training system that lets you choose one.
  3. 前記請求項1に記載の音楽教習システムにおいて、前記教授方法は複数の要素に関する各方法の組み合わせからなり、前記教授方法選択手段は前記複数の要素に関する各方法をそれぞれ選択させるものである音楽教習システム。 2. The music training system according to claim 1, wherein the teaching method comprises a combination of methods related to a plurality of elements, and the teaching method selecting unit selects each method related to the plurality of elements. .
  4. 楽器を接続可能とするとともにディスプレイを有するコンピュータ装置を用いた音楽教習方法であって、
    教授方法をユーザに選択させるステップと、
    ユーザにより選択された教授方法に従ってユーザに楽器の演奏練習を行わせるステップとを備えた音楽教習方法。
    A music training method using a computer device capable of connecting musical instruments and having a display,
    Allowing the user to select a teaching method;
    Making the user practice playing the instrument according to the teaching method selected by the user.
  5. 楽器を接続可能とするとともにディスプレイを有するコンピュータ装置を用いて音楽教習を行うプログラムを記録した記録媒体であって、
    教授方法をユーザに選択させるステップと、
    ユーザにより選択された教授方法に従ってユーザに楽器の演奏練習を行わせるステップとを含むプログラムを記録した記録媒体。
    A recording medium on which a program for performing a music lesson using a computer device having a display connectable with an musical instrument is recorded,
    Allowing the user to select a teaching method;
    Causing the user to practice playing the instrument according to the teaching method selected by the user.
JP2004150198A 1996-10-18 2004-05-20 Music learning system, music learning method, and computer-readable recording medium recording a music learning program Expired - Fee Related JP3767612B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP27649696 1996-10-18
JP28872596 1996-10-30
JP2004150198A JP3767612B2 (en) 1996-10-18 2004-05-20 Music learning system, music learning method, and computer-readable recording medium recording a music learning program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004150198A JP3767612B2 (en) 1996-10-18 2004-05-20 Music learning system, music learning method, and computer-readable recording medium recording a music learning program

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP24144897A Division JP3582320B2 (en) 1996-10-18 1997-09-05 Music training system, music training method, and recording medium recording program for realizing the method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004287457A true JP2004287457A (en) 2004-10-14
JP3767612B2 JP3767612B2 (en) 2006-04-19

Family

ID=33303578

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004150198A Expired - Fee Related JP3767612B2 (en) 1996-10-18 2004-05-20 Music learning system, music learning method, and computer-readable recording medium recording a music learning program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3767612B2 (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010237291A (en) * 2009-03-30 2010-10-21 Systec:Kk Electrical accident prevention simulator
JP2011191463A (en) * 2010-03-15 2011-09-29 Brother Industries Ltd Music providing device
JP2013068879A (en) * 2011-09-26 2013-04-18 Casio Comput Co Ltd Device for providing estimated amount of practice, support function recommendation device, support function recommendation system and program
WO2016060254A1 (en) * 2014-10-17 2016-04-21 ヤマハ株式会社 Musical performance assistance device and method

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0635396A (en) * 1992-07-13 1994-02-10 Casio Comput Co Ltd Electronic musical instrument
JPH06301332A (en) * 1993-04-16 1994-10-28 Matsushita Electric Ind Co Ltd Electronic musical instrument
JPH0863151A (en) * 1994-08-26 1996-03-08 Hitachi Ltd Method for teaching music learning

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0635396A (en) * 1992-07-13 1994-02-10 Casio Comput Co Ltd Electronic musical instrument
JPH06301332A (en) * 1993-04-16 1994-10-28 Matsushita Electric Ind Co Ltd Electronic musical instrument
JPH0863151A (en) * 1994-08-26 1996-03-08 Hitachi Ltd Method for teaching music learning

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010237291A (en) * 2009-03-30 2010-10-21 Systec:Kk Electrical accident prevention simulator
JP2011191463A (en) * 2010-03-15 2011-09-29 Brother Industries Ltd Music providing device
JP2013068879A (en) * 2011-09-26 2013-04-18 Casio Comput Co Ltd Device for providing estimated amount of practice, support function recommendation device, support function recommendation system and program
WO2016060254A1 (en) * 2014-10-17 2016-04-21 ヤマハ株式会社 Musical performance assistance device and method
JP2016080882A (en) * 2014-10-17 2016-05-16 ヤマハ株式会社 Subject management device
US10325513B2 (en) 2014-10-17 2019-06-18 Yamaha Corporation Musical performance assistance apparatus and method

Also Published As

Publication number Publication date
JP3767612B2 (en) 2006-04-19

Similar Documents

Publication Publication Date Title
KR100458746B1 (en) Recording medium recording music teaching system, music teaching method, and program for realizing the same
JP3842403B2 (en) Music learning system, music learning method, and recording medium on which a program for realizing the method is recorded
Bell et al. Integrating computational thinking with a music education context
Zhukov Exploring the content of instrumental lessons and gender relations in Australian higher education
JP2004287457A (en) Music teaching system, music teaching method, and recording medium with program to realize the method recorded thereon
JP3582320B2 (en) Music training system, music training method, and recording medium recording program for realizing the method
CN111354327A (en) Auxiliary playing method, medium and intelligent piano
Marcozzi Strategies and patterns for ear training
Schoonderwaldt et al. IMUTUS–an interactive system for learning to play a musical instrument
Krof The Process of Musicking: An Alternative to Melodic Dictation and Other Activities Involved in the Undergraduate Music Program
JPH07120138B2 (en) Instrument performance data evaluation device
von Kampen An examination of factors influencing Nebraska high school choral directors' decisions to use sight-singing instruction
DiCienzo A Comparison of the Middle C and the Mixed Intervallic Reading Approaches on Music Reading Among Beginner Piano Students
Brown An investigation of the effectiveness of a piano course in playing by ear and aural skills development for college students
JP2019180445A (en) Sound hitting quiz system, program and recording medium with program recorded thereon
Schulz Pianote: a sight-reading program that algorithmically generates music based on human performance
JP3964504B2 (en) Music learning apparatus and music learning method
Pierce Intelligent Tools for Deliberate Music Practice: Evolving Targeted Sight Reading Exercises
JP2017173641A (en) Score display control device and program
JPH1078751A (en) Music learning apparatus and music learning method
JP3044636U (en) Musical materials for keyboard instrument lessons
Van Acker Incorporating Sight-Reading Into the Private Violin Lesson
Miller A harpist’s pedagogical experience: Bridging the gaps in music theory and ensemble training
Musco The effects of learning songs by ear in multiple keys on pitch accuracy and attitudes of band students (aural transposition)
WO2016042653A1 (en) Music learning aid device and musical instrument

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050628

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050826

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20051005

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20051201

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20060110

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20060123

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313532

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090210

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100210

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110210

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120210

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130210

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140210

Year of fee payment: 8

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees