JP2003526390A - Absorbent article to maintain or improve skin health - Google Patents

Absorbent article to maintain or improve skin health

Info

Publication number
JP2003526390A
JP2003526390A JP2000565825A JP2000565825A JP2003526390A JP 2003526390 A JP2003526390 A JP 2003526390A JP 2000565825 A JP2000565825 A JP 2000565825A JP 2000565825 A JP2000565825 A JP 2000565825A JP 2003526390 A JP2003526390 A JP 2003526390A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
absorbent article
characterized
according
absorbent
skin
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2000565825A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ダイアン マイケル アンダーヒル
フランク ジェレル エイキン
デニス ステイン エヴァーハート
エリザベス デイブラー ガッズバイ
ラ フォース ガニラ エルザ ギルバーグ
デュアン ジェラルド クルズィシック
ゴードン アレン シャー
デイビッド ジョン タイレル
ルッチオ ロベルト コスモ ディ
マイケル ジョン フォウルクス
スーザン キャロル ポール
ジェフリー マイケル ホッカースミス
デイビッド チャールズ ムシル
ウェイド ボルトン メイ
パメラ ジェーン メイベリー
カレン マリー メナード
アリ ヤヒアオイ
オウドラ ステファニック ライト
フランク アンドリュー ザ サード ロシュ
Original Assignee
キンバリー クラーク ワールドワイド インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US09/139,820 priority Critical patent/US6152906A/en
Priority to US9781098P priority
Priority to US13982498A priority
Priority to US09/139,820 priority
Priority to US09/139,824 priority
Priority to US60/097,810 priority
Priority to US09/298,314 priority patent/US6149934A/en
Priority to US09/298,314 priority
Priority to US09/328,681 priority
Priority to US09/328,681 priority patent/US6287286B1/en
Priority to US09/343,861 priority patent/US6497893B1/en
Priority to US14178899P priority
Priority to US60/141,788 priority
Priority to US09/343,861 priority
Priority to US60/146,934 priority
Priority to US14693499P priority
Priority to US09/377,294 priority patent/US6448464B1/en
Priority to US09/377,294 priority
Priority to US09/379,431 priority
Priority to US09/379,431 priority patent/US6217890B1/en
Application filed by キンバリー クラーク ワールドワイド インコーポレイテッド filed Critical キンバリー クラーク ワールドワイド インコーポレイテッド
Priority to PCT/US1999/019571 priority patent/WO2000010500A1/en
Publication of JP2003526390A publication Critical patent/JP2003526390A/en
Application status is Granted legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L15/00Chemical aspects of, or use of materials for, bandages, dressings or absorbent pads
    • A61L15/16Bandages, dressings or absorbent pads for physiological fluids such as urine or blood, e.g. sanitary towels, tampons
    • A61L15/42Use of materials characterised by their function or physical properties
    • A61L15/48Surfactants
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/15203Properties of the article, e.g. stiffness or absorbency
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L15/00Chemical aspects of, or use of materials for, bandages, dressings or absorbent pads
    • A61L15/16Bandages, dressings or absorbent pads for physiological fluids such as urine or blood, e.g. sanitary towels, tampons
    • A61L15/18Bandages, dressings or absorbent pads for physiological fluids such as urine or blood, e.g. sanitary towels, tampons containing inorganic materials
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L15/00Chemical aspects of, or use of materials for, bandages, dressings or absorbent pads
    • A61L15/16Bandages, dressings or absorbent pads for physiological fluids such as urine or blood, e.g. sanitary towels, tampons
    • A61L15/22Bandages, dressings or absorbent pads for physiological fluids such as urine or blood, e.g. sanitary towels, tampons containing macromolecular materials
    • A61L15/32Proteins, polypeptides; Degradation products or derivatives thereof, e.g. albumin, collagen, fibrin, gelatin
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L15/00Chemical aspects of, or use of materials for, bandages, dressings or absorbent pads
    • A61L15/16Bandages, dressings or absorbent pads for physiological fluids such as urine or blood, e.g. sanitary towels, tampons
    • A61L15/22Bandages, dressings or absorbent pads for physiological fluids such as urine or blood, e.g. sanitary towels, tampons containing macromolecular materials
    • A61L15/34Oils, fats, waxes or natural resins
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L15/00Chemical aspects of, or use of materials for, bandages, dressings or absorbent pads
    • A61L15/16Bandages, dressings or absorbent pads for physiological fluids such as urine or blood, e.g. sanitary towels, tampons
    • A61L15/42Use of materials characterised by their function or physical properties
    • A61L15/46Deodorants or malodour counteractants, e.g. to inhibit the formation of ammonia or bacteria
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/15203Properties of the article, e.g. stiffness or absorbency
    • A61F2013/15284Properties of the article, e.g. stiffness or absorbency characterized by quantifiable properties
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, e.g. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F13/00Bandages or dressings; Absorbent pads
    • A61F13/15Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators
    • A61F13/53Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium
    • A61F13/534Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium having an inhomogeneous composition through the thickness of the pad
    • A61F13/537Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium having an inhomogeneous composition through the thickness of the pad characterised by a layer facilitating or inhibiting flow in one direction or plane, e.g. a wicking layer
    • A61F2013/53795Absorbent pads, e.g. sanitary towels, swabs or tampons for external or internal application to the body; Supporting or fastening means therefor; Tampon applicators characterised by the absorbing medium having an inhomogeneous composition through the thickness of the pad characterised by a layer facilitating or inhibiting flow in one direction or plane, e.g. a wicking layer being a surge management layer
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L2300/00Biologically active materials used in bandages, wound dressings, absorbent pads or medical devices
    • A61L2300/10Biologically active materials used in bandages, wound dressings, absorbent pads or medical devices containing or releasing inorganic materials
    • A61L2300/102Metals or metal compounds, e.g. salts such as bicarbonates, carbonates, oxides, zeolites, silicates
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L2300/00Biologically active materials used in bandages, wound dressings, absorbent pads or medical devices
    • A61L2300/20Biologically active materials used in bandages, wound dressings, absorbent pads or medical devices containing or releasing organic materials
    • A61L2300/22Lipids, fatty acids, e.g. prostaglandins, oils, fats, waxes
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L2300/00Biologically active materials used in bandages, wound dressings, absorbent pads or medical devices
    • A61L2300/20Biologically active materials used in bandages, wound dressings, absorbent pads or medical devices containing or releasing organic materials
    • A61L2300/252Polypeptides, proteins, e.g. glycoproteins, lipoproteins, cytokines
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61LMETHODS OR APPARATUS FOR STERILISING MATERIALS OR OBJECTS IN GENERAL; DISINFECTION, STERILISATION, OR DEODORISATION OF AIR; CHEMICAL ASPECTS OF BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES; MATERIALS FOR BANDAGES, DRESSINGS, ABSORBENT PADS, OR SURGICAL ARTICLES
    • A61L2300/00Biologically active materials used in bandages, wound dressings, absorbent pads or medical devices
    • A61L2300/40Biologically active materials used in bandages, wound dressings, absorbent pads or medical devices characterised by a specific therapeutic activity or mode of action
    • A61L2300/412Tissue-regenerating or healing or proliferative agents

Abstract

(57)【要約】 吸収性物品は、蒸気透過性バックシート、該バックシートに面する関係に配置された液体透過性トップシート及びバックシート及びトップシートの間に配置された吸収性本体とを含む。 (57) Abstract: The absorbent article, vapor permeable backsheet, and an absorbent body disposed between the backsheet liquid permeability disposed facing relationship to the topsheet and the backsheet and the topsheet including. 吸収性本体は、高空気透過性の複数のゾーンを含む。 The absorbent body includes a plurality of zones of high air permeability. 吸収性物品は、吸収性本体とバックシートとの間に通気層を、吸収性本体トップシートとの間にサージ処理層とを含んでいればよい。 Absorbent article, the ventilation layer between the absorbent body and the backsheet, needs to include a surge management layer between the absorbent body topsheet. 物品は、使用時において物品内の改善された空気交換を呈する。 The article presents an air exchange is improved in the article in use. このため、物品は温度を維持し、使用時において、着用者の皮膚の水和レベルをほぼ減少させ、微生物の生存性を少なくする。 Therefore, the article maintains the temperature, in use, substantially reduce the level of hydration of the skin of the wearer, to reduce the viability of the microorganisms. 吸収性物品は皮膚健康を維持し改善するためにローション配合物、及び又は処理化合物を含んでいればよい。 The absorbent article need only include a lotion formulation to improve maintaining skin health, and or processing compound.

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 (技術分野) 本発明は、人体流体及び尿のような排泄物を吸収するための吸収性物品に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] Technical Field The present invention relates to an absorbent article for absorbing excrement such as human fluids and urine. より詳細には、本発明は、人体排泄物を吸収すると同時に、着用者の皮膚の健康を改善するような、使い捨ておむつ及び成人用失禁衣類のような吸収性衣類に関する。 More particularly, the present invention is at the same time to absorb body exudates, such as to improve the skin health of the wearer, relates to absorbent garments, such as disposable diapers and adult incontinence garments. 【0002】 (背景技術) 多くの既知の吸収性物品の構造は、液体透過性トップシートと液体不透過性バックシートとの間に配置された吸収性材料を採用する。 [0002] Structure of the Background Art Many known absorbent article employs an absorbent material disposed between the liquid permeable topsheet and a liquid impervious backsheet. このようなバックシートは、吸収性材料から着用者の外側衣類まで液体排泄物移動することを防ぐことに適している。 Such backsheet is suitable for preventing the moving liquid excrement to the outside garment of the wearer from the absorbent material. 残念なことに、このような物品、特に液体及び不透過性バックシートを含むような物品を使用することのために、使用時におむつの湿分を高レベルにし、着用者の皮膚の温度を高め、皮膚の水和レベルが比較的高くなる。 Unfortunately, because of the use of such an article, an article, such as in particular a liquid and impermeable backsheet, the moisture of the diaper at high levels during use, increasing the temperature of the skin of the wearer , hydration level of the skin is relatively high. このような状況は着用者の皮膚の健康を損ねることになる。 Such a situation would undermine the health of the skin of the wearer. 例えば、このようなバックシートを組み入れる吸収性物品内部の閉鎖的湿分環境が、おむつかぶれといわれるような皮膚炎を引き起こすことになる、カンジダアルビカンスを含む微生物の生存可能性を促進することになる。 For example, it closed moisture environment inside the absorbent article incorporating such a backsheet, will cause dermatitis as said diaper rash, will promote viability of microorganisms, including Candida albicans . 【0003】 さらに、このような物品の液体透過性トップシートは、一般的にスパンボンドポリオレフィン材料のような不織布から構成されてきた。 [0003] Further, such a liquid permeable topsheet of the article generally been composed of a nonwoven fabric such as spunbonded polyolefin material. 残念なことに、このような材料は皮膚と常に滑らかで不快ではないと限らない。 Unfortunately, not necessarily when such material is not always smooth and uncomfortable with the skin. 特に、このようなトップシートを含む吸収性物品を連続して使用している間、着用者の皮膚は、特に尿及び糞便があると相当に不快であり、赤くかぶれることになる。 In particular, while using continuous absorbent articles comprising such topsheet, the wearer's skin is considerably uncomfortable especially there is urine and feces, so that the rash red. このようなトップシート及び、尿と糞便とがあることによる不快さがかぶれを引き起こすことになる。 Such topsheet and discomfort due to the presence of the urine and feces will cause rash. 【0004】 おむつかぶれは、おむつを着用する時期の間、所定のときにほとんどの幼児を苦しめる。 [0004] The diaper rash is, between the time to wear diapers, afflict most of the infant at the time of a given. この状況のほとんどの過酷な形態は、菌類界のカンジダアルビカンとの二次感染によって通常生じる。 Most severe form of this condition is usually caused by secondary infection with fungi field Candida Albi cans. 別の要因もこの菌類界の病原に影響を及ぼすが、1つの重要な要因は、おむつ領域の閉鎖または半閉鎖に直接関連するおむつの中の相対的湿度である。 Another factor also affects the pathogenesis of this fungi field, one important factor is the relative humidity within the diaper which is directly related to the closed or semi-closed diaper area. 【0005】 おむつの中で湿度レベルを減少させるために、通気性のあるポリマーフィルムが、使い捨ておむつのような吸収性衣類の外側カバーとして採用されてきた。 [0005] In order to reduce the humidity level within diapers, polymer films with breathable, have been employed as outer covers for absorbent garments, such as disposable diapers. 通気性フィルムが所望の液体不透過性と空気透過性の所望レベルを与えるように微孔を有して構成されていることが一般的である。 It is common to breathable films are constructed with a microporous to provide the desired level of desired liquid impermeable and air permeable. 別の使い捨ておむつの設計では衣類の通気性を助けるように水蒸気不透過性バックシートの中に通気可能パネルまたは有孔領域の形態の通気性領域を形成するように構成されてきた。 In another disposable diaper designs have been arranged to form a breathable region in the form of breathable panels or perforated regions in the vapor-impermeable backsheet to help garment breathability. 【0006】 さらに、人体排泄物が着用者の皮膚に接触しないようにするために、世話人は着用者に物品を付ける前に、着用の皮膚に直接皮膚保護製品を使用することが多い。 [0006] In addition, in order to human excrement to avoid contact with the skin of the wearer, caretaker before attaching the article to the wearer, it is often to use a direct skin protection products to the skin of the wearer. このような製品は、石油、ミネラル油、タルク、コーンスターチ、あるいは別の購買可能なかぶれ用クリームまたはローションを含んでいた。 Such products have included petroleum, mineral oil, talc, corn starch, or another purchase possible rash creams or lotions. この手順は、 This procedure,
一般的に、世話人がこれらの製品を手につけて、これを着用者の皮膚に移すことを含む。 In general, the caretaker is put in the hands of these products, including the transfer of this to the skin of the wearer. 【0007】 世話人が製品に接触しないようにし、皮膚かぶれを減少させて皮膚の健康を改善するために、従来の吸収性物品はトップシートに付与されたローション配合物を含んでいるものがあり、使用時において、この配合物が皮膚に移動すなわち潤滑性を与え、トップシートと皮膚との間の摩擦を軽減するようになっている。 [0007] caretaker is to avoid contact with the product, to reduce the skin rash to improve the health of the skin, conventional absorbent article has one containing the lotion formulations are applied to the topsheet, in use, the formulation gives a move or lubricity to the skin, so as to reduce friction between the top sheet and the skin. しかし、従来のローション配合物は不安定であり、トップシートの表面からトップシート及び吸収物品の吸収芯に移動する傾向にあり、表面上の配合物が少なくなり皮膚に移行すなわち摩擦を減少させることにはならなかった。 However, conventional lotion formulations are unstable, tend to move from the surface of the top sheet to the absorbent core of the topsheet and absorbent article, reducing the transition ie friction on the skin the less formulation on the surface It did not become. この移動問題は、使用時においける皮膚の表面または温暖な気候における一般的保存状態におけるようなより高温において特に重要である。 This migration problem is particularly important at high temperatures than as in general preserved in place Keru surface or warm climate of the skin during use. 【0008】 上述したような従来の吸収性物品は十分に満足のいくものではなかった。 [0008] Conventional absorbent articles, such as described above were not entirely satisfactory. 例えば、有孔性フィルムまたは通気性パネルを採用する物品が物品からの過度の液体漏れを呈し、有孔領域すなわちパネルにおいて着用者の外側衣類をひどく汚すことになる。 For example, articles which employ perforated films or breathable panels exhibit excessive leakage of liquid from the article, so that the dirty badly outer garment of the wearer in the perforated region or panel. さらに、物品の吸収性材料が液体のために負荷がかかりすぎると、湿った吸収体は着用者の皮膚からの湿分の逸散を妨げることになる。 Furthermore, when too much load for absorbent material of the article is a liquid, moist absorber would prevent moisture escape from the skin of the wearer. このような吸収性衣類の設計は、濡れると高レベルの通気性を維持することができず、着用者の皮膚の水分を十分に減少させることができない。 The design of such absorbent garments can not maintain a high level of breathability and wet, it is impossible to sufficiently reduce the moisture of the skin of the wearer. 【0009】 さらに、このような物品に組込まれてきたローションが移動し、効率の悪い量が着用者の皮膚に付与されたり、または使用時において、皮膚とトップシートとの間に存在することになっていた。 [0009] In addition, this way and lotion move that has been incorporated into the article such, or the amount of bad efficiency is applied to the skin of the wearer, or at the time of use, to be present between the skin and the topsheet it is had. 従って、このような多量のローションが皮膚に効果を与えるようにトップシートに添加されることが要求されてきた。 Therefore, such a large amount of lotion has been required to be added to the topsheet to provide benefit to the skin. 結果として、着用者の皮膚はかぶれ、摩擦及び不快感を受ける状態のままであった。 As a result, the skin of the wearer rash, remained in the state to receive the friction and discomfort. このように、皮膚の健康を維持し改善するような吸収性物品が必要とされる。 Thus, there is a need for an absorbent article that improves maintaining the health of the skin. 【0010】 (発明の開示) 上述の困難性と問題に応じて、着用者の皮膚の健康を維持し改善するような新規な使い捨て吸収性物品が開発された。 [0010] Depending on the difficulty of the above problems SUMMARY OF THE INVENTION novel disposable absorbent articles such as improving maintaining the skin health of the wearer have been developed. このような吸収性物品は濡れると高空気交換を有し、濡れると皮膚の温度を保ち、皮膚の水和レベルを減少させ、皮膚の健康の利点を与えるローション配合物または処理化合物を含み、まてゃあ微生物の生存を減少させる。 Such absorbent articles wet and has a high air exchange, when wet maintaining the temperature of the skin, reduces the level of hydration of the skin include lotions formulations or treating compound gives the benefits of skin health, or reduce the survival of Yaa microorganisms Te. 【0011】 本明細書において使用される「から構成される」または「から構成される」から派生するような用語は、記載された特徴、要素、整数、段階または成分の存在を特定する制限のない用語であるが、別の1か、2以上の特徴、要素、整数、段階、 The term as derived from or "consisting of", "consisting of" is used herein, the described features, elements, integers, restrictions specifying the presence of steps or components is a free term, if another 1, 2 or more features, elements, integers, steps,
成分またはグループの存在または付加を排除するものではない。 It does not exclude the presence or addition of ingredients or groups. 【0012】 本明細書における「空気交換」とは、空気移動、詳細には、使用時において、着用者につけられた吸収性物品の内側から吸収性物品の外部(周囲雰囲気)に湿り空気の移動を意味し、より乾燥した空気が吸収性物品に動くことができる。 [0012] The term "air exchange" in the present specification, air movement, and in particular, the movement at the time of use, of humid air to the outside (ambient atmosphere) of the absorbent article from the inside of the absorbent article attached to the wearer means, drier air can move to the absorbent article. 【0013】 本明細書において、実質的に液体不透過性材料とは、約60センチメートル、好ましくは少なくとも約80センチメートルおよびより好ましくは少なくとも約100 In the present specification, substantially the liquid impermeable material, about 60 centimeters, preferably more preferably and at least about 80 cm of at least about 100
センチメートルの水ヘッドを与えるように構成されている。 It is configured to provide the water head of centimeters. 水ヘッド値を求めるための適当な技術が以下に詳細に記載する水圧試験である。 Suitable techniques for determining the hydrohead value is the Hydrostatic testing as described in detail below. 【0014】 実質的に水蒸気透過性材料とは、少なくとも約100g/sq.m/24時間、好ましくは、少なくとも約250g/sq.m/24時間、より好ましくは少なくとも約500g/sq.m/24時間の水蒸気透過率(WVTR)を与えるように構成される。 [0014] The substantially water-vapor permeable material, at least about 100 g / sq.m / 24 hr, preferably at least about 250 g / sq.m / 24 hr, more preferably at least about 500 g / sq.m / 24 configured to provide water vapor transmission rate (WVTR) of time. WVTR値を求めるための適当な技術が以下に詳細に記載する水蒸気透過試験である。 Suitable techniques for determining the WVTR value is the water vapor transmission tests described in detail below. 【0015】 本明細書煮記載する「粘性」とは、ホットメルト接着剤及びコーティング材料の見かけ粘度に関する標準試験方法と称するASTM D3236に従って求められたセンチポワズ単位の粘性である。 [0015] as "viscosity" described boiled herein is the viscosity of centipoise units determined according to ASTM D3236 referred to as standard Test Method for Apparent Viscosity of the hot melt adhesive and coating materials. 【0016】 本明細書の溶融点とは、多量の溶融が発生する温度のことを意味するが、溶融が所定範囲の温度にわたり実際に発生することが認識される。 [0016] The melting point herein is meant that temperature at which a large amount of melting occurs, it is recognized that melting actually occurs over a temperature in a predetermined range. 【0017】 溶融点粘性とは、多量の溶融が発生するときの温度における配合物の粘性のことを意味し、溶融が所定範囲の温度にわたり実際に発生することが認識される。 [0017] The melting point viscosity means that the viscosity of the formulation at the temperature at which a large amount of melting occurs, the melt is recognized that actually occurs over the temperature in a predetermined range. 【0018】 「貫通硬度」とは、ASTM D 1321の「石油ワックスのニードル貫通」に従ったミリメートル単位のニードル貫通のことを意味する。 [0018] By "penetration hardness" means a needle through in millimeters according to "needle through the petroleum wax" of ASTM D 1321. より低いニードル貫通硬度値がより硬度な材料に対応する。 Lower needle through the hardness value corresponds to more hardness materials. 【0019】 本明細書において使用する「Z方向の移動損失」とは、吸収性物品の体側面にローション配合物を有する吸収性物品を対象とするときに、以下に記載するZ方向ローション移動試験に関し得られる値を意味する。 [0019] a "mobile loss Z direction" as used herein, when directed to an absorbent article having a lotion formulation on the body side of the absorbent article, the Z-direction Lotion mobile test described below It means a value obtained relates. 【0020】 本明細書に記載する「CD方向の移動損失」とは、吸収性物品の体側面にローション配合物を有する吸収性物品を対象とするときに、以下に記載するCD方向ローション移動試験に関し得られる値を意味する。 [0020] The "movement loss in the CD direction" described herein, when directed to an absorbent article having a lotion formulation on the body side of the absorbent article, the CD direction lotion mobile test described below It means a value obtained relates. 【0021】 1態様において、本発明は、吸収体、前部ウエストセクション、後部ウエストセクション及び前後セクションを接続する中間セクションとからなる吸収性物品に関する。 [0021] In one aspect, the present invention, the absorbent body, the front waist section, relates to an absorbent article comprising an intermediate section which connects the back waist section and longitudinal section. 吸収性物品は、本明細書において記載のトラクタガステストに従って計算された少なくとも1分あたり約190立方センチメートルの湿潤空気交換率を有する。 The absorbent article has a wet air exchange rate of approximately 190 cm3 least per minute calculated according to a tractor gas test described herein. 特定の実施例において、物品は、トラクタガステストに従って計算された少なくとも約200、好ましくは少なくとも約225、より好ましくは、少なくとも25 In certain embodiments, the article is at least about 200 calculated according to the tractor gas test, preferably at least about 225, more preferably at least 25
0立方センチメートル/分の湿潤空気交換率を有する。 0 having cubic centimeters / minute of humid air exchange rate. 吸収性物品は、トラクタガステストに従って計算されて少なくとも約525立方センチメートル/分の乾燥空気交換率または本明細書に記載する皮膚水和試験に従って計算して約18グラム/平方メートル以下の皮膚水和値を有していればよい。 Absorbent article, at least about 525 cubic centimeters / minute of dry air exchange rate or calculated to about 18 grams / square meter less skin hydration value according skin hydration test described herein is calculated according to the tractor gas test only to have. 【0022】 別の態様において、本発明は、吸収体、前部ウエストセクション、後部ウエストセクション及び前後セクションを接続する中間セクションとからなる吸収性物品に関する。 [0022] In another aspect, the present invention, the absorbent body, the front waist section, relates to an absorbent article comprising an intermediate section which connects the back waist section and longitudinal section. 吸収性物品は、皮膚水和試験に従って計算して約18グラム/平方メートル以下の皮膚水和値を有していればよい。 The absorbent article may have a about 18 grams / square meter less skin hydration value is calculated according to skin hydration test. 特定の実施例において、吸収性物品は、皮膚水和試験に従って計算して約15グラム/平方メートル以下、好ましくは約12グラム/平方メートル以下、より好ましくは、約10グラム/平方メートル以下の皮膚水和値を有していればよい。 In certain embodiments, the absorbent article, about 15 grams / square meter or less, calculated in accordance skin hydration test, preferably about 12 grams / square meter or less, more preferably, about 10 grams / square meter less skin hydration value a good as long as it has. 吸収性物品は、トラクタガステストに従って計算されて少なくとも約190立方センチメートル/分の湿潤空気交換率及び/又は少なくとも約525立方センチメートル/分の乾燥空気交換率を有していればよい。 The absorbent article may have a computed at least about 190 cubic centimeters / minute moist air exchange rate and / or at least about a 525 cm3 / min dry air exchange rate according to a tractor gas test. 【0023】 別の態様において、本発明は、吸収体、前部ウエストセクション、後部ウエストセクション及び前後セクションを接続する中間セクションとからなる吸収性物品に関する。 [0023] In another aspect, the present invention, the absorbent body, the front waist section, relates to an absorbent article comprising an intermediate section which connects the back waist section and longitudinal section. 吸収性物品は、(1)本明細書に記載する水蒸気透過試験に関し計算されて少なくとも約1000グラム/平方メートル/時間の水蒸気透過率を有する水蒸気透過性バックシートと、(2)バックシートに向かい合う関係で配置されている液体透過性トップシート及び(3)改善された空気交換に関し高空気透過性の複数ゾーンを形成するバックシートとトップシートとの間に配置された吸収性本体とを含む。 The absorbent article (1) and water vapor permeable backsheet is calculated relates vapor transmission test having at least about 1000 grams / water vapor transmission rate of square meter / time described herein, (2) a back sheet facing relationship in comprising an absorbent body disposed between the backsheet and the topsheet to form a multi-zone high air permeability relates disposed in which a liquid permeable topsheet and (3) improved air exchange. 特定の実施例において、吸収性本体の高空気透過性ゾーンは、高空気交換ゾーンに隣接した吸収体本体の一部のフレージャ有孔率よりも少なくとも約10 In certain embodiments, the high air permeability zone of the absorbent body is at least about than some of the Frazier porosity of the absorber body adjacent to the high air exchange zone 10
パーセント大きいフレージャ有孔率を有する。 Having a percent greater Frazier porosity. 吸収性本体は、バックシートと吸収性本体との間に配置されている通風層を含んでいればよい。 The absorbent body may include at ventilation layer located between the backsheet and the absorbent body. 【0024】 別の態様において、本発明は、吸収体、前部ウエストセクション、後部ウエストセクション及び前後セクションを接続する中間セクションとからなる吸収性物品に関する。 [0024] In another aspect, the present invention, the absorbent body, the front waist section, relates to an absorbent article comprising an intermediate section which connects the back waist section and longitudinal section. 吸収性物品は、(1)本明細書に記載する水蒸気透過試験に関し計算されて少なくとも約1000グラム/平方メートル/時間の水蒸気透過率を有する水蒸気透過性液体不透過性バックシートと、(2)バックシートに向かい合う関係で配置されている液体透過性トップシート及び(3)バックシートとトップシートとの間に配置された吸収性本体と、(4)バックシート及び吸収性本体との間に配置された通気層及び(5)トップシートと吸収性本体との間に配置されたサージ処理層とを含む。 The absorbent article includes a vapor permeable liquid impermeable backsheet having at least about 1000 grams / water vapor transmission rate of square meters / hour is calculated relates vapor transmission tests described herein (1), (2) back an absorbent body disposed between the disposed liquid-permeable topsheet and (3) has a backsheet and topsheet in relation facing the sheet, are disposed between the (4) a backsheet and an absorbent body and including a vent layer and (5) the surge management layer disposed between the topsheet and the absorbent body. 特定の実例において、吸収性物品の吸収性本体は、ゾーンに隣接した吸収体本体の一部のフレージャ有孔率よりも少なくとも約10パーセント大きいフレージャ有孔率を有する。 In certain instances, the absorbent body of the absorbent article has at least about 10 percent greater Frazier porosity than some of the Frazier porosity of the absorber body adjacent to the zone. 【0025】 さらに別の態様において、本発明は、吸収体、前部ウエストセクション、後部ウエストセクション及び前後セクションを接続する中間セクションとからなる吸収性物品に関する。 [0025] In yet another aspect, the present invention, the absorbent body, the front waist section, relates to an absorbent article comprising an intermediate section which connects the back waist section and longitudinal section. 吸収性物品は、本明細書に記載するC.アルビカン生存試験に関し計算される標準C.アルビカン生存性の約85%以下のC. Absorbent article, standard C. Arubikan viability about 85% or less of C. as calculated relates C. Arubikan survival test described herein アルビカン生存率を有する。 With a Arubikan survival. 特定の実施例において、C.アルビカン生存率は約80%未満であり、好ましくは、C.アルビカン生存試験に関し計算される標準C.アルビカン生存性の約80 In certain embodiments, C. Arubikan viability is less than about 80%, preferably, C. Standard C. Arubikan viability of about 80 as calculated relates Arubikan survival test
%以下のC. % Or less of C. アルビカン生存率を有する。 With a Arubikan survival. 吸収性物品は、トラクタガステストに従って計算されて少なくとも約190立方センチメートル/分の湿潤空気交換率及び The absorbent article is at least about 190 cubic centimeters / minute of humid air exchange rate and is calculated according to the tractor gas test
/又は少なくとも約525立方センチメートル/分の乾燥空気交換率及び/又本明細書に記載の水分水和試験に関し計算されて少なくとも約18グラム/平方メートル以下の皮膚水和値を有していればよい。 / Or at least about 525 cubic centimeters / minute of dry air exchange rate and / or may have at least about 18 grams / square meter less skin hydration value is calculated relates moisture hydration test described herein. 【0026】 別の態様において、本発明は、本発明は、吸収体、前部ウエストセクション、 [0026] In another aspect, the present invention, the present invention, the absorbent body, the front waist section,
後部ウエストセクション及び前後セクションを接続する中間セクションとからなる吸収性物品に関する。 It relates to an absorbent article comprising an intermediate section which connects the back waist section and longitudinal section. 吸収性物品は、本明細書に記載する皮膚温度試験にしたがって計算された約1.010以下の湿潤皮膚温度/乾燥皮膚温度率を有する。 The absorbent article has about 1.010 or less wet skin temperature / dry skin temperature index, calculated according to the skin temperature test described herein. 特定の実施例において、吸収性物品は、皮膚温度試験にしたがって計算された約1.005 In certain embodiments, the absorbent article about calculated according skin temperature test 1.005
以下、好ましくは約1.000以下、より好ましくは約0.995、さらに好ましくは少なくとも約0.990であればよい。 Or less, preferably about 1.000 or less, more preferably about 0.995, more preferably it may be at least about 0.990. 吸収性物品は、トラクタガステストに従って計算されて少なくとも約190立方センチメートル/分の湿潤空気交換率及び/又は少なくとも約525立方センチメートル/分の乾燥空気交換率及び/又本明細書に記載の水分水和試験に関し計算されて少なくとも約18グラム/平方メートル以下の皮膚水和値を有していればよい。 Absorbent article, the water hydration test according to at least about 190 cubic centimeters / minute of humid air exchange rate and / or at least about 525 cubic centimeters / minute dry air exchange rate and / or the specification are calculated according to the tractor gas test may have at least about 18 grams / square meter less skin hydration value is calculated relates. 【0027】 本発明のさらに別の態様において、本発明は、外側の体に面する表面のローション配合物すなわち処理化合物に関する。 [0027] In yet another aspect of the present invention, the present invention relates to lotion formulations outwardly facing surface of the body i.e. the processing compound. 特定の実施例において、トップシートは、約5から約95重量パーセントの軟化剤、約5から約95重量パーセントのワックス及び任意的には約0.1から約25重量パーセントの粘性相乗剤からなるローション配合物を含む。 In certain embodiments, the topsheet, the softening agent from about 5 to about 95 weight percent, from about 5 wax and optionally of about 95 weight percent lotion formulation from about 0.1 consisting of about 25 weight percent of the viscosity synergist including things. ローション配合物は、スプレー法、スロットコーティング、または印刷のような本技術分野において既知の方法により、ローション配合物の融点以上10℃以下の温度でトップシートに付与され、トップシート上のローション配合物の移動を減少させる。 Lotion formulation, a spray method, by methods known in the art such as slot coating or printing, is applied to the topsheet at a temperature 10 ° C. less than the melting point of the lotion formulation, lotion formulation on the topsheet to reduce the movement of. 【0028】 所定の実施例において、軟化剤は、オイル、エステル、グリセロルエステル、 [0028] In certain embodiments, softeners, oil, esters, glycero ester,
エーテル、アルコシレートカルボン酸、アルコシレートアルコール、脂肪族アルコール及びこれらの混合物からなる群から選択される。 Ethers, alcoholates shea rate carboxylic acids, alcoholates shea rate alcohol is selected from the group consisting of aliphatic alcohols, and mixtures thereof. さらに所定の実施例において、ワックスが動物ベースのワックス、植物ベースのワックス、ミネラルベースのワックス、シリコンベースのワックス及び天然または合成であるこれらの混合物からなる群から選択される。 In yet certain embodiments, is selected wax animal based waxes, vegetable based waxes, mineral based waxes, from mixtures thereof is a silicon-based waxes and natural or synthetic. 【0029】 特定の態様において、ローション配合物は、ローション配合物の全重量に基き約5から約95重量パーセントのワセリン、約5から95重量パーセントの動物ベースのワックス、植物ベースのワックス、ミネラルベースのワックス、シリコンベースのワックス及び天然または合成であるこれらの混合物からなる群から選択されるワックス及び約0.1から約25重量パーセントのポリオレフィン樹脂からなる。 [0029] In certain embodiments, the lotion formulation, the total weight based on from about 5 to about 95 weight percent petrolatum lotion formulation, from about 5 to 95 percent by weight of animal based waxes, vegetable based waxes, mineral based consisting of waxes, silicone based waxes and natural or waxes and from about 0.1 to about 25% by weight of the polyolefin resin is selected from the group consisting of mixtures of synthetic. 【0030】 さらに別の態様において、本発明は、外側の体に面する表面上の処理化合物を含むトップシートを有する吸収性物品に関する。 In yet another aspect, the present invention relates to an absorbent article having a topsheet comprising a treating compound on the outwardly facing surface of the body. 処理化合物は界面活性剤及び皮膚の健康に有益な薬剤、好ましくは、水中油型乳剤のような乳剤を含む。 Treating compound surfactant and health benefit agent of the skin, preferably, it comprises an emulsion such as oil-in-water emulsions. 皮膚の健康に有益な薬剤は亜鉛化合物を含んでいればよい。 Health benefit agent of the skin need only contain a zinc compound. 処理化合物はセリシンのようなシルクプロテインのようなプロテインを含んでいてもよい。 Treating compound may contain proteins such as silk protein, such as sericin. 【0031】 本発明の様々な態様は、吸収性物品に着用者の皮膚の健康を維持した改善するので有効である。 [0031] Various aspects of the present invention is effective because it improves maintaining the skin health of the wearer to the absorbent article. 例えば、このような改善された吸収性物品は、使用の際に従来の吸収性物品に比較すると着用者の皮膚に実質的に減少した水和ベルを呈していればよい。 For example, such improved absorbent article, it is sufficient that exhibit hydration level was substantially reduced to the wearer's skin when compared to conventional absorbent articles during use. 皮膚の水和レベルが減少することは、より乾燥し、より心地良い皮膚にすることを促進し、微生物の存在性をうける可能性を少なくする。 The hydration level of the skin is decreased, drier, and facilitates the more pleasant skin, reducing the possibility of receiving the presence of microorganisms. 従って、本発明にしたがって形成された着用者の吸収性物品は、使用時において、皮膚の水和性を減少させ、皮膚温度をより一定にし、皮膚の不快さおよびかぶれの発生を減少させることになる。 Accordingly, the absorbent article wearer's formed according to the present invention, in use, to reduce the hydration of the skin, the skin temperature more and constant, to reduce the occurrence of discomfort and skin irritation Become. 【0032】 さらに、特定の実施例において、ローションが付与され処理されたトップシートが着用者の皮膚と滑らかに接触し、皮膚の不快さを減少させることになる。 Furthermore, in certain embodiments, the topsheet lotion was granted be processed smoothly contact with the wearer's skin, would reduce the discomfort of the skin. さらに、トップシートに付与されたローション配合物は、従来のローション配合剤よりも安定で、粘性があり、特により高温であるために、より大きな割合の添加されたローションがトップシートに残ったままであり、着用者の皮膚に簡単に接触し、移動して利点を与えることになる。 Furthermore, lotion formulations which are applied to the topsheet, more stable than conventional lotion formulations, there is viscous, because in particular from a high temperature, while a greater proportion the added lotion remained in the topsheet There, a brief contact with the skin of the wearer, will give the advantage to move. さらに、所望であれば、トップシートの表面においてローションを局所的にすることにより、さらに少量のローション配合物をトップシートに添加して、より低いコストで同様の利点を与えることができる。 Further, if desired, by the local lotion at the surface of the top sheet, it is possible to further add a small amount of lotion formulation to the topsheet, provide similar benefits at lower cost. その結果、本発明の吸収性物品の着用者の皮膚がかぶれ、摩擦および不快感を受けることが少なくなる。 As a result, the skin of the wearer of the absorbent article of the present invention is rash, it becomes less likely to undergo friction and discomfort. 【0033】 (本発明を実施するのに最良の形態) 以下の詳細な記載は、幼児の下半身に着用されるようになっている使い捨て吸収性物品に関しなされるものである。 [0033] (best mode for practicing the present invention) The following detailed description is intended to be made relates to a disposable absorbent article adapted to be worn on the lower body infant. しかし、明白なように、本発明の吸収性物品は、女性用パッド、失禁用訓練用パンツのような別の種類の吸収性物品を使用するのに適している。 However, as is apparent, the absorbent article of the present invention is suitable for use feminine pads, other types of absorbent articles such as incontinence training pants. 【0034】 本発明の吸収性物品は、着用者の皮膚の健康を維持したり改善するので有益である。 [0034] The absorbent article of the present invention is beneficial because to improve or maintain the health of the skin of the wearer. 例えば、吸収性物品は従来の吸収性物品に比較すると、使用時において着用者の皮膚の水和レベルの実質的な減少を呈することがある。 For example, the absorbent article when compared to conventional absorbent articles, may exhibit a substantial decrease in the level of hydration of the skin of the wearer during use. 本発明の吸収性物品は、従来の吸収性物品に比較すると、使用時において濡れると、着用者の皮膚の温度をより一定に維持することができる。 The absorbent article of the present invention, when compared to conventional absorbent article, when wet in use, it is possible to maintain the temperature of the skin of the wearer more constant. このように、本発明の異なる態様の吸収性物品は、減少した皮膚水和を有し、皮膚に微生物が存在する可能性が減少し、皮膚の不快さとかぶれの発生を防ぐことになる。 Thus, an absorbent article of the different aspects of the invention have reduced skin hydration, reduces the possibility that there are microorganisms on the skin, thereby preventing the occurrence of discomfort and skin irritation. 本発明の吸収性物品は、ローション、または皮膚健康に有益な薬剤を着用者の皮膚に与え、従来の吸収性ぶっぴんに比較すると改善された皮膚の健康を与えることになる。 The absorbent article of the present invention provides a lotion or skin health beneficial agent, to the wearer's skin, thereby providing a skin health that is improved as compared to conventional absorbent articles. 【0035】 本発明の吸収性物品の能力が、使用中に着用者の皮膚の水和レベルの低下を表すように、本発明の吸収性物品の能力が、物品の高空気交換率を達成するための吸収性物品の吸収性能力に少なくとも1部に関与することが発見された。 [0035] The ability of an absorbent article of the present invention, to represent the reduction in hydration level of the skin of the wearer during use, the ability of an absorbent article of the present invention achieves a high air exchange rate of the article to be involved in at least a portion is found in the absorbent capacity of the absorbent article for. さらに、このような低レベルの皮膚水和を達成することは高空気交換率を維持し、濡れるときでもより一定の皮膚温度を維持する物品の能力に依存する。 Furthermore, achieving the skin hydration of such a low level to maintain high air exchange rate, it depends on the ability of the article to maintain a constant skin temperature than even when wet. 【0036】 この用途について、乾燥状態及び湿潤状態の両者のときに高空気交換率を達成する吸収性物品の能力が、以下に記載するトレーサガス試験について求められる乾燥空気交換率、湿潤空気交換率及び湿潤空気交換率/乾燥空気交換率の割合として定められた。 [0036] For this purpose, dry and capacity of the absorbent article to achieve a high air exchange rate when both wet state is dried air exchange rate required for the tracer gas test described below, moist air exchange rate and defined as the ratio of moist air exchange rate / dry air exchange rate. 簡潔に記載すれば、トレーサガステストは、物品が着用されている間、着用者の皮膚の次にある吸収性物品内側に一定の割合でトレーサガスを噴射する段階を含む。 If briefly described, the tracer gas tests, while the article is being worn, comprising the step of injecting a tracer gas at a constant rate to the absorbent article inside in the following the wearer's skin. 同様に、物品と着用者の題意だの空気間隙のトレーサガスの濃度が、噴射と同一の一定割合でサンプルを引き出すことによって測定される。 Similarly, the concentration of the tracer gas Daii Dano air gap of the article and the wearer is measured by withdrawing a sample at a constant rate equal to the injection. 次いで空気交換は問題になっている空気間隙のトレーサガスと空気の質量バランスに基いている。 Then air exchange is based on mass balance of the tracer gas and air in the air gap in question. 【0037】 所望の低レベルの皮膚水和を達成するために、本発明の異なる態様の吸収性物品が、分あたり少なくとも約190立方センチメートル、少なくとも約200立方センチメートル、好ましくは少なくとも約225立方センチメートル、より好ましくは少なくとも約250立方センチメートル、さらに好ましくは、少なくとも約300立方センチメートルの湿潤空気交換率を有するように構成されていればよい。 [0037] To achieve the skin hydration of the desired low level, the absorbent article of the different aspects of the present invention is, per minute of at least about 190 cubic centimeter at least about 200 cubic centimeter preferably at least about 225 cubic centimeter and more preferably at least about 250 cubic centimeter and even more preferably, may be composed so as to have a moist air exchange rate of at least about 300 cubic centimeter. 例えば、吸収性物品は、分あたり少なくとも約175から約1500立方センチメートル、好ましくは少なくとも約225から約1500立方センチメートルの湿潤空気交換率を有する。 For example, the absorbent article is at least about 175 to about 1500 per cubic centimeter minute, preferably from at least about 225 moist air exchange rate of about 1500 cubic centimeter. 上述以下の湿潤空気交換率を呈する吸収性物品は、十分な量の空気交換を行うことができず、その結果として皮膚の水和レベルを高めてしまうことになる。 Absorbent article exhibiting a moist air exchange rate of the above-described below, can not be performed air exchange a sufficient amount, so that would increase the hydration level of the skin as a result. このように、皮膚水和レベルの上昇のために皮膚に微生物を生存させる可能性が高くなり、皮膚の不快さとかぶれの発生を高めることになる。 Thus, more likely to survive the microorganisms to the skin for the increase in skin hydration level results in increasing the occurrence of discomfort and skin irritation. 【0038】 本発明の異なる態様の吸収性物品は、改善された性能のために、分あたり少なくとも約525立方センチメートル、少なくとも約575立方センチメートル、好ましくは少なくとも約625立方センチメートル、より好ましくは少なくとも約675立方センチメートル、さらに好ましくは、少なくとも約750立方センチメートルの湿潤空気交換率を有するように構成されていればよい。 The absorbent article of the different aspects of the present invention, for improved performance, per minute of at least about 525 cubic centimeter of at least about 575 cubic centimeters, preferably at least about 625 cubic centimeter and more preferably at least about 675 cubic centimeters, more preferably, it may be composed so as to have a moist air exchange rate of at least about 750 cubic centimeter. 例えば、吸収性物品は、分あたり少なくとも約525から約2500立方センチメートル、好ましくは少なくとも約575から約2500立方センチメートルの湿潤空気交換率を有する。 For example, the absorbent article is at least about 525 about 2500 per cubic centimeter minute, preferably from at least about 575 moist air exchange rate of about 2500 cubic centimeter. 上述以下の湿潤空気交換率を呈する吸収性物品は、十分な量の空気交換を行うことができず、 Absorbent article exhibiting a moist air exchange rate of the above-described below, can not be performed air exchange a sufficient amount,
その結果として皮膚の水和レベルを高めてしまうことになる。 As a result it would thus increase the hydration level of the skin. このように、皮膚水和レベルの上昇のために皮膚に微生物を成長させる可能性が高くなり、皮膚の不快さとかぶれの発生を高めることになる。 Thus, more likely to grow microorganisms to the skin for the increase in skin hydration level results in increasing the occurrence of discomfort and skin irritation. 【0039】 本発明の異なる態様の吸収性物品は、改善された性能のために、少なくとも約 The absorbent article of the different aspects of the present invention, for improved performance, at least about
0.20、少なくとも約0.23、好ましくは、少なくとも約0.27、さらに好ましくは少なくとも約0.30の湿潤空気交換率/空気交換率を有するように構成されている。 0.20, at least about 0.23, preferably, is constructed so as to have at least about 0.27, more preferably at least about 0.30 humid air exchange rate / air exchange rate.
例えば、吸収性物品は、改善された性能のために約0.20から約1および好ましくは約0.23から約1の湿潤空気交換率/乾燥空気交換率を形成するように構成されていればよい。 For example, the absorbent article may be composed as from about 0.20 to about 1 and preferably forms from about 0.23 to about 1 wet air exchange rate / dry air exchange rate for improved performance. 【0040】 この用途について、濡れたときに皮膚の温度をより一定に維持する吸収性物品の能力は、以下に記載する皮膚温度試験にしたがって求められた湿潤皮膚温度/ [0040] For this application, the ability of the absorbent article to maintain the temperature of the skin more constant when wet, moist skin temperature determined according to the skin temperature test described below /
乾燥皮膚温度比として定められた。 It defined as a dry skin temperature ratio. 簡単に説明すると、皮膚試験温度は、試験されるべき物品を試験参加者の前腕のまわりにおき、物品が既知量の塩水で濡れ屡前後に物品の下側の皮膚の温度を測定する段階を含む。 Briefly, skin test temperature, placing the article to be tested about the forearms of the test participants, the step of measuring the temperature of the skin of the lower article back and forth frequently wet with salt water of the article known amount including. 乾燥皮膚温度は乾燥物品が5分間着用された後に記録され、湿潤皮膚温度は、濡れた物品が120分の間着用された後に記録される。 Dry skin temperature was recorded after drying the article is worn for 5 minutes, the wet skin temperature, wet article is recorded after being worn for 120 minutes. 本発明の別の態様の吸収性物品は、改善された性能のために約1.010以下、約1.0005以下、好ましくは約1.000以下、より好ましくは約0. The absorbent article of another embodiment of the present invention is about 1.010 or less for improved performance, about 1.0005 or less, preferably about 1.000 or less, more preferably about 0.
995以下、さらに好ましくは約0,990以下の湿潤皮膚温度/乾燥皮膚温度比を有するように構成されている。 995 below, is configured to more preferably about 0,990 or less for wet skin temperature / dry skin temperature ratio. 例えば、吸収性物品は、改善された性能のために約0. For example, the absorbent article about for improved performance 0.
950から約1.010、好ましくは約0.970から1.005の湿潤皮膚温度/乾燥皮膚温度比を有するように構成されている。 950 to about 1.010, and preferably is configured to have a wet skin temperature / dry skin temperature ratio of about 0.970 1.005. 上述以上の湿潤皮膚温度/乾燥皮膚温度比を呈する吸収性物品は、濡れると温度を皮膚の温度を維持することができず、その結果として皮膚の水和レベルを高めてしまうことになり、皮膚に微生物を生存させる可能性が高くなり、皮膚の不快さとかぶれの発生を高めることになる。 Absorbent article exhibiting a wet skin temperature / dry skin temperature ratio described above above, when wet can not be a temperature to maintain the temperature of the skin, will be thus enhanced hydration level of the skin as a result, the skin possibility of survival of microorganisms increases, thereby increasing the occurrence of discomfort and skin irritation to. 【0041】 乾燥状態及び湿潤状態の両者のときにより一定の皮膚温度と高空気交換率とを呈する本発明の吸収性物品の能力が、皮膚水和のレベルを減少させることになる。 [0041] The ability of an absorbent article of the present invention by the time of both dry and wet states exhibits a constant skin temperature and high air exchange rate, will reduce the level of skin hydration. この用途に関する、低レベルな皮膚水和を達成するための吸収性物品の能力が皮膚水和値として定められた。 For this purpose, of an absorbent article to achieve a low level of skin hydration capacity is determined as a skin hydration value. 本明細書の「皮膚水和値」とは、以下に記載の皮膚水和試験にしたがって求め等得た値をいう。 The "skin hydration value" herein means a value obtained such determined according skin hydration test described below. 一般的に、皮膚水和値は、所定の時間の間濡れた吸収性物品を着用後、試験を受けた皮膚の水蒸気の損失を測定することにより求められる。 Generally, skin hydration value, after wearing an absorbent article wet for a predetermined time is determined by measuring the loss of water vapor in the skin that received the test. 【0042】 本発明の異なる態様の吸収性物品が、改善された性能のために、約18グラム/ The absorbent article of the different aspects of the present invention is, for improved performance, about 18 grams /
平方メートル/時間以下、約15グラム/平方メートル/時間以下、約12グラム/平方メートル/時間以下、より詳細には、約10グラム/平方メートル/時間以下、さらに好ましくは約8グラム/平方メートル/時間以下、さらに好ましくは、約5グラム Square meter / hour or less, about 15 grams / square meter / hour, or less about 12 grams / square meter / hour, and more particularly, less than about 10 grams / square meter / hour, more preferably not more than about 8 grams / square meter / hour, further preferably, about 5 grams
/平方メートル/時間以下の皮膚水和値を形成するように構成されていればよい。 / It may be composed so as to form the following skin hydration value square meter / hour.
例えば、本発明の吸収性物品は、0.1から約18グラム/平方メートル/時間、約0.1 For example, the absorbent article of the present invention, about 18 grams / square meter / hour 0.1, about 0.1
から約12グラム/平方メートル/時間の皮膚水和値を有するように構成されていればよい。 Only it needs to be configured to have a skin hydration value of about 12 grams / square meter / hour. 上述以上の皮膚水和値を呈する吸収性物品が微生物の成長をより皮膚に与えることになり、皮膚の不快さとかぶれとの発生の増大を導くことになる。 Absorbent article exhibiting a skin hydration value of the above described is to give the growth of microorganisms and more skin, will lead to an increase in occurrence of discomfort and skin irritation. 【0043】 本発明の吸収性物品は、さらに皮膚の不快さを減少させる微生物の生存率の減少を呈するようになる。 The absorbent article of the present invention, further so exhibits a decrease in the viability of the microorganisms to reduce the discomfort of the skin. 微生物の低生存率は、本発明の物品内の通気性の増大と空気交換の直接的な結果である。 Low viability of microorganisms is a direct result of the increase in the exchange of air ventilation within the article of the present invention. この用途に関し、微生物の低生存率を達成する吸収性物品の能力がカンジダアルビカン生存値として定義される。 Regarding this application, the ability of an absorbent article to achieve a low survival rate of the microorganism is defined as Candida Albi cans survival value. カンジダアルビカンの存在が不快さの発生と特にかぶれの発生に直接関連すると考えられるからである。 The presence of Candida Albi cans is considered to be directly related to the particular occurrence of rash and the occurrence of discomfort. 本明細書において使用される「カンジダアルビカン生存性」は、以下に記載するカンジダアルビカン生存試験にしたがって求められた値をいう。 "Candida Albi cans viability" as used herein refers to a value determined in accordance with Candida Albi cans survival test described below. 一般的にカンジダアルビカン生存試験は、試験吸収性物品のパッチにおけるカンジダアルビカンと、非通気性外側カバーすなち、24時間あたり100グラム/平方メートル以下のWVTRを有する外側カバーを有する従来の吸収性物品からの標準パッチにおけるカンジダアルビカン生存性との比較である。 Generally Candida Albi Kang survival test, and Candida Albi cans in patch testing absorbent articles, non-breathable outer cover sand, conventional absorbent having an outer cover with 100 grams / square meter following WVTR per 24 hours a comparison of the Candida Albi cans viability in the standard patch from sex article. 【0044】 特定の実施例において、本発明の特定の態様の吸収性物品は、改善された性能のためには、標準のカンジダアルビカン生存率の約85パーセント以下、約80パーセント以下、好ましくは約60パーセント以下、より好ましくは約40パーセント以下、およびさらに好ましくは、約20パーセント以下を形成するように構成されていればよい。 [0044] In certain embodiments, an absorbent article of a particular embodiment of the present invention, for improved performance, about 85 percent or less of the standard Candida Albi cans survival, about 80 percent or less, preferably about 60 percent or less, more preferably about 40 percent or less, and more preferably, may be composed so as to form more than about 20 percent. 例えば、本発明の吸収性物品は、カンジダアルビカン生存試験に関するカンジダアルビカンコロニー形成単位約5−7ログの懸濁液で接種されると、 For example, the absorbent article of the present invention, when inoculated with a suspension of Candida Albi cans colony forming units to about 5-7 log of Candida Albi cans survival test,
約2.5以下、好ましくは約2.0以下およびより好ましくは約1.75ログのカンジダコロニー形成単位を有していればよい。 About 2.5 or less, preferably more preferably less and about 2.0 may have a Candida colony forming units of approximately 1.75 log. 上述以上のカンジダアルビカン生存値を呈する吸収性物品は不快さとかぶれとの発生を増大させるので好ましくない。 Absorbent article exhibiting Candida Albi cans survival value than above is not preferable because it increases the occurrence of discomfort and rash. 上述のカンジダアルビカン生存値は、吸収性物品に滅菌剤を組み入れて消費者が好ましくない状態を感じてしまうことなく、得られることが好ましい。 Candida Albi Kang survival values ​​described above, without the consumer incorporating sterilizing agents in the absorbent article will feel the undesirable condition, it is preferably obtained. 【0045】 着用者bの皮膚の健康の維持または改善が、上述に記載した特性の1つか、2 The maintenance or improvement of skin health of the wearer b is one or characteristic described above, 2
つ以上が組み合せられた吸収性物品の構成を選択することによって達成できることが発見された。 One or more it has been found that can be achieved by selecting a configuration of an absorbent article that has been combined. 例えば、所定レベルの許容可能な改善された性能が、少なくとも約525立方センチメートル/分の乾燥空気交換率及び少なくとも約175立方センチメートル/分の湿潤空気交換率、好ましくは少なくとも約675立方センチメートル/分の乾燥空気交換率及び少なくとも約200立方センチメートル/分の湿潤空気交換率を呈する吸収性物品を採用することによって達成できる。 For example, the predetermined level acceptable improved performance of at least about 525 cubic centimeters / minute of dry air exchange rate, and at least about 175 cubic centimeters / minute of humid air exchange rate, preferably at least about 675 cubic centimeters / minute of dry air exchange absorbent article that exhibits a rate and at least about a 200 cm3 / min moist air exchange rate can be achieved by employing. あるいは、改善された性能は、少なくとも約175立方センチメートル/分の湿潤空気交換率及び約 Alternatively, improved performance, moist air exchange rate of at least about 175 cubic centimeters / minute and about
18グラム/メートル/時間未満の皮膚水和値、好ましくは少なくとも約200立方センチメートル/分の湿潤空気交換率及び約12グラム/メートル/時間未満の皮膚水和値を呈する吸収性物品を採用することによって達成される。 18 g / m / h less than the skin hydration value, by preferably employing an absorbent article that exhibits at least about 200 cubic centimeters / minute of humid air exchange rate and about 12 grams / meter / hour less skin hydration value It is achieved. 【0046】 さらに、改善された性能が、少なくとも約525立方センチメートル/分の乾燥空気交換率及び少なくとも約0.20の湿潤空気交換率/乾燥空気交換率比、好ましくは少なくとも約625立方センチメートル/分の乾燥空気交換率及び少なくとも約0. [0046] Further, improved performance, at least about 525 cubic centimeters / minute of dry air exchange rate, and at least about 0.20 humid air exchange rate / dry air exchange rate ratio, preferably at least about 625 cubic centimeters / minute of dry air exchange rate and at least about 0.
23の湿潤空気交換率/乾燥空気交換率比を有する吸収性物品を採用することによって達成できることが発見された。 It has been discovered that can be achieved by employing an absorbent article having a wet air exchange rate / dry air exchange ratio of 23. 【0047】 本発明に使用する吸収性物品の適当な構造の例が図1から6に図示するように以下に記載されている。 [0047] Examples of suitable structures of the absorbent article for use in the present invention are described below as shown in FIGS. 1 to 6. 図1は、本発明の使い捨ておむつのような一体式吸収性物品の平坦図を非収縮状態(即ち、ギャザー及び収縮を形成する全ての弾性が(取除かれた状態)で表している。構造の一部が、観察者に面し、着用者に接触するおむつ10の内部をより明白に表すために部分的に切断されている。図2は、線2−2 Figure 1 represents in a planar view of an integral absorbent article, such as a disposable diaper of the present invention uncontracted state (i.e., all of the elastic forming the gathers and contraction (the removed state). Structure the part, facing the observer, has been partially cut to represent the interior of the diaper 10 which contacts the wearer more clearly. Fig. 2, lines 2-2
に沿って切断された吸収性物品の断面図である。 It is a cross-sectional view of the cut absorbent articles along. 図1及び2を参照すると、使い捨ておむつ10は、前部ウエストセクション12、背部ウエストセクション14及び前後ウエストセクションを接続する中間セクション16とを備える。 1 and 2, the disposable diaper 10, and an intermediate section 16 connecting the front waist section 12, a back waist section 14 and the front and rear waist sections. 前後ウエストセクションは、使用時に、着用者の前後下腹部領域を実質的に超えて延びるように構成されている物品の一部を含む。 The front and rear waist sections include the use, the portion of the article which is configured to extend substantially beyond the front and rear abdominal regions of the wearer. 物品の中間部分は脚部間の着用者の股領域を通って延びるように構成されている物品の一部を含む。 The intermediate portion of the article comprises a portion of the article being configured to extend through the crotch region of the wearer between the legs. 【0048】 吸収性物品は、水蒸気透過性バックシート20、バックシート20と面する関係にある液体透過性トップシート22及びバックシート20とトップシート22との間に配置されている吸収性パッドのような吸収性本体24とを含む。 The absorbent article, the water vapor permeable backsheet 20, the absorbent pad is disposed between the liquid permeable topsheet 22 and the backsheet 20 and topsheet 22 in facing relationship with the backsheet 20 comprising an absorbent body 24, such as. バックシート20は図示した実施例においておむつ10の長さと幅が一致する長さと幅とを有する。 The backsheet 20 has a length and a width length and width of the diaper 10 in the illustrated embodiment are identical. 吸収性本体24はバックシート20の長さと幅よりも小さい長さと幅を一般的に有する。 The absorbent body 24 has a smaller length and width than the length and width of the backsheet 20 generally.
バックシート20のマージンセクションのようなおむつ10のマージン部分は、吸収性本体24の末端を超えて延びていればよい。 Marginal portions of the diaper 10, such as a margin section of the backsheet 20 need only extend beyond the ends of the absorbent body 24. 図示した実施例において、例えば、 In the illustrated embodiment, for example,
バックシート20は吸収性本体24の末端マージン縁を超えて外方向に延び、おむつ The backsheet 20 extends outwardly beyond the distal margin edges of the absorbent body 24, diaper
10の側部マージンと端部マージンとを形成するようになっている。 So as to form a 10 side margins and end margins. トップシート Top sheet
22はバックシート20とほぼ同一の広がりを有しているが、所望であれば、バックシート20の面積よりも大きいか、小さい面積を任意的にカバーすればよい。 22 has substantially coextensive with the backsheet 20, if desired, greater than the area of ​​the backsheet 20 may be optionally covered a smaller area. バックシート20とトップシート22は、使用中に着用者の衣類と本体とに面するものである。 The backsheet 20 and the topsheet 22 are those facing the clothing and the body of the wearer during use. 【0049】 バックシートの透過性が吸収性物品の通気性を高め、着用者の衣類を汚してしまうようなバックシート20の衣類に面する側の表面上において、使用中に尿のような水蒸気のうどが過度になることなく、着用者の皮膚の水和を減少させるように構成されている。 The permeability of the backsheet increases the breathability of the absorbent article, on the surface of the garment-facing side of the backsheet 20, such as soiling the wearer's clothing, water vapor, such as urine during use Udo without becomes excessive, and is configured to reduce the hydration of the wearer's skin. 【0050】 改善されたフィット性を与え、おむつ10からの人体排泄物の漏れを減少させる助けとなるように、おむつ側のマージンと端部マージンとが、単一または複数の弾性ストランドのような適当な弾性部材で弾性かされていればよい。 [0050] gives improved fit, so to help reduce leakage of body exudates from the diaper 10, and the margin of the diaper side and end margins, such as a single or multiple elastic strands only it needs to be resilient or a suitable resilient member. 弾性ストランドは天然または合成ゴムから構成されていればよく、任意的には熱収縮すなわち熱弾性可能であればよい。 The elastic strands may be composed of natural or synthetic rubber, and may be optionally in the thermal shrinkage i.e. thermoelastic possible. 例えば、図及び2に図示するように、おむつ10は、 For example, as shown in FIGS. And 2, the diaper 10,
おむつ10の側部マージンを作動的にギャザーを形成し、収縮させるように構成された脚部弾性26を含み、着用者の脚部周りに密着できる弾性化された脚部バンドを形成し、改善されたセ心地よさと外観とを形成するようになっている。 The side margins of the diaper 10 operatively forms a gather includes leg elastic 26 that is configured to shrink, to form a elasticized leg bands may contact around the legs of the wearer, improved Saretase and forms a comfort and appearance. 同様に、ウエスト弾性28は弾性化されたウエストを形成するようにおむつ10の端部マージンを弾性化するように利用されていればよい。 Similarly, it is sufficient that the waist elastic 28 are utilized to resiliently the end margin of the diaper 10 to form a waist that is elasticized. ウエスト弾性部はウエストセクションを作動的にギャザーを形成させ、収縮させるように構成されており、着用者のウエストまわりに弾性の心地よい密着性を与えるようになっている。 Waist elastic unit is adapted to provide operatively to form gathers the waist section, which is configured to shrink, a pleasant adhesion elastic waist about the wearer. 図示した実施例において、弾性部材は、明白にするために非収縮、伸ばされた状態で図示されている。 In the illustrated embodiment, the elastic member is shown in a non-shrink, stretched state for clarity. 【0051】 フック及びループファスナーのようなファスナー手段30がおむつを着用者に固定するために使用されている。 The fastener means 30 such as a hook and loop fastener is used to secure the diaper on the wearer. さらに、ボタン、ピン、スナップ、接着テープファスナー、粘着打つ、マッシュルーム及びループファスナー等の別の手段を用いてもよい。 Furthermore, buttons, pins, snaps, adhesive tape fasteners, hitting adhesive, may be used other means such as a mushroom and loop fasteners. 【0052】 おむつ10は吸収体24とトップシート22またはバックシート20の間に別の層を含んでいてもよい。 [0052] The diaper 10 may include another layer between the absorbent body 24 and the topsheet 22 or the backsheet 20. 例えば、図1及び2に図示するように、おむつ10は吸収性本体24 For example, as shown in Figures 1 and 2, the diaper 10 is the absorbent body 24
とバックシート20との間に配置された通気層23を含み、バックシート20を吸収体本体24から隔離して、空気循環を改善してバックシート20の衣類に面する表面の汚れを効率的に減少させるようになっている。 Includes a vent layer 23 disposed between the backsheet 20 and, to isolate the back sheet 20 from the absorbent body 24, efficiently dirt of the surface to improve the air circulation garment facing backsheet 20 and it is adapted to decrease to. 通気層32は、排泄物を直接受け取らない吸収体24の一部に液体排泄物を分散させる助けになる。 Ventilation layer 32 will help to disperse the liquid excrement to a portion of the absorbent body 24 that do not receive the excrement directly. おむつ10は、トップシート22と吸収体24との間に配置されたサージ処理層34を含み、液体排泄物があふれることを防ぎ、空気交換を改善し、おむつ10の中で液体排泄物の分散を改善するように配置されている。 The diaper 10 includes a surge management layer 34 disposed between the topsheet 22 and the absorbent body 24, prevents the liquid excrement overflows, improved air exchange, the dispersion of the liquid excrement in the diaper 10 It is arranged to improve. 【0053】 おむつ10は様々な適当な形状であればよい。 [0053] The diaper 10 may be a variety of suitable shape. 例えば、おむつは長方形、T字形状、または適切な砂時計形状を有していればよい。 For example, the diaper rectangular, may have a T-shape or suitable hourglass shape. おむつ10は長手方向36と側部方向38とを形成する。 The diaper 10 to form a longitudinal 36 and lateral direction 38. 本発明の吸収性物品に組込まれている別の適当なおむつ成分は収納フラップ、ウエストフラップ、弾性側部パネル等を含み、これらは本分野の当業者に知られているものである。 Another suitable diaper components which are incorporated in the absorbent article of the present invention include containment flaps, waist flaps, the elastic side panels, etc., which are those known to those skilled in the art. 【0054】 おむつの使用に適切な別のおむつ成分を含む本出関に関連して使用するのに適したおむつ構造の例が、メイヤー他に1989年1月17日に付与された米国特許第4,7 [0054] Examples of diaper construction suitable for use in connection with the present output function including another suitable diaper components for use in diaper, U.S. Patent No. granted on January 17, 1989 to Meyer other 4,7
98,603号、バーナーディンに1993年1月5日に付与された同第5,176,668号、ブルマー他に1993年1月5日に付与された同第5,176,67号、プロキシマイヤー他に1993 No. 98,603, Bernardin in 1993, the same No. 5,176,668, issued on January 5, bloomers other in the same No. 5,176,67, issued on January 5, 1993, the proxy Meyer other 1993
年3月9日付与された同第5,192、606号及びハンソン他に1996年4月23日に付与された同第5,509,915号に開示されており、本発明は、これらの開示を全て引例として組み入れる。 It is disclosed in the No. 5,509,915, issued Apr. 23, 1996 year March 9 Nos. No. 5,192,606 granted and Hanson other, the present invention incorporates all of these disclosures as references . 【0055】 おむつ10の様々な成分が、接着剤、超音波結合、熱結合及びこれらの組み合わせのような適当な取付け手段の様々な手段を採用して、一体的に組立てられている。 [0055] Various components of the diaper 10, the adhesive, ultrasonic bonding, thermal bonding and by employing various means of suitable attachment means, such as combinations thereof, are assembled integrally. 例えば、図示した実施例において、トップシート22及びバックシート20は相互に、ホットメルト、感圧接着剤のような接着剤のラインを使って吸収体本体24 For example, in the illustrated embodiment, the topsheet 22 and the backsheet 20 to each other, the absorbent body 24 with hot melt, a line of adhesive such as a pressure sensitive adhesive
に組立てられている。 It is assembled to. 同様に、弾性部材26,28、結合部材30、及び通気サージい処理層32,34のような別のおむつ成分が、上述に識別された取付け機構を使っておむつ物品に組立てられていればよい。 Similarly, the elastic members 26 and 28, another diaper component, such as a coupling member 30 and the vent surge had treated layers 32 and 34, may if assembled into the diaper article by using the attachment mechanism identified above . 【0056】 図1及び2にそれぞれ図示したおむつ10のバックシート20は、実質的に蒸気透過性材料から構成されている。 The backsheet 20 of the diaper 10 illustrated in FIGS. 1 and 2 is composed of a substantially vapor permeable material. バックシート20は少なくとも水蒸気透過性であるように構成されており、少なくとも約1000g/平方メートル/24時間、好ましくは、 The backsheet 20 is configured to be at least water vapor permeable, at least about 1000 g / square meter / 24 hours,
少なくとも約1500g/平方メートル/24時間、より好ましくは少なくとも約2000g/ At least about 1500 g / square meter / 24 hours, more preferably at least about 2000 g /
平方メートル/24時間、さらに好ましくは少なくとも約3000g/平方メートル/24時間を有するように構成されている。 Square meter / 24 hours, and more preferably is configured to have at least about 3000 g / square meter / 24 hours. 例えば、バックシート20は約1000から約6000 For example, the back sheet 20 from about 1000 to about 6000
g/平方メートル/24時間の水蒸気透過率を有すればよい。 g / or if it has a water vapor transmission rate of square meter / 24 hours. 上述未満の水蒸気透過率を有する材料は十分な量の空気交換を行うことができず、皮膚水和レベルを上昇させることになる。 Material having a water vapor transmission rate of less than above can not perform air exchange a sufficient amount, thus increasing the skin hydration level. 【0057】 バックシート20は実質的に液体不透過性であることが好ましい。 [0057] The backsheet 20 is preferably substantially liquid impermeable. 例えば、バックシートは、水圧試験を受けると、少なくとも約60cm、好ましくは少なくとも約 For example, the backsheet, and the water pressure under test, at least about 60cm, preferably at least about
80cm、より好ましくは少なくとも約100cmの水ヘッド値を与えるように構成されていればよい。 80 cm, it is sufficient that more preferably is configured to provide a hydrohead value of at least about 100 cm. 上述未満の水ヘッドを有する材料のために、使用中に尿のような液体がしみ通ることになる。 For materials having a water head of less than described above, so that the pass stain liquids such as urine in use. このような流体のしみとおりは、使用中にバックシート20を汚したり、不快な感覚を与えるので好ましくない。 Such as stain fluid is undesirable or soil the backsheet 20 during use, because it gives an unpleasant feeling. 【0058】 バックシート20は、液体不透過性及び空気透過性の所望レベル以上を直接与える適切な材料またはこのようなレベルを与えるように変性され、処理される材料であればいかなるものから構成されていてもよい。 [0058] The backsheet 20 is modified to provide a suitable material or such levels provide the desired level or a direct liquid impermeable and air permeable, is constituted of any one as long as the material being processed it may be. 1実施例において、バックシート20は要求されたレベルの液体不透過性を与えるに構成された不織繊維ウェブであればよい。 In one embodiment, the backsheet 20 may have a configuration nonwoven fibrous web provide a liquid impermeable required level. 例えば、スパンボンドまたはメルトブローポリマー繊維から構成された不織ウェブが、はっ水コーティングで処理されたり、液体不透過性及び水蒸気透過性ポリマーフィルムで積層されて、バックシート20を形成するようになっていればよい。 For example, a nonwoven web composed of spunbonded or meltblown polymer fibers, repellent or treated with water coating, is laminated with a liquid impermeable and water vapor permeable polymer film, so as to form the back sheet 20 it is sufficient that. 本発明の特定の実施例において、バックシート20は、相互に十分に結合または接続されている複数の不規則に堆積された疎水性熱可塑性メルトブロー繊維から構成された不織ウェブから構成され、実質的に水蒸気透過可能で液体不透過性ウェブを形成するようになっている。 In certain embodiments of the present invention, backsheet 20 is composed of constructed from one another sufficiently coupled or connected to the plurality are randomly deposited hydrophobic thermoplastic meltblown fibers nonwoven web, substantially thereby forming a water vapor permeable liquid impermeable web in manner. バックシート20は部分的にコーティングされているか、または選択された領域に液体不透過性を与えるように構成された水蒸気透過性不織層から構成されていればよい。 The backsheet 20 may be composed of water vapor permeable nonwoven layer which is configured to provide a partially or is coated, or selected areas in the liquid-impermeable. 【0059】 バックシートの適当な材料の例が、ブラッデリー他に、名称「向上したバリヤー特性を輸す得る不織布積層」として1996年1月9日に付与された米国特許第5,482 [0059] Back Examples of suitable materials of the sheet, the Buradderi others, granted on January 9, 1996 under the name "nonwoven laminated to obtain Yusu improved barrier properties" U.S. Patent No. 5,482
,765号、オドリンスキ他に、「通気勾配を有する吸収性物品」として1996年3月29 , 765 Patent, to Odorinsuki et al., 1996 March as "absorbent article having air gradient" 29
日に出願された米国特許第08/622、903号、グッド他により、「複合通気性バックシートを有する吸収性物品」として1996年6月21に出願された同第08/668,418号、 Filed on the date No. 08 / 622,903, by Good et a 1996, June 21 the No. 08 / 668,418, filed "absorbent article having a composite breathable backsheet"
マッコーマック他により、「低ゲージフィルム及びフィルム/不織積層」として199 The MacCormack other, as "low gauge films and film / nonwoven laminate" 199
7年6月25日に出願された同第08/882,712号に開示されており、本明細書はこれらを全て引例として組み入れる。 7 June are disclosed in the No. 08 / 882,712, filed on the 25th, herein incorporated all of these as references. 【0060】 特定の実施例において、バックシート20は多孔性フィルムに積層されたスパンボンド不織材料からなる多孔性フィルム/不織積層材料により形成されている。 [0060] In certain embodiments, the backsheet 20 is formed by a porous film / nonwoven laminate material comprising a spunbond nonwoven material laminated to the porous film.
スパンボンド不織布は、約3.5重量パーセントプロピレンとのエチレンコポリマーから押出された約1.8デニールのフィラメントからなり、平方メートルあたり約17から約25グラムの坪量を備える。 Spunbonded nonwoven fabric comprises from about 3.5 consists weight percent propylene and ethylene copolymer about 1.8 denier filaments from the polymer is extruded, approximately per square meter 17 basis weight of about 25 grams. フィルムは、中に炭化カルシウム粒子を有するキャスト同時押出されたフィルムからなり、伸張前に平方メートルあたり約 The film, made of a film is cast coextruded with calcium carbide particles in about per the preceding stretching square meter
58グラムの坪量を備える。 It provided with a basis weight of 58 grams. フィルムは、予め加熱され、伸長され、焼なましされて微孔を形成し、スパンボンド不織布に積層される。 The film was preheated, it is extended to form annealed has been microporous, is laminated to the spunbond nonwoven. この結果得られた微孔フィルム/不織積層がベースの材料は、平方メートルあたり約30から約60グラムの坪量と、約3000から約6000g/平方メートル/24時間の水蒸気透過率を有する。 The resulting microporous film / nonwoven laminate is based material has about 30 and a basis weight of about 60 grams per square meter, the water vapor transmission rate of from about 3000 to about 6000 g / square meter / 24 hours. このようなフィルム/不織積層材料の例がマッコーマック他により、「低ゲージフィルム及びフィルム/不織積層」として1997年6月25日に出願された同第08/882,712号に開示されており、本明細書はこれらを全て引例として組み入れる。 Examples of such film / nonwoven laminate material by the MacCormack other, are disclosed in the No. 08 / 882,712, filed June 25, 1997 as "low gauge films and film / nonwoven laminate" , herein incorporated all of these as references. 【0061】 図1及び2にそれぞれ図示したトップシート22は、着用者の皮膚にたいし心地よく、ソフトな感触で不快さを与えない。 [0061] The topsheet 22 illustrated in FIGS. 1 and 2, pleasant to the skin of the wearer, does not give discomfort soft feel. さらにトップシート22は吸収体24よりも親水性ではなく、着用者にたいし比較的乾燥した面を与え、十分に液体透過性であり、液体がその厚さを簡単に通りぬけることができる。 Further the topsheet 22 is not hydrophilic than absorbent body 24, provide a relatively dry surface to the wearer, is sufficiently liquid pervious, liquid can be passing through its thickness easily. 適当なトップシート22 Suitable topsheet 22
は有孔性フォーム、網状フォーム、穿孔プラスチックフィルム、天然繊維(例えば、木材または綿繊維)、合成繊維(例えば、ポリエステルまたはポリプロピレン繊維)、あるいは天然及び合成繊維の組み合わせのようなウェブ材料から広く選択されて製造されている。 Widely selected from Yuanasei foam, reticulated foam, perforated plastic films, natural fibers (e.g., wood or cotton fibers), synthetic fibers (e.g., polyester or polypropylene fibers), or a web material such as a combination of natural and synthetic fibers It has been produced are. トップシート22が吸収性本体24に保持された液体から着用者の皮膚を隔離する助けとなるように利用されることが適切である。 It is appropriate to topsheet 22 is utilized to assist to isolate the wearer's skin from liquids held in the absorbent body 24. 【0062】 様々な織及び不織繊維をトップシート22に使用できる。 [0062] A variety of woven and non-woven fibers can be used in the top sheet 22. 例えば、トップシートは、ポリオレフィン繊維からなるメルトブローまたはスパンボンドウェブから構成されていればよい。 For example, the topsheet may be composed of meltblown or spunbonded web composed of polyolefin fibers. トップシートは天然及び/または合成繊維からなる結合されカーディングされたウェブであればよい。 The topsheet may be a natural and / or made of synthetic fibers bonded carded web. トップシートは実質的に疎水性材料から構成されており、疎水性材料は、任意的に界面処理剤で処理されていてもよいし、所望レベルの湿潤性と親水性とを付与するように処理されていればよい。 The topsheet is composed of a substantially hydrophobic material, hydrophobic material, optionally may be treated with a surfactant treatment agent, treated to impart the wettability and hydrophilicity desired level only it needs to be.
本発明の特定の実施例において、界面処理剤混合物の全重量に基いて、約3:1の割合でAHCOVELベースN62とGLUCOPON220UP界面処理剤の混合物を含む界面処理剤混合物の約0.3重量パーセントで表面処理されていればよい。 In certain embodiments of the present invention, based on the total weight of the surfactant treated mixture, from about 3: surface about 0.3 weight percent of the surfactant treatment agent mixture comprising a mixture of AHCOVEL base N62 and GLUCOPON220UP interface treatment agent at a rate of 1 only it needs to be processed. AHCOVELベースN−62はノースカロライナ州、マウントホリーに所在するホッジソン・テキシタイル・ケミカルインクから購入でき、55対45の重量パーセントの割合の水素化されたエトキシレートひまわり油及びソルビタンモノオレアートの混合物を含む。 AHCOVEL Base N-62 North Carolina, can be purchased from Hodgson, Tekishitairu Chemical ink located in Mount Holly, comprising a mixture of ethoxylates sunflower oil hydrogenated ratio by weight percent of 55-to-45 and sorbitan monooleate . GLUCOPON220UPは、ヘンケルコーポレーションから購入でき、アルキルポリグリコサイドを含む。 GLUCOPON220UP can be purchased from Henkel Corporation, including the alkyl polyglycosides. 界面処理剤はアロエのような付加的な構成要素を含んでいてもよい。 Interface treatment agent may contain additional components such as aloe. 界面処理剤は、スプレー法、印刷法、ブラシコーティング、フォーム等のような従来の手段によって付与されてもよい。 Interface treatment agent include spraying, printing, brush coating, may be applied by conventional means such as foam.
界面処理剤をトップシート22全体に付与してもよいし、おむつの長手方向の中心線に沿った中間セクションのような、トップシートの特定のセクションに付与っして、このようなセクションにより大きな湿分を与えるようになっていればよい。 It interfacial treatment agent may be applied to the entire topsheet 22, such as a middle section along the longitudinal centerline of the diaper, and Sshi applied to particular sections of the topsheet, large by such section it is sufficient so as to give the moisture. 【0063】 本発明の吸収性物品のトップシート22が外側の体が面する表面にローション配合物を含んでいればよい。 [0063] The topsheet 22 of the absorbent article of the present invention needs to include a lotion formulation on the surface of the outer body facing. ローション配合物は、一般的に乳剤、ワックス及び任意的に粘性補強剤を含んでいればよい。 Lotion formulation is generally an emulsion may include at wax and optionally viscosity reinforcing agent. 例えば、ローション配合物は、これの全重量に基いて、約5から95重量パーセントの乳剤、約5から約95重量パーセントのワックス、及び約1から約25重量パーセントの粘性増強剤を含んでいればよい。 For example, if the lotion formulation, based on the total weight of this emulsion from about 5 to 95% by weight, the wax of from about 5 to about 95 weight percent, and from about 1 contains about 25 weight percent of the viscosity enhancing agent Bayoi.
ローション配合物は別の構成要素を含んでいてもよい。 Lotion formulation may include other components. 【0064】 乳剤は潤滑剤として機能し、皮膚に対するトップシートの摩擦を減少させ、皮膚にこれを移し、皮膚の柔軟、滑らかでしなやかな外観を維持する助けとなる。 [0064] Emulsions functions as a lubricant to reduce the friction of the topsheet against the skin, transferred to a skin, and helps to maintain skin flexibility, a smooth and supple appearance.
ローション配合物に組み入れることのできる適当な乳剤が石油ベースの油、植物ベースの油、ミネラル油、天然及び合成油、シリコン油、ラノリン及びラノリン誘導体、カオリン及びカオリン誘導体及びこれらの混合物のような油;セチルパルミネート、スチアリルパルミネート、セチルスチアレート、イソプロピルラウレート、イソプロピルミリステート、イソプロピルパルミテート、等およびこれらの混合物のようなエステル;グリセロルエステル;オイカリプトール、セチアリルグルコサイド、ジメチルイソソルビサイド ポリグリセリル−3セチルエーテル、ポリグリセリル−3 デシルテトラデカノール、プロピレングリコール、 Oils such as suitable emulsion oil petroleum-based, plant-based oils, mineral oils, natural and synthetic oils, silicone oils, lanolin and lanolin derivatives, kaolin and kaolin derivatives and mixtures thereof that can be incorporated into the lotion formulation ; cetyl palmitate, steel allyl palmitate, cetyl scan thia rate, isopropyl laurate, isopropyl myristate, isopropyl palmitate, etc., and esters, such as mixtures thereof; glycerophosphate ester; eucalyptol, cetirizine allyl glucoside, dimethyl isophthalate sorbitan side polyglyceryl-3 cetyl ether, polyglyceryl-3 decyltetradecanol, propylene glycol,
ミリスチルエーテル等及びこれらの混合物のようなエーテル、アルコシレートカルボキシル酸;アルコキシレートアルコール;オクチルドデカノル、ラウリル、 Ethers such as myristyl ether, and mixtures thereof, alcoholates shea rate carboxylic acid; alkoxylates alcohol; octyl dodecanol nor, lauryl,
ミリスチル、セチル、スチアリル及びビヘニルアルコール等及びこれらの混合物をのような脂肪族アルコールを含む。 Including myristyl, cetyl, aliphatic alcohols such as the Suchiariru and bicycloalkyl f sulfonyl alcohol, and mixtures thereof. 例えば、乳剤としてもっとも適するのは石油である。 For example, the most suitable as an emulsion is oil. 他の従来の乳剤も本明細書に記載するローション配合物の所望の特性を維持するように添加されてもよい。 It may be added to maintain the desired properties of the lotion formulations described also herein other conventional emulsion. 【0065】 着用者の皮膚に改善された安定性と移動を与えるために、ローション配合物は上記量以上の乳剤を含むローション配合物は粘性が低下しローションの移動を引き起こすことになるので好ましくない。 [0065] To provide the movement and improved stability to the wearer's skin, since the lotion formulation lotion formulation containing the amount or more emulsions will cause movement of the reduced viscosity lotion undesirable . 一方、これ以下の乳剤を含むローション配合物はローションの着用者の皮膚への移動が小さくなるので好ましくない。 On the other hand, the lotion formulations containing this following emulsion is undesirable because movement of the skin lotion of the wearer is reduced. 【0066】 本発明のローション配合物のワックスは、乳剤の不動剤および活性構成要素として主に機能する。 [0066] Wax lotion formulations of the present invention function primarily as immovable agent and active component of the emulsion. 乳剤を不動にし、移動する傾向を減少させることに加え、ローション配合物のワックスがローション配合物に粘着性を与え、着用者の皮膚への移行を改善する。 The emulsion was immobile, in addition to reducing the tendency to move, wax lotion formulation provides a tackiness to the lotion formulation which improves the transfer of the skin of the wearer. ワックスの存在は、皮膚への改善された移動を導くように着用者の皮膚を実際に拭う代りにローションが剥れる傾向にあるという点において、移動のモードを修正する。 The presence of wax, lotion instead of actually wiping the skin of the wearer to guide the movement of the improvements to the skin in that tend the peeling, to modify the mode of the mobile. ワックスは、乳剤、閉鎖剤、湿分剤、バリヤー増強剤およびこれらの混合物として機能する。 Waxes, emulsions, closing agents, moisture agents, serve as a barrier enhancer and mixtures thereof. 【0067】 ローション配合物を含む適当なワックスは、動物、植物、ミネラルまたはシリコンベースのワックスを含んでおり、例えば、ベイベリワックス、ビーズワックス、C30アルキルジメチコン、カンデリラワックス、ブラジルロウヤシ、セレシン、セチルエステル、アフリカハネガヤ、水素化された綿実油、水素化されたホホバ油、水素化されたホホバワックス、水素化された微液晶ワックス、水素化されたライスブランワックス、ミンクワックス、モタン酸ワックス、モタンワックス、オウリキュリワックス、オゾケリテ、パラフィン、PEG−6ビーズワックス、PEG−8ビーズワックス、利ぞワックス、ライスブランワックス、シェラックワックス、スペントグレインワックス、スパーマセティワックス、スチルジメシコン、 [0067] Suitable waxes containing lotion formulation include animal, vegetable, contains mineral or silicon based waxes, for example, Bay Beri wax, beeswax, C30 alkyl dimethicone, candelilla wax, Brazil wax palm, ceresin , cetyl esters, esparto, hydrogenated cottonseed oil, hydrogenated jojoba oil, hydrogenated jojoba wax, microcrystalline liquid wax is hydrogenated, hydrogenated rice bran wax, mink wax, Motan acid wax , Motanwakkusu, Wang Li Curie wax, Ozokerite, paraffin, PEG-6 beeswax, PEG-8 beeswax, interest each wax, rice bran wax, shellac wax, spent grain wax, vinegar perm Seti wax, Suchirujimeshikon, 成カンデリラワックス、合成カルヌバワックス、合成ジャパンワックス、合成ホホバワックス、合成ワックス等およびこれらの混合物のような天然または合成である。 Formed candelilla wax, synthetic carnuba wax, synthetic Japan wax, synthetic jojoba wax, synthetic wax, and the like, and natural or synthetic as well as mixtures thereof. 例えば、特に適切なワックスば約70重量パーセントのセレシンワックスと、約10重量パーセントの微結晶ワックス、約10重量パーセントのパラフィンワックス及び10重量パーセントのセチルエステル(合成鯨ろうワックス) For example, in particular a suitable wax if about 70 weight percent ceresin wax, microcrystalline wax about 10 weight percent, about 10 percent by weight of paraffin wax and 10 weight percent cetyl esters (synthetic spermaceti wax)
を含む。 including. 【0068】 着用者の皮膚に改善された移動を与えるように、ローション配合物が、好ましくは約5から約95重量パーセント、好ましくは約25から約75重量パーセント及びより好ましくは約40から約60重量パーセントのワックスを含んでいればよい。 [0068] to provide movement that is improved to the wearer's skin, the lotion formulation, preferably from about 5 to about 95 weight percent, preferably more preferably from about 25 and about 75 weight percent to about 40 to about 60 It needs to include the weight percent of the wax. 着用者の皮膚に改善された安定性と移動を与えるために、ローション配合物は上記量以下のワックスを含むローション配合物は粘性が低下しローションの移動を引き起こすことになるので好ましくない。 To provide movement and improved stability to the wearer's skin, since the lotion formulation lotion formulation containing the amounts less wax will cause movement of the reduced viscosity lotion undesirable. 一方、これ以上のワックスを含むローション配合物はローションの着用者の皮膚への移動が小さくなるので好ましくない。 On the other hand, the lotion formulations containing no more wax is undesirable because movement of the skin lotion of the wearer is reduced. 【0069】 粘性増強剤は、トップシート22の体に面する表面の配合物を安定にさせる粘性を増大させるようにローション配合物に添加され、皮膚への移動を減少させて皮膚への移動を改善する。 [0069] viscosity enhancing agent is added to the lotion formulation to increase the viscosity to stabilize the formulation on the surface facing the body of the top sheet 22, a movement of reducing the movement of the skin to the skin Improve. 好ましくは、粘性増強剤が、少なくとも約50パーセント、より好ましくは少なくとも約100パーセント、より好ましくは、少なくとも約5 Preferably, the viscosity enhancing agent is at least about 50 percent, more preferably at least about 100 percent, more preferably at least about 5
00パーセントさらに好ましくは少なくとも約1000パーセント、さらに少なくとも約5000パーセントんいよりローション配合物の粘性を高めるので好ましい。 00% more preferably at least about 1000 percent, since further increase the viscosity of the lotion formulation of at least about 5000 Pasenton'i preferred. ローション配合物に組込まれる適当な粘性増強剤は、ポリオレフィン樹脂、親油性シックナー、エチレンビニールアセテートコポリマー、ポリエチレン、シリカ、タルク、コロイドシリコンジオキド、スチアレート亜鉛、セチルヒドロキシエチルセルロース及び別の変性されたセルロース等及びこれらの混合物を含む。 Suitable viscosity enhancing agents to be incorporated into the lotion formulation include polyolefin resins, lipophilic thickeners, ethylene vinyl acetate copolymers, polyethylene, silica, talc, colloidal silicon geo Kido, Suchiareto zinc, cellulose or the like which is cetyl hydroxyethylcellulose and other modified and mixtures thereof. 例えば、特定の公知の粘性増強剤は、登録商標FLVAXとしてEIヂュポン社から購入できるエチレンビニールアセテートコポリマーである。 For example, certain known viscosity enhancing agents are ethylene vinyl acetate copolymer available from EI Djupon Corporation under the trademark FLVAX. 【0070】 着用者の皮膚に改善された移動を行うために、ローション配合物が、約0.1から約25重量パーセント、好ましくは約5から約20重量パーセント、より好ましくは約10から約15重量パーセントの粘性増強剤を含んでおり、移動を減少させ、着用者の皮膚への移動を改善するようになる。 [0070] In order to perform the movement, which is improved to the wearer's skin, the lotion formulation, from about 0.1 to about 25 weight percent, preferably from about to about 20 weight percent 5, more preferably from about 10 to about 15 weight percent contains a viscosity enhancing agent, the mobile reduces, so to improve transfer to the skin of the wearer. 【0071】 ローション配合物が皮膚を処理することを望む場合には、おむつかぶれ皮膚保護剤のような活性構成要素を含むことができる。 [0071] When the lotion formulation wishes to process the skin may include active components, such as a diaper rash skin protectant. 皮膚保護は、けがをした、またはむき出しになった皮膚、または粘性薄膜綿を危険な状態から保護する薬剤製品である。 Skin protection was injured, or a pharmaceutical product to protect exposed since the skin, or viscous thin cotton from danger. 適当な乳剤のように上述したものに加え、ローション配合物に組込まれた適当な活性構成要素は、アラトイン(alatoin)およびこれの誘導体、アルミニウムヒドロキシゲル、カラミン、ココアバター、ジメチコン、タラレバー油、 In addition to those described above as suitable emulsions, suitable active components incorporated into the lotion formulation, Aratoin (alatoin) and its derivatives, aluminum hydroxy gel, calamine, cocoa butter, dimethicone, Tarareba oil,
グリセリン、カオリン及びこれらの誘導体、ラノリン及びこれの誘導体、ミネラル油、サメレバー油、タルク、局所スターチ、アセテート亜鉛、炭化亜鉛、酸化亜鉛等、及びこれらの混合物を含むが、これらに限定されるものではない。 Glycerin, kaolin and their derivatives, lanolin and its derivatives, mineral oil, Samereba oil, talc, topical starch, acetate, zinc carbide, zinc oxide, and mixtures thereof, the invention is not limited thereto Absent. ローション配合物は、皮膚保護及び皮膚へ搬送されるのに望まれる量に基いて、活性構成要素の約0.10から約95重量パーセントを含んでいればよい。 Lotion formulation, based on the amount desired to be conveyed to the skin protection and skin, from about 0.10 or if it contains about 95 weight percent of the active component. 【0072】 着用者に対する利点を高めるために、別の構成要素を本発明のローション配合物に含むことができる。 [0072] In order to increase the benefits to the wearer, and may include other components lotion formulations of the present invention. 例えば、使用できる構成要素の分類及びこれに対応する利点は、消泡剤(処理中の泡立ちの傾向を減少させる)、抗菌剤、防腐剤、酸化防止剤(製品一体性)、収れん薬−コスメティック、(皮膚の感覚を引き締めたり、ちくちくさせる)、収れん薬−薬品(皮膚に付与されるときに、しみとおり、 For example, the advantage of corresponding to classification and components that can be used are (reduces the tendency of foaming during processing) antifoaming agents, antimicrobial agents, preservatives, antioxidants (product integrity), astringents - cosmetic , (or tightening the sensation of the skin, causing tingling), astringents - when it is applied to the chemical (skin, Shimitori,
排泄したり。 Excretion or. 流れることを検査し、プロテインを凝固させることによって作用する薬剤製品)、バイオ学的活性剤(製品の性能または消費者へのアピールを高める)、着色剤(色を製品に与える)、消臭剤(好ましくない臭いを減少させたり、排除し、人体表面の悪臭生成に対する保護)、別の乳剤(軟らかく、なめらかで心地よい皮膚の外観を与えるために、潤滑剤として作用するように皮膚の表面に残る能力によって皮膚をなめらかで柔軟に維持する助けとするため);外部鎮痛薬(局所的な鎮痛、麻酔薬、または皮膚敏感レセプターを弱めることによるかゆみ止め効果を有する局所的に付与される薬剤、または皮膚敏感レセプターを摸擬することによる局所的誘導体の局所的に付与される薬剤);フィルム形成(乾燥中に皮膚に連続したフィルムを作 Verify that the flow, drug products) acting by coagulating protein, enhance the appeal of bio biologically active agent (product performance or consumer), gives the colorant (color to the product), deodorants (or reduce undesirable odors, eliminate, protection against malodor generation of the human body surface), another emulsion (soft, in order to provide a smooth and pleasing appearance of the skin, remain on the surface of the skin to act as lubricants for the help smooth flexible maintain the skin by their ability); external analgesics (topical analgesic, anesthetic, or topically drug is given with antipruritic effect by weakening the skin sensitive receptor or, locally agent is applied locally derivative according to 摸擬 skin sensitive receptors); film forming (create a continuous film on the skin during the drying 出すことによって皮膚に活性構成要素を保持する);フレグランス(消費者に対するアピール);シリコン/有機変性されたシリコン(保護、ティッシュ水抵抗、潤滑性、ティッシュ柔軟性);オイル( Holding the active component to the skin by issuing); appeal for the fragrance (consumer); silicon / organic modified silicon (protection, tissue water resistance, lubricity, tissue softness); oil (
ミネラル、植物性及び動物性);天然湿分剤(NMF)及び本文やにおいて公知の別の皮膚湿分付与構成要素;不透明剤(製品のクリアさまたは透明度を少なくする);粉末(潤滑性、油吸収性を高め、皮膚に保護性と、なめらかさ及び不透明さ等を与える);皮膚コンディショニング剤、溶剤(化粧品または薬品に有効と理解される成分を分解するために使用される液体)及び界面処理剤(クリージング剤、乳化剤、溶解剤、及び懸濁剤)を含む。 Mineral, vegetable and animal); natural moisture agents (NMF) and other known in the Text Ya skin moisture imparting components; reducing the clearness or transparency of the opacifying agent (product); powder (lubricity, enhanced oil absorbency gives a protection to the skin, the smoothness and opacity, etc.); skin conditioning agents, solvents (liquids employed to decompose the component to be understood as valid for cosmetic or pharmaceutical) and surfactant treatment agent comprising (Kurijingu agents, emulsifiers, solubilizing agents, and suspending agent). 【0073】 本発明の異なる態様の重要な特性は、トップシートの表面上に残ったままであること、と着用者の皮膚に移すことできるように物品に移動することに対する抵抗をうけることができる。 [0073] An important characteristic of the different aspects of the present invention can undergo the resistance to be moved to the article so as to be able to transfer that there remains on the surface of the top sheet, and the skin of the wearer. この点について、トップシートに付与される本発明のローション配合物を有する物品は、Z方向のローション移動試験をうけて約55% In this regard, an article having a lotion formulation of the present invention applied to the topsheet, about 55% in response to the lotion movement test in the Z direction
以下、好ましくは約50%以下、より好ましくは45%以下、さらに好ましくは約40 Or less, preferably about 50% or less, more preferably 45% or less, more preferably about 40
%以下、さらに好ましくは35%以下のZ方向の損失がある。 % Or less, more preferably has a loss of 35% or less in the Z direction. より大きなZ方向の移動損失を有する物品において、ローション配合物は、トップシートの表面の内側におよびこれに沿って移動し、このときに物品の吸収性本体の中を通るので好ましくなく、摩耗の減少を低下させ、着用者の皮膚への移動が小さくなる。 An article with more movement loss of large Z-direction, the lotion formulation, moves on the inner surface of the top sheet and along which is not preferable since this time passes through the absorbent body of the article, wear reduction reduces the movement is reduced to the skin of the wearer. 【0074】 本発明の異なる態様の重要な態様別の重要な態様のローション配合物の別の重要な測定は、トップシートの表面に沿って側部方向への移動に対向する能力である。 [0074] Another important measurement of the different important aspect another lotion formulation important aspect of the embodiments of the present invention is the ability to oppose the movement in the lateral direction along the surface of the topsheet. この点について、トップシートに付与された本発明のローション配合物を有する物品が、以下に記載するCD方向ローション移動試験を受けると、約40%以下、好ましくは約35%以下、より好ましくは30%以下、さらに好ましくは約25% In this regard, an article having a lotion formulation of the present invention which is applied to the topsheet, the CD direction lotion mobile exam described below, about 40% or less, preferably about 35% or less, more preferably 30 % or less, more preferably about 25%
以下、さらに好ましくは20%以下のCD(機械横方向)方向の損失がある。 Or less, more preferably it has a loss of 20% or less of CD (cross machine direction) direction. より大きなCD方向の移動損失を有する物品において、ローション配合物は、トップシートの表面の内側におよびこれに沿って移動し、このときに物品の吸収性本体の中を通るので好ましくなく さらに改善された安定性を与え、着用者の皮膚移動させるために、本発明のローション配合物約30から約100℃、好ましくは約35から約80℃、およびさらに好ましくは、約40℃から約75℃の融点を備えていればよい。 An article with more movement loss of large CD direction, lotion formulation, moves on the inner surface of the top sheet and along which the time is further improved unpreferably therethrough the absorbent body of the article It gave stability, in order to skin movement of the wearer, the lotion formulation to about 30 of the present invention about 100 ° C., preferably from about 35 to about 80 ° C., and more preferably, from about 40 ° C. to about 75 ° C. or if it has a melting point. より融点の低いローション配合物は、使用中において及び保管中の上昇した温度においてローション移動を呈しているが。 Lower lotion formulation melting points, but exhibits a lotion movement at elevated temperature and storage during use. 皮膚への移動を発生させるので好ましくない。 Undesirably cause the transfer to the skin. 【0075】 本発明のローション配合物は、移動を少なくさせ、着用者の皮膚への移送を改善するために約50から1000000センチポワズ、好ましくは約50000から800000センチポワズ、より好ましくは約100000から約500000センチポワズの融点粘性を有していればよい。 [0075] Lotion formulations of the present invention, the mobile was less about 50 1000000 centipoises to improve transfer to the skin of the wearer, preferably from about 50,000 800,000 centipoise, more preferably from about 100,000 to about 500,000 it may have a melting point viscosity centipoise. 融点粘性が更に低いローション配合物は物品のトップシートを通って吸収性本体に入るローション移動を呈し、皮膚への移送が減少することになるので好ましくない。 Melting viscosity lower lotion formulation exhibits a lotion migration into the absorbent body through the topsheet of the article, since the transfer to the skin will be reduced undesirably. 一方、融点粘性が高いローション配合物は、固くなるので皮膚への移送が減少することになるので好ましくない。 On the other hand, the melting point viscous lotion formulation, it means that the transfer to the skin is reduced since the stiff undesirable. 【0076】 本発明のローション配合物は、着用者の皮膚への改善された安定性と移送を行うために、60℃において約50から1000センチポワズ、好ましくは約100から500センチポワズ、より好ましくは約150から約250センチポワズの粘性を有していればよい。 [0076] Lotion formulations of the present invention, in order to perform the transfer and improved stability to the skin of the wearer, from about 50 to 1000 centipoise at 60 ° C., preferably from about 100 500 centipoise, more preferably about 150 may have a viscosity of about 250 centipoise. 60℃における低粘性を有するローション配合物は、トップシートを通って物品の吸収体に入るローションの移動を呈し、皮膚への移送を減少させることになるので好ましくない。 Lotion formulations having a low viscosity at 60 ° C. exhibits the movement of the lotion into the absorbent article through the topsheet, it means to reduce the transfer to the skin it is not preferable. 一方、60℃において高粘性を有するローション配合物は、固くなるので皮膚への移送が減少することになる可能性がある。 On the other hand, the lotion formulations with high viscosity at 60 ° C., there is a likelihood that the transfer to the skin is reduced since the stiff. 【0077】 本発明のローション配合物の貫通硬度は、約5から約360ミリメートルであり、 [0077] penetration hardness of the lotion formulations of the present invention is from about 5 about 360 millimeters,
より好ましくは、約10から約200ミリメートル、より好ましくは約20から約150ミリメートル、およびさらに好ましくは約40から約100ミリメートルであればよい。 More preferably, from about 10 to about 200 millimeters, more preferably from about 20 to about 150 millimeters, and more preferably it may be a about 40 to about 100 millimeters. (360ミリメートル以上のニードル貫通硬度を有するローション配合物はAST (Lotion formulations having 360 millimeters or more of the needle through hardness AST
M方法D1321を用いて測定不可能)。 Unmeasurable using the M method D1321). 本発明のローション配合物の硬度は2つの理由のために重要である。 The hardness of the lotion formulations of the present invention is important for two reasons. 第1に、配合物を柔軟にすれば、配合物はより動きやすくなり、配合物がティッシュの内側パイルに移動しやすくなり好ましくない。 First, if the formulation flexibility, the formulation becomes more mobile, formulation undesirably easily move inside the pile of tissues. 第2に、より柔軟な配合物は手触りが油っぽくなる傾向になり、好ましくない。 Second, more flexible formulation will tend to feel becomes greasy, undesirable. 一般的に、約200から約360ミリメートルのニードル貫通硬度を有する配合物がわずかに滑らかな状態で(添加剤に依存する)わずかに油っぽく程度にクリーミな感触である。 In general, a formulation of about 200 with a needle through a hardness of approximately 360 millimeters (depending on additives) slightly smooth state is an creamy slightly to the extent oily feel. 約5から約200ミリメートルのニードル貫通硬度値を有する配合物はクリーミーでかなり滑らかであるような感触である(添加剤に依存する)。 Formulation from about 5 having a needle through the hardness value of about 200 millimeters are like feel quite smooth creamy (depending on additives). 【0078】 ローション配合物は、トップシート22の体側面全体に添加されたり、おむつの長手方向の中心線にそった中間セクションのような体側面の特定のセクションに選択的に添加されて、このようなセクションのより大きな柔軟性を与え、このようなローションを着用者の皮膚に移すことができる。 [0078] Lotions formulation or added to the entire body side surface of topsheet 22 is selectively added to a particular section of such a body side as the intermediate section along the longitudinal centerline of the diaper, the It gives greater flexibility in sections that can transfer such lotion to the wearer's skin. あるいは、トップシート22 Alternatively, the topsheet 22
の体側面が、これに添加されるローション配合物の複数のストライプを含んでいればよい。 Body side of, needs to include a plurality of stripes of lotion formulation are added thereto. 例えば、トップシート22の体側面はおむつ20の長手方向に沿って延びる1から10のストライプのローション配合物を含んでいればよい。 For example, the body side surface of topsheet 22 need only comprise from 1 to 10 Lotion formulation stripe of which extends along the longitudinal direction of the diaper 20. ストライプはトップシート22の全長にわたり延びていればよい。 Stripes it is sufficient that extends over the entire length of the top sheet 22. ストライプは約0.2から約1センチメートルの幅を有していればよい。 Stripes only needs about 0.2 with a width of about 1 centimeter. 【0079】 ローション配合物は、皮膚への移送を適切にし、トップシート22と着用者の皮膚との間の摩耗を減少させるのにトップシート22の十分な大きさの表面積をカバーしなければならない。 [0079] Lotions formulation has adequate transfer to the skin, it must cover a sufficiently large surface area of ​​the topsheet 22 to reduce wear between the wearer's skin and the topsheet 22 . 好ましくは、ローション配合物は、トップシート22の体側面の少なくとも約5%、さらに好ましくは少なくとも約25パーセントに添加されればよい。 Preferably, the lotion formulation is at least about 5% of the body side surface of topsheet 22, it is sufficient and more preferably added to at least about 25 percent. 【0080】 ローション配合物は、所望の移送利点を与える含浸レベルでトップシートに付与される。 [0080] Lotions formulation is applied to the topsheet at the impregnation level to provide the desired transfer benefit. 例えば、ローション配合物の全含浸レベルは、好ましい性能のためには約0.05から約100mg/cm 2 、より好ましくは約1から約50mg/cm 2 、より好ましくは約10から約40mg/cm 2である。 For example, vacuum pressure level of the lotion formulation is preferably from about 0.05 to about 100 mg / cm 2 in order of performance, and more preferably from about 1 to about 50 mg / cm 2, more preferably from about 10 to about 40 mg / cm 2 is there. 含浸量は、製品形態に関するローションの所望の効果と特定のローション配合物に依存する。 Amount impregnation depends on the desired effect and the particular lotion formulation lotion on product form. 上述したように、改善された安定性と本発明のローション配合物を移動減少傾向によってより小さいな量のローションをトップシート22に付与でき、従来のローション配合物に比較すると同一の利点を達成できる。 As described above, can grant lotion improved stability and amount smaller by moving downward trend lotion formulations of the present invention the topsheet 22, you can achieve the same advantages when compared to conventional lotion formulations . 【0081】 ローション配合物は公知の手段でトップシート22に付与されればよい。 [0081] Lotions formulations may be employed to impart to the topsheet 22 by known means. トップシート22の表面にローション配合物を均一に付与する好ましい方法は、スプレー法またはスロットコーティング法である。 A preferred method of uniformly applying lotion formulation on the surface of the topsheet 22 is spraying or slot coating. なぜならば、これは確実な方法であり、配合物の分配と移送そくどの最大制御を提供するからである。 Since this is a sure way, because to provide maximum control of the distribution and transfer rate of the formulation. しかし、輪転グラビア法またはフレキソ印刷法のような別の方法も使用できる。 However, alternative methods such as rotogravure method or a flexo printing method may also be used. 【0082】 例えば、ローション配合物が、(1)ローション配合物を配合物の融点以上の温度に加熱し、配合物を溶融させ、(2)トップシートの体側面に溶融された配合物を均一に添加し、(3)溶融され配合物の堆積を再硬化させることによって、トップシート22に付与される。 [0082] For example, a lotion formulation, (1) A lotion formulation is heated to a temperature above the melting point of the formulation, the formulation is melted, (2) uniformly melted formulation to the body side surface of topsheet It was added to, by re-cure the deposition of (3) the melted formulation is applied to the topsheet 22. 好ましくは、堆積物の再硬化はチルロールのような外部冷却手段を必要とすることなく瞬時に発生する。 Preferably, re-hardening of the deposits occurs instantaneously without the need for external cooling means such as chill rolls. このことは、配合物が配合物の融点または融点よりわずかに高い温度に加熱されると発生する。 This happens when the formulation is heated to a temperature slightly above the melting point or melting point of the formulation. しかし、早く再硬化を行いたい場合には、溶融付与前後のいずれかにおけるチルロールのような外部手段を使用できる。 However, early if you want to re-hardening it can be used an external means such as chill roll in either before or after melting granted. 【0083】 プロセス温度におけるローションの上昇した粘性と瞬時の再硬化は、配合物がトップシートと、物品の急襲瀬本体とに貫通させる妨げになる傾向にあり、トップシート22の体側面に配合物を維持するので有益である。 [0083] re-hardening of the elevated viscosity and instantaneous lotion in the process temperature, the topsheet formulations tend to hinder to penetrate into the raid Seto body of the article, the formulation to the body side surface of topsheet 22 it is beneficial because it maintains a. 例えば、移動を減少させるために、溶融された配合物の温度が、約10℃未満、より好ましくは、約5℃ For example, in order to reduce the movement, the temperature of the melted formulation is less than about 10 ° C., more preferably, about 5 ° C.
未満、さらに好ましくは、トップシートに配合物を付与する前の配合物の融点以上約2℃未満であることが有益である。 Less, more preferably, it is beneficial less than about 2 ℃ higher than the melting point of the formulation prior to applying the formulation to the topsheet. 溶融された配合物の温度が配合物の融点に達成すると、溶融された配合物の粘性が上昇し、表面上に保持される溶融配合物の傾向を高めることになる。 When the temperature of the melted formulation to achieve the melting point of the formulation, the viscosity increases of the molten formulation, so that increase the tendency of the melt blend which is held on the surface. 【0084】 本発明の吸収性物品のトップシート22は、皮膚の自然なままの状態を守り、保存するために、外側体側面上の皮膚処理化合物を含んでいてもよい。 [0084] The topsheet 22 of the absorbent article of the present invention, protects the untouched condition of the skin, in order to save, may contain a skin treatment compound on the outer body side. このことは、皮膚表面へのこの薬剤の放出を制御するようになっている皮膚の健康によい薬剤をトップシート22から堆積させることによって達成される。 This is achieved by depositing a healthy drug skin adapted to control the release of the drug to the skin surface from the top sheet 22. 皮膚健康に良好な薬剤は、皮膚のpHを維持でき、皮膚の刺激を防ぎ、皮膚の水和性と潤滑性とを維持できる保護剤として作用すればよい。 Skin health good agent to maintain the pH of the skin to prevent irritation of the skin may be acting as a protective agent capable of maintaining the hydration and lubrication of skin. 適当な皮膚処理化合物については、チレル他により1999年6月30日に出願され、本件出願人に譲渡された米国特許出願番第60/141788号に記載されており、本明細書はこの特許を引例として組み入れる。 For suitable skin treatment compounds, filed June 30, 1999 by Chireru other, which is assigned to the present applicant in US Patent Application No. are described in No. 60/141788, herein this patent incorporated by reference. 【0085】 人体により糞便とともに排泄される膵臓消化酵素が皮膚の炎症を引き起ことに影響を与えてきた(アンダーソン、PH、バッチャ、AP、サイズ、II、リーP. [0085] pancreatic digestive enzymes, which are excreted along with the feces have an impact on that provoked the inflammation of the skin by the human body (Anderson, PH, Batcher, AP, size, II, Lee P.
C.,デービス、JAおよびメイバッハ、HI皮膚刺激における糞便酵素、コンタクト ダーマティティイズ1994;30.152−158)。 C., Davis, JA and Meibahha, fecal enzymes in HI skin irritation, contact derma titi Izu 1994; 30.152-158). これらの酵素を含む糞便が皮膚と接触すると、皮膚は刺激を受ける。 When feces containing these enzymes in contact with the skin, the skin stimulated. このような場合、糞便及び尿に見られる他のものとともにこれらの酵素は密着した層のコロニアムプロテインであり、皮膚の自然保護バリヤーを破壊することになる。 In such cases, these enzymes together with others found in feces and urine are colonies Am protein layers in close contact, will destroy the natural protective barrier of the skin. 皮膚は、これらの酵素によって直接または、目に見えるティッシュに受ける糞便及び尿の別の刺激により間接的に刺激を受ける。 Skin, directly by these enzymes or, undergoes indirectly stimulated by faecal and other stimuli urine receiving the tissue visible. 本発明のローション配合物および処理化合物は、このような刺激の影響を防ぐ、または少なくとも最小に抑えるように皮膚の上に薄く粘着性のあるほぼ連続したフィルムを形成するように設計されている。 Lotion formulations and process The compounds of the present invention is designed to form a substantially continuous film with a thin adhesive on the skin so as to suppress the influence of such stimuli prevent, or at least minimized. 【0086】 本発明の処理化合物は界面処理剤と皮膚の健康に優れた薬剤を含む。 [0086] treating the compound of the present invention includes a health good drug interface treatment agent and the skin. 好ましくは、処理化合物は、界面処理剤と皮膚健康有益薬剤の乳剤として、一般的に水中油(O/W)乳剤として準備される。 Preferably, the processing compound, as an emulsion surface treatment agent and skin health benefit agent is prepared generally as oil-in-water (O / W) emulsion. 【0087】 乳剤の例では、例えば、サルファ亜鉛七水化物のような皮膚健康有益薬剤およびAHCOVEL ベースN-62のような界面処理剤の水性乳剤を含む。 [0087] In the example of the emulsion, for example, an aqueous emulsion of a surfactant treatment agent as skin health benefit agents such as sulfur, zinc heptahydrate and AHCOVEL Base N-62. 固体全体が屋兎0 The entire solid Yausagi 0
.1から40重量パーセントにおいて約75重量パーセントの界面処理剤と、約25重量パーセントまでの皮膚健康有益薬剤を含む乳剤が使用されると、十分な量の皮膚健康有責薬剤が皮膚に移ることがわかった。 In 40% by weight of .1 to about 75 weight percent of the surfactant treatment agent, the emulsion comprising a skin health benefit agent up to about 25 weight percent is used, a sufficient amount of skin health Yuseme agent moves to the skin it was found. 乳剤は約5から30重量パーセントの固体を含むことが好ましい。 It is preferred emulsions containing about 5 to 30 weight percent solids. これらの乳剤は、高固体バス(40重量パーセントまで)から、または約0.1重量パーセントから約20重量パーセントまでの稀釈バスから物質に塗布される。 These emulsions are applied from high solids bus (up to 40% by weight), or from dilution bus from about 0.1 weight percent to about 20 weight percent material. 乳剤は約0.5から約15重量パーセントに稀釈される。 Emulsion is diluted from about 0.5 to about 15 weight percent. 【0088】 本発明の処理化合物に有効な界面処理剤が、人間の皮膚に対し優れた流体処理性能、皮膚保護および滑らかさを与えるように選択される。 [0088] effective interface treatment agent to process the compounds of the present invention, superior fluid handling performance to human skin, is selected to provide the skin protection and smoothness. 適当な界面処理剤の有効な例では、エトキシレート化された水素化脂肪族油、モノサッカライド、モノサッカライドの誘導体、ポリサッカライド、ポリサッカライドの誘導体及びこれらの組み合わせを含む。 The effective examples of suitable surface treatment agents include ethoxylated hydrogenated fatty oils, monosaccharides, derivatives of monosaccharides, polysaccharides, derivatives of polysaccharides and combinations thereof. 【0089】 水混和性非イオン界面処理剤が好ましく、このような界面処理剤は購入可能である。 [0089] Water-miscible nonionic surfactant processing agent is preferable, such interface treatment agent is available. このような界面処理剤の例には、AHCOVEL及びGLUCOPON220UPがあり、これは、アルカリ鎖内に8から10の炭素を有するアルキルポリグリコオサイドであり、界面処理剤の1部として使用される。 Examples of such interface treatment agent, there is AHCOVEL and GLUCOPON220UP, which is an alkyl polyglycoside Oh side having carbon atoms of 8 to 10 into the alkaline chain may be used as part of the interface treatment agent. 別の公知の非イオン界面処理剤は、第1脂肪族アルコールエトキシレート、第2脂肪族アルコールエトキシレート、アルキルフェノール、PLURAFACS;及びPLURONICS(BASF社から入手可能)のような第1アルカノールのエトキシレート及びエチレン−酸素−プロピレン酸化濃縮液、および Another known non-ionic surfactants treating agent, primary aliphatic alcohol ethoxylates, secondary aliphatic alcohol ethoxylates, alkylphenol, PLURAFACS; and PLURONICS and ethoxylates of first alkanol such as (by BASF available) ethylene - oxygen - propylene oxide concentrate, and
TWEEN(ユニクエマから入手可能)のようなソルビン脂肪族酸エステルと酸化エチレンとの濃縮液であっる。 TWEEN Arru a concentrate of sorbic fatty acid esters with ethylene oxide such as (available from Yunikuema). 非イオン界面処理剤は、有機脂肪族またはアルキル芳香族疎水性化合物及び親水性酸化エチレン基の濃縮製品である。 Nonionic surface-treating agent is a concentrated product of an organic aliphatic or alkyl aromatic hydrophobic compound and hydrophilic ethylene oxide groups. 実質的に、窒素についた自由水素をともにカルボキシ、ヒドロキシ、アミド、またはアミド基を有する疎水性化合物が酸化エチレンまたはこれのポリハイドレーション製品、 Substantially, both carboxy free hydrogen attached to the nitrogen, hydroxy, amido or hydrophobic compound having an amide group is ethylene oxide or its poly hydration products,
ポリエチレングリコールで濃縮され、水混和性非イオン界面処理剤を形成するようになる。 Concentrated with polyethylene glycol, so to form a water-miscible nonionic surfactant processing agent. 別の適当な界面処理剤は、ポリオキシエチレンソルビンモノラウリン、ポリオキシエチレンソルビンモノスチアレート、ポリオキシエチレンソルビントリオレート、ポリオキシエチレンソルビントリスチアレート及びウシ液体抽出界面処理剤(サルバンタ、ロスラボラトリーズ)、Acute Respiratory Distre Another suitable surface treatment agents include polyoxyethylene sorbate monolaurate, polyoxyethylene sorbate monosulfide thia, polyoxyethylene sorbate trioleate, polyoxyethylene sorbate Tris thia rate and bovine liquid extraction interface treatment agent (Sarubanta, Ross Laboratories) , Acute Respiratory Distre
ss Syndrome及びCystic Fibrosisを処理しるのに使用される薬剤、プロテインを付着させるパパインまたはペプシンのような酵素を含む。 ss Syndrome and Cystic Fibrosis agents used to know processes, including enzymes such as papain or pepsin to deposit protein. 【0090】 より詳細には、非イオン界面処理剤は、酸化エチレンの約5から30モルで濃縮されたより高いアルコール(例えば、約8,9,10,11,12,13,14,15,16,17または18 [0090] More particularly, non-ionic surfactants treating agent is higher than concentrated at about 5 to 30 moles of ethylene oxide alcohols (e.g., about 8,9,10,11,12,13,14,15,16 , 17 or 18
の炭素分子を直進または分岐した鎖構造に含むアルカノル)の濃縮繊維を含む。 Including concentrates fibers alkanol) containing carbon molecules in the straight or branched chain structure.
例では、約16モルの酸化エチレン(EO)で濃縮されたラウリルまたはミリスチル In the example, concentrated lauryl or myristyl about 16 moles of ethylene oxide (EO)
;約6モルの酸化エチレンで濃縮されたトリデカノール;ミリスチルアルコールのモルあたり約10モルのEOで濃縮されたミリスチルアルコール:10,11,12,13または14の炭化水素が長さにおいて変化するアルキル鎖と脂肪族アルコールとのp混合物を含むココナッツ脂肪族アルコールのカットを有するEOの濃縮製品とを含み、この濃縮液は全アルコールのモルあたり約6モルのEOか、アルコールのモルあたり約9モルのEOを含んでおり、さらに非イオン界面処理剤は、アルコールのモルあたり6EOから11EOを含むエトキシレート脂アルコールを含む。 ; About 6 moles of ethylene oxide in concentrated tridecanol; myristyl alcohol per mole to about 10 moles EO in concentrated myristyl alcohol of: 10, 11, 12, 13 or 14 alkyl chain hydrocarbons vary in the length of the and and a concentrated product of EO with a cut of coconut fatty alcohol containing p mixture of aliphatic alcohols, a concentrated solution per mole to about 6 moles of either EO total alcohol, of about 9 moles per mole of alcohol includes EO, further nonionic surfactants treatment agent comprises an ethoxylated fat alcohol containing 11EO from per mole 6EO alcohol. 約4から20、 About 4 to 20,
好ましくは約8から15のHLB(親水性/親水性バランス)を有するソルビタンモノ及び3C 10 −C 20芳香族酸エステルと、2から30モルの酸化エチレンの濃縮液も非イオン界面処理剤として利用できる。 Preferably use and sorbitan and 3C 10 -C 20 aromatic acid ester having an HLB of from about 8 15 (hydrophilic / hydrophilic balance), concentrate 2 from 30 moles of ethylene oxide as a nonionic surfactant processing agent it can. 【0091】 界面処理化合物の別の群ではアルキルポリサッカライドを含む。 [0091] comprising an alkyl polysaccharide in another group of interface treatment compound. アルキルポリサッカライドは、Rが疎水性基である場合の式SUGAR-O=Rを有するアルキルポリグリコサイドである。 Alkyl polysaccharides, alkyl polyglycosides having the formula SUGAR-O = R where R is a hydrophobic group. 【0092】 本発明の処理化合物に使用するのに適した皮膚健康有益薬剤は亜鉛化合物を含んでおり、皮膚の刺激または強烈な皮膚の炎症を伴う反応を減らしたり、なくすようにする。 [0092] Skin health benefit agents suitable for use in processing the compounds of the present invention includes a zinc compound, or reduce the reaction involving inflammation of stimulation or intense skin of the skin, to eliminate. このような薬剤の例は、塩化亜鉛、硫酸亜鉛、モノヒドレート等を含む。 Examples of such agents include zinc chloride, zinc sulfate, monohydrate and the like. これらの薬剤は、収斂および酵素防止剤として、より詳細には、糞便及び尿に有効である。 These agents, as astringent and enzyme inhibitors, and more particularly, is effective in feces and urine. 亜鉛は、プロテアーゼの触媒部位と、詳細には蛋白質の分解働きを抑制するためのセリンプロテアーゼとして公知のプロテアーゼの群と相互作用する。 Zinc is the catalytic site of the protease, in particular interact with the group of known proteases as serine proteases for inhibiting the degradation action of the protein. 酵素分解作用を防ぐことによって、刺激を受けた皮膚を処置するのではなく、皮膚が刺激を受けることを防ぐことになる。 By preventing enzymatic decomposition, rather than treating the skin stimulated, thus preventing the skin stimulated. 【0093】 本発明の皮膚健康薬剤のさらなる利点はpHを下げることに関連する。 [0093] A further advantage of the skin health agents of the present invention is related to lowering the pH. セリンプロテアーゼ例えば糞便と尿に存在するトリプシン及び膵臓エラスターゼが、約 Trypsin, and pancreatic elastase present in serine proteases for example feces and urine, approximately
8.0b及び8.5の基本pHで触媒的に最適である。 Is catalytically optimal basic pH of 8.0b and 8.5. 本発明の皮膚健康有益薬剤は予期しないことではあるがpHを低下させることがわかり、これによりこれらのプロテアーゼの触媒効果を減少させることになる。 Skin health benefit agents of the present invention is than that unexpected but notice that lowering the pH, thereby resulting in reducing the catalytic effects of these proteases. 【0094】 皮膚健康有益薬剤は、処理化合物の約0.01から約10重量パーセントの範囲の本発明の処理化合物に存在する。 [0094] Skin Health beneficial agent is present in the process the compounds of the present invention in the range of about 0.01 to about 10 weight percent of the processing compound. 皮膚健康有益薬剤は、処理化合物の約0.25から約 Skin health benefit agent is from about 0.25 to about processing compound
1重量パーセントの範囲の本発明の処理化合物に存在することが好ましい。 It is preferably present in the treating compound of the present invention in the range of 1% by weight. 【0095】 本発明の処理化合物は、標準状態で処理できるプロテインを含んでいてもよい。 [0095] treating the compound of the present invention may comprise a protein that can be processed by standard conditions. このようなプロテインの一つがセリシンである。 One such protein is sericin. セリシンは、ボンビックス、 Sericin, Bombyx,
モリ、昆虫により紡糸されたツインフィブロインシルクスレッドの一部である2 Mori, which is part of a twin fibroin silk thread spun by insect 2
つのプロテインの1つである。 One of which is one of the protein. セリシンは、溶解可能なサイジング剤で繊維を紡糸するフィブロインスレッドのまわりの保護として作用する。 Sericin acts as a protective around the fibroin thread spinning fibers with soluble sizing agent. セリシンは加水分解により簡単に分離できる。 Sericin can be easily separated by hydrolysis. 後紡糸セリシンは、その独特な特性とともに複数のプロテインに高い影響を有するものとして知られている。 Post spinning sericin is known as having a high impact on the more protein with its unique properties. 高分子重量物質に再精製されると、皮膚と頭皮のケラチンに結合し、耐性を形成し、湿分があり、皮膚及び頭皮に保護フィルムを形成し、すぐれたバリヤー特性を与えることが容易にできる。 Once repurified polymer weight material, attached to the keratin of the skin and scalp, to form a resistance, there is moisture, forming a protective film on the skin and scalp, is easily possible to provide excellent barrier properties it can. 【0096】 セリシンは少なくとも1の重力比を有する低分子重量シルクの制御された加水分解によって得られたシルクプロテインである。 [0096] Sericin is a silk protein obtained by controlled hydrolysis of low molecular weight silk with at least one gravity ratio. 購入可能なシルクプロテインは、ニュージャージ州パラシッパニ所在のクロダインクから購入でき、登録名CROS Commercially available silk protein is, can be purchased from Kurodainku of New Jersey Parashippani located, registered name CROS
ILK LIQUID(シルクアミノ酸)、CROSILK 10,000(水素化シルク)、CROSILK P ILK LIQUID (silk amino acids), CROSILK 10,000 (hydrogenated silk), CROSILK P
OWDER(粒状シルク)及びCROSILKQUAT(ココジノニウム ヒドロキシプロピル シルクアミノ酸)として販売されている。 OWDER sold as (granular silk) and CROSILKQUAT (Kokojinoniumu hydroxypropyl silk amino acid). 購入可能なシルクプロテインの別の例がオランダのペンタファームLTDから販売されているSERICINである。 Another example of a possible purchase silk protein is SERICIN sold by Dutch penta farm LTD. このようなシルクプロテイン混合物の詳細が、ソレンコに譲渡されたキム他による米国特許第 Details of such silk protein mixtures, the U.S. by Kim et assigned to Sorenko
4,906,460号に記載されており、本発明はこれを引例として組み入れる。 Are described in JP 4,906,460, the present invention incorporates this as reference. 【0097】 シルクプロテイン誘導体はいくつかの可能性のある化合物の1つから選択されていればよい。 [0097] It is sufficient silk protein derivative is selected from one of several possible compounds. シルク誘導体に含まれているのは、シルク繊維とシルク繊維の加水分解物である。 Included in silk derivative is a hydrolyzate of silk fibers and silk fibers. シルク繊維は、乳剤を準備する際のパウダー状で、または線状し、酸でシルク繊維を処理することによって得られた製品のパウダーとしてしようされればよい。 Silk fibers, in powder form when preparing the emulsion, or linear, may be employed to private as a product powder obtained by treating the silk fibers with an acid. シルク繊維は、アベ他に付与された米国特許第4,839,168号、 Silk fibers, U.S. Patent No. 4,839,168 issued to Abe et al
ワタヌベ他に付与された同第5,009,813号、及びゴールドバーグに付与された同第5,069,898号に開示されているように、酸、アルカリまたは酵素を有する加水分解物によって得られた製品として使用され、これら特許を本明細書に全て組み入れる。 Watanube other granted the same No. 5,009,813, and as disclosed in the No. 5,069,898, issued to Goldberg, acid, is used as a product obtained by hydrolysis thereof with an alkali or enzyme, these incorporating all of the patent herein. 【0098】 本発明の化合物に利用される別のシルク誘導体は、例えばホプ他に付与された米国特許第4,839,165号に開示されている精練生シルクから得られたプロテインであり、本明細書はこれを引例として組み入れる。 [0098] Another silk derivative which is utilized in the compounds of the present invention is a protein obtained from degumming raw silk, which is disclosed, for example, e-flop other granted U.S. Pat. No. 4,839,165, herein incorporate this as a reference. 生シルクから得られた主プロテインはセリシンであり、構造式がC 15 H 25 O 3 N 5であり、分子量は約323.5である。 The main protein obtained from the raw silk is sericin, structural formula of C 15 H 25 O 3 N 5 , a molecular weight of about 323.5. 好ましいシルク誘導体がシルク内で自然に発生する2つ、それ以上の個々のアミノ酸からなる混合物である。 Two of preferred silk derivative is produced naturally in silk, a mixture consisting of more individual amino acids. 主シルクアミノ酸はグリセリン、アラニン、セリン及びチロシンである。 The main silk amino acids are glycerol, alanine, serine and tyrosine. 【0099】 本発明の乳剤化合物に使用するシルク誘導体の別の例が、オトイ他に付与された米国特許第4,233,212号に開示されているように、非繊維または粒状のシルクフィブロインの微細粒子である。 [0099] Another example of a silk derivative for use in the emulsions compounds of the present invention, as disclosed in U.S. Patent No. 4,233,212, issued to Otoi other, are fine particles of non-fibrous or particulate silk fibroin . 微細粒子は、例えば水性カプリエチレンジアミン溶液、水性アンモニア溶液、水酸化第二銅の水性アンモニア溶液、水酸化物及びグリセロルmp水性アルカリン溶液、水性リチウム、臭化物溶、塩化物の水性溶液、カルシウム、エステル、カルシウムのチオシアン、マグネシウム、亜鉛、 Fine particles, for example, aqueous Capri ethylenediamine solution, an aqueous ammonia solution, an aqueous ammonia solution cupric hydroxide, hydroxides and Guriseroru mp aqueous Alkaril solution, aqueous lithium bromide dissolved, the aqueous solution of chloride, calcium, esters, thiocyanate of calcium, magnesium, zinc,
及び水性塩化チオシアン溶液から選択された少なくとも1つの精練されたシルク材料を溶解することによって作られる。 And it is made by dissolving at least one degummed silk material selected from an aqueous chloride thiocyanate solution. この結果得られたフィブロイン溶液が透析される。 The resulting fibroin solution is dialyzed. 約3から20重量パーセントのシルクフィブロイン濃縮を有する透析された水溶シルクフィブロイン溶液が少なくとも1つの処理を受けて、例えば凝集塩の付加、飽和処理、等電時における凝固によって、超音波波にさらることによって、高せん断速度において攪拌することによってなどによりシルクフィブロインを凝結し沈殿させる。 About 3 to dialyzed aqueous silk fibroin solution having a silk fibroin concentration of 20% by weight is subjected to at least one processing, such as addition of aggregation salts, saturation, by coagulation at the isoelectric, salar ultrasonic wave it allows to condense the silk fibroin precipitate due by stirring at high shear rates. この結果得られた製品はシルクフィブロインゲルであり、処理化合物に直接組込まれたり、脱水素化されて粒状に組込まれ、処理化合物において溶解される。 The resulting product is a silk fibroin gel, or incorporated directly into the processing compound, is incorporated in the granulated dehydrogenated, it is dissolved in the processing compound. 【0100】 シルクフィブロインを形成するのに使用されるシルク材料は、コクーン、生シルク、排泄コクーン、生シルクの排出物、シルク繊維排泄物等を含む。 [0100] Silk material used to form the silk fibroin includes cocoon, raw silk, excretion cocoon, effluent raw silk, silk fibers excrement or the like. シルク剤用は精練されたり、または、例えば界面活性剤または酵素を含む温水で洗浄することによるような従来の手順によってセリシンから取除かれ、乾燥される。 For silk agent or the scouring, or removed from sericin by a conventional procedure such as by washing with hot water containing, for example, surfactants or enzymes, are dried. 精練された材料は溶剤の中で溶解され約60から95℃、好ましくは約70から85℃の温度に予め加熱される。 Degummed material is dissolved about 60 to 95 ° C. in a solvent, is preheated preferably to a temperature of about 70 85 ° C.. シルクフィブロインを得る工程の詳細が先に記載した米国特許第4,233,212号に開示されている。 Details of obtaining the silk fibroin is disclosed in U.S. Patent No. 4,233,212 described above. 【0101】 本発明の処理化合物におけるシルクプロテインに加え、別のプロテインが約0. [0102] In addition to silk protein in the process the compounds of the present invention, another protein of about 0.
1から約4.0重量パーセントで存在すればよい。 1 may be present at about 4.0 weight percent. 別の付加的なプロテインが酵素加水分解物、レキシンプロテイン、植物性プロテイン、および加水化された鯨プロテイン及びこれらの混合物を含む。 Another additional protein enzymatic hydrolyzate, lexical down proteins, including vegetable protein, and hydrolyzed reduction has been whale protein and mixtures thereof. 【0102】 本発明の処理化合物は水中油(O/W)乳剤の形態、あるいは水で稀釈後、主構成要素が水、界面処理剤、または協界面処理剤となる。 [0102] treating the compound of the present invention after dilution with oil-in-water (O / W) emulsion or in the form of water, the main component is water, surfactant treatment agent, or cooperating surface treatment agent. 【0103】 準備される化合物は水性液体方式であるために、及びいかなる特定の混合物も [0103] For the preparation the compound is an aqueous liquid system, and also mixtures of any particular
O/W乳剤を形成するのに必要とされないために、化合物は適当な容器またはコンテナ内で全構成要素を組み合せることによって簡単に準備される。 For O / W emulsion is not required to form, the compound is prepared simply by combining all the components in a suitable vessel or container. 構成要素の今混合の順序は特に重要ではなく、様々な構成要素が連続して加えられるか、一度に加えられるか、あるいは主界面処理剤のそれぞれ、または全てかなる水性乳剤の形態であればよく、協界面処理剤は分離して準備されて、相互に組み合せることができる。 Now mixing order of the components is not particularly critical, or various components are added sequentially, addition or is at a time, or if each of the primary surfactant treatment, or in the form of all happens aqueous emulsion, well, cooperating surface treating agent is prepared in isolation, it can be combined with each other. 例えば、有機酸の乳剤の乳剤を本発明に使用可能である。 For example, it is possible to use an emulsion of the emulsion of the organic acids in the present invention. なぜならば、このような乳剤は強く皮膚に刺激を与え、本発明の意図する目的に逆効果となってしまう。 This is because, such emulsion is strong skin to provide a stimulus, it becomes for the intended purpose of the present invention the opposite effect. 現在、プロテインは水溶性乳剤として添加され足り、直接添加される。 Currently, Protein enough is added as a water emulsion, it is added directly. 形成段階において高温にする必要はなく、室温で十分である。 Need not be a high temperature in the formation step, it is sufficient at room temperature. しかし180 But 180
度F(82.2℃)の高温、好ましくは110から140度F(43.3から60℃)を使うことができる。 Hot degrees F (82.2 ℃), can be preferably used a 110 to 140 degrees F (43.3 from 60 ° C.). 【0104】 人間の皮膚に対する処理に関し、処理化合物は安定化され、薬品、コスメティックまたは獣医の製剤に組み入れるように1つか2つ以上の防腐剤を含むように製剤される。 [0104] relates to process for human skin, the treating compound is stabilized, drug is formulated to include one or two or more preservatives to incorporate into cosmetic or veterinary preparations. これらの処理化合物は従来の既知の安定技術、例えば煮沸、または低温殺菌のような技術で、化合物のバイオ学的活性に実質的に影響を及ぼすことなく安定化できる。 These processes compounds previously known stabilizing techniques, for example boiling or pasteurization of such techniques can be stabilized without substantially affecting the biological biological activity of the compound. 化合物は、適切な生理学的状態に必要とされ、pH調整及び緩衝剤、防腐剤及び搬送車両のように、ローション配合物の記載に関連した従来の処理に関し化合物を準備するのに必要とされる薬剤的に受け入れ可能な補助物質を含んでいてもよい。 Compounds are required for proper physiological condition, pH adjusters and buffering agents, as preservatives and transport vehicles are required to prepare a compound relates to the conventional process in connection with the description of the lotion formulations auxiliary substances can be accepted pharmaceutically may contain. 薬剤的に処理可能な化合物を準備するための実際の方法が本分野において河内であり、例えば、レイミントン薬学化学に詳細に記載されている。 Actual methods for preparing pharmaceutically processable compound is Kawachi in the art, for example, it is described in detail in Ray Wilmington pharmaceutical chemistry. 【0105】 芳香剤、塗料及び顔料を本発明の処理化合物に組み入れることもできる。 [0105] fragrances, paints and pigments can also be incorporated into the process the compounds of the present invention. 現在の処理に必要とされるペースト及びクリームに適切であるような半固形状の化合物について、ペプトン−銅混合物が別箇に形成されてもよいし、例えば、アロエベラゲル、スクアレン、グリセロル スチアレン、ポリエチレングリコール、セチルアルコール、ステアリン酸及びプロピレングリコールのような従来の無毒性キャリーで複合化されてもよい。 For the current semi-solid compound, such as appropriate for pastes and creams which are required for processing, peptone - copper mixture may be formed so Bekko, for example, aloe vera gel, squalene, Guriseroru Suchiaren, polyethylene glycols, cetyl alcohol, conventional nontoxic carry, such as stearic acid and propylene glycol may be conjugated. このような混合物は、5から100%、好ましくは約5から25%の活性要素を含んでいればよい。 Such mixtures are 100% 5, preferably if it contains from about 5 to 25% of the active element. 【0106】 処理化合物は、状態の悪くない皮膚、または激しい、または別の刺激または酸化皮膚損失のために損失を受けた皮膚(例えばピーリング)の場合に、物品の着用者に与えられてもよい。 [0106] treating compound, in the case of skin undergoing loss for not bad skin condition or severe, or other stimuli or oxide skin loss (e.g. peeling) may be given to the wearer of the article . 処理化合物が、現在与えられている刺激物質または別の知られていない刺激物質によって更なる損失を回避することができるのに十分な量で付与れ、ホストが処理されていなければ、より効果的であるように、処理化合物が付与されている。 Processing compound, is applied in an amount sufficient to be able to avoid a further loss by irritants with no known given its dependent stimulators or another currently unless hosted processing, more effectively as is, the processing compound is given. これらの効果を達成するのに適切な量が治療効果のある使用量として定義され、用途にしたがって変化する。 The amount adequate to accomplish these effects are defined as the amount that is therapeutically effective will vary depending on the application. 【0107】 予防薬及び化粧品の用途において、処理化合物が皮膚の損失を保護するのに使用される。 [0107] In the prophylactic and cosmetic applications, the treating compound is used to protect the loss of the skin. 皮膚健康有益薬剤及び/又はシルクプロテインが、皮膚の一体性を保護する状態で受容者に投与される。 Skin health benefit agent and / or silk protein is administered to the recipient in a state of protecting the integrity of the skin. これらの使用において、糞便及び尿または別の刺激物質によって発生するような損失を受ける状態に皮膚がされされるのに要する保護の量、程度及び状態に依存する。 In these uses, it depends on the condition being lost as caused by fecal and urine or other irritant amount of protection required for the skin is being, the extent and conditions. これらは、大体皮膚1平方センチメートルあたり1日につき約0.1mgから約10mgの範囲である。 These can range from about 0.1mg to about 10mg per roughly skin 1 cm2 per day. 化合物の単一または複数の投与が1日または時間延長されて実行される。 Single or multiple administration of the compounds is performed is extended by one day or time. 【0108】 本発明のシルクプロテインを、乱雑な使用は皮膚に刺激を与えることになるが、深刻な影響を与えることなく比較的多量皮膚に投与してもよい。 [0108] The silk protein of the present invention, messy used is will be irritating to the skin, it may be administered in a relatively large amount of skin without a serious impact. 化合物が皮膚に対する酸化的または生理学的な損失を回避するように予防学的に投与されるような場合、またはなめらかな皮膚に損失、刺激を受けるような場合、投与量はより少なくするような維持レベルに調整されていればよい。 Where the compound as administered prophylactically so as to avoid oxidation or physiological loss to the skin, or smooth skin loss, if such stimulated, as doses to be less maintained only it needs to be adjusted to the level. 【0109】 本発明の皮膚保護及び向上した修復を行う、予防学的化合物を含む処理化合物を、本発明の物品のトップシート22に組込まれており、単一で、または組み合せて投与して治療または予防の補助を行えばよい。 [0109] performing a skin protection and improved repair of the present invention, the processing compound comprising a prophylactic compounds, are incorporated into the topsheet 22 of the article of the present invention, and administered a single or in combination therapy or it may be performed auxiliary prevention. 例えば、別の皮膚保護要因または上述したようなローション配合物のような保護の別の態様と組み合わされて処理化合物を使用できる。 For example, the treating compound can be used in combination with another embodiment of the protection, such as another skin protection factors or lotion formulations, as described above. この方法において、相乗作用が得られ、単一の要因で認識されるよりも多くの効果を生み出すことになる。 In this method, a synergistic effect is obtained, it will produce many effects than is recognized by a single factor. 【0110】 さらに、本明細書に記載した処理化合物は皮膚保護処理のスペクトラムに類似し、皮膚は特性においてかなり異なり、本明細に記載した組み合わせ、及び別の化合物又は要因のいずれかを利用ようになる。 [0110] Furthermore, processing the compounds described herein is similar to the spectrum of skin protection process, the skin is considerably different in characteristics, combined as described herein, and any other compounds or factors utilized so Become. 【0111】 本発明の保護/治療形式及び方法においてしようするためのシルクプロテイン化合物と共に含むことのできる治療特性に関する要因は、例えば、表皮成長y帆ウイン、繊維母細胞成長要因、神経繊維成長要因、変換成長要因、血管形成要因、ヘパリン、フィブロネクチン、フィブリン、血小板誘導成長要因、酵素スーパオキシド成長要因、血液または血液からの要因の抽出及び別の要因を含む。 [0111] Factors related therapeutic properties that can contain along with the silk protein compounds to private in the protection / treatment form and method of the present invention, for example, epidermal growth y sail Wynn, fiber mother cell growth factor, nerve fiber growth factors, transformation growth factors, including angiogenesis factors, heparin, fibronectin, fibrin, platelet-derived growth factor, enzymes superoxide growth factors, extraction and other factors factors from blood or blood. 【0112】 処理化合物を、乾燥または圧縮を最小にすること望まれるような場合において、高固体スプレーが有効ではあるが、スプレー、コーティング等の従来の手段でトップシート22に付与してもよい。 [0112] The treatment compounds, when dried or compressed as desired to minimize, the high solids spray is effective, spray, may be applied to the topsheet 22 by conventional means such as coating. 使用される処理化合物の量が、物質の坪量及び有孔性のような特定の目的使用に依存する。 The amount of processing compound employed is dependent on the particular purpose employed, such as basis weight and porosity of the material. 【0113】 本発明の処理化合物の独特で驚くべき態様がトップシートから皮膚に鬱すことのできる能力を含む。 [0113] unique and surprising aspect of the process the compounds of the present invention include the ability that can Ussu from the top sheet to the skin. 液体がトップシートに導かれると、処理化合物が液体内で溶解され、皮膚への処理化合物の液体調整搬送が発生することがわかった。 When the liquid is introduced into the top sheet, the treating compound is dissolved in a liquid, the liquid adjustment conveyance of treating compound to the skin is known to occur. 別の言い方をすれば、皮膚健康有益薬剤を含む処理化合物は物質を溶解して液体にし、皮膚の上に皮膚健康有益薬剤からなる薄く、粘着性のある連続したフィルムを堆積する。 In other words, the processing compound comprising a skin health benefit agent is by dissolving the material into a liquid, thinner skin health benefit agent on the skin to deposit a continuous film with a tacky. 尿が、トップシート22から皮膚へ処理化合物を移すことのできる液体の例である。 Urine, is an example of a liquid that can be transferred to processing compound from the skin the topsheet 22. 別の例として、皮膚に対する摩耗または怪我の後に、人体により作られる液体が、トップシートから処理化合物の搬送を十分に行うことになる。 As another example, after wear or injuries to the skin, it is a liquid made by the human body, so that sufficient to convey the treating compound from the topsheet. 一般的に湿潤性が発生すると、処理化合物がトップシートから皮膚に移り、保護バリヤーを形成するようになる。 Generally wettable occurs, the processing compound is shifted from the top sheet to the skin, so to form a protective barrier. 【0114】 図1及び図2に図示するおむつ10の吸収性本体24は、超吸収体材料として一般的に知られている高吸収性材料の粒子と混合された、セルロースフラフウェブのような親水性繊維のマトリックスからなることが適している。 [0114] The absorbent body 24 of the diaper 10 illustrated in Figures 1 and 2 were mixed with particles of high-absorbency material commonly known as superabsorbent material, hydrophilic such as cellulosic fluff web it is suitable made of a matrix of sexual fibers. 特定の実子例において、吸収性本体24は木材パルプフラフ、のようなセルロースフラフ及び超吸収性ヒドロゲル形成粒子のマトリックスからなる。 In certain biological child example, absorbent body 24 comprises a matrix of wood pulp fluff, cellulosic fluff and superabsorbent hydrogel-forming particles, such as. 木材パルプフラフが合成ポリマーメルトブロー繊維と、またはメルトブロー繊維及び天然繊維との組み合わせと交換してもよい。 Wood pulp fluff may be exchanged with synthetic polymer meltblown fibers, or a combination of meltblown fibers and natural fibers. 超吸収性粒子は親水性繊維とほぼ均質に混合されてもよいし、非均一に混合されてもよい。 It superabsorbent particles may be mixed substantially homogeneously with the hydrophilic fibers, or may be non-uniformly mixed. あるいは、吸収性本体24は繊維ウェブ積層及び超吸収材料または超吸収性材料を所定の場所に維持するのに適した手段から構成されていればよい。 Alternatively, the absorbent body 24 may be composed of means suitable to maintain the fibrous web laminate and superabsorbent material or the superabsorbent material in place. 【0115】 吸収性本体24は複数の形状を有していればよい。 [0115] The absorbent body 24 may have a plurality of shapes. 例えば、吸収性コアは重宝毛、I字形状、T字型であってもよい。 For example, the absorbent core useful hair, I-shape, it may be a T-shape. 吸収本体24はおむつ10の前後ウエスト領域よりも中間セクションにおいて狭いことが一般的に好まれている。 Absorbent body 24 be narrower in the intermediate section is generally preferred than the front and rear waist regions of the diaper 10. 吸収性本体24には単一の層または複数の層によって形成されていればよいが、すべてが吸収性本体24の全長及び全幅にわたる必要はない。 The absorbent body 24 may be formed by a single layer or multiple layers, all need not over the entire length and width of the absorbent body 24. 本発明の特定の態様において、吸収性本体24はほぼT字形状であり、Tの横方向に延びる横バーが改善された性能について、特に男児にかんし吸収性物品の前ウエストセクション12に相当する。 In certain embodiments of the present invention, the absorbent body 24 is substantially T-shaped, the performance of the horizontal bar is improved transversely extending T, in particular corresponding to the front waist section 12 of the forceps absorbent article boys . 図示した実施例において、例えば物品の前部ウエストセクション12にわたる吸収性本体 In the illustrated embodiment, for example, the absorbent body over the front waist section 12 of the article
24が、約18センチメートルの横宝庫の幅を有し、中間セクション16のもっとも狭い部分は約7.5センチメートルの幅を有し、背部セクション14においては、11.4 24, has a width of lateral reservoir of about 18 centimeters, the narrowest portion of the intermediate section 16 has a width of about 7.5 centimeters, in the back section 14, 11.4
センチメートルの幅を有する。 It has a width of centimeters. 【0116】 吸収性本体24の大きさと吸収能力は意図する着用者の大きさと、吸収性物品意図する使用によって得られる液体荷重に一致しなければならない。 [0116] The size and absorbent capacity of the absorbent body 24 and the size of the wearer the intended must match the liquid loads obtained by using the intended absorbent article. さらに、吸収性本体24の大きさと吸収能力は幼児から成人にわたる範囲の着用者を収納するように変えることができる。 Further, the size and absorbent capacity of the absorbent body 24 may be varied to accommodate the wearer's range extending from infants through adults. さらに、本発明に関し、吸収性本体24の密度または坪量も変えることができる。 Furthermore, the present invention relates to, density or basis weight of the absorbent body 24 can also be varied. 本発明の特定の態様において、吸収性本体24は少なくとも合成尿の約300グラムの吸収能力を有する。 In certain embodiments of the present invention, the absorbent body 24 has about 300 grams absorption capacity of at least synthetic urine. 【0117】 吸収性本体24が親水性繊維と高吸収性粒子との組みあわせを含む実施例において、親水性繊維と高吸収粒子は平方メートルあたり約400から900グラムの範囲である吸収性本体24に関し平均坪量を形成できる。 [0117] In an embodiment the absorbent body 24 comprises a combination of hydrophilic fibers and high-absorbency particles, the hydrophilic fibers and high-absorbency particles relates absorbent body 24 is in the range of about 400 900 g per square meter It can form an average basis weight. 本発明の所定の態様において、 In certain embodiments of the present invention,
吸収性本体24の平均複合坪量は平方メートルあたり約500から800グラムであり、 The average composite basis weight of the absorbent body 24 is 800 grams to about 500 per square meter,
好ましくは平方メートルあたり、550から750グラムであり、所望の性能を与えるようになっている。 Preferably per square meter, 750 grams 550, adapted to provide the desired performance. 【0118】 本発明の吸収性物品の様々な構造に関する所望の厚さの寸法を形成するため、 [0118] To form the desired dimensions of thickness on various structures of the absorbent article of the present invention,
吸収性本体24は、約0.6センチメートル以下である嵩厚さで構成できる。 The absorbent body 24 may be composed of a is KasamiAtsushi of less about 0.6 centimeters. 好ましくは嵩厚さは、改善された利点を与えるために約0.53センチメートル以下であり、約0.5センチメートル以下であることが好ましい。 Preferably KasamiAtsushi is is from about 0.53 cm or less in order to provide improved benefits, is preferably not more than about 0.5 centimeters. 嵩厚さは、0.2PSI(1.38キロパスカル)の抑制圧で求められる。 KasamiAtsushi of is obtained by the hold down pressure of 0.2PSI (1.38 kilopascals). 【0119】 高吸収性材料は、天然、合成及び変性された天然ポリマー及び材料から選択できる。 [0119] high-absorbency material may be selected from natural, synthetic and modified natural polymers and materials. 高吸収性材料は、シリカゲルのような無機材料であってもよいし、架橋されたポリマーのような有機化合物であればよい。 High-absorbency material may be an inorganic material such as silica gel, it may be any organic compound such as crosslinked polymers. 架橋されたとは、通常水溶性材料を実質的に水不溶性であるが豊潤にさせる手段を意味する。 The crosslinked, is a substantially water-insoluble normally water-soluble materials is meant means for a mellow. このような手段は、例えば、物理的交絡、結晶ドメイン、共有結合、イオン錯体及び会合、水素結合のような親水性会合、及び疎水性会合またはファンデルファールス力を含む。 Such means include, for example, physical entanglement, crystalline domains, covalent bonds, ionic complexes and associations, hydrophilic associations such as hydrogen bonding, and hydrophobic associations or Van der Waals forces. 【0120】 合成、ポリマー高吸収性材料の例では、アルカリ金属及びポリ(アルカリ酸) [0120] Synthetic, in the example of polymeric superabsorbent material, alkali metals and poly (alkali acid)
及びポリ(メタアクリル酸)のアンモニア塩、ポリ(アクリルアミド)、ポリ( And poly ammonium salts of (meth acrylic acid), poly (acrylamide), poly (
ビニールエーテル)、ビニールエーテル及びアルファオレフィンとのマレイン酸コポリマー、ポリ(ビニールピロリドン)、ポリ(ビニールモルフォリノン)、 Vinyl ethers), maleic acid copolymers with vinyl ethers and alpha-olefins, poly (vinyl pyrrolidone), poly (vinyl morpholinone),
ポリ(ビニールアルコール)及びこれらの混合物とコポリマーとを含む。 Poly and a and copolymer (vinyl alcohol), and mixtures thereof. 吸収性コアに使用するのに適するポリマーは、水素化されたアクリルニトリルグラフト化スターチ、アクリル酸グラフト化スターチ、メチルセルロース、刈る簿記失メチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、及びアルギネート、キサンチウムゴム、ローカストビームゴム等のような天然ゴムを含む。 Polymers suitable for use in the absorbent core, hydrogenated acrylonitrile grafted starch, grafted starch acrylic acid, methyl cellulose, mow bookkeeping loss methylcellulose, hydroxypropyl cellulose, and alginates, hexa Nchiumu rubber, locust beam gum, etc. including natural rubber, such as. 天然及び全体的あるいは部分的合成吸収性ポリマーの混合物も本発明に使用できる。 Mixtures of natural and whole or partially synthetic absorbent polymers can also be used in the present invention. 【0121】 高吸収性材料は広い範囲の幾何形状であればよい。 [0121] high-absorbency material may be in the geometry of a wide range. 一般的規則として、高吸収性材料は別箇の粒子であることが好まれる。 As a general rule, the superabsorbent material is preferred to be particles of Bekko. しかし、高吸収性材料は繊維kフレーク、ロッド、球体、ニードル等の形態である。 However, the high absorbency material is in the form of fibers k flakes, rods, spheres, needles, or the like. 一般的に、高吸収性材料は、吸収性本体24の全重量に基いて、約5から90重量パーセント、好ましくは少なくとも30重量パーセント、さらに好ましくは、少なくとも50重量パーセントである。 Generally, superabsorbent material, based on the total weight of the absorbent body 24, about 5 to 90 weight percent, preferably at least 30 wt%, more preferably at least 50% by weight.
例えば、特定の実施例において、吸収性本体24は、繊維ウェブ、または高吸収性材料を局所的領域に維持する適当な手段により重ねられた高吸収性材料の少なくとも約50重量パーセントおよび好ましくは少なくとも約70重量パーセントを含む積層から構成されていればよい。 For example, in certain embodiments, the absorbent body 24, fibrous web or at least at least about 50 weight percent and preferably of superabsorbent material superposed by suitable means of maintaining a superabsorbent material in the localized area, it may be composed of a laminated comprising about 70 weight percent. 【0122】 本発明に使用するのに適した高吸収性材料の例が、バージニア州ポートマウス所在おホエストセラネスから購入可能なSANWET IM3900である。 [0122] Examples of high-absorbency material suitable for use in the present invention is a SANWET IM3900 can be purchased from the Virginia Port Mouse whereabouts you Hoesutoseranesu. 別の適当な超吸収性材料は、ノースカロライナ州グリーンボロ所在のストックハウゼンから乳集可能なFAVOR SXM880を含むことができる。 Another suitable superabsorbent material can be obtained from Stockhausen, NC Greensboro located including Chichishu possible FAVOR SXM880. 【0123】 任意的に、ほぼ親水性ラップシート(図示せず)が吸収性本体24の構造の一体性を維持するのに利用されてもよい。 [0123] Optionally, may be utilized to substantially the hydrophilic wrap sheet (not shown) to maintain the integrity of the structure of the absorbent body 24. ティッシュラップシートが2つの面しあう主要面上で吸収性本体の周りに配置され、クレープ加工されたワッディングまたは高湿潤強度ティッシュのような吸収性セルロース材料から構成されている。 Tissue wrap sheet is placed around the absorbent body on the main surface mutually facing two, and a absorbent cellulosic material, such as creped wadding or a high wet strength tissue. 本発明の1態様において、ティッシュラップは吸収性本体からなる吸収性繊維の塊上に液体を急速に分配するたすけとなる吸い上げ層を形成するように構成されている。 In one embodiment of the present invention, tissue wraps are configured to form a wicking layer which helps to rapidly distribute liquid over the mass of absorbent fibers comprising the absorbent body. 【0124】 本発明の異なる態様の吸収性本体24は、空気と水蒸気を吸収性本体24、水蒸気透過バックシート20を通りおむつ10から周囲空気に出ることができるような高吸気透過性の複数のゾーンを含む。 [0124] different absorbent body 24 of the embodiment of the present invention, air and water vapor absorbent body 24, the water vapor transmission backsheet 20 from the street diaper 10 high intake permeability more of such may exit to ambient air including the zone. 例えば、図1及び2に図示するように、吸収性本体24は急襲瀬本体24に、ゾーンすなわち高空気透過性42の領域を与える複数の通路40を含んでいればよい。 For example, as shown in Figures 1 and 2, the absorbent body 24 to the raid Seto body 24, it needs to include a plurality of passageways 40 that provide zones or regions of high air permeability 42. 図示した実施例において、通路04に隣接する吸収性本体24の一部が、ゾーン即ち高吸収体44の領域を与える。 In the illustrated embodiment, a portion of the absorbent body 24 adjacent the passage 04, providing a region of the zone i.e. superabsorbent 44. 高空気透過性ゾーン42は吸収性本体24から最高の空気交換を行え、高吸収体ゾーン44が多くの人体排泄を受け取るように設計されている。 High air permeability zone 42 can best air exchange from the absorbent body 24, the superabsorbent zones 44 are designed to receive a number of human body excretion. 吸収性本体24は改善された空気交換を行う複数の高空気透過性ゾーン42を備えていればよい。 The absorbent body 24 may only comprise a plurality of high air permeability zone 42 for improved air exchange. 吸収性本体24、改善された性能に関し少なくとも3つか、それ以上、好ましくは少なくとも5つの異なる高空気透過性ゾーン42を備えていればよい。 The absorbent body 24, at least three or relates improved performance, more, preferably may include at least five different high air permeability zone 42. 【0125】 図1及び図2に図示いするように空気通路40のような高くうき透過性ゾーン42が物品の通気性を高めるように構成され、バックシート20の衣類に面する面上で尿のような過度の蒸気濃縮を行うことなく使用時に着用者の皮膚の水和を減少っせる物品の通気性を高めるように構成されている。 [0125] High air permeability zone 42, such as air passage 40 so as to have illustrated in FIGS. 1 and 2 is configured to enhance breathability of the article, the urine on the garment facing side of the backsheet 20 It is configured to enhance the breathability of the article to Tsu reduce the hydration of the wearer's skin during use without undue vapor concentrator such as. このようなおむつ10の外側面上の蒸気濃縮が着用者の衣類を汚すので好ましくない。 Undesirably Such vapor concentration on the outer surface of the diaper 10 is dirty the wearer's clothes. 高空気透過性42のゾーンがおむつの所定領域に配置されており、これの上で空気と蒸気がトップシート22から吸収性本体24及び材料の別の中間層を通り、蒸気透過性バックシート20から出ることができる。 Zone of a high air permeability 42 are located in a predetermined area of ​​the diaper, through another intermediate layer of the absorbent body 24 and material air and vapor from the top sheet 22 on which the vapor-permeable backsheet 20 it is possible to leave from. 例えば、高透過性ゾーン42は吸収体24全体を通って配置されているか、あるいはおむつ20の中間セクション16のような最大空気交換を行う吸収性本体24の領域に選択されていればよい。 For example, high permeability zone 42 only needs to be selected in the region of the absorbent body 24 for maximum air exchange, such as the intermediate section 16 if they are arranged through the entire absorbent body 24 or the diaper 20. 特定の実施例において、改善された空気交換に関し、高空気透過性ゾーン42がおむつ10の前及び中間セクション12、16 In certain embodiments, it relates an improved air exchange, before the high air permeability zone 42 of the diaper 10 and intermediate sections 12, 16
それぞれに配置されている。 They are arranged, respectively. 【0126】 一方、高吸収体ゾーン44は、おむつの内側から高レベルの空気及び蒸気を移すように設計されていない。 [0126] On the other hand, the superabsorbent zones 44 are not designed from the inside of the diaper to transfer high levels of air and steam. 従って、おむつ10のトップシート22からおむつのバックシート20を通り周囲空気(おむつの外側)に入る空気交換が高透過性ソーン42 Thus, the top air exchange entering the diaper back sheet 20 as the ambient air (outside of the diaper) from the sheet 22 is highly permeable Thorn 42 of the diaper 10
ないの吸収性本体24を通って発生する。 Generated through the absorbent body 24 of no. 吸収性本体24を通る空気交換は、限られた程度に高吸収性ゾーン44内で発生する。 Air exchange through the absorbent body 24 occurs at highly absorbent zone within 44 to a limited degree. 【0127】 高透過性ゾーンは長方形、円形、砂時計、楕円等を含む所望の構造を有し、選択された長手方向または側部方向のストリップまたは断続的に配置された風数の領域を含んでいてもよい。 [0127] High permeability zone rectangular, circular, hourglass, has the desired structure, including an oval or the like, includes a selected longitudinal or lateral direction of the strips or intermittently arranged wind speed of regions was It can have. 例えば、図1及び2において、高吸収性ゾーン42には、 For example, in FIG. 1 and 2, the superabsorbent zones 42,
複数の空気通路40すなわちほぼ円形構造を有する吸収性本体24を通る孔により形成されている。 It is formed by holes through the absorbent body 24 having a plurality of air passages 40 i.e. substantially circular structure. このような構造において、高吸収性ゾーン44は空気通路40間の吸収性本体24の非穿孔部分を備えている。 In this structure, the superabsorbent zones 44 is provided with a non-perforated portion of the absorbent body 24 between the air passage 40. 【0128】 高空気透過性ソーン42が改善された空気交換を効率的に行いながら、吸収性本体24からバックシート20の衣類に面する表面を通りこれの上で蒸気の凝固を防ぐ所望の寸法を有していればよい。 [0128] desired size high while air permeability Thorn 42 air exchanges improved efficiently performed, to prevent coagulation of the steam the garment-facing surface of the backsheet 20 from the absorbent body 24 as in the top of this a good as long as it has. 好ましくは、高空気透過性ゾーン42は、おむつ Preferably, the high air permeability zone 42, the diaper
10の吸収性本体24の全表面積の約5から約75パーセント、より好ましくは、少なくとも約10パーセント、さらに好ましくは約10から約70パーセント、さらに10から約60パーセントの全面積を形成していればよい。 10 from about 5 to about 75 percent of the total surface area of ​​the absorbent body 24, and more preferably, only to form a total area of ​​at least about 10 percent, more preferably from about 10 to about 70 percent, more from 10 to about 60 percent Bayoi. 例えば、中間の大きさの幼児に使用するためのおむつにおいて、高空気透過性ゾーン42が約6から約90平方センチメートルの全面積を形成していればよい。 For example, in diapers for use in infant intermediate size, high air permeability zone 42 it is sufficient to form a total area of ​​from about 6 to about 90 square centimeter. 【0129】 高空気透過性ゾーン42の全面積は上述のものより大きい場合には、おむつ10はバックシート20の曝された衣類に面する表面上で好ましくない量の蒸気凝固を呈し、おむつの外側面で湿った感触になってしまう。 [0129] When the total area of ​​the high air permeability zone 42 is larger than the above, the diaper 10 exhibits an undesirable amount of vapor coagulation on the garment-facing surface exposed of the backsheet 20, the diaper it becomes moist feeling on the outside surface. 高空気透過性ゾーン42が上述以下の面積である場合には、おむつ10は低レベルの空気交換を呈することになり、皮膚水和が高レベルになってしまい、皮膚の刺激とかぶれを引き起こすことになるので好ましくない。 If high air permeability zone 42 is an area below above, the diaper 10 becomes to exhibit a low level of air exchange, skin hydration becomes too high, it may cause irritation and skin irritation since it becomes unfavorable. 【0130】 図1及び図2にそれぞれ図示したように、おむつ10の吸収性本体24の高空気透過性42のゾーンが少なくとも空気に対し実質的に透過性で、好ましくは蒸気にたいして透過性であるように構成されている。 [0130] As shown in FIGS. 1 and 2, a substantially transparent zone of high air permeability 42 to at least air of the absorbent body 24 of the diaper 10, is preferably permeable to vapor It is configured to. 例えば、吸収性本体24の高空気透過性42のゾーンは、吸収性本体24の高吸収性ゾーン44のフレージャ有孔値よりも大きい、少なくとも10パーセント、好ましくは少なくとも約20パーセントさらに好ましくは少なくとも約50パーセントとなるフレージャ有孔値を備える。 For example, the zone of high air permeability 42 of the absorbent body 24 is greater than the Frazier porosity values ​​of the superabsorbent zones 44 of the absorbent body 24, at least 10 percent, even more preferably preferably at least about 20 percent, at least about comprising a Frazier porosity value of 50 percent. 本明細書に使用するように、フレージャ有孔性とは以下に記載するフレージャ有孔試験関連して求められる値を意味する。 As used herein, refers to a value determined by Frazier porosity tests related description below and Frazier porosity. 高空気透過性ゾーンが上述以下のフレージャ有孔値を呈する場合には、おむつ10は低レベルの空気交換を呈することになり、高レベルの皮膚水和を呈し、皮膚に刺激を与えかぶれを発生させるので好ましくない。 When a high air permeability zone exhibits the following Frazier porosity values ​​above, the diaper 10 becomes to exhibit a low level of air exchange, exhibited skin hydration high level, generating a rash Irritating to skin unfavorably to. 【0131】 高空気透過性ゾーンが様々な手段で形成されていればよい。 [0131] High air permeability zones may be formed by various means. 高空気透過性ゾーン42は吸収性物品の吸収性本体24の一体部分であり、孔、ホールすなわち吸収性本体24において開いた空間により形成されていればよい。 High air permeability zone 42 is an integral part of the absorbent body 24 of the absorbent article, holes, it may be formed by the open space in the hole i.e. absorbent body 24. 例えば、吸収性本体24 For example, the absorbent body 24
の一部分が不連続であったり、ゾーン42を形成するように取除かれていてもよい。 Or be part of a discontinuous, it may be removed so as to form a zone 42. あるいは、高空気透過性ゾーン42は、流体排泄物以下を吸収するように構成される吸収性本体24の一部により形成されているので、使用時においてこのような部分を空気が改善された状態で流れることができる。 State or a high air permeability zone 42, because it is formed by a part of the absorbent body 24 is configured to absorb less fluid exudates, that such parts in use were improved air it can flow in. 例えば、吸収性本体24の一部は間隙であり、すなわちこのような改善された空気流れを得るように、吸収性本体24の別の部分よりも実質的に小さい高吸収性材料を含んでいればよい。 For example, a portion of the absorbent body 24 is a gap, i.e. only contain substantially less high-absorbency material than another portion of the way, the absorbent body 24 to obtain an air flow which is such improved Bayoi. 吸収性本体24の一部は、選択された領域で高空気透過性ゾーン42を形成するように疎水性にする溶液で処理されたり、コーティングされていればよい。 Portion of the absorbent body 24, or is treated with a solution of the hydrophobic so as to form a high air permeability zone 42 in the selected area only to be coated. 別の構造において、高空気透過性ゾー42は、吸収性本体24において間隙即ち孔を形成し、サージ処理層34に適する以下に記載の材料のような、超吸収性本体24よりも高い空気透過性を有する別の材料を孔すなわち間隙に配置することによって設けられている。 In another structure, high air permeability zone 42 in the absorbent body 24 to form a gap or hole, such as those materials described below that are suitable for the surge management layer 34, a higher air permeability than the superabsorbent body 24 It provided by placing other materials having sex in the hole or gap. 【0132】 本発明の異なる態様にしたがって吸収性本体24のいくつかの構造の例が図1から6に図示されている。 [0132] Examples of some of the structure of the absorbent body 24 according to different aspects of the present invention is shown in FIGS. 1 to 6. 例えば、図1及び2において、急襲瀬本体24の高空気透過性ゾーン42が、吸収性本体24を通る複数の空気通路40すなわち孔により形成されている。 For example, in FIG. 1 and 2, high air permeability zone 42 raid Seto body 24 is formed by a plurality of air passages 40 ie holes through the absorbent body 24. 図示した実施例において、空気通路40は吸収性本体24の全長及び茶場に沿って断続的に配置されている。 In the illustrated embodiment, the air passage 40 is intermittently disposed along the entire length and tea fields of the absorbent body 24. 図示した空気通路40は円形であり、約1.27センチメートルの径と、吸収性本体24の全表面積の約12パーセントの全体の開いた面積を備える。 Air passage 40 illustrated is circular, comprising a diameter of about 1.27 cm, the total open area of ​​about 12 percent of the total surface area of ​​the absorbent body 24. 【0133】 図3及び4において、吸収性本体24はおむつ10の長手方向36に沿って離間している別箇のセグメント46の形態である。 [0133] In Figures 3 and 4, the absorbent body 24 is in the form of a segment 46 of Bekko which are spaced along the longitudinal direction 36 of the diaper 10. このような構造において、高空気透過性ゾーン42ガ吸収性本体24の別箇のセグメントの間の空間により形成されている。 In this structure, it is formed by the space between the segments of Bekko high air permeability zone 42 gas absorbent body 24. 吸収性本体24は様々な形状及び大きさを有する複数のセグメント46をふくんでいればよい。 The absorbent body 24 may only include a plurality of segments 46 having a variety of shapes and sizes. 例えば、図示した実施例において、吸収性本体24はおむつ10の長手方向 For example, in the illustrated embodiment, the longitudinal direction of the absorbent body 24 is the diaper 10
36において離間した4つの異なるセグメント46を含む。 It includes four different segments 46 spaced at 36. 図示したセグメント46は形状が長方形であり、図示した実施例において以下に記載するように通気層32とサージ処理層34の幅により形成されている吸収性本体24の幅よりも小さいい幅を有する。 Segments 46 shown is in the form a rectangle, having air layer 32 and the width smaller good width than the surge management layer 34 width absorbent body 24 formed by a as described below in the embodiment shown . あるいはセグメント46は吸収性本体24の幅にほぼ等しい幅を備えていればよい。 Alternatively segment 46 need only comprise a width substantially equal to the width of the absorbent body 24. セグメント46を離間した関係に維持するように、セグメント46はラップシート(図示せず)のような2つの材料シートの間、あるいはサージ処理層34と通気層32との間に含まれている。 So as to maintain the spaced apart relationship of the segment 46, the segment 46 is included between the wrap sheet between two sheets of material, such as (not shown) or the surge management layer 34 and the ventilation layer 32,. 図示した実施例において、セグメント46は2つのシートまたは材料層の間で高吸収性材料の積層を含み、セグメント46間の空間によって形成された高空気等kさ製ゾーン42が吸収性本体24の全表面積の約40パーセントの開いた面積を備えている。 In the illustrated embodiment, segment 46 is of the two contains a stack of high-absorbency material between the sheets or material layer, a high air such k is made zone 42 formed by the space between the segments 46 of the absorbent body 24 and a area of ​​open about 40 percent of the total surface area. 【0134】 図5及び6において、吸収性本体24の高空気透過性ゾーン42が、複数の通路40すなわち図1及び2に図示した実施例と同様に吸収性本体24を通る孔により形成されている。 [0134] In Figures 5 and 6, the high air permeability zone 42 of the absorbent body 24, are formed by holes through the absorbent body 24 similar to the embodiment shown a plurality of passages 40 i.e. 1 and 2 there. しかし、図5及び6に図示した実施例において、空気通路40がおむつ10の前部ウエストセクション12、中間セクション16において吸収性本体24内に配置されており、背部ウエストセクション14内にはない。 However, in the embodiment shown in FIGS. 5 and 6, the front waist section 12 of the air passage 40 diaper 10 in the intermediate section 16 is disposed in the absorbent body 24, not in the back waist section 14. さらに図5及び6の実施例において、吸収性本体24は上側層48と下側層50とを含んでおり、上側層48が吸収性本体24の長さの一部に沿ってのみ延びている。 Further in the embodiment of FIGS. 5 and 6, the absorbent body 24 includes an upper layer 48 and lower layer 50, the upper layer 48 extends only along part of the length of the absorbent body 24 . このような構造において、改善された吸収性と費用削減に関し吸収性本体24の多くがおむつ10の前部ウエストセクション及び中間セクション12、16に配置できる。 In this structure, many of the absorbent body 24 relates improved absorption and cost savings can be disposed in the front waist section and an intermediate section 12, 16 of the diaper 10. 図示した空気通路40は円形であり、約1.27センチメートルの径と、吸収性本体24の全表面積の約12パーセントの全体の開いた面積を形成する。 Air passages shown 40 is circular and forms a diameter of about 1.27 cm, the total open area of ​​about 12 percent of the total surface area of ​​the absorbent body 24. 【0135】 吸収体24の薄さと吸収体24の高吸収性材料のために、吸収性本体24の液体吸い上げ率自体が低すぎるか、吸収体本体24への液体の複数の排泄に適切に耐えることができない。 [0135] For the high-absorbency material thin and absorber 24 of the absorbent body 24, or a liquid wicking rate itself of the absorbent body 24 is too low to withstand suitably the plurality of excretion of liquid into absorbent body 24 it can not be. 液体全体の吸い上げ及び空気交換を改善するために、本発明の個となる態様のおむつが、図1及び2に図示するようにサージ処理材料34の多孔性、 To improve the wicking of the entire liquid and air exchange, the diaper embodiment which is a number of present invention, the porosity of the surge management material 34, as shown in Figures 1 and 2,
液体透過性層を含む可能性がある。 Which may include a liquid permeable layer. サージ処理層34は、吸収性本体24よりも親水性が小さく、液体を素早く収集し、瞬時に保持し、最初の入口地点から液体を搬送し、液体を吸収本体24の別の部分に解放するように作用可能な密度と坪量を有する。 Surge management layer 34 is less hydrophilic than the absorbent body 24, to quickly collect liquid, held immediately conveys the liquid from the initial entrance point and release the liquid to another portion of the absorbent body 24 having a density and basis weight operable as. この構造では、液体が着用者の皮膚に対し配置された吸収性衣類お一の上にたまり、収集されないようにでき、このために着用者が濡れたという感触を減少させることになる。 In this structure, the liquid is accumulated on the arranged absorbent garment per to the wearer's skin, can ensure not collected, will reduce the feeling that the wearer is wet for this purpose. サージ処理層34の構造はおむつ10の中での空気交換を高める。 Structure of the surge management layer 34 enhances the air exchange within the diaper 10. 【0136】 様々な織及び不織繊維がサージ処理層34を構成するように使用できる。 [0136] Various woven and nonwoven fibers can be used to construct the surge management layer 34. 例えば、サージ処理層45は、ポリオレフィン繊維のような合成繊維のメルトブローまたはスパンボンドウェブから構成された層であればよい。 For example, the surge management layer 45 may be a layer composed of meltblown or spunbond web of synthetic fibers such as polyolefin fibers. サージ処理層34は、結合されカーディングされたウェブまたは、天然及び合成繊維からなる乾式ウェブであればよい。 Surge management layer 34, carded coupled web or may be a dry web of natural and synthetic fibers. 結合されカーディングされたウェブは、例えば、低溶融バインダー繊維または粉状または接着剤を用いて結合される熱的に結合されたウェブであればよい。 Bonded carded webs, for example, may be a thermally bonded web that is bonded using low melt binder fiber or powder or adhesive. ウェブは異なる繊維の混合物を含むことができる。 Web may comprise a mixture of different fibers. サージ処理層34は実質的に疎水性材料から構成され、疎水性材料は任意的に界面処理剤で処理されるか、あるいは、所望レベルの湿潤性と親水性とを与えるように処理されていればよい。 Surge management layer 34 is composed of a substantially hydrophobic material, or hydrophobic material is treated with optionally interface treatment agent, or if it is processed to provide the wettability and hydrophilicity desired level Bayoi. 特定の実施例において、サージ処理層34は、約30から約120グラム/平方メートルの疎水性不織材料を含む。 In certain embodiments, the surge management layer 34 comprises a hydrophobic nonwoven material of about 30 to about 120 grams / square meter. 【0137】 例えば、特定の実施例において、サージ処理層34は、吸収性本体24と直接接触する液体連通になるように構成されている。 [0137] For example, in certain embodiments, the surge management layer 34 is configured such that liquid communication in direct contact with the absorbent body 24. サージ処理層34は、スワール接着剤のパターンでトップシート22に作用的に接続されていればよい。 Surge management layer 34 has only to be operatively connected to the topsheet 22 in the pattern of swirl adhesive. さらに、サージ処理層34は従来の接着パターンで吸収性本体24に作用的に接続されていればよい。 Moreover, the surge management layer 34 need only be operatively connected to the absorbent body 24 in a conventional bond pattern. 接着剤の含浸量は所望レベルの結合を与えるように十分でなければならないが、液体がトップシート22からサージ処理層34を通り吸収性本体24に動く動作を過度に規制することを回避するように十分に低くなければならない。 As impregnation amount of the adhesive to avoid that must be sufficient to provide a binding of a desired level, the liquid is excessively restrict the operation to move through the absorbent body 24 of the surge management layer 34 from the topsheet 22 It must be sufficiently low to. 【0138】 吸収性本体24はサージ処理層34と流体連通するように配置され、サージ処理層から解放された液体を受取り、保持し蓄積する。 [0138] The absorbent body 24 is placed in fluid communication with the surge management layer 34 receives the liquid that is released from the surge management layer, it held accumulates. 図した実施例において、サージ処理層34は相互に配置されている分離層を備え、分離層は吸収性本体24からなり、これにより2層構図を形成することになる。 In Fig described embodiments, the surge management layer 34 comprises a separation layer disposed on one another, the separating layer consists of an absorbent body 24, so that thereby forming a two-layer composition. サージ処理層34は、排泄された液体を素早く収集し、瞬時に保持して、最初の収集地点からこの液体を搬送し、サージ処理層34の別の部分に液体を広げ、このような液体を吸収性本体24からなる層の中にほぼ完全に解放する。 Surge management layer 34, quickly collect excreted fluid, and held instantly, to convey the liquid from the initial collection point, spread the liquid to other parts of the surge management layer 34, such a liquid release substantially completely in a layer consisting of absorbent body 24. 【0139】 サージ処理層を所望の形状にできる。 [0139] surge management layer can in a desired shape. 適当な形状は、例えば、円形、長方形、 Suitable shapes include, for example, circular, rectangular,
三角形、多角形、卵型、犬骨形、砂時計形、楕円形を含む。 Including triangle, polygon, egg-shaped, dog-bone shaped, hourglass-shaped, oval. 所定の実施例において、例えば、サージ処理層は長方形である。 In certain embodiments, for example, the surge management layer is rectangular. 図示した実施例において、サージ処理層34は吸収性本体24と同一の広がりである。 In the illustrated embodiment, the surge management layer 34 is coextensive with the absorbent body 24. あるいは、サージ処理層34は、吸収性本体24の一部だけを超えて延びている場合、サージ処理層34が吸収性本体24 Alternatively, the surge management layer 34, if extending beyond the only part of the absorbent body 24, the surge management layer 34 is the absorbent body 24
に沿っていずれの場所に選択的に配置されていてもよい。 It may be selectively positioned anywhere along the. 例えば、サージ処理層 For example, the surge management layer
34は衣類の前部ウエストセクション12の方向にオフセットすると、より効率的に機能すればよい。 When 34 offset in the direction of the front waist section 12 of the garment, it may be more efficiently function. サージ処理層34は吸収性本体24の長手方向中心線周りにほぼ中央に配置されている。 Surge management layer 34 is arranged approximately centrally about the longitudinal centerline of the absorbent body 24. 【0140】 サージ処理層34に適した別の材料がC.エリス他に1996年1月23日に、日常品に関する繊維不織ウェブサージ層という名称で付与された米国特許第5,488,166号と、エリス他に1996年2月13日に、日常品等に関する改善されたサージ処理繊維不織ウェブという名称で付与された同第5,490、856号、及びラチマー他により12 [0140] on January 23, 1996, another material suitable for the surge management layer 34 to C. Ellis et al., And US Pat. No. 5,488,166, issued under the name of fibrous nonwoven web surge layer on the day-to-day goods, Ellis on February 13, 1996 to the other, everyday Hinto improved on the surge processing fibrous nonwoven same No. 5,490,856 granted in the name of the web, and by Rachima other 12
99年11月15日に、改善された流体サージ処理を有する吸収性構造とこれを組み入れる製品という名称の同第5,364、384号に記載されており、本発明はこれラ引例として組み入れる。 1999 November 15, are described in the absorbent structure and the same No. 5,364,384 entitled products incorporating this with improved fluid surge management, the present invention is incorporated by reference thereto. 【0141】 図1及び2に図示するように、おむつ10はバックシートは、バックシート20と吸収性本体24との間に配置された通気層32とを含む。 [0141] As shown in FIGS. 1 and 2, the diaper 10 is the backsheet includes a breathable layer 32 disposed between the backsheet 20 and the absorbent body 24. 通気層32は、おむつ10の中でこれを通る空気の動作を容易にする役目をし、バックシート20が吸収体24の少なくとも一部分と面接触しなおいようにし、通気層32は吸収性本体24と直接接触、液体連通するように構成されている。 Ventilation layer 32 serves to facilitate the operation of air through this in the diaper 10, the backsheet 20 is at least a portion and surface contact of the absorbent body 24 should be noted odd, breathable layer 32 is the absorbent body in direct contact with 24, it is configured to fluid communication. 通気層32はスワール接着パターンのような従来の接着パターンでバックシート20に作用的に接続されている。 Ventilation layer 32 is operatively connected to the backsheet 20 by conventional bonding pattern, such as a swirl adhesive pattern. さらに通気層32は従来の接着剤パターンで吸収性本体24に作用的に接続されている。 Further ventilation layer 32 is operatively connected to the absorbent body 24 in a conventional adhesive pattern. 接着剤含浸量は所望レベルの結合を行うのに十分でなければならないが、吸収性ほんたい24からバックシート20の空気と水蒸気の動作を過度に規制することがないように十分に小さいものでなければならない。 The adhesive impregnated amount should be sufficient to effect binding of the desired levels, but sufficiently small so as not to unduly restrict the operation of the air and water vapor of the backsheet 20 from the absorbent body 24 There must be. 【0142】 通気層32は、排出された液体を素早く収集し、瞬時に、保持吸収性本体24、詳細には、吸収性本体24内の高空気透過ゾーン42を通って流れる助けとなる。 [0142] breathable layer 32, quickly collect discharged liquid, instantaneously, holding the absorbent body 24, in particular, it helps to flow through the high air permeability zone 42 of the absorbent body 24. 通気層32は最初の接触地点から液体を搬送し通気層32の別の部分に液体を広げ、吸収性本体24からなる層に液体を実質的に完全に解放する。 Ventilation layer 32 may spread the liquid to other parts of the ventilation layer 32 to transport liquid from the initial contact point, substantially completely release the liquid to the layer comprising the absorbent body 24. 【0143】 さらに、本発明のローション配合物または処理化合物を有する本発明の高通気性物品の組み合わせが、皮膚の刺激及びかぶれの発生において相乗的に減少させることができる。 [0143] Furthermore, the combination of high breathability article of the present invention having a lotion formulation or processing the compounds of the present invention, it is possible to synergistically reduce the irritation and rash occurrence of skin. 詳細には、ローション配合物と処理化合物が皮膚バリヤーを行い、炎症を起こさないといった機能を果たす。 Specifically, the lotion formulation as treating compound performs the skin barrier, functions such does not cause inflammation. このように、本発明に関連して作られた吸収性物品が着用者の皮膚を維持し改善できる。 Thus, absorbent articles made in connection with the present invention can improve keeping the wearer's skin. 【0144】 試験手順水圧試験 水圧試験は材料の液体バリヤー特性の測定値である。 [0144] Test Procedure hydrostatic test pressure test is a measure of the liquid barrier properties of the material. 一般的に、水圧試験は所定量の水圧が通過する前に材料が支持する支柱における水の高さ(センチメートル)を求める。 Generally, the water pressure test finds the height of water in the struts material is supported (cm) before the water pressure of a predetermined amount passes. 高水ヘッド値を有する材料が、低水ヘッド値を有数r材料よりも液体貫通に対するより大きいバリヤーであることを表す。 Material having a high water head value represents than leading r material of low water head value is greater barrier to liquid penetration. 水圧試験は連邦試験法スタンダードNo.191Aにしたがって実行される。 Hydrostatic test is performed according to Federal Test Method Standard Nanba191A. 【0145】 フレージャ多孔性試験 本明細書に関連するフレージャ多孔値は、フレージャ透過性テスター(マリーランド所在のフレージャプレシジョンインスツルメント社)及び連邦試験法スタンダードNo。 [0145] Frazier porosity values ​​associated with Frazier porosity tests herein, Frazier permeability tester (frame Ja Precision Instruments, Inc. of Maryland USA) and the Federal Test Method Standard No. 191Aの方法5450を用いて求めることができる。 It can be determined using the method 5450 of 191A. 本発明の目的に関し試験は8インチ×8インチのサンプルを使って行なわれる。 Test For the purposes of the present invention is carried out using the sample 8 inch × 8 inch. 【0146】 水蒸気透過試験 材料のWVTR(水蒸気透過率)値を求めるための適当な技術が以下の通りである。 [0146] Suitable techniques for determining the value WVTR (water vapor transmission rate) of the water vapor transmission test material is as follows. 本発明の目的に関し、3インチ(76ミリメートル)の円形のサンプルが試験材料と基準材料Celguard2500とから切断される。 For purposes of this invention, 3 circular sample inches (76 millimeters) is cut from the test material and the reference material Celguard2500 Prefecture. 2つ、または3つのサンプルが各材料ごとに準備される。 Two or three samples are prepared for each material. 試験のために使用される試験カップは鋳造アルミニウムであり、2インチの深さがあり、機械的シールとネオプレンガスケットとを有する。 Test cups used for testing are cast aluminum, it has a depth of 2 inches and a mechanical seal and neoprene gasket. カップは、ペンシルバニア州フィラデルフィア所在のツワイニングアルバートインスツルメント社によりバポメータカップ#681として販売されている。 Cup is sold as Bapo meter cup # 681 by Tsuwa innings Albert Instruments, Inc. of Philadelphia, PA whereabouts. 100 100
ミリリットルの稀釈水が各バポメータカップに注がれて、試験材料の各サンプルと標準材料が各カップの開いた上部領域にわたり配置されている。 Ml of dilution water is poured into each Bapo meter cups, each sample and the standard material of the test material is placed over the top open area of ​​each cup. ねじ付きフランジが締められて、カップの縁に沿ってシールを形成し、これに関連する試験材料または標準材料を62ミリリットルの径の円形面積(約30cm 2の開いたむき出し領域)にわたり周囲空気に曝されたままにする。 Tightened the threaded flange, a seal formed along the edge of the cup, this in ambient air over (bare open area of approximately 30 cm 2) circular surface area of diameter 62 milliliters of the test material or standard material associated to remain exposed. 次いでカップの重量が測定され、トレーの上に配置され、100°F(38℃)に設定された強制空気オーブンセットに設定される。 Then the weight of the cup is measured, disposed on a tray, it is set to 100 ° F (38 ℃) which is set to a forced air oven set. オーブンは、外部空気を循環させることで一定温度であり、水蒸気が内側にできることを防ぐようになっている。 Oven is a constant temperature by circulating the external air, so as prevent the water vapor can be inwardly. 適当な強制空気オーブンは、例えばイリノイ州ブルーアイランドのブルーMエレクトリック社によって販売されているブルーMパワー−O−メティック60オーブンである。 Suitable forced air oven is, for example, Blue M Power -O- Metikku 60 oven sold by Illinois Blue Island Blue M Electric Company. 24時間後、カップがオーブンから取除かれて、重量が計測される。 After 24 hours, the cup is removed from the oven, the weight is measured. 予備の試験WVTR値が、以下のように計算される。 Preliminary test WVTR value is calculated as follows. 試験WVTR=(24時間にわたるグラム重量損失)×7571/24(g/m 2 /24時間) 【0147】 オーブン内の相対湿度は特に制御されていない。 Test WVTR = (24-hour grams weight loss over) × 7571/24 (g / m 2/24 hr) [0147] The relative humidity within the oven is not specifically controlled. 100°Fと周囲相対湿度の所定の設定条件のもとで、Celguard2500が各試験に関し制御サンプルとして作用する。 100 ° F and under the predetermined set conditions of ambient relative humidity, Celguard2500 acts as control samples For each test. Celguard2500は0.0025cmの厚さの微孔性ポリプロピレンからなるフィルムである。 Celguard2500 is a film made of a microporous polypropylene having a thickness of 0.0025 cm. 【0148】 皮膚水和試験 皮膚水和値が全水蒸気損失(EL)を測定することによって求められ、以下の試験手順を用いることによって求めることができる。 [0148] Skin hydration test skin hydration value is determined by measuring the total steam loss (EL), it can be determined by using the following test procedure. 試験は皮膚にローションまたは軟膏のついていない一部トイレ訓練中の幼児に御こなれ、試験前2時間の間入浴していなかった。 Test is offered at your young children of some in the toilet training does not have a lotion or ointment to the skin, it did not bathe for two hours before the test. 各幼児は、各試験セッション中に1つのおむつを試験する。 Each infant tests the one diaper during each test session. 試験おむつは試験コードと標準コードを含む。 Test diapers include a test code and standard code. 試験おむつ(試験コード及び標準コード)が不規則にされる。 Test Diaper (test code and standard code) is irregular. 【0149】 各試験おむつは、使用前後に重量が測定され、おむつに加えられる液体容積を変える。 [0149] Each test diaper is weight before and after use is measured, changing the liquid volume added to the diaper. フェルト先端ペンがおむつの内側のターゲットゾーンにおいてXでマークを付けるのに用いられ、Xがおむつの上部前縁の下側6.5インチ、横方向の中心に付けられる。 Felt tip pen is employed to mark an X in the target zone inside the diaper, X is lower 6.5 inches of the upper front edge of the diaper and is attached to the horizontal center. EL測定値が、スウェーデンストックホルム所在のサーボムABにより購入できるEvaporimeterEP1のような蒸発計で測定される。 EL measurements are measured by the evaporation meter such as EvaporimeterEP1 which can be purchased by Sabomu AB of Stockholm, Sweden whereabouts. 各試験測定が秒ごとに(120EWL値の合計)一度EWL値が取られる状態で、2分間にわたり測定される。 In a state in which each test measurement (total 120EWL value) every second time EWL values ​​taken is measured over 2 minutes.
蒸発計EP1からのディジタル出力がg/m 2 /24時間単位の蒸発水損失(EWL)の割合を与える。 The digital output from the evaporation total EP1 gives the fraction of evaporative water loss g / m 2/24 hours units (EWL). 皮膚水和値(SHV)が2分のサンプリング時間中に測定された単位面積あたりの水損失であり、以下のように計算される。 Skin hydration value (SHV) is water loss per unit area measured during the two minutes of sampling time, is calculated as follows. g/m 2 /24時間 g / m 2/24 hours 【0150】 予備皮膚水和値の測定は、幼児が長いTシャツまたはドレスのみを着用し、あおむけ状態のときに15分の乾燥時間後に行なわれる。 [0150] Measurement of the preliminary skin hydration value, infant wearing only long T-shirt or dress, carried out after 15 minutes of drying time at the time of his back condition. 測定は、おむつのターゲットゾーンに対応する領域において幼児の下腹部で行われ、おむつターゲットゾーンにおいて幼児の初期の皮膚の皮膚水和値を確立するために蒸発計を用いる。 Measurements in a region corresponding to the target zone of the diaper performed in infants lower abdomen, using the evaporimeter for establishing a skin hydration value of the infant's initial skin in the diaper target zone. 予備SHVが10g/m 2 /24時間未満の場合には、おむつは幼児に着用される。 Preliminary SHV is in the case of less than 10g / m 2/24 hours, the diaper is worn the infant. 予備SHVが1 Preliminary SHV is 1
0g/m 2 /24時間以上の場合には、10g/m 2 /24時間以下になるまで乾燥時間が延長される。 In the case of 0g / m 2/24 hours or more, the drying time is extended until the following 10g / m 2/24 hours. おむつを幼児に固定する前に、チューブが予めマークがつけられたターゲットゾーンに液体の流れを向けるように配置される。 Prior to securing the diaper on the infant, a tube is positioned to direct the flow of liquid to the target zone which is marked in advance. おむつが固定されると、21 When the diaper is fixed, 21
0ミリリットルの調整済み0.9重量パーセントの塩水が15ミリリットル/秒の割合毎に70ミリリットルの3回の排泄が、排泄間を45秒として行われる。 0 ml of the adjusted 0.9 weight percent of salt water 3 times 70 milliliters each rate of 15 ml / sec excretion is performed between excreted as 45 seconds. 【0151】 幼児は60分の間おむつを着用し、この後に、おむつが取除かれ、皮膚水和の試験測定がおむつのターゲットゾーンマークに対応する下腹部において行われる。 [0151] Infants wear between 60 minutes diaper, after which the diaper is removed, the test measurement of skin hydration is performed in the lower abdomen corresponding to the target zone mark of the diaper.
測定が2分間にわたり行われる。 Measurement is carried out for 2 minutes. 使用済みおむつの重量が測定される。 The weight of the used diapers are measured. 相対湿度と温度測定は、皮膚水和測定がなされる前におむつで行なわれる。 Relative humidity and temperature measurements are made in the diaper before the skin hydration measurements are taken. 試験手順が、 Test procedure,
次いで翌日、幼児がまだ着用していなかったおむつ(試験または標準)を用いて各幼児ごとに反復される。 Then the next day, is repeated for each infant using the infant has not yet worn diaper (test or standard). 標準おむつは試験されるべき及び評価されるべきおむつの性能を比較するために標準化された基準を与える。 Standard diaper provides a standardized basis for comparing the performance of the diaper, to be treated and the evaluation be tested. 例にかんし実行差閲屡べき試験において使用される標準おむつは、キンバリークラーク社により販売されているいHUGGIESSupremeであった。 Standard diapers used in the monitoring execution difference 閲屡 should test example was garment HUGGIESSupreme sold by the Kimberly-Clark Corporation. 【0152】 塩水荷重に付加された幼児に関するデータは廃棄される。 [0152] data related to the added infant in salt water load is discarded. 平均正味SHV(g/m 2 / Mean net SHV (g / m 2 /
24時間)に関し記録された値は、下腹部(ターゲットゾーンマーク)において取られた着用後の皮膚水和値から、幼児におむつを取付ける前(乾燥後)の下腹部において測定された皮膚水和値を除算したものの全幼児に関する数学的平均値である。 The values ​​recorded relates 24 hours), abdominal (skin hydration value after wearing taken at target zone mark), skin hydration measured at the lower abdomen prior to (post-drying) to mount the diaper on the infant is a mathematical average value for all infants obtained by dividing the value. 別箇の平均正味SHVは試験コードおむつと標準コードおむつに関し求められる。 Mean net SHV ​​of Bekko is determined relates test code diapers and the standard code diapers. 【0153】 正味皮膚水和値は以下のように求められる。 [0153] The net skin hydration value is determined as follows. 【0154】 正味SHVi=YV ここで、Yは、各幼児のターゲットゾーンマークで測定された皮膚水和値であり、zは、おむつを幼児に取付ける前の乾燥期間後に下腹部で測定されたベースラインの皮膚水和値であり、SHViは、各幼児の皮膚水和値である。 [0154] The net SHVi = YV where, Y is the measured skin hydration value in the target zone mark of the infant, the base z is measured at the lower abdomen after drying period before attaching the diaper to the infant a skin hydration value of the line, SHVi is skin hydration value for individual infant. 次に、 next, 【0155】 ここでNは、研究における幼児の人数である。 [0155] where N is the infant of the number of people in the study. 皮膚水和のパーセント減少は以下のように求められる。 Percent reduction in skin hydration is determined as follows. 【0156】 ここで、C=標準おむつコードに関する正味SHVi D=試験おむつコードに関する正味SHVi N=研究における幼児の人数 【0157】 トレーサガス試験 トレーサガス試験は、吸収性物品のような衣類の空気交換率の測定値であるk [0156] Here, C = number [0157] Tracer Gas Test tracer gas tests infants in net SHVi N = Studies on net SHVi D = test diaper code for the standard diaper code, exchange of air garments such as absorbent articles it is a measure of the rate k
1997年9月発刊のTAPPI JOURNAL第80巻に記載されている定常流/定常時化bんである。 There Nde steady flow / steady storm b listed in TAPPI JOURNAL Vol. 80 of the September 1997 publication. 一般的に、空気交換率値は衣類の測定された質量交換から計算される。 Generally, air exchange rate values ​​are calculated from the measured mass exchange of the garment. 試験は、物品がマネキンに固定されている状態で、マネキンの下半身の外面側の物品の内側で一定率でトレーサガスを噴射させることを含む。 Test, in a state in which the article is fixed to the mannequin, comprising jetting the tracer gas at a constant rate inside the lower body of the outer surface side of the article of the mannequin. 同様に、物品とマネキンの間の空気空間においてトレーサガスの凝固が、噴射するときと同一速度におけるサンプルを引き出すことによって測定される。 Likewise, solidification of the tracer gas in the air space between the article and the mannequin is measured by withdrawing a sample at the same speed as when injecting. 空気交換率はトレーサガスの質量バランスと問題となる空間の空気との基いて求められる。 Air exchange rate is determined on the basis of the air in the space which the mass balance problems of the tracer gas. トレーサガス試験は以下のように行なわれる。 Tracer gas test is carried out as follows. 【0158】 設備1.マネキン−試験は、約16から約28ポンド及び約22から約37ポンドの体重の幼児に関し設計された段階3またh4のサイズのおむつで行なわれる。 [0158] Equipment 1. Mannequin - The test is carried out in a diaper size stage 3 also h4 designed from about 16 to about 28 pound and approximately 22 relates infant weighing about 37 pounds. おむつは以下の寸法を有するマネキンに取付けられる。 The diaper is attached to the manikin having the following dimensions. 段階3 高さ(ウエストからひざまで) 26センチメートル ウエスト周囲 42センチメートル ヒップ周囲 44センチメートル 太股周囲 22センチメートル 【0159】 段階4 高さ(ウエストからひざまで) 28センチメートル ウエスト周囲 48センチメートル ヒップ周囲 51センチメートル 太股周囲 27センチメートル2.20℃と50%の相対湿度に環境的に調整される。 Step 3 height (from the waist up to the knee) 26 cm waist circumference 42 centimeters hip circumference 44 centimeters thigh circumference 22 centimeters [0159] Step 4 height (knee from the waist) 28 cm waist circumference 48 cm Hip environmentally adjusted around 51 cm relative humidity of thigh circumference 27 centimeters 2.20 ° C. and 50%. 3.カリフォルニア州ベンツラ、4483マックグレース ストリート#102所在のヴク−メッドから購入できるモデル17515AのようなCO 2アナライザー−赤外線CO 2アナライザー。 3. California Bentsura, 4483 Mac Grace Street # 102 whereabouts of Vuku - CO 2 analyzer such as a model 17515A, which can be purchased from Med - infrared CO 2 analyzer. 4.ロータメータ−ジョージア州スワニー、パークウェイ、3496ピーチツリー所在のスペシャリティ ガス サウスヒートインクから入手できるメスソン ローターメータのようなガス流量を維持するためのローターメーター5.ガスシリンダ−ジョージア州、スワニー、パークウェイ、3496ピーチツリー所在のスペシャリティ ガス サウスヒートインクから4Kパスカルの圧力で校正された医療グレードガスの2つのガスシリンダトレーサガスは5%CO 2を含み、校正ガスは100%空気である。 4. rotameter - Georgia Suwanee, Parkway, rotameter to maintain a gas flow rate, such as Mesuson rotor meter available from Specialty Gas South heat ink 3496 Peachtree location 5. Gas Cylinders - Georgia, Suwanee, Park way, two gas cylinders tracer gas medical grade gas that is calibrated at a pressure of 4K Pascal from Specialty gas South heat ink 3496 Peachtree location contains 5% CO 2, the calibration gas is 100% air. 【0160】 手順1.CO 2アナライザーをオンにする。 [0160] to turn on the procedure 1.CO 2 analyzer. 30分オンにした後に、校正ガスでアナライザーを校正し、アナライザーにより150立方センチメートル/分の流量を達成するように流量制御を調整する。 After 30 minutes on, to calibrate the analyzer with the calibration gas and adjust the flow control to achieve a flow rate of 150 cm3 / min by analyzer. 2.試験されるべきおむつをマネキンに取付ける。 2. attach the diaper to be tested to the mannequin. 3.CO 2トレーサガス流れをオンにする。 Turn on 3.CO 2 tracer gas flow. 噴射トレーサガスのおむつとマネキンとの間の空間に噴射された流量はCO 2アナライザー(150cc/分)を介しサンプル流量に等しくなければならない。 Flow rates injected into the space between the diaper and the mannequin injection tracer gas must be equal to the sample flow rate through the CO 2 analyzer (150 cc / min). 4.20分あたり10秒ごとにおむつとマネキンの間の空気空間内のトレーサガス(CO Tracer gas in the air space between the diaper and the mannequin every 10 seconds per 4.20 minutes (CO
2 )の凝固(C)を測定し記録する。 Coagulation of 2) (C) Measure and record. 最後10分にわたるデータの平均がとられ、以下のように空気交換率を計算するように使用される。 The average of the data is taken over the last 10 minutes, it is used to calculate the air exchange rate as follows. 空気交換率=150CC/分*[(C T -C)/(CC O )] ここで、C Tはトレーサガスの濃度(5%)、Cは、測定されるべき空間におけるトレーサガスの濃度及びC 0はチャンバー環境(0.04%)におけるトレーサガス濃度である。 Air exchange rate = 150 CC / min * [(C T -C) / (CC O)] where, C T is the tracer gas concentration (5%), C is the concentration of the tracer gas in the space to be measured and C 0 is the tracer gas concentration in the chamber environment (0.04%). 【0161】 乾燥空気交換率はおむつが排泄を受ける前の上述の手順に従って求められる空気交換率である。 [0161] Dry air exchange rate is air exchange rate as determined according to the procedure described above before the diaper is subjected to excretion. 湿潤空気交換率は、おむつがマネキンに固定されると、180mm( Moist air exchange rate when the diaper is secured to the mannequin, 180 mm (
段階3)か、210mm(段階4)の調整された0.9重量パーセントの塩水が、15mm/秒の割合で60または70ミリリットルの3回の排泄に添加され、排泄間は45秒である。 Step 3) or, 210 mm (step 4) 0.9% by weight of water which is adjusted is added to three excretion of 60 or 70 milliliters rate of 15 mm / sec, the inter excretion is 45 seconds. 湿潤空気交換率/乾燥空気交換率の比は、湿潤空気交換率を同一のサンプルに関する乾燥空気交換率で割ることによって求められる。 The ratio of wet air exchange rate / dry air exchange rate is determined by dividing the wet air exchange rate in the drying air exchange rate for the same sample. 【0162】 C.アルビカン生存試験 カンジダアルビカン生存試験は、病原性微生物、特にカンジダアルビカンの生存性に関する使い捨ておむつのような吸収性衣類の効果の測定である。 [0162] C. Arubikan survival test Candida Albi cans survival test is a measure of the effect of the absorbent garment, such as disposable diapers on the viability of pathogenic microorganisms, especially Candida Albi cans. 一般的に、C.アルビカン生存性試験はC.アルビカンセルの既知の懸濁液で試験課題の各手の平側の前腕の輪郭を描いた部分に接種し、吸収性衣類から完全な厚さのパッチでその場所をカバーし、24時間後の生存性を求める段階を含む。 Generally, C. Arubikan viability test was inoculated in a portion depicting the forearm of the contour of each palm-side of the test object with a known suspension of C. Arubikanseru, patches full thickness from the absorbent garment in covering the location includes determining a viability after 24 hours. 【0163】 約5センチメートルの長さと約5センチメートルの幅を有する完全な厚さの試験サンプルパッチが試験されるべき各製品のターゲットゾーンから切断される。 [0163] about 5 centimeters long and about 5 cm test sample patch full thickness having a width of is disconnected from the target zone of each product to be tested. ターゲットゾーンは水からの尿排泄を受け取るようになっている製品の一部であり、製品の側部中心線のいくらか前方の中間及び前側ウエストセクションの一部を含む。 The target zone is part of the product that are adapted to receive urine excretion from the water comprises a portion of some front intermediate and front waist sections of the side center line of the product. 一般的おむつ構造において、全厚さの試験サンプルパッチがトップシート、吸収性本体、バックシート及び中間層を含む。 In general diaper structure, the test sample patches of the total thickness includes the topsheet, absorbent body, backsheet and the intermediate layer. 約15mmの0.9重量パーセントの塩水が試験サンプルパッチに添加され、サンプルが試験対象の前腕に配置される前に、2分間浸すことができる。 0.9% by weight of water of approximately 15mm is added to the test sample patch, before the sample is placed on the forearm of a test subject, it can be immersed for 2 minutes. 約6.15平方センチメートルの試験側領域が試験対象の手のひら前腕のそれぞれに印される。 Testing side region of about 6.15 square centimeters is marked on each of the palm forearm tested. 既知のカンジダアルビカンセルの懸濁液を含む約0.01ミリメートルの0.9重量パーセントの塩水がマイクロピペットで試験側に分配され、懸濁液が試験側にわたり均一に広げられる。 About 0.01 mm 0.9% by weight of water containing a suspension of known Candida Albi cans cell is distributed to the testing side with a micropipette, the suspension is spread uniformly over the testing side. 空気乾燥後、 After air drying,
試験側が試験サンプルパッチでカバーされ、サンプルを完全に取り囲む接着剤テープを用いて所定の位置に固定する。 Test side is covered with the test sample patch and secured in place with adhesive tape surrounding the sample completely. 【0164】 24時間後、試験サンプルパッチが取除かれ、所定量の培養液が、1965年皮膚科学研究ジャーナルのP.ウィリアム及びAMキングダムの皮膚バクテリアの研究に関する新規な方法に記載された溶剤浄化方法を用いて試験部位から得られ、本発明はこの文献を引例として組み入れる。 [0164] After 24 hours, the test sample patches are removed, a predetermined amount of culture fluid, solvent purification described a novel method for the study of skin bacteria P. William and AM Kingdom 1965 dermatological research journal obtained from the test site using the method, the present invention incorporates this document by reference. 簡潔にいえば、6.15平方センチメートルの面積を取り囲む滅菌ガラスシリンダが試験部位の中央にあり、皮膚に対ししっかりと保持されている。 Briefly, a sterile glass cylinder surrounding an area 6.15 square centimeter in the center of the test site and held firmly to the skin. pH7.9を有する0.075Mのリン酸緩衝剤の中の1ミリリットルの1重量パーセントのトリトン−X−100をガラスシリンダと滅菌テフロン(登録商標)ロッドを用いて1分間の間浄化された領域にピペットで入れる。 In a region which is purified period of 1 minute with 1 ml of 1% by weight of Triton -X-100 glass cylinder with a sterile Teflon rod in phosphate buffer of 0.075M with pH7.9 pipet. 流体が滅菌ピペットで吸引され、pH7.9を有する0.075Mのリン酸緩衝剤の中の2 Fluid is aspirated with a sterile pipette, 2 in phosphate buffer of 0.075M with pH7.9
ミリリットルの0.1重量パーセントのトリトン−X−100がガラスシリンダに添加される。 0.1% by weight of milliliters of Triton -X-100 is added to the glass cylinder. 浄化段階が反復され、2つの洗浄剤を溜める。 Purification step is repeated, storing the two washing agents. 各溜められたサンプルがpH7.9を有する0.0375Mのリン酸緩衝剤の中の0.05重量パーセントのトリトン−X−100で10回の折畳み段階において稀釈される。 Each reservoir was a sample is diluted in 0.05 weight percent Triton -X-100 at 10 times folding stage in the phosphate buffer of 0.0375M with a pH 7.9. 各稀釈の0.01ミリリットルのアリコートが抗生物質を含むサボランド細菌培養基に接種される。 0.01 ml aliquots of each dilution are inoculated into Saborando bacterial culture containing the antibiotic. 2つの培養菌が準備され48時間室温にて培養される。 Two culture is prepared is incubated at room temperature for 48 hours. 【0165】 培養後、複数のコロニー生成ユニットが標準微生物法を用いてカウントされる。 [0165] After cultivation, the plurality of colony generation unit is counted using standard microbial methods. 試験サンプルのパッチにおけるC.アルビカン生存性が、非通気性外側カバーすなわち以下に記載する比較例4に関連して記載したように、24時間あたりの平方メートルあたり100グラム未満のWVTRを有するカバーを有する従来の吸収性物品から標準パッチにおけるC.アルビカン生存性と比較される。 C. Arubikan viability in patch test sample, as described in connection with Comparative Example 4 described below or non breathable outer cover has a cover having a WVTR of less than 100 grams per square meter per 24 hours They are compared from a conventional absorbent article, C. Arubikan viability in the standard patch. 【0166】 皮膚温度試験 皮膚温度値が以下の試験手順を用いて求められる。 [0166] Skin temperature test skin temperature value is determined using the following test procedure. 試験は、ローション、パウダーまたは軟膏を皮膚に付けられていない、皮膚異常のない成人の前腕手のひらでなされる。 Test, lotion, not attached to the skin powder or ointment, made in the forearm palm of skin abnormalities without adults. 被実験者は、試験前及び試験後2時間の間入浴せず、群集のなかにいず、喫煙せず、運動またはカフェインをとっていなかった。 The experimenter, without bathing before and during the test after two hours test, Izu Some of the crowd, not smoking, did not take the exercise or caffeine. 各被試験者は、各試験セッション中おむつのような2つの物品を試験する。 Each of the tester tests the two articles, such as during each test session diaper. 試験おむつは、比較例 Test diapers, Comparative Example
6に識別するよなコードの標準コードと試験コードを含んでいればよい。 6 needs to include a standard code and test code code Yo identify. 試験おむつ(試験コードと標準コード)がランダム化され、一般的な段階3の大きさのおむつ、例えば16から28ポンドの体重の幼児用である。 Test Diaper (test code and standard code) are randomized, general steps 3 the size of the diaper is for infants from example 16 28 pounds of. 【0167】 各試験おむつは試験前後に体重が計測され、おむつに付与されるべき液体容積を確認する。 [0167] Each test diaper body weight is measured before and after the test, to confirm the liquid volume to be imparted to the diaper. ペンが、おむつの内側及び外側のターゲットゾーンにおいて1×1 Pen, inside and outside the target zone of the diaper 1 × 1
の平方を印つけるのに使用され、四角形の中央がおむつの上部前縁下側で横方向中央6.0インチで配置されている。 Is used to put a square mark, center square are arranged in the lateral center 6.0 inches at the top front edge lower side of the diaper. 温度と湿度測定が、モデル#91090−00としてイリノイ州ヴェルノンヒル所在のコルパーマーにより販売されている、P−8506 Temperature and humidity measurements, sold by Korupama Illinois Verunonhiru located as a model # 91090-00, P-8506
−80としてティジ−センス温度/湿度ロガーに取付けられているイリノイ州ヴェルノンヒル所在のコルパーマーにより販売されているビニール絶縁10kt金めっきのティスクセンサーを使って行なわれる。 As -80 Tiji - carried out using a sense temperature / Ti disk sensor PVC insulated 10kt gold plating sold by Korupama Illinois Verunonhiru whereabouts humidity logger is attached. 熱結合プロ−ブがデータロガーに形成された予め校正されたプローブ(3700−52)に校正される。 Thermal binding pro - Bed is calibrated probe (3700-52), which is pre-calibrated formed data logger. 皮膚温度測定値が連続して分あたり1回とられる。 Skin temperature measurements are taken once per minute in succession. 【0168】 受け取ると、各試験対象者は40%の相対湿度と71度Fにおける制御された環境において、15分間の順化期間を受ける。 [0168] When receiving, in each test subject 40% relative humidity and controlled environment at 71 ° F, undergo acclimation period of 15 minutes. 1つの温度センサーが各腕に、ひじと手首の間のほぼ中間に取付けられる。 One temperature sensor on each arm is mounted approximately midway between the elbow and the wrist. センサーのリードがひざ方向に配置され、センサーは、センサーの上部において、3Mから入手できる滅菌ストリップ縫合テープ(0.25インチ×1.5インチ)のような一片のテープを使って平面状態で固定され、別の片のテープをセンサーリードを所定位置に保持するように取付けられる。 Sensor leads are positioned in the knee direction, the sensor at the top of the sensor is fixed in a planar state with a piece of tape, such as sterile strips stitched tape (0.25 × 1.5 inch) available from 3M, of another mounted tape pieces to hold the sensor lead in place. ベースラインの皮膚温度が、おむつを前腕に取付けることなく5分間(5分間の全試験時間)の間記録される。 Skin temperature of the base line is recorded during 5 minutes without attaching the diaper to the forearm (total test time of 5 minutes). 【0169】 サンプルおむつが各被試験者の前腕に取付けられ、おむつ上の1インチ×1インチのターゲットゾーンが温度センサー上に配置されるようなっている。 [0169] Sample diaper is attached to the forearm of each of the test person, and is such that the target zone of 1 inch × 1 inch on the diaper is placed on the temperature sensor. おむつを被試験者の前上に固定する前に、室温に順化された流体ディスペンサーノズルが温度センサー上で各おむつのなかに配置され、流体流れを予め印がつけられたターゲットゾーンを打つように向ける。 Prior to securing the diaper on the front of the test person, it is located within each diaper fluid dispenser nozzle acclimated to room temperature on the temperature sensor, so as to strike the target zone is given a pre-marked fluid flow turn to. 各おむつはターゲットゾーンにおいてオーバラップしておらず、着用者の皮膚と接触することなくおむつの上側と下側部分を締めるマスキングテープを結合させることによって所定の場所に固定される。 Each diaper does not overlap at the target zone, it is fixed in place by coupling the masking tape tightening the upper and lower portions of the diaper without contacting the skin of the wearer.
グリーンウッド社から入手できるサイズ3の弾性ストッキネット保持器がおむつ全体と前腕の上に配置される。 Elastic stockinette cage size 3 available from Greenwood, Inc. is placed on the entire and forearm diaper. おむつが固定されると、乾燥したおむつ皮膚温度が5分間記録される。 When the diaper is secured, dry diaper skin temperature is recorded for 5 minutes. 【0170】 おむつには0.9重量パーセントに調整された人体温度の塩水で荷重がかけられ6 [0170] The diaper was applied a load in salt water of the human body temperature is adjusted to 0.9% by weight 6
0ミリリットルの3回の排泄物に15mm/秒の割合で添加され、排泄間の間は45秒である。 Is added to a three excrement 0 milliliters rate of 15 mm / sec, excretion period of is 45 seconds. 流体ディスペンサーノズルが、各おむつから取り除かれる。 Fluid dispenser nozzle is removed from each diaper. 各流体ディスペンサーノズルが各おむつから取り除かれる。 Each fluid dispenser nozzle is removed from each diaper. 被実験者は、皮膚温度読取値が分ごとに記録されながら、120分の間おむつを着用する。 The experimenter, while skin temperature readings are recorded every minute, to wear during the 120 minutes diaper. 次におむつが取り除かれ、重量が計測される。 Then diaper is removed, the weight is measured. 【0171】 皮膚温度に関し記録された値は、各サンプルに関し試験期間中の特定の時間における全被試験者に関する数学的平均である。 [0171] recorded value relates skin temperature is a mathematical average for all tested persons at specific times during the test period For each sample. 湿潤皮膚温度/乾燥皮膚温度比ガ、湿潤サンプルの120分着用後の皮膚試験値(130分の全試験時間)を乾燥サンプル Dry sample wet skin temperature / dry skin temperature ratio moth, (total test time of 130 min) 120 min skin test values ​​after wearing the wetted sample
5分間着用後の皮膚温度値で除算して求められる。 5 minutes is determined by dividing the skin temperature value after wearing. 【0172】 Z−方向ローション移動試験 この試験は、所定の温度において所定の時間長さ後に、吸収性物品の体側面のターゲット面に残るローション量を求める。 [0172] Z- direction Lotion mobile Test This test, after a predetermined length of time at a predetermined temperature to obtain the lotion amount remaining on the target surface of the body side of the absorbent article. 特に、試験の目的は、低温で蓄積s In particular, the purpose of the test is accumulated s at low temperature
された物品のターゲットゾーン内に存在するローション量を、高温で蓄積される物品に存在するローション量と比較することである。 The lotion amount present in the target zone of the article, is to compare the lotion amount present in the article to be accumulated at a high temperature. 試験は、このような物品に発生する上昇した温度状態における蓄積をシュミレートする。 Test, simulating storage at elevated temperature conditions occur such articles. 例えば、このような物品は、車両のトランクの中に保管されたり、アリゾナ州の7月または8月に倉庫のような温暖な気候の倉庫に保管すればよい。 For example, such articles, or stored in the vehicle trunk, may be stored in a warm climate warehouse as warehouse in July or August, Arizona. Z方向の移動損失は、一定の時間長さ後に73度Fにおいてローション移動に比較するとき、130度Fにおける蓄積後のローション移動の測定値である。 Movement loss in the Z direction, when compared to the lotion movement in 73 ° F after a long predetermined time is a measure of the lotion migration after storage at 130 ° F. 従って、この試験は、物品が使用されるとき皮膚への移送に関し物品の体側面上で利用できるローションの量と、どのように短時間で使用中に物品の体側面から、またはこれに沿って望ましくない状態で移動するかを予測する。 This test is therefore the amount of lotion available on the body side of the article relates transfer to the skin when the article is used, from how the body side surface of the article during use in a short time, or along which or predicting the movement in an undesired state. 【0173】 詳細には、試験は以下のように行なわれる。 [0173] In particular, the test is carried out as follows. 1.トップシートまたは体側ライナーに塗布されたローション配合物を有する10個の製品が得られる。 1.10 pieces of products having a lotion formulation applied to the topsheet or bodyside liner are obtained. 2.5個の製品が、例えば28日のように一定期間の間、温度73度F、相対湿度50% 2.5 of the product, for example a period of time as 28 days, the temperature 73 degrees F, 50% relative humidity
での制御された環境のなかに配置される。 It is disposed within the controlled environment in. 別の5個の製品は、温度130度F、及び周囲湿度で同一期間の間配置される。 Another five product is placed during the same period at a temperature of 130 ° F, and ambient humidity. 3.製品が制御された環境から取り除かれ、3.75インチの幅と13インチの長さを有するトップシートのサンプルが各製品の中央から取り除かれる。 3. Product is removed from the controlled environment, the samples of the topsheet is removed from the center of each product having a width and 13 inches long 3.75 inches. 4.次いで、サンプルがソックスヘレットエクストラクションを、以下のような重量分析器(SEGA)で受ける。 4. Then, the sample is a sock f let Extraction, receives by the following gravimetric analyzer (SEGA). 図8に図示するようなSEGA試験装置が使用される。 SEGA test apparatus such as illustrated in FIG. 8 is used. 試験装置160は、リボイラ162、クロロホルム蒸気ダクト164、冷水コンデンサー166、サンプルが配置されるホールドタンク168とクロロホルムリサイクルダクト170とを含んでいる。 The test apparatus 160, reboiler 162, chloroform vapor duct 164, and a hold tank 168 and chloroform recycle duct 170 which cold water condenser 166, the sample is placed. 試験装置の部品は本分野において公知の従来のガラス製品である。 Parts of the test apparatus is a conventional glassware well known in the art. 例えば、リボイラは250mlの底部が丸いフラスコを含んでおり、蒸気ダクトは85mlのソックスレットを含むことができる。 For example, the reboiler bottom of 250ml is includes a round flask, vapor duct can include a soxhlet of 85 ml. サンプルが保持タンク168ないに配置され、2.5時間のクロロホルム洗浄サイクルを受ける。 Sample is placed into no holding tank 168 receives chloroform washing cycles for 2.5 hours. 125 125
ミリリットルの液体クロロホルムがリボイラに配置される。 Milliliters of liquid chloroform is placed in the reboiler. クロロホルムが蒸発し、蒸気ダクト164を通って上昇し、タップ水を有するコンデンサー166に入り、 Chloroform is evaporated, rises through the vapor duct 164, enters the condenser 166 with tap water,
クロロホルムが液化し、サンプルとともにホールドタンク168に落下する。 Chloroform is liquefied, it falls to a hold tank 168 together with the sample. クロロホルムは線形サンプルからローションを分離させる。 Chloroform separate the lotion from linear samples. 液体クロロホルムが高レベルに達すると、リサイクルダクトがクロロホルム/ローション混合物をリボイラに戻す。 When the liquid chloroform reaches a high level, recycling duct returning the chloroform / lotion mixture to the reboiler. リボイラ内の温度が制御され、クロロホルムの沸騰点以上で、ローションの沸騰点以下になるようにし、クロロホルムだけがこの工程を開始するように蒸発するようになっている。 Temperature in the reboiler is controlled, at least the boiling point of chloroform, to be less than or equal to the boiling point of the lotion, only chloroform is adapted to evaporate to start this process. 【0174】 1つの完全な洗浄サイクルが約15分かかり、約75ミリリットルのクロロホルムが各サイクルないで線形サンプルを循環する。 [0174] takes one complete wash cycle of about 15 minutes, about 75 milliliters of chloroform circulating through the linear samples is not each cycle. 終了すると、蒸発器のクロロホルムが、モデル番号Buchi011RE121で入手できるロトバップ(ROTOVAP)のような従来の真空蒸発器を4分間の間利用し、次に、アルミニウムのなべにローションを入れ、ホットプレートで加熱し、強制空気をさらに30分間循環させて蒸発される。 When finished, the evaporator of chloroform, and 4 min period of use of the conventional vacuum evaporator such as a rotovap (ROTOVAP) available under the model number Buchi011RE121, then placed lotion aluminum pan, heated on a hot plate and it is evaporated by circulating further 30 minutes forced air. 5.各サンプルに残る残留(ローション)の重量が計測される。 5. weight of residual (lotion) remaining in each sample is measured. 73度Fで蓄積された製品から回復されたローション量が、130度Fで蓄積された製品から回復されたローション量で比較され、高温におけるローション配合物の安定性を求める。 Lotion amount recovered from the stored product at 73 ° F is compared with a lotion amount recovered from the stored product at 130 ° F, determine the stability of the lotion formulation at high temperature. 【0175】 吸収性物品のZ方向の移動損失が以下のように求められる。 [0175] movement loss in the Z direction of the absorbent article is determined as follows. z方向移動損失(%)=[(L73−L130)/L73]×100 ここでL73は、73度Fで蓄積されたサンプルあたりに回復したローションの平均重量であり、L130は、130度Fで蓄積されたサンプルあたりに回復したローションの平均重量である。 z direction movement loss (%) = [(L73-L130) / L73] × 100 where L73 is the average weight of the lotion recovered per sample stored at 73 ° F, L130 is a 130 ° F the average weight of the lotion recovered per accumulated samples. 【0176】 CD方向のローション移動試験 この試験は、所定の温度で所定の期間後、吸収性物品の体側面に塗布される特定のローション上に残るローション量を求める。 [0176] Lotions mobile Test This test in the CD direction after a predetermined period of time at a predetermined temperature to obtain the lotion amount remaining on the particular lotion applied to the body side of the absorbent article. 詳細には、試験の目的は、トップシートまたは体側ライナー上に塗布されたローションに存在するローション量を、高温で蓄積された後に物品のトップシートの残留部分に存在するローション量と比較することである。 In particular, the purpose of testing and comparing it with the lotion amount existing lotion amount present in the lotion applied on the topsheet or bodyside liner, the remaining portion of the topsheet of the article after being accumulated at a high temperature is there. この試験はこのような物品に発生する可能性のある上昇温度状態での蓄積をシュミレートする。 This test simulates the accumulation at elevated temperature conditions that may occur such articles. 例えばこのような物品は、車両のトランクの中に保管されたり、アリゾナ州の7月または8月に倉庫のような温暖な気候の倉庫に保管すればよい。 For example, such articles or stored in the vehicle trunk, may be stored in a warm climate warehouse as warehouse in July or August, Arizona. CD方向の移動損失は、一定の時間長さ後に130度Fで蓄積後物品の体側面沿った横方向のローション移動の測定値である。 Movement loss in the CD direction is a measure of the lateral lotion migration along the body side surface of the storage after the article at 130 ° F after a long predetermined time. 従って、この試験は、物品が使用されるとき皮膚への移送に関し物品の体側面上で利用できるローションの量と、どのように短時間で使用中に物品の体側面から、またはこれに沿って望ましくない状態で移動するかを予測する。 This test is therefore the amount of lotion available on the body side of the article relates transfer to the skin when the article is used, from how the body side surface of the article during use in a short time, or along which or predicting the movement in an undesired state. 【0177】 詳細には、試験は以下のようになされる。 [0177] In particular, the test is done as follows. 1.トップシートに特定のパターンで塗布されたローション配合物を有する5個の製品が得られる。 1. five products with the applied lotion formulation in a specific pattern obtained topsheet. 2.例えば28日のように一定期間の間、製品が温度130度F、及び周囲湿度で配置される。 2. During a period of time such as, for example 28 days, the product is deployed at 130 degrees F, and at ambient humidity. 3.製品が制御された環境から取り除かれ、各製品のトップシートが取り除かれ、 3. Product is removed from the controlled environment, the topsheet of the product is removed,
ローションが実際に塗布されたトップシートの一部を取り除くように切断される。 Lotions are cut to actually remove some of the coated topsheet. 例えば、ローションが0.25インチの幅を有する4連続ラインとして、間隔を0. For example, the four consecutive lines lotion has a width of 0.25 in., The interval 0.
75インチ開けた状態で塗布される場合、トップシートの4ストリップが取り除かれる。 When applied in an open state 75 inches, 4 strips of the top sheet is removed. 4.次いで、ローションが塗布されたトップシートの一部を含むサンプルがともにグループ化され、上述した重量分析器(SEGA)を有するソックスヘレットエクストラクションを受ける。 4. Then, the lotion is grouped together a sample containing a portion of the topsheet is coated, subjected to socks f let Extraction having the above-described gravimetric analyzer (SEGA). トップシートの残りの部分もグループ化され別のSE The rest of the top sheet is also grouped by the SE
GA抽出を受ける。 Receive the GA extraction. 5.各グループに残る残留(ローション)の重量が計測される。 5. weight of residual (lotion) remaining for each group is measured. ローションが塗布されたトップシートの一部から回復したローション量を、トップシートの残余部分から回復したローション部分と比較し、高温におけるローション配合物の安定性を求める。 The lotion amount recovered from a portion of the topsheet which lotion is applied, compared with the lotion portion recovered from the remainder of the topsheet, determine the stability of the lotion formulation at high temperature. 【0178】 吸収性物品のCD方向の移動損失が以下のように求められる。 [0178] movement loss in the CD direction of the absorbent article is determined as follows. CD方向移動損失(%)=[Lsp/(La+Lsp)]×100 ここでLspは、おむつあたりにローションが塗布されなかったトップシートの一部から回復したローションの平均重量であり、Laは、ローションがおむつあたりに塗布されたトップシートから回復したローションの平均重量である。 CD movement loss (%) = [Lsp / (La + Lsp)] × 100 where Lsp is the average weight of the lotion lotion per diaper has recovered from a portion of the topsheet which has not been applied, La is , is the average weight of the lotion has recovered from the top sheet that has been applied per diaper lotion. 【0179】 以下の例は、本発明をより詳細に理解するように記載したものである。 [0179] The following examples are described to understand the invention in more detail. 特定の材料とパラメータは例示であり、本発明の範囲を詳細に制限するものではない。 Specific materials and parameters are exemplary and are not intended to limit the scope of the present invention in detail. 例1下の比較例2に関して記述するHUGGIES Supreme Step Examples Example 1 described with respect to Comparative Example 2 below HUGGIES Supreme Step
3おむつと同じ一般的構成の使い捨ておむつを手作りして、試験した。 3 Hand disposable diapers having the same general configuration as the diaper were tested. このおむつはSupremeおむつと実質的に同じであったが、おむつのバックシートと、吸収性コアと、サージ層と、弾性レッグバンドとは、置き換え又は修正され、 The diaper was the substantially the same as Supreme diaper, the backsheet of the diaper, and the absorbent core, and surge layer, the elastic leg bands are replaced or modified,
バックシートと吸収性コアの間にベンチレーション層が追加された。 Ventilation layer was added between the backsheet and the absorbent core. 【0180】 試験したおむつでは、バックシートは、スパンボンド不織材料を微孔性フィルムにラミネートした微孔性フィルム/不織ラミネート材料を含む。 [0180] In tested diapers, the backsheet comprises a microporous film / nonwoven laminate material was laminated spunbond nonwoven material microporous film. スパンボンド不織材料は、約3.5重量%のプロピレンを有するエチレンコポリマーから押出した約1.8デニールのフィラメントからなり、坪量は約20g/m 2である。 Spunbond nonwoven material consists of about 1.8 denier filaments extruded from ethylene copolymer having about 3.5 weight percent propylene, the basis weight is about 20 g / m 2.
フィルムは、炭化カルシウム粒子を有するキャスト押出ししたフィルムからなり、引伸ばし前の坪量は約58g/m 2である。 The film, made from the cast extruded films having calcium carbide particles, the basis weight of the pre-stretchable is about 58 g / m 2. フィルムをプレヒートし、引き伸ばし、アニールして、微孔を形成し、次にスパンボンド不織材料にラミネートした。 Film preheated and stretched, annealed, fine holes are formed, and then laminated to the spunbond nonwoven material. 出来た微孔性フィルム/不織ラミネートベースの材料は、坪量45g/m 2 Microporous film / nonwoven laminate based material made had a basis weight 45 g / m 2
であり、水蒸気透過率は約4000g/m 2 /24時間であった。 , And the water vapor transmission rate was about 4000g / m 2/24 hours. このようなフィルム/不織ラミネート材料の例は、McCormackらの“LOW GAU Examples of such film / nonwoven laminate material, McCormack et al "LOW GAU
GE FILMS AND FILM/NONWOVEN LAMINATES GE FILMS AND FILM / NONWOVEN LAMINATES
”という題の1997年6月25日出願の米国特許出願第08/882,712 "US patent on June 25, 1997, filed entitled application Ser. No. 08 / 882,712
号に記述されていて、その内容をここに参照する。 It has been described in JP, referring to the contents here. 【0181】 試験したおむつの吸収性コアは、図5と6に述べた一般的構成を有する2層吸収帯であるが、吸収帯のどちらの層も通る孔即ちアパーチャがない。 [0181] The absorbent core of the tested diaper has a two-layer absorption band having the general configuration described in FIG. 5 and 6, there is no hole or aperture through both layers of the absorption band. 吸収性コアは、上側層と下側層を含み、上側層は吸収性コアの前縁から吸収性コアの合計長さの約3分の2のポイントまで延びる。 The absorbent core comprises an upper layer and a lower layer, the upper layer extends to about two thirds point of the total length of the absorbent core from the front edge of the absorbent core. 吸収性コアは、約10から11グラムの木質パルプファイバーと、約10から11グラムの超吸収体材料を含み、従って約50重量%の木質パルプファイバーと、約50重量%の超吸収体材料を含む。 The absorbent core comprises a wood pulp fiber from about 1011 grams, containing the superabsorbent material from about 1011 grams thus the wood pulp fibers to about 50 wt%, about 50 wt% of the superabsorbent material including.
下側層の坪量は約230g/m 2であり、上側層の坪量は約560g/m 2であり、合計の坪量はコアの前部分で790g/m 2であり、コアの後部分で230g The basis weight of the lower layer is about 230 g / m 2, the basis weight of the upper layer is about 560 g / m 2, the basis weight of the total is 790 g / m 2 in the front part of the core, the rear portion of the core in 230g
/m 2である。 A / m 2. さらに、吸収性コアの股部分の幅は、約6.35cmである。 Furthermore, the width of the crotch portion of the absorbent core, is about 6.35 cm. 【0182】 吸収性コアとトップシートの間にサージ層を配置し、これは比較例2に関して記述するHUGGIESおむつと同じ材料で、吸収性コアと同一の広がりになるように改変された。 [0182] The surge layer between the absorbent core and the topsheet is disposed, which is the same material as HUGGIES diaper described with respect to Comparative Example 2 was modified to be coextensive with the absorbent core. おむつはまた、おむつの吸収性コアとバックシートとの間にベンチレーション層を備えた。 The diaper also comprises a ventilation layer between the absorbent core and the backsheet of the diaper. ベンチレーション層は、サージ層と同じ材料で出来ていて、また吸収性コアと同一の広がりであった。 Ventilation layer is not made of the same material as the surge layer, also was a co-extensive with the absorbent core. おむつはまた、おむつの各縦方向縁部の約3分の2の長さに沿って弾性レッグバンド組立体を備えた。 The diaper also includes elastic leg band assembly along the length of about two-thirds of the longitudinal edges of the diaper. 組立体は、呼吸可能不織ファブリック層に、エラストマー材料の6つのストランドがラミネートされた。 Assembly, the breathable nonwoven fabric layer, six strands of elastomeric material laminated. 弾性ストランドは、おむつの縦方向長さに沿って整列したL Elastic strands, L aligned along the longitudinal length of the diaper
YCRAエラストマーであり、おむつのレッグバンドに弾性を与えギャザーをよせる。 A YCRA elastomer, lapping gathers giving elasticity to the leg bands of the diaper. 【0183】 おむつの4つの試験片について、上述したトレーサーガス試験を行った。 [0183] for the four specimens of the diaper, were tracer gas test described above. 結果を下の表1に示す。 The results are shown in Table 1 below. 例2例1について記述したおむつと同じ一般的構成を有するおむつを手作りし試験した。 The diapers having the same general configuration as the diaper described for Example 2 Example 1 was handmade and tested. おむつは実質的に例1のおむつと同じであったが、図5と6に示す上側層が下側層に重なる領域で、吸収体を貫通する複数の孔を備えるように改変された。 The diaper is was the same as the diaper substantially Example 1, in a region where the upper layer shown in FIG. 5 and 6 overlap the lower layer, has been modified to include a plurality of holes through the absorbent body. 孔の直径は1.27cmで、吸収体の全体の表面積に対して約12%のオープン領域が出来た。 The diameter of the holes in 1.27 cm, could approximately 12% open area for the entire surface area of ​​the absorber. おむつの4つの試験片について、上述したトレーサーガス試験を行った。 For the four specimens of the diaper, were tracer gas test described above. 結果を下の表1に示す。 The results are shown in Table 1 below. 【0184】 例3例2について記述したおむつと同じ一般的構成を有するおむつを手作りし試験した。 [0184] were handmade tested diapers having the same general configuration as the diaper described for Example 3 Example 2. おむつは実質的に例2のおむつと同じであったが、吸収体とバックシートの間のベンチレーション層は取り除かれた。 Diaper was the same as the substantially Example 2 diapers, ventilation layer between the absorbent body and the backsheet was removed. おむつの4つの試験片について、上述したトレーサーガス試験を行った。 For the four specimens of the diaper, were tracer gas test described above. 結果を下の表1に示す。 The results are shown in Table 1 below. 【0185】 例4例2について記述したおむつと同じ一般的構成を有するおむつを手作りし試験した。 [0185] were handmade tested diapers having the same general configuration as the diaper described for Example 4 Example 2. おむつは実質的に例2のおむつと同じであったが、吸収体の孔の直径は2 Although diaper was the same as the substantially Example 2 diapers, the diameter of the absorber holes 2
. 54cmで、吸収体の全体の表面積の約12%のオープン領域ができた。 In 54cm, it was about 12% of the open area of ​​the entire surface area of ​​the absorber. おむつの4つの試験片について、上述したトレーサーガス試験を行った。 For the four specimens of the diaper, were tracer gas test described above. 結果を下の表1に示す。 The results are shown in Table 1 below. 【0186】 例5例2について記述したおむつと同じ一般的構成を有するおむつを手作りし試験した。 [0186] were handmade tested diapers having the same general configuration as the diaper described for Example 5 Example 2. おむつは実質的に例2のおむつと同じであったが、多層の吸収体は多層でない吸収体に置きかえられ、この吸収体は約62重量%の木質パルプファイバーと、約38重量%の超吸収体を含み、坪量はコアの前部分で約750〜850g The diaper is was the same as the substantially Example 2 diapers, absorbent multi-layer is replaced in the absorber is not a multi-layer, the absorber and the wood pulp fibers of approximately 62%, about 38 wt% of superabsorbent It includes a body, a basis weight of about at the front portion of the core 750~850g
/m 2であり、コアの後部分で375〜425g/m 2である。 / M 2, a 375~425G / m 2 at rear portion of the core. おむつの4つの試験片について、上述したトレーサーガス試験を行った。 For the four specimens of the diaper, were tracer gas test described above. 結果を下の表1に示す。 The results are shown in Table 1 below. 【0187】 例6例2について記述したおむつと同じ一般的構成を有するおむつを手作りし試験した。 [0187] were handmade tested diapers having the same general configuration as the diaper described for Example 6 Example 2. おむつは実質的に例2のおむつと同じであったが、2層の吸収性コアはラミネートに置きかえられ、このラミネートは、Stockhausenから商品名FAVOR SXM880で得られる約80重量%の超吸収体材料を、坪量約26g/m 2のティシュー層で包んである。 Although diaper was the same as the substantially Example 2 diapers, absorbent core two layers replaced with a laminate, the laminate is the superabsorbent material about 80% by weight obtained under the trade name FAVOR SXM880 from Stockhausen and Aru wrapped in tissue layer having a basis weight of about 26 g / m 2. 吸収体はまた、直径1.27cmの貫通孔を備え、吸収体の全体の表面積の約12%のオープン領域が出来た。 Absorber also includes a through-hole having a diameter of 1.27 cm, were able to about 12% of the open area of ​​the entire surface area of ​​the absorber. おむつの4つの試験片について、上述したトレーサーガス試験を行った。 For the four specimens of the diaper, were tracer gas test described above. 結果を下の表1に示す。 The results are shown in Table 1 below. 【0188】 例7例2について記述したおむつと同じ一般的構成を有するおむつを手作りし試験した。 [0188] were handmade tested diapers having the same general configuration as the diaper described for Example 7 Example 2. おむつは実質的に例2のおむつと同じであったが、吸収体はラミネートに置きかえられ、このラミネートは、Stockhausenから商品名FAVO Diaper was the same as the substantially Example 2 diapers, absorber replaced the laminate, the laminate is trade name FAVO from Stockhausen
R SXM880で得られる約80重量%の超吸収体材料を、坪量約26g/m The superabsorbent material in an amount of about 80 wt% obtained in R SXM880, basis weight of about 26 g / m 2のティシュー層で包んである。 Aru wrapped in 2 of tissue layer. ラミネートは、図3と4の例示するように4ゆのセグメントで設けられ、そのため吸収体の全体の表面積の約40%のオープン領域が出来た。 Laminate is provided with 4 boiled segments as illustrated in FIG. 3 and 4, could approximately 40% of the open area of ​​the entire surface area of ​​the order absorber. おむつの4つの試験片について、上述したトレーサーガス試験を行った。 For the four specimens of the diaper, were tracer gas test described above. 結果を下の表1に示す。 The results are shown in Table 1 below. 【0189】 例8例2について記述したおむつと同じ一般的構成を有するおむつを手作りし試験した。 [0189] were handmade tested diapers having the same general configuration as the diaper described for Example 8 Example 2. おむつは実質的に例2のおむつと同じであったが、バックシートは水蒸気透過率が約1870g/m 2 /24時間になるように改変された。 Diaper was the same as the substantially Example 2 diapers, the backsheet was modified to water vapor transmission rate of about 1870g / m 2/24 hours. おむつの4つの試験片について、上述したトレーサーガス試験を行った。 For the four specimens of the diaper, were tracer gas test described above. 結果を下の表1に示す。 The results are shown in Table 1 below. 【0190】 比較例1比較例2に関して記述したSupreme Step 3おむつと同じ一般的構成の使い捨ておむつを手作りして、試験した。 [0190] With handmade disposable diapers having the same general configuration as the Supreme Step 3 diapers described with respect to Comparative Example 1 Comparative Example 2, were tested. このおむつは例2のおむつと実質的に同じであったが、バックシートは水蒸気透過率が約100g/m 2 /時間、厚さ1ミルのポリエチレンフィルム材料で置き換えられている。 The diaper was the substantially the same as the diaper of Example 2, the backsheet about 100 g / m 2 / time water vapor permeability, it has been replaced by polyethylene film material having a thickness of 1 mil. おむつの4つの試験片について、上述したトレーサーガス試験を行った。 For the four specimens of the diaper, were tracer gas test described above. 結果を下の表1に示す。 The results are shown in Table 1 below. 【0191】 比較例2キンバリークラークから商品名HUGGIES Supreme Step [0191] product name from Comparative Example 2 Kimberly-Clark HUGGIES Supreme Step
3で入手できる使い捨ておむつを試験した。 It was tested disposable diapers available in 3. 要するに、Supremeおむつは、木質パルプファイバーと吸収体材料の混合物からなる吸収性コアを、坪量16〜21g/m 2の2片のラップシートで取囲んでいる。 In short, Supreme diaper, the absorbent core comprising a mixture of wood pulp fibers and the absorbent material surrounds wrap sheet two pieces of basis weight 16~21g / m 2. 吸収性コアは、約12.5〜13.5グラムの通気木質パルプファイバーと、約7.0〜8.5グラムの超吸収体材料を含む。 The absorbent core comprises a ventilation wood pulp fibers of approximately 12.5 to 13.5 g, the superabsorbent material in an amount of about 7.0 to 8.5 grams. 超吸収体材料は、S Superabsorbent material, S
tockhausenから商品名FAVOR SXM880で得られる。 Obtained under the trade name FAVOR SXM880 from tockhausen. 超吸収体材料を木質ファイバーと均一に混合し、密度0.25〜0.35g/cm 3の単一層を形成した。 The superabsorbent material homogeneously mixed with wood fibers to form a single layer of density 0.25~0.35g / cm 3. 超吸収体材料と木質パルプファイバーの均一な混合物を機械方向にゾーンに分け、吸収性コアの前部分の坪量を約600〜700g/m 2 Superabsorbent material and divided into zones in the machine direction a homogeneous mixture of wood pulp fibers, absorbent basis weight of the front portion of the core about 600~700g / m 2,
吸収性コアの後部分の坪量を約300〜350g/m 2とした。 The basis weight of the portion of the absorbent core was about 300-350 g / m 2. 【0192】 さらにSupremeおむつは、水蒸気透過性バリヤー層をスパンボンド/メルトブロー/スパンボンドラミネート材料(以下、“SMS”)からなる複合バックシートを備える。 [0192] Furthermore Supreme diaper comprises a composite backsheet comprising a vapor permeable barrier layer spunbond / meltblown / spunbond laminate material (hereinafter, "SMS"). SMS材料の坪量は約27g/m 2である。 The basis weight of the SMS material is about 27 g / m 2. 水蒸気透過性バリヤー層は、厚さ約0.7ミル、坪量は約19.5g/m 2のポリオレフィンフィルムからなる。 Water vapor permeable barrier layer has a thickness of about 0.7 mils, the basis weight of a polyolefin film having a thickness of about 19.5 g / m 2. ポリオレフィンフィルム材料は、Exxon Chemic The polyolefin film material, Exxon Chemic
al Patent Incorporatedから商品名EXXAIREで得られる。 Obtained under the trade name EXXAIRE from al Patent Incorporated. 蒸気透過性バリヤー層をSMSラミネートに接着し、吸収性コアとバックし^とのSMSラミネート材料の間に配置した。 Bonding the vapor permeable barrier layer in SMS laminate and positioned between the SMS laminate material of the back and the absorbent core and ^. バックシートの水蒸気透過率は約1500g/m 2 /24時間であった。 Water vapor permeability of the backsheet was about 1500g / m 2/24 hours. 吸収性コアは、バックシートと、坪量約17g/m 2のスパンボンドポリエチレンで出来たトップシートの間に挟まれた。 The absorbent core is sandwiched and the backsheet, between the topsheet made of spunbonded polyethylene having a basis weight of about 17 g / m 2. ボンドカードウェブで出来たサージ管理層をトップシートと吸収性コアとの間に置いた。 The surge management layer made of bonded carded web was placed between the topsheet and the absorbent core. サージ層はバイコンポネントファイバーを含み、全体の坪量は約83g/m 2であった。 Surge layer comprises a bi-component appear fibers, the total basis weight of about 83 g / m 2. サージ層は、約60重量%のポリエチレン/ポリエステル(PE/PET)と、約6デニールのシースとコアのバイコンポネントファイバーと、約40重量%の単成分ポリエステル繊維(約6デニールで繊維長さ約3 Surge layer is about 60 weight percent polyethylene / polyester (PE / PET), and by component appear fiber sheath and the core of approximately 6 denier, fiber length of about 40 wt% monocomponent polyester fibers (about 6 denier to about 3
. 8〜5.08cm)との均一な混合物であった。 It was a uniform mixture of 8~5.08cm). さらにサージ層の幅は、約1 Furthermore the width of the surge layer is about 1
0.2cm、長さは約16.5cmであった。 0.2 cm, the length was about 16.5cm. サージ層の前縁部は、吸収性コアの前縁部から5.1cmに位置していた。 Front edge of the surge layer was located 5.1cm from the front edge of the absorbent core. 【0193】 Supremeおむつは、おむつの各縦方向端部に、単成分弾性ウェストバンドと、ウェストフラップ組立体とを備える。 [0193] Supreme diapers, each longitudinal end of the diaper, comprising a single-component elastic waistband, a waist flap assembly. 組立体は、エラストマー材料の複数のストランドが、ポリマーフィルム層と不織ファブリック層の間に挟まれ、積層されている。 The assembly includes a plurality of strands of elastomeric material, interposed between the polymeric film layer and the nonwoven fabric layer are laminated. ポリマーフィルムは、線状低密度ポリエチレンと超低密度ポリエチレンの混合物からなる0.00075インチ厚さのフィルムである。 The polymer film is a film of 0.00075 inches thick comprising a mixture of linear low density polyethylene and ultra low density polyethylene. 不織ファブリック層は、ポリプロピレンスパンボンドの20g/m 2のウェブであった。 Nonwoven fabric layer was 20 g / m 2 web of polypropylene spunbond. 弾性ストランドは、おむつの横方向に並べた約8〜16のLYCRAエラストマーのストランドからなり、おむつのウェストバンドと内部ウェストフラップに弾性を与えギャザーを寄せる。 Elastic strands made from the strand approximately 8 to 16 LYCRA elastomer side by side direction of the diaper, lapping gathers giving elasticity to the waistband and internal waist flaps of the diaper. Supremeおむつは、おむつの全長を延び、おむつの各縦方向縁部に沿ってレッグバンドに弾性を与える縦方向の封じ込めフラップを備える。 Supreme diaper, extends the entire length of the diaper, comprising a longitudinal containment flaps to provide elasticity to the leg bands along each longitudinal edge of the diaper. レッグバンドと封じ込めフラップの弾性ストランドは、おむつの縦長さに沿って並んだLYCRAエラストマーで出来ていて、おむつのレッグバンドと封じ込めフラップに弾性を与えギャザーを寄せる。 Elastic strands of the leg band and containment flaps, have made of LYCRA elastomer aligned along the longitudinal length of the diaper, lapping gathers giving elasticity to the leg band and containment flaps of the diaper. 【0194】 おむつの4つの試験片について、上述したトレーサーガス試験を行った。 [0194] for the four specimens of the diaper, were tracer gas test described above. 結果を下の表1に示す。 The results are shown in Table 1 below. 表1 平均乾燥空気 平均湿潤空気 湿潤/乾燥 循環速度 循環速度 比 (cm 3 /分) (cm 3 /分) 例1 822 224 0.27 例2 794 310 0.39 例3 679 220 0.32 例4 1050 360 0.34 例5 758 190 0.25 例6 724 240 0.33 例7 677 153 0.23 例8 495 316 0.63 比較例1 51 110 2.16 比較例2 513 171 0.33 【0195】 例1〜8と比較例1〜2は、本発明によるおむつは、従来のおむつと比較して、乾燥状態でも湿潤状態でも空気交換のレベルが改善されていることを示す。 Table 1 Mean Dry Air average wet air wet / dry circulation rate circulation rate ratio (cm 3 / min) (cm 3 / min) Example 1 822 224 0.27 Example 2 794 310 0.39 Example 3 679 220 0.32 Example 4 1050 360 0.34 example 5 758 190 0.25 example 6 724 240 0.33 example 7 677 153 0.23 example 8 495 316 0.63 Comparative example 1 51 110 2.16 Comparative example 2 513 171 0.33 [0195] examples 1-8 and Comparative examples 1 and 2, the diaper according to the present invention, compared to conventional diapers, indicating that it is improved the level of air exchange even in a wet state even in a dry state. 【0196】 例9例2について記述したおむつと同じ一般的構成を有するおむつの4つのサンプルを手作りし、上述した皮膚水和試験した。 [0196] handmade four samples of diapers having the same general configuration as the diaper described for Example 9 Example 2 was skin hydration test described above. おむつは実質的に例2のおむつと同じであったが、おむつの大きさは商業的に入手できるStep 4のサイズのおむつに近い大きさで、吸収体は全体が同じ厚さの単一層で、孔の直径は2.54 The diaper is was the same as the substantially Example 2 diapers, the size of the diaper in a size close to diaper size Step 4 commercially available, the absorber in a single layer of the total same thickness , the diameter of the hole 2.54
cmであった。 It was cm. おむつの平均の皮膚水和値は、8.1g/m 2 /時間であった。 Skin hydration value of the average of the diaper was 8.1 g / m 2 / hour.
結果を下の表2に示す。 The results are shown in Table 2 below. 【0197】 例10例6について記述したおむつと同じ一般的構成を有するおむつの4つのサンプルを手作りし、上述した皮膚水和試験した。 [0197] handmade four samples of diapers having the same general configuration as the diaper described for Example 10 Example 6 was skin hydration test described above. おむつは実質的に例6のおむつと同じであったが、おむつの大きさは商業的に入手できるStep 4のサイズのおむつに近い大きさで、吸収体はの坪量は約560g/m 2で、孔の直径は2.5 The diaper is was the same as the diaper substantially Example 6, the size of the diaper in a size close to diaper size Step 4 commercially available, the basis weight of the absorber is about 560 g / m 2 in, the diameter of the hole is 2.5
4cmであった。 It was 4cm. おむつの平均の皮膚水和値は、2.8g/m 2 /時間であった。 Skin hydration value of the average of the diaper was 2.8 g / m 2 / hour. 結果を下の表2に示す。 The results are shown in Table 2 below. 【0198】 例11例7について記述したおむつと同じ一般的構成を有するおむつの4つのサンプルを手作りし、上述した皮膚水和試験した。 [0198] handmade four samples of diapers having the same general configuration as the diaper described for Example 11 Example 7 was skin hydration test described above. おむつは実質的に例7のおむつと同じであったが、おむつの大きさは商業的に入手できるStep 4のサイズのおむつに近かった。 The diaper is was the same as the diaper substantially Example 7, the size of the diaper was close to diaper size Step 4 commercially available. おむつの平均の皮膚水和値は、1.6g/m 2 /時間であった。 Skin hydration value of the average of the diaper was 1.6 g / m 2 / hour. 結果を下の表2に示す。 The results are shown in Table 2 below. 【0199】 比較例3キンバリークラーク社から商品名HUGGIES Supreme Step 4で得られるおむつと同じ一般的構成の使い捨ておむつを試験した。 [0199] were tested disposable diapers of the same general configuration as the diaper obtained under the trade name HUGGIES Supreme Step 4 from Comparative Example 3 Kimberly-Clark Corporation. 要するに、Step 4サイズのSupremeおむつは、例2について上述したSte In short, Supreme diapers Step 4 size described above for Example 2 Ste
p 3サイズのSupremeおむつと実質的に同じであったが、材料の大きさは大きい。 p 3 was substantially the same as the Supreme diapers size, the size of the material is large. おむつの4つのサンプルを皮膚水和試験した。 Four samples of diapers and skin hydration test. おむつの平均の皮膚水和値は、 Skin hydration value of the average of the diaper,
19.3g/m 2 /時間であった。 It was 19.3g / m 2 / time. 結果を下の表2に示す。 The results are shown in Table 2 below. 【0200】 表2 皮膚水和値(g/m 2 /時間) 例9 8.1 例10 2.8 例11 1.6 比較例3 19.3 【0201】 例9〜11と比較例3は、本発明によるおむつは、従来のおむつと比較して、 [0200] Table 2 Skin hydration values (g / m 2 / hour) Example 9 8.1 Example 10 2.8 Example 11 1.6 Comparative Example 3 19.3 [0201] Examples 9-11 and Comparative Example 3 , diaper according to the invention, compared to conventional diapers,
皮膚水和値が著しく改善されていることを示す。 It indicates that the skin hydration value is remarkably improved. 特に、本発明によるおむつは、 In particular, the diaper according to the present invention,
皮膚水和値が58から92%減少している。 Skin hydration value has decreased by 92 percent from 58. おむつ内での空気交換量の増加から、皮膚水和値がある程度減少することは予測されたが、大きく減少することは予測できなかった。 From the increase in air exchange rate within the diaper, but skin hydration value is predicted to decrease to some extent, it could not have been predicted to be greatly reduced. 【0202】 例12比較例2について記述したおむつと同じ一般的構成を有するおむつを手作りし試験した。 [0202] were handmade tested diapers having the same general configuration as the diaper described for Example 12 Comparative Example 2. おむつは実質的に比較例2のおむつと同じであったが、バックシートは水蒸気透過率が約3000g/m 2 /24時間になるように改変された。 Diaper was the same as the substantially Comparative Example 2 diapers, the backsheet was modified to water vapor transmission rate of about 3000 g / m 2/24 hours. おむつについて上述したカンジタアルビカン生存試験を行った。 It was Candida Albi cans survival test as described above for the diapers. 例12と比較例4( Example 12 and Comparative Example 4 (
対照標準)を7つの試験対象の各々の前腕部について、試験した。 For each of the forearm of the reference standard) the seven test subjects were tested. カンジタアルビカンコロニー形成単位のログで5.71の懸濁を含む0.9重量%塩水約0. 0.9 wt% saline to about 0 containing suspension 5.71 log of Candida Albi cans colony forming units.
01mlがマイクロピペットで試験サイトに送られ、懸濁液は試験サイトに均一に広げられた。 01ml is sent to the test site with micropipettes and the suspension was uniformly spread on the test site. この例のサンプルのおむつの平均のカンジタアルビカン生存度は、カンジタアルビカンコロニー形成単位のログで1.96であった。 Average Candida Albi cans viability of the diaper samples of this example was 1.96 log of Candida Albi cans colony forming units. 従って、対照標準(比較例4)の平均のカンジタアルビカン生存値と比較して、この例によるおむつは、カンジタアルビカン生存値が26%減少する。 Therefore, compared with the average of Candida Albi cans survival value of reference standard (Comparative Example 4), the diaper according to this example, Candida Albi cans survival value decreases by 26%. 【0203】 例13比較例2について記述したおむつと同じ一般的構成を有するおむつを作った。 [0203] made diapers having the same general configuration as the diaper described for Example 13 Comparative Example 2.
おむつは実質的に比較例2のおむつと同じであったが、バックシートの水蒸気透過率は約5000g/m 2 /24時間であった。 Diaper was the same as the substantially Comparative Example 2 diapers, moisture vapor permeability of the backsheet was about 5000 g / m 2/24 hours. おむつについて上述したカンジタアルビカン生存試験を行った。 It was Candida Albi cans survival test as described above for the diapers. 例13と比較例4(対照標準)を7つの試験対象の各々の前腕部について、試験した。 For Example 13 and Comparative Example 4 (reference standard) each forearm of seven test subjects were tested. カンジタアルビカンコロニー形成単位のログで5.71の懸濁を含む0.9重量%塩水約0.01mlがマイクロピペットで試験サイトに送られ、懸濁液は試験サイトに均一に広げられた。 Candida Albi Kang colony forming units log 0.9 wt% saline to about 0.01ml comprise suspension of 5.71 is sent to the test site with micropipettes and the suspension was uniformly spread on the test site. この例のサンプルのおむつの平均のカンジタアルビカン生存度は、カンジタアルビカンコロニー形成単位のログで1.75より小さく、さらに1.50より小さいと予測された。 Average Candida Albi cans viability of the diaper samples of this example is smaller than 1.75 log of Candida Albi cans colony forming units was further expected to less than 1.50. 従って、対照標準(比較例4)の平均のカンジタアルビカン生存値と比較して、この例によるおむつは、カンジタアルビカン生存値が34%減少し、さらに43%減少すると予測された。 Therefore, compared with the average of Candida Albi cans survival value of reference standard (Comparative Example 4), the diaper according to this example, reduced Candida Albi cans survival value of 34% was expected to decrease further 43%. 【0204】 比較例4比較例2について記述したおむつと同じ一般的構成を有するおむつを手作りし試験した。 [0204] were handmade tested diapers having the same general configuration as the diaper described for Comparative Example 4 Comparative Example 2. おむつは実質的に比較例2のおむつと同じであったが、バックシートは水蒸気透過率が約100g/m 2 /24時間より小さい1.0ミル厚さのポリエチレンフィルムで置きかえられた。 The diaper is was the same as the substantially Comparative Example 2 diapers, the backsheet has been replaced by polyethylene film of about 100 g / m 2/24 hours of less than 1.0 mils thick water vapor permeability. おむつについて上述したカンジタアルビカン生存試験を行った。 It was Candida Albi cans survival test as described above for the diapers. 例12と比較例4(対照標準)を7つの試験対象の各々の前腕部について、試験した。 For Example 12 and Comparative Example 4 (reference standard) each forearm of seven test subjects were tested. カンジタアルビカンコロニー形成単位のログで5. 5 in the log of Candida Albi cans colony forming units.
71の懸濁を含む0.9重量%塩水約0.01mlがマイクロピペットで試験サイトに送られ、懸濁液は試験サイトに均一に広げられた。 0.9 wt% saline to about 0.01ml containing 71 suspension is sent to the test site with micropipettes and the suspension was uniformly spread on the test site. この例のサンプルのおむつの平均のカンジタアルビカン生存度は、カンジタアルビカンコロニー形成単位のログで2.65であった。 Average Candida Albi cans viability of the diaper samples of this example was 2.65 log of Candida Albi cans colony forming units. 【0205】 例14例13について記述したおむつと同じ一般的構成を有するおむつを機械で作り試験した。 [0205] was tested make the diaper in a machine having the same general configuration as the diaper described for Example 14 Example 13. 特に、おむつのバックシートは水蒸気透過率が約5000g/m 2 In particular, the backsheet water vapor permeability of the diaper is about 5000 g / m 2 /
24時間であった。 It was 24 hours. おむつについて上述したカンジタアルビカン生存試験を行った。 It was Candida Albi cans survival test as described above for the diapers. 例14と比較例5(対照標準)を12の試験対象の各々について、前腕部で試験した。 Example 14 and Comparative Example 5 (control standard) for each of the test object 12, were tested in forearm. カンジタアルビカンコロニー形成単位のログで4.92の懸濁を含む0.9重量%塩水約0.01mlがマイクロピペットで試験サイトに送られ、懸濁液は試験サイトに均一に広げられた。 Candida Albi Kang colony forming units log 0.9 wt% saline to about 0.01ml comprise suspension of 4.92 is sent to the test site with micropipettes and the suspension was uniformly spread on the test site. この例のサンプルのおむつの平均のカンジタアルビカン生存度は、カンジタアルビカンコロニー形成単位のログで1.2 Average Candida Albi cans viability of the diaper samples of this example, the log of Candida Albi cans colony forming units 1.2
6であった。 It was 6. 【0206】 比較例5比較例4について記述したおむつと同じ一般的構成を有するおむつを機械で作り試験した。 [0206] was tested make the diaper in a machine having the same general configuration as the diaper described for Comparative Example 5 Comparative Example 4. 特に、おむつのバックシートは水蒸気透過率が約100g/m 2 In particular, the backsheet water vapor permeability of the diaper is about 100 g / m 2 /
24時間より小さい1.0ミル厚さのポリエチレンフィルムであった。 It was a polyethylene film of 24 hours is less than 1.0 mils thick. おむつについて、12の試験対象の前腕部の各々について、上述したカンジタアルビカン生存試験を行った。 For diapers, for each of the forearm of a test subject 12, it was Candida Albi cans survival test described above. カンジタアルビカンコロニー形成単位のログで4.92の懸濁を含む0.9重量%塩水約0.01mlがマイクロピペットで試験サイトに送られ、懸濁液は試験サイトに均一に広げられた。 Candida Albi Kang colony forming units log 0.9 wt% saline to about 0.01ml comprise suspension of 4.92 is sent to the test site with micropipettes and the suspension was uniformly spread on the test site. この例のサンプルのおむつの平均のカンジタアルビカン生存度は、カンジタアルビカンコロニー形成単位のログで3.26であった。 Average Candida Albi cans viability of the diaper samples of this example was 3.26 log of Candida Albi cans colony forming units. 【0207】 例15例2について記述したおむつと同じ一般的構成を有するおむつを作り試験した。 [0207] was tested make diapers having the same general configuration as the diaper described for Example 15 Example 2. 特に、おむつのバックシートは水蒸気透過率が約5000g/m 2 /24時間であった。 In particular, the backsheet of the diaper is water vapor transmission rate was about 5000g / m 2/24 hours. おむつについて皮膚温度試験を行った。 The skin temperature test was performed on a diaper. サンプルは、11の試験対象の各々の前腕部の一方で試験した。 Samples were tested at one each of the forearm of a test subject 11. 試験結果を表7に示す。 The test results are shown in Table 7. この例によるサンプルのおむつは、湿潤皮膚温度/乾燥皮膚温度比が0.970であった。 The diaper of the sample by this example, wet skin temperature / dry skin temperature ratio was 0.970. 【0208】 比較例6例2について記述したおむつと同じ一般的構成を有するおむつを作り試験した。 [0208] was tested make diapers having the same general configuration as the diaper described for Comparative Example 6 Example 2. おむつは実質的に比較例2のおむつと同じであったが、バックシートは水蒸気透過率が約100g/m 2 /24時間より小さい1.0ミル厚さのポリエチレンフィルムで置きかえられた。 The diaper is was the same as the substantially Comparative Example 2 diapers, the backsheet has been replaced by polyethylene film of about 100 g / m 2/24 hours of less than 1.0 mils thick water vapor permeability. おむつについて皮膚温度試験を行った。 The skin temperature test was performed on a diaper. サンプルは、11の試験対象の各々の前腕部の一方で試験した。 Samples were tested at one each of the forearm of a test subject 11. 試験結果を表7に示す。 The test results are shown in Table 7. この例によるサンプルのおむつは、湿潤皮膚温度/乾燥皮膚温度比が1.014であった。 The diaper of the sample by this example, wet skin temperature / dry skin temperature ratio was 1.014. 【0209】 図7に示す例15の試験結果から、本発明によるおむつは、従来のおむつと比較して、また比較例6の結果から、湿潤状態でより一定の減少した皮膚温度を保持することが出来ることが分かる。 [0209] From the test results of Example 15 shown in FIG. 7, the diaper according to the present invention, compared to conventional diapers, also from the results of Comparative Example 6, to retain a more constant reduced skin temperature in the wet state it can be seen that the can. 湿潤状態でのおむつの呼吸性を増加させて、 Increase the diapers of respiratory in the wet state,
皮膚の閉塞を減少させることにより、より一定の減少した皮膚温度を達成できると仮定できる。 By reducing the occlusion of the skin, it can be assumed that the more constant reduced skin temperature can be achieved. さらに、図7に示すように、本発明によるおむつは、湿潤状態で着用者のおむつの下の温度と実質的に同じ皮膚温度を保持することが出来る。 Furthermore, as shown in FIG. 7, the diaper according to the present invention can be kept at a temperature substantially the same skin temperature below the wearer of the diaper in the wet state. 【0210】 例16次の組成のローションの配合が調製された。 [0210] Example 16 The following composition of the lotion formulation were prepared. 成分 重量%ペトロラタム 55.00 オゾケライト MP 145/155F 24.80 パラフィン MP 130/135F 4.50 ミクロクリスタリンワックス W−835 4.50 セチルエステル(合成鯨蝋ワックス) 4.50 Elvax 410 6.70 【0211】 ローションの配合は、ペトロラタムを75℃に加熱し、残りの成分を添加して75℃に維持し、成分が溶融し均一になるまで混合して調製した。 Ingredient Weight% Petrolatum 55.00 ozokerite MP 145 / 155F 24.80 Paraffin MP 130 / 135F 4.50 microcrystalline wax W-835 4.50 Cetyl esters (synthetic spermaceti wax) 4.50 Elvax 410 6.70 [0211 lotions formulations heats the petrolatum to 75 ° C., and maintained by adding the remaining ingredients to 75 ° C., was prepared by mixing until the components is homogeneous melt. ローションの配合は、全体の融点は約45℃、60℃での融点粘度は149センチポアズであった。 Blending the lotion overall melting point of about 45 ° C., the melting point viscosity at 60 ° C. was 149 centipoise. 45℃での融点粘度は測定限度外であった。 Melting point viscosity at 45 ° C. was outside the measurement limits. 【0212】 キンバリークラーク社から商業的に入手できるHUGGIES Suprem [0212] HUGGIES Suprem commercially available from Kimberly-Clark Corporation
eおむつとほぼ同一のおむつのトップシートに、1つのおむつに約0.2グラムの量でローションの配合を塗布した。 Almost topsheet same diaper as e diaper was applied the formulation of the lotion in an amount of about 0.2 grams one diaper. ローションは、トップシートに、おむつの中心から下の一連の4つのラインとして塗布された。 Lotion to the topsheet, was applied as a series of four lines down from the center of the diaper. ローションの各ラインの幅は0.25インチ、各ライン間の間隔は0.75インチであった。 The width of each line 0.25 inch lotion, spacing between lines was 0.75 inches. 【0213】 おむつは、Z方向のローション移動試験を行い、ここで5つのおむつが73° [0213] The diaper performs lotion movement test in the Z direction, where five diapers 73 °
Fで28日間保管され、5つのおむつが130°Fで28日間保管された。 Stored for 28 days in F, five diapers were stored for 28 days at 130 ° F. おむつのZ方向移動ロスは、44.3%であった。 Z-direction movement loss of the diaper was 44.3%. おむつはまた、機械横方向のローション移動試験を行い、ここで5つのおむつが73°Fで28日間保管され、5 The diaper also performs lotion movement test machine direction, wherein five diapers were stored 28 days at 73 ° F, 5
つのおむつが130°Fで28日間保管された。 One of the diaper is stored 28 days at 130 ° F. おむつの機械横方向移動ロスは、16.7%であった。 Machine direction movement loss of the diaper was 16.7%. 【0214】 比較例7プロクター&ギャンブル社から商業的に入手できるPAMPERS Prem [0214] commercially available from Comparative Example 7 Procter & Gamble Company PAMPERS Prem
iumおむつのサンプルを入手した。 A sample of the ium diapers were obtained. おむつは、トップシート上に次の組成のローションの配合を備える。 The diaper comprises a blend of lotion of the following composition on the topsheet. 成分 重量%ペトロラタム 58.50 ステアリルアルコール 41.50 アロエ 微量 【0215】 ローションの配合は、全体の融点は約52℃、50℃での融点粘度は10センチポアズであり、60℃での融点粘度は5センチポアズであった。 Blending components by weight% Petrolatum 58.50 Stearyl Alcohol 41.50 Aloe trace [0215] Lotions, overall melting point of about 52 ° C., a melting point viscosity at 50 ° C. is 10 centipoise, the melting point viscosity at 60 ° C. 5 It was centipoise. おむつは、Z方向のローション移動試験を行い、ここで5つのおむつが73° Diaper performs lotion movement test in the Z direction, where five diapers 73 °
Fで28日間保管され、5つのおむつが130°Fで28日間保管された。 Stored for 28 days in F, five diapers were stored for 28 days at 130 ° F. おむつのZ方向移動ロスは、62%であった。 Z-direction movement loss of the diaper was 62%. 【0216】 比較例8プロクター&ギャンブル社から商業的に入手できるPAMPERS Rash [0216] commercially available from Comparative Example 8 Procter & Gamble Company PAMPERS Rash
Guardおむつのサンプルを入手した。 A sample of the Guard diapers were obtained. おむつは、トップシート上に次の組成のローションの配合を備える。 The diaper comprises a blend of lotion of the following composition on the topsheet. 成分 重量%ペトロラタム 58.50 ステアリルアルコール 41.50 【0217】 ローションの配合は、全体の融点は約52℃、50℃での融点粘度は10センチポアズであり、60℃での融点粘度は5センチポアズであった。 Blending components by weight% Petrolatum 58.50 Stearyl Alcohol 41.50 [0217] Lotions, overall melting point of about 52 ° C., the melting point viscosity at 50 ° C. was 10 centipoise, the melting point viscosity at 60 ° C. in 5 centipoise there were. おむつは、Z方向のローション移動試験を行い、ここで5つのおむつが73° Diaper performs lotion movement test in the Z direction, where five diapers 73 °
Fで28日間保管され、5つのおむつが130°Fで28日間保管された。 Stored for 28 days in F, five diapers were stored for 28 days at 130 ° F. おむつのZ方向移動ロスは、66%であった。 Z-direction movement loss of the diaper was 66%. 【0218】 比較例9次の組成のローションの配合を調製した。 [0218] was prepared the formulation of Comparative Example 9 of the following composition lotion. 成分 重量%ペトロラタム 80.00 ステアリルアルコール 20.00 【0219】 ローションの配合は、ペトロラタムを75℃に加熱し、ステアリルアルコールを添加して75℃に維持し、成分が溶融し均一になるまで混合して調製した。 Ingredient Weight% Petrolatum 80.00 Stearyl Alcohol 20.00 [0219] lotion formulation heats the petrolatum 75 ° C., with the addition of stearyl alcohol was maintained at 75 ° C., and mixed until the components become evenly melted It was prepared Te. ローションの配合は、全体の融点は約52℃、60℃での融点粘度は5センチポアズであった。 Blending the lotion overall melting point of about 52 ° C., the melting point viscosity at 60 ° C. was 5 centipoise. 【0220】 キンバリークラーク社から商業的に入手できるHUGGIES Suprem [0220] HUGGIES Suprem commercially available from Kimberly-Clark Corporation
eおむつとほぼ同一のおむつのトップシートに、1つのおむつに約0.2グラムの量でローションの配合を塗布した。 Almost topsheet same diaper as e diaper was applied the formulation of the lotion in an amount of about 0.2 grams one diaper. ローションは、トップシートに、おむつの中心から下の一連の4つのラインとして塗布された。 Lotion to the topsheet, was applied as a series of four lines down from the center of the diaper. ローションの各ラインの幅は0.25インチ、各ライン間の間隔は0.75インチであった。 The width of each line 0.25 inch lotion, spacing between lines was 0.75 inches. 【0221】 おむつは、Z方向のローション移動試験を行い、ここで5つのおむつが73° [0221] The diaper performs lotion movement test in the Z direction, where five diapers 73 °
Fで28日間保管され、5つのおむつが130°Fで28日間保管された。 Stored for 28 days in F, five diapers were stored for 28 days at 130 ° F. おむつのZ方向移動ロスは、91.7%であった。 Z-direction movement loss of the diaper was 91.7%. おむつはまた、機械横方向のローション移動試験を行い、ここで5つのおむつが73°Fで28日間保管され、5 The diaper also performs lotion movement test machine direction, wherein five diapers were stored 28 days at 73 ° F, 5
つのおむつが130°Fで28日間保管された。 One of the diaper is stored 28 days at 130 ° F. おむつの機械横方向移動ロスは、48.9%であった。 Machine lateral movement loss of the diaper, was 48.9%. 【0222】 比較例10次の組成のローションの配合を調製した。 [0222] was prepared the formulation of Comparative Example 10 the following composition lotion. 成分 重量%ペトロラタム 52.00 ポリフェニルメチルシロキサン 20.00 パラフィンワックス 15.00 ステアリルアルコール 10.00 PEG 2000 3.00 【0223】 ローションの配合は、Roeらの1997年発行の米国特許第5,643,5 Blending components by weight% Petrolatum 52.00 polyphenylmethylsiloxane 20.00 Paraffin wax 15.00 Stearyl alcohol 10.00 PEG 2000 3.00 [0223] Lotions, the U.S. Patent of 1997 issuance of Roe et al. 5,643 , 5
88号に記述されているものとほぼ同じである。 It is substantially the same as those described in No. 88. ローションの配合は、ペトロラタムを75℃に加熱し、残りの成分を添加して75℃に維持し、成分が溶融し均一になるまで混合して調製した。 Formulation of lotions, heating the petrolatum to 75 ° C., and maintained by adding the remaining ingredients to 75 ° C., was prepared by mixing until the components is homogeneous melt. ローションの配合は、全体の融点は約54℃、 Blending the lotion overall melting point of about 54 ° C.,
60℃での融点粘度は5センチポアズであった。 Melting point viscosity at 60 ° C. was 5 centipoise. 【0224】 キンバリークラーク社から商業的に入手できるHUGGIES Suprem [0224] HUGGIES Suprem commercially available from Kimberly-Clark Corporation
eおむつとほぼ同一のおむつのトップシートに、1つのおむつに約0.2グラムの量でローションの配合を塗布した。 Almost topsheet same diaper as e diaper was applied the formulation of the lotion in an amount of about 0.2 grams one diaper. ローションは、トップシートに、おむつの中心から下の一連の4つのラインとして塗布された。 Lotion to the topsheet, was applied as a series of four lines down from the center of the diaper. ローションの各ラインの幅は0.25インチ、各ライン間の間隔は0.75インチであった。 The width of each line 0.25 inch lotion, spacing between lines was 0.75 inches. 【0225】 おむつは、Z方向のローション移動試験を行い、ここで5つのおむつが73° [0225] The diaper performs lotion movement test in the Z direction, where five diapers 73 °
Fで28日間保管され、5つのおむつが130°Fで28日間保管された。 Stored for 28 days in F, five diapers were stored for 28 days at 130 ° F. おむつのZ方向移動ロスは、69.6%であった。 Z-direction movement loss of the diaper was 69.6%. おむつはまた、機械横方向のローション移動試験を行い、ここで5つのおむつが73°Fで28日間保管され、5 The diaper also performs lotion movement test machine direction, wherein five diapers were stored 28 days at 73 ° F, 5
つのおむつが130°Fで28日間保管された。 One of the diaper is stored 28 days at 130 ° F. おむつの機械横方向移動ロスは、50.0%であった。 Machine direction movement loss of the diaper was 50.0%. 【0226】 ここに例示したように、本発明の別の態様(例16)の吸収性物品のローションの配合は、上昇した温度では、比較例7〜10に示すような従来のローションの配合より、ずっと移動が少ない。 [0226] As illustrated herein, the lotion formulations of the absorbent article of another embodiment of the present invention (Example 16), in the elevated temperature, from the formulation of conventional lotion as shown in Comparative Examples 7 to 10 , much movement is small. 特に、例16の物品は、比較例7〜10に示すおむつと比較して、Z方向のローション移動が約50%少なく、機械横方向の移動が60%以上少ない。 In particular, the article of Example 16, as compared with the diaper shown in Comparative Examples 7 to 10, Z-direction of the lotion moving about 50% less, the movement of the cross machine direction is less than 60%. このように上昇した温度で、移動のレベルが減少すると、物品の人体側表面により多くのローションが残ることになり、ローションがより多い割合で着用者の皮膚に移転し、皮膚の健康を増し、摩擦を減少させる。 In such elevated temperatures, the level of movement is reduced, will be left many lotion by the body side surface of the article, the lotion is transferred to the wearer's skin at a greater rate, increase skin health, the friction is reduced. 【0227】 例17−19 尿及び糞便排泄物によりモデルプロテイン物質の加水分解を防ぐように本発明の処理化合物の効果が判断された。 [0227] The effect of treatment compounds of the present invention to prevent hydrolysis of the model protein substance is determined by Examples 17-19 urine and fecal excrement. さらに、EpiDermにおける糞便抽出炎症反応を減少させる処理化合物の能力が測定された。 In addition, the ability of the processing compound that reduces the fecal extract inflammatory response in EpiDerm was determined. 【0228】 例17 おむつかぶれの原因になる化学反応を防ぐように水溶亜鉛塩が示された。 [0228] Water zinc salt to prevent chemical reactions that cause Example 17 Diaper rash is shown. 糞便の蛋白質分解活性が、蛍光性にラベルがつけられたカセインを用いて測定された。 Proteolytic activity of feces was measured using a casein which labeled fluorescent. 水中における亜鉛塩七水化物の乳化防止が0から1mMの範囲で準備された。 Emulsifying prevention of zinc salt heptahydrate in water was prepared in a range from 0 to 1 mM. 【0229】 糞便抽出サンプルがおむつかぶれを有していた抗生物質(サルファトリム)のついた幼児から得られた。 [0229] fecal extract samples were obtained from infants with a antibiotics had a diaper rash (sulfur trim). 抽出物を準備するために、糞便が水中に吊るされ、協力に渦状にされた。 To prepare the extract, the feces were suspended in water, is spirally cooperation. 渦状にした後、サンプルが20分の間重力を15000回遠心力をかける前に氷の上で保持された。 After the spiral, samples were held on ice prior to placing a 15,000 centrifugal force of gravity for 20 minutes. 浮遊物が0.22ミクロンのセルロースアセテーフィルタにより濾過され、使用するまで−80℃に保存された。 Suspended matter is filtered through a 0.22 micron cellulose acetate tape filter, stored in -80 ° C. until used. おむつかぶれの原因となるトリプシン(分子重量=23,500ダルトン)、プロテアーゼが5,850ピコモル Trypsin cause of diaper rash (molecular weight = 23,500 Daltons), protease 5,850 pmol
/ミリリットルの濃度で糞便抽出物の中で測定された。 It was measured in the fecal extracts at a concentration of / ml. 膵臓エラスターゼ(分子量=25,000ダルトン)、推定される起因が83.6ピコモル/ミリリットルの濃度で糞便抽出物において測定された。 Pancreatic elastase (molecular weight = 25,000 Daltons), due to be estimated is measured in fecal extracts at a concentration of 83.6 pmol / ml. 糞便抽出物(水中において7.1mg/ml)が2μg/m Fecal extract (7.1 mg / ml in water) is 2 [mu] g / m
lにまで水で稀釈された。 It has been diluted with water up to l. 【0230】 分子量287.5の硫酸亜鉛七水化物(アルドリッヒケミカル)乳剤(20μL)が、 [0230] zinc sulfate heptahydrate of molecular weight 287.5 (Aldrich Chemical) emulsion (20μL) is,
100μLの糞便抽出物を含む96白色プレート(ダイネックス)の壁に添加され、室温において15分間培養できた。 Is added to the wall of 96 white plates (Dynex) containing 100μL of fecal extract was incubated for 15 minutes at room temperature. 反応は20mM Triis-HCI、pH8.0における蛍光塗料でラベルが付けられたカゼイン物質(EnzChek Protease Assay Kit(E6639、 The reaction is 20mM Triis-HCI, casein substance labeled with a fluorescent paint in pH8.0 is attached (EnzChek Protease Assay Kit (E6639,
分子プローブ、Eugene,Or)の12.5μg/ml溶液の80μLの添加で開始された。 Molecular Probes, Eugene, was initiated by addition of 80μL of 12.5 [mu] g / ml solution of Or). カゼイン物質を有する糞便抽出の反応により、蛍光塗料が物質からはがれる。 By reaction of fecal extract with casein materials, fluorescent paint peels from substances. 相対的蛍光単位(RFUs)が、485及び538mmの励磁及び排出フィルタをそれぞれ有するFl Relative fluorescence units (RFUs) is, Fl with 485 and 538mm excitation and emission filters respectively
uoroskan Ascentシステムを用いて収集された。 It was collected using the uoroskan Ascent system. データが15分間の間1分ごとに収集され、割合(RFU/分)が計算された。 Data is collected every one minute while 15 minutes, the ratio (RFU / min) was calculated. 100%プロテアーゼ活性として抑制されていない壁を用いて、残余する糞便たんぱく質活性の割合が亜鉛抑制剤の各濃度(抑制される割合/抑制されない割合*100)ごとに求められた。 With 100% wall not suppressed as protease activity, the percentage of fecal protein activity remaining was determined for each concentration of zinc inhibitor (ratio * 100 not rate / inhibition is suppressed). 【0231】 データは、亜鉛が、線量依存法において糞便抽出によりカセインの加水分解物を効率的に抑制したことを表す。 [0231] Data indicates that zinc was effectively suppressed casein hydrolyzate by faecal extract in a dose dependent manner. 糞便抽出サンプルのデータプロットが図9に図示されており、硫酸亜鉛七水化物濃度が上昇するにつれ、糞便抽出物の蛋白質分解活性度がどのように減少するかを表すグラフになっている。 Data plots of fecal extract samples are shown in Figure 9, and is a graph representing how as the increased zinc heptahydrate concentration sulfate, proteolytic activity of fecal extract how decreases. データは、水性亜鉛乳剤がおむつ環境において皮膚に刺激を与えるのに関連づけられた糞便の蛋白質を中和させる能力を有することを表している。 Data represents that it has the ability to aqueous zinc emulsion to neutralize the protein feces associated to skin irritation in the diaper environment. 例18 水性亜鉛塩がおむつかぶれの原因となる化学反応を抑制するのに示された。 Example 18 Aqueous zinc salts have been shown to inhibit the chemical reaction causing diaper rash. 幼児の尿の蛋白質分解活性度が、蛍光でラベルがつけられたカセインを用いて測定された。 Proteolytic activity of infant urine was measured using a casein which labeled by fluorescence. 水中硫酸亜鉛七水化物の抑制乳剤が0から50mMの範囲で準備された。 Suppression emulsion of water zinc sulfate heptahydrate was prepared in the range from 0 to 50mM. 【0232】 2人の幼児の尿(100μL)、100mM Triis-HCI、pH8.0における蛍光塗料でラベルが付けられたカゼイン物質(EnzChek Protease Assay Kit(E6639、分子プローブ、Eugene,Or)の12.5μg/ml溶液の80μLを含む96白色プレート(ダイネックス)の壁に添加され、37℃において60分間培養できた。カゼイン物質を有する幼児尿の反応により、蛍光塗料が物質からはがれる。RFUsが、485及び538mmの励磁及び排出フィルタをそれぞれ有するFluoroskan Ascentシステムを用いて収集された。データが60分間の間1分ごとに収集され、30から50分の割合(RFU/分) [0232] 12.5μg of 2 infants urine (100μL), 100mM Triis-HCI, casein substance labeled with a fluorescent paint attached at pH8.0 (EnzChek Protease Assay Kit (E6639, Molecular Probes, Eugene, Or) / ml is added to the wall of 96 white plates containing 80μL of solution (Dynex), by reaction of infant urine with. casein material can be cultured for 60 minutes at 37 ° C., it is .RFUs fluorescent paint peeling off from the material, 485 and 538mm excitation and emission filters were collected using a Fluoroskan Ascent system having, respectively. data is collected every one minute while 60 minutes, the proportion of 30 to 50 minutes (RFU / min)
が各亜鉛濃度ごとに計算された。 There is calculated for each concentration of zinc. 100%プロテアーゼ活性として抑制されていない壁を用いて、残余する尿たんぱく質活性の割合が亜鉛抑制剤の各濃度(抑制される割合/抑制されない割合*100)ごとに求められた。 With 100% wall not suppressed as protease activity, the percentage of urine protein activity remaining was determined for each concentration of zinc inhibitor (ratio * 100 not rate / inhibition is suppressed). 【0233】 データは、亜鉛が、線量依存法において幼児の尿によりカセインの加水分解物を効率的に抑制したことを表す。 [0233] Data, zinc, indicating that it has effectively suppress casein hydrolyzate by infant urine in a dose dependent manner. データのプロットが図9に図示されており、硫酸亜鉛七水化物濃度が上昇するにつれ、幼児の尿の蛋白質分解活性度がどのように減少するかを表すグラフになっている。 Plot of the data is illustrated in Figure 9, and is a graph representing how as the increased zinc heptahydrate concentration sulfate, proteolytic activity of the infant urine how decreases. これらのデータは、水性亜鉛乳剤がおむつ環境において皮膚に刺激を与えるのに関連づけられた幼児の尿の蛋白質を中和させる能力を有することを表す。 These data represent that it has the ability to aqueous zinc emulsion to neutralize the protein infant urine associated to skin irritation in the diaper environment. 【0234】 例19 硫酸亜鉛七水化物が合成皮膚にかんし糞便抽出の反応を抑制することを表している。 [0234] Example 19 zinc sulfate heptahydrate represents a suppressing reaction monitoring fecal extract synthetic skin. 合成皮膚、DpiDerm201(マットテックコーポレーション)が、糞便抽出においてプロテアーゼを受けるとき、インターロイキン−1アルファ(IL-1アルファ)を解放するケラチン合成細胞を含む。 Synthetic skin, DpiDerm201 (Mat Tech Corporation) is, when subjected to protease in fecal extracts, including keratinocytes to release interleukin-1 alpha (IL-1 alpha). IL−1が解放されると、これは拡散され皮膚からEpiDermの下側の流体に入る。 When IL-1 is released, it enters the lower fluid EpiDerm skin is diffused. この流体のサンプルが取られて、IL Sample of this fluid is taken, IL
−1アルファの存在について分析される。 -1 is analyzed for the presence of alpha. 高レベルのIL−1アルファがより大きな皮膚の刺激を表した。 High levels of IL-1 alpha expressed a greater skin irritation. 【0235】 EpiDerm付与する前に、糞便抽出物(10.4μL)が、水中(2.6μL)250mMの硫酸亜鉛七水化物で30分の間、室温で予め培養された。 [0235] Prior to EpiDerm grant, fecal extract (10.4μL) is water (2.6μL) for 30 minutes at 250mM of zinc sulfate heptahydrate were preincubated at room temperature. 水と糞便抽出物だけのサンプルが標準として利用された。 Samples of only water and fecal extracts were utilized as standard. サンプルをEpiDermに付与後、アリコートが直接、濾過され滅菌された20mMのTris−HC1、pH8.0の225μLと、1%のBSA緩衝剤を含む1.5mLのマイクロ遠心チューブに添加され、−80℃で保存された。 After applying the sample to the EpiDerm, aliquots directly, filtered sterile 20mM of Tris-HC1, and 225μL of pH 8.0, is added to 1.5mL microcentrifuge tube containing 1% BSA buffer, -80 ° C. in stored. 全サンプルが収集された後、1L−1アルファレベルがインターロイキン−1アルファQuantiki After all samples have been collected, 1L-1 alpha levels interleukin-1 alpha Quantiki
neキット(R&Dシステムズ)を用いて定量化された。 It was quantified using ne kit (R & D Systems). 【0236】 データのプロットが図11に図示されており、硫酸亜鉛七水化物(FE+亜鉛)の添加により、抑制されていない糞便抽出物(FE+水)で処理された物質の添加にたいし内在する媒体に解放させるインターロイキン−1アルファの量が減少した。 [0236] Plots of the data are shown in Figure 11, inherent to the addition of the addition of zinc sulfate heptahydrate (FE + zinc), treated with faecal extract that has not been suppressed (FE + water) material the amount of interleukin-1 alpha to release the medium is reduced. 同様な減少が8,12及び24時間においてもみられた。 A similar reduction was also observed in 8, 12 and 24 hours. 図11に示したエラーバー上の星印は学生t−試験95%信頼区間を表す。 Stars on error bars shown in Figure 11 represents a student t- test 95% confidence interval. 【0237】 糞便抽出物の10.4μLサンプルに添加された2.6μLアリコートにおける硫酸亜鉛七水化物も様々な濃度(0.25,50.125及び250mM)に関する同一の実験を再び実行すると、硫酸亜鉛七水化物が糞便抽出物の蛋白質活性度を効率的に抑制することを表した。 [0237] When running the same experiment on zinc sulfate seven in 2.6μL aliquots added to 10.4μL sample of fecal extract hydrates also various concentrations (0.25,50.125 and 250 mM) again, zinc heptahydrate sulfate feces the protein activity of the extract was expressed that effectively suppressed. このデータのプロットが図12に図示されており、糞便蛋白質活性は、硫酸亜鉛七水化物濃度が減少するにつれ減少することを表す。 The plot of the data is illustrated in Figure 12, fecal protein activity indicates that the decrease as a decrease in zinc heptahydrate strength sulfuric acid. 【0238】 例20 本発明の皮膚処理化合物が皮膚健康有益剤とキャリヤ液として水とからなる乳剤(マイクロエマルジョン)を作り出すことにより形成された。 [0238] skin treatment compound of Example 20 present invention is formed by creating an emulsion (microemulsion) consisting of water as a skin health benefit agent and carrier liquid. 皮膚健康有益剤としての亜鉛塩からなるアリコート乳剤、界面処理システムとしてAHCOVEL、シルクプロテインとしてCROSILKが準備された。 Aliquots emulsion comprising zinc salt as a skin health benefit agent, AHCOVEL as surface processing system, is CROSILK as silk protein was prepared. 安定した乳剤が約5重量%の乳剤に稀釈され、以下のような飽和及び攪拌プロセスによりポリオレフィン不織トップシート布の表面に添加された。 Stable emulsion is diluted to about 5% by weight of the emulsion, it is added to the surface of the polyolefin nonwoven topsheet fabrics by following such saturated and stirring process. 【0239】 未処理ポリプロピレンスパンボンド材料(坪量が約0.5オンス/平方ヤード)が処理化合物の基材として使用された。 [0239] Untreated polypropylene spunbond material (basis weight of about 0.5 oz / yd) was used as a substrate for processing compound. 化合物が低固体バッチ処理プロセ羽により基材に添加された。 Compound is added to the substrate by low solids batching process feathers. 8インチ×12インチ(20.32×30.48cm)例の基材が、表33に図示した既知の化合物の水性処理バスにまず浸された。 8 inches × 12 inches (20.32 × 30.48 cm) examples of substrates were first immersed in an aqueous treatment bath of known compounds shown in Table 33. 【0240】 表3 処理バス濃度 [0240] Table 3 processing bus concentration 【0241】 飽和例が研究室リンガー、タイプLW−1、No.LW-83A(アトラスエレクトリックデバイス)において2つのゴムロールの間でニップされ、約20分間60℃でオーブン内で乾燥され、最終的に一定の重量が得られた。 [0241] saturation example laboratory ringer, type LW-1, is nipped between two rubber rolls at No.LW-83A (Atlas Electric Devices), dried in an oven for about 20 minutes 60 ° C., and finally constant weight was obtained. ニップ圧は100%の湿潤ピックアップ(%WPU)を達成するように調整された。 Nip pressure was adjusted to achieve a 100% wet pick-up (% WPU). %WPUは以下の式から計算された。 % WPU was calculated from the following equation. %WPU=[(Ww−Wd)/Wd]×100 ここで、Ww=ニップされた布の湿潤重量であり、Wd=処理された布の乾燥重量である。 % WPU = [(Ww-Wd) / Wd] × 100 where, Ww = a wet weight of nipped fabric, a dry weight of Wd = treated fabric. 【0242】 バス濃度と%WPUを知ることにより、%含浸が以下の式から得荒れる。 [0242] Knowing the bus concentration and% WPU,% impregnation becomes rough obtained from the following equation. %含浸=(%バス濃度)×(%WPU)÷100 この例において、%WPUが100の場合、%含浸量は%バス濃度に等しくなる。 % Impregnated = In (% Bus concentration) × (% WPU) ÷ 100 This example% when WPU is 100% wet pickup is equal to% bus concentration. しかし、別の%WPU及び%バス濃度の組み合わせも同一の結果をえるのに使用できる。 However, another combination of% WPU and% buses concentration can also be used to obtain the same results. 【0243】 処理されたスパンボンド材料が糞便抽出物と合成皮膚との反応を防ぐ能力を有するように試験された。 [0243] The treated spunbond material was tested as having the ability to prevent the reaction of the fecal extract and synthetic skin. 糞便抽出物がおむつかぶれになって、抗生物質がつけられた(サルファトリム)幼児から得た。 Fecal extract is to diaper rash, was obtained from the antibiotic was given (sulfur trim) infant. 抽出物を準備するために、糞便が水中に浮遊し、激しく渦状にまわされた。 To prepare the extract, the feces are suspended in water, it was forwarded to vigorously vortex. 渦状にした後、サンプルが20分の間重力を15 After the spiral, the sample is between 20 minutes gravity 15
000回遠心力をかける前に氷の上で保持された。 Multiplied by 000 times the centrifugal force which is held on the ice before. 浮遊物が0.22ミクロンのセルロースアセテーフィルタにより濾過され、使用するまで−70℃に保存された。 Suspended matter is filtered through a 0.22 micron cellulose acetate tape filter, stored in -70 ° C. until used. おむつかぶれの原因となるトリプシン(分子重量=23,500ダルトン)、プロテアーゼが5,850ピコモル/ミリリットルの濃度で糞便抽出物の中で測定された。 Trypsin causing diaper rash (molecular weight = 23,500 Daltons), proteases was measured in the fecal extracts at a concentration of 5,850 pmol / ml. 膵臓エラスターゼ(分子量=25,000ダルトン)、推定される起因が83.6ピコモル/ミリリットルの濃度で糞便抽出物において測定された。 Pancreatic elastase (molecular weight = 25,000 Daltons), due to be estimated is measured in fecal extracts at a concentration of 83.6 pmol / ml. 【0244】 合成皮膚、EpiDerm201(マットテックコーポレーション)が糞便抽出においてトリプシン及び膵臓エラスターゼのようなプロテアーゼを受けるとき、インターロイキン−1アルファ(IL-1アルファ)を解放するケラチン合成細胞を含む。 [0244] Synthetic skin, EpiDerm201 when (Mat Tech Corporation) is subjected to proteases such as trypsin and pancreatic elastase in the feces extracts, including keratinocytes to release interleukin-1 alpha (IL-1 alpha). I
L−1アルファが解放されると、これは拡散され皮膚からEpiDermの下側の流体に入る。 When L-1 alpha is released, which enters the lower fluid EpiDerm skin is diffused. この流体のサンプルが取られて、IL−1アルファの存在について分析される。 The sample of fluid is taken and analyzed for the presence of IL-1 alpha. 高レベルのIL−1アルファがより大きな皮膚の刺激を表した。 High levels of IL-1 alpha expressed a greater skin irritation. 【0245】 実験を実行するために、10μLの水が合成皮膚の表面に添加された。 [0245] To perform the experiment, water 10μL is added to the surface of the synthetic skin. 処理されたスパンボンド材料が約0.9cmのディスクに切断され、EpiDermの水の上部に配置された。 Treated spunbond material is cut into a disk of about 0.9 cm, it was placed on top of the water EpiDerm. 37℃における約2時間の培養後、ディスクが取り除かれ、EpiDermが15μ After about 2 h incubation at 37 ° C., the disk is removed, EpiDerm is 15μ
Lの排出流体で排泄された。 Was excreted in the L discharged fluid. 第2の処理されたスパンボンドディスクが排出流体の上部に配置され、おむつ環境をシュミレートした。 The second treated spunbond disc is placed on top of the exhaust fluid was simulated diaper environment. 37℃で11時間後、EpiDermwo 11 hours at 37 ℃, EpiDermwo
浸していた流体からアリコートが取り除かれ、1L−1アルファレベルがインターロイキン−1アルファQuantikineキット(R&Dシステムズ)を用いて定量化された。 Immersed aliquots from have fluid is removed, 1L-1 alpha levels are quantified using the interleukin-1 alpha Quantikine kit (R & D Systems). 【0246】 表1からの2つの例を用いて4つの処理がなされ、2つの排出流体(糞便は移出及び水)が表4に図示されている。 [0246] Four process using two examples from Table 1 is made, the two exhaust fluid (stool export and water) are shown in Table 4. 表4:EpiDerm処理 Table 4: EpiDerm processing 【0247】 表4の試験の結果が表5に示されている。 [0247] Table 4 Test results are shown in Table 5. CrosilkとZinc(コードC及びD)で処理された材料のEpiDermへの付与が、Ahcovel(コードA及びB)で処理された材料の付与に関し、基礎になる媒体に解放されたインターロイキン−1アルファの量を減少させた。 Crosilk and Zinc application to EpiDerm of (code C and D) in the treated material is directed to application of the material treated with Ahcovel (code A and B), interleukin-1 alpha was released in the underlying medium the amount of reduced. 表5:解放されたIL-1アルファ(ピコグラム/ミリリットル) Table 5: released IL-1 alpha (picogram / milliliter) 【0248】 例21 水溶性シルクプロテイン(SERICIN、ペンタファームAG)及び加水分解されたシルク(CROSiLK10,000、クロダインコーポレーティド)が、おむつかぶれの原因となった糞便抽出物における蛋白質分解活性を抑制するのに別箇に示された。 [0248] Example 21 water-soluble silk protein (SERICIN, Pentapharm AG) and hydrolyzed silk (CROSiLK10,000, porgy emissions Incorporated rate tee de) is suppressed proteolytic activity in faeces extract that caused diaper rash It has been shown to Bekko to.
純プロテインと加水分解の稀釈が、稀釈剤として100mM Tris−HCI pH8.0で実行された。 Dilution of the pure protein and hydrolysis was performed in 100 mM Tris-HCI pH 8.0 as diluent. シルクプロテイン濃度がマルコBCAプロテイン アセイ リージェント キット(ピアス)を用いて求められた。 Silk protein concentration was determined using the Mark BCA Protein Asei Regent Kit (Pierce). 【0249】 糞便抽出物が、シルクプロテイン及び亜鉛の化合物に関し上述したように準備された。 [0249] Fecal extracts were prepared as described above with respect to compounds of silk protein and zinc. SERICINとCROSILK(20μL)が、蛍光塗料でラベルが付けられたカゼイン物質(EnzChek Protease Assay Kit(E6639、分子プローブ、Eugene,Or)1 SERICIN and CROSILK (20 [mu] L) is casein substance labeled with a fluorescent paint attached (EnzChek Protease Assay Kit (E6639, Molecular Probes, Eugene, Or) 1
2.5μg/ml溶液の80μLを含む96白色プレート(ダイネックス)の壁に添加された。 It was added to the wall of 96 white plates (Dynex) containing 80μL of 2.5 [mu] g / ml solution. 反応が2μg/ml糞便抽出物の100μLで始まった。 The reaction was commenced 100μL of 2 [mu] g / ml fecal extract. カゼイン物質を有する糞便抽出の反応により、蛍光塗料が物質からはがれる。 By reaction of fecal extract with casein materials, fluorescent paint peels from substances. 相対的蛍光ユニット(RFUs)が、485及び538mmの励磁及び排出フィルタをそれぞれ有するFluoroskan Ascentシステムを用いて収集された。 Relative fluorescence units (RFUs) were collected using Fluoroskan Ascent system having respectively 485 and 538mm excitation and emission filters. 反応が30分の間室温で行なわれ、10から20分の間の割合(RFU/分)が計算された。 The reaction is performed at room temperature for 30 minutes, the proportion between 10 and 20 min (RFU / min) was calculated. 残余する糞便たんぱく質活性の割合がSERICNとCR Percentage of fecal protein activity remainder SERICN and CR
OSILK抑制剤の各濃度(抑制される割合/抑制されない割合*100)ごとに求められた。 Determined for each concentration of OSILK inhibitor (ratio * 100 not rate / inhibition is suppressed). 【0250】 データのプロットが図13に図示されており、SERICINとCROSILK双方の濃度が上昇するにつれ、蛋白質分解活性の減少を表すグラフである。 [0250] Plots of the data are shown in Figure 13, as the concentration of both SERICIN and CROSILK rises, is a graph showing a decrease in proteolytic activity. これらのデータは、 These data,
双方の分子が、おむつ環境において、皮膚の刺激を減少させるように培養されたプロテアーゼを中和させる能力を有することを示している。 Both molecules, in the diaper environment, have been shown to have the ability to neutralize the cultured protease to reduce the irritation of the skin. 【0251】 図17から21に図示するように、本発明の異なる態様の吸収性物品のトップシートの様々な処理化合物が、皮膚へ移されたときの糞便抽出物の蛋白質分解活性を効率的に防ぐ。 [0251] As shown in FIGS. 17 21, various processes compounds of the topsheet of the absorbent article of the different aspects of the invention, the proteolytic activity of fecal extracts when transferred to the skin efficiently prevent. 【0252】 本発明を詳細に記載してきたが、本分野の当業者であれば、本発明の精神から逸脱することなく様々な変更及び修正ができることを容易に理解できるであろう。 [0252] the invention has been described in detail, those skilled in the art in the art, would that be various changes and modifications without departing from the spirit of the present invention can be readily understood. このような変更及び修正が請求の範囲により定められた本発明の範囲内にあると考えられる。 Such changes and modifications are contemplated as being within the scope of the invention as defined by the appended claims. 【図面の簡単な説明】 【図1】 本発明の1実施例に関する吸収性物品の部分的に切断された上面図である。 It is a top view, partially cut the absorbent article for one embodiment BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS [Figure 1] present invention. 【図2】 線2−2に沿って切断された図1の吸収性物品の断面図である。 It is a cross-sectional view of the absorbent article of Figure 1 taken along FIG. 2 line 2-2. 【図3】 本発明の1実施例に関する吸収性物品の部分的に切断された上面図である。 3 is a top view, partially cut the absorbent article for one embodiment of the present invention. 【図4】 線4−4に沿って切断された図3の吸収性本体の断面図である。 It is a cross-sectional view of the absorbent body of Fig. 3 cut along a [4] lines 4-4. 【図5】 本発明の別の実施例に関する吸収性物品の部分的に切断された上面図である。 5 is a top view, partially cut absorbent article relates to another embodiment of the present invention. 【図6】 線6−6に沿って切断された吸収性物品の断面図である。 It is a cross-sectional view of a cut absorbent article along the 6 lines 6-6. 【図7】 例15と比較例6からのデータのグラフである。 7 is a graph of data from Comparative Example 6 and Example 15. 【図8】 本明細書におけるローション移動試験に関する試験装置である。 8 is a testing device related to lotion movement test in the present specification. 【図9】 例17乃至21からの結果を表すグラフである。 9 is a graph showing the results from Example 17 to 21. 【図10】 例17乃至21からの結果を表すグラフである。 10 is a graph showing the results from Example 17 to 21. 【図11】 例17乃至21からの結果を表すグラフである。 11 is a graph showing the results from Example 17 to 21. 【図12】 例17乃至21からの結果を表すグラフである。 12 is a graph showing the results from Example 17 to 21. 【図13】 例17乃至21からの結果を表すグラフである。 13 is a graph showing the results from Example 17 to 21.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (31)優先権主張番号 60/097,810 (32)優先日 平成10年8月25日(1998.8.25) (33)優先権主張国 米国(US) (31)優先権主張番号 09/298,314 (32)優先日 平成11年4月23日(1999.4.23) (33)優先権主張国 米国(US) (31)優先権主張番号 09/328,681 (32)優先日 平成11年6月9日(1999.6.9) (33)優先権主張国 米国(US) (31)優先権主張番号 60/141,788 (32)優先日 平成11年6月30日(1999.6.30) (33)優先権主張国 米国(US) (31)優先権主張番号 09/343,861 (32)優先日 平成11年6月30日(1999.6.30) (33)優先権主張国 米国(US) (31)優先権主張番号 60/146,93 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (31) priority claim No. 60 / 097,810 (32) priority date 1998 August 25 (1998.8.25) (33) priority country the United States (US) ( 31) priority claim No. 09 / 298,314 (32) priority date 1999 April 23 (1999.4.23) (33) priority country the United States (US) (31) priority claim No. 09 / 328,681 (32) priority date 1999 June 9 (1999.6.9) (33) priority country the United States (US) (31) priority claim No. 60 / 141,788 (32) priority date 1999 June 30 (1999.6.30) (33) priority country the United States (US) (31) priority claim No. 09 / 343,861 (32) priority date June 1999 30 days ( 1999.6.30) (33) priority country the United States (US) (31) priority claim No. 60 / 146,93 (32)優先日 平成11年7月30日(1999.7.30) (33)優先権主張国 米国(US) (31)優先権主張番号 09/377,294 (32)優先日 平成11年8月19日(1999.8.19) (33)優先権主張国 米国(US) (31)優先権主張番号 09/379,431 (32)優先日 平成11年8月23日(1999.8.23) (33)優先権主張国 米国(US) (81)指定国 EP(AT,BE,CH,CY, DE,DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,I T,LU,MC,NL,PT,SE),OA(BF,BJ ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GW,ML, MR,NE,SN,TD,TG),AP(GH,GM,K E,LS,MW,SD,SL,SZ,UG,ZW),E A(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU,TJ ,TM),AE,AL,AM,AT,AU,AZ,BA ,BB,BG (32) priority date 1999 July 30 (1999.7.30) (33) priority country the United States (US) (31) priority claim No. 09 / 377,294 (32) priority date 1999 August 19 (1999.8.19) (33) priority country the United States (US) (31) priority claim No. 09 / 379,431 (32) priority date 1999 August 23 (1999.8 .23) (33) priority country the United States (US) (81) designated States EP (AT, BE, CH, CY, DE, DK, ES, FI, FR, GB, GR, IE, I T, LU, MC, NL, PT, SE), OA (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG), AP (GH, GM, K E , LS, MW, SD, SL, SZ, UG, ZW), E A (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM), AE, AL, AM, AT, AU, AZ, BA, BB, BG BR,BY,CA,CH,CN,CR, CU,CZ,DE,DK,DM,EE,ES,FI,G B,GD,GE,GH,GM,HR,HU,ID,IL ,IN,IS,JP,KE,KG,KP,KR,KZ, LC,LK,LR,LS,LT,LU,LV,MD,M G,MK,MN,MW,MX,NO,NZ,PL,PT ,RO,RU,SD,SE,SG,SI,SK,SL, TJ,TM,TR,TT,UA,UG,UZ,VN,Y U,ZA,ZW (72)発明者 エイキン フランク ジェレル アメリカ合衆国 ジョージア州 30064 マリエッタ トレイルウッド レーン 560 (72)発明者 ディ ルッチオ ロベルト コスモ アメリカ合衆国 ジョージア州 30004 アルファレッタ コグバーン リッジ ロ ード 2350 (72)発明者 エヴァーハート デニス ステイン アメリ BR, BY, CA, CH, CN, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, EE, ES, FI, G B, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS , JP, KE, KG, KP, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, MD, M G, MK, MN, MW, MX, NO, NZ, PL, PT, RO, RU, SD, SE, SG, SI, SK, SL, TJ, TM, TR, TT, UA, UG, UZ, VN, Y U, ZA, ZW (72) inventor Aiken Frank Jereru United States Georgia 30064 Marietta Trail Wood lane 560 (72) inventor di Rutchio Roberto Cosmo United States, GA 30004 Alpharetta Koguban ridge and Russia over de 2350 (72) inventor Everhart Dennis stain Amelie 合衆国 ジョージア州 30004 アルファレッタ ヒアフォード ロード 230 (72)発明者 ガッズバイ エリザベス デイブラー アメリカ合衆国 ジョージア州 30068 マリエッタ ティンバー リッジ ロード 5338 (72)発明者 メイベリー パメラ ジェーン アメリカ合衆国 ジョージア州 30075 ロズウウェル リンドハースト ウェイ 1035 (72)発明者 ライト オウドラ ステファニック アメリカ合衆国 ジョージア州 30188 ウッドストック カントリー マノア コ ート 4142 (72)発明者 ヤヒアオイ アリ アメリカ合衆国 ジョージア州 30075 ロズウェル フォックスベリー レーン 5040 (72)発明者 フォウルクス マイケル ジョン アメリカ合衆国 ウィスコンシン州 54956 ニーナ フィエスタ コート 2320 (72)発明者 クルズィシック デュアン ジェラルド アメリカ合衆国 ウィスコンシン州 54911 アッ United States, GA 30004 Alpharetta Hereford Road 230 (72) inventor Gazzubai Elizabeth Deibura United States Georgia 30068 Marietta Timber Ridge Road 5338 (72) inventor Mayberry Pamela Jane United States Georgia 30075 Rozuuweru Lyndhurst Way 1035 (72) inventor light Oudora Sutefanikku United States Georgia 30188 Woodstock Country Manoa co-over door 4142 (72) inventor Yahiaoi Ali United States, GA 30075 Roswell Fox berry lane 5040 (72) inventor Fourukusu Michael John United States, Wisconsin 54956 Nina Fiesta coat 2320 (72) inventor Kuruzuishikku Duane Gerald United States Wisconsin 54911 up ルトン イースト メルロ ーズ アベニュー 1112 (72)発明者 メナード カレン マリー アメリカ合衆国 ウィスコンシン州 54956 ニーナ イースト ペッカム ス トリート 528 (72)発明者 ムシル デイビッド チャールズ アメリカ合衆国 ウィスコンシン州 54915 アップルトン サウス スクール アベニュー 3725 (72)発明者 ロシュ フランク アンドリュー ザ サ ード アメリカ合衆国 ウィスコンシン州 54169 シャーウッド スプリング ヒル ドライブ ウエスト4823 (72)発明者 シャー ゴードン アレン アメリカ合衆国 ウィスコンシン州 54942 グリーンヴィル エバーグレイド ロード ウエスト6253 (72)発明者 タイレル デイビッド ジョン アメリカ合衆国 ウィスコンシン州 54911 アップルトン サウス オールド オネイダ ストリート 415 アパート メント 318 (72)発明者 アンダーヒル Daltons East Merlo over's Avenue 1112 (72) inventor Menard Karen Marie United States, Wisconsin 54956 Nina East Peckham scan Treat 528 (72) inventor pluck David Charles United States, Wisconsin 54915 Appleton South School Avenue 3725 (72) inventor Roche Frank Andrew The support over de United States, Wisconsin 54169 Sherwood spring Hill drive West 4823 (72) inventor Shah Gordon Allen United States, Wisconsin 54942 Greenville Everglades Road West 6253 (72) inventor Tyrell David John United States, Wisconsin 54911 Appleton South Old Oneida Street 415 apartment instruments 318 (72) inventor Underhill イアン マイケル アメリカ合衆国 ウィスコンシン州 54956 ニーナ コングレス プレイス 726 (72)発明者 ホッカースミス ジェフリー マイケル アメリカ合衆国 ワシントン州 98012 ミル クリーク エスイー トゥウェンテ ィーフォース アベニュー 14705 (72)発明者 ギルバーグ ラ フォース ガニラ エル ザ アメリカ合衆国 ニューヨーク州 14870 ペインテッド ポスト ポンド ビュー 7 (72)発明者 メイ ウェイド ボルトン アメリカ合衆国 ルイジアナ州 71301 アレクサンドリア アルバート ストリー ト 1904 Fターム(参考) 3B029 BB05 BB07 BD22 4C098 AA09 CC02 CC03 CC08 DD10 DD16 DD22 DD25 DD27 Ian Michael United States, Wisconsin 54956 Nina Congress Place 726 (72) inventor hot car Smith Jeffrey Michael United States, WA 98012 Mill Creek SE Twente Ifosu Avenue 14705 (72) inventor Girubagu La Force Ganira El The United States of America, New York 14870 Painted Post pound view 7 (72) inventor Mei Wade Bolton United States Louisiana 71301 Alexandria, Albert streaming door 1904 F-term (reference) 3B029 BB05 BB07 BD22 4C098 AA09 CC02 CC03 CC08 DD10 DD16 DD22 DD25 DD27

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 吸収性本体と、前部ウエストセクションと、背部ウエストセクション及び前記前部及び背部ウエストセクションを接続する中間セクションとからなり、体側に面する少なくとも一部にローション配合物を有する使い捨て吸収性物品であって、 1)約5から約95重量パーセントの乳剤と、 2)約5から約95重量パーセントのワックスと、からなり、 前記吸収性物品はトレーサーガス試験に従って計算されて分あたり少なくとも約190立方センチメートルの湿潤空気交換率を有するものである使い捨て吸収性物品。 And [claimed 1 absorbent body, a front waist section, consists of a middle section which connects the back waist section and said front and back waist sections, at least a portion facing the side a disposable absorbent article having a lotion formulation, 1) from about 5 to about 95 percent by weight of the emulsion, 2) from about 5 to about 95 percent by weight of the wax, made of, the absorbent article tracer gas test disposable absorbent articles are calculated are those having a wet air exchange rate of at least about 190 cubic centimeters per minute according to. 【請求項2】 前記ローション配合物は、ポリオレフィン樹脂、ポリオレフィンポリマー、ポリエチレン、イソフィリン/オイルシックナーおよびこれらの混合物から選択された、前記ローション配合物の全重量に基いて約0.1から約25 Wherein said lotion formulation include polyolefin resins, polyolefin polymers, polyethylene, Isofirin / oil thickeners and selected mixtures thereof, wherein from about 0.1 based on the total weight of the lotion formulation to about 25
    重量パーセントの粘性増強剤を含むことを特徴とする請求項1に記載の吸収性物品。 The absorbent article according to claim 1, characterized in that it comprises a weight percent of viscosity enhancing agents. 【請求項3】 前記乳剤は、油、エステル、グリセロルエステル、エーテル、アルコシレートカルボキシル酸、アルコシレートアルコール、脂肪族アルコール及びこれらの混合物から選択されることを特徴とする請求項1に記載の吸収性い物品。 Wherein the emulsion is an oil, an ester, glycerophosphate ester, ether, alkoxy shea rate carboxylic acid, alcoholates shea rate alcohol, according to claim 1, characterized in that it is selected from aliphatic alcohols and mixtures thereof the absorbent had article. 【請求項4】 前記乳剤は、石油ベースの乳剤であることを特徴とする請求項1に記載の吸収性物品。 Wherein said emulsion absorbent article according to claim 1, wherein the petroleum-based emulsion. 【請求項5】 前記ワックスは、天然または合成の、動物性ワックス、植物性ワックス、ミネラルベースワックス、シリコンベースワックス及びこれらの混合物から選択されることを特徴とする請求項1に記載の吸収性物品。 Wherein said wax, natural or synthetic, animal waxes, vegetable waxes, mineral based waxes, absorbent according to claim 1, characterized in that it is selected from silicon-based waxes and mixtures thereof articles. 【請求項6】 前記粘性増強剤は、前記乳剤と前記ワックスの組み合わせの粘性を、60℃の温度において少なくとも50%高めることを特徴とする請求項2に記載の吸収性物品。 Wherein said viscosity enhancing agent, absorbent article according to claim 2 in which the viscosity of the combination of the said emulsion wax, and wherein the increase of at least 50% at a temperature of 60 ° C.. 【請求項7】 前記吸収性物品は約55%以下のZ方向の移動損失を備えることを特徴とする請求項1に記載の吸収性物品。 Wherein said absorbent article is an absorbent article according to claim 1, characterized in that it comprises a movement loss of about 55% or less in the Z direction. 【請求項8】 前記吸収性物品は、前記トレーサーガス試験に従って計算されて分あたり少なくとも約525立方センチメートルの乾燥空気交換率を備えることを特徴とする請求項1に記載の吸収性物品。 Wherein said absorbent article, the absorbent article according to claim 1, characterized in that it comprises a drying air exchange rate of at least about 525 per cubic centimeter is calculated divided according to the Tracer Gas Test. 【請求項9】 前記湿潤交換率は、前記トレーサーガス試験に従って計算されて分あたり少なくとも約225立方センチメートルであることを特徴とする請求項1に記載の吸収性物品。 Wherein said wetting exchange rate, absorbent article according to claim 1, wherein at least about 225 per cubic centimeter is calculated divided according tracer gas test. 【請求項10】 前記吸収性物品は、前記トレーサーガス試験に従って湿潤空気交換率/空気交換率比が少なくとも約0.20であることを特徴とする請求項1 Wherein said absorbent article according to claim 1, moist air exchange rate / air exchange ratio according to the Tracer Gas Test is characterized in that at least about 0.20
    に記載の吸収性部品。 The absorbent component according to. 【請求項11】 前記吸収性物品の前記湿潤空気交換率/空気交換率比が、 Wherein said moist air exchange rate / air exchange rate ratio of said absorbent article,
    前記トレーサーガス試験に従って少なくとも約0.23であることを特徴とする請求項10に記載の吸収性部品。 The absorbent component of claim 10, wherein at least about 0.23 according tracer gas test. 【請求項12】 前記吸収性物品は、皮膚水和試験に従って、時間あたり約 12. The absorbent article according skin hydration test, approximately per hour
    18グラム/平方メートル未満の皮膚水和値を備えることを特徴とする請求項1に記載の吸収性物品。 The absorbent article according to claim 1, characterized in that it comprises a skin hydration value of below 18 grams / square meter. 【請求項13】 前記吸収性物品は、前記皮膚水和試験に従って、時間あたり約15グラム/平方メートル未満の皮膚水和値を備えることを特徴とする請求項1に記載の吸収性物品。 Wherein said absorbent article, said according skin hydration test, the absorbent article according to claim 1, characterized in that it comprises a skin hydration value of less than about 15 grams / square meter per hour. 【請求項14】 前記吸収性物品は、前記皮膚水和試験に従って、時間あたり約12グラム/平方メートル未満の皮膚水和値を備えることを特徴とする請求項1に記載の吸収性物品。 14. The absorbent article, the following skin hydration test, the absorbent article according to claim 1, characterized in that it comprises a skin hydration value of less than about 12 grams / square meter per hour. 【請求項15】 前記吸収性物品は、皮膚温度試験に従って計算されて約1. 15. The absorbent article is about 1 is calculated according to the skin temperature test.
    010以下の湿潤皮膚温度/乾燥皮膚温度比を備えることを特徴とする請求項1に記載の吸収性物品。 010 The absorbent article according to claim 1, characterized in that it comprises the following wet skin temperature / dry skin temperature ratio. 【請求項16】 前記吸収性物品は、皮膚温度試験に従って計算されて約1. 16. The absorbent article is about 1 is calculated according to the skin temperature test.
    000以下の湿潤皮膚温度/乾燥皮膚温度比を備えることを特徴とする請求項1に記載の吸収性物品。 000 The absorbent article according to claim 1, characterized in that it comprises the following wet skin temperature / dry skin temperature ratio. 【請求項17】 1)水蒸気透過試験に従って計算されて少なくとも約1000 17. 1) at least about 1000 is calculated according to the water vapor permeability test
    グラム/平方メートル/24時間の蒸気透過率を有する蒸気透過性バックシートと、 2)前記バックシートに面する関係で配置された液体透過性トップシートと、 3)前記バックシートと前記トップシートとの間に配置された吸収性本体と、 からなることを特徴とする請求項1に記載の吸収性物品。 G / and vapor-permeable backsheet having a vapor permeability of square meter / 24 hours, 2) and said backsheet top liquid-permeable arranged in facing relationship to the seat, 3) between said topsheet and said backsheet the absorbent article of claim 1, wherein the absorbent body disposed between, in that it consists of. 【請求項18】 前記水蒸気透過性バックシートの前記水蒸気透過率は前記水蒸気透過試験に従って計算されて少なくとも約1500グラム/平方メートル/24時間であることを特徴とする請求項17に記載の吸収性物品。 The method according to claim 18, wherein the water vapor transmission rate of the water vapor permeable backsheet The absorbent article according to claim 17, characterized in that is calculated according to the water vapor transmission test is at least about 1500 grams / square meter / 24 hours . 【請求項19】 吸収性本体と、前部ウエストセクションと、背部ウエストセクション及び前記前部及び背部ウエストセクションを接続する中間セクションとから使い捨て吸収性物品であって、 1)水蒸気透過試験に従って計算されて少なくとも約1000グラム/平方メートル And 19. The absorbent body, a front waist section, a disposable absorbent article and an intermediate section which connects the back waist section and said front and back waist sections, 1) is calculated according to the water vapor permeability test at least about 1000 grams / square meter Te
    /24時間の蒸気透過率を有する蒸気透過性バックシートと、 2)前記バックシートに面する関係で配置された液体透過性トップシートと、 3)前記バックシートと前記トップシートとの間に配置された吸収性本体と、 4)約5から約95重量パーセントの乳剤と約5から約95重量パーセントのワックスとを含む前記吸収性物品の体側面の少なくとも1部上のローション配合物と、 からなる使い捨て吸収性物品。 / 24 hours and a vapor-permeable backsheet having a vapor transmission rate of, 2) and said backsheet liquid permeability disposed in facing relationship to the topsheet, 3) disposed between said topsheet and said backsheet an absorbent body that is, 4) from about 5 and from the emulsion and about 5 to about 95 weight percent of at least one part on the lotion formulations of the body side of the absorbent article comprises about 95% by weight of wax, disposable absorbent article comprising. 【請求項20】 前記バックシートと前記吸収性本体との間に配置された通気性層を備えることを特徴とする請求項19に記載の吸収性物品。 20. The absorbent article of claim 19, characterized in that it comprises a breathable layer that is disposed between the backsheet and the absorbent body. 【請求項21】 前記通気層は、疎水性、少なくとも約0.10センチメートルの厚さと約20から約120グラム/平方メートルの坪量とを有する不織材料とからなることを特徴とする請求項20に記載の吸収性物品。 21. The ventilation layer is hydrophobic, to claim 20, characterized in that it consists of a nonwoven material having at least a basis weight in the thickness of about 20 to about 120 grams / square meter to about 0.10 cm the absorbent article according. 【請求項22】 前記トップシートと前記吸収体との間に配置されたサージ処理層からなり、該サージ処理層は約30から約120グラム/平方メートルの坪量を有する不織材料からなるものであることを特徴とする請求項19に記載の吸収性物品。 22. consisted surge management layer disposed between said topsheet and said absorbent body, the surge management layer is made of a nonwoven material having a basis weight of from about 30 to about 120 grams / square meter the absorbent article according to claim 19, characterized in that. 【請求項23】 前記水蒸気透過性バックシートは、前記水蒸気透過試験に従って計算して少なくとも約1500グラム/平方メートル/24時間であることを特徴とする請求項19に記載の吸収性物品。 23. The water vapor permeable backsheet, the absorbent article according to claim 19, wherein the calculated according to the water vapor transmission test is at least about 1500 grams / square meter / 24 hours. 【請求項24】 前記吸収性本体は、高空気透過性ゾーンを含んでおり、該ゾーンは、該高空気透過性ゾーンに隣接した前記吸収性本体の一部のフレージャ多孔性よりも少なくとも約10パーセント大きいフレージャ多孔性を有するものであることを特徴とする請求項19に記載の吸収性物品。 24. The absorbent body includes a high air permeability zone, said zone is at least about 10 than a portion of the Frazier porosity of the absorbent body adjacent to the high air permeability zone the absorbent article according to claim 19, characterized in that those having percent greater Frazier porosity. 【請求項25】 前記高空気透過性ゾーンは、前記吸収性本体の全表面積の約5から約75パーセントであることを特徴とする請求項24に記載の吸収性物品。 25. The high air permeability zone, the absorbent article according to claim 24, characterized in that about 5 of the total surface area of ​​the absorbent body is about 75%. 【請求項26】 前記吸収性本体は、高空気透過性ゾーンを形成するように空気貫通通路を複数含むことを特徴とする請求項24に記載の吸収性物品。 26. the absorbent body, the absorbent article according to claim 24, characterized in that to form a high air permeability zone comprising a plurality of air through-passages. 【請求項27】 前記ローション配合物は、ポリオレフィン樹脂、ポリオレフィンポリマー、ポリエチレン、イソフィリン/オイルシックナーおよびこれらの混合物から選択された、前記ローション配合物の全重量に基いて約0.1から約2 27. The lotion formulation include polyolefin resins, polyolefin polymers, polyethylene, selected from Isofirin / oil thickeners, and mixtures thereof, wherein from about 0.1 based on the total weight of the lotion formulation of about 2
    5重量パーセントの粘性増強剤を含むことを特徴とする請求項19に記載の吸収性物品。 The absorbent article according to claim 19, characterized in that it comprises 5% by weight of the viscosity enhancing agent. 【請求項28】 前記乳剤は、油、エステル、グリセロルエステル、エーテル、アルコシレートカルボキシル酸、アルコシレートアルコール、脂肪族アルコール及びこれらの混合物から選択されることを特徴とする請求項19に記載の吸収性い物品。 28. The emulsion according oils, esters, glycero esters, ethers, alcoholates shea rate carboxylic acid, alcoholates shea rate alcohol to claim 19, characterized in that it is selected from aliphatic alcohols and mixtures thereof the absorbent had article. 【請求項29】 前記乳剤は、石油ベースの乳剤であることを特徴とする請求項19に記載の吸収性物品。 29. The emulsion absorbent article according to claim 19, wherein the petroleum-based emulsion. 【請求項30】 前記ワックスは、天然または合成の、動物性ワックス、植物性ワックス、ミネラルベースワックス、シリコンベースワックス及びこれらの混合物から選択されることを特徴とする請求項19に記載の吸収性物品。 30. the wax, natural or synthetic, animal waxes, absorbent according to vegetable waxes, mineral based waxes, silicone based waxes and claim 19, characterized in that mixtures thereof articles. 【請求項31】 前記吸収性物品は約55%以下のZ方向の移動損失を備えることを特徴とする請求項19に記載の吸収性物品。 31. The absorbent article of claim 19, wherein the absorbent article comprises a movement loss of about 55% or less in the Z direction. 【請求項32】 前記吸収性物品は、前記トレーサーガス試験に従って計算されて分あたり少なくとも約525立方センチメートルの乾燥空気交換率を備えることを特徴とする請求項19に記載の吸収性物品。 32. The absorbent article The absorbent article of claim 19, characterized in that it comprises a drying air exchange rate of at least about 525 per cubic centimeter is calculated divided according to the Tracer Gas Test. 【請求項33】 前記吸収性物品は、前記トレーサーガス試験に従って湿潤空気交換率/空気交換率比が少なくとも約0.20であることを特徴とする請求項1 33. The absorbent article according to claim 1, moist air exchange rate / air exchange ratio according to the Tracer Gas Test is characterized in that at least about 0.20
    9に記載の吸収性部品。 The absorbent component according to 9. 【請求項34】 前記吸収性物品は、皮膚水和試験に従って、時間あたり約 34. The absorbent article according skin hydration test, approximately per hour
    18グラム/平方メートル未満の皮膚水和値を備えることを特徴とする請求項19 Claim 19, characterized in that it comprises 18 g / square meter less than the skin hydration value
    に記載の吸収性物品。 The absorbent article according to. 【請求項35】 前記吸収性物品は、前記皮膚水和試験に従って、時間あたり約15グラム/平方メートル未満の皮膚水和値を備えることを特徴とする請求項19に記載の吸収性物品。 35. The absorbent article, the following skin hydration test, the absorbent article according to claim 19, characterized in that it comprises a skin hydration value of less than about 15 grams / square meter per hour. 【請求項36】 前記吸収性物品は、皮膚温度試験に従って計算されて約1. 36. The absorbent article is about 1 is calculated according to the skin temperature test.
    010以下の湿潤皮膚温度/乾燥皮膚温度比を備えることを特徴とする請求項19に記載の吸収性物品。 010 The absorbent article according to claim 19, characterized in that it comprises the following wet skin temperature / dry skin temperature ratio. 【請求項37】 吸収性本体と、前部ウエストセクションと、背部ウエストセクション及び前記前部及び背部ウエストセクションを接続する中間セクションとからなり、体側に面する少なくとも一部に処理化合物を有する使い捨て吸収性物品であって、 1)界面処理剤と、 2)皮膚健康有益剤と、からなり、 前記吸収性物品はトレーサーガス試験に従って計算されて分あたり少なくとも約190立方センチメートルの湿潤空気交換率を有するものである使い捨て吸収性物品。 And 37. The absorbent body, a front waist section, consists of a middle section which connects the back waist section and said front and back waist sections, disposable absorbent having at least a portion the treating compound facing side a sex article 1) and a surface treatment agent, 2) and skin health benefit agent consists, said absorbent article having a wet air exchange rate of at least about 190 per cubic centimeter is calculated divided according tracer gas test disposable absorbent article is. 【請求項38】 前記界面処理剤は、エトキシレート水素化脂肪族油、モノサッカライド、モノサッカライド誘導体、ポリサッカライド、ポリサッカライド誘導体及びこれらの組合せからなる群から選択されることを特徴とする請求項3 38. The interface treatment agent claims, characterized ethoxylates hydrogenated fatty oils, monosaccharides, monosaccharide derivatives, polysaccharides, that is selected from polysaccharide derivatives, and combinations thereof 3
    7に記載の吸収性物品。 The absorbent article according to 7. 【請求項39】 前記皮膚健康有益剤は、水性亜鉛または硫酸亜鉛無水化物からなることを特徴とする請求項37に記載の吸収性物品。 39. The skin health benefit agent, absorbent article according to claim 37, characterized in that it consists of an aqueous zinc or zinc sulphate anhydrides. 【請求項40】 前記界面処理剤及び亜鉛塩は前記処理化合物を形成し、約 40. The interface treatment agent and zinc salt to form said treatment compound, about
    0.01−25重量パーセント亜鉛塩対約75−99.99重量パーセント界面処理剤の重量比で存在することを特徴とする請求項39に記載の吸収性物品。 The absorbent article according to claim 39, characterized in that present in a weight ratio of 0.01-25% by weight of zinc salt to about 75-99.99 wt% surfactant treatment agent. 【請求項41】 前記皮膚健康有益剤はプロテインからなることを特徴とする請求項37に記載の吸収性物品。 41. The skin health benefit agent The absorbent article of claim 37, comprising the protein. 【請求項42】 前記プロテインはシルクプロテインからなることを特徴とする請求項41に記載の吸収性物品。 42. The absorbent article of claim 41 wherein the protein is characterized in that it consists of silk protein. 【請求項43】 前記シルクプロテインはセリシンからなることを特徴とする請求項42に記載の吸収性物品。 43. The absorbent article of claim 42, characterized in that consists of the silk protein is sericin. 【請求項44】 前記皮膚健康有益剤はさらにプロテインからなることを特徴とする請求項39に記載の吸収性物品。 44. The absorbent article of claim 39, wherein the further consist protein said skin health benefit agent. 【請求項45】 前記吸収性物品は、前記トレーサーガス試験に従って計算されて分あたり少なくとも約525立方センチメートルの乾燥空気交換率を備えることを特徴とする請求項37に記載の吸収性物品。 45. The absorbent article The absorbent article according to claim 37, characterized in that it comprises a drying air exchange rate of at least about 525 per cubic centimeter is calculated divided according to the Tracer Gas Test. 【請求項46】 前記湿潤交換率は、前記トレーサーガス試験に従って計算されて分あたり少なくとも約225立方センチメートルであることを特徴とする請求項37に記載の吸収性物品。 46. ​​The method of claim 45, wherein the wetting exchange rate, absorbent article according to claim 37, characterized in that at least about 225 per cubic centimeter is calculated divided according to the Tracer Gas Test. 【請求項47】 前記吸収性物品は、前記トレーサーガス試験に従って湿潤空気交換率/空気交換率比が少なくとも約0.20であることを特徴とする請求項3 47. The absorbent article according to claim 3 in which moist air exchange rate / air exchange ratio according to the Tracer Gas Test is characterized in that at least about 0.20
    7に記載の吸収性部品。 The absorbent component according to 7. 【請求項48】 前記吸収性物品は、皮膚水和試験に従って、時間あたり約 48. The absorbent article according skin hydration test, approximately per hour
    18グラム/平方メートル未満の皮膚水和値を備えることを特徴とする請求項37 Claim 37, characterized in that it comprises 18 g / square meter less than the skin hydration value
    に記載の吸収性物品。 The absorbent article according to. 【請求項49】 前記吸収性物品は、前記皮膚水和試験に従って、時間あたり約15グラム/平方メートル未満の皮膚水和値を備えることを特徴とする請求項37に記載の吸収性物品。 49. The absorbent article, the following skin hydration test, the absorbent article according to claim 37, characterized in that it comprises a skin hydration value of less than about 15 grams / square meter per hour. 【請求項50】 前記吸収性物品は、前記皮膚水和試験に従って、時間あたり約12グラム/平方メートル未満の皮膚水和値を備えることを特徴とする請求項37に記載の吸収性物品。 50. The absorbent article, the following skin hydration test, the absorbent article according to claim 37, characterized in that it comprises a skin hydration value of less than about 12 grams / square meter per hour. 【請求項51】 前記吸収性物品は、皮膚温度試験に従って計算されて約1. 51. The absorbent article is about 1 is calculated according to the skin temperature test.
    010以下の湿潤皮膚温度/乾燥皮膚温度比を備えることを特徴とする請求項37に記載の吸収性物品。 010 The absorbent article according to claim 37, characterized in that it comprises the following wet skin temperature / dry skin temperature ratio. 【請求項52】 前記吸収性物品は、皮膚温度試験に従って計算されて約1. 52. The absorbent article is about 1 is calculated according to the skin temperature test.
    000以下の湿潤皮膚温度/乾燥皮膚温度比を備えることを特徴とする請求項37に記載の吸収性物品。 000 The absorbent article according to claim 37, characterized in that it comprises the following wet skin temperature / dry skin temperature ratio. 【請求項53】 1)水蒸気透過試験に従って計算されて少なくとも約1000 53. A 1) at least about 1000 is calculated according to the water vapor permeability test
    グラム/平方メートル/24時間の蒸気透過率を有する蒸気透過性バックシートと、 2)前記バックシートに面する関係で配置された液体透過性トップシートと、 3)前記バックシートと前記トップシートとの間に配置された吸収性本体と、 からなることを特徴とする請求項37に記載の吸収性物品。 G / and vapor-permeable backsheet having a vapor permeability of square meter / 24 hours, 2) and said backsheet top liquid-permeable arranged in facing relationship to the seat, 3) between said topsheet and said backsheet the absorbent article of claim 37, wherein the absorbent body disposed between, in that it consists of. 【請求項54】 前記水蒸気透過性バックシートの前記水蒸気透過率は前記水蒸気透過試験に従って計算されて少なくとも約1500グラム/平方/24時間であることを特徴とする請求項53に記載の吸収性物品。 54. The absorbent article of claim 53 wherein said water vapor transmission rate of the water vapor permeable backsheet is at least about 1500 grams / square / 24 hours is calculated according to the water vapor transmission test . 【請求項55】 前部ウエストセクションと、背部ウエストセクション及び前記前部及び背部ウエストセクションを接続する中間セクションとからなる使い捨て吸収性物品であって、 1)水蒸気透過試験に従って計算されて少なくとも約1000グラム/平方メートル And 55. A front waist section, a disposable absorbent article comprising an intermediate section which connects the back waist section and said front and back waist sections, 1) at least about 1000 is calculated according to the water vapor permeability test grams / square meter
    /24時間の蒸気透過率を有する蒸気透過性バックシートと、 2)前記バックシートに面する関係で配置された液体透過性トップシートと、 3)前記バックシートと前記トップシートとの間に配置された吸収性本体と、 4)前記吸収性物品の体側面の少なくとも1部上の処理配合物と、からなる使い捨て吸収性物品と、からなり、該処理化合物は、 1)界面処理剤と、 2)皮膚健康有益剤と、からなるものであることを特徴とする使い捨て吸収性物品。 / 24 hours and a vapor-permeable backsheet having a vapor transmission rate of, 2) and said backsheet liquid permeability disposed in facing relationship to the topsheet, 3) disposed between said topsheet and said backsheet an absorbent body that is, 4) at least one part on the treatment formulations of the body side of the absorbent article, disposable absorbent article comprising, consisting, the treating compound, 1) and a surface treating agent, 2) disposable absorbent article, wherein the skin health benefit agent, is made of. 【請求項56】 前記バックシートと前記吸収性本体との間に配置された通気性層を備えることを特徴とする請求項55に記載の吸収性物品。 56. The absorbent article of claim 55, characterized in that it comprises an arrangement breathability layer between the backsheet and the absorbent body. 【請求項57】 前記通気層は、疎水性、少なくとも約0.10センチメートルの厚さと約20から約120グラム/平方メートルの坪量とを有する不織材料とからなることを特徴とする請求項56に記載の吸収性物品。 57. The ventilation layer is hydrophobic, to claim 56, characterized in that it consists of a nonwoven material having at least a basis weight in the thickness of about 20 to about 120 grams / square meter to about 0.10 cm the absorbent article according. 【請求項58】 前記トップシートと前記吸収体との間に配置されたサージ処理層からなり、該サージ処理層は約30から約120グラム/平方メートルの坪量を有する不織材料からなるものであることを特徴とする請求項55に記載の吸収性物品。 58. consisted surge management layer disposed between said topsheet and said absorbent body, the surge management layer is made of a nonwoven material having a basis weight of from about 30 to about 120 grams / square meter the absorbent article according to claim 55, characterized in that. 【請求項59】 前記水蒸気透過性バックシートは、前記水蒸気透過試験に従って計算して少なくとも約1500グラム/平方メートル/24時間であることを特徴とする請求項55に記載の吸収性物品。 59. The water vapor permeable backsheet, the absorbent article according to claim 55, wherein the calculated according to the water vapor transmission test is at least about 1500 grams / square meter / 24 hours. 【請求項60】 前記吸収性本体は、高空気透過性ゾーンを含んでおり、該ゾーンは、該高空気透過性ゾーンに隣接した前記吸収性本体の一部のフレージャ多孔性よりも少なくとも約10パーセント大きいフレージャ多孔性を有するものであることを特徴とする請求項55に記載の吸収性物品。 60. The absorbent body includes a high air permeability zone, said zone is at least about 10 than a portion of the Frazier porosity of the absorbent body adjacent to the high air permeability zone the absorbent article according to claim 55, characterized in that those having percent greater Frazier porosity. 【請求項61】 前記高空気透過性ゾーンは、前記吸収性本体の全表面積の約5から約75パーセントであることを特徴とする請求項60に記載の吸収性物品。 61. The high air permeability zone, the absorbent article according to claim 60, characterized in that about 5 of the total surface area of ​​the absorbent body is about 75%. 【請求項62】 前記吸収性本体は、高空気透過性ゾーンを形成するように空気貫通通路を複数含むことを特徴とする請求項60に記載の吸収性物品。 62. The absorbent body, the absorbent article according to claim 60, characterized in that to form a high air permeability zone comprising a plurality of air through-passages. 【請求項63】 前記界面処理剤は、エトキシレート水素化脂肪族油、モノサッカライド、モノサッカライド誘導体、ポリサッカライド、ポリサッカライド誘導体及びこれらの組合せからなる群から選択されることを特徴とする請求項5 63. The interface treatment agent claims, characterized ethoxylates hydrogenated fatty oils, monosaccharides, monosaccharide derivatives, polysaccharides, that is selected from polysaccharide derivatives, and combinations thereof 5
    5に記載の吸収性物品。 The absorbent article according to 5. 【請求項64】 前記皮膚健康有益剤は、水性亜鉛または硫酸亜鉛無水化物からなることを特徴とする請求項55に記載の吸収性物品。 64. The skin health benefit agent, absorbent article according to claim 55, characterized in that it consists of an aqueous zinc or zinc sulphate anhydrides. 【請求項65】 前記界面処理剤及び亜鉛塩は前記処理化合物を形成し、約 65. The interface treatment agent and zinc salt to form said treatment compound, about
    0.01−25重量パーセント亜鉛塩対約75−99.99重量パーセント界面処理剤の重量比で存在することを特徴とする請求項64に記載の吸収性物品。 The absorbent article according to claim 64, characterized in that present in a weight ratio of 0.01-25% by weight of zinc salt to about 75-99.99 wt% surfactant treatment agent. 【請求項66】 前記皮膚健康有益剤はプロテインからなることを特徴とする請求項55に記載の吸収性物品。 66. The absorbent article of claim 55 wherein the skin health benefit agent, characterized in that it consists of protein. 【請求項67】 前記プロテインはシルクプロテインからなることを特徴とする請求項66に記載の吸収性物品。 67. The absorbent article of claim 66 wherein the protein is characterized in that it consists of silk protein. 【請求項68】 前記シルクプロテインはセリシンからなることを特徴とする請求項67に記載の吸収性物品。 68. The absorbent article of claim 67 wherein the silk protein is characterized by comprising sericin. 【請求項69】 前記皮膚健康有益剤はさらにプロテインからなることを特徴とする請求項64に記載の吸収性物品。 69. The absorbent article of claim 64, characterized in that it consists of more protein said skin health benefit agent. 【請求項70】 前記処理化合物は、前記トップシートの重量に対し約0. Wherein 70 wherein said processing compound is from about based on the weight of said topsheet 0.
    1から1.5重量パーセントのレベルで前記トップシートに付与されることを特徴とする請求項55に記載の吸収性物品。 The absorbent article according to claim 55, characterized in that applied to the top sheet 1 at a level of 1.5 weight percent. 【請求項71】 前記トレーサーガス試験に従って計算して前記吸収性物品は、分あたり少なくとも約190立方センチメートルの湿潤交換率と、分あたり少なくとも約525立方センチメートルの乾燥空気交換率とを有することを特徴とする請求項55に記載の吸収性物品。 71. The absorbent article was calculated according to the Tracer Gas Test is a wet exchange rate per minute of at least about 190 cubic centimeter; and a dry air exchange rate per minute of at least about 525 cubic centimeters to the absorbent article of claim 55. 【請求項72】 前記吸収性物品は、前記トレーサーガス試験に従って湿潤空気交換率/空気交換率比が少なくとも約0.20であることを特徴とする請求項5 72. The absorbent article according to claim 5 in which moist air exchange rate / air exchange ratio according to the Tracer Gas Test is characterized in that at least about 0.20
    5に記載の吸収性部品。 The absorbent component according to 5. 【請求項73】 前記吸収性物品は、皮膚水和試験に従って、時間あたり約 73. The absorbent article according skin hydration test, approximately per hour
    18グラム/平方メートル未満の皮膚水和値を備えることを特徴とする請求項55 Claim 55, characterized in that it comprises 18 g / square meter less than the skin hydration value
    に記載の吸収性物品。 The absorbent article according to. 【請求項74】 前記吸収性物品は、前記皮膚水和試験に従って、時間あたり約15グラム/平方メートル未満の皮膚水和値を備えることを特徴とする請求項55に記載の吸収性物品。 74. The absorbent article, the following skin hydration test, the absorbent article according to claim 55, characterized in that it comprises a skin hydration value of less than about 15 grams / square meter per hour. 【請求項75】 前記吸収性物品は、皮膚温度試験に従って計算されて約1. 75. The absorbent article is about 1 is calculated according to the skin temperature test.
    010以下の湿潤皮膚温度/乾燥皮膚温度比を備えることを特徴とする請求項55に記載の吸収性物品。 010 The absorbent article according to claim 55, characterized in that it comprises the following wet skin temperature / dry skin temperature ratio. 【請求項76】 前部ウエストセクションと、背部ウエストセクション及び前記前部及び背部ウエストセクションを接続する中間セクションとからなる使い捨て吸収性物品であって、 1)水蒸気透過試験に従って計算されて少なくとも約1000グラム/平方メートル And 76. front waist section, a disposable absorbent article comprising an intermediate section which connects the back waist section and said front and back waist sections, 1) at least about 1000 is calculated according to the water vapor permeability test grams / square meter
    /24時間の蒸気透過率を有する蒸気透過性バックシートと、 2)前記バックシートに面する関係で配置され、界面処理剤と皮膚健康有効剤とからなる液体透過性トップシートと、 3)前記バックシートと前記トップシートとの間に配置された吸収性本体と、 4)約5から約95重量パーセントの乳剤と約5から95重量パーセントのワックスとを含む、前記吸収性物品の体側面の少なくとも1部上の処理配合物と、からなる使い捨て吸収性物品と、からなる使い捨て吸収性物品。 / 24 hours and a vapor-permeable backsheet having a vapor transmission rate of, 2) a are arranged in facing relationship to the backsheet, and a liquid-permeable topsheet comprising a surfactant treatment agent and skin health benefit agent, 3) the an absorbent body disposed between the backsheet and the topsheet, 4) from the emulsion and about 5 to about 5 to about 95 weight percent and a 95 percent by weight of the wax, the body side of the absorbent article the processing formulations on at least one part, a disposable absorbent article comprising a disposable absorbent article comprising. 【請求項77】 前記バックシートと前記吸収性本体との間に配置された通気性層を備えることを特徴とする請求項76に記載の吸収性物品。 77. The absorbent article of claim 76, characterized in that it comprises an arrangement breathability layer between the backsheet and the absorbent body. 【請求項78】 前記通気層は、疎水性、少なくとも約0.10センチメートルの厚さと約20から約120グラム/平方メートルの坪量とを有する不織材料とからなることを特徴とする請求項77に記載の吸収性物品。 78. The ventilation layer is hydrophobic, to claim 77, characterized in that it consists of a nonwoven material having at least a basis weight in the thickness of about 20 to about 120 grams / square meter to about 0.10 cm the absorbent article according. 【請求項79】 前記トップシートと前記吸収体との間に配置されたサージ処理層からなり、該サージ処理層は約30から約120グラム/平方メートルの坪量を有する不織材料からなるものであることを特徴とする請求項76に記載の吸収性物品。 79. A consists surge management layer disposed between said topsheet and said absorbent body, the surge management layer is made of a nonwoven material having a basis weight of from about 30 to about 120 grams / square meter the absorbent article according to claim 76, characterized in that. 【請求項80】 前記水蒸気透過性バックシートは、前記水蒸気透過試験に従って計算して少なくとも約1500グラム/平方メートル/24時間であることを特徴とする請求項76に記載の吸収性物品。 Wherein 80 wherein said vapor permeable backsheet, the absorbent article according to claim 76, wherein the calculated according to the water vapor transmission test is at least about 1500 grams / square meter / 24 hours. 【請求項81】 前記吸収性本体は、高空気透過性ゾーンを含んでおり、該ゾーンは、該高空気透過性ゾーンに隣接した前記吸収性本体の一部のフレージャ多孔性よりも少なくとも約10パーセント大きいフレージャ多孔性を有するものであることを特徴とする請求項76に記載の吸収性物品。 81. The absorbent body includes a high air permeability zone, said zone is at least about 10 than a portion of the Frazier porosity of the absorbent body adjacent to the high air permeability zone the absorbent article according to claim 76, characterized in that those having percent greater Frazier porosity. 【請求項82】 前記高空気透過性ゾーンは、前記吸収性本体の全表面積の約5から約75パーセントであることを特徴とする請求項81に記載の吸収性物品。 [82.] The high air permeability zone, the absorbent article according to claim 81, characterized in that about 5 of the total surface area of ​​the absorbent body is about 75%. 【請求項83】 前記吸収性本体は、高空気透過性ゾーンを形成するように空気貫通通路を複数含むことを特徴とする請求項81に記載の吸収性物品。 83. The absorbent body, the absorbent article according to claim 81, characterized in that to form a high air permeability zone comprising a plurality of air through-passages. 【請求項84】 前記界面処理剤は、エトキシレート水素化脂肪族油、モノサッカライド、モノサッカライド誘導体、ポリサッカライド、ポリサッカライド誘導体及びこれらの組合せからなる群から選択されることを特徴とする請求項7 84. The interface treatment agent claims, characterized ethoxylates hydrogenated fatty oils, monosaccharides, monosaccharide derivatives, polysaccharides, that is selected from polysaccharide derivatives, and combinations thereof 7
    6に記載の吸収性物品。 The absorbent article according to 6. 【請求項85】 前記皮膚健康有益剤は、水性亜鉛または硫酸亜鉛無水化物からなることを特徴とする請求項76に記載の吸収性物品。 85. The skin health benefit agent, absorbent article according to claim 76, characterized in that it consists of an aqueous zinc or zinc sulphate anhydrides. 【請求項86】 前記界面処理剤及び亜鉛塩は前記処理化合物を形成し、約 86. The interface treatment agent and zinc salt to form said treatment compound, about
    0.01−25重量パーセント亜鉛塩対約75−99.99重量パーセント界面処理剤の重量比で存在することを特徴とする請求項85に記載の吸収性物品。 The absorbent article according to claim 85, characterized in that present in a weight ratio of 0.01-25% by weight of zinc salt to about 75-99.99 wt% surfactant treatment agent. 【請求項87】 前記皮膚健康有益剤はプロテインからなることを特徴とする請求項55に記載の吸収性物品。 87. The absorbent article of claim 55 wherein the skin health benefit agent, characterized in that it consists of protein. 【請求項88】 前記プロテインはシルクプロテインからなることを特徴とする請求項87に記載の吸収性物品。 88. The absorbent article of claim 87 wherein the protein is characterized in that it consists of silk protein. 【請求項89】 前記シルクプロテインはセリシンからなることを特徴とする請求項88に記載の吸収性物品。 89. The absorbent article of claim 88, characterized in that it consists of the silk protein is sericin. 【請求項90】 前記皮膚健康有益剤はさらにプロテインからなることを特徴とする請求項85に記載の吸収性物品。 Wherein 90] The absorbent article of claim 85, characterized in that it consists of more protein said skin health benefit agent. 【請求項91】 前記処理化合物は、前記トップシートの重量に対し約0. 91. The treating compound, about the weight of the topsheet 0.
    1から1.5重量パーセントのレベルで前記トップシートに付与されることを特徴とする請求項76に記載の吸収性物品。 The absorbent article according to claim 76, characterized in that applied to the top sheet 1 at a level of 1.5 weight percent. 【請求項92】 前記ローション配合物は、ポリオレフィン樹脂、ポリオレフィンポリマー、ポリエチレン、イソフィリン/オイルシックナーおよびこれらの混合物から選択された、前記ローション配合物の全重量に基いて約0.1から約2 [92.] The lotion formulation include polyolefin resins, polyolefin polymers, polyethylene, selected from Isofirin / oil thickeners, and mixtures thereof, wherein from about 0.1 based on the total weight of the lotion formulation of about 2
    5重量パーセントの粘性増強剤を含むことを特徴とする請求項76に記載の吸収性物品。 The absorbent article according to claim 76, characterized in that it comprises 5% by weight of the viscosity enhancing agent. 【請求項93】 前記乳剤は、油、エステル、グリセロルエステル、エーテル、アルコシレートカルボキシル酸、アルコシレートアルコール、脂肪族アルコール及びこれらの混合物から選択されることを特徴とする請求項76に記載の吸収性い物品。 93. The emulsion according oils, esters, glycero esters, ethers, alcoholates shea rate carboxylic acid, alcoholates shea rate alcohol to claim 76, characterized in that it is selected from aliphatic alcohols and mixtures thereof the absorbent had article. 【請求項94】 前記乳剤は、石油ベースの乳剤であることを特徴とする請求項76に記載の吸収性物品。 94. The emulsion absorbent article according to claim 76, wherein the petroleum-based emulsion. 【請求項95】 前記ワックスは、天然または合成の、動物性ワックス、植物性ワックス、ミネラルベースワックス、シリコンベースワックス及びこれらの混合物から選択されることを特徴とする請求項76に記載の吸収性物品。 95. The wax, natural or synthetic, animal waxes, absorbent according to vegetable waxes, mineral based waxes, silicone based waxes and claim 76, characterized in that mixtures thereof articles. 【請求項96】 前記トレーサーガス試験に従って計算して前記吸収性物品は、分あたり少なくとも約190立方センチメートルの湿潤交換率と、分あたり少なくとも約525立方センチメートルの乾燥空気交換率とを有することを特徴とする請求項76に記載の吸収性物品。 96. The absorbent article was calculated according to the Tracer Gas Test is a wet exchange rate per minute of at least about 190 cubic centimeter; and a dry air exchange rate per minute of at least about 525 cubic centimeters to the absorbent article of claim 76. 【請求項97】 前記吸収性物品は、前記トレーサーガス試験に従って湿潤空気交換率/空気交換率比が少なくとも約0.20であることを特徴とする請求項7 97. The absorbent article of claim moist air exchange rate / air exchange ratio according to the Tracer Gas Test is characterized in that at least about 0.20 7
    6に記載の吸収性部品。 The absorbent component according to 6. 【請求項98】 前記吸収性物品は、皮膚水和試験に従って、時間あたり約 Wherein 98 wherein said absorbent article according skin hydration test, approximately per hour
    18グラム/平方メートル未満の皮膚水和値を備えることを特徴とする請求項76 Claim 76, characterized in that it comprises 18 g / square meter less than the skin hydration value
    に記載の吸収性物品。 The absorbent article according to. 【請求項99】 前記吸収性物品は、前記皮膚水和試験に従って、時間あたり約15グラム/平方メートル未満の皮膚水和値を備えることを特徴とする請求項76に記載の吸収性物品。 99. The absorbent article, the following skin hydration test, the absorbent article according to claim 76, characterized in that it comprises a skin hydration value of less than about 15 grams / square meter per hour. 【請求項100】 前記吸収性物品は、皮膚温度試験に従って計算されて約 Wherein 100 wherein said absorbent article is approximately been calculated according to the skin temperature test
    1.010以下の湿潤皮膚温度/乾燥皮膚温度比を備えることを特徴とする請求項76 1.010 claim 76, characterized in that it comprises the following wet skin temperature / dry skin temperature ratio
    に記載の吸収性物品。 The absorbent article according to.
JP2000565825A 1998-08-25 1999-08-25 Absorbent article to maintain or improve skin health Granted JP2003526390A (en)

Priority Applications (21)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US9781098P true 1998-08-25 1998-08-25
US13982498A true 1998-08-25 1998-08-25
US09/139,820 1998-08-25
US09/139,824 1998-08-25
US60/097,810 1998-08-25
US09/139,820 US6152906A (en) 1998-08-25 1998-08-25 Absorbent article having improved breathability
US09/298,314 US6149934A (en) 1999-04-23 1999-04-23 Absorbent article having a lotionized bodyside liner
US09/298,314 1999-04-23
US09/328,681 US6287286B1 (en) 1998-08-25 1999-06-09 Absorbent article having a reduced viability of candida albicans
US09/328,681 1999-06-09
US14178899P true 1999-06-30 1999-06-30
US60/141,788 1999-06-30
US09/343,861 1999-06-30
US09/343,861 US6497893B1 (en) 1999-06-30 1999-06-30 Silk protein treatment composition and treated substrate for transfer to skin
US14693499P true 1999-07-30 1999-07-30
US60/146,934 1999-07-30
US09/377,294 1999-08-19
US09/377,294 US6448464B1 (en) 1999-07-30 1999-08-19 Absorbent article which maintains skin temperature when wet
US09/379,431 US6217890B1 (en) 1998-08-25 1999-08-23 Absorbent article which maintains or improves skin health
US09/379,431 1999-08-23
PCT/US1999/019571 WO2000010500A1 (en) 1998-08-25 1999-08-25 Absorbent article which maintains or improves skin health

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003526390A true JP2003526390A (en) 2003-09-09

Family

ID=27580972

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000565825A Granted JP2003526390A (en) 1998-08-25 1999-08-25 Absorbent article to maintain or improve skin health

Country Status (9)

Country Link
EP (1) EP1107719A1 (en)
JP (1) JP2003526390A (en)
CN (1) CN1328438A (en)
AU (1) AU748171B2 (en)
BR (1) BR9913236A (en)
ID (1) ID28949A (en)
PL (1) PL348227A1 (en)
TR (3) TR200202106T2 (en)
WO (1) WO2000010500A1 (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009507547A (en) * 2005-09-09 2009-02-26 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー Sanitary napkin having a hydrophobic lotion
JP2009082482A (en) * 2007-09-28 2009-04-23 Daio Paper Corp Disposable diaper

Families Citing this family (23)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6277479B1 (en) 1997-12-19 2001-08-21 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Microporous films having zoned breathability
US6433243B1 (en) 1999-02-26 2002-08-13 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Water permeable porous layer materials treated with surfactant-modified cyclodextrins
US6153209A (en) * 1999-09-28 2000-11-28 The Procter & Gamble Company Article having a transferable breathable skin care composition thereon
US6626961B1 (en) 2000-04-27 2003-09-30 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Nonwovens modified with petrolatum
MXPA02011281A (en) * 2000-05-15 2003-04-25 Kimberly Clark Co Targeted elastic laminate.
GB2399787B (en) * 2000-05-15 2004-12-01 Kimberly Clark Co Targeted elastic laminate
US7179951B2 (en) 2000-06-21 2007-02-20 The Procter & Gamble Company Absorbent barrier structures having a high convective air flow rate and articles made therefrom
US6939553B2 (en) 2000-09-11 2005-09-06 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Treated substrate with improved transfer efficiency of topical application
US6749860B2 (en) * 2000-12-22 2004-06-15 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent articles with non-aqueous compositions containing botanicals
US20020128615A1 (en) 2000-12-22 2002-09-12 Tyrrell David John Absorbent articles with non-aqueous compositions containing anionic polymers
US7005557B2 (en) * 2001-07-03 2006-02-28 The Procter & Gamble Company Film-forming compositions for protecting skin from body fluids and articles made therefrom
US8795716B2 (en) 2001-10-01 2014-08-05 The Procter & Gamble Company Skin care compositions on a thin sanitary napkin
SE520670C2 (en) * 2001-12-18 2003-08-12 Sca Hygiene Prod Ab Breathable absorbent article with cone-shaped cavity and the method of preparing
US6656168B2 (en) 2001-12-18 2003-12-02 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Feminine care product with discrete areas of a skin wellness additive
US7323615B2 (en) 2001-12-18 2008-01-29 Sca Hygiene Products Ab Absorbent article and method of production
US7018945B2 (en) 2002-07-02 2006-03-28 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Composition and method for treating fibers and nonwoven substrates
US9035123B2 (en) 2002-10-01 2015-05-19 The Procter & Gamble Company Absorbent article having a lotioned topsheet
US20060140899A1 (en) * 2004-12-28 2006-06-29 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Skin cleansing system comprising an anti-adherent formulation and a cationic compound
CN1319499C (en) * 2005-08-08 2007-06-06 梁亮胜 Composite guiding water-fixation type sanitary napkins
EP2083873B1 (en) 2006-11-17 2010-09-15 SCA Hygiene Products AB Absorbent articles comprising an organic zinc salt and an anti-bacterial agent or alkali metal chloride or alkaline earth metal chloride
JP5185280B2 (en) 2006-11-17 2013-04-17 エスセーアー・ハイジーン・プロダクツ・アーベー Absorbent article comprising an acidic cellulosic fibers and organic zinc salt
US20090324693A1 (en) 2008-06-30 2009-12-31 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Delivery Product for Topical Compositions
AU2016412809B2 (en) * 2016-06-27 2019-05-02 Essity Hygiene And Health Aktiebolag Absorbent article with an oil composition and an oil protecting layer

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4560372A (en) * 1984-05-01 1985-12-24 Personal Products Company Stable disposable absorbent structure
DE69108059D1 (en) * 1991-01-03 1995-04-13 Procter & Gamble An absorbent article with a fast-absorbing absorbtionskern of several lay.
US5306266A (en) * 1992-12-21 1994-04-26 The Procter & Gamble Company Flexible spacers for use in disposable absorbent articles
GB2308814B (en) * 1994-11-23 1998-02-18 Kimberly Clark Co Disposable diaper having a humidity transfer area
US5609587A (en) * 1995-08-03 1997-03-11 The Procter & Gamble Company Diaper having a lotioned topsheet comprising a liquid polyol polyester emollient and an immobilizing agent
US5879341A (en) * 1996-03-29 1999-03-09 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent article having a breathability gradient
TR199802464T2 (en) * 1996-05-29 1999-03-22 E.I. Du Pont De Nemours And Company as air permeable porous composite sheet material and absorbent articles made from this material.
EP0813848B1 (en) * 1996-06-17 2003-10-08 THE PROCTER & GAMBLE COMPANY Breathable absorbent articles having odour control
US5871763A (en) * 1997-04-24 1999-02-16 Fort James Corporation Substrate treated with lotion
DE69724110T2 (en) * 1997-06-25 2004-06-17 The Procter & Gamble Company, Cincinnati The disposable absorbent article with low moisture content

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009507547A (en) * 2005-09-09 2009-02-26 ザ プロクター アンド ギャンブル カンパニー Sanitary napkin having a hydrophobic lotion
JP2009082482A (en) * 2007-09-28 2009-04-23 Daio Paper Corp Disposable diaper

Also Published As

Publication number Publication date
BR9913236A (en) 2002-05-07
AU6021099A (en) 2000-03-14
TR200202107T2 (en) 2004-12-21
EP1107719A1 (en) 2001-06-20
TR200202106T2 (en) 2002-10-21
WO2000010500A1 (en) 2000-03-02
PL348227A1 (en) 2002-05-06
CN1328438A (en) 2001-12-26
TR200100587T2 (en) 2002-04-22
ID28949A (en) 2001-07-19
AU748171B2 (en) 2002-05-30

Similar Documents

Publication Publication Date Title
RU2190381C2 (en) Absorbing product including composite ventilated inhibiting layer
EP1185242B1 (en) An anti-microbial body care product
US5928209A (en) Breathable disposable sanitary product construction and backsheet therefor
JP3222469B2 (en) The absorbent article having a top sheet lotion containing a polysiloxane emollient agent has been painted
KR100608505B1 (en) An absorbent article comprising an agent able to convey a perception to the wearer
EP0117613B1 (en) Disposable absorbent article incorporating agents for the treatment and prophylaxis of diaper rash and diaper dermatitis
CA2517001C (en) Hemorrhoid treatment pad
CA2687416C (en) Use of a lotion composition on an absorbent article for reducing adherence of feces or menses to the skin
KR100341413B1 (en) Having improved dry / wet integrity of the absorbent article
CN101400329B (en) Absorbent articles with lotions
JP5362917B2 (en) Disposable diapers
RU2244565C2 (en) Composition for absorbing article and method for binding skin-irritating substances using this composition
JP4463419B2 (en) 2 or more web material skin care composition is disposed of and then made products
US20040082928A1 (en) Absorbent article comprising an agent able to convey a perception to the wearer, without the need to create the external condition perceived
JP5220821B2 (en) Disposable absorbent articles having printed wetness indicator
CN100512785C (en) Top-biased beneficial components on substrates
EP2083781B1 (en) Delivery device
KR100839714B1 (en) Menses Specific Absorbent Systems
CN1292732C (en) Article having transferable breathable skin care composition thereon
KR100775401B1 (en) Sheet with oily ingredient-containing layer
JP4554071B2 (en) Disposable absorbent products that bring the benefits of the skin condition
KR20010023854A (en) A method for improving skin condition
RU2301052C2 (en) Personal hygienic item for women provided with separate parts containing addings for improving health
JP4698830B2 (en) Absorbent product for maintaining or improving skin health
US6287581B1 (en) Absorbent articles providing skin health benefits

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060725

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060725

A762 Written abandonment of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A762

Effective date: 20061225

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A821

Effective date: 20061225