JP2003051118A - Optical recording medium, recorder and recording method - Google Patents

Optical recording medium, recorder and recording method

Info

Publication number
JP2003051118A
JP2003051118A JP2002069046A JP2002069046A JP2003051118A JP 2003051118 A JP2003051118 A JP 2003051118A JP 2002069046 A JP2002069046 A JP 2002069046A JP 2002069046 A JP2002069046 A JP 2002069046A JP 2003051118 A JP2003051118 A JP 2003051118A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
recording
data
visual image
recording medium
optical
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2002069046A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Munetoshi Morikazu
Takashi Sasaki
Tsunemitsu Takase
敬 佐々木
宗利 盛一
経光 高瀬
Original Assignee
Sony Corp
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To form the visible visual sensation image on an optical recording medium. SOLUTION: A laser beam emitting part 10 for irradiating an optical recording medium 25 with the laser beam and a visual sensation image conversion part 24 for converting the visual sensation image are furnished for realizing this subject in such a manner that the visual sensation image converted by the visual sensation image conversion part 24 is supplied to the laser beam emitting part 10, and the visual sensation image having the visible size is formed with a plurality of recording marks on the optional position or the specified position of the optical recording medium 25 by the laser beam emitting part 10.

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、データが記録される光記録媒体及び上記光記録媒体にデータを記録する記録装置及び記録方法に関し、詳しくは、複数の記録マークにより目視可能な大きさの視覚イメージを形成する光記録媒体及び上記光記録媒体にレーザ光の照射により複数の記録マークを記録し、目視可能な大きさの視覚イメージを形成する記録装置及び記録方法に関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] [Technical Field of the Invention The present invention relates to a recording apparatus and a recording method for recording data on an optical recording medium and the optical recording medium data is recorded, particularly, a plurality recording apparatus of recording a plurality of recording marks by irradiating a laser light to the optical recording medium and the optical recording medium to form a visual image of the visible size by recording marks, to form a visual image of the visible size and a recording method. 【0002】 【従来の技術】近年において、データの記録が可能な媒体であるCD−R(CD−Recordable)やD [0002] In recent years, CD-R (CD-Recordable) is a medium capable of recording data and D
VD−R(Digital Versatile Dis VD-R (Digital Versatile Dis
k−Recordable)、DVD+R及び書き換え可能媒体であるCD−RW(CD−Rewritabl k-Recordable), a DVD + R and rewritable media CD-RW (CD-Rewritabl
e)やDVD−RW、DVD+RWが登場した。 e) and DVD-RW, DVD + RW appeared. CD− CD-
RやDVD−R、DVD+Rは、記録層が有機系の光反応色素膜でできており、この記録層に高出力のレーザ光が照射されてデータの記録が行われる光ディスクである。 R and DVD-R, DVD + R, the recording layer is made of a photoreactive dye film of organic, that the optical disc data is recorded is irradiated high output of the laser light to the recording layer. CD−RやDVD−R、DVD+Rでは、データを記録した後、新規なデータの追記は可能であるが、書き換えができないライトワンス(WriteOnce)方式であるため、物理データ・トラックが複数のセッションに分かれている、いわゆるマルチセッション追記記録によりデータの記録が行われる。 In CD-R and DVD-R, DVD + R, after recording the data, although additional recording of new data is possible, since rewriting is a write-once (WriteOnce) method not, physical data tracks on the multiple sessions divided by that, the data is recorded by so-called multi-session additional recording. 一方、CD−RWやD On the other hand, CD-RW and D
VD−RW、DVD+RWは、例えば、記録層がAg− VD-RW, DVD + RW, for example, the recording layer is Ag-
In−Sb−Teの相変化無機材料でできており、この記録層に高出力のレーザ光を照射してデータの記録が行われる光ディスクである。 Made of phase change inorganic material In-Sb-Te, that the optical disc recording of data is performed by irradiating a laser beam of high output to the recording layer. CD−RWやDVD−RW、 CD-RW and DVD-RW,
DVD+RWでは、結晶質と非結晶質との物理的移転である可逆的な相変化反応によりデータの記録及び消去が行われる。 In DVD + RW, the recording and erasing of data is performed by the reversible phase change reaction is the physical transfer of the crystalline and amorphous. 【0003】CD−R、CD−RW、DVD−R又はD [0003] CD-R, CD-RW, DVD-R or D
VD−RW、DVD+R、DVD+RW等には、現在、 VD-RW, DVD + R, the DVD + RW, etc., currently,
片面に記録層を有している片面記録ディスクがある。 There are single-side recording disk having a recording layer on one side. 片面記録ディスクの一方面は、コンテンツ情報等を書き込めるレーベル面となっている。 One side of the single-sided recording disk has a label side to write the content information, and the like. このレーベル面にコンテンツ情報等を記録する方法としては、ペンにより書込む方法や、シールにより張り付ける方法等がある。 As a method for recording content information or the like on the label surface, a method of writing with the pen, and a method of pasting by a seal. また、 Also,
最近では、レーベル面にプリンタブル・コートが施された片面記録ディスクがあり、プリンタによりレーベル面にコンテンツ情報等を印刷する方法等がある。 Recently, there are single-sided recording disk printable coating is applied to the label surface, and a method for printing the content information or the like on the label surface by the printer. 【0004】また、CD−R、CD−RW、DVD−R [0004] In addition, CD-R, CD-RW, DVD-R
又はDVD−RW、DVD+R、DVD+RW等は、今後、両面に記録層を有する両面記録ディスクの登場が予想される。 Or DVD-RW, DVD + R, DVD + RW, etc., the future, the emergence of double-sided recording disc having a recording layer on both sides is expected. 【0005】 【発明が解決しようとする課題】ところで、筆先の硬質なペンによりレーベル面にコンテンツ情報等を書込む方法では、書込む際に生じる筆圧により記録層や反射層に傷を付けてしまう可能性があり、また、筆先の軟質なペンによりレーベル面にコンテンツ情報等を書込む方法では、擦れてコンテンツ情報等が消えてしまう可能性がある。 [0005] [SUMMARY OF THE INVENTION Incidentally, in the method of writing content information and the like on the label surface by hard pen brush tip and scratch the recording layer and the reflective layer by writing pressure generated when writing may put away, in the method of writing content information and the like on the label surface by soft pen brush tip, it is possible that rubbing with the content information and the like disappear. 【0006】また、シールによりレーベル面にコンテンツ情報等を張り付ける方法では、シールの重量によりディスクに偏重心が発生する可能性があり、このために、 [0006] In the method of pasting the content information or the like on the label surface by the seal, there is a possibility that mass eccentricity in the disc is generated by the weight of the seal, for this,
特にディスクからデータを高速で読み出したり、またディスクにデータを高速で記録する際、エラーが生じる可能性がある。 Particularly it reads data from the disk at high speed, also when data is recorded on the disk at a high speed, there is a possibility that an error occurs. 【0007】さらに、プリンタによりプリンタブル・コートが施されたレーベル面にコンテンツ情報等を印刷する方法では、印刷面が剥き出しなため、傷がついたり、 [0007] Further, in the method of printing the content information and the like on the label surface printable Court it has been performed by the printer, because the printing surface is bare, or scratched,
ごみが付着したり、また擦れるなどして印刷したコンテンツ情報等が消えてしまう可能性がある。 There is a possibility that may adhere dust, also rub the like to the content information and the like were printed disappears. 【0008】一方、両面に記録層を有する両面記録ディスクが登場した場合、コンテンツ情報等は、記録面以外の場所に記録する必要がある。 On the other hand, if the double-sided recording disc having a recording layer on both surfaces appeared, the content information and the like, it is necessary to record in a location other than the recording surface. しかしながら、記録面以外の場所は狭く、限られた情報しか記録することができず、視認性が悪くなる可能性がある。 However, a location other than the recording surface is narrow, it can not only be recorded limited information, it is possible that the visibility is deteriorated. 【0009】そこで、本発明は、上述したような実情に鑑みて提案されたものであり、複数の記録マークにより目視可能な大きさの視覚イメージを形成する光記録媒体及び上記光記録媒体にレーザ光の照射により記録マークを記録し、複数の記録マークにより目視可能な大きさのコンテンツ情報等の視覚イメージを形成する記録装置及び記録方法を提供することを目的とする。 [0009] Therefore, the present invention has been proposed in view of the circumstances as described above, the laser in the optical recording medium and the optical recording medium to form a visual image of the visible size of a plurality of recording marks by light irradiation to record a recording mark, and an object thereof is to provide a recording apparatus and a recording method for forming a visual image, such as content information visible size of a plurality of recording marks. 【0010】 【課題を解決するための手段】本発明に係る光記録媒体は、上述の課題を解決するために、レーザ光の照射により記録マークが形成される記録層が基板上に積層されており、上記記録層の任意の場所又は所定の場所に、複数の記録マークにより目視可能な大きさの視覚イメージが形成されている。 [0010] The optical recording medium according to the present invention SUMMARY OF THE INVENTION To solve the problems described above, the recording layer a recording mark by irradiation of the laser beam is formed is laminated on a substrate cage, anywhere or predetermined location of the recording layer, the visual image of visible size are formed by a plurality of recording marks. 【0011】本発明に係る光記録媒体は、上述の課題を解決するために、レーザ光に反応する感熱層が基板上に積層されており、上記感熱層は、レーザ光の照射により目視可能な反応を示す。 [0011] The optical recording medium according to the present invention, in order to solve the problems described above, and the heat-sensitive layer that reacts to laser light is laminated on a substrate, the thermosensitive layer, a visible by irradiation of the laser beam It shows the reaction. 【0012】本発明に係る光記録媒体は、上述の課題を解決するために、レーザ光の照射により記録マークが形成される記録層が基板上に積層されており、上記記録層には、少なくともデータ記録用の領域と目視可能な視覚イメージ記録用の領域とが形成されている。 [0012] The optical recording medium according to the present invention, in order to solve the problems described above, and a recording layer which recording marks by the irradiation of the laser beam is formed is laminated on the substrate, in the recording layer is at least data and recording area and visible visual image recording region is formed. 【0013】本発明に係る記録装置は、上述の課題を解決するために、光記録媒体にレーザ光を照射するレーザ光照射手段と、任意のデータを視覚イメージデータに変換する視覚イメージデータ変換手段とを備え、上記視覚イメージデータ変換手段により変換した視覚イメージデータを上記レーザ光照射手段に供給し、上記レーザ光照射手段により上記光記録媒体の任意の場所又は所定の場所に目視可能な大きさの視覚イメージを複数の記録マークで形成する。 [0013] recording apparatus of the present invention, in order to solve the problems described above, the laser light irradiating means for irradiating a laser beam onto an optical recording medium, the visual image data converting means for converting arbitrary data to the visual image data with the door, the visual image data converted by the visual image data converting means is supplied to the laser beam irradiation means, visible sizes anywhere or predetermined location of the optical recording medium by the laser beam irradiation means forming a visual image by a plurality of recording marks. 【0014】本発明に係る記録方法は、上述の課題を解決するために、任意のデータから視覚イメージデータを生成し、上記視覚イメージデータに応じたレーザ光を光記録媒体の任意の場所又は所定の場所に照射し、目視可能な大きさの視覚イメージを複数の記録マークで形成する。 [0014] recording method of the present invention, in order to solve the problems described above, to produce a visual image data from any data, anywhere or predetermined optical recording medium with a laser beam corresponding to the visual image data irradiating the location to form a visual image of visible size in the plurality of recording marks. 【0015】 【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態について図面を参照しながら詳細に説明する。 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION Hereinafter, will be described in detail with reference to the drawings, embodiments of the present invention. 【0016】本発明は、例えば図1に示すようなデータ記録再生装置1に適用される。 [0016] The present invention is applied to a data recording and reproducing apparatus 1 shown in FIG. 【0017】データ記録再生装置1は、OP(Opti [0017] The data recording and reproducing apparatus 1, OP (Opti
cal Pickup)部10と、RF IC11と、システム制御部12と、スピンドルドライバ13と、スレッドドライバ14と、フォーカスドライバ15と、トラッキングドライバ16と、スピンドルモータ17と、スレッドモータ18と、CPU(Central Pro And cal Pickup in) section 10, an RF IC 11, the system controller 12, a spindle driver 13, a sled driver 14, a focus driver 15, a tracking driver 16, a spindle motor 17, a sled motor 18, CPU (Central Pro
cessing Unit)19と、フラッシュROM And cessing Unit) 19, a flash ROM
20と、RAM21と、インターフェース22と、視覚イメージ生成部24とを備え、光ディスク25に対してデータの記録、再生及び消去を行い、インターフェース22を介して外部機器23が接続されている。 20, a RAM 21, an interface 22, and a visual image generator 24, the recording data to the optical disk 25, reproducing and erasing, the external device 23 through the interface 22 are connected. 【0018】また、システム制御部12と、CPU19 [0018] In addition, a system control unit 12, CPU19
と、フラッシュROM20と、RAM21と、インターフェース22と、視覚イメージ生成部24とは、メインバスであるバスAを介して相互に信号の送信又は/及び受信を行う。 When, a flash ROM 20, a RAM 21, an interface 22, a visual image generator 24, a transmission and / or reception of signals from and to each other through a bus A is the main bus performed. 【0019】OP部10は、RF IC11と、システム制御部12と、フォーカスドライバ15と、トラッキングドライバ16とに接続されている。 The OP unit 10 includes a RF IC 11, the system controller 12, a focus driver 15, and to the tracking driver 16. OP部10は、 OP unit 10,
対物レンズと、レーザダイオードと、レーザダイオードドライバ(LD Driver)と、フォトディテクタと、ハーフミラー等を備えており、フォトディテクタで検出した光信号をRF IC11に供給する。 An objective lens, and supplies the laser diode, a laser diode driver (LD Driver), and a photodetector provided with a half mirror or the like, an optical signal detected by the photodetector in the RF IC 11. また、O In addition, O
P部10は、光ディスク25にデータを記録する際、記録マークの形成に必要なレーザの点滅・駆動信号及びレーザ光強度と明滅の最適値とを示すライトストラテジ信号等がシステム制御部12とRF IC11により供給される。 P unit 10, when recording data on the optical disk 25, the write strategy signals, and the like RF and system control unit 12 showing the optimum value of the blinking and the laser flashing and driving signal and the laser light intensity necessary for the formation of recording marks IC11 is supplied by. また、OP部10は、フォーカスドライバ15 In addition, OP unit 10, focus driver 15
及びトラッキングドライバ16により制御される。 And it is controlled by a tracking driver 16. 【0020】RF IC11は、システム制御部12に接続されている。 [0020] RF IC 11 is connected to the system controller 12. RF IC11は、OP部10から検出されたビームシグナル、サイド及びメインからなる8 RF IC 11 is composed of a detected beam signal, side and main from the OP unit 10 8
系統の信号を、サンプリング及びホールド等の演算処理を行い、8系統の信号のうち所定の信号からフォーカスエラー(FE、Focus Error)信号、トラッキングエラー(TE、Tracking Error) The signal lines, performs arithmetic processing of the sample and hold such a focus error (FE, Focus Error) from a predetermined signal among eight systems of the signal signal, a tracking error (TE, Tracking Error)
信号、ミラー(MIRR、Mirror)信号、ATI Signal, mirror (MIRR, Mirror) signal, ATI
P(Absolute Time In Pregroo P (Absolute Time In Pregroo
ve)信号及び読み出しメイン信号等の信号を生成する。 ve) generates a signal of the signal and read the main signal or the like. RF IC11は、生成した信号のうち、FMDT RF IC 11, of the generated signal, FMDT
(Frequency Modulation Dat (Frequency Modulation Dat
a)信号、FMCK(Frequency Modul a) signal, FMCK (Frequency Modul
ation Clock)信号、FE信号及びTE信号をシステム制御部12に供給し、試し書きにより検出したレーザ光強度の最適値(OPC、Optimum P ation Clock) signal, and supplies the FE signal and the TE signal to the system controller 12, the optimum value of the laser beam intensity detected by trial writing (OPC, Optimum P
owerCalibration)信号及びレーザ点滅・駆動信号をOP部10のLDDriverに供給する。 OwerCalibration) supplying signals and laser flashing and driving signal to LDDriver the OP unit 10. 【0021】システム制御部12は、スピンドルドライバ13と、スレッドドライバ14と、フォーカスドライバ15と、トラッキングドライバ16とに接続されており、CPU19により制御されている。 The system control unit 12 includes a spindle driver 13, a sled driver 14, a focus driver 15, which is connected to the tracking driver 16 are controlled by the CPU 19. システム制御部12は、RF IC11からFMDT信号、FMCK信号、TE信号及びFE信号が入力され、CPU19により制御されて各種のサーボを制御するサーボ制御信号を生成する。 The system control unit 12, FMDT signal from RF IC 11, FMCK signal, TE signal and the FE signal is input, generates a servo control signal for controlling the controlled and various servo by CPU 19. システム制御部12は、生成したサーボ制御信号からアナログ信号を生成し、上記アナログ信号をスピンドルドライバ13、スレッドドライバ14、フォーカスドライバ15及びトラッキングドライバ16に供給する。 The system control unit 12 generates an analog signal from the generated servo control signal and supplies the analog signal spindle driver 13, a thread driver 14, a focus driver 15 and the tracking driver 16. 【0022】また、システム制御部12は、CIRC [0022] In addition, the system control unit 12, CIRC
(Cross Interleaved Reed−So (Cross Interleaved Reed-So
lomon Code)デコード及びエンコード、ライトストラテジ及びADDrデコード等の処理を行う。 lomon Code) decoding and encoding, a processing such as write strategy and ADDr decoding performed. システム制御部12は、光ディスク25にデータの記録を行う際、レーザの点滅・駆動信号及びレーザ光強度の最適値を示す信号をOP部10に供給する。 System controller 12, when recording data on the optical disk 25, and supplies a signal indicating the optimum value of the blinking and drive signals and the laser light intensity of the laser to the OP unit 10. また、システム制御部12は、バスAを介して視覚イメージ生成部2 Further, the system controller 12, the visual image generator 2 through the bus A
4から視覚イメージが供給される。 4 visual image is supplied from. この視覚イメージは、光ディスク25上に複数の記録マークにより目視可能なイメージとして形成される。 This visual image is formed as visible images by a plurality of recording marks on the optical disk 25. 【0023】スピンドルドライバ13は、スピンドルモータ17に接続されており、システム制御部12から供給される信号に基づいてスピンドルモータ17の回転を制御する。 The spindle driver 13 is connected to the spindle motor 17 controls the rotation of the spindle motor 17 based on the signal supplied from the system controller 12. スレッドドライバ14は、スレッドモータ1 Sled driver 14, the thread motor 1
8に接続されており、システム制御部12から供給される信号に基づいてスレッドモータ18のスレッド動作を制御する。 8 are connected to, and controls the thread operation of a thread motor 18 on the basis of a signal supplied from the system controller 12. フォーカスドライバ15は、システム制御部12から供給される信号に基づき、OP部10を光ディスク25に対して垂直方向に移動させ、ビームの焦点位置を制御する。 Focus driver 15, based on a signal supplied from the system controller 12, the OP unit 10 is moved in a direction perpendicular to the optical disk 25, and controls the focal position of the beam. トラッキングドライバ16は、システム制御部12から供給される信号に基づいてOP部10を揺動し、光ディスク25に照射されるビームスポットの位置を制御する。 Tracking driver 16 swings the OP unit 10 based on the signal supplied from the system control unit 12 controls the position of the beam spot irradiated on the optical disk 25. 【0024】スピンドルモータ17は、スピンドルドライバ13から供給される信号に基づいて光ディスク25 [0024] The spindle motor 17, optical disk 25 based on the signal supplied from the spindle driver 13
を回転する。 To rotate. スレッドモータ18は、スレッドドライバ14から供給される信号に基づいてOP部10のスレッド動作を行う。 Thread motor 18 performs a thread operation of the OP unit 10 on the basis of the signals supplied from the thread driver 14. 【0025】CPU19は、バスAを介して、システム制御部12を制御する。 The CPU19 via the bus A, to control the system controller 12. フラッシュROM20には、光ディスク25に記録されているデータの処理を行うためのプログラムが格納されている。 The flash ROM20 stores a program for performing the processing of the data recorded on the optical disk 25 is stored. 【0026】RAM21は、光ディスク25の管理情報を記憶する揮発性のメモリである。 The RAM21 is a volatile memory for storing management information of the optical disk 25. 【0027】インターフェース22は、外部機器23を接続し、例えば、SCSI(Small Comput The interface 22 connects the external device 23, for example, SCSI (Small Comput
er System Interface)、ATAPI er System Interface), ATAPI
(AT Attachiment Interfac (AT Attachiment Interfac
e)、IEEE−1394、USB(Universa e), IEEE-1394, USB (Universa
l Serial Bus)、Blue Tooth等の規格に対応する接続部である。 l Serial Bus), a connecting portion corresponding to the standard such as Blue Tooth. また、インターフェース22は、半導体メモリに対応する接続部であってもよい。 The interface 22 may be a connecting portion corresponding to the semiconductor memory. 外部機器23は、インターフェース22を介して写真、絵又は文字等のデータをデータ記録再生装置1に供給する機器である。 External device 23 is a device for supplying photographic via the interface 22, the data such as a picture or characters to the data recording and reproducing apparatus 1. 外部機器23は、例えば、デジタルカメラ等の撮影機器である。 The external device 23 is, for example, an imaging device such as a digital camera. 視覚イメージ生成部24 Visual image generation unit 24
は、インターフェース22を介して入力されたデータを所定のデータ形式に変換する。 Converts the data inputted via the interface 22 into a predetermined data format. 【0028】光ディスク25は、データの記録、再生及び消去が可能なCD−RW(CDRewritabl [0028] The optical disk 25, the recording of data, which can be playback and erase CD-RW (CDRewritabl
e)や、データの記録、再生及び追記録が可能なCD− e) and, recording of data, which can be reproduced and additional recording CD-
R(CD−Recordable)等の記録媒体である。 A recording medium such as R (CD-Recordable). 光ディスク25には、図2に示すとおり、PCA On the optical disc 25, as shown in FIG. 2, PCA
(Power Calibration Area)、P (Power Calibration Area), P
MA(Program Memory Area)、リードイン情報領域、プログラム領域及びリードアウト情報領域がデータ領域にセッション化されている。 MA (Program Memory Area), lead-in information area, program area and lead-out information area is the session into the data area. PCA PCA
は、OPCの際にレーザ光を当てて、レーザ光強度の最適化に利用される領域である。 , It places the laser beam during the OPC, an area to be used for optimization of the laser beam intensity. PMAは、データを光ディスク25に追記録する際に必要となるアドレス情報が一時記憶される領域である。 PMA is an area in which the address information which is required for additionally recording data on the optical disk 25 is temporarily stored. プログラム領域には、データが実際に含まれている。 The program area, the data is actually included. リードインは、ファイナライズ処理後、トラックのインデックス情報であるTOC Lead-in, it is after finalization, the index information of the track TOC
(Table Of Contents)が記憶される領域である。 (Table Of Contents) is a region to be stored. リードアウト情報領域は、データの最後に付加されている。 Lead-out information region is appended to the end of the data. したがって、リードアウト情報領域以降の領域は、データ未記録領域となっている。 Therefore, the area of ​​the lead-out information area and later, has become a data unrecorded area. 【0029】また、CD−RW等の光ディスクでは、ディスクの内側から外側に向けて、連続的に螺旋状(スパイラル)にデータが記録される。 Further, in the optical disk such as CD-RW, toward the inside of the disk to the outside, data is recorded continuously helically (spirally). このような記録方法をシーケンシャルライト方法と呼ぶ。 Such a recording method is called sequential write method. シーケンシャルライト方法には、DAO(Disc At Once)、TAO(Track The sequential write method, DAO (Disc At Once), TAO (Track
At Once)及びパケットライトがある。 It is At Once) and packet writing. DAOは、ディスク一枚分のデータを一気に記録し、後でデータの追記録が不可能な記録方法である。 DAO is, at once record the data of one sheet of the disk, which is a recording method that can not be later additional recording of data. TAOは、トラック単位でデータを記録し、後でデータの追記録が可能な記録方法である。 TAO records the data in track units, which is a recording method capable later additional recording of data. パケットライトは、TAOのトラックより更に小さな単位でデータを記録することができ、後でデータの追記録が可能な記録方法である。 Packet write, you can record data in smaller units than the track of the TAO, a recording method capable later additional recording of data. TAOは、最大9 TAO is, up to 9
9トラックまでしか記録できないが、パケットライトは、パケット数に制限がなく、使用上扱いやすい記録方法である。 Can only record up to 9 tracks, but packets lights, no limit on the number of packets, it is easy to handle recording method Usage. 【0030】通常、データ記録再生装置1では、レーザ光強度の強弱により光ディスク25の記録面を物理的に変化させて記録マークを記録し、そのレーザ光強度の強弱を「0」と「1」とのデジタルデータとして光ディスク25に記録している。 [0030] Normally, the data recording and reproducing apparatus 1, physically changing the recording surface of the optical disk 25 by the intensity of the laser beam intensity a recording mark recorded, the intensity of the laser beam intensity "0" and "1" It is recorded on the optical disc 25 as digital data with. このレーザ光強度が強い場所と弱い場所とは、反射率が異なっており、目視により確認することも可能である。 The laser beam intensity is high places and weak locations, have different reflectance, can be visually confirmed. 本発明では、この反射率の違いを利用し、複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージを光ディスク25上に形成するものである。 In the present invention, utilizing the difference in reflectance, and forms a visible visual image on the optical disk 25 by a plurality of recording marks. 以下に、光ディスク25上に目視可能な視覚イメージを形成する例を示す。 Hereinafter, an example of forming a visible visual image on the optical disk 25. 【0031】ここで、外部機器23をデジタルカメラ(以下、DSCと呼ぶ。)とした際の視覚イメージ生成部24の動作について一例を以下に述べる。 [0031] Here, the external device 23 digital camera (hereinafter, referred to as a DSC.) The operation of the visual image generator 24 at the time of the described examples below. 【0032】DSCは、撮影部及び画像信号演算処理部等を備えている。 [0032] DSC has an imaging unit and an image signal processing unit or the like. 撮影部は、被写体を取り込むレンズ部と、CCDと、S/H回路部と、A/D変換器とを備えている。 Photographing unit includes a lens unit for taking a subject, and CCD, and S / H circuit, and an A / D converter. CCDは、レンズ部から供給された被写体の画像から画像信号を生成し、生成した画像信号をS/H回路部に供給する。 CCD generates an image signal from an image of the supplied object from the lens unit, and supplies the generated image signal to the S / H circuit. S/H回路部は、上記画像信号をサンプリング及びホールド等の演算処理を行い、A/D変換器に供給する。 S / H circuit section, the image signal performs arithmetic processing of the sample and hold like, and supplies the A / D converter. A/D変換器は、上記画像信号をデジタル画像信号に変換し、画像信号演算処理部に供給する。 A / D converter, the image signal into a digital image signal, and supplies the image signal processing unit.
画像信号演算処理部は、撮影部から供給されたデジタル画像信号に対して、RGB信号から色差・輝度信号への色基準形変換、ホワイトバランス、ガンマ補正及び縮小画像処理等の画像処理を行う。 Image signal processing unit performs the digital image signal supplied from the imaging unit, the color-canonical conversion from RGB signals to the color-difference-luminance signal, white balance, image processing such as gamma correction and the reduced image processing. 処理されたデジタル画像信号は、インターフェース22を介してデータ記録再生装置1に供給され、RAM21等に一時的に記憶される。 Processed digital image signal is supplied to the data recording and reproducing apparatus 1 via the interface 22, is temporarily stored in the RAM21 and the like. 【0033】インターフェース22を介して外部機器2 The external device 2 via the interface 22
3からRAM21等に一時的に記憶されたデータは、視覚イメージ生成部24に供給され、所定のデータ形式に変換される。 Data temporarily stored in the 3 from RAM21, etc. is supplied to the visual image generator 24, it is converted into a predetermined data format. 以下に、視覚イメージ生成部24の変換作業について図3及び図4を用いて説明する。 Will be described below with reference to FIGS. 3 and 4 for the conversion process visual image generator 24. 【0034】視覚イメージ生成部24は、DSCにより、例えば、「車」を撮影したデータが供給された場合、図3に示すようなビットマップデータのデータ形式に変換する。 The visual image generator 24, by DSC, for example, if the data obtained by photographing the "car" is supplied, and converts the data format of the bitmap data as shown in FIG. そして、視覚イメージ生成部24は、ビットマップデータのデータ形式に変換したデータを、変換テーブルに基づいて視覚イメージを生成する。 Then, the visual image generator 24, the data converted into the data format of the bitmap data, and generates a visual image based on the conversion table. 視覚イメージ生成部24は、「1」及び「0」の2種類の変換データを有する変換テーブルに基づいて、図3に示すビットマップデータを30行×70列に分割し、その個々の分割領域において、データが存在する領域を「1」とし、データが存在しない領域を「0」として、図4に示すように「1」と「0」とのデータに変換する。 Visual image generator 24, "1" and based on the conversion table having two conversion data of "0", and divides the bit map data shown in FIG. 3 to 30 rows × 70 columns, the individual divided regions in a region where the data exists and "1", converting the area where no data exists as "0", the data as shown in FIG. 4 as "1" and "0". 【0035】また、外部機器23を文字入力機器とした際の視覚イメージ生成部24の動作についての一例を以下に述べる。 Further, we described an example of the operation of the visual image generator 24 at the time of the external device 23 and the character input device below. 【0036】文字入力機器は、任意の文字をテキストデータとして入力し、上記テキストデータをインターフェース22を介してデータ記録再生装置1に供給する。 The character input device inputs an arbitrary character as text data, to the data recording and reproduction apparatus 1 through the interface 22 to the text data. 上記テキストデータは、RAM21等に一時的に記憶される。 The text data is temporarily stored in the RAM21 and the like. そして、RAM21等に一時的に記憶されたデータは、視覚イメージ生成部24に供給され、所定のデータ形式に変換される。 The data temporarily stored in the RAM21 and the like is supplied to the visual image generator 24, is converted into a predetermined data format. 以下に、視覚イメージ生成部24の変換作業について図5及び図6を用いて説明する。 It will be described below with reference to FIGS about conversion work visual image generator 24. 【0037】視覚イメージ生成部24は、文字入力機器により、例えば、「2001」というテキストデータが供給された場合、図5に示すようなビットマップデータのデータ形式に変換する。 The visual image generator 24, the character input device, for example, when the text data of "2001" is supplied, and converts the data format of the bitmap data as shown in FIG. そして、視覚イメージ生成部24は、ビットマップデータのデータ形式に変換したテキストデータを、変換テーブルに基づいて視覚イメージを生成する。 Then, the visual image generator 24, the text data converted into the data format of the bitmap data, and generates a visual image based on the conversion table. 視覚イメージ生成部24は、「1」及び「0」の2種類の変換データを有する変換テーブルに基づいて、図5に示すビットマップデータを30行×70 Visual image generator 24, "1" and based on the conversion table having two conversion data of "0", the bit map 30 rows of data × 70 shown in FIG. 5
列に分割し、その個々の分割領域において、データが存在する領域を「1」とし、データが存在しない領域を「0」として、図6に示すように「1」と「0」とのデータに変換する。 Divided into columns, in that the individual divided regions, a region where the data exists and "1", data of a region where no data exists as "0", as shown in FIG. 6 as "1" and "0" to convert to. 【0038】また、上述の視覚イメージ生成部24で生成した視覚イメージは、一例であって、光ディスク25 Further, the visual image generated by the visual image generator 24 described above is an example, an optical disk 25
のコンテンツ情報、再生回数、記録回数、残りの記録容量、又は記録フォーマット等であってもよい。 Content information, play count, record count may be a remaining recording capacity or recording format or the like. さらに、 further,
追記のみ可能な光ディスク25に改ざん防止のためのシリアルナンバーを視覚イメージとして記録し、著作権保護を図ってもよい。 Serial number for tamper prevention on the recordable only optical disc 25 is recorded as a visual image, may attempt to copyright protection. 【0039】なお、データ形式は、上述したビットマップデータの形式ではなくても、視覚イメージに変換できるものなら他の形式でもよい。 [0039] The data format is also not in the form of bit map data described above, may be other formats if it can convert the visual image. 変換テーブルは、上述した「1」と「0」との2種類の変換データのみではなく、図7に示すような、複数の種類の変換データを有していてもよい。 Conversion table, not only two types of conversion data of the above-mentioned "1" and "0", as shown in FIG. 7, may have a conversion data of a plurality of types. この場合、例えば、「0」を赤、「1」 In this case, for example, red "0", "1"
を青、「2」を緑、「3」を白に対応するようにする。 Blue, "2" green, and so as to correspond to the white "3".
ビットマップデータの分割は、上述した30行×70列ではなく、光ディスク25に記録する視覚イメージの大きさに応じて変えてよい。 Dividing the bit map data, instead of 30 rows × 70 columns as described above may be varied according to the size of the visual image to be recorded on the optical disk 25. 【0040】また、「1」と「0」とに変換された視覚イメージは、データ記録再生装置1のシステム制御部1 Further, the visual image converted into "1" and "0", the data recording and reproducing apparatus 1 system control unit 1
2により、図8に示すように、光ディスク25の回転周期信号に同期させるためのSyncマークを任意に付加したデータ列に変換される。 The 2, as shown in FIG. 8, is converted into the data string obtained by adding arbitrarily Sync mark for synchronizing the rotation cycle signal of the optical disk 25. 図8(e)に示すデータ列は、図8(a)に示すSyncマーク1が付加されたデータ列と、図8(b)に示すSyncマーク2が付加されたデータ列と、図8(c)に示すSyncマーク3が付加されたデータ列と、図8(d)に示すSyncマーク4が付加されたデータ列とが結合された結合データ列を示している。 Data train shown in FIG. 8 (e) a data string Sync mark 1 is added shown in FIG. 8 (a), a data string Sync mark 2 is added shown in FIG. 8 (b), 8 ( a data sequence Sync mark 3 is added as shown in c), the shows the binding data sequence Sync mark 4 and the additional data string is coupled as shown in FIG. 8 (d). 【0041】このようにSyncマークが付加された結合データ列は、システム制御部12により、出力データ列に変換される。 The binding data string Sync mark is added in this way, the system control unit 12, is converted into an output data sequence. 結合データ列が図9(a)に示すような結合データ列aの場合、出力データ列は、図9(b) When the binding data string of the combined data strings a, as shown in FIG. 9 (a), the output data string, and FIG. 9 (b)
に示すような結合データ列aをそのまま出力した出力データ列aに変換してもよいし、図9(c)に示すような任意のDuty比に分割した出力データ列bに変換してもよいし、図9(d)に示すような出力データ列bに基づいてEFM変調方式、8−16変調方式又はRLL方式等により変調した出力データ列cに変換してもよい。 It Binding data sequence a may be converted into output data array a that output as shown in, it may be converted into an output data sequence b divided into any Duty ratio as shown in FIG. 9 (c) and, EFM modulation system, may be converted to output data array c modulated by 8-16 modulation method or RLL system or the like on the basis of the output data array b as shown in FIG. 9 (d). 【0042】OP部10は、例えば「0」のデータが入力された場合、光ディスク25に対して再生レーザを点灯し、「1」のデータが入力された場合、光ディスク2 [0042] When OP unit 10, for example if the data of "0" is input, which turns on the reproduction laser to the optical disk 25, data of "1" is input, the optical disc 2
5に対して記録レーザを点灯する。 The recording laser lights against 5. このようにして光ディスク25には、「0」のデータが入力された場所と、 The optical disk 25 in this way, and where the data of "0" is input,
「1」のデータが入力された場所との反射率の違いにより目視可能な視覚イメージが形成される。 Data "1" is visible visual image is formed by the difference in reflectance between locations entered. 【0043】光ディスク25には、複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される専用の視覚イメージ記録層を有する光ディスクと、専用の視覚イメージ記録層を有さない光ディスクとがあり、視覚イメージは、視覚イメージ記録層を有する光ディスクの場合、視覚イメージ記録層に複数の記録マークにより形成され、 [0043] the optical disc 25, there is a disc having no the optical disc having a dedicated visual image recording layer visible visual image is formed, a dedicated visual image recording layer by a plurality of recording marks, the visual image in the case of an optical disc having a visual image recording layer is formed by a plurality of recording marks in the visual image recording layer,
視覚イメージ記録層を有さない光ディスクの場合、データ記録層のデータ未記録領域に複数の記録マークにより形成される。 If an optical disc having no visual image recording layer is formed by a plurality of recording marks in the data unrecorded area of ​​the data recording layer. 【0044】また、図9(c)に示した出力データ列b [0044] Further, the output data sequence b that shown in FIG. 9 (c)
のDuty比のパターンを局所的に周期の速いものと遅いものとで組み合わせたり、記録及び未記録のトラックを交互又は任意に作り、単位面積当たりの記録ポイント数を変更すること等により、光ディスク25に記録する視覚データに明暗、濃淡又は/及び立体感等のコントラストを付けることが可能である。 Or combination as fast-locally period and slow patterns Duty ratio, making the track of the recording and the unrecorded alternately or optionally, such as by changing the number of recording points per unit area, the optical disk 25 it is possible to apply the contrast of light and dark, gray and / or three-dimensional appearance such visual data to be recorded on. 【0045】ここで、システム制御部12の構成について説明する。 [0045] Here, the configuration of the system control section 12. システム制御部12は、図10に示すように、回転周期検出部100と、分周比設定部101と、 The system control unit 12, as shown in FIG. 10, the rotation period detecting unit 100, a division ratio setter 101,
Sync Timing生成部102と、同期回路部1 And Sync Timing generator 102, synchronizing circuit 1
03と、変調方式切換え部104と、CIRCエンコード/デコード On・Off制御部105と、エンコーダ−パターン発生部106と、セレクタ部107と、ライトストラテジ部108と、ライト/リードLD109 03, the modulation scheme switching section 104, a CIRC encode / decode On · Off control unit 105, an encoder - a pattern generator 106, a selector 107, a write strategy unit 108, the write / read LD109
とを備えている。 It is equipped with a door. 回転周期検出部100は、分周比設定部101から供給される信号とFG信号とを同期させる。 Rotation period detecting unit 100 synchronizes the signal and FG signal supplied from the frequency dividing ratio setting unit 101. 回転周期検出部100により同期された信号は、S Synchronized signal by the rotation period detector 100, S
ync Timing生成部に供給され、Sync Ti It is supplied to YNC Timing generator, Sync Ti
mingが付加された信号が生成される。 ming is the added signal is generated. エンコーダ− Encoder -
パターン発生部106は、視覚イメージ生成部24から供給された視覚イメージのデータ列を、変調方式切換え部104とCIRCエンコード/デコード On・Of The pattern generating section 106, a data string of a visual image that is supplied from the visual image generator 24, the modulation scheme switching section 104 and CIRC encode / decode On · Of
f制御部105とにより後述する出力データ列に変換する。 Into an output data sequence to be described later by the f control unit 105. 同期回路部103は、Sync Timing生成部102から供給されるSync Timing信号とエンコーダ−パターン発生部106から供給される出力データ列信号とから同期信号を生成する。 Synchronizing circuit 103, Sync Timing signals and encoder supplied from Sync Timing generator 102 - generating a synchronization signal and an output data sequence signal supplied from the pattern generator 106. 同期回路部1 Synchronization circuit section 1
03は、生成した同期信号を、セレクタ部107を介してライトストラテジ部108に供給する。 03 supplies the generated synchronization signal, the write strategy unit 108 via the selector unit 107. 【0046】次に、FG信号について以下に説明する。 Next, it will be described below FG signal.
スピンドルモータ17は、光ディスク25に駆動力を与えるときのモータの動作に従ってFG信号を発生させる。 The spindle motor 17 generates an FG signal according to the operation of the motor when applying a driving force to the optical disk 25. このFG信号は、スピンドルモータ17の回転数情報、すなわち、光ディスク25が一回転するごとに発生する回転数情報である。 The FG signal is rotational speed information of the spindle motor 17, i.e., a rotational speed information disc 25 is generated each time one revolution. また、回転数情報は、例えばスピンドルモータ17が3相モータからなる場合、相の切換のためのタイミング信号により生成され、光ディスク25を支持するターンテーブルにFG信号発生用のFG The rotational speed information, for example if the spindle motor 17 is a three-phase motor, is generated by the timing signal for switching phases, FG for FG signal generated on a turntable for supporting an optical disc 25
板が設けられているときにはFG板が回転されることで生成される。 When the plate is provided is generated by FG ​​plate is rotated. なお、FG信号は、通常18波か24波でモータの一回転を示す。 Incidentally, FG signal indicates one rotation of the motor in a normal 18-wave or 24 waves. 【0047】ここで、視覚イメージを光ディスク25に記録する際のモータ制御及びレーザ光の制御タイミングの方法について説明する。 [0047] Here, explaining the visual image on the method of controlling the timing of the motor control and laser light for recording on the optical disk 25. 【0048】第1の方法として、光ディスク25に含まれるATIP信号、ADIP(Adress In Pr [0048] As a first method, ATIP signal included in the optical disc 25, ADIP (Adress In Pr
egroove)信号、又はSub−code Q−c Egroove) signal, or Sub-code Q-c
hannel信号等のアドレス情報に基づいて、光ディスク25のCLV(Constant Linear V Based on hannel signal such address information, CLV optical disc 25 (Constant Linear V
elocity)やCAV(Constanat An elocity) and CAV (Constanat An
gular Velocity)等の回転制御をし、視覚イメージを形成する際の位置決めのタイミング制御をし、レーザ光の記録及び未記録のタイミング制御をする方法がある。 The gular Velocity) rotation control etc., and timing control of the positioning in forming the visual image, there is a method of timing control of the laser beam recording and unrecorded. 【0049】第2の方法として、スピンドルモータ17 [0049] As a second method, the spindle motor 17
やターンテーブル等のデータ記録再生装置1に備えられているホールセンサーのFG信号の出力を用いて回転制御をし、視覚イメージを形成する際の位置決めのタイミング制御をし、レーザ光の記録及び未記録のタイミング制御をする方法がある。 And the rotation control using the output of the Hall sensor of the FG signal provided in the data recording and reproducing apparatus 1, such as a turntable, and the timing control of the positioning in forming the visual image, the recording and non-laser light there is a method for the timing control of the recording. 【0050】第3の方法として、上記第1の方法及び上記第2の方法を組み合わせて光ディスクの回転制御をし、視覚イメージを形成する際の位置決めのタイミング制御をし、レーザ光の記録及び未記録のタイミング制御をする方法がある。 [0050] As a third method, the rotation control of the optical disk by combining the above first method and the second method, the timing control of the positioning in forming the visual image, the recording and non-laser light there is a method for the timing control of the recording. 【0051】第4の方法として、Photo−CD等の光ディスク25の内周に設けられたバーコードやそれと同等の信号から得られる出力をFG信号の代用として用いて、光ディスクの回転制御をし、視覚イメージを形成する際の位置決めのタイミング制御をし、レーザ光の記録及び未記録のタイミング制御をする方法がある。 [0051] As a fourth method, by using the output obtained from the bar code or equivalent of the signals provided on the inner circumference of the optical disk 25 such as a Photo-CD as a substitute of the FG signal, the rotation control of the optical disk, the timing control of the positioning in forming the visual image, there is a method of timing control of the laser beam recording and unrecorded. 【0052】次に、上述のように30行×70列のデータに変換された視覚イメージをデータ記録再生装置1により、光ディスク25のデータ未記録領域に形成する場合の動作の一例について図11に示すフローチャートを参照して説明する。 Next, the data recording and reproducing apparatus 1 a visual image that is converted into data of 30 rows × 70 columns as described above, in FIG. 11 for an example of the operation in the case of forming the data unrecorded area of ​​the optical disk 25 It is described with reference to a flowchart shown. 【0053】ステップST1において、データ記録再生装置1は、光ディスク25が所定の場所に設置されたことを確認する。 [0053] In step ST1, the data recording and reproducing apparatus 1 confirms that the optical disc 25 is installed in place. 【0054】ステップST2において、データ記録再生装置1は、光ディスク25の記録状態を確認する。 [0054] In step ST2, the data recording and reproducing apparatus 1 checks the recording state of the optical disk 25. 光ディスク25の容量やデータ未記録領域の残量を確認したり、PMA又はリードイン情報領域に記録されているT Check the remaining amount of the capacity and the data unrecorded area of ​​the optical disc 25, T recorded in the PMA or the lead-in information area
OCの有無を確認したりする。 Or to confirm the presence or absence of OC. なお、PMAに記録されるTOCは、暫定TOCであり、光ディスク25にファイナライズ処理を施した際に、上記暫定TOCを正式のTOCとしてリードイン情報領域に記録する。 Incidentally, TOC recorded in the PMA is provisional TOC, when subjected to finalize process on the optical disc 25 is recorded in the lead-in information area the provisional TOC as authoritative TOC. 【0055】ここで、ファイナライズ処理について説明する。 [0055] Here, a description will be given of the finalization process. データがUDF(Universal Disk Data is UDF (Universal Disk
Format)ファイルフォーマットで記録されている光ディスクのデータは、一般的なパーソナルコンピュータ(PC、PersonalComputer)で再生をすることができない。 Data are recorded optical disk Format) file format can not be reproduced in a general personal computer (PC, Personal Computer). それは、PCが、UDFファイルフォーマットをサポートしていないためである。 It is, PC is, is because they do not support the UDF file format. そこで、UDFファイルフォーマットされている光ディスクをPCで再生できるようにするために、PCがサポートしているISO 9660等のファイルフォーマットに光ディスクのファイルフォーマットを変換する必要がある。 Therefore, in order that the optical disc is UDF file format can be played on PC, it is necessary to convert the file format file format of an optical disk 9660 such as ISO the PC supports. この変換作業をファイナライズ処理という。 That finalized the conversion work. 【0056】ステップST3において、データ記録再生装置1は、ステップST2の光ディスク25に対する認識作業に基づいて、光ディスク25に視覚イメージを形成することが可能かどうかを判断する。 [0056] In step ST3, the data recording and reproducing apparatus 1, based on the recognition operation for the optical disc 25 in step ST2, the determining whether it is possible to form a visual image on the optical disk 25. 例えば、視覚イメージを形成することが可能であっても、データが多量に記録されているため、視覚イメージを形成することが可能なデータ未記録領域が狭い光ディスク25は、視覚イメージの形成は不可能なディスクであると判断される。 For example, even possible to form a visual image, because the data is a large amount of recorded data unrecorded area is narrow optical disc 25 capable of forming a visual image, the formation of a visual image non it is determined to be disk. 【0057】視覚イメージを形成することが可能なデータ未記録領域が広い光ディスク25は、視覚イメージの形成が可能なディスクであると判断され、ステップST [0057] visual image optical disk 25 the data unrecorded area capable wide to form a can, it is determined that the disk can be formed of the visual image, the step ST
4に進む。 Proceed to 4. 【0058】ステップST4において、データ記録再生装置1は、光ディスク25のディスクタイプの認識作業を行い、ディスクタイプがデータの記録及び消去が可能なものであるかどうかを判断する。 [0058] In step ST4, the data recording and reproducing apparatus 1 performs a recognition task of the disc type of the optical disk 25, it is determined whether the disk type is capable of recording and erasing data. ディスクタイプには、CD−DAやCD−ROM等のデータの再生のみ可能なディスクや、CD−R等のデータの追記のみ可能なディスクや、CD−RW等のデータの記録及び消去が可能なディスクとがある。 The disk type, which can be CD-DA or disc or playable only data, such as a CD-ROM, write-once disc or possible only data such as CD-R, recording and erasing of data such as CD-RW there is a disk. 【0059】ステップST4の認識作業により、光ディスク25のディスクタイプがデータの再生のみ可能及び追記のみ可能なものであると認識された場合、ステップST7に進み、ディスクタイプがデータの記録及び消去が可能なものであると認識された場合、ステップST5 [0059] The recognition task in step ST4, if the disk type of the optical disk 25 has been recognized as being capable only only possible and recordable reproduction of data, the process proceeds to step ST7, the disk type is capable of recording and erasing data If it is recognized is such, step ST5
に進む。 Proceed to. 【0060】ステップST5において、データ記録再生装置1は、光ディスク25のデータ未記録領域を全消去するかどうかの選択を行う。 [0060] In step ST5, the data recording and reproducing apparatus 1 performs selection of whether to all erasing data unrecorded area of ​​the optical disk 25. 光ディスク25のデータ未記録領域の全消去を行わない場合、ステップST7に進み、光ディスク25のデータ未記録領域の全消去を行う場合、ステップST6に進む。 When not all data erasure unrecorded area of ​​the optical disk 25, the process proceeds to step ST7, when performing full erasure of the data unrecorded area of ​​the optical disk 25, the process proceeds to step ST6. 【0061】ステップST6において、データ記録再生装置1は、光ディスク25のデータ未記録領域の全消去を行う。 [0061] In step ST6, the data recording and reproducing apparatus 1 performs all the data erasure unrecorded area of ​​the optical disk 25. ステップST6の消去作業により、前回までに光ディスク25のデータ未記録領域に視覚イメージが記録されていた場合、上記視覚イメージは全て消去される。 The erase operations in step ST6, if the visual image in a data unrecorded area of ​​the optical disc 25 is recorded up to the previous time, the visual image is erased. 【0062】ステップST7において、データ記録再生装置1は、視覚イメージ生成部24により生成された視覚イメージに基づいて記録イメージを生成する。 [0062] In step ST7, the data recording and reproducing apparatus 1 generates a recording image based on the visual image generated by the visual image generator 24. 記録イメージとは、光ディスク25に視覚イメージを記録したときの様子を記録する前に確認するためのイメージのことである。 And recording the image is that of the image to check before recording a state when recording the visual image on the optical disk 25. データ記録再生装置1は、図示しないモニタをバスAに接続し、上記モニタにより記録イメージの確認を行う。 Data recording and reproducing apparatus 1 is connected to a monitor (not shown) to bus A, to confirm the recording image by the monitor. ここで、記録イメージの生成について以下に説明する。 Here will be described the generation of the recording image. 【0063】ステップST2による光ディスク25の記録状態の確認作業に基づいて、光ディスク25の状態が、図12に示すようにモニタに表示される。 [0063] Based on the operation of confirming the recording status of the optical disc 25 by the step ST2, the state of the optical disk 25 is displayed on the monitor as shown in FIG. 12. なお、本実施例では、データ記録済領域200とデータ未記録領域201を表示することとしているが、上記以外のものを表示してもよい。 In this embodiment, although the displaying data recorded area 200 and the data unrecorded area 201, it may be displayed other than the foregoing. 視覚イメージ生成部24で生成した視覚イメージは、データ未記録領域201に形成される。 Visual generated by the visual image generator 24 image is formed in the data unrecorded area 201. データ記録再生装置1は、視覚イメージの大きさ及び形状等の調整や、光ディスク25に記録する際の視覚イメージの記録位置の調整をして、例えば図13に示すような記録イメージを作成する。 Data recording and reproducing apparatus 1, adjustment of the size and shape of the visual image, by adjusting the recording position of the visual image when recording on the optical disc 25, creates a record image as shown in FIG. 13 for example. 【0064】ステップST8において、データ記録再生装置1は、視覚イメージを光ディスク25に形成する際の記録条件を設定する。 [0064] In step ST8, the data recording and reproducing apparatus 1 sets the recording conditions for forming a visual image on the optical disk 25. ステップST8では、光ディスク25に視覚イメージを形成する際の形成速度や、レーザ光の強度等の形成条件を設定する。 In step ST8, and the forming rate when forming a visual image on the optical disk 25, to set the forming conditions such as the intensity of the laser beam. 【0065】ステップST9において、データ記録再生装置1は、視覚イメージを光ディスク25に複数の記録マークにより形成する。 [0065] In step ST9, the data recording and reproducing apparatus 1 is formed by a plurality of recording marks visual images on the optical disk 25. このとき、モニタに視覚イメージの形成作業の進行状況を表示してもよい。 At this time, you may view the progress of work of forming a visual image on the monitor. また、光ディスク25に視覚イメージを形成する際、レーザ光の試し書きをPCAを利用して行うが、PCAがデータで満たされている場合、レーザ光の試し書きは、例えば、データ未記録領域の最外周部分を利用することとする。 Also, when forming a visual image on the optical disk 25, performs the test writing laser beam by using the PCA, if PCA is filled with data, test writing laser beam, for example, data of the unrecorded area and taking advantage of the outermost peripheral portion. 【0066】ステップST10において、データ記録再生装置1は、新規に視覚イメージを光ディスク25に形成するかどうかの選択をする。 [0066] In step ST10, the data recording and reproducing apparatus 1, the selection of whether to form the optical disc 25 a new visual image. 新規に視覚イメージを光ディスク25に形成する場合、ステップST4に戻る。 When forming new visual images on the optical disc 25, the flow returns to step ST4. 【0067】上述したようなステップST1〜ステップST10の手順に従って、データ記録再生装置1は、光ディスク25のデータ未記録領域に目視可能な視覚イメージを複数の記録マークにより形成する。 [0067] Following the procedure of Step ST1~ step ST10 described above, the data recording and reproducing apparatus 1 is formed by a plurality of recording marks visible visual image in the data unrecorded area of ​​the optical disk 25. また、ステップST3では、光ディスク25がDAOでデータが記録されている場合や、ファイナライズが施されている場合であり、かつデータ未記録領域が一定の領域以上ある場合であれば、上記光ディスク25を視覚イメージの記録が可能な媒体であると判断する。 Further, in step ST3, the or when the optical disk 25 is recorded data DAO, a case finalization has been performed, and in the case that the data unrecorded area is above a certain area, the optical disc 25 it is determined that the medium capable of recording visual images. 光ディスク25がこのような状態であれば、フォーマット上では、光ディスク25は、追記録が不可能となっている。 If the optical disk 25 is in such a state, on the format, the optical disc 25 has become impossible to additionally record. したがって、データ未記録領域に視覚イメージが形成されていても互換性等において問題は生じない。 Therefore, no problem occurs in the compatibility and the like be visualized image formed in the data unrecorded area. 【0068】また、光ディスク25のデータ未記録領域に形成される視覚イメージは、外部機器23からシステム制御部12に直接供給されてもよい。 [0068] Further, the visual image formed in the data unrecorded area of ​​the optical disk 25 may be supplied directly from the external device 23 to the system controller 12. なお、この場合は、ステップST7は、スキップされる。 In this case, the step ST7 is skipped. 【0069】データ記録領域が全て未記録の状態である光ディスク25に視覚イメージを形成する場合、視覚イメージを形成する前に、レーザ光の試し書き領域であるPCAの全領域を記録状態としておけばよい。 [0069] If the data recording area to form a visual image on the optical disk 25 is the state of all unrecorded, before forming a visual image, if the entire area of ​​a trial writing area of ​​the laser beam PCA and a recording state good. 光ディスク25がこのような状態であれば、フォーマット上では、光ディスク25は、追記録が不可能となっている。 If the optical disk 25 is in such a state, on the format, the optical disc 25 has become impossible to additionally record.
したがって、データ未記録領域に視覚イメージが形成されていても互換性等において問題は生じない。 Therefore, no problem occurs in the compatibility and the like be visualized image formed in the data unrecorded area. 【0070】また、データ記録再生装置1は、光ディスク25のデータ未記録領域の記録状態を認識できてもよい。 [0070] The data recording and reproducing apparatus 1 may recognize the recording state of the data unrecorded area of ​​the optical disk 25. 以下に、光ディスク25のデータ未記録領域の記録状態を認識することが可能なデータ記録再生装置1により、光ディスク25のデータ未記録領域に形成する動作の一例について図14及び図15に示すフローチャートを参照して説明する。 Hereinafter, the data unrecorded area data recording and reproducing apparatus capable of recognizing the recording state of the first optical disk 25, the flowcharts shown in FIGS. 14 and 15 an example of the operation of forming the data unrecorded area of ​​the optical disk 25 reference to be explained. 【0071】ステップST21において、データ記録再生装置1は、図14に示すとおり、光ディスク25が所定の場所に設置されたことを確認する。 [0071] In step ST21, the data recording and reproducing apparatus 1, as shown in FIG. 14, the optical disc 25 to verify that it has been installed in place. 【0072】ステップST22において、データ記録再生装置1は、光ディスク25の記録状態を確認する。 [0072] In step ST22, the data recording and reproducing apparatus 1 checks the recording state of the optical disk 25. 光ディスク25の容量やデータ未記録領域の残量を確認したり、PMA又はリードイン情報領域に記録されているTOCの有無を確認したりする。 Check the remaining amount of the capacity and the data unrecorded area of ​​the optical disk 25, or to check for TOC recorded in the PMA or the lead-in information area. なお、PMAに記録されるTOCは、暫定TOCであり、光ディスク25にファイナライズ処理を施した際に、上記暫定TOCを正式のTOCとしてリードイン情報領域に記録する。 Incidentally, TOC recorded in the PMA is provisional TOC, when subjected to finalize process on the optical disc 25 is recorded in the lead-in information area the provisional TOC as authoritative TOC. ファイナライズ処理については、上述のステップST2でした説明と同様である。 Finalization processing is similar to the description was step ST2 described above. 【0073】また、光ディスク25のデータ未記録領域に視覚イメージが形成されているかどうかの確認も行う。 [0073] Also, check whether a visual image is formed in the data unrecorded area of ​​the optical disk 25 is also performed. 【0074】ステップST23において、データ記録再生装置1は、ステップST22の光ディスク25に対する認識作業に基づいて、光ディスク25に視覚イメージを記録することが可能かどうかを判断する。 [0074] In step ST23, the data recording and reproducing apparatus 1 based on the recognition operation for the optical disc 25 in step ST22, it is determined whether it is possible to record the visual image on the optical disk 25. 例えば、視覚イメージを形成することが可能であっても、データが多量に記録されているため、視覚イメージを形成することが可能なデータ未記録領域が狭い光ディスク25は、 For example, even possible to form a visual image, because the data is a large amount of recorded data unrecorded area is narrow optical disc 25 capable of forming a visual image,
視覚イメージの形成は不可能なディスクであると判断される。 Formation of the visual image is determined to be unable to disk. 【0075】視覚イメージを形成することが可能なデータ未記録領域が広い光ディスク25は、視覚イメージの形成が可能なディスクであると判断され、ステップST [0075] visual image optical disk 25 the data unrecorded area capable wide to form a can, it is determined that the disk can be formed of the visual image, the step ST
24に進む。 Proceed to 24. 【0076】ステップST24において、データ記録再生装置1は、光ディスク25のディスクタイプの認識作業を行い、ディスクタイプがデータの記録及び消去が可能なものであるかどうかを判断する。 [0076] In step ST24, the data recording and reproducing apparatus 1 performs a recognition task of the disc type of the optical disk 25, it is determined whether the disk type is capable of recording and erasing data. ディスクタイプには、CD−DAやCD−ROM等のデータの再生のみ可能なディスクや、CD−R等のデータの追記のみ可能なディスクや、CD−RW等のデータの記録及び消去が可能なディスクとがある。 The disk type, which can be CD-DA or disc or playable only data, such as a CD-ROM, write-once disc or possible only data such as CD-R, recording and erasing of data such as CD-RW there is a disk. 【0077】ステップST24の認識作業により、光ディスク25のディスクタイプがデータの再生のみ可能及び追記のみ可能なものであると認識された場合、ステップST27に進み、ディスクタイプがデータの記録及び消去が可能なものであると認識された場合、ステップS [0077] The recognition task in step ST24, if the disk type of the optical disk 25 has been recognized as being capable only only possible and recordable reproduction of data, the process proceeds to step ST27, the disc type can be recorded and erased data If it is recognized is such, step S
T25に進む。 Proceed to the T25. 【0078】ステップST25において、データ記録再生装置1は、光ディスク25のデータ未記録領域を部分消去又は全消去するかどうかの選択を行う。 [0078] In step ST25, the data recording and reproducing apparatus 1 performs selection of whether data unrecorded area of ​​the optical disk 25 be partially erased or complete deletion. 光ディスク25のデータ未記録領域の部分消去又は全消去を行わない場合、ステップST27に進み、光ディスク25のデータ未記録領域の部分消去又は全消去を行う場合、ステップST26に進む。 If you do not partially erase or total erasure of the data unrecorded area of ​​the optical disk 25, the process proceeds to step ST27, when performing partial erasure or full erasure of the data unrecorded area of ​​the optical disk 25, the process proceeds to step ST26. 【0079】ステップST26において、データ記録再生装置1は、光ディスク25のデータ未記録領域の部分消去又は全消去を行う。 [0079] In step ST26, the data recording and reproducing apparatus 1 performs partial erasure or full erasure of the data unrecorded area of ​​the optical disk 25. 【0080】ステップST27において、データ記録再生装置1は、視覚イメージ生成部24により生成された視覚イメージに基づいて記録イメージを生成する。 [0080] In step ST27, the data recording and reproducing apparatus 1 generates a recording image based on the visual image generated by the visual image generator 24. 記録イメージとは、光ディスク25に視覚イメージを形成したときの様子を形成する前に確認するためのイメージのことである。 And recording the image is that of the image to be verified prior to forming a state where the formation of the visual image on the optical disk 25. データ記録再生装置1は、図示しないモニタをバスAに接続し、上記モニタにより記録イメージの確認を行う。 Data recording and reproducing apparatus 1 is connected to a monitor (not shown) to bus A, to confirm the recording image by the monitor. 記録イメージの生成については、上述のステップST7でした説明と同様である。 The generation of the recording image is the same as described was step ST7 above. 【0081】ステップST28において、データ記録再生装置1は、ステップST27で生成した記録イメージが、前回までに光ディスク25のデータ未記録領域に形成した視覚イメージに重なっているかどうかを判断する。 [0081] In step ST28, the data recording and reproducing apparatus 1 records image generated in step ST27 it is determined whether the overlapping visual image formed in the data unrecorded area of ​​the optical disk 25 up to the previous time. 視覚イメージが重なっていない場合、ステップST If the visual image do not overlap, step ST
30に進み、視覚イメージが重なっている場合、ステップST29に進む。 Proceed to 30, when the visual images are overlapped with each other, the process proceeds to step ST29. 【0082】ステップST29において、データ記録再生装置1は、視覚イメージの上書き形成を行うかどうかを判断する。 [0082] In step ST29, the data recording and reproducing apparatus 1 determines whether to overwrite the formation of visual image. 視覚イメージの上書き形成を行わない場合、ステップST27に戻り、再び記録イメージの生成をやり直し、視覚イメージの上書き形成を行う場合、ステップST30に進む。 If you do not overwrite the formation of visual image, the process returns to step ST27, repeat the generation of the recording image again, if the overwriting formation of the visual image, the process proceeds to step ST30. 【0083】ステップST30において、データ記録再生装置1は、図15に示すとおり、視覚イメージを光ディスク25に記録する際の形成条件を設定する。 [0083] In step ST30, the data recording and reproducing apparatus 1, as shown in FIG. 15, to set the forming conditions for recording a visual image on the optical disk 25. ステップST30では、光ディスク25に視覚イメージを形成する際の形成速度や、レーザ光の強度等の形成条件を設定する。 In step ST30, and the forming rate when forming a visual image on the optical disk 25, to set the forming conditions such as the intensity of the laser beam. 【0084】ステップST31において、データ記録再生装置1は、視覚イメージを光ディスク25に複数の記録マークにより形成する。 [0084] In step ST31, the data recording and reproducing apparatus 1 is formed by a plurality of recording marks visual images on the optical disk 25. このとき、モニタに視覚イメージの形成作業の進行状況を表示してもよい。 At this time, you may view the progress of work of forming a visual image on the monitor. また、光ディスク25に視覚イメージを形成する際、レーザ光の試し書きをPCAを利用して行うが、PCAがデータで満たされている場合、レーザ光の試し書きは、例えば、 Also, when forming a visual image on the optical disk 25, it performs the test writing laser beam by using the PCA, if PCA is filled with data, test writing laser beam, for example,
データ未記録領域の最外周部分を利用することとする。 And utilizing the outermost peripheral portion of the data unrecorded area. 【0085】ステップST32において、データ記録再生装置1は、新規に視覚イメージを光ディスク25に形成するかどうかの選択をする。 [0085] In step ST32, the data recording and reproducing apparatus 1, the selection of whether to form the optical disc 25 a new visual image. 新規に視覚イメージを光ディスク25に形成する場合、ステップST24に戻り、新規に視覚イメージを光ディスク25に形成しない場合、ステップST33に進む。 When forming new visual images on the optical disc 25, the process returns to step ST24, if no new visual image formed on the optical disc 25, the process proceeds to step ST33. 【0086】ステップST33において、データ記録再生装置1は、ステップST31で光ディスク25に形成した視覚イメージの照合を行うかどうかの選択を行う。 [0086] In step ST33, the data recording and reproducing apparatus 1 performs selection of whether to match visual images formed on the optical disk 25 in step ST31.
視覚イメージの照合を行う場合、ステップST34に進む。 When performing collation of the visual image, the process proceeds to step ST34. 【0087】ステップST34において、データ記録再生装置1は、光ディスク25に形成した視覚イメージの照合を行う。 [0087] In step ST34, the data recording and reproducing apparatus 1 performs verification of the visual image formed on the optical disk 25. 【0088】ステップST35において、データ記録再生装置1は、ステップST34により光ディスク25に形成した視覚イメージを照合した結果、光ディスク25 [0088] In step ST35, the data recording and reproducing apparatus 1, the result of collation of the visual image formed on the optical disk 25 in step ST34, the optical disk 25
に視覚イメージが正しく形成されたかどうかの判断を行う。 Judgment is made as to whether the visual image is properly formed. 光ディスク25に視覚イメージが正しく形成されていないと判断した場合、ステップST36に進む。 If the visual image is determined not to be correctly formed on the optical disc 25, the process proceeds to step ST36. 【0089】ステップST36において、データ記録再生装置1は、視覚イメージが正しく形成されていないと判断された光ディスク25のディスクタイプが、データの記録及び消去が可能なものであるかどうかを判断する。 [0089] In step ST36, the data recording and reproducing apparatus 1, the disc type of the optical disc 25 which visual image is determined not to be correctly formed, to determine whether it is capable of recording and erasing data. 光ディスク25のディスクタイプが、データの記録及び消去が可能なものであると判断した場合、ステップST37に進む。 Disc type of the optical disc 25 is, when it is determined that is capable of recording and erasing data, the process proceeds to step ST37. 【0090】ステップST37において、データ記録再生装置1は、視覚イメージを光ディスク25に再び形成するかどうかを判断する。 [0090] In step ST37, the data recording and reproducing apparatus 1, a visual image to determine whether re-formed on the optical disk 25. 視覚イメージを光ディスク2 Optical disk visual image 2
5に再形成すると判断した場合、ステップST25に戻る。 If it is determined that the re-formed 5, the flow returns to step ST25. 【0091】上述したようなステップST21〜ステップST38の手順に従って、データ記録再生装置1は、 [0091] Following the procedure of Step ST21~ step ST38 described above, the data recording and reproducing apparatus 1,
光ディスク25のデータ未記録領域に目視可能な視覚イメージを複数の記録マークにより形成する。 The visible visual image in the data unrecorded area of ​​the optical disk 25 is formed of a plurality of recording marks. 【0092】また、ステップST23では、光ディスク25がDAOでデータが記録されている場合や、ファイナライズが施されている場合であり、かつデータ未記録領域が一定の領域以上ある場合であれば、上記光ディスク25を視覚イメージの形成が可能な媒体であると判断する。 [0092] In step ST23, and when the optical disk 25 is recorded data DAO, a case finalization has been performed, and in the case that the data unrecorded area is above a certain region, the formation of the visual image of the optical disk 25 is determined to be medium possible. 光ディスク25がこのような状態であれば、フォーマット上では、光ディスク25は、追記録が不可能となっている。 If the optical disk 25 is in such a state, on the format, the optical disc 25 has become impossible to additionally record. したがって、データ未記録領域に視覚イメージが形成されていても互換性等において問題は生じない。 Therefore, no problem occurs in the compatibility and the like be visualized image formed in the data unrecorded area. 【0093】また、光ディスク25のデータ未記録領域に形成される視覚イメージは、外部機器23からシステム制御部12に直接供給されてもよい。 [0093] Further, the visual image formed in the data unrecorded area of ​​the optical disk 25 may be supplied directly from the external device 23 to the system controller 12. なお、この場合は、ステップST27は、スキップされる。 In this case, step ST27 is skipped. 【0094】データ記録領域が全て未記録の状態である光ディスク25に視覚イメージを形成する場合、視覚イメージを形成する前に、レーザ光の試し書き領域であるPCAの全領域にデータを記録しておけばよい。 [0094] If the data recording area to form a visual image on the optical disk 25 is the state of all unrecorded, before forming a visual image, and records the data in the entire area of ​​the PCA is a test write region of the laser beam Okebayoi. 光ディスク25がこのような状態であれば、フォーマット上では、光ディスク25は、追記録が不可能となっている。 If the optical disk 25 is in such a state, on the format, the optical disc 25 has become impossible to additionally record.
したがって、データ未記録領域に視覚イメージが形成されていても互換性等において問題は生じない。 Therefore, no problem occurs in the compatibility and the like be visualized image formed in the data unrecorded area. 【0095】上述では、データ記録再生装置1は、インターフェース22を介して外部機器23から供給されたデータを、視覚イメージ生成部24で視覚イメージに変換した場合の説明を行ったが、上述以外の方法で視覚イメージを生成してもよい。 [0095] In above, the data recording and reproducing apparatus 1, data supplied from the external device 23 through the interface 22, has been described in the case of conversion into a visual image with the visual image generator 24, other than the above it may generate a visual image in a way. 例えば、光ディスク25がC For example, the optical disk 25 is C
D−Textのフォーマットであれば、上記CD−Te If the format of the D-Text, the CD-Te
xtに含まれているコンテンツ情報等を視覚イメージとして利用してもよい。 Content information or the like included in xt may be used as a visual image the. 【0096】また、コンテンツ情報等は、インターネットを介して取得することが可能である。 [0096] Also, the content information and the like, can be obtained through the Internet. データ記録再生装置1は、インターネットを介して取得したコンテンツ情報等を視覚イメージとして利用してもよい。 Data recording and reproducing apparatus 1 may utilize the acquired content information via the Internet or the like as a visual image. 【0097】光ディスク25には、両面がデータの再生面、再生記録面又は消去可能な再生記録面であるような両面タイプのディスクと、一方面がデータの再生面、再生記録面又は消去可能な再生記録面であり、他方面が目視可能なコンテンツ情報等を書込む面(以下、コンテンツ情報書込面と呼ぶ。)である片面タイプのディスクとがある。 [0097] the optical disc 25, reproducing surface of the double-sided data, and a disk of the double-sided type, such as a reproducing and recording surface or erasable reproducing recording surface, reproducing surface of the one surface data, reproducing a recording surface or erasable reproducing a recording surface, the other side is written visible content information such as a surface (hereinafter, referred to as content information writing surface.) there is a single-sided type disk is. 以下に、本発明を適用したデータ記録再生装置1により、上述のような光ディスク25に視覚イメージを記録する例を光ディスク25の積層構造とともに示す。 Hereinafter, the data recording and reproducing apparatus 1 according to the present invention, an example of recording the visual image on the optical disc 25 as described above with multilayer structure of the optical disc 25. 【0098】再生専用の光ディスク25には、両面が再生面である両面タイプと、一方面が再生面であり、他方面がコンテンツ情報書込面である片面タイプとがあり、 [0098] in a read-only optical disk 25, and the double-sided type both sides are playing surface, is one side is playing surface, there is a single-sided type the other side is a content information writing surface,
例えば、CD−DA、CD−ROM、DVD(Digi For example, CD-DA, CD-ROM, DVD (Digi
tal Versatil Disk)−Video、D tal Versatil Disk) -Video, D
VD−ROM、DVD−Audio等である。 VD-ROM, a DVD-Audio or the like. なお、D In addition, D
VDは、CDと同じく、ポリカーボネイトを基材とする1.2mm厚、12cm径のディスクである。 VD is, CD Like, 1.2 mm thickness of polycarbonate as a base material, a disc of 12cm diameter. また、C In addition, C
Dが1.2mm厚の単板であるのに対し、DVDは、 D for that is a single plate of 1.2mm thickness, DVD is,
0.6mm厚のディスク2枚を張り合わせた構造となっている。 It has a structure in which bonding two sheets of 0.6mm thick disk. 【0099】再生専用の光ディスク25は、図16 [0099] read-only optical disk 25, as shown in FIG. 16
(a)に示すように、基板30上に反射層32と保護層31とが積層されている。 (A), the reflective layer 32 and a protective layer 31 are laminated on the substrate 30. 反射層32には、金、銀、アルミニウム、銅又は白金等の金属や、これらの金属を含有する合金が用いられる。 The reflective layer 32, gold, silver, aluminum, metal or copper or platinum, an alloy containing these metals is used. 以下に、再生専用の光ディスク25に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージを形成する例を示す。 Hereinafter, an example of forming a visible visual image by a plurality of recording marks in the reproduction-only optical disc 25. 【0100】図16(b)に示す光ディスク25は、基板30上に視覚イメージ記録層33と、反射層32と、 [0100] FIG. 16 (b) are shown an optical disc 25 includes a visual image recording layer 33 on the substrate 30, a reflective layer 32,
保護層31とが積層されている片面タイプのディスクである。 And a protective layer 31 is a disk of single-sided type are stacked. 視覚イメージ記録層33は、複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される専用の記録層である。 Visual image recording layer 33 is a recording layer dedicated visible visual image by a plurality of recording marks is formed. 上記光ディスク25は、基板30側からレーザ光が照射され、視覚イメージ記録層33に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される。 The optical disk 25, laser light is irradiated from the substrate 30 side, visible visual image is formed by a plurality of recording marks in the visual image recording layer 33. 上述のように、基板30と反射層32との間に視覚イメージ記録層33を形成することにより、再生面側から視覚イメージを目視することが可能となる。 As described above, by forming a visual image recording layer 33 between the substrate 30 and the reflective layer 32, it is possible to visually visual image from the playing surface. なお、データを再生する際のレーザ光と視覚イメージを形成する際のレーザ光とは異なる波長又は異なるレーザ光強度を用いることとする。 It is assumed to use a wavelength or a different laser beam intensity is different from the laser beam for forming the laser beam and the visual image in reproducing data. 【0101】また、図16(c)に示す光ディスク25 [0102] The optical disk 25 shown in FIG. 16 (c)
は、基板30上に反射層32と、視覚イメージ記録層3 It includes a reflective layer 32 on the substrate 30, a visual image recording layer 3
3と、保護層31とが積層されている片面タイプのディスクである。 3, is a disk of single-sided type and the protective layer 31 is laminated. 上記光ディスク25は、保護層31側からレーザ光が照射され、視覚イメージ記録層33に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される。 The optical disk 25, laser light is irradiated from the protective layer 31 side, visible visual image is formed by a plurality of recording marks in the visual image recording layer 33. 以上のように、保護層31と反射層32との間に視覚イメージ記録層33を形成することにより、コンテンツ情報書込面側から視覚イメージを目視することが可能となる。 As described above, by forming a visual image recording layer 33 between the protective layer 31 and the reflective layer 32, it is possible to visually visual image from the content information writing surface. 【0102】図16(d)に示す光ディスク25は、上記図16(b)及び図16(c)の組み合わせ型であり、基板30上に第1の視覚イメージ記録層33と、反射層32と、第2の視覚イメージ記録層33と、保護層31とが積層されている両面タイプのディスクである。 [0102] the optical disc 25 shown in FIG. 16 (d) is a combination type of FIG 16 (b) and FIG. 16 (c), the first visual image recording layer 33 on the substrate 30, a reflective layer 32 , a second visual image recording layer 33, and a protective layer 31 is a disk of double-sided type which are stacked.
上記光ディスク25は、ディスクの両面にレーザ光が照射され、両面の視覚イメージ記録層33に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される。 The optical disk 25, laser light is irradiated on both surfaces of the disk, visible visual image is formed by a plurality of recording marks on both sides of the visual image recording layer 33. 以上のように、保護層31と反射層32との間に第2の視覚イメージ記録層33を形成し、かつ基板30と反射層3 As described above, the second visual image recording layer 33 is formed between the protective layer 31 and the reflective layer 32, and the substrate 30 and the reflective layer 3
2との間に第1の視覚イメージ記録層33を形成することにより、再生面側とコンテンツ情報書込面側とから視覚イメージを目視することが可能となる。 By forming the first visual image recording layer 33 between the 2, it is possible to visually visual image from the reproduction side and the content information writing surface. 【0103】図16(e)に示す光ディスク25は、基板30の一方の側に反射層32と第1の保護層31とが積層され、基板30の他方の側に視覚イメージ記録層3 [0103] the optical disc 25 shown in FIG. 16 (e) is on one side of the substrate 30 and the reflective layer 32 and the first protective layer 31 is laminated, the visual image recording layer 3 on the other side of the substrate 30
3と第2の保護層31とが積層されている両面タイプのディスクである。 3 and the second protective layer 31 is a disk of double-sided type which are stacked. 上記光ディスク25は、第2の保護層31の側からレーザ光が照射され、視覚イメージ記録層33に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される。 The optical disc 25 is irradiated second laser beam on the protective coating 31, visible visual image is formed by a plurality of recording marks in the visual image recording layer 33. 以上のように、基板30と第2の保護層31との間に視覚イメージ記録層33を形成することにより、第2の保護層31が形成されている再生面側から視覚イメージを目視することが可能となる。 As described above, by forming a visual image recording layer 33 between the substrate 30 and the second protective layer 31, to visually visual image from the reproduction side of the second protective layer 31 is formed it is possible. 【0104】図16(f)に示す光ディスク25は、基板30の一方の側に反射層32と、第1の視覚イメージ記録層33と、第1の保護層31とが積層され、基板3 [0104] the optical disc 25 shown in FIG. 16 (f) includes a one reflective layer 32 on the side of the substrate 30, the first visual image recording layer 33, a first protective layer 31 are stacked, the substrate 3
0の他方の側に第2の視覚イメージ記録層33と第2の保護層31とが積層されている両面タイプのディスクである。 On the other side of the 0 and the second visual image recording layer 33 and the second protective layer 31 is a disk of double-sided type which are stacked. 上記光ディスク25は、ディスクの両面にレーザ光が照射され、両面の視覚イメージ記録層33に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される。 The optical disk 25, laser light is irradiated on both surfaces of the disk, visible visual image is formed by a plurality of recording marks on both sides of the visual image recording layer 33. 以上のように、第1の保護層31と反射層32との間に第1の視覚イメージ記録層33を形成し、かつ基板30と第2の保護層31との間に第2の視覚イメージ記録層33を形成することにより、両再生面側から視覚イメージを目視することが可能となる。 As described above, the second visual image between the first visual image recording layer 33 is formed, and the substrate 30 and the second protective layer 31 between the first protective layer 31 and the reflective layer 32 by forming the recording layer 33, it is possible to visually visual images from both playing surface. なお、光ディスク25は、上記以外の積層パターンでもよい。 It should be noted that the optical disc 25 may be a laminate pattern other than the above. 【0105】データの記録及び追記録が可能な光ディスク25には、両面が記録再生面である両面タイプと、一方面が記録再生面であり、他方面がコンテンツ情報書込面である片面タイプとがあり、例えば、CD−R、DV [0105] for recording and additional recording is optical disc 25 of the data, and the double-sided type duplex is recording surface is one surface recording and reproduction surface, a single-sided type other surface is a content information writing surface There is, for example, CD-R, DV
D−R、DVD+R等である。 D-R, a DVD + R and the like. 【0106】データの記録及び追記録が可能な光ディスク25は、図17(a)に示すように、反射層32と記録層34とが積層されている。 [0106] Data recording and additional recording is optical disc 25, as shown in FIG. 17 (a), the reflective layer 32 and the recording layer 34 are laminated. なお、上記光ディスク2 In addition, the optical disc 2
5は、接続層37を介して基板30が張り合わされている構造となっている。 5 has a structure in which the substrate 30 is glued over the connection layer 37. 記録層34には、ポルフィリン系色素、シアニン系色素、アゾ系色素、ジピロメテン系色素、ポリメチレン系色素、ナフトキノン系色素等の有機色素が使われている。 The recording layer 34, porphyrin dyes, cyanine dyes, azo dyes, dipyrromethene dyes, polymethylene based dye, an organic pigment such as naphthoquinone dyes are used. 以下にデータの記録及び追記録が可能な光ディスク25に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージを形成する例を示す。 An example of forming a visible visual image by a plurality of recording marks on the optical disk 25 can be recorded and additionally recorded data below. 【0107】図17(b)に示す光ディスク25は、基板30上に視覚イメージ記録層33と、記録層34と、 [0107] Figure 17 (b) are shown an optical disc 25 includes a visual image recording layer 33 on the substrate 30, a recording layer 34,
反射層32と、保護層31とが積層されている片面タイプのディスクである。 A reflective layer 32, a single-sided type of disk and a protective layer 31 is laminated. 上記光ディスク25は、基板30 The optical disc 25 includes a substrate 30
側からレーザ光が照射され、視覚イメージ記録層33に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される。 Laser light is irradiated from the side, visible visual image is formed by a plurality of recording marks in the visual image recording layer 33. 上述のように、基板30と記録層34との間に視覚イメージ記録層33を形成することにより、記録再生面側から視覚イメージを目視することが可能となる。 As described above, by forming a visual image recording layer 33 between the substrate 30 and the recording layer 34, it is possible to visually visual image from the recording and playback surface side.
なお、データを記録及び再生する際のレーザ光と視覚イメージを形成する際のレーザ光とは異なる波長又は異なるレーザ光強度を用いることとする。 It is assumed to use a wavelength or a different laser beam intensity is different from the laser beam for forming the laser light and visual images when recording and reproducing data. 【0108】図17(c)に示す光ディスク25は、基板30上に記録層34と、視覚イメージ記録層33と、 [0108] the optical disc 25 shown in FIG. 17 (c), a recording layer 34 on the substrate 30, a visual image recording layer 33,
反射層32と、保護層31とが積層されている片面タイプのディスクである。 A reflective layer 32, a single-sided type of disk and a protective layer 31 is laminated. 上記光ディスク25は、基板30 The optical disc 25 includes a substrate 30
側からレーザ光が照射され、視覚イメージ記録層33に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される。 Laser light is irradiated from the side, visible visual image is formed by a plurality of recording marks in the visual image recording layer 33. 上述のように、反射層32と記録層34との間に視覚イメージ記録層33を形成することにより、記録再生面側から視覚イメージを目視することが可能となる。 As described above, by forming a visual image recording layer 33 between the reflective layer 32 and the recording layer 34, it is possible to visually visual image from the recording and playback surface side. 【0109】図17(d)に示す光ディスク25は、基板30上に記録層34と、反射層32と、視覚イメージ記録層33と、保護層31とが積層されている片面タイプのディスクである。 [0109] the optical disc 25 shown in FIG. 17 (d) includes a recording layer 34 on the substrate 30, a reflective layer 32, and the visual image recording layer 33, and a protective layer 31 is a single-sided type of disks are stacked . 上記光ディスク25は、保護層3 The optical disc 25, the protective layer 3
1側からレーザ光が照射され、視覚イメージ記録層33 Laser beam is irradiated from a side, the visual image recording layer 33
に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される。 Visible visual image is formed by a plurality of recording marks. 上述のように、保護層31と反射層32との間に視覚イメージ記録層33を形成することにより、コンテンツ情報書込面側から視覚イメージを目視することが可能となる。 As described above, by forming a visual image recording layer 33 between the protective layer 31 and the reflective layer 32, it is possible to visually visual image from the content information writing surface. 【0110】図17(e)に示す光ディスク25は、記録層34と反射層32とが積層され、接続層37を介して視覚イメージ記録層33が積層されている片面タイプのディスクであり、基板30が張り合わされている構造となっている。 [0110] the optical disc 25 shown in FIG. 17 (e) includes a recording layer 34 and the reflective layer 32 are stacked, a single-sided type of disk visual image recording layer 33 is laminated via the connection layer 37, the substrate It has a structure in which 30 are attached to each other. 上記光ディスク25は、視覚イメージ記録層33側からレーザ光が照射され、視覚イメージ記録層33に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される。 The optical disk 25, laser light is irradiated from the visual image recording layer 33 side, visible visual image is formed by a plurality of recording marks in the visual image recording layer 33. 上述のように、基板30と接続層37 As described above, connected to the substrate 30 layer 37
との間に視覚イメージ記録層33を形成することにより、コンテンツ情報書込面側から視覚イメージを目視することが可能となる。 By forming a visual image recording layer 33 between, it is possible to visually visual image from the content information writing surface. 【0111】図17(f)に示す光ディスク25は、記録層34と、視覚イメージ記録層33と、反射層32とが積層されている片面タイプのディスクであり、基板3 [0111] the optical disc 25 shown in FIG. 17 (f) includes a recording layer 34, and the visual image recording layer 33, a single-sided type of disk and reflective layer 32 are stacked, the substrate 3
0が張り合わされている構造となっている。 0 has a structure that is attached to each other. 上記光ディスク25は、記録層34側からレーザ光が照射され、視覚イメージ記録層33に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される。 The optical disk 25, laser light is irradiated from the recording layer 34 side, visible visual image is formed by a plurality of recording marks in the visual image recording layer 33. 上述のように、反射層32と記録層34との間に視覚イメージ記録層33を形成することにより、記録再生面側から視覚イメージを目視することが可能となる。 As described above, by forming a visual image recording layer 33 between the reflective layer 32 and the recording layer 34, it is possible to visually visual image from the recording and playback surface side. 【0112】図17(g)に示す光ディスク25は、視覚イメージ記録層33と、記録層34と、反射層32とが積層されている片面タイプのディスクであり、基板3 [0112] the optical disc shown in FIG. 17 (g) 25 includes a visual image recording layer 33, a recording layer 34, a single-sided type of disk and reflective layer 32 are stacked, the substrate 3
0が張り合わされている構造となっている。 0 has a structure that is attached to each other. 上記光ディスク25は、視覚イメージ記録層33側からレーザ光が照射され、視覚イメージ記録層33に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される。 The optical disk 25, laser light is irradiated from the visual image recording layer 33 side, visible visual image is formed by a plurality of recording marks in the visual image recording layer 33. 上述のように、基板30と記録層34との間に視覚イメージ記録層33を形成することにより、記録再生面側から視覚イメージを目視することが可能となる。 As described above, by forming a visual image recording layer 33 between the substrate 30 and the recording layer 34, it is possible to visually visual image from the recording and playback surface side. 【0113】図17(h)に示す光ディスク25は、第1の記録層34と第1の反射層32とが積層され、接続層37を介して第2の反射層32と、第2の記録層34 [0113] the optical disc 25 shown in FIG. 17 (h) includes a first recording layer 34 and the first reflective layer 32 are stacked, the second reflective layer 32 through the connection layer 37, the second recording layer 34
と、視覚イメージ記録層33とが積層されている両面タイプのディスクである。 When a double-sided type of disc and visual image recording layer 33 is laminated. 上記光ディスク25は、視覚イメージ記録層33側からレーザ光が照射され、視覚イメージ記録層33に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される。 The optical disk 25, laser light is irradiated from the visual image recording layer 33 side, visible visual image is formed by a plurality of recording marks in the visual image recording layer 33. 上述のように、基板30と第2の記録層34との間に視覚イメージ記録層33を形成することにより、コンテンツ情報書込面側から視覚イメージを目視することが可能となる。 As described above, by forming a visual image recording layer 33 between the substrate 30 and the second recording layer 34, it is possible to visually visual image from the content information writing surface. 【0114】図17(i)に示す光ディスク25は、第1の視覚イメージ記録層33と、第1の記録層34と、 [0114] the optical disc 25 shown in FIG. 17 (i) includes a first visual image recording layer 33, a first recording layer 34,
第1の反射層32とが積層され、接続層37を介して第2の反射層32と、第2の記録層34と、第2の視覚イメージ記録層33とが積層されている両面タイプのディスクである。 A first reflective layer 32 are stacked, the second reflective layer 32 through the connection layer 37, a second recording layer 34, the double-sided type and the second visual image recording layer 33 is laminated it is a disk. 上記光ディスク25は、ディスクの両面にレーザ光が照射され、両面の視覚イメージ記録層33に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される。 The optical disk 25, laser light is irradiated on both surfaces of the disk, visible visual image is formed by a plurality of recording marks on both sides of the visual image recording layer 33. 上述のように、基板30と第1の記録層34との間に第1の視覚イメージ記録層33を形成し、かつ基板30と第2の記録層34との間に第2の視覚イメージ記録層33を形成することにより、両記録再生面側から視覚イメージを目視することが可能となる。 As described above, the first visual image recording layer 33 is formed between the substrate 30 and the first recording layer 34, and second visual images recorded between the substrate 30 and the second recording layer 34 by forming the layer 33, it is possible to visually visual images from both the recording and reproducing surface. 光ディスク25は、上記以外の積層パターンでもよいこととし、また、記録層34が多層化されていてもよい。 Optical disk 25, and it may be a laminate pattern other than the above, also, the recording layer 34 may be multilayered. なお、視覚イメージ記録層33を積層せずに、記録層34に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージを形成してもよい。 Incidentally, without laminating the visual image recording layer 33 may be formed visible visual image by a plurality of recording marks on the recording layer 34. この場合、視覚イメージは、記録層34のデータ未記録領域に形成される。 In this case, the visual image is formed in the data unrecorded area of ​​the recording layer 34. 【0115】データの記録及び消去が可能な光ディスク25には、両面が消去可能な記録再生面である両面タイプと、一方面が消去可能な記録再生面であり、他方面がコンテンツ情報書込面である片面タイプとがあり、例えば、CD−RW、DVD−RW、DVD+RW等である。 [0115] The recording and erasable optical disk 25 of the data, and the double-sided type duplex is recording surface can be erased, a recording surface capable erased one side, the other side is content information writing surface There is a single-sided type is, for example, CD-RW, DVD-RW, a DVD + RW, and the like. 【0116】データの記録及び消去が可能な光ディスク25は、図18(a)に示すように、基板30上に誘電体層35と、記録層36と、誘電体層35と、反射層3 [0116] Data recording and erasable optical disk 25, as shown in FIG. 18 (a), a dielectric layer 35 on the substrate 30, a recording layer 36, a dielectric layer 35, the reflective layer 3
2と、保護層31とが積層されている。 2, and the protective layer 31 is laminated. 記録層36には、Ge,Sb,Te等を主原料とする合金材料や、A The recording layer 36, Ge, Sb, Te, or the like or an alloy material as a main raw material, A
g,In,Sb,Teを主原料とする合金材料の相変化無機材料が使われている。 g, In, Sb, and Te are phase change inorganic material alloy material as a main raw material is used. 以下にデータの記録及び消去が可能な光ディスク25に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージを形成する例を示す。 An example of forming a visible visual image by a plurality of recording marks on the optical disc 25 capable of recording and erasing data below. 【0117】図18(b)に示す光ディスク25は、基板30上に誘電体層35と、記録層36と、誘電体層3 [0117] the optical disc 25 shown in FIG. 18 (b), a dielectric layer 35 on the substrate 30, a recording layer 36, the dielectric layer 3
5と、視覚イメージ記録層33と、反射層32と、保護層31とが積層されている片面タイプのディスクである。 5, a visual image recording layer 33, a reflective layer 32, is a disk of single-sided type and the protective layer 31 is laminated. 上記光ディスク25は、基板30側からレーザ光が照射され、視覚イメージ記録層33に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される。 The optical disk 25, laser light is irradiated from the substrate 30 side, visible visual image is formed by a plurality of recording marks in the visual image recording layer 33. 上述のように、反射層32と誘電体層35との間に視覚イメージ記録層33を形成することにより、消去可能な記録再生面側から視覚イメージを目視することが可能となる。 As described above, by forming a visual image recording layer 33 between the reflective layer 32 and the dielectric layer 35, it is possible to visually visual image from erasable recording surface. なお、データを記録、再生及び消去する際のレーザ光と視覚イメージを形成する際のレーザ光とは異なる波長又は異なるレーザ光強度を用いることとする。 The recording data, and the use of wavelength or different laser beam intensity is different from the laser beam for forming the laser light and visual images when playing and erasing. 【0118】図18(c)に示す光ディスク25は、基板30上に視覚イメージ記録層33と、誘電体層35 [0118] the optical disc 25 shown in FIG. 18 (c) includes a visual image recording layer 33 on the substrate 30, a dielectric layer 35
と、記録層36と、誘電体層35と、反射層32と、保護層31とが積層されている片面タイプのディスクである。 When a recording layer 36, a dielectric layer 35, a reflective layer 32, a single-sided type of disk and a protective layer 31 is laminated. 上記光ディスク25は、基板30側からレーザ光が照射され、視覚イメージ記録層33に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される。 The optical disk 25, laser light is irradiated from the substrate 30 side, visible visual image is formed by a plurality of recording marks in the visual image recording layer 33. 上述のように、基板30と誘電体層35との間に視覚イメージ記録層33を形成することにより、消去可能な記録再生面側から視覚イメージを目視することが可能となる。 As described above, by forming a visual image recording layer 33 between the substrate 30 and the dielectric layer 35, it is possible to visually visual image from erasable recording surface. 【0119】図18(d)に示す光ディスク25は、誘電体層35と、記録層36と、誘電体層35と、第1の反射層32とが積層され、接続層37を介して第2の反射層32と視覚イメージ記録層33とが積層されている片面タイプのディスクである。 [0119] the optical disc 25 shown in FIG. 18 (d) includes a dielectric layer 35, a recording layer 36, a dielectric layer 35, a first reflection layer 32 is laminated, via the second connection layer 37 a reflective layer 32 and the visual image recording layer 33 is a disk of single-sided type are stacked. 上記光ディスク25は、 The optical disk 25,
視覚イメージ記録層33側からレーザ光が照射され、視覚イメージ記録層33に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される。 Laser light is irradiated from the visual image recording layer 33 side, visible visual image is formed by a plurality of recording marks in the visual image recording layer 33. 上述のように、基板3 As described above, the substrate 3
0と第2の反射層32との間に視覚イメージ記録層33 0 visual image recording layer 33 between the second reflective layer 32
を形成することにより、コンテンツ情報書込面側から視覚イメージを目視することが可能となる。 By forming, it is possible to visually visual image from the content information writing surface. 【0120】図18(e)に示す光ディスク25は、誘電体層35と、記録層36と、誘電体層35と、視覚イメージ記録層33と、反射層32とが積層されている片面タイプのディスクである。 [0120] the optical disc 25 shown in FIG. 18 (e) includes a dielectric layer 35, a recording layer 36, a dielectric layer 35, and the visual image recording layer 33, a single-sided type and the reflective layer 32 are laminated it is a disk. 上記光ディスク25は、誘電体層35側からレーザ光が照射され、視覚イメージ記録層33に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージが形成される。 The optical disk 25, laser light is irradiated from the dielectric layer 35 side, visible visual image is formed by a plurality of recording marks in the visual image recording layer 33. 上述のように、反射層32と誘電体層35との間に視覚イメージ記録層33を形成することにより、消去可能な記録再生面側から視覚イメージを目視することが可能となる。 As described above, by forming a visual image recording layer 33 between the reflective layer 32 and the dielectric layer 35, it is possible to visually visual image from erasable recording surface. 光ディスク25は、上記以外の積層パターンでもよいこととし、また、記録層36が多層化されていてもよい。 Optical disk 25, and it may be a laminate pattern other than the above, also, the recording layer 36 may be multilayered. なお、視覚イメージ記録層3 In addition, the visual image recording layer 3
3を積層せずに、記録層36に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージを形成してもよい。 3 without stacking, may form a visible visual image by a plurality of recording marks on the recording layer 36. この場合、 in this case,
視覚イメージは、記録層36のデータ未記録領域に形成される。 Visual image is formed in the data unrecorded area of ​​the recording layer 36. 【0121】なお、コンテンツ情報書込面側からレーザ光を入射して、視覚イメージを形成する場合、コンテンツ情報書込面から情報を読取って光ディスク25の認識はできないので、データ記録再生装置1は、光ディスク25の挿入の有無を感知するセンサ等によりディスクの有無を検出し、視覚イメージを形成することが可能かどうかの判別を行うこととする。 [0121] Incidentally, with laser light incident on the content information writing side, when forming a visual image, because it can not recognize the optical disk 25 by reading the information from the content information write surface, the data recording and reproducing apparatus 1 , to detect the presence or absence of a disk by a sensor or the like for sensing the presence or absence of insertion of the optical disk 25, and to perform the determination of whether it is possible to form a visual image. 【0122】また、光ディスク25に感熱層を積層させてもよい。 [0122] Alternatively, it may be laminated to the heat-sensitive layer in the optical disk 25. 感熱層は、レーザ光が照射されると視覚的な色変化を起こす層である。 Heat-sensitive layer is when the laser beam is irradiated layer to cause a visual color change. したがって、光ディスク25 Thus, the optical disc 25
が、使用済のディスクであるか、未使用のディスクであるかを視覚的に判断することが可能となる。 But whether the disk spent, it is possible to visually determine whether the unused disk. また、感熱層を複数層設け、レーザ光が照射された回数に応じて異なる色変化を起こすことにより、光ディスク25の使用回数を視覚的に判断することが可能となる。 Further, a plurality layers a heat-sensitive layer, by causing a color change vary depending on the number of times the laser beam is irradiated, it is possible to visually determine the number of times of use of the optical disk 25. 【0123】また、光ディスク25は、図19に示すように、データ記録領域200と視覚イメージ記録領域2 [0123] The optical disk 25, as shown in FIG. 19, the data recording area 200 and the visual image recording region 2
02とが予め分割されている構成でもよい。 02 and may be a configuration that is divided in advance. このような構成の場合、内周側にデータ記録領域200を設け、外周側に視覚イメージ記録領域202を設けた構成にしてもよいし、内周側に視覚イメージ記録領域202を設け、外周側にデータ記録領域200を設けた構成にしてもよいし、また、視覚イメージ記録領域202とデータ記録領域200とが交互に設けた構成にしてもよい。 In such a configuration, provided the data recording area 200 on the inner peripheral side, it may be a structure in which a visual image recording region 202 on the outer peripheral side, a visual image recording region 202 provided on the inner peripheral side, outer peripheral side the data recording area 200 may be configured to provided, also, it may be configured to the visual image recording region 202 and the data recording area 200 is provided alternately. 【0124】また、本発明を適用したデータ記録再生装置1は、光カードに複数の記録マークにより視覚イメージを形成してもよい。 [0124] The data recording and reproducing apparatus 1 according to the present invention may form a visual image by a plurality of recording marks in the optical card. 以下に、データ記録再生装置1により光カードに視覚イメージを形成する例を述べる。 Hereinafter, we described an example of forming a visual image by the data recording and reproducing apparatus 1 to the optical card. 【0125】光カードは、図20に示すように、領域A [0125] optical card, as shown in FIG. 20, the area A
をデータ用記録再生領域とし、領域Bを視覚イメージ用記録領域として構成されている。 Was a data recording area, and a region B as a recording area for visual images. データ記録再生装置1 The data recording and reproducing apparatus 1
は、光ディスク25に視覚イメージを形成する場合と同様に、視覚イメージを生成し、光カードの領域Bに複数の記録マークにより視覚イメージを形成する。 As in the case of forming a visual image on the optical disk 25 to generate a visual image to form a visual image by a plurality of recording marks of the optical card area B. また、光カードは、図21に示すように、領域Aをデータ用記録再生領域と視覚イメージ用記録領域とに分割して構成されていてもよい。 Further, the optical card, as shown in FIG. 21, may be configured by dividing the area A to the data recording and reproduction area and visual image recording region. 【0126】上述のようにデータ記録再生装置1により光カードに視覚イメージを形成することで、以下に示すような利用が可能である。 [0126] By forming a visual image of the above optical card by the data recording and reproducing apparatus 1 as described above, it can be utilized as described below. 【0127】光カードに目視可能な視覚イメージとして会社名、住所、電話番号、名前、会社のロゴ、メールアドレス、ホームページアドレス等を記録することにより、光カードを名刺として利用することが可能となる。 [0127] company name in the optical card as visible visual image, address, phone number, name, company logo, e-mail address, by recording the home page address, etc., it is possible to use the optical card as a business card . 【0128】病院で診察した診察記録をデータ用記録再生領域に記録し、診察日時や予約日時等を目視可能な視覚イメージとして視覚イメージ用記録領域に記録して、 [0128] to record who examined medical examination recorded in the data for the recording and reproduction area in the hospital, was recorded in the visual image recording area of ​​the examination date and time and the reservation date and time as a visible visual image,
視覚的に目視されては困る情報と目視可能であってもよい情報とを混在させることにより、診察カードとして利用することが可能となる。 By visually it has been visually to mix and information that may be capable of information and visual troubled, it is possible to use as a medical examination card. 【0129】インターネットを介してソフトをダウンロードした場合、ソフトのダウンロードの際に発行されるシリアルナンバーやパスワードを目視可能な視覚イメージとして光カードの視覚イメージ用記録領域に記録することにより、光カードをメモ帳として利用することが可能である。 [0129] When downloading the software through the Internet, by recording the serial numbers and passwords issued upon downloading software as visible visual image to the visual image recording region of the optical card, the optical card it is possible to use as Notepad. 【0130】光カードに使用可能な金額や通話時間等を設定しておき、使用可能残金、使用可能通話時間及び使用年月日等を目視可能な視覚イメージとして光カードの視覚イメージ用記録領域に記録することにより、光カードをプリペイドカードとして利用することが可能である。 [0130] have configured the optical card to the available amount and communication time, etc., available balance, the visual image recording region of the optical card usable call time and using date such as visible visual image by recording, it is possible to use an optical card as a prepaid card. 【0131】光カードのデータ用記録再生領域に飛行場やイベント会場へのアクセス方法等を記録し、搭乗年月日、開演年月日、会場名、座席番号等を目視可能な視覚イメージとして視覚イメージ用記録領域に記録することで、光カードをチケットとして使用することが可能である。 [0131] The data for the recording and reproduction area of ​​the optical card to record the access method and the like to the airfield and events, boarding date, the curtain date, venue name, the visual image of a seat number, etc. as visible visual image by recording the use recording area, it is possible to use an optical card as a ticket. 【0132】また、光ディスク25や光カードに目視可能な視覚イメージを形成する場合、レーザ光のOn/O [0132] In the case of forming a visible visual image on the optical disk 25 and optical card, a laser beam On / O
ff制御を同一時間で行うと、ディスクの内周側と外周側とでその半径方向が異なるために、視覚イメージの形成に歪みが生じることがある。 Doing ff control at the same hour, in order to radially between the inner and outer peripheral sides of the disc are different, sometimes distortion in the form of visual images. そこで、図22に示すように内周側と外周側とでレーザ光の照射時間を半径位置に応じて可変させることにより歪みを補正する。 Therefore, to correct the distortion by varying according to the radial position irradiation time of the laser beam at the inner periphery side and the outer periphery side as shown in FIG. 22. 【0133】このようにしてデータ記録再生装置1は、 [0133] The data recording and reproducing apparatus 1 in this manner,
視覚イメージ生成部24で生成した視覚イメージを光ディスク25や光カード等の光記録媒体に複数の記録マークにより形成することにより、光記録媒体に傷がついたり、ごみが付着したり、また擦れても視覚イメージが消えないため、いつでも光記録媒体の識別ができ、また、 By forming a plurality of recording marks on the optical recording medium of the optical disk 25 and optical card visual image generated by the visual image generator 24, or is scratched optical recording medium, or adhered dust and rub with since the visual image does not disappear, at any time it can identify the optical recording medium, also,
目視可能な視覚イメージを形成しても、ディスクの偏重心が発生しないため、記録されているデータを高速で再生及び記録することができ、また、光記録媒体がデータの記録及び消去が可能な場合、何度でも目視可能な視覚イメージを形成及び消去することができ、また、目視可能な視覚イメージをデータ未記録領域に形成するため、 Be formed visible visual image, since the mass eccentricity of the disk does not occur, it is possible to reproduce and record data recorded at high speed, also the optical recording medium is capable of recording and erasing data case, it is possible to form and erase many times visible visual image, also, in order to form a visible visual image in the data unrecorded area,
現行のフォーマットと互換性等において問題が生じることがない。 It does not occur a problem in the current format and compatibility, and the like. 【0134】続いて図23〜図28に示すフローチャートを用いて、光ディスク25に目視可能な視覚イメージ(以下、可視イメージとも呼ぶ)を記録する際のより具体的な動作について説明をする。 [0134] Then using the flowchart shown in FIGS. 23 to 28, visible visual image (hereinafter, also referred to as a visible image) on the optical disc 25 for a more specific operation in recording will be described. 【0135】以下の説明においては、図1を用いて構成を説明したデータ記録再生装置1を統括的に制御する外部機器23として、図示しないホストPC(Personal C [0135] In the following description, as an external device 23 comprehensively controls data recording and reproducing apparatus 1 described configuration with reference to FIG. 1, a host PC (not shown) (Personal C
omputer)が接続されているとする。 omputer) and is connected. 【0136】光ディスク25に目視可能な視覚イメージを記録するには、図23に示すように、まず、ステップST101において、光ディスク25をデータ記録再生装置1の所定の箇所に挿入する。 [0136] To record visible visual image on the optical disk 25, as shown in FIG. 23, first, in step ST 101, inserts the optical disk 25 at a predetermined position of the data recording and reproducing apparatus 1. データ記録再生装置1 The data recording and reproducing apparatus 1
は、光ディスク25が挿入されたことに応じて光ディスク25の種類を判別するチェックディスク工程を実行する。 Performs a Check Disk step of determining a type of an optical disc 25 in response to the optical disc 25 is inserted. 【0137】次に、ステップST102において、データ記録再生装置1は、ステップST101でのチェックディスクの実行結果に応じて、当該光ディスク25に視覚イメージが記録可能かを判断する。 Next, in step ST 102, the data recording and reproducing apparatus 1, in accordance with the check disk execution result in step ST 101, a visual image to determine can be recorded on the optical disc 25. 光ディスク25に視覚イメージが記録可能な場合は工程をステップST1 Step a step if the visual images on the optical disk 25 is recordable ST1
03へと進め、記録不可能な場合は工程をステップST Advanced to 03, when the recording can not step a step ST
105へと進めエラー通知をデータ記録再生装置1を制御するホストPCへ出力する。 And outputs it to the host PC which controls the data recording and reproducing apparatus 1 notifies an error advances to 105. 【0138】ステップST103において、光ディスク25に視覚イメージを記録可能なことに応じて、ホストPCから所定の視覚イメージを記録させるための視覚イメージ記録コマンドが発行され、データ記録再生装置1 [0138] In step ST 103, in response to a recordable visual images on the optical disc 25, it is issued visually image recording command to record the predetermined visual images from the host PC, the data recording and reproducing apparatus 1
に出力される。 It is output to. 【0139】データ記録再生装置1は、視覚イメージ記録コマンドを受信し、受信した視覚イメージ記録コマンドが実行可能かどうかを判断し、実行可能な場合は工程をステップST104に進め、実行不可能な場合は工程をステップST105へと進めエラー通知をホストPC [0139] Data recording and reproducing apparatus 1 receives a visual image recording command, to determine whether possible visual image recording command received is executed, where feasible advances the process to step ST 104, if infeasible host the error notification advances the process to step ST105 PC
へ出力する。 To output to. 【0140】ステップST104において、データ記録再生装置1は、視覚イメージ記録コマンドに応じて、視覚イメージを光ディスク25に記録させる。 [0140] In step ST 104, the data recording and reproducing apparatus 1 according to the visual image recording command to record the visual image on the optical disk 25. 光ディスク25へ視覚イメージが正しく記録された場合は工程を終了し、視覚イメージの記録が失敗した場合は工程をステップST105へと進めエラー通知をホストPCへ出力する。 If the visual image has been recorded correctly on the optical disk 25 ends the process, if the visual image recording has failed and outputs an error notification advances the process to step ST105 to the host PC. 【0141】データ記録再生装置1は、このようにして光ディスク25へ視覚イメージを記録させる。 [0141] Data recording and reproducing apparatus 1, in this way to record the visual image on the optical disk 25. 続いて、 continue,
図23のステップST101,ステップST102,ステップST103,ステップST104の各ステップで実行される工程を詳細に説明していく。 Step ST101 in FIG. 23, step ST 102, step ST 103, it will be described the steps performed at each step in the step ST104 in detail. 【0142】まず、ステップST101での、光ディスク25をデータ記録再生装置1に挿入したことに応じて実行されるチェックディスク工程について説明をする。 [0142] First, in step ST 101, the check disk step performed in response to the insertion of the optical disk 25 to the data recording and reproducing apparatus 1 will be described. 【0143】チェックディスク工程では、まず、データ記録再生装置1は、挿入された光ディスク25が記録可能な媒体である場合、上述の図2で説明したPCA領域、PMA領域を検出する。 [0143] In the check disk process, first, the data recording and reproducing apparatus 1, if the inserted optical disc 25 is a recordable media, PCA area described in FIG. 2 described above, to detect the PMA area. 【0144】また、データ記録再生装置1は、光ディスク25にデータが記録されている場合はリードイン情報領域、プログラム領域、リードアウト情報領域を検出する。 [0144] The data recording and reproducing apparatus 1, when the data on the optical disk 25 is recorded to detect lead-in information area, a program area, a lead-out information area. 【0145】また、データ記録再生装置1は、光ディスク25のグルーブに記録されている絶対時間情報であるATIP(Absolute Time In Pre-groove)のうち、リードイン情報領域に10フレームに1回の割合で挿入されているスペシャル・インフォメーションから最大リードアウト情報領域スタートアドレスを取得する。 [0145] The data recording and reproducing apparatus 1 of the ATIP (Absolute Time In Pre-groove) is the absolute time information recorded in the groove of the optical disc 25, once per 10 frames in the lead-in information area to get the maximum lead-out information area start address in the special information that has been inserted. 【0146】データ記録再生装置1は、最大リードアウト情報領域スタートアドレスを取得することにより、データ情報再生装置1は、光ディスク25のどのアドレスまでデータを記録することができるかを知ることができる。 [0146] Data recording and reproducing apparatus 1, by acquiring the maximum lead-out information area start address, data information reproducing apparatus 1 is able to know the data can be recorded up to the address of the optical disc 25 throat. 【0147】さらにまた、データ記録再生装置1は、検出したPMA領域及びリードイン情報領域のTOC領域からTOC情報を読み出して、ラストトラックの終了アドレスを取得する。 [0147] Furthermore, the data recording and reproducing apparatus 1 reads out the TOC information from the TOC area of ​​the detected PMA area and the lead-in information area, and acquires the end address of the last track. 【0148】データ記録再生装置1は、TOC領域のT [0148] The data recording and reproducing apparatus 1, the TOC area T
OC情報を読み出すことにより、実際にどのアドレスまでデータが記録されているかを知ることができる。 By reading the OC information, actual data to which addresses can know are recorded. 【0149】また、データ記録再生装置1は、TOC領域にTOC情報が記述されているかどうかでファイナライズされているかどうかを知り、さらにTOC情報の内容から書き込まれているデータが追記不可の状態でファイナライズされているのかどうか、追記可能な状態でファイナライズされているのかどうかを判別することができる。 [0149] The data recording and reproducing apparatus 1, finalized to know whether TOC information in the TOC area is finalized by whether it is written, data written further from the content of the TOC information is unappendable state whether the whether it is, it is possible to determine whether what is finalized recordable state. 【0150】データ記録再生装置1は、光ディスク25 [0150] The data recording and reproducing apparatus 1, the optical disk 25
が挿入されたことに応じて上記動作を実行し上記情報を直接読み出す。 There executes the operation in response to inserted reading the information directly. ホストPCは、所定のコマンドを入力することで上記情報をデータ記録再生装置1を介して取得することができる。 Host PC may be obtained through the data recording and reproducing apparatus 1 to the information by entering a predetermined command. 【0151】例えば、ホストPCは、Read Atip Inform [0151] For example, the host PC, Read Atip Inform
ationコマンドをデータ記録再生装置1に出力することで上記ATIPのスペシャル・インフォメーションから最大リードアウト情報領域スタートアドレスを取得することができる。 By outputting ation command to the data recording and reproducing apparatus 1 from the special information of the ATIP can acquire the maximum lead-out information area start address. 【0152】また、ホストPCは、Read TOCコマンドをデータ記録再生装置1に出力することでTOC情報を取得し、追記不可の状態でファイナライズされているのかどうか、追記可能な状態でファイナライズされているのかどうかを知ることができる。 [0152] The host PC obtains the TOC information by outputting a Read TOC command to the data recording and reproducing apparatus 1, whether being finalized in a state of unappendable are finalized recordable state it is possible to know whether the. 【0153】さらにまた、ホストPCは、Read PMAコマンド、Read Track Informationコマンドをデータ記録再生装置1に出力することで、光ディスク25に記録されている一番最後のトラックの終了アドレスを取得し、データが光ディスク25のどこまで記録されているかを知ることができる。 [0153] Furthermore, the host PC, by outputting a Read PMA command, the a Read Track Information command to the data recording and reproducing apparatus 1, acquires the end address of the last track recorded on the optical disc 25, data There can be known whether the recorded far of the optical disk 25. 【0154】このように、光ディスク25をデータ記録再生装置1に挿入することでチェックディスク工程が実行され、ホストPCは所定のコマンドをデータ記録再生装置1に出力することでチェックディスク工程によって取得された情報を取得することができる。 [0154] Thus, the check disk process is performed by inserting the optical disc 25 to the data recording and reproducing apparatus 1, the host PC is acquired by the check disk process by outputting a predetermined command to the data recording and reproducing apparatus 1 the information can be acquired. したがって、 Therefore,
データ記録再生装置1又はホストPCのどちらでも、光ディスク25に可視データを記録可能かどうかといった判断をすることができる。 Data recording and reproducing apparatus 1 or either of the host PC, a decision and whether can record visible data on the optical disk 25. 【0155】続いて、ステップST102での、光ディスク25に視覚イメージが記録可能かどうかを判断する工程について図24に示すフローチャートを用いて説明をする。 [0155] Subsequently, at step ST 102, the visual images on the optical disk 25 is described with reference to the flowchart shown in FIG. 24 for the process of determining whether a recordable. 【0156】まずステップST111において、データ記録再生装置1又はホストPCは、光ディスク25の記録状態を調べる。 [0156] First, in step ST111, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC checks the recording state of the optical disk 25. ここでの工程では、ステップST10 In this case the process, step ST10
1で実行されたチェックディスク工程によって取得された情報を用いて、実際に当該データ記録再生装置1に挿入された光ディスク25がどのようなディスクであり、 1 by using the information obtained by the executed check disk process in a what disk actually the data recording and reproducing apparatus the optical disc 25 inserted into the 1,
視覚イメージを記録できるかを判断し、記録できる場合は記録可能な記録容量などが算出される。 Determine can be recorded visual images, if it can record such recordable recording capacity is calculated. 【0157】ここで、ステップST111の工程の詳細を図25に示すフローチャートを用いて説明をする。 [0157] Here, the description with reference to the flow chart showing the details of steps of the step ST111 in FIG. 25. 【0158】ステップST121において、データ記録再生装置1又はホストPCは、ATIPのスペシャル・ [0158] In step ST121, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC, special of ATIP
インフォメーションの並びが通常の光ディスクとは異なっていることから、当該データ記録再生装置1に挿入された光ディスク25が、視覚イメージを記録可能な可視イメージ領域を備えた光ディスクであるかどうかを判断する。 Since the sequence of information is different from the ordinary optical disk, the data recording and reproducing apparatus the optical disc 25 inserted into the 1, it is determined whether the optical disc having a visible image area capable of recording visual images. 【0159】また、光ディスク25の所定の領域に記録されたマークを検出し、当該データ記録再生装置1に挿入された光ディスクが視覚イメージを記録可能な可視イメージ記録領域を備えた光ディスクであるかどうかを判断する。 [0159] Also, detection of the mark that has been recorded in a predetermined area of ​​the optical disk 25, whether the optical disc inserted in the data recording and reproducing apparatus 1 is an optical disc having a visible image recording area capable of recording visual images the judges. 【0160】光ディスク25が、可視イメージ記録領域を備えた光ディスクである場合は工程をステップS12 [0160] the optical disc 25, the step S12 the process if an optical disc having a visible image recording area
2へと進め、可視イメージ記録領域を備えておらずデータ記録領域のみを備えた通常の光ディスクであると判断された場合は工程をステップST123へと進める。 Advanced to 2, if it is determined that the ordinary optical disk having only the data recording area not provided with a visible image recording area the step proceeds to step ST123. 【0161】ここで、図29を用いて通常の光ディスクとは異なる、可視イメージ記録領域を備えた光ディスクについて説明をする。 [0161] Here, the explanation for the different optical disc having a visible image recording area and ordinary optical disk with reference to FIG. 29. 可視イメージ記録領域を備えた光ディスクは、あらかじめ視覚イメージを記録するための可視イメージ記録領域が図29に示すように光ディスクの外周に確保されている光ディスクである。 Optical disc having a visible image recording area, that the optical disc visible image recording area for pre-recorded visual image is secured to the outer periphery of the optical disk as shown in FIG. 29. 【0162】図29に示すように、可視イメージ記録領域を備えた光ディスクは、通常データを記録するデータ記録領域と、可視イメージ記録領域とを備えているが、 [0162] As shown in FIG. 29, an optical disc having a visible image recording area, and a data recording area for recording normal data, although a visible image recording area,
このデータ記録領域と、可視イメージ記録領域との間には、ATIPの存在しないNo ATIP領域が設けられている。 And the data recording area, between the visible image recording area, does not exist No ATIP region of the ATIP is provided. 【0163】これは、データ記録再生装置1が、リードアウト情報記録領域スタートアドレスを無視してATI [0163] This is, the data recording and reproducing apparatus 1, ignoring the lead-out information recording area start address ATI
Pが存在しないところまで記録をする機能であるOver B To the point where P does not exist is a function for the record Over B
urn機能を搭載したドライブ装置であった場合、上述のようにATIPの存在しないNo ATIP領域を設けていないと視覚イメージを記録するための専用領域である可視イメージ記録領域にまで通常データを記録してしまうので、これを防止するためにNo ATIP領域が設けられている。 If it was driving apparatus equipped with the urn function records the normal data to the visible image recording area is a dedicated area for recording the non-existent No ATIP visual If not provided an area image of the ATIP as described above since it would have No ATIP area is provided to prevent this. 【0164】また、絶対時間情報であるLPP(Land P [0164] In addition, an absolute time information LPP (Land P
re-Pit)のないNo LPP領域、又は、同じく絶対時間情報であるADIP(Address In Pre-groove)のないNo ADIP領域が設けられていてもよい。 re-Pit) no No LPP region or not No ADIP region ADIP (Address In Pre-groove) may be provided which is also absolute time information. 【0165】このように、可視イメージ記録領域をあらかじめ設けた光ディスクの場合、図30に示すように当該光ディスクを搬送するためのケースの一部を透明な材質で形成することで、光ディスクがケース内に納められている場合でも上記可視イメージ記録領域を確認することができる。 [0165] Thus, in the case of previously provided an optical disk a visible image recording area, by forming in a transparent material a portion of the case for carrying the optical disc as shown in FIG. 30, the optical disk is inside the case it is possible to confirm the above visible image recording area even if they are placed in. 【0166】また、光ディスクに可視イメージ記録領域があらかじめ設けられている場合、バーコードを上記可視イメージ記録領域に記録することで、光ディスクの管理なども容易に行うことができる。 [0166] When the visible image recording area on the optical disc is provided in advance, a barcode by recording on the visible image recording region it can be easily performed, such as management of the optical disc. 【0167】ステップST122において、データ記録再生装置1又はホストPCは、光ディスク25に設けられた可視イメージ記録領域の記録可能容量Ceと、記録可能スタートアドレスAeを求める。 [0167] In step ST122, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC has a recordable capacity Ce of the visible image recording area provided on the optical disc 25 determines the recordable start address Ae. 【0168】ステップST123において、データ記録再生装置1又はホストPCは、スペシャルインフォメーションに基づいて、OP部10を制御してリードアウト情報領域スタートアドレスから例えば5分の領域へシークをする。 [0168] In step ST123, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC, based on the special information, the seek from the read-out information area start address and controls the OP unit 10, for example to 5 minutes region. 【0169】ステップST124において、データ記録再生装置1又はホストPCは、ステップST123でシークした光ディスク25の位置にATIPが存在するかどうかを判断する。 [0169] In step ST124, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC determines whether ATIP exists in the position of the optical disc 25 seeks in step ST123. ATIPが存在する場合は可視イメージ記録領域が存在すると判断して工程をステップST Step ST step determines that the visible image recording area exists if ATIP exists
122へと進め、ATIPが存在しない場合は可視イメージ記録領域が存在しないと判断して工程をステップS Advances to 122, step a step it is determined that if the ATIP is not present there is no visible image recording area S
T125へと進める。 Proceed to the T125. 【0170】ステップST125において、データ記録再生装置1又はホストPCは、チェックディスク工程でTOC領域のTOC情報が検出されたかどうかによって、光ディスク25のプログラム領域に書き込まれたデータがファイナライズされているかどうかを判断する。 [0170] In step ST125, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC, depending on whether TOC information TOC area is detected in the check disk process, whether the data written in the program area of ​​the optical disc 25 is finalized to decide. 【0171】データ記録再生装置1又はホストPCは、 [0171] The data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC,
TOC情報を検出されたことでファイナライズされてると判断し、工程をステップST127へと進め、TOC It is determined to have been finalized in that it has been detected the TOC information, advance the process to step ST127, TOC
情報が検出されなかったことでファイナライズされていないと判断し工程をステップST126へと進める。 Information is determined that has not been finalized by not detected the step proceeds to step ST126. 【0172】ステップST126において、データ記録再生装置1又はホストPCは、ファイナライズされていないデータをファイナライズし、可視イメージを記録可能な容量と、記録可能スタートアドレスを算出する。 [0172] In step ST126, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC is to finalize the data that has not been finalized, to calculate a capacity capable of recording visible images, the recordable start address. 【0173】このとき、追記不可でファイナライズする場合と、追記可能でファイナライズする場合の2パターンが考えられる。 [0173] In this case, as in the case of finalization in unappendable, 2 pattern in the case of finalizing a write-once can be considered. 【0174】追記不可でファイナライズした場合、リードイン情報領域と共に書き込まれるリードアウト情報領域より外周部分はデータを書き込むことができなくなり、可視イメージを記録する領域として確保されることになる。 [0174] When finalizing with unappendable, the outer peripheral portion than the lead-out information area is written with the lead-in information area can not write data, it will be provided as an area for recording a visible image. 【0175】追記不可でファイナライズした場合の、可視イメージの記録可能容量Ca及び記録可能スタートアドレスAaを求める。 [0175] in the case of finalization in unappendable, determine the recordable capacity Ca and recordable start address Aa of the visible image. TOC情報から取得される記録された最外周のリードアウト情報領域のスタートアドレスをLOSAとすると、シングルセッションのリードアウト情報領域の長さは1分30秒であるので、1分30 When the start address of the lead-out information area recorded outermost acquired from the TOC information and LOSA, since the length of the lead-out information area of ​​a single session is 1 minute 30 seconds, 1 minute 30
(秒)×75(フレーム/秒)=6750フレームとなる。 The (second) × 75 (frames / sec) = 6750 frame. 【0176】したがって、LOSA+6750以降のアドレスには、何も記録されていないと判断でき、記録可能スタートアドレスAaは、LOSA+6750となる。 [0176] Thus, the LOSA + 6750 after the address, nothing can be judged not to have been recorded, recording can start address Aa is a LOSA + 6750. 【0177】次に、光ディスク25の物理的に記録可能な容量を算出する。 [0177] Next, to calculate the physically recordable capacity of the optical disk 25. 上述したスペシャル・インフォメーションから取得される光ディスク25の許容する最大リードアウト情報領域スタートアドレスをALOSAとすると、ALOSA+6750が光ディスク25が記録可能な最大アドレスとなる。 When the maximum lead-out information area start address tolerated optical disc 25 obtained from Special Information described above and ALOSA, ALOSA + 6750 optical disk 25 is the maximum address that can record. 【0178】これより、記録可能容量Caは、(ALO [0178] than this, recordable capacity Ca is, (ALO
SA+6750)−(LOSA+6750)=ALOS SA + 6750) - (LOSA + 6750) = ALOS
A−LOSAとなる。 The A-LOSA. 【0179】一方、追記可能でファイナライズした場合、リードアウト情報領域より外周部分にはさらにデータを書き込むことができるため、可視イメージをデータ化した可視イメージデータを書き込んだトラックを生成することができる。 [0179] On the other hand, when the finalization is appendable, it is possible to write further data on the outer portion than the lead-out information area, it is possible to generate a track written visible image data obtained by the data of the visible image. 可視イメージデータは、光ディスク25に記録する可視イメージがどんなイメージであるのかを示したデータである。 Visible image data is data which the visible image showed whether a any image to be recorded on the optical disk 25. ユーザが可視イメージデータを読み出すことで、光ディスク25に記録された可視イメージがどんなものであるのかということを光ディスク25の記録面を見ることなく知ることができる。 The user by reading the visible image data, that whether visible image recorded on the optical disc 25 is what can be known without seeing the recording surface of the optical disk 25. 可視イメージデータを書き込んだトラックは、追記不可でファイナライズされる。 Track written a visible image data is finalized in unappendable. 【0180】可視イメージデータを記録する際には可視イメージであることを示すデータ、可視イメージが記録されているスタートアドレスとエンドアドレスも記録する。 [0180] Data indicating a visible image when recording a visible image data, also the start and end addresses visible image is recorded is recorded. 【0181】この、可視イメージが記録されているスタートアドレス、エンドアドレスは、PMA領域に記録することができる。 [0181] In this, the start address which the visible image has been recorded, the end address, can be recorded in the PMA area. データ記録再生装置1は、PMA領域に記録されたスタートアドレス、エンドアドレスをリードすることで可視イメージデータの記録範囲を知ることができる。 Data recording and reproducing apparatus 1 can know the recording range of the visible image data by reading the recorded start address in the PMA area, the end address. PMAにスタートアドレス、エンドアドレスを記録する際は、通常のトラックと異なることを判別できるようなフォーマットを記述する。 Start address PMA, when recording end address describes the format can determine that different from the normal track. 【0182】PMAは、ファイナライズしていないディスクの情報をテンポラリーに保持する領域であり、CD [0182] PMA is an area that holds the information of the disk that is not finalized in temporary, CD
−Rメディアの場合、オレンジ・ブックパート3、Vo In the case of -R media, Orange Book Part 3, Vo
l2、Ver1.10では以下に示すように定義されている。 l2, and is defined as follows in Ver1.10. 【0183】PMAには、Mode0:Reserve [0183] The PMA, Mode0: Reserve
d、Mode1:トラックのスタートタイムと、エンドタイム、Mode2:ディスクのIDと、ディスクの種類(CD−ROM or CD−I or CD−X d, Mode1: the start time of the track, the end time, Mode2: the ID of the disk, the type of disc (CD-ROM or CD-I or CD-X
A)の情報、Mode3:スキップするトラックの情報、Mode4:非スキップするトラックの情報、Mo Information of A), Mode3: skip the track information, Mode4: track non skip information, Mo
de5:スキップ時間間隔、Mode6:非スキップ時間間隔、Mode7−FF:Reservedといった情報が記録されている。 DE 5: skip time interval, Mode 6: Non-skip time interval, Mode7-FF: information such Reserved is recorded. 【0184】また、CD−RWメディアの場合、オレンジ・ブックパート3、Vol2、Ver1.10では以下に示すように定義されている。 [0184] In addition, in the case of CD-RW media, Orange Book Part 3, Vol2, are defined as shown below in Ver1.10. 【0185】PMAには、Mode0:Erase P [0185] The PMA, Mode0: Erase P
attern、Mode1:トラックのスタートタイムと、エンドタイム、Mode2:ディスクのIDと、ディスクの種類(CD−ROM or CD−I or attern, Mode1: the start time of the track, the end time, Mode2: an ID of the disk, the type of disc (CD-ROM or CD-I or
CD−XA)の情報、Mode3:スキップするトラックの情報、Mode4:Reserved、Mode CD-XA) information, Mode3: skip to the track information, Mode4: Reserved, Mode
5:再生しない時間、Mode6−FF:Reserv 5: Time not play, Mode6-FF: Reserv
edといった情報が記録されている。 Information such as ed is recorded. 【0186】PMA領域は、図31に示すような構成となっており、Controlに上述したそれぞれのMo [0186] PMA area has a configuration as shown in FIG. 31, each of Mo as described above in Control
deに相当するビットがアサインされることで各Mod Each Mod by bits corresponding to a de is assigned
eを識別する。 Identifying the e. 可視イメージであることの情報は例えば、Mode6−FFの領域に記述される。 Information that is visible image is described for instance in the region of Mode 6-FF. 【0187】例えば、Mode1のトラックとして、データは”IMAGE”からはじまり、次に可視イメージが記録されているスタートアドレスと、エンドアドレスと続き、さらに可視イメージが文字データである場合、 [0187] For example, if a track Mode1, data starts from "IMAGE", then the start address visible image is recorded, the end address and followed by further visible image is a character data,
該当するアスキーコードが記録される。 Corresponding ASCII code is recorded. 残りは、FFで埋められるようなフォーマットで記録される。 The remainder is recorded in a format such as those filled with FF. 【0188】続いて、追記可能でファイナライズした場合、可視イメージの記録可能容量Cb及び記録可能スタートアドレスAbを求める。 [0188] Then, when it is finalizing a write-once, determine the recordable capacity Cb and recordable start address Ab of the visible image. 【0189】追記可能な場合は、必ずマルチセッションである。 [0189] If possible write-once is always multi-session. マルチセッションの最初のリードアウト情報領域は1分30秒である。 First read-out information region of the multi-session is 1 minute 30 seconds. また、可視イメージデータを書き込むためのトラックは、最小でも4秒、つまり300 Also, the track for writing visible image data, 4 seconds at a minimum, that is 300
フレームが必要となり、さらにトラックを追加することでリードイン情報領域の長さ4500フレーム(1分× Frame is required, further length 4500 frames (1 minute × the lead-in information area by adding a track
75)と、リードアウト情報領域の長さ6750フレームとが付加されるこになる。 75), the arc and the length 6750 frames of the lead-out information area are added. 【0190】したがって、TOC情報から取得される記録された最外周のリードアウト情報領域のスタートアドレスをLOSAとすると、記録可能スタートアドレスA [0190] Therefore, when the start address of the lead-out information area outermost recorded is acquired from the TOC information and LOSA, recordable start address A
bは、(LOSA+6750)+4500+300+2 b is, (LOSA + 6750) + 4500 + 300 + 2
250となる。 Of 250. 【0191】次に、光ディスク25の物理的に記録容量を算出する。 [0191] Next, to calculate the physical storage capacity of the optical disk 25. 上述したスペシャル・インフォメーションから取得される光ディスク25の許容する最大リードアウト情報領域スタートアドレスをALOSAとすると、 When the maximum lead-out information area start address tolerated optical disc 25 obtained from Special Information described above and ALOSA,
ALOSA+6750が光ディスク25が記録可能な最大アドレスとなる。 ALOSA + 6750 is the maximum address the optical disc 25 is recordable. 【0192】これより、記録可能容量Cbは、(ALO [0192] than this, recordable capacity Cb is, (ALO
SA+6750)−((LOSA+6750)+450 SA + 6750) - ((LOSA + 6750) +450
0+300+2250)となる。 0 + 300 + 2250) to become. 【0193】追記不可でファイナライズするか、追記可能でファイナライズするかは、光ディスク25の記録可能容量によって決定され、可視イメージデータを記録するための十分な記録容量がない場合は追記不可でファイナライズされる。 [0193] or finalize unappendable, whether finalization appendable, it is determined by the recordable capacity of the optical disk 25, if there is not enough recording capacity for recording visual image data is finalized by unappendable . 【0194】ステップST127において、データ記録再生装置1又はホストPCは、追記不可でファイナライズされているかどうかを判断する。 [0194] In step ST127, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC determines whether the finalized by unappendable. 追記不可でファイナライズされていない場合は工程をステップST128へと進め、追記不可でファイナライズされている場合は工程をステップST129へと進める。 Advanced if not finalized in unappendable the step to step ST128, and advances the process if it is finalized in unappendable to step ST129. 【0195】ステップST128において、データ記録再生装置1又はホストPCは、追記可能でファイナライズされている場合は、リードアウト情報領域より外周部分にさらに、トラックを生成して追記不可でファイナライズする必要があるため、これを考慮して、可視イメージを記録可能な容量と、記録可能スタートアドレスを算出する。 [0195] In step ST128, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC, if it is finalized appendable further on the outer peripheral portion than the lead-out information area, it is necessary to finalize in unappendable generates a track Therefore, in consideration of this, it calculates the capacity capable of recording visible images, the recordable start address. 記録可能スタートアドレスAcは、(LOSA Recordable start address Ac is, (LOSA
+6750)+4500+300+2250となり、記録可能容量Ccは、(ALOSA+6750)−((L Tasu6750) + 4500 + 300 + 2250, and the recording capacity Cc is, (ALOSA + 6750) - ((L
OSA+6750)+4500+300+2250)となる。 OSA + 6750) + 4500 + 300 + 2250) to become. また、ここで、新たにトラックは、可視イメージをデータ化した可視イメージデータを書き込んだトラックとすることができる。 Also, here, a new track can be written track visible image data obtained by the data of the visible image. 【0196】ステップST129において、データ記録再生装置1又はホストPCは、追記不可の状態でファイナライズされていることから、可視イメージを記録可能な容量と、記録可能スタートアドレスを算出する。 [0196] In step ST129, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC, since it is finalized in a state of unappendable, calculates a capacity capable of recording visible images, the recordable start address. 記録可能スタートアドレスAdは、LOSA+6750となり、記録可能容量Cdは、(ALOSA+6750)− Recordable start address Ad is, LOSA + 6750, and the recordable capacity Cd is, (ALOSA + 6750) -
(LOSA+6750)=ALOSA−LOSAとなる。 The (LOSA + 6750) = ALOSA-LOSA. 【0197】ただし、リードアウト情報領域の長さは、 [0197] However, the length of the lead-out information area,
実際には6750フレーム以上記録されている場合もあるため、データ記録再生装置1は、光ディスク25に実際にデータがどのアドレスまで記録されているかをサーチする。 Since in practice it may have been recorded more than 6750 frames, the data recording and reproducing apparatus 1 searches whether the recorded until which address the data is actually on the optical disk 25. 例えば、光ディスク25の記録可能なアドレスからリードを行い、RF信号の有無をディスクの最後のアドレスまで調べる。 For example, perform read from recordable address of the optical disk 25, check for RF signals to the last address of the disk. 最後に検出されたRF信号のアドレスが次の記録可能なアドレスとなる。 Address of the last detected RF signal is next recordable address. また、ホストP In addition, the host P
Cは、この検出された情報をデータ記録再生装置1にコマンドを出力することで取得することができる。 C can be obtained by outputting a command to the detected information data recording and reproducing apparatus 1. 【0198】このように、ステップST121〜ステップST129を実行することで光ディスク25の記録状態を調べることができる。 [0198] Thus, it is possible to determine the recording status of the optical disc 25 by performing the steps ST121~ step ST129. 【0199】再び、図24のフローチャートに戻り、ステップST112以降の工程の説明をする。 [0199] Again, returning to the flowchart of FIG. 24, the description of the steps ST112 and subsequent steps. 【0200】ステップST112において、データ記録再生装置1又はホストPCは、視覚イメージが記録されているかどうかを判断する。 [0200] In step ST 112, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC, a visual image to determine whether it is recorded. 【0201】ステップST112において、データ記録再生装置1は、光ディスク25のステップST111で求めた記録可能スタートアドレスAx(xは、a,b, [0201] In step ST 112, the data recording and reproducing apparatus 1, the recordable start address Ax (x obtained in step ST111 of the optical disc 25, a, b,
c,dのいずれか)にシークをする。 c, to seek to either) of d. 【0202】ステップST113において、データ記録再生装置1は、シークした記録可能スタートアドレスA [0203] In step ST113, the data recording and reproducing apparatus 1, the recordable start address A that seek
xから光ディスク25をリードする。 To lead the optical disk 25 from x. 【0203】ステップST114において、データ記録再生装置1又はホストPCは、RF信号が検出されたかどうかを判断する。 [0203] In step ST114, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC determines whether the RF signal is detected. RF信号が検出された場合は工程をステップST115に進め、RF信号が検出されなかった場合は工程をステップST116へと進める。 If the RF signal is detected advances the process to step ST115, when the RF signal is not detected the step proceeds to step ST116. 【0204】ステップST115において、データ記録再生装置1又はホストPCは、可視データを記録することは不可能であると決定する。 [0204] In step ST115, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC determines that it is impossible to record visible data. 【0205】ステップST116において、データ記録再生装置1又はホストPCは、ATIPがなくなったかどうかを判断する。 [0205] In step ST116, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC determines whether no longer ATIP. ATIPがなくなった場合は工程をステップST117へと進め、ATIPが存在する場合は工程をステップST114へと戻しリードを継続する。 If the ATIP is no longer advances the process to step ST117, when the ATIP exists to continue to lead return the process to step ST114. 【0206】ATIPがある場合は、リードしている箇所が記録可能領域であることを示しており、ATIPがない場合は、リードしている箇所は記録可能領域ではないことを示している。 [0206] If there is ATIP indicates that portion where the lead is recordable area, if there is no ATIP is part where the lead indicates that it is not a recordable area. 【0207】ステップST117において、データ記録再生装置1又はホストPCは、ステップST112でシークした記録可能スタートアドレスAxから始まる記録領域には可視イメージが記録されていないと判断する。 [0207] In step ST117, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC, the recording area starting from the recordable start address Ax which seeks in step ST112 it is determined that the visible image is not recorded.
また、データ記録再生装置1又はホストPCは、リードした結果から記録可能領域の最終アドレスを示す記録可能ラストアドレスBxを取得する。 Further, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC acquires a recordable last address Bx indicating the final address of the recordable area from the results of the read. 【0208】ステップST118において、データ記録再生装置1又はホストPCは、ステップST117で取得した記録可能ラストアドレスBxより、可視イメージ記録可能容量はゼロかどうかを判断する。 [0208] In step ST 118, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC, from the recordable last address Bx acquired in step ST117, the visible image recordable capacity determines whether zero. 可視イメージ記録可能容量がゼロの場合は工程をステップST115 Step a step if the visible image recordable capacity is zero ST115
へと進め、ゼロでない場合は工程をステップS115へと進める。 Advanced into, if not zero the step proceeds to step S115. 【0209】ステップST119において、データ記録再生装置1又はホストPCは、記録可能スタートアドレスAxから始まる記録領域に可視データを記録可能であると決定する。 [0209] In step ST119, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC determines that the visible data can be recorded in the recording area starting from the recordable start address Ax. 【0210】このようにして、データ記録再生装置1又はホストPCは、ST111で光ディスク25の記録状態を光ディスク25に記録されている各種情報によって調べ、さらに、実際に光ディスク25の記録領域をリードすることで可視データを記録可能かどうか判断をする。 [0210] In this way, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC is examined by various information recorded the recording state of the optical disk 25 to the optical disk 25 in ST111, further actually leading recording area of ​​the optical disc 25 the decision whether it can record the visible data by. 【0211】次に、図23に示すフローチャートのステップST103でのホストPCから視覚イメージ記録コマンドが送信される際の動作について図26に示すフローチャートを用いて説明をする。 [0211] Next, described with reference to the flowchart shown in FIG. 26, the operation when the visual image recording command from the host PC in the flow chart of step ST103 shown in FIG. 23 are transmitted. 【0212】ST131において、ホストPCは、ユーザの指示に応じて可視イメージ記録アプリケーションを起動する。 [0212] In ST131, the host PC starts the visible image recording application according to a user instruction. 可視イメージ記録アプリケーションは、可視イメージを光ディスク25に記録する際に、ホストPC Visible image recording application, when recording the visible image on the optical disk 25, the host PC
及びデータ記録再生装置1を制御するアプリケーションソフトウェアである。 And an application software for controlling the data recording and reproducing apparatus 1. 【0213】ユーザは、可視イメージ記録アプリケーションを利用することで、光ディスク25に可視イメージとして記録させる所望の文字データを入力したり、入力した文字データの光ディスク25上でのレイアウト調整などといった操作を、GUI(Graphical User Interfa [0213] The user can use the visual image recording application, or enter a desired character data to be recorded as a visible image on the optical disk 25, an operation such as layout adjustment on the optical disk 25 of the character data entered, GUI (Graphical User Interfa
ce)で簡便に実行することができる。 Can be conveniently performed in ce). 【0214】ユーザは、可視イメージ記録アプリケーションが起動されると、キーボードなどからホストPC [0214] The user, when the visible image recording application is started, the host PC from the keyboard
に、可視イメージとして光ディスク25に記録させる文字データ(アスキーコード)などの可視イメージデータを入力する。 The inputs visible image data such as character data to be recorded on the optical disk 25 as a visible image (ASCII code). 【0215】また、可視イメージデータとして、ビットマップデータを用いることもできる。 [0215] Further, as a visible image data, the bitmap data can be used. 【0216】さらに、ユーザは、入力する可視イメージデータを記録させる光ディスク25のアドレスを指定する記録スタートアドレスや、文字データのサイズ情報、 [0216] Further, the user records a start address and size information of the character data designating an address of the optical disk 25 for recording the visible image data to be input,
例えば大、中、小を指定する情報も入力する。 For example, large, medium, also input information to specify the small. 【0217】ユーザは、可視イメージ記録アプリケーションの指示に基づいて、光ディスク25に可視イメージを記録するのに必要な情報の入力が終了すると、記録を開始させる視覚イメージ記録コマンドの発行を要求する。 [0217] The user, based on an instruction of a visible image recording applications, the input of the information required for recording the visible image on the optical disk 25 is completed, requesting the issuance of the visual image recording command to start recording. 【0218】可視イメージ記録アプリケーションは、要求に応じて、視覚イメージ記録コマンドを発行し、文字データ、記録スタートアドレス、文字データサイズ情報とともにデータ記録再生装置1に出力する。 [0218] Visible images recorded application in response to the request, it issues a visual image recording command, the character data, recording start address is output together with the character data size information to the data recording and reproducing apparatus 1. 【0219】また、光ディスク25のTOC領域に記録されているCD−TEXT情報を可視イメージとして記録することもできる。 [0219] It is also possible to record the CD-TEXT information recorded in the TOC area of ​​the optical disk 25 as a visible image. この場合は、ホストPCからの指示に応じて、データ記録再生装置1がTOC領域からC In this case, in response to an instruction from the host PC, C data recording and reproducing apparatus 1 from the TOC area
D−TEXT情報が読み出される。 D-TEXT information is read out. 【0220】ステップST132において、データ記録再生装置1は、ユーザによって入力された文字データのチェックをする。 [0220] In step ST132, the data recording and reproducing apparatus 1 checks the character data entered by the user. 例えば、入力された文字データの文字数が、指定されたアドレスから始まる記録領域へ、指定された文字サイズでの記録可能文字数以内であるかどうかを判別する。 For example, the number of characters of the input character data has been found to the recording area starting from the specified address, to determine whether it is within the recordable number of characters in the specified character size. 【0221】文字データの文字数が記録可能文字数を超えている場合は工程をステップST105へと進め、エラー通知をホストPCに送信しユーザにその旨を知らせる。 [0221] If the number of characters in the character data exceeds the recordable number of characters advances the process to step ST105, inform the user transmits an error notification to the host PC. また、記録可能文字数以内の場合は工程をステップST133へと進める。 Also, if it is within the recordable number of characters the step proceeds to step ST133. 【0222】なお、この工程は、ホストPCで起動されている可視イメージ記録アプリケーションで行ってもよい。 [0222] Note that this process may be performed in the visible image recording application running in the host PC. 【0223】ステップST133において、データ記録再生装置1は、光ディスク25の記録可能領域をチェックする。 [0223] In step ST133, the data recording and reproducing apparatus 1 checks the recordable area of ​​the optical disk 25. データ記録再生装置1は、ユーザによって入力された記録スタートアドレスが、可視イメージの記録可能領域にあるかどうかを判断する。 Data recording and reproducing apparatus 1, the recording start address entered by the user, determines whether the recordable region of the visible image. 記録スタートアドレスが、記録可能領域外であれば、工程をステップST1 Recording start address, if the recordable area outside the process steps ST1
05と進め、エラー通知をホストPCに送信しユーザにその旨を知らせる。 05 and proceed, inform the user to send an error notification to the host PC. また、記録スタートアドレスが記録可能領域内にあれば工程をステップST134へと進める。 Further, the step proceeds to step ST134 if the recording start address in a recordable area. 【0224】なお、この工程は、ホストPCで起動されている可視イメージ記録アプリケーションで行ってもよい。 [0224] Note that this process may be performed in the visible image recording application running in the host PC. 【0225】ステップST134において、データ記録再生装置1は、記録スタートアドレス、文字データサイズ情報、文字データ数から、入力された文字数の文字データを記憶可能な記録容量があるかどうかを判断する。 [0225] In step ST134, the data recording and reproducing apparatus 1, the recording start address, the character data size information, the number of character data to determine whether the character data of characters input is storable recording capacity. 【0226】光ディスク25に記録する文字データの文字数は、文字データをどの程度のサイズで記録するかに依存する。 [0226] number of characters in the character data to be recorded on the optical disk 25, depending on whether to record the character data with any degree of size. 【0227】例えば、後述する可視イメージデータを変換することで得られる視覚イメージデータをm×mの行列とし、記録可能スタートアドレスをSA、記録可能エンドアドレスをLAとし、トラックピッチをP、線速度をV、アドレス00:00:00の光ディスク25の半径をr0とすると、SAの半径位置RSAは、RSA= [0227] For example, the visual image data obtained by converting the visible image data will be described later as a matrix of m × m, the recordable start address SA, the recordable end address and LA, the track pitch P, the linear velocity the V, when the radius r0 of the optical disk 25 address 00:00:00, the radial position of RSA SA is, RSA =
√((SA×m×P)/75/π+r0×r0)となり、LAの半径位置LSAは、LSA=√((LA×V √ ((SA × m × P) / 75 / π + r0 × r0), and the radial position LSA of LA is, LSA = √ ((LA × V
×P)/75/π+r0×r0)となる。 × P) / 75 / π + r0 × r0) to become. なお、r0= It should be noted, r0 =
25mm、P=1,6μm、V=1.2m/sである。 25mm, P = 1,6μm, is V = 1.2m / s. 【0228】例えば、文字イメージを円周方向にa[c [0228] For example, a character image in the circumferential direction a [c
m]、半径方向にb[cm]としたa[cm]×b[c m], a was b [cm] in the radial direction [cm] × b [c
m]のサイズにする場合、LSA−RSA>bであれば、文字イメージを記録可能となり、(2×RSA× If the size of m], if LSA-RSA> b, becomes the character image can be recorded, (2 × RSA ×
π)/aにより記録可能な文字イメージ数が算出される。 [pi) / character number of images that can be recorded by a is calculated. 【0229】入力された文字データを記録するのに十分な記録容量が光ディスク25にある場合は工程をステップST104へと進め、十分な記録容量がない場合は工程をステップST105へと進めエラー通知をホストP [0229] sufficient recording capacity to record the input character data has been is advanced to step ST104 a process when in the optical disc 25, a case where there is not enough recording capacity error notification advances the process to step ST105 host P
Cに送信しユーザにその旨を知らせる。 Send to C inform the user. 【0230】なお、この工程は、ホストPCで起動されている可視イメージ記録アプリケーションで行ってもよい。 [0230] Note that this process may be performed in the visible image recording application running in the host PC. 【0231】次に、図23に示すフローチャートのステップST104での可視イメージを光ディスク25に記録する際の動作について図27に示すフローチャートを用いて説明をする。 [0231] Next, described with reference to the flowchart shown in FIG. 27, the operation for recording the visible image in step ST104 of the flowchart shown in FIG. 23 to the optical disk 25. 【0232】ステップST141において、データ記録再生装置1又はホストPCは、光ディスク25のプログラム領域に記録されているデータがファイナライズされているかどうかを判断する。 [0232] In step ST141, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC determines whether data recorded in the program area of ​​the optical disc 25 is finalized. ファイナライズされてない場合は工程をステップST142へと進め、ファイナライズされている場合は工程をステップST143へと進める。 If not finalized promoting step to step ST142, if it is finalized the step proceeds to step ST143. 【0233】ステップST142において、データ記録再生装置1又はホストPCは、ファイナライズされていないデータを追記不可でファイナライズするかどうかを判断する。 [0233] In step ST142, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC determines whether to finalize the data that has not been finalized in unappendable. 追記不可でファイナライズする場合は工程をステップST144へと進め、追記不可でファイナライズしない場合は工程をステップST145へと進める。 When finalizing with unappendable advances to step ST144 to step advances the process if not finalized unappendable to step ST145. 【0234】ステップST143において、データ記録再生装置1又はホストPCは、ファイナライズされて光ディスク25に記録されているデータが追記不可でファイナライズされているかどうかを判断する。 [0234] In step ST143, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC determines whether the data is finalized is recorded on the optical disc 25 is finalized by unappendable. 追記不可でファイナライズされていない場合は工程をステップST Step ST the process If you have not been finalized at unappendable
145へと進め、追記不可でファイナライズされている場合は、リードアウト情報領域より外周側に可視イメージを記録する準備ができたことになり工程をステップS Advanced to 145, if it is finalized in unappendable, the step a step will be ready to record a visible image on the outer circumferential side of the lead-out information area S
T146へと進める。 Proceed to the T146. 【0235】ステップST144において、データ記録再生装置1又はホストPCは、光ディスク25に記録されているデータを追記不可でファイナライズしてリードイン情報領域と、リードアウト情報領域とを不可してセッションをクローズする。 [0235] In step ST144, closed data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC, a lead-in information area by finalize the data recorded on the optical disk 25 in unappendable, the session disable the lead-out information area to. 【0236】これにより、光ディスク25のプログラム領域に記録されたデータのリードアウト情報領域より外周側に可視イメージを記録する準備ができたことになる。 [0236] Thereby, you are ready to record a visible image on the outer circumferential side of the lead-out information area of ​​the data recorded in the program area of ​​the optical disk 25. 【0237】ステップST145において、データ記録再生装置1又はホストPCは、光ディスク25に記録されているデータを追記可能でファイナライズし、さらにその後に所定のデータ量のトラック、例えば、可視イメージデータを記録したトラックを生成し追記不可でファイナライズする。 [0237] In step ST145, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC, and finalization can append data recorded on the optical disk 25, further track subsequent to a predetermined amount of data, for example, it was recorded visible image data be finalized in the write-once can not generate the track. 【0238】これにより光ディスク25には、例えば、 [0238] Thus in the optical disk 25 is, for example,
可視イメージデータを記録したトラックのリードアウト情報領域より外周側に可視イメージを記録する準備ができたことになる。 So that you are ready to record a visible image on the outer circumferential side of the lead-out information region of a track for recording a visible image data. 【0239】ステップST146において、データ記録再生装置1又はホストPCは、可視イメージを記録する。 [0239] In step ST146, the data recording and reproducing apparatus 1 or the host PC records the visible image. 【0240】ステップST146での可視イメージの記録工程を、図28に示すフローチャートを用いて説明をする。 [0240] The recording process of the visible image in step ST146, the description with reference to the flowchart shown in FIG. 28. 【0241】ここで、まず、光ディスク25に可視イメージを記録する際のタイミングの基準について説明をする。 [0241] Here, first, the reference timing at the time of recording a visible image on the optical disk 25 will be described. 光ディスク25の記録するタイミングの基準は、スピンドルモータ17が、出力するFGパルス信号(以下、FGパルスと呼ぶ)に基づいて定められる。 Reference of the recording timing of the optical disk 25, the spindle motor 17, the output to the FG pulse signals (hereinafter, referred to as FG pulse) is determined based on. スピンドルモータ17は、1周する間にZ回のパルスを出力している。 The spindle motor 17 and outputs a Z times of the pulse during one revolution. したがって、1周する間には、0からZ−1までカウントされ、このFGパルスのカウントが0となったときを記録するタイミングの基準とする。 Thus, during one revolution is counted from 0 to Z-1, a reference timing for recording when the count of the FG pulse is zero. FGパルスは、CPU19によってカウントされる。 FG pulses are counted by the CPU 19. 【0242】FGパルスは等間隔で出力されるため、図32に示すように光ディスク25の記録領域は、Z回のFGパルスによって0〜Z−1までZ分割されていると考えることができる。 [0242] Since FG pulses outputted at equal intervals, the recording area of ​​the optical disk 25 as shown in FIG. 32 may be considered to be Z divided by Z times the FG pulse to 0~Z-1. 【0243】光ディスク25の中心から半径方向の所定の距離をrとし、光ディスク25の円周の分割数をx、 [0243] The predetermined distance from the center of the radial direction of the optical disk 25 and r, the number of divisions of the circumference of the optical disk 25 x,
トラックが何周したかを示す値をy、光ディスク25の半径方向をY方向、光ディスク25の回転方向をX方向とすると、(2πr[cm]/x)×(1.6[μm] When a value indicating whether the track is what laps y, radially Y direction of the optical disc 25, the rotational direction of the optical disk 25 to the X direction, (2πr [cm] / x) × (1.6 [μm]
×y)で計算される面積を1つの点(1dot)とした図33に示すような座標空間を光ディスク25上に設定することができる。 The coordinate space shown an area that is calculated in FIG. 33 as one point (1 dot) can be set on the optical disc 25 × y). なお、1.6[μm]は、トラックピッチである。 Incidentally, 1.6 [[mu] m] is a track pitch. 図34は、図33を拡大した図である。 Figure 34 is an enlarged view of the FIG. 33.
ここでは、例として、FGパルス間をX方向に7分割している。 Here, as an example, it has 7 divided between FG pulses in the X direction. 【0244】例えば、1つの文字データがm×m行列の視覚イメージデータに変換されたとし、光ディスク25 [0244] For example, a single character data is converted to a visual image data of m × m matrix, the optical disk 25
上に1cm×1cmのサイズでこの視覚イメージデータを記録する場合を考える。 Consider the case of recording the visual image data in a size of 1 cm × 1 cm above. 【0245】この場合、xとyの値はそれぞれ、x=m [0245] Each In this case, the values ​​of x and y, x = m
・2πr[cm]、y=1/(1.6[μm]・m)となる。 · 2πr [cm], the y = 1 / (1.6 [μm] · m). また、半径r位置を1周する時間をTとすると、 Further, when the time for one rotation of the radius r position is T,
1dotを形成するの際にレーザが照射される時間t Time t the laser is irradiated upon forming the 1dot
は、t=T/(m・2πr)となる。 Is a t = T / (m · 2πr). 【0246】半径r位置を1周する時間Tは、スピンドルモータ17の回転速度によって異なるため毎周測定され更新される。 [0246] radius r located one round to time T is weekly measured differ by the rotation speed of the spindle motor 17 is updated. 時間Tは、光ディスク25の外周にいくほど値が大きくなる。 Time T, the value increases toward the outer periphery of the optical disk 25. 【0247】ステップST151において、データ記録再生装置1は、視覚イメージ生成部24にて可視イメージデータを視覚イメージデータに変換する。 [0247] In step ST151, the data recording and reproducing apparatus 1 converts the visible image data on the visual image data in a visual image generator 24. Aという文字を光ディスク25に可視可能な状態として記録することを考えると視覚イメージデータは、例えば、図35に示すようになる。 Visual image data Considering that records the letter A as a visible ready on the optical disk 25 is, for example, as shown in FIG. 35. 図35に示す視覚イメージデータは、 Visual image data shown in FIG. 35,
7行×7列のビットマップデータであり、データが存在する箇所を「1」とし、データが存在しない箇所を「0」としている。 A bitmap data 7 rows × 7 columns, the portion where data exists to "1", and a portion where no data exists as "0". 例えば、データが存在する「1」とした箇所をレーザ照射をONとし、データが存在しない「0」とした箇所ではレーザ照射をOFFとする。 For example, a portion where a "1" data is present and ON the laser irradiation, and OFF the laser irradiation at the point where the data is not present "0". 【0248】ステップST152において、データ記録再生装置1は、変換した視覚イメージデータの記録を開始する箇所の光ディスク25のアドレスである記録スタートアドレスにシークする。 [0248] In step ST152, the data recording and reproducing apparatus 1, seeks the recording start address is the address of the optical disc 25 places to start recording of the converted visual image data. 【0249】ステップST153において、データ記録再生装置1のCPU19は、トラックが何周したかをカウントするトラックナンバーカウンターを初期化し0とする。 [0249] In step ST153, CPU 19 of the data recording and reproducing apparatus 1, the track is zero and initializes the track number counter for counting the how many laps. また、CPU19は、トラックがY方向に1do Further, 1DO CPU 19 may track the Y direction
t分、周回したことをカウントするY方向ドットカウンターの値Rも初期化し0とする。 t min, the value R is also initialized 0 in the Y direction dot counter which counts the occurrence of circling. 【0250】ステップST154において、CPU19 [0250] In step ST154, CPU19
は、FGパルスのカウント数がZ−1となるまで待機状態となる。 The count of FG pulses becomes a standby state until Z-1. 【0251】ステップST155において、CPU19 [0251] In step ST155, CPU19
は、FGパルスのカウント数がZ−1になったことに応じてCPU19のタイマ1をスタートさせる。 The count of FG pulses starts a timer 1 of CPU19 in response to become Z-1. このタイマ1は、上述した半期r位置を1周する時間Tを計測するのに使用される。 The timer 1 is used to measure the time T for one cycle of semi-annual r position described above. 【0252】ステップST156において、CPU19 [0252] In step ST156, CPU19
は、FGパルスのカウントが0となるまで待機状態となる。 It enters a standby state until the count of the FG pulses is zero. 【0253】ステップST157において、CPU19 [0253] In step ST157, CPU19
は、FGパルスのカウントが0となったことに応じて、 , In response to the count of the FG pulses it becomes 0,
トラックナンバーカウンターの値を1つだけインクリメントする。 The value of the track number counter is incremented by one. 【0254】ステップST158において、CPU19 [0254] In step ST158, CPU19
は、トラックナンバーカウンターの値が、1dot分となったことに応じて、Y方向ドットカウンターの値を1 The value of the track number counter, in response to a 1dot min, the value of the Y-direction dot counter 1
つだけインクリメントする。 It is incremented by One. また、Y方向ドットカウンターの値がカウントアップされたことに応じて、トラックナンバーカウンターの値を0としリセットする。 Also, depending on the value of the Y-direction dot counter is incremented, the value of track number counter is reset to zero. 【0255】ステップST159において、CPU19 [0255] In step ST159, CPU19
は、Y方向ドットカウンターの値が、視覚イメージデータ行列の行の最大値、つまりm×m行列の場合、mとなったかどうかを判断する。 The value of the Y-direction dot counter, the maximum value of the line of the visual image data matrix, that is, the m × m matrix, is determined whether or not a m. 例えば、図35に示す7×7 For example, 7 × 7 shown in FIG. 35
行列の視覚イメージデータの場合7となったかどうかを判断する。 It is determined whether or not a case 7 of the visual image data of the matrix. 【0256】例えば、視覚イメージデータがm×m行列の場合、トラックをy周することでカウントアップされるY方向ドットカウンターの値がmになったということは、当該データ記録再生装置1が視覚イメージデータを全て記録したことを意味している。 [0256] For example, when the visual image data of m × m matrix, that the value of the Y-direction dot counter is counted up by y circumferential track becomes m it is the data recording and reproducing apparatus 1 is visually which means that you have recorded all of the image data. したがって、Y方向ドットカウンターの値がmとなったら工程は終了し、m Thus, the process when the value of the Y-direction dot counter becomes m ends, m
以下であった場合は工程をステップST160へと進める。 If it was below the step proceeds to step ST160. 【0257】ステップST160において、CPU19 [0257] In step ST160, CPU19
は、FGパルスのカウントが0になって、トラックナンバーカウンターの値が1つだけインクリメントされたことに応じて、タイマ1を停止させ、この時点までの測定時間を半径rの位置を1周する時間Tとする。 The count of the FG pulses becomes zero, depending on the value of the track number counter is incremented by one, the timer 1 is stopped, one lap the position of the radius r of the measurement time up to this point the time T. 【0258】ステップST161において、CPU19 [0258] In step ST161, CPU19
は、ステップST151で可視イメージデータから変換された視覚イメージデータを視覚イメージデータ生成部24からロードする。 Loads the visual image data converted from the visible image data in step ST151 from the visual image data generating unit 24. 視覚イメージデータの行列を(A The matrix of the visual image data (A
x,By)としたときのByを1とする。 x, and 1 By the time of the By). 【0259】ステップST162において、さらにCP [0259] In step ST162, further CP
U19は、ステップST161で読み出した視覚イメージデータを、当該視覚イメージデータ行列がm×mであった場合、(Ax,Bx)=(m−R,By)をロードする。 U19 is a visual image data read in step ST161, when the visual image data matrix was m × m, loading (Ax, Bx) = (m-R, By). 例えば、図35に示すように視覚イメージデータが7×7行列で、Y方向ドットカウンターの値がR= For example, visual image data 7 × 7 matrix as shown in FIG. 35, the value of the Y-direction dot counter R =
0、By=1であるとすると、(Ax,Bx)=(7, 0, when it is By = 1, (Ax, Bx) = (7,
1)をロードする。 1) to load. 【0260】ステップST163において、CPU19 [0260] In step ST163, CPU19
は、タイマ1と、さらにタイマ2をスタートさせる。 Is provided with a timer 1, further starts the timer 2. タイマ2は、レーザの照射時間t=T/(m・2πr)を測定している。 Timer 2 measures the laser irradiation time t = T / (m · 2πr). 【0261】ステップST164において、CPU19 [0261] In step ST164, CPU19
は、ロードした視覚イメージデータの(Ax,Bx)が0であった場合レーザをOFFにし、1であった場合レーザをONとするようにOP部10を制御する。 It is to the laser when the visual image data loaded (Ax, Bx) was 0 to OFF, controls the OP unit 10 so as to turn ON the laser if it was 1. 【0262】ステップST165において、CPU19 [0262] In step ST165, CPU19
は、レーザの照射時間tがT/(m・2πr)となるまで、待機状態となる。 Until the irradiation time t of the laser becomes T / (m · 2πr), a standby state. 【0263】ステップST166において、CPU19 [0263] In step ST166, CPU19
は、レーザの照射時間がt=T/(m・2πr)となったことに応じてCPU2のタイマを停止させる。 The laser irradiation time stops the CPU2 timer in response to become t = T / (m · 2πr). 【0264】ステップST167において、CPU19 [0264] In step ST167, CPU19
は、Byの値を1だけインクリメントする。 Increments the value of the By only 1. 【0265】ステップST168において、CPU19 [0265] In step ST168, CPU19
は、視覚イメージデータの行列がm×mであった場合、 , If the matrix of the visual image data is the m × m,
Byがmより大きいかどうかを判断し、小さい場合は工程をステップST162に戻し、大きい場合は工程をステップST19へと進める。 By it is determined whether or larger than m, smaller returns the process to step ST162, if it is greater, the step proceeds to step ST19. 【0266】ステップST169において、CPU19 [0266] In step ST169, CPU19
は、FGパルスのカウントが再び戻ってくるまで待機状態となる。 The count of the FG pulse is a standby state until it back again. 【0267】ステップST170において、FGパルスのカウントが再び0になったことに応じて、タイマ1を停止させ、この時点までの測定時間を半径rの位置を1 [0267] In step ST170, in response to the count of the FG pulses becomes 0 again, the timer 1 is stopped, the measurement time up to this point the position of the radius r 1
周する時間Tとする。 And time T, which circumference. 【0268】ステップST171において、視覚イメージデータを全て記録した場合は工程をステップS154 [0268] In step ST171, step S154 a step when recording all visual image data
へと戻し、全て記録されていない場合は工程をステップST161へと戻す。 Back to the process if not all recorded returns to step ST161. 【0269】このようにして、データ記録再生装置1 [0269] In this way, the data recording and reproducing apparatus 1
は、FGパルスに基づいて記録のタイミングを制御することで、可視イメージを光ディスク25に記録することができる。 , By controlling the timing of recording on the basis of the FG pulses, it is possible to record a visible image on the optical disk 25. 【0270】なお、上述の説明においては、文字データを記録する際、FGパルスの数に対応して1文字のデータを記録できるようにしているが、本発明はこれに限定されるものではなく、1つのFGパルスで複数文字記録することもできるし、複数のFGパルスで1文字を記録することもできる。 [0270] In the above description, when recording the text data, but in accordance with the number of FG pulses are to have a record of one character of data, the present invention is not limited thereto , can either be more characters recorded in one FG pulses, it is also possible to record a character with a plurality of FG pulses. 【0271】上述の説明ではFGパルスを用いて座標空間を定義していたが、アドレスを基準として座標空間を定義することもできる。 [0271] While the above description has been defined coordinate space using the FG pulses, it is also possible to define a coordinate space based on the address. 【0272】例えば、トラックに対して、読み出しヘッドの相対速度(線速度)を一定にするCLV(Constant [0272] For example, with respect to the track, a constant relative velocity of the read head (linear velocity) CLV (by Constant
Linear Velocity)方式の場合、1フレームの長さと、 For Linear Velocity) method, the length of one frame,
線速度は決まっているので、基準となるアドレスを定めると他のアドレスがどこに座標位置にくるかを計算することができる。 Since the linear velocity is determined, it is possible when determining the address to be a reference for calculating whether another address where come the coordinate position. 【0273】例えば、図36に示すようにアドレスAからデータを記録するとすると、基点座標はsyncとなる。 [0273] For example, when the address A as shown in FIG. 36 and to record data, base point coordinates becomes sync. したがって、アドレスAのsync位置のy方向の1つ上の座標はアドレスA+3の斜線で示した位置となり、計算によって算出することができる。 Thus, the coordinates of the upper one of the y-direction of sync position of the address A becomes a position indicated by oblique lines of the address A + 3, it can be calculated by calculation. 【0274】また、視覚イメージデータとして行列を用い、図33に示すような座標空間を定義したが、これは処理を簡便にする上では有効である。 [0274] In addition, using the matrix as a visual image data, but to define the coordinate space as shown in FIG. 33, which is effective in order to simplify the process. しかし、光ディスク25は円形であるため、外周トラックのX方向成分が広くなるため、可視イメージとした場合にバランスが悪くなってしまうことがある。 However, the optical disk 25 is for a circular, since the X-direction component of the circumferential track is widened, there is the balance becomes worse when a visible image. 【0275】そこで、図37に示すような扇形の可視イメージデータを用意し、図38に示すように、X方向のdotの長さを同じにした座標空間を定義することで、 [0275] Therefore, providing a fan-shaped visible image data as shown in FIG. 37, as shown in FIG. 38, by defining a coordinate space in which the same length in the X direction dot,
バランスの悪さを回避することができる。 It is possible to avoid the evil of the balance. 【0276】さらに、また、図39に示すように光ディスク25に対して、位置座標を定義して、座標と、その座標に対する情報、(例えば、塗りつぶす(レーザオン)、塗りつぶさない(レーザオフ)とうい情報)を送ることで、可視イメージを記録することもできる。 [0276] Further, also with respect to the optical disk 25 as shown in FIG. 39, to define the position coordinates, and the coordinate information for the coordinates, (e.g., fill (laser on), unfilled (laser off) Toi Information ) by a letter, it is possible to record a visible image. 可視イメージデータをビットマップデータとすると、光ディスク25の任意の位置に可視イメージを記録することができる。 When the visible image data and the bit map data, can be recorded visible image at an arbitrary position of the optical disk 25. 【0277】例えば、図39に示すように座標(a, [0277] For example, as shown in FIG. 39 coordinates (a,
a)はトラックとトラックの間にあるので塗りつぶさない(レーザオフ)、座標(a,a+1)、座標(a+ a) is not filled because the between tracks (laser off), coordinates (a, a + 1), coordinates (a +
1,a)、座標(a+1,a+1)はトラック中にあるので塗りつぶす(レーザオン)といようになる。 1, a), coordinates (a + 1, a + 1) will fill because in the track (laser ON) trough so. 【0278】また、可視イメージは、1つのトラックとして記録することもできる。 [0278] Further, the visible image can be recorded as one track. データをトラックとして記録する場合は、追記可能な状態でファイナライズされている必要があるため、上述した図27で示したフローチャートにおいて、追記不可にする工程は省略される。 When recording data as tracks, because there needs to be finalized in recordable state, in the flowchart shown in FIG. 27 described above, the step of the unappendable is omitted.
可視イメージをトラックとして扱う場合は、PMAにトラックのスタートアドレス、エンドアドレスを記録する必要がある。 If dealing with a visible image as a track, a start address of the track to the PMA, it is necessary to record the end address. 【0279】さらに、トラックとして記録する場合は、 [0279] In addition, in the case of recording as track,
TDB(PAUSE部分)も記録する必要がある。 TDB (PAUSE part) should also be recorded. このTD This TD
Bの中に、光ディスク25に記録された可視イメージがどのようなデータであるのかということを示す可視イメージデータを記録することもできる。 Some B, and the visible image data which indicates that whether a what data visible image recorded on the optical disk 25 can be recorded. データ記録再生装置1は、このTDBをリードすることにより可視衣メールトラックであることを認識することができる。 Data recording and reproducing apparatus 1 can recognize that it is visible garments mail track by reading the TDB. ホストPCから可視イメージを記録したトラックへのアクセス要求があった場合はエラーを返すようにする。 If an access request to the tracks recorded visible image from the host PC to return an error. 【0280】ホストPCからのリード要求でエラーを出力を回避するためには、レーザのON、OFFで可視イメージを表現するのではなく、記録するデータの内容の違いで可視可能なように可視イメージを記録する。 [0280] To avoid an error in the read request from the host PC, the laser ON, the rather than representing a visible image in OFF, the visible as possible visible image by the difference of the contents of the data to be recorded the record. 例えば、0データを記録した部分と、全て、1データを記録した部分では、物理的な可視状態が異なっている。 For example, a part that records 0 data, all in the recording portion 1 data have different physical visible. この性質を利用して、可視イメージを記録するとオレンジ・ By utilizing this property, Orange When you record a visible image
ブックに則した物理特性、フォーマット特性を満たすことができ、トラックとして扱った場合もデータ記録再生装置1の動作はエラーにはならない。 Physical characteristics conforming to book, can meet a format characteristic, the data recording and reproducing apparatus 1 of the operation when treated as the track is not a failure. 【0281】このように、可視イメージをトラックとして光ディスク25に記録すると、可視イメージを記録した後に、通常のデータトラックを記録することも可能となる。 [0281] Thus, when recorded on the optical disk 25 visible image as a track, after recording a visible image, it is possible to record normal data tracks. 【0282】なお、光ディスク25としてCD−RWを使用した場合は、記録した可視イメージを自由に消去することも可能であり、消去した領域にはあらたな可視イメージ又は通常のデータを記録することができる。 [0282] Note that when using the CD-RW as a disc 25, it is also possible to erase freely the recorded visible image, it can be recorded a new visible image or normal data in the erased area it can. 【0283】さらにまた、、上述の説明では光ディスク25に記録される文字イメージは、光ディスク25の中心から見て文字として認識可能なように記録させているが、本発明はこれに限定されることなく、文字イメージを、例えば、90度回転、180度回転して文字イメージと認識されるよう記録させることもできる。 [0283] Furthermore ,, character image is recorded on the optical disk 25 in the above description, as viewed from the center of the optical disc 25 by being recorded so as to be recognized as a character, the present invention is not limited thereto without the character image, for example, it can also be recorded to be recognized as a character image is rotated by 90 degree rotation, 180 degrees. 【0284】また、上記説明においては、視覚イメージデータをm×mの行列として取り扱ったが、これは視覚イメージデータの縦横比に応じてm×nの行列としてもよいものとする。 [0284] In the above description, although the visual image data handled as a matrix of m × m, which is also intended may as a matrix of m × n in accordance with the aspect ratio of the visual image data. 【0285】また、図35に示した視覚イメージデータを記録する場合において、例えば、データが存在する「1」とした箇所でレーザ照射をONにし、データが存在しない「0」とした箇所ではレーザ照射をOFFにすると説明したが、逆にデータが存在する「1」とした箇所でレーザ照射をOFFにし、データが存在しない「0」とした箇所ではレーザ照射をONにしてもよい。 [0285] In the case of recording the visual image data shown in FIG. 35, for example, the laser at a location to ON laser irradiation at a place where it has a "1" data is present, and the data does not exist "0" It has been described as to OFF irradiation to OFF laser irradiation at a place where it has a "1" to reverse the data is present, may be oN a laser irradiation at a point where the data is not present "0". 【0286】また、視覚イメージデータを記録する際、 [0286] In addition, when recording the visual image data,
特に文字などを記録する場合においては、記録した文字の先頭を容易に見つけやすくするために、例えば、FG Particularly in the case of recording characters or the like, in order to facilitate easy find the beginning of the recorded characters, for example, FG
パルスで円周をZ分割したうちのある特定区間を全て「1」としてレーザ照射をONにしたり、又はその逆にある特定区間を「0」としてレーザ照射をOFFとする区間を設けることで、Syncを作っても良いものとする。 Or ON the laser irradiation circumference with a pulse as any specific segment certain of that Z divided "1", or by a specific interval on the reverse providing the interval to turn OFF the laser irradiation as "0", and those may be made to Sync. 【0287】 【発明の効果】以上詳細に説明したように、本発明にかかる光記録媒体は、目視可能な視覚イメージを複数の記録マークにより形成されるので、光記録媒体に傷がついたり、ごみが付着したり、また擦れても視覚イメージが消えないため、いつでも光記録媒体の識別ができ、また、目視可能な視覚イメージを形成しても、ディスクの偏重心が発生しないため、記録されているデータを高速で再生及び記録することができ、また、光記録媒体がデータの記録及び消去が可能な場合、何度でも目視可能な視覚イメージを形成及び消去することができ、また、目視可能な視覚イメージをデータ未記録領域に形成するため、現行のフォーマットと互換性等において問題が生じることがない。 [0287] As described [Effect Invention above in detail, an optical recording medium according to the present invention, since the visible visual image is formed by a plurality of recording marks, or scratched optical recording medium, since dust or adhere, also visual image does not disappear even if rubbed, any time identification can be an optical recording medium, also be formed visible visual image, since the mass eccentricity of the disk does not occur, it is recorded the by which data can be reproduced and recorded at a high speed, and if the optical recording medium is capable of recording and erasing data, it is possible to form and erase many times visible visual images, also visually to form a visual image can be a data unrecorded area, causing no problem in the current format compatible like. 【0288】また、本発明に係る光記録媒体は、追記可能でファイナライズされている光記録媒体に、新たなトラックを形成し追記不可でファイナライズすることで目視可能な視覚イメージを記録することができる。 [0288] Further, the optical recording medium according to the present invention, the optical recording medium is finalized appendable can record visible visual image by finalization unappendable form a new track . 【0289】また、形成したトラックに上記目視可能な視覚イメージを特定するデータを記録することで当該光記録媒体上にどんな目視可能な視覚イメージがどの記録領域に記録されているのか、又は、記録されていないのかといった情報をユーザに提供することを可能とする。 [0289] Further, by recording the data for specifying the visible visual image to form tracks what kind visible visual image on the optical recording medium is recorded in any recording region or recording It makes it possible to provide information such as whether not the user. 【0290】さらに、また本発明に係る光記録媒体は、 [0290] Further, also the optical recording medium according to the present invention,
当該光記録媒体に目視可能な視覚イメージをトラックとして記録させることができ、現行フォーマットを僅かに拡張することで、当該光記録媒体の使用を可能とする。 The visible visual images on the optical recording medium can be recorded as a track, by slightly extending the current format enables the use of the optical recording medium. 【0291】以上詳細に説明したように、本発明に係る記録装置は、目視可能な視覚イメージを複数の記録マークにより光記録媒体に形成するので、光記録媒体に傷がついたり、ごみが付着したり、また擦れても視覚イメージが消えないため、いつでも光記録媒体の識別ができ、 [0291] As described above in detail, a recording apparatus according to the present invention, because it forms a visible visual image into a plurality of recording marks by the optical recording medium, or is scratched optical recording medium, adhesion dust for or, also a visual image does not disappear even if rubbing, at any time can identify the optical recording medium,
また、目視可能な視覚イメージを形成しても、ディスクの偏重心が発生しないため、記録されているデータを高速で再生及び記録することができ、また、光記録媒体がデータの記録及び消去が可能な場合、何度でも目視可能な視覚イメージを形成及び消去することができ、また、 Further, even when forming a visible visual image, since the mass eccentricity of the disk does not occur, it is possible to reproduce and record data recorded at high speed, also the optical recording medium recording and erasing data If possible, it is possible to form and erase many times visible visual image, also,
目視可能な視覚イメージをデータ未記録領域に形成するため、現行のフォーマットと互換性等において問題が生じることがない。 To form the visible visual image in the data unrecorded area, causing no problem in the current format compatible like. 【0292】また、本発明に係る記録装置は、追記可能でファイナライズされている光記録媒体に、新たなトラックを形成し追記不可でファイナライズすることで目視可能な視覚イメージを記録することができる。 [0292] The recording apparatus according to the present invention, the optical recording medium is finalized appendable can record visible visual image by finalization unappendable form a new track. 【0293】また、形成したトラックに上記目視可能な視覚イメージを特定するデータを記録することで光記録媒体上にどんな目視可能な視覚イメージがどの記録領域に記録されているのか、又は、記録されていないのかといった情報をユーザに提供することを可能とする。 [0293] Also, what has been recorded in any recording area What visible visual images on the optical recording medium by the forming track for recording data for specifying the visible visual image or recorded It makes it possible to provide information such as whether not the user. 【0294】さらに、また本発明に係る記録装置は、光記録媒体に目視可能な視覚イメージをトラックとして記録させることができ、現行フォーマットを僅かに拡張することで、上記光記録媒体を使用することができる。 [0294] Furthermore, also a recording apparatus according to the present invention, a visible visual image to an optical recording medium can be recorded as a track, by slightly extending the current format, the use of the optical recording medium can. 【0295】また、本発明に係る記録方法は、光記録媒体に目視可能な視覚イメージを複数の記録マークにより形成するので、光記録媒体に傷がついたり、ごみが付着したり、また擦れても視覚イメージが消えないため、いつでも光記録媒体の識別ができ、また、目視可能な視覚イメージを形成しても、ディスクの偏重心が発生しないため、記録されているデータを高速で再生及び記録することができ、また、光記録媒体がデータの記録及び消去が可能な場合、何度でも目視可能な視覚イメージを形成及び消去することができ、また、目視可能な視覚イメージをデータ未記録領域に形成するため、現行のフォーマットと互換性等において問題が生じることがない。 [0295] The recording method according to the present invention, since the formation of a plurality of recording marks visible visual image to an optical recording medium, or is scratched optical recording medium, or adhered dust and rub with since the visual image does not disappear at any time can identify the optical recording medium, also be formed visible visual image, playback and recording for the mass eccentricity of the disk is not generated, the data recorded at a high speed it can be, also, when the optical recording medium is capable of recording and erasing data, it is possible to form and erase many times visible visual images, also visible visual image data unrecorded area to form the, causing no problem in the current format compatible like.

【図面の簡単な説明】 【図1】本発明を適用したデータ記録再生装置のブロック図である。 Is a block diagram of the the drawings: applying the invention; FIG data recording and reproducing apparatus. 【図2】本発明を適用した光記録媒体のファイル構造を示す模式図である。 2 is a schematic diagram showing the file structure of an optical recording medium according to the present invention. 【図3】画像データをビットマップデータに変換した図である。 3 is a diagram obtained by converting the image data into bitmap data. 【図4】画像データをビットマップデータに変換したデータを視覚イメージに変換した図である。 4 is a diagram obtained by converting the data obtained by converting the image data into bitmap data to a visual image. 【図5】テキストデータをビットマップデータに変換した図である。 FIG. 5 is a diagram obtained by converting the text data in the bit map data. 【図6】テキストデータをビットマップデータに変換したデータを視覚イメージに変換した図である。 FIG. 6 is a diagram obtained by converting the data obtained by converting the text data in the bit map data to the visual image. 【図7】画像データをビットマップデータに変換したデータを複数の種類の変換データにより視覚イメージに変換した図である。 7 is a diagram obtained by converting the image data by converting data of a plurality of types of converted data into bit map data to a visual image. 【図8】視覚イメージをSyncマークを付加したデータ列に変換し、結合したデータ列を示す図である。 [8] to convert the visual image into data string obtained by adding the Sync mark, which is a diagram illustrating a combined data string. 【図9】Syncマークが付加された結合データを出力データ列に変換した図である。 9 is a diagram obtained by converting the binding data Sync mark is added to the output data sequence. 【図10】本発明を適用したデータ記録再生装置のシステム制御部のブロック図である。 Figure 10 is a block diagram of a system controller of the applied data recording and reproducing apparatus of the present invention. 【図11】本発明を適用したデータ記録再生装置により光記録媒体に視覚イメージを記録する動作の一例を示すフローチャートである。 [11] the optical recording medium by applying the data recording and reproducing apparatus of the present invention is a flow chart showing an example of the operation of recording the visual image. 【図12】光記録媒体の記録領域の状態を示した模式図である。 12 is a schematic view showing a state of the recording area of ​​the optical recording medium. 【図13】記録イメージを示した模式図である。 13 is a schematic view showing a print image. 【図14】本発明を適用したデータ記録再生装置により光ディスクに視覚イメージを記録する動作の一例を示すフローチャートである。 Is a flow chart showing an example of the operation of recording the visual image on the optical disk by applying the data recording and reproducing apparatus 14 of the present invention. 【図15】本発明を適用したデータ記録再生装置により光ディスクに視覚イメージを記録する動作の一例を示すフローチャートである。 Is a flow chart showing an example of the operation of recording the visual image on the optical disc by [15] Data recording and reproducing apparatus according to the present invention. 【図16】本発明を適用した再生専用の光記録媒体の構造を示す図である。 16 is a diagram showing a structure of an optical recording medium of reproduction-only according to the present invention. 【図17】本発明を適用した追記録可能な光記録媒体の構造を示す図である。 17 is a diagram showing the structure of additionally recordable optical recording medium according to the present invention. 【図18】本発明を適用した記録及び消去可能な光記録媒体の構造を示す図である。 18 is a diagram showing a structure of a recording and erasable optical recording medium embodying the present invention. 【図19】本発明を適用した光記録媒体の記録領域をデータ記録領域と視覚イメージ記録領域とに分割した図である。 19 is a diagram of the recording area of ​​the optical recording medium according to the present invention is divided into a data recording area and visual image recording region. 【図20】本発明を適用した光記録媒体を示した図である。 20 is a diagram showing an optical recording medium according to the present invention. 【図21】本発明を適用した光記録媒体を示した図である。 21 is a diagram showing an optical recording medium according to the present invention. 【図22】本発明を適用したデータ記録再生装置により視覚イメージを光記録媒体に記録する際の歪み補正についての図である。 It is a diagram of distortion correction for recording a visual image on an optical recording medium by applying the data recording and reproducing apparatus [22] present invention. 【図23】本発明を適用したデータ記録再生装置において、光ディスクに可視イメージを記録する際の動作について説明する第1のフローチャートである。 In the data recording and reproducing apparatus according to the FIG. 23 the present invention is a first flowchart for explaining the operation for recording the visible image on the optical disk. 【図24】本発明を適用したデータ記録再生装置において、光ディスクに可視イメージを記録する際の動作について説明する第2のフローチャートである。 In the application data recording and reproducing apparatus [24] The present invention is a second flowchart for explaining the operation for recording the visible image on the optical disk. 【図25】本発明を適用したデータ記録再生装置において、光ディスクに可視イメージを記録する際の動作について説明する第3のフローチャートである。 In the application data recording and reproducing apparatus [25] The present invention is a third flowchart illustrating the operation for recording the visible image on the optical disk. 【図26】本発明を適用したデータ記録再生装置において、光ディスクに可視イメージを記録する際の動作について説明する第4のフローチャートである。 In the application data recording and reproducing apparatus [26] The present invention is a fourth flowchart of explaining the operation for recording a visible image on the optical disk. 【図27】本発明を適用したデータ記録再生装置において、光ディスクに可視イメージを記録する際の動作について説明する第5のフローチャートである。 In the application data recording and reproducing apparatus [27] The present invention is a fifth flowchart of explaining the operation for recording a visible image on the optical disk. 【図28】本発明を適用したデータ記録再生装置において、光ディスクに可視イメージを記録する際の動作について説明する第6のフローチャートである。 In the application data recording and reproducing apparatus [28] The present invention is a sixth flowchart of explaining the operation for recording the visible image on the optical disk. 【図29】本発明を適用した光ディスクにおいて、専用の可視イメージ記録領域を備える光ディスクについて説明するための図である。 In the applied optical disk [29] The present invention is a diagram for explaining an optical disc having a visible image recording area only. 【図30】本発明を適用した光ディスクにおいて、図2 In the applied optical disk Figure 30 present invention, FIG. 2
9で示した専用の可視イメージ記録領域を備える光ディスクを収納するケースについて説明するための図である。 It is a diagram for explaining a case for accommodating an optical disc having a visible image recording of the special indicated by 9. 【図31】本発明を適用した光ディスクのPMA(Prog [Figure 31] of the optical disk according to the present invention PMA (Prog
ram Memory Area)領域について説明するための図である。 It is a diagram for explaining ram Memory Area) area. 【図32】本発明を適用したデータ記録再生装置において、FGパルスを用いて光ディスクがZ分割されている様子を示した図である。 [Figure 32] In the data recording and reproducing apparatus according to the present invention. FIG optical disc showing a state that is Z resolved using FG pulses. 【図33】本発明を適用したデータ記録再生装置において、FGパルスを用いて光ディスク上に座標空間を形成した様子を説明するための第1の図である。 In the data recording and reproducing apparatus according to the FIG. 33 the present invention is a first diagram for explaining a state of forming the coordinate space on an optical disc by using a FG pulse. 【図34】本発明を適用したデータ記録再生装置において、FGパルスを用いて光ディスク上に座標空間を形成した様子を説明するための第2の図である。 In the data recording and reproducing apparatus according to the FIG. 34 the present invention is a second diagram for explaining a state of forming the coordinate space on an optical disc by using a FG pulse. 【図35】本発明を適用したデータ記録再生装置において、7×7行列の視覚イメージデータについて説明する図である。 In the data recording and reproducing apparatus according to the FIG. 35 the present invention, is a diagram illustrating a visual image data of 7 × 7 matrix. 【図36】本発明を適用したデータ記録再生装置において、光ディスクに視覚イメージデータを記録する際に用いる座標空間の一例を示した図である。 [36] In the data recording and reproducing apparatus according to the present invention and shows an example of a coordinate space used when recording the visual image data to the optical disk. 【図37】本発明を適用したデータ記録再生装置において、光ディスクに記録した際に外周側に記録されるデータを補正した視覚イメージデータについて説明するための図である。 In the data recording and reproducing apparatus according to the FIG. 37 the present invention, is a diagram for explaining a visual image data Data were corrected to be recorded on the outer peripheral side when recorded on the optical disk. 【図38】本発明を適用したデータ記録再生装置において、光ディスクに視覚イメージデータを記録する際に用いる座標空間の一例を示した図である。 [38] In the data recording and reproducing apparatus according to the present invention and shows an example of a coordinate space used when recording the visual image data to the optical disk. 【図39】本発明を適用したデータ記録再生装置において、光ディスクに視覚イメージデータを記録する際に用いる座標空間の一例を示した図である。 In the data recording and reproducing apparatus according to the FIG. 39 the present invention and shows an example of a coordinate space used when recording the visual image data to the optical disk. 【符号の説明】 1 データ記録再生装置、10 OP部、11 RF [EXPLANATION OF SYMBOLS] 1 data recording and reproducing apparatus, 10 OP unit, 11 RF
IC、12 システム制御部、13 スピンドルドライバ、14 スレッドドライバ、15 フォーカスドライバ、16 トラッキングドライバ、17 スピンドルモータ、18 スレッドモータ、19 CPU、20 フラッシュROM、21 RAM、22インターフェース、23 外部機器、24 視覚イメージ生成部、25 IC, 12 system controller, 13 spindle driver, 14 sled driver, 15 a focus driver, 16 tracking driver 17 a spindle motor, 18 a thread motor, 19 CPU, 20 a flash ROM, 21 RAM, 22 interface, 23 an external device, 24 visual image generation unit, 25
光ディスク、100 回転周期検出部、101 分周比設定部、102 Sync Timing生成部、1 Optical disc, 100 rotation period detector, 101 division ratio setting unit, 102 Sync Timing generator, 1
03 同期回路部、104 変調方式切換え部、105 03 synchronizing circuit, 104 a modulation scheme switching unit, 105
CIRCエンコード/デコード On・Off制御部、 CIRC encode / decode On · Off control unit,
106 エンコーダ−パターン発生部、107 セレクタ部、108 ライトストラテジ部、109 ライト/ 106 Encoder - pattern generation unit, 107 a selector unit, 108 write strategy unit, 109 light /
リードLD Lead LD

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 盛一 宗利 東京都品川区北品川6丁目7番35号 ソニ ー株式会社内Fターム(参考) 5D029 JA01 JA04 JB09 JB10 JB13 JB14 JB47 PA01 5D090 AA01 AA03 BB03 BB05 CC01 CC16 FF24 GG36 HH08 LL01 ────────────────────────────────────────────────── ─── front page of the continuation (72) inventor Moriichi Munetoshi Shinagawa-ku, Tokyo Kita 6-chome No. 7 No. 35 Sony over Co., Ltd. in the F-term (reference) 5D029 JA01 JA04 JB09 JB10 JB13 JB14 JB47 PA01 5D090 AA01 AA03 BB03 BB05 CC01 CC16 FF24 GG36 HH08 LL01

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 【請求項1】 レーザ光の照射により記録マークが形成される記録層が基板上に積層されており、 上記記録層の任意の場所又は所定の場所に、複数の記録マークにより目視可能な大きさの視覚イメージが形成されていることを特徴とする光記録媒体。 [Claims 1] A recording layer of the recording mark by irradiation of the laser beam is formed is laminated on the substrate, at any location or predetermined location of the recording layer, a plurality of recording marks optical recording medium, wherein a visual image of visible size are formed by. 【請求項2】 上記記録層は、相変化無機材料であることを特徴とする請求項1記載の光記録媒体。 Wherein said recording layer, an optical recording medium according to claim 1, characterized in that the phase change inorganic material. 【請求項3】 上記記録層は、有機色素であることを特徴とする請求項1記載の光記録媒体。 Wherein said recording layer, an optical recording medium according to claim 1, wherein the organic dye. 【請求項4】 上記記録層は、上記基板の上方向又は下方向の一方向のみに一層以上積層されていることを特徴とする請求項1記載の光記録媒体。 Wherein said recording layer, an optical recording medium according to claim 1, wherein the only are laminated one or more layers in one direction upward or downward of the substrate. 【請求項5】 上記記録層は、上記基板の上方向及び下方向の両方向に一層以上積層されていることを特徴とする請求項1記載の光記録媒体。 Wherein said recording layer, an optical recording medium according to claim 1, characterized in that it is laminated one or more layers in both the upward and downward direction of the substrate. 【請求項6】 上記レーザ光の強度に応じた記録マークにより、上記視覚イメージが形成されていることを特徴とする請求項1記載の光記録媒体。 6. By recording marks corresponding to the intensity of the laser beam, an optical recording medium according to claim 1, wherein said visual images are formed. 【請求項7】 上記レーザ光の照射により記録マークを形成する際、所定の記録変調パターンを用いることを特徴とする請求項1記載の光記録媒体。 7. When forming the recording mark by irradiation of the laser light, an optical recording medium according to claim 1, characterized by using a predetermined recording modulation pattern. 【請求項8】 上記目視可能な視覚イメージが形成されている領域より内周及び/又は外周のアドレスに、上記目視可能な視覚イメージを特定するデータが記録されていることを特徴とする請求項1記載の光記録媒体。 8. A inner and / or outer circumference of the address from the area where the visible visual image is formed, the claims data identifying the visible visual image, characterized in that it is recorded 1, wherein the optical recording medium. 【請求項9】 上記目視可能な視覚イメージを形成する記録マークが上記レーザ光を照射又は非照射することによって形成されていることを特徴とする請求項1記載の光記録媒体。 9. The optical recording medium according to claim 1, wherein the recording marks forming the visible visual image, characterized in that it is formed by irradiation or non-irradiation of the laser beam. 【請求項10】 上記目視可能な視覚イメージが当該光記録媒体の所定の場所にトラックとして形成され、 上記トラックに形成されるPause領域に上記目視可能な視覚イメージを特定するデータが記録されていることを特徴とする請求項1記載の光記録媒体。 10. The visible visual image is formed as a track in place of the optical recording medium, data identifying the visible visual image Pause region formed in the tracks are recorded the optical recording medium of claim 1, wherein a. 【請求項11】 上記目視可能な視覚イメージを形成する記録マークが上記レーザ光によって所定の記録変調パターンを用いて形成されていることを特徴とする請求項10記載の光記録媒体。 11. The optical recording medium according to claim 10, wherein a recording mark forming the visible visual image is formed by using a predetermined recording modulation pattern by the laser beam. 【請求項12】 上記記録層は、少なくともデータ記録用の領域と目視可能な視覚イメージ記録用の領域とが形成されていることを特徴とする請求項1記載の光記録媒体。 12. The recording layer, the optical recording medium of claim 1, wherein the the region and visible visual image recording region for at least the data recording is formed. 【請求項13】 上記記録層に形成される上記データ記録用の領域と、目視可能な視覚イメージ記録用の領域との間に、当該光記録媒体の絶対時間情報であるATIP 13. A region for the data recording which is formed on the recording layer, between the visible visual image recording region, which is the absolute time information of the optical recording medium ATIP
    (Absolute Time In Pre-groove)が記録されていない領域を備えることを特徴とする請求項12記載の光記録媒体。 (Absolute Time In Pre-groove) is an optical recording medium according to claim 12, further comprising a region not recorded. 【請求項14】 上記記録層に形成される上記データ記録用の領域と、目視可能な視覚イメージ記録用の領域との間に、当該光記録媒体の絶対時間情報であるLPP 14. A region for the data recording which is formed on the recording layer, between the visible visual image recording region, which is the absolute time information of the optical recording medium LPP
    (Land Pre-Pit)が記録されていない領域を備えることを特徴とする請求項12記載の光記録媒体。 (Land Pre-Pit) is an optical recording medium according to claim 12, further comprising a region not recorded. 【請求項15】 上記記録層に形成される上記データ記録用の領域と、目視可能な視覚イメージ記録用の領域との間に、当該光記録媒体の絶対時間情報であるADIP 15. A region for the data recording which is formed on the recording layer, between the visible visual image recording region, which is the absolute time information of the optical recording medium ADIP
    (Address In Pre-groove)が記録されていない領域を備えることを特徴とする請求項12記載の光記録媒体。 (Address In Pre-groove) is an optical recording medium according to claim 12, further comprising a region not recorded. 【請求項16】 当該光記録媒体は、上記記録層に上記視覚イメージ記録用の領域を備えている場合、上記視覚イメージ記録用の領域を外から確認できるように透明材質で形成されたケースに収納されることを特徴とする請求項12記載の光記録媒体。 16. The optical recording medium, if an area for the visual image recorded on the recording layer, an area of ​​the visual image recording in a case formed of a transparent material so that it can be confirmed from the outside the optical recording medium according to claim 12, characterized in that it is housed. 【請求項17】 上記目視可能な視覚イメージ記録用の領域には、文字データ及び当該光記録媒体の管理用データが記録されていることを特徴とする請求項12記載の記録媒体。 17. The region of the visible visual image recording, the recording medium according to claim 12, wherein the management data of the character data and the optical recording medium is recorded. 【請求項18】 上記管理用データは、バーコード化されて記録されていることを特徴とする請求項17記載の光記録媒体。 18. Data for the management, optical recording medium according to claim 17, characterized in that it is recorded in a bar-coded. 【請求項19】 上記データ記録用の領域と上記目視可能な視覚イメージ記録用の領域とは、それぞれ異なる強度のレーザ光の照射により、記録マークを形成することを特徴とする請求項12記載の光記録媒体。 And 19. The data recording area and the visible visual image recording region, by the irradiation of laser light having different intensities, according to claim 12, wherein the forming a recording mark optical recording medium. 【請求項20】 上記レーザ光の強度に応じた記録マークにより、上記視覚イメージが形成されていることを特徴とする請求項12記載の光記録媒体。 20. The recording marks corresponding to the intensity of the laser beam, an optical recording medium according to claim 12, wherein the said visual image is formed. 【請求項21】 上記レーザ光の照射により記録マークを形成する際、所定の記録変調パターンを用いることを特徴とする請求項12記載の光記録媒体。 21. When forming the recording mark by irradiation of the laser light, an optical recording medium according to claim 12, wherein using a predetermined recording modulation pattern. 【請求項22】 レーザ光に反応する感熱層が基板上に積層されており、上記感熱層は、レーザ光の照射により目視可能な反応を示すことを特徴とする光記録媒体。 22.] A heat-sensitive layer that reacts to the laser light is laminated on a substrate, the thermosensitive layer, an optical recording medium characterized to exhibit visible reaction by irradiation of laser beam. 【請求項23】 上記感熱層は上記基板上に複数層積層されていることを特徴とする請求項22記載の光記録媒体。 23. The optical recording medium according to claim 22, wherein said thermosensitive layer, characterized in that it is a plurality of layers stacked on the substrate. 【請求項24】 上記基板上にレーザ光の照射により記録マークが形成される記録層が積層されていることを特徴とする請求項22記載の光記録媒体。 24. The optical recording medium according to claim 22, wherein the recording layer a recording mark by irradiation of the laser beam on the substrate are formed are stacked. 【請求項25】 上記感熱層は、第1の波長を有するレーザ光に反応し、上記記録層は、上記第1の波長とは異なる第2の波長を有するレーザ光の照射により記録マークが形成されることを特徴とする請求項24記載の光記録媒体。 25. The heat-sensitive layer is responsive to the laser beam having the first wavelength, the recording layer, recording marks formed by irradiating laser beam having a second wavelength different from the first wavelength the optical recording medium according to claim 24, wherein the being. 【請求項26】 上記記録層は、相変化無機材料であることを特徴とする請求項24記載の光記録媒体。 26. The recording layer is an optical recording medium according to claim 24, wherein it is a phase change inorganic material. 【請求項27】 上記記録層は、有機色素であることを特徴とする請求項24記載の光記録媒体。 27. The recording layer is an optical recording medium according to claim 24, wherein the organic dye. 【請求項28】 上記記録層は、上記基板の上方向又は下方向の一方向のみに一層以上積層されていることを特徴とする請求項24記載の光記録媒体。 28. The recording layer is an optical recording medium according to claim 24, wherein the only are laminated one or more layers in one direction upward or downward of the substrate. 【請求項29】 上記記録層は、上記基板の上方向及び下方向の両方向に一層以上積層されていることを特徴とする請求項24記載の光記録媒体。 29. The recording layer is an optical recording medium according to claim 24, wherein the are laminated one or more layers in both the upward and downward direction of the substrate. 【請求項30】 レーザ光の照射により記録マークが形成される記録層が基板上に積層されており、 上記記録層には、少なくともデータ記録用の領域と目視可能な視覚イメージ記録用の領域とが形成されていることを特徴とする光記録媒体。 30. A recording layer of the recording mark by irradiation of the laser beam is formed is laminated on a substrate, the above-mentioned recording layer, and at least the data recording area and visible visual image recording region optical recording medium, characterized in that There are formed. 【請求項31】 上記記録層は、相変化無機材料であることを特徴とする請求項30記載の光記録媒体。 31. The recording layer, the optical recording medium of claim 30, which is a phase change inorganic material. 【請求項32】 上記記録層は、有機色素であることを特徴とする請求項30記載の光記録媒体。 32. The recording layer is an optical recording medium according to claim 30, wherein the organic dye. 【請求項33】 上記記録層は、上記基板の上方向又は下方向の一方向のみに一層以上積層されていることを特徴とする請求項30記載の光記録媒体。 33. The recording layer is an optical recording medium according to claim 30, wherein the only are laminated one or more layers in one direction upward or downward of the substrate. 【請求項34】 上記記録層は、上記基板の上方向及び下方向の両方向に一層以上積層されていることを特徴とする請求項30記載の光記録媒体。 34. The recording layer is an optical recording medium according to claim 30, wherein the are laminated one or more layers in both the upward and downward direction of the substrate. 【請求項35】 上記レーザ光の強度に応じた記録マークにより、上記視覚イメージが形成されることを特徴とする請求項30記載の光記録媒体。 35. The recording marks corresponding to the intensity of the laser beam, the optical recording medium of claim 30, characterized in that said visual image is formed. 【請求項36】 上記データ記録用の領域と上記目視可能な視覚イメージ記録用の領域とは、同じ変調パターンのレーザ光の照射により記録マークが形成されることを特徴とする請求項30記載の光記録媒体。 And 36. The data recording area and the visible visual image recording region, according to claim 30, wherein the recording mark by irradiation of laser light having the same modulation pattern is formed optical recording medium. 【請求項37】 上記データ記録用の領域と上記目視可能な視覚イメージ記録用の領域とは、異なる変調パターンのレーザ光の照射により記録マークが形成されることを特徴とする請求項30記載の光記録媒体。 The method according to claim 37 wherein said data recording area and the visible visual image recording region, according to claim 30, wherein the recording marks are formed by irradiation of laser beams having different modulation patterns optical recording medium. 【請求項38】 光記録媒体にレーザ光を照射するレーザ光照射手段と、 任意のデータを視覚イメージデータに変換する視覚イメージデータ変換手段とを備え、 上記視覚イメージデータ変換手段により変換した視覚イメージデータを上記レーザ光照射手段に供給し、上記レーザ光照射手段により上記光記録媒体の任意の場所又は所定の場所に目視可能な大きさの視覚イメージを複数の記録マークで形成することを特徴とする記録装置。 38. a laser beam irradiating means for irradiating a laser beam onto an optical recording medium, and a visual image data converting means for converting arbitrary data to the visual image data, visual images converted by the visual image data conversion means the data is supplied to the laser beam irradiation means, and characterized by forming a plurality of recording marks visual images visible size of anywhere or predetermined location of the optical recording medium by the laser beam irradiation means recording apparatus for. 【請求項39】 上記光記録媒体は、光ディスク状記録媒体であり、上記レーザ光照射手段により上記光ディスク状記録媒体に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージを形成することを特徴とする請求項38記載の記録装置。 39. The optical recording medium is an optical disc-shaped recording medium, claims, characterized in that to form a visible visual image by a plurality of recording marks on the optical disc-shaped recording medium by said laser beam irradiation means 38 recording apparatus according. 【請求項40】 上記光記録媒体は、光カード状記録媒体であり、上記上記レーザ光照射手段により上記光カード状記録媒体に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージを形成することを特徴とする請求項38記載の記録装置。 40. The optical recording medium is an optical card-like recording medium, and characterized by forming the visible visual image by a plurality of recording marks on the optical card-like recording medium by the above laser light irradiation means recording apparatus according to claim 38 wherein the. 【請求項41】 上記光記録媒体は、相変化無機材料である記録層が積層されており、上記レーザ光照射手段により上記記録層に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージを形成することを特徴とする請求項38記載の記録装置。 41. The optical recording medium is the recording layer is laminated is a phase change inorganic materials, to form a visible visual image by a plurality of recording marks on the recording layer by the laser beam irradiation means recording apparatus according to claim 38, wherein. 【請求項42】 上記光記録媒体は、有機色素である記録層が積層されており、上記レーザ光照射手段により上記記録層に複数の記録マークにより目視可能な視覚イメージを形成することを特徴とする請求項38記載の記録装置。 42. The optical recording medium is an organic dye and the recording layer are laminated, and characterized by forming the visible visual image by a plurality of recording marks on the recording layer by the laser beam irradiation means recording apparatus according to claim 38 wherein the. 【請求項43】 上記データは、文字データ、絵柄データ、写真データ又は/及び図データであり、上記視覚イメージデータ変換手段で視覚イメージに変換されることを特徴とする請求項38記載の記録装置。 43. The data is a character data, picture data, picture data and / or Figure, the recording apparatus according to claim 38, characterized in that it is converted into a visual image by the visual image data conversion means . 【請求項44】 上記データは、上記光記録媒体に記録されているデータに対応したコンテンツ情報であり、上記視覚イメージデータ変換手段で視覚イメージに変換されることを特徴とする請求項38記載の記録装置。 44. The data is content information corresponding to the data recorded on the optical recording medium of claim 38, wherein the is converted into a visual image by the visual image data conversion means recording device. 【請求項45】 上記光記録媒体を回転させるモータの動作に従って所定のパルス信号を発生するパルス信号発生手段を備え、 上記パルス信号発生手段によって発生されるパルス信号が上記光記録媒体上につくる位置座標に基づいて上記目視可能な視覚イメージを形成するよう上記レーザ光照射手段を制御する制御手段とを備えることを特徴とする請求項38記載の記録装置。 45. A comprises a pulse signal generating means for generating a predetermined pulse signal in accordance with operation of the motor for rotating the optical recording medium, a position pulse signal generated by said pulse signal generating means made on said optical recording medium on the basis of the coordinates recording apparatus according to claim 38, characterized in that it comprises a control means for controlling the laser beam irradiation means so as to form the visible visual image. 【請求項46】 上記視覚イメージ変換手段は、上記任意のデータをm×m(mは正の整数)行列の視覚イメージデータに変換することを特徴とする請求項45記載の記録装置。 46. ​​The visual image converting means, the arbitrary (in m positive integer) of data m × m recording apparatus according to claim 45, wherein the converting the matrix visual image data. 【請求項47】 上記視イメージ変換手段は、上記任意のデータを上記光記録媒体の記録層の外周方向で記録範囲が広がることを補正した視覚イメージデータに変換することを特徴とする請求項45記載の記録装置。 47. The visual image converting means, claim, characterized in that converting the arbitrary data into visual image data corrected that the recording range is widened in the outer circumferential direction of the recording layer of the optical recording medium 45 the recording apparatus according. 【請求項48】 上記光記録媒体がデータ追記可能でファイナライズされている場合に、所定のトラックを生成するトラック生成手段と、 上記トラック生成手段で生成したトラックをデータ追記不可能としてファイナライズするファイナライズ手段とを備え、 上記レーザ光照射手段は、上記目視可能な視覚イメージを上記ファイナライズ手段でファイナライズされたトラックの後に形成することを特徴とする請求項38記載の記録装置。 When the method according to claim 48 wherein said optical recording medium is finalized can data recordable, a track generating means for generating a predetermined track, finalizing means for finalizing the track generated by the track generation means as additional data writing impossible DOO equipped with, the laser beam irradiation means, a recording apparatus according to claim 38, wherein the forming the visible visual image after the track that has been finalized by the finalizing device. 【請求項49】 上記トラック生成手段で生成されたトラックに、上記ファイナライズされたトラックの後に形成される上記目視可能な視覚イメージを特定するデータを記録することを特徴とする請求項48記載の記録装置。 To 49. The track generated by the track generation means, a recording according to claim 48, wherein the recording data for specifying the visible visual image to be formed after the finalized track apparatus. 【請求項50】 上記目視可能な視覚イメージを形成する記録マークが上記レーザ光照射手段をON又はOFF 50. A ON or OFF the recording marks the laser beam irradiation means for forming the visible visual image
    することで形成されるよう上記レーザ光照射手段を制御する制御手段を備えることを特徴とする請求項38記載の記録装置。 Recording apparatus according to claim 38, characterized in that it comprises a control means for controlling the laser beam irradiation means to be formed by. 【請求項51】 上記レーザ光照射手段によって上記目視可能な視覚イメージが形成された上記記録媒体の領域をトラックとするトラック生成手段とを備え、 上記レーザ光照射手段は、上記トラック生成手段によって生成されたトラックに形成されるPause領域に上記目視可能な視覚イメージを特定するデータを記録することを特徴とする請求項38記載の記録装置。 51. a track generation unit to track the region of the recording medium in which the visible visual image is formed by the laser beam irradiation means, the laser beam irradiation means, produced by the track generation means recording apparatus according to claim 38, wherein the recording data for specifying the visible visual image Pause region formed in the track that is. 【請求項52】 上記目視可能な視覚イメージを形成する記録マークが上記レーザ光照射手段によって所定の記録変調パターンを用いて形成されるよう上記レーザ光照射手段を制御する制御手段を備えることを特徴とする請求項51記載の記録装置。 52. characterized in that it comprises control means recording marks forming the visible visual image to control the laser beam irradiation means to be formed by using a predetermined recording modulation pattern by the laser beam irradiation means recording apparatus according to claim 51, wherein the. 【請求項53】 上記光記録媒体の記録領域に記録されているRF信号を検出する検出手段と、 上記検出手段によって検出されたRF信号によって、上記記録領域に上記目視可能な視覚イメージが記録されていると判定する判定手段とを備えることを特徴とする請求項38記載の記録装置。 Detecting means for detecting an RF signal 53. A recorded in the recording area of ​​the optical recording medium, the RF signal detected by said detecting means, said visible visual image is recorded in the recording area in which the determining means and the recording apparatus according to claim 38, characterized in that it comprises a. 【請求項54】 任意のデータから視覚イメージデータを生成し、 上記視覚イメージデータに応じたレーザ光を光記録媒体の任意の場所又は所定の場所に照射し、目視可能な大きさの視覚イメージを複数の記録マークで形成することを特徴とする記録方法。 54. generates visual image data from any data, by irradiating a laser beam corresponding to the visual image data to any location or place of the optical recording medium, a visual image of the visible size recording method characterized by forming a plurality of recording marks.
JP2002069046A 2001-05-31 2002-03-13 Optical recording medium, recorder and recording method Withdrawn JP2003051118A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2001-165913 2001-05-31
JP2001165913 2001-05-31
JP2002069046A JP2003051118A (en) 2001-05-31 2002-03-13 Optical recording medium, recorder and recording method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2002069046A JP2003051118A (en) 2001-05-31 2002-03-13 Optical recording medium, recorder and recording method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2003051118A true true JP2003051118A (en) 2003-02-21

Family

ID=26616165

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002069046A Withdrawn JP2003051118A (en) 2001-05-31 2002-03-13 Optical recording medium, recorder and recording method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2003051118A (en)

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006520064A (en) * 2003-03-08 2006-08-31 サムスン エレクトロニクス カンパニー リミテッド Write-once recording medium that can store data recording state, a write-once storage method data recording state of the recording medium, a recording medium having computer readable code is recorded for executing the method, and the data recording and / or reproducing apparatus
JP2008041232A (en) * 2006-08-02 2008-02-21 Taiyo Yuden Co Ltd Optical information recording medium and its display method
JP2008525930A (en) * 2004-12-22 2008-07-17 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ Label write pulse laser mode
JP2008171493A (en) * 2007-01-10 2008-07-24 Hitachi Ltd Information reproducing device, optical disk, and reproducing method of optical disk
EP1376567A3 (en) * 2002-06-28 2008-09-03 Yamaha Corporation Method of forming visual image on optical disk by laser beam
US7423950B2 (en) 2003-05-30 2008-09-09 Yamaha Corporation Apparatus for forming an image on an optical disk
WO2008107981A1 (en) * 2007-03-07 2008-09-12 Pioneer Corporation Optical disc and optical disc device
JP2008276856A (en) * 2007-04-27 2008-11-13 Yamaha Corp Optical disk recorder, method and program for controlling optical disk recorder
JP2009512104A (en) * 2005-09-21 2009-03-19 ダグ カーソン アンド アソシエーツ,インク. Storage medium and an image and data tracks separately
JP2009158096A (en) * 2009-04-16 2009-07-16 Funai Electric Co Ltd Optical disk
US7623146B2 (en) 2006-04-13 2009-11-24 Yamaha Corporation Optical disc image drawing method, optical disc image drawing program, and optical disc image drawing system
US8045839B2 (en) 2002-06-28 2011-10-25 Yamaha Corporation Method of controlling the operation of an optical disc recording apparatus, and recording medium on which the control program is recorded

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1376567A3 (en) * 2002-06-28 2008-09-03 Yamaha Corporation Method of forming visual image on optical disk by laser beam
US8111601B2 (en) 2002-06-28 2012-02-07 Yamaha Corporation Method of forming visual image on optical disk by laser beam
US8045839B2 (en) 2002-06-28 2011-10-25 Yamaha Corporation Method of controlling the operation of an optical disc recording apparatus, and recording medium on which the control program is recorded
US8724972B2 (en) 2002-06-28 2014-05-13 Yamaha Corporation Method of controlling the operation of an optical disc recording apparatus, and recording medium on which the control program is recorded
JP2006520064A (en) * 2003-03-08 2006-08-31 サムスン エレクトロニクス カンパニー リミテッド Write-once recording medium that can store data recording state, a write-once storage method data recording state of the recording medium, a recording medium having computer readable code is recorded for executing the method, and the data recording and / or reproducing apparatus
US7423950B2 (en) 2003-05-30 2008-09-09 Yamaha Corporation Apparatus for forming an image on an optical disk
JP2008525930A (en) * 2004-12-22 2008-07-17 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ Label write pulse laser mode
US8089852B2 (en) 2005-09-21 2012-01-03 Doug Carson & Associates, Inc. Storage medium with separate image and data tracks
JP2009512104A (en) * 2005-09-21 2009-03-19 ダグ カーソン アンド アソシエーツ,インク. Storage medium and an image and data tracks separately
US7623146B2 (en) 2006-04-13 2009-11-24 Yamaha Corporation Optical disc image drawing method, optical disc image drawing program, and optical disc image drawing system
JP2008041232A (en) * 2006-08-02 2008-02-21 Taiyo Yuden Co Ltd Optical information recording medium and its display method
JP4616283B2 (en) * 2007-01-10 2011-01-19 株式会社日立製作所 Information reproducing apparatus
JP2008171493A (en) * 2007-01-10 2008-07-24 Hitachi Ltd Information reproducing device, optical disk, and reproducing method of optical disk
WO2008107981A1 (en) * 2007-03-07 2008-09-12 Pioneer Corporation Optical disc and optical disc device
JP2008276856A (en) * 2007-04-27 2008-11-13 Yamaha Corp Optical disk recorder, method and program for controlling optical disk recorder
JP4678446B2 (en) * 2009-04-16 2011-04-27 船井電機株式会社 optical disk
JP2009158096A (en) * 2009-04-16 2009-07-16 Funai Electric Co Ltd Optical disk

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5177720A (en) Optical disc recording system
EP0448378A2 (en) Information recording and reproducing device
US20020048241A1 (en) Disk recording medium and disk drive apparatus
US20050030852A1 (en) Information recording method, information recording apparatus, information recording program and recording medium storing information recording program
US20040062179A1 (en) Optical disc recording apparatus
US20040264322A1 (en) Recording medium, recording apparatus and recording method
EP0378449A2 (en) Information recording and retrieval system
US6628602B2 (en) Optical information recording medium
US20010026518A1 (en) Data recording apparatus, data recording method, and optical recording medium
US20030231568A1 (en) Information recording apparatus, an information recording method, a program, a recording medium, and an information recording system
US6266308B1 (en) Optical disc drive and method of detecting an end portion of recorded data recorded in an optical disc loaded in the optical disc drive
CN1273419A (en) Recording medium for storing chaining type information and method for procesing defect zone using it
US6636461B2 (en) Recording and/or reproducing method and apparatus having reciprocal time domain to binary conversion means
JP2002329321A (en) Recorder and player
US6473380B1 (en) Information recording and reproducing apparatus for formatting a rewritable recording medium by an easy formatting method
CN1685426A (en) Recording medium, recording device, reproduction device, recording method, and reproduction method
JP2003030844A (en) Optical disk information recorder and optical disk
CN1656544A (en) Information recording medium, information recording device and method, information recording control program, and recording medium containing the information recording control program
US20030218951A1 (en) Optical disc recording/reproducing apparatus that records/reproduces data after finalizing process
US20050157619A1 (en) Optical recording method and optical recording device
JPH10320784A (en) Optical disk, optical disk device and optical disk reproducing method
US6414925B2 (en) Optical disc drive and method of detecting an end portion of recorded data recorded onto an optical disc loaded in the optical disc drive
US20050068865A1 (en) Recording apparatus and recording method
JP2004118910A (en) Optical disk drive
EP1150291A2 (en) Optical disc drive, and recording/reproducing method

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20050607