JP2002541441A - Analysis device for continuously measuring the characteristics of the fluid - Google Patents

Analysis device for continuously measuring the characteristics of the fluid

Info

Publication number
JP2002541441A
JP2002541441A JP2000608941A JP2000608941A JP2002541441A JP 2002541441 A JP2002541441 A JP 2002541441A JP 2000608941 A JP2000608941 A JP 2000608941A JP 2000608941 A JP2000608941 A JP 2000608941A JP 2002541441 A JP2002541441 A JP 2002541441A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
reservoir
fluid
analysis device
device according
working electrode
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000608941A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
エス. クマー,クリシュナ
コノリー,ジェームズ
シファー,ジャラド
エム. スミス,アラン
テイラー,ランス
アール. ハッチ,マイケル
パップ,ジョセフ
ファークハー,ジェイ.デビッド
エル. フォーペル,マーク
エス. ブリーク,マーク
Original Assignee
スペクトルクス,インコーポレイティド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US12819899P priority Critical
Priority to US13997599P priority
Priority to US13997699P priority
Priority to US16580999P priority
Priority to US60/182,698 priority
Priority to US18269800P priority
Priority to US60/128,198 priority
Priority to US60/139,976 priority
Priority to US60/165,809 priority
Priority to US60/139,975 priority
Application filed by スペクトルクス,インコーポレイティド filed Critical スペクトルクス,インコーポレイティド
Priority to PCT/US2000/009393 priority patent/WO2000059373A1/en
Publication of JP2002541441A publication Critical patent/JP2002541441A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/145Measuring characteristics of blood in vivo, e.g. gas concentration, pH value; Measuring characteristics of body fluids or tissues, e.g. interstitial fluid, cerebral tissue
    • A61B5/1486Measuring characteristics of blood in vivo, e.g. gas concentration, pH value; Measuring characteristics of body fluids or tissues, e.g. interstitial fluid, cerebral tissue using enzyme electrodes, e.g. with immobilised oxidase
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/145Measuring characteristics of blood in vivo, e.g. gas concentration, pH value; Measuring characteristics of body fluids or tissues, e.g. interstitial fluid, cerebral tissue
    • A61B5/1495Calibrating or testing of in-vivo probes

Abstract

(57)【要約】 本発明は、流体中の分析物を検出する及び測定可能にする分析デバイスを意図している。 (57) Abstract: The present invention contemplates analysis device to detect an analyte in a fluid and can be measured. この分析デバイスは、(a)流体を受け取る入口、(b)入口と流通している溜め、(c)溜めと流通して流体を放出する出口、(d)溜め内に配置された少なくとも1つの第1の作用電極及び少なくとも1つの参照電極、(e)分析物と反応して反応生成物を作る所定量の反応体、ここでこの反応生成物は、少なくとも1つの第1の作用電極と流通している、並びに(f)前記反応体上又はその周囲に配置されて、流体中の前記分析物と前記反応体との接触を調節する少なくとも1つの膜、を有する。 The analysis device, (a) an inlet for receiving the fluid, reservoir in fluid communication with (b) an inlet, an outlet, at least one of which is disposed in the reservoir (d) to release the fluid in fluid communication with said reservoir (c) first working electrode and at least one reference electrode, a predetermined amount of the reactants to react with (e) the analyte creating a reaction product, wherein the reaction product is circulated at least one first working electrode and which, as well as (f) is arranged on or around the said reactants have at least one membrane, regulates the contact of the analyte and the reactant in the fluid.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [発明の分野] 本発明は一般に、分析物の検知装置及び方法に関する。 [0001] Field of the Invention The present invention relates generally to sensing devices and methods for analyte. より特に本発明は、連続的に/頻繁に組織から採取される流体中の、グルコースの濃度ような注目する分析物の存在、量又は他の特徴を検知する分析デバイスに関する。 More particularly the present invention, in the fluid which is taken from the continuous / frequent tissue, the presence of the analyte of interest such as the concentration of glucose, on the analysis device for detecting the amount or other characteristics.

【0002】 [発明の背景] 医療的な研究は、血中グルコース濃度を適当に制御することによって糖尿病の深刻な合併症がかなり減少することを示している。 BACKGROUND OF THE INVENTION Medical studies have shown that significantly reduced serious complications of diabetes by suitably controlling the blood glucose concentration. 従って、非常に多数の糖尿病患者が、指を刺して血液試料を試験装置に入れる従来の方法によって、毎日血中グルコース濃度を監視している。 Therefore, a large number of diabetics, by a conventional method to put the test apparatus and blood samples pricking a finger monitors the blood glucose concentration every day. いくらかの糖尿病患者は、1日に1回よりも多く血中グルコース濃度を監視しなければならない。 Some diabetics must monitor many blood glucose concentration than once a day. これらの人は、複数回指を刺さずに、血中グルコース濃度を連続的に監視できる装置によって非常に大きな利益を受ける。 These people are not stabbed multiple times fingers undergo very significant benefits by continuously monitoring apparatus capable blood glucose concentration.

【0003】 試験方法を単純化し且つ血液が必要ないようにするために、多くの試みがなされてきた。 [0003] To ensure that there is no need simplified and blood test method, a number of attempts have been made. 1つの方法は、肌を照らして、グルコース濃度を決定するものであった。 One way is against the skin, it was to determine the glucose concentration. 残念ながらこれらの方法は、血中グルコース濃度の連続的な監視のための使用可能な製品をもたらしていない。 Unfortunately these methods are not brought available products for continuous monitoring of blood glucose levels.

【0004】 研究中の他の装置は、Reber等の米国特許第5,961,451号明細書で開示されている。 [0004] Another device in the studies are disclosed in U.S. Patent No. 5,961,451, such Reber. この特許明細書では、電気化学的分析デバイスによって患者の間質流体中のグルコース濃度を監視する装置を示している。 In this patent specification shows a device for monitoring the glucose concentration in the interstitial fluid of a patient by an electrochemical analysis device. しかしながらこの装置は1回しか使用できない。 However, this device can not be used once. 従って分析デバイスは使用の度毎に取り替えなくてはならない。 Thus the assay device must replaced every time of use.
同様にCheney II等の米国特許第5,391,250及びDiebold等の米国特許第5,437,999 Similarly U.S. Patent US etc. Patent No. 5,391,250 and Diebold such Cheney II No. 5,437,999
号明細書は、1回使用型の生物学的用途のための電気化学的デバイスの製造方法を教示している。 Pat teaches a method for manufacturing an electrochemical device for single-use biological applications.

【0005】 既存の電気化学試験装置は、個人的な使用者にとってはある種の欠点を有する。 [0005] Existing electrochemical test device, for the personal user has certain drawbacks. これは、これらの装置が一般に高価であり、不正確であることによる。 This is because these devices are generally expensive and inaccurate. 更にこれらの装置では、間質流体中に存在する低濃度の分析物を検知するのが困難なことが多い。 Yet these devices, it is often difficult to detect the analyte of low concentration present in the interstitial fluid. また、多くの従来の装置は、一日中連続的に又は定期的には使用するには、個人的な使用者にとっては大きすぎる。 Also, many prior art devices, the use is continuously or periodically during the day, too large for personal users.

【0006】 従って、血中グルコース濃度を連続的に監視するために便利な分析物分析デバイスを開発することは有利である。 Accordingly, it would be advantageous to develop a convenient analyte assay device for continuous monitoring of blood glucose levels.

【0007】 [発明の概略] 本発明は、流体中の分析物を検知する分析デバイスであって、(a)流体を受け取る入口、(b)前記入口と流通している溜め(well)、(c)前記溜めと流通して流体を放出する出口、(d)前記溜め内に配置された少なくとも1つの第1の作用電極及び少なくとも1つの参照電極、(e)分析物と反応して反応生成物を作る所定量の反応体、ここでこの反応生成物は、前記少なくとも1つの第1の作用電極と流通している、並びに(f)前記反応体上又は前記反応体の周囲に配置されて、流体中の前記分析物と前記反応体との接触を調節する少なくとも1つの膜、を有する分析デバイスに関する。 [0007] [Summary of the Invention The present invention provides an analytical device for detecting an analyte in a fluid,, (a) an inlet for receiving the fluid, reservoir in fluid communication with (b) the inlet (well) ( c) an outlet for discharging the reservoir and distribution to the fluid, (d) at least one first working electrode and at least one reference electrode disposed within the reservoir, formation reaction by reacting with (e) the analyte predetermined amounts of the reactants make things, wherein the reaction product, said in fluid communication with the at least one first working electrode, and (f) are arranged around the reactants or on the reactants at least one membrane to adjust the contact between the reactant and the analyte in the fluid, to the analysis device having a. この膜は、反応体の消費を遅くすることによって、分析デバイスの使用寿命を長くする働きをする。 This film, by slowing the consumption of reactants, serves to prolong the service life of the analysis device. 結果としてこの分析デバイスは、 As a result, this analysis device,
連続監視の用途に適している。 It is suitable for the continuous monitoring applications.

【0008】 更に本発明は、流体中の分析物の検知を行い且つ測定を可能にする分析デバイスであって、(a)流体を受け取る入口、(b)前記入口と流通している溜め、(c)前記溜めと流通して流体を放出する出口、(d)前記溜め内に配置された少なくとも1つの第1の作用電極及び少なくとも1つの参照電極、(e)分析物と反応して反応生成物を作る所定量の反応体、ここでこの反応生成物は、前記少なくとも1つの第1の作用電極と流通している、並びに(f)前記溜めと流通している較正口、 [0008] The present invention is an analysis device that enables and measuring perform detection of an analyte in a fluid, reservoir are in fluid communication inlet, and (b) the inlet for receiving the (a) fluid, ( c) an outlet for discharging the reservoir and distribution to the fluid, (d) at least one first working electrode and at least one reference electrode disposed within the reservoir, formation reaction by reacting with (e) the analyte predetermined amounts of the reactants make things, wherein the reaction product, said in fluid communication with the at least one first working electrode, and (f) calibration port in fluid communication the reservoir and,
を有する分析デバイスに関する。 It relates to an analytical device having a.

【0009】 本発明の利点は本発明の説明から明らかであり、又は本発明を実施することによって学ぶことができる。 An advantage of the present invention are apparent from the description of the present invention, or the present invention may be learned by practice. 本発明の他の利点は、特許請求の範囲で特に示す要素及び組み合わせによって認識されまた得られる。 Another advantage of the present invention is also obtained be recognized by particular illustrated elements and combinations in the appended claims. 上述の一般的な説明及び以下の詳細な説明の両方が本発明の好ましい態様の例示及び例であり、特許請求の範囲と違って本発明を限定するものではないことが理解される。 Both general description and the following detailed description are preferred examples and examples of aspects of the present invention, it is understood that they are not intended to limit the present invention unlike the claims.

【0010】 本特許出願書類に組み込まれた一部である添付の図面は、本発明の説明と共に、本発明の好ましい及び異なる態様を示しており、本発明の原理を説明するために役立つものである。 [0010] The accompanying drawings which are part incorporated in the present patent application, along with the description of the present invention shows a preferred and different aspects of the present invention, serve to explain the principles of the present invention is there.

【0011】 [好ましい態様の詳細な説明] 本発明は、以下の数字及びその前後の本発明の詳細な説明及び例を含む説明を参照することによってより容易に理解できる。 [0011] DETAILED DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS The present invention may be understood more readily by reference to the description, including the detailed description and examples of the following figures and the preceding and succeeding the present invention. 本発明は説明される特定の装置及び方法に限定されず、特定のデバイスの部分及び/又はプロセス条件は当然に様々でよいことを理解すべきである。 The present invention is not limited to the particular apparatus and methods described, partial and / or process conditions of a particular device is to be understood that naturally may vary. また、ここで使用されている用語は、特定の態様を説明するためのものであって、限定を意図するものではないことを理解すべきである。 Also, terms used herein is for the purpose of describing particular embodiments, it should be understood that it is not intended to be limiting.

【0012】 また、発明の詳細な説明及び特許請求の範囲で使用する場合、複数であることを示さない場合及び「前記」などとした場合は、特に明示した場合を除いて複数を含むことに注意すべきである。 Further, when used in the detailed description and the claims, the case of the example, if not indicated and "said" to be a multiple, include plural unless otherwise been expressly it should be noted. 例えば単数形での構成要素への言及は、複数の構成要素への言及を包含している。 For example, reference to a component in the singular encompasses the plural reference elements.

【0013】 ここで使用する場合、「分析物」は、分析において検知又は測定される成分を意味している。 [0013] As used herein, "analyte" means a component to be detected or measured in the analysis. 特に、分析物は、当該技術分野で知られている生体膜を通すのに適当な任意の化学的又は生物学的な材料又は化合物であって、生体中の活性又は濃度を知りたいことがある材料又は化合物でよい。 In particular, the analyte is a chemical or biological material or compound suitable optionally to pass biological membranes known in the art, may wish to know the activity or concentration in the biological or a material or compound. グルコースは肌に通すのに適当な糖であり、例えば糖尿病の人は自身の血中グルコース濃度を知りたいので、 Glucose is a suitable sugar to pass into the skin, for example, because people with diabetes want to know the blood glucose concentration of its own,
グルコースは分析物の特定の例である。 Glucose is a specific example of an analyte. 分析物の他の例としては、限定するわけではないが、ナトリウム、カリウム、ビリルビン(billirubin)、尿素、アンモニア、カルシウム、鉛、鉄、リチウム、サリチル酸塩、医薬化合物等を挙げることができる。 Other examples of analytes include, but are not limited to, include sodium, potassium, bilirubin (billirubin), urea, ammonia, calcium, lead, iron, lithium, salicylates, pharmaceutical compounds, and the like.

【0014】 ここでは範囲は、「約」若しくは「およそ」1つの特定の値から、及び/又は「約」若しくは「およそ」他の特定の値までとして示すことができる。 [0014] Here range can be indicated to "about" or from "about" one particular value, and / or to "about" or "approximately" another particular value. そのような範囲を示している場合、他の態様は、1つの特定の値から及び/又は他の特定の値までを含むことができる。 If shows such a range, other embodiments may include up to one particular value and / or to the other particular value. 同様に、先行する「約」という用語によって、数値がおよそで示されている場合、特定の値が他の態様をもたらすことが理解される。 Similarly, by the preceding term "about", if the value is indicated by approximately be understood that the particular value results in other aspects.

【0015】 本発明は、流体中の分析物を検知し且つ測定を可能にする分析デバイスを意図している。 [0015] The present invention contemplates analyzing device that allows the detected and measured analyte in the fluid. この分析デバイスは、(a)流体を受け取る入口、(b)前記入口と流通している溜め、(c)前記溜めと流通している出口、ここでこの出口は、流体の放出を可能にするように設計されている、(d)前記溜め内に配置された少なくとも1 The analysis device reservoir in fluid communication inlet, and (b) the inlet for receiving the (a) fluid, the outlet allows the release of the fluid outlet, wherein in fluid communication with said reservoir (c) are designed to, at least one disposed within said reservoir (d)
つの第1の作用電極及び少なくとも1つの参照電極、(e)分析物と反応して反応生成物を作る所定量の反応体、ここでこの反応生成物は、前記少なくとも1つの第1の作用電極と流通している、並びに(f)前記反応体上又は前記反応体の周囲に配置されて、流体中の前記分析物と前記反応体との接触を調節する少なくとも1つの膜、を有する。 One of the first working electrode and at least one reference electrode, (e) a predetermined amount of the reactants react to produce a reaction product with the analyte, wherein the reaction product, said at least one first working electrode distribution to that, and (f) are arranged around the reactants or on the reactants and has at least one membrane, regulates the contact between said analyte in the fluid the reactants.

【0016】 更に本発明は、(a)流体を受け取る入口、(b)前記入口と流通している溜め、(c [0016] The present invention has an inlet for receiving the (a) fluid, reservoir in fluid communication with (b) the inlet, (c
)前記溜めと流通している出口、ここでこの出口は前記流体の放出を可能にするように設計されている、(d)前記溜め内に配置された少なくとも1つの第1の作用電極及び少なくとも1つの参照電極、(e)分析物と反応して反応生成物を作る所定量の反応体、ここでこの反応生成物は、前記少なくとも1つの第1の作用電極と流通している、並びに(f)前記溜めと流通している較正口、を有する分析デバイスを意図している。 ) The reservoir and distribution to that outlet, wherein the outlet is designed to allow the release of the fluid, (d) at least one first working electrode disposed in said reservoir and at least one reference electrode, in fluid communication with (e) a predetermined amount of the reactants react to produce a reaction product with the analyte, wherein the reaction product, said at least one first working electrode, and ( f) the calibration port in fluid communication the reservoir and is intended analysis device having a.

【0017】 本発明の分析デバイスは、連続的に/頻繁に分析物を監視する装置で使用するのに適当である。 The analysis device of the present invention are suitable for use in a device for monitoring continuously / frequent analyte. これは例えば、PCT国際出願PCT/US99/16378号明細書「Sytem a This, e.g., PCT International Application PCT / US99 / 16378 Pat "Sytem a
nd Method for Continuous Analyte Monitoring」、1999年7月20日出願、で開示されている。 nd Method for Continuous Analyte Monitoring ", July 20, 1999, filed, in have been disclosed. この特許出願明細書の記載は、ここで参照して本明細書の記載に含める。 Description of this patent application is herein referred to, and included in the description herein.

【0018】 ここで図1を参照すると、本発明の分析デバイス1000の好ましい態様が示されている。 [0018] Referring now to FIG. 1, there is shown a preferred embodiment of the analysis device 1000 of the present invention. この態様では、分析デバイス1000は、入口910を経由して流路形成接着剤層200と流通している底部層100を有する。 In this embodiment, the analysis device 1000 includes a bottom layer 100 in fluid communication with the flow path forming adhesive layer 200 via the inlet 910. この流路形成接着剤層200は、接着剤層が切り込まれて作られた溜め250を有する。 The flow path forming adhesive layer 200 has a reservoir 250 for adhesive layer was made by slitting. 溜め250内には、膜300及び電極4 The sump 250, membrane 300 and the electrode 4
00が存在する。 00 is present.

【0019】 図1に示される好ましい態様では、4つの電極400がある。 [0019] In a preferred embodiment shown in FIG. 1, there are four electrodes 400. ここで、電極410は作用電極、電極420は作用電極、電極430は参照電極、及び電極440は対電極である。 Here, the electrode 410 is a working electrode, the electrode 420 is a working electrode, the electrode 430 is the reference electrode, and the electrode 440 is a counter electrode. 作用電極の少なくとも一方420は、反応体500でコーティングされている。 At least one 420 of the working electrode is coated with reactant 500. 電極400は、支持基材600上又は支持基材600内に配置されている。 Electrode 400 is disposed on the supporting substrate 600 or onto the supporting substrate 600. 支持基材600は、 Supporting substrate 600,
接着剤層700に隣接している。 Adjacent to the adhesive layer 700. 出口920は、支持基材層600、接着剤層700及び上部層800を通って延びている。 Exit 920, the supporting substrate layer 600, extends through the adhesive layer 700 and the upper layer 800.

【0020】 底部層100は、分析デバイス1000に構造的な支持を提供し、流体源と分析デバイス1000との界面として機能する。 The bottom layer 100 provides structural support to the analysis device 1000 functions as an interface between the analysis device 1000 and a fluid source. 任意の厚さ又は形状の任意の適当な材料を、 Any suitable material any thickness or shape,
底部層100のために使用できる。 It can be used for the bottom layer 100. 適当な材料の例としては、アクリル、ポリエステル、プラスチック、セラミック、ポリカーボネート、及びポリビニルクロリドを挙げることができる。 Examples of suitable materials include acrylic, polyester, plastics, ceramics, polycarbonate, and polyvinyl chloride.

【0021】 底部層100、流路形成接着剤層200及び溜め250の間の流通を提供する入口910は、任意の位置及び任意の大きさ/形状で、電極400への十分な流れを可能にする。 The inlet 910 provides fluid communication between the bottom layer 100, the flow path forming adhesive layer 200 and reservoir 250 is at an arbitrary position and an arbitrary size / shape, a sufficient flow to the electrodes 400 can be to. 入口910は、間質流体のような流体を組織から抜き出す孔/穴と一直線にするのに適当なものである。 Inlet 910, a fluid such as interstitial fluid, and is suitable for in line with the hole / holes withdrawn from the tissue. 分析デバイス1000と組織の穴/孔とを一直線にすることを促進する機構の例は、1999年6月18日出願の米国特許仮出願第60/140,257号明細書「System and Method for Alignment of Micropores for Efficient Fluid Examples of mechanisms that facilitates the the analysis device 1000 and tissue of the hole / holes in a straight line, the U.S. Provisional Patent Application No. 60 / 140,257 Pat filed Jun. 18, 1999 "System and Method for Alignment of Micropores for Efficient Fluid
Extraction and Substance Delivery,」で開示されている。 Extraction and Substance Delivery, has been disclosed in ". この特許仮出願明細書の記載は、ここで参照して本明細書の記載に含める。 Description of this provisional patent application specification, herein referred to, and included in the description herein.

【0022】 流路形成接着剤層200は、溜め250を作って、分析デバイス1000内の流体の量を制限している。 The passage forming adhesive layer 200 is made reservoir 250 limits the amount of fluid in the analysis device 1000 within. 流路形成接着剤層200のための適当な材料は、注目する流体と適合性があり、分析デバイス1000に接着性の支持体を提供し、且つ流路形成接着剤層200に切り込まれた流路によって溜め250を提供するのに十分な厚さの材料である。 Suitable materials for the flow path forming the adhesive layer 200 is compatible with the fluid of interest, to provide adhesion of the support to the analysis device 1000, it was and cut in the flow path forming adhesive layer 200 is a material of sufficient thickness to provide a reservoir 250 by the flow path. 好ましくは関心のある流体は血液又は間質流体であり、従って非水溶性の接着剤状の物質から作られた流路形成接着剤層200を必要とする。 Preferably, the fluid of interest is blood or interstitial fluid, thus requiring passage forming adhesive layer 200 made from water-insoluble adhesive-like substance.

【0023】 スクリーン印刷、パッド印刷、スパッタリングコーティング、フォトリソグラフィー又は他の適当な技術を使用し、既知のインク及び誘電体を使用して、支持基材600上又は支持基材600内に、電極400を配置する。 [0023] Screen printing, pad printing, sputtering coating, using photolithography or other suitable technique, using known ink and the dielectric, a supporting substrate 600 or onto the supporting substrate 600, the electrode 400 to place. 支持基材600は、支持を提供し電極400を結合するのに効果的な任意の厚さでよい。 Supporting substrate 600 may be effective any thickness to bind provide support electrode 400. 1つの好ましい態様では、10ミルの厚さの透明ポリエステルの支持基材600を使用する。 In one preferred embodiment, using the supporting substrate 600 of the 10 mil thick transparent polyester. 他の適当な材料を使用することもでき、これは例えばセラミック、ポリカーボネート又はポリビニルクロリドでよい。 You can also use other suitable materials, which for example, a ceramic may be polycarbonate or polyvinyl chloride.

【0024】 更に接着剤層700及び上部層800は、分析デバイス1000に追加の支持を提供する。 Furthermore the adhesive layer 700 and the upper layer 800 provides additional support to the analysis device 1000. 接着剤層700は支持基材600と上部層800とを結合している。 The adhesive layer 700 is bonded to the supporting substrate 600 and the upper layer 800. この接着剤層700の大きさ及び構造材料は、本発明にとって重要なものではなく、従って任意の効果的な接着剤を使用できる。 The size and material of construction adhesive layer 700 is not critical to the present invention, therefore any effective adhesives can be used. 上部層800は、底部層100と同様に、分析デバイス1000 Top layer 800, similar to the bottom layer 100, analysis device 1000
のための構造的な支持を提供する。 It provides structural support for the. 好ましくは上部層800は、底部層100と同じ材料又は適合性の材料で作られている。 Preferably the upper layer 800, are made of the same material or compatible materials as the bottom layer 100.

【0025】 出口920は、支持基材600、接着剤層700及び上部層800を通して、流体を溜め25 The outlet 920, through the support substrate 600, the adhesive layer 700 and the upper layer 800, 25 reservoir fluid
0から放出することを可能にする。 0 makes it possible to release from. これは、電極400への十分な流れを可能にする任意の場所及び任意の寸法/形状でよい。 This can be any place and any size / shape to allow sufficient flow to the electrode 400. また出口920は、流体を溜め250に通して抜き出すのに十分な真空源に接続するのに適当である。 The outlet 920 is suitable for connection to a sufficient vacuum source to withdraw through 250 reservoir fluid. 好ましい態様では、減圧は、組織に小さい孔/穴が作られた箇所で、肌から流体を得るのに十分な圧力である。 In a preferred embodiment, the vacuum is, at a point where a small hole / hole tissue made is sufficient pressure to obtain a fluid from the skin. 溜め250は、膜300及び電極400が監視する流体に露出されるようにする。 Reservoir 250, so that the film 300 and the electrode 400 is exposed to the fluid to be monitored. 従って溜め250の大きさは好ましくは、膜300及び電極400が流体の流れを遮らない大きさである。 The size of the thus reservoir 250 preferably is sized to film 300 and the electrode 400 does not obstruct the flow of fluid.

【0026】 以下の例で説明するように、反応体500は、分析物と反応して反応生成物を作る。 [0026] As described in the following examples, the reactants 500, make a reaction product with the analyte. この反応生成物は、作用電極410及び420の一方又は両方と流通し、それによって電子をもたらす。 The reaction product, in fluid communication with one or both of the working electrodes 410 and 420, thereby providing an electron. 反応体の組成に依存して、反応体500はグルコースと反応することができ、またそれによって過酸化水素をもたらすことができる。 Depending on the composition of the reactants, reactant 500 can react with glucose, also can bring it by hydrogen peroxide. この態様では、過酸化水素が作用電極に接触したときに、酸素ガス、水素イオン及び電子がもたらされる。 In this manner, when the hydrogen peroxide is brought into contact with the working electrode, oxygen gas, hydrogen ions and electrons resulting.

【0027】 作用電極410及び420のそれぞれは、炭素及び金属、例えば金又は銀のような様々な材料で作ることができる。 [0027] Each of the working electrodes 410 and 420, can be made of various materials such as carbon and metals, such as gold or silver. 好ましくはそれぞれの作用電極410及び420は、白金、パラジウム、クロム、ルテニウム、ルビジウム又はそれらの混合のような触媒金属で作られている。 Preferably each of the working electrodes 410 and 420, platinum, palladium, chromium, ruthenium, made of catalytic metals such as rubidium or mixtures thereof. 最も好ましくは、作用電極410及び420は白金を含む。 Most preferably, the working electrode 410 and 420 comprises platinum.

【0028】 流体中に存在する分析物の濃度を測定し及び/又は検知するためには、少なくとも1つの作用電極と、少なくとも1つの参照電極とが必要である。 [0028] In order to measure the concentration of analyte present in the fluid and / or detection, the at least one working electrode is required and at least one reference electrode. しかしながら1よりも多い作用電極と、1又は複数の対電極とが存在していてもよい。 However the working electrode is greater than 1, it may be present with one or more counter electrodes. 例えば図1に示される態様では、作用電極410は反応体を含んでおらず、従ってこの作用電極410は、分析物がない流体を示す電気信号をもたらす。 For example, in the embodiment shown in FIG. 1, the working electrode 410 contains no reactants, therefore the working electrode 410 provides an electrical signal indicative of the fluid no analyte. これは、作用電極420の電気信号から作用電極410の電気信号を引くことによって、様々な妨害化合物による電気信号を除去又は減少させることを可能にする。 This is accomplished by subtracting the electrical signal of the working electrode 410 from the electrical signal of the working electrode 420, it makes it possible to remove or reduce the electric signal by various interfering compounds.

【0029】 あるいは、妨害物の濃度が有意ではない場合又は妨害物遮断層を使用する場合、1つの作用電極を使用することもできる。 [0029] Alternatively, when using a case or obstruction blocking layer concentration of interferents is not significant, it is also possible to use a single working electrode. この妨害物遮断層は、解析する流体と、作用電極410及び420との間の任意の箇所に配置することができる。 The obstruction blocking layer, a fluid to be analyzed, can be located anywhere between the working electrode 410 and 420. 好ましい態様では、妨害物遮断層を作用電極410及び420上に直接に配置する。 In a preferred embodiment, arranged directly on the obstruction blocking layer on the working electrode 410 and 420. 他の好ましい態様では、妨害物遮断層を膜300に隣接させて配置する。 In another preferred embodiment, positioned adjacent the obstruction blocking layer film 300. 適当な妨害物遮断層としては、NAFION(商標)及びセルロースアセテートを挙げることができる。 Suitable obstructions blocking layer, and a NAFION (TM) and cellulose acetate. 妨害物としては、アセトアミノフェン、アスコルビン酸、非共役ビリルビン−、コレステロール、クレアチニン、ドーパミン、ゲンチシン酸、ヘパリン、イブプロフェン、サリチレート、テトラサイクリン、トルブタミド、トリグリセリド、及び尿酸が考えられる。 The blockage, acetaminophen, ascorbic acid, unconjugated bilirubin -, cholesterol, creatinine, dopamine, gentisic acid, heparin, ibuprofen, salicylates, tetracycline, tolbutamide, triglycerides, and uric acid conceivable.

【0030】 参照電極430は、流体に対して電位を有する。 The reference electrode 430 has a potential to the fluid. 好ましくは参照電極430は、銀/ Preferably the reference electrode 430 is silver /
塩化銀を含む。 Including the silver chloride. 随意の対電極440は、作用電極410及び420によってもたらされる電流を接地する役割を果たす。 Counter electrode 440 of the optional serves to ground the current caused by the working electrode 410 and 420. 好ましくは対電極440は、作用電極410及び420と実質的に同じ材料を含む。 Preferably the counter electrode 440 includes substantially the same material as the working electrode 410 and 420. 分析デバイス1000は、当該技術分野で既知のように、 Analysis device 1000, as known in the art,
1よりも多い作用電極、1よりも多い参照電極、及び1よりも多い対電極を有することができる。 Many working electrode than 1, it is possible to have more counter electrode than the reference electrodes, and 1 greater than 1.

【0031】 電極400の活性表面は、操作に効果的な任意の形状及び寸法でよい。 The active surface of the electrode 400 may be effective any shape and size in operation. 特に任意の電極400の表面積は、電流を測定するのに十分に感受性であれば様々であってよい。 In particular the surface area of ​​any of the electrodes 400 may vary if sufficiently sensitive to measure the current. 好ましくは電極400の活性表面の大きさは、0.1mm 2 〜10mm 2である。 The size of preferably electrode 400 active surface is a 0.1 mm 2 to 10 mm 2. より好ましくは、電極400の表面積は1mm 2である。 More preferably, the surface area of the electrode 400 is 1 mm 2.

【0032】 分析デバイス1000を組み立てた後で、作用電極410及び420を予め調整することができる。 [0032] After assembling the analysis device 1000, it is possible to precondition the working electrode 410 and 420. これは、緩衝系において適当な時間、例えば30分間にわたって、参照電極430に対して特定の電圧、例えば+1.6Vで操作することによって行う。 This is done appropriate time in the buffer system, for example 30 minutes, a specific voltage to the reference electrode 430 by operating, for example, + 1.6V. これは、作用電極410及び420の表面を調整し、反応体500によってもたらされる反応生成物に対するこれらの作用電極410及び420の感受性を高める。 This adjusts the surface of the working electrode 410 and 420, enhances these working electrodes 410 and 420 of the sensitivity to the reaction product caused by the reaction body 500. あるいは、作用電極410及び420を、比較的高い電圧で比較的短い時間にわたって調整することができる。 Alternatively, the working electrode 410 and 420, can be adjusted over a relatively short time at a relatively high voltage.

【0033】 作用電圧は、触媒表面領域の組成及び形状に依存している。 The effect voltage is dependent on the composition and shape of the catalyst surface area. 作用電圧自身は、 Action voltage itself,
200mV〜2Vまでで変化させることができる。 It can vary up 200MV~2V. そのような電圧は、分析デバイスに接続された監視装置を経由して供給することができる。 Such voltage can be supplied via the connected monitor to the analysis device. ここで、監視装置は、当該技術分野で既知の電量測定又は電流測定技術を使用する。 Here, the monitoring device, using known coulometric or amperometric techniques in the art. 作用電圧は、作用電極410及び420を正電圧に維持することによって又は対電極440を負電圧に維持することによって発生させる。 Effect voltage generates by maintaining or counter electrode 440 by maintaining the working electrode 410 and 420 to a positive voltage to a negative voltage. 例えば作用電極410及び420を+800mVに維持し、参照電極430及び対電極440を0mVに維持すること、又は作用電極410及び420を0mVに維持し、参照電極430及び対電極440を−800mVに維持することができる。 For example to maintain the working electrode 410 and 420 to + 800 mV, maintains a reference electrode 430 and counter electrode 440 that is maintained at 0 mV, or working electrode 410 and 420 was maintained at 0 mV, the reference electrode 430 and counter electrode 440 to -800mV can do.

【0034】 グラファイト若しくは銀/塩化銀のトレースを経由させて電極を導線に接続し、この導線を、患者が身につけている監視装置(図4)又は他のものに接続することができる。 [0034] by way of traces of graphite or silver / silver chloride connecting the electrodes to the lead, the lead may be connected to one patient monitoring device worn (FIG. 4) or other. しかしながら、金又はスズのような他の導電性材料も、電極を導線に接続するために適当である。 However, other conductive materials such as gold or tin also suitable for connecting the electrode to the lead. これらのトレースは、インクジェット印刷又はパッド印刷のような十分な解像度を提供する任意の方法で適用することができる。 These traces may be applied in any manner that provides sufficient resolution, such as ink jet printing or pad printing. 更に、印刷トレースを、従来の関連付け技術によって置換することも可能である。 Further, the print trace, can be replaced by a conventional association technique.

【0035】 分析物と反応して反応生成物を作る所定量の反応体500を、少なくとも1つの第1の作用電極に近接させて配置し、それによって分析物が反応体500と接触したときに、反応生成物が作用電極と流通するようにする。 [0035] The predetermined amount of the reactants 500 to make a reaction product with the analyte, arranged close to at least one of the first working electrode, when it by analyte is contacted with the reactant 500 , the reaction product so as to flow the working electrode. 好ましくは所定量の反応体500が、第1の作用電極(図1で示される作用電極420)の一部を覆っている。 Preferably the reactant 500 a predetermined amount, covers a portion of the first working electrode (working electrode 420 shown in FIG. 1). またこの所定量の反応体500は、少なくとも1つの作用電極の上又は内に配置することもできる。 The reactant 500 in the predetermined amount, may be disposed on the inner or on at least one working electrode. 反応体500は、特定の分析物と反応するように選択する。 Reactant 500 is selected to react with a particular analyte. 1
つの好ましい態様では、所定量の反応体500はグルコースと反応させるのに適当である。 In a One preferred embodiment, the reactants 500 in a predetermined amount are suitable for reacting with glucose. 分析物であるグルコースのためのそのような適当な反応体としては、グルコースオキシダーゼ酵素(「GOX」)、グルコースデヒドロゲナーゼ(「GDH」 Such suitable reactants for glucose is the analyte, glucose oxidase enzyme ( "GOX"), glucose dehydrogenase ( "GDH"
)、又はそれらの混合物を挙げることができる。 ), Or mixtures thereof.

【0036】 この群より反応体500を選択する場合、流体中のグルコースを反応体と接触させて、反応生成物を作る。 [0036] When selecting the reactants 500 from this group, by contacting the glucose in the fluid reactants, making the reaction product. ここで、GOXの場合には、グルコノラクトン及び過酸化水素を作る。 Here, in the case of GOX is, make a gluconolactone and hydrogen peroxide. 過酸化水素は作用電極420に拡散し、上述のように触媒金属と反応して電子をもたらす。 Hydrogen peroxide diffuses to the working electrode 420, resulting in electrons react with the catalytic metal, as described above. あるいは反応体は、酸素を使用する代わりに電子受容体のような媒介剤を含むことがある。 Or reactants may be instead of using the oxygen containing mediator, such as electron acceptor. そのような態様では、媒介剤が作用電極420 In such embodiments, mediator working electrode 420
と反応して電子を作る。 It reacts with making the electrons. 一般的に使用されている媒介剤は、フェロセン、フェロシアニド、及びそれらの誘導体である。 Mediator that is commonly used, ferrocene, ferrocyanide, and derivatives thereof.

【0037】 1つの好ましい態様では、10%のグリセロールと0.01%のNaN 3を含有するホスフェート緩衝塩水(「PBS」)に溶解した60mg/mLの牛血清アルブミン(「BSA」 [0037] In one preferred embodiment, 10% glycerol and 0.01% phosphate containing NaN 3 buffer saline ( "PBS") 60 mg / mL dissolved in the bovine serum albumin ( "BSA"
)と8mg/mLのGOXを混合することによって、反応体500を調製する。 ) And by mixing the GOX of 8 mg / mL, to prepare a reactant 500. この好ましい態様では、20μLの25%グルタルアルデヒドを、適用の直前に混合物に加える。 In this preferred embodiment, a 25% glutaraldehyde 20 [mu] L, added to the mixture just prior to application. 好ましくは1μLのこの混合物の滴を、1つの作用電極上に配置する。 Preferably the droplets of the mixture of 1 [mu] L, arranged on one working electrode. この混合物はその後、室温において約8〜16時間で固化し硬化することができる。 The mixture can then be cured to solidify at about 8 to 16 hours at room temperature.

【0038】 BSAは、その多重架橋部位によって、GOXのキャリアーとして作用する。 [0038] BSA by its multiple crosslinking sites, which act as a carrier for GOX. これは、複数の表面アミン基を有する任意の材料で置換することができる。 This can be replaced by any material having a plurality of surface amine groups. 更に、架橋系としてのBSAとグルタルアルデヒドの組み合わせを、活性酵素(この場合にはG Furthermore, the combination of BSA and glutaraldehyde as crosslinking system, active enzyme (in this case G
OX又はGDH)の活性を阻害せずに、活性酵素を固定する系で置き換えることができる。 Without inhibiting the activity of OX or GDH), it can be replaced by a system of fixing the active enzyme. 適当な置換としては、他の架橋剤、ポリマーフィルム、アビジン−ビオチン結合、抗体結合、及びコロイド状金又はアガロースビードへの共有結合による置換を挙げることができる。 Suitable substitutions, other crosslinking agents, polymer films, avidin - biotin bond include substitution by antibody binding, and covalent binding to colloidal gold or agarose beads.

【0039】 本発明の好ましい態様では、PBSは、反応体を中性のpH範囲(例えば約6.5〜 [0039] In a preferred embodiment of the invention, PBS is the reactant neutral pH range (e.g., about 6.5
約7.5のpH範囲)に維持する役割をする。 It serves to maintained at about 7.5 pH range). 任意の適当な緩衝剤を使用できる。 Any suitable buffer can be used.
緩衝剤の例としては、ホスフェート、シトレート、Tris-HCl、MOPS、HEPES、MES Examples of buffers include phosphate, citrate, Tris-HCl, MOPS, HEPES, MES
、Bis-Tris、BES、ADA、ACES、MDPSO、Bis-Trisプロパン、及びTESを挙げることができる。 , Mention may be made of Bis-Tris, BES, ADA, ACES, MDPSO, Bis-Tris propane, and TES. グリセロールは、反応体500が脱水されるのを防いで、後で使用するときの湿潤時間を減少させる役割をする。 Glycerol prevents the reactants 500 is dehydrated, the role of reducing the wetting time for later use. この目的のために任意の適当な添加剤を使用できる。 Any suitable additives can be used for this purpose. NaN 3は、抗菌剤として作用する。 NaN 3 acts as an antimicrobial agent. このNaN 3は、抗生物質及び洗剤を包含する任意の抗微生物剤で置き換えることもできる。 The NaN 3 may be replaced with any antimicrobial agent including antibiotics and detergents.

【0040】 グルタルアルデヒドは、GOX及びBSAを、溶解せず電極表面から移動ないマトリックスに結合する架橋剤である。 [0040] Glutaraldehyde, a GOX and BSA, a crosslinking agent that binds to the matrix without moving from the electrode surface not dissolve. 1つの好ましい態様では、グリセロールを5〜 In one preferred embodiment, 5 glycerol
50wt%の量で存在させることができる。 It can be present in an amount of 50 wt%. あるいはグリセロールは、任意の吸湿保存剤又は穏やかな洗剤のような湿潤剤、例えばTWEEN-20(商標)、SPAN(商標) Alternatively glycerol, any moisture preservatives or mild wetting agents such as detergents, for example, TWEEN-20 (TM), SPAN (TM)
、TRITON(商標)、BRIJ(商標)、MYRJ(商標)及びPLURONICS(商標)の系統の洗剤で置き換えること又は補足することができる。 , TRITON (TM), BRIJ (TM), can be possible or supplement replaced with detergent strains of MYRJ (TM) and PLURONICS (TM).

【0041】 反応体500のための任意の成分の割合及び反応体500の全体量は、効果的である限り、本発明にとっては重要なものではない。 The total amount of rate and reactant 500 optional components for the reactant 500, as long as it is effective, not critical for the present invention. 反応体500の割合及び全体量については、反応体500が過剰であること及び利用可能な体積で反応体の溶解性を維持することが好ましいと言うことのみに制限される。 The rate and total amount of reactants 500, is limited only to say that it is preferable to maintain the solubility of the reactants by and available volume reactant 500 is excessive. 好ましくは、反応体500の濃度は、少なくとも1mg/mLである。 Preferably, the concentration of the reactants 500 is at least 1 mg / mL.

【0042】 反応体500は、体積及び位置を制御可能な任意の方法で、作用電極に適用することができる。 The reactants 500, a volume and a controllable any manner the position, can be applied to the working electrode. この方法は例えば、スクリーン印刷、インクジェット印刷、エアブラシ、及びパッド印刷である。 This method is, for example, screen printing, ink jet printing, airbrush, and pad printing. 例えば、連続的に溶液を通さなければならないノズル又はスクリーンを使用する適用方法では、好ましくは反応体500をグルタルアルデヒドなしで適用し、その後でグルタルアルデヒドを配置する。 For example, in the application method using a nozzle or screen it must be continuously passed through the solution, preferably by applying the reactant 500 without glutaraldehyde, placing glutaraldehyde thereafter. これは、 this is,
固化物質によってノズルが汚れるのを防ぐ。 Prevent nozzle fouling by solidified material. 適用した後で、反応体層の厚さ及び量並びに組成に基づいて様々な時間で、反応体500を乾燥させて硬化させる。 After applying, at various times based on the thickness and amount and composition of the reaction layer, curing the reactant 500 it is dried. 適当な乾燥条件としては、150℃までの温度、制御された湿度、及び15分〜24時間の硬化時間を挙げることができる。 Suitable drying conditions can include a temperature of up to 0.99 ° C., controlled humidity, and the curing time of 15 minutes to 24 hours.

【0043】 GOX酵素、約3mMのグルコース濃度で飽和する。 [0043] GOX enzyme, saturated at a glucose concentration of about 3mM. より高いグルコース濃度を検知するために、反応体500に達する濃度を、全濃度の一部に維持すべきである。 To detect a higher glucose concentration, the concentration reaching the reactant 500, it should be maintained in a portion of the total concentration. これを達成するために、膜300を、反応体500の周囲又はその上に配置する。 To achieve this, the membrane 300 is disposed around or on the reactant 500. 1つの好ましい態様では、膜300を、図3に示すようにして全ての電極400上又はその周囲に配置する。 In one preferred embodiment, the membrane 300 is placed on all of the electrodes 400 on or around as shown in FIG. 他の好ましい態様では、図2に示すようにして、作用電極410及び420上又はその周囲に膜300を配置する。 In another preferred embodiment, as shown in FIG. 2, placing the working electrode 410 and 420 or on film 300 around it. あるいは、膜300は図1に示すようにして、それぞれの電極400の又はそれぞれの作用電極410及び420上又はその周囲に配置する。 Alternatively, the film 300 as shown in FIG. 1, arranged on or around the respective working electrodes 410 and 420 or the respective electrodes 400.

【0044】 好ましくは膜300は、分析デバイス1000装置の使用寿命及び線形範囲を長くし、また連続的/頻繁な監視装置での使用を有益にする拡散制限膜である。 [0044] Preferably the film 300, the service life and the linear range of the assay device 1000 device was longer and the diffusion limiting membrane to the beneficial use of a continuous / frequent monitoring device. この膜 This film
300は、分析物の拡散を制御する孔を有する。 300 has a hole for controlling the diffusion of the analyte. 従って膜300の大きさを変えて、分析物又は妨害物質が反応体500と接触する割合を減少させ、それによって分析デバイス1000の線形範囲を増加させることができる。 Thus by changing the size of the membrane 300, an analyte or interfering substances reduces the rate of contact with the reactants 500, thereby increasing the linear range of the assay device 1000. 例えば膜300の気孔率が低く、グルコースの流束を減少させることができる。 For example porosity of the film 300 is low, it is possible to reduce the flux of glucose. このようにして膜300は、常に電極に存在する分析物の量を制限し、反応体を使い果たさずに長期間にわたって連続的に、電極400を操作することを可能にする。 In this way, the film 300 will always limit the amount of analyte present in the electrodes, continuously over a long period of time without running out of reactants makes it possible to operate the electrode 400. 実際に、少なくとも1つの作用電極に接続された監視ユニットは、連続的に分析デバイスに流体を通して、24 In fact, the monitor unit connected to at least one working electrode, through the fluid to continuously analyze device 24
時間を超える期間、より好ましくは48時間を超える期間、更により好ましくは70 Period exceeding the time, more preferably a period of more than 48 hours, even more preferably 70
時間を超える期間にわたって、分析物の存在及び濃度を検知することができる。 Over a period of more than time, it is possible to detect the presence and concentration of analyte.

【0045】 1つの好ましい膜300は、気孔直径が0.01μmで厚さが6μmのポリカーボネート(「PC」)トラックエッチング(track-etch)膜である。 [0045] One preferred film 300 is polycarbonate with a thickness of 6μm in pore diameter 0.01 [mu] m ( "PC") is a track-etched (track-in etch) film. 効果的な拡散速度をもたらす他の適当な膜としては、透析膜、ポリウレタン膜、又はポリビニルクロリド膜を挙げることができる。 Other suitable membranes provide an effective diffusion rate, it can be mentioned dialysis membrane, polyurethane film, or a polyvinyl chloride film. NAFION(商標)、セルロースアセテート、スラスティック及びアルコキシシランのようなキャスティング可能膜も、この用途に適当である。 NAFION (TM), cellulose acetate, also castable film such as slide stick and alkoxysilanes are suitable for this purpose. 更に、複数の膜を使用することもできる。 Furthermore, it is also possible to use a plurality of films.

【0046】 膜300は、反応体500と同じ緩衝剤中において架橋BSAの層で保護することができる。 The film 300 may be protected with a layer of cross-linked BSA in the same in a buffer with the reactants 500. 1つの好ましい態様では架橋BSAは、10%のグリセロールと0.01%のNaN 3 Crosslinked BSA in one preferred embodiment, 10% glycerol and 0.01% NaN 3
を含有するPBS中に溶解した60ng/mLのBSAからなる。 Consisting of BSA 60 ng / mL dissolved in PBS containing. 更に、20μL/mLの25%グルタルアルデヒドを、使用の直前に加えることができる。 Furthermore, 25% glutaraldehyde 20 [mu] L / mL, can be added just prior to use.

【0047】 任意の効果的な量のこの架橋BSAの層を使用することができる。 [0047] can be used a layer of the crosslinked BSA any effective amount. 1つの好ましい態様では、2μLの架橋BSAの滴を、反応体が覆っている電極上に配置する。 In one preferred embodiment, the droplets of 2μL of crosslinking BSA, reactants disposed on the electrode covering. その後、0.01μm PC膜の直径5mmの円を、架橋BSA又は他の適当な多量のポリアミンの滴の上に配置する。 Then, a circle with a diameter of 5mm of 0.01 [mu] m PC film is placed over the drop of crosslinked BSA or other suitable amounts of polyamines. 膜300は、パラフィルム(parafilm)シートの下の箇所にゆっくりと押し込む。 Film 300 is pushed slowly parafilm (Parafilm) locations under the seat. これはパラフィルムの下で室温において16時間にわたって硬化させ、その後でパラフィルムを除去する。 This was cured for 16 hours at room temperature under parafilm, then in removing the parafilm.

【0048】 膜300は、積層、接着、加圧、ロール掛け、及び引っ張りを含む任意の適当な方法によって、反応体500上又はその周囲に配置することができる。 The film 300 is laminated, bonded, pressure, rolling, and tensile by any suitable method including, may be placed on or around the reactant 500. 任意のそのような方法は、採取され分析される流体によって破壊されない方法であるべきである。 Any such method should be a method which is not destroyed by fluid collected and analyzed. また、にかわ又は他の接着性材料のような追納の成分を加える場合、この他の追加の成分は流体中において透過性であるべきであり、例えばNafionは水性流体中において透過性である。 Also, when adding a late payment components, such as glue or other adhesive material, the components of the other additional should be permeable in a fluid, for example Nafion is permeable in aqueous fluids. 他の適当な接着剤としては、エポキシ、紫外線硬化性接着剤、感圧性接着剤、及びHEMAのようなヒドロゲルを挙げることができる。 Other suitable adhesives can include epoxy, UV curable adhesives, pressure sensitive adhesives, and a hydrogel such as HEMA.

【0049】 操作においては、組織に作られた1又は複数の開口上の組織部位に、分析デバイス1000を配置する。 [0049] In operation, the tissue site on one or more openings made in the tissue to position the assay device 1000. 組織の開口は様々な手段、例えば米国特許第5,885,211号明細書で一般に開示されている手段で作ることができる。 Opening organizations various means can be made of means which are generally disclosed for example in U.S. Patent No. 5,885,211. 流体は、入口910を通って図1の分析デバイス1000に入る。 Fluid through the inlet 910 into the analysis device 1000 of FIG. 出口920を真空にすることによって、流体は溜め250に入って膜300と接触する。 By the outlet 920 to the vacuum, the fluid is in contact with the membrane 300 enters the sump 250. 膜300は流体中の分析物を透過させ、それによって分析物を電極400及び反応体500に接触させる。 Film 300 is transmitted through the analyte in the fluid, thereby contacting the analyte to the electrode 400 and the reactant 500. 分析物は反応体500と接触して、反応生成物をもたらす。 Analyte in contact with the reactants 500, results in the reaction product. 反応生成物は、作用電極420に接触し、電子を発生させ、それによって電流をもたらす。 The reaction product is in contact with the working electrode 420, electrons are generated, thereby resulting in current. 流体は出口920まで通って、そこで分析デバイス1000を出る。 Fluid through to the outlet 920, where it exits the assay device 1000. 作用電極を通る電流が測定され、この電流の測定値から分析物の測定値が得られる。 Current through the working electrode is measured, measurements of the analyte from the measured value of this current can be obtained. 分析デバイス1000は、電流及び電量測定技術と組み合わせて使用することができる。 Analysis device 1000 may be used in combination with current and coulometric measurement techniques.

【0050】 電流測定では、電流(電荷/2次電流)を加えられたされた電圧で測定する。 [0050] In current measurement is measured by the voltage which is applied a current (charge / secondary current).
これは連続的に測定することができ、この測定方法は以下の系で好ましい方法である。 It can be measured continuously, this measurement method is the preferred method in the following systems. 電量技術では、電圧を加えた後で所定期間の間に蓄積された全電荷を測定する。 In coulometric technique measures the total charge accumulated during the predetermined time period after a voltage is applied. 典型的に、一定の期間にわたって流体を反応体と反応させ、それによって反応生成物を発生させる。 Typically, the fluid is reacted with the reactants over a period of time, thereby generating a reaction product. その後で、電圧を印加し、一定の期間にわたって測定された電流を積分し(加え)、反応生成物によって作られた全電荷を計算する。 Thereafter, by applying a voltage, integrating the current measured over a period of time (in addition), it calculates the total charge produced by the reaction product.
この代替法は、比較的大きい信号をもたらし且つ電気的に活性な妨害物質の影響を減少させる点で有利である。 This alternative has the advantage of reducing the and effect of electroactive interfering substances led to relatively large signal.

【0051】 膜300は、反応体500の位置を固定するのを助けて、反応体500が流体中に迅速に溶解する危険性を減少させることによって、反応体500の使用寿命を長くする。 The film 300 may help to fix the position of the reaction member 500, reactant 500 by reducing the risk of rapidly dissolving in the fluid, to increase the service life of the reactant 500. また、反応体500に達する分析物及び妨害物質の量を制限することによって、 Further, by limiting the amount of analyte and interfering substances reach reactant 500,
膜300は、反応体500の量が、分析物に完全に対応するのに必要とされる反応体50 Film 300, the reactants 50 the amount of the reactant 500 is needed to fully correspond to the analyte
0の量よりも多くなることを確実にする。 To ensure that larger than an amount of 0. この様式で、反応体500がだんだんと劣化するので、反応体500を過剰にしておくこと、及び性能の低下を最少化することができる。 In this manner, since the reactant 500 is gradually deteriorated, it is left over the reaction body 500, and a drop in performance can be minimized.

【0052】 図2を参照すると、様々な分析デバイス1000が示されており、ここでは溜め25 Referring to FIG. 2, there is shown a variety of analytical devices 1000, reservoir here 25
0は出口920に開いている。 0 is open to the outlet 920. このような形状では、出口920は、支持基材600、接着剤層700及び上部層800を通る流通を提供していない。 In such form, the outlet 920, the supporting substrate 600, does not provide a flow through the adhesive layer 700 and the upper layer 800. 出口920は、流体を溜め250 Outlet 920, reservoir fluid 250
に通すのに充分な減圧源への接続に適当である。 It is suitable for connection to a sufficient vacuum source to pass on. 出口920は、配線及び抜き出し管で満たし、その後でエポキシによって密封することができる。 Outlet 920 is filled with wires and discharge pipe can be then sealed with epoxy.

【0053】 図3は、分析デバイス1000の他の好ましい態様を示している。 [0053] Figure 3 shows another preferred embodiment of the analysis device 1000. 図2で示すように、溜め250は出口920に接続されている。 As shown in Figure 2, reservoir 250 is connected to the outlet 920. しかしながら、図3は、支持基材600 However, FIG. 3, the supporting substrate 600
及び底部層100のみを有する分析デバイスを示している。 And it shows an analysis device having only the bottom layer 100. 底部層100は溜め250を提供して、膜300及び電極400を流体に露出させている。 Bottom layer 100 provides reservoir 250, the film 300 and the electrode 400 is exposed to the fluid.

【0054】 図4は、本発明の分析デバイス1000の他の態様を示している。 [0054] Figure 4 shows another embodiment of the analysis device 1000 of the present invention. この態様は、底部層100、流路形成接着剤層200、支持基材600、接着剤層700及び上部層800を具備している。 This embodiment includes a bottom layer 100, the flow path forming adhesive layer 200, the supporting substrate 600, and includes an adhesive layer 700 and the upper layer 800. また図4では、入口910、溜め250、出口920、較正口950、及び抜き出し管路940を具備している。 In FIG. 4, an inlet 910, reservoir 250, which includes an outlet 920, the calibration port 950 and extraction pipe 940,. 示されていないが、この態様では、図1〜3に示すように、少なくとも1つの作用電極、参照電極及び作用電極に近接した反応体を有する。 Although not shown, in this embodiment, as shown in FIGS. 1-3, having a reactant in proximity to at least one working electrode, reference electrode and working electrode. この態様は随意に、図1に示すように、少なくとも1つの膜を有する。 This embodiment optionally, as shown in FIG. 1, it comprises at least one membrane. また電極は、導線960を経由して監視ユニット970に接続されている。 The electrodes are connected to the monitoring unit 970 via the conductor 960. また監視ユニット970は、抜き出し管路940を経由して分析デバイス1000に接続されている。 The monitoring unit 970 is connected to the analysis device 1000 via the extraction pipe 940. 抜き出し管路940は、分析デバイス1000に減圧を提供する。 Extracting conduit 940 provides a vacuum to the analysis device 1000.

【0055】 図2の分析デバイス1000と同様に、図4に示されている溜め250は、出口920への開口を有する。 [0055] Similar to the analysis device 1000 of FIG. 2, reservoir shown in Figure 4 250 has an opening to the outlet 920. 較正口950は、較正流体を保持している貯蔵器980に接続されている。 The calibration port 950 is connected to a reservoir 980 holding the calibration fluid. 更に、較正口950は、較正流体に対して透過性の膜990を有することができる。 Furthermore, the calibration port 950 may have a permeable membrane 990 with respect to the calibration fluid.

【0056】 1つの態様では、較正流体は水と検知する分析物とからなっている。 [0056] In one embodiment, the calibration fluid consists of the analyte to detect water. 界面活性剤又はここで説明される他の洗浄剤のような他の化合物が存在していてもよい。 Other compounds, such as surfactants or other detergents as described herein may be present.
ここで、例えばSDSである界面活性剤は、表面張力を低下させることによって比較的なめらかな流れを確実にする。 Here, for example, surfactants that are SDS ensures a relatively smooth flow by reducing the surface tension. 更に、アジド、EDTA、又は任意の殺菌剤若しくは適当な殺生物剤のような反応体の性能を劣化させない保存剤を、較正流体に加えることができる。 Furthermore, azide, EDTA, or any of the preservatives which do not degrade the performance of the reaction, such as a disinfectant or a suitable biocide can be added to the calibration fluid. 更に較正流体は増粘剤、例えばポリマー及びプロテインを含有して、測定する分析物含有流体の流体特性を模擬することができる。 Further calibration fluid thickeners such as polymers and contains protein, it is possible to simulate the fluid properties of the analyte-containing fluid to be measured.

【0057】 貯蔵器980は溜め250と流通しており、それによって較正流体が溜め250に流入して電極と接触するようになっている。 [0057] reservoir 980 is in fluid communication with said reservoir 250, thereby to come into contact with the electrodes flows into the 250 reservoir calibration fluid. 較正流体は、真空を適用することによって出口920を通して溜め250から除去される。 Calibrant fluid is removed from the 250 reservoir through an outlet 920 by applying a vacuum.

【0058】 貯蔵器980は、任意の効果的な機構を使用して、較正流体を溜め250に放出することができる。 [0058] reservoir 980, using any effective mechanism, can be released to 250 reservoir calibration fluid. 1つの態様では、貯蔵器980はバック状の膜を有し、この膜は、 In one embodiment, the reservoir 980 has a back shaped membrane, the membrane,
出口920に加えられた減圧に反応して開いて、較正流体を溜め250に放出させる。 Open in response to a reduced pressure applied to outlet 920 to release the 250 reservoir calibration fluid.
更に、貯蔵器980は、機械的に孔を開けたときに、溜め250に較正流体を放出する材料で作られていてもよい。 Moreover, the reservoir 980, when opened mechanically holes, may be made of a material which releases a calibration fluid in reservoir 250.

【0059】 あるいは膜990は、破裂させて較正流体を導入することができる自己シール性膜、例えばシリンジによって破裂させて、溜め250に較正流体を導入する膜であってもよい。 [0059] or membrane 990 is self-sealing membrane which can introduce calibration fluid by rupture, for example, by rupturing the syringe may be a film of introducing a calibration fluid into reservoir 250. 好ましくは、出口920に減圧を適用しながら、較正流体を溜め250に導入する。 Preferably, while applying a vacuum to the outlet 920 is introduced into 250 reservoir calibration fluid. 他の好ましい態様では、1方向弁として操作する弁又は分析デバイス In another preferred embodiment, the valve or analysis device operating as a one-way valve
1000の外部で操作する弁を経由させて、較正流体を溜め250に導入する。 By way of the valve operating at 1000 external, it is introduced into 250 reservoir calibration fluid.

【0060】 本明細書では様々な文献を参照してきた。 [0060] and reference has been made to various publications in this specification. これら文献の記載はここで参照してその記載の全てを本願明細書の記載に含め、それによって本発明が関連する従来技術の説明をより完全に行う。 Description of these documents referenced herein, including all its described description herein and performs the prior art described whereby the present invention pertains more fully.

【0061】 当業者には、様々な変形及び変更が、本発明の本質及び範囲から離れずに本発明の範囲内で可能である。 [0061] Those skilled in the art that various modifications and variations are possible within the scope of the present invention without departing from the spirit and scope of the present invention. 本願明細書の記載を参照することによって又はここで開示されている本発明を実施することによって、本発明の他の態様も当業者に明らかである。 By carrying out the present invention disclosed by or herein by reference to the description of this specification, another aspect of the present invention will also be apparent to those skilled in the art. 本願明細書の記載及び例は単なる例示であり、本発明の実際の範囲及び本質は特許請求の範囲で示されている。 Description and Examples of the present specification are merely exemplary and that the actual scope and spirit of the invention being indicated by the appended claims.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 図1は、本発明の分析デバイスの好ましい態様の断面図である。 FIG. 1 is a cross-sectional view of a preferred embodiment of the analytical device of the present invention.

【図2】 図2は、本発明の分析デバイスの他の態様の断面図である。 Figure 2 is a cross-sectional view of another embodiment of the assay device of the present invention.

【図3】 図3は、本発明の分析デバイスの更に他の態様の断面図である。 Figure 3 is a cross-sectional view of yet another embodiment of the assay device of the present invention.

【図4】 図4は、本発明の分析デバイスのまた更に他の態様の分解図である。 Figure 4 is an exploded view of yet still another embodiment of the assay device of the present invention.

【手続補正書】 [Procedure amendment]

【提出日】平成13年10月17日(2001.10.17) [Filing date] 2001 October 17 (2001.10.17)

【手続補正2】 [Amendment 2]

【補正対象書類名】図面 [Correction target document name] drawings

【補正対象項目名】図4 [Correction target item name] FIG. 4

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正の内容】 [Contents of the correction]

【図4】 [Figure 4]

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (31)優先権主張番号 60/139,976 (32)優先日 平成11年6月18日(1999.6.18) (33)優先権主張国 米国(US) (31)優先権主張番号 60/165,809 (32)優先日 平成11年11月16日(1999.11.16) (33)優先権主張国 米国(US) (31)優先権主張番号 60/182,698 (32)優先日 平成12年2月15日(2000.2.15) (33)優先権主張国 米国(US) (81)指定国 EP(AT,BE,CH,CY, DE,DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,I T,LU,MC,NL,PT,SE),OA(BF,BJ ,CF,CG,CI,CM,GA,GN,GW,ML, MR,NE,SN,TD,TG),AP(GH,GM, ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (31) priority claim No. 60 / 139,976 (32) priority date 1999 June 18 (1999.6.18) (33) priority country the United States (US) ( 31) priority claim No. 60 / 165,809 (32) priority date 1999 November 16 (1999.11.16) (33) priority country the United States (US) (31) priority claim No. 60 / 182,698 (32) priority Date 2000 February 15 (2000.2.15) (33) priority country the United States (US) (81) designated States EP (AT, BE, CH, CY, DE, DK, ES, FI, FR, GB, GR, IE, I T, LU, MC, NL, PT, SE), OA (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG), AP (GH, GM, K E,LS,MW,SD,SL,SZ,TZ,UG,ZW ),EA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD,RU, TJ,TM),AE,AG,AL,AM,AT,AU, AZ,BA,BB,BG,BR,BY,CA,CH,C N,CR,CU,CZ,DE,DK,DM,DZ,EE ,ES,FI,GB,GD,GE,GH,GM,HR, HU,ID,IL,IN,IS,JP,KE,KG,K P,KR,KZ,LC,LK,LR,LS,LT,LU ,LV,MA,MD,MG,MK,MN,MW,MX, NO,NZ,PL,PT,RO,RU,SD,SE,S G,SI,SK,SL,TJ,TM,TR,TT,TZ ,UA,UG,US,UZ,VN,YU,ZA,ZW (72)発明者 ファークハー,ジェイ. K E, LS, MW, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZW), EA (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM), AE, AG, AL, AM, AT , AU, AZ, BA, BB, BG, BR, BY, CA, CH, C N, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DZ, EE, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, K P, KR, KZ, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LV, MA, MD, MG, MK, MN , MW, MX, NO, NZ, PL, PT, RO, RU, SD, SE, S G, SI, SK, SL, TJ, TM, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VN, YU, ZA, ZW (72) inventor Fakuha, Jay. デビッド アメリカ合衆国,ジョージア 30530,コ マース,クレイグ ロード 234 (72)発明者 テイラー,ランス アメリカ合衆国,ジョージア 30008,マ リエッタ,レイクサイド プレイス 2381 (72)発明者 スミス,アラン エム. David United States, Georgia 30530, co-Mars, Craig Road 234 (72) inventor Taylor, Lance United States, Georgia 30008, Ma Rietta, Lakeside Place 2381 (72) inventor Smith, Alan M.. アメリカ合衆国,ジョージア 30305− 2733,アトランタ,ノースイースト,グリ ーンビュー アベニュ 736 (72)発明者 ブリーク,マーク エス. United States, Georgia 30305- 2733, Atlanta, North East, glyceryl Nbyu Abenyu 736 (72) inventor Brig, mark es. アメリカ合衆国,インディアナ 46530, グレンジャー,ハーブリッジ ドライブ 11595 (72)発明者 ハッチ,マイケル アール. United States, Indiana 46530, Granger, herbs ridge drive 11595 (72) inventor hatch, Michael Earl. アメリカ合衆国,ジョージア 30518,シ ュガー ヒル,プライス ヒルズ トレイ ル 131 (72)発明者 シファー,ジャラド アメリカ合衆国,ジョージア 30324,ア トランタ,ウッズ サークル 1195 (72)発明者 フォーペル,マーク エル. United States, Georgia 30518, shea Yuga Hill, price Hills tray Le 131 (72) inventor Schiffer, Jarado United States, Georgia 30324, A Toranta, Woods Circle 1195 (72) inventor Foperu, mark El. アメリカ合衆国,ジョージア 30022,ア ルファレッタ,フォールガース ウェイ 160 (72)発明者 コノリー,ジェームズ アメリカ合衆国,ジョージア 30243,ロ ーレンスビル,マーシュ クリーク ドラ イブ 1924 Fターム(参考) 2G045 AA13 CA25 DA31 FB01 FB05 HA09 JA02 United States, Georgia 30022, A Rufaretta, Fall Garth Way 160 (72) inventor Connolly, James United States, Georgia 30243, Russia Rensubiru, Marsh Creek drive 1924 F-term (reference) 2G045 AA13 CA25 DA31 FB01 FB05 HA09 JA02

Claims (24)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 (a)流体を受け取る入口、 (b)前記入口と流通している溜め、 (c)前記溜めと流通して流体を放出する出口、 (d)前記溜め内に配置された少なくとも1つの第1の作用電極及び少なくとも1つの参照電極、 (e)分析物と反応して反応生成物を作る所定量の反応体、ここでこの反応生成物は、前記少なくとも1つの第1の作用電極と流通している、並びに (f)前記反応体上又はその周囲に配置されて、流体中の前記分析物と前記反応体との接触を調節する少なくとも1つの膜、 を有する、流体中の分析物を検知する分析デバイス。 1. A (a) an inlet for receiving a fluid, (b) reservoir in fluid communication with the inlet, outlet for discharging the fluid in fluid communication with said reservoir (c), disposed within said reservoir (d) at least one of the first working electrode and at least one reference electrode, (e) a predetermined amount of the reactants to react with the analyte creating a reaction product, wherein the reaction product, said at least one first in fluid communication with the working electrode, and (f) are arranged on or around the said reactants have at least one membrane, regulates the contact of the analyte and the reactant in the fluid, the fluid analysis device for detecting the analyte.
  2. 【請求項2】 前記入口が、流体を抜き出す組織の孔/穴と一列に並べるのに適当である、請求項1に記載の分析デバイス。 Wherein said inlet is suitable for arranging into the hole / holes and a row of tissue withdrawing fluid analysis device according to claim 1.
  3. 【請求項3】 前記出口が、流体を前記溜めに通すのに充分な真空源に接続するのに適当である、請求項1に記載の分析デバイス。 Wherein the outlet is suitable for connection to a sufficient vacuum source to pass to said reservoir fluid analysis device according to claim 1.
  4. 【請求項4】 前記少なくとも1つの第1の作用電極が、触媒金属で構成されている、請求項1に記載の分析デバイス。 Wherein said at least one first working electrode, and a catalyst metal, the analysis device according to claim 1.
  5. 【請求項5】 前記少なくとも1つの第1の作用電極が、白金、パラジウム、クロム、ルテニウム、ルビジウム、又はそれらの混合で構成されている、請求項1に記載の分析デバイス。 Wherein said at least one first working electrode, platinum, palladium, chromium, ruthenium, and a rubidium, or a mixture thereof, the analysis device according to claim 1.
  6. 【請求項6】 前記少なくとも1つの参照電極が、銀/塩化銀で構成されている、請求項1に記載の分析デバイス。 Wherein said at least one reference electrode, and a silver / silver chloride, analytical device of claim 1.
  7. 【請求項7】 前記溜め内に配置された少なくとも1つの対電極を更に有する、請求項1に記載の分析デバイス。 7. further comprising at least one pair of electrodes disposed within the reservoir, analysis device according to claim 1.
  8. 【請求項8】 前記溜め内に配置された第2の作用電極を更に有する、請求項1に記載の分析デバイス。 8. further comprising a second working electrode disposed within the reservoir, analysis device according to claim 1.
  9. 【請求項9】 前記溜め内に配置された少なくとも1つの対電極及び第2の作用電極を更に有する、請求項1に記載の分析デバイス。 9. further comprising at least one counter electrode and the second working electrode disposed within the reservoir, analysis device according to claim 1.
  10. 【請求項10】 請求項1に記載の分析デバイスを具備し、且つこの分析デバイスと組み合わされた監視ユニットを更に有する監視装置。 10. comprising an analysis device according to claim 1, further comprising monitoring apparatus monitoring unit and combined with the analysis device.
  11. 【請求項11】 請求項1に記載の分析デバイスを具備し、且つこの分析デバイスと組み合わされた監視ユニットを更に有する監視装置であって、前記監視ユニットが、電量又は電流測定技術を使用して、前記分析デバイスから分析物の測定値をもたらす、監視装置。 11. comprising an analysis device according to claim 1, and a further comprising monitoring apparatus combined monitoring unit and the analysis device, wherein the monitoring unit, coulometric or using current measuring techniques , resulting in a measurement of the analyte from the analysis device, the monitoring device.
  12. 【請求項12】 前記所定量の反応体が、前記少なくとも1つの作用電極上又はその周囲に配置されている、請求項1に記載の分析デバイス。 12. The method of claim 11, wherein the predetermined amount of the reactants, the are arranged on at least one working electrode or around, the analysis device according to claim 1.
  13. 【請求項13】 前記所定量の反応体が、グルコースオキシダーゼ酵素、グルコースデヒドロゲナーゼ、又はそれらの混合物で構成されている、請求項1に記載の分析デバイス。 Reactants wherein said predetermined amount of glucose oxidase enzyme, and a glucose dehydrogenase, or a mixture thereof, the analysis device according to claim 1.
  14. 【請求項14】 前記所定量の反応体が、グルコースと反応させるのに適当である、請求項1に記載の分析デバイス。 Reactant according to claim 12, wherein the predetermined amount is suitable for reacting with glucose assay device according to claim 1.
  15. 【請求項15】 前記少なくとも1つの膜が、前記反応体に接触する前記分析物の割合を制限する大きさの気孔を有する、請求項1に記載の分析デバイス。 15. The method of claim 14, wherein at least one membrane has a size pores of limiting the ratio of the analyte in contact with the reactants, the analysis device according to claim 1.
  16. 【請求項16】 前記少なくとも1つの膜が、前記反応体に接触する妨害物質の割合を制限する大きさの気孔を有する、請求項1に記載の分析デバイス。 16. wherein said at least one membrane has a pore size that limits the proportion of interfering materials in contact with the reactants, the analysis device according to claim 1.
  17. 【請求項17】 前記少なくとも1つの膜が、前記少なくとも1つの第1の作用電極上又はその周囲に配置されている、請求項1に記載の分析デバイス。 17. wherein said at least one membrane, wherein is arranged at least one first working electrode on or around the of the analysis device according to claim 1.
  18. 【請求項18】 前記少なくとも1つの膜が、前記少なくとも1つの第1の作用電極及び前記少なくとも1つの参照電極上又はその周囲に配置されている、 18. The method of claim 17, wherein the at least one membrane, wherein is arranged at least one first working electrode and the at least one reference electrode on or around the,
    請求項1に記載の分析デバイス。 Analysis device according to claim 1.
  19. 【請求項19】 前記溜め内に配置された第2の作用電極を更に具備し、前記少なくとも1つの膜が、前記少なくとも1つの第1の作用電極及び前記第2の作用電極上又はその周囲に配置されている、請求項1に記載の分析デバイス。 19. further comprising a second working electrode disposed in said reservoir, said at least one membrane, wherein the at least one first working electrode and the second working electrode or around the are arranged, the analysis device according to claim 1.
  20. 【請求項20】 較正流体を保持している貯蔵器を更に具備し、この貯蔵器が前記溜めと流通しており、それによって前記較正流体が、前記溜めに流入し前記出口を通って前記溜めから除去される、請求項1に記載の分析デバイス。 20. further comprising a reservoir holding the calibration fluid, in fluid communication with said reservoir this reservoir, whereby the calibration fluid flows into the reservoir the reservoir through the outlet It is removed from the assay device of claim 1.
  21. 【請求項21】 前記貯蔵器が、前記出口に適用される真空に反応して開いて前記較正流体を前記溜めに放出するバッグを有する、請求項20に記載の分析デバイス。 21. The reservoir has a bag to release the calibration fluid open in response to a vacuum applied to the outlet to said reservoir, analysis device according to claim 20.
  22. 【請求項22】 前記貯蔵器が、機械的に孔を開けたときに前記較正流体を前記溜めに放出する材料でできている、請求項20に記載の分析デバイス。 22. The reservoir is made of a material which releases the calibration fluid to said reservoir when opened mechanically hole An assay device according to claim 20.
  23. 【請求項23】 前記貯蔵器を前記溜めにつなげる較正口を更に具備しており、この較正口が前記較正流体に対して透過性の膜を有する、請求項20に記載の分析デバイス。 23. and comprises the calibration port connecting the reservoir to said reservoir further the calibration opening has a permeability of the membrane to the calibration fluid analysis device according to claim 20.
  24. 【請求項24】 (a)流体を受け取る入口、 (b)前記入口と流通している溜め、 (c)前記溜めと流通して流体を放出する出口、 (d)前記溜め内に配置された少なくとも1つの第1の作用電極及び少なくとも1つの参照電極、 (e)分析物と反応して反応生成物を作る所定量の反応体、ここでこの反応生成物は、前記少なくとも1つの第1の作用電極と流通している、並びに (f)前記溜めと流通している較正口、 を有する、流体中の分析物の検知をし且つ測定を可能にする分析デバイス。 24. (a) an inlet for receiving a fluid, (b) reservoir in fluid communication with the inlet, outlet for discharging the fluid in fluid communication with said reservoir (c), disposed within said reservoir (d) at least one of the first working electrode and at least one reference electrode, (e) a predetermined amount of the reactants to react with the analyte creating a reaction product, wherein the reaction product, said at least one first in fluid communication with the working electrode, and (f) analyzing the device calibration port in fluid communication the reservoir and has a, to permit detection was and determination of an analyte in a fluid.
JP2000608941A 1999-04-07 2000-04-07 Analysis device for continuously measuring the characteristics of the fluid Pending JP2002541441A (en)

Priority Applications (11)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US12819899P true 1999-04-07 1999-04-07
US13997599P true 1999-06-18 1999-06-18
US13997699P true 1999-06-18 1999-06-18
US16580999P true 1999-11-16 1999-11-16
US18269800P true 2000-02-15 2000-02-15
US60/128,198 2000-02-15
US60/139,976 2000-02-15
US60/165,809 2000-02-15
US60/139,975 2000-02-15
US60/182,698 2000-02-15
PCT/US2000/009393 WO2000059373A1 (en) 1999-04-07 2000-04-07 Assay device for measuring characteristics of a fluid on a continual basis

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2002541441A true JP2002541441A (en) 2002-12-03

Family

ID=27537800

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000608941A Pending JP2002541441A (en) 1999-04-07 2000-04-07 Analysis device for continuously measuring the characteristics of the fluid

Country Status (6)

Country Link
EP (1) EP1164925A1 (en)
JP (1) JP2002541441A (en)
AU (1) AU4216900A (en)
BR (1) BR0009581A (en)
CA (1) CA2366753A1 (en)
WO (1) WO2000059373A1 (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007333487A (en) * 2006-06-13 2007-12-27 Dkk Toa Corp Gas analysis unit, gas analyzer and gas analysis method
JP2009098027A (en) * 2007-10-17 2009-05-07 Eiwa Corp Multichannel flow double-electrode measuring apparatus
JP2013174606A (en) * 2007-12-20 2013-09-05 Abbott Point Of Care Inc Compositions for forming immobilized biological layers for sensing

Families Citing this family (60)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7899511B2 (en) 1997-03-04 2011-03-01 Dexcom, Inc. Low oxygen in vivo analyte sensor
US6001067A (en) 1997-03-04 1999-12-14 Shults; Mark C. Device and method for determining analyte levels
US9757061B2 (en) 2006-01-17 2017-09-12 Dexcom, Inc. Low oxygen in vivo analyte sensor
US8527026B2 (en) 1997-03-04 2013-09-03 Dexcom, Inc. Device and method for determining analyte levels
US8465425B2 (en) 1998-04-30 2013-06-18 Abbott Diabetes Care Inc. Analyte monitoring device and methods of use
US8974386B2 (en) 1998-04-30 2015-03-10 Abbott Diabetes Care Inc. Analyte monitoring device and methods of use
US8688188B2 (en) 1998-04-30 2014-04-01 Abbott Diabetes Care Inc. Analyte monitoring device and methods of use
US9066695B2 (en) 1998-04-30 2015-06-30 Abbott Diabetes Care Inc. Analyte monitoring device and methods of use
US6175752B1 (en) 1998-04-30 2001-01-16 Therasense, Inc. Analyte monitoring device and methods of use
US8346337B2 (en) 1998-04-30 2013-01-01 Abbott Diabetes Care Inc. Analyte monitoring device and methods of use
US6560471B1 (en) 2001-01-02 2003-05-06 Therasense, Inc. Analyte monitoring device and methods of use
US6702857B2 (en) 2001-07-27 2004-03-09 Dexcom, Inc. Membrane for use with implantable devices
US20030032874A1 (en) * 2001-07-27 2003-02-13 Dexcom, Inc. Sensor head for use with implantable devices
US6855117B2 (en) 2001-08-01 2005-02-15 Johnson & Johnson Consumer Companies, Inc. Method of treating the skin of a subject
US6790179B2 (en) 2001-08-01 2004-09-14 Johnson & Johnson Consumer Companies, Inc. Method of examining and diagnosing skin health
US6840910B2 (en) 2001-08-01 2005-01-11 Johnson & Johnson Consumer Companies, Inc. Method of distributing skin care products
US9282925B2 (en) 2002-02-12 2016-03-15 Dexcom, Inc. Systems and methods for replacing signal artifacts in a glucose sensor data stream
US7226978B2 (en) 2002-05-22 2007-06-05 Dexcom, Inc. Techniques to improve polyurethane membranes for implantable glucose sensors
US7613491B2 (en) 2002-05-22 2009-11-03 Dexcom, Inc. Silicone based membranes for use in implantable glucose sensors
US7811231B2 (en) 2002-12-31 2010-10-12 Abbott Diabetes Care Inc. Continuous glucose monitoring system and methods of use
EP2069772B1 (en) * 2006-10-04 2014-05-21 DexCom, Inc. Dual electrode system for a continuous analyte sensor
WO2005011520A2 (en) 2003-07-25 2005-02-10 Dexcom, Inc. Oxygen enhancing membrane systems for implantable devices
US7774145B2 (en) 2003-08-01 2010-08-10 Dexcom, Inc. Transcutaneous analyte sensor
US8275437B2 (en) 2003-08-01 2012-09-25 Dexcom, Inc. Transcutaneous analyte sensor
US8626257B2 (en) 2003-08-01 2014-01-07 Dexcom, Inc. Analyte sensor
US8761856B2 (en) 2003-08-01 2014-06-24 Dexcom, Inc. System and methods for processing analyte sensor data
US7640048B2 (en) 2004-07-13 2009-12-29 Dexcom, Inc. Analyte sensor
US8845536B2 (en) 2003-08-01 2014-09-30 Dexcom, Inc. Transcutaneous analyte sensor
US8886273B2 (en) 2003-08-01 2014-11-11 Dexcom, Inc. Analyte sensor
US9247901B2 (en) 2003-08-22 2016-02-02 Dexcom, Inc. Systems and methods for replacing signal artifacts in a glucose sensor data stream
US8010174B2 (en) 2003-08-22 2011-08-30 Dexcom, Inc. Systems and methods for replacing signal artifacts in a glucose sensor data stream
US7519408B2 (en) 2003-11-19 2009-04-14 Dexcom, Inc. Integrated receiver for continuous analyte sensor
US8423114B2 (en) 2006-10-04 2013-04-16 Dexcom, Inc. Dual electrode system for a continuous analyte sensor
AT480761T (en) 2003-12-05 2010-09-15 Dexcom Inc Calibration methods for a continuous analyte sensor
EP1711791B1 (en) 2003-12-09 2014-10-15 DexCom, Inc. Signal processing for continuous analyte sensor
US8808228B2 (en) 2004-02-26 2014-08-19 Dexcom, Inc. Integrated medicament delivery device for use with continuous analyte sensor
US7591801B2 (en) 2004-02-26 2009-09-22 Dexcom, Inc. Integrated delivery device for continuous glucose sensor
US8277713B2 (en) 2004-05-03 2012-10-02 Dexcom, Inc. Implantable analyte sensor
US8792955B2 (en) 2004-05-03 2014-07-29 Dexcom, Inc. Transcutaneous analyte sensor
US8452368B2 (en) 2004-07-13 2013-05-28 Dexcom, Inc. Transcutaneous analyte sensor
US9247900B2 (en) 2004-07-13 2016-02-02 Dexcom, Inc. Analyte sensor
US20060270922A1 (en) 2004-07-13 2006-11-30 Brauker James H Analyte sensor
US8565848B2 (en) 2004-07-13 2013-10-22 Dexcom, Inc. Transcutaneous analyte sensor
US8515516B2 (en) 2004-07-13 2013-08-20 Dexcom, Inc. Transcutaneous analyte sensor
US7920906B2 (en) 2005-03-10 2011-04-05 Dexcom, Inc. System and methods for processing analyte sensor data for sensor calibration
US8744546B2 (en) 2005-05-05 2014-06-03 Dexcom, Inc. Cellulosic-based resistance domain for an analyte sensor
US8364231B2 (en) 2006-10-04 2013-01-29 Dexcom, Inc. Analyte sensor
US8532730B2 (en) 2006-10-04 2013-09-10 Dexcom, Inc. Analyte sensor
EP2152350A4 (en) 2007-06-08 2013-03-27 Dexcom Inc Integrated medicament delivery device for use with continuous analyte sensor
US20090076360A1 (en) 2007-09-13 2009-03-19 Dexcom, Inc. Transcutaneous analyte sensor
US8417312B2 (en) 2007-10-25 2013-04-09 Dexcom, Inc. Systems and methods for processing sensor data
US9135402B2 (en) 2007-12-17 2015-09-15 Dexcom, Inc. Systems and methods for processing sensor data
US9839395B2 (en) 2007-12-17 2017-12-12 Dexcom, Inc. Systems and methods for processing sensor data
CA2715628A1 (en) 2008-02-21 2009-08-27 Dexcom, Inc. Systems and methods for processing, transmitting and displaying sensor data
US8583204B2 (en) 2008-03-28 2013-11-12 Dexcom, Inc. Polymer membranes for continuous analyte sensors
US8682408B2 (en) 2008-03-28 2014-03-25 Dexcom, Inc. Polymer membranes for continuous analyte sensors
EP2326944A4 (en) 2008-09-19 2013-11-13 Dexcom Inc Particle-containing membrane and particulate electrode for analyte sensors
GR1007310B (en) * 2009-03-09 2011-06-10 Αχιλλεασ Τσουκαλησ Implantable biosensor with automatic calibration
WO2010111660A1 (en) 2009-03-27 2010-09-30 Dexcom, Inc. Methods and systems for promoting glucose management
US9357951B2 (en) 2009-09-30 2016-06-07 Dexcom, Inc. Transcutaneous analyte sensor

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5161532A (en) * 1990-04-19 1992-11-10 Teknekron Sensor Development Corporation Integral interstitial fluid sensor
US5914026A (en) * 1997-01-06 1999-06-22 Implanted Biosystems Inc. Implantable sensor employing an auxiliary electrode

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007333487A (en) * 2006-06-13 2007-12-27 Dkk Toa Corp Gas analysis unit, gas analyzer and gas analysis method
JP2009098027A (en) * 2007-10-17 2009-05-07 Eiwa Corp Multichannel flow double-electrode measuring apparatus
JP2013174606A (en) * 2007-12-20 2013-09-05 Abbott Point Of Care Inc Compositions for forming immobilized biological layers for sensing

Also Published As

Publication number Publication date
EP1164925A1 (en) 2002-01-02
WO2000059373A1 (en) 2000-10-12
BR0009581A (en) 2002-02-05
AU4216900A (en) 2000-10-23
WO2000059373A9 (en) 2002-02-07
CA2366753A1 (en) 2000-10-12

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Jobst et al. Thin-Film Microbiosensors for Glucose− Lactate Monitoring
KR100869655B1 (en) Biological fluid constituent sampling and measurement devices
EP1937136B1 (en) Sensor with layered electrodes
RU2202781C2 (en) Electrochemical element
CA2695966C (en) Combined sensor and infusion set using separated sites
EP1307583B1 (en) Disposable electrochemical bio-sensor for the quantitative determination of analyte concentrations in fluids
ES2254368T3 (en) Electrochemical methods and devices for use in the determination of analyte concentrations hematocrit corrected.
EP1681992B2 (en) Sensor with increased biocompatibility
US7022218B2 (en) Biosensor with interdigitated electrodes
US5120420A (en) Biosensor and a process for preparation thereof
JP3118015B2 (en) Biosensors and separation quantification method using the same
JP4213361B2 (en) Biosensor
EP1497446B1 (en) Disposable sub-microliter volume sensor with enhanced sample inlet
CN1938590B (en) Method for measuring blood components and biosensor and measuring instrument for use therein
KR100854255B1 (en) Physiological sample collection devices and methods of using the same
ES2247094T3 (en) Glucose sensor with fast response.
JP4659052B2 (en) Method of forming an electrical connection
JP4184074B2 (en) Biosensor
KR100554649B1 (en) Electrochemical biosensor
EP1497449B1 (en) Disposable sensor with enhanced sample port inlet
CA2731828C (en) Analyte sensor apparatuses comprising multiple implantable sensor elements and methods for making and using them
US6174420B1 (en) Electrochemical cell
US6565738B1 (en) Diagnostic test for the measurement of analyte in abiological fluid
US5773270A (en) Three-layered membrane for use in an electrochemical sensor system
JP3935842B2 (en) Analyte measurement