JP2001202531A - Method for editing moving image - Google Patents

Method for editing moving image

Info

Publication number
JP2001202531A
JP2001202531A JP2000355034A JP2000355034A JP2001202531A JP 2001202531 A JP2001202531 A JP 2001202531A JP 2000355034 A JP2000355034 A JP 2000355034A JP 2000355034 A JP2000355034 A JP 2000355034A JP 2001202531 A JP2001202531 A JP 2001202531A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
viewpoint
cg
image
user
camera
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2000355034A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Tsutomu Ito
Hirotada Ueda
博唯 上田
励 伊藤
Original Assignee
Hitachi Kokusai Electric Inc
株式会社日立国際電気
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP11-293331 priority Critical
Priority to JP29333199 priority
Application filed by Hitachi Kokusai Electric Inc, 株式会社日立国際電気 filed Critical Hitachi Kokusai Electric Inc
Priority to JP2000355034A priority patent/JP2001202531A/en
Publication of JP2001202531A publication Critical patent/JP2001202531A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a moving image editing method capable of more easily performing program production or the editing operation of video information in a short time by immediately displaying an image seen from another viewpoint desired by an editor, which is different from the image of a camera viewpoint during preview display in the middle of editing the video information such as the production of a television program and facilitating operations such as object arrangement in a CG studio and the movement confirmation of CG characters. SOLUTION: Dedicated viewpoints for knowing the arrangement of objects in the studio and the movements of the CG characters are provided in the CG studio and are made freely changeable during editing.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本説明は、映像情報の編集方法及び映像情報を編集する動画像編集装置に関わり、特にテレビジョン放送番組制作、ビデオ番組制作などに用いられるテレビ番組像編集装置に関する。 This description BACKGROUND OF THE INVENTION relates to a moving picture editing apparatus for editing editing method and the video information of the video information, in particular television broadcast program production relates television program picture editing apparatus for use in such a video program production.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、コンピュータグラフィックス(C In recent years, computer graphics (C
omputer Graphics:以降、CGと称する)アニメーション技術と音声合成技術、動画像再生技術等を融合し、一台のコンピュータによりテレビ番組を全て製作する、テレビ番組制作編集システムがある。 omputer Graphics: hereinafter, referred to as CG) animation technology and speech synthesis technology, fusing the moving image reproduction technology or the like, to produce all of the TV program by one computer, there is a TV program production editing system.

【0003】テレビ番組の作成をユーザとコンピュータとの対話動作により行う映像システムの一例として、T [0003] As an example of a video system carried out by the interaction of the television program the user and the computer to create, T
VML(Tele−Vision Program M VML (Tele-Vision Program M
aking Language)エディがある。 There is aking Language) Eddie. このT The T
VMLエディタは、ハードディスク装置のような大容量のランダムアクセス可能な記憶装置に格納されているアニメーションキャラクタやCGスタジオセット情報と、 VML editor, and animation characters and CG studio set information stored in the random access memory device having a large capacity such as a hard disk device,
音声合成ツールやアニメーション作成ツールなどを使用して、実際のスタジオやキャラクタを使用せずに、コンピュータとそれに接続した画面上だけで仮想現実空間上でのスタジオ内で展開する番組を制作することができる。 By using, for example, speech synthesis tools and animation creation tools, without using the actual studio and character, it is possible to produce a program to deploy in the studio on a virtual reality space only on the screen connected computer and to it it can. このTVMLエディタの編集画面では、編集中あるいは作成中の番組の画像を表示する(再生する)ことができる。 In the edit screen of this TVML editor, displaying the program image of or being created in the editing (to play) it can be. 表示される画像は、あらかじめ設定された撮像方向(カメラ視野角)、即ち、CGスタジオにおけるカメラ視点からの画像のみである。 The displayed image, preset imaging direction (camera view angle), that is, only the image from the camera viewpoint in CG studio.

【0004】ビデオ番組等の映像の制作過程や編集途中では、しばしば、登場するCGキャラクタを移動させる処理やCGキャラクタのセリフを動作に合せて正確に設定するために、別の異なるカメラ方向やカメラ位置(カメラ視野角)から見た制作番組の画像を確認する必要が生じる。 [0004] In the course creation process and edit the video, such as video programs are often in order to precisely set to match the speech processing and CG character moving the CG character appearing in operation, another different camera direction and camera position necessary to confirm the image of the production program as seen from the (camera viewing angle) occurs. そのようなバーチャルスタジオの撮像方向やカメラ位置を変更するには、その都度、カメラ視点の設定値をいちいち変更する入力操作をして表示される編集画面の撮像方向を変える必要がある。 To change the imaging direction and the camera position of such virtual studio, each time, by the input operation each time changing the setting values ​​of the camera viewpoint it is necessary to change the imaging direction of the editing screen displayed.

【0005】そのような別視点の画像とは、例えば、C [0005] The image of such alternative perspectives, for example, C
Gスタジオの真上から下を見下ろした画像とか、CGキャラクタの口の部分のクローズアップ画像とか、編集中の画像のフレーム外の画像などである。 Toka image that looked down below from directly above the G studio, Toka close-up image of the mouth portion of the CG character, is an image of the outside frame of the image being edited. そして、このような別の視点方向の画像を表示してCGキャラクタの動作等を確認した後には、また元のカメラ視点の画像に戻って編集を続けることになるので、編集者にとって操作上不便であり、編集に長時間を要する。 Since such a separate image of the view direction display to the after confirming the operations of CG characters such, also would continue editing back to the image of the original camera viewpoint, operational inconvenience to the editor , and the takes a long time to edit.

【0006】また、登場するCGキャラクタを移動させる処理やCGキャラクタのセリフを動作に合せて正確に設定するためだけに変更しただけであるのに、編集された映像では変更されたカメラ視点から撮影された映像が再生されるため、シナリオとは異なる映像となり、編集意図と異なることになる。 [0006] In addition, although it is only changed only in order to accurately set to match the lines of the process and the CG character to move the CG character appearing in the operation, edited taken from the camera point of view that has been changed in the video since video is reproduced, it becomes different images from the scenario, the editing intended different. 従って、このような別の視点から見た画像は、実際の番組にはほとんど使用されることがなく、削除されてしまうので、無駄な作業である。 Accordingly, an image viewed from such different viewpoints, without the actual program is mostly used, since get deleted, a useless work.

【0007】以下、本発明によるCGアニメーションを含む動画像編集方法を説明する。 [0007] Hereinafter, explaining a moving picture editing method comprising the CG animation according to the invention. TVMLを使用する従来の代表的なテレビ番組編集システムの一例を、図2によって説明する。 An example of a typical conventional television program editing system that uses TVML, will be explained with reference to FIG. 2. 図2はテレビ番組編集装置を構成するブロック図である。 Figure 2 is a block diagram constituting a television program editing apparatus. 103はCGにより登場人物やスタジオセットのアニメーション生成を行うCGアニメーション生成部、104は登場人物の喋り声(セリフ)を生成する音声合成部、107は予め編集済みの動画像を表示するための動画像生成部、102はテレビ番組の台本に相当する「登場人物の喋り」や「登場人物の動作」や「動画像再生」等のイベントを記憶しておくためのメモリ、105はメモリ102に記憶されたテレビ番組のイベント情報を元にCGアニメーション生成部103や音声合成部104や動画像生成部107を制御してテレビ番組を順次生成するシーケンサ部、108は生成されたテレビ番組を表示したり番組の編集情報を表示するモニタ、109はシーケンサ部に再生の指示を与えたりメモリに記憶されているテレビ番組のイベ 103 CG animation generating unit that performs animation generation of characters and studio set by CG, 104 speech synthesis unit that generates a voice (speech) speak of the characters, video for displaying a previously edited moving image 107 image generation unit, 102 memory for storing events such as "talking the characters" and "operation of characters" and "moving picture reproduction" corresponding to the script of the television program, 105 stored in memory 102 sequencer unit for sequentially generating a television program controls the CG animation generation unit 103 and the speech synthesis unit 104 and the moving image generation unit 107 based on the event information of a television program that is, 108 to view a television program produced monitor for displaying the editing information of the program, 109 television programs stored in the memory or giving an indication of reproduction to the sequencer unit event ト情報の編集を指示するためのマウスやキーボード等から成る入力装置、101はメモリ102に記憶されている番組の編集情報を操作するためのCPU(Central Pro An input device consisting of a mouse and a keyboard for instructing editing of bets information, 101 denotes a CPU for operating the editing information of the program stored in the memory 102 (Central Pro
cessing Unit)、106は登場人物のモデリングデータやCGスタジオのデータや動画像の映像情報等を記憶するための磁気記憶装置、110はこれらの各部を接続するためのバスである。 cessing Unit), 106 is a magnetic storage device for storing video information of modeling data and CG studios data or moving image of the characters, 110 denotes a bus for connecting these units.

【0008】上記装置を用いることにより、テレビ番組のシナリオをモニタ108の表示画面に時系列順に並べ、テレビ番組制作者(以降、オペレータと称する)は入力装置109を用いて効率的に編集でき、その結果作成されたテレビ番組を生成し、出力することが可能となる。 [0008] By using the above apparatus, arranged in chronological order scenarios TV program on the display screen of the monitor 108, the television program producer (hereinafter, referred to as operator) can efficiently edit using the input device 109, generated the results created television program, it is possible to output.

【0009】テレビ番組編集装置の表示画面の一例を図3に示す。 [0009] shows an example of a display screen of a television program editing apparatus is shown in FIG. 3. 図3は従来のテレビ番組編集装置のモニタに表示される基本的な編集画面である。 Figure 3 is a basic editing screen displayed on the monitor of the conventional television program editing apparatus. 201は編集画面、202はCGスタジオ内でCGキャラクタを喋らせ(セリフを言わせ)たり、歩かせ(動作させ)たり、カメラワークを指定したりすることを設定するためのスタジオブロック、203は予め用意した編集済みの動画像の再生制御を行うムービーブロック、204はテレビ画面に表示させる文字情報や静止画の制御を行うタイトルブロック、205は出力される映像にスーパーインポーズ文字を合成するスーパーブロック、206は映像に合成する音楽の制御を行うサウンドブロック、207はムービー再生中などにナレーションを映像に合成するナレーションブロック、208は待ち時間等の設定を行う各種設定ブロック、209はイベントマーク、210はC 201 edit screen, 202 (to say the words) and speak the CG character in CG studio or, walk allowed (operated) or studio block for setting or to specify the camera work, the 203 prepared in advance movie block for playback control of the edited video image, super 204 title block for the control of the character information and still images to be displayed on the television screen, it is 205 to synthesize the superimpose characters on the video to be output block, 206 is a sound block for controlling the music to be combined with video, 207 narration blocks for synthesizing a narration, such as during movie playback in the video, various setting block for setting the waiting time, etc. 208, 209 event mark, 210 C
Gキャラクターのセリフを設定するセリフ設定部分、2 Serif setting part for setting the words of the G character, 2
11はCGキャラクターの動き等を設定する動き設定部分、212はCGスタジオ内のカメラワークを設定するカメラワーク設定部分、213と214は表示画面の表示をスライドさせるスライダー、215は番組の始まりを示すスタートブロック、216は番組の終わりを示すエンドブロック、220はプルダウンメニュー、410 Motion setting portion 11 for setting a movement or the like of the CG character, the camera work setting portion for setting a camera work in the CG studio 212, 213 and 214 is a slider for sliding the display of the display screen, 215 indicates the beginning of a program Start block, end block to indicate the end of the program is 216, 220 is a pull-down menu, 410
はセットアップボタン、650は入力装置109によってマウスを動かしたときの表示画面201上の位置を示すポインターである。 Setup button, 650 is a pointer indicating a position on the display screen 201 when you move the mouse by the input device 109.

【0010】図3において、編集画面201は縦軸方向が時間軸となっており、画面上から下方向に向って順に進行するようにテレビ番組が生成されることになる。 [0010] In FIG. 3, the editing screen 201 is the vertical axis direction is the time axis, so that the television program is created to proceed sequentially toward the downward direction from the screen.

【0011】編集画面201の画面左側のスタジオブロック202、ムービーブロック203、タイトルブロック204等を持つ縦の列がテレビ画面に出力される映像を示している。 [0011] on the left side of the screen studio block 202 of the editing screen 201, the movie block 203, a vertical column with a title block 204, etc. are shown a video to be output to the TV screen. スタジオブロック202内には、更にC The studio block 202, further C
Gキャラクタのセリフを設定する部分210、CGキャラクタの動き等を設定する部分211、CGスタジオ内のカメラワークを設定する部分212がある。 There is a portion 212 for setting the camera work portion 211, the CG studio to set a portion 210, CG motion of characters and the like to set the lines of G character. また、スタジオブロック202,ムービーブロック203,タイトルブロック204の各ブロックは、縦方向にいくつかのイベントと呼ばれる単位に分解されるが、イベントマーク209はその存在するイベントの1つ1つに対応するマークである。 Further, studio block 202, the movie block 203, each block in the title block 204, but is decomposed into units called several events in the longitudinal direction, an event mark 209 corresponds to each one of events that exist it is a mark. 基本的にキャラクタのセリフや動きなどの全ての設定は一つのイベントの対応してそれぞれ1 Each basically all settings, such as speech and movement of characters corresponds to one event 1
つだけ設定することができる。 One only can be set.

【0012】このようにして制作されたテレビ番組は、 [0012] The TV program, which was produced in this way,
セリフ設定部分210,動作設定部分211,カメラ設定部分212のそれぞれの中にある1つの欄(これをセルと呼ぶ)をマウスでダブルクリックした時にポップアップ表示されるプレビューウインドウによって確認することができる。 Serif setting portion 210, the operation setting section 211, each of the single column is in the camera setting part 212 (referred to as a cell) can be confirmed by the preview window that pops up when the user double-clicks the mouse.

【0013】図4はテレビ番組編集装置の番組映像確認のプレビューウインドウを表示した例を示す図である。 [0013] FIG. 4 is a diagram showing an example of displaying the program video confirmation of the preview window of the television program editing device.
図3と同一の機能の構成要素には同一の番号を付した。 Given the same numerals to the components of FIG. 3 the same function.
その他、201−1は編集画面、202′はスタジオブロック、203′はタイトルブロック、500はプレビューウインドウ、301はプレビューコントローラウインドウ、302はプレイボタン、500はプレビューウインドウ、606はCGキャラクタB、607はCGキャラクタAである。 Other, 201-1 editing screen 202 'studio block, 203' title block, 500 is a preview window, the preview controller window 301, 302 play button, 500 is a preview window 606 CG character B, 607 is it is a CG character a.

【0014】オペレータが、制作されたテレビ番組を、 [0014] operator, the production television program,
始め(スタートブロック215)から終り(エンドブロック216)まで、全体を通して確認する場合は、プレビューコントローラウインドウ301を使用する。 From the beginning (start block 215) to the end (end block 216), if the check throughout using a preview controller window 301. このプレビューコントローラウインドウ301は、編集画面201の上側にあるプルダウンメニュー220の中にある「プレビュー」(プルダウンメニュー220の表示例は図示していない)を選択することによってポップアップ表示される。 The preview controller window 301, "preview" in the pull-down menu 220 located on the upper side of the editing screen 201 (display example of the pull-down menu 220 to not shown) pops up by selecting. プルダウンメニューとは、プルダウンメニュー220のタイトル部分(例えば、プルダウンメニュー220の中にある「イベント」)が常時表示されていて、タイトル部分(「イベント」)をマウスでクリックするといくつかのメニュー項目の一欄が表示され、その中から1つのメニュー項目を選択してクリックすると、選択した項目に関連付けられた処理がなされ、同時にメニュー項目一欄が消え、元のタイトルの表示に戻るメニューのことである。 The pull-down menu, title portion of the pull-down menu 220 (for example, is in the pull-down menu 220 "event") is being displayed at all times, the title part ( "Event") of some of the menu items when you click with the mouse appears one column and clicks to select one of the menu items from them is made the processing associated with the selected item, disappears menu items one column simultaneously by the menu to return to the display of the original title is there.

【0015】プレビューコントローラウインドウ301 [0015] The preview controller window 301
のプレイボタン302をマウスでクリックすることにより、制作されたテレビ番組がイベント順にプレビューウィンドウ500に次々と生成、表示される。 By clicking the play button 302 of the mouse, produced television programs one after another generation in the preview window 500 in the event the order is displayed. このプレビューウインドウ500に表示される画像が、実際にテレビ放送される画像となる。 Image that is displayed in the preview window 500, the actual image that is television broadcasting.

【0016】このとき、イベントマーク209の所望の範囲を選択してから、プレイボタン302をマウスでクリックすると、選択されたイベントマーク209のイベントだけの画像が、イベントマークの並んで表示された上から順番に、プレビューウインドウ500に再生される。 [0016] At this time, select the desired range of events mark 209, clicking the play button 302 with a mouse, an image of only the events of the event mark 209 is selected, on which are displayed alongside the event mark in order from, it is played in the preview window 500.

【0017】また、イベントマーク209を選択しないでプレイボタン302をマウスでクリックすると、編集されているイベントのすべての画像が、最初から最後まで順番に再生される。 [0017] In addition, when you click the play button 302 with the mouse not select the event mark 209, all of the images of the events that have been edited, are played in order from beginning to end.

【0018】このような番組の作成と編集作業の途中において、例えばCGスタジオ内でCGキャラクタの配置を決める場合がある。 [0018] In the middle of the creation and editing of such a program, for example, there is a case to determine the placement of the CG character in the CG studio. 例えば、CGスタジオ内のCGキャラクタの配置やカメラの配置等を設定する場合、スタジオセットアップ仕込みウインドウによって設定を行う。 For example, to set the arrangement of placement and camera CG character in CG studio, to set the studio setup charge window. このスタジオセットアップ仕込みウインドウは、スタジオブロック202′(図3ではスタジオブロック2 The studio setup charge window, studio block 202 '(FIG. 3 Studio Block 2
02)の右上に配置されたセットボタン410をマウスでクリックすることによりポップアップ表示される。 The set button 410 disposed in the upper right 02) pops up by clicking with the mouse. この時、プレビューウインドウ500には、スタジオブロック202の先頭状態が表示され、その具体的な情報がスタジオセットアップ仕込みウインドウに表示される。 At this time, the preview window 500, the top state of the studio block 202 is displayed, the specific information is displayed in the studio setup charge window.

【0019】図5はテレビ番組編集装置にスタジオセットアップ仕込みウインドウを表示した例を示す図である。 [0019] FIG. 5 is a diagram showing an example of displaying a studio setup charge window to the television program editing device. これまで説明した構成要素と同一の構成要素には同一の番号を付した。 This is the same components as described so far given the same numbers. その他、201−2は編集画面、4 Others, 201-2 editing screen, 4
00はスタジオセットアップ仕込みウインドウ、413 00 studio setup charge window, 413
は設定モードオプションメニュー、411は設定ボード欄、401と421はそれぞれCGキャラクタB606 Setting Mode Options menu, the set board section 411, 401 and 421 respectively CG character B606
とCGキャラクタA607の配置等の設定を行うCGキャラクタ設定ボード、412はCGキャラクタの追加を行うときにマウスをクリックしてCGキャラクタの追加を行う追加ボタン、402はCGキャラクタA607のCGスタジオ内でのX座標の位置を設定するX座標テキストフィールド、403はCGキャラクタA607のZ A CG character A607 CG character setting board for setting arrangement of, 412 add button for adding a CG character by clicking the mouse when performing additional CG character 402 within CG studio CG character A607 X coordinate text field for setting the position of the X-coordinate 403 and Z of the CG character A607
座標の位置を設定するZ座標テキストフィールド、40 Z coordinate text field for setting the position of the coordinates, 40
4はCGキャラクタA607の体の向きを設定する向き設定フィールド、414は設定ボード欄411の表示位置の変更を操作するスライダーである。 4 orientation fields to set the orientation of the body of the CG character A607, 414 is a slider for operating the change of the display position of the setting board section 411.

【0020】図5において、スタジオセットアップ仕込みウインドウ400には、CGキャラクタに関する情報だけが表示されている。 [0020] In FIG. 5, the studio setup charge window 400, and only the information about the CG character is displayed. この状態をCGキャラクタ設定モードと呼ぶ。 This state is referred to as CG character setting mode. CGキャラクタ設定モードの時には、スタジオセットアップ仕込みウインドウ400内の設定モードオプションメニュー413の表示が「キャラクタ設定」となっている。 At the time of the CG character setting mode, the display of the setting mode options menu 413 in the studio setup charge window 400 is "character setting".

【0021】以下、CGキャラクタ設定モードにおけるGUI(Graphical User Interf [0021] In the following, GUI in the CG character setting mode (Graphical User Interf
ace)操作例を図5と図18によって説明する。 ace) an operation example will be explained with reference to FIG. 5 and FIG. 18.

【0022】CGキャラクタA607の設定を行うとき、オペレータは、CGキャラクタ設定ボード401内にあるX座標テキストフィールド402、Z座標テキストフィールド403、向き設定テキストフィールド40 [0022] When the setting of the CG character A607, operator, X coordinate text field 402, Z-coordinate text field 403 in CG character setting board 401, the orientation set text field 40
4の値を変化させることによって、CGキャラクタA6 By changing the value of 4, CG character A6
07の配置と体の向きを設定する。 Setting the 07 orientation of the placement and body. また、図5の例では、CGキャラクタは2体(CGキャラクタA607とCGキャラクタB606)設定されている。 Further, in the example of FIG. 5, the CG character is two bodies (CG character A607 and CG character B 606) has been set. もしオペレータがCGキャラクタA607だけでなく、CGキャラクタB606の設定を行いたいときは、設定ボード欄4 If the operator not only CG character A607, when you want to set the CG character B 606, setting board section 4
11内のキャラクタボード421にある、同様の設定項目を変更することでCGキャラクタB606の位置や体の向きを設定することができる。 In the character board 421 in 11, it is possible to set the orientation of the position and the body of the CG character B606 by changing the same setting items. また表示が隠れて見えない場合は、スライダー414でスクロール操作することによって隠れて見えない部分を表示させることによって設定を続ける。 In the case you can not see the display, continue setting by displaying the part not hidden by scrolling the slider 414. CGキャラクタの配置と体の向きを設定する具体的な座標系を図18に示す。 FIG. 18 shows specific coordinate system to set the orientation of the arrangement and the body of the CG character.

【0023】図18はCGスタジオ内の座標系の一例を説明するための図である。 [0023] FIG. 18 is a diagram for explaining an example of a coordinate system of the CG studio. 1200はCGスタジオ、1 1200 CG studio, 1
800はCGスタジオ1200の中心(X座標0、Z座標0、Y座標0)、1801は中心1800を原点とした横方向の位置を示すためのX軸(オペレータからCG 800 the center of the CG studio 1200 (X-coordinate 0, Z coordinate 0, Y coordinates 0), X-axis (CG from the operator to indicate the 1801 horizontal position where the center 1800 as the origin
スタジオ1200を見て右方向が正)、1802は中心1800を原点とした奥行き方向の位置を示すためのZ Studio 1200 rightward positive watching), Z for indicating the position in the depth direction in which the center 1800 and origin 1802
軸(オペレータからCGスタジオ1200を見て前方向が正)、1804は中心1800を原点としたCGスタジオ1200の高さ方向の位置を示すためのY軸、18 Axial (direction positive before watching CG studio 1200 from the operator), Y axis for indicating the position in the height direction of the CG studio 1200 in which the center 1800 and the origin 1804, 18
05はZ軸1802のプラス(正)方向を角度0としているY軸1804を中心とした右ねじ回転(pan)方向、1803はZ軸1802のプラス(正)方向軸を基準(角度0)としているY軸1804を正とした右ねじ回転方向の角度(d)、1806はZ軸1802のマイナス(負)方向軸を基準(角度0)としているX軸18 05 is plus (positive) direction of the Z-axis 1802 right screw rotation around the Y-axis 1804 that is an angle 0 (pan) direction, 1803 as the reference (angle 0) plus (positive) direction axis of the Z-axis 1802 Y-axis 1804 a positive and the right-handed rotation direction angle are (d), 1806 is the X-axis are referenced (angle 0) minus (negative) axis of the Z-axis 1802 18
01を正とした右ねじ回転(tilt)方向、1807 01 positive and the right-hand screw rotation (tilt) directions, 1807
はY軸1804のプラス(正)方向軸を基準(角度0) The reference plus (positive) direction axis of the Y-axis 1804 (angle 0)
としているZ軸1802を正とした右ねじ回転(rol And to have right-hand thread rotation to the Z-axis 1802 is positive (rol
l)方向、1808はX−Z平面の1点からY方向を見た視野角度(vangle)を示す垂直視野範囲角である。 l) direction, 1808 is a vertical field of view angle showing the viewing angle (vangle) as viewed in the Y direction from a point X-Z plane.

【0024】即ち、X座標テキストフィールド402、 [0024] In other words, X coordinate text field 402,
Z座標テキストフィールド403、向き設定フィールド404の値を変化させることによってCGキャラクタのX軸方向、Z軸方向の位置と体の向きを設定することができる。 Z coordinate text field 403, it is possible to set the direction of the X-axis direction, Z-axis direction position and body CG characters by changing the value of the orientation setting field 404.

【0025】ここで、例えば図5では、各テキストフィールド内での座標は“m(メートル)”を単位とし、角度は“°(度)”を単位として用いる。 [0025] Here, in FIG. 5 for example, the coordinates in each text field in units of "m (meter)", the angle is used as a unit of "° (degrees)".

【0026】上記のキャラクタ設定モードにおいてオペレータがCGキャラクタの配置などを決める場合、Y軸方向の真上からCGスタジオ1200を見下ろすとCG [0026] If the operator in the character setting mode is determined and placement of the CG character, overlooking the CG studio 1200 from directly above the Y axis direction CG
キャラクタの配置が分かり易い。 The arrangement of the character is easy to understand. 従来このような視点を得るために、オペレータは、カメラをCGスタジオ12 For conventional obtain such viewpoint, the operator, CG studio 12 Camera
00の真上に配置して、真下を見下ろすようにカメラアングルを調整する必要があった。 Disposed directly above the 00, it is necessary to adjust the camera angle so straight down.

【0027】このようなカメラアングルの調整のように、カメラワークを設定する場合には、図5における設定モードオプションメニュー413を「カメラ設定」モードに切替える必要がある。 [0027] As such adjustment of the camera angle, to set the camera work, it is necessary to switch the setting mode options menu 413 in FIG. 5 to the "camera setting" mode. 即ち、設定モードオプションメニュー413の右側をマウスでクリックすることにより表示される項目から「カメラ設定」を選択することによって、図5のスタジオセットアップ仕込みウインドウ400は、「カメラ設定」モードに切替える。 In other words, by selecting the "Camera Settings" on the right side of the setting mode options menu 413 from the item to be displayed by clicking with the mouse, studio setup charge window 400 of FIG. 5, switch to the "camera setting" mode. 設定モードオプションメニュー413の表示は「キャラクタ設定」から「カメラ設定」に変更される。 Display of the setting mode options menu 413 is changed to the "Camera Settings" from the "character setting".

【0028】図6はスタジオセットアップ仕込みウインドウがカメラ設定モードの場合の表示例を示す図である。 [0028] FIG. 6 studio setup charge window is a view showing a display example of the case of a camera setup mode. これまで説明した構成要素と同一の構成要素には同一の番号を付した。 This is the same components as described so far given the same numbers. その他、201−3は編集画面、4 Others, 201-3 editing screen, 4
00−1はスタジオセットアップ仕込みウインドウ、5 00-1 studio setup charge window, 5
13は設定モードオプションメニュー、511はカメラ設定ボード欄、501と521はそれぞれカメラAとカメラBの配置等の設定を行うカメラ設定ボード、512 13 set mode options menu, the camera setting board section 511, camera settings board that performs 501 and 521 arranged such settings of each camera A and camera B, 512
はカメラの追加を行うときにマウスをクリックしてカメラの追加を行う追加ボタン、502はカメラのCGスタジオ1200内のX座標の位置を設定するX座標テキストフィールド、503はカメラのZ座標の位置を設定するZ座標テキストフィールド、504はカメラのY座標テキストフィールド、505はパン角(pan)テキストフィールド、506はチルト角(tilt)テキストフィールド、507はロール角(roll)テキストフィールド、508は視野角(vangle)テキストフィールド、514はカメラ設定ボード511の表示位置の変更を操作するスライダーである。 Additional button for additional cameras by clicking the mouse when performing additional cameras, 502 X coordinate text field for setting the position of the X-coordinate of the CG studio 1200 of the camera, 503 the position of the Z coordinate of the camera Z coordinate text field for setting a camera of Y coordinate text field 504, the panning angle (pan) text field 505, a tilt angle (tilt) text field 506, 507 roll angle (roll) text field 508 field angle (vangle) text field 514 is a slider for operating the change in the display position of the camera setting board 511.

【0029】図6において、プレビューウィンドウ50 [0029] In FIG. 6, the preview window 50
0に表示されているのは、現在撮影中のカメラ「Aca 0 to being displayed in the camera's currently shooting "Aca
m」からCGスタジオ1200内を撮影したとして取得した場合の画像である。 It is an image of a case that was acquired as were taken CG studio in 1200 from m ". カメラ「Acam」がCGスタジオ1200内のどの位置のどういうアングルで設定されているかは、カメラ「Acam」を設定するカメラ設定ボード501内のパラメータである各テキストフィールド502〜508の値が示している。 Or Camera "Acam" is set in what angle position of the throat in the CG studio 1200, the value of each text field 502-508, which is a parameter in the camera setting board 501 for setting the camera "Acam" indicates . このカメラ「A The camera "A
cam」をCGスタジオ1200の真上に設定する場合、オペレータはカメラ設定ボード501内の各テキストフィールド502〜508の設定座標値をCGスタジオ1200の真上に来るように変更する。 If you want to set cam "to just above the CG studio 1200, the operator change to come the setting coordinate values ​​of each text field 502 to 508 in the camera setting board 501 to just above the CG studio 1200.

【0030】但し、このようなCGスタジオ1200の真上から見下ろす視点のカメラを番組の進行中に使うこと(番組の放送用の映像として使用すること)はほとんどない。 [0030] However, such a thing to use the point of view of the camera looking down from the top of the CG studio 1200 in the program progress of (to be used as an image for the program of broadcasting) is little. オペレータは、番組の映像として直接使われないカメラをCGキャラクタの配置を知るためだけにわざわざ設定しなければならない。 Operator must set only bother for the not used directly camera knowing the placement of the CG character as the video of the program. そして、CGキャラクタ等のオブジェクトの配置または各オブジェクト同士の位置関係を知るためにカメラ視点を変更すると、編集された番組の映像として、そのカメラ視点から見た画像が再生または放送されるため、番組の編集の点では好ましくない。 When changing the camera viewpoint to know the positional relationship of the arrangement or the object between the object such as a CG character, as the video of the edited program, since the image viewed from the camera viewpoint is played or broadcast, program It is undesirable in terms of editing. 従って、確認した後は、その映像を削除する作業が必要となる。 Therefore, after the confirmation, it is necessary to work to remove the video.

【0031】また、同じような不便さがCGキャラクタの動作確認の場合等にもあることを、図7のGUI操作を例にして説明する。 Moreover, the fact that similar inconveniences are also in such case the operation check of the CG character will be explained with reference to an example GUI operation of FIG. 図7はセリフ仕込みウィンドウでCGキャラクタのセリフを設定する場合の表示例を示す図である。 Figure 7 is a diagram showing a display example for setting the speech of the CG character in words charged window.

【0032】図7ではこれまで説明した構成要素と同一の構成要素には同一の番号を付した。 [0032] given the same numerals to the same components as described in FIG far. その他、201− Other, 201-
4は編集画面、500−1はプレビューウインドウ、7 4 Edit screen, 500-1 preview window, 7
50はセリフ仕込みウインドウ、751はキャラクタメニュー、752はセリフ設定部、753はスライダー群、754はオプションメニュー群、755はセリフ設定部752の表示をスライドさせるスライダーである。 50 speech charging window 751 character menu 752 speech setting unit, 753 slider group 754 options menu group 755 is a slider for sliding the display of the speech setting unit 752.

【0033】CGキャラクタのセリフを設定する場合には、まず、図3のスタジオブロック202内にあるCG [0033] When setting the speech of the CG character, first, CG in the studio block 202 of FIG. 3
キャラクタのセリフ設定部分211において、1つのセルをマウスでダブルクリックすることによりセリフ仕込みウインドウ750をポップアップ表示する。 In speech setting portion 211 of the character, to pop up a speech charged window 750 by double-clicking a single cell with the mouse. この時、 At this time,
プレビューウインドウ500−1には、選択した(マウスでダブルクリックした)セルの動作の終了時(この例では、CGキャラクタがセリフを喋り終わった時)の映像が静止状態で表示される。 The preview window 500-1 (in this example, when the CG character has finished speaking the speech) at the end of the operation of the selected (double-click with the mouse) cell images are displayed in a stationary state.

【0034】図7において、セリフ仕込みウィンドウ7 [0034] In FIG. 7, the words were charged window 7
50でCGキャラクタのセリフを設定する場合において、キャラクタメニュー751は、セリフを話すキャラクタを設定する部分であり、マウスで設定することができる。 In case of setting the speech of the CG character in 50, the character menu 751 is a portion for setting a character speaking words, it is possible to set the mouse. 例えば図7では、「BOB」という名前のCGキャラクタが設定されている。 In Figure 7, for example, CG character called "BOB" is set.

【0035】セリフ設定部752は、セリフの内容を設定する部分であり、セリフの中身は、例えば、キーボード入力により設定される。 The speech setting unit 752 is a portion for setting the contents of the speech, the content of speech, for example, is set by the keyboard input. 図7の例では、セリフの中身が「みなさん、こんにちは」と設定されている。 In the example of FIG. 7, the contents of the dialogue is set to "Hello, everyone".

【0036】スライダー群753は、セリフを喋る速さ、ボリューム(音量)、音質(例えば、男性の声とか女性の声、子供の声など)、イントネーションなどを設定する部分であり、マウスで設定する。 The slider group 753, the speed at which speaks the words, volume (volume), sound quality (for example, or voices female voice of men, such as a child's voice), a section for settings such as intonation, set in the mouse . オプションメニュー群754は、キャラクタが喋る最中に行う動作の設定、セリフの内容をプレビューウインドウ500に字幕で表示する等の設定を行う部分であり、マウスで設定する。 Options menu group 754, the setting of the operation to be performed in the middle of character speaks, is a part for settings such as displayed in the caption the contents of the dialogue in the preview window 500, set with the mouse.

【0037】このセリフ設定時において、オペレータは、プレビュー画面500上にCGキャラクタを大きく表示して、セリフに応じたCGキャラクタの口の動きを間近に見てセリフと口の動きが同期していることを確認したいときがある。 [0037] During this speech setting, the operator may display increased CG character on the preview screen 500, the movement of serifs and mouth look up close mouth movements of the CG character corresponding to the words are synchronized that there are times when you want to make sure. このときも、オペレータはCGスタジオ1200内のカメラを操作して、CGキャラクタの間近にカメラを再設定する必要があった。 In this case, the operator operates the camera in CG studio 1200, it is necessary to reset the camera to close the CG character.

【0038】更にまた、同様な不便さが、動作仕込みウインドウの中でCGキャラクタの歩き終わりの位置と方向を設定する場合にもあることを図8のGUI操作を例にして説明する。 [0038] Furthermore, similar inconvenience will be described as an example GUI operation of FIG. 8 that is also to set the position and orientation of the end to walk the CG character in operation feed window. 図8はCGキャラクタの動きを設定する場合の動作仕込みウィンドウの表示例を示す図である。 Figure 8 is a view showing a display example of operation charged window for setting the motion of the CG character.

【0039】図8ではこれまで説明した構成要素と同一の構成要素には同一の番号を付した。 [0039] given the same numerals to the same components as described in FIG. 8 before. その他、850は動作仕込みウインドウ、851は動作対象メニュー、8 Other, 850 operations were charged window, 851 operation subject menu, 8
52は動作メニュー、853はキャラクタメニュー、8 52 operation menu 853 character menu, 8
54はオプションメニュー、855はテキストフィールド群である。 The options menu 54, 855 is a text field group.

【0040】図8に示すような動作仕込みウィンドウ8 [0040] The operation was charged window 8 as shown in FIG. 8
50でCGキャラクタの歩き終わりの位置と方向を設定する場合、動作対象メニュー851は、動作する対象を設定する部分であり、マウスで設定する。 When setting the position and orientation of the end to walk the CG character at 50, the operation target menu 851 is a portion for setting a target operating, set the mouse. 図8では、C In Figure 8, C
Gキャラクタが設定されている。 G character is set. その他に、例として、 In addition, as an example,
小道具の設定等がある。 There is a setting of the props.

【0041】動作メニュー852は、CGキャラクタが行う動作を設定する部分であり、マウスで設定する。 [0041] The operation menu 852 is a part for setting the operation of CG character performs, set with the mouse. 図8では、「歩く」が設定されているが、その他の例として、「おじぎ」、「震える」、「大口を開ける」等がある。 In FIG. 8, "walk" is set, as another example, "bow", "trembling", and the like "open large".

【0042】キャラクタメニュー853は、動作をするCGキャラクタを設定する部分であり、マウスで設定する。 The character menu 853 is a portion for setting the CG character to the operation, it sets the mouse. 図8では、「BOB」という名前のCGキャラクタが設定されている。 In Figure 8, CG character named "BOB" is set.

【0043】テキストフィールド群855は、歩き終わりの位置や体の向き等を設定する部分である。 The text field group 855 is a part for setting the direction or the like of the position and the body of the end walk. この座標系は、図5のスタジオセットアップ仕込みウインドウ4 This coordinate system, studio setup charge window 4 of FIG. 5
00内のキャラクタ設定ボード401の各パラメータ4 Each parameter of the character setting board 401 in 00 4
02〜404と同様である。 02 to 404 is the same as that.

【0044】オプションメニュー854は、動作の程度等、例えば、「おじぎ」の動作であれば、深々とおじぎするか頭だけ軽く下げるか等の設定を行う部分であり、 The option menu 854, such as the extent of the operation, for example, if the operation of the "bow", is a part for settings such as whether the lower lightly only head or deeply To bow,
マウスで設定する。 Set with the mouse.

【0045】この動作時において、オペレータは、プレビュー画面500−1の外までCGキャラクタを歩かせたいときがある。 [0045] During this operation, the operator, there are times when it is desired to walk CG character to the outside of the preview screen 500-1. プレビュー画面500−1に表示されている画像が、例えばCGスタジオ1200内のカメラAcamで取得した画像だとすると、このときオペレータは、Acamとは別のカメラ視点をCGスタジオ12 Image displayed on the preview screen 500-1, for example, when it's acquired image by the camera Acam in CG studio 1200, this time the operator, CG studio 12 different camera viewpoint and Acam
00内に設けて、CGキャラクタの歩き終わりの位置と方向を設定しなければならなかった。 Provided within 00 had to set the position and orientation of the end to walk the CG character.

【0046】今、図8に示す画面上で、カメラAcam [0046] Now, on the screen shown in Figure 8, the camera Acam
のカメラ視点から取得した映像がプレビューウィンドウ500−1に表示されている状態で、その画像中のCG In a state where the image obtained from the camera viewpoint of being displayed in the preview window 500-1, CG in the image
キャラクタAの動きを設定するための編集作業をしようとする状況を想定する。 Assume a situation to try editing work for setting the movement of the character A. このときに、CGキャラクタA At this time, CG character A
を動かす範囲が、カメラAcamにより取得できる番組の画像の撮影範囲の外となる場合には、撮影範囲内にC If the range of movement of the can, the outside of the imaging range of the program of the image that can be acquired by the camera Acam is, C in the photographing range
GキャラクタAが動く範囲が収まるような別のカメラB Another camera B to fit a range of G character A moves
camを設定する。 Setting the cam. そして、カメラBcamで取得した画像を見ながら、CGキャラクタAの動く範囲を動作仕込みウィンドウ850上で設定する必要がある。 Then, while viewing the image acquired by the camera BCAM, it is necessary to set the range of motion of the CG character A on operation charged window 850.

【0047】そのためには、図8の画面でまず、動作仕込みウィンドウ850を閉じる操作をする。 [0047] To do this, first on the screen shown in FIG. 8, the operation of closing the operation were charged window 850. 次にスタジオセットアップ仕込みウィンドウ400を立ち上げるために、図3のセットボタン410をマウス650でクリックする。 Next, in order to launch a studio setup charge window 400, a set button 410 of FIG. 3 is clicked with the mouse 650. スタジオセットアップ仕込みウィンドウ40 Studio setup charge window 40
0がポップアップ表示されると、図5の画面状態になる。 If 0 is displayed popup, the screen state of FIG. プレビューウィンドウ500にはカメラAcamで取得した画像が表示されている。 Image acquired by the camera Acam is displayed in the preview window 500. さらに、設定モードをマウス650で「キャラクタ設定」から「カメラ設定」 In addition, the "Camera Settings" the setting mode from the "character setting" with the mouse 650
に切替える操作を行う。 The operation of switching to do. スタジオセットアップ仕込みウィンドウ400がカメラ設定モードに変わると、図6の画面状態になる。 When the studio setup charge window 400 is changed to the camera setting mode, the screen becomes a screen state of FIG. 6. この時点では、プレビューウィンドウ500はカメラAcamで取得した画像を表示したままである。 At this point, the preview window 500 remains displayed images acquired by the camera Acam.

【0048】次に、カメラ設定ボード521内の任意のテキストフィールドをマウス650でクリックすると、 Next, if any of the text fields in the camera setting board 521 is clicked with the mouse 650,
カメラAcamから、別のカメラBcamに切り替わり、プレビューウィンドウ500にはカメラBcamで取得した画像が表示される。 The camera Acam, switches to a different camera BCAM, image acquired by the camera BCAM is displayed on the preview window 500.

【0049】次に、スタジオセットアップ仕込みウィンドウ400を閉じる操作をすると、図3に示した画面内にプレビューウィンドウ500が表示される状態になる。 Next, when the close studio setup charge window 400 operation, a state where the preview window 500 is displayed in the screen shown in FIG. その後、動作仕込みウィンドウ850を立ち上げる操作をして、図8の画面状態にして、プレビューウィンドウ500−1のカメラBcamからの画像を見ながら、CGキャラクタAの動作についての設定値を入力する。 Then an operation of starting up the operation charged window 850, in the screen state in FIG. 8, while viewing the image from the camera Bcam the preview window 500-1, and inputs the set value of the operation of the CG character A.

【0050】以上のように、CGキャラクタの動作設定のためにカメラをAcamから、別のカメラBcamに切り替えるためには、数多くの操作ステップと画面の切り替えを経る必要があり、編集作業に時間を要し煩雑である。 [0050] As described above, the camera from Acam for operation setting of the CG character, in order to switch to another camera Bcam, it is necessary to go through the switching of the number of operating steps and the screen, the time editing required is complicated.

【0051】また、図8の画面でプレビューウィンドウ500−1にカメラAcamからの画像が表示されているときに、動作仕込みウィンドウ850を閉じてからカメラ仕込みウィンドウ(図示しない。)を立ち上げて、 [0051] In addition, when the image from the camera Acam is displayed in the preview window 500-1 on the screen shown in FIG. 8, launch the camera charged window to close the operation were charged window 850 (not shown.)
そのウインドウ上でカメラAcamから別のカメラBc Another camera Bc from the camera Acam on the window
amに切替えるような別の方法もある。 There are other methods, such as switching to the am. しかしこの別の方法も、上記の場合より以上に数多くの画面操作と画面切り替えをしてやっとカメラBcamの画像を表示しながら動作仕込みウィンドウ850を立ち上げるようになるので、編集作業がもっと煩雑で不便である。 However, this alternative method is also, since to launch the operation was charged window 850 while displaying the image of barely camera Bcam to a number of screen operation and the screen switched to the more than in the case of the above, the editing work is a more complicated inconvenience it is.

【0052】 [0052]

【発明が解決しようとする課題】前述の従来技術において、CGスタジオ内のオブジェクト(CGキャラクタやCG小道具)の配置やCGキャラクタの動作を確認するには、現在の編集画像のカメラ設定を変更し、確認用のカメラをCGスタジオ内に設定する必要があり、作業が煩雑になる欠点があった。 [SUMMARY OF THE INVENTION In the prior art described above, to verify the operation of the arrangement and the CG character of objects in CG studio (CG characters and CG props) is to change the camera settings for the current edited image , it is necessary to set the camera for confirmation in the CG studio, there is a disadvantage that the work is complicated.

【0053】本発明の目的は、上記のような欠点を除去し、テレビ番組の制作等の映像情報の編集作業の途中で、プレビュー表示中のカメラ視点の画像とは異なる、 [0053] It is an object of the present invention is to eliminate the drawbacks as described above, in the middle of the editing of the video information of production, such as television programs, different from the image of the camera viewpoint in the preview display,
編集者が望む別の視点から見た画像を簡単な操作で即座に表示して、CGスタジオ内のオブジェクトの配置やC Editor is displayed immediately in the image a simple operation as seen from a different point of view overlooking the placement of objects in the CG studio and C
Gキャラクタの動作確認等の作業を容易にして、番組制作あるいは映像情報の編集作業をより簡単に短時間で行うことのできる動画像編集方法を提供することにある。 To facilitate the operation of the operation check of G character is to provide a moving picture editing method that can be performed in a short time editing programming or video information more easily.

【0054】 [0054]

【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するために、本発明の動画像編集方法は、CGスタジオ内のオブジェクトの配置やCGキャラクタの動作をプレビュー表示するための専用の視点を設けることによって、CG To achieve the above object, according to the Invention The moving image editing method of the present invention, a dedicated viewpoint for previewing the behavior of object placement and CG character in CG studio by, CG
スタジオ内のオブジェクトの配置やCGキャラクタの動作確認等の作業がやり易い動画像編集方法を実現したものである。 Operation of the operation confirmation of the placement and the CG character of objects in the studio is what was realized easily moving image editing method spear.

【0055】本発明によれば、カメラ視点の画像とユーザ視点の画像とが定義され、その視点に関するデータが設定される。 In accordance with the present invention, an image of the image and the user's view point of the camera viewpoint is defined, the data relating to the viewpoint is set. カメラ視点は、従来のTVML編集と同じ編集中の映像情報の再生画像の視点、または、放送されるためにカメラが撮像する視点である。 The camera viewpoint, viewpoint of the reproduced image of the video information of the same editing in the conventional TVML editing, or a viewpoint camera imaging to be broadcast. 一方、ユーザ視点は、カメラ視点以外の編集用の視点である。 On the other hand, a user point of view is a point of view for editing other than the camera viewpoint. カメラ視点とユーザ視点は画面上の操作で、簡単に交互に切り替えて表示できる。 Camera viewpoint and the user's view point in the operation on the screen can be displayed by switching easily alternately. カメラ視点からユーザ視点に切り替えても、編集後に再生される画像は設定されているカメラ視点から見た画像である。 Be switched from the camera viewpoint to a user viewpoint, the image to be reproduced after the editing is an image viewed from the camera viewpoint are set.

【0056】また本発明によれば、CGスタジオの三次元座標上におけるカメラ視点とユーザ視点の座標のデータと方向のデータとが設定される。 [0056] According to the present invention, a camera viewpoint and the user's view point coordinate data and the direction data in the three-dimensional coordinates of the CG studio is set. 編集者は、ユーザ視点の設定データを変更することができる。 Editor, it is possible to change the configuration data of the user point of view. また、ユーザ視点をCGスタジオ上のCGキャラクタの動作に合せて移動させることができる。 Further, it is possible to move together the user perspective to the operation of the CG character on CG studio. ユーザ視点で取得した画像で編集作業をすると、それがカメラ視点で取得する画像に自動的に反映される。 When editing an image acquired in the user viewpoint, it is automatically reflected in the image acquired by the camera viewpoint.

【0057】本発明による動画像編集方法は、ビデオ番組等の映像情報に関する画像データの情報を表示装置の画面に表示し、編集した番組の再生画像の視点であるカメラ視点と、カメラ視点以外の編集用の視点であるユーザ視点とを設定し、ユーザ視点から見た画像を表示装置で表示し、そのユーザ視点で取得した画像を参照しながらカメラ視点で取得する画像に関する設定データを操作して、カメラ視点から見た画像を編集する。 [0057] moving image editing method according to the present invention, displayed on the screen of the display device information of the image data related to the video information such as a video program, a camera viewpoint is the viewpoint of the program reproduced edited image, except the camera viewpoint set the user's view point is a perspective for editing, and display on the display device an image viewed from the user's view point, by operating the setting data regarding image acquired by the camera viewpoint with reference to the image acquired by the user viewpoint , to edit the image as viewed from the camera viewpoint.

【0058】本発明によるコンピュータ読み取り可能な記録媒体は、コンピュータグラフィックスアニメーションを含む編集画像の表示であって、コンピュータ読み取り可能な符号化手段は、番組に関する画像データの情報を表示装置の画面上に表示させる手段と、番組の再生画像の視点であるカメラ視点と、カメラ視点以外の編集用のユーザ視点とに関するデータを記憶装置から読み出す手段と、ユーザ視点に関するデータに基づいて、ユーザ視点から見た画像を表示装置で表示する手段とを含む。 [0058] Computer-readable recording medium according to the present invention is a display of the edited image that includes a computer graphics animation readable encoding means computer on the screen of the display device information of the image data related to a program and means for displaying a camera viewpoint is the viewpoint of a program of the reproduced image, and means for reading data relating to the user's viewpoint for editing other than camera viewpoint from the storage device, based on the data about the user perspective, viewed from the user's viewpoint and means for displaying on the display device an image.

【0059】即ち、本発明の動画像編集方法は、再生または放送されない画像を取得するための複数のユーザ視点をあらかじめ設定し、複数のユーザ視点のいずれかに切り替えて、切り替えたユーザ視点から見た編集中の動画像を参照し、参照した画像を確認しながら動画像編集を行う。 [0059] That is, moving image editing method of the present invention is to preset a plurality of user's view point to obtain an image that is not played or broadcast, switch to one of a plurality of user's view point, viewed from the user viewpoint switching referring to the moving image during editing was, a moving picture editing while checking the reference image.

【0060】そしてまた本発明の動画像編集方法は、ユーザ視点が画像中に存在するオブジェクトのそばに常に設定されて、オブジェクトの移動に応じてユーザ視点を移動する。 [0060] And also moving image editing method of the present invention, the user's view point is always set near the object present in the image, move the user's view point in response to movement of the object.

【0061】さらにまた、本発明の動画像編集方法は、 [0061] Furthermore, moving image editing method of the present invention,
ユーザ視点から見る画像を参照する射影方法を切り替える。 Switching the projection method for referring to the image viewed from the user perspective.

【0062】さらにまた、本発明の動画像編集方法は、 [0062] Furthermore, moving image editing method of the present invention,
ユーザ視点が任意の位置と向きに調節が可能であり、ユーザ視点の位置と向きを調節するためのパラメータを可変するウインドウを表示し、ウインドウのパラメータを変更することによってユーザ視点を変更するものである。 User viewpoint is adjustable to any position and orientation, intended to change the user's view point by displaying the window for changing the parameters for adjusting the position and orientation of the user's view point, it changes the parameters of the window is there.

【0063】また、本発明の動画像編集方法は、仮想現実空間のスタジオ(以下、CGスタジオと称する)内で編集する動画像編集方法であって、再生または放送するための画像を取得するための視点として、CGスタジオ内の画像を取得するカメラ視点を設定し、編集中にオブジェクトの配置を確認する視点として、CGスタジオ内の画像を取得するユーザ視点を設定し、カメラ視点とユーザ視点の設定情報を記憶装置に格納し、記記憶装置から所望のカメラ視点とユーザ視点とを読み出し、読み出したユーザ視点によって編集中の画像を表示装置にプレビューし、プレービューされた画像を参照しながら、C [0063] Also, the moving picture editing method of the present invention, studio virtual reality space (hereinafter, CG studio hereinafter) a moving picture editing method for editing in order to obtain the image for reproducing or broadcasting as viewpoint, to set the camera viewpoint for acquiring an image in the CG studio, as the viewpoint to confirm the placement of objects during editing, to set the user's view point of acquiring an image in the CG studio, the camera viewpoint and the user's view point stores configuration information in the storage device, reads the desired camera view point and the user's view point from serial storage device, and preview display an image being edited by the user viewpoint read with reference to the images that are played views, C
Gスタジオ内のオブジェクトの配置を操作して動画像の編集を行い、読み出したカメラ視点からの画像を再生または放送するための画像として編集するものである。 Edits the moving image by manipulating the placement of objects in G studio is for editing an image for reproducing or broadcasting images from the read camera viewpoint.

【0064】さらにまた、本発明の動画像編集方法のユーザ視点は、選択されたオブジェクトの移動に応じて、 [0064] Furthermore, the user's view point of the moving image editing method of the present invention, in accordance with the movement of the selected object,
CGスタジオ内の選択されたオブジェクトの指定の部分と相対関係を維持しながら移動する。 Moving while maintaining a specified portion and relative relationship of the selected object in the CG studio.

【0065】また、本発明の動画像編集方法のユーザ視点はその他、動画像編集中に設定条件を変更することができる。 [0065] Also, the user's view point of the moving image editing method of the present invention other, it is possible to change the setting conditions during moving image editing.

【0066】そしてまた、本発明の動画像編集方法は、 [0066] and also, moving image editing method of the present invention,
ユーザ視点からCGスタジオを見た画像を、透視法射影表示とするか正射影表示するかを選択的に切り替える。 An image viewed CG studio from a user viewpoint, selectively switches either orthogonal projection display or a fluoroscopy projection display.

【0067】また、本発明の動画像編集方法のユーザ視点を設定するデータは、CGスタジオをカメラが撮像するための位置と向きである。 [0067] Further, data for setting the user's view point of the moving image editing method of the present invention, the CG studio camera is the position and orientation for imaging.

【0068】 [0068]

【発明の実施の形態】以下本発明の一実施例を、図1によって説明する。 One embodiment of the following invention PREFERRED EMBODIMENT will be described with FIG. 図1は本発明の一実施例のテレビ番組編集方法を説明するための編集画面を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing an editing screen for explaining the television program editing method of an embodiment of the present invention.

【0069】図1では、これまで説明した構成要素と同一の構成要素には同一の番号を付した。 [0069] In Figure 1, denoted by the same numerals to the same components as those described so far. その他、201 Others, 201
−6は編集画面、600はプレビューウインドウ、60 -6 editing screen 600 is a preview window 60
1はプレビュー画面、602は視点のオプションメニュー(以下、視点メニューと称する)、603はユーザ視点の位置のオプションメニュー(以下、位置メニューと称する)、604は射影変換のオプションメニュー(以下、射影変換メニューと称する)、605ユーザ視点調整ボタン(以下、視点調整ボタンと称する)である。 1 preview window, 602 options menu viewpoint (hereinafter, referred to as viewpoint menu), 603 options menu location of the user viewpoint (hereinafter, referred to as position menu), 604 options menu of the projective transformation (hereinafter, projective transformation referred to as menu), 605 user's view point adjustment button (hereinafter, it is referred to as a viewpoint adjusting button). 以下、このそれぞれの機能について説明する。 The following describes this function of each.

【0070】まず、図1に示すような、CGスタジオ1 [0070] First, as shown in Figure 1, CG studio 1
200内のCGキャラクタの位置を設定する場合を例として、視点メニュー602、位置メニュー603を説明する。 As an example a case of setting the position of the CG character 200, the viewpoint menu 602, the position menu 603 will be described. 図1に表示されているスタジオセットアップ仕込みウインドウ400は、図5の場合と同様の方法でポップアップ表示したものである。 Studio setup charge window 400 displayed in FIG. 1 is obtained by pop up in the same manner as with FIG. プレビューウィンドウ6 Preview window 6
00内のプレビュー画面601には、図6のスタジオセットアップ仕込みウインドウ400のカメラ設定モードにおいて設定されたカメラから撮影した(取得した)C A preview screen 601 in 00 were taken from a camera set in the camera setting mode studio setup charge window 400 of FIG. 6 (acquired) C
Gスタジオ1200の画像が表示されている。 Image of G Studio 1200 is being displayed. プレビュー画面601に表示されている画像がテレビ番組として放送するためのカメラから撮影したものであることは、 That the image displayed on the preview screen 601 is obtained by photographing the camera for broadcasting as television programs,
視点メニュー602が「カメラ視点」になっていることで示されている。 Point of view menu 602 is shown that has been made in the "camera viewpoint".

【0071】図1の場合、CGスタジオのやや右側に配置されているカメラで取得した画像が、設定されたカメラ視点で取得した画像としてプレビュー画面601に表示されている。 [0071] In the case of Figure 1, the image acquired by the camera that is arranged slightly right of the CG studio, is displayed in the preview screen 601 as an image acquired by the camera viewpoint set. ここで例えば、オペレータが、CGキャラクタ606(名前はMARY)とCGキャラクタ60 Here, for example, the operator, CG character 60 and the CG character 606 (named MARY)
7(名前はBOB)の配置をCGスタジオ1200の正面から見て調整したいという場合を考える。 7 (named BOB) consider the case that you want to adjust a look at the arrangement from the front of the CG studio 1200. これは、C This is, C
GスタジオのX方向のCGキャラクタの位置をより正確に把握しながら調整するために行う。 Performed in order to adjust while grasping the position of the X-direction of the CG character G studio more accurately.

【0072】この場合、オペレータはカメラの位置をC [0072] In this case, the operator the position of the camera C
Gスタジオの正面に変更してからCGキャラクタの配置を調整するのではなく、編集装置にあらかじめ設定されている別の視点を用いて調整を行う。 Not from change in front of the G studio to adjust the placement of the CG character, adjusted using a different point of view that has been preset in the editing apparatus. このあらかじめ設定されている別の視点をユーザ視点と呼ぶ。 A different point of view this has been set in advance is referred to as a user point of view.

【0073】このユーザ視点の位置の例を図12と図1 [0073] Figure 12 and Figure 1 an example of the position of the user's view point
3に示す。 3 to show. 図12はCGスタジオの上から見た、本発明のユーザ視点の配置の一実施例を示した図であり、図1 Figure 12 is viewed from the top of the CG studio, is a diagram illustrating an example of the arrangement of the user's view point of the present invention, FIG. 1
3はCGスタジオの正面から見た、本発明のユーザ視点の配置の一実施例を示した図である。 3 viewed from the front of the CG studio, is a diagram illustrating an example of the arrangement of the user's view point of the present invention. これまで説明した構成要素と同一の構成要素には同一の番号を付した。 This is the same components as described so far given the same numbers. その他、1200−1は上から見たCGスタジオ、120 Other, CG studio 1200 - as seen from above, 120
0−2は正面から見たCGスタジオ、1201〜120 CG studio 0-2 is viewed from the front, 1201-120
7はカメラで、それぞれCGスタジオ1200−1または1200−2に向って、カメラ1201は正面、カメラ1202は右の真横、カメラ1203は左の真横、カメラ1204は真上、カメラ1205は右斜め上に設定されており、カメラ1206はキャラクタ606の前、 7 is a camera, respectively toward the CG studio 1200-1 or 1200-2, the camera 1201 is a front camera 1202 right abeam, camera 1203 left right beside the camera 1204 directly above the camera 1205 on the right oblique is set to, the camera 1206 previous character 606,
カメラ1206はキャラクタ607の前に設定されている。 The camera 1206 is set in front of the character 607.

【0074】このユーザ視点の設定方法は、2通りある。 [0074] how to set this user point of view, there are two ways. それを図16と図17に示す。 This is shown in FIGS. 16 and 17. 図16は、図12の正面のカメラ1201、右の真横のカメラ1202、左の真横のカメラ1203、真上のカメラ1204、右斜め上のカメラ1205の5つのユーザ視点についての設定方法を説明するフローチャートである。 Figure 16 is a front of the camera 1201 in FIG. 12, right just beside the camera 1202, the left just beside the camera 1203, directly above the camera 1204 will be described a method of setting the five user viewpoint of the camera 1205 on the right oblique it is a flow chart.

【0075】初めにステップ1600において、オペレータは編集装置を起動する。 [0075] In step 1600 at the beginning, the operator starts the editing device. その結果、図3の編集画面201が図2のモニタ108上に表示される。 As a result, the editing screen 201 of FIG. 3 is displayed on the monitor 108 Fig.

【0076】ステップ1601において、ユーザ視点(正面、右の真横、左の真横、真上、右斜め上)の位置に関する内部データがメモリ102より自動的に取得される。 [0076] In step 1601, the user's view point (front, right just beside the left just beside, just above, upper right) internal data is automatically acquired from the memory 102 regarding the position of. 尚、この位置データは図18の座標系の値である。 Incidentally, the position data is the value of the coordinate system of FIG 18. メモリ102にはあらかじめユーザ視点に関する位置データが格納されている。 Is position data stored about the user in advance viewpoint to the memory 102.

【0077】それを基にステップ1602において、ユーザ視点(カメラ1201〜1205)がCGスタジオ内の所定の位置に自動的に設定される。 [0077] In step 1602 it to the group, the user's view point (camera 1201 to 1205) is automatically set to a predetermined position in the CG studio.

【0078】図17は、図12のCGキャラクタの前に設置されたカメラ1206とカメラ1207のよる2つのユーザ視点についての設定方法を説明するフローチャートである。 [0078] Figure 17 is a flowchart for explaining a setting method for the two user's view point by the camera 1206 and the camera 1207 is placed in front of the CG character in Figure 12. このユーザ視点は、CGキャラクタの動きに合せて移動する。 The user's view point is moved in accordance with the movement of the CG character.

【0079】初めにステップ1700において、オペレータは編集装置を起動する。 [0079] In step 1700 at the beginning, the operator starts the editing device. その結果、図3の編集画面201が図2のモニタ108上に表示される。 As a result, the editing screen 201 of FIG. 3 is displayed on the monitor 108 Fig.

【0080】次に、ステップ1701において、図5に示すセットアップボタン410をマウスでクリックし、 Next, in step 1701, the setup button 410 shown in FIG. 5 Click with the mouse,
スタジオセットアップ仕込みウインドウ400をポップアップ表示する。 The studio setup charge window 400 to the pop-up display.

【0081】次に、ステップ1702において、キャラクタ追加ボタン412をマウスでクリックし、CGスタジオ内にCGキャラクタの追加を行う。 Next, in step 1702, then click the character add button 412 with the mouse, perform additional CG character in CG studio. CGキャラクタの追加とは、CGキャラクタをCGスタジオ内に設定(配置)することである。 The additional CG character, is to set the CG character in CG studio (arrangement).

【0082】ステップ1703では、追加したCGキャラクタの位置と向きデータが自動的に取得される。 [0082] At step 1703, the position and orientation data of the added CG character is automatically acquired. CG CG
キャラクタのデータは、図1のキャラクタ設定のスタジオセットアップ仕込みウインドウ400に設定されている。 Data of the character is set to the studio setup charge window 400 of the character set of Fig.

【0083】また、ステップ1704において、ユーザ視点(CGキャラクタの前)の位置に関する内部データが自動的にメモリ102より取得される。 [0083] Further, in step 1704, the internal data relating to the position of the user's view point (previous CG character) is automatically acquired from the memory 102.

【0084】図19は、この図17のフローチャートにおけるユーザ視点を設定するときの位置データについて説明する図である。 [0084] Figure 19 is a diagram for explaining the position data when setting a user's view point in the flowchart of FIG. 17. これまで説明した構成要素と同一の構成要素には同一の番号を付した。 This is the same components as described so far given the same numbers. その他、1900はCGキャラクタ607のX−Z平面の位置を(原点: Other, 1900 the position of the X-Z plane of the CG character 607 (origin:
X′=0、Y′=0、Z′=0)とする座標系の中心、 X '= 0, Y' = 0, Z '= 0) to the coordinate system center,
1901は座標系の中心1900の位置を原点としたX 1901 was the origin of the position of the center 1900 of the coordinate system X
軸1801と平行でCGキャラクタ607の正面方向と垂直なX′軸。 Front direction perpendicular to X 'axis of the CG character 607 is parallel to the axis 1801. 1902は座標系の中心1900の位置を原点としたZ軸1802と平行でCGキャラクタ60 1902 CG character 60 parallel to the Z-axis 1802 having as its origin the position of the center 1900 of the coordinate system
7の正面方向と平行なZ′軸、1904はCGキャラクタ607の座標系の中心1900の位置を原点としたY 7 a front direction parallel to Z 'axis, 1904 is an origin position of the center 1900 of the coordinate system of a CG character 607 Y
軸1804と平行な高さ方向の位置を決めるY′軸、1 A shaft 1804 to position the parallel height direction Y 'axis, 1
903は見る方向のパラメータの1つでY′軸1904 903 1 in the direction of the parameter watching the Tsude Y 'axis 1904
を正とした右ネジ方向の角度、1910はCGキャラクタ607の座標系の中心1900からの距離、1905 The positive and the right screw direction angle, 1910 is the distance from the center 1900 of the coordinate system of a CG character 607, 1905
はz′軸1902のマイナス方向を角度零としているY′軸1904を正とした右ねじ方向の角度を示すパン(pan)角、1906はZ′軸1902のマイナス方向を角度零としているX′軸1901を正とした左ねじ方向の角度を示すチルト(tilt)角、1907はY′軸1904のプラス方向を角度零としているZ′軸1902を正とした右ねじ方向の角度を示すロール(r 'Minus direction an angle zero and to have Y axis 1902' axis 1904 positive and the right screw direction of the pan showing the angle (pan) corners z, 1906 is Z 'are the angles zero minus direction of the axis 1902 X' tilt (tilt) angle showing the angle of the left-hand screw direction to the shaft 1901 is positive, 1907 denotes a right screw direction of the angle in which the shaft 1902 is positive 'Z plus direction is the angle zero axis 1904' to Y rolls ( r
oll)角、1908は視野角である。 oll) corner, 1908 is the viewing angle.

【0085】以上のように、この位置データは図19に示すようなキャラクタ607の中心1900を原点とし、キャラクタ607の正面を円周方向の角度の零点した場合の円筒座標系である。 [0085] As described above, the position data of the center 1900 of the character 607 as shown in FIG. 19 as the origin, it is a cylindrical coordinate system when the front of the character 607 and zeros of circumferential angle.

【0086】図17の説明に戻る。 [0086] Returning to the description of FIG. 17. ステップ1705では、ステップ1703で取得されたCGスタジオに対するCGキャラクタの位置に、ステップ1704で取得されたCGキャラクタに対するユーザ視点の位置データを加算処理して、最終的なユーザ視点の位置、即ち、CG In step 1705, the position of the CG character for CG studio acquired in step 1703, the addition processing the position data of the user's view point for CG character obtained in step 1704, the final position of the user's view point, i.e., CG
スタジオ座標に対する位置を計算する。 To calculate the position with respect to the studio coordinates.

【0087】それを基に、ステップ1706において、 [0087] it to the group, in step 1706,
ユーザ視点(この例では、カメラ1207から見た視点)がCGキャラクタ607の前方の所定の位置に自動的に設定される。 The user's view point (in this example, the viewpoint as seen from the camera 1207) is automatically set to a predetermined position in front of the CG character 607. この場合、CGキャラクタ607が移動すると、カメラ1207はCGキャラクタ607との相対関係を維持しながら移動する。 In this case, the CG character 607 is moved, the camera 1207 is moved while maintaining the relative relationship between the CG character 607.

【0088】ユーザ視点を用いてCGキャラクタの配置を調整する場合、CGスタジオを見る視点をカメラの視点からユーザ視点に切り替える必要がある。 [0088] When adjusting the placement of the CG character using the user's view point, it is necessary to switch the viewpoint to view the CG studio from the point of view of the camera to the user viewpoint. その操作方法の一例を図1〜図12及び図20を用いて説明する。 An example of the operation method will be described with reference to FIGS. 1 to 12 and 20.
ここで、図9〜図11はユーザ視点の画面表示の一実施例を示した図である。 Here, FIGS. 9 to 11 are views showing an example of a screen display of the user's viewpoint. 図9と図10に表示されているスタジオセットアップ仕込みウインドウ400は、図5の場合と同様の方法で、ポップアップ表示したものである。 Studio setup charge window 400 displayed in FIGS. 9 and 10, in the same manner as in the case of FIG. 5, in which pop up. また図20はプレビュー画面をカメラ視点からユーザ視点に切替える動作の一実施例を説明するためのフローチャートである。 The Figure 20 is a flow chart for explaining an embodiment of the operation of switching the preview screen from the camera viewpoint to the user viewpoint.

【0089】図9と図10では、これまで説明した構成要素と同一の構成要素には同一の番号を付した。 [0089] In FIGS. 9 and 10, given the same numerals to the same components as those described so far. その他、201−7と201−8は編集画面、600−1はプレビューウインドウ、701はプレビュー画面、70 Other, 201-7 and 201-8 editing screen, 600-1 preview window, 701 is the preview screen, 70
2と802は視点メニュー、803は位置メニュー、8 2 and 802 viewpoint menu 803 located menu, 8
04は射影変換メニュー、805は視点メニュー802 04 projection conversion menu, 805 viewpoint menu 802
中に表示されたユーザ視点メニュー、830はプレビューウインドウ、831はプレビュー画面、820はユーザ視点調整ウインドウ、821はユーザ視点位置表示欄、822はX座標テキストフィールド、824はY座標テキストフィールド、823はZ座標テキストフィールド、825はパン角度テキストフィールド、826はチルト角度テキストフィールド、827はロール角度テキストフィールド、828は視野角テキストフィールド、829は調整されたユーザ視点の位置とアングルを保存してあった値に戻すデフォルトボタン、840はユーザ視点調整ウインドウ820を閉じるボタンである。 User viewpoint menu displayed during the 830 preview window 831 preview screen, 820 a user viewpoint adjustment window, the user viewpoint position display column 821, the X coordinate text field 822, 824 Y coordinate text field, the 823 Z coordinate text field 825 the held back pan angle text field, the tilt angle text field 826, 827 roll angle text field 828 viewing angle text field 829 the position and angle of the user's view point that is adjusted the default button to return to the value, 840 is a button to close the user point of view adjustment window 820.
なお、図10で表示されているサブウインドウ803, Incidentally, sub-window 803 that is displayed in Figure 10,
804,805,820は、説明のために同一画面上に表示したが、実際には、全部同時に表示されることはない。 804,805,820 has been displayed on the same screen for explanation, in fact, will not be displayed all at the same time.

【0090】まず図20のステップ2000において、 [0090] First, in step 2000 of FIG. 20,
オペレータはマウスを用いて、図1の視点メニュー60 The operator using the mouse, the viewpoint menu 60 1
2を選択し、「カメラ視点」から「ユーザ視点」に切替える。 2 Select, switch from the "camera viewpoint" to "user point of view". メニュー切替えの具体的な動作を説明すると、まず、マウスで視点メニュー602をクリックすると、視点のメニューが図10の視点メニュー802のような状態になる。 When describing a specific operation of the menu switch, firstly, by clicking the viewpoint menu 602 with the mouse, a menu of the viewpoint is in a state such as the viewpoint menu 802 in FIG. 10. この内、ユーザ視点805の方を選択すると、図9の視点メニュー702のように表示される。 Among these, by selecting the direction of the user's view point 805, it is displayed as shown in perspective menu 702 of FIG.

【0091】ステップ2000の次に、ステップ200 [0091] Following the step 2000, step 200
1において、現在選択されているユーザ視点の位置の内部データを取得する。 In 1, to obtain the internal data of the position of the user's view point that is currently selected. 図9の場合、現在選択されているユーザ視点は、位置メニュー603で明示されているように、正面のユーザ視点(図12のカメラ1201からの視点)である。 For Figure 9, the user's view point that is currently selected, as demonstrated by the position menu 603, a user point of view of the front (viewpoint from the camera 1201 in FIG. 12).

【0092】そして、次のステップ2002において、 [0092] Then, in the next step 2002,
図9のプレビュー画面701のように、正面からのユーザ視点に切り替える。 As in the preview screen 701 of FIG. 9, switching to the user point of view from the front.

【0093】この結果、オペレータはプレビュー画面7 [0093] As a result, the operator preview screen 7
01に表示されたユーザ視点で取得した画像を用いてC C using the image acquired by the user viewpoint is displayed on the 01
Gキャラクタ606と607の位置をより正確に調節することができる。 Position of G character 606 and 607 can be adjusted more accurately.

【0094】尚、ユーザ視点からカメラ視点に戻したいときは、視点メニュー602を「カメラ視点」に切り替えれば、図1に示すようなカメラ視点で取得したプレビュー画面に切り替わる。 [0094] Incidentally, when you want to return from the user's view point to the camera viewpoint, if switching the viewpoint menu 602 to "camera viewpoint", switched to the preview screen acquired by the camera viewpoint as shown in FIG.

【0095】また、このユーザ視点の位置は、前述の通り正面だけでなく、CGスタジオ内の複数の位置に設定されている。 [0095] The position of the user's view point, not only as described above front, is set in a plurality of locations within the CG studio. 正面とは別のユーザ視点からCGスタジオ内を見たい場合、オペレータは位置メニュー603をマウスで切り替えれば良い。 If the front you want to see in the CG studio from another user point of view, the operator may be switched the position menu 603 with the mouse. 例としてユーザ視点を正面から真上に切り替える場合を考える。 Consider the case of switching directly above the user's view point from the front as an example. これは、横(X)方向及び奥行(Z)方向のCGキャラクタの位置をより正確に把握したり、調整するため等に行う。 This is done beside the position of the (X) direction and depth direction (Z) of the CG character more accurately or grasped, in order to adjust the like. その操作方法の一例を図1、図10、図13、図20〜図22を用いて説明する。 Figure 1 An example of the method of operation, FIG. 10, FIG. 13 will be described with reference to FIGS. 20 to 22. 図22はCGスタジオを真上から見たユーザ視点の場合のプレビューウインドウの一例を示す図であり、図21はカメラ視点からユーザ視点に切り替える動作の一実施例を説明するためのフローチャートである。 Figure 22 is a diagram showing an example of a preview window in the case of the user viewpoint viewed CG studio from above, FIG. 21 is a flowchart for explaining an embodiment of the operation of switching from the camera viewpoint to the user viewpoint.

【0096】図22では、これまで説明した構成要素と同一の構成要素には同一の番号を付した。 [0096] In Figure 22, given the same numerals to the same components as those described so far. その他、20 Other, 20
1−9は編集画面、600−4はプレビューウインドウ、2201はプレビュー画面、2203は位置メニューである。 1-9 Edit screen, 600-4 the preview window, 2201 preview screen, 2203 is the position menu.

【0097】図22に表示されているスタジオセットアップ仕込みウインドウ400は、図5の場合と同様の方法でポップアップ表示したものである。 [0097] studio setup charge window 400 displayed in FIG. 22 is obtained by displaying a pop-up in the same manner as with FIG.

【0098】まず、オペレータは、図21のステップ2 [0098] First, the operator, Step 2 of FIG. 21
100において、図1の位置メニュー603を選択し、 In 100, select the location menu 603 of FIG. 1,
「正面」から「真上」に切り替える。 Switch from "front" to "just above". メニュー切り替えの具体的な動作を説明すると、まず、マウスで位置メニュー603をクリックすると、位置メニューが図10の位置メニュー803のような状態になる。 When describing a specific operation of the menu switch, firstly, by clicking the position menu 603 with the mouse, the position menu is in a state such as location menu 803 in FIG. 10. このうち、真上840の方を選択すると、図22に示すように位置メニュー2203が表示される。 Among these, by selecting the direction of just above 840, the position menu 2203 is displayed as shown in FIG. 22.

【0099】ステップ2100の次にステップ2101 [0099] step to the next step 2100 2101
では、選択された真上のユーザ視点(図13のカメラ1 In the camera 1 of the user's view point (FIG. 13 just above the selected
204の視点)の位置の内部データを取得する。 Obtaining internal data location 204 perspective).

【0100】そして次に、ステップ2102では、図2 [0100] and then, in step 2102, FIG. 2
2のプレビュー画面2201のように、真上からのユーザ視点に切り替える。 As in the second preview screen 2201 is switched to the user point of view from directly above.

【0101】この結果、オペレータはプレビュー画面2 [0101] As a result, the operator preview screen 2
201に表示されたユーザ視点で取得した画像を用いてCGキャラクタ606と607の位置を正確に調節することができる。 The image acquired by the user viewpoint is displayed on the 201 can be adjusted accurately the position of the CG character 606 and 607 using.

【0102】ユーザ視点が正面(カメラ1201の視点)、右の真横(カメラ1202の視点)、左の真横(カメラ1203の視点)、真上(カメラ1204の視点)に設定してあると、位置メニュー603を切り替えさえすればCGスタジオの3面図の内の1面が得られ、 [0102] user point of view is the front (the point of view of the camera 1201), the right of the right beside (the point of view of the camera 1202), (the point of view of the camera 1203) left of right beside, and there is set to just above (the point of view of the camera 1204), position one surface of the three orthographic views of the CG studio is obtained if only switch the menu 603,
CGスタジオ内のCGキャラクタなどの配置をより正確に把握できる。 An arrangement such as the CG characters in the CG studio can be more accurately grasped. また、もしCGキャラクタがCGスタジオ内のカメラの視野から外れたとしても、CGキャラクタの位置はユーザ視点で見ることができる。 Further, even if a CG character is out of the camera's field of view in the CG studio, the position of the CG character can be seen in the user viewpoint.

【0103】更に、ユーザ視点が右斜め前(カメラ12 [0103] In addition, the user point of view is right diagonally forward (camera 12
05の視点)に設定してあると、CGスタジオ内のCG If there is set to 05 point of view), CG of the CG studio
キャラクタなどの配置を立体的に把握し易くなる。 Easily sterically grasp the placement of such a character.

【0104】以上述べたように、このようなユーザ視点を用いることにより、CGスタジオ内全体を多角的に見ることができる。 [0104] As set forth above, the use of such a user's view point, it is possible to see the whole in CG studio multilaterally.

【0105】テレビ番組編集作業においては、画像のもっと細かいところをみたいということもある。 [0105] In the television program editing work, sometimes referred to want to see the place more fine of image. 例えば、 For example,
CGキャラクタの動作をCGキャラクタの間近で確認したいという場合がこれに相当する。 If that you want to check the operation of the CG character in the upcoming CG character corresponds to this. このために、CGキャラクタに付随したユーザ視点(カメラ1206の視点と1207の視点)が設定されている。 For this, the user perspective accompanying the CG character (viewpoint of the viewpoint and 1207 of the camera 1206) is set. この実施例を図14と図11とによって説明する。 This embodiment will be described by FIGS. 14 and 11.

【0106】図14は、本発明のセリフ仕込みウインドウを使ってCGキャラクタのセリフを設定するために、 [0106] Figure 14, in order to set the speech of the CG character using the speech charge window of the present invention,
ユーザ視点を設定する方法の一実施例を説明する画面である。 A screen for explaining an embodiment of a method of setting a user's view point. また、図11はCGキャラクタのセリフを設定するためのユーザ視点調整ウインドウの別の実施例を表示した図である。 Further, FIG. 11 is a diagram to show another embodiment of a user's view point adjustment window for setting the speech of the CG character. 図14では、これまで説明した構成要素と同一の構成要素には同一の番号を付した。 In Figure 14, we are given the same numerals to the same components as those described so far. その他、2 Other, 2
01−10は編集画面、600−2はプレビューウインドウ、1401はプレビュー画面、1403は位置メニューである。 01-10 editing screen, 600-2 preview window, 1401 preview screen, 1403 is the position menu. また図11では、その他、820′はユーザ視点調整ウインドウ、821′はユーザ視点位置表示欄、822′はX座標テキストフィールド、824′はY座標テキストフィールド、823′はZ座標テキストフィールド、825′はパン角度テキストフィールド、 In addition Figure 11, other, 820 'user viewpoint adjustment window, 821' user viewpoint position display column, 822 'are X-coordinate text field 824' is Y coordinate text field 823 'is Z coordinate text field 825' pan angle text field,
826′はチルト角度テキストフィールド、827′はロール角度テキストフィールド、828′は視野角テキストフィールド、829′は調整されたユーザ視点の位置とアングルを保存してあった値に戻すデフォルトボタン、840′はユーザ視点調整ウインドウ820′を閉じるボタンである。 826 'tilt angle text field 827' is roll angle text field 828 'viewing angle text field 829' is the default button to return to the adjusted value previously saved position and angle of the user viewpoints, 840 ' is a button to close the user point of view adjustment window 820 '.

【0107】図14に示すようなセリフ仕込みウィンドウ750でCGキャラクタ607(BOB)のセリフを設定する場合、オペレータは、CGキャラクタ607が喋るセリフに応じてCGキャラクタ607の口や唇の動きを間近で確認する必要を感じる。 [0107] If in speech charging window 750 as shown in FIG. 14 to set the speech of the CG character 607 (BOB), the operator, close the mouth movements and lips of the CG character 607 in accordance with the words of the CG character 607 speaks in feel the need to check. このときオペレータは、図20と図21の処理を行い、図14に示すように、マウスを用いて視点メニュー702を「ユーザ視点」にし、次に位置メニュー1403を「BOBの前」 The operator at this time performs the processing of FIG. 20 and FIG. 21, as shown in FIG. 14, the viewpoint menu 702 in the "User Perspective" by using the mouse, then the position menu 1403 "previous BOB"
に設定する。 It is set to. このような操作をすると、ユーザ視点が図12のカメラ1207の位置に切り替わる。 With such an operation, the user's view point is switched to the position of the camera 1207 in FIG. 12. 尚、図14 Incidentally, FIG. 14
に表示されているセリフ仕込みウインドウ750は、図7の場合と同様の方法でポップアップ表示したものである。 Serif charged window 750 displayed on is obtained by pop up in the same manner as with FIG. その結果としてプレビュー画面1401には、ユーザ視点(カメラ1207の視点)から見たCGキャラクタ607が表示される。 The preview screen 1401 as a result, CG character 607 as seen from the user's view point (the point of view of the camera 1207) is displayed. このユーザ視点で取得した画像によってオペレータは、セリフに応じたCGキャラクタ607の口の動きを間近で確認できる。 This user's view point in the obtained image operator can check up close mouth movements of the CG character 607 corresponding to the words.

【0108】また別の実施例を図15に示す。 [0108] Further illustrating the alternative embodiment in FIG. 図15にはCGキャラクタにさせる動作の例として「おじぎ」を挙げた。 The 15 cited "bow" as an example of operation for the CG character. 図15は、本発明の動作仕込みウインドウを使ってCGキャラクタの動作を設定するために、ユーザ視点を設定する方法の一実施例を説明する画面である。 15, in order to set the operation of the CG character using the operation charged window of the present invention, a screen for explaining an embodiment of a method of setting a user's view point. 図15ではこれまで説明した構成要素と同一の構成要素には同一の番号を付した。 They are given the same numerals to the same components as those described so far in FIG. 15. その他、201−11は編集画面、600−3はプレビューウインドウ、1501はプレビュー画面、1503は位置メニュー、1551は動作対象メニュー、1552は動作メニュー、1553はキャラクタメニュー、1555はオプションメニュー群である。 Others, 201-11 editing screen, 600-3 the preview window, 1501 the preview screen, the position menu 1503, the operation target menu 1551, 1552 operation menu, 1553 is the character menu, the 1555 is an option menu group.

【0109】図15に示すような動作仕込みウィンドウ851でCGキャラクタ606(MARY)の動作を設定する場合、オペレータは、図20と図21の処理を行い、CGキャラクタ606の動作を間近で確認したいときがある。 [0109] In operation charged window 851 as shown in FIG. 15 when setting the operation of the CG character 606 (MARY), the operator performs the processing of FIGS. 20 and 21, to be checked by the close operation of the CG character 606 there are times when. 尚、図15に表示されている動作仕込みウインドウ850は、図7の場合と同様の方法でポップアップ表示したものである。 The operation was charged window 850 displayed in FIG. 15 is obtained by displaying a pop-up in the same manner as with FIG. ただし、動作の内容が図7と異なっている。 However, the contents of the action is different from that of FIG. 7.

【0110】動作メニュー1552には、「おじぎ」が設定されている。 [0110] the operation menu 1552, "bow" is set. また、キャラクタメニュー1553には、「MARY」というCGキャラクタが設定されている。 In addition, the character menu 1553, CG character called "MARY" is set. スライダー群1554は、動作の速さ等を設定する部分であり、マウスで設定することができる。 Slider group 1554 is a portion for setting the speed or the like of the operation, can be set with the mouse. オプションメニュー群1555は、動作の程度等(例えば、「おじぎ」という動作であれば、深々とお辞儀するか、頭だけ軽く下げるか等)を設定する部分であり、マウスで設定する。 Options menu group 1555, such as the extent of the operation (for example, if the action of "bow", deeply To either bow, head only lightly or lowering, etc.) is a part for setting the set with the mouse. )このときオペレータは、図15に示すように、マウスを用いて視点メニュー702を「ユーザ視点」にし、次に位置メニュー1503を「MARYの前」にする。 ) The operator at this time, as shown in FIG. 15, the viewpoint menu 702 in the "User Perspective" by using the mouse, then the position menu 1503 to "previous MARY". このような操作をすると、ユーザ視点が図12のカメラ1206の位置に切り替わる。 With such an operation, the user's view point is switched to the position of the camera 1206 in FIG. 12. 結果としてプレビュー画面1501には、ユーザ視点(カメラ12 As a result in the preview screen 1501, a user point of view (camera 12
06)から見たCGキャラクタ606が表示される。 CG character 606 as seen from 06) is displayed. このユーザ視点で取得した画像によってオペレータは、C Operator by image acquired by this user perspective, C
Gキャラクタ606の「おじぎ」の動きを間近で確認することができる。 The movement of "bow" of the G character 606 can be confirmed up close.

【0111】尚、このユーザ視点(カメラ1206の視点とカメラ1207の視点)は、CGキャラクタ606 [0111] Incidentally, (viewpoint of the viewpoint and the camera 1207 of the camera 1206) This user viewpoint, CG character 606
が移動するとそれと一緒に移動して、常にCGキャラクタ606の前にあるような位置と方向に維持されている。 There moves with it when moving, is constantly maintained in the position and direction, such as in front of the CG character 606. そのため、もしCGキャラクタ606がCGスタジオ内を歩いた後に、もう一度セリフを喋る口の動きや、 Therefore, if after the CG character 606 walked in the CG studio, and mouth movements that speaks again serif,
おじぎの動作を確認したくなっても、視点メニュー70 Even if the want to check the operation of the bow, the view menu 70
2と位置メニュー1503を切り替えさえすれば、CG If only switching the 2 and position menu 1503, CG
キャラクタの前方の画像がプレビュー画面1501に表示されるのである。 In front of the image of the character it is being displayed in the preview screen 1501.

【0112】次に図1の射影変換メニュー604について説明する。 [0112] Next, projective transformation menu 604 of FIG. 1 will be described. CGスタジオ内のオブジェクトの配置を奥行きに関係なく、より正確に設定するため、ユーザ視点の射影変換を透視法射影から正射影に切り替えることができる。 Regardless of the depth of placement of the object in the CG studio to set more accurately, it can be switched to the orthogonal projection of the projection transformation of the user's view point from fluoroscopy projection.

【0113】射影変換が透視法射影の場合、CGスタジオ内のオブジェクトの見かけの配置と大きさは、奥行き方向(Z方向)の位置によって変化する。 [0113] When projection transformation is fluoroscopy projection, the apparent placement and size of objects in the CG studio, varies depending on the position in the depth direction (Z-direction). 具体的には、 In particular,
奥の方にあるオブジェクト程、配置が消失点に向かってずれ、大きさが小さくなる。 More objects in the inner part, displaced arrangement is toward the vanishing point, the size becomes smaller. 逆に射影変換が正射影の場合は、オブジェクトの見かげの配置と大きさは、奥行き方向に関係なく一定である。 If the inverse projective transformation of an orthogonal projection, placement and size of Kage viewed object is constant regardless of the depth direction.

【0114】例えば、複数のCGキャラクタを奥行き方向に一列に整列したい場合、射影変換が透視法射影であると、個々のCGキャラクタの見かけの配置と大きさは奥行き方向に変化するため、一列に整列しているか確認しにくい。 [0114] For example, if you want to align a plurality of CG characters in a line in the depth direction, the projective transformation is a fluoroscopy projection, since the arrangement and size of the apparent individual CG character varies in the depth direction, in a row or difficult to verify are aligned. 逆に正射影の場合は、個々のCGキャラクタの配置と大きさは奥行きに関係なく一定であるため、一列に整列しているか正確に確認でき、設定も容易になる。 For orthogonal projection on the contrary, since the arrangement and size of the individual CG character is constant regardless of the depth, aligned in a row are either exactly can verify, it becomes easy setting.

【0115】射影変換の切り替えを操作するためのGU [0115] GU for operating the switching of the projective transformation
Iが射影変換メニュー604である。 I is projective transformation menu 604. 射影変換を正射影に切り替えるには、射影変換メニュー604で正射影を選択することで実行できる。 To switch projective transformation into orthogonal projection can be performed by selecting the orthogonal projection in the projective transformation menu 604. 射影変換メニューには図1 Figure in the projective transformation menu 1
0の射影変換メニュー804に示すように「射影法射影」と「正射影」の2項目がある。 As shown in projective transformation menu 804 0 and "projection algorithm projections" There are two items of "orthogonal projection".

【0116】次に図1の視点調整ボタン605について説明する。 [0116] Next, the point of view adjustment button 605 of FIG. 1 will be described. CGスタジオ内でのユーザ視点の位置の例は、図12と12に示してある。 Examples of the position of the user viewpoint within the CG studio is shown in FIG. 12 and 12. 但し、オペレータが確認をしたいCGスタジオ内のオブジェクトが、ユーザ視点の視野外にあるという場合、またはオペレータが確認をしたいオブジェクトが、画像中に含まれる数あるオブジェクトの内の一部分だけという場合がある。 However, objects in the CG studio wants operator was confirmed, if that there outside the field of view of the user's viewpoint, or the operator and the object to the confirmation, it may only that portion of the many objects contained in an image . 更にまた、ユーザ視点とオペレータが確認したいオブジェクトの間に遮蔽物になるオブジェクトがあることもある。 Moreover, sometimes there is an object that the user viewpoint and operator becomes shield between the object to be verified. このような場合、オペレータ自身がユーザ視点の位置、及びアングルを調整して見たいオブジェクトを表示できるよう設定すれば、ユーザ視点の使い勝手は更に向上する。 In such a case, by setting so that the operator himself can view object you want to see and adjust the position of the user's view point, and the angle, user friendliness viewpoint is further improved.

【0117】ユーザ視点の位置やアングルをオペレータが調整したい場合には、ユーザ視点調整ウインドウにてその調整を行う。 [0117] In the case of the position and angle of the user point of view you want to adjust the operator performs the adjustment by the user point of view adjustment window. ユーザ視点調整ウインドウの例を、図9と図15を用いて説明する。 An example of a user viewpoint adjustment window will be described with reference to FIGS. 9 and 15.

【0118】図9の場合は、図12の正面ユーザ視点(カメラ1201の視点)が選択されている。 [0118] In FIG. 9, (viewpoint camera 1201) is a front user perspective of FIG. 12 is selected. このユーザ視点を調整する場合、視点調整ボタン605をマウスでクリックすると、ユーザ視点調整ウインドウ820 If you want to adjust the user point of view, and the view adjustment button 605 is clicked with the mouse, the user point of view adjustment window 820
(図10)がポップアップ表示される。 (FIG. 10) pops up.

【0119】以下、ユーザ視点調整用ウインドウ820 [0119] In the following, the user point of view adjustment window 820
について説明する。 It will be described. ユーザ視点位置表示欄821には位置メニュー603で選択されたユーザ視点の位置が明示されている。 Position of the user's view point that has been selected by the position menu 603 is explicitly shown in the user's view point position display column 821. また、X座標テキストフィールド822、 In addition, X coordinate text field 822,
Z座標テキストフィールド823、Y座標テキストフィールド824、パン角テキストフィールド825、チルト角テキストフィールド826、ロール角テキストフィールド827、視野角テキストフィールド828の値を変化させることによって、ユーザ視点の位置とアングルと視野角が設定する。 Z coordinate text field 823, Y-coordinate text field 824, the pan angle text field 825, the tilt angle text field 826, the roll angle text field 827, by changing the value of the viewing angle text field 828, the position and angle of the user's viewpoint the viewing angle is set.

【0120】これらの値は、図18に示す座標系の値を表している。 [0120] These values ​​represent the values ​​of the coordinate system shown in FIG. 18. その関係を述べると、X座標テキストフィールド822の値はX軸1801の値である。 To describe this relationship, the value of X-coordinate text field 822 is the value of X-axis 1801. Z座標テキストフィールド823の値はZ軸1802の値である。 The value of Z-coordinate text field 823 is the value of Z-axis 1802. Y座標テキストフィールド824の値はY軸180 The value of Y-coordinate text field 824 Y axis 180
4の値である。 A value of 4. これら3つの座標の単位は、例えば、メートルである。 Units of these three coordinates, for example, meters. また、パン角テキストフィールド825 In addition, pan angle text field 825
の値はパン角1805の値である。 Is of value is the value of the pan angle 1805. チルト角テキストフィールド826の値はチルト角1806の値である。 The value of the tilt angle text field 826 is the value of the tilt angle 1806. ロール角テキストフィールド827の値はロール角180 The value of the roll angle text field 827 roll angle of 180
7の値である。 7, which is of value. 視野角テキストフィールド828の値は視野角1808の値である。 The value of the viewing angle text field 828 is the value of the viewing angle 1808. これらの角度の単位は、例えば、メートルである。 Units of these angles is, for example, meters.

【0121】また、調整されたユーザ視点の位置、アングル、視野角は、デフォルトボタン829をマウスでクリックすることで初期状態に戻る。 [0121] In addition, the position of the adjustment has been a user point of view, angle, viewing angle, return the default button 829 in the initial state by clicking with the mouse.

【0122】また、ユーザ視点1206、1207などが選択されている場合、ユーザ視点調整ウインドウは図11に示すユーザ視点調整ウインドウ820′のようになる。 [0122] Also, when such a user viewpoint 1206 and 1207 is selected, the user's view point adjustment window is as the user's view point adjustment window 820 'shown in FIG. 11. このウインドウで設定されるパラメータの値は、 The value of the parameter set in this window,
図19に示す座標系の値を表している。 It represents the value of the coordinate system shown in FIG. 19. その関係を述べると、見る方向テキストフィールド822′はY′軸1 To describe this relationship, the direction text field 822 to see 'is Y' axis 1
904を正とした右ネジ方向の角度1903の値、距離テキストフィールド823′はCGキャラクタ607の中心からの距離1910の値、見る高さテキストフィールド824′はY′軸方向の距離1909の値、見るパン角方向テキストフィールド825′はパン角1905 904 positive and the right screw direction of the angle 1903 of the values, the distance text field 823 'is the value of the distance 1910 from the center of the CG character 607, the height text field 824 to see' is Y 'value of axial distance 1909, pan angle direction text field 825 'is pan angle 1905 View
の値、見るチルト角テキストフィールド826′はチルト角1906の値、見るロール角テキストフィールド8 Of value, see the tilt angle text field 826 'is the value of the tilt angle 1906, the roll angle text field 8 View
27′はロール角1907の値、見る視野角テキストフィールド828′は視野角1908の値である。 27 'is the value of the roll angle 1907, viewing angle text field 828 to see' is the value of the viewing angle 1908.

【0123】また、閉じるボタン840′をマウスでクリックすると、ユーザ視点の位置、アングル、視野角の調整した値が内部データに保存され、ユーザ視点調整ウインドウ820′が閉じる。 [0123] In addition, 'when you click with the mouse, the position of the user point of view, angle, adjusted value of the viewing angle is stored in the internal data, a user point of view adjustment window 820' close button 840 is closed.

【0124】また、図4に示すプレビューコントローラ301にて作成した、テレビ番組の初めから終りまでをプレビューする際、従来は、CGスタジオ内のカメラ視点が撮影した画像が表示されていたが、今回、ユーザ視点から見たテレビ番組をプレビューできるようにした。 [0124] In addition, was created by the preview controller 301 shown in FIG. 4, when previewing the from the beginning to the end of the television program, in the prior art, the image that the camera viewpoint in the CG studio shot has been displayed, this time , was to be able to preview the TV program as seen from the user point of view.

【0125】ユーザ視点からプレビューをする場合の処理の例を、図23と図24を用いて説明する。 [0125] An example of processing for the preview from a user perspective, will be described with reference to FIGS. 23 and 24. 図23は本発明のプレビューウインドウの一実施例の示す図である。 Figure 23 is a diagram showing the one embodiment of the preview window of the present invention. また、図24は本発明のプレビューウインドウの一実施例の動作を説明するフローチャートである。 Further, FIG. 24 is a flowchart for explaining the operation of one embodiment of a preview window of the present invention. 図23 Figure 23
では、これまで説明した構成要素と同一の構成要素には同一の番号を付した。 So given the same numerals to the same components as those described so far.

【0126】初めに、ステップ2400において、オペレータはプレビューコントローラウインドウ301を図23のようにポップアップ表示させる。 [0126] First, in step 2400, the operator causes the pop up as shown in Figure 23 the preview controller window 301. 尚、この操作については、図4で説明したので説明を省略する。 Incidentally, a description thereof will be omitted for this operation, as described in FIG.

【0127】次に、ステップ2401において、視点をカメラ視点からユーザ視点に切り替える。 [0127] Next, in step 2401, switch to the user's view point viewpoint from a camera viewpoint. 図23の場合は、視点メニュー702がユーザ視点に、位置メニュー603が正面に切り替えられている。 In the case of FIG. 23, the viewpoint menu 702 to the user viewpoint, the position menu 603 is switched to the front.

【0128】次にステップ2402において、プレビューコントローラーウインドウ301の再生ボタンをマウスでクリックする。 [0128] Next, in step 2402, the playback button of the preview controller window 301 is clicked with the mouse.

【0129】それを受けて、ステップ2403において、番組のプレビューが開始される。 [0129] In response to it, in step 2403, a preview of the program is started. そしてステップ2 And Step 2
404において、番組の中の1つのイベントが読み込まれる。 In 404, one event in the program is loaded.

【0130】次にステップ2405において、ステップ2404で読み込まれたイベントがCGスタジオ内のカメラに関するイベントであるかどうかを判別する。 [0130] Next, in step 2405, read the event in step 2404 to determine whether an event related to the camera in the CG studio. そのイベントがカメラに関するイベントでない場合には、ステップ2406の処理を行い、そうでない場合は何も処理せずに次のステップ2407に進む。 If the event is not an event related to the camera performs the process of step 2406, proceed to the next step 2407 is otherwise without any processing.

【0131】ステップ2407では、そのイベントを生成し、プレビュー画面2301に生成されたイベントを表示する。 [0131] In step 2407, it generated the event, to display the generated events in the preview screen 2301.

【0132】そして、ステップ2407において、番組のイベントが終了したかを判別する。 [0132] Then, in step 2407, to determine whether the program of the event has been completed. イベントが終了していない場合は、ステップ2404に戻り、次のイベントを読込む。 If the event has not been completed, the process returns to step 2404, reads the next event. イベントが終了した場合は、ステップ24 If the event is finished, step 24
08に進み、番組のプレビューが終了する。 Proceed to 08, a preview of the program is completed.

【0133】即ち、ステップ2404からステップ24 [0133] In other words, the step from step 2404 24
07の間に、ステップ2405の条件分岐を入れることによって、CGスタジオ内のカメラに関するイベントのみはプレビューされないため、常にユーザ視点から見た画像が、プレビュー画面2301に表示されるのである。 During the 07, by placing a conditional branch of step 2405, the event only a camera in CG studio because not preview, always image seen from a user perspective, it will appear in the preview screen 2301.

【0134】これによって、CGスタジオ内での番組の進行状況を、実際に再生や放送するためのカメラ映像を変更しないで、CGスタジオ全体に渡って見ることができたり、個別のCGキャラクタ前方の視点から目の前のCGキャラクタだけを見ることができるので、番組の進行状況が多角的にかつ迅速に把握できるようになる。 [0134] In this way, the progress of the program in the CG studio, not change the camera image in order to actually reproduced or broadcast, or can be seen throughout the CG studio, individual CG character in front of it is possible to see only the previous CG character's eyes from the view point, the progress of the program will be able to multilateral and quickly grasped.

【0135】上記の実施例では、CGキャラクタとして、人間を模して説明したが、人間に限らず、生物、植物、そのほか、現実的または仮想的に係わらず、画像として表示できるすべてのものについて本発明が適用できることはいうまでもない。 [0135] In the above embodiment, as the CG character has been described humans imitating, not limited to human, organisms, plants, and other, regardless of the real or virtual, for all those that can be displayed as an image it goes without saying that the present invention can be applied.

【0136】更に上記の実施例では、CGスタジオ内に設置したカメラの位置は予め定められた所定の位置であるが、それ以外の場所でも良く、更に、編集の途中で、 [0136] In still above embodiment, the position of the camera installed in the CG studio is a predetermined position a predetermined, may be in other places, further, in the course of editing,
変更や追加できることはいうまでもない。 It is needless to say that can be changed or added. 更に、設定できる投影法や各パラメータも状況に応じて自由であることは自明である。 Furthermore, it is obvious that it is free in response to the situation projection and the parameters that can be set.

【0137】上記の実施例では更にまた、テレビ番組の制作及び編集するテレビ番組編集装置について説明したが、テレビ番組に限らず、例えば、教育ビデオやデモンストレーションビデオ、会議用資料などの動画像編集装置等、映像情報を制作及び編集するためのあらゆる装置に適用できることは自明であり、また、実際のテレビスタジオを模したCGスタジオだけでなく、ヴァーチャルリアリティ(仮想現実空間)に相当するあらゆる画像(シーン)について、更に現実に撮影した画像(シーン)とヴァーチャルリアリティとの組み合わせた空間についても適用できることはいうまでもない。 [0137] Further in the above embodiment has been described for the television program editing apparatus for production and editing of television programs, not limited to a television program, for example, educational videos and demonstrations video, moving image editing device, such as a conference material etc., can be applied to any apparatus for creating and editing video information will be apparent, also, not only the CG studio simulating an actual television studio, any image (scene corresponding to virtual reality (virtual reality space) ) for, it can also be applied for further combined space with reality in recorded images (scenes) and virtual reality.

【0138】本発明の編集方法を実施する装置は、汎用のコンピュータで実現できる。 [0138] apparatus for carrying out the editing method of the present invention can be realized by a general-purpose computer. 本発明の編集方法を実施するシステムは、編集方法のプログラムに従って動作するCPUと、一時的に格納するためのRAMと、外部との信号のやり取りを制御する入出力インターフェースと、それらを結合するバスとを含む。 System for implementing the editing method of the present invention, an input-output interface to control the CPU that operates according to a program editing method, a RAM for temporarily storing, exchanging signals with the outside, a bus connecting them including the door.

【0139】また、本発明による編集方法のプログラムは、コンピュータが読み取り可能な記録媒体に格納され、コンピュータの記憶装置にダウンロードして使用されてもよい。 [0139] Further, the program of the editing method according to the invention, the computer is stored in a recording medium readable, it may be used to download the memory of a computer.

【0140】 [0140]

【発明の効果】以上のように本発明によれば、CGスタジオ内にオブジェクトを配置する際に、CGスタジオ内に設定されたユーザ視点を用いて取得した画像を参照することで、オブジェクトの位置関係が容易に把握でき、 According to the present invention as described above, according to the present invention, when placing an object in the CG studio, by referring to the image acquired with the user's view point set in the CG studio, the position of the object relationship can be easily grasped,
オブジェクトの配置の作業を迅速に行うことができた。 I was able to do the work of the arrangement of the objects quickly.

【0141】また本発明の第2の効果として、CGキャラクタの動作などを確認する際に、CGキャラクタの前方に常に設定されてあるユーザ視点を用いることによって、CGキャラクタの位置が移動している最中でもCG [0141] As a second effect of the present invention, when checking etc. Operation of the CG character, by using the user's view point that is always set in front of the CG character, moving the position of the CG character CG even in the midst
キャラクタの動作を間近で確認でき、番組編集作業を迅速に行うことができた。 Can be found in the close operation of the character, it was possible to carry out the program editing work quickly.

【0142】更にまた、本発明の第3の効果として、C [0142] Still Further, the third effect of the of the invention, C
Gスタジオ内のオブジェクトの配置をより正確に把握したいとき、ユーザ視点の射影変換を正射影に変えることによって、奥行きに関係なく、オブジェクトの配置を正確に把握することができた。 If you want to more accurately grasp the placement of objects in G studio, by changing the orthogonal projection of the projection transformation of the user's viewpoint, regardless of the depth, it was possible to accurately grasp the placement of the object.

【0143】また本発明の第4の効果として、ユーザ視点の位置とアングルをオペレータ自身が容易に変更できることによって、オペレータ自身が確認したいオブジェクトだけをユーザ視点で見ることができた。 [0143] As a fourth effect of the present invention, by the position and angle of the user's view point can be easily changed by the operator himself, could see only objects to be confirmed by the operator himself at the user perspective.

【0144】また更に、本発明の第5の効果として、番組の全体プレビューをする際、カメラの視点ではなく、 [0144] Furthermore, as a fifth effect of the present invention, when the entire preview program, rather than the point of view of the camera,
CGスタジオ全体から見渡すユーザ視点、もしくは個別のCGキャラクタに動作だけを見るユーザ視点を用いることによって、番組の進行状況が多角的にかつ迅速に把握できるようになった。 By using the user's view point or a user perspective to view the operation just to individual CG character, overlooking the entire CG studio, the progress of the program can now be multilateral and quickly grasped.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 本発明の編集画面の一実施例を示す図。 It illustrates an example of the edit screen of the present invention; FIG.

【図2】 テレビ番組編集システムを構成するブロック図。 FIG. 2 is a block diagram that make up the television program editing system.

【図3】 従来のテレビ番組編集装置の基本的な編集画面を示す図。 FIG. 3 is a diagram showing the basic editing screen of a conventional television program editing device.

【図4】 テレビ番組編集装置のプレビューウインドウを示す図。 FIG. 4 shows a preview window of the television program editing device.

【図5】 スタジオセットアップ仕込みウインドウを示す図。 FIG. 5 shows a studio set-up charge window.

【図6】 スタジオセットアップ仕込みウインドウを示す図。 FIG. 6 shows a studio set-up charge window.

【図7】 セリフ仕込みウィンドウを示す図。 FIG. 7 shows a dialogue charged window.

【図8】 動作仕込みウィンドウを示す図。 FIG. 8 is a diagram showing the operation charged window.

【図9】 本発明の編集画面の一実施例を示した図。 9 is a diagram showing an example of an editing screen of the present invention.

【図10】 本発明の編集画面の一実施例を示した図。 Diagram showing an example of the edit screen of the present invention; FIG.

【図11】 本発明の編集画面の一実施例を示した図。 11 is a diagram showing an example of an editing screen of the present invention.

【図12】 本発明のユーザ視点の配置の一実施例を示した図。 12 is a diagram showing an example of the arrangement of the user's view point of the present invention.

【図13】 本発明のユーザ視点の配置の一実施例を示した図。 FIG. 13 is a view showing an example of the arrangement of the user's view point of the present invention.

【図14】 本発明のユーザ視点の設定方法の一実施例を説明するフローチャート。 Figure 14 is a flowchart for explaining an embodiment of a method of setting the user's view point of the present invention.

【図15】 本発明のユーザ視点の設定方法の一実施例を説明するフローチャート。 Figure 15 is a flowchart for explaining an embodiment of a method of setting the user's view point of the present invention.

【図16】 本発明のユーザ視点の設定方法の一実施例を説明するフローチャート。 Flow chart illustrating an embodiment of a method of setting user perspective of FIG. 16 is the present invention.

【図17】 本発明のユーザ視点の設定方法の一実施例を説明するフローチャート。 Flow chart illustrating an embodiment of a method of setting user perspective of Figure 17 the present invention.

【図18】 CGスタジオ内の座標系の一例を説明するための図。 Figure 18 is a view for explaining an example of a coordinate system of the CG studio.

【図19】 本発明のユーザ視点の位置データの設定方法の一実施例を説明する図。 Diagram for explaining an embodiment of a method of setting the position data of the user's view point of FIG. 19 the present invention.

【図20】 本発明のカメラ視点からユーザ視点に切り替える動作の一実施例を説明するためのフローチャート。 Flow chart for explaining an embodiment of the operation of switching to the user's view point from a camera viewpoint in Figure 20 the present invention.

【図21】 本発明のカメラ視点からユーザ視点に切替える動作の一実施例を説明するためのフローチャート。 Flow chart for explaining an embodiment of the operation of switching to the user's view point from a camera viewpoint in FIG. 21 the present invention.

【図22】 CGスタジオを真上から見たユーザ視点の場合のプレビューウインドウの一例を示す図。 FIG. 22 is a diagram showing an example of the preview window in the case of a user point of view, which saw the CG studio from directly above.

【図23】 本発明のプレビューウインドウの一実施例を表示した図。 Figure 23 is a graph displaying an embodiment of the preview window of the present invention.

【図24】 本発明のプレビューウインドウの一実施例の動作を説明するフローチャート。 Figure 24 is a flowchart for explaining the operation of one embodiment of a preview window of the present invention.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

101:CPU、 102:メモリ、 103:CGアニメーション生成部、104:音声合成装置、 10 101: CPU, 102: memory, 103: CG animation generation unit, 104: voice synthesizing apparatus, 10
5:シーケンサ部、 106:磁気記憶装置、107: 5: the sequencer unit, 106: magnetic storage device, 107:
動画像生成部、 108:モニタ、 109:入力装置、 110:バス、 201,201−1,201− Moving image generation unit, 108: monitor, 109: input unit, 110: bus, 201,201-1,201-
2,201−3,201−4,201−5,201− 2,201-3,201-4,201-5,201-
6,201−7,201−8,201−9,201−1 6,201-7,201-8,201-9,201-1
0,201−11:編集画面、 202,202′:スタジオブロック、 203,203′:ムービーブロック、 204:タイトルブロック、 205:スーパーブロック、 206:サウンドブロック、 207:ナレーションブロック、 208:各種設定ブロック、 0,201-11: Edit screen, 202, 202 ': studio block, 203, 203': movie block, 204: title block, 205: super-block, 206: sound block, 207: narration block, 208: various settings block ,
209:イベントマーク、 210:セリフ設定部分、 209: Event mark, 210: speech setting part,
211:動き設定部分、 212:カメラワーク設定部分、 213,214:スライダー、 215:スタートブロック、 216:エンドブロック、220:イベントプルダウンメニュー、 301:プレビューコントローラウインドウ、 302:プレイボタン、 40 211: motion setting portion, 212: camera work setting portion, 213: Slider, 215: start block, 216: end block, 220: Event drop-down menu, 301: preview controller window 302: Play button, 40
0,400−1:スタジオセットアップ仕込みウインドウ、 401:CGキャラクタ設定ボード、 402: 0,400-1: studio setup charge window, 401: CG character setting board, 402:
X座標テキストフィールド、 403:Z座標テキストフィールド、 404:向き設定フィールド、 41 X coordinate text field 403: Z coordinate text field 404: The orientation fields, 41
0:セットボタン、 411:設定ボード欄、 41 0: set button, 411: setting board field, 41
2:追加ボタン、 413:設定モードオプションメニュー、 414:スライダー、 421:CGキャラクタ設定ボード、 500,500−1:プレビューウインドウ、 501:カメラ設定ボード、 502:X座標テキストフィールド、 503:Z座標テキストフィールド、 504:Y座標テキストフィールド、 50 2: Add button 413: Setting Mode Options Menu, 414: Slider, 421: CG character setting board, 500,500-1: preview window, 501: camera setting board, 502: X-coordinate text field, 503: Z coordinate text field 504: Y-coordinate text field 50
5:パン角テキストフィールド、 506:チルト角テキストフィールド、 507:ロール角テキストフィールド、 508:視野角テキストフィールド、 51 5: pan angle text field 506: tilt angle text field 507: roll angle text field 508: viewing angle text field 51
1:カメラ設定ボード欄、 512:追加ボタン、 5 1: The camera setting board column, 512: Add button, 5
13:設定モードオプションメニュー、 514:スライダー、 521:カメラ設定ボード、 600,60 13: Setup Mode Options menu, 514: slider, 521: camera setting board, 600,60
0−1,600−2,600−3,600−4:プレビューウインドウ、 601:プレビュー画面、 60 0-1,600-2,600-3,600-4: Preview window, 601: Preview screen, 60
2:視点メニュー、 603:位置メニュー、 60 2: point of view menu, 603: position menu, 60
4:射影変換メニュー、 605:視点調整ボタン、 4: projective transformation menu, 605: point of view adjustment button,
606,607:CGキャラクタ、 650:ポインター、 701:プレビュー画面、 702:視点メニュー、 750:セリフ仕込みウインドウ、 751:キャラクタメニュー、 752:セリフ設定部、 75 606 and 607: CG character, 650: Pointer, 701: preview screen 702: viewpoint Menu, 750: speech charged window 751: a character menu, 752: speech setting unit, 75
3:スライダー群、754:オプションメニュー群、 3: slider group, 754: Options menu group,
755:スライダー、 802:視点メニュー、 80 755: slider, 802: point of view menu, 80
3:位置メニュー、 804:射影変換メニュー、 8 3: Position menu 804: projective transformation menu, 8
05:ユーザ視点メニュー、 830:プレビューウインドウ、 831:プレビュー画面、820:ユーザ視点調整ウインドウ、 821:ユーザ視点位置表示欄、 05: user point of view menu, 830: Preview window, 831: Preview screen, 820: a user point of view adjustment window, 821: user viewpoint position display column,
822:X座標テキストフィールド、 824:Y座標テキストフィールド、 823:Z座標テキストフィールド、 825:パン角度テキストフィールド、82 822: X-coordinate text field 824: Y-coordinate text field 823: Z coordinate text field 825: pan angle text field 82
6:チルト角度テキストフィールド、 827:ロール角度テキストフィールド、 828:視野角テキストフィールド、 829:デフォルトボタン、850:動作仕込みウインドウ、 851:動作対象メニュー、 8 6: tilt angle text field, 827: roll angle text field, 828: viewing angle text field, 829: default button, 850: Operation charged window, 851: Operation target menu, 8
52:動作メニュー、 853:キャラクタメニュー、 52: Operation menu, 853: character menu,
854:オプションメニュー、855:テキストフィールド群、 1200,1200−1,1200−2: 854: Options menu, 855: text field group, 1200,1200-1,1200-2:
CGスタジオ、 1201〜1207:カメラ、 14 CG studio, 1201 to 1207: camera, 14
01:プレビュー画面、1403:位置メニュー、 1 01: Preview screen, 1403: Position menu, 1
501:プレビュー画面、 1503:位置メニュー、 501: Preview screen, 1503: Position menu,
1550:動作仕込みウインドウ、 1551:動作対象メニュー、1552:動作メニュー、 1553: 1550: Operation charged window, 1551: Operation target menu, 1552: Operation menu, 1553:
キャラクタメニュー、 1555:オプションメニュー、 1800:CGスタジオの中心(原点)、 18 Character menu, 1555: Options menu, 1800: CG studio in the center (origin), 18
01:X軸、 1802:Z軸、 1804:Y軸、 01: X-axis, 1802: Z-axis, 1804: Y-axis,
1805:Y軸回転方向、 1803:Z軸回転方向の角度、 1806:X軸回転方向、 1807:Z軸回転方向、 1808:視野角、 1900:CGキャラクタ607の中心、 1901:X′軸、 1902: 1805: Y-axis rotation direction, 1803: the angle of the Z-axis rotation direction, 1806: X-axis rotation direction, 1807: the Z-axis rotation direction, 1808: viewing angle, 1900: the center of the CG character 607, 1901: X 'axis, 1902 :
Z′軸、 1904:Y′軸、 1903:右ネジ方向の角度、 1910:CGキャラクタ607の中心からの距離、 1905:パン角、 1906:チルト角、 Z 'axis, 1904: Y' axis, 1903: right screw direction of the angle, 1910: distance from the center of the CG character 607, 1905: pan angle, 1906: tilt angle,
1907:ロール角、 2201:プレビュー画面、 1907: roll angle, 2201: Preview screen,
2203:位置メニュー。 2203: Position menu.

Claims (12)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 コンピュータグラフィックスアニメーションや動画像、音楽ファイル、音声合成装置等を用いた動画像生成技術を元にした動画像編集装置において、再生または放送されない画像を取得するための複数の視点をあらかじめ設定し、該複数の視点のいずれかに切り替えて、該切り替えた視点から見た編集中の動画像を参照し、該参照した画像を確認しながら動画像編集を行うことを特徴とする動画像編集方法。 1. A computer graphics animation and moving images, music files, in the moving picture editing apparatus based on the moving image generation technique using a voice synthesizer or the like, a plurality of viewpoints for obtaining images that are not played or broadcast the preset switch to one of the plurality of viewpoints, with reference to the moving picture editing as seen from the viewpoint of switching said, is characterized in that a moving picture editing while checking the image the reference moving image editing method.
  2. 【請求項2】 請求項1に記載の動画像編集方法において、前記視点が画像中に存在するオブジェクトのそばに常に設定されて、該オブジェクトの移動に応じて前記視点を移動することを特徴とする動画像編集方法。 2. A moving image editing method according to claim 1, always set near the object in which the viewpoint is present in the image, and characterized by moving the view point in response to movement of the object moving image editing how to.
  3. 【請求項3】 請求項1に記載の動画像編集方法において、前記視点から見る画像を参照する射影方法を切り替えることを特徴とする動画像編集方法。 3. A moving image editing method according to claim 1, the moving picture editing method characterized by switching the projection method for referring to the image viewed from the viewpoint.
  4. 【請求項4】 請求項1に記載の動画像編集方法において、前記視点が、任意の位置と向きに調節が可能であることを特徴とする動画像編集方法。 4. A moving image editing method according to claim 1, the moving picture editing method, wherein the viewpoint is adjustable to any position and orientation.
  5. 【請求項5】 請求項1に記載の動画像編集方法において、前記視点の前記位置と前記向きを調節するためのパラメータを可変するウインドウを表示し、該ウインドウのパラメータを変更することによって前記視点を変更することを特徴とする動画像編集方法。 5. The moving image editing method according to claim 1, displays a window for changing the parameters for adjusting the said position of the viewpoint direction, the viewpoint by changing the parameters of the window moving picture editing method characterized by changing the.
  6. 【請求項6】 コンピュータグラフィックスアニメーションを含む画像を仮想現実空間のスタジオ(以下、CG 6. The studio of computer graphics and virtual images, including animation reality space (hereinafter, CG
    スタジオと称する)内で編集する動画像編集方法であって、 再生または放送するための画像を取得するための視点として、前記CGスタジオ内の画像を取得するカメラ視点を設定し、 編集中にオブジェクトの配置を確認する視点として、前記CGスタジオ内の画像を取得するユーザ視点を設定し、 前記カメラ視点とユーザ視点の設定情報を記憶装置に格納し、 前記記憶装置から所望のカメラ視点とユーザ視点とを読み出し、 前記読み出したユーザ視点によって編集中の画像を表示装置にプレビューし、 前記プレービューされた画像を見ながら、前記CGスタジオ内のオブジェクトの配置を操作して動画像の編集を行い、前記読み出したカメラ視点からの画像を再生または放送するための画像として編集することを特徴とする動画像編集方 A moving picture editing method for editing studio as referred) within a viewpoint for obtaining the image for reproducing or broadcasting, set the camera viewpoint for acquiring an image of said CG studio, objects during editing as the viewpoint to confirm placement, the set the user's view point of acquiring an image in the CG studio, stores configuration information of said camera viewpoint and the user's view point to the storage device, the desired camera view point and the user's view point from the storage device reading the door, and preview display an image being edited by the read user perspective, while watching the play view image, edits the moving image by manipulating the placement of objects in said CG studio, moving picture editing side, characterized in that the editing as an image for reproducing or broadcasting images from the read camera viewpoint .
  7. 【請求項7】 請求項6記載の動画像編集方法において、 前記ユーザ視点は、前記選択されたオブジェクトの移動に応じて、前記CGスタジオ内の選択されたオブジェクトの指定の部分と相対関係を維持しながら移動することを特徴とする動画像編集方法。 7. A moving picture editing method according to claim 6, wherein the user perspective, in accordance with the movement of the selected object, maintaining the specified portion and relative relationship of the selected object in said CG studio moving picture editing method characterized by moving while.
  8. 【請求項8】 請求項6または請求項7記載の動画像編集方法において、 前記ユーザ視点は、動画像編集中に設定条件を変更することができることを特徴とする動画像編集方法。 8. A moving image editing method according to claim 6 or claim 7, wherein said user viewpoint, moving image editing method characterized by capable of changing the setting conditions during moving image editing.
  9. 【請求項9】 請求項6または請求項8のいずれかに記載の動画像編集方法において、 前記ユーザ視点から前記CGスタジオを見た画像が、透視法射影表示とするか正射影表示するかを選択的に切り替えることを特徴とする動画像編集方法。 9. The moving image editing method according to claim 6 or claim 8, whether the image viewed the CG studio from the user viewpoint, the orthogonal projection display or a fluoroscopy projection display moving picture editing method characterized by selectively switching.
  10. 【請求項10】 請求項1乃至請求項9のいずれかに記載の動画像編集方法において、 前記ユーザ視点を設定するデータは、前記CGスタジオをカメラが撮像するための位置と向きであることを特徴とする動画像編集方法。 10. The moving image editing method according to any one of claims 1 to 9, data for setting the user viewpoint, the said CG studio camera is the position and orientation for imaging moving image editing method characterized.
  11. 【請求項11】 本発明によるコンピュータ読み取り可能な記録媒体は、コンピュータグラフィックスアニメーションを含む映像情報の表示であって、コンピュータ読み取り可能な符号化手段は、ビデオ番組に関する画像データの情報を表示装置の画面上に表示させる手段と、前記ビデオ番組の再生画像の視点であるカメラ視点と、該卯カメラ視点以外の編集用のユーザ視点とに関するデータを記憶装置から読み出す手段と、該ユーザ視点に関するデータに基づいて、該ユーザ視点から見た画像を表示装置で表示する手段とを含むことを特徴とするコンピュータ読み取り可能な記録媒体。 11. A computer-readable recording medium according to the present invention is a display of video information comprising a computer graphics animation readable encoding means computer, the display device information of the image data relating to the video program and means for displaying on a screen, a camera viewpoint is the viewpoint of the video program reproduced image, and means for reading data relating to the user's viewpoint for editing other than 該卯 camera viewpoint from the storage device, the data relating to the user's viewpoint based on computer-readable recording medium characterized in that it comprises means for displaying on the display device an image viewed from the user's viewpoint.
  12. 【請求項12】 請求項11記載のコンピュータ読み取り可能な記録媒体において、前記画像データの情報はT 12. The method of claim 11 a computer-readable recording medium according, information of the image data T
    VML(Tele−Vision Program M VML (Tele-Vision Program M
    aking Language)できじゅつされていることを特徴とするコンピュータ読み取り可能な記録媒体。 A computer-readable recording medium characterized in that it is written in aking Language).
JP2000355034A 1999-10-15 2000-10-16 Method for editing moving image Pending JP2001202531A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP11-293331 1999-10-15
JP29333199 1999-10-15
JP2000355034A JP2001202531A (en) 1999-10-15 2000-10-16 Method for editing moving image

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2000355034A JP2001202531A (en) 1999-10-15 2000-10-16 Method for editing moving image

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001202531A true JP2001202531A (en) 2001-07-27

Family

ID=26559364

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2000355034A Pending JP2001202531A (en) 1999-10-15 2000-10-16 Method for editing moving image

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001202531A (en)

Cited By (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005517253A (en) * 2001-11-02 2005-06-09 サーノフ・コーポレーション Method and apparatus for providing a sneak type lookout
JP2007531928A (en) * 2004-03-26 2007-11-08 ピクサー Improved dynamic scene descriptor methods and apparatus
JP2008257450A (en) * 2007-04-04 2008-10-23 Nhk Engineering Services Inc Content generation device and content generation process
JP2014012212A (en) * 2008-06-27 2014-01-23 Intuitive Surgical Operations Inc Medical robotic system for providing auxiliary visual field of articulatable instrument extending from entrance guide distal end
US9232984B2 (en) 1999-04-07 2016-01-12 Intuitive Surgical Operations, Inc. Real-time generation of three-dimensional ultrasound image using a two-dimensional ultrasound transducer in a robotic system
US9333042B2 (en) 2007-06-13 2016-05-10 Intuitive Surgical Operations, Inc. Medical robotic system with coupled control modes
US9345387B2 (en) 2006-06-13 2016-05-24 Intuitive Surgical Operations, Inc. Preventing instrument/tissue collisions
US9469034B2 (en) 2007-06-13 2016-10-18 Intuitive Surgical Operations, Inc. Method and system for switching modes of a robotic system
US9492927B2 (en) 2009-08-15 2016-11-15 Intuitive Surgical Operations, Inc. Application of force feedback on an input device to urge its operator to command an articulated instrument to a preferred pose
US9516996B2 (en) 2008-06-27 2016-12-13 Intuitive Surgical Operations, Inc. Medical robotic system providing computer generated auxiliary views of a camera instrument for controlling the position and orienting of its tip
US9622826B2 (en) 2010-02-12 2017-04-18 Intuitive Surgical Operations, Inc. Medical robotic system providing sensory feedback indicating a difference between a commanded state and a preferred pose of an articulated instrument
US9629520B2 (en) 2007-06-13 2017-04-25 Intuitive Surgical Operations, Inc. Method and system for moving an articulated instrument back towards an entry guide while automatically reconfiguring the articulated instrument for retraction into the entry guide
US9718190B2 (en) 2006-06-29 2017-08-01 Intuitive Surgical Operations, Inc. Tool position and identification indicator displayed in a boundary area of a computer display screen
US9717563B2 (en) 2008-06-27 2017-08-01 Intuitive Surgical Operations, Inc. Medical robotic system providing an auxilary view including range of motion limitations for articulatable instruments extending out of a distal end of an entry guide
US9788909B2 (en) 2006-06-29 2017-10-17 Intuitive Surgical Operations, Inc Synthetic representation of a surgical instrument
US9789608B2 (en) 2006-06-29 2017-10-17 Intuitive Surgical Operations, Inc. Synthetic representation of a surgical robot
US9956044B2 (en) 2009-08-15 2018-05-01 Intuitive Surgical Operations, Inc. Controller assisted reconfiguration of an articulated instrument during movement into and out of an entry guide
US10008017B2 (en) 2006-06-29 2018-06-26 Intuitive Surgical Operations, Inc. Rendering tool information as graphic overlays on displayed images of tools

Cited By (28)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US10271909B2 (en) 1999-04-07 2019-04-30 Intuitive Surgical Operations, Inc. Display of computer generated image of an out-of-view portion of a medical device adjacent a real-time image of an in-view portion of the medical device
US9232984B2 (en) 1999-04-07 2016-01-12 Intuitive Surgical Operations, Inc. Real-time generation of three-dimensional ultrasound image using a two-dimensional ultrasound transducer in a robotic system
JP2005517253A (en) * 2001-11-02 2005-06-09 サーノフ・コーポレーション Method and apparatus for providing a sneak type lookout
JP2007531928A (en) * 2004-03-26 2007-11-08 ピクサー Improved dynamic scene descriptor methods and apparatus
US9345387B2 (en) 2006-06-13 2016-05-24 Intuitive Surgical Operations, Inc. Preventing instrument/tissue collisions
US10008017B2 (en) 2006-06-29 2018-06-26 Intuitive Surgical Operations, Inc. Rendering tool information as graphic overlays on displayed images of tools
US9718190B2 (en) 2006-06-29 2017-08-01 Intuitive Surgical Operations, Inc. Tool position and identification indicator displayed in a boundary area of a computer display screen
US9801690B2 (en) 2006-06-29 2017-10-31 Intuitive Surgical Operations, Inc. Synthetic representation of a surgical instrument
US9789608B2 (en) 2006-06-29 2017-10-17 Intuitive Surgical Operations, Inc. Synthetic representation of a surgical robot
US10137575B2 (en) 2006-06-29 2018-11-27 Intuitive Surgical Operations, Inc. Synthetic representation of a surgical robot
US9788909B2 (en) 2006-06-29 2017-10-17 Intuitive Surgical Operations, Inc Synthetic representation of a surgical instrument
JP2008257450A (en) * 2007-04-04 2008-10-23 Nhk Engineering Services Inc Content generation device and content generation process
US9901408B2 (en) 2007-06-13 2018-02-27 Intuitive Surgical Operations, Inc. Preventing instrument/tissue collisions
US10271912B2 (en) 2007-06-13 2019-04-30 Intuitive Surgical Operations, Inc. Method and system for moving a plurality of articulated instruments in tandem back towards an entry guide
US10188472B2 (en) 2007-06-13 2019-01-29 Intuitive Surgical Operations, Inc. Medical robotic system with coupled control modes
US9333042B2 (en) 2007-06-13 2016-05-10 Intuitive Surgical Operations, Inc. Medical robotic system with coupled control modes
US9469034B2 (en) 2007-06-13 2016-10-18 Intuitive Surgical Operations, Inc. Method and system for switching modes of a robotic system
US9629520B2 (en) 2007-06-13 2017-04-25 Intuitive Surgical Operations, Inc. Method and system for moving an articulated instrument back towards an entry guide while automatically reconfiguring the articulated instrument for retraction into the entry guide
US9717563B2 (en) 2008-06-27 2017-08-01 Intuitive Surgical Operations, Inc. Medical robotic system providing an auxilary view including range of motion limitations for articulatable instruments extending out of a distal end of an entry guide
JP2014012212A (en) * 2008-06-27 2014-01-23 Intuitive Surgical Operations Inc Medical robotic system for providing auxiliary visual field of articulatable instrument extending from entrance guide distal end
US9516996B2 (en) 2008-06-27 2016-12-13 Intuitive Surgical Operations, Inc. Medical robotic system providing computer generated auxiliary views of a camera instrument for controlling the position and orienting of its tip
US10258425B2 (en) 2008-06-27 2019-04-16 Intuitive Surgical Operations, Inc. Medical robotic system providing an auxiliary view of articulatable instruments extending out of a distal end of an entry guide
US10368952B2 (en) 2008-06-27 2019-08-06 Intuitive Surgical Operations, Inc. Medical robotic system providing an auxiliary view including range of motion limitations for articulatable instruments extending out of a distal end of an entry guide
US10282881B2 (en) 2009-03-31 2019-05-07 Intuitive Surgical Operations, Inc. Rendering tool information as graphic overlays on displayed images of tools
US9492927B2 (en) 2009-08-15 2016-11-15 Intuitive Surgical Operations, Inc. Application of force feedback on an input device to urge its operator to command an articulated instrument to a preferred pose
US10271915B2 (en) 2009-08-15 2019-04-30 Intuitive Surgical Operations, Inc. Application of force feedback on an input device to urge its operator to command an articulated instrument to a preferred pose
US9956044B2 (en) 2009-08-15 2018-05-01 Intuitive Surgical Operations, Inc. Controller assisted reconfiguration of an articulated instrument during movement into and out of an entry guide
US9622826B2 (en) 2010-02-12 2017-04-18 Intuitive Surgical Operations, Inc. Medical robotic system providing sensory feedback indicating a difference between a commanded state and a preferred pose of an articulated instrument

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7852348B2 (en) System and method for enhancing the visual effect of a video display
US5734794A (en) Method and system for voice-activated cell animation
US7336264B2 (en) Method and system for editing or modifying 3D animations in a non-linear editing environment
US8705892B2 (en) Generating three-dimensional virtual tours from two-dimensional images
DE69734658T2 (en) Method and system for virtual cinematography
EP0560624B1 (en) Electronic video system with simultaneous real-time processing
EP0886245B1 (en) Display of moving object on background image
Wood et al. Multiperspective panoramas for cel animation
US9367942B2 (en) Method, system and software program for shooting and editing a film comprising at least one image of a 3D computer-generated animation
US9055234B2 (en) Navigable telepresence method and system
US6769771B2 (en) Method and apparatus for producing dynamic imagery in a visual medium
US20140096002A1 (en) Video clip editing system
US8363058B2 (en) Producing video and audio-photos from a static digital image
US5692212A (en) Interactive multimedia movies and techniques
EP1854282B1 (en) Method and system for spatio-temporal video warping
US5636036A (en) Interactive video system having frame recall dependent upon user input and current displayed image
CN101465957B (en) System for implementing remote control interaction in virtual three-dimensional scene
JP4103192B2 (en) Editing system and the editing method
US20060251382A1 (en) System and method for automatic video editing using object recognition
US5872575A (en) Method and system for the creation of and navigation through a multidimensional space using encoded digital video
US20030227453A1 (en) Method, system and computer program product for automatically creating an animated 3-D scenario from human position and path data
Bares et al. Virtual 3D camera composition from frame constraints
US6492990B1 (en) Method for the automatic computerized audio visual dubbing of movies
RU2161871C2 (en) Method and device for producing video programs
Manovich What is digital cinema

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050801

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050929

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20051114