JP2001158106A - Ink jet recorder - Google Patents

Ink jet recorder

Info

Publication number
JP2001158106A
JP2001158106A JP34340199A JP34340199A JP2001158106A JP 2001158106 A JP2001158106 A JP 2001158106A JP 34340199 A JP34340199 A JP 34340199A JP 34340199 A JP34340199 A JP 34340199A JP 2001158106 A JP2001158106 A JP 2001158106A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
nozzle surface
regulating member
liquid
ink
sealing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP34340199A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Megumi Hasebe
Susumu Hirakata
Satoru Mori
Yasushi Oki
Hiroaki Sato
Yuji Suemitsu
Yasushi Suwabe
博昭 佐藤
靖 大木
進 平潟
裕治 末光
哲 毛利
恭史 諏訪部
恵 長谷部
Original Assignee
Fuji Xerox Co Ltd
富士ゼロックス株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fuji Xerox Co Ltd, 富士ゼロックス株式会社 filed Critical Fuji Xerox Co Ltd
Priority to JP34340199A priority Critical patent/JP2001158106A/en
Publication of JP2001158106A publication Critical patent/JP2001158106A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an ink jet recorder which can exhibit ejection stability while preventing clogging of nozzles. SOLUTION: The ink jet recorder 10 comprises ink outlets 30, a nozzle face 26 provided with the ink outlets 30, a member 24 for supplying sealing liquid 36 to the nozzle face 26, and a sealing liquid regulation member 22 supported movably relative to the nozzle face 26. The ink jet recorder 10 has a first mode (Fig. 1(a)) for moving the sealing liquid regulation member 22 relatively while keeping a first distance in the normal direction of the nozzle face 26 to remove the sealing liquid 36 supplied onto the nozzle face 26, and a second mode (Fig. 1(b)) for moving the sealing liquid regulation member 22 relatively while keeping a second distance in the normal direction of the nozzle face 26 to supply the sealing liquid 36 onto the nozzle face 26.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、被印字面にインクドロップなどの液滴を吐出して印字を行うインクジェット記録装置に関する。 The present invention relates to relates to an ink jet recording apparatus for printing by ejecting droplets such as ink drops onto the printing surface.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来のインクジェット記録装置においては、非動作時のインクの乾燥、増粘に起因するノズルの目詰まりを防止することが大きな課題である。 In a conventional ink jet recording apparatus, drying of the ink at the time of non-operation, it is possible to prevent clogging of the nozzles due to the thickening is a big problem. この課題を解決するために種々のインク材料が開発されているが、インク溶媒の蒸発を低減することは依然として困難である。 Various ink material in order to solve this problem have been developed, it is still difficult to reduce the evaporation of ink solvent. 市販のインクジェット記録装置では、非印字時、長期休止時には、樹脂製のキャッピング手段等により、ノズルを外気から遮蔽してインクの乾燥を遅延させようとしている。 In commercial inkjet recording apparatus, when not printing, the long-term rest, the resin capping means etc., are trying to delay the drying of the ink to shield the nozzle from the outside air. しかし、このキャッピング手段では、 However, in this capping it means,
ノズルの気密状態をより効果的に高めるためには、複雑な手順と装置が必要となる。 To enhance the airtight state of the nozzles more effectively, it is necessary to complicated procedures and equipment. また、このキャッピング手段では、ノズルを空気から完全に遮蔽することができず、保存中に、ノズル内部のインクの乾燥、増粘が徐々に進行し、ノズルの目詰まりが発生してしまうことがある。 Furthermore, in this capping means, can not be completely shield the nozzle from the air, during storage, drying of the ink inside the nozzle, thickening gradually progresses, that clogging of the nozzle occurs is there.

【0003】市販されているインクジェット記録装置では、長期休止によるノズルの目詰まりを解消するために、様々なメンテナンス動作が必要であり、それに伴い種々の部材が取り付けられている。 [0003] In the ink jet recording apparatus which is commercially available, in order to solve the nozzle clogging due to long-term rest, requires various maintenance operations, the various members with it attached. 例えば、ノズル内の詰まりをノズルの外部から負圧により引き出すバキューム動作でノズルの目詰まりを解消する場合では、装置内にポンプや廃インクの吸収体が必要である。 For example, in case of eliminating the nozzle clogging in the vacuum operation to draw the negative pressure clogging in the nozzle from the outside of the nozzle, it is necessary absorbent pumps and waste ink in the system. その結果、 as a result,
装置は複雑化、大型化し、装置のコストを高めている。 Apparatus complicated, large in size, thereby increasing the cost of the device.
また、ノズル面を一括して負圧にするため、目詰まりの発生していないノズルからも大量のインクを吸い出して廃棄することになり、ランニングコストが高くなる。 Further, since a negative pressure is collectively the nozzle surface, will be discarded by suction a large amount of ink from the nozzles does not occur clogging, the running cost becomes high. また、ダミージェット動作やワイピング動作を繰り返してノズルの目詰まりを解消する場合では、メンテナンス位置にヘッドを移動したり、ヘッド面にブレードなどの部材を押し当てて摺擦運動する機構が必要となり、装置が複雑化してコストが高くなる。 Further, in the case of repeating the dummy jetting operation and the wiping operation to eliminate the clogging of the nozzle, or move the head to the maintenance position, rubbing motion a mechanism by pressing a member such as a blade to the head surface is required, device cost increases complicated. また、インクジェット記録装置の長期休止後には、印字前にこれらの動作を組み合わせてメンテナンス動作をさせており、印字前の待ち時間や、メンテナンス動作による騒音なども発生し、ユーザーに不利益を与えている。 Also, after prolonged pauses in the ink jet recording apparatus, and by the maintenance operation by combining these operations prior to printing, the waiting time or before the printing, also occur, such as noise due to the maintenance operation, giving disadvantages to the user there.

【0004】長期休止後の目詰まりに起因する問題を回避する手段としては、特開昭52−104130号公報に、インクに不溶のシール液体と、シール液体の膜を張る手段によって、インク吐出口を密封してインクを空気から遮蔽し、インクの乾燥を防ぐ方法が開示されている。 [0004] As a means of avoiding the problems caused by clogging after long pauses, in JP-A-52-104130, by means of tensioning and sealing a liquid insoluble in the ink, the film of the sealing liquid, the ink discharge ports ink was shielded from the air by sealing, a method of preventing drying of the ink is disclosed. また、特開昭49−115548号公報には、シール液体と濡れ機構により、印字装置の非動作時にはインク吐出口を密封し、動作時にはシール液体の供給路に設けた開閉器によってシール液体の供給を止める方法が開示されている。 Further, in JP-A-49-115548, the seal liquid and wetting mechanism seals the ink discharge port at the time of non-operation of the printing apparatus, the supply of the sealing liquid by the switch provided in the supply path of the seal liquid during operation way to stop is disclosed. しかし、これらの方法では、インクを吐出口から吐出させることによってシール液体のシール状態を解いているので、吐出開始時にインク吐出の抵抗が高いという欠点がある。 However, in these methods, since solving the sealing state of the sealing liquid by ejecting ink from the discharge ports, there is a disadvantage that high resistance of the ink ejection at the ejection start. 印字装置を使用する環境の温度が低くなると、シール液体の粘度が高くなることがあり、最悪の場合はインクを吐出できないという問題が発生する。 When the temperature of the environment using the printing apparatus is low, there is the viscosity of the sealing liquid is high, the worst case impossible ejecting ink occurs.

【0005】また、シール液体の膜を張る手段や濡れ機構では、毛管力や濡れ広がりを利用して吐出口上にシール液体を再供給しているが、積極的にシール液体を再供給できないので、吐出終了後は、シール液体による吐出口へのシールが不充分となる場合がある。 [0005] In the means or wetting mechanism tensioning a membrane seal liquid, although re-fed with sealing liquid to the discharge Prompt utilizing capillary forces and wetting, can not be re-supplied to actively seal liquid after the ejection operation may seal to the discharge port by the sealing liquid may become insufficient. また、環境温度が低下すると、シール液体の粘度が増加し、シール液体の再供給のために要する時間が長くなり、その間は、 Further, when the environmental temperature drops, increasing the viscosity of the sealing liquid, the time required for re-supply of the sealing liquid is increased, meanwhile,
インク吐出口に位置するインクは空気にさらされることになる。 Ink located in the ink discharge port is exposed to the air. その結果、インクが乾燥し、吐出性能に変化が生じて、インク滴の径や、吐出方向にばらつきが生じ、 As a result, the ink is dried and the change in ejection performance occurs, the diameter and the ink droplets, variations occur in the discharge direction,
形成画像の画質の低下を招く。 Lowering the image quality of the formed image. また、シール液体を供給管により供給する場合、供給管路や微小間隙に空気や異物が入り込むと、シール液体を供給できなくなり、最悪の場合、インク乾燥による吐出口の目詰まりが発生する。 In the case of supply by the supply pipe a sealing liquid, the air and foreign matter enters the supply line and a small gap, it will not be supplied to the sealing liquid, in the worst case, clogging of the discharge port by the ink drying occurs.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】このように、シール液体によってノズルを密封している方式のインクジェット記録ヘッドでは、従来、吐出口からインク滴を吐出させる際に、インクとともにシール液体を飛ばして、インク吐出口のシール状態を解いているので、吐出開始時のシール液体の抵抗が高く、環境が変わってシール液体の粘度が高くなった場合など、最悪の場合はインクを吐出できないという欠点を有している。 BRIEF Problem to be Solved] Thus, in the ink jet recording head method to seal the nozzle with the seal liquid, conventionally, at the time of ejecting an ink droplet from the discharge port, skip seal liquid together with the ink, since solving sealing state of the ink discharge port, high resistance of the seal liquid ejection start is like when it becomes a high viscosity of the sealing liquid changed environment, in the worst case have the disadvantage of not ejecting ink doing. また、一般的には、蒸気圧が低く不揮発性の液体は分子量が大きいために動粘度が高いものが多い。 Also, in general, non-volatile liquid low vapor pressure is high is large kinematic viscosity because the molecular weight is large. このため、より長期間シール液体を不揮発にして目詰まりに対するシール性能を維持させるには動粘度が高いシール液体を選択するのが望ましい。 Therefore, it is desirable kinematic viscosity in to maintain the sealing performance against clogging selects high sealing liquid for a prolonged period of time seal liquid in the non-volatile. したがって、より長期間の目詰まりを防止するような仕様を採用するためには、動粘度の高いシール液体を用いたり、あるいはシール液体の厚みを厚くしたりせざるを得ず、吐出抵抗がさらに高くなってしまい、目詰まり防止の性能と吐出性能との両立が難しくなってしまう。 Therefore, in order to adopt specifications so as to prevent the longer term clogging, or having a high kinematic viscosity seal liquid, or it is inevitable to thick or the thickness of the sealing liquid, the discharge resistance is further becomes high, compatibility between the performance and the discharge performance of the anti-clogging becomes difficult.

【0007】さらに、吐出終了後のシール液体の再供給に毛管力や濡れ広がりを利用する構成では、シール液体の再供給性能が、シール液体の物性や吐出口周囲の形状や濡れ性に依存してしまい、迅速にシール液体を再供給することができない場合がある。 Furthermore, in the configuration using a capillary force or spreading the resupply of the sealing liquid after the ejection operation, re-supply performance of the seal liquid, depending on the shape and the wettability of the surrounding physical properties and ejection port of the sealing liquid and will, it may not be possible to re-supply the rapidly seal liquid. 特に、環境温度が低下し、シール液体の粘度が上昇している場合は、シール液体がインク吐出口を充分にシールするのに必要な量が再供給されるまでに、時間を要してしまう場合がある。 In particular, the ambient temperature is lowered, if the viscosity of the sealing liquid is rising, the amount necessary to seal liquid is sufficiently sealed ink ejection port before being re-supplied, it takes time If there is a. また、前記した様に、より長期間の目詰まりを防止するような仕様を採用するために、動粘度の高いシール液体を用いた場合でも、吐出終了後の再供給に時間を要することになる。 Also, as described above, in order to adopt specifications so as to prevent the longer term clogging, even when a high kinematic viscosity sealing liquid, it takes time to re-supply after the ejection operation . 再供給に要する時間が長期化し、インク吐出口のシールが確実に行えないと、インク乾燥による吐出性能の変化やばらつきが発生し、形成画像の画質の低下を引き起こす場合がある。 Resupply time required for the prolonged, the sealing of the ink discharge ports can not reliably be performed, in some cases occurs change and variation in the discharge performance of ink drying, it causes a reduction in image quality of the formed image. 最悪の場合には、再供給できずに、吐出口の目詰まりが発生する。 In the worst case, to not be re-supply, the clogging of the discharge port occurs.

【0008】本発明は、前記のような従来技術の有する問題点に鑑みなされたものであり、その目的は、シール液体によってノズルを密封する方式において、周囲の環境が変わっても安定して吐出できるとともに、ノズルの目詰まりを防止することが可能なインクジェット記録装置、さらにはより長期間の目詰まりを防止するような仕様に対する設計への自由度が大きい、インクジェット記録装置を提供することにある。 The present invention, wherein has been made in consideration of the conventional problems of techniques, such as, its purpose, the method for sealing the nozzle by sealing liquid, stable they change the surrounding environment discharge it is possible, the ink jet recording apparatus capable of preventing the clogging of the nozzle, and further a large degree of freedom in the design for specifications so as to prevent the longer term clogging is to provide an ink jet recording apparatus . 本発明の他の目的は、シール液体によりノズルを密封する方式において、吐出後に吐出口を確実にシールでき、再供給不良による画質低下が発生し難いインクジェット記録装置を提供することにある。 Another object of the present invention is a method for sealing the nozzle by sealing liquid, it can be reliably sealed discharge port after discharge, degradation in image quality due to resupply failure to provide an ink jet recording apparatus hardly occurs.

【0009】 [0009]

【課題を解決するための手段】前記課題を解決するため、請求項1のインクジェット記録装置は、インク吐出口と、該インク吐出口が設けられたノズル面と、シール液体を前記ノズル面に供給し得るシール液体供給部材と、前記ノズル面に対して相対的に移動可能に支持されたシール液体規制部材と、前記シール液体規制部材を、 Means for Solving the Problems] To solve the above problems, an ink jet recording apparatus according to claim 1, the ink discharge port, supply and the nozzle surface of the ink discharge ports are provided, the sealing liquid to the nozzle face a seal liquid supply member may be a seal liquid regulating member which is relatively movably supported with respect to the nozzle surface, said sealing liquid regulating member,
前記ノズル面の垂線方向において第1の距離に保って、 Keeping a first distance in the perpendicular direction of the nozzle surface,
相対的に移動させ、前記ノズル面上に供給されたシール液体を除去する第1のモードと、前記シール液体規制部材を前記ノズル面の垂線方向において第2の距離に保って、相対的に移動させ、前記ノズル面上にシール液体を供給する第2のモードと、を有することを特徴とする。 Relatively moving a first mode for removing the supplied sealing liquid onto the nozzle surface, while maintaining the sealing liquid regulating member to a second distance in the perpendicular direction of the nozzle surface, relatively moving It is allowed, and having a second mode supplying the sealing liquid onto the nozzle surface.

【0010】請求項1のインクジェット記録装置では、 [0010] In the ink jet recording apparatus according to claim 1,
インク吐出前に、第1のモードで、シール液体はインク吐出口の前面から除去される。 Before ink ejection, in the first mode, the sealing liquid is removed from the front surface of the ink discharge ports. このため、シール液体の粘度が上昇するような低温の環境下でも、吐出不良が発生し難く、鮮明な画像を印字することができる。 Therefore, even at a low temperature environment such as viscosity of the sealing liquid increases, discharge failure hardly occurs, it is possible to print a clear image. また、 Also,
請求項1のインクジェット記録装置では、ヘッドが待機状態になる前に、第2のモードで、シール液体が供給され、シール液体によりインク吐出口がシールされているので、長期休止後であってもインクの乾燥による目詰まりが発生し難い。 In the ink jet recording apparatus according to claim 1, before the head is in a standby state, in the second mode, the sealing liquid is supplied, the ink discharge port is sealed by a seal liquid, even after prolonged pause clogging hardly occurs due to drying of the ink. 従って、必要時にただちに吐出動作を行うことが可能となり、長期休止後のメンテナンス工程を軽減あるいは省略することができる。 Therefore, it is possible to perform immediate ejection operation when necessary, it is possible to reduce or omit the maintenance after prolonged pause process. さらに、シール液体供給時に、シール液体規制部材によりシール液体の膜厚が規制されるので、吐出終了後に確実にシール液体を再供給でき、シール不良によるインク乾燥が発生し難い。 Further, when sealing the liquid supply, the film thickness of the seal liquid is restricted by the seal liquid regulating member, it can be reliably re-supplying sealing liquid after the ejection operation, ink drying due to sealing failure hardly occurs.

【0011】また、シール液体は、インク吐出時にはノズル面から除去され、且つ、インク吐出終了後には確実に再供給されるので、配置するシール液体を厚くしたり、高粘度のシール液体材料を選択しても、目詰まりに対する性能と吐出性能との両立が可能となり、より長期間にわたって目詰まりを防止するようなインクジェット記録装置の設計が可能となる。 Further, the sealing liquid at the time of ink discharge is removed from the nozzle surface, and, because it is securely re-supplied after the ink ejection operation, or thickening the seal liquid to place, selects the seal liquid material having high viscosity also, it is possible to achieve both the performance and the discharge performance to clogging, the design of the ink jet recording apparatus so as to prevent the clogging becomes possible over a long period of time. さらに、簡易な構成で、 In addition, with a simple configuration,
シール液体除去性能と高精度な量規制性能を両立できる。 Sealing liquid removal performance and accurate amount regulation performance can both. 第1のモードで除去されたシール液体や、第2のモードで量規制されたシール液体を、回収することも可能であり、シール液体を効率的に利用することができる。 And sealing liquid removed in the first mode, the amount regulated seal liquid in the second mode, it is also possible to recover, it is possible to use a sealing liquid efficiently.

【0012】前記第1の距離より第2の距離が長いのが好ましい。 [0012] The second distance from the first long distance is preferred. また、第2の距離が可変であるのが好ましい。 Further, preferably the second distance is variable. さらに、シール液体供給部材とシール液体規制部材がこの順序でノズル面に作用する配置であるのが好ましい。 Moreover, the sealing liquid supply member and the seal liquid regulating member preferably is an arrangement which acts on the nozzle face in this order.

【0013】前記課題を解決するため、請求項5のインクジェット記録装置は、インク吐出口と、該インク吐出口が設けられたノズル面と、シール液体を前記ノズル面に供給し得るシール液体供給部材と、前記ノズル面に対して相対的に移動可能に支持されたシール液体規制部材とを有し、前記シール液体規制部材は、前記ノズル面に接触した状態で前記ノズル面に対して相対的に移動することによって、前記ノズル面上のシール液体を除去し、 [0013] To solve the above problems, an ink jet recording apparatus according to claim 5, the ink discharge port, and the nozzle surface of the ink discharge ports are provided, the sealing liquid supply member capable of supplying a sealing liquid to the nozzle face When, and a seal liquid regulating member which is relatively movably supported with respect to the nozzle surface, the seal liquid regulating member, relative to the nozzle surface in contact with the nozzle face by moving to remove the sealing liquid on the nozzle surface,
且つ、前記ノズル面に対して離間した状態でノズル面に対して相対的に移動することによって、前記ノズル面上のシール液体を所定の膜厚に規制することを特徴とする。 And, by moving relative to the nozzle surface in a state of being spaced apart with respect to the nozzle surface, characterized by regulating the sealing fluid on the nozzle face in the predetermined thickness.

【0014】請求項5のインクジェット記録装置では、 [0014] In the ink jet recording apparatus according to claim 5,
インク吐出口からインクを吐出する前に、シール液体規制部材がノズル面に接触しながらノズル面に対して相対的に移動し、ノズル面上のシール液体が除去される。 Before ejecting the ink from the ink discharge ports, sealing the liquid regulating member is relatively moved with respect to the nozzle surface while being in contact with the nozzle surface, the sealing liquid on the nozzle surface are removed. さらに、ヘッドが休止状態になる前に、シール液体供給部材によってシール液体が供給されるとともに、シール液体規制部材が、ノズル面と離間した状態で、ノズル面に対して相対的移動し、ノズル面上に、シール液体が供給される。 Further, before the head is at rest, with the sealing liquid is supplied by sealing the liquid supply member, the sealing liquid regulating member, in a spaced apart condition the nozzle surface, and relative movement with respect to the nozzle surface, the nozzle face above, the seal liquid is supplied. 従って、インク吐出時は、吐出安定性が良好となり、休止時は、インクの目詰まりを防止できる。 Therefore, when the ink ejection, ejection stability is improved, at rest, can prevent clogging of the ink.

【0015】前記課題を解決するため、請求項6のインクジェット記録装置は、インク吐出口と、該インク吐出口が設けられたノズル面と、シール液体を前記ノズル面に供給し得るシール液体供給部材と、前記ノズル面に対して相対的に移動可能に支持されたシール液体規制部材と、前記シール液体規制部材と前記ノズル面との前記ノズル面の垂線方向における離間距離を調節可能な離間距離調節手段とを有し、前記離間距離調節手段は、前記シール液体規制部材を前記ノズル面と少なくとも接触する第1の位置と、前記ノズル面と少なくとも離間する第2 [0015] To solve the above problems, an ink jet recording apparatus according to claim 6, the ink discharge port, and the nozzle surface of the ink discharge ports are provided, the sealing liquid supply member capable of supplying a sealing liquid to the nozzle face When relatively and movably supported seal liquid regulating member, an adjustable distance adjust the distance in the normal direction of the nozzle surface with the seal liquid regulating member and the nozzle surface with respect to the nozzle surface and means, said distance adjusting means has a first position in which at least contacts the sealing liquid regulating member and the nozzle face, a second at least apart from the nozzle face
の位置に配置可能であることを特徴とする。 Characterized in that it is a possible arrangement in position.

【0016】請求項6のインクジェット記録装置では、 [0016] In the ink jet recording apparatus according to claim 6,
インク吐出口からインクを吐出する前に、離間距離調節手段によって、シール液体規制部材はノズル面と少なくとも接触する第1の位置に維持され、ノズル面に接触しながらノズル面に対して相対的に移動し、ノズル面上のシール液体が除去される。 Before ejecting ink from an ink ejection port, relatively by the distance adjusting means, the sealing liquid regulating member is maintained at the first position at least in contact with the nozzle surface, the nozzle surface while in contact with the nozzle surface moving the sealing liquid on the nozzle surface are removed. さらに、ヘッドが休止状態になる前に、シール液体規制部材はノズル面と少なくとも離間する第1の位置に維持され、ノズル面に離間しながらノズル面に対して相対的に移動し、シール液体供給部材によってノズル面に供給されたシール液体の膜厚を規制する。 Further, before the head is at rest, the sealing liquid regulating member is maintained at the first position at least away from the nozzle surface, relatively moving the nozzle surface with spaced nozzle surface, sealing the liquid supply to regulate the thickness of the sealing liquid supplied to the nozzle surface by the member. 従って、インク吐出時は、吐出安定性が良好となり、休止時は、インクの目詰まりを防止できる。 Therefore, when the ink ejection, ejection stability is improved, at rest, can prevent clogging of the ink.

【0017】前記離間距離調節手段は、前記シール液体規制部材を、第1の位置と第2の位置との間の第3の位置に配置可能であるのが好ましい。 [0017] The distance adjusting means, said sealing liquid regulating member, preferably a third is possible disposed at a position between the first position and the second position. また、前記離間距離調節手段は、所定の厚みを有するスペーサーをシール液体規制部材とノズル面との間に挿入することによって、 Further, the distance adjusting means, by inserting a spacer having a predetermined thickness between the seal liquid regulating member and the nozzle surface,
前記シール液体規制部材を第2の位置に配置することを可能とした手段であってもよい。 It may be capable and the means placing said sealing liquid regulating member in the second position.

【0018】前記インクジェット記録装置において、シール液体供給部材によって供給されるシール液体の表面エネルギが、ノズル面の表面エネルギ未満であるのが好ましい。 [0018] In the ink-jet recording apparatus, the surface energy of the seal liquid to be supplied by sealing the liquid supply member is preferably less than the surface energy of the nozzle surface. また、ノズル面が表面エネルギの相互に異なる領域を有し、ノズル面のインク吐出口を囲む周縁部の表面エネルギが、シール液体供給部材によって供給されるシール液体の表面エネルギ未満であるのが好ましい。 Also have mutually different regions of the nozzle face surface energy, surface energy of the peripheral portion surrounding the ink ejection port of the nozzle face, preferably less than the surface energy of the seal liquid to be supplied by the seal liquid supply member . また、ノズル面の周縁部を凸形状とすることもできる。 It is also possible to the periphery of the nozzle surface with a convex shape.

【0019】 [0019]

【発明の実施の形態】以下、図面を参照して、本発明の実施形態を説明する。 DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENTS Hereinafter, with reference to the drawings, an embodiment of the present invention. 本実施の形態のインクジェット記録装置10の概略図を図3に、ヘッド12の拡大模式図を図2に示す。 A schematic view of the ink jet recording apparatus 10 of this embodiment in FIG. 3 shows an enlarged schematic view of the head 12 in Fig. また、本実施の形態のインクジェット記録装置10の第1のモードおよび第2のモードの動作を模式的に図1に示す。 Also, the operation of the first and second modes of the inkjet recording apparatus 10 of this embodiment is schematically shown in FIG.

【0020】図2に示す本実施の形態のインクジェット記録装置10は、インクジェット記録ヘッド12と、画像信号に従ってヘッド12内に配置された吐出手段(不図示)を制御する制御手段14と、画像信号に応じてヘッド12を移動する移動手段16と、記録紙20を搬送する搬送手段18とを備えている。 [0020] Figure 2 an inkjet recording apparatus 10 of this embodiment illustrated, the inkjet recording head 12, a control unit 14 for controlling the discharge means located in the head 12 (not shown) in accordance with image signals, image signals a moving means 16 for moving the head 12 in response to, and a conveying means 18 for conveying the recording sheet 20. 移動手段16は、ヘッド12が装着されたキャリッジ部16aと、インクジェット記録装置10の外枠(不図示)に固定されているとともに、キャリッジ部16aを図面中矢印x Moving means 16, a carriage portion 16a of the head 12 is attached, together with and fixed to the outer frame of the ink jet recording apparatus 10 (not shown), in the drawing the carriage portions 16a arrows x 1 −x 2方向に移動可能に支持するキャリッジシャフト16bと、 A carriage shaft 16b for movably supporting the 1 -x 2 direction,
キャリッジ部16aを矢印x 1 −x 2方向に移動させるキャリッジ送りベルト16cとから構成されている。 It is composed of a carriage feed belt 16c moving the carriage portion 16a in the arrow x 1 -x 2 direction. 搬送手段18は、回転可能にインクジェット記録装置10の外枠(不図示)に支持されている紙送りローラ18a Conveying means 18 is rotatably supported by the outer frame of the ink jet recording apparatus 10 (not shown) the paper feed roller 18a
と、紙送りシャフト(不図示)から構成されている。 When, and a paper feed shaft (not shown).

【0021】インクジェット記録装置10は、ヘッド1 The inkjet recording apparatus 10 comprises a head 1
2が待機領域(S1)に位置する待機モードと、印字領域(S3)に位置する印字モードとを有する。 2 has a standby mode located in the standby area (S1), and a printing mode located in the printing area (S3). ヘッド1 Head 1
2は、ノズル板28のノズル面26にインク吐出口30 2, the ink discharge port on the nozzle surface 26 of the nozzle plate 28 30
と、インク吐出手段32が設けられた吐出室34とを有する。 When, and a discharge chamber 34 that the ink discharge unit 32 is provided. インク吐出室34には、例えば毛管力や圧力差によって生じる作用により、ヘッド12外部のインクタンクとインク供給路(いずれも不図示)によってインク3 The ink discharge chamber 34, for example by the action caused by capillary force or a pressure differential, the ink 3 by the head 12 outside of the ink tank and the ink supply passage (both not shown)
8が供給されている。 8 is supplied. インクジェット記録装置が待機モードにある場合、即ち、ヘッド12が領域S1に位置する場合、ノズル面26にはシール液体36が位置し、吐出口30に露出しているインク38はシールされた状態にある(図2(b))。 If the ink jet recording apparatus is in a standby mode, i.e., when the head 12 is positioned in the region S1, the nozzle surface 26 is located is sealed liquid 36, the ink 38 which is exposed to the discharge port 30 in a state of being sealed there (Figure 2 (b)). 一方、インクジェット記録装置が印字モードにある場合、即ち、ヘッド12が領域S3 On the other hand, if the ink jet recording apparatus is in a printing mode, i.e., the head 12-area S3
に位置する場合、ノズル面26にはシール液体36はほとんど位置していない(図2(a))。 When located, the sealing liquid 36 in the nozzle face 26 is hardly position (FIG. 2 (a)).

【0022】尚、インクジェット記録装置10は、一連の印字動作終了時(印字モード終了時)に待機モードに移行してもよいし、一枚の記録紙全体への印字が終了した後に待機モードに移行してもよい。 [0022] Incidentally, the inkjet recording apparatus 10 may be shifted to the standby mode when a series of printing operation is completed (print mode at the end), the standby mode after printing on a single sheet of recording paper is completed migration may be. また、所定の時間非印字状態となった後や、電源スイッチを切断した後に待機モードに移行してもよい。 Further, and after reaching the predetermined time a non-printing state may transition to the standby mode after cutting the power switch. また、ヘッド12は、待機モード以外に、領域S1に位置する様に制御されていてもよく、例えば、領域S1を、印字モード中のデータの待ち位置としてもよいし、領域S1に一連のメンテナンス手段を設け、ヘッドのメンテナンスを行う領域としてもよい。 The head 12, in addition to standby mode may be controlled so as to located in the region S1, for example, the areas S1, may be a waiting position of the data in the printing mode, the area S1 of the series Maintenance means may be provided as an area for performing maintenance of the head. あるいは待機領域S1は、領域S2や領域S Alternatively waiting region S1 is region S2 and the area S
3を兼ねていてもよい。 3 may also serve as a.

【0023】さらに、インクジェット記録装置10は、 Furthermore, the inkjet recording apparatus 10,
待機モードから印字モードに移行する際、ノズル面26 When shifting from the standby mode to the print mode, the nozzle surface 26
に位置するシール液体36が除去される第1のモードになり(図1(a))、一方、印字モードから待機モードに移行する際、ノズル面26上にシール液体36が供給される第2のモードになる(図1(b))。 It becomes the first mode in which the seal liquid 36 located is removed (FIG. 1 (a)), whereas, when shifting from the printing mode to the standby mode, the sealing liquid 36 is supplied onto the nozzle surface 26 2 It becomes the mode (Figure 1 (b)). 前記第1のモードおよび第2のモードは、印字領域S3と待機領域S1との間に位置する中間領域S2に配置された、シール液体規制部材22とシール液体供給部材24とによって実行される。 The first mode and the second mode is executed by the print-area S3 is positioned in an intermediate region S2 which is located between the waiting area S1, a seal liquid regulating member 22 and the seal liquid supply member 24. シール液体規制部材22およびシール液体供給部材24は、図面中矢印y1−y2方向(ヘッド12のノズル面26の垂線方向)に移動可能にステージ23、25に支持されていて、シール液体規制部材22 Seal liquid regulating member 22 and the seal liquid supply member 24 is movably be supported on the stage 23, 25 in the drawings, arrow y1-y2 direction (perpendicular direction of the nozzle surface 26 of the head 12), the seal liquid regulating member 22
の端部面22aと、シール液体供給部材24aとノズル面26との離間距離が調節可能になっている。 And the end face 22a of the separation distance between the seal liquid supplying member 24a and the nozzle surface 26 is made adjustable.

【0024】図4を用いて、第1のモードにおけるシール液体規制部材22とシール液体供給部材24の作用を説明する。 FIG. 4 is used to explain the action of sealing fluid regulating member 22 and the seal liquid supply member 24 in the first mode. 第1のモードでは、ヘッド12が領域S1から領域S3へ向かって(矢印x2方向に)、領域S2を通過する。 In the first mode, the head 12 toward the area S1 to the area S3 (in the arrow direction x2), passes through the area S2. 即ち、シール液体規制部材22およびシール液体供給部材24は、ノズル面26に対して、矢印x1 That is, the sealing liquid regulating member 22 and the seal liquid supply member 24, the nozzle surface 26, an arrow x1
方向に相対的に移動する。 It moves relative to the direction. 第1のモードでは、シール液体規制部材22は、シール液体規制部材22の端部面2 In the first mode, the sealing liquid regulating member 22, the end face of the seal liquid regulating member 22 2
2aとノズル面26との離間距離が0となる位置に保持される。 Distance between 2a and the nozzle surface 26 is held at 0 a position. 一方、シール液体供給部材24は、少なくとも端部面24aが元々ノズル面26に位置していたシール液体36に少なくとも接触する位置に保持される。 On the other hand, the sealing liquid supply member 24 is held in at least the contact position with the seal liquid 36 at least the end face 24a was originally located in the nozzle face 26. 従って、ヘッド12が領域S2を通過する際、シール液体規制部材22の端部面22aは、ノズル面26と面接触しながら、相対的に矢印x1方向に移動し、元々ノズル面26に位置していたシール液体36、およびシール液体供給部材24から供給されるシール液体36を除去する(図4(a)〜(b))。 Therefore, when the head 12 passes through the region S2, the end face 22a of the seal liquid regulating member 22, while contacting the nozzle surface 26 and the surface, relatively moves the arrow direction x1, originally located on the nozzle surface 26 seal liquid 36 was, and a sealing liquid supply member sealing the liquid 36 supplied from the 24 is removed (FIG. 4 (a) ~ (b)). ノズル面26から除去されたシール液体36は、シール液体規制部材22に対して、 Sealing liquid 36 removed from the nozzle surface 26, the seal liquid regulating member 22,
相対的移動方向x1の下流に位置するシール液体供給部材24によって吸収される(図4(c))。 It is absorbed by the seal liquid supply member 24 located downstream of the direction of relative movement x1 (Fig 4 (c)). シール液体供給部材24がシール液体36を吸収しきれない場合は、後述する様に、別途吸収体を設置して余剰のシール液体を吸収させてもよいし、好ましくは、後述する様に、シール液体供給部材24を体積変化させて、回収効率を向上させることができる。 When the sealing liquid supply member 24 can not completely absorb the sealing liquid 36, as described later, by installing a separate absorber may be allowed to absorb the excess of sealing fluid, preferably, as described below, the seal a liquid supply member 24 by the volume change, thereby improving the recovery efficiency. シール液体36が除去されたヘッド12は、その後、領域S3に到達(図4 Head 12 seals the liquid 36 has been removed, then, it reaches the region S3 (FIG. 4
(d))し、インクジェット記録装置10は、第1のモードから印字モードに移行する。 (D)), and an ink jet recording apparatus 10 shifts from the first mode to the print mode.

【0025】その後、ヘッド12は移動手段16によって、搬送手段20によって搬送されてくる記録紙20とノズル面16とが対向する領域S3に到達する。 [0025] Then, the head 12 by the movement means 16, and the nozzle surface 16 a recording paper 20 which is conveyed reaches the opposite-area S3 by the transport means 20. 駆動手段14から、ヘッド12内部に配置された吐出手段32 From the drive means 14, discharging means 32 disposed inside the head 12
に画像信号が入力され、吐出手段32は、入力された信号に応じて、インク38にエネルギーを供与し、所望のインク吐出口30からインク38を吐出する。 The image signal is input, the discharge means 32 according to the input signal, energy is supplied to the ink 38, for ejecting ink 38 from a desired ink discharge port 30. 吐出されたインク滴は、記録紙20に着弾して、記録紙20上に画像が形成される。 Ink droplets ejected is landed on the recording paper 20, an image is formed on the recording paper 20.

【0026】図5を用いて、第2のモードにおけるシール液体規制部材22とシール液体供給部材24の作用を説明する。 [0026] with reference to FIG. 5, the operation of the seal liquid regulating member 22 and the seal liquid supply member 24 in the second mode. インクジェット記録ヘッド12は、印字モードが終了すると、第2のモードに移行する。 The ink jet recording head 12, when the print mode is completed, the program proceeds to the second mode. 印字モードの終了と同時に、ヘッド12は、矢印x1方向に移動して、領域S3から領域S1に戻る。 At the same time the end of the printing mode, the head 12 is moved in the arrow direction x1, returning from the area S3 is the area S1. その後、矢印x2方向に移動して、領域S2を通過する。 Then moves in the arrow direction x2, it passes through the area S2. 即ち、シール液体規制部材22およびシール液体供給部材24の端部面2 That is, the end face of the seal liquid regulating member 22 and the seal liquid supply member 24 2
4aは、ノズル面26に対して、矢印x1方向に相対的に平行に移動する(図5(a))。 4a, to the nozzle surface 26, relatively moves parallel to the arrow direction x1 (Figure 5 (a)). 第2のモードでは、 In the second mode,
シール液体規制部材22は、シール液体規制部材22の端部面22aとノズル面26とが距離L2だけ離間した位置に保持される。 Seal liquid regulating member 22 is held in a position where the end face 22a and the nozzle surface 26 of the seal liquid regulating member 22 is spaced apart by a distance L2. 一方、シール液体供給部材24の端部面24aは、ノズル面26に接触した位置に保持される。 On the other hand, the end face 24a of the seal liquid supply member 24 is held in a position in contact with the nozzle face 26. 従って、ヘッド12が矢印x1方向に領域S2を通過する際、シール液体供給部材24の端部面24aがノズル面26に先行して接触し、過剰のシール液体36がノズル面26に供給される(図5(b))。 Therefore, when the head 12 passes through the region S2 in the arrow direction x1, the end face 24a of the seal liquid supply member 24 is in contact prior to the nozzle surface 26, excess sealing liquid 36 is supplied to the nozzle surface 26 (Figure 5 (b)). ノズル面2 The nozzle surface 2
6に供給されたシール液体36は、その後、相対的に移動するシール液体規制部材22の端部面22aと、ノズル面26から距離L2だけ離間した位置で接触し、層厚が規制される(図5(c))。 Sealing liquid 36 supplied to 6, then, the end face 22a of the seal liquid regulating member 22 to move relative to the contact at a position spaced from the nozzle face 26 by a distance L2, the layer thickness is regulated ( Figure 5 (c)). ノズル面26から除去された余剰のシール液体36は、先行するシール液体供給部材24によって吸収される(図5(d)〜(e))。 Excess sealing liquid 36 removed from the nozzle surface 26 is absorbed by the preceding sealing liquid supply member 24 (FIG. 5 (d) ~ (e)).
シール液体供給部材24がシール液体36を吸収しきれない場合は、後述する様に、別途吸収体を設置して余剰のシール液体を吸収させてもよいし、後述する様に、シール液体供給部材24を体積変化させて、回収効率を向上させるのが好ましい。 When the sealing liquid supply member 24 can not completely absorb the sealing liquid 36, as described later, by installing a separate absorber may be allowed to absorb the excess of sealing liquid, as described below, the sealing liquid supplying member 24 by volume change is preferable to improve the collection efficiency. シール液体規制部材22およびシール液体供給部材24は、再び、ノズル面26から離間した位置(距離L2より離間した位置)に配置されるとともに、ヘッド12は矢印x1方向に再び移動し、領域1に戻る。 Seal liquid regulating member 22 and the seal liquid supply member 24, again, while being disposed at a position separated from the nozzle surface 26 (the distance L2 from spaced locations), the head 12 is moved again in the arrow direction x1, the region 1 Return. インクジェット記録装置は、待機モードに移行する。 An ink jet recording apparatus shifts to the standby mode.

【0027】本実施の形態のインクジェット記録装置1 The ink-jet recording apparatus 1 of this embodiment
0は、待機モードから印字モードに移行する間に、第1 0, during the transition from the standby mode to the print mode, the first
のモードにより、インク吐出口30をシールしているシール液体36が除去されるので、印字モードにおいては、安定的なインク吐出が可能であり、形成画像の高画質化が図れる。 The mode, the seal liquid 36 is removed, which seals the ink discharge ports 30, in the print mode is capable of stable ink discharge, quality of the formed image can be improved. 一方、印字モードから待機モードに移行する際には、第2のモードにより、ノズル面26にシール液体が安定的に供給されるので、待機モードにおいて、インク吐出口30のシール性が良好である。 On the other hand, in the transition from the print mode to the standby mode, the second mode, the sealing liquid to the nozzle surface 26 is stably supplied in the standby mode, is good sealing of the ink discharge ports 30 .

【0028】図1〜図5には、1つのインク吐出口30 [0028] In FIGS. 1-5, one ink ejection port 30
のみを示したが、インク吐出口30はノズル面26に複数設けられていてもよい。 It shows only the ink discharge ports 30 may be provided with a plurality of the nozzle face 26. なお、図2〜図5においては、インク吐出口30が下方向に配置された図を示しているが、インク吐出方向、即ち、記録ヘッドの配置方向は所望により適宜選択することができる。 In the Figures 2-5, the ink discharge ports 30 are shown to FIG disposed downward, the ink ejection direction, i.e., arrangement direction of the recording head can be appropriately selected as desired. 一般的にはインク滴は重力方向(下方)に向けて吐出される。 In general, ink droplets are discharged toward the direction of gravity (downward).

【0029】本実施の形態に使用可能なインク吐出手段32には、従来技術によるインクジェット記録ヘッドで用いられているインク吐出手段、例えば加圧方式、 [0029] This embodiment enables ink discharge means 32, the ink discharge unit that is used in the ink jet recording head according to the prior art, for example, pressurizing system,
連続流方式、静電吸引方式等のインク吐出手段を広く利用することができる他、音響波、圧力波などを集中させる方式なども利用可能である。 Continuous flow method, except that it can be widely used ink ejection means such as an electrostatic attraction method, the acoustic waves, a method of concentrating and pressure waves, etc., it can be used. 加圧方式の吐出手段としては、サーマルインクジェット方式や圧電方式が利用できる。 The pressurization method of discharging means, available thermal ink jet system or a piezoelectric method.

【0030】本実施の形態において使用可能なインク3 [0030] Ink 3 usable in this embodiment
8は、吐出方式に応じて、適宜選択することができる。 8, depending on the ejection method can be appropriately selected.
例えば、公知のインクジェット用の水性染料インクや水性顔料インクなどを用いることができる。 For example, it is possible to use such as an aqueous dye ink and aqueous pigment inks for known ink jet.

【0031】本実施の形態において使用可能なシール液体36は、インク吐出口30をシールし、インク38を空気から遮蔽する機能を有する。 The present seal liquid 36 that can be used in the form of seals the ink discharge port 30 has a function to shield the ink 38 from the air. このような機能を有するシール液体36としては、少なくともインクに不溶な成分を含み、インクと相溶せず、かつ、インクとは自発的に乳化しないものである。 The seal liquid 36 having such a function include insoluble component to at least the ink, not compatible with the ink, and those which do not spontaneously emulsify the ink.

【0032】シール液体36とインク38が非相溶性であるためには、具体的には、シール液体36のインク3 [0032] For sealing the liquid 36 and the ink 38 is incompatible, specifically, the ink 3 of the sealing liquid 36
8に対する溶解度が、常温(25°C)で0.1重量% Solubility 8, 0.1 wt% at ordinary temperature (25 ° C)
以下であるのが好ましい。 In is preferably less.

【0033】さらに、シール液体36が不揮発性であると、ヘッド12の休止中に蒸発せず、シール液体36によるインク吐出口30のシール状態に変化が生じないので好ましい。 Furthermore, the sealing liquid 36 If it is non-volatile, does not evaporate during the suspension of the head 12, preferably the change in the sealed state of the ink discharge port 30 by the sealing liquid 36 does not occur. 不揮発性とは、具体的には、常温での蒸気圧が0.1mmHg以下であることをいう。 By nonvolatile specifically refers to the vapor pressure at room temperature is less than 0.1 mmHg.

【0034】シール液体36の動粘度は、目詰まり防止の期間設定、吐出手段32、インク吐出口30の直径、 The kinematic viscosity of the sealing liquid 36, period setting clogging prevention discharge means 32, the diameter of the ink discharge ports 30,
記録ヘッド12の吐出周波数、シール液体36の膜厚、 Ejection frequency of the recording head 12, the thickness of the sealing liquid 36,
シール液体36を配置する方法などの設計仕様に対して適宜選択可能であり、動粘度は低粘度のものから高粘度のものまで広く利用できる。 Can be selected as necessary for the design specifications, including how to arrange the sealing liquid 36, kinematic viscosity widely available to those from of low viscosity high viscosity. ただし、一般的には、蒸気圧が低く不揮発性の液体は、分子量が大きいために動粘度が高いものが多い。 However, in general, non-volatile liquid low vapor pressure, high there are many kinematic viscosity because the molecular weight is large. このため、より長期間蒸発せずに、インク吐出口30の目詰まりに対するシール性能を維持させるには、シール液体36としては、動粘度が高い材料を用いるのが望ましい。 Therefore, without a longer period of time it evaporated, in order to maintain the sealing performance for the clogging of the ink discharge port 30, as the seal liquid 36, it is desirable to use a kinematic viscosity higher material. 一方、シール液体規制部材22による除去(第1のモード)、シール液体36の量規制(第2のモード)の粘性抵抗を考えると、シール液体36としては、動粘度が低い材料を用いるのが望ましい。 On the other hand, removal by sealing liquid regulating member 22 (the first mode), considering the viscosity resistance of the amount regulation of the sealing liquid 36 (second mode), the seal liquid 36, to use a low kinematic viscosity material desirable. これらを考え合わせると、シール液体36としては、常温で、動粘度が1〜1000mm 2 /sの材料を用いるのが望ましい。 Taken together, the seal liquid 36, at room temperature, kinematic viscosity is desirably a material of 1 to 1000 mm 2 / s.

【0035】シール液体36の表面張力は、ヘッド12 The surface tension of the seal liquid 36, head 12
(あるいはこれを備えた記録装置)を使用する環境下で、15〜70mN/mであるのが好ましく、インク吐出口30のインクの表面に濡れ進むためには、50mN (Or recording apparatus including this) in an environment that uses, is preferably from 15~70mN / m, in order to proceed wetting the surface of the ink in the ink discharge ports 30, 50 mN
/m以下であるのがより好ましく、さらに、インク38 / More preferably m or less, further, the ink 38
の表面張力より小さいのが好ましい。 Preferably smaller than the surface tension of.

【0036】シール液体36として、前記好ましい範囲の性質を元々有する材料を単独で使用することもできるし、複数の材料を混合して粘度や表面張力等を前記好ましい範囲に調整して使用してもよい。 [0036] As the sealing liquid 36, can either be used materials originally having the properties of the preferable range alone, a mixture of a plurality of material viscosity and surface tension or the like and used to adjust the preferable range it may be.

【0037】インク38として水性のインクを用いる場合、シール液体36としては、常温で液体の有機溶媒やオイル類を用いることができる。 In the case of using the aqueous ink as the ink 38, as the seal liquid 36 may be an organic solvent or oils liquid at room temperature. 例えば、オクタン、ノナン、テトラデカン、ドデカンなどの炭化水素、オレイン酸、リノール酸などの高級脂肪酸、n−デカノール、 For example, octane, nonane, tetradecane, hydrocarbons, oleic acid, such as dodecane, higher fatty acids such as linoleic acid, n- decanol,
ジメチルブタノールなどの非水溶性のアルコール類、フタル酸ジブチル、マレイン酸ジブチルなどの可塑剤を用いることができる。 Water-insoluble alcohols such as dimethyl butanol, dibutyl phthalate, can be used a plasticizer such as dibutyl maleate. あるいは植物油、鉱物油、シリコーンオイル、フッ素オイルなどを用いることもできる。 Alternatively vegetable oils, mineral oil, silicone oil, fluorine oil may be used. これらは、単独で用いても、あるいは均一に混合し得るものであれば、複数種を混合して用いてもよい。 These long be used alone or as it is capable of uniformly mixing, it may be used in admixture of plural kinds thereof.

【0038】本実施の形態において、インク吐出口30 [0038] In this embodiment, the ink discharge ports 30
をシールするシール液体36の膜厚は、シール性能を維持する期間、吐出手段、インク吐出口30の直径、記録ヘッド12の吐出周波数、シール液体36の動粘度などの設計仕様に対して適宜設定可能である。 The film thickness of the seal liquid 36 for sealing the can appropriately set period for maintaining the sealing performance, the discharge means, the diameter of the ink discharge ports 30, the ejection frequency of the recording head 12, relative to the design specifications, such as kinematic viscosity of the sealing liquid 36 possible it is. ただし、目詰まりに対するシール性能と、第1のモードでシール液体規制部材22がシール液体36に摺擦する際の粘性抵抗を考慮すると、シール液体の層厚は、5μm以上500 However, the sealing performance for clogging, the seal liquid regulating member 22 in the first mode to consider the viscosity resistance when rubbing the sealing liquid 36, the thickness of the sealing liquid, 5 [mu] m or more 500
μm以下であるのが好ましく、5μm以上200μm以下であるのがより好ましい。 It is preferably at μm or less, and more preferably 5μm or 200μm or less. シール液体36の膜厚は、 Thickness of the sealing liquid 36,
第2のモードにおけるシール液体規制部材22の端部面22aとノズル面26との、ノズル面26の垂線方向における離間距離L2により、設定することができる。 Between the end face 22a and the nozzle surface 26 of the seal liquid regulating member 22 in the second mode, the distance L2 in the normal direction of the nozzle surface 26 can be set.

【0039】ノズル面26は、平坦であるのが、第1のモードにおいて、シール液体規制部材22によりシール液体36が除去し易くなるとともに、第2のモードにおけるシール液体36の膜厚規制が容易によって、シール液体36の膜厚がより均一になるので好ましい。 The nozzle surface 26 is flat to the, in the first mode, the sealing liquid 36 is easily removed by seal liquid regulating member 22, facilitates the thickness regulation of the sealing liquid 36 in the second mode the preferable because the thickness of the sealing liquid 36 is more uniform. 具体的には、ノズル面26の平面度は0.5〜5μm、表面荒さRaは0.1〜2μmであるのが好ましい。 Specifically, the flatness of the nozzle surface 26 is 0.5 to 5 [mu] m, the surface roughness Ra is preferably 0.1-2 .mu.m.

【0040】ノズル面26の少なくともインク吐出口3 [0040] At least the ink ejection port 3 of the nozzle surface 26
0の周辺は、親シール液体性(シール液体が濡れ広がり易い性質)の材料で構成するのが好ましい。 Near 0 is preferably constructed of a material of the parent seal liquid property (property of easily spreads wet seal liquid). 例えば、ノズル板28を親シール液体性の材料にしてもよいし、ノズル板28の表面の一部にまたは全部に親シール液体性の材料からなる層を形成してもよい。 For example, the nozzle plate 28 may be a parent seal liquid material, or the whole part of the surface of the nozzle plate 28 may be formed a layer consisting of a parent seal liquid material. また、ノズル板2 The nozzle plate 2
8の表面を表面処理して、ノズル面26の一部または全部を親シール液体性としてもよい。 8 surface treated surface of the part or the whole of the nozzle surface 26 may be a parent seal liquid properties.

【0041】ノズル面26の表面エネルギをE1、シール液体36の表面エネルギEsとしたときに、Es≦E [0041] The surface energy of the nozzle surface 26 E1, when the surface energy Es of the seal liquid 36, Es ≦ E
1となる組み合わせの材料を選択すると、シール液体3 When selecting a combination of materials to be 1, the seal liquid 3
6に対するノズル面26の濡れ性が高くなり親シール液体性になる(付着性が良くなり、シール液体をはじき難くなる)。 Wettability of the nozzle surface 26 becomes the parent seal liquid with high relative 6 (adhesion is improved, and it becomes difficult to repel seal liquid). 具体的には、ノズル面26の臨界表面張力γ Specifically, the critical surface tension γ of the nozzle surface 26
1とシール液体36の表面張力γsとが、γs≦γ1となる組み合わせの材料を選択して使用するのが好ましい。 1 and the surface tension gamma] s of the sealing liquid 36 is preferably used to select the material combination as a gamma] s ≦ .gamma.1. シール液体36にシリコーンオイルを選択した場合は、ノズル板28としては、各種金属材料(Ni、A If you choose silicone oil to the seal liquid 36, the nozzle plate 28, various metal materials (Ni, A
l、Au、ステンレスなど)、無機材料(シリコン単結晶基板)、または有機材料(ポリアミド樹脂、ポリイミド樹脂、ポリエチレンテレフタレート樹脂など)を用いることができる。 l, Au, stainless steel, etc.), an inorganic material (silicon single crystal substrate), or an organic material (polyamide resin, polyimide resin, polyethylene terephthalate resin) may be used.

【0042】図6に示す様に、ノズル面は、インク吐出口30群が形成されている領域26aの周囲を取り囲むように、周縁部に撥シール液体性の領域26bを設けたノズル面26'であるのが好ましい。 [0042] As shown in FIG. 6, the nozzle surface so as to surround the periphery of the region 26a where the ink discharge ports 30 group is formed, the nozzle surface 26 provided repellent sealing liquid of the region 26b on the periphery ' in it is preferred. また、図7に示す様に、ノズル面は、第1のモードにおいてシール液体規制部材22に接触する領域26c以外の領域26d(例えば、ヘッド12のノズル面26の周縁部)に凸状の囲みを設けたノズル面26''であるのが好ましい。 Further, as shown in FIG. 7, the nozzle surface surrounds the first in mode seal liquid regulating member 22 in the contact region 26c other regions 26 d (for example, the peripheral portion of the nozzle surface 26 of the head 12) convex preferably a nozzle surface 26 is provided ''. ノズル面が、ノズル面26'およびノズル面26''であると、撥インク性領域26bの表面エネルギや凸部26c Nozzle surface, if it is the nozzle surface 26 'and the nozzle surface 26' ', the surface energy of the ink-repellent region 26b and protrusion 26c
の高さをノズル面の面積や、シール液体の表面張力、ノズル面に配置したシール液体の膜厚等に応じて適宜設定することができ、ヘッド12に不慮の衝撃が与えられた場合、またはヘッド12が移動手段16によって移動する際に、シール液体36が振動しても、ノズル面26からシール液体36が移動し難くなり、インク吐出口30 The height and area of ​​the nozzle surface of the surface tension of the sealing liquid, can be appropriately set according to the thickness of the seal liquid disposed in the nozzle surface or the like, if the accidental impact is applied to the head 12, or when the head 12 is moved by the moving means 16, even if the sealing liquid 36 is vibrated, the seal liquid 36 hardly moves from the nozzle face 26, the ink discharge ports 30
に対するシール性能をより維持することができる。 Sealing performance against can be further maintained. また、シール液体36が飛散して、インクジェット記録装置10内部を汚染するのを防止することができる。 The sealing liquid 36 is scattered, it is possible to prevent the contamination of the internal inkjet recording apparatus 10. 特に、撥シール液体性の領域26bを形成すると、第1のモードおよび第2のモードで、ノズル面26'から除去された余剰のシール液体36が、シール液体供給部材2 In particular, when forming a repellent sealing liquid of the region 26b, in a first mode and a second mode, excess sealing liquid 36 removed from the nozzle surface 26 ', sealing the liquid supply member 2
4に吸収されるのをより促進できるので好ましい。 Preferable because from being absorbed can be further promoted to 4. 尚、 still,
図6および図7は、ノズル面26'およびノズル面2 6 and 7, the nozzle surface 26 'and the nozzle face 2
6''が、領域S2を通過する際に、シール液体規制部材22およびシール液体供給部材24と対向している状態を示した上面図、およびA−A'断面図である。 6 '' is, when passing through the area S2, top view showing a state in which faces the seal liquid regulating member 22 and the seal liquid supply member 24, and A-A 'is a cross-sectional view.

【0043】ノズル面26'および26''において、 [0043] In the nozzle surface 26 'and 26' ',
各々のシール液体を保持する領域である領域26aおよび領域26cは、その面積が小さいほうが、シール液体36の供給・除去量が少なくすることができる。 Each region 26a and the region 26c is a region for holding the sealing liquid can be better and the area is small, the supply and removal of the sealing liquid 36 is reduced. その結果、シール液体規制部材22とシール液体供給部材24 As a result, the sealing liquid regulating member 22 and the seal liquid supply member 24
のサイズ、シール液体36の貯蔵部の容量を小さくでき、インクジェット記録装置10をより小型化できる。 Size, the capacity of the reservoir of sealing fluid 36 can be reduced, it can be more compact ink jet recording apparatus 10.
また、ノズル面26''を用いる場合は、第1および第2のモードにおいて、シール液体規制部材22とシール液体供給部材24とを、領域26cの内部においてのみ作用させた後、凸部の高さ以上の距離に離間させて相対移動させるのも好ましい。 In the case of using the nozzle surface 26 '', in the first and second modes, and a seal liquid regulating member 22 and the seal liquid supply member 24, after acting only inside the region 26c, the convex height also preferred is allowed spaced relative movement is more than the distance. この様にシール液体規制部材22とシール液体供給部材24とを動作させると、前記第1のモードおよび第2のモードの終了時に、領域26 When the such as operating a seal liquid regulating member 22 and the seal liquid supply member 24, at the end of the first and second modes, the region 26
cの凸部にシール液体規制部材22やシール液体供給部材24が接触することによる、シール液体36の飛び散り等が発生し難くなるので好ましい。 According to the seal liquid regulating member 22 and the seal liquid supply member 24 contacts the convex portion of the c, since scattering and the like of the sealing liquid 36 is less likely to occur preferable. その結果、インクジェット記録装置10内部の汚染をより防止できるので好ましい。 As a result, it preferred because it more prevented inkjet recording apparatus 10 internal contamination. 凸状の囲み26dは、凸部を構成する材料の張り合わせ、凹部分のエッチング、放電加工などによる凹部を形成することによって形成できる。 Convex enclosure 26d is bonded to the material constituting the convex portions can be formed by forming a recess concave portion of the etching, such as by electrical discharge machining. また、撥シール液体性領域26bは、撥シール材料の塗布およびその後の硬化による成膜、あるいは撥シール材料でノズル板28の表面を構成した後、領域26aを粗面化等による親シール処理することによって形成することができる。 Also, repellent seal liquid region 26b, after forming the surface of the nozzle plate 28 by coating and film formation by subsequent curing or repellent sealing material, a repellent sealing material, parent-sealed area 26a by roughened like it can be formed by.

【0044】図6に示す様に、ノズル面に、親シール液体性領域26aと撥シール液体性領域26bを形成する場合は、撥シール液体性領域26bの表面エネルギE [0044] As shown in FIG. 6, the nozzle surface, when forming the parent seal liquid region 26a repellent seal liquid region 26b, the surface energy E repellent seal liquid region 26b
2、シール液体36の表面エネルギEsは、E2<Es 2, the surface energy Es of the seal liquid 36, E2 <Es
となる組み合わせの材料を選択すると、撥シール液体性領域26bのシール液体36に対する濡れ性が低下するので好ましい。 When selecting a combination of the material which becomes, wettability to seal liquid 36 repellent seal liquid region 26b is preferable to decrease. 具体的には、撥シール液体性領域26b Specifically, repellent seal liquid region 26b
の臨界表面張力γ2とシール液体の表面張力γsとが、 The critical surface tension γ2 and the surface tension γs of the sealing liquid,
γ2<γsとなる組み合わせの材料を選択して使用するのが好ましい。 .gamma.2 <preferable to select and use a material combination of a gamma] s. シール液体36にシリコーンオイルを選択した場合は、撥シール液体性領域26bの材料としては、ポリテトラフルオロエチレン(PTFE)、テトラフルオロエチレン−パーフルオロアルキルビニルエーテル共重合体(PFA)等の各種フッ素樹脂を用いることができる。 If you choose silicone oil to the seal liquid 36, as the material of the repellent seal liquid region 26b, polytetrafluoroethylene (PTFE), tetrafluoroethylene - perfluoroalkyl vinyl ether copolymer (PFA) various fluorocarbon resins, such as it can be used.

【0045】本実施の形態に使用され得るシール液体規制部材22は、端部面22aが、平坦な面であるのが好ましい。 [0045] This embodiment of the seal liquid regulating member may be used to form 22, the end face 22a is preferably a flat surface. 該面がノズル面26と平行に対向しているのが好ましい。 Preferably, said surface is parallel to face the nozzle surface 26. シール液体規制部材22の材料としては、シール液体36に侵されない弾性部材が好ましい。 As the material of the seal liquid regulating member 22, an elastic member which is not affected by the sealing liquid 36 is preferred. シール液体規制部材22が撥シール液体性材料から構成されていると、第1および第2のモードにおいて、シール液体36が、シール液体規制部材22の表面を濡れ進み難く、シール液体36により汚染され難いので好ましい。 When the sealing liquid regulating member 22 is composed of a repellent seal liquid material, in the first and second modes, the sealing liquid 36, hardly proceeds wetting the surface of the seal liquid regulating member 22 is contaminated by the sealing liquid 36 since the hard preferable.
使用するシール液体36の動粘度、表面張力、ノズル面26の材質などにもよるが、第1のモードにおけるノズル面26との密着性と除去性能、および第2のモードにおける剛性(シール液体36の膜厚を規制するための剛性)を考慮すると、シール液体規制部材22は、以下に示すサイズ、および性質を有しているのが好ましい。 The kinematic viscosity of the sealing liquid 36 to be used, the surface tension, depending like the material of the nozzle face 26, adhesion to the removal performance of the nozzle surface 26 in the first mode, and stiffness in the second mode (the sealing liquid 36 considering the rigidity) for regulating the thickness of the sealing liquid regulating member 22 preferably has the size shown below, and the properties. シール液体規制部材22のゴム硬度は30〜80(JIS The rubber hardness of the seal liquid regulating member 22 is 30 to 80 (JIS
硬度)、長手方向の長さ(y1−y2方向の長さ)と厚さ(x1−x2方向の長さ)との比は、5:1〜50: Hardness), the ratio of the longitudinal length (y1-y2 direction length) between the thickness (x1-x2-direction length) is 5: 1 to 50:
1、ノズル面26との対向部(端部面22a)の厚さが0.5〜2mm、ノズル面26との対向部(端部面22 1, the opposing portion of the thickness of the portion facing the nozzle surface 26 (end surface 22a) is 0.5 to 2 mm, the nozzle surface 26 (end face 22
a)の表面荒さRaが0.1〜5μm、且つ、当接部のエッジ形状:90度±10度であるのが好ましい。 Surface roughness Ra of a) is 0.1 to 5 [mu] m, and the contact portion of the edge shape: is preferably 90 degrees ± 10 degrees.

【0046】シール液体規制部材22の材料としては、 [0046] As the material of the seal liquid regulating member 22,
ウレタンゴム、シリコーンゴム、エチレンプロピレンゴム(EPDM)等が挙げられる。 Urethane rubber, silicone rubber, ethylene propylene rubber (EPDM) and the like. また、表面に撥シール液体性の樹脂層を形成してもよい。 It is also possible to form a repellent sealing liquid resin layer on the surface. その様なシール液体規制部材22は、撥シール液体性材料または硬化によって撥シール液体性を発現する材料を含有する塗布液をシール液体規制部材に塗布して、硬化することにより作製できる。 Such sealing liquid regulating member 22 can be made by by coating a coating solution containing a material exhibiting repellent sealing liquid property by repellent sealing liquid material or curing the sealing liquid regulating member, cures.

【0047】シール液体供給部材24は、図8に示す様に、矢印y2方向の端部24bが、シール液体36の貯蔵部40に接触し、端部24bから矢印y1方向の端部面24aまで、シール液体36で満たされている(図8 The seal liquid supply member 24, as shown in FIG. 8, the arrow y2 direction of the end portion 24b is in contact with the reservoir 40 of seal liquid 36 from the end 24b to the arrow y1 direction of the end portion face 24a It is filled with a sealing liquid 36 (FIG. 8
(a))。 (A)). 第1のモードや第2のモードで、シール液体供給部材24の端部面24aがノズル面26と接触すると(図8(b))、端部面24aに保持されていたシール液体36は、ノズル面26との親和性によってノズル面26に移動し(図8(c))、シール液体36が移動した量だけ貯蔵部40から補給される(図8(d))ように設計されている。 In a first mode or a second mode, the end face 24a of the seal liquid supply member 24 is in contact with the nozzle surface 26 (FIG. 8 (b)), sealing liquid 36 held in the end face 24a is Go to the nozzle surface 26 by affinity between the nozzle surface 26 (FIG. 8 (c)), are designed to seal liquid 36 is supplied only from the reservoir 40 an amount that has moved (FIG. 8 (d)) . 端部面24aは、端部面24aを構成している材料の毛管力、シール液体供給部材24内部を構成している材料の毛管力、貯蔵部40内の静圧や水頭圧、または貯蔵部40内に配置した多孔体の毛管力等との釣り合い等により、シール液体36を保持する。 End face 24a is the capillary force of the material constituting the end face 24a, the capillary force of the material constituting the inner seal liquid supply member 24, the static pressure and head pressure in the reservoir 40 or the reservoir, the balance or the like of the porous body capillary force or the like disposed within 40 to retain the sealing liquid 36.
例えば、毛管力によって、貯蔵部40から端部面24a For example, by capillary forces, the end face 24a from the reservoir 40
までシール液体が満たされる(保持している)には、貯蔵部40のシール液体36の液面から、端部面24aまでの高さh、シール液体供給部材24の細孔径(平均穴系、毛管径)d、シール液体の表面張力γs、供給部材とシール液体との接触角θ、およびシール液体密度ρ Until the sealing liquid filled (holding), from the liquid surface of the seal liquid 36 of the reservoir 40, the height to the end face 24a h, the pore diameter of the seal liquid supply member 24 (average hole system, capillary diameter) d, the surface tension γs of the sealing liquid, the contact angle between the supply member and the seal liquid theta, and seal liquid density ρ
は、重力加速度gとした場合に、以下の関係式が成立している様に、シール液体供給部材24を設計すればよい。 It is the case of the gravitational acceleration g, as the relationship is established below, may be designed to seal the liquid supply member 24. d<2γcosθ/ρgh d <2γcosθ / ρgh

【0048】第1のモード、第2のモードが終了し、シール液体供給部材24がノズル面26と離れると、シール液体規制部材22によって、ノズル面26から除去された余剰のシール液体36は、シール液体供給部材24 The first mode, the second mode is completed, the seal liquid supply member 24 away from the nozzle face 26, the seal liquid regulating member 22, excess sealing liquid 36 removed from the nozzle surface 26, sealing the liquid supply member 24
に吸収され、あるいは一部は後述する吸収体等にも吸収され、釣り合い位置にシール液体36が保持される。 Is absorbed in, or a part is absorbed in the absorber or the like to be described later, the sealing liquid 36 is held in the balanced position.

【0049】シール液体供給部材24は、ノズル面26 The seal liquid supply member 24, the nozzle surface 26
と対向する端部面24bが、少なくとも、シール液体を保持し得る材料から構成されているものである。 End surface 24b opposing to have, at least, those which are made of a material capable of retaining the seal liquid. シール液体を保持し得る材料としては、連続気泡の多孔体、繊維、または毛管の束等が挙げられる。 The material capable of retaining the sealing liquid, the porous body of open-celled, fiber or capillary bundles like may be mentioned. シール液体36の動粘度、表面張力、ノズル面26の材質などにもよるが、シール液体36の供給および回収性能が良好となる点で、シール液体供給部材24の一部または全部を多孔体で構成するのが好ましい。 The kinematic viscosity of the sealing liquid 36, the surface tension, depending like the material of the nozzle surface 26, in that the supply and recovery performance of the seal liquid 36 is improved, some or all of the sealing liquid supply member 24 in the porous body preferably configured. 端部面24aの厚さは、矢印x1−x2方向の厚さは、1〜5mmであるのが好ましい。 The thickness of the end surface 24a, the thickness of the arrow x1-x2 direction is preferably from 1 to 5 mm.

【0050】前記多孔体としては、延伸、圧延、発泡等で作製した樹脂製の多孔体が望ましい。 [0050] As the porous body, stretching, rolling, made of resin produced by foaming or the like porous body is desirable. 多孔体の材質や作製方法にもよるが、平均孔径が1〜1000μm、気孔率が30〜98%の材質を用いるのが好ましい。 Depending on the material and the manufacturing method of the porous body, the average pore diameter of 1 to 1000 m, the porosity is preferably to use a material of 30 to 98%. また、体積変化によるシール液体の供給・回収機能をより効果的に切り替えるには、シール液体供給部材24は弾性変形可能な部材であることが望ましい。 Further, to switch the supply and recovery capabilities of the seal liquid by volume change more effectively, it is desirable seal liquid supply member 24 is a member elastically deformable. 弾性変形に必要な圧力が大きいと、ノズル面を損傷するおそれがあるので、弾性率は100MPa以下であるのが好ましい。 When the pressure required for elastic deformation large, there is a possibility of damaging the nozzle surface, preferably the elastic modulus is less than 100 MPa.
前記多孔体の具体例としては、延伸、圧延で作製したフッ素樹脂多孔体や、ポリオレフィン樹脂多孔体、発泡により連続気泡を有する様に作製したポリウレタンフォーム、ポリエチレンフォーム、ポリスチレンフォーム等のいわゆるフォーム類や発泡ゴム類が挙げられる。 Specific examples of the above porous body, stretching, fluororesin porous body and produced in rolling, polyolefin resin porous body produced polyurethane foam so as to have an open cell by foaming, polyethylene foam, Ya-called foams of polystyrene foam, etc. foam gums and the like.

【0051】また、シール液体供給部材24が、撥インク性の材料から構成されていると、インクが付着し難くなり、シール液体供給不良等のトラブルが発生し難くなるので好ましい。 [0051] Further, the sealing liquid supply member 24 and is composed of ink-repellent material, the ink is hardly deposited, preferable because troubles such as seal liquid supply failure hardly occurs. さらに、シール液体供給部材24が、 Further, the seal liquid supply member 24,
撥インク性でありかつ多孔質の材料であるのが好ましい。 Preferably a material is and is porous ink repellency. 前記撥インク性の材料としては、フッ素樹脂多孔体、ポリオレフィン樹脂多孔体、あるいはポリエチレンフォーム等が挙げられる。 As the ink-repellent material, a fluororesin porous material, a polyolefin resin porous body, or a polyethylene foam, and the like. あるいは、多孔体樹脂やフォーム類の表面にフッ素樹脂コート等を施して、撥インク性とした構成であってもよい。 Alternatively, by applying a fluororesin coating or the like on the surface of the porous resin or foams, it may be configured to have the ink repellency. また、シール液体供給部材24は、支持体と、その表面に多孔性および/または撥インク性の材料からなる層を有する構成であってもよい。 The seal liquid supply member 24, a support, may be configured to have a layer made of porous and / or ink-repellent material on its surface. この様な構成にすると、シール液体供給部材24の剛性が向上し、ノズル面26との当接時の精度が向上するので好ましい。 With this kind of configuration improves the rigidity of the seal liquid supply member 24, preferably improved abutment when the accuracy of the nozzle surface 26.

【0052】シール液体供給部材24を、第2のモード(供給モード)で体積減少させ、シール液体36を押し出して、第2のモードの終了時に、体積増加させて、シール液体36を吸収させると、シール液体供給部材24 [0052] The seal liquid supply member 24 reduces the volume in the second mode (supply mode), push the sealing liquid 36, at the end of the second mode, increasing the volume and to absorb the seal liquid 36 sealing the liquid supply member 24
の供給・回収機能をより効果的に切り替えられるので好ましい。 Preferred because switch between the supply and recovery functions more effectively. 更に、シール液体供給部材24をノズル面26 Furthermore, the nozzle surface 26 of the sealing liquid supply member 24
に当接させることによって、シール液体供給部材24を体積減少させ、ノズル面26と非当接状態にすることによって体積増加(元の体積に回復)させる構成であると、簡易な構成で、シール液体供給部材24の供給・回収機能を切り替えられるので好ましい。 By contact, the sealing liquid supply member 24 reduces the volume, in the configuration for volume increase by the nozzle surface 26 is in a non-contact state (recovery to the original volume), a simple structure, sealing preferred because switch between the supply and recovery capabilities of the liquid supply member 24.

【0053】尚、シール液体供給部材24が、余剰分のシール液体36を回収しきれない場合は、ノズル面26 [0053] Incidentally, if the sealing liquid supply member 24, not be recovered sealing liquid 36 of the surplus, the nozzle surface 26
の端部領域に吸収体を設置して、該吸収体がシール液体供給部材24によって、回収しきれないシール液体36 In the end region of the absorbent body is placed in, the absorber is by sealing the liquid supply member 24, not be recovered seal liquid 36
を吸収させてもよい。 It may be absorbed. 吸収体を別途設置すると、インクジェット記録装置10内部のシール液体36による汚染をより防止できる。 When an absorber is installed separately, it can be further prevent contamination by the inkjet recording apparatus 10 inside the seal liquid 36. また、前記吸収体は、シール液体供給部材24やシール液体規制部材22が汚れた場合に、 Furthermore, the absorbent body, when the sealing liquid supply member 24 and seal liquid regulating member 22 soiled,
清掃するのに用いてもよい。 It may be used to clean.

【0054】本実施の形態では、第1のモードにおいて、シール液体規制部材22を、端部面22aとノズル面26との離間距離L1が0となる位置に保持して、シール液体規制部材22をノズル面26に平行に相対的に移動させているが、これに限定されず、距離L1は、シール液体規制部材22がノズル面26に対して相対的に移動することによって、ノズル面26からシール液体3 [0054] In this embodiment, in the first mode, the sealing liquid regulating member 22, the distance L1 between the end surface 22a and the nozzle surface 26 is maintained at 0 a position, sealing fluid regulating member 22 the but is relatively moved in parallel to the nozzle surface 26 is not limited to this, the distance L1 is, by the sealing liquid regulating member 22 moves relative to the nozzle surface 26, from the nozzle face 26 seal liquid 3
6を除去できる距離であればよい。 6 may be a distance that can be removed. L1は5μm以下に設定するのが好ましい。 L1 is preferably set to 5μm or less. また、図9(a)〜(e)に示す様に、L1を負に設定し、第1のモードにおいて、シール液体規制部材22が、ノズル面26に当接しながら、ノズル面に対して相対的に移動し、シール液体36 Also, as shown in FIG. 9 (a) ~ (e), set the L1 negative, in the first mode, the sealing liquid regulating member 22, while in contact with the nozzle surface 26, relative to the nozzle surface to move and seal liquid 36
をノズル面26から除去する構成であってもよい。 The may be configured to be removed from the nozzle surface 26. 規制部材22の材質、厚さ、硬度等にもよるが、例えば、ゴム製の規制部材22を当接させてシール液体を除去するには、−2mm≦L1≦5μmであるのがより好ましい。 The material of the regulating member 22, the thickness, depending on the hardness and the like, for example, by contacting the rubber of the regulating member 22 to remove the seal liquid is more preferably -2mm ≦ L1 ≦ 5μm. 尚、当接状態にある場合のL1は、当接状態にあるシール液体規制部材の矢印y1−y2方向の長さから、 Incidentally, L1 when it is in contact state, the arrow y1-y2 length of the seal liquid regulating member in a contact state,
元々のシール液体規制部材22の矢印y1−y2方向の長さを引くことによって求めることができる。 It can be determined by subtracting the original arrow y1-y2 length of the seal liquid regulating member 22.

【0055】第1のモードにおいて、シール液体規制部材22のノズル面26に対する密着性が高い程、シール液体36を完全に除去でき、印字モードにおける吐出安定性を向上させることができるので好ましい。 [0055] In the first mode, the higher the adhesion to the nozzle surface 26 of the seal liquid regulating member 22, the sealing liquid 36 can be completely removed, it is possible to improve the ejection stability in the print mode preferable. 第1のモードにおける、シール液体規制部材22のノズル面26 In the first mode, the nozzle surface 26 of the seal liquid regulating member 22
に対する当接圧は、5〜50g/cmであるのが好ましい。 The contact pressure against are preferably 5 to 50 g / cm. さらに、シール液体規制部材22のエッジが、ノズル面26に当接するのが好ましい。 Furthermore, the edge of the seal liquid regulating member 22 is preferably in contact with the nozzle face 26. 印字モードでの吐出開始時に、ノズル面26に残存するシール液体36の量を軽減できるので、記録紙20へインクとともに飛翔するシール液体36の量を減少させることができ、記録開始部分の画像濃度の低下を軽減し、形成画像をより高画質化することができる。 At discharge start in the print mode, it is possible to reduce the amount of sealing liquid 36 remaining on the nozzle surface 26, it is possible to reduce the amount of sealing liquid 36 to fly with the ink to the recording paper 20, the image density of the recording start portion and a reduction in relief, forming the image can be higher image quality and.

【0056】本実施の形態では、第2のモードにおいて、シール液体規制部材22を、端部面22aとノズル面26との離間距離L2となる位置に保持して、シール液体規制部材22をノズル面26に平行に相対的に移動させている。 [0056] In this embodiment, in the second mode, the sealing liquid regulating member 22, and held in position where the distance L2 between the end surface 22a and the nozzle surface 26, the seal liquid regulating member 22 nozzle and it is relatively moved parallel to the plane 26. L2は、特に限定されないが、待機モードにおけるシール液体36の膜厚にほぼ一致することを考慮すれば、5〜500μmであるのが好ましく、5〜2 L2 is not particularly limited, considering that substantially matches the thickness of the sealing liquid 36 in the standby mode, it is preferably from 5 to 500 [mu] m, 5 to 2
00μmであるのがより好ましい。 And more preferably in the range of 00μm. L2は少なくとも、 L2 is at least,
L1より大きく設定する。 Greater than L1 set.

【0057】本実施の形態では、シール液体規制部材2 [0057] In this embodiment, the sealing liquid regulating member 2
2とノズル面26との垂線方向における離間距離を調節する離間距離調節手段を有する。 Having a distance adjusting means for adjusting the distance in the perpendicular direction of 2 and the nozzle surface 26. 離間距離調節手段は、 Distance adjustment means,
シール液体規制部材22を、ノズル面26と少なくとも接触する第1の位置と、ノズル面26と少なくとも離間する第2の位置に配置可能な手段である。 The seal liquid regulating member 22, a first position and, means positionable in a second position at least away from the nozzle surface 26 at least in contact with the nozzle face 26. この様な手段としては、カム式の距離調節手段、駆動ソレノイドを利用した距離調節手段が挙げられる。 As such means, cam type of distance adjusting means include a distance adjusting means utilizing the driving solenoid. 前記カム式の距離調節手段は、例えば、非動作時はシール液体規制部材22 Distance adjusting means of the cam type, for example, during the non-operating seal liquid regulating member 22
aをノズル面26と距離L2だけ離間させた位置に配置し、動作時には、カムが回転することによって、シール液体規制部材22の端部面22aを、ノズル面26と少なくとも接触させる位置に配置する手段である。 The a is disposed at a position moved away by the nozzle surface 26 and the distance L2, the operation, by the cam rotates, the end face 22a of the seal liquid regulating member 22 is placed in position for at least contacted with the nozzle surface 26 it is a means. 駆動ソレノイドを利用した距離調節手段では、例えば、非動作時はシール液体規制部材22aをノズル面26と距離L The distance adjusting means utilizing the driving solenoid, for example, non-operating distance and the nozzle surface 26 of the seal liquid regulating member 22a L
2だけ離間させた位置に配置し、動作時は駆動ソレノイドが上方向に移動することによって、シール液体規制部材22の端部面22aを、ノズル面26と少なくとも接触させる位置に配置する手段である。 Place only 2 were separated position, during operation by driving the solenoid moves upward, the end face 22a of the seal liquid regulating member 22 is the means for positioning a position to at least contact with the nozzle surface 26 .

【0058】また、前記離間距離調節手段は、ノズル面26とシール液体規制部材22の端部面22aとの間に、トラッキングロールまたはスペーサを挿入することによって、前記離間距離を調節する手段であってもよい。 [0058] Further, the distance adjusting means, between the end face 22a of the nozzle surface 26 and the sealing liquid regulating member 22, by inserting a tracking roller or spacer, there a means of adjusting the distance it may be. 前記離間距離調節手段が、トラッキングロールまたはスペーサを利用した構成であると、より簡易な構成により精密な離間距離の調節が可能となるので好ましい。 Preferred wherein the distance adjusting means, in the configuration that uses the tracking roller or spacer, since it is possible to adjust the precise distance by a simpler configuration.

【0059】図10に、前記離間距離調節手段として、 [0059] Figure 10, as the distance adjusting means,
ノズル面26とシール液体規制部材22の端部面22a End face 22a of the nozzle surface 26 and the sealing liquid regulating member 22
との間に、スペーサ部材42のスペーサ部42aを挿入することによって、前記離間距離を調節する手段を利用した実施形態を示す。 Between, by inserting the spacer portion 42a of the spacer member 42, showing the embodiment using the means for adjusting the separation distance. スペーサ部材42は、スペーサ部42aをノズル面26とシール液体規制部材22の端部面22aとの間に挿入可能に、支持部42bが支持されている。 The spacer member 42 is insertable spacer portion 42a between the end face 22a of the nozzle surface 26 and the sealing liquid regulating member 22, the support portion 42b is supported. 第2のモードに移行すると、スペーサ部42a After the transition to the second mode, the spacer portion 42a
がシール液体規制部材22aとノズル面26との間に挿入され、シール液体規制部材22の端部面22aと、ノズル面26とは、距離L2だけ離間される。 There is inserted between the seal liquid regulating member 22a and the nozzle surface 26, and the end face 22a of the seal liquid regulating member 22, the nozzle surface 26 by a distance L2 are separated. シール液体供給部材24およびシール液体規制部材22をノズル面に対して相対的にx2方向に移動させると、ノズル面2 When the sealing liquid supply member 24 and the seal liquid regulating member 22 is moved relatively x2 direction with respect to the nozzle surface, the nozzle surface 2
6には、シール液体供給部材24からシール液体36が供給されるとともに、距離L2だけ離間して移動するシール液体規制部材22の端部面22aによって、膜厚が規制される。 The 6, together with the sealing liquid 36 is supplied from the seal liquid supply member 24, the end face 22a of the seal liquid regulating member 22 to move by a distance L2 apart from, the film thickness is restricted. スペーサ部材42は、例えば、金属板、樹脂板等で構成することができる。 The spacer member 42 is, for example, can be composed of a metal plate, a resin plate or the like.

【0060】第2のモードにおいて、前記離間距離の微調整が可能であると、印字仕様、気温・湿度、保存期間等に応じて、シール液体膜厚が設定可能となるので好ましい。 [0060] In the second mode, when it is possible to finely adjust the distance, the print specifications, temperature and humidity, depending on the storage period or the like, preferably the seal liquid film thickness can be set. 例えば、待機モードが短期の場合は、第2のモードにおける前記離間距離をL3(L1<L3<L2)として、シール液体36の膜厚を薄くすることが可能になる。 For example, the standby mode is the case of the short-term, the distance in the second mode as the L3 (L1 <L3 <L2), it is possible to reduce the thickness of the sealing liquid 36. 待機モードが短期であるので、シール液体36によるシール性は損なわれず、第1のモードで除去するシール液体の量を軽減でき、シール液体36の回収効率が向上するので好ましい。 Since the standby mode is short, sealability by seal liquid 36 is not impaired, can reduce the amount of sealing fluid is removed in the first mode, the recovery efficiency of the seal liquid 36 is preferably improved. また、貯蔵部40を小型化できるので、その結果、インクジェット記録装置10の小型化も容易になる。 Since it compact storage unit 40, resulting in easy miniaturization of the inkjet recording apparatus 10.

【0061】第2のモードにおいて、前記離間距離の微調整が可能な離間距離調節手段としては、図11に示す様に、スペーサ部材42に、スペーサ部42aとは高さの異なるスペーサ部42cを有するスペーサ部材42' [0061] In the second mode, the fine adjustment possible distance adjusting means of the distance, as shown in FIG. 11, the spacer member 42, the different spacer portion 42c in height and a spacer portion 42a of spacer member 42 having '
を、シール液体規制部材22の端部面22aと、ノズル面26との間に挿入することによって、離間距離の調節を可能にする手段が挙げられる。 And a end face 22a of the seal liquid regulating member 22, by inserting between the nozzle surface 26, and a means for enabling adjustment of the distance. スペーサ部材42' The spacer member 42 '
は、シール液体規制部材22の端部面22aと、ノズル面26との間に挿入可能に、支持部42cが支持されている。 Includes an end-face 22a of the seal liquid regulating member 22, to be inserted between the nozzle face 26, the supporting portion 42c are supported. 例えば、環境温度がT℃未満である場合に、第2 For example, when the environmental temperature is lower than T ° C., the second
のモードに移行すると、駆動制御手段(不図示)からの信号入力により、スペーサ部42cのみがシール液体規制部材22aとノズル面26との間に挿入され、シール液体規制部材22の端部面22aとノズル面26とは、 After the transition to the mode, the signal input from the drive control unit (not shown), only the spacer portion 42c is inserted between the seal liquid regulating member 22a and the nozzle surface 26, the end face 22a of the seal liquid regulating member 22 the nozzle surface 26 and,
距離L3だけ離間され(図11(a))、一方、環境温度がT℃以上である場合に、第2のモードに移行すると、駆動制御手段(不図示)からの信号入力により、スペーサ部材42は、スペーサ部42aまでシール液体規制部材22aとノズル面26との間に挿入され、シール液体規制部材22の端部面22aとノズル面26とは、 Distance L3 are separated (FIG. 11 (a)), whereas, when the environmental temperature is above T ° C., shifting to the second mode, the signal input from the drive control unit (not shown), the spacer member 42 is inserted between the seal liquid regulating member 22a and the nozzle surface 26 to the spacer portion 42a, an end face 22a and the nozzle surface 26 of the seal liquid regulating member 22,
距離L2だけ離間される(図11(b))様に駆動制御してもよい。 Are separated by a distance L2 (Figure 11 (b)) may be driven and controlled in like. この様に、環境温度が高い時にはシール液体の膜厚を厚くして、インクからの水分蒸発を抑制し、 Thus, when the environmental temperature is high, by increasing the thickness of the seal liquid, to suppress the evaporation of moisture from the ink,
より目詰まり防止効果を高めることができる。 More noticeable clogging prevention effect can be enhanced. 前記離間距離調節手段では、環境温度に応じてスペーサ部材4 Wherein at distance adjusting means, a spacer member 4 according to the environmental temperature
2'を駆動制御する例を示したが、これに限定されず、 It shows an example of drive control of the 2 ', but is not limited to this,
例えば、環境湿度に応じて駆動制御してもよい。 For example, it may be driven and controlled in accordance with the environmental humidity. また、 Also,
電源スイッチの切断時に、シール液体の膜厚を厚くし、 During the cutting of the power switch, the thickness of the seal liquid is thickened,
長期休止時の目詰まりをより効果的に防止する様に制御してもよい。 It may be controlled so as to prevent clogging of the long-term rest more effectively.

【0062】本実施の形態では、シール液体規制部材2 [0062] In this embodiment, the sealing liquid regulating member 2
2のノズル面26に対する相対移動は、移動手段16によるヘッド12のx1−x2方向の移動によって構成されているが、この構成に限定されず、例えば、記録紙2 The relative movement 2 of the nozzle surface 26, are constituted by the movement of the x1-x2 direction of the head 12 by the moving means 16 is not limited to this configuration, for example, the recording paper 2
0を搬送する搬送手段18の動作を利用してもよい。 0 may be utilized operation of the transport means 18 for conveying the. 相対的移動時の速度は、設定する膜厚、シール液体36の動粘度および表面張力、ノズル面26の材質により、最適化して決定すればよい。 Speed ​​during relative movement, the film thickness to be set, kinematic viscosity and surface tension of the sealing liquid 36, the material of the nozzle surface 26 may be determined to optimize. 一般的には、0.5〜100 In general, 0.5 to 100
cm/mであるのが好ましい。 Preferably from cm / m. 移動手段16の動作を利用する場合は、第2のモードにおいて、シール液体36 When utilizing the operation of the moving means 16, in the second mode, the sealing liquid 36
の粘度が低い場合や、シール液体36の膜厚が大きい場合は、キャリッジの移動速度を速く設定するのが好ましい。 For low viscosity and, when the thickness of the seal liquid 36 is large, it is preferable to set the moving speed of the carriage. 前記移動速度を速くすると、相対移動中にシール液体規制部材22とノズル面26とのすきまから、シール液体36が流動して、シール液体規制部材22によって、膜厚が規制された領域のシール液体36の膜厚と、 A faster the moving speed, from the gap between the seal liquid regulating member 22 and the nozzle surface 26 during the relative movement, the sealing liquid 36 to flow, by sealing the liquid regulating member 22, the sealing liquid in the region where the film thickness is restricted 36 and the film thickness of,
規制される前のシール液体36の膜厚とが平均化するのを防止でき、精密にシール液体の量を規制できる。 The thickness of the seal liquid 36 before being regulated can be prevented from being averaged, it can regulate the amount of precisely seal liquid.

【0063】また、図2では、待機領域S1側にシール液体供給部材24、印字領域S3側にシール液体規制部材22を配置した構成を示したが、この構成に限定されず、領域S1側に規制部材22を、領域S3側にシール液体供給部材24を配置した構成であってもよい。 [0063] Further, in FIG. 2, the sealing liquid supply member 24 to the waiting areas S1 side, although the configuration of arranging the sealing liquid regulating member 22 in the print-area S3 side, not limited to this configuration, the areas S1 side the regulating member 22 may be configured to place the seal liquid supply member 24 to the region S3 side. 該構成とする場合は、第1および第2のモードにおいて、ヘッド12を領域S3側から領域S1側へ(図中、矢印x If the said configuration, in the first and second mode, the head 12 from the-area S3 side to the regions S1 side (Fig, arrow x
1方向)移動させて、各モードでシール液体36の供給および除去を行う。 1 direction) is moved, to supply and removal of the sealing liquid 36 in each mode. また、領域S2は、領域S1と領域S3との間に必ずしも位置している必要はなく、いずれの位置であったもよい。 The region S2 is not required to be necessarily located between the region S1 and the area S3, may be had at any position.

【0064】本実施の形態では、シール液体規制部材2 [0064] In this embodiment, the sealing liquid regulating member 2
2がノズル面26に対して相対移動するのに先行して、 2 prior to move relative to the nozzle surface 26,
シール液体供給部材24をノズル面26に対して同方向に相対移動させている。 And they are relatively moved in the same direction the seal liquid supply member 24 to the nozzle surface 26. 第2のモードでは、シール液体供給部材24とシール液体規制部材22は、この順序でノズル面に作用する(例えば、接触する)様に配置するのが好ましい。 In the second mode, the sealing liquid supply member 24 and the seal liquid regulating member 22, acts on the nozzle face in this order (e.g., contacting) preferably disposed on the like. また、シール液体規制部材22とシール液体供給部材24は、接触して隣接配置するかもしくは、5mm以下の距離離間させて隣接配置することができる。 The seal liquid regulating member 22 and the seal liquid supply member 24, or adjacent or placed in contact, can be 5mm by following distance apart the adjacent arranged.

【0065】シール液体規制部材22およびシール液体供給部材24は、印字モードおよび待機モードにおいては、ヘッド12から離間配置するのが好ましい。 [0065] seal liquid regulating member 22 and the seal liquid supply member 24, in the print mode and the standby mode is preferably spaced from the head 12. 不慮のヘッドの動きなどで、シール液体の膜が破壊されるのを防止でき、その結果、シール不良によるインク乾燥をより防止できる。 In such movement of the accidental head, it prevents the film of the sealing liquid is broken, as a result, can be further prevented ink drying by sealing failure.

【0066】 [0066]

【実施例】以下、実施例により本発明をより詳細に説明するが、本発明は、これらに限定されるものではない。 EXAMPLES Hereinafter, the present invention will be described by examples in more detail, the present invention is not limited thereto. [実施例1]図2に示す構成のインクジェット記録装置10を用いた。 Using Example 1] inkjet recording apparatus 10 having the configuration shown in FIG. 使用したインク38は、水60重量%、 The ink 38 used was 60% by weight of water,
ジエチレングリコール38重量%、および染料2重量% Diethylene glycol 38 wt%, and dye 2 wt%
からなり動粘度2.0mm 2 /s、表面張力40mN/ Kinematic consists viscosity 2.0 mm 2 / s, a surface tension 40 mN /
m、比重1.06であった。 m, was a specific gravity of 1.06. 使用したシール液体36としては、複数種類のシリコーンオイルを混合して調製した液体(動粘度30mm 2 /s、表面張力γs=20. Use and as the seal liquid 36, a plurality of types of silicone oil were mixed prepared liquid (kinematic viscosity 30 mm 2 / s, the surface tension gamma] s = 20.
8mN/m、比重1.0)を用いた。 8 mN / m, a specific gravity of 1.0) was used. このシール液体3 The seal liquid 3
6の25℃での蒸気圧は0.1mmHg以下であり、用いたインク38に対しての相溶性がなかった。 Vapor pressure at 25 ° C. for 6 or less 0.1 mmHg, there is no compatibility of the ink 38 using.

【0067】ノズル板28は、幅6mm、長さ12m [0067] The nozzle plate 28 has a width 6 mm, length 12m
m、厚さ50μmのニッケル製の板を使用した。 m, was used nickel plate having a thickness of 50 [mu] m. 平面度は3μm。 Flatness 3μm. ノズル面の界面張力γは、800mN/mであった。 Interfacial tension γ of the nozzle face was 800 mN / m. 直径30μmのインク吐出口30を、ノズル板28の長手方向(12mmの方向)に32個、ピッチ1 32 ink discharge ports 30 of diameter 30 [mu] m, in the longitudinal direction of the nozzle plate 28 (the direction of 12 mm), pitch 1
67μmで1列に配置させて形成した。 It was formed by arranged in a row at 67 .mu.m. 穿孔は、レーザー加工により行った。 Perforation was carried out by laser processing. ノズル板28のノズル面26の周縁部幅1mmの領域に、透明フッ素樹脂溶液を塗布し、 In the region of the peripheral edge width 1mm nozzle surface 26 of the nozzle plate 28 is coated with a transparent fluorine resin solution,
乾燥した後、150℃に加熱した状態で1時間放置して硬化させ、ノズル面26に、インク吐出口30の列を囲む、撥シール液体性層を形成した。 After drying, cured for 1 hour while heating to 0.99 ° C., the nozzle surface 26, surround a row of ink ejection openings 30 to form a repellent sealing liquid layer.

【0068】ヘッド12の内部に配置された吐出手段3 [0068] discharging means 3 disposed inside the head 12
2はサーマルインクジェット方式であり、吐出室34の底面にヒータを設けて構成した。 2 is a thermal ink jet system, which is configured by providing a heater on the bottom of the discharge chamber 34. ヒータは多結晶シリコンからなる発熱体層の上にタンタルからなる保護層を積層して構成されていた。 The heater was formed by laminating a protective layer made of tantalum on the heat generating layer of polycrystalline silicon. ヒータには図示しない信号印可手段により画像信号に応じたタイミングで所定の信号が印可されるように配線されていた。 Predetermined signal at a timing corresponding to the image signal is wired to be applied by the signal applying means (not shown) to the heater.

【0069】シール液体規制部材22としては、ゴム硬度60(JIS硬度)のエチレンプロピレンゴム(EP [0069] As the sealing liquid regulating member 22, ethylene-propylene rubber (EP rubber hardness 60 (JIS hardness)
DM)製ブレードを用いた。 Using DM) made blade. このブレードは、自由長1 The blade, the free length 1
0mm、厚さ1mm、ノズル面26と対向する端部面2 0 mm, a thickness of 1 mm, the end face 2 facing the nozzle surface 26
2aの表面荒さRa=0.5μmであった。 2a and the superficial roughness Ra = 0.5 [mu] m for. また、幅はノズル面26の長手方向(インク吐出口30の配列方向)に合わせ12mmとした。 The width was 12mm adjusted to the longitudinal direction of the nozzle face 26 (arrangement direction of the ink discharge ports 30). エッジ部は90度の角度を形成していた。 Edge portion had an angle of 90 degrees. シール液体供給部材24としては、厚さ0.2mmのSUS板で、厚さ方向の両端が支持された(ノズル面に近い側の1mmを除く)ポリエチレンフォーム(平均孔径500μm、気孔率95%、弾性率2 The seal liquid supply member 24, in SUS plate having a thickness of 0.2 mm, both ends in the thickness direction is supported (excluding side 1mm closer to the nozzle face) polyethylene foam (average pore size 500 [mu] m, porosity 95%, modulus 2
00kPa)を用いた。 00kPa) was used. このポリエチレンフォームは、 The polyethylene foam,
自由長10mm、厚さ4mmであった。 Free length of 10mm, and a thickness of 4mm. 端部がシール液体貯蔵部(不図示)内に位置し、ノズル面26と対向する端部面24aには、毛管力でシール液体36が保持されていた。 Located ends in sealing the liquid storage portion (not shown), the end-face 24a facing the nozzle face 26, the sealing liquid 36 by capillary force was retained.

【0070】ヘッドを矢印x1−x2方向に移動させる移動手段16によって、シール液体供給部材24およびシール液体供給部材24を、ノズル面26に平行に、且つインク吐出口30の列方向に垂直な方向に、相対的に移動させた。 [0070] by moving means 16 for moving the head to the arrow x1-x2 direction, the seal liquid supply member 24 and the seal liquid supply member 24, parallel to the nozzle surface 26, and a direction perpendicular to the column direction of the ink discharge ports 30 to, were allowed to move relative to each other. 移動速度は3cm/sであった。 Movement speed was 3cm / s. シール液体規制部材22と、シール液体供給部材24の間隔は0.5mmに維持した。 A seal liquid regulating member 22, the spacing of the sealing liquid supply member 24 was maintained at 0.5 mm. 領域S3から離れて、ヘッドの待機位置(電源off時の位置)である領域S1に、キャリッジ移動方向に対して隣接する位置に、ヘッド待機位置側からシール液体供給部材24、シール液体規制部材22の順で配置した。 Apart from the area S3, the areas S1 is a standby position of the head (power off time position), a position adjacent to the carriage movement direction, the sealing liquid supply member 24 from the head standby position, the seal liquid regulating member 22 of it was placed in the order.

【0071】シール液体規制部材22は、ステージ23 [0071] seal liquid regulating member 22, stage 23
に取り付けられ、ステージ23によりノズル面26の垂線方向(矢印y1−y2方向)に移動可能に構成されていた。 Attached, it was configured to be movable by a stage 23 in the normal direction of the nozzle surface 26 (arrow y1-y2 direction). ステージ23はカム機構(不図示)によって、規制部材22を矢印y1方向に移動させ、インクジェット記録装置10のモードに応じて、カムがステージ23を押し上げる構成であった。 Stage 23 by a cam mechanism (not shown) moves the regulating member 22 in the arrow y1 direction, depending on the mode of the ink jet recording apparatus 10, the cam has a structure for pushing up the stage 23. シール液体供給部材24もさらに別のステージ25に取り付けられ、ノズル面26の垂線方向に移動可能に構成されていた。 Sealing the liquid supply member 24 also still attached to another stage 25, it has been movable in the perpendicular direction of the nozzle face 26. 記録装置10 Recording device 10
が、印字モードや待機モードにある時、規制部材22と供給部材24は、共にノズル面26からy2方向に2c 2c but when in the printing mode and the standby mode, the regulating member 22 and the supply member 24 from the nozzle surface 26 in the direction y2 both
m離間された位置に待機していた。 Was waiting at the m spaced apart position. 規制部材22は第1 Regulating member 22 is first
のモードで第1の位置へ、第2のモードで第2の距離へ移動し、供給部材24は、いずれのモードでもノズル面26と対向する端部面24aがノズル面26に接触する位置(距離0mm)へ移動した。 To in the mode first position, the second mode to move to the second distance, the supply member 24, the position where the end face 24a facing the nozzle surface 26 in either mode is brought into contact with the nozzle surface 26 ( distance moved to 0mm).

【0072】・除去モード ヘッド12の初期位置を領域S1の待機位置とした。 [0072] The initial position of and removal mode head 12 to the standby position of the region S1. 第1のモードにおいて、規制部材22のステージ25が規制部材22をノズル面26側へ移動させた。 In the first mode, stage 25 of the regulating member 22 moves the regulating member 22 to the nozzle face 26 side. 規制部材2 Regulating member 2
2の端部面22aはノズル面26と−1mmに保持されていた。 Second end face 22a is held in the nozzle surface 26 and -1 mm. ヘッド12が、移動手段16で、待機位置から印字位置方向へ移動して、供給部材24の端部面24a Head 12, the mobile unit 16 moves to the printing position direction from the waiting position, the end face 24a of the supply member 24
に接触、続いて規制部材22の端部面22aに接触した。 Contact, followed by contact with the end face 22a of the regulating member 22. 規制部材22はたわみ変形し、ノズル面26にエッジで当接した。 Regulating member 22 is bent and deformed, in contact with the edge on the nozzle face 26. この時の当接圧力は10g/cmであった。 Contact pressure at this time was 10 g / cm. ノズル面26上のシール液体36は、規制部材22 Seal liquid 36 on the nozzle surface 26, the regulating member 22
により供給部材24側に集められ、集められたシール液体36は、常に供給部材24の端部面24aと接触していた。 Collected in the supply member 24 side by the sealing liquid 36 collected was always in contact with the end face 24a of the supply member 24. ノズル面26と規制部材22が離れると、規制部材22は、弾性により元の形状に戻った。 When the regulating member 22 and the nozzle surface 26 is moved away, the regulating member 22 is returned to its original shape by elasticity. 同時に、集められていたシール液体36もノズル面26から離れ、シール液体36は供給部材24の端部面24aに接触したままで、且つ供給部材24とノズル面26とは接触していないので、シール液体36は供給部材24の端部面2 At the same time, collected away from the sealing liquid 36 nozzle face 26 has been, the seal liquid 36 remains in contact with the end face 24a of the supply member 24, and since the supply member 24 and the nozzle surface 26 not in contact, end face 2 of the seal liquid 36 supplying member 24
4aから供給部材24の内部へ回収された。 It recovered into the interior of the supply member 24 from 4a.

【0073】・供給モード ヘッド12を領域S1の待機位置へ再び戻した。 [0073] back again and supply mode head 12 to the standby position of the region S1. 規制部材22のステージ23が規制部材22を吐出面側へ移動させた。 Stage 23 of the regulating member 22 moves the regulating member 22 to the discharge side. ノズル面26と規制部材22の端部面22aとの間に、図10に示すフッ素樹脂フィルムからなるスペーサ部42aの厚さが20μmのスペーサ部材42を挿入した。 Between the nozzle surface 26 and the end face 22a of the regulating member 22, the thickness of the spacer portion 42a made of a fluorine resin film shown in FIG. 10 was inserted a spacer member 42 of the 20 [mu] m. スペーサ部材42の支持部42bは、フレームに支持され、スペーサ部42aのみが、端部面22aに接触した状態であった。 Supporting portion 42b of the spacer member 42 is supported on the frame, only the spacer portion 42a has a state of being in contact with the end face 22a. 供給モード以外のモードでは、 In the mode of non-supply mode,
スペーサ部材42は、規制部材22の幅方向(吐出口3 The spacer member 42 in the width direction of the regulating member 22 (the ejection port 3
0の列方向)に待避しているが、供給モードでは規制部材22の両端部1mmの領域に接触する様に、カム機構(不図示)によって配置された。 It is saved in the column direction) of zero, as in the supply mode in contact with the region of both ends 1mm of the regulating member 22, which is arranged by a cam mechanism (not shown).

【0074】規制部材22の端部面22aは、スペーサ部材42によって、ノズル面26と20μm離間した距離に保持した。 [0074] end face 22a of the regulating member 22, the spacer member 42, and held at a distance spaced nozzle surface 26 and 20 [mu] m. ヘッド12が移動手段16により移動して(待機位置から印字位置方向へ)、ノズル面26に供給部材24からシール液体36が供給されるとともに、 Head 12 is moved by the moving means 16 (from the standby position to the printing position direction), the seal liquid 36 supplied from the supply member 24 to the nozzle surface 26,
供給されたシール液体36は、規制部材22の端部面2 Supplied seal liquid 36, the end face of the regulating member 22 2
2aに、ノズル面26から20μm離間した状態で接触した。 To 2a, it was contacted in a state of being 20μm apart from the nozzle surface 26. シール液体36の膜厚は、規制部材22により厚さ20μmに量規制され、ノズル面26に残された。 Thickness of the sealing liquid 36 is an amount restricted to a thickness of 20μm by the regulating member 22, left on the nozzle face 26. 余剰のシール液体36は、規制部材22の相対移動によって供給部材22側に集められた。 Excess sealing liquid 36 was collected in the side supply member 22 by the relative movement of the regulating member 22. ノズル面26と規制部材22がキャリッジ方向に離れると、集められていたシール液体36は、供給部材24の端部面24aに接触したままだったので、供給部材24へ吸収された。 When the regulating member 22 and the nozzle surface 26 is moved away in the carriage direction, the sealing liquid 36 which has been collected since remained in contact with the end face 24a of the supply member 24, which is absorbed into the supply member 24.

【0075】前記除去モードの後、常温(気温25℃、 [0075] after the removal mode, the room temperature (air temperature 25 ℃,
相対湿度50%)の部屋で、所定の印字パターンを記録紙に印字した。 In the room relative humidity of 50%) it was printed a predetermined print pattern on a recording sheet. 常温(気温25℃、相対湿度50%)の部屋で画像の印字を行い、印字された画像を肉眼で観察したところ、かすれなどの印字欠陥はなく、鮮明な画像が記録されていた。 Ambient temperature (air temperature 25 ° C., 50% relative humidity) to print the image at room, observation of the printed image with the naked eye, no printing defects such as thin spots, sharp image is recorded. 印字終了後、前記供給モードでヘッド12にシール液体36を再供給した。 After completion of printing, it was re-fed with sealing liquid 36 in the head 12 in the supply mode.

【0076】印字開始の最初の部分のみシール液体36 [0076] only the first part of the print start seal liquid 36
がインク38と共に吐出されたため、わずかに濃度低下が認められるが、全体の画像のごく一部であり、画質上の問題はほとんどなかった。 Because but discharged together with the ink 38, but slightly density reduction is observed, a small portion of the entire image, the image quality problem was little. 印字開始時のインク吐出数10ドット分を吸収体上に受けて、印字に使用しないようにすれば(空吐出すれば)、この濃度低下は発生せず、全面にわたり高画質の印字が得られた。 Ink ejection number 10 dots at the print start receiving on the absorber, (if idle discharge) them if not to use the printing, the density reduction is not generated, high-quality printing can be obtained over the entire surface It was.

【0077】前記供給モードによって、ノズル面26にシール液体36が配置されたヘッド12を、低温環境(気温5℃、相対湿度30%)の下に24時間放置した。 [0077] by the supply mode, the head 12 of the sealing liquid 36 is disposed on the nozzle surface 26, a low-temperature environment (temperature 5 ° C., 30% relative humidity) and allowed to stand for 24 hours under. その後、この低温環境下で印字テストを行った。 This was followed by the printing test under the low temperature environment. 前記除去モードでシール液体36を除去後、所定の印字パターンを記録紙に印字した。 After removal of the sealing liquid 36 in the removal mode, printing the predetermined print pattern on a recording sheet. 印字終了後、供給モードでヘッドにシール液体を再供給した。 After completion of printing, it was re-fed with sealing liquid head in the supply mode. 再供給の様子を、装置のカバーをはずした状態で観察したところ、供給モードにより吐出面には速やかにシール液体の膜が配置された。 The state of the re-supply, was observed in a state of removing the cover of the apparatus, films of rapidly sealing the liquid to the discharge surface is arranged by the supply mode. 1時間おきに断続的に印字テストを繰り返したところ、吐出開始時の不吐出や、印字終了時のシール不良による吐出不良も発生せず、先のテストと同様に鮮明な印字が可能だった。 It was repeated intermittent printing test every hour, non-ejection and the discharge at the start, without ejection failure may also occur by the print at the end of seal failure of, was possible the same crisp printing in the previous test. 印字された画像を肉眼で観察したところ、常温での印字テストと差は見られず、鮮明な画像が記録されていた。 Observation of the printed image with the naked eye, printing test and differences in ambient temperature is not observed, a clear image is recorded.

【0078】前記供給モードによって、ノズル面26にシール液体36が配置されたヘッド12を、気温25 [0078] by the supply mode, the head 12 of the sealing liquid 36 is disposed on the nozzle surface 26, temperature 25
℃、相対湿度30%の環境に30日間放置した後、通常のインクジェット記録装置のメンテナンス動作は一切行わずに、印字テストを行って出力画像を観察した。 ° C., allowed to stand for 30 days in a relative humidity of 30% for, the maintenance operation of the conventional ink jet recording apparatus without any, was observed output image by performing a test print. インク吐出口30に目詰まりによる吐出不良は発生しておらず、印字された画像にはドットの乱れもなく、放置前と同じく鮮明な画像が記録されていた。 Not defective ejection due to the clogging in the ink discharge port 30 is generated, the printed image is neither disturbance of the dots, like sharp image as before standing was recorded. 尚、前記供給モードを行わずに、ヘッド12を同じ条件で30日間放置した後、印字テストを行ってみたが、半分以上のインク吐出口30で目詰まりが発生しており、部分的にしか印字することができなかった。 Note that without performing the supply mode, after standing for 30 days the head 12 under the same conditions, but I went to print test, clogging in the ink discharge ports 30 of the more than half has occurred, only partially It could not be printed.

【0079】[実施例2]実施例1において、用いたスペーサ部材42に代えて、図11に示すスペーサ部材4 [0079] In Example 2 Example 1, in place of the spacer member 42 using the spacer member 4 shown in FIG. 11
2'を使用した以外は、実施例1と同様の構成のインクジェット記録装置を使用した。 Except for using 2 ', it was used an ink jet recording apparatus having the same configuration as in Example 1. ・供給モード スペーサ部材42'は、厚さ20μmのフッ素樹脂フィルムからなるスペーサ部42cと、厚さ80μmのフッ素樹脂フィルムからなるスペーサ部42aと、支持部4 - supply mode spacer member 42 'includes a spacer portion 42c made of a fluorine resin film having a thickness of 20 [mu] m, and the spacer portion 42a made of a fluorine resin film having a thickness of 80 [mu] m, the support portion 4
2bとから構成されていた。 It had been composed of a 2b. 支持部42bは、フレームに支持されていて、スペーサ部42cのみ、またはスペーサ部42cおよびスペーサ部42aのみが、規制部材22の端部面22aとノズル面26に挿入可能に構成した。 Supporting portion 42b is being supported by the frame, the spacer portion 42c alone, or only the spacer portion 42c and the spacer portion 42a is inserted configured to be able to end face 22a and the nozzle surface 26 of the regulating member 22. スペーサ部材42'は、供給モード以外のモードでは、規制部材22の幅方向(インク吐出口30の列方向)に待避していたが、供給モードでは、カム機構(不図示)によって、スペーサ部42cのみが、規制部材2 The spacer member 42 'is in a mode other than the supply mode, had been saved in the width direction of the regulating member 22 (the column direction of the ink discharge ports 30), the supply mode, by a cam mechanism (not shown), the spacer portion 42c only the regulating member 2
2の両端部1mmの位置に挿入された。 It was inserted at the position of the second end portions 1 mm. さらに、カムの回転によって、スペーサ部42aも、規制部材22の端部面22aとノズル面26との間に挿入され、規制部材22は、規制部材22の端部面22aがノズル面26と80μm離間された位置に保持された。 Further, by the rotation of the cam, the spacer portion 42a is also inserted between the end face 22a and the nozzle surface 26 of the regulating member 22, the restricting member 22, 80 [mu] m and the nozzle surface 26 end face 22a of the regulating member 22 It held in spaced positions. このとき、スペーサ部42cが挿入された1mm幅の分は、規制部材2 At this time, the minute 1mm wide spacer portion 42c is inserted, the regulating member 2
2とノズル面との距離が60μmとなるが、全体のごく一部で、規制後の膜厚は平均化され、ほぼ80μmになった。 The distance between the 2 and the nozzle surface is 60 [mu] m, a small fraction of the overall thickness of the film after regulations are averaged, it became almost 80 [mu] m.

【0080】スペーサ部材42'のスペーサ部42cを挿入して、供給モードを実施した場合と、スペーサ部4 [0080] by inserting the spacer portion 42c of the spacer member 42 ', and when carrying out the supply mode, the spacer portion 4
2aを挿入して供給モードを実施した場合、各々について、長期間ヘッドを保管して、保管後の吐出性能を評価した。 When carrying out the supply mode by inserting 2a, for each, a long period of time to save the head was evaluated discharge performance after storage. 前者は、シール液体36の膜厚が約20μmであった。 The former, the thickness of the sealing liquid 36 was about 20 [mu] m. 気温20℃、相対湿度30%の環境に90日間放置した後、印字したところ、印字開始時の印字ドットにのみわずかな印字位置ばらつき(標準偏差で5μm)が発生していたが、記録画像のごく一部であり、画質上の問題はなかった。 Temperature 20 ° C., after standing for 90 days in a relative humidity of 30% for, was printed, but slight print position variations only print dots at the print start (5 [mu] m with a standard deviation) is generated, the recorded image is a small part, on the quality problem it was not. 一方、後者は、シール液体36の膜厚は80μmであった。 On the other hand, the latter, the thickness of the seal liquid 36 was 80 [mu] m. 気温20℃、相対湿度30%の環境に90日間放置した後、印字したところ、印字面全体にわたって、吐出開始時の位置ばらつきに変化は認められず、さらに画質の安定性が向上した。 Temperature 20 ° C., after standing for 90 days in a relative humidity of 30% for, was printed over the entire printing surface, change in the positional variation of the ejection start time is not observed, and further improve the stability of the image quality.

【0081】 [0081]

【発明の効果】上述したように、本発明によれば、長期休止後であっても目詰まりが発生せず、吐出開始前に吐出口のシール液体を除去するので、シール液体の粘度が上昇するような低温の環境下でも吐出不良が発生せず、 [Effect of the Invention] As described above, according to the present invention, without the occurrence of clogging even after long pauses, since removing the sealing liquid discharge ports before starting the discharge, the viscosity of the sealing liquid is increased cold even discharge failure in an environment does not occur, such as,
鮮明な画像を印字することができる。 It is possible to print clear images. また、本発明によれば、吐出時にはシール液体を除去するので、長期保管時のシール液体を厚くしたり粘度の高いシール液体を用いた場合でも、目詰まりを防止する性能と吐出性能との両立が可能になる。 Further, according to the present invention, since the removal of seal liquid during discharge, both of even when a high sealing liquid of seal liquid thickened or viscosity upon prolonged storage, the ability to prevent clogging and ejection performance It becomes possible. また、長期休止後であっても目詰まりが発生しないので、必要時にただちにインク吐出動作を行うことが可能となり、長期休止後のメンテナンス工程を軽減あるいは省略することができる。 Also, since clogging even after long pauses do not occur, it is possible to perform immediate ink ejection operation when necessary, it is possible to reduce or omit the maintenance after prolonged pause process. このため、記録装置の小型化、低コスト化が可能になるほか、長期休止後のメンテナンスにより発生していた印字前の待ち時間やメンテナンスによる騒音を低減でき、大量のインク廃棄に伴うランニングコストの上昇を抑えることも可能になる。 Therefore, miniaturization of the recording apparatus, in addition to cost reduction becomes possible, it is possible to reduce the noise caused by latency and maintenance before printing which has been caused by maintenance after long pauses, running costs associated with large amount of ink waste it also becomes possible to suppress the increase.

【0082】さらに、供給部材と規制部材を吐出面に相対移動して供給するので、インク吐出終了後に、シール液体を確実に再供給できる。 [0082] Further, since the supply and relative movement restricting member and the supply member to the discharge surface, after the ink ejection operation, the seal liquid can be reliably resupplied. 環境温度の低下によるシール液体の粘度上昇が発生しても、吐出口のインク表面にシール液体を供給することが可能であり、インク乾燥による吐出性能の変化やばらつきを発生させることもなくなるので、画質劣化も発生しない。 The viscosity rise of the sealing liquid by lowering the environmental temperature occurs, it is possible to supply the sealing liquid to the ink surface of the discharge port, so also eliminated to generate the change and variation of the discharge performance by the ink drying, image quality deterioration does not occur. また、より長期間の目詰まりを防止するような仕様を採用するために、動粘度の高いシール液体を用いることもでき、上記効果とあわせて、より長期間の目詰まりを防止するようなインクジェット記録装置の設計が可能になる。 Further, in order to adopt specifications so as to prevent the longer term clogging, can also be used with a high kinematic viscosity seal liquid, together with the effect, jet so as to prevent the longer term clogging design becomes possible recording apparatus.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 本発明のインクジェット記録装置の第1のモードと第2のモードの動作の一例を示す図である。 1 is a diagram showing an example of the operation of the first mode and the second mode of the ink jet recording apparatus of the present invention.

【図2】 本発明のインクジェット記録装置の一実施形態の概略図である。 Figure 2 is a schematic diagram of one embodiment of an inkjet recording apparatus of the present invention.

【図3】 本発明のインクジェット記録装置に用いられるヘッドの構成をッ示した概略断面図である。 3 is a schematic sectional view showing Tsu the construction of the head used in the ink jet recording apparatus of the present invention.

【図4】 本発明のインクジェット記録装置の第1のモードの動作の一例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of the operation of the first mode of the ink jet recording apparatus of the present invention; FIG.

【図5】 本発明のインクジェット記録装置の第2のモードの動作の一例を示す図である。 5 is a diagram showing an example of the operation of the second mode of the ink jet recording apparatus of the present invention.

【図6】 本発明のインクジェット記録装置に用いられるヘッドの上面図の一例と、A−A'断面図である。 And an example of a top view of the head used in the ink jet recording apparatus of the present invention; FIG, an A-A 'sectional view.

【図7】 本発明のインクジェット記録装置に用いられるヘッドの上面図の一例と、A−A'断面図である。 [7] and an example of a top view of the head used in the ink jet recording apparatus of the present invention is an A-A 'sectional view.

【図8】 本発明のインクジェット記録装置に用いられるシール液体供給部材の一例を示した図である。 8 is a diagram showing an example of a sealing liquid supply member used in the ink jet recording apparatus of the present invention.

【図9】 本発明のインクジェット記録装置の第1のモードの動作の他の例を示す図である。 9 is a diagram showing another example of the operation of the first mode of the ink jet recording apparatus of the present invention.

【図10】 本発明のインクジェット記録装置の他の構成例の上面図およびA−A'断面模式図である。 10 is a top view and A-A 'cross-sectional schematic view of another example of an ink jet recording apparatus of the present invention.

【図11】 本発明のインクジェット記録装置の種々の部材の第2のモードにおける位置関係を示した断面模式図である。 11 is a schematic sectional view showing the positional relationship in the second mode of the various members of the ink jet recording apparatus of the present invention.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10 インクジェット記録装置 12 インクジェット記録ヘッド 14 制御手段 16 移動手段 16a キャリッジ部 16b キャリッジシャフト 16c ベルト 18 搬送手段 18a ローラ 20 記録紙 22 シール液体規制部材 22a 端部面 23 ステージ 24 シール液体供給部材 24b 端部面 25 ステージ 26 ノズル面 28 ノズル板 30 インク吐出口 32 インク吐出手段 34 吐出室 36 シール液体 38 インク 40 貯蔵部 42 スペーサ部材 L1 第1の距離 L2 第2の距離 10 ink jet recording apparatus 12 inkjet recording head 14 controlling means 16 moving means 16a carriage portion 16b carriage shaft 16c belt 18 conveying means 18a rollers 20 paper 22 seal liquid regulating member 22a end face 23 stage 24 sealing the liquid supply member 24b end face 25 stage 26 nozzle face 28 a nozzle plate 30 ink discharge ports 32 ink discharge means 34 reservoir 42 a discharge chamber 36 sealed liquid 38 ink 40 spacer member L1 first distance L2 second distance

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 平潟 進 神奈川県足柄上郡中井町境430グリーンテ クなかい 富士ゼロックス株式会社内 (72)発明者 佐藤 博昭 神奈川県足柄上郡中井町境430グリーンテ クなかい 富士ゼロックス株式会社内 (72)発明者 末光 裕治 神奈川県足柄上郡中井町境430グリーンテ クなかい 富士ゼロックス株式会社内 (72)発明者 長谷部 恵 神奈川県足柄上郡中井町境430グリーンテ クなかい 富士ゼロックス株式会社内 (72)発明者 毛利 哲 神奈川県足柄上郡中井町境430グリーンテ クなかい 富士ゼロックス株式会社内 Fターム(参考) 2C056 EA16 EA17 FA10 HA03 HA24 JA24 JB04 JB08 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Hiragata advance Kanagawa Prefecture ashigarakami district Nakai-cho, Sakai 430 Green Te-click a paddle Fuji Xerox Co., Ltd. in the (72) inventor, Kanagawa Prefecture ashigarakami district Nakai-cho, Sakai Hiroaki Sato 430 Green Te-click a paddle Fuji Xerox within Co., Ltd. (72) inventor Yuji Suemitsu Kanagawa Prefecture ashigarakami district Nakai-cho, Sakai 430 Green Te-click a paddle Fuji Xerox Co., Ltd. in the (72) inventor Megumi Hasebe Kanagawa Prefecture ashigarakami district Nakai-cho, Sakai 430 Green Te-click a paddle Fuji Xerox within Co., Ltd. ( 72) inventor Akira Mori, Kanagawa Prefecture ashigarakami district Nakai-cho, Sakai 430 Green Te-click a paddle Fuji Xerox Co., Ltd. in the F-term (reference) 2C056 EA16 EA17 FA10 HA03 HA24 JA24 JB04 JB08

Claims (11)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 インク吐出口と、該インク吐出口が設けられたノズル面と、シール液体を前記ノズル面に供給し得るシール液体供給部材と、前記ノズル面に対して相対的に移動可能に支持されたシール液体規制部材と、 前記シール液体規制部材を、前記ノズル面の垂線方向において第1の距離に保って、相対的に移動させ、前記ノズル面上に供給されたシール液体を除去する第1のモードと、 前記シール液体規制部材を前記ノズル面の垂線方向において第2の距離に保って、相対的に移動させ、前記ノズル面上にシール液体を供給する第2のモードと、を有するインクジェット記録装置。 And 1. A ink discharge port, and the nozzle surface of the ink discharge ports are provided, and the sealing liquid supply member capable of supplying a sealing liquid to the nozzle surface, relatively movable with respect to the nozzle surface and supported seal liquid regulating member, the seal liquid regulating member, keeping a first distance in the perpendicular direction of the nozzle face, are relatively moved, to remove the supplied seal liquid onto the nozzle surface a first mode, said keeping the seal liquid regulating member to a second distance in the perpendicular direction of the nozzle face, are relatively moved, and a second mode for supplying the sealing liquid onto the nozzle surface an ink jet recording apparatus having.
  2. 【請求項2】 第1の距離より第2の距離が長い請求項1に記載のインクジェット記録装置。 2. An ink jet recording apparatus according a second distance from the first distance is longer claim 1.
  3. 【請求項3】 第2の距離が可変である請求項2に記載のインクジェット記録装置。 3. An ink jet recording apparatus according to claim 2 the second distance is variable.
  4. 【請求項4】 シール液体供給部材とシール液体規制部材が、この順序でノズル面に作用する配置である請求項1から請求項3までのいずれか1項に記載のインクジェット記録装置。 4. A sealing liquid supply member and the seal liquid regulating member, the ink jet recording apparatus according to any one of claims 1 is an arrangement which acts on the nozzle surface in that order to claim 3.
  5. 【請求項5】 インク吐出口と、該インク吐出口が設けられたノズル面と、シール液体を前記ノズル面に供給し得るシール液体供給部材と、前記ノズル面に対して相対的に移動可能に支持されたシール液体規制部材とを有し、 前記シール液体規制部材は、前記ノズル面に接触した状態で前記ノズル面に対して相対的に移動することによって、前記ノズル面上のシール液体を除去し、且つ、前記ノズル面に対して離間した状態でノズル面に対して相対的に移動することによって、前記ノズル面上のシール液体を所定の膜厚に規制するインクジェット記録装置。 5. A ink discharge port, and the nozzle surface of the ink discharge ports are provided, and the sealing liquid supply member capable of supplying a sealing liquid to the nozzle surface, relatively movable with respect to the nozzle surface and a supported seal liquid regulating member, wherein the seal liquid regulating member, by moving relative to the nozzle surface in contact with the nozzle surface, removing the sealing fluid on the nozzle face and, and, by moving relative to the nozzle surface in a state of being spaced apart with respect to the nozzle surface, the ink jet recording apparatus for regulating the sealing fluid on the nozzle face in the predetermined thickness.
  6. 【請求項6】 インク吐出口と、該インク吐出口が設けられたノズル面と、シール液体を前記ノズル面に供給し得るシール液体供給部材と、前記ノズル面に対して相対的に移動可能に支持されたシール液体規制部材と、前記シール液体規制部材と前記ノズル面との前記ノズル面の垂線方向における離間距離を調節可能な離間距離調節手段とを有し、 前記離間距離調節手段は、前記シール液体規制部材を前記ノズル面と少なくとも接触する第1の位置と、前記ノズル面と少なくとも離間する第2の位置に配置可能であるインクジェット記録装置。 6. A ink discharge ports, and the nozzle surface of the ink discharge ports are provided, and the sealing liquid supply member capable of supplying a sealing liquid to the nozzle surface, relatively movable with respect to the nozzle surface and supported seal liquid regulating member, and a adjustable distance adjusting means the distance in the normal direction of the nozzle surface with the seal liquid regulating member and the nozzle surface, the distance adjusting means, said a first position in which at least contact the seal liquid regulating member and the nozzle face can be positioned in a second position at least apart from the nozzle face ink-jet recording apparatus.
  7. 【請求項7】 離間距離調節手段が、前記シール液体規制部材を、第1の位置と第2の位置との間の第3の位置に配置可能な手段である請求項6に記載のインクジェット記録装置。 7. A distance adjusting means, said sealing liquid regulating member, the ink-jet recording according to claim 6 third is a means that can be placed in position between the first position and the second position apparatus.
  8. 【請求項8】 離間距離調節手段が、所定の厚みを有するスペーサーをシール液体規制部材とノズル面との間に挿入することによって、前記シール液体規制部材を第2 8. A distance adjusting means, by inserting a spacer having a predetermined thickness between the seal liquid regulating member and the nozzle surface, said sealing liquid regulating member second
    の位置に配置することを可能とした手段である請求項6 Claim is possible with the means to place the position 6
    または請求項7に記載のインクジェット記録装置。 Or an ink jet recording apparatus according to claim 7.
  9. 【請求項9】 シール液体供給部材によって供給されるシール液体の表面エネルギが、ノズル面の表面エネルギ未満である請求項1から請求項8までのいずれか1項に記載のインクジェット記録装置。 Surface energy of the seal liquid supplied by 9. seal liquid supply member, an ink jet recording apparatus according to any one of claims 1 is less than the surface energy of the nozzle surface to the claim 8.
  10. 【請求項10】 ノズル面が表面エネルギの相互に異なる領域を有し、ノズル面のインク吐出口を囲む周縁部の表面エネルギが、シール液体供給部材によって供給されるシール液体の表面エネルギ未満である請求項9に記載のインクジェット記録装置。 10. The nozzle surface has a mutually different regions of the surface energy, the surface energy of the peripheral portion surrounding the ink ejection port of the nozzle face is less than the surface energy of the seal liquid to be supplied by the seal liquid supply member An ink jet recording apparatus according to claim 9.
  11. 【請求項11】 ノズル面の周縁部が凸形状である請求項1から請求項9までのいずれか1項に記載のインクジェット記録装置。 11. The ink jet recording apparatus according to any one of claims 1 peripheral portion of the nozzle surface is convex to claim 9.
JP34340199A 1999-12-02 1999-12-02 Ink jet recorder Pending JP2001158106A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34340199A JP2001158106A (en) 1999-12-02 1999-12-02 Ink jet recorder

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34340199A JP2001158106A (en) 1999-12-02 1999-12-02 Ink jet recorder

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2001158106A true JP2001158106A (en) 2001-06-12

Family

ID=18361235

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP34340199A Pending JP2001158106A (en) 1999-12-02 1999-12-02 Ink jet recorder

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2001158106A (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7246873B2 (en) * 2004-08-25 2007-07-24 Canon Kabushiki Kaisha Recording head and recording apparatus
US7347531B2 (en) 2003-09-12 2008-03-25 Fujifilm Corporation Inkjet recording head and image formation apparatus
JP2009045540A (en) * 2007-08-17 2009-03-05 Dainippon Screen Mfg Co Ltd Nozzle storage device and coating device

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7347531B2 (en) 2003-09-12 2008-03-25 Fujifilm Corporation Inkjet recording head and image formation apparatus
US7246873B2 (en) * 2004-08-25 2007-07-24 Canon Kabushiki Kaisha Recording head and recording apparatus
JP2009045540A (en) * 2007-08-17 2009-03-05 Dainippon Screen Mfg Co Ltd Nozzle storage device and coating device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN100341704C (en) Ink jet recorder of ink box recording unit with ink guide piece
US8002383B2 (en) Liquid ejection apparatus and image forming apparatus
JP3670743B2 (en) Inkjet printhead maintenance method and apparatus
JP3208740B2 (en) Staggered inkjet print heads
US6286930B1 (en) Capping unit and ink-jet recording apparatus using the same
EP1991422B1 (en) Pulse damped fluidic architecture
EP0499432B1 (en) Ink jet recording system and method
CN2832525Y (en) Ink jet recording device
EP1018429B1 (en) Replaceable capping system for inkjet printheads
JP3535885B2 (en) Ink jet recording device
JP4931751B2 (en) Image forming apparatus and image forming method
JP4018202B2 (en) Ink printing device with improved heater
EP0839658A1 (en) Ink tank, head cartridge and ink-jet printing apparatus
US20020140762A1 (en) Cleaning orifices in ink jet printing apparatus
US6293648B1 (en) Liquid ink printer having a customer replaceable multiple function printhead capping assembly
EP0621136A2 (en) Wet-wipe maintenance device for a full-width ink jet printer
US5530463A (en) Integral seal for ink jet printheads
EP1018432B1 (en) Replaceable snout wiper for inkjet cartridges
US8303078B2 (en) Liquid ejection apparatus and liquid ejection surface cleaning method
JP5269329B2 (en) Liquid discharge device and liquid discharge surface maintenance method
CN1071193C (en) Wet cleaning system for ink-jetting print head
US6481826B1 (en) Ink jet recording apparatus, method of discharging ink from capping unit incorporated in the apparatus, and ink composition used with the apparatus
KR100692429B1 (en) Recording head, carriage and image forming apparatus
EP0714775B1 (en) Recovery system for image formation apparatus
US7387367B2 (en) Image forming apparatus