JP2000043485A - Electronic whiteboard system - Google Patents

Electronic whiteboard system

Info

Publication number
JP2000043485A
JP2000043485A JP10218269A JP21826998A JP2000043485A JP 2000043485 A JP2000043485 A JP 2000043485A JP 10218269 A JP10218269 A JP 10218269A JP 21826998 A JP21826998 A JP 21826998A JP 2000043485 A JP2000043485 A JP 2000043485A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
electronic blackboard
display
touch
screen
software
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10218269A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Kunikazu Tsuda
邦和 津田
Original Assignee
Ricoh Co Ltd
株式会社リコー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Ricoh Co Ltd, 株式会社リコー filed Critical Ricoh Co Ltd
Priority to JP10218269A priority Critical patent/JP2000043485A/en
Publication of JP2000043485A publication Critical patent/JP2000043485A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To facilitate the usage of a hand-written character recognizing software in an electronic whiteboard system, and improve the convenience. SOLUTION: This electronic whiteboard system is equipped with a PDP for the display of characters and images, a touch input device which is arranged on the front face of the PDP, and a computer 104 which performs a display control of the PDP based on an input from the touch input device, and a display face and a writing face of the electronic whiteboard are constituted of the PDP and the touch input device. The computer 104 is loaded with an electronic whiteboard software 506 to provide electronic whiteboard functions, a character recognizing softward 514 which recognizes hand-written characters being input through the touch input device 102 and forms character information, and an OS 505 having a multi-window function, and the electronic whiteboard software 506 displays tool bars for which icons to start the hand-written character recognizing software are integrated, on the display screen.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、電子黒板システムに関し、より詳細には、電子黒板上で手書き文字を入力する際の利便性の向上を図った電子黒板システムに関する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention relates to an electronic blackboard system, and more particularly relates to an electronic blackboard system with improved convenience when inputting handwritten characters on the electronic blackboard.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来より、ホワイトボードや、書き込みシート等の書き込み面に筆記用具を用いて書き込んだ手書きの情報を、専用のスキャナで読み取り、専用のプリンタで記録紙に出力する電子黒板装置が知られており、 Conventionally, or whiteboard, handwritten information written with the writing instrument on a writing surface such as a writing sheet, read by a dedicated scanner, electronic blackboard apparatus for outputting the recording paper dedicated printer It is known and,
この種の電子黒板装置は、所謂、コピーボードとして使用されている。 This type of electronic blackboard apparatus, so-called, has been used as a copy board.

【0003】また、電子黒板の書き込み面にタッチパネルを配置して、書き込み面に手書きで書き込んだ情報をリアルタイムで入力する電子黒板システムも提供されている。 [0003] Further, by arranging the touch panel writing surface of the electronic blackboard, it is also provided an electronic blackboard system for inputting information written by hand on the writing surface in real time. 例えば、マイクロフィールド グラフィックス社製(Microfield Graphics,Inc.)のソフトボードは、書き込み面であるホワイトボード上に光学式タッチパネルを配設し、このホワイトボード上に書かれた文字や絵等のビジュアルデータを、接続されたパソコン(パーソナルコンピュータ)にリアルタイムで取り込めるタッチ入力装置である。 For example, a micro field Graphics Inc. (Microfield Graphics, Inc.) Soft board, disposed the optical touch panel on the whiteboard is the writing surface, visual, such as characters and pictures written on the whiteboard the data is a touch input device capture in real time to a connected PC (personal computer). このソフトボードを用いた電子黒板システムでは、ソフトボードで取り込んだビジュアルデータを、パソコンに入力してCRTに表示したり、液晶プロジェクターを用いて大型のスクリーンに表示したり、あるいはプリンタで記録紙に出力することが可能である。 In the electronic blackboard system using the soft board, the visual data captured by the soft board, or displayed on a CRT, then entering it on your computer, or displayed on a large screen by using a liquid crystal projector, or on a recording sheet by the printer it is possible to output.
また、ソフトボードが接続されたパソコンの画面を液晶プロジェクターでソフトボード上に投影し、専用のペンを使用してソフトボード上でパソコンの画面を操作することも可能である。 In addition, the computer screen of a soft board is connected to projected on the soft board in the liquid crystal projector, it is also possible to operate the computer screen on a soft board using a special pen.

【0004】さらに、文字および画像を表示するための表示装置と、表示装置の前面にタッチパネル面を配設したタッチ入力装置と、タッチ入力装置からの入力に基づいて表示装置の表示制御を行う制御装置とを備え、表示装置およびタッチ入力装置を用いて電子黒板の表示面および書き込み面を構成した電子黒板システムも提供されている。 [0004] Further, control for the display device for displaying characters and images, a touch input device disposed a touch panel surface on the front surface of the display device, the display control of the display device based on input from the touch input device and a device is also provided an electronic blackboard system configured to display surface and a write-in surface of the electronic blackboard with a display device and a touch input device. 例えば、スマート テクノロジィズ社製(SMAR For example, smart Tekunorojii's Corp. (SMAR
T Technologies Inc.)のスマート2000では、パソコンに接続された液晶プロジェクターを用いて文字・絵・図形・グラフィックの画像をパネルに投影し、該パネルの投影面(表示面)の前面に配設された感圧式タッチパネル(書き込み面)を用いて手書きの情報をパソコンに取り込み、パソコン内で手書きの情報と画像情報とを合成し、再度液晶プロジェクターを介してリアルタイムで表示できるようにしている。 In Smart 2000 T Technologies Inc.), a liquid crystal projector that is connected to a personal computer to project an image of a character, picture, graphics, graphic panel is disposed in front of the projection surface of the panel surface (display surface) with pressure-sensitive touch panel (writing surface) captures handwritten information to a personal computer has, by combining the handwritten information and the image information in the personal computer, and can be displayed in real time via a liquid crystal projector again.

【0005】前述したように、このような電子黒板システムでは、表示装置によって表示されている画面上の画像に対して、タッチ入力装置を用いて入力した画像を上書き画像として重ねて表示できるので、すでに会議、プレゼンテーション、教育等に広く利用されており、その使用効果が高く評価されている。 [0005] As described above, in such an electronic whiteboard system, the image on the screen displayed by the display device, can be displayed superimposed images entered as overwriting image using the touch input device, already meeting, presentation, has been widely used in education, the use effect is highly valued.

【0006】さらに、マルチウインドウ機能を有するマルチタスクOSを搭載したパソコン上で手書き文字認識ソフトを起動することにより、タッチ入力装置を用いて入力した手書き文字を認識し、生成した文字情報を表示装置に表示することも可能となる。 Furthermore, by activating the handwriting recognition software on a personal computer equipped with a multitask OS having the multi-window function, to recognize handwriting entered with a touch input device, it displays the generated character information device it is possible to display on.

【0007】 [0007]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記従来の電子黒板システムによれば、手書き文字認識ソフトをパソコンに搭載することにより、手書き文字を認識し、生成した文字情報を表示装置で表示することが可能となるものの、電子黒板機能を使用中であっても、手書き文字認識ソフトを利用する場合には、一旦、マルチタスクOSの画面まで戻って、手書き文字認識ソフトを立ち上げる必要があるため、作業が煩雑で、利便性が悪いという問題点があった。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, according to the conventional electronic blackboard system, by mounting the handwriting recognition software in the computer, that recognizes handwritten characters, and displays the generated character information display device although it is possible, even during use electronic blackboard function, when utilizing handwriting recognition software is once returned to the screen of the multitasking OS, it is necessary to launch a handwriting recognition software , work is complicated, there is a problem of poor usability.

【0008】本発明は上記に鑑みてなされたものであって、電子黒板システムにおける手書き文字認識ソフトの利用を容易にし、利便性の向上を図ることを目的とする。 The present invention was made in view of the above, to facilitate the use of handwriting recognition software in the electronic blackboard system, it aims to enhance the convenience.

【0009】 [0009]

【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するために、請求項1に係る電子黒板システムは、文字および画像を表示するための表示装置と、前記表示装置の前面にタッチパネル面を配設したタッチ入力装置と、前記タッチ入力装置からの入力に基づいて前記表示装置の表示制御を行う制御装置と、を少なくとも備え、前記表示装置およびタッチ入力装置を用いて電子黒板の表示面および書き込み面を構成する電子黒板システムにおいて、前記制御装置が、前記表示装置およびタッチ入力装置を制御して電子黒板機能を提供するための電子黒板用ソフトと、前記タッチ入力装置を介して入力した手書き文字を認識して文字情報を生成する手書き文字認識ソフトと、 To achieve the above object, according to the Invention The electronic blackboard system according to claim 1, distribution and display device for displaying characters and images, a touch panel surface on the front of the display device a touch input device that set comprising at least a control unit for controlling the display of the display device based on input from the touch input device, the display surface of the electronic blackboard and using the display device and touch input device write an electronic blackboard system comprising a surface, handwriting wherein the controller, and an electronic blackboard software for providing an electronic blackboard function and controls the display device and touch input device, which is input through the touch input device and the handwriting recognition software to generate the character information recognition to the,
マルチウインドウ機能を有するマルチタスクOSと、を搭載したパーソナルコンピュータであり、前記電子黒板用ソフトは、その表示画面上に、前記手書き文字認識ソフトを起動するためのアイコンを統合したツールバーを表示するものである。 A multitasking OS having the multi-window function, a personal computer with a, the electronic blackboard software, those that on the display screen, displaying a toolbar that integrates an icon for activating the handwriting recognition software it is.

【0010】また、請求項2に係る電子黒板システムは、請求項1記載の電子黒板システムにおいて、前記ツールバー上から前記手書き文字認識ソフトを起動すると、前記電子黒板用ソフトの表示画面上に手書き文字入力用のウインドウが表示されるものである。 Further, an electronic blackboard system according to claim 2, in the electronic blackboard system according to claim 1, wherein, when activating the handwriting recognition software from on the toolbar, handwriting on the display screen of software for the electronic blackboard one in which a window for the input is displayed.

【0011】また、請求項3に係る電子黒板システムは、請求項1または2記載の電子黒板システムにおいて、前記手書き文字入力用のウインドウが表示されている状態で、前記電子黒板用ソフトの表示画面上でエリアを指定すると、該指定したエリアに前記手書き文字認識ソフトで認識した文字情報が表示されるものである。 Further, an electronic blackboard system according to claim 3, in claim 1 or 2, wherein the display board system, the state where the window for handwriting input is displayed, the display screen of software for the electronic blackboard specifying the area above, in which the character information recognized by the handwriting recognition software in the area for which the designation is displayed.

【0012】 [0012]

【発明の実施の形態】以下、本発明に係る電子黒板システムの一実施の形態について、 1. BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, an embodiment of an electronic blackboard system according to the present invention, 1. システム構成 2. System Configuration 2. 動作 3. Operation 3. 効果 の順で、添付の図面を参照しつつ詳細に説明する。 In order effects will be described in detail with reference to the accompanying drawings. なお、本実施の形態に係る電子黒板システムの特徴とするところは、手書き文字認識ソフトの利用を容易にして利便性の向上を図る点にあり、この点については主に「2.動作」のところで説明する。 Incidentally, when the feature of the electronic blackboard system according to the present embodiment is in the point that facilitated the to improve convenience of use of handwriting recognition software, primarily in "2. operation" in this respect By the way it will be described.

【0013】1. [0013] 1. システム構成 図1は、本実施の形態に係る電子黒板システムのブロック構成図である。 System Configuration FIG. 1 is a block diagram of an electronic blackboard system according to the present embodiment. 図1に示す電子黒板システム100 Electronic blackboard system 100 shown in FIG. 1
は、主として、画像を表示するプラズマディスプレイパネル(以下「PDP」と記述する)101と、PDP1 Mainly it includes a plasma display panel (hereinafter referred to as "PDP") 101 for displaying an image, PDP 1
01の前面に配置され、指先またはタッチペンでタッチ面(書き込み面)をタッチすることにより文字や図形等を入力可能なタッチ入力装置102と、指先またはタッチペンでタッチされたタッチ面上の座標位置の演算等を行うタッチ入力装置用コントローラ(以下「コントローラ」と記述する)103と、コントローラ103から座標位置情報を入力し、入力した座標位置情報に基づいて、タッチ入力装置102を介して入力された文字・図形等をPDP101に描画する処理等、システム全体を制御するコンピュータ104(パーソナルコンピュータ)と、を備えている。 01 disposed in front of the touch surface with a fingertip or a touch pen and can enter touch input device 102 a character, a graphic, or the like by touching (writing surface), the coordinate position on the touch surface touched by a fingertip or a touch pen a touch input device controller (hereinafter referred to as "controller") 103 for performing arithmetic operations, inputs a coordinate position information from the controller 103, based on the input coordinate position information inputted through the touch input device 102 processing for drawing a character, graphics, etc. to PDP 101, a computer 104 for controlling the entire system (the personal computer), and a.

【0014】また、電子黒板システム100のコンピュータ104には各種の周辺機器を接続することができる。 Further, the computer 104 of the electronic blackboard system 100 can be connected to various peripheral devices. 図1においては、一例として、原稿の画像を読み取るためのスキャナ105や画像データを記録紙に出力するプリンタ106がコンピュータ104に接続された様子が示されている。 1, as an example, a printer 106 for outputting scanner 105 or image data for reading an image of an original on a recording sheet is shown to connected to the computer 104. また、コンピュータ104を介して電子黒板システム100をネットワーク107に接続することができ、ネットワーク107上に接続された他のコンピュータで作成したデータをPDP101に表示したり、電子黒板システム100で作成したデータを他のコンピュータに転送することも可能となる。 Further, via the computer 104 can be connected to an electronic blackboard system 100 to a network 107, display data created by another computer connected to the network 107 to the PDP 101, created by the electronic blackboard system 100 data the it is possible to transfer to another computer.

【0015】さらに、図示することは省略するが、PD [0015] In addition, although not be shown, PD
P101にはビデオ入力端子やスピーカー設けられており、ビデオプレイヤー108をはじめ、その他レーザディスクプレイヤー,DVDプレイヤー,ビデオカメラ等の各種情報機器やAV機器を接続し、PDP101を大画面モニタとして利用することができる。 P101 is provided a video input terminal and a speaker for, including video player 108, other laser disk players, DVD players, to connect the various types of information equipment and AV equipment such as a video camera, utilizing PDP101 as a large screen monitor can.

【0016】ここで、PDP101としては、40インチ,50インチ等、電子黒板として利用可能な大画面タイプのものが用いられる。 [0016] Here, as the PDP101, 40 inches, 50 inches, etc., is that of the large screen types that can be used as an electronic blackboard is used. プラズマディスプレイには、 The plasma display,
大型化が可能であり、輝度が高くプロジェクターを用いた場合のように部屋を暗くする必要がなく、液晶ディスプレイと異なり視野角が広く、さらに、動画もスムーズに再生できるという特徴があることから、本実施の形態ではディスプレイとしてプラズマディスプレイを採用することにしている。 It is possible size, it is not necessary to darken the room as in the case of luminance with high projector, wide viewing angle different from the liquid crystal display, further, since it has a feature that motion picture can be reproduced in smooth, in the present embodiment has been to adopt a plasma display as a display. このようにプラズマディスプレイを用いるため、本実施の形態における表示装置の薄型化(小型化)を図ることができる。 Thus for a plasma display, it is possible to achieve thinning of the display device in this embodiment the (compact).

【0017】タッチ入力装置102としては、超音波表面弾性波方式のタッチ入力装置が用いられる。 [0017] As the touch input device 102, the touch input device of the ultrasonic surface acoustic wave method is used. 図2は、 Figure 2,
電子黒板システム100において使用されるタッチ入力装置102の構成図である。 It is a configuration diagram of a touch input device 102 used in the electronic blackboard system 100. このタッチ入力装置102 The touch input device 102
は、透明な基板200を有すると共に、指先やタッチペンで文字・図形等を書き込むためのタッチ面(書き込み面)201となる基板200の一つの面に、表面弾性波を発信する発信用トランスデューサ202と、発信用トランスデューサ202から発信された表面弾性波を受信する受信用トランスデューサ203と、発信用トランスデューサ202から発信された表面弾性波をそれぞれ反射し、受信用トランスデューサ203に表面弾性波を導く反射アレイ204・205と、同様に、表面弾性波を発信する発信用トランスデューサ206と、発信用トランスデューサ206から発信された表面弾性波を受信する受信用トランスデューサ207と、発信用トランスデューサ206から発信された表面弾性波をそれぞれ反射し、受信用トラン , Together with a transparent substrate 200, on one surface of a substrate 200 serving as a touch surface (writing surface) 201 for writing characters and graphics such as a fingertip or a touch pen, the originating transducer 202 for transmitting a surface acoustic wave , the receiving transducer 203 which receives the surface acoustic wave transmitted from the transmitting transducer 202, transmitted from the transmitting transducer 202 surface acoustic wave reflected respectively, leads to a surface acoustic wave to the receiving transducer 203 reflective arrays 204 a-205, Similarly, the originating transducer 206 for transmitting a surface acoustic wave, the receiving transducer 207 which receives the surface acoustic wave transmitted from the transmitting transducer 206, originating surface acoustic wave from the transmitting transducer 206 the reflected, respectively, Trang for reception デューサ207に表面弾性波を導く反射アレイ208・209とを有している。 And a reflective array 208, 209 for guiding a surface acoustic wave inducer 207. なお、タッチ面201はPDP101の画面サイズに対応したサイズを有している。 Incidentally, the touch surface 201 has a size corresponding to the screen size of the PDP 101.

【0018】図2において、発信用トランスデューサ2 [0018] In Figure 2, the originating transducer 2
02・206および受信用トランスデューサ203・2 02, 206 and the receiving transducer 203, 2
07は、それぞれケーブル210およびコネクタ211 07, respectively cable 210 and connector 211
を介してコントローラ103に接続されている。 And it is connected to the controller 103 via the. ケーブル210は、基板200の端部に沿って発信用トランスデューサ202・206および受信用トランスデューサ203・207まで最短距離を通るように配線されることが好ましいが、ここでは図示を省略する。 Cable 210, although it is preferable to wire so as to pass through the shortest distance to the transmitter transducers 202, 206 and receiving transducers 203, 207 along the edge of the substrate 200, not shown here.

【0019】また、ケーブル210と受信用トランスデューサ203・207とを接続する際には、ケーブル2 Further, when connecting the cable 210 and the receiving transducers 203, 207, the cable 2
10のシールド層を剥がして受信用トランスデューサ2 10 for receiving peel off the shield layer of the transducer 2
03・207に接続する必要がある。 There is a need to connect to the 03-207. そのため、シールド層が剥がされたケーブル210の部分がアンテナとなってPDP101から発生される電磁波をノイズとして拾ってしまうため、PDP101および基板200の間に遮蔽部材、例えば銅製のシールドテープ(銅箔テープ)を設けることにしている。 Therefore, since the portion of the cable 210 which shield layer is peeled will pick up electromagnetic waves generated from PDP101 causing an antenna as a noise, shielding member between PDP101 and substrate 200, for example copper shielding tape (copper foil tape ) it is to be provided. このシールドテープは、 This shield tape,
PDP101と超音波表面弾性波方式のタッチ入力装置102とを組み合わせた場合、PDP101から発生される電磁波の影響を受けてタッチ入力装置102が精度良く機能しないことを本発明の発明者らが見出した結果に基づいて設けられたものである。 PDP101 the case of a combination of a touch input device 102 of the ultrasonic surface acoustic wave method, touch input device 102 under the influence of electromagnetic waves generated from PDP101 is heading inventors of the present invention that it does not accurately function in which it provided on the basis of the results.

【0020】図3は、このシールドテープを説明する説明図である。 [0020] FIG. 3 is an explanatory view illustrating the shielding tape. 図3は、基板200において受信用トランスデューサ202・206が設けられた部分をタッチ面201から見た様子を示し、シールドテープ300は、 Figure 3 shows a picture obtained by viewing a portion receiving transducers 202, 206 are provided from the touch surface 201 in the substrate 200, the shielding tape 300,
マスキングテープ301を挟んで基板200のPDP1 PDP1 substrate 200 across the masking tape 301
01に対向する面(タッチ面201と反対側の面)に貼付されている。 It is affixed to opposite surfaces (surfaces of the touch surface 201 opposite side) 01. この図3に示すシールドテープ300はL字上の形状を有し、実験の結果、幅が35mm±3m Shielding tape 300 shown in FIG. 3 has the shape of the L-shape, the result of the experiment, width 35 mm ± 3m
m、基板200に対する縦方向の長さが70mm±20 m, 70 mm ± 20 are longitudinal length to the substrate 200
mm、基板200に対する横方向の長さが130mm± mm, length in the horizontal direction with respect to the substrate 200 is 130 mm ±
20mmというサイズのものが最適であると確認されている。 Those of the size of 20mm has been confirmed to be optimal.

【0021】なお、図3においては、受信用トランスデューサ203・207を覆うようにシールドテープ30 [0021] Incidentally, the shielding tape 30 as in FIG. 3, covers the receiving transducers 203, 207
0をPDP101および基板200の間に設けることにしたが、さらに、タッチ面201側にも同様なシールドテープを設けることにより、ノイズ対策の強化を図ることができる。 0 was that provided between the PDP101 and substrate 200, further, by making also the touch surface 201 side provided similar shielding tape, it is possible to strengthen the noise countermeasures. この場合、一枚のシールドテープで受信用トランスデューサ203・207を覆うようにしても良い。 In this case, it may be covered with receiving transducers 203, 207 in a single shielding tape. ただし、タッチ面201側にシールドテープを設ける場合は、反射アレイ205・209にシールドテープが接触しないように注意する必要がある。 However, if the touch surface 201 side provided shielding tape, it is necessary to be careful shielding tape to the reflective array 205, 209 are not in contact.

【0022】基板200としては、透明で表面弾性波を伝播することが可能なものであれば、ガラス,プラスチック等、いかなる種類の材料を用いることにしても良い。 [0022] As the substrate 200, as long as it can propagate the transparent surface acoustic wave, glass, plastic, etc., it may be the use of any type of material. また、例えば、基板200をガラス基板とした場合、反射アレイ204・205・208・209は、ガラスペーストをスクリーン印刷した後、ガラス基板20 For example, when the substrate 200 was a glass substrate, the reflective arrays 204, 205, 208, 209, after a glass paste is screen printed, a glass substrate 20
0を所定の温度で焼成して形成される。 0 is formed by firing at a predetermined temperature.

【0023】続いて、ユーザが指先またはタッチペンでタッチ面をタッチした場合に、そのタッチ位置の座標を特定する方法の概略を説明する。 [0023] Then, when the user touches the touch surface with a fingertip or a touch pen, an outline of a method of identifying the coordinates of the touch position. 図4は、タッチ位置の座標を特定する処理を説明するための説明図である。 Figure 4 is an explanatory diagram for explaining a process for specifying the coordinates of the touch position. 図4において、発信用トランスデューサ202および受信用トランスデューサ203はタッチ位置のX軸方向の位置を検出するために用いられ、発信用トランスデューサ206および受信用トランスデューサ207はタッチ位置のY軸方向の位置を検出するために用いられる。 4, the originating transducer 202 and receiving transducer 203 is used to detect the X-axis direction position of the touch position, the originating transducer 206 and receiving transducer 207 detects the position of the Y-axis direction of the touch position They are used to. ここでは、説明の便宜上、X軸方向の位置を検出する処理を中心に説明する。 Here, for convenience of explanation, it will be mainly described a process for detecting the position of the X-axis direction.

【0024】タッチ位置の座標を特定する処理は、タッチ入力装置102およびコントローラ103によって実行される。 The process of specifying the coordinates of the touch position is performed by the touch input device 102 and the controller 103. 発信用トランスデューサ202は、コントローラ103から電気信号を入力し、入力した電気信号を機械振動に変換する。 Transmitting transducer 202 receives the electrical signal from the controller 103, converts the electrical signal input to the mechanical vibration. その結果、基板200のタッチ面201の表面または界面に沿って伝播する表面弾性波が発生する。 As a result, the surface acoustic wave propagating along the surface or interface of the touch surface 201 of the substrate 200 occurs.

【0025】発信用トランスデューサ202によって発生された表面弾性波は、反射アレイ204を構成する各反射素子により、発信側トランスデューサ202に近い方から順次90度反射され、タッチ面201を伝播していくことになる。 The surface acoustic waves generated by the originating transducer 202, the reflection by the reflective elements constituting the array 204, it is sequentially reflected 90 degrees closer to the originating transducer 202, and propagates the touch surface 201 become. すなわち、反射アレイ204を構成する各反射素子により、表面弾性波の一部が反射され、一部が透過するという現象が繰り返され、タッチ面201 That is, reflected by the reflective elements constituting the array 204, a part of the surface acoustic waves are reflected, is repeated phenomenon partially transmitted, touch surface 201
の全面にわたって表面弾性波が伝播していく。 Surface acoustic wave propagates across the entire surface. 反射アレイ204の構成する各反射素子によって反射された表面弾性波は、タッチ面201の縦方向に平行に、かつ反射させられた反射素子の位置に基づく時間差を持ってタッチ面201を伝播していく。 Surface acoustic waves reflected by each reflective elements constituting the reflective array 204 is parallel to the longitudinal direction of the touch surface 201, and propagates through the touch surface 201 with a time difference based on the position of the reflected thereby obtained reflective element go. そして、反射アレイ205 The reflective arrays 205
は、タッチ面201を伝播してきた表面弾性波を90度反射し、反射した表面弾性波を受信用トランスデューサ203に導く。 Is a surface acoustic wave propagated through the touch surface 201 reflects 90 degrees leads to a surface acoustic wave reflected to the receiving transducer 203.

【0026】受信用トランスデューサ203は、表面弾性波を受信して電気信号に変換し、コントローラ103 The receiving transducer 203 converts into an electric signal by receiving the surface acoustic wave, the controller 103
に入力する。 Input to. コントローラ103は、入力した電気信号を増幅した後、整流およびA/D変換処理を行う。 Controller 103, after amplifying the electrical signal input, performs rectification and A / D conversion process. そして、コントローラ103は、A/D変換した信号を時間軸に沿って信号処理することにより、タッチ面201におけるX軸方向の位置を時間に対応させる。 Then, the controller 103, by the signal processing along the signal A / D converted on the time axis, to correspond to the position of the X-axis direction in the touch surface 201 times.

【0027】例えば、図4に示すように、ユーザがタッチ面201の任意の位置を指先でタッチしたものとする。 [0027] For example, as shown in FIG. 4, it is assumed that the user touches with the fingertip any position of the touch surface 201. この場合、タッチ位置を伝播している表面弾性波は指先によって吸収または散乱され、大きな減衰を受けることになる。 In this case, the surface acoustic wave that propagates a touch position is absorbed or scattered by the finger will experience a large attenuation. このような減衰を受けた時点を上述した信号処理の結果に基づいて特定することにより、タッチ位置のX軸方向における位置を特定することができる。 By identifying based on such attenuated the received point to the above-described signal processing result, it is possible to identify the position in the X-axis direction of the touch position. 具体的には、図4に示すように、タッチ面201を横切る実線がタッチ位置のX軸方向における位置として特定される。 Specifically, as shown in FIG. 4, solid lines crossing the touch surface 201 is identified as a position in the X-axis direction of the touch position.

【0028】タッチ位置のY軸方向の位置についても、 [0028] Also the position of the Y-axis direction of the touch position,
発信用トランスデューサ206,受信用トランスデューサ207および反射アレイ208・209を用いてX軸方向の位置を特定する処理と同様の処理を行うことによって特定することができる。 It can be identified by performing a call transducer 206, the same processes to locate the X-axis direction by using the receiving transducer 207 and reflective arrays 208, 209. 具体的には、図4に示すように、タッチ面201を横切る点線がタッチ位置のY軸方向における位置として特定される。 Specifically, as shown in FIG. 4, dotted line across the touch surface 201 is identified as the position in the Y-axis direction of the touch position.

【0029】コントローラ103は、このようにしてX [0029] The controller 103 is, in this way X
軸方向およびY軸方向の位置を特定し、図1に示したコンピュータ104に座標位置情報として入力する。 It locates axial and Y-axis direction, and inputs a coordinate position information to the computer 104 shown in FIG. コンピュータ104は入力した座標位置情報に基づいて、ユーザがタッチ面201をタッチした位置にマウスカーソルを一致させてPDP101に表示する等、後に説明する各種の処理を実行する。 Computer 104 based on the coordinate position information input, the user executes various processes to be described like, later to be displayed on PDP101 by matching the mouse cursor to a position touching the touch surface 201.

【0030】なお、受信用トランスデューサ203・2 [0030] In addition, the receiving transducer 203, 2
07で受信する際の表面弾性波は各反射アレイによる反射およびタッチ面201の伝播によって減衰しており、 Surface acoustic wave when receiving 07 is attenuated by the propagation of the reflection and the touch surface 201 by each reflective array,
受信用トランスデューサ203・207から出力される電気信号は非常に小さい。 Electrical signal output from the receiving transducer 203, 207 is very small. したがって、PDP101から発生される電磁波等のノイズが混入すると、ノイズの影響でタッチ面201がタッチされたことによる表面弾性波の減衰を検出することができなくなる。 Therefore, when the noise such as an electromagnetic wave generated from PDP101 is mixed, the touch surface 201 may not be able to detect the attenuation of surface acoustic waves due to being touched by the influence of noise. 図3に示したシールドテープ300はこのような事態の発生を防止するために設けられており、このシールドテープ300 Shielding tape 300 shown in FIG. 3 is provided to prevent the occurrence of such a situation, the shielding tape 300
の存在により、本実施の形態においては精度の高いタッチ位置の座標検出が可能となる。 The presence of, it is possible to coordinate detection of accurate touch position in the present embodiment. 換言すれば、このシールドテープ300は、超音波弾性波方式のタッチ入力装置102と共に用いる表示装置としてプラズマディスプレイを採用できるようにするための大きな役割を有している。 In other words, the shielding tape 300 has a major role to allow adoption of a plasma display as a display device for use with a touch input device 102 of the ultrasonic acoustic wave system.

【0031】続いて、図2に示したコンピュータ104 [0031] Subsequently, the computer 104 shown in FIG. 2
の概略構成を説明する。 Illustrating a schematic configuration of a. 図5は、コンピュータ104のブロック構成図である。 Figure 5 is a block diagram of a computer 104. 図5に示すコンピュータ104 Computer 104 shown in FIG. 5
は、パーソナルコンピュータであって、システム全体を制御するCPU500と、ブートプログラム等を記憶したROM501と、CPU500のワークエリアとして使用されるRAM502と、文字,数値,各種指示等の入力を行うためのキーボード503と、カーソルの移動や範囲選択等を行うためのマウス504と、マルチウインドウ機能を有するマルチタスク・オペレーティング・ Is a personal computer, a CPU 500 for controlling the entire system, and ROM501 storing a boot program, etc., for performing a RAM502 used as a work area of ​​the CPU 500, character, numbers, input of various instructions such as a keyboard and 503, a mouse 504 for moving and range selection or the like of a cursor, multitasking operating with multi-window function
システム(OS)505,電子黒板システム100を電子黒板として機能させる電子黒板ソフト506,タッチ入力装置102を介して入力した手書き文字を認識して文字情報を生成する文字認識ソフト514,タッチ入力装置102およびコントローラ103を座標入力装置としてコンピュータ104上で動作させるタッチパネルドライバ507およびワードプロセッサ・表計算ソフト等の各種アプリケーションプログラム508等を記憶したハードディスク509と、PDP101と接続され、P System (OS) 505, an electronic blackboard software 506 to the display board system 100 to function as an electronic blackboard, the character recognition software 514 generates character information by recognizing handwriting input via the touch input device 102, the touch input device 102 and the controller 103 and hard disk 509 that stores various application programs 508 such as a touch panel driver 507 and word processor spreadsheet operating on computer 104 as a coordinate input device is connected to the PDP 101, P
DP101に対する画像の表示を制御するグラフィックス・ボード510と、電子黒板システム100をコンピュータ104を介してネットワーク107に接続するネットワーク・カード511(またはモデムでも良い) A graphics board 510 for controlling display of an image for DP101, network card 511 that connects the electronic blackboard system 100 to a network 107 via the computer 104 (or modem may be)
と、コントローラ103,スキャナ105,プリンタ1 If the controller 103, a scanner 105, a printer 1
06等を接続するためのインターフェイス(I/F)5 Interface for connecting the 06, etc. (I / F) 5
12と、上記各部を接続するためのバス513と、を備えている。 12, a, a bus 513 for connecting the above units.

【0032】図5においては、説明の便宜上、コンピュータ104に周辺機器を接続するためのインターフェイスをI/F512という一つのブロックで示すことにしたが、具体的にI/F512は、例えばコントローラ1 [0032] In FIG. 5, for convenience of explanation, an interface for connecting peripheral devices to the computer 104 and to be shown in one block of I / F512, specifically I / F512, for example the controller 1
03を接続するためのRS−232Cのようなシリアル・インターフェイス,プリンタ106を接続するためのセントロニクスのようなパラレル・インターフェイス, Serial interface such as RS-232C for connecting 03, parallel interface such as Centronics for connecting the printer 106,
スキャナを接続するためのSCSI等で構成される。 Composed of SCSI or the like for connecting the scanner.

【0033】なお、図1に示したように、コントローラ103をコンピュータ104から独立させた構成としているが、コンピュータ104中にコントローラ103を内蔵することにしても良い。 It should be noted, as shown in FIG. 1 has a configuration obtained by independent controller 103 from the computer 104 may be a built-in controller 103 in the computer 104. また、図5に図示することは省略するが、コンピュータ104にはフロッピーディスクドライブ装置,CD−ROMドライブ装置,MOドライブ装置等が搭載されている。 Also omitted to shown in Figure 5 is, the computer 104 floppy disk drive, CD-ROM drives device, MO drive, etc. are mounted.

【0034】以上説明した電子黒板システム100を構成する各装置は、筐体ユニットに収納されて一体化され、システム全体の小型化・操作性・取扱性・利便性の向上が図られる。 The above-described devices constituting the electronic blackboard system 100 are integrated is stored in a housing unit, improving the overall system size and operability and handling and convenience can be improved. このように筐体ユニットに電子黒板システム100を収納するのは、電子黒板システム100 To house an electronic blackboard system 100 in this manner the housing unit, the electronic blackboard system 100
が、図1に示したような複数の装置で構成されるため、 But because it is composed of a plurality of apparatus as shown in FIG. 1,
これらを別々に管理することにすると広い設置スペースが必要であり、かつ、移動に手間がかかるという問題が発生するからである。 Wide installation space when to manage these separately is required, and, because troublesome movement it takes occurs.

【0035】図6は電子黒板システム100を収納した筐体ユニットを前方側から見た斜視図であり、図7は後方側から見た斜視図である。 [0035] FIG. 6 is a perspective view of a housing unit that houses an electronic blackboard system 100 from the front side, FIG. 7 is a perspective view from the rear side. 図6および図7に示す筐体ユニット600は、PDP101およびタッチ入力装置102を収納したパネル部601と、コントローラ10 Housing unit 600 shown in FIGS. 6 and 7 includes a panel portion 601 which houses the PDP101 and touch input device 102, the controller 10
3を収納したコントローラ収納部602と、パネル部6 3 a controller housing unit 602 that houses a panel section 6
01およびコントローラ収納部602を所定の高さで支持するスタンド603を有すると共に、コンピュータ1 01 and controller housing portion 602 which has a stand 603 for supporting a predetermined height, the computer 1
04,スキャナ105,プリンタ106,ビデオプレイヤー108等を収納する機器収納部604と、から構成される。 04, scanner 105, printer 106, and the equipment mounting part 604 for accommodating the video player 108 or the like, and a.

【0036】PDP101およびタッチ入力装置102 [0036] PDP101 and touch input device 102
は、PDP101の前面にタッチ入力装置102が位置するようにして一体化され、図6に示すように、パネル部601前面にタッチ入力装置102のタッチ面201 A touch input device 102 in front of PDP101 are integrated so as to be positioned, as shown in FIG. 6, the touch surface 201 of the panel portion 601 a touch input device 102 to the front
が現れるようにしてパネル部601に収納される。 It is accommodated in the panel portion 601 so as to appear. このように、パネル部601はPDP101およびタッチ入力装置102を収納して、電子黒板の表示面および書き込み面(タッチ面201)を構成する。 Thus, the panel portion 601 houses the PDP101 and touch input device 102, constituting a display surface and a write-in surface of the electronic blackboard (touch surface 201).

【0037】また、コントローラ103は、図7に示すように、パネル部601の背面に設けられたコントローラ収納部602に収納される。 Further, the controller 103, as shown in FIG. 7, are accommodated in the controller housing unit 602 provided on the back of the panel portion 601. そして、パネル部601 Then, the panel portion 601
は、PDP101の画像表示面およびタッチ入力装置1 The image display surface and the touch input device 1 of PDP101
01のタッチ面201が所定の高さに位置するように、 As the touch surface 201 of the 01 is positioned at a predetermined height,
ステー605を介して機器収納部604のスタンド60 Stand of the equipment storage unit 604 via a stay 605 60
3に取り付けられて支持される。 Attached to 3 is supported. また、コントローラ収納部602も同様に、スタンド603に取り付けられる。 Also, the controller housing unit 602 similarly mounted on the stand 603.

【0038】なお、図6に示すパネル部601の前面側において、606はスピーカを、607はPDP101 [0038] Note that in the front side of the panel portion 601 shown in FIG. 6, 606 a speaker, 607 PDP101
の電源ランプをそれぞれ示している。 It shows the power lamp, respectively. また、詳細な説明については省略するが、本実施の形態に係る電子黒板システム100においては、コンピュータ104,ビデオプレイヤー108等のPDP101に対する画像出力元の切り換え、ボリューム調整等をリモコンで操作することも可能であり、608はリモコンからの光を受光するリモコン受光部に該当する。 Moreover, it will not be repeatedly described, in the electronic blackboard system 100 according to the present embodiment, a computer 104, an image output source switching for PDP101 such as a video player 108, also operating the volume adjustment in the remote control are possible, 608 corresponds to the remote control light receiving portion for receiving light from the remote control.

【0039】また、図7に示すパネル部601の背面側において、609は電子黒板システム100の移動用取っ手を、610はPDP101の輝度,コントラスト等を設定するための操作パネルを、611は後述するパネル部601の角度を調整するための角度調整レバーをそれぞれ示している。 Further, on the rear side of the panel portion 601 shown in FIG. 7, 609 for movement handle electronic blackboard system 100, 610 luminance of PDP 101, an operation panel for setting the contrast and the like, 611 will be described later the angle adjusting lever for adjusting the angle of the panel portion 601 are shown, respectively. さらに、図示を省略するが、コントローラ収納部602の底面には、コンピュータ104, Furthermore, although not shown, the bottom surface of the controller housing 602, computer 104,
ビデオプレイヤー108等をPDP101,コントローラ103等に接続するためのコネクタパネルが設けられている。 The video player 108 such as PDP 101, a connector panel for connecting the controller 103 and the like are provided.

【0040】すなわち、コンピュータ104の画像出力ケーブルおよび音声出力用ケーブルは、このコネクタパネルを介してPDP101に接続され、また、コンピュータ104およびコントローラ103はこのコネクタパネルを介して接続される。 [0040] That is, image output cable and the audio output cable of the computer 104 is connected to PDP101 via the connector panel, The computer 104 and controller 103 are connected through the connector panel. さらに、ビデオプレイヤー1 In addition, Video Player 1
08等の各種情報機器やAV機器についても、このコネクタパネルを介してPDP101に接続される。 For even various types of information equipment and AV equipment 08 or the like, and is connected to PDP101 via the connector panel.

【0041】筐体ユニット600の機器収納部604 The equipment storage section 604 of the housing unit 600
は、鉛直方向に向かって下からコンピュータ104を収納するためのコンピュータ収納部612と、ビデオプレイヤー108やその他レーザディスクプレイヤー,DV Includes a computer housing portion 612 for housing the computer 104 from the bottom toward the vertical direction, video player 108 or other laser disk players, DV
Dプレイヤーのような各種情報機器やAV機器を収納するためのビデオ収納部613と、プリンタ106を収納するためのプリンタ収納部614と、を備えている。 A video storage unit 613 for storing various kinds of information equipment and AV equipment such as a D player, and a printer housing portion 614 for housing the printer 106. このように、鉛直方向に向かって下から重量のある機器を配置することにより、上方にPDP101およびタッチ入力装置102を有するボード部601が存在する場合であっても、移動時および設置時における筐体ユニット600の安定性を確保することができる。 Thus, by placing the device with a weight from the bottom toward the vertical direction, even when the board unit 601 having upwardly PDP101 and touch input device 102 is present, the housing at the time of the movement time and installation it is possible to ensure the stability of the body unit 600. なお、機器収納部604には、図1に示したスキャナ105を収納する収納部分が設けられていないが、鉛直方向に向かって下から重量のある機器を配置するという条件が守られる限り、スキャナ105用の収納部分を設けることにしても良い。 Note that the equipment storage unit 604, although housing portion for accommodating the scanner 105 shown in FIG. 1 is not provided, as long as the condition of placing the device with a weight from the bottom toward the vertical direction are adhered scanner it may be decided to provide the housing part for the 105.

【0042】コンピュータ収納部612の両側面は扉になっており、フロッピーディスクやCD−ROMの抜き差しを行うことができるようになっている。 [0042] Both sides of the computer housing portion 612 has become a door, so that it is possible to perform insertion and removal of floppy disks or CD-ROM. また、ビデオ収納部613の前面は扉になっており、ビデオテープ,レーザディスク等の抜き差しを行うことができるようになっている。 Further, the front surface of the video storage unit 613 has become a door, a video tape, and is capable of inserting or removing such as laser disks. さらに、プリンタ収納部614の前面も扉になっており、プリンタ106の操作を行うことができ、また、この扉にはタッチ入力装置102のタッチ面201にタッチするためのタッチペン(図示せず)が収納できるようになっている。 Further, the front surface of the printer housing portion 614 is also turned to the door, it is possible to operate the printer 106, also (not shown) touch pen for touching the touch surface 201 of the touch input device 102 in this door There has been so can be stored. 加えて、プリンタ収納部614の背面は筐体によって覆われておらず、給紙トレイが筐体ユニット600外部に位置するようにプリンタ106を収納でき(図8参照)、操作性の向上が図られている。 In addition, the back of the printer housing portion 614 is not covered by the housing, the paper feed tray can hold printer 106 so as to be located in the housing unit 600 outside (see FIG. 8), the improvement in operability FIG It is.

【0043】なお、図6に示す機器収納部604の前面側において、615はコンピュータ104のキーボード503を常に使用可能な状態で載置できるキーボード台を、616は電子黒板システム100を筐体ユニット6 Incidentally, the front side of the equipment storage unit 604 shown in FIG. 6, the keyboard base 615 capable location placing the keyboard 503 of the computer 104 in always available, the housing unit the electronic blackboard system 100 616 6
00ごと移動させるためのキャスターをそれぞれ示している。 Casters for moving each 00 respectively show. また、図7に示す機器収納部604の背面側において、617はPDP101,コントローラ103,コンピュータ104等に電源を供給する電源タップを、6 Further, on the rear side of the equipment storage unit 604 shown in FIG. 7, 617 PDP 101, a controller 103, a power strip for supplying power to the computer 104 or the like, 6
18は各種ケーブルを配線するためのケーブルガイドを、619は電子黒板システム100の主電源スイッチをそれぞれ示している。 18 the cable guide for wiring various cables, 619 are respectively the main power switch of the electronic blackboard system 100.

【0044】このように、電子黒板システム100を筐体ユニット600に収納することにより、筐体ユニット600を移動させるだけで電子黒板システム100を容易に移動・設置することができる。 [0044] Thus, by accommodating an electronic blackboard system 100 to the housing unit 600, the display board system 100 can be easily moved and installed by simply moving the frame unit 600. また、筐体ユニット600の機器収納部604には、重力方向(鉛直方向) Further, the equipment mounting portion 604 of the housing unit 600, the direction of gravity (vertical direction)
の下から順に重量の大きな装置を配置するため、移動時および設定時における筐体ユニット600の安定性を確保することができる。 To place a large device weight in the order from the bottom, it is possible to ensure the stability of the housing unit 600 at the time of the movement time and setting.

【0045】さらに、前述した筐体ユニット600には、PDP101の表示面に例えば蛍光灯の光が直接入り込み、PDP101上に表示された画像が見にくくなる可能性があることを考慮して、ボード部601(電子黒板の表示面および書き込み面)の角度を調整する角度調整機構部が設けられている。 [0045] Further, the housing unit 600 described above, considering that the light on the display surface such as a fluorescent lamp PDP101 enters directly, there is a possibility that the image displayed on the PDP101 is messy board unit 601 angle adjusting mechanism for adjusting the angle of the (electronic display surface and a write-in surface of the blackboard) is provided. そこで、この角度調整機構部の構成例を説明する。 Therefore, a configuration example of the angle adjusting mechanism.

【0046】図8は、右側面から見た筐体ユニット60 [0046] Figure 8 includes a housing unit 60 as viewed from the right side
0側面図である。 0 is a side view. 図8において800は回動支点を、8 8 800 a rotation fulcrum, 8
01は回動ガイドをそれぞれ示し、ボード部601は、 01 shows a rotation guide each board 601,
ステー605を介して筐体ユニット600の左右に存在するスタント603に回動支点800を支点として回動自在に取り付けられている。 Through a stay 605 is attached rotatably to the pivot point 800 to stunt 603 present in the left and right of the housing unit 600 as a fulcrum. つまり、首を上下に振るように、回動支点800を中心にして図8中の矢印で示す方向にボード部601を回動させることができ、蛍光灯の光がPDP101に写り込まない角度に調整できるようになっている。 That is, as shake up and down the neck, around the rotation fulcrum 800 can rotate the board unit 601 in the direction indicated by the arrow in FIG. 8, the angle at which the light is not incorporated-through to PDP101 fluorescent lamp so that the it can be adjusted. ここで、回動ガイド801は、回動支点800を中心にして回動するボード部601の角度を規制するものであり、また、角度調整レバー611は、 Here, rotation guide 801 is intended to regulate the angle of the board portion 601 rotates about the pivot point 800, The angle adjusting lever 611,
後述する機構を介してボード部601を回動させて角度調整を行うものである。 The board unit 601 via the later-described mechanism is intended adjust the angle by rotating.

【0047】本実施の形態においては、角度調整レバー611の操作によりボード部601の角度を0度(ボード部601が垂直に立った状態)から5度(ボード部6 [0047] In this embodiment, the angle of the board unit 601 by operating the angle adjusting lever 611 0 degrees 5 degrees (board unit 601 while standing vertically) (board unit 6
01を斜め下に向けた状態)の範囲で調整できるものとする。 01 shall the adjustable range of state) toward the obliquely downward. また、上記回動支点800,回動ガイド801, Also, the pivot point 800, pivot guides 801,
角度調整レバー611および以下に説明する各構成部材により、角度調整機構部802が構成されるものとする。 The respective components described angle adjusting lever 611 and the following, the angle adjusting mechanism section 802 is assumed to be configured.

【0048】なお、図8において、803はプリンタ収納部614に収納されたプリンタ106のトレイを示している。 [0048] In FIG. 8, 803 denotes a tray of the printer 106 which is housed in the printer housing portion 614. 図8に示すように、ボード部601の角度調整を行うための角度調整レバー611は、トレイ803に記録紙を給紙する際に邪魔にならないような位置に設けられる。 As shown in FIG. 8, the angle adjusting lever 611 for adjusting the angle of the board portion 601 is provided at a position such as not to interfere when feeding the recording paper in the tray 803.

【0049】図9および図10は、上方から見た角度調整機構部802の構成図であり、図9はボード部601 [0049] FIGS. 9 and 10 is a configuration diagram of the angle adjusting mechanism 802 as viewed from above, FIG. 9 is board unit 601
の角度を5度にした状態を、図10は角度を0度にした状態を示している。 Of a state in which the 5 ° angle, Fig. 10 shows a state in which the angle of 0 degree. また、図11は、図9および図10 Further, FIG. 11, FIGS. 9 and 10
に示す角度調整機構部802を側面から見た構成図であり、図10に示すボード部601の角度を0度にした状態に対応している。 In a diagrammatic view as seen from the side of the angle adjusting mechanism section 802 shown corresponds to the state where the angle of the board unit 601 shown in FIG. 10 to 0 degrees.

【0050】図9〜図11において、900はステー6 [0050] 9 to 11, 900 stay 6
05の間にPDP支点901によって回動自在に取り付けられたPDPアングルを、902はスタンド603の間にスタンド支点903によって回動自在に取り付けられ、角度調整レバー611と共にボード部601の角度調整時に利用されるレバー受台904が取り付けられたスタントステーをそれぞれ示している。 The PDP angle mounted rotatably by the PDP fulcrum 901 between the 05, 902 pivotally mounted by a stand fulcrum 903 between the stand 603, together with the angle adjusting lever 611 at the time of angle adjustment of the board portion 601 utilizing lever cradle 904 are respectively stunt stays attached to be.

【0051】角度調整レバー611は、PDPアングル900およびスタンドステー902を挟み込むような形状を有し、PDPアングル900側のレバー支点905 The angle adjusting lever 611 has a shape to sandwich the PDP angle 900 and the stand stay 902, PDP angle 900 side of the lever fulcrum 905
に回動自在に取り付けられている。 Rotatably attached to. 加えて、角度調整レバー611には、スタンドステー902に取り付けられたレバー受台904の平面部906および斜面部907 In addition, the angle adjusting lever 611, the planar portion 906 and the inclined surface portion 907 of the lever cradle 904 mounted on the stand stay 902
に接触し、角度調整レバー611の回動に伴って回転するベアリング908が設けられている。 Contacting the bearing 908 rotates with the rotation of the angle adjusting lever 611 is provided.

【0052】ここで、角度調整機構部802の状態は図9に示す状態にあり、ボード部601の角度は5度で傾いている状態にあるものとする。 [0052] Here, the state of the angle adjusting mechanism section 802 is in the state shown in FIG. 9, the angle of the board portion 601 are intended to be a state that is inclined at 5 °. ユーザが角度調整レバー611を左方向(図中の矢印方向)に操作すると、角度調整レバー611がレバー支点905を中心にして回動し、これに伴って角度調整レバー611のベアリング908がレバー受台904の平面部906を移動すると共に斜面部907の斜面を登る結果、PDPアングル9 When the user operates the angle adjusting lever 611 in the left direction (arrow direction in the drawing), the angle adjusting lever 611 is rotated about the lever fulcrum 905, the bearing 908 is lever receiving angle adjusting lever 611 along with this results climbing a slope of the slope portion 907 while moving the flat portion 906 of the platform 904, PDP angle 9
00を前方に押し出す力が発生する。 Force is generated to push the 00 forward. すなわち、レバー受台904はスタンドステー902を介してスタンド6 That is, the lever cradle 904 via the stand stay 902 stands 6
03に固定されており、PDPアングル900は回動支点800および回動ガイド801においてボード部60 03 is fixed to, PDP angle 900 board unit at the pivot point 800 and the rotating guide 801 60
1を回動自在に支持するステー605に取り付けられているため、角度調整レバー611の操作により、PDP Because attached 1 to stay 605 for supporting rotatably, by operating the angle adjusting lever 611, PDP
アングル900と共にボード部601を回動させることができる(ボード部601の下端部を前方に押し出すことができる)。 The board unit 601 can be rotated together with the angle 900 (the lower end portion of the board portion 601 can be pushed forward).

【0053】このような角度調整レバー611の操作により、角度調整機構部802は図9から図10に示す状態に変化することになり、ボード部601の角度を5度から0度に変化させることができる。 [0053] By the operation of such an angle adjustment lever 611, the angle adjusting mechanism section 802 will be changed to the state shown in FIG. 10 from FIG. 9, changing the angle of the board portion 601 to 0 degrees 5 degrees can. つまり、図9および図10に示すように、PDPアングル900およびスタンドステー902の間隔をL1からL2のように広げることにより、ボード部601の角度を5度から0度に変化させることができる。 That is, as shown in FIGS. 9 and 10, the distance between the PDP angle 900 and the stand stay 902 by extending from L1 as L2, it is possible to change the angle of the board portion 601 to 0 degrees 5 degrees.

【0054】また、同様に、図10に示す状態からユーザが角度調整レバー611を右方向(図中の矢印方向) [0054] Similarly, the right direction for the user to angle adjusting lever 611 from the state shown in FIG. 10 (arrow direction in the drawing)
に操作することにより、ボード部601の角度を0度から5度に変化させることができる。 By operating in, it is possible to change the angle of the board portion 601 to 5 degrees from 0 degrees.

【0055】なお、図示することは省略するが、ボード部601の角度を変化させることに伴って図11に示す角度調整レバー611の角度も変化することになる。 [0055] Incidentally, omitted be shown, the angle of the angle adjusting lever 611 shown in FIG. 11 in association with changing the angle of the board portion 601 also changes. ところが、PDPステー900およびスタンドステー90 However, PDP stay 900 and the stand stay 90
2はそれぞれ回動自在に固定されているため、ボード部601の角度変化の影響を受けないようになっている。 Because 2 is respectively rotatably fixed so as not affected by the angular change of the board portion 601.

【0056】また、図12に示すように、PDPアングル900およびスタンドステー902の間に1または複数のスプリング1200を設けることにより、角度調整レバー611の操作性の向上を図ることができる。 [0056] Further, as shown in FIG. 12, by providing one or more springs 1200 during PDP angle 900 and the stand stay 902, it is possible to improve the operability of the angle adjusting lever 611. これは、ボード部901の重量および角度調整レバー611 This is the weight of the board unit 901 and the angle adjusting lever 611
の長さによっては、角度調整レバー611の操作が重くなってしまうことを考慮したものである。 Depending on the length of, it is taken into consideration that the operation of the angle adjusting lever 611 becomes heavy. したがって、 Therefore,
ボード部601の重量によって、スプリング1200の本数やスプリング力を調整することにより、さらなる操作性の向上を図ることができる。 By weight of the board portion 601, by adjusting the number and the spring force of the spring 1200, it is possible to further improve the operability.

【0057】また、レバー受台904はスタンドステー902に例えばネジ等で固定されることになるが、ネジを通すスタンドステー902の穴(図示せず)を長方形のような長穴としておくことが好ましい。 [0057] Further, although lever cradle 904 will be fixed in the stand stay 902 for example screws or the like, be kept a hole in the stand stay 902 through a screw (not shown) as a long hole, such as a rectangle preferable. その結果、レバー受台904の固定位置を好みに応じて変更することができるため、調整可能なボード部601の角度範囲を変化させることが可能となる。 As a result, it is possible to change as desired the fixed position of the lever cradle 904, it is possible to vary the angular range adjustable board section 601.

【0058】さらに、図13に示すようにレバー受台9 [0058] Further, the lever as shown in FIG. 13 cradle 9
04をPDPステー900に設けると共に、レバー支点905をスタンドステー902に設け、図9〜図12に示した角度調整機構部802とは逆の構成にしても、同様にボード部601の角度調整を行うことができる。 04 with the provided PDP stay 900 is provided with a lever fulcrum 905 on the stand stay 902, be reversed configuration and the angle adjusting mechanism 802 shown in FIGS. 9 to 12, the angle adjustment of the board unit 601 in the same manner It can be carried out.

【0059】前述した角度調整機構部802の構成はあくまで一例であって、種々の設計・変更を行うことが可能である。 [0059] The structure of the angle adjusting mechanism 802 described above is merely an example, it is possible to perform various design and changes. 例えば、角度調整レバー611の構成部材をボード部601の上の方に設け、回動支点800および回動ガイド801の位置を逆にしても良い。 For example, it provided the components of the angle adjusting lever 611 near the top of the board unit 601 may be the position of the pivot point 800 and the rotation guide 801 to reverse.

【0060】このように、筐体ユニット600にボード部601の角度を調整する角度調整機構部802を設けることにより、PDP101に対する外乱光の入射、特に天井にある蛍光灯等の照明器具からの光を避けることができる。 [0060] Thus, by providing the angle adjusting mechanism 802 for adjusting the angle of the board unit 601 in the housing unit 600, the light from the lighting equipment such as fluorescent lamps with incident ambient light, in particular the ceiling for PDP101 it can be avoided. したがって、画面が見やすくなり、電子黒板システム100の利便性の向上を図ることができる。 Thus, the screen is easier to see, it is possible to improve the convenience of the display board system 100.

【0061】2. [0061] 2. 動作 つぎに、前述した構成を有する電子黒板システム100 Operation Next, an electronic blackboard system 100 having the above configuration
の動作について、 (1)概要 (2)システムを電子黒板として使用する場合 (3)システムをコンピュータとして使用する場合 (4)タッチ入力装置の調整 (5)AV機器の利用 (6)ネットワーク接続 の順で説明する。 Of operation, (1) Overview (2) When using the system as an electronic blackboard (3) When using the system as a computer (4) a touch input device adjustment (5) Use of AV equipment (6) of the network connection described in the order. なお、本実施の形態に係る電子黒板システムの特徴とする手書き文字認識ソフトの利用を容易にして利便性の向上を図る点については「(2)システムを電子黒板として使用する場合」のところで説明する。 Incidentally, the use of handwriting recognition software, wherein the electronic blackboard system according to this embodiment facilitates the points to improve the convenience is explained in the "Using the (2) system as an electronic blackboard" to.

【0062】(1)概要 本実施の形態に係る電子黒板システム100は、大画面のPDP101と超音波表面弾性波方式のタッチ入力装置102とを融合し、プロジェクターのような大画面で、指先やタッチペンでの画面上への自由な書き込み、 [0062] (1) Outline electronic blackboard system according to the present embodiment 100, combines the a PDP101 large screen and the touch input device 102 of the ultrasonic surface acoustic wave system, a large screen such as a projector, the fingertip Ya free writing on the screen with the touch pen,
コンピュータデータの鮮明な表示を可能にした、会議や打ち合わせ等に利用可能なコミュニケーションツールといえるものである。 Was to allow for a clear display of computer data, one in which it can be said that the available communication tool for conferences and meetings and the like.

【0063】具体的には、ユーザがタッチ入力装置10 [0063] More specifically, when the user touch input device 10
2のタッチ面201に指先やタッチペンで文字や図形を書くことにより、書いた文字や図形をそのままPDP1 By writing the characters and graphics with a fingertip or a touch pen to 2 of the touch surface 201, the characters and figures written as it is PDP1
01上に表示することができる。 It can be displayed on the 01. また、ワードプロセッサや表計算ソフトの画面をキャプチャし、キャプチャした画面に文字や図形を書きこんだり、画面の一部をペンツールで強調したりすることができる。 Further, it is possible to capture the screen of a word processor or spreadsheet software, Dari crowded write characters and graphics on the screen captured, or emphasize a portion of the screen with the Pen tool.

【0064】システム上では、PDP101に表示された画面を1ページとし、書き込んだ情報をページ単位で管理するため、全ページの一覧表示・ページの並び替え・ページの追加および削除等の編集処理を行うことができる。 [0064] on the system, and one page of the screen displayed on the PDP101, to manage the information written on a page-by-page basis, the editing process of addition and deletion of sorting page of the list page of all the pages It can be carried out. 作成した各ページをファイルとして保存しておくことができ、何回かに分けて同一の議題の会議を行うような場合には、何度でも呼び出して利用することができる。 Each page that you create can be saved as a file, if such a conference of the same agenda is divided into several times, it can be utilized in any number of times call. そして、呼び出したファイルを加工することができ、新たな資料の作成のために再利用することができる。 Then, it is possible to process the call files, can be reused for the creation of new materials.

【0065】また、プレゼンテーションソフトを用いて他のコンピュータで作成したファイルをネットワーク1 [0065] In addition, the network 1 the file you created in the other computer using presentation software
07等を介して読み込んで、そのファイルを用いてプレゼンテーションを行うことも可能である。 Read through the 07 or the like, it is also possible to make a presentation using the file. ファイルのデータを用いてプレゼンテーションを行うことができるため、プロジェクタを利用したプレゼンテーションに必要なOHPフィルムは不要である。 Since it is possible to make a presentation using the data of the file, OHP film required for the presentation using a projector is not required. 前述したように、プレゼンテーションを行いつつ、プレゼンテーションソフトで作成したファイルを開いた画面上にタッチ入力装置1 As mentioned above, while performing the presentation, touch input device on the screen you open a file that was created in presentation software 1
02を介してマーキングすることができ、より効果的なプレゼンテーションを行うことが可能となる。 02 can mark through, it is possible to perform a more effective presentation.

【0066】さらに、通常のコンピュータとしても利用可能であり、大画面のPDP101を利用して、コンピュータの操作方法の教育等にも活用することができる。 [0066] Furthermore, it is also available as a normal computer, using the PDP101 of the large screen, it is possible to take advantage also to education, such as the method of operating the computer.

【0067】(2)システムを電子黒板として使用する場合 続いて、電子黒板システム100を電子黒板として使用する場合について、 1)電子黒板ソフト 2)手書きによる文字・図形の書き込み 3)手書き文字・図形の消去 4)図形の描画 5)手書き文字認識による文字入力 6)新たなページの作成 7)以前に作成したファイルを開く 8)ワードプロセッサ・表計算ソフト・プレゼンテーションソフトの画面を取り込む 9)作成中のページを一覧表示する 10)作成したページを保存する 11)印刷処理 12)その他 の順で説明する。 [0067] (2) Subsequently when using the system as an electronic blackboard, a case of using the electronic blackboard system 100 as an electronic blackboard, 1) the electronic blackboard software 2) Writing 3 characters and graphics handwritten) handwritten characters and figures Clear 4) drawing of figure 5) handwritten character input 6) create a new page 7 by the recognition) open a file that was created in the previous 8) word processor, spreadsheet software, take in the presentation software screen of 9) created in the to save the page and the page for 10) created to list 11) printing process 12) will be described in any other order. なお、上記「5)手書き文字認識による文字入力」において、本実施の形態に係る電子黒板システムの特徴とする手書き文字認識ソフトの利用を容易にして利便性の向上を図る点について具体的に説明する。 In the above "5) Character input by handwriting recognition", the point at which facilitated the to improve convenience of use of handwriting recognition software, wherein the electronic blackboard system according to the present embodiment DETAILED DESCRIPTION to.

【0068】1)電子黒板ソフト 図5に示した電子黒板ソフト506がCPU500によって実行されることにより、電子黒板システム100を電子黒板として動作させることができる。 [0068] 1) an electronic blackboard software 506 shown in the electronic blackboard software diagram 5 is executed by the CPU 500, it is possible to operate the electronic blackboard system 100 as an electronic blackboard. この電子黒板ソフト506は、ワードプロセッサ・表計算ソフト等の各種アプリケーションプログラム508と同様に、OS The electronic blackboard software 506, as well as various application programs 508 such as word processing spreadsheet, OS
505による制御の下で動作するアプリケーションプログラムの一種である。 It is a type of application program operating under the control of 505. 本実施の形態では、図7に示したシステムの主電源スイッチ619をONにすると、OS In this embodiment, when the ON the main power switch 619 of the system shown in FIG. 7, OS
505の起動に続いて直ちに電子黒板ソフト506が起動されるという設定にしておくと作業性の面において好ましい。 Electronic blackboard software 506 immediately following the start of the 505 preferred in advance the workability of the surface in the set that is activated. ただし、OS505によって提供されるデスクトップ画面がシステムの起動時に表示され、デスクトップ画面上に表示されたアイコンを選択して電子黒板ソフト506を起動することにしても良い。 However, the desktop screen provided by the OS505 is displayed at system startup, may choose to start the electronic blackboard software 506 to select the icon displayed on the desktop screen.

【0069】電子黒板ソフト506が起動されると、図14に示すような電子黒板画面1400がPDP101 [0069] When the electronic blackboard software 506 is activated, the electronic blackboard screen 1400 as shown in FIG. 14 is PDP101
上に表示される。 It is displayed on the top. この電子黒板画面1400は、例えばホワイトボードの書き込み面に相当するものである。 The electronic blackboard screen 1400, for example, corresponds to the writing surface of the whiteboard. この電子黒板画面1400を表示しているPDP101の前面に位置するタッチ入力装置102のタッチ面201 Touch surface 201 of the touch input device 102 located on the front of PDP101 displaying this electronic blackboard screen 1400
上にユーザが指先やタッチペンで文字や図形を描くと、 When the user draw a character or a figure with a fingertip or a touch pen to the above,
タッチ入力装置102・コントローラ103・コンピュータ104を介し、ホワイトボードにペンで文字や図形を書いたように、ユーザがタッチ面201に書いた文字や図形がそのままPDP101上の電子黒板画面140 Through the touch input device 102, controller 103, computer 104, as written characters and graphics with a pen on a whiteboard, an electronic blackboard screen 140 on the user character or a figure written on the touch surface 201 as PDP101
0に描画される。 0 is drawn to.

【0070】また、電子黒板ソフト506は、ページ単位で情報を管理するように構成されており、上記電子黒板画面1400は電子黒板ソフト506が管理する1ページ分の情報書き込み領域に相当する。 [0070] The electronic blackboard software 506 is configured to manage information in units of pages, the electronic blackboard screen 1400 corresponds to the information write area of ​​one page on which the electronic blackboard software 506 manages. ユーザは電子黒板ソフト506を操作して複数のページを作成することができ、その中の任意のページを電子黒板画面1400 The user can create multiple pages by operating the electronic blackboard software 506, the electronic blackboard screen 1400 any page in the
として表示することができる。 It can be displayed as.

【0071】さらに、電子黒板ソフト506は、図14 [0071] Further, the electronic blackboard software 506, as shown in FIG. 14
に示すように、各種の操作を行うための複数のボタンを含むツールバー1401を電子黒板画面1400上に表示する。 As shown in, for displaying a toolbar 1401 including a plurality of buttons for performing various operations on the electronic blackboard screen 1400. ここで、ツールバー1401中の各ボタンに割り当てられている機能の概略を説明する。 Here, an outline of the functions assigned to each button in the toolbar 1401. なお、後述するように、電子黒板画面1400に表示されるツールバーには、ツールバー1401の他、拡張ツールバー(図15参照)および図形描画ツールバー(図16参照)が用意されている。 As described later, the toolbar that is displayed on the electronic blackboard screen 1400, other toolbar 1401, extension toolbar (see FIG. 15) and the Drawing toolbar (see FIG. 16) are prepared.

【0072】・コンピュータ画面ボタン1402:PD [0072] computer screen button 1402: PD
P101上の表示をコンピュータの画面(デスクトップ画面または他のアプリケーションプログラムの画面)に切り換える。 Switch the display on the P101 on the computer screen (the screen of the desktop screen or other application program). ・ペンボタン1403:手書きでPDP101上に文字や線を書くことができる(ペンツールの利用を指定)。 Pen button 1403: it is possible to write the characters and lines on handwriting in PDP101 (specify the use of the pen tool). ・消しゴムボタン1404:手書きで書いた文字や線を消すことができる。 - eraser button 1404: it is possible to turn off the characters and lines written in handwriting. ・前ページボタン1405:前のページを表示する。 · Previous page button 1405: to display the previous page. ・ページ番号ウインドウ1406:現在電子黒板画面1 Page number window 1406: current electronic blackboard screen 1
400として表示されているページのページ数を表示する。 To display the number of pages of the page being displayed as 400. ・次ページボタン1407:つぎのページを表示する。 - next page button 1407: to display the next page. ・印刷ボタン1408:現在作成しているファイルのページをプリンタ106で印刷する。 · Print button 1408: to print a page of the file you are currently creating in the printer 106. ・サムネイルボタン1409:現在作成しているファイルを構成するページを一覧表示する。 Thumbnail button 1409: displays a list of pages that make up the file you are currently creating. ・終了ボタン1410:電子黒板ソフト506を終了する。 And end button 1410: to end the electronic blackboard software 506. ・拡張ボタン1411:図15に示す拡張ツールバー1 - Expanded button 1411: extended toolbar 1 shown in FIG. 15
500を表示する。 500 to display. 拡張ツールバー1500中の拡張ボタン1411にタッチすると、図14に示すツールバー1401に復帰する。 Touching the extension button 1411 in the extension toolbar 1500, it returns to the toolbar 1401 of FIG. 14. ・手書き文字認識入力ボタン1412:後述する手書き入力ボード(図28参照)を電子黒板画面1400上に表示する。 - handwriting recognition input buttons 1412: to display the handwriting input board, which will be described later (see FIG. 28) on the electronic blackboard screen 1400. 手書き入力ボードに手書き入力した文字を文字認識し、認識した文字を電子黒板画面1400に表示できる。 The character was handwritten on the handwriting input board character recognition, it is possible to display the recognized character on the electronic blackboard screen 1400.

【0073】上記拡張ボタン1411にタッチした場合に表示される拡張ツールバー1500中の各ボタンに割り当てられた機能について図15を参照しつつ説明する。 [0073] will be described with reference to FIG. 15 the functions assigned to each button in the extension toolbar 1500 displayed when the user touches on the extension button 1411. なお、図14に示したツールバー1401中のボタンと同一のボタンについては同一の符号を付して説明を省略する。 Incidentally, its description is omitted have the same reference and buttons in the toolbar 1401 of FIG. 14.

【0074】・ファイルボタン1501:新しいページを開いたり、以前に作成したファイルを開くことができる。 [0074] file button 1501: can be opened or open a new page, the previously created file. ・保存ボタン1502:現在作成しているファイルを保存する。 - Save button 1502: Save the file you are currently creating. ・表示ボタン1503:サムネイル表示,全体表示およびウィンドウ表示の切り換え、ズーム(拡大)表示の設定を行うことができる。 · Display button 1503: thumbnail display, it is possible to set the entire display and window display switching, zoom (enlarged) display. ・図形描画ボタン1504:図16に示す図形描画ツールバー1600が表示され、線,四角形,楕円を描くことができる(図形描画ツールの利用を指定)。 - Drawing button 1504: to display the Drawing toolbar 1600 shown in FIG. 16, (specify the use of drawing tools) that line, rectangle, ellipse can be drawn. 図形描画ツールバー1600中の各ボタンについては後に説明する。 It will be described later for each button in the Drawing toolbar 1600. ・背景設定ボタン1505:PDP101に表示する電子黒板画面1400の背景色の設定を行うことができる。 And background setting button 1505: PDP101 it is possible to set the background color of the electronic blackboard screen 1400 to be displayed on. ・オプションボタン1506:電源投入時および終了時の電子黒板ソフト506の表示、後述する他の画面をキャプチャしたときのページ挿入の設定を行うことができる。 Options button 1506: power-on and at the end of the display of the electronic blackboard software 506, it is possible to set the page insertion at the time of capture other screen, which will be described later. また、作業フォルダ変更の設定を行うことができる。 In addition, it is possible to set the working folder change. ・ヘルプボタン1507:操作や機能説明を記載したヘルプ画面を表示することができる。 Help button 1507: it is possible to display a help screen that describes the operation and function description.

【0075】さらに、上記図形描画ボタン1504にタッチした場合に表示される図形描画ツールバー1600 [0075] In addition, the Drawing toolbar 1600 that is displayed when you touch on the graphics drawing button 1504
中の各ボタンに割り当てられた機能について図16を参照しつつ説明する。 Referring to FIG. 16, the following explains functions assigned to each button in.

【0076】・選択ボタン1601:作成した図形を編集する場合に、編集対象となる図形を選択することができる。 [0076] and selection buttons 1601: If you want to edit the shape that you created, it is possible to select a shape to be edited. ・直線ボタン1602:直線を引くことができる。 · Line button 1602: it is possible to draw a straight line. ・四角形ボタン1603:四角形を描くことができる。 - square button 1603: a square can be drawn. ・楕円ボタン1604:楕円を描くことができる。 Ellipse button 1604: it is possible to draw an ellipse. ・編集ボタン1605:作成した図形を編集する。 And edit button 1605: to edit the shape that you created.

【0077】なお、電子黒板ソフト506は、コントローラ103から入力される座標位置情報に基づいて、ユーザがいずれのボタンをタッチしたのかを知ることができる。 [0077] The electronic blackboard software 506, based on the coordinate position information input from the controller 103, it is possible to know the user has touched any of the buttons.

【0078】また、ユーザは、図14〜図16に示した各ツールバーの所定の位置に指先でタッチし、そのまま指先を移動させることにより、ツールバーを好みの場所に移動させることができる。 [0078] Also, the user touches with the fingertip to a predetermined position of each toolbar shown in FIGS. 14 to 16, as by moving the fingertip, it is possible to move the toolbar to the desired location.

【0079】また、図14に示した電子黒板画面140 [0079] In addition, the electronic blackboard screen 140 shown in FIG. 14
0は、いわゆる全画面表示と呼ばれる表示形態でPDP 0, PDP in a display form the so-called full-screen display
101の表示領域全面に表示されている。 It is displayed on the entire display region 101. ユーザは上記拡張ツールバー1500中の表示ボタン1503にタッチし、所定の操作を行うことにより、電子黒板画面14 The user touches the display button 1503 in the extension toolbar 1500, by performing a predetermined operation, the electronic blackboard screen 14
00をウインドウ表示に切り換えることができる。 00 can be a switch to the window display. さらに、電子黒板ソフト506は、OS505上で動作するアプリケーションプログラムの一種であるため、後述するように、ツールバー1401(または拡張ツールバー1500)中のコンピュータ画面ボタン1402にタッチすることにより、PDP101の表示を電子黒板画面1400からデスクトップ画面またはワードプロセッサ等の表示画面に簡単に切り換えることができる。 Further, the electronic blackboard software 506 is a type of application program running on OS 505, as described later, by touching the computer screen button 1402 in the toolbar 1401 (or extension toolbar 1500) in the display of PDP101 it can be easily switched to the display screen such as a desktop screen or word processor from the electronic blackboard screen 1400.

【0080】さらに、タッチ入力装置102の操作(タッチ面201へのタッチ)は、指先やタッチペンの他、 [0080] Furthermore, the operation of the touch input device 102 (touch to the touch surface 201), in addition to a fingertip or a touch pen,
表面弾性波を減衰させることができるものであれば、どのようなものを用いて操作を行っても良い。 As long as it can attenuate the surface acoustic waves, it may be performed an operation using looks like. したがって、以下の説明において、例えば「指先でタッチする」 Therefore, in the following description, such as "touch with a fingertip"
という記述があっても、タッチペンやその他の物でタッチして同様な操作を行うことができる。 Even states that can perform the same operation by touching with the touch pen or other things.

【0081】2)手書きによる文字・図形の書き込み 続いて、上述した電子黒板ソフト506を用いた各種の操作について順番に説明していくことにする。 [0081] 2) Following the writing of characters and graphics by hand, it will be will be described in order for the various operations using the electronic blackboard software 506 described above. ここでは、手書きで文字や図形を書き込む方法について説明する。 Here it will be described how to write characters and graphics by hand.

【0082】電子黒板ソフト506には、ユーザの指先またはタッチペンを本物のペンのように用い、手書きで電子黒板画面1400上に文字や図形を書き込むためのペンツールが用意されている。 [0082] on the electronic blackboard software 506, using a user's fingertip or a touch pen as a real pen, pen tool for writing characters and graphics on the electronic blackboard screen 1400 by hand are prepared. このペンツールは、ユーザがツールバー1401(または拡張ツールバー150 The Pen tool, the user toolbar 1401 (or extension toolbar 150
0)中のペンボタン1403にタッチすることにより利用可能となる。 It made available by touching the pen button 1403 of 0) in. ユーザは、黒板やホワイトボードに手書きで文字を書くようにして、タッチ面201上に指先やタッチペンで文字や線を書くことにより、電子黒板画面1400上に対応する文字や線を表示させることができる。 The user to write characters by hand on a blackboard or whiteboard, by writing a character or a line with a fingertip or a touch pen on the touch surface 201, is possible to display the characters and lines corresponding on the electronic blackboard screen 1400 it can. このペンツールでは、ユーザの指先やタッチペンが本物のペンのようになり、指先によって書くことができる文字や図形の色や線の太さを設定することもできる。 In this pen tool, the user's fingertip or a touch pen becomes like a real pen, it is also possible to set the thickness of the characters and figures of color and lines that can be written by a fingertip.
図17は、手書きで文字や線を書いた結果がPDP10 FIG. 17 is, as a result of writing the characters and lines in the handwriting is PDP10
1上の電子黒板画面1400に表示された様子を示す説明図である。 Is an explanatory view showing a state displayed on the electronic blackboard screen 1400 on 1.

【0083】ここで、図1,図4および図5を用いて、 [0083] Here, with reference to FIGS. 1, 4 and 5,
電子黒板画面1400に文字を表示する処理を簡単に説明する。 Brief description of the process of displaying the character on the electronic blackboard screen 1400. ユーザがタッチ面201に指先で文字を書いた場合、タッチ面201を伝播する表面弾性波が減衰されることになる。 If the user wrote characters with a fingertip on the touch surface 201, so that the surface acoustic waves propagating in the touch surface 201 are attenuated. その結果、コントローラ103は、表面弾性波の減衰に基づいて指先の軌跡に対応する座標位置情報を求めることができ、求めた座標位置情報を順次コンピュータ104に入力する。 As a result, the controller 103 may determine the coordinate position information corresponding to the locus of the fingertip based on the attenuation of the surface acoustic wave, are sequentially inputted to the computer 104 the coordinate position information obtained. コンピュータ104において、電子黒板ソフト506およびOS505は、コントローラ103から座標位置情報を入力すると、あらかじめ設定されている色および太さで線を描画するための描画情報を生成し、該当する座標位置に合わせてグラフィックス・ボード510のビデオメモリ(図示せず)に書き込んでいく。 In the computer 104, the electronic blackboard software 506 and OS505 inputs the coordinate position information from the controller 103, generates drawing information to draw a line in color and thickness are set in advance, tailored to the appropriate coordinate position and writes to the video memory of the graphics board 510 (not shown) Te. グラフィックス・ボード510は、ビデオメモリの内容に従って画像信号をPDP101に送信し、ユーザがタッチ面201に書いた文字と同一の文字をPDP101に表示する処理を制御する。 Graphics board 510 transmits the image signal to the PDP 101 according to the contents of the video memory, the user to control the process of displaying the characters and the same character written on the touch surface 201 to the PDP 101.

【0084】簡単に言えば、コンピュータ104は、タッチ入力装置102およびコントローラ103をマウスのようなポインティングデバイスとして認識しているため、コンピュータ104では、描画ソフト上でマウスを用いて文字を書いた場合と同様な処理が行われることになる。 [0084] Briefly, the computer 104, since the touch input device 102 and the controller 103 has recognized as a pointing device such as a mouse, the computer 104, if the written characters using the mouse on the drawing software so that the same processing is performed with. なお、以下に説明する文字の消去や図形の描画等の処理においても、前述したような過程で処理されることになる。 Also in the process of drawing or the like is erased or graphic characters to be described below, will be processed in the process as described above.

【0085】3)手書き文字・図形の消去 消しゴムボタン1404にタッチすることにより、ユーザは、電子黒板画面1400上に手書きで書いた文字や図形を消しゴムで消すようにして消去することができる。 [0085] 3) by touching to erase eraser button 1404 of handwritten characters and graphics, the user, the characters and figures written in handwriting on the electronic blackboard screen 1400 can be erased so as to erase with an eraser. 消しゴムボタン1404にタッチすると、ユーザの指先やタッチペンを本物の消しゴムのように用いることができ、その消しゴムの大きさ、つまり文字や図形を一度に消すことができる範囲を設定することもできる。 Touching the eraser button 1404 can be used the user's fingertip or a touch pen as a real eraser, it is also possible to set the size of the eraser, the extent to which words can be erased characters and graphics at a time. 図18は、図17に示した手書きの文字や線を消しゴム1 Figure 18 is eraser 1 handwritten characters and lines shown in FIG. 17
800で消去する際の様子を示す説明図である。 It is an explanatory view showing a state at the time of erasing at 800.

【0086】また、この手書き文字の消去モードでは、 [0086] In addition, in the erasing mode of the handwritten characters,
図19に示すように、消去したい手書き文字や線を枠1 As shown in FIG. 19, the frame 1 handwritten characters and lines to be deleted
900で囲い、枠1900中の文字や線を一度に消去することもできる(囲い消し)。 Enclosure 900, it is also possible to erase characters or lines in the frame 1900 at a time (enclosure off).

【0087】4)図形の描画 電子黒板ソフト506には、直線,四角形,楕円のような図形を描くための図形描画ツールが用意されている。 [0087] 4) to draw the electronic blackboard software 506 of the figure, straight line, rectangle, the graphic drawing tools for drawing shapes such as ellipse are available.
この図形描画ツールは、図16に示した描画ツールバー1600を介して利用可能することができるものである。 The drawing tool is one that can be available via the drawing toolbar 1600 shown in FIG. 16. ユーザは、ツールバー1400(図14参照)の拡張ボタン1411にタッチして拡張ツールバー1500 The user, the extension toolbar 1500 by touching the extension button 1411 in the toolbar 1400 (see FIG. 14)
を表示した後(図15参照)、拡張ツールバー1500 After the display (see Figure 15), the extension toolbar 1500
の描画ボタン1504にタッチすることにより、図16 By touching the drawing button 1504, FIG. 16
に示す描画ツールバー1600を電子黒板画面1400 Electronic blackboard screen 1400 the drawing toolbar 1600 shown in
上に表示させることができる。 It can be displayed on the top.

【0088】 直線の描画 直線を描く場合、ユーザは、描画ツールバー1600中の直線ボタン1602を指先でタッチした後、直線の始点となるタッチ面201の任意の場所を指先でタッチしてそのまま終点となる場所まで指先を移動させ、指先をタッチ面201から離せば良い。 [0088] If you draw a straight line of drawing a straight line, the user, after the touch with the fingertip a straight line button 1602 in the drawing toolbar 1600, as it is the end point and touch anywhere on the touch surface 201 to be the starting point of the straight line at your fingertips until the place to be to move the fingertip, it releases the finger from the touch surface 201. その結果、図20に示すように、電子黒板画面1400上に直線が描画される。 As a result, as shown in FIG. 20, a straight line is drawn on the electronic blackboard screen 1400.

【0089】 四角形の描画 四角形を描く場合、ユーザは、描画ツールバー1600 [0089] If you draw a drawing rectangle of the square, the user is, drawing toolbar 1600
中の四角形ボタン1603を指先でタッチした後、タッチ面201の任意の場所を指先でタッチし、そのまま任意の方向に指先を移動させ、指先をタッチ面201から離せば良い。 After touching the square button 1603 in the fingertips, touch anywhere on the touch surface 201 with a fingertip, it moves the fingertip in an arbitrary direction, it releases the finger from the touch surface 201. その結果、図21に示すように、電子黒板画面1400上に四角形が描画される。 As a result, as shown in FIG. 21, squares are drawn on the electronic blackboard screen 1400.

【0090】また、電子黒板ソフト506においては、 [0090] In addition, in the electronic blackboard software 506,
上述したようにして描画される四角形を使って簡単に表を作成できる機能が用意されている。 Ability to easily create tables with a rectangle drawn in the manner described above are prepared. まず、拡張ツールバー1500中の背景設定ボタン1505にタッチして設定画面(図示せず)を表示させ、電子黒板画面140 First, to display the setting screen (not shown) by touching the background setting button 1505 in the extension toolbar 1500, the electronic blackboard screen 140
0の背景にグリッドを表示させるという設定を行う。 0 of background to set that to display the grid. この際、グリッドの縦および横の間隔,左開始位置および上開始位置を指定することができる。 In this case, vertical and horizontal grid spacing, it is possible to specify a left start position and the upper starting position. 加えて、グリッドを使って表を作成する際の便宜を図るため、描画した四角形がグリッドに一致するように表示するという設定も用意されている。 In addition, for the convenience for creating a table with a grid, the drawn rectangle is also available set of displaying to match the grid.

【0091】グリッドに関する設定を行うと、図22に示すように電子黒板画面1400にグリッドが表示される。 [0091] When performing the setting for grid, the grid is displayed on the electronic blackboard screen 1400 as shown in FIG. 22. そして、上述したようにして四角形を繰り返し描画することにより、図23に示すような表を作成することができる。 Then, by drawing repeatedly rectangle as described above, it is possible to create a table as shown in FIG. 23. なお、グリッドの設定を行う際に、描画した四角形がグリッドに一致するように表示するという設定を行っておくと、電子黒板ソフト506はグリッドに沿って四角形を描画する処理を実行する。 Note that when setting the grid, the drawn rectangle idea after the setting of displaying to match the grid, the electronic blackboard software 506 executes processing for drawing a rectangle along the grid.

【0092】 楕円の描画 楕円を描く場合、ユーザは、描画ツールバー1600中の楕円ボタン1604を指先でタッチした後、タッチ面201の任意の場所を指先でタッチし、そのまま任意の方向に指先を移動させ、指先をタッチ面201から離せば良い。 [0092] When drawing a drawing ellipse ellipse, the user moves, after touching with a fingertip the ellipse button 1604 in the drawing toolbar 1600, touch anywhere on the touch surface 201 with a fingertip, as it is finger in any direction then, may you release your finger from the touch surface 201. その結果、図24に示すように、電子黒板画面1400上に楕円が描画される。 As a result, as shown in FIG. 24, an ellipse is drawn on the electronic blackboard screen 1400.

【0093】 描画した図形の変形 描画した図形を変形する場合、ユーザは、描画ツールバー1600中の選択ボタン1601を指先でタッチした後、変形したい図形の線の上をタッチして図形を選択する。 [0093] In the case of deformation of the deformation created graphics of drawn shapes, the user, after you touch the Select button 1601 in the drawing toolbar 1600 with a fingertip, to select a shape by touching the top of the line of the graphic you want to deformation. その結果、図25(a)に示すように、選択された図形の上下左右斜めに四角いマーク(ハンドル)250 As a result, as shown in FIG. 25 (a), square marks vertically and horizontally diagonal of the selected shape (handle) 250
0が表示される。 0 is displayed.

【0094】そして、ユーザが指先でいずれか一つのハンドル2500にタッチし、そのまま指先を移動すると、その動きに合わせて図形の大きさや形状を変化させることができる。 [0094] When the user touches the one handle 2500 either with fingertips, as if moving the finger tip, it can be changed the shape of size and shape to suit the movement. 図25(b)は、図25(a)に示すハンドル2500のうち、右下のハンドル2500を移動して図形を拡大した様子を示している。 FIG. 25 (b) of the handle 2500 shown in FIG. 25 (a), shows a state in which the enlarged shape by moving the handle 2500 of the lower right.

【0095】 描画した図形の移動 描画した図形を移動する場合、ユーザは、描画ツールバー1600中の選択ボタン1601を指先でタッチした後、変形したい図形の線の上をタッチして図形を選択する。 [0095] If you want to move the movement created graphics of drawn shapes, the user, after you touch the Select button 1601 in the drawing toolbar 1600 with a fingertip, to select a shape by touching the top of the line of the graphic you want to deformation. その結果、図26(a)に示すように、選択された図形の上下左右斜めにハンドル2500が表示される。 As a result, as shown in FIG. 26 (a), the handle 2500 is displayed vertically and horizontally diagonal of the selected shape.

【0096】そして、ユーザが指先で図形の線をタッチし、そのまま指先を移動すると、その動きに合わせて図形を移動させることができる。 [0096] When the user touches the line shapes at the fingertips, it Moving the fingertip, it is possible to move a shape to suit the movement. 図26(b)は、図26 FIG. 26 (b) 26
(a)に示す図形を右方向に移動した様子を示している。 It shows a state in which move shapes in the right direction shown in (a).

【0097】 描画した図形の編集 ここで、描画した図形の編集とは、図形の切り取りやコピー等を意味する。 [0097] The editing of the drawn shapes, and the editing of the drawn shapes, means a cut or copy, etc. of the figure. まず、描画した図形を切り取って任意の位置に貼り付ける場合、ユーザは、描画ツールバー1600中の選択ボタン1601を指先でタッチした後、切り取りたい図形の線の上をタッチして図形を選択する。 First, if the paste at an arbitrary position cut and drawn shapes, the user, after touching the select button 1601 in the drawing toolbar 1600 with a fingertip, to select shapes by touching the top of the line of the graphic to be cut. そして、描画ツールバー1600中の編集ボタン1605に指先でタッチすると、図27に示す編集メニュー2700が電子黒板画面1400上に表示される。 Then, when the touch with the fingertips to the edit button 1605 in the drawing toolbar 1600, the Edit menu 2700 shown in FIG. 27 is displayed on the electronic blackboard screen 1400.
その後、ユーザが編集メニュー2700中の「切り取り」にタッチすると、選択された図形が切り取られる。 Then, when the user touches the "cut" in the Edit menu 2700, are cut off has been selected graphic.

【0098】切り取った図形を貼り付けるには、再度編集メニュー2700を表示させて「貼り付け」にタッチした後、電子黒板画面1400上の任意の場所にタッチすると、切り取った図形がタッチした場所に貼り付けられる。 [0098] to paste the cut-out figure, after touching the "Paste" to display the Edit menu 2700 again, when you touch anywhere on the electronic blackboard screen 1400, in a location that cut figure has touched It is pasted.

【0099】なお、現在表示されているページではなく、他のページに切り取った図形を貼り付けたい場合には、拡張ツールバー1600中の前ページボタン140 [0099] It should be noted that, instead of the page that is currently displayed, in case you want to paste a shape that was cut to another page, previous page in the extended toolbar 1600 button 140
5または次ページボタン1407にタッチして所望のページを表示させた後、上述した貼り付け操作を行えば良い。 5 or by touching the next page button 1407 after displaying the desired page, may be carried out the paste operation described above.

【0100】また、描画した図形をコピーして任意の場所に貼り付ける場合には、編集メニュー2700の「コピー」にタッチする以外は上述した切り取りの場合と同様の操作を行えば良い。 [0100] In addition, if you copy the created graphics pasted in any location, except that touch on "Copy" from the Edit menu 2700 may be performed in the same manner as in the case of the cut as described above.

【0101】つぎに、描画した図形を削除する場合について説明する。 [0101] Next, a description will be given of a case to remove the created graphics. 図形の切り取り操作で説明したように、 As described in the cut operation of the figure,
削除したい図形を選択して編集メニュー2700を表示させる。 You want to delete and select the graphic to display the editing menu 2700. そして、編集メニュー2700の「削除」にタッチすると、選択された図形が削除される。 Then, when you touch the "Delete" from the Edit menu 2700, a figure that has been selected is deleted.

【0102】なお、描画した図形を全て選択して切り取り・コピー・削除を行いたい場合は、編集メニュー27 [0102] It should be noted that, if you want to cut, copy and delete, select all the drawn shapes, Edit menu 27
00の「すべて選択」にタッチすると、描画した図形の全てが選択され、全ての図形を対象とした切り取り・コピー・削除の操作を行うことができる。 When you touch the "select all" of 00, all of the drawn shapes are selected, it is possible to carry out the operation of the cut, copy and delete that target all of the graphic. なお、「すべて選択」にタッチすると、全ての図形にハンドルが表示されるため、全ての図形を指先で移動させることができる。 Incidentally, touching the "Select All", since the handle all the graphic is displayed, it is possible to move all the figures with the fingertips.

【0103】5)手書き文字認識による文字入力 電子黒板ソフト506は、電子黒板システム100において文字認識ソフト514の利用を容易にし、利便性の向上を図るため、既に図14や図15等に示したように、文字認識ソフト514を電子黒板画面1400上で立ち上げることができるようにするための手書き文字認識入力ボタン1412をツールバー1401(または拡張ツールバー1500)中に統合して表示する。 [0103] 5) Handwriting Recognition character input display board software 506 by is an electronic blackboard system 100 to facilitate the use of character recognition software 514, in order to improve the convenience, already shown in FIGS. 14 and 15, etc. as such, displays integrated character recognition software 514 in the tool bar 1401 handwriting recognition input button 1412 to be able to launch on the electronic blackboard screen 1400 (or the extension toolbar 1500). そのため、従来の電子黒板システムのように、電子黒板を使って会議中であるにもかかわらず、一旦OS505の画面に戻って文字認識ソフトを立ち上げるという煩雑な作業を行わなくても済むようになる。 Therefore, as in the conventional electronic blackboard system, despite being in a meeting with the electronic blackboard, so it is not necessary to perform the complicated task of launching a character recognition software back to the once OS505 screen of Become.

【0104】ユーザは、ツールバー1401(または拡張ツールバー1500)中の手書き文字認識入力ボタン1412をタッチすると、文字認識入力ボタン1412 [0104] The user, when you touch the handwriting recognition input button 1412 in the toolbar 1401 (or extension toolbar 1500) in, character recognition input button 1412
に関連付けられている文字認識ソフト514が起動し、 Start character recognition software 514 that are associated with,
電子黒板画面1400上に図28に示すような手書きボード(文字入力用ウインドウ)2850を表示する。 Show handwriting board (window for text input) 2850 as shown in FIG. 28 on the electronic blackboard screen 1400. この手書きボード2850は、文字を一文字分手書きするための手書きエリア2852と、文字認識された結果を表示する認識文字エリア2853と、認識文字エリア2 The handwriting board 2850, a handwriting area 2852 for the character handwriting one character, the recognized character area 2853 for displaying the result of the character recognition, the recognized character area 2
853に表示された認識文字を電子黒板画面1400に表示するための入力ボタン2854と、を有している。 The displayed recognized character 853 has an input button 2854 to be displayed on the electronic blackboard screen 1400, the.
なお、手書きボード2850の他の構成については後に説明する。 Note that will be described later another configuration of the handwriting board 2850.

【0105】手書きボード2850が表示されると、ユーザは、電子黒板画面1400上の任意の位置に任意の大きさの、手書き文字認識された結果の認識文字を表示する表示エリア2851を指定する。 [0105] When the handwriting board 2850 is displayed, the user specifies a display area 2851 for displaying an arbitrary size at an arbitrary position on the electronic blackboard screen 1400, the recognized character of the handwritten character recognition results.

【0106】そして、ユーザは、手書きエリア2852 [0106] Then, the user, the handwriting area 2852
の一つに所望の文字を指先またはタッチペンで手書きする。 One in handwriting with a fingertip or a touch pen to the desired character. 例えば各手書きエリア2852に文字「検」・ For example, the letter "inspection" - to each handwriting area 2852
「討」・「会」が順次手書きされた場合、文字認識ソフト514は、タッチ入力装置102およびコントローラ103を介してユーザの筆跡に該当する座標位置情報を入力し、入力した座標位置情報に応じて該当する手書きエリア2852にユーザが手書きした文字を表示すると共に、文字認識処理を行ってその結果を認識文字エリア2853を表示する。 If "討", "meeting" is sequentially handwritten character recognition software 514 inputs the coordinate position information corresponding to the handwriting of the user through the touch input device 102 and the controller 103, depending on the input coordinate position information with the user in the handwriting area 2852 corresponding to display the handwritten characters Te, it performs character recognition processing for displaying the recognized character area 2853 results.

【0107】その後、ユーザによって入力ボタン285 [0107] After that, input by the user button 285
4がタッチされると、電子黒板ソフト506は、文字認識ソフト514から認識文字の文字コードを受け取り、 When 4 is touched, the electronic blackboard software 506 receives a character code of the recognized character from the character recognition software 514,
ユーザによって指定された表示エリア2851に認識文字を表示する。 The display area 2851 specified by the user to display the recognized character.

【0108】なお、手書きボード2850において、2 [0108] It should be noted that, in handwriting board 2850, 2
855は、認識文字がひらがなである場合に、ひらがなの認識文字をかな漢字変換エンジン(図示せず)に渡してかな漢字変換を行えるようにする変換ボタンを示している。 855, if the recognition character is a hiragana, it shows the convert button that allows for the kana-kanji conversion by passing the recognized character hiragana to kanji conversion engine (not shown). したがって、漢字がわからない場合には、手書きでひらがなを入力し、変換ボタン2855にタッチすれば、認識文字エリア2853に漢字に変換された認識文字を得ることができる。 Therefore, if the kanji is not known, enter the hiragana by hand, if a touch to the conversion button 2855, it is possible to obtain the converted recognized characters into recognized character area 2853 kanji.

【0109】また、2856は記号を入力するための記号ボタンを、2857は認識文字エリア中の認識文字をクリアするクリアボタンを、2858は表示エリア28 [0109] In addition, the symbols button to enter the symbol 2856, a clear button 2857 clears the recognized characters in recognition character area, the 2858 display area 28
51中に表示されたカーソルを移動させるカーソルボタンを、2859は表示エリア2851中に表示された文字を編集するための編集ボタンを、2860は、表示エリア2851中に直接文字入力するための10キー等の各種キーを電子黒板画面1400に表示するキーボード表示ボタンをそれぞれ示している。 The cursor buttons to move a cursor displayed in 51, an edit button for 2859 to edit the text that is displayed in the display area 2851, 2860, 10 keys for direct text input in the display area 2851 respectively show the keyboard display button to be displayed on the electronic blackboard screen 1400 the various keys and the like.

【0110】このように、電子黒板ソフト506が、文字認識ソフト514を電子黒板画面1400上で立ち上げることができるようにするための手書き文字認識入力ボタン1412をツールバー1401(または拡張ツールバー1500)中に統合して表示するため、電子黒板ソフト506の使用中においても、ツールバー1401 [0110] Thus, the electronic blackboard software 506, a toolbar 1401 handwriting recognition input button 1412 for the character recognition software 514 to be able to launch on the electronic blackboard screen 1400 (or extension toolbar 1500) in for display integrated into, even during use of the electronic blackboard software 506, the toolbar 1401
から容易に文字認識ソフト514を起動することができる。 You can easily start the character recognition software 514. 換言すれば、電子黒板システム100における文字認識ソフト514の利用を容易にし、利便性の向上を図ることができる。 In other words, to facilitate the use of character recognition software 514 in the electronic blackboard system 100, it is possible to enhance the convenience.

【0111】なお、手書き文字認識入力ボタン1412 [0111] It should be noted that the handwriting recognition input button 1412
のように、ツールバー1401中にスキャニングを行うためのアイコンを設け、このアイコンにタッチすると、 As in, provided icons for performing scanning during toolbar 1401, Touch this icon,
スキャナで原稿を読み取り、読み取った原稿中の文字を文字認識ソフト514で認識処理して電子黒板画面14 Reading a document in the scanner, the characters in the read document and recognition processing by the character recognition software 514 electronic blackboard screen 14
00上に表示するということもできる。 00 It is also possible that the display on.

【0112】6)新たなページの作成 電子黒板画面1400として現在表示されているページ以外に新たなページを作成する場合、ユーザはツールバー1401(または拡張ツールバー1500)の次ページボタン1407にタッチすれば良い。 [0112] 6) If you want to create a new page in addition to the page that is currently displayed as creating electronic blackboard screen 1400 of a new page, the user if the touch to the next page button 1407 in the toolbar 1401 (or extension toolbar 1500) good. 電子黒板ソフト506は、次ページボタン1407がタッチされると、 Electronic blackboard software 506, when the next page button 1407 is touched,
新たなページを生成して電子黒板画面1400として表示する。 To display as an electronic blackboard screen 1400 to generate a new page.

【0113】なお、現在複数のページが作成されている場合には、次ページボタン1407をタッチして最終ページを表示した後、再度次ページボタン1407をタッチすれば、新たなページを作成することができる。 [0113] It should be noted that, if the current multiple of the page has been created, after displaying the last page by touching the next page button 1407, if touch the next page button 1407 again, to create a new page can.

【0114】また、前のページを開きたい場合、ユーザはツールバー1401(または拡張ツールバー150 [0114] In addition, if you want to open the previous page, the user toolbar 1401 (or extension toolbar 150
0)の前ページボタン1405にタッチすれば良い。 0) may be a touch on the previous page button 1405. 電子黒板ソフト506は、前ページボタン1405がタッチされると、該当するページを電子黒板画面1400として表示する。 Electronic blackboard software 506, when the previous page button 1405 is touched, to display the corresponding page as an electronic blackboard screen 1400.

【0115】7)以前に作成したファイルを開く 以前に作成したファイルを開くには、拡張ツールバー1 [0115] 7) In the past to open a file that was created before you open a file that was created, the extended toolbar 1
500のファイルボタン1501をタッチしてファイルメニュー(図示せず)を表示させ、ファイルメニュー中の「開く」にタッチして図29に示すダイアログボックス2800を表示させる。 Touch the file button 1501 of 500 to display the file menu (not shown), by touching the "Open" in the file menu to display a dialog box 2800 shown in FIG. 29. そして、所望のファイル名をタッチして選択し、「開く」ボタン2801をタッチすることにより、該当するファイルのページが電子黒板画面1400として表示される。 Then, select by touching the desired file name, by touching the "open" button 2801, page for the file is displayed as an electronic blackboard screen 1400. なお、いわゆる「ダブルクリック」のように、ファイル名を続けて2回タッチ(以下、「ダブルタッチ」と記述する)することによってもファイルを開くことができる。 It should be noted that, as in the so-called "double-click", touch twice in a row the file name (hereinafter referred to as "double touch") can open the file by that.

【0116】また、以前に作成したファイルの内容がわからなくなってしまったような場合、ファイルサムネイル機能を使用してファイルの一覧を表示し、内容を確認し、目的のファイルを開くという操作を行うことができる。 [0116] In addition, in the case previously, as I no longer know the contents of the file that you created, it displays a list of files using the file thumbnail function, check the contents, performs the operation of opening the desired file be able to. ファイルサムネイル機能を利用するには、ダイアログボックス2800中の「サムネイル」ボタン2802 To use the file thumbnail function, "thumbnail" button in the dialog box 2800 2802
をタッチすることにより、図30に示すようにサムネイルダイアログボックス2900が表示され、その中にファイルの一覧がサムネイル表示される。 By touching the thumbnail dialog box 2900 is displayed, as shown in FIG. 30, a list of files are displayed as thumbnails in it. ここで表示されるサムネイル画像は、各ファイルの先頭ページである。 Thumbnail image displayed here is the first page of each file.
そして、所望のサムネイルをタッチして選択し、「開く」ボタン2901をタッチすることにより、または所望のサムネイル画像をダブルタッチすることにより、該当するファイルのページが電子黒板画面1400として表示される。 Then select by touching the desired thumbnail, by touching the "Open" button 2901 or by double touch the desired thumbnail image, page for the file is displayed as an electronic blackboard screen 1400.

【0117】なお、新規ファイルを作成するには、拡張ツールバー1500のファイルボタン1501をタッチしてファイルメニュー(図示せず)を表示させ、ファイルメニュー中の「新規作成」にタッチすれば新規ページが電子黒板画面1400に表示される。 [0117] It should be noted that, to create a new file, to display the file menu by touching the file button 1501 in the extension toolbar 1500 (not shown), a new page is if the touch to the "New" in the File menu It is displayed on the electronic blackboard screen 1400.

【0118】8)ワードプロセッサ・表計算ソフト・プレゼンテーションソフトの画面を取り込む(キャプチャ機能) 電子黒板ソフト506は、ワードプロセッサ・表計算ソフト・プレゼンテーションソフトで作成したファイルの内容を電子黒板画面1400の背景として取り込むための「キャプチャ」機能を有している。 [0118] 8) word processor table captures the calculation software presentation software screen (capture function) electronic blackboard software 506, captures the contents of the file that was created in a word processor, spreadsheet, presentation software as the background of the electronic blackboard screen 1400 It has a "capture" function for. 以下に、このキャプチャ機能を用いてワードプロセッサや表計算ソフト、 Hereinafter, a word processor or spreadsheet software using the capture function,
プレゼンテーションソフトの画面を取り込む処理を説明する。 Explaining the process to capture the screen of presentation software.

【0119】まず、ユーザがツールバー1401(または拡張ツールバー1500)のコンピュータ画面ボタン1402をタッチすることにより、図31に示すように、PDP101の表示が電子黒板画面1400からコンピュータ画面3000に切り換えられる。 [0119] First, when the user touches the computer screen button 1402 in the toolbar 1401 (or extension toolbar 1500), as shown in FIG. 31, the display of PDP101 is switched from the electronic blackboard screen 1400 on the computer screen 3000. 図31において、3001は、コンピュータ画面3000に切り換えられた際に表示されるキャプチャツールバーである。 In Figure 31, 3001 is a capture tool bar displayed when switched into the computer screen 3000.
キャプチャツールバー3001中の各ボタンの機能は以下の通りである。 The function of each button in the capture toolbar 3001 is as follows.

【0120】・電子黒板画面ボタン3002:コンピュータ画面3000から電子黒板画面1400に切り換わる。 [0120] and electronic blackboard screen button 3002: switched from the computer screen 3000 on the electronic blackboard screen 1400. ・キャプチャボタン3003:コンピュータ画面300 Capture button 3003: Computer screen 300
0上に表示された画面をキャプチャする。 0 to capture the displayed screen on. ・マウスボタン3004:2ボタン式のマウスの右ボタンを利用できるような環境(例えば、マイクロソフト社のWindows(登録商標)をOSとして利用している場合など)において、マウスの右ボタンに割り当てられた機能を利用可能にする。 Mouse button 3004: In two-button mouse right button available such environments (for example, if using Microsoft Windows (registered trademark) as OS), assigned to the right button of the mouse to enable use of the function.

【0121】そして、ユーザは、図31に示すコンピュータ画面3000において、所望のアプリケーション・ [0121] Then, the user, in a computer screen 3000 shown in FIG. 31, the desired application
プログラムのアイコンまたは所望のファイルのアイコンにタッチ(ダブルタッチ)して該当するアプリケーション・プログラムを起動させると共に、目的のファイルをPDP101に表示させた後、キャプチャボタン300 Together to start the program icon or desired icon on the touch (double touch) the file to the appropriate application program, after displaying the desired file to PDP 101, capture button 300
3にタッチする。 Touch to 3. その結果、電子黒板ソフト506は、 As a result, the electronic blackboard software 506,
現在表示されている画面をキャプチャし、図32に示すように、PDP101の表示を電子黒板画面1400に切り換えると共に、キャプチャした画面を電子黒板画面1400の背景として表示する。 Captures the currently displayed screen, as shown in FIG. 32, switches the display of PDP101 on the electronic blackboard screen 1400 displays a screen captured as a background of the electronic blackboard screen 1400.

【0122】そして、図33に示すように、ユーザは前述した方法で文字や図形を電子黒板画面1400上に書きこむことができる。 [0122] Then, as shown in FIG. 33, the user can write the characters and graphics in the manner described above on the electronic blackboard screen 1400. このように、ワードプロセッサ・ In this way, word processor
表計算ソフト・プレゼンテーションソフト等の画面を電子黒板画面1400の背景として簡単に取り込むことができるため、電子黒板システム100を用いて効果的なプレゼンテーションを行うことが可能となる。 Since the screen such as spreadsheet software, presentation software can be incorporated easily as the background of the electronic blackboard screen 1400, it is possible to perform effective presentation using an electronic blackboard system 100.

【0123】つまり、電子黒板システム100でプレゼンテーションソフトを用いてプレゼンテーションを行っている際、画面上に何か書き込んで説明したい場合にキャプチャボタン3003をタッチすれば、直ちに現在の画面がキャプチャされ、図32に示すような電子黒板画面1400に切り換わり、画面上に所望の事項を書きこむことができる。 [0123] In other words, when performing a presentation using the presentation software in the electronic blackboard system 100, if touch the capture button 3003 if you want to explain to write something on the screen, it is captured immediately the current screen, as shown in FIG. switches on the electronic blackboard screen 1400 as shown in 32, it is possible to write the desired items on the screen. そして、プレゼンテーションソフトに戻りたい場合、コンピュータ画面ボタン1402をタッチすることにより、直ちにプレゼンテーションソフトの画面(コンピュータ画面3000)に切り換わる。 And, if you want to return to the presentation software, by touching the computer screen button 1402, switched immediately to the presentation software screen (computer screen 3000). キャプチャして文字等を書き込んだ画面は後述するように保存することが可能である。 Captured written characters and the like in the screen can be stored, as will be described later.

【0124】なお、ここでは、一旦コンピュータ画面3 [0124] Here, once the computer screen 3
000を表示させ、アプリケーションプログラムを起動させた後に所望の画面をキャプチャするという方法について説明したが、電子黒板ソフト506から直接ワードプロセッサや表計算ソフトのファイルを指定することにより、電子黒板画面1400から直接該当するアプリケーション・プログラムを起動させて指定したファイルを開くこともできる。 000 to display has been described how that capture the desired screen after starting the application program, by specifying the direct word processor or spreadsheet file from the electronic blackboard software 506, directly from the electronic blackboard screen 1400 it is also possible to open the specified activates the appropriate application program files. そして、そのアプリケーション・プログラムの画面をキャプチャしたい場合は、前述した操作と同様の操作を行えば良い。 And, if you want to capture the screen of the application program, it may be carried out an operation similar to the operation described above. さらに、そのアプリケーション・プログラムの他の画面をキャプチャした場合は、次ページボタン1407にタッチすれば、再びそのアプリケーション・プログラムの画面をPDP101上に表示させることができる。 Additionally, if you capture the other screen of the application program, if a touch to the next page button 1407, it is possible to display the screen of the application program on PDP101 again.

【0125】9)作成中のページを一覧表示する 電子黒板ソフト506においては、現在作成している全てのページをサムネイルで表示することができる。 [0125] 9) in the electronic blackboard software 506 that lists the page being created, it is possible to display all of the pages that are currently creating in the thumbnail. サムネイル表示によるページ一覧を表示する場合、ユーザはツールバー1401(または拡張ツールバー1500) If you want to view the page list by the thumbnail display, the user toolbar 1401 (or extension toolbar 1500)
のサムネイルボタン1409をタッチする。 Touch the thumbnail button 1409. 電子黒板ソフト506は、サムネイルボタン1409がタッチされると、図34に示すように、作成中のページをサムネイル表示したサムネイル表示ダイアログボックス3300 Electronic blackboard software 506, when the thumbnail button 1409 is touched, as shown in FIG. 34, the thumbnail display dialog box displaying thumbnail page creating 3300
を電子黒板画面1400上に表示する。 The display on the electronic blackboard screen 1400.

【0126】このサムネイル表示ダイアログボックス3 [0126] The thumbnail display dialog box 3
300において、3301は開くボタンを、3302は閉じるボタンを、3303は前に移動ボタンを、330 In 300, a button 3301 to open, the 3302 close button, a move button before the 3303, 330
4は次に移動ボタンを、3305は前に挿入ボタンを、 4 is the next move button, the insert button to before 3305,
3306は次に挿入ボタンを、3307は削除ボタンを、3308は印刷ボタンをそれぞれ示している。 3306 then insert button, 3307 a delete button, 3308 respectively show the print button.

【0127】サムネイル表示ダイアログボックス330 [0127] thumbnail display dialog box 330
0が表示されると、ユーザは以下のような操作を行うことができる。 If 0 is displayed, the user can perform the following operations.

【0128】 ページを指定して開く サムネイル表示ダイアログボックス3300中の所望のサムネイル(ページ)をタッチして選択し、開くボタン3301をタッチすることにより選択したページを電子黒板画面1400として表示することができる。 [0128] is possible to display selected by touching the desired thumbnail (page) of the thumbnail display dialog box in 3300 to open by specifying a page, the page that was selected by touching the Open button 3301 as an electronic blackboard screen 1400 it can. また、 Also,
所望のページをダブルタッチすることにより、同様にそのページを電子黒板画面1400として表示することができる。 By double touch the desired page can be similarly display the page as an electronic blackboard screen 1400.

【0129】 ページの移動 サムネイル表示ダイアログボックス3300中の移動させたいページをタッチして選択し、現在のページより前に移動する場合には前に移動ボタン3303をタッチし、現在のページより後ろに移動する場合には次に移動ボタン3304をタッチする。 [0129] to select it touch the page you want to move is on the move thumbnail display dialog box 3300 of the page, if you move before the current page, touch the move button 3303 before, behind than the current page then touch the move button 3304 in the case of movement. このようにページを移動させることにより、ページの入れ替え操作を行うことができる。 By moving in this way the pages, it is possible to perform the replacement operation of the page.

【0130】 新たなページを挿入する サムネイル表示ダイアログボックス3300において新たに挿入するページの前ページまたは次ページとなるページをタッチして選択し、選択したページより前に挿入する場合には前に挿入ボタン3305をタッチし、選択したページより後ろに挿入する場合には次に挿入ボタン3306をタッチする。 [0130] selected by touching the pages of the previous page or next page of the page to be newly inserted in the thumbnail display dialog box 3300 to insert a new page, insert before in the case to be inserted before the page that you selected touch the button 3305, and then touch the insert button 3306 in the case to be inserted into the back than the selected page. このような操作により、所望の位置に新たなページを挿入することができる。 By this operation, it is possible to insert a new page to the desired position.

【0131】なお、最終ページを選択し、次に挿入ボタン3306をタッチすることにより、前述した次ページボタン1407をタッチして新たなページを作成する操作と同様の操作を行うことができる。 [0131] Incidentally, select last page, by then touching the insert button 3306 can perform an operation similar to the operation of creating a new page by touching the next page button 1407 as described above.

【0132】 ページを削除する サムネイル表示ダイアログボックス3300中の削除したいページをタッチして選択し、削除ボタン3307をタッチすることにより、選択したページを削除することができる。 [0132] to select it touch you want to delete page of thumbnail display dialog box in 3300 to remove a page, by touching the delete button 3307, it is possible to delete the selected page.

【0133】 ページを印刷する サムネイル表示ダイアログボックス3300中の印刷したいページをタッチして選択し、印刷ボタン3308をタッチすることにより、選択したページを印刷することができる。 [0133] to select it touch the page you want to print the thumbnail display dialog box in 3300 to print a page, by touching the print button 3308, it is possible to print the selected page. なお、印刷を実行する際には種々の設定を行うことができる。 Incidentally, it is possible to make various settings in performing the printing. 印刷設定については後述する。 Will be described later print settings.

【0134】10)作成したページを保存する 前述したようにして、電子黒板ソフト506上で作成したページをファイルとして保存することができる。 [0134] 10) to save the page that was created in the manner described above, it is possible to save the page that was created on the electronic blackboard software 506 as a file. 保存する場合、拡張ツールバー1500の保存ボタン150 If you want to save, of the extension toolbar 1500 save button 150
2をタッチし、上書き保存および名前を付けて保存のいずれかを選択する。 2 Touch, to select one of the Save As Save and name. 名前を付けて保存が選択されるた場合、電子黒板ソフト506はデフォルトとして現在の年月日および当日の通し番号からなるファイル名を提示する。 If you saved with a name is selected, the electronic blackboard software 506 presents the file name consisting of the current date and day of the serial number as the default. ユーザは必要に応じてファイル名の入力およびフォルダの指定を行い、保存を指示することにより、作成したページをファイルとして保存することができる。 The user performs input and folders specified in the file name, if necessary, by instructing the storage, it is possible to save the page that was created as a file. なお、ファイル名はキーボード503(図5参照)を用いて入力することができる。 Note that the file name can be entered using the keyboard 503 (see FIG. 5).

【0135】一方、上書き保存が選択された場合、電子黒板ソフト506は該当するファイルに上書きして保存する。 [0135] On the other hand, if the overwrite is selected, the electronic blackboard software 506 stores by overwriting the appropriate file.

【0136】なお、電子黒板ソフト506は、電子黒板画面1400を複数のレイヤに分けて管理している。 [0136] The electronic blackboard software 506, are managed by dividing the electronic blackboard screen 1400 into a plurality of layers. 例えば、電子黒板画面1400の背景(キャプチャした画面を含む:ビットマップデータ)を管理する背景レイヤ,グリッド線(ベクトルデータ)を管理するグリッドレイヤ,図形描画ツールで描画した図形(ベクトルデータ)を管理する図形レイヤ,手書き文字や図形(ベクトルデータ)を管理する手書きレイヤ,文字認識処理の結果である認識文字(文字コード)を管理する文字情報レイヤ等である。 For example, (including screen capture: bitmap data) Background of the electronic blackboard screen 1400 management background layer that manages the grid layer for managing grid lines (vector data), graphics drawn by drawing tool (vector data) graphic layer that is a character information layer or the like for managing the handwritten layer for managing handwritten characters and graphics (vector data), the recognized character is the result of the character recognition processing (character codes). そして、前述した保存が指定された場合、電子黒板ソフト506はこれらのレイヤを維持したまま一つのファイルを生成する。 When the save described above is specified, the electronic blackboard software 506 generates a one while maintaining these layer file. したがって、再度読み出した際に、各ページの内容を簡単に加工することができる。 Therefore, it is possible to easily process the upon reading again, the contents of each page. また、設定によっては、複数のレイヤのデータを一つのビットマップデータにし、ビットマップファイルとして保存することも可能である。 Also, depending on the setting, it is possible to the data of a plurality of layers into a single bitmap data is stored as a bitmap file.

【0137】11)印刷処理 現在作成中のページを印刷する場合、ユーザはツールバー1401(または拡張ツールバー1500)の印刷ボタン1408をタッチし、印刷メニュー(図示せず)の「印刷」にタッチする。 [0137] 11) if you want to print the page you are creating the printing process currently, the user can touch the print button 1408 in the toolbar 1401 (or extension toolbar 1500), touches the "Print" in the print menu (not shown). 電子黒板ソフト506は、ユーザの操作に応じて図35に示す印刷ダイアログボックス3400を表示する。 Electronic blackboard software 506 displays a print dialog box 3400 shown in FIG. 35 according to a user operation. ユーザは、この印刷ダイアログボックス3400中のプリンタ設定欄3401,印刷範囲設定欄3402および印刷部数設定欄3403において印刷範囲や印刷部数を指定し、OKボタン3404をタッチすると、設定されているプリンタ(プリンタ10 User, the printer setting box 3401 in 3400 the print dialog box, specify the print range and the number of print copies in the print range setting section 3402 and the print number of copies setting box 3403, touching the OK button 3404, a printer that is set (Printer 10
6)によって印刷が実行される。 Printed by 6) is executed. なお、印刷を中止する場合はキャンセルボタン3405にタッチする。 It should be noted that, if you want to stop printing, touch the cancel button 3405.

【0138】ここで、電子黒板画面1400の背景色を白地に設定して印刷することもできる。 [0138] Here, it is also possible to print the background color of the electronic blackboard screen 1400 is set on a white background. このような印刷処理を実行する場合、ユーザは「背景色を白で印刷」チェックボックス3406にタッチして選択した後、OK If you want to run such a printing process, after a user is selected by touching the "Print the background color in the white" check box 3406, OK
ボタン3401にタッチすれば良い。 It is sufficient to touch the button 3401. 電子黒板ソフト5 Electronic blackboard software 5
06は、「背景色を白で印刷」チェックボックス340 06, "printed in white background color" check box 340
6が選択された場合、電子黒板画面1400の背景色が白地であるとみなして印刷処理を実行する。 If 6 is selected, the background color of the display board screen 1400 executes print processing is regarded to be white. このような設定を設けておくことにより、プリンタのインクまたはトナーの消費量を減少させることが可能となる。 By providing such a setting, it becomes possible to reduce the consumption of ink or toner printer.

【0139】また、手書きで書いた線を黒にして印刷することもできる。 [0139] In addition, it is also possible to print a line written by hand in the black. このような印刷処理を実行する場合、 When performing such printing process,
ユーザは、「フリーハンド線を黒で印刷」チェックボックス3407にタッチして選択した後、OKボタン34 After the user selects by touching the "Print a freehand line in black" check box 3407, OK button 34
01にタッチすれば良い。 01 may be touch. 電子黒板ソフト506は、 Electronic blackboard software 506,
「フリーハンド線を黒で印刷」チェックボックス340 "Print the freehand line in black" check box 340
7が選択された場合、手書きで書かれた線が黒であるとみなして印刷処理を実行する。 If 7 is selected, the line written by hand to execute print processing is regarded as being black.

【0140】なお、詳細な説明については省略するが、 [0140] It should be noted, is a detailed description thereof is omitted,
印刷する記録紙のサイズ,余白等の設定を行ったり、印刷イメージを表示することもできる。 The size of the recording paper to be printed, or perform settings such as margins, it is also possible to display the print image.

【0141】12)その他 拡張ツールバー1500の表示ボタン1503にタッチしてメニューを開くことにより、電子黒板画面1400 [0141] 12) by opening the menu by touching the display buttons 1503 of the other extension toolbar 1500, the electronic blackboard screen 1400
に表示されている文字等の表示倍率やウインドウ表示した際の電子黒板画面1400の表示方法を設定することができる。 Display method of an electronic blackboard screen 1400 at the time of displaying the display magnification and the windows of a character or the like displayed on can be set.

【0142】また、拡張ツールバー1500の背景設定ボタン1505にタッチしてメニューを開くことにより、カラーパレットを用いて電子黒板画面1400の背景色を設定することができる。 [0142] In addition, by opening the menu by touching the background setting button 1505 of the extension toolbar 1500, it is possible to set the background color of the electronic blackboard screen 1400 using a color palette.

【0143】さらに、拡張ツールバー1500のオプションボタン1506にタッチしてメニューを開くことにより、電子黒板ソフト506で使用するファイルをまとめて格納しておく作業フォルダの設定を行うことができる。 [0143] In addition, can be carried out by opening the menu by touching the option button 1506 of the extension toolbar 1500, the setting of the working folder to store a group of files that are used in the electronic blackboard software 506.

【0144】(3)システムをコンピュータとして使用する場合 電子黒板システム100をコンピュータとして使用するには、前述したキャプチャ機能を利用する場合のように、電子黒板画面1400においてコンピュータ画面ボタン1401にタッチし、または電子黒板ソフト506 [0144] (3) To use the electronic blackboard system 100 when using the system as a computer as a computer, touch manner, the computer screen button 1401 in the electronic blackboard screen 1400 in the case of utilizing the capture function described above, or electronic blackboard software 506
を終了させる等によって図31に示したようなコンピュータ画面3000に切り換える。 Switch to the computer screen 3000 as shown in FIG. 31 by such as to terminate the. PDP101の表示をコンピュータ画面3000に切り換えることにより、電子黒板システム100をコンピュータとして利用することができる。 By switching the display of PDP101 the computer screen 3000, it is possible to use the electronic blackboard system 100 as a computer. 電子黒板システム100は、大画面のPD Electronic blackboard system 100, a large-screen PD
P101を有しているため、コンピュータの操作の教育等にも有効に活用することが可能である。 Because it has P101, it is also possible to effectively utilize the teaching of the operation of the computer.

【0145】また、タッチ入力装置102をマウスのようなポインティングデバイスとして利用できるため、画面上で各種アプリケーションプログラムを操作することができる。 [0145] Furthermore, since the availability of the touch input device 102 as a pointing device such as a mouse, you can operate the various application programs on the screen. さらに、図31に示したマウスボタン300 Furthermore, mouse button 300 shown in FIG. 31
4にタッチすることにより、2ボタン式のマウスの右ボタンを利用できるような環境において、マウスの右ボタンに割り当てられた機能を指先やタッチペンで利用することが可能になる。 By touching the 4, in an environment that can use the right mouse button on the two-button, it is possible to use a function assigned to the right mouse button with a fingertip or a touch pen.

【0146】(4)タッチ入力装置の調整 図5に示したタッチパネルドラバ507には、PDP1 [0146] (4) on the touch panel Drava 507 shown Adjustment Figure 5 of the touch input device, PDP 1
01上のマウスカーソルの表示位置と、タッチ面201 And the display position of the mouse cursor on the 01, the touch surface 201
に指先やタッチペンでタッチしたタッチ位置とを一致させるためツールが用意されている。 Tools are provided for matching the touch position touched with a fingertip or a touch pen to. 以下では、マウスカーソルの表示位置とタッチ位置とを一致させる位置補正操作について説明する。 The following describes the position correcting operation to match the display position and the touch position of the mouse cursor.

【0147】図36は、タッチ入力装置102の設定画面の一例を示す説明図である。 [0147] Figure 36 is an explanatory diagram showing an example of a setting screen of the touch input device 102. 図36に示す設定画面3 Setting screen shown in FIG. 36 3
500中のキャリブレイトボタン3501にタッチすると、PDP101上にPDP101の表示画面とタッチ入力装置102におけるタッチ面201の座標を調整する補正画面が表示される。 Touching the carry Bray bets button 3501 in 500, the correction screen to adjust the coordinates of the touch surface 201 on the display screen and the touch input device 102 PDP101 on PDP101 is displayed. この表示画面は、例えば、P The display screen is, for example, P
DP101の左上・右上・右下等に3つの補正点を表示するものである。 It is intended to display the three correction points in the upper left, upper right, lower right, etc. of the DP101. ユーザは、PDP101上の3つの点に指先やタッチペンでタッチすれば良い。 The user may be touched with a finger or a touch pen on three points on the PDP 101.

【0148】タッチパネルドライバ507は、ユーザによって3つの補正点がタッチされると、タッチされた位置に基づいてマウスカーソルの表示位置とタッチ位置とを一致させる位置補正処理を実行し、位置補正した結果を所定のファイルに保存する。 [0148] The touch panel driver 507, a result of the three correction points by a user is touched, it executes the position correction processing to match the display position and the touch position of the mouse cursor based on the touched position, and the position correction Save it to a given file.

【0149】ただし、前述した位置補正操作は、実際に電子黒板システム100を製品として出荷する際にあらかじめ行われることになるため、解像度等を変更しない限り、ユーザが位置補正操作を行う必要はない。 [0149] However, the above-mentioned position correction operation, to actually will be performed in advance when shipping the electronic blackboard system 100 as a product, unless you change the resolution and the like, the user does not need to perform the position correction operation .

【0150】なお、設定画面3500中の他の設定項目の概略について説明しておく。 [0150] It should be noted, should describe the outline of the other setting items in the setting screen 3500. 3502は、マウスボタン・エミュレーション・モード設定欄であり、指先やタッチペンでタッチ面201がタッチされた際にどのような処理を行うかを設定するものである。 3502 is a mouse button emulation mode setting column is used to set whether the touch surface 201 with a fingertip or a touch pen to perform any kind of processing when it is touched. マウスボタン・ Mouse button
エミュレーション・モード設定欄3502では、例えば、 指先やタッチペンでタッチ面201をタッチしたときにクリックとみなす設定, 指先やタッチペンでタッチ面201をタッチして離した時にクリックとみなす設定, タッチ面201を指先やタッチペンでタッチしたまま動かしたときをドラッグとみなす設定, 指先やタッチペンでタッチ面201を2回連続的にタッチ(ダブルタッチ)した場合にダブルクリックとみなすと共に、タッチ面201を指先やタッチペンでタッチしたまま動かしたときをドラッグとみなす設定(電子黒板ソフト506を使用する際にはこの設定にする)等を行うことができる。 In emulation mode setting column 3502, for example, setting regarded as click upon touching the touch surface 201 with a fingertip or a touch pen, setting regarded as click when released by touching the touch surface 201 with a fingertip or a touch pen, the touch surface 201 setting regarded as drag when moving while touching with a fingertip or a touch pen, with regarded as double click when the touch surface 201 with a fingertip or a touch pen twice continuously touch (double touch), the touch surface 201 a fingertip or a touch pen in settings regarded as drag when moving while touching (when using the electronic blackboard software 506 to the setting), or the like can be performed.

【0151】また、3503は、タッチ音の出力設定チェックボックスを示し、このチェックボックス3503 [0151] In addition, 3503, shows the output settings check box of touch sound, the check box 3503
をチェックしておくと、タッチ面201をタッチする毎にビープ音が出力されるようになる。 If you check, so beep sound is outputted touch surface 201 for each touch. 3504は、設定ボタンであり、設定ボタン3504にタッチするとコントローラ103の接続方法を設定する画面が表示される。 3504 is a setting button, a screen for setting the connection method of the controller 103 is displayed by touching the setting button 3504. さらに、3505はコントローラ103およびタッチパネルドライバ507に関する情報を表示する情報ボタンを、3506はヘルプ画面を表示するヘルプボタンを、3507は設定画面3500中に設定した事項を有効にするOKボタンを、3508は設定画面3500中に設定した事項を無効にするキャンセルボタンをそれぞれ示している。 In addition, 3505 is the information button to display information about the controller 103 and the touch panel driver 507, a help button 3506 to display a help screen, the OK button 3507 is to enable the matters set in the setting screen 3500, the 3508 respectively show the cancel button to disable the set items in the setting screen 3500.

【0152】(5)AV機器の利用 図1に示したように、電子黒板システム100のPDP [0152] (5) As shown in use Figure 1 AV equipment, PDP electronic blackboard system 100
101にはビデオプレイヤー108をはじめ、レーザディスクプレイヤー,DVDプレイヤー,ビデオカメラ等の各種情報機器やAV機器を接続し、映像・音声を再生することができる。 Including video players 108 to 101, connects the laser disk players, DVD players, various types of information equipment and AV equipment such as a video camera, it is possible to reproduce video and audio. また、PDP101には、アンプを介して外部スピーカーも接続することができ、大画面のディスプレイで迫力ある音声も楽しむことが可能である。 In addition, the PDP101, also external speakers through an amplifier can be connected, it is possible to enjoy even voice that is powerful in the large-screen display. 上記情報機器やAV機器またはコンピュータ104 The information equipment and AV equipment or computer 104
からPDP101に対して入力する入力信号は、図示しないリモコン等を用いて簡単に切り換えることができる。 Input signal input to PDP101 from can be switched easily by using a remote controller or the like (not shown).

【0153】このように、コンピュータ104を介さずに各種情報機器やAV機器をPDP101に接続して操作でき、PDP101を大画面モニタとして利用することができるため、他にテレビ等を用意する必要がなく、 [0153] Thus, to connect the various types of information equipment and AV equipment without the intervention of the computer 104 to PDP101 to be operated, it is possible to utilize PDP101 as a large screen monitor, is necessary to prepare a television or the like to the other without,
電子黒板システム100の操作性・取扱性・利便性の向上を図ることができる。 It is possible to improve the operability and handling, and convenience of the electronic blackboard system 100.

【0154】(6)ネットワーク接続 さらに、図37に示すように、電子黒板システム100 [0154] (6) the network further connected, as shown in FIG. 37, the electronic blackboard system 100
をLANやインターネットのようなネットワークに接続することができる。 Can be connected to a network such as a LAN or the Internet. したがって、電子黒板ソフト506 Therefore, the electronic blackboard software 506
で作成した会議の資料等を他のコンピュータに送信すること、他のコンピュータで作成したデータを読み込んで会議に利用すること、複数の電子黒板システム100を接続して遠隔会議を行うこと、テレビ会議システムに応用すること等、電子黒板システム100の応用範囲を拡大することができる。 In sending a document or the like of the meeting created to another computer, utilizing the conference by reading the data created by another computer, to perform a remote conference by connecting a plurality of electronic blackboard system 100, video conferencing it like be applied to the system, it is possible to expand the application range of the display board system 100. また、PHSを用いて無線により電子黒板システム100をネットワークに接続することもできる。 It is also possible to connect the electronic blackboard system 100 by wireless using the PHS network.

【0155】3. [0155] 3. 効果 このように、本実施の形態に係る電子黒板システムによれば、電子黒板ソフト506が、文字認識ソフト514 Effect As described above, according to the electronic blackboard system according to the present embodiment, the electronic blackboard software 506, the character recognition software 514
を電子黒板画面1400上で立ち上げることができるようにするための手書き文字認識入力ボタン1412をツールバー1401(または拡張ツールバー1500)中に統合して表示するため、電子黒板ソフト506の使用中においても、ツールバー1401から容易に文字認識ソフト514を起動することができる。 For display by integrating the handwriting recognition input button 1412 to be able to launch on the electronic blackboard screen 1400 in the toolbar 1401 (or extension toolbar 1500) and, even during use of the electronic blackboard software 506 You can easily start the character recognition software 514 from the toolbar 1401. 換言すれば、電子黒板システム100における文字認識ソフト514の利用を容易にし、利便性の向上を図ることができる。 In other words, to facilitate the use of character recognition software 514 in the electronic blackboard system 100, it is possible to enhance the convenience.

【0156】また、本実施の形態に係る電子黒板システムによれば、上記の効果に加えて、以下のような効果を得ることができる。 [0156] Further, according to the electronic blackboard system according to the present embodiment, in addition to the above effects, it is possible to obtain the following effects. すなわち、PDP101およびタッチ入力装置102を用いて電子黒板の表示面および書き込み面を構成するボード部601と、鉛直方向の下からコンピュータ104,ビデオプレイヤー108,プリンタ106を順に収納する機器収納部604とを備えた筐体ユニット600を用いて電子黒板システム100を構成したため、筐体ユニット600を移動させるだけで、 That is, the board unit 601 constituting the display surface and a write-in surface of the electronic blackboard with PDP101 and touch input device 102, the computer 104 from the bottom in the vertical direction, video player 108, a device housing section 604 for housing the printer 106 in order for configuring the electronic blackboard system 100 with a housing unit 600 having a, only by moving the frame unit 600,
システムの移動・設置を容易に行うことができる。 The movement and installation of the system can be easily performed. また、重力方向(鉛直方向)の下から順に、重量の大きな装置を配置しているため、移動時および設置時の筐体ユニット600の安定を確保することができる。 Also, in order from the bottom of the gravity direction (vertical direction), because of the arrangement a large device in weight, it is possible to ensure the stability of the housing unit 600 during movement and during installation. さらに、 further,
超音波表面弾性波方式のタッチ入力装置102においてPDP101側の面に電磁波を遮蔽するシールドテープ300を設けたため、表示装置としてPDP101を用いることができ、表示装置の薄型化(小型化)および表示画面の輝度の向上を図ることができる。 Due to the provision of the shielding tape 300 for shielding electromagnetic waves on the surface of PDP101 side in the touch input device 102 of the ultrasonic surface acoustic wave method, it can be used PDP101 as a display device, thinning of the display device (miniaturization) and a display screen it is possible to improve the luminance. すなわち、本実施の形態に係る電子黒板システム100によれば、電子黒板システム100全体の小型化・一体化を図ると共に、操作性・取扱性・利便性の向上を図ることができる。 That is, according to the electronic blackboard system 100 according to this embodiment, there is ensured an electronic blackboard system 100 as a whole compact and integrated, it is possible to improve the operability and handling and convenience.

【0157】また、PDP101およびタッチ入力装置102を収納したボード部601の角度を調整する角度調整機構部802を備えたため、PDP101の表示面に対する外乱光の入射、特に、天井にある蛍光灯等の照明器具からの光を避けることができ、画面が見やすくなり、利便性の向上を図ることができる。 [0157] In addition, since with an angular adjustment mechanism portion 802 for adjusting the angle of the board portion 601 housing the PDP 101 and touch input unit 102, the incident ambient light with respect to the display surface of the PDP 101, in particular, such as a fluorescent lamp in the ceiling can avoid the light from the luminaire, the screen is easy to see, it is possible to enhance the convenience.

【0158】さらに、デジタルカメラ、DVDプレイヤー、ビデオ機器等の各種情報機器や、AV機器を接続するための複数の接続端子を用いて、PDP101を大画面モニタとして使用可能であるため、コンピュータ10 [0158] Furthermore, since the digital camera, DVD players, and various kinds of information equipment such as video equipment, using a plurality of connection terminals for connecting the AV equipment can be used to PDP101 as large-screen monitor, the computer 10
4を介さずに、各種情報機器、AV機器の接続および操作が行える電子黒板システム100を提供することができる。 4 without using the various information devices, it is possible to provide an electronic blackboard system 100 capable of performing connection and operation of the AV equipment.

【0159】以上説明した本実施の形態における各処理は、予め用意されたプログラムをコンピュータで実行することによって実現される。 Each process in the present embodiment [0159] described above is realized by executing a prepared program by a computer. このプログラムは、ハードディスク,フロッピーディスク,CD−ROM,MO, This program, hard disk, floppy disk, CD-ROM, MO,
DVD等のコンピュータで読み取り可能な記録媒体に記録され、コンピュータによって記録媒体から読み出されることによって実行される。 It is recorded on a computer-readable recording medium such as a DVD, and is executed by being read from the recording medium by the computer. また、このプログラムは、 In addition, this program is,
上記記録媒体を介して、またはネットワークを介して配布することができる。 Via the recording medium, or may be distributed over a network.

【0160】 [0160]

【発明の効果】以上説明したように、本発明の電子黒板システムは、制御装置が、表示装置およびタッチ入力装置を制御して電子黒板機能を提供するための電子黒板用ソフトと、タッチ入力装置を介して入力した手書き文字を認識して文字情報を生成する手書き文字認識ソフトと、マルチウインドウ機能を有するマルチタスクOS As described above, according to the present invention, an electronic blackboard system according to the present invention, the control device, and an electronic blackboard software for providing an electronic blackboard function and controls the display device and the touch input device, touch input device and handwriting recognition software for generating character information by recognizing handwriting input via the multitasking OS having the multi-window function
と、を搭載したパーソナルコンピュータであり、電子黒板用ソフトは、その表示画面上に、手書き文字認識ソフトを起動するためのアイコンを統合したツールバーを表示するため、電子黒板用ソフトの使用時においても、ツールバーから容易に手書き文字認識ソフトを起動することができる。 When a personal computer with a soft electronic blackboard, on the display screen, for displaying a toolbar that integrates an icon for starting the handwriting recognition software, even when using the software for electronic blackboard , it is possible to start the easily handwriting recognition software from the toolbar. 換言すれば、電子黒板システムにおける手書き文字認識ソフトの利用を容易にし、利便性の向上を図ることができる。 In other words, to facilitate the use of handwriting recognition software in the electronic blackboard system, it is possible to enhance the convenience.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムのブロック構成図である。 1 is a block diagram of an electronic blackboard system according to an embodiment of the present invention.

【図2】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムを構成するタッチ入力装置の構成図である。 It is a configuration diagram of a touch input device constituting an electronic blackboard system according to an embodiment of the present invention; FIG.

【図3】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、PDPとタッチ入力装置の基板との間に設けられたシールドテープを説明する説明図である。 An electronic blackboard system according to an embodiment of the present invention; FIG is an explanatory view illustrating a shielding tape provided between the substrate of the PDP and the touch input device.

【図4】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、タッチ位置の座標を特定する処理を説明するための説明図である。 An electronic blackboard system according to an embodiment of the present invention; FIG is an explanatory diagram for describing the process of specifying the coordinates of the touch position.

【図5】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムを構成するコンピュータ(パーソナルコンピュータ)のブロック構成図である。 5 is a block diagram of a computer (personal computer) constituting an electronic blackboard system according to an embodiment of the present invention.

【図6】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムを収納した筐体ユニットを前方側から見た斜視図である。 6 is a perspective view of a housing unit that houses an electronic blackboard system according to the embodiment viewed from the front side of the present invention.

【図7】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムを収納した筐体ユニットを後方側から見た斜視図である。 7 is a perspective view of a housing unit accommodating the electronic blackboard system is viewed from the rear side according to the embodiment of the present invention.

【図8】本発明の実施の形態に係る筐体ユニットを右側面から見た側面図である。 8 is a side view of a housing unit according to the embodiment as viewed from the right side of the present invention.

【図9】本発明の実施の形態に係る角度調整機構部を筐体ユニットの上方から見た場合の構成図である(ボード部の角度は5度)。 [9] The angle adjusting mechanism according to the embodiment of the present invention is a construction diagram when viewed from above of the housing unit (angle of the board section 5 degrees).

【図10】本発明の実施の形態に係る角度調整機構部を筐体ユニットの上方から見た場合の構成図である(ボード部の角度は0度)。 [10] The angle adjustment mechanism according to the embodiment of the present invention is a construction diagram when viewed from above of the housing unit (the angle of the board section 0 degrees).

【図11】本発明の実施の形態に係る角度調整機構部を筐体ユニットの側面から見た場合の構成図である。 [11] The angle adjusting mechanism according to the embodiment of the present invention is a construction diagram when viewed from the side of the housing unit.

【図12】本発明の実施の形態に係る角度調整機構部の変形例を示す構成図である。 12 is a block diagram showing a modified example of the angle adjusting mechanism according to the embodiment of the present invention.

【図13】本発明の実施の形態に係る角度調整機構部の変形例を示す構成図である。 13 is a block diagram showing a modified example of the angle adjusting mechanism according to the embodiment of the present invention.

【図14】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、PDPに表示される電子黒板画面およびツールバーの一例を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of Figure 14 the present invention, is an explanatory diagram showing an example of an electronic blackboard screen and toolbar is displayed on the PDP.

【図15】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、PDPに表示される拡張ツールバーの一例を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of FIG. 15 the present invention is an explanatory diagram showing an example of the extended toolbar that appears in the PDP.

【図16】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、拡張ツールバーと共にPDPに表示される描画ツールバーの一例を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of Figure 16 the present invention, is an explanatory diagram showing an example of a drawing tool bar displayed on the PDP with extended toolbar.

【図17】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、タッチ面上に手書きで文字や線を書いた結果がPDP上の電子黒板画面に表示された様子の一例を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of Figure 17 the present invention, as a result of writing the characters and lines by hand on the touch surface is a diagram showing an example of a state that has been displayed on the electronic blackboard screen on PDP .

【図18】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、電子黒板画面に表示された手書きの文字や線を消しゴムで消去する際の様子の一例を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of FIG. 18 the present invention, is an explanatory diagram showing an example of a state at the time of erasing the handwritten characters and lines displayed on the electronic blackboard screen eraser.

【図19】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、電子黒板画面に表示された手書きの文字や線を枠で囲い、枠の中の文字や線を一度に消去する際の様子の一例を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of Figure 19 the present invention, the enclosure handwritten characters and lines displayed on the electronic blackboard screen frame, the state at the time of erasing characters and lines in the frame at a time is an explanatory view showing an example.

【図20】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、電子黒板画面上に直線が描画された様子を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of Figure 20 the present invention, is an explanatory view showing a state in which the straight line is drawn on the electronic blackboard screen.

【図21】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、電子黒板画面上に四角形が描画された様子を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of FIG. 21 the present invention, is an explanatory view showing a state in which square is drawn on the electronic blackboard screen.

【図22】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、電子黒板画面の背景としてグリッド表示がされた様子を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of Figure 22 the present invention, is an explanatory diagram showing a state in which the grid display as a background of the electronic blackboard screen.

【図23】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、電子黒板画面上に表が作成された様子を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of Figure 23 the present invention, is an explanatory view showing a state in which the table is created on the electronic blackboard screen.

【図24】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、電子黒板画面上に楕円が描画された様子を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of FIG. 24 the present invention, is an explanatory view showing a state in which the ellipse is drawn on the electronic blackboard screen.

【図25】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、(a)は変形対象の図形が選択された様子を示す説明図であり、(b)は変形対象の図形が変形された様子を示す説明図である。 [Figure 25] An electronic blackboard system according to an embodiment of the present invention, (a) is an explanatory diagram showing how the shape of the deformed object is selected, (b) the manner in which graphic deformation target is modified it is an explanatory view showing a.

【図26】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、(a)は移動対象の図形が選択された様子を示す説明図であり、(b)は選択された図形が移動された様子を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of FIG. 26 the present invention, (a) is an explanatory view showing a state in which figures to be moved has been selected, (b) the manner in which the selected graphic has been moved it is an explanatory view showing a.

【図27】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、描画された図形を編集する際に表示される編集メニューの一例を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of FIG. 27 the present invention, is an explanatory diagram showing an example of an editing menu displayed when editing a rendered graphic.

【図28】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、文字認識ソフトを利用して文字入力を行うための手書きボードの一例を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of FIG. 28 the present invention, is an explanatory diagram showing an example of a handwriting board for using the character recognition software for character input.

【図29】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、作成済みのファイルを開く処理を説明するための説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of FIG. 29 the present invention, is an explanatory diagram for explaining the process of opening the created file.

【図30】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、作成済みのファイルをサムネイル画像を用いて開く処理を説明するための説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of FIG. 30 the present invention, is an explanatory diagram for explaining the process of opening using a thumbnail image created file.

【図31】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、PDPに表示されるコンピュータ画面およびキャプチャツールバーの一例を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of FIG. 31 the present invention, is an explanatory diagram showing an example of a computer screen and capture toolbar is displayed on the PDP.

【図32】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、キャプチャしたアプリケーションプログラムの画面を電子黒板画面の背景として表示した様子の一例を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of FIG. 32 the present invention, is an explanatory view showing an example of a state of displaying the screen of the application program captured as a background of the electronic blackboard screen.

【図33】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、キャプチャしたアプリケーションプログラムの画面を電子黒板画面の背景として表示し、その上に文字等を書きこんだ様子の一例を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of FIG. 33 the present invention, explanatory views to show the display of the application program captured as a background of the electronic blackboard screen, shows an example of how the yelling write characters and the like thereon is there.

【図34】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、作成中のページを一覧表示するサムネイル表示ダイアログボックスを表示した様子を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of FIG. 34 the present invention, is an explanatory view showing a state of displaying the thumbnail display dialog box that lists the page being created.

【図35】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、作成中のページを印刷するための印刷ダイアログボックスを表示した様子を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of Figure 35 the present invention, is an explanatory view showing a state of displaying the print dialog box to print the page being created.

【図36】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムにおいて、タッチ入力装置の設定画面の一例を示す説明図である。 An electronic blackboard system according to the embodiment of FIG. 36 the present invention, is an explanatory diagram showing an example of a setting screen of the touch input device.

【図37】本発明の実施の形態に係る電子黒板システムのネットワーク接続を説明する説明図である。 FIG. 37 is an explanatory view illustrating a network connection of an electronic blackboard system according to an embodiment of the present invention.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

100 電子黒板システム 101 プラズマディスプレイパネル(PDP) 102 タッチ入力装置 103 タッチ入力装置用コントローラ 104 コンピュータ 105 スキャナ 106 プリンタ 107 ネットワーク 108 ビデオプレイヤー 200 基板 201 タッチ面(書き込み面) 202,206 発信用トランスデューサ 203,207 受信用トランスデューサ 204,205,208,209 反射アレイ 210 ケーブル 300 シールドテープ 505 OS 506 電子黒板ソフト 507 タッチパネルドライバ 514 文字認識ソフト 600 筐体ユニット 601 パネル部 602 コントローラ収納部 603 スタンド 604 機器収納部 612 コンピュータ収納部 613 ビデオ収納部 614 プリンタ収納部 615 キーボード 100 display board system 101 plasma display panel (PDP) 102 touch input device 103 a touch input device controller 104 computer 105 scanner 106 printer 107 network 108 Video Player 200 substrate 201 touch surface (writing surface) 202, 206 transmitting transducers 203 and 207 receiving transducer 204,205,208,209 reflective array 210 cable 300 shielding tape 505 OS 506 electronic blackboard software 507 touch panel driver 514 character recognition software 600 housing unit 601 panel 602 controller housing portion 603 stand 604 equipment storage unit 612 the computer housing part 613 video storage unit 614 the printer housing 615 keyboard 802 角度調整機構部 1400 電子黒板画面 1401 ツールバー 1412 手書き文字認識入力ボタン 1500 拡張ツールバー 2850 手書き入力ボード 2851 表示エリア 802 angle adjusting mechanism unit 1400 display board screen 1401 toolbar 1412 handwriting recognition input button 1500 extended toolbar 2850 handwriting input board 2851 display area

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き Fターム(参考) 2C071 CA02 CA04 CD09 DB02 5B068 AA05 AA15 AA22 BD17 BE11 CC01 CC06 CC19 CD01 CD04 5B087 AA09 AE02 DD09 DD14 DD17 DE03 DE05 5C062 AA07 AA14 AA17 AB18 AB23 AB38 AC05 AC07 AE00 AE08 AF00 BA04 ────────────────────────────────────────────────── ─── front page of continued F-term (reference) 2C071 CA02 CA04 CD09 DB02 5B068 AA05 AA15 AA22 BD17 BE11 CC01 CC06 CC19 CD01 CD04 5B087 AA09 AE02 DD09 DD14 DD17 DE03 DE05 5C062 AA07 AA14 AA17 AB18 AB23 AB38 AC05 AC07 AE00 AE08 AF00 BA04

Claims (3)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 文字および画像を表示するための表示装置と、前記表示装置の前面にタッチパネル面を配設したタッチ入力装置と、前記タッチ入力装置からの入力に基づいて前記表示装置の表示制御を行う制御装置と、を少なくとも備え、前記表示装置およびタッチ入力装置を用いて電子黒板の表示面および書き込み面を構成する電子黒板システムにおいて、 前記制御装置は、前記表示装置およびタッチ入力装置を制御して電子黒板機能を提供するための電子黒板用ソフトと、前記タッチ入力装置を介して入力した手書き文字を認識して文字情報を生成する手書き文字認識ソフトと、マルチウインドウ機能を有するマルチタスクOS And 1. A character and image display device for displaying, the display and the touch input device which is disposed a touch panel surface on the front of the apparatus, display control of the display device based on input from the touch input device comprising at least a control unit for performing, in said display device and an electronic blackboard system which constitutes the display surface and a write-in surface of the electronic blackboard with the touch input device, the control device controls the display device and touch input device multitasking OS having an electronic blackboard software for providing an electronic blackboard function, and handwriting recognition software for generating character information by recognizing handwriting input via the touch input device, the multi-window function with
    と、を搭載したパーソナルコンピュータであり、 前記電子黒板用ソフトは、その表示画面上に、前記手書き文字認識ソフトを起動するためのアイコンを統合したツールバーを表示することを特徴とする電子黒板システム。 When a personal computer equipped with the electronic blackboard software, electronic blackboard system characterized in that the on the display screen, displaying a toolbar that integrates an icon for activating the handwriting recognition software.
  2. 【請求項2】 前記ツールバー上から前記手書き文字認識ソフトを起動すると、前記電子黒板用ソフトの表示画面上に手書き文字入力用のウインドウが表示されることを特徴とする請求項1記載の電子黒板システム。 When wherein activating the handwriting recognition software from on the tool bar, electronic blackboard as claimed in claim 1, wherein the window for handwritten input on the display screen of software for the electronic blackboard is displayed system.
  3. 【請求項3】 前記手書き文字入力用のウインドウが表示されている状態で、前記電子黒板用ソフトの表示画面上でエリアを指定すると、該指定したエリアに前記手書き文字認識ソフトで認識した文字情報が表示されることを特徴とする請求項1または2記載の電子黒板システム。 In a state where 3. A window for the handwriting input is displayed, specifying an area on the display screen of the software for the electronic blackboard, the character information recognized by the handwriting recognition software in the area for which the designated electronic blackboard system according to claim 1 or 2, wherein the but appear.
JP10218269A 1998-07-31 1998-07-31 Electronic whiteboard system Pending JP2000043485A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10218269A JP2000043485A (en) 1998-07-31 1998-07-31 Electronic whiteboard system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10218269A JP2000043485A (en) 1998-07-31 1998-07-31 Electronic whiteboard system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2000043485A true JP2000043485A (en) 2000-02-15

Family

ID=16717232

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10218269A Pending JP2000043485A (en) 1998-07-31 1998-07-31 Electronic whiteboard system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2000043485A (en)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002132131A (en) * 2000-10-24 2002-05-09 Chuoh Publishing Co Ltd Remote education method and host computer for remote education as well as computer for student and image information synthesis method
JP2006172116A (en) * 2004-12-15 2006-06-29 Sony Corp Information processing apparatus and method, recording medium and program
US7215815B2 (en) 2002-01-10 2007-05-08 Ricoh Company, Ltd. Handwriting information processing apparatus, handwriting information processing method, and storage medium having program stored therein for handwriting information processing
JP2009536489A (en) * 2006-05-08 2009-10-08 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ Method and a data transmission system for transmitting the application data from a first device to a second device
JP2011076305A (en) * 2009-09-30 2011-04-14 Japan Digital Laboratory Co Ltd Reference display system, reference display method and program
US8014043B2 (en) 2007-07-20 2011-09-06 Sharp Kabushiki Kaisha Display system
US8494275B2 (en) 2010-03-17 2013-07-23 Seiko Epson Corporation Information recognition system and method for controlling the same
JP2014170551A (en) * 2013-03-04 2014-09-18 Samsung Electronics Co Ltd Data processing method and apparatus utilizing partial area of page
JP2016134014A (en) * 2015-01-20 2016-07-25 株式会社リコー Electronic information board device, information processing method and program

Cited By (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002132131A (en) * 2000-10-24 2002-05-09 Chuoh Publishing Co Ltd Remote education method and host computer for remote education as well as computer for student and image information synthesis method
US7215815B2 (en) 2002-01-10 2007-05-08 Ricoh Company, Ltd. Handwriting information processing apparatus, handwriting information processing method, and storage medium having program stored therein for handwriting information processing
JP2006172116A (en) * 2004-12-15 2006-06-29 Sony Corp Information processing apparatus and method, recording medium and program
JP2009536489A (en) * 2006-05-08 2009-10-08 コーニンクレッカ フィリップス エレクトロニクス エヌ ヴィ Method and a data transmission system for transmitting the application data from a first device to a second device
US8014043B2 (en) 2007-07-20 2011-09-06 Sharp Kabushiki Kaisha Display system
JP2011076305A (en) * 2009-09-30 2011-04-14 Japan Digital Laboratory Co Ltd Reference display system, reference display method and program
US8494275B2 (en) 2010-03-17 2013-07-23 Seiko Epson Corporation Information recognition system and method for controlling the same
JP2014170551A (en) * 2013-03-04 2014-09-18 Samsung Electronics Co Ltd Data processing method and apparatus utilizing partial area of page
JP2016134014A (en) * 2015-01-20 2016-07-25 株式会社リコー Electronic information board device, information processing method and program
WO2016117321A1 (en) * 2015-01-20 2016-07-28 Ricoh Company, Limited Electronic information board apparatus and method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Tan et al. WinCuts: manipulating arbitrary window regions for more effective use of screen space
Wellner Interacting with paper on the DigitalDesk
US7058902B2 (en) Enhanced on-object context menus
US5461710A (en) Method for providing a readily distinguishable template and means of duplication thereof in a computer system graphical user interface
JP5066055B2 (en) Image display device, image display method, and program
JP2945692B2 (en) Data processing system for processing annotations that can be image
US5612719A (en) Gesture sensitive buttons for graphical user interfaces
US6802611B2 (en) System and method for presenting, capturing, and modifying images on a presentation board
US6266057B1 (en) Information processing system
JP5790805B2 (en) information processing apparatus and program
RU2366006C2 (en) Dynamic feedback for gestures
CN102770837B (en) Multi-screen pinch gesture
CN102362248B (en) Dual screen portable touch sensitive computing system
KR100721634B1 (en) User interfaces and methods for manipulating and viewing digital documents
US7551187B2 (en) Systems and methods that utilize a dynamic digital zooming interface in connection with digital inking
JP5295328B2 (en) User interface device capable of input by screen pad, input processing method and program
US7676767B2 (en) Peel back user interface to show hidden functions
US7831922B2 (en) Write anywhere tool
JP4412737B2 (en) Information display device
US6295372B1 (en) Method and apparatus for handwriting input on a pen based palmtop computing device
CN102439657B (en) Auxiliary touch with active elements activate zoom or handheld device transform
US5386494A (en) Method and apparatus for controlling a speech recognition function using a cursor control device
US7433179B2 (en) Electronic apparatus having universal human interface
EP0150296A2 (en) Electronic handwriting method and facilty
US6664991B1 (en) Method and apparatus for providing context menus on a pen-based device

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040806

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20050419

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050620

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20060718