JPH1196250A - Data summary and display device and storage medium - Google Patents

Data summary and display device and storage medium

Info

Publication number
JPH1196250A
JPH1196250A JP25070797A JP25070797A JPH1196250A JP H1196250 A JPH1196250 A JP H1196250A JP 25070797 A JP25070797 A JP 25070797A JP 25070797 A JP25070797 A JP 25070797A JP H1196250 A JPH1196250 A JP H1196250A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
item
data
key
key item
items
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP25070797A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Terubumi Iwadate
光史 岩館
Masaaki Fukumura
正明 福村
Toshio Higashihara
利雄 東原
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Casio Computer Co Ltd
Original Assignee
Casio Computer Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Casio Computer Co Ltd filed Critical Casio Computer Co Ltd
Priority to JP25070797A priority Critical patent/JPH1196250A/en
Publication of JPH1196250A publication Critical patent/JPH1196250A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To facilitate an operation and a processing when contents of summary in a summary table are classified into desired summary items and summed up. SOLUTION: A classification and summary processing of the summary items in a database by executing a data analyzing processing regarding the summary table, reading a specified database record to be processed from the database stored in a storage device 7, setting hierarchal structure to relate the summary items with one another by grouping each summary item set in the database record by every analyzing key item, setting an index key item and a name of a data item to be analyzed in a recording form of the database for analysis to be explained later, simultaneously setting the analyzing key item and calculation item by every group in the recording form of the analyzing key and the calculation item to be explained later, displaying an analyzing browser screen in which selection keys for classification and summary in a line direction and a column direction based on the analyzing key item and simplifying a narrowing operation of the summary items simply by operating the selection keys for classification and summary by a CPU 2.

Description

【発明の詳細な説明】DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】[0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、複数の項目データ
から構成される集計表から所望の項目データへの分類集
計を容易にするデータ集計表示装置及びその処理プログ
ラムを格納する記憶媒体に関する。
[0001] 1. Field of the Invention [0002] The present invention relates to a data tabulation display device for facilitating classification and tabulation of a tabulation table composed of a plurality of item data into desired item data, and a storage medium for storing a processing program therefor.

【0002】[0002]

【従来の技術】従来、例えば、事務処理を主とするオフ
ィスコンピュータや汎用コンピュータ等においては、表
計算やデータベース等の各種アプリケーションプログラ
ムが利用されており、経理業務では各種形式の集計表の
作成等に利用されている。
2. Description of the Related Art Conventionally, for example, various application programs such as spreadsheets and databases are used in office computers and general-purpose computers mainly for office work. It is used for

【0003】このアプリケーションプログラムを利用し
て作成される各種形式の集計表は、複数の各種項目デー
タに基づいて構成されており、集計対象とする項目デー
タの集計条件が設定された記述式を変更することによ
り、ユーザーは集計内容を所望の分類形式に変更するこ
とが可能である。
[0003] The tabulation tables of various formats created by using this application program are constructed based on a plurality of item data, and change the description formula in which the tabulation conditions of the item data to be tabulated are set. By doing so, the user can change the tabulated content to a desired classification format.

【0004】[0004]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、このよ
うな従来のアプリケーションプログラムを利用して作成
された集計表にあっては、集計対象とする項目データの
集計条件が設定された記述式を変更することにより、ユ
ーザーは集計内容を所望の形式に変更することが可能と
なっていたが、記述式を変更する画面に到るまでの画面
操作が煩雑であったり、また、記述式の記述内容を理解
して変更することが初心者には難しいという問題があっ
た。
However, in such a summary table created by using such a conventional application program, the description formula in which the summary condition of the item data to be summarized is set is changed. This allows the user to change the contents of the tabulation to the desired format.However, the screen operation until reaching the screen for changing the description formula is complicated, and the description content of the description formula is changed. There was a problem that it was difficult for beginners to understand and change.

【0005】また、従来の集計表は、データベース内の
全レコードデータが表形式で全体表示されるため、所望
の集計項目で分類集計を指示するためには、上記記述式
の変更の他に、分類集計項目を指定するための各種サブ
ウインドウを呼び出す等の複数かつ煩雑な操作が必要で
あり、所望の集計項目の分類集計結果を得るまでに手間
と時間がかかるという問題もあった。
[0005] Further, in the conventional tabulation table, since all record data in the database is displayed in a tabular form, in order to instruct classification and tabulation with a desired tabulation item, in addition to the above-mentioned change of the description formula, A plurality of complicated operations, such as calling various sub-windows for designating the classification total item, are required, and there is a problem that it takes time and effort to obtain the classification total result of the desired total item.

【0006】本発明の課題は、集計表の集計内容を所望
の集計項目に分類集計する際の操作及び処理を容易にす
ることである。
SUMMARY OF THE INVENTION It is an object of the present invention to facilitate operations and processes for totalizing the contents of a totaling table into desired totaling items.

【0007】[0007]

【課題を解決するための手段】請求項1記載の発明は、
複数のキー項目で区別されるレコードを複数のデータベ
ースに記憶し、この各レコードを任意に選択されたキー
項目で分類集計したデータを表示するデータ集計表示装
置において、前記各キー項目の夫々に対応する操作ボタ
ンをX軸方向とY軸方向とに夫々表示する表示制御手段
と、このX軸方向の操作ボタンの操作で指定されたキー
項目により前記レコードをX軸方向に分類集計し、ま
た、前記Y軸方向の操作ボタンの操作で指定されたキー
項目により前記レコードをY軸方向に分類集計し、その
各集計データを出力する分類集計手段と、を備えたこと
を特徴としている。
According to the first aspect of the present invention,
In a data tabulation display device that stores records distinguished by a plurality of key items in a plurality of databases and displays data obtained by classifying and summarizing each record with a key item selected arbitrarily, each record corresponds to each of the key items. Display control means for displaying operation buttons to be operated in the X-axis direction and the Y-axis direction, respectively, and the records are classified and totalized in the X-axis direction by key items designated by operation of the operation buttons in the X-axis direction. Classifying and totaling means for classifying and totaling the records in the Y-axis direction by key items designated by operating the operation buttons in the Y-axis direction, and outputting the respective totalized data.

【0008】この請求項1記載の発明によれば、複数の
キー項目で区別されるレコードを複数のデータベースに
記憶し、この各レコードを任意に選択されたキー項目で
分類集計したデータを表示するデータ集計表示装置にお
いて、表示制御手段により、前記各キー項目の夫々に対
応する操作ボタンをX軸方向とY軸方向とに夫々表示
し、分類集計手段により、このX軸方向の操作ボタンの
操作で指定されたキー項目により前記レコードをX軸方
向に分類集計し、また、前記Y軸方向の操作ボタンの操
作で指定されたキー項目により前記レコードをY軸方向
に分類集計し、その各集計データを出力する。
According to the first aspect of the present invention, records distinguished by a plurality of key items are stored in a plurality of databases, and data obtained by classifying and summarizing each of the records by a arbitrarily selected key item is displayed. In the data totaling display device, the display control means displays operation buttons corresponding to each of the key items in the X-axis direction and the Y-axis direction, respectively, and the classification and totalization means operates the operation buttons in the X-axis direction. The records are classified and totaled in the X-axis direction by the key items specified in the above, and the records are classified and totalized in the Y-axis direction by the key items specified by operating the operation buttons in the Y-axis direction. Output data.

【0009】したがって、集計表等のデータベースを任
意のキー項目により二次件方向に分類集計する際の操作
がボタン操作だけと簡便になり、そのデータベースにお
いてグループ別に階層化された下位階層の集計項目への
分類集計処理等を容易にすることができる。
[0009] Therefore, the operation of classifying and totaling a database such as a totaling table in the secondary case direction by an arbitrary key item is as simple as a button operation, and the lower-level totalizing items hierarchized by groups in the database. It is possible to easily perform the classification and tallying process.

【0010】請求項5記載の発明は、複数のキー項目で
区別されるレコードを複数のデータベースに記憶し、こ
の各レコードを任意に選択されたキー項目で分類集計し
たデータを表示するデータ集計表示装置において、前記
各キー項目に対応する操作ボタンを表示する表示制御手
段と、この操作ボタンの操作で指定されたキー項目によ
り前記レコードを分類集計して集計データを出力する分
類集計手段と、を備えたことを特徴としている。
According to a fifth aspect of the present invention, there is provided a data totaling display for storing records distinguished by a plurality of key items in a plurality of databases, and displaying data obtained by classifying and totaling these records by arbitrarily selected key items. In the apparatus, display control means for displaying operation buttons corresponding to the respective key items, and classification and aggregation means for classifying and totaling the records by the key items designated by the operation of the operation buttons and outputting aggregated data, It is characterized by having.

【0011】この請求項5記載の発明によれば、複数の
キー項目で区別されるレコードを複数のデータベースに
記憶し、この各レコードを任意に選択されたキー項目で
分類集計したデータを表示するデータ集計表示装置にお
いて、表示制御手段により、前記各キー項目に対応する
操作ボタンを表示し、分類集計手段により、この操作ボ
タンの操作で指定されたキー項目により前記レコードを
分類集計して集計データを出力する。
According to the fifth aspect of the present invention, records distinguished by a plurality of key items are stored in a plurality of databases, and data obtained by classifying and summarizing each record by a key item arbitrarily selected is displayed. In the data tallying display device, the display control means displays operation buttons corresponding to the respective key items, and the classification and tallying means sorts and totalizes the records according to the key items designated by the operation of the operation buttons, thereby obtaining tally data. Is output.

【0012】したがって、集計表等のデータベースを任
意のキー項目により一次件方向に分類集計する際の操作
がボタン操作だけと簡便になり、そのデータベースにお
いてグループ別に階層化された下位階層の集計項目への
分類集計処理等を容易にすることができる。
Therefore, the operation of classifying and totaling a database such as a totaling table in the primary case direction by an arbitrary key item becomes as simple as a button operation. Can be easily performed.

【0013】[0013]

【発明の実施の形態】以下、図を参照して本発明の実施
の形態を詳細に説明する。
Embodiments of the present invention will be described below in detail with reference to the drawings.

【0014】図1〜図18は、本発明を適用したコンピ
ュータシステムの一実施の形態を示す図である。
FIGS. 1 to 18 show an embodiment of a computer system to which the present invention is applied.

【0015】まず、構成を説明する。First, the configuration will be described.

【0016】図1は、本実施の形態のコンピュータシス
テム1の要部構成を示すブロック図である。この図1に
おいて、コンピュータシステム1は、CPU2、入力装
置3、RAM4、表示装置5、印刷装置6、記憶装置
7、及び記憶媒体8により構成されており、記憶媒体8
を除く各部はバス9に接続されている。
FIG. 1 is a block diagram showing a main configuration of a computer system 1 according to the present embodiment. In FIG. 1, the computer system 1 includes a CPU 2, an input device 3, a RAM 4, a display device 5, a printing device 6, a storage device 7, and a storage medium 8, and a storage medium 8
Each part except for is connected to the bus 9.

【0017】CPU(Central Processing Unit )2
は、記憶装置7内に格納されているシステムプログラム
及び当該システムに対応する各種アプリケーションプロ
グラムの中から指定されたアプリケーションプログラム
をRAM6内の図示しないプログラム格納領域に展開
し、入力装置3から入力される各種指示あるいはデータ
をRAM6内に一時的に格納し、この入力指示及び入力
データに応じて記憶装置7内に格納されたアプリケーシ
ョンプログラムに従って各種処理を実行し、その処理結
果をRAM6内に格納するとともに、表示装置5に表示
する。そして、RAM6に格納した処理結果を入力装置
3から入力指示される記憶装置7内の保存先に保存す
る。
CPU (Central Processing Unit) 2
Expands an application program specified from a system program stored in the storage device 7 and various application programs corresponding to the system into a program storage area (not shown) in the RAM 6 and is input from the input device 3. Various instructions or data are temporarily stored in the RAM 6, various processings are executed in accordance with the input instructions and the input data according to the application programs stored in the storage device 7, and the processing results are stored in the RAM 6. , On the display device 5. Then, the processing result stored in the RAM 6 is stored in a storage destination in the storage device 7 which is instructed to be input from the input device 3.

【0018】また、CPU2は、後述する集計表に係る
データ分析処理を実行し、記憶装置7に格納されたデー
タベースから指定された処理対象データベースレコード
を読み出し、このデータベースレコードに設定された各
集計項目を、分析キー項目別にグループ分けして集計項
目間を関連付ける階層構造を設定して、後述する分析用
データベースのレコード形式にインデックスキー項目と
分析するデータ項目名を設定するとともに、後述する分
析キーと計算項目のレコード形式にグループ別の分析キ
ー項目と計算項目を設定し、その分析キー項目に基づい
て行方向と列方向に分類集計用の選択ボタンを配置した
分析ブラウザ画面を表示装置5に表示し、その分類集計
用の選択ボタンを操作するだけで集計項目の絞り込み操
作を簡便にして、データベースにおける集計項目の分類
集計処理を容易にする。
The CPU 2 executes a data analysis process relating to a tally table, which will be described later, reads out a specified database record to be processed from the database stored in the storage device 7, and sets each tally item set in this database record. Are grouped by analysis key item, and a hierarchical structure is set to associate the aggregation items. The index key item and the data item name to be analyzed are set in the record format of the analysis database described later. The analysis browser screen in which the analysis key item and the calculation item for each group are set in the record format of the calculation item and the selection buttons for classification and aggregation are arranged in the row direction and the column direction based on the analysis key item is displayed on the display device 5. By simply operating the selection button for classification and aggregation, the operation of narrowing down the aggregation items is simplified, To facilitate the classification aggregation processing of the aggregate field in the database.

【0019】そして、CPU2は、分析ブラウザ画面に
おいて選択されたキー項目の選択状態をRAM4内に格
納された選択状態テーブル4aに記憶させ、その選択項
目データをRAM4内に格納された抽出条件テーブル4
cにグループ別に記憶させて、分析するデータレコード
の範囲を特定するとともに、そのキー項目のグループ別
の階層指定状態をRAM4内に格納されたグループ別階
層指定状態テーブル4bに記憶させる。
The CPU 2 stores the selected state of the key item selected on the analysis browser screen in the selected state table 4a stored in the RAM 4, and stores the selected item data in the extraction condition table 4 stored in the RAM 4.
c to store the data record range to be analyzed, and to store the key item hierarchical designation status of each group in the group hierarchical designation status table 4b stored in the RAM 4.

【0020】さらに、CPU2は、後述するグループ階
層表示処理を実行して、抽出条件テーブル4cの記憶内
容に基づいて、上記分析ブラウザ画面で選択された各キ
ー項目をグループ別に選択階層が分かるように色分けし
てグループ別階層表示枠を表示装置5に表示するととも
に、その各グループ別階層表示枠内に選択状態テーブル
4aに記憶された選択キー項目を反転表示させて、絞り
込まれた集計項目をグループ別に階層表示する。
Further, the CPU 2 executes a group hierarchy display process, which will be described later, based on the contents stored in the extraction condition table 4c so that each key item selected on the analysis browser screen can be identified by group. The hierarchical display frames for each group are displayed on the display device 5 in different colors, and the selection key items stored in the selection state table 4a are highlighted in the hierarchical display frames for each group, and the narrowed-down total items are grouped. Display in a separate hierarchy.

【0021】さらにまた、CPU2は、上記データ分析
処理により展開されたデータベースレコードの配置方法
を決定するため後述する項目配置処理を実行して、項目
の配置方法を選択する選択画面を表示装置5に表示し、
項目配置方法として、例えば、横一列、縦一列、あるい
は複数行等が選択されると、その項目配置方法に基づい
て展開されたデータベースの項目の配置位置を設定して
全レコードを展開して、集計項目の配置方向を容易に変
更可能とする。
Further, the CPU 2 executes an item arranging process, which will be described later, to determine an arranging method of the database record developed by the data analysis process, and displays a selection screen for selecting an arranging method of the items on the display device 5. Display,
As the item arrangement method, for example, when a horizontal row, a vertical column, or a plurality of rows are selected, the arrangement positions of the database items expanded based on the item arrangement method are set, and all records are expanded. The arrangement direction of the tally item can be easily changed.

【0022】入力装置3は、カーソルキー、数字入力キ
ー及び各種機能キー等を備え、押下されたキーの押下信
号をCPU2に出力する。
The input device 3 includes a cursor key, numeric input keys, various function keys, and the like, and outputs a pressing signal of the pressed key to the CPU 2.

【0023】RAM(Random Access Memory)4は、C
PU2が上記各種アプリケーションプログラムを実行す
る際に各種データを展開するメモリ領域を形成するとと
もに、CPU2により実行されるデータ分析処理に際し
て利用されるテーブルとして上記選択状態テーブル4
a、グループ別階層指定状態テーブル4b、及び抽出条
件テーブル4cを形成する。この選択状態テーブル4
a、グループ別階層指定状態テーブル4b、及び抽出条
件テーブル4cの具体例を図2に示す。
A RAM (Random Access Memory) 4 is a C
The PU2 forms a memory area for expanding various data when the PU2 executes the various application programs, and the selection state table 4 is used as a table used in data analysis processing executed by the CPU2.
a, a group-specific hierarchy designation state table 4b, and an extraction condition table 4c. This selection state table 4
FIG. 2 shows specific examples of a, the group-specific hierarchy designation state table 4b, and the extraction condition table 4c.

【0024】図2(a)は選択状態テーブル4aを示し
ており、この選択状態テーブル4aには上記分析ブラウ
ザ画面において選択された各キー項目(行方向:x軸、
列方向:列方向)が記憶される。同図(b)はグループ
別階層指定状態テーブル4bを示しており、このグルー
プ別階層指定状態テーブル4bには上記分析ブラウザ画
面において選択された各キー項目が該当するグループ別
に選択中の階層数が記憶される。同図(c)は抽出条件
テーブル4cを示しており、この抽出条件テーブル4c
には上記分析ブラウザ画面において選択された各キー項
目が該当するグループ別に記憶される。
FIG. 2A shows a selected state table 4a. The selected state table 4a includes each key item (line direction: x-axis,
Column direction: column direction) is stored. FIG. 4B shows a group-specific hierarchy designation state table 4b. The group-specific hierarchy designation state table 4b shows the number of layers currently selected for each group to which each key item selected on the analysis browser screen corresponds. It is memorized. FIG. 5C shows an extraction condition table 4c.
Each key item selected on the analysis browser screen is stored in a corresponding group.

【0025】表示装置5は、CRT(Cathode Ray Tub
e)等により構成され、CPU2から入力される表示デ
ータを表示する。印刷装置6は、CPU2から入力され
る印字データ(集計表のレコードデータ等)を所定の記
録紙に印字して出力する。
The display device 5 is a CRT (Cathode Ray Tub).
e) and the like, and displays display data input from the CPU 2. The printing device 6 prints print data (record data of a tabulation table or the like) input from the CPU 2 on predetermined recording paper and outputs the print data.

【0026】記憶装置7は、プログラムやデータ等が予
め記憶されている記憶媒体8を有しており、この記憶媒
体8は磁気的、光学的記録媒体、若しくは半導体メモリ
で構成されている。この記憶媒体8は記憶装置7に固定
的に設けたもの、若しくは着脱自在に装着するものであ
り、この記憶媒体8には上記システムプログラム及び当
該システムに対応する各種アプリケーションプログラ
ム、データ分析処理プログラム、スライスボタン処理プ
ログラム、グループ階層表示処理プログラム、項目配置
処理プログラム、及び各処理プログラムで処理されたデ
ータ等を記憶する。
The storage device 7 has a storage medium 8 in which programs, data and the like are stored in advance, and this storage medium 8 is constituted by a magnetic or optical recording medium or a semiconductor memory. The storage medium 8 is fixedly provided in the storage device 7 or is detachably mounted. The storage medium 8 includes the system program, various application programs corresponding to the system, a data analysis processing program, It stores a slice button processing program, a group hierarchy display processing program, an item arrangement processing program, data processed by each processing program, and the like.

【0027】また、この記憶媒体8に記憶するプログラ
ム、データ等は、通信回線等を介して接続された他の機
器から受信して記憶する構成にしてもよく、更に、通信
回線等を介して接続された他の機器側に上記記憶媒体を
備えた記憶装置を設け、この記憶媒体8に記憶されてい
るプログラム、データを通信回線を介して使用する構成
にしてもよい。
The program, data, and the like stored in the storage medium 8 may be configured to be received and stored from another device connected via a communication line or the like. A storage device having the storage medium may be provided on the other connected device side, and the program and data stored in the storage medium 8 may be used via a communication line.

【0028】さらに、記憶媒体8には、上記CPU2に
より実行されるデータ分析処理により処理対象のデータ
ベースレコードに設定された各集計項目である分析キー
項目が、インデックスキー項目と分析するデータ項目名
として、図3(a)に示す分析用データベースのレコー
ド形式により設定されて記憶されている。この図3
(a)に示す分析用データベースのレコード形式では、
分析キー項目として、「品目、ジャンル、製品、営業
所、取引先、年、月、年月」がインデックスキー欄に設
定され、そのインデックスキー項目に対応する分析デー
タ項目名として「売上」がデータ項目名欄に設定されて
いる。
Further, in the storage medium 8, the analysis key item which is each total item set in the database record to be processed by the data analysis process executed by the CPU 2 is used as an index key item and a data item name to be analyzed. , Are set and stored in the record format of the analysis database shown in FIG. This figure 3
In the record format of the analysis database shown in (a),
As the analysis key items, “item, genre, product, sales office, business partner, year, month, year, month” are set in the index key column, and “sales” is data as the analysis data item name corresponding to the index key item. It is set in the item name column.

【0029】さらにまた、記憶媒体8には、上記CPU
2により実行されるデータ分析処理により分析対象のデ
ータベースレコードに設定された集計項目からグループ
分けされた分析キー項目とその計算項目が、図3(b)
に示す分析キーと計算項目のレコード形式により設定さ
れて記憶されている。この図3(b)に示す分析キーと
計算項目のレコード形式では、グループ分けした分岐キ
ー項目が階層別に分析キー欄に設定されている。そのグ
ループ分けは「品目、部門、取引先、日付」であり、品
目の分析グループには「品目、ジャンル、製品」、部門
の分析グループには「営業所、担当者」、取引先の分析
グループには「取引先」、日付の分析グループには
「年、年月」、の各分析キー項目が階層別に設定されて
いる。また、計算項目として「売上、構成比」に対応す
る計算内容「#集計()、#構成比()」が計算項目欄
に設定されており、この分析キーと計算項目のレコード
形式はテーブル化されて記憶媒体8に記憶されている。
Further, the storage medium 8 has the CPU
FIG. 3B shows the analysis key items and their calculation items grouped from the total items set in the database record to be analyzed by the data analysis process executed by the data analysis process 2 in FIG.
Are set and stored in the record format of the analysis key and the calculation item shown in FIG. In the record format of the analysis key and the calculation item shown in FIG. 3B, the grouping branch key items are set in the analysis key column for each hierarchy. The grouping is “item, department, customer, date”, the item analysis group is “item, genre, product”, the department analysis group is “sales office, person in charge”, and the customer analysis group The analysis key items of “business partner” and “date, year and month” are set for each hierarchy in the date analysis group. As calculation items, calculation contents “#Aggregation (), #composition ratio ()” corresponding to “sales, composition ratio” are set in the calculation item column, and the record format of the analysis key and the calculation item is tabulated. And stored in the storage medium 8.

【0030】次に、本実施の形態の動作を説明する。Next, the operation of this embodiment will be described.

【0031】まず、上記CPU2により実行されるデー
タ分析処理について図4、図5に示すフローチャートに
基づいて説明する。
First, the data analysis process executed by the CPU 2 will be described with reference to the flowcharts shown in FIGS.

【0032】図4において、まず、CPU2は、データ
分析の対象とするデータベースの指定を促すデータベー
ス指定画面を表示装置5に表示させ、データ分析の対象
とするデータベースが指定されると(ステップS1)、
その指定されたデータベースに対応する形式の分析キー
と計算項目のレコード形式テーブルが記憶媒体8内に設
定されているか否かを判別する(ステップS2)。設定
されていれば、ステップS4に移行し、設定されていな
ければ、その指定されたデータベースに設定された集計
項目から分析キー項目のグループ分けの設定と計算項目
を設定して、図3(b)に示した分析キーと計算項目の
レコード形式テーブルにして記憶媒体8に記憶する(ス
テップS3)。
In FIG. 4, first, the CPU 2 causes the display device 5 to display a database designation screen for prompting designation of a database to be subjected to data analysis, and when a database to be subjected to data analysis is designated (step S1). ,
It is determined whether or not an analysis key of a format corresponding to the designated database and a record format table of calculation items are set in the storage medium 8 (step S2). If it is set, the process proceeds to step S4. If not, the setting of the analysis key item grouping and the calculation item are set from the total item set in the designated database, and FIG. ) Is stored in the storage medium 8 as a record format table of the analysis key and the calculation item (step S3).

【0033】次いで、分析キーと計算項目のレコード形
式テーブルに設定された分析キー項目のグループ数に応
じた選択ボタンを分析ブラウザ画面構成内に縦軸(y
軸:行方向)と横軸(x軸:列方向)に配置するように
RAM4内に展開する(ステップS4)。そして、RA
M4内に格納された図2(b)に示したグループ別階層
指定状態テーブル4bの各グループA〜Dに第0階層を
設定する(ステップS5)。
Next, a selection button corresponding to the number of groups of the analysis key items set in the record format table of the analysis key and the calculation item is displayed on the vertical axis (y
The data is developed in the RAM 4 so as to be arranged on the axis (row direction) and the horizontal axis (x axis: column direction) (step S4). And RA
The 0th hierarchy is set to each of the groups A to D in the group-specific hierarchy designation state table 4b shown in FIG. 2B stored in M4 (step S5).

【0034】上記ステップS4において分析ブラウザ画
面構成内の縦軸と横軸に配置した選択ボタンに第0階層
の分析キー項目名(品目、営業所、取引先、年)を設定
して表示装置5に分析ブラウザ画面を表示する(ステッ
プS6)。次いで、指定されたデータベース内の全レコ
ードを対象にして計算項目のデータを計算して、すなわ
ち、図3(b)に示した分析キーと計算項目のレコード
形式テーブルに設定された計算項目「売上、構成比」を
全レコードについて計算して(ステップS7)、分析ブ
ラウザ画面内に表形式で表示する(ステップS8)。
In step S4, the analysis key item names (item, sales office, business partner, year) of the 0th hierarchy are set to the selection buttons arranged on the vertical axis and the horizontal axis in the analysis browser screen configuration, and the display device 5 Then, an analysis browser screen is displayed (step S6). Next, the data of the calculation item is calculated for all the records in the designated database, that is, the calculation key “sales” set in the record format table of the analysis key and the calculation item shown in FIG. , Composition ratio ”is calculated for all records (step S7) and displayed in a table format on the analysis browser screen (step S8).

【0035】このステップS4〜ステップS8の処理に
より表示装置5に表示された分析ブラウザのトップ画面
の一例を図6に示す。この図6に示す分析ブラウザのト
ップ画面では、その行方向(y軸)と列方向(x軸)に
配置された各選択ボタンには、指定されたデータベース
からグループ分けされた第0階層の分析キー項目である
「品目、営業所、取引先、年」が設定されるとともに、
計算項目「売上、構成比」が表形式で表示されている。
FIG. 6 shows an example of the top screen of the analysis browser displayed on the display device 5 by the processing of steps S4 to S8. On the top screen of the analysis browser shown in FIG. 6, each of the selection buttons arranged in the row direction (y-axis) and the column direction (x-axis) has the analysis of the 0th hierarchy grouped from the designated database. Key items "item, sales office, business partner, year" are set,
Calculation items “sales, composition ratio” are displayed in a table format.

【0036】次いで、図6に示した分析ブラウザのトッ
プ画面において行方向あるいは列方向の選択ボタン操作
の有無を判別し(ステップS9)、選択ボタンが操作さ
れると、その操作された行方向あるいは列方向の選択ボ
タンに設定されたキー項目を選択キーとして特定し、こ
の特定した選択キー項目をRAM4内に格納された図2
(a)の選択状態テーブル4aに記憶する(ステップS
10)。そして、その選択されたキー項目が該当するグ
ループ別階層指定状態テーブル4b内のグループを+1
更新する(ステップS11)。
Next, it is determined whether or not a row or column selection button is operated on the top screen of the analysis browser shown in FIG. 6 (step S9). When the selection button is operated, the operated row or column direction is determined. The key item set in the column direction selection button is specified as a selection key, and the specified selection key item is stored in the RAM 4 in FIG.
(A) is stored in the selection state table 4a (Step S)
10). Then, the group in the group-specific hierarchy designation state table 4b to which the selected key item corresponds is incremented by +1.
Update (step S11).

【0037】ステップS10において特定した各選択キ
ー項目別にデータベース内のレコードを分類し(ステッ
プS12)、その分類別に計算項目のデータを計算して
(ステップS13)、その分類別の表形式で分析ブラウ
ザ画面内に表示する(ステップS14)。この各選択キ
ー項目別にデータベース内のレコードを分類して計算し
た結果を表示した分析ブラウザ画面の一例を図7に示
す。この図7に示す分析ブラウザ画面では、図6の分析
ブラウザのトップ画面において、行の掘り下げキーとし
て「品目」キーが選択されて、掘り下げ処理を実行し
て、その品目として「電卓」と「時計」毎にレコードを
分類して「売上」と「構成比」とを計算した結果を表形
式で表示した場合を示している。
The records in the database are classified according to each selection key item specified in step S10 (step S12), the data of the calculation item is calculated according to the classification (step S13), and the analysis browser is displayed in a table form according to the classification. It is displayed on the screen (step S14). FIG. 7 shows an example of an analysis browser screen that displays the results of calculations by classifying records in the database for each of the selection key items. In the analysis browser screen shown in FIG. 7, on the top screen of the analysis browser shown in FIG. 6, the "item" key is selected as a row digging key, a digging process is executed, and "calculator" and "clock" , The results of calculating the “sales” and “composition ratio” by classifying the records for each “” are displayed in a table format.

【0038】また、図7に示す分析ブラウザ画面では、
図6の分析ブラウザ画面において、行の掘り下げキーと
して「品目」が選択された結果、その行の掘り下げキー
表示領域には、「品目」が該当するグループの第0階層
「品目」から1階層下がった第1階層の分析キー項目
「ジャンル」が選択ボタンとして表示されるとともに、
その列の掘り下げキー表示領域では、列側の「品目」選
択ボタンが選択されたため「品目」選択ボタンが消去さ
れる。また、図7に示す分析ブラウザ画面では、表形式
で品目欄に表示した「電卓」と「時計」の各項目部分に
も選択操作可能な項目ボタンが設定されている。
In the analysis browser screen shown in FIG.
In the analysis browser screen of FIG. 6, “item” is selected as a key to drill down into a row, and as a result, the key to be drilled down in the row is displayed one level down from the 0th layer “item” of the group to which “item” corresponds. The analysis key item "genre" of the first level is displayed as a selection button,
In the in-depth key display area of the row, the “item” selection button is deleted because the “item” selection button on the row side is selected. Also, on the analysis browser screen shown in FIG. 7, item buttons that can be selected and operated are set in each item portion of “calculator” and “clock” displayed in the item column in a table format.

【0039】次いで、図7に示したようなデータベース
を選択された掘り下げ項目で分類して計算結果を表形式
で表示した分析ブラウザ画面において、行、及び列の掘
り下げキー表示領域における選択ボタンの操作、あるい
は表形式表示領域内における項目ボタンの操作の有無を
判別する(ステップS15)。ボタンが操作されると、
その操作されたボタンが行、及び列の掘り下げキー表示
領域における分析キー項目の選択ボタンが操作されたか
否かを判別する(ステップS16)。分析キー項目の選
択ボタンが操作された場合は、ステップS18の処理に
移行し、分析キー項目の選択ボタンが操作されず、表内
の項目ボタンが選択操作された場合は、その選択項目デ
ータをRAM4内に格納された図2(c)の抽出条件テ
ーブル4cに該当キー項目のデータとして記憶させて
(ステップS17)、ステップS15のボタン操作判別
処理に戻る。
Next, on the analysis browser screen in which the database as shown in FIG. 7 is classified according to the selected digging item and the calculation result is displayed in a table format, the operation of the selection button in the row and column digging key display area Alternatively, it is determined whether or not an item button has been operated in the tabular display area (step S15). When the button is operated,
It is determined whether or not the operated button has been operated to select the analysis key item in the row and column digging key display area (step S16). If the selection button of the analysis key item is operated, the process proceeds to step S18. If the selection button of the analysis key item is not operated and the item button in the table is selected, the selected item data is deleted. The data of the corresponding key item is stored in the extraction condition table 4c of FIG. 2C stored in the RAM 4 (step S17), and the process returns to the button operation determination process of step S15.

【0040】分析キー項目の選択ボタンが操作された場
合は、ステップS18において、その操作された分析キ
ー項目ボタンが選択済の軸、すなわち、上記ステップS
10の処理において選択状態テーブル4aに記憶された
選択済の行側(x軸)あるいは列側(y軸)のボタンで
あるか否かを判別する。選択済の軸のボタンが操作され
ない場合は、ステップS27の処理に移行し、選択済の
軸のボタンが操作された場合は、直前のボタン操作で選
択された項目データが抽出条件テーブル4cに記憶され
ているか否かをチェックする(ステップS19)。抽出
条件テーブル4cに選択された項目データが記憶されて
いなければ、上記ステップS15のボタン操作判別処理
に戻る。抽出条件テーブル4cに選択された項目データ
が記憶されていれば、当該操作された選択ボタンが、選
択状態テーブル4aに記憶されたx軸あるいはy軸の選
択ボタンの選択キー項目名と同一であるか否かをチェッ
クする(ステップS20)。
When the analysis key item selection button is operated, in step S18, the operated analysis key item button is selected on the selected axis, that is, in step S18.
In the process of 10, it is determined whether or not the selected row side (x axis) or column side (y axis) button stored in the selection state table 4a. If the button of the selected axis has not been operated, the process proceeds to step S27. If the button of the selected axis has been operated, the item data selected by the previous button operation is stored in the extraction condition table 4c. It is checked whether or not it has been performed (step S19). If the selected item data is not stored in the extraction condition table 4c, the process returns to the button operation determination processing in step S15. If the selected item data is stored in the extraction condition table 4c, the operated selection button is the same as the selection key item name of the x-axis or y-axis selection button stored in the selection state table 4a. It is checked whether it is (Step S20).

【0041】当該操作された選択ボタンが、選択状態テ
ーブル4aに記憶された選択キー項目名と同一でない場
合は、上記ステップS10の操作された選択ボタンの選
択キー項目を特定する処理に戻る。当該操作された選択
ボタンが、選択状態テーブル4aに記憶された選択キー
項目名と同一である場合は、さらに、当該操作された選
択ボタンが、選択済の軸と同一軸であるか否かをチェッ
クする(ステップS21)。当該操作された選択ボタン
が選択済の軸と同一軸でない場合は、ステップS26の
処理に移行し、当該操作された選択ボタンが選択済の軸
と同一軸である場合は、図3(b)に示した分析キーと
計算項目のレコード形式テーブル内の分析キー欄に設定
された同一グループ内の下位階層である第1階層の分析
キー項目を選択キー項目として特定する(ステップS2
2)。
If the operated selection button is not the same as the selection key item name stored in the selection state table 4a, the process returns to step S10 for specifying the selection key item of the operated selection button. When the operated selection button is the same as the selection key item name stored in the selection state table 4a, it is further determined whether or not the operated selection button is the same axis as the selected axis. Check (step S21). If the operated selection button is not the same axis as the selected axis, the process proceeds to step S26, and if the operated selection button is the same axis as the selected axis, FIG. The analysis key item of the first hierarchy which is the lower hierarchy in the same group set in the analysis key column in the record key table of the analysis key and the calculation item shown in (1) is specified as the selection key item (step S2).
2).

【0042】次いで、その選択された分析キー項目が該
当するグループ別階層指定状態テーブル4b内のグルー
プを+1更新し(ステップS23)、ステップS22の
処理で特定した選択キー項目により選択状態テーブル4
a内の記憶内容を更新する(ステップS24)。そし
て、抽出条件テーブル4cに記憶された選択キー項目の
抽出条件に合致する当該データベース内のレコード範囲
を特定して(ステップS25)、上記ステップS12の
処理に戻って、ステップS12〜ステップS14に示し
た処理を実行することにより、特定したレコード範囲の
各選択キー項目別にデータベース内のレコードを分類
し、その分類別に計算項目のデータを計算して、その分
類別の表形式で分析ブラウザ画面内に表示する。この特
定したレコード範囲の各選択キー項目別にデータベース
内のレコードを分類して計算した結果を表示した分析ブ
ラウザ画面の一例を図8に示す。
Next, the group in the group-specific hierarchy designation state table 4b to which the selected analysis key item corresponds is updated by +1 (step S23), and the selection state table 4 is selected by the selection key item specified in the processing of step S22.
The content stored in a is updated (step S24). Then, a record range in the database that matches the extraction condition of the selection key item stored in the extraction condition table 4c is specified (step S25), and the process returns to the step S12, and is shown in steps S12 to S14. By performing the above processing, the records in the database are classified according to each selection key item of the specified record range, the data of the calculation item is calculated according to the classification, and the data is calculated in the analysis browser screen in the form of a table according to the classification. indicate. FIG. 8 shows an example of an analysis browser screen that displays the results of sorting and calculating the records in the database for each selected key item in the specified record range.

【0043】この図8に示す分析ブラウザ画面では、図
7の分析ブラウザ画面において、表形式内の品目「電
卓」ボタンが選択され、行の掘り下げキーとして「営業
所」キーが選択されて、掘り下げ処理を実行して、その
品目として「電卓」と「営業所」毎にレコードを分類し
て「売上」と「構成比」とを計算した結果を表形式で表
示した場合を示している。
In the analysis browser screen shown in FIG. 8, in the analysis browser screen shown in FIG. 7, the item "calculator" button in the table format is selected, and the "sales office" key is selected as the row down key, and A case is shown in which the processing is executed, the records are classified into “calculator” and “sales office” as the items, and the results of calculating “sales” and “composition ratio” are displayed in a table format.

【0044】また、図8に示す分析ブラウザ画面では、
図7の分析ブラウザ画面において、行の掘り下げキーと
して「営業所」が選択された結果、その行の掘り下げキ
ー表示領域には、「営業所」が該当するグループの第0
階層「営業所」から1階層下がった第1階層の分析キー
項目「担当者」が選択ボタンとして表示されるととも
に、その列の掘り下げキー表示領域では、列側の「営業
所」選択ボタンが選択されたため「営業所」選択ボタン
が消去される。また、図8に示す分析ブラウザ画面で
は、表形式で営業所欄に表示した「中央営業所」と「新
宿営業所」の各項目部分にも選択操作可能な項目ボタン
が設定されている。
On the analysis browser screen shown in FIG.
In the analysis browser screen of FIG. 7, as a result of selecting “sales office” as a drilling key for a row, the “digging office” of the group corresponding to “sales office” is displayed in the drilling key display area of the row.
The analysis key item "person in charge" of the first hierarchy one level lower than the hierarchy "sales office" is displayed as a selection button, and the "sales office" selection button on the column side is selected in the drilling key display area of that column. The "sales office" selection button is deleted. Also, on the analysis browser screen shown in FIG. 8, selectable item buttons are set for each item portion of “Chuo Office” and “Shinjuku Office” displayed in the office field in a table format.

【0045】また、上記ステップS21の処理におい
て、当該操作された選択ボタンが選択済の軸と同一軸で
ない場合は、ステップS26に移行して、x軸(列方
向)とy軸(行方向)の選択ボタンが操作された分析キ
ー項目の選択内容を軸方向で反転し、その軸方向で反転
した分析キー項目の選択内容を選択状態テーブル4aに
記憶して、上記ステップS12の処理に戻って、ステッ
プS12〜ステップS14に示した処理を実行すること
により、その選択状態テーブル4aに記憶したx軸(列
方向)とy軸(行方向)の分析キー項目別にデータベー
ス内のレコードを分類し、その分類別に計算項目のデー
タを計算して、その分類別の表形式で分析ブラウザ画面
内に表示する。
If it is determined in step S21 that the operated selection button is not the same axis as the selected axis, the process proceeds to step S26, where the x-axis (column direction) and the y-axis (row direction) are used. The selection content of the analysis key item whose selection button has been operated is inverted in the axial direction, the selected content of the analysis key item inverted in the axial direction is stored in the selection state table 4a, and the process returns to step S12. By executing the processing shown in steps S12 to S14, the records in the database are classified according to the analysis key items of the x-axis (column direction) and the y-axis (row direction) stored in the selection state table 4a, The calculation item data is calculated for each classification and displayed in the analysis browser screen in a table format for each classification.

【0046】このx軸(列方向)とy軸(行方向)の選
択ボタンが操作された分析キー項目の選択内容を軸方向
で反転し、その軸方向で反転した分析キー項目別にデー
タベース内のレコードを分類し、その分類別に計算項目
のデータを計算して、その分類別の表形式で表示した分
析ブラウザ画面の一例を図9に示す。
The selection contents of the analysis key items whose x-axis (column direction) and y-axis (row direction) selection buttons are operated are inverted in the axis direction, and the analysis key items inverted in the axis direction are stored in the database in the database. FIG. 9 shows an example of an analysis browser screen in which records are classified, calculation item data is calculated for each classification, and the data is displayed in a table format for each classification.

【0047】この図9に示す分析ブラウザ画面では、図
8の分析ブラウザ画面において、列の掘り下げキーとし
て「年」キーが選択されて、掘り下げ処理を実行して、
その品目「電卓」について営業所「中央営業所」と「新
宿営業所」別に、「売上」と「構成比」を年度別に分類
して計算した結果を表形式で表示した場合を示してい
る。
In the analysis browser screen shown in FIG. 9, in the analysis browser screen shown in FIG. 8, the "year" key is selected as a key to drill down into a row, and a drilling process is executed.
The table shows the results of calculating the “sales” and “composition ratio” of the item “calculator” by classifying them by the sales offices “Chuo Office” and “Shinjuku Office” by year and displaying them in a table format.

【0048】また、図9に示す分析ブラウザ画面では、
図8の分析ブラウザ画面において、列の掘り下げキーと
して「年」が選択された結果、その列の掘り下げキー表
示領域には、「年」が該当するグループの第0階層
「年」から1階層下がった第1階層の分析キー項目「年
月」が選択ボタンとして表示されるとともに、その行の
掘り下げキー表示領域では、列側の「年」選択ボタンが
選択されたため「年」選択ボタンが消去される。また、
図9に示す分析ブラウザ画面では、表形式で年欄に表示
した「1995年」と「1996年」の各項目部分にも
選択操作可能な項目ボタンが設定されている。
On the analysis browser screen shown in FIG.
As a result of selecting “year” as the key to drill down in the analysis browser screen of FIG. 8, the key to be drilled down in the row is displayed in the area of the key to be drilled down one layer from the 0th layer “year” of the group to which “year” corresponds. The analysis key item “Year / Month” of the first level is displayed as a selection button, and the “Year” selection button is deleted in the indentation key display area of that row because the “Year” selection button on the column side is selected. You. Also,
In the analysis browser screen shown in FIG. 9, item buttons that can be selected and operated are set for each of the item parts “1995” and “1996” displayed in the year column in a table format.

【0049】また、上記ステップS18の処理におい
て、当該操作されたボタンが選択済の軸のボタンでない
場合は、ステップS27に移行して、当該操作された選
択ボタンに設定された分析キー項目が選択済軸(x軸あ
るいはy軸)のグループと同一の選択ボタンであるか否
かを判別する。当該操作された選択ボタンに設定された
分析キー項目が選択済軸(x軸あるいはy軸)のグルー
プと同一である場合は、上記ステップS15のボタン操
作判別処理に戻る。当該操作された選択ボタンに設定さ
れた分析キー項目が選択済軸(x軸あるいはy軸)のグ
ループと同一でない場合は、上記ステップS10の処理
に戻って、当該操作された選択ボタンに設定された分析
キー項目を選択キーとして特定する。
If the operated button is not the selected axis button in the process of step S18, the process proceeds to step S27, where the analysis key item set in the operated selected button is selected. It is determined whether the selected button is the same as the selected button in the group of the finished axes (x-axis or y-axis). If the analysis key item set for the operated selection button is the same as the group of the selected axis (x-axis or y-axis), the process returns to the button operation determination processing in step S15. If the analysis key item set for the operated selection button is not the same as the group of the selected axis (x-axis or y-axis), the process returns to step S10, and the operation button is set for the operated selection button. The specified analysis key item is specified as a selection key.

【0050】そして、その選択されたキー項目が該当す
るグループ別階層指定状態テーブル4b内のグループを
+1更新し(ステップS11)、ステップS10におい
て特定した各選択キー項目別にデータベース内のレコー
ドを分類し(ステップS12)、その分類別に計算項目
のデータを計算して(ステップS13)、その分類別の
表形式で分析ブラウザ画面内に表示する(ステップS1
4)。
Then, the group in the group-specific hierarchy designation state table 4b to which the selected key item corresponds is updated by +1 (step S11), and the records in the database are classified according to each selected key item specified in step S10. (Step S12), the data of the calculation item is calculated for each category (Step S13), and displayed in the analysis browser screen in a table format for each category (Step S1).
4).

【0051】以上のように、データ分析処理を実行する
ことにより、集計表に係るデータベースについて集計項
目を分析キー項目としてグループ分けするとともに、各
分析キー項目を該当するグループ内で階層関係を設定
し、そのグループ分けされた分析キー項目を掘り下げ処
理を指示する選択ボタンに設定して行方向(y軸)と列
方向(x軸)に配置した分析ブラウザ画面を表示装置5
に表示したことにより、集計表を任意の集計項目に分類
集計する際の操作が選択ボタン操作だけと簡便にするこ
とができ、そのデータベースにおいてグループ別に階層
化された下位階層の集計項目への分類集計処理を容易に
することができる。
As described above, by executing the data analysis processing, the totalization items are grouped as the analysis key items in the database relating to the totalization table, and each analysis key item is set to a hierarchical relationship within the corresponding group. The analysis browser screen in which the grouped analysis key items are set as selection buttons for instructing a drilling process and arranged in the row direction (y-axis) and the column direction (x-axis) is displayed on the display device 5.
, It is possible to simplify the operation of categorizing and summarizing the totals table into arbitrary total items by simply selecting the buttons, and to categorize the lower-level total items organized by group in the database. Aggregation processing can be facilitated.

【0052】次に、上記データ分析処理により分析ブラ
ウザ画面内に表形式で表示されたデータベースにおい
て、その分析ブラウザ画面に設定された分析キー項目以
外のグループが、図示しないスライスボタン操作により
指定された際に、CPU2により実行されるスライスボ
タン処理について図10に示すフローチャートに基づい
て説明する。
Next, in the database displayed in a table format in the analysis browser screen by the data analysis processing, a group other than the analysis key items set on the analysis browser screen is designated by a slice button operation (not shown). At this time, the slice button processing executed by the CPU 2 will be described based on the flowchart shown in FIG.

【0053】すなわち、上記データ分析処理では分析ブ
ラウザ画面内に配置した分析キー項目の選択ボタンの選
択によりx軸とy軸の二次元方向にレコードを分類集計
する場合を示したが、このスライスボタン処理では、図
示しないスライスボタン操作により分析ブラウザ画面内
に配置されていない分析データを含むグループを指定す
ることによりz軸の三次元方向にレコードを分類集計す
る場合について説明する。
That is, in the data analysis process, the case where records are classified and tabulated in the two-dimensional directions of the x-axis and the y-axis by selecting the analysis key item selection button arranged in the analysis browser screen has been described. In the processing, a case will be described in which records are classified and tabulated in the three-dimensional direction of the z-axis by specifying a group including analysis data not arranged in the analysis browser screen by operating a slice button (not shown).

【0054】図10において、まず、CPU2は、上記
図6〜図9に示したような分析ブラウザ画面において、
図示しないスライスボタン操作により選択キー項目以外
の他の選択キー項目を含むグループが特定されると(ス
テップS31)、その特定されたグループに含まれるキ
ー項目のデータリストとして、例えば、図11に示すよ
うな取引先データリストのサブウインドウを表示する
(ステップS32)。このサブウインドウにおいて項目
データが選択されると(ステップS33)、その選択さ
れた項目データを上記図2(c)の抽出条件テーブル4
c内の該当キー項目のデータとして記憶する(ステップ
S34)。そして、抽出条件テーブル4cに記憶された
各選択項目データの抽出条件に合致する当該データベー
ス内のレコードの範囲を特定する(ステップS35)。
In FIG. 10, first, the CPU 2 displays an analysis browser screen as shown in FIGS.
When a group including a selection key item other than the selection key item is specified by a slice button operation (not shown) (step S31), a data list of key items included in the specified group is shown in, for example, FIG. A sub-window of such a supplier data list is displayed (step S32). When item data is selected in this sub-window (step S33), the selected item data is stored in the extraction condition table 4 shown in FIG.
It is stored as the data of the corresponding key item in c (step S34). Then, a range of records in the database that matches the extraction condition of each selection item data stored in the extraction condition table 4c is specified (step S35).

【0055】このレコードの範囲を特定した後、上記図
4のステップS12の処理に移行て、ステップS12〜
ステップS14に示した処理を実行することにより、特
定したレコード範囲の各選択キー項目別にデータベース
内のレコードを分類し、その分類別に計算項目のデータ
を計算して、その分類別の表形式で分析ブラウザ画面内
に表示する。
After specifying the range of the record, the process proceeds to step S12 in FIG.
By executing the processing shown in step S14, the records in the database are classified for each selected key item in the specified record range, the data of the calculation item is calculated for each classification, and the data is analyzed in a table format for each classification. Display in the browser screen.

【0056】次に、上記データ分析処理において分析ブ
ラウザ画面内で選択される分析キー項目の選択状態をグ
ループ別に表示するためにCPU2により実行されるグ
ループ階層表示処理について図12に示すフローチャー
トに基づいて説明する。
Next, the group hierarchy display processing executed by the CPU 2 to display the selected state of the analysis key item selected in the analysis browser screen in the data analysis processing for each group will be described with reference to the flowchart shown in FIG. explain.

【0057】図12において、まず、CPU2は、上記
図6に示した分析ブラウザのトップ画面においてx軸
(列方向)に配置された複数の選択ボタンのうち選択中
のボタンを赤で表示し、y軸(行方向)に配置された複
数の選択ボタンのうち選択中のボタンを青で表示する
(ステップS41)。次いで、上記図2(c)の抽出条
件テーブル4cに記憶された内容(分析キー項目)、す
なわち、選択された分析キー項目の内容を図13(a)
に示すようにグループ別の表示枠内に表示し(ステップ
S42)、これら各グループ表示枠のうちx軸において
選択中のボタンに設定された分析キー項目を含むグルー
プ表示枠の背景を赤で表示し、y軸ににおいて選択中の
ボタンに設定された分析キー項目を含むグループ表示枠
の背景を青で表示し、その他の選択されていないボタン
に設定された分析キー項目を含むグループ表示枠の背景
をグレーで表示する(ステップS43)。
In FIG. 12, first, the CPU 2 displays, in red, a selected button among a plurality of selection buttons arranged on the x-axis (in the column direction) on the top screen of the analysis browser shown in FIG. The selected button among the plurality of selection buttons arranged on the y-axis (row direction) is displayed in blue (step S41). Next, the contents (analysis key items) stored in the extraction condition table 4c of FIG. 2C, that is, the contents of the selected analysis key items are shown in FIG.
(Step S42), and the background of the group display frame including the analysis key item set to the button selected on the x-axis in each of the group display frames is displayed in red. Then, the background of the group display frame including the analysis key item set to the selected button on the y-axis is displayed in blue, and the group display frame including the analysis key item set to the other non-selected buttons is displayed. The background is displayed in gray (step S43).

【0058】次いで、上記図2(a)の選択状態テーブ
ル4aに記憶された選択キー項目部分を反転表示すると
ともに(ステップS44)、上記スライスボタン処理に
おいて特定された選択キー項目を黄で表示して(ステッ
プS45)、本グループ階層表示処理を終了する。
Next, the selection key item portion stored in the selection state table 4a of FIG. 2A is highlighted (step S44), and the selection key item specified in the slice button processing is displayed in yellow. (Step S45), and the group hierarchy display processing ends.

【0059】図13(a)に示すグループ別表示枠で
は、抽出条件テーブル4cに記憶された分析キー項目の
内容を、グループ1〜グループ4の4つのグループ別表
示枠に表示した場合を示しており、グループ1表示枠に
は分析キー項目として「品目(電卓)、ジャンル()、
製品()」が設定され、そのグループ1内の分析キー項
目は選択されていないため背景がグレーで表示され、グ
ループ2表示枠には分析キー項目として「営業所()、
担当()」が表示され、そのグループ2内の分析キー項
目「営業所()」がy軸側で選択されているため背景が
青で表示されるとともに、その選択キー項目が反転表示
されている。また、グループ3表示枠には分析キー項目
として「取引先()」が設定され、そのグループ3内の
分析キー項目は選択されていないため背景がグレーで表
示され、グループ4表示枠には分析キー項目として「年
()、年月()」が表示され、そのグループ4内の分析
キー項目「営業所()」がx軸側で選択されているため
背景が赤で表示されるとともに、その選択キー項目が反
転表示されている。
The display frame for each group shown in FIG. 13A shows a case where the contents of the analysis key items stored in the extraction condition table 4c are displayed in four display frames for each of groups 1 to 4. In the group 1 display frame, the analysis key items "item (calculator), genre (),
Product () ”is set, and the analysis key items in Group 1 are not selected, so the background is displayed in gray, and the Group 2 display frame has“ Sales Office (),
"Responsibility ()" is displayed, and since the analysis key item "Sales office ()" in the group 2 is selected on the y-axis side, the background is displayed in blue and the selected key item is highlighted. I have. In the group 3 display frame, “business partner ()” is set as an analysis key item. Since the analysis key item in the group 3 is not selected, the background is displayed in gray and the analysis key item is displayed in the group 4 display frame. "Year (), year, month ()" are displayed as key items, and the analysis key item "Sales office ()" in the group 4 is selected on the x-axis side, so that the background is displayed in red and The selection key item is highlighted.

【0060】そして、同図(b)に示すグループ3表示
枠では、スライスボタンによる分析キー項目選択後の選
択キー項目として、特定された取引先の「(B社)」を
黄で表示した状態を示している。
Then, in the group 3 display frame shown in FIG. 7B, the specified supplier "(company B)" is displayed in yellow as a selection key item after the analysis key item is selected by the slice button. Is shown.

【0061】なお、以上のグループ階層表示処理は、上
記データ分析処理において選択キー項目の選択、及びス
ライスボタンの操作が行われる毎に繰返し実行されるも
のである。
The above-described group hierarchy display processing is repeatedly executed every time a selection key item is selected and a slice button is operated in the data analysis processing.

【0062】以上のように、グループ階層表示処理を実
行することにより、上記データ分析処理において分析ブ
ラウザ画面で選択される選択キー項目が該当するグルー
プ別階層位置を表示して、分析データ項目の選択状態を
視覚的に認識させることができる。
As described above, by executing the group hierarchy display processing, the group hierarchical position corresponding to the selection key item selected on the analysis browser screen in the data analysis processing is displayed, and the analysis data item is selected. The state can be visually recognized.

【0063】次に、上記データ分析処理において分析ブ
ラウザ画面内に表形式で表示されたデータベースレコー
ドの項目配置を変更する際にCPU2により実行される
項目配置処理について図14に示すフローチャートに基
づいて説明する。
Next, the item arrangement process executed by the CPU 2 when changing the item arrangement of the database record displayed in the table format in the analysis browser screen in the data analysis process will be described with reference to the flowchart shown in FIG. I do.

【0064】図14において、まず、CPU2は、項目
配置処理を選択するための選択ウインドウを表示装置5
に表示する(ステップS51)。この選択ウインドウの
表示例を図15に示す。この図15に示す選択ウインド
ウでは、選択可能な処理内容として「表示形式、並べ替
え、警告表示、構成比率、表示制限、項目配置」を表示
した場合を示している。
In FIG. 14, first, the CPU 2 displays a selection window for selecting an item arrangement process on the display device 5.
(Step S51). FIG. 15 shows a display example of this selection window. The selection window shown in FIG. 15 shows a case where “display format, rearrangement, warning display, composition ratio, display restriction, item arrangement” is displayed as selectable processing contents.

【0065】この選択ウインドウにおいてマウスのクリ
ック操作により「項目配置」が選択されると、図15に
示す項目配置方法を選択するための項目配置ウインドウ
を表示する(ステップS52)。この図15に示す項目
配置ウインドウでは、選択可能な項目の配置方法として
「横一列に配置、縦一列に配置、複数行に配置」を表示
するとともに、一行の項目数指定枠を表示した場合を示
している。
When "item arrangement" is selected by a mouse click operation in this selection window, an item arrangement window for selecting an item arrangement method shown in FIG. 15 is displayed (step S52). In the item arrangement window shown in FIG. 15, "arrangement in one row, arrangement in one column, arrangement in a plurality of rows" is displayed as an arrangement method of selectable items, and an item number designation frame in one line is displayed. Is shown.

【0066】この項目配置ウインドウにおいて項目配置
方法が選択されると、その選択された項目配置方法を判
別する(ステップS53)。項目配置方法として「横一
列に配置」が選択された場合は、データベース内の計算
項目のラベルを横に配列し(ステップS54)、各レコ
ードの計算項目の集計データを該当するラベルの下に横
に配列する(ステップS55)。この集計データの横配
列を全レコードについて繰返し実行し(ステップS5
6)、全レコードの集計データの横配列が終了したこと
を確認すると、その横配列した各レコード単位で太枠線
で括って表形式で表示して(ステップS65)、本項目
配置処理を終了する。
When an item arranging method is selected in the item arranging window, the selected item arranging method is determined (step S53). When "arrange horizontally" is selected as the item arrangement method, the labels of the calculation items in the database are arranged horizontally (step S54), and the total data of the calculation items of each record is arranged below the corresponding label. (Step S55). This horizontal arrangement of the aggregated data is repeatedly executed for all records (step S5).
6) When it is confirmed that the horizontal arrangement of the total data of all the records has been completed, each record in the horizontal arrangement is displayed in a tabular form by enclosing it in a bold frame line (step S65), and this item arrangement processing ends. I do.

【0067】この項目配置方法として「横一列に配置」
が選択された場合のデータベースの表示例を図18に示
す。
As the item arrangement method, "arrange in a horizontal line"
FIG. 18 shows a display example of the database when is selected.

【0068】また、項目配置方法として「縦一列に配
置」が選択された場合は、データベース内の計算項目の
ラベルを縦に配列し(ステップS57)、各レコードの
計算項目の集計データを該当するラベルの横に縦に配列
する(ステップS58)。この集計データの縦配列を全
レコードについて繰返し実行し(ステップS59)、全
レコードの集計データの縦配列が終了したことを確認す
ると、その縦配列した各レコード単位で太枠線で括って
表形式で表示して(ステップS65)、本項目配置処理
を終了する。
When "arrange vertically" is selected as the item arrangement method, the labels of the calculation items in the database are arranged vertically (step S57), and the totalized data of the calculation items of each record corresponds. The labels are arranged vertically next to the labels (step S58). This vertical arrangement of the total data is repeatedly executed for all the records (step S59), and when it is confirmed that the vertical arrangement of the total data of all the records is completed, each record in the vertical arrangement is enclosed in a thick frame line in a table format. Is displayed (step S65), and this item arrangement processing ends.

【0069】この項目配置方法として「縦一列に配置」
が選択された場合のデータベースの表示例を図16に示
す。
As an item arrangement method, “arrange vertically”
FIG. 16 shows a display example of the database when is selected.

【0070】また、項目配置方法として「複数行に配
置」が選択された場合は、図15に示した項目配置ウイ
ンドウにおいて1行に配置する項目数を指定させ(ステ
ップS60)、その1行に配置する項目数により集計デ
ータを展開する行数を特定する(ステップS61)。そ
して、データベース内の計算項目のラベルを、特定した
行数に基づいて複数行、複数列に配列し(ステップS6
2)、各レコードの計算項目の集計データを該当するラ
ベルの位置に複数行、複数列に配列する(ステップS6
3)。この集計データの複数行、複数列の配列を全レコ
ードについて繰返し実行し(ステップS64)、全レコ
ードの集計データの複数行、複数列の配列が終了したこ
とを確認すると、その複数行、複数列に配列した各レコ
ード単位で太枠線で括って表形式で表示して(ステップ
S65)、本項目配置処理を終了する。
When "arrange in multiple lines" is selected as the item arrangement method, the number of items to be arranged in one line is designated in the item arrangement window shown in FIG. The number of rows in which the aggregate data is expanded is specified based on the number of items to be arranged (step S61). Then, the labels of the calculation items in the database are arranged in a plurality of rows and a plurality of columns based on the specified number of rows (step S6).
2), the total data of the calculation items of each record are arranged in a plurality of rows and a plurality of columns at the positions of the corresponding labels (step S6).
3). The array of plural rows and plural columns of the total data is repeatedly executed for all records (step S64). When it is confirmed that the arrangement of plural lines and plural columns of the total data of all records is completed, the plural rows and plural columns are confirmed. Are displayed in a tabular form with each record arranged in a tabular form (step S65), and the item arrangement processing ends.

【0071】この項目配置方法として「複数行に配置」
が選択された場合のデータベースの表示例を図17に示
す。
As the item arranging method, "arrange in plural lines"
FIG. 17 shows a display example of the database when is selected.

【0072】以上のように、項目配置処理を実行するこ
とにより、上記データ分析処理において分析ブラウザ画
面に表形式で表示されたデータベースの分類集計結果を
任意の項目配置形態で再配置することが容易にできるよ
うになる。
As described above, by executing the item arrangement processing, it is easy to rearrange the classification and aggregation results of the database displayed in a table format on the analysis browser screen in the data analysis processing in an arbitrary item arrangement form. Will be able to

【0073】以上のように、本実施の形態のコンピュー
タシステム1では、集計表に係るデータベースについて
集計項目を分析キー項目としてグループ分けするととも
に、各分析キー項目を該当するグループ内で階層関係を
設定し、そのグループ分けされた分析キー項目を掘り下
げ処理を指示する選択ボタンに設定して行方向(y軸)
と列方向(x軸)に配置した分析ブラウザ画面を表示装
置5に表示したことにより、集計表を任意の集計項目に
分類集計する際の操作が選択ボタン操作だけと簡便にな
り、そのデータベースにおいてグループ別に階層化され
た下位階層の集計項目への分類集計処理を容易にするこ
とができる。
As described above, in the computer system 1 of the present embodiment, in the database relating to the summary table, the summary items are grouped as the analysis key items, and each analysis key item is set to a hierarchical relationship within the corresponding group. Then, the grouped analysis key items are set as selection buttons for instructing the digging process, and the row direction (y-axis) is set.
And the analysis browser screen arranged in the column direction (x-axis) is displayed on the display device 5, so that the operation of classifying and summarizing the summary table into an arbitrary summary item is as simple as the operation of the select button, and the database can be easily displayed. It is possible to easily perform the classification and summarization process to the summation items of the lower hierarchy hierarchized by group.

【0074】したがって、従来は分類条件を記述した記
述式の変更や煩雑なウインドウ操作を必要とした所望の
集計項目によるデータベースの分類集計処理が、簡単な
ボタン操作だけで実行することができるようになり、そ
の分類集計処理に要するユーザーの手間と時間を削減す
ることができる。
Therefore, the classification and totaling process of the database based on the desired total item which conventionally required the change of the description formula describing the classification condition and the complicated window operation can be executed with only a simple button operation. Therefore, it is possible to reduce the user's labor and time required for the classification and aggregation process.

【0075】また、本実施の形態のコンピュータシステ
ム1では、上記スライスボタン処理を実行することによ
り、分析ブラウザ画面内に配置されていない分析データ
を含むグループを指定することを可能とし、z軸の三次
元方向にレコードを分類集計することを容易にできる。
Further, in the computer system 1 of the present embodiment, by executing the above-mentioned slice button processing, it is possible to specify a group including analysis data which is not arranged in the analysis browser screen, and the z-axis Records can be easily classified and tabulated in three-dimensional directions.

【0076】さらに、本実施の形態のコンピュータシス
テム1では、グループ階層表示処理を実行することによ
り、上記データ分析処理において分析ブラウザ画面で選
択される選択キー項目が該当するグループ別階層位置を
表示して、分析データ項目の選択状態を視覚的に認識さ
せることができる。
Further, in the computer system 1 of the present embodiment, by executing the group hierarchy display processing, the group hierarchical position corresponding to the selection key item selected on the analysis browser screen in the data analysis processing is displayed. Thus, the selection state of the analysis data item can be visually recognized.

【0077】また、上記データ分析処理では、x軸ある
いはy軸に配置された選択ボタンにより指定されている
分析キー項目に対して、他方の軸で同一の分析キー項目
が指定された場合は、そのx軸とy軸で指定されている
分析キー項目を交換し、その交換した分析キー項目によ
りレコードを分類集計することを可能としたため、二次
件に配置された分析キー項目に対応する選択ボタンを操
作するだけで分類集計する軸方向を簡単に変更指定する
ことができる。
In the above data analysis processing, when the same analysis key item is designated on the other axis with respect to the analysis key item designated by the selection button arranged on the x-axis or the y-axis, Since the analysis key items specified by the x-axis and the y-axis are exchanged, and records can be classified and totalized by the exchanged analysis key items, selection corresponding to the analysis key items arranged in the secondary case is performed. The axis direction for sorting and totaling can be easily changed and designated simply by operating a button.

【0078】さらにまた、本実施の形態のコンピュータ
システム1では、項目配置処理を実行することにより、
上記データ分析処理において分析ブラウザ画面に表形式
で表示されたデータベースの分類集計結果を任意の項目
配置形態で再配置することを容易にできる。
Further, in the computer system 1 of the present embodiment, by executing the item arrangement processing,
In the data analysis process, it is possible to easily rearrange the classification / aggregation result of the database displayed in the table format on the analysis browser screen in an arbitrary item arrangement form.

【0079】[0079]

【発明の効果】請求項1記載の発明のデータ集計表示装
置によれば、集計表等のデータベースを任意のキー項目
により二次件方向に分類集計する際の操作がボタン操作
だけと簡便になり、そのデータベースにおいてグループ
別に階層化された下位階層の集計項目への分類集計処理
等を容易にすることができる。
According to the data tabulation display device of the first aspect of the present invention, the operation of classifying and tabulating a database such as a tabulation table in the secondary case direction by an arbitrary key item is as simple as a button operation. In addition, it is possible to easily perform a classification and totalizing process on the total items of the lower hierarchy hierarchized by groups in the database.

【0080】請求項2記載の発明のデータ集計表示装置
によれば、表示されていないキー項目を含むグループを
指定することを可能とし、三次元方向にレコードを分類
集計することを容易にできる。
According to the data totaling and displaying apparatus of the second aspect of the present invention, it is possible to specify a group including key items that are not displayed, and it is easy to sort and totalize records in three-dimensional directions.

【0081】請求項3記載の発明のデータ集計表示装置
によれば、指定されているキー項目の選択状態を確認す
ることができる。
According to the third aspect of the present invention, it is possible to confirm the selection state of the specified key item.

【0082】請求項4記載の発明のデータ集計表示装置
によれば、二次件に配置されたキー項目に対応する選択
ボタンを操作するだけで分類集計する軸方向を簡単に指
定変更することができる。
According to the data totaling display device of the fourth aspect of the present invention, it is possible to easily change the axis direction for classification and totaling by simply operating the selection button corresponding to the key item arranged in the secondary case. it can.

【0083】請求項5記載の発明のデータ集計表示装置
によれば、集計表等のデータベースを任意のキー項目に
より一次件方向に分類集計する際の操作がボタン操作だ
けと簡便になり、そのデータベースにおいてグループ別
に階層化された下位階層の集計項目への分類集計処理等
を容易にすることができる。
According to the data tabulation display device of the fifth aspect of the present invention, the operation of classifying and tabulating a database such as a tabulation table in the primary case direction by an arbitrary key item is as simple as a button operation. , It is possible to easily perform a classification and totalizing process on the total items of the lower hierarchy hierarchized by groups.

【0084】請求項6記載の発明のデータ集計表示装置
によれば、階層で区分されるキー項目の指定操作を同一
のボタン操作だけで容易に指定することができ、同一区
分内でキー項目を掘り下げてデータベースを分類集計す
る処理を容易に実行することができる。
According to the data totaling and displaying apparatus of the present invention, it is possible to easily designate the key items classified by hierarchy only by operating the same button, and to specify the key items within the same division. It is possible to easily execute the process of classifying and summarizing the database by drilling down.

【0085】請求項7記載の発明のデータ集計表示装置
によれば、同一区分内の下位階層のキー項目の操作状態
を操作ボタン上で確認することができる。
According to the data totaling and displaying apparatus of the present invention, it is possible to confirm the operation state of the key item of the lower hierarchy in the same section on the operation button.

【0086】請求項8記載の発明のデータ集計表示装置
によれば、所定のキー項目で分類集計された集計データ
を、異なる区分のキー項目指定により更に掘り下げて分
類集計する処理を容易に行うことができる。
According to the data tabulation display device of the present invention, it is possible to easily perform a process of further subdividing the tabulated data, which has been classified and tabulated by a predetermined key item, by specifying key items of different categories. Can be.

【0087】請求項9記載の発明のデータ集計表示装置
によれば、データベースを複数の項目データから分類集
計することができる。
According to the data totaling and displaying apparatus of the ninth aspect, the database can be classified and totalized from a plurality of item data.

【0088】請求項10、及び請求項11記載の発明の
データ集計表示装置によれば、指定された各項目データ
を見出しとして集計データを表形式で出力する際に、そ
の各項目データの配列形態を任意に指定して表形式で出
力することができる。
According to the data tabulation display device of the invention according to the tenth and eleventh aspects, when the tabulated data is output in the form of a table with each specified item data as a heading, the arrangement form of each item data Can be specified and output in a table format.

【0089】請求項12記載の発明の記憶媒体によれ
ば、集計表等のデータベースを任意のキー項目により二
次件方向に分類集計する際の操作をボタン操作だけと
し、そのデータベースにおいてグループ別に階層化され
た下位階層の集計項目への分類集計処理等を容易にする
プログラムをコンピュータで実行することができる。
According to the storage medium of the twelfth aspect of the present invention, when a database such as a tabulation table is classified and tabulated in the secondary case direction by an arbitrary key item, only button operation is performed, and the database is hierarchized for each group. A computer can be executed by a computer for facilitating the classification and totalizing process into the totalized items of the lower hierarchy.

【0090】請求項13記載の発明の記憶媒体によれ
ば、集計表等のデータベースを任意のキー項目により一
次件方向に分類集計する際の操作をボタン操作だけと
し、そのデータベースにおいてグループ別に階層化され
た下位階層の集計項目への分類集計処理等を容易にする
プログラムをコンピュータで実行することができる。
According to the storage medium of the thirteenth aspect of the present invention, when a database such as a tabulation table is classified and tabulated in the primary case direction by an arbitrary key item, only a button operation is performed, and the database is hierarchized for each group. A program can be executed by a computer for facilitating the classification and summarizing process into the summed items of the lower hierarchy.

【図面の簡単な説明】[Brief description of the drawings]

【図1】本発明を適用した一実施の形態におけるコンピ
ュータシステム1の要部構成を示すブロック図である。
FIG. 1 is a block diagram illustrating a main configuration of a computer system 1 according to an embodiment of the present invention.

【図2】図1のRAM4内に格納された各種テーブルを
示す図であり、(a)は選択状態テーブル4aを示す
図、(b)はグループ別階層指定状態テーブル4bを示
す図、(c)は抽出条件テーブル4cを示す図である。
FIGS. 2A and 2B are diagrams showing various tables stored in a RAM 4 of FIG. 1; FIG. 2A is a diagram showing a selection status table 4a; FIG. 2B is a diagram showing a group-specific hierarchy designation status table 4b; () Is a diagram showing an extraction condition table 4c.

【図3】図1の記憶媒体8に設定されるレコード形式を
示す図であり、(a)は分析用データベースのレコード
形式を示す図、(b)は分析キーと計算項目のレコード
形式を示す図である。
3A and 3B are diagrams showing a record format set in a storage medium 8 of FIG. 1, wherein FIG. 3A shows a record format of an analysis database, and FIG. 3B shows a record format of an analysis key and a calculation item. FIG.

【図4】図1のCPU2により実行されるデータ分析処
理の一部を示すフローチャートである。
FIG. 4 is a flowchart showing a part of a data analysis process executed by a CPU 2 of FIG. 1;

【図5】図4に続くデータ分析処理の一部を示すフロー
チャートである。
FIG. 5 is a flowchart showing a part of the data analysis process following FIG. 4;

【図6】図4のデータ分析処理において表示装置5に表
示された分析ブラウザのトップ画面を示す図である。
6 is a diagram showing a top screen of an analysis browser displayed on a display device 5 in the data analysis processing of FIG.

【図7】図6の分析ブラウザのトップ画面において行方
向の「品目」による掘り下げが実行された後に表示装置
5に表示された分析ブラウザ画面を示す図である。
FIG. 7 is a diagram showing an analysis browser screen displayed on the display device 5 after an in-depth “item” in the row direction is executed on the top screen of the analysis browser of FIG. 6;

【図8】図7の分析ブラウザ画面において行方向の「電
卓」と「営業所」による掘り下げが実行された後に表示
装置5に表示された分析ブラウザ画面を示す図である。
8 is a diagram showing an analysis browser screen displayed on the display device 5 after the “calculator” and the “sales office” in the row direction have been dug down in the analysis browser screen of FIG. 7;

【図9】図8の分析ブラウザ画面において列方向の
「年」による掘り下げが実行された後に表示装置5に表
示された分析ブラウザ画面を示す図である。
9 is a diagram showing the analysis browser screen displayed on the display device 5 after the drilling down by the “year” in the column direction is performed on the analysis browser screen of FIG. 8;

【図10】図1のCPU2により実行されるスライスボ
タン処理を示すフローチャートである。
FIG. 10 is a flowchart showing a slice button process executed by a CPU 2 of FIG. 1;

【図11】図10のスライスボタン処理により表示装置
5に表示される取引先データサブウインドウを示す図で
ある。
11 is a diagram showing a supplier data sub-window displayed on the display device 5 by the slice button processing of FIG.

【図12】図1のCPU2により実行されるグループ階
層表示処理を示すフローチャートである。
FIG. 12 is a flowchart showing a group hierarchy display process executed by the CPU 2 of FIG. 1;

【図13】図12のグループ階層表示処理により表示装
置5に表示される表示内容を示す図であり、(a)はグ
ループ階層表示を示す図、(b)はスライスボタン選択
後の表示を示す図である。
13A and 13B are diagrams showing display contents displayed on the display device 5 by the group hierarchy display process of FIG. 12, wherein FIG. 13A shows a group hierarchy display, and FIG. 13B shows a display after a slice button is selected. FIG.

【図14】図1のCPU2により実行される項目配置処
理を示すフローチャートである。
FIG. 14 is a flowchart showing an item arrangement process executed by the CPU 2 of FIG. 1;

【図15】図14の項目配置処理により表示装置5に表
示される表示形式、及び項目配置方法の選択画面を示す
図である。
15 is a diagram showing a display format and an item arrangement method selection screen displayed on the display device 5 by the item arrangement processing of FIG.

【図16】図14の項目配置処理により縦一列が選択さ
れた時に表示装置5に表示されるデータベースレコード
の一例を示す図である。
16 is a diagram showing an example of a database record displayed on the display device 5 when one vertical column is selected by the item arrangement processing of FIG. 14;

【図17】図14の項目配置処理により複数行が選択さ
れた時に表示装置5に表示されるデータベースレコード
の一例を示す図である。
17 is a diagram showing an example of a database record displayed on the display device 5 when a plurality of rows are selected by the item arrangement processing of FIG.

【図18】図14の項目配置処理により横一行が選択さ
れた時に表示装置5に表示されるデータベースレコード
の一例を示す図である。
18 is a diagram illustrating an example of a database record displayed on the display device 5 when one horizontal row is selected by the item arrangement processing of FIG. 14;

【符号の説明】[Explanation of symbols]

1 コンピュータシステム 2 CPU 3 入力装置 4 RAM 4a 選択状態テーブル 4b グループ別階層指定状態テーブル 4c 抽出条件テーブル 5 表示装置 6 印刷装置 7 記憶装置 8 記憶媒体 9 バス DESCRIPTION OF SYMBOLS 1 Computer system 2 CPU 3 Input device 4 RAM 4a Selection status table 4b Hierarchy designation status table by group 4c Extraction condition table 5 Display device 6 Printing device 7 Storage device 8 Storage medium 9 Bus

Claims (13)

【特許請求の範囲】[Claims] 【請求項1】複数のキー項目で区別されるレコードを複
数のデータベースに記憶し、この各レコードを任意に選
択されたキー項目で分類集計したデータを表示するデー
タ集計表示装置において、 前記各キー項目の夫々に対応する操作ボタンをX軸方向
とY軸方向とに夫々表示する表示制御手段と、 このX軸方向の操作ボタンの操作で指定されたキー項目
により前記レコードをX軸方向に分類集計し、また、前
記Y軸方向の操作ボタンの操作で指定されたキー項目に
より前記レコードをY軸方向に分類集計し、その各集計
データを出力する分類集計手段と、 を備えたことを特徴とするデータ集計表示装置。
1. A data totaling and displaying apparatus for storing records distinguished by a plurality of key items in a plurality of databases and displaying data obtained by classifying and totaling the records with a key item selected arbitrarily. Display control means for displaying operation buttons corresponding to the respective items in the X-axis direction and the Y-axis direction; and the record is classified in the X-axis direction by key items designated by operation of the operation buttons in the X-axis direction. Classifying and totaling means for totalizing, classifying and totaling the records in the Y-axis direction by a key item designated by operating the operation button in the Y-axis direction, and outputting the respective totalized data. Data aggregation and display device.
【請求項2】前記表示制御手段は、前記X軸方向とY軸
方向に表示された各操作ボタンにより指定されない他の
キー項目を指定するキー項目指定ボタンを更に表示し、 前記分類集計手段は、このキー項目指定手段によりキー
項目が指定されると、当該キー項目に対応する項目デー
タを含んだ前記レコードの範囲内で前記X軸方向、及び
Y軸方向にレコードを分類集計して、その集計結果を出
力することを特徴とする請求項1記載のデータ集計表示
装置。
2. The display control means further displays a key item designation button for designating another key item not designated by each of the operation buttons displayed in the X-axis direction and the Y-axis direction. When a key item is designated by the key item designation means, the records are classified and counted in the X-axis direction and the Y-axis direction within the range of the record including the item data corresponding to the key item. 2. The data totaling display device according to claim 1, wherein the totalizing result is output.
【請求項3】前記表示制御手段は、前記複数のキー項目
の夫々を表示し、前記X軸方向とY軸方向で指定されて
いるキー項目を識別表示することを特徴とする請求項1
あるいは2記載のデータ集計表示装置。
3. The apparatus according to claim 1, wherein said display control means displays each of said plurality of key items and identifies key items designated in said X-axis direction and Y-axis direction.
Alternatively, the data totaling display device according to 2.
【請求項4】前記X軸、Y軸の何れか一方の軸で、他方
の軸で指定されているキー項目に対応する操作ボタンが
操作された場合は、前記分類集計手段は、当該X軸とY
軸で指定されているキー項目を交換し、この交換したキ
ー項目により前記レコードをX軸方向、及びY軸方向に
レコードを分類集計して、その集計結果を出力すること
を特徴とする請求項1記載のデータ集計表示装置。
4. When an operation button corresponding to a key item specified by the other axis is operated on one of the X axis and the Y axis, the classification and counting means is configured to execute the X axis operation. And Y
A key item designated by an axis is exchanged, the records are classified and counted in the X-axis direction and the Y-axis direction by the exchanged key item, and a result of the aggregation is output. 2. The data totaling display device according to 1.
【請求項5】複数のキー項目で区別されるレコードを複
数のデータベースに記憶し、この各レコードを任意に選
択されたキー項目で分類集計したデータを表示するデー
タ集計表示装置において、 前記各キー項目に対応する操作ボタンを表示する表示制
御手段と、 この操作ボタンの操作で指定されたキー項目により前記
レコードを分類集計して集計データを出力する分類集計
手段と、 を備えたことを特徴とするデータ集計表示装置。
5. A data totaling display device which stores records distinguished by a plurality of key items in a plurality of databases, and displays data obtained by classifying and totaling the records by a key item arbitrarily selected. Display control means for displaying an operation button corresponding to the item; and classification and aggregation means for classifying and totaling the records by a key item designated by operation of the operation button and outputting aggregated data, Data aggregation display device.
【請求項6】前記各キー項目のうち少なくとも1つのキ
ー項目は、階層で区分される複数の分類キー項目を含
み、 前記表示制御手段は、その分類キー項目を含むキー項目
に対応する操作ボタンを含む複数の前記操作ボタンを表
示し、 この分類キー項目を含むキー項目が指定されている状態
で、更に当該キー項目に対応する操作ボタンが操作され
た場合は、前記分類集計手段は、現在の階層よりも下位
階層の分類キー項目を指定し、この下位階層のキー項目
により前記レコードを分類集計して集計データを出力す
ることを特徴とする請求項5記載のデータ集計表示装
置。
6. At least one key item among the key items includes a plurality of classification key items that are divided in a hierarchy, and the display control means includes an operation button corresponding to the key item including the classification key item. When the operation button corresponding to the key item is further operated in a state where the key item including the classification key item is designated, the classification and aggregation means 6. The data totaling display device according to claim 5, wherein a classification key item of a lower hierarchy than the first hierarchy is designated, and the records are classified and totalized by the key item of the lower hierarchy to output total data.
【請求項7】前記表示制御手段は、前記分類集計手段に
より前記下位階層のキー項目により前記レコードの分類
集計された集計データを表示する際には、その下位階層
のキー項目に対応する操作ボタンには、当該下位階層の
キー項目名を表示することを特徴とする請求項6記載の
データ集計表示装置。
7. The display control means, when displaying the totalized data classified and totalized for the record by the key item of the lower hierarchy by the classification and totalization means, the operation button corresponding to the key item of the lower hierarchy. 7. The data totaling display device according to claim 6, wherein the key item name of the lower hierarchy is displayed.
【請求項8】前記分類集計手段は、前記指定されたキー
項目により分類集計されて表示されている集計データに
おいて、そのデータに含まれるキー項目の中から所望す
る項目データが選択され、かつ当該キー項目とは異なる
区分のキー項目に対応する操作ボタンが更に操作された
場合は、その更に操作された操作ボタンにより指定され
るキー項目を新たなキー項目とし、前記選択された項目
データを含む前記レコードの範囲を特定し、このレコー
ドの範囲内で新たに指定されたキー項目により分類集計
した集計データを出力することを特徴とする請求項5記
載のデータ集計表示装置。
8. The grouping and summarizing means selects desired item data from the key items included in the specified grouped items of the grouped data displayed by being classified and summed up by the designated key item, and When an operation button corresponding to a key item in a section different from the key item is further operated, the key item designated by the further operated operation button is set as a new key item and includes the selected item data. 6. The data totaling display device according to claim 5, wherein a range of the record is specified, and totalized data classified and totaled by a newly designated key item within the range of the record is output.
【請求項9】前記分類集計の対象となる項目データは、
任意に指定された複数の項目データであり、前記分類集
計手段は、その任意に指定された複数の項目データによ
り前記レコードを夫々分類集計した各集計データを出力
することを特徴とする請求項5記載のデータ集計表示装
置。
9. The item data to be classified and tabulated is:
6. A plurality of arbitrarily specified item data, wherein the classification and tabulation means outputs respective tabulated data obtained by classifying and totaling the records according to the arbitrarily specified plural item data. Data aggregation display device as described.
【請求項10】前記分類集計手段により前記指定された
各項目データを見出しとして前記集計データを表形式で
出力する場合は、その各項目データの配列形態を任意に
指定する配列形態指定手段を更に備え、その指定された
配列形態により当該各項目データを見出しとして前記集
計データを表形式で出力することを特徴とする請求項9
記載のデータ集計表示装置。
10. When outputting the tabulated data in the form of a table with each item data designated by the classification and tabulation means as a heading, an array form designating means for arbitrarily specifying the arrangement form of each item data is further provided. 10. The totalized data is output in a table format with each item data as a heading according to the designated arrangement form.
Data aggregation display device as described.
【請求項11】前記配列形態指定手段により指定される
配列形態としては、横一行配置、あるいは縦一行配置、
あるいは複数行配置であり、そのいずれかの配置形態を
選択することにより、前記分類集計手段は、当該選択さ
れた配置形態で前記各項目データを見出しとして前記集
計データを表形式で出力することを特徴とする請求項1
0記載のデータ集計表示装置。
11. An arrangement form designated by the arrangement form designation means may be a horizontal one line arrangement or a vertical one line arrangement,
Alternatively, a plurality of rows are arranged, and by selecting any one of the arrangement forms, the classification and aggregation means outputs the total data in the form of a table using the item data as a heading in the selected arrangement form. Claim 1.
0. A data tally display device.
【請求項12】コンピュータが実行可能なプログラムを
格納した記憶媒体であって、 複数のデータベースに記憶されたレコードを区別する複
数のキー項目の夫々に対応する操作ボタンをX軸方向と
Y軸方向とに夫々表示するためのコンピュータが実行可
能なプログラムコードと、 このX軸方向の操作ボタンの操作で指定されたキー項目
により前記レコードをX軸方向に分類集計し、また、前
記Y軸方向の操作ボタンの操作で指定されたキー項目に
より前記レコードをY軸方向に分類集計し、その各集計
データを出力するためのコンピュータが実行可能なプロ
グラムコードと、 を含むプログラムを格納したことを特徴とする記憶媒
体。
12. A storage medium storing a computer-executable program, wherein an operation button corresponding to each of a plurality of key items for distinguishing records stored in a plurality of databases is arranged in an X-axis direction and a Y-axis direction. The records are classified and counted in the X-axis direction by a computer-executable program code for displaying the respective records, and key items designated by operating the X-axis operation buttons. A computer-executable program code for classifying and summarizing the records in the Y-axis direction by a key item designated by operation of an operation button, and outputting the summed data; and storing a program including: Storage media.
【請求項13】コンピュータが実行可能なプログラムを
格納した記憶媒体であって、 複数のデータベースに記憶されたレコードを区別する複
数のキー項目の夫々に対応する操作ボタンをX軸方向と
Y軸方向とに夫々表示するためのコンピュータが実行可
能なプログラムコードと、 この操作ボタンの操作で指定されたキー項目により前記
レコードを分類集計して集計データを出力するためのコ
ンピュータが実行可能なプログラムコードと、 を含むプログラムを格納したことを特徴とする記憶媒
体。
13. A storage medium storing a computer-executable program, wherein an operation button corresponding to each of a plurality of key items for distinguishing records stored in a plurality of databases is arranged in an X-axis direction and a Y-axis direction. A computer-executable program code for displaying each of the records, and a computer-executable program code for classifying and totaling the records by a key item designated by operating the operation button and outputting the aggregated data. A storage medium storing a program including:
JP25070797A 1997-09-16 1997-09-16 Data summary and display device and storage medium Pending JPH1196250A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25070797A JPH1196250A (en) 1997-09-16 1997-09-16 Data summary and display device and storage medium

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP25070797A JPH1196250A (en) 1997-09-16 1997-09-16 Data summary and display device and storage medium

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005101795A Division JP3998022B2 (en) 2005-03-31 2005-03-31 Data aggregation display device and recording medium

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1196250A true JPH1196250A (en) 1999-04-09

Family

ID=17211860

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP25070797A Pending JPH1196250A (en) 1997-09-16 1997-09-16 Data summary and display device and storage medium

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1196250A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009181438A (en) * 2008-01-31 2009-08-13 Casio Comput Co Ltd Data processor and program
JP2017004207A (en) * 2015-06-09 2017-01-05 株式会社東芝 Display controller, distribution device, display control system, display control method and program

Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH06274387A (en) * 1993-03-23 1994-09-30 Nri & Ncc Co Ltd Method for extracting data from data base
JPH07210432A (en) * 1994-01-11 1995-08-11 Hitachi Ltd Method and system for transforming data arrangement structure
JPH08137967A (en) * 1994-11-07 1996-05-31 Hitachi Ltd Processing method for table data
JPH08249148A (en) * 1995-03-14 1996-09-27 Hitachi Ltd Method for controlling alignment display of plural window screens
JPH09204479A (en) * 1996-01-26 1997-08-05 Nec Corp Table data processor

Patent Citations (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH06274387A (en) * 1993-03-23 1994-09-30 Nri & Ncc Co Ltd Method for extracting data from data base
JPH07210432A (en) * 1994-01-11 1995-08-11 Hitachi Ltd Method and system for transforming data arrangement structure
JPH08137967A (en) * 1994-11-07 1996-05-31 Hitachi Ltd Processing method for table data
JPH08249148A (en) * 1995-03-14 1996-09-27 Hitachi Ltd Method for controlling alignment display of plural window screens
JPH09204479A (en) * 1996-01-26 1997-08-05 Nec Corp Table data processor

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009181438A (en) * 2008-01-31 2009-08-13 Casio Comput Co Ltd Data processor and program
JP2017004207A (en) * 2015-06-09 2017-01-05 株式会社東芝 Display controller, distribution device, display control system, display control method and program

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6580737B2 (en) DATA SEARCH DEVICE, DATA SEARCH METHOD, DATA SEARCH PROGRAM, AND RECORDING MEDIUM
JP3463010B2 (en) Information processing apparatus and information processing method
KR101169096B1 (en) Diagrammatic access and arrangement of data
US7051025B2 (en) Method and system for displaying multidimensional aggregate patterns in a database system
EP0657830A1 (en) Method and apparatus for data management
JP2002251589A (en) Graph creation supporting program, storage medium storing it, graph automatic creation method, and system for it
US20100100562A1 (en) Fully Parameterized Structured Query Language
JPH06222898A (en) Method and system for operation of data sorting at inside of data processing system
JP2004005671A (en) Information processor, and information processing method
JP3208706B2 (en) Information utilization system
US20100293507A1 (en) Method and system for creating report using object-oriented program
US7305411B2 (en) Methods, systems, and storage mediums for expanding the functionality of database applications
JPH1196250A (en) Data summary and display device and storage medium
JP3998022B2 (en) Data aggregation display device and recording medium
WO2002027528A1 (en) Method and system for managing event attributes
US20070255746A1 (en) Method for Processing Associated Software Data
US7348980B2 (en) Method and apparatus for interface for graphic display of data from a Kstore
JP2000305937A (en) Business analyzing method and business analysis system
US11216486B2 (en) Data retrieval apparatus, program and recording medium
WO1991012582A2 (en) Method and apparatus for processing tabular responses to computer database queries
JP2001167214A (en) Classification display device and storage medium
JPH01189722A (en) Electronic document retriever
JPH07262165A (en) Aggregating method for two-dimensional data
JPH07248896A (en) Data base system and data sorting/outputting method
JPH08123645A (en) Method for storing and redisplaying operation button history for computer processing

Legal Events

Date Code Title Description
A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20050308

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050331

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20050531

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20050624