JPH11510616A - Improvements in the tuning method of stringed instruments - Google Patents

Improvements in the tuning method of stringed instruments

Info

Publication number
JPH11510616A
JPH11510616A JP50190097A JP50190097A JPH11510616A JP H11510616 A JPH11510616 A JP H11510616A JP 50190097 A JP50190097 A JP 50190097A JP 50190097 A JP50190097 A JP 50190097A JP H11510616 A JPH11510616 A JP H11510616A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Ceased
Application number
JP50190097A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ローズ,フロイド,ディー.
Original Assignee
ローズ,フロイド,ディー.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

(57)【要約】 弦楽器(30)と組み合わせて用いる改良型のチューニング・システムを提供する。 (57) Abstract: to provide an improved tuning system used in combination with the stringed instrument (30). この改良型チューニング・システムは、改良型の弦およびこのような弦を製造する方法に関する。 The improved tuning system relates to a method for producing a chord and such strings improved. また、弦楽器の駒臨界接触表面(94)とナット(38)の間が所望の距離になるように駒臨界接触表面(94)を旋回運動させることによって、弦を少なくともハーモニクス・チューニングするチューニング・メカニズムを含むこともある。 Further, by between frames critical contact surfaces of stringed and (94) the nut (38) causes the pivoting movement of the frame critical contact surfaces (94) to a desired distance, the tuning mechanism to at least harmonic tuning the strings It may also include a. 1つの好ましい実施態様では、該楽器は、ハーモニクス・チューニングとピッチ・チューニングを実質的に同時に実行するチューニング・メカニズムを包含する。 In one preferred embodiment, the musical instrument includes a tuning mechanism to perform substantially simultaneously harmonic tuning and pitch tuning.

Description

【発明の詳細な説明】 弦楽器のチューニング法における改良技術の分野 本発明は、ギターなどに代表される弦楽器のチューニング法および構成要素に関する。 Field of the Invention The improved techniques in Detailed Description of the Invention stringed instrument tuning method on tuning methods and components of the stringed instrument typified guitar. 技術の背景 発明者は、ギターなどの弦楽器のチューニングに最善の方法を実用化にするにあたり、何年にも渡って多大な努力を払った。 Background inventor of the technology, on the occasion to practice the best way to stringed instruments of tuning, such as guitar, paid a great deal of effort over the years. この努力は本分野における技術の必要性から生みだされたものに他ならない。 This effort nothing but those born from the need of skill in the art. 標準的なギターは、通常E、A、D、G、BおよびEからなる音階にそれぞれ対応する6本の弦を持つ。 Standard guitars are usually with E, A, D, G, the six strings corresponding to the musical scale consisting of B and E. ギターの弦は特定の長さに引き伸ばされ、ネック部およびネック部におかれるフレットボードを含むギター本体上に張られる。 Guitar strings are stretched to a specific length, it spanned on the guitar body including a fretboard placed on the neck portion and the neck portion. 音符通りの音を発する為には弦は2点の臨界接触点に置かれていなくてはならない。 The strings in order to emit the sound of the street note must be have been placed in the critical contact point of the two points. 概して第一臨界接触点は楽器のナット部にあり、通常フレットボードの第一フレットに隣接するギターネック上で調節される。 Generally the first critical contact points is in the nut portion of the instrument is adjusted on the guitar neck adjacent to the first fret usually fretboard. 第二臨界接触点は楽器本体のフレットボード逆端の楽器駒部である。 Second critical contact point is instrument frame portion of the fretboard opposite end of the instrument. 弦はナット、駒それぞれの臨界接触点の上に、ある距離を保ち固定される。 Strings nut, on the critical contact points of the respective frames are fixed maintaining a certain distance. 弦楽器技術に明るい者にはよく知られていることだが、弦の奏でる音はハーモニクス長(弦が接触するナット、駒双方の臨界接触点間の距離)に影響される。 Thing is well known to those bright stringed technology, sound played by the string is affected by harmonics length (nut chord contacts, the distance between the critical contact points of the frame both). 弦のハーモニクス・チューニングは、駒、ナットにある各臨界接触点間の長さの調整で行われる。 Harmonic tuning of the strings are frame is performed by adjusting the length between the critical contact points in the nut. 弦の張り具合は音に大きな影響を与える二つ目の要素である。 Tension of the string is an element of the second a significant impact on the sound. 弦の張りはギターのナットあるいは駒の端を締めたり、緩めたりすることで調整できる。 Tension of the strings or tighten the ends of the guitar nut or piece, can be adjusted by loosening. 弦の張り具合を調節すると音の高さに影響を与えるが、これは一般にピッチ・チューニングとして知られている。 When you adjust the tension of the strings affect the height of the sound, but this is commonly known as pitch tuning. ピッチ・チューニングの方法はそれほど難しくなく、さまざまな音調を聞き分ける相応な音感をもつギター奏者であればチューニングできよう。 The method of pitch-tuning is not so difficult, could tuning if the guitar player with a reasonable sense of pitch to discern a variety of tone. しかしながら、ハーモニクス・チューニングは今日に至るまで難しく時間のかかる技術であり、ギターの弦を替えるたびにチューニングしなおさなければならない。 However, harmonic tuning is such a technique of difficult and time to this day, must be re-tuning every time to change the strings of the guitar. 特に、新しい弦のゲージに替えた場合には、なおさら手間がかかる。 In particular, in the case where instead of the new string of gauge, it takes even more time and effort. ほとんどのギター奏者は、ハーモニクス・チューニングをする能力は持ち合わせていないので、これまでは専門の調律師を雇ってハーモニクス・チューニングをしてもらわなければならなかった。 Most of the guitar player, since the ability to harmonic tuning is not ready, had to have him harmonics tuning hired a professional tuner so far. こうした従来のチューニング技術は、ギターの弦の一本一本がそれぞれに、弦の張り具合の調節によってチューニングされ、加えてナットと駒の部分にある臨界接触点の間隔が調整されることにより、ピッチ・チューニングとハーモニクス・チューニングの両方がなされていることを要する。 Such conventional tuning techniques, each one by one the guitar strings is tuned by adjustment of the strings of tension, by spacing critical contact points on the portion of the nut and the bridge are adjusted by adding the pitch both the tuning and harmonic tuning requires that have been made. 従来のギターをチューニングする難しさは、ある部分では、チューニング・システムの様々な構成要素の構造に起因するものである。 The difficulty of tuning the conventional guitar, in some part, is due to the structure of the various components of the tuning system. これらの構成要素はナット、チューニングペグ、または弦の一方の端を留めておくためのナットに隣接した保持器具、臨界接触点とサドルを含む駒の部分、またはこれ以外の、駒の臨界接触点の隣にある弦の一端を留めるように出来ている保持器具などが含まれる。 These components nut, tuning pegs or holding device adjacent to the nut to keep one end of the string, the portion of the frame including the saddle and the critical point of contact or other, next to the critical contact points of the piece such retainer which is made so as to keep one end of the strings in the contain. 従来のギターに使われている弦は、適切にチューニングされた状態(すなわち、 弦が、ハーモニクス・チューニングとピッチ・チューニングの両方で調弦され、 音が収束した状態)にすることの難しさの一因にもなっている。 Strings are used in conventional guitar, well-tuned state (i.e., the strings are strings regulated by both the harmonic tuning and pitch tuning, sound is converged state) of the difficulty of the It has also become a cause. トレモロはよく知られた器具で、通常はエレキ・ギターを演奏する際に、ギターの弦の張り具合を同時的にまた著しく緩めたり強めたりすることによって、望みの音の効果のバリエーションを得るために使われるものである。 Tremolo is a well-known instrument, when usually to play the electric guitar, by or strengthen or loosen simultaneously also significantly the tension of the strings of the guitar, in order to obtain a variation of the effect of the desired sound it is intended to be used for. 主要なトレモロ類の器具の改良は、米国特許第4,171,661号、第4,967,631号、第4,497,236号、第4,882,967号において発表されており、これらはすべて、本発明の発明者であるフロイド・D・ローズ氏の特許である。 Improvement of main tremolo such instruments, U.S. Patent No. 4,171,661, No. 4,967,631, No. 4,497,236, have been published in No. 4,882,967, Floyd · D · Rose Mr. inventor of all these, the present invention which is a patent. 従来のトレモロを使うことは、しばしば弦のチューニングが狂う原因となる。 The use of a conventional tremolo, often cause the mad is the string of tuning. これは、臨界接触点に関して弦の振動により引き起こされるものである。 This is caused by the vibration of the strings with respect to the critical contact points. チューニングの方法を簡単にしようとする努力は、米国特許第4,696,218号において発表されている。 Efforts to the tune of the way to easy, have been published in US Pat. No. 4,696,218. この特許は第一端に球が付いた弦を使う方法で、これを買ったギター使用者は、弦の第二ポジションの適切と思われるところに球を取り付ける。 In this patent how to use strings with spheres at a first end, the guitar user who bought it, attaching a sphere where deemed appropriate second position chord. この特許は同時に、一方の端に球が付いている弦に添付されているレバーを発表している。 This patent has announced a lever attached to the string being simultaneously with a ball on one end. このレバーは、解放弦の第一ポジションから弦が押さえられた第二ポジションまで旋回することが出来る。 This lever can be pivoted from a first position releasing the chord to a second position in which the string is pressed. 米国特許第4,608,904号においては、両方の端に球が付けられている弦の発明が発表されている。 In U.S. Patent No. 4,608,904, the invention both ends of the string that balls are attached have been published. 本号の特許においては、弦の長さの臨界についての論及は、 なんら発表されていない。 In the patent of this item, Ronkyu for the critical length of the chord it is not been published at all. 弦は、第一エンドのナットの臨界接触点よりも端にある保持器具と、駒の臨界接触点よりも端にある第二エンドに位置する移動可能なサドルの部材とに止められている。 Strings is stopped and retainer on the end than the critical contact points of the first end of the nut, to the member of the movable saddle is located on the second end on the edge than the critical contact points of the piece. サドルの部材に弦が固定されている点と駒の臨界接触点との間の弦の長さは、比較的長い。 The length of the chord between the critical contact point between the point and bridge the string is fixed to the member of the saddle is relatively long. この長さが、弦のチューニングが簡単に狂ってしまう一因となっている。 This length has contributed to the string of tune easily become crazy. 弦一方の端が留められている終端点と臨界接触点との間の振動長を短くしようとする努力は、米国特許第4,366,740号の発明者によって行われている。 Efforts to reduce the vibration length between the end point and the critical contact points where one end string is fastened is made by the inventor of U.S. Patent No. 4,366,740. 本号の特許は、弦の一端に固定されている弾丸状の小球を発表している。 Patent of the items, has published a bullet-like globules being fixed to one end of the strings. この論及は弦の弾丸と捕捉された部材との間に相当な力が適用されるべきことを示唆している。 The Ronkyu suggests that should considerable force is applied between the member captured the bullet chord. 従来の技術は、チューニング方法と弦の張り替えを非常に単純化した本発明の様々な態様を示すことが出来ていない。 Conventional techniques have not been able to show various aspects of the invention greatly simplifies the replacement of the tuning and strings. とりわけ、ギターの弦(1本ないし1セット)が適切な位置に張られた時に最適なチューニングとなるように予め長さが調節されている、という方法は発表していない。 Especially, Guitar strings (one to one set) is the optimal tuning become so advance length when stretched at an appropriate position is adjusted, is not published method of. また、ギター用弦の製造に関して、ハーモニクス・チューニングとピッチ・チューニングの双方で音が調和する条件を満たす弦の長さを予め正確に判断して調節する方法も発表していない。 Furthermore, for the production of guitar strings, not announced a method of sound in both harmonic tuning and pitch tuning is adjusted in advance accurately determine the length of satisfying chord in harmony. さらに、従来の技術は、両端に弾丸状の球が付いていて球と球の間に何も付いていない弦の使用法について、述べていない。 Furthermore, the prior art, the use of strings that do not have anything have a bullet-shaped sphere between the sphere and the sphere at each end, not mentioned. また、ハーモニクス・チューニングとピッチ・チューニングを同時に、すばやく簡単に達成するようなチューニング方法も発表されておらず、同様に、従来、 ギター用の装置で、弦の軸に沿ったアンカを備えていて、弦が固定された位置に保たれるように自動的に促す装置についても、なんら発表されていない。 Furthermore, harmonic tuning and pitch tuning simultaneously not been also published tuned such a way as to quickly and easily achieved, similarly, conventional, in the apparatus for guitars, comprise an anchor along the chord axis for automatically urging device so as to keep the strings are fixed position also not been published at all. 発明の概要 本発明は、前述した従来のチューニング方法の欠点を、新しいチューニング・ システムを提供することによって克服するものである。 The present invention seeks to overcome by the drawbacks of the conventional tuning method described above, to provide a new tuning system. この新しいシステムはギター奏者がすばやく簡単にハーモニクス・チューニングとピッチ・チューニングを行うことを可能にする。 This new system makes it possible to perform a quick and easy way to harmonic tuning and pitch-tuning guitar player. 加えて、本発明はギターをはじめとする弦楽器用の改良された弦の使用を可能にする。 In addition, the present invention allows the use of an improved string for string instruments, including the guitar. この弦を使うことによって、より早く簡単にギターの弦の張り替えを行うことが出来る。 By using this string, more quickly and easily it is possible to perform the replacement of the guitar strings. さらに、本発明は従来の方式と比較して、はるかに長い期間、弦がチューニングされた状態を保つ点でも、従来のチューニング・システムの欠点を改良したものである。 Furthermore, the present invention as compared to conventional methods, a much longer period, also in terms of keeping the strings are tuned state, is an improvement over the shortcomings of conventional tuning systems. 以下に述べる、本発明のさまざまな実施態様の形態は、ひとつの調整機構をつかうことでハーモニクス・チューニングとピッチ・チューニングを同時に簡単にするチューニング・システムを提供する。 Discussed below, the form of the various embodiments of the present invention provides a tuning system that simultaneously simplify the harmonic tuning and pitch tuning by using a single adjustment mechanism. それゆえに、本発明の一つの目的は、 平均的なギター奏者が、チューニングの専門家の手を借りることなしに、自らハーモニクス・チューニングとピッチ・チューニングを行えるような弦楽器を提供することにある。 Therefore, one object of the present invention, the average guitar player is, without borrow the hands of the experts of tuning, is to provide a stringed instrument, such as himself can perform harmonic tuning and pitch tuning. 別の目的は、ギターなどの弦楽器に、簡単に付けたり外したり出来る、一本あるいは複数の弦を提供することにある。 Another object is to stringed instruments such as the guitar, it can or unmark easy, is to provide a single or a plurality of strings. さらに別の目的は、関連する弦のチューニングを、これまでよりも簡単に成し遂げることが出来るチューニング・システムを提供することにある。 Yet another object is, the tuning of the associated strings, is to provide a tuning system that can be accomplished more easily than ever before. さらに別の目的は、従来の弦楽器よりも、長期間にわたってチューニングされた状態を保つことが出来るような弦楽器を提供することにある。 Yet another object than conventional string instruments, is to provide a stringed musical instrument as it is possible to maintain the tuned condition for a long period of time. また、さらに別の目的は、関連する楽器のすべての弦が、同時にチューニングされることが出来ることにある。 In addition, yet another object, all of the strings of the relevant instruments, lies in the fact that can be tuned at the same time. さらに別の目的は、本発明の長所が生かされる様々な特徴を有するトレモロを提供することにある。 Yet another object is to provide a tremolo having various features advantages of the present invention are alive. 本発明のひとつの態様は、ギターのような弦の用いられた楽器に使われる、一本ないし複数の弦にむけられている。 One aspect of the present invention is used to string instruments used with, such as guitars, are directed to one or a plurality of strings. 本発明のこの見地での特色を備えた弦は、 ハーモニクス・チューニングとピッチ・チューニングが同時に得られるような、 音の収束する弦の長さと一致する、あらかじめ決まった長さになっている。 Strings with the characteristics of this aspect of the invention, such as harmonic tuning and pitch tuning can be simultaneously obtained, matching the length of the chord of convergence of sound, and is length determined in advance. ここで「(音の)収束」という用語は、ギターなどの弦楽器の一本または複数の弦がハーモニクス・チューニングとピッチ・チューニングが実際に同時に得られることを指す。 The term "(of sound) convergence" in refers to the fact that one or more of the strings of a stringed instrument, such as guitar is harmonic tuning and pitch tuning obtained actually at the same time. これは、関連する楽器の弦の張り具合と弦の臨界接触点2点間の間隔とに同時に影響する一度の調整を行うことによって、ハーモニクス・チューニングもピッチ・チューニングも同時に行えることを意味する。 This means can be performed by adjusting the once simultaneously affect on the spacing between the critical contact points 2 points tension and strings strings related instruments, harmonic tuning Pitch tuning at the same time. さらに、「臨界接触点」という用語は、その2点で弦が支えられ、またその2点間で弦がある振動数で振動することにより望んだ音程が得られるような、楽器(と弦と)の接触点を示すことを意図している。 Furthermore, the term "critical contact point", and the strings strings is supported by the two points, also as pitch wished by oscillating at a frequency that is the string is obtained between the two points, instrument (a It is intended to indicate a point of contact). 臨界接触点は、一般的に弦が接するナットと駒の部分にあり、そのナットと駒の臨界接触点の間隔は、関連する弦が倍音を生じる長さを規定している。 Critical contact points are generally located in the portion of the nut and bridge the strings are in contact with spacing critical contact points of the nut and the bridge is related strings defines a length resulting in harmonics. 弦は、一方の端に取り付けられた第一アンカと、もう一方の端に取り付けられた第二アンカとで構成されるであろう。 Strings, a first anchor attached to one end, will be constituted by a second anchor attached to the other end. ここで「アンカ」とは、ギターの本体に弦を装着することを容易にするために、弦の一端または両端に固定された様々なタイプの物体を指す。 Here, the "anchor", in order to facilitate mounting the strings on the guitar body, refers to various types of objects which is fixed at one or both ends of the strings. 好ましい実施態様においては、弦の端に固定されたアンカは弾丸の形をしている。 In a preferred embodiment, anchor fixed to the end of the string is in the form of bullets. 弾丸の形をしたアンカの構成要素は、ここでは「弾」と呼ぶことにする。 Components of the anchor in the form of a bullet, will be referred to herein as a "bullet". 別の実施態様では、アンカの構成要素は、球、ブロック、ペグを含むであろうし、別な形やさまざまな大きさにアレンジされるかもしれない。 In another embodiment, the components of the anchor, sphere, block, to will include pegs, may be arranged in another Katachiya various sizes. ここで「収束長」という用語は、ナットと駒の臨界接触面の間隔に、ギターのハーモニクス・チューニングとピッチ・チューニングの両方が同時に出来るのに必要な間隔を加えたものと同じ長さとなるような、弦の長さのことを指すものといえる。 The term "convergence length", the the distance between the critical contact surfaces of the nut and bridge, such as both the harmonic tuning and pitch tuning of the guitar is the same length as the plus the necessary distance to be simultaneously , it can be said that refers to the length of the chord. 好ましい実施態様において、弦の収束長は、ナットと駒の臨界接触面間の間隔に、およそ1インチを中心に誤差3/4インチを加えた長さよりも短い。 In a preferred embodiment, the convergence length of the string is, the distance between the critical contact surfaces of the nut and bridge, shorter than the length obtained by adding the error 3/4 around the approximately one inch. 別の好ましい実施態様においては、弦の収束長は、ナットと駒の臨界接触面の間隔に、およそ0.350インチを中心に誤差1/4インチを加えた長さに等しい。 In another preferred embodiment, the convergence length of the string is, the spacing of the critical contact surfaces of the nut and bridge, equal to the length obtained by adding the error 1/4 inch centered approximately 0.350 inches. 好ましい実施態様において、弦のそれぞれの端にアンカ要素が付けられている場合は、弦の収束長は二つのアンカ要素の間の弦の長さであり、アンカ要素内部に取り付けられた弦やアンカ要素自体の長さは含まれない。 In a preferred embodiment, when the anchor element at each end of the string is attached, the convergence length of the chord is the length of the chord between the two anchor elements, strings and anchor mounted inside anchor element the length of the element itself is not included. 本発明には、ギターに代表される弦楽器用の弦一式も含まれる。 The present invention also includes a string set for stringed instruments that are representative in the guitar. この一式の弦には、一本または複数の弦が含まれることになろう。 The strings of the set would be as single or plurality of strings. 一式のうちに複数の弦が含まれる場合には、すべての弦はあらかじめ決められた同じ長さとなっているかもしれないし、あるいは、一式の中の幾つかの弦は、他の弦とは異なったあらかじめ決められた長さになっているかもしれない。 If it contains a plurality of strings within a set, all strings to might have the same length that is determined in advance, or, some of the strings in the set is different from the other strings and it might have become a predetermined length. それぞれの弦のあらかじめ決められた長さは、ナットの臨界接触面とそれに対応する駒の臨界接触面との間の間隔に、およそ2インチを中心に誤差1インチを加えた長さ以内であることが望ましい。 The predetermined length of each string, that the distance between the critical contact surface of the piece and the corresponding critical contact surface of the nut is within the length plus the error of 1 inch centers approximately two inches It is desirable ナットの臨界接触面とそれに対応する駒の臨界接触面との間隔に加える長さが、およそ1インチを中心に誤差3/4インチ以内であれば、より望ましい。 The length added to the distance between the critical contact surfaces and therewith the critical contact surfaces of the corresponding frame of the nut, if it is within the error 3/4 inch centered approximately 1 inch more desirable. さらに望ましいのは、あらかじめ決められた弦の長さが、ナットと駒の臨界接触面との間の間隔よりも、およそ1/2インチを中心に誤差1/4インチ以上長くなっていることであり、さらには、その範囲が0.350インチを中心に誤差1/4インチであればなお良い。 Even more preferred is that the length of the chord that is determined in advance, than the distance between the critical contact surfaces of the nut and the bridge is longer than 1/4 inch errors mainly approximately 1/2 inch further, the range is still good if error 1/4 inch around the 0.350 inches. それぞれの弦のあらかじめ決められた長さは、弦楽器の対応するナットと駒の臨界接触面に弦を渡して一揃いの弦が正しく張られた状態でハーモニクス・ チューニングされた長さに対応していることが望ましい。 Predetermined length of each string corresponds to the corresponding length of chord of the nut and bridge an assortment pass the string to the critical contact surface of is harmonic tuning in an extended state correctly string instruments it is desirable. 弦楽器がギターである場合、一式の弦は、音階のE、A、D、G、B、そしてEのそれぞれに対応する6本となる。 If stringed instrument is a guitar, set of strings consists scale of E, A, D, G, B, and the six corresponding to each E. 弦のあらかじめ決められた長さは、ナットの臨界接触面とそれに対応する駒の臨界接触面との間の間隔に、およそ0.350インチを中心に誤差1/4インチを加えた長さであることが望ましい。 Be predetermined chord length is the distance between the critical contact surface of the piece and the corresponding critical contact surface of the nut, the length plus the error 1/4 inch centered approximately 0.350 inches desirable. 別の好ましい実施態様においては、一式の弦は複数の弦をもって提供され、少なくともそれらの弦のうちの幾つかは、あらかじめ決められた長さが異なり、対応する弦がハーモニクス・チューニングとピッチ・チューニングの両方を同時に出来るような収束長に対応した、弦の長さとなっている。 In another preferred embodiment, a set of strings is provided with a plurality of strings, some of the at least those strings, different lengths of predetermined, corresponding strings harmonic tuning and pitch tuning both corresponding to the convergence length as possible at the same time, has a length of a chord. (音の)収束する長さは、使われる楽器の形や、その楽器に使われるチューニング・システムの構成要素に応じて、異なることになる。 (Sound) length converge, and shape of instruments that are used, depending on the components of the tuning system used in the instrument, will be different. 本発明の別な態様によれば、弦楽器に使用するために製造される弦の長さを決定する方法が提供される。 According to another aspect of the present invention, a method of determining the length of a chord to be produced for use in stringed instruments are provided. 提起された方法は、楽器の、実物のナットと駒の臨界接触面に接触するように弦を装着する段階を含んでいる。 Posed methods are instruments includes the step of attaching the string to contact the critical contact surfaces of the real nut and bridge. 実際の接触面は、ギターの実物のナットと駒の臨界接触面から構成される場合もあろうし、研究所や製造過程における模擬的なもので構成される場合もあろう。 The actual contact surface in the art will also comprised of critical contact surfaces of the real nut and bridge of the guitar, it will often comprised simulated those in laboratories and manufacturing processes. 本発明における方法はまた、ナットと駒の臨界接触面に弦が装着された後に、弦をチューニングすることをも含んでいる。 The method of the present invention may also, after the string is attached to the critical contact surface of the nut and bridge also includes a tuning the strings. ナットと駒の臨界接触面の間隔は弦がチューニングされた状態において決定されるが、その間隔に、ナットと駒の臨界接触面間の弦の外延部分にあたる、統合された望ましい全長を表す、補償長が加えられる。 Although spacing of the critical contact surfaces of the nut and the bridge are determined in the string is tuned state, its spacing, corresponding to extension portion of the string between the critical contact surfaces of the nut and bridge, it represents the full length desired integrated compensation length It is added. 補償長を加えることによって、弦が楽器の正しい位置に装着された時に、ハーモニクス・チューニングとピッチ・チューニングの両方が同時に得られるような、総体的な音の収束長が提供されるのである。 By adding compensation length, when the string is attached to the correct position of the instrument, such as both the harmonic tuning and pitch tuning is obtained at the same time, the convergence length overall sound is provided. 弦をチューニングする手順は、ハーモニクス・チューニングとピッチ・チューニングの両方が同時に行われるものであることが望ましい。 Procedure for tuning the strings, it is desirable both harmonic tuning and pitch tuning is being performed at the same time. 別な実施態様においては、弦のチューニングの手順はハーモニクス・チューニングとピッチ・チューニングを別々に行うものであろう。 In an alternative embodiment, the procedure of the string tuning will performs a harmonic tuning and pitch tuning separately. 前述の、製造された弦の長さを決定する手順を使用する場合、補償長の決定の手順には、弦の両端のアンカ要素の間に必要とされる弦の長さを確認することが含まれる。 Described above, when using the procedure for determining the length of the chord produced, the procedure for determination of the compensation length, can see the length of the chord that is required between the anchor element at both ends of the string included. ここでいうアンカ要素とは、「弾」に代表されるようなものである。 The anchor element referred to here, it is as represented by the "bullet". アンカ要素が弦の両端に固定されると、補償長の決定の手順は、第一端のアンカ要素と駒の臨界接触面の間の弦が存在するであろう位置の間隔と、第二端のアンカ要素とナットの臨界接触面の間の弦が存在するであろう位置の間隔を確認することもまた、含まれる。 When the anchor elements are fixed to both ends of the strings, the compensation length determination procedure, the distance between the position that would chord between the critical contact surfaces of the anchor element and the piece of the first end is present, the second end it also includes chord between the critical contact surfaces of the anchor element and the nut to check the distance between the position that may be present. 本発明はまた、弦楽器に使用される弦を製造する方法を提供する。 The present invention also provides a method for producing a string for use in stringed instruments. この方法は、上に述べたような、製造される弦の長さを決定する手順を含み、またその後、 決められた収束長に対応する位置での弦の切断の手順を含む。 This method, as described above, comprising the steps of determining the length of a chord to be produced, also comprises subsequently the steps of cutting the strings at a position corresponding to the convergence length that is determined. 弦は、手順が切断の段階にある時には、緩められた状態であることが望ましい。 Strings, when the procedure is in the phase of cutting is preferably a state where relaxed. 本発明はまた、ボディとフレット・ボードが付けられたネックで構成される、 ギターのような弦楽器を提供することを考慮している。 The present invention is also configured in neck body and fret board is attached, and consider providing stringed instrument such as a guitar. こうした楽器はまた、複数の駒の臨界接触面を含む駒を構成要素として持っている。 These instruments also have a frame including a critical contact surfaces of the plurality of frames as components. この、駒の臨界接触面とは、駒がフレット・ボードのボディ側の一端に配置された場所にある。 This, and the critical contact surface of the piece, at the location piece is disposed on the body side of one end of the fret board. ナットは、楽器のネックに配置されており、フレット・ボードの反対側の端にあり、 駒からは離れた場所にある。 Nut is disposed in the musical instrument of the neck, on the opposite side of the end of the fret-board, in a location away from the frame. こうした弦楽器には、複数の弦が含まれており、それぞれの弦に第一端と第二端があって、それら2つの端の間はあらかじめ決められた長さとなっている。 Such stringed instruments, includes a plurality of strings, there is a first end and a second end, each of the strings, between the two ends has a length that is determined in advance. これらの弦は、対応するナットと駒の臨界接触面の間に張られて取り付けられている。 These strings are attached is stretched between the critical contact surfaces of the corresponding nut and bridge. それぞれの弦は、第一端の位置に固定されている。 Each string is secured to the position of the first end. この第一端は、対応する駒の臨界接触面から、およそ1インチを中心に誤差0.5 インチ以内の位置にあることが望ましい。 The first end is the critical contact surfaces of the corresponding frame, it is desirable that the center approximately 1 inch in position within 0.5 inches errors. より望ましいのは、この弦の第一端が、駒の臨界接触面から0.5インチを中心に誤差1/4インチ以内の場所にあることである。 More desirable are the first end of the strings, it is that the location within 1/4 inch errors from the critical contact surfaces of the frame centered 0.5 inches. さらには、弦の第一端が、駒の臨界接触面から1/4インチを中心に誤差0.1 25 インチ以内の場所にあれば、なお望ましい。 Furthermore, the first end of the strings, if around the 1/4 inch from the critical contact surface of the piece to a location within the error 0.1 25 inch, still desirable. それ以上に望ましいのは、この範囲が、駒の臨界接触面から0.175インチを中心に誤差0.125インチ以内にあることである。 Desirable more, the above range is that the center 0.175 inches from the critical contact surface of the piece is within 0.125 inch errors. 弦の第二端のナットからの間隔は、上に述べた、弦の第一端と駒の臨界接触面との間の距離に等しいことが望ましい。 Distance from the second end of the nut of the string is described above, it is preferably equal to the distance between the critical contact surfaces of the first end and the piece of string. ここに言う弦楽器は、ギターを含むことが望ましいが、それが必須というわけではない。 Stringed instrument say here is, it is desirable to include the guitar, it is not essential. 本発明における弦楽器においては、その弦の第一端または第二端のいずれかにアンカが取り付けられているものであることが望ましい。 In the stringed instrument of the present invention, it is desirable that the anchor is attached to either the first end or second end of the string. 別な実施態様においては、楽器の弦には、その第一端と第二端の両方にアンカが含まれる。 In another embodiment, the strings of the instrument include anchors both its first end and a second end. 弦楽器の駒は、複数ある弦の中から対応する一本の弦を受けとめるサドルがいくつか集まって構成されていよう。 Stringed pieces will no matter saddle receive the corresponding one of the strings from the plurality of strings constructed gathered several. 望ましいのは、これらのサドルが、対応する弦の一端に固定されたアンカ要素を受けとめて固定していることである。 Preferably, these saddles, is that they are fixed accept the anchor element which is fixed to one end of the corresponding string. ここで使われている「サドル」という用語は、弦楽器の駒の部分で弦の一端を固定するための、弦を固定するためのくぼみ、ないし他の固定器具を示すことを意図している。 The term has been used "saddle" herein is intended to indicate for fixing one end of the strings at the portion of the piece of string instruments, recess for fixing the strings, or other fixation devices. 本発明に関する限り、「駒」という用語は、一つ以上の駒の臨界接触面と一つ以上のサドル、そして駒に関連して用意されたチューニング機構までをも含む、一つの駒の構成部品全体を指し示すことを意図している。 As far as the present invention, the term "frame" is one or more pieces critical contact surfaces and one or more saddle, and also including up tuning mechanism that is provided in connection with the frame, the overall configuration parts of one piece it is intended that point. ある実施態様においては、駒にはトレモロが含まれる場合がある。 In some embodiments, it may the piece includes tremolo. このように、「駒の臨界接触面」という用語は、楽器の弦が適切な音程の音を出すように配置された駒の上の位置を指す。 Thus, the term "critical contact surfaces of the piece" refers to the position over the arranged frames as strings of the instrument emits a sound suitable pitch. 一つの実施態様においては、駒の臨界接触面の対応するサドルからの間隔は、 およそ1/2インチ以内である。 In one embodiment, the distance from the corresponding saddle critical contact surface of the piece is within approximately 1/2 inch. こうした実施態様においては、駒の臨界接触面と対応するサドルとの間隔は、サドルのくぼみの中の肩の部分のような、表面の縁から測定される。 In such embodiments, the distance between the saddle and the corresponding critical contact surface of the piece, such as a shoulder portion in the recess of the saddle, is measured from the edge of the surface. 本発明の実施態様においては、弦の両端に取り付けられたアンカ要素が弾を構成するが、弦が弾と接する両端は、終端点とみなされる。 In embodiments of the present invention, although the anchor element attached to both ends of the string constitutes the bullet, both ends of the string is in contact with the bullet is considered end point. 第一終端点は、対応する駒の臨界接触面から、およそ1インチを中心に誤差0.5インチ以内の間隔にあれば望ましい。 The first termination point, the critical contact surfaces of the corresponding frame, desirable to have about the approximately 1 inch spacing within 0.5 inches errors. また、第二終端点は、ナットの臨界接触面から、およそ1インチを中心に誤差0.5インチ以内の間隔にあれば望ましい。 The second termination point, the critical contact surface of the nut, if centered approximately one inch intervals within 0.5 inch error desirable. さらに好ましい実施態様によると、第一終端点と対応する駒の臨界接触面の一つとの間隔は、およそ1/2インチを中心に誤差1/4インチ以内であり、また第二終端点は、ナットの臨界接触面からおよそ1/2インチを中心に誤差1/4インチ以内の間隔であることが望ましい。 According to a further preferred embodiment, the distance between one of the critical contact surfaces of the corresponding frame and the first termination point is within 1/4 inch errors mainly approximately 1/2 inch and the second termination point, nut it is desirable centered approximately 1/2 inch from the critical contact surfaces of the spacing within 1/4 inch errors. さらなる実施態様においては、第一終端点と対応する駒の臨界接触面の一つとの間隔は、およそ1/4インチを中心に誤差0.125インチ以内であり、その際の第二終端点は、対応するナットの臨界接触面からおよそ1/2インチを中心に誤差1/4インチ以内の間隔となろう。 In a further embodiment, the distance between one of the critical contact surfaces of the corresponding frame and the first termination point is within 0.125 inch errors mainly approximately 1/4 inch, the second end point of time, the corresponding centered approximately 1/2 inch from the critical contact surface of the nut would be within an interval of 1/4 inch errors. さらなる実施態様においては、第一終端点と対応する駒の臨界接触面の一つとの間隔は、およそ0.175インチを中心に誤差0.125インチ以内であり、また第二終端点と対応するナットの臨界接触面との間隔は、同じく、およそ0.175インチを中心に誤差0.125インチ以内の間隔となる。 In a further embodiment, the distance between one of the critical contact surfaces of the corresponding frame and the first termination point is within 0.125 inch errors mainly approximately 0.175 inches, and the critical contact surfaces of the corresponding nut and a second end point distance between the same, the interval within 0.125 inches error about the approximately 0.175 inches. 本発明のひとつの重要な態様は、収束チューニングが可能な弦楽器に関するものである。 One important aspect of the present invention relates to stringed instrument capable of convergence tuning. この本発明の態様によれば、弦楽器はボディと、ボディに取り付けられたネック、ボディに備えられたフレット・ボード、フレット・ボードの端にあるネックに配されたナット、そして駒によって規定されるものである。 According to an aspect of the present invention, stringed instruments are defined body and a neck attached to the body, fret board provided in the body, the nut arranged on the neck on the edge of the fret board, and the frame it is intended. 駒はボディ上にある複数の駒の臨界接触面を含み、ナットとは反対側のフレット・ボードの端にあり、駒の臨界接触面は、対応するナットの臨界接触面から選択的に調整可能な間隔で配置されている。 Piece includes a critical contact surfaces of the plurality of frames that are on the body, the nut on the edge of the fret board opposite to the critical contact surface of the piece is selectively adjustable spacing from the critical contact surface of the corresponding nut in is located. 弦楽器はまた複数の弦を含み、それぞれの弦は第一端と第二端を有し、その両端の間は、あらかじめ決められた長さとなっている。 Stringed also includes a plurality of strings, each string having a first end and a second end, between its two ends, has a length that is determined in advance. 弦はそれぞれ、対応する駒の臨界接触面とナットの臨界接触面とに接触するように作られている。 Each string are made to contact with the critical contact surface and the critical contact surfaces of the nut of the corresponding frame. 弦は、楽器をつま弾いたりかき鳴らしたりした時に、望みの音程が得られるよう、張力がかけられた状態となっている。 Strings, when you or strumming or Tsumabii a musical instrument, so that the desired pitch is obtained, in a state of tension has been applied. 弦楽器はまた、収束チューニングの手段を含んでいる。 Stringed instrument also includes a means of convergence tuning. この手段は、複数の弦のうちの特定の一本について、選択的に張力を加減し、同時に、対応する駒とナットそれぞれの臨界接触面間の間隔を増減させることで、ハーモニクス・チューニングとピッチ・チューニングの両方が同時に達成されるためのものである。 This means, for a particular one of the plurality of strings, selectively adjusting the tension, at the same time, by increasing and decreasing the distance between the critical contact surfaces of the corresponding frame and the nut, harmonic tuning and pitch both of tuning is intended to be achieved at the same time. 好ましい実施態様においては、収束チューニングの手段は、駒と密接な関係がある。 In a preferred embodiment, it means convergence tuning, frame and closely related. 駒において、収束チューニングの手段の選択的な調整は、駒の臨界接触面がナットに近づいたり離れたりして旋回する動きを引き起こす。 In frame, selective adjustment of the means of convergence tuning causes movement critical contact surfaces of the piece is pivoted to and away from the nut. あるいは、収束チューニングの手段の選択的な調整は、駒の臨界接触面がナットに対して横滑りして近づいたり離れたりする動きを引き起こすかもしれない。 Alternatively, selective adjustment of the means of convergence tuning, may cause movement critical contact surfaces of the piece to and away from skidding relative to the nut. 駒は複数のサドルから構成されていることが望ましく、また、複数の弦のそれぞれが、その両端に配置されたアンカを含んでいる。 Piece is desirably consists of multiple saddle, also each of the plurality of strings includes an anchor disposed at both ends thereof. 細長い弾丸の形をしているアンカは、対応するサドルにはめ込まれていることが望ましい。 Anchor in the form of an elongated bullet is desirably fitted to the corresponding saddle. 複数の駒の臨界接触面は、それぞれ対応するサドルと関連し、またサドルのくぼみの部分の表面の縁に近いところに位置することが望ましい。 Critical contact surfaces of the plurality of frames is associated respective saddles and, also desirably located close to the edge of the surface portion of the recess of the saddle. 本発明における弦楽器は、弦の第二端を保持するために、ナットに隣接したネックに弦ホルダー器具が組み込まれたものであることが望ましい。 Stringed instrument of the present invention, in order to hold the second end of the string, it is desirable that the string holder device is incorporated into the neck adjacent to the nut. ナットは弦ホルダー器具に固定されている場合もあろう。 Nut would be when it is fixed to the string holder instrument. 好ましい実施態様においては、臨界接触面をも含むナットの部分は、ネジで弦ホルダー器具に固定されているか、もしくは、取り外すこともできる状態で弦ホルダー器具に取り付けられているであろう。 In a preferred embodiment, the portion of the nut including the critical contact surfaces are either fixed to the string holder device by a screw, or would be attached to the string holder device in a state that can also be removed. さらに別の実施態様においては、ナットは、取り外せない状態で弦ホルダー器具に取り付けられているか、または、ギターのボディ上で、弦ホルダー器具の接合点に別々に取り付けられているかもしれない。 In yet another embodiment, the nut are either attached to the string holder device in a state where permanently, or on the body of the guitar, it might be mounted separately to the junction of the string holder instrument. 収束チューニングの手段は、複数の調節可能なつまみを有するものであることが望ましい。 It means convergence tuning is desirably one having a plurality of adjustable knobs. ここで、それぞれの調節可能なつまみは、対応するサドルと密接に関係している。 Here, each of the adjustable knob is closely related to the corresponding saddle. すなわち、つまみのうちの一つを調節することで、対応する駒の臨界接触面がナットに対して近づいたり離れたりといった旋回をするように、対応するサドルの旋回する動きが生じるのである。 That is, by adjusting one of the knobs, as the critical contact surfaces of the corresponding frame to a pivot such and away from the nut, it is the motion of pivoting of the corresponding saddle occurs. ここで「調節可能なつまみ」という用語は、サドルと駒の臨界接触面の動きを生じさせる、様々な調節器具のことを指す。 The term "adjustable knob" in causes movement of the critical contact surfaces of the saddle and frame, refers to a variety of regulatory instruments. このように、調節可能なつまみという用語は、回すことの出来るつまみや、横滑りさせて調整する仕組みや、その他のさまざまな種類の調整機構の総称である。 Thus, the term adjustable knob, knobs and which can turn, and a mechanism for adjusting by skidding, is a general term for various other types of adjustment mechanisms. 別の好ましい実施態様においては、駒はボディに取り付けられた基盤から構成される。 In another preferred embodiment, the frame consists of base attached to the body. そこでは、複数のサドルが、円を描くような形で基盤に接続されている。 There, a plurality of saddles are connected to the base in such a way circular motion. 駒の臨界接触面はサドルと連携して配置され、したがって、サドルとともに選択的に旋回することになる。 Critical contact surface of the piece is arranged in conjunction with the saddle, thus, it will selectively pivot together with the saddle. さらに別の好ましい実施態様においては、駒は複数のレバーから構成されている。 In yet another preferred embodiment, the frame is composed of a plurality of levers. これらのレバーもまた、円を描くような形で基盤に接続されている。 These levers are also connected to the base in such a way circular motion. 基盤は複数のネジ山の切られた溝を有するであろう。 Foundation will have a cut grooves of the plurality of threads. この好ましい実施態様においては、調節可能なつまみのそれぞれは、基盤上の、対応するネジ山の切られた溝からつまみにつながる、ネジの切られた軸を有している。 In this preferred embodiment, each of the adjustable knob on infrastructure, leading to a knob from a cut of the corresponding thread groove has an axis threaded. サドルは、対応するレバーと接続するように配置されている。 Saddle is arranged so as to be connected to the corresponding lever. このレバーは、対応する調節可能なつまみと連動するように配置されている。 This lever is arranged to work with the corresponding adjustable knob. 調節可能なつまみが基盤上のネジ山の切られた溝に沿って動き、これによって、対応するレバーの旋回がサドル及び関連する駒の臨界接触面の旋回を生じる。 Motion adjustable knob along the groove cut threaded on infrastructure, thereby, pivoting of the corresponding levers results in a pivoting of the critical contact surfaces of the saddle and associated frame. 特に好ましい実施態様においては、調節可能なつまみは、個別に複数の弦のそれぞれと対応するように構成されている。 In a particularly preferred embodiment, the adjustable knob is configured to correspond with each of the plurality of strings individually. これにより、調節可能なつまみの一つを調整することで、関連する一本の弦について、ピッチ・チューニングとハーモニクス・チューニングの両方が同時に得られるのである。 Thus, by adjusting the one of the adjustable knob, the strings of single relevant is that both the pitch tuning and harmonic tuning is obtained at the same time. 本発明に従えば、駒はトレモロを含むことになろう。 According to the present invention, the frame is would include a tremolo. トレモロは、楽器を演奏している際に、弦の張力をすばやく加減して、望みの音の効果を得るためのものである。 Tremolo, when you're playing a musical instrument, to quickly increase or decrease the tension of the strings, is intended to obtain the effect of the desired sound. トレモロは、在来型のトレモロ、または、後に言及することになる斬新な特徴を持つトレモロから構成されよう。 Tremolo will be composed tremolo with-conventional tremolo, or the novel features will be mentioned later. 本発明における弦楽器は、対応するサドルにあるアンカ要素を保持するための、アンカ保持装置を有する。 Stringed instrument of the present invention, for holding anchor element in the corresponding saddle, having a anchor holding device. アンカ保持装置は、サドルのくぼみにある保持壁を含む。 Anchor holding device comprises a retaining wall in the recess of the saddle. 本発明における弦楽器はまた、弦ホルダー器具と連携するアンカ保持装置をも有する。 Stringed instrument of the present invention also has an anchor holding device which cooperates with the string holder instrument. アンカ保持装置は、壁を越えた弦上のアンカ要素が動くのを防ぐ弦ホルダー器具のくぼみ内壁を含むであろう。 Anchor holding device will include a recess inner wall of the string holder device to prevent the anchor elements on the strings beyond the wall moves. アンカ保持装置は保持される壁に対して、つまり実質的には関連弦縦軸に沿って、自動的にアンカ要素に刺激を加える自動バイアス手段も含む。 Against the wall anchor holding device is held, that is, substantially along the associated Tsurutate axis, including automatic bias means for applying a stimulus automatically anchor element.本発明の別の具体案として、駒の臨界接触面が対応する回転ペグ最上面を含むことがある。回転ペグ最上面には、弦が駒の臨界接触面の複数箇所に接触して配置された場合、関連ある複数弦を受ける溝を持ち得る。また回転ペグ最上面には、隆起した箇所がある。この実施態様では、駒の臨界接触面は隆起箇所上のみに配置されている。さらに、溝が駒の臨界接触面に隣接する隆起箇所に配置されることが好ましく、それによって楽器演奏中に対応弦が駒の臨界接触面に正しく維持される。複数の回転ペグは、関連サドルの穴から離れたところで回転することが望ましい。従って、駒の臨界接触面は関連弦端に比較的近い第一地点と関連弦端から離れた第二地点の間を移動する。回転ペグの第一地点と第二地点間の移動は関連弦のハーモニクス長をこのようにして変化させる。また、本発明の弦楽器は各フレットボードに対して複数の駒の臨界接触面の縦高位置を調節する縦高調節装置を持つ。縦高調節装置は、各サドルを通る糸通路と、対応する糸通路に沿って動きを調整する上端および下端のある糸巻きとの組み合わせから成るものである。各糸巻は対応する糸通路に渡り、下端が対応するサドル下部面に接触する。この箇所で糸巻を調節すると複数サドルのうち関連するものが旋回し、関連駒臨界接触面が各フレットボードに応じて上下に動くようになる。本発明に関連して縦高調節装置を用いると、ハーモニクス父`ューニング、ピッチ父`ューニングおよびフレットボードに応じた弦の長さの3通りの収束が可能になる。本発明の別の態様では、複数ある弦全てを同時に収束してチューニングする方法が提供される。上記にあるように、収束チューニングは1本または複数の弦のピッチ・チューニングとハーモニクス父`ューニングを同時に実行するのに適している。収束チューニングは本発明におけるチューニング手段の一部である。チューニング手段は、複数対応弦が張られている状態におかれる演奏位置と、駒全体がナット方向に傾斜し複数弦の張られた状態が同時に緩和されるローディング位置との間の駒全体を旋回させる方法を含むことが望ましい。駒にトレモロがある場合は、弦全てのピッチ父`ューニングとハーモニクス父`ューニングを同時に実行することがローディング位置の駒を選別しロックする方法を同時に持つことがある。また、ローディング位置からブリッジを選別して解放し、ナットから離れて旋回して演奏位置に戻る方法も提供される。駒が弦全てのピッチとハーモニクスの同時チューニングを実行する手段に対応していて、トレモロがない場合は、チューニング手段として、演奏位置で駒を選別的にロックする方法を使うことが望ましく、また、駒を演奏位置から選別的に解放しナット方向に旋回してローディング位置に収まるような手段が望ましい。本発明のさらなる態様としては、弦楽器の構成はボディ、ボディに付属するネック、ネック部にフレットボード、そしてフレットボードの一端に配置されているナット、というものである。また楽器にはフレットボードの反対側端ボディ部に駒が据え付けられ、駒には複数のサドルが各々旋回式にボディに配置されている。また、複数の駒の臨界接触面は複数サドルのうち関連するものに対応している。駒の臨界接触面はナットから選別的に調整可能な距離をおいて配置されている。また、弦楽器は複数の弦を持ち、各弦には第一端、第二端があり、端間のあらかじめ決められた長さは、フレットボード上延部のどこか(高さは変化する) で調整される。複数弦は駒の臨界接触面と接触し、面からナットに渡って配置されることが望ましく、つまびかれたり、引かれた時に音階を奏でるように適度に張られている。複数弦の第一端は複数サドルのうちそれぞれ対応する各サドル内に置かれる。チューニング・メカニズムは、あらかじめ決められたアーチ状パスに沿って旋回調節できる複数サドルに対応して働く。本発明のこの態様では、複数の駒の臨界接触面は通常あらかじめ決められたアーチ状パスの最上部中心の陰に置かれ、それによって複数サドルのうち少なくとも一つと、対応する駒の対応する駒の臨界接触面を前述のナット方向に動かし、フレットボードに関する対応弦の高さが増すというチューニング・メカニズムが働く。少なくとも一つのサドルと関連する駒の臨界接触面がナットから離れるというチューニング・メカニズムの働きはフレットボードに関して対応する弦の高さを減少させる。本発明のまた別の態様では、弦楽器はナットと駒から成るチューニング・システムを持ち、それらはシャフト周辺の臨界接触点を旋回させるハーモニクス・チューニングを実行するチューニング手段を持つ。本発明のこの態様から、駒はピッチ・チューニングとハーモニクス・チューニングを同時に行う必要性を持たない。さらに、本発明のこの態様において用いられるチューニング手段は、選別された駒の臨界接触面に旋回的な動きを発生させて駒の臨界接触面とナット間に望ましい間隔を設けることによって少なくとも複数弦のハーモニクス・チューニングを実行できなければならない。また、本発明のこの態様において用いられるチューニング手段は関連する弦のピッチ・チューニングを行う目的においても使用されることがあろう。本発明の別の実施態様では、旋回式サドルを持つ駒と、各旋回サドルに対応した駒の臨界接触面から構成される弦楽器が提供される。サドルの旋回動作は共通シャフト周辺で発生し、関連する駒の臨界接触面と対応するナット間の間隔を調節する。そのシャフトは関連する弦楽器のボディ部分に関して駒全体の旋回動作を発生させる際に使われるものであろう。本発明のこの態様において望ましいのは、駒にトレモロがあり、弦楽器演奏中にそれが迅速に複数の弦の張り具合を修正し、それによって望ましい音程を得ることである。ボール・ベアリングがシャフト周辺の駒の回転を助けるために使われるであろう。さらに、本発明のこの態様において望ましいのは、フレットボードに関する駒の臨界接触点の高さを調節する縦高調節装置があることである。縦高調節装置は駒に据え置かれ、関連サドルを旋回させるものと同一のシャフト周辺で回転する。本発明の別の態様は、上記で述べたような弦楽器の特徴を持つギターに代表されるような弦楽器に向けられ、そこで言う弦楽器は、実質的には弦の縦軸に沿った関連弦の片方あるいは両方の端にあるアンカ要素を自動的に動かしてアンカ要素がブリッジあるいはナットの安全な位置に固定されるような自動バイアス法をも持ち得る。好ましい実施態様では、自動バイアス法は、第一自動バイアス装置が自動的に弦の片方の端から駒の安全な位置へアンカ要素を動かし、第二自動バイアス装置が自動的に弦のもう一方の端に固定されたアンカ要素をナット器具の安全な位置へ動かす、というものである。第一、第二自動バイアス装置には複数の弦のバイアス・ボール・プランジャーがあることが望ましい。第一バイアス装置の弦のバイアス・ボール・プランジャーは、関連する弦の端に固定された関連アンカ要素を背にして隣接する駒に置かれる。第二バイアス装置の弦のバイアス・ボール・プランジャーは、関連アンカ要素を背に隣接するナットに配置し、ナット器具の組立位置におけるアンカ要素を安全にすることが望まれる。好ましい実施態様では、アンカ要素には細長い弾が含まれる。自動バイアス法は、駒のサドルあるいはナットの弦ホルダーにおけるアンカ要素に確実な力を加えて、楽器演奏中、トレモロの使用、あるいは他のいかなる不注意による弦の張りの緩和により、アンカ要素が関連サドルや弦ホルダーから飛び出してしまわないようにするのに使われる。本発明のこの態様における使用が望まれる弦のバイアス・ボール・プランジャーは演奏中にアンカ要素を安全な位置に保持するに足る十分な力を生み出すことが可能であるが、楽器の弦交換の際にアンカ要素の除去が簡単に出来なくなるほどの大きな力を生み出すべきではない。本発明のこの態様は、レンチやその他の工具類を使用して従来の技術のギターから弦を取り外したり交換することを未然に防ぐ。本発明の別の態様は、上記にあるような弦楽器で使われ得る調節可能な弦ホルダーを含むナット器具を提供する。調節可能な弦ホルダーは、ハーモニクス・チューニングとピッチ・チューニングの収束実現を助ける臨界接触点を持つ調節可能な駒と共同して使用されることが望ましい。この実施態様において、ナットの臨界接触面は、第一フレットに対して固定されることが望ましく、弦ホルダーはナットに関連して据え付けられ、旋回あるいはスライドすることができ、楽器のチューニングを助ける。さらにまた別の態様は、両端に細長い弾を固定した弦に向けられる。本発明のこの態様において、弦両端に置かれた細長い弾は、ボール状アンカ要素や四角型アンカ要素などの他のアンカ要素とは区別される。さらに、本発明のこの態様に関連する各弦は、弦が弾を出す終端点に一本の場所をとらない糸を持つ。本発明の上記の目的、さらに別の目的、特徴および長所は、以下の添付図面を参照にしてなされる本発明の詳細な説明を読めば完全に理解されよう。図面の簡単な説明 図1は、本発明のチューニング・システムを含むギターの斜視図; 図2は、本発明に従ったナットおよび対応する弦の拡大斜視図; 図3は、図2におけるナットおよび弦の拡大分解斜視図; 図4は、図2において弦を取り去ったあとのナットの正面図; 図5は、ナットおよび弦の、図4における5-5の線に沿って切り取られた断面図、および、弦およびそれに組立て位置で連結するアンカー要素の外観; 図6は、ナットの一部が本発明に従って垂直に調節可能な、ナットおよび対応する弦の第2の実施態様の拡大分解斜視図; 図7は、本発明に従った駒および対応する弦の拡大斜視図; 図8は、図7における駒の部分拡大図; 図9は、図7および図8における駒および対応する弦の、図8における9-9の線に沿って切り取られた側断面図; 図10は 図7における駒の拡大正面図; 図11は、図7における駒の駒の拡大平面図; 図12は、図7における駒の拡大背面図; 図13は、本発明の1観点に従った、駒の臨界接触面の弧状運動の略図; 図14は、本発明の1観点に従ったトレモロ駒の拡大斜視図; 図15は、トレモロ駒を含む本発明の別の実施態様の部分分解斜視図; 図16は、本発明に従った旋回駒の拡大斜視図; 図17は、本発明に従った旋回トレモロ駒の別の実施態様の斜視図; 図18は、駒の臨界接触面が旋回方向および滑動方向の両方に調節可能であるような、対応する弦を含む駒の別の実施態様の拡大断面図; 図19は、駒の臨界接触面が滑動方向に調節可能であるような、対応する弦を含む駒の更に別の実施態様の拡大断面図; 図20は、本発明の別の実施態様に従った、旋回方向に調節可能な ホルダーを伴うナットを持つ、チューニング・システムを含むギターの斜視図; 図21は、図20におけるナットの拡大斜視図; 図22は、回転可能な駒を特に図示している、本発明に従った駒の別の実施態様の拡大部分分解斜視図; 図23は、図22における回転可能な駒の拡大平面図; 図24は、図23における24-24の線に沿って切り取られた、回転可能な駒の拡大断面図; 図25は、本発明に従った、滑動方向に調節可能な弦ホルダーを持つナットの別の実施態様の拡大部分分解斜視図。発明の実施の最良の形態 本発明の様々な実施態様において、同じ参照数字は可能であれば常に同じ構成要素を表してきた。したがって、ある実施態様において、類似した構成要素および特徴が同じ参照数字で表される一方で、様々な構成要素または特徴が異なる参照数字で表される。本発明のチューニング・システムの1つの実施態様を含むギター30が図1に示される。ギター30は電気ギターであろう。しかしながら、本発明は、アコースティック・ギター、バイオリン、バンジョーおよび結合した弦の調律が必要なもの、 そのような様々な弦楽器に用いることが可能であると評価されるべきである。ギター30は、本体32およびネック部34を含む。フレットボード36はネックに配列され、ギターのヘッド33の近くに配置されている第1端とギター30の本体32の方向に延びている第2端との間に延びている。複数の弦72は、弦ホルダー40およびナット38を含むナットと、大部分が82に示される駒とのあいだに伸ばして据え付けられている。従来の技術によるギターと異なり、本発明におけるギター30は、ヘッド33上にチューニング・ペグを必要としない。弦72はナットの弦ホルダー40の中で終わっているからである。図2-5に見られように、弦ホルダー40およびナット38はフレットボード36の一方の端においてギター30のネック34上に取り付けられている。本発明の新しい見地の1つは、弦ホルダー40およびナット38相互間の取り付け位置に関係がある。とりわけ、図1-5に明確に見られるように、弦ホルダー40およびナット38はギターのネック34上の組立て位置に取り付ける際に互いに接するように配置される。図3に示されるように、ナット38は組立て位置にあるときは弦ホルダー40の前壁6 7に近接して置かれる。図3-5は、ナット38が、その上に弦72が支えられている臨界接触面66の大多数を含むことを図示している。通常の技術用語法では、その上で弦が支えられているギターのナットと駒の位置選定を表す場合に、「臨界接触面」と対照的なものとして「臨界接触点」を指し示すと考えられる。そこにおいて弦72がナット38および駒82に接する位置をより正確に定義すると考えられるので、ここでは「臨界接触点」という用語の代りに「臨界接触面」という用語が用いられた。ギター30 を演奏しているあいだ弦72が正しい位置にあることを確実にするために、臨界接触面66のそれぞれは、関連する溝の底に配置される。弦ホルダー40は、後部ショルダー44およびそのあいだの空洞の長さを決める前部拘束ショルダー46を持つ空洞の大多数を含む。以下により詳細に議論されるように、空洞42は、対応する弦72 の第1端点に固定される弾丸状の小球として示される対応するアンカー要素を拘束するような大きさと形に作られる。弾丸状の小球を、ここでは単に「弾」と記す。貫通した通路48は、空洞42の後部ショルダー44および弦ホルダー40の後端のあいだに延びている。該貫通した通路48は、スプリングで加圧された対応する弾ピストンを受けるように大きさと形状が作られている。これらの、または類似した、弾ピストンは本発明に先立って市場で手に入る。しかしながら、それらは今まで、本発明の場合のように弦を固定する部品としても、または弦楽器の技術に関連する他のいかなるやり方でも、使われたことはなかったと信じられる。図3に見られるように、スプリングで加圧された弾ピストンは、貫通した管状体52、および貫通体52の前端の中にぴったりはめ込まれる球状の戻り止め54を含む。球状の戻り止め54は、貫通体52の中で球状の戻り止め54および貫通体の後端とのあいだに置かれた圧縮スプリング56によって外側へ加圧される。球状の戻り止め54は、もし圧縮スプリング56が球状の戻り止め54を外側へ押し出すように配置されていなければ貫通体52の空洞の中で移動可能であるだろう。 6角形の調節ソケット58が、スプリングで加圧された弾ピストンを調節できるように貫通体54 の後端に固定されている。図5によりはっきり認められるように、スプリングで加圧された弾ピストン50 が対応する貫通通路48内の組立て位置に配置されている時、球状の戻り止め54は後部ショルダー44を通り対応する空洞42の中に伸びる。ここでさらに検討されるように、スプリングで加圧された弾ピストン50の機能は、弾74が、連結した空洞42の対応する前部ショルダー46に固着するように、対応する弾74を結合した弦72 の縦軸に沿って自動的に押し出すことである。こうすれば、このギター30を演奏するあいだ弾74は弦ホルダー40内に固定されるだろう。本発明の範囲と精神から逸脱しない限り、板バネ、他のスプリング加圧装置または他の動力装置のような、様々なタイプの加圧装置がこのスプリングで加圧された弾ピストン50の代りに用いられうると評価されるべきである。本発明におけるこの特徴の重要な点は、演奏者が弦72を交換しようとする際に弾74を弦ホルダー40内の対応する空洞42から容易に取り外すことを可能にする一方、この楽器の演奏中に、単に弾を組立て位置の中に固着する自動加圧装置を提供することである。弦ホルダー40は、ギター30のネック34内に、一対の対応する貫通通路63とともに並んで整列するように作られた一対の内腔を含んでもよい。一対の取付ネジ60 が、弦ホルダー40を組立て位置に固着するために、弦ホルダー40内の内腔62およびこのギターのネック30内の対応する貫通通路63を通って伸びている。弦ホルダー40およびナット38のあいだの位置関係は、ナット38上の臨界接触面66および対応する空洞42の最前部のショルダー46のあいだの距離がなるべくなら相対的に小さくなるような関係である。弾74は対応するショルダー46に固着される位置に押し出されるので、弦72が弾74を離れる位置は、また空洞42の最前部のショルダー46に接して配置される。この位置はここで終結する点とみなされ、弦72の事実上の終点を表す。こうして、弦72のこの事実上の終点および対応する臨界接触面66のあいだの差はまた相対的に小さい。好ましい実施態様においては、 この距離は約0.05インチから3インチのあいだであろう。特別に好ましい実施態様においては、この距離はおよそ0.175インチであろう。ナット38は、対応する内腔70を通り弦ホルダー40の前端で、整列した貫通通路69の中に取付けネジを据えることによって、弦ホルダー40の突出部65の下で前壁67に固着させてもよい。この配置は図3に示される。臨界接触面66を含むナット38を、弦ホルダー40に接近させてまたは接して配置することは、本発明の有利な特徴である。この配置によって、対応する弾74および対応するナットの臨界接触面66が離れる終点76において、各々の弦72の事実上の第一端のあいだの距離の最小化を含む幾つかの利点を得ることになる。弦を比較的長い期間整調された状態に維持するため、弦72の事実上の終わりとしての終点76およびナット38上の対応する臨界接触面66のあいだの距離を最小化することが望ましい。好ましい実施態様においては、この距離は0.05インチおよび3インチのあいだで推移するであろう。特別に好ましい実施態様においては、 この距離はおよそ0.175インチであろう。弦ホルダー40の上にナット38を固着することから得られるもう1つの利点は、 ギターのネック上にナットを分離して取付ける必要性が無くなることである。それによってまた、張出し部65を通り、ナットの臨界接触面66に接する溝を持つ弦ホルダー40の空洞42の中心線に平行して伸びる溝64が自動的に整列する結果になる。この技術において周知のように、ナット38の表面は、フレットボード36の第1フレット37の弧形に大方一致する弧形を成すことが望ましい。図5に見られるように、弾ピストン50の弾状の戻り止め54は、弾ピストン50の本体52内に取付けられた圧縮スプリング56によって前方に加圧されている。弾状の戻り止め54は、組込まれた弾74の後端に接して配置される。それによって弾が、対応する空洞42の最前部のショルダー46に固着される位置に押し込まれる。弦ホルダー40'およびナット38'を含むナット組立て品の第2の実施態様が図6に示される。この実施態様は、張出し部65を取除くことによって、図2-5に示される実施態様から区別される。さらに、一対の調節スロット71が内腔70の代りに見られる。図6は、調節スロット71が、ナット38'の底部の開いた側からナット38' のより頭頂部に近い閉じた端に向かって垂直に伸びていることを示す。これによって、臨界接触面66が、取付けネジ68によってナット38が前壁67の弦ホルダー40 'に固着する前に、ナット38'の上でフレットボード36を考慮した望ましい高さまで垂直方向の調節ができるという構造が生れることになる。図6に認められるように、スロット71に沿ったナット38の調節によって、フレットボード36を考慮した大多数の接触面の各々の垂直方向の調節が同時に行われることになる。駒82が本発明の1つの実施態様に従って図7-12に示される。駒82は、ナットと同様に、ギターを含む様々な弦楽器に使用することができる。駒82および弦ホルダー40を含むナット組立品が、ギター30の全チューニング・システムの一部として互いに組み合わせて使われるとき、弦72の各々は各々の弦の端に配置された弾74および78を持つことが望ましい。上に示されるように、端点76は、そこで弾74 から離れる弦72の位置である。この位置は弦の事実上の端点とみなされる。同様の配置が、そこで弾78から離れる弦のもう一方の端点に適用される。この端点は参照数字80によって示され、また弦の事実上の終点とみなされる。弦72のそれぞれは、関連する弾74および78のあいだにいくらかの距離があってもよいと考えられる。しかし、弾のあいだに置かれた弦の長さは、弦72、ナットにおける臨界接触面66、およびここでいくらか詳細に論ずる駒82における対応する臨界接触面94の事実上の終点のあいだの距離に関係しない。駒の組立品の全体82は、個別に調節可能なサドル構造物86の大多数を伴う基部84を含む様々な構成部分からなる。サドル構造物86のそれぞれは、駒の臨界接触面94に近接する空洞88の端に配置されたショルダー90を持つ空洞88を含む。サドル86のそれぞれはまた、対応するサドルの窪み88の中心線に事実上平行して伸びている溝92の大多数を含む。駒の臨界接触面94は、対応する溝92内に配置される。本発明のこの特徴は図9に明確に示される。用語「駒」は、この技術においては臨界接触点のみを指し示すことが多い。それは、ギターの弦が対応する駒部品と実際に接触する点である。ここで使われているように「駒」または「駒組立品」という用語は臨界接触面94を含むが、それらはまた様々な他の構成部分を含む、と考えられるべきである。駒組立品82はまた、それぞれのサドル86に連結したレバー・アーム98の大多数を含む。このレバー・アームのそれぞれは、そこでプラットフォーム100が垂直方向に調節可能なネジのそれぞれと協動するように配置されている第1端を含む。レバー・アーム98の第2端はチューニング機構と効果的に連結されている。整列した裂け目が、その回りをサドル86が基部84を考慮しながら対応するレバー・ アーム98と一緒に旋回する軸96を受けるために、レバー・アーム98のそれぞれを通って伸びている。レバー・アーム98はまた、細長い軸112を受ける、中央に配置された裂け目を含む。サドル86の後端はまた、サドル86のそれぞれを対応するレバー・アーム98に固着する軸112を受けるための裂け目105を含む。軸96はサドル86の本体内を通って伸びているのではない。そうではなく、それはレバー・アーム98内の整列した裂け目102を通って伸び、基部84の反対側で軸受用の裂け目の中に取付けられている。貫通通路108は、そこで対応する垂直方向調節ネジ106を受けるために、サドル86のそれぞれの前端に垂直に配置される。貫通通路108はその下に配置されているプラットフォーム110と協動するように、それぞれのサドル本体を通って完全に伸びている。ここでより詳細に論ぜられるように、垂直方向調節ネジ106は、 フレットボード36を考慮して個々の駒の臨界接触面94の高さを調節するために使われる。空間110が、サドル本体の前端および、フレットボード36に関して対応する駒の臨界接触面94の相対的な高さの表現である対応するプラットフォーム100の間に生ずる。サドル要素86のそれぞれは、そこから対応する空洞88の中に伸びる後端に配置されている縦に伸びる貫通通路89を持つ。貫通通路89は、ギター演奏中に弾78がその据付位置にしっかり固定されるように、弾78を空洞88の前端でショルダー90 に自動的に押し出すために使われるスプリング加圧式弾ピストン50を受けるように大きさと形が作られる。駒組立品82はまた、対応する貫通通路を通り駒組の基部84の中に伸びる貫通したシャフト18を持つチューニング・ノブ116の大多数を含む。貫通通路118のそれぞれは、図9および12にはっきり示されるように、対応するレバー・アーム98の後端に接して配置される。チューニング・ノブ116の、対応するレバー・アーム9 8への、または対応するレバー・アーム98からの、調節によって、連結したサドル要素86およびその上に配置された駒の臨界接触面94が、シャフト96の回りを旋回するようになる。チューニング・ノブ116およびサドル要素86のあいだの効果的な結合のより詳細な記述が、本チューニング・システムの操作方法と一緒に次に論ぜられる。板バネ99の大多数が、基部84の底部の棚101および対応するレバー・アーム98 の底面のあいだに伸びた状態で配置される。本発明のこの特徴は、図9-12,18,および19の開示によって見て取れる。板バネ99のそれぞれは、対応するレバー・アーム98の後端の表面がチューニング・ノブ116の対応する貫通シャフト118に常に接するように、レバー・アーム98を上に押し上げるためにレバー・アーム98の1 つと対応する。レバー・アーム98は、対応する弦72およびそれに連結した弾78によってサドル86上に正常に働く張力のおかげで同じ位置にある、ということが認められる。しかし、トレモロ演奏中にまたは弦72の交換の際に起こるかもしれないが、弦72の張力が失われたときは、もし対応する板バネ99が対応するレバー・ アームを常に対応する貫通シャフト118の端に接して押し付けて置くための据付け位置に配置されてなければ、対応するレバー・アーム98が対応する貫通シャフト118に比して下方に落下するだろう。図7、8および11に最もよく示されるように、駒82の基部84は、取付けネジ114 の大多数によってギター30の本体32に固着されている。別の実施態様においては、駒組はギター本体32に回転的に取付けてもよい。駒の臨界接触面94は、対応するナットの臨界接触面66に向かって、またはから離れて、旋回方向に調節してもよい。このような回転運動は、裂け目102を通ってレバー・アーム98のそれぞれの中に伸びる普通のシャフト96について起こることである。サドル86および対応する駒の臨界接触面94はここでは、駒の臨界接触面94およびナットの臨界接触面94のあいだの距離の選択的調節のために、基部84 に回転的に結合されているとして論ぜられているけれども、異なる実施態様においては、サドル86はナットの臨界接触面66に滑動的に配置されうるとみなされるべきである。本発明の好ましい実施態様に従って、サドル要素86および対応するレバー・アーム96をシャフト96の回りで単に旋回することにより音の収束チューニングが生ずる。しかし、本発明のこの側面の範囲は、サドル要素86の滑動的な運動上での収束を援護することに向けられる。スプリング加圧式弾ピストン50はまた、対応する弾78をギター30の駒82に押さえつけるために用いられる。対応する弾74および78が、弦ホルダー40および駒80 の中のそれらの固着位置から外へ飛び出すのを防ぐ機能の遂行に加えて、弾ピストン50はまた、ギター30の弦72が従来の技術によるギターよりも長い期間にわたり、整調状態を維持するという本発明の有利な特徴に寄与する。これは弾ピストン50が、弦のドラグを除去するように働くためである。このドラグは、ギター演奏中にナットおよび駒の臨界接触面に比して弦の相対的位置が動くときおよび弦がそれらの元の位置に完全に戻らないときに起こる。従来の技術による設計の多くにおいては、弦のドラグはトレモロが用いられたあとに多く起こり、こうして弦は調子をはずした。スプリング加圧式弾ピストン50は、ナットの臨界接触面66 および次に論ぜられる駒における臨界接触面94に対して、弦72が相対的に運動するのを防ぐことによって弦のドラグの問題を除去するように働く。好ましい実施態様においては、駒の臨界接触面94は、駒の臨界接触面94および対応するナットの臨界接触面66のあいだの距離が増減するのにしたがって、フレットボード36に対する駒の臨界接触面94の高さがわずかに増減するように、弧形に沿って運動する。図13は、本発明の好ましい実施態様における、駒の臨界接触面94の運動経路を示す。そこで示されるように、駒の臨界接触面94の典型的な位置 Lは、特別な駒の臨界接触面94に連結した弦72の調子が合っているときには、 ナットの臨界接触面66と関係のあるその弓状経路の第1の死点 T の背後にある。駒の臨界接触面94が、対応するナットの臨界接触面66に向かって、弧形 Aに沿いながら旋回するように誘発されたとき、駒の臨界接触面94および対応するナットの臨界接触面66のあいだの倍音長が減少するのにつれてその特別な弦と連結したピッチが減少するように、連結する弦72の張り具合は減少する。しかし、フレットボード36に対する駒の臨界接触点94の高さは、それが、対応する弦72が整調状態にあるときに第1の死点 Tの背後に通常に整調された位置から、対応するナットの臨界接触面66の方へと旋回するとき、増大するだろう。同様に、駒の臨界接触面94が対応するナットの臨界接触面66から遠ざかるように旋回するときには、 連結した弦72のフレットボード36に対する高さが減少する一方で、倍音長およびピッチは増大する。駒の臨界接触点94の旋回運動において、フレットボード36に対する弦72の高さのわずかな差分は、図13においてΔHで表される。上記で論じられたように、トレモロは、通常でない音の振動を得ようとするときに使われるかもしれない。これは、エレキ・ギターの演奏中に全部の弦の張力が急速に増減する場合に生ずる。図6-13に関して上述された駒組82の特徴はまた、図14に示されるように駒がトレモロ126を含む場合にも用いられるかもしれない。トレモロ126は、米国特許第4,171,661号; 第4,967,631号; 第4,497,236号; および第4,882,967号として開示され、出典を明記することによりその開示内容を本願明細書の一部と成すような、従来の方法でギター30の本体32の上に取付けることができる。付け加えれば、以下に示されるように、本チューニング・システムの特徴は新しいトレモロの実施態様とともに用いることができる。ギター30 の演奏中に音に変化を付けるためトレモロ126を用いることが望まれるとき、トレモロ・アーム128を前に押したり後ろに引いたりして連結する弦72の張り具合を選択的に増減することができる。本発明は、連結する弦の簡単な収束チューニングを達成する新しいチューニング・システムの様々な面に関係がある。上に示されたように、収束チューニングは、対応する弦72のハーモニック・チューニングが得られ、正しいピッチ・チューニングが得られるよう弦72に望んだ張り具合を持たせるように、ナットおよび駒の臨界接触面のあいだの望まれる倍音長を同時に得ることと関係する。ナット38および弦ホルダー40を含む駒組82およびナット組は、様々なタイプの弦とともに用いられるように変更されうるけれど、本発明に従った好ましい弦のセットは、ギターの音程 E,A,D,G,B およびE に一致する弦を含む。上に示されたように、好ましい実施態様においては、弦72のそれぞれは、その一方の端に配置された弾74およびもう一方の端に配置された第2の弾78を含む。弦72のチューニングを達成するには、弦のそれぞれが弦の1つ1つの直径を考慮した前もって決められた収束長に製造されることが望ましい。こうして、6本の弦のそれぞれの収束長が、その弦に固有の特定の音程に結び付いた正確な長さに一致するだろう。この長さは、互いに対して同じ位置に配置されてもよいナットの臨界接触面66および互いに対して異なる位置に配置される対応する駒の臨界接触面94のあいだの距離を表す。駒の臨界接触面94および連結するサドル86の典型的な配置が図7、図8および本発明の他の実施態様に示される。しかし、駒の臨界接触面94の様々な配置は、特定のサドル86および駒の臨界接触面94に連結する弦の太さに依存する連結する弦のチューニングを達成するためにナットの臨界接触面66を考慮してなされると考えるべきである。弦72が連結する弾74を放す端点およびナットの臨界接触面66のあいだの望ましい距離は半インチよりも小さい。好ましい実施態様において、弦72の事実上の終点を表す端点76およびナットの臨界接触面66のあいだの距離はおよそ0.175インチである。同様の距離関係が、弦72が対応する弾78を放す端点および駒の臨界接触面94のあいだに存在する。弦72の事実上の終点およびナットおよび駒のそれぞれの臨界接触面66および94のあいだの比較的に短い距離は、弦72を、従来の技術によるギターの弦より長い期間整調状態に保つのを容易にするので有利である。しかし、 弦の事実上の終端および対応する臨界接触面のあいだの前述の好ましい距離は、 大部分が、本発明の駒組の新しい構造、操作およびそれのの新しいナット組との関係によって達成される望ましい収束チューニングを達成するには本質的なものではないということを理解すべきである。好ましい実施態様においては、弾74および78は、弦を製造するあいだ、その中に入る弦の一定の長さを固着するために使われる空洞を中央に持つ。弾74および78の空洞部に入れられる弦の長さは、変更された実施態様においては、弾それ自身のおよびその中の空洞の長さによって、変化してもよい。しかし、弾74および78の長さが4分の1インチおよび4分の3インチのあいだであるような好ましい実施態様においては、弾の中に入れられた弦の長さはおよそ2インチより短かくすべきである。特に好ましい実施態様においては、弾74および78の長さはおよそ半インチであり、その内部の弦のおよそ半インチまたはそれ以下を固着している。それぞれの端に対応する弾74および78を付けたギター弦72の一組は、音程E,A,D ,G,B およびE のそれぞれに一致する完璧なセットとして売るためにパッケージされてもよい。代りに、対応する弾74および78を含む弦72の一組は、標準的な音程の全セットに一致しないものとしてパッケージされてもよい。その一組の弦72のそれぞれは対応する事実上の端点のあいだに及ぶ(つまり弦の長さは対応する弾74および78のあいだに達する)。特定のセットの弦72のすべてが同じ長さを持つときには、本チューニング・システムに特別の変更を加えることが望ましいかもしれない。特別の変更は以下に詳細に論ぜられる。代りに、特定のセットの弦のあるものが特定の太さおよび対応する音程に結び付いた適切な収束長に対応する異なった長さを持つかもしれない。そのような弦のセットは図7-12の駒組と組み合わされて図1-6のナット組と一緒に好ましく用いられる。弦72のセットのあるものがそのセット内の他の弦とは異なるあらかじめ定められた長さを持つように作られた場合、これらの弦はまた、図18-21および25を参照して以下に論じられるような、本発明の変更された実施態様とともに用いることができる。本発明の別の態様は、製造すべき弦72の長さを決定することと同様に、終端に添付した弾74および78を含めて弦72を製造する方法に属する。終了点76の実質終端および終了点80の実質終端の間の弦72のそれぞれの望ましい長さは、本発明の斬新な収束チューニングシステムに関連して使われる時、同時に得られるかもしれない弦のハーモニクスおよびピッチ父`ューニングの収束長さと一致するように、選択される。上に示したように、この長さは、ナットおよび駒の臨界接触面66および94の間の距離より大きくない、プラス約1インチ±3/4インチが好ましい。その距離はナットおよび駒の臨界接触面66および94の間の距離プラス約0.350 インチにほぼ等しいことがさらに好ましい。 (弦72のそれぞれの実質終端76および80ならびにナットおよび駒に対応する臨界接触面66と94の間の距離は0.175インチである) ギター30のような弦楽器に使用される製造すべき弦72の長さを決定する方法に従って、弦は通常、実質ナットおよび駒の臨界接触面にまたがって、かつ接触して置かれる。用語「実質」は、ナットおよび駒の臨界接触面がギターの実際の臨界接触面であるかもしれない、もしくは実験室または製造環境で模擬実験した単にナットおよび実際のギターの駒の臨界接触面の間の適切な距離の代表の臨界接触面であるかもしれないために、選択されたものである。弦はその後、ハーモニクスおよびピッチ父`ューニングされる。弦がチューニングされる状態の間に、 ナットおよび駒の臨界接触面の間の長さが決定される。さらに、実質ナットおよび駒の臨界接触面を越えて結合された望ましい距離を表す補償長さを決定することができ、実質ナットおよび駒の臨界接触面の間に、同時に弦がギターのような、関連づけられた弦楽器で整えられる時に得られることができる弦のハーモニクスおよびピッチ父`ューニングで全体的な収束長さを得るための長さに付け加えることができる。一度収束長さが決定されると、弦の望ましい長さは、関連づけられた弾の中で置かれる長さの代表値として、全体的なカッティング長さが得られるように、収束長さに加えられるべきである。弦72はその後カットされる。弦72のカッテイングは、弛緩した状態もしくは緊張下の時、行われてもよい。しかしながら、弦が弛緩している時、このようなカッティングを行うことが望ましい。弾74、78が、その後それぞれの弦の終端に確保され、弦72がその実質終端において弾74、78の間に拡張する距離は、弦72がギター30上の本発明のチューニングシステムを持つアセンブル位置に置かれる時に得ることができるハーモニクスおよびピッチ父`ューニングと同時の望ましい収束長さを代表しているであろう。両方のその終端に取り付けられた弾74および78を含む本発明の弦72の別の有利な特徴は、弦72がそれらの実質長さに沿って妨げないということである。すなわち、それらは実質長さには追加のねじれたワイヤは含まれない。これは、弦がつまびかれるもしくは弾く時、望まれない振動から自由で、特定の弦のために望まれる適切な音色である、歯切れの良い、クリーンな音をもたらす。本発明の応用としては、望ましい時、弦72の単純な取り替えができることがある。このような取り換えを達成するため必要とされるすべてのものは、取り替える弦の弾74および78が、弦ホルダ40の空洞42と一致するアセンブルされる位置およびサドルメンバー86の空洞88と一致するサドルメンバー86の空洞88と一致するから取り除かれることである。バイアススプリングのボールプランジャー50によって弾に加えられた縦方向の力は、それぞれの空洞42もしくは88に関しての弾の除去もしくは置き換えを抑制しない。収束チューニングは、本発明のチューニングシステムを使って平均的ギター奏者により簡単で速く達成できる。ピッチおよびハーモニクスのチューニングを達成するため種々のチューニング操作が行われることを要求する事前の技術ギターと異なり、初期のセットアップ調整を行った、本発明のチューニングシステムはただ弦72の1つと一緒に関連づけられる単一のチューニングノブ116の単純な調整を要求するだけである。図1で示されるように、本チューニングシステムの駒アセンブリ82と接続されて6つの弦を持つギターが使われる時、6つのチューニングノブ116が駒アセンブリ82に関連している。これらのチューニングノブのそれぞれは、操作中に一致している弦72の1つと関連している。弦72の取り替えおよびチューニングは次のように行われてもよい。取り替えられるべき弦72と対応するサドルメンバ86と関連したチューニングノブ116は、関連するレバーアーム98および対応するサドルメンバ86が、シャフト96の回りを回転して対応する駒の臨界接触面94が対応するナットの臨界接触面66へ移動するような位置に移動される。対応する弦72の正確な長さは、それが対応する空洞42および88での弾74および78の撤去および置き換えができるよう弛緩するであろうほどである。ハーモニクスおよびピッチ父`ューニングを同時に得るために、対応するチューニングノブ116はその後、関連したレバーアーム98の下方へねじシャフト118を移動するように回転させられる。これはサドルメンバー86がシャフト96の回りを、 対応する駒の臨界接触面94がナットにおいての臨界表面点66から離れて回るように回転させる。この動きは、両方ともが同時に増加するように、ハーモニクスの長さおよび関連する弦のピッチの一定の同時の変化を起こす。必要とされる張り具合が望ましいピッチを作り出すための弦に存在している時、ハーモニクスの長さは弦の適切なハーモニクス父`ューニングを供給するために自動的に収束するであろう。かくして、本発明は、ナット臨界接触面66、駒臨界接触面94、その上に駒臨界接触面94が整えられるサドルメンバ86、およびチューニングノブ116のそれぞれの間の1対1の関係を供給する。これは、ピッチおよびハーモニクス父` ューニングを適切に達成するためにそれぞれの弦と関連する複数のチューニングメカニズムの多重調整が要求される従来の技術のチューニングシステムから区別されることができる。フレットボード36の表面に関しての弦72の縦の高さは、サドル86およびプラットホーム100の間のスペース110の大きさが調整されるようレバーアーム98の上に整えたプラットホーム100の表面に関するサドル86を垂直に取り替える対応する縦の高さ調整ねじ106を回転することによって調整することができる。この本発明の特長は、ギター奏者がそのギター演奏のスタイルに適しているように個々にそれぞれの弦の「アクション」を調整することができることである。調整された状態の弦72が、それぞれの縦の高さ調整時間を少しの改善が本発明の前述の特長によりなされたことは理解されるべきである。このように、縦の高さ調整ねじ10 6を回転による、選択的な縦の高さ調整がされた後、チューニングノブ116を使うことによって弦72を回復することはギター奏者にとって必要とされるかもしれない。再チューニングステップが行われた後、ハーモニクスの長さの3倍の収束である、フレットボード36に関しての弦72のピッチおよび縦の高さが得られるであろう。本発明のその他の実施例として、サドル86がそれらの対応するレバーアーム98 に関して異なった相対的な位置に取り付けられてもよい。この本発明のその他の実施例は、駒の臨界接触面94および対応するナットの臨界接触面66の間の相対的な距離を変えることによってチューニングを容易にするであろう。特に、対応するレバーアーム98上のサドル86の相対的で選択的な配置を、対応するレバーアーム98においてのアパーチュア102もしくは104の位置を変えることによって達成してもよい。この本発明の実施例によれば、特定のレバーアーム98の上のアパーチュア102もしくは104は、異なったレバーアーム98の相対的位置に関して取り替えられる。しかしながら、取り替えられたアパーチュア102もしくは104は、対応するシャフト96もしくは112がレバーアーム98のすべてを通して拡張することができるように互いに整列しなければならない。選択されたアパーチュア102もしくは104の位置の相対的な変化は、レバーアーム98に対応するサドル86がナット38から遠くもしくは近くへ動かす。これは図7 および図8に示したようにサドル86のずらし配置をたらすであろう。このように、対応するレバーアーム98のどれかに関してのアパーチュア102もしくは104の位置の調整は、弦72a-fの選択された1本の望ましいハーモニクスの長さに対応させる関連するサドルメンバ86の相対的位置を改善する。レバーアーム98に対応するサドル86の相対的で選択的な配置は、また、サドルメンバ86の後部の終端を通して拡張する、対応する駒の臨界接触面94に関しての、アパーチュア105の位置を変えることによって達成してもよい。レバーアーム9 8に対応する選ばれたサドルメンバ86の種々の相対的な位置を補うことが望まれる時、サドルメンバー86の前部が、対応するプラットホーム100の前部に関して動くであろうことは理解されるべきである。このような動きは、調整ねじ106が、サドル86の前端で対応する通路108を通じて拡張するように、プラットホーム1 00がまだ接触するであろうようなある範囲の中でなら受容できる。上に示したように、この本発明の態様は、適切なチューニングがアパーチュア102、104および105のすべてが、すべてのレバーアーム98上およびレバーアーム98に関しての相対的な同じ位置に置かれるすべてのサドルメンバ86であるサドルメンバ上の同じ相対的な位置に手配された時、単にチューニングノブ116を使うことによって達成することもできるように任意である。この本発明の任意の態様は1つの望ましい実施例に関して説明されるであろう。このように、ギター30のある特定の弦72に関連する種々のハーモニクスの長さに適応するために、サドルメンバ86の後部終端を通して拡張するアパーチュア10 5および対応している駒臨界接触面94の間の距離は、駒アセンブリ82のベース84に関してサドルメンバ86の配置によって変化するであろう。例えば、通路105および正しい大部分のサドルメンバ86の対応する駒の臨界接触面94との間の距離は、6 番目のギター弦72に対応し、通路105および5番目のギター弦関連した対応しているサドルメンバ86の臨界接触面94との間の距離以下である。同様に、対応するサドルメンバ86の通路105および4番目のギター弦と関連する臨界接触面94との間の距離は、通路105および5番目のギター弦と関連したサドルメンバ86の臨界接触面との間の距離より大きい。これらの距離は、特定のサドルメンバ86および対応したナットの臨界接触面66と関連する弦72の収束長さに対応するよう選ばれる。本発明の望ましい実施例では、所定のサドル86での通路105および対応する駒の臨界接触面94との間の距離は、ハーモニクス長さと関連したサドルより長いハーモニクス長さと関連したサドルより大きいであろう。換言すれば、もし特定の駒の臨界接触面94および対応するナットの臨界接触面66との間のハーモニクスの長さが比較的短いなら、通路105およびそのサドルの駒の臨界接触面94との間の距離もまた、他のサドルと比較した時比較的短いだろう。同様に、通路105、サドル86の後部およびがサドルの前部の近くの駒の臨界接触点94との間の距離は、 弦72aおよび72dのように、比較的長いハーモニクスの長さを持つ弦と関連したサドルのために比較的大きいであろう。通路105および種々のサドル86の駒の臨界接触面94との間の距離の変化は、および本発明の他の実施例で対応する弦がチューニング状態である時、図7および図8で示されているサドル86のずらし方向を説明している。本発明のその他の実施例は、図15の一般的に設計された新しいトレモロデザイン134に関している。トレモロ134の動きは、シャフト136のまわりに回転を起こすトレモロアーム135上で、前に押すかもしくは引き戻すことによって達成されている。シャフト136は、サドルメンバ86および対応するチューニングノブ116の調整の上の対応する駒の臨界接触面94のピボット回転ができ、また全部のトレモロ134が回転する主旋回心軸シャフトの役を務めるような二重の目的を満たす。シャフト136は、対応するマウントブロック142の凹部138で整えたボールベアリング140の回りを回転のために取り付けられてもよい。図15で示したように、マウントブロック142は、対応するマウントブロック142通して伸ばされ、ギター本体の対応するねじ通路の中にマウントねじ144によってギター本体32に確保されてもよい。トレモロ134は、上述した駒のアセンブリ82と同じチューニング特長のすべてを含む。図16は本発明の別の態様を明らかにする。特に、図16は、駒のアセンブリ146 が図7から図13に関連して上述した駒ような同じ収束チューニング特長を持っていることを示す。しかしながら、図16に開示された駒146は、駒146がすべての6 つの弦72が同時に取り替えができるように、ナット38に向かって前方へ軸を中心に選択的に回ることもできるという追加の特長を含む。さらに、駒146は、すべての6つの弦72を、駒146が負荷位置(部分的に図16で想像線で示した)から旋回されて、弦72の張り具合が充分に除かれるようにナット38に向かって可能な限りの前方への、駒146の後部端が本体32に、弦72が演奏中の張り具合であるような負荷位置の時より近くて整えられた、演奏する位置(図16に実線で示した)に移動する時と同時にチューニングのための手段を持っている。駒146は、手動のラッチ153を動かすことによってロックバー154を始動させ、 ロックバー154がギター30の本体32で整えた対応する切抜部に伸びるようなギター本体36上の演奏位置で選択的にロックされてもよい。駒146は図16ではこの位置に示されている。駒アセンブリ146を負荷位置(想像線で示した)へ旋回するために、レバーアーム148は引き上げられ、その後ラッチ153が駒アセンブリ146のベース84の中にロックバー154を引き込むアンロックの位置へ押されるべきである。レバーアーム148はその後、駒アセンブル146が、ギター本体36に位置決めされた穴152に受けられたシャフト150を旋回するように、前に押されてもよい。弦72は、駒アセンブリ146がその主位置にある時は、もはや緊張した状態ではないであろう。それで、弦はこの時点で容易に取り替えることができる。適切なアセンブル位置で弦72の取り替えが調整された時、駒アセンブリ146は、レバーアーム148を上に引き上げることにより演奏位置に逆旋回でき、それぞれのギター本体32の場所にロックされる。図16で示される本発明の実施例による同時に1つ以上の弦の負荷プロセスを単純化するために、すべての関連づけられた弦の負荷が完全になるまで、負荷位置で駒をロックするロック装置を使うことが望ましい。この終端に、図17に、図15に示した実施例のトレモロ134との組み合わせで使うスライドできるロックバー162 を示す。ロックバー162は、トレモロ134が負荷位置で前方へ1つまたはそれ以上の関連した弦72がサドル86および弦ホルダ40の空洞42の対応する空洞88を容易に取り付けるようにロックすることができる。自分の個人的な好みの通りに弦が調律されることを要求するプロのギター奏者のニーズを受け入れ、すべて同じ長さを持っている弦72のセットの使用を容易にするために、本発明は駒の臨界接触面94が共に旋回的ににナットの臨界接触面66 を対応することに関して調節可能でおよびスライド可能なその他の実施例を含む。特に、図18に駒の臨界接触面170が臨界接触面94に代わる図7に示した駒アセンブリの改良例を示す。臨界接触面170は対応するサドル175の固定した位置に整えられてない。この実施例では、駒の臨界接触面170は終了点80に関してスライド可能である個々に調整可能な駒要素171の上に整えられる。個々に調整可能な駒要素171は、終了点80に関して臨界接触面170の相対的な位置を調整するためのヘッド174を持つ対応するねじシャフト172に整えられる。サドルメンバ175の前部は、そこにねじシャフト172を受けるためのねじ穴176を持っている拡張されたエリア173を含む。図6から図13に示された実施例と同様に、サドルメンバ175の旋回的な動きが、 対応する駒の臨界接触面170の旋回的な動きを起こすであろう。サドル空洞88に対応する保持しているショルダ90に関しての駒の臨界接触面170の最初の設定は、駒アセンブル166、もしくはギター30上に取り付けられた駒アセンブル166の獲得により供給されるであろう。関連づけられた弦72のハーモニクスの長さおよびピッチの収束チューニングは、上述したように、対応するチューニングノブ116の調整によってこの実施例で達成されるであろう。もし特定の奏者が、関連づけられた弦72のハーモニクスの長さの少しの修正を望むなら、ねじシャフト172のヘッド174の回転により対応している調節可能な駒素子171および関連づけられた駒の臨界接触面170がスライドして終了点80から近づけるもしくは遠ざけることができる。図19は、調節可能な駒素子および駒アセンブリ178の関連づけられた駒臨界接触面179が対応する旋回できるサドルメンバ180に取り付けられなかった、本発明のその他の実施例を示す。代わりに、この実施例では、調節可能な駒素子および関連づけられた駒の臨界接触面179が、1つもしくはそれ以上の選択され間隔を置かれた対応するサドルメンバ180からの距離においてギター30の本体32の上に位置する分離されたアセンブリ182上に取り付けられている。この実施例では、調節可能な駒素子はサポートアセンブリ182で回転可能に軸状の関連づけられたねじシャフト181の上にスライドするように整えられる。サポートアセンブリ182は縦シャフト183に沿って縦方向に調整することができる。縦のシャフト183はねじ、びょう、接着剤および同種のもののような従来の手段によってギター30の本他体32に確保してもよい。この実施例では、収束チューニングは起きない。図18および図19のそれぞれの駒の臨界接触点170および179の追加の調整可能な態様は、標準的なピッチから彼らの個人的な好みを受け入れる別の望ましいピッチまでの関連づけられた弦72のチューニングを変えることを望むギター奏者に役立つ。特に、図18および図19の実施例では、ギター奏者が標準ピッチから2分の1 もしくは4分の1までのフラットもしくはシャープの音程の変化を容易に得ることができるであろう。本発明のそれ他の実施例を図20および図21に示した。この実施例は個々に旋回できる弦ホルダ186を持つナットアセンブリ184を含む。駒アセンブリ82は駒アセンブリの1つが、上述されたどれかとまったく同じかもしくは改善されたされた駒アセンブリであってもよい。弦ホルダ186のそれぞれは普通のシャフト190の回りを旋回して旋回的に取り付けられる。弦ホルダ186は、上述し、図3および図6に示した弦ホルダの空洞42に類似した対応する空洞を含む。図2から図5に関して上述した実施例のように、それぞれの空洞は、関連づけられた弾74および後部ショルダの前端を取り上げるために適応する前部ショルダを持つ。スプリングバイアスボールプランジャ(図示せず)が空洞の中心軸に充分な位置合わせで後部ショルダで対応する通路を通じて伸ばされる。上述したように、スプリングバイアスボールプランジャ50は、関連づけられた弾74を対応する空洞の前ショルダの中に、弦72がギター30の演奏中に確保された位置に維持されるように推進する。ナットアセンブリ184は、関連づけられた終了点80からの望ましい距離において関連づけられた溝192で弦72をサポートするための複数の対応するナットの臨界接触面202を持つナット200を含む。他の本発明の実施例のように、ナット200 の臨界接触面202は調節できない。しかしながら、個別の弦ホルダ186はシャフト190について旋回的に調節可能であってもよい。このような調節は、個別の弦ホルダ186の後端部194に垂直に整えられた穴に対応して伸びている調節ねじ198のチューニングよって達成することができる。調節ねじ198はその後、ギター30のネック34の中で垂直に伸びている対応するねじ通路により受けられる。スプリング(想像線で示す)がギター30のネック34の表面および個別の弦ホルダ186の後端194の底との間で対応する個別の弦ホルダ186の後端194がギター30のネック34 から離れて上方に常に促されるように整えられる。操作中に、個々に調節可能な弦ホルダ186は関連づけられた弦72の収束チューニングを得ることにおいて駒アセンブリの対応しているサドルの調節と連携する。本発明の他の実施例を図25に示す。この実施例は、図25のナットアセンブリ22 6が個々に調節可能な弦ホルダ228を持っているという点で、図20および図21に示された実施例に類似している。図25に示された実施例ならびに図20および図21の実施例の間の相違は、個々に調節可能な弦ホルダ228がナット246に関して、普通のシャフトの回りに旋回的に取り付けられるのとは反対にスライドできることである。特に、図25で示されたナットアセンブリ226は、T字形をしたトラック232の上にスライドできる個々に調節可能な弦ホルダ228を含む。 T字形をしたトラック2 32はベース230の上に取り付けられていて、その、後端236に向かって個々に調節可能な弦ホルダ228の前端から伸びる一列に並べられた対応する切抜部234(想像線で部分的に示す)の中に伸ばされている。取り付けメンバ238がギターのネック34に関して横に伸ばされて、ギターのヘッドに取り除くことができるよう確保されてもよい。結合ねじ240の1対が取り付けメンバ238を通して、取り付けメンバ238がその後直ちにしっかりとアセンブルされることを確実にするためにギターの首の対応するねじ通路の中に伸ばされる。ねじ通路244は、個々に調節可能な弦ホルダ228のそれぞれの後端236内に縦に整えられる。調節ねじ242は、取り付けメンバ238と共に対応する穴を通して、個々に調節可能な弦ホルダ228の対応するねじ通路244の中に伸ばされて整えられてもよい。ギター奏者は、対応する調節ねじ242の回転で個々に調節可能な弦ホルダ228の縦の位置を調節することにより選択された弦72のピッチを修正してもよい。もし個々に調節可能な弦ホルダ228が関連づけられたナット246から引き離されるなら、対応する弦72の張り具合は、このようにより高いピッチを生じて、増加するであろう。図20および図21に示した本発明の実施例のように、個々に調節可能な弦ホルダ228の調節の、対応するナットの臨界接触点248に向かってナット246の動きを起こさないであろう。代わりに、ナットアセンブリ226の調節が、望ましい収束チューニングを得るために、駒アセンブリ82のような、関連づけられた駒アセンブリの調節と組み合わせて行われてもよい。図18から図21および図25で示した本発明の実施例は、特にすべて同じ長さを持っている弦72が使われる時、別の有用なハーモニクスの収束点を調節する手段を供給する。図7から図12に示した駒の終端に、図21および図25に示した個々に調節可能な弦ホルダを持つナットアセンブリと組み合わせて使われてもよい。代わりに、それぞれ図18および図19に示した駒アセンブリ66または178が、特定のセットの弦72のすべてが同じ長さを持つ時、図1から図6に示したナットアセンブリと組み合わせて使われてもよい。特定のセットの弦72のすべてが同じ長さを持つ時、これらの本発明の改良実施例を使うように要求されないことは認識されるべきである。しかしながら、駒およびナットの臨界接触面のと間に相対的な位置の追加の調節ができるこれらの改良実施例の使用は、特定のセットの弦72がすべて同じ長さを持つ時、有利である。これらの改良実施例は図1から図12のナットおよび駒の実施例より、製造するのに完成度が少し高い。しかしながら、同じ実質長さに弦72のすべてを製造することが望ましいかもしれないので、図18から図21 および図25の改良された駒とナット実施例は望ましいかもしれない。図18から図21および図25の駒およびナット実施例を使うことについての追加の利点は、それらが非標準のピッチを含むかもしれない彼らの個人的な好みまたは望ましい指圧力を補償する追加のチューニング修正を受け入れるために、より広いチューニング範囲をギター奏者に提供するということである。どの従来の技術チューニングシステムに対しても供給できる本チューニングシステムの一般的な利点は、ギターのヘッドのチューニングねじを無くすということである。図1から図6のナットアセンブリを使う実施例のような本発明の特定の実施例では、ナットでのチューニング調節が完全に排除される。さらに、本発明の駒およびナットアセンブリの種々の実施例の構造は、関連づけられたギター弦が正確に確保される位置に固定させられるような従来の技術のチューニングシステムの前もって必要とされた硬質およびスチール材料の中からそれらのアセンブリを製造する要求を排除する。本発明のチューニングシステムの種々の実施例のその他の利点は、従来の技術システムでは弦クランプを開閉するために前もって必要とされたレンチを使う必要を排除するということである。図22から図24に本発明のさらに別の実施態様を示す。複数の回転できるねじ21 0が、駒の臨界接触面218の大まかな調節が得られるように選択的に回転してもよい。この終端に、駒の臨界接触面218は、終了点80から比較的遠い最初の位置と駒の臨界接触面が終了点80により近い2番目の位置までの間で回転できるねじ210 の回りに回転してもよい。駒アセンブリ208のコンポーネントの大部分は図7で示した駒アセンブリ82のコンポーネントとまったく同じである。相違点は、駒の臨界接触面218が関連づけられたサドルメンバ222の終端への単一の位置で固定されないということである。特に、サドルメンバ222のそれぞれが、回転できるねじ210の対応するねじ本体212を受けるために大きさを定められ形づくられたねじ穴220を含む。回転できるねじ210は1つの側面が他より高い非対称の一番上の表面214を含む。対応する駒の臨界接触面218は、回転できるねじ210の一番上の表面214の上の選択された場所に整えられる。溝216が、対応する駒の臨界接触面218に隣接した回転できるねじ210の一番上の部分214の上に中央の位置において整えられる。回転できるネジ210が、サドルメンバー222の対応する穴220とアセンブル位置に整えられた時、弦72は関連づけられた溝216通して伸ばされ、対応する駒の臨界接触面218と接触する位置に置かれるであろう。この本発明の実施例は、駒の臨界接触面の位置の選択について特定のギター奏者に柔軟性を与えるよう設計されている。これは、溝216が関連づけられた弦72の縦軸に沿って伸ばすように回転できるねじ210を180°回転させることによって達成される。好ましい実施例においては、回転できるねじ210の一番上の部分210における駒の臨界接触面218は、対応する回転できるねじ210を約180°回転させた時、好ましくは約4分の1インチ、いっそう好ましくは約16分の1インチ未満になるように動かすことである。上述の記述および図が本発明の好ましい実施例に向けられる場合、多数の改良が本チューニングシステムの種々のコンポーネントの構造と方向づけにでき得ることは理解されるべきである。実際、このような改良は、本チューニングシステムのコンポーネントの材料、構造および配置ならびにギター弦の収束弦長さを決定する方法のステップおよび本発明の精神と範囲から逸脱しないこのような弦の製造方法によりなされることが奨励される。したがって、前述の好ましい実施例の記述は、本発明が以下に設定したクレームによって定義されるような範囲としてよりむしろ実例としてとられるべきである。産業上の適用性 本発明はギターのような弦楽器の、改良された装置およびチューニング方法を提供する。これはハーモニクスおよびピッチ父`ューニングで同時に得られることで達成されてもよい。本発明はまた、新しい弦および方法または改良されたチューニングシステムを持つ装置の使用のために弦を製造することに関する。

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (31)優先権主張番号 08/473,249 (32)優先日 1995年6月7日(33)優先権主張国 米国(US) (31)優先権主張番号 08/473,251 (32)優先日 1995年6月7日(33)優先権主張国 米国(US) (31)優先権主張番号 08/473,252 (32)優先日 1995年6月7日(33)優先権主張国 米国(US) (31)優先権主張番号 08/475,632 (32)優先日 1995年6月7日(33)優先権主張国 米国(US) (31)優先権主張番号 08/477,152 (32)優先日 1995年6月7日(33)優先権主張国 米国(US) (31)優先権主張番号 08/484,120 (32)優先日 1995年6月7日(33)優先権主張国 米国(US) (31)優先権主 ────────────────────────────────────────────────── ─── continued (31) of the front page claiming priority No. 08 / 473,249 (32) priority date of June 7, 1995 (33) priority country the United States (US) (31) priority claim number 08 / 473,251 (32) priority date of June 7, 1995 (33) priority country the United States (US) (31) priority claim No. 08 / 473,252 (32) priority date of June 7, 1995 (33 ) priority country the United States (US) (31) priority claim No. 08 / 475,632 (32) priority date of June 7, 1995 (33) priority country the United States (US) (31) priority claim number 08 / 477,152 (32) priority date of June 7, 1995 (33) priority country the United States (US) (31) priority claim No. 08 / 484,120 (32) priority date of June 7, 1995 (33) priority country the United States (US) (31) priority main 番号 08/484,121 (32)優先日 1995年6月7日(33)優先権主張国 米国(US) (31)優先権主張番号 08/484,890 (32)優先日 1996年6月7日(33)優先権主張国 米国(US) (81)指定国 EP(AT,BE,CH,DE, DK,ES,FI,FR,GB,GR,IE,IT,L U,MC,NL,PT,SE),OA(BF,BJ,CF ,CG,CI,CM,GA,GN,ML,MR,NE, SN,TD,TG),AP(KE,LS,MW,SD,S Z,UG),UA(AM,AZ,BY,KG,KZ,MD ,RU,TJ,TM),AL,AM,AT,AU,AZ ,BB,BG,BR,BY,CA,CH,CN,CZ, DE,DK,EE,ES,FI,GB,GE,HU,I L,IS,JP,KE,KG,KP,KR,KZ,LK ,LR,L No. 08 / 484,121 (32) priority date of June 7, 1995 (33) priority country the United States (US) (31) priority claim No. 08 / 484,890 (32) priority date 1996, June 7 day (33) priority country the United States (US) (81) designated States EP (AT, BE, CH, DE, DK, ES, FI, FR, GB, GR, IE, IT, L U, MC, NL, PT, SE), OA (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, ML, MR, NE, SN, TD, TG), AP (KE, LS, MW, SD, S Z, UG ), UA (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM), AL, AM, AT, AU, AZ, BB, BG, BR, BY, CA, CH, CN, CZ, DE , DK, EE, ES, FI, GB, GE, HU, I L, IS, JP, KE, KG, KP, KR, KZ, LK, LR, L ,LT,LU,LV,MD,MG,MK, MN,MW,MX,NO,NZ,PL,PT,RO,R U,SD,SE,SG,SI,SK,TJ,TM,TR ,TT,UA,UG,UZ,VN , LT, LU, LV, MD, MG, MK, MN, MW, MX, NO, NZ, PL, PT, RO, R U, SD, SE, SG, SI, SK, TJ, TM, TR, TT, UA, UG, UZ, VN

Claims (1)

  1. 【特許請求の範囲】 1. [Claims] 1. 本体(32)と; 前記本体(32)に取り付けられたネック(34)と; 前記ネック(34)上に配置されたフレットボード(36)と; 前記フレットボード(36)上の1端部上の前記ネック(34)上に搭載されたナット(38)と; 前記フレットボード(36)の反対側の端部から離れた前記本体(32)上に搭載された駒(82)であり、前記駒(82)が複数の駒臨界接触表面(94)を持ち、その表面のおのおのが前記ナット(38)から選択的に調節可能な距離の処に配置されている駒(82)と; 第1の端部および第2の端部ならびに前記第1の端部と前記第2の端部の間に伸張する事前決定された長さとをおのおのが持つ複数の弦(72)であり、前記複数の弦(72)が前記ナット(38)および前記複数の駒臨界接触表面(94)の対応する1 つと接触するように配置されており、さらに、張力を印加されて状態で、つまびいたりかき Body (32) and; said body (32) and neck (34) attached to; the neck (34) and fretboard (36) arranged on; the fretboard (36) on one end of the the nut mounted on the neck (34) of (38) and; is said frets onboard frame on the opposite side the body remote from the end (32) of the board (36) (82), wherein piece (82) has a plurality of frames critical contact surfaces (94), frames each of its surface is placed on processing the selectively adjustable distance from said nut (38) and (82); first and an end portion and a length which is pre-determined and a second end and said first end portion extending between said second end is a plurality of strings with the respective (72), said plurality of chord (72) is arranged so as to correspond to one contact of said nut (38) and the plurality of pieces critical contact surfaces (94), further, a state is applied tension, Tsumabii or oyster ならしたりすると旋律が得られるように置かれており、前記駒(82)が、前記駒臨界接触表面(94)と前記ナット(38)の間が所望の距離になるように前記複数の駒臨界接触表面(94)の選択された1つを旋回可能運動させることによって前記複数の弦(72)を少なくともハーモニクス・チューニングするチューニング手段を含む弦と; を有することを特徴とする弦楽器(30)。 With or break are placed as melody is obtained, the piece (82), said plurality of pieces so while becomes a desired distance of the frame critical contact surfaces (94) and said nut (38) a chord comprising tuning means for at least harmonic tuning of said plurality of strings (72) by pivoting movable to a selected one of the critical contact surfaces (94); stringed instrument characterized in that it has a (30) . 2. 2. 前記駒が、複数のサドル(86)であり、前記複数の駒臨界接触表面(94)が前記複数のサドルの内の対応する1つに緊密に置かれており、前記複数の弦(72) の前記第1の端部が前記複数のサドル(86)の内の対応するサドルの内部に配置されているサドルをさらに有することを特徴とする請求の範囲第1項記載の弦楽器。 Said frame is a plurality of saddles (86), said plurality of frames critical contact surfaces (94) are tightly placed a corresponding one of said plurality of saddles, said plurality of strings (72) corresponding range stringed instrument of claim 1 wherein claims, characterized in that it further comprises a saddle which is located inside the saddle of said first end of the plurality of saddles (86) of. 3. 3. 本体(32)と; 前記本体(32)に取り付けられたネック(34)と; 前記ネック(34)上に配置されたフレットボード(36)と; 前記フレットボード(36)の1つの端部で前記ネック(34)上に搭載されたナット(38)と; 前記フレットボード(36)の反対側の端部から離れて置かれている前記本体(32)上に搭載された複数の駒臨界接触表面(94)を包含する駒(82)であり、前記複数の駒臨界接触表面(94)が前記ナット(38)から選択的に調節可能な距離のところに配置されている駒と; 第1の端部および第2の端部ならびに前記第1の端部と前記第2の端部の間に伸張する事前決定された長さをおのおのが持つ複数の弦(72)であり、前記複数の弦(72)が前記駒臨界接触表面(94)の対応する1つおよび前記ナット(38)と接触するように配置されてこれらを横断しており、つまびいたりかきならしたり In one end of the fretboard (36); the body (32) and; neck attached to said body (32) and (34); said neck (34) disposed on has been fretboard (36) the nut mounted on the neck (34) and (38); a plurality of pieces critical contact mounted on the opposite side the body that is spaced apart from the end portion (32) of said fretboard (36) a frame including a surface (94) (82), wherein a piece of a plurality of frames critical contact surface (94) is arranged at a selectively adjustable distance from said nut (38); first of an end and a second end and said first end portion and a plurality of strings with each pre-determined length extending within between said second end (72), said plurality of chord (72) is placed in contact with the piece corresponding one and the nut critical contact surfaces (94) (38) and across these, or strumming or Tsumabii ると旋律が得られるように張力を印加されている弦(72)と; 前記複数の駒臨界接触表面(94)の内の対応する表面と前記ナット(38)の間の前記選択的に調節可能な距離を増減させると同時に、前記複数の弦(72)の前記選択された弦の張力を選択的に増減させることによって前記複数の弦(72)の選択された弦をピッチ・チューニングとハーモニクス・チューニングを同時に実行する収束チューニング手段と; を有することを特徴とする弦楽器(30)。 That when the strings melody being applied tension so obtained (72); said selectively adjustable between the corresponding surface and said nut of said plurality of frames critical contact surfaces (94) (38) at the same time increase or decrease the possible distances, the plurality of strings (72) said selected pitch tuning and harmonics selected string of the plurality of strings by selectively increasing or decreasing the tension of the strings (72) of - At the same time the convergence tuning means for performing a tuning; stringed instrument characterized in that it has a (30). 4. 4. 前記収束チューニング手段が前記駒(82)と動作可能に契合しており、これによって、前記収束チューニング手段を選択的に調節すると、前記駒臨界接触表面(94)の前記ナット(38)に近づいたり離れたりする旋回可能運動が影響されることを特徴とする請求の範囲第3項記載の弦楽器(30)。 The convergence tuning means has engaged operatively between said piece (82), whereby, when adjusting the convergence tuning means selectively, or closer to the nut (38) of said piece critical contact surfaces (94) claims, characterized in that the affected pivotable movement to and away from a string instrument of the third term, wherein (30). 5. 5. 前記駒(82)が、複数のサドル(86)であり、前記複数の駒臨界接触表面(9 4)が前記複数のサドル(86)の対応するサドルと契合しており、前記複数の弦(72) の前記第1の端部が前記複数のサドル(86)の内の対応するサドルの内部に配置されている複数のサドル(86)をさらに有することを特徴とする請求の範囲第3項または4項記載の弦楽器(30)。 Wherein the frame (82), a plurality of saddles (86), said plurality of frames critical contact surfaces (9 4) has been engaged with the corresponding saddle of said plurality of saddles (86), said plurality of strings ( claims, wherein the first end, characterized in that it further comprises a corresponding plurality being disposed inside the saddle saddle (86) of said plurality of saddles (86) 72) the third term or stringed instrument 4 Claims (30). 6. 6. 前記複数の弦(72)の前記第2の端部を保持するために前記ナット(38)に隣接して前記本体(32)上に搭載されている弦ホルダ・アセンブリ(40)をさらに有することを特徴とする請求の範囲第3項または5項記載の弦楽器(30)。 The nut (38) in further comprising a string holder assembly adjacent are mounted on said body (32) (40) to hold said second end of said plurality of strings (72) claims, wherein the third term or fifth claim of stringed instruments (30). 7. 7. 前記複数の弦(72)のおのおのの弦の前記第1の端部に固定された第1のアンカ(78)および前記複数の弦(72)のおのおのの弦の前記第2の端部に固定された第2のアンカ(74)をさらに有し; 前記複数の弦(72)が前記サドル(86)の内の対応する1つの内部に担保されている前記第1のアンカ(78)と前記弦ホルダ・アセンブリ(40)内部に担保されている前記第2のアンカ(74)との組立位置に配置されている; ことを特徴とする請求の範囲第6項記載の弦楽器(30)。 Secured to said second end of each of the strings of each of the first anchor (78) and said plurality of strings fixed to the first end of the string (72) of said plurality of strings (72) have been the second anchor (74) further includes; said plurality of strings (72) of said and said corresponding one are secured within the first anchor (78) of said saddle (86) string holder assembly (40) is disposed in the assembly position between said second anchor which is secured to the interior (74); range paragraph 6, wherein the stringed instrument of claims, characterized in that (30). 8. 8. 前記収束チューニング手段が、複数の調節可能ノブ(116)であり、前記調節可能ノブ(116)のおのおのが前記複数のサドル(86)の対応するサドルと動作可能契合しており、これによって、前記複数の調節可能ノブ(116)の選択されたノブを調節すると、前記駒臨界接触表面(94)の内の対応する表面が前記ナット(3 8)に旋回的に近づいたり離れたりするように前記複数のサドル(86)の内の対応するサドルを旋回運動させるノブ(116)を有することを特徴とする請求の範囲第5項記載の弦楽器(30)。 The convergence tuning means is a plurality of adjustable knobs (116), each of said adjustable knobs (116) is operatively engaged with the corresponding saddle of said plurality of saddles (86), whereby the adjusting the plurality of adjustable selection knob knob (116) such that said corresponding surface of said piece critical contact surface (94) toward and away from the pivot to said nut (3 8) a plurality of saddles (86) corresponding range fifth claim of stringed instrument of claims, characterized in that it comprises a knob (116) for pivoting movement the saddle of the (30). 9. 9. 前記収束チューニング手段が、複数の調節可能ノブ(116)であり、ただ1 つの調節可能ノブが前記複数の弦(72)のおのおのと契合しており、これによって、前記調節可能ノブ(116)の1つを、前記複数の弦(72)の内の対応する1つをピッチ・チューニングとハーモニクス・チューニングを同時に実行することによって調節できる調節可能ノブ(116)を有することを特徴とする請求の範囲第3項記載の弦楽器(30)。 The convergence tuning means is a plurality of adjustable knobs (116), only one adjustable knob has engaged with each of said plurality of strings (72), whereby said adjustable knobs (116) one, the scope of the claims, characterized in that it comprises an adjustable knob (116) can be adjusted by executing the plurality of strings corresponding pitch tuning one of the harmonic tuning of the (72) at the same time stringed third term described (30). 10. Ten. 前記駒(82)が、所望の旋律が得られるように前記弦楽器(30)を演奏中に、前記複数の弦(72)の張り具合を急速に変更するトレモロを有することを特徴とする請求の範囲第3項記載の弦楽器(30)。 Said piece (82), claims and having a desired melody while playing the stringed instrument (30) as obtained, a tremolo for rapidly changing the tension of the plurality of strings (72) range stringed instrument of the third term, wherein (30). 11. 11. 前記複数の駒臨界接触表面(94)が前記フレットボード(36)上部の所望の高さに配置されており; 前記チューニング手段が、前記フレットボード(36)を基準にした前記複数の駒臨界接触表面(94)の縦方向高さを調節する縦方向高さ調節手段(106)を有する; ことを特徴とする請求の範囲第3項記載の弦楽器(30)。 Wherein the plurality of frames critical contact surface (94) is arranged on the fretboard (36) a desired height of the upper; said tuning means, said plurality of frames critical contact relative to the said fretboard (36) surface (94) longitudinally having a longitudinal height adjusting means for adjusting the height (106) of; stringed instrument of claims 3 wherein wherein the (30). 12. 12. 前記駒(82)が、前記複数の弦(72)の対応する弦の前記第1の端部を受容するために複数のサドル(86)および上部表面を持つ複数の回転可能ペグ(210)を有し; 前記複数の駒(82)の臨界接触表面が前記複数の回転可能ペグ(210)の対応するペグの前記上部表面を有する; ことを特徴とする請求の範囲第3項記載の弦楽器(30)。 Said piece (82), a plurality of rotatable pegs (210) having a plurality of saddles (86) and an upper surface for receiving said first end portion of the corresponding string of the plurality of strings (72) a; corresponding said upper surface having a peg of critical contact surfaces of the plurality of rotatable pegs (210) of said plurality of frames (82); stringed ranging third claim of claim, characterized in that ( 30). 13. 13. 前記複数の回転可能ペグ(210)の前記上部表面が、前記複数の弦(72)が前記複数の駒臨界接触表面(94)と接触する位置におかれると前記複数の弦(72)の内の対応する弦を受容するための溝(216)を包含することを特徴とする請求の範囲第12項記載の弦楽器(30)。 Said top surface of said plurality of rotatable pegs (210), among the plurality of the plurality of strings and the strings (72) is placed in a position in contact with the plurality of pieces critical contact surfaces (94) (72) corresponding string instrument ranging paragraph 12, wherein claims, characterized in that it comprises a groove (216) for receiving the strings (30). 14. 14. 本体(32)と; 前記本体(32)に取り付けられたネック(34)と; 前記ネック(34)上に配置された第1の端部および第2の端部を持つフレットボード(36)と; 前記フレットボード(36)の1端部のところで前記ネック(34)上に搭載されているナット(38)と; 前記ナット(38)に隣接して前記ネック(34)上に搭載されている複数の弦ホルダと; 前記フレットボード(36)の反対側の端部および前記複数の弦ホルダから離れて置かれている前記本体(32)上に搭載されている複数のサドル(86)と; 前記複数のサドル(86)の内の対応するサドルと契合している複数の駒臨界接触表面(94)と; 第1の端部および第2の端部ならびに前記第1の端部と前記第2の端部の間に伸張する事前決定された長さをおのおのが持つ複数の弦(72)であり、前記複数の弦(72)が、前記複数のサドル(86)の内の対応す A body (32); wherein the body (32) a neck attached to (34); a first end and a second end fretboard with disposed on the neck (34) (36) ; mounted on the nut (38) on the neck adjacent (34); said fretboard (36) 1 the neck at the end (34) and nut (38) which is mounted on the a plurality of strings holders; said fretboard (36) a plurality of saddles mounted on the opposite end portion and the plurality of strings the body are located away from the holder (32) and (86); a corresponding plurality of frames critical contact surface in the saddle and engage the (94) of said plurality of saddles (86); said first end and a second end and said first end portion first a plurality of strings with the respective pre-determined length extending between two ends (72), said plurality of strings (72), corresponding to one of said plurality of saddles (86) サドル内部に担保されている前記第1の端部および前記複数の弦ホルダの内の対応するホルダ内部に担保されている前記第2の端部によって張力を印加されており、前記複数の弦(72)のおのおのが、前記弦(72)をつまびいたりかきならしたりすると旋律が得られるように前記ナット(38)および前記複数の駒臨界接触表面(94)と接触するように配置されている弦(72)と; ピッチ・チューニングとハーモニクス。 Has been applied tension by said second end being secured inside the corresponding holder of said first end and said plurality of strings holders that are secured within the saddle, the plurality of strings ( each of 72), are placed in contact with the string (72) the nut as melody is obtained when the or strumming or Tsumabii (38) and the plurality of pieces critical contact surfaces (94) strings that are (72); pitch tuning and harmonics. チューニングを同時に実行するために前記複数のサドル(86)の内の対応するサドルと動作可能に契合している複数の調節可能ノブ(116)であり、前記弦ホルダの分量が、前記弦ホルダ、前記弦( 72)、前記サドル(86)および前記調節可能チューニング・ノブ(116)の間に1対1の関係が存在するように前記サドル(86)、前記弦(72)および前記調節可能チューニング・ノブ(116)の分量と対応するように選択されるノブ(116)と; を有することを特徴とする弦楽器(30)。 A plurality of adjustable knobs and corresponding saddle of said plurality of saddles in order to perform the tuning simultaneously (86) is operatively engaged (116), content of the string holder, the string holder, the string (72), said saddle (86), the string (72) and said adjustable tuning as one-to-one relationship exists between the saddle (86) and said adjustable tuning knobs (116) knobs knob and (116) which is selected to correspond to the amount of (116); stringed (30), characterized in that it has a. 15. 15. 前記複数の弦(72)のおのおのの前記第1の端部に固定されている第1の弾丸(78)および前記複数の弦(72)のおのおのの第2の端部に固定されている打2の弾丸(74)をさらに有し; 前記複数の弦(72)のおのおのが、前記サドル(86)の内の対応する1つの内部に担保されている前記第1の弾丸(78)および前記弦ホルダの内の対応する1つの内部に担保されている前記第2の弾丸(74)との組立位置に配置されている; ことを特徴とする請求の範囲第14項記載の弦楽器(30)。 Said plurality of strings (72) each of said first punch which is secured to the second end of each of the first bullet (78) and said plurality of strings that is fixed to the end (72) of a further 2 bullets (74); each of said plurality of strings (72), wherein are secured within corresponding one of said saddle (86) a first bullet (78) and said corresponding one of which is disposed in the assembly position between said are secured within the second projectile (74) of the string holder; stringed ranging paragraph 14, wherein claims, characterized in that (30) . 16. 16. 前記複数の調節可能チューニング・ノブ(116)のおのおのが前記複数のサドル(86)の内の対応するサドルと動作可能に契合しており、これによって、前記複数の調節可能チューニング・ノブ(116)の内の選択されたノブを調節すると、前記駒臨界接触表面(94)の内の対応する表面が前記ナット(38)に旋回的に近づいたりはなれたりするように前記複数のサドル(86)の内の対応するサドルが旋回運動することを特徴とする請求の範囲第14項記載の弦楽器(30)。 Each of said plurality of adjustable tuning knobs (116) has been engaged operable with a corresponding saddle of said plurality of saddles (86), by which said plurality of adjustable tuning knobs (116) adjusting the selected knob of the said piece critical contact surfaces (94) corresponding surface the nut (38) to pivotally close or the plurality of saddle to and away of the (86) coverage of claims saddle, characterized in that the pivotal movement of paragraph 14, wherein the stringed instrument of the inner (30). 17. 17. 前記複数の弦(72)の前記第1の端部が、前記駒臨界接触表面(94)の内の対応する表面から約1インチ以下の距離で担保されており; 前記複数の弦(72)の前記第2の端部が前記ナット(38)から約1インチ以下の距離で担保されている; ことを特徴とする請求の範囲第14項記載の弦楽器(30)。 Said first end, said frame being secured by the corresponding surface at a distance of less than about 1 inch of the critical contact surfaces (94) of said plurality of strings (72); said plurality of strings (72) said second end is secured at a distance of less than about 1 inch from the nut (38) of the; range paragraph 14, wherein the stringed instrument of claims, characterized in that (30). 18. 18. 弦楽器と共に使用される駒アセンブリ(82)であり、前記弦楽器(30)が; 本体(32)と; 前記本体(32)に取り付けられたネック(34)と; 前記ネック(34)上に配置されたフレットボード(36)と; 前記フレットボード(36)の1端部で前記ネック(34)上に搭載されているナット(38)と; 第1の端部および第2の端部ならびに第1の端部と第2の端部の間に伸張する事前決定された長さをおのおのが持つ複数の弦(72)であり、前記複数の弦(72) が、すまびいたりかきならしらりすると旋律を発生するように張力を印加されている弦(72)と; を有し、 前記駒アセンブリ(82)が; 該ナット(38)の反対側のフレットボード(36)の1端部から離れている前記本体(32)上に搭載される基盤(84)と; 前記複数の弦(72)の内の対応する弦の該第1の端部を保持するように前記基盤(84)に旋回可能に接続さ A frame assembly for use with stringed musical instrument (82), said stringed instrument (30); disposed on the neck (34); the body (32) and; neck attached to said body (32) and (34) fret board (36) and; said fretboard (36) and a nut mounted on said neck (34) at one end (38); a first end and a second end and first an end and the second end a plurality of strings with the respective pre-determined length extending between the (72), said plurality of strings (72), when slurry strumming or Sumabii has the frame assembly (82); chord (72) being applied tension to generate a melody away from first end of the nut opposite the fretboard (38) (36) base that is mounted on and which said body (32) and (84); pivoting the base (84) to hold the corresponding first end of the string of said plurality of strings (72) connected of れた複数のサドル(86)と; 前記複数のサドル(86)の内の対応するサドルから離れており、 前記ナット(38)を基準にして調節可能な距離に配置される複数の駒臨界接触表面(94)と; 前記ナット(38)と前記駒臨界接触表面(94)の間の前記距離を選択的に調節し、同時に、前記複数の弦(72)の内の対応する弦の張り具合を調節することによって該複数の弦(72)の内の選択された弦のピッチ・チューニングとハーモニクス・チューニングを同時に実行するチューニング・メカニズムと; を有する; ことを特徴とする駒アセンブリ(82)。 A plurality of saddles that are as (86); and away from the corresponding saddle of said plurality of saddles (86), a plurality of pieces critical contact disposed adjustable distance with respect to the said nut (38) surface and (94); the distance selectively adjusted between the nut (38) and said piece critical contact surfaces (94), at the same time, the corresponding tension of the strings of the plurality of strings (72) having; and tuning mechanism to perform pitch tuning and harmonic tuning of selected string of the plurality of strings (72) simultaneously by adjusting the frame assembly, wherein (82). 19. 19. 前記弦楽器(30)がギターであり、前記複数の弦(72)が、旋律のそれぞれE,A、D、G、BおよびEに対応する6本の弦(72)であることを特徴とする請求の範囲第1項または3項記載の弦楽器(30)。 Wherein a stringed instrument (30) is a guitar, the plurality of strings (72), characterized in that each E, A, D, G, 6 pieces of strings corresponding to the B and E of the melody (72) range paragraph 1 or stringed instrument 3 claim of claim (30). 20. 20. 前記弦の実質的に前記長手方向軸に沿って力を加えることによって前記第1のアンカ(78)を担保位置に自動的に駆動し、これによって前記複数の弦(72) が、前記弦楽器の演奏中に自身の組立位置にしっかりと保持される自動バイアス手段(50)をさらに有することを特徴とする請求の範囲第1項または3項記載の弦楽器(30)。 Automatically driven as collateral position the first anchor (78) by adding substantially along said longitudinal axis force of the string, whereby said plurality of strings (72), the stringed range paragraph 1 or stringed instrument 3 claim of claim, characterized by further having an automatic biasing means which is securely held in its assembled position during playing (50) (30). 21. twenty one. 前記弦の実質的に前記長手方向軸に沿って力を加えることによって前記第2のアンカ(74)を担保位置に自動的に駆動し、これによって前記複数の弦(72) が、前記弦楽器の演奏中に自身の組立位置にしっかりと保持される自動バイアス手段(50)をさらに有することを特徴とする請求の範囲第1項、3項または20項記載の弦楽器(30)。 Automatically driven as collateral position the second anchor (74) by adding substantially along said longitudinal axis force of the string, whereby said plurality of strings (72), the stringed range first of claims, characterized by further having an automatic biasing means which is securely held in its assembled position during playing (50), strings of three terms or 20 claims (30). 22. twenty two. 複数の対応するナット臨界接触表面(66)を持つ固定ナット(38)を組み合わされた個別に旋回可能な複数の弦ホルダを有するナット(38)のアセンブリをさらに有し; 前記複数の弦(72)が前記複数の駒臨界接触表面(94)および前記複数のナット臨界接触表面(66)の対応する表面を横切ってこれと接触しており、さらに、 前記駒(82)への前記第1の端部および前記複数の個別の旋回可能な弦ホルダの内の対応するホルダへの前記第2の端部において担保されている; ことを特徴とする請求の範囲第1項または3項記載の弦楽器。 A plurality of corresponding nut critical contact surface (66) further assembly of the nut (38) having a plurality of strings holder capable individually pivoting combined with fixing nut (38) having a; the plurality of strings (72 ) is in contact with it across the corresponding surface of said plurality of frames critical contact surfaces (94) and said plurality of nut critical contact surface (66), further, the first of the the frame (82) end and the corresponding second are secured at the end of the holder of said plurality of individual pivotable string holders; stringed ranging paragraph 1 or 3 wherein the description of the claims, characterized in that . 23. twenty three. 前記複数の弦(72)の内の選択された弦の前記張り具合を、対応する個別の弦ホルダを前記複数のナット臨界接触表面(66)および前記複数の駒臨界接触表面(94)に近づけたり離したり旋回運動させると増減させることができることを特徴とする請求の範囲第22項記載の弦楽器(30)。 The tension degree of the selected string of said plurality of strings (72), close to said corresponding individual string holders plurality of nuts critical contact surfaces (66) and the plurality of pieces critical contact surfaces (94) stringed range 22 claim of claim, characterized in that it is possible to increase or decrease the or pivoting movement and release (30). 24. twenty four. ナット・アセンブリ(40)をさらに有し; 前記ナット・アセンブリ(40)が、前記弦楽器の少なくとも1つの弦の第1 の端部を保持する弦ホルダを包含し; ナット(38)が、前記弦楽器上の組立位置に置かれると前記少なくとも1 つの弦をサポートする少なくとも1つのナット臨界接触表面(66)を包含し; 前記ナット(38)が、前記本体(32)上の組立位置に置かれると前記弦ホルダに実質的に当接するように配置されている; ことを特徴とする請求の範囲第1項または3項記載の弦楽器。 Nut assembly (40) further includes; said nut assembly (40), includes a chord holder for holding a first end of the at least one chord of the stringed instrument; nut (38), the stringed includes at least one nut critical contact surface for supporting said at least one string when placed in assembled position of the upper (66); said nut (38), when placed in assembled position on said body (32) range paragraph 1 or stringed instrument 3 claim of claim, characterized in that; substantially are arranged so as to abut on the string holder. 25. twenty five. 本体(32)と; 前記本体(32)に取り付けられているネック(34)と; 前記ネック(34)上に配置されているフレットボード(36)であり、前記フレットボード(36)が第1の端部および第2の端部を持つフレットボード(36)と; 前記フレットボード(36)の1端部から離れている前記本体(32)上に搭載されている複数の駒臨界接触表面(94)を包含する駒(82)と; 前記駒(82)から離れている前記フレットボード(36)の反対側の端部え前記ネック(34)上に搭載されているナット(38)と; 第1の端部および第2の端部ならびに前記第1の端部と前記第2の端部の間に伸張する事前決定された長さを持つ複数の弦(72)であり、前記複数の弦(72)が、前記駒臨界接触表面(94)の内の対応する表面および前記ナット(38)と接触しこれらを横断するように配置されており、前記複数の弦(72)のおのおのが、 Body (32) and; said body (32) and neck (34) attached to; a fretboard (36) arranged on the neck (34), said fretboard (36) is first end and a second end and fretboard (36) with the; the fretboard (36) of 1 the body away from the end portion (32) a plurality of frames critical contact surfaces is mounted on ( 94) and frame (82) including; opposite end e nut mounted on said neck (34) on the fretboard away from the frame (82) (36) and (38); a first end and a second end and a plurality of strings with a pre-determined length extending between said second end and said first end portion (72), said plurality of chord (72) is, the frame being associated in contact with the surface and the nut (38) arranged so as to cross these of the critical contact surfaces (94), wherein each of the plurality of strings (72) , 記第1の端部が前記駒臨界接触表面(94)の内の対応する表面から約1インチ以下の距離だけ離れ、前記第2の端部が前記ナット(38)から約1インチ以下の距離だけ離れている位置でアンカリングされている弦(72)と; を有することを特徴とする弦楽器(30)。 Serial first end a distance from the corresponding surface of less than about 1 inch of the piece critical contact surfaces (94), the distance from the second end the nut (38) of less than about 1 inch a chord that is anchored at a position that is spaced (72); stringed instrument characterized in that it has a (30). 26. 26. 前記複数の弦(72)のおのおのの前記第1または第2の端部に固定された少なくとも1つのアンカをさらに有することを特徴とする請求の範囲第1項、3項または25項記載の弦楽器(30)。 Said plurality of strings (72) each of said first or second at least one range first of claims, characterized by further comprising anchors fixed to an end portion of the stringed instrument of the three terms or 25 Claims (30). 27. 27. 前記複数の弦(72)のおのおのの前記第1の端部に固定された第1のアンカおよび前記複数の弦(72)のおのおのの前記第2の端部に固定された前記第2のアンカ(74)をさらに有することを特徴とする請求の範囲第1項、3項、25項または26項記載の弦楽器(30)。 Each of said first first anchor and the second anchor fixed to each of said second ends of said plurality of strings (72) which is fixed to an end portion of said plurality of strings (72) (74) Moreover, the scope first of claims, characterized in that it comprises a third term, paragraph 25 or 26 claims stringed (30). 28. 28. 前記駒(82)が複数のサドルを有し; 前記複数の駒臨界接触表面(94)が前記複数のサドル(86)の内の対応するサドルから約1/2インチ以下の距離だけ離れており; 前記複数の弦(729の内の対応する弦の前記第1の端部が前記複数のサドル(86)のおのおのの内部に配置されている; ことを特徴とする請求の範囲第1項、3項または25項記載の弦楽器(30)。 29. 前記複数の弦(72)のおのおのの前記第1の端部が前記複数の駒臨界接触表面の内の対応する1つから約1/2インチ離れており; 前記複数の弦(72)のおのおのの前記第2の端部が前記ナット(38)から約1 /2インチ離れている; ことを特徴とする請求の範囲第1項、3項または25項記載の弦楽器(30)。 30. 前記複数の弦(72)のおのおのの前記第1の端部が前記駒臨界接触表(94) から約0.175インチ離れており; 前記複数の弦(72) It said piece (82) has a plurality of saddles; are separated plurality of frames critical contact surfaces (94) by a distance from the corresponding saddle to 1/2 inch of the plurality of saddles (86) ; range first of claims, characterized in that; said corresponding first end each is disposed within the plurality of saddles (86) of the chord of said plurality of strings (729 stringed three terms or 25 Claims (30). 29. the since each of the first ends of the plurality of strings (72) of a corresponding one of the plurality of frames critical contact surface about 1/2 inches are separated; the plurality of strings (72) each of said second ends are separated by about 1/2 inch from the nut (38) of the; range first of claims, characterized in that, 3 . stringed instrument of claim or 25 wherein wherein (30) 30. the plurality of strings each said first end portion of the are apart about 0.175 inches from the frame critical contact table (94) (72); said plurality of strings (72) おのおのの前記第2の端部が前記ナットから約0.175 インチ離れている; ことを特徴とする請求の範囲第1項、3項または14項記載の弦楽器(30)。 31. 前記複数の駒臨界接触表面(94)が前記事前決定された弧状の経路の上部の背後に正常に配置され、これによって、前記複数のサドル(86)の内の少なくとも1つおよび前記駒臨界接触表面(94)の内の対応する表面を前記ナット(38)に近づけるように前記チューニング・メカニズムを起動すると、前記複数の弦(72)の内の対応する1弦の高さが前記フレトボードを基準にして増加し; 前記複数のサドル(86)の内の少なくとも1つおよび前記駒臨界接触表面の内の対応する表面を前記ナット(38)から離れるように前記チューニング・メカニズムを起動すると、前記複数の弦(72)の内の対応する弦の高さが前記フレットボ Each of said second end is spaced approximately 0.175 inches from said nut;. Range first of claims, characterized in that, string of three terms or 3.14 wherein (30) 31. The plurality of pieces critical contact surface (94) is normally located behind the upper part of the pre-determined arcuate path, whereby, at least one and the pieces critical contact surfaces of the plurality of saddles (86) (94) corresponding If you start the tuning mechanism as close to the nut (38) surface, the corresponding first string of the height of the plurality of strings (72) is increased relative to the said Furetobodo of the ; starting at least one and the tuning mechanism to leave the corresponding surface of said piece critical contact surfaces from said nut (38) of said plurality of saddles (86), said plurality of strings (72 corresponding height of the strings is the Furettobo of the) ド(36)を基準にして増加する; ことを特徴とする請求の範囲第3項または14項記載の弦楽器(30)。 32. ナット(38)および前記ナット(38)から所望の距離だけ離れた駒臨界接触表面(94)を包含する駒(82)とを有し; 前記弦が第1の端部および第2の端部を有し、さらに、前記ナット(38)と前記駒臨界接触表面(94)の間の距離プラス約1インチの値以下の事前決定された長さを持ち、これによって、前記事前決定された長さが、後出の楽器上の前記ナット(38)および前記駒臨界接触表面(94)を横断する組立位置に前記弦が置かれるたときのチューニングされたハーモニクス長さに対応する; ことを特徴とする楽器の弦。 Increasing de (36) with respect;. Stringed (30) ranging third term or 14 claim of claim, characterized in that 32. apart a desired distance from the nut (38) and the nut (38) and frame and a frame including the critical contact surfaces (94) (82); the string has a first end and a second end, further, the frame critical contact with the nut (38) It has a distance plus about 1 inch and less than or equal to a pre determined length between the surface (94), whereby, the pre determined length, the nut on the rear out of the instrument (38) and strings of the instrument, characterized by; corresponding to tuned harmonics length when the string is placed in assembled position transverse to the piece critical contact surfaces (94). 33. 33. 前記第1の端部に固定された第1の弾丸および前記第2の端部に固定された第2の弾丸をさらに有することを特徴とする請求の範囲第32項記載の弦。 The first of the first bullet and said second range paragraph 32 chord according claims, characterized in that it further comprises a second bullet secured to the end fixed to the end portion. 34. 34. 第1の端部および第2の端部を有し、前記第1の端部と前記第2の端部の間に事前決定された長さを持ち; 前記事前決定された長さが、ハーモニクス・チューニングとピッチ・チューニングが同時に得られる収束長さに対応するように選択される; ことを特徴とする楽器の弦。 Having a first end and a second end, said first end portion and has a length which is pre-determined during the second end; said pre determined length, strings of the instrument, characterized in that; harmonic tuning and pitch tuning is chosen to correspond to the convergence length simultaneously obtained. 35. 35. 前記楽器が、ナット(38)および、前記ナット(38)から所望の距離だけ離れたところに駒臨界接触表面(194)を持つギターであり; 前記収束長さが、前記ナット(38)と前記駒臨界接触穂油面(94)の間の距離プラス、ハーモニクス・チューニングとピッチ・チューニングを同時に前記弦に対して実行するように該ギターのチューニングをするために必要な追加距離の値に等しい; ことを特徴とする請求の範囲第34項記載の弦。 Wherein the convergence length, wherein the nut (38); said instrument, a nut (38) and, be a guitar with a bridge critical contact surfaces (194) at a distance by a desired distance from the nut (38) piece equal to the value of the additional distance required for the distance plus the tuning of the guitar to run against the string harmonic tuning and pitch tuning simultaneously between the critical contact ears oil level (94); range paragraph 34 chord according claims, characterized in that. 36. 36. 第1の端部および第2の端部ならびに前記第1の端部と前記第2の端部の間の事前決定された長さを持つ複数の弦(72)をさらに有し; 前記事前決定された長さが、前記ナット(38)と前記駒臨界接触表面(94) の内の対応する1つとの間の距離プラス約1インチの値以下であり、これによって、前記事前決定された長さが個々に、前記複数の弦(72)が前記ナット(38)を横断する組立位置に置かれ、さらに、前記駒臨界接触表面(94)が関連の楽器上に位置したときのチューニングされたハーモニクス長さに対応する; ことを特徴とする請求の範囲第32項または35項記載の弦。 First end and further comprising a plurality of strings (72) having a second end and pre-determined length between the second end and said first end portion; the pre determined length, the nut (38) and said piece or less corresponding one of the distance plus about 1 inch value between among critical contact surfaces (94), whereby, being said pre-determined length is within the individual, the plurality of strings (72) is placed in assembled position crossing the nut (38), further tuning of when the piece critical contact surface (94) is positioned on the associated instruments has been corresponding to the harmonics length; it ranges paragraph 32 or 35 wherein wherein the chord of the claims, characterized in.
JP50190097A 1995-06-07 1996-06-07 Improvements in the tuning method of stringed instruments Ceased JPH11510616A (en)

Priority Applications (20)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US08473251 US5537907A (en) 1995-06-07 1995-06-07 Tuning systems for stringed instruments
US08473252 US5705760A (en) 1995-06-07 1995-06-07 Tuning systems for stringed instruments
US08484120 US5700965A (en) 1995-06-07 1995-06-07 Tuning systems for stringed instruments
US08472655 US5717150A (en) 1995-06-07 1995-06-07 Tuning systems for stringed instruments
US08477152 US5684256A (en) 1995-06-07 1995-06-07 Tuning systems for stringed instruments
US08475632 US5696335A (en) 1995-06-07 1995-06-07 Tuning systems for stringed instruments
US08473249 US5539143A (en) 1995-06-07 1995-06-07 Tuning systems for stringed instruments
US08484890 US5689075A (en) 1995-06-07 1995-06-07 Tuning systems for stringed instruments
US08484121 US5589653A (en) 1995-06-07 1995-06-07 Tuning systems for stringed instruments
PCT/US1996/009618 WO1996041332A1 (en) 1995-06-07 1996-06-07 Improvements in tuning systems for stringed instruments
US08/484,890 1996-06-07
US08/473,251 1996-06-07
US08/472,653 1996-06-07
US08/484,121 1996-06-07
US08/484,120 1996-06-07
US08/473,249 1996-06-07
US08/473,252 1996-06-07
US08/475,632 1996-06-07
US08/472,655 1996-06-07
US08/477,152 1996-06-07

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11510616A true true JPH11510616A (en) 1999-09-14

Family

ID=27578845

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP50190097A Ceased JPH11510616A (en) 1995-06-07 1996-06-07 Improvements in the tuning method of stringed instruments

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11510616A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009301050A (en) * 2002-01-11 2009-12-24 Floyd D Rose Turning system for stringed musical instrument
JP2015536478A (en) * 2012-10-24 2015-12-21 トルートレモロ スカンディナビア アクチエボラグTruetremolo Scandinavia Ab Fastening device for the electric guitar

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009301050A (en) * 2002-01-11 2009-12-24 Floyd D Rose Turning system for stringed musical instrument
JP2015536478A (en) * 2012-10-24 2015-12-21 トルートレモロ スカンディナビア アクチエボラグTruetremolo Scandinavia Ab Fastening device for the electric guitar

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4852448A (en) Bilateral tremolo apparatus
US4142435A (en) Pickup assembly for stringed instrument
US4172405A (en) Stringed instrument construction
US4539886A (en) Guitar
US5095797A (en) Automatic tone control for stringed musical instruments
US4512232A (en) Tremolo tailpiece and bridge device
US6084166A (en) Tremolo device
US4967631A (en) Tremolo and tuning apparatus
US5461958A (en) Acoustic guitar assembly
US3237502A (en) Stringed musical instrument
US4681010A (en) Multidirectionally adjustable vibrato device
US4333378A (en) Device for supporting a musical instrument
US5994633A (en) Stringed musical instruments
US5198601A (en) Tuning means for stringed musical instrument
US4704935A (en) Stringed musical instrument
US4208941A (en) Adjustable bridge saddle
US3437001A (en) Key changer and tremolo for guitar
US5392680A (en) Tremolo device for stringed musical instrument
US5537908A (en) Acoustic response of components of musical instruments
US4104947A (en) Capo
US5750910A (en) Apparatus and method for tuning guitars
US5438901A (en) String support for musical instrument
US6794569B2 (en) Acoustic instrument triggering device and method
US4334457A (en) Capo
US4084475A (en) Guitar construction

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060404

A601 Written request for extension of time

Effective date: 20060704

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

A602 Written permission of extension of time

Effective date: 20060821

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

A313 Final decision of rejection without a dissenting response from the applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A313

Effective date: 20070105

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20070220