JPH11328299A - Bar code reader - Google Patents

Bar code reader

Info

Publication number
JPH11328299A
JPH11328299A JP13517198A JP13517198A JPH11328299A JP H11328299 A JPH11328299 A JP H11328299A JP 13517198 A JP13517198 A JP 13517198A JP 13517198 A JP13517198 A JP 13517198A JP H11328299 A JPH11328299 A JP H11328299A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
bar code
reading
scanner
read
fixed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP13517198A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP4179664B2 (en )
Inventor
Hiroshi Aoki
Akiteru Kimura
Kei Tomoyoshi
圭 友吉
昭輝 木村
弘志 青木
Original Assignee
Olympus Optical Co Ltd
オリンパス光学工業株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a bar code reader which is used not only as a fixed type scanner that can read many products but also reads bar codes by a hand-held operation with high operability.
SOLUTION: This bar code reader has a window 5 in the front to which scanning lines are emitted from a bar code reading part and a grip part at the back that can be grabbed from above in such a manner that the main body is fixed to a stand part 25 in an attachable and detachable way and that is selectively used between a 1st reading mode where a bar code 54 is read within a read range with the body fixed to the part 25 and a 2nd reading mode where the device is removed from the part 25 and a bar code is read by the hand-held operation. The hand-held operation in the 2nd reading mode accompanies an operation in which the grip part is grabbed from above and the device is turned over in the direction of pushing the device down to this side so that the window 5 faces to the direction of a bar code 32.
COPYRIGHT: (C)1999,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明はバーコード読み取り装置に関するものである。 BACKGROUND OF THE INVENTION The present invention relates to a bar code reader.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、例えばスーパーなどにおいて、2 In recent years, for example super in, such as, 2
つのバーコード読み取り部を垂直及び水平方向に配置して垂直側スキャナ及び水平側スキャナとし、これら2つのスキャナからスキャンラインを多方向に投射して商品に付与されたバーコードを読み取るマルチスキャンタイプの固定式バーコード読み取り装置(以下、固定式スキャナと呼ぶ)を備えたPOSシステムが知られている。 A vertical side scanner and horizontal side scanner One of the bar code reading portion is arranged in the vertical and horizontal directions, multi-scan type for reading a bar code attached to the product by projecting scan lines in multiple directions from the two scanners fixed bar code reader (hereinafter, referred to as a stationary scanner) POS system is known which includes a.
このような固定式スキャナによれば、単一のバーコード読み取り部によりバーコードを読み取る場合に比べて、 According to such a stationary scanner, as compared with the case of reading a bar code by a single bar code reading unit,
多方向の向きに置かれている商品のバーコードにスキャンラインを命中させることが容易であり、バーコードの読み取り作業を大幅に向上させることができる。 It is easy to make the product barcode that are located in multiple directions of orientation hit scan line, the reading operations of the bar code can be greatly improved.

【0003】図14(A)はいわゆるPOSカウンタにおいて、カウンタ100に設置されたマルチスキャンタイプの固定式スキャナ101により、商品103に付与されたバーコードを読み取るようすを示す図である。 [0003] FIG. 14 (A) is in the so-called POS counter, by the multi-scan type stationary scanner 101 installed in the counter 100 is a diagram showing a state of reading a bar code attached to the product 103. 1
02はオペレータであり、105は商品103を購入するべく通路106に立っている客105である。 02 is an operator, 105 is a customer 105 standing in the passage 106 in order to buy the commodity 103.

【0004】購入すべき商品がカウンタ100を通過できる大きさであればカウンタ100上において読み取りが行われるが、商品がカウンタ100上を通過できないほど大きな場合には、カウンタ100に設けられたスタンド107に掛けられたハンドヘルドスキャナ104により、図14(B)に示すように、ハンドヘルドスキャナ104を通路106内の商品カゴ109に入れられた商品110に付与されたバーコード108に向けてスキャンラインを投射することにより読み取りが行われる。 [0004] Products to be purchased reading is performed on the counter 100 as long as the size that can pass through the counter 100, when a large enough product can not pass over counter 100, stand 107 provided to the counter 100 the hand-held scanner 104 is subjected to, as shown in FIG. 14 (B), projecting scan lines toward the bar code 108 assigned to product 110 encased handheld scanner 104 to the commodity basket 109 in the passageway 106 reading is performed by.

【0005】また、カウンタ100上を通過できるような大きさの商品であっても、商品の形状によっては、固定式スキャナよりもハンドヘルドスキャナを用いてバーコードを読み取ったほうがよい場合があり、したがって、固定式スキャナとハンドヘルドスキャナとを併置しているPOSカウンタも数多く見受けられる。 Further, even the size of the product that can pass over the counter 100, the shape of the product, sometimes it is preferable to read the bar code using the hand-held scanner than the fixed scanner, thus , POS counter also found numerous that juxtaposed the stationary scanner and a handheld scanner.

【0006】一方、特開平7−254041号公報は、 On the other hand, JP-A-7-254041, the
非常に小さいスペースでのPOS作業を容易にするために、固定部に固定した状態でバーコードの読み取りを行なうことができ、かつ、固定部から取り外してハンドヘルド操作によりバーコードを読み取ることができる、小型のオムニスキャナを開示している。 The POS working with a very small space in order to facilitate, in a fixed state to the fixing unit can perform the reading of the bar code, and can read the bar code by hand-held operation is removed from the fixed part, It discloses a compact omni scanner.

【0007】図15はこのようなオムニスキャナを用いてハンドヘルド操作により読み取りを行なう動作を説明するための図である。 [0007] Figure 15 is a diagram for explaining the operation for reading by handheld operation with such Omni scanner. 図15に示すように、オムニスキャナ200はバーコードを読み取るためのスキャンラインが出射されるウインドウ204がオペレータ202側を向くようにカウンタ203上に置かれている(図15 As shown in FIG. 15, Omni scanner 200 window 204 scan lines for reading a bar code is emitted is placed on the counter 203 facing an operator 202 side (FIG. 15
(A))。 (A)). バーコードの読み取り時、オペレータ202 When reading the bar code, the operator 202
はオムニスキャナ200の後部に自身の手202−1を回してオムニスキャナ200を掴み(図15(B))、 Grabs omni scanner 200 by turning its hand 202-1 at the rear of the omni scanner 200 (FIG. 15 (B)),
これを横方向に時計回りに回転させてスキャンラインが出射されるウインドウ204を前方に向けて図示せぬバーコードに投射する(図15(C))。 This laterally rotated clockwise by the scan line is projected onto the bar code (not shown) the window 204 is emitted toward the front (FIG. 15 (C)).

【0008】 [0008]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上記した固定式スキャナとハンドヘルドスキャナとを併置したバーコード読み取り装置は、ユーザに大きな投資を求めることになる上に、カウンタのような少ないスペースではその配置に適した場所を見つけるのが困難な場合がある。 [0007] However, the bar code reader that juxtaposed the stationary scanner and a handheld scanner described above, on which will be obtained a large investment in the user, the arrangement is a small space, such as counter it may be difficult to find a place that is suitable for.

【0009】また、特開平7−254041号公報に開示された小型のオムニスキャナは、商品に付与されたバーコードに読み取り部を当てて読み取りを行なう、いわゆるプロジェクションタイプのバーコード読み取り装置であり、スーパーなどのような、大量の商品のバーコードを読み取ることが要求される環境での使用には必ずしも適しておらず、ハンドヘルド操作時にはオムニスキャナを横方向に回転させる必要があるのでコードが水平方向に捩れたりしてバーコードを読み取る際の操作性も良好でなかった。 Further, a small omni scanner disclosed in Japanese Patent Laid-Open No. 7-254041 performs read against a portion reads the bar code attached to the product, a bar code reader of so-called projection type, such as supermarket, not always suitable for use in large environments where it is requested to read the bar code of the product code in the horizontal direction since the time of the handheld operation it is necessary to rotate the omni scanner laterally to be or twisted operability in reading the bar code was not good.

【0010】本発明のバーコード読み取り装置はこのような課題に着目してなされたものであり、その目的とするところは、大量の商品を読み取ることができる固定式スキャナとしての使用だけでなく、ハンドヘルド操作によるバーコード読み取りも良好な操作性で行なうことができるバーコード読み取り装置を提供することにある。 [0010] Bar code reading apparatus of the present invention has been made in view of such problems, and an object, not only the use of a fixed scanner capable of reading a large amount of product, and to provide a bar code reading device capable of performing a bar code reading is also good operability by handheld operation.

【0011】 [0011]

【課題を解決するための手段】上記の目的を達成するために、第1の発明に係るバーコード読み取り装置は、バーコードを読み取るためのバーコード読み取り部からのスキャンラインが出射されるウインドウ部を前面に有し、本体を位置決めすべく所定の保持部に着脱可能に固定された状態で上方から掴むことが可能なグリップ部を背面に有するバーコード読み取り装置であって、本体が前記保持部に固定された状態で、前記バーコード読み取り装置の読み取り範囲にあるバーコードを読み取る第1 To achieve the above object, according to the Invention The bar code reading apparatus according to the first invention, the window unit scan line from the bar code reading portion for reading a bar code is emitted the has a front, a bar code reader having a grip portion that can be gripped from above while being detachably fixed to a predetermined holding portion in order to position the body on the back, the body holding portion while being fixed to the first reading a bar code in the reading range of the bar code reader
の読み取りモードと、前記バーコード読み取り装置を前記保持部から取り外して、ハンドヘルド操作によりバーコードの読み取りを行なう第2の読み取りモードとの間で選択的に用いられ、前記第2の読み取りモード時のハンドヘルド操作は、前記グリップ部を上方から掴んで、 And read mode, remove the bar code reader from the holder, with the second reading mode for reading the bar code selectively used by handheld operation, during the second reading mode handheld operation, grasps the grip portion from above,
前記バーコード読み取り装置を手前に押し倒す方向に反転させて前記ウインドウ部をバーコードのある方向に向ける動作を伴う。 Said bar code reading device is reversed in the direction to push down the front involving operation directing the window portion in a direction with a bar code.

【0012】また、第2の発明に係るバーコード読み取り装置は、第1の発明に係るバーコード読み取り装置において、本体が前記固定部に固定されたときのバーコード読み取り部と所定の位置関係を持たせて前記バーコード読み取り装置とは別個に配置された第2のバーコード読み取り部を有する。 [0012] The second invention barcode reading apparatus according to, in a bar code reading device according to the first invention, the bar code reading portion a predetermined positional relationship when the main body is fixed to the fixed part the said to have a bar code reader having a second bar code reading unit which is separately arranged.

【0013】また、第3の発明に係るバーコード読み取り装置は、第1の発明に係るバーコード読み取り装置における前記バーコード読み取り部が、前記第1の読み取りモードでバーコードの読み取りを行なうときには、左右及び上下方向に広がったパターンのスキャンラインを投射し、前記第2の読み取りモードでバーコードの読み取りを行なうときには、特定の方向のスキャンラインのみを投射するように制御する。 [0013] In a third aspect of the present invention the bar code reading apparatus according to, when the bar code reading portion of the bar code reading apparatus according to the first invention, to read the bar code in the first reading mode, the scan lines of the spread pattern in the lateral and vertical directions are projected, the when to read the bar code in the second reading mode, and controls so as to project only a specific direction of the scan lines.

【0014】 [0014]

【発明の実施の形態】以下、図面を参照して本発明の実施形態を詳細に説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, will be explained an embodiment in detail of the present invention with reference to the drawings. 2つのバーコード読み取り部を垂直及び水平方向に配置して垂直側スキャナ及び水平側スキャナとし、これら2つのスキャナからスキャンラインを多方向に投射して商品に付与されたバーコードを読み取るマルチスキャンタイプの固定式スキャナは、大量の商品に付与されたバーコードを正確かつ迅速に読み取るために以下のような要件を備えている必要がある。 A vertical side scanner and a horizontal side scanner by placing two barcode reading unit in the vertical and horizontal directions, multi-scan type for reading a bar code attached from these two scanner product by projecting scan lines in multiple directions stationary scanner, it needs to have a following goals in order to read the bar code attached to a large amount of products accurately and quickly. (1) 商品のある面におけるいかなる向きに貼られたバーコードにも対処するため、多くの向きのスキャンラインが存在すること、 (2) 商品のある面が向き得る範囲をできるだけ多くカバーするために、多くの向きにスキャンラインを投射すること、 (3) 早い速度で商品を移動させても正確な読み取りが行なえること、 (4) 広い範囲で読み取りが可能なこと、 (5) 低品位のバーコードに対しても読み取り能力が高いこと、などである。 (1) is also dealing with the bar code affixed to any orientation in the plane with a product, that many orientations of the scan lines are present, (2) for many cover as possible the extent to which surface may orientation with product to, be projected scan lines in a number of orientations, (3) rapid rate at even accurate by moving the item read it performed, it can be read by (4) a wide range, (5) low-grade even higher read capacity for bar codes, and the like.

【0015】図1(A)は上記したマルチスキャンタイプの固定式スキャナの垂直側スキャナとしてだけでなく、ハンドヘルド操作によりバーコードの読み取りを行なうハンドヘルドスキャナとしても用いることができる本実施形態に係るハンディスキャナ16の外観斜視図である。 [0015] FIG. 1 (A) not only as the vertical side scanner multiscan type stationary scanner described above, handy according to the present embodiment can be used as a hand-held scanner for reading bar codes by handheld operation it is an external perspective view of the scanner 16. 図1(A)はハンディスキャナ16を背面及び側面側から見たときの様子を示している。 1 (A) is shows a state when viewing the handy scanner 16 from the rear and the side surface. 本体背面にはオペレータが手で掴むことができるグリップ部6が設けられている。 Grip portion 6 to the rear panel that an operator can grip by hand is provided. グリップ部6の先端部にはトリガースイッチ23が設けられている。 Trigger switch 23 is provided at the distal end portion of the grip portion 6. 24は底部である。 24 is a bottom. また、本体正面には、本体内部に配置されたバーコード読み取り部からのスキャンライン4を外部に出射するためのウインドウ5が設けられている。 Further, the body front, a window 5 for emitting scan lines 4 from the bar code reading portion disposed in the main body to the outside is provided. ウインドウ5の具体的形状は以下の図2に示される。 Specific shape of the window 5 is shown in Figure 2 below. 図1(B)は、トリガースイッチ23を設けない場合の構成を示している。 FIG. 1 (B) shows a configuration of a case without the trigger switch 23.

【0016】このようなハンディスキャナ16を固定式スキャナとして用いる場合には、図2に示すように、その底部24を上方からスタンド部25に装着して垂直側スキャナとして用いる。 [0016] When using such a handy scanner 16 as a fixed scanner, as shown in FIG. 2, it is used as the vertical side scanner attached to the stand unit 25 and the bottom portion 24 from above. ハンディスキャナ16の底部2 Bottom 2 of the handy scanner 16
4がスタンド部25に装着されることにより、ハンディスキャナ16本体の位置決めが行われる。 4 by being attached to the stand unit 25, the positioning of the handy scanner 16 body is performed. カウンタ12 Counter 12
のプレート12−1下方には図示せぬ水平側スキャナが配置されている。 Horizontal side scanner (not shown) in the plate 12-1 downward is arranged. また、ハンディスキャナ16の側面上部にはコード取付部28を有し、コード27がコード取付部28からスタンド部25に接続されてハンディスキャナ16とカウンタ12側との電気的連絡を可能にしている。 Also it has a cord fitting part 28 on the upper side surface of the handy scanner 16, and to code 27 is connected from the cord fitting portion 28 on the stand 25 to allow electrical communication between the handy scanner 16 and the counter 12 side .

【0017】図3(A)、(B)は本発明の一実施形態に係るハンドヘルド操作の手順を説明するための図である。 FIG. 3 (A), (B) is a diagram for explaining the procedure of the hand-held operation according to an embodiment of the present invention. 商品がカウンタ12を通過できる大きさの場合にはハンディスキャナ16はスタンド部25に固定された状態でカウンタ12上に置かれた商品51に付与されたバーコード54を読み取るが、商品がカウンタ12上を通過できないほど大きな場合には、商品31を通路52に置かれた商品カゴ53に入れたままでバーコード32を読み取る必要がある。 Product reads the bar code 54 handy scanner 16 is given to the product 51 placed on the counter 12 in a state of being fixed to the stand portion 25 in the case of a size capable of passing through a counter 12, but products counter 12 If large enough not to pass through the above, it is necessary to read the bar code 32 without turning on the product basket 53 which is placed an item 31 in the passage 52.

【0018】この場合、オペレータ50は自身の手50 [0018] In this case, the operator 50 own hand 50
−1でハンディスキャナ16の背面に設けられたグリップ部6を上方から掴んで、ハンディスキャナ16を手前に押し倒す方向に反転させてウインドウ5をバーコード32のある方向に向ける。 Grasp the grip portion 6 provided on the back of the handy scanner 16 -1 from above, directs a window 5 in the direction of a bar code 32 by reversing the direction of push down the handy scanner 16 to the front. この動作によってハンディスキャナ16の底部24は本体の頭部位置に移動する。 Bottom 24 of the handy scanner 16 by the operation moves to the head position of the body. そして、背面に設けられたトリガースイッチ23を押すとウインドウ5からスキャンラインがバーコード32に対して投射される。 The scan lines are projected onto the bar code 32 from the window 5 and press the trigger switch 23 provided on the back. トリガースイッチを持たないハンディスキャナ16の場合には、ハンディスキャナ16がスタンド部25から取り外されたことを後述する方法により検出したときにスキャンラインを投射するようにする。 In the case of the handy scanner 16 without a trigger switch, so as to project the scanning line when it detects by the method described below that the handy scanner 16 is detached from the stand unit 25.

【0019】このような方法によれば、オペレータ50 According to this method, the operator 50
の手50−1に負荷をかけることなしに簡単な操作で前方のバーコード32を読み取ることができるので、ハンドヘルド操作時の操作性を向上させることができる。 Since a simple operation without the hand 50-1 that overloading can be read in front of the bar code 32, it is possible to improve the operability at the time of hand-held operation.

【0020】また、垂直側スキャナにおいては、特に、 Further, in the vertical side scanner, in particular,
水平側スキャナと組み合わせてマルチスキャンタイプのスキャナとして用いる場合には、オペレータ50が視覚的に確認しながら読み取りができるように、バーコード面を上に向け、かつ、スキャンラインを下方に向けて投射することが必要である。 When used as a multi-scan type scanner in combination with a horizontal side scanner, as can be read while the operator 50 is visually confirmed, toward the bar code side up and toward the scan line downward projection It is necessary to. 本実施形態においてもスキャンライン55は図3(A)に示すように略下向きなので、180度よりも小さな角度の回転で前方のバーコード32を読み取ることができる。 Scan lines 55 in the present embodiment, since a substantially downward as shown in FIG. 3 (A), can be read in front of the bar code 32 than 180 degrees rotation of a small angle.

【0021】図4は、オペレータ50がハンディスキャナ16をスタンド部25から取り外したことを検出する方法を説明するための図である。 [0021] FIG. 4 is a diagram for explaining a method of detecting that the operator 50 is removed the handy scanner 16 from the stand unit 25. 図4ではマグネット2 In FIG. 4, the magnet 2
6−1がスタンド部25に設けられており、例えばホール素子などの磁気検知素子26−2がハンディスキャナ16に設けられている。 6-1 is provided on the stand unit 25, for example, a magnetic sensing element 26-2 such as a Hall element is provided on the handy scanner 16. ハンディスキャナ16の固定時において、磁気検知素子26−2はマグネット26−1 During fixing of the handy scanner 16, a magnetic sensing element 26-2 magnet 26-1
と隣接した状態を保つのでマグネット26−1の磁力を検出するが、オペレータ50がハンディスキャナ16をスタンド部25から取り外した場合には磁気検知素子2 Since keeping the state of being adjacent to detect the magnetic force of the magnet 26-1, magnetic sensing element when the operator 50 is removed the handy scanner 16 from the stand unit 25 is 2
6−2はマグネット26−1の磁力を検出しない。 6-2 does not detect the magnetic force of the magnet 26-1. したがって、マグネット26−1の磁力を検出したときの電気信号と検出しないときの電気信号を比較することでハンディスキャナ16が取り外されたことがわかる。 Therefore, it is understood that the handy scanner 16 by comparing the electrical signal when not detecting the electrical signal upon detection of the magnetic force of the magnet 26-1 is removed. 磁気検知素子の代わりに、例えばリードリレーやリードスイッチなどの磁気検知スイッチを用いてもよい。 Instead of the magnetic sensing element may be used, for example a magnetic detection switch such as a reed relay or reed switch. また、リミットスイッチ、マイクロスイッチ、フォトリフレクタ、フォトインタラプタ、圧力スイッチ、及びそれらで構成したインターロックスイッチユニットを用いても良い。 Also, limit switches, micro switches, photo-reflector, photo-interrupter, pressure switch, and may be used interlock switch unit constituted by them. 本実施形態では、ハンディスキャナ16の取り外しが検出された場合には、後述するように、垂直側スキャナであるハンディスキャナ16のLDの発光のみならず、水平側スキャナのLDの発光をも停止するようにする。 In the present embodiment, when the removal of the handy scanner 16 is detected, as described later, not only the light emission of the LD of the handy scanner 16 is a vertical side scanner, also stops the emission of the horizontal side scanner LD so as to. また、水平側スキャナのLDがオンしたままでスキャンラインが出力されても、これを正規のスキャンラインとして認識しないようにしている。 Also, so that even if output scan lines remains LD horizontal side scanner is turned on, does not recognize this as a normal scan lines.

【0022】図5、図6、図7は上記したハンディスキャナ16をスタンド部25に装着して固定式スキャナとして使用した場合のバーコードの読み取り動作を説明するための図である。 FIG. 5, FIG. 6, FIG. 7 is a diagram for describing a read operation of the bar code when using the handy scanner 16 as described above as a stationary scanner attached to the stand unit 25. 図5は主としてハンディスキャナ1 Figure 5 is mainly handy scanner 1
6内部の光学系を示している。 6 shows the interior of the optical system. 図6は複数のパターンミラーの配置を示す横断面図であり、図7はその縦断面図である。 Figure 6 is a transverse sectional view showing an arrangement of a plurality of patterns mirrors, FIG. 7 is a longitudinal sectional view thereof.

【0023】LD(レーザダイオード)1からのレーザ光は凹面鏡としての集光ミラー2の中央部に設けられたセンターミラー(平面鏡)2−1に当たって図示せぬモータなどにより回転されるポリゴン3へ導かれる。 [0023] LD guiding laser beam from the laser diode () 1 the polygon 3 is rotated by a motor (not shown) against the condensing center mirror (plane mirror) provided at the center portion of the mirror 2 2-1 as a concave mirror wither. ポリゴン3で反射されたレーザ光は、走査光としてパターンミラーA(4−1)及びB(4−2)へと導かれる。 The laser beam reflected by the polygon 3 is guided to the pattern mirror A (4-1) and B (4-2) as the scanning light. 上記走査光は、パターンミラーA(4−1)及びB(4− The scanning light pattern mirror A (4-1) and B (4-
2)の角度により、ほぼ水平方向及びほぼ垂直方向の投射パターンとしてウインドウ5を介してハンディスキャナ16の外部へと出射されてカウンタ12上の商品8、 The angle of 2), substantially horizontal and substantially vertical product 8 is emitted to the outside on the counter 12 of the handy scanner 16 via the window 5 as a projection pattern,
10に付与されているバーコード7、9に投射される。 10 is projected to the bar code 7 and 9 are assigned to.

【0024】商品8、10のバーコード7、9に投射された光は乱反射して、バーコード7、9の白黒パターンの白い部分と黒い部分の反射率に応じて強弱を持った散乱光となる。 The light projected onto the bar code 7 and 9 of the product 8,10 is irregularly reflected, scattered light and having a strength in accordance with the reflectance of the white part and the black part of the black and white pattern of the bar code 7 and 9 Become. この散乱光の一部はLD1から出射されてバーコード7、9に到達した光路と同一の光路を逆にたどって集光ミラー2に到達する。 The portion of the scattered light reaches is emitted to the collector mirror 2 by following the same optical path as the optical path reaching the barcode 7,9 backwards from LD1. 集光ミラー2に到達した光は集光されてLD1とは所定の距離だけ離して配置されたPD(フォトダイオード)11に入射されて光電変換される。 Light reaching the collector mirror 2 is made incident to photoelectric conversion in the PD (photodiode) 11 which are spaced apart by a predetermined distance from the LD1 is focused. このようにしてバーコードのパターンは電気信号に変換された後、処理、デコードされる。 After the pattern of the bar code is converted into an electrical signal in this manner, processing is decoded.

【0025】図8は上記したポリゴン3の上面図(図8 [0025] Figure 8 is a top view of a polygon 3 described above (FIG. 8
(A))及び側面図(図8(B)、(C))である。 (A)) and a side view (FIG. 8 (B), the a (C)). 図8に示すように、ポリゴン3は、回転軸27に対して異なる傾斜角α1、α2、α3、α4を持つ4つの面を有しているので、ポリゴン3の回転により4つの面に光が当たると投射角の異なる4方向の光が出射されることになり、例えば、パターンミラーB(4−2)により反射されてウインドウ5からハンディスキャナ16の外部に出力される投射パターンは方向の異なる4種類のスキャンラインとなる。 As shown in FIG. 8, the polygon 3 is tilted angle α1 which differs with respect to the rotation axis 27, [alpha] 2, .alpha.3, since it has four faces with alpha 4, the light to four surfaces by the rotation of the polygon 3 strikes the four directions of light different projection angles would be emitted, for example, a projection pattern outputted is reflected from the window 5 by the pattern mirror B (4-2) to the outside of the handy scanner 16 is different directions the four types of scan line.

【0026】図9はこのときの投射パターンを上方から見た図である。 [0026] FIG. 9 is a view of the projected pattern at this time from above. ここではスキャンラインB1、B2のみについて示し、これらの間の角度をもつスキャンラインB2、B3については図示していない。 Here shows the only scanning lines B1, B2, not shown for the scan lines B2, B3 having an angle between them. パターンミラーB(4−2)から投射される投射パターンは、ウインドウ5に対してほぼ垂直なスキャンラインB4から、ウインドウ5に対してほぼ水平となる角度をもつスキャンラインB1まで存在することがわかる。 Projection pattern projected from the pattern mirror B (4-2), from the scan lines B4 substantially perpendicular to the window 5, it is found that there until the scan lines B1 having an angle of substantially horizontal with respect to the window 5 . 水平なスキャンラインB1は商品の側面に付与されたバーコード20、2 Horizontal scan lines B1 was applied to the side surface of the product barcode 20, 2
2を読み取るのに必要である。 There is a need to read the 2. 一方、ウインドウ5に対してほぼ垂直なスキャンラインB4はウインドウ5に正対した面に付与されたバーコード21を読み取るのに適している。 On the other hand, the scan line B4 substantially perpendicular to the window 5 is suitable for reading a bar code 21 which is applied to directly facing surfaces of the window 5. B4のようなスキャンラインは特に、商品をウインドウ5に正対させたまま、遠方から近づけて読み取る、いわゆるプロジェクションタイプのスキャナにおいて用いられる。 Scan lines, such as B4 particular, while directly facing the product in the window 5, it reads closer from a distance, is used in the scanner of the so-called projection type.

【0027】このように、ハンディスキャナ16を固定式スキャナとして使用する場合には、カウンタ12上に広範囲に渡って任意の異なる向きに置かれた複数の商品を読み取るために、多くの角度のスキャンラインからなる投射パターンが投射される。 [0027] Thus, when using the handy scanner 16 as stationary scanner, for reading a plurality of items placed in any different directions over a wide range on the counter 12, the scan of a number of angles projected pattern is projected consisting line.

【0028】図10は本実施形態に係るハンディスキャナ16をスタンド部18から取り外してハンドヘルド操作によりカウンタ12上にない離れた距離にある商品1 [0028] FIG. 10 is a distance a handy scanner 16 of this embodiment apart not on the counter 12 by handheld operation removed from the stand unit 18 Product 1
31に付与されたバーコード132を読み取るにあたって、ウインドウ5から出射される投射パターンを示す図である。 When reading the bar code 132 assigned to 31 is a diagram showing a projection pattern emitted from the window 5. ハンディスキャナ16を離れた距離にある商品のバーコードを読み取るのに使用する場合には、図9に示すような広がりのある投射パターンでは読み取るべき的が絞りにくくなるばかりでなく、読み取るべきでない無関係のバーコードをも読み取ってしまう可能性がある。 When used to read the bar code of the product at a distance apart the handy scanner 16 is not only difficult target squeezing to be read in the projected pattern of spread as shown in FIG. 9, irrespective of which should not read there is a possibility that even reading the bar code. そこで、離れた距離にある商品のバーコードを読み取る場合には、図10に示すようにLDの発光を、ポリゴン3の回転と同期させて点滅制御することにより、読み取りに要するスキャンライン(図では実線で示される、ウインドウ5にほぼ垂直なスキャンラインB4)のみを出射させ、他のスキャンライン(点線のスキャンラインB1、B2、B3)は出射させないようにしている。 Therefore, when reading the bar code of the product at a distance apart from the light emission of the LD, as shown in FIG. 10, by flashing controlled in synchronization with the rotation of the polygon 3, a scan line (Fig required for reading indicated by the solid line, substantially vertical scan lines B4) is only emitted to the window 5, and the other scan lines (dotted scan lines B1, B2, B3) is so as not to exit.

【0029】図11はこのときの水平側スキャナのLD [0029] Figure 11 LD horizontal side scanner at this time
発光のタイミングと、垂直側スキャナ(ハンディスキャナ16)のLD発光のタイミングを比較して説明するための図である。 A light emitting timing diagrams for explaining by comparing the timing of the LD light vertical side scanner (handy scanner 16). 電源ONにより水平側スキャナのLDとハンディスキャナ16のLDの発光が開始される(A Emission of the LD of the horizontal side scanner LD and handy scanner 16 is started by power ON (A
1)。 1). ハンディスキャナ16では全スキャンラインの出力がなされる。 In the handy scanner 16 outputs of all the scan lines is made. ここで、オペレータが遠方にある商品のバーコードを走査するべくハンディスキャナ16をスタンド部25から取り外したとすると、このことが前記した方法により検出されて水平側スキャナのLDとハンディスキャナ16のLDの発光が停止される(A2)。 Here, the operator when the removal of the handy scanner 16 from the stand unit 25 so as to scan the bar code of the product in the distance, the horizontal side scanner is detected by the way this is described above in LD of the LD and the handy scanner 16 light emission is stopped (A2). この後、オペレータがトリガースイッチ23を押してトリガをONすると(A3)、ハンディスキャナ16のLD After this, ON Then the trigger operator presses the trigger switch 23 (A3), LD of the handy scanner 16
は1スキャンラインのみの発光を行なうようにLDの出力及びタイミングを制御する。 Controlling the output and timing of LD to do light emission of only one scan line. A4のタイミングで読み取りが終了するとハンディスキャナ16のLDの発光は停止される。 Emission of the LD of the handy scanner 16 when reading is completed at the timing of A4 is stopped. この後、オペレータがトリガースイッチ2 After this, the operator trigger switch 2
3を離すことによりトリガーオフとなる(A5)。 3 serves as a trigger off by releasing the (A5). 離れた距離にある商品の読み取りが終了した後、ハンディスキャナ16をスタンド部25に再度取り付けると、これが検知されて水平側スキャナのLDとハンディスキャナ16のLDの発光が再開される(A6)。 After reading of the commodity at a distance apart it is completed and attached again the handy scanner 16 to the stand unit 25, which is light emission of the LD in the LD and the handy scanner 16 of the horizontal side scanner is detected is resumed (A6).

【0030】このように、ハンディスキャナ16により離れた距離にある商品のバーコードを読み取る場合には、スキャンラインが1本になるようにLDの発光を制御することで、当該商品の周囲に存在する可能性のある商品のバーコードを不用意に読み取ってしまうことを防止することができる。 [0030] Thus, when reading the bar code of the product at a distance apart by the handy scanner 16, by controlling the light emission of the LD as the scan line is one, present around the product it would read inadvertently potential bar code of the product that can be prevented.

【0031】図12(A)は磁気検知素子126−1をハンディスキャナ16側に設け、マグネット126−1 FIG. 12 (A) is provided with a magnetic sensing element 126-1 to the handy scanner 16 side, the magnet 126-1
をプレート12−1に設けた例を示す図である。 Which is a diagram showing an example in which the plate 12-1. このような構成によれば、上記したハンディスキャナ16が取り外された場合と同様の方法により、プレート12−1 According to such a configuration, in the same manner as in the case of the handy scanner 16 as described above is removed, the plate 12-1
が取り外されたことを検知することができる。 It is possible to detect that has been removed.

【0032】プレート12−1はバーコードを読み取るために商品が通過する部分となるためにその中央に設けられた窓部が汚れやすい。 The plates 12-1 window tends dirty provided at the center for goods is part passing to read the bar code. したがって、プレート12− Thus, plate 12
1は取り外して清掃できるようになっているが、プレート12−1を取り外すとLDからの発光がオペレータの目に当たって損傷を与える危険がある。 1 is adapted to be cleaned and remove, but emission from the LD Removing the plate 12-1 is at risk of damage against the eye of the operator. そこで、本実施形態では、プレート12−1の取り外しが検知された場合にはLDの発光を停止するようにしている。 Therefore, in this embodiment, so as to stop the light emission of the LD in a case where removal of the plate 12-1 is detected. 清掃の後、プレート12−1が再度、取り付けられた場合にはLDの発光を再開する。 After cleaning, it resumes emission of the LD in a case where the plate 12-1 again, attached. 図12(B)はこのときのLD And FIG. 12 (B) is LD at this time
の発光、停止のタイミングを示している。 Emitting shows a timing of the stop.

【0033】図13は本実施形態に係るハンディスキャナ16にEASアンテナ30を設けた例を示す図である。 [0033] FIG. 13 is a diagram showing an example in which the EAS antenna 30 to the handy scanner 16 according to the present embodiment. このような構成によれば、カウンタにおいて、ハンディスキャナ16により商品31に付与されたバーコード132を読み取る際にEASアンテナ30からの電波によりバーコード132に添付されたタグ132'が焼き切られる。 According to this configuration, in the counter, a tag 132 attached to the bar code 132 'is blown by a radio wave from the EAS antenna 30 when reading a bar code 132 applied to the product 31 by the handy scanner 16. これにより、タグ132'が焼き切られた商品については正規の方法で買い物をした証明になる。 Thus, the proof shopped in a normal way about the product which the tag 132 'is burned off.
一方、カウンタを通さないで店外に持ち出されようとした商品はタグ132'が焼き切られていないのでアラーム音を発する。 On the other hand, products that are about to be brought out of the store without passing through the counter because tag 132 'is not burned out an alarm sound. このように、ハンディスキャナ16にE Thus, E on the handy scanner 16
ASアンテナ30を設けることにより防犯システムとしての機能を持たせることができる。 It can function as a security system by providing an AS antenna 30.

【0034】なお、上記した具体的実施形態には以下の構成を有する発明が含まれている。 [0034] Incidentally, the specific embodiment described above contains inventions having the following configurations. (1) バーコードを読み取るためのバーコード読み取り部からのスキャンラインが出射されるウインドウ部を前面に有し、本体を位置決めすべく所定の保持部に着脱可能に固定された状態で上方から掴むことが可能なグリップ部を背面に有するバーコード読み取り装置であって、本体が前記保持部に固定された状態で、当該バーコード読み取り装置の読み取り範囲にあるバーコードを読み取る第1の読み取りモードと、前記バーコード読み取り装置を前記保持部から取り外して、ハンドヘルド操作によりバーコードの読み取りを行なう第2の読み取りモードとの間で選択的に用いられ、前記第2の読み取りモード時のハンドヘルド操作は、前記グリップ部を上方から掴んで、前記バーコード読み取り装置を手前に押し倒す方向に反転させて前 (1) grabs the window part the scan lines are emitted from the bar code reading portion for reading a bar code having a front, from above in a state of being detachably fixed to a predetermined holding portion in order to position the body it a bar code reader having the rear grip unit capable, in a state in which the body is fixed to the holding portion, and a first read mode for reading a bar code in the reading range of the bar code reader the remove the bar code reader from the holder, with the second reading mode for reading the bar code selectively used by handheld operation, the handheld operation when the second read mode, Grasp the grip portion from above, prior to invert the direction of push down the bar code reader to the front 記ウインドウ部をバーコードのある方向に向ける動作を伴う。 Involving the operation of directing the serial window portion in the direction of a bar code. (2) 本体が前記固定部に固定されたときのバーコード読み取り部を垂直側スキャナとしたときに、この垂直側スキャナと所定の位置関係を持たせて前記バーコード読み取り装置とは別個に配置された水平側スキャナとしての第2のバーコード読み取り部を有することを特徴とする(1)に記載のバーコード読み取り装置。 (2) when the main body is a vertical side scanner bar code reading section when it is fixed to the fixed portion, arranged separately from said bar code reading device to have the vertical side scanner a predetermined positional relationship bar code reader according to (1) to have a second bar code reading portion of the horizontal side scanner that is. (3) 前記バーコード読み取り装置が第2の読み取りモードで使用される場合には、前記第2のバーコード読み取り部からのスキャンラインを読み取りのための出射光として認識しないことを特徴とする(2)に記載のバーコード読み取り装置。 (3) the bar code reader when used in the second reading mode is characterized in that it does not recognize the scan lines from said second bar code reading section as an outgoing light for reading ( bar code reading apparatus according to 2). (4) 前記バーコード読み取り装置が第2の読み取りモードで使用される場合には、本体が前記保持部から取り外されたときにレーザの発光を停止し、トリガースイッチが押されたときにレーザの発光を再開することを特徴とする(1)に記載のバーコード読み取り装置。 (4) the bar code reader when used in the second read mode, the emission of the laser stops when the body is detached from the holding portion, of the laser when the trigger switch is pressed bar code reading apparatus having the constitution to resume emitting (1). (5) 磁気検知素子あるいは磁気検知スイッチにより、前記バーコード読み取り装置の本体が前記保持部から取り外されたことを検出することを特徴とする(1) (5) by the magnetic sensing element or magnetic sensing switch, the body of the bar code reader and detects that it has been detached from the holding portion (1)
に記載のバーコード読み取り装置。 Bar code reading apparatus according to. (6) 磁気検知素子あるいは磁気検知スイッチにより、プレートが取り外されたことを検出し、取り外しが検出された場合には前記水平側スキャナのレーザ発光を停止することを特徴とする(2)に記載のバーコード読み取り装置。 (6) a magnetic sensing element or magnetic sensing switch detects that the plate removed, according to if the removal is detected, characterized in that stopping the laser emission of the horizontal side scanner (2) bar code reading apparatus. (7) 前記バーコード読み取り装置の本体に磁気検知素子あるいは磁気検知スイッチを設け、この磁気検知素子あるいは磁気検知スイッチに対応させて前記プレートにマグネットを設けて前記プレートの取り外しを検出することを特徴とする(6)に記載のバーコード読み取り装置。 (7) the bar code magnetic sensing element or magnetic sensing switch is provided in the body of the reading device, characterized by detecting the removal of said plate provided with a magnet on the plate in correspondence with the magnetic sensing element or magnetic sensing switch bar code reading apparatus according to (6) and.

【0035】 [0035]

【発明の効果】本発明によれば、大量の商品を読み取ることができる固定式スキャナとしての使用だけでなく、 According to the present invention, not only the use of a fixed scanner capable of reading a large amount of product,
ハンドヘルド操作によるバーコード読み取りも操作性良く行なうことができるバーコード読み取り装置を提供することができる。 It is possible to provide a bar code reading device capable of performing a bar code reading operability may by handheld operation.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施形態に係るハンディスキャナ1 [1] handy scanner 1 according to an embodiment of the present invention
6の外観斜視図である。 6 is an external perspective view of a.

【図2】本実施形態のハンディスキャナ16を固定式スキャナとして用いるべくスタンド部25に装着される様子を示す図である。 The [2] handy scanner 16 of this embodiment is a view showing a state mounted on the stand unit 25 to use as a fixed scanner.

【図3】本発明の一実施形態に係るハンドヘルド操作の手順を説明するための図である。 Is a diagram for explaining the procedure of handheld operation according to an embodiment of the present invention; FIG.

【図4】オペレータがハンディスキャナ16をスタンド部25から取り外したことを検出する方法を説明するための図である。 [4] The operator is a diagram for explaining a method of detecting that the removal of the handy scanner 16 from the stand unit 25.

【図5】ハンディスキャナ16内部の光学系を主として示す図である。 5 is a view mainly showing an optical system of an internal handy scanner 16.

【図6】複数のパターンミラーの配置を主として示す横断面図である。 6 is a cross-sectional view mainly showing an arrangement of a plurality of patterns mirrors.

【図7】複数のパターンミラーの配置を主として示す縦断面図である。 7 is a longitudinal sectional view mainly showing an arrangement of a plurality of patterns mirrors.

【図8】ポリゴン3の上面図(図8(A))及び側面図(図8(B)、(C))である。 Figure 8 is a top view of a polygon 3 (FIG. 8 (A)) and a side view (FIG. 8 (B), (C)) is.

【図9】ハンディスキャナ16を固定式スキャナとして用いた場合にウインドウ5から出射される投射パターンについて説明するための図である。 9 is a diagram for the projected pattern emitted from the window 5 will be described in the case of using the handy scanner 16 as a fixed scanner.

【図10】ハンディスキャナ16をハンドヘルドスキャナとして用いた場合にウインドウ5から出射される投射パターンについて説明するための図である。 10 is a diagram for the projected pattern emitted from the window 5 will be described in the case of using the handy scanner 16 as hand-held scanner.

【図11】水平側スキャナのLD発光のタイミングと、 [11] and the timing of the LD light horizontal side scanner,
垂直側スキャナ(ハンディスキャナ16)のLD発光のタイミングを比較して説明するための図である。 It is a diagram for explaining by comparing the timing of the LD light vertical side scanner (handy scanner 16).

【図12】マグネット26−1をプレート12−1に設けてプレート12−1が取り外されたことを検出する例を示す図である。 [12] plate 12-1 is provided a magnet 26-1 in the plate 12-1 is a diagram showing an example of detecting that it has been removed.

【図13】本実施形態のハンディスキャナ16にEAS [13] The handy scanner 16 of this embodiment EAS
アンテナを設けた応用例を示す図である。 Is a diagram showing an application example in which an antenna.

【図14】従来のPOSシステムにおいて、ハンドヘルドスキャナを使用する例を示す図である。 [14] In a conventional POS system, a diagram showing an example of using the hand-held scanner.

【図15】従来のオムニスキャナを用いてハンドヘルド操作により読み取りを行なうときの動作を説明するための図である。 The [15] handheld operation using a conventional omni scanner is a diagram for explaining the operation when performing reading.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

4…スキャンライン、 5…ウインドウ、 6…グリップ部、 12…カウンタ、 16…ハンディスキャナ、 23…トリガスイッチ、 24…底部、 25…スタンド部。 4 ... scan lines, 5 ... window, 6 ... grip section, 12 ... counter, 16 ... handy scanner, 23 ... trigger switch, 24 ... bottom, 25 ... stand.

Claims (3)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 バーコードを読み取るためのバーコード読み取り部からのスキャンラインが出射されるウインドウ部を前面に有し、本体を位置決めすべく所定の保持部に着脱可能に固定された状態で上方から掴むことが可能なグリップ部を背面に有するバーコード読み取り装置であって、 本体が前記保持部に固定された状態で、前記バーコード読み取り装置の読み取り範囲にあるバーコードを読み取る第1の読み取りモードと、前記バーコード読み取り装置を前記保持部から取り外して、ハンドヘルド操作によりバーコードの読み取りを行なう第2の読み取りモードとの間で選択的に用いられ、 前記第2の読み取りモード時のハンドヘルド操作は、前記グリップ部を上方から掴んで、前記バーコード読み取り装置を手前に押し倒す方向に反転 1. A top window portion scanline is emitted from the bar code reading portion for reading a bar code having a front, while being removably fixed to a predetermined holding portion in order to position the body a bar code reading device that has the rear grip portion capable of gripping the, in the state in which the body is fixed to the holding unit, a first reading that reads a bar code in the reading range of the bar code reader and mode, remove the bar code reader from the holder, with the second reading mode for reading the bar code selectively used by handheld operation, the handheld operation when said second reading mode It may grab the grip portion from above, reversing the direction of push down the bar code reader to the front せて前記ウインドウ部をバーコードのある方向に向ける動作を伴うことを特徴とするバーコード読み取り装置。 Bar code reader was characterized by involving the operation directing the window portion in a direction with a bar code.
  2. 【請求項2】 本体が前記固定部に固定されたときのバーコード読み取り部と所定の位置関係を持たせて前記バーコード読み取り装置とは別個に配置された第2のバーコード読み取り部を有することを特徴とする請求項1記載のバーコード読み取り装置。 A second bar code reading unit which is located separately from the bar code to have a reading unit and a predetermined positional relationship wherein the bar code reader when the 2. A body secured to the fixed part bar code reading apparatus according to claim 1, wherein a.
  3. 【請求項3】 前記バーコード読み取り部は、前記第1 Wherein the bar code reading unit, the first
    の読み取りモードでバーコードの読み取りを行なうときには、左右及び上下方向に広がったパターンのスキャンラインを投射し、前記第2の読み取りモードでバーコードの読み取りを行なうときには、特定の方向のスキャンラインのみを投射するように制御することを特徴とする請求項1記載のバーコード読み取り装置。 When in the read mode for reading the bar code is to project the scanning lines of the spread pattern in the lateral and vertical directions, the when to read the bar code in the second reading mode, only a specific direction of the scan lines bar code reading apparatus according to claim 1, wherein the controller controls so as to project.
JP13517198A 1998-05-18 1998-05-18 Bar code reader Expired - Fee Related JP4179664B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13517198A JP4179664B2 (en) 1998-05-18 1998-05-18 Bar code reader

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP13517198A JP4179664B2 (en) 1998-05-18 1998-05-18 Bar code reader

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH11328299A true true JPH11328299A (en) 1999-11-30
JP4179664B2 JP4179664B2 (en) 2008-11-12

Family

ID=15145505

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP13517198A Expired - Fee Related JP4179664B2 (en) 1998-05-18 1998-05-18 Bar code reader

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4179664B2 (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6325290B1 (en) * 1998-12-04 2001-12-04 Ncr Corporation Method and apparatus for checking out large items with a self-service checkout terminal
USRE41093E1 (en) 1998-05-01 2010-02-02 Ncr Corporation Method of monitoring item shuffling in a post-scan area of a self-service checkout terminal
CN102945357A (en) * 2011-06-21 2013-02-27 Ncr公司 Apparatus, system and method for a hybrid optical code scanner
JP2015007974A (en) * 2013-05-31 2015-01-15 株式会社デンソーウェーブ Portable information code reader

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
USRE41093E1 (en) 1998-05-01 2010-02-02 Ncr Corporation Method of monitoring item shuffling in a post-scan area of a self-service checkout terminal
US6325290B1 (en) * 1998-12-04 2001-12-04 Ncr Corporation Method and apparatus for checking out large items with a self-service checkout terminal
CN102945357A (en) * 2011-06-21 2013-02-27 Ncr公司 Apparatus, system and method for a hybrid optical code scanner
CN102945357B (en) * 2011-06-21 2015-11-18 Ncr公司 And the optical code scanner reads the bar code of the optical code scanner method
JP2015007974A (en) * 2013-05-31 2015-01-15 株式会社デンソーウェーブ Portable information code reader

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP4179664B2 (en) 2008-11-12 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5637856A (en) Scanning system and scanning method with scan pattern control for reading 1-D and 2-D barcode symbols
US7083098B2 (en) Motion detection in imaging reader
US8469272B2 (en) Hybrid-type bioptical laser scanning and imaging system supporting digital-imaging based bar code symbol reading at the surface of a laser scanning window
US5144120A (en) Mirrorless scanners with movable laser, optical and sensor components
US5021641A (en) Hand-held bar code scanner with jointly mounted scanning mirrors
US6123264A (en) Apparatus and method for determining a distance to a target
USRE36528E (en) Optical scanning head
US6330974B1 (en) High resolution laser imager for low contrast symbology
US4496831A (en) Portable laser scanning system and scanning methods
US6138915A (en) Hand-held optically readable character set reader having automatic focus control for operation over a range of distances
US4897532A (en) Portable laser diode scanning head
US7296748B2 (en) Bioptical laser scanning system providing 360° of omnidirectional bar code symbol scanning coverage at point of sale station
US6951304B2 (en) Polygon-based bioptical pos scanning system employing dual independent optics platforms disposed beneath horizontal and vertical scanning windows
US20120168511A1 (en) Optical code symbol reading system employing an acoustic-waveguide structure for coupling sonic energy, produced from an electro-transducer, to sound wave ports formed in the system housing
US7527207B2 (en) Triggering illumination for a data reader
US5736726A (en) Portable data collection device having removable handle and battery
US5484990A (en) Multiple depth of field laser optical scanner
US5340972A (en) Hands-free bar code scanner with finger activated optical control
US6736315B2 (en) Point-of-sale system with real-time database access and printing of human-readable price information
US5569902A (en) Contact two-dimensional bar code reader having pressure actuated switch
US6147358A (en) CCD scanner having improved specular reflection discrimination
US7086597B2 (en) Bioptical laser scanning system providing 360 degree of omnidirectional bar code symbol scanning coverage at point of sale station
US7137555B2 (en) Multi-format bar code reader
US8322622B2 (en) Hand-supportable digital-imaging based code symbol reading system supporting motion blur reduction using an accelerometer sensor
US4835374A (en) Portable laser diode scanning head

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20050316

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20071016

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20071217

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080819

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080826

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110905

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees