JPH1125193A - Portable terminal in visit nursing support system - Google Patents

Portable terminal in visit nursing support system

Info

Publication number
JPH1125193A
JPH1125193A JP17227797A JP17227797A JPH1125193A JP H1125193 A JPH1125193 A JP H1125193A JP 17227797 A JP17227797 A JP 17227797A JP 17227797 A JP17227797 A JP 17227797A JP H1125193 A JPH1125193 A JP H1125193A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
information
nursing
input
medication
support system
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP17227797A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Yoshimasa Fujii
Yuji Misawa
Mari Mochizuki
Michio Otsubo
Yukie Sakata
幸枝 坂田
道夫 大坪
麻理 望月
裕司 美澤
喜政 藤井
Original Assignee
Mitsubishi Electric Corp
Yokohamashi Aobaku Medical Center
三菱電機株式会社
社団法人横浜市青葉区メディカルセンター
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To obtain a portable terminal in a visit nursing support system for improving the display/input of medicine intake information, the display/input of case history information and the input of medical treatment information and for attaining more efficient visit nursing by obtaining detailed information related to respective information. SOLUTION: As to the display/input of medicine intake information for instance, the information of medicine intake contents is extended to three items, e.g. a medicine name, a medicine taking method and others, and required information such as the form of a medicine and the quantity of the medicine is inputted to the item of others. The number of characters to be inputted for a medicine name can be extended correspondingly to a longest medicine name to be used. The number of medicines is practically unlimited and the information of a patient taking many medicines can also be managed. A medicine intake item to be an item for checking whether a certain medicine is correctly taken by a patient or not is also prepared. In addition, information can be rearranged in accordance with the relative information.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】この発明は、訪問看護支援システム、特に看護データを管理するサーバから得た指示情報および看護データに基づいて、訪問先で画面表示を行ってこれに従って各種のデータが入力される訪問看護支援システムにける携帯端末に関するものである。 TECHNICAL FIELD The present invention is visiting nurse assistance system, in particular based on the instruction information and care data were obtained from a server that manages the care data, which according to the various data input by performing a screen display in the visited the present invention relates to a portable terminal kick to visit nursing support system that is.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年病院を退院した後の一定期間の看護や入院するまでもない患者の看護をする目的でいわゆる訪問看護が種々の団体により行われている。 The so-called home-visit nursing care is being carried out by a variety of organizations in the Background of the Invention The purpose of the recent years of patients without even until the nursing and hospitalization for a certain period of time after the discharge of the hospital nursing. そのため、 for that reason,
このいわゆる訪問看護をより円滑にするためのシステムが求められている。 System for the so-called home-visit nursing care to more smoothly there is a demand.

【0003】この種のシステムとして、看護ステーションに設けられ看護データを管理するサーバと、このサーバと接続可能な端末であって、看護者が患者宅に携行する複数の携帯端末と、からなるシステムがある。 [0003] System As this type of system, a server for managing care data provided nursing station, a terminal which can be connected to this server, consisting of a plurality of mobile terminals caregiver to carry the patient's home, there is. このようなシステムでは、訪問看護に先立って、まず訪問する看護データをザーバから携帯端末に伝送する。 In such a system, prior to visiting nurse, first transmits the care data to visit the mobile terminal from the observers. この伝送は看護ステーションにおいて行われる。 This transmission is performed in the nursing station. 次に、この携帯端末を携えて訪間看護者が患者宅に訪れ、看護の結果、 Next, visit 訪間 nurse's hand in the portable terminal is in the patient's home, nursing a result,
患者の容態などを携帯端末に入力する。 To input the like to the mobile terminal condition of the patient. そして、訪問看護が終了した後、看護ステーションにおいて看護データが携帯端末からサーバに伝送される。 After the visiting nurse is completed, care data are transmitted from the mobile terminal to the server at the nursing station. これによってサーバ内の看護データの更新が行われる。 This is an update of nursing data in the server is done.

【0004】図11には、従来のこの種の訪問看護支援システムの構成およびその動作の流れを表す説明図を示す。 [0004] Figure 11 shows a schematic diagram of a conventional flow configuration and operation of such visiting nurse support system. 図11に示されているように、この訪問看護支援システム全体を制御するサーバ100が、例えば訪問看護ステーションや、診療所内に設けられている。 As shown in Figure 11, the server 100 that controls the entire visiting nurse assistance system, for example, home nursing stations and is provided in the clinic. このサーバ100は、看護データや患者に対して行われた看護の履歴の情報などを管理している。 The server 100 manages and information of nursing of history that have been made to the nursing data and patients.

【0005】更に、外部からの操作・要求により、このサーバ100が管理する看護データや看護履歴情報は外部に出力され、印刷等に供される。 Furthermore, the operation and a request from the external nursing data and nursing history information the server 100 manages the output to the outside, is subjected to printing. この印刷等の結果、 As a result of this printing, and the like,
患者の一覧表や、ケア実績一覧表、経過観察一覧表等が印刷され得る。 List and the patient's care experience list, follow-up table or the like may be printed.

【0006】この訪間看護支援システムは、このサーバ100と、このサーバ100にLAN又は回線接続され得る複数の携帯端末102とから構成されている。 [0006] The 訪間 nursing support system, this server 100, and a plurality of mobile terminals 102. which may be a LAN or the line connected to the server 100. この携帯端末102は、いわゆるペンPCが用いられ、だれでも容易に操作ができるように構成されている。 The portable terminal 102, so-called pen PC is used, and is configured to allow anyone easily operated. (以下LAN接続の場合について事例を示す。) (The following shows the example for the case of LAN connection.)

【0007】まず、訪間看護を行う前に、看護者は、訪間看護に携行すべき携帯端末102をサーバ100に接続する。 [0007] First, before performing the 訪間 nursing, caregiver, to connect the mobile terminal 102 should be carried to 訪間 nursing in the server 100. そして、これから訪問看護をしようとする患者に関する看護データ(看護履歴の情報を含む)をサーバ1 Then, the server 1 a nursing data about the patient to be in the future visiting nurse (including the information of nursing history)
00からダウンロードする。 00 to download from. このダウンロードは、看護者の管理負担を軽減させるために、看護スケジュールシステム104によって示される患者のデータが自動的に選択され、その看護データが携帯端末102にダウンロードされる。 This download, in order to reduce the burden of managing nurses, data of a patient indicated by the care schedule system 104 is automatically selected, the care data is downloaded to the portable terminal 102.

【0008】このようにスケジュールに従って特に看護者の指示がなくとも自動的に看護データがダウンロードされる。 [0008] automatically nursing data even in this way there is no indication of especially nurses according to the schedule is downloaded. さらに、一度ダウンロードがされた看護データは、更新不可フラグが設定され、他の看護者がダウンロードし、データを書き換えて更新したりすることはできない。 In addition, nursing data is a download is one time, non-updatable flag is set, download other caregiver, can not be or update by rewriting the data. このように、一旦正規のダウンロードが行われた後は、更新不可フラグが設定されるので、看護データが2重に更新されたり、誤ってデータが破壊されたりする恐れを小さくすることができる。 Thus, after downloading the normal is performed once, since updatable flag is set, it is possible to reduce or updated care data doubly, the risk of accidental data or break.

【0009】すなわち、看護データをダウンロードするプログラムは、看護データのダウンロードの要求があった場合には、更新不可フラグが設定されているか否かを検査し、設定されていれば、ダウンロードを許可しない。 [0009] That is, a program for downloading care data, when requested to download nursing data checks whether updatable flag is set, if set, it does not allow the download .

【0010】具体的には、サーバ100内において、患者毎のデータの上記更新フラグを格納したテーブルが作成されており、看護データのダウンロードによってフラグが設定されるのである。 [0010] Specifically, in the server 100, and a table that stores the update flag of the data for each patient is created, it is the flag is set by the downloaded nursing data.

【0011】看護データがダウンロードされた後、看護者は携帯端末102をサーバ100から切り離し、患者宅に訪問看護に向かう。 [0011] After the nursing data is downloaded, the caregiver may disconnect the mobile terminal 102 from the server 100, toward the home-visit nursing care to the patient's home. 患者宅において、この携帯端末102を用いて、所定の看護を行い、その記録をつけると共に、患者の身体状況(病気の症状も含む)の記録もこの携帯端末102を利用して行われる。 In patients home, by using the portable terminal 102 performs a predetermined nursing, with attached the recording, the recording of the patient's physical status (including symptoms of the disease) is also performed using the portable terminal 102.

【0012】訪問看護が終了すると、看護者は看護の記録や、患者の身体状況などが記録された携帯端末102 [0012] visit and nursing is completed, the caregiver records and of nursing, the mobile terminal 102 such as the physical condition of the patient has been recorded
を再びサーバ100に接続する。 Again to connect to the server 100. そして、今回新たに記録された情報がサーバ100内に記憶・保存される。 Then, the newly recorded information currently is stored and saved in the server 100.

【0013】上述したように、看護データには更新不可フラグが設定されているが、正規にダウンロードした看護者から看護データのアップロードがあった場合には、 [0013] As described above, in case the nursing data, but non-updatable flag is set, there is an upload of nursing data from the caregiver that you downloaded to the legitimate,
看護データは更新され、併せて更新不可フラグも解除される。 Nursing data is updated, together with non-updatable flag is also released. この更新不可フラグの解除は、看護データのアップロードによって併せて行われる。 Cancellation of the non-updatable flag is carried out in conjunction with the upload of nursing data.

【0014】このように、看護ステーションなどに設けられたサーバ100に集中的に看護データ・看護履歴データ等を管理し、訪問看護を行う際には・必要な看護データ等を携帯端末102にダウンロードして、この携帯端末102を患者宅に携行している。 [0014] Download this way, to manage the intensive care data and nursing history data, and the like to the server 100, which is provided to the nursing station, a visit at the time of performing the nursing-needed nursing data, and the like to the portable terminal 102 and, it has been carrying the mobile terminal 102 to the patient's home. このため、多数の患者を取り扱う場合においても、全てのデータを効率よく管理でき、また看護スケジュールシステム104に基づいて、自動的に必要な看護データが携帯端末102にダウンロードされる。 Therefore, even when dealing with a large number of patients, all data can be efficiently managed, also based on the care schedule system 104, automatically the necessary care data is downloaded to the portable terminal 102.

【0015】更に、患者宅において、看護者が看護データおよび患者の身体状況などを携帯端末102に入力し、この携帯端末102をサーバ100に接続することにより、訪問看護において行われた所定の看護や、患者の身体状況等がサーバ100に新たに登録される。 Furthermore, in a patient's home, the caregiver enters the like to the portable terminal 102 physical status of care data and patient, by connecting the mobile terminal 102 to the server 100, nursing predetermined conducted in home nursing and, physical status of the patient is newly registered on the server 100. 更に、このサーバ100に集中的に記憶された看護データ等は外部からの操作により、見ることができ、これにより全体の訪問看護の様子が管理される。 Further, the centrally stored nursing data such as an external operation to the server 100, can be seen, this situation of the entire visiting nurse is managed by.

【0016】上述したように、看護支援システムにおいては、看護者が訪問看護に出発する前に、所定の携帯端末102をサーバ100にLAN接続し、看護スケジュールに基づいて看護データを携帯端末102にダウンロードする。 [0016] As described above, in the nursing support system, before the caregiver departs the visiting nurse, a predetermined mobile terminal 102 LAN connected to the server 100, the nursing data based on nursing scheduled mobile terminal 102 to download. この看護データのダウンロードの詳細な動作を表すフローチャートが図12に示されている。 Flowchart showing the detailed operation of downloading the nursing data is shown in Figure 12.

【0017】図12に示されているように、訪問スケジュールの設定や訪問スケジュールの変更がステップST [0017] As shown in FIG. 12, the change of the visit schedule of settings and visit schedule step ST
2−1およびステップST2−2において、必要に応じて随時実施される。 In 2-1 and step ST2-2, it is performed at any time when necessary. このようにして、作成された訪間スケジュールを表すスケジュールファイルは、図12の表形式の部分にその構成が示されているように、日付と時間と、患者名とを含む構成をなしている。 In this way, the schedule file representing a 訪間 schedule was created, as its configuration is shown in tabular form part of FIG. 12, and has a configuration including a date and time, and a patient name . また、この表中には示されていないが、その患者に対する訪問看護者の名称も、スケジュールファイルに記録されている。 In addition, although not shown in this table, also the name of the visiting nurses for the patient, has been recorded in the schedule file.

【0018】なお、図11においては、このようなスケジュールファイルを管理する看護スケジュールシステム104は、サーバ100とは別体に構成されているように説明したが、この看護スケジュールシステム104をサーバ100内部の機能としてもよい。 [0018] In FIG. 11, nursing scheduling system 104 to manage such schedule file has been described as the server 100 are configured separately, 100 inside the nursing scheduling system 104 server of it may be used as the function. いずれの構成を採用する場合においても、サーバ100は、看護スケジュールシステム104が管理するスケジュールファイル Even when adopting any configuration, the server 100, schedule file that care schedule system 104 manages
(図12参照)の内容に基づき、所定の看護データを携帯端末102にダウンロードする。 Based on the content (see FIG. 12), to download a predetermined nursing data to the portable terminal 102.

【0019】次に、例えば1995年8月1日の訪間看護についての看護データがダウンロードされる様子について説明する。 [0019] Next, for example nursing data for 訪間 nursing of August 1, 1995 will be explained how to be downloaded. まず、ステップST2−3において携帯端末102であるペンPCをサーバ100にLAN接続してこの携帯端末102を立ち上げる。 First, the pen PC is a mobile terminal 102 and the LAN connection to the server 100 in step ST2-3 launch the mobile terminal 102. そして、看護者はサーバ100から今日(1995年8月1日)訪問する予定の患者の看護データをダウンロードしようとする。 Then, the caregiver tries to download a nursing data of patients scheduled to visit today from the server 100 (August 1, 1995).

【0020】するとサーバ100は、携帯端末102からのダウンロードの要求に基づき、患者検索処理を起動する。 [0020] Then, the server 100, based on the request of the download from the portable terminal 102, to start the patient search process. この時、看護スケジュール機能が稼働しているか否かによりダウンロードの動作が異なる。 In this case, the behavior of the download depending on whether or not the nursing schedule function is running different. ステップST Step ST
2−5においてはスケジュール機能が稼働しているか否かの検査が行われ、スケジュール機能が稼働していない場合には、看護者の手入力によりダウンロードすべき看護データが選択される。 2-5 examination of whether or not the schedule function is running is performed in, when the schedule function is not running, nursing data is selected to be downloaded by the nurse's hand input.

【0021】一方、スケジュール機能が稼働している場合には、ステップST2−6において看護者はダウンロードすべき日程の範囲を入力する。 [0021] On the other hand, if the schedule function is running, nurses in step ST2-6 to enter a range of dates to be downloaded. この入力は、例えば1995年8月1日から4日間、すなわち1995年8 This input, for example, four days from August 1, 1995, ie 1995 8
月4日までのように携帯端末102から看護者が入力する。 Nurses from the mobile terminal 102 as to the moon four days to enter.

【0022】すると、サーバ100は看護スケジュール104が管理するスケジュールファイルの内容を参照し、1995年8月1日から同年8月4日までの間のこの看護者が訪問する予定の患者名を抽出する。 [0022] Then, the server 100 refers to the contents of the schedule file that nursing schedule 104 to manage, extract the patient name you plan the nurses to visit until August 4 days from August 1, 1995 to. 例えば図12に示されているスケジュールファイルに基づけば、 For example Based on the schedule file shown in Figure 12,
患者はA、B、Cの3名である。 Patients A, B, a three of C. サーバ100はこの3 Server 100 This 3
人の患者名A、B、Cを携帯端末102に送出し、看護者に確認を促す。 And sending a human patient name A, B, and C to the portable terminal 102, prompting a confirmation to the caregiver. (ステップST2−7)。 (Step ST2-7).

【0023】さて、看護者はこの表示された患者名を見て、追加/削除の必要があるか否かを判断する。 [0023] Now, the caregiver is looking at the patient's name, which is this display, it is determined whether or not there is a need of the Add / Remove. それは、急に患者の要求があり訪問看護をしなければならなくなった場合や、患者が急に来院した場合などに迅速に対応するためである。 It is, suddenly and if you no longer have to be that there is visiting nurse the patient's request, in order to respond quickly to such as when the patient has suddenly visit. ステップST2−8において患者の追加や削除が必要がないと看護者が判断した場合には、ステップST2−9において現在選択されている患者名に対応する患者の看護データがサーバ100から携帯端末102にダウンロードされる。 Step does not need to add or delete a patient in ST2-8 when nurses determines the portable terminal 102 care data of the patient corresponding to the patient name of the currently selected from the server 100 in step ST2-9 It is downloaded to. このデータは、一般に患者マスタと呼ばれている。 This data is generally referred to as the patient master.

【0024】すなわち、図12に模式的に示されているように、サーバ側の患者マスタのファイルから、携帯端末102であるペンPCの患者マスタに所定の患者の看護データ、看護履歴の情報などがダウンロードされる。 [0024] That is, as schematically shown in FIG. 12, the server side of the patient master file, nursing data of a predetermined patient pen PC patient master is a mobile terminal 102, and information of nursing history There is downloaded.

【0025】一方、上記ステップST2−8において患者の追加が必要であると看護者が判断した場合には、スナッブST2−10において、看護者が患者の名称を入力することにより、看護データの検索が行われる。 On the other hand, in step ST2-8 that it is necessary to add a patient when the caregiver determines, in snubbing ST2-10, by nurses to enter the name of the patient, the search for nursing data It is carried out. なお、この訪問看護支援システムにおいては、患者の名称が仮名名前方一致検索により行われるため、看護者は患者の名前を入力する。 It should be noted that, in this visit nursing support system, because the name of the patient is carried out by the pseudonym name How to match the search, the caregiver is to enter the name of the patient.

【0026】なお、このステップST2一10は、上記ステップST2−5においてスケジュール機能が稼働していないと判断された場合にもこの処理が行われる。 [0026] In this step ST2 one 10, this process even when the schedule function is determined not to be running at step ST2-5 is executed. すなわち、看護スケジュールシステム104が機能していない場合には、訪問すべき患者の名称は全て看護者が入力することになる。 That is, when the nursing schedule system 104 is not functioning, the name of the patient to be visited would all nurses enter.

【0027】反対にステップST2−8において患者の削除が必要であると看護者が判断した場合には、ステップST2一11において削除処理が行われる。 [0027] When the nurses that it is necessary to remove the patient at step ST2-8 the opposite is determined, the deletion process is performed in step ST2 one 11. この削除処理は、サーバ100が携帯端末102において看護者が入力した削除の要求に対応して対象患者の候補から所定の患者名を取り除く処理を言う。 This deletion processing refers to processing that the server 100 removes the given patient name from the subject patient candidates in response to the request for deletion of nurses entered in the mobile terminal 102.

【0028】上記ステップST2−10またはステップST2一11のいずれの場合においても、追加/削除された後の患者名の一覧が再びサーバ100から携帯端末102に送出され、対象となる患者の名称が携帯端末1 [0028] In the case of any of the above steps ST2-10 or step ST2 one 11 also lists the patient name after it has been added / removed is sent again from the server 100 to the portable terminal 102, the name of the patient of interest the portable terminal 1
02において看護者に表示される。 It is displayed on the nurses in 02.

【0029】これによって、ステップST2−12において、訪問看護の対象となる患者の看護者による確認が再び行われるのである。 [0029] Thus, in step ST2-12, confirmation by the nurses of the patient to be visiting nurse is to be performed again. そして、この確認の結果患者の追加や削除が再び必要であるかもしくは必要ないかがステップST2−8において再び判断され、上述した処理と同様の処理が再び行われる。 Then, the addition or deletion of a result of the confirmation the patient is again determined in either or necessary how step ST2-8 is required again, the same processing as the above-described processing is performed again.

【0030】 [0030]

【発明が解決しようとする課題】以上のように構成された従来の訪問看護支援システムにおける携帯端末においては、以下のような課題があった。 In the portable terminal in a conventional home nursing assistance system configured as described above [0008] has the following problems.

【0031】第1に服薬情報表示入力(画面表示してこれに入力するの意)に関し、従来のシステムでは薬剤情報は4剤まででその名称として10文字分の情報ましでしか入力できなかった。 [0031] respect to the first to the medication information display input (meaning to enter into this by screen display), the drug information could only enter a better information 10 characters as the name up 4 agents in conventional systems . 実際の業務では、一人の患者に対し10剤から20剤服用しているケースも有り、情報として不十分であった。 In the actual business, there is also a case you are taking 20 agents from 10 agents for one of the patients, it was insufficient as information. また、薬剤名称のみの情報しか入力できなかった。 In addition, not only can input information of the only drug name. 服薬情報としては、名称の他服薬方法(食中・食後など)や分量などの情報も訪問看護には必要である。 The medication information, (such as in food and postprandial) other medication method of name or amount it is also necessary to visit nursing information such as. さらに、訪間看護では、医師から処方されている薬剤の種類と、薬剤の服用が正しくされているかどうかを管理することも業務の一部であるが、それらを管理しまた必要に応じて、医師に報告する機能が十分でなかった。 Furthermore, the 訪間 nursing, and the type of drugs are prescribed by a physician, it is also part of the business of managing whether taking the drug are properly, according manage them also necessary, ability to report to the doctor is not sufficient.

【0032】第2に既往歴情報表示入力に関し、従来のシステムでは既往暦は代表的な疾病を2種類までしか入力できなかった。 [0032] relates to history information display input to the second, previous calendar could only accepts two types of typical disease in conventional systems. そのため既往症が多い患者の情報は全て管理できなかった。 Therefore anamnesis is often patient information could not manage all. また、既往症は予め設定されている病名情報より選択して入力する形式を取っており、訪間担当者が初回訪問時に患者又は、家族介護者の話しより聴取し、入力する形態では入力しづらいものであった。 In addition, pre-existing conditions is take the form of input is selected from the disease name information that has been set in advance, the patient at the time of 訪間 personnel first visit or, to listening than talking of family caregivers, difficult to input in the form of input It was those.

【0033】そして第3に医療処置情報表示入力に関し、従来のシステムでは医療的処置は30文字分の情報のみの入力であった。 [0033] Then relates to medical treatment information display input to the third, in the conventional system was entered only medical treatment 30 characters of information. そのため、実施した処置について整理し記録することができなかった。 Therefore, it was not possible to record and organize the treatment was carried out. 本来、実施される処置は予め作成される看護計画に基づいて行われるものであり、計画と実施内容は対応して管理されるべきである。 Essentially, the procedure performed is intended to be performed on the basis of the nursing care plan is created in advance, planning and implementation details should be managed correspondingly.

【0034】この発明は上記の課題を解決するためになされたもので、それぞれ服薬情報表示入力、既往歴情報表示入力および医療処置情報表示入力を改善し、これらに関するより詳細な情報を得てより効率の良い訪問看護を可能にした訪問看護支援システムにおける携帯端末を得ることを目的とする。 [0034] The present invention has been made to solve the above problem, each medication information display and input to improve a history information display input and medical treatment information display input, more to obtain more detailed information about these and to obtain a portable terminal in efficiency visiting nursing support system that enables good visiting nurse of.

【0035】 [0035]

【課題を解決するための手段】上記の目的に鑑み、この発明の第1の発明は、看護データを管理するサーバから得た指示情報および看護データに基づいて、訪問先で画面表示を行ってこれに従って各種のデータが入力される訪問看護支援システムにおける携帯端末であって、服薬情報表示入力に関し、服薬内容として薬剤名と共に該薬剤の関連情報の表示および入力が可能な服薬情報表示入力手段を備えたことを特徴とする訪問看護支援システムにおける携帯端末にある。 In view of the above object, according to the Invention The first aspect of the invention, based on the instruction information and care data were obtained from a server that manages the care data, performs screen display in the visited accordingly a mobile terminal in home nursing support system in which various data are inputted relates medication information display input, a display and medication information display input section capable of inputting the relevant information of the agent with the drug name as medication contents in the mobile terminal in home nursing support system characterized by comprising.

【0036】この発明の第2の発明は、上記服薬情報表示入力手段において、上記薬剤の関連情報として、該薬剤の服薬方法、分量、薬剤の形態に関する情報が表示および入力可能であることを特徴とする請求項1に記載の訪問看護支援システムにおける携帯端末にある。 [0036] wherein a second aspect of the invention, in the above-mentioned medication information display input section, as related information of the drug, medication methods of the agent, amount, information about the form of the drug can be displayed and input in the mobile terminal in home nursing support system according to claim 1,.

【0037】この発明の第3の発明は、上記服薬情報表示入力手段において、上記薬剤名の入力可能文字数を使用する薬剤名の最も長いものの文字数としたことを特徴とする請求項1または2に記載の訪問看護支援システムにおける携帯端末にある。 The third aspect of the invention, in the above-mentioned medication information display input section, to claim 1 or 2, characterized in that the longest number of drug names that use Number of characters of the drug name in the mobile terminal in the visiting nursing support system described.

【0038】この発明の第4の発明は、上記服薬情報表示入力手段において、入力可能な上記薬剤名の数を増やし、実質的に制限を無くしたことを特徴とする請求項1 The fourth aspect of the invention, in the above-mentioned medication information display input section, increase the number of fillable the drug name, according to claim 1, characterized in that eliminating the substantially limited
ないし3のいずれかに記載の訪問看護支援システムにおける携帯端末にある。 Through in the mobile terminal in the visiting nursing support system as claimed in any of the three.

【0039】この発明の第5の発明は、上記サーバから得た医師の交付すた訪問看護指示書の内容が上記服薬情報表示入力手段において表示される経過観察記録画面で確認可能なことを特徴とする請求項1ないし4のいずれかに記載の訪問看護支援システムにおける携帯端末にある。 [0039] The fifth invention of the present invention, wherein the ascertainable by observation recording screen contents of visiting nursing instructions that be delivered physician obtained from the server is displayed in the medication information display input section in the mobile terminal in visiting nursing support system according to any one of claims 1 to 4,.

【0040】この発明の第6の発明は、上記服薬情報表示入力手段が、上記薬剤名として記載された薬剤の服薬状況を表示および入力可能としたことを特徴とする請求項1ないし5のいずれかに記載の訪問看護支援システムにおける携帯端末にある。 The sixth aspect of the invention, the medication information display input means, one of the claims 1 to 5, characterized in that it has been possible to display and enter medication status of agents described as the drug name in the mobile terminal in the visiting nursing support system of crab described.

【0041】この発明の第7の発明は、看護データを管理するサーバから得た指示情報および看護データに基づいて、訪問先で画面表示を行ってこれに従って各種のデータが入力される訪問看護支援システムにおける携帯端末であって、既往歴情報表示入力に関し、既往歴内容として傷病名と共に該傷病の期間を含む関連情報が表示および入力可能で、かつ該傷病名およびこれの関連情報からなる情報の並び替えが可能な既往歴情報表示入力手段を備えたことを特徴とする訪問看護支援システムにおける携帯端末にある。 The seventh aspect of the invention, based on the instruction information and care data were obtained from a server that manages the care data, visiting nursing assistance various data are inputted accordingly performs screen display in the visited the portable terminal in the system relates to history information display input, related information including the duration of 該傷 disease with sick name as history content can display and input, and the 該傷 disease name and information of related information of this in the mobile terminal in the visiting nursing support system, characterized in that the rearrangement with a history information display input means possible.

【0042】この発明の第8の発明は、上記既往歴情報表示入力手段において、入力可能な上記傷病名の数を増やし、実質的に制限を無くしたことを特徴とする請求項7に記載の訪問看護支援システムにおける携帯端末にある。 The eighth aspect of the invention, in the history information display input section, increase the number of fillable the sick name, according to claim 7, characterized in that eliminating the substantially limited in the mobile terminal in the visiting nursing support system.

【0043】この発明の第9の発明は、看護データを管理するサーバから得た指示情報および看護データに基づいて、訪問先で画面表示を行ってこれに従って各種のデータが入力される訪問看護支援システムにおける携帯端末であって、医療処置情報表示入力に関し、看護計画内容と処理内容を対応させて表示および入力が可能な医療処置情報表示入力手段を備えたことを特徴とする訪問看護支援システムにおける携帯端末にある。 The ninth aspect of the invention, based on the instruction information and care data were obtained from a server that manages the care data, visiting nursing assistance various data are inputted accordingly performs screen display in the visited the portable terminal in the system relates to a medical treatment information display input, the visiting nurse support system comprising the medical procedure information display input section capable of displaying and an input in association with the processing contents and the nursing care plan contents in the mobile terminal.

【0044】この発明の第10の発明は、医療処置情報表示入力手段が、上記看護計画内容を番号で管理し、上記看護計画内容およびこれに対する処置内容からなる情報を上記番号に従って自動的に並び替えることを特徴とする請求項9に記載の訪問看護支援システムにおける携帯端末にある。 The tenth aspect of the invention, the medical treatment information display input unit, the nursing care plan contents managed by number, automatically arranges the information consisting of the nursing care plan contents and treatment contents for which according to the above number in the mobile terminal in home nursing support system according to claim 9, characterized in that changing.

【0045】 [0045]

【発明の実施の形態】この発明による訪問看護支援システムの全体の構成を図1に示す。 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION showing the overall configuration of a visiting nurse assistance system according to the present invention in FIG. サーバ100a、携帯端末102aおよび看護シケジューシステム104aは基本的な動作は図11に示す従来のものとそれぞれ同じであるが、以下に説明するさらなる機能を備えたいる点で従来のものと異なる。 Server 100a, the mobile terminals 102a and care storm jeux system 104a is the basic operation is respectively the same as those of the conventional case shown in FIG. 11 differs from the conventional in that with the additional functions described below. なお、以下の動作は、サーバ1 It should be noted that, following the operation, the server 1
00a側および携帯端末102a側のプログラムに従って制御されるものである。 And it is controlled in accordance 00a side and the mobile terminal 102a side of the program.

【0046】実施の形態1. [0046] Embodiment 1. 図2はこの実施の形態における服薬情報表示および入力に関する動作の流れを説明するための図である。 Figure 2 is a diagram for explaining the flow of operation related to medication information display and input in this embodiment. (a)に示す訪問看護申込時において、サーバ100a側で医師によって指示された情報が訪問看護指示書に入力され、訪問看護指示書が作成される。 During visiting nurse apply to (a), the inputted information is visiting nursing instructions instructed by the physician in the server 100a side, visiting nursing instructions are created. この時、投与中の薬剤に関しては、図3に示す投与中の薬剤に関する画面201を見ながら、指示書に入力202が行われる。 At this time, with respect to the drug in the administration, while viewing the screen 201 relates to a medicament in the dosage shown in FIG. 3, the input 202 is performed in the instruction form.

【0047】この投与中の薬剤に関する画面210では図3に示すように、服薬内容の情報が薬剤名、服薬方法、その他の3項目に拡張されている。 [0047] As shown in the screen 210 3 regarding drug in the administration information of the medication contents drug name, it has been extended to the medication methods, other three items. その他の項には薬の形態や分量等の所望の情報を入れることができる。 Additional terms can contain desired information such as the form and amount of medication.
さらに薬剤名の入力可能文字数も10文字から20文字と拡張されている。 Is further also Number of characters of the drug name is extended from 10 characters to 20 characters. この入力可能文字数は20文字に限らず、使用しうる薬剤名の最も長いものに合わせて拡張すればよい。 The Number of characters is not limited to 20 characters may be expanded to fit the longest of drug names that may be used. 薬剤数は事実上制限を無くし、多くの薬剤を服用している患者の情報も管理ができるようにした。 Agent number eliminates the virtually unlimited, and so it is also management information for patients taking many drugs.
なお、この内容は、初回指示で入力した時のみ、後述する経過監察画面で見ることができる。 In addition, the contents of which, only when you enter in the initial indication, can be found in the course inspection screen, which will be described later.

【0048】このようにして作成された投与中の薬剤に関する指示書は、他の情報と共にサーバ100a側の指示書ファイル110および服薬ファイル112に格納される。 The instructions for the drug in this manner were created administered is stored together with other information on the instruction file 110 and medication file 112 of the server 100a side. 例えば服薬ファイル112中の看護データは、1 For example, nursing data in the medication file 112, 1
つの薬剤に対して、患者No.(番号)、指示書交付日、 One of against the drug, the patient No. (number), instructions issued date,
明細No.、薬剤名、服薬方法、その他、の6項目のデータが格納されている。 Item No., drug name, medication method, other items of data 6 are stored in. そして患者No.(番号)+指示書交付日+明細No.がキー(Key)コードとなる。 And the patient No. (number) + instructions issued Date + specification No. becomes the key (Key) code.

【0049】そして(b)に示す初回訪問時に、訪問の前にサーバ100aに携帯端末102aが接続され、上記投与中の薬剤に関する訪問看護指示書の内容を含む訪問患者の各種の情報が102aに格納される。 [0049] Then the first time visit (b), the connected mobile terminal 102a is the server 100a before the visit, the various information visit patients, including the contents of the drug about visiting nursing instructions in the administration 102a It is stored. これにより訪問担当者は、訪問先等で携帯端末102aにより、医師の交付した訪間看護指示書の記載内容として入力された服薬明細情報を、訪間担当者が記録する訪間看護の経過観察記録画面203で内容を確認できる。 Thus visitors personnel, the mobile terminal 102a in the visited like, medication detailed information input as the description of 訪間 nursing instructions that issued the physician, observation of 訪間 nursing 訪間 personnel records You can check the contents of the recording screen 203. この内容は訪問看護開始時に交付された訪問看護指示書で入力された内容をそのまま表示しており、以降は、訪問担当者が情報の追加、削除を行う。 This content is directly display the content that has been entered in the visiting nurse start issued has been visiting nursing instructions at the time, and later, additional visit the person in charge of information, and delete. そして経過観察と共に薬が正しく服用されている否か服薬チェックの結果を入力20 Then enter the observation with the whether medication check the drug is properly taken Results 20
4することがでる。 4 it comes out to be.

【0050】これらの情報は携帯端末102a側の経過観察ファイル150、経過服薬ファイル152に格納される。 [0050] These information portable terminal 102a side observation file 150 is stored in the elapsed medication file 152. 例えば経過服薬ファイル152中の看護データは、1つの薬剤に対して、患者No.(番号)、訪問日、 Nursing data during the course medication file 152 for example, with respect to one agent, patient No. (number), visit date,
明細No.、薬剤名、服薬方法、その他、服薬チェックの7項目のデータが格納されている。 Item No., drug name, medication method, etc., 7 items of data of medication check is stored. そして患者No. And the patient No.
(番号)+訪問日+明細No.がキー(Key)コードとなる。 (Number) + visit date + specification No. becomes the key (Key) code.

【0051】また(c)に示す通常訪問時においては、経過観察記録画面203を読み出すことにより、経過服薬ファイル152から投与中薬剤に関する服薬明細を読み出し、前回の内容が表示され、これに新しい訪問日で経過観察結果を入力することができる。 [0051] Also during normal visits shown in (c), by reading the observation recording screen 203, read medication details regarding drug in the dosage from the elapsed medication file 152, display the previous contents, new visit to it is possible to enter the observation results in the day.

【0052】そして(d)に示すように、訪問後、経過観察ファイル150、経過服薬ファイル152の情報から訪問看護記録書の作成205が行われ、必要に応じて訪問看護記録書206が主治医に送られる。 [0052] Then as shown in (d), after the visit, observation file 150, the elapsed medication creating 205 visiting nursing record document from the information file 152 is performed, visiting nursing record document 206 as required doctor Sent.

【0053】このように、訪問担当者が実施する経過観察業務で、医師の投与した薬剤が服用されているか否かをチェックできる機能を経過観察記録画面に組み込むことにより、薬剤の服用が正しくされているかどうかを管理できる。 [0053] Thus, in the follow-up work to visit the person in charge is carried out, by incorporating the ability to check whether or not the drug was administered in the doctor has been taken to follow-up the recording screen, taking the drug is properly whether to have can be managed.

【0054】実施の形態2. [0054] Embodiment 2. 図5はこの実施の形態における既往歴情報の表示および入力に関する動作の流れを説明するための図である。 Figure 5 is a diagram for explaining the flow of operation related to display and input history information in this embodiment. (a)に示すように、訪問担当者は訪問先で携帯端末102aで図6に示す既往歴に関する画面210を読み出す。 (A), the visiting person reads the screen 210 about the history shown in FIG. 6 in the mobile terminal 102a in the visited.

【0055】図6の画面は要援護者自身すなわち患者自身の病気、治療の状態を記録する画面である。 [0055] screen of FIG. 6 is a fragmentary assistance themselves, ie the patient's own illness, is a screen to record the treatment of a condition. この画面の情報は、基本的には主治医からの指示書に記載される内容を確認することができる。 Information on this screen is basically can confirm the contents described in the instructions from the physician. この中に既往歴の項目が含まれいる。 Which contains items of history in this. 既往暦の情報は傷病名・いつ頃(時期)・その他の3項目に拡張されている。 Information of the past calendar has been extended to the sick name, when time (timing) and other three items. 既往の入力可能数は事実上制限をなくし、情報の充実を図っている。 Input possible number of history eliminates the virtually unlimited, and in order to enhance the information. そして既往歴を患者又は家族介護者の話しより聴取して入力21 And enter the history by listening than talking about the patient or family caregivers 21
1する。 1.

【0056】そしてこの既往歴の情報は携帯端末102 [0056] The information of this history is the mobile terminal 102
a内の既往歴ファイル154に格納される。 It is stored in the history file 154 in the a. 例えば既往歴ファイル154中の看護データは、1つの既往歴に対して、患者No.(番号)、明細No.、傷病名、いつ頃 History nursing data in the file 154 for example, for one of history, patient No. (number), Item No., sick name, when it was
(時期)、その他の5項目のデータが格納されている。 (Period), and other five items of data is stored. そして患者No.+明細No.がキー(Key)コードとなる。 And the patient No. + specification No. becomes the key (Key) code.

【0057】既往暦は、訪間担当者が初回訪問時に患者又は、家族介護者の話しより聴取するため、発症の時期を過去のものから順に得られる保証は無く、時期の表現も、5年前頃、平成5年の春、40才の時の5月頃など即座に歴史の前後関係を判断できないケース多い。 [0057] history calendar, a patient at the time of 訪間 personnel first visit or, to listen than talk of family caregivers, there is no guarantee that obtained the time of onset from those of the past in order, also the timing of expression, 5 years before around, 1993 in the spring, the case often immediately, such as around May when the 40-year-old can not determine the context of history. そのため、既往症の入力後、その順番を訪間担当者が入れ替えることを可能にした。 Therefore, after the input of the pre-existing conditions, it made it possible that the order 訪間 personnel replace.

【0058】図7には既往症の入力および順番を入れ替える動作を説明するためのフローチャートを示した。 [0058] Figure 7 shows a flow chart for explaining an operation of switching the input and the order of pre-existing conditions. まずステップST1において、既往歴情報を既往歴ファイル154から読み出すことにより、ステップST2で既往歴画面が表示される。 First, in step ST1, by reading the history information from the history file 154, a history screen is displayed in step ST2.

【0059】次にステップST3で入力が終了したか否かの判断を行う。 [0059] Next, it is determined whether or not input is terminated in step ST3. 入力がある場合には、入力に従ってステップST4で既往明細の入力が行われ、ステップST If there is an input, the input of the previous item is performed in step ST4 in accordance with the input, step ST
5で入力データが配列にセットされる。 Input data is set in the array at 5.

【0060】また、既往歴の順番を入れ替える場合に、 [0060] Further, in the case of changing the order of history,
傷病名を指定した後、ステップST6で図6に示す画面上の“上へ移動”B1をペンタッチ等で指定すると、ステップST7で指定したフォーカスのある指定した明細の配列が上方の行と入れ替えられ、またステップST8 After specifying the sick name and the "Move Up" B1 on the screen shown in FIG. 6 at step ST6 specified by pen touch, etc., specified array of items with a specified focus is replaced with the upper line in the step ST7 , also step ST8
で“下へ移動”B2をペンタッチ等で指定すると、ステップST9でフォーカスのある指定した明細の配列が下方の行と入れ替えられる。 If you specify B2 "move down" in pen touch, etc., specified array of items with focus is replaced with the lower line in the step ST9.

【0061】以上のことを繰り返し、ステップST3で入力が終了すると、ステップST10で先の動作で配列された配列No.が明細No.にセットされ、ステップS [0061] Repeat the above, when the input in step ST3 is completed, sequence No. arranged in the preceding operation in step ST10 is set in the item No., the step S
T11でこのデータに従って既往歴ファイル154の既往歴情報が更新される。 History information of the history file 154 is updated in accordance with the data in the T11. そして図5の(b)に示すように、訪問後、既往歴ファイル154の情報から訪問看護記録書の作成212が行われ、必要に応じて訪問看護記録書213が主治医に送られる。 Then, as shown in (b) of FIG. 5, after the visit, medical history created from information visit nursing record document file 154 212 is carried out, visiting nursing record document 213 is sent to the doctor, if necessary. このようにして、既往症の入力後に、その順番を訪間担当者が入れ替えることができる。 In this way, after the input of the pre-existing conditions, it is possible that the order 訪間 personnel replace.

【0062】実施の形態3. [0062] Embodiment 3. 図8はこの実施の形態における医療処置情報表示および入力に関する動作の流れを説明するための図である。 Figure 8 is a diagram for explaining the flow of operation related to a medical treatment information display and input in this embodiment. (a)に示すように、訪問担当者は訪問先で携帯端末102aで図9に示す経過観察画面のうちの医療処理に関する画面214を読み出す。 (A), the visiting person reads the screen 214 relates to a medical treatment of the observation screen shown in FIG. 9 with mobile terminals 102a in the visited.

【0063】図9の画面は医療処理に関する画面であり、看護計画内容に沿った処理の内容が入力できるようになっている。 [0063] screen of FIG. 9 is a screen related to medical treatment, the contents of the process along in the nursing care plan content is to be able to input. 医療処置の情報は、看護計画書にある計画内容(#1〜)を入力215し、これに従って実際に実施した処置の詳細を処置内容として記録する。 Information of the medical treatment, type 215 Planning (# 1) in the care plan, accordingly actually recorded as action content details of the treatment was conducted.

【0064】そしてこの医療処置の情報は携帯端末10 [0064] The information of the medical treatment is the portable terminal 10
2a内の医療処置ファイル156に格納される。 They are stored in a medical procedure file 156 in 2a. 例えば医療処置ファイル156中の看護データは、1つの医療処置に対して、患者No.(番号)、訪問日、明細No.、 For example, nursing data during a medical procedure file 156, for one of the medical treatment, patient No. (number), visit date, Item No.,
計画No.、計画内容、処置内容の6項目のデータが格納されている。 Plan No., plan content, data of six items of treatment the contents are stored. そして患者No.+訪問日+明細No.あるいは患者No.+訪問日+明細No.+計画No.(重複可)がキー(Key)コードとなる。 And the patient No. + visit date + specification No. or patient No. + visit date + specification No. + Plan No. (overlapping s) becomes the key (Key) code.

【0065】ここでは、看護計画書にある看護の計画内容と処置内容を対応させて情報を管理できるようにしてある。 [0065] In this case, it is to be able to manage the information in association with the treatment contents and nursing plan content in the nursing plan. 情報は#1からはじまる番号で管理され、入力順は間わず自動的に昇順に並ひ替えが行われる。 Information is managed by a number starting from # 1, input order is automatically Namihi sort in ascending order not I between is performed.

【0066】図10には医療処置情報の入力およびその順番の入れ替えが行われる動作を説明するためのフローチャートを示した。 [0066] FIG. 10 shows a flow chart for explaining an operation of the input and permutations of the order of medical treatment information. まずステップST1において、医療処置情報を医療処置ファイル156から読み出すことにより、ステップST2で医療処置画面が表示される。 First, in step ST1, by reading the medical procedure information from the medical treatment file 156, a medical procedure screen is displayed in step ST2.

【0067】次にステップST3で入力が終了したか否かの判断を行う。 [0067] Next, it is determined whether or not input is terminated in step ST3. 入力がある場合には、入力に従ってステップST4で医療処置の入力が行われ、ステップST If there is an input, the input of the medical procedure is performed in step ST4 in accordance with the input, step ST
5で入力データが配列にセットされる。 Input data is set in the array at 5.

【0068】以上のことを繰り返し、ステップST3で入力が終了すると、ステップST6で先の動作で配列された配列No.が明細No.にセットされ、ステップST [0068] Repeat the above, when the input in step ST3 is completed, sequence No. arranged in the preceding operation in step ST6 is set to Item No., the step ST
7で計画No.がセットされ、ステップST8でこのデータに従って医療処置ファイル156の医療処置情報が更新される。 Plan No. 7 is set, a medical treatment information of a medical procedure file 156 in accordance with this data is updated in step ST8. そして図8の(b)に示すように、訪問後、 Then, as shown in (b) of FIG. 8, after the visit,
医療処置ファイル156の情報から訪問看護記録書の作成216が行われ、必要に応じて訪問看護記録書217 Medical treatment created from the information in the file 156 of the visiting nursing record certificate 216 is performed, the visit if necessary nursing record certificate 217
が主治医に送られる。 There are sent to the attending physician. このようにして、訪問看護計画に沿った処置の入力と情報の整理を容易に行うことが可能となる。 In this way, it is possible to easily arrange the input information of the treatment along the visiting care plan.

【0069】 [0069]

【発明の効果】上記のようにこの発明の第1の発明では、看護データを管理するサーバから得た指示情報および看護データに基づいて、訪問先で画面表示を行ってこれに従って各種のデータが入力される訪問看護支援システムにおける携帯端末であって、服薬情報表示入力に関し、服薬内容として薬剤名と共に該薬剤の関連情報の表示および入力が可能な服薬情報表示入力手段を備えた。 In the first invention of the above the invention according to the present invention, based on the instruction information and care data were obtained from a server that manages the care data, which according to various data by performing a screen display in the visited is a mobile terminal in home nursing support system that is input relates medication information display and input, with a medication information display input section capable of displaying and inputting the related information of the agent with the drug name as medication contents.
一般に入院中の患者の場合、投与された薬剤はその服薬まで管理され確実に服用されているが、訪間看護をしている在宅患者の場合、薬剤の管理と服用は患者自身にまかされており、服用実態は把握しづらい。 For general patient during hospitalization, the administered agent is being taken to ensure managed until the medication, if home patients to 訪間 nursing, management and taking drug is up to the patient's own and, taking actual situation is difficult to grasp. そこで薬剤の関連情報を加えたことにより、定期的に患者を訪間する訪問担当者が服薬情報をより詳細に把握でき、正しい服薬指導を可能にすることで患者への医療サービス向上が可能になる。 Therefore, by the addition of relevant information of the drug on a regular basis you can grasp the visit personnel medication information to 訪間 the patient in more detail, the possible medical service improvement to the patient by allowing the correct medication instruction Become.

【0070】この発明の第2の発明では、上記服薬情報表示入力手段において、上記薬剤の関連情報として、該薬剤の服薬方法、分量、薬剤の形態に関する情報が表示および入力可能であるので、訪問担当者が服薬情報をより詳細に把握でき、正しい服薬指導を可能にすることで患者への医療サービス向上が可能になる。 [0070] In the second aspect of the invention, in the above-mentioned medication information display input section, as related information of the drug, medication methods of the agent, amount, since the information about the form of the drug can be displayed and input, Visit the person in charge is able to grasp the medication information in more detail, it is possible to medical services improvement to patients by allowing the correct medication instruction.

【0071】この発明の第3の発明では、上記服薬情報表示入力手段において、上記薬剤名の入力可能文字数を使用する薬剤名の最も長いものの文字数としたことにより、使用しうる全ての薬剤名の入力が可能となる。 [0071] In a third aspect of the invention, in the above medication information display input section, by which the longest number of drug names that use Number of characters of the drug name, all may be used in the drug name input is possible.

【0072】この発明の第4の発明では、上記服薬情報表示入力手段において、入力可能な上記薬剤名の数を増やし、実質的に制限を無くしたことにより、多くの薬剤を服用している患者の情報も管理ができる。 Patients [0072] In a fourth aspect of the invention, in the above-mentioned medication information display input section, increase the number of fillable the drug name, by eliminating the substantially limited, which are taking many drugs It can also be the management of information.

【0073】この発明の第5の発明では、上記サーバから得た医師の交付すた訪問看護指示書の内容が上記服薬情報表示入力手段において表示される経過観察記録画面で確認することができるので、医師の指示に従ったより的確な看護が行える。 [0073] In the fifth aspect of the invention, it is possible contents of visiting nursing instructions that be delivered physician obtained from the server to check the observation recording screen displayed in the medication information display input section , it can be carried out accurate nursing than in accordance with the instructions of the doctor.

【0074】この発明の第6の発明では、上記服薬情報表示入力手段が、上記薬剤名として記載された薬剤の服薬状況を表示および入力可能としたので、定期的に訪問する訪問担当者が実際に服薬をしているか否かを管理し、服薬実態を必要に応じて医師へ報告することを容易にすることで、より良い診療・ケアに結びつけることが可能となる。 [0074] In a sixth aspect of the present invention, the medication information display input means, since possible display and enter medication status of the described agents as the drug name, visited personnel regularly visits the actual manage whether or not the medication to, if necessary, medication actual situation by making it easier to report to the doctor, it is possible to link to better medical care.

【0075】この発明の第7の発明では、看護データを管理するサーバから得た指示情報および看護データに基づいて、訪問先で画面表示を行ってこれに従って各種のデータが入力される訪問看護支援システムにおける携帯端末であって、既往歴情報表示入力に関し、既往歴内容として傷病名と共に該傷病の期間を含む関連情報が表示および入力可能で、かつ該傷病名およびこれの関連情報からなる情報の並び替えが可能な既往歴情報表示入力手段を備えた。 [0075] In the seventh aspect of the present invention, based on the instruction information and care data were obtained from a server that manages the care data, visiting nursing assistance various data are inputted accordingly performs screen display in the visited the portable terminal in the system relates to history information display input, related information including the duration of 該傷 disease with sick name as history content can display and input, and the 該傷 disease name and information of related information of this Sort is equipped with a medical history information display input means possible. 訪間担当者が初回訪間に要する時間は1時間程度であり、その中で既往暦の聴取に費やせる時間は10分程度ある。 Time 訪間 personnel required for the first time 訪間 is about 1 hour, time to spend in the listening of the previous calendar in which is about 10 minutes. 従って既往歴内容として傷病名と共に該傷病の期間を含む関連情報を履歴の順番に無関係に収集し、例えば後で関連情報に従って情報の並び替えができるので、限られ時間の中でより効率の良いデータの収集が可能となる。 Therefore, regardless of to collect relevant information, including the period of 該傷 disease in the order of history along with the sick and wounded name as a history content, for example because the later can sort of information in accordance with the relevant information, good limited more efficient in time collection of data is possible.

【0076】この発明の第8の発明では、上記既往歴情報表示入力手段において、入力可能な上記傷病名の数を増やし、実質的に制限を無くしたので、多くの既往歴を有する患者の情報も管理ができる。 [0076] In the eighth aspect of the invention, in the history information display input section, increase the number of fillable the sick name, since eliminating substantially limited, information of patients with a number of history it is also management.

【0077】この発明の第9の発明は、看護データを管理するサーバから得た指示情報および看護データに基づいて、訪問先で画面表示を行ってこれに従って各種のデータが入力される訪問看護支援システムにおける携帯端末であって、医療処置情報表示入力に関し、看護計画内容と処理内容を対応させて表示および入力が可能な医療処置情報表示入力手段を備えたので、訪問看護計画に沿った処置の入力と情報の整理を容易に行うことが可能となる [0077] A ninth aspect of the invention, based on the instruction information and care data were obtained from a server that manages the care data, visiting nursing assistance various data are inputted accordingly performs screen display in the visited the portable terminal in the system relates to a medical treatment information display input, since with a medical procedure information display input section capable of displaying and an input in association with the processing contents and the nursing care plan contents of treatment along the visiting care plan it is possible to easily arrange the input and information

【0078】この発明の第10の発明では、医療処置情報表示入力手段が、上記看護計画内容を番号で管理し、 [0078] In the tenth aspect of the invention of the present invention, medical treatment information display input means, managed by the numbers above the nursing care plan content,
上記看護計画内容およびこれに対する処置内容の情報を上記番号に従って自動的に並び替えるので、医療処置情報の入力操作がより容易になった。 Because automatically rearranging according to the above nursing care plan contents and the number information of the action content to this, the input operation of the medical treatment information becomes easier.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 この発明の一実施の形態による訪問看護支援システムの全体の構成を示す図である。 1 is a diagram illustrating the overall configuration of a visiting nurse assistance system according to an embodiment of the present invention.

【図2】 実施の形態1における服薬情報表示および入力に関する動作の流れを説明するための図である。 2 is a diagram for explaining the flow of operation related to medication information display and input in the first embodiment.

【図3】 実施の形態1におけるサーバ側で表示される投与中薬剤に関する画面を示す。 Figure 3 shows a screen for administration in the agent to be displayed on the server side in the first embodiment.

【図4】 実施の形態1における携帯端末側で表示される投与中薬剤に関する画面を示す。 4 shows a screen related to drug in the dosage displayed on the mobile terminal side in the first embodiment.

【図5】 実施の形態2における既往歴情報表示および入力に関する動作の流れを説明するための図である。 5 is a diagram for explaining the flow of operation related to history information display and input in the second embodiment.

【図6】 実施の形態2における携帯端末側で表示される既往歴に関する画面を示す。 6 shows a screen related to medical history that is displayed on the mobile terminal in the second embodiment.

【図7】 実施の形態2における既往症情報の入力および順番を入れ替える動作を説明するためのフローチャート図である。 7 is a flowchart for explaining the operation of switching the input and the order of the anamnesis information in the second embodiment.

【図8】 実施の形態3における医療処置情報表示および入力に関する動作の流れを説明するための図である。 8 is a diagram for explaining the flow of operation related to a medical treatment information display and input of the third embodiment.

【図9】 実施の形態3における携帯端末側で表示される医療処置に関する画面を示す。 9 shows a screen relating to medical procedures that are displayed on the mobile terminal in the third embodiment.

【図10】 実施の形態3における医療処置情報の入力および順番を入れ替える動作を説明するためのフローチャート図である。 10 is a flowchart for explaining the input and change the order operation of the medical treatment information in the third embodiment.

【図11】 従来のこの種の訪問看護支援システムの構成およびその動作の流れを表す説明図である。 11 is an explanatory diagram structure and representing a flow of the operation of this type of conventional visiting nurse support system.

【図12】 図11のシステムにおける看護データのダウンロードの動作を表すフローチャート図である。 12 is a flow chart showing the operation of downloading care data in the system of FIG.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

100a サーバ、102a 携帯端末、104a 看護スケジュールシステム、110 指示書ファイル、1 100a server, 102a mobile terminal, 104a care schedule system 110 instructions file 1
12 服薬ファイル、150 経過観察ファイル、15 12 medication file, 150 follow-up file, 15
2 経過服薬ファイル、154 既往歴ファイル、15 2 elapsed medication file, 154 history files, 15
6 医療処置ファイル。 6 medical treatment file.

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 藤井 喜政 東京都千代田区丸の内二丁目2番3号 三 菱電機株式会社内 (72)発明者 美澤 裕司 東京都千代田区丸の内二丁目2番3号 三 菱電機株式会社内 (72)発明者 望月 麻理 東京都千代田区丸の内二丁目2番3号 三 菱電機株式会社内 (72)発明者 坂田 幸枝 神奈川県横浜市青葉区藤が丘二丁目20番地 10 社団法人横浜市青葉区メディカルセン ター内 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Yoshimasa Fujii, Chiyoda-ku, tokyo Marunouchi 2-chome No. 2 No. 3 Mitsubishi electric in Co., Ltd. (72) inventor YoshiSawa Yuji, Chiyoda-ku, tokyo Marunouchi 2-chome No. 2 No. 3 Mitsubishi electric in Co., Ltd. (72) inventor Mochizuki, Mari, Chiyoda-ku, tokyo Marunouchi 2-chome No. 2 No. 3 Mitsubishi electric in Co., Ltd. (72) inventor Yukie Sakata Yokohama City, Kanagawa Prefecture, Aoba-ku, Fujigaoka chome 20 address 10 Association corporation Aoba-ku, Yokohama City Medical Center in ter

Claims (10)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 看護データを管理するサーバから得た指示情報および看護データに基づいて、訪問先で画面表示を行ってこれに従って各種のデータが入力される訪問看護支援システムにおける携帯端末であって、服薬情報表示入力に関し、服薬内容として薬剤名と共に該薬剤の関連情報の表示および入力が可能な服薬情報表示入力手段を備えたことを特徴とする訪問看護支援システムにおける携帯端末。 1. A based on the instruction information and care data were obtained from a server that manages the care data, a mobile terminal in home nursing support system in which various data are inputted accordingly performs screen display in the visited relates medication information display input, the portable terminal in visiting nursing support system characterized by comprising a display and medication information display input section capable of inputting the relevant information of the agent with the drug name as medication contents.
  2. 【請求項2】 上記服薬情報表示入力手段において、上記薬剤の関連情報として、該薬剤の服薬方法、分量、薬剤の形態に関する情報が表示および入力可能であることを特徴とする請求項1に記載の訪問看護支援システムにおける携帯端末。 2. A said medication information display input unit, according to claim 1 as the relevant information of the drug and medication method of the agent, amount, characterized in that information about the form of the drug can be displayed and input mobile terminal in the visiting nursing support system.
  3. 【請求項3】 上記服薬情報表示入力手段において、上記薬剤名の入力可能文字数を使用する薬剤名の最も長いものの文字数としたことを特徴とする請求項1または2 3. A said medication information display input section, according to claim 1 or 2, characterized in that the longest number of drug names that use Number of characters of the drug name
    に記載の訪問看護支援システムにおける携帯端末。 Mobile terminal in the visiting nursing support system according to.
  4. 【請求項4】 上記服薬情報表示入力手段において、入力可能な上記薬剤名の数を増やし、実質的に制限を無くしたことを特徴とする請求項1ないし3のいずれかに記載の訪問看護支援システムにおける携帯端末。 4. An said medication information display input section, increase the number of fillable the drug name, substantially visiting nursing support according to any one of claims 1, characterized in that eliminating the restriction 3 mobile terminal in the system.
  5. 【請求項5】 上記サーバから得た医師の交付した訪問看護指示書の内容が上記服薬情報表示入力手段において表示される経過観察記録画面で確認可能なことを特徴とする請求項1ないし4のいずれかに記載の訪問看護支援システムにおける携帯端末。 5. The contents of the home nursing instructions that issued the physician obtained from the server 4 to claims 1, wherein the ascertainable by observation recording screen displayed in the medication information display input section mobile terminal in the visiting nursing support system as claimed in any one.
  6. 【請求項6】 上記服薬情報表示入力手段が、上記薬剤名として記載された薬剤の服薬状況を表示および入力可能としたことを特徴とする請求項1ないし5のいずれかに記載の訪問看護支援システムにおける携帯端末。 Wherein said medication information display input means, home nursing assistance in accordance with any one of claims 1 to 5, characterized in that it has been possible to display and enter medication status of agents described as the drug name mobile terminal in the system.
  7. 【請求項7】 看護データを管理するサーバから得た指示情報および看護データに基づいて、訪問先で画面表示を行ってこれに従って各種のデータが入力される訪問看護支援システムにおける携帯端末であって、既往歴情報表示入力に関し、既往歴内容として傷病名と共に該傷病の期間を含む関連情報が表示および入力可能で、かつ該傷病名およびこれの関連情報からなる情報の並び替えが可能な既往歴情報表示入力手段を備えたことを特徴とする訪問看護支援システムにおける携帯端末。 7. Based on the instruction information and care data were obtained from a server that manages the care data, a mobile terminal in home nursing support system in which various data are inputted accordingly performs screen display in the visited relates history information display input, history contents sick name related information can display and input including the duration of 該傷 disease with a, and 該傷 disease name and rearrangement history possible information of related information of this mobile terminal in home nursing support system comprising the information display input section.
  8. 【請求項8】 上記既往歴情報表示入力手段において、 8. In the history information display input section,
    入力可能な上記傷病名の数を増やし、実質的に制限を無くしたことを特徴とする請求項7に記載の訪問看護支援システムにおける携帯端末。 Increasing the number of fillable the sick name, mobile terminals in home nursing support system according to claim 7, characterized in that eliminating the substantially limited.
  9. 【請求項9】 看護データを管理するサーバから得た指示情報および看護データに基づいて、訪問先で画面表示を行ってこれに従って各種のデータが入力される訪問看護支援システムにおける携帯端末であって、医療処置情報表示入力に関し、看護計画内容と処理内容を対応させて表示および入力が可能な医療処置情報表示入力手段を備えたことを特徴とする訪問看護支援システムにおける携帯端末。 9. Based on the instruction information and care data were obtained from a server that manages the care data, a mobile terminal in home nursing support system in which various data are inputted accordingly performs screen display in the visited , medical procedure relates to an information display and input, the portable terminal in home nursing support system comprising the medical procedure information display input section capable of displaying and an input in association with the processing contents and the nursing care plan contents.
  10. 【請求項10】 医療処置情報表示入力手段が、上記看護計画内容を番号で管理し、上記看護計画内容およびこれに対する処置内容からなる情報を上記番号に従って自動的に並び替えることを特徴とする請求項9に記載の訪問看護支援システムにおける携帯端末。 10. A medical procedure information display input unit, the nursing care plan contents managed by numbers, and wherein the automatically rearranging it according to the information of the number consisting of the nursing care plan contents and treatment contents for which claims mobile terminal in the visiting nursing support system according to claim 10.
JP17227797A 1997-06-27 1997-06-27 Portable terminal in visit nursing support system Pending JPH1125193A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17227797A JPH1125193A (en) 1997-06-27 1997-06-27 Portable terminal in visit nursing support system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP17227797A JPH1125193A (en) 1997-06-27 1997-06-27 Portable terminal in visit nursing support system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH1125193A true true JPH1125193A (en) 1999-01-29

Family

ID=15938940

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP17227797A Pending JPH1125193A (en) 1997-06-27 1997-06-27 Portable terminal in visit nursing support system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH1125193A (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6531398B1 (en) 2000-10-30 2003-03-11 Applied Materials, Inc. Method of depositing organosillicate layers
JP2015172975A (en) * 2015-07-06 2015-10-01 株式会社湯山製作所 Electronic medical record device
WO2017002848A1 (en) * 2015-06-30 2017-01-05 大日本印刷株式会社 Caregiving information sharing system

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6531398B1 (en) 2000-10-30 2003-03-11 Applied Materials, Inc. Method of depositing organosillicate layers
WO2017002848A1 (en) * 2015-06-30 2017-01-05 大日本印刷株式会社 Caregiving information sharing system
JP2015172975A (en) * 2015-07-06 2015-10-01 株式会社湯山製作所 Electronic medical record device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Scott et al. Antibiotic use in acute respiratory infections and the ways patients pressure physicians for a prescription
US8180654B2 (en) Method and system for creating, assembling, managing, utilizing, and securely storing portable personal medical records
US20080040151A1 (en) Uses of managed health care data
US20060184524A1 (en) Method and system for automated data analysis, performance estimation and data model creation
Solberg et al. A systematic primary care office-based smoking cessation program
US20070116036A1 (en) Patient records using syndicated video feeds
US20070106754A1 (en) Security facility for maintaining health care data pools
US7395215B2 (en) Portable personal health information package
US20040138924A1 (en) System and method for intake of a patient in a hospital emergency room
US20040172306A1 (en) Medical data entry interface
US20010044732A1 (en) Mobile data management system
US20090254375A1 (en) System and methods for automated healthcare patient record search, extraction, and creation
Mion et al. Establishing a case‐finding and referral system for at‐risk older individuals in the emergency department setting: the SIGNET model
US20010039504A1 (en) Individualized, integrated and informative internet portal for holistic management of patients with implantable devices
US20030208382A1 (en) Electronic medical record system and method
De Jongh et al. Mobile phone messaging for facilitating self-management of long-term illnesses.
Ryan et al. Consumer‐oriented interventions for evidence‐based prescribing and medicines use: an overview of systematic reviews
US20040199404A1 (en) Integrated system and method for documenting and billing patient medical treatment and medical office management
US20010034617A1 (en) Method for sharing information concerning medical treatment of an individual
McAvoy et al. The Waikato Medical Care (WaiMedCa) Survey 1991-1992.
JP2004021380A (en) Medical treatment support system and program used for the same
US8090590B2 (en) Electronic personal health record system
US20060277070A1 (en) Computerized methods for displaying clinically-related in-patient information
US20070083393A1 (en) Portable record in electronic form
US20060277066A1 (en) Computerized methods and systems for user-centric selection of menu items

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20040130

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20040406