JPH11232159A - File management method and medium storing file management program - Google Patents

File management method and medium storing file management program

Info

Publication number
JPH11232159A
JPH11232159A JP10046318A JP4631898A JPH11232159A JP H11232159 A JPH11232159 A JP H11232159A JP 10046318 A JP10046318 A JP 10046318A JP 4631898 A JP4631898 A JP 4631898A JP H11232159 A JPH11232159 A JP H11232159A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
file
identifier
server
client
files
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP10046318A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Masahiro Horiuchi
Hiroshi Ikeda
Yoshikazu Ikinari
Kiyoshi Kurita
Yukikazu Misumi
Minahito Sawada
Mitsuru Shiratori
幸和 三隅
正広 堀内
潔 栗田
浩 池田
皆人 澤田
充 白鳥
芳和 行形
Original Assignee
The Japan Reserch Institute Ltd
株式会社日本総合研究所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by The Japan Reserch Institute Ltd, 株式会社日本総合研究所 filed Critical The Japan Reserch Institute Ltd
Priority to JP10046318A priority Critical patent/JPH11232159A/en
Publication of JPH11232159A publication Critical patent/JPH11232159A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To always keep a file on the client side and that on the server side equal to each other up to their contents.
SOLUTION: Identifiers reflecting the contents of management object files are described for every files in a contents management file. A client 20 acquires the contends management file from a server 10 and compares the acquired contents management file of the server 10 with the contents management file of the client 20. Based on the comparison result between these two contents management files, the client 20 acquires required files from the server 10 and deletes unnecessary files. Files managed by the contents management file of the server 10 coincide with a designated file group stored in an HD device of the client 20.
COPYRIGHT: (C)1999,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【技術分野】この発明は,2つのファイルのコンテンツ(内容)を同一に保つためのファイル管理方法,およびファイル管理をコンピュータによって実現するためのプログラムを格納した媒体に関する。 TECHNICAL FIELD The present invention, the file management method for maintaining the contents of the two files (contents) to the same, and a medium storing a program for realizing the file management by a computer.

【0002】 [0002]

【背景技術】コンピュータ装置内の2つのファイルのコンテンツを一致させる従来の方法は,ファイル・システムが管理する情報(ファイルの作成日,サイズ等)を比較し,その差分に基づいて一方のファイルが更新されたかどうかを判別するものである。 BACKGROUND ART Conventional methods of matching the contents of the two files in the computer system compares the information the file system manages (file creation date, size, etc.), it is one of the file based on the difference it is intended to determine whether it has been updated. しかしながら,ファイル・システムが管理する上記の情報はファイルのコンテンツとは別個のものであるから,2つのファイルのコンテンツが異なっていても上記管理情報が同一である場合があり得,必ずしも充分ではない。 However, the above information the file system managed from the contents of the file are distinct, even with different contents of two files there may be a case where the management information is the same, is not always sufficient .

【0003】一方のファイルを更新したときには必ず他方のファイルのすべてを削除した上で更新後のファイルをコピーする方法もある。 [0003] there is also a method to copy the files after the update on you delete all of always the other files when you update one of the files. しかしながら,この方法はシステムに負荷がかかりすぎるとともに,処理に要する時間も長くなるので実用的ではない。 However, with this method too it can stress the system is not practical because time becomes longer required for the processing.

【0004】 [0004]

【発明の開示】この発明は,比較的簡便に,しかも確実に2つのファイルの同一性を保つことのできるファイル管理方法を提供するものである。 DISCLOSURE OF THE INVENTION The present invention provides a relatively simple manner, yet the file management method which can reliably maintain the identity of the two files.

【0005】この発明によるファイル管理方法は,第1 [0005] The file management method according to the present invention, the first
のファイル,および第1のファイルとコンテンツが同一に保たれるべき第2のファイルを含むシステムにおいて,第2のファイルのコンテンツを第1のファイルのコンテンツと同一化するためのファイル管理方法であり, In the file, and the first file and the content system including a second file to be kept the same, be a file management method for the same of the contents of the first file contents of the second file ,
第1のファイルのコンテンツに基づいて第1のファイル識別子を生成し,少なくとも第1のファイル識別子を含む第1のファイル管理情報を作成し,第1のファイルの更新があったときに,それに応じて第1のファイル識別子を含む第1のファイル管理情報を更新し,第2のファイルに関する第2のファイル識別子を含む第2のファイル管理情報を,第1のファイル識別子を含む第1のファイル管理情報と比較し,第2の識別子が第1の識別子と相違するときに,第2のファイルを第1のファイルの更新に応じて更新し,かつ第2のファイル管理情報を第1 First generates a file identifier based on the contents of the first file, creating a first file management information including at least a first file identifier, when an update of the first file, accordingly the first file management information including the first file identifier update Te, the second file management information including a second file identifier for the second file, the first file management including a first file identifier compared with information, when the second identifier is different from the first identifier, a second file is updated in response to updating the first file, and the second file management information first
のファイル管理情報の更新に応じて更新するものである。 It is intended to be updated according to the file management information of the update.

【0006】最も一般的には第1のファイルは第1の記憶装置に格納され,第2のファイルは第1の記憶装置と異なる第2の記憶装置に記憶される。 [0006] Most commonly the first file stored in the first storage device, the second file is stored in the second storage device different from the first storage device. この場合には,第1の記憶装置は一般的には第1のコンピュータの一部を構成し,または第1のコンピュータにおいて利用され, In this case, the first storage device is generally utilized in the first form part of a computer or the first computer,
第2の記憶装置は第1のコンピュータとは異なる第2のコンピュータの一部であるか,または第2のコンピュータにおいて利用される。 The second storage device is used in the first computer or a part of a different second computer and or the second computer. 第1のコンピュータと第2のコンピュータとはネットワークまたはシステムバス(もしくはライン)により接続される。 The first and second computers are connected by a network or system bus (or line). 第1および第2の記憶装置は半導体メモリ,磁気記憶装置,光磁気記憶装置, First and second storage devices, semiconductor memory, magnetic storage devices, magneto-optical storage device,
光学的記憶装置などにより実現される。 It is implemented by a optical storage device.

【0007】上記のシステムにおいては第1のファイル管理情報,および第1のファイル管理情報を作成するための,または更新するためのプログラム(ファイル管理情報作成プログラム)は第1のコンピュータ内に,第2 [0007] In the above-described system first file management information, and for creating a first file management information, or a program for updating (file management information creation program) in the first computer, the 2
のファイル管理情報,ならびにファイル管理情報の比較,第2のファイルの更新および第2の管理情報の更新のためのプログラム(ファイル更新プログラム)は第2 File management information, as well as comparison of file management information, a program for updating the update and the second management information of the second file (file update) the second
のコンピュータ内に保存されるであろう。 It will be stored in the in the computer. ファイル管理情報の比較のために,および第2のファイル管理情報の更新のために,第1のファイル管理情報が第1のコンピュータから第2のコンピュータに転送される(第2のコンピュータがネットワーク,バス等を通して第1のファイル管理情報を取得する)。 For comparison of file management information, and to update the second file management information, the first file management information is transferred from the first computer to the second computer (the second computer network, acquiring first file management information over the bus, etc.). 第2のファイルの更新のために必要な第1のファイルが第1のコンピュータから第2のコンピュータに転送される,または携帯型記録媒体(FD,CD−ROM等)から第2のコンピュータに読込まれる(転送される)。 Read first file required for updating the second file is transferred from the first computer to the second computer, or from the portable recording medium (FD, CD-ROM, etc.) to the second computer Murrell (to be transferred).

【0008】もっとも,第1のファイル管理情報およびファイル管理情報作成プログラムを,第1のコンピュータと接続された第3のコンピュータに設けてもよい。 [0008] However, the first file management information and file management information creation program may be provided to the third computer connected to the first computer. 同じように,第2のファイル管理情報およびファイル更新プログラムを,第2のコンピュータに接続された第4のコンピュータに設けてもよい。 Similarly, the second file management information and file update may be provided to the fourth computer connected to the second computer.

【0009】第1のコンピュータと第2のコンピュータとをネットワーク,バス等により接続しなくてもよい。 [0009] The first and second computers and the network may not be connected by a bus or the like.
この場合には,第1のファイル管理情報や第1のファイルは携帯型記録媒体(たとえばFD,CD−ROM)を用いて第1のコンピュータから第2のコンピュータに移されよう。 In this case, the first file management information and the first file will be transferred from the first computer using a portable recording medium (e.g. FD, CD-ROM) to a second computer.

【0010】第1のコンピュータと第2のコンピュータとが同じものであってもよい。 [0010] and the first computer and a second computer may be the same thing. 第1の記憶装置と第2の記憶装置が同じものである場合もありうる。 There may be a case where the first storage device and the second storage device are the same. これらの場合には第2のファイルは一般的には第1のファイルのバックアップ用となろう。 In these cases the second file generally will be a backup for the first file.

【0011】第1のファイルは一般には複数のファイルを含む。 [0011] The first file generally includes a plurality of files. 同じように第2のファイルは一般的に複数のファイルを含む。 Second file like generally includes a plurality of files. ファイル識別子はファイルごとに作成される。 File identifier is created for each file. ファイルとは実行プログラム・ファイル,データ・ファイルなどを含む概念である。 The file, which is a concept that includes executable program files, and data files.

【0012】ファイル識別子とはファイルのコンテンツを一意に表わすもので,種々のアルゴリズムにしたがってファイル・コンテンツを用いて算出される。 [0012] The file identifier which represents uniquely the contents of the file, is calculated using the file contents according to various algorithms.

【0013】ファイル管理情報には,ファイル識別子以外に,ファイル名,バージョン番号,その他(ディレクトリ情報など)のデータを含めてもよい。 [0013] in the file management information, in addition to the file identifier, file name, version number, it may be included in the data of the other (such as directory information).

【0014】ファイルの更新とは,ファイルのコンテンツの変更,ファイルの追加,ファイルの削除等を含む。 [0014] The file of the update, including change of the content of the file, add files, the deletion of files.
したがって,対応する第1のファイル識別子と第2のファイル識別子との比較において,一方が存在しないこともありうる。 Accordingly, in comparison with the corresponding first file identifier and the second file identifier, there may be that one does not exist. ファイル管理情報の更新とはファイル識別子の変更,追加または削除を含むことになる。 Changing the file identifier and the update of the file management information, it will include the addition or deletion.

【0015】ファイル管理の運用の開始時に第1のファイルと第2のファイルがコンテンツを含めて同一であることが前提である。 [0015] It is a prerequisite first file and the second file at the start of the operation of the file management is the same, including the content. また,第2のファイル管理情報としては第1のファイル管理情報と同じものが用意される。 Further, as the second file management information is prepared is the same as the first file management information.

【0016】第1のファイル管理情報と第2のファイル管理情報の比較は,システム起動時,定期的に,またはユーザからの入力に応答して行なわれよう。 [0016] Comparison of the first file management information and the second file management information, when the system starts, attempted in response to input from regularly, or user.

【0017】この発明はまた,上述したファイル管理方法をコンピュータにより実現するためにコンピュータを制御するファイル管理プログラムを格納した記録媒体を提供している。 [0017] The invention also provides a recording medium storing a file management program for controlling a computer to implement the file management method described above in the computer. ファイル管理プログラムは,ファイル管理情報作成プログラムとファイル更新プログラムとに大別することができる。 File management program, can be broadly divided into a file management information creation program and the file update program. これらのファイル管理情報作成プログラムとファイル更新プログラムを別個の記録媒体に格納してもよい。 These file management information creating program and the file update may be stored in a separate recording medium. プログラム記録媒体とは半導体メモリ,磁気記憶装置(FD,ハードディスク等),光磁気記憶装置,光学的記憶装置(CD−ROM等)を含む。 A semiconductor memory, a magnetic storage device and a program recording medium (FD, hard disk, etc.), including magneto-optical storage device, optical storage device (CD-ROM, etc.).
ファイル管理プログラム,ファイル管理情報作成プログラム,ファイル更新プログラムはそれ単独で,またはアプリケーション・プログラム,システム・プログラム等の一部として,OSの一部として,もしくはユーティリティとして提供されうる。 File management program, the file management information creating program, the file update by itself or application program, as part of such a system program, as part of the OS, or may be provided as a utility.

【0018】この発明によると,ファイルのコンテンツを用いて算出されたファイル識別子をファイル・コンテンツの比較のために用いている。 [0018] is used according to the present invention, the file identifier which is calculated by using the contents of the file for comparison of file contents. ファイル識別子はファイル・コンテンツを反映するものであるからそのファイルに特有(ユニーク)なものであり,きわめて高い一意性を保持しうる。 File identifier are merely specific (unique) to the file since it is intended to reflect the file contents may hold very high uniqueness. したがって,2つのファイルのコンテンツの異同をきわめて正確に判断することができる。 Therefore, it is possible to very accurately determine the difference in the content of the two files. ファイル識別子のデータ長はファイル・コンテンツに比べればはるかに短くすることができるので,伝送するにしても,比較処理するにしても短時間で行なうことができ,システムの負荷が少なく,所要時間も短い。 Since the data length of the file identifier can be much shorter compared to file content, even if the transmission, even in the comparing process can be performed in a short time, the system load is reduced, also the time required short. ファイル識別子が異なるファイルについてのみファイル・コンテンツの更新が行なわれるので,この点からも負荷の軽減と処理時間の短縮化を図ることができる。 Since the file identifiers to update the file content only different files is performed, it can also be shortened and mitigation processing time of the load from this point.

【0019】 [0019]

【実施例の説明】第1実施例 第1実施例は複数台のコンピュータがネットワークを構成するシステムにおけるファイル管理に関するものである。 The first embodiment first embodiment [Description of Embodiment] relates the file management in a system in which a plurality of computers constituting the network. 複数台のコンピュータのうち1台がサーバ,他のコンピュータがクライアントとして位置づけられる。 One of the plurality of computers servers, other computers is positioned as a client. 管理すべき1または複数の同一のファイル(プログラム・ファイル,データ・ファイル,その他のファイルを含む) One or more identical files to be managed (program files, data files, including other files)
がサーバとクライアントの両方にそれぞれ存在することが原則的に前提となる(サーバには後述するマスタDI Master DI but to be described later to the server and the client to be present respectively as the principle assumptions both the (server
Rおよびコンテンツ管理ファイルが存在すればファイル管理のためには充分であるから,例外的にはサーバにはファイルが存在しなくとも許容される)。 Since R and content management file is sufficient for the file management if present, in the exceptional acceptable even in the absence of the file to the server). サーバにおいてファイルの追加,削除およびファイル・コンテンツ(内容)の変更があったときには,そのことがクライアントにおいて容易に検出され,クライアントにおいても同様にファイルの追加,削除またはコンテンツの変更が行われる。 Additional files in the server, when there is a change of deletion and file contents (contents), that it is readily detected in the client, additional similarly files even in the client, delete or change the contents is performed. ネットワークで接続されたすべてのクライアントにおけるファイルがサーバの管理するファイルと同一化される。 File in all clients connected in the network are file and identification with the management server. サーバの負担およびクライアントの負担が軽減され,かつ処理時間(ファイル転送に要する時間を含む)の短縮化が図られる。 Server load and client load is reduced, and shortening of the processing time (including the time required for file transfer) can be achieved.

【0020】(1) ネットワーク・システムの構成 図1はネットワーク・システムの全体構成を示し,図2 [0020] (1) Configuration FIG. 1 of a network system shows the overall configuration of a network system, Figure 2
は同システムを構成するサーバのハードウエア構成を示すものである。 It shows a hardware configuration of the servers in the same system.

【0021】サーバ・コンピュータ10(以下,サーバという)と,1または複数のクライアント・コンピュータ [0021] The server computer 10 (hereinafter referred to as a server) and, one or more of the client computer
20(以下,クライアントという)がネットワークを介して通信可能に接続されている。 20 (hereinafter, referred to as clients) are communicably connected via a network. ネットワークは,公衆回線網,専用回線網,LAN(Local Area Network)など,データ伝送が可能なすべての回線網を含む(インターネット,WAN(Wide Area Network ),イーサネット等による運用を含む)。 Networks (including the Internet, WAN (Wide Area Network), operating according to Ethernet, etc.) to a public network, a private line network, such as LAN (Local Area Network), the data transmission contains all of the network as possible.

【0022】サーバ10は中央処理装置(CPU)13を含む。 The server 10 includes a central processing unit (CPU) 13. CPU13にはバスを介して,入力を受け付けるための入力装置11(キーボード,マウスなど),データを可視的に出力するための出力装置12(CRT表示装置,印字装置など),ネットワークと接続するための通信装置 CPU13 To via the bus, the input device 11 for receiving an input (keyboard, mouse, etc.), data output device 12 for outputting visibly a (CRT display device, such as a printer), for connection to the network of the communication device
14,プログラムを格納するプログラム・エリア,各種演算のためのワーク・エリア,バッファ・エリアなどを提供する内部メモリ15,フロッピーディスク(FD)に記録されたデータを読取り,かつFDにデータを記録するFDドライブ16,CD−ROM19に記録されたデータを読取るCD−ROMドライブ17,およびオペレーティング・システムなどが記憶されたハードディスク(HD) 14, internal memory 15 provides the stored program area to a work area for various computations, such as a buffer area for programs, it reads the data recorded in the floppy disk (FD), and records the data to the FD FD drive 16, CD-ROM 19 reads the data recorded on the CD-ROM drive 17, and operating the hard disk system, etc. are stored (HD)
装置18が接続されている。 Device 18 is connected.

【0023】クライアント20はサーバ10と基本的に同じハードウエア構成をもつ。 [0023] The client 20 has basically the same hardware configuration and the server 10. 図2においてクライアント20 Client 2 20
の構成が( )内の符号で示されている。 Construction of which is shown at in ().

【0024】サーバ10のHD装置18には,ファイル管理に関して言えば,次のものが記憶されている。 [0024] HD device 18 of the server 10, when it comes to file management, the following are stored. (i) マスタ・ディレクトリ(以下,マスタDIRという) (ii) 管理対象ファイル群 (iii)コンテンツ管理ファイル作成プログラム (iv) コンテンツ管理ファイル (I) Master directory (hereinafter, referred to as master DIR) (ii) managing the file group (iii) the content management file creation program (iv) the content management file

【0025】クライアント20のHD装置28には,ファイル管理に関して言えば,次のものが記憶されている。 [0025] HD device 28 of the client 20, when it comes to file management, the following are stored. (xi) スレーブ・ディレクトリ(以下,スレーブDIR (Xi) the slave directory (hereinafter, the slave DIR
という) (xii) 指定ファイル群 (xiii)更新処理プログラム (xiv) 初期設定ファイル (xv) コンテンツ管理ファイル Called) (xii) specified files (xiii) update processing program (xiv) initialization file (xv) content management file

【0026】(2) マスタDIR,スレーブDIR,コンテンツ管理ファイル等 ネットワークに接続されたすべての(場合によっては特定のグループを構成する)クライアント20において利用されるファイルを,そのコンテンツまで含めて常に同じものに保つことがファイル管理の目的である。 [0026] (2) Master DIR, slave DIR, (constituting the specific group in some cases) all of which are connected to the content management file such as a network file utilized in the client 20, always the same even including the content to keep to what is the purpose of file management. サーバ10 Server 10
においてファイルの追加,削除またはファイルのコンテンツの変更があったときには,これに応じて,速やかにクライアント20においても同様にファイルの追加,削除またはファイルのコンテンツの変更が行われる。 Additional files in, when there is a change of the content of the deletion or file, in response thereto, rapidly likewise additional file in the client 20, to change the content of the deletion or file is performed.

【0027】このようなファイル管理の対象とすべき, [0027] should be subject to such a file management,
または対象とすることが望まれるファイルがユーザ(管理者)によって決定される。 Or file it is desired to target is determined by the user (administrator). ファイル管理の対象とする,と決定された一般には複数の(または多数の)ファイル(これが上記(ii)の管理対象ファイル群である)の情報(たとえばファイル名,サイズ,作成年月日)および上記(iv)のコンテンツ管理ファイルに関する情報を記述したのが上記(i) のマスタDIRである。 The file management target, information is the determined was typically a plurality (or many) file (which is the management object file group of the (ii)) (for example, file name, size, date of creation) and the describing information about the content management file in (iv) above is the master DIR above (i). サーバ10におけるマスタDIRの「マスタ」とクライアント20におけるスレーブDIRの「スレーブ」は,ここでは相互に対応する用語として用いられている。 "Slave" Slave DIR in the client 20 as a "master" in the master DIR in server 10, is used herein as a term corresponding to each other. マスタDIRはこの明細書で説明されるファイル管理という観点から作成されるディレクトリである。 The master DIR is a directory that is created from the point of view of file management, which is described in this specification. マスタDIRは最も一般的には管理対象ファイル群をサーバ10のHD装置18にインストールするときに完成され,HD装置18に保存される。 Master DIR is most commonly completed when installing the management object file group to HD apparatus 18 of the server 10 is stored in the HD unit 18. もっとも,マスタDIRを別のコンピュータ・システムにおいて作成し,サーバ10のHD装置18にコピーすることもできる。 However, the master DIR created in another computer system, may be copied to HD apparatus 18 of the server 10.

【0028】マスタDIRの内容の一例が図3に示されている。 [0028] An example of the contents of the master DIR is shown in FIG. マスタDIRはツリー構造に階層化された下位のディレクトリ(A_DIR,B_DIR,C_DIR,F_DIR,D_DI The master DIR is hierarchical sub-directory tree structure (A_DIR, B_DIR, C_DIR, F_DIR, D_DI
R,E_DIR)の記述を含むとともに,各種ファイルm1.ex R, with includes a description of E_DIR), various files m1.ex
e,m1.dat等およびコンテンツ管理ファイルXのディレクトリ情報を含む。 e, including the directory information of m1.dat, and the like, and content management file X. 下位のディレクトリはより下位のディレクトリ(たとえば,C_DIRによって管理されているディレクトリはD_DIRおよびE_DIR である)に関する記述や,各種ファイルa1.exe,a2.exe,a1.dat,a2.datなどのディレクトリ情報を含む。 Lower directory more lower directory (e.g., directory managed by C_DIR is D_DIR and E_DIR) descriptions and about, various files a1.exe, a2.exe, a1.dat, directory information such a2.dat including. ここで,exe は実行(プログラム)ファイルであることを,dat はデータ・ファイルであることをそれぞれ示す。 Here, exe indicates that the execution (program) file that dat is a data file, respectively. マスタDIRにはユーザ(サーバの管理者)が,ユーザの都合によって,またはユーザの便宜のために,管理対象ファイル群以外のファイル(たとえば,履歴ファイル,ログファイル等)に関するディレクトリ情報を格納することもある。 The user master DIR (server administrator), the convenience of the user or for the user's convenience, the managed files other than group file (e.g., the history file, the log file, etc.) to store directory information about, there is also.

【0029】上記(iv)コンテンツ管理ファイルXは管理対象ファイルのコンテンツにまでおよぶファイル管理を行うためのものである。 [0029] (iv) above content management file X is for performing file management extend to the contents of the management object file. このコンテンツ管理ファイルX The content management file X
の作成にあたっては,より確実でより効率的なファイル管理のために,管理対象ファイルの選択(または確認) In preparing, for more efficient file management more reliable, the choice of managed file (or confirm)
とグループ化が行われる。 Grouping is performed with.

【0030】管理対象ファイルは基本的にはクライアント20に配布(FD,CD−ROM等の記録媒体により, [0030] managed file is basically distributed to the client 20 (FD, by the recording medium such as a CD-ROM,
または転送により)され,クライアント20において利用または使用されるものである。 Or by transfer) is are those utilized or used in the client 20. マスタDIRにディレクトリ情報が記述されたファイルは,上述のように管理対象という観点から決定されたファイルである。 File directory information is written to the master DIR is a file that has been determined from the viewpoint of the managed as described above. これに対して,コンテンツ管理ファイルXにコンテンツ情報(詳しくは後述する)が記述されるファイルは,クライアント20において利用または使用されるという観点から決定,指定,選択または確認されたものである。 In contrast, file content information to the content management file X (the details will be described later) is described, the decision in view of being utilized or used in the client 20, designated, are those that are selected or confirmed. マスタD Master D
IRによって管理されるファイルとコンテンツ管理ファイルXによって管理されるファイルとは一致するのが一般的であるが,一致しない場合もあり得る。 Although to match the files managed by the file and content management file X managed by IR is common, there may be a case that does not match.

【0031】上記したように,マスタDIRにはユーザの都合によって管理対象ファイル以外のファイルのディレクトリ情報も記述されることがあり得る。 [0031] As described above, it is possible that also the directory information for the file other than the management object file by the user convenience is described in the Master DIR. このような管理対象ファイル以外のファイルを除くために,コンテンツ管理ファイルXに登録するファイルの選択または確認が行われる。 In order to remove a file other than such a managed file, selection or confirmation of the file to be registered in the content management file X is carried out.

【0032】より積極的な意味では,コンテンツ管理ファイルに登録するファイルの選択または確認は次のようなファイル管理システムにおいて有用である。 [0032] In a positive sense than, selection or confirmation of the file to be registered in the content management file is useful in the following file management systems. ネットワークに接続された複数のクライアント20を2つのグループに分け,各グループごとに独立のファイル管理を行う。 Divided multiple clients 20 connected to the network into two groups, perform separate file management for each group. マスタDIRには両グループのすべてのクライアントにおいて利用される管理対象ファイルのディレクトリ情報を格納しておく。 The master DIR stores the directory information of the managed file to be used in all of the clients of both groups. グループごとにコンテンツ管理ファイルを設け,各コンテンツ管理ファイルには対応するグループで利用されるファイルのコンテンツ情報を格納する。 It provided the content management file for each group, and each content management file storing the content information of files used in the corresponding group. マスタDIRを2つのグループのファイル管理システムで共通に利用できる。 The master DIR can be used in common in the file management system of the two groups.

【0033】いずれにしても,コンテンツ管理ファイルXはファイルのコンテンツまで管理するための重要なものであるから,そこに登録されるファイルは,マスタD [0033] In any case, since the content management file X is important to manage until the content of the file, the file to be registered therein, master D
IRのデータを単にコピーするのではなく,ユーザによって確認することに意味を持つ。 Rather than just copying the IR data, meaningful to be confirmed by the user.

【0034】今日ではプログラムは細分化され,専用化され,ユニット化されまたは単能化されている。 [0034] The program today is fragmented, is dedicated, it has been unitized or a single functionalised. 一つのアプリケーションのすべてのタスクを一本のプログラムによって遂行することは殆どなく,一般的に,一つのアプリケーションは複数のプログラム・ファイルの集合(または組合せ)によって実現される。 It is hardly to accomplish all of the tasks in one application by one of the programs, in general, one application is realized by a set of a plurality of program file (or a combination). その意味で,アプリケーションごとに,またはその他の複数のファイルを効率よく管理するための単位ごとに,ファイルをグループ化しておくことが好ましい。 In this sense, for each application, or other multiple files for each unit for efficiently managing, it is preferable to group files. これは特に一つのグループを単位としてバージョン・アップを行うという観点から望ましい。 Which is desirable from the viewpoint of performing the version up one group as a unit in particular. このようにしてグループ化された各グループをアプリケーション・グループと呼ぶ。 Thus each group grouped by the called application groups.

【0035】図4は,マスタDIRに記述された管理対象ファイルのうち,コンテンツ管理ファイルXに登録すべきものとして選択(または確認)されたファイルをグループ化した様子を示している。 [0035] Figure 4, one of the described management target file to the master DIR, shows how the grouping of selection (or confirm) file as to be registered in the content management file X. コンテンツ管理ファイルXに登録すべきものとして選択または確認されたファイルの総体を「アプリケーション・システム」と呼ぶ。 The whole of the selection or confirmation file as to be registered in the content management file X is referred to as "Application System".
アプリケーション・システムは複数のアプリケーション・グループから構成されている。 Application system is composed of a plurality of application groups. 各アプリケーション・ Each application
グループに,一般的には複数のファイルが属する。 The group, in general, belongs to multiple files.

【0036】図5はコンテンツ管理ファイルXの内容の一例を示す。 [0036] FIG. 5 shows an example of the contents of the content management file X.

【0037】アプリケーション・システム「System」に関する記述がある。 [0037] there is a description of the application system "System". アプリケーション・システムはバージョン番号(Ver=2.00)と,このバージョン番号のシステムの使用開始年月日(以下,使用開始日という)(St And application system version number (Ver = 2.00), use the start date of the system of this version number (hereinafter, referred to as use start date) (St
art-date=1997/12/19 )とに関するデータを持つ。 art-date = 1997/12/19) to have data on.

【0038】アプリケーション・グループ「Applicatio The application group "Applicatio
ns」に関する記述がある。 There is a description of the ns. " この記述には,アプリケーション・グループ(APPL_GROUP1,APPL_GROUP2)ごとに,これらのバージョン番号(1.00,2.00)と,それらのバージョン番号のグループの使用期限年月日(以下,使用期限日という)(1997/12/31,1998/01/15)に関する情報が含まれる。 In this description, application group (APPL_GROUP1, APPL_GROUP2) for each, with these version number (1.00,2.00), use the deadline date of the group of their version number (hereinafter referred to as expiration date) (1997 / 12 / 31,1998 / 01/15) information on include.

【0039】アプリケーション・グループごとに,そこに含まれるファイルに関する記述がある。 [0039] for each application group, there is a description of the files contained therein. このファイルに関する記述には,そのファイルが属するマスタDIR The description of this file, the master DIR to which the file belongs
内のディレクトリ名,ファイル名,および識別子に関する情報が含まれる。 Directory name of the inner, file name, and include information about the identifier. たとえば,「APPL_GROUP1」の第1 For example, the first "APPL_GROUP1"
行目の「A_DIR」は,アプリケーション・グループ「APP Of row "A_DIR" is, application group "APP
L_GROUP1」に属するファイルの一つを管理するディレクトリの名称が「A_DIR」であることを,「a1.exe」はそのファイルの名称が「a1.exe」であることをそれぞれ示し,350889145,69はファイル名「a1.exe」のファイルに対応して作成されたファイル識別子およびファイル・サイズを表している。 That the name of the directory in which to manage one of the files that belong to L_GROUP1 "is" A_DIR "," a1.exe "indicates respectively that the name of the file is" a1.exe ", is 350889145,69 it represents the file identifier and file size that was created in response to the file of the file name "a1.exe". 350889145 がファイル識別子,69がファイル・サイズである。 350889145 file identifier, 69 is a file size. ファイル識別子は,ファイルに含まれるすべて(または一部)のデータを用いて特定の演算(たとえば,CRC(CyclicRedundancy Check The file identifier, a specific calculation using the data of all contained in the file (or portion) (e.g., CRC (Cyclic Redundancy the Check
))を行った結果である。 )) That is the result of. したがってファイル識別子はファイルのコンテンツそのものを表す一種の圧縮データと考えてよく,ファイルのコンテンツに特有(ユニーク)なものである。 Accordingly file identifier may be considered as a kind of compressed data representing the content itself of a file, it is specific (unique) to the contents of the file. ファイル識別子によりファイルのコンテンツに変更があったかどうかが判断される。 Whether there is a change in the content of the file is determined by the file identifier. このようなコンテンツ管理ファイルに記述された情報,特にファイル識別子をコンテンツ情報と呼ぶ。 Such content management file information described in, called in particular a file identifier and content information.

【0040】サーバ10の上記(iv)のコンテンツ管理ファイルXは,サーバ10において,上記(iii) のコンテンツ管理ファイル作成プログラムにしたがって作成される。 The content management file X of the server 10 (iv) in the server 10 are created according to the content management file creation program of the (iii).
クライアント20の上記(xv)コンテンツ管理ファイルは, Above (xv) content management file of the client 20,
ファイル管理システムの運用の立上げ(初期設定)にあたって,サーバ10で作成されたコンテンツ管理ファイルがコピーされ(記録媒体または転送を通して),その後はクライアント20において更新される。 In start-up operation of the file management system (initialization), (through a recording medium or transfer) the content management file created by the server 10 is copied and then is updated in the client 20. 上記(iv)のコンテンツ管理ファイル作成プログラムはCD−ROM19 Content management file creation program of the above (iv) the CD-ROM19
(またはFD)に記録されていたものがサーバ10のHD (Or FD) that is recorded in the server 10 HD
装置18にインストールされる。 It is installed in the apparatus 18.

【0041】コンテンツ管理ファイルXに登録すべきものとして選択または確認されたファイル群を上記(xii) [0041] selected or confirmed file group of the above as to be registered in the content management file X (xii)
指定ファイル群と呼ぶ。 It referred to as the specified file group. サーバ10においては管理対象ファイル群はCD−ROMまたはFDからHD装置18にインストールされる(インストールされないものがあってもよい)。 Management object file group in the server 10 is installed on the HD 18 from a CD-ROM or FD (may be not be installed). クライアント20においては指定ファイル群はCD−ROMまたはFDからHD装置28にインストールされる(サーバ10から転送されることもある)。 Specifying files in the client 20 is installed in the HD device 28 from a CD-ROM or FD (sometimes transferred from the server 10). ファイル管理システムの立ち上げ時(設定時)にはクライアント20のHD装置28に格納されている指定ファイル群とコンテンツ管理ファイルXに登録されているファイル群とは一致していることが前提である。 It is assumed that they match the rise time (setting) the files registered in the specified file group and the content management file X stored in the HD 28 of the client 20 of the file management system .

【0042】上記(xi)スレーブDIRはクライアント [0042] The above (xi) the slave DIR client
20のHD装置28に格納されている指定ファイル群についてのディレクトリ情報を記述したものであり,ディレクトリ情報のうちファイル名などはマスタDIRに基づいてコンテンツ管理ファイルXを参照してサーバ10において作成される。 And a description of the directory information for the specified file group stored in the HD 28 of 20, such as the file name of the directory information is created in the server 10 refers to the content management file X on the basis of the master DIR that. このスレーブDIRはクライアント20のHD装置28にコピーされ(記録媒体または転送を通して),クライアント20において指定ファイル群をHD装置28にインストールしたとき(またはサーバ10から転送されたとき)に完成される。 The (through a recording medium or transfer) slave DIR is copied to HD apparatus 28 of the client 20 is completed the specified files when installed in the HD 28 (or when transferred from the server 10) in the client 20. スレーブDIRをクライアント20において作成することもできる。 It is also possible to create a slave DIR in the client 20. スレーブDIR Slave DIR
もまたファイル管理のために用いられる。 Used for also file management. 管理対象ファイル群と指定ファイル群とが同じ場合には,基本的には(ディレクトリ情報のうちファイル名などについては) If the managed file group and the specified file groups are the same, basically (for such as the file name of the directory information)
マスタDIRのデータとスレーブDIRのデータは同じになろう。 Data of the master DIR of data and the slave DIR will become the same.

【0043】上述のようにファイル管理システムの運用の開始にあたってはクライアント20のHD装置28に格納されている指定ファイル群のそれぞれのファイルはそのコンテンツに至るまでサーバ10のコンテンツ管理ファイルXによって管理されているファイルと全く同じである。 [0043] Each of the file with the specified file group at the start of operation of the above file management system as stored in the HD 28 of the client 20 is managed by the content management file X server 10 up to the content and files to be exactly the same. サーバ10において,コンテンツ管理ファイルXによって管理されているファイルの追加,削除またはファイル・コンテンツの変更があった場合には,クライアント In the server 10, the additional file managed by the content management file X, if there is a change of deletion or file content, the client
20の指定ファイル群はコンテンツ管理ファイルXによって管理されているファイル群と一致しなくなる。 Specified file group 20 will not match the file group managed by the content management file X.

【0044】上記(xiii)更新処理プログラムは,クライアント20のHD装置28に格納されている指定ファイル群とサーバ10のコンテンツ管理ファイルXに登録されているファイル群とが一致するかどうかを,ファイルの存在,不存在のみならずファイルのコンテンツまでについてチェックし,一致しない場合にはサーバ10から必要なファイルを取得したり,不要なファイルをHD装置28から削除したりすることにより,クライアント20のHD装置28に格納されている指定ファイル群をサーバ10のコンテンツ管理ファイルXによって管理されているファイル群と一致させるためのプログラムである。 [0044] whether the (xiii) update processing program, and groups of files registered in the content management file X in HD apparatus specified file group stored in the 28 and the server 10 of the client 20 matches, file of existence, it was checked for until the content of the file as well as the absence only, if they do not match, or to get the necessary files from the server 10, by or to delete unnecessary files from the HD device 28, the client 20 is a program for matching files that the specified file group stored in the HD unit 28 is managed by the content management file X server 10.

【0045】上記(xiv) 初期設定ファイルにはサーバ10 [0045] in the above (xiv) initialization file server 10
のネットワーク上のアドレス,サーバ10のHD装置18に格納されたコンテンツ管理ファイルXへのパス,クライアント20のネットワーク上のアドレス,クライアント20 The address on the network, HD apparatus 18 passes to the stored content management file X, the network on the address of the client 20 of the server 10, the client 20
のHD装置28に格納されたコンテンツ管理ファイルへのパス,および後述する通信結果ログの送信先アドレスが記述されている。 Path to HD apparatus 28 to the stored content management file, and the destination address of which will be described later communication result log is written in. 初期設定ファイルは更新処理プログラムとともにCD−ROM29(またはFD)に記録されていたものがクライアント20のHD装置28にインストールされる。 The initialization file which together with update processing program has been recorded on the CD-ROM 29 (or FD) is installed on the HD 28 of the client 20.

【0046】(3) サーバにおけるコンテンツ管理ファイルの作成および更新 コンテンツ管理ファイルXはファイル管理システムの運用の立上げ時(初期設定時)に新規に作成される。 [0046] (3) create and update content management file X of the content management file on the server is created during the start-up of operation of the file management system (default setting at the time) to the new. またコンテンツ管理ファイルXは,アプリケーション・システムにおいて,ファイルの追加もしくは削除またはファイルのコンテンツの変更があったときに更新される。 The content management file X is in the application system are updated when there is added or removed or changed file contents in the file. 図7はコンテンツ管理ファイル作成プログラムにしたがうコンテンツ管理ファイルXの作成処理および更新処理の手順を示す。 Figure 7 shows the procedure of the creation process and updating process of the content management file X according to the content management file creation program.

【0047】コンテンツ管理ファイル作成プログラムが立ち上げられると,コンテンツ管理ファイルXの「作成」または「更新」を指示するメニューが出力装置(C [0047] When the content management file creation program is launched, the menu output device to indicate the "Create" or "update" of the content management file X (C
RT表示装置)12の表示画面に表示される。 It is displayed on the display screen of the RT display device) 12. ユーザがコンテンツ管理ファイルXの「作成」を選択すると(ステップ103 で作成),マスタDIRに管理されているファイルの一覧が表示される。 User (created in step 103) When you select the "Create" in the content management file X, the list of files that are managed by the master DIR is displayed. ユーザはマスタDIRによって管理されているファイルの中からコンテンツ管理ファイルXに登録すべきファイルを選択(または確認)しながら,これらを表示画面上でグループ化する。 The user while selecting a file to be registered in the content management file X from the file managed by the master DIR (or check), grouping them on the display screen. 選択したすべてのファイルを含むアプリケーション・システムの属性情報(バージョン番号,使用開始日),各アプリケーション・グループの属性情報(グループ名,バージョン番号,使用期限日)を入力装置11を用いて入力する(ステップ104,105)。 Attribute information of the application system that contains all the selected files (version number, use the start date), the attribute information of each application group (group name, version number, expiration date) is input using the input device 11 ( step 104, 105).

【0048】属性情報の設定およびグループ化を伴ったファイルの選択(指定)が終わり保存を指示すると,選択されたすべてのファイルのそれぞれについて,そのコンテンツを用いてファイル識別子がコンテンツ管理ファイル作成プログラムにしたがって自動的に算出される(ステップ106 )。 [0048] When the setting of the attribute information and the selection of files with grouping (specify) gives an instruction to save the end, for each of all the files that have been selected, the file identifier is a content management file creation program using the content Thus it is automatically calculated (step 106). 入力された属性情報,算出されたファイル識別子等を用いて図5に示すようなコンテンツ管理ファイルXが作成され,HD装置18に格納(保存)される(ステップ107 )。 Input attribute information, the content management file X shown in FIG. 5 using the calculated file identifier or the like is created and stored in the HD 18 (stored) (step 107).

【0049】サーバ10において作成されたコンテンツ管理ファイルはクライアント20に渡され(記録媒体または転送を通して),そのHD装置28にも格納(保存)される。 The content management file created by the server 10 is passed to the client 20 (through a recording medium or transferred), it is also stored (saved) in the HD unit 28. ファイル管理システムの運用の開始時には,サーバ At the start of the operation of the file management system, server
10のコンテンツ管理ファイルXとクライアント20のコンテンツ管理ファイルとは全く同一である。 The 10 content management file of the content management file X and the client 20 is exactly the same.

【0050】サーバ10においてユーザはアプリケーション・システムへのファイルの追加,またはアプリケーション・システムに含まれるファイルのコンテンツの変更(HD装置18に格納されているファイルの書き換え等) [0050] Changing the contents of the file that contains the user adding files to the application system or the application system in the server 10 (HD system of a file stored in the 18 rewriting)
を行うことができる。 It can be performed. このような場合には,マスタDI In such a case, the master DI
Rの更新処理を伴う。 With the update process of R. 図6に示すように,マスタDIR As shown in FIG. 6, the master DIR
の更新が終了すると(ステップ101 ),ユーザはコンテンツ管理ファイル作成プログラムを起動する(ステップ (Step update of and completed (step 101), the user to start the content management file creation program
102 )。 102). アプリケーション・システムに含まれるファイルを削除する場合には,ユーザはマスタDIRの更新をすることなく(もちろん削除するファイルのディレクトリ情報を削除してもよい),コンテンツ管理ファイル作成プログラムを起動する。 If you want to delete a file that is included in the application system, the user (may delete the directory information of the file to be deleted, of course) without having to update the master DIR, to start the content management file creation program.

【0051】ユーザはコンテンツ管理ファイル作成プログラムにしたがう処理(図7)において,「更新」を選択することになる(ステップ103 で「更新」)。 The user process according content management file creation program (FIG. 7) will select "update" ( "update" in step 103). サーバ server
10のHD装置18に格納されているコンテンツ管理ファイルXが読み出され(ステップ108 ),コンテンツ管理ファイルXによって管理されているアプリケーション・システムに属するファイルおよび属性情報が表示される。 10 content management file X stored in the HD 18 of read (step 108), the file and attribute information belonging to the application system that is managed by the content management file X is displayed.
ファイルを追加する場合には,ユーザは追加すべきファイルを(マスタDIRも表示されるのでユーザはその中からファイルを選択することができる),いずれかのアプリケーション・グループに属するように選択(指定) When adding a file, the user file to be added (so also displayed master DIR user can select a file from within), selected to belong to one application groups (designated )
する。 To. ファイルを削除する場合には,ユーザはそのファイルをコンテンツ管理ファイルXから削除するよう指示する(ステップ109 )。 To remove a file, the user instructs to delete the file from the content management file X (step 109).

【0052】ファイルの追加,削除およびファイル・コンテンツの変更のいずれの場合にも,この実施例ではユーザは追加したファイルが属すべきアプリケーション・ [0052] additional files, in case of any change of deletion and file content also, the application in this example the user should belong is added file
グループ,削除したファイルが属していたアプリケーション・グループまたはコンテンツが変更されたファイルが属しているアプリケーション・グループのバージョン番号を変更する。 Group, to change the version number of the application group that deleted files application group or content that belonged belongs is changed files. また,アプリケーション・システムのバージョン番号を変更する(ステップ110 )。 Also, change the version number of the application system (step 110).

【0053】この後,アプリケーション・システムに含まれているファイル(選択されているファイル)のそれぞれについて,再びそのファイル・コンテンツを用いてファイル識別子が算出される(ステップ106 )。 [0053] Thereafter, for each of the files contained in the application system (selected file), the file identifier with the file content again is calculated (step 106). 追加またはコンテンツの変更のあったファイルについてのみファイル識別子を算出してもよい。 It may calculate the file identifier only for the addition or the changed files of the content. サーバ10のHD装置18 HD device of the server 10 18
には新たに算出されたファイル識別子等を含むコンテンツ管理ファイルXが保存される(ステップ107 )。 Content management file X containing the file identifier or the like which is newly calculated is saved (step 107).

【0054】ファイル識別子の算出は常に同じアルゴリズムにしたがって行われる。 [0054] calculation of the file identifier is always performed according to the same algorithm. したがって,コンテンツが変更されたファイルについてのファイル識別子はコンテンツ変更前のファイル識別子と異なるものになる。 Thus, the file identifier for the content is modified files will be different from the file identifier before change content. コンテンツの変更のないファイルのファイル識別子はもちろん変わらない。 File identifier of no change in the content file does not change course. 新たに追加されたファイルについては, For newly added files,
そのファイル名等とともにファイルのコンテンツの内容を反映したファイル識別子が生成され,コンテンツ管理ファイルXに登録される。 The file name, such as file identifier that reflects the contents of the contents of the file with is generated and registered in the content management file X. 削除されたファイルについてのデータは,コンテンツ管理ファイルXにはもはや存在しない。 Data for deleted files, no longer exist in the content management file X.

【0055】コンテンツ管理ファイルの更新時には,アプリケーション・グループの追加または削除を行うこともできる。 [0055] At the time of update of the content management file, it is also possible to add or delete the application group. 新たに追加したファイルを,新たに追加したアプリケーション・グループに属させるようにしてもよい。 The newly added files, may be made to belong to the newly added application group. アプリケーション・グループを削除すると,そのグループに属するすべてのファイルについてのデータがコンテンツ管理ファイルXから削除される。 If you delete the application group, data for all of the files that belong to that group will be deleted from the content management file X.

【0056】(4) クライアントにおける指定ファイル群の更新処理 指定ファイル群はクライアント20に配布され,上述のようにクライアント20のHD装置28にインストールされている。 [0056] (4) update process specified file group specified files in the client are distributed to the client 20, it is installed on the HD 28 of the client 20 as described above. サーバ10においてファイルの追加,削除,またはファイル・コンテンツの変更があったときには,上述のようにコンテンツ管理ファイルXが更新される。 Additional files in the server 10, when there is a change of deletion or file content, the content management file X is updated as described above. サーバ server
10におけるファイルの追加,削除,コンテンツの変更はクライアント20のHD装置28に格納されている指定ファイル群においても反映されなければならない。 Additional files in 10, delete, modify content must also be reflected in the specified file group stored in the HD 28 of the client 20. クライアント20において,サーバ10の更新されたコンテンツ管理ファイルXを利用して,サーバ10と同じように,ファイルの追加,削除またはファイル・コンテンツの変更を行う処理を,指定ファイル群の更新処理という。 In the client 20, using the updated content management file X server 10, like the server 10, the additional file, the process for changing the deletion or file content, that update process of the specified files. 図8はクライアント20のHD装置28に格納された更新処理プログラムの処理手順を示すフローチャートである。 Figure 8 is a flowchart illustrating the procedure of the updating processing program stored in the HD 28 of the client 20.

【0057】更新処理プログラムは,たとえば,クライアント20のユーザによって入力装置21から更新処理プログラムの起動命令が入力されることにより起動される。 [0057] Update processing program, for example, is activated by the start command of update processing program from the input device 21 by the user of the client 20 is input.
あらかじめ定められた時間(たとえば午前0時)に,自動的に起動するように設定しておいてもよいし,またはユーザもしくは他のプログラムによって起動されるようにしてもよい。 The predetermined time (e.g. midnight), automatically may be previously set to start, or may be activated by the user or another program. クライアント20の電源をオンとしたときに,自動的に起動するようにしてもよいし,またはユーザもしくは他のプログラムによって起動されるようにしてもよい。 When the power of the client 20 on, may be started automatically, or may be activated by the user or another program. 一定時間が経過する度に起動する,または起動されるようにしてもよい。 To start each time a predetermined time elapses, or it may be activated. いずれにしても,更新処理プログラムは,あらかじめ定められたときに,定期的に,または必要に応じてクライアント20において起動される。 Anyway, the update processing program is started when a predetermined, in regular or clients 20 as needed.

【0058】まず,初期設定ファイルに記述されたサーバ10のネットワーク上のアドレスおよびコンテンツ管理ファイルXへのパスに基づいて,クライアント20はサーバ10のHD装置18に格納されたコンテンツ管理ファイルXのコピーを取得する(ステップ201 )。 [0058] First, based on the path to the address on the network server 10 described in the initialization file and content management file X, copy of the client 20 is the content management file X stored in the HD 18 of the server 10 to get (step 201). サーバ10から取得したコンテンツ管理ファイルXはクライアント20の内部メモリ25に格納される。 Content management file X acquired from the server 10 is stored in the internal memory 25 of the client 20.

【0059】クライアント20のHD装置28に格納されているコンテンツ管理ファイルもまたその内部メモリ25に転送される。 [0059] The content management file is stored in the HD 28 of the client 20 is also transferred to the internal memory 25. 2つのコンテンツ管理ファイルの比較が行われる。 Comparison of two content management file is performed.

【0060】はじめに,2つのコンテンツ管理ファイルのそれぞれに記述されたアプリケーション・システムのバージョン番号(以下,システムVer という)が比較される(ステップ202 )。 [0060] First, two each the described application system version number of the content management file (hereinafter, referred to as system Ver) are compared (step 202). システムVer が異なる場合(ステップ202 でNO)には,サーバ10において,アプリケーション・システムへのファイルの追加,アプリケーション・システムからのファイルの削除,またはアプリケーション・システムに含まれるファイルのファイル・コンテンツの変更が行われたことを意味する。 In the case where the system Ver different (NO in step 202), the server 10, adding files to the application system, changes to the file contents of the files contained in the file or the application system deletion, of the application system it means that has been made. ここでファイルの追加には,新たなファイルを既存のアプリケーション・グループに追加する場合と,追加するファイルによってアプリケーション・グループを生成する場合(アプリケーション・グループの追加)とがある。 Here, the additional files, and if you add a new file to an existing application group, and a case of generating an application group by the file to be added (additional application group). ファイルの削除には,既存のアプリケーション・グループからファイルを削除する場合と,既存のアプリケーション・グループに属するすべてのファイルをアプリケーション・ The deletion of the file, and if you want to delete a file from the existing application group, application, all of the files that belong to an existing application group
グループごと削除する場合(アプリケーション・グループの削除)とがある。 If you want to delete every group there is a (deletion of the application group). コンテンツ管理ファイルには,アプリケーション・グループに関する記述(グループ名, The content management file, description of the application group (group name,
バージョン番号,使用期限日)が含まれているので,この記述に基づいて,アプリケーション・グループの追加,または削除があったかどうかを判別することができる。 Version number, because it contains expiration date) is, on the basis of this description, it is possible to determine whether or not there has been an additional application group, or deleted. また,ファイルの追加,削除,またはファイル・コンテンツの変更が行われた場合には,必ずそのファイルが属するアプリケーション・グループのバージョン番号が変更されるので,ファイルの追加,削除またはファイル・コンテンツの変更があったアプリケーション・グループを特定することができる。 Also, additional file, delete, or if you change the file content has been performed, because always the version number of the file belongs to an application group is changed, additional files, delete or change the file content it is possible to specify the application group that there is. したがって,2つのコンテンツ管理ファイルにおいてアプリケーション・グループの比較が行われる(ステップ203 )。 Therefore, comparison of the application group is carried out in two content management file (step 203).

【0061】サーバ10のコンテンツ管理ファイルXにあるアプリケーション・グループに関する記述が,クライアント20のコンテンツ管理ファイルにない場合には,そのアプリケーション・グループはサーバ10において追加されたグループであると判断される(ステップ203;グループの追加)。 [0061] description of the application group in the content management file X in the server 10, if no content management file on the client 20, the application group is determined to be a group that is added in the server 10 ( step 203; Add group). クライアント20は,サーバ10において追加されたアプリケーション・グループに属するすべてのファイルを,サーバ10から取得する(ステップ204 )。 Client 20, all the files belonging to the added application group in the server 10, obtains from the server 10 (step 204).

【0062】クライアント20はサーバ10のHD装置18をアクセスしてネットワークを通してファイルのコピーを取得したり,クライアント20に装着されたFDまたはC [0062] Client 20 FD or C attached or get a copy of the file over the network by accessing the HD apparatus 18 of the server 10, the client 20
D−ROMからファイルを読取ることにより取得することができる。 It can be acquired by reading the file from the D-ROM. クライアント20からサーバ10にファイル・ File from the client 20 to the server 10
リクエストを送り,サーバ10がネットワークを介してクライアント20にファイルを伝送してもよい。 It sends a request may be transmitted to the file server 10 via the network to the client 20.

【0063】逆に,クライアント20のコンテンツ管理ファイルにあるアプリケーション・グループに関する記述が,サーバ10のコンテンツ管理ファイルXにない場合には,そのアプリケーション・グループはサーバ10において削除されたグループであると判断される(ステップ20 [0063] On the other hand, determines that the description of the application group in the content management file on the client 20, if not in the content management file X of the server 10, the application group is a group that has been deleted in the server 10 is (step 20
3;グループの削除)。 3; deletion of the group). クライアント20はサーバ10において削除されたグループに属するすべてのファイルを,H Client 20 all the files belonging to the group that has been deleted in the server 10, H
D装置28から削除する(ステップ205 )。 Remove from the D unit 28 (step 205).

【0064】サーバ10のコンテンツ管理ファイルXに記述されたアプリケーション・グループに関する記述がクライアント20のコンテンツ管理ファイルに存在するが, [0064] Although the description of the application group, which is described in the content management file X of the server 10 is present in the content management file on the client 20,
しかしそれらのグループのバージョン番号(グループVe However, the version number of their group (Group Ve
r という)が互いに異なる場合には,サーバ10においてそのグループに属するファイルの追加,削除またはファイル・コンテンツの変更が行われたと判断される(ステップ203;グループVerの変更)。 If the called r) are different from each other, additional files that belong to that group in the server 10, it is determined that the delete, or change the file content has been performed (step 203; groups Ver changes). そのアプリケーション・グループに属するすべてのファイルについて,ファイル識別子を用いた差分解析が行われる(ステップ206 For all of the files that belong to that application group, the difference analysis using the file identifier is performed (step 206
)。 ).

【0065】クライアント20のコンテンツ管理ファイルに含まれるすべてのファイル識別子について,それらとサーバ10のコンテンツ管理ファイルXに含まれるファイル識別子との差が逐一算出される。 [0065] For all file identifier included in the content management file of the client 20, the difference between the file identifier included in the content management file X thereof and the server 10 are minutely calculated. 同じ値を持つファイル識別子が両コンテンツ管理ファイルに存在すれば,そのファイル識別子のファイルはサーバ10において追加も,削除も,ファイル・コンテンツの変更もなかったことを意味する。 If it exists in the file identifier is both content management file that has the same value, also added in the file server 10 of the file identifier, deleted, which means that there was no change of the file content.

【0066】クライアント20のコンテンツ管理ファイルにあるファイル識別子と同じものがサーバ10のコンテンツ管理ファイルXに存在しないということは,そのファイル識別子に対応するファイルがサーバ10において削除されたか,またはファイル・コンテンツが変更されたかのいずれかである。 [0066] or the same as the file identifier in the content management file of the client 20 is that it does not exist in the content management file X of the server 10, the file corresponding to the file identifier has been deleted in the server 10 or file content, There is either if it had been changed. サーバ10のコンテンツ管理ファイルXにあるファイル識別子と同じものがクライアント20のコンテンツ管理ファイルに存在しないということは,そのファイル識別子に対応するファイルがサーバ10において追加されたか,またはファイル・コンテンツが変更されたかのいずれかである。 That same as the file identifiers in the content management file X server 10 does not exist in the content management file in the client 20, the file corresponding to the file identifier is changed added or file content, the server 10 it is one of Taka.

【0067】このような場合には,次のようにして,サーバ10のファイルと同一のファイルをクライアント20に確保する。 [0067] In such a case, in the following manner, to ensure the same file and file server 10 to the client 20. すなわち,クライアント20は,サーバ10のコンテンツ管理ファイルXのみに含まれているファイル識別子に対応するファイルをサーバ10から取得する。 That is, the client 20 acquires the file corresponding to the file identifier included only in the content management file X server 10 from the server 10. また,クライアント20は,クライアント20のコンテンツ管理ファイルのみに含まれているファイル識別子に対応するファイルをHD装置28から削除する。 In addition, the client 20 deletes the file corresponding to the file identifier that is included only in the content management file on the client 20 from the HD device 28. サーバ10のコンテンツ管理ファイルXによって管理されているファイルと,クライアント20のHD装置28に格納されている指定ファイル群とが,そのコンテンツに至るまで同一となる。 A file managed by the content management file X server 10, and the specified file group stored in the HD 28 of the client 20, the same up to the content.

【0068】上記の処理では,ファイル識別子のみに基づいて,クライアント20に存在しないファイルのサーバ [0068] In the above process, based only on the file identifier, of the file that does not exist in the client 20 server
10からの取得と,クライアント20にはあるが,サーバ10 And the acquisition of from 10, although the client 20, the server 10
ではもはや管理されていないファイルのクライアント20 The client 20 of the files in that are no longer being managed
からの削除とが行われている。 And deleted from the have been made. ファイル識別子はファイルのコンテンツを反映しているので,コンテンツにわずかでも変更があればファイル識別子は異なるものとなる。 Because the file identifier reflects the content of the file, the file identifier will be different if there is a change even a little to the content. サーバ10のファイルのコンテンツと,クライアント And the contents of a file server 10, client
20のファイルのコンテンツとの同一化が達成できる。 Identity of the contents of the files of 20 can be achieved.

【0069】ファイルの追加または削除の判断は,ファイル名を用いて行ってもよい(ファイル・コンテンツが変更されたときにはファイル名を変更しないという前提で)。 [0069] add or remove the judgment of the file, which may be carried out using the name of the file (when the file content has been changed on the assumption that it does not change the file name). すなわち,クライアント20のコンテンツ管理ファイルとサーバ10のコンテンツ管理ファイルXとにおいてファイル名を相互に比較する。 That is, comparing the file name to each other in the content management file X in the content management file and the server 10 of the client 20. サーバ10のコンテンツ管理ファイルXに存在し,クライアント20のコンテンツ管理ファイルに無いものについては追加と判断し,逆にクライアントのコンテンツ管理ファイルに存在し,サーバ Exist in the content management file X of the server 10, it is determined that the additional for those not in the content management file on the client 20, exist in the client content management file in reverse, server
10のコンテンツ管理ファイルXに無いものを削除と判断する。 Those not in the 10 content management file X of it is determined that the deletion. 両コンテンツ管理ファイルに同じファイル名が存在する場合には,そのファイル識別子の比較に進む。 If the same file name in both the content management file exists, proceed to the comparison of the file identifier. ファイル識別子が同一であればファイル・コンテンツの変更が無かったものと判断し,異なる場合にはファイル・ It is determined that the file identifier there was no change of it if the file content the same, in the case that is different from the file
コンテンツの変更があったと判断する。 It is determined that there is a change in the content.

【0070】ファイルの取得や削除が行われた後,サーバ10から取得したコンテンツ管理ファイルが,クライアント20のHD装置28に格納されていたコンテンツ管理ファイルに代わってクライアント20のHD装置28に格納される(ステップ208 )。 [0070] After the acquisition and deletion of files has been carried out, content management files obtained from the server 10, are stored on behalf of the content management file that has been stored in the HD device 28 of the client 20 to the HD device 28 of the client 20 that (step 208). 最後に,ファイルの取得の成功または不成功の結果などを記録した通信結果ログが作成され,初期設定ファイルに記述された転送先アドレス(一般にはサーバ10)に向けて送信され(ステップ209 Finally, the communication result log that records such as success or failure of the result of the acquisition of the file is created (generally server 10) transfer destination address described in the initialization file is transmitted to the (step 209
),更新処理プログラムのすべての処理が終了する。 ), All of the processing of the update processing program is ended.

【0071】サーバ10のコンテンツ管理ファイルに記述されたシステムVer と,クライアント20のコンテンツ管理ファイルに記述されたシステムVer とが一致する場合(ステップ202 でYES)には,クライアント20のHD [0071] and the system described in the content management file of the server 10 Ver, in a case where the system Ver described in the content management file in the client 20 matches (YES at step 202), the client 20 HD
装置28に格納された指定ファイル群は,そのコンテンツに至るまでサーバ10のコンテンツ管理ファイルXによって管理されているファイルと全く同一である。 Stored in the device 28 the specified files is exactly the same as file managed by the content management file X server 10 up to its content. 更新処理プログラムは何等の処理も行わず,終了する。 Update processing program is not carried out even processing of what the like, and the end.

【0072】図9は,サーバ10においてファイルの追加および削除が行われた場合に,クライアント20において行われる更新処理の進行の様子を示している。 [0072] Figure 9, when the addition and deletion of files is performed in the server 10, shows how the progress of the update processing executed in the client 20. 上段,中段,下段の順番に更新処理が進行する。 Upper, middle, update processing in the lower part of the order to proceed.

【0073】図9の上段において,サーバ10においてアプリケーション・システムに属するファイルと,クライアント20のHD装置28に格納された指定ファイル群は, [0073] In the upper part of FIG. 9, the files belonging to the application system in the server 10, specifies the file group stored in the HD 28 of the client 20,
ともにaファイル,bファイル,cファイルおよびdファイルである。 Both a file, b file, c files and d files. サーバ10およびクライアント20は同じコンテンツ情報が記述されたコンテンツ管理ファイルXを持つ。 Server 10 and the client 20 has the content management file X to the same content information is described.

【0074】図9の中段において,サーバ10ではdファイルがアプリケーション・システムから削除され,新たにeファイルが追加されている。 [0074] In the middle of FIG. 9, the server 10 d file is deleted from the application system, and a new e file is added. サーバ10においてコンテンツ管理ファイルが更新される。 Content management file is updated in the server 10. 新たなコンテンツ情報が記述されたコンテンツ管理ファイルを符号Yで示す。 The content management file new content information is described indicated at Y. クライアント20はサーバ10からコンテンツ管理ファイルYを取得し,クライアント20が持つコンテンツ管理ファイルXと比較する。 The client 20 obtains the content management file Y from the server 10 and compared with the content management file X with the client 20. 比較の結果,クライアント20はサーバ10からeファイルを取得するとともに,HD装置 As a result of the comparison, with the client 20 acquires the e file from the server 10, HD device
28からdファイルを削除する。 28 to remove the d file from. サーバ10のアプリケーション・システムに含まれているファイル(コンテンツ管理ファイルYによって管理されているファイル)と,クライアント20のHD装置28に格納された指定ファイル群とが,そのコンテンツに至るまで同一になる(図9の下段)。 Any files that are included in the application system of the server 10 (content management file Y is managed by the file), and the specified file group stored in the HD 28 of the client 20, the same up to the content (bottom of FIG. 9).

【0075】第2実施例 図10は第2実施例におけるシステムの全体構成を示すものである。 [0075] Second Embodiment FIG. 10 shows the overall configuration of a system according to the second embodiment. サーバ10とクライアント20とがネットワークを介して接続されていない。 A server 10 and client 20 are not connected via a network. 他の点は第1実施例と同じである。 The other points are the same as the first embodiment.

【0076】サーバ10においてファイルの追加,削除またはファイル・コンテンツの変更が行われ,それに応じてサーバ10のコンテンツ管理ファイルXが更新される。 [0076] Additional file in the server 10, is carried out, delete, or change the file content, content management file X of the server 10 is updated accordingly.
このように更新されたコンテンツ管理ファイルXおよび管理対象ファイル群がサーバ10においてFDに記録(コピー)され,このFDがクライアント20側に渡される。 Thus updated content management file X and managed files are recorded in the FD in the server 10 (copies), the FD is transferred to the client 20 side.
クライアント20のユーザはこのFDをFDドライブ26にセットする。 The user of the client 20 to set the FD in the FD drive 26. 更新処理プログラムが起動される。 Update processing program is started. FDからサーバ10のコンテンツ管理ファイルXが読み出され, Content management file X of the server 10 is read out from the FD,
クライアント20のコンテンツ管理ファイルと比較される。 It is compared with the content management file of the client 20. この比較の結果に応じて,必要なファイルがFDから読み出され,クライアント20のHD装置28に格納され,クライアント20のHD装置28にある不要なファイルが削除される。 Depending on the result of this comparison, the necessary files are read from the FD, stored in HD 28 of the client 20, unnecessary files in the HD 28 of the client 20 is removed. クライアント20のコンテンツ管理ファイルがFD内のコンテンツ管理ファイルXによって更新される。 Content management file in the client 20 is updated by the content management file X in the FD. このようにして,FDを用いてオフラインで,クライアント20のファイルが,そのコンテンツに至るまでサーバ10のファイルと同一化される。 Thus, off-line using the FD, the file of the client 20 is a file of the same of the server 10 through to its content.

【0077】第3実施例 図11は第3実施例のネットワーク・システムの全体構成を示すものである。 [0077] Third Embodiment FIG. 11 shows an overall configuration of a network system of the third embodiment. ネットワークに,サーバ10Aおよびクライアント20Aに加えて,コンテンツ管理ファイル作成コンピュータ10Bおよび更新処理コンピュータ20Bが接続されている。 The network, in addition to the server 10A and client 20A, the content management file creation computers 10B and update processing computer 20B is connected. サーバ10A,クライアント20A,コンテンツ管理ファイル作成コンピュータ10Bおよび更新処理コンピュータ20Bのハード・ウエア構成は,基本的に図2に示すものと同じである。 Hard wear configuration of the server 10A, the client 20A, the content management file creation computers 10B and update processing computer 20B is the same as basically shown in Figure 2.

【0078】サーバ10AのHD装置にはマスタDIR, [0078] The master DIR is the HD device of the server 10A,
管理対象ファイル群およびコンテンツ管理ファイルが格納されている。 Management object file group and the content management file is stored. クライアント20AのHD装置にはスレーブDIR,指定ファイル群およびコンテンツ管理ファイルが格納されている。 The HD unit of the client 20A slave DIR, specified file group and the content management file is stored. コンテンツ管理ファイル作成プログラムはコンテンツ管理ファイル作成コンピュータ10B Content management file creation program content management file creation computer 10B
のHD装置に,更新処理プログラムおよび初期設定ファイルは更新処理コンピュータ20BのHD装置にそれぞれ格納されている。 To the HD device, update processing program and initialization files are respectively stored in the HD device update processing computer 20B.

【0079】コンテンツ管理ファイル作成プログラムを持つコンテンツ管理ファイル作成コンピュータ10Bは, [0079] The content management file creation computer 10B with the content management file creation program,
サーバ10AからマスタDIR等の必要なデータを取得して,コンテンツ管理ファイルXを作成する。 To obtain the necessary data of the master DIR like from the server 10A, to create a content management file X. このコンテンツ管理ファイルXはサーバ10AのHD装置に格納される。 The content management file X is stored in the HD unit of the server 10A.

【0080】サーバ10Aにおいてファイルの追加,削除またはファイル・コンテンツの変更等があった場合には,コンテンツ管理ファイル作成コンピュータ10Bはそれらを表すデータをサーバ10Aから取得して,コンテンツ管理ファイルXを更新する。 [0080] Additional files in the server 10A, when there is a change of deletion or file content, the content management file creation computer 10B retrieves the data representing them from the server 10A, updates the content management file X to. 更新されたコンテンツ管理ファイルXはサーバ10Aに戻される。 Updated content management file X is returned to the server 10A.

【0081】更新処理コンピュータ20Bはクライアント [0081] update processing computer 20B client
10Aからコンテンツ管理ファイルを取得し,サーバ10A To get the content management file from 10A, server 10A
からコンテンツ管理ファイルXを取得する。 To get the content management file X from. 両コンテンツ管理ファイルの比較に応じて,更新処理コンピュータ Depending on the comparison of both content management file, update processing computer
20Bは必要なファイルをサーバ10Aから取得してクライアント20Aに渡し,かつクライアント20Aにおける不要なファイルを削除する。 20B passes to get the necessary files from the server 10A to the client 20A, and delete unnecessary files in the client 20A.

【0082】このように,コンテンツ管理ファイル作成プログラムおよび更新処理プログラムを,サーバおよびクライアントと異なる装置にそれぞれ格納しておき,コンテンツ管理ファイル作成プログラムおよび更新処理プログラムをサーバおよびクライアントと異なる装置で実行させる構成を採用することによって,柔軟なネットワーク・システムを構成することができる。 [0082] Thus, the content management file creation program and update processing program may be stored respectively in different devices and servers and clients, to execute the content management file creation program and update processing program in a different device and server and client by adopting the configuration, it is possible to construct a flexible network system.

【0083】第4実施例 図12は第4実施例におけるファイル管理システムのシステム構成を示すものである。 [0083] Fourth Embodiment FIG. 12 shows a system configuration of a file management system in the fourth embodiment. 図12に示す構成では,ネットワークに接続されていない1台のコンピュータ(以下,スタンドアロン・コンピュータという)30のHD装置に,第1実施例のサーバ10のHD装置18に格納されたもの(上記(i)マスタDIR,上記(ii) 管理対象ファイル群,上記(iii) コンテンツ管理ファイル作成プログラムおよび上記(iv)コンテンツ管理ファイル)と,クライアント20のHD装置28に記憶されたもの(バックアップDIR(第1実施例の上記(xi)スレーブDIRと同じである),上記(xii) 指定ファイル群,上記(xiii)更新処理プログラム,上記(xiv) 初期設定ファイルおよび上記 In the configuration shown in FIG. 12, one that is not connected to a network computer (hereinafter, referred to as standalone computer) to HD apparatus 30 that has been stored in the HD 18 of the server 10 of the first embodiment (above ( i) master DIR, the (ii) managing the file group, the a (iii) the content management file creation program and (iv) above content management file), what is stored in the HD unit 28 of the client 20 (backup DIR (the 1 embodiment is the same as that of the above (xi) slave DIR), the (xii) specifying files, the (xiii) update processing program, the (xiv) the initialization file and the
(xv)コンテンツ管理ファイル)の両方が記憶されている。 Both of (xv) content management file) is stored. 上記(xii)指定ファイル群は,一般にバックアップ用として用いられる。 Above (xii) specifying files are used commonly as a backup.

【0084】管理対象ファイル群においてファイルの追加,削除またはファイル・コンテンツの変更があると, [0084] Additional file in the management object file group, and there is a delete, or change the file content,
コンテンツ管理ファイルを利用して,バックアップ用の指定ファイル群のファイルも同じように追加,削除またはファイル・コンテンツが変更される。 Using the content management file, also added in the same way as files in the specified group of files for backup, it is changed to delete or file content. 利用されるファイル群と常に同一のバックアップ用の指定ファイル群が確保される。 Always specified file group for the same backup is ensured with the use of the file being group.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】第1実施例のネットワーク・システムの全体構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing the overall configuration of a network system of the first embodiment.

【図2】サーバのハード・ウエア構成を示すブロック図である。 2 is a block diagram showing a hard ware configuration of the server.

【図3】マスタDIRの内容を示す。 FIG. 3 shows the contents of the master DIR.

【図4】コンテンツ管理ファイルXに登録すべきものとして選択されたファイルをグループ化した様子を示す。 4 shows a state in which group the selected file as to be registered in the content management file X.

【図5】コンテンツ管理ファイルXの内容を示す。 Figure 5 shows the contents of the content management file X.

【図6】サーバにおけるマスタDIRの更新処理におけるサーバの処理を示すフローチャートである。 6 is a flowchart showing the processing of the server in the process of updating the master DIR in server.

【図7】サーバにおけるコンテンツ管理ファイル作成プログラムの処理手順を示すフローチャートである。 7 is a flowchart showing a processing procedure of the content management file creating program in the server.

【図8】更新処理プログラムの処理手順を示すフローチャートである。 8 is a flowchart illustrating the procedure of the updating program.

【図9】サーバにおいてファイルの追加および削除が行われた場合の,クライアントにおける更新処理の進行の様子を示している。 [9] when adding and deleting files in the server is performed, shows how the progress of the updating process in the client.

【図10】第2実施例におけるシステムの全体構成を示す。 10 shows an overall configuration of a system according to the second embodiment.

【図11】第3実施例におけるネットワーク・システムの全体構成を示す。 11 shows an overall configuration of a network system in the third embodiment.

【図12】第4実施例におけるシステムの全体構成を示す。 12 shows an overall configuration of a system in the fourth embodiment.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10 サーバ・コンピュータ 20 クライアント・コンピュータ 11,21 入力装置 12, 22 出力装置 13,23 CPU 14,24 通信装置 15,25 内部メモリ 16,26 FDドライブ 17,27 CD−ROMドライブ 18,28 HD装置 19,29 CD−ROM 10 server computer 20 client computers 11 and 21 the input device 12, 22 the output device 13, 23 CPU 14, 24 communication device 15, 25 internal memory 16, 26 FD drive 17 and 27 CD-ROM drive 18, 28 HD 19 , 29 CD-ROM

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 白鳥 充 東京都千代田区一番町16番 株式会社日本 総合研究所内 (72)発明者 池田 浩 東京都千代田区一番町16番 株式会社日本 総合研究所内 (72)発明者 栗田 潔 東京都千代田区一番町16番 株式会社日本 総合研究所内 (72)発明者 行形 芳和 東京都千代田区一番町16番 株式会社日本 総合研究所内 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Takashi Shiratori, Chiyoda-ku, tokyo Ichibancho 16th Japan research within the Institute (72) inventor Hiroshi Ikeda Chiyoda-ku, tokyo Ichibancho 16th Nippon research house (72) inventor Kiyoshi Kurita, Chiyoda-ku, tokyo Ichibancho 16th Japan Research within the Institute (72) inventor line-shaped Yoshikazu, Chiyoda-ku, tokyo Ichibancho 16th Japan Research Institute in

Claims (4)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 第1のファイル,および第1のファイルとコンテンツが同一に保たれるべき第2のファイルを含むシステムにおいて,第2のファイルのコンテンツを第1のファイルのコンテンツと同一化するためのファイル管理方法であり,第1のファイルのコンテンツに基づいて第1のファイル識別子を生成し,少なくとも第1のファイル識別子を含む第1のファイル管理情報を作成し, 1. A system including a second file to the first file, and the first file and the content is kept the same, the contents of the second file identification with the contents of the first file It is a file management method for, based on the content of the first file to generate a first file identifier, to create a first file management information including at least a first file identifier,
    第1のファイルの更新があったときに,それに応じて第1のファイル識別子を含む第1のファイル管理情報を更新し,第2のファイルに関する第2のファイル識別子を含む第2のファイル管理情報を,第1のファイル識別子を含む第1のファイル管理情報と比較し,第2の識別子が第1の識別子と相違するときに,第2のファイルを第1のファイルの更新に応じて更新し,かつ第2のファイル管理情報を第1のファイル管理情報の更新に応じて更新する,ファイル管理方法。 When an update of the first file, and update the first file management information including the first file identifier accordingly, the second file management information including a second file identifier for the second file and compared with the first file management information including the first file identifier, when the second identifier is different from the first identifier, update in accordance with the second file to update the first file and it is updated according to the second file management information to update the first file management information, the file management method.
  2. 【請求項2】 第1のファイル,および第1のファイルとコンテンツが同一に保たれるべき第2のファイルを含むシステムにおいて,第2のファイルのコンテンツを第1のファイルのコンテンツと同一化するためのファイル管理をシステム内のコンピュータに実行させるためのプログラムを記憶した媒体であり,このプログラムは,第1のファイルのコンテンツに基づいて第1のファイル識別子を生成し,少なくとも第1のファイル識別子を含む第1のファイル管理情報を作成し,第1のファイルの更新があったときに,それに応じて第1のファイル識別子を含む第1のファイル管理情報を更新し,第2のファイルに関する第2のファイル識別子を含む第2のファイル管理情報を,第1のファイル識別子を含む第1のファイル管理情報と比較し 2. A system including a second file to the first file, and the first file and the content is kept the same, the contents of the second file identification with the contents of the first file a medium storing a program for executing the file management in a computer in the system for this program, based on the content of the first file to generate a first file identifier, at least a first file identifier create a first file management information including, when an update of the first file, and update the first file management information including the first file identifier accordingly, first for the second file the second file management information including the second file identifier, as compared to the first file management information including the first file identifier ,第2の識別子が第1の識別子と相違するときに,第2のファイルを第1のファイルの更新に応じて更新し,かつ第2のファイル管理情報を第1のファイル管理情報の更新に応じて更新するようコンピュータを制御する,ファイル管理のためのプログラムを格納した媒体。 , When the second identifier is different from the first identifier, a second file is updated in response to updating the first file, and the second file management information to update the first file management information in response to control computer to update, medium storing a program for file management.
  3. 【請求項3】 ファイルのコンテンツに基づいてファイル識別子を作成し,少なくともファイル識別子を含むファイル管理情報を作成し,ファイルの更新があったときに,それに応じてファイル識別子を含むファイル管理情報を更新するようにコンピュータを制御するためのファイル管理情報作成プログラムを格納した媒体。 3. Create a file identifier based on the file content, create a file management information including at least file identifier, when an update of the file, update the file management information including a file identifier accordingly medium storing file management information creation program for controlling a computer to.
  4. 【請求項4】 第1のファイルのコンテンツに基づいて生成または更新された第1のファイル識別子を含む第1 4. A first comprising a first file identifier generated or updated based on the contents of the first file
    のファイル管理情報を取得し,第2のファイルに関する第2のファイル識別子を含む第2のファイル管理情報を,第1のファイル識別子を含む第1のファイル管理情報と比較し,第2の識別子が第1の識別子と相違するときに,第2のファイルを第1のファイルの更新に応じて更新する指令を出し,かつ第2のファイル管理情報を第1のファイル管理情報の更新に応じて更新するようコンピュータを制御するファイル更新プログラムを格納した媒体。 The acquired file management information, the second file management information including a second file identifier for the second file, compared with the first file management information including the first file identifier, the second identifier when the differences from the first identifier, a second file issues a command to update in response to the updating of the first file, and the second file management information in response to the updating of the first file management information update medium storing a file update program for controlling a computer to.
JP10046318A 1998-02-13 1998-02-13 File management method and medium storing file management program Pending JPH11232159A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10046318A JPH11232159A (en) 1998-02-13 1998-02-13 File management method and medium storing file management program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP10046318A JPH11232159A (en) 1998-02-13 1998-02-13 File management method and medium storing file management program

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH11232159A true JPH11232159A (en) 1999-08-27

Family

ID=12743824

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP10046318A Pending JPH11232159A (en) 1998-02-13 1998-02-13 File management method and medium storing file management program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH11232159A (en)

Cited By (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001306376A (en) * 2000-04-26 2001-11-02 Nikon Corp Recording medium for managing data file, data file management device, method for transmitting picture data, and method for transmitting data
JP2007507030A (en) * 2003-09-25 2007-03-22 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Maschines Corporation The method for synchronizing data, system and program
JP2008541263A (en) * 2005-05-09 2008-11-20 マイクロソフト コーポレーション Fast and reliable synchronization of file system directory
JP2009020753A (en) * 2007-07-12 2009-01-29 Toshiba Corp Data synchronization system and program
JP2009514074A (en) * 2005-10-27 2009-04-02 ▲ホア▼▲ウェイ▼技術有限公司 How to perform data synchronization, system, client and server
JP2009098733A (en) * 2007-10-12 2009-05-07 Olympus Corp Information processor, information processing method and information processing program
JP2010049647A (en) * 2008-08-25 2010-03-04 Nec Corp Client server system, client computer, server, file management method, and program therefor
JP2010165255A (en) * 2009-01-16 2010-07-29 Nec Corp Dynamic generation system and dynamic pair setting method of replicated volume
JP2010182408A (en) * 2000-11-22 2010-08-19 Microsoft Corp Improved playback control method for dvd player, and system and computer readable medium
JP2010271562A (en) * 2009-05-22 2010-12-02 Alpine Electronics Inc Apparatus and method for generating speech recognition dictionary
JP2013120500A (en) * 2011-12-07 2013-06-17 Canon Inc Information processing apparatus, and information processing method
JP2013211036A (en) * 2009-06-05 2013-10-10 Microsoft Corp Synchronizing file partitions utilizing server storage model
US8730349B2 (en) 2000-04-26 2014-05-20 Nikon Corporation Recording medium for data file management, apparatus for data file management, handling apparatus for image data, and image capturing system
JP2014146349A (en) * 2008-03-28 2014-08-14 Alibaba Group Holding Ltd File folder transmission on network
US8984392B2 (en) 2008-05-02 2015-03-17 Microsoft Corporation Document synchronization over stateless protocols
US9300721B2 (en) 2009-09-14 2016-03-29 Alibaba Group Holding Limited Method, apparatus and system for file transfer based on file directory

Cited By (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8730349B2 (en) 2000-04-26 2014-05-20 Nikon Corporation Recording medium for data file management, apparatus for data file management, handling apparatus for image data, and image capturing system
JP2001306376A (en) * 2000-04-26 2001-11-02 Nikon Corp Recording medium for managing data file, data file management device, method for transmitting picture data, and method for transmitting data
JP2010182408A (en) * 2000-11-22 2010-08-19 Microsoft Corp Improved playback control method for dvd player, and system and computer readable medium
JP2007507030A (en) * 2003-09-25 2007-03-22 インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーションInternational Business Maschines Corporation The method for synchronizing data, system and program
JP2008541263A (en) * 2005-05-09 2008-11-20 マイクロソフト コーポレーション Fast and reliable synchronization of file system directory
JP2009514074A (en) * 2005-10-27 2009-04-02 ▲ホア▼▲ウェイ▼技術有限公司 How to perform data synchronization, system, client and server
JP2009020753A (en) * 2007-07-12 2009-01-29 Toshiba Corp Data synchronization system and program
JP2009098733A (en) * 2007-10-12 2009-05-07 Olympus Corp Information processor, information processing method and information processing program
US9128952B2 (en) 2008-03-28 2015-09-08 Alibaba Group Holding Limited File folder transmission on network
JP2014146349A (en) * 2008-03-28 2014-08-14 Alibaba Group Holding Ltd File folder transmission on network
US9792297B2 (en) 2008-03-28 2017-10-17 Alibaba Group Holding Limited File folder transmission on network
US8984392B2 (en) 2008-05-02 2015-03-17 Microsoft Corporation Document synchronization over stateless protocols
JP2010049647A (en) * 2008-08-25 2010-03-04 Nec Corp Client server system, client computer, server, file management method, and program therefor
JP2010165255A (en) * 2009-01-16 2010-07-29 Nec Corp Dynamic generation system and dynamic pair setting method of replicated volume
JP2010271562A (en) * 2009-05-22 2010-12-02 Alpine Electronics Inc Apparatus and method for generating speech recognition dictionary
JP2013211036A (en) * 2009-06-05 2013-10-10 Microsoft Corp Synchronizing file partitions utilizing server storage model
US9300721B2 (en) 2009-09-14 2016-03-29 Alibaba Group Holding Limited Method, apparatus and system for file transfer based on file directory
JP2013120500A (en) * 2011-12-07 2013-06-17 Canon Inc Information processing apparatus, and information processing method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7657586B2 (en) Policy-based management of a redundant array of independent nodes
US6782389B1 (en) Distributing files across multiple, permissibly heterogeneous, storage devices
US7487228B1 (en) Metadata structures and related locking techniques to improve performance and scalability in a cluster file system
US7548959B2 (en) Method for accessing distributed file system
CN101228523B (en) System and method for caching network file systems
US6618736B1 (en) Template-based creation and archival of file systems
KR101120817B1 (en) Systems and methods for providing relational and hierarchical synchronization services for units of information manageable by hardware/software interface system
CN100388276C (en) Multiple concurrent active file systems
US6928444B2 (en) Automatic backup/recovery process
US7860907B2 (en) Data processing
JP5427533B2 (en) Transfer method and system of duplicate files in a hierarchical storage management system
CN101276366B (en) Computer system preventing storage of duplicate files
US7590667B2 (en) File replication method for distributed file systems
US7676526B1 (en) System, method and computer program product for multi-level file-sharing by concurrent users
US7257257B2 (en) Method and apparatus for differential, bandwidth-efficient and storage-efficient backups
JP4354233B2 (en) Backup system and method
US7389314B2 (en) Database backup, refresh and cloning system and method
EP1148416B1 (en) Computer system and snapshot data management method
US20060123057A1 (en) Internally consistent file system image in distributed object-based data storage
CN102597983B (en) Metadata virtual hard disk drive and a differential backup virtual hard drive
US20110072059A1 (en) Method and System for Synchronizing a Virtual File System at a Computing Device with a Storage Device
CN100369002C (en) Switch device, system, backup method and computer program
CN101351772B (en) Method and system for sharing files among different virtual machine images
JP4117265B2 (en) The method and system for managing the version of the file system
KR101137299B1 (en) Hierarchical storage management for a file system providing snapshots