JPH10289060A - Display method for touch panel - Google Patents

Display method for touch panel

Info

Publication number
JPH10289060A
JPH10289060A JP9358597A JP9358597A JPH10289060A JP H10289060 A JPH10289060 A JP H10289060A JP 9358597 A JP9358597 A JP 9358597A JP 9358597 A JP9358597 A JP 9358597A JP H10289060 A JPH10289060 A JP H10289060A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
key
display
keys
touch panel
screen
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP9358597A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takasuke Kuno
Koji Naito
Junko Natsume
Tatsuya Tanigawa
高資 久野
耕司 内藤
純子 夏目
達也 谷川
Original Assignee
Minolta Co Ltd
ミノルタ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Minolta Co Ltd, ミノルタ株式会社 filed Critical Minolta Co Ltd
Priority to JP9358597A priority Critical patent/JPH10289060A/en
Publication of JPH10289060A publication Critical patent/JPH10289060A/en
Application status is Granted legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To permit any operator to easily operate a prescribed key without changing the display position and the order of keys by detecting a difference between the number of the depression times of the most depressed key and a least depressed key.
SOLUTION: A variable KE501 showing a one side original key is compared with KE502 showing a double face original key. The variable KE501 is compared with KE502 showing a book original key. The variable KE502 is compared with KE503. The key SD5 whose number of the depression times is the largest and the key SS5 whose number is the lowest are decided (step S4080-step S423). When the largest key SD5 and the minimum key SS5 on the number of depression times are decided, the largest key SD5 is set to D5 showing a large size key when the difference between the largest number and the minimum number of depression times is more than 50 (YEST in step S424).
COPYRIGHT: (C)1998,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、キー入力に用いられるタッチパネルの表示方法、特に複写機、ファクシミリ、プリンタなどの電子機器のタッチパネルの表示方法に関する。 The present invention relates to a display method for a touch panel used in the key input, in particular a copying machine, a facsimile, a display method for a touch panel of an electronic apparatus such as a printer.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来より、複写機、ファクシミリなどの操作パネルには、液晶表示装置やCRT表示装置の表示画面上に、入力のためのキーを1つ又は複数個表示し、 Conventionally, a copying machine, a control panel, such as a facsimile, on the display screen of the liquid crystal display device or CRT display device, a key one or more display and for input,
画面上のキーの表示された部分にオペレータが指などを接触させることによって、そのキーのキー入力を行うように制御されたタッチパネルが用いられている。 By the operator contacting the finger on the displayed portion of the key on the screen, controlled touch panel to perform a key input of the key is used.

【0003】タッチパネルを有するファクシミリ装置においては、タッチパネルの画面上に、20〜30の宛先電話番号を表示するワンタッチキーが表示され、画面を切り替えることにより、100以上の宛先電話番号を登録可能としているものもある。 [0003] In the facsimile apparatus having a touch panel, on the screen of the touch panel, displays the one-touch key for displaying a destination telephone number of 20 to 30, by switching the screen, and can be registered more than 100 destination telephone number also some things. このワンタッチキー機能によって頻繁に使用する宛先の送信操作手順を簡略化し、ファクシミリ装置の操作性を向上させている。 The transmission operation procedure of a destination to be frequently used by the one-touch key function simplified, thereby improving the operability of the facsimile apparatus.

【0004】そして、例えば、特開平4ー225673 [0004] and, for example, JP-4-225673
に示されるように、ワンタッチキーを使用するごとに宛先の使用回数を計数し、使用回数に基づいて使用頻度の高い宛先から順序付けを行い、その順序付けに従って使用頻度の高いものから、タッチパネル切り替え画面の1 As shown in, counts the number of uses of the destination each use the one-touch key, perform ordered from most frequently used destination based on the number of uses, from the highest frequency of use in accordance with the ordering of the touch panel switch screen 1
枚目の表示位置に順次変更する技術が提案されている。 Sequentially changing the techniques have been proposed to the sheet of the display position.

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上述のファクシミリ装置では、ワンタッチキーを使用するごとに、タッチパネル画面上に表示される宛先の表示位置が順次使用頻度により変更されるため、オペレータが使用したい宛先キーを検索するのに手間取り、オペレータの操作時の負担になるという問題があった。 [SUMMARY OF THE INVENTION However, in the above-described facsimile apparatus, each time using a one-touch key, the display position of the destination to be displayed on the touch panel screen is changed by sequentially frequency of use, we want to use the operator took time to find the destination key, there is a problem that a burden at the time of the operation of the operator.

【0006】本発明は、上述の問題に鑑みてなされたもので、ファクシミリ装置に限らず、オペレータが指などを接触させることによって、そのキーのキー入力を行うように制御されたタッチパネルにおいて、使用頻度の高低によりキーの表示位置や順序を変更することなく、あらゆるオペレータが所定のキーを検索しやすく、且つ使用頻度の高いキーの検索を容易にするタッチパネルのキー表示方法を提供することを目的とする。 [0006] The present invention has been made in view of the above problems are not limited to the facsimile apparatus, by the operator contacting the finger, in a controlled touch panel to perform a key input of the key, using aims to provide without changing the display position or order of the keys by the high and low frequency, any operator easier to find a predetermined key, and the key display method for a touch panel to facilitate retrieval of frequently used keys to.

【0007】 [0007]

【課題を解決するための手段】上記目的を達成するための請求項1に記載の発明は、表示画面上に配列された複数のキーのうち、押下のあったキーについて入力を行うように構成されたタッチパネルの表示方法であって、前記タッチパネル上の各キーの押下回数をそれぞれ計数するとともに、最多押下キーと最少押下キーの押下回数の差を検知し、前記押下回数の差が設定した値以上になると前記最多押下キーの表示を他のキーと異なる表示形体に変更することを特徴とするタッチパネルの表示方法である。 According to claim 1 for achieving the above object, SUMMARY OF] invention, among a plurality of keys arranged on a display screen, configured to perform input for made the pressed key a is display method of the touch panel, the value with counting the press count of each key on the touch panel, respectively, to detect the difference in the number of pressing times of the most pressing key and minimal pressed key, the difference between the press count is set a display method for a touch panel, characterized in that to change the display form to display and another key different most-pressed key to become higher.

【0008】このように、キーの使用回数を計数し、その使用頻度の高いキーをオペレータがタッチパネル画面上を見ただけで簡単に他のキーと区別でき、使用頻度の高いキーをオペレータが検索しやすく、オペレータの操作時の負担を軽減するタッチパネルを提供できる。 [0008] In this way, by counting the number of times of use of the key, it can be easily distinguished from the other key high key of the frequency of use in the only operator saw on the touch panel screen, search for frequently used key operator easily, it is possible to provide the touch panel to reduce the burden at the time of the operation of the operator.

【0009】また、請求項2に記載の発明は、表示画面上に配列された複数のキーのうち、接触のあったキーについて入力を行うように構成されたタッチパネルの表示方法であって、オペレータが、あらかじめ設定入力画面で所定のキーを指定することにより、前記タッチパネルにおいて指定されたキーの表示を他のキーと異なる表示形体に変更することを特徴とするタッチパネルの表示方法である。 Further, the invention according to claim 2, among the plurality of keys arranged on a display screen, a configured display method for a touch panel to perform input for a key of contact, the operator but by specifying a predetermined key in preset input screen, a display method for a touch panel, characterized in that to change the display of the key specified in the touch panel in a different display form other keys.

【0010】このように、オペレータが、あらかじめ優先して設定したいキー表示を他のキー表示と区別できる表示形体に変更することにより、あらゆるオペレータのキー検索を容易にし、オペレータの操作時の負担を軽減するタッチパネルを提供できる。 [0010] In this way, the operator, by changing the key display you want to set in advance priority to display features that can be distinguished from other key display, the key search of any operator to facilitate, the burden at the time of the operation of the operator It can provide relief to the touch panel.

【0011】また、請求項3に記載の発明は、表示画面上に配列された複数のキーのうち、押下のあったキーについて入力を行うように構成されたタッチパネルの表示方法であって、前記各キーの押下回数をそれぞれ計数し、該押下回数に応じてキーサイズを変更し、それぞれ該押下回数に応じた表示サイズに変更することを特徴とするタッチパネルの表示方法である。 [0011] Further, an invention according to claim 3, among the plurality of keys arranged on a display screen, a configured display method for a touch panel to perform input for made the pressed key, the the press count of each key counted respectively, to change the key size according to pressing under number is a display method of the touch panel and changes the display size in accordance with the pressing under number respectively.

【0012】このように、キーの使用回数を計数し、その使用回数が一定の回数に達する毎にキーサイズを大きくし、オペレータがタッチパネル画面上を見ただけで使用頻度の高いキーを簡単に他のキーと区別でき、使用頻度の高いキーをオペレータが検索しやすく、オペレータの操作時の負担を軽減するタッチパネルを提供できる。 [0012] In this way, by counting the number of times of use of the key, the number of times of use is to increase the key size for each reaches a certain number of times, easily the key frequently used in the only operator saw on the touch panel screen can be distinguished from the other keys, the high frequency of use key operator is easy to search, it is possible to provide a touch panel to reduce the burden at the time of the operation of the operator.

【0013】また、請求項4に記載の発明における前記他のキーと異なる表示形体とは、キーの表示色が、他のキーの表示色と異なる色の表示に変更することを特徴とする。 Further, the and the different display forms another key in the invention of claim 4, the display color of the key, and changes the display color different from the display color of other keys.

【0014】このように、オペレータが他のキーと区別できる表示とするキーは、キーの表示色が他のキーの表示色と異なることにより、使用頻度の高いキーと低いキーを区別でき、あらゆるオペレータのキー検索を容易にし、オペレータの操作時の負担を軽減するタッチパネルを提供できる。 [0014] Thus, the key to display the operator can be distinguished from other keys, by the display color of the key is different from the display color of other keys, can be distinguished frequently used keys and low key, any to facilitate the key search of the operator, it can provide a touch panel to reduce the burden at the time of the operation of the operator.

【0015】また、請求項5に記載の発明における他のキーの表示色と異なる色の表示に変更するキーの表示は、キーの表示文字色が他のキーの表示文字色と異なることを特徴とする。 Further, the display of the key to change the display color different from the display color of other keys in the invention of claim 5, characterized in that the display character color key is different from the display character color of other key to.

【0016】このように、オペレータが他のキーと区別できる表示とするキーは、キーの表示文字の色が他のキーと異なり、使用頻度の高いキーと低いキーを区別でき、あらゆるオペレータのキー検索を容易にし、オペレータの操作時の負担を軽減するタッチパネルを提供できる。 [0016] In this way, the key to be displayed that can be distinguished operator with other keys, different color of the display character of the key with other keys, it is possible to distinguish between the frequently used key and low-key, the key of any operator Search facilitates, can provide a touch panel to reduce the burden upon the operator's operation.

【0017】また、請求項6に記載の発明における前記他のキーと異なる表示形体とは、キーの表示サイズが、 Moreover, the said other keys and different display form in the invention of claim 6, the display size of the key,
他のキーの表示サイズと異なることを特徴とする。 Characterized in that it is different from the display size of the other key.

【0018】このように、オペレータが他のキーと区別できる表示とするキーは、キーの表示サイズが他のキー表示サイズに比べて、大きい、または、小さいことにより、使用頻度の高いキーと低いキーを区別でき、あらゆるオペレータのキー検索を容易にし、オペレータの操作時の負担を軽減するタッチパネルを提供できる。 [0018] Thus, the key to be displayed distinguishable operator with other keys than the display size of other key display size of the key, large, or that the small, low and high frequency of use keys can distinguish between the key, the key search of any operator to easily, it is possible to provide a touch panel to reduce the burden at the time of the operation of the operator.

【0019】また、請求項7に記載の発明における前記他のキーと異なる表示形体とは、キーの外形の表示が、 Further, the said other keys and different display form in the invention of claim 7, the display of the outline of the key,
他のキーの外形と異なる外形に変更することを特徴とする。 And changing to a different contour and contour of the other keys.

【0020】このように、オペレータが他のキーと区別できる表示とするキーは、キーの表示の形が他のキーの形と異なり、使用頻度の高いキーと低いキーを区別でき、あらゆるオペレータのキー検索を容易にし、オペレータの操作時の負担を軽減するタッチパネルを提供できる。 [0020] In this way, the key to be displayed that can be distinguished operator with other keys, different display form of the key is in the form of other keys, it can distinguish between the most frequently used key and low key, of any operator the key search is easy, it is possible to provide a touch panel to reduce the burden at the time of the operation of the operator.

【0021】また、請求項8に記載の発明における前記他のキーと異なる表示形体とは、キーの表示文字の太さが、他のキーの表示文字の太さと異なることを特徴とする。 Moreover, the said other keys and different display form in the invention of claim 8, the thickness of the display character of the key, characterized in that different from the thickness of the display character of the other keys.

【0022】このように、オペレータが他のキーと区別できる表示とするキーは、キーの表示文字の太さが他のキーと異なり、使用頻度の高いキーと低いキーを区別でき、あらゆるオペレータのキー検索を容易にし、オペレータの操作時の負担を軽減するタッチパネルを提供できる。 [0022] In this way, the key to be displayed that can be distinguished from the operator and other key, unlike the thickness of the display character of the key with other keys, it is possible to distinguish between the frequently used key and low key, of any operator the key search is easy, it is possible to provide a touch panel to reduce the burden at the time of the operation of the operator.

【0023】また、請求項9に記載の発明における前記他のキーと異なる表示形体とは、キーの表示文字の大きさが、他のキーの表示文字の大きさと異なることを特徴とする。 Further, the said other keys and different display form in the invention of claim 9, the display character size key, characterized in that different display character size of other keys.

【0024】このように、オペレータが他のキーと区別できる表示とするキーは、キーの表示文字の大きさが他のキーの表示文字の大きさと異なり、使用頻度の高いキーと低いキーを区別でき、あらゆるオペレータのキー検索を容易にし、オペレータの操作時の負担を軽減するタッチパネルを提供できる。 [0024] In this way, the key to display the operator can be distinguished from the other keys, different display size of the character of the key and the display size of the character of the other key, distinguish frequently used key and low key can be, the key search of any operator to easily, it is possible to provide a touch panel to reduce the burden at the time of the operation of the operator.

【0025】 [0025]

【実施例】図1は、本発明を適用した電子写真方式の複写機1の概略の構成を示す正面断面図である。 DETAILED DESCRIPTION FIG. 1 is a front sectional view showing a schematic configuration of the copier 1 of the electrophotographic type according to the present invention.

【0026】複写機1は、複写機本体1A、本体載置台1B、自動原稿送り装置1C、給紙ユニット1D、ソータ1E、及び自動両面ユニット1Fから構成されている。 The copying machine 1, the copying machine main body 1A, the body mounting table 1B, the automatic document feeder 1C, the paper feed unit 1D, and a sorter 1E, and automatic duplex unit 1F. 図1はいわゆるフル装備状態を示している。 Figure 1 shows a so-called full armed state.

【0027】複写機本体1Aは、周知の電子写真プロセスを実行するための必須の機構からなる。 The copier main body 1A is comprised of essential mechanisms for performing well-known electrophotographic process. すなわち、複写機本体1Aの略中央部には、反時計方向に回転駆動されつつ光学系20による露光を受ける感光体ドラム2が配置され、その周囲には、イレーサランプ3、帯電チャージャ5、現像器6、転写チャージャ8、分離チャージャ9、及びブレード式のクリーニング装置10が配設されている。 In other words, the substantially central portion of the copying machine main body 1A is being rotated counterclockwise is disposed the photosensitive drum 2 for receiving the exposure by the optical system 20, the periphery thereof, eraser lamp 3, a charger 5, a developing vessel 6, a transfer charger 8, the separation charger 9, and the cleaning device 10 of the blade type is arranged. 感光体ドラム2の表面には、光学系20からの露光によって潜像が形成され、現像器6によって現像されてトナー像が形成される。 On the surface of the photosensitive drum 2, a latent image is formed by exposure from the optical system 20, a toner image is formed is developed by the developing device 6.

【0028】光学系20は、複写機本体1Aの上面となる原稿台ガラス11上に載置された原稿を走査可能に設けられたもので、露光ランプ21、ミラー22〜25、 The optical system 20, in the upper surface and consisting original placed on the platen glass 11 of the copying machine main body 1A that is provided to be scanned, the exposure lamp 21, mirrors 22 to 25,
及び投影レンズ26などからなる。 And the like projection lens 26.

【0029】複写機本体1Aの左側面には、手動で用紙を給紙するための手差しトレー31、給紙カセット3 [0029] the left side of the copying machine main body 1A is, the manual feed tray 31 for feeding sheets of paper manually, the paper feed cassette 3
2、及び給紙ユニット1Dが設けられている。 2, and a paper feed unit 1D is provided.

【0030】複写に際しては、選択された1つの手差しトレー31、用紙カセット32、給紙ユニット1Dから用紙が複写機本体1Aの内部に供給される。 [0030] In copying, one manual feed tray 31 is selected, the sheet cassette 32, paper from the paper feeding unit 1D is supplied to the inside of the copying machine main body 1A. 感光体ドラム2からトナー像を転写された用紙は、搬送ベルト13 Paper from the photosensitive drum 2 the toner image has been transferred, the conveyor belt 13
によって定着ローラ対14へ送られ、トナー像の定着の後に排出ローラ15によって複写機本体1Aの外へ送り出される。 Is sent to a fixing roller pair 14 by, it is sent out of the copying machine main body 1A by the discharge roller 15 after fixing the toner image.

【0031】ソータ1Eは、排紙トレイ551と多数のビン531を有し、多数項(多数枚)からなる原稿を複写する場合に、ソート又はグルーピングといった用紙の仕分けを行うものである。 The sorter 1E has a paper discharge tray 551 and a number of bins 531, when copying a document consisting claim number (large number), and performs sorting of the paper, such as sorting or grouping.

【0032】自動原稿送り装置1Cは、トレイ304上に積まれた原稿を1枚ずつ繰り出す原稿給紙部310、 The automatic document feeder. 1C, the document feeding unit 310 for feeding the originals stacked on the tray 304 one by one,
原稿ガラス11上の所定位置に原稿を載置するための原稿搬送部320、及び両面原稿の表裏を反転する表裏反転部330からなる。 Consisting reversing unit 330 for reversing the front and back of the document conveying unit 320, and duplex document for placing a document on a predetermined position on the document glass 11.

【0033】自動両面ユニット1Fは、排出ローラ15 The automatic duplex unit 1F is discharging roller 15
によって複写機本体1Aの外へ送り出された用紙の進行方向を逆転させる反転ローラ41、排紙/合成切り換え爪42を有する。 Having an inverting roller 41, the sheet discharge / synthesis switching claw 42 to reverse the traveling direction of the sheet fed out of the copying machine main body 1A by. 片面複写された用紙は、まず排出ローラ15および反転ローラ41の回転によって複写機本体1Aの外へ送り出される。 Sided copied paper is fed out of the copying machine main body 1A by the rotation of the discharge roller 15 and reversing roller 41 initially. 送り出された用紙の後端部が反転ローラ41に達すると、反転ローラ41は、逆回転し、用紙は、進行方向を変え、自動両面ユニット1F内に収納される。 When the rear end portion of the fed out paper reaches the reversing roller 41, reversing roller 41 is reversely rotated, the sheet changes the direction of travel, are housed in the automatic duplex unit 1F. そして用紙は、ローラにより再び複写機本体1Aの略中央部に送り込まれる。 The paper is fed at a substantially central portion of the re-copying machine main body 1A by the rollers.

【0034】なお、ソータ1E、自動原稿送り装置1C [0034] Incidentally, the sorter 1E, automatic document feeder 1C
及び自動両面ユニット1Fの動作は、後述する操作パネル50の操作によって指定することができる。 And operation of the automatic duplex unit 1F can be designated by operating the operation panel 50 to be described later.

【0035】図2は、電子写真方式の複写機本体1Aの上面に設けられた操作パネル50を示す図である。 [0035] FIG. 2 is a diagram showing an operation panel 50 provided on the upper surface of the copying machine main body 1A of the electrophotographic system. 操作パネル50は、操作パネルとしてコピー枚数や複写倍率を直接設定するためのテンキー54と、テンキー54により入力された置数を標準値「1」にもどすためのクリアキー64と、複写動作を開始させるためのスタートキー61と、設定されている各モードを標準値に戻すためのパネルリセットキー65と、複写動作を中止させるためのストップキー63と、タッチパネルで51が設けられている。 Operation panel 50 includes start and ten keys 54 for setting the number of copies and the copy magnification directly as an operation panel, a clear key 64 for returning a numeric input by the ten key 54 to the standard value "1", the copying operation a start key 61 for causing a panel reset key 65 for returning to the standard value of each mode is set, a stop key 63 for stopping the copying operation, 51 is provided with a touch panel. タッチパネル51は、液晶表示装置52と、 The touch panel 51 includes a liquid crystal display device 52,
その上に設けられた透明なタッチスイッチ53からなる。 A transparent touch switch 53 provided thereon.

【0036】タッチパネル51は、紙詰まり発生、サービスマンコール発生、又は、ペーパーエンプティ発生などの複写機システム1における種々の状態や、濃度、倍率、又は用紙などの複写機システム1の種々の動作モード、及びその他の種々の情報を表示するとともに、各動作モードの選択のための入力を行う。 [0036] The touch panel 51, a paper jam occurs, serviceman call occurs, or, paper or a variety of conditions in the copier system 1, such as empty generation, concentration, ratio or various operating modes of the copier system 1, such as paper, , and which displays various other information, the input for the selection of the operation modes.

【0037】図2に示すタッチパネル51は、本実施例における標準画面であり、「基本」キー400、「コピー形式」キー500、「仕上げ」キー600、「ファイリング」キー700という4つに大分類された複写条件の選択キーを画面上部に表示する。 The touch panel 51 shown in FIG. 2 is a standard screen according to the present embodiment, the "basic" key 400, "copy format" key 500, "finishing" key 600, "filing" large classification into four of keys 700 the selection key has been copied to see the top of the screen. また、「用紙」キー100、「倍率」キー200、「濃度」キー300という基本機能を設定するコピーモード設定キーを画面中下部に表示する。 Further, "Paper" key 100, "magnification" key 200, and displays a copy mode setting key for setting a basic function of "concentration" key 300 on the bottom of the screen. なお、ここでいう基本機能を設定するとは、複写濃度、複写倍率および複写用紙の選択をいう。 Incidentally, by setting the basic functions mentioned here, copy density, it refers to the selection of the copy magnification and the copy paper.
さらに、後述する優先設定開始キー111と優先設定終了キー112を画面下部に表示する。 Furthermore, to display a priority setting start key 111 to be described later priority setting end key 112 at the bottom of the screen.

【0038】「コピー形式」キー500は、原稿の形式、コピーの形式を選択するキー入力画面を選択するキーである。 [0038] "copy format" key 500 is a key for selecting the key input screen to select the format of the original document, the format of the copy. 「仕上げ」キー600は、ソート、グルーピングなど複写紙の排紙形式を設定するキー入力画面を選択するキーである。 "Finishing" key 600 is a key to select sort, the key input screen for setting the paper discharge form of copy paper, such as grouping. 「ファイリング」キー700は、とじ代の作成や、枠消しなどの処理を設定するキー入力画面を選択するキーである。 "Filing" key 700, of creating and binding margin, a key to select a key input screen for setting the processing, such as frame removal.

【0039】オペレータは、入力のために、上述したいずれかのキーを押すことによって、つまり画面上のいずれかのキーを表示された部分に指などを接触させることによって、接触したキーのキー入力が行われ、そのキーの機能が実行される。 The operator, for the input, by pressing any key described above, i.e. by contacting a finger or the like on the display portion of any key on the screen, the key input of a key in contact It is performed, and the function of the key is executed. これらのキーは、後述する制御R These keys control will be described later R
OM59に格納された画面データに基づいて表示されている。 It is displayed based on the stored screen data in OM59.

【0040】図3は、複写機システム1の操作パネル5 [0040] Figure 3, the operation panel 5 of the copier system 1
0の制御ブロック図である。 0 is a control block diagram of the.

【0041】複写機システム1の全体を制御する全体制御部(不図示)と制御ラインで接続されたCPU55には、操作パネル50で実行する表示処理プログラム等が格納されている制御ROM59、画面表示の変更を制御する変数データを格納するための制御RAM58が接続されている。 [0041] CPU55 connected overall control unit for controlling the entire copying system 1 (not shown) in the control line, control the display processing program executed by the operation panel 50 is stored ROM 59, the screen display control for storing the variable data for controlling the change RAM58 are connected. なお、制御RAM58は電池によりバックアップされている。 The control RAM58 is backed up by a battery. また、タッチパネル51に表示している各種キー入力画面のデータを保持するためのVRA Further, VRA for holding data of various key input screen displayed on the touch panel 51
M57、タッチスイッチ53より送られてくるデータに従って液晶表示装置52にデータを出力するLCDコントローラ56、CPU55とLCDコントローラ56からVRAM57へのアドレス指定をセレクトするためのマルチプレクサ(MPX)60、スイッチ62によりO M57, LCD controller 56, CPU 55 and the LCD controller 56 from for selecting the addressing of the VRAM57 multiplexer (MPX) 60 which outputs the data to the liquid crystal display device 52 in accordance with data sent from the touch switch 53, the switch 62 O
N/OFFされるバックライトを備えLCDコントローラ56より送られてくる制御信号に従ってキー入力画面を表示する液晶表示装置52が接続されている。 The liquid crystal display device 52 for displaying the key input screen is connected in accordance with the control signal sent from the LCD controller 56 includes a backlight which is N / OFF. さらにオペレータが触れるタッチスイッチ53、テンキー5 Furthermore touch switch 53 by the operator touches, numeric keypad 5
4、プリントキー61、ストップキー63、クリアキー64、パネルリセットキー65が接続されている。 4, print key 61, a stop key 63, clear key 64, a panel reset key 65 are connected.

【0042】オペレータが、液晶表示装置52に表示されるキーの表示箇所をタッチスイッチ53を介して触れることにより、押下されたスイッチの位置データがCP The operator, by touching the display portion of the key displayed on the liquid crystal display device 52 through the touch switch 53, the position data of the switches is pressed the CP
U55に送られる。 It is sent to the U55. CPU55は、タッチスイッチ53 CPU55, the touch switch 53
より送られてくる位置データと、液晶表示装置52に表示しているキー入力画面とに基づいて、オペレータの押下したキーを認識し、認識したキー内容に応じて前述の制御RAM58,VRAM57及びLCDコントローラ56に制御信号を送り液晶表示装置52の表示画面を切り換える。 And position data which is sent more, based on the key input screen displayed on the liquid crystal display device 52, recognizes the key that has been pressed by the operator, the above-described control according to the recognized key contents RAM 58, VRAM57 and LCD It sends a control signal to the controller 56 switches the display screen of the liquid crystal display device 52. なお、タッチスイッチ53は、表示画面を横に20個、縦に15個に分割された合計300個のスイッチからなる。 Incidentally, the touch switch 53 is composed of a display screen 20 in the horizontal, from a total of 300 pieces of switches are divided into 15 vertically.

【0043】図4は、液晶表示装置52に表示されるキー入力画面であり、図2で示した「コピー形式」キー5 [0043] Figure 4 is a key input screen displayed on the liquid crystal display device 52, shown in FIG. 2 "copy form" key 5
00の押下により表示された入力画面を示す。 Shows the 00 input screen displayed by pressing the.

【0044】上述したように、「コピー形式」キー50 [0044] As described above, the "copy format" key 50
0は、原稿の形式、コピーの形式を選択するキーである。 0 is a key to select the format of the original document, the format of the copy. つまり片面原稿から用紙片面へのコピー、片面原稿から用紙両面へのコピーなど、コピー形式を設定するキー入力画面を選択するキーである。 That copied from one side original to the paper one side such as copying from simplex originals to form duplex is a key for selecting a key input screen for setting the copy format. 原稿の形式を設定する原稿キーは、片面原稿を設定する片面原稿キー50 Manuscript key to set the format of the document, one-sided document key 50 to set a one-sided document
1、両面原稿を設定する両面原稿キー502、ブック原稿を設定するブック原稿キー503である。 1, two-sided document key 502 to set a two-sided document, a book document key 503 for setting the book document. コピーの形式キーは、片面コピーを設定する片面コピーキー50 Copy format key is, single-sided copy key 50 to set a single-sided copy
4、両面コピーを設定する両面コピーキー505、片面2in1コピーを設定する片面2in1コピーキー50 4, double-sided copy key 505 to set the two-sided copy, one-sided 2in1 copy key 50 to set a single-sided 2in1 copy
6、両面2in1コピーを設定する両面2in1コピーキー507の7つを表示する。 6, displays a seven-sided 2in1 copy key 507 to set the two-sided 2in1 copy. オペレータは、原稿の形式、コピーの形式それぞれの中から1つを選択することにより、コピー形式を決定する。 The operator may take the form of a document, by selecting one of the respective copy of the form to determine the copy format. なお、上述したコピーの形式キーの中で片面2in1コピーとは、片面に2枚並べて2枚の原稿を1枚の用紙にコピーする機能であり、両面2in1コピーとは、片面に2枚並べて4枚の原稿を1枚の用紙の両面にコピーする機能である。 Note that the one-sided 2in1 copies in the form key copy described above, a function to copy two documents side by side two on one side on one sheet, and the double-sided 2in1 copies, arranged two on one side 4 is a function of copying originals on both sides of a sheet of paper.

【0045】これらの選択キーは、横長の長方形状に表示されており、オペレータがいずれかのキーを押すことにより、つまり画面上のいずれかのキーが表示された部分に指などを接触させることによって、接触したキーのキー入力が行われ、そのキーの機能が実行される。 [0045] These selection keys are displayed in a horizontally long rectangular shape, when the operator presses any key, i.e. contacting a finger on any key is displayed portion on the screen the key input of the key contact is made, the function of the key is performed.

【0046】図5は、CPU55の実行する表示制御処理のメインルーチンを示す。 [0046] Figure 5 shows the main routine of the display control process performed by the CPU 55.

【0047】複写機本体1Aの電源が投入され、プログラムがスタートすると、CPU55やコピーモードの初期化、及び初期画面表示などの各種制御パラメータの初期化、各種装置の初期化を行い(ステップS101)、 The power supply of the copying machine main body 1A is turned on and the program starts, initialization of the CPU55 and the copy mode, and initializes various control parameters such as the initial screen display, initializes various devices (step S101) ,
パネル入力が有の場合(ステップS102でYES)、 If the panel input is Yes (YES in step S102),
入力処理を実行する(ステップS103)。 Executing the input processing (step S103). 次に、入力に対応した画面表示処理を実行する(ステップS10 Next, to perform the screen display processing corresponding to the input (step S10
4)。 4). そして複写機システム1の全体制御部にパネル入力されたコピーモードの情報を送る(ステップS10 And send a copy mode information, which is the panel to the overall control unit of the copier system 1 input (step S10
5)。 5). プリントキー61が押下された場合(ステップS If the print key 61 is depressed (step S
106でYES)、複写機システム1の全体制御部にプリント開始の指示を送る(ステップS107)。 In 106 YES), it sends an instruction of print start in the overall controller of the copier system 1 (step S107). そして、複写機システム1の全体制御部からのプリント終了の信号を受け取るまでの間、待機する(ステップS10 Until the receive print completion signal from the overall control unit of the copier system 1 waits (step S10
8)。 8). 複写機システム1の全体制御部からプリント終了の信号を受け取った場合(ステップS108でYE When receiving a signal of a print completion from the overall control unit of the copying machine system 1 (YE in step S108
S)、及びプリントキー61が押されなかった場合(ステップS106でNO)、上記ステップS102に戻る。 If S), and the print key 61 is not pressed (NO in step S106), the flow returns to step S102.

【0048】図6は、図5で示すメインルーチンのステップS103で実行される入力処理のサブルーチンを示す。 [0048] Figure 6 illustrates a subroutine of the input processing executed in step S103 of the main routine shown in FIG. ここでは、操作パネル50から入力されるモード選択情報をCPU55に取り入れる。 Here, taking the mode selection information input from the operation panel 50 to the CPU 55.

【0049】まず、ステップS301で操作パネル50 [0049] First, the operation panel 50 in step S301
上のプリントキー61やリセットキー65やタッチパネル51などいずれのキー入力であるかを判断し、タッチパネルの入力でない場合(ステップS301でNO)、 To determine which of the key input such as a print key 61 and a reset key 65 and the touch panel 51 above, if not an input of the touch panel (NO at step S301),
例えばテンキーにより入力された置数表示の処理など、 For example, numeric display processing is inputted by ten keys,
その他の処理(ステップS319)を行った後リターンする。 To return after other processing (step S319).

【0050】タッチパネル上の入力の場合(ステップS [0050] In the case of the input on the touch panel (step S
301でYES)、以下の処理を実行する。 In 301 YES), it executes the following processing. まず、タッチパネル51上の画面表示に対応する変数Gのキーマトリクスと、タッチスイッチ53の押下された位置からキーの種類を判断する(ステップS303)。 First, a key matrix of a variable G corresponding to the screen display on the touch panel 51, determines the type of key pressed position of the touch switch 53 (step S303). 押下されたキーが図2に示すコピーモード設定キー「用紙」キー1 Copy mode setting key pressed key is shown in FIG. 2 "Paper" key 1
00、「倍率」キー200、「濃度」キー300の場合(ステップS304でYES)、用紙の設定、倍率の設定、濃度の設定などのコピーモードの設定処理を実行する(ステップS305)。 00, in the case of "magnification" key 200, "density" key 300 (YES in step S304), setting of paper, magnification setting, executes the process of setting the copy mode such as the setting of the density (step S305).

【0051】さらに、後述するキーサイズ判断処理を行うと共に(ステップS306)、図2に示す「用紙」キー100、「倍率」キー200、「濃度」キー300に表示する文字(例えば図2において、等倍率×1.000を縮小倍率×0.707へ)を書き換える必要が生じた場合(ステップS307でYES)、文字変更を行うよう文字フラグMの値を1とし(ステップS308)、リターンする。 [0051] Further, performs key size determination process described later (step S306), shown in FIG. 2 "Paper" key 100, "magnification" key 200, the character (for example, FIG. 2 to be displayed on the "density" key 300, If necessary to rewrite the equal magnification × 1.000 to reduction magnification × 0.707) occurs (in step S307 YES), the value of the character flag M to make the character changes to 1 (step S308), and returns. 文字の書き換えが不要の場合(ステップS30 When rewriting of the character is not needed (step S30
7でNO)、そのままリターンする。 7 NO), the routine returns.

【0052】一方、オペレータにより押下されたキーが、コピーモード設定キーでなく(ステップS304でNO)、図2に示す基本画面呼出しキー400である場合(ステップS309でYES)、画面表示に対応する変数Gの値を標準画面に対応する4に設定する(ステップS310)。 Meanwhile, the key pressed by the operator, rather than copy mode setting key (NO in step S304), if the basic screen call key 400 shown in FIG. 2 (YES at step S309), and corresponding to the screen display It is set to 4 to the corresponding value of the variable G in the standard screen (step S310). オペレータにより押下されたキーが、図2に示すコピー形式画面呼出しキー500である場合(ステップS311でYES)、画面変数G値をコピー形式画面に対応する5に設定する(ステップS31 A key is pressed by the operator, if a copy format screen call key 500 shown in FIG. 2 (YES at step S311), setting of 5 corresponding to the copy format display screen variable G value (step S31
2)。 2). オペレータにより押下されたキーが、図2に示す仕上げ画面呼出しキー600である場合(ステップS3 If a key has been pressed by the operator, a finishing screen call key 600 shown in FIG. 2 (step S3
13でYES)、ステップS314で画面変数G値を仕上げ画面に対応する6に設定する。 In 13 YES), it is set to 6 corresponding to the screen finish screen variable G value in step S314. ステップS315で図4に示すファイリング画面呼出しキー700である場合(YES)、画面変数G値をファイリング画面に対応する7に設定する(ステップS316)。 If in step S315 a filing screen call key 700 shown in FIG. 4 (YES), is set to 7 to the corresponding screen variable G value in the filing screen (step S316). そして、ステップS310、ステップS312、ステップS314、 Then, step S310, step S312, step S314,
ステップS316で画面変数Gの値が変更された場合、 If the value of the screen variable G is changed in step S316,
後述するキーサイズ判断処理を行い(ステップS31 Performs key size determination process described later (step S31
7)、画面変数Gの値に対応する画面表示に書き換えるよう書き換えフラグK値を1に設定し(ステップS31 7) Set the update flag K values ​​to rewrite the screen display corresponding to the value of the screen variable G to 1 (step S31
8)、リターンする。 8), to return.

【0053】以下、図7〜図9では、画面表示に対応する画面変数Gの値がコピー形式画面に対応する5に設定された場合のうち、特に図4の左下に示す原稿キーである「片面」キー、「両面」キー、「ブック」キーについて、キーサイズ処理方法を説明するが、他のキーの場合も同様の処理を行う。 [0053] Hereinafter, in FIGS. 7 to 9, of the case where the value of the screen variables G corresponding to the screen display is set to 5 corresponding to the copy format screen, in particular a document key shown in the lower left of FIG. 4 " one-sided "key," double-sided "key, the" book "key, will be described the key size treatment method, also in the case of other key performs the same process.

【0054】図7は、図6に示すステップS317のキーサイズ判断処理の処理フローチャートを示す図である。 [0054] Figure 7 is a diagram illustrating a processing flow chart of the key size determining processing in step S317 shown in FIG. また、図8は、図7のステップSaで実行されるサイズ決定のサブルーチンである。 8 is a subroutine of sizing to be performed at step Sa in FIG.

【0055】図4に示すコピー形式画面における原稿キーにおいて、オペレータにより押下されたキーが片面原稿キー501である場合(ステップS401でYE [0055] In the document key in the copy format screen shown in FIG. 4, if the key pressed by the operator is a one-sided document key 501 (step S401 YE
S)、片面原稿キーを示す変数KE501の値に1を加算する(ステップS402)。 S), it adds 1 to the value of the variable KE501 showing a one-sided document key (step S402). オペレータにより押下されたキーが両面原稿キー502である場合(ステップS If a key has been pressed by the operator is a double-sided document key 502 (step S
403でYES)、両面原稿キーを示す変数KE502 403 YES), the variable showing the two-sided document key KE502
の値に1を加算する(ステップS404)。 1 is added to the value (step S404). オペレータにより押下されたキーがブック原稿キー503である場合(ステップS405でYES)、ブック原稿キーを示す変数KE503の値に1を加算する(ステップS40 If a key has been pressed by the operator is a book document key 503 (YES in step S405), and adds 1 to the value of the variable KE503 showing a book original key (step S40
6)。 6). コピーの形式画面上における片面原稿キー、両面原稿キー、ブック原稿キーでない場合(例えば図4の右下に示すコピーの形式キーである両面コピーキーや片面2in1コピーキーなど)、その他の処理を行い(ステップS427)、リターンする。 Perform simplex document key in the copy format screen, duplex document key, if not a book document key (for example, two-sided copy key or one-sided 2in1 copy key in the form key copy shown in the bottom right of Figure 4), the other processing (step S427), to return.

【0056】次に、各キーの押下回数を計数し、その結果によりキーサイズを変更するために、画面上のキーサイズを変更するか否かを制御するキーサイズ変更フラグB、コピー形式画面の大サイズキーを示すキーサイズ変数D5、コピー形式画面の最多キーを示す変数SD5、 Next, it counts the press count of each key, to change the key size by a result, key size change flag B controlling whether to change the key size on the screen, the copy form screen key size variable D5 that indicates the large size keys, variable show the most key of the copy format screen SD5,
コピー形式画面の最少キーを示す変数SS5の値が初期値0であることを確認する(ステップS407)。 The value of the variable SS5 indicating the minimal key copy format screen is confirmed to be the initial value 0 (step S407).

【0057】以下、ステップS408〜ステップS42 [0057] In the following, step S408~ step S42
3で、片面原稿キーを示す変数KE501と両面原稿キーを示すKE502の比較、変数KE501とブック原稿キーを示すKE503の比較、変数KE502とKE 3, comparison of KE502 showing a two-sided document key and variable KE501 showing a one-sided document key, comparison of KE503 indicating the variable KE501 and book document key, variable KE502 and KE
503の比較をそれぞれ行い、片面原稿キー、両面原稿キー、ブック原稿キーのうち、押下回数の最多キーSD Perform 503 comparison of each, one-sided document key, double-sided document key, out of the book original key, most key SD of the press-count
5、及び最少キーSS5を決定する。 5, and determines the minimum key SS5.

【0058】以上のように、押下回数の最多キーSD [0058] As described above, most key SD of the press-count
5、最少キーSS5がそれぞれ決定すると、押下回数の最多と最少の差が50以上である場合(ステップS42 5, the minimum key SS5 is respectively determined, if the difference between the largest and smallest of the press count is 50 or more (step S42
4でYES)、最多キーSD5を大サイズキーを示すD 4 YES), D showing a large size keys largest key SD5
5に設定し、画面キーサイズを変更するようフラグBに1を代入し(ステップS425)、リターンする。 Set 5, by substituting 1 into the flag B to change the screen key size (step S425), the process returns.

【0059】また、押下回数の最多と最少の差が50以下である場合(ステップS424でNO)、最多キーS [0059] Also, if the difference between the largest and smallest of the press count is 50 or less (NO in step S424), most key S
D5を大サイズキーを示すD5に設定するが、画面キーサイズを変更せず通常サイズに表示するよう変更フラグBに0を代入し(ステップS427)、リターンする。 The D5 is set to D5 showing a large size keys, but 0 is assigned to change the flag B to display the normal size without changing the screen key size (step S427), the process returns.

【0060】図9は、画面表示に対応する変数G値がコピー形式画面を示す5に対応する書き換えが必要な場合(図5におけるステップS104)の画面表示処理の処理フローチャートを示す図である。 [0060] Figure 9 is a diagram illustrating a processing flow chart of a screen display process when rewriting the variable G value corresponding to the screen display corresponding to the 5 showing the copy format screen is required (step S104 in FIG. 5). なお、上述したように、他のキーについての画面表示処理においても同様の処理を行う。 As described above, the same processing is performed in the screen display process for other key.

【0061】画面表示に対応する変数G値に対応する書き換えが必要な場合(フラグKの値が1)、VRAM5 [0061] When the rewriting corresponding to the variable G value corresponding to the screen display is necessary (the value of the flag K is 1), VRAM 5
7より画面変数G=5に対応する画面データを読み出し、これを液晶表示装置52に出力する(ステップS5 It reads the screen data corresponding to the screen variables G = 5 than 7, and outputs it to the liquid crystal display device 52 (step S5
02)。 02).

【0062】キーサイズを変更するか否かを制御するキーサイズ変更フラグBが1である場合(ステップS50 [0062] If the key resizing controls whether to change the key size flag B is 1 (step S50
3でYES)、コピー形式画面の大サイズキーを示すキーサイズ変数D5に設定されたキーをVRAM57から読み込んだ大サイズで表示する(ステップS504)。 In 3 YES), it displays the key set in the key size variable D5 showing a large size key copy form screen large size read from VRAM57 (step S504).
キーサイズ変更フラグBが1でない場合(ステップS5 If the key size change flag B is not 1 (step S5
03でNO)、D5に設定されたキーをVRAM57から読み込んだ通常サイズキーで表示する(ステップS5 In 03 NO), it is displayed in a normal size key read a key set to D5 from VRAM57 (step S5
06)。 06). 上記表示処理の後、画面変数Gの値に対応する画面表示に書き換えを制御する書き換えフラグK値を初期値0に設定し(ステップS505)、リターンする。 After the display processing sets the rewrite flag K value for controlling the rewriting of the screen display corresponding to the value of the screen variable G to an initial value 0 (step S505), the process returns.

【0063】以上の様に本実施例では、使用頻度の高いキーの表示サイズを他のキーの表示サイズと比較して、 [0063] In the present embodiment as described above, by comparing the display size of the frequently used keys and the display size of the other key,
大きく表示することを示したが、逆に使用頻度の低いキーの表示サイズを他の表示サイズと比較して、小さく表示してもよい。 Large showed to display, the display size of the low-key frequently used in reverse as compared to other display size may be displayed small. また、同一画面上で同時に、使用頻度の高いキーを大きく、低いキーを小さく表示し、他のキーの表示と区別できるよう変更してもよい。 At the same time on the same screen, increasing the frequently used keys, low keys small displays, may be modified to distinguish it from the display of the other keys.

【0064】本実施例では、オペレータの接触したキーの押下回数を計数し、最多と最少のキーを決定し、その押下回数の差をもとにキー表示サイズの大きさを変更したが、第2の実施例では、押下回数が設定した値に達する度に、キー表示サイズを変更して他のキーと区別できる方法を図10を用いて説明する。 [0064] In this embodiment counts the number of key pressings in contact the operator to determine the largest and smallest of the key has been changed the size of the key display size based on the difference between the press count, the in second embodiments, each time reaching the value that the press count is set, the method by changing the key display size can be distinguished from other keys will be described with reference to FIG. 10.

【0065】図10は、図6で示すステップS317のキーサイズ判断処理の処理フローチャートを示す図である。 [0065] Figure 10 is a diagram illustrating a processing flow chart of the key size determining processing in step S317 shown in FIG. 以下、図6で画面変数G値がコピー形式画面に対応する5に設定された場合を例に説明を行う。 Hereinafter, a description an example in which the screen variable G value in FIG. 6 is set to 5 corresponding to the copy format screen. なお、他のキーについての画面表示処理においても同様の処理を行う。 Incidentally, the same processing is performed in the screen display process for other key.

【0066】オペレータに押下されたキーが片面原稿を設定する片面原稿キー501である場合(ステップS6 [0066] When a key is pressed on the operator is a one-sided document key 501 for setting a one-sided document (step S6
01でYES)、片面原稿キーを示す変数KE501の値に1を加算する(ステップS602)。 In 01 YES), it adds 1 to the value of the variable KE501 showing a one-sided document key (step S602). また、オペレータに押下されたキーが両面原稿を設定する両面原稿キー502である場合(ステップS603でYES)、両面原稿キーを示す変数KE502の値に1を加算する(ステップS604)。 Further, if the key pressed to the operator is a double-sided document key 502 to set a two-sided document (YES in step S603), and adds 1 to the value of the variable KE502 showing a two-sided document key (step S604). また、オペレータに押下されたキーがブック原稿を設定するブック原稿キー503である場合(ステップS605でYES)、ブック原稿キーを示す変数KE503の値に1を加算する(ステップS Also, when a book document key 503 is key pressed to the operator to set the book original (YES at step S605), it adds 1 to the value of the variable KE503 showing a book original key (step S
606)。 606). オペレータに押下されたキーが、片面原稿キー、両面原稿キー、ブック原稿キーでない場合(例えばコピーの形式である両面コピーキーや片面2in1コピーキーなど)、その他の処理を行い(ステップS61 A key is pressed on the operator, simplex document key, duplex document key, if not a book document key (e.g. double-sided copy key or one-sided 2in1 copy key is a copy of the form, etc.), other processing is conducted (step S61
6)、リターンする。 6), to return.

【0067】ステップS602、ステップS604、ステップS606により、それぞれのキー変数の値が変更された後、キーサイズ決定を行う。 [0067] Step S602, step S604, the by step S606, the after the value of each key variable is changed, the key size determination. 以下、片面原稿キー501について、ステップS607〜ステップS611 Hereinafter, the one-sided document key 501, step S607~ step S611
で、押下回数が設定した値に達する度に、キー表示サイズを変更する方法を説明する。 In, every time reaches the value press count is set, how to change the key display size will be described. 他の両面原稿キー、ブック原稿キーの場合も同様である。 Other two-sided document key, the same applies to the case of a book original key. なお、第2の実施例では、キーサイズを11段階で変更する構成とし、キーが100回押される毎にキーサイズを1段階ずつ大きくする。 In the second embodiment, a configuration for changing the key size in 11 steps, the key is to increase by one step the key size for each pressed 100 times. つまりキー押下回数1回〜99回までのキーサイズは、変数F=0の普通サイズであり、キー押下回数10 That is, the key size of up to key press count once to 99 times and are usually the size of the variable F = 0, key press count 10
00回以上になると、変数F=1000の最大サイズに変更されることになる。 Becomes more than 00 times, it will be changed to the maximum size of the variable F = 1000.

【0068】キーサイズを変更するか否かを制御するキーサイズ変更フラグB、コピー形式画面における片面原稿キーを大サイズキーで示すキーサイズ変数D5KE5 [0068] Key resizing controls whether to change the key size flag B, key size variable indicating the simplex document key in the copy format screen large size key D5KE5
01の値が初期値0であることを確認する(ステップS The value of 01 is confirmed to be the initial value 0 (step S
607)。 607). さらに、押下回数に応じたキーサイズに変更するよう変数Fの値を1000にする(ステップS60 Further, the value of the variable F to change the key size according to the press count to 1000 (step S60
8)。 8).

【0069】キーサイズ変更変数Fを1000とし(ステップS608)、キー押下回数を加算したKE501 [0069] The key size change variable F and 1000 (step S608), the sum of the key press count KE501
と変数Fを比較する(ステップS609)。 And comparing the variable F (Step S609). KE501 KE501
の値が変数Fより小さい場合(ステップS609でN If the value is variable F is less than (N in step S609
O)、キーサイズを表わす変数Fから100を減算し(ステップS610)、再びステップS609に戻る。 O), 100 from the variable F representing the key size is subtracted (step S610), returns to step S609.
KE501の値が変数Fと同じもしくは大きくなるまで、前記動作を繰り返す。 Until the value of the KE501 is equal to or larger as the variable F, repeating the operation. KE501の値が変数Fと同じもしくは大きくなれば(ステップS609でYE If the value of the KE501 is familiar same or greater as the variable F (YE in step S609
S)、片面原稿キーKE501を押下された押下回数に応じたキーサイズに変更するように、変数Fサイズのキーで表示する指示を与える(D5KE501=F)。 S), so as to change the key size corresponding to the pressing number of the depressed one-sided document key KE501, it gives an instruction to display the key of the variable F size (D5KE501 = F). さらに、キーサイズを変更するようキーサイズ変更フラグBに1を代入し(ステップS611)、リターンする。 Further, by substituting 1 into the key size change flag B to change the key size (step S611), the process returns.
以下、図9で押下回数に応じたキーサイズで画面表示を行う。 Hereinafter, a screen display key size according to the press count in FIG.

【0070】両面原稿キー502、ブック原稿キー50 [0070] two-sided document key 502, book original key 50
3のキーサイズ変更についても、前述の片面原稿キー5 For 3 of the key size change also, one-sided document key 5 of the above-mentioned
01と同様に、キーサイズ決定(ステップS612、ステップS614)で、ステップS607〜ステップS6 Similar to 01, the key size determination (step S612, step S614), the step S607~ step S6
10と同様の動作を行い、サイズを決定する。 It performs the same operation as that of the 10, to determine the size. そして、 And,
同一画面上のキー全てが、最大キーサイズ変数F=10 All keys on the same screen, the maximum key size variable F = 10
00になった場合、画面上の全てのキーサイズを普通サイズに変更するようキーサイズ処理(ステップS61 If you become 00, key size processed to change all of the key size on the screen to normal size (step S61
7)を行い、リターンする。 For 7), to return.

【0071】なお、最も小さいサイズのキーが常に最小サイズとなるように、最小サイズのキーが1段階アップした時、全てのキーについて、キーサイズを表わす変数Fから100を減算し、全てのキーサイズを1段階小さくしてもよい。 [0071] Note that as the smallest size of the key is always a minimum size, when the minimum size of the key is one step up, for all the keys, by subtracting 100 from the variable F representing the key size, all keys size may be one step smaller. また、特別に所定の操作を行うことにより、全てのキーサイズを普通サイズにリセット可能としてもよい。 Further, by performing a special predetermined operation it may be possible to reset all of the key size regular size.

【0072】以上、第1の実施例、第2の実施例では、 [0072] above, the first embodiment, in the second embodiment,
各キーの押下回数を計数して、その使用頻度によりキー表示を他のキーの表示と区別できるように変更したが、 Counts the press count of the keys have been changed key display Stand out from the display of the other keys by frequency of use,
第3の実施例は、キーの押下回数には関係なく、オペレータが前もって優先して設定したいキーを、オペレータ自身が優先設定画面で指定することにより、そのキーの表示を他のキーの表示と区別できるような表示形体に変更する方法である。 The third embodiment, regardless of the number of key pressings, the key to be set with priority operator beforehand by the operator itself specified by the priority setting screen, and displays the display of the key of the other keys it is a method to change the display form, such as can be distinguished.

【0073】図11は、オペレータが前もって設定したいキーを指定する優先設定画面のうち、コピー形式設定画面である。 [0073] Figure 11, among the priority setting screen for specifying the key to be configured by the operator in advance, a copy form setting screen. オペレータが優先設定開始キー111を押下すると、ユーザーチョイスモードに切り替わり、オペレータは、切り替わった画面で優先して表示形体を変更したいキーに接触することにより、キー選択ができる。 When the operator presses the priority setting start key 111, it switches to user choice mode, the operator, by touching the key you want to change the display form preferentially in the switched screen can key selection.

【0074】図12は、第3の実施例における入力処理(図5におけるステップS103)を示すフローチャートを示す。 [0074] Figure 12 shows a flowchart illustrating an input process (step S103 in FIG. 5) in the third embodiment.

【0075】まず、オペレータの押下したキーが操作パネル50上のプリントキー61やリセットキー65などか、もしくは、タッチパネル上の入力であるか否かを判断し、タッチパネルの入力でない場合(ステップS71 [0075] First, when a key has been pressed by the operator or the like print key 61 or the reset key 65 on the operation panel 50, or, it is determined whether the input on the touch panel, not an input of the touch panel (step S71
でNO)、その他の処理(例えばテンキーにより入力された置数表示の処理)を行い(ステップS80)、リターンする。 In NO), other processing is performed (for example, numeric display processing inputted by the ten key) (step S80), the process returns.

【0076】タッチパネル上の入力の場合(ステップS [0076] In the case of the input on the touch panel (step S
71でYES)、以下の処理を実行する。 In 71 YES), it executes the following processing. まず、入力されたキーがタッチパネル51上の優先設定開始キー11 First, priority setting on the input key is a touch panel 51 start key 11
1である場合(ステップS72でYES)、優先設定中であるかどうかを示す変数Yに優先設定中を示す1を代入する(ステップS73)。 If it is 1 (Step S72 YES), 1 is substituted for indicating that the priority set to a variable Y indicating whether the in priority setting (step S73). 次にタッチパネル51上の画面表示に対応する画面変数Gの値に対応するキーマトリクスと、タッチスイッチ53の押下された位置からキーの種類を判断する(ステップS74)。 A key matrix corresponding to the value of the screen variables G corresponding to the screen display on the touch panel 51 then determines the type of key pressed position of the touch switch 53 (step S74). そして、オペレータにより押下されたキーを大サイズキーに変更する変数Dに入力し、画面書き換えのためのフラグKに書き換えを行うことを示す1を代入し(ステップS75)、 Then, enter the variable D to change the key pressed by the operator to the large size key, substitutes 1 indicating that rewriting the flag K for screen rewriting (step S75),
リターンする。 To return.

【0077】このように、優先設定開始キー111を押下することにより、優先的に選択設定させたい機能のキー表示を変える画面に入り、その画面の中で優先的に設定させたいキーを選択し、図9の画面表示処理によりそのキーの表示を変更させることができる。 [0077] In this manner, by pressing the priority setting start key 111, enter the screen to change the key display of desired to preferentially select setting function, select the key to be preferentially is set in the screen , it is possible to change the display of the key by the screen displaying process of FIG. なお、表示を他のキーの表示と異なるキー表示とするキーは、上述のキーサイズを大きくするもののほか、色を変えるものなどが考えられる。 Incidentally, the key to display a different key display other key display, in addition to those which increase the aforementioned key size, such as changing the color is considered.

【0078】優先設定開始キー111がONされなかった場合(ステップS72でNO)、優先設定中であるかどうかを示す変数Yが優先設定中である1かどうかを判断する(ステップS76)。 [0078] If the priority setting start key 111 is not ON (NO at step S72), the variable Y indicating whether the in priority setting to determine if 1 or is being priority setting (step S76). 優先設定中である1の場合(ステップS76でYES)、優先設定を行うようステップS74へ行き上記に示した処理を行う。 If 1 is being priority setting (at step S76 YES), it performs the processing shown in the above goes to step S74 to perform the priority setting.

【0079】優先設定中でなかった場合(ステップS7 [0079] In the case was not in priority setting (step S7
6でNO)、優先設定終了キー112が押されたか判断する(ステップS77)。 NO 6), priority setting end key 112 to determine whether the depressed (step S77). 優先設定終了キー112が押された場合(ステップS77でYES)、優先設定中であるかどうかを示す変数Yを優先設定終了を示す0にし(ステップS78)、リターンする。 If the preferred setting end key 112 is depressed (YES at step S77), the variable Y indicating whether being preferentially set to 0 indicating the priority setting end (step S78), the process returns. 優先設定終了キー112が押されていない場合(ステップS77でN If the preferred setting end key 112 is not pressed (N in step S77
O)、その他の処理を行い(ステップS79)、リターンする。 O), other processing is conducted (step S79), to return.

【0080】以上、第1、第2、第3の実施例で、押下回数の多いキーや少ないキー、優先設定したいキーなどの表示を、他のキーの表示と異なる表示形体に変更する方法を示したが、以下、図9の画面表示処理において、 [0080] above, first, second, and third embodiment, push times of many keys and fewer keys, the display such as a key to be preferentially set, how to change to a different display form and the display of the other keys showed that, in the following screen display processing in FIG. 9,
キー表示形体を変更し、他のキーと区別できる表示とする表示例を図13〜図15に挙げる。 Change the key display features, given a display example of a display that can be distinguished from other keys in FIGS. 13 to 15. なお、一例として、以下に表示するタッチパネルの背景色は、薄い青色、各種キー色は、濃い青色であり、表示文字は、白抜き文字で表示している。 As an example, the background color of the touch panel to be displayed below, light blue, various keys color is dark blue, the display character is displayed in white characters.

【0081】図13(a)(b)(c)は、「コピー形式」画面における表示例である。 [0081] Figure 13 (a) (b) (c) is a display example in the "copy form" window.

【0082】図13(a)は、図5の画面表示処理でキー表示色を変更した場合の画面を示す。 [0082] Figure 13 (a) shows the screen when changing the key display colors on the screen displaying process of FIG. ここでは、複写濃度、複写倍率および複写用紙を選択する「基本」キーと、「コピー形式」画面における片面原稿キーと片面コピーキーの使用頻度が高いものとして、キーの表示色を赤色とし、濃い青色である他のキーと異なる表示となっている。 Here, copy density, and a "basic" key to select the copy magnification and the copy paper, as the frequency of use of one-sided document key and one-sided copy key in "Copy format" screen is high, the display color of the key red, dark and it has a different display and the other key is blue. なお、キー表示色は、赤色に限定するものではなく、他のキーと区別できる色であればよい。 Incidentally, key display color is not limited to red, it may be any color that can be distinguished from other keys.

【0083】図13(b)は、図5の画面表示処理でキーサイズを変更した場合の画面を示す。 [0083] FIG. 13 (b) shows a screen of changing the key size on the screen displaying process of FIG. ここでは、「コピー形式」画面における片面原稿キーと片面コピーキーの使用頻度が高いものとして、キーサイズを他のキーサイズに比べて、横に長くなっている。 Here, as the frequency of use of the one-sided document key and the one-sided copy key in "Copy format" screen is higher, than the key size to other key size, is longer in the lateral.

【0084】図13(c)は、図5の画面表示処理でキーサイズを変更した場合の画面を示す。 [0084] Figure 13 (c) shows the screen when changing the key size on the screen displaying process of FIG. ここでは、「コピー形式」画面におけるブック原稿キーと両面2in1 Here, the book original key in "Copy format" screen and the double-sided 2in1
コピーキーの使用頻度が低いものとして、キーサイズが他のキーサイズに比べて、小さくなっている。 As the frequency of use of the copy key is low, than the key size is the other key size is smaller.

【0085】図14(a)(b)(c)は、「ファイリング」画面における表示例である。 [0085] FIG. 14 (a) (b) (c) is a display example in the "filing" window.

【0086】図14(a)は、図5の画面表示処理でキーサイズを変更した場合の画面を示す。 [0086] FIG. 14 (a) shows a screen of changing the key size on the screen displaying process of FIG. ここでは、「ファイリング」画面における閉じ代キーの使用頻度が高いものとして、キーサイズが他のキーサイズに比べて、横に長くなっている。 Here, as the frequency of use of the binding margin key in the "filing" screen is high, key size as compared to other key size, is longer in the lateral. また、合紙キーの使用頻度が低いものとして、キーサイズが他のキーサイズに比べて、小さくなっている。 Further, as a low frequency of use of interleaf key, compared key size to other key size is smaller.

【0087】図14(b)は、図5の画面表示処理でキーサイズを変更した場合の画面を示す。 [0087] FIG. 14 (b) shows a screen of changing the key size on the screen displaying process of FIG. ここでは、「ファイリング」画面における閉じ代キーと、文字印字キーの使用頻度が高いものとして、キーの形が楕円形で他のキーの形と異なる表示となっている。 Here, the binding margin key in the "Filing" screen, as having a high frequency of use of the character print key, the shape of the key is a different display in the form of other key in the oval.

【0088】図14(c)は、図5の画面表示処理でキーサイズを変更した場合の画面を示す。 [0088] FIG. 14 (c) shows a screen of changing the key size on the screen displaying process of FIG. ここでは、「ファイリング」画面における閉じ代キーと、文字印字キーの使用頻度が高いものとして、キーの表示文字の大きさが、他のキーの表示文字と比べて、太い表示となっている。 Here, the binding margin key in the "Filing" screen, as having a high frequency of use of the character print key, display character size of the key is, as compared with the display character of the other key, and has a thick display.

【0089】図15(a)(b)は、図14と同じく「ファイリング」画面における表示例である。 [0089] Figure 15 (a) (b) is a display example in the same "Filing" screen as in FIG.

【0090】図15(a)は、図5の画面表示処理でキーサイズを変更した場合の画面を示す。 [0090] Figure 15 (a) shows a screen of changing the key size on the screen displaying process of FIG. ここでは、「ファイリング」画面における閉じ代キーと、文字印字キーの使用頻度が高いものとして、キーの表示文字色が赤色であり、白抜き文字である他のキーの表示文字色と異なる色となっている。 Here, the binding margin key in the "Filing" screen, as having a high frequency of use of the character print key, a red display text color of the key, and the color that is different from the display character color of the other key is a white character going on. なお、キー表示文字色は、赤色に限定するものではなく、他のキーと区別できる色であればよい。 Incidentally, key display character color is not limited to red, it may be any color that can be distinguished from other keys.

【0091】図15(b)は、図5の画面表示処理でキーサイズを変更した場合の画面を示す。 [0091] FIG. 15 (b) shows a screen of changing the key size on the screen displaying process of FIG. ここでは、「ファイリング」画面における閉じ代キーと、文字印字キーの使用頻度が高いものとして、キーの表示文字の大きさが、他のキーの表示文字と比べて、大きな表示となっている。 Here, the binding margin key in the "Filing" screen, as having a high frequency of use of the character print key, display character size of the key is, as compared with the display character of the other key, and has a big display.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】電子写真方式のデジタルフルカラー複写機システム1の全体構成を示す図である。 1 is a diagram showing the overall structure of a digital full-color copying machine system 1 of the electrophotographic type.

【図2】電子写真方式のデジタルフルカラー複写機システム1の上面に設けられた操作パネル50を示す図である。 2 is a diagram showing an operation panel 50 provided on the upper surface of the digital full-color copier system 1 of the electrophotographic type.

【図3】デジタルフルカラー複写機システム1の操作パネル50の制御ブロック図である。 3 is a control block diagram of the operation panel 50 of the digital full-color copying machine system 1.

【図4】液晶表示装置52に表示されるキー入力画面であり、コピー形式呼び出しキー押下により表示された入力画面である。 [Figure 4] is a key input screen displayed on the liquid crystal display device 52, an input screen displayed by depressing the copy format calling key.

【図5】CPU55の実行する表示制御処理のメインルーチンである。 5 is a main routine of the display control process performed by the CPU 55.

【図6】メインルーチンのステップS103で実行される入力処理のサブルーチンである。 6 is a subroutine of the input processing executed in step S103 of the main routine.

【図7】図6に示すステップS317のキーサイズ判断処理の処理フローチャートである。 7 is a flowchart of the key size determining processing in step S317 shown in FIG.

【図8】図7のステップSaで実行されるサイズ決定のサブルーチンである。 8 is a subroutine of sizing to be performed at step Sa in FIG.

【図9】図面表示処理(図5におけるステップS10 [9] drawing display processing (step in FIG. 5 S10
4)の処理フローチャートである。 4) it is a process flowchart of.

【図10】第2の実施例を示すフローチャートである。 10 is a flowchart showing a second embodiment.

【図11】第3の実施例を示すユーザーチョイスモードのうち、コピー形式を設定する画面である。 [11] Among the users choice mode showing the third embodiment, a screen for setting the copy format.

【図12】第3の実施例における入力処理(図5におけるステップS103)を示すフローチャートである。 12 is a flowchart illustrating an input process (step S103 in FIG. 5) in the third embodiment.

【図13】(a)(b)(c) 「コピー形式」画面における表示例である。 13 is a display example in (a) (b) (c) "copy form" window.

【図14】(a)(b)(c)は、「ファイリング」画面における表示例である。 [14] (a) (b) (c) is a display example in the "filing" window.

【図15】(a)(b) 「ファイリング」画面における表示例である。 FIG. 15 is a display example in (a) (b) "filing" screen.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 複写機 51 タッチパネル 54 テンキー 61 プリントキー 63 ストップキー 64 クリアキー 65 リセットキー 1 copier 51 touch panel 54 numeric keypad 61 print key 63 a stop key 64 Clear key 65 reset key

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 久野 高資 大阪市中央区安土町二丁目3番13号 大阪 国際ビル ミノルタ株式会社内 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Kuno high capital, Chuo-ku, Osaka Azuchi-chome No. 3 No. 13 Osaka International building Minolta Co., Ltd. in

Claims (9)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 表示画面上に配列された複数のキーのうち、押下のあったキーについて入力を行うように構成されたタッチパネルの表示方法であって、 前記タッチパネル上の各キーの押下回数をそれぞれ計数するとともに、最多押下キーと最少押下キーの押下回数の差を検知し、前記押下回数の差が設定した値以上になると前記最多押下キーの表示を他のキーと異なる表示形体に変更することを特徴とするタッチパネルの表示方法。 1. A among the plurality of keys arranged on a display screen, a configured display method for a touch panel to perform input for made the depressed key, the press count of each key on the touch panel with counting respectively, it detects the difference in the number of pressing times of the most pressing key and minimal pressed key, to change the display in a different display form other keys of the most pressing keys and the difference of the press count is equal to or greater than the set value display method for a touch panel, characterized in that.
  2. 【請求項2】 表示画面上に配列された複数のキーのうち、接触のあったキーについて入力を行うように構成されたタッチパネルの表示方法であって、 オペレータが、あらかじめ設定入力画面で所定のキーを指定することにより、前記タッチパネルにおいて指定されたキーの表示を他のキーと異なる表示形体に変更することを特徴とするタッチパネルの表示方法。 Wherein among the plurality of keys arranged on a display screen, a configured display method for a touch panel to perform input on the key for which the contact operator, given a preset input screen by specifying the key, the display method of the touch panel and changes the display of the key specified in the touch panel to the other keys and different display forms.
  3. 【請求項3】 表示画面上に配列された複数のキーのうち、押下のあったキーについて入力を行うように構成されたタッチパネルの表示方法であって、 前記各キーの押下回数をそれぞれ計数し、該押下回数に応じてキーサイズを変更し、それぞれ該押下回数に応じた表示サイズに変更することを特徴とするタッチパネルの表示方法。 Wherein among the plurality of keys arranged on a display screen, a configured display method for a touch panel to perform input for made the depressed key, the press count of the each key counted respectively , to change the key size according to pressing under number display method of the touch panel and changes the display size in accordance with the pressing under number respectively.
  4. 【請求項4】 前記他のキーと異なる表示形体とは、キーの表示色が、他のキーの表示色と異なることを特徴とする請求項1または請求項2に記載のタッチパネルの表示方法。 Wherein said and are displayed differently form other keys, the display color of the key, the display method for a touch panel according to claim 1 or claim 2, characterized in that different from the display color of other keys.
  5. 【請求項5】 前記他のキーの表示色と異なる色の表示に変更するキーの表示は、キーの表示文字色が他のキーの表示文字色と異なることを特徴とする請求項4に記載のタッチパネルの表示方法。 5. The display of the key to change the display color different from the color display of the other keys, according to claim 4 in which the display character color keys, characterized in that different display character color of other key display method of the touch panel.
  6. 【請求項6】 前記他のキーと異なる表示形体とは、キーの表示サイズが、他のキーの表示サイズと異なることを特徴とする請求項1または請求項2に記載のタッチパネルの表示方法。 Wherein said and are displayed differently form other keys, the display size of the key, the display method for a touch panel according to claim 1 or claim 2, characterized in that different from the display size of other keys.
  7. 【請求項7】 前記他のキーと異なる表示形体とは、キーの外形の表示が、他のキーの外形と異なることを特徴とする請求項1または請求項2に記載のタッチパネルの表示方法。 7. and the different display forms the other keys, the display of the outline of the key, the display method for a touch panel according to claim 1 or claim 2, characterized in that different from the outer shape of the other keys.
  8. 【請求項8】 前記他のキーと異なる表示形体とは、キーの表示文字の太さが、他のキーの表示文字の太さと異なることを特徴とする請求項1または請求項2に記載のタッチパネルの表示方法。 And the different display form wherein said other keys, the thickness of the display character keys, according to claim 1 or claim 2, characterized in that different from the thickness of the display character of the other keys display method of the touch panel.
  9. 【請求項9】 前記他のキーと異なる表示形体とは、キーの表示文字の大きさが、他のキーの表示文字の大きさと異なることを特徴とする請求項1または請求項2に記載のタッチパネルの表示方法。 And the different display form wherein said other keys, the display character size keys, according to claim 1 or claim 2, characterized in that different display character size of other keys display method of the touch panel.
JP9358597A 1997-04-11 1997-04-11 Display method for touch panel Granted JPH10289060A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9358597A JPH10289060A (en) 1997-04-11 1997-04-11 Display method for touch panel

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9358597A JPH10289060A (en) 1997-04-11 1997-04-11 Display method for touch panel

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10289060A true JPH10289060A (en) 1998-10-27

Family

ID=14086370

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP9358597A Granted JPH10289060A (en) 1997-04-11 1997-04-11 Display method for touch panel

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10289060A (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007013607A (en) * 2005-06-30 2007-01-18 Canon Inc Image processing device, control method for image processing device, and program and storage medium
US7685532B2 (en) 2002-08-07 2010-03-23 Minolta Co., Ltd. Data input device, image processing device, data input method and computer readable recording medium on which data input program is recorded
JP2010224763A (en) * 2009-03-23 2010-10-07 Konica Minolta Business Technologies Inc User interface device
JP2015146503A (en) * 2014-02-03 2015-08-13 キヤノン株式会社 Image processing apparatus, control method of image processing apparatus, and program

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7685532B2 (en) 2002-08-07 2010-03-23 Minolta Co., Ltd. Data input device, image processing device, data input method and computer readable recording medium on which data input program is recorded
JP2007013607A (en) * 2005-06-30 2007-01-18 Canon Inc Image processing device, control method for image processing device, and program and storage medium
US8259345B2 (en) 2005-06-30 2012-09-04 Canon Kabushiki Kaisha Image processing apparatus, control method of image processing apparatus, program, and storage medium
JP2010224763A (en) * 2009-03-23 2010-10-07 Konica Minolta Business Technologies Inc User interface device
US8997010B2 (en) 2009-03-23 2015-03-31 Konica Minolta, Inc. User interface device
JP2015146503A (en) * 2014-02-03 2015-08-13 キヤノン株式会社 Image processing apparatus, control method of image processing apparatus, and program
US9936088B2 (en) 2014-02-03 2018-04-03 Canon Kabushiki Kaisha Image processing apparatus, method for controlling image processing apparatus, and storage medium

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5182796A (en) Multi-screen setting condition display system
JP3935252B2 (en) Image forming apparatus and job processing method
JP4026907B2 (en) Operation display method and operation display device for image forming apparatus
US7456981B2 (en) Image input and output using scan-all-first input mode
JP3238817B2 (en) Management apparatus and an image forming apparatus of an image forming apparatus
US5390005A (en) Operation-panel-indicating method for a copying machine
JP2000307781A (en) Display device for image forming instruction terminal for image forming device or image forming system
JP2000147944A (en) Image forming apparatus, image forming system, method for image formation, and storage medium
EP0399509B1 (en) Image forming apparatus
JPH0738686A (en) Composite function device
EP0085538A1 (en) Reproduction machine with display
JPH0715586A (en) Image forming device and picture input device
JP3761106B2 (en) Image forming apparatus having magnification setting device
JPH11212406A (en) Image forming device and its control method
US20060139337A1 (en) Operation display device
JP2001341361A (en) Apparatus and method for imaging and storage medium
JPH09307719A (en) Image forming device
JP4160285B2 (en) image forming apparatus
JP5373549B2 (en) Image forming apparatus
US6690382B1 (en) Display device capable of color display used in operation mode setting of image formation apparatus
JP3532474B2 (en) Copier operation input device
US20010021036A1 (en) Image forming apparatus, method of controlling same and storage medium therefor
US4788575A (en) Copying machine for detecting a workable document turnover unit
EP0499719B1 (en) Digital image reproduction system
US7417770B2 (en) Image forming device with priority mode to force automatic switching to monochromatic mode over color mode