New! View global litigation for patent families

JPH10260681A - Method and device for altering playing data and medium recorded with program - Google Patents

Method and device for altering playing data and medium recorded with program

Info

Publication number
JPH10260681A
JPH10260681A JP34164297A JP34164297A JPH10260681A JP H10260681 A JPH10260681 A JP H10260681A JP 34164297 A JP34164297 A JP 34164297A JP 34164297 A JP34164297 A JP 34164297A JP H10260681 A JPH10260681 A JP H10260681A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
data
playing
volume
sound
altering
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP34164297A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP3463547B2 (en )
Inventor
Shigeki Ishii
Keiji Kawakami
Minoru Kitamura
Hideaki Shimatani
稔 北村
秀明 島谷
啓二 川上
茂樹 石井
Original Assignee
Yamaha Corp
ヤマハ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To automatically alter the whole playing data without a feeling of physical disorder by retrieving data of the same kind with indicated data to be altered from actual playing data and altering or erasing the retrieved data according to an indication.
SOLUTION: When a user indicates an alteration of sound volume in initial setting data, for example, from 50 to 80, a playing data altering device generates new initial setting data 52. The playing data altering device discriminates the kind of an even of the alteration that the user indicates. Then an event of the same kind with the even is erased from the actual playing data and actual playing data 53 are generated. For example, an even such as a sound volume alteration 60 and a sound volume alteration 70 is erased. Then all the events of sound volume alterations in the actual playing data 53 are erased and then the setting of sound volume 80 in the initial setting data 52 becomes effective to the whole in the playing data 51 in principle. The user becomes able to set the reference sound volume of the whole music to 80.
COPYRIGHT: (C)1998,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、演奏データの処理に関し、特に演奏データの値を所望の値に変更することができる演奏データの変更処理に関する。 The present invention relates to relates to process performance data, and more particularly to changing process performance data values ​​of the performance data can be changed to a desired value.

【0002】 [0002]

【従来の技術】図7は、ソングデータの形式を示す図である。 BACKGROUND ART FIG. 7 is a diagram showing the format of the song data.

【0003】ソングデータ4は、1曲分の自動演奏データであり、トラック1〜トラックnの各演奏データ1を有する。 [0003] song data 4 is automatic performance data for one piece of music, with each performance data 1 track 1 track n. ソングデータ4がスタンダードMIDIファイルの形式で記録されている場合、演奏データ1は、MI If the song data 4 is recorded in the form of a standard MIDI file, the performance data 1, MI
DIデータの形式を用いて表現される。 It is expressed using a format of the DI data. MIDIデータは、ノートオン/オフの他、音色や効果等の設定を行うための設定データを有する。 MIDI data, other note on / off, with the setting data for setting such tone and effects.

【0004】演奏データ1の先頭の部分に、初期設定データ2を置くことが多い。 [0004] at the beginning of the part of the performance data 1, it is often put the initial setting data 2. 初期設定データ2は、その曲を演奏するために予め設定しておく設定データであり、 Initialization data 2 are setting data previously set to play the song,
例えば音色、音量、又は効果等である。 Such as tone, volume, or effects, and the like.

【0005】演奏データ1は、大きく分けて、上記の初期設定データ2とその後に続く実演奏データ3とからなる。 [0005] performance data 1 is mainly composed of real performance data 3 which follow thereafter the initial setting data 2 above. 実演奏データ3は、初期設定データ2以外の演奏データであり、例えば、曲の最初に出現するノートオン以後のデータである。 Actual performance data 3 is performance data other than initialization data 2, for example, it is the first note-on after the data appearing in the song.

【0006】実演奏データ3は、インターバルとイベントを1組にして構成される。 [0006] The actual performance data 3 is configured by the interval and events in one set. 実演奏データ3は、ノートオン/オフの他、特定の区間だけに有効な設定データ(音量変更等)を含む。 Actual performance data 3, another note on / off, including valid configuration data (volume change, etc.) only in a specific section.

【0007】自動演奏を行うには、まず初期設定データ2を読み出し、音色等の初期設定を行い、その後、実演奏データ3を読み出し、発音及び消音を含む自動演奏を行う。 [0007] For automatic performance reads the initial setting data 2 First, the initial setting such as tone, then reads the actual performance data 3, performs automatic performance including sound and mute. 演奏データ1は、エンドデータで終わる。 Performance data 1, ending with end data.

【0008】 [0008]

【発明が解決しようとする課題】ユーザは、自分の好みに合わせて、演奏データ1を変更したい場合がある。 User The object of the invention is to solve the above-to suit your tastes, there is a case you want to change the performance data 1. その場合、シーケンサやパソコンを用いて、演奏データ1 In that case, by using a sequencer or a personal computer, the performance data 1
の個々のイベント又はインターバルを変更することができる。 It is possible to change the individual event or interval.

【0009】しかし、初心者は、演奏データについての知識が少ないため、初期設定データ2を変更すれば、その変更が演奏データ1の全体に有効であると誤解することがある。 [0009] However, beginners, because less knowledge of the performance data, by changing the initial setting data 2, which may be mistaken for the change is effective in overall performance data 1. 例えば、初期設定データ2内の音量50を8 For example, the volume 50 in the initial setting data 2 8
0に変更すれば、曲の先頭から最後まで全てにわたって音量を上げることができると誤解してしまうことがある。 If you change to 0, it may misunderstand that it is possible to increase the volume over all from the beginning of the song to the last.

【0010】実際には、初期設定データ2内の音量を5 [0010] In fact, the volume of the initial setting data 2 5
0から80に変更しても、実演奏データ3内に存在する音量変更60及び音量変更70は変更されない。 Changing the 0 to 80, volume change 60 and the volume change 70 existing in the real performance data 3 is not changed. 変更前の演奏データは、初期の音量が50であり、その後、音量が60及び70に上がる。 Performance data before the change, the initial volume is 50, then, the volume goes up to 60 and 70. しかし、変更後の演奏データは、初期の音量が80であり、その後、音量が一旦6 However, the performance data after the change, the initial volume is 80, then, the volume is once 6
0に下がり、次に70に上がってしまう。 Dropped to 0, it would then rise to 70. 変更前と変更後とでは、曲の感じが変わってしまい、違和感を感じる。 In the before the change and after the change, will change the feel of the song, feel a sense of discomfort.

【0011】本発明の目的は、初期設定データの変更により、演奏データ全体を違和感のないように自動変更する演奏データ変更装置、演奏データ変更方法又はプログラムの記録媒体を提供することである。 An object of the present invention, by changing the initial setting data, performance data changing apparatus for automatically changing so as not discomfort the whole performance data is to provide a recording medium of the performance data change method or program.

【0012】 [0012]

【課題を解決するための手段】本発明の一観点によれば、初期設定データと実演奏データからなる演奏データを変更する装置であって、初期設定データ中のデータの変更を指示する変更指示手段と、前記変更を指示されたデータと同種類のデータを実演奏データ中から検索する検索手段と、前記検索されたデータを前記指示された変更に応じて変更又は消去を行う変更手段とを有する演奏データ変更装置が提供される。 According to one aspect of the Means for Solving the Problems] The present invention provides a device for changing the performance data composed of the initial setting data and actual performance data, change instruction to change the data in the initial setting data means and a retrieving means for retrieving data of the indicated data of the same type as the modified from of actual performance data, and changing means for performing a modified or erased according to the change of the retrieved data is the instruction performance data changing device that has is provided.

【0013】初期設定データ中のデータを変更指示するだけで、実演奏データ中の前記指示データと同種類のデータを指示された変更に応じて、変更又は消去することができる。 [0013] In addition to the change instruction data in the initial setting data, according to the change that is instructed to the instruction data and the same type of data in real performance data can be changed or erased. すなわち、初期設定データの変更を指示すれば、その変更指示を演奏データ全体にわたり有効とすることができる。 That is, if an instruction to change the initial setting data, it is possible to enable the change instruction throughout the performance data.

【0014】 [0014]

【発明の実施の形態】図7に示す演奏データ1を変更する場合を例に説明する。 It will be described as an example a case of changing the performance data 1 shown in Detailed Description of the Invention] FIG. ユーザは、演奏データ1内の初期設定データ2を変更するべく操作を行うだけで、演奏データ1全体(実演奏データ2を含む)にわたって所望の変更を行うことができる。 The user just performs an operation to change the initial setting data 2 in the performance data 1, it is possible to perform the desired changes throughout the performance data 1 (including the real performance data 2).

【0015】ユーザは、自分の好み又は演奏環境等に応じて、種々の変更を希望することがある。 [0015] The user, according to their own preferences or performance environment, etc., which may wish to various changes. 例えば、初期設定データの音量を上げれば、演奏データ全体について同じ分量だけ音量を上げたい場合がある。 For example, by raising the volume of the initial setting data, there is a case you want to turn up the volume by the same amount for the entire performance data. また、初期設定データの音量を変更すれば、演奏データ全体をその変更した音量と同じ音量に変更したい場合がある。 In addition, by changing the volume of the initial setting data, there is a case in which you want to change the overall performance data in the same volume and the changed volume. その他、種々の要望がある。 In addition, there are a variety of demands.

【0016】演奏データ1を変更する場合、ユーザは、 [0016] If you want to change the performance data 1, the user,
まず、どのような変更を行いたいかを決めるため、例えば、図1〜4の変更モード1〜4のいずれかのモードを選択する。 First, to decide want what changes, for example, you select one of the modes of changing modes 1 to 4 in FIGS. 1-4. 演奏データ変更装置は、ユーザが選択したモードに応じて、種々の変更を演奏データについて行うことができる。 Performance data changing device can be carried out in accordance with the mode selected by the user, the performance data of various changes. 各変更モード1〜4における変更を、それぞれ図1〜図4に示す。 The changes in each change modes 1 to 4, respectively shown in FIGS. 1 to 4.

【0017】図1は、変更モード1の動作を説明するための図である。 [0017] Figure 1 is a diagram for explaining the operation of changing mode 1. 変更モード1では、演奏データ1(図7)を演奏データ51(図1)に変更する。 In changing mode 1, to change the performance data 1 to play (Figure 7) data 51 (FIG. 1). 演奏データ1内の初期設定データ2と実演奏データ3は、それぞれ演奏データ51内の初期設定データ52と実演奏データ53に変更される。 Initialization data 2 and the actual performance data 3 in the performance data 1 is changed to the initial setting data 52 and actual performance data 53 for each the performance data 51.

【0018】ユーザが、例えば、初期設定データ内の音量を50から80に変更するように指示すると、演奏データ変更装置は、新たな初期設定データ52を生成する。 [0018] user, for example, to instruct the volume of the initial setting data so as to change from 50 to 80, performance data change device generates a new initialization data 52. そして、以下に示す実演奏データ53を生成する。 Then, to generate the actual performance data 53 shown below.

【0019】具体的には、演奏データ変更装置は、まず、ユーザにより変更が指示されたイベントの種類を識別する。 [0019] Specifically, the performance data change device first identifies the type of event that changed by the user is instructed. イベントの種類は、例えば音量である。 Type of event is, for example, volume. その後、当該イベントと同じ種類のイベントを、実演奏データ3内から消去し、実演奏データ53を生成する。 Thereafter, the same type of event and the event, and erased from the actual performance data within 3 to generate the actual performance data 53. 例えば、音量変更60及び音量変更70等のイベントを消去する。 For example, to erase an event such as a volume change 60 and the volume change 70.

【0020】実演奏データ53内の音量変更のイベントを全て消去することにより、初期設定データ52内の音量80の設定が原則として演奏データ51内の全てに有効となる。 [0020] By erasing all volume change events in real performance data 53, setting the volume 80 in the initial setting data 52 is valid for all the performance data 51 in principle. ユーザは、曲全体の基準音量を80に設定することができる。 The user may set a reference volume of the entire song 80.

【0021】なお、実演奏データ内の音量変更60と音量変更70のイベントが消去されると、インターバル4 [0021] In addition, the event of volume change 60 and the volume change 70 in the real performance data is erased, the interval 4
をその前のインターバル3と加算して一つのインターバルにまとめ、インターバル7をその前のインターバル6 Summarized in one of the interval is added and the previous interval 3, the interval 7 the previous interval 6
と加算して一つのインターバルにまとめる。 Adds summarized in one of the interval to. 前記方法以外にも、例えば2つのインターバルの内どちらか一方を消去する、また、2つ共残す等の方法でもよい。 Besides the method to erase either example of the two intervals, or may be a method such as to leave two co.

【0022】図2は、変更モード2の動作を説明するための図である。 FIG. 2 is a diagram for explaining the operation of the change mode 2. 変更モード2では、演奏データ1(図7)を演奏データ61(図2)に変更する。 Changing the mode 2, to change the performance data 1 to play (Figure 7) data 61 (FIG. 2). ユーザが、 User,
例えば、初期設定データ2内の音量を50から80に変更するように指示すると、演奏データ変更装置は、元の初期設定データ2を基に新たな初期設定データ62を生成する。 For example, to instruct the volume of the initial setting data 2 so as to change from 50 to 80, performance data change device generates a new initial setting data 62 based on the original initialization data 2.

【0023】演奏データ変更装置は、上記のユーザの変更指示に応じて、元の実演奏データ3を変更し新たな実演奏データ63を生成する。 The performance data changing device in response to the change instruction above user to change the original real performance data 3 to generate a new actual performance data 63. 具体的には、演奏データ変更装置は、まず、ユーザにより変更が指示されたイベントの種類(例えば音量)を識別し、その後、実演奏データ内において、当該イベントと同じ種類のイベントを、 Specifically, the performance data changing device, first, identifies the type of event that changes the user has been instructed (e.g. volume), then, in the actual performance data, the same type of event and the event,
全て同じ値に変更する。 All changed to the same value. 例えば、音量変更60及び音量変更70のイベントを共に音量変更80に変更する。 For example, to change the event of the volume change 60 and the volume change 70 both the volume change 80.

【0024】実演奏データ63内には、初期設定データ62内の音量80と同じ音量が設定されるので、演奏データ61全体にわたり音量をほぼ一定の大きさに設定することができる。 [0024] In the actual performance data 63, since the same volume as the volume 80 in the initial setting data 62 is set, it is possible to set the volume throughout the performance data 61 at a substantially constant magnitude.

【0025】図3は、変更モード3の動作を説明するための図である。 FIG. 3 is a diagram for explaining the operation of the change mode 3. 変更モード3では、演奏データ1(図7)を演奏データ71(図3)に変更する。 Changing the mode 3, to change the performance data 1 (Fig. 7) on the performance data 71 (FIG. 3). ユーザが、 User,
例えば、初期設定データ2内の音量を50から80に変更するように指示すると、演奏データ変更装置は、元の初期設定データ2を基に新たな初期設定データ72を生成する。 For example, to instruct the volume of the initial setting data 2 so as to change from 50 to 80, performance data change device generates a new initial setting data 72 based on the original initialization data 2.

【0026】演奏データ変更装置は、上記のユーザの変更指示に応じて、元の実演奏データ3を変更し新たな実演奏データ73を生成する。 The performance data changing device in response to the change instruction above user to change the original real performance data 3 to generate a new actual performance data 73. 具体的には、演奏データ変更装置は、まず、ユーザにより変更が指示されたイベントの種類(例えば音量)を識別し、さらに変更が指示された値の変更量を調べる。 Specifically, performance data change device first identifies the type of event that changes the user has been instructed (e.g. volume), further changes investigate the change amount of the indicated value. 変更量は、例えば音量80− Change the amount of, for example, volume 80-
音量50=+30である。 It is a volume 50 = + 30. その後、実演奏データ内において、当該イベントと同じ種類のイベントの値を、全て同じ変更量だけ変更する。 Then, in the actual performance data, the value of the same type of event and the event will be changed by all the same change amount. 例えば、音量変更60及び音量変更70は、それぞれ音量変更90(=60+30) For example, volume change 60 and volume changes 70 are each volume change 90 (= 60 + 30)
及び音量変更100(=70+30)に変更される。 And to change the volume change 100 (= 70 + 30).

【0027】初期設定データ72内の変更量と同じだけ、実演奏データ73内のデータが変更される。 [0027] as much as the amount of change in the initial setting data 72, the data in the real performance data 73 is changed. 演奏データは、音量がユーザにより指示された量だけ全体的に変更される。 Performance data, the sound volume is changed by entirely the amounts indicated by the user. すなわち、相対的な音量のバランスを変えずに、演奏データの音量を全体的に変更することができる。 That is, without changing the balance of the relative volume, the volume of the performance data can be totally changed.

【0028】ただし、この変更モードは、変更量が少ないときには有効であるが、変更量が大きくなりすぎると、音量が最大値を越えてしまったり0より小さくなってしまうことがある。 [0028] However, this change mode is effective when there is a small amount of change, there is that the amount of change is too large, the volume becomes smaller than 0 or gone beyond the maximum value. その場合には、最大値及び0にリミッタを設けてもよい。 In that case, it may be a limiter provided in the maximum value and zero. また、変更量が大きすぎて、曲のイメージが変わってしまう場合には、次に説明する変更モード4が有効である。 In addition, too large amount of change, if the image of the song would change is change mode 4 to be described next is valid.

【0029】図4は、変更モード4の動作を説明するための図である。 FIG. 4 is a diagram for explaining the operation of the change mode 4. 変更モード4では、演奏データ1(図7)を演奏データ81(図4)に変更する。 Changing the mode 4, changing the performance data 1 play (Figure 7) data 81 (FIG. 4). ユーザが、 User,
例えば、初期設定データ2内の音量を50から80に変更するように指示すると、演奏データ変更装置は、元の初期設定データ2を基に新たな初期設定データ82を生成する。 For example, to instruct the volume of the initial setting data 2 so as to change from 50 to 80, performance data change device generates a new initial setting data 82 based on the original initialization data 2.

【0030】演奏データ変更装置は、上記のユーザの変更指示に応じて、元の実演奏データ3を変更し新たな実演奏データ83を生成する。 The performance data changing device in response to the change instruction above user to change the original real performance data 3 to generate a new actual performance data 83. 具体的には、演奏データ変更装置は、まず、ユーザにより変更が指示されたイベントの種類(例えば音量)を識別し、さらに変更が指示された値の変更倍率を調べる。 Specifically, performance data change device first identifies the type of event that changes the user has been instructed (e.g. volume), further changes investigate the change ratio of the indicated value. 変更倍率は、例えば音量8 Change magnification, for example, volume 8
0÷音量50=1.6である。 0, which is the ÷ volume 50 = 1.6. その後、実演奏データ内において、当該イベントと同じ種類のイベントの値を、 Then, in the actual performance data, the value of the same type of event and the event,
全て同じ変更倍率だけ変更する。 All change by the same change magnification. 例えば、音量変更60 For example, the volume change 60
及び音量変更70は、それぞれ音量変更96(=60× And volume change 70 are each volume change 96 (= 60 ×
1.6)及び音量変更112(=70×1.6)に変更される。 1.6) and it is changed to the volume change 112 (= 70 × 1.6).

【0031】初期設定データ82内の変更倍率と同じだけ、実演奏データ83内のデータが変更される。 [0031] as much as the changing magnification in the initial setting data 82, the data of the actual performance data 83 is changed. 演奏データは、音量がユーザにより指示された倍率だけ全体的に変更される。 Performance data, the volume is generally changed by a factor designated by the user. 聴感上自然に、演奏データの音量を全体的に変更することができる。 On the natural auditory sense, the volume of the performance data can be totally changed.

【0032】図5は、本発明の実施例による演奏データ変更装置を含む電子楽器のハードウエアの構成を示す。 [0032] Figure 5 shows a hardware configuration of the electronic musical instrument including a performance data modifying device according to an embodiment of the present invention.

【0033】バス35には、鍵盤検出回路28、スイッチ検出回路30、表示回路31、音源回路32、効果回路33、RAM21、ROM22、CPU23、外部記憶装置25、インターフェース26が接続される。 [0033] bus 35, the keyboard detection circuit 28, a switch detection circuit 30, display circuit 31, tone generator circuit 32, the effect circuit 33, RAM 21, ROM 22, CPU 23, an external storage device 25, interface 26 is connected.

【0034】ユーザは、スイッチ29を用いて、初期設定データの変更を指示することができる。 The user uses the switch 29, it is possible to instruct to change the initial setting data. スイッチ検出回路30は、スイッチ29を用いたスイッチ操作を検出し、スイッチ信号を生成する。 Switch detection circuit 30 detects the switch operation using the switch 29, generates a switch signal.

【0035】ユーザは、鍵盤27を用いて、初期設定データの変更を指示することもできる。 The user can also use the keyboard 27 to instruct to change the initial setting data. 鍵盤検出回路28 Keyboard detection circuit 28
は、鍵盤27を用いた鍵操作を検出し、ノートオンまたはノートオフ信号等を生成する。 Detects the key operation using the keyboard 27, generates a note-on or note-off signal or the like. しかし、鍵盤27は必ずしも必要ではない。 However, the keyboard 27 is not necessarily required.

【0036】表示回路31は、変更前又は変更後の演奏データを表示することができる。 The display circuit 31, it is possible to view the performance data after the change before or change. ユーザは、表示回路3 The user, the display circuit 3
1に表示される演奏データを参照しながら、初期設定データの変更を指示することができる。 With reference to the performance data to be displayed in one can be instructed to change the initial setting data.

【0037】外部記憶装置25は、外部記憶装置用のインターフェースを含み、そのインターフェースを介してバス35に接続される。 The external storage device 25 includes an interface for an external storage device, is connected to the bus 35 via the interface. 外部記憶装置25は、例えばフロッピディスクドライブ(FDD)、ハードディスクドライブ(HDD)、光磁気ディスク(MO)ドライブ、 External storage device 25, for example, a floppy disk drive (FDD), a hard disk drive (HDD), a magneto-optical disk (MO) drive,
CD−ROM(コンパクトディスク−リードオンリィメモリ)ドライブ等である。 CD-ROM - is a (compact disc read only memory) drive, or the like.

【0038】RAM21は、フラグまたはバッファ、M [0038] RAM21, a flag, or buffer, M
IDI演奏データ等を記憶するCPU23用のワーキングエリアを有する。 And stores the IDI performance data, such as having a working area for CPU23. ROM22は、各種パラメータ及び制御プログラム、又は本実施例における演奏データ変更プログラム等を記憶する。 ROM22 stores various parameters and control programs, or to store the performance data modification program, etc. in the present embodiment. CPU23は、ROM22に記憶されている制御プログラム等に従い、演算または制御を行う。 CPU23 in accordance with the control programs stored in the ROM 22, performs a calculation or control.

【0039】タイマ24は、CPU23に接続されており、割り込み処理タイミングをCPU23に指示する。 The timer 24 is connected to the CPU 23, and instructs the interrupt processing timing CPU 23.
インターフェース26は、MIDIインターフェースまたはその他の通信ネットワーク用のインターフェースである。 Interface 26 is an interface for MIDI interface or other communication network.

【0040】変更前の演奏データは、外部記録装置2 [0040] before the change performance data, external recording device 2
5、RAM21、又はROM22に記憶される。 5, RAM 21, or is ROM22 in the storage. 変更後の演奏データは、書き込み可能な外部記憶装置25又はRAM21に書き込まれる。 Performance data after the change is written to a writable external storage device 25 or RAM 21. 変更前又は変更後の演奏データは、インタフェース26を介して、外部に対して入出力可能である。 Performance data after the change before or changed via the interface 26 is capable of inputting and outputting to the outside.

【0041】CPU23は、RAM21等から、変更前又は変更後の演奏データを読み出し、楽音パラメータおよび効果パラメータをそれぞれ音源回路32および効果回路33に供給することができる。 The CPU23 may be from like RAM 21, it reads the performance data after the change before or changed, to supply musical tone parameters and effect parameters to the tone generator 32 and the effect circuit 33, respectively.

【0042】また、CPU23は、鍵盤検出回路28で生成されるノートオン信号等やスイッチ検出回路30で生成されるスイッチ信号に応じて、楽音パラメータおよび効果パラメータを生成し、それぞれ音源回路32および効果回路33に供給することもできる。 Further, CPU 23, in response to a switch signal generated by the note-on signal, etc., a switch detection circuit 30 that is generated by the keyboard detection circuit 28 generates a musical tone parameters and effect parameters, each musical tone generator 32 and effects It can be supplied to the circuit 33.

【0043】音源回路32は、供給される楽音パラメータに応じて楽音信号を生成する。 The tone generator 32 generates musical tone signals in accordance with the musical tone parameters supplied. 効果回路33は、供給される効果パラメータに応じて、音源回路32で生成される楽音信号に、例えばディレイやリバーブ等の効果を付与し、サウンドシステム34に供給する。 Effect circuit 33, depending on the effect parameters supplied to the musical tone signal generated by the sound source circuit 32, for example, impart effects such as delay or reverb, and supplies the sound system 34. サウンドシステム34は、D/A変換器およびスピーカを含み、供給されるデジタル形式の楽音信号をアナログ形式に変換し、発音する。 Sound system 34 includes a D / A converter and speakers, converts the musical tone signal in digital form is supplied to an analog format, Could.

【0044】なお、音源回路32は、波形メモリ方式、 [0044] It should be noted that the sound source circuit 32, the waveform memory method,
FM方式、物理モデル方式、高調波合成方式、フォルマント合成方式、VCO+VCF+VCAのアナログシンセサイザ方式等、どのような方式であってもよい。 FM method, physical model method, harmonics synthesis method, formant synthesis method, analog synthesizer method and the like of the VCO + VCF + VCA, may be any method.

【0045】また、音源回路32は、専用のハードウエアを用いて構成するものに限らず、DSP+マイクロプログラムを用いて構成してもよいし、CPU+ソフトウェアのプログラムで構成するようにしてもよい。 Further, the sound source circuit 32 is not limited to those made dedicated hardware may be configured using a DSP + microprograms, it may be constituted by a CPU + software programs.

【0046】さらに、1つの音源回路を時分割で使用することにより複数の発音チャンネルを形成するようにしてもよいし、複数の音源回路を用い、1つの発音チャンネルにつき1つの音源回路で複数の発音チャンネルを構成するようにしてもよい。 [0046] Further, it may be formed a plurality of tone generation channels by using a time division one tone generator, a plurality of tone generator, a plurality of one tone generator per one sound channel it is also possible to configure the sound channel.

【0047】制御プログラム又は演奏データ等をHDD The control program or HDD performance data, etc.
25内のハードディスクに記憶させることもできる。 It can be stored in the hard disk 25. ハードディスクからRAM21に制御プログラム等を読み出すことにより、ROM22に制御プログラム等を記憶させている場合と同様の動作をCPU23にさせることができる。 By reading the control program and the like to RAM21 from the hard disk, it is possible to the same operation as that stores the control program in ROM22 the CPU 23. このようにすると、制御プログラム等の追加やバージョンアップ等が容易に行える。 In this way, addition of a new such as the control program can be easily performed.

【0048】また、制御プログラム又は演奏データ等をCD−ROMに記憶させることもできる。 [0048] Further, a control program or performance data, etc. may be stored in a CD-ROM. CD−ROM CD-ROM
からハードディスクに制御プログラムや演奏データ等をコピーすることができる。 Control program and performance data on the hard disk from the like can be copied. 制御プログラム等の新規インストールやバージョンアップを容易に行うことができる。 A new installation and version-up such as a control program can be easily performed.

【0049】通信インターフェース26は、LAN(ローカルエリアネットワーク)やインターネット、電話回線等の通信ネットワーク36に接続可能であり、該通信ネットワーク36を介して、サーバコンピュータ37と接続し、HDD等外部記憶装置25、又はRAM21等内に、サーバコンピュータ37から制御プログラムや演奏データ等をダウンロードすることができる。 The communication interface 26, LAN (Local Area Network) or the Internet, can be connected to a communication network 36 such as a telephone line, via the communication network 36, connected to the server computer 37, HDD external storage devices 25, or the RAM21 Hitoshinai may download control programs and performance data etc. from the server computer 37. クライアントとなる電子楽器は、通信インターフェース26及び通信ネットワーク36を介してサーバコンピュータ37 Electronic musical instrument as a client, the server computer 37 through the communication interface 26 and communication network 36
へと制御プログラムや演奏データ等のダウンロードを要求するコマンドを送信する。 To request the download of such control program and performance data and to send a command. サーバコンピュータ37 Server computer 37
は、このコマンドを受け、要求された制御プログラムや演奏データ等を、通信ネットワーク36を介して電子楽器へと配信し、電子楽器が通信インターフェース26を介して、これら制御プログラムや演奏データ等を受信して外部記憶装置25又はRAM21等内に蓄積することにより、ダウンロードが完了する。 It receives this command, the requested control program and performance data etc., and delivered to the electronic musical instrument via the communication network 36, through the electronic musical instrument communication interface 26, receives these control program and performance data etc. and by storing in the external storage device 25 or RAM21 Hitoshinai, the download is completed.

【0050】図6は、CPUが行う処理を示すフローチャートである。 [0050] Figure 6 is a flowchart showing the processing performed by the CPU. SA1でソングデータ変更モードをスタートする。 To start the song data change mode in SA1. SA2で変更を行うソングデータをフロッピディスク等より選択する。 The song data to make changes in the SA2 is selected from the floppy disk or the like.

【0051】ステップS1では、選択されたソングデータをRAM内のエディットバッファにコピーする。 In Step S1, copying the song data selected in the edit buffer in RAM. 例えば、選択されたソングデータがフロッピディスク等に記憶されている場合には、選択されたソングデータをフロッピディスク等からRAMにコピーする。 For example, if the song data selected is stored in the floppy disk or the like, copies the song data selected from a floppy disk or the like to RAM.

【0052】ステップS2では、ユーザの指示によりソングデータ内の変更を行いたいトラックを選択する。 In step S2, it selects the track to make changes in the song data according to an instruction of the user. 例えば、第1トラックから第nトラックの中から一つのトラックを選択する。 For example, to select one of the tracks from the first track of the track n.

【0053】ステップS3では、選択されたトラックの演奏データ内の初期設定データを表示画面に表示する。 [0053] In step S3, and displays the initial setting data in the performance data of the selected track on the display screen.
ユーザは、初期設定データの内容を確認することができる。 The user is able to confirm the contents of the initial setting data.

【0054】処理S10は、ステップS4〜S9を含み、実際に演奏データの変更を行う処理である。 [0054] process S10 includes steps S4 to S9, a process for actually changing the performance data. 以下、 Less than,
各ステップについて説明する。 Each step will be explained.

【0055】ステップS4では、ユーザの指示より初期設定データ内の変更を行いたいパラメータを選択する。 [0055] In step S4, selecting parameters you want to change in the initial setting data from the user instruction.
例えば、表示画面上において、ユーザが変更したいパラメータの位置にカーソルを移動させる。 For example, on the display screen, move the cursor to the parameter to be changed by the user.

【0056】ステップS5では、選択したパラメータをユーザの指示により変更する。 [0056] In step S5, changing the indication of the user selected parameter. 例えば、初期設定データの音量50を音量80に変更する。 For example, to change the volume 50 of the initialization data to the volume 80. ユーザは、パラメータの種類(例えば音量)とパラメータの値(例えば変更前が50、変更後が80)を指定することができる。 The user parameter type (e.g., volume) and parameter values ​​(e.g., before the change is 50, is changed 80) can be specified. また、ユーザは、変更モード1〜4を選択することができる。 The user can select the change mode 1-4.

【0057】ステップS6では、実演奏データの先頭から前記パラメータと同種類のパラメータを順次検索する。 [0057] In step S6, sequentially searches the parameters of the same type of parameters from the beginning of the actual performance data. 例えば、音量変更のMIDIイベントを検索する場合は、コントロールナンバ#7のイベントを検索すればよい。 For example, if you want to search for MIDI events of the volume change, it is only necessary to find the event of the control number # 7.

【0058】ステップS7では、前記パラメータと同種類のパラメータが実演奏データ中に存在するか否かをチェックする。 [0058] In step S7, checks whether the parameters the same types of parameters are present in the actual performance data. 存在する場合には、ステップS8へ進み、 When present, the flow advances to step S8,
検索されたパラメータを上記で選択した変更モードに従って変更する。 Search parameters changing in accordance with the changed mode selected above.

【0059】ステップS9では、実演奏データ内において変更を行った次のデータから前記パラメータと同種類のパラメータを順次検索する。 [0059] In step S9, sequentially searches the parameters of the same type of parameters from the next data subjected to modifications within the actual performance data. その後、ステップS7へ戻り、上記の処理を繰り返す。 Thereafter, the process returns to step S7, and repeats the above processing. 実演奏データの最後まで、上記の処理を繰り返し、その後、ステップS11へ進む。 To the end of the actual performance data, repeat the above process, then the process proceeds to step S11.

【0060】ステップS11では、変更されたデータの確認を行う。 [0060] In the step S11, to confirm the changed data. 例えば、変更後の演奏データを表示画面に表示したり、変更後の演奏データを基に発音させることにより、ユーザは、変更後のデータを確認することができる。 For example, view the performance data after the change on the display screen, by sound based on the performance data after the change, the user can check the data after the change.

【0061】ステップS12では、ユーザにより変更後の演奏データの保存が指示されたか否かをチェックする。 [0061] In step S12, checks whether storage of performance data after the change by the user is instructed. 保存が指示された場合には、ステップS13へ進み、データの書き換えを行う。 If the save is instructed, the process proceeds to step S13, to rewrite the data. 例えば、RAM内の変更後の演奏データをフロッピディスクにコピーする。 For example, to copy the performance data after the change in the RAM to the floppy disk. その後、処理を終了する。 After that, the process is terminated. 保存が指示されない場合は、データの書換えを行わずに、処理を終了する。 If saving is not instructed, without rewriting of the data, the process ends.

【0062】なお、ステップS1において、ソングデータをフロッピディスク等からエディットバッファにコピーする場合について説明したが、エディットバッファを用いずに、フロッピディスク等の演奏データを直接書き換えてもよい。 [0062] Note that, in step S1, the description has been given of the case of copying the song data from the floppy disk, etc. to edit buffer, without using the edit buffer may be rewritten performance data, such as a floppy disk directly.

【0063】本実施例によれば、ユーザが初期設定データの変更を指示するだけで、その変更を演奏データ全体について行うことができる。 According to [0063] this embodiment, the user simply instructs the change of the initial setting data, it can be performed for the entire performance data that change. ユーザが演奏データについての知識が少なくて、初期設定データの変更が演奏データの全体に有効であると誤解している場合であっても、 The user has little knowledge of the performance data, even when the change of the initial setting data is misunderstood to be effective in overall performance data,
ユーザの意図に沿う演奏データの変更を行うことができる。 It is possible to change the performance data along the intention of the user.

【0064】また、本実施例では、一度の操作で一つのパラメータ変更を行なっているが、複数パラメータ変更を同時進行で行なってもよい。 [0064] Further, in this embodiment, it is performed one parameter changes in one operation may perform multiple parameter changes on the fly.

【0065】また、ユーザは、変更モードを選択することにより、自分の好み又は演奏環境に合わせて、演奏データを変更することができる。 [0065] In addition, the user can select the change mode, to suit your preference or performance environment, it is possible to change the performance data. さらに、一般的な演奏データの編集機能を使用した場合には、ある値から他の値に変更する等のように単純な変更は可能であるが、その変更したい値が演奏データ内に散在している場合、ユーザがその値すべてを見つけ出し変更するというような複雑な変更は困難である。 Furthermore, when using an editing function of a typical performance data, although it is possible a simple change as such to change from one value to another value, the value to be the change scattered in performance data If it has, complex changes such that the user changes finds all its value is difficult. 本実施例による演奏データ変更装置は、ユーザの簡単な変更操作により、複雑な変更を行うことができる。 Performance data changing device according to this embodiment, by a simple operation of changing the user can perform complex changes.

【0066】なお、初期設定データは、演奏データの一番始めに出現するノートオンイベントより前のデータに限定されない。 [0066] In addition, the initial setting data is not limited to the front of the data from the note-on events that occur in most the beginning of the performance data. 実演奏データの一番始めに出現するパラメータ値を各パラメータの初期設定データとしてもよい。 The parameter values ​​that occur in very first real performance data may be the initial setting data of each parameter.

【0067】また、初期設定データは本実施例のように演奏データ内に含まれているものに限らず、演奏データとは別領域、例えば演奏データの後ろ等にあってもよい。 [0067] The initial setting data is not limited to what is contained in the performance data as in this embodiment, different regions and musical data, for example may be behind the performance data and the like.

【0068】本実施例は、音量を変更する場合に限定されず、他のイベント又はパラメータを変更することもできる。 [0068] The present embodiment is not limited to the case of changing the volume, it is possible to change the other events or parameters. 音量は、数値が連続的に変化しうるものであるが、そのような性質のイベント又はパラメータを変更する場合に限定されない。 Volume is the value, in which can be continuously changed, not limited to the case of changing the event or parameter of that nature. 音色番号(プログラムチェンジ)を変更する場合にも適用することができる。 It can be applied to a case of changing the tone color number (program change). 音色番号は、その番号の大きさに意味を持たないので、音量とは性質を異にする。 Timbre number is, having different because it does not have a meaning to the magnitude of the number, the nature and volume. 音色番号の場合は、変更モード3 In the case of tone color number, change mode 3
(図3)及び変更モード4(図4)を適用するのは好ましくない。 It is not preferable to apply (Fig. 3) and change mode 4 (Fig. 4). 初期設定データ内の音色番号を1から2に変更する場合には、実演奏データ内の音色番号1を検索し、音色番号1を全て音色番号2に変更することができる。 To change the tone color number in the initial setting data from 1 to 2 searches the tone color number 1 in the real performance data, it is possible to change the tone color number 1 to all tone number 2. その他の音色番号については、変更を行わなくてよい。 For other tone color number, it is not necessary to make any changes.

【0069】あるいは、その他の音色番号についてもすべて音色番号2に変更してもよいし、すべて削除するようにしてもよい。 [0069] Alternatively, it may be changed all voice number 2 for the other tone color number, it may be all deleted.

【0070】本実施例による演奏データ変更装置は、電子楽器の形態に限らず、パソコンとアプリケーションソフトウエアとによる形態でもよい。 [0070] performance data changing device according to the present embodiment is not limited to the form of an electronic musical instrument, it may be in the form due to a personal computer and the application software. アプリケーションソフトウエアは、磁気ディスク、光ディスク、半導体メモリ等の記憶媒体に記憶させ、パソコンに供給するようにしてもよいし、ネットワークを介して供給するようにしてもよい。 Application software may be a magnetic disk, an optical disk, is stored in a storage medium such as a semiconductor memory, may be supplied to the personal computer, it may be supplied via a network.

【0071】また、本演奏データ変更装置は、音源装置や電子楽器に内蔵されている場合に限らず、それぞれが別体の装置であり、MIDIや各種ネットワーク等の通信手段を用いて各装置を接続するようなものであってもよい。 [0071] Further, the present performance data changing device is not limited to being incorporated in the tone generator and the electronic musical instrument is a device each separate, each device using the communication means such as MIDI and various networks it may be such as to be connected. 本演奏データ変更装置は、カラオケ装置等で演奏データを編集する際に用いてもよい。 This performance data changing device may be used when editing performance data in the karaoke apparatus. さらに、鍵盤楽器に限らず、弦楽器タイプ、管楽器タイプ、打楽器タイプ等に適用することもできる。 Furthermore, it is not limited to the keyboard musical instrument, stringed instrument type, wind instrument type, also be applied to a percussion instrument type or the like. 自動演奏ピアノの演奏データを記録又は再生する装置に適用してもよい。 Performance data of the automatic player piano may be applied to a recording or apparatus for reproducing.

【0072】演奏データのフォーマットは、スタンダードMIDIファイルの他、演奏イベントの発生時刻を1 [0072] The format of the performance data, in addition to the standard MIDI file, the time of occurrence of the performance event 1
つ前のイベントからの時間で表した「イベント+相対時間」、演奏イベントの発生時刻を曲や小節内における絶対時間で表した「イベント+絶対時間」、音符の音高と符長あるいは休符と休符長で演奏データを表した「音高(休符)+符長」、演奏の最小分解能毎にメモリの領域を確保し、演奏イベントの発生する時刻に対応するメモリ領域に演奏イベントを記憶した「ベタ方式」等の形式でもよい。 One expressed in time from the previous event, "event + relative time", the absolute time in the "event + absolute time", which represents the time of occurrence of a performance event in the song or measure, note of the pitch and Fucho or rest that represents the performance data at rest length "pitch (rest) + note length", reserves an area of ​​memory for each minimum resolution of a performance, a performance event in a memory area corresponding to the time of occurrence of the performance event the stored may be in the form of a "solid method" or the like.

【0073】自動演奏のテンポを変更する方法は、テンポクロックの周期を変更するものや、テンポクロックの周期をそのままにしてタイミングデータの値を修正するものや、1回の処理においてタイミングデータをカウントする値を変更するものであってもよい。 [0073] how to change the automatic performance tempo, and what you want to change the period of the tempo clock, and intended to correct the value of the timing data as it is the period of the tempo clock, counting the timing data in the process of once value that may be the one to change.

【0074】ソングデータは、複数のチャンネルのデータが混在した形式であってもよいし、各チャンネルのデータがトラック毎に別れているような形式であってもよい。 [0074] song data may be in the form of data of a plurality of channels are mixed, the data of each channel may be in the form as divided into each track.

【0075】以上実施例に沿って本発明を説明したが、 [0075] While the present invention has been described with the preferred embodiments,
本発明はこれらに制限されるものではない。 The present invention is not limited thereto. 例えば、種々の変更、改良、組み合わせ等が可能なことは当業者に自明であろう。 For example, various modifications, improvements, combinations and the like can be obvious to those skilled in the art.

【0076】 [0076]

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、 As described in the foregoing, according to the present invention,
初期設定データの変更を指示するだけで、その変更指示を演奏データ全体にわたり有効とすることができるので、ユーザは演奏データの変更を簡単な操作で行うことができる。 Only instructs the change of the initial setting data, it is possible to enable the change instruction throughout the performance data, the user can make changes in performance data with a simple operation.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】 変更モード1の動作を説明するための図である。 1 is a diagram for explaining the operation of changing mode 1.

【図2】 変更モード2の動作を説明するための図である。 2 is a diagram for explaining the operation of the change mode 2.

【図3】 変更モード3の動作を説明するための図である。 3 is a diagram for explaining the operation of the change mode 3.

【図4】 変更モード4の動作を説明するための図である。 4 is a diagram for explaining the operation of the change mode 4.

【図5】 本発明の実施例による演奏データ変更装置を含む電子楽器のハードウエアの構成を示す図である。 5 is a diagram showing a hardware configuration of the electronic musical instrument including a performance data modifying device according to an embodiment of the present invention.

【図6】 CPUが行う処理を示すフローチャートである。 6 is a flow chart showing the CPU processing performed.

【図7】 ソングデータの構成を示す図である。 FIG. 7 is a diagram showing a song data configuration.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1,51,61,71,81 演奏データ、 2,5 1,51,61,71,81 performance data, 2,5
2,62,72,82初期設定データ、 3,53, 2,62,72,82 initial setting data, 3, 53,
63,73,83 実演奏データ、 4,54,6 63,73,83 actual performance data, 4,54,6
4,74,84 ソングデータ、 21 RAM、 4,74,84 song data, 21 RAM,
22 ROM、 23 CPU、 24 タイマ、 25 外部記憶装置、 26インターフェース、 27 鍵盤、 28 鍵盤検出回路、 2 22 ROM, 23 CPU, 24 timer, 25 an external storage device, 26 interface, 27 keyboard, 28 a keyboard detection circuit, 2
9 スイッチ、 30 スイッチ検出回路、 31 9 switch 30 switch detecting circuit, 31
表示回路、 32 音源回路、 33 効果回路、 34 サウンドシステム、 35 バス、 Display circuit, 32 tone generator, 33 effect circuit, 34 sound system, 35 bus,
36 通信ネットワーク、 37 サーバコンピュータ 36 communication network, 37 Server computer

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)発明者 石井 茂樹 静岡県浜松市中沢町10番1号 ヤマハ株式 会社内 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Shigeki Ishii Hamamatsu, Shizuoka Prefecture Nakazawa-cho, Nos. 10 No. 1 in the Yamaha stock company

Claims (3)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 初期設定データと実演奏データからなる演奏データを変更する装置であって、 初期設定データ中のデータの変更を指示する変更指示手段と、 前記変更を指示されたデータと同種類のデータを実演奏データ中から検索する検索手段と、 前記検索されたデータを前記指示された変更に応じて変更又は消去を行う変更手段とを有する演奏データ変更装置。 1. A device for changing the initial setting data and performance data composed of real performance data, initialization and change instruction means for instructing a change of data in the data, instruction data of the same type as the modified and retrieving means for retrieving the data from the in real performance data, performance data changing device having a changing means to make a change or erase in accordance with the change of the retrieved data is the instruction.
  2. 【請求項2】 初期設定データと実演奏データからなる演奏データを変更するプログラムの記録媒体であって、 a)初期設定データ中のデータの変更を指示する手順と、 b)前記変更を指示されたデータと同種類のデータを実演奏データ中から検索する手順と、 c)前記検索されたデータを前記指示された変更に応じて変更又は消去を行う手順とをコンピュータに実行させるためのプログラムを記録した媒体。 2. A recording medium of a program that changes the performance data composed of the initial setting data and actual performance data, indicated a step of instructing a change of data in a) initialization data, b) the changes and a step of the data of the same type of data retrieved from during the actual performance data, c) a program for executing the retrieved data and instructions to the computer to make changes or erased in accordance with the change that is the instruction recorded media.
  3. 【請求項3】 初期設定データと実演奏データからなる演奏データを変更する方法であって、 a)初期設定データ中のデータの変更を指示する工程と、 b)前記変更を指示されたデータと同種類のデータを実演奏データ中から検索する工程と、 c)前記検索されたデータを前記指示された変更に応じて変更又は消去を行う工程とを含む演奏データ変更方法。 3. A method of modifying the performance data composed of the initial setting data and actual performance data, a) a step of instructing a change of data in the initial setting data, b) said instructed to change data step and, c) the retrieved performance data changing method comprising the step of performing changes or erased according to the change of the data is the instruction to search for the same type of data from in actual performance data.
JP34164297A 1997-01-14 1997-12-11 Performance data changing device, medium recording performance data change method, and program Expired - Fee Related JP3463547B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP442397 1997-01-14
JP9-4423 1997-01-14
JP34164297A JP3463547B2 (en) 1997-01-14 1997-12-11 Performance data changing device, medium recording performance data change method, and program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34164297A JP3463547B2 (en) 1997-01-14 1997-12-11 Performance data changing device, medium recording performance data change method, and program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH10260681A true true JPH10260681A (en) 1998-09-29
JP3463547B2 JP3463547B2 (en) 2003-11-05

Family

ID=26338185

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP34164297A Expired - Fee Related JP3463547B2 (en) 1997-01-14 1997-12-11 Performance data changing device, medium recording performance data change method, and program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3463547B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7351903B2 (en) * 2002-08-01 2008-04-01 Yamaha Corporation Musical composition data editing apparatus, musical composition data distributing apparatus, and program for implementing musical composition data editing method

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7351903B2 (en) * 2002-08-01 2008-04-01 Yamaha Corporation Musical composition data editing apparatus, musical composition data distributing apparatus, and program for implementing musical composition data editing method

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP3463547B2 (en) 2003-11-05 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6255576B1 (en) Device and method for forming waveform based on a combination of unit waveforms including loop waveform segments
US5801694A (en) Method and apparatus for interactively creating new arrangements for musical compositions
US20020144587A1 (en) Virtual music system
US5266736A (en) Interruption control apparatus for use in performance information processing system
US6211453B1 (en) Performance information making device and method based on random selection of accompaniment patterns
US6433266B1 (en) Playing multiple concurrent instances of musical segments
US6924425B2 (en) Method and apparatus for storing a multipart audio performance with interactive playback
US6635816B2 (en) Editor for musical performance data
US5900567A (en) System and method for enhancing musical performances in computer based musical devices
US6362411B1 (en) Apparatus for and method of inputting music-performance control data
US6062867A (en) Lyrics display apparatus
US5920025A (en) Automatic accompanying device and method capable of easily modifying accompaniment style
US6798427B1 (en) Apparatus for and method of inputting a style of rendition
US20030177892A1 (en) Rendition style determining and/or editing apparatus and method
US20050066797A1 (en) Editing apparatus of setting information for electronic music apparatuses
US6403871B2 (en) Tone generation method based on combination of wave parts and tone-generating-data recording method and apparatus
US6150597A (en) Method of arranging music with selectable templates of music notation
US20100064882A1 (en) Mashup data file, mashup apparatus, and content creation method
US5728961A (en) Method and device for executing tone generating processing depending on a computing capability of a processor used
US6452082B1 (en) Musical tone-generating method
US20020007720A1 (en) Automatic musical composition apparatus and method
US20110011243A1 (en) Collectively adjusting tracks using a digital audio workstation
JP2000148143A (en) Performance guidance device
US20030029304A1 (en) Electronic music apparatus and program
US20050016361A1 (en) Musical score display apparatus

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20030722

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313532

S531 Written request for registration of change of domicile

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313532

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R360 Written notification for declining of transfer of rights

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R360

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070822

Year of fee payment: 4

R370 Written measure of declining of transfer procedure

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R370

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080822

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090822

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100822

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100822

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110822

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120822

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130822

Year of fee payment: 10

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees