JPH10242897A - Radio data communication equipment - Google Patents

Radio data communication equipment

Info

Publication number
JPH10242897A
JPH10242897A JP4200697A JP4200697A JPH10242897A JP H10242897 A JPH10242897 A JP H10242897A JP 4200697 A JP4200697 A JP 4200697A JP 4200697 A JP4200697 A JP 4200697A JP H10242897 A JPH10242897 A JP H10242897A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
station
wireless data
relay
slave
data communication
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP4200697A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Shintaro Ueno
真太郎 上野
Manabu Yamamoto
学 山元
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Omron Corp
Original Assignee
Omron Corp
Omron Tateisi Electronics Co
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Omron Corp, Omron Tateisi Electronics Co filed Critical Omron Corp
Priority to JP4200697A priority Critical patent/JPH10242897A/en
Publication of JPH10242897A publication Critical patent/JPH10242897A/en
Pending legal-status Critical Current

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a radio data communication equipment of which a space efficiency is enhanced by allowing a slave station and a relay station to be used in common and initialization is facilitated. SOLUTION: In the case that a final destination in a received radio packets indicates its own station (n4), the equipment acts like a slave station because no relay operation is required (n5), and in the case that the final destination is in existence in a network of its own station registered in advance (n6), the equipment acts like a relay station (n8) and setting data including network information are initialized in the lump in response to a predetermined series of operations.

Description

【発明の詳細な説明】DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】[0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、無線データ通信装
置に関し、さらに詳しくは、設定データの初期化の技術
に関する。
BACKGROUND OF THE INVENTION 1. Field of the Invention The present invention relates to a wireless data communication apparatus, and more particularly, to a technique for initializing setting data.

【0002】[0002]

【従来の技術】従来、例えば、図9に示されるように、
パソコンなどの制御装置50と親局51とを接続すると
ともに、端末装置52,53と子局54,55とをそれ
ぞれ接続し、親局51と子局53,54との間を無線で
通信するようにした通信システムがある。
2. Description of the Related Art Conventionally, for example, as shown in FIG.
The control device 50 such as a personal computer is connected to the master station 51, the terminal devices 52 and 53 are connected to the slave stations 54 and 55, respectively, and the master station 51 and the slave stations 53 and 54 communicate wirelessly. There is a communication system as described above.

【0003】[0003]

【発明が解決しようとする課題】ところが、このような
従来例の通信システムにおいては、親局51と子局55
との間に、壁などの遮蔽物が存在して直接通信できなか
ったり、あるいは、通信距離が離れ過ぎているような場
合には、その間に中継局56を設置する必要があるが、
従来の中継局56は、中継専用の通信装置で構成されて
いる。
However, in such a conventional communication system, the master station 51 and the slave station 55 are not provided.
In the case where there is a shield such as a wall and the direct communication cannot be performed or the communication distance is too long, it is necessary to install the relay station 56 in the meantime.
The conventional relay station 56 is configured by a communication device dedicated to relay.

【0004】このため、例えば、空間的に分散して配置
されている複数の端末装置52,53のデータを、個別
的に対応する複数の子局54,55を介して親局51に
送信して制御装置50に収集するようなシステムにおい
ては、中継局56の近傍に端末装置を配置するような場
合であっても、前記中継局56でその端末装置のデータ
を取り込んで送信することができず、別途、子局を新た
に配置しなければならず、その分、設置スペースを確保
しなければならず、スペース効率が悪いといった難点が
ある。
For this reason, for example, data of a plurality of terminal devices 52 and 53 which are arranged in a spatially dispersed manner are transmitted to a master station 51 via a plurality of individually corresponding slave stations 54 and 55. In a system in which the terminal device is collected by the control device 50, even when a terminal device is arranged near the relay station 56, the data of the terminal device can be captured and transmitted by the relay station 56. In addition, a slave station must be newly arranged, and an installation space must be secured accordingly, resulting in poor space efficiency.

【0005】また、一般に、無線データ通信装置は、装
置固有のID等の各種の設定データを、スイッチ等によ
って個別に登録あるいは削除しているが、一括してすべ
ての設定データを初期化することかできず、特に、多数
の通信装置でシステムが構成されているような場合に
は、初期化作業が面倒であった。
In general, a wireless data communication device individually registers or deletes various setting data such as an ID unique to the device using a switch or the like, but it is necessary to initialize all the setting data collectively. In particular, when the system is composed of a large number of communication devices, the initialization work is troublesome.

【0006】本発明は、上述の点に鑑みて為されたもの
であって、子局と中継局とを兼用できるようにしてスペ
ース効率を高めるとともに、設定データの初期化が容易
な無線データ通信装置を提供することを目的とする。
SUMMARY OF THE INVENTION The present invention has been made in view of the above-mentioned points, and has been made in consideration of the above-mentioned problems. It is intended to provide a device.

【0007】[0007]

【課題を解決するための手段】本発明では、上述の目的
を達成するために、次のように構成している。
In order to achieve the above-mentioned object, the present invention is configured as follows.

【0008】すなわち、請求項1の本発明の無線データ
通信装置は、子局として動作する子局機能および中継局
として動作する中継機能を備え、予め定めた一連の操作
に応答して設定データを一括して初期化するものであ
る。
That is, the wireless data communication apparatus according to the present invention has a slave station function as a slave station and a relay function as a relay station, and transmits setting data in response to a series of predetermined operations. Initialization is performed collectively.

【0009】請求項2の本発明の無線データ通信装置
は、請求項1の無線データ通信装置において、自局に回
線接続されるべき相手局を含むネットワーク情報が予め
格納される記憶手段と、受信した無線データの最終送信
先が自局であるか否かを判断するとともに、自局でない
と判断されたときに、前記最終送信先が前記ネットワー
ク情報の前記相手局であるか否かを判断する判断手段
と、前記予め定めた一連の操作に応答して、前記設定デ
ータとしての前記ネットワーク情報を初期化する初期化
手段とを備え、前記最終送信先が自局であると判断され
たときに、子局として動作し、前記相手局であると判断
されたときに、中継局として動作するものである。
According to a second aspect of the present invention, there is provided the wireless data communication apparatus according to the first aspect, wherein storage means for storing network information including a partner station to be connected to its own station in advance is provided. And whether or not the final destination of the wireless data is the own station, and when it is determined that the terminal is not the local station, it is determined whether or not the final destination is the other station of the network information. Determining means, and initializing means for initializing the network information as the setting data in response to the predetermined series of operations, and when it is determined that the final destination is the own station, , Operates as a slave station, and operates as a relay station when determined to be the other station.

【0010】請求項3の本発明の無線データ通信装置
は、請求項1または2の無線データ通信装置において、
前記予め定めた一連の操作は、複数のスイッチのスイッ
チ操作からなるものである。
According to a third aspect of the present invention, there is provided a wireless data communication apparatus according to the first or second aspect,
The predetermined series of operations includes switch operations of a plurality of switches.

【0011】請求項4の本発明の無線データ通信装置
は、請求項1ないし3のいずれかの無線データ通信装置
において、前記中継局は、周波数の異なる2つのバンド
の一方のバンドで無線データを受信しながら他方のバン
ドで無線データを送信する複信動作を行うものである。
According to a fourth aspect of the present invention, in the wireless data communication apparatus according to any one of the first to third aspects, the relay station transmits wireless data in one of two bands having different frequencies. A duplex operation for transmitting wireless data in the other band while receiving is performed.

【0012】請求項5の本発明の無線データ通信装置
は、親局として動作する親局機能を有し、設定操作によ
って、前記子局機能および前記中継機能に代えて、前記
親局機能を選択設定できるものである。
The wireless data communication apparatus according to the present invention has a master station function operating as a master station, and selects the master station function instead of the slave station function and the relay function by setting operation. It can be set.

【0013】請求項1の本発明によれば、子局として動
作できるとともに、中継局としても動作できるので、異
なる機種である子局と中継局とを個別に設置していた従
来例に比べて、スペース効率を高めることができるとと
もに、一つの機種で子局と中継局とを兼用できるので、
生産あるいは在庫管理が容易となる。
According to the first aspect of the present invention, it is possible to operate as a slave station and also as a relay station, so that a slave station and a relay station of different models are separately installed as compared with the conventional example. , Space efficiency can be improved, and one model can be used as both a slave station and a relay station.
Production or inventory management becomes easy.

【0014】さらに、予め定めた一連の操作に応答して
設定データを一括して初期化することかできるので、初
期化作業が容易となる。
Further, since the setting data can be collectively initialized in response to a series of predetermined operations, the initialization work becomes easy.

【0015】請求項2の本発明によれば、予め自局に回
線接続されるべき相手局を示すネットワーク情報が格納
されているので、受信した無線データの最終送信先が自
局であるときには、子局として動作し、前記最終送信先
が前記相手局であるときには、中継局として動作するの
で、他の局と誤って通信をするといったことがなく、効
率的に中継局として動作することができ、また、必要に
応じて、多数の通信装置から構成されるネットワーク情
報も一括して初期化することかできる。
According to the second aspect of the present invention, since the network information indicating the partner station to be connected to the own station is stored in advance, when the final destination of the received wireless data is the own station, It operates as a slave station, and when the final destination is the other station, it operates as a relay station, so that it does not erroneously communicate with other stations and can efficiently operate as a relay station. In addition, if necessary, network information including a large number of communication devices can be collectively initialized.

【0016】請求項3の本発明によれば、予め定めた一
連の操作は、複数のスイッチのスイッチ操作からなるの
で、通常は、操作することのない一連のスイッチ操作と
することにより、誤って初期化するのを防止することが
できる。
According to the third aspect of the present invention, since a predetermined series of operations includes switching operations of a plurality of switches, usually, a series of switching operations without operation is performed, so that an erroneous operation is performed. Initialization can be prevented.

【0017】請求項4の本発明によれば、前記中継局
は、周波数の異なる2つのバンドの一方のバンドで無線
データを受信しながら他方のバンドで無線データを送信
する複信動作を行うので、キャリアが衝突することな
く、効率的に中継局としての動作を行うことができる。
According to the fourth aspect of the present invention, the relay station performs a duplex operation of transmitting wireless data in one band while receiving wireless data in one of two bands having different frequencies. The operation as a relay station can be performed efficiently without collision of carriers.

【0018】請求項5の本発明によれば、設定操作によ
って、親局として動作させることもできるので、一つの
機種で、子局、中継局および親局として動作させること
ができ、生産あるいは在庫管理が一層容易となる。
According to the fifth aspect of the present invention, it is possible to operate as a master station by a setting operation, so that a single model can operate as a slave station, a relay station, and a master station. Management becomes easier.

【0019】[0019]

【発明の実施の形態】以下、図面によって、本発明の実
施の形態について、詳細に説明する。
Embodiments of the present invention will be described below in detail with reference to the drawings.

【0020】図1は、本発明の一つの実施の形態に係る
通信システムの全体構成図である。
FIG. 1 is an overall configuration diagram of a communication system according to one embodiment of the present invention.

【0021】この実施の形態の通信システムは、パソコ
ン等の制御装置1にRS−232Cケーブル2を介して
接続された本発明の無線データ通信装置からなる親局3
と、端末装置41〜43にRS−232Cケーブル2を介
してそれぞれ接続された本発明の無線データ通信装置か
らなる子局51〜53と、親局3と子局43との間に配置
されるとともに、端末装置44にRS−232Cケーブ
ル2を介して接続されて後述のように中継局としても動
作する本発明の無線データ通信装置からなる子局5
4と、親局3と子局42との間に配置されて中継局専用と
して動作する本発明の無線データ通信装置からなる子局
5とを備えており、各局間を無線で通信するものであ
り、この通信システムでは、例えば、自動販売機などの
端末装置41〜44の売上データを、各子局51〜55およ
び親局3を介して制御装置1に収集するものである。
The communication system according to this embodiment comprises a master station 3 comprising a wireless data communication apparatus of the present invention connected to a control apparatus 1 such as a personal computer via an RS-232C cable 2.
When a slave station 5 1 to 5 3 from wireless data communication apparatus of the present invention which are respectively connected to the terminal apparatus 41 to 3 through RS-232C cable 2, the parent station 3 and the slave station 4 3 while being disposed between slave station 5 from wireless data communication apparatus of the present invention to operate as a relay station, as described below are connected via the RS-232C cable 2 to the terminal apparatus 4 4
4, and a slave station 5 5 from wireless data communication apparatus of the present invention operating as a relay station dedicated disposed in between the master station 3 and the slave station 4 2, to communicate between each station by radio are those, in this communication system, for example, those that collect sales data of the terminal device 41 to 4, such as vending machines, the control apparatus 1 via the slave station 5 1 to 5 5 and the master station 3 It is.

【0022】この通信システムの親局3あるいは各子局
1〜55を構成する本発明の無線データ通信装置は、ア
ンテナと本体とを備えており、本体の前面のカバーを外
した状態では、図2に示されるように、各種の設定スイ
ッチが操作可能に臨むものである。
The wireless data communication apparatus of the present invention which constitutes a master station 3 or the slave station 5 1 to 5 5 of the communication system includes an antenna and a body, when opening the front cover of the body As shown in FIG. 2, various setting switches are operable.

【0023】この図2において、6はこの無線データ通
信装置を、親局として動作させるか、あるいは、中継機
能を有する子局として動作させるかを選択設定するため
の2桁のユニットNo.設定スイッチであり、この実施
の形態では、このユニットNo.設定スイッチ6によっ
て、「00」を設定すると、親局として動作し、「0
1」〜「60」を設定すると、中継機能を有する子局と
して動作する。
In FIG. 2, reference numeral 6 denotes a two-digit unit No. for selectively setting whether to operate the wireless data communication apparatus as a master station or a slave station having a relay function. This unit is a setting switch. In this embodiment, the unit No. When "00" is set by the setting switch 6, it operates as a master station, and "0" is set.
When "1" to "60" are set, the mobile station operates as a slave station having a relay function.

【0024】このユニットNo.設定スイッチ6の右側
には、通信に使用するチャンネルを設定する通信チャン
ネル設定スイッチ8が設けられており、この設定スイッ
チ8で「0」を設定すると、MCA(マルチチャンネル
アクセス方式)で通信し、「1」〜「9」を設定する
と、指定したチャンネルで固定通信を行うものである。
This unit No. On the right side of the setting switch 6, a communication channel setting switch 8 for setting a channel used for communication is provided. When "0" is set by the setting switch 8, communication is performed by MCA (multi-channel access method). When "1" to "9" are set, fixed communication is performed on the specified channel.

【0025】ユニットNo.設定スイッチ6および通信
チャンネル設定スイッチ8の下側には、RS−232C
の伝送速度やキャラクタ構成などの仕様を設定する複数
のディップスイッチからなる仕様設定スイッチ9が設け
られ、上側には、動作モードを設定する動作モード設定
スイッチ10が設けられている。また、ユニットNo.
設定スイッチ6の左側には、親局と通信する子局を登録
するIDセットボタン11が配置され、さらに、その下
側には、電源スイッチ12が配置されており、この電源
スイッチ12の上側には、子局の登録動作中であること
などを示すIDセットLED13が配置されている。
Unit No. Below the setting switch 6 and the communication channel setting switch 8 are RS-232C
A specification setting switch 9 composed of a plurality of DIP switches for setting specifications such as a transmission speed and a character configuration is provided, and an operation mode setting switch 10 for setting an operation mode is provided on the upper side. Unit No.
An ID set button 11 for registering a slave station that communicates with the master station is arranged on the left side of the setting switch 6, and a power switch 12 is arranged below the ID set button 11. Is provided with an ID set LED 13 indicating that a registration operation of a slave station is being performed.

【0026】また、動作モード設定スイッチ10の上側
には、電源オン時に点灯する電源LED14、動作モー
ドを表示する動作モードLED15、無線区間にエラー
が発生したときに点灯するエラーLED16、無線区間
でデータを送信または受信しているときに点灯する通信
データLED17および受信レベルを表示する受信レベ
ルLED18が配置されている。
On the upper side of the operation mode setting switch 10, a power LED 14 which lights up when the power is turned on, an operation mode LED 15 which displays the operation mode, an error LED 16 which lights up when an error occurs in the wireless section, and a data LED in the wireless section And a reception level LED 18 for displaying a reception level.

【0027】この実施の形態では、ユニットNo.設定
スイッチ6によって、子局を選択設定した場合に、子局
としての動作を行うことができるとともに、中継局とし
ての動作もできるように、次のように構成している。
In this embodiment, the unit No. When the slave station is selected and set by the setting switch 6, the operation as a slave station can be performed and the operation as a relay station can be performed as follows.

【0028】例えば、図3に示されるように、ユニット
No.「0」が設定された無線データ通信装置からなる
親局20と、ユニットNo.「1」〜「6」がそれぞれ
設定された無線データ通信装置からなる複数の子局21
〜26とを有するネットワークを構成する場合に適用し
て説明する。なお、本発明は、かかるネットワーク構成
に限らないのは勿論である。
For example, as shown in FIG. A master station 20 composed of a wireless data communication device to which "0" is set; A plurality of slave stations 21 composed of wireless data communication devices to which "1" to "6" are respectively set
This is applied to the case of configuring a network having the configuration of. Note that the present invention is not limited to such a network configuration.

【0029】先ず、このシステムを構成したときにの初
期設置時において、かかるネットワークの構成を示すネ
ットワーク情報を、各局20〜26に予めID登録して
おき、自局のネットワーク内の回線接続されるべき相手
局のユニットNo.等を格納しておくものである。
First, at the time of initial installation when this system is configured, network information indicating the configuration of the network is registered in advance in each of the stations 20 to 26 as an ID, and the line is connected to the line in the network of the own station. Unit No. of the partner station to be assigned. Etc. are stored.

【0030】このネットワーク情報は、例えば、下記の
表1に示されるように、各装置20〜26に固有のID
と、設定されたユニットNo.と、接続先のユニットN
o.とで構成されており、各局20〜26には、この表
1のネットワークテーブルの必要な部分、すなわち、自
局が回線接続されるべき相手局のユニットNo.を含む
自局のネットワークの情報を、初期設置時に予め登録す
るものである。
The network information includes, for example, an ID unique to each of the devices 20 to 26 as shown in Table 1 below.
And the set unit No. And the connection destination unit N
o. Each of the stations 20 to 26 has a required part of the network table of Table 1, that is, the unit No. of the partner station to which the own station is to be connected. Is registered in advance at the time of initial installation.

【0031】[0031]

【表1】 [Table 1]

【0032】この初期設置時のID登録は、登録しよう
とする2つの局の間(例えば、親局20とユニットN
o.「1」の子局21との間)で通信を行わせるととも
に、各局の動作モード設定スイッチ10およびIDセッ
トボタン11を操作することにより、各局間で順次行わ
れ、これによって、各局20〜26には、表1のネット
ワーク情報の内の自局に関するネットワーク情報がそれ
ぞれ格納されることになる。
The ID registration at the time of initial installation is performed between two stations to be registered (for example, the master station 20 and the unit N).
o. The communication is performed with the slave station 21 of "1") and the operation mode setting switch 10 and the ID set button 11 of each station are operated to sequentially perform the communication between the stations. Stores the network information about the own station in the network information of Table 1.

【0033】図4は、この実施の形態の通信に用いられ
るパケットフレームの構成を示す図であり、このパケッ
トフレームは、送信元ID27と、送信先ID28と、
送信開始局ユニットNo.29と、最終送信先ユニット
No.30と、制御フレーム31と、ユーザデータ32
とで構成されている。
FIG. 4 is a diagram showing the structure of a packet frame used for communication according to this embodiment. The packet frame includes a source ID 27, a destination ID 28,
Transmission start station unit No. 29 and the final destination unit No. 30, control frame 31, user data 32
It is composed of

【0034】したがって、図3のネットワーク構成にお
いて、例えば、親局20がユニットNo.「2」の子局
22にデータを送信する場合には、ユニットNo.
「1」の子局21を中継することになるので、親局20
は、上述の表1に示されるように、送信元ID27とし
て親局を示す「000000000000」を記述し、
送信先ID28として中継局となる子局21を示す「1
11111111111」を記述し、さらに、送信開始
局ユニットNo.29として親局20を示す「0」を記
述し、最終送信先ユニットNo.30として最終送信先
の子局を示す「2」を記述して送信する。
Therefore, in the network configuration shown in FIG. When transmitting data to the slave station 22 of “2”, the unit No.
Since the slave station 21 of "1" is relayed, the master station 20 is relayed.
Describes “00000000000000” indicating the master station as the transmission source ID 27 as shown in Table 1 above,
“1” indicating the slave station 21 that is to be a relay station as the transmission destination ID 28
111111111111 ", and the transmission start station unit No. 29, “0” indicating the master station 20 is described. As 30, “2” indicating the final destination slave station is described and transmitted.

【0035】この無線データを受信したユニットNo.
「1」の子局21は、後述のように、受信した無線デー
タが自局宛であることを確認し、最終送信先が、自局で
はなく、自局のネットワーク内に存在するユニットN
o.「2」の子局22であることから、中継動作を行
い、上述のパケットフレームにおいて、送信元ID27
としてユニットNo.「1」の子局21を示す「111
111111111」を記述し、送信先ID28として
ユニットNo.「2」の子局22を示す「222222
222222」を記述し、その他は、親局20からのデ
ータをそのままで送信する。
The unit No. receiving the wireless data
The slave station 21 of "1" confirms that the received wireless data is addressed to its own station, as described later, and determines that the final destination is not the own station but a unit N existing in its own network.
o. Since the slave station 22 is “2”, a relay operation is performed, and the source ID 27
Unit No. “111” indicating the slave station 21 of “1”
111111111 "as the destination ID 28 and the unit No. “222222” indicating the slave station 22 of “2”
222222 ", and the others transmit the data from the master station 20 as it is.

【0036】このようにして、ユニットNo.「2」の
子局22は、中継局としての子局21を介して親局20
からの無線データを受信することになる。
Thus, the unit No. The slave station 22 of “2” is connected to the master station 20 via the slave station 21 as a relay station.
Will receive wireless data.

【0037】なお、子局22〜26から中継局21,2
4を介して親局20に無線データを送信する場合も同様
である。
It is to be noted that the relay stations 21 and 22
The same applies to the case where wireless data is transmitted to the master station 20 via the communication terminal 4.

【0038】図5は、以上の子局の動作を説明するため
のフローチャートである。
FIG. 5 is a flowchart for explaining the operation of the slave station described above.

【0039】先ず、無線パケットを受信すると(ステッ
プn1)、送信先IDが自局であるか否かを判断し(ス
テップn2)、自局でないときには、他局宛であるとし
て、受信したデータを破棄して何もせず(ステップn
3)、自局であるときには、最終送信先が自局であるか
否かを判断し(ステップn4)、自局であるときには、
中継の必要はないとして子局としての動作を行う(ステ
ップn5)。
First, when a wireless packet is received (step n1), it is determined whether or not the transmission destination ID is its own station (step n2). Discard and do nothing (step n
3) If it is its own station, it is determined whether or not the final destination is its own station (step n4).
Since there is no need for relaying, the operation as a slave station is performed (step n5).

【0040】また、ステップn4において、最終送信先
が自局でないときには、その最終送信先が、例えば、上
述の表1に示される自局のネットワークに存在するか否
かを判断し(ステップn6)、存在しないときには、誤
ったデータであるとして、受信したデータを破棄して何
もせず(ステップn7)、自局のネットワークであると
きには、最終送信先の子局に対して中継局としての動作
を行うものである(ステップn8)。
If it is determined in step n4 that the final transmission destination is not the own station, it is determined whether or not the final transmission destination exists in, for example, the network of the own station shown in Table 1 (step n6). If it does not exist, it is determined that the data is erroneous, the received data is discarded and nothing is performed (step n7). If it is its own network, the operation as a relay station is performed for the slave station at the final destination. (Step n8).

【0041】上述のステップn6では、例えば、図3の
ネットワーク構成の場合には、ユニットNo.「1」の
子局21は、最終送信先のユニットNo.が「2」ある
いは「3」であれば、自局のネットワークに存在する相
手局であると判断し、最終送信先のユニットNo.が
「5」あるいは「6」であるときには、自局のネットワ
ークには存在しないと判断するものである。
In step n6, for example, in the case of the network configuration shown in FIG. The slave station 21 of “1” is the unit No. of the final transmission destination. Is "2" or "3", it is determined that the destination station exists in the network of the own station, and the unit No. of the final transmission destination is determined. Is "5" or "6", it is determined that it does not exist in its own network.

【0042】以上のようして、各子局は、受信した無線
データの最終送信先のIDおよび予め格納されている自
局のネットワーク情報に基づいて、自動的に子局として
の動作あるいは中継局としての中継動作を行うものであ
る。
As described above, each slave station automatically operates as a slave station or relay station based on the ID of the final destination of the received wireless data and the network information of the own station stored in advance. As a relay operation.

【0043】図6は、以上の構成を有する無線データ通
信装置7のブロック図であり、同図において、33は制
御装置1あるいは端末装置41〜44にRS−232Cケ
ーブル2を介して接続するためのRS−232Cコネク
タ、34はRS−232Cの信号をTTLレベルに変換
する変換回路、35は各部を制御するとともに、上述の
フローチャートに従った制御を行うCPU、36はネッ
トワーク情報などが格納される記憶手段としての不揮発
性メモリ、37は通信用メモリ、38,39は上述の図
2に示される各種の設定スイッチおよびLED、40は
フィルタおよび2値化回路、41はデータの送受信を行
うRF部、42は定電圧電源である。
[0043] Figure 6 is a block diagram of a wireless data communication device 7 having the above configuration, in the figure, 33 is a control unit 1 or the terminal apparatus 41 to 4 via the RS-232C cable 2 connected An RS-232C connector for performing the conversion, a conversion circuit for converting an RS-232C signal to a TTL level, a CPU for controlling each unit and performing control according to the above-described flowchart, and a network information etc. Non-volatile memory as storage means, 37 is a communication memory, 38 and 39 are the various setting switches and LEDs shown in FIG. The RF unit 42 is a constant voltage power supply.

【0044】この実施の形態の無線データ通信装置は、
ハイバンドとローバンドとの2種類のバンドを使用して
全二重通信を行うものであり、ローバンドで受信してハ
イバンドで送信するハイバンドタイプと、ハイバンドで
受信してローバンドで送信するローバンドタイプとの2
つの機種があり、このため、RF部41は、各タイプに
対応した構成となっている。
The wireless data communication apparatus according to this embodiment
A high-band type that performs full-duplex communication using two types of bands, a high-band and a low-band, and a low-band type that receives in the low band and transmits in the high band, and a low-band that receives in the high band and transmits in the low band 2 with type
There are two models, and therefore, the RF unit 41 has a configuration corresponding to each type.

【0045】システムを構成する場合には、ハイバンド
タイプとローバンドタイプとを交互配置するものであ
り、例えば、図3においては、親局20がハイバンドタ
イプ(またはローバンドタイプ)であれば、ユニットN
o.「1」および「4」の子局21,24は、ローバン
ドタイプ(またはハイバンドタイプ)、ユニットNo.
「2」、「3」、「5」および「6」の子局22〜26
は、ハイバンドタイプ(またはローバンドタイプ)とな
る。
When configuring the system, the high band type and the low band type are alternately arranged. For example, in FIG. 3, if the master station 20 is the high band type (or the low band type), the unit is N
o. The slave stations 21 and 24 of “1” and “4” are low-band type (or high-band type), unit No.
“2”, “3”, “5” and “6” slave stations 22 to 26
Becomes a high band type (or a low band type).

【0046】これによって、例えば、ユニットNo.
「1」の子局21は、親局20からの無線データをハイ
バンド(またはローバンド)で受信しながら、ユニット
No.「2」の子局22に対して無線データをローバン
ド(またはハイバンド)で同時に送信する複信動作を行
うものである。
Thus, for example, the unit No.
The slave station 21 of “1” receives the wireless data from the master station 20 in the high band (or the low band) while receiving the unit No. A duplex operation for simultaneously transmitting wireless data in low band (or high band) to the slave station 22 of “2” is performed.

【0047】なお、本発明の他の実施の形態として、ハ
イバンドタイプおよびローバンドタイプを兼用できる1
機種としていずれかのタイプを選択設定できるようにし
てもよい。
In another embodiment of the present invention, a high-band type and a low-band type can be used.
Any type may be selected and set as the model.

【0048】図7は、以上の中継動作を説明するための
図である。
FIG. 7 is a diagram for explaining the above relay operation.

【0049】同図において、先ず、1次局45は、上述
のパケットフレーム構成に示される無線パケットAを中
継局46に例えばハイバンドで送信し、中継局46は、
自局宛であることを確認した後、最終送信先とネットワ
ーク情報に基づいて、2次局47にパケットAを例えば
ローバンドで送信する。この時1次局45は、同時に次
のパケットBを中継局46に送信し、中継局46は、パ
ケットBを受信しながらパケットAを送信する。2次局
47は、パケットAを受け取るのみで送信動作は、キャ
リア送出を含めて行わず、同様にしてパケットB,Cを
2次局47に送信する。
In the figure, first, the primary station 45 transmits the radio packet A shown in the above-mentioned packet frame structure to the relay station 46 in, for example, a high band, and the relay station 46
After confirming that the packet is addressed to the own station, the packet A is transmitted to the secondary station 47 in, for example, a low band based on the final destination and the network information. At this time, the primary station 45 simultaneously transmits the next packet B to the relay station 46, and the relay station 46 transmits the packet A while receiving the packet B. The secondary station 47 transmits the packets B and C to the secondary station 47 in the same manner without receiving the packet A and performing the transmission operation including the carrier transmission.

【0050】パケットCには、2次局47の送信許可情
報が記述されており、それを受けて2次局47は、例え
ばハイバンドでパケットDの送信を開始する。この時1
次局45と2次局47とのキャリアが衝突するのを避け
るために、1次局45は、パケットCを送出し終わると
同時にキャリアの送出を止める。
In the packet C, the transmission permission information of the secondary station 47 is described, and in response, the secondary station 47 starts transmitting the packet D in, for example, a high band. At this time 1
In order to avoid collision of the carriers of the next station 45 and the secondary station 47, the primary station 45 stops sending the carrier at the same time as finishing sending the packet C.

【0051】1次局45への送信は、上述の2次局47
への送信の場合と同様であり、パケットDには、送信デ
ータと共に、2次局47が受信したパケットA,B,C
に対するACK/NAK情報が記述されている。
The transmission to the primary station 45 is performed by the secondary station 47 described above.
The packet D includes packets A, B, and C received by the secondary station 47 together with the transmission data.
ACK / NAK information is described.

【0052】以上のようにして両端局45,47は単信
動作をし、中継局46は複信動作を行うものである。
As described above, the stations 45 and 47 perform the simplex operation, and the relay station 46 performs the duplex operation.

【0053】さらに、この実施の形態では、設定データ
としての上述の表1に示されるネットワーク情報を、工
場出荷状態に一括して初期化できるように、次のように
構成している。
Further, this embodiment is configured as follows so that the network information shown in Table 1 as the setting data can be collectively initialized to the factory shipping state.

【0054】この実施の形態では、予め定めた一連の操
作、すなわち、図2に示されるユニットNo.設定スイ
ッチ6によって、「99」を設定し、動作モード設定ス
イッチ10をセットに設定し、IDセットボタン11を
押しながら電源スイッチ12をオンするという一連のス
イッチ操作に応答して、初期化手段としての上述のCP
U35は、ネットワーク情報、すなわち、上述の表1に
おけるUNIT No.、IDおよび接続先 UNIT
No.を一括して初期化するものである。
In this embodiment, a series of predetermined operations, that is, a unit No. shown in FIG. In response to a series of switch operations of setting “99” by the setting switch 6, setting the operation mode setting switch 10 to the set, and turning on the power switch 12 while pressing the ID set button 11, The above CP
U35 is network information, that is, UNIT No. in Table 1 described above. , ID and connection destination UNIT
No. Are collectively initialized.

【0055】図8は、かかる初期化の動作を説明するた
めのフローチャートである。
FIG. 8 is a flowchart for explaining the initialization operation.

【0056】電源がオンされると(ステップn1)、ユ
ニットNo.設定スイッチが「99」に設定されている
か否かを判断し(ステップn2)、設定されているとき
には、動作モード設定スイッチ10がセットに設定され
ているか否かを判断し(ステップn3)、設定されてい
るときには、IDセットボタン11がオンされているか
否かを判断し(ステップn4)、オンされていれば、設
定データとしてのネットワーク情報を初期化し(ステッ
プn5)、その他の場合には、通常動作に移行するもの
である(ステップn6)。
When the power is turned on (step n1), the unit No. It is determined whether or not the setting switch is set to "99" (step n2). If it is set, it is determined whether or not the operation mode setting switch 10 is set to set (step n3). If it is set, it is determined whether or not the ID set button 11 is turned on (step n4). If it is turned on, the network information as setting data is initialized (step n5). The operation shifts to the normal operation (step n6).

【0057】ユニットNo.設定スイッチ6には、通常
は、上述のように「60」までしか設定されず、このよ
うに通常は操作されることないシーケンスによって設定
データを初期化するので、誤って設定データを初期化し
てしまうことがなく、また、押しにくい特別なリセット
ボタンを別途搭載する必要がないので、コストアップに
なることもない。
Unit No. Normally, the setting switch 6 is normally set only to “60” as described above, and the setting data is initialized by a sequence that is not normally operated in this way. There is no need to separately mount a special reset button that is hard to press, so there is no increase in cost.

【0058】上述の実施の形態では、親局と制御装置と
を接続したけれども、本発明の他の実施の形態として、
一般のモデムなどの回線終端装置(DCE)を介して電
話回線に接続し、遠隔地の制御装置と通信できるように
してもよい。
In the above embodiment, the master station and the control device are connected. However, as another embodiment of the present invention,
It may be connected to a telephone line via a line termination device (DCE) such as a general modem so that it can communicate with a remote control device.

【0059】また、設定データは、上述のネットワーク
情報に限らないのは勿論である。
The setting data is not limited to the network information described above.

【0060】[0060]

【発明の効果】以上のように本発明によれば、子局およ
び中継局を兼用できるので、異なる機種である子局と中
継局とを個別に設置していた従来例に比べて、スペース
効率を高めることができるとともに、一つの機種で子局
と中継局とを兼用できるので、生産あるいは在庫管理が
容易となり、また、ネットワーク情報および受信した無
線データの最終送信先に基づいて、子局あるいは中継局
として動作するので、他の局と誤って通信をするといっ
たことがなく、さらに、周波数の異なる2つのバンドを
利用した全二重通信を行うことができ、また、一つの機
種で、子局、中継局および親局として動作させることが
でき、生産あるいは在庫管理が一層容易となり、コスト
の低減を図ることかできる。
As described above, according to the present invention, the slave station and the relay station can be shared, so that the space efficiency is improved as compared with the conventional example in which the slave station and the relay station of different models are separately installed. And the use of a single model as a slave station and a relay station facilitates production or inventory management.Also, based on network information and the final destination of received wireless data, Since it operates as a relay station, it does not erroneously communicate with other stations, and can perform full-duplex communication using two bands with different frequencies. It can be operated as a station, a relay station, and a master station, so that production or inventory management becomes easier and cost can be reduced.

【0061】しかも、予め定めた一連の操作によって、
ネットワーク情報を含む設定データを一括して初期化で
きるので、特に多数の通信装置で構成されるシステムに
おける初期化作業が容易となる。
Further, by a series of predetermined operations,
Since the setting data including the network information can be initialized collectively, the initialization work is particularly easy in a system including a large number of communication devices.

【図面の簡単な説明】[Brief description of the drawings]

【図1】本発明に係る通信システムの構成図である。FIG. 1 is a configuration diagram of a communication system according to the present invention.

【図2】図1の無線データ通信装置の本体のカバーを外
した状態の正面図である。
2 is a front view of the wireless data communication device of FIG. 1 in a state where a cover of a main body is removed.

【図3】本発明の一つの実施の形態のネットワーク構成
を示す図である。
FIG. 3 is a diagram showing a network configuration according to an embodiment of the present invention.

【図4】無線パケットのフレーム構成を示す図である。FIG. 4 is a diagram illustrating a frame configuration of a wireless packet.

【図5】子局の動作説明に供するフローチャートであ
る。
FIG. 5 is a flowchart for explaining the operation of a slave station.

【図6】本発明に係る無線データ通信装置のブロック図
である。
FIG. 6 is a block diagram of a wireless data communication device according to the present invention.

【図7】中継動作を説明するための図である。FIG. 7 is a diagram for explaining a relay operation.

【図8】初期化の動作説明に供するフローチャートであ
る。
FIG. 8 is a flowchart for explaining an initialization operation;

【図9】従来例の構成図である。FIG. 9 is a configuration diagram of a conventional example.

【符号の説明】[Explanation of symbols]

3,20 親局 51〜55,21〜26 子局 35 CPU 36 不揮発性メモリ 41 RF部3,20 parent station 5 1 to 5 5, 21-26 slave station 35 CPU 36 nonvolatile memory 41 RF unit

Claims (5)

【特許請求の範囲】[Claims] 【請求項1】 子局として動作する子局機能および中継
局として動作する中継機能を備え、 予め定めた一連の操作に応答して設定データを一括して
初期化することを特徴とする無線データ通信装置。
1. Wireless data comprising a slave station functioning as a slave station and a relay function operating as a relay station, wherein setting data is collectively initialized in response to a series of predetermined operations. Communication device.
【請求項2】 自局に回線接続されるべき相手局を含む
ネットワーク情報が予め格納される記憶手段と、受信し
た無線データの最終送信先が自局であるか否かを判断す
るとともに、自局でないと判断されたときに、前記最終
送信先が前記ネットワーク情報の前記相手局であるか否
かを判断する判断手段と、前記予め定めた一連の操作に
応答して、前記設定データとしての前記ネットワーク情
報を初期化する初期化手段とを備え、 前記最終送信先が自局であると判断されたときに、子局
として動作し、前記相手局であると判断されたときに、
中継局として動作する請求項1記載の無線データ通信装
置。
2. A storage unit in which network information including a partner station to be connected to the own station is stored in advance, and whether or not the final destination of the received wireless data is the own station is determined. A determination unit that determines whether or not the final destination is the other station of the network information when it is determined that the destination is not a station, and in response to the predetermined series of operations, Initializing means for initializing the network information, when the final destination is determined to be its own station, operates as a slave station, when it is determined to be the other station,
The wireless data communication device according to claim 1, which operates as a relay station.
【請求項3】 前記予め定めた一連の操作は、複数のス
イッチのスイッチ操作からなる請求項1または2記載の
無線データ通信装置。
3. The wireless data communication device according to claim 1, wherein the predetermined series of operations includes switch operations of a plurality of switches.
【請求項4】 前記中継局は、周波数の異なる2つのバ
ンドの一方のバンドで無線データを受信しながら他方の
バンドで無線データを送信する複信動作を行う請求項1
ないし3のいずれかに記載の無線データ通信装置。
4. The relay station performs a duplex operation of receiving wireless data in one of two bands having different frequencies and transmitting wireless data in the other band.
4. The wireless data communication device according to any one of claims 3 to 3.
【請求項5】 親局として動作する親局機能を有し、設
定操作によって、前記子局機能および前記中継機能に代
えて、前記親局機能を選択設定できる請求項1ないし4
のいずれかに記載の無線データ通信装置。
5. A master station function which operates as a master station, wherein the master station function can be selectively set by setting operation in place of the slave station function and the relay function.
The wireless data communication device according to any one of the above.
JP4200697A 1997-02-26 1997-02-26 Radio data communication equipment Pending JPH10242897A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4200697A JPH10242897A (en) 1997-02-26 1997-02-26 Radio data communication equipment

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4200697A JPH10242897A (en) 1997-02-26 1997-02-26 Radio data communication equipment

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH10242897A true JPH10242897A (en) 1998-09-11

Family

ID=12624110

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4200697A Pending JPH10242897A (en) 1997-02-26 1997-02-26 Radio data communication equipment

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH10242897A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011523316A (en) * 2008-06-11 2011-08-04 ミツビシ・エレクトリック・アールアンドディー・センター・ヨーロッパ・ビーヴィ Method and device for identifying at least one terminal that a relay has to relay signals transferred between at least one terminal and a base station

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011523316A (en) * 2008-06-11 2011-08-04 ミツビシ・エレクトリック・アールアンドディー・センター・ヨーロッパ・ビーヴィ Method and device for identifying at least one terminal that a relay has to relay signals transferred between at least one terminal and a base station

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN105099519A (en) Wireless communication system and related wireless devices
US7944865B2 (en) Wireless LAN system and control method and control program of wireless LAN system
US7969918B2 (en) Slave communication device for use in wireless LAN system and control method and control program of slave communication device
CN100391185C (en) Wireless network device and method for reassociation bwteen wireless networks using the wireless network device
US20030013440A1 (en) Wireless lan system and control method and control program of wireless lan system
JP4352497B2 (en) Wireless transmission method and wireless transmission device
JP4016777B2 (en) Frequency setting method and method for wireless LAN system
JP4648205B2 (en) Wireless telemeter system
JPH10242897A (en) Radio data communication equipment
CN115022116A (en) Radio remote communication system and control method thereof
JPH10233726A (en) Radio data communication equipment
JPH0923280A (en) Radio communication system
JP4103499B2 (en) Communication device
JP2007184742A (en) Wireless telemeter system
JPH07307971A (en) Selection system for optimum communication opposite party of mobile data terminal
KR100881679B1 (en) Routing method and guest room control system using the same
US20030179722A1 (en) Master communication apparatus used in radio lan system, and control method and control program of master communication apparatus
JP3797324B2 (en) Communication device
US20030139137A1 (en) Radio lan system and radio lan system controlling method and control program
JP2003067272A (en) Automatic setting of communication condition in radio communication system
JP2000236292A (en) Radio communication system
JPH08171692A (en) Radio communication system
KR100616574B1 (en) Apparatus and method for automatic setup of data path in access gateway
JP2005020627A (en) Radio repeater in wireless communication system
JPH0847045A (en) Digital radio communication system