JPH09223201A - Id code collation system - Google Patents

Id code collation system

Info

Publication number
JPH09223201A
JPH09223201A JP8030513A JP3051396A JPH09223201A JP H09223201 A JPH09223201 A JP H09223201A JP 8030513 A JP8030513 A JP 8030513A JP 3051396 A JP3051396 A JP 3051396A JP H09223201 A JPH09223201 A JP H09223201A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
id code
code
collation
data carrier
id
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP8030513A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Kazuto Ono
一人 小野
Original Assignee
Citizen Watch Co Ltd
シチズン時計株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Citizen Watch Co Ltd, シチズン時計株式会社 filed Critical Citizen Watch Co Ltd
Priority to JP8030513A priority Critical patent/JPH09223201A/en
Publication of JPH09223201A publication Critical patent/JPH09223201A/en
Application status is Granted legal-status Critical

Links

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To make it possible to optionally change a collation area in order to specifying an ID code collation range in a data carrier by a collation range specification code inputted from a reader/writer.
SOLUTION: A collation range specification code generated by a collation range specification part 26 in the reader/writer 20 is detected by a collation range detection part 10 in the data carrier 1, one of collation specification signals S4a to S4d corresponding to the detected contents is outputted and only a specified collation part out of plural collation parts 2a to 2d executes collating operation and outputs a coincidence signal in accordance with the collation result. Unspecified collation parts respectively unconditionally output coincidence signals S1a to S1d.
COPYRIGHT: (C)1997,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、リーダライタとの間で電磁波により交信を行なうデータキャリアが、リーダライタから送信されたIDコードを受信してあらかじめ内部メモリーに記憶された個々の識別用IDコードとの照合を行なうIDコード照合方式に関するものである。 The present invention relates to a data carrier for performing communication by an electromagnetic wave between the reader writer, the individual identification ID stored in advance in the internal memory to receive the ID code transmitted from the reader-writer it relates ID code matching method for matching of a code.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来のデータキャリアとリーダライタによるIDコード照合方式を、図8を用いて説明する。 BACKGROUND OF THE INVENTION The ID code matching method according to a conventional data carrier and the reader-writer will be described with reference to FIG. まず内部構成であるが、リーダライタ20は、各適用システムの仕様に基づきシステム全体の基本動作をつかさどるとともに各々の動作に応じて処理内容を指示する演算部21、この演算部21からの指示内容により基本動作指示コード(コマンドコード)、IDコードおよびその他のデータからなる一連のコマンドブロックを生成し送信データとしてデータキャリア1に対して送信すると共に、前記データキャリア1からの返信データを受信するなど、コマンドの送受信手順を制御する通信制御部2 It is a first internal configuration, a reader writer 20, the instruction content from the calculating unit 21, the arithmetic unit 21 for instructing the processing content in accordance with each of the work with governs the basic operation of the entire system based on the specifications of each application system the basic operation instruction code (command code), as an ID code and other generates a sequence of command block transmitted data consisting of data and transmits to the data carrier 1, such as to receive the reply data from the data carrier 1 , the communication control unit 2 for controlling the transmission and reception procedure of the command
2、送信データの”0”ないしは”1”の各ビット情報に基づきキャリア信号の変調を行なう変調部24、返信信号を復調する復調部25、データキャリア1への電源供給および動作クロック用キャリア信号を生成するクロック発生部23、前記変調部24からの送信信号およびキャリア信号を送信するとともに、返信信号を受信するアンテナコイルL2から構成されている。 2, the modulation unit 24 for modulating the carrier signal based on the bit information of "0" or "1" of the transmission data, demodulation unit 25 for demodulating a reply signal, the power supply and operation clock for the carrier signal to the data carrier 1 clock generating unit 23 for generating, transmits a transmission signal and a carrier signal from the modulation unit 24, and an antenna coil L2 for receiving a reply signal.

【0003】また、データキャリア1は、前記リーダライタ20のアンテナコイルL2との電磁波による交信をつかさどるアンテナコイルL1、このアンテナコイルL [0003] The data carrier 1 includes an antenna coil L1 responsible for communication by electromagnetic waves with the antenna coil L2 of the reader writer 20, the antenna coil L
1により受信したキャリア信号をコンデンサおよびダイオードからなる整流回路で整流し、定電圧回路で直流動作電源とする整流・定電圧部6、前記アンテナコイル1 The carrier signal received by a rectified by the rectifier circuit composed of a capacitor and diode, rectifying and constant voltage unit 6 and DC operating power at a constant voltage circuit, the antenna coil 1
で受信したリーダライタ20からの送信信号を復調し、 In demodulating the transmission signal from the reader writer 20 receiving,
受信データS3として出力する復調部7、前記リーダライタ20への返信データを変調する変調部8、個々の識別用IDコードが記憶されているIDコード領域5を含むデータ記憶部としてのメモリー4、リーダライタ20 Demodulation unit 7 for outputting the received data S3, the modulation unit 8 for modulating the reply data to the reader writer 20, a memory 4 of the data storage unit containing an ID code area 5 in which the individual identification ID code is stored, reader-writer 20
からの一連のコマンドブロックのうち、IDコードに該当する受信データを一時的に保持する受信IDコードラッチ部3、この受信IDコードラッチ部3の内容と、前記メモリー4の中のIDコード領域5の内容を読み出して照合を行なう照合部2、リーダライタ20からのコマンドブロックの受信、各コマンドに応じた前記メモリー4へのデータの書き込みあるいは読み出し、前記照合部2でのIDコードの照合結果に基づくリーダライタ20 A series of command block from the receiving ID code latch unit 3 for temporarily holding reception data corresponding to the ID code, the contents of the received ID code latch unit 3, the ID code area 5 in the memory 4 matching unit 2 for matching by reading the contents of the reception of the command block from the reader writer 20, data writing or reading to the memory 4 in response to each command, the verification result of the ID code at the checking section 2 reader writer 20 based
への返信動作など、データキャリア1全体の基本動作をつかさどる制御部9から構成されている。 Such reply operation to, and a control unit 9 which controls the overall basic operation data carrier 1.

【0004】ここでIDコードとは、個々のデータキャリアの識別用として使用されるコードであり、一般的に各データキャリア毎に全て異なるため、使用するデータキャリアの数量が多いほど、IDコードも大きなものとなる。 [0004] Here the ID code, a code used for the identification of the individual data carriers, because generally all different for each of the data carriers, the more quantity of data carriers to be used, the ID code It becomes large. 本従来例では、データキャリア1内部でのデータの処理単位を1バイト(8ビット)とし、IDコードの大きさを4バイトとして、前記受信IDコードラッチ部3のID0、ID1、ID2、ID3に1バイトづつ格納されるものとする。 In this conventional example, the processing unit of data in the internal data carrier 1 and 1 byte (8 bits), the size of the ID code as a 4-byte, the ID0, ID1, ID2, ID3 of the received ID code latch section 3 It shall be 1 byte at a time store. メモリー4は、制御部9からの許可信号S2の制御の下、前記受信データS3のうちの書き込みデータを記憶保持する。 Memory 4 under the control of the permission signal S2 from the control unit 9 stores and holds the write data of the received data S3. なお、図8には明示されていないが、処理内容によっては、記憶内容を読み出してリーダライタ20へ送信することもある。 Although not explicitly shown in FIG. 8, by the processing content, sometimes to send reads the stored contents to the reader writer 20. このメモリー4のうちの一部は、IDコード領域5として使用され、個々のデータキャリアに対応したIDコードがあらかじめ書き込まれており、前述と同様な理由から、このIDコード領域6のID0、ID1、ID2、ID3に1バイトづつ記憶保持されている。 Some of the memory 4 is used as an ID code area 5, an ID code corresponding to the individual data carriers are written in advance, for the same reason as described above, ID0 of the ID code area 6, ID1 , has been one byte at a time stored and held in the ID2, ID3.

【0005】照合部2では、受信したIDコードが格納されている前記受信IDコードラッチ部3のID0〜I [0005] In the matching section 2, of the received ID code latch unit 3 to the received ID code is stored ID0~I
D3の内容と、前記メモリー4のIDコード領域5のI D3 and content of, I ID code area 5 of the memory 4
D0〜ID3の内容とが、1バイトづつ同じ番号同士が照合され結果が出力される。 And content of D0~ID3 is 1 byte at the same number with each other verification result is output. 即ち、前記受信IDコードラッチ部3のID0の内容と、前記IDコード領域5の記憶保持内容ID0とが、ID0照合部2aで照合され、一致している場合にはID0一致信号S1aが出力される。 That is, the contents of ID0 of the received ID code latch unit 3, a storage content held in ID0 of the ID code area 5, are matched in ID0 verification unit 2a, is output ID0 coincidence signal S1a if they match that. 同様に、ID1、ID2およびID3の内容についても、それぞれID1照合部2b、ID2照合部2 Similarly, ID1, ID2 and on the contents of ID3, ID1 matching unit 2b, respectively, ID2 matching unit 2
c、およびID3照合部2dにおいて照合され、一致していればID1一致信号S1b、ID2一致信号S1c c, and are collated in ID3 matching unit 2d, if the match ID1 coincidence signal S 1 b, ID2 match signal S1c
またはID3一致信号S1dが出力される。 Or ID3 coincidence signal S1d is output. 一致信号S Match signal S
1a〜S1dが全て出力された場合のみ、IDコードの照合結果が一致しているものとみなされる。 If 1a~S1d is output all alone, the verification result of the ID code is considered a match.

【0006】制御部9は、前記一致信号S1a〜S1d [0006] The control unit 9, the coincidence signal S1a~S1d
を検出するとともに、その検出結果に基づく前記メモリー4への受信データS3の書き込み等を行なうための許可信号S2の出力制御を行なう。 It detects the performs output control of the permission signal S2 for writing the like of the received data S3 to the memory 4 based on the detection result. 即ち、IDコードの照合結果が一致している場合には、許可信号S2を出力して、メモリー4へ受信データS3の書き込みを行なう。 That is, when the verification result of the ID code is coincident, outputs a permission signal S2, writes the received data S3 to the memory 4.
また、照合結果が不一致の場合には、前記リーダライタ20に対しその旨を送信すると同時に、許可信号S2を出力しないまま内部処理を終了させる。 Further, when the verification result is a mismatch, at the same time it transmits the detection to the reader writer 20, and terminates the internal processing without outputting a permission signal S2. このほか、制御部9では、受信データS3のうちのコマンドコードの検出、このコマンドコードの内容に基づく受信データバイト数の管理、同各種タイミング信号出力や、受信時の通信エラー検出などの制御が行なわれる。 In addition, the control unit 9, the detection of the command code of the received data S3, the management of the received number of data bytes based on the content of the command code, the various timing signals output or control such reception time of the communication error detection It is carried out.

【0007】さて、リーダライタ20の演算部21からの指示内容に基づき通信制御部22で生成された一連のコマンドブロックは、送信データとして変調部24で変調され、アンテナコイルL2から発せられる。 [0007] Now, a series of commands block generated by the communication control unit 22 based on the instruction content from the calculating unit 21 of the reader-writer 20 is modulated by the modulation unit 24 as transmission data, emitted from the antenna coil L2. この電磁波はデータキャリア1のアンテナコイルL1を介して復調部3で受信データS3に復調され、リーダライタ20 The electromagnetic wave is demodulated in the received data S3 by the demodulator 3 via the antenna coil L1 of the data carrier 1, the reader writer 20
からの一連のコマンドブロックとして制御部9で受信されるとともに、IDコードに該当する受信データS3が受信IDコードラッチ部3に一時的に保持された後、照合部2においてメモリー4のIDコード領域5の内容と照合され、その結果が前記制御部9に出力される。 A series of while being received by the control unit 9 as a command block, after receiving data S3 corresponding to the ID code is temporarily stored in the reception ID code latch section 3, ID code area of ​​the memory 4 in the collating unit 2 from the contents of 5 and is matched, the result is output to the control unit 9. 前記照合部2での照合結果が不一致である場合には、前記リーダライタ20に対し返信データとして不一致であるとの情報を返信する。 If the collation result in the collation unit 2 do not match, returns the information to be mismatched with respect to the reader-writer 20 as the response data. ここで、リーダライタ20は、データキャリア1のメモリー4に記憶されているIDコードの内容を事前に知らないものとする。 Here, the reader writer 20 is assumed to not know the contents of the ID code stored in the memory 4 of the data carrier 1 in advance. このことは次のような場合が該当する。 This will be applicable cases such as the following. 即ちデータキャリア1が、メモリー4に記憶されているIDコードの内容を無条件に前記リーダライタ20に対して返信する機能をもっていない場合、あるいはこの機能を有していてもリーダライタ2 That data carrier 1, when the content of the ID code stored in the memory 4 does not have the ability to reply to the reader-writer 20 unconditionally, or writer may have this function 2
0との交信エリア内に2枚以上のデータキャリアが存在するために返信データが混信し、前記リーダライタ20 0 to interference replies data to the two or more data carriers present within the communication area of ​​the reader-writer 20
で正確なIDコードの受信を行なうことができなかった場合などである。 In the like if it can not be performed for the reception of correct ID code. こういった場合に、前記リーダライタ20はまずIDコードを任意の内容としてコマンドブロックを送信する。 In these cases, the reader writer 20 transmits the command block is first ID code as any content. データキャリア1ではこれを受信し照合部2において照合した後、不一致である場合には前述のごとく不一致であるとの情報を返信する。 After matching the the data carrier 1 receives this verification unit 2, if a discrepancy returns information that it is mismatched as described above. 前記リーダライタ20ではこの情報を受け、前回と異なるIDコードの内容で送信を行なう。 The reader writer 20 in response to this information, to transmit the contents of the ID code different from the previous. これを照合結果が一致するまで繰り返し行ない、前記データキャリア1に対しメモリー4へのデータの書き込み等の処理が完了することになる。 Repeatedly performed until this verification results match, so that with respect to the data carrier 1 processing such as writing data to the memory 4 is completed.

【0008】今、データキャリア1に記憶されているI [0008] Now, I have been stored in the data carrier 1
Dコードが16を表わすコード、即ち00000010 D code code representing the 16, namely 00000010
H(16進数4バイト表記、以下同じ)であったとする。 H (16 decimal 4 bytes notation, hereinafter the same) and was. リーダライタ20からはIDコードの最小値として0を表わすコード、即ち00000000Hが送信された場合、前記データキャリア1の照合部2での照合結果が一致せず、不一致情報の返信が行なわれる。 Code representing 0 as the minimum value of the ID code from the reader writer 20, that is, 00000000H is transmitted, the collation result of the collation section 2 of the data carrier 1 do not match, the reply mismatch information. すると前記リーダライタ20では、次のIDコードとして1(0 Then the said reader writer 20, 1 as the next ID code (0
0000001H)が送信されるものの同様にして不一致情報が返信されるため、以降2、3、4と、昇順にI Since 0000001H) is similar to the mismatched information replies that are sent, and after 2, 3, 4, I in ascending order
Dコードの内容を変えるものとすると、このIDコードの送信、不一致情報の返信動作を15回繰り返すことになる。 Assuming that alter the contents of the D code and repeats the transmission of the ID code, the reply operation mismatch information 15 times. 16回目にIDコードとして16を表わすコードを送り照合結果が一致するため、この場合には16回の照合動作が必要となることがわかる。 Since the 16th sends the code verification result indicating 16 as the ID code is coincident, in this case it can be seen that 16 times of verification operations are required. 同様な考え方をすれば、前記データキャリアのIDコードがFFFFFF If the same concept, ID code of the data carrier FFFFFF
FFHであった場合には、実に43億回もの照合動作をしなければならない。 When was the FFH must also matching behavior indeed 4.3 billion times. 上述ではIDコードの照合順序として、IDコードの取りえる最小値(0)から昇順で行なった例を示したが、最大値(FFFFFFFFH)からの降順あるいはその他の順序で行なっても、照合結果が一致するまでの回数としては、最高IDコードの組み合わせの数だけ必要となるのは言うまでもない。 As the collation of the ID code in the above, an example of performing the minimum value may take the ID code from the (0) in ascending order, be carried out in descending order or other order of from the maximum value (FFFFFFFFH), the verification result is the number until the match, the required the number of combinations of the maximum ID code of course.

【0009】応用システムによっては、照合対象としてIDコードの全領域は必要なく一部の領域で済む場合もある。 [0009] Depending on the application system, the total area of ​​the ID code as the matching target is sometimes suffices part without regions. 例えば建物あるいは部屋への入場管理システムに適用する際、入場対象者にランク付けするとともに個々に携帯するデータキャリアに対して対応するランク情報を記憶させ、入口に設置されたリーダライタごとに前記ランク情報に応じて入場の許可/禁止を行なう場合である。 For example when applied to admission management system to the building or room, the rank with rank admission subject stores the rank information corresponding to the data carrier to carry individually for each reader-writer installed at the entrance is a case in which the enabling / disabling of admission in accordance with the information. このような場合、例えば前記IDコード4バイトのうち、個々のデータキャリアの識別用のIDコードとして3バイトをあてがい、残りの1バイトを前記ランク情報として使用するものとすると、入場制限に必要なものはランク情報であり、データキャリアの仕様でいえば照合範囲として前記ランク情報1バイト分を対象としたI In such a case, for example, among the ID code of 4 bytes, Ategai three bytes as the ID code for identification of the individual data carriers, assuming to use the remaining 1 byte as the rank information, necessary for the restricted admission what is rank information, intended for one byte the rank information as a collation range in terms of the specification of the data carrier I
D照合機能を有していることが必要とされる。 It is necessary to have a D verification function. この際、 On this occasion,
前述の説明から照合結果が一致するまでの回数としては、最高でも1バイトの組み合わせの数、即ち256回の照合動作を行なえばよいことがわかる。 The number from the foregoing description to verification results match, the number of combinations of 1 byte at most, i.e., it can be seen that it is sufficient to 256 times of verification operations. なお、照合対象としてIDコードの全領域とし、前述のごとく4バイトのIDコードを特定した後そのIDコードを基にリーダライタ側で対象者のランクを検索して入場制限を行なう方法も考えられるが、IDコードを得るまでに時間がかかり得策ではない。 Note that the entire area of ​​the ID code as a comparison target, is also conceivable to perform the restricted admission searching for rank of subjects in the reader writer side on the basis of the ID code after specifying the ID code of 4 bytes as described above but, not a good idea takes time to get the ID code.

【0010】 [0010]

【発明が解決しようとする課題】従来の技術の項で説明したように、データキャリアを使用した応用システムでは、IDコードが記憶された領域の全てのIDコードの照合が必要とされる場合のほかに、前記IDコード記憶領域のうちの一部のIDコードを照合するだけで成り立つ場合があるが、従来のIDコード照合方式では、使用目的に応じて照合範囲を可変させることができず、適用システムごとに照合領域が固定的に決められた専用のデータキャリアが必要であった。 BRIEF Problems to be Solved As described in the prior art, in the application system using the data carrier, when the ID code is required collation of all the ID codes stored area Besides, there is a case that consists simply matching the part of the ID code of the ID code storage area, in the conventional ID code matching method, it is impossible to vary the collation range depending on the intended use, only data carrier collation area for each application system is fixedly determined was needed.

【0011】また一方、リーダライタが送信するIDコードの内容について言えば、リーダライタが個々のデータキャリアに記憶されているIDコードの内容を知らない場合、即ちデータキャリアが、記憶しているIDコードの内容を無条件に前記リーダライタに対して返信する機能をもっていない場合、あるいはこの機能を有していても電磁波で交信を行なうという特性上、リーダライタとの交信エリア内に2枚以上のデータキャリアが存在することにより返信データが混信し、前記リーダライタで正確なIDコードの受信を行なうことができなかった場合などには、リーダライタは交信エリア内にあるデータキャリアに対し、あらゆる組み合わせのIDコードを順番に送信していくためかなりの回数の照合動作が必要となり、前記データ [0011] On the other hand, speaking the contents of the ID code reader writer transmits, ID If you do not know the contents of the ID code writer is stored in the individual data carriers, i.e. the data carrier stores do not have the ability to return the contents of the code to the reader writer unconditionally, or on property of performing communication with electromagnetic waves have this feature, the two or more within the contact area of ​​the reader-writer reply data is interference by the data carrier is present, the or when it was not possible to perform reception of correct ID code reader writer, the reader writer to the data carrier within communication area, any combination ID verification operation considerable number for continue to send the order code is required, the data of the ャリアのIDコードが照合一致するまでには長い時間を要することになる。 Yaria ID code of it takes long time until it matches the collation.

【0012】本発明の目的は、以上のような問題点を解決し、どのような応用システムに対しても柔軟に適用でき、かつすばやくIDコードの照合を行なうことが可能なID照合方式を提供するものである。 An object of the present invention is to solve the problems described above, it can also be flexibly applied to any application systems, and provides an ID verification system capable of performing collation quickly ID code it is intended to.

【0013】 [0013]

【課題を解決するための手段】前述した目的を達成するために、本発明は、電磁波により交信を行なうデータキャリアおよびリーダライタであって、前記データキャリアは、内部メモリーにあらかじめ個々の識別用IDコードを記憶しており、前記リーダライタから送信されたI Means for Solving the Problems] To achieve the above object, the present invention is a data carrier and the reader-writer performs communication by an electromagnetic wave, the data carrier, ID for advance individual identification in the internal memory stores a code, I transmitted from the reader writer
Dコードを受信して前記内部メモリーに記憶されたID ID stored in the internal memory to receive the D code
コードとの照合を行なうIDコード照合方式において、 In the ID code matching method for matching of a code,
リーダライタには、IDコード送信手段と、前記データキャリアのIDコードが記憶されている領域のうちの一部ないしは全部の領域を任意に指定可能な照合範囲指定コードを送信する照合範囲指定手段とを有し、データキャリアにあっては、前記リーダライタから送信された照合範囲指定コードおよびIDコードを受信した際、内部メモリーに記憶されたIDコードのうちの指定された領域のIDコードのみと照合を行なう照合制御手段を有することを特徴とする。 The reader-writer, the ID code transmitting means, the collation range specifying means for transmitting any addressable collation range designation code part or the whole of the area of ​​the region where the ID code of the data carrier is stored has, in the data carrier, when receiving the comparison range designation code and the ID code transmitted from the reader-writer, only ID code of the given region in the ID code stored in the internal memory and It characterized by having a verification control means for matching.

【0014】また、リーダライタの前記IDコード送信手段は、IDコードのうちの前記照合範囲指定コードにより指定された領域のIDコードのみを送信することを特徴とする。 Further, the ID code transmitting means of the reader writer, and transmits only the ID code of the designated area by the collation range designation code of the ID code.

【0015】また、データキャリアの前記照合制御手段での照合結果が不一致の場合には、前記内部メモリーへの書き込みまたは読み出しを禁止するとともにリーダライタへの返信は行なわないことを特徴とする。 Further, the matching result in the matching control unit of the data carrier in the case of disagreement, characterized in that as well as prohibiting the writing or reading to the internal memory is not performed in response to the reader writer.

【0016】さらに、リーダライタは、前記照合範囲指定手段に対しデータキャリアの前記IDコード記憶領域の指定範囲が先頭の1ビットから始まり順次1ビットづつ先頭からの指定範囲を増加させながらその都度照合範囲指定コードとして送信を行なうように制御する順序制御手段と、前記リーダライタから送信が行なわれる度にデータキャリアからの返信の有無および返信時の返信データの内容を監視し、次の送信の実行指示および送信するIDコード内容指定を行なう返信監視手段とを有することを特徴とする。 Furthermore, the reader writer, matching each time with increasing specified range from sequential one bit at a time beginning starts from the ID code 1 bit specified range beginning of the storage area of ​​the data carrier with respect to the collation range specifying means monitoring a sequence control means for controlling so as to transmit a range designation code, the contents of the reply data when the presence or absence and return of the reply from the data carrier to the time the transmission is performed from the reader writer, the execution of the next transmission and having a reply monitoring means for the ID code content designation of instructions and send.

【0017】 [0017]

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施の形態を図面に基づいて説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, an embodiment of the present invention with reference to the accompanying drawings. 図1は、本発明を表す機能ブロック線図である。 Figure 1 is a functional block diagram representing the present invention. リーダライタ20のうち、データキャリア1との基本的な通信動作をつかさどる部分、即ち演算部21からの指示内容によりコマンドコード、IDコードおよびその他のデータからなる一連のコマンドブロックを生成し送信データとしてデータキャリア1に対して送信すると共に、前記データキャリア1からの返信データを受信するなど、コマンドの送受信手順を制御する通信制御部22、送信データの内容に基づきキャリア信号の変調を行なう変調部24、返信信号を復調する復調部25、データキャリア1への電源供給および動作クロック用キャリア信号を生成するクロック発生部23、前記変調部24からの送信信号およびキャリア信号を送信するとともに、返信信号を受信するアンテナコイルL2 Of the reader writer 20, the portion responsible for basic communication operation with the data carrier 1, i.e. a command code by the instruction content from the calculating unit 21, a series of command blocks of ID codes and other data as generated transmission data and transmits to the data carrier 1, the like receives the reply data from the data carrier 1, the communication control unit 22 controls the transmission and reception procedure of the command, performs modulation of the carrier signal based on the contents of the transmission data modulation portion 24 , demodulator 25 which demodulates the return signal, a clock generator 23 for generating the power supply and the carrier signal for an operation clock to the data carrier 1, transmits a transmission signal and a carrier signal from the modulation unit 24, a response signal receiving antenna coil L2
は、従来例で説明したものと同一である。 Are the same as those described in the conventional example. また、データキャリア1の中で、前記リーダライタ20のアンテナコイルL2との電磁波による交信をつかさどるアンテナコイルL1、このアンテナコイルL1により受信したキャリア信号を整流し定電圧回路で直流動作電源とする整流・定電圧部6、前記リーダライタ20からの送信信号を復調し受信データS3として出力する復調部7、前記リーダライタ20への返信データを変調する変調部8、個々の識別用IDコードが記憶されているIDコード領域5を含むデータ記憶部としてのメモリー4、受信した一連のコマンドブロックのうちIDコードを一時的に保持する受信IDコードラッチ部3の各部もまた、従来例で説明したものと同一である。 Further, in the data carrier 1, the antenna coil L1 responsible for communication by electromagnetic waves with the antenna coil L2 of the reader writer 20, rectified to a DC operating power supply with a constant voltage circuit rectifies the carrier signal received by the antenna coil L1 and constant voltage unit 6, the demodulation unit 7 for outputting the received data S3 to demodulate the transmission signal from the reader writer 20, the modulation unit 8 for modulating the reply data to the reader writer 20, the individual identification ID code is stored data storage unit as a memory 4 containing the ID code area 5 that is, each unit of the received ID code latch unit 3 for temporarily holding the ID code of the series of commands block received also those described in the prior art it is the same as. なお制御部9では、コマンドブロックの受信およびその各コマンドに応じた前記メモリー4へのデータの書き込みあるいは読み出しなど、 Note that in the control unit 9, such as the reception and the writing or reading of data to the memory 4 in accordance with the respective command in the command block,
従来例で説明したようなデータキャリア1全体の基本動作をつかさどる機能を有しているが、IDコードの照合結果に基づくリーダライタ20への返信動作として、照合不一致の場合には返信は行なわず一致している場合のみ各コマンドに応じた情報を返信するようになっている。 And it has a function that controls the data carrier 1 overall basic operation as described in the prior art but, as the reply operation to the reader writer 20 based on the verification result of the ID code, the reply in the case of disagreement is not performed only if they match is adapted to return the information corresponding to each command.

【0018】さて本発明を実現するための機能として、 [0018] Now as a function for realizing the present invention,
リーダライタ20には演算部21としてIDコード全領域のうちの照合対象となる領域の範囲を指定するための照合範囲指定コードを生成する照合範囲指定部26、およびこの照合範囲指定部26の内容に応じたIDコードを生成するIDコード生成部27が、またデータキャリア1には前記照合範囲指定コードを検出しその内容に基づき照合部2に対して照合箇所を指示する照合範囲検出部10が新たに付加されている。 Collation range designation unit 26 to the reader-writer 20 to generate the collation range designation code for designating the range of the collation subject to area of ​​the ID code entire region as an arithmetic unit 21, and the contents of the collation range designation unit 26 ID code generating unit 27 generates an ID code corresponding to, but also the collation range detection unit 10 for instructing the matching points with respect to the verification unit 2 based on the content detecting said comparison range designation code in the data carrier 1 It is newly added. まず、照合範囲検出部10は、受信データS3のうち前記照合範囲指定コードを検出し、そのコード内容に応じて照合指定信号S4a First, the matching range detector 10 detects the comparison range designation code in the received data S3, collation designation signal S4a in accordance with the code contents
〜S4dを出力するように構成されているものである。 Are those configured to output ~S4d.
例えば、前記照合範囲指定コードとして、ある1バイト(8ビット)のデータのうちの4ビットをあてがうものとすると、この照合範囲指定コード4ビットのそれぞれのビットが前記照合指定信号S4a〜S4dの各々の信号に対応しており、各ビットが、 ”0”か、あるいは”1”かにより、前記照合指定信号S4a〜S4dを出力または非出力状態にする。 For example, as the collation range designation code, 4 assuming that Ategau bits, each of the respective bits of the collation range designation code 4 bits the verification specified signal S4a~S4d of the data of a 1-byte (8 bits) the signals correspond each bit, "0" or, alternatively "1" Kaniyori, to output or non-output state the collation designation signal S4a~S4d. ほかにも、前記照合範囲検出部10の構成として、前記照合範囲指定コードを1 Besides, a configuration of the collation range detection unit 10, the collation range designation code 1
ビットとし、”0”の場合には前記照合指定信号S4a And bits, the verification specified signal S4a in the case of "0"
〜S4dの全てが出力され、”1”の場合には特定の1 All ~S4d is output, "1" 1 particular in the case of
つの信号が出力されるようにしてもよい。 One of may be the signal is output.

【0019】照合部2では、前記照合範囲検出部10からの前記照合指定信号S4a〜S4dにより、出力されている信号に対応したIDコードのバイトのみ照合を行ない、ほかは照合結果の如何にかかわらず照合一致したものとみなす。 [0019] In the matching unit 2, by the collation designation signal S4a~S4d from the collation range detection unit 10, performs verification only byte ID code corresponding to the signal output, others are independent of the collation result not deemed to have collation coincidence. なお、前記照合部2の基本的な動作は、 The basic operation of the matching unit 2,
前記照合指定信号S4a〜S4dにより照合結果の出力が制御されること以外は、従来例で説明した図8の照合部2と同じである。 Except that the output of the collation result by the collation designation signal S4a~S4d is controlled is the same as the collation section 2 of FIG. 8 described in the prior art.

【0020】例えば今、照合範囲指定コードによりID [0020] For example now, ID by the collation range specified code
コードのID0〜ID3のうちのID0〜ID2までが指定されたとすると、前記照合範囲検出部10からは、 When to ID0~ID2 of ID0~ID3 code is specified, from the collation range detection unit 10,
ID0照合指定信号S4a、ID1照合指定信号S4 ID0 collation designation signal S4a, ID1 collation designation signal S4
b、およびID2照合指定信号S4cが出力される。 b, and ID2 collation designation signal S4c is output. 前記照合部2では、受信したIDコードが格納されている受信IDコードラッチ部3のID0〜ID3の内容と、 In the comparison unit 2, the contents of ID0~ID3 reception ID code latch unit 3 to the received ID code is stored,
メモリー4のIDコード領域5のID0〜ID3の内容との照合が行なわれ、ID0照合部2a、ID1照合部2b、およびID2照合部2cからは、それぞれの照合結果に応じて、一致していればID0一致信号S1a、 Matching the content of ID0~ID3 the ID code area 5 of the memory 4 is performed from the ID0 verification unit 2a, ID1 matching unit 2b, and the ID2 matching unit 2c, according to the respective comparison result, match if ID0 match signal S1a,
ID1一致信号S1bまたはID2一致信号S1c信号が、ID3照合部2dからは照合結果に関係なくID3 ID1 coincidence signal S1b or ID2 match signal S1c signal, irrespective of the comparison result from the ID3 matching unit 2d ID3
一致信号S1dが出力される。 Coincidence signal S1d is output. 即ち、IDコードの指定された範囲のみ一致していれば、IDコードの照合結果が一致しているものとみなされることになる。 That is, if only match the specified range of the ID code, so that the comparison result of the ID code is considered a match. なお、リーダライタ20から送信されるIDコードとして、ID Incidentally, as an ID code transmitted from the reader-writer 20, ID
0〜ID3の全てでもよいが、前記照合範囲指定コードにより指定された領域のIDコード、すなわちID0〜 May be all 0~ID3 but, ID code of the designated area by the comparison range designation code, i.e. ID0~
ID2のみでも構わない。 It may be in the ID2 only.

【0021】以上述べてきた図1の機能ブロック線図に基づく本発明によるID照合方式の動作を、いくつかの具体的な応用例を用いてわかりやすく説明する。 The above operation of the ID verification scheme according to the present invention based on the functional block diagram of Figure 1 has been described, plainly be described with reference to several specific applications. まず、 First of all,
図2において応用システムの一つとして書籍の検索に適用した場合を例にとる。 Take as an example the case of application to search the book as one of the application system in FIG 2. このシステムは例えば図書館などにおいて書棚に並んだ多数の蔵書の中から特定の書籍をすばやく捜し出すときに用いられる。 This system is used when locating quickly particular book from many books arranged in bookshelf in, for example, a library. 各書籍はその背表紙にデータキャリア1が各々1つずつ取り付けられた状態で書棚に整然と並べられており、同時に前記データキャリアのメモリー4には各データキャリア毎に全て異なるIDコード4バイトが記憶されているものとする。 Each book data carrier 1 on the back cover has been orderly bookshelf in a state of being mounted one each, at the same time all different ID code 4 bytes in memory 4 for each data carrier of the data carrier storage It is assumed to be.
合わせてこのIDコードは各書籍と1対1で対応付けられパソコンないしは台帳で管理されているものとする。 Together this ID code is assumed to be managed by the PC or register associated with each book one-to-one.
なお前記データキャリアのメモリー4には、IDコードのほかに必要に応じて書籍の購入日や金額のデータ、貸し出した日付けや回数等の履歴データを記憶させておいてもよい。 It should be noted that the in the data memory 4 of the carrier, in addition if necessary to book the purchase date and amount of data of the ID code, the history data such as lending the date and the number of times may be stored in a. 一方リーダライタ20は、IDコード生成部27としてIDコード入力スイッチが設けられており、 On the other hand the reader writer 20, an ID code input switch is provided as an ID code generating unit 27,
このスイッチの入力状態に応じて検索すべきIDコードが生成されるようになっている。 ID code to be searched in accordance with the input state of the switch so that the is produced. また本システムにおいては、照合範囲指定部26で生成される照合範囲指定コードとして、IDコードの照合対象となる領域の範囲をIDコード全領域を指定するものとなる。 In the present system, as the collation range designation code generated by the collation range designation unit 26, the range of the area being a target for verification of the ID code becomes specifying the ID code entire region. 図2(a)は書籍の検索時の様子を表わしており、当該書籍のIDコードをリーダライタ20に内蔵されたアンテナコイルL FIG. 2 (a) represents the situation when the search for books, the antenna coil L, which is built in the ID code of the book to the reader writer 20
2から連続的に送信しながら、各書籍に取り付けられたデータキャリアの上を順次走査していくものとする。 While transmitting from 2 continuously, it is assumed that sequentially scan over a data carrier attached to each book. 確認ランプは、IDコードの照合結果に基づくデータキャリア1からの返信の有無をLED等で確認できるようにしたものであり、前記リーダライタ20が目的とする書籍にきたところで点灯するようになっている。 Confirmation lamp is obtained by the presence or absence of a reply from the data carrier 1 based on the comparison result of the ID code to be confirmed by the LED or the like, the reader writer 20 is adapted to light up where came to books of interest there. 図2 Figure 2
(b)は、図2(a)におけるリーダライタ20を位置X1、X2、X3の順に動かしながら、各データキャリアを順次走査している様子を示すとともに、アンテナコイルL2の交信エリアと、1a、1b、1cの各データキャリアとの位置関係を表わしている。 (B), while moving in the order of the reader writer 20 the position X1, X2, X3 in FIG. 2 (a), the with showing a state of sequentially scans each data carrier, and communication area of ​​the antenna coil L2, 1a, 1b, represent the positional relationship between each data carrier 1c.

【0022】検索を始めようとする場合には、まず検索すべき書籍に対して与えられたIDコードをパソコンないしは台帳等の管理資料から捜し出した後、リーダライタ20のIDコード入力スイッチ20aを操作して前記IDコードの設定を行なう。 [0022] In the case of trying to start a search, after locate the ID code given to the first search to be books from the administration documentation such as a personal computer or ledger, operating the ID code input switch 20a of the reader-writer 20 to perform the setting of the ID code. 前記リーダライタ20ではIDコード入力スイッチ20aの設定状態により、ID The setting state of the reader-writer 20 in the ID code input switch 20a, ID
コード生成部27において照合すべきIDコードの生成を行なう。 And generates the ID code to be collated in the code generator 27. 照合範囲指定部26では前述の通り、IDコードの照合対象となる領域の範囲としてIDコード全領域を指定するように照合範囲指定コードを生成する。 In collation range designating unit 26 as described above, to produce a comparison range designation code to specify the ID code entire area as the range to be matched with a region of the ID code. 演算部21ではこの他にデータキャリア1に対する処理内容の指示およびその処理内容によっては送信データの指定等を行なうが、わかりやすく説明するために本システムでは単にIDコードの照合を行ない一致していればその旨返信を行なうだけのコマンドを用いるものとする。 The instruction and the processing content of the processing content for the computing unit 21 the data carrier 1 in the other do designation of transmission data, they match performs merely verification of the ID code in this system in order to explain clearly if it is assumed that the use of only the command is carried out to that effect reply.
通信制御部22では、演算部21からの以上の指示を受け、コマンドコード、IDコードおよび照合範囲指定コードからなるコマンドブロックを生成し送信を行なった後、返信データの有無を監視しその内容を前記演算部2 The communication control unit 22 receives the above instruction from the operation unit 21, a command code, after performing generate and transmit a command block of the ID code and the comparison range designation code, the contents monitors whether the reply data the arithmetic unit 2
1に知らせる。 Tell a 1. 返信データがない場合、即ちリーダライタ20との交信エリア内にデータキャリア1が存在しない場合もしくは交信エリア内にあってもデータキャリア1での照合結果が不一致であり返信が行なわれない場合には、前記リーダライタ20の演算部21は通信制御部22に対し再度同じ指示を与えることで、前回と同じコマンドブロックの送信が行なわれ以降これを繰り返す。 If there is no reply data, that is, when the result of collation by the reader writer 20 the data carrier 1 also data carrier 1 within the communication area is a case not present or within the communication area with is not performed is returned at disagreement , arithmetic unit 21 of the reader writer 20 that give the same instruction again to the communication control unit 22 repeats the subsequent is carried out transmission of the same command block as the previous.
当該データキャリア1が交信エリアに入り、返信データを受信すると、前記演算部21はこれを検知し確認ランプを点灯させて当該データキャリアの検索が行なわれたことを知らせる。 The data carrier 1 enters the communication area receives the reply data, the arithmetic unit 21 indicating that it is lit confirmation lamp detects this retrieval of the data carrier has been made.

【0023】データキャリア1のうち交信エリア内にあるものは、前記リーダライタ20からのコマンドブロックを受信して、照合範囲検出部10で前記照合範囲指定コードを検出するとともに、受信した前記IDコードを受信IDコードラッチ部3に保持し、この内容とメモリー4にあらかじめ記憶されている自身のIDコードの内容とを照合部2において照合を行なう。 [0023] Some within the communication area of ​​the data carrier 1, said receiving a command block from the reader writer 20, and detects the matching area specifying code collation range detection unit 10, the ID code received holds the received ID code latch unit 3, perform verification in verification unit 2 and the contents of the ID code of itself stored in advance in the contents and memory 4. ここで、前記照合範囲指定コードとして4バイトのIDコード全領域を照合対象にしていることから、前記照合範囲検出部10 Here, since it is the ID code entire area of ​​4 bytes as the collation range designation code to be collated, the collation range detector 10
からは照合指定信号S4a〜S4d全てが出力されるため、前記受信IDコードラッチ部3に保持されているI Since the collation designation signal S4a~S4d all is output from, I held in the reception ID code latch section 3
DコードのID0、ID1、ID2およびID3の各バイトの内容と、前記メモリー4のIDコード領域5の対応する各バイトの内容とが、IDコードの各バイトの照合部2a〜2dで照合されるとともに、各々の照合結果に応じて一致信号S1a〜S1dが出力される。 And ID0, ID1, ID2 and contents of each byte of ID3 of D code, the content of each byte corresponding ID code area 5 of the memory 4 is collated by the collating unit 2a~2d of each byte of the ID code together, match signal S1a~S1d is outputted in response to each comparison result. 制御部9ではこれら一致信号S1a〜S1dを監視し、全て出力されている場合には、即ちID0〜ID3のどの照合結果も全て一致している場合には、前記リーダライタ2 Monitoring the control unit 9, these match signal S1a~S1d, if they are all output, i.e. when ID0~ID3 are also all throat collation results coincide, the reader-writer 2
0に対してその旨返信を行なうが、ひとつないしは全部が出力されない場合には一切の返信動作は行なわない。 0 carried out to that effect reply to, but not performed any reply work if one or all is not output.
なお、前記リーダライタ20からのコマンドブロックとして照合動作のみを行なうようにコマンドコードが指定されていることから、前記制御部9では、照合結果に応じた返信または無返信の処理を行なった後、コマンドブロックの受信待機状態に移行するとともに、交信エリアから外れ前記データキャリア20からの電力供給が断たれるまで上記動作を繰り返す。 Incidentally, since the command code as a command block for matching operation only from the reader writer 20 is specified, the the control unit 9, after performing the processing of the reply or no reply in accordance with the comparison result, with shifts to the reception waiting state of the command block, the above operation is repeated until the power supply from the data carrier 20 off the communication area is cut off.

【0024】今、ある人がリーダライタ20のIDコード入力スイッチの操作を終え、検索すべきIDコードを含むコマンドブロックを連続的に送信している状態で、 [0024] Now, in a state in which a person has finished operation of the ID code input switches of the reader writer 20, and transmits the command block including the ID code to be searched sequentially,
前記リーダライタ20を書棚の端にある書籍に取り付けられたデータキャリア1aに近付けたとすると、前記リーダライタ20は図2(b)のX1の位置にあり、このとき交信エリア内にはデータキャリア1aのみが存在している。 When brought close to the data carrier 1a attached to books in the reader writer 20 to the end of the bookshelf, the reader writer 20 is in the position of X1 in FIG. 2 (b), the data carrier 1a at this time communication area only it exists. データキャリア1aに記憶されているIDコードは、検索すべきIDコードと異なっているものとすると、このデータキャリア1aからの返信は無く、確認ランプも点灯しないため、前記リーダライタ20を矢印の方向へと移動させていく。 ID code stored in the data carrier 1a is, assuming that is different from the ID code to be searched, the reply is not from this data carrier 1a, since the confirmation lamp also does not light, the direction of the arrow the reader writer 20 It will be moved to. X2の位置において、前記データキャリア1aがまだ交信エリア内にある状態で、隣の書籍に取り付けられているデータキャリア1bが同通信領域内に入ってくる。 In the position of the X2, a state in the data carrier 1a is still within the contact area, the data carrier 1b attached to books next enters the same communication area. このデータキャリア1bもまた、検索すべきIDコードと異なるIDコードが記憶されているものとすると同様に返信は行なわれず、前記リーダライタ20では何も受信されない。 The data carrier 1b is also returned similarly assuming that the ID code that is different from the ID code to be searched is stored is not performed, the at reader-writer 20 nothing is received. さらに移動してX3の位置にくると、今度はデータキャリア1cが交信エリア内に入ってくる。 Further comes to the position of the mobile to X3, now the data carrier 1c enters within the contact area. このデータキャリア1cが取り付けられた書籍が検索すべきものであったとすると、データキャリア1cに記憶されたIDコードと送信されたIDコードとの照合結果が一致し、前記データキャリア1cからの返信が行なわれることになる。 With this book data carrier 1c is attached was intended to be retrieved, the verification result of the ID code transmitted with the ID code stored in the data carrier 1c coincides reply from the data carrier 1c is performed is will be. この時、データキャリア1aは既に交信エリアから外れており、一方データキャリア1bは同領域内にあるもののIDコードが異なっているため返信は行なわず、結果としてリーダライタ20では当該データキャリア1cからの返信データのみ受信するため確認ランプが点灯する。 At this time, the data carrier 1a is already off the communication area, whereas the data carrier 1b reply is not done to the ID code is different but is within the area, from the reader writer 20 in the data carrier 1c as a result confirmation lamp order to receive only the reply data is turned on. 以上のようにして検索が完了することになる。 So that the search is completed as described above. なお、図2(b)では、交信エリア内に同時に存在するデータキャリアの数を説明の都合上2つとしてあるが、検索すべきIDコードが記憶されたデータキャリアは1つであり同時に複数のデータキャリアが返信動作を行なうことによる混信は発生しないため、2つより多くてもなんら問題はない。 In FIG. 2 (b), the although the number of data carriers present simultaneously within the communication area as two for convenience of description, data carrier ID code to be searched is stored at the same time multiple is one since data carrier interference by performing the return operation does not occur, there is no problem even if more than two.

【0025】次の応用例として、別のシステムに適用したものについて説明する。 [0025] As a next application example will be described as applied to another system. まず、図3においてこのシステムは、特定の敷地、建物あるいは室内へのゲート入退場管理で使用されるものとする。 First, the system in Figure 3, shall be used as the gate entrance and exit management for a particular site, a building or room. ゲートAにはリーダライタ20が組み込まれておりデータキャリア1との交信を行なうほかに、ドアの開閉や必要に応じて入退場者への情報表示、音声アナウンス等を行なう機能を有していてもよい。 In addition to performing communication with the data carrier 1 and the reader-writer 20 is incorporated in the gate A, the information displayed in response opening and closing as required the door to entry and exit who have a function of performing voice announcements, etc. it may be. データキャリア1は入退場者が腕などに装着して携行しており、ゲートA通過時にアンテナコイルL Data carrier 1 is then carried by mounting such as entrance and exit's arm, the antenna coil L when the gate A pass
2にかざして交信を行ない、IDコードの照合結果により入退場の可否判定を受けるものであり、そのIDコードの内容により通過できるゲートが限られるものとする。 2 held over and performs communication, which receives the determination of the entry and exit by checking the result of the ID code, it is assumed that the gate can pass through the contents of the ID code is limited. 逆に言えば、ゲートには各ゲート毎にあらかじめ決められた所定のIDコードが入力されており、該当するIDコードの記憶されているデータキャリアを携行した場合のみドアを開け通過させるようになっている。 Conversely, the gate has been input a predetermined ID code predetermined for each gate, so as to pass open the door only when carrying the data carrier that is stored in the corresponding ID code ing. 説明をわかりやすくするために、本システムでは入場時において上記のような通過制限を行ない、退場時は無条件に通過させるものとする。 For clarity of description, in this system performs pass limiting as described above at the time of entry, time of exit shall pass unconditionally. また、入場管理の対象を入場者の所属部門とし、入場可能な所属部門の識別用のコードが、各ゲート毎にあらかじめ入力されているものとする。 In addition, the subject of admission management and visitors of the department, the code for the identification of admission possible department is assumed to be input in advance for each gate. これにより、データキャリア1のIDコードとしては、4バイトのうちの3バイトを個人識別用のコード、 Thus, as the ID code of the data carrier 1, codes for individual identification of the 3 bytes of the four bytes,
残りの1バイトを前記所属部門の識別用のコードにあてるものとする。 It shall apply the remaining 1 byte code for identification of the department. 図3(a)では、データキャリアを携行した二人の人があるゲートを通過しようとしている様子を表わしている。 In FIG. 3 (a), represents a state that is about to pass through the gate there are two people who carry the data carrier. また、図3(b)は本システムで使用するデータキャリア1のIDコードの内容を表わしており、メモリー4のIDコード領域5のID0〜ID3の4バイトのうち、ID1、ID2およびID3の3バイトを個人識別用、ID0の1バイトを所属部門識別用として各々所定の内容が記憶されていることを示している。 Further, FIG. 3 (b) represents the contents of the ID code of the data carrier 1 for use in the present system, of the four bytes of ID0~ID3 the ID code area 5 of the memory 4, ID1, ID2 and ID3 of 3 personal identification byte indicates that each predetermined content is stored as a department identifies a byte ID0.

【0026】さて、図3(a)においてこのゲートAには入場を許可する所属部門識別コードがあらかじめ入力されており、内蔵されたリーダライタ20のIDコード生成部27では、前記所属部門識別コードの入力状態に応じて照合すべきIDコードの生成を行なう。 [0026] Now, this gate A in FIGS. 3 (a) is inputted department identification code which permits the admission in advance, the ID code generator 27 of the built-in reader-writer 20, the department identification code and generates the ID code to be collated in accordance with the input state of the. 本システムでは前述の通り、入場管理の対象を入場者の所属部門としていることから、IDコード4バイトの領域うちの所属部門識別コード1バイトの領域のみ照合すればよいため、照合範囲指定部26ではIDコードの照合対象となる領域の範囲としてID0を指定するように照合範囲指定コードを生成する。 As described above, in this system, since the fact that the target of the entrance management and admission's department, may be matching only region of the department identification code 1 byte among regions of the ID code 4 bytes, collation range designation unit 26 in generating a collation range designation code to specify the ID0 as a range of area being a target for verification of the ID code. リーダライタ20のその他の部分については、前述の書籍の検索に応用した例の動作とほぼ同じである。 Other parts of the reader writer 20 is substantially the same as the operation example of an application to a search of the aforementioned book. 即ち、演算部21ではデータキャリア1に対する処理内容としてIDコードの照合のみ行なうコマンドを実行するよう指示し、通信制御部22ではこれを受け、コマンドコード、IDコードおよび照合範囲指定コードからなるコマンドブロックを生成し送信を行なった後、返信データの有無を監視しその内容を前記演算部21に知らせる。 That is, it instructed to execute the command for only the verification of the ID code as the processing contents for the data carrier 1 the computing unit 21, receiving this the communication control unit 22, a command block of the command code, the ID code and collation range designation code after performing the generated transmission and monitors whether the reply data informs the content of the arithmetic unit 21. 返信データがない場合、即ちリーダライタ20との交信エリア内にデータキャリア1が存在しない場合もしくは交信エリア内にあってもデータキャリア1での照合結果が不一致であり返信が行なわれない場合には、前記リーダライタ20の演算部21は通信制御部22に対し再度同じ指示を与えることで、前回と同じコマンドブロックの送信が行なわれ以降これを繰り返す。 If there is no reply data, that is, when the result of collation by the reader writer 20 the data carrier 1 also data carrier 1 within the communication area is a case not present or within the communication area with is not performed is returned at disagreement , arithmetic unit 21 of the reader writer 20 that give the same instruction again to the communication control unit 22 repeats the subsequent is carried out transmission of the same command block as the previous. 当該データキャリア1が交信エリアに入り、返信データを受信すると、前記演算部21はこれを検知するとともにドアを開放し入場を許可する。 The data carrier 1 enters the communication area receives the reply data, the arithmetic unit 21 opens the door as well as detects this permits admission.

【0027】一方データキャリア1での、前記リーダライタ20からのコマンドブロックの受信、受信した前記IDコードのIDコードラッチ部3での保持、および照合部2での照合結果に基づく制御部9での返信動作もまた、前述の書籍の検索に応用した例の動作と同じである。 On the other hand in the data carrier 1, the reception of the command block from the reader writer 20, held in the ID code latch portion 3 of the ID code received, and the control unit 9 based on the collation result of the collation section 2 reply operation is also the same as the operation of the example of applying the search of the aforementioned book. 照合範囲検出部10では前記照合範囲指定コードの検出を行なうが、4バイトのIDコードのうちID0の1バイトを照合対象にしていることから、前記照合範囲検出部10からは照合指定信号S4aのみが出力されるため、前記受信IDコードラッチ部3に保持されているIDコードのうちのID0の内容と、メモリー4のID Performs the detection of the collation range detection unit 10 the collation range designation code in, from the fact that the matching target one byte ID0 of the ID code of 4 bytes, only the collation designation signal S4a from the collation range detector 10 because There is output, the contents of ID0 of the ID code stored in the received ID code latch section 3, ID memory 4
コード領域5のID0の内容とが照合部2aで照合され、その照合結果に応じて一致信号S1aが出力される。 And contents of ID0 of the coding region 5 are matched by the matching unit 2a, the coincidence signal S1a is output according to the comparison result. この時、ID1、ID2およびID3は照合対象となっていないことから、2a、2bおよび2cの各照合部からの一致信号S1b、S1cおよびS1dは常に出力状態となっており一致しているものとみなされる。 At this time, since the ID1, ID2 and ID3 not the verification object, 2a, match signal S1b from the collating unit of 2b and 2c, S1c and S1d and ones that are always consistent and a output state It is regarded. なお、リーダライタ20から送信されるIDコードのバイト数として、照合範囲指定コードで指定されたバイト数即ち本システムでは対象となるID0の1バイトのみとするか、または、指定されたバイト数以上のもの即ち本システムでのID1〜ID3の3バイトはダミーコードとして付加し4バイト全てのIDコードを送信するかは、リーダライタ20とデータキャリア1との間の交信のプロトコルを決めさえすればどちらでも一向に構わない。 Incidentally, as the number of bytes of the ID code transmitted from the reader writer 20, or only 1-byte ID0 of interest in collation range Bytes i.e. the system specified by the specified code, or, more specified number of bytes whether the three-byte ID1~ID3 in those words the system of transmitting the additional 4 bytes every ID code as a dummy code, as long decided communication protocols between the reader writer 20 and the data carrier 1 either it does not matter at all.

【0028】今、入場を許可すべき所属部門識別コードからなるIDコードを含むコマンドブロックをアンテナコイルL2から連続的に送信しているゲートの交信エリア内に、データキャリア1fを携行している人とデータキャリア1gを携行している人が二人同時に入ってきたとする。 [0028] Now, the command block within the contact area of ​​the gate which is continuously transmitted from the antenna coil L2 including the ID code consisting department identification code should be permitted entry, people who are carrying the data carrier 1f people who are carrying the data carrier 1g and it is assumed that came two people at the same time. データキャリア1fにはこのゲートでの入場を許可する所属部門識別コードが、データキャリア1gにはこのゲートには該当しない別の所属部門識別コードが記憶されているものとすると、前記データキャリア1f Data The carrier 1f department identification code which permits the admission of this gate, the data carrier 1g assuming that another department identification code does not correspond is stored in the gate, the data carrier 1f
からは、IDコードの照合結果が一致することにより返信が行なわれ、一方のデータキャリア1gからは、照合結果が不一致のため返信は行なわれない。 From the reply is performed by matching result of ID codes match, from one data carrier 1g, it replies for verification result is a mismatch is not performed. その結果、リーダライタ20ではこの返信信号を受信することで入場を許可しドアを開放する。 As a result, to allow admission by receiving the reply signal in the reader-writer 20 to open the door.

【0029】以上までに述べた2つの応用例からもわかるように、図1の機能ブロック線図に基づく本発明によるID照合方式においては、データキャリア1のIDコードの照合領域は、リーダライタ20の照合範囲指定部26で生成されコマンドブロックとして送信される照合範囲指定コードの内容に基づき任意に指定することが可能であり、上記2つの利用形態の異なった応用システムに対して適用することが可能となる。 [0029] As can be seen from the two applications mentioned to above, in the ID verification scheme according to the present invention based on the functional block diagram of FIG. 1, the verification area of ​​the ID code of the data carrier 1, the reader writer 20 it is possible to arbitrarily specified on the basis of the generated by the collation range designation unit 26 the contents of the collation range specified code transmitted as a command block, may be applied for different application systems of the two usage modes It can become.

【0030】次に、本発明の他の実施の形態について説明する。 Next, a description will be given of another embodiment of the present invention. 前述の実施の形態の説明の際に用いた2つの応用例のうち、図3で示したゲート入退場管理において、 Of the two application examples used in the description of the above embodiments, the gate entrance and exit management shown in FIG. 3,
ゲートの交信エリア内に入ってきた二人は同じ部門に所属しておりデータキャリア1fおよび同1gに記憶された所属部門識別コードが同一で、しかもこのゲートでの入場許可の対象となっているものであったとする。 The stored department identification code has become the same, yet the subject of admission at the gate to the two men data carrier 1f and the same 1g are in the same department that has entered within the communication area of ​​the gate and in was the thing. この場合、リーダライタ20から送信されたコマンドブロックに対し前記データキャリア1fおよび1g両方が同時に返信を行ない、その結果混信して前記リーダライタ2 In this case, the both data carrier 1f and 1g to command block transmitted from the reader writer 20 performs reply simultaneously, resulting interference to the reader-writer 2
0では正常な受信が行なえないことになる。 In 0 will be not be performed is normal reception. この解決方法として、同じ所属部門であっても各人ごとに全て異なっている個人識別用コードを使用した照合方法、即ちリーダライタ20から送信するコマンドブロックのうち、 The as solution, collating method also using a personal identification code which are all different every each person in the same department, i.e. out of the command block to be transmitted from the reader writer 20,
IDコードの内容および照合範囲指定コードによる照合範囲指定の対象を個人識別用コードとし、所定のIDコードに対して複数のデータキャリアのなかの1つだけが返信を行なうようにすることで個々のデータキャリアを特定する方法が考えられるが、従来例で述べた手順では、あらゆる組み合わせのIDコードを順番に送信していくためかなりの回数の照合動作が必要となってしまうため、ここでは以下に示すような手順でIDコードの照合動作を行なう。 The ID code of the contents and collation range designation code by matching range specification of interest to the personal identification code, only one of among a plurality of data carriers for a given ID code of the individual by to perform the reply a method of identifying a data carrier is considered, the procedure described in the conventional example, the ID code of any combination for matching operation considerable number for continue to transmit in turn becomes necessary, here below It collates operation of the ID code in the procedure as shown.

【0031】図4は本発明の他の実施の形態を表す機能ブロック線図である。 [0031] FIG. 4 is a functional block diagram illustrating another embodiment of the present invention. 前に説明した実施の形態では、図3に示したごとくIDコードの照合領域として、ID0 In the embodiment previously described, as the matching area of ​​the ID code as shown in FIG. 3, ID0
〜ID3の4バイトのIDコードに対し、データキャリア1はリーダライタ20からの照合範囲指定コードに基づくID0照合指定信号S4a〜ID3照合指定信号S To 4-byte ID code of ~ID3, the data carrier 1 is based on the collation range designation code from the reader writer 20 ID0 collation designation signal S4a~ID3 collation designation signal S
4dの出力状態により、ID0照合部2a〜ID3照合部2dの各部を最小1バイト単位で指定していたが、本実施の形態ではこれをさらに細かく1ビット単位で指定可能な構成としている。 The output state of 4d, ID0 but each section of the matching unit 2a~ID3 collation section 2d has specified a minimum 1 byte, in this embodiment has a specifiable composed finer 1-bit units this. 即ち図4のデータキャリア1において、ID3照合部2dはb7照合部2e〜b0照合部2lの8個からなり、それぞれID3のb7〜b0の各ビットに対応しているとともに、b7照合指定信号S That is, in the data carrier 1 of Figure 4, ID3 matching unit 2d is composed of eight b7 matching unit 2e~b0 collating unit 2l, together correspond to each bit of b7~b0 of ID3 respectively, b7 collation designation signal S
4e〜b0照合指定信号S4lの出力状態により照合を行ない、それぞれの照合結果に応じてb7一致信号S1 4e~b0 performs matching by the output state of the collation designation signal S4L, b7 coincidence signal S1 in response to each comparison result
e〜b0一致信号S1lが出力するように構成されている。 e~b0 match signal S1l is configured to output. なお、図4では省略してあるが、他の照合部2a、 Although is omitted in FIG. 4, the other collating unit 2a,
2b、2cでも前記ID3照合部2dと同様に1ビット単位で照合可能な構成になっている。 2b, and become verifiable configuration in 1-bit units in the same manner as in the ID3 matching unit 2d, even 2c. 一方リーダライタ20では演算部21として、データキャリア1からの返信の有無により送信したIDコードが有効な内容であるか否かを判定するIDコード判定部28、およびこのI On the other hand as a reader-writer 20 in the arithmetic unit 21 determines whether the ID code transmitted by the presence or absence of a reply from the data carrier 1 is a valid content ID code determination section 28, and the I
Dコード判定部28からの判定結果を基にIDコードおよび照合範囲指定コードの送信順序を制御する順序制御部29が新たに付加された構成となっている。 Order control unit 29 for controlling the transmission order of the D code ID code based on the determination result from the determination unit 28 and the collation range designation code is a newly added construction. 前記ID The ID
コード判定部28は、送信したIDコードに対するデータキャリア1からの返信の有無を監視するとともに、返信がない場合にはその時送信したIDコードを有するデータキャリア1が交信エリア内に存在しないものと判断して当該IDコードは無効と判定し、また返信がある場合にはその時送信したIDコードを有するデータキャリア1が存在するものとして当該IDコードを有効と判定し、この判定結果をIDコード生成部27に知らせる。 Code judging unit 28 judges monitors the presence or absence of a reply from the data carrier 1 to the transmitted ID code, if there is no reply from that data carrier 1 having an ID code transmitted at that time is not in the communication area and the ID code is determined to disable, and when there is a reply, it is determined that enable the ID code as the presence of the data carrier 1 having an ID code transmitted at that time, the ID code generating unit the determination result Tell a 27.
前記IDコード生成部27では無効と判定されたIDコードは削除し、有効となった場合には当該IDコードを基に次回送信するIDコードを生成して記憶保持する。 The ID code generating unit ID code is determined to be invalid in 27 deletes stores and holds and generates an ID code to be transmitted next based on the ID code when enabled.
前記順序制御部29は、前記IDコード生成部27に対し次に送信すべきIDコードの指定をするとともに、前記IDコード判定部28からの判定結果を受けるごとにIDコードの照合領域を拡大していき、その都度照合範囲指定部26に対して指示をする。 The order control unit 29, then with the specified ID code to be transmitted to the ID code generating unit 27, to expand the matching area of ​​the ID code every time it receives a determination result from the ID code determination section 28 periodically, the instruction to the respective collation range designation unit 26. 即ちIDコードの照合範囲としては、まず始めにIDコードの先頭の1ビットを指定し、次に前記IDコードの先頭の2ビット、以降1ビットづつ増しながら順次照合範囲を広げていくようにする。 That is, as the collation range of the ID code, begin to specify the first one bit of the ID code, then the first two bits of the ID code, so that will expand the sequential comparison range while increasing one bit later . 前記照合範囲指定部26では、前記順序制御部29からの指示内容により照合範囲指定コードが生成され、これに対応した前記IDコード生成部27で生成されたIDコードとともに、コマンドブロックとして送信が行なわれる。 In the comparison range specification section 26, the the instruction content from the sequence control unit 29 comparison range designation code is generated, together with the ID code generated by the ID code generating unit 27 corresponding thereto, the transmission is carried out as a command block It is. なお、前記照合範囲指定部26で生成される照合範囲指定コードとしては、IDコードの特定のビット、およびビット数を指定するようにエンコードされており、IDコードの照合領域をある1ビットから連続した所定の長さのビット数までの範囲で指定できるようになっているものとする。 Incidentally continuous, as the collation range designation code generated by the verification range specification section 26, a specific bit of the ID code, and is encoded to specify the number of bits, one bit in the verification area of ​​the ID code and are made as to be specified by a predetermined length in the range of up to number of bits. また、通信制御部22からのコマンドブロックのうちのコマンドコードとして、 Furthermore, as the command code of the command block from the communication control unit 22,
データキャリア1のメモリー4に記憶されているIDコード領域5の内容の読み出しおよび返信の動作を行なうようなIDコード読み出しコマンドが指定されるものとする。 Shall ID code read command that reads and reply operation of the contents of the ID code area 5 stored in the memory 4 of the data carrier 1 is designated.

【0032】まず最初に、リーダライタ20において、 [0032] First of all, the reader writer 20,
順序制御部29はIDコードの照合領域として、先頭の1ビット、即ちID3のビット7(b7)を照合対象とするように照合範囲指定部26およびIDコード生成部27に指示する。 As the matching area of ​​the sequence control unit 29 the ID code, the top one bit, i.e. ID3 bit 7 (b7) to indicate the collation range designation unit 26 and the ID code generating unit 27 so as to be collated. 前記IDコード生成部27では前記照合対象となるIDコードの内容が”1”となるようなI The contents of the ID code generating unit becomes 27 the checking target in the ID code is such that "1" I
Dコードを生成し、前記照合範囲指定部26において生成された照合範囲指定コードとともに、コマンドコードをIDコード読み出しコマンドとしたコマンドブロックとして通信制御部22から送信される。 Generate D code, the with collation range specified code generated in matching range specification section 26, is transmitted from the communication control unit 22 as a command block in which the command code and ID code read command. データキャリア1においてはこのコマンドブロックを受信して、照合範囲検出部10では前記照合範囲指定コードを検出しID In the data carrier 1 receives this command block, and detects the matching range detector the collation range designation code in the 10 ID
3のb7照合指定信号S4eのみを出力し、IDコードラッチ部3では受信した前記IDコードを一時的に保持することでID3のb7の保持内容は”1”となり、この内容とメモリー4のIDコード領域5のID3のb7 3 of b7 is output only a collation designation signal S4e, b7 holding the contents of the ID code latch unit ID3 at 3, by temporarily holding the received ID code is "1", ID of the contents and memory 4 ID3 of b7 of the coding region 5
の記憶内容とが、ID3のb7照合部2eにおいて照合され結果がID3のb7一致信号S1eとして出力される。 And storage contents of the results are collated in b7 collating unit 2e of ID3 is output as b7 coincidence signal S1e of ID3. IDコードのその他の領域、即ちID3のb6〜b Other areas of the ID code, that is ID3 of b6~b
0およびID2、ID1、ID0のそれぞれのb7〜b 0 and ID2, ID1, each of b7~b of ID0
0の各ビットについては照合は行なわれず、常に照合結果が一致したものとして、各ビットの照合部からの一致信号は出力状態となる。 Verification for each bit of 0 is not performed, as always matching results match, the match signal from the matching unit of each bit is the output state. ここで、前記メモリー4のID Here, ID of the memory 4
コード領域5のID3のb7の記憶内容が”1”であったとすると、前記ID3のb7照合部2eからのb7一致信号S1eは出力され、制御部9では全ビットで照合結果が一致したものとみなされて、前述のとおりメモリー4に記憶されているIDコード領域5の内容を読み出した後この内容をリーダライタ20に対して返信する。 If b7 stored contents of the ID3 coding region 5 is assumed to be a "1", b7 match signal S1e from b7 matching portion 2e of the ID3 is output, as the collation result with all bits in the control unit 9 matches accredited and returns the contents to the reader writer 20 after reading the contents of the ID code area 5 stored in the memory 4 as described above.
また、前記メモリー4のIDコード領域5のID3のb Further, ID3 of b in the ID code area 5 of the memory 4
7の記憶内容が”0”であった場合にはメモリー4の内容は読み出さず返信も行なわれない。 Storage content of 7 is "0" when a was the contents of the memory 4 is not also performed reply without reading. いま仮にリーダライタ20との交信エリア内に複数枚のデータキャリア1 Suppose a plurality of data carriers 1 within the communication area of ​​the reader-writer 20
が存在しているものとすると、前記IDコードの照合対象、即ちメモリー4のIDコード領域5のID3のb7 If There assumed to be present, the ID code to be collated, i.e. ID3 of b7 the ID code area 5 of the memory 4
の記憶内容が”1”となるデータキャリア1が2つ以上ある場合には、それぞれのデータキャリアからの返信が同時になされ混信するために、リーダライタ20では通信エラーとなって、個々のデータキャリアの正確な返信内容は受信することができない。 When the data carrier 1 stored data is "1" in the there are two or more, in order to reply from each of the data carriers interference simultaneously performed, so that a communication error in the reader writer 20, the individual data carrier the exact reply the contents of the can not be received. リーダライタ20では、データキャリア1からの返信の有無および返信があった場合でも混信による通信エラーの有無を検出し、通信制御部22を通して演算部21に知らされる。 In the reader writer 20, to detect the presence or absence of a communication error due to interference even if there is presence and reply reply from the data carrier 1, informed through the communication control unit 22 to the arithmetic unit 21. 前記演算部21のIDコード判定部28では、前記通信制御部22からのこれらの情報に応じて、送信したIDコードが有効であるか否か判定を行なう。 In the ID code determination section 28 of the arithmetic unit 21, in response to the information from the communication control unit 22, the transmitted ID code makes a determination whether valid. まず、返信はあるがその内容が通信エラーであった場合には、前記照合対象となるIDコードの内容が”1”となるデータキャリア1が少なくとも2つ以上は存在しているため有効と判定され、前記IDコード生成部27では当該IDコードの内容を基に次回送信するIDコードを生成して記憶保持する。 First, replies if there is the content is a communication error, the data carrier 1 in which the contents of the verification subject to the ID code is "1" is effective because it is present at least two determination It is, generates and stores hold the ID code to be transmitted next based on the contents of the ID code generating unit 27 in the ID code. 返信がない場合には、前記照合対象となるIDコードの内容が”1”となるデータキャリア1は存在しないものと判定され、前記IDコード生成部27では当該IDコードが記憶内容から削除される。 If there is no reply, the data carrier 1 the contents of the verification subject to the ID code is "1" is determined to not be present, the ID code the ID code in the generator 27 is deleted from the stored content . なお、返信があってしかもその内容が正常に受信できた場合には複数のデータキャリアのうちの1つのIDコードが特定できたことになる。 Incidentally, it means that can be identified is a single ID code of the plurality of data carriers in case there is a reply moreover that its contents could be received normally. この時前記IDコード判定部28では有効と判定されるものの、前記照合対象となるIDコードの内容が”1”となるデータキャリア1はこの他には存在しないことから、前記IDコード生成部27に対して当該IDコードを記憶内容から削除するよう指示する。 Although this case is determined to be valid in the ID code determination section 28, since the contents of the verification subject to ID code is "1" and becomes data carrier 1 is not present in this addition, the ID code generating unit 27 an instruction to delete the ID code from the storage content to. 返信の内容に応じた以上のような動作の後、リーダライタ20ではIDコードの照合領域は前回と同じくID3のb7とし、照合対象となるIDコードの内容を今度は” After the above-described operation according to the contents of the reply, the verification area of ​​the reader-writer 20 ID code is like the b7 of ID3 the previous turn the content of the ID code being a target for verification is "
0”として送信を行なう。データキャリア1では照合対象となるIDコードの内容を”0”として前回と同じ照合および返信動作を行なう。返信内容により、前記リーダライタ20は前述と同様にして、返信はあるがその内容が通信エラーであった場合には有効と判定し当該ID 0 "to transmit a. The contents of the ID code that data in carrier 1 be collated" 0 "performs the same verification and reply operation as before. The reply content, the reader writer 20 in the same manner as described above, replies the ID is but is determined to be valid if it contains a communication error
コードの内容を基に次回送信するIDコードを生成して記憶保持する。 It generates an ID code to be transmitted next based on the contents of the code stored and held in. また、返信がない場合もしくは返信内容を正常に受信できた場合にはには、当該IDコードが記憶内容から削除される。 Further, in the in case of normally received the case or reply contents no reply, the ID code is deleted from the stored content. このようにして、IDコードの先頭の1ビットについて”1”および”0”の各内容で照合を行ない、データキャリア1からの返信内容が通信エラーである場合には、当該IDコードの内容を基に次回送信するIDコードを生成して記憶保持する。 In this way, subjected to collation with the contents of the ID for the first one bit of the code "1" and "0", when the reply contents from the data carrier 1 is a communication error, the content of the ID code stores and holds and generates an ID code to be transmitted next based.

【0033】次に、順序制御部29はIDコードの照合範囲を1ビット広げ、照合領域としてIDコードの先頭の1ビットから2ビット目まで、即ちID3のビット7 Next, the sequence controller 29 spread one bit comparison range of the ID code, the first one bit of the ID code as matching region to the second bit, i.e. ID3 bit 7
(b7)、ビット6(b6)を照合対象とし照合範囲指定部26およびIDコード生成部27に指示する。 (B7), bit 6 (b6) was used as a comparison target instructs the collation range designation unit 26 and the ID code generating unit 27. 前記IDコード生成部27では前記照合対象となるIDコードの内容として、IDコード判定部28において前回有効と判定され記憶保持した内容はそのままで、新たに照合対象となったb6の内容を”1”とするようなIDコードを生成する。 As the content of the ID code to be the checking target in the ID code generating unit 27, the ID code determination unit content stored and held it is determined that the previous effective in 28 intact, the contents of b6 became newly matching target "1 to generate the ID code, such as to ". 前記照合範囲指定部26ではID3のb7、およびそのビットからb6までの連続した長さのビット数である2を指定するような照合範囲指定コードを生成し、前記IDコード生成部27において生成されたIDコードとともに、前述と同じくコマンドコードをIDコード読み出しコマンドとしたコマンドブロックとして通信制御部22から送信される。 The b7 matching range specification unit at 26 ID3, and generates a comparison range specified code that specifies the 2 consecutive the number of bits length from the bit to b6, is generated in the ID code generating unit 27 together with the ID code is transmitted from the communication control unit 22 as a command block and also command codes the ID code read commands and above. データキャリア1 Data carrier 1
においてはこのコマンドブロックの受信、前記照合範囲指定コードの検出、受信した前記IDコードの一時的な保持が行なわれるが、照合範囲検出部10からはID3 Reception of the command block in the collation range detection of specified code, although temporary retention of the ID code received is performed, ID3 from collation range detector 10
のb7から2ビット分の照合指定信号、即ちb7照合指定信号S4eおよびb6照合指定信号S4fが出力され、IDコードラッチ部3でのID3のb7の保持内容およびb6の保持内容”1”と、メモリー4のIDコード領域5のID3のb7およびb6の記憶内容とが、I Of b7 from the verification designating signal 2 bits, i.e. b7 collation designation signal S4e and b6 collation designation signal S4f is outputted, the contents held and holding the contents of b6 of b7 "1" ID3 of the ID code latch unit 3, and b7 and stored contents of b6 of ID3 ID code area 5 of the memory 4 is, I
D3のb7照合部2eおよびb6照合部2fにおいて照合され、その照合結果がID3のb7一致信号S1eおよびb6一致信号S1fとして出力されるが、両者が出力された場合のみ照合結果が一致したものとみなされて、メモリー4に記憶されているIDコード領域5の内容を読み出した後この内容をリーダライタ20に対して返信を行なう。 They are collated in b7 collating unit 2e and b6 matching unit 2f of D3, as the collation result is output as b7 coincidence signal S1e and b6 coincidence signal S1f of ID3, that only matching result if both are output matches accredited, the contents after reading the contents of the ID code area 5 stored in the memory 4 performs a reply to the reader-writer 20. リーダライタ20では前述と同じく、データキャリア1からの返信内容が通信エラーの時には当該IDコードの内容を基に次回送信するIDコードを生成し記憶保持するなど、返信および通信エラーの有無に応じた動作を行なう。 Writer well 20 in the foregoing, such as the reply contents from the data carrier 1 generates and stores holding the ID code to be transmitted next based on the contents of the ID code when the communication error, depending on the presence or absence of a reply and a communication error It performs the operation. さらにIDコードの照合領域は前回と同じくID3のb7およびb6とし、照合対象となるIDコードの内容のうちb6の内容を今度は”0”として送信を行なった後、同様にデータキャリア1からの返信内容に応じた動作を行なうことになる。 Further verification area of ​​the ID code is like the ID3 of b7 and b6 as before and after performing transmission contents b6 among the contents of the ID code being a target for verification as now "0", likewise from the data carrier 1 It will be carried out the operation in accordance with the reply content. IDコードの照合領域をID3のb7およびb6とした上記照合動作を行なった後、照合領域をさらに1ビット広げID3 After the verification area of ​​the ID code was performed b7 and b6 and the above collation operation in ID3, spread further 1-bit verification region ID3
のb7、b6およびb5とし、前回までに通信エラーとなって記憶保持されたIDコードの内容それぞれに対して、新たに照合対象となったID3のb5の内容を” Of b7, and b6 and b5, the respective contents of the ID code stored held a communication error up to the previous time, the new contents of b5 the ID3 became collation target "
1”および”0”とした各場合において、上記と同様な照合動作を行ない、これをID3のb0まで繰り返し、 In 1 "and" 0 "and the case where, performed similar to the above matching operation, repeating this until b0 of ID3,
続けてID2のb7およびb6、b5、b4の順にID Followed by ID2 of b7 and b6, b5, b4 ID in the order of
2のb0まで行ない、さらに続けてID1のb7、b Performed up to 2 of b0, further followed by ID1 of b7, b
6、b5とID1のb0まで、個人識別用コードとして割り当てられたIDコードの領域に対して実行する。 6, b5 until b0 of ID1, it is performed on the region of the ID code assigned as personal identification code. このようにして、IDコードの先頭の1ビットから始め、 In this way, starting from 1-bit first ID code,
順次1ビットづつ照合範囲を拡大していくとともに、照合領域として新たに指定された1ビットの照合対象の内容を”1”および”0”として前回記憶保持されたID Together to expand sequentially one bit at a time comparison range, ID previously stored retained as new contents of the collation target of the specified bit "1" and "0" as the matching area
コードの内容に加えて新たなIDコードとし、その各内容で照合動作を行なった後データキャリア1からの返信内容が通信エラーである場合には、そのIDコードを有するデータキャリア1が複数存在するものとして当該I In addition to the content of the code as a new ID code, the reply contents from the data carrier 1 after performing the matching operation at their respective contents in the case of communication error, the data carrier 1 with its ID code there are multiple the I as ones
Dコードの内容を記憶保持する。 Storing and holding the contents of the D code. その後前記IDコードの照合範囲をさらに1ビット拡大して上記と同様な照合動作を繰り返していくが、途中データキャリア1からの返信がありしかも混信がなく正常に受信できた場合および返信がなかった場合には、当該IDコードはその内容が確定するため上記照合動作の対象から削除され、最終的に通信エラーがなくなった時点で交信エリア内の全てのデータキャリア1のIDコードが判明し、照合動作が完了することになる。 Then the ID expanding further 1-bit comparison range code is repeated the same verification operation as described above, but there is no case and reply reply There are moreover interference could be received normally without from proceeding data carrier 1 in this case, the ID code is deleted from the target of the verification operation since the content is determined, finally all of the ID code of the data carrier 1 of traffic in the area at the time the communication error is no longer known, collated so that the operation is completed.

【0034】以上のIDコードの照合動作を、フローチャートを用いて分かりやすく説明する。 [0034] The verification operation of the above ID code, plainly be described with reference to a flowchart. 図5〜図7は図4の機能ブロック線図の動作の流れを示すものであり、 5-7 shows a flow of operations of the functional block diagram of FIG. 4,
IDコードの照合領域の指定手順を中心として表わしている。 It represents about a specified procedure of verification region of the ID code. 本説明では、IDコードをb0〜bmまでの連続したm+1ビットとしバイト単位での区切りはないものとする。 In this description, it is assumed that there is no separated in successive m + 1 bits and bytes of the ID code to B0~bm. 例えば図4の説明で用いたIDコードのうちのID3、ID2およびID1の3バイトであたえられた個人識別用コードは、図5においてはb0〜b23の連続した24ビットとなる。 For example personal identification code given by the 3-byte ID3, ID2 and ID1 of the ID codes used in the description of FIG. 4, a continuous 24 bit b0~b23 in FIG. また、IDコードの照合範囲の指定順序としてIDコードの最下位ビットb0からb Further, b from the least significant bit b0 of the ID code as a specified order of collation range of the ID code
1、b2、b3の順に上位のビットへと拡大させていくものとする。 1, b2, in the order of b3 is expanded to higher-order bits shall go. さて、図5は説明を簡潔にするために用いた簡略記号とその内容について表わしたものである。 Now, FIG. 5 is a representation for mnemonic and its contents used for the sake of brevity. 照合動作のある時点において、IDコードの照合領域をb At some point matching operation, the matching area of ​​the ID code b
0を先頭にbnまでのn+1ビットとした場合、照合対象となるIDコードの内容は、b0〜bn−1までの前回記憶保持している内容(図中では*で示されている) If 0 was the n + 1 bit of the head until bn, the contents of the ID code being a target for verification, the contents are previously stored and held up to B0 to Bn-1 (in the figure indicated by *)
にbnの内容として”1”および”0”を加えたものとなるが、このうちbnの内容を”1”とした時のIDコードをIDn(1)、bnを”0”とした時をIDn To becomes a plus "1" and "0" as the contents of bn, IDn the ID code when the "1" the contents of these bn (1), a when a "0" bn IDn
(0)と略記する。 (0) and abbreviated. また、この時点での照合動作を表わすフローチャートを図6に示した。 Also, a flowchart representing a collating operation at this point in FIG. まずステップ100 First, in step 100
でリーダライタ20はIDコードの照合領域をb0からbnと指定し、bnの内容を”1”としたIDコードI In the reader writer 20 specifies a bn the verification area of ​​the ID code from b0, the ID code I, the contents of bn "1"
Dn(1)を送信する。 To send Dn (1). ステップ101ではデータキャリア1からの返信を確認し、返信がない場合にはそのままステップ104に進んでbnの内容を”0”とした次のIDコードの送信が行なわれ、返信があってしかもその内容が正常に受信できた場合にはステップ108で複数の中の1つのデータキャリア1のIDコードを検出した後やはりステップ104へと進むが、いずれの場合にもIDn(1)は記憶保持されず、以降の照合動作の対象からは削除されることになる。 Step 101 to confirm the reply in the data carrier 1, returned as the contents of bn proceeds to step 104 "0" and the transmission of the next ID code is performed in the absence, moreover its there reply content but proceeds to again step 104 after detecting a plurality of single ID code of the data carrier 1 in step 108 in the case of normally received, IDn in either case (1) is stored and held It not, will be removed from the target of subsequent verification operation. データキャリア1からの返信を受信した結果通信エラーとなった場合にはステップ102へと進み当該IDコードの内容IDn(1) When the resulted communication errors received a reply from the data carrier 1 proceeds to step 102 the ID contents code IDn (1)
を記憶保持するとともに、ステップ103でIDn Stores hold, IDn in step 103
(1)が有効であることを示すフラグFn(1)をオンにしてからステップ104へと進む。 (1) proceeds to step 104 after turning on the flag Fn (1) indicating that valid. 次にステップ10 Next, in step 10
4ではIDコードの照合領域はb0からbnとしたまま、今度はbnの内容を”0”としたIDコードIDn Verification area of ​​the ID code in the 4 while the bn from b0, ID code IDn Now that was the contents of the bn "0"
(0)を送信する。 To send (0). ステップ105ではデータキャリア1からの返信を確認し、前記ステップ101と同様に、 In step 105 check the reply from the data carrier 1, similarly to the step 101,
返信がない場合にはそのままステップ110へ、返信を正常に受信した場合にはステップ109でIDコードを検出した後ステップ110へ進み、いずれもIDn It is to the step 110 if there is no reply, the process proceeds to step 110 after detecting the ID code in step 109 when it receives a reply correctly, both IDn
(0)の記憶保持は行なわれない。 (0) memory retention is not performed. また返信内容が通信エラーである場合には、ステップ106でIDn(0) Further, when the reply content is communication error in step 106 IDn (0)
を記憶保持し、ステップ107でIDn(0)が有効であることを示すフラグFn(0)をオンとした後ステップ110へと進む。 The stored and held, the routine proceeds to step 110 after turning on the flag Fn (0) to indicate that at step 107 IDn (0) is valid. ステップ110では前記フラグFn Step 110 In the flag Fn
(1)およびFn(0)の内容により、オンである場合にはそれぞれ記憶保持したIDn(1)ないしはIDn (1) and the contents of the Fn (0), IDn when it is turned on and each memory retention (1) or IDn
(0)を基に、次のビットbn+1に対する上記と同様な照合動作を行なうべく次段のステップへと進むことになる。 (0) on the basis of, and the flow proceeds to next step to perform the same verification operation as described above with respect to the next bit bn + 1. なお前記フラグFn(1)およびFn(0)がいずれもオンとなっていない場合には、前記ステップ10 Note that if the flag Fn (1) and Fn (0) is not either turned on, the step 10
8、109においてIDコードが検出されたか、もしくは照合動作途中でデータキャリア1が交信エリアから外れることにより返信が途絶えたものとみなされて、ID Or ID code is detected in 8,109 or collating operation middle data carrier 1 is deemed to have lost the reply by departing from the communication area, ID
コードの上記照合対象に関するこれまでの照合動作はここで停止することになる。 Previous verification operations relating to the comparison target of the code will stop here. 参考までに、IDコードの照合開始から、その照合範囲を順次1ビットづつ拡大させながら照合を行なって行く様子を図7にフローチャートで示した。 For reference, the matching start of ID codes, showing how we perform the matching with the by sequentially one bit larger its comparison range in the flowchart in FIG. ここでは、いままで述べてきた、IDコードの照合領域をbnまでのn+1ビットとした時点での照合動作のフローチャートをIDnと略記している。 Here has been described up to now, it is a flow chart of checking the operation of the verification area of ​​the ID code at the time of the n + 1 bit up to bn abbreviated as IDn.

【0035】まず始めにステップ200において、nの値が0である場合、即ちIDコードの照合領域をb0とし、その内容が”1”および”0”のそれぞれの場合について照合動作を行なう。 [0035] First in step 200, if the value of n is 0, i.e., the verification area of ​​the ID code and b0, its contents perform verification operation for each case of "1" and "0". 通信エラーがあり交信エリア内に当該IDコードを有するデータキャリアが2つ以上存在する場合には、次のステップ201もしくは20 If the data carrier having the ID code within the communication area has communication error there is more than one, the next step 201 or 20
2、あるいはその両方のステップへと進むことになる。 2, or so that the process proceeds to both steps.
いま、交信エリア内に、b0の内容が”1”であるID Now, within the communication area, which is the content of b0 is "1" ID
コードを有するデータキャリアが2つ以上存在し、b0 Data carrier having a code is present two or more, b0
が”0”であるものが1つだけであったとすると、ID There Assuming a "0" was only one 1, ID
0(1)を基にしたつぎのビットの照合動作ID1がステップ201で行なわれるが、b0の内容が”0”であるデータキャリアのIDコードは1つだけであり、リーダライタ20は返信されたIDコードを正常に受信することでそのIDコードの内容が確定することから、ステップ202でのID0(0)に基づく照合動作ID1は実行されないことになる。 0 (1) is matching operation ID1 of the next bit based is performed in step 201, ID code of the data carrier is the content of b0 is "0" is only one, the reader writer 20 is returned the ID code from the contents of the ID code by receiving normally determined, the verification operation ID1 based on ID0 (0) at step 202 will not be executed. 逆にb0の内容が”1”であるIDコードを有するデータキャリアが1つだけ存在し、b0が”0”であるものが2つ以上あったとすると、ステップ201は実行されずに、ステップ202でつぎのビットb1の照合動作ID1が実行されることになる。 There is only one data carrier having an ID code is the content of b0 is "1" Conversely, when b0 is "0" which ones were two or more, step 201 is not executed, step 202 so that the matching operation ID1 bit b1 of Detsugi is executed. また、b0の内容が”1”または”0”となるI In addition, the contents of the b0 is set to "1" or "0" I
Dコードを有するデータキャリアがそれぞれ1つづつ、 1 by one data carrier having a D code, respectively,
もしくはどちらかが1つで他の一方が存在しないような場合には、その時点で全てのデータキャリアのIDコードが確定して照合動作が終了することになる。 Or if either is that there are no other hand, one would collating operation ID codes of all data carriers is determined at that time is terminated. 前記ステップ200におけるID0の照合動作の結果により前記ステップ201ないしはステップ202でのID1の照合動作を行ない、つぎにこの結果に応じてID2の照合動作がステップ203〜206のいずれかで行なわれ、 Performs a matching operation ID1 at step 201 or step 202 as a result of the matching operation of ID0 at the step 200, then the verification operation of the ID2 according to the result is performed in either step 203 to 206,
さらにID3の照合動作がステップ207、208等で行なわれ、以降順次ビットnを拡大させながら最大ID Further ID3 matching operation is performed at step 207 and 208 or the like, the maximum ID while expanding the sequential bits n later
mまで照合動作を行なっていく。 It will perform the matching operation until m.

【0036】図7に示したm+1ビットからなるIDコードの照合手順において、あるIDコードに対するリーダライタ20からの送信、データキャリア1からの返信を1回として、その照合動作の回数を調べてみると、I [0036] In the ID code of the verification procedure consisting of m + 1 bits shown in FIG. 7, the transmission from the reader writer 20 for a ID code, as one for a reply from the data carrier 1, Examining the number of matching operations When, I
Dnはbnの内容として”1”および”0”の2回の照合動作を行なっていることから、ID0についてはステップ200で2回の照合動作、ID1はステップ20 Dn is because it is performed twice collation operation for "1" and "0" as the contents of bn, two matching operation in step 200 for ID0, ID1 Step 20
1、202それぞれ2回で計4回、以下同様にID2は8回、ID3は16回となり、IDm−1は2のm乗回となるため、nの値が0からmまでの全ての照合動作が行なわれたとすると、全体としては2+2*2+2*2 1,202 four times each twice, and so ID2 is 8 times, ID3 is 16 times, for IDm-1 is made and 2 m Nomawa, all matching the value of n is 0 to m When operation is performed, as a whole 2 + 2 * 2 + 2 * 2
*2+……+2*(2のm乗)となるため、照合動作の回数の最大値Tmaxは数1で与えられる。 * 2 + ... + 2 * (m-th power of 2). Therefore, the maximum value Tmax of the number of matching operations is given by the number 1.

【数1】 [Number 1] しかしながらこれは、交信エリア内に存在するデータキャリアとして、m+1ビットのIDコードの全ての組み合わせをもつような場合であり、実際には交信エリア内に同時に存在するデータキャリアの数は限られることが多い。 However, this, as the data carriers present within the communication area, a case that has all combinations of ID code m + 1 bits, in practice be limited number of data carriers present at the same time within the contact area many. 交信エリア内のデータキャリアの数Pにより、上記数1は次の数2のようになる。 The number P of data carriers within the communication area, the number 1 is as following Equation 2.

【数2】 [Number 2] ここで、INT(P/2)とはPを2で割った時の整数部分の値であり、MINとは[]内のどちらか値の小さいほうを取ることを表わしている。 Here, INT (P / 2) is the value of the integer part when divided by 2 P, represents a take smaller of either the value in [] is the MIN. 上記数2が成立することは、次のような条件から容易に想像される。 That the number 2 is satisfied, it is easily imagined from the following conditions. 即ち、 In other words,
照合動作の回数が多くなるようなIDコードの条件として、 b0からbm−1までの内容は同一で、bmの内容が異なるような2つづつの組み合わせとし、照合動作を照合領域の最終ビットbmまで行なう。 As a condition of the collation operation ID code like the number is many, from b0 in the same content to bm-1, and combinations contents of different such 2 by one of bm, collation operation until the last bit bm collation region carried out. 上記のb0からbm−1のうち任意の連続した局所的なビット列の内容が、各組み合わせ毎にできるだけ異なるようにする。 Contents of any continuous local bit string of bm-1 from the above b0 is, to possible different for each combination. となるような組み合わせのIDコードを有する場合である。 A case having a combination ID code such that. この時IDnの照合回数の最大値は2の(n+1) The maximum value of the matching number at this time IDn is a 2 (n + 1)
乗となるものの、データキャリアの数がPの場合には上記より通信エラーとなるIDコードの組み合わせの数は最大P/2(ここでPは偶数とする)であり、その各組み合わせに対してbnの内容を”0”および”1”とした2回の照合動作を行なうことから照合動作の回数は最大でも(P/2)*2までとなるため、データキャリアの数がPの場合のIDnの照合回数の最大値としては、2の(n+1)乗または(P/2)*2のどちらか小さいほうに制限されることになる。 Although the multiplication, the number of combinations of the ID code as a communication error than the above if the number of data carriers is P is the maximum P / 2 (where P is an even number), for the each combination because the number of verification operations since for matching operation twice that with the content of bn "0" and "1" is made also to (P / 2) * 2 at a maximum, the number of data carriers in the case of P the maximum value of the matching number of IDn, the 2 (n + 1) square or becomes (P / 2) * 2 of restricted be either smaller in. ちなみにPが奇数の時には、IDコードの2つづつの組み合わせに対して1つだけ余ることになり、IDmの照合動作を行なう前にIDコードの内容が確定することから、IDコードの組み合わせの数をINT(P/2)として算出することになる。 Incidentally, when P is an odd number, will be left over only one to two by one of a combination of the ID code, since the contents of the ID code is determined before performing a matching operation of IDm, the number of combinations of ID code It will be calculated as INT (P / 2). 以上述べてきたことついて、いくつかの具体的な例を上げてシミュレーションを行ない、IDコードの照合手順および照合動作の回数について確かめてみる。 For it has been described above, by increasing the number of specific examples performs simulation, try verifies the verification procedure and the number of matching operations of the ID code.

【0037】表1、表2および表3は、交信エリア内のデータキャリアの数Pとして、それぞれP=2、P=4 [0037] Table 1, Table 2 and Table 3, as the number P of the data carrier in the communication area, respectively P = 2, P = 4
およびP=8の場合について、各データキャリア毎に具体的なIDコードを設定して照合動作のシミュレーションを行なったものである。 And for the case of P = 8, it is obtained by performing a simulation of the matching operation by setting the specific ID code for each data carrier. 各表aは各データキャリア毎にあらかじめ記憶されているIDコードの内容を示したものであり、各表bでそれらデータキャリアのIDコードの照合を行なって行く様子を表わした。 Each table a is shows the contents of the ID code stored in advance for each of the data carrier, showing the manner in which we perform the verification of the ID code thereof data carrier in each table b. なお、説明を分かりやすくするために、ここではIDコードをb0からb7までの8ビットとし、IDコードの照合範囲の指定順序も前述の図5のフローチャートを用いた説明と同じくIDコードの最下位ビットb0からb1、b2、b Incidentally, for ease of description, here a 8-bit ID code from b0 to b7, the lowest description Like ID code also specifies the order of the collation range of the ID code with the flowchart of FIG. 5 described above from bit b0 b1, b2, b
3の順にb7まで上位のビットへと拡大させていくものとした。 In the order of 3 it was assumed to continue to expand into the higher-order bits to b7.

【表1】 [Table 1] まず、表1aでは2つのデータキャリアAおよびBのI First, in Table 1a 2 two data carriers A and B of the I
Dコードの内容として、前述の照合動作の回数が多くなるようなIDコードの条件を満たすように設定されている。 As the contents of the D code, are set so as to satisfy the condition of the ID code such that a number of times of the aforementioned matching operation. 即ちb0からb6までの内容は、前記データキャリアAとBで同一とし、b7の内容を前記データキャリアAでは”1”、Bでは”0”とした。 That content from b0 to b6 are the same with the data carrier A and B, in the data carrier A contents b7 "1", and the B in "0". なお、ここではb0からb6までの内容を各ビットとも”1”としたが、”0”であっても、また”1”と”0”が混在していても、前記データキャリアAとBで同一でありさえすれば照合動作の回数は同じになる。 Here, although the contents from b0 to b6 and "1" each bit both be "0", also be a mixture of "1" and "0", the data carrier A and B in the number of collation operations as long as the same it will be the same. 上記内容のIDコードを有するデータキャリアAとBが交信エリア内に同時に存在している場合のIDコードの照合動作を表1bに示し、前記各IDコードの内容が確定するまでの様子をシミュレーションした。 The matching operation of the ID code when the data carrier A and B having the ID code of the contents are simultaneously present within the contact area shown in Table 1b, were simulated manner until the contents of the respective ID code is determined . ステップ300および301では、IDコードの照合領域としてまずb0を指定し、その内容を”1”および”0”としてそれぞれについて照合動作を行なった場合の、データキャリアからの返信内容の受信結果を表わしている。 In step 300 and 301, first specify b0 as the matching area of ​​the ID code, the case of performing the matching operation for each of the contents as "1" and "0" represents the reception result of the reply contents from the data carrier ing. ちなみに、このステップ300および301は、前述の説明で用いた図7のフローチャートでいえばステップ200に該当する部分である。 Incidentally, the step 300 and 301 is a portion corresponding to the step 200 in terms of the flow chart of FIG. 7 used in the foregoing description. 前記ステップ300で、b0の内容を”1”とした照合動作の結果、前記データキャリアA、Bともその内容が”1”となるIDコードを有していることから同時に返信がなされ混信するため、リーダライタでの受信結果として表中の返信内容の項には「通信エラー」と記してある。 In step 300, the result of the matching operation with the contents of b0 "1", the data carrier A, B at the same time return is made to interference from the fact to have an ID code, the contents of which becomes "1" , the term reply contents in the table as a result of receiving the reader writer are labeled "communication error". 次に前記ステップ301で、b0の内容を” Then at step 301, the contents of b0 "
0”として照合動作を行なうがいづれのデータキャリアからも返信がないことから返信内容は「なし」となる。 Reply contents from the fact there is no reply from the data carrier of Izure performs the matching operation as 0 "is" none ".
次にステップ302に移り、IDコードの照合領域を1 Next, the processing proceeds to Step 302, 1 matching area of ​​the ID code
ビット増やしてb1までとし、前回通信エラーとなったIDコードの内容を基にb1の内容を”1”とした(b And up to b1 increasing bit was a "1" the content of b1 on the basis of the content of the ID code is the previous communication error (b
0,b1)=(1,1)となるIDコードで照合動作を行なうも「通信エラー」となり、さらにステップ303 0, b1) = (1,1) and comprising ID codes for matching work "Communication Error" and further step 303
に移ってb1の内容を今度は”0”として(b0,b As now "0" the contents of the b1 moved to (b0, b
1)=(1,0)となるIDコードで照合を行ない返信「なし」の結果を得ることになる。 1) = (1, 0) and performs verification with the ID code that will get the result of the reply "No". 続いてステップ30 Subsequently, in step 30
4、305ではIDコードの照合領域をb2に広げ、前回通信エラーとなったIDコードの内容(b0,b1) In 4,305 collation region of the ID code spread b2, the content of the ID code was the previous communication error (b0, b1)
=(1,1)を基にb2の内容として前記ステップ30 = Step 30 (1,1) as a content of b2 based on
4では”1”、前記ステップ305では”0”を加えて、それぞれて照合動作を行ない、以降ステップ30 In 4 "1", in addition to the step 305 to "0", performs a matching operation Te, respectively, after step 30
6、307とステップ313までIDコードの照合領域を1ビットづつ拡大させながら前述と同様に、返信内容に応じた照合動作を繰り返す。 The verification area of ​​the ID code to 6,307 and step 313 in the same manner as described above and while expanding one bit and repeats the verification operation according to the reply content. ステップ314ではID In step 314 ID
コードの照合領域を最終ビットb7までとし、その内容を”1”として照合動作を行なったところである。 The verification area code and to the last bit b7, it was subjected to a verification operation the contents as "1". その結果前記データキャリアAからのみ返信が行なわれるためこれを正常に受信するとともにIDコードの内容が確定する。 As a result the contents of the ID code which receives this normally because the viewing reply is performed from the data carrier A is determined. 次のステップ315では他方のデータキャリアBのIDコードが確定し、照合動作が完了することになる。 ID code is determined in the next step 315 in the other data carrier B, so that the collation operation is completed.

【0038】ここで照合動作の回数を見てみると、b0 [0038] If you look at the number of matching operations here, b0
を照合対象とした場合の照合動作はステップ300およびステップ301の2回、b1を照合対象とした場合にはステップ302およびステップ303の2回、以下b The two matching operation step 300 and step 301 in the case where the comparison target, two steps 302 and step 303 in the case where the collation targets b1, following b
2については2回、b3も2回、b4、b5、b6およびb7についてもそれぞれ2回づつであり、合計2+2 2 times for 2, b3 also 2 times, b4, b5, b6 for and b7 is also a increments two times each, a total of 2 + 2
+2+2+2+2+2+2=16となり、8ビットのI + 2 + 2 + 2 + 2 + 2 + 2 = 16, and the 8-bit I
Dコードを持つデータキャリアが交信エリア内に2つ存在している場合には、最大16回の照合動作でそれぞれのIDコードを確定することができることがわかる。 If the data carrier with the D code is present two within the contact area, it can be seen that it is possible to determine the respective ID code of up to 16 times of the matching operation.

【0039】次に表2bでは、表2aで示したIDコードを有するA、B、CおよびDの4つのデータキャリアが交信エリア内に存在する場合について照合動作をシミュレーションしてみた。 [0039] Next, in Table 2b, tried to simulate the matching operation for the case where A has the ID code shown in Table 2a, B, four data carriers C and D present within the contact area.

【表2】 [Table 2] 各ビット毎に照合を行なっていく様子は前述までに説明した内容とほぼ同じであるが、b0を対象としたステップ400およびステップ401での照合動作の結果、そのビットの内容が ”1”および”0”のいづれの場合も「通信エラー」となり、それらIDコードの内容を基にしたステップ402、403、あるいはステップ40 Although how we perform the matching for each bit is substantially the same as what has been described so far described, the result of the collation operation at step 400 and step 401 intended for b0, the content of the bit "1" and "0" of Izure next be "communication error" for, steps 402 and 403 were based on the contents of their ID code or step 40,
4、405の照合動作が行なわれることから、b1を照合対象とした照合動作の回数は4回となることがわかる。 Since the collating operation of 4,405 is performed, the number of matching operations and collated target b1 is seen to be a four times. そのため4つのデータキャリアのIDコードを全て確定するまでには、2+4+4+4+4+4+4+4= By the time to confirm all the ID code of the order of four data carrier, 2 + 4 + 4 + 4 + 4 + 4 + 4 + 4 =
30となり、最大30回の照合動作が必要となることがわかる。 30 next, it can be seen that up to 30 times of verification operations are required.

【表3】 [Table 3] 表3に示したAからFまでの6つのデータキャリアの場合についても同様で、この場合にはステップ500からステップ541まで、2+4+6+6+6+6+6+6 For From A shown in Table 3 of the six data carriers to F is also, from step 500 in this case to step 541, 2 + 4 + 6 + 6 + 6 + 6 + 6 + 6
=42となり、最大で42回の照合動作が必要となっている。 = 42, and the maximum of 42 times the verification operation is necessary. いずれの場合においても、照合動作の回数の最大値として、前記数2が適用可能なことは明らかである。 In either case, as the maximum number of times of verification operations, it is clear that the number 2 is applicable.

【0040】同様に表4ではAからHまでの8つのデータキャリアが交信エリア内に存在する場合についてシミュレーションを行なった。 [0040] Similarly eight data carriers from Table 4, A to H were performed simulations for the case of present within the contact area.

【表4】 [Table 4] 表4aに示した各IDコードの内容として、やはり前述の照合動作の回数が多くなるようなIDコードの条件を満たすように設定されており、データキャリアAとB、CとD、EとFおよびGとHの各組み合わせ毎に、 As the contents of each ID code shown in Table 4a, also is set so as to satisfy the condition of the ID code such that a number of times of the aforementioned collating operation, the data carrier A and B, C and D, E and F for each combination of and G and H,
IDコードのb0からb6までの内容を同一のものとし、b7の内容を一方のデータキャリアでは”1”、他方のデータキャリアは”0”とした。 Content from b0 ID code to b6 to the same thing, in the one data carrier contents b7 "1", the other data carrier was "0". また前記条件のうちについては、b0からb6までのうち任意の連続した局所的なビット列、例えばb0からb2、またはb4 As for out of the conditions, any continuous local bit sequence out from b0 to b6, e.g. b0 from b2 or, b4
からb6といったどの3ビット分をとってみても、上記各組み合わせ間では同じ内容にならないようになっており上記条件が満たされていることがわかる。 Even try taking any 3 bits such b6 from, it can be seen that the above conditions are adapted to not have the same content is filled in between the respective combination. 照合動作の回数としては、表4bのステップ600からステップ653まで照合対象となるビット毎にその照合動作回数を加算して、2+4+8+8+8+8+8+8=54となり前記数2が当てはまるとともに、最大54回の照合動作が必要であることがわかる。 The number of matching operations, and adds the matching operation times for each bit being a target for verification steps 600 of Table 4b to the step 653, with 2 + 4 + 8 + 8 + 8 + 8 + 8 + 8 = 54 next the number 2 is true, up to 54 times of verification operations it can be seen that there is a need. 以上のように、データキャリアが交信エリア内に2つ存在する場合の照合動作の回数は最大16回、4つのデータキャリアでは同30 As described above, checking the number of operations up to 16 times if the data carrier is present two within the contact area, the 30 four data carrier
回、6つでは同42回、8つの場合には同54回で済むのに対して、従来の技術で述べたIDコードの照合方式はIDコードの最小値0から始まり1、2、3と、昇順にIDコードの内容を変えながら照合動作を行なっていくものであり、8ビットのIDコードではデータキャリアの数によらず最大256回の照合動作が必要となる。 Times, 6 Tsude the same 42 times, while the need at the same 54 times in the case of eight, matching method of the ID code described in the prior art the beginning 1,2,3 from the minimum value 0 of the ID code , which will perform the matching operation while changing the content of the ID code in ascending order, it is necessary to up to 256 times of the matching operation regardless of the number of the data carrier is an 8-bit ID code.

【0041】 [0041]

【発明の効果】以上の説明で明らかなように、本発明の請求項1によれば、IDコードの照合領域として、その一部ないしは全部の範囲をリーダライタから任意に指定することができるために、使用目的に応じて照合領域を可変させるだけでどのような応用システムにも適用でき、さらに本発明の請求項4によれば、交信エリア内に複数のデータキャリアが存在する場合のIDコードの照合手順として、照合領域を順次1ビットづつ拡大させながら照合を行なっていく方式とすることで照合動作の回数を従来に較べて少なくしIDコードを確定するまでに要する時間を大幅に短縮することができるような高性能のデータキャリアを提供するのに大きな効果がある。 As is apparent from the foregoing description, according to claim 1 of the present invention, as the matching area of ​​the ID code, it is possible to specify the part or whole range arbitrarily from the reader writer to, ID code for can be applied to any application system by simply varying the collation region in accordance with the use object, according further to the fourth aspect of the present invention, the plurality of data carriers within the communication area is present as the verification procedure, significantly reducing the time required for the number of verification operations by a gradually performing collation while sequentially bit by bit larger verification area scheme until placing less and ID code in comparison with the conventional it is very effective for providing a high-performance data carrier such that it can.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の実施の形態の構成を表す機能ブロック線図である。 1 is a functional block diagram showing the configuration of an embodiment of the present invention.

【図2】本発明の実施の形態で説明した応用システムに基づく、実際の使用状態を説明した図である。 [Figure 2] is based on the application system described in the embodiment of the present invention, it is a diagram for explaining a practical use.

【図3】本発明の実施の形態で説明した他の応用システムに基づく、実際の使用状態を説明した図である。 [3] based on other application systems described in the embodiment of the present invention, it is a diagram for explaining a practical use.

【図4】本発明の他の実施の形態の構成を表す機能ブロック線図である。 4 is a functional block diagram showing a configuration of another embodiment of the present invention.

【図5】図4で示された構成の動作の流れを表わす図である。 5 is a diagram showing a flow of operation of the configuration shown in FIG.

【図6】図4で示された構成の動作の流れを表わすフローチャートである。 6 is a flowchart showing a flow of operation of the configuration shown in FIG.

【図7】図4で示された構成の動作の流れを表わすフローチャートである。 7 is a flowchart showing a flow of operation of the configuration shown in FIG.

【図8】従来の技術の構成を表す機能ブロック線図である。 8 is a functional block diagram showing a configuration of a conventional art.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 データキャリア 2 照合部 3 受信IDコードラッチ部 10 照合範囲検出部 20 リーダライタ 26 照合範囲指定部 27 IDコード生成部 28 IDコード判定部 29 順序制御部 1 data carrier 2 collation unit 3 receives the ID code latch portion 10 matching range detector 20 writer 26 matching range specification section 27 ID code generating unit 28 the ID code determination section 29 order control unit

Claims (4)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 電磁波により交信を行なうデータキャリアおよびリーダライタであって、前記データキャリアは、内部メモリーにあらかじめ個々の識別用IDコードを記憶しており、前記リーダライタから送信されたID 1. A data carrier and the reader-writer performs communication by an electromagnetic wave, ID the data carrier is stored in advance individual identification ID code in internal memory, which has been transmitted from the reader writer
    コードを受信して前記内部メモリーに記憶されたIDコードとの照合を行なうIDコード照合方式において、リーダライタには、IDコード送信手段と、前記データキャリアのIDコードが記憶されている領域のうちの一部ないしは全部の領域を任意に指定可能な照合範囲指定コードを送信する照合範囲指定手段とを有し、データキャリアにあっては、前記リーダライタから送信された照合範囲指定コードおよびIDコードを受信した際、内部メモリーに記憶されたIDコードのうちの指定された領域のIDコードのみと照合を行なう照合制御手段を有することを特徴としたIDコード照合方式。 In the ID code verification system receives the code collates the ID code stored in the internal memory, the reader-writer, the ID code transmitting means, in the region where the ID code of the data carrier is stored of a part or a comparison range designation means for transmitting any addressable collation range designation code the entire area, in the data carrier collation range designation code and the ID code transmitted from the reader writer when receiving, the ID code verification scheme characterized by having a verification control means for performing only the verification ID codes in a specified area of ​​the ID code stored in the internal memory.
  2. 【請求項2】 請求項1記載のIDコード照合方式において、リーダライタの前記IDコード送信手段は、ID In the ID code verification system 2. A method according to claim 1, wherein said ID code transmitting means of the reader writer, ID
    コードのうちの前記照合範囲指定コードにより指定された領域のIDコードのみを送信することを特徴としたI Characterized by transmitting only the ID code of the designated area by the collation range designation code of the code I
    Dコード照合方式。 D code matching method.
  3. 【請求項3】 請求項1記載のIDコード照合方式において、データキャリアの前記照合制御手段での照合結果が不一致の場合には、前記内部メモリーへの書き込みまたは読み出しを禁止するとともにリーダライタへの返信は行なわないことを特徴としたIDコード照合方式。 In the ID code verification system 3. The method of claim 1, wherein the collation result in the verification control unit of the data carrier in the case of disagreement, to the reader-writer as well as inhibits writing or reading from the internal memory ID code verification scheme, characterized in that the return is not performed.
  4. 【請求項4】 請求項1、請求項2および請求項3記載のIDコード照合方式において、リーダライタは、前記照合範囲指定手段に対しデータキャリアの前記IDコード記憶領域の指定範囲が先頭の1ビットから始まり順次1ビットづつ先頭からの指定範囲を増加させながらその都度照合範囲指定コードとして送信を行なうように制御する順序制御手段と、前記リーダライタから送信が行なわれる度にデータキャリアからの返信の有無および返信時の返信データの内容を監視し、次の送信の実行指示および送信するIDコード内容指定を行なう返信監視手段とを有することを特徴としたIDコード照合方式。 4. The method of claim 1, in the ID code checking method according to claim 2 and claim 3, the reader writer 1 specified range of the ID code storage area of ​​the data carrier with respect to the collation range specifying means is the beginning of the a sequence control means for controlling so as to transmit as every time collation range designation code while increasing a specified range from sequential one bit at a time beginning begins bits, the reply from the data carrier every time transmitted from the reader writer is performed presence and the contents of the reply data monitored during the reply, the ID code verification scheme; and a reply monitoring means for executing instructions and ID code content designation of transmission of the next transmission.
JP8030513A 1996-02-19 1996-02-19 Id code collation system Granted JPH09223201A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8030513A JPH09223201A (en) 1996-02-19 1996-02-19 Id code collation system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP8030513A JPH09223201A (en) 1996-02-19 1996-02-19 Id code collation system

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH09223201A true JPH09223201A (en) 1997-08-26

Family

ID=12305901

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP8030513A Granted JPH09223201A (en) 1996-02-19 1996-02-19 Id code collation system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH09223201A (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2002230491A (en) * 2001-02-07 2002-08-16 Dainippon Printing Co Ltd Method for retrieving document or article using non- contact ic tag, and non-contact ic tag reader for use in this method
WO2004006457A1 (en) * 2002-07-04 2004-01-15 Lsi Japan Co., Ltd. Method for multi-reading a plurality of id’s
JP2007233497A (en) * 2006-02-28 2007-09-13 Hitachi Ltd Valve management system using rfid tag
JP2007312979A (en) * 2006-05-25 2007-12-06 Ishida Co Ltd Selling price display system
JP2011175679A (en) * 1998-08-14 2011-09-08 Three M Innovative Properties Co Application for radio frequency identification system

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2012195013A (en) * 1998-08-14 2012-10-11 Three M Innovative Properties Co Application for radio frequency identification system
JP2011175679A (en) * 1998-08-14 2011-09-08 Three M Innovative Properties Co Application for radio frequency identification system
JP2002230491A (en) * 2001-02-07 2002-08-16 Dainippon Printing Co Ltd Method for retrieving document or article using non- contact ic tag, and non-contact ic tag reader for use in this method
WO2004006457A1 (en) * 2002-07-04 2004-01-15 Lsi Japan Co., Ltd. Method for multi-reading a plurality of id’s
US7429912B2 (en) 2002-07-04 2008-09-30 Lsi Japan Co., Ltd. Method for multi-reading a plurality of IDs
JP2007233497A (en) * 2006-02-28 2007-09-13 Hitachi Ltd Valve management system using rfid tag
JP2007312979A (en) * 2006-05-25 2007-12-06 Ishida Co Ltd Selling price display system

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Snyder Formal models of capability-based protection systems
Chen et al. A scheduling algorithm for tasks described by time value function
US6009456A (en) Information exchange by intelligent mobile agents in a network
US4586027A (en) Method and system for data compression and restoration
US6789161B1 (en) Method for controlling reutilization of data space in virtual tape system
US7055035B2 (en) Method for generating a read only memory image
EP0911738A2 (en) Disk drive with embedded data encryption
US5053948A (en) File index system for mass storage device
JP3808394B2 (en) Stream data processing apparatus, the stream data processing method, a program, and the medium
US4314356A (en) High-speed term searcher
US4646080A (en) Method of code changing for electronic lock
US4888683A (en) Method and apparatus for loading programs in a distributed processing system
CA1203908A (en) Electronic identification system
USRE35336E (en) Self-contained programmable terminal for security systems
Habel et al. Computational completeness of programming languages based on graph transformation
TW469373B (en) System and method of preforming a memory transaction on a low pin count bus
EP0285419A2 (en) Access control equipment
US20060044113A1 (en) Wireless tag system, wireless tag access control device, wireless tag access control method, wireless tag access control program and wireless tag
US5191192A (en) Non-contact type information card and communication system
KR100654594B1 (en) Management system, management method, and computer-readable medium
EP0084626A1 (en) High speed search system
JP2690229B2 (en) Non-contact ic card
EP0192863A1 (en) Improved verifier for a personal indentification system
CA1240768A (en) Multi-access security system
US6173376B1 (en) Data backup and restore method and system in a multisystem environment