JPH0830628A - Method and device for managing data - Google Patents

Method and device for managing data

Info

Publication number
JPH0830628A
JPH0830628A JP6160902A JP16090294A JPH0830628A JP H0830628 A JPH0830628 A JP H0830628A JP 6160902 A JP6160902 A JP 6160902A JP 16090294 A JP16090294 A JP 16090294A JP H0830628 A JPH0830628 A JP H0830628A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
event
editing
data
value
time
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP6160902A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Toshihiko Fukazawa
寿彦 深澤
Original Assignee
Canon Inc
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Canon Inc, キヤノン株式会社 filed Critical Canon Inc
Priority to JP6160902A priority Critical patent/JPH0830628A/en
Publication of JPH0830628A publication Critical patent/JPH0830628A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Abstract

PURPOSE:To efficiently manage the vehavior or characteristics of data with the lapse of time by managing data to be changed with the lapse of time correspondingly to an event value obtained by numerizing the changed contents of the data based upon a prescribed rule. CONSTITUTION:In order to express the 'importance' of an event as a value, values expressing importance are allocated to all attributes appearing in a data base schema. A value written in parentheses following an attribute name is the importance of the attribute (reference numbers 501 to 508). A group of three values written in each connecting relation expresses 'relational coefficient', 'generation weight' and 'disappearance weight' arranged successively from the left side (reference numbers 509 to 512). The importance of an event is calculated based upon an attribute changed by the generation of the event, importance distributed to connecting relation and various values. The event importance is managed correspondingly to event generation time.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、時間経過に伴って内容が変化するデータを管理するデータ管理方法及び装置に関する。 The present invention relates to a data management method and apparatus for managing data contents change with time.

【0002】 [0002]

【従来の技術】近年、DTPシステムやグループウェアなどのアプリケーションがマルチメディア・データを処理することへの要求が高まっている。 In recent years, there has been a growing demand for that application, such as DTP systems and groupware to handle multimedia data. これに従って、複雑かつ多様なマルチメディア・データを作成・管理する機構として、データベースを利用する例が増加しつつある。 Accordingly, there is a mechanism to create and manage complex and diverse multimedia data, increasing an example to use the database. 更に、データベースが様々なアプリケーションの基礎として利用されるようになることが見込まれており、 Furthermore, the database has been expected to become into use as the basis for a variety of applications,
アプリケーション側からのデータベースへの要求も多様なものになっている。 A database request from the application side has become one variety.

【0003】この様なアプリケーション側からの要求の1つとして、時間経過に伴ってデータが変化した履歴を管理する機構が求められている。 As one of the request from such application side, it has been required a mechanism for managing the history of data changes over time. この機構を利用することにより、過去のデータの検索やデータがある条件を満たしていた期間等を問い合わせることが可能になる。 By using this mechanism, it is possible to query the period or the like to meet a certain past searches and data of the data condition. このため、統計データや会社組織など、不定期にその値や構造を更新する必要があるデータの管理等に非常に有効であると考えられている。 Therefore, such statistics and corporate organization is believed to be highly effective in its value and management of data structures need to be updated on an irregular basis.

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】従来のこの様な機構をサポートしたシステムでは、あるデータの時間に関する情報をユーザが得るためにSQL(structured query l [SUMMARY OF THE INVENTION In conventional systems that support such mechanism, SQL information on time of a data for user to obtain (structured query l
anguage)等の問い合わせ言語を使用してデータ操作を行っていた。 The data operation has been performed using the query language of anguage) or the like. しかしながら、この様なユーザインターフエースでは以下のような問題が発生する。 However, in such a user INTERFACE the following problem occurs.

【0005】即ち、 1) 時間に関する問い合わせを最適化する決定的な方法がいまのところ見つかっていないため、ユーザが問い合わせ発行の段階でうまく対象を絞り込む必要がある。 [0005] In other words, 1) because the definitive way to optimize a query on time has not been found so far, it is necessary that the user narrow down the well target at the stage of the inquiry issue.
しかし、その絞り込みを支援する機構をSQL等の問い合わせ言語では提供することができない。 However, it is not possible to provide a mechanism to support the narrowing in the query language SQL, etc.. 絞り込みのためには、ユーザは試験的な問い合わせを繰り返し、全体的な傾向を把握しておく必要がある、 2) 問い合わせに関連するデータが膨大になりやすく、従って望みの結果以外のデータを慎重にふるい落とさなければならない。 For narrowing, the user repeats the test inquiries, it is necessary to grasp the overall trend, 2) contact the it tends to be enormous associated data, thus the data other than the desired result cautious It must be screened out in. しかし、望みの結果の有無は無駄なデータを大量に含んだ問い合わせを繰り返さなければ手に入れることができない、という問題が生じる。 However, the presence or absence of the desired result can not be put in hand to be repeated, including the useless data in large quantities inquiry, a problem arises that.

【0006】これらの問題の解決法として、時間を1つの軸とするグラフ上にデータをマップする方法が使用される。 [0006] As a solution to these problems, how to map the data on the graph to one axis a time is used. このようにしてユーザにデータの俯瞰を行わせることにより、問い合わせの段階で効率のよい処理のヒントをユーザに与えることができる。 By this way made the overhead data to the user, it can give hints efficient processing to the user in the query stage.

【0007】ところが、従来この種の解決法は、単なる数値等の単純構造しか持たないデータに対してのみ適用することが可能である。 [0007] However, the conventional this type of solution, it is possible to apply only to the data having only a simple structure of just numerical values. このため、アプリケーションが複雑化するにつれてデータ構造も複雑化しているため、 Therefore, since the application is also complicated data structures as complex,
このようなデータの単純な俯瞰の実現が難しくなっている。 In this way the realization of a simple bird's-eye view of the data has become more difficult such.

【0008】本発明は上記の問題点に鑑みてなされたものであり、時間経過に伴って変化するデータを、その変化内容を所定の規則で数値化して得られたイベント値と対応させて管理することにより、時間経過に伴うデータの振る舞いや特性を効率よく管理することが可能なデータ管理方法及び装置を提供することを目的とする。 [0008] The present invention has been made in view of the above problems, management data that changes with time, in correspondence with the event value obtained by digitizing the change contents at a predetermined rule it allows an object to provide a data management method and apparatus capable of efficiently manage the behavior and characteristics of the data over time to.

【0009】又、本発明の他の目的は、時間経過に伴って変化するデータについて、各変化におけるイベント値を、例えば時間軸を有するグラフを用いて表示することによって編集履歴の表示を行い、時間経過に伴うデータの振る舞いや特性を俯瞰するとともに、これを容易に把握可能とするデータ管理方法及び装置を提供することにある。 [0009] It is another object of the present invention, the data that changes with time, to display the edit history by the event value in each change is displayed using a graph having an axis for example time, while overhead the behavior and characteristics of the data over time to provide a data management method and apparatus to easily recognize it.

【0010】更に、本発明の他の目的は、時間経過に伴って変化するデータの検索に際して、イベント値を用いてその検索範囲を絞り込むことを可能とし、効率的な検索を行うことを可能とするデータ管理方法及び装置を提供することにある。 Furthermore, another object of the present invention, when searching for data that changes with time, make it possible to narrow down the search range using the event value, possible to perform efficient search and to provide a data management method and apparatus for.

【0011】更に、本発明の他の目的は、編集履歴とともに文書データを管理する場合に、該編集履歴とともにその編集内容を所定の規則に基づいて数値化して保持し、これを用いて編集履歴を表示することを可能とし、 Furthermore, another object of the present invention, when managing document data together with the editing history, and held by digitizing on the basis that edits to a predetermined rule with the editing history, edit history with this make it possible to display,
編集履歴やその編集内容の把握を容易とするデータ管理方法及び装置を提供することにある。 To provide a data management method and apparatus to facilitate understanding of the editing history and the editing contents.

【0012】更に、本発明の他の目的は、複数の作業者によって行われた編集作業について、夫々の作業者による編集位置を数値化し、その編集履歴を同時に(例えば同一グラフ上に)表示することにより、作業者間の編集作業の衝突を容易に検出することを可能とするデータ管理方法及び装置を提供することにある。 Furthermore, another object of the present invention, for editing work done by a plurality of workers, quantifies editing position by the operator of each, and the edit history simultaneously (for example, on the same graph) to display it the present invention is to provide a data management method and apparatus that can easily detect a collision of the editing work among workers.

【0013】 [0013]

【課題を解決するための手段】及び In order to achieve the above object, and

【作用】上記の目的を達成するための本発明のデータ管理装置は以下の構成を備えている。 [Action] The data management system of the present invention for achieving the above object has the following configuration. 即ち、イベントの発生により変化するデータを管理するデータ管理装置であって、前記イベントの発生した時を示すイベント発生時刻と、該イベントによるデータの変化内容を対応づけて格納する第1格納手段と、前記変化内容を所定の規則に基づいて数値化することによりイベント値を生成する生成手段と、前記イベント発生時刻と前記イベント値とを対応づけて格納する第2格納手段とを備える。 That is, there is provided a data management device for managing data that changes as an event occurs, the event occurrence time indicating when the occurrence of the event, a first storing means for storing in association with the changing contents of the data according to the event , and a second storing means for storing said generating means for generating an event value by numerical values ​​based on the change contents to a predetermined rule, in association with a said event value and the event occurrence time.

【0014】上記の構成により、イベントの発生によるデータの変化内容が所定の規則に基づいて数値化され、 [0014] With the above configuration, the change contents of the data due to the generation of event is quantified on the basis of a predetermined rule,
イベント値として当該イベントの発生時刻に対応づけて格納する。 In association stores the occurrence time of the event as an event value. このため、時間経過に伴うデータの振る舞いや特性を効率よく管理することが可能となる。 Therefore, it is possible to efficiently manage the behavior and characteristics of the data over time.

【0015】又、好ましくは、前記イベント発生時刻と前記イベント値とに基づいて、当該データの編集履歴をグラフの形態で表示する表示手段を更に備える。 [0015] Also, preferably, on the basis of said event occurrence time and the event value, further comprising display means for displaying the edit history of the data in the form of a graph. 時間経過に伴うデータの変化の様子を容易に把握できるからである。 The state of a change of the data over time is because it easily grasp.

【0016】又、好ましくは、データの変化内容に基づく情報を検索条件とし、前記イベント発生時刻を検索する検索手段と、前記検索条件に対応するイベント値に基づいて前記検索手段の検索範囲を特定する特定手段とを更に備える。 [0016] Also, preferably, the information based on the change content of the data as a search condition, identification and retrieval means for retrieving the event occurrence time, the search range of the search means based on the event value corresponding to the retrieval condition further comprising specifying means for. イベント値を用いて検索処理の効率化を達成できるからである。 Because it can achieve the efficiency of the search process using the event value.

【0017】又、上記の他の目的を達成するための本発明の他の構成のデータ管理装置は以下の構成を備えている。 [0017] The data management system of another structure of the present invention for achieving the another object mentioned above has the following configuration. 即ち、編集作業により変化した文書データをその編集の履歴とともに管理するデータ管理装置であって、編集作業による編集内容を所定の規則に基づいて数値化することにより、該編集内容に対応する編集値を獲得する獲得手段と、前記編集作業の実行された編集時刻と前記獲得手段により獲得された編集値とを対応づけて格納する格納手段と、前記格納手段により格納された編集時刻と編集値とに基づいく編集履歴を表示する表示手段とを備える。 That is, there is provided a data management device for managing with history of the editing document data changed by editing operation, by quantifying based edits by editing a predetermined rule, editing value corresponding to the editing content and acquisition means for acquiring, storing means for storing in association with the acquired edited value by the executed editing time and the acquisition means of the editing, the edit value with the stored edited time by said storing means in and a display means for displaying the Motozuiku edit history.

【0018】上記の構成によれば、文書データの編集内容が所定の規則に基づいて数値化され、編集値として、 According to the above arrangement, edits document data are quantified on the basis of a predetermined rule, the editing value,
当該編集作業の発生時刻(編集時刻)に対応づけて格納される。 It is stored in association with the occurrence time of the editing work (editing time). そして、この編集値と編集時刻に基づいて、当該文書データの編集履歴が表示される。 Then, based on the editing value and editing time, editing history of the document data is displayed. このため、文書データに対する編集履歴やその編集内容の把握が容易となる。 For this reason, it is easy to understand the editing history and the editing content for the document data.

【0019】又、好ましくは、前記格納手段は、複数の作業者によってなされた編集作業について、各作業者毎に編集作業の実行された編集時刻と前記獲得手段により獲得された編集値とを対応づけて格納し、前記表示手段は、前記複数の作業者による編集履歴を、前記格納手段に格納された編集時刻と編集位置とに基づいて同時に表示する。 [0019] Also, preferably, the storage means, for editing work done by a plurality of workers, associating the acquired edited value by said acquiring means and executed edited time editing for each worker association stored, the display means, the edit history by the plurality of operators simultaneously displays on the basis of the editing position and editing time stored in said storage means. 複数の作業者によって行われた編集作業について、夫々の作業者による編集作業の衝突を容易に検出でき、共同作業の効率を向上できるからである。 For editing work carried out by multiple operators, the collision of the editing operation by the operator of the respective easily be detected, it is possible to improve the efficiency of the collaboration.

【0020】 [0020]

【実施例】以下に添付の図面を参照して本発明の好適な実施例を説明する。 EXAMPLES With reference to the accompanying drawings illustrating the preferred embodiments of the present invention.

【0021】<実施例1>図1は、実施例1のデータベース・システムの概要を表わすブロック図である。 [0021] <Embodiment 1> FIG 1 is a block diagram representing an overview of a database system of the first embodiment. 同図において、201と202は一般的なワークステーションである。 In the figure, 201 and 202 is a common workstation. これらは、適当な入力装置、CPU、メモリ、2次記憶装置、及びCRTディスプレイ等の出力装置を備え、イーサネット・ケーブル203を介して相互にデータの交換を行うことができる。 These are suitable input device, CPU, with memory, secondary storage device, and an output device such as a CRT display, you can exchange data with each other via an Ethernet cable 203.

【0022】また、204から209はワークステーション201と202上で動作するソフトウェアの構成を表わしている。 Further, 204 from 209 denotes the configuration of software operating on the workstation 201 and 202. 204はワークステーション201上で動作するデータベース管理システムである。 204 is a database management system that runs on the workstation 201. このデータベース管理システム204は、データを記録・保持する二次記憶管理システム205と、システムの利用者からの要求等に従ってデータを管理・処理するデータ処理プログラム206に大きく分割することができる。 The database management system 204, a secondary storage management system 205 for recording and storing data, can be increased divided into data processing program 206 to manage and process the data according to the request or the like from a user of the system. また、 Also,
207はデータベース管理システム204で管理されているデータの1つを表現したものである。 207 is a representation of one of the data managed by the database management system 204. 更に、本実施例によるデータベース管理システム204は時間経過に伴うデータの値の変化を記憶する機能を有するものとする(このようなデータベース・システムを一般にテンポラル・データベース・システムとよぶ)。 Further, the database management system 204 according to this embodiment is assumed to have the function of storing the change in the value of data over time (referred to as temporal database systems such a database system in general).

【0023】図1のシステムでは、データとそのデータの時間経過に伴う値の変化を同一データベース上で管理するが、値の変化をデータとは異なる形式で扱うようなシステムにおいても、本実施例と同様にして実現することが可能である。 [0023] In the system of FIG. 1, but manages the change of the data value over time of the data on the same database, even in a system to handle a different format than the change in the value data, this embodiment and it can be implemented in a similar manner.

【0024】208はクライアントプログラムであり、 [0024] 208 is a client program,
データベース管理システム204のクライアント側の処理を規定するプログラムである。 Is a program that defines the client-side processing of the database management system 204. データベース管理システム204から渡された情報をワークステーション20 The information passed from the database management system 204 Workstation 20
2のCRTディスプレイ等に表示するためのデータ表示プログラム209により主な処理が行われる。 The main processing is performed by the data display program 209 for displaying or the like 2 of the CRT display.

【0025】次に、この図1に示したシステムで扱われるデータについて図2と図3を用いて説明する。 Next, the data handled by the system shown in FIG. 1 will be described with reference to FIGS. 2 and 3.

【0026】図2はデータベース管理システム204で管理されるデータの構造の一例を表す図である。 [0026] FIG. 2 is a diagram showing an example of the structure of data managed by the database management system 204. このようなデータの構造を表わすものを以降、データベース・ Since those representing the structure of such data, the database
スキーマとよぶことにする。 It will be referred to as a schema.

【0027】図2の301から304は夫々、実世界における「個人」、「学校」、「会社」、会社における「部署」に対応しており、「データベース内における実体を表わすデータ構造」である。 [0027] 301 from 304 in FIG. 2 respectively, "individual" in the real world, is a "school", "company", corresponds to the "Department" in the company, "a data structure that represents the entity in the database." . 以降、この「データベース内における実体を表わすデータ構造」のことを「クラス」とよび、「データベース内における実体」のことを「オブジェクト」とよぶことにする。 Later, that of the "data structure representing the entities in the database," referred to as "class", it will be referred to a "entity in the database" and "object". そして、「実体」という単語は実世界における「ある存在」のことを意味する場合に使用される。 Then, the word "entity" is used to mean that of "a presence" in the real world. 図1におけるデータ207 The data in Figure 1 207
は1つのオブジェクトを表す。 Represents one of the objects. 又、図3における4つのクラスには、名前、場所等の「属性」が定義されている。 In addition, the four classes in Figure 3, the name, "attributes" are defined, such as location.

【0028】残りの305から308は、オブジェクト間の「連結関係」を表現している。 [0028] from the rest of the 305 308, it expresses the "connection relationship" between objects. 連結関係305は「〜で学ぶ」であり、「個人」301と「学校」302 Consolidated relationship 305 is a "learn by ~", and "personal" 301 "school" 302
の連結関係を示し、『「個人」が「学校」「で学ぶ」』 It shows the connection relationship of, "" personal "learn" in the "school" ""
となる。 To become. 同様に、連結関係306「〜で働く」により、 Similarly, the connection relationship 306 "works in ~",
『「個人」が「会社」「で働く」』が示され、連結関係307の「〜に属する」により、『「個人」が「部署」 "" Personal "and" company "," in work "" is shown, by the "belong to -" in the consolidated relationship 307, "" personal "and" department "
「に属する」』が示される。 "Belonging to", "it is shown. そして、これらの関係を上記のように言葉で表したとき、主語に相当するオブジェクトを”主オブジェクト”、補語に相当するオブジェクトを”従オブジェクト”と呼ぶ。 When the these relationships expressed in words as described above, the object corresponding to the subject "main object", the object corresponding to the complement called the "slave object".

【0029】以上のようにして定義されたデータベース・スキーマに対応するオブジェクト群について、データ内容の変更が発生した状態の1例を説明する。 [0029] The object group that corresponds to the database schema defined in the above manner will be described one example of a state change of the data contents is generated. 図3は、 Fig. 3,
各オブジェクト群に対して発生したデータ内容の変更、 Change of data content that is generated for each group of objects,
即ちイベントの発生状態の1例を表わす図である。 That is a diagram showing an example of occurrence of an event. ここで、イベントとは、オブジェクトに対応する(現実世界における)実体に対して起こったできごとに対応しており、データベース内で発生した何らかの処理や操作の総称である。 Here, an event corresponds to events that occurred for the corresponding (in the real world) entity object is a generic term for any process or operation that occurred in the database. 本実施例1では、オブジェクトの属性やオブジェクト間の関係の変更に関する操作がイベントに相当する。 In Embodiment 1, operations related to changing the relationships between objects attributes and objects correspond to events.

【0030】図3の(a)は初期状態(時間=T0)における、あるオブジェクト群の様子を表わしている。 [0030] (a) of FIG. 3 in the initial state (time = T0), it represents the state of an object group. ここでは、「個人」というクラスのオブジェクトとして「Mr.X」が、「学校」というクラスのオブジェクトとして「Univ. of ABC」が示されている。 Here, "Mr.X" as an object of a class called "individual" have been "Univ. Of ABC" is shown as an object of a class called "school". 又、連結関係403としては、「〜で学ぶ」という連結関係が用いられる。 In addition, as the connection relationship 403, the connecting relation of "Learning at ~" is used.

【0031】続く図3の(b),(c),(d)はそれぞれ時間T1,T2,T3で発生したイベントによって、どのように各オブジェクトが変更されたかを表わしている。 The subsequent in FIG. 3 (b), represents whether the changed (c), the events that occur in (d), respectively time T1, T2, T3, how each object. ここで、図3の(a),(b),(c), Here, in FIG. 3 (a), (b), (c),
(d)は時間経過に従って並んでいるものとする(すなわち、T0<T1<T2<T3がなりたつ)。 (D) are assumed in a row in accordance with the elapsed time (i.e., vice is T0 <T1 <T2 <T3). 又、下線が施された属性と、太線で示された連結関係が、そのイベントで変更された内容を表わしている。 Further, the underlined subjected attributes, coupled indicated by the bold relationship represents the contents changed in the event.

【0032】さて、図3において、初期状態(a)ではある「個人:Mr.X」(401)が「学校:Uni [0032] Now, in Figure 3, there is in the initial state (a) "personal: Mr.X" (401) is "School: Uni
v. v. of ABC」(402)で「学んでいる」(40 of ABC "(402) in the" learning "(40
3)ことをあらわしている。 3) represents that.

【0033】次の(b)は、時間T1でMr. [0033] The following (b) is, Mr. at time T1 Xが学校を卒業し、「会社:XYZinc.」(404)に入社し、「部署:Section xyz」(405)に所属することに成った状態である。 X is graduated from the school, "company:. XYZinc" joined in (404),: a state in which supposed to belong to the "Department Section xyz" (405). このイベントによって、「連結関係:〜で学ぶ」(403)が消滅し、かわりに「連結関係:〜で働く」(407)と「連結関係: By this event,: disappear is "consolidated relationship learn in ~" (403), instead of "connection relationship: working in the ~" (407) and the "connection relationship:
〜に所属する」(408)が生成される。 Belonging to the ~ "(408) is generated.

【0034】次に、(c)では、「部署:Sectio [0034] Next, (c), the "Department: Sectio
n xyz」(405)の所在地(409)が移動したため、その値が変更されている(オブジェクト41 n xyz "(405) for location (409) is moved, its value is changed (object 41
1)。 1).

【0035】最後の(d)は、Mr. The last of the (d) are, Mr. X(401)が移動により新しい「部署:Section stu」(4 X (401) is new by the movement "Department: Section stu" (4
06)に移ったことをあらわしている。 And it represents that it has moved to 06). このため、古い部署との連結関係(408)が消滅し、かわりに新しい部署との連結関係(410)が生成されている。 Therefore, disappeared consolidated relationships between old department (408) is consolidated relationships between new department (410) is generated instead.

【0036】さて、本実施例ではこのようなオブジェクトに関する一連のイベントを、時間を1つの軸として俯瞰するグラフの作成機能を提供する。 [0036] Now, in this embodiment the sequence of events relating to such an object, provides the ability to create looking down graph time as one axis. 以降では、このような、時間経過に伴って変化するデータの振る舞いを俯瞰するグラフを”ナビゲーション・グラフ”とよぶことにする。 In the following, such a behavior of the data that changes with time is referred to as a "navigation chart" to looking down graph.

【0037】図4は、一般的なナビゲーション・グラフの1例を表す図である。 [0037] FIG. 4 is a diagram representing one example of a general navigation charts. この図では、X軸(101)が時間をあらわし、Y軸(102)は楕円形(103)の色の濃さをあらわしている。 In this figure, represents the X-axis (101) is time, Y-axis (102) shows the density of the color of the oval (103). 折れ線(104)がこの楕円形(103)の時間経過に伴う色の変化の様子をあらわすナビゲーション・グラフである。 Polygonal line (104) is a navigation graph showing the state of a change in color with time of the elliptical (103).

【0038】一方、本実施例1におけるナビゲーション・グラフでは、時間軸に対する値として「イベント重要度」を使用する。 On the other hand, the navigation chart of the embodiment 1, using the "Event importance" as the value for the time axis. イベント重要度は、あるオブジェクトに発生したイベントがどのくらいそのオブジェクトにとって重要なものであるかの指標である。 Event importance, is an indicator of whether it is important to how much the object events that occurred in a certain object. イベント重要度に基づいて図3に示された一連のイベントに対応するナビゲーション・グラフを表すと例えば図8のようになる。 Event is shown in a series of Expressing navigation graph corresponding to the event for example 8 shown in FIG. 3 based on severity. 以下、このようなナビゲーショングラフの生成のための、イベント重要度の計算方法について説明する。 Hereinafter, for the generation of such a navigation graph, the calculation method of the event severity will be described.

【0039】図5は、図2のデータベース・スキーマの各属性、連結関係に設定された重要度の一例を示す図である。 [0039] FIG. 5 is a diagram illustrating an example of each attribute, which is set to the connection relationship importance of database schema of Figure 2.

【0040】イベントの”重要度”ないし”重大さ”を値として表現するために、まずデータベース・スキーマに現れるすべての属性に、その属性の重要度をあらわす数値を割り振る。 [0040] In order to express to "importance" no "significance" of the event as a value, first to all of the attributes that appear in the database schema, assign a numeric value that represents the importance of that attribute. 次に、データベース・スキーマ中の全ての連結関係に、「関係係数」、「生成重み」、「消滅重み」という三つの値を割り付ける。 Then, all of the connecting relationship in the database schema, "relation coefficient", "product weight", assigned three values ​​of "extinction weight".

【0041】関係係数とは、従オブジェクトで発生したイベントがどの程度主オブジェクトに関連があるかを表す値である。 [0041] The relationship coefficient, which is a value that indicates whether the events that occurred in the slave object is related to what extent the main object. 例えば、「Mr.X」と「Univ.of For example, the "Mr.X", "Univ.of
ABC」とを結ぶ連結関係(「〜で学ぶ」)における関係係数は、従オブジェクト「Univ.of AB Relationship coefficient in connection relationship connecting the ABC "(" Learning in ~ ") is, follow objects" Univ.of AB
C」で発生したイベントが、主オブジェクト「Mr. Events that occur in C ", the main object" Mr.
X」にどの程度関連があるかをあらわしている。 How much associated with the X "represents the there. また、”生成重み”、”消滅重み”はそれぞれ、その関係が生成された場合、消滅した場合の重要度を表現する値である。 Further, "product weight", "annihilation weight", respectively, if the relationship is generated, a value which expresses the importance of when disappeared.

【0042】ここで指定された各属性の重要度、各連結関係の生成・消滅重みを基本重要度とよぶ。 The importance of each attribute that is specified here, referred to as the basic importance of creation and annihilation weight of each connection relationship. これらの基本重要度はデータベース・スキーマ作成時に定義される正の整数である。 These basic importance is a positive integer that is defined when creating the database schema. また、各連結関係の関係係数は0以上1以下の実数である。 The relationship coefficients of each connecting relationship is a real number of 0 or more and 1 or less.

【0043】図5では、属性名の後ろの括弧内に記載された値が属性の重要度である(参照番号501〜50 [0043] In Figure 5, the value is the importance of the attributes described in the parentheses following the attribute name (reference number 501-50
8)。 8). 又、各連結関係に追加された値の3つの組は左から順に「関係係数」、「生成重み」、「消滅重み」を表わしている(参照番号509〜512)。 Further, three sets of values ​​added to each connecting relationship "relation coefficient" from left to right, "product weight" represents an "extinction weight" (reference number 509 to 512). 図5においては、これらの値のデフォルト値が指定されている。 In Figure 5, the default value of these values ​​is specified. デフォルト値は、クラスとクラス間の連結関係に対して指定される。 The default value is specified for coupling relationships between classes and class. 各オブジェクト及びオブジェクト間の連結関係には、通常このデフォルト値を使用するが、個々に値を設定することも可能である。 The consolidated relationships between the objects and object, usually but use this default value, can be set individually values.

【0044】ここで、あるオブジェクトに影響を与えるイベントの種類を列挙すると、・そのオブジェクト自身で発生したイベント、・そのオブジェクトを主オブジェクトとする関係で発生したイベント、及び・その関係の従オブジェクト上で発生したイベントの3種類となる。 [0044] Here, when enumerating the types of events that affect an object, - the object itself in the event that occurred, events have occurred in relation to the object and the main object, and - its relationship on of the slave object in the three types of event that occurred.
もちろん、イベントが2つ以上の関係を経由してあるオブジェクトに影響することも考えられるが、このようなイベントは関係係数が複数適用されることにより、影響度が非常に小さくなるため、本実施例では無視することにする。 Of course, it is conceivable to influence the object event are via two or more relations, by such events that related coefficient is more applicable, because the influence is very small, this embodiment to be ignored in the example.

【0045】図6は本実施例1におけるイベント重要度の算出方法を説明する図である。 [0045] FIG. 6 is a diagram for explaining a method of calculating the event severity in the first embodiment. 同図に示されるようにしてオブジェクトAにおけるイベントの重要度が求められる。 The severity of the event in the object A as shown in the figure is determined. ここでは、図6の式をフローチャートとして表現した図7を用いてイベント重要度の計算アルゴリズムを説明する。 Here, a description will be given of the calculation algorithm of the event severity with reference to FIG. 7 which is represented as a flow chart the formula in Figure 6. 図7は本実施例1によるイベント重要度の算出手順を説明するフローチャートである。 Figure 7 is a flowchart for explaining the calculation procedure of event severity according to the embodiment 1.

【0046】まず、あるオブジェクトA自身で発生したイベントの重要度を計算する。 [0046] First, to calculate the importance of the events that occurred at a certain object A itself. オブジェクトA自身で発生したイベントとは、即ちオブジェクトAの属性の値の変更である。 The event that has occurred in the object A itself, that is, a change in the value of the attributes of the object A. 従って、ステップS701において、オブジェクトA内に値が変更された属性がないかをチェックする。 Thus, in step S701, the checks whether there is an attribute whose value is changed in the object A. オブジェクトAにおいて属性値の変更が発生していた場合はステップS702に進む。 If the attribute value change has occurred in the object A proceeds to step S702. ステップS702 Step S702
においては、変更された各属性の基本重要度の総和を計算し、その値をオブジェクトAにおけるイベント重要度の初期値とする。 In calculates the sum of the basic importance of each attribute that has changed, the initial value of the event severity that value in the object A. また、オブジェクトAでの属性値の変更がなかった場合はステップS703へ進み、イベント重要度の初期値を0とする。 Also, if there is no change in the attribute value of an object A proceeds to step S703, the initial value of the event severity and 0.

【0047】次に、ステップS704において、新たに生成された関係のうち、オブジェクトAを主オブジェクトとするものがあるか否かを調べる。 Next, in step S704, among the newly created relationship, it is checked whether there is to the object A as the main object. そして、このような関係が存在したならば、ステップS705へ進み、その関係の「生成重み」をイベント重要度に足し合わせる。 And, if such a relationship exists, the process proceeds to step S705, adding the "Generate weight" of its relationship to the event severity. 一方、オブジェクトAを主オブジェクトとして新たな連結関係が生成されていない場合はそのままステップS706へ進む。 On the other hand, if no objects A are generated a new connection relationship as the main object directly proceeds to step S706.

【0048】ステップS706では、オブジェクトAを主オブジェクトとする連結関係の中から消滅したものが存在するか否かを調べる。 [0048] At step S706, the checks whether there is that disappeared from the connection relationship of the object A as the main object. そして、存在する場合はステップS707へ進み、それらの連結関係の「消滅重み」 And, if it exists, the process proceeds to step S707, the "annihilation weight" of their consolidated relationship
の総和をイベント重要度に追加する。 To add the sum of the in the event severity. 尚、ここまでの過程(ステップS701〜ステップS707)で計算されたイベント重要度を「固有重要度」と称する。 Incidentally, the calculated event severity during far (step S701~ step S707) referred to as "intrinsic importance".

【0049】最後に、オブジェクトAを主オブジェクトとする従オブジェクトの影響を加味する。 [0049] Finally, taking into account the impact of the slave object to the object A and the main object. まず、ステップS708において、従オブジェクトが存在するか否かを調べる。 First, in step S 708, it checks whether the slave object exists. ただし、今回のイベントにおいて新たに生成された連結関係や消滅してしまった連結関係で連結される従オブジェクトについては、ここでの処理の対象外とする。 However, the slave objects that are connected by newly generated connection relationship and disappeared gone the connection relationship in this event, be excluded from processing here.

【0050】ステップS709では、上記のステップS [0050] In step S709, the above-mentioned step S
708の処理で見つけられた各従オブジェクトの”固有重要度”をもとめる。 Determine the "intrinsic importance" of each slave objects found in the process of 708. 従オブジェクトの”固有重要度” Of the sub object "unique importance"
はステップS701からステップS703までの処理を適用することにより計算可能であるが、別の処理でたまたまその値が計算済みとなっていた場合はその値を再利用するようにしてもよい。 Although be calculated by applying the processing from step S701 to step S703, if you had happened is that value a computed in a different process may be reused value.

【0051】そして、ステップS710において、各従オブジェクトの「固有重要度」に当該従オブジェクトの「関係係数」を掛け合わせて、イベント重要度に足し合わせていく。 [0051] Then, in step S710, by multiplying the "relation coefficient" of this the driven object to the "unique importance" of each slave object, go sum in the event severity. こうして、オブジェクトAと関連する全ての従オブジェクトについて処理を終えると、最終的なオブジェクトAのイベント重要度が得られる。 Thus, when completing the processing for all the slave objects associated with the object A, an event severity of the final object A is obtained.

【0052】上記の計算法に従うと図3(b), [0052] According to the above calculation method FIG. 3 (b), the
(c),(d)の夫々のイベントのイベント重要度は、 (C), are each of the events in the event the importance of (d),
順に80,5,100となる。 In turn becomes a 80,5,100. 即ち、図4(a)のイベント重要度を0とすると、図3の(b)では連結関係(403)が消滅し、連結関係(407)及び840 That is, when the event severity of FIGS. 4 (a) and 0, and disappearance of (b) the connection relationship (403) is 3, link relation (407) and 840
8)が生成されている、従って、図3の(b)におけるイベント重要度は、 連結関係403の消滅重み+ 連結関係407の生成重み+ 連結関係408の生成重み=10+20+50=80 となる。 8) is generated, therefore, the event severity in (b) of FIG. 3, the product weight = 10 + 20 + 50 = 80 product weight + connection relationship 408 annihilation weight + connection relationship 407 of the connection relationships 403.

【0053】また、図3の(c)では連結関係408の従オブジェクトである「部署」(411)の属性である「所在地」が変更されたので、そのイベント重要度は「部署」(411)の固有重要度に連結関係408の関係係数をかけたものになる。 [0053] Also, since an attribute of a slave object (c) In connection relation 408 of FIG. 3 "Department" (411) "Location" is changed, the event severity "Department" (411) It becomes multiplied by the relationship coefficient of intrinsic importance to the connection relationship 408. 即ち、図3の(c)におけるイベント重要度は、 「部署」(411)の固有重要度× 「〜に所属する」(408)=10×0.5=5 となる。 That is, the event severity in (c) of FIG. 3, the intrinsic importance × "belongs on" (408) = 10 × 0.5 = 5 the "Department" (411).

【0054】最後に、図3の(d)では、連結関係40 [0054] Finally, in FIG. 3 (d), consolidated relationships 40
8が消滅し、新たに連結関係410が生成されるので、 8 disappears, since newly consolidated relationship 410 is generated,
イベント重要度は、関係408の消滅重みと関係410 Event importance, related to the disappearance weight relationship 408 410
の生成重みの和となる。 Is the sum of the product weights of. 即ち、図3の(d)のイベント重要度は、 連結関係408の消滅重み+ 連結関係410の生成重み=50+50=100 となる。 That is, events severity of FIG. 3 (d), the product weight = 50 + 50 = 100 annihilation weight + connection relationship 410 of the connection relationships 408.

【0055】以上のようにして得られた結果を、時間をX軸としたグラフにマップすることにより、図8に示したナビゲーション・グラフを得ることができる。 [0055] The thus the results obtained by mapping the time graph with the X axis, it is possible to obtain a navigation graph shown in FIG. 即ち、 In other words,
図8は図3の如く変化したデータのナビゲーショングラフを表す図である。 Figure 8 is a diagram showing a navigation chart of the changed data as shown in FIG. 3.

【0056】更に、図9は上記のようにして作成される典型的なナビゲーション・グラフの一例を表わす図である。 [0056] Further, FIG. 9 is a diagram illustrating an example of a typical navigation chart is produced as described above. このようなナビゲーション・グラフによれば、データが安定している時期と不安定な時期等の、時系列上での傾向(振る舞い)や近接しているイベントの関連などの情報を読み取ることができる。 According to such a navigation graph, the data can be read information such as related stable timing and such unstable period which, when a tendency on sequence (behavior) or close to that event .

【0057】例えば図9では、時刻t1,t2,t3, [0057] In FIG. 9, for example, time t1, t2, t3,
t4前後にイベントが集中し、データが不安定である(1001〜1004)ことがわかる。 t4 event is concentrated on the front and back, the data is unstable (1001 to 1004) can be seen. 特にt2,t4 In particular t2, t4
におけるイベントはかなり重要なものであったことがわかる。 Event it can be seen that was fairly important in. その他の時刻では、データは安定していることが読み取れる。 In other times, data can be read to be stable.

【0058】また、ナビゲーション・グラフによって、 [0058] In addition, by the navigation graph,
あるデータの時間に関する問い合わせそのものを能率よく行うことが可能となる。 Inquiry itself with respect to time of certain data it is possible to perform efficiently. 以下にこの点を説明する。 Below to illustrate this point.

【0059】時間に関する問い合わせは、データに発生したイベントと関連づけられるものと、特に関連づけられていないものとに分類することができる。 [0059] inquiry with respect to time, and those associated with the event that occurred in the data, can be classified into those that are not particularly associated with. 例えば、イベントと関連づけられていない問い合わせとは、「19 For example, a query that is not associated with the event, "19
81年12月におけるMr. Mr. at 81 December Xの出費は? Expense of X is? 」といったものが挙げられる。 And the like things like ". このような問い合わせでは、問い合わせ自体に既に時間が含まれており、イベントを特定する必要はなく、従ってイベントと関連づける必要がない。 In such a query, which already contains the time the query itself, it is not necessary to identify the event, thus it is not necessary to associate with the event.

【0060】これに対し、イベントと関連づけられた問い合わせの例としては、「Mr.Xの初任給は?」 が挙げられる。 [0060] On the other hand, as an example of the query associated with the event, "starting salary of Mr.X is?" And the like. この問い合わせに関連づけられるイベントとしては、「Mr.Xの就職」ということになる。 The event to be associated with this inquiry, it comes to "employment of Mr.X". イベント「Mr.Xの就職」の時刻が特定されMr. Time of the event "Employment of Mr.X" is identified Mr. Xが就職した時の時刻をTとすると、この問い合わせはイベントと関連づけられていない問い合わせ「時刻TにおけるMr.Xの給料は?」として処理される。 When the time when the X is a job is T, this query is a query that is not associated with the event "salary of Mr.X at time T is?" Is treated as.

【0061】ここで、イベント「Mr.Xの就職」の時刻を特定するには、通常は、Mr. [0061] In this case, in order to identify the time of the event "Employment of Mr.X" is, usually, Mr. Xの生涯(全経歴) X of life (all career)
を走査することにより、イベント「Mr.Xの就職」をみつけださなければならない。 By scanning the, you must figure out the event "employment of Mr.X". これに対し、本実施例1 In contrast, the present embodiment 1
のナビゲーション・グラフを導入することにより、イベントの検索を効率よく行うことが可能になる。 By introducing a navigation graph, it is possible to efficiently search for events.

【0062】即ち、イベント「Mr.Xの(卒業と)就職」のイベント重要度は上述のイベント重要度の計算より80になるので、図9のナビゲーション・グラフから重要度80のイベントを選び出すことができる。 [0062] In other words, the event "Mr.X of (and graduate) employment" Since the events importance of become 80 from the calculation of the above-mentioned event importance, that pick out the importance of 80 events from the navigation graph of FIG. 9 can. 例えば、図9のナビゲーショングラフによれば、イベント(1005,1006,1007,1008)が重要度80のイベントであり、後はこれらの候補の中から「M For example, according to the navigation graph of FIG. 9, the event (1005, 1006, 1007 and 1008) is an event of importance 80, "M from among these candidates after
r. r. Xの就職」を探し出せば良いことがわかる。 X of employment, "it can be seen that the it retreive.

【0063】ここで行った候補の絞り込みは、ユーザが明示的に操作することによって行うことができるが、システムの問い合わせ効率化機構として自動化することも可能である。 [0063] refine candidates made here can be carried out by the user operating explicitly, it is possible to automate the query efficiency mechanism of the system.

【0064】以上説明したように、本実施例1によれば、データベースで管理されるデータに対するイベントの発生をもとに、データの時間的変遷を俯瞰するナビゲーション・グラフが提供される。 [0064] As described above, according to the first embodiment, based on the occurrence of an event for the data managed by the database, the temporal transition of data looking down navigation graph is provided. 例えば、時間軸(x For example, the time axis (x
軸)上に並べられたイベントについて、夫々のイベント重要度をナビゲーション・グラフのy軸にとることにより、ユーザは各イベントの重要度を視覚的に得ることが可能となり、データの振る舞いや傾向を容易に把握できるようになる。 The ordered events on the shaft), by taking the event importance of each in the y-axis of the navigation graph, the user becomes possible to obtain a degree of importance of each event visually, the behavior and data trends It will be able to easily grasp. また、イベント重要度を一種のインデックスとして使用することにより、イベントに関連づけられた問い合わせを効率よく処理することが可能になる。 Further, by using the event severity as a kind of index, it is possible to efficiently process the query associated with the event.

【0065】<実施例2>上記の実施例1においては、 [0065] <Example 2> In the above first embodiment,
時間に対応する数値が自明ではないデータに対するナビゲーション・グラフの一般的な作成方法について述べた。 Numerical values ​​corresponding to the time stated the general method of creating a navigation graph for the non-trivial data. しかしながら、データの種類によってはデータの意味を反映したナビゲーション・グラフを作成できる場合がある。 However, it may be possible to create a navigation graph reflecting the meaning of the data depending on the type of data. 例えば気温、水温など単純な数値で現れるデータは、その数値をそのまま時間をX軸とするグラフ上にマップする方が、実施例1のようにイベント重要度へ換算してマッピングするよりも望ましい結果が得られる場合がある。 For example temperature appears data in simple numeric water temperature, better to map the numerical values ​​as time on a graph of the X-axis, a desirable result than mapped in terms of the event severity as in Example 1 there is a case that can be obtained.

【0066】又、ある特定の型のデータのみを扱うようなデータベースでは、そのデータの意味を反映したナビゲーション・グラフの作成が可能である。 [0066] Also, in the database, such as dealing with only certain types of data, it is possible to create a navigation graph that reflects the meaning of the data. ここでは、このようなデータベースの一例として、文書を主に扱う文書データベースを取り上げ、文書データベースにおけるナビゲーション・グラフの適用について述べる。 Here, as an example of such a database, taken up document database to handle document mainly describes the application of the navigation graph in a document database.

【0067】ここで取り上げる文書データベースとは、 [0067] The document database listed here,
いわゆる文献検索システムではなく、文書作成に使用されるワードプロセッサやDTPアプリケーションなどにおけるものである。 Rather than so-called document retrieval system is intended, such as in a word processor or DTP application used to document creation. このような文書データベースは、通常は単なる文書記憶機構として使用されるものであるが、ユーザの要求に応じて、文書の検索、アクセス管理や変更履歴の管理などの機能を提供できる。 Such document databases, usually but is used as a mere document storage mechanisms, in response to a request from the user, the search of the document can provide functions such as management of access control and change history.

【0068】図10は、実施例2における文書作成アプリケーションの概略の構成を表すブロック図である。 [0068] Figure 10 is a block diagram showing the schematic structure of a document creation application in the second embodiment.

【0069】同図において1101は文書データベースであり、文書作成プログラム1106により文書管理の目的で利用される。 [0069] 1101 In the figure is a document database, is used for the purpose of the document management by the document creation program 1106. この文書データベース1101は、 The document database 1101,
文書を格納する二次記憶システム1102と、文書作成プログラム1106からの要求に従って文書の管理及び処理を行う文書管理プログラム1103で構成される。 A secondary storage system 1102 for storing documents, made up of a document management program 1103 for managing and processing of the document in accordance with a request from the document creation program 1106.
尚、文書データベース1101で管理される文書データ1104は、過去に当該文書にどのような変更がなされたかという情報を文書データと共に管理する機能を有する。 Incidentally, the document data 1104 to be managed by the document database 1101 has a function of managing information of what changes have been made to the document in the past along with the document data. 従って、このような文書データベースでは文書の作成過程を再現することが可能である。 Therefore, it is possible to reproduce the process of creating a document in such document database.

【0070】実施例2では、文書データ1104は単純な文字列であると仮定する。 [0070] In Example 2, it is assumed that the document data 1104 is a simple string. このような単純な文書データでは、文書の作成過程を「文書Aの先頭からX番目から始める長さLの部分文字列を、文字列Sでおきかえる」という文字列の置き換え操作の列として表現することができる。 In this simple document data, representing the process of creating the document "a substring of length L starting from X-th from the head of the document A, replaced with the string S" as a sequence of replacement operations string be able to.

【0071】そこで、Y軸として文書の先頭からの文字位置をとり、そこに置換された部分文字列の先頭文字と終端文字の位置をあらわす点とその点を結ぶ直線を書き込むことにより、ナビゲーション・グラフを作成する。 [0071] Therefore, taking the character position from the beginning of the document as Y-axis, and a point representing the position of the first character and the end character portion string substitution there by writing a straight line connecting the point, navigation to create a graph.
すると図11のような文書の作成過程に対応したナビゲーション・グラフ(図12)が得られる。 Then navigation chart corresponding to the document creation process, such as 11 (FIG. 12) is obtained.

【0072】図12のナビゲーション・グラフでは、文書の作成過程における修正などの偏りを俯瞰することができる。 [0072] In the navigation graph of FIG. 12, it is possible to overlook the deviation of such modified in creation process of the document. この例では、時刻t1,t2,t3に変更が集中している。 In this example, changes in time t1, t2, t3 are concentrated. 更に、各時刻における変更位置も夫々の時刻で集中していることがわかる(1301〜130 Furthermore, it can be seen that even changing the position at each time are concentrated at the time of each (1301-130
3)。 3). これらの情報は、文書作成時に留意すべき部分や全体の傾向を知るヒントをユーザに提供し、特に共同文書作成環境において有効な情報となる。 This information provides a hint to know the trend of the whole or part to be noted during document creation to the user, in particular an effective information in the collaborative document creation environment.

【0073】以下に、共同文書作成環境におけるナビゲーション・グラフを説明する。 [0073] The following describes the navigation graph in the joint document creation environment. 複数の著者による共同文書作成におけるナビゲーション・グラフは図12を複数重ね合わせたものになる。 Navigation Graph for joint document creation by multiple authors will a superposition plurality Figure 12. 図13は3人の著者による共同執筆の過程をあらわしたナビゲーション・グラフの例である。 Figure 13 is an example of a navigation graph represents the process of co-authored by three authors. この図では、ある期間になされた変更をグループ(1401〜1409)化している。 In the figure, to group (1401-1409) the changes made in a period of time. ここでは、簡単のため変更部分の先頭文字位置のみを点であらわすことにする。 Here, it will be expressed only in the point the first character position of the changed part for simplicity. ●,○,◎が各著者によってなされた文書の変更を表現している。 ●, ○, ◎ is to express the change of the document which has been made by each author. 文書は各著者毎にバージョンが生成され、適宜マージされる。 Document version is generated for each author are appropriately merged. このため図13において、グループ1404とグループ1405のように同時に同じ部分を変更しているという状況が発生している。 In Therefore 13, situation has changed to the same parts at the same time as the group 1404 and group 1405 is generated.

【0074】共同執筆では、変更部分の衝突をいかに回避・解消するかが問題となる。 [0074] In the co-author is, how to avoid or resolve the conflict of change part is a problem. 特に文書を各著者毎にバージョン分けし、適宜マージするような場合、マージの際に変更の衝突を解消しなければならない。 Especially version divided documents for each author, not the case as appropriate merge, unless resolved conflicts changes during the merge. また、バージョン分けを使用せずに、1つの文書を共有して部分的に占有することにより変更を行うようなやり方の場合でも、占有領域の衝突を時間をずらすことによって回避することができるため、変更の衝突が発生することになる。 Further, without using the version division, even if the manner that make changes by sharing to partially occupy one document, since it is possible to avoid by shifting the time collisions footprint , so that the collision of the change occurs.

【0075】この問題に対し、図13のようなナビゲーション・グラフを変更の衝突の検出に利用することができる。 [0075] To solve this problem, can be utilized for detection of collision of changing the navigation graph shown in FIG. 13. ナビゲーション・グラフにおける同一変更位置上に別著者の変更があれば衝突していることを示している。 It indicates that collide any changes of different authors in the same change position in the navigation graph. 図13ではグループ1408と1409の間や、グループ1404と1405の間などで衝突が発生していることが容易に判断できる。 And between 13 In Group 1408 and 1409, that a collision or the like between groups 1404 and 1405 has occurred can be easily determined.

【0076】以上説明したように、実施例2によれば、 [0076] As described above, according to Example 2,
複数の著者による共同作業において、変更の衝突を検知することが可能となり、各著者は適切な調整をおこない、各バージョンのマージを行うことが容易となる。 In collaboration with multiple authors, it is possible to detect a collision of change, the authors make the appropriate adjustments, it becomes easy to perform the merging of each version.

【0077】尚、上記実施例2では、文書データの編集内容をその編集位置(編集の開始文字位置〜終了文字位置)で表わしているが、編集内容を表現する方法としてはこれに限られるものではない。 [0077] Incidentally, as in the above Example 2, but represents the edits document data at the editing position (start character position and the ending character position of the editing), limited to this as a way to express edits is not. 例えば、文字の挿入/ For example, the character insertion /
削除、イメージの挿入/削除等の各編集操作に対して実施例1の如く重要度を割り当て、これを用いて各編集作業のイベント重要度を算出するようにしてもよい。 Delete, assigned importance as in Example 1 for each editing operation of inserting / deleting or the like of the image may be calculated event importance of each editing operation by using this. より具体的に述べれば、文書が「文字列」、「イメージ」、 Stated more specifically, the document is "string", "image",
「表」等の要素から構成される(このような文書を複合文書という)とみなし、図2に示されるような関連を定義する。 Regarded as composed of elements of "table" and the like (referred to such documents compound documents), to define the associated as shown in FIG. 次に、各要素内での変更をイベントとみなし、 Then, regarded as the change in each element event,
例えば「文字列の挿入、削除の個数」、「イメージの大きさの差」、「表内の項目の変更個数」等を夫々基本重要度として実施例1の如き手法でイベント重要度を算出することができる。 For example, "insert a string, the number of delete", calculates "difference in the size of image", an event severity in such procedure of Example 1 "Item changes the number of the table", etc. respectively as the fundamental importance be able to. 又、実施例2に示すような変更位置に関する情報の獲得に複合文書を適用するには、例えば、イメージ、表を1つの文字として扱うことで対応できる。 Further, to apply the compound document to acquire information about changes position as shown in Example 2, for example, may be dealt with by handling the image, a table as one character.

【0078】以上説明した様に、上記の実施例によれば、データの変更内容を時間を1つの軸とするグラフ上で表示可能な単純な値に変換し、データの振る舞いを単純なグラフ(ナビゲーション・グラフ)上で表現することが可能となる。 [0078] As described above, according to the above embodiments, it converts the data changes time simple values ​​can be displayed on the graph to one axis, the behavior of the data simple graph ( it is possible to express in the navigation graph) on. このため、 (1)データの時間経過に伴う振る舞いを容易に把握することが可能になる. Therefore, it is possible to easily grasp the behavior over time of the (1) data. (2)データベースのデータ操作において、効率的な問い合わせのヒントをユーザやデータベース・システムに提供することが可能となり、システム全体としてデータ処理効率をあげることができる. (2) In the data manipulation in the database, it is possible to provide an efficient query tips to the user and the database system include a data processing efficiency of the entire system. という効果がある。 There is an effect that.

【0079】尚、本発明は、複数の機器から構成されるシステムに適用しても1つの機器からなる装置に適用しても良い。 [0079] Note that the present invention may be applied to a single apparatus may be applied to a system constituted by a plurality of equipment devices. また、本発明はシステム或いは装置に本発明により規定される処理を実行させるプログラムを供給することによって達成される場合にも適用できることはいうまでもない。 The present invention is also applicable to a case where it is accomplished by supplying a program for executing processing defined by the present invention to a system or an apparatus.

【0080】 [0080]

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、 As described in the foregoing, according to the present invention,
時間経過に伴って変化するデータを、その変化内容を所定の規則で数値化して得られたイベント値と対応させて管理することが可能となり、時間経過に伴うデータの振る舞いや特性を効率よく管理することが可能となる。 Data that changes with time, the change contents allowed to correspond with the event value obtained by digitizing a predetermined rule it is possible to manage, efficiently behavior and characteristics of the data over time management it is possible to become.

【0081】又、本発明の他の構成によれば、時間経過に伴って変化するデータについて、各変化におけるイベント値を、例えば時間軸を有するグラフを用いて表示することによって編集履歴が表示されるので、時間経過に伴うデータの振る舞いや特性を俯瞰することが可能となり、これを容易に把握することが可能となる。 [0081] Further, according to another aspect of the present invention, the data that varies with time, the event value in each change, edit history is displayed by displaying using a graph having an axis for example time Runode, it is possible to overlook the behavior and characteristics of the data over time, it is possible to easily grasp them.

【0082】更に、本発明の他の構成によれば、時間経過に伴って変化するデータの検索に際して、イベント値を用いてその検索範囲を絞り込むことが可能となり、効率的な検索を行うことができる。 [0082] Furthermore, according to another aspect of the present invention, when searching for data that changes with time, it is possible to narrow down the search range using the event value, is possible to perform efficient search it can.

【0083】更に、本発明の他の構成によれば、編集履歴とともに文書データを管理する場合に、該編集履歴とともにその編集内容を所定の規則に基づいて数値化して保持し、これを用いて編集履歴を表示することが可能となり、編集履歴やその編集内容の把握が容易となる。 [0083] Furthermore, according to another aspect of the present invention, when managing document data together with the editing history, and held by digitizing on the basis that edits with the edit history to a predetermined rule, using the same it is possible to display an edit history, it is easy to understand the editing history and the editing content.

【0084】更に、本発明の他の構成によれば、複数の作業者によって行われた編集作業について、夫々の作業者による編集位置を数値化し、その編集履歴を同時に(例えば同一グラフ上に)表示することが可能となり、 [0084] Furthermore, according to another aspect of the present invention, for editing work done by a plurality of workers, quantifies editing position by the operator of each, and the edit history simultaneously (for example, on the same graph) it is possible to display,
作業者間の編集作業の衝突を容易に検出できるようになる。 It becomes possible to easily detect a collision of the editing work among workers.

【0085】 [0085]

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】実施例1のデータベース・システムの概要を表わすブロック図である。 1 is a block diagram representing an overview of a database system of the first embodiment.

【図2】データベース管理システム204で管理されるデータの構造の一例を表す図である。 2 is a diagram showing an example of the structure of data managed by the database management system 204.

【図3】各オブジェクト群に対して発生したデータ内容の変更、即ちイベントの発生状態の1例を表わす図である。 [3] change data content generated for each object group, ie is a diagram showing an example of occurrence of an event.

【図4】一般的なナビゲーション・グラフの1例を表す図である。 4 is a diagram representing one example of a general navigation charts.

【図5】図2のデータベース・スキーマの各属性、連結関係に設定された重要度の一例を示す図である。 [5] The database schema attributes of FIG. 2 is a diagram illustrating an example of importance is set to the connection relationship.

【図6】本実施例1におけるイベント重要度の算出方法を説明する図である。 6 is a diagram illustrating a calculation method of event severity in the first embodiment.

【図7】本実施例1によるイベント重要度の算出手順を説明するフローチャートである。 7 is a flowchart illustrating a calculation procedure of the event severity according to the embodiment 1.

【図8】図3の如く変化したデータのナビゲーショングラフを表す図である。 8 is a diagram showing a navigation chart of the changed data as shown in FIG. 3.

【図9】典型的なナビゲーション・グラフの一例を表わす図である。 9 is a diagram showing an example of a typical navigation charts.

【図10】実施例2における文書作成アプリケーションの概略の構成を表すブロック図である。 10 is a block diagram showing the schematic structure of a document creation application in the second embodiment.

【図11】文書作成システムにおけるデータである文書の1例を表す図である。 11 is a diagram representing one example of the document is data in the document creation system.

【図12】文書作成システムにおけるナビゲーション・ Navigation in FIG. 12 is a document preparation system
グラフの1例を表す図である。 It is a diagram representing one example of a graph.

【図13】文書作成システムを共同執筆支援環境として使用する場合のナビゲーション・グラフの1例を表す図である。 13 is a diagram showing an example of a navigation graph for using a document creation system as co-authored Environment.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

201、202 ワークステーション 203 ネットワークケーブル 204 データベースシステム 205 二次記憶管理システム 206 データ処理プログラム 207 データ 208 クライアントプログラム 209 データ表示プログラム 201, 202 workstations 203 network cable 204 database system 205 secondary storage management system 206 a data processing program 207 data 208 client program 209 data display program

Claims (9)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 イベントの発生により変化するデータを管理するデータ管理装置であって、 前記イベントの発生した時を示すイベント発生時刻と、 1. A data management device for managing data that changes as an event occurs, the event occurrence time indicating when the occurrence of the event,
    該イベントによるデータの変化内容を対応づけて格納する第1格納手段と、 前記変化内容を所定の規則に基づいて数値化することによりイベント値を生成する生成手段と、 前記イベント発生時刻と前記イベント値とを対応づけて格納する第2格納手段とを備えることを特徴とするデータ管理装置。 First storage means for storing in association with the changing contents of the data according to the event, a generation unit for generating an event value by numerical values ​​based on the change contents to a predetermined rule, and the event occurrence time said event data management apparatus, characterized in that it comprises a second storage means for storing the value in association with.
  2. 【請求項2】 前記イベント発生時刻と前記イベント値とに基づいて、当該データの編集履歴をグラフの形態で表示する表示手段を更に備えることを特徴とする請求項1に記載のデータ管理装置。 Wherein based on said event value and the event occurrence time, the data management apparatus according to claim 1, characterized by further comprising display means for displaying the edit history of the data in the form of a graph.
  3. 【請求項3】 データの変化内容に基づく情報を検索条件とし、前記イベント発生時刻を検索する検索手段と、 前記検索条件に対応するイベント値に基づいて前記検索手段の検索範囲を特定する特定手段とを更に備えることを特徴とする請求項1に記載のデータ管理装置。 Wherein the information based on the change content of the data as a search condition, a search means for searching the event occurrence time, identifying means for identifying a search range of the search means based on the event value corresponding to the retrieval condition the data management system of claim 1, further comprising and.
  4. 【請求項4】 前記生成手段は、前記イベントによる変化内容の変化単位毎に変更値を予め保持しておき、前記変化内容により変化した各変化単位の変更値に基づいて当該変化内容を数値化し、これをイベント値とすることを特徴とする請求項1に記載のデータ管理装置。 Wherein said generating means, said previously hold the change value for each change unit changes contents by the event, the change contents quantified on the basis of the change value of each change unit has changed by said changing contents the data management apparatus according to claim 1, characterized in that the this event value.
  5. 【請求項5】 編集作業により変化した文書データをその編集の履歴とともに管理するデータ管理装置であって、 編集作業による編集内容を所定の規則に基づいて数値化することにより、該編集内容に対応する編集値を獲得する獲得手段と、 前記編集作業の実行された編集時刻と前記獲得手段により獲得された編集値とを対応づけて格納する格納手段と、 前記格納手段により格納された編集時刻と編集値とに基づく編集履歴を表示する表示手段とを備えることを特徴とするデータ管理装置。 5. A data management apparatus for managing with history of the editing document data changed by editing operation, by quantifying based edits by editing a predetermined rule, corresponding to the editing content and acquisition means for acquiring an editing value, storage means for storing in association with the acquired edited value by the executed editing time and the acquisition means of the editing work, an editing time stored by said storing means data management apparatus comprising: a display means for displaying the edit history based on the editing value.
  6. 【請求項6】 前記編集値は、文書データ中における前記編集作業を行った位置であることを特徴とする請求項5に記載のデータ管理装置。 Wherein said editing values, the data management apparatus according to claim 5, characterized in that the position subjected to the editing operation in the document data.
  7. 【請求項7】 前記格納手段は、複数の作業者によってなされた編集作業について、各作業者毎に編集作業の実行された編集時刻と前記獲得手段により獲得された編集値とを対応づけて格納し、 前記表示手段は、前記複数の作業者による編集履歴を、 Wherein said storage means comprises a plurality of editing work done by the operator, in association with the acquired edited values ​​executed edited time editing for each worker and by the acquisition means stores and, the display means, the edit history by the plurality of workers,
    前記格納手段に格納された編集時刻と編集位置とに基づいて同時に表示することを特徴とする請求項5に記載のデータ管理装置。 The data management system of claim 5, wherein the simultaneously displayed based on the stored edited time and the editing position in said storage means.
  8. 【請求項8】 イベントの発生により変化するデータを管理するデータ管理方法であて、 前記イベントの発生した時を示すイベント発生時刻と、 Addressed by 8. The data management method for managing data that changes as an event occurs, the event occurrence time indicating when the occurrence of the event,
    該イベントによるデータの変化内容を対応づけて格納する第1格納工程と、 前記変化内容を所定の規則に基づいて数値化することによりイベント値を生成する生成工程と、 前記イベント発生時刻と前記イベント値とを対応づけて格納する第2格納工程とを備えることを特徴とするデータ管理方法。 A first storage step of storing in association with the changing contents of the data according to the event, a generation step of generating an event value by numerical values ​​based on the change contents to a predetermined rule, and the event occurrence time said event data management method characterized by comprising a second storing step of storing the value in association with.
  9. 【請求項9】 編集作業により変化した文書データをその編集の履歴とともに管理するデータ管理方法であて、 編集作業による編集内容を所定の規則に基づいて数値化することにより、該編集内容に対応する編集値を獲得する獲得工程と、 前記編集作業の実行された編集時刻と前記獲得工程により獲得された編集値とを対応づけて格納する格納工程と、 前記格納工程により格納された編集時刻と編集値とに基づく編集履歴を表示する表示工程とを備えることを特徴とするデータ管理方法。 Addressed by 9. The data management method of managing with history of the editing document data changed by editing operation, by quantifying based edits by editing the predetermined rule, corresponding to the editing content and acquisition step of acquiring an edit values, a storage step of storing in association with the acquired edited value by said acquisition step and executed editing time of the editing operation, the editing time stored by said storing step editing data management method characterized by comprising a display step of displaying an editing history based on the value.
JP6160902A 1994-07-13 1994-07-13 Method and device for managing data Withdrawn JPH0830628A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6160902A JPH0830628A (en) 1994-07-13 1994-07-13 Method and device for managing data

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6160902A JPH0830628A (en) 1994-07-13 1994-07-13 Method and device for managing data

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH0830628A true JPH0830628A (en) 1996-02-02

Family

ID=15724822

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6160902A Withdrawn JPH0830628A (en) 1994-07-13 1994-07-13 Method and device for managing data

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH0830628A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7383282B2 (en) * 2000-10-19 2008-06-03 Anthony David Whitehead Method and device for classifying internet objects and objects stored on computer-readable media

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7383282B2 (en) * 2000-10-19 2008-06-03 Anthony David Whitehead Method and device for classifying internet objects and objects stored on computer-readable media

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1196877B1 (en) Representation, management and synsthesis of technical content
US6493720B1 (en) Method and system for synchronization of metadata in an information catalog
US6226632B1 (en) Structured-text cataloging method, structured-text searching method, and portable medium used in the methods
US6457002B1 (en) System and method for maintaining a knowledge base and evidence set
US5564113A (en) Computer program product for rendering relational database management system differences transparent
US5893087A (en) Method and apparatus for improved information storage and retrieval system
US5745896A (en) Referential integrity in a relational database management system
Lee et al. NeT & CoT: translating relational schemas to XML schemas using semantic constraints
US6470347B1 (en) Method, system, program, and data structure for a dense array storing character strings
US5924103A (en) Works-in-progress in an information management system
US5119465A (en) System for selectively converting plurality of source data structures through corresponding source intermediate structures, and target intermediate structures into selected target structure
US5850535A (en) Roll-back during regeneration on a computer-aided design system
US5689711A (en) Method and apparatus for representing data dependencies in software modeling systems
US7290205B2 (en) System and method for management of document cross-reference links
US5212771A (en) System for establishing concurrent high level and low level processes in a diagram window through process explosion and implosion subsystems
US5909570A (en) Template mapping system for data translation
US6377946B1 (en) Document search method and apparatus and portable medium used therefor
US5799318A (en) Method and apparatus for collecting and displaying information from diverse computer resources
US7530014B2 (en) Data processing and difference computation for generating addressing information
US6339776B2 (en) Dynamic semi-structured repository for mining software and software-related information
US6101556A (en) Method for content-based dynamic formatting for interoperation of computing and EDI systems
US6539399B1 (en) Stand alone data management system for facilitating sheet metal part production
US20020059297A1 (en) Search formulation user interface
US6704739B2 (en) Tagging data assets
US6094649A (en) Keyword searches of structured databases

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20011002