JPH08227297A - Mapping method for sound data and display device - Google Patents

Mapping method for sound data and display device

Info

Publication number
JPH08227297A
JPH08227297A JP14894195A JP14894195A JPH08227297A JP H08227297 A JPH08227297 A JP H08227297A JP 14894195 A JP14894195 A JP 14894195A JP 14894195 A JP14894195 A JP 14894195A JP H08227297 A JPH08227297 A JP H08227297A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
sound data
image
sound
means
data
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP14894195A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Akira Morioka
Tadahide Nishio
Yuichi Shinohara
亮 森岡
裕一 篠原
宰秀 西尾
Original Assignee
Fujitsu Ltd
富士通株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE: To provide a mapping method for the sound data and a display device in which the sound data are become easy to use for a user of the sound data.
CONSTITUTION: This method is constituted of a step extracting an image word capable of showing an image provided in a sound, a step allocating the image word to image axes having the directions showing the strength of the image, a step deciding the values of the sound data in respective axes and a step mapping the sound data to an image space having one or plural image axes.
COPYRIGHT: (C)1996,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、サウンド・データを取り扱う技術に関する。 The present invention relates to a technique for handling the sound data.

【0002】 [0002]

【従来の技術】データの分類、検索、評価を行うにあたり、通常はデータにキーを持たせる。 BACKGROUND OF THE INVENTION data classification, search, carrying out the evaluation, usually to have a key to the data. 例えば、売上データであれば商品コードをキーとして持たせ、金融データであれば口座番号をキーとして持たせ、検索や分析を行う。 For example, if the sales data to have a product code as a key, to have the account number as a key if the financial data, perform a search and analysis. サウンド・データにおいても、ある種のキーを付与して検索を行う。 Also in the sound data, a search is performed to grant some sort of key.

【0003】例えば、サウンド・データには「Musi [0003] For example, the sound data "Musi
c01」や「木陰」といった名前が付くので、この名前をキーとした検索が行える。 c01 "and because the name, such as" the shade of a tree "is attached, it can be carried out search with this name as the key. 名前のみの検索で、所望のサウンド・データが得られる場合もあるが、現実的には最適なサウンド・データを得るために全てのサウンド・ In search of name only, but in some cases the desired sound data is obtained, all sound to the realistic optimal sound data
データを試聴することになる。 I will listen to the data. また、音楽のデータであれば「ジャズ」、「ロックンロール」、「ポップス」、 In addition, if the data of music "jazz", "rock 'n' roll", "Pop",
「効果音」といったジャンル等に基づいた分類が可能である。 It is possible to classification based on the genre such as "sound effects". この場合も、最適なサウンド・データを得るには、該当するジャンルに属する全てのサウンド・データを試聴する必要がある。 Also in this case, in order to obtain the best sound data, it is necessary to listen to the all of the sound data belonging to the corresponding genre. それから、サウンド・データは演奏時間等の物理的な量に基づいて分類することも可能である。 Then, the sound data is can be classified based on physical quantities such as play time. しかし、この分類方法を採った場合も、使用の場に適したサウンド・データを得るために、数多くのサウンド・データを試聴することになる。 However, even if adopting this classification method, in order to obtain the sound data suitable for field use, it will listen to the number of sound data.

【0004】また、サウンド・データは、物や場面との関連で分類されることもある。 [0004] In addition, sound data may also be classified in the context of the goods and scene. サウンド・データを物との関連によって分類すると、「波の音」、「鳥の声」、 When the sound data is classified by the context of the thing, "the sound of the waves", "the voice of the bird",
「自動車の音」といったカテゴリーを考えることができる。 It can be considered a category such as "sound of the car." また、場面との関連では、「街のざわめき」、「家族だんらんの風景に合う」、「夕闇が迫る山々の風景に合う」といったカテゴリーに分類できる。 In addition, in the context of the scene, "the city of buzz", "fit the landscape of family hearthstone", it can be classified into categories such as "fit in the mountains of landscape approaching the dusk."

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】サウンド・データは、 Sound data The object of the invention is to solve the above-
ドラマや映画のBGM、ゲームソフトの効果音、各種イベントでのプレゼンテーションの場などに幅広く利用される。 Drama and movies of BGM, sound effects of the game software, are widely used, such as the presentation of the place in various events. 従って、適切なサウンド・データを適宜利用できる様にサウンド・データの分類が為されている必要がある。 Therefore, it is necessary to appropriate sound data classification of sound data as can be appropriately used have been made.

【0006】ところが従来の分類法では、分類者が決めたキーのみによってでなければサウンド・データの検索が行えず、分類者の基準をサウンド・データの利用者に押し付ける形になっていた。 [0006] However, in the conventional classification method, classifiers can not be performed to search for unless sound data only by a key that was decided, had become a form of pressing the criteria for classification's the user of the sound data. そのため、サウンド・データの利用者は一件のデータも検索できない場合もあり利便性に欠けるという問題があった。 Therefore, the user of the sound data has been a problem of lack of There is also a convenience If you can not find the data of the single item. 本発明の第一の目的は、サウンド・データの利用者にとって使い易いように、サウンド・データを分類する方法を提供することである。 A first object of the present invention, in order to facilitate use for the user of the sound data is to provide a method of classifying a sound data.

【0007】また、「家族だんらんの風景に合う静かな曲」と「夕闇が迫る山々の風景に合う静かな曲」とは類似する曲であり同一カテゴリーに分類すべきであるのに、従来は異なるカテゴリーに分類されてしまう場合が少なくなかった。 [0007] In addition, to the "quiet songs that fit the family hearthstone of the landscape" and "quiet songs that fit in the mountains of landscape approaching the dusk" should be classified in the same category is a song that is similar, conventional If you would be classified into different categories was not a few. 本発明の第二の目的は、サウンド・データに適した分類基準を提供することである。 A second object of the present invention is to provide a classification criteria appropriate to the sound data.

【0008】さらに、従来の物や場面との関連による分類方法では、具体的な物や場面を特定する必要があるため、いずれのカテゴリーにも属さない新たなサウンド・ [0008] In addition, the classification method according to the context of the traditional things and situations, because there is a need to identify a specific object or scene, a new sound that does not belong to any category
データが出現するたびに、新しいカテゴリーを作成しなければならないという繁雑さがあった。 Each time the data appears, there is a complication that it is necessary to create a new category. 本発明の第三の目的は、一定の枠組の中に全てのサウンド・データをマッピングする方法を提供することである。 A third object of the present invention is to provide a method of mapping all the sound data in a certain framework.

【0009】また、サウンド・データの検索結果を用いて、目的とするサウンドを選択する場合、従来では分類されたカテゴリー中のサウンドを全て聴く必要があるので、サウンド・データの数が多かったり、サウンドの出力時間が長い場合などには特に不都合であった。 [0009] In addition, by using the results of sound data, if you want to select a sound for the purpose, because in the conventional need to hear all the sounds in the classified category, or often the number of sound data, If the output time of the sound is long was particularly inconvenient for such. 本発明の第四の目的は、同一カテゴリー中のサウンド・データにも、異なる評価基準を与える方法を提供することである。 A fourth object of the present invention, also the sound data in the same category, is to provide a method to provide different criteria.

【0010】ところで、ユーザはサウンド・データを検索するときに、「もう少しアップテンポの曲」とか「もう少しダイナミックな曲」といった要求をする場合がある。 [0010] By the way, the user when searching for sound data, there is a case in which a request such as "song of a little more up-tempo" or "a little bit more dynamic song". しかし、従来は、目的とするサウンド・データに近似するものが見つかっても、そのサウンド・データを基準とした二次的な検索ができない。 However, in the prior art, even found one that approximates the sound data for the purpose, can not be secondary search on the basis the sound data. 本発明の第五の目的は、あるサウンド・データと比較して「もう少しアップテンポの曲」とか「もう少しダイナミックな曲」を表現できるサウンド・データの表示装置を提供することである。 A fifth object of the present invention is to provide a display device of the sound data that can be expressed or "a little more dynamic song", "song of a little more up-tempo" in comparison with a sound data.

【0011】また、マルチメディア・コンピュータの普及により、プレゼンテーションやタイトル開発に不慣れなユーザが増加している。 [0011] In addition, the spread of multi-media computers, inexperienced users has increased to presentations and title development. そのようなユーザに対しては、音素材使用のためのガイドラインが提供されるが、 For such users, but guidelines for sound materials used is provided,
ガイドラインを読むだけでは実際のサウンドを知ることができない。 Just read the guidelines can not know the actual sound. 本発明の第六の目的は、とりわけガイドラインを参考にしてサウンド・データを検索する初心者のユーザに対して、サウンドの理解を容易とするインタフェースを持ったサウンド・データの表示装置を提供することである。 Sixth object of the present invention, especially with respect to novice users to search for sound data to the guidelines, to provide a display device of the sound data with the interface to the understanding of sound and easily is there.

【0012】 [0012]

【課題を解決するための手段】本発明によれば、上述の目的は、前記特許請求の範囲に記載した手段にて達成される。 According to the present invention, in order to solve the problems], The above object is achieved by means described in the scope of the appended claims.

【0013】すなわち、請求項1の発明は、サウンドが持つイメージを表すことができるイメージ語を抽出するステップと、イメージ語をイメージの強弱を表す方向を持ったイメージ軸に割り付けるステップと、そのサウンドが持つイメージに基づいて、各イメージ軸におけるサウンド・データの値を決定するステップと、ひとつ又は複数のイメージ軸を有するイメージ空間へサウンド・データをマッピングするステップとを有するサウンド・データのマッピング方法である。 [0013] That is, the invention of claim 1, comprising the steps of allocating extracting image word which can represent images that sound has a image word to the image axis having a direction representing the intensity of the image, the sound in based on the image has, and determining a value of the sound data in each image axis, one or more sound data mapping method and a step of mapping the sound data into image space having an image axis is there.

【0014】また、請求項2の発明は、前記抽出するステップが、イメージ語として色を抽出するサウンド・データのマッピング方法であり、請求項3の発明は、前記割り付けるステップが、予めイメージ語を分類し、サウンドのイメージに関して同類のイメージ語に対してひとつのイメージ軸を割り付けるサウンド・データのマッピング方法であり、請求項4の発明は、前記決定するステップが、聴者試験結果を用いてサウンド・データの値を決定するサウンド・データのマッピング方法である。 Further, the invention of claim 2, wherein the step of extracting is a sound data mapping method of extracting the color as image word, the invention of claim 3, wherein the allocating step, the pre-image word classification and a mapping method of sound data to be allocated a single image axis relative likes of image word regarding sound image, the invention of claim 4, said determining step is sound with a listener test results it is a mapping method of sound data to determine the value of the data.

【0015】また、請求項5の発明は、前記方法によってイメージ空間へマッピングされたサウンド・データを表示する装置であって、所望のイメージ語を選択させる手段と、そのイメージ語に対応するイメージ軸を座標軸として、サウンド・データを表示する手段とを具備するサウンド・データの表示装置である。 [0015] The invention of claim 5 is the device that displays the sound data mapped to the image space by said method, and means for selecting a desired image word, image axis corresponding to the image word as the coordinate axes, a display device of the sound data and means for displaying the sound data.

【0016】また、請求項6の発明は、イメージ軸における値を持ったサウンド・データを格納する手段と、それぞれのサウンド・データを一つ又は複数のイメージ軸によって形成されるイメージ空間上に配置し、シンボルにて表示する手段と、シンボルの指定を受けて、そのサウンド・データを試聴させる手段とを具備するサウンド・データの表示装置である。 [0016] The invention of claim 6 includes means for storing sound data having a value in the image axis, disposed in the image space formed respective sound data by one or more image axis and, means for displaying in a symbol, in response to designation of the symbol, which is a display device of the sound data and means for listening the sound data.

【0017】また、請求項7の発明は、サウンド・データの検索キーについて、イメージ軸の区域或いはイメージ空間の領域を割り当てると共に、検索キーの指定を受けて、その区域或いは領域に含まれるサウンド・データのシンボルを標識する手段を設けるサウンド・データの表示装置である。 Further, the invention of claim 7, for the search key sound data, allocates a region of area or image space of the image axis, receiving the designation of the search key, sound included in the zone or region a display device for sound data providing means for labeling the symbols of the data.

【0018】また、請求項8の発明は、音素材使用の説明文を提示する手段と、説明文中に現われる所定の用語の指定を受けて、その用語に関連するサウンド・データを抽出する手段と、抽出したサウンド・データをイメージ空間上に表示するための手段とを有するサウンド・データの表示装置である。 Further, the invention of claim 8 includes means for presenting a description of the sound materials used, upon receiving the designation of certain terms that appear in the legend, and means for extracting the sound data associated with the term , extracted sound data is a display device of the sound data and a means for displaying an image on the space.

【0019】また、請求項9の発明は、サウンド・データの検索キーについて、所定の組み合わせに対応するサウンドの説明文を表示する手段と、その組み合わせの指定を受けて、該当するサウンド・データを検索する手段とを具備するサウンド・データの表示装置である。 Further, the invention of claim 9, the search key sound data, and means for displaying the sound of description corresponding to a predetermined combination, in response to designation of the combination, the corresponding sound data it is a display device of sound data; and a search means.

【0020】 [0020]

【作用】請求項1の発明では、イメージ語を軸とするイメージ空間上にサウンド・データをマッピングして、サウンドとイメージとを結び付けてサウンド・データのマッピングが為される。 [Action] In the present invention of claim 1, mapping the sound data to image word to image space having axes, mapping the sound data is performed in conjunction with the sound and image.

【0021】請求項2の発明では、イメージ空間を媒体として、サウンドを容易に表現し、また誰にでも馴染み易い色をサウンドに関連付けてサウンド・データのマッピングが為される。 [0021] In the present invention of claim 2, the image space as a medium, sound and readily expressed, Even associate familiar easily color the sound in whom mapping the sound data is made.

【0022】請求項3の発明では、サウンド・データの性質を的確に表現できるイメージ軸が定まるように、予めサウンドのイメージに関して同類のイメージ語を同一分類カテゴリーとして、サウンド・データのマッピングが為される。 [0022] In the third aspect of the present invention, so that the image axis can be accurately represent the nature of the sound data is determined, the likes of the image word as the same classification category with respect to advance sound image, mapping the sound data is performed that.

【0023】請求項4の発明では、分類者の基準をサウンド・データの利用者に押し付けることなく聴者試験結果を用いるので、サウンド・データ利用者の立場に非常に近い形式でサウンド・データのマッピングが為される。 [0023] In the present invention of claim 4, since using the listener test results without pressing the classification criteria's to the user of the sound data, very close form in the position of the sound data users sound data mapping It is made.

【0024】請求項5の発明では、サウンド・データの利用者が選択するイメージ軸に沿って、イメージ空間上にマップされたサウンド・データが表示される。 [0024] In the present invention of claim 5, along the image axis by the user of the sound data is selected, sound data mapped to the image space is displayed.

【0025】請求項6の発明では、サウンド・データに対して、イメージ軸における位置を示す尺度値が付与される。 [0025] In the invention of claim 6, with respect to sound data, measure value indicating a position in the image axis is applied. サウンド・データは、この尺度値に従ってイメージ空間上に配置される。 Sound data is placed on the image space in accordance with the scale value. サウンド・データの表示はシンボルにて行われるが、ポインティング・デバイスなどの使用により、いずれかのシンボルが指定されると、そのシンボルに対応するサウンド・データが音として出力される。 Display sound data but is performed in symbols by the use of pointing devices, etc., if any of the symbols is designated, the sound data corresponding to the symbol is output as sound.

【0026】請求項7の発明では、検索キーによる検索が、イメージ空間においてその検索キーが持つ区域又は領域に基づいて行われる。 [0026] In the invention of claim 7, the search by the search key is performed based on the area or region having its search key in the image space. 検索の際には、検索対象のサウンド・データが持つ尺度値を参照することによって、 During the search, by referring to the scale value with the sound data to be retrieved,
その尺度値が検索キーの区域又は領域に含まれるか否かを判定してもよいし、検索キーの区域又は領域をそのままイメージ空間にシンボルと共に重ね合わせることによって、サウンド・データのシンボルが検索キーの区域又は領域に含まれるか否かを判定してもよい。 It its measure value may be determined whether or not included in the area or areas of the search key, by overlapping with symbol area or areas of the search key as it is an image space, the sound data symbols search key and if the content of the area or region may be determined. ここで、検索キーの領域は楕円形や四辺形などの幾何学的な図形に限られるものではなく、雲形の場合等も考えられる。 Here, the area of ​​the search key is not limited to the geometrical shapes such as oval or quadrilateral, also conceivable, such as the case of cloud. また、複数の検索キーについて、アンドやオア条件が採られることもある。 In addition, for a plurality of search key, sometimes and and OR conditions are taken. 検索でヒットしたサウンド・データは、色分けや点滅等の手段によって標識される。 Sound data hit in the search, is labeled by means such as a color-coded or blinking.

【0027】請求項8の発明では、特定のサウンド・データが音素材使用の説明文から抽出される。 [0027] In the invention of claim 8, a particular sound data is extracted from the description of the sound material used. 所定のインタフェースによって、このサウンド・データをイメージ空間上に表現すれば、個々のサウンド・データのイメージ空間への配置態様が視覚的に理解されるので、イメージ空間を二次的な検索に応用、活用できる。 The predetermined interface, if expressing this sound data to the image space, since the arrangement aspect to an image space of each sound data is visually understood, the image space secondary search applications, It can be utilized.

【0028】請求項9の発明では、検索キーを組み合わせた検索によって、どのようなサウンド・データが抽出されるのかについて、ユーザに対して文章による注意書きその他の説明が為される。 [0028] In the invention of claim 9, the search that combines a search key, for what kind of sound data is extracted, note other narrative descriptions for the user is made. 最適と思われる検索キーの組み合わせを指定すれば、該当するサウンド・データを検索できる。 If you specify a combination of the search key that seems to be the best, be able to find the appropriate sound data. さらに、ヒットしたサウンド・データをイメージ空間にマップすることも可能である。 In addition, it is also possible to map the sound data that was hit in the image space.

【0029】 [0029]

【実施例】図1は本発明の一実施例を示す図である。 DETAILED DESCRIPTION FIG. 1 is a diagram showing an embodiment of the present invention. 図1に示すサウンド・データのマッピング方法においては、まず、サウンドをイメージとして捕らえるために、 In the mapping method of sound data shown in FIG. 1, first, in order to capture sounds as an image,
イメージ語を抽出する(S10)。 To extract the image word (S10). 具体的に「赤い」 Specifically "red"
「明るい」「楽しい」「暗い」をイメージ語として例示する。 To illustrate the "bright", "fun", "dark" as the image word.

【0030】次に、各イメージ語とイメージ空間上の軸とを対応付ける(S11)。 Next, associating the axis on the image word and image space (S11). ここで、サウンドのイメージに関して同類のイメージ語に対してはひとつの軸を割り付ける。 Here, assign one of the axis with respect to the likes of image word in relation to the sound of the image. 例えば、「明るい」と「楽しい」とは同類とみなせるので、同じイメージ軸Yを割り付ける。 For example, the "bright" and "pleasant" because regarded as similar, assigned the same image axis Y. また、 Also,
「明るい」と「暗い」とは一般概念上は同類とみなせるが、サウンドのイメージに関しては全く別概念であるので、個別にイメージ軸を割り付ける。 Although considered on general concepts and similar to the "bright" and "dark", because with respect to the sound of the image is a different concept entirely allocates image axis individually.

【0031】続いて、聴者試験を行い、各イメージ軸X、Y、Zにおけるサウンド・データの値を決定する(S12)。 [0031] Then, it performed listener tests, each image axes X, Y, determines the value of the sound data in the Z (S12). 例えば100人の試験者を集めてサウンド・データを聴かせた後に、そのサウンド・データが「赤い」と感じた試験者の数をイメージ軸Xにおける値と決定することができる。 For example, it attracted 100 people testers to after listening to sound data, it is possible to determine the number of testers in which the sound data is felt as "red" and the value in the image axis X. ここで、サウンド・データは音楽のデータ、すなわち旋律のデータに限られるものではなく、笛の音色や弦の音色などの音色のデータも当然含まれる。 Here, the sound data is music data, that is not limited to the data of melody, timbre of data, such as the sound of the whistle sounds and strings are also included of course.

【0032】各イメージ軸X、Y、Zにおける値が決定したら、サウンド・データをイメージ空間上にマップする(S13)。 [0032] Once you have determined the value in each image axis X, Y, Z, to map the sound data to the image on the space (S13). 例えば、「赤い」のイメージ軸Xの値が'60'であり、「明るい」のイメージ軸Yの値が'1 For example, a "red" value of the image axis X of '60', the value of the image axis Y of the "bright" is "1
0'であり、「暗い」のイメージ軸Zの値が'12'であれば、xyz空間座標上の点(60,10,12)にサウンド・データをマップすることができる。 0 'is "dark" value of the image axis Z of' if 12 ', it is possible to map the sound data to a point in the xyz space coordinates (60,10,12).

【0033】表1に、分類したイメージ語を例示する。 [0033] Table 1 illustrates the classified image word.
ここでは、数多く存在するイメージ語の中からサウンド・データの表現に適した代表的な19のイメージ語を五つのカテゴリに分類し、それぞれを第1〜5軸に対応付けている。 Here classifies typical 19 image word of suitable from the image word to represent the sound data existing number into five categories, which correspond respectively to the first to fifth axes. 例えば、「楽しい」「愉快な」「軽快な」 For example, "fun", "pleasant", "nimble"
「明るい」は同類で第1軸に割り付けている。 "Bright" is assigned to the first axis in the likes.

【0034】 [0034]

【表1】 [Table 1]

【0035】なお、分類は、一般の国語辞典に載っている意味内容に依るのではなく、サウンドのイメージという観点から行う。 [0035] It should be noted that the classification is, rather than according to the semantic content are on the general language dictionary, carried out from the point of view of the sound of the image. 従って、国語辞典において「明るい」 Thus, the "bright" in the national language dictionary
の反対語が「暗い」と記載されてあっても、サウンドのイメージという観点からみれば、「明るい」の反対語は必ずしも「暗い」になるわけではない。 Even each other antonym is described as "dark" of, if you look from the point of view of the sound of the image, the opposite of "bright" does not necessarily become "dark".

【0036】ところで、サウンド・データのマッピングは、これら五軸を用いた五次元空間上に行うことができるが、応用システムにおいては、これらを全て用いてもよいし、五軸中の一部を用いてもよい。 By the way, the sound data of the mapping can be carried out on the five dimensions space using these five axes, in the application system may be used all of these, a part in the five-axis it may be used. 特に、画面表示をする場合には低次元の空間に変換した方が見易くなる。 In particular, it was converted into a low-dimensional space is easily seen in the case of the screen display.

【0037】図2は、マッピングされた各サウンド・データの表示例を示す図である。 [0037] FIG. 2 is a diagram showing a display example of each sound data mapped. 図2は、利用者が、「やさしい」及び「すっきりした」の二つのイメージ語を選択した結果、表1における第2軸をX軸とし、第4軸をY軸とした低次のイメージ空間上にサウンド・データを表示したものである。 2, the user, the result of selecting the two image word of "friendly" and "refreshing" the second shaft in Table 1 as the X-axis, low-order image space the fourth axis and the Y-axis it is obtained by displaying a sound data above. このように、イメージ空間を二次元とすれば、マッピングされたサウンド・データの視覚化が容易となる。 Thus, if the image space with two-dimensional, it is easy mapped visualized sound data.

【0038】図3に、「明るい」と「やさしい」の二つの尺度を用いた二次元空間上に、曲データのシンボル(以下、ボタンともいう。)を表示した画面例を示す。 [0038] FIG. 3, "bright" and two measures on a two-dimensional space using the "easy", the symbol of the music data (hereinafter also referred to as buttons.) Shows a screen example of displaying a.
この画面で、ユーザは二次元空間上に表示されたボタンを指定することによって、そのボタンに対応する曲データを試聴することができる。 In this screen, the user by specifying the button displayed on a two-dimensional space, it is possible to listen to the music data corresponding to the button.

【0039】図中、符号(a)によって示されるボタンは、それぞれ一つの曲データを表わしている。 [0039] In the figure, the button indicated by the reference numeral (a) are respectively represents one of the music data. このボタンをマウス等でクリックするとその色が変わると共に、 When you click this button with a mouse or the like together with its color changes,
符号(b)によって示される枠に、クリックされたボタンに対応する曲の題名が表示されて、演奏が始まる。 The frame indicated by the symbol (b), are displayed the title of the song corresponding to the clicked button, play starts. ユーザは、符号(c)によって示される制御盤より、演奏の停止、再生、一時停止、巻戻し、先送りなどの命令を表示装置へ送ることができる。 The user, from the control panel, indicated by reference numeral (c), stopping the playing, play, pause, rewind, may send instructions such as postponing the display device. 試聴の結果、指定の曲データを欲した場合には、ユーザは「SAVEAS」ボタンをクリックすることによって、ユーザディスクにその曲データをコピーすることができる。 The results of the trial, if you want the song data for the specified, the user by clicking on the "SAVEAS" button, it is possible to copy the song data to the user disk. ところで、図3 By the way, as shown in FIG. 3
は、表1における第1軸をX軸に、第2軸をY軸とした例であるが、他に「ダイナミックな」,「クールな」, It is the first axis in Table 1 in the X-axis, but the second axis is an example of a Y-axis, "dynamic" to another, "cool",
「重々しい」といった軸を選ぶこともできる。 It is also possible to select the axis, such as "grave".

【0040】以上の表示装置における動作を、図4の流れ図に沿って説明する。 [0040] The operation in the above display device will be described along the flowchart of FIG. 図示するように、表示装置はマップ画面を表示してから(S40)、入力待ち状態となる。 As shown, the display device after displaying a map screen (S40), waits for an input state. ここで、ユーザからクリックによる入力があると(S41)、表示装置はその座標を取得する(S4 Here, when there is an input by clicking the user (S41), the display device acquires the coordinates (S4
2)。 2). 続いて、取得座標に対応する曲データを指し示すポインタを辿って(S43)、クリックされたボタンに対応する曲データを得る。 Then, obtain the music data corresponding to by tracing the pointer to the music data corresponding to the obtained coordinates (S43), it is clicked button. そして、曲データをD/A変換することによってサウンド出力する(S44)。 Then, the sound output by D / A converts the music data (S44). その曲が気に入った場合などには、ユーザからの指示を受けて曲データのコピーを行う(S45)。 The example, when the song is liked, copying of music data in response to an instruction from the user (S45). また、イメージ軸による座標空間を変更する旨の指示を受けた場合には(S46)、所定のマップ画面を表示する(S40)。 Further, when receiving an instruction to change the coordinate space by the image axis (S46), and displays a predetermined map screen (S40).

【0041】図4におけるボタン座標取得のステップ以降の処理(S42,43,44)では、データベース管理システムの機能を利用することができる。 [0041] In step subsequent handling button coordinate acquisition in Fig. 4 (S42,43,44), can utilize the functions of the database management system. また、データベースに蓄積する曲データは、例えば、図5に示す構造で定義することができる。 Further, the music data accumulated in the database, for example, can be defined by the structure shown in FIG. 図示する曲データには、曲のタイトルと、各イメージ軸に対する尺度値と、実データへのポインタとを含む付加データを持たせてある。 The music data shown, are made to have the song title, and scale values ​​for each image axis, the additional data including a pointer to the actual data. この曲データをボタンとして画面に表示する位置は、該当する尺度値を参照することによって決定することができる。 Position on the screen of the music data as a button can be determined by reference to the appropriate scale value.

【0042】次に、キーを用いて音楽データを検索するためのインタフェースについて説明する。 Next, a description will be given of an interface for searching the music data by using a key. ここでは、音楽データのタイプ、音楽データの提供を受ける対象者、 Here, the subject that receives the type of music data, the provision of music data,
又は音楽データを使用する場面について検索キーを与える。 Or for the scene to use the music data give the search key. 図6は、キー設定画面の一例を示す図である。 Figure 6 is a diagram illustrating an example of a key definition screen. 図示する設定画面より、ユーザは、タイプとして'学会系','セミナー系','レポート系','プロモーション系'の四種類のキーを選ぶことができる。 Than setting screen shown in the figure, the user is, 'Society-based' as type, 'seminars system', 'report system', it is possible to choose four types of key of 'promotion system'. また、対象者として、'トップ(社長や役員)','会社(ビジネスマン)','一般(不特定の者)'の三種類のキーを選ぶことができる。 In addition, as the subject, 'top (President and officers)', 'company (businessman)', can choose three types of key of 'general (not specific person)'. また、場面として、'オープニング','本文','エンディング'の三種類のキーを選ぶことができる。 In addition, as a scene, 'opening', 'text', it is possible to select three types of key of 'ending'.

【0043】ここで、'プロモーション系','会社','本文'の三つのキーのアンド条件が採られたとする。 [0043] In this case, 'promotion system', 'company', and and conditions of three of the key of the 'body' has been taken. すると、例えば図7に示すように、表示装置は、 Then, for example, as shown in FIG. 7, the display device,
ヒットした曲データに対応するボタンを、色を変えてマップ画面に表示すると共に、その音楽データの名称と演奏時間とをマップ画面右横のウインドウに表示する。 The button corresponding to the hit song data, as well as displayed on the map screen by changing the color, displaying the playing time and the name of the music data to the map screen right next to the window. ここで、色の異なるボタンをクリックすることにより、ユーザは高い確率で所望のデータを得られると考えられる。 Here, by clicking the different buttons color, the user is considered to obtain the desired data with high probability. 仮に、ヒットした音楽データが「少しだけ違う」場合でも、色の異なるボタンの周辺にあるボタンを指定し、二次的な検索をすれば、最適な音楽データにたどり着くことができよう。 Even if the music data that has been hit is "slightly different", specifies the button that is in the vicinity of the different buttons of color, if a secondary search, will be able to reach the optimal music data.

【0044】ここでの検索キーによる音楽データの検索方法には、種々の技術手段を適用することができる。 [0044] The search method of the music data by the search key here, can be applied a variety of technical means. 例えば、検索キーに、尺度値についての区域を割り当てることで、音楽データを探索し抽出する方法が考えられる。 For example, the search key, by assigning an area for the scale value can be considered a method to extract and search for the music data. 具体的に、'プロモーション系'という検索キーについて、あかるい軸の区域を”0〜∞”と割り当てたとすれば、明るさの尺度値が負数である音楽データは検索候補外となる。 Specifically, the search key that 'promotion system', if assigned a zone of "0 to ∞" of bright axes, the music data measure value of brightness is negative becomes a search candidate outside. この検索処理は、図5に示した付加データを参照することによって、迅速且つ容易に行うことができる。 The search process, by referring to the additional data shown in FIG. 5, can be carried out quickly and easily.

【0045】その他の検索方法として、検索キーにマップ画面上の領域を割り当てる方法も考えられる。 [0045] As another method of search, it is also considered a method of allocating an area on the map screen to the search key. この場合には、割り当て領域と重なるボタンをそのまま抽出することができる。 In this case, it is possible to directly extract the button overlapping the allocation area. 図8は、割り当て領域の説明図である。 Figure 8 is an illustration of the allocation region. 図8において、検索キーXに領域Aが、検索キーY 8, the area A to the search key X, the search key Y
に領域Bが、検索キーZに領域Cがそれぞれ割り当てられている。 Region B are assigned each region C is the search key Z. この場合、検索キーX,Y,Zのオア条件が採られた場合には、領域A,B,Cのいずれかに重なるボタンが色を変えて表示されることになる。 In this case, when the search key X, Y, OR conditions of Z is taken, the region A, B, so that the button overlapping or C is displayed in a different color.

【0046】図9に、ガイドブックの表示画面例を示す。 [0046] FIG. 9 shows an example of a display screen of the guide book. 表示装置は、タイトル作成に不慣れなユーザに対して図示するようなガイドブックを提供することができる。 Display device may provide a guide as illustrated with respect to inexperienced users titling. 図中、[3. In the figure, [3. サウンドの使い方]の説明文が提示されている。 Description of how to use the sound] is presented. [(1)音楽]の欄には、[特徴],[ The column of [(1) Music], [characterized], [
提示する場面],[設計の基本方針],[プレゼンテーションタイプと音楽]、その他の項目について解説が為されている。 Presented scene], [design of the basic policy], commentary have been made for [presentation type and music], and other items. そして、その文章中には、音楽データの検索キーに相当する用語が含まれている。 Then, during the sentence, it contains a term that corresponds to the search key of the music data. この用語に、音楽データをリンクさせておけば、ガイドブックから音楽データを検索することが可能となる。 In this term, if the link the music data, it is possible to search for music data from the guide book. そして、ヒットした音楽データを、マップ画面に表示させれば、二次的な検索により、ヒットした音楽データに近いものを試聴することも可能となる。 Then, the music data hit, if displayed on the map screen, by secondary search, it is possible to listen to the close to the music data hit.

【0047】図10は、ガイドブックにおいて、プレゼンテーションのタイプに応じた適切な音楽の選び方を説明した部分である。 [0047] FIG. 10, in the guide book, is a part that described the appropriate choice of music depending on the type of presentation. このガイドブックでは、表形式で説明してあり、表の中をいくつかのブロックに分けて音楽データのタイプを指示している。 In this guide, I have explained in a tabular format, and indicate the type of music data in several blocks in the table. ここで、表中の任意のブロックをマウス等でクリックすると、該当する音楽データの検索が行われる。 Here, if any of the blocks in the table is clicked on with a mouse or the like, search for the corresponding music data is performed. この検索は、表の縦方向に並ぶタイプについての検索キーと、表の横方向に並ぶ対象者についての検索キーとのアンド条件を採ればよい。 This search is a search key of the type arranged in the vertical direction of the table, it Taking the AND condition of the search key for the subject arranged in the horizontal direction of the table.

【0048】検索が終了すると、図11に示すように、 [0048] When the search is completed, as shown in FIG. 11,
新しいウインドウが開かれ、ヒットした音楽データを演奏するためのコントロールパネルが表示される。 A new window is opened, the control panel for playing music data that has been hit is displayed. ユーザは、ここで音楽データの名前を指定してその音楽を試聴することもできるが、コントロールパネルの右上にある「MAP表示」ボタンをクリックすることによって、図12に示すようなマップ画面を表示させることもできる。 User is that, although it is also possible to listen to a music with the name of the music data, by clicking on the "MAP display" button in the upper-right corner of the control panel, display the map screen as shown in FIG. 12 It can also be. このマップ画面でも、ヒットした音楽データは、色を変えて表示されている。 In this map screen, music data that has been hit is displayed in a different color.

【0049】 [0049]

【発明の効果】以上説明したように、請求項1の発明では、サウンド・データをイメージ語を基準としてマッピングすることができる。 As described in the foregoing, in the invention of claim 1, it is possible to map the sound data based on the image word. 請求項2の発明では、サウンド・データと色とを関連づけたマッピングが可能となる。 In the invention of claim 2, it is possible mapping that associates the sound data and color.
請求項3の発明では、同一のイメージ軸に同類のイメージ語を割り付けることができる。 In the invention of claim 3, it is possible to assign a same series image word on the same image axis. 請求項4の発明では、 In the invention of claim 4,
サウンド・データの利用者に都合の良いマッピングができる。 Convenient it is good mapping to the user of the sound data. 請求項5の発明では、サウンド・データの利用者に所望の形式でマップされたサウンド・データを提示することができる。 In the invention of claim 5, it is possible to present the sound data mapped in the desired format to the user of the sound data.

【0050】さらに、請求項6の発明では、シンボル指定によってサウンド・データの試聴ができ、請求項7の発明では、イメージ空間を利用したサウンド・データの検索ができ、請求項8又は9の発明では、ガイドブックなど文章説明に基づいて検索したサウンド・データをマップ画面に表示させて、二次的な検索を行うことができる。 [0050] Further, in the present invention 6, can listen the sound data by the symbols specified in the invention of claim 7, you can search the sound data using image space, the invention of claim 8 or 9 in, to display the sound data of a search based on the text description such as a guide book to the map screen, it is possible to perform a secondary search.

【0051】このように、本発明により、従来不可能とされてきた音楽の持つイメージを数値的に表現することができるようになり、「音を探す時のユーザ側の表現とシステム側の表現の不一致」が解消される。 [0051] Thus, in accordance with the present invention, it will be able to numerical representation of the image with the music that has been considered previously impossible, the user's side representation and the system side representation of when looking for a "sound mismatch "is eliminated. そして、 And,
「もう少しあかるい曲」や「ボタンを押したときの効果音」といった特異な検索方法も可能となる。 Specific search methods, such as it is possible "sound effect when you press the button," "a little bit more bright song" and. また、タイトル開発に不慣れなユーザにとっては、「役員向けのプレゼンテーションのオープニングにふさわしい曲」というように、感覚的な表現によってもサウンド・データの検索を可能とする。 In addition, for the inexperienced user in the title development, such as "song worthy of the opening of for officers presentation", also to allow a search of the sound data by the sensuous representation.

【0052】本発明を、検索システムや作曲支援システム、楽曲評価システムに用いれば、音楽という芸術を工学的に取り扱うことが可能となる。 [0052] The present invention, retrieval system and composers support system, the use of the music evaluation system, it is possible to deal with the art of music engineering. 以上のことから本発明は、これからますます手軽になってくる音楽や作曲を支援するシステムの基礎として非常に重要な技術であると言える。 Or more of the present invention because it can be said to be a very important technology as the basis for a system to support the music and composers to become increasingly easy from now on.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施例を示す図である。 1 is a diagram showing an embodiment of the present invention.

【図2】マッピングされたサウンド・データの表示例を示す図である。 2 is a diagram showing a display example of the mapped sound data.

【図3】本発明による表示装置の画面例を示す図である。 3 is a diagram showing an example of a screen of a display device according to the present invention.

【図4】表示装置の動作例を説明する流れ図である。 4 is a flowchart illustrating an operation example of the display device.

【図5】曲データのデータ構造の一例を示す図である。 5 is a diagram showing an example of the data structure of the music data.

【図6】本発明による表示装置の画面例を示す図である。 6 is a diagram showing an example of a screen of a display device according to the present invention.

【図7】本発明による表示装置の画面例を示す図である。 7 is a diagram showing an example of a screen of a display device according to the present invention.

【図8】検索キーへの割り当て領域について説明する図である。 8 is a diagram for explaining allocation area to the search key.

【図9】本発明による表示装置の画面例を示す図である。 9 is a diagram showing an example of a screen of a display device according to the present invention.

【図10】本発明による表示装置の画面例を示す図である。 10 is a diagram showing an example of a screen of a display device according to the present invention.

【図11】本発明による表示装置の画面例を示す図である。 11 is a diagram showing an example of a screen of a display device according to the present invention.

【図12】本発明による表示装置の画面例を示す図である。 12 is a diagram showing an example of a screen of a display device according to the present invention.

───────────────────────────────────────────────────── ────────────────────────────────────────────────── ───

【手続補正書】 [Procedure amendment]

【提出日】平成7年9月12日 [Filing date] 1995 September 12,

【手続補正1】 [Amendment 1]

【補正対象書類名】図面 [Correction target document name] drawings

【補正対象項目名】図3 [Correction target item name] FIG. 3

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【図3】 [Figure 3]

【手続補正2】 [Amendment 2]

【補正対象書類名】図面 [Correction target document name] drawings

【補正対象項目名】図6 [Correction target item name] FIG. 6

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【図6】 [Figure 6]

【手続補正3】 [Amendment 3]

【補正対象書類名】図面 [Correction target document name] drawings

【補正対象項目名】図7 [Correction target item name] FIG. 7

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【図7】 [7]

【手続補正4】 [Amendment 4]

【補正対象書類名】図面 [Correction target document name] drawings

【補正対象項目名】図9 [Correction target item name] FIG. 9

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【図9】 [9]

【手続補正5】 [Amendment 5]

【補正対象書類名】図面 [Correction target document name] drawings

【補正対象項目名】図10 [Correction target item name] FIG. 10

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【図10】 [Figure 10]

【手続補正6】 [Amendment 6]

【補正対象書類名】図面 [Correction target document name] drawings

【補正対象項目名】図11 [Correction target item name] FIG. 11

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【図11】 [11]

【手続補正7】 [Amendment 7]

【補正対象書類名】図面 [Correction target document name] drawings

【補正対象項目名】図12 [Correction target item name] FIG. 12

【補正方法】変更 [Correction method] change

【補正内容】 [Correction contents]

【図12】 [Figure 12]

Claims (9)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 サウンドが持つイメージを表すことができるイメージ語を抽出するステップと、 イメージ語をイメージの強弱を表す方向を持ったイメージ軸に割り付けるステップと、 そのサウンドが持つイメージに基づいて、各イメージ軸におけるサウンド・データの値を決定するステップと、 ひとつ又は複数のイメージ軸を有するイメージ空間へサウンド・データをマッピングするステップとを有することを特徴とするサウンド・データのマッピング方法。 Extracting an image word 1. A can represent an image sound has the steps of allocating image word to the image axis having a direction representing the intensity of the image, based on image that sound has, steps and, sound data mapping method, characterized in that it comprises the step of mapping the sound data to the image space having one or more image-axis to determine the value of sound data in each image axis.
  2. 【請求項2】 前記抽出するステップは、イメージ語として色を抽出する請求項1記載のサウンド・データのマッピング方法。 Wherein said step of extracting the sound data mapping method according to claim 1, wherein extracting the color as image word.
  3. 【請求項3】 前記割り付けるステップは、予めイメージ語を分類し、サウンドのイメージに関して同類のイメージ語に対してひとつのイメージ軸を割り付ける請求項1記載のサウンド・データのマッピング方法。 Wherein said assigning step is to beforehand classifying the image word, sound data mapping method according to claim 1, wherein assigning the one image axis relative likes of image word regarding sound image.
  4. 【請求項4】 前記決定するステップは、聴者試験結果を用いてサウンド・データの値を決定する請求項1記載のサウンド・データのマッピング方法。 Wherein said determining step includes the sound data mapping method according to claim 1, wherein determining the value of the sound data using the listener test results.
  5. 【請求項5】 前記方法によってイメージ空間へマッピングされたサウンド・データを表示する装置であって、 所望のイメージ語を選択させる手段と、 そのイメージ語に対応するイメージ軸を座標軸として、 5. A device for displaying sound data mapped to the image space by said method, as coordinate axes and means for selecting a desired image word, the image axis corresponding to the image word,
    サウンド・データを表示する手段とを具備することを特徴とするサウンド・データの表示装置。 Display of sound data, characterized by comprising means for displaying the sound data.
  6. 【請求項6】 イメージ軸における値を持ったサウンド・データを格納する手段と、 それぞれのサウンド・データを一つ又は複数のイメージ軸によって形成されるイメージ空間上に配置し、シンボルにて表示する手段と、 シンボルの指定を受けて、そのサウンド・データを試聴させる手段とを具備することを特徴とするサウンド・データの表示装置。 6. A means for storing sound data having a value in the image axis, disposed in the image space formed respective sound data by one or more image axis and displayed in the symbol means and, in response to designation of the symbol, the display device of the sound data, characterized by comprising a means for listening to the sound data.
  7. 【請求項7】 サウンド・データの検索キーについて、 About 7. The search key of sound data,
    イメージ軸の区域或いはイメージ空間の領域を割り当てると共に、 検索キーの指定を受けて、その区域或いは領域に含まれるサウンド・データのシンボルを標識する手段を設ける請求項6記載のサウンド・データの表示装置。 Allocates space areas or image space of the image axis, receiving the designation of the search key, the display device of the sound data according to claim 6, wherein providing means for labeling the symbol of sound data contained in that area or region .
  8. 【請求項8】 音素材使用の説明文を提示する手段と、 説明文中に現われる所定の用語の指定を受けて、その用語に関連するサウンド・データを抽出する手段と、 抽出したサウンド・データをイメージ空間上に表示するための手段とを有する請求項6記載のサウンド・データの表示装置。 8. A means for presenting a description of the sound materials used, upon receiving the designation of certain terms that appear in the legend, and means for extracting the sound data associated with the term, extracted sound data display of sound data according to claim 6, further comprising a means for displaying the image on the space.
  9. 【請求項9】 サウンド・データの検索キーについて、 For 9. The search key of sound data,
    所定の組み合わせに対応するサウンドの説明文を表示する手段と、 その組み合わせの指定を受けて、該当するサウンド・データを検索する手段とを具備する請求項7記載のサウンド・データの表示装置。 Means for displaying the sound of description corresponding to a predetermined combination, in response to designation of the combination, the sound data according to claim 7 wherein comprising a means for retrieving the corresponding sound data display device.
JP14894195A 1994-12-21 1995-06-15 Mapping method for sound data and display device Withdrawn JPH08227297A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP31866394 1994-12-21
JP6-318663 1994-12-21
JP14894195A JPH08227297A (en) 1994-12-21 1995-06-15 Mapping method for sound data and display device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP14894195A JPH08227297A (en) 1994-12-21 1995-06-15 Mapping method for sound data and display device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH08227297A true true JPH08227297A (en) 1996-09-03

Family

ID=26478982

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP14894195A Withdrawn JPH08227297A (en) 1994-12-21 1995-06-15 Mapping method for sound data and display device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH08227297A (en)

Cited By (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2002065339A1 (en) * 2001-01-09 2002-08-22 Fujitsu Limited Multimedia information sorting/arranging device and sorting/arranging method
US6504089B1 (en) 1997-12-24 2003-01-07 Canon Kabushiki Kaisha System for and method of searching music data, and recording medium for use therewith
JP2003068060A (en) * 2001-08-27 2003-03-07 Clarion Co Ltd Audio information apparatus
JP2005010771A (en) * 2003-05-26 2005-01-13 Matsushita Electric Ind Co Ltd Music retrieval device
WO2006030612A1 (en) * 2004-09-16 2006-03-23 Sony Corporation Content creating device and content creating method
JP2007148891A (en) * 2005-11-29 2007-06-14 Victor Co Of Japan Ltd Apparatus for searching and reproducing music
JP2007172209A (en) * 2005-12-21 2007-07-05 Victor Co Of Japan Ltd Content retrieval device and content retrieval program
JP2008250710A (en) * 2007-03-30 2008-10-16 Clarion Co Ltd Musical piece reproduction control device

Cited By (11)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6504089B1 (en) 1997-12-24 2003-01-07 Canon Kabushiki Kaisha System for and method of searching music data, and recording medium for use therewith
WO2002065339A1 (en) * 2001-01-09 2002-08-22 Fujitsu Limited Multimedia information sorting/arranging device and sorting/arranging method
JP2003068060A (en) * 2001-08-27 2003-03-07 Clarion Co Ltd Audio information apparatus
JP2005010771A (en) * 2003-05-26 2005-01-13 Matsushita Electric Ind Co Ltd Music retrieval device
JP4695853B2 (en) * 2003-05-26 2011-06-08 パナソニック株式会社 Music search apparatus
WO2006030612A1 (en) * 2004-09-16 2006-03-23 Sony Corporation Content creating device and content creating method
US7960638B2 (en) 2004-09-16 2011-06-14 Sony Corporation Apparatus and method of creating content
JP2007148891A (en) * 2005-11-29 2007-06-14 Victor Co Of Japan Ltd Apparatus for searching and reproducing music
JP4622829B2 (en) * 2005-11-29 2011-02-02 日本ビクター株式会社 Music search reproducing apparatus, music search reproduction method, an impression word set program
JP2007172209A (en) * 2005-12-21 2007-07-05 Victor Co Of Japan Ltd Content retrieval device and content retrieval program
JP2008250710A (en) * 2007-03-30 2008-10-16 Clarion Co Ltd Musical piece reproduction control device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6628313B1 (en) Information retrieval method and apparatus displaying together main information and predetermined number of sub-information related to main information
Hu et al. Exploring Mood Metadata: Relationships with Genre, Artist and Usage Metadata.
US7098392B2 (en) Electronic image visualization system and communication methodologies
US7074999B2 (en) Electronic image visualization system and management and communication methodologies
US5772446A (en) Interactive learning system
US7989689B2 (en) Electronic music stand performer subsystems and music communication methodologies
US20040017390A1 (en) Self instructional authoring software tool for creation of a multi-media presentation
US5572728A (en) Conference multimedia summary support system and method
US20060224260A1 (en) Scan shuffle for building playlists
Tzanetakis et al. Manipulation, analysis and retrieval systems for audio signals
US20110029526A1 (en) System And Method For Displaying Relationships Between Electronically Stored Information To Provide Classification Suggestions Via Inclusion
US7279629B2 (en) Classification and use of classifications in searching and retrieval of information
US20080294981A1 (en) Page clipping tool for digital publications
US20070168413A1 (en) Visualization and control techniques for multimedia digital content
US20040199491A1 (en) Domain specific search engine
US20040155888A1 (en) Method for displaying the contents of a collection of media objects
US20030182139A1 (en) Storage, retrieval, and display of contextual art with digital media files
US20020169759A1 (en) Method and apparatus for graphically formulating a search query and displaying result set
US7650570B2 (en) Methods and apparatus for visualizing a music library
Silla Jr et al. The Latin Music Database.
Mynatt Designing with auditory icons: how well do we identify auditory cues?
US5832472A (en) Enhanced electronic encyclopedia
US20090063971A1 (en) Media discovery interface
US20090327272A1 (en) Method and System for Searching Multiple Data Types
US6880132B2 (en) Method and apparatus for arranging and displaying files or folders in a three-dimensional body

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20020903