JPH06288458A - Ball screw with removable screw shaft, and reactor control rod driving device utilizing this ball screw - Google Patents

Ball screw with removable screw shaft, and reactor control rod driving device utilizing this ball screw

Info

Publication number
JPH06288458A
JPH06288458A JP9504293A JP9504293A JPH06288458A JP H06288458 A JPH06288458 A JP H06288458A JP 9504293 A JP9504293 A JP 9504293A JP 9504293 A JP9504293 A JP 9504293A JP H06288458 A JPH06288458 A JP H06288458A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
ball
screw
nut
groove
screw shaft
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP9504293A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Sho Imayoshi
Michio Yuasa
祥 今吉
道生 湯浅
Original Assignee
Mitsubishi Atom Power Ind Inc
Tsubakimoto Seiko:Kk
三菱原子力工業株式会社
株式会社椿本精工
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Classifications

    • FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
    • F16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
    • F16HGEARING
    • F16H25/00Gearings comprising primarily only cams, cam-followers and screw-and-nut mechanisms
    • F16H25/18Gearings comprising primarily only cams, cam-followers and screw-and-nut mechanisms for conveying or interconverting oscillating or reciprocating motions
    • F16H25/20Screw mechanisms
    • F16H25/22Screw mechanisms with balls, rollers, or similar members between the co-operating parts; Elements essential to the use of such members
    • F16H25/2204Screw mechanisms with balls, rollers, or similar members between the co-operating parts; Elements essential to the use of such members with balls
    • F16H25/2214Screw mechanisms with balls, rollers, or similar members between the co-operating parts; Elements essential to the use of such members with balls with elements for guiding the circulating balls
    • F16H25/2223Cross over deflectors between adjacent thread turns, e.g. S-form deflectors connecting neighbouring threads

Abstract

PURPOSE: To provide an internal circulating type ball screw preventing the fall of balls from a ball nut at the time of fitting/removing the ball nut to/from a screw shaft.
CONSTITUTION: A ball circulating cap 5 is fitted into the ball circulating cap fitting hole 4 of a ball nut 2. The width of the opening part 8 of the ball circulating cap 5 is made narrower than the diameter of a ball 3, over the whole length. Ball retainers 6 are engagedly fixed to the inner surface of the ball nut 2. Each ball retainer 6 is provided with a hole part 12 into which the opening part side of the ball circulating cap 5 is fitted, and a spiral slot 13 formed in the same lead as a screw shaft 1 and the thread grooves 1a, 2a of the ball nut 2 and opened onto the screw shaft 1 side so as to be communicated with a ball circulating groove 7. The width of the screw shaft 1 side opening part of this spiral slot 13 is made narrower than the diameter of the ball 3.
COPYRIGHT: (C)1994,JPO

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、ボールナットのねじ溝に連通する循環路を内面に設けたボール循環用キャップをボールナットに嵌合固定した内部循環式のボールねじに関し、特にボールナットをねじ軸と分離した際ボールがボールナットから脱落しないボールねじに係るものである。 The present invention relates to relates to internal circulation type ball screw of the ball circulation cap was fitted and fixed to the ball nut provided with a circulation path which communicates with the thread groove of the ball nut to the inner surface, in particular ball nut ball when separated from the screw shaft is related to a ball screw that does not fall off from the ball nut. また、本発明は、上記ボールねじを利用した、原子炉の制御棒駆動装置に関する。 The present invention also utilizing the ball screw, a control rod drive of a reactor.

【0002】 [0002]

【従来の技術】図15及び図16は、従来の内部循環式のボールねじを示し、図中、1はねじ軸、2はボールナット、3はボールである。 BACKGROUND ART FIGS. 15 and 16 show a conventional internal circulation type ball screw, in FIG, 1 is a screw shaft, 2 a ball nut, 3 is a ball. ねじ軸1は、有限長の丸棒状の軸であり、その外面には、ボール3が転動する一連の螺旋状のねじ溝1aが形成され軸方向に延びており、このねじ溝1aは、ボール3の径に適合した曲率の凹形状で且つ等しいリードで形成されている。 The screw shaft 1 is a shaft of the round bar of finite length, the outer surface thereof extends in the axial direction are formed a series of helical screw groove 1a of the ball 3 rolls is, the thread groove 1a is It is formed by and equal lead with concave curvature adapted to the diameter of the ball 3. ボールナット2 Ball nut 2
は、中空円筒状に形成され、その内面にはボール3が転動する一連の螺旋状のねじ溝2aがねじ軸1と同様の凹形状で且つ等しいリードで形成されている。 It is formed in a hollow cylindrical shape and is formed with a series of helical screw groove 2a screw shaft 1 and the same and equal lead with concave shape ball 3 rolls on the inner surface thereof. このボールナット2のねじ溝2aとねじ軸1のねじ溝1aとが対向して、ボール3の通路が形成されている。 The screw groove 2a of the ball nut 2 and the screw groove 1a of the screw shaft 1 to face, the passage of the balls 3 are formed. そして、ボールナット2はねじ軸1に螺合され、それぞれのねじ溝1 Then, the ball nut 2 is screwed to the screw shaft 1, each of the screw groove 1
aと2aとの間にはボール3が転動自在に装填されている。 Balls 3 is loaded rollably between the a and 2a.

【0003】またボールナット2には、隣接するねじ溝2a間に渡って設けられた長円状の貫通したボール循環用キャップ取付孔4が形成されている。 [0003] Also in the ball nut 2, ball circulation cap mounting hole 4 that penetrates the like provided over the adjacent thread groove 2a oval is formed. このボール循環用キャップ取付孔4には、ねじ軸1側に開口する開口部8bを有し、ねじ軸1のねじ溝1aに沿って転動するボール3を隣りのねじ溝1aに、ねじ溝間の峰部1bを乗り越えるように案内するボール循環溝7bを有するボール循環用キャップ5bが固着されている。 The ball circulation cap mounting hole 4 has an opening 8b that is open to the screw shaft 1 side, the screw groove 1a of the adjacent balls 3 which roll along the screw groove 1a of the screw shaft 1, the thread groove ball circulation cap 5b having a ball circulation groove 7b which guides the ride over the ridges 1b between is fixed. ボール3は、 Ball 3,
ねじ溝1a,2aとボール循環用キャップ5bにより閉じたボール通路内を満たすように収納配列されて無限循環する。 Thread grooves 1a, housed arranged to meet the ball passage closed by 2a and the ball circulation cap 5b are endlessly circulated.

【0004】図17乃至図19に示すように、ボール循環用キャップ5bにはねじ軸1に面する内側湾曲面9b [0004] As shown in FIGS. 17 to 19, curved inner surface 9b facing the screw shaft 1 to the ball circulation cap 5b
と、この内側湾曲面9bにねじ軸1側に開口する開口部8bを有し、外周面には閉じている長S字状のボール循環溝7bが形成されている。 When has an opening 8b that is open to the curved inner surface 9b to the screw shaft 1 side, Closed long S-shaped ball circulation groove 7b is formed on the outer peripheral surface. この開口部8bの幅は全長に亘ってボール3の径より僅かに大きいU字形状断面を有している。 The width of the opening portion 8b has a slightly larger U-shaped cross-section than the diameter of the ball 3 over the entire length. なお、11bはボール3の出入部である。 Incidentally, 11b are in and out of the ball 3.

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】ところで、ねじ軸の軸端やボールナットに追加工を施す際、或いは挿入されているボールを交換する場合のように、ねじ軸とボールナットを分離しなければならない際には、ボールナットからのボールの脱落を防ぐため、図20又は図21に示すようにボール3をボールナット2に入れたままねじ軸1 [SUMMARY OF THE INVENTION Incidentally, when performing the additional shaft end and the ball nut Engineering of the screw shaft, or as in the case of replacing a ball being inserted, to be separated the screw shaft and the ball nut when not, in order to prevent falling off of the ball from the ball nut, FIG. 20 or 21 leave the screw shaft 1 was placed balls 3 in the ball nut 2 as shown
を着脱する方法が知られている。 How to attach and detach the are known. 図20は、ねじ軸1のねじ溝谷径より0.2〜0.4mm小さい外径を有する仮軸50の端面をねじ軸1のねじ溝部端面に接触させてボールナット2を着脱する方法を示す。 Figure 20 illustrates a method of attaching and detaching the ball nut 2 by the end face of the temporary shaft 50 having 0.2~0.4mm a smaller outer diameter than the thread Mizotani diameter of the screw shaft 1 is brought into contact with the threaded portion end surface of the screw shaft 1 . 図21は、ねじ軸1のねじ溝部端面に上記仮軸50の端面を直接接触できない場合、ねじ軸1の軸端機械加工部にテープ54などを巻いて仮軸50の外径と同寸法にしてボールナット2を着脱する方法を示す。 21, when the threaded portion end surface of the screw shaft 1 can not contact the end face of the temporary shaft 50 directly, and the outer diameter and the same size of the temporary shaft 50 by winding a tape or 54 on the shaft end machining portion of the screw shaft 1 It illustrates a method of attaching and detaching the ball nut 2 Te. なお、52は仮軸50からボールナット2が抜け落ちないようにするためのストッパーである。 Incidentally, 52 is a stopper order to prevent falling off the ball nut 2 from Karijiku 50.

【0006】上記の方法では、ねじ軸1と仮軸50の中心を合せるように注意しながらねじ軸1の軸端に仮軸5 [0006] In the above method, Karijiku the shaft end of the screw shaft 1 while being careful matching the center of the screw shaft 1 and Karijiku 50 5
0を押し付けた状態でボールナット2を着脱せねばならず、不慣れな場合にはボール3に傷をつけたり脱落させることがあった。 0 must take into attaching and detaching the ball nut 2 in a state in which the pressing, if unfamiliar had it to fall off or scratch the ball 3. また、仮軸50にボールナット2を組込んだ場合、ストッパー52が緩んでボールナット2が仮軸50から抜け落ち、ボール3が脱落するのは無論のこと、ボールナット2自体を破損させることがあった。 In addition, when incorporating the ball nut 2 to the temporary shaft 50, coming off from the ball nut 2 is temporary shaft 50 loose stopper 52, course of it the ball 3 from falling off, may damage the ball nut 2 itself there were.
さらに、ボールナット2をねじ軸1に着脱させることが必要な用途においては、ボールナット2をねじ軸1から抜いた場合に、ボールの脱落を防止しなければならない。 Furthermore, in applications requiring it to attach and detach the ball nut 2 to the screw shaft 1, when disconnect the ball nut 2 from the screw shaft 1, it must be prevented from falling off the ball.

【0007】本発明は上記の課題を解決すべくなされたものであり、その第1の目的は、ボールナットのねじ溝に連通する循環路を内面に設けたボール循環用キャップをボールナットに嵌合固定した内部循環式のボールねじにおいて、ボールナットをねじ軸と分離した際ボールがボールナットから脱落しないようにしたボールねじを提供することである。 [0007] The present invention has been made to solve the above problems, the first object, fitting the ball circulation cap provided with a circulation path which communicates with the thread groove of the ball nut to the inner surface to the ball nut in internal circulation type ball screw that if fixed, is that the ball when the ball nut is separated from the screw shaft to provide a ball screw so as not to fall off from the ball nut. 本発明の第2の目的は、上記のボールねじを利用した、原子炉の制御棒駆動装置を提供することである。 A second object of the present invention, using the above-described ball screw, is to provide a control rod drive of a reactor.

【0008】 [0008]

【課題を解決するための手段】本発明は、外面にねじ溝を有するねじ軸と、該ねじ軸のねじ溝に対応するねじ溝を内面に有するボールナットと、前記ねじ軸及びボールナットの対応する両ねじ溝間に装填された転動自在な多数のボールと、前記ボールナットに設けたボール循環用キャップ取付孔に嵌合し且つ前記ねじ軸側に開口する開口部を有して前記ボールナットのねじ溝に連通するボール循環溝を有するボール循環用キャップとを有して成る内部循環式のボールねじにおいて、前記ボール循環用キャップの開口部の幅が全長に亘って前記ボールの径より狭く、前記ボールナットの内面には、前記ボールナットのねじ溝と同一リードで前記ねじ軸側に開口し且つ前記ボール循環溝に連通する螺旋スロットが形成されたボールリテーナを有し Means for Solving the Problems The present invention includes a screw shaft having a screw groove on the outer surface, a ball nut having a thread groove on the inner surface corresponding to the screw groove of the screw shaft, corresponding of the screw shaft and the ball nut the ball has a rollable plurality of balls loaded between the thread grooves, the openings opening into engagement with and the screw shaft side ball circulation cap mounting hole provided in the ball nut to in internal circulation type ball screw comprising and a ball circulation cap having a ball circulation groove which communicates with the thread groove of the nut, than the diameter of said ball width of the opening of the ball circulation cap over the entire length narrow, wherein the inner surface of the ball nut, has a ball retainer helical slot is formed which communicates with the open and the ball circulation groove in the screw shaft side screw groove of the same lead of the ball nut 前記螺旋スロットのねじ軸側開口部の幅が前記ボールの径より狭い、ねじ軸が着脱可能なボールねじにより前記課題を解決した。 The width of the screw shaft-side opening of the spiral slot is narrower than the diameter of the ball, screw shaft has solved the above problems by detachable ball screw.

【0009】 [0009]

【作用】ボール循環用キャップは単独でボールを包持する形状であるとともに、ボールリテーナの螺旋スロットのねじ軸側開口部の幅がボールの径より狭められているので、ボールナットをねじ軸と分離した際に、ボールがボールナットから脱落しない。 [Action] ball circulation cap together with itself is shaped to embracing the ball, the width of the screw shaft-side opening of the ball retainer of the helical slot is narrowed than the diameter of the ball screw shaft of the ball nut and when separated, the ball does not fall off from the ball nut.

【0010】また、前記ボールナットの内面に係止溝を設け、該係止溝に嵌合する止め輪により前記ボールリテーナを軸方向に固定せしめると、肉厚が薄くボールナットに取付けるためのねじ孔を形成することができない場合にもボールリテーナを使用することができる。 Further, the locking grooves provided on the inner surface of the ball nut, if allowed to fix the ball retainer by snap ring which fits into the locking groove in the axial direction, a screw for attachment to thin the ball nut thickness it can be used a ball retainer even if it is not possible to form a hole. さらに、前記ボール循環用キャップを自己潤滑性複合材料から製造すると、グリースや潤滑油の供給が困難な利用分野においても、広くボールねじを使用することができる。 Further, the ball circulation cap when made from self-lubricating composite material, even in difficult-FIELD supply of grease or lubricant, may be used widely ball screw.

【0011】 [0011]

【実施例】以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。 BRIEF DESCRIPTION OF THE PREFERRED embodiment of the present invention with reference to the drawings. なお、図中、従来のボールねじと同一又は対応する部材等には、同一符号を付してある。 In the figure, the conventional ball screw the same or corresponding members or the like, are denoted by the same reference numerals. 図1乃至図10 FIGS. 1-10
は、本発明の第1実施例を示すものである。 It shows a first embodiment of the present invention.

【0012】図1乃至図3に示すように、本発明のボールねじは、ねじ軸1、ボールナット2、複数個のボール3、ボール循環用キャップ5およびボールリテーナ6から成る。 [0012] As shown in FIGS. 1 to 3, the ball screw of the present invention consists of the screw shaft 1, the ball nut 2, a plurality of balls 3, ball circulation cap 5 and the ball retainer 6. ねじ軸1の外面には、ボール3の径に適合した曲率の凹形状で且つ等しいリードのねじ溝1aが形成されている。 The outer surface of the screw shaft 1, a screw groove 1a of and equal lead with concave curvature adapted to the diameter of the ball 3 is formed. ボールナット2の内面には、ねじ軸1と同様の凹形状で且つ等しいリードで、ねじ軸1のねじ溝1a The inner surface of the ball nut 2, with and equal lead in the same concave shape as the screw shaft 1, of the screw shaft 1 screw groove 1a
と対応するねじ溝2aが形成されている。 Corresponding screw groove 2a is formed with. またボールナット2には、隣接するねじ溝2a間に亘って設けられた長円状の貫通したボール循環用キャップ取付孔4が2つ形成されており、これら2つのボール循環用キャップ取付孔4には、それぞれねじ軸1側に開口する開口部8を有し、ねじ軸1のねじ溝1aに沿って転動するボール3 Also in the ball nut 2, is formed ball circulation cap mounting hole 4 and oval shaped through provided over between the thread groove 2a adjacent the two, these two ball circulation cap mounting hole 4 to have respective openings 8 opening to the screw shaft 1 side, balls 3 roll along the screw groove 1a of the screw shaft 1
を隣りのねじ溝1aに、ねじ溝間の峰部1bを乗り越えるように案内するボール循環溝7を有するボール循環用キャップ5が固着されている。 The screw groove 1a of the next, and ball circulation cap 5 having a ball circulation groove 7 for guiding to overcome the ridge 1b between the screw groove is fixed. ボールリテーナ6の螺旋スロット13はボール循環溝7と連通している。 Slotted 13 of the ball retainer 6 is communicated with the ball circulating groove 7. ボール3は、螺旋スロット13内で、ねじ溝1a,2a及びボール循環溝7により閉じられたボール通路を満たすように収納配列され無限循環する。 Balls 3, a helical slot within 13, screw grooves 1a, 2a and housed arranged to meet the ball passage closed by the ball circulation groove 7 endlessly circulating. なお、16は取付ねじ1 Incidentally, 16 is attached screw 1
8を用いてボールナット2の内面にボールリテーナ6を固着するための、ボールナット2に穿設したねじ挿通孔である。 For fixing the ball retainer 6 on the inner surface of the ball nut 2 by using 8, a screw insertion hole provided in the ball nut 2.

【0013】図4乃至図6に示すように、ボール循環用キャップ5には、ねじ軸1側に面する内側湾曲面9と、 [0013] As shown in FIGS. 4 to 6, the ball circulation cap 5, a curved inner surface 9 facing the screw shaft 1 side,
この内側湾曲面9においてねじ軸1側に開口する開口部8を有し、外周面には閉じている長S字状のボール循環溝7が形成されている。 The inside curved surface 9 having an opening 8 which opens into the screw shaft 1 side, Closed long S-shaped ball circulation groove 7 is formed on the outer peripheral surface. この開口部8の幅は全長に亘ってボール循環溝7の最大幅部10、すなわち、ボール3 Maximum width portion 10 of the ball circulation groove 7 the width of the opening 8 over the entire length, i.e., the ball 3
の径より狭められた形状になっており、従って、ボール循環用キャップ5は単独でボール3を包持することができる。 It has become narrowed than the diameter shape, therefore, the ball circulation cap 5 may be embracing the ball 3 alone. ボール循環溝7の両端のボール出入部11は、ボールリテーナ6の螺旋スロット13と整列する。 Ball and out portion 11 at both ends of the ball circulation groove 7 is aligned with the helical slot 13 of the ball retainer 6.

【0014】図7及び図8に示すように、所定の長さを有し且つねじ軸1の外面とボールナット2の内面との間の環状空間に配設される肉厚を有するボールリテーナ6 [0014] As shown in FIGS. 7 and 8, ball retainer 6 has a wall thickness that is arranged in an annular space between the predetermined length to have and the screw shaft 1 the outer surface and the inner surface of the ball nut 2
は、一対のリテーナ6a,6bから成る。 Is a pair of retainer 6a, 6b. このボールリテーナ6(6a,6b)の材質は金属又は合成樹脂である。 The material of the ball retainer 6 (6a, 6b) is a metal or a synthetic resin. 図中右側のリテーナ6aの左端面14と図中左側のリテーナ6bの右端面15とが相俟ってボール循環用キャップ5の開口部側が嵌合する孔部12、及びねじ軸1 Hole 12 opening side is fitted in the left end face 14 and the right end face 15 and the ball circulation cap 5 - together in the left side in the drawing of the retainer 6b in the right side in the drawing of the retainer 6a, and the screw shaft 1
及びボールナット2のねじ溝1a,2aと同一リードの螺旋スロット13が形成される。 And screw groove 1a of the ball nut 2, the spiral slot 13 of 2a and the same lead is formed. 螺旋スロツト13は孔部12に嵌合するボール循環用キャップ5のボール循環溝7に整列する。 Helical slot 13 is aligned to the ball circulation groove 7 of ball circulation cap 5 which fits into the hole 12. また図9及び図10に示すように、螺旋スロット13の外周側開口部の幅はボール3の径より僅かに大きく、ねじ軸1側開口部の幅はボール3の径より狭められている。 Also as shown in FIGS. 9 and 10, the width of the outer peripheral side opening of the spiral slot 13 is slightly larger than the diameter of the ball 3, the width of the screw shaft 1 side opening is narrowed than the diameter of the ball 3. なお、17は取付ねじ18を用いてボールリテーナ6(6a,6b)をボールナット2内面に固着するためのねじ孔である。 Incidentally, 17 is a screw hole for fixing the ball retainer 6 (6a, 6b) to the ball nut 2 internal surface using mounting screws 18. このボールリテーナ6 The ball retainer 6
(6a,6b)は機械加工により成形できるが、鋳型又は金型を用いて成型することもできる。 (6a, 6b) is can be shaped by machining, it can be molded using a mold or die.

【0015】次に、ボールねじの組立て順序を説明する。 [0015] Next, the assembly sequence of the ball screw. ボールナット2に設けた2つのボール循環用キャップ取付孔4の一方にボール循環用キャップ5を嵌合する。 The ball circulation cap 5 in one of the two ball circulation cap mounting holes 4 provided in the ball nut 2 fit. このボール循環用キャップ取付孔4には段付部4a Stepped portions 4a in the ball circulation cap mounting hole 4
が形成されている。 There has been formed. ボール循環用キャップ5に形成した段部22をこの段付部4aに当接させることにより、ボール循環用キャップ5の内側湾曲面9とボールリテーナ6(6a,6b)の内面が一致するように設定されている。 By abutting the step portion 22 formed in the ball circulation cap 5 to the stepped portion 4a, as the inner surface of the inner curved surface 9 and the ball retainer 6 of ball circulation cap 5 (6a, 6b) are identical It has been set. 図中右側のリテーナ6a及び図中左側のリテーナ6 Right side in the figure of the retainer 6a and the left side in the drawing of the retainer 6
bをそれぞれボールナット2の内面に左右から挿入する。 b respectively inserted from the left and right on the inner surface of the ball nut 2. ボール循環用キャップ5の開口部側に一致して、右側のリテーナ6aの左端面14と左側のリテーナ6bの右端面15が相俟って孔部12を形成するように位置決めした後、取付ねじ18をボールナット2に設けたねじ挿通孔16を介してボールリテーナ6のねじ孔17に螺合し、ボールリテーナ6(6a,6b)をボールナット2内面に固着する。 Consistent with the opening side of the ball circulation cap 5, after positioning as the right end face 15 of left end face 14 and the left retainer 6b of the right retainer 6a is formed a hole 12 I coupled with mounting screws 18 screwed into the screw hole 17 of the ball retainer 6 through the screw insertion holes 16 provided in the ball nut 2, to fix the ball retainer 6 (6a, 6b) to the ball nut 2 internal surface. 図2においては、取付ねじ18を外側から挿入する実施例を示しているが、ボールリテーナ6(6a,6b)に設けた挿通孔に取付ねじを内側から挿入し、ボールナットに形成されたねじ孔に螺合させてボールリテーナ6(6a,6b)を固着しても差し支えない。 In FIG. 2 shows an example of inserting the mounting screws 18 from the outside, by inserting the mounting screws from inside the insertion hole provided in the ball retainer 6 (6a, 6b), formed in the ball nut screw no problem be fixed ball retainer 6 (6a, 6b) is screwed into the hole. 他方のボールリテーナ6(6a,6b)も同様にしてボールナット2の内面に固着する。 Other ball retainer 6 (6a, 6b) are similarly fixed to the inner surface of the ball nut 2.

【0016】両方のボールリテーナ6をボールナット2 [0016] Both of the ball retainer 6 ball nut 2
の内面に固着した後、ボール循環用キャップ5をボール循環用キャップ取付孔4から取り外す。 After fixation to the inner surface, remove the cap 5 for ball circulation from the ball circulation cap mounting hole 4. ボールねじとして所定の量の軸方向隙間或いは予圧を付与できる寸法のボール3を、ボール循環用キャップ取付孔4からボールリテーナ6の螺旋スロット13内へ所定個数挿入する。 The ball 3 dimensions can be imparted to the axial clearance or preload of the predetermined amount as a ball screw, inserting a predetermined number of ball circulation cap mounting hole 4 to the ball retainer 6 of the helical slot 13.
また、ボール循環用キャップ5に形成したボール循環溝7内にも所定個数のボール3を挿入しておく。 Also, keep inserting the ball 3 of a predetermined number in the ball circulation groove 7 formed in the ball circulation cap 5. この場合、ボール循環溝7両端のボール出入部11にグリースを塗布しておけば、ボール3がボール循環溝7から抜け落ちることはない。 In this case, if grease is applied to the ball and out portion 11 of the ball circulation groove 7 ends, the ball 3 will never come off from the ball circulation groove 7. 次に、ボール3を挿入したボール循環用キャップ5をボール循環用キャップ取付孔4に嵌合する。 Next, fitting the ball circulation cap 5 inserted balls 3 in the ball circulation cap mounting hole 4. そして、ボール循環用キャップ5が飛び出さないように、ボール循環用キャップ取付孔4内のボール循環用キャップ5上方空間に金属接着剤を充填する(図示せず)。 Then, so as not protrude the ball circulation cap 5 are filled with metallic adhesive to the ball circulation cap 5 upper space in the 4 ball circulation cap mounting hole (not shown). ボール3を保持したボールナット2をねじ軸1に取付けて、組立てが完了する。 The ball nut 2 holding the ball 3 is attached to the screw shaft 1, the assembly is completed.

【0017】ボール3をボールナット2から取り外す順序を説明する。 [0017] to explain the order to remove the balls 3 from the ball nut 2. ボールナット2をねじ軸1から取り外す。 Remove the ball nut 2 from the screw shaft 1. ボール循環用キャップ5をボール循環用キャップ取付孔4から外した後、ボール循環用キャップ取付孔4を下向きする。 After removing the ball circulation cap 5 from the ball circulation cap mounting hole 4, and down the ball circulation cap mounting hole 4. ボールの自重により、ボールナット2のねじ溝2aに沿って転動しながらボール3がボール循環用キャップ取付孔4から抜け落ちる。 By the weight of the ball, the ball 3 from falling out from the ball circulation cap mounting hole 4 while rolling along the thread groove 2a of the ball nut 2. このため、ボールリテーナ6をボールナット2から取り外す必要はない。 For this reason, it is not necessary to remove the ball retainer 6 from the ball nut 2.

【0018】ボールナット2がねじ軸1に取付けられ、 [0018] attached to the ball nut 2 screw shaft 1,
ボール3がねじ軸1のねじ溝1a及びボールナット2のねじ溝2aに転動自在に装填されている状態は図9に示すとおりである。 State of being rollably mounted to the screw groove 1a and the thread groove 2a of the ball nut 2 of the ball 3 screw shaft 1 is as shown in FIG. 図10は、ボールナット2がねじ軸1 Figure 10 is a ball nut 2 screw shaft 1
から取り外された状態を示し、ボールリテーナ6の右側のリテーナ6aの左端面14及び左側のリテーナ6bの右端面15が相俟って形成する螺旋スロット13に、ボール3が保持されている。 It shows a state of being detached from the helical slot 13 that the right end face 15 of left end face 14 and the left side of the retainer 6b on the right side of the retainer 6a in the ball retainer 6 is formed I coupled with the ball 3 is held. この場合、ボール循環用キャップ5に形成したボール循環溝7内のボール3は、開口部8により包持されていることは言うまでもない(図示せず)。 In this case, the balls 3 in the ball circulation groove 7 formed in the ball circulation cap 5, it is (not shown) of course being embraced by the opening 8.

【0019】図11は、本発明の第2実施例を示している。 [0019] FIG. 11 shows a second embodiment of the present invention. 本実施例は、ボールナット2の内面にC形状の止め輪20が嵌合する係止溝19を形成して、ボールリテーナ6(6a,6b)をボールナット2内面に固着せしめるものである。 This embodiment is to form a locking groove 19 which snap ring 20 is fitted in the C-shaped on the inner surface of the ball nut 2, in which allowed to fix the ball retainer 6 (6a, 6b) to the ball nut 2 internal surface. すなわち、図12に示すような形状をし且つ係止溝19に嵌合する肉厚を有するC形状の止め輪20は、止め輪20のばね作用を利用して、わずかに径が縮小されてボールナット2の内面に設けた係止溝19 That is, the retaining ring 20 of C-shaped having a thickness that fits into and locking grooves 19 and the shape as shown in FIG. 12 uses the spring action of the retaining ring 20, is slightly reduced diameter locking grooves provided on the inner surface of the ball nut 2 19
に嵌め込まれ、ボールリテーナ6(6a,6b)をボールナット2内面に軸方向に固定する。 Fitted in the ball retainer 6 (6a, 6b) are fixed axially to the ball nut 2 internal surface. なお、21は止め輪20を縮小して係止溝19に着脱するための孔である。 Incidentally, 21 is a hole for detachable engaging groove 19 by reducing the retaining ring 20. また、各々のボールリテーナ6a,6bに孔部12 Each of the ball retainer 6a, the holes 12 in 6b
と整列する軸方向のスリット(図示せず)を設けてもよい。 It may be provided in the axial direction of the slit aligned with the (not shown). スリットは環状のボールリテーナを機械加工して形成される。 Slits are formed by machining an annular ball cage. スリット加工後のボールリテーナ6(6a, Ball retainer 6 (6a after slitting,
6b)は弾性拡開してボールナット2の内面に圧接する。 6b) is pressed against the inner surface of the ball nut 2 is elastically expanded. なお、ボールリテーナ6(6a,6b)の外径は、 The outer diameter of the ball retainer 6 (6a, 6b) is
ボールナット2の内径と実質的に同径であることが望ましい。 It is desirable that the inner diameter substantially the same diameter of the ball nut 2. しかし、スリットを設けたこと、及び、そのスリットによって弾性拡開することから、ボールリテーナ6 However, the provision of the slits, and, since the elastically widened by the slit, ball retainer 6
(6a,6b)の外径に誤差が生じたとしても、その誤差はボールリテーナ6(6a,6b)がそれ自身で吸収する。 (6a, 6b) even error occurs in the outer diameter, its error ball retainer 6 (6a, 6b) is absorbed by itself. ボールリテーナ6(6a,6b)が樹脂製である場合には、スリットを設ける替わりに、その外径をボールナット2の内径より僅かに大きく成形してもよい。 If the ball retainer 6 (6a, 6b) is made of resin, instead providing slits, the outer diameter may be slightly larger molding than the inner diameter of the ball nut 2. ボールリテーナ6(6a,6b)はボールナット2内に軽圧入され、相対的位置ずれが防止される。 Ball retainer 6 (6a, 6b) is lightly press-fitted in the ball nut 2, the relative positional deviation is prevented. 他の構成については第1実施例と同じであるので、詳細な説明は省略する。 Other constitutions are the same as the first embodiment, detailed description thereof will be omitted. なお、図11に示された符号は第1実施例で説明した同じ部材に対応している。 Incidentally, reference numerals shown in FIG. 11 corresponds to the same members described in the first embodiment.

【0020】本実施例では、ボールリテーナ6(6a, [0020] In this embodiment, the ball retainer 6 (6a,
6b)に、ボールナット2内面にボールリテーナ6(6 To 6b), ball retainer 6 (6 on the ball nut 2 inner surface
a,6b)を固着するためのねじ孔17、及びボールナット2にねじ挿通孔16を設ける必要はない。 a, 6b) threaded holes 17, and it is not necessary to provide a screw insertion hole 16 to the ball nut 2 for fixing the. 特に、ねじ軸1とボールナット2内面との間の環状空間が小さく、この空間に配設されるボールリテーナ6(6a,6 In particular, small annular space between the screw shaft 1 and the ball nut 2 internal surface, a ball retainer 6 (6a which is disposed in the space, 6
b)の肉厚が薄くなり、ねじ孔17を螺刻できない場合に好適である。 The thickness of the b) becomes thin, it is preferable if you can not threaded the screw hole 17. また、右列のボールリーナ6の左側のリテーナ6bと左列のボールリーナ6の右側のリテーナ6 In addition, the right side of the retainer 6 of the ball Lina 6 on the left side of the retainer 6b and the left column of the ball Lina 6 in the right column
aを一体型にすることにより、係止溝19の数を減らすこともできる。 By the integral of a, it is also possible to reduce the number of the locking grooves 19.

【0021】図4に示すボール循環用キャップ5の材質には、ふつう金属又は合成樹脂が用いられている。 [0021] The material of the ball circulation cap 5 shown in FIG. 4, have been used usually metal or synthetic resin. そして、前記のボールリテーナ6(6a,6b)と同様に、 Then, the ball retainer 6 (6a, 6b) and similarly,
機械加工による成形、或いは鋳型又は金型により成型される。 Shaping by machining, or is molded by the mold or die. しかし、このボール循環用キャップ5の材質には、固体潤滑剤を含有した自己潤滑性複合材料を用いることもできる。 However, the material of the ball circulation cap 5, it is also possible to use a self-lubricating composite material containing a solid lubricant. 自己潤滑性複合材料の例としては、二硫化タングステンや二硫化モリブデン等の固体潤滑剤を金属等の母材に含浸させたもの、或いは、固体潤滑剤と銅、錫、タンタル等の金属を焼結したものがある。 Examples of self-lubricating composite material, the two things that a solid lubricant such as tungsten disulfide and molybdenum disulfide is impregnated into the base material such as metal, or a solid lubricant and copper, tin, a metal such as tantalum baked there are those binding. 従って、ボールねじへのグリース、オイル等の潤滑油の供給は不要になり、ボールナット2にグリースニップルや潤滑油供給路を設ける必要はない。 Accordingly, the grease of the ball screw, the supply of lubricant such as oil is not required, it is not necessary to provide a grease nipple or lubricating oil supply passage to the ball nut 2.

【0022】自己潤滑性複合材料からなるボール循環用キャップ5を利用することにより、ボール循環用キャップ5のボール循環溝7を通過するボール3は、ボール循環溝7と摺接することにより、固体潤滑剤を少しずつ受け取ってボール表面に被膜を形成すると共に、ボール無限循環路を循環する間に、ねじ軸1のねじ溝1a及びボールナット2内面のねじ溝2aに固体潤滑剤を供給する。 [0022] By utilizing the ball circulation cap 5 made of self-lubricating composite material, the balls 3 passing through the ball circulation groove 7 of ball circulation cap 5, by sliding contact with the ball circulation groove 7, a solid lubricant agent to form a coating film on the ball surface receives little by little, while circulating the ball endless circulation path, and supplies a solid lubricant to the screw groove 2a of the screw groove 1a and the ball nut 2 internal surface of the screw shaft 1. ねじ溝1a,2aにおいて、ボール3を媒体として形成された固体潤滑剤の被膜は、その量が極めて微量で、ごく薄いものである。 Screw groove 1a, in 2a, the coating of the solid lubricant formed balls 3 as a medium, the amount is in an extremely small amount, but very thin. しかし、ボール3が循環することにより、固体潤滑剤が供給されるので、長期間に亘ってボールねじの耐久性及び作動性を良好に維持することができる。 However, the ball 3 circulates, since the solid lubricant is supplied, it is possible to satisfactorily maintain the durability and operability of the ball screw for a long period of time.

【0023】以上の実施例では、ボール循環用キャップ5の数が2つで、ねじ軸1の軸心に直角方向から見たときその外形が長円状の場合を例示したが、数や外形が実施例に限定されないことは言うまでもない。 [0023] In the above embodiments, the number of ball circulation cap 5 is 2 Tsude, its external shape is exemplified in the case of oblong when viewed from the direction perpendicular to the axis of the screw shaft 1, the number and profile it goes without saying that but not limited to the examples. また、ボール循環用キャップ5のボールナット2への装着方法は、 Further, the mounting method of the ball nut 2 of ball circulation cap 5,
実施例ではボールナット2の外側から挿入しボール循環用キャップ取付孔4の段付部4aで止まる形態を採っているが、従来より行われているボールナット2の内側から挿入する方法や、別物品を組合わせて固定する方法等を用いてもよい。 Although the embodiment takes the form of stops at the step portion 4a of the ball circulation cap mounting hole 4 is inserted from the outside of the ball nut 2, a method of inserting from the inside of the ball nut 2 being done conventionally, another a method may be used for fixing a combination of articles.

【0024】さらに、本実施例ではボールねじへの予圧付与方法は、ボール径によるオーバーサイズボール方式を例示したが、ねじ軸1のねじ溝1a又はボールナット2のねじ溝2aのいずれかのリードに差を設けて予圧を付与する方式、或いはねじ軸1にボールナット2を2つ取付け、2つのボールナット2間に挟装される間座、ばね等により予圧を付与するダブルナット方式のボールねじに、本発明を適用することができる。 Furthermore, preloading method to ball screw in this embodiment has been illustrated oversize ball method according ball diameter, one of the lead screw groove 1a or ball nut 2 of the screw groove 2a of the screw shaft 1 method for applying a preload is provided a difference in or attached two the ball nut 2 to the screw shaft 1, seat while being sandwiched between the two two ball nut, the ball of the double nut system for applying a preload by a spring or the like a screw, it is possible to apply the present invention.

【0025】図13及び図14は本発明の第3実施例を示している。 [0025] FIGS. 13 and 14 show a third embodiment of the present invention. 本実施例は、ボールねじを含む駆動装置に関する。 This embodiment relates to a drive device including a ball screw. 以下、この駆動装置が原子炉における制御棒駆動装置である場合について説明する。 The following describes a case this drive unit is a control rod drive in a nuclear reactor.

【0026】図13は、原子炉100の一部断面図である。 [0026] FIG. 13 is a partial cross-sectional view of the reactor 100. 101は炉心、102は原子炉容器、103は原子炉容器蓋、104は制御棒駆動装置、105は制御棒である。 101 core, 102 the reactor vessel, 103 reactor vessel lid, 104 a control rod drive, 105 is a control rod. 制御棒105は、通常は炉心101内に挿入されており、制御棒駆動装置104によって昇降される。 The control rod 105, normally is inserted into the core 101, it is raised and lowered by a control rod drive 104. これにより、原子炉出力が制御される。 Accordingly, the reactor power is controlled. なお、制御棒駆動装置104と制御棒105は駆動軸106によって連結されている。 The control rod drive 104 and the control rod 105 is connected by a drive shaft 106.

【0027】図14は、制御棒駆動装置104を詳細に示している。 [0027] FIG. 14 shows a control rod drive 104 in more detail. 制御棒駆動装置104は、原子炉容器蓋1 Control rod drive 104, reactor vessel 1
03に一体に設けられている。 It is provided integrally with the 03. 制御棒駆動装置104 Control rod drive 104
は、ボールナット107が固着されたモータ回転子10 A motor rotor 10 to the ball nut 107 is fixed
8と、このモータ回転子108を回転可能に支持する軸受109,109と、モータ回転子108に回転力を与えるモータ電機子110とを有してなる。 8, a bearing 109, 109 for rotatably supporting the motor rotor 108, comprising a motor armature 110 to provide a rotational force to the motor rotor 108. 符号111はモータ電機子110のための耐圧ケースを示し、符号1 Reference numeral 111 denotes a pressure case for motor armature 110, reference numeral 1
12は駆動軸ハウジングを示している。 12 shows a drive shaft housing.

【0028】駆動軸106は外面にねじ溝106'を有し、ボールねじのねじ軸として機能する。 The drive shaft 106 has a thread groove 106 'on the outer surface, it serves as a screw shaft of a ball screw. また、駆動軸106は回転に対して拘束されている(図示せず)。 The drive shaft 106 (not shown) is restrained against rotation. 従って、原子炉容器蓋103を下げ、駆動軸106とボールナット107とを螺合させてモータを駆動すると、制御棒105及び駆動軸106は昇降する。 Therefore, lowering the reactor vessel lid 103, it is screwed to the drive shaft 106 and the ball nut 107 when driving the motor, the control rod 105 and the drive shaft 106 is moved up and down. これにより、 As a result,
制御棒105の上下位置、すなわち、原子炉出力が制御される。 Vertical position of the control rod 105, i.e., the reactor power is controlled.

【0029】原子炉は燃料交換周期(1年乃至4年)毎に原子炉容器蓋103を外し、燃料交換が行われる。 The reactor refueling cycle (1 year to 4 years) Remove the reactor vessel lid 103 for each, the fuel is exchanged. この際、制御棒105は炉心101内に挿入した状態で残しておかなければならない。 At this time, the control rod 105 must remain in a state of being inserted into the core 101. 従来の駆動装置は、電磁石式又はローラナット式のものであったが、駆動装置の外径が大きくなる問題や伝動効率が低下するという問題がある。 Conventional drive apparatus, was of the electromagnet type or roller nut type, outer diameter increases problems and transmission efficiency of the drive unit is lowered. ボールねじを利用すると、80%程度の伝動効率を得ることができること、構造が簡素になること、外径が小さくなることによって、上記問題を解消することはできるが、原子炉容器蓋を外すときには、ボールねじを構成するボールが炉心内に脱落するという別の問題を生じた。 Utilizing ball screw, it is possible to obtain a transmission efficiency of about 80%, the structure is simplified by the outer diameter is reduced, although it is possible to solve the above problems, when removing the reactor vessel lid , balls that make up the ball screw is caused another problem that the fall off in the core.

【0030】本発明による駆動装置は、ボールねじの利点である小型化及び高伝動効率をそのまま維持しながら、ボールの脱落を防止したものであって、制御棒10 The driving apparatus according to the present invention, while maintaining the small size and high power transmission efficiency is an advantage of the ball screw, there is capable of preventing the falling of the ball, the control rod 10
5に連結する駆動軸106、すなわち、ねじ軸をボールナット107から分離しても、ボールねじのボールが脱落することはない。 Drive shaft 106 that connects to 5, i.e., be separated screw shaft from the ball nut 107, the ball of the ball screw does not fall off.

【0031】 [0031]

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、 As described in the foregoing, according to the present invention,
ボール循環用キャップのボール循環溝は単独でボールを包持するとともに、このボール循環溝と連通するボールリテーナの螺旋スロットもボールを保持する。 With ball circulation groove of the ball circulation cap to embracing the ball alone slotted ball retainer in communication with the ball circulation groove also holding the ball. このため、ボールナットをねじ軸と分離した際、ボールがボールナットから脱落することはない。 Therefore, when the ball nut is separated from the screw shaft, the ball does not fall off from the ball nut. 特に、ボールナットをねじ軸に着脱させる必要がある用途において、本発明は好適である。 In particular, in applications where it is necessary to attach and detach the ball nut to the screw shaft, the present invention is suitable.

【0032】請求項2の発明では、肉厚が薄くボールナットに取付けるためのねじ孔を形成することができない場合にも、ボールリテーナを使用することができる。 [0032] In the invention of claim 2, even if it is not possible to form a threaded hole for mounting the thin ball nut wall thickness, can be used a ball retainer.

【0033】請求項3のボールねじでは、ボール循環用キャップの材質に自己潤滑性複合材料を用いることにより、無給油無潤滑使用ができる。 [0033] In the ball screw according to claim 3, by using a self-lubricating composite material to the material of the ball circulation cap can oilless unlubricated use. このため、クリーンルームで使用されるエレクトロニクス関連、原子力関連、 Thus, electronics used in a clean room, nuclear,
精密機器、航空、宇宙などの幅広い分野における低温、 Precision equipment, aviation, low temperature in a wide range of fields such as space,
高温、水中、真空などの厳しい環境下でのボールねじの使用が可能になる。 High temperature, water, allows the use of the ball screw in harsh environments such as vacuum.

【0034】請求項4の発明では、原子炉の燃料交換の場合も、原子炉内に制御棒を挿入した状態で制御棒駆動装置を外すことができる。 [0034] In the invention of claim 4, in the case of refueling the reactor, it is possible to remove the control rod drive in a state of inserting the control rods into the reactor. 換言すれば、高伝動効率を確保するためにボールねじを使用することができ、しかも、制御棒、すなわち、ねじ軸をボールナットから抜いてもボールはボールナット内に保持されるから、高伝動効率を有し且つ信頼性の高い駆動装置を得ることができる。 In other words, it is possible to use a ball screw to ensure high transmission efficiency, moreover, the control rods, i.e., because the ball is held in the ball nut is also by far the screw shaft from the ball nut, high transmission efficiency it is possible to obtain a high driving device and reliability have.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明のボールねじの第1実施例を示す縦断面図である。 1 is a longitudinal sectional view showing a first embodiment of a ball screw of the present invention.

【図2】図1の一部断面を含む右側面図である。 2 is a right side view in partial cross-section of FIG.

【図3】一部断面を含むボールナットの正面図である。 FIG. 3 is a front view of the ball nut, including a partial cross-section.

【図4】本発明のボールねじを構成するボール循環用キャップの斜視図である。 4 is a perspective view of a ball circulation cap constituting the ball screw of the present invention.

【図5】図4のボール循環用キャップの平面図である。 5 is a plan view of a ball circulation cap of FIG.

【図6】図5のI−I線方向断面図である。 6 is a I-I line cross section view of FIG.

【図7】ボールリテーナの正面図である。 FIG. 7 is a front view of the ball retainer.

【図8】図7の右側面図である。 FIG. 8 is a right side view of FIG. 7.

【図9】ボールナットがねじ軸に取付けられ、ボールがねじ軸のねじ溝及びボールナットのねじ溝に転動自在に装填されている状態を説明する断面図である。 [9] the ball nut is attached to the screw shaft, a cross-sectional view for explaining a state in which the balls are loaded rollably screw groove and screw groove of the ball nut of the screw shaft.

【図10】ねじ軸からボールナットを取り外した際、ボールリテーナの螺旋スロットがボールを保持している状態を説明する断面図である。 [10] When removing the ball nut from the screw shaft, a cross-sectional view for explaining a state in which the ball retainer of the helical slot is in possession of the ball.

【図11】本発明のボールねじの第2実施例を示す縦断面図である。 11 is a longitudinal sectional view showing a second embodiment of a ball screw of the present invention.

【図12】止め輪の正面図である。 FIG. 12 is a front view of the retaining ring.

【図13】本発明によるボールねじを使用した制御棒駆動装置を有する原子炉の断面図である。 13 is a cross-sectional view of a reactor having a control rod drive using a ball screw according to the present invention.

【図14】図13の制御棒駆動装置の拡大断面図である。 14 is an enlarged sectional view of a control rod drive of Figure 13.

【図15】従来のボールねじの横断面図である。 Figure 15 is a cross-sectional view of a conventional ball screw.

【図16】図15のボールナットの斜視図である。 Is a perspective view of the ball nut of FIG. 16] FIG. 15.

【図17】従来のボールねじを構成するボール循環用キャップの斜視図である。 17 is a perspective view of a conventional ball circulation cap constituting a ball screw.

【図18】図17のボール循環用キャップの平面図である。 FIG. 18 is a plan view of the ball circulation cap of FIG. 17.

【図19】図18のII−II線方向断面図である。 19 is a II-II line cross section view of FIG. 18.

【図20】ねじ軸にボールナットを着脱するための従来の方法の一例である。 Figure 20 is an example of a conventional method for attaching and detaching the ball nut to the screw shaft.

【図21】ねじ軸にボールナットを着脱するための従来の方法の他の例である。 Figure 21 is another example of a conventional method for attaching and detaching the ball nut to the screw shaft.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 ねじ軸 2 ボールナット 1a,2a ねじ溝 3 ボール 4 ボール循環用キャップ取付孔 5 ボール循環用キャップ 6 ボールリテーナ 7 ボール循環溝 8 開口部 12 孔部 13 螺旋スロット 19 係止溝 20 止め輪 100 原子炉 104 制御棒駆動装置 105 制御棒 106 駆動軸(ねじ軸) 1 screw shaft 2 ball nut 1a, 2a screw groove 3 ball 4 ball circulation cap mounting hole 5 ball circulation cap 6 Ball retainer 7 ball circulation groove 8 openings 12 hole 13 slotted 19 engaging groove 20 retaining ring 100 atoms furnace 104 control rod drive 105 control rod 106 drive shaft (screw shaft)

Claims (4)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 外面にねじ溝を有するねじ軸と、該ねじ軸のねじ溝に対応するねじ溝を内面に有するボールナットと、前記ねじ軸及びボールナットの対応する両ねじ溝間に装填された転動自在な多数のボールと、前記ボールナットに設けたボール循環用キャップ取付孔に嵌合し且つ前記ねじ軸側に開口する開口部を有して前記ボールナットのねじ溝に連通するボール循環溝を有するボール循環用キャップとを有して成る内部循環式のボールねじにおいて、 前記ボール循環用キャップの開口部の幅が全長に亘って前記ボールの径より狭く、前記ボールナットの内面には、前記ボールナットのねじ溝と同一リードで前記ねじ軸側に開口し且つ前記ボール循環溝に連通する螺旋スロットが形成されたボールリテーナを有し、前記螺旋スロットのねじ And 1. A screw shaft having a screw groove on the outer surface, is loaded with a ball nut having a thread groove on the inner surface corresponding to the screw groove of the screw shaft, between both the screw grooves corresponding of the screw shaft and the ball nut and a rollable number of balls, the ball communicating with the screw groove of said ball nut having an opening fitted to the ball circulation cap mounting hole provided in the ball nut and opening to the screw shaft side in internal circulation type ball screw comprising and a ball circulation cap having a circular groove, narrower than the diameter of said ball width of the opening of the ball circulation cap over the entire length, the inner surface of the ball nut has the ball retainer helical slot is formed which communicates with the open and the ball circulation groove in the screw groove and the same lead of the ball nut on the screw shaft side, the screw of the helical slot 側開口部の幅が前記ボールの径より狭いことを特徴とする、 ねじ軸が着脱可能なボールねじ。 The width of the side opening being narrower than the diameter of the ball, screw shaft detachable ball screw.
  2. 【請求項2】 前記ボールナットの内面に係止溝を設け、該係止溝に嵌合する止め輪により前記ボールリテーナを軸方向に固定せしめた、請求項1記載のボールねじ。 Wherein said engaging groove provided on the inner surface of the ball nut, engaging the snap ring to be fitted to the stop groove was allowed fix the ball retainer in the axial direction, according to claim 1, wherein the ball screw.
  3. 【請求項3】 前記ボール循環用キャップは自己潤滑性複合材料からなる、請求項1又は2記載のボールねじ。 Wherein the ball circulation cap consists of self-lubricating composite material according to claim 1 or 2, wherein the ball screw.
  4. 【請求項4】 請求項1乃至3のいずれか1つに記載のボールねじを具え、前記ねじ軸が原子炉の制御棒に連結され、前記ボールナットが回転駆動される、、原子炉の制御棒駆動装置。 4. comprises a ball screw according to any one of claims 1 to 3, wherein the threaded shaft is coupled to a control rod of a nuclear reactor, control of ,, reactors the ball nut is driven to rotate rod drive.
JP9504293A 1993-03-31 1993-03-31 Ball screw with removable screw shaft, and reactor control rod driving device utilizing this ball screw Pending JPH06288458A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9504293A JPH06288458A (en) 1993-03-31 1993-03-31 Ball screw with removable screw shaft, and reactor control rod driving device utilizing this ball screw

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP9504293A JPH06288458A (en) 1993-03-31 1993-03-31 Ball screw with removable screw shaft, and reactor control rod driving device utilizing this ball screw

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH06288458A true true JPH06288458A (en) 1994-10-11

Family

ID=14127020

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP9504293A Pending JPH06288458A (en) 1993-03-31 1993-03-31 Ball screw with removable screw shaft, and reactor control rod driving device utilizing this ball screw

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH06288458A (en)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003074662A (en) * 2001-09-05 2003-03-12 Koyo Seiko Co Ltd Ball screw device
JP2006292085A (en) * 2005-04-12 2006-10-26 Nsk Ltd Ball screw mechanism
JP2008020405A (en) * 2006-07-14 2008-01-31 Japan Atom Power Co Ltd:The Control rod driving mechanism
JP2009052748A (en) * 2008-11-06 2009-03-12 Nsk Ltd Motor-driven device for transmission
WO2009069478A1 (en) * 2007-11-30 2009-06-04 Thk Co., Ltd. Roller screw and circulation method of roller of roller screw
JP2009257369A (en) * 2008-04-14 2009-11-05 Jtekt Corp Ball screw device and electric power steering device using it
US9695918B2 (en) 2013-02-20 2017-07-04 Hitachi-Ge Nuclear Energy, Ltd. Gap expanding method of ball screw and fine motion control rod drive mechanism incorporating gap expanded ball screw
EP3255309A1 (en) 2016-06-01 2017-12-13 Jtekt Corporation Ball screw device, steering system using ball screw device, and method for producing retainer of ball screw device
EP3306135A1 (en) 2016-06-01 2018-04-11 Jtekt Corporation Production method of ball screw device and production method of steering system using ball screw device

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2003074662A (en) * 2001-09-05 2003-03-12 Koyo Seiko Co Ltd Ball screw device
JP2006292085A (en) * 2005-04-12 2006-10-26 Nsk Ltd Ball screw mechanism
JP2008020405A (en) * 2006-07-14 2008-01-31 Japan Atom Power Co Ltd:The Control rod driving mechanism
WO2009069478A1 (en) * 2007-11-30 2009-06-04 Thk Co., Ltd. Roller screw and circulation method of roller of roller screw
US8739646B2 (en) 2007-11-30 2014-06-03 Thk Co., Ltd. Roller screw and method of circulating rollers in roller screw
JP2009257369A (en) * 2008-04-14 2009-11-05 Jtekt Corp Ball screw device and electric power steering device using it
US8418577B2 (en) 2008-04-14 2013-04-16 Jtekt Corporation Ball screw mechanism and electric power steering device using the same
JP2009052748A (en) * 2008-11-06 2009-03-12 Nsk Ltd Motor-driven device for transmission
US9695918B2 (en) 2013-02-20 2017-07-04 Hitachi-Ge Nuclear Energy, Ltd. Gap expanding method of ball screw and fine motion control rod drive mechanism incorporating gap expanded ball screw
US9822859B2 (en) 2013-02-20 2017-11-21 Hitachi-Ge Nuclear Energy, Ltd. Gap expanding method of ball screw and fine motion control rod drive mechanism incorporating gap expanded ball screw
EP3255309A1 (en) 2016-06-01 2017-12-13 Jtekt Corporation Ball screw device, steering system using ball screw device, and method for producing retainer of ball screw device
EP3306135A1 (en) 2016-06-01 2018-04-11 Jtekt Corporation Production method of ball screw device and production method of steering system using ball screw device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7234873B2 (en) Rolling-contact bearing containing solid lubricant therein
US4968157A (en) Bearing lubricating system
US3847456A (en) Cylindrical roller thrust bearing
US4505484A (en) Sealing device for a rolling bearing
US6250804B1 (en) Self-lubricating linear guide apparatus
US3532402A (en) Bearing mount
US3356424A (en) Ball spline assembly
US5284398A (en) Pillow ball joint and method of making the joint
US20020148697A1 (en) One-way clutch assembly
US4582369A (en) Linear motion ball bearing
US5800065A (en) Linear motion bearing sub-assembly with inserted races
US6533459B2 (en) Adjustable, self-aligning, linear roller bearing
US5431498A (en) Linear motion bearing
US6178843B1 (en) Rack guide in rack and pinion type steering system
US3372963A (en) Corrugated bearing ring
US5026177A (en) Lubricatable rotary bearing assembly
US3990555A (en) Unitary assembly of overrunning clutch and bearing
US4915511A (en) Roller chain
US5360271A (en) Under seal device for a linear motion guide unit
US4304408A (en) Sealing ring retention device
US5172465A (en) Method of assembling dynamoelectric machine brush rigging
US5358340A (en) Bushing device for forming multiple pre-aligned bearing surface regions in a rotary assembly
US3746412A (en) Self adjusting nut assembly for wheel retainment
US6533667B2 (en) Tripot constant velocity joint having ball modules
US5711188A (en) Internal-circulation-type ball screw device