JPH05241537A - Image processor - Google Patents

Image processor

Info

Publication number
JPH05241537A
JPH05241537A JP4388292A JP4388292A JPH05241537A JP H05241537 A JPH05241537 A JP H05241537A JP 4388292 A JP4388292 A JP 4388292A JP 4388292 A JP4388292 A JP 4388292A JP H05241537 A JPH05241537 A JP H05241537A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
image
data
stored
memory
main
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP4388292A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Hiroyuki Hara
Masashi Kuroshima
Haruo Machida
寛行 原
晴生 町田
真砂司 黒島
Original Assignee
Canon Inc
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

PURPOSE:To prepare an icon including the required information of an original image by resistering minimun resolution image data which is obtd. by compressing image data with a JBIG (Joint Bi-Level Image Group) compression system. CONSTITUTION:An image is read by a scanner 14, then the image is stored in a main memory 2. The image data is changed in low resolution by a compression and expansion circuit 8 with the JBIG system and stored in the buffer of the main memory 2. The image information is outputted on a system bus and stored in a VRAM 4. Next, cutting off of the image data is instructed by a key board 17, then the image data which is designated to be cut off is stored in the main memory 2. The image data is compressed by the compression and expasion circuit 8 to a low-resolution image and the image data is stored two different buffers of a hard disk 11 and the main memory 2. Next, the image data stored in each buffer are resisterd as the icon.

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、画像処理装置に関する。 The present invention relates to an image processing apparatus.

【0002】 [0002]

【従来の技術】従来、画像ファイルに対するアイコンをアプリケーションが作成しない場合、オペレータがアイコンを作ることになるが、必要な情報を全てアイコンの中に表示するのは困難であるので、アイコンに所定文字数のテキストを表示したり、システムで固定的にある決まったアイコンを表示することが行われている。 Conventionally, when the icon for the image file the application does not create, but the operator is making the icon, so to display information required in every icon is difficult, given the icon number or display text, has been conducted to display an icon was decided in a fixed manner in the system.

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】しかしながら、画像ファイルに対するアイコンが多くなったり、時間が経つに従って、アイコンで表現された画像がどのようなものか分からなくなることがあった。 The object of the invention is to, however, may become a lot icon for the image file, in accordance with over time, there is that image that is represented by the icon will not know what kind of things.

【0004】本発明の目的は、上記のような問題点を解決し、原画像の必要な情報を含むアイコンを作成することができる画像処理装置を提供することにある。 An object of the present invention is to provide an image processing apparatus which can solve the above problems, and create an icon containing the required information of the original image.

【0005】 [0005]

【課題を解決するための手段】このような目的を達成するため、本発明は、画像データを格納する格納手段と、 SUMMARY OF THE INVENTION To achieve the above object, the present invention includes a storage means for storing image data,
格納手段に格納された画像データをJBIG方式の圧縮方法により圧縮する圧縮手段と、圧縮手段により圧縮して得られた最小解像度画像データをアイコンとして登録する登録手段とを備えたことを特徴とする。 To a compressing means for compressing the compression method JBIG method the image data stored in the storage means, characterized in that a registration means for registering the minimum resolution image data obtained by compressing by the compression means as icons .

【0006】 [0006]

【作用】本発明では、格納手段に格納された画像データを圧縮手段によりJBIG方式の圧縮方法で圧縮し、圧縮手段により圧縮して得られた最小解像度画像データをアイコンとして登録手段により登録する。 According to the present invention, compressed by the compression method of the JBIG method by compression means the image data stored in the storage means, and registers the registration means the minimum resolution image data obtained by compressing by the compression means as an icon.

【0007】 [0007]

【実施例】以下、本発明の実施例を図面を参照して詳細に説明する。 EXAMPLES Hereinafter, the embodiments of the present invention with reference to the accompanying drawings.

【0008】 実施例1図1は本発明の実施例1を示す。 [0008] Example 1 Figure 1 shows a first embodiment of the present invention.

【0009】図1において、17はキーボード、18はポインティングデバイスとしてのマウスである。 [0009] In FIG. 1, 17 keyboard, 18 is a mouse as a pointing device. 16はキーインターフェイスで、キーボード17およびマウス18のインターフェイスである。 16 is a key interface, it is the interface of the keyboard 17 and mouse 18.

【0010】13はプリンタ、14は読取り解像度40 [0010] 13 printers, 14 reading resolution 40
0dpiのスキャナである。 A scanner of 0dpi. 12はスキャナ/プリンタインターフェイスで、プリンタ13およびスキャナ14 12 is a scanner / printer interface, a printer 13 and scanner 14
のインターフェイスである。 Which is the interface. 10はフロッピーディスク、11はハードディスクである。 10 floppy disk, 11 is a hard disk. 9はディスクインターフェイスで、フロッピーディスク10およびハードディスク11のインターフェイスである。 9 is a disk interface, an interface of the floppy disk 10 and hard disk 11.

【0011】6はLAN、7はLANインターフェイスである。 [0011] 6 LAN, 7 is a LAN interface.

【0012】3はROM,SRAM,RS232C等のI/Oである。 [0012] 3 ROM, SRAM, an I / O such as RS232C. 2はメインメモリ、4はVRAM、5は解像度100dpiのCRT、1はCPUである。 2 the main memory, 4 VRAM, 5 are CRT, 1 resolution 100dpi is CPU.

【0013】15はDMACで、フロッピーディスク1 [0013] 15 in the DMAC, a floppy disk 1
0、ハードディスク11、プリンタ13、およびスキャナ14と、メインメモリ2との間でデータを直接転送するものである。 0, hard disk 11, a printer 13, and a scanner 14 is configured to transfer data directly between the main memory 2.

【0014】8は圧縮伸長回路で、JBIG(join [0014] 8 is a compression and decompression circuit, JBIG (join
t bi−level imagegroup)方式によりデータを圧縮伸長するものである。 It is intended to compression and decompression of data by t bi-level imagegroup) scheme.

【0015】図2は図1図示メインメモリ2のエリアを示す。 [0015] Figure 2 shows the area in Fig. 1 illustrated main memory 2.

【0016】図2において、IMEMはイメージエリアで、スキャナ14からのイメージデータが格納されている。 [0016] In FIG. 2, IMEM in the image area, the image data from the scanner 14 is stored. PMEMはプログラムエリアで、実行プログラムが格納されている。 PMEM the program area, the execution program are stored. WMEMはワークエリアで、作業用データが格納されている。 WMEM the work area, the work data is stored.

【0017】次に、図1に示す圧縮伸長回路8により行われるJBIG方式による圧縮伸長方法を説明する。 [0017] Next, the compression and decompression method according to JBIG method performed by the compression and expansion circuit 8 shown in FIG.

【0018】この方法は画像電子学会誌第20巻第1号(1990)第41頁〜第49頁にその詳細が開示されている。 [0018] The method Vol. 20, No. 1 Journal of Image Electronics Engineers (1990) in detail in Chapter 41, pages - pages 49 are disclosed. 簡単にJBIG方式の圧縮伸長方法を説明する。 Briefly the compression and decompression method of JBIG method.

【0019】図3に示すような4×4画素の画素データを圧縮する場合、例えば、400dpiの4×4画素の画素データA1〜A16を200dpiの画素データB [0019] When compressing 4 × 4 pixels of the pixel data as shown in FIG. 3, for example, pixel data of 200dpi pixel data A1~A16 of 4 × 4 pixels 400 dpi B
1〜B4に圧縮し、圧縮した画素データB1〜B4と元画素データA1〜A16の差を符号化する。 Compressed 1~B4, encodes the difference compressed pixel data B1~B4 original pixel data: A1 to A16. この圧縮した画素データを新たに圧縮対象の画素データA1〜A1 The compressed pixel data newly compressed pixel data A1~A1
6として再び圧縮処理と符号化を行う。 It performs compression processing and encoding again as 6. このようにして、12.5dpi程度の最低解像度の画像データに圧縮して、符号化データと共に最低解像度の画像データを通信や、保存記憶に用いる。 In this way, by compressing the image data of the lowest resolution of about 12.5 dpi, communications and image data of the lowest resolution with coded data, it is used to save memory.

【0020】一方、最低解像度の画像データを伸長する場合は最低解像度(12.5dpi)の画像データとその符号化データを用いて1ランク上の解像度(25dp Meanwhile, the image data and one rank on a resolution by using the encoded data of lowest resolution (12.5 dpi) is the case of expanding image data of the lowest resolution (25Dp
i)の画像データを作成し、以下、順次に高い解像度の画像データを作成して行くことにより400dpiの元の画像データに伸長する。 Create an image data of i), below, extending to the original image data of 400dpi by going to create the image data of sequentially higher resolutions.

【0021】また、JBIG方式では1つの圧縮画素データを作成するとき、図3の例では、B4の画素位置の圧縮画素データを作成する場合には、図3の太線で囲まれたA6〜A8,A10〜A12,A14〜A16の画素位置の高解像度画素データと、すでに圧縮されているB1〜B3の画素データを重み付け演算式に代入して、 Further, when the JBIG method to create a single compressed pixel data, in the example of FIG. 3, when creating the compressed pixel data of the pixel position of B4 it is surrounded by a thick line in FIG. 3 A6 to A8 , A10~A12, by substituting high-resolution pixel data and, already weighted arithmetic expression the pixel data of B1~B3 being compressed pixel position A14~A16,
B4の画素位置の圧縮画素データを決定する。 Determining the compressed pixel data of the pixel position of B4.

【0022】なお、符号化に用いるデータも参照画素位置の画素データを用いるが、符号化対象の画素位置近辺の参照画素位置をその画素位置の画素データの内容に応じて参照画素位置および個数を可変としている。 [0022] Incidentally, the data used for encoding using the pixel data of the reference pixel position, but the reference pixel position and the number in accordance with the reference pixel position in the vicinity of the pixel position to be encoded on the content of the pixel data of the pixel position It is the variable.

【0023】図4は図2図示プログラムエリアPMEM [0023] FIG. 4 Figure 2 illustrates the program area PMEM
に格納される制御プログラムの一例を示すフローチャートである。 Is a flow chart showing an example of a control program stored in.

【0024】ステップS1にて、船の画像が400dp [0024] In step S1, the image of the ship 400dp
iのスキャナ14により読み取られると、読み取られた400dpiの画像の情報をメインメモリ2のイメージエリアIMEMに格納する。 When read by i scanner 14, and stores the information of the image read 400dpi the image area IMEM of the main memory 2. そして、イメージエリアI Then, the image area I
MEMに格納された画像の情報を圧縮伸長回路8によりJBIG符号化方式により低解像度化し、得られた10 A low resolution by JBIG coding method by the compression expansion circuit 8 information image stored in the MEM, the resulting 10
0dpiの画像の情報をイメージエリアIMEMのバッファメモリに格納する。 Stores information of the image 0dpi the buffer memory of the image area IMEM.

【0025】ついで、ステップS2にて、バッファメモリに格納された100dpiの画像情報をシステムバス上に出力し、ステップS3にて、VRAM4に格納する。 [0025] Next, in step S2, and outputs the image information of 100dpi stored in the buffer memory on the system bus, at step S3, and stores it in the VRAM 4. CRT5の画面20のウインドウ20には、図5に示すように、100dpiの船の画像22を出力する。 The window 20 of CRT5 screen 20, as shown in FIG. 5, and outputs the image 22 of 100dpi ship.

【0026】次に、ステップS3−1にて画像データの切り取りをキーボード17から指示する。 [0026] Next, to indicate the cut of the image data from the keyboard 17 in step S3-1. ここでは読み込まれた船の画像全体が切り取り指示されたものとする。 Here, it is assumed that the indicated cut the whole image of the ship loaded. すると、ステップS3−2にてメインメモリ2のイメージエリアIMEM上に切り取り指定された画像データ(400dpi)を複写する。 Then, copies the cut designated image data on the image area IMEM of the main memory 2 (400 dpi) at step S3-2. そして、ステップS4 Then, step S4
にて、イメージメモリIMEM内のバッファに用意された切り取り画像データを圧縮伸長回路8によりJBIG At the cut image data prepared in the buffer of the image memory IMEM by the compression expansion circuit 8 JBIG
方式の圧縮方法により圧縮し、12.5dpiの低解像度画像にする。 Compressed by the method of compression method, to the low-resolution image 12.5 dpi. その後、ステップS5にて、12.5d Thereafter, in step S5, 12.5d
piの画像のデータと符号化データをハードディスク1 Image data and coded data of the pi hard 1
1に格納し、12.5dpiの画像のデータをメインメモリ2の別のバッファに格納する。 Stored in 1 stores data of an image 12.5dpi to another buffer of the main memory 2.

【0027】ついで、ステップS6にて、バッファに格納された画像データをアイコンとして登録するとともに、システムバス上に出力し、VRAM4に格納する。 [0027] Then, in step S6, and registers the image data stored in the buffer as an icon, and outputs to the system bus, and stored in the VRAM 4.
そして、原画の(1/16)×(1/16)の大きさに縮小された、12.5dpiの船の画像をクリップボードウインドウに出力する。 Then, the output is reduced to the size of the original (1/16) × (1/16), the image of 12.5dpi ship to the clipboard window.

【0028】 実施例2図7は、本発明の実施例2を示すフローチャートである。 [0028] Example 2 FIG. 7 is a flowchart showing a second embodiment of the present invention. 本実施例は、CRT6に100dpiの解像度で画像を表示する過程を示すものである。 This example shows a process for displaying an image in 100dpi resolution on CRT 6.

【0029】図7において、ステップS101では、スキャナ14により400dpiの画像データを読み込む。 [0029] In FIG. 7, in step S101, reads the image data of 400dpi by the scanner 14. すなわち、400dpiの実イメージデータを、メインメモリ2のイメージ記憶領域IMEMに格納する(図11参照)。 That is, the actual image data of 400 dpi, is stored in the image storage area IMEM of the main memory 2 (see FIG. 11). 次に、JBIG方式の階層的符号化を行うために、ステップS102ではJBIG方式により2段階圧縮して、C+C1+C2のデータを作成する。 Next, in order to perform hierarchical coding of JBIG method, and two-stage compression by JBIG scheme In step S102, creating data C + C1 + C2.
このステップS102におけるC,C1,C2とは、図8に示すようにJBIG方式により400dpiから順次解像度を低下していったときに得られる低解像度データC(100dpi)および差分符号データC1,C2 C in step S102, C1, C2 and the low-resolution data C (100 dpi) and encoded difference data C1 obtained when began to decline sequentially resolution from 400dpi by JBIG method as shown in FIG. 8, C2
を示す。 It is shown.

【0030】次のステップS103では、メインメモリのIMEMに記憶されている上記データC(100dp [0030] In the next step S103, the data C (100dp stored in IMEM of the main memory
iの画像データ:図11参照)をVRAM4へ転送し、 i image data: see FIG. 11) to transfer to the VRAM 4,
CRT上に表示する。 Display on a CRT.

【0031】さらにステップS104では、JBIG方式によって得られる階層的符号化データをファイルとして登録するか否かの判別を行い、その結果、肯定判定が得られた場合には、ステップS105において、次の3 [0031] Furthermore, in step S104, performs the determination of whether to register the hierarchical coded data obtained by the JBIG method as files, so that if the determination is affirmed, in step S105, the following 3
段階に圧縮を行い、C3+C4+C5+F(図8参照) It performs compression stage, C3 + C4 + C5 + F (see FIG. 8)
を作成する。 To create a.

【0032】そしてステップS106では、C1+C2 [0032] Then, in step S106, C1 + C2
+C3+C4+C5+Fをディスクに記憶し、前述した実施例の如くステップS107において、Fアイコンとしてウインドウ表示する(具体的には、クリップボード中に、このアイコンを貼り付ける処理を行う)。 + C3 + C4 + C5 + F were stored on disk, in step S107 as in the embodiments described above, the window display as F icon (specifically, in the clipboard, it performs processing to paste the icon).

【0033】このように本実施例では、階層的符号化の過程で得られる100dpiの画像をそのままVRAM [0033] In the present embodiment this way, VRAM an image of 100dpi obtained in the process of hierarchical coding
に転送して可視表示を行うことができる。 It is possible to perform a visual indication is transferred to.

【0034】図9は、本実施例における他の変形例を示す。 [0034] Figure 9 shows another modification of the present embodiment. この図9では、ハードディスク11あるいはフロッピーディスク10に記憶されている画像データ(すなわち、12.5dpiの低解像度データFおよび各々の符号データC1〜C5:図8参照)をメインメモリ2上に読み出した後、CRT5に表示する過程を示している。 In FIG. 9, the image data stored in the hard disk 11 or the floppy disk 10 (i.e., low resolution data F and each of the code data of 12.5 dpi C1 to C5: see FIG. 8) is read in the main memory 2 after shows a process of displaying on the CRT 5.

【0035】まずステップS110において、表示するデータを選択する。 [0035] First, in step S110, to select the data to be displayed. 具体的には、表示されているアイコンのひとつをマウスにより選択する。 Specifically, one of the icons displayed is selected by the mouse. 次に、ステップS Then, step S
111においてCRT上に画像処理用用紙ウインドウを表示する。 It displays an image processing sheet window on the CRT at 111. 次のステップS112では、未表示イメージが有るか否かを判定する。 In the next step S112, it determines whether or not the display image there. その結果、未表示イメージ有りと判定された場合には、ステップS113において、 As a result, when it is determined that there is non-displayed image, in step S113,
メインメモリ2のイメージ記憶領域IMEM上に表示イメージバッファエリアを獲得する。 Acquiring a display image buffer area on the image memory area IMEM of the main memory 2.

【0036】次のステップS114においては、ハードディスクやフロッピーディスクから読み出したデータを伸長回路を介して100dpiに変換し、表示用イメージバッファに書き込む。 [0036] In the next step S114, the data read from the hard disk or a floppy disk via the decompression circuit is converted to 100 dpi, written in the display image buffer. そして、次のステップS115 Then, the next step S115
において、表示用イメージバッファからイメージデータ(100dpi)をVRAMに転送して、画像処理用用紙ウインドウにイメージ表示を行う。 In, and transferred from the display image buffer to the image data (100 dpi) in VRAM, and displays the image on the image processing sheet window.

【0037】なお、ステップS112において、未表示イメージが無いと判定された場合には、ステップS11 [0037] Incidentally, in step S112, if it is determined that the undisplayed image is absent, step S11
6に制御が移り、他のテキストデータ・ベクタデータ等を画像処理用用紙ウインドウに表示する。 6 control passes to displays other text data vector data or the like to the image processing sheet window.

【0038】このように本実施例では、いったん400 [0038] In the present embodiment in this way, once 400
dpiの画像データをメインメモリ2に読み出した後に100dpiのデータに変換するという従来の手順を経ることなく、最低解像の画像データ(12.5dpi) Without going through the conventional steps of converting the data of 100dpi after reading dpi image data in the main memory 2, image data of the lowest resolution (12.5 dpi)
から順次解像度を向上させていくというJBIG方式の特性を利用して、表示用イメージバッファに100dp By utilizing the characteristics of the JBIG method called go by sequentially improve the resolution from, 100Dp in the display image buffer
iのデータを直接記憶させることができる。 i data can be stored directly.

【0039】図10は、図9に示した実施例に対応する従来技術を参考的に示したものであり、この図10と図9を比較することにより、本実施例の特色がより明確になる。 [0039] FIG. 10 is an illustration of the prior art corresponding to the embodiment shown in FIG. 9 For reference, by comparing FIG. 10 and FIG. 9, features of this embodiment is more clearly Become.

【0040】図10における各ステップの内容は次のとおりである。 The contents of each step in FIG. 10 is as follows. まず、ステップS120では、表示するデータを選択する。 First, in step S120, it selects the data to be displayed. 次のステップS121では、CRT上に画像処理用用紙ウインドウを表示する。 In the next step S121, it displays an image processing sheet window on the CRT.

【0041】ステップS122において、未表示イメージ有りと判定された場合には、ステップS123において、メインメモリ上に実イメージバッファ(すなわち、 [0041] In step S122, if it is determined that there is non-displayed image, in step S123, the real image buffer in the main memory (i.e.,
400dpi用のバッファ)エリアが獲得済みであるか否かを判定する。 Checks whether the buffer) area is acquired already for 400 dpi. その結果、実イメージバッファエリアが既に獲得済みである場合には、ステップS124においてその実イメージバッファを消去した後、ステップS As a result, if the real image buffer area has already acquired previously, after erasing the actual image buffer in step S124, the step S
125に移る。 Moves to 125.

【0042】ステップS125では、メインメモリのイメージ記憶領域IMEM上に実イメージ用バッファと表示用イメージバッファエリアを獲得する。 [0042] At step S125, the obtaining the display image buffer area between the real image buffer in the image memory area IMEM of the main memory. 次に、ステップS126において、記憶されているイメージデータ(400dpi)をハードディスクやフロッピーディスクから実イメージ用バッファに書き込む。 Next, at step S126, it writes the image data stored (400 dpi) from the hard disk or floppy disk in the real image buffer. ステップS1 Step S1
27では、実イメージ用バッファに読み込まれたイメージデータ(400dpi)を元に、表示用イメージバッファに表示用イメージ(100dpi)を作成する。 In 27, based on the image data read in the actual image buffer (400 dpi), to create an image (100 dpi) for display on the display image buffer. さらに、次のステップS128において、表示用イメージバッファからイメージデータ(100dpi)をVRA Further, at the next step S128, the image data from the display image buffer (100 dpi) VRA
Mに転送して、画像処理用用紙ウインドウにイメージ表示する。 It is transferred to M, the image displayed on the image processing for the paper window.

【0043】他方、ステップS122において未表示イメージが無いと判定された場合には、ステップS129 [0043] On the other hand, if it is determined that the non-displayed image is not in step S122, the step S129
において、他のテキストデータ・ベクタデータ等を画像処理用用紙ウインドウに表示する。 In displays other text data vector data or the like to the image processing sheet window.

【0044】図10に示した従来技術とは異なり、本実施例ではJBIG方式の伸長過程で得られた100dp [0044] Unlike the prior art shown in FIG. 10, 100dp in this embodiment obtained in the extension process of the JBIG method
iの画像データをそのまま表示用データとして用いているので、例えばスクロール表示を行う場合にも、図12 Since the i image data is directly used as data for display, for example, even in the case of performing scroll display, FIG. 12
に示すような過程に従って、400dpiのデータを1 According the process as shown in the data of 400 dpi 1
00dpiに変換する処理を省略することができる。 It is possible to omit the process of converting the 00Dpi.

【0045】図12において、まずステップS130ではスクロールを指示する。 [0045] In FIG 12, first, it instructs the scrolling step S130. 次のステップS131においては、スクロール領域にイメージが有るか否かを判定し、イメージが有ると判定された場合には、ステップS In the next step S131, the when determining whether the image is in the scroll region, is determined as the image is present, step S
132において、JBIG方式により拡張された表示用イメージ(100dpi)をVRAMに転送する。 In 132, transfers extended display image of (100 dpi) in the VRAM by JBIG method. さらにステップS133において、他のテキストデータやベクタデータ等をスクロール領域に表示する。 Further in step S133, and displays other text data or vector data and the like in the scroll region.

【0046】 実施例3以下に詳述する実施例においては、CRT面の一部に表示された識別標識(すなわち、クリップボードに貼り付けられたアイコン)を伸長して表示する際の処理手順を示している。 [0046] In the embodiment to be detailed below in Example 3, showing the processing procedure for displaying by extending the identification mark displayed in a part of the CRT surface (i.e., the icon pasted to the clipboard) ing.

【0047】図13は、この実施例3の処理手順を示すフローチャートである。 [0047] Figure 13 is a flowchart illustrating a processing procedure of this Example 3. また、図14〜図16は、クリップボードに貼り付けられたアイコン(このアイコンは、先の実施例で述べられたとおり、12.5dpiの縮小画像である)を選択して、所望の編集位置にはめ込む処理の具体的表示例を示している。 Further, FIGS. 14 to 16 are pasted icon (this icon, as mentioned in previous examples, a is a reduced image of 12.5 dpi) to the clipboard by selecting, the desired editing position It shows a specific display example of a process to fit.

【0048】次に、図14〜図16を参照しながら、図13のフローチャートを説明する。 Next, with reference to FIGS. 14 to 16, for explaining the flowchart of FIG.

【0049】まずステップS135において、貼り付けるイメージデータを選択する。 [0049] First, in step S135, to select the image data to be pasted. 例えば、図14に示すように、クリップボード141に貼り付けられる複数のアイコンの中から、船の絵(12.5dpi)を選択する。 For example, as shown in FIG. 14, from among the plurality of icons to be pasted to the clipboard 141, selects a picture of a ship (12.5 dpi). 次に、ステップS136において、画像処理用用紙ウインドウ140上で貼付先を指示する(図15参照)。 Next, in step S136, instructs pasting destination on the image processing sheet window 140 (see FIG. 15).

【0050】さらにステップS137において、メインメモリ2のイメージ記憶領域IMEM上に表示用貼付イメージバッファエリアを獲得する。 [0050] In yet step S137, it acquires the display patch image buffer area on the image memory area IMEM of the main memory 2.

【0051】次に、ステップS138においては、ハードディスクに記憶されたデータ(最低解像度データおよび差分符号データ)に基づき、圧縮伸長回路8にて10 Next, in step S138, based on the data stored in the hard disk (the lowest resolution data and differential code data), in the compression expansion circuit 8 10
0dpiまで解像度を向上させ、その100dpiのイメージデータを表示用貼付イメージバッファに書き込む。 0dpi until improve resolution, writes the image data of the 100dpi in the display attached image buffer. 最後のステップS139においては、表示用イメージバッファからイメージデータ(100dpi)をVR In the last step S139, VR image data (100 dpi) from the display image buffer
AMに転送して、画像処理用用紙ウインドウに貼付イメージ表示を行う(図16参照)。 Is transferred to the AM, perform a patch image displayed on the image processing sheet window (see Figure 16).

【0052】このように本実施例においては、クリップボード上のアイコン(12.5dpi)を伸長する際の途中過程で得られる100dpiのデータをそのまま表示させることができるので、わざわざ400dpiから表示用の100dpiに変換する過程を省略することができる。 [0052] In the present embodiment this way, it is possible to directly display the data of the resulting 100dpi in the middle course of the time of extending the clipboard on the icon (12.5 dpi), it bothers 100dpi for display from 400dpi it is possible to omit the process of converting to. このことは、図17に示した従来のプロセスを参照することにより、より明確に理解される。 This refers to the conventional process shown in FIG. 17, is more clearly understood.

【0053】図17に示した従来技術においては、まずステップS145において貼り付けるイメージデータを選択し、ステップS146において画像処理用用紙ウインドウ上で貼付先を指示し、ステップS147においてメインメモリのイメージ記憶領域IMEM上に実貼付イメージ用バッファと表示用貼付イメージバッファのエリアを獲得する。 [0053] In the prior art shown in FIG. 17, first bonding select the image data to put in step S145, instructs pasting destination in the image processing sheet on the window in step S146, the image storage area of ​​the main memory in step S147 to win the area of ​​the display attached image buffer between the real pasting image buffer on the IMEM.

【0054】次に、ステップS148において、貼り付けるイメージデータをハードディスクから実貼付イメージ用バッファに読み込む。 Next, in step S148, it reads the image data to be pasted from the hard disk to a real pasting image buffer.

【0055】さらにステップS149においては、実貼付イメージ用バッファに読み込まれたイメージを元に、 [0055] In a further step S149, the image based on the read to a real pasting image buffer,
表示用貼付イメージバッファに表示用イメージを作成する。 To create the display image to the balance image buffer for display. 最後のステップS150では、表示用イメージバッファからイメージデータをVRAMに転送して、画像処理用用紙ウインドウに貼付イメージ表示を行う。 In the final step S150, the transfers from the display image buffer to the image data to the VRAM, perform a patch image displayed on the image processing sheet window.

【0056】 実施例4本発明の実施例4は、メインメモリ2におけるイメージ記憶領域IMEMを有効利用することにより、より多くの表示用イメージを記憶させようとするものである。 Example of [0056] Example 4 This invention 4, by effectively utilizing the image storage area IMEM of the main memory 2, is to attempt to store more display images.

【0057】図18は、メインメモリにおける一般的なイメージバッファの占有状態を示している。 [0057] Figure 18 shows the occupancy of a typical image buffer in the main memory. 図中のイメージ記憶領域IMEMには、2つの画像A,B(いずれも図示してない)をCRTに表示させるための表示用イメージを記憶させてある。 The image memory area IMEM of the figure, the two images A, are B stores the display image to be displayed on CRT (all not shown).

【0058】このIMEMの状態を形成する過程は次のとおりである。 [0058] process of forming the state of the IMEM is as follows. まず、スキャナ14で読み込んだ第1の画像Aをまず400dpiの実イメージとしてIMEM First, IMEM the first image A read by the scanner 14 first as a real image of 400dpi
に記憶させ、次にCRTに表示させるための表示用イメージ(100dpi)に変換し、その変換後のデータを画像Aの表示用イメージ(100dpi)としてIME It is stored in, then converted to the display image for causing the CRT display (100 dpi), IME the converted data as an image (100 dpi) for display of the image A
Mに記憶させる。 To be stored in the M. 次に、第2の画像Bをスキャナ14で読み込み、400dpiの実イメージデータとして、先に画像Aの実イメージ(400dpi)を記憶してある領域にオーバレイさせる。 Next, the second image B is read by the scanner 14, as the real image data of 400 dpi, is overlaid in the area that stores the actual image (400 dpi) of the earlier image A. このことにより、画像Bの実イメージ(400dpi)がIMEMに記憶される。 Thus, the real image of the image B (400 dpi) are stored in the IMEM. そこで、再び100dpiの解像度に変換して画像Bの表示用イメージ(100dpi)を記憶させる。 Therefore, and stores the display image of the image B (100dpi) is converted back to 100dpi resolution.

【0059】ところが、それ以上の数の表示用イメージデータ(100dpi)を記憶させようとすると、記憶領域に不足が生じる場合がある。 [0059] However, if an attempt is made to store it more than the number of the display image data (100dpi), there is a case in which the shortage in the storage area occurs.

【0060】そこで本実施例では、表示用イメージとして100dpiの解像度に拘泥することなく、より低解像のイメージ(例えば25dpi)を表示用イメージとして記憶させる。 [0060] Therefore, in this embodiment, without being bound by a resolution of 100dpi as the display image, and stores the display image more the low-resolution images (for example 25 dpi). すなわち、本実施例では、JBIG方式で行われる階層的符号化により低解像度の画像が形成されることに着目して、必要とされる全てのイメージデータをIMEM上に記憶させるものである。 That is, in this embodiment, in which by paying attention to the low-resolution image is formed by the hierarchical encoding is performed in JBIG method, and stores all the image data to be required on the IMEM.

【0061】図19は、メインメモリ2のイメージ記憶領域IMEMに3つの画像A,B,Cの表示用イメージ(25dpi)を記憶させた状態を示している。 [0061] Figure 19 shows three images A to image storage area IMEM of the main memory 2, B, the state of being stored display image (25 dpi) of C. この表示用イメージデータとしては、50dpiの解像度であってもよい。 As the display image data may be the resolution of 50 dpi. さらに、12.5dpiとすることも可能である。 Furthermore, it is also possible to 12.5 dpi.

【0062】そして、これらの画像をCRT上に表示させる場合に、伸長処理を行って100dpiのイメージとするか、あるいは、25dpiの縮小画像のまま複数のイメージを同時表示させるかは、装備されているウインドウシステムに従って任意に選択することができる。 [0062] Then, when displaying these images on the CRT, or an image of 100dpi performs decompression processing, or, whether to simultaneously display a plurality of images while the reduced image of 25 dpi, is equipped with optionally may be selected in accordance with the window system have.

【0063】また、上述した説明では、スキャナにより読み込んだ実イメージを表示用イメージとして記憶することを前提としているが、ディスクに既に記憶されている12.5dpiの低解像イメージおよび差分符号データに基づいて、25dpiに伸長し、その伸長イメージを表示用イメージとすることも可能である。 [0063] Further, in the above description, it is assumed that storing the actual image read by the scanner as the display image, the low-resolution image and the difference code data 12.5dpi already stored in the disk based on, it extends 25 dpi, it is possible to display images that extension image.

【0064】なお、25dpiの表示用イメージを形成し、そのデータをIMEMに記憶する手順については、 [0064] Incidentally, to form a display image of 25 dpi, the procedure for storing the data in IMEM is
他の実施例から明らかであるので、ここでは処理用フローチャートを省略する。 Since it is clear from the other embodiments is omitted flowchart for processing here.

【0065】 実施例5次に、図20〜図25を参照して本発明の実施例5を説明する。 [0065] Example 5 Next, with reference to FIGS. 20 to 25 illustrating a fifth embodiment of the present invention. 本実施例5は、従来高速ページ捲り時に画像表示が困難であったものを、高速ページ捲り時にも画像表示を可能にして作業を容易にした例である。 The fifth embodiment, those image display is difficult when turning the conventional high-speed page is an example of ease of working and enables the image displayed when turning fast page. 図20は本実施例を実現する要部回路構成、図21は本実施例での高速ページ捲り時の表示状態、図22は伸長処理済の画像の表示状態、図23は本実施例の動作手段、および図24および図25は本実施例の補間処理の具体例を示す。 Figure 20 is a fragmentary circuit configuration for implementing the present embodiment, FIG. 21 is the display state when turning fast page in this embodiment, FIG. 22 is the display state of decompression processed image, FIG. 23 is the operation of the embodiment means, and FIGS. 24 and 25 show a specific example of the interpolation processing of the present embodiment.

【0066】図20において、224は縮小画像(低解像度画像)のサイズを拡大するためのイメージ補間回路224であり、例えば、25dpiの縮小画像データを図24または図25のように補間して原画像の大きさに拡げ、VRAM4を介してCRT5に送る機能を有する。 [0066] In FIG. 20, 224 denotes an image interpolation circuit 224 for expanding the size of the reduced image (low resolution image), for example, an original by interpolating the reduced image data of 25dpi as in FIG. 24 or FIG. 25 spread the size of the image, it has a function of sending the CRT5 through the VRAM 4. いま、スキャナ14等から供給された複数画面の画像データは前述の図8のJBIG方式の画像圧縮処理で25dpiの縮小画像データと符号化データとに変換され、ハードディスク11またはフロッピーディスク10 Now, the image data of a plurality of screen supplied from the scanner 14 or the like is converted by the image compression processing JBIG scheme described above in FIG. 8 to the reduced image data and the encoded data of 25 dpi, a hard disk 11 or a floppy disk 10
に格納されているものとする。 It is assumed to be stored in.

【0067】図23のフローチャートを参照して本実施例の動作をさらに詳細に説明する。 [0067] will be described in more detail by referring to the operation of the present embodiment to the flowchart of FIG. 23. 図1のキーボード1 Figure 1 of the keyboard 1
7等から高速イメージ表示(高速ページ捲り)の指示があると(ステップS201)、表示するデータを選択し(ステップS202)、図21に示すようにCRT5の表示画面221上に画像処理用用紙ウインドウ220を表示する(ステップS203)。 Are instructed to high-speed image display (high-speed page turning) from 7, etc. (Step S201), selects the data to be displayed (step S202), the image processing sheet window on on the display screen 221 of CRT5 as shown in FIG. 21 220 Show (step S203). 次に、メインメモリ2 Next, the main memory 2
中のイメージメモリIMEM上に25dpiの表示用イメージバッファエリアを獲得する(ステップS20 Acquiring display image buffer area of ​​25dpi on the image memory IMEM in (step S20
5)。 5). 表示するイメージデータをハードディスク11やフロッピーディスク10から表示用イメージバッファに読み込む(ステップS206)。 Read into the display image buffer to the image data to be displayed from the hard disk 11 and floppy disk 10 (step S206). すなわち上記の25d That is above the 25d
piの縮小画像データのみが符号化データと切り離されてイメージメモリIMEM中の表示イメージバッファに格納される。 Only the reduced image data of pi is stored is separated from the encoded data to the display image buffer in the image memory IMEM.

【0068】次いで、上記表示用イメージバッファからイメージデータ(縮小画像データ)をイメージ補間回路224を通してVRAM4に転送し、CRT5の画像処理用用紙ウインドウ220にイメージ表示する(ステップS207)。 [0068] Then, the image data from the display image buffer (reduced image data) transferred through the image interpolation circuit 224 to the VRAM 4, the image displayed on the image processing sheet window 220 of the CRT 5 (step S207). この際、イメージ補間回路224では縮小画像データを図24または図25に示すように零値、 In this case, zero value image interpolation circuit 224 in the reduced image data as shown in FIG. 24 or FIG. 25,
または同一データの補間の如き比較的簡単なデータ補間をして原画像のサイズに拡大するので、画像処理用用紙ウインドウ220には、図21に示すような画像が高速に順次表示される。 Or so to expand the size of to the original image relatively simple data interpolation such as interpolation of the same data, the image processing sheet window 220, an image as shown in FIG. 21 are sequentially displayed at high speed.

【0069】表示用イメージバッファ内のイメージデータを全てVRAM4へ転送した場合はステップS204 [0069] If it is transferred to all the image data of the display image buffer VRAM4 step S204
に戻り、未表示イメージがハードディスク11等にある場合は上述のステップS205〜S207の処理を繰り返し、未表示イメージがもうないときにはステップS2 The return, if the undisplayed image is located in the hard disk 11 or the like repeats the above processing in steps S205 to S207, when undisplayed image is no more step S2
08の必要な後処理を経てメインプログラムに復帰する。 To return to the main program through the necessary post-processing of 08.

【0070】高速イメージ表示の指示がない場合は、1 [0070] If there is no indication of the high-speed image display, 1
2.5dpiの縮小画像データと符号化データとから圧縮伸長回路8で原画像に伸長してCRT5に表示する通常の表示処理を行う(ステップS209)。 It extended the original image by the compression expansion circuit 8 from the reduced image data and the encoded data of 2.5dpi performing a normal display process of displaying the CRT5 (step S209). この場合の画像表示は図22に示すように、原画像とほぼ同じ状態の明瞭な画像表示となる。 Image display in this case is as shown in FIG. 22, a clear image display substantially the same state as the original image.

【0071】本実施例では、高速イメージ表示において画像の伸長処理を伴わないので高速イメージ表示が簡単にかつ迅速に可能となり、また少ないイメージメモリでも実現できる。 [0071] In this embodiment, high-speed image display because without decompression processing of the image in the high-speed image display is simplified and quickly possible and can be realized with a small image memory. ただ、図21に模式的に示したように、 However, as schematically shown in FIG. 21,
図22の伸長処理を経由した通常の表示状態よりも画質が劣ることとなるが、高速ページ捲り時では使用者が何の画像が表示されているかが確認できれば十分であるので、実用上何ら問題はない。 Although so that the image quality is inferior than the normal display state via the decompression processing of FIG. 22, since whether the user when turning the fast page is displayed what image it is sufficient if it can be confirmed, no practical problem no. なお、上記説明では縮小画像データとして25dpiを例示したが12.5dpi Although the above description exemplifies the 25dpi as reduced image data 12.5dpi
でもよい。 But good.

【0072】 実施例6図26〜図32は本発明の実施例6を示す。 [0072] Example 6 FIGS. 26 to 32 show a sixth embodiment of the present invention. 本実施例6 This Example 6
は、イメージデータのクリップ切り取り時に、段階的な縮小画像データを順次表示して最後に表示を消すことにより、クリップ切り取り処理の進行過程を使用者に明瞭に報せるようにした例である。 It is when the clip Cut image data, by erasing the last viewed by sequentially displaying a stepwise reduced image data is an example of a clearly informing as to the user progression of the clip cut process. 図26は本実施例の動作手順、図27〜図31は進行過程の表示例、図32は本実施例の変形例の動作手順を示す。 Figure 26 is the operation procedure, FIGS. 27 to 31 of the present embodiment is a display example of a progression, Figure 32 shows an operation procedure of the modification of this embodiment.

【0073】図26のフローチャートを参照して本実施例の動作を詳細に説明する。 [0073] with reference to a flowchart of FIG. 26 illustrating the operation of this embodiment in detail. いま、CRT5の表示画面221上の画像処理用用紙ウインドウ220内に図27 Now, figure image processing sheet window 220 on the display screen 221 of the CRT 5 27
に示すような画像が表示されているものとする。 An image as shown in assumed to be displayed. この状態でキーボード17からイメージデータの切り取り指示があると、クリップボードウインドウ225を表示画面221上に表示し(ステップS211)、次いで使用者により不図示のマウス等を用いたイメージデータの切り取り範囲の指示が図27から図28の矢印Pのポインタで示すように行われ、例えば図28の状態で切り取り範囲の指定が終了したら(ステップS213)、CPU1 If there is cut an instruction of the image data from the keyboard 17 in this state, it displayed on the display screen 221 of the clipboard window 225 (step S211), and then instructs the crop area of ​​the image data using the mouse or the like (not shown) by the user Once but performed as indicated by the pointer of arrow P in FIG. 28 from FIG. 27, cut range specified is completed for example in the state of FIG. 28 (step S213), CPU 1
はイメージメモリ2のイメージメモリIMEMに切取イメージデータ用バッファエリアを獲得する(ステップS To win a buffer area for the image data cut in the image memory IMEM of the image memory 2 (step S
214)。 214).

【0074】次いで、イメージメモリIMEM内の実イメージバッファから切取イメージデータ用バッファに上記指定による切り取り範囲の400dpiのイメージデータをデータ転送する(ステップS215)。 [0074] Then, the image data of 400dpi in the crop area by the specified buffer for image data cut from the real image buffer in the image memory IMEM for data transfer (step S215).

【0075】続いて、切取イメージデータ用バッファのデータを圧縮伸長回路8により前述の図8のJBIG方式で階層的に圧縮・符号化し、最初は一段階目の縮小画像データ(200dpi)と符号化データを得る(ステップS216)。 [0075] Then, cut hierarchically compressed and encoded in the previous JBIG scheme of FIG. 8 by the compression expansion circuit 8 data buffer image data initially encoded first stage of the reduced image data (200 dpi) obtaining data (step S216). この縮小画像データを切取イメージデータ用バッファにオーバレイで書き込むとともに、VR Writes in the overlay buffer for image data cut the reduced image data, VR
AM4に送ってCRT5上に表示する。 Send it to display on CRT5 to AM4. すなわち、画像処理用用紙ウインドウ220上に解像度1/2のイメージデータが表示されることとなる(ステップS21 In other words, so that the image data of the resolution 1/2 on the image processing sheet window 220 is displayed (step S21
7)。 7). 階層的なイメージ符号化の全てが終了するまで、 Until all of the hierarchical image coding is completed,
上述のステップS216とステップS217の処理を繰り返す。 It repeats the processing of step S216 and step S217 described above. かかる圧縮符号化処理により画像は400dp Image Such compression coding processing 400dp
i→200dpi→100dpi→50dpi→25d i → 200dpi → 100dpi → 50dpi → 25d
pi→12.5dpiと変化し、解像度が1/2ずつ小さくなるとともに表示画像のサイズも1/4ずつ小さくなる。 pi → 12.5 dpi and changes, even small by a 1/4 size of the display image with the resolution is reduced by ½. 従って、画像処理用用紙ウインドウ220上のクリップ切り取り対象の画像(本例では船の図形)は図2 Thus, (figure in this embodiment the ship) images of a clip cut object on the image processing sheet window 220 is 2
8→図29→図30のように圧縮符号化の処理段階に応じた段階的な縮小画像で順次縮小表示され、その結果そのクリップ切り取り処理の進行過程が利用者にとって明瞭に分かる。 8 → Figure 29 → sequentially collapsed in a stepwise reduced image according to the processing steps of compression coding, as in FIG. 30, progression of the result the clip cut process seen clearly for the user.

【0076】イメージ符号化が終了したら(ステップS [0076] After the image encoding is completed (step S
218)。 218). 最終縮小データをクリップボードに格納するとともに、図31に示すように、画像処理用用紙ウインドウ220上のイメージデータを消去し、クリップした12.5dpiの縮小画像をアイコンとしてVRAM4 Stores the final reduced data to the clipboard, as shown in FIG. 31, to erase the image data on the image processing sheet window 220, a reduced image of the clipped 12.5dpi as icons VRAM4
を介してクリップボードウインドウ225上に貼り込む(ステップS219)。 Pasted on the clipboard window 225 via a (step S219). その後、制御はメインメモリに復帰する。 Thereafter, the control is returned to the main memory. これにより使用者はクリップ切り取り処理が終了したことをただちに知ることができる。 In this way the user can know immediately that the clip cut process has been completed.

【0077】従来ではクリップ切り取り処理が終了するまで切り取り対象画像がそのままの大きさの表示状態で数秒〜10数秒表示され、クリップ処理が終了すると画像が突然消えるため、処理の進行過程が分からず作業がし難かったが、本実施例によれば縮小画像データが順次小さく表示されるので、処理の進行過程が明瞭となり、 [0077] conventionally has cut the target image to the clip cut processing is completed is displayed for a few seconds to 10 seconds in the display state of the raw size, because the clip processing disappears suddenly the image When finished, the work course of treatment is not known Although is has been difficult, since the reduced image data according to the present embodiment is displayed sequentially smaller, course of treatment becomes clear,
不都合が解消される。 Inconvenience is eliminated.

【0078】図32のフローチャートは本実施例6の変形例の手順を示したものであるが、図26のフローチャートとの相違はステップS216の次段のステップS2 [0078] Although the flowchart of FIG. 32 shows the procedure of modification of this embodiment 6, the next stage of the step difference is step S216 of the flowchart of FIG. 26 S2
20において画像処理用用紙ウインドウ220上に解像度1/2のイメージデータを図20に示すようなイメージ補間回路224を通して表示する点である。 A point for displaying the image data resolution 1/2 on the image processing sheet window 220 through the image interpolation circuit 224 as shown in FIG. 20 at 20. 従って、 Therefore,
本例によれば、図29,図30に示すようにだんだん画像が縮小される代りに、図21に示すように画像の大きさは不変で、画像が段階的に薄くなり、イメージ符号化終了に応じて画像が消えることとなる(ステップS21 According to this example, FIG. 29, instead of the gradually image is reduced as shown in FIG. 30, the size of the image as shown in FIG. 21 is unchanged, the image is stepwise thinner, the image coding ends image becomes disappear depending on (step S21
9)。 9). 本例の場合も前記事例と同様な効果が得られるのは明らかである。 For this example it is clear also that the same effect as the case can be obtained.

【0079】 実施例7図33〜図37は本発明の実施例7を示す。 [0079] Example 7 FIGS. 33 37 show a seventh embodiment of the present invention. 本実施例7 This Example 7
はメインメモリ2上のイメージメモリIMEMに確保されている表示用イメージバッファ領域の残存領域RMの容量aが、図33に示すように、1画面分Tに満たなくなった容量不定に至った場合にも、少なくともあと1画面を表示可能にしてメモリの有効利用と作業性の向上を図った例である。 If the capacity a of the residual area RM of the display image buffer area secured in the image memory IMEM of the main memory 2, as shown in FIG. 33, which led to the capacity indeterminate that no longer meet the one screen T also examples with improved workability and efficient use of memory and enables display of at least another one screen.

【0080】まず、図34のフローチャートを参照して本実施例の動作の一例を説明する。 [0080] First, with reference to the flowchart of FIG. 34 illustrating an example of the operation of this embodiment. キーボード17からイメージデータの表示指示があると(ステップS22 If there is an instruction to display the image data from the keyboard 17 (step S22
1)、イメージメモリIMEMの表示用イメージバッファ領域に1画面分の表示用イメージバッファが獲得できるか否かを判定する(ステップS222)。 1), it is determined whether the display image buffer for one screen in the display image buffer area of ​​the image memory IMEM can acquire (step S222). これは上記残存領域RMの容量aと1画面分の必要容量Tとを比較することにより判断できる。 This can be judged by comparing the required capacity T of capacitance a and one screen of the residual area RM. a≧Tで表示用イメージバッファが獲得できると判断したときには(ステップS2 When the display image buffer is determined to be earned by a ≧ T (Step S2
23)、新たな100dpiの表示用イメージデータの1画面分を表示用イメージバッファに格納するとともにVRAM4を介してCRT5上に表示するという通常のイメージ表示処理を行い(ステップS229)、メインルーチンに復帰する。 23) is subjected to ordinary image display process of displaying on CRT5 through VRAM4 stores in the display image buffer to one screen of the display image data of a new 100 dpi (step S229), returns to the main routine to.

【0081】1画面分の表示用イメージバッファが獲得できないとき、すなわちa<Tのときは、ステップS2 [0081] 1 when the display image buffer of screen can not be acquired, that is, when a <T, step S2
24に進んで前回より解像度が1/2のイメージを得る。 Resolution than the previous get 1/2 of the image go to 24. すなわち、第1回目はハードディスク11またはフロッピーディスク10に格納されているJBIG方式による12.5dpiの縮小画像データと符号化データを圧縮伸長回路8ヘ送って、前述のJBIG方式による伸長処理により50dpiの縮小画像データを得る(ステップS224)。 That is, the first time is sent compression expansion circuit 8 f the reduced image data and the encoded data of 12.5dpi by JBIG scheme is stored in the hard disk 11 or a floppy disk 10, the 50dpi by decompression processing by the above-described JBIG scheme obtain reduced image data (step S224). 続いて、前回より解像度が1/2の表示用イメージバッファが1画面分獲得できるか否かを判定する。 Subsequently, the display image buffer resolution is 1/2 from the previous determine if it can acquire one screen. すなわち、図35に示すように、最初は50d That is, as shown in FIG. 35, first, 50d
piの縮小画像データの必要容量bと残存領域RMの容量aとを比較し、b≦aなら獲得でき、b>aなら獲得できないと判断する。 Comparing the required capacity b of the reduced image data of the pi and capacity a of the residual area RM, earn if b ≦ a, determines that it is unable to acquire if b> a.

【0082】獲得できないと判定したときには(ステップS226)、獲得できるまで上記のステップS224 [0082] when it is determined that can not be acquired (step S226), the above steps S224 to earn
とS225の処理を繰り返す。 And it repeats the process of S225. すなわち、第2回目の場合は25dpiの縮小画像データを圧縮伸長回路8で作り、この縮小画像データの必要容量c(図35参照)と残存領域RMの容量aとを比較しc≦aなら獲得でき、 That is, in the case of the second round to make a reduced image data of 25dpi the compression expansion circuit 8 (see FIG. 35) required capacity c of the reduced image data as compared to acquisition if c ≦ a and capacity a of the residual area RM can,
c>aなら獲得できないと判断する。 It determines that it is unable to acquire if c> a.

【0083】このとき、例えばc≦aとなって25dp [0083] In this case, for example, a c ≦ a 25dp
iの1画面分の表示用イメージバッファをイメージメモリIMEM中に獲得できる場合はステップS226からステップS227に進む。 If the one screen display image buffer of i can be acquired in the image memory IMEM proceeds from step S226 to step S227. ステップS227では表示用イメージバッファにバッファの解像度まで復号化した解像度1/nのイメージデータ(例えば、25dpiの縮小画像データ)を読み込む(ステップS227)。 Image data having a resolution 1 / n decrypted step S227 in the display image buffer in until resolution of the buffer (e.g., reduced image data of 25 dpi) read (step S227). 続いて、その解像度1/nのイメージデータを表示用イメージバッファから読み出して図20のイメージ補間回路2 Subsequently, the image interpolation circuit 2 in FIG. 20 reads the image data of the resolution 1 / n from the display image buffer
24を通して原画像のサイズまで拡大した後にVRAM VRAM after enlarged to the size of the original image through 24
4に転送し、CRT5上の画像処理用用紙ウインドウ2 Transfer to 4, the paper window 2 for image processing on CRT5
20(図22参照)上にその解像度1/nでの画像を表示する(ステップS228)。 20 to display an image at the resolution of 1 / n on (see FIG. 22) (step S228). このときの補間処理は例えば図25または図24のようにされ、図21に示すような多少画質が劣化した表示状態となる。 Interpolation processing at this time is as shown in FIG. 25 or FIG. 24, for example, the display state is some image quality as shown in FIG. 21 has deteriorated. その後、メインプログラムに復帰する。 After that, the flow returns to the main program. なお、どんな画像内容かを知るような場合には画像の多少の劣化は問題とならないので通例は十分に実用に供せられると考えられる。 It should be noted that, usually because what if the image content or the know, such as some of the deterioration of the image is in is not a problem is considered to be subjected to a sufficiently practical use. 特に本例では常に全体の画像が見られる利点がある。 Particularly in this embodiment there is always an advantage that the entire image is seen.

【0084】図36および図37は本実施例7の変形例を示す。 [0084] Figures 36 and 37 show a modification of the seventh embodiment. スキャナ14等に合わせてシーケンス処理を容易にする等のため、通常図36に示すように、d×m≦ For such to facilitate the sequence process in accordance with the scanner 14 or the like, as shown in the normal view 36, d × m ≦
Tとなるような最大m個のストライプに1画面分の画像データを分割してストライプ単位でJBIG方式による圧縮処理をし、ハードディスク11またはフロッピーディスク10に12.5dpiの縮小画像データと符号化データの形態で格納してある。 And compression processing by the JBIG method each stripe by dividing the image data for one screen to the maximum of m stripe such that T, the reduced image data and the encoded data of 12.5dpi the hard disk 11 or diskette 10 It is stored in the form. 本例はこのストライプデータを利用して解像度をCRT5の100dpiから落とさずに、残存領域RMの大きさaに応じて最大m個のストライプの組合わせで1画面の画像データを表示しようとするものである。 This example is not dropped from 100dpi of CRT5 resolution using this stripe data, intended to display the image data of one screen in combination with more than m stripe according to the size a of the residual area RM it is.

【0085】次にこれを図37のフローチャートを参照して説明する。 [0085] It is then described with reference to a flow chart of FIG. 37. ステップS231〜ステップS233およびS239は図34のステップS221〜ステップS Step S231~ step S233 and S239 are steps S221~ step S in FIG. 34
223およびステップS229と同様なので、その説明は省略する。 Since similar to 223 and step S229, a description thereof will be omitted. まず、ステップS233で1画面の表示用イメージバッファが獲得できないと判断した場合は、ステップS234に進んで、ハードディスク11等から圧縮伸長回路8を介して前回より1ストライプ少ない10 First, if it is determined that one screen display image buffer can not be acquired in step S233, the process proceeds to step S234, 1 stripe less than the previous through a compression expansion circuit 8 from the hard disk 11 or the like 10
0dpiのイメージデータを得る。 Obtaining the image data of 0dpi. 続いて、ステップS Then, step S
234で、その前回より1ストライプ少ない表示用イメージバッファがイメージメモリIMEM上に獲得可能か否かを判断する。 In 234, one stripe less display image buffer than the last time to determine whether it is possible to acquire on the image memory IMEM. 例えば、第i回目であれば(m−i) For example, if the i-th (m-i)
×dと前述の残存領域RMの容量aとを比較し、(m− × d is compared with the capacity a of the above-mentioned remaining area RM, (m-
i)×d≦aなら獲得でき(m−i)×d>aなら獲得できないと判断する。 i) can be acquired if × d ≦ a (determines that m-i) can not be acquired if × d> a. なお、i=1,2…,m−1である。 Incidentally, i = 1,2 ..., a m-1.

【0086】獲得できないと判定したときには(ステップS236)、獲得できるまで上記のステップS234 [0086] when it is determined that can not be acquired (step S236), the above steps until acquiring S234
とS235の処理を繰り返す。 And it repeats the process of S235.

【0087】その後、ステップS236で獲得できると判定したときは、表示用イメージバッファに獲得できたストライプ分だけ複合化したイメージデータを読み込み(ステップS237)、次いでCRT5上の画像処理用用紙ウインドウ220(図22参照)上に、表示用イメージバッファ内の該当の上記イメージデータを、元々のストライプの位置に表示する(ステップS238)。 [0087] Then, when it is determined to be earned in step S236, reads the image data by composite stripe that can be acquired in the display image buffer (step S237), then the sheet window 220 for image processing on the CRT 5 ( Figure 22 reference) on, the image data of the corresponding display image buffer, and displays the location of the original stripe (step S238). その後、メインルーチンに復帰する。 After that, the flow returns to the main routine.

【0088】ここで、ステップS234におけるストライプの選択順位は画像の種類に応じて色々考えられ得る。 [0088] Here, the stripe of selection order in the step S234 may variously considered according to the type of image. 例えば、画面の上方に重要な画像情報が集中している場合(例えば管理表など)にはストライプを画面の下の方から捨てていけばよく、また画面の中央に重要な画像情報が集中しているような場合(例えば設計図)には画面の中央のストライプが最後まで残るように画面の上方と下方から交互にストライプを捨てていけばよい。 For example, well if we discard the stripe if (for example, management table) are concentrated important image information over the screen from the bottom of the screen, also important image information in the center of the screen is concentrated If it has, such as (e.g. blueprint) may do discard stripes alternately from above and below the screen to remain the center of the stripe of the screen until the end. 従って、ステップS238でCRT5上に表示される画像は比較的は重要な画像部分がストライプの組合わせで表示されることとなる。 Therefore, the image displayed on the CRT5 in step S238 is relatively so that the important image portion is displayed by a combination of stripes. そして、本例の場合はCRT5の解像度と同じ100dpiのまま表示されるという利点があり、またイメージ補間回路224も必要としない。 In the case of this example has the advantage of being displayed remains the same 100dpi the resolution of CRT 5, also it does not require the image interpolation circuit 224.

【0089】なお、上述の実施態様まではステップS2 [0089] Incidentally, until the above-mentioned embodiments step S2
24,S225(またはステップS234,S235) 24, S225 (or step S234, S235)
の処理を表示用イメージバッファが獲得されるまで繰り返していたが、残存領域RMの容量aと解像度毎のあらかじめ設定した容量値e iとの比較(あるいは容量aとn×iとの比較)により表示用イメージバッファが獲得できる解像度1/n(またはストライプの数i)を一度で決定するようにしてもよい。 Although image buffer for display processing has been repeated until the acquisition, by comparing the capacitance values e i set in advance for each volume a and resolution of the remaining area RM (or comparison of the capacity a with n × i) resolution 1 / n of the display image buffer can be acquired (or number i of stripes) may be determined at once.

【0090】また、図34のステップS228の処理において、イメージ補間回路224を通して画像を表示するようにしていたが、自動的に解像度に応じて例えば非常に低解像度の場合は圧縮伸長回路8で伸長した100 [0090] Further, in the processing of step S228 of FIG. 34, had been to display the image through the image interpolation circuit 224, automatically if of example very low resolution according to the resolution extension by the compression expansion circuit 8 100
dpiのイメージデータを表示してもよく、また解像度が比較的高いときはイメージ補間せずにそのまま表示してもよい。 It may be displayed dpi image data, and when a relatively high resolution may be displayed as it is without image interpolation.

【0091】以上のように、本実施例によれば表示用イメージバッファ領域が容量不足に至った場合にも画像を表示でき、作業性の向上が図れる。 [0091] As described above, when the display image buffer area according reaches the capacity shortage in this embodiment is also able to display images, thereby improving the workability.

【0092】 実施例8 JBIG符号化方式による画像データの階層的符号化に際しては、次のような処理を行うとメモリの一層の効率的利用および処理の一層の効率化が図れる。 [0092] In hierarchical coding of image data according to Example 8 JBIG coding method, when the following process is performed further more efficiency efficient use and processing of the memory can be reduced.

【0093】すなわち、図38に示すように、例えばメインメモリ2上に記憶された原画像データ(解像度40 [0093] That is, as shown in FIG. 38, for example, the original image data stored in the main memory 2 (resolution 40
0dpi)を、垂直方向に並んだ(水平方向に長い)複数個のストライプ(領域)に分割し、メインメモリ2内の各ストライプ毎に原画像データを圧縮伸長回路8により階層的符号化処理する際に、圧縮伸長回路8からの階層的符号化処理途中の段階のデータに基づいて比較回路301によって、 原画像のデータサイズ/n≧圧縮データサイズ(当該段階の縮小画像のデータサイズ+当該段階までの符号化データ) (圧縮データサイズ/前段階の圧縮データサイズ)≦ The 0 dpi), divided into vertically aligned (long in the horizontal direction) a plurality of stripes (areas), processing hierarchically encoded by the compression expansion circuit 8 of the original image data for each stripe in the main memory 2 when hierarchical by coding an intermediate stage comparator circuit 301 on the basis of the data of the data size + the phase data size / n ≧ compressed data size (the phase of the reduced image of the original image from the compression expansion circuit 8 until the encoded data) (compressed data size / pre-stage compressed data size) ≦
X(例えばnは2〜1000,Xは0.5〜0.99) のいずれかの比較処理を行って、当該条件を満たしたときにそのストライプに関する階層的符号化処理を当該段階で終了する。 X (for example, n is 2 to 1000, X is 0.5 to 0.99) by performing comparison processing of any of the hierarchical encoding process for that stripe ends in the stage when satisfying the condition . このようにしたのは、次の理由による。 It was this way, for the following reason.
すなわち、それ以上の階層的符号化処理を行っても圧縮データの大幅な(効果的な)減少が行えなくなるからであり、それ以上の階層的符号化処理を行って消費されるメモリの容量が節約できることになるからである。 That is, because even if more hierarchical coding processing can not be performed significantly (as effective) reduction of the compressed data, the capacity of the memory that is consumed by performing more hierarchical coding processing This is because so that savings. 図3 Figure 3
9が前記に、図40が前記に対応する圧縮伸長回路8での処理のフローチャートであり、S301でCPU 9 is a is a flowchart of processing in the compression and expansion circuit 8 FIG. 40 corresponds to the, CPU in S301
1からのメインメモリ2内の400dpiの対象となる原画像データ(イメージデータ)の符号化開始指示を受け、S302でメインメモリ2内の第1のストライプのイメージデータを読み込み、S303でその読み込んだイメージデータを1段階目の階層的符号化処理し、S3 Receiving the encoding start instruction of the original image data to be 400dpi in the main memory 2 from 1 (image data) reads the image data of the first stripe in the main memory 2 at S302, read the at S303 the image data processed hierarchical coding in the first stage, S3
04A(図39)またはS304B(図40)にすすみ、そこで比較回路301による各々前記またはの処理の結果を示す信号を判断し、NO(すなわちまたはの条件を満たさない)であれば、S303に戻って、当該ストライプの階層的符号化処理の次段階の処理を行い、YES(すなわち、またはの条件を満たす)であれば当該ストライプの階層的符号化処理を終了して、S305にすすみ、メインメモリ2内の対象となる原画像データの全ストライプの階層的符号化処理が終了したかを判断し、終了するまでS302〜S304A 04A proceeds to (39) or S304b (FIG. 40), where it is determined signal indicating the result of each said or processing by the comparator circuit 301, if set to NO (i.e. or conditions not satisfied in), returns to S303 Te, performs processing of the next step of the hierarchical encoding process for the stripe, YES (i.e., or the condition is satisfied) and terminates the hierarchical encoding process for the stripe, if the process proceeds to S305, main memory hierarchical encoding of all the stripes of the original image data to be within 2 and judged completed, S302~S304A until the end
またはBの処理を繰返す。 Or it repeats the process of B.

【0094】図41はこのような処理によって各ストライプ毎に処理段階が異なった様子を示す。 [0094] Figure 41 shows exemplary processing steps are different for each stripe by such process. すなわち、ストライプ1は4段階、ストライプ2は2段階、ストライプ3は3段階までで処理が終了している。 That is, the stripe 1 is four steps, stripe 2 is two steps, stripe 3 is completed treated with up to 3 stages.

【0095】 実施例9 CRT5に表示された画像のクリップ切取りおよび切取った画像の例えば他の適当な文書データへの貼付けに際しては、CPU1の制御下で次のような処理を行うことによってメモリの一層の効率的な利用が図れる。 [0095] In Paste to example other suitable document data clip cut and cut image of the image displayed in Example 9 CRT 5 is a memory by performing the following processing under the control of the CPU1 It attained a more efficient use.

【0096】すなわち、CRT5上に表示されたメインメモリ2内のイメージメモリIMEM上の画像データ(100dpi)は実施例8と同様に複数個のストライプに分割する。 [0096] That is, image data in the image memory IMEM in the main memory 2 which is displayed on the CRT 5 (100 dpi) is divided into a plurality of stripes in the same manner as in Example 8. そして、図42に示すようにクリップボードへの切取り処理がスタートすると、S311でCR When the cut processing to the clipboard, as shown in FIG. 42 starts, CR at S311
T5上での画像を使用しての切取範囲の指定をまち、S Town the designation of the cut range of using the image of on the T5, S
312で、例えば図43に示すようにその指定された切取範囲の画像Aがかかっている(属している)ストライプを判定し(図43ではストライプ2)し、S313でこの判定結果に基づいて、イメージメモリIMEM内の該当するストライプの画像データ(100dpi)を例えば、12.5dpiの解像度まで階層的符号化処理し、S314で画像Aがかかっている(属する)全ストライプの符号化が終了したかを判断し(図43ではストライプ2のみであったが、画像Aが複数のストライプにかかっていることもある)、終了するまでS313を繰返し、終了によってS315にすすみ、符号化終了した画像Aの属する全ストライプデータに関して、図43に示すようなヘッダ部(イメージメモリIMEM上の画像データにおける符号 312, for example, FIG. 43 is the image A of the designated cut range, as shown in (belong) in which rests determines stripes were (in FIG. 43 stripe 2), based on the determination result in S313, the corresponding stripe image data in the image memory IMEM (100 dpi) for example, or processed hierarchical encoding to the resolution of 12.5 dpi, the image a is afflicted (belonging) coding of all stripes has been completed in S314 determine (but which was only in FIG. 43 stripe 2, sometimes the image a is afflicted with multiple stripes), repeated S313 until the end, the process proceeds to S315 by the completion of the image a has been completed coding belonging for all-stripe data, codes in image data in the header portion (image memory IMEM, as shown in FIG. 43 処理したストライプの位置、画像Aのストライプ内の位置(ポジションX,Y)および画像(イメージ)データサイズ(幅(W)および高さ(H)からなる)と、符号化データ(該当するストライプの12.5dpiの画像データを含む)とをメインメモリ2のイメージメモリIMEMのクリップボードの所定エリアに書き込む。これによって、クリップボードへの書込み容量が少なくてすみ、メモリの効率利用が図れる。 Position of the treated strip, the position of the stripe of the image A (position X, Y) and image (the image) data size (consisting width (W) and height (H)), encoded data (of the corresponding stripe It writes the containing image data of 12.5 dpi) in a predetermined area of ​​the clipboard of the image memory IMEM of the main memory 2. Thus, fewer write capacity to the clipboard, efficient use of memory can be reduced.

【0097】ついで、このようにして切取った画像データAの現在CRT5上に表示されている画面内への貼付けについて説明する。 [0097] Next, a description will be given pasted to this manner cut image data in the screen displayed on the current CRT5 of A. まず、クリップボードをCRT5 First, the clipboard CRT5
上に表示すると、先に切取った画像Aがアイコン表示されており、これを貼付画像として指定しておき、ついでこの貼付画像Aを貼付けようとする画像データをCRT When displayed on an image A, taken earlier are displayed icons have specified it as pasting images, then the image data which you try cemented this patch image A CRT
5上に表示し、図45に示すように、S316でCRT 5 displayed on, as shown in FIG. 45, CRT at S316
5上の画像を使用しての貼付けポジション(位置)の指定をまち、S317でメインメモリ2内のイメージメモリIMEMに貼付けデータ用バッファを獲得し、S31 Joining position by using the image on the 5 designation of (position) city, won buffer pasting data in the image memory IMEM of the main memory 2 at S317, S31
8でメインメモリ2内のイメージメモリIMEMのクリップボードの所定エリアに書き込まれた画像Aの属する全ストライプについてのデータ(図44)から、当該全ストライプの復号化(100dpi)を行って、イメージメモリIMEMに書込み、S319で同クリップボードの所定エリアのヘッダ部の情報に基づいて、実際の貼付画像Aを、イメージメモリIMEMの復号化されたストライプの100dpiの画像データからとり出し、S From the data for all stripes belongs written image A in a predetermined area of ​​the clipboard of the image memory IMEM of the main memory 2 at 8 (Figure 44), performs decoding of the entire stripe (100 dpi), the image memory IMEM to write, based on the information of the header portion of the predetermined area of ​​the clipboard in S319, the actual pasting images a, stripes decoded image memory IMEM taken out from the image data of 100 dpi, S
317で獲得したバッファに格納し、S320で当該バッファからとり出した画像AをS316で指定した情報に基づいてCRT5上の指定された貼付ポジションに表示する。 And it stores the data in the buffer acquired in 317, and displays the specified affixed position on CRT5 based on the information specified in S316 the image A which was taken out from the buffer at S320. このようにすることによって、必要な部分(ストライプ)のデータのみの処理ですみ、メモリの効率的利用が図れる。 By doing so, corner in the processing of only the data of the necessary portion (stripe), thereby the efficient use of memory.

【0098】 実施例10図1に示すような構成の装置をサーバーとしてのワークステーションとし、ネットワークを介して複数台のクライアントとしてのワークステーションを接続した画像処理システムにおいては、次のようにすることによって、 [0098] The configuration of the device as shown in Example 10 Figure 1 is a workstation as a server, in the image processing system connecting a workstation of a plurality of clients via a network, it is as follows by,
効率的な運用を行うことができる。 It is possible to perform efficient operation.

【0099】すなわち、図46において、WS4は図1 [0099] That is, in FIG. 46, WS4 Figure 1
に示すような構成のサーバーとしてのワークステーション、WS1およびWS3は、プリンタおよびハードディスクを持たないワークステーション、WS2はハードディスク11Aを持つワークステーションである。 Configuration workstation as a server, such as shown in, WS1 and WS3 are printers and workstations without a hard disk, WS2 are workstation with hard disk 11A. WS1 WS1
〜WS3においては、CRT5、VRAM4の他に図1 In ~WS3, Figure 1 in addition to the CRT 5, the VRAM 4
に示すCPU1、メインメモリ2、I/O3、LANインターフェイス7、圧縮伸長回路8、キーインターフェイス16、キーボード17およびマウス19は有するものとする。 CPU 1, shown in the main memory 2, I / O3, LAN interface 7, compression and expansion circuit 8, key interface 16, keyboard 17 and mouse 19 are assumed to have. 6はLANである。 6 is a LAN.

【0100】このような構成において、WS4のディスク11にC+C1+C2(図8)の画像データがあるとする。 [0101] In such a configuration, it is assumed that there is a image data C + C1 + C2 (Fig. 8) to the disk 11 of WS4. 今、WS1においてCRTにA(図8)に相当する画像を表示して編集作業を行おうとする場合、WS4 Now, if you try editing CRT to display the image corresponding to A (FIG. 8) in WS1, WS4
から、CのデータのみをLAN6を経由してWS1のV From, V of WS1 via the only LAN6 C of data
RAM(またはメインメモリ)に転送するだけでよい。 Only to be transferred to the RAM (or main memory).
このようにすることによって、WS1においては、CR By doing so, in the WS1, CR
TにCの画像を表示することができ、表示画像に対してマウス、キーボード等を使用して編集を加えることができる。 Can display an image of a C to T, it can be added edit using mouse, keyboard or the like to display images. この編集内容(これをHとする)はWS1のメインメモリに記憶しておき、例えばこの編集後の画像C′ The edits (referred to as H) is may be stored in the main memory of WS1, for example, an image C after the edit '
に基づく画像をプリントアウトするには、WS1のメインメモリからWS4のメインメモリに編集内容Hのみを、LAN6を経由して送り、WS4において、まず、 The image to be printed out based, only edits H from the main memory of WS1 to the main memory of WS4, feed via the LAN 6, the WS4, firstly,
ディスク11内のC+C1+C2のデータからAの画像データを復号し、これにHに相当する編集を加え、編集後の画像データA′をプリンタ13から出力する。 Decodes the C + C1 + C2 image data A from the data in the disk 11, to which the editing corresponding to H is added, and outputs the image data A 'edited from the printer 13. なお、この画像データA′をディスク11に保存する場合は、A′を階層的符号化処理して、C′+C1′(C1 Incidentally, the image data A 'if you want to save into disk 11, A' is treated hierarchical encoding, C '+ C1' (C1
に相当)+C2′(C2に相当)のデータを作り、これをディスク11に保存すればよい。 Considerable) + C2 '(C2 make data equivalent) in, this may be saved to disk 11.

【0101】以上のように、各WSでの画像処理に際して、システム全体のトータルの処理データ量を必要最小限にすることができ、各WSにおいても最小限のメモリ容量ですみ、処理も効率的であり、さらに、LANのトラフィックも小さく抑えることができる。 [0102] As described above, in the image processing in each WS, processes the data amount of the entire system total can the be the minimum necessary, with minimal memory capacity in each WS, processing is efficiently , still more, it is possible to suppress LAN traffic is small.

【0102】 [0102]

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、 As described in the foregoing, according to the present invention,
上記のように構成したので、原画像の必要な情報を含むアイコンを作成することができるという効果がある。 Since it is configured as described above, there is an effect that it is possible to create an icon containing the required information of the original image.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の実施例1を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing a first embodiment of the present invention.

【図2】図1図示メインメモリ2のエリアを示す図である。 2 is a diagram showing the area of ​​Figure 1 illustrated the main memory 2.

【図3】JBIG方式の圧縮伸長方法を説明するための説明図である。 3 is an explanatory diagram for explaining the compression and decompression method of JBIG method.

【図4】図2図示プログラムエリアPMEMに格納される制御プログラムの一例を示すフローチャートである。 4 is a flow chart showing an example of a control program stored in Figure 2 illustrates the program area PMEM.

【図5】原画像の一例を示す図である。 5 is a diagram showing an example of an original image.

【図6】作成されたアイコンの一例を示す図である。 6 is a diagram showing an example of the created icon.

【図7】JBIG方式の処理過程で生じるイメージデータを表示させる手順を示したフローチャートである。 7 is a flowchart showing a procedure for displaying the image data generated in the process of JBIG method.

【図8】JBIG方式の階層的符号化によって生じる低解像度データおよび差分符号データを示す図である。 8 is a diagram showing the low resolution data and differential code data generated by the hierarchical coding of JBIG method.

【図9】JBIG方式の処理過程で生じるイメージデータを表示させる手順を示したフローチャートである。 9 is a flowchart showing a procedure for displaying the image data generated in the process of JBIG method.

【図10】図9に対応する従来例を説明したフローチャートである。 10 is a flowchart for explaining a conventional example corresponding to FIG.

【図11】メインメモリの構成を示す図である。 11 is a diagram showing the main memory configuration.

【図12】スクロール表示を行う場合の処理手順を示したフローチャートである。 12 is a flowchart showing a processing procedure for performing scroll display.

【図13】クリップボード上のアイコンを伸長して他の表示領域に貼り付ける手順を示したフローチャートである。 13 is a flowchart showing a procedure extends the icon on the clipboard pasting into another display area.

【図14】図13に示した手順を具体的に例示した説明図である。 14 is an explanatory diagram procedure has been specifically illustrated as shown in FIG. 13.

【図15】図13に示した手順を具体的に例示した説明図である。 15 is an explanatory diagram procedure has been specifically illustrated as shown in FIG. 13.

【図16】図13に示した手順を具体的に例示した説明図である。 16 is an explanatory diagram of procedures have been specifically illustrated as shown in FIG. 13.

【図17】図13に対応する従来例を示したフローチャートである。 17 is a flowchart showing a conventional example corresponding to FIG. 13.

【図18】100dpiの表示用イメージをメインメモリに記憶させた状態を示す説明図である。 18 is an explanatory diagram showing a state in which to store the display image in the main memory of 100 dpi.

【図19】25dpiの表示用イメージをメインメモリに記憶させた状態を示す説明図である。 19 is an explanatory view showing a state in which to store the display image in the main memory of 25 dpi.

【図20】本発明の実施例5の要部回路構成を示すブロック図である。 FIG. 20 is a block diagram showing a main circuit configuration of embodiment 5 of the present invention.

【図21】本発明の実施例5における高速ページ捲り時の画像表示状態を模式的に示す平面図である。 21 is a plan view of an image display state when turning the quick page shown schematically in the fifth embodiment of the present invention.

【図22】伸長処理済の画像を表示する通常表示時の画像表示状態を示す平面図である。 22 is a plan view showing an ordinary image display state during the display for displaying an image decompression processed.

【図23】本発明の実施例5の動作手順を示すフローチャートである。 23 is a flowchart showing the operation procedure of Example 5 of the present invention.

【図24】本発明の実施例5での補間処理の一例を示す概念図である。 Is a conceptual diagram showing an example of the interpolation processing in the fifth embodiment of Figure 24 the present invention.

【図25】本発明の実施例5での補間処理の他の例を示す概念図である。 FIG. 25 is a conceptual diagram showing another example of the interpolation processing in the fifth embodiment of the present invention.

【図26】本発明の実施例6の動作手順を示すフローチャートである。 26 is a flowchart showing the operation procedure of Example 6 of the present invention.

【図27】本発明の実施例6におけるイメージデータのクリップ切り取り範囲指示の初期時点の表示画面例を示す平面図である。 27 is a plan view showing a display screen example of an initial point of the clip crop area instruction of the image data in Embodiment 6 of the present invention.

【図28】本発明の実施例6におけるイメージデータのクリップ切り取り範囲指示の最終時点の表示画面例を示す平面図である。 28 is a plan view showing a display screen example of the last point of the clip crop area instruction of the image data in Embodiment 6 of the present invention.

【図29】本発明の実施例6におけるイメージデータのクリップ切り取り処理の経過中の表示画面例を示す平面図である。 29 is a plan view showing an example of a display screen during the course of the clip cut processing of the image data in Embodiment 6 of the present invention.

【図30】本発明の実施例6におけるイメージデータのクリップ切り取り処理の最終段階での表示画面例を示す平面図である。 Is a plan view showing a display screen example in the final stage of the clip cut processing of the image data in the embodiment 6 of FIG. 30 the present invention.

【図31】本発明の実施例6におけるイメージデータのクリップ切り取り処理終了後の表示画面例を示す平面図である。 FIG. 31 is a plan view showing an example of a display screen after clipping cut end of processing the image data in Embodiment 6 of the present invention.

【図32】本発明の実施例6の変形例の動作手順を示すフローチャートである。 FIG. 32 is a flowchart showing an operation procedure of a modification of Example 6 of the present invention.

【図33】本発明の実施例7で用いる表示用イメージバッファの一例を示すメモリマップ図である。 33 is a memory map diagram showing an example of a display image buffer used in Example 7 of the present invention.

【図34】本発明の実施例7の動作手順を示すフローチャートである。 FIG. 34 is a flowchart showing the operation procedure of Example 7 of the present invention.

【図35】本発明の実施例7の処理で取扱う縮小画像データの大きさの一例を模式的に示す図である。 An example of the size of the reduced image data handled in the process of Example 7 in FIG. 35 the present invention is a diagram schematically showing.

【図36】本発明の実施例7の変形例で取扱う画像のストライプ構造を模式的に示す図である。 36 is a diagram schematically showing the stripe structure of an image handled by a modification of the seventh embodiment of the present invention.

【図37】本発明の実施例7の変形例の動作手順を示すフローチャートである。 FIG. 37 is a flowchart showing an operation procedure of a modification of the seventh embodiment of the present invention.

【図38】圧縮伸長回路の別の例を示すブロック図である。 FIG. 38 is a block diagram showing another example of the compression and expansion circuit.

【図39】圧縮回数調節動作のフローチャートである。 FIG. 39 is a flowchart of the compression number adjustment operation.

【図40】圧縮回数調節動作の別のフローチャートである。 FIG. 40 is another flowchart of the compression number adjustment operation.

【図41】ストライプ毎の個別の圧縮態様を示す図である。 41 is a diagram showing the individual compression mode of each stripe.

【図42】クリップ切取時の動作フローチャートである。 FIG. 42 is an operational flowchart of the time cut clip.

【図43】クリップ切取時の必要なストライプのみの符号化態様を示す図である。 43 is a diagram illustrating a coding mode of only the necessary stripes when cut clips.

【図44】クリップボード内における切取られた画像データに関する保存データを示す図である。 44 is a diagram showing the stored data relating to the image data is cut in the clipboard.

【図45】クリップ切取された画像データの貼付時の動作フローチャートである。 Figure 45 is an operational flowchart at the time application of clips cut image data.

【図46】画像処理システムのブロック図である。 FIG. 46 is a block diagram of an image processing system.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 CPU 2 メインメモリ 3 I/O 4 VRAM 5 CRT 7 LANインターフェイス 8 圧縮伸長回路 9 ディスクインターフェイス 10 フロッピーディスク 11 ハードディスク 12 スキャナ/プリンタインターフェイス 13 プリンタ 14 スキャナ 15 DMAC 16 キーインターフェイス 17 キーボード 18 マウス 220 画像処理用用紙ウインドウ 221 ディスプレイ表示画面 222,223 表示画像(通常時) 222A,223A 表示画像(高速表示時) 224 イメージ補間回路 225 クリップボードウインドウ 301 比較回路 1 CPU 2 main memory 3 I / O 4 VRAM 5 CRT 7 LAN interface 8 decompression circuit 9 disk interface 10 Floppy disk 11 hard disk 12 the scanner / printer interface 13 printer 14 scanner 15 DMAC 16 key interface 17 keyboard 18 for the mouse 220 image processing paper window 221 displays the display screen 222, 223 display an image (normal) 222A, 223A display image (when high-speed display) 224 image interpolation circuit 225 clipboard window 301 comparator circuit

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (51)Int.Cl. 5識別記号 庁内整理番号 FI 技術表示箇所 G09G 5/36 9177−5G H04N 1/21 8839−5C // H04N 1/41 B 8839−5C ────────────────────────────────────────────────── ─── front page continued (51) Int.Cl. 5 in identification symbol Agency Docket No. FI art display portion G09G 5/36 9177-5G H04N 1/21 8839-5C // H04N 1/41 B 8839-5C

Claims (1)

    【特許請求の範囲】 [The claims]
  1. 【請求項1】 画像データを格納する格納手段と、 該格納手段に格納された画像データをJBIG方式の圧縮方法により圧縮する圧縮手段と、 該圧縮手段により圧縮して得られた最小解像度画像データをアイコンとして登録する登録手段とを備えたことを特徴とする画像処理装置。 1. A storing means for storing image data, and compression means for compressing the image data stored in said storage means by the compression method JBIG method, the minimum resolution image data obtained by compressing by the compression means the image processing apparatus characterized by comprising a registration means for registering as an icon.
JP4388292A 1992-02-28 1992-02-28 Image processor Granted JPH05241537A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4388292A JPH05241537A (en) 1992-02-28 1992-02-28 Image processor

Applications Claiming Priority (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4388292A JPH05241537A (en) 1992-02-28 1992-02-28 Image processor
US08021112 US5500923A (en) 1992-02-28 1993-02-23 Image processing apparatus utilizing the JBIG method, having a compression/expansion circuit to manage memory more effectively
DE1993629564 DE69329564D1 (en) 1992-02-28 1993-02-25 Image processing device
DE1993629564 DE69329564T2 (en) 1992-02-28 1993-02-25 Image processing device
EP19930301403 EP0558313B1 (en) 1992-02-28 1993-02-25 Image processing apparatus
US08584676 US6421134B1 (en) 1992-02-28 1996-01-11 Progressive display during image compression

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JPH05241537A true true JPH05241537A (en) 1993-09-21

Family

ID=12676081

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4388292A Granted JPH05241537A (en) 1992-02-28 1992-02-28 Image processor

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JPH05241537A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7408668B2 (en) 1999-01-14 2008-08-05 Fujifilm Corporation Image data communication system, server system, method of controlling operation of same, and recording medium storing program for control of server system
US7587266B2 (en) 2005-04-06 2009-09-08 Fuji Jukogyo Kabushiki Kaisha Collision object determination device

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7408668B2 (en) 1999-01-14 2008-08-05 Fujifilm Corporation Image data communication system, server system, method of controlling operation of same, and recording medium storing program for control of server system
US7587266B2 (en) 2005-04-06 2009-09-08 Fuji Jukogyo Kabushiki Kaisha Collision object determination device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6901427B2 (en) Font sharing system in which data representing a character string can be communicated between a client computer and a server wherein only layout frames are displayed in a preview area of a display screen
US5163122A (en) Image processing system
US5086497A (en) Image output command method for image processing system
US20020196467A1 (en) Page composition in an image reproduction system using segmented page elements
US7394562B2 (en) Information processing apparatus and method
US20060117268A1 (en) System and method for graphical element selection for region of interest compression
US5943679A (en) Multi-page document viewer having a focus image and recursively nested images of varying resolutions less than the resolution of the focus image
JP2004234656A (en) Method for reformatting document by using document analysis information, and product
US20020178950A1 (en) Page composing method using stored page elements and apparatus for using the same
US20010042234A1 (en) Code image data output apparatus and method
US6901169B2 (en) Method and system for classifying image elements
JP2003091521A (en) Document processing device and method
US6232987B1 (en) Progressively renderable outline font and methods of generating, transmitting and rendering the same
US20040268221A1 (en) Electronic document reading system and method
US5583655A (en) Creation and processing of documents containing destination information
US20110016376A1 (en) Web Page Hot Spots
US20110153776A1 (en) Method and system for receiving a local vector object and viewing a vector image
EP0949805A2 (en) Electronic album producing and viewing system and method
US6668086B1 (en) Tile-based image data decoding method and apparatus
US5500923A (en) Image processing apparatus utilizing the JBIG method, having a compression/expansion circuit to manage memory more effectively
JP2001067469A (en) Method for image processing by computer
US7263223B2 (en) Image manipulation according to pixel type
JPH11298725A (en) Facsimile equipment
US20070140559A1 (en) Compressing images in documents
US20040120593A1 (en) System and method for flattening spans